青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「美術~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~美し 美し~ ~美しい 美しい~ ~美しく 美しく~ ~美人 美人~ 美奈子~ 美濃~
美術~
~群 群~ ~群れ 群れ~ 群衆~ ~群集 群集~ ~義 義~ ~義務

「美術~」 2768, 32ppm, 3733位

▼ 美術~ (322, 11.6%)

6 上に 4 ように 3 ことを, 思想に, 研究は

2 [19件] ことに, ために, ステッキを, 中から, 中に, 力に, 勃興は, 印象から, 品の, 品評よりも, 圏外に, 方で, 本を, 棚を, 研究に, 精華を, 蒐集が, 表品源平時代の, 趣味を

1 [265件] いろいろの, お城, ことに関して, さかんな, すべてに, ためにも, なかにも, やや自然的, ような, わが邦, アカデ, グウを, フェノロサの, ヱボルーシヨンには, 一つで, 一種として, 一部分として, 上で, 上での, 上においては, 上にて, 上には, 上にも, 上より, 世界に, 世界は, 世界的発展の, 世界的評価を, 中で, 中の, 主任教授を, 事さては, 事にも, 事は, 享楽に, 人に, 仕事には, 他の, 代表の, 伝統に, 伝統には, 佐瀬酔梅などという, 余命と, 価値に, 価値の, 価値は, 価値を, 価値以外江戸末期の, 保護者みたいな, 偉大性が, 傑作は, 傑作を, 傾向と, 價値を, 優れた美し, 優劣に, 元は, 全部でありました, 内で, 写真だけは, 初歩という, 前には, 前を, 創作に, 力を, 功なり, 効果よりも, 勝利は, 原因には, 原理として, 各専門技術家, 同範, 名作を, 品位と, 嗜みも, 団体を, 国イタリアは, 国柄な, 地盤として, 基礎を, 堕落に対して, 堕落期は, 場合のみに, 境を, 境地へと, 境界なり, 壮快を, 外の, 大家であり, 大成であり, 大概を, 大著を, 天国に, 天才を, 天来の, 奧義幽玄の, 好きな, 如きは, 如き美文, 如き荘重, 如き観照本位, 如く少, 学校を, 官僚統制に, 宝庫である, 客観主義と, 対照であり, 対象として, 対蹠する, 専門家すらも, 専門家だけに, 専門家でない, 専門家では, 将来だ, 展覧会が, 展覧会では, 工藝化と, 巧緻な, 底に, 度とは, 影響が, 影響よりは, 影響を, 御參考, 心に, 心得大切なり, 快樂, 愛好家は, 愛好者であった, 愛好者の, 態度こそ, 批評に, 批評の, 批評家に, 批評家には, 批評眼といふ, 拓本を, 探求に, 改良演戯の, 改革者ウィリアム, 方が, 方に, 方にも, 方は, 方面から, 方面でも, 方面に, 書をも, 最も一般的, 最も美しい, 最靈, 最高峰が, 有せざる, 有限と, 木の, 本場である, 本場の, 本筋を, 本質は, 材に, 材料に, 東漸を, 案内記を, 梗概を, 概念は, 様式を, 様式論によっても, 様式論を, 標本たるの, 標本であり, 標準, 歴史におきましては, 殿堂そのもの, 民主主義化家庭の, 水準は, 淵源地荘厳の, 漸く転じ, 特長とを, 独創を, 王国は, 珍らしい, 生れて, 生徒の, 畠に, 病気, 痕跡を, 的から, 眼も, 瞥見, 知識, 知識を, 研究が, 研究にでも, 研究に関する, 研究を, 研究及び, 研究室の, 研究家という, 研究者また, 礼讃者に, 秋といふ, 秋の, 範囲, 範囲では, 範囲に, 範圍に, 粹とこそ, 精神について, 精神の, 精神を, 精粋を, 純美に, 素朴と, 紹介と, 紹介について, 継子ならざる, 美しさ, 美では, 美というも, 美に, 美の, 美も, 蒐集家なぞの, 行くところ, 表現に, 衰えんと, 衰へ, 製作は, 要求は, 観念は, 評論が, 評論を, 話その他な, 話とさえ, 話に, 話を, 講演会へ, 講義を, 貧弱を, 賛美者と, 賞翫者の, 趣味哲学の, 連鎖なり, 進歩し, 運動を, 道, 道と, 遺品である, 遺品をのみ, 部が, 醇化であろう, 重要なる, 鑑定家は, 鑑賞の, 鑑賞は, 鑑賞を, 鑑賞力を, 鑑賞家と, 門外漢の, 間に, 面でも, 革命を, 領域は, 風を, 風趣を

▼ 美術~ (277, 10.0%)

3 が陳列, であります, である, です, のこと, の如く観賞, の蒐集, を鑑賞

2 [14件] かと思はれる, ではない, としての価値, として工夫, として鑑賞, と云え, と見, になっ, のある, はどれ, をぬすみだす, を作ろう, を用いざる, を見る

