青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「群~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~美しい 美しい~ ~美しく 美しく~ ~美人 美人~ 美奈子~ 美濃~ 美術~ ~群
群~
~群れ 群れ~ 群衆~ ~群集 群集~ ~義 義~ ~義務 義務~ ~義理

「群~」 4923, 56ppm, 2066位

▼ 群~ (893, 18.1%)

54 中に 29 ように 16 中から 14 なかに 12 中へ 10 間に 9 やうに 8 中を 7 ような, 上に, 中で, 人々が, 人が 6 中には 5 うちに, 人々を, 見える小高い 4 一人が, 中の, 人数が

3 [13件] ために, なかで, なかには, イデオロギーを, 一人に, 中でも, 中なる, 中にて, 中にも, 人々の, 存在を, 方へ, 概念を

2 [54件] うしろ明るめり, うちには, そとに, とのぐもりこもれる君, なかから, なかを, なにか, ひとながれ, みどり盛り層むなり, ものは, やうな, ようだった, ようにも, 一部, 中より, 中央に, 争ひ, 人影が, 他の, 作家が, 作家は, 側を, 兵が, 到来を, 前に, 問題の, 多くは, 大襲来, 小鳥が, 少女たちの, 山の, 後に, 技術家の, 最後に, 有力な, 様に, 武士が, 深い藪, 深みどり, 白鳥が, 真中へ, 範疇の, 統一と, 葬列が, 行列が, 見えるところ, 足音, 送葬者, 道徳と, 隊商が, 靈に, 青杉, 頭領の, 魚が

1 [526件 抜粋] あたりに, あたりも, あつたらう, あつまりつ, あとな, あとへ, あとを, あるの, いかに戦慄, いかばかり大いなる, うちから, うちで, うちの, うちへ, うちもっとも, うちより, うち今日まで, おもしろきを, お嬶さん, かしましいには, かしましいほど, かたへ, かなりはっきりと, かもめが, くろぐろと, こと, ことを, この対立, この潮流, ごとく噛みついたと, ごとく眺められて, さや, しげきう, すがた, すむ處, その上, その先頭, それも, たたかいは, たたずまいであった, ため捕虜に, たわわのみ, ちょうど中間, つづく幾つ, ところでは, なかの, なだれに, なまなましい行状記, ぬきさしならない, ひとりなりけり, ひとりを, ほかに, まだら, まつただ中, まるいぶよぶよ, まんなかに, むら立つ, めぐりに, もなか, ものの, ものを, やがて色蒼ざめ, よう, わきたつ群像, アパート地帯だ, イデオロギーと, イデオロギーの, イデオロギー本質に, トップを, バラックの, ブルジョア・イデオローグは, ブルジョア技術家の, モメントに, 一しほ, 一つである, 一人, 一人であった, 一人である, 一人と, 一人の, 一人ひとりにとって, 一人ポッポちゃんも, 一典型の, 一匹の, 一区と, 一半に, 一員であった, 一家族高き, 一敵国と, 一日都会に, 一羽で, 一致し, 一致と, 一般的意見でなく, 一部高原并に, 一隅に, 一隊が, 一隊でした, 一鶴であった, 一鶴忠実無私の, 一齊にをの, 丁々の, 上には, 上にも, 上へ, 上を, 世界観を, 丘陵が, 中からは, 中すぐれし, 中では, 中一人の, 中伏せる, 中学生が, 中学生でも, 中少女らは, 中彼は, 中心で, 中心と, 中最高位に, 中立ち, 中縱ひ, 乞丐來り, 乱取り一騎駈け, 事実を, 人々であります, 人々と, 人々に, 人々のみが, 人々は, 人たちの, 人とともに, 人を, 人員が, 人数, 人達が, 人達を, 人間が, 人間と, 人間は, 人間へ, 人間も, 人馬が, 仮屋に, 仲間と, 作家, 作家こそ, 作家という, 作家に, 作者たちに, 作者は, 來る, 例である, 供の, 個々内容の, 個々内容は, 個人に, 側に, 僕に, 優秀者らのみ, 先, 先手の, 先覚者が, 先鋒に, 全体あるいは, 全体或は, 公式は, 公式を, 公衆ことに, 兵隊が, 内に, 写真が, 写真も, 処へ, 出没する, 列や, 利害と, 前には, 前の, 前をも, 前列を, 前後には, 前衞, 動かしかた, 動物に, 動物は, 十八の, 南半分が, 南方より, 単に一典型, 去来は, 友人たちを, 反対者も, 司空華, 同一要素, 同志を, 名であり, 吠えかかるが, 吼えるよう, 咆哮と, 哲学者として, 唱和する, 噂を, 土匪が, 地帯が, 声が, 声地に, 変化に, 外の, 大半は, 大舞, 大襲撃, 大調査, 大部分, 天幕は, 天才たちに, 天狗どもが, 失業が, 奇麗な, 奮迅が, 女づれ, 女王, 女達十三人の, 如く, 如くこれ, 如くなりき, 如くに, 如く地球上, 如く獲, 如く足, 妻である, 姿を, 婦人席を, 子供が, 子供を, 子供達の, 存在である, 存在の, 孤鶴なり, 学徒にしか, 孫が, 実態に, 客あり, 家が, 寂しい墓標, 対立する, 専門家の, 專制に, 專制は, 小路若草の, 居るの, 山との, 山を, 山塊も, 島が, 巨大さや, 年かさなる子己のが, 幸福の, 幽霊の, 幾何学的図形に対する, 座は, 廻って, 弥次馬が, 彫像を, 影を, 後を, 後逐ひ, 微風に, 忍の, 思想ある, 思想家の, 急尖, 恒星が, 悪罵の, 悲喜を, 或る, 戦法に, 戦法は, 戦術では, 戦術に, 戦術戦争から, 戯れ遊ぶ浴殿, 所有者に, 所謂特殊内容を, 批評家たちが, 技術家乃至, 拔擢を, 揉み合う光景, 擾乱である, 支配者らしい, 敵の, 文化哲学者が, 文士達の, 文学者の, 文学者達が, 文芸陣の, 新しい問い, 新進作家たちにで, 方から, 方へは, 方を, 旌旗が, 旌旗を, 既成的問題な, 日常生活の, 日本人が, 暖かさ, 最も気高き, 最南端の, 最高峰火打山より, 有様を, 木々の, 木の葉と, 木立が, 本能イズムと, 村雀と, 来るを, 松島が, 林の, 林を, 校友の, 根笹の, 棲息分布には, 椿が, 樂長なりき, 樹皮を, 次にどんな, 歌であった, 武士まごうべく, 武者が, 比較の, 民族によって, 水兵と, 水兵とは, 泳ぎ逃げる, 泳ぐよう, 涼しき草, 為めには, 無限無数の, 焼印の, 煙あげ, 熱狂ぶりは, 燈火に, 爲め, 牛が, 牧牛及び, 特殊の, 犬が, 狼藉者が, 猟犬に, 獅子として, 現実的な, 甘きに, 生存の, 生活という, 生活の, 生活苦闘に対して, 生起と, 男どもが, 男の, 男女が, 男等は, 番を, 疾駆の, 病羊の, 発見は, 白い羽, 白堊館が, 白鳩飛ばせむこ, 目が, 相違を, 真ん中で, 真中で, 真中に, 眼が, 知能分子を, 知識人の, 確立でも, 神経に, 空気に, 範囲では, 精励を, 糸杉の, 紹介から, 組みたてて, 組織する, 繪に, 羊あり, 羔の, 羽ばたきを, 羽音に, 羽音は, 者が, 者である, 者どもは, 者らを, 耳に, 聖徒の, 職業者が, 肩と, 背後に, 背景を, 腹を, 舞姫皆舞ひめ, 船に, 船の, 船列とが, 船団が, 花びらは, 若き作家, 若者が, 草を, 草刈女が, 華か, 蜜蜂が, 融通が, 蟻は, 行列際限を, 裡から, 裸体国は, 褒むる声さへ, 襲来を, 要素に, 見える牧場, 観念主義的意企や, 詞にて, 詩へは, 話は, 誠意ある, 諸企業, 諸革命, 謂で, 貨物に, 賊徒来たりて, 賣女, 赤蜻蛉の, 足ある, 跡から, 跡に, 跫音話声と共に, 輩出社会主義建設が, 輪郭が, 送り手とが, 逃亡, 連続の, 連続暗澹と, 進撃隊の, 遊弋に, 遊弋方向に, 運動に関する, 運命等々, 遠火が, 遺跡に, 重い靴, 鑛山は, 長と, 長上だけに, 間から, 間で, 間には, 間の, 間を, 陰を, 隅々までも, 隠場処, 雀等が, 集った式場, 雑木林が, 雨燕あり, 雪が, 靈, 靈を, 青年の, 非難に, 非難は, 頼もしく勇ましい姿, 題に, 顔ぶれが, 顧客噂に, 風情を, 風説を, 飼われて, 飼われる牧場, 騎者が, 騎馬が, 騎馬武者が, 騒々しい仮装人物ら, 騒ぎ行く, 高いさ, 鬼と共に, 魂に, 魂焔に, 魅力ある, 鳩が, 鳩輪を, 鴎は, 鴨鳥浮けり, 鶺鴒群れ飛べ, 鹿とよみ駈け来る, 黒奴の

