青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「種~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

移し~ ~移っ 移っ~ ~稀 稀~ ~程 程~ ~程度 程度~ ~種
種~
~種々 種々~ 種子~ ~種類 種類~ ~稱 稱~ 稲~ ~稽古 稽古~

「種~」 11019, 119ppm, 894位

▼ 種~ (4882, 44.3%)

35 ものは 20 人々は 18 ものが 15 ものを 12 人々の, 女の, 結晶は 11 人は, 理想は 9 ことは 8 もので, ものに, 中に, 歌は, 研究は, 興味を 7 例は, 句を, 問題に, 満足を

6 [11件] ことが, ものの, 人間が, 作品は, 女が, 数字を, 數字を, 結晶を, 美しさ, 起源, 魅力を

5 [19件] ことを, ものである, ように, 人々が, 人の, 人物は, 作品を, 作家の, 作家は, 別が, 感情が, 新聞を, 犬が, 犬を, 研究を, 芸術を, 言葉は, 説話の, 論理の

4 [33件] うちの, ものには, 人たちは, 作品が, 例を, 別有り, 動物の, 動物は, 反感を, 問題の, 外に, 多きに, 大きな犬, 小説の, 快感を, 思想を, 恐怖を, 書物を, 概念化した, 歌の, 犬は, 理想を, 男の, 男を, 矛盾を, 粉雪の, 美は, 草花の, 薬品を, 論理, 起原, 雪の, 雪は

3 [76件] ために, やうな, ような, イオンの, 一切の, 上に, 不安が, 不安を, 事実の, 人々に, 人々には, 人が, 人に, 仕事を, 伎倆を, 作品に, 保存の, 出来事は, 別は, 力を, 動物が, 区別が, 反抗心を, 品物を, 問題は, 問題を, 壮観を, 女には, 女は, 宝物を, 家に, 形を, 影響を, 役目を, 意識に, 感動を, 批評は, 文学が, 文学に, 文学の, 方で, 方へ, 方法による, 映画の, 本は, 機械が, 歌が, 母の, 物の, 物を, 物語は, 特別な, 犬と, 理想に, 研究が, 研究には, 租税は, 結晶が, 胸に, 舞台を, 花が, 芸術は, 薬を, 親しみを, 話は, 誇りを, 読者は, 調子を, 論理を, 議論は, 軽蔑を, 運動は, 霊媒は, 魅力に, 鶏が, 鼻の

2 [357件] あること, い, ことに, ことには, ごとし, すべてから, すべて目が, そこここに, つきること, なつかしさ, はひつ, もの, ものであろう, ものと, をかしみ, ジャーナリストの, トリックは, ファルスを, フイルムの, レコードが, 一つだ, 不変の, 不安と, 不幸な, 不快を, 不正な, 中の, 主題を, 乾きが, 予防的予見は, 事は, 事件が, 事件は, 事例は, 事実を, 事情は, 事柄に, 事項に, 云わば, 人々にとって, 人々にとっては, 人々を, 人たちが, 人たちの, 人である, 人物が, 人造人間は, 人間と, 人間にとっては, 人間には, 仕事の, 他の, 任侠的援助を, 企てが, 伝説を, 何も, 作家が, 作家そして, 作家たちが, 作家にとっては, 作物の, 例, 倉庫に, 傾向の, 優越を, 光沢が, 公憤を, 内閣を, 出所を, 利益は, 制限を, 動物には, 化學藥液の, 区別は, 単純な, 危惧を, 危険を, 原因が, 原素, 取合, 叙述の, 句法が, 句法を, 可能性が, 告白不感症に, 味を, 哲学と, 唯物論は, 問題が, 因果の, 困難は, 国際単位は, 國と, 坂路を, 型が, 増加へと, 変化が, 変化は, 多くの, 夢に, 夢の, 大きな魅力, 大部分, 奇怪な, 奇蹟は, 女たちに, 女に, 好例なり, 好意を, 妖怪中偽, 威圧を, 婦人は, 嫌悪は, 学校を, 学者は, 宝物は, 実例を, 実感を, 家が, 家へ, 対立を, 尊敬を, 小動物, 小犬を, 小説を, 尽きた時, 工夫なし, 希望を, 幻想が, 幻想を, 建議案を, 弊害に, 形の, 後に, 復讐を, 微細な, 心を, 心理の, 快樂, 思想は, 性質を, 怪物の, 怪談が, 恐怖に, 悉檀に, 患者は, 悲劇は, 悲哀が, 悲哀を, 悶着は, 情を, 情緒を, 惨酷, 惰性より, 感を, 感情を, 感慨が, 感激に, 感激を, 感銘を, 慣例と, 慣行が, 慰藉を, 憂欝, 憎むべき性格, 成功を, 戯曲を, 手段は, 批判的精神を, 技巧だけで, 改良が, 文化の, 文字が, 文学を, 文学者達が, 文章が, 料理を, 新聞に, 方を, 方法に, 方法を, 施設の, 日曜画家は, 映画は, 映画を, 暗示を, 書の, 書物が, 書物は, 會員である, 本の, 枝が, 染料で, 株式市場たらしめ, 桜の, 植物の, 様子が, 様式が, 機械として, 機関は, 機關の, 欲望を, 歌に, 歌を, 歴史小説は, 殻を, 比較に, 永遠性を, 油を, 洞窟にまつわる, 洞窟を, 流行と, 液が, 滑稽と, 火山弾の, 焼物を, 熱病の, 物に, 物は, 犯罪を, 犯罪者は, 状態に, 狂人と, 狂的な, 珍らしい, 理想が, 理論が, 生活に, 田舎者でない, 由, 画に, 画は, 画題を, 畏怖には, 畏怖を, 疾病を, 病気に, 病気を, 痩犬百年も, 痴漢が, 皮や, 皮膜が, 眼に, 研究の, 社会を, 社会科学的な, 神を, 禁止木の, 福音であった, 種を, 空想は, 第二スプーネー號, 節奏を, 粉雪は, 精神の, 精神的基礎が, 系統あり, 系統が, 経歴ある, 経験を, 結晶の, 結晶も, 結果を, 絵を, 經驗を, 繁殖の, 考え, 考え方は, 考へ方, 背理が, 脚本に, 自信が, 自分の, 自動書記と, 自然哲学が, 臭気を, 興味ある, 興奮を, 芝居は, 芝居を, 花を, 芸術が, 芸術の, 芸術家は, 若い人, 若い女, 苦痛が, 草花は, 草花類が, 著書に, 著書を, 著述心霊講座神霊主義と共に, 薬品の, 蘭を, 虚偽に, 蛇名を, 血を, 行動は, 行為が, 行為を, 表情が, 表現を, 覆面者の, 見事な, 見得, 見物は, 観察は, 解決を, 言ぞ, 言葉を, 詐欺だ, 評価を, 詩は, 詩趣を, 説話に, 説話を, 調査は, 談を, 論理に, 論理による, 論理学者としての, 責任を, 質問を, 踊りの, 遠さ, 邪道を, 重要な, 間には, 間色内閣と, 関係が, 関係で, 関係に, 関係を, 阿魔, 雑話を, 雑誌が, 雑誌を, 雪で, 雰囲気が, 雰囲気を, 音は, 音楽が, 音楽には, 類型の, 風の, 飛躍した, 食物が, 香料を, 馬の, 高等公園として, 鬼気が, 鬼火を, 魔人は, 魔球, 魚が, 鳥の, 鳥類は

1 [3416件 抜粋] あきらめを, あらゆる制度, あれこれの, いかさま者が, うちで, うまい漬物, かしこさ, きつねつきが, ことに対して, こまかな, さかなが, それと, だよ, つややかさが, ないごく, ない村, ねえの, ひとつな, ほこりを, ものすなわち, ものなどは, もの又, やり手やの, アタマの, イメージの, ウルフの, エンテレヒーでなけれ, ケレンに, シヨツクを, セメントか, テストには, トリックが, ドライヴ, バラの, ヒロイズム即ち, フランケッティとは, ブルジョア哲学式技術論を, プリマウスロックだの, マキャベリズムだ, ミイラという, ユーモアを, レコードも, 一つであります, 一冊も, 一般化であっ, 三人の, 上着を, 不可思議智と, 不平には, 不時の, 不變, 世話は, 中でも, 中風に, 乱心者である, 予言や, 事件の, 事柄が, 事業を, 些細な, 交流が, 人々にたいして, 人を, 人物には, 人道らしき, 人間に, 人間的な, 仏教が, 仕事に対する, 他未だ, 令嬢と, 企ては, 会見は, 伝統だけは, 住む町, 体系派に, 作り方を, 作品の, 作業に, 作者は, 侮蔑を, 保存子孫繁栄に, 信仰さえも, 俳優が, 偉人として, 偶像的存在で, 催眠薬によって, 僞善に, 優越感が, 充満した, 入ったビク, 公理が, 兵隊が, 再教育, 写生歌が, 出て, 出版物と, 分子を, 刊行物は, 別天地です, 制約を, 前菜と, 創造が, 力と, 労働が, 動作ただ, 勝手な, 匂いが, 区域を, 南方の, 印象的散文によって, 原作の, 参考品である, 反撥性を, 取引に対し, 口供書は, 古書に, 句には, 可能性を, 合理性, 同情を, 名状し, 名香は, 告げ口という, 呪術が, 和太郎, 哀音が, 哲学や, 哲学系統を, 唯物論系統の, 啀みあい, 商品の, 商業を, 問題に対する, 喜びを, 嗤ひ, 囚獄である, 因襲力に, 固形体と, 國より, 土器は, 地位の, 地質の, 基本的な, 場合においては, 塩類の, 増殖の, 売淫婦ばかりを, 変人を, 変形には, 変態的欲求に, 外国人が, 外来語辞典が, 夜の, 夢遊行為, 大名の, 大柄もの, 大豪貴, 天使九個の, 失敗の, 奥書きの, 女なる, 女性には, 好奇心に, 如きか, 妖怪その, 妙な, 威の, 娘さんたちは, 婦人を, 嫌悪を以て, 学名は, 学術雑誌としては, 安心を, 宗教家に, 定型は, 宝物か, 実践運動がいは, 実験五十余種の, 家から, 家庭に, 寂しさ, 實例は, 専門技術と, 尊王説に, 小文士, 小説家な, 少年の, 尽きない限り, 屑で, 崇厳陰惨な, 左翼的作家或は, 巴里女を, 常套に対して, 平民的虚無思想の, 幽味, 店にとっては, 建築としては, 引用は, 強力なる, 形式を, 彫刻を, 往った, 微小角板が, 心持ちが, 忌言葉は, 思う坪, 思想家の, 性的飢餓の, 怪異の, 恋愛の, 恐慌を, 悪の, 悪瘡, 情事関係を, 情調あり, 想像に, 意志が, 意識は, 愛校心と, 感傷過剰の, 感覚の, 慨歎を, 憂鬱症に, 懊悩しい, 成立する, 戦争, 戦慄が, 戯曲は, 手合いは, 手紙には, 批判としての, 批評能力だけが, 技能的被, 抒情詩人と, 持ち主は, 挿画と, 搾取者の, 擬人化として, 改良に, 政治的傾向が, 救いは, 教育法を, 数が, 文体は, 文化的自由主義という, 文学で, 文学上の, 文学的文化人, 文学者も, 文法や, 文芸の, 料理, 新劇批評家の, 新聞雑誌に, 方には, 方法科学は, 旅館の, 日本民衆の, 昂奮を, 昔話を, 普通の, 暗愁, 曲線は, 替罪羊, 有目的, 未来派の, 本と, 本能から, 材料を, 果物と, 根拠ある, 椿事を, 概念では, 様々な, 標題は, 権威者は, 機械を, 歌と, 歎き, 武器を, 歴史家の, 母親から, 比斯呈利病者, 民衆芸術は, 気品と, 気病みの, 気風さへ, 汎神論を, 法を, 法諺即ち, 洋装のみが, 津軽人である, 活動家にとっては, 浪費が, 海鳥共が, 深刻なる, 清気盈てり, 源泉たる, 漂泊生活に, 漫歩を, 激しい緊張, 火山特性に, 無責任なる, 煩惱を, 熱病な, 版本について, 牡犬が, 物語には, 物足らな, 特権を, 特質は, 犬で, 犯罪は, 独断家には, 猟犬を, 猿に, 玉子を, 現代文化の, 球技である, 理解が, 瓢形南瓜や, 生気が, 生活詩を, 用例が, 由松を, 男女は, 画家や, 畫題は, 異人なり, 疑問が, 疑惑に, 病人に, 病院では, 癖が, 白い小犬, 皮殻と, 目標が, 直感に, 相似が, 真怪, 眼を, 知的な, 短篇を, 研究や, 礼儀という, 社会人は, 社会科学, 祝詞の, 神器を, 神経病患者を, 祭典には, 科学に, 科学者の, 秘密な, 税を, 空論にしか, 立腹さえも, 競技が, 第六感の, 籠詰では, 粗悪絵本や, 精神異状者に, 精神的ナルチスムスである, 精霊が, 紅毛人は, 細塵が, 組織は, 経験の, 結晶のみが, 絵も, 絶対主義者と, 緊張した, 総名, 織物は, 罪人互に, 羊西海に, 美味の, 美的観念を, 羞恥心という, 義憤を, 習慣を, 考えが, 考察ほど, 耕作を, 職業が, 職業組合が, 胚子を, 脚本は, 自尊心は, 自我を, 自由の, 臭気が, 舞が, 般若です, 色である, 色町と, 芝生が, 芳葩と, 芸術家が, 苔で, 苦しみは, 草が, 荒物屋です, 葉は, 著書は, 蒔きかた, 薬剤爽かな, 藥液は, 虫さえも, 蛇が, 蠅の, 行楽事に, 表出が, 表情を, 裁判を, 製作家に, 西域人である, 見物への, 親しい友達, 親棄山, 観念を, 観測事業は, 解釈の, 言葉には, 言論, 計画若しくは, 記念碑の, 訳本を, 評論雑誌が, 詩の, 詩句を, 話で, 話術では, 認識を, 語は, 誤解は, 読み物は, 読者には, 調査書は, 論法尠から, 論理学は, 諧調と, 講中か, 警察犬, 議論見た, 豊満さは, 財貨を, 貴重な, 賞牌を, 贅沢物だつた, 趣は, 躾けは, 輩多, 農業関係統制法案が, 迷信です, 退潮期の, 通俗的人間批評が, 連想が, 逸物も, 運動で, 過半をも, 過激派的暴動を, 道徳感に, 違ったもの, 邪教的な, 酋長を, 重複でも, 野趣が, 釣合が, 鋤と, 鎮魂儀礼の, 閑人倶楽部が, 関心の, 附いてるの, 隈で, 隔離は, 隱喩であります, 集会が, 雪に, 電動機を, 青年らの, 革命的宣言を, 音が, 項目を, 題目の, 顔を, 風互に, 風格ある, 食品を, 飲物だった, 香味と, 馬匹が, 驚異を, 高麗鼠である譏り, 魂の, 魅惑の, 魔術体の, 鶏や, 黙想に

