青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「移し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~秘密 秘密~ ~秩序 秩序~ 称~ ~称し 称し~ ~称する 称する~ ~移し
移し~
~移っ 移っ~ ~稀 稀~ ~程 程~ ~程度 程度~ ~種 種~

「移し~」 1244, 13ppm, 8242位

▼ 移し~ (821, 66.0%)

22 いた 11 いる 9 以て 8 いるの, 来た 6 しまった 5 いたが, 烟渚に, 行く, 行つた 4 ある, 持って, 置いて, 行った 3 いった, いると, いる間, ゆく, 了った, 今度は, 前の, 来たもの, 見ること, 頻に

2 [44件] ありました, いたの, いたもの, いました, いるうち, いるので, きた, くれた, しまいました, しまったので, しまって, しまつ, じろじろと, そこへ, そのまま李花, みると, ゆくと, ゐた, ゐる, テンピの, 下さい, 了つて炭を, 來た, 呉れた, 左の, 巧みに, 市の, 彼に, 御前さま方の, 息深く, 来たよう, 来る, 楽しんで, 歩いた, 水に, 甘い香, 行くと, 行くの, 表さうと, 西山の, 貰った, 運んで, 銅壺に, 障子一重で

1 [603件 抜粋] あきないを, あったの, あったり, あって, あとで, あの澱み, あの脚本, あらゆる有効, ある主人, ある事, ある方法, いうならば, いきましたが, いくこと, いくと, いくの, いくばかり, いそがわ, いたお, いたから, いたため, いただきたい, いたと, いたとき, いた小百姓, いた小舟, いた時代, いったが, いったという, いったの, いった目的, いつか小娘の, いても, いながら, いましたが, いるあいだ, いるかの, いるだけ, いるふう, いるま, いるもの, いるらしいと, いる時, いる沈黙, いわゆる, おいて, おきました, おくならなん, おくれ僞善, おけ, おしまいに, おられます, おりました本部, おると, おるならば, おる様子, お落ち着き, お蔵わせ, お通夜の, かげと, かたの, かれに, きたの, きて, きながら, くれ, くれました, くれるはだし, くれる筈, くれる諸侯, こい, ここで, こちらの, ことさらに, この前, この勢力, この蒼い, これを, こんどは, さかんな, さっきから, しきりに馬翁, しばらくじっとながめた, しばらくその, しばらくぼんやり, しまいたいの, しまいましたが, しまうと, しまうん, しまおう, しまったから, しまったそう, しまったの, しまった晩, しまった訳, しまっては, しまつたに, しまへと, しまへば, じっと上眼, そこで公爵夫人, そこで女房, そこで荼毘, そこに, そこらを, そのまま祀ろう, そのまま立去った, そのまま舞台, その子供, その害, その左, その後又, その日, その楽屋, その樽, その跡, その閑却, その頭, そみる, それから変, それに, それへ, それらの, それを, ただちに出港, だんだん自分, つと手術台, つまり何人かの, どこか, なおその, なお存在, なぐりつける瞬間, なにか探索, にぎやかな, のちの, ふかく自省, ふたたび主上, ふたたび殿中, ほしいです, ほほ笑んだ, ぼりぼり喰, まいる筈, またちびちび, また手, また進化, みたいもの, みて, みましたが, みませう, みよう, みようと, みるの, もう少しで, もって, もらいたいが, もらうなどとは, やはりこの, やりました, やります, やるって, やるという, やる覚悟, やろうという, ゆくあ, ゆくだろう, ゆくといふ, ゆくよう, ゆく作者, ゆく美しい, ゆけば, ゆこうと, よく四邊, より以來, わが兵家, わが感慨, わらじを, ゐたから, ゐたの, ゐながら, ゐるいつも, ゐるの, ゐる書齋, アトフキを, コップの, コップ三つと, サレルノの, サワアザミの, スープ三合を, タヌキ屋の, チエホフの, ツンと, フォルチュネウールフレークが, マアザミの, メリケン粉を, 