▼ 群~ (737, 15.0%)

147 なして 35 抜いて 28 成して 20 離れて 9 ぬいて, 眺めて 7 見た 6 見て 4 はなれて, 作って 3 みよ, みると, 成す, 為して, 眺めると, 見たの, 見ること, 見ると

2 [34件] かきわけて, さきに, して, つくって, なし隊, なすこと, なすの, みて, 何かの, 作し, 分けて, 待って, 想像する, 憐んだ, 抜けり, 持つて, 描いて, 放れて, 率いて, 発した光, 発見した, 目の, 眺めやる, 眺め入った, 脱して, 見おろして, 見たり, 見ながら, 見渡した, 誘ふ, 追うて, 離れた, 飼って, 養へり

1 [376件] あらす, いう, いくたび, いつのまに西, いつも記憶, いふ成, うけもつ, おしのけて, おって, おどすため, かすめて, かためて, きりさいて, けしかけたこと, こ, さえ手下, さきだてて, さげすむよう, ささやいて, しきりに追いつめる, しばらく眺め, すかして, すぐ追った, すりぬける事, その方角, ぞろぞろと, たのむ心, つくっては, つくつて, つくりて, つくりべ, つっ切って, つれて, とらえて, ながめて, ながめながら, ながめること, なし, なしその, なしたの, なしなおまた, なし万, なし中, なし人, なし元来, なし其威, なし各々, なし熊, なす, なす大きな, なす牧場, なす虱, なせる女等, にらみつけた, ぬいた六十點, ぬいた麗し, ぬきんでて, のみ対手, はぐれたる, はこび上げるキーキー, はたき落す, はなれた孤独, はなれぬよう心, はなれる羊, ぱんぱんとうった, ひきゐる, ふいて, ふせぐため, まだ晴れきれない, まもり居たり, まん中に, みつけると, みてさ, みなほとんど同時に, みんとてと, もちながら, もった, やどして, やり過して, よく視れ, よび集める笛, よんで, アイデ, 一つの, 一望に, 一見し, 一間あまり引きつけ, 中心と, 中心に, 乗せた運送船, 人間と, 人間のと, 今の, 今更憎まず, 伴う老人痴呆, 作り袋, 作る, 使嗾し, 例の, 借りて, 充血した, 冷やかに, 凌いで, 出て, 分けたは, 分ちて, 分つ, 制する興趣, 加える時, 区別した, 千人ばかり, 半分づつ一日代りと, 占領し, 友達に, 取りたもう, 含むこと, 含んで, 呼び給, 圧して, 圧し堂々, 塒へ, 大きくし, 奪ひ去る, 妙に, 守りする犬, 守るを, 宰った, 寫さむとしたる畫工フエデリゴ, 導いて, 少なくとも安全, 居らせて, 川底の, 左右に, 市井の, 引きて, 引き出し, 引卒し, 引寄せ過ぎ, 引連れた一人, 形づくつた訣, 形成し, 形成しうる, 彼等の, 待たなければ, 待つといふ, 得更に, 心持ちの, 必要と, 忘れること, 忠実に, 怖れ, 思い出した, 思出した, 恐る, 恐れる事, 悟らす時, 想像させる, 想像し, 愕か, 愛した, 憐れなる, 成さずすこぶる, 成しその, 成した水鳥, 成しては, 成し各, 成し小, 成し隊, 成すと, 成す有様, 成せり, 成せるあれば, 我は, 打ちくだき岩, 打ほふり, 払ひ, 抜いた, 抜いたかっぷく, 抜いた一方, 抜いた優秀, 抜いた出来ばえ, 抜いた卓越, 抜いた大発見, 抜いた戦陣ぶり, 抜いた空, 抜いた立派, 抜いた逞しい, 抜いた非凡, 抜いてるそう, 抜くこと, 抜くの器量, 抜く鋒杉, 抜けるなり, 抜ける八溝山, 拔い, 拔いた, 持ちながら, 持つ者, 指導する, 挺ん, 捨て, 捨て先, 採っても, 探しに, 描いたオリヤンタリスト, 描くの, 提供し, 揶揄する, 撃退した, 撰ぶとき, 擁して, 支え一方, 放したよう, 放ったよう, 敵軍へ, 斜に, 断然抜い, 新田先生は, 新道沿いの, 日光が, 明けく照, 星と, 書いた頃, 最初常, 月あかりで, 望むよう, 望む様, 望見する, 構成する, 横えた, 樹皮の, 残して, 殺す, 水夫長が, 涯も, 温柔しく, 溯ろうと, 照させ, 照せり, 煽って, 煽り立ていつの間に, 牧ふ, 物の, 物珍らしく眺め, 牽ゐたる, 狩り出した, 率ゐ, 発見け, 発見し, 発見する, 目がけて, 目ざして, 相手に, 真夏の, 眺めた, 眺めたが, 眺めては, 眺めも, 睨んで, 研究し, 私は, 穿ちて, 突きのけて, 縫うて, 縫ひ, 繁りたる森, 置きどちら, 羊の, 羨んだらう, 翻弄し, 脱け, 臆病に, 自身の, 興味深く見, 舞台に, 衣もろ, 襲う熊蜂, 見い, 見い見い導火線, 見おろしながら, 見き, 見せた, 見た彼等, 見た時, 見た牛飼, 見つけた, 見つけた時, 見つけて, 見つけると, 見つつ, 見やると, 見るに, 見るの, 見るよう, 見る如し, 見る時, 見上げて, 見下して, 見下せり, 見出した時, 見境いもなく, 見守りながら, 見廻した, 見廻したが, 見張って, 見渡して, 見物する, 見送ったこと, 見送った眼, 見送つて, 見送るよう, 見逃さないよう, 観た, 訪は, 訪問させ, 誘導し, 語らって, 謀りて, 赤く照らしました, 足元に, 蹴ちらして, 軍隊式の, 載せたり, 迎えた, 迎える事, 近づけて, 追いかけて, 追いちらし追いちらして, 追いながら, 追いまくった, 追い慕わせた, 追っかけて, 追つて, 追はせる, 追ひかけ, 追ひ散らした, 追ふ如く, 追廻して, 逐いかけ逐いかけサムカッタ, 逐い払って, 逐ひ, 通りぬけたらしい, 造って, 連れて, 過大に, 遙の, 避けようと, 避けるほう, 金色に, 釘勘や, 鏖殺し, 除けて, 隅から, 離れたり, 離れたる鴻雁, 離れたれど, 離れた河千鳥, 離れた犬, 離れた芝生, 離れた迷児, 離れては, 離れ群, 離れ颯と, 離れ魔性, 震動させた, 霞む眼, 面白がらせ, 顧みて, 飛び越, 飾って, 首尾よく, 馬車より, 驅け, 驅る, 驚かすこと, 齊しく

▼ 群~ (731, 14.8%)

9 つてゐる 8 あった 6 見える 5 ある, あるの, とりまいて

3 [12件] あつた, そらを, ぞろぞろと, ちらばつ, つてゐた, とんで, 出来て, 悠々と, 空を, 自分の, 飛んで, 餌を

2 [41件] あって, あるといふ, いて, おどろいたか, それが, つ, つづいて, つて出, つて居る, つて来た, つらなって, ふと眼, めんこや, 一斉に, 一種の, 下りて, 今も, 元気よく, 出て, 列を, 合の手を, 吠えて, 唸って, 多かった, 幾何学に対して, 彼の, 往来を, 新しい水垢, 松の, 波に, 泳いで, 渦巻いて, 私の, 見えて, 見えます, 見ゆ, 象徴派に対する, 走って, 陸続と, 集って, 集まりました

