青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「稀~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

称~ ~称し 称し~ ~称する 称する~ ~移し 移し~ ~移っ 移っ~ ~稀
稀~
~程 程~ ~程度 程度~ ~種 種~ ~種々 種々~ 種子~ ~種類

「稀~」 2558, 28ppm, 4218位

▼ 稀~ (753, 29.4%)

14 して 11 なった, なつた 10 なって 7 では, なつて 5 此が, 男の, 見るところ 4 若い女たち, 見るほどの, 見る天才

3 [14件] あっても, なりぬ, 出て, 存在する, 彼の, 彼は, 朝起きを, 来る人, 見るの, 見る所, 見る秀才, 見る美しい, 見る美人, 逢ひたる

2 [31件] ある, あるが, こんなの, その家, なりに, みる子供, ピアノの, 五月上旬迄, 口を, 室外を, 帰る者, 心の, 散在し, 汽車が, 猶太人, 立入るのみ, 色めく寛城子, 落ちて, 行われて, 見るほど, 見るもの, 見るよう, 見る人間, 見る劇的才能, 見る程, 見る逸物, 見る頑強, 覚え候, 訪ねて, 許さる, 飲まされた酒

1 [562件 抜粋] あったらしいが, あって, ありと, あるかと, あるけど, あるだけ, あると, あるの, あるよう, ある聖女型, あれば, いさ, いらしって, うつかり, うまれ出るすぐれた歌人たち, おいでに, おとづれ來る, おとなう者, おとなふ, お前に, お帰宅, かかること, かつと, かような, こういうこと, こういう老人, この勇気, さういふ青葉, さうし, しか電燈が, しんみりと, する美的生活, せよ賤, そういうこと, そうされない, そうした楓, そこを, それでも母親, そんなの, そんな山径, たずねて, たった一つ, だが, ちよいとの, ちらほらつい, とびあがる小さな, なさるる人物批評, なったが, なったころ, なったし, なったと, なった居士, なった私, なってから, ならでは, なりいつか, なりしかば, なりたれば, なりて, なりはては, なりもう, なり気象, なり行くを, なる, なるにつれて, なるを, なる書物, はかの, はさ, ひそやかに, ふとした機勢, まだ残っ, みえても, みつ子が, みるすぐれた才能, みる厳格, みる大, みる清楚, みる温厚, みる漁色家, みる立派, みる純粋, みる美男, みる複雑, みる豊富, ゃなってみたい, やるばかり, よっぽど身体, わけの, われわれの, ゐたところ, イタドリの, ウナギを, カラカラと, コと, チベット服を, ベルナルドオに, ホンモノが, ワンと, 一しきり強い, 一つ取残して, 一夫多妻の, 一山闃として, 一族の, 一日の, 一本ぐらゐ咲い, 一本喫う, 一葉二葉とも, 一角ある, 上下相婚する, 且つ竊, 世に, 世間の, 中臣祝詞, 之を, 二三株有つても, 二人は, 二行, 二頭の, 五月下旬まで, 交される, 人間世界に, 人霊の, 休息も, 会って, 会ふ, 作品や, 使用する, 來て, 來る, 例外が, 俗間にも, 保雄が, 信州から, 健やかな, 僕が, 兄弟や, 光った雨脚, 入って, 入り込む人, 入り込む外, 八百屋の, 内侍所の, 内出血, 再び山, 冬の, 冬懇と, 出かけること, 出した本, 出づる天才, 出る, 出ること, 出るを, 出る事, 出る高い, 出現する, 出遇, 切明けの, 勝つたらそんな, 半ば折れた, 印度大麻に, 原稿を, 参内に, 口論めく, 只田, 可能な, 名も, 咲いて, 咳を, 唐桟ずくめの, 嘘を, 四段が, 国語的発想に, 地理研究の, 夕方の, 夕立ふる, 外へ, 外国に, 外国の, 夢の, 大きいの, 大きな口, 大手の, 女宝千鳥や, 好い加減の, 子供伴れ, 学校の, 安土へ, 宗教的の, 実験室へ, 寂れた様, 富んだ琉球, 対照された, 将軍の, 小さい書斎, 