青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「美奈子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~美 美~ ~美し 美し~ ~美しい 美しい~ ~美しく 美しく~ ~美人 美人~
美奈子~
美濃~ 美術~ ~群 群~ ~群れ 群れ~ 群衆~ ~群集 群集~ ~義

「美奈子~」 1207, 14ppm, 8078位

▼ 美奈子~ (515, 42.7%)

18 母の 10 母と, 自分の 8 母が, 胸を, 青年の 7 顔を 6 何うにも 5 さう

4 [11件] 一寸顔を, 一寸駭, 久保の, 何うし, 心の, 急に, 此の, 母に, 母に対する, 腰を, 青年が

3 さうし, やつと, 何とも答, 何とも答えられなかった, 周章て, 黙って

2 [132件] お墓, お茶の水に, しく, そう答える, その写真, その女中, その花筒, それに, そんなこと, つ, つい二三尺, つい誰, つい返事, なるべくそれ, ふと美しく, また元, もう一度青年, もう此, もう立つ瀬, もつと, ホテルの, 一体此, 一刻も, 一寸狼狽, 一寸進退, 一眼見る, 一緒に, 一言も, 三度目に, 予期した, 二三尺も, 人身御供にでも, 仕方なし, 他人事, 以前よりも, 低い声, 何か, 何が, 何だかその, 何と, 何とも口, 何時に, 俎上に, 傍の, 兄の, 兄妹に対して, 先刻から, 兎に, 全身の, 其処に, 再び叫んだ, 再び訊いた, 到頭そんな, 到頭兄, 取返しの, 口の, 口丈は, 右に, 同行を, 塔の, 夜が, 夢から, 夢現の, 夫婦とも, 失望した, 女中が, 女中を, 安心した, 小さい胸, 少女らしい, 平気で, 平素に, 当惑の, 彼女自身の, 心も, 怪しみながら, 恋人同士に, 恐ろしいもの, 恥か, 息を, 悪い, 悲鳴を, 愕然と, 懐しさ, 最初その, 最初自分の, 最初青年に対して, 最後の, 朝母と, 朝眼が, 本当に浴衣, 本当に逃れ, 楽しんでは, 次ぎの, 母から, 母に対して, 母を, 気が付かずには, 気の毒で, 泣き声で, 浅ましい恐ろしい物, 淋しい微笑, 淋しい心, 淋しみ, 満されざる, 漸くその, 烈しい恥しさ, 烈しい淋しさ, 父の, 白い頬, 皮肉でなく, 益々狼狽, 相手に, 看護婦達を, 真中で, 知人の, 胸の, 胸をと, 自分が, 花を, 若い男性, 苦しい境遇, 裏の, 見て, 躊躇した, 身も, 軽い好奇心, 電車が, 電車を, 青年と, 首を, 駭き

1 [109件] あらゆる社員達, いそいそと, いないか, じっと二人, そうしたはしたない, そうした問, そうした青年, そう云っ, そう思い, そう答えた, そっと母達, そつと, そは, そわ, た, ぢつと, またじっと, またぢ, もっと, もっと何, やっと心, やっと思い切っ, やっと立ち上り, やっぱりそっと部屋, やっぱり通りがかり, やっぱり黙っ, やつぱりそつと部屋を, やつぱり通りがかりに, やつぱり黙つ, わあつ, ゐないか, サッと色, サツと, ハッと, ハラ, ハラハラした, 一と, 一層不思議, 二三度起き上らう, 二三度起き上ろう, 今年十九に, 今年十九にな, 何だか淋し, 何だか淋しかっ, 何気ないやう, 何気ないよう, 元の, 其の金子, 凛とした甲走, 去年の, 口籠った, 口籠つた, 合意的に, 周章てそう, 堪へ兼ねてわ, 堪らなくな, 堪らなくなって, 妖精の, 寂しかった, 寂しかつ, 屠所に, 帯の, 思つて居る, 思はずさ, 思はずその, 思わずそう口走らず, 思わずその, 悲しかった, 悲しかつ, 悲しく頭, 慎しく, 慎しく答えた, 慎ましくさう云, 慎ましくそう, 挨拶も, 暫らく得意の, 最初陥, 最初陥っ, 有名なる, 末の, 案外手軽, 毅然として, 消え入るやう, 消え入るよう, 片隅の, 狂ったよう, 狂つた, 益々あせっ, 益々あせつ, 直ぐさう, 直ぐそう叫んだ, 立ち上って, 立ち上つて扉の, 立ち止まツ, 立上って, 立上つて電燈を, 笠森仙太郎に対して, 素気なく, 絶体絶命だった, 絶体絶命だつた, 良人と, 譜本をと, 遥か数段の, 重傷も, 顫える, 顫へる, 黙つて, 黙つて答, 黙つて霞町