一つ腰衣の, 一ヶ所に, 一人で, 一言云う, 丁度そこ, 七八間離れた, 三十分間弱い, 三合の, 上陸ここで, 下さりませ, 下の, 中川家の, 中野君の, 亀戸天神に, 了つたといふ, 了ふこ, 予暇を, 二三間離れ, 二階の, 云ったが, 人工で, 今まで, 今や七輪, 仕事に, 他の, 他人を, 代々木青山の, 住まわれるよう, 住み訪ねて, 何へでも, 余自身の, 使う習慣, 俺の, 元の, 先の, 其の勢, 其儘祀らう, 其日から, 典医に, 内務に, 再現した, 冬ごとに, 別宴に, 前後の, 前點, 力なささう, 動かすべからざる, 勤労者の, 午刻半, 厚さ一寸位, 原野を, 又考え込ん, 司馬遷は, 各自の, 同志や, 吹けば, 呉れるの, 咲子と, 啼く, 固く守っ, 地主神, 埋めたであろう, 基調と, 塔橋を, 塗盆で, 壁ぎわによりぴったり, 変な, 外の, 大か, 大きな効果, 大事に, 大空の, 大騷動, 大黒屋という, 天井を, 天秤棒で, 奧の, 奪いきたれ, 女の, 女子は, 女王國の, 始めて, 守らせて, 安らかに, 安全に, 安土の, 定義的に, 実感を, 宮廷には, 家に, 家を, 家庭で, 寛ぐが, 寝かせその, 寝台の, 尊者と, 少し肩, 少し退がった, 居りました, 居りますけれども, 居るの, 居る最中, 山と, 山の, 岸本は, 差上げた, 巴里の, 帰った, 帰り道には, 平中の, 座敷のうへにも, 庭に, 形式的な, 役所に, 彼らに, 後を, 御評定所, 心やりに, 志野黄瀬戸織部といった, 念仏し, 愕然と, 愚弄嘲笑の, 感じたもの, 慳貪に, 我が書斎, 我の, 所謂, 抱擁は, 拜殿に, 据えた, 控訴で, 提灯に, 摺附木を, 改めて玄徳, 斗籌を, 新八, 新羅郡, 日本民族に, 旧年の, 早速葬式, 晩餐を, 晴々しく, 智恵子は, 智惠子は, 暫らくもじもじ, 曙覧の, 更に梧桐, 書き継ぎ逐, 書籍薬質屋などを, 来たが, 来たであろう, 来たの, 来たやう, 来たらしいの, 来た小林, 来た自分, 来て, 来ての, 東南半璧の, 果たしてかれ, 棚へ, 植物の, 椽側へ, 構えに, 次の間を, 欧洲美術史の, 正しい生活作法, 此世の, 此前御, 此方の, 武蔵は, 武蔵も, 死んだもの, 母は, 毛利氏と, 水の, 水を, 水一升に, 永久機関を, 永住統治せしめる, 汚れた壁, 江を, 池から, 油性の, 洒然と, 流したの, 浅草の, 浜辺に, 海上さらに, 消費者責任論より, 渡します, 湖を, 漸く毛布, 炉の, 烏啼天狗の, 煙草で, 爾後姫路の, 片手に, 猪口を, 猿の, 猿も, 現に見渡す, 甲州相模武蔵の, 甲府の, 甲斐の, 百折屈せざる, 百蔵の, 皆様に, 看客の, 眺めたが, 石段の, 祀って, 禍いとし, 私かに, 私どもの, 秘密の, 称うる, 種玉庵と, 突き当りの, 窓際に, 立った, 竜之, 筵を, 簀の子で, 精神的の, 組めば, 縁側へ, 縣邑を, 織るの, 置かうでは, 群臣に, 考えて, 考えられねば, 考える時, 考へられ其, 考へる事, 考へる癖, 耕作を, 聖達に, 腕組みし, 膝を, 膳へ, 自分が, 自分の, 舟一艘通らない, 舷梯の, 花の, 苦しそう, 茶を, 草に, 荷を, 薬鑵を, 蝋燭へ, 行うた爲, 行かねば, 行くうち, 行ったから, 行ったが, 行つたおきよ, 行つたなら, 表現し, 裸に, 西に, 見た, 見たいと, 見たりね, 見て, 見るが, 言った, 言は, 話に, 話を, 話題は, 説いたもの, 警戒を, 貰おう, 貰ったの, 貰つた, 貰ひたいと, 貼り付けると, 越中を, 足軽三十名を, 身ひとつに, 軽く時儀, 返そうと, 連句的な, 還らざるを, 那古屋の, 釣るほどの, 銀簪の, 門外には, 開墾しなさい, 開山伝教大師が, 関羽の, 離屋の, 雨を, 雰囲気でも, 静に, 頬杖を, 顏が, 顔を, 飲みはじめる, 飲む, 飲むからによります, 髪に, 鴨居を