小さな眼, 小判の, 小説を, 居るには, 居る大きな, 山から, 山所, 山越えの, 岬角等にも, 川原の, 左う, 帰れば, 彼が, 彼と, 彼女の, 往くこと, 往来などで, 待乳山, 得らるる, 御手紙, 必須の, 思ひ出したやう, 成りました, 我々は, 我輩が, 或は其不平, 戦地の, 招じ得られた, 持つ, 指さす者, 指揮する, 探しあてたと, 掴み合, 故郷の, 散歩に, 数える程洗, 数奇を, 文学の, 日色あり, 明日帰る, 春も, 暇が, 暢気な, 書物からの, 月没し, 月経を, 有つたこと, 有る所, 有る者, 有為の, 朝には, 木村重吉を, 机に, 村より, 来る人間, 来る客以外, 来る都人士, 来啼けど, 来客の, 東京, 棟瓦の, 椹や, 櫓こぐ, 櫟林や, 欠伸が, 歓ばしい昂揚, 此処まで, 此方へ, 歩く人影, 歯ぎしりを, 残って, 残る家, 母さんが, 母さんの, 母に, 泊りに, 活動か, 浮んで, 消息を, 涼しくな, 淋しむこ, 混つて居, 渓流を, 温泉にでも, 火薬の, 無氣味, 熊笹が, 父は, 牛肉を, 犯人の, 猟師の, 獨り行く, 玉川行の, 玉製の, 珍らしい, 理解した, 生まれた真情, 生存し, 生殖した, 産す, 用ゐられ, 田舎に, 男子が, 画や, 畑に, 異氣, 異説の, 痩せた白樺, 百姓が, 皆さんが, 盃を, 看る快, 眞の, 真面目に, 眼を, 睹る, 短き中單, 硯を, 祇園町へも, 祐筆などより, 神社仏閣に, 私が, 私を, 空は, 約束の, 紅茸初茸は, 紳士風な, 絵画展覧会や, 美味な, 義務の, 聖役に, 聞いて, 聞くのみ, 聞く工場, 肉マンジュウを, 肥桶を, 膝以上まで, 臨む神, 自分を, 自力で, 至ること, 芝居へ, 英山に, 葡萄畑を, 葭を, 葭簀繕ふ, 蓮太郎の, 蕨も, 蝮が, 血と, 行はれ, 西洋風の, 見えるが, 見かけた覆面, 見た丈, 見つかる位, 見られる二つ, 見られる美し, 見るあの, 見るいい, 見るお, 見るかつ, 見ること, 見るご, 見るすばらしさ, 見るので, 見るべき, 見るやう, 見るテーマ, 見るヒステリカル, 見る一大弾圧, 見る一途, 見る不可思議, 見る事実, 見る人格者, 見る人物, 見る例, 見る健やか, 見る健康者, 見る兇賊, 見る光, 見る動物学, 見る勤倹精神, 見る勤勉家, 見る又は, 見る君子人, 見る執拗, 見る多方面, 見る多能, 見る大きな, 見る天才婦人, 見る奇体, 見る女, 見る女人崇拜者, 見る好成績, 見る孝行娘, 見る完成, 見る寡黙, 見る寧馨児, 見る小男, 見る彫刻, 見る御仁, 見る怠惰学生, 見る怪事件, 見る怪力, 見る愉し, 見る戦争上手, 見る戲曲的, 見る所也, 見る明晰, 見る智能犯罪, 見る智謀, 見る柔らかい, 見る気短, 見る浸, 見る淡白謙虚, 見る皮膚, 見る程マテリアリスティック, 見る程度, 見る稚, 見る積極的, 見る立派, 見る精悍, 見る絶壑, 見る美少年, 見る美青年, 見る美食, 見る義理堅い, 見る自尊心, 見る色, 見る花, 見る英雄児, 見る荘厳, 見る蒸し暑い, 見る表現, 見る詩人, 見る通人, 見る量, 見る静か, 見る非常識, 見申候, 角ある, 解し得ない本, 言葉を, 訪い来る里人, 訪れた不思議, 訪れても, 詩も, 詩を, 誕生の, 読み返して, 誰と, 豚の, 貨物自動車でも, 貴顯, 賭博者の, 起こり苦しき, 起りは, 身を, 辛うじて及第, 農村を, 通った人, 通り過ぎる人, 通行する, 逢えば, 逢ったり, 遇ひけれ, 遊びに, 道徳の, 邸外へ, 都合よく, 酒ぐらい, 酔っ払いが, 醤油の, 金に, 銚子行汽船の, 鋭い頭脳, 門辺へ, 開く事, 開けて, 降る雨, 雀望の, 雨あがり, 雪が, 面を, 鞭を, 響いて, 顔も, 願届なぞが, 風の, 飛ぶのみ, 飛騨の, 食ふこ, 食べると, 飮めばとて, 飴と, 餃子の, 餘れる, 馬糞中に, 鯉の, 鳴き声を, 麹町の, 麻の, 黒色の, 鼬に

▼ 稀~ (348, 13.6%)