1 [575件 抜粋] あちらこちらに, あったと, あつて, あつまって, あふれて, あり小石, あり遠き, あること, あるそう, あると, あるばかり, あろうとは, いかに強い, いきなり令嬢, いく組にも, いたが, いたり, いっぱいに, いつとは, いつぱい, いつも行っ, いないこと, いる, いるの, うかうかと, うごめいて, うすぼんやり, うずを, うねって, うめいたり, うららかに, おしや, おし寄せ, おし寄せた, おとなしく椿, おのおの口の, およいで, お互いに, かうして, かかる目的, かすかな, かたまつて, かなしい叫, かなりたくさん, きまって交っ, きゃあきゃあいっ, くりだすという, こういう双立神, こうして活動家, ここに, このとき, この一樣, この低い, この出島, この辺, これも, ごく高く, さんさんたる, しゃがれ声, しんとして, すぐその, ずらりと並べ干された, せわしくとび交う, そこの, その何れ, その囚人, その小さな影, その後を, その枇杷, その殆どすべて, ぞろぞろ表面, たった二三日, たんぼ道へ, だん, ちかづいた, ちっちゃく住ん, ちら, ちらちら飛ん, ちらばって, ついて, つたあたりに, つた上に, つた上には, つた不, つた傾斜の, つた彌次馬は, つた木立の, つづいた, つて, つてと, つて俳句に, つて咲く, つて川下へ, つて往來を, つて斯の, つて木の間, つて消え, つて生え, つて発句を, つて脚の, つて腰を, つて身を, つて酒を, つて飛ん, とびめぐる, とび交うよう, とび立った, どこからか, どこに, どんな困難, ながれるよう, なだれこんで, なんだか大きく, にわかに騒がしく, のこのこ塔, はいって, はい出すの, はっきりと, ばたばたと, ばら, ぱっと飛び立っ, ひく, ひよろつき出し, ふえるの, ぶん, またあと, まだ一度, まつわって, まともな, まばらで, まるまると, まろがった, みな首が, みるみるうち, むこうから, むやみに, もう降りる, もつれあって, もの音ひとつ立てず, やつて, ゆっくり歩い, ゆらゆらと, ゆらゆらとまるで, ようやくその, れる, れる在天, れる小さき, れる蟻, わんわんうなっ, ゐた, ウヤズドフスキェの, コーランを, ゴミの, ソヴェト同盟に, ゾロ, チュッチュッと, ツイツイと, ヒラ, ヒラヒラと, ムラムラと, ワンワン唸っ, 一せいに, 一九四九年に, 一列を, 一番内側へ, 一羽づつ陣列を, 一羽黙り, 一週間も, 一隻の, 一集まりに, 万灯を, 三々五々し, 三々五々つづい, 三十前後に, 三少年の, 上陸し, 久能を, 乗込んで, 乱れ飛ぶ空, 二三十人どっと, 二頭の, 人の, 今しも, 介殻を, 休んで, 低い空, 低くとん, 何か, 何に, 何やら首, 何処に, 俺の, 倒れた兵士, 僕の, 僕を, 儲物を, 入り乱れて, 入る時牛, 入れ変り立ち, 入込んで, 六属十七種あっ, 兵士の, 其処にも, 内から, 円華窓の, 円陣を, 別仕立て, 到着した, 前に, 動いて, 動き出した, 千曲川の, 単に夫, 博労に, 参るよう, 口々に, 叫びながら, 同じ沈黙, 吼えたり, 呻き騒いで, 咲きほこった花, 唖, 啼いて, 啼きわたって, 嘲罵の, 嘶いて, 噛み断ったので, 噪いで, 四隅に, 土に, 地方訛りの, 坊主と, 場前の, 塊まり乍ら竹藪の, 増して, 夕刊の, 夥しく漂っ, 大祖父, 大西洋に, 天使の, 始まつた, 姿を, 嬉々として, 子宮に, 存在する, 存外多かっ, 宇宙の, 寄り集, 小さくなっ, 小路の, 小鳥の, 尾を, 居りました, 居る, 居るけれども, 展開され, 山を, 岩に, 川の, 川口を, 工場の, 左から, 左側に, 帰って, 幾何学そのものに対する, 幾何学の, 幾度と, 幾組と, 庭の, 弁天様の, 彼方此方の, 往来繁く, 後から, 後を, 忽ちドルフ, 思ひ立つた場所, 急に, 悲鳴を, 慌しくそこここ, 或特定, 戦を, 戦近し, 戸を, 投げられた球, 押されるやう, 押しかけて, 押し合って, 持てる金椎子, 揃って, 描写され, 放れて, 数多く残っ, 整然と行列, 新聞社の, 旺な, 映って, 昼寝を, 晴きった, 最後の, 月に, 有って, 望まれて, 朝早くから, 朝靄の, 杉右衛門を, 村へ, 束子で, 来て, 来られるだろうと, 来るごと, 林の, 柔い, 桜の, 桟橋に, 梢に, 梢を, 棲む, 楽しい叫び声, 楽しく元気, 楽しそう, 樫の, 歌ったり, 歌って, 歓喜の, 歩いたと, 死にかけながら, 残ったの, 殺到し, 毒々しい緑, 毒気を, 気まぐれに, 水を, 沢山いる, 沢山に, 泳ぎま, 泳ぎ戯れ, 流れこんで, 浪の, 浮び出して, 海を, 消えて, 渡って, 湖畔の, 満人, 濫発的に, 灌木の間を, 点々として, 無事のこっ, 無数に, 無気味な, 無遠慮に, 猛獸, 猫眼石の, 現れると, 現われたって, 現われて, 現われる, 現われ幕面, 甲板の, 病院の, 痛快に, 発見し, 白い羽, 皆止っ, 目に, 目抜きの, 相拠, 真先に, 真夏では, 真赤な, 眼を, 私たちを, 空へ, 空中に, 空低く, 窓外に, 立っては, 竜巻の, 竹の, 笑ひ出した, 籠城の, 粉の, 細線の, 終日ギイキリキリと, 絶え絶えに, 続いて, 続続と, 縦横に, 羊の, 群を, 羽ばたいて, 聳えて, 肩に, 背に, 脚並み軽く, 腥き風, 膨脹する, 自身の, 舗道を, 舞い来ると, 舞い飛んで, 舞ひ降りよう, 舷側を, 船の, 草の, 草を, 荒い急流, 荒れまわって, 薔薇色の, 虹の, 蛇に, 行儀好く, 街上に, 見えた, 見えだした, 見える頃, 見られた, 観衆の, 解しかつ, 諸村, 谷の, 谷中に, 赤い夕陽, 赤尾の, 足を, 踊る, 車を, 車窓に, 車窓の, 軍兵の, 輝き出した時, 近づいたの, 近づくと, 追っかけた, 通つた, 通りすぎたとき, 通り過ぎると, 通る通る, 通過する, 連った, 遊んで, 遊泳し, 過去の, 遠い国, 遠くの, 遠く近く, 邪魔に, 都會の, 重く咲き満ちた, 野良を, 金輪際怨めしかっ, 鋭い声, 鐵格子の, 間近くも, 降りて, 降り立つたの, 陣取つて, 陰欝な, 隅から, 階級として, 集つて何処から, 集まり次第に, 雑沓し, 雨の, 雪を, 雪崩れ, 雪白の, 雲の, 霖雨の, 青菜の, 静かに, 靜かに, 音に, 音も, 頂へ, 頭から, 頻りに何, 飛びだして, 飛び出して, 飛び立った, 飛び立って, 飛び違って, 飴屋の, 馬蹄の, 駆け出した, 駈けだして, 駈け巡りその, 騎馬で, 驚きの, 驚き騒ぐなか, 驛の, 魏陣の, 魚に, 鰯みたいに, 鳥の, 鳴きたて鳴きたて後を, 麦の, 黎明の, 黒, 黒しほそき落葉松

▼ 群~ (414, 8.4%)

8 なって 6 投じて 5 近づいて 4 かこまれて, まじって, 交って, 入る, 眼を 3 交り, 入りて, 加わった, 向って, 投じたの, 於て

2 [20件] そそがれたまま, まじりて, まぢつて, 交つた, 依って, 入って, 入りぬ, 入ること, 分けて, 取り巻かれて, 囲まれながら, 属する, 投じ, 斬って, 来て, 気づいて, 漁する, 目を, 逢う, 餌を

