青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「美~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~置き 置き~ ~置く 置く~ 罰~ 署~ 署長~ 羅~ 羊~ ~美
美~
~美し 美し~ ~美しい 美しい~ ~美しく 美しく~ ~美人 美人~ 美奈子~ 美濃~

「美~」 10890, 124ppm, 851位

▼ 美~ (1661, 15.3%)

14 もって 13 持って, 示して 10 発見する, 見ること 8 産むか 7 求めて, 発見し 6 保証する, 感じて 5 して, 尽して, 有つ, 現わす, 約束する, 認めないの 4 なして, 保障する, 失って, 添える, 発揮し, 知って, 表現する, 見て, 見る, 認識する

3 [28件] あらは, もつて, 代表する, 備へ, 具えて, 味わって, 恣に, 最初に, 構成する, 求める, 犠牲に, 独占し, 現さんと, 産み得る力, 産むこと, 目的と, 目的として, 示すか, 見る眼, 解して, 解せざるが, 誇つて, 認めた, 認めて, 論じて, 越え得たもの, 遺憾なく, 願欲する

2 [136件] しつこく表現, そこに, つくり出して, ば創らね, 一堂に, 与えて, 主觀, 乱す所以, 享楽し, 人間の, 今も, 作る, 保って, 保つて, 保証した, 保証するであろう, 傷うのは, 再び敢, 創造する, 十分に, 味う, 味は, 味ひ, 増し主, 増すを, 増す為め, 外に, 大切に, 好む, 守るの, 尊重する, 尚ぶ, 尽し善, 工夫せず, 工藝に, 形に, 形造る, 彼は, 必要と, 想いついに, 想う, 意識し, 愛し醜, 愛するもの, 愛する者, 愛好する, 感じさせる, 感じその, 感じたが, 感じたるが, 感ずる人, 感服せしめる, 感知する, 成したる蕪村, 持たねば, 捉へ, 捕えて, 探り出だすべきかを, 探求する, 描いて, 握る道, 教へ, 教育界に, 最も深く, 有して, 有する西洋市街, 有つべき, 極めたもの, 構成し, 殺して, 殺せたま, 求むるの, 求むるは, 求めようと, 求めよと, 活動せしめざる, 浄めて, 添えて, 犯す事, 現して, 現そうと, 現わし, 理解し, 生むの, 生もうと, 産むという, 産んだ例, 発揮したる, 發見しよう, 盡し, 知らざりしに, 知らざるもの, 知らずに, 確実に, 示しつ, 示す, 移植せ, 美と, 聞いたこと, 被ふ, 要求する, 見いださんが, 見るの, 見るやう, 見る事, 見る僕, 見る時, 見出したの, 見出して, 見出し疑る者, 見出そうと, 見失うの, 見失って, 解したるに, 解する, 解すること, 解せざりしには, 解せざりし者, 詠みたる歌, 誇張的に, 認めたの, 認めたる者, 語って, 語ること, 誰にも, 論ずる一章, 謀らむとせば, 識らず, 識る, 象徴する, 賞し, 追求し, 重視する, 鑑賞した, 隠す術, 飾るあらゆる

1 [1141件 抜粋] あくまで貪ぼっ, あまり知らなかった, あらわした作物, あらわす, あらわすだけの, あるが, いきなり感得, いは, いへる処, うけよ, うたわれるそれ, おくり彼女達, おびて, ここに, この世の, こぼつ急, さえも, さらに区別, したたるばかりに, じかに感じ, せぬ所, そえた大きい, そこなわないよう, その伝統, その霊妙, それに, それ以上に, たたふる, ちりばめた前差, つかみ理解, つかんだ例, つくした近代都市, つくし衣装, つつんで, である, とつて, とどめるに, どうする, どのよう, なし得るならば, なすもの, はかなむという, はっきり理解, ひきだすから, ほこるので, ほめた, まかせて, みいだして, もたなければ, もち得ようや, もつ作品, もてあそぶ, わが金魚, オルソドックスを, ニグロの, 一実中に, 一番よく, 万能に, 不自由な, 主として工夫, 主として自然, 主張し, 主眼と, 乏しくする, 乱したこと, 争つて居る, 云うに, 交えしめること, 享楽する, 人々が, 今後の, 他の, 仮感の, 会得しません, 低級な, 作り出して, 作者は, 俗悪に, 保つため, 保証しない, 保障しなかった, 信じこれ, 信ずるからの, 信ぜず彼自身, 借来らん事, 備えた人たち, 備えまた, 傷つけること, 先ず醒まされる, 具えない, 具象化し, 円満なら, 写しては, 冴えしめる, 初めて味, 判ずるの, 到達し得ざる, 剣を, 創り出して, 創ること, 加えたるすら, 加えて, 助けて, 助け波動, 動的に, 包蔵し, 十分発揮し得る, 即せしめること, 友として, 取り入れ自然, 取るもし, 受容する, 可能ならしめ, 名と, 否み得るもの, 含ましめ純, 吸い出して, 吹聴する, 呂木は, 呈す, 味って, 味ふ, 味わうに, 味わして, 味識する, 喜びて, 喜んだ旅順, 喪失した, 嘉納されない, 器から, 基本と, 増したよう, 増しつつ, 増すところ, 増すもの, 増す大きな, 壊さない程度, 多少なりとも発見, 夢みる, 大きに増し, 天上に, 失うと, 失ったよう, 失った今日, 失わずに, 奥床しくも, 奪ったこと, 好む尖端人, 存する趣き, 守つ, 守るよう, 完う, 実用の, 客観的に, 害ね, 尊んで, 對象として, 少しねらひす, 尚びて, 尽くし粋, 尽くせり, 尽さねば, 尽した立派, 尽すの, 崇拝してる, 左程に, 布から, 幼い時, 弁せざる, 強調する, 形づくる新しい, 形容した, 彼らの, 得ること, 微妙な, 心から楽しむ, 心行くまで, 忘れて, 忘れる域, 忽ちに失ふであらう, 思ひその, 悉く現, 悟ったでありましょう, 悦ぶべくあまりに, 悪ん, 惜しむな, 惟一の, 想う者, 想ひ起さし, 想像し, 意識するなら, 愛した心, 愛しむ, 愛し慕う心, 愛し高, 愛すること, 愛するほどの, 愛する人, 愛する心掛, 愛する本能, 愛する蛮人, 愛惜する, 感じこれら, 感じさせるが, 感じそれ, 感じたいと, 感じたりという, 感じなくなり美的生活, 感じる, 感じるもの, 感じ一部, 感じ得るやう, 感じ物, 感じ美, 感ずること, 感ずるも, 感ずる瞬間, 感ぜしむる者, 感ぜぬ者, 感受する, 感得したる, 感得せし, 感覚させた, 感謝もし, 慕った, 成し子女, 成すの, 成すを, 打ち立てること, 把えぬ, 持ち人間的, 持った建築物, 持つこと, 持つもの, 持つ都会, 捉え来たりて, 捕えるの, 捜し求めたがる人々, 捧げたの, 捨てたところ, 排斥し, 探すこと, 掬い上げること, 掴み得る人, 描いた画家, 描き出して, 描く言葉, 揚ぐるやうに, 損じさせは, 損は, 摩し, 撰ぶに, 擁護する, 支えたもう, 改めて感じ, 放つて, 救うより, 敢て, 敬愛する, 整えるを, 断ずる唯一, 旨として, 明白に, 暴露し, 最も早く, 有することば, 有する地点, 望む性格, 本当に見る, 本質と, 東洋は, 棄てるか, 極めたるもの, 極めて居る, 極める, 極端まで, 構わない善, 構成した, 構成しよう, 欠くも, 欠く文化, 欠く程, 欲す, 欲するは, 欲求させ, 歌おうと, 正しい美, 死んだまま, 殺した, 殺すなら世, 殺す原因, 永遠に, 求むる, 求めたいという, 求めよ, 求めること, 求めるよう, 求める時, 求め女性, 汲みとること, 決するは, 注ぎ込んだガンダーラ人, 活かして, 浮かび出させて, 深く感じた, 深く捕えました, 深めようとは, 済せる, 演出者の, 濟す, 濟せる, 無視し, 焦燼, 煥発する, 爲すなり, 特色として, 現しその, 現すこと, 現す道, 現出する, 理解した, 理解せず, 生ずるは, 生みだして, 生み出して, 生み得ないかを, 生み得る時代, 生むこと, 生む場合, 生む道, 生命と, 生活にまで, 産み得ずまた, 産み得ないとは, 産み得るであろう, 産み美, 産むの, 産む所以, 産もうと, 甦らすため, 画きつくすのに, 異にする, 痛めて, 発揮したいなら, 発揮する, 発見した, 發した, 盛って, 盛ること, 盛ろうと, 目ざすと, 目当に, 目途として, 真に見直そう, 真実に, 眼前に, 瞥見した, 知らない, 知らない優美さ, 知らぬ人, 知りながら, 知り得た力, 知るもの, 知る英雄, 破つて, 確立する, 示さねば, 示しました, 示し得た作, 示すため, 示すでは, 示すもの, 示せども, 礼賛する, 私が, 私達は, 称し一人これ, 称揚する, 空想し, 立派に, 競いました, 競うほどの, 管弦楽に, 粧うと, 約束し, 純粋に, 索む, 紹介したい, 組織し, 缺い, 美の, 羨望する, 聞かされて, 聯想した, 育くむ大きな, 能く, 自分に, 自然物に, 芸術の, 蔵し, 衒い知られんこと, 衒ふ, 表す, 表わすに, 表現した, 装い艶, 複雑に, 見いだすこと, 見ざらむとして目, 見せる一室, 見つめた, 見つめ得た人々, 見ない場合, 見ぬきました, 見られた, 見るには, 見るを, 見わけるし, 見出したその, 見出し候, 見出し未来, 見出すよりは, 見出す風流, 見失う時, 見究めた思想家, 覚えて, 観じたこと, 観るも, 解しない, 解し得ない彼ら, 解せず応挙, 許さない, 詠じたる者, 試みたの, 誇って, 誇らず見掛倒しでない事, 誇り合うよう, 誇る幾多, 認むれ, 認めざるを, 認めたるは, 認めました, 認めるの, 認め得ないと, 認識しはじめた, 誘ひ出す力, 語りぬその, 語り尽さうと, 語り続けるの, 語る理由, 誤った工藝, 説いた時, 説きながら, 説くこと, 説くもの, 説明する, 談ずべからずと, 論じるに, 論じ高, 論ずるには, 謳はれました, 謳われました万年山相国, 謳歌せしめた, 讚嘆し, 讚美する, 貫きたる時間, 貫く生, 賞讃し尽した, 贈らんかな, 贈ろうと, 蹴棄, 軽く見, 輝かせるもの, 迎えること, 追い求めたとは, 追うたラスキン, 追う美術, 追っ払え, 追わずして, 追究せん, 造り上げる原動力, 造る技術, 道徳である, 醜悪な, 鋭く捕え, 鑑賞し得る, 開く, 闕く, 陰に, 雍也篇以上に, 離れ工藝そのもの, 露わさんと, 静かに, 顕揚せん, 顯は, 飾りつつ, 駆逐する, 高むることを女子, 高めるため, 魅力を

▼ 美~ (1472, 13.5%)

16 ために, 命 1210 世界に, 中に 9 目標を 8 標準を, 源泉は 7 標準は, 浄土に 6 ための, 一つの, 創造を, 神の 5 内容を, 国を, 域に, 標準が, 標準の, 法則である, 王国を, 理想を, 要素を, 言葉を

4 [16件] すがた, 世界が, 世界においても, 世界を, 中の, 吉ころし, 問題である, 声を, 大源泉, 姿を, 感じが, 本質は, 本質を, 標準と, 種類に, 表現を

3 [26件] こ, ことで, 上に, 世界にも, 価値を, 前には, 命の, 感情は, 感情を, 日本的源泉として, 本質に, 極致である, 極致を, 歴史は, 泉を, 法則を, 法門, 深さ, 源泉として, 王国は, 理想は, 神を, 義を, 豆粒, 領域において, 領域を

2 [127件] あらゆる範疇, あること, いのちを, うちで, うちに, ためには, 一方より, 一章が, 世界から, 世界な, 世界には, 世界は, 並立すべき, 主觀想, 他の, 伝統, 保障が, 備わって, 全体と, 内に, 内面の, 再発見, 冠たるもの, 力が, 力を, 区域を, 十分の一をも, 半面に, 半面は, 命に, 命を, 問題から, 問題だ, 問題に, 問題を, 国における, 国の, 国夢の, 基礎が, 基礎では, 声の, 変化である, 大きな要素, 女神の, 如何なるもの, 存すること, 存在などが, 完全な, 宗教であった, 宗教における, 定義を, 小さなオアシス, 尤なる, 弊害は, 形式は, 心情である, 心持が, 忘却, 性質を, 情に, 意識に, 感情が, 感覚に, 感覚は, 持主である, 探求に, 敵である, 日本的源泉の, 時代は, 本質が, 本質だ, 極と, 極致では, 極致と, 極致に, 構成に, 標準として, 標準に, 標的が, 権威でなけれ, 歴史では, 泉であるなら, 法則は, 消長と, 源泉が, 源泉と, 源泉の, 為に, 特色が, 特質が, 特質を, 玉座に, 王国の, 現しが, 理念として, 監禁に, 直接の, 直観とを, 相を, 真を, 示現である, 神は, 神より, 精髄を, 約束とまで, 背後には, 表現に, 要求を, 要素なる, 要素の, 規範を, 観念を, 観点から, 観賞と, 訪れの, 詩なり, 詩に, 認識を, 語を, 辞を, 道であるなら, 都に, 閉塞に, 階級と, 領域に, 頭の, 類別を