9 のである 8 ことで 5 のです 4 ことである 3 こと, ことに

2 [27件] ことであった, ためである, ために, ので, のは, ものだ, ものであった, ものと, やうである, ようだ, 一つが, 例として, 例外の, 場合であっ, 場合を, 大暑を, 天才ばかり, 女である, 山深く, 悲しい定め, 惡人で, 橄欖島, 海岸には, 特質だ, 程晩婚で, 端麗な, 雪の

1 [262件] あたかも芸術的性格, いやいや唯一, お人好しだ, お天気屋, くらいだった, ことじゃ, ことだ, ことでありました, ことであろう, ことです, ことと, ことな, ことには, その女, その病, だけにどんなに, といえる, と云っ, と言, にほひ, のであつ, のでございます, ので今, ので初め, ので地物, ので子路, ので殊に, のに, のにどうして, のには, のを, はあんまり, ひどい南風, ほどの冷めたい, ほどの名人, ほど円満, ほど外出がち, ほど彼, ほど発達, まったく思い, ものが, ものじゃ, ものである, ものの, よい合奏, ようである, りや, わがままものよ, んだ, んだらう, んです, んで何, エゴイスチッシュな, オッチョコチョイだ, カトリツク信者である, ケースとして, フェミニストで, フェミニストである, マルケサスの, 三つ児に, 上に, 上等飛び切りの, 不思議な, 不美人ぢや, 世にも恐ろしい, 事で, 事とも, 人で, 人として, 人を, 人影の, 人物がを, 人物であった, 人里離れた, 仁人です, 会合の, 位打ち解けた, 低温だった, 例で, 例であっ, 例では, 例を, 例外で, 例外と, 例外として, 例外を, 偉い人, 元禄という, 入浴時に, 典型を, 処で, 処である, 出来ごとである, 出来事では, 出来栄えで, 出来栄えである, 北国街道の, 十一月の, 十人並を, 南アルプスの, 台尻の, 名, 名刀だ, 名匠の, 名文だつた, 呼びかたなのであつた, 品や, 器物高価な, 地震に, 型に, 型の, 場あ, 場合, 場合だ, 場合だった, 場合であった, 場合にのみ, 場合には, 場合のみ, 場景を, 塀外の, 声な, 多摩の, 大あらし, 大悪人, 大木が, 大雪が, 大雪だつた, 天才が, 天賦に, 天賦の, 女でございます, 女でなけれ, 女を, 好機会, 姿と, 娘を, 存在だ, 孝行もので, 宝の, 客な, 寒い月, 寒さ, 少女に, 少年文学の, 山奥の, 山村で, 島へ, 巨木の, 幸福の, 幸運です, 幸運としても, 幽絶境, 張り切りの, 御器量, 快眠熟睡だつた, 情景だ, 憲兵政治, 所以だ, 手です, 手腕は, 才能を, 敏感さを, 文學者だ, 方です, 方の, 日に, 晴天で, 晴天を, 書物であっ, 最も高い, 最も高価, 朝から, 極寒だった, 楽しい夢, 構造の, 模範的と, 機会だ, 機会をしか, 歌の, 歓楽を, 気紛れによる, 深山幽谷へ, 熱帯性の, 物音である, 特異な, 現実で, 現実であった, 現象です, 現象と, 現象の, 理解と, 生仏, 田舎に, 盛葬であるべき, 真空の, 知性の, 秀才である, 私たちの, 稚拙さで, 空腹を, 築土路, 精力異常な, 紀念会を, 純情に, 経験だった, 経験だつた, 結晶である, 絵画や, 綺麗な, 美しいお方, 美しい人, 美しい国, 美しい娘, 美人これでは, 美人だ, 美人で, 美人であった, 美人でございます, 美人という, 美人ほど, 美女である, 美少女の, 美徳として, 美男で, 美貌と, 美質に, 美顔です, 習慣である, 聖人である, 興奮を, 良いお, 良い村, 芸術である, 芸術品を, 芸術家の, 若家老, 荒寥と, 蒐集や, 薫を, 行き留まり, 街路の, 見世物だろう, 見方を, 計算力の, 話な, 謹厳な, 豊穫で, 貞女だ, 貧乏華族だった, 貴船山の, 買物の, 逸物だ, 達見と, 都びた趣きの, 頃に, 香炉を, 馬鹿者でございます, 高くまばゆい積雲, 高山又は, 魅力を, 麗人が

▼ 稀には~ (271, 10.6%)