1 [225件] から受ける, があつめられ, がある, がいっぱい, がぜんぶ, がたくさん, がちゃんと, がまるで, が七つ, が信仰, が入っ, が博物館, が商品化, が均斉, が売行かなく, が新しく, が皆, が集まる, が飾られ, だ, だから, だとか, だね, だもん, であった, であるなどと, でしょう, でで, でとりまし, でなくて, でなく礼拝, ではあり得ない, でも人間, で本当に, で真, で結構, とあつ, というもの, というわけ, という位, とか宝石, とが柔, としてのみこれ, としての陶磁器, としても容易, としてガラス, として作られる, として出現, として好ん, として尊い, として尊重, として工風, として愛翫, として観察, として門外漢, として陳列, として骨董品, との妥協, とは性質, とは違っ, ともいうべき, とやらな, とを公開, と古書, と同, と同様, と呼ん, と思いこむ, と比較, と江戸, と言つて, と記した, などいふべき, などにも興味, などはさ, などを見, なの, なのにね, にくらべる, にし, にたいして生まれつき趣味, についての事実的知識, には一指, には公定価格, には妖気, にびっくり, に作られた, に変化, に大層, に対してこの, に対する無私, に対する言葉, に就い, に指定, に移しおきたる, に至っ, に見える, に親しむ, に限らず, に類する, に飛馬ペガソス, のおきかえ, のみならず, のよう, のニッケ, の一つ, の優秀清雅, の制作年次, の前, の吟者讀者, の味わい, の大, の如く作ろう, の展覧場, の成る, の数々, の数多い, の断片, の最, の案内, の毀損, の生産, の盗難, の翫賞, の蒐集家マッカレー, の補綴修理, の製造所, の金魚, の鑑賞, の首, の高, はありません, はじゅうぶん, はそれ, はもとより, は世界中どこ, は作者, は個人, は刺繍二つ, は吟者讀者, は実に, は客觀實, は少数, は幾度, は手, は画商, は社会, は蒐め, は財産税, は金錢, ばかりが陳列, ばかりが集め, ばかりねらっ, ばかりをねらう, ばかりをねらっ, ばかりを陳列, へ移し, までおめおめ, もあの, もあり, もある, も人骨, も其実三分の一, も勿論, も包括, も商品, も対等, も肱掛椅子, やを所有, や写本, や参考品, や宝石, や文学書, や歴史, や美しい, よりももっと, らしいもの, をうしなう, をかかえ, をすっかり, をたくさん, をたった, をどうして, をぬすみあつめる, をぬすみため, をぬすんだ, をのみ尊ぶ, をはこびこんだ, をばだい, をまもる, をみ, をもっ, をムザムザ博物館, を一点, を上位, を以て個人, を作る, を先頃一部, を博物館, を取り入れる, を土産, を売る, を少し, を尽く, を平泉館, を廉, を得べく, を得べし, を御覧, を所蔵, を手, を最も, を真, を研究, を研究翫賞せん, を破壊, を競売, を臨時, を蒐集, を買い求め, を贈られる, を陳列, を集め, を集めた, を集める

▼ 美術学校~ (183, 6.6%)

10 の生徒 6 の助教授, の学生 5 を卒業 4 へ入学 3 の前, の教授, を出た

2 [15件] というの, と音楽学校, にて雛形, の, の人, の先生, の制服, の前身, の学生時代, の教官, の教師, の教授服, の校長, へ入っ, へ奉職

1 [113件] から大勢, から献上, が始, が始まる, が引き受け, って女, でこういう, でさえも女子, でも例, で使っ, で同級, で教えられる, で日本画科, で西洋美術史, というところ, とを管理, と美術館, と黒田記念館, なり, なんか出, にしばし, にはいっ, にはいりたかった, にはいろう, には先代中村屋, には塑像, にもこの, にもゐた, にも一葉, にも石, にも自然, に仏語, に保存, に入った, に入り, に公開, に就職, に持ち込ん, に教鞭, に来た, に添う, に籍, に通う, に通っ, のある, のバンド, のモデル, の一年生, の中, の二年生, の入学試験, の前庭, の卒業期, の卒業製作, の受験準備, の塑像科, の天井, の学生たち, の宿弊, の山本芳翠, の山本芳翠先生, の岡倉さん時代, の左側, の帰り, の建築科, の彫刻科, の教室, の教育, の文庫, の方, の時, の最上級生, の木彫部, の正, の正木直彦氏はじめ物好き, の洋画部, の生徒時代, の看板, の給仕, の絵画館, の誇り, の途中, の鋳金科教授岡崎雪声氏, の間, の附近, の黄櫨, は上野, は上野公園, は出来, は前, は女, は始め, へはいっ, へ入った, へ入らなけれ, へ入られた, へ援助, へ行く, へ送られた, へ通, へ通っ, もある, も卒業, も開校早々, や早大慶大, を出る, を去っ, を受ける, を専門学校, を辞める, 及び音楽学校, 然り, 雇いを

▼ 美術~ (121, 4.4%)

5 しても 3 關する 2 ある表情, して, 係る新, 就て, 心酔する, 志あり, 現はれた, 理解ある

1 [97件] あっては, あつて, あらざるも, ありそう, あり婦人, いそしむ御, いたるまで, おもむきあるいは, かぎらず文学, せよ批判精神, とつて, なる, ねっちゅうする, のみ冠されて, ふれたい, 世界中の, 中心を, 何らの, 余情ある, 値すること, 入れと, 公知の, 凝りだしたの, 勝る所以, 及んだ, 女の, 好愛, 実と, 實を, 対すれば, 対抗し得るなり, 対立宗教, 對し, 導いたもの, 少なからぬ, 就きて, 就ては, 属す, 属する画家, 干渉する, 影響を, 心傾け, 志厚く, 憧れ伊太利, 應用する, 指定された, 接し高尚, 於ける, 於ける印象派以後, 於ける唯心的領域, 於ける或は, 於ける最も, 於ける絵画, 於ても, 止めては, 比すれば, 比較するなら, 没頭する, 深い理解, 満ちて, 準ずる書画, 熱心な, 現れし裸体, 現われてる女, 理解の, 甘んじ高尚, 由て, 示された自由主義, 禁物の, 種々あり, 置きかえられて, 至ては, 至るまで, 致しましても, 蓮華が, 表はれた, 見とれた後, 見出せると, 許さない樣, 認められないインド独特, 説き及ぼすこと, 転ずるの, 転ぜしむべきであるか, 近い, 近く工藝としては, 近く様式する, 近づくに, 近づこうと, 造詣の, 遠ざかりて, 適合する, 鋭い眼, 関した書物, 関した本, 関係し, 関心が, 關係を

▼ 美術~ (100, 3.6%)

6 なもの 3 に鑑賞, の文学 2 であった, なこと, なランプ柱, に出来, の価値, の意匠

1 [76件] だった, だという, であらねば, であり井戸側, であるか, であるかによって, であるから, であろうと, でないから, でなくむしろ, でも, といい, といふ, としては実に, とを混同, と見る, な, なそうして, なそして, なの, なよ, ならぬは, なるが, なる故に, なる絵, な一列, な仏具, な仕事, な何事, な作, な作品, な価値, な効果, な又, な奴, な存在, な小, な弊, な教養, な時計, な時計細工, な書体, な目的, な秩序, な美, な舞台面, な色, な製作, な連想, な部分, な釘隠し, にいつ, にかざった, にし, にそれだけ, にと意匠, にな, にはなか, にもはるか, にも名品, によき, によく, に作る, に変った, に天然, に自然心, に詰め, に鑑賞力, の仕事, の建築, の眼, の趣向, の静観, 乃至芸術的認識, 極まる留置室, 高い鼻

▼ 美術~ (98, 3.5%)