▼ 美奈子~ (263, 21.8%)

33 心は 15 心を 10 心の 8 顔を 6 方を 4 前で, 前では, 心に, 胸は 3 心持が

2 [65件] いる方, かよわい肉体, もしやと, ゐる方, 一身の, 傍に, 傷を, 冷い, 処女らしい, 前の, 半分も, 声が, 声は, 夢を, 失望が, 家の, 容子が, 寂しく傷, 寝室の, 小さい胸, 少女らしい, 弱い心, 張り詰めて, 当惑が, 心からの, 心には, 心持などに, 心持は, 心持を, 心細さ, 心配は, 悲しみは, 悲嘆は, 慎ましさ, 所へ, 手前一寸は, 方から, 方が, 方には, 方へ, 母が, 母などとも, 眸は, 眼にも, 神経を, 純な濁らない, 耳, 耳に, 耳には, 耳を, 耳許近く, 肩に, 苦衷も, 表情で, 表情を, 見附けたその, 言葉には, 言葉を, 身体は, 身体を, 返事が, 運命が, 部屋が, 頭には, 魂を

1 [42件] いるところ, こじれかからうと, こじれかかろうと, さうし, そうした態度, それには, ゐるところ, 上へ, 世にも不思議, 乗った九段両国行, 乗つた九段両国行の, 云った言葉, 云つた言葉を, 側に, 初めての, 十年前の, 妹が, 実家に, 家は, 弟が, 弟と, 後ろ姿が, 心が, 心だった, 態度は, 手紙で, 手紙に, 打った急電, 打つた急電, 持つ高度, 父の, 立ち上らうと, 立ち上ろうと, 美しい四肢, 胸にも, 胸を, 腕を, 華著な, 言葉は, 部屋を, 長篇小説が, 風姿は

▼ 美奈子~ (92, 7.6%)

4 小切手帳を

2 [28件] その墓地, それに, 一寸不安, 二週間もの間外ながら, 其処に, 再度図書室, 可なり, 同行する, 坐るの, 宮の, 寝室を, 居堪まれ, 廊下から, 心持足を, 我に, 手を, 此の, 母と, 沈んだ顔, 泣き始めるの, 父の, 玄関から, 真中に, 結婚し, 聴いて, 返事を, 避暑に, 駭い

1 [32件] いるため, たった一人蹲, たつた一人蹲, どんなに我儘, また掌, ゐるため, アッと, アツと, ソフアに, 久保に, 乗り込んだので, 五人目の子を, 何と答, 何と答え, 又掌, 悲しさうに, 某新聞社, 某書店, 淋しが, 淋しがっ, 縁家先へ, 良人の, 退っ引きならぬ, 退つ引きならぬ境遇, 里から, 顫える, 顫へる, 驚いたの, 黙ったま, 黙って, 黙つたま, 黙つて

▼ 美奈子~ (44, 3.6%)

2 [15件] ついそれ, つい感嘆, つい気軽, てれかくし, 不承, 亦彼女, 周章てながら, 周章て頭, 母の, 相手から, 空を, 自分の, 茲へ, 青年の, 駭い

1 [14件] やっと安心, やつと, 一生懸命だった, 一生懸命だつた, 八九年間に, 其処で, 強いて, 強ひ, 立ち止って, 立ち止つて空, 裏切られたやう, 裏切られたよう, 黙って, 黙つて

▼ 美奈子~ (43, 3.6%)

5 さへ 3 取って, 取つて 2 はた, ヒシ, 云った, 云つた, 勧めた, 口を, 幾度も, 廊下へ, 新しい姉

1 [14件] ハッキリと, ハツキリと, 似て, 凡てが, 出遇, 初めて言葉, 取っては, 取つて母, 夢中に, 最後の, 結婚を, 近づこうと, 迫りました, 送った恋文