4 あった, ある, あるが 2 あること, あると, こういう話, 一分金に, 出て, 思返し, 牛や, 黄いろい桑

1 [243件] あったという, あっても, あつた, あの荊, あり得る事, あるから, あるでしょうが, あるです, あるの, あるので, あるよう, ある書, いいなと, いくらか, いるかも, いわなければ, お伽も, お供を, お客を, お母様の, お茶の, お蝶, ぎらい, こういうこと, こう云っ, この動作, この基本結晶, この頃財産, こんな処, こんな顔付, しなやかな, そういう者, そつちで, その御, それが, それと, それも, それより, それよりもずつと, つきあつ, どうしても死ぬ, ぱっと燃え立っ, へえなどの, ほっかり射すよう, またウヘノアネサマ, また三, また午前, まだややこれ, まだ農村, もう少しや, わざとらしい題名, ゐないこと, クデナという, サイカチ位ゐ, シカシカ何本と, ジェネヴィエバの, タッタ一人で, ヒデヲを, ポーロの, ミルヤカナヤが, ラサ府では, 一尺位な, 一本一銭で, 七八寸位で, 七時も, 三人立のも, 三回と, 三斗の, 三日も, 三椀食われた, 三貫目近い, 不心得者も, 中を, 主人以上の, 九十一といふ, 乳部とも, 二百本, 五人七人の, 五十何ポンド位の, 京に, 人間の, 今も, 他所で, 何か, 何の, 何処かへ, 何処から, 何官, 余外な, 侍なども, 俺達と, 僕でも, 僕の, 兎の, 全くの, 全く失はざりし, 六尺豊な, 其糞を, 出ますよ, 出ること, 出遇, 初代の, 別の, 十二本共全く, 南洋其の, 合格者も, 命を, 喰うよう, 嘆美, 四角形ある, 国々の, 地表に, 堆朱だ, 場末の, 墨漆や, 外の, 多氏, 夜更しを, 大気に, 天から, 天分他に, 女房にも, 好いです, 妹が, 学問の, 學術的出版物が, 安綱, 実見さるる, 小さい穴, 小面の, 少時間, 山人が, 峠越の, 巻雲や, 帰って, 年増女時には, 幻し, 幼ない, 彼が, 彼自身も, 忠臣も, 憐れな, 懲罰を, 手紙位ひ, 敏捷な, 散歩中の, 斑入りの, 料理用の, 斯んな, 旦那の, 早婚の, 昔の, 昼間も, 晝間に, 晴れた日, 最後の, 月給が, 有難くない, 本歌を, 来た, 来ても, 東京の, 架空の, 栄螺が, 極端な, 此方の, 歯が, 死人が, 殿御自身忙を, 母親に, 気晴しの, 気晴しを, 洋服を, 深く落ち込ん, 火の, 狸あり, 猫の, 獣肉を, 現代小説を, 生きた本物, 田舎の, 畫師や, 異常な, 痛く叱られる, 痺れた足, 癇癪を, 白銅貨を, 皇室が, 相手に, 着物としても, 私は, 秋らしい, 科學上に, 秦の, 節子にも, 節穴さえも, 籾を, 美術評や, 腐つた木, 自分の, 自分一人で, 自宮, 自由な, 舟を, 船なども, 良人と, 若い衆に, 落着い, 蒲團から, 薄化粧を, 薄日を, 蘭の, 虫を, 行はれました, 行われて, 見られるよう, 見掛けるが, 語られる, 起したくらい, 踵の, 農村生活も, 退屈という, 連体と, 遊び道具位ゐ, 那覇の, 郊外の, 郭内の, 重罪犯人も, 金貨を, 鈴木牧之や, 門松も, 随分小荷駄, 雪の, 電気を, 非器分, 顔まで, 顔を, 風流の, 颯子が, 飲むと, 飼犬を, 飽く無き慾望, 麹町まで

▼ 稀~ (158, 6.2%)

37 はない 20 あつた 18 はなかっ 5 あつて 4 はなかつた, 多くは 2 はありません, 大抵は, 始終興奮, 稻を

1 [62件] いつも一時近く, おいかはが, お付き役人, ここの, これも, しかも質, せう, その反, その殆どすべて, それに, それも, ただいたずらに, だから外国人, どんな花, なかなか結構, はあった, はあります, はありませんでした, はある, はございません, はなかつたらしい, は無かっ, もっぱら桐花カスミ, ガランと, 一定の, 一時間以上の, 二字の, 二時ごろ表を, 五人は, 五日と, 人の, 人情も, 今度の, 何事にも, 偶に, 光が, 全国を, 其の音古雅, 創造の, 加ふる, 北に, 又多く, 唐以後に, 四の, 團體としても, 外ばかりを, 学校の, 從つて支那には, 新旧の, 既に洗淨, 時々自, 書消した, 月に, 樹間から, 殆ど全部トーキー, 江戸の, 洪水も, 素より修學旅行, 自動車はめつた, 言はば, 軽い性質, 通例米味噌野菜酒等を