3 見て 2 愛好する, 鑑賞する

1 [91件] さへ, その弊害, つくる, どうの, なしぬ, なす, なせるは, もって, ものに, ファシストの, 一枚も, 云々する, 介したる人間, 代表しよう, 代表する, 伝え医薬, 作出しぬ, 俗に, 保存し, 傷つけぬ様, 傷つける様, 収めた宝庫, 取りて, 吸収する, 嗜むにも, 回想させず, 売り物に, 天覧に, 失いました, 奨励し, 学ぶ者, 学んで, 完成した, 尊んだ時代, 広く紹介, 形造る, 必要と, 想起した, 愛した人, 愛するところ, 愛する一般, 愛する者, 愛する風雅, 成し難し, 所詮感じ, 手本に, 拾ひ取り, 探ぐる, 求む勇敢, 求めること, 求めるそんな, 理解しない, 生みその他, 生んで, 相互に, 眩する, 研く者, 研究しよう, 研究する, 研究せん, 破壊し, 磨く者, 称美するあり, 究めんと, 素通りし, 自然の, 興して, 見ても, 見る眼, 見音楽, 視察見学した, 解し食, 評し文學, 詠じたる最後, 誇るもの, 認識し, 語ろうと, 説かむ, 談ずる者, 論じて, 論じ仏国近世, 貴ぶ心, 迎ふる, 追求し, 通じ鉄砲, 通覧する, 通覧せざりし, 鑑賞し, 駆逐し, 高く見る, 鼓吹された

▼ 美術~ (75, 2.7%)

2 偉大であれ, 師とも, 理想に

1 [69件] ここから, すなわちこの, すべてこの, すべてを, その声, その模写, その造形性, それより, どしどし西洋人, なかった, ほとんど凡て, まさに智慧, まだ世界, もう幾度, もちろん, もとより日本支那, アポロンを, ギリシアの, シナには, 三世紀の, 上位に, 世界無比の, 之を, 五百年先よりも, 人の, 今日の, 何という, 先づその, 全く解らず, 到底その, 即ち空間, 只色を, 唯人工, 固より, 圧迫せられたる, 均斉という, 多くを, 大いに妖怪学, 大変関係の, 大抵沒理想派, 奈良あたりまで, 奈良を, 始めから, 存在せざるなり, 客観の, 小さな一人, 快樂其物, 感情を以て, 所詮, 支持され, 支那に, 文芸復興期の, 日本の, 日本画の, 春嵐という, 未だそこ, 本来リズミカルの, 正に, 殆ど世界的, 殆ど外人占有の, 永久に, 生じたるか, 真にわれわれ, 突如と, 芸術の, 衰退し行く, 道義を, 驚くべき高, 高まり工藝

▼ 美術~ (63, 2.3%)

3 工藝との 2 古画と, 同じよう, 呼ばれるもの, 料理は, 歴史の, 音楽の

1 [48件] いうよりは, いうよりも, いかによき, いかに異なる, いっても, いわねば, この区別, どう一体違う, どう違う, なすは, ならぬとか, はつきりジャンルが, 一般尋常遊戲の, 云ふ, 交渉し, 人生に対する, 人麿等の, 優秀な, 全く通じます, 同しく, 同じ高, 同意義, 宗教と, 工芸美術と, 工藝, 工藝とを, 建築の, 文学, 文學宗教との, 文楽と, 文芸との, 新しい戰跡, 日本の, 用いる工藝, 申して, 申しますと, 異り, 相対する, 看板へ, 立札し, 考古学の, 見る論者, 認むべし, 連絡を, 音楽が, 音楽との, 音楽に, 音楽に対して

▼ 美術~ (51, 1.8%)

4 の上, の講義 2 に一紀元, に熱中, の研究

1 [37件] だとか, ではこの, といふ少し, とかそういう, にある, にはこれ, に固有, に捉, に曰く, に遺っ, に頭, の一ページ, の一端, の先生, の劈頭, の問題, の教授, の方, の点, の知識, の経過, の訳書, の講演, はあまり, は斯, は脱稿, をやれ, をよみ, を受け持つ, を受持つ, を専門, を攻むる, を教え, を研究, を編纂, を講じ, を通じて西洋文化

▼ 美術~ (49, 1.8%)

7 の展覧会 4 の同人

1 [38件] がまがりなりにも, が反, が官許, とかいう展覧会, なの, においてその, に失望, の主, の会員, の光彩, の出品, の名誉会員, の大観観山等, の天才画家, の委員ら, の展覧, の幹部, の招待日, の改組, の改革問題, の新井勝利氏, の最終日, の画家たち, の画家達, の目録, の絵画, の首領, はほとんど, も著作権審査会, や宗教法案, や著作権審査会, を創立, を創設, を拵ら, を見る, 乃至帝展, 第二十五回展, 第十五回展

▼ 美術~ (46, 1.7%)

2 あれば, 相互に

1 [42件] あたかも返り咲き, あり舞踊, あるかに, いかに国民, いかに盛大, すでにインド, そうである, そこで, てかてか面白く, わからぬと, わかりませんと, カラコルムを, シナで, シナに, ロマンティクな, 一層端厳, 一般の, 世界一に, 中心では, 事変によって, 全面的に, 唯一の, 好きであったらしく, 好きな, 完全に, 宗教が, 実用の, 尽く関西伝来, 栄えたの, 気息奄々として, 盛んに, 空に, 立体結晶の, 範疇し, 自然や, 芸術として, 衰亡した, 製られ, 見られなくなつ, 解らぬと, 造られたこと, 進んでを

▼ 美術~ (46, 1.7%)

2 宗教と, 小説の, 工芸の, 工芸や, 文学の, 歴史に, 音楽の, 風景を

1 [30件] その他の, 写実主義の, 劇等々の, 古文書などの, 名所古跡に, 図書の, 専門技術の, 小説が, 工芸も, 戯曲や, 戲曲や, 支那交趾などの, 政治経済の, 文化を, 文学ずきで, 文芸の, 文藝の, 歴史の, 絵画の, 美術工藝を, 自然科學の, 英雄詩, 華道芸術の, 音楽が, 音楽に, 音楽や, 音楽を, 音樂の, 音樂は, 食物の

▼ 美術協会~ (46, 1.7%)