1 [899件 抜粋] あまりに複雑, あらゆる反映, あるべき道理, うちにも, おかあさんと, かげには, こころの, ざんげ, たつた一人, たのむに, ためにも, どかさ, ないこの, ないゴチゴチ, ない工藝, なかに, なかへは, ほうが, ほのかなる, まされるを, まとに, もろさ, やさしき顔, ゆえに, よい見手, ような, よき衣, よろこびに, を買ツ, イデア, グループが, センスの, ロマンティシズムである, ヴィジョンが, 一つとして, 一典型で, 一向解らぬ, 一大源泉が, 一大資格として, 一宗が, 一点張りで, 一端なる, 一詩である, 一路が, 一部が, 上からい, 下降は, 世界からも, 世界だ, 世界であり, 世界では, 世界の, 世界をも, 世界性であっ, 中から, 中では, 中核を, 中正を, 主と, 主的形式と, 主觀情, 事を, 事業に, 二神共に, 交渉した, 京都に, 他に, 他力性を, 伝統が, 伝統に, 伝統を, 伝統的な, 伝統者でも, 伝説を, 似姿, 位置が, 低下とを, 住家である, 余波で, 価あり, 価値によって, 価値は, 保存もしくは, 保証たる, 保証では, 保証とさえ, 保障であった, 偉大さに, 健康な, 健康性と, 備わった美しい, 僅に, 優雅を, 光に, 光りを, 全体である, 全部を, 公道な, 内容が, 内容に, 内攻性及び, 出現と共に, 出発が, 分った人, 初代瑞仙は, 判断如何の, 創作の, 創造が, 創造である, 創造者たり, 力で, 力によって, 力の, 動揺は, 勢力を, 化身そのものである, 区別は, 印象を, 原である, 又異, 反映を, 可能と, 可能人間性の, 司祭者夜よ, 吉と, 名によって, 呼び迎, 命その, 命のりたまはく, 命ま, 命二柱ませり, 命次に, 命答へ, 唄です, 問題であります, 問題について, 問題に対して, 問題の, 問題も, 嘆美等が, 国だ, 国において, 国においては, 国信仰の, 地下泉は, 型を, 基本的な, 基礎である, 基礎と, 堕落は, 境地において, 境地を, 増すによりて, 声が, 声な, 変化を, 外に, 多い公園, 多くの, 夢幻境, 大半を, 大氾濫, 大観に, 天下は, 奥底である, 奥深い含蓄性, 奥行きは, 女として, 女性答へ, 女神が, 女神だった, 女神である, 女神に, 女神エヌスの, 女神善良の, 如きは, 如き書道, 始源, 姿では, 威厳は, 子で, 子であった, 字の, 字審美学の, 安定の, 完全さを, 完成で, 宗教たり, 宗教でした, 官能が, 宝石を, 実現の, 実質, 客觀想立てばこそ, 家は, 密意を, 対象では, 対象を, 小わきに, 崇拝に, 崇拝者であり, 崇高な, 帰趨を, 幻に, 幻影は, 幻惑に, 幻想と, 幽霊が, 廃墟, 形を, 形式としてずつと, 形式としては, 形式を, 影圖は, 往生も, 御言持ちとして, 微妙さは, 心は, 忍従の, 念は, 思ひがけ, 性格とか, 性能を, 情を, 意を, 意義と, 意識と, 意識までも, 愛と, 愛好者であった, 感じなき者, 感じは, 感受よりも, 感覚が, 感覚の, 感覚を, 感覚強く, 我々の, 所有者に対して, 手段を, 把握が, 抹殺が, 持つ, 持主であった, 採択は, 探求真理の, 探求眼を, 探窮場, 放つ光, 故郷は, 教会が, 教養なき, 整った女盛り, 文学世界, 新しい衣裳, 新しさ, 新領土, 方が, 旗章の, 日本的源泉とは, 日本的源泉は, 映象, 普遍化この, 景に対して, 曲線の, 書物から, 最も健全, 最も有名, 最も深い, 最も高き, 最上な, 最後と, 最高の, 本性に関する, 本能とが, 本質, 本質では, 本質的な, 本道からは, 核心を, 根拠にさえ, 根柢が, 梅雨の, 極みが, 極りの, 極を, 極地に, 極点にも, 極致だ, 極致は, 構想に, 構造に, 標準とさえ, 標準には, 標準のみを, 標準も, 標的でした, 標的を, 権化で, 権化を, 権威が, 次元から, 歌である, 歌を, 正しい歴史, 正しい目標, 歴史を, 殺傷である, 気持で, 永久の, 永遠を, 沃土, 泉が, 法則とに, 法則に従って, 法則の, 法界を, 法門は, 流露によって, 浄土へと, 浄土相が, 涙ぐましい神々しさ, 淵源として, 添って, 減退に, 温良さ, 源は, 源泉であっ, 源泉を, 源泉的性質を, 源泉間に, 滅亡, 点である, 無盡藏, 焦点が, 焦點, 燦き, 特権である, 特質は, 牽引力, 牽引性は, 玉座が, 王の, 王国への, 王座に, 現れである, 現われと, 現象も, 理念の, 理想にも, 理想の, 理解において, 理解者だ, 理論なく, 環境が, 甚感化力に, 町, 畑だけ, 病は, 発光体を, 発生に, 発見の, 発見者である, 発足が, 発足は, 的が, 的であった, 的に, 益なく, 盛りの, 目標でした, 目標について, 目標は, 直接に, 相である, 相貌には, 真ならず, 真実である, 真実な, 真相を, 眼目と, 硬さ, 確立の, 礼讃を以て, 社会が, 社会性を, 神が, 神だ, 神アンガス・オォグ自身かと, 神ビーナスをさえ, 神大山津見の, 福音が, 秘密で, 秘密は, 秘義は, 程度を, 種目には, 窺知らる, 第一, 範疇と, 粹を, 精華である, 系統に対しても, 純白の, 素といふ, 経験という, 結晶である, 結果, 絢爛たる, 統一は, 線が, 美しさ, 者と, 肌ざわりをもちゃんと嗅ぎ分け, 背後に, 脆弱さによ, 自由を, 致命的な, 色を, 花鳥に, 著しい特色, 蔵の, 血統を, 行われたるゆえん, 行為である, 表はれ, 表現には, 表現は, 衰弱を, 衰頽と, 要求に対する, 要素が, 要素である, 要素な, 要素なりと, 要素は, 見える学者達, 見方として, 規準に, 規準について, 観念とは, 観照である, 觀念が, 言葉や, 記述が, 評価を, 詩人は, 詩形でない, 話は, 誇示とかいう, 認識これが, 認識について, 誠を, 説明が, 調和や, 諸源泉, 諸要素, 讃美に, 讃美者であるなら, 豊かな, 象徴では, 象徴の, 資源とも, 趣きあるあり, 輝きで, 追及者の, 追求とを, 追究に, 通俗性に対して, 進歩も, 遊行者で, 道で, 道を, 道徳的性質を, 遠慮に, 都への, 鋭敏な, 鎔鉱炉である, 鑑識家は, 闡明が, 陶酔を, 雄なる, 静平な, 非目的性, 面影と, 音楽浴, 音楽浴に, 頂天に, 領域で, 領域においても, 領域は, 類型, 饗応にも, 香りは, 驚きに, 驚異を, 鬱陶しさ, 魅力さえも, 魅力と, 魔神の

▼ 美くし~ (1072, 9.8%)

36 さを 26 い女 23 さに 22 い人, さは 2116 い声, さと 15 いもの 13 さの 1211 くて 10 い姿 9 いの 8 い色, き 7 いかお, い方, かった, さが 6 い事, い心, さも 5 い御, い花, い詩, きかな, く

4 [17件] いと云う, い可愛い, い国, い形, い手, い景色, い歯, い立派, い自然, い色彩, い詩人, い顔, かつた, き人, さで, さである, さと云う

3 [22件] いと云, い人達, い子, い小さな, い少女, い弟, い感情, い所, い月, い男, い眼, い着物, い空, い線, い音楽, い髪, き多く, き女, き手, くなり, さだ, さには

2 [68件] いお嫁さん, いかは, いこと, いと, いという, いとか, いとは, いと思, いと思う, いやさしい, いや廓内, いマヽ, い一人, い世, い世界, い児, い初日の出, い勝浦, い呉羽, い夢, い太陽, い嬢様, い小, い思い出, い感じ, い文字, い景観, い本, い様子, い毛色, い温か, い物, い画, い細君, い絵, い自分, い若衆, い衣, い装飾, い言葉, い部屋, い錦絵, い頸, い魂, かったに, きさい, きや, きソフィヤ, き奇術, き子, き心, き想像, き所作, き花, き金, き顔, く化粧, く見えた, ければ, さという, さよ, さ兩親, さ奧樣, とにもあらぬ, と思ひぬ, と思ふ, や, 過ぎて

1 [463件] いあの, いあみ, いある日, いあわれなもの, いうち, いうわ, いお, いおだやか, いお三輪, いお姫さま, いお嫁, いお嬢さま, いお方, いお菓子, いかおり, いからそんな, いことは, いことば, いこの, いこれ等, いしずか, いしなやか, いぞ, いつゆ, いでせう屹度, いとおったこえ, いところ, いとて, いとみる, いとも思い, いと其処ら中, いと思い, いと思えた, いと思っ, いと思った, いと感じた, いと皆賞め, いと眺めた, いと自信, いと観ずる, いどころ, いなつこ相, いのじゃ, いので, いひな, いほんとう, いまだ世間知らず, いまるで, いん, いオフエリヤ様, いデリケート, いナルシス, いニース, いパステル, いヒューマニチー, いヒラヒラ, いビーズ, いブドー, いブルバル, いベッド, いマダム・シャリニ, いローズ, い一人娘, い一重椿, い三つ年上, い上臈, い二人, い二個, い二十一, い五衣, い人々, い人形, い人間, い人魚, い体, い何かしら, い假寢, い働, い光, い光景, い入日, い内儀さん, い几帳, い列, い又, い友禅, い口調, い名工, い命, い和上さん, い唇, い器量, い四肢, い地中海, い地面, い坊主, い塗, い声音, い夜, い天真, い天賦, い夫人, い女の子, い女人魚, い女君, い女子, い女房, い女王, い姉さん, い姉上, い娘, い婦人, い孔雀, い字, い宗教言辞, い宝石, い寝が, い寡婦, い小鳥, い層雲, い山, い山々, い山河, い島田髷, い巣鴨通り, い巻毛, い帯, い干菓子, い年, い年若, い幾分, い形容, い影, い思, い思い, い性情, い恋人, い悲しみ, い想, い想い, い想像, い愛らしい, い感じする, い感謝, い懇親, い成熟, い我子, い或, い所許, い手の甲, い手品, い手帛, い文, い文句, い新, い方達, い旅, い旋律, い日, い日の出, い日光, い日化粧, い明障子, い書風, い月光, い朝日, い木立, い未来, い果実, い柔, い柱, い桃, い桃色, い楊貴妃ゆゑ, い樹, い橘湾, い歌, い歓会, い此坊や, い毛並, い気, い気持, い気立, い氣, い水, い水草, い池, い河, い波斯模様, い洋装, い涙, い液体, い清げ, い渓谷, い灯かげ, い点, い片, い特色, い珠, い理想, い琴, い生活, い男女, い町娘, い癖, い発露, い白人少女, い皆んな, い盛り, い直衣, い眉, い看護婦, い真, い真もの, い眦, い眸, い眺め, い瞳, い碧玉, い社会組織, い神々しい, い私, い秘密, い稚, い空虚, い窓, い笑, い笑い顔, い笑声, い第, い篋, い粉, い素直, い経験, い結構, い絨, い綺羅, い緑葉, い美くし, い羽, い羽根, い者, い肉体, い脈, い臙脂紫, い色布, い花びら, い花やか, い花園, い芳しい, い芸術品, い若, い薄命, い薔薇, い薔薇色, い蜂, い蝶, い血, い衣ずれ, い衣服, い衣装, い表情, い裡, い裲襠, い裾, い角め, い調和, い謙譲, い讃辞, い貝, い身, い輝, い逸事, い過ぎし日, い道, い部分, い金魚, い錦木, い長者, い雪, い雲, い青年, い靴, い音, い須永, い頬, い頭髪, い顔面, い風景, い食膳, い香, い髮, い鳥, うそぞろ, う感じた, う水草生, う稚, う胸, う行くの, かったが, かっただけ, かったので, かったろう, かったんで, かった事, かった娘, かった男, かった紅顔, かった頃, からん, かりしそのかみ, かろ, きかかる日, きかなしき痛き, きその, きは, きまど, きアントニオ, き優形, き国, き夢, き太陽七つ出づと云, き姫, き娘, き宝石商, き小鳥, き少女, き少年, き御, き恋, き星が浦わ, き春, き月, き梅子, き横顔チラ, き此, き歯, き火焔, き玩弄品, き皐月一日花菖蒲, き眼, き秋, き窓, き者, き耳, き聲, き蓋, き蝋燭, き行列, き術, き見覚え人, き言葉, き譬, き長崎, き陶器, き鳳凰山, くあっ, くあれ, くいろ, くうるおおされ, くお成りなすった, くお描きなされたよう, くして, くすき通っ, くする, くそめ, くできた, くとも, くどれほど, くどんな, くながら, くなずん, くなった, くなる肥料, くは, くもろく, くインク, くセルナード, く三十路, く且つ, く並ん, く乳, く交際社会, く人形, く何時, く儒道, く円い背, く好ましきかな, く彩色, く彼, く彼女, く御, く心, く心地よく並べる, く快活, く思えぬ, く慾, く手習, く拡がる, く掌, く明るく, く昼間一瞥, く柔, く照, く生れ, く白い, く着飾った, く筆, く若い, く若返り, く落, く落椿, く見せる, く財福艶福, く賢, く造り飾り, く頗る, く飾りたる室, けれど草, けれど遠き, さから, さしとやかさ, さじゃ, さその, さだけが, さだろう, さであった, さであり, さでございましょう, さでなく, さでは, さとか, さとを, さなつこさ, さなどと, さなり, さのました, さばかりは, さや, さゆえ大事に, さ両親, さ冷やかさ, さ努力, さ奥様, さ女, さ快, さ怪し, さ朝, さ生々し, さ素直さ, さ肌, さ若々し, さ連想, すぎる, てそうして, て出, と笑み, と見, の自然, みつつ, や急ぐまい, 優し, 黒し蓮

