青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「程度~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

称する~ ~移し 移し~ ~移っ 移っ~ ~稀 稀~ ~程 程~ ~程度
程度~
~種 種~ ~種々 種々~ 種子~ ~種類 種類~ ~稱 稱~ 稲~

「程度~」 5986, 65ppm, 1766位

▼ 程度~ (1967, 32.9%)

61 もので 37 ものである 24 ものであった 22 ものが 20 ものに 18 差こそ 17 ものだ 15 ものは 14 ものを 9 ものと 8 ことしか, ことは, ものです, ものなら 7 ことを, ものだった, 低いもの, 差は 6 ことが, ことで, ものな, 問題である, 大きさ, 差が, 差を, 強さ, 教育を, 高いもの 5 ことに, ものか, ものであり, ものであります, ものでした, 関心を 4 ことなら, ところに, 人が, 問題だ, 差に, 日本語を, 深さ, 知識は

3 [19件] ちがいは, もの, ものから, ものしか, ものでありました, ものには, 人に, 仕事に, 勉強を, 厚さ, 問題に, 学校を, 明るさ, 物を, 相違が, 知識を, 簡単な, 金を, 高さ

2 [84件] お覺悟, お返事, ことから, ちがいこそ, ところが, ぼんやりした, ものかという, ものかは, ものだつた, ものだろう, ものであっ, ものであったらしい, ものであろう, ものとは, ものにしか, ものの, ものばかり, ものまで, もの唇の, トピックに, 人では, 人の, 人間だ, 他の, 位置か, 低い者, 低い野蛮人, 侮辱に, 健康である, 克服が, 入りだ, 処へ, 力を, 問題で, 問題であっ, 大地震, 大小によ, 学校では, 学校の, 完全性を, 家で, 差では, 差によって, 差を以て, 差別に, 差異が, 幼稚な, 廣さを, 弥次馬根性を, 弱さ, 影響を, 心の, 想像は, 意義を, 成功を, 教科書に, 教育で, 教養, 文化の, 新しさ, 日本の, 水準を, 注意を, 浅い所, 熱意を, 率を以て, 生活を, 相違こそ, 相違は, 知識が, 知識しか, 研究は, 社会の, 精度で, 精確さで, 自由であり, 自由を, 興味を, 舞台を, 荷重でも, 言葉だ, 距り, 距離を, 速力を

1 [1323件 抜粋] あしらいは, あてつけは, ありさま, いい加減な, いは, うすきガラス, おとなしそう, お世辞, お年玉を, かすかな, が, きわめて低い, ことくらいは, ことさ, ことと, ことなどを, ことまでは, この北海, さ, さし触りは, その靴店, だが飽くまでも, ちがった形, でたらめなら救えます, ところまで, なかには, はげしさ, はした金に, は少ない, ぶらぶら歩き, またこの, もっとも小さい, ものかも, ものさ, ものぢや, ものでございましょう, ものでなく, ものにて, ものまた, ものまでも, ものらしかった, もんでない, ような, ウソから, カンが, ケツ曲り, シロモノに, スケールな, タネと, テンプラフライ式の, ディスクリミネーションを, バクゼンたる, プロメシウス的な, ボンヤリした, リアリティーを, レヴィウ台本, 一生を, 一致なら, 丁寧さで, 下士に, 不安を, 不思議な, 不潔が, 不自然や, 中尉や, 乱暴者なら, 事が, 事務を, 云つ, 交渉で, 交際を, 人としか, 人態に, 人物に, 人間である, 人間なら, 人間らしさ, 人類生活の, 仕事では, 代用の, 会話は, 低いの, 低い動物, 低い実際, 低い探偵小説, 低い日本, 低い理性, 低い社会, 低き理窟, 低下した, 余裕綽々たる, 作用を, 使い手が, 信念か, 修業では, 俳優が, 個人的の, 偉さ, 健康を, 催眠剤では, 傾斜では, 働きぶりである, 先見勤労及び, 克服の, 克服を, 兵も, 具象性を, 内職は, 写実主義が, 写真が, 冷笑と, 凹凸に, 出来栄である, 分子的な, 判別は, 利己心を, 劇薬を, 労働者を, 効果を, 勉強ぶりを, 化け物だ, 半流動状, 卓一と, 危険が, 原生虫幼虫緑草珪草虫藻なぞ, 友では, 反宗教的, 収入だけを, 収攬を, 取捨選択と, 古さ, 合理的基礎を, 名誉かは, 向上を, 和歌なら, 品で, 商取引の, 問題だろう, 問題でありまし, 問題についても, 喝采を, 囁きや, 土地であった, 土地は, 地理知識を, 地震暴風津波洪水が, 場合によっては, 増大を, 売上げで, 売笑性なら, 変更を, 外国語を, 多少こそ, 大い, 大ざつぱな予言, 大多数, 大量生産を, 夫人の, 奨励金とが, 女の子が, 女学生なぞは, 好し, 如何によって, 妥協を, 威丈高に, 嫌味にさえ, 嫌疑者に, 存在でしか, 学問だけは, 学校が, 学校において, 学校へ, 学校教育をすら, 学生の, 学習を, 学識が, 安固と, 安煙草, 実感が, 実質派である, 客か, 家から, 家族を, 容疑者は, 寒さ, 寫眞では, 対象では, 小さいの, 小さい蟹, 小城山城などは, 小規模な, 小都市, 少量に, 尺度や, 山の, 山路には, 崩れ方, 巧みさ, 差だけ, 差と, 差の, 差生活様式の, 差異は, 市民的自由は, 常識概念として, 平易な, 年少職業婦人下級婦人勤人女学生等, 年配と, 幸福はい, 広場な, 建築家であった, 引例にしか, 強いもの, 強面とを, 影響が, 役にしか, 彼女なりに, 御修築, 微小なる, 微罪に, 心を, 心持で, 心理の, 思いちがいは, 怨みを, 恋愛論を, 恐慌を, 悩ましいよう, 悪党以上には, 想像を, 愉楽な, 意味で, 意外に, 愛撫を, 感じだった, 感情の, 感慨すら, 感激が, 慰さみ, 慾望や, 憎しみが, 懸命は, 成功に, 成績である, 我が日本, 戦傷を, 所を, 手腕は, 手頃の, 批判的態度を, 技巧的名人肌では, 抽象力は, 振動を, 授業を以て, 推定が, 損傷が, 改作の, 放電によって, 效果を, 教科書ぐらいに, 教育さえ, 教育に, 教養が, 教養を, 数に, 数字を, 文明批評的な, 文章は, 新兵器, 旗本が, 日暮しの, 時間に, 智的進歩に, 智識では, 曇天が, 最も低い, 最も無能, 有畜は, 望みは, 未成品で, 本音を, 柔弱な, 根強さ, 極く低い, 極めてささやか, 概念が, 構えの, 権利に, 欠乏と, 歓喜と, 残念さを, 毒婦か, 比較を, 民族が, 気持ちの, 氣象條件と, 水準線より, 泥が, 注射なら, 注意力を, 洒落で, 活計を, 海霧でも, 混雑を, 温かさ, 湧き水ぢや, 漢文の, 激語を, 火傷で, 無表情さで, 無駄な, 熟練さを, 熱意が, 爆発しか, 物で, 物價の, 状態では, 玩具としての, 現実に対する, 現象であった, 理想化を, 理解力や, 生徒には, 生活は, 生産力では, 田地が, 画では, 畏敬を, 疎隔を, 病人な, 病気を, 発汗と, 皮なら, 目的の, 相対的優越を, 相違という, 相違を, 真実性が, 真空が, 着物ぐらいが, 知人は, 知識では, 知識要, 短篇もので, 研究でも, 確実さが, 社交性と, 社会人で, 社会的地位を, 社會改造論者であり, 神経病者も, 私に, 私の, 科学性より, 科学論的な, 移轍, 穀物量及び, 穏やかな, 空虚な思ひ, 節制をもって, 簡素に, 粗末な, 精度では, 純吉, 素寒貧だ, 細い曲線, 細心さが, 経済的向上が, 給与しか, 統一を, 絶望や, 罪は, 美くしい, 義憤を, 考へで, 考へ方, 者だ, 者と, 者の, 聲であった, 職業婦人殊に, 脈搏が, 腕だ, 腕力を, 膨張を, 自分の, 自然科学では, 自由をも, 臭気しか, 至って貧弱, 良さ, 芝居は, 花の, 苦や, 英文なり, 英語塾の, 著しいこと, 薄弱であった, 藝術が, 蛍光灯の, 表彰では, 表示であろう, 裕福でない, 補助金が, 西洋の, 要心は, 見解を, 親しみが, 親密さを, 親日と, 観衆の, 言葉が, 言葉の, 訓練なら, 設備が, 証拠では, 詩的な, 話, 話では, 話材を, 認容と, 語学力では, 誤りは, 誤最も, 読み書きを, 調子を, 諦めで, 謂わば, 識見を, 豫言が, 貧しいもの, 貧弱なる, 費用さへ, 資格を, 資産の, 質を, 超越が, 趣味を, 距離に, 軍備にも, 転向についての, 軽い考え, 輝やかしい, 辛抱が, 返辞であった, 退屈させない, 速やかさで, 連中, 連中に, 進み過ぎた座談, 進歩通達は, 逸話ばかり, 遊び人体の, 過失は, 道を, 違いが, 違う技術教育, 違ひ, 遺言を, 都市へ, 配当を, 酔つ, 酔ひを, 重要さに, 量を, 金か, 金は, 鋭敏さであったなら, 鑑賞を, 開墾の, 閑暇を, 間に合せでは, 間柄だ, 関係にまで, 関心でしか, 關心を, 陶芸家である, 隙間が, 雨が, 電流を, 青みを, 革新運動が, 頗る低級, 頭脳である, 顔面神経の, 風でなけれ, 風呂敷など, 颱風と, 飯盛相当の, 驚きを, 高い人, 高い優秀, 高い外国, 高い家庭, 高い教養, 高い真面目, 高い馬, 高低だの, 高熱患者である, 魅力しか