5 というもの, の展覧会 2 の絵画展, の絵画展覧会

1 [32件] から, が上野, が出来る, が成立, が生まれ, であったか, でやった, で大河内正敏氏, で銀賞, と名, に似, に出た, に出品, に対して不平, に次い, に次いで, のある, の会員, の会頭, の出品, の存在, の年中行事, の役員, の新古展覧会, の方, の話, の起り, の関係, の関係上, へ出品, も同様審査, 新制作派

▼ 美術~ (40, 1.4%)

3 のため 2 に取っ, に貢献

1 [33件] がある, がどんな, で名うて, とか芸術界, にたいしても申しわけ, には奨励, には掘り出し, に尽力, に幾らか, に批評, に於ける, に竹内栖鳳等, に重き, のいろいろ, のこと, のすべて, の七不思議, の不思議, の動向, の受賞, の新, の気むずかし, の消息, の状態, の発見, の神聖, の綜合展, の謂わ, の趨勢, の重鎮, はフランス印象派, へ乗り出さう, を刺戟

▼ 美術批評家~ (30, 1.1%)

2 ぶって

1 [28件] がそう, がない, でなければ, でも何, という風, といふの, といふ民間審査員, などには気に入る, なるもの, なる存在, に対して顔, に思索力, に關, のやう, のゴールデンリンク, のヅルサ, の坂井犀水氏, の存在, の最期, の目, の言葉, の頭, はこの, は一寸, は上, は土牛, は慌て, や鑑賞家

▼ 美術~ (28, 1.0%)

5 亦た 2 文学も

1 [21件] あるといふ, ないこと, また師範, もちろんそうあるべき, 一般的に, 主観芸術も, 亦成り立ち得なかったろう, 人心の, 人間にとって, 今日では, 光明を, 共通でしょう, 卑野なら, 同じ意味, 工藝も, 混じては, 発達すれ, 進歩した, 鎌倉時代に, 音楽も, 音樂も

▼ 美術展覧会~ (26, 0.9%)

2 に出品, を見

1 [22件] が催される, が始まっ, にならぶ, にセザンヌ, に使われ, に入選, に出, に出し, に於ける, に昔出品, に行き, に行っ, に陳列, の審査, の裸体画, の見学, ははなはだ, へ来, へ行った, をやった, を訪うた, を開こう

▼ 美術雑誌~ (22, 0.8%)

2 か何

1 [20件] から美術批評, さ, で, でさえも帳中, で伊藤廉氏, で宗達, などにも記され, にさう, に出でたる, に数年前, のつるさがっ, の批評, の経営者, の編輯, は批評家, や画商, を主宰, を発行, を私, を見たら

▼ 美術~ (18, 0.7%)

1 [18件] から第, がひらかれてる, が催された, では検閲, というの, なぞ見る, に出品, に花子, のとき, の作品, の画, の発育, はたいへん, は出品点数二百十七, へ出品, も見られなかった, をみ, を見る

▼ 美術として~ (17, 0.6%)

1 [17件] 之れ, 個性の, 充分味ふ, 先づそれで良い, 再興し, 取り扱うこと, 崇めました, 眺めて, 研究せん, 立派な, 立派に, 美術学校から, 考えて, 育って, 自由自在に, 見る時余, 選賞したなら

▼ 美術~ (17, 0.6%)

1 [17件] からお, がしゃべっ, が二三人組合つて革命騒動, であるから, でニュウヨウク, として名高い, になります, に四千円, に売却, に雇われ, の岩田天門堂, の福井, の飾り窓, はヒエロニムス, も無, よと讃むべ, を営ん

▼ 美術~ (17, 0.6%)

2 へはいっ

1 [15件] がある, があろう, にいつ, におさめ, にちょうど, に通し, のまんなか, の下, の中, の入り口, の怪, は昼間, へとおり, を拝見, を見

▼ 美術工芸~ (17, 0.6%)

2 のこと

1 [15件] などを奨励, にし, に反映, の世界, の中心地, の名工, の空, の進歩, の類, は非常, も時, よりし, を保存, を愛好, を除い

▼ 美術に関する~ (16, 0.6%)

1 [16件] ものは, 出版物の, 夥しい著書, 展覧会などが, 教養は, 書物が, 書物で, 書籍を, 本を, 知識が, 知識を, 第二, 話は, 話も, 認識へ, 随想は

▼ 美術史家~ (16, 0.6%)

2 の間

1 [14件] であり救世観音, となった, などの引例, などを見よ, にとっては常識, にとってもまだ, のいうごとく, のなす, のよう, の妻, の屡, の眼, の筆端, は多い

▼ 美術文学~ (16, 0.6%)

2 に対する嗜好, のため, は消極的美, は積極的美 1 が何れ, と関係, なり, にも多少, に対する鑑識, の世界, を語り, を通じて現

▼ 美術~ (15, 0.5%)

1 [15件] からも考古学上, などから言つて格段, における北斎, に於ける, の作品, の価値, の問題, の御, の意匠, の批評, の技倆, の文展, の玄人, の穿鑿是, の逸品

▼ 美術~ (15, 0.5%)

1 [15件] が奇麗, が科学書, だとか, でさえが猶, でもこの, の大, の焼失, の総数, の陳ん, はみな高価, は凡そ一千部以上, を下駄, を並べた, を棄て, を足下

▼ 美術~ (14, 0.5%)

5 された工藝 2 して 1 された作, された作品, しようと, せられ意識, と美術, はかえって, を見る

▼ 美術学生~ (14, 0.5%)

1 [14件] かなん, があの, がかねて, が主として, でも洋画家, などの函, にはヴエネト, のため, のネクタイ, の一人, の面倒, は勉強, は如何なる, らしい頭髪

▼ 美術學校~ (14, 0.5%)

1 [14件] で同級, という所, にいつ, の塑像科, の日本畫科, の日本畫科卒業, の生徒, へはひつ, へはひる, へ入, へ通, も中途, を卒業, 及び高等工藝學校兩校學生

▼ 美術工芸品~ (14, 0.5%)

2 としての陶磁器

1 [12件] があちら, としての茶器, としての陶磁器製作, として世界, として作られた, として意識的, のよう, の大半, の製作, は少から, を二束三文, を造った

▼ 美術~ (14, 0.5%)

1 [14件] から文学論, から社会改良, が成立っ, が成立つ, である, に於, に比べ, に聞き入った, の中, の多く, の訳書, は北斎, は文学論, や美術史

▼ 美術倶楽部~ (11, 0.4%)

1 [11件] で催された, で又, で売立, で書画骨董, で行, と間違, などに行かるる, にて古書珍, の売立, の札元たち, をよく

▼ 美術博物館~ (11, 0.4%)