1 [317件] あさ日さし, あっては, あは, あばよなど, あひぬ, あふ, あらず, あらねば, ありて, ありては, いたぶる浪, いぢめ, うってつけの, おちし心, お逢いなされ, かこまれ中央政権, かつぎあげられて, かり立てられた末, くるまれて, けとばされて, さきだちて, ししら, すくい出されて, すれちがいはじめた, それは, たいしいかに, つけた橇, なったの, なるの, はいった数馬, はいらねば, はぐれたる, ひきさげるもの, ふくまれる農民, ぷうと吹きかけ, まかせてよ, まぎれこんで, まぎれて, まぎれ込みやがて, まざって, まじってるよりも, まじつて, まじりあの, まじる美しい, むかって, むかつて, むかひて, ゆき合ったとき, よく餌, わかたれ彼永遠, わけ第, ターナーの, 一日四十メートルを, 与える読みもの, 与へらる, 乗りうつり転げる如く, 交じって, 交じるべくウーリュンポス, 交つたのである, 交つて喇叭を, 交つて歩いた, 交り給え, 交る, 付いて, 付加された, 伍し, 伍するもの, 伯爵は, 似た, 來て, 候ひき, 僕以上の, 入ったもの, 入つて, 入つて行つて, 入らぬ老人, 入りこ, 入りこんだ時, 入ります, 入り何所, 入り彼等, 入り次第に, 入り牧羊者, 入り種々, 入り給, 入り込んで, 入り部下, 入り食, 入ると, 入る事, 入れて, 入れよと, 入れ得られよう, 全技術家大衆, 共通であり, 共通な, 出あう度, 出会ったが, 出会つ, 出会ひます, 出逢う, 出逢った, 出逢つたの, 分かれて, 分けられる, 分け与えよと, 分たる, 分れ南, 到るとき, 割れて, 力一杯投げつけた, 加えて, 加って, 加つたが, 加は, 加はつた, 加はる, 加はるや, 加はる花吉を, 加へ, 加りぬ, 加わったという, 加わって, 包まれたまま, 包み圍, 包囲され, 南からの, 占領せられ, 取り囲まれた, 取り巻かれた牧場帰り, 取り巻かれ女房, 取卷かれる, 取囲まれて, 取圍まれ, 取巻かれる事, 取残されしもの, 向くるは, 向けられて, 向つて, 向つて狙, 向つて聲, 向ひ, 含ませるため, 呼び声高い, 啄まれながら, 墮する, 声を, 変るの, 奉仕され, 奮然と, 始まり翌, 姿を, 定めて, 対抗し得る, 對し, 對する, 導かれて, 就いての, 属するという, 属するの, 属する一峰, 属する島, 属す男たち, 帰する, 引かれて, 引張りこむほどの, 引摺られる, 征服される, 従った, 思った, 感歎した, 打ち勝つ事, 投じた, 投じたが, 投じたといふ, 投じたに, 投じたので, 投じとうとう, 投じ社頭, 投じ花, 投じ雑書, 投ずること, 投ずるの, 投ずるは, 投ずるよう, 投ずる事, 投ずる常人, 投ず彼, 投ぜば, 投ぜり, 押されて, 振舞ふと, 捕われかの, 授けむため, 掛離れ過ぎて, 接しむせ返る様, 接するが, 攻められたの, 放って, 數へ, 斬りまくられて, 新しく技術候補者, 新に, 於ける特殊内容, 来た美しい, 次々に, 次の, 止れと, 歸つた, 殺虫剤を, 毒物と, 気を, 流れ込んだもの, 浴せる, 混ぜしむ, 混つて帰つた, 湧きに, 潜んで, 為つて頻りに, 無理無体に, 無窮遠, 煙草の, 特殊の, 珍らしき, 疲れる地獄, 発音し終る, 白くさ, 相当する, 相當, 相違ありません, 相違あるまい, 社, 突当られたこと, 窘められて, 立ちまじり至極, 立ちよられた, 篝焚き, 紛れて, 聲を, 肉迫し, 脅かされて, 臘の, 至っては, 至る幾十, 與へて, 與へんず, 苔むさず, 苔むすと, 苦しめられながら, 草むさず, 落ちそして, 落ちたやつ, 落ちれば, 蝿が, 行かぬ婆さん等, 行かねば, 行き合うた, 襲いかかって, 襲われたという, 襲われること, 襲われ着物, 要約され, 要約された, 要約されるだろう, 覆ひかぶさつた麒麟山百万, 覆われて, 見むき, 見ること, 見出す, 解きほごしたあと, 解散を, 触れると, 言はせる, 言葉から, 譜を, 起させるの, 踏み躙られる嬰児, 蹴飛ばされて, 身を, 迎えられて, 近づかしめず, 近づきたり, 近づきて, 近づき引かる, 近づくまでの, 近付いて, 近付き椰子樹, 近寄って, 近寄ると, 追いついたらしい, 追い着いたけれど, 追い縋り討って, 這入り込んだと, 這入ること, 逢った, 逢って, 逢つた, 逢ふと, 進歩した, 運ばれつつ, 運び去られたの, 都市の, 阻止され, 集注される, 雑り, 離れた孤雁, 離れて, 離れ孤立, 雪崩れこまれ, 飛びこむなんて, 飛びついた, 飛び去りぬ, 飛び込んだという, 食虫, 餌たるべき, 駆り立てた怪しい, 驚き街道

▼ 群~ (379, 7.7%)

3 それを, 一せいに, 通らなくなりそれ 2 いづれも, それぞれの, また別に, 一度に, 一時に, 互ひ, 彼の, 深大寺出でて, 若竹の, 顔を

1 [350件] ありの, あわてて, いくつか, いずれも, いって, いつもの, いつ通過, いみじき挽歌, いやでも, いろいろの, うす黒くうごめく, お錦, ことごとく一斉, このよう, この散策者, この時, この村, この第, この處, さっぱり姿, さながら大小, さること, さわぎだした, しずかに, しばらくジリジリに, しばらく措き, せは, そこで戦ごっこ, そこへ, そのひろい, その伽藍, その共にでこでこ, その四, その明り, その時鯨波, その窓, その荷物, そらいちめん, それぞれ隊長を, それと, ぞくぞくと, ぞろぞろぞろぞろ駅, ただちに辺境地方, ただ一様, ただ一樣, たちまち千浪, たちまち陽気, とうに四方, どうしてもクーパーたち, どうだ, どうと, どうやら四五世紀, どこを, なおなお影, なおも闇, なか, なかなか容易, なかばに, なんという, にわかにいきおいを, はいって, はじめの, ぱつと薄赤い, びくとも, ふたたび前, ふつうの, ほとんど百人, ほとんど看客, ますます数, またそろり, また激しく, また蟻, まだか, まったく姿, まばらだつた, まもなく形, まるで大, まんまとその, みなよき, むしっても, もうその, もうそんな, もうみんなめいめい, もう見えなく, もみあ, もろもろの, やわらかな, よい草, クーパーを, シイプルの, ジェノアから, ソッドマゴモルラと, ニユース映画でも, ヒラリヒラリと, ビング嬢, ブルジョア日本の, ムラムラと, モスクワの, ヱネチアにて, 一つの, 一体どこ, 一度にど, 一段と輝き, 一緒に, 一般に, 丁度聖者, 三つに, 世間から, 丹波の, 主權, 二人の, 二十余年以来睨み合い, 二組三組其處此處で, 互の, 人間と, 今から, 今の, 今は, 今まで, 今や丘, 今後, 今日では, 今来たり, 今此, 以前の, 低く集つ, 何かという, 何ぞや, 何である, 何となく長閑, 何の, 何れも, 何時の間にか祠, 何者にか, 何處へ, 優しき目, 先を, 先天的と, 光の, 全湖面, 八弥を, 八方へ, 兵も, 其めぐり, 円い輪, 再び手拭, 再び浮き上っ, 出口を, 分隊と, 切れたり, 別として, 別に, 刻々ふえ, 前後に, 劇場の, 十人ばかりが, 千鳥型し, 参木を, 又嘆く, 口々に, 合同連続及び, 向うの, 吹きかわった新鮮, 吼えずに, 吾等に, 喜ばしさ, 土地の, 土平の, 塔を, 塵埃の, 声の, 声高く, 大きな山脈, 大きな目, 大勢を, 大概一日長く, 大洲柳瀬山に, 大群を, 夫, 始め十五人で, 姫が, 子宮に, 安からず, 室内に, 富農昔から, 対岸から, 対照として, 小さかった, 小女を, 少くとも, 少ない時, 山の, 山体の, 山奥を, 山木たちを, 岩より, 崖の, 崩れ立った, 川堤を, 己の, 帯の, 帰つ, 常に人間, 常に強力, 平家の, 年々陸地から, 幾らも, 広漠たる, 建築と, 引き上げて, 後方の, 微風に, 必死に, 忙しさうに, 忽ち食料難, 忽ち食糧難, 怖ぢ, 思ったよりも, 恐らく北陸, 恐れて, 我等が, 戸外に, 戻つて, 扉を, 指揮者として, 掠奪を, 收穫, 改札口で, 教主を, 散り始めた, 文人の, 斜に, 新しき食物, 旗を, 既に影, 早く云, 早く我, 明智の, 昨日も, 時々空, 時を, 朋輩を, 朝日の, 本堂や, 東京の, 東西五里に, 枝から, 案内する, 梢から, 樂み, 機械に, 次第に疎, 殆ん, 段々に, 水でも, 水の上を, 河の, 涯から, 深くなる, 温室の, 滅多にその, 潮の, 潮を, 濠州辺にのみ, 爆発と, 牡牛を, 物理学, 狂いながら, 狂奔した, 狼狽し, 瓢箪を, 生え抜きの, 生きた嵐, 甲板の, 畑道から, 白い霜, 白と, 白銀の, 皆大いなる, 皆肩幅の, 皆豪勇な, 相當, 眞綿の, 眺めて, 眼に, 矩之丞の, 破滅の, 祭の, 私の, 空うち仰, 突撃を, 立ちて, 立止る, 細線の, 細長い形, 総崩れに, 續き行く, 羊毛様の, 耀蔵の, 考えて, 耳を, 肩や, 腹が, 興奮し, 艦隊の, 苔むす, 若い女, 若い頼朝, 荷物列車にまで, 虹の, 蛇の, 襲い掛かった, 西の, 見る見るわが, 誰の, 謂ふも, 貨物を, 赤い提灯, 足を, 路地へ, 踵を, 蹴散らされたと, 軍隊的に, 轅に, 辟易しだした, 連句制作の, 野原ぢゅうをもうあちこちにちらばって一つ一つの, 鉱泉療法第, 長い廊下, 門, 雑草の, 雪を, 雲に, 雲の, 電流の, 静かな, 静かに, 非常に, 非常口の, 革命以前から, 頭に, 風に, 馬首を, 駅前の, 駿河湾の, 騒ぎ立つた, 髮を, 魔の, 鳴き声を, 麓まで