▼ 稀~ (158, 6.2%)

16 に見る 6 にある 4 になった 3 になっ, になつて, にみる

2 [11件] にこの, にし, にしかない, にしか見られない, にしか訪ね, になつ, にもなかっ, に人, に懐かしい, に政府, に特別

1 [101件] かあるいは, という, といっ, と思う, なんである, な一寸, な明るい, な盛装, に, にあっ, にあった, にあらざる, にかえって, にここ幾年, にこちら, にこれ, にこんな, にごく, にしかいない, にしかなかっ, にしかやって来ない, にしか家, にしか映画, にしか無い, にしか生れ, にしか見あたらない, にしか観測, にしか載らぬ, にしか都會, にそれ, になりました, にはあの, にはある, にはうけたまわっ, にはお, にはかやう, にはこんな, にはそんな, には同, には和歌草稿, には外, には奥, には女権, には實際稀, には小さい, には弓矢, には授業料, には教育, には栄螺, には棚上げ, には歓喜, には母, には永徳, には牡牛, には百フィート, には私, には行われる, には雀合戦, にぶつかる, にもない, にやつ, に上京, に不意, に不貞, に今, に住吉, に侍女ども, に傾向, に又, に夕飯, に女房, に學ぶ, に帰っ, に成った, に戯曲作品, に抜けだし, に有力者, に植えた, に海上, に発動機船, に立ちい, に簡單, に聴かれる, に腐, に自ら, に苦痛, に見, に見える, に見られる, に見受ける, に訪, に赤松, に逢, に逢う, に遠く, に都心, に雑誌社, に餓死, に鳴く, に鴎, 也

▼ 稀なる~ (153, 6.0%)

3 が故に 2 あで, 仏頂面を, 天才にのみ, 御上の, 美人が

1 [140件] あゐ, がわれ此處, が如く, が如し, ことかと, ことである, ことなり, ことを, この時コンニチ, ところの, に似, に病, ものと, ものに, もの即ち, も同胞新聞社, も道理, ゆえ世の, ゆえ金石の, ようなり, わが手腕, を以て藩外, を知つて大, アナクロニスムとして, シチュエーションを, マルダイ, モロコシ酒の, 不可思議な, 不徳の, 不経, 世の, 九折の, 事とて, 事件です, 人と, 今の, 作と, 作品で, 傑女である, 優雅さと, 分析家で, 切で, 北亜米利加の, 反響作用を, 可し, 名器です, 名手なる, 名文だ, 名犬に, 名管であった, 名管である, 吝嗇に, 和やかさと, 品なれ, 器量好し, 四人の, 場合だ, 場合である, 塲合なり, 夕映望遠鏡にて, 夢の, 大入と, 大天才, 大天文学者, 大成功, 大苦悶, 大著である, 大軍を, 大風雨にて, 奇しき蹟, 好き正月なり, 宝を, 宝貝の, 山中に, 山中には, 山奥に, 山谷の, 市中の, 平和の, 往來の, 往来の, 御果報, 徳行でござる, 快心, 悪人なり, 悪計, 感慨を, 慰労金まで, 我宿の, 手柄を, 才人である, 才女じゃ, 損場にて, 星と, 春ぢや, 暖さに, 楓の, 機會で, 歌苑の, 歓びは, 浮世絵に, 海の, 淫婦である, 清廉に, 温気の, 漂泊の, 犬なる, 王達にのみ, 産地であり, 田舎には, 知識人が, 砂なる, 秀歌として, 科学的天才と, 築地居留地を, 素晴らしきグロテスク, 紫ダイヤを, 緑石を, 線と, 美しいきりやう, 美しい尊い方, 美しき姿, 美しさ, 美人でございます, 美人にて, 美人の, 美人又, 美人多し, 美女であった, 美女です, 美少女の, 美男まじれり, 美貌に, 義人孝子といふも, 義侠の, 花咲きに, 草深いところ, 身には, 身丈を, 鳥が

▼ 稀れな~ (93, 3.6%)