▼ 移しながら~ (22, 1.8%)

2 この驚くべき, 云った, 看た

1 [16件] ふとそこ, ポンとして, 七階六階五階と, 不相変達雄, 今まで, 喚いた, 孔子の, 崩れるやう, 床に, 彼は, 思わず口もと, 朗読が, 莞爾いた, 言上した, 話題を, 非業の

▼ 移し~ (17, 1.4%)

2 なった, なって

1 [13件] して, なったの, なった樅ノ木, なってから, なつた, なりながら, なりました, なる帝, なろうが, ふくませたり, 押しつけられて, 渡した, 縁を

▼ 移したり~ (13, 1.0%)

2 した

1 [11件] きと, したこと, して, しに, ピアノの, ミサ子の, 植木屋の, 歩きまわって, 死の, 移されたり, 造ったり

▼ 移しても~ (13, 1.0%)

1 [13件] いられないので, ことあやまり, そのま, それが, なほ離難なに寄添ひゐ, よいだけの, よも臣, 他の, 全くそのままに, 其の小枝繁葉, 生死妄念を, 絵も, 赤児の

▼ 移し~ (11, 0.9%)

2 ふとこそ 1 あつた, 事について, 儀式に, 名儀, 品でない, 工事を, 形代, 御用を, 道具と

▼ 移してから~ (10, 0.8%)

2 僕の 1 やっと出た, やれば, 七郎左衛門は, 三四日経つ, 何分にも, 例の, 未だ五六年, 素早く人形

▼ 移しては~ (9, 0.7%)

1 いなかった, いられまい, ならぬ独房, ならぬ獨房, また刀, 上の, 大事は, 寝臥, 燃えさしを

▼ 移しつつ~ (7, 0.6%)

1 ある, ある期間全体, ここの, しきりに舌鼓, 下り松の, 火鉢の, 高柳君が

▼ 移し~ (6, 0.5%)

2 てございます 1 てお, ておきました, て三条, て二日後

▼ 移しその~ (6, 0.5%)

1 全貌を, 拓本を, 時に, 翌日は, 鎌倉下向の, 鞍を

▼ 移しそれ~ (5, 0.4%)

1 から逆, が自分, を兩手, を漢中, を飲ん

▼ 移し植えた~ (5, 0.4%)

1 あやめは, 柿苗も, 萩が, 萩の, 萩を

▼ 移し~ (4, 0.3%)

2 始まります 1 すんで, 濟むと突然

▼ 移し規模~ (4, 0.3%)

4 を小

▼ 移しこの~ (3, 0.2%)

1 いと正しき, やうな, 次ぎは

▼ 移しこれ~ (3, 0.2%)

1 に真水一合, を東北以外, を駆使

▼ 移しそれから~ (3, 0.2%)

1 机の, 自転車を, 茶碗に

▼ 移してあつ~ (3, 0.2%)

1 た, た黒門, て寢臺

▼ 移しまた~ (3, 0.2%)

1 その口, 席へ, 芋粥を

▼ 移し~ (3, 0.2%)

2 九輪の 1 する時

▼ 移し更に~ (3, 0.2%)