▼ 美~ (819, 7.5%)

14 あり得ない 11 しき 8 美の 6 ない, ないと 5 無心の, 生れて 4 ある, しく

3 [12件] しさ, どこにも, ないであろう, ないの, 人の, 伝統の, 実用から, 常に新しい, 所詮市民, 民衆の, 社会美である, 自然の

2 [69件] あり得ないから, あり得ないの, いつか生命を, いつもの, いつも国境, いよいよ温められる, ここに, これを, しき君が, そこに, そんな固定, ただ乱調, ないから, ないが, ふしぎに, まざまざと, もはやわれわれ, わけても地方色, ミの, 一つとして, 世界に, 主觀, 久米の, 二義である, 人への, 人間の, 他の, 余暇の, 信である, 信用の, 停止するであろう, 健康の, 働く器, 共に活きる, 凡ての, 固有であり, 堆積せられた, 大いに排撃, 奉仕の, 客観を, 彼の, 彼らの, 恩寵の, 悲しいもの, 愛である, 愛用する, 我々の, 文学の, 日増しに育っ, 材料美である, 決して宋, 没我の, 減少し, 温かい, 温められ高められた, 用いられた美, 用の, 簡単なり, 約束され, 結局最も, 絵画と, 美では, 肉体の, 自然への, 褪せる, 許されて, 遥かに, 隠すに, 驚くべき熟練

1 [582件 抜粋] あたりに, あったが, あのモリスら, あまりに研がれ過ぎ, ありませんが, あり得ずまた, あるでしょう, あるの, いいました, いかなる世界, いかなる美, いかに働いた, いくつに, いけない, いそがしい美, いつかここを, いよいよ自由, いろいろに, かえって一つ, かえって普通, かえって生活, かかる標準, かかる美, かくして二つ, かくて, かの客觀實, こ, こういう統一, このこと, このごろ夕暮に, この三, この地上, この驚くべき, これからの, これ等の, さすがに, さらに用, しい, しいので, しいも, しい光輝, しい哀れげ, しい大江, しい妃, しい性質, しい感情, しい深淵, しい生長, しい画面, しい福田, しう, しかりしとなり, しきみやこなり, しきも, しきもの, しきものの, しきよりも, しきわが, しきカーリス即ち, しきクサントスクロニーオーン生む, しきダナエーも, しきテアーノー衣服を, しきヘレネーの, しきマンチネエーを, しき乙女ありし, しき乙女の, しき人生, しき卓緑色の, しき双の, しき奇因縁なり, しき女子の, しき姫よ, しき帶の, しき平衡を, しき恋愛の, しき感受性によ, しき感情を, しき本然性情なり, しき条件として, しき果実に, しき汝の, しき深林と, しき牧歌を, しき生活が, しき神女テチスを, しき純潔な, しき綜合を, しき衣を, しき表口上より, しき軍袍の, しき金の, しき長倚子に, しき顏は, しく世にも, しく仰ぐ御, しく健全, しく吾等, しく描かれたる, しく権威, しく水, しく貴, しく飾立て, しく黄ばみたるを, しとい, しとお, し那智, すぐうつろいます, すこし拍子抜け, すさまじくこの, すでにこれ, すでに女子大高校生, すなわち美, すばらしい, そのま, そのものとして, その生産性, その着物, その神秘, その行く手, そもそも誰, それを, それ自ら, それ自身完全な, たえず荒い, たかの, ただその, ただ眼福, ただ色に, だんだん超越, つづいて, とくにその, とても人工, ともかくとして, どこから, どこの, どんなにがっかりしたでしょう, どんなに成長, ないだろう, なおだれ, なかなか容易, なくなるかも, なくまた, ひとり天才の, ひらかれ, ふと羽衣, まことに深淵, まさしく雷雨, ますます冴える, ますます澄明, また, また真, みんな僕を, もしこれ, もはや吾, よくとらえ, よさないか, わが国の, わが国古来の, アヌンチヤタに, シャスタ火山あたりに, ソックリそのまま, ドイツと, ムダに, レビューの, 一か所も, 一つである, 一人の, 一切の, 一歩退い, 一段進ん, 一種の, 一般品から, 一葉が, 一面材料美である, 下町の, 不可知, 不可能な, 不思議と, 且く, 中位の, 乏しく自然, 争ったり, 二度と甦る, 二次な, 二者伯仲の, 云うまでも, 人々を, 人と, 人形の, 人形自身に, 人為である, 人為の, 人界に, 今後ますます, 今後も, 他力美である, 以て, 伝統から, 何とであろう, 何によって, 何ものの, 何らかの障礙, 何を, 何事を, 何人も, 何故健全, 何物かの, 例へば現実, 例へば空想, 個人で, 個人美であろう, 個性美である, 僅に, 僕等の, 全くこの, 全く感性的, 全く陰翳, 全然姉君一人, 其下なる, 出て, 分っても, 到底創作, 到底画工, 則ち, 削がれて, 労働と, 労働の, 動的ならずし, 区々たる, 千載を, 半ば材料の, 協団的基礎なく, 協団的美な, 単純が, 即ち世界, 却って鬼哭, 厳粛な, 口に, 古典文学, 君が, 味わ, 善より, 善悪の, 四十四歳であった, 固より, 国家的でなけれ, 在るが, 地方色に, 埋没され, 堕落し, 増して, 増すであろう, 外国作家の, 外界には, 多いよう, 多くの, 多く岩石の, 多く描かれた, 多元的美である, 大きな現, 天成的に, 天然の, 姉君にも, 始て, 始めより, 始より, 存在し, 存在した, 存在する, 宗教から, 実に人生, 実現され, 家庭的日常時な, 宿る, 寛政四年に, 實に, 實の, 實を, 少しも, 少し宗教的, 少年と, 島原の, 工藝たる, 工藝的意義から, 常に何, 常に正しい, 常に法則, 常に無限, 常に知, 常に詐り, 幾色もの, 府下この, 庵の, 弟玄俊の, 弱いもの, 弱った, 当時に, 当然最小限, 形式化され, 影を, 彼が, 彼よりも, 後代に, 心の, 心を, 必しも, 必ずしもこれら, 必ず常にここ, 急に, 急速に, 恐ろしいばかりじゃ, 意志的な, 感じないの, 感じる者, 感情との, 感覚的の, 成立しない, 成立たない, 我が形体, 我に, 我を, 或時, 批判の, 掻き消えて, 描かれて, 改めた目, 文化十三年九月六日に, 既にそれら, 既にそれ等, 既に捨て, 旧来の, 昔の, 昔風の, 時代を, 時間と, 普通の, 暇を, 曼公の, 最もよくここ, 最も深く, 最後の, 最早や, 木曾に, 未來へばかり, 本物では, 柔弱に, 極まりない, 極めてなだらか, 極めて繊細, 極めねど, 極りない, 正しいこと, 正しい工藝美, 正しい社会, 正倉院御物, 此村に, 歴史に, 死の, 死も, 殆ど眞つ, 殆ど神に, 殆ど頂点に, 殆ど頂點に, 比類が, 比類なく, 永え, 永遠を, 汝より, 決してあり得ない, 法則を, 浅い美, 消え無事, 消費的対象として, 淫慾である, 清貧の, 演技上の, 漸次に, 無い, 無いが, 無垢なる, 無心に, 無銘な, 爛熟と, 父宮の, 物体に, 特に目立ち, 特に私, 特に美, 特殊美でも, 献ずること, 獨り, 現れ難い, 現わ, 現代の, 理想を, 理法の, 理窟の, 生じない, 生じないと, 生じないわけ, 生れないという, 生れる, 生命であり, 生活の, 用と, 用を, 男を, 男性美では, 畢竟制作者, 発しる, 百花を, 皆想に, 益, 目に, 目も, 目を, 目前に, 直ちに人, 相対の, 真なる, 真の, 真実の, 知にも, 確かに, 社会美を, 神に, 私が, 私たちから, 私には, 秋の, 空間的の, 筆紙に, 紀州の, 純工藝, 組み立てられる, 組織美である, 絢爛を, 絶えず彼等, 羅馬に, 羅馬又は, 美だ, 美で, 美なりとしても, 聞いて, 肥後の, 能楽絵画の, 腕の, 自らに, 自分にとって, 自然さの, 自然である, 自然を, 自然美である, 自虐的努力と, 自身の, 色彩の, 花を, 若葉の, 英雄崇拝時代の, 薄らいで, 虚であり, 街路樹と, 表は, 衰えを, 被造物, 複雑です, 見えないの, 見るに, 解せられない, 言う迄も, 言葉にも, 詩歌音楽の, 誰にも, 貧者の, 賜物な, 跡形も, 躋寿館で, 近代の, 近代女流によって, 通俗であっ, 過去に, 選ぶ人, 都市美では, 醜でないと, 醜と, 醜に, 鎌倉末期から, 鏡に, 鑛區を, 陸上の, 雑器の, 静的であった, 非常な, 頬紅を, 類型美である, 風土の, 飛んで, 魅力は, 魔力を, 麓の

▼ 美~ (615, 5.6%)

32 ある 13 あるの 9 あるでは, あると 7 あった 5 何である 4 あって, あるから, あること, 出るの, 生れて, 生れるの, 認識される

3 [12件] あるか, あれば, あろうか, どこに, ない, ないと, なかったら, 宿る, 宿るとは, 現れて, 生れたこと, 自然の

2 [54件] あったから, ありは, あり得ようか, あるからな, あるという, あるとは, あるん, あろう, あろうとも, あろうや, いや増すとは, かくも, それを, なければ, 与えられた, 世界に, 出るとは, 包まれるとは, 厚くこの世, 善でないなら, 善と, 存在する, 完成され, 手に, 托されて, 教えるところ, 映る, 最も鮮, 最後の, 有つ, 民衆より, 深ければ, 湧いて, 潜む, 潜んで, 現れ難い, 生ずるの, 生れたか, 生れたろうか, 生れないわけ, 生れるという, 痛ましくも, 発見される, 真実である, 確かに, 示されて, 育てられる, 薄いの, 見えるでは, 見られるの, 見出されること, 見捨てられたか, 許されて, 過去へ