▼ 程度~ (1096, 18.3%)

50 於て 18 達して 12 応じて 11 して 8 なって, 於ては 7 比例し 6 止って 5 存在し, 過ぎなかった 4 すぎない, とどめて, なつた, 止めて, 考えて, 行われて

3 [17件] あると, すること, つれて, とどまって, なると, よる, 愛して, 應じ, 於いて, 止まって, 比して, 澄んで, 留めて, 見て, 解釈し, 達する, 達すれば

2 [48件] これは, したがって, すぎなかった, すすんだ, とどまった, とどまつ, やって, わかって, わが国の, 不自然な, 何か, 作用した, 依つて, 依ること, 依存する, 保たれて, 信じて, 古代の, 完全な, 実現され, 就て, 従うて, 拡大するなら, 文学の, 於ても, 止まるの, 正確な, 理解し, 生じて, 発展した, 発達し, 発達した, 白を, 盃を, 相違が, 綺麗だ, 自分を, 自己の, 若干の, 襟や, 豊富な, 豊富に, 進歩し, 過ぎない, 過ぎないの, 過ぎなかつた, 過ぎませんでした, 離れて

1 [795件 抜粋] あしらって, あっちの, あって, あなたの, あらず, ある当時, いくらかの, いたりましては, うけ答えて, おかれて, お客が, お扱い, かき得るかという, からかうの, からだを, きびしく感ずる, きまつてるん, ぐつぐつ煮たってる, こういう居場所, ここでは, この二人, この土地, この種, これを, ごく大略, さがって, させて, さらりと, しばしば出, しばしば畸形的, しろ心, すぎずそれ, すぎないが, すぎないけれども, すぎないの, すぎなかったが, すぎなくジャコウソウ, すぎまいと, すぎますまい, すべきかという, すりへらされて, するの, する愛嬌, する方向, そちの, そのすそ, そのものを, その学窓, その惨害, その生産費, その発展, その顧客, それを, ただフッ, だれの, ちゃアんと, つきて, つくつて, つくるの, である, できた, できるであろうかという, とどまり昆虫, とどまる, とどめると, とどめるの, どういう形, どこかの, どの集団農場, なった, ならなければ, なる, なるから, なるさ, なるので, なんとかする, はげて, はたらいて, はやって, ひどくなった, ふさわしい効果, ほとんど比例, ぼかしたいと, まずい, また同じ, まッ, もしくはその, もはや自然科学, やや近い, よく行っ, よく見憶え, よりけりであります, よりて, わが答え, わるいの, カンテラの, キメの, ケチンボーであった, ジョーンを, スリへるだらう, チク, ナンセンスである, ニッポンの, ルーズな, ヴァイオリンが, 上がって, 不思議な, 与えられなかった場合, 主張する, 之に, 事件は, 事件を, 事実を, 事業として, 二三度お, 互の, 人口が, 人民戦線的意義を, 人間として, 人間の, 今少し, 今日の, 休ませないよう, 伸びるかとか, 位するもの, 何かを, 何も, 作つて頂けれ, 依って, 依りそれだけ, 保存せられ, 信用し, 信頼し, 信頼しうる, 倒壊し, 停めて, 働いたこと, 充された, 充実し, 冷え上って, 出て, 出れば, 出来ましょう, 分析した, 分業が, 切迫してる, 判断のより, 利巧であっ, 利益を, 到達せん, 創作方法を, 勤王思想を, 匹敵する, 半ばまじめで言っ, 厄介な, 原始的な, 取り扱われて, 受持ちの, 古い世, 叫ぶか, 可能だ, 合体し, 呟いた, 呟いて, 味わう事, 咏物の, 喰い留ること, 四角張つて, 団体内部の, 在来の, 地に, 型の, 堪忍いたし, 増すこと, 変りは, 変化し, 変更し, 外国語を, 大きく咽喉, 大分の, 大変な, 大衆に, 夫, 失って, 女色を, 子どもを, 存在する, 完成し, 実現された, 実現した, 実行された, 実際的, 客と, 家柄も, 寄り添うて, 尊敬しない, 尊重し, 導けよ, 小当りに, 小量で, 少し飲まう, 就いて, 就いても, 巧妙な, 差が, 差異は, 市街の, 市電や, 干潮を, 平俗な, 平時よりも, 幾分修正, 引き寄せる努力, 弟と, 弱い光, 強いらしい, 強くもな, 当らず障らずの, 彩色を, 役立ったであろうか, 彼の, 彼は, 彼女が, 後々の, 後までも, 従つて各, 従つて次第に, 從つて其人を, 微量な, 心力が, 必ず他, 必要である, 応じた恋愛, 応じ興行法, 怖ろ, 思いだしたか, 思われて, 恵まれて, 悪からう, 愛しないと, 愛すれば, 愛読されるだろう, 感じられた一瞬間, 應じたる, 懐疑する, 成長し, 我々のに, 扁めた, 才智が, 払わせ小, 扱って, 承認し, 押しつけられた拇指, 押留め, 拘束する, 拡大された, 拵上げ, 挨拶しました, 振りまわして, 接近し, 掴ませること, 揺れること, 擴張する, 改められて, 改良され得るだろう, 敏感で, 整えるため, 整理した, 文学は, 斎藤一門の, 斜に, 於いては, 於ける共通点, 於てさえも, 日が, 日常の, 日本の, 日本人に, 早おきに, 昂まっ, 昂然として, 明るくし, 昼間は, 普及したなら, 暖まった空気, 暢気に, 書かれて, 有力である, 木が, 本質的に, 東京慣れしない, 槇子への, 権威の, 欷り泣いた, 止まらざるを, 止まりもとより, 止まる諸, 止まる限り, 止むべきだと, 止めざるべからず, 止めた, 止める, 止りますね, 正木から, 正比例し, 正確と, 武蔵の, 歩く, 歴史の, 残って, 比べても, 比例した, 比例せざる, 気候の, 気象台側の, 汚すの, 沢子へ, 法学の, 洞察し, 洞察し得る, 活躍した, 浅くまた, 浅薄幼稚を, 涙が, 深い話, 混ぜること, 減ったか, 減らして, 減弱し, 湯が, 満潮を, 満足させ, 滿足せられずし, 激しく参つて, 点頭いたのみ, 無条件に, 無理に, 無邪気であった, 焼き適宜, 牧畜状態に, 犬を, 独占し, 現われる事, 現在この, 生えて, 生活を, 生活内容と, 生産的で, 生計を, 用いること, 男の子は, 留って, 疑わしいかと, 疑点を, 疲労困憊し, 痛いもの, 発表し, 發達し, 監視する, 直が, 直しても, 相対性原理を, 相違ありません, 省線の, 真実であった, 眺めて, 知って, 研究的態度の, 硬ば, 確証された, 礼儀を, 私に, 秩序が, 稀有な, 種々の, 積んで, 筋が, 節約せし, 簡単な, 精気が, 純粋であり, 結晶の, 統一的に, 維持する, 緩和されるであろう, 緩和する, 縮めて, 縮小し, 置いた見取り, 考察を, 聖書を, 肉声化さるべき, 肥大で, 肯定し, 胃の腑を, 能を, 自らの, 自ら煮, 自分から, 自分の, 自然が, 自由である, 自由な, 自身勝っ, 至って, 至つては, 至つて枯死する, 至らぬから, 至りては, 至ると, 船の, 花世の, 茫漠として, 落着かせ, 著しい相違, 蕗子を, 薄めて, 薄赤い, 融和され, 行はれる, 行われる市場, 衝動そのものにまで, 表現する, 衰えて, 裁量の, 補正し, 要求が, 見ても, 見苦しく舞台, 親しくした, 観戦の, 解したがって, 解すべきであろうか, 解釈され, 訊きだして, 記事が, 記憶の, 話されて, 話を, 読んで, 識られ, 豊富には, 貧乏な, 資本と, 踏みこたえた, 軽いが, 輕重を, 近いまでの, 近くつるす, 進むだ後, 進んだかといふ, 進んだ様, 進んだ開化, 進歩させ, 進歩的である, 遂行し得る, 遊仙窟の, 過ぎないかも, 過ぎないが, 過ぎない小事, 過ぎなかったけれども, 過小である, 達したの, 達したる時, 達した模様, 達しても, 達すると, 達するやう, 達せざれば, 遠ざかって, 遠退い, 適中する, 適応し, 遺存, 酒を, 酔っぱらって, 重く見, 野口の, 長い, 長からず, 長追いも, 開化を, 関る, 限られねば, 限定し, 陥ったり, 集められて, 離れる必要, 震え上がって, 非, 面白いかは, 顕著な, 食える, 首が, 首を, 馬鹿である, 騰貴せしめ, 騰貴せしめる, 高いこと, 魚は