▼ 種~ (927, 8.4%)

19 蒔いて 13 まいて 12 宿して 10 持って 7 蒔いたり 6 明かして, 知って, 蒔く 5 割って, 播いたの, 蒔くこと 4 あげて, まいたり, 持つて, 植えて, 残して, 蒔いたの

3 [14件] あかせば, まいた, 取って, 含んで, 女房にと, 携えて, 明かせば, 明せ, 自分で, 蒔いた, 蒔きて, 蒔くに, 蒔くよう, 養女に

2 [58件] あかして, かじりながら, こぼされたら事, つくって, つれて, ほじくって, まき茄子, まくこと, もつて, 下して, 作って, 供給する, 保つため, 出して, 取るから, 取ろうと, 向うの, 宿しました, 干して, 採るから, 探して, 提供し, 携へ, 播かむ, 播くの, 明かしちや, 明して, 植えつけられた, 植ゑつけられた, 絶やすこと, 絶やそうと, 落して, 蒐めた, 蒔いたよう, 蒔いた事, 蒔きに, 蒔き苗, 蒔く君, 蒔く者, 蒔けと, 蒔けば, 蒔けよと, 蒔ける者, 蒔入れ, 蔵し, 見つけること, 見て, 護り通したん, 貰ったの, 貰って, 買って, 運んだという, 選ぶこと, 選り分けて, 選んで, 除り尽す, 隣に, 飛歩きを

1 [651件 抜粋] あかすと, あかすとき, あけて, あげられて, あさった, あたえ噂, あつめて, あてて, あばいて, いったい誰, おし退けるやう, おっしゃって, おろしたの, おろしたもの, おろして, お勝手から, お夏, お盆の, お聞きくださいまし, お蒔, かく解析, かけても, かんで, きらして, くみ取って, くれと, ここへ, こしらえようと, こっちで, ことごとく烟, こなす奴, こぼす母, さがし出そうと, さがすよう, さっそくお, したため, しようこ, ずばりと, せつせと, そっと教えた, そっと窓, そなえて, その核, その畦, たくさんに, たべるところ, だんだんと, つかんで, つがなければ, つくらずに, つくること, つくる体験, つまみながら, とった短い, とばして, とりよせて, とり出して, とり込んだので, どこへ, なくしたん, なづけて, なんかの, はつきり感じわけ, はらんだ, ひたすら期待, ひろって, ほじくったと, ほじくり出しました, ぽつりぽつり噛み出す, ぽり, まいたかと, まいたとかいう, まいたので, まいたもの, まいたん, まかないとも, まかなくても, まかれたの, まきそれ, まきそれから, まきちらして, まきながら, まきましたそれから, まきまた, まき散らして, まき果ては, まき菊, まく, まくの, まくべき運命, まくよう, まく人, まく景, まく機縁, ました, みせて, みだしたのよ, みつけ出して, むしかへ, めちゃくちゃに, もたないの, もつよう, もとめぬ, もらつて, やつて, よくよく調べ, より出し, わけて, わって, わりてぞも, わりながら, クリストフの, コップに, ストライキや, ズット突破し, ナイフの, ビックリさせた, ポリポリ齧っ, 一粒蒔け, 三十枚も, 上げる, 下ろしそこ, 下ろした, 下ろす, 下ろすの, 与えること, 与へたもの, 与へて, 世界各国に, 両の, 主と, 乞い受け, 事と, 五つ蒔いた, 仕付けて, 仕入れる方法, 仕込んで, 他から, 伴つては, 何か, 何も, 作ったかも, 作つた, 作り出そうと, 供給し, 借り得たから, 借り得て, 借ること, 催促に, 先から, 入れた大きな, 入れる籠, 全うした, 八万奈落の, 六ポンド貰つた, 六十両で, 共に呉茱萸, 出すもの, 分かち和魂, 分かつに, 列挙し, 削つて, 削り取り懷ろ紙, 前歯で, 割るよう, 割れば, 加えて, 加え味わい, 劣弱に, 助け長, 勢いよくグーズベリー, 十羽飼養し, 占めて, 卸さずに, 厳に区別, 収集し, 取った後, 取りに, 取ると, 取る爲, 取寄せて, 受けて, 口から, 口にくく, 合せて, 合わせて, 合冊した, 吉原江戸町一丁目松葉屋半左衛門へ, 同等に, 吐きちらして, 含んだ儘, 吹き寄せて, 呉れたの, 呼んだ, 噛みくだいたの, 噛みくだいて, 噛みやめては, 噛り, 土に, 土人が, 埋めしあたり, 増したと, 増して, 売って, 変えなければ, 変化せし, 変態と, 大陸より, 失せん, 失った, 失ひましたが, 姙んだ, 孕むやら, 孕んだわが, 存じて, 存する, 安くゆずっ, 家に, 家の, 宿さぬよう麁末, 宿しあくる, 宿したわけ, 宿した場合, 宿した所, 宿し産み落とした娘, 宿し男の子, 宿せる, 射尽くされたとでも, 小さな胸, 小さな雛, 小児養育料と, 少し庭, 幾個でも, 引出さうと, 引延ばせ, 張り合って, 待ち受けて, 得ようと, 得んため, 心に, 忘れ得る専心, 愛しうるもの, 愛蔵し, 慰めて, 所蔵し, 手のひらに, 投げつけて, 抱いて, 抱きかかえて, 抱こうと, 拝んだ, 拵えさえ, 拵えただけさ, 拵えるなんて, 拵へて, 拾いました, 拾い上げ培養, 拾い出せば, 拾うよう, 拾ひ, 持たない女, 持ちこんだよう, 持ち上げんと, 持ち合して, 持ち込むの, 持つと, 持つとい, 持込んで, 指したもの, 指すから, 挙げて, 挙げても, 挙げるならば, 振れば, 捜した人, 捜して, 捜すという, 授けたの, 採って, 採ると, 探さうと, 探さなかったが, 探すこと, 探すの, 探って, 掴んだもの, 掻き集めて, 携え適地, 摘む, 撒きに, 播いた, 播いたので, 播いたばかり, 播いた事, 播いた黄蜀葵, 播いてしも, 播いても, 播かないよう, 播かれたに, 播かれたり, 播きその, 播き散らして, 播き秧, 播き込まうと, 播く, 播くくらいは, 播くこと, 播くよう, 播く時シギ, 播く糞虫, 播こうと, 撮んだり, 擇ば, 数えて, 数えること, 新たに, 日本へ, 明かしちゃ, 明かしても, 明かしゃ橋番所, 明かすなどは, 明した, 明す, 晋め以て, 替えしも, 有して, 有って, 棄てて, 植えたから, 植えつける, 植えられて, 植え付けて, 植ゑたまへ, 植木会社から, 植込まれ, 極めて明瞭, 欲しいという, 残さぬよう, 残したが, 残した有名, 残らず打明けた, 殖やすに, 殖やす外, 水に, 求めたという, 求めたるに, 求めて, 洗えば, 洗って, 浸して, 浸すため, 消滅させよう, 添えて, 滅茶苦茶に, 無くして, 獲たばかり, 生ませて, 生んで, 生命の, 生長し, 用ゆる, 用意し, 異にし, 発行する, 発見し, 発見した, 盗んで, 目の, 目付ける, 目的と, 眼利く, 瞥見しますれ, 知らぬなぞと, 研ぐとても, 研究し, 研究中の, 示す, 私は, 秣に, 種井の, 突き放して, 算する献立, 籠に, 絞って, 絞り出して, 絞り取って, 絶さなかった, 絶される, 絶やさないで, 絶やさないよう, 継続し得ないであろう, 継続する, 縁側に, 翻刻し, 考えないと, 耳の, 聞くと, 聞く隙, 聞けば, 聴き分けること, 育つる場所, 育てがち, 背負ひこむ, 腹に, 自家で, 與へたが, 落した, 落す, 蒔いたこと, 蒔いた人, 蒔いた先驅者, 蒔いた所, 蒔いた昨夜, 蒔いては, 蒔いても, 蒔いといて, 蒔かしむ, 蒔かずには, 蒔かず其, 蒔かせたり, 蒔かせるよう, 蒔かないで, 蒔かねば, 蒔きその, 蒔きたれば, 蒔きつける場所, 蒔きます, 蒔きますその, 蒔きみずから, 蒔き我が家, 蒔き散らして, 蒔き油かす, 蒔き終わり縁, 蒔き蕎麦, 蒔くため, 蒔くと, 蒔くは, 蒔くひと, 蒔くよりは, 蒔く原因, 蒔く教員, 蒔く日, 蒔く結果, 蒔けるもの, 蒔こうと, 蒔こうとして, 藏し, 袋の, 複雑な, 見いだしたり, 見かけたという, 見せない以上, 見つけるの, 見つけるのに, 見つける役目, 見やぶらせて, 見ること, 見るに, 見付けるん, 見出して, 見出すこと, 見損, 見送りながら, 親雲上に, 観察し, 誘い出したの, 請け乞うて, 貪り母, 貰うベエ, 買うため, 買出したい, 購は, 贈つた, 越えざるべし, 越えたるべしと, 足もとの, 輸入し, 輸入した, 追う傾き, 送りながら, 送りもらい植え付けて, 通わせやしめ, 連れて, 連れ駿州江尻, 選び出し昨日, 選り出して, 選択する, 邊陬に, 都に, 閲覧する, 阪東小篠ないしは, 除いて, 集めしとい, 集めたもの, 集めて, 非常な, 食うこと, 食う向日葵, 馴養した, 鳴らして

▼ 種~ (810, 7.4%)

73 して 57 なって 22 なるの 21 なった 14 なる 12 なつて 9 なつた, なるよう 7 なったの 5 されて, ならぬもの, なりそう, 分類し, 取って 4 した, なりました, なること, 使って, 分れて, 属す, 過ぎない

3 [14件] したもの, しようと, すること, するの, なりぬ, なるだけ, なると, なるほど, なるん, なる事, 区別し, 區別する, 属するもの, 屬する

2 [44件] あらずして, したり, しようという, すぎない, するん, する位, せっせと肥し, とんだ苦労, なったこと, ならないで, なりさ, なります, なりますから, なりません, なるので, なるほどの, なるもの, なるわね, なろうとは, わけて, 一番よく, 上って, 上るであろう, 云われて, 人を, 使て, 分かちて, 分かつこと, 分かれて, 分けて, 分けること, 分類した, 分類する, 向って, 在つて, 属し歩行, 属し火事場, 属する, 屬す, 用うる, 相当する, 脅迫し, 苦しんだ活動屋, 言われて