2 の日本陶器類, へ売られた 1 あるひ, がある, さえがこれ等, で出版, としてロンドン, に日本, の附近

▼ 美術記者~ (10, 0.4%)

2 を勤め 1 から観察, である, で昔, と西山主任, と雑誌, にでも発し, に金, や美術批評家

▼ 美術では~ (9, 0.3%)

2 ない 1 なく民藝, なく浴場哲學, なく生活, ペルシア戦争後の, 人後に, 繊美な, 色と

▼ 美術という~ (9, 0.3%)

4 ものは 1 ものを, 理論や, 言葉も, 運動が, 雑誌に

▼ 美術には~ (9, 0.3%)

1 とうに多少の, なるとも, もう流派, ギリシア風の, 相当に, 縁なき, 缺けたものと, 見出し得べからざる, 金色の

▼ 美術にも~ (9, 0.3%)

2 音楽にも 1 またこの, また真実, 品格の, 小説にも, 政治にも, 比較さる, 演劇にも

▼ 美術~ (9, 0.3%)

1 で名高い, という, には是非一つあなた, の会員, の画堂, の雰囲気, はさらに, を開く, 新俳句人連盟

▼ 美術~ (9, 0.3%)

1 で承認, のもの, の人, の教授, の方, の荒島鶴吉, の部長, はお, を担任

▼ 美術といふ~ (8, 0.3%)

2 ものに 1 のを, もの, ものは, 字の, 為事の, 熟語からが

▼ 美術との~ (8, 0.3%)

1 対立などを, 差違では, 比較鑑賞は, 混同が, 相違は, 関係, 関係から, 関係を

▼ 美術とは~ (8, 0.3%)

1 一切芸術の, 世界の, 云い難い, 何の, 成り得ても, 無限の, 造形美の, 関係の

▼ 美術史上~ (8, 0.3%)

1 からも逸す, にいわゆる, に於ける, の名作, の大いなる, の最大名家, の用語, の遺品

▼ 美術批評~ (8, 0.3%)

1 に画家, の各自, の寄稿, の方, をし, をもし, を作品評価, を載せる

▼ 美術~ (8, 0.3%)

2 や画家 1 が日本画壇, たること, である, でさえも丸く, などという男, を以て任ずる高田文相

▼ 美術としての~ (7, 0.3%)

1 価値のみに, 価値を, 価値元より, 写美には, 殺人, 美しさ, 舞蹈は

▼ 美術について~ (7, 0.3%)

1 思う時, 最も広大深刻, 考える時, 考えれば, 見るの, 言うの, 語り合い談話

▼ 美術~ (7, 0.3%)

1 たるべく吾人, だから, である, でもある, という日本, と称せられ, に生れ

▼ 美術学校時代~ (7, 0.3%)

1 である, にはヴァイオリン, には映画芸術, に使っ, の壊れた, の美術史, の青木

▼ 美術~ (7, 0.3%)

2 を創設 1 であるとか, と向き合っ, の主人, を出し, を開いた

▼ 美術骨董~ (7, 0.3%)

2 と読ませる 1 にかけては先ず, にかけては先づ天才的, に限, は多く, へ手

▼ 美術~ (6, 0.2%)

2 げす日本 1 あり得る, もさうです傍流, 専門家の, 苦労する

▼ 美術である~ (6, 0.2%)

1 から, からといふ理由, ということ, と詩, のに音楽, 以上作られた

▼ 美術を以て~ (6, 0.2%)

1 劣等の, 多數人類, 尽く野卑, 模傚と, 真正の, 臨むこと

▼ 美術価値~ (6, 0.2%)

1 がある, もない, を持ち, を至上主義, を高く, を高め

▼ 美術~ (6, 0.2%)

2 の宝物 1 だった, でした, のすぐ, の事件

▼ 美術~ (6, 0.2%)

1 にしろ, には本庄君以外, の舞台指揮, は本庄桂介君, は第, を起し

▼ 美術的価値~ (6, 0.2%)

1 がある, がどれ, が高い, といふ演説筆記, を多く, を論ずる

▼ 美術~ (6, 0.2%)

2 だから 1 での様子, の柴山運八, の門, をはじめ

▼ 美術とか~ (5, 0.2%)

1 云う事, 学問上の, 工芸とか, 文学とか, 音楽とかにも

▼ 美術に対する~ (5, 0.2%)

1 嗜好に, 真実の, 著者独創の, 表面的の, 要求が

▼ 美術よりも~ (5, 0.2%)

1 一層速, 工藝でした, 工藝の, 彼の, 非個性的

▼ 美術ヂャーナリズム~ (5, 0.2%)

1 が大観, が慌て, が軽, はまことに, は多分

▼ 美術倶樂部~ (5, 0.2%)

1 で入札, で水戸藩關係, に藤田東湖, の入札, の展觀品中

▼ 美術品店~ (5, 0.2%)

2 の陳列窓 1 のまんなか, の幅, へと取った

▼ 美術工藝~ (5, 0.2%)

1 としての發達, の上, の品, は依然として, を除いた

▼ 美術愛好家~ (5, 0.2%)

1 だという, であって, という, の一団, や歴史家

▼ 美術的要素~ (5, 0.2%)

1 がその, が加つて, には新, への是認, を創造

▼ 美術研究~ (5, 0.2%)

1 が容易, と同じく, のため, の開拓者, も手もと

▼ 美術~ (5, 0.2%)

1 と並ん, にひとしく, に徴, のごとき, は之

▼ 美術音楽~ (5, 0.2%)

1 というよう, など, などのそれぞれ, などの近代的傾向, のそれ

▼ 美術音樂~ (5, 0.2%)

1 など何, には粉本, によつて起さる, は其の, は天地

▼ 美術から~ (4, 0.1%)

1 云へば, 受けた深い, 得る印象, 近頃わけ

▼ 美術だの~ (4, 0.1%)

2 歴史だの 1 文芸だ, 純正美術だ

▼ 美術に対して~ (4, 0.1%)

1 その効果上相互, どのよう, 勝れた観照眼, 尊敬の

▼ 美術のみが~ (4, 0.1%)

3 美の 1 重んぜられ工藝

▼ 美術以外~ (4, 0.1%)

1 になんにも, に犯罪小説, の事業, の美

▼ 美術作品~ (4, 0.1%)