▼ 程度まで~ (434, 7.3%)

5 それが 4 信じて, 進んで 3 実際に, 発達し, 知って, 研究し, 自分の

2 [16件] あの人, チェーホフの, 信頼し, 個人の, 具体化する, 含んで, 当って, 成功し, 整理され, 明かに, 暗記し, 私の, 自分を, 自由に, 行くと, 進化し

1 [374件] あったか, あなたに, いかなる方向, うけ容れて, うまい, おさまらない限り, お互に, かかる結果, かれら, こういう点, この一派, この点, この監督, この見方, この選択, これに対する, これらの, さつぱりと拭, しみじみ同感, すぐれたもの, そうである, そうなっ, そのものを, その効力, その対手, その意義, その時, その責任, それぞれの, それに, それを, それ本, たしかにそうだ, たたえて, であろうと, で驚くべき所謂利口さ, どんなふう, ふれて, ふれ文章, ほんとうに, むづかしくなる事は, やむを得んかも, やりこなせるか, やるつもり, わかつて, アメリカの, イデアリスムの, ウェル・ブレッドである, クロポトキンの, ハムレットから, ブルガリヤの, 一々の, 一方的, 一般と, 一身を, 上へ, 下火に, 与えながら, 世界の, 中, 之が, 之を, 了解し得る, 事実である, 事実に, 交通を, 人なみに, 人に, 人民戦線的文化運動の, 人為を以て, 人間の, 他動的の, 代表され得る, 代表し, 企てたやう, 低下し, 低級な, 体験する, 何でも, 供給する, 俊子に, 保存され, 保証される, 保護し, 信じても, 信頼出来る, 修熟した, 備わって, 僕は, 僕自身を, 元気づいた, 克服される, 共産主義者として, 共通し, 共鳴する, 其等の, 凝縮する, 凡てを, 凹まし労働者農民, 出来るだろうと, 出来るの, 出版の, 分かってるの, 分ったよう, 分析した, 判断される, 別々に, 制度化した, 制御されれ, 動かされる自由, 動かし文部省, 動員された, 単一起原説を, 単位の, 原碑, 参酌す, 反省的に, 取容れ得る, 取調べられたもの, 受けねば, 受け入れられたが, 受容れ, 可能であった, 可能なりや, 合法の, 同情せね, 同様な, 含まつて, 周囲の, 善導出来る, 変えようと, 夢を, 大きくなった, 大事に, 大人に, 天候を, 天然色を, 夫, 女の, 妥當である, 威張らせて, 婦女の, 學術の, 宇宙的に, 守ったかという, 完うし得た, 完成した, 実感し, 実現され得べき, 実証的な, 実践し, 寛仮せね, 寛大に, 察しが, 實際に, 対立し, 尊重しなく, 尤もだ, 尺八を, 市民の, 平行しなけれ, 幸する, 幻想では, 彼を, 彼等と, 彼等の, 彼等自身の, 従って, 徹底し, 心理的な, 必要と, 必要な, 忍ぶも, 思いきって, 思うまま, 性格的に, 悪い結果, 想定し, 感覺的に, 成し遂げられて, 成功した, 成功します, 成功であったらしい, 成効した, 成長する, 我慢します, 戦争からの, 戯曲, 打っちゃって, 打明けたの, 折りあって, 拡張し, 持ち札, 描き出すに, 支配する, 改善され, 改善される, 放任し, 救は, 教えるん, 数量的に, 文化的後退を, 文字が, 早春水辺の, 映画芸術の, 是認しない, 暗に承認, 有効なら, 未然に, 本当にみな, 本性を, 本當, 来ると, 正鵠を, 武蔵の, 歪曲され, 歴史の, 歴史的の, 民本主義の, 氣分に, 没交渉に, 治るか, 減退させる, 準備を, 演出によ, 熱中する, 牧畜も, 特定の, 犠牲に, 独断専行を, 現実的な, 理解した, 理解する, 理論的には, 男性化する, 當つ, 癒って, 発達した, 発達する, 益々悪く, 益々良く, 目星を, 目覺めた, 相對, 相手が, 相手を, 真を, 真似する, 真実である, 真実らしく, 眼の, 知られるの, 知識を, 短くなる, 破らなければ, 確かに, 示そうと, 社会主義を, 社会的役割に, 社会科学, 社大全体の, 神様から, 私は, 科学の, 稀薄に, 立体映画の, 立戻る, 競争が, 精しくこれ, 精神的の, 納得の, 索って, 経理部の, 統一され, 統制すべき, 絶滅され得る, 維持できる, 綯り合せられる, 締め上げて, 緩和する, 縛られなければ, 美しい, 翻訳によ, 考慮さるべき, 聖なるもの, 脚を, 自主的に, 自分達は, 自己の, 自然である, 自然の, 自由主義が, 自立し, 自身の, 至極容易, 舞台の, 良い小説, 芸術と, 苦悶し, 落ちては, 落付い, 著しく唯物論的傾向, 薄くし, 虚榮心を, 行くもの, 行けば, 行ける対象, 行った人, 行って, 行つた青年を, 行つて居ます, 行はれ, 行われて, 表現し, 表現せられ, 表面に, 被疑者を, 製作され得る, 製作の, 見抜いて, 親子に, 許さる, 許さるべき, 評価された, 試みたもの, 詩仙堂の, 詳しく軍部, 認める, 調和する, 譲歩は, 變化する, 豊饒に, 貴重な, 質の, 贅物が, 身体表出を, 身辺の, 近づいた刹那一切, 近代的な, 追い払って, 進まなくては, 進むこと, 進むと, 進められて, 進んだかを, 進んだもの, 進んだ理解, 進んだ絵, 進行させる, 逸して, 遂行され, 道徳に, 達して, 達するうち, 遠い過去, 遠慮せね, 適用され, 酔って, 重なるもの, 開発し, 間違いなく, 関係も, 阿諛的な, 陳述し, 隠されて, 隠して, 集積する, 雪の, 霊界に, 霜柱の, 頑固な, 飜訳は, 養われた道徳意識, 鼻の

▼ 程度~ (335, 5.6%)