▼ 群~ (83, 1.7%)

3 あった, 見える, 見た 2 あり河岸, ある, なにかあら, 其下に, 無辺の, 長棹

1 [62件] あつた, あり脱衣場, あれば, いまでは, うしろに, この怪物, さすがに, それ以上に, それ自身対象的区別に, だいぶんまいったらしい, だんだん静か, はいって, びっくりする, ほとんど掻き消える, また共に, ゐない, 中, 交つてゐた, 亦等し, 他の, 何時か, 先祖から, 六群も, 其現れである, 去り起重機, 同様で, 吠え声, 多くあり, 大宇宙, 居ります, 山姿すべて鮮らか, 幾分その, 幾条か, 幾群も, 庭の, 庭先の, 彼に, 散け, 散りたり, 混って, 渡つて, 皆私を, 相当に, 眼を, 竜太郎に, 素晴らしい声, 船の, 虫の, 見えた, 見えないのに, 見え始めた, 見ましたよ, 見渡せる, 誘蛾灯に, 起る, 辰男には, 遠く見える, 遠ざける威風, 長々と, 陸の, 集って, 集まって

▼ 群から~ (76, 1.5%)

9 離れて 2 少し離れ, 追われて, 離れた, 離れた所

1 [59件] あたま, おいてきぼりに, きゃんきゃんと, こっちの, して, ひとり下がった, ひとり離れ, 一人の, 一人抜け, 一寸外れ, 一般に, 丁群と, 主張された, 乙群丙群から, 人生の, 人間の, 出発する, 別れて, 十歩ほどの, 団へと, 圏外に, 圧迫せられ, 少しは, 彼は, 怪しいと, 成るところ, 我身を, 抜きん出て, 放れて, 数間先を, 暗示を, 最も眼, 木曾野が, 湧き起こり廊下, 漏れた, 目を, 突如と, 脱け, 脱しよう, 脱れる, 自分を, 落伍し, 襲は, 起こったが, 起るごと, 迷れ, 進み出て, 進化した, 遁が, 遠く駛つて, 遠ざかると, 遠ざけた, 鋭い叫び声, 離れたの, 離れると, 離れ町, 頭を, 駈け抜けると, 駈け抜け走り

▼ 群~ (76, 1.5%)

3 一緒に 2 フィネット, 一しょに, 別れて, 称するもの, 竹の, 輝きぬ, 雖も

1 [59件] いいこの, いうよりも, いっしょに, ごろた石との, ごろた石の, すれちがうとき, そう変り, たたかいながら, たたかう, ついその, なく皆, なったと, なつて, なり幾艘, なるという, なれば, なれるポムペイ市, メランコリックな, 一木たちの, 倶に, 其から, 到着し, 南方の, 博士の, 同一視し, 同乗した, 少数の, 岩菅らしい, 建築群との, 彷徨し, 思しきもの, 戸隠の, 捕物小説を, 接触する, 提携する, 昭和十年前後の, 樹, 樹の, 歌ひ, 正月十五日の, 武装した, 死んだやう, 死んだよう, 氷河の, 牧童とが, 甲州の, 登場, 眼を, 羚羊の, 考古学的価値の, 落合ふ, 蛇群を, 見られる, 見做, 警官隊とは, 較べて, 遭遇わ, 闘ひ, 離れたるファウスト

▼ 群って~ (48, 1.0%)

3 いた, いる, いるの, 来る 2 いて

1 [34件] いても, いるかの, いること, いるカメラ, いる一時, いる朽木, いる通り, いる雲, おりました, くる警官, しまった, 一目でも, 何の, 動いて, 咲く, 声を, 姫君の, 客待ちし, 居りやすので, 居る車室, 散るよう, 来た, 波頭の, 白く泡立つ, 白山一華や, 盛んに, 真白な, 私を, 笑い興じ, 走り廻っ, 遊んで, 颯と大幅, 飛んで, 魚を

▼ 群~ (47, 1.0%)

7 あつた 4 羽振き 2 身動きも

1 [34件] あつて, いつも氾濫, ぎっしりこん, この地方, ざわざわし, その後に, それを, ただその, もつて, ムレに, 一ぱいに, 並んだ感じ, 二室しか, 傘傘傘人人人の, 光琳模様に, 其処の, 占領され, 埋められたの, 平時は, 引汐の, 彼等は, 悲しいし, 手に, 押すな, 捌くにも, 有る, 海生虫の, 混雜する, 満たされる, 相當以上, 稍とも, 賑は, 賑わって, 黒くな

▼ 群~ (46, 0.9%)

3 して, の神 2 の形式, を学ん

1 [36件] から正面, があつ, がある, が王宮, し来たるもの, し来つて, するに, するにも, する神, する賓客, だつた, であつ, である, と称する, にも中心, に模, に繋げ, の下員, の中, の中心, の伝承, の名, の守護神, の形, の思想, の様式, の異風行列, の神歌, の聖劇, は此形式, や家, を信じ, を廃止, を意味, 即道行き, 或は山姥

▼ 群~ (35, 0.7%)

2 向って

1 [33件] いつまで, かえると, かよつて来られた, この女乗物, どなった, なるべく近く, ぶつけるの, 一団の, 乱れ入った, 交じった時, 交つて平生から, 入って, 切りかかった, 太刀を, 嫁し, 寄って, 戻った, 投げた眼差し, 投げやった, 抛りつけた時, 方法論的に, 殺到する, 混って, 眼を, 突き進んで, 群から, 行き着くより, 近づいて, 近づき正造, 這入った, 陥ちて, 飛び帰って, 飛び込んで

▼ 群~ (32, 0.7%)

2 が大, の中, を抽

1 [26件] から超絶, が一眸, こめて, に紛れ, の一つ, の中心, の尾, の後, の折り, の話, の頂, はそう, は他, は其翠緑, は呼べ, より超, を圧し, を壓, を抜き, を望み, を睥睨, を離れ, 広くは, 遠く下, 遠く重なりあひ, 黙として

▼ 群つて~ (29, 0.6%)

3 居た 2 ゐた, ゐるの, 居る前

1 [20件] ゐて, ゐる, ゐる乱鴉, ゐる多く, ゐる宮城野, ゐる耶蘇教, ゐる處, 動いて, 咲いてるの, 咲くところ, 居るの, 居る小, 散るやう, 生えて, 生えること, 苛めるならもつと, 茂り美しい, 行く状, 追ひ迫る, 飛びます

▼ 群~ (29, 0.6%)

2 集つて居た

1 [27件] あひ, かさ, がし, が先頃, て, てアートレ, て共に, て湧く, て滾, て連れいだす, て門, ともつかず, と燈火, の一部, の先, よって来た, を制し, 一齊に, 候うちふと, 出づる時中学校の, 出づる時中學校の, 来る商人相手, 格子の, 生い, 舞つてゐた, 集つて春迄も, 集ひ

▼ 群~ (25, 0.5%)

3 の声 2 がそれ

1 [20件] がその, がまた, が従う, たちまち聚まり, とはこの, と一緒, に取り巻かれ, に噬, のほえ, の一隊, の戲弄, の旋風, の牙, はここ, はせいづる, は林, もとどまり, も上り, も走る, を率い

▼ 群には~ (23, 0.5%)

2 いって, 早や, 早やも

1 [17件] いるよりも, いる前, さらに気, すっかりきもっ玉, そういう標準, そぐは, それぞれの, それぞれ優れた, 何故か加わる, 入らなかった, 各種の, 必ず一羽づゝ先達, 必要だった, 所轄署に, 数人の, 融通の, 鹹水に

▼ 群~ (23, 0.5%)

3

1 [20件] に光, に遠ざかり, のま, の中, の列, の嬌態, の宴, の心, の數, の間, の集, は二軍, は村, は盃, よれば, を会稽山, を衆議, を離れ, 即ち意, 及び人間

▼ 群~ (21, 0.4%)

2 人々の, 状に

1 [17件] と豆腐入, のであった, はずだ, をさ, ネオンサインが, 三四匹の, 入道雲が, 参詣人たちも, 参詣人達も, 小犬の, 水鳥が, 渚の, 笹の, 自動車の, 虫に, 雀は, 雲を

▼ 群~ (21, 0.4%)

2 の一鶴

1 [19件] から運び出される, で最後, にあ, にあり, にすぐれし, には幾多, に一鶴, に割り込む, に混じ, に言語文字, のクイーン, の一鶴みたい, の小, の小児, の雄鶏, へかりに, へただ一人, より捉え来られた, 最も大きく

▼ 群~ (20, 0.4%)

2 だと, にした

1 [16件] が圍め, であると, であるにも, で飾られ, になっ, に集約, のありとあらゆる, のもの, のよう, の噴泉, の生活, は十一月号, は殊に, は私, より成る, を試みる

▼ 群~ (20, 0.4%)

7 して 2 がある, が大きい 1 した松林, しなかつたところ, し思考, す, するさま, せる間, だ, であり音楽, と集合

▼ 群~ (19, 0.4%)