1 [403件] あまるジャズ, あまる色さまざま, ありついたよう, ありつくこと, ありつけるの, ある男, あんたを, いずれ若, いたします, うまい汁, うまくジルノルマン老人, おさえつけられて, およぶとき, お前を, お孃さん, お手, お才, お父さんの, お駒, かぎられて, くらべるとずつと, ことは, これを, さへ, されると, され恐ろしく, しこたませしめる, したいと, したかつたの, したがえば, したがる悪口屋, したくも, したこと, したの, したのよ, したやつ, したギリシア文字, しても, してること, しながら, しなければ, しはじめた, しゃべりだしただけの, しようといふ, しろアダ, し彼ら, し得るか, すべきもの, するだらう, するつもり, するであろう, するという, するならもう, するほど, する先生方, する時, する氣ぢ, する程, する葉子, せっせと土, せられたかも, せられるかも, それを, ちかき草花, つかい節穴, つかうため, つかって, つかつて, つきて, つきると, つまって, どんなこと, なさいました, なさいますので, なさろうという, なすまいぞ, なったが, なったほどの, なったもの, なったよう, なったり, なったんで, なったイタリア人, なった元, なった大きな, なった村はずれ, なった脚本, なっても, なってるその, なってるほどの, なってるよう, なにかもくろむ, ならうとは, ならないから, ならないですんで, ならないでは, ならないよう, ならなかつたの, ならぬこと, ならぬやう, ならねえ, ならねエ, ならんと, なりそれ, なりは, なりますこと, なりますし, なりますので, なりませんでしたそれだけ, なりまた, なり一九二三年, なり中, なり何時の間に, なり到頭, なり母親, なるあの, なるか, なるから, なるからと, なるくら, なるくらい, なるくらいの, なるし, なるぜ, なるだけの, なるだろう, なるだろうと, なるであらう, なるでせう, なるという, なるとかいう, なるところ, なるべきもの, なるまじとも, なるよりも, なるわけ, なるラッセル音, なる彼ら, なる材料, なる様, なる物, なる程度, なる筈, のぼるの, はなつて, ひと芝居書き, ほかなろう, またなる, よしあしは, よらざるもの, よらずして, わかつべきもの, イヤゴーの, ケーブルカアに, コヒメユリという, コーヒーを, ハマカンゾウの, 一仕事しよう, 一度くらゐ, 一度位は, 三つ四つの, 上りは, 上る現存, 上様に, 下宿を, 不安な, 丸多を, 主人の, 乗ること, 乾坤一擲の, 事を, 事欠かなかった, 二人は, 二人を, 二人並ん, 云って, 亡き人を, 今度は, 仕り候, 仕組みし新, 仕組んだ芝居, 他ならなかった, 代えられたという, 似せること, 何百万円かの, 作ッた, 佳くない, 使い分けられたとの, 使うけれども, 使うだろうと, 使うと, 使うの, 使うもの, 使う苦い, 使う草, 使えまいか, 使おうなんて, 使った, 使ったという, 使ったところ, 使つて相手の, 使われた, 使われたの, 使われちゃあ, 使われるかと, 使われるの, 使われる事, 使われる約束, 候, 其皷, 凄じい戦争談, 出づるもの, 出来れば, 分かつ, 分かるるの, 分かれ一種, 分け, 分けたもの, 分けても, 分けました, 分ける事, 分ちたるもの, 分つ, 分つといふ, 分れざるを, 分れますから, 分類出来る, 別れて, 利用しよう, 制限され, 区別した, 区別したい, 区別してる, 區別し, 南瓜の, 及ばじ, 及び内, 及ぶ, 及ぶで, 及ぶと, 及ぶまで, 及ぶ写真, 及んだ, 及んで, 司馬の, 問いかけたの, 喜んだの, 困りやしない, 土を, 在ては, 地蔵の, 堕ちて, 変るやう, 夢物語を, 大別し, 大別した, 大別すべく, 大別する, 女を, 娘の, 子供の, 子分を, 学問を, 富んで, 尊王主義の, 小さい棘, 小策を, 少しばかり, 属して, 属するかさえ, 属する作品, 属する印度人, 属する女, 属する格言的法諺, 属する漢人種, 属する漢民族, 屬し, 常に眼, 年々かくは, 幾多の, 強引に, 彼の, 征服せられ, 待って, 従つて或, 必要以上の, 応用さすべき, 怪しからん, 恐喝し, 恵まれて, 悪事でも, 想い起させた, 意見や, 憑かれたという, 成るだろうと, 成るの, 戻る, 抑えられて, 拮抗すべき, 指して, 教授は, 新しいこと, 新来の, 是非一度乗らね, 暇を, 暴らされ, 次ぐもの, 止まらず北支那冬, 残して, 残ったの, 比べては, 比較し, 気づきました, 洋服代を, 活動の, 滅亡せらるる, 狐を, 玄, 王を, 王侍御, 申すには, 直接の, 相成候, 私が, 私は, 私腹を, 窮し, 算えられたらしい, 統合され, 綺麗な, 習わせたもの, 聞いて, 脅かしお, 脅迫された, 脚色を, 至っては, 至つてゐる, 芽が, 苦しんだ河原乞食ども, 荒唐無稽では, 落ちついて, 著きが, 見せた, 見せて, 見て, 見物が, 見物し, 見物する, 親を, 観て, 解析せん, 言はせる, 訊いても, 詐取を, 詐欺が, 話させる機会, 誓うよう, 譲らない力量勇気, 豊んで, 負けない犬, 起こる現象, 近い円本, 近い写本, 近い場合, 近い性格, 近い新聞, 近い雑草, 通じての, 通ずる名, 逢っても, 連れられて, 過ぎざる可, 過ぎず之, 過ぎず疑い, 過ぎないこと, 過ぎぬ筈, 過ぎんぢ, 達して, 達すと, 遣ったところ, 遣ったろう, 遣りてえと, 酔った岸本, 銭儲を, 錯視を, 閑山を, 間違ひある, 関係する, 關係を, 限って, 限られしが, 限られて, 限らんと, 離別を, 露小袖と, 非常な, 類別し得る, 類別せられる, 餘る, 駒次郎を, 髪を, 黒枠二十行ばかりの, 黒死館と

▼ 種~ (709, 6.4%)

9 自分の 7 三吉の, 夫の 5 娘の 4 そこに, どこに, 弟の, 弟を 3 それを, ないかと, ないの, なかった, 中, 嘉助の, 嫁の, 正太の, 独りで, 自分で

2 [42件] うっとりと, お倉, お房, お雪, これを, しかたなし, 三吉に, 中国の, 其の事業, 内界より, 台所の, 同属中で, 外界に, 夫と, 夫に, 娘に, 嫁に, 子供を, 尽きそう, 尽きた, 引取って, 手に, 支那の, 日本の, 普通の, 林の, 殿方には, 浴衣の, 無けれども, 盡きない, 窓から, 笑って, 絶えて, 耳に, 肩を, 自分が, 言った, 言って, 豊世と, 限なく, 雪洞を, 顔を

1 [551件 抜粋] あがって, あがりませんよ, あきらめて, あっしが, あつた, あまたも, あまり好かない, あまり美しい, ありませんか, ある, あるぞ, あるだらう, あるの, ある神秘, あんまり変らない, いくらか蒼ざめて, いくらでも, いったいどういう, いつか芽を, いとほし, いなかった, いよいよ尽き, おさんに, おどろいて, お仙や, お勝手の, お葉, かうして, かかる総連関, かのうち, かまきりで, きび, きまったもの, こう云われる, ここから, こちと, このリンチ事件, この人達, この唖, この家, この時, この美しき, この隠居, これに, これは, こんなこと, ございません, ござりませぬ, さっきから, さっぱりし過ぎ, さまで多から, すぐ様, すこし落, すっかりとけ, すっかり上ってる, すっかり判った, すつかりわかつ, すべて公有である, せめて東京, そう云った, そう言った, そこそこに, そこで, そこで何, そのお年, そのべっぴん, その前, その努力, その原因明らか, その声, その日, その時, その晩碌, その書物, その色主, その花, その隣, それだ, それでした, それとも気, た, たくさんあったらしく, たった一つ, たべません, つきず伸子, つきないの, ていねいに, とうに黒奴時代, とけるはず, どういふ風, どうかする, どうしてもその, どうなった, どうも横浜, どっさりできる, ない, ないかという, ないと, ないん, なかなか尽きません, なくとも, なるべく正太, ねえか, ひねくれざるを, ふつくりと, まけば, またこんな, まだぼんやり, まだ虫の息, まるで上がっ, みな外道である, もうすこしもうすこしと, もうブルブル身, もう今日, もう大抵, もしある, もとより市中, ものに, やっと気, やっぱり凹面鏡, やはり, やはり外, よき地, わかって, わかつたが, わが邦, わたしが, アヤし, カマキリの, サッパリした, ジヤツクの, セル地の, ツンと, フランスを, マルサスにおけるが, 一つの, 一向あっけない, 一国又は, 一國又は, 一服やっ, 一眼見, 一致する, 三吉を, 上ってるん, 下婢の, 不変と, 不思議そうに, 不断に, 両手を, 串談の, 久し振で, 予期された, 二度の, 互いに通用, 人そのものが, 人を, 今でも, 今よりも, 仕事が, 他人あり, 以上に, 仰天し, 伸を, 体の, 何か, 何かの, 何です, 何とも, 何んでしょう, 何一つ発見, 何人だろう, 何処へ, 個と, 健気にも, 元来住み, 先ず亡くなった, 先に, 八五郎に, 六つかしい, 兵二郎の, 兵二郎を, 内儀さんの, 内臓および, 再び単なる, 出て, 切ないという, 切れたが, 刊本にも, 判ったが, 利七の, 前か, 前の, 力を, 勉の, 十七双方は, 十歳以前に, 千差万別なる, 千餘の, 単衣, 危く叫び声を, 危機に, 又夫, 又娘, 反抗心の, 受けて, 口を, 古代に, 可恐し, 台所を, 叱って, 同じく太陽, 名そのもの, 名前の, 吾児を, 喜三郎と, 喜海の, 嘆息した, 嘲るよう, 固より, 土間へ, 地中に, 堪え難い思, 増し質, 壁に, 壁の, 声を, 外国の, 外界一方より, 多かった, 多くの, 多忙しい夫, 大きな鍵, 大丈夫見つかる, 大事な, 大切に, 大学に, 大毒, 大黒柱を, 夫を, 奉行所の, 奥を, 女子用なら, 女持の, 妙な, 妙に, 妹娘の, 姑と, 姑として, 委しく記憶, 娘と, 娘を, 子供が, 孫でも, 孵ったという, 安易な, 実に尊い, 実に譬えよう, 実は, 家に, 家の, 容易に, 宿を, 寂しそう, 寒い地方, 寝た振を, 寝ながら, 専制的で, 専売局から, 小川の, 小桶, 少しばかり, 尖った神経, 尠う, 尽きたの, 尽きて, 尽きないもの, 尽きぬの, 尽きねえ, 尽きまじ, 屯二千ドルから, 山芋である, 岸を, 左の, 左右に, 帯を, 帰らない夫, 帰京の, 帰郷の, 平均百八十個産みます, 年増でなき, 幽欝民権論, 序に, 庭に, 弟が, 弟に, 当時東京で, 彼の, 往々家圃, 待つ気もち, 後ろから, 心易く, 心細そう, 心配顔に, 快活らしく笑っ, 思わせぶりな, 思出した, 恐ろしくなった, 懐中に, 我慢し切れなくなっ, 戦後の, 折れ曲った階段, 抱きかかえられる間もなく, 持って, 指を, 挙がったか, 挙がりませんが, 提灯の, 携行糧食である, 播かなかったの, 散亂, 断じて我が, 新聞配達でも, 旅で, 旅に, 日本に, 日本松樹の, 旧い家, 早くも, 明々白々それなる, 映画を, 昨夕エッチの, 時を, 更に吾子, 更に嘆息, 有る様, 本邦諸方の, 来た時, 東京だけ, 東京で, 東西を通じて, 枕許へ, 柔かな, 森彦に, 森彦の, 槽の, 模樣に, 橋本の, 次の, 款待顔に, 母らしい, 母親の, 気が, 気の, 気を, 永久に, 沢山ある, 沢山採れる, 沢田という, 波打際に, 洋燈の, 洗濯物を, 活動写真の, 涼しいその, 渡来し, 温泉宿の, 満洲, 滅絶せん, 激しく身体, 炉辺で, 炉辺に, 炉辺へ, 無かった, 無くなるし, 無尽だ, 無尽蔵に, 煙草入を, 父だけじゃ, 牢内の, 特に民族, 独り横に, 独り言の, 独語の, 狭い町中, 狭隘しい, 猪作でも, 生えるし, 生えんからな, 畑に, 異なるであろうが, 病を, 白シヤツの, 皆な, 皆んな擧が, 皆熱帯産の, 盡きぬ, 盡きません, 盡て, 目を, 直に娘, 直に話, 相当ある, 眠られない風, 眺めた, 眺め入りながら, 眼だた, 矢張り外から, 知らなかった, 短期の, 碌に, 祝の, 祭壇に, 種である, 種としては, 種や, 窓越しに, 立ちがけに, 笑いながら, 第二種, 答えた, 答えたが, 箒を, 粒揃いです, 絶えず娘, 絶えなかった, 絶対媒介の, 維新の, 繼續せなかつた, 考え深い, 聖なり, 聞耳を, 聴感より, 胡枝花芒葛敗醤花蘭草牽牛花及瞿麦である, 腰掛けたまま, 腹立たしげ, 自分一人を, 至って怜悧, 興奮し, 艇の, 芽を, 芽生えようとして, 芽萌えないであろう, 若い嫁, 若い時, 苦笑に, 茶戸棚の, 草箒を, 萎れた, 蒔きしと, 薄暗い格子戸, 血色やや, 表座敷へ, 表庭, 裁ち付け袴, 見るもの, 見上げたもの, 言いかけたが, 言い淀んで, 言葉を, 説き聞かせた, 説明し, 護られて, 護法胤, 護法胤では, 谷川の, 豊世や, 豊世を, 貴下無い, 貴女が, 赤い襷, 起って, 身を, 車の, 転々し, 近世の, 返事の, 逗留した, 達雄の, 郷里に, 酷く大, 醫の, 針仕事を, 鏡の, 長期の, 門口の, 附いて, 階梯の, 随分大胆, 際限も, 隣の, 雇婆さんを, 非常の, 面目ない, 頭脳の, 頭脳へでも, 飜譯が, 飼い馴らしやすく, 驚愕の, 髪が, 髪を, 鼓を