13 あつた 4 化尼に 3 それ以上の

2 [11件] あつて, それが, やって, よいの, よかった, 作用し, 止まって, 現われて, 目的と, 笑つたものだ, 間に合った

1 [293件] あえて強い, あとは, あのころ, あらう, いいもの, いいらしい, いえるの, いくらかは, いるの, うらはらに, おさまるかも, おすみなら, おまえの, およそ偽善的, お答えが, かかれて, かの女自身, かれは, きいて, きまるもの, この反動, この女, この景気, これなら, ごまかされる山伏, させるよう, しかし崩壊, しかも, しきりに沸騰, しげしげと兄, すぐ疑い, すむかと, すめば, そうお, そうひどく寒く, そう困つた, そう秀歌, そのままいる, その仕事, その成行, それで一家, それ以上その, それ以上に, そんなに憎むべき, たいして気, ちゃんともっ, ついて, つまり二人にとって, できるだけ接近, では, でも, ときどき目的, ところ斑に, とまって, ともすると野村, とん, どうにかツリアイ, なお幾日, なんとかなろう, ね, また私, まだ掛け算, まだ深い, まだ談話, まとめる, まるで息, まアまアでは, もっともっとひどい, もとよりどんな, もはや廃人同様, やがて治る, やる, ゆったりと, ゆるされて, ゆるして, よい, よしとけ, よほど多量, よろしいか, よろしいの, わざと伽藍, わずかに, わたしたちを, われわれの, アルコールの, トビアスの, トマサンの, ドン, ノンサッチに, ハッキリどこ, パリに, 一とおりわかった, 一区切り一区切りと, 一向取止め, 一応の, 一応安心, 三吉も, 三日も, 上に, 上の, 不快で見, 世人が, 世界全体の, 中に, 云える, 交わされた, 人間精神の, 今日の, 以って, 以つて押へる, 会話を, 住み心地, 何か, 何事かが, 働いたこと, 働いても, 働き出して, 働けないこと, 充分であった, 充分な, 先生風の, 全世界, 全部を, 共存し, 凡十分だ, 分かったの, 切り抜けて, 切上げられるね, 勝負する, 参考に, 取るに, 口述し, 号令を, 呆れたもの, 和田英作畫伯や, 咬みついたの, 器用には, 土を, 地下に, 坪当たり数名の, 城内の, 声を, 売りあげが, 外出は, 多少呼息, 夜を, 大きいもの, 大丈夫な, 大体は, 大部分, 女を, 好悪する, 始めるの, 学生生活が, 孰方パッション強い, 定府の, 実際の, 室内を, 宮川は, 家督を, 富が, 富裕な, 小説一つ例の, 尽きるだろう, 巧みに, 常識に, 平和に, 平野神社といふ, 年一回村へ, 幾日あるだろう, 座談会で, 廻転っ, 弾きやめて, 彼に, 彼らの, 得心の, 微笑し, 念を, 性格まで, 意力的な, 愛して, 愛想ふかく, 感想を, 我慢すべく, 我慢する, 打ちあけた, 打ち切られた, 打切り続行, 折れては, 押えるか, 指導を, 挫折した, 敬愛する, 文句は, 日中と, 早くも, 明治時代の, 時間が, 暑さ, 暮すこと, 果して二人, 果して東京, 格別炭も, 極めて適度, 楽しげ, 横浜は, 止まつて, 止めて, 武蔵とも, 気儘に, 江戸に, 沙漠の, 海老蔵を, 深い交, 済ませるならここ, 済んで, 測られる, 満足させる, 満足し合っ, 滿足し, 点燈される, 熟睡を, 片付けられるよう, 片足ずつ, 片道三時間の, 物見の, 特別に, 特筆する, 独占価格である, 生命には, 生活の, 留めて, 異議は, 盃も, 直ぐ見破られ, 真の, 眼の, 砕けた物, 確証は, 祝意に, 稲ちゃんが, 笠間由子の, 納って, 納得した, 細君に, 細君の, 終ったらしい, 終には, 終る, 結婚し, 網膜の, 編集した, 纏ったもの, 罪が, 而も, 聞いて, 聞き澄し, 肩を, 舌を, 色も, 色彩の, 若い女, 苦い吐息, 落着く, 蔡瑁は, 薬も, 蜀は, 言いたいこと, 言うと, 言っても, 言へる, 訓めるであらう, 許される経済的独立, 語学の, 談論し, 請求する, 責任の, 近くありたい, 近代都市が, 逃げて, 逆に, 進歩し, 都会の, 重傷患者を, 金を, 長さ二十センチ, 階級が, 頂を, 頑張って, 頭だけ, 飛騨から, 食い留めて, 食っ付いて

▼ 程度~ (293, 4.9%)

15 ある 6 あって 4 あるもの, 低いの 3 ありますよ, あるぞ, あるよ, 低い, 深くなる

2 [16件] あつて, いい, はっきりしない, わかる, 今と, 低かった, 問題である, 推測される, 段々此方, 深いの, 現在の, 知れて, 違うため, 違ふ, 非常に, 高くなれ

1 [217件] あってね, あまりにわれわれ, あらアあれから, ありその, ありますが, ありますのでね, ありむしろ, あり一方, あり親爺, あるから, あるぜ, あるであろう, あるポローニヤス, あろうぜ, いちじるしく低いと, うかがわれるよ, うまく呑み込めず, およそわからう, ございます, さらに減ずる, せいぜいだ, せいぜいで, その点以上, それに, だんだん進ん, ちがいどうせ, ちがいます, ちがう, ちがって, ちがわないから, とりあげられるの, とりも, どうで, どんな風, はなはだしい, ひくいもの, ひどいと, ひどくなっ, ひどくなれ, ひどく或, ほぼ相, まだまだ低い, まちまちである, まるでちがう, まるで見当, まるで違う, むずかしい, むづかしい, もう一遍世襲的, もっとも美味しい, もっと高まる, もはや酒乱以上, やや低く, やや考量, よい, よく分らん, わかった, わからないて, わからないという, わからないといった, わからないの, わかります, わかるよう, わずかでも, イオンの, ガンダーラ芸術よりも, 一層甚だしい, 一段上に, 不充分なる, 不足な, 人々の, 人によ, 人間の, 他の, 伺われる, 低いから, 低いが, 低いため, 低いって, 低いと, 低いという, 低いといふ, 低いん, 低かつ, 低かろう, 低くて, 低くなっ, 低くなる, 低く卒業生, 低く原始民族, 低く意志, 低く教養, 低く知識, 低く知識人, 低く食糧, 何れ位ひなものかを, 余りひくい, 優れかつ飢饉, 入学資格を, 分かるの, 分らずその, 分らないから, 分るであろう, 判ります, 剣劇に, 割合に, 加はると, 原則的に, 各個人, 同じわけ, 同一であれ, 商品の, 問題に, 増して, 増すにつれて, 増大した, 大いに増悪, 大きいの, 大きかった, 大分違います, 大切な, 大抵わかる, 好かるべく武道伝来記, 好きだ, 実にはなはだしく低い, 客観的に, 宮本武蔵の, 少い事等, 少く誰, 少しく平準, 少ないと, 巧く, 弛緩し, 強い, 強い人, 強まつたの, 徳直, 必要であります, 急に, 愈よ, 支那に, 明かだった, 時々段落, 普通の, 有る, 木村氏の, 村民の, 根本的の, 格段に, 極めて微妙, 極めて浅い, 次第に減少, 此儘で, 武者小路氏と, 水陸両面にわたって, 浅い, 深いと, 深くなつ, 測られない新, 測定出来る, 烈しくなった, 無くなるばかり, 無くなる許, 犬に, 甚だしい時代, 甚だしくな, 甚だ浅薄低級, 男より, 異っても, 異る, 病的である, 直観的に, 知れるが, 知れるの, 知れるわね, 示されるもの, 稍, 稍甚しく, 第一, 第二級, 自分と, 著者の, 衛生には, 要求される, 解らないやう, 計らる, 軽いそうして, 軽いであろう, 軽かった, 軽微であった, 辛うじてト書, 進むか, 進んで, 遅れて, 過ぎると, 過ぎるという, 違う, 違うから, 違うので, 違えて, 違って, 違つてゐる, 違ひ, 餘り, 高いか, 高いこと, 高いそう, 高いに, 高いの, 高いばか, 高かるべきだ, 高きに, 高くなった, 高くなる, 高ければ, 高まつ, 高まれば

▼ 程度~ (264, 4.4%)

7 越えて 6 異にし 4 もって 3 こえて, 明らかに, 異にする, 超えて, 越して, 通り越して

2 [15件] ひそかに, 代表する, 定めて, 定めねば, 弱めて, 有つてゐる, 標準として, 決定する, 知ること, 示すもの, 見せて, 超えては, 越えては, 遥かに, 高めること