2 又第 1 研究所をも

▼ 移し申す~ (3, 0.2%)

1 か, がよい, によってここ

▼ 移し~ (3, 0.2%)

1 はれたの, はれて, ふに

▼ 移しある~ (2, 0.2%)

1 おつもりで, ように

▼ 移し~ (2, 0.2%)

1 へすれ, へせんなら

▼ 移ししよう~ (2, 0.2%)

1 と思う, と言った

▼ 移しそこ~ (2, 0.2%)

1 に第, の寺院

▼ 移しそこで~ (2, 0.2%)

1 扇を, 日夜を

▼ 移しそして~ (2, 0.2%)

1 それを, 二十六日頃には

▼ 移しその後~ (2, 0.2%)

1 に孵化, はこの

▼ 移しその間~ (2, 0.2%)

1 に伊勢美濃その他, 僅か十坪

▼ 移してからは~ (2, 0.2%)

1 桜の, 米兵との

▼ 移し一切~ (2, 0.2%)

2 を切廻さす

▼ 移し~ (2, 0.2%)

2 から丙

▼ 移し~ (2, 0.2%)

1 の日本, は名古屋

▼ 移し再び~ (2, 0.2%)

1 丁寧に, 鍬を

▼ 移し去る~ (2, 0.2%)

1 つもりで仕始めた, 運搬夫が

▼ 移し~ (2, 0.2%)

1 は馳, 又これ

▼ 移し~ (2, 0.2%)

1 うと, うべく余りに

▼ 移し植ゑたの~ (2, 0.2%)

2 である

▼ 移し植ゑて~ (2, 0.2%)

1 思ひ乱れぬ女郎花浮き世, 楽しむ

▼ 移し植ゑ七株八株~ (2, 0.2%)

2 また更に

▼ 移し申し~ (2, 0.2%)

1 てまいります, て充分

▼ 移し申しあげ~ (2, 0.2%)

1 てあと, 専任の

▼ 移し~ (2, 0.2%)

1 一段に, 二に

▼ 移し納め~ (2, 0.2%)

2 て置かれました

▼ 移し自分~ (2, 0.2%)

1 だけは大学, の小

▼1* [216件]