▼ 美奈子~ (42, 3.5%)

2 [15件] じっと見詰め, ぢつと, ジロ, 乗せた自動車, 促しながら, 傷つけた為, 処女らしく, 咎めて, 寂しくした, 心の, 見詰めた, 近づけなかった, 近づけなかつた, 隔て, 顧みた

1 [12件] はつきりと, もっとドギマギ, もつと, 一人ぼっちに, 一人ぼつち, 刺し返す刃, 助けて, 抱きしめるやう, 抱きしめるよう, 押し包んで, 救った翌年, 新しいま

▼ 美奈子さん~ (34, 2.8%)

4 が結婚 3 をお 2 が進まれない, に一寸, の前, の姉, の結婚, は三時過ぎ, も直ぐ, をいろ, を無理, を連れ過ぎる 1 がお, それでは約束, だつたの, はあの, より三四年下, より二三年下, をお誘い

▼ 美奈子にも~ (29, 2.4%)

4 ありありと, 感ぜられた 2 あり, それとなく感ぜられた, ほの, 可なり, 気が, 用事の, 直ぐ感ぜられた 1 もう明かだった, もう明かだつた, よく判った, よく判つた, ハッキリと, ハツキリと, 一生費っても

▼ 美奈子には~ (23, 1.9%)

2 もう凡て, 優しい母, 感ぜられた, 時々優しい, 次の, 母の, 肌寒く感ぜられる 1 凡てが, 出来なかった, 出来なかつた, 分らなかった, 分らなかつた, 思い出せなかった, 思ひ出せなかつた, 背負い切れないよう, 背負ひ切れない

▼ 美奈子~ (20, 1.7%)

4 一緒に, 瑠璃子とが 2 勝彦の, 直也の, 青年とは 1 たった二人限り, たつた二人限り, 二人に, 云う十九, 云ふ, 五六の

▼ 美奈子~ (20, 1.7%)

4 の一行 2 が晩餐, が段々, の占めた, の後, の避暑地生活, を促し, を目がけ 1 の乗った, の乗つた自動車

▼ 美奈子~ (10, 0.8%)

4 さへ 1 あつた, あつたら, さえあまり, さえ一度, さえ胸, さえ青年

▼ 美奈子に対する~ (10, 0.8%)

2 彼女の, 愛の, 感謝の, 義理として 1 言い訳の, 言ひ

▼ 美奈子~ (6, 0.5%)

2 が一番, が苦しん, にはやさしい大人しい

▼ 美奈子である~ (5, 0.4%)

2 がその, ことを 1 にもか

▼ 美奈子にさえ~ (5, 0.4%)

2 アリ 1 今日の, 恥しかった, 感ぜられた

▼ 美奈子~ (5, 0.4%)

2 と結婚 1 の前, の必死, をかち獲る

▼ 美奈子夫人~ (4, 0.3%)

1 がそっと, にはなん, の像, の肖像

▼ 美奈子から~ (3, 0.2%)

2 眼を 1 来た手紙

▼ 美奈子とは~ (3, 0.2%)

2 背中合せの 1 黙つて顔

▼ 美奈子さんそれ~ (2, 0.2%)

2 が妾

▼ 美奈子とが~ (2, 0.2%)

2 彼等自身の

▼ 美奈子との~ (2, 0.2%)

2 三人が

▼ 美奈子に対して~ (2, 0.2%)

2 ある親しみ

▼ 美奈子に対しては~ (2, 0.2%)

2 母の

▼ 美奈子までが~ (2, 0.2%)

2 胸に

▼ 美奈子より~ (2, 0.2%)

2 先に

▼ 美奈子一人~ (2, 0.2%)

2 残しては

▼ 美奈子~ (2, 0.2%)

2 の自動車

▼ 美奈子達三人~ (2, 0.2%)

2 の生活

▼1* [11件]

美奈子からの手紙が, 美奈子へ眼, 美奈子さえ眼を, 美奈子さんぢやありません, 美奈子だったのです, 美奈子であったらそれを, 美奈子ですが金, 美奈子でなくて誰, 美奈子というのを, 美奈子はわあっ, 美奈子自身にまでもそれ