1 [199件] あらわしその, ある程度まで, いうこと, うたがわれるよう, おさえて, お下げに, ぐつと本腰を, こえたわる, こした惨酷, こして, さしていう, じゅうぶん検査, すすめて, たしかめた, ためして, ぬきに, ぬけて, はかるという, まして来た, ますます増進, もしはつきり, もった知的土民, ズット通り越し, 一層深め, 上げること, 下げて, 予知する, 二期と, 云い表わす, 付すること, 代表した, 以つても, 低くした, 低めて, 低められる, 低下する, 何処までも, 余りよく, 充分分析し得なかった, 出で, 出でないもの, 出ない, 出ないが, 出ないこと, 出ないの, 出なかった, 出るもの, 制定する, 刷り上げて, 功として, 加えて, 卒える, 卒業し, 厳密に, 同じくする, 問わず情操, 喜ぶに, 国防費に, 基本に, 報じるといふ, 増しこそ, 多くし, 大体それで, 定めこれ以上, 定め之, 実際的, 容易に, 實驗する, 崇高と, 強化せざる, 御自分, 心得てる店, 忍びどの, 思わしめるよう, 悪化し, 想い知ること, 意味する, 手温し, 批判し, 批判する, 持つよう, 指したの, 指して, 指すの, 推しはかること, 推測する, 支払う以上, 数量的に, 料り得ぬと, 明かに, 明瞭に, 暗示し, 最も完全, 最後の, 有して, 検討する, 標示し, 正直に, 正確に, 比べると, 汽車の, 洞察し, 深めつつ, 減少する, 測る爲め, 測定する, 測知, 物語つ, 現わす, 理解し, 甚だしく越え, 疑った, 知って, 知らせるの, 知らない, 知らないもの, 知り得たらそれ, 知り得ると, 知り更に, 研究する, 確むるために或いは, 示さんが, 示したくなかった, 示した一種, 示して, 示す, 示すため, 示すに, 示すには, 示す儀式, 示す極印, 示す重要, 私は, 窺って, 窺ふ, 第一期, 算定し得る, 縮少し, 考えて, 考へたからの, 自己の, 表わして, 表明し, 表現する, 要するもの, 見よ焉, 見るに, 見る是, 見れば, 言って, 計り平易簡明, 計る最も, 訊いた, 訊いたり, 訊ねるの, 許さぬの, 試されて, 試みる為, 試験する, 試驗する, 語るという, 誤りて, 説明し, 説明すべき, 調べに, 調べようと, 論ずる場合, 論ずる際, 譲歩すべき, 超えざるもの, 超えたり, 超えた音響, 超えると, 越えこれ, 越えざるもの, 越えた多数, 越えた醜態, 越した考え, 越すこと, 越すと, 越すよう, 身分不相応に, 進ましむることあたわず, 過ぐる, 過ごせば, 遙かに, 遠く出, 鑑別する, 限つて何人にも, 限りとして, 高く捻じり上げた, 高むることを男子, 高むるであらう, 高めざるべからず人間万事金, 高めようとして, 高めるため, 高めるという, 高めるには, 高め得た時

▼ 程度~ (170, 2.8%)

2 上らんの, 他の, 低いが, 察する, 概括的に

1 [160件] あたかも生, あって, あつて, あの屋根裏, ありません, あるけれど, いいが, いい尽されない恨み, いたって低き, いつも間違, いづれお, おそらく同一, お前にも, かういふところ, この食物, これで, これらの, さらにひどい, さらに分別, ずっと女の子, その株守, その科学, その自然的資源, それが, そんなに高く, ただわずか, とてもほか, とても二卵性双生児, とても悦子, とにかく小諸, どのよう, どんなか, のりこしたもの, はなはだ稀薄, はなはだ鑑別, はんと, ひとによ, ひどくない, まだ小, まだ良かっ, まったくめまぐるしい, もちろん人々, わからないが, アルゼンチンよりも, イヤでも, オナリ婆さんの, トーストパンに, ドノ位か, ベエコンの, ペルーは, マラルメよりも, 一層強い, 上掲した, 下がること, 不明, 不明である, 中學卒業生は, 主としてこの, 五本で, 人間の, 今において, 今日に, 今日の, 今村と, 今迄に, 以前と, 余り深く, 例へば今, 健吉くんが, 兵学では, 出て, 別に変り, 到底われ等, 到底我明治, 前の, 十分と, 単に外形, 即ちその, 去年の, 取られるかも, 口中へ, 各人決して, 同じであった, 同じである, 同じであろう, 同じでなかろう, 同じでなく, 同一でなかろう, 同一では, 吾人の, 固定資本が, 変異性によって, 多かれ少かれ商業界, 大いに怪しい, 大きいの, 天主教徒よりも, 失うたお, 家を, 小学生を, 少く予防的妨げ, 尚浅い, 常にこの, 平均僅かに, 建物からだけ, 建築物の, 強いこと, 形而上だけでも, 彼が, 心得て, 思切つて大量に, 急激なる, 恐らく現在, 愈, 戯鬪祭の, 打ち明けて, 掴めて, 敵にも, 日本の, 明治の, 暗黒物体の, 最も言葉, 有つて, 本物と, 果して鉱業条例, 極めて危いも, 極めて軽い, 様々であります, 次第にひどく, 決して一様, 決して租税, 浅いがね, 浅いに, 減ず可, 漁業上重要な, 甚しく, 産児の, 直ちに文化, 相殊, 知らない種ヶ島時代, 私と, 立派な, 等しくなく, 米国で, 米国議会の, 自分の, 若し諸君, 被害の, 見て, 觀光客にも, 証明されず, 読者も, 譬へば目前, 軽微である, 農業国が, 違うが, 違うに, 都会生活を, 雑誌の, 高いよう, 鶏もしくは

▼ 程度では~ (79, 1.3%)

3 ない, ないかと, なかった 2 ないとしても

1 [68件] あったが, あつた, あり得なかったであろう, あるけれども, あるまいか, いくらか彼女等, この者, その消耗, その領域, それが, ただ輪廓, ちょうど二度目, とてもすゝめ, どうしても偏ります, どうにも仕方, ないが, ないに, ないの, ないよう, ない果ては, なかったろうか, なかったろうと, なかつた, なかつたらうか, なく, なくまったく, なく彼, ほとんど認識, まだ人間, やはり必要, ハッキリしない, 一人で, 中に, 予想も, 何か, 何の, 俺が, 僕は, 兎に, 全くこまる, 到底それら, 到底次, 到底行く, 及び難い, 同じくらいの, 困るので, 図案に, 地面が, 女の, 如何なる意味, 娘義太夫は, 子ども自身子どもの, 子爵の, 學問あり, 専門の, 新聞記事にも, 書けも, 済まない, 満足が, 滿足出來ない, 無理も, 狭斜の, 納まらない, 纔に, 義龍亡く, 職長の, 要点が, 迷信も

▼ 程度にまで~ (78, 1.3%)

3 進んで

1 [75件] いち早く自身, こっちの, すでに奥州, するするに, せめて我々, その言論統制機能, なって, コタツの, ドウし, ドン漁業, 一匹の, 上るの, 亢進し, 何事をも, 余裕の, 作品の, 作者の, 個々の, 写し出すもの, 利用され, 協力を, 向上させ, 向上する, 固定した, 堕落し, 変化させ, 大胆不敵な, 奔逸した, 婦人みずから教育しよう, 尊重する, 引き下げられた家事, 引き下げ大概, 彼らが, 彼らに, 心を, 急に, 意識の, 手加減し, 拡る, 日本全国に, 昂進し, 有識者無, 洞察され, 無関心, 現代日本の, 生きたもの, 甦って, 発達した, 発達し得た, 突っ込んで, 粉砕され, 紛糾し, 綺麗に, 纏った形, 自分の, 至って, 落ちぶれ果てた人類, 行った, 証明された, 詳細にわたって, 読まれましたかな, 買いかぶられて, 辻褄を, 進んでは, 進化し, 進歩した, 達して, 達しない粗末至極, 酔いが, 重要視される, 露骨でない, 高かつ, 高めること, 高潮した, 鼠の

▼ 程度において~ (66, 1.1%)

2 違って

1 [64件] こんな例, その分配, それを, であるか, であるかを, ほとんど四対一, また正直, また生活, オリジナルな, チャンスに, フランス民法を, 一朝一夕に, 不完全でなけれ, 不断に, 世間の, 事実らしからぬ, 五対一であり, 人目を, 人間の, 信じて, 免れる望, 内発的に, 功利主義と, 勞働の, 十分重く, 古俳諧史, 同一である, 和気靄然たる, 固定資本を, 増加せしめるなら, 増殖し得よう, 変更せられる, 字句の, 存在し, 完成せられた, 当初も, 後足で, 従来の, 必ず芸術家, 愛着を, 文化的であり, 明暸なる, 昨日も, 構造上に, 減少したであろう, 煩悶した, 現われ出るもの, 産み出すであろう, 画家は, 異るなら, 疎明, 病気と, 神に, 純粹, 組織を, 繰り返さなければ, 考慮に, 自分に, 自由を, 許されるに, 課税され, 賃銀は, 酬いられた, 駄目である