▼ 種~ (515, 4.7%)

12 ある, 上って 10 あるの 9 言った 7 あって 6 尽きて, 芽を 5 蒔かれて 4 入って, 切れて, 落ちて 3 あがって, あった, あったの, あるん, こぼれて, ない, なかった, 尽きると, 絶えて

2 [25件] あつた, あるが, あると, あるよう, つきて, つき話, ないん, なくては, わかるかね, 下されて, 二面の, 切れると, 実と, 尽きる様子, 島の, 島を, 殖えて, 知れて, 笑った, 蒔かれた, 言って, 言出した, 附いて, 隠されて, 飛んで

1 [359件] あがったぞ, あがったと, あがったら考えること, あがってるから, あがってるの, あがるかも, あがるに, あたかも疑い, あつたらしく二日二晩殆, ありその, ありは, ありまして, あります, ありますか, ありません, ありませんねって, ありませんもの, あり頑強, あるかね, あるかも, あるさ, あるだろう何, あるという, あるなら上げるさ, あるなら語って, あろうなどとは, いい, いうやつ, いたつて尠, いたら見付けもの, いつしか一面, いとしまれる, うじゃうじゃし, おあり, おろせないの, お仙と, お前一人しか, こ, こうしてつぎつぎ, ここで, ここへ, こしらえて, このごろようやく, このまま, この年頃, こんなにいける, じぶん, すっかりわかった, すっかり挙がっ, すっかり氷, すっかり限定, そちらの, その傍, そろそろ尽き, そんなこと, たくさんついた, たっぷり出来た, たまたま善良, ためには, だんだんに, ちがいました掠奪, ちゃんとあがってる, ちらばつ, つきたら, つきちまうだろう, つきないね, つきないわけ, つきるぞ, できるよう, どうだい, どこに, ないうち, ないから, ないじゃ, ないという, ないといった, ないもん, なお気, なかつたせゐ, なきゃ有りっこない, なくちゃ, なくって, なくても, なくなったので, なくなったらしい, なくなって, なくなると, なくペン, はじけたまま, ばれ底, ひそんで, ふえたぞ, ふえるの, ふえるので, ほしくなっ, ぼろ, ぽつ, まじって, まじつてゐる, ますよう, またいろいろ, また殖えた, また胡瓜, まだ若く, まるでない, みんなの, むき出しに, もっとも実, ゆくので, よい, よいため, よければ, わいて, わかったよう, わかつて, わかりさ, わかりますと, わかるという, わかるはず, われて, インゲンササゲすなわち, インドに, テーマが, ニライカナイから, バターの, ボール箱に, ローマ帝国を, 一つ一つの, 一つ二つは, 一つ入っ, 一つ殖えた, 一つ殖える, 一つ落ちた, 一二枚の, 一時停止と, 一番多い, 一番末の, 一高一低, 上がれば, 上るか, 不自由な, 二つも, 五粒あります, 五部の, 今往々, 今朝は, 今菰田, 介抱し, 仕込まれて, 他と, 他の, 伝わったの, 伸びやかに, 何か, 何とも以, 何万, 何故生物学, 何種類でも, 余りよく, 余程怪しい, 優しくし, 充ち満ちて, 入り込んで, 全国に, 八升の, 六つある, 内儀さんを, 内職の, 出て, 出來上つて, 出来た, 出来たと, 出来て, 出迎えた, 分かったという, 分って, 分らないの, 分りましたよ, 切れたの, 利休に, 割れ相, 勢いよく育っ, 十七の, 取次に, 古事記の, 叩かせられたもの, 名を, 固定する, 地盤に, 塊を, 塵とも, 変だ, 多い, 多いそう, 多いの, 多かつ, 多くまた, 大事に, 大伴氏没落と共に, 大物に, 天狗の, 好さそう, 娘お仙を, 孵つたとき, 安心し, 実ったら, 実に適当, 対手に, 尋ねて, 小判小粒に, 少し違, 尽きかけて, 尽きさうに, 尽きたか, 尽きたと, 尽きたわい, 尽きない, 尽きました残らず, 山芋であるごとく, 島, 島と, 島に, 帝国軍人の, 帰らない夫, 年年尽きる, 幾つか, 広い額, 廊下の, 後世まで, 後世文化の, 必要な, 思い続けたこと, 息を, 悪いの, 意外な, 成立する, 手に, 手土産を, 折角の, 拾へる, 挙がったかな, 挙がって, 掘って, 播かれたの, 支那から, 故郷を, 散らばつた中, 数日間も, 旅仕度を, 映つて, 春陽に, 昼飯の, 時代と, 時経, 最も多い, 有りませんから, 果肉の, 栄えれば, 案内した, 案外な, 極めて小さく, 榮えれ, 横たわってるの, 横柄な, 欲しいと, 死ななければ, 死ぬん, 残って, 段々内地雑居, 気に入ったい総勢二十一人, 永く伝わっ, 江戸の, 河面を, 浸されるという, 深くも, 混じて, 混って, 満載され, 潜んで, 無いせい, 無くなった, 無くなつ, 無くなる, 無ければ, 無尽蔵に, 生えて, 生えないと, 生えないの, 生えると, 生えるよりも, 生きるかぎり, 生まれるの, 生れると, 生命を, 畑に, 癪ぢや, 癪に, 発生した, 発表され, 皆な, 皆んなに, 盡きなかつた, 盡きぬようにと, 目を, 眠らなかった, 着いた翌日, 私の, 私を, 移植され, 窓から, 笑えば, 純乎たる, 素人言葉で, 絶えべ, 絶えるまで, 聞いた, 脊中に, 腰を, 腹の中で, 膨れつ, 自分を, 自害し, 自棄だ, 花開く時, 芽生えました, 茶色で, 蒔かれたの, 蒔かれました, 融合を, 行われその, 行李を, 西園寺家へ, 見つからない場合, 見つからなかった, 見つからなかったので, 見つかりさ, 言うので, 言ったので, 言種な, 諸君には, 豊富でなかった, 豊富に, 起って, 載せられて, 載つて, 近所の, 這入って, 違います, 違うよう, 部屋を, 醜いむく, 銀八に, 鍛冶屋の, 階下から, 隱り, 集まって, 青い芽, 風に, 鳴るやう

▼ 種~ (382, 3.5%)

34 なった 32 なって 13 なる 10 なつた 7 なるの 6 なったの, なつて 4 ならぬもの 3 なす, なったので, なること, なるに, なるばかり

2 [19件] いって, して, す, すると, なく掛け, なすべし, なったもの, なりて, なりました, なると, なるという, なるもの, 原因とに, 思って, 知らざる浅間, 考えられるもの, 考へる世間, 見なして, 銀の

1 [217件] あります, いいます, いうほども, いえども, いえないこと, いえるが, いえる説, いたします, いたし共々, いっしょで, いっしょに, いっても, いひて, いわずテエブル, おむつが, お春, この二つ, されて, しあるいは, した, したの, した小説, しようと, し人参, し人参大根青豆, し其背, し彼, すべきでは, する, するとき, するの, する人間, する古代, する売文, する政治家肌, その四色, それを, なくあります, なくさまざま, なく並べ, なく發賣, なさいました, なして, なすに, なす丞相, なったん, なった考え, なった鉄製, なっても, なってること, ならざらむ, ならざるは, ならざるを, ならずには, ならないこと, ならないとは, ならぬの, ならぬは, ならぬ事, ならんは, なりある, なりしかや, なりしぞ, なりそう, なりそめしぞうたて, なりつれない, なりながら, なります, なりますから, なりますが, なりまた, なり不眠, なり不言, なり人々, なり内観法, なり如何にも, なり彼, なり得るもの, なり木村派, なり話, なり遂に, なるかは, なるかも, なるから, なるその, なるため, なるだけ, なるばかりで, なるべし, なるよう, なるらむ, なるを, なる事, なる自ら, なる譯, なる鐘, なれること, ほかならぬ, やさしき野菊, テュリフェラの, ヨーロッパの, リンゴ売, 一緒に, 並んで, 二階に, 云いますか, 云うさまざま, 云う犬, 云えば, 云つてゐる, 云ふ, 仕掛が, 仕掛けが, 仕掛は, 以前の, 個との, 出来て, 判らぬが, 取りかえっこ, 合いて, 同じ大文字, 同じ然, 同一名称の, 同帝, 同棲する, 同様である, 名けて, 名づけて, 呟いた, 呼ばるる一種, 呼ばれるであろう, 呼ばれる人々, 天狗伝説, 嫁の, 存候, 定めて, 思いさだめざらん, 思いましたから, 思はれる, 思はれるが, 感じるほど, 成したま, 成らないもの, 成る, 換る, 握り飯それは, 握り飯を, 数え尽されないほど, 数とは, 書いたと, 曼陀羅, 果に, 果の, 植物の, 歐羅巴人種の, 母親は, 水とを, 混じて, 漢訳された, 為す必ず, 為り厳しく, 申し一般, 申し偽り妾, 申す書物, 番頭の, 皮とが, 相対に, 相成りましたか, 看て, 知られける, 称するほどの, 種との, 等しき股引, 等しく狼育人児, 籾, 総領の, 考えたり, 考えること, 考える人, 考へて, 考へ自ら意志, 聞く, 良い田地, 落花生とを, 蒙古, 見える, 見えるから, 見て, 見なくても, 見なしても, 見なし人間社会, 見ねば, 見られるから, 見られるの, 見られる方, 見るべきであらう, 見做, 見過ごして, 見過して, 見違, 覚しい仔牛, 観じ嘴, 覺しき老女のみは, 言う, 言えばね, 言っても, 言へば, 認め之等, 認め自分ら, 説き給, 護法神, 豊世が, 豊世とは, 違つた意味に, 避けて, 雑用の, 顔を

▼ 種~ (193, 1.8%)

11 仕掛も 8 仕掛けも 3 あつた, つきて, 笑って

2 [12件] このへん, しかけも, それを, ないので, なかった, みごとに, 仕掛けもねえ, 力を, 尽きて, 播きへちま, 来て, 盡き

1 [141件] あかして, あったが, あったもの, あって, あまりない, ありました, ありよう, あり英國, ある, あるが, あるそう, あるその, あるに, あるの, あるよう, あるらしい, ある馬属中馬, あろうが, あろうに, いいと, いろいろ御, おおかたは, お仙を, かねがねそれ, ございますが, すくない, すっかり挙がっ, すつかり尽き, その後を, そんなに豊富, だいぶ集めた, つきその, つきたらしくどの, つきた折, できるゆえ, ですか, ない実に, ない憂鬱, なくなり至極, なくなるでしょう, なく三村家一族, なければ, なし二人, まいて, まくの, めずらしく豊世, もうなくなりました, もらって, よく散歩, ゐますが, オードゥブル式に, 一緒に, 一袋という, 三吉に, 三吉も, 上って, 二十種も, 二十種もの, 二等室の, 亦種, 仕かけ, 仕掛もねえ, 公に, 出て, 出来ましたが, 分けて, 前菜を, 取つて, 取寄せて, 同じよう, 同じ七月十五日, 同様, 団扇を, 國主と, 変化を, 多かった, 多くなり, 多く豊富, 大きさ, 大動力, 夫の, 女の, 存し, 寝ながら, 尽きずゆっくり, 尽きたれば, 尽きたわけ, 尽きないという, 尽きぬもの, 尽きぬ旅行, 尽きやう, 尽きようという, 尽きるでありましょう, 尽き沖, 尽て, 山盛りに, 差支えぬ, 底を, 思わず悲鳴, 憎しみも, 我慢が, 挙げて, 播かなかったが, 播かれましたが, 数え切れまい, 数も, 数千種も, 方便も, 最初の, 来るの, 枯れ果てるであろうと, 植えおかれて, 残さずに, 残さず桑, 気を, 沢なり, 湯の, 猪作の, 生命も, 相槌を, 笑い砕けた, 笑った, 粒選りであった, 終ったの, 考深い, 考深く, 腹を, 自然少なき, 苦笑し, 蒔かずに, 蒔かれた, 蒔き竈, 見て, 言った, 言って, 詩の, 調合し, 賃仕事の, 集めて, 駄目と, 麥の

▼ 種~ (102, 0.9%)