1 [368件] あったかを, あったであろうか, あったので, あつて, あふれるの, あらわれて, ありかかる, ありましたろう, あります, ありますけれど, あり力, あり得ないであろう, あり得ようという, あり得ようや, あり得ると, あり得るわけ, あり法則, あり美, あり色, あるし愛嬌, あるでしょう, あるでしょうか, あるなどという, あるならかかる, あるならそれ, あるなら単純, あるなら工藝, あるなら普通, あるなら衆生, あるには, あるので, あるのみ, あるばかり, あるもの, あるやう, あるよ, あるを, ある孤, ある快感, あろうはず, いかなるもの, いよいよ冴える, おとなしい若者, お迎, かかる真理, かかる社会, かつて一個性, ここにも, この人, この時, こめられて, さっぱりと, すばらしいと, すべてに, すべて直線で, そこでは, そこには, その主体, その安定, その物語, ただの, ただ時代, つまりは, どうして健全, どうして発見, どんな関係, ないから, ないからと, ないでも, ないという, ないの, なおも冴えるであろう, なかったなら, なくば, なく朗吟, なされた, なり立つと, にじみ出て, ひそんで, ふくまれて, まざまざと, まだ生存, まづダンテ, もうもろく, もくろまれて, やや感傷的, よいと, よく保たれ, よし最高, よって立つ, より安定, より沢山ある, わずかの, われわれの, プロレタリアート文化の, モスクワの, 一つの, 一切を, 一層深味, 一挙一動に, 一時養っ, 一般的に, 丹波焼には, 主張せられる, 乏しいから, 乏しいこと, 乱れたこと, 交わってこそ, 人の, 人類の, 今も, 他に, 他の, 代表し, 伝統の, 伴う, 伴うであろう, 伸子をも, 何か, 何だか知り, 何で人類, 何を, 何んの, 何処から, 何物だい, 何物だい芸術は, 作られて, 作りたい, 例によって, 依存するなら, 保たれて, 保たれようか, 保証せらるる, 個人から, 偉大である, 健全でなく, 備はり, 備わって, 備わりながら, 充たされること, 光る場合, 具体的に, 冴えるとは, 冴えるの, 冴えるほど, 出ずば, 出て, 出ること, 分って, 分らなくなったであろう, 分らなくなって, 分るか, 切迫し, 制限を, 創り出された, 創造され得ない, 加えられると, 労働と, 匂つてゐる, 協団の, 単に主観的たる, 危機が, 即ち内容それ自身, 即ち醜, 厳島から, 又此処, 可能であろう, 可能と, 含まれるの, 含まれる場合, 呪詞の, 問題に, 善より, 喪われて, 圧迫され, 増して, 増す, 増すの, 増すよう, 天然の, 夫人には, 失われて, 契われ, 如何ぢ, 如何に, 如何にも御苦労さま, 妬ましい, 始まったぞ, 存しない, 存する所, 完成された, 実に純粋, 実感されない, 実現される, 実際と, 宿されて, 宿って, 宿るか, 宿ること, 少しく凋, 少しより, 尠い, 巧みに, 常に繊弱, 形を, 彼から, 彼の, 彼女と, 彼女の, 必ずしも工藝, 必要であろう, 必要な, 思いなしによる, 急速に, 怪教馬霊教の, 恵みが, 意識的に, 感ぜられたの, 憂愁の, 成りたちその, 成り立つ, 成立し, 批判の, 拵え物に, 振り返って, 描かれて, 描かれ生まれて, 文芸に, 新しく加わった, 新たに, 既にどこ, 日常性の, 日本の, 明日の, 時代と共に, 最も厚く, 最も正しい, 最も豊, 最も豊か, 最も輝, 最上の, 最高の, 本質的要素たる, 柩の, 横溢する, 次第に現, 正しき社会的秩序, 正当に, 此処に, 歴史に, 死し五月二十四日, 死ななかった場合, 氏の, 民藝品として, 民衆に, 沈んで, 油然と, 流れて, 浜の邸に, 深く味, 深まる場合, 深まる時, 満ちて, 火山に, 無かつ, 燃えて, 犠牲に, 現れましょうや, 現れやすい, 現れようや, 現れるかの, 現れること, 現れると, 現れるとは, 現れるなら多量, 現れるなら簡単, 現れる機縁, 現れ得ること, 現われるよう, 現実生活で, 生じて, 生ずるため, 生まれはじめる時, 生まれるという, 生まれ出た, 生めるの, 生れました, 生れようか, 生れようや, 生れる, 生れるか, 生れるかの, 生れること, 生れるとは, 生活に, 産めるか, 用に, 用を, 用途と, 発して, 発するか, 発展し得る, 発揮され, 発露される, 發達する, 盛られるとは, 目立って, 眼を, 瞬間瞬間の, 示され得るか, 示現される, 社会美である, 私達の, 稀有なある, 競い立って, 等閑に, 約束され, 結実し, 結局美の, 絶え間なく, 絶対的存在である, 綺麗の, 繊弱に, 美だけとして, 美として, 美醜の, 肯定された, 背に, 脱落の, 腐敗に, 自分とともに, 自分には, 自然を, 自然美と, 茶器に, 表現される, 表現されるだろう, 表現せられ, 要する組織, 要求される, 見えた, 見えない, 見えなくて, 見えぬ人, 見えるの, 見出されるという, 見出されるの, 見逃されること, 視ること尋常蕩子, 観た者, 許されるならいかに, 許されるの, 認識され, 讃えられ醜, 贈られるとは, 輝いて, 輝くとは, 輝を, 轟々として, 迫力を以て, 遺憾なく, 醸される点, 量に, 響く, 顔に, 高き代価, 高まって, 高級の

▼ 美~ (520, 4.8%)

39 して 9 打たれて 5 於て 4 しても, 對し, 満ちて, 溢れて, 眼を, 義と 3 あるの, 向って, 就いて, 就て, 心を, 憧れたい, 至っては, 過ぎない, 驚嘆する

2 [38件] あこがれる, ある, うたれた, うつとり見とれる, つれて, 不思議な, 乏しいの, 似たれども, 傾きは, 傾き西洋, 傾く, 充ちて, 充ちる地上, 入ること, 到達する, 向っては, 囚はれ, 囚われて, 守られずしては, 富んで, 属する, 彼は, 心ひかれ, 感ずるは, 憧るる, 打たれました, 接する如くわれわれ, 描き出して, 携わり得る道, 様々な, 活きる藝術, 病むの, 積極的と, 空間的の, 進む食事, 遊ぶ, 非ず, 類するもの

1 [340件] あらざるはなし, あらずして, あらずと, あらず谷, あること, あるだけに, あわせ備え見る者, うたれたお, うたれた帰途, うたれた野菜, うたれて, うたれるという, うたれる時, うたれ心, うたれ書く気, うっとりと, うまく調和, おきか, おはせし, かえさしめるの, かかりましたから, かかわらず私たち, ささげる私, しその, したいとは, し器什, すりかえられる, するに, する一因, そへる, それぞれ存在価値を, つながる東洋的美, なくて, なくては, なって, なつかしむ心, なるの, ひかれるまま, ひきつけられ不思議, ふける花柳, ふさわしい一箇, ふさわしき選ばれたる, ふれた時, ふれて, ほかならないもの, ほれるの, まさる, みちた天, みちた鋭い, みちて, めぐまれて, もとづいて, よりて, わかたれるの, カラ躁ぎする, 一段の, 一致する, 世を, 乏しい, 交り, 交る, 人は, 人類の, 仕えること, 他ならない, 仙郷的の, 代ふる, 伴ふも, 似たもの, 余りに関心, 使用せらる, 依ってのみ, 価するもの, 価する特別, 倦みたる希臘詩人, 偏した, 傾くもの, 優る美, 充たされて, 充ち得るかという, 充ち輝き, 先ず目, 光彩が, 入りロオザ, 入るため, 入る近代, 全然生来, 冷淡で, 切りまくられ踏みつけられ舌, 列する理解, 加る, 劣ると, 動かさる, 匂う文体, 単純が, 即して, 即すること, 及ばざるなるべし, 及び得たもの, 及ぶ人, 反撥させる, 取乱したようす, 向つて, 向上を, 呀ッと, 囚は, 回した禅機, 在り是, 基くかを, 変わった, 変異は, 外ならぬ, 多くの, 奉仕すれ, 姿を, 娶ひて, 嫁した, 存し, 客観性を, 寄せて, 密かな, 富む西欧諸国, 富んだ日本, 富んだ美術工芸, 富んだ青年, 対すれば, 専ら其事, 對する, 對すれ, 導いて, 就いても, 就かざるや, 尽瘁する, 居る人以外, 属するの, 工藝の, 帰る時, 幻惑陶酔する, 引かれても, 引付けられ, 強く心, 当時あまり, 彼が, 征服され, 征服された, 従順でございました, 御心, 復帰しよう, 徹した家庭, 必要な, 思はれそして, 恵まるるのみ, 恵まれた日本, 恵まれて, 恵まれない都会, 悖るなら真, 惑わされた報告, 惑溺し, 惹かれたばかり, 感じやす, 感じやすい, 感じ入って, 感じ忽ち, 感ずるの, 感ずる力, 感動し, 感動する, 感心が, 感激の, 慢じ, 慣れた心, 憧れしかも, 憧れて, 憧れては, 憧れる恐らく, 成る芸術, 戦慄しよう, 戸惑っては, 所属し, 打たれた, 打たれたばかり, 打たれたよう, 打たれたらしく目礼, 打たれた時, 打たれての, 打たれないわけ, 打たれない者, 打たれながら, 打たれるとき, 打たれるの, 打たれる代り, 打れず, 抱摂すべきであろう, 拘らずざら, 拘わらず自ら悪相, 接した慶びでためつすがめつしているが, 接した様, 接して, 接すると, 接せねば, 接近し, 敏感な, 救おうと, 新しい一真理, 新旧は, 新鮮を, 於ける精神, 於ては, 明石は, 昔から, 映えて, 様々あろう, 権化した, 欠けた点, 欺かれて, 止まるであらう, 止まるであろう, 殉ぜよという, 比べて, 気づきそれ, 沈潜する, 法悦する, 活きるもの, 浮かれて, 浮出して, 浸り得た時代, 浸る心持ち, 涙を, 満たされて, 満ちたるもの, 満ち輝いた顔, 準ずるだけの, 溢れるばかり, 溺れて, 潜む法則, 潜む秘義, 熱中し, 燃えて, 牽かれる一番, 牽かれる傾向, 玄俊という, 生きるもの, 発達を, 目を, 盲目だ, 盲目であっ, 直接触れ, 相通ずる, 眩惑せられし, 破綻が, 神が, 私は, 究竟な, 立ちすくんだよう, 簡単なる, 精神を, 結合し, 結縁され, 絵画は, 綜合された, 繋がれる機縁, 缺くべからざる, 置き換, 耽って, 耽溺した, 育む, 背いた生活, 胸衝たれ, 至るまで, 至る真理, 色々あろう, 荘厳された, 虧くる, 衝たれ, 見えて, 見えなくて, 見えるん, 見とれて, 見惚れた時, 見惚れて, 親しむこと, 親しむ場合, 親まざりし, 触れても, 触れん事, 誇るより, 負けた心, 走り詩, 超えた姫君, 輝いてる音楽, 輝くすばらしい, 近いところ, 近い美しさ, 近く目も, 近づいて, 近づきつつ, 近づくと, 近づく所以, 近づく権利, 近代的知識と, 迫り得るであろうか, 迫ろうと, 迷いしを以て, 追われて, 通じて, 逢ふ, 進みその, 過ぎたるはなからんと, 過ぎないと, 過ぎよう, 達した人格者, 達しなくては, 達し得たの, 達すること, 遠ざかりつつ, 酔いては, 酔いながら, 酔う, 酔うて, 酔う人々, 酔わされたこと, 重々しさ, 長所を, 関る, 関係なく, 関心ない, 関心なき, 陥つた点, 陶酔する, 震える力, 非ずして, 飢えて, 飾られる世界, 驚いて, 驚くは, 驚異した, 高める暗黙, 魅せられ浮かされたうたうひとり, 魅せられ浮かされとうとう, 魅了され

▼ 美~ (452, 4.2%)

7 云うもの 6 不思議と 5 醜との 4 善との, 醜とは 3 なって, 一致する, 云う事, 云ふ, 力との, 力とを, 愛と, 感じたる趣味, 醜と

2 [40件] いう, いうと, いえば, いおうか, いふ, いふよりは, これが, されて, しこれ, なるの, ロマンティックな, 主観的美とも, 作家的な, 価値とを, 力とが, 叛逆美との, 呼んで, 善の, 善良との, 徳との, 思っては, 憧れの, 才と, 消極的美と, 消極的美とを, 用と, 白帝城の, 相対する, 結ばれるもの, 美の, 自然と, 芸術美の, 衆生と, 規模の, 調和を, 醜勇敢, 霊の, 露骨と, 静寂に, 高さ

1 [319件] ありて, いい造型技巧, いうが, いっしょに, いっては, いつくしみを, いつたもの, いつたやう, いはれぬの, いひその, いひ極めて, いわんか, いわんより, おなじよう, お礼の, この生活, さびしさ, しある, したいと, したの, しイリュジョン, し月, し杖, し雪, すべき者, すべし, する所, する精神, する者, すれば, そしてほのか, その威儀, その徳, その性質, その理, その美, その美しい, その花姿, その表現, た, ただそれ, たわむれて, とらえて, なす, なすこと, なすべきの, なった, なつた, ならざるを, なりその, なるかの, なる為, みず, みずからの, よびうるの, よんで, コントラストあり, シェイクスピヤの, ジュー型の, ハヒルスという, モラルの, ロマンチックの, ローマンスとに, 一つの, 不可知, 不美とが, 不美とは, 並べて, 云って, 云つた, 云は, 云われるもの, 交通の, 享楽とに, 人爲の, 人間の, 仁とを, 何ともいえない, 作用を, 併せ備えた肉体美, 価値とが, 信じ拙劣, 信ずる所, 信仰に, 信仰を, 信義を, 個性美とが, 健康との, 優美とを, 兼ね備わるもの, 利とは, 力と, 力とは, 力の, 力を, 動性の, 匂いと, 匂いを, 化して, 卓抜を, 単純な, 反抗美との, 反逆美との, 叡智とを, 同じこと, 同一な, 同志の, 名づけられるべきすべて, 名づけられる細片, 呼ばるべき, 呼ぶ, 呼ぶこと, 呼ぼうか, 呼称しよう, 命とを, 品位とを, 唯物主義との, 善とは, 善とをも, 善意とが, 善良の, 喜びと, 嘆きと, 均衡を, 壮に, 壯觀は, 変化する, 外界の, 夢とが, 大した交渉, 大観とを, 天使の, 天味を, 天性とを, 女王としての, 完全と, 宗教の, 官覚とは, 実生活難しい, 客観的真実とは, 富との, 富とを, 将来の, 尊厳を, 山岳美と, 岩壁の, 崇厳を, 平和を, 幸福と, 強さ, 後天の, 思われた奇矯さ, 性格の, 恋の, 恋人の, 恭敬とが, 悲しみの, 情熱とを, 情緒とに, 情趣とが, 意気地とに, 愛, 愛との, 愛とを, 愛の, 愛慾への, 愛着は, 感じしかも, 感じたロマンティック, 感じなければ, 感じ醜, 感ぜられて, 感激の, 感覚は, 成長とを, 才能とに対する, 承知せぬ, 技巧との, 押し並んで, 接吻を, 文化との, 文化とは, 文化とを, 新鮮美に, 明朗性が, 最秀, 未来の, 来てるからね, 果物美, 栄耀と, 森厳を, 楽しみとを, 樂と, 模様, 権威とに, 機械との, 歓びの, 正義が, 正義とに, 正義に, 正義を, 此の, 死とに, 民藝との, 民衆とには, 民衆との, 気品の, 氣高い, 洗錬された, 浄楽の, 涙の, 混同した, 清新味で, 清潔とを, 渇仰を, 温かな, 渾然融和し, 溢れる滋味, 爽快とに, 特殊な, 狂喜とを, 独立し, 獣性淫蕩と, 理想との, 瑰奇美と, 生の, 生命とを, 生活とが, 生活との, 生活力とを, 生活美と, 用との, 用とは, 用とを, 申さねば, 相映じ, 眞と, 真が, 真と, 真とは, 真とを, 真を, 真実の, 福とが, 称し奇, 称し快楽, 称し醜, 称せらるる, 粗雑さとの, 精神を, 純粋だけ, 純粋に, 純粹, 結ばれる運命, 結び合うか, 結合し, 結婚した, 緊張感に, 罪悪との, 美への, 自然の, 自然美とに, 自由と, 色彩の, 芸との, 芸術への, 芸術美に, 荘厳と, 荘厳に, 蠱惑の, 衣裳什器の, 見えたもの, 言い美味, 言ったよう, 言つて宜, 言ふべき, 訓んだ, 註文と, 詩との, 詩学とを, 詩的精神を, 誇らしさ, 認めたるは, 認めては, 誘惑と, 誤認し, 誤認せし, 調和とを, 講釈には, 豊富さにおいて, 貴さ, 質と, 質とを, 趣味との, 踊りの, 輝きとを, 輝きを, 辺幅の, 退屈の, 速さ, 道徳とは, 醜とが, 醜とに, 醜とについて, 醜とを, 醜君, 醜純正, 閉されたトンネル, 雅と, 離れて, 音声の, 顔の, 驚くべき技巧, 高とに, 高とを, 高の, 高貴とを, 麗と, 黒髪という