2 ことで, ことである, のだ, のである, 場合に, 悲劇的な, 礼儀の, 美貌の, 親孝行で

1 [75件] お産だ, ぐうたらもので, ぐうたらものである, ことな, ことに, のでいつ, ので我等, のは, ほど御, ものが, ものだ, ものです, ように, タンデキ派と, 上に, 二つの, 人だろう, 人材とは, 人間を, 働き者で, 力持ちの, 助平だ, 労作を, 名人です, 名判官, 名工の, 地方に, 多雪国, 夜で, 大鉞, 大雪が, 大雪だ, 天才らしゅうございます, 天賦の, 女性の, 安食堂, 安食堂の, 家庭に, 少年だった, 山中の, 山間に, 御人格, 御名器, 微笑を, 心理の, 惨禍だ, 感傷の, 所に, 所へ, 手紙も, 方で, 日和です, 父であり, 特例と, 犯人の, 現実である, 男らしい男, 眉目と, 策士型の, 精力の, 精力絶倫家に, 純潔の, 美人, 美少女が, 美貌に, 美貌にも, 美貌も, 論理的な, 資産家である, 賓客にたいしてさえ, 遇合が, 長寿を, 門だった, 鬼才と, 鵺です

▼ 稀にしか~ (74, 2.9%)

5 ない, なかった 2 無い, 見当らないの

1 [60件] あるまいと, いないもの, おいでが, おこらず一年, お目にかかれんで, きかれなくなつ, これを, ないお, ないから, ないの, ないので, ないやう, ない人, ない住宅区域, ない本, なくなりまた, アメリカ人の, 人と, 入り込まないと, 出たこと, 出て, 出席しない, 呉子さんの, 姿を, 婦人を, 客を, 届かないが, 崖を, 帰って, 役に立たぬ, 彼の, 得られなくとも, 悲鳴を, 我々の, 拾えない種類, 有り得なかつた, 来て, 燈火の, 現れて, 現れないが, 発表しない, 私に, 笑わないし, 結んだこと, 聞えないよう, 聞かれないが, 聴けなかった多く, 行かないん, 行われぬこと, 見えないが, 見られない眺め, 見当らないに, 観測されないらしく, 起きられなくなった, 起こらぬ出来事, 通らないよう, 逢わない, 顔を, 飛んで, 食はせ

▼ 稀である~ (59, 2.3%)

3 か, ことは, ことを, ということ 2 ように

1 [45件] かあるいは, かということ, からことに, からそう, からだ, から同じ, から従って, から私, かをこの, がしかし, がその, がそれ, がそれでも, がパラス, が不思議, が作家, が北, が土人, が実際, が屡, が彼女, が津田君, が見る, が誰, が道端, が都会, ことが, し一晩, という, というビュフォン, といふ, と云う, と云っ, と同時に, と哲学者, と思う, と思ひます, と称せられる, のだ, ので正, のと, のに道阿弥, やうに, ようだ, 為めに

▼ 稀~ (39, 1.5%)

3 といっ 2 からである, という, ということ, といつ, といふ

1 [26件] から, から何様もの, がある, が俺達, が南方諸国, が家, が私, が筋肉リューマチス, けれども大阪, しある, しまた, し人目, し斎藤一族, し物音, それだけ近代文化, つたかも, つたが, つたに, といわね, としたら, としても今日, と云, と云っ, と云わね, と思う, よ

▼ 稀なり~ (35, 1.4%)

2 とせぬ, とぞいふなる, 少し世間並

1 [29件] けれど片隅, こは, しに, しも浮世, し高等民種, その日, という, といふ始末, とか, として身, とてさる, とてまた, とはしない, と云, と伝, と為さず, 七月六日頃より, 五歳ばかりの, 単に社交, 單に, 夏冬雪を, 愛国若く, 昆布の, 書さえも, 網を, 能く, 自がため, 覺束なし, 香の

▼ 稀れで~ (25, 1.0%)

3 はない 2 大抵は, 大概は

1 [18件] あつた, その国, たいがい家の, はなかつた, ふと生き物, わずかに, 一般には, 作者の, 冬半年の, 古碑, 大抵の, 安價, 専ら主人, 必要に, 日盛りに, 浅草の, 滅多には, 静かだった

▼ 稀れなる~ (20, 0.8%)

2 代りに

1 [18件] ものだ, フォルムの, プラニストだ, 事實を, 京美人という, 人格, 例であります, 光を, 名器であるらしい, 季節である, 寒林に, 尤物であった, 才能と, 竹は, 美しい布, 美人で, 美女世に, 風流の

▼ 稀なれ~ (19, 0.7%)

1 [19件] ども下士, ども中る, ども自, ど春, ばなか, ばわけ, ば偶然晩晴, ば尋, ば庭樹徒, ば徃, ば暇, ば暑, ば月光, ば残り, ば況, ば淺草觀音堂, ば発車, ば神, ば誰