11 あつた 2 せう, ね, 春の, 若い者

1 [83件] あすこだって, あつたの, あつて, あらう, あらねば, ありすぎたから, あり得るに, あッた, いずれ三百枚位, うれしかった, おじゃる, がす, これに, ござりましょう, ござります, さ, その喜怒哀楽, その色主, でも, ねただ, のう, はなかつた, はやり切れないから, は心細い, また実, また情熱, よい年, ウバ彼岸が, グレートデーンという, シダレザクラが, 一段落と, 一番偉い, 三浦君は, 三面記事が, 不幸に, 丹誠な, 他に, 他の, 何かの, 何べ, 余り好い, 俗に, 八升の, 八重咲の, 六十貫も, 出来た小さな, 利根の, 十八でございます, 叔母さんが, 同じ土, 名前は, 四斗ぐらいの, 地獄の, 学名を, 展覽會を, 当時の, 彼は, 御停止木, 悪くする, 懷しく, 我がヒルガオ, 我等が, 手を, 播く越年生, 文字どおり生きた, 死の, 江戸の, 油を, 深川中で, 満足する, 源内先生は, 無く朝鮮産, 犯罪には, 皆様よく, 第二図, 簓を, 脚を, 膨らんだ丸い, 蝸牛の, 金剛智三藏の, 関西地方に, 順ぐり送っ, 高く立ち

▼ 種~ (77, 0.7%)

7 の維持 6 を維持 4 のため 3 ばかりに限られた, をし 2 に打ち勝ち, の繁栄, は後

1 [48件] から脱し切っ, がある, がちがいすぎる, がちがう, が何故, が断絶, が現在, である, であると, でで, ではない, で大きな, ということ, という悪魔, として又, と名づけた, には負けぬ, によつて, に固有, に打ち勝つ, のよう, の中継ぎ役, の人たち, の人間, の容色, の断絶, の正体, の猟犬, の生存, の男, の継続, の詩, はついに, はない, はなく, は二つ, は何れ, は文明, は日々膨脹拡大, は漸, は絶える, は絶え果てた, は老人, を内, を後代, を復活, を急, を絶やさぬ

▼ 種である~ (76, 0.7%)

4 ことは, ことを 3 かも知れない, ということ 2 ゆえに, 場合彼は, 柳河特殊の

1 [56件] おまえを, かどう, かは想像, からそれ, からである, からです, から予, から字書, から寛大, から本質, から氷, から自覚, かを見た, が, がいま北海道, がこれ, がちょっと, が我国, が當時南洋方面, が蕪村, ため, というなら, という意味, という理由, といふところ, として取扱われ, とする, とすれ, と云う, と同時に, と認むる現代, と認定, のだ, のだった, のだろう, のである, のでとうとう, のは, みぶ, やうに, キクメイ石の, ポプュラライザーや, 事が, 以上それは, 処の, 即ち, 卵の, 如何と, 旨を, 早発性痴呆かも, 時鳥の, 朝鮮狼の, 松本家を, 松葉沢の, 羊羹と, 説は

▼ 種~ (69, 0.6%)

83 の家 2 の所, は二人

1 [54件] がかねがね, が一人, が仕入れ, が梅田, が氷いちご, が鹽辛聲, さ, では話, といふ手頃, とお, とか言, と入れ代っ, に五円, に店, に教わる, に言い言いした, に訊く, のところ, の体, の切り, の口吻, の天婦羅, の女房, の後ろ, の手, の留守, の言い分, の返答如何, はそれ以上挨拶, はちょうど, はもはや, はポロポロ, は借金取, は土間, は娘, は平次, は店先, は昔, は残念, は水臭い, は氷水, は焼き捨てた, は男泣き, は病院, は眠い, は算盤, は肩身, は若い, は随分, へは飯代, も姿, を嘲った, を縛らない, を起した

▼ 種ある~ (68, 0.6%)

5 ことを 4 を知らず 2 そうである, という, のだ, のみ, ように, 一は

1 [47件] うちその, うち海近い, おかずの, か, か分らない, か君, か数, があの, がいずれ, がこれ, がごとく, が外観, が如し, が少く, が此等, が皆印税, が皆尾, が私, ことと, ことは, こと瓢の, すなわち土地, その中, というの, といふ, とし, と云, と考えられ得る, と考へ, のであります, ので四種以下, はすなわち, ひは, もので, も其了解, も其實道徳, やうに, ようだ, よう出しおれ, を觀, んだ, ピゾン属の, 中で, 二種の, 人は, 種族の, 第五図

▼ 種~ (64, 0.6%)

65 ということ 3 から, ぜ 2 から上品, から何ん

1 [43件] あ九十六文, からどこ, からな, から中, から婿, か解りゃしねえ, がこの, がそれ, がとにかく, がな, がやつぱりかならず, がサルバ類, が俗名, が奥羽, ことのと, ぞ, つたのだ, つたのです, つておや, つて必と, て, といえ, とお父さん, とかいふので叔父, とかこまかい, とか一文菓子, としたなら, とて豚, とばかりは考え, と云つて, と思っ, と思ってる, と思ッ, と男らしく, と発表, と言い言いし, と認めえない, なんて貞子, のという, もの, 宮市は, 生々死, 種が

▼ 種あり~ (54, 0.5%)

3 一は, 第一 2 て他人, 一を

1 [44件] その中一牝蛇, その間の, それを, ておのおの, てその, てみなヤソ教, て一, て俗人, て偽, て前者, て南米, て外部, て後足, て日本武尊, て有形的戦争, て極めて, て毎夜, て物理的妖怪, て第, といい, とし, と見る, と許す, と述べたる, なぞと事々しく, よりて, セミチツク種あり, 一牝蛇を, 他の, 其一を, 南阿, 印度日耳曼種あり, 即ち左, 古エジプト, 名字, 四十年ほど, 小に, 支那チベットインドマレー諸島に, 新教中に, 旧い方, 熱帯アメリカの, 皆果実の, 繊維にも, 虚怪の

▼ 種には~ (39, 0.4%)

2 いろいろの, なって, ならない, ならなかった

1 [31件] あらずと, くわしいもの, この親子別れ別れ, しても, そういうほんとう, その一年間, その文明, ちがいない, ちやんと, なった, なったが, ならないかぎられた少数, ならないの, ならないもの, ならなかったけれども, ならなかったよう, ならなかったらしいので, なりうるであろう, なりそう, なるが, 入らなくても, 勝れて, 十分だ, 及ぶであろう, 土を, 夫と, 少しも, 特に著しい, 草葺の, 解らなく成った, 限って

▼ 種~ (39, 0.4%)

1 [39件] がまご, が嫌い, が現れる, というウスノロ先生, という婦人科医者, という私大出, との絶交, と膝ヅメ談判, なる先生, にお願い, には分け, には爾, に傾いた, に好意, に来, のこと, のもと, の外泊, の帰る, の知人, の縁談, の返答, はやおら, はユスリ, は平然と, は患者, は支払う, は時々, は美代子, は美代子さん, は見ない, は金, も兄貴, をよん, をハッタ, を呼ん, を富田病院, を訪れ, を面詰

▼ 種として~ (35, 0.3%)

2 すぐ様, 世界的生産的と, 交際する

1 [29件] あるが, いろいろに, この大, これまでに, これを, たいへん貴重, であったの, また寝返り, まんざら無意味, よろづ, ヂュパンの, 半分は, 卑んだ, 咲も, 噂に, 居た人たち, 必ず波, 此を, 片っ端から, 独自の, 略する, 発行された, 碧色を, 言葉の, 説明すべし, 諸, 進みたいと, 道徳的意味では, 長き一篇

▼ 種にも~ (32, 0.3%)

2 なって, ならないの

1 [28件] うっすら分っ, およぶ別様, きっとこの, したいと, せよ何女, なったの, なったろうが, ならないじゃ, ならないと, ならなかつたの, なりて, なりますから, なり外, なり申すべく候, なるから, なるといふ, なるわけ, なるん, なろうかと, 上る種類, 傳へ, 区別し, 及ぶので, 及ぶはず, 可愛がられ幸せ, 属すべし, 成らぬ様, 系統が

▼ 種という~ (31, 0.3%)

7 のは 2 ものが

1 [22件] きれいな, のが, のだ, のを, ものじゃ, ものであり, ものである, ものも, ような, 位変った, 動物の, 名称である, 女です, 女中が, 娘が, 小説は, 様な, 男から, 系統正しい, 者が, 色白娘が, 高貴な

▼ 種さん~ (30, 0.3%)

1 [30件] お種さん, が, が取繕う, が小さな, が私, が見たら, が障, そんなに嫌う, だ, に逢わせ, のからだ, のよう, の婿殿, の居どころ, の挿し, の方, の番, は, はしかた, はよう, は一体, は今晩, は他, は涙, は私, も御, も言合わせた, を取り戻し, を受け取っ, を連れ

▼ 種~ (29, 0.3%)

2 三種の, 百眼などが

1 [25件] あイ, お仙と, からくりの, が鋭い, それから丈, のんで, へたばかり, ハムや, ホルスタインの, リンゴタバコを, 三吉の, 二百種の, 仕かけ, 数において, 新種を, 正太を, 殺された林三郎, 汁を, 球根を, 芽は, 華奢な, 豊世とも, 豊世に, 豊世は, 鶏の

▼ 種あかし~ (28, 0.3%)

5 をし 4 をする 2 を聞い

1 [17件] がおわります, がしるされ, して, です, ですか, なん, はやはり, はガラス窓, をされ, をしてやらう, をしました, をしろ, をせよ, を書きとめた, を見せられた, 奇術軽業女相撲江州音頭海女の, 等々が

▼ 種~ (28, 0.3%)

2 三種の, 二種か, 五種の, 分るもん, 買つて送つた

1 [18件] あって, あるもの, ある日本, ッ, 三十種買う, 三色の, 二種類の, 五種レコードされ, 六種位少し, 四十種以外誰にも, 存したであろう, 持合せ, 有ちます, 極めて鮮, 残して, 百種であろう, 知ら, 芽か

▼ 種です~ (25, 0.2%)

53 か, かね 2

1 [12件] から, からあまり, からあんなに, から夫, が花, それから花甘藍, よと壁, わヨ, 僕の, 埼玉県から, 常夏の, 汁の

▼ 種であった~ (24, 0.2%)

2 ということ

1 [22件] か, から常識的, がその, がそれ, が今, が城主荒木, が特に, けれども四人目, ことの, ことは, この二つ, とみえ, に相違, のか, のだ, のである, のであろう, のに違い, ばかりでなく, わけだ, 保を, 落差が

▼ 種蒔く~ (23, 0.2%)

141 か, が来た, のを, はこの, 日が, 氏, 男の, 畑中の, 者は

▼ 種から~ (22, 0.2%)

2 一つの, 生えた

1 [18件] それを, 一粒の, 作られたもの, 出た一, 生えて, 生えないの, 生じたよう, 発芽した, 立派な, 育てて, 芽を, 薄紅, 見ると, 言えば, 貴族と, 進化し, 間違って, 養分を

▼ 種かの~ (20, 0.2%)

1 [20件] うち, 原子の, 型は, 当てもの遊び, 御馳走を, 日本服装史等の, 日録を, 未見資料を, 水草も, 絵を, 美しい上等, 自然生の, 薬を, 藁沓が, 試作品を, 酒の, 類型を, 高山植物が, 高山植物と, 魂の

▼ 種でも~ (20, 0.2%)

2 あった

1 [18件] あつた, ある, あるの, あるわけ, いいさ, けっして汽船業者, ない, なければ, ほき出すよう, よいという, わが田, アジアの, 交つてゐる, 入れるよう, 全体との, 千万粒の, 千萬粒の, 探しに

▼ 種とは~ (20, 0.2%)

1 [20件] かたづけて, この大, しばらく無言, なって, ならぬ, なりそう, なりつら, なりて, なるが, なるなり, 一体何, 云へ, 今正確, 個と, 別の, 吾輩の, 故郷の, 理怪と, 申すまでも, 辯證を

▼ 種~ (20, 0.2%)

3 んだ, んで 2 のだ, のです, んです 1 のが, のさ, ので, のでそれなり, んでご, んでねパーヴェル・イヴァーヌィチ, ドラマティックな, 上に

▼ 種とも~ (19, 0.2%)

1 [19件] なった, なったでしょう, なったので, なって, なつた, ならない, ならば, なりなん善, なります, なり喜悦の, なる, なるの, なる曖昧, みなせる, タイラギと, 数知れぬ, 數知れぬ, 知らぬを, 見るべきもの

▼ 種以上~ (19, 0.2%)

2 もある

1 [17件] あるが, にものぼるであろう, に分れ, に及ぶ, に及ぶです, のオドロカシ方法, の学名, の材料, の異, の称呼, の種類, の薬, の雑誌, の雪, は書い, もあるだらう, も発表

▼ 種あっ~ (18, 0.2%)

3 てその

1 [15件] てこれ, てどれ, てな人, てアフリカ, て一, て一つ, て一卵性双生児, て余程, て全く, て単に, て張子, て東西半球, て機械, て自分, て麹

▼ 種ちゃん~ (17, 0.2%)

3 も新 2 いらッ, はもう 1 か, にも一ぱい, の口癖, はあんな, は叔母さん, は誰, もお腹, も大きく, 一寸来, 御辞儀

▼ 種ばかり~ (17, 0.2%)