1 として不滅, の中, の観賞, を外国美術館

▼ 美術団体~ (4, 0.1%)

1 が, となった, への紹介, も大

▼ 美術建築~ (4, 0.1%)

1 ができあがった, が雨ざらし, などに関する図書館兼研究室, などの諸

▼ 美術~ (4, 0.1%)

1 が有, に乏しい, の発達, より自然的屈曲

▼ 美術愛好者~ (4, 0.1%)

1 が古代ギリシャ建築, だ, には大津絵風, のよう

▼ 美術批評家達~ (4, 0.1%)

2 の讃辞 1 はちっとも, を指し

▼ 美術的意識~ (4, 0.1%)

1 から作為, から出発, から少量, の病魔

▼ 美術的方面~ (4, 0.1%)

1 からも考へ, の考慮, は第, を考慮

▼ 美術~ (4, 0.1%)

1 から見た, があり, がある, の低下

▼ 美術鑑賞~ (4, 0.1%)

1 に必要, の可能要素, の糧, をデパート

▼ 美術院展覧会~ (4, 0.1%)

1 で同人経川槇雄作, に意外, を一覧, を両分

▼ 美術ある~ (3, 0.1%)

1 と相, のみである, を示す

▼ 美術その他~ (3, 0.1%)

1 あらゆる日本的, についてはかなり, のあらゆる

▼ 美術~ (3, 0.1%)

1 と申し, と称し, のという

▼ 美術であり~ (3, 0.1%)

1 ここに, 建築であり, 文學であり

▼ 美術でも~ (3, 0.1%)

1 あります, 文学でも, 萬事心得

▼ 美術としては~ (3, 0.1%)

1 余程立派, 殆ど何物, 絵嘘事も

▼ 美術なり~ (3, 0.1%)

1 詩人なく, 音楽なりは, 音楽なりを

▼ 美術よりは~ (3, 0.1%)

1 はるかに, 明らかに, 西洋の

▼ 美術全集~ (3, 0.1%)

1 などを見, に入れ, の

▼ 美術天子~ (3, 0.1%)

2 の徽宗皇帝 1 の宋

▼ 美術学校入学~ (3, 0.1%)

2 の目的 1 の下拵え

▼ 美術学校教授~ (3, 0.1%)

1 となり, の犬, を奉職

▼ 美術宗教~ (3, 0.1%)

1 に就き, の二者, の順位

▼ 美術展覽會~ (3, 0.1%)

1 にセザンヌ, はここ, をとりし

▼ 美術文芸~ (3, 0.1%)

1 に定見, のごとき, をかく

▼ 美術書生~ (3, 0.1%)

1 らしい繪具箱, らしく岩壁, を兄

▼ 美術的人格価値~ (3, 0.1%)

1 がある, が尊い, が高い

▼ 美術的効果~ (3, 0.1%)

1 により結末, に力点, に対して広く

▼ 美術~ (3, 0.1%)

1 に一切, の手, は厳重

▼ 美術~ (3, 0.1%)

2 の若い 1 の展覧会

▼ 美術評論家~ (3, 0.1%)

1 から観察, だった, では澤木梢氏

▼ 美術諸生~ (3, 0.1%)

2 の仲間 1 は果して

▼ 美術鑑賞眼~ (3, 0.1%)

1 をとても, をもたない, をもつ

▼ 美術関係~ (3, 0.1%)

2 のもの 1 の諸

▼ 美術院派~ (3, 0.1%)

1 の富田渓仙氏, の方々, の畫家

▼ 美術雜誌~ (3, 0.1%)

2 か何 1 に數年前

▼ 美術骨董品~ (3, 0.1%)

1 などの鑑定, の中, を作る

▼ 美術および~ (2, 0.1%)

1 教育から, 美術工芸の

▼ 美術ずき~ (2, 0.1%)

1 のぼく, の二十面相

▼ 美術だけは~ (2, 0.1%)

1 或る, 或る定まった

▼ 美術とかいう~ (2, 0.1%)

1 ものに対する, ような

▼ 美術とが~ (2, 0.1%)

1 分離しない, 芸術の

▼ 美術などの~ (2, 0.1%)

1 画家彫刻家多数である, 諸方面

▼ 美術については~ (2, 0.1%)

1 その勢力隠然狂歌, 全く知る

▼ 美術にとって~ (2, 0.1%)

1 忘れ難い, 最も根本的

▼ 美術にのみ~ (2, 0.1%)

1 止らないで, 注意を

▼ 美術にまで~ (2, 0.1%)

1 移るにあたって, 趣味が

▼ 美術によって~ (2, 0.1%)

1 代表されてる, 代表される

▼ 美術のみ~ (2, 0.1%)

1 である, ならず文芸

▼ 美術をも~ (2, 0.1%)

1 感ぜざるもの, 見なおした

▼ 美術世界~ (2, 0.1%)

1 なぞ立派, の題言

▼ 美術人協会~ (2, 0.1%)

1 での作品, はまだ

▼ 美術全般~ (2, 0.1%)

2 の勃興

▼ 美術写真~ (2, 0.1%)

1 の店, も苦心

▼ 美術史的~ (2, 0.1%)

1 にさまざま, に理解

▼ 美術品郵便物~ (2, 0.1%)

1 も, も此処

▼ 美術商岩田天門堂~ (2, 0.1%)

1 が来, に化け

▼ 美術商店~ (2, 0.1%)

1 に新, を訪ねた

▼ 美術商館~ (2, 0.1%)

1 の外, へブリュウテンツワイク氏

▼ 美術~ (2, 0.1%)

1 として許され, の光譽

▼ 美術報国会~ (2, 0.1%)

1 といふもの, の時

▼ 美術大家~ (2, 0.1%)

1 が数学, たること

▼ 美術学校出身~ (2, 0.1%)

1 なの, の日本画画家

▼ 美術學校出身~ (2, 0.1%)

1 の牧互秀先生, の蒔繪師

▼ 美術工業~ (2, 0.1%)

1 の奨励, 大博覧会

▼ 美術床屋~ (2, 0.1%)

1 に沿う, に煽

▼ 美術思想~ (2, 0.1%)

1 の發達, を一般に

▼ 美術批評界~ (2, 0.1%)

1 には実に, の絶讃ぶり

▼ 美術教育~ (2, 0.1%)

1 の根本, を与える

▼ 美術~ (2, 0.1%)

1 の体面, は昼

▼ 美術歴史考古~ (2, 0.1%)