▼ 稀らしい~ (17, 0.7%)

1 [17件] くらい神経的, くらい細刻的, ことである, て, とされ, ね, ほど早く, ディアボロ形の, 事で, 古謡, 噪狂的な, 寄合と, 景色を, 無装飾, 玉だ, 神経の, 良い竿

▼ 稀であった~ (15, 0.6%)

2 がこの, ということ

1 [11件] から世間, から今, から随, がそうして, がただ, が隆達, ことが, にかかわらず, に相違, のである, 代りに

▼ 稀~ (15, 0.6%)

2 稀だ, 稀な

1 [11件] ことだ, ことなり, 事で, 公休日は, 場合でなけれ, 家族伴れ, 玉歩を, 稀であった, 虫干しの, 行幸御供する, 読書が

▼ 稀らしく~ (14, 0.5%)

1 [14件] お駒, しんしんと, はない, はなかっ, も時間, 上首尾で, 今後の, 大玄関, 師匠は, 正月らしい, 燥ゃいで寿女の, 秩序の, 紅潮を, 静かに

▼ 稀であり~ (13, 0.5%)

2 その賭博

1 [11件] かつその, かなり巧み, そして社会, その上, その程度, それほど美しい, ましてや男, 売淫に, 山行の, 従って国際人, 従って戦勝者

▼ 稀~ (12, 0.5%)

1 [12件] だ, なもの, なるオプテイミスト, な二重奏, な大, な生甲斐, な重荷, の嘘, の業慾者, の横着馬, の荒武者, の適任者

▼ 稀であっ~ (11, 0.4%)

4 て多く 2 て色々 1 ても登拝者, て上代, て北, て彼等, て番人

▼ 稀にも~ (10, 0.4%)

1 ききがたい, この貝, なくその, なくましてや, 人の, 家へ, 無いこと, 用いられないの, 見出し難き, 類似の

▼ 稀~ (9, 0.4%)

1 があります, であって, であっても, でありめったに, ではなく, とすべきでありましょう, とする, と聞か, に相違

▼ 稀でない~ (8, 0.3%)

2 のである 1 が満, ことを, ので炊きだし, のみならず, 例である, 国だ

▼ 稀~ (8, 0.3%)

1 なったが, なりついに, なりつひには, なりて, なるであろう, 云ふより, 四つに, 思われるもの

▼ 稀れである~ (7, 0.3%)

1 が和歌, が我が, が教養, といっ, といふ, ように, 死では

▼ 稀しい~ (6, 0.2%)

2 ことで 1 万能職人であった, 多弁で, 松果状結節癩, 高価な

▼ 稀だった~ (6, 0.2%)

1 からであろう, が今, が苛烈, のである, のでこの, ので僕

▼ 稀であろう~ (6, 0.2%)

2 と思う 1 からこういう, がしかし, という意見, と思われる

▼ 稀です~ (6, 0.2%)

1 からネ, から白い, がイースキユラス, けれども一般, ね, よ

▼ 稀也さん~ (6, 0.2%)

1 から突然, に元寛さん, はいかにも, も私, を見送るべく, を訪ねる

▼ 稀なら~ (5, 0.2%)

1 ざるより, む, め心を, んとして, んとは

▼ 稀ならず~ (5, 0.2%)

1 俗間に, 失敗が, 歌詞の, 農村には, 長直朝臣なども

▼ 稀~ (4, 0.2%)

1 ないの, なつた, なつて, 渠らは

▼ 稀ならぬ~ (4, 0.2%)

1 ことである, ことにて, 官道に, 当時の

▼ 稀~ (4, 0.2%)

1 が売, である, の價値, 書画骨董の

▼ 稀にのみ~ (3, 0.1%)

1 あるもの, 来る恐るべき, 湧きし涙

▼ 稀にゃ~ (3, 0.1%)

1 あ商売, 外で, 男らしくグン

▼ 稀により~ (3, 0.1%)

1 できない作, 美の, 見受けません

▼ 稀れだ~ (3, 0.1%)

1 がこれ, という有様, といっ

▼ 稀れだった~ (3, 0.1%)

1 からで, といっ, 高円寺に

▼ 稀れであった~ (3, 0.1%)

1 がベク助, のだ, のです

▼ 稀ニシカナイ器具~ (3, 0.1%)

3 ノ所有者

▼ 稀~ (3, 0.1%)

1 であること, の部, を心

▼ 稀~ (3, 0.1%)

2 にし 1 となっ

▼ 稀~ (3, 0.1%)