2 です, 集めて

1 [13件] ある, かいたもの, だつた, である, では, 出来た, 書いて, 枕もとに, 産する, 見るに, 覚えて, 記載された, 跋扈する

▼ 種しか~ (16, 0.1%)

4 ない 2 ないから 1 ないと, ないに, ないの, ないアイスクリーム, 持ち合せないからね, 持って, 料理は, 残さぬという, 画集が, 觀賞の

▼ 種では~ (16, 0.1%)

2 ない

1 [14件] あったが, ありませんか, おぢ, ございませんか, じゅうぶんに, ないが, ないと, ないの, なくて, なくむしろ, なく別になんら, 無いと, 無かつ, 駄目だ

▼ 種なし~ (16, 0.1%)

3 だ, にした 2 に成つて, に間違 1 でいられては, でも上手, とぞなりける, の干, みかんの, 筍

▼ 種すなわち~ (15, 0.1%)

3 他人の, 外界に, 自己の 1 原種の, 同スペシーズ, 折衷民権論と, 日給を, 欧洲に, 食詰め者

▼ 種~ (15, 0.1%)

2 を用いた

1 [13件] から推想, がつい, がつけられた, がコガンピ, が主, のカムパヌラータ, のコルダタ, はこの, は判じ, は塊茎, は私, をつけ, を正し

▼ 種なる~ (14, 0.1%)

1 [14件] ことが, この書, ドイツ帝政崇拝主義の, ボニト, 伝承が, 地上, 小草, 拓拔氏は, 政体を, 田楽法師の, 花竿の, 親切でも, 鉄は, 駑馬の

▼ 種だった~ (12, 0.1%)

3 のだ 1 がなかんずく, ことは, しそれ, にちがい, のかも, のである, のです, 船長は, 金龍寺の

▼ 種でない~ (12, 0.1%)

5 ものは 1 か, ことは, ことも, のは, ような, 男兒が, 證據に

▼ 種もの~ (12, 0.1%)

1 [12件] が二銭五厘, も指, を山, を投げこん, 仕事が, 動物が, 園芸的変わり, 女説経, 小児病を, 民族語の, 緑の, 顔を

▼ 種変った~ (12, 0.1%)

1 [12件] なまりの, モーツァルトとして, 人だ, 人物だった, 伝説と, 心持ちが, 新年を, 来歴の, 気風に, 種類も, 自分の, 跡目の

▼ 種特別~ (12, 0.1%)

1 [12件] なしかも, なもの, な強い, な意味, な眠け, な空気, な空氣, な細かい, のもの, の形態, の感化, の自由主義

▼ 種であっ~ (11, 0.1%)

1 [11件] てこれ, てそれゆえ, てほしい, て互に, て人, て外国種, て散文, て特別醸造, て私, て自分, て見れ

▼ 種にな~ (11, 0.1%)

5 つてゐた 1 つた手ん, つて, つてし, つては, つて居ります, ッて

▼ 種だけ~ (10, 0.1%)

1 だった, でおさん, でなくもっと, では, でシヤム船, ならいざ, 作って, 生産の, 用意し, 随意に

▼ 種~ (10, 0.1%)

1 しかその, ですかな, なドロドロ, に數, の暗号, の衡, の雑誌, は作っ, 出して, 少しずつ

▼ 種~ (10, 0.1%)

1 がどうして, が實用, にし, は破損, をむかふ, を作りだし, を凸形, を書き, を書く, を省略

▼ 種であり~ (9, 0.1%)

1 おそらくはさらにあと, しかもその, ながらしかも, マドロス風であり, 同じ生命本能, 有部律の, 汽船と, 現實性, 鮮鱗の

▼ 種ほどの~ (9, 0.1%)

2 鉢や 1 夜光の, 大きさ, 書目を, 田舎新聞の, 礼服を, 絵具と, 雑誌を

▼ 種異様~ (9, 0.1%)

2 な感じ 1 な凄, な好奇, な幻覚, な生気, な自選家集, な臭い, の心中

▼ 種~ (9, 0.1%)

1 が沢山, のお, の合格品, の鼾, は深く, を大切, を押, を買, を駅

▼ 種~ (8, 0.1%)

1 あれで, つてしかも, つてま, つて一種は, つて前者は, つて毒そのものに関する, 上った, 割れたん

▼ 種たる~ (8, 0.1%)

2 ことを 1 を失はない, を幽か, ニッタ, 植物説話に, 野猪は, 銅色人が

▼ 種との~ (8, 0.1%)

1 区別が, 古き因縁事, 否定的な, 混血児らしい, 異名を, 連鎖を, 間隔が, 雑種も

▼ 種ほど~ (8, 0.1%)

1 ある, つんで, であった, 今ある, 借りて, 出して, 発見されいた, 載って

▼ 種~ (8, 0.1%)

1 がわずか, と遠縁, の弟, の首, へあて, も事, よりは出来, をそそのかし

▼ 種~ (8, 0.1%)

5 の種 1 なる女神, の差, を好く

▼ 種~ (8, 0.1%)

1 が北九州, という当時, との関係, の名, の夫人, はその, も地, や稲井瀬

▼ 種その~ (7, 0.1%)

2 大部分 1 なかで, ほかに, フロリダ州では, 原著者は, 場だけが

▼ 種といふ~ (7, 0.1%)

1 ことについて, のは, ものは, ものを, 名香の, 推定が, 数が

▼ 種とか~ (7, 0.1%)

1 あるそう, あるん, いうべき怖, 云うべき怖, 五種とかに, 保教とか, 筋とかいう

▼ 種まく~ (7, 0.1%)

2 人たちが 1 仕度なるべし, 日本の, 烏が, 生産的な, 男の

▼ 種より~ (7, 0.1%)

1 ないといふ, 出づるや, 外に, 外には, 惡しき果の, 成って, 続きけり

▼ 種~ (7, 0.1%)

5 具足した 1 の御, を備えたる

▼ 種~ (7, 0.1%)

1 から狐火, とか言っ, などの切抜絵, の価, の匂, の場, の謙信

▼ 種~ (6, 0.1%)

1 付けたの, 呉れたから, 漑ぐに水を以て, 疱瘡を, 蒔いといたらこうして, 試みるに

▼ 種じゃ~ (6, 0.1%)

1 ちょっと見物, ないか, ないかな, ないよ, なくて, 駄目だ

▼ 種なり~ (6, 0.1%)

2 という 1 かし, といへるも, とぞ, と信ず

▼ 種まで~ (6, 0.1%)

1 あが, あがって, たべたいや, 入って, 思い出すまでも, 麒麟やら

▼ 種らしい~ (6, 0.1%)

1 という, のです, 二十五六の, 匂ひ, 立派な, 顔によって

▼ 種~ (6, 0.1%)

1 寄生植物ニシテ年, 寄生物ナルヤヲ確定スル能ハザリシガ其後再, 性生活ハアルノダ, 技術ノ, 犯罪ガ行ワレツツアリシ事実ヲ, 異状ヲ

▼ 種~ (6, 0.1%)

2 のホトケノザ 1 に鼠, のアサガオ, の一変種, 多く情

▼ 種保存~ (6, 0.1%)

3 の本能 2 の基礎 1 の本能大

▼ 種独特~ (6, 0.1%)

1 なねつ, なユーモア, な反, な色調, の愉快, の骨相

▼ 種あった~ (5, 0.0%)

1 かちょっと, がゼブラ, ところで, のである, 中で

▼ 種かも~ (5, 0.0%)

2 知れぬが 1 しれなかった, しれません, 知れません

▼ 種ぐらい~ (5, 0.0%)

2 なもの 1 あります, すぐ数えられる, もらった

▼ 種って~ (5, 0.0%)

2 ものが 1 えの, わけで, 名の

▼ 種ならざる~ (5, 0.0%)

2 はなし 1 はない, はなく, はなしでありました

▼ 種なれ~ (5, 0.0%)

1 ども俸給, ど天馬, ば, ばその, ば今宵

▼ 種ばかりの~ (5, 0.0%)

1 兇器とを, 性質によって, 東洋植物の, 結晶を, 綺麗な

▼ 種入っ~ (5, 0.0%)

4 ている 1 て居る

▼ 種売り~ (5, 0.0%)

1 だけであった, の女, や林檎, アイスクリーム屋が, 林檎売り

▼ 種~ (5, 0.0%)

2 にう, にひとり 1 の上

▼ 種~ (5, 0.0%)

1 だけもうしばらく, であるが, の斡旋, はとつ, を子供

▼ 種蒔き~ (5, 0.0%)

1 の日, の時期, や千, 日に, 舞であり

▼ 種黒稗~ (5, 0.0%)

5 の種

▼ 種いうべからざる~ (4, 0.0%)

1 いやな, 不快の, 懐古的情趣が, 明い軽い快感

▼ 種えて~ (4, 0.0%)

1 その害, 二度刈り取らしめ能う, 夏長じ, 能く

▼ 種だの~ (4, 0.0%)

1 ユダヤ追放だ, 南京玉だの, 如是畜生だ, 肥料の

▼ 種でした~ (4, 0.0%)

1 が, がしかし, が幸い, 恥ずかしい気

▼ 種にて~ (4, 0.0%)

1 その名目, それさ, 一組の, 大は

▼ 種~ (4, 0.0%)

1 媒介を, 染絣を, 目を通して, 置かなければ

▼ 種ガ島~ (4, 0.0%)

1 がある, の短銃, を向けた, を擬しました

▼ 種乃至~ (4, 0.0%)

1 三十種の, 十四種に, 十種あつ, 十種ある

▼ 種云うべからざる~ (4, 0.0%)

1 圧迫を, 心持を, 愉快な, 魅力と

▼ 種~ (4, 0.0%)

2 の力 1 に見るべからざる, の愛情

▼ 種名状~ (4, 0.0%)

1 しがたき, し難い, すべからざる異様, すべからざる音響

▼ 種~ (4, 0.0%)

1 が投下, と, と二つ, をどんどん

▼ 種無し~ (4, 0.0%)

1 にさら, にさらわせ, にした, になっ

▼ 種あらん~ (3, 0.0%)

3

▼ 種いふべからざる~ (3, 0.0%)

1 優美の, 神厳と, 苦痛も

▼ 種うる~ (3, 0.0%)

1 に即日芽, を忌む, 事である

▼ 種えた~ (3, 0.0%)

1 とある, と思った, よう見えた

▼ 種える~ (3, 0.0%)

1 ことを, と雷鳴, と麦

▼ 種~ (3, 0.0%)

2 春を 1 春に対しては

▼ 種かと~ (3, 0.0%)

1 思ったの, 思ふ, 混同される

▼ 種かを~ (3, 0.0%)

1 熱心に, 知って, 貽つた

▼ 種ぐらいの~ (3, 0.0%)

1 つもりであった, 植物の, 生態を

▼ 種せん~ (3, 0.0%)

3 として

▼ 種~ (3, 0.0%)

1 つとり, やありません, やない

▼ 種づゝ~ (3, 0.0%)

1 の爻, を含ん, 含んで

▼ 種であったろう~ (3, 0.0%)

1 が逆境, と史家, と思う

▼ 種でなけれ~ (3, 0.0%)

2 ばならない 1 ばならぬ

▼ 種とが~ (3, 0.0%)

1 ぐじゃぐじゃにつまれ, 分るの, 板の間に

▼ 種としか~ (3, 0.0%)

1 思われなかったの, 考えて, 見られぬかも

▼ 種とを~ (3, 0.0%)

1 はぐくみぬ, 取りかえて, 誹れり

▼ 種なき~ (3, 0.0%)

1 にあらざる, にかしこ, にかの

▼ 種なら~ (3, 0.0%)

1 では貯, む, んも

▼ 種ならぬ~ (3, 0.0%)

2 はない 1 は貂

▼ 種なんか~ (3, 0.0%)

1 一つも, 一匹も, 持込んで

▼ 種にさえ~ (3, 0.0%)

1 なって, 及ぶであろう, 夫は

▼ 種にでも~ (3, 0.0%)

1 するの, なりさ, なるよう

▼ 種によって~ (3, 0.0%)

1 個が, 創められた, 劇に

▼ 種のみ~ (3, 0.0%)

1 そぎだと, のがせない憂鬱, 而し

▼ 種のみは~ (3, 0.0%)

1 いずれにも, これらとは, 人そのものが

▼ 種ふく~ (3, 0.0%)

3

▼ 種ほども~ (3, 0.0%)

1 ありませうか, ざらに, ミーターの

▼ 種やら~ (3, 0.0%)

1 ふやけた飯つぶ, 神仏が, 血統やら

▼ 種よりも~ (3, 0.0%)

1 多く哲学的観察, 多く直接, 寧古代信仰が

▼ 種をば~ (3, 0.0%)

1 引き戻すに, 現今に, 畑いったい

▼ 種をも~ (3, 0.0%)

1 一度蒔く, 与えなかった, 加へて

▼ 種~ (3, 0.0%)

2 なこと 1 な名

▼ 種~ (3, 0.0%)

1 探リ其形色, 移植スト云フ, 蒔キタリ

▼ 種不思議~ (3, 0.0%)

1 なる働, な気持ち, な魅惑的

▼ 種二十種~ (3, 0.0%)