▼ 美~ (265, 2.4%)

27 女だ 12 女が 8 声で 7 女で, 女の 6 のを, 女は 54 酒を, 音が 3 ちゃん, 女だった, 女と, 男で, 男の, 衣類き

2 [20件] だらう, 名前を, 器量だ, 声が, 女, 女だって, 女でございました, 女でした, 女です, 女などは, 女ほど, 娘で, 娘です, 男だ, 男と, 男とは, 男に, 男ね, 男よ, 色だ

1 [121件] お嬢様は, お方に, からお茶, からその, からそりゃ, から見物, が歩き, そうだ, そして恍惚, だけにその, と評判, には驚嘆, のが, のだ, ので毛唐, のは, よ, 乳首の, 二十ばかりの, 人で, 像だけは, 八九歳の, 別嬪の, 匂いが, 味に, 味を, 器量の, 土地へ, 坊は, 声し, 声です, 声に, 声の, 声は, 声を, 夢一つ見るで, 女さ, 女じゃ, 女だってね, 女だつたさう, 女でも, 女ときまつてる, 女なら, 女には, 女を, 女ッぷり, 女房を, 女装の, 妾だ, 姿だ, 娘だ, 娘だった, 婦, 婦なぞは, 婦の, 婦人, 嬢だ, 嬢です, 子ね, 子は, 年増丑刻過ぎといふ, 御妻君, 心掛立派な, 手の, 扮装だ, 指の, 新造が, 方か, 方でも, 方な, 景色は, 月だ, 水が, 烏龍茶を, 玉という, 男か, 男が, 男さま, 男さ此の, 男じゃ, 男ぢや, 男てえ, 男でした, 男な, 男には, 男は, 男を, 癖に, 白波が, 着物が, 着物も, 着物を, 素敵だ, 綺縹だ, 綺縹の, 綺麗な, 綾が, 縹緻だった, 縹緻では, 肉の, 色が, 色でございます, 色の, 花魁の, 芸妓さんに, 若い奥様, 虫の, 虹が, 衣服だ, 身装を, 辞が, 酒だ, 酒二石と, 錦絵を, 鎧具足を, 音を, 顔だった, 顔を, 香の, 香気が, 魔法で

▼ 美夜ちゃん~ (193, 1.8%)

8 の手 3 はもう 2 か, だった, のそば, の前, の頭, の顔, はお, はちょっと, はやっと, を指さし

1 [162件] お美夜ちゃん, かあ, からもお礼, がいらない, がいろいろ, がこの, がとまり, がにわかに, がねむ, がわからねえ, がニッコリ, が家, が愛らしく, が母親, が深夜, が父ちゃん, こんなところ, じゃねえ, じゃア, っていう, ってもの, てえの, で, では, という七つ, という小さな, など見向き, にすがられた, にはひと足さき, にふしぎ, にもうれしい, にもひと役, にゃア一人, にチョビ安, に会っ, に小さい, に持たし, に水, に障子, のおけ, のかあ, のからだ, のふりしぼる, のまわり, の二人, の家, の幽閉, の待ってる, の悲しみ, の母, の浴衣, の父, の父親, の耳, の聞いた, の肩, の裾, の言葉, の足もと, の返事, の骨, は, はあっけ, はあっし, はあやしみ, はあわて, はいじらしい, はいつ, はいぶかし, はうつむい, はおもしろ, はかわいい, はくりかえし, はこうして, はここ, はこわ, はすすりあげ, はすっかり, はそう, はそっと, はその, はその小さな, はそりゃあ綺麗, はそれ, はそれから, はたいへん, はたちまち, はだんまり, はどうしても, はなん, はますます, はまた, はもうすっかり, はわるびれない, はチョビ安, はツン, はパッ, は下, は両, は今, は及ばず, は小さな, は小鼻, は左右, は常, は恐ろし, は恥ずかし, は日光, は気味, は涎くり, は狂喜, は白痴, は縁, は聞こえない, は背中, は言下, は返事, は長い, は首, への愛, またクルッ, もいつも, もお, もお母さん, もこんな, もそば, ももう, もニッコリ, も作爺ちゃん, も子供ごころ, も心配げ, も無事, も知っ, も隅, やチョビ安, よウ, をいきなり, をおもう, をかえり見, をかかえ, をさらっ, をそば, をだきかかえ, をだきとろう, をとりまい, をグイグイ, をチョビ安, をトンガリ長屋, を加え, を帰す, を忘れ, を押しのける, を横だき, を片手, を狂喜, を産んだ, を畳, を相手, を見かける, を見すえ, 小さな手, 淋しい夜道

▼ 美なる~ (192, 1.8%)

6 ものは 5 ものを 4 が故に, ものが, ものの, 馬を 3 ものあり, 部分のみを

2 [12件] かは到底, にあらず, もの, ものた, ものに, ものには, ものも, を感服, アイペーア葡萄に, ヘレネーの, 恐るべき, 駿足を

1 [135件] いみじき褥今, かなげに, かなランプ, かな明, かのご, がごとき, が微妙, が爲め, こと全く, こと内外に, こと冠玉の, こと想ふ, こと花の, こと落花の, こと錦に, こと類美の, とに至り, にあり, にせよ, にはあらずし, に似たれ, に惚れ込み, に至り, に非, に驚き, はあらじ, はその, はシドニー以上, は實, も, ものあれ, もので, ものである, ものと, ものなき, ものなり, ものよりも, もの世の, もの兀鷹の, もの多し, もの有之, もの正義ある, もの海に, もの無垢な, もの用ある, もの用有る, もの高貴なる, も内容これ, も實効, を以て妹姫, を左右, を賞し, を驚く, アイテース, アリアドネー彼に, アレイネーアルペーオスの, テチスの, ヘレネー妻と, ヘーレーの, リズムも, レートーの, 世界である, 世界を, 事は, 人あり, 人すぐれた, 人間性に, 侍女を, 冊子数百部を, 厩に, 双馬を, 可し, 国なる, 境地真に, 大なる, 大盾身, 天然の, 女性の, 女王も, 妻の, 娘汝に, 学制を, 宴飮催しぬ, 實, 彼の, 心情を, 恋愛を, 想像に, 感情, 感情を, 戰具は, 所以を, 時は, 林道を, 楚々なる, 正しき忠言, 此双馬, 武具, 母また, 汝の, 物, 物とは, 物を, 特質を, 理由非と, 生活は, 白綿羊を, 白馬を, 神女に, 神女の, 神州の, 神靈アテーネー其膝の, 空想圖を, 精巧の, 素女あら, 者に, 者を, 肉体の, 脛甲を, 臥榻に, 舞姫ピューラスを, 螺旋状飾紋あり, 部分が, 部分も, 部分を, 都城に, 都會かなと, 青銅の, 面, 風光は, 風景に, 食事を, 駿馬の, 麗人お, 黄金の

▼ 美~ (132, 1.2%)

9 醜も 3 一つの, 道徳も 2 ありえない, またくずれ, また死ん, 救いも, 文句は, 結構である, 運も

1 [103件] あざやかに, あらゆる高貴, あり得ない面白い, あること, あわれ名物狼餅, うかがわれ皇后, お道化者, ここでは, した大昔, すでに一巡, すべて廃れはて, それに, それは, ない, ない凡俗, ない平坦無味, なくなれり, なくまた, なく云わ, はるかに, まさりいよ, また, またその, または喜び, また個人的, また停止, また傷つい, また全く, また完成, また虐げられる, まだ見給わず, みなこの, よく捉, わかる, 一段の, 三十という, 云わば, 亦力, 何にも, 何もかも今, 信雄は, 僕には, 光が, 全く工藝的意義, 全秩序, 共に, 凋落し, 到底説明, 創れない戦争, 又ソックリ, 名所旧跡も, 味え, 善も, 嘘の, 大したもの, 如何なる偉大, 威厳も, 富も, 少女の, 尠し, 度が, 彫刻建築庭園等美術の, 後の, 徳も, 情感も, 愛して, 技巧も, 挨拶も, 新らしく生れ変つた, 明清の, 書画の, 最近の, 来まいぞ, 此の, 此所に, 死んで, 民衆にとっては, 民衆的であり, 法則も, 活かして, 消失すべきである, 温帯美も, 源氏の, 漂って, 漸次に, 理解し, 理解する, 産業である, 用の, 真である, 真も, 知って, 社会主義の, 自然の, 色気も, 芸も, 苦悩の, 認められない, 逞しい生活, 長くは, 顕さないで, 風景の, 魅力の

▼ 美留藻~ (92, 0.8%)

6 の姿 3 の似せ, の許嫁 2 か美紅, であった, でした, は先ず, は紅矢

1 [70件] か自分, がお婆さん, が二人, が俺, が化けた, が年頃, が引いた, が死んだ, が浮き出す, が通った, が鏡, が首, そのままの, であった妾, であろうが, でお姫様, でしょうか, というの, という女, とかいう者, と一所, と共々, と申します, と香潮, になっ, に対しても極まり, のお父さん, の両親, の喜び, の心, の紫色, の美紅, の脱, の行衛, の顔, の髪毛, の魂, はいよいよ, はこの, はこれ, はさも, はなおも, はほっと, はまだ, はやがて, はグタリ, は乱暴, は今, は今更, は吾, は実に, は帰った, は急, は恐ろし, は扨, は最前, は最早, は生れ, は痛み, は自分, は鏡, は香潮, は驚いた, も最初, も波, も青眼先生, も香潮, よりも潜る, より後れ, を殺した

▼ 美への~ (79, 0.7%)

3 見方は 2 共通の, 無視である, 認識は, 驚くべき直観

1 [68件] あこがれを, かかる要求, よい認識, 信仰に, 傾倒に, 共通な, 冒涜が, 冒涜だ, 努力が, 哲学と, 大冒涜, 奉仕, 奉仕であり, 奉仕は, 好奇は, 好尚であり, 好尚に, 嫉妬とか, 守護を, 官能の, 帰依, 恐るべき反逆, 情愛とを, 愛慕と, 感動や, 感覚の, 憧れという, 憧れは, 憧ればかり, 憧憬が, 成長を, 接近である, 本能の, 本能を, 標準語を, 正しき認識, 正確な, 深い体験, 渇仰, 満足が, 理解が, 理解によって, 理解を, 生活との, 直接な, 直観が, 直観なき, 真理を, 知的理解において, 耽溺を, 表現は, 見方に, 見方の, 見方を, 試みである, 認識が, 認識を, 誘導とも, 讃歌では, 転向私は, 追従を, 鑑賞と, 鑑賞を, 関心が, 関心の, 関心は, 飛躍すべき, 驚きな

▼ 美青年~ (76, 0.7%)

5 である 2 が姿, たるべきこと, だった, でした

1 [63件] からの手紙, がいた, が二人, が憎むべき, が日本着物, が療後, だったそう, だったの, であった, ではなかっ, でもなん, でやはり, でブダペスト, で最う, で村, で相当, という訳, といったほう, とが互い, として通用, との約束, と一緒, と歌, と美少女, なりきと, なん, に化け, に戻る, に手, に比べ, に用, に荷物, に関係, に顔, のアチミアーノフ, の一得, の名, の唇, の妻, の癖, の笑顔, の紳士, の給仕, の羽柴壮一君, の肖像画, の自動車, の茨右近, の薫, の裸体, の面影, の顎, は古今無双, も何かしら好意, らしく見えたが, を, をはじめて, を人, を使, を加, を弄ん, を愛する, を見, 当九郎

▼ 美する~ (73, 0.7%)

3 ことは 2 かも知れぬ, ことが, ことも, に至っ, ように, 歌を

1 [58件] いやしくも正義, お嬢さん方に, かと思う, かと思え, かと疑はる, かのやう, かのよう, ことにおいては, そして此, ために, ための, といふ, と同じ, と言, に恰好, のが, のである, のは, のよ, のを, ほどに残酷, ものである, ものと, ものも, もの中央公園の, やうに, ような, 事は, 人たちの, 作で, 価値が, 君主, 土人歌を, 声な, 多くの, 孔子が, 心むなしい, 心持に, 心持まで, 必要は, 意味で, 新東京人, 方に, 方法を, 様に, 機会を, 気持が, 点に, 男に対する, 的が, 私の, 者たちの, 者である, 者は, 芸術が, 見地より, 言葉の, 詩を

▼ 美くしく~ (70, 0.6%)