2 およそ七百余合, を渉猟

1 [15件] おのおの千差万別, といへ, に対して余りに, の渉猟, の總類, の類, の類い, は千年間, をみ, を一目, を博覧, を広く, を採り, を読む, 堆裡

▼ 群~ (18, 0.4%)

2 となっ, は鞭毛

1 [14件] が網, が腹, が道路, が陸続, して, だが, による壮大, の中, は一層, は二人, は日英, をつらぬき, をなす, 大きな花

▼ 群った~ (17, 0.3%)

1 [17件] が向側, のが, ものか, ような, 一団の, 一部落, 中へ, 何匹かの, 先は, 大勢の, 彫像から, 木立ちらしい, 男体女体の, 礫が, 笹葉の, 葉の, 蛾の

▼ 群~ (14, 0.3%)

3 を駆る 2 を牧 1 と, と山羊, のごとく動い, の甘心, の首, を一縦列, を指揮, を飼, 屠り餌食

▼ 群~ (14, 0.3%)

2

1 [12件] が食物, のはばたく, のよう, のわたる, の吾, の声, の夜, の相, は, を威圧, を尻目, 翔る翼

▼ 群~ (13, 0.3%)

1 [13件] あるいは地球, な, ルンペン群の, 刺蠅群の, 又或, 呻きながら, 天に, 清水の, 渡良瀬川対岸の, 牛などを, 職工や, 蚊柱の, 蛙の

▼ 群~ (13, 0.3%)

2 がって

1 [11件] がってるカルティエ・ラタン, がって居る, がって空, がり立つ頭越し, がる人々, がる動物, がる女, だちて, だちである, だって見え, だつ根っこ

▼ 群~ (13, 0.3%)

1 [13件] が暗黒, ちりばめられたる星月夜, に取り巻かれ, の中, の分野, の統一, の飛ぶ, はまめ, は未だ, は素足, を圧し, を見まわし, 更に光甚

▼ 群とは~ (11, 0.2%)

1 [11件] 互に馬蹄形, 何か, 兼て, 反対に, 我眼を, 明鏡の, 會津で, 比べものに, 独立である, 運動相似変形及び, 違って

▼ 群にも~ (11, 0.2%)

2 まが 1 あつた, ある, たとえられよう, 共産党にも, 幾組か, 正造を, 滅多には, 賑わって, 逢いました

▼ 群~ (10, 0.2%)

1 という波, といつた, とさげすむ, となる, と君, な, なと気がついた, なァ, ね, 老人の

▼ 群では~ (9, 0.2%)

4 ないか 1 あるが, ない, なく秋, 一頭大群でも, 又こんな

▼ 群るる~ (9, 0.2%)

2 は, 子鴉 1 兵見れ, 寒鴉の, 海上遠く, 童子らは, 鼠暫あり

▼ 群~ (9, 0.2%)

1 によって蹂躪, に仰せ, に臨まれ, に詔, の統治, の謀議, の陰謀, は東宮, 諸大夫

▼ 群行神~ (9, 0.2%)

1 としての自覚, なればこそ, のあつ, の一人, の主神, の形, の所作, の最古, は此聖役

▼ 群より~ (8, 0.2%)

2 離れて 1 さきに, 一人づつ出で, 撰られたる, 擯出され, 遠く離れた, 離れ舞台

▼ 群~ (8, 0.2%)

1 がやつ, が押入りました, になつて荒稼ぎ, になやまされ, に遇う, の仲間, の横行, を組織

▼ 群~ (8, 0.2%)

1 が押し流れ, でしかなかっ, にすぎない, の美味, の銀鱗, はこぞって, を率, を率いる

▼ 群~ (8, 0.2%)

1 にその, の一線, の一部, の声, の鳴く, よ翼, 斯くあら, 高く雲上

▼ 群でも~ (7, 0.1%)

2 見るよう 1 あるかの, あろう, ないん, なかつた, 出るよう

▼ 群によって~ (7, 0.1%)

1 この特殊内容, では, 一日に, 命名せられた, 白骨に, 知ること, 遮られた

▼ 群~ (7, 0.1%)

1 の攅, の起伏, の頂, は上毛三山, をなし, をぬい, を額越し

▼ 群書類従~ (7, 0.1%)

1 で見た, の中, の第, の配附, は正, もない, 第十教育部所載北条幻庵覚書

▼ 群~ (7, 0.1%)

2 の紛々囂々たる 1 はまた, を決して, を静め, 出態シケルニ依, 蜂起し

▼ 群立ち~ (7, 0.1%)

1 てここ, にけむ, の, も美しい, 來らんを, 写真で, 刀の

▼ 群立つ~ (7, 0.1%)

2 てゐる, 芋の 1 て数羽, よと憧憬, 岩の

▼ 群~ (7, 0.1%)

1 に飾られた, のした, の間, の隙, をくぐっ, を上, 張る蘇鉄

▼ 群~ (7, 0.1%)

1 にくるまれ, のくずれる, のよう, の舞, の風, も来, を掻乱

▼ 群あり~ (6, 0.1%)

1 そのうちボローニア, てその, てまた, て我一人, て我前, 汝肯はば

▼ 群~ (6, 0.1%)

2 丑松の 1 二人の, 入込んだ, 夫婦の, 糸を

▼ 群である~ (6, 0.1%)

1 ことが, ことも, ことを, といふこと, と云, のと

▼ 群として~ (6, 0.1%)

2 これを 1 この二者, 呼びかけられ一括, 扱う事, 描いた

▼ 群~ (6, 0.1%)

3 のだ 2 眼球が 1 のであった

▼ 群島中~ (6, 0.1%)

1 のある, のいちばんはずれ, の一火山島, の主島ラパルマ港, の北東島, の小さな

▼ 群~ (6, 0.1%)

1 が机辺, に揉みこまれ, は, ひくなか, をみせ, を作っ

▼ 群立っ~ (6, 0.1%)

2 ている 1 て何, て来た, て白い, て藁屋

▼ 群~ (6, 0.1%)

1 が十丈, が巨坂, が帝都, の帰還助力, の飛んだ, 退

▼ 群~ (6, 0.1%)

1 がみな躁狂, が土, が雑居, に話した, の一鶴, の白き

▼ 群からは~ (5, 0.1%)

1 なれたと, なれて, チクチクという, 北, 猛烈な

▼ 群その~ (5, 0.1%)

1 うちから, 一人が, 一団一団の, 柔和な, 玄關先に

▼ 群という~ (5, 0.1%)

2 ものが 1 ものを, 型に, 方が

▼ 群に対して~ (5, 0.1%)

1 一つずつの, 何らか, 憤怒を, 持って, 言うべき何物

▼ 群~ (5, 0.1%)

1 した時, して, せざるはなし, の者, の軍士鎌倉

▼ 群~ (5, 0.1%)

1 の上, の中, の迫り, や大山, を睥睨

▼ 群~ (5, 0.1%)

2 して, し多量 1 する

▼ 群~ (5, 0.1%)

2 の木末 1 つくづくと, のこゑ, の団

▼ 群~ (5, 0.1%)

1 がたむろ, のどよめき, の呼吸使, の幾集団, を見おろし

▼ 群~ (5, 0.1%)

1 の尸, を眠らす, を鏖, 怪しんで, 盗みし来って

▼ 群かの~ (4, 0.1%)

1 ごとく遠く, 人達も, 坑夫達が, 類別に

▼ 群それ~ (4, 0.1%)

1 が丁度, と引き違い, はみんな野菜, を乗り

▼ 群としての~ (4, 0.1%)

1 人間精神の, 国民の, 大勢の, 大衆は

▼ 群と共に~ (4, 0.1%)

1 ぼんやりし, まことにたとえ, 喜びぬ, 青春の

▼ 群り飛ん~ (4, 0.1%)

2 で居る 1 でいる, で木

▼ 群~ (4, 0.1%)

1 が加勢, はいりません, ひ起き鎖, を吸

▼ 群即ち~ (4, 0.1%)

1 一種の, 主群を, 先に, 統計的集団を

▼ 群~ (4, 0.1%)

2 たちこめたる中央 1 と共に岸, の目

▼ 群~ (4, 0.1%)

1 に守られ, のうち, の中, もみな手

▼ 群~ (4, 0.1%)

2 に殉ずる, を駕

▼ 群~ (4, 0.1%)

1 と熊, に襲われ, の, の中

▼ 群~ (4, 0.1%)

1 に臨む, のこの, の中, をぬい

▼ 群~ (4, 0.1%)

2 をめあて 1 を帥, を無限階段

▼ 群~ (4, 0.1%)

2 には七処女 1 して, をその

▼ 群~ (4, 0.1%)

1 が隣組, として役目, につめよつた, をし

▼ 群青い~ (4, 0.1%)

2 ろを 1 ろに, ろの

▼ 群青色~ (4, 0.1%)

1 であ, と薔薇色, なの, の指輪

▼ 群~ (4, 0.1%)

1 が啼き, が黒く, に似たる, の啼音

▼ 群かが~ (3, 0.1%)

1 そぞろ歩きを, 先を, 庭掃除を

▼ 群それから~ (3, 0.1%)