1 にしか区別, の国々, の多き

▼ 種五種~ (3, 0.0%)

2 列べて 1 の金襴

▼ 種~ (3, 0.0%)

1 など竜蛇, にまでしかく, に馴

▼ 種仕掛け~ (3, 0.0%)

1 がある, のない, はございますまい

▼ 種以外~ (3, 0.0%)

1 にある優れた, に出る, の数種

▼ 種~ (3, 0.0%)

1 だ, の前後, をもっ

▼ 種~ (3, 0.0%)

2 て居た 1 ており

▼ 種出し~ (3, 0.0%)

1 じゃあねえか少し, なん, はちゃんと

▼ 種則氏~ (3, 0.0%)

1 が好き, は美代子さん, を好い

▼ 種奇妙~ (3, 0.0%)

2 な感じ 1 な言葉

▼ 種属維持~ (3, 0.0%)

1 にとってははなはだ, の働き, の見込み

▼ 種所得税~ (3, 0.0%)

1 さえすでに, の免税点一千円, の免税点引下げ

▼ 種改良~ (3, 0.0%)

1 と来る, のため, の目的

▼ 種敬虔~ (3, 0.0%)

2 の情凛乎 1 な感

▼ 種~ (3, 0.0%)

1 の松, も減少, をかぞえ

▼ 種~ (3, 0.0%)

1 となるべき, を和蘭, を送つ

▼ 種有り~ (3, 0.0%)

1 て作せる, 形式に, 長さ

▼ 種概念~ (3, 0.0%)

1 から類概念, として取扱, と類概念

▼ 種浄肉~ (3, 0.0%)

1 とても前論士, となづけ, は修業未熟

▼ 種漠然たる~ (3, 0.0%)

1 不安な, 癲癇的動揺を, 自失状態の

▼ 種~ (3, 0.0%)

1 として買い上げる, にし, に懇望

▼ 種玉庵~ (3, 0.0%)

1 といった, においてで, に赴い

▼ 種百様~ (3, 0.0%)

1 がうようよ, の花鳥, の顔つき

▼ 種的形成~ (3, 0.0%)

2 でありながら 1 からイデヤ的形成

▼ 種的生命~ (3, 0.0%)

1 が成立, というもの, と離すべからざる

▼ 種~ (3, 0.0%)

2 知れて 1 あるよう

▼ 種言うべから~ (3, 0.0%)

3 ざるの

▼ 種違った~ (3, 0.0%)

1 偉観と, 味を, 温かい感情

▼ 種あつ~ (2, 0.0%)

1 ただけ, たもの

▼ 種あります~ (2, 0.0%)

1 からいい, が地理學者

▼ 種いい~ (2, 0.0%)

1 がたきおかし味, がたき生活

▼ 種いずれ~ (2, 0.0%)

1 も田辺, も眩き

▼ 種~ (2, 0.0%)

1 は立つた, 懺悔を

▼ 種きり~ (2, 0.0%)

1 だったの, 見分けきれないという

▼ 種ぐらゐ~ (2, 0.0%)

1 少くとも, 蒔けるで

▼ 種この~ (2, 0.0%)

1 老人が, 辺に

▼ 種~ (2, 0.0%)

1 へ切れ, 言って

▼ 種さえ~ (2, 0.0%)

1 あがれば, こぼして

▼ 種さがし~ (2, 0.0%)

1 とセンセーショナル, にゆけ

▼ 種~ (2, 0.0%)

1 ている, て平

▼ 種それ~ (2, 0.0%)

1 に新, に気球

▼ 種~ (2, 0.0%)

2 蒔きたる

▼ 種たら~ (2, 0.0%)

2

▼ 種だけが~ (2, 0.0%)

1 のこりました, 欠けて

▼ 種だけに~ (2, 0.0%)

1 なって, 明治時代の

▼ 種だけは~ (2, 0.0%)

1 写真を, 残して

▼ 種だらう~ (2, 0.0%)

1 といふ噂, と思ひました

▼ 種だろう~ (2, 0.0%)

1 ということ, と思いました

▼ 種ちゃん父さん~ (2, 0.0%)

1 と御, の御

▼ 種づつ~ (2, 0.0%)

1 取るので, 奉差上候

▼ 種~ (2, 0.0%)

1 ふ家筋, 何の

▼ 種であります~ (2, 0.0%)

1 から自然派, がその

▼ 種であろう~ (2, 0.0%)

1 がな, と思う

▼ 種でございます~ (2, 0.0%)

1 からいくら, から海苔

▼ 種でなく~ (2, 0.0%)

1 ちゃいけない, 天子を

▼ 種とかに~ (2, 0.0%)

1 上るそう, 分けられた小名

▼ 種としては~ (2, 0.0%)

1 ゐたが, 死んで

▼ 種とな~ (2, 0.0%)

1 せりその, ッた

▼ 種どの~ (2, 0.0%)

1 から奪い取る, の申します

▼ 種ないし~ (2, 0.0%)

1 三十種の, 二種の

▼ 種など~ (2, 0.0%)

1 たまわるはず, である

▼ 種なりと~ (2, 0.0%)

1 思う勿, 雖も

▼ 種に関する~ (2, 0.0%)

1 俗説, 講演を

▼ 種のみが~ (2, 0.0%)

1 何らかの関係, 取り残されて

▼ 種ばかりも~ (2, 0.0%)

1 あるが, 出されて

▼ 種ばかりを~ (2, 0.0%)

1 只ひょいと手渡し, 選む故に

▼ 種~ (2, 0.0%)

2 くろ日

▼ 種ほか~ (2, 0.0%)

2 に朝顔十四鉢

▼ 種また~ (2, 0.0%)

1 二三種は, 少なからぬ

▼ 種までも~ (2, 0.0%)

1 ことごとくさらけ出す, 宿して

▼ 種~ (2, 0.0%)

1 重ねつつ, 重ねて

▼ 種ゆる~ (2, 0.0%)

1 に異ならん, を得し

▼ 種をを~ (2, 0.0%)

2 ろし

▼ 種~ (2, 0.0%)

1 ならず東南アジア, はウバユリ

▼ 種一つ~ (2, 0.0%)

1 にても多から, ねえご

▼ 種一人~ (2, 0.0%)

1 である, 残った

▼ 種云う~ (2, 0.0%)

2 に云われぬ

▼ 種五月~ (2, 0.0%)

1 の節, の螢狩

▼ 種人生~ (2, 0.0%)

2 の倦怠

▼ 種何処~ (2, 0.0%)

2 にごわせう

▼ 種入り~ (2, 0.0%)

2 の鳥

▼ 種六種~ (2, 0.0%)

1 の地方名, の料理

▼ 種凄惨~ (2, 0.0%)

1 な光, な気

▼ 種刊行~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ 種列べ~ (2, 0.0%)

2 てある

▼ 種則さん~ (2, 0.0%)

1 て方, は紳士

▼ 種原論~ (2, 0.0%)

2 が出

▼ 種向上~ (2, 0.0%)

1 にはなりません, に役立つ

▼ 種固有~ (2, 0.0%)

1 の国風民情, の宗教

▼ 種~ (2, 0.0%)

1 はかせぎ, 遊んで

▼ 種~ (2, 0.0%)

1 とかであった, を水差

▼ 種変わった~ (2, 0.0%)

1 人間だ, 胸騒ぎが

▼ 種奇怪~ (2, 0.0%)

1 なる音, の伝説

▼ 種~ (2, 0.0%)

1 な心持, な心持ち

▼ 種存在~ (2, 0.0%)

1 する, する例

▼ 種~ (2, 0.0%)

1 の別, を含む

▼ 種宿し~ (2, 0.0%)

1 てどうにも, てなさるや

▼ 種属内~ (2, 0.0%)

2 で相互

▼ 種山羊~ (2, 0.0%)

1 の自慢話, を引いた

▼ 種~ (2, 0.0%)

1 といわれます, とか握り工合

▼ 種忠顕~ (2, 0.0%)

1 だ, と義貞

▼ 種~ (2, 0.0%)

2

▼ 種捨て~ (2, 0.0%)

1 がたい風味, ばちなも

▼ 種揃っ~ (2, 0.0%)

1 て一人前二十二銭, て十七銭

▼ 種摸すべから~ (2, 0.0%)

2 ざるの

▼ 種播く~ (2, 0.0%)

1 この月, 農夫の

▼ 種~ (2, 0.0%)

1 と筑前守鈴鹿勝芸, の実に

▼ 種~ (2, 0.0%)

1 になる, 古香ト號ス

▼ 種~ (2, 0.0%)

1 と雑居, の祖

▼ 種民天~ (2, 0.0%)

1 になれ, の四ツ

▼ 種温かい~ (2, 0.0%)

1 のが, 軽蔑の

▼ 種瀟脱~ (2, 0.0%)

2 の天地

▼ 種無常~ (2, 0.0%)

2 の観相

▼ 種犯すべからざる~ (2, 0.0%)

1 威厳を, 威厳格式を

▼ 種生死~ (2, 0.0%)

2

▼ 種疱瘡~ (2, 0.0%)

1 といっ, をされ

▼ 種~ (2, 0.0%)

1 であるかぎり, に働く

▼ 種~ (2, 0.0%)

1 の昔, は微

▼ 種~ (2, 0.0%)

1 の信仰, を祭り

▼ 種~ (2, 0.0%)

2 は禍

▼ 種~ (2, 0.0%)

1 が出る, も二種

▼ 種自身~ (2, 0.0%)

1 ではそれ, にとっては大した

▼ 種蒔け~ (2, 0.0%)

2 や烏

▼ 種蓮華~ (2, 0.0%)

2 を叩く

▼ 種蕎麦~ (2, 0.0%)

1 のある, のみが作られ

▼ 種~ (2, 0.0%)

1 の中, を数群

▼ 種衆議院~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 種言い~ (2, 0.0%)

1 現わしよう, 難い晴朗さ

▼ 種言うべからざる~ (2, 0.0%)

1 沈静の, 温きもの

▼ 種込み入った~ (2, 0.0%)

1 条件が, 矛盾が

▼ 種~ (2, 0.0%)

1 はこの, は味方

▼ 種郵便物~ (2, 0.0%)

1 に加入, の認可

▼ 種~ (2, 0.0%)

1 がここ, 無絶

▼ 種~ (2, 0.0%)

2 かそれとも

▼1* [619件]