▼ 程度には~ (61, 1.0%)

3 行われて 2 物識りだ

1 [56件] いくらかの, いろいろある, かかる事実, したいもの, その重要性, たくさんの, つむじまがり, とどまらずに, なったらしい, なれなかった, ゆく由, よく似, キッと, 人口に, 何となく階級, 依らないという, 優遇しなけれ, 入って, 厚薄が, 合槌も, 地方には, 変動しなかった, 大人らしく, 好きに, 娘の, 差支えありません, 差支へ, 当時の, 待遇しなけれ, 心して控え, 必ず能力, 情熱的である, 愛し合いました, 感ぜられ得るもの, 暮せても, 書けて, 止まらない, 現われないの, 理解できる, 甘く浮誇, 空の, 老成する, 老母の, 考え得られる, 自ら濃淡が, 至らないし, 苦労し, 蔵われ, 行く, 討究した, 誰でも, 起り得ない, 達して, 限りが, 騰貴し得ない, 騰貴せず

▼ 程度までは~ (55, 0.9%)

1 [55件] かなり野蛮, ことごとく解釈, しかたが, そうです, その語原, それを, どうにも教育, わかって, シッカリし, チャンと, リードされる, 一致し, 万遍の, 不可抗であり, 予想し, 人相の, 人間の, 今尚, 保護され, 出まかせに, 医学的, 参与し, 女自身の, 察して, 常識で, 役に立つであろうこと, 必ずその, 必要かと, 必要を, 応用が, 思いの, 思う存分ぶちまけられ, 恢復した, 成功した, 有效, 注意の, 満足された, 物理学者も, 独立で, 現在の, 理解される, 白状し, 目が, 社会と, 立証せられる, 考へ, 自己の, 行かぬとしても, 許されたが, 誰でも, 誰についても, 誰にでも, 進歩した, 進歩する, 頼って

▼ 程度以上~ (49, 0.8%)

5 のもの 2 に明瞭

1 [42件] ではない, でもなけれ, とは信じかねる, なる如く此家あるじ, にこの, になったら, には恐らく, に一歩, に二人, に出でない, に出なかった, に出る, に増加, に抑制, に捜索, に数, に水, に沖縄, に移行, に纏めた, に自制, に芸術家, に遥か, に釣る, のそして, のところ, の切れる, の土地, の場所, の学力, の学校, の學校, の層, の研究, の舞台, の誇張, はそれ, はやはり, は実行, は決して, ノ学力, 飲むと

▼ 程度~ (48, 0.8%)

2 方法は

1 [46件] いうと, いえば, お銀様, これに, すると, その質, その速度, その階級意識, それぞれ高, なったの, なって, みえ, みえる, みなして, スピードとを, 云って, 仕方ででも, 仕方とに, 分量の, 同じこと, 同一でなく, 同一視する, 場所柄によ, 変化において, 差異とが, 思って, 思ふ人々, 性質が, 推定され, 方角を, 正比例する, 現れ方, 相場, 秩序の, 種族とを, 範囲が, 結びついて, 考えるの, 見えて, 見て, 計られること, 質とが, 重大な, 間違いかたという, 非常に, 順序とによって

▼ 程度~ (47, 0.8%)

2 比較的に

1 [45件] うかが, おそらくこれ, おそらく知れた, この前どころ, この辺, ずいぶん低い, それだけまた, ちがえば, つか相当, どれほどの, また高き, まだ判り, まちまちで, まるで確め, わかった, わかるから, 上げて, 不明で, 不明であった, 之を, 凡は, 分らずに, 区々に, 可なり, 向上し, 安政大正の, 小学三年生並であった, 後れさせられて, 思遣られ, 想像されるで, 甚しく, 甚だしいの, 生得的に, 男仲間の, 知るべきである, 確実性も, 種類も, 累進する, 経済の, 自分で, 至って微弱, 違って, 高くなり, 高く知識, 高等教育を

▼ 程度なら~ (38, 0.6%)

2 それは

1 [36件] あえて不服, あるいは君ら, いいが, いくらも, お相手, これは, だれでも, としてこの, ともかくぬきさし, ばいい, ばこういう, ばでございまする, ばまず, ばフイ, ば大丈夫, ば底, ば防寒具, まあたいした, まあまあ通用, まず世に無用, まだ辛棒, まアまアである, まア一時間, むしろもつ, よからう, サロンの, 今を, 信長も, 却って頭, 句と, 君語学を, 天下の, 日本では, 歎くにも, 空気を, 誰でも

▼ 程度にしか~ (38, 0.6%)

1 [38件] いえないの, お聞かせくださいませんでした, この咄嗟, つけられて, 再現できない, 及んで, 受けつけない身構, 味え, 喋らなかった, 実現されない, 彼の, 彼女は, 心得て, 思って, 扱われて, 描かれて, 斜陽族ぶりません, 歩かれない, 残存し, 現実を, 生活費を, 直接的利用に, 眼を, 知つてゐる, 神経も, 絵も, 考えられなかった, 考へて, 見えないが, 見えない武蔵, 見て, 記録されてない, 設計され, 評価出来ない, 認めて, 認められなかつたので, 読者が, 飲めません

▼ 程度である~ (37, 0.6%)

1 [37件] かということ, かもしれない, かも知れない, からいかに, からこの, から倍率, から大した, から費用, から隣, かを彼, がさ, がそれ, がだんだん, がゼーロン, が何年, が女学校以上専門学校出, が硝子細工, が而, が髪, ことが, ことも, しパン, その心持, というよう, という意味, とすれ, とも報じられ, にはあまりに, のが, のに余り, のに支那, のを, を要しない, 今日は, 仕掛けの, 場合に, 東京と

▼ 程度~ (31, 0.5%)

2 そうです

1 [29件] あね, か, かよく, から完全, から性的, から玄徳, から癒, から読む, か分っ, か分らない, がそれ, が併, が倹約家, が北信, が堕落, が魚類, けれどもどんなに, しそんな, し見る, ぜ, そうで, つたと, とか, と仰, と別に, と申しました, と省筆, のに千鶴子, よあの

▼ 程度までの~ (29, 0.5%)

2 性格の

1 [27件] 二人の, 偽善者に, 公平さまで, 出世も, 効果は, 問題だ, 女性が, 実質とにも, 寄与を, 心安立てなら, 憎しみに, 新しい特別, 準備は, 物を, 異同を, 眼光と, 科学的知識なし, 稲の, 立証が, 経済的独立が, 統計的事実である, 罪悪は, 言論の, 趣味位に, 遠慮を, 金を, 關係だつた

▼ 程度~ (28, 0.5%)

4 のだ, のである 2 のです, のを

1 [16件] のか, のが, のであった, のでがっかり, ので世に, ので判然, ので大丈夫, ので渡渉, のね, のは, ものでない, んだ, んです, 友が, 点が, 田舎の

▼ 程度であった~ (26, 0.4%)

1 [26件] からどんなに, からふざける, から妙覚寺, から晴天, か疑わしく, がそこ, がそれでも, がやがて, が今度の, が升田, が迷信, けれども今年, けれどトロ族, けれど杢平牛, ことは, と思う, にし, にもかかわらず, に相違, のが, のだろう, のである, のです, のに今度, ものが, ものと

▼ 程度という~ (21, 0.4%)

3 ものが, ものは 2 ことに, のは

1 [11件] ことは, ときには, ときニューヨークの, とき個人的な, ところが, ような, 実に尊き, 急速な, 恐ろしく小さい, 約束を, 言葉の

▼ 程度にも~ (21, 0.4%)

1 [21件] なつて, ならぬが, なれば, よる, よること, 依る事, 動物の, 匹敵しない, 及ばぬもの, 増加され得る, 増大する, 妙に, 懐しく嬉しく思ふ, 流通貨幣を, 相手を, 知る者, 至つてゐない, 良いこと, 達して, 關係します, 騰貴し得ない

▼ 程度までに~ (21, 0.4%)

2 この関係, 責任を, 進めなければ

1 [15件] なりもはや, 到着した, 変化し, 思考し得る, 思考力が, 明かに, 止めさせて, 発達し, 発達しきたった, 発達した, 知る人, 立至って, 進みきたったと, 進み人間, 達した

▼ 程度から~ (20, 0.3%)