1 あの大きな, 西洋ものの, 遠近に

▼ 群~ (3, 0.1%)

2 うちかすみたれ 1 愚かなる

▼ 群つた先~ (3, 0.1%)

3 は白い

▼ 群であり~ (3, 0.1%)

2 またそれ 1 是を

▼ 群であろう~ (3, 0.1%)

1 か, がまた, 遠巻

▼ 群なし~ (3, 0.1%)

3

▼ 群などは~ (3, 0.1%)

1 その代表的, 一切見あたらなかつた, 地図を

▼ 群などを~ (3, 0.1%)

1 主として宗徒, 呼んで, 胸に

▼ 群へと~ (3, 0.1%)

1 さまよい歩いて, 投じて, 熱心に

▼ 群また~ (3, 0.1%)

1 一群と, 新に, 雪白の

▼ 群みたい~ (3, 0.1%)

1 であった, である, に飛び回っ

▼ 群りたる~ (3, 0.1%)

2 多数の 1 間にも

▼ 群をも~ (3, 0.1%)

1 なさず列, 眺め廻し乍ら, 驚かすこと

▼ 群を以て~ (3, 0.1%)

1 一方は, 分れて, 尽すこと

▼ 群一齊~ (3, 0.1%)

1 に勇み, に逃げ出す, に進む

▼ 群~ (3, 0.1%)

1 する癖, と作用, を意味

▼ 群~ (3, 0.1%)

2 嘲弄の 1 を驚かす

▼ 群山の上~ (3, 0.1%)

1 にそば, に屹立, に聳え立つ

▼ 群~ (3, 0.1%)

1 に雲騷ぐ, は備, は半

▼ 群~ (3, 0.1%)

1 の中, の巣窟, も何

▼ 群比丘~ (3, 0.1%)

1 が昔鶏, とて仏弟子, に對

▼ 群~ (3, 0.1%)

1 の声, は二羽, を眺め

▼ 群~ (3, 0.1%)

1 が田畠, をし, 食うと

▼ 群~ (3, 0.1%)

1 その蜜, の中, は八方

▼ 群~ (3, 0.1%)

2 は田 1 入り乱れたる

▼ 群~ (3, 0.1%)

3 の会

▼ 群~ (3, 0.1%)

2 ひとしく悲引 1 をすく

▼ 群~ (3, 0.1%)

1 ひ, ふごと, ふに

▼ 群~ (3, 0.1%)

2 を化せ 1 に纒め

▼ 群鶴館~ (3, 0.1%)

1 という名前, なら先生, に鶴

▼ 群あるいは~ (2, 0.0%)

1 羊群の, 複合とでも

▼ 群いかなる~ (2, 0.0%)

1 大艦群いかなる, 武装軍も

▼ 群かに~ (2, 0.0%)

2 別れて

▼ 群からも~ (2, 0.0%)

1 独立であった, 離れて

▼ 群この~ (2, 0.0%)

2 夜とどと

▼ 群さえ~ (2, 0.0%)

1 まるで死んだ, みえない

▼ 群しづけき~ (2, 0.0%)

2 ここの

▼ 群しづけくあり~ (2, 0.0%)

2 にけり日

▼ 群すなわち~ (2, 0.0%)

1 捕鯨者の, 花叢は

▼ 群そのもの~ (2, 0.0%)

1 にとっては不, の外

▼ 群だけ~ (2, 0.0%)

1 である, でなく散所街

▼ 群だの~ (2, 0.0%)

1 そしておれたち八坂組, 先住民族の

▼ 群つた~ (2, 0.0%)

1 やうな, 奉教人衆

▼ 群つた人々~ (2, 0.0%)

1 が一度, や車

▼ 群~ (2, 0.0%)

1 来た老若, 歩いて

▼ 群でなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならない

▼ 群とが~ (2, 0.0%)

1 何かの, 無數

▼ 群とともに~ (2, 0.0%)

1 おられぬ者, 入り緑

▼ 群との~ (2, 0.0%)

1 狭い間, 組み合わせを以て

▼ 群とを~ (2, 0.0%)

1 恐れて, 見比べて

▼ 群なす~ (2, 0.0%)

1 岩燕は, 旅人の

▼ 群など~ (2, 0.0%)

1 あわただしく通る, 時代が

▼ 群などに~ (2, 0.0%)

1 じっと眺め入っ, 投じたが

▼ 群などにも~ (2, 0.0%)

1 あるかも, 逢った

▼ 群なら~ (2, 0.0%)

1 む空低く, んか

▼ 群において~ (2, 0.0%)

1 さしたる外部, 各自別々の

▼ 群にて~ (2, 0.0%)

1 最大なりと, 馴染ある

▼ 群に対する~ (2, 0.0%)

1 同情よりも, 態度は

▼ 群ばかり~ (2, 0.0%)

1 で無く, 稍仄白く

▼ 群まで~ (2, 0.0%)

1 笑つたと, 見分けが

▼ 群までが~ (2, 0.0%)

1 澄んで, 見えるよう

▼ 群やら~ (2, 0.0%)

2 はれて

▼ 群~ (2, 0.0%)

1 懼るる, 靄ふかく

▼ 群らしく~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, 相引い

▼ 群りく~ (2, 0.0%)

1 るありさま, る酔女群スルリスルリ

▼ 群り出~ (2, 0.0%)

1 て来る, て観客席中

▼ 群り咲いた~ (2, 0.0%)

2 白い花

▼ 群り立ち~ (2, 0.0%)

1 て何事, 電灯の

▼ 群り立っ~ (2, 0.0%)

1 て舞台, て飛ん

▼ 群り集っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 群り集る~ (2, 0.0%)

1 幾層かの, 蚊の

▼ 群~ (2, 0.0%)

1 天日が, 川底の

▼ 群を通じて~ (2, 0.0%)

1 最も弘, 行なわれたが

▼ 群~ (2, 0.0%)

1 出ヅ, 成シテ扁舟ニ棹サシ舶ヲ

▼ 群~ (2, 0.0%)

1 する地, する憐れ

▼ 群~ (2, 0.0%)

1 の表面, を作った

▼ 群~ (2, 0.0%)

1 から聳え立ち, があっ

▼ 群~ (2, 0.0%)

1 とも言いたい, のごとく

▼ 群~ (2, 0.0%)

2 を制する

▼ 群~ (2, 0.0%)

1 する, する例

▼ 群~ (2, 0.0%)

1 なく牧舎, を挙げ

▼ 群多く~ (2, 0.0%)

1 てうるさけれ, の兎

▼ 群~ (2, 0.0%)

2 けかり

▼ 群居る~ (2, 0.0%)

1 國は, 蛙みな水に

▼ 群~ (2, 0.0%)

1 ふべく猛然, ふを

▼ 群書治要~ (2, 0.0%)

1 で澤山, といふ本

▼ 群書片時~ (2, 0.0%)

2 に灰

▼ 群書類從~ (2, 0.0%)

1 に出, の中

▼ 群~ (2, 0.0%)

1 たりぬ, て来ない

▼ 群来り~ (2, 0.0%)

1 攻むれ, 攻むれど

▼ 群死兵火起~ (2, 0.0%)

1 あるいは人民流, あるひ

▼ 群~ (2, 0.0%)

1 にひたと, に甚だしく

▼ 群~ (2, 0.0%)

1 と堅固, のうち

▼ 群~ (2, 0.0%)

1 おほ, で顔

▼ 群~ (2, 0.0%)

1 して, する

▼ 群烏塒~ (2, 0.0%)

2 に帰る

▼ 群~ (2, 0.0%)

1 の汚物, を

▼ 群立った~ (2, 0.0%)

1 古い石塔, 頭の

▼ 群~ (2, 0.0%)

1 に一夜, はまったく

▼ 群~ (2, 0.0%)

1 の羽音, を形づくる

▼ 群見る如く~ (2, 0.0%)

1 猛然として, 髮長き

▼ 群起し~ (2, 0.0%)

1 てこれ, て我

▼ 群起シテ其保護~ (2, 0.0%)

1 ヲ請願スルヤ, ヲ請願スルヤ有司ハ警吏ヲ派シテ

▼ 群~ (2, 0.0%)

1 の事, を見た

▼ 群長さん~ (2, 0.0%)

1 でも, の健気

▼ 群雌牡~ (2, 0.0%)

1 なく山谷, なく男子

▼ 群~ (2, 0.0%)

1 がつづいた, 交しつ

▼ 群~ (2, 0.0%)

1 に居る, を買う

▼ 群魚游泳~ (2, 0.0%)

2 の状

▼1* [398件]