2 に關

▼ 美術殊に~ (2, 0.1%)

2 絵画の

▼ 美術的作品~ (2, 0.1%)

1 とはアレ, に見

▼ 美術的傑作品~ (2, 0.1%)

1 である, をポール・レペル

▼ 美術的價値~ (2, 0.1%)

1 について取, を見出され

▼ 美術研究家~ (2, 0.1%)

1 の山名勘介, はこの

▼ 美術研究所~ (2, 0.1%)

1 の標本嬢, の脇本楽

▼ 美術~ (2, 0.1%)

1 なども祟った, には岩村先生

▼ 美術科学~ (2, 0.1%)

1 とそれぞれ, の面

▼ 美術美術~ (2, 0.1%)

1 でなければ, で苦労

▼ 美術若く~ (2, 0.1%)

2 は宗教

▼ 美術著作物~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 美術蒐集家~ (2, 0.1%)

1 として有名, の庭

▼ 美術行脚~ (2, 0.1%)

1 などをする, の標題

▼ 美術観念~ (2, 0.1%)

2 が発達

▼ 美術~ (2, 0.1%)

1 ではない, や音譜

▼ 美術鑑賞力~ (2, 0.1%)

1 の範囲, は増大

▼ 美術鑑賞家~ (2, 0.1%)

1 がいかに, を目標

▼ 美術鑑賞者~ (2, 0.1%)

1 のため, の中

▼ 美術院賞~ (2, 0.1%)

1 だが, を贈呈

▼ 美術青年~ (2, 0.1%)

1 がある, が文展

▼ 美術骨董店~ (2, 0.1%)

1 で大体余り上等, へ立ち

▼1* [367件]