6 見えた 3 なった 2 動いて, 眺めた, 見える

1 [55件] あらしめましたし, かがやいて, かがやき女, かつ堂々, できたどっち, ないから, ないと, ない人, ない相手, なかった, なったとか, なった姿, なった紅, なって, なりながら, なる, なるため, なるもの, はない, ふりか, 下って, 並んで, 云いひろげて, 健やかに, 光るの, 出来ては, 切り上げられないの, 包んで, 化粧した, 喜ぶべき思い出, 巧妙に, 想像する, 描き得る画家, 整然と一糸亂, 映る一点, 死んで, 清らなる, 濡れて, 現われて, 生い立ったので, 生ひたる, 生れて, 痛切で, 眺めて, 着飾つた女, 立派に, 立派には, 結上げた束髪, 葬られるの, 見えたの, 見えて, 見える女達, 見せようと, 見られる, 話すその

▼ 美という~ (63, 0.6%)

11 ものは 8 ものが 4 ものを, 仮りの 3 のは, ものに 2 のであろう, ものの, ような

1 [24件] ことより, それも, のかも, のである, のでしょう, ものから, ものだけが, もので, ものと, ものに対して, ものも, りょうし, イデーと, 名あり, 徽章の, 抒情が, 概念に対して, 深淵の, 点は, 特殊性のみを, 稲作の, 者です, 言葉で, 言葉に

▼ 美わし~ (59, 0.5%)

3 い音楽 2 い夏, い夢想, い時, い特質, の宵

1 [46件] いききょう色, いけれども, いこと, いアルバーノ, い不可思議, い中流人士的魂, い事実, い前面, い同情心, い名, い国, い声, い夕, い大江, い天職, い天鵞絨, い宝石, い少女, い微笑, い心, い恋愛, い愛情, い感情, い日, い景色, い最も, い歯並, い毛色, い清らか, い熱狂, い白雲, い眸, い空, い精華, い美わし, い色彩, い花崗岩, い芸術, い都, い面わ, い顔色, からし, く霞ん, さその, とみずから, のおとめ

▼ 美~ (58, 0.5%)

8 のである 6 のです 2 微笑も

1 [42件] こと眼を, ところが, のかを, ものだ, ものであったら, ものである, リズミカルの, リズムが, 人である, 光を, 光輝を, 夕雲の, 夢心地の, 姿を, 姿態とは, 彫琢と, 微笑だった, 微笑だつた, 感じの, 感激を, 所も, 所を, 新種を, 気違いの, 流れを, 渓谷の, 火の, 点を, 然も, 砒素鏡に, 童女で, 者も, 者十二人を, 肉体と, 肌の, 良材のみ, 芸術を, 進行と, 運動も, 運動を, 雪から, 鳥籠と

▼ 美では~ (55, 0.5%)

20 ない 3 ないの 2 あり得ない, あるまい, ないから, なかった, なくて

1 [22件] ありある, あり得ても, ある, あるが, あると, どう考へ, ないかも, ないけれども, ないこと, ないだろうか, ないと, ないという, ないはず, ない事, なかったろうか, なくして, なくむしろ所謂男性美, なく徒労, なく美術美, なく顔, なく飾らないありのまま, 無い力

▼ 美~ (50, 0.5%)

4 顔を 2 人の, 友を, 氷張り, 目は, 目を, 酒に

1 [34件] は此家, は貧, ひとりは, を害せざるなり, を目, を見ず, 人なりき, 人なれ, 人は, 人も, 俤に, 俥の, 名, 名を, 女あり, 女に, 妻とは, 妻は, 妻を, 妾に, 姿の, 娘の, 娘をも, 宮と共に, 宮を, 屍と, 果を, 染色をも, 歡喜の, 目をば, 看病人の, 粧なる, 色を, 衣きる

▼ 美に対する~ (50, 0.5%)

2 彼の, 敏鋭な, 私の, 趣味の

1 [42件] この作者, その全, 反省なく, 在来の, 執着なり, 奉納を, 嫉妬, 嫉妬ある, 嫉妬見物人に対する, 子供の, 情熱が, 愛を, 愛惜, 愛着が, 感受性の, 感覚が, 感覚それは, 感覚の, 放恣な, 新様式, 最も深い, 欣求は, 歓喜或は, 正しい感覚, 正しい理解, 殉情的精神は, 渇仰が, 煙の, 理想や, 理想を, 理解を, 直観を, 真に稀有, 眼を, 社会の, 社会的運動の, 素朴な, 考へ方, 興味の, 鋭い感覚, 鑑賞力の, 高妙

▼ 美には~ (49, 0.4%)

2 まがいも, 一向に感心, 乱れが, 凋落の, 朝鮮の, 生れる美, 相違ない, 自然への, 限りが

1 [31件] いたく窶れ, すぐ, それゆえ毎に, ないしょで, なって, もちろんそれ自身, もっと太陽, 乏しいが, 乱れない理法, 何か, 何処と, 前後三人の, 及ばない, 及びません, 変わりは, 奉仕の, 如くべからず自然, 廻り会へる, 打たれないで, 東北人特有な, 歎美を, 毒が, 比べること, 深い病根, 田園風景を, 眼を, 競えなかった, 贅沢な, 趣味の, 迷わぬが, 過去と

▼ 美とは~ (47, 0.4%)

4 その意匠, 何か, 何ぞや 2 叛く, 小さい頭

1 [31件] いはれぬ, こういう風情, この二方向, ならぬ, なんです, ほぼ反, よほど違う, われわれが, 一歩屋内へ, 不可見, 云えない, 云ふべき, 人間の, 他の, 似たれども, 何である, 全く交渉, 全体なんだい, 分れ民, 切っても, 別に段々と, 反比例する, 少し異, 濃くなっ, 畢竟, 聊か樣子, 自分に, 自然の, 藝術的條件の, 道徳的理想の, 離れ工藝

▼ 美~ (47, 0.4%)

2 しきを

1 [45件] しかった, しきは, しきカーブの, しき一種の, しき制作で, しき喜びの, しき声沈める, しき奇因縁なり, しき宮の上に, しき宮殿の, しき少女たたずみ, しき庭これを, しき漂流婦人を, しき絵巻物を, しき背景の, しき舞子が, しき色彩が, しき花咲き, しき菫の, しき衰頽と, しき赤松ばらばらと, しき長き, しく, しくても, しくない, しくなっても, しくなる, しく二, しく今, しく味わっても, しく宏, しく御, しく情け, しく昇って, しく映ずるの, しく智勇, しく横雲, しく照らされるとき, しく生きる道, しく舞うたの, しく茂って, しく装うて, しく詠じ出したもの, しく輝くさまざま, しけれ金持ち

▼ 美である~ (46, 0.4%)

4 ことを 2 かない, ことに, ものが

1 [36件] かどう, か今, か何, か否, か自然, がこの, がレオナルド, が此, が私たち数人, が近く寄つて女体, と, というの, という真理, という考え, といっ, といふ条件, といわれ, とか尊い, ところの, となす, とはいつ, と云わね, と云われる, と共に考えら, と考えられる, と考えられるであろう, と言う, のさ, のにすべて此等, のに美, のを, ように, よりも真理, 以上広義に, 故に或, 長い金色

▼ 美とを~ (46, 0.4%)

2 強調する, 比較し

1 [42件] いっしょに, おのづか, この人生, ぴつたり, もたらす不可欠, もたらそうと, もって, もってる民衆, 一つに, 併せたるもの, 併せて, 備へ, 具えて, 兼ねざるべからず, 判つ, 前に, 合せて, 同時に持つた, 強調し, 得るの, 感ず, 捕へて, 永続し得れ, 混同し, 熱烈に, 特権階級の, 示して, 称讚し, 結び生活, 結合する, 縷説する, 缺き, 背反する, 背景に, 見る, 誤認する, 調和さす, 賞した, 蹂躙する, 近づけねば, 重視する, 関連させる

▼ 美~ (45, 0.4%)

3 あつて 2 あつた, あらうと, はない, キモノだの, 実に驚くべき

1 [32件] あらう, あらうか, ありうる時, ありうる筈, あり得るだろう, あり得るという, しばしば貴人, すべてが, そしてそこ, ひらめを, よいとしても, よく, 一方は, 不真, 中肉中背の, 人の, 人を, 処理し, 包んで, 名高い層雲峡, 名高い渓流, 埋めたい, 形を, 彼奴を, 後者は, 有名な, 江戸ツ子の, 熱風的の, 観照すべき, 言語芸術の, 読者を, 通りすがりの

▼ 美留女姫~ (45, 0.4%)

3 はこれ 2 の声, の姿, の生れ変りで, の身の上

1 [34件] が出し抜け, が現われ, が莞爾, が邪魔, が鋏, であったの, であった昔, である, となっ, と名乗っ, と思った, と白髪小僧, になった, に寸分, に誘われ, に預けた, のお, の両親, の兄様, の心, はあまり, はこの, はもう, は二度吃驚, は前, は大層物, は少し, は最早, は気, は白髪小僧, は胸, は自分, も一生懸命, も同じ

▼ 美~ (38, 0.3%)

2 心の, 樂や, 芸術は

1 [32件] その世界的, または醜, 佳人の, 力や, 古寺の, 含蓄やを, 命を, 善という, 意匠の, 愛の, 技巧で, 描寫法の, 昧, 書籍上の, 正義に対して, 流行を, 生命や, 皮膚の, 真実を, 神秘に対する, 精巧を, 精神生活やを, 聖に, 芸の, 芸は, 芸を, 芸術という, 芸術の, 輝は, 醜の, 雅懐を, 音律が

▼ 美といふ~ (35, 0.3%)

9 ものは 3 ものが, ものを 2 ことが, 様な

1 [16件] ことを, もの, もので, ものに, ものも, もの現, やつで, やつを, 丈では, 事は, 事を, 名は, 字の, 心の, 考は, 語は

▼ 美との~ (34, 0.3%)

3 創造的文芸である 2 標準は, 活きたす, 間に

1 [25件] うちに, もろい宝, よりかかる, 一致を, 不死不滅なる, 人類的遺産を, 分離による, 創造的文芸が, 力に, 喜びに, 女神吉祥天女さながら, 忠誠な, 意味が, 模型を, 熱愛者で, 結合が, 結合たる, 結合を, 統一も, 自然の, 要求が, 説明を, 趣味を, 間柄を, 雰囲気の

▼ 美~ (34, 0.3%)

4 ちゃんとお 3 ちゃんとチョビ安 2 ちゃんとも, と申す

1 [23件] ちゃんとこの, ちゃんとたった二人, ちゃんとならん, ちゃんとの, ちゃんと二人っきり, ちゃんと侍女, ちゃんと夫婦げんか, ちゃんと石金, とある, という女の子, とお, になんぞ褒美, のうえ, のこと, のただ一人, はわたくし, への約束, やいつ, やもうこう, やコレ, や安, や手, を生き

▼ 美~ (30, 0.3%)

3 であった 2 である, であると, ではなく

1 [21件] が渦, だね, であったが, であつ, であつたらしい, であり宣伝者, であるだけに, であるならそう, でそれ, で板垣, とならざる, とならね, なの, になっ, に取り巻かせた, の一人, の群, はあの, はこの, や受売人, をもつ

▼ 美~ (29, 0.3%)

3 して 2 を凝らし

1 [24件] させ蠱化, されたる牛殺し, したかと, した娘, した武士, した童, した都人士女, した闘牛士, し他, という事, とが共通, に看惚れた, の人々, の史書, の名篇, の子供何百人, の持ち主, の書, の淑女, の限り, は行人, をさせ, を誇つ, を誇る

▼ 美~ (28, 0.3%)

3 を着 2 を新調, を着け

1 [21件] と愛, などとその, につつまれた, に対した, に対する欲望, に替, に椀皿, の新調, の美女, の義妹, はかえって, は人間, は出来ん, は好き, をいろいろ, をまといたい, を着し, を着飾り, を纒, を著, を身

▼ 美~ (27, 0.2%)

2 のと

1 [25件] からそれ, からだ, からである, がどうか, つた私は, といふ, とかそんな, とか女學生, とか花, とさえ思います, として新, とする, と云え, と云おう, と云わね, と思います, と思ふ, と眺め, と考え, なんてあ, ね, のって, また要, 理想だ, 風韻だ

▼ 美~ (27, 0.2%)

2 は多く

1 [25件] がった鼻, が見える, であったが, であるので, と妖童, と現, なりき, の口, の夫, の容姿, の紅唇, の良人, の謁, は, も自由, を与えん, を人界, を仙人, を作らしむ, を取らるる, を専ら, を強, を捨て, を望む, を讚め

▼ 美なりと~ (25, 0.2%)

4 いえども 2 強調しない, 思ひし結果

1 [17件] いうべしと, するか, するも, みなしたところ, 云う可, 出づ, 叫ぶなり, 呼び音楽, 思いし結果, 感ずるに, 感ずる部分, 断定せられた, 称しクロード, 言うも, 記さば, 説くの, 賞するもの

▼ 美より~ (25, 0.2%)

2 さらに自由, して

1 [21件] さらに平和, さらに美しい, しても, すれば, ないで, ほかにとり, 出づ, 分らなかった人, 外に, 多くわたし, 来る, 深いといふ, 独創美へ, 示し得ないもの, 社会相を, 秩序美への, 美なる, 美術の, 見ても, 観じて, 重大であり

▼ 美から~ (24, 0.2%)

2 何を

1 [22件] ずや, どんなこと, ものを, 云うならば, 云って, 云っても, 仰いで, 受ける刺激, 放射される, 書状の, 未知の, 来る霊的欽仰, 棄てられる矛盾, 概念の, 背き去る, 腕を, 距離を, 近代の, 逃れなければ, 遠ざかる境遇, 遠ざけられた, 遠のいたもの

▼ 美とが~ (24, 0.2%)