移しあたりを見廻わす, 移しあって秀吉, 移しあったとうけたまわる, 移しいわゆる園芸の, 移しかくは帰着, 移しがたし君に, 移しがたしとおもひぬ, 移しきつてとき, 移しきまりの様, 移しここにその, 移しさきに安倍氏, 移しされていない, 移ししか寺僧に, 移しした者は, 移しすることも, 移しそうなもの, 移したしか乙種で, 移しただちに宿直の, 移したりもする, 移したる以上下級人民の, 移してからというものは, 移してからの彼女の, 移してからも種々に, 移してさえしまえば, 移してばかり居たが, 移してまでも訓練と, 移してをりましたの, 移しつた山の神は, 移しどんなものが, 移しながらなんぞよい句, 移しながらも一度自分, 移しなさらぬと危ない, 移しなるべく陳宮を, 移しにはなごやかな普通の, 移しはるかあなたの, 移しひたすらに渡韓, 移しますます新しい研究, 移しまず七つの, 移しせむと吾, 移しやうやくに, 移しようもございません, 移しわが邦でも, 移しガラツ八と差し, 移しシーボルト著の, 移しステッキをわきの下, 移しトランクをさげた, 移しルパンに関する一般的証拠, 移し一口吸い, 移し一應の手當, 移し三日三晩は消えぬ, 移し両手で耳, 移しえは, 移し二人の手, 移し二十四年の質問, 移し二時間あまりにし, 移し于禁自身は中軍, 移し京浪人と称する, 移し京都にある, 移し人智もこれ, 移し今日に至つて, 移し令嬢たちもまた, 移して前, 移し何地も平均, 移し何等の技巧, 移しを易, 移しを通して自分, 移し優雅極まりなき日本固有, 移し元小學校教員で, 移しに立っ, 移し入れらる, 移し八月宝寺城の工, 移し兵児帯をグッ, 移し其主題を解説, 移し内閣に対, 移し初めて妻子と, 移しの年あたり, 移し力行自ら持し仁愛人, 移し動かした石に, 移し匈奴と中, 移し十一時より執り, 移し午後四時飯田勘之助氏, 移し厚くこ, 移し厳重な見張り, 移しゆきあ, 移し及ぼすところ第, 移し召使の女たち, 移し右手の太い, 移し合つてゐる, 移し名士富豪の暗殺, 移し吾人自らその甞, 移しを平ら, 移し在所に生, 移し境遇を轉, 移しを張り揚げた, 移し外人を特に, 移しも深更, 移し夜半に兵, 移し大阪に, 移し天分の問題, 移し奉るという約, 移し姉上の上京, 移し孫権の身, 移し家中の者, 移し寸分息もつく, 移しふ岸, 移し専ら調査方面の, 移し將來王自らの奧津城, 移しも續, 移し広大な山間, 移し形式は前, 移し彼方此方夜明けまではと探っ, 移し後にまた賀名生, 移し得らるるかとも, 移し思想を一点, 移しの深, 移し慶長十五年更に現在, 移し或いは城廓には, 移し戸口に立った, 移し手早く小壜, 移し掠奪したところ, 移してある, 移し文武の諸, 移し新宿の家, 移しの手, 移し日光に曝し, 移し明治二年に造幣局, 移しの友人関係, 移し晝來た時, 移し智識をばおおいに, 移し栽ゑたことはその幾度, 移し植え血の, 移し植えし花の, 移し植えたるが一両年この方大分, 移し植ゑ置きけり, 移し植ゑし花の日々, 移し植ゑたどうか枯れない, 移し植ゑたいといふのが皆の心, 移し植ゑたことである, 移し植ゑたしの心配りや気配り, 移し植ゑたものでなく國の肇め, 移し植ゑつるなり, 移し植ゑてやつた之も町娘, 移し植ゑて樂しむ, 移し植ゑらるべき時機であると, 移し植ゑられたものと私は観じ, 移し植ゑられてその幾千萬株, 移し植ゑることなるほど言葉, 移し植ゑることが出来て, 移し植ゑ悠々として余生, 移し植ゑ秋にいた, 移し次に爪に, 移し此火焔をば再び, 移し殊に清初, 移し残りを貸家, 移し毎月第三日曜, 移し浅木宮脇柳田竹広の線, 移し浪華と京都, 移し消炭を熾し, 移し洲に, 移し満州軍は国防軍, 移しる後, 移し煙草盆に差, 移し燈盞を吹き消し, 移し餘の, 移しゐる方, 移し用いられるように, 移し申しあげましたが人目, 移し申しあげることに, 移し申したので, 移し留守を署長, 移し留守中のこと, 移して嵌め, 移し疲労し切つて, 移し直接に国家, 移し破れ行燈を引出し, 移しを奉る, 移しが養子, 移し移しして, 移しをしばらく, 移しから入る, 移し筒井順慶と称した, 移しを取っ, 移し精霊であつ, 移し紙帳の第, 移し紺飛白の綿入, 移しふこと, 移し美しい花毛氈が, 移し義元殿をまん中, 移しを突き, 移し自ら十万の精騎, 移し芭蕉を移した, 移し菊水の旗, 移しは自分, 移し薬鑵や膳椀, 移しの附いた, 移し表明するの, 移し裏手にパン, 移し諸事統一的経済的に学政, 移し赤耀館からは四里, 移し赤酒を与える, 移し近所の衆, 移し遊ばされるのでございましょう, 移し遊ばしても遅く, 移し遠くへ運ん, 移しをあけ, 移し長い縁の, 移し防備にこれ, 移し限りない讃美, 移し難き足を, 移し難く速かに御, 移しを払った, 移し順々に枝, 移しまで来た, 移し願いましょうか, 移し之助, 移し鸚鵡州の河畔