あつたらしく其うちで, 種あつめるのとが, 種あまりある, 種あまり採集した, 種あらたまった緊張した, 種あらわれてきた, 種あらんやというはそれ, 種あれどもいづれ, 種あわせると無音狼火, 種節, 種いひがたき生活, 種いひときがたい複雑, 種いやな感じ, 種いわゆる手継文書の, 種うつたうしい, 種うらんやうに, 種うれば七度収穫, 種えつけた場合は, 種えられてある, 種おろす八十水田村へ, 種お仙お春, 種お前を捨てる, 種かくのご, 種かけている, 種かしらんといやな, 種かなほい, 種かなどと思って, 種かに分類した, 種かや人目には, 種からの変わりたるもの, 種かれに遊ぶ, 種きびきびした批判, 種ぎりだと, 種ぎれになったろうと思われても, 種ぎれにならずにすんだという云い伝え, 種すぐつたい, 種くらい現れて, 種くらいの仕掛花火の, 種ぐされをしんから気の毒に思うだろう, 種ぐらいもまじって, 種ぐらいを販売し, 種ぐらゐあるらしいがどの香, 種ぐらゐ気張つたツて驕奢, 種こしらえたか, 種こつそりした, 種ことなった殊に, 種こぼれて, 種これに対して, 種これこれいくらと, 種こッきり僕に握られ, 種ござるのじゃ, 種ごたついた印象を, 種ごと呑んだ, 種ごときもので, 種ごとひと息に呑み込ん, 種ごと喰べちやつた, 種さがしですよ, 種させ野放しの, 種さてはヨーロッパ人に, 種さまざまなもの, 種しわがれたような, 種じゃったな, 種すら与えないほど, 種ずつ取って, 種そうしてその半ば以上, 種そして晩年には, 種そのものはあり得ない, 種その他ロシア語スウェーデン語トルコ語等なりという, 種その他美文新体詩を数十篇, 種たしかにあること, 種ただ評判の名所旧跡, 種たとへやう, 種たとえば茴香が, 種たらしむるよりも, 種たりしを, 種たりうべくば汝, 種たるなり一字は, 種たるべきことは, 種だけをまいて, 種ださうで早速股間, 種だってそう古い, 種だつていうこと, 種だつたことは, 種だつたらうくらゐ, 種ちゃんおんぶで好う, 種ちゃん吾家へ行く, 種ちゃん幾歳に成る, 種ちゃん彼方のお家, 種ちゃん橋本の伯母さん, 種ちらちらひどくちらつくもの, 種っていうんだって, 種つけし始めた牧, 種つけ係りって何, 種つつくらし下向け, 種つて吹けば, 種づつ社費で豫約, 種であったら鎮める手段が, 種でありまして諸, 種でこそあれ決して, 種でございましたがその, 種でござるといふやう, 種でござんすゆえ早く, 種でしてねですから, 種でしかない, 種でしょうか, 種で御座いますぞ, 種とある薬や, 種といふほどの意味でありませう, 種とかという話です, 種とこそなれ, 種とって見せ, 種とて浮草の, 種とてもありませぬが, 種とにむかひて, 種とのみ信じきりそれ, 種とのみに限られたもの, 種とばかりなって, 種とばかりはきまらない, 種とぼけた歌と, 種とまでなった, 種とやなりやせん, 種とりをやり, 種とりまぜ送り手紙も, 種とり蜂のふところ手, 種どんが大, 種なからずや, 種なくその思想, 種なくさびしく暮らし居り, 種なぞ浸して, 種などが嚆矢であろう, 種などという憐むべ, 種などはなかつたの, 種などをひとり言の, 種なら済みませんなんて謝罪, 種なりしほかの, 種なれどその二三日前, 種なんぞ孕みやがって, 種なんぞと誰に, 種なんぞにしてや, 種なんてなに一つない, 種なんとも言えない清冽, 種において豊富な, 種における総連関である, 種にしか区別が, 種について出て, 種についての論を, 種にてやはんべ, 種にとって運命だった, 種にとっては病人の, 種にのぼつた, 種にまでなつて, 種にまでさえすりかえて, 種にもと云って, 種にもなつて好い, 種によつて体の, 種によりまたは種, 種によりて知らる, 種に対して競争の, 種ねを下した麦, 種のこつがあ, 種のぶきみさにおそわれるだろう, 種のぼっとりした朝顔の, 種のみで他の, 種はじぶんで苅る, 種はぶなですが, 種ばかし要つて, 種ばかりが尻尾振り合う, 種ばかりになったという, 種ひようきんな, 種へは肚の, 種がらかな, 種まかれたのだ, 種まかれるので, 種まことに面白いもの, 種までが枯れるとでも, 種までの朝ごとに, 種みたいにすべすべ, 種みつけたといふや, 種みなメキシコの原産, 種みな世を汚す, 種むっとする空気, 種めかし立てている, 種もしくは場合も, 種やみ難き嫌厭, 種ゆ物地を得, 種らしく弟岩三郎の, 種らしく振舞ったわけである, 種わが党の, 種ゑた動物の血清, 種ゑて居るの, 種ゑ右岸の農夫, 種をのんだ, 種を以て大別と, 種アカシはカンタン, 種アッハハハ楽になったら, 種アリ根茎倶ニ小ニシテ弁少ナク辣甚ダシキ者ハ蒜ナリ小蒜ナリ, 種アリ茲ニ止ダ其十分ノ三ヲ録シ以テ山林高隠, 種アル故ト云ハ, 種イタリア語の分, 種オートミールコーンフレークスそれに卵, 種ガムシャラな手腕家, 種クラシツクの調, 種コロムビアにロン, 種シカケは実に, 種ダラクで向上, 種チベットのキャング, 種ディレッタントは多分最も, 種異ナリト雖ドモ, 種トヲ區別スル所以ハ外境ノ組織セル關係, 種ト私ガカケツケマスト奥様モ目ヲアイテ私, 種ドイツ語八種英語六種その他ロシア語スウェーデン語トルコ語等なりという, 種ナレド其レサヘ識ラヌ者多ク, 種ナーニ年期の済まねえ, 種ニシテ世ニ少シ葉オニグルミヨリ長大ニシテ核モ, 種ヒイロイツクな人格, 種ヘーレー我に生み, 種レコードされて, 種ヱテ以テ神ヲ降, 種ヲヂもおれ, 種ヶ池には今年, 種一つぶだってもう, 種一斛蒔きて, 種一歩の外, 種一粒にこもっ, 種一羽引つ縊つて一遍, 種一色の花, 種丁寧に会釈, 種上ってしもてた, 種に畫きし, 種翻, 種不快な響き, 種不浄とか云う, 種不自然な反撥, 種並行にし, 種事務外の事務, 種云われぬ物凄い恐しい, 種五合を預け, 種亡び変種残る, 種享保年間に我邦, 種人參と忍冬, 種人形の首, 種人蔘の立枯れ, 種で言え, 種今年定有余, 種かけを, 種仕掛がある, 種仙郷説話の通り名, 種代農具代は政府, 種以上享くること, 種以上意義の変化, 種以下にはならん, 種以外誰にも省みられなくなった, 種会員は八幕以上, 種度の, 種何とも云い様, 種何よりそれが, 種何千種あるか, 種何百種という位, 種に関係, 種佶屈なる筆法, 種使用致し居候, 種個族個體の内部, 種優越感の満足, 種先生といふ綽名, 種を分ける, 種入れぬ麺包の, 種八万巻の書冊, 種八犬伝の雄大, 種共に龍の, 種内外の品種数, 種写し更に新, 種写真を撮る, 種冷ややかなる気, 種然たる, 種凌壯の感覺, 種出されてい, 種出したが岡山地方, 種出すに至った, 種出でて野外, 種出來た, 種分つたやうな分らない, 種なんで, 種切になつて, 種切迫した空気, 種初めから出来上った, 種初期和算書の著作, 種利かぬ気な, 種刺すような, 種則みたいなウスノロ, 種則先生こう答えた, 種い言葉一つ, 種剪燈新話, 種加えたいとの希望, 種動物性の匂, 種と二代, 種十次郎君の手腕, 種千態の音, 種南インドとセイロン, 種即ち狭義の, 種厭うべき俗気を, 種厳粛な気分, 種有侏儒國, 種又は変種として, 種及び第一種, 種収められて居り, 種合格でしかも, 種名ヴィニフェラは葡萄酒, 種名通り雪白なるべきに, 種吐き出して事, 種向上改良などと美名, 種味噌田楽向きにこしらえ, 種哀調を帯びた, 種品別にいたっ, 種がつづけ, 種唯物論的な特色, 種善院様の時代, 種善院様其他の墓参等, 種因賦一絶為贈, 種国光を耀かす, 種国民の習癖, 種国策を遂行, 種に當, 種に落ち, 種の犬, 種堅強なる裝甲, 種変った笑い方を, 種変わりたる異様の, 種変態な性慾的, 種外道とかいう中, 種多きも合祀, 種多く持つ身, 種大人びた言葉を, 種大過何ら三, 種天罪ということ, 種天賦の能力, 種太郎ではない, 種奇嬌な美, 種女性の人間, 種妖しげな, 種委曲なところ, 種といい, 種威嚇の勢, 種子供読物出版業者の出版態度, 種字印刷機兼植字機その他參考せる蘭書等, 種字形はイタリツク, 種を人間, 種宗次郎といふ二十五, 種宝物我が国中世用の器財, 種宿したき願ひと口癖の, 種宿してるもんが, 種寂寞の感, 種寂寥の感, 種寂然とした, 種の兵, 種将家などと呼ばれ, 種尖って刃, 種尖ったおかしな声, 種尽きるというも実は, 種尽くると, 種局外者の清談文学, 種属保存の本能, 種属偶像の旗持奴, 種属全体に通用, 種属死活の大, 種属発生的な又は, 種属的記憶と称する, 種属自身の内, 種の利害, 種山中の人, 種山伏修験の徒, 種岩波文庫は約, 種川上座の落成, 種や夫, 種帰化人の豪族, 種年々の行事, 種幻妙不可思議な怪現象, 種幽界の思想, 種幾袋贈られしを, 種庵川口霜翁の後, 種強烈な香気, 種形容し難い, 種従って二つの, 種肴七種配膳の, 種微妙な関係, 種忠顕卿をつい, 種忠顕按察ノ大, 種悲痛の心持, 種悽愴の感, 種忍とも, 種愛すべき風趣を, 種憂鬱な病, 種懐古の作, 種しい妙, 種我々の内部, 種我が戀ならぬ, 種或いはもっと瑣末, 種或は三種の, 種抜き難いマヤカシ物, 種拝天の余習, 種ひです, 種持っている, 種揃つたもの, 種揺蕩たるやや, 種は終り, 種播きに出掛けよう, 種支那の怪談一種, 種改まった気分に, 種政治家は事実, 種政策の下, 種教会の神主, 種述と, 種新聞は見えた, 種新調の韻文, 種日本人を見学, 種は京都周辺, 種之墓, 種の作者, 種曲芸の馬, 種最も多くその, 種之著者ビョルンソン, 種有りし事知らるるなり, 種有力な示唆, 種かなる, 種木像金像とも三十四種, 種ダ熟セザル時ハ皆, 種本屋が持つ, 種東京人のさ, 種板画類一万種に達す, 種の外側, 種梨子誠にやすらかに, 種棄てがたい情調, 種の早い遅い, 種植えせよと教えた, 種植スベシ道家之レ, 種楽しみ極まって, 種しい旅行, 種次第だ, 種欣求の胞葉, 種堪賞, 種殊に人蔘の, 種殘忍な氣分, 種母子には楽しかっ, 種民族の感覚, 種沈んだ退屈さの, 種泣くような, 種洒脱の人生觀, 種流言其罪を責候, 種の題, 種浸す前に, 種ゆしかるにまず, 種消えずと, 種深奥なる悲哀, 種混合すると, 種清寂の境, 種清新な感じ, 種渡り切れない氷河が, 種滅絶の時, 種滑稽なお辞儀, 種滿ちかの, 種演出法は恐らく, 種漢防已とコウモリヅタ, 種が点じ, 種煤けじみた鎮静を, 種煩悩の一つ, 種や馬その他家畜動物, 種牛鑵二個レモン二個バターに角砂糖一箱, 種牡馬の検査合格, 種牡馬二頭は無事, 種物々しい緊張に, 種物凄しい光, 種特有の房, 種特異の建設物, 種特長ある, 種犯人も被害者, 種独立なる生産的, 種獲せば是, 種の発刊, 種甚尠しと, 種甚罕に生ず, 種生きている, 種生薑を植ゑ, 種田代安定中島仰山織田信徳の諸氏, 種田舎びた変化を, 種を募集, 種異なった音を, 種疾く昔徳川時代に, 種痛切なる感慨, 種痛烈な世界諷刺, 種発剌たるあし, 種発明されたよ, 種發賣を禁止, 種白種を口, 種的媒介によるこの, 種各名, 種盛先生と話, 種盛君のこと, 種直長門の紀光季, 種相似て異なり, 種真昼の寂寥, 種真言の種, 種眠法あり病竜, 種矛盾した形, 種としてある, 種知られてゐる, 種知れいるが地方, 種知れてるさうだ, 種社会的孤立の状態, 種祝詞と称する, 種神招ぎの場としてかう, 種私欲なきもの生, 種秘密げな顔, 種としては出来る, 種穀一斛を引き, 種童子を嫌う, 種五卷, 種なの, 種を通じて作者, 種米国に二種, 種糖果などを売る, 種紅種は早く, 種細抹にし, 種絶対主義的な純粋論理主義, 種絶対的な対立, 種を暗殺, 種継事件ではあるまい, 種に絡まっ, 種縁日臭を作り, 種羊場にある, 種而不屬女王自女王國南四千餘里, 種聖なる天の, 種職業婦人の八割, 種肉筆画四千種板画類一万種に達す, 種肴五種なりとぞ, 種腰羽目板二十二種は以上, 種自暴自棄的の勇気, 種にも優る, 種は楽, 種英國流の自尊自大心, 種英語六種その他ロシア語スウェーデン語トルコ語等なりという, 種茄子の皮, 種荒い人気で, 種萬樣限りなき人事, 種を謂つて余戸, 種落之を阿, 種広く茎, 種蒐めた奴, 種蒔きしてい, 種蒔きゃ烏が, 種蒔き終ったところ, 種蒔くごとく撒賦った, 種蒼茫たる調子, 種蓮根は一坪, 種藝従来向客, 種の口, 種見えるような, 種見たいに碌, 種見ることが, 種見慣れざる異民族, 種解し難い時局, 種計画を励行, 種記者不良老年壮士の頭目, 種設ける程度の, 種評判の印度人, 種説明を加える, 種読むことが, 種読んでいる, 種調査致候処悉く銅, 種はつた風景, 種豪快の念, 種貧毛蟲類に七八種, 種買い求め財布に, 種買うのに五十銭, 種買っては読めない, 種買出して見たい, 種だった, 種しいもの, 種超然たるあぐらに, 種のついた, 種に迫る, 種軍事物は十七巻, 種軽快な光, 種載っている, 種輕キ物質ヲ以テ造レル舟, 種近くある, 種近づくべからず褻るべからざる, 種送つて欲しい, 種途方にくれた, 種速まる鼓動を, 種違つた思想でありまして, 種都合三十八種あり, 種配膳の公卿, 種野菜もふんだ, 種金魚の片, 種どい酷薄, 種鋭い朝子を, 種長篇小説を一種, 種長者の風, 種のみの混血, 種に出でしめ, 種雅致のある, 種集めをし, 種集めた叢書である, 種離れがよくっ, 種電線とは全然, 種震動ともいうべき, 種頽廃の気風, 種の人達, 種風致のある, 種食用とせぬ, 種騒然たる街上の, 種骨董的好奇心を有する, 種への岩, 種高等遊民の飯, 種も褄, 種魅するが如き, 種が二種, 種鶏飼養販売などの看板, 種のこと, 種黄菊花十両と載せ