4 結ばれる時 3 ある

1 [17件] あって, あの大, ありえないだろう, いみじくも一つ, みちみちて, 一致する, 今も, 以前とは, 分離し始めた, 反撥する, 生れ出て, 発揮され, 相反撥, 籠つてゐる, 結合された, 結合した, 骨身に

▼ 美に対して~ (24, 0.2%)

2 全き, 心配する, 非常に

1 [18件] あらゆる保護, いつも聯想, この種, では, どちらを, どれ程までに, マダム丘子の, メロディアスの, 個人の, 感じるよう, 感激を, 抱く感激, 正義に対して, 私の, 私は, 秩序の, 自分の, 賞讃の

▼ 美くしい~ (23, 0.2%)

3 若い女

1 [20件] かも知れない, から行っ, が実に, といふ観念, とかいふ美, と云っ, と云った, には会えなかった, 小さい家, 広い河, 明るい灰色, 濃い芸, 白い着物, 白い肉, 白い頸, 程立派, 細い形, 貴いこれ, 貴い人, 面白いが

▼ 美として~ (23, 0.2%)

2 これを

1 [21件] おやくそく, その死, ゴーギャンの, 一つの, 不完全である, 人間の, 光と, 吾人の, 塊の, 存在しはじめる, 存在する, 強調された, 感覚され, 映し出すこと, 称えて, 精神に, 表は, 見てること, 触れる事, 認めて, 非難する

▼ 美~ (23, 0.2%)

3 を出

1 [20件] あるいは相当, にいた, に入った, の二年間, の卒業生, の四年, の女学生, の広島新太郎君, の方, の校長, の生徒, の画学生, の連中, は家, へ受か, へ受かつた, も何, を卒, を卒業, を落ちた

▼ 美~ (23, 0.2%)

3 を添

1 [20件] あるをと, が滅, である, でもある, ともいへよう, と云, と相, にも少し, に心, のため, はその, は到底, は春, もある, も減じゆく, をきはむ, をひかへたる, を呈する, を現出, を見る

▼ 美~ (21, 0.2%)

2 しきも, しきを

1 [17件] しきをば, しゅう濃, しゅう髪の, てそれで, てカラブリア, ない衣服, なかった, なりますところが, はない, より清き, 包んだの, 己より, 書いたの, 清らかな, 秋てる中洲の, 見えるぜ, 見たるは

▼ 美でも~ (21, 0.2%)

3 ない 2 古くなり, 醜でも

1 [14件] あったの, あり経済的, して, ないです, ないとかいう, ないの, なくまた, なく醜でも, なければ, 何でも, 少年の, 最も深い, 極度に, 発見した

▼ 美さん~ (20, 0.2%)

2

1 [18件] ありがとう, が大野木, が白い, というん, という人, にお, に言い, の宅, の小遣, の思出, の手, の頸, の鼻, はうっとり, は居る, は式台, 全くお, 貰って

▼ 美において~ (20, 0.2%)

2 偉大である, 民藝を, 自得し

1 [14件] おそらくあらゆる, かくも, これほど, より優れた, 劣って, 尊ばれた例, 最も深い, 根本から, 民衆を, 淡く乏しく貧しいで, 無学な, 結合する, 著しい, 遥かに

▼ 美に関する~ (20, 0.2%)

2 製作は

1 [18件] その章, 一切の, 事柄が, 偉大な, 問題は, 思想において, 明確な, 正しい理解, 正しい著作, 理解において, 私の, 考察は, 考察を, 認識を, 過去の, 限りすばらしい, 限り恋愛し, 魂とかいう

▼ 美にも~ (19, 0.2%)

2 また遠い, 堪えぬ, 耐えぬ, 背くの

1 [11件] あらず善, そういう点, 一致すれ, 交って, 似た印象, 合体する, 幾つの, 近づきつつ, 遠い, 適うとは, 醜にも

▼ 美~ (19, 0.2%)

4 のよう 2 あり, をとり外し

1 [11件] があります, が塵塚, なり, に, にこそ, のお, のごとく, のやう, の屑末, の清らかさ, を愛蔵

▼ 美~ (19, 0.2%)

1 [19件] で光る, ということ, と称うのみ, なくまた, にて何故, に勝, に囚, に未練, に溺れ, に絡み付く, のせゐだつたこと, の数限り, はとにかく, よしやこれ, を失ふ, を得た, を発揮, を鏡, を餌

▼ 美~ (19, 0.2%)

3 の主人 2 の番頭

1 [14件] あきれかえって, だった, とやらで, のある, の名, の存在, の旗上げ, の旦那, の湯槽, の灯, はふき出した, は笑った, も満員満員, 今松

▼ 美よりも~ (18, 0.2%)

1 [18件] おまへたち, さらに自由, もっと尊い, 尊く見えるらしい, 心の, 更らに, 生活を, 綜合の, 肉体の, 自然に, 行動の, 詐術の, 身に, 重大だ, 重大な, 風景に, 高く評価, 高踏的な

▼ 美~ (18, 0.2%)

2 であった

1 [16件] だよ, で, でござる, などという常に, などの一味, などの新しい, などはかえって, などは信長, にはかなうべく, には誰, に愛せられ, のたたずん, へもたらせる, や桃, を私, を討つ

▼ 美~ (18, 0.2%)

1 [18件] あれば, があっ, がかけ, が熊野詣で, であ, であったと, でもあろう, で忘れられない, で道心堅固, という, と美女, に描かれ, のため, の金, はうけ, はもすそ, は帰途, は重々

▼ 美耶子~ (18, 0.2%)

1 [18件] がいなくなった, が昨夜, とも思っ, にお, のあこがれ, の事, の前身, はあなた, はあの, はいま, はもう, はレース, は御, は昨夜, は生きる, をまるで, を自分, 附きの

▼ 美とか~ (17, 0.2%)

3 醜とかいう 2 或いは単に, 真とか 1 あるひ, そういう苛酷, 云う議論, 姥桜とかは, 曲線とか, 最大級の, 神山など, 美学とか, 醜でも, 音とかに

▼ 美~ (17, 0.2%)

2 はどう, よ

1 [13件] がいる, がしきりに, が啼い, と結婚, にあの, のレコード, の姿, の方, はいよいよ, は僕, は淋しく, は相, も思わず

▼ 美をも~ (16, 0.1%)

2 また去る, 失う

1 [12件] また離れ, もたらそうという, 一層豊富, 乱すと, 併せて, 失うと, 好み複雑の, 好む, 存するなし, 支那系と, 殺して, 齎らしませんでした

▼ 美土代町~ (16, 0.1%)

2 の角

1 [14件] と小川町, のお, の基督教青年会館, の奧州屋, の奧州屋さん, の新, の旦那様, の洋物屋, の銀行, へ帰る, へ帰るなら, へ掛る, まで幾許, を通ったら

▼ 美婦人~ (16, 0.1%)

1 [16件] あり, が保険会社, が生れ出, が身, だ, だった, であるからと, と幼, と親しく, に対してほとんど, の手, の裸像, は多い, は灰面, を御, 正に刑柱

▼ 美~ (16, 0.1%)

3 の弟 2 の父

1 [11件] が一点, です, というもの, という人, なども出掛け, に対しては心, のこと, の親, はもはや, は前, もこうした

▼ 美であり~ (14, 0.1%)

1 [14件] かすかに, この美, ほとんど一つ, また同時に, 伝統の, 善である, 大きくいえ, 幸福であり, 悲歎である, 茶の, 詩である, 調和であり, 遠く観れ, 醜であり

▼ 美~ (14, 0.1%)

1 [14件] がつく, だの他国, とは大いに, にどれ, に転換, の一部, の先駆者, の興味, は当時, へと進む, や伝統, を打ち立てた, を組立てる, を読んだ

▼ 美そのもの~ (13, 0.1%)

2 の深, を神 1 が深けれ, が生れる, であ, に憧れる, の性質, の現われでなけれ, は時代, を理解, を見つめ

▼ 美男子~ (13, 0.1%)

1 [13件] じゃァありませんでした, だからね, だが, だし, だった, だったが, だの, ですわね, と偶然家, なりかつて, に変じ, の宿るべき, を見る

▼ 美~ (12, 0.1%)

1 [12件] とをあらわし, と比べ, に跡引上戸, のため, の中, はあった, は何, は発売当時われわれ, を増す, を失わない, を好き, を持つ

▼ 美しか~ (12, 0.1%)

2 あない, つた 1 つたおきみ, つたお京, つたのは, つたまつたく, つた小夜菊師匠の, つた砂の, ツた, 女子の

▼ 美しかりし~ (12, 0.1%)

2 彼女の 1 に由る, は殆予, をお, を稱, コゲ茶色は, 夜を, 夢の, 思い出に, 手跡は, 者を

▼ 美ならず~ (12, 0.1%)

1 [12件] といえ, とする, となし, とも好ま, と評する, などと他愛, むしろ木曾御嶽山, や, 味また, 夢魂半夜誰が, 家も, 菊花も

▼ 美について~ (12, 0.1%)

1 [12件] その発見, 云って, 云へば, 多くの, 実によい, 恐らく過去, 愛について, 殊に興味, 考えたかを, 語らねば, 車中語りつづける, 顧みた

▼ 美~ (12, 0.1%)

2 をのん 1 がタド, が死なん, でないこと, ではない, というの, とか称され, に当る, は正しい, は霊験イヤチコ, を連用

▼ 美耶子さん~ (12, 0.1%)

1 [12件] がその, が二三日前, が問, が無事, とがどの, にあき, にとってこれ以上, にはその, に子供扱, の失踪, の御, はどの

▼ 美~ (12, 0.1%)

2 を會得 1 から捨てきれない, があらう, が現, といへ, となつて, となり得る, は實業家, ばかりで, を利用, を發揮

▼ 美くしいもの~ (11, 0.1%)

1 [11件] か優しい, がなけれ, が美, だと, でありながら, では, に想像, に相違, は恋, を世の中, を僕

▼ 美についての~ (11, 0.1%)

2 文献は, 観念の 1 幾多の, 考えに, 考へに, 考察こそ, 論議や, 長い思索, 関心も

▼ 美によって~ (11, 0.1%)

4 義と 1 すべての, アテネ的であり, 人間の, 善を, 失うもの, 用を, 髣髴する

▼ 美衣美食~ (11, 0.1%)

1 [11件] で楽しみ, と高い, に狎れ, に肥えた, に飼い馴らされ, に馴れた, の生活者, の賄, をほしい, をもとめる, を知らぬ

▼ 美こそ~ (10, 0.1%)

1 いま正に, なかった, われわれにとって, 亦第, 彼を, 最後の, 画における, 真こそ, 真正の, 美人の

▼ 美~ (10, 0.1%)

2 の法則 1 がある, だけにも觸, によつて解決, に精通, の中, は唯, や哲學, や美術論

▼ 美~ (10, 0.1%)

2 の文, を作つた事實 1 の作, を作つた罪, を作りかねまじき, を書き, を書く, を谷永

▼ 美~ (10, 0.1%)

2 へ戻っ 1 からオーカミイナリ, ですが, とか宇賀美, のオイナリ様, の方角, の石神, は郡, を去り

▼ 美~ (10, 0.1%)

1 がその, に牽かれる, のごとくよろこん, の番附, はどうしても, は多く, を創造, を捕え, を競っ, を自分

▼ 美鳥さん~ (10, 0.1%)

1 と一所, と結婚, に受取っ, に子守唄, に恋, に理, のお, の清浄無垢, は私, を逐出

▼ 美しかるべき~ (9, 0.1%)

1 その姿, は期し, 北国産の, 手全体が, 生物として, 眼と, 筈です, 行為が, 顔を

▼ 美~ (9, 0.1%)

1 だおいしい, だと, でもあり, とは思えなかった, に美人, に酔う, の配給, を承けた, を獲

▼ 美~ (9, 0.1%)

1 が与えられ, だけを味わえ, というわけ, とされ, とは言えない, と芳醇, の男子, をよ貴様一人, を捧げし

▼ 美麻奈さん~ (9, 0.1%)

1 が人身御供, が推量, というよう, に似, はいったい, はどう, は可哀そう, は幸福, を助ける

▼ 美くしいも~ (8, 0.1%)

1 のだけれ, のだってねえ, のでも, ので寶玉, のに私, ののなか, のほど, のや気高い

▼ 美であっ~ (8, 0.1%)

1 て, て作らるる, て個性, て味わわしめない, て海洋美, て真, て趣味, て露

▼ 美とに~ (8, 0.1%)

1 かかわらずすべて美, その聲, 世の, 導くべく生活, 心を, 触れられる, 趣味を, 高めるの

▼ 美とも~ (8, 0.1%)

2 また相対 1 なるの, 云えよう, 称し得る若々しい, 見るの, 言えるよう, 驕奢とも

▼ 美にまで~ (8, 0.1%)

2 揚げるの 1 及んで, 解かされた理智的空気, 近づいて, 達し得たの, 達し得るの, 高めるに

▼ 美夜坊~ (8, 0.1%)

1 が大岡どの, とお, と安, には母, のま, の母親, はこいつ, は何

▼ 美~ (8, 0.1%)

1 でサンドイッチランチ, と対角線上, などをひやかし, の二階, の前, の喫茶ホール, の宏荘, へ茶

▼ 美くしくも~ (7, 0.1%)

1 ありませぬし, ある, え出す, つらして, ないのに, ない孫, なく勝れた

▼ 美され~ (7, 0.1%)

2 ている, てきた 1 優遇される, 奨励され, 電光に

▼ 美その~ (7, 0.1%)

1 ほか都市農村科学や, よろこびそこ, 名大英中, 善いづれまされりや我知らず, 福祉永遠に, 色ざめた中に, 輝きにおいて

▼ 美それ~ (7, 0.1%)