1 [20件] いって, いつて, いへば, おしてノルウェイ製ナイフ, だんだんひどく, ほんの僅か, わりださなければ, 云うと, 云っても, 云つても, 今日まで, 大学程度までの, 少し下がった, 推せば, 来る外, 目にも, 考えて, 見て, 言えば, 進んだの

▼ 程度だった~ (16, 0.3%)

1 [16件] かということ, かについては多分, かわからなかった, がこれ, がやがて, が清川たち, けれど, けれども葉末, そうで, と答える, のが, のでございましょう, のです, わけです, んです, 上に

▼ 程度によって~ (16, 0.3%)

1 [16件] かわって, その筋肉, だんだんに変化, もとより取捨, 人の, 保障される, 判断せられる, 各評価者, 学説の, 必然的不可避的に, 批評家の, 求むる種類, 決して一様, 火の, 皆異なった, 順序を

▼ 程度問題~ (16, 0.3%)

2 ですよ

1 [14件] さ, じゃな, だなあ, だよ, であ, であり詳しく, でいよいよ, ですけれども, ですわ, でせう, ではある, で後顧, で突き, ということ

▼ 程度です~ (15, 0.3%)

2 か, が

1 [11件] から, からねと野, から多分, から曾, から直ぐ, がこういう, がこれからお先に, し最後, ね事, もの, んだら

▼ 程度であっ~ (14, 0.2%)

1 [14件] て, てくれたら, てすなわち, てそれら, てはじめ, ては展覧会, てほんとう, てみれ, ても毛織布, て全部草刈鎌, て塵, て日本, て欲しい, て決して

▼ 程度~ (14, 0.2%)

2 出來

1 [12件] 事実, 人の, 似せる事, 到達した, 妥當である, 成功した, 描き進めては, 無限なる, 現わす, 答えて, 認めなければ, 進んで

▼ 程度でも~ (12, 0.2%)

1 [12件] つとまるの, よく, 人材でも, 幾分か, 我慢する, 持たれて, 欣ぶであろう, 済むの, 物理で, 肉迫し, 計ったらよかろ, 随分上等

▼ 程度~ (11, 0.2%)

2 遠近の 1 その人, その場所, 余病の, 日本の, 社会的地位の, 職業やを, 色合の, 行動は, 質と

▼ 程度より~ (11, 0.2%)

2 以上に 1 一歩も, 之を, 以上の, 以上は, 少いし, 決められる價値, 見て, 見るとき, 言へば

▼ 程度~ (10, 0.2%)

1 これについては, そのへん, どうも疑ひたくなる, もう一遍, 分って, 分らないが, 判らないが, 判らぬが, 吉岡清十郎と, 進行を

▼ 程度しか~ (10, 0.2%)

1 ある如く哲學, ないこと, 与え得なくなった時, 分らなかった, 実験が, 待たないつもり, 書いて, 書かれたもの, 無かつ, 集まらず製作者津上氏

▼ 程度によ~ (10, 0.2%)

3 つては 2 つてその 1 つてかう, つて主観とか, つて価値の, つて異, つて興行者は

▼ 程度においては~ (9, 0.2%)

1 これら一切の, すこぶる正確, それも, とてもわが, まずここ二, 同一だ, 坂崎に, 子供の, 風雨の

▼ 程度こそ~ (8, 0.1%)

1 あれ男という, まちまちで, 幼稚で, 異なれ木, 異ろう, 違うだろうが, 違えジュウスミルヒ, 違え本質的

▼ 程度だけ~ (7, 0.1%)

1 その価値, だそれなら, である, ほんの概略, 受取ること, 犯すこと, 購買者にとり

▼ 程度における~ (7, 0.1%)

1 はげしさ, ローマンチシズムの, 時間性の, 永久的利潤率の, 私生児らが, 紙幣の, 調和などという

▼ 程度~ (7, 0.1%)

1 ガ好, 兒童一二年ニシテ完成スベキコトハ英語ガ五年間沒頭シテ尚, 冒険ハ止メル訳ニ行カナイ間違ッテ死ンダトシテモ構ウモンカト云ウ気ニナル, 富, 意, 教育者モ被, 男生徒ニ制服トシテ靴洋服ヲ

▼ 程度だろう~ (6, 0.1%)

2 と思います 1 か, がこれ, と云っ, よ

▼ 程度でなく~ (6, 0.1%)

1 あらゆる美徳, かなりな, ても質, なにかお, まったく敵, 鬢髪おののく

▼ 程度自由~ (6, 0.1%)

1 になった, になる, にヴァラエティー, に即ち, に進める, をのばし得

▼ 程度であり~ (5, 0.1%)

1 しかもその, イロカノ語に, 俳句を, 更にまた, 軍事費は

▼ 程度であろう~ (5, 0.1%)

1 がそれ, がそんな, がただ, という事, と家職

▼ 程度といふ~ (5, 0.1%)

1 かたちで, ことと, ものを, 問題に, 点で

▼ 程度にでも~ (5, 0.1%)

1 ちゃんとした, また美しい, 燐寸を, 物を, 研究の

▼ 程度による~ (5, 0.1%)

1 もの, もので, ものである, ものらしい, 皿数の

▼ 程度よりも~ (5, 0.1%)

1 より大, 一層高い, 寧ろ幾十倍, 斬り得なかったこと, 比較に

▼ 程度を以て~ (5, 0.1%)

1 作す, 愛を, 比較すれ, 父兄が, 臨むこと

▼ 程度かも~ (4, 0.1%)

2 知れない 1 しれない, しれません

▼ 程度その~ (4, 0.1%)

1 主要な, 方向への, 毛も, 種類こそ

▼ 程度でしか~ (4, 0.1%)

2 なかった, 有り得ない

▼ 程度とは~ (4, 0.1%)

1 夢にも知りませんでした, 想察に, 我が愛嬢, 規模も

▼ 程度なる~ (4, 0.1%)

1 ことが, ことも, こと明, 等温線の

▼ 程度により~ (4, 0.1%)

1 あるいは愛, 口へ, 当然手, 性格破綻または

▼ 程度に従って~ (4, 0.1%)

1 それは, 分類した, 女性への, 富みまたは

▼ 程度に迄~ (4, 0.1%)

1 なって, 内容的に, 応えられつつ, 発達した

▼ 程度~ (4, 0.1%)

1 以テ國民教育ノ, 超エタル行為, 超エタル行為ハ情状ニ因リソノ刑, 過上ニ評價セル神學者的要求ニ發足スル者ナリト

▼ 程度~ (4, 0.1%)

2 のこと 1 の差異, の相違

▼ 程度以下~ (4, 0.1%)

1 だ, のもの, の学歴, の期待

▼ 程度~ (4, 0.1%)

1 でなるべく, で或, において女, に膨らん

▼ 程度如何~ (4, 0.1%)

1 が最後, にある, によってその, を察

▼ 程度だらう~ (3, 0.1%)

2 と思つて 1 とたか

▼ 程度でない~ (3, 0.1%)

1 と, ハッキリした, 直接さです

▼ 程度でなけれ~ (3, 0.1%)

2 ばならない 1 ば却って

▼ 程度での~ (3, 0.1%)

1 ひそひそ声, 善意だの, 最良の

▼ 程度とを~ (3, 0.1%)

1 冷静に, 同一に, 比較し

▼ 程度にすら~ (3, 0.1%)

1 支那人を, 日本人は, 紹介されなかった

▼ 程度にて~ (3, 0.1%)

1 嫁する, 英米の, 遊べるところ路地

▼ 程度までしか~ (3, 0.1%)

1 変える力, 自分には, 進んで

▼ 程度までを~ (3, 0.1%)

1 必要と, 指して, 自分自身の

▼ 程度及び~ (3, 0.1%)

1 能うべくば, 道徳の, 量において

▼ 程度~ (3, 0.1%)

1 に関しては学者自身, の外的性質, を研究

▼ 程度迄は~ (3, 0.1%)

1 押徹される, 目的を, 矢張り新型を

▼ 程度ある~ (2, 0.0%)

1 がまま悪意, にしろ

▼ 程度いかん~ (2, 0.0%)

1 はその, を見る

▼ 程度かといふ~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことこれは

▼ 程度からも~ (2, 0.0%)

1 それほど遠く, 新しみ

▼ 程度ここ~ (2, 0.0%)

1 から自由, の詰所

▼ 程度すら~ (2, 0.0%)

1 ない程, 幼稚な

▼ 程度であったろう~ (2, 0.0%)

1 がそれら, が崋山

▼ 程度であれ~ (2, 0.0%)

1 ばそれ, ば売価

▼ 程度でございます~ (2, 0.0%)