あちこちに安けれ, 群あつまる何万とも, 群ありき類いと, 群あれば盛装, 群いづれ冬期の, 群うち縫へるこの, 群ほいなる, 群おくアカイアの, 群おまけに, 群およそ七八十名ばかりの, 群かたまって見, 群かと涙ながす, 群かとも見えたの, 群かなたにゆき, 群から程離れた塀, 群がもや, 群がりて卓, 群ぐさによき虫のこゑのほそく, 群ぐさによき蟲のこゑのほそく, 群こそその臣下達, 群こっちに一群, 群これならまだしも, 群さわぎ行くなれど, 群しかできないはず, 群ししの群, 群すべてそれらのもの, 群すら容易に, 群そしてそれらを, 群それからまた緑の, 群たゆたひ避けむとき, 群だけが我がもの顔, 群だったのかと, 群だったら素破, 群だっているの, 群ってるのは, 群つたのを眺め, 群つた葉鶏頭は私, 群つて何の役に立つ, 群つて來る, 群つて行つた, 群つて飛騨の山脈, 群つどいが実は, 群つまり流行の, 群であってこういう, 群であったという, 群であったら恐らくこういう, 群ででもあったろうか, 群でばかり押廻わして, 群とか環とか, 群としては松の, 群とで有名である, 群とでも名づくべき, 群とに帯山の, 群とのみだ, 群とぶつつかる, 群ともなく流離宣教, 群とも選を異に, 群ながめてああ, 群なごむ畑な, 群なせる水の, 群なぞを眺めて, 群などが集って, 群などもあるそう, 群なりと誤る勿, 群なるものの, 群においてはこの月, 群にすら遥に, 群にぞ君は, 群にたいしてわれわれは, 群についてそれぞれできる, 群につきおとされるか, 群にとっては最も神聖, 群にとり巻かれた, 群にまで及んで, 群によつて取上げ, 群による分類法は, 群に対してだけ特別な, 群ぬち漸に, 群のち窈窕の, 群のぶよが, 群のみに許された機会, 群のみにて五や, 群はた足速き, 群ひとしく蓑に, 群ひらひらと舞, 群ふた手に, 群へでも身を, 群ほどに独自の, 群まって来た, 群までも細長く續, 群までもがテンキリ一匹も, 群にわれ, 群みんなうれしいもの, 群めがけてどどどー, 群もの小舟が, 群もろともに地, 群よりは離れて, 群よりも多数者である, 群らしい声が, 群ら影を躍らせ, 群ら立ち見えぬまで, 群ら雀と一しょ, 群りすすんで, 群りたたせ手も, 群りついた, 群りでて街, 群りまとい這いまつわる附木の, 群りよった実の, 群りよる外人たちの, 群りよるらしくぱッと, 群り出たのを, 群り出でて手足, 群り圧して来, 群り寄り大声を, 群り寄る警官を, 群り居た土間の, 群り来たりいよいよ, 群り歩いて行く, 群り湧いて永い, 群り立った鈴の, 群り続いて裏山, 群り落て瞬間に, 群り襲う沁みに聞え, 群り起り嫉妬の, 群り起るを覺, 群り集ったような, 群り飛びまう蝿の, 群り飛ぶ中で, 群り飲むに至, 群り鳴く蚊の, 群るれば五尺, 群わけて, 群てその, 群ゐる人の, 群をなせるあり, 群をば棚の, 群スルリスルリと着衣, 群ハツラツとした, 群ヤクに荷物, 群レヅツ札ヲツケテ, 群レユク不明ノ季候鳥, 群一つになる, 群一族の民, 群丁度川舟の, 群へお, 群上手よりどやどや, 群に対する唯, 群丙群から丁群, 群中新たに産せし, 群をいう, 群乃至群論に, 群久保田菊池山本久米といふやう, 群を獲る, 群五六人何者ぞとすれちがうおり, 群の墨, 群かへるらし, 群以外に時, 群鏃, 群何と見てか, 群の二字, 群を抜い, 群がほこる, 群を抜い, 群にはこれ, 群住み兎, 群の戯, 群八十台にあまる, 群公子更不予, 群共通の, 群兵衛などになる, 群の表情, 群ヲ剿滅セントス, 群出した無責任な, 群出し信仰祭祀の事, 群出するという事, 群をすかし, 群刃簇槍を踏みつぶし, 群分けてくれ, 群別居の富士山, 群到来を合図, 群勇猛のメノチオス, 群てき, 群には赤旗, 群参すと云々, 群参すること幾千万なる, 群參如雲霞皆以可歸國, 群古墳群がある, 群右衛門と改称, 群呼跳浪して, 群咲いて居る, 群咲きのまわり, 群して, 群団火焔樹という, 群団的に観るべき, 群団的批評家である, 群団詩人がそれ, 群在側使人頻拭老眸, 群の中央, 群奮然として飛び出し, 群奮然と襲へる, 群の瞳, 群を圧し, 群を文長, 群と称する, 群守るべく來り, 群実際に波, 群寄せぬ間に, 群將軍を圍, 群山これを囲繞, 群山すべて低く白い曳迷, 群山上に散れる, 群山不二三頭雲取大, 群山中の一異彩, 群山北には扇ノ山, 群山南に乗鞍, 群山四囲のうち, 群山桑畑の鶏, 群山羊亦同じ, 群山西に鳥取県, 群山連峰の上, 群峯脚下に起伏糾紛, 群や妙高山, 群島中アムボイナやマカッサー, 群島中鞍掛島太島宇和島加島などまた, 群嶼屏立しすこぶる, 群巒列島の間, 群巒脚下に簇立, 群巒連峰のこれ, 群の方, 群を聯, 群の間, 群庶軒書店から購求, 群があった, 群はやしな, 群彼等生くれど, 群しながら, 群をし, 群をいかにも, 群に依る, 群我等をはなれし, 群戦術は面, 群指標の理論, 群掴み掛るように, 群く飛, 群するの, 群既に散じて, 群星地を流れ, 群星底に, 群星建築の一つ, 群書四部録と云つて二百卷, 群書画一元亀丁部巻之二十一の古, 群書類従所収聖徳太子伝補闕記の記事, 群書類從本でも一通り役, 群東端の, 群最も大陸に, 群月輪の勢, 群にかこまれた, 群木立は去年, 群が木間, 群ノ来, 群杜徳黄疆等が玄菟郡, 群来した事を, 群来た鰊の, 群来って中, 群来るところだ, 群は颯々, 群松帯を引きたて, 群して, 群の木, 群を棄て, 群殊に六時の, 群比丘獅虎豹豺羆の脂, 群の中, 群汝ら我に加, 群流賊との戦争, 群消えになる, 群消えぬ花火息づく, 群湧いた入道雲の, 群となった, 群無数続き游ぎ船, 群片寄る高岸に, 群牛銀色の, 群牧人ともに之, 群牧場に混ずる, 群犬彼の肉喰, 群狗党の類, 群狗吠ゆてふ, 群猴月影水に映る, 群隨ひ, 群獵人の群, 群の陸梁跳躍, 群忽ち競, 群ゐるトロイア, 群生ずるのりうつぎ, 群生活の時代, 群町家の軒下, 群町村に割當, 群畜らかの速き, 群畜生活を抜け出す, 群白くひかれど, 群盜横行の記事, 群相會ふとき彼, 群眺めてアカイア, 群着し垂れ下が, 群矣古之賢聖豪傑, 群確割拠の戦国時代, 群神今は爭はず, 群神來り人界, 群神憂い迷いて, 群神戰鬪の暴び, 群神評議行へる, 群の末孫たち, 群禽鶺鴒の薄, 群に濡れ, 群高く歌う, 群立つた中に, 群立割拠して, 群立雲の遠方, 群童對へに苦しむ, 群の揺れ, 群あらゆる種類, 群米内村愛宕山法輪院址の山腹, 群紅紫隊ヲ成ス者ハ歌舞教師, 群納涼の水, 群索居独り静思を楽しまん, 群羊救ふに, 群羊水に進む, 群耀よりも秋, 群膃肭獣の成牡, 群自動車の攻撃的, 群して, 群の森, 群の評, 群舷側に現, 群茂った林の, 群萌穢悪の含識, 群葦増の門, 群蔵仲介幸次郎佐次兵衛と三たび, 群ばしい, 群の月, 群虎出で巴人, 群がその, 群蜂叫又訝, 群蜂来たり集まる, 群行動が海, 群行者を随, 群である, 群襲い来り予が, 群襲来のうれ, 群に見え, 群見る如し角逞しき, 群の中, 群談一二に嵯峨, 群賊皆傷つき死, 群を集め, 群走り廻る船員, 群するの, 群起地震の日々, 群等である, 群通称は徳弥, 群通称信助後又太郎, 群かに追, 群酒店から聞こえる, 群重ね雲寂び金, 群野鳥の群, 群鉄砲の筒, 群長遠山春樹の指揮, 群長閣下わたしはこれ, 群関係であるが, 群が伏見, 群集中に槍, 群懸浦上望, 群雪峰は互いに, 群震慄す, 群青春の血, 群静かに湖畔, 群たてて, 群で欲, 群飮むに各, 群の家, 群ける, 群騒ぎ行くなれど, 群いでゐる, 群交相振, 群鳴き交す声, 群鴉何の行く, 群鴉落葉の如く飛ぶ, 群鴨児飛んで, 群を白く, 群鶏一鶴ともいえる, 群鶏林中に住み, 群鶴裡の読経, 群の白き, 群鷄圖と同じ, 群鹿の中, 群黄母衣隊などの中, 群をし, 群と五種