1 によって例えば, は彼, は民藝品, は白い, を内部の, を加えた, を素直

▼ 美です~ (7, 0.1%)

31 そして實, というん, な, 私などにとって

▼ 美ならざる~ (7, 0.1%)

2 に非, に驚く 1 こと言ふまで, はなく, を責むるを笑

▼ 美なり~ (7, 0.1%)

2 善なり 1 この色美, しに, 我この, 戰裝を, 美ならず

▼ 美夜受比~ (7, 0.1%)

3 賣の 1 賣, 賣その, 賣大, 賣御歌

▼ 美~ (7, 0.1%)

1 なり, なることアルゼンチン, なるは, なるも, なるもの, を悦び, を称し

▼ 美~ (7, 0.1%)

1 が辛抱, というおん曹司, とともに車行, と中村久弘氏, なども観, はまだ, は既に

▼ 美~ (7, 0.1%)

1 が手拭, と簑助, の何とか, の師匠張, の老婆, の芝居, や延若たち

▼ 美~ (7, 0.1%)

1 せぬこと, の一貴人, も晴れやか, も珍饌, を着け, を纏っ, を製し得る

▼ 美~ (7, 0.1%)

1 として蒋氏夫人, なら娘薯, のおしゃもじ面, の方, の言葉, はいったい, をみ

▼ 美あり~ (6, 0.1%)

1 といふ人, とすれ, 上野二州に, 崇高の, 複雑なる, 造化之を

▼ 美からも~ (6, 0.1%)

2 離れて 1 また離れ, 遠ざかって, 離れるであろう, 非常な

▼ 美これ~ (6, 0.1%)

1 が多く, が工藝, に伴, に伴わ, を以て吾人男性, を永久

▼ 美であろう~ (6, 0.1%)

41 とも工藝美, とも美人

▼ 美のみを~ (6, 0.1%)

1 写して, 求めて, 糧として, 説くの, 追求する, 重視し

▼ 美わしさ~ (6, 0.1%)

1 も若い, を人, を求めい, を求める, を現, を目標

▼ 美~ (6, 0.1%)

1 がある, が夫, が言はず笑はず, の最後, の閨, を斥けた

▼ 美~ (6, 0.1%)

1 である, とこう, として誇る, に加, に蜀中, を山

▼ 美~ (6, 0.1%)

1 がすぐ, が加わり, が喫驚, とが戻っ, との姿, は女学生風

▼ 美いち~ (5, 0.0%)

2 やん, やん人形 1 やんお茶

▼ 美この~ (5, 0.0%)

2 ことは 1 壮は, 真の, 詔命を

▼ 美なら~ (5, 0.0%)

1 ざらんと, ざる者のみ, ば曲線, んか, んとの

▼ 美については~ (5, 0.0%)

1 多くの, 改めて説く, 殊に大和民族特有, 盲目だった, 誰しも

▼ 美~ (5, 0.0%)

1 導く大道, 崇拝的に, 惑溺した, 押しやられた, 渾沌から

▼ 美~ (5, 0.0%)

1 に対する情操, の四面, の考, の解釈, を叙

▼ 美~ (5, 0.0%)

1 ならん, の物語, を中心, 人を, 婦の

▼ 美屋敷~ (5, 0.0%)

5 ほど庭

▼ 美~ (5, 0.0%)

1 が分っ, なるが, も醜, をも公平, を描け

▼ 美服美食~ (5, 0.0%)

1 する者, に力, はおのずから, もいずれ, を好まざる

▼ 美留女~ (5, 0.0%)

1 が本, でいる, というた, の智恵, の読み上げた

▼ 美~ (5, 0.0%)

1 に魂, のすぐれ, のハリイエー, の少女, の盻

▼ 美~ (5, 0.0%)

1 に臨もう, をぞす, をととのえ, を送り, を食おう

▼ 美麗しき~ (5, 0.0%)

2 こと甚し 1 花の, 菓子其他, 髭を

▼ 美~ (4, 0.0%)

1 あたりに, する神, 装へる, 見ゆるゆえ

▼ 美くしそう~ (4, 0.0%)

1 であっても, では, なもの, な言葉

▼ 美くっ~ (4, 0.0%)

1 ても心掛, て一中節, て人柄, て厭味

▼ 美ごと~ (4, 0.0%)

1 だつたので, な蛍, な靴音, に書き

▼ 美しない~ (4, 0.0%)

1 かと反問, かを不思議, ものが, 訣には

▼ 美でない~ (4, 0.0%)

1 かと鑒識, が此処の, といふ滅法, のに服装

▼ 美といった~ (4, 0.0%)

1 ものへの, ような, 美と, 順序では

▼ 美なき~ (4, 0.0%)

2 世は 1 は我輩, 生活を

▼ 美など~ (4, 0.0%)

1 いえば, 云ふも, 云へば, 語られるの

▼ 美なれ~ (4, 0.0%)

1 ども攫まれ, ばなるべし, ば女子, ば御

▼ 美に対し~ (4, 0.0%)

1 三宅坂の, 何を, 全く相容れない, 社会に対し

▼ 美~ (4, 0.0%)

1 て三年前, て仁, られしは, られても

▼ 美を以て~ (4, 0.0%)

1 敬愛したい, 美の, 自然を, 芸術の

▼ 美~ (4, 0.0%)

1 ではない, とは一体, の艶谷, をつくらん

▼ 美~ (4, 0.0%)

1 であった, である, の建築設計集, を手

▼ 美~ (4, 0.0%)

1 が眺められ, につづく, は永久, をめぐる

▼ 美~ (4, 0.0%)

1 で自分, の持っ, の持つ, ほどの事業

▼ 美留楼公爵~ (4, 0.0%)

1 というの, の, の家, の末娘美留女姫

▼ 美~ (4, 0.0%)

2 の命 1 にし, のイデア

▼ 美~ (4, 0.0%)

1 が着き, を奪い, を浮かべ, 即宝船

▼ 美~ (4, 0.0%)

1 な姿態, な色, にし, ので

▼ 美~ (4, 0.0%)

1 が巧妙, をそのまま, をよろこぶ, を以てなぐさめ

▼ 美鑑賞~ (4, 0.0%)

1 と宗教思索, の妨害, の道, は海外

▼ 美~ (4, 0.0%)

2 を享 1 なる哉, を知らぬ

▼ 美~ (4, 0.0%)

1 にはいつも, のどちら, を矜, を讃え

▼ 美ある~ (3, 0.0%)

1 がため, のみ真, 事を

▼ 美いと~ (3, 0.0%)

1 いうばかり, 思いますわ, 敵手を

▼ 美いもの~ (3, 0.0%)

2 ですね 1 は声

▼ 美~ (3, 0.0%)

1 否かといふ, 美でない, 醜かで

▼ 美かつ~ (3, 0.0%)

2 大なる 1 大に

▼ 美きもの~ (3, 0.0%)

2 を美し 1 を手活

▼ 美くしきもの~ (3, 0.0%)

1 なりとの主張, により, に意

▼ 美さえ~ (3, 0.0%)

1 あった, つたえられて, 示して

▼ 美でなく~ (3, 0.0%)

1 てなん, 却って真理, 花にも

▼ 美でなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬ, ば善

▼ 美としての~ (3, 0.0%)

1 中国を, 幸福感が, 美しさ

▼ 美とともに~ (3, 0.0%)

1 大正期に, 自然と, 趣味も

▼ 美どころ~ (3, 0.0%)

1 では, の騒ぎ, の騒ぎぢやあ

▼ 美なく~ (3, 0.0%)

1 して, ば工藝, 自然は

▼ 美なりし~ (3, 0.0%)

1 が今度船中, なり, もの今は

▼ 美においては~ (3, 0.0%)

2 君皇の 1 いつも民藝

▼ 美においても~ (3, 0.0%)

1 いかに貧しい, また同じ, 一体である

▼ 美についても~ (3, 0.0%)

1 既に知る, 真に味わう, 論ずる価値

▼ 美に対しては~ (3, 0.0%)

1 いかに, 多少の, 盲目と

▼ 美のみ~ (3, 0.0%)

2 あって 1 追求し

▼ 美はし~ (3, 0.0%)

1 の, のま, の女王

▼ 美ほど~ (3, 0.0%)

1 このこと, 尊いもの, 荘厳が

▼ 美わしいも~ (3, 0.0%)

1 のにたいする純, ののため, のの一つ

▼ 美をば~ (3, 0.0%)

2 これに 1 垣間見むとおもふことなべての心

▼ 美~ (3, 0.0%)

1 神社を, 神社同国日根郡意賀美ノ, 神社和泉国和泉郡意賀美ノ

▼ 美~ (3, 0.0%)

1 発見シソシテ驚クニ違イナイ, 破リ, 蔵シ居ルコト観破仕

▼ 美~ (3, 0.0%)

1 の仏詩壇, の佛詩壇, も昔

▼ 美以上~ (3, 0.0%)

1 にデリケェト, に超越, の深い美し

▼ 美以美派~ (3, 0.0%)

3 の田舎政治家

▼ 美~ (3, 0.0%)

1 もしくは美, をのみ描け, を描きたる

▼ 美夜受媛~ (3, 0.0%)

3 のお

▼ 美~ (3, 0.0%)

1 あり, に入れ, へ誘拐

▼ 美尽し~ (3, 0.0%)

1 て客, で感嘆, 買度き

▼ 美尽した~ (3, 0.0%)

1 ものだった, ものであった, ものであり

▼ 美~ (3, 0.0%)

21 を賛成

▼ 美~ (3, 0.0%)

1 の目合, の麻具波, の麻具波比

▼ 美既に~ (3, 0.0%)

2 實に 1 人を

▼ 美校出身~ (3, 0.0%)

1 だけでも十五, だと, のそして

▼ 美~ (3, 0.0%)

1 寿屋から, 寿屋という, 寿屋も

▼ 美生活~ (3, 0.0%)

1 に身, の基礎, の美

▼ 美~ (3, 0.0%)

1 に充分, に十分, 多弖麻豆流御調宝波

▼ 美紳士~ (3, 0.0%)

1 がつまり, によく, を時々

▼ 美~ (3, 0.0%)

1 で唄, で悧發, を持ち

▼ 美艶香~ (3, 0.0%)

1 には小町紅, の薫り, や松金油

▼ 美~ (3, 0.0%)

1 の咲く, の美, を放く

▼ 美~ (3, 0.0%)

1 に数えたれ, をその, を得る如く

▼ 美~ (3, 0.0%)

1 だろうねえ, や明快, を遺し

▼ 美~ (3, 0.0%)

2 を求む 1 をなす

▼ 美迦野さん~ (3, 0.0%)

1 の靨, はあま, は炬燵布団

▼ 美醜悪美~ (3, 0.0%)

1 に戦慄, を掲出, を暴露

▼ 美須奴~ (3, 0.0%)

1 と邪魔, に走り, は保存

▼ 美あるいは~ (2, 0.0%)

1 分って, 分つて

▼ 美いだけ~ (2, 0.0%)

1 のこと, の腰抜け侍

▼ 美いとも~ (2, 0.0%)

2 申が

▼ 美いや~ (2, 0.0%)

2 だけれど

▼ 美~ (2, 0.0%)

2 女子に

▼ 美かれ~ (2, 0.0%)

1 らの, 上に

▼ 美くしいそ~ (2, 0.0%)

1 して, の魅力

▼ 美くしくす~ (2, 0.0%)

1 なおらしく, るこやしに

▼ 美くしくやさしく~ (2, 0.0%)

1 なりぬ, 輝く

▼ 美される~ (2, 0.0%)

1 もので, 日は

▼ 美しからざる~ (2, 0.0%)

1 ものへの, 事などを

▼ 美します~ (2, 0.0%)

2

▼ 美すべき~ (2, 0.0%)

1 新時代, 東風の

▼ 美すら~ (2, 0.0%)

1 意識されなかった, 意識される

▼ 美せし~ (2, 0.0%)

1 むるの, 者には

▼ 美せん~ (2, 0.0%)

2 とす

▼ 美たる~ (2, 0.0%)

2 ことも

▼ 美だけは~ (2, 0.0%)

1 劇以外に, 見て

▼ 美だけを~ (2, 0.0%)

1 云は, 頼りに

▼ 美というも~ (2, 0.0%)

1 その元, 料理上の

▼ 美とかいう~ (2, 0.0%)

1 ものは, 幻影として

▼ 美としてのみ~ (2, 0.0%)

1 世界の, 語るの

▼ 美とでも~ (2, 0.0%)

1 いうの, いうよう

▼ 美などという~ (2, 0.0%)

1 ものは, 感じよりかも

▼ 美などの~ (2, 0.0%)

1 艶な, 類型式ながら

▼ 美ならしむる~ (2, 0.0%)

1 所以であっ, 要素を

▼ 美ならしめ~ (2, 0.0%)

1 て其の, 瓜の

▼ 美ならむこ~ (2, 0.0%)

1 とを欲する, とを熱心

▼ 美なんと~ (2, 0.0%)

1 いふの, 云うもの

▼ 美における~ (2, 0.0%)

1 世界の, 個人主義は

▼ 美にたいする~ (2, 0.0%)

1 感覚を, 熱情的な

▼ 美による~ (2, 0.0%)

1 而し, 装幀を

▼ 美に関しては~ (2, 0.0%)

2 処々の

▼ 美のみの~ (2, 0.0%)

1 国だけに, 郷土という

▼ 美のみは~ (2, 0.0%)

1 価なし, 継承し

▼ 美べき~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 に飲喫, の国人

▼ 美わしい~ (2, 0.0%)

1 であろう, 尊いもの

▼ 美をか~ (2, 0.0%