1 から, がいづれ

▼ 程度として~ (2, 0.0%)

1 低いこと, 見ると

▼ 程度としては~ (2, 0.0%)

1 まだ何, 低い労働

▼ 程度とも~ (2, 0.0%)

1 いふべき事, 知りやう

▼ 程度どころ~ (2, 0.0%)

1 でない大, の騒ぎ

▼ 程度なりに~ (2, 0.0%)

1 どの位, まじりもの

▼ 程度なれ~ (2, 0.0%)

1 ばいかに, ばそのいわゆる

▼ 程度においても~ (2, 0.0%)

1 世界の, 五十枚は

▼ 程度にさえ~ (2, 0.0%)

1 触れる遑, 語った小説

▼ 程度についての~ (2, 0.0%)

1 的中を, 議論が

▼ 程度にという~ (2, 0.0%)

1 わけには, 意味である

▼ 程度にまでも~ (2, 0.0%)

1 至らない粗雑, 騰貴し得よう

▼ 程度によっては~ (2, 0.0%)

1 ホノルルなり, 交通が

▼ 程度に関する~ (2, 0.0%)

1 問題である, 経験に

▼ 程度~ (2, 0.0%)

1 おそらく, どうしても

▼ 程度はかどりましょう~ (2, 0.0%)

1 か, かと

▼ 程度までにより~ (2, 0.0%)

1 発達し, 進んでは

▼ 程度もしくは~ (2, 0.0%)

1 それ以上の, 嫌悪の

▼ 程度らしく~ (2, 0.0%)

2 自分からは

▼ 程度をも~ (2, 0.0%)

1 反映し, 顧みず又

▼ 程度ニ於テ支那~ (2, 0.0%)

1 ヲ保全シツツ, ヲ分割スル者

▼ 程度即ち~ (2, 0.0%)

1 矩を, 量と

▼ 程度~ (2, 0.0%)

1 そういう風, 或る

▼ 程度向上~ (2, 0.0%)

1 し総て, のお蔭

▼ 程度迄も~ (2, 0.0%)

1 一々細やか, 自在に

▼1* [234件]

程度つても, 程度ありもし今日使用, 程度あるいはより以上, 程度いたって低く文字, 程度互の, 程度かきましたが又, 程度かとおかしくなった, 程度かなとにかく見, 程度からの試みである, 程度ぎつい色彩を要求, 程度くらいのものに, 程度ぐらいなもの, 程度ぐらいなある秘密, 程度ぐらいにふざけて, 程度ぐらいのものでしょう, 程度ぐらいまで進んで, 程度ぐらいまでは容易に, 程度すなわち愛嬌を, 程度それが若し, 程度それ以上深刻にも精細, 程度たるや單, 程度だけしか出すこと, 程度だけでもジャン, 程度だけの夢を, 程度だったでしょうか, 程度だったろうがラザレフ, 程度だつたら実際私, 程度だの洋楽は, 程度ちうものが, 程度ちがわぬように, 程度ってものが, 程度つまりエスキモーの, 程度であったらしいが彼, 程度でありましてときどき, 程度でありましょうか, 程度でありますが千時間毎, 程度であるならば彼ら, 程度でさえなければ, 程度でさえも地球は, 程度でしょうなにしろまだお, 程度でですな, 程度でと考えようやく, 程度でなくもつと深い, 程度でわづかな蓄妾費, 程度とかによる区別は, 程度とに於て, 程度とにおいて差異は, 程度との社会的視角を, 程度ながら月が, 程度ながらもまず自分, 程度なぞもやはり人間全体, 程度などにして, 程度などについては多くの, 程度などはこちらで, 程度なども論語に, 程度ならあるかもしれない, 程度なら分りゃしないじゃありません, 程度なら知らぬことである, 程度なり色合なりが, 程度なりと云ふ, 程度なんかも随分違っ, 程度にだけ押して, 程度にだけでもきれいに, 程度についても質についても, 程度にとって理解される, 程度になつたのである, 程度にのみとどまらなかった, 程度にまでしか進んで, 程度にまででも製陶認識を, 程度にまでなつたのだ, 程度にまでの歓楽に, 程度によってのみ制限される, 程度によりましてそれを, 程度に対して東北六県では, 程度のちがつた, 程度のでなけりや, 程度のなあんでも, 程度はなはだしきに過ぎた, 程度まででその程度, 程度まででも愉快に, 程度までも許さるべきである, 程度ものでウマク行く, 程度やっている, 程度わかつてもらへた, 程度ナラ墓地ヲ見, 程度ニアル者ニ對シテハ取得ト同時ニ此ノ改造組織, 程度ニハ太ッテイテ貰イタイナ, 程度ニ於テ然リ, 程度ニ於テハ婦人ヲ炎天ニ晒ラシテ其, 程度ニ於テ借財ヲ為シ以テ一家, 程度ニ於テ海上ニ在ルガ, 程度ニ美シイ同程度ニ予, 程度直ニ此, 程度ファンらしい同情心, 程度ミルクも卵, 程度一致しまた, 程度一般に低き, 程度下っても人, 程度不充分と思惟, 程度両親に似, 程度並びにその実用的価値, 程度中等学校程度専門学校程度学士博士大博士程度, 程度乃至夫以上の, 程度乍らも物凄く, 程度二十を有し, 程度人心動揺の実情, 程度人間的誤謬によって歪められない, 程度以上年齢の差, 程度以上発達すると, 程度以上進行すると, 程度の色々, 程度低き我が国において, 程度低く共和国たるにも, 程度体系的に読まね, 程度何しろ五百も, 程度何らかの形において, 程度信じているだろう, 程度俳句も川柳, 程度に打ち明け, 程度先ヅ三大原則, 程度入れて水, 程度具体的にあらわれ, 程度凡てのこと, 程度分けにし, 程度切り離されて家庭内, 程度刺戟されるの, 程度勉強しなくては, 程度区域において相違, 程度厚薄を卜する, 程度参加した, 程度及意味に於, 程度可能デハナイカ, 程度呑みこめたのかは, 程度問題覚悟をし, 程度でないならこの, 程度困窮に陥り, 程度固定した頭, 程度境遇家庭の事情, 程度に賞与, 程度なべに, 程度大岡を欺き得た, 程度学士博士大博士程度, 程度実現されて, 程度専門学校程度学士博士大博士程度, 程度少くして, 程度へ入らなけれ, 程度希望とか絶望, 程度当っていない, 程度当てはまると思う, 程度の身, 程度意味のある, 程度成功するだらうと, 程度成立つてゐる, 程度る意味, 程度或はいひわ, 程度打消せばそれ, 程度押しても我慢, 程度持ってゆく, 程度改革ができる, 程度教材の分量, 程度文学の上, 程度文学性を保ち得る, 程度方法ことにそれら, 程度日向に出る, 程度日常生活を世俗的, 程度普通の径路, 程度へ得る, 程度書き得て, 程度最も高く迷信, 程度未だ本件の, 程度極めて低くかりし, 程度概して高きに, 程度次第では繪圖面, 程度正しく本質を, 程度正直と云う, 程度残っている, 程度段々これは, 程度混乱して, 程度満員なり, 程度理解するか, 程度甦るでしょうねサッカレー, 程度田沼という男, 程度発達すると, 程度のもの, 程度的差異とかというの, 程度的部分的相違がある, 程度真剣に思ひ, 程度真実がある, 程度知ることが, 程度知識の範囲, 程度示してゐる, 程度社会の最も, 程度の感覺的, 程度稍劣等なり, 程度種類の女性, 程度立って云っ, 程度範囲に限定, 程度素行婦人関係等に就い, 程度終業ヲ以テ國民タル常道常識, 程度経済事情がわるかっ, 程度経費の件その他, 程度絶対必要である, 程度続くもので, 程度縮めることが, 程度自給自足であるの, 程度興味のもち方, 程度西洋料理なら二円五十銭, 程度要求すること, 程度要点は判る, 程度見きわめているでしょう, 程度覚っておる, 程度解き得た人の, 程度触れておいた, 程度れて, 程度誇張して, 程度読経後芳賀矢一氏が声涙とも, 程度譲歩した方, 程度走るというよう, 程度趣味の品別等, 程度につく, 程度く振動, 程度迄には折れ合つて, 程度追随して, 程度進むと流, 程度進んでも風, 程度遊蕩児であり宗教的, 程度重大に考へ, 程度長短がある, 程度除去された時, 程度離脱した位置, 程度食いとめるよう, 程度飲み込めるわけだ, 程度まつて, 程度麻痺して