1 であって, なん, には違い

▼ 稀硫酸~ (3, 0.1%)

1 と他, の中, を入れる

▼ 稀たる~ (2, 0.1%)

1 活気を, 細雨は

▼ 稀だらう~ (2, 0.1%)

2 と思ふ

▼ 稀であったろう~ (2, 0.1%)

1 と思う, と想われる

▼ 稀として~ (2, 0.1%)

1 ありますが, 去年に

▼ 稀とも~ (2, 0.1%)

1 いいたいその, すると

▼ 稀なりしか~ (2, 0.1%)

1 ば八重, ば帝王

▼ 稀なるべき~ (2, 0.1%)

1 人々の, 美人の

▼ 稀~ (2, 0.1%)

1 て醜い, られて

▼ 稀らしくない~ (2, 0.1%)

1 ことで, と云われ

▼ 稀れであっ~ (2, 0.1%)

1 ても配給, て多く

▼ 稀れであり~ (2, 0.1%)

1 かつ少量, そのこと

▼ 稀~ (2, 0.1%)

2 の奇

▼ 稀~ (2, 0.1%)

1 然ども, 高一里拾九町

▼ 稀~ (2, 0.1%)

1 な品, の宝物

▼ 稀土類~ (2, 0.1%)

1 に屬, の中

▼ 稀~ (2, 0.1%)

2 散に

▼ 稀~ (2, 0.1%)

1 じゃろう, でつまり

▼ 稀病中~ (2, 0.1%)

2 の稀病

▼ 稀籍群書~ (2, 0.1%)

2 およそ七百余合

▼ 稀~ (2, 0.1%)

1 かどう, を手

▼ 稀~ (2, 0.1%)

1 な標本, 至極な

▼ 稀~ (2, 0.1%)

1 といっ, と申し

▼1* [85件]

粥です, 稀肉羹汁, 稀くも市内の, 稀しからずその母賢, 稀しくないかの如き, 稀たり山紫水明の, 稀だろうからだ, 稀であり帰って来, 稀であるべきは元, 稀であるらしいがその, 稀であるらしくまた稀, 稀であれば稀, 稀でございますから主人, 稀でとっつきの広間, 稀でない如く他の, 稀でなくその甘ったるい, 稀で近づきがたくさえ, 稀とはいいながら, 稀ながら有るの, 稀なぐずり松平の, 稀ならずあったことを, 稀ならずあり用字法が, 稀なりしを以てその, 稀なりは人跡到る, 稀なるありさまなり, 稀な慌て者である, 稀な晴れた日の, 稀な狎れ難い所, 稀な花やいだ商法ぶりを, 稀な驚くべき意志力を, 稀にずつと後になつ, 稀にだっていれば, 稀にて漢字雅言を, 稀にでも国元の, 稀によりしか出来ない作, 稀仕方ない, 稀しからず, 稀らしかつた, 稀らしき平々凡々砂を, 稀らしくなくわざわざ改札, 稀らしく思ったのであった, 稀れだしこの辺り, 稀れだろうが女, 稀れでありましたのです, 稀れでからんと往来, 稀れですね, 稀れなけちん棒で, 稀れなりし碪の, 稀れな暴れん坊で, 稀ナリ枝葉繁細筍ハ庖饌ニ充テ絶佳ナリ此筍ノ出, 稀ニシテ多クハ晒サレテ白色ニ変ジタルヲ乾シ恰モ白羅紗, 稀ニ烏鵲南ニ飛ブハ此レ曹孟徳ガ詩ニアラズヤ西ノカタ夏口ヲ望ミ, 稀ニ用イルノミデ一般ニ普及シテイナイガ普通ノ手札型ノロールフィルムニ印画紙ガ, 稀ニ蟋蟀ガ鳴クコトハアルガ, 稀也況んや其の, 稀也送別句会を開く, 稀也馬酔木元寛の三君, 稀去年, 稀か腹, 稀作夜泣きの刀, 稀傍らの茶屋, 稀刀乾雲丸を横, 稀が数多く, 稀剣乾雲左腕うなり, 稀土類元素の研究, 稀に就, 稀な詩集, 稀獣矮麟を追い, 稀に戻る, 稀異な超人的, 稀硫酸液に入れ, 稀硫酸硫酸銅等であった, 稀を入れた, 稀を見こん, 稀薄いところでは, 稀薄くなって, 稀な顔, 稀見廻りに来る, 稀讚せんとの念, 稀なりと, 稀に等しい, 稀音家和三郎が引きうけ, 稀音家浄観さんが節附, 稀音家浄観翁の手, 稀音屋六四郎の細君