美術あらゆる方面の, 美術ありとも思想, 美術からのみ論じられた, 美術こう感じましたが, 美術こそは美の, 美術のみで, 美術さえも官僚統制に, 美術しか知らない若い, 美術しん粉細工なん, 美術すべて支那影響を受けた, 美術する虚心においては, 美術せよわれと, 美術その科学その, 美術そのものの評価, 美術それ自体の部門, 美術たらしめしものも, 美術たるが故, 美術だけが見るべきもの, 美術だってどういうもの, 美術であって今日, 美術であったにすぎない, 美術ですが絵, 美術でなければ詩, 美術とかに対立させ, 美術とも混同されました, 美術とを抱合し, 美術と共に世界の, 美術なくんば, 美術など鑑賞し, 美術などに關する, 美術などにはこの像, 美術なども同様です, 美術なほ出でず唯, 美術なりが出来ると, 美術なりとなす, 美術なる総称の, 美術において科学の, 美術においては天才を, 美術においても小市民的, 美術におけるルネッサンス, 美術にかけてはくろうとはだしの, 美術についての内容が, 美術にでも何等かの, 美術にまでも現われたの, 美術に対し今まで, 美術に対しての印象などについては, 美術に対してはわれわれは, 美術に関して何か, 美術のみをそこに, 美術ばかりの時代には, 美術への進展である, 美術汝こそは, 美術よりして, 美術わけても建築などに, 美術われを眩, 美術をば惜気も, 美術を通してゐるの, 美術クラブ公会堂八坂クラブなどで催されます, 美術シーズンの空気, 美術ボスたちがあれこれ細工, 美術マニヤとき, 美術マネージャーに振附け, 美術ラジオ科学体育などの研究会, 美術一般に与え, 美術世界一です, 美術の客観派, 美術主義者が居る, 美術乃至美術史に, 美術争議を冷ややか, 美術に仕立て上げた, 美術人協会展の福田豊四郎氏, 美術以前の煽情的插画, 美術以外文学の方面, 美術体育政治などの研究室, 美術何くれとなく, 美術何彫刻師なの, 美術価値上比較的に考えます, 美術保存という奴, 美術写真舞台放送教育という十項目, 美術の人, 美術出版をやつ, 美術出身でもう, 美術分業貿易交通運搬人事に付い, 美術刺繍の花弁, 美術が生れ, 美術劇映画から酒, 美術勿論よい盆栽園芸大, 美術医化天文等にし, 美術協会主催のフランス現代美術展覧会, 美術協会展がありました, 美術協会展覧会は旧, 美術協会彫工会等においていつも, 美術協会陳列館で第, 美術協会風なる一画風, 美術協會で同氏, 美術即ち見る工藝, 美術又は音楽の, 美術及び音樂等に, 美術及宗教の範圍, 美術及工芸に関する著述, 美術収集の目的, 美術収集家だったの, 美術収集狂に目, 美術取調委員の班, 美術取調所といった時分, 美術口碑文書一くれの, 美術史上古今に濶歩す可, 美術史学科の学生, 美術史家たちの詮索, 美術史家団伊能氏の談話, 美術史家等の間, 美術史専攻の慶応, 美術史担当の滝清一博士, 美術史研究の標本, 美術史研究室に藤懸教授, 美術史研究家のあいだ, 美術で赤堀又次郎氏, 美術名器名幅を庫, 美術名所旧跡文展新画風, 美術品一時に流出, 美術品以上だわ, 美術品商の娘, 美術品家全財産, 美術品工藝品であ, 美術品彫刻物として御覧, 美術品彫刻絵画漆工磁工などが僅か, 美術品的要素である, 美術品盗奪の, 美術品蒐集の為, 美術品要素が出来した, 美術品陳列館へ行った, 美術品類の國外輸出, 美術商カラ手ニ入レタモノダガ, 美術商ジユラン・リユイル氏が毎週, 美術商リイ・ハン・フウの名, 美術商業など文化的, 美術商館ブリュウテンツワイク氏の手びろい, 美術に新しい, 美術団体連合展が開かれ, 美術図書館があり, 美術図案に古来使用, 美術固有の秘戯画, 美術国日本である, 美術とが分野, 美術報国会日本移動演劇連盟とかの事業団体, 美術展覧会, 美術大臣が周章て, 美術奨励会理事大日本赤十字社社員, 美術好きとしての私, 美術季節毎に権威, 美術学校個人では細川侯爵, 美術学校入学卒業後古社寺保存会, 美術学校入学卒業後目を病み, 美術学校出の画家, 美術学校前の広場, 美術学校創立当時の話, 美術学校卒業後今日に及ん, 美術学校卒業生はいずれ, 美術学校卒業製作塑像の写真, 美術学校建築科本科に入った, 美術学校改革問題では寧ろ, 美術学校改革案は無論, 美術学校文学会の開会式, 美術学校校長は徳大寺侍従長, 美術学校派さへこれ, 美術学校生徒である弟, 美術学校生活を送った, 美術学校記念日の美術祭, 美術学校鋳金科へ入学, 美術学校長の似顔, 美術学校長正木直彦専門学務局長の福原鐐二郎, 美術学生たちが自分, 美術学芸制度風気の凡て, 美術学院の会員, 美術学院刺繍科講師刺繍組合理事の肩書, 美術學校出の少い人, 美術學校時代にもこれ, 美術學校目白臺の學習院, 美術學校藏の肖像畫一二點, 美術學校長阿刀田, 美術學校關係の人, 美術宗教二者中宗教を以て第, 美術宗教哲學道徳の四者, 美術定義を拡充, 美術室如何程価のする, 美術たり得る, 美術審査会で新た, 美術専攻の如何なる, 美術専門家武田工学士なり, 美術専門店があっ, 美術尊重の機運, 美術に電話, 美術展覧会演奏会詩の朗読会, 美術展覧会音楽などあらゆる, 美術展覧場に賤しき画工ら虚名, 美術工芸みんな寺院を通っ, 美術工芸中特に陶器, 美術工芸品展覧会が上野竹の台, 美術工芸品特殊建造物名園などなどを初め, 美術工芸学校やその他二三, 美術工芸小説の前, 美術工芸文物制度は殆, 美術工芸的作品に与えられ, 美術工芸的心境小説に逃げ込ん, 美術工芸芸術品に篩い, 美術工藝個々の僕達, 美術工藝凡て何事も支那, 美術工藝品を見る, 美術工藝室迄行く, 美術年鑑を買った, 美術座開場初興行, 美術彫刻はと云, 美術奨励の, 美術思想それを命, 美術思想發動の結果, 美術思想等を涵養, 美術が作物, 美術悉く燦然たる, 美術愛好家風な衒学的, 美術愛好者たちがイタリア, 美術或は音楽また或は, 美術批評壇の現状, 美術批評家たちが讃美, 美術批評家といへるが, 美術批評家諸君それから作者, 美術批評的な見方, 美術技術本そして只今, 美術探索の方, 美術教養などがその, 美術文化が発展, 美術文学いずれも急速, 美術文学天文兵学そして時事, 美術文学等に亘る, 美術文学芸能に子供, 美術文學の範圍外, 美術文學隨筆雜書方面へは中, 美術文書などを見, 美術文科は伝統, 美術新聞で里見, 美術旅行にいつた, 美術書専門で始終, 美術書画屋の前, 美術書籍の店, 美術書類は今日, 美術服装家マレイ夫人に招聘, 美術東漸の一証, 美術楽壇からの参加, 美術歴史の博物館, 美術歴史宗教すべてが思い設けない, 美術殿堂であるから, 美術の先生たち, 美術演劇の取締, 美術演劇音楽の品定め, 美術無しという, 美術でルウビル, 美術特に古建築物, 美術狂某がこの, 美術の巣, 美術生北山とのあいだ, 美術生活などとそれ, 美術界切つての策士, 美術の人達, 美術が多大, 美術的世界的人間的等の名, 美術的世界観や音楽的世界観, 美術的伽藍を築き来たら, 美術的光栄を後世, 美術的協力をした, 美術的天才を持つ, 美術的女性的夢幻的享楽的虚栄的にイソップ物語, 美術的完成の境地, 美術的建築などはもとより, 美術的建築物を壊, 美術的意匠には狩野永徳, 美術的感興を興させる, 美術的感覚が聴覚器官, 美術的手法の効果, 美術的技量のいる, 美術的改良に資したい, 美術的教養がある, 美術的演芸を見せ, 美術的生命がある, 美術的生物学といふ, 美術的絵画として表示, 美術的芸術的に著しき, 美術的装飾を見せびらかす, 美術的見地にたっ, 美術的鑑賞によって答えられる, 美術的関心や乃至, 美術監督をし, 美術知識のこと, 美術研究会の幹事, 美術研究等の科目, 美術研究部を中心, 美術研究部政治研究部などがある, 美術社会問題現代思想の各種, 美術科学等の専門図書館, 美術の若い, 美術のもの, 美術絵画の天地, 美術総合大学に入門, 美術である, 美術美術美術で苦労, 美術考古博物館もあり, 美術考証家の手, 美術自分の畫, 美術自然科学技術等についての連続講演, 美術自身の自己完成, 美術を開きぬ, 美術舞踊そして文学, 美術舞踊文学そういういろいろ, 美術舞踊文学すべて御多分に洩れず, 美術にて今年正月二日, 美術蒐集では圧巻, 美術薬物遊戯に至る, 美術表現に終始, 美術見物には大した, 美術観賞家とも生れ, 美術記者連盟の控室, 美術評論を発表, 美術評論壇にはまことに, 美術詩文舞踊俳優術の綜合, 美術詩歌の表わす, 美術罷呼茶, 美術論者より転じ, 美術生と, 美術貿易の商会, 美術趣味などは全然, 美術通信記事より, 美術遺跡保存会のメンバー, 美術部長を介し, 美術鑑定の専門家, 美術鑑識の入門, 美術鑑識家であるヘンリー・ジーキル, 美術閣上の物, 美術閣翁は白髪, 美術關係の若い, 美術院一派でなくては, 美術院会員の栄職, 美術院出品の, 美術院同人の山村耕花氏, 美術院同人展出品の, 美術院問題が世間, 美術院展の評, 美術院時代に絵画協会, 美術院會員國畫會總帥の梅原龍三郎畫伯, 美術院試作展に大智氏, 美術院長の資格, 美術陳列室になっ, 美術をもっ, 美術雑誌スタヂオを見せ, 美術雑誌名画集の類, 美術雑誌記者美術批評家諸君それから作者, 美術雑誌通信でも親しく, 美術音楽何を語らし, 美術音楽公園博物館はなはだしきは, 美術音楽宗教哲学科学等のこと, 美術音楽文学何れも欧米, 美術音楽文学演劇映画などを通じ, 美術音楽演劇映画と大別, 美術音楽演劇等はこの, 美術音楽舞踊さてはまだ生れ, 美術音楽詩小説科学のグループ, 美術音樂等は力め, 美術音樂等獨自なもの, 美術骨董好きで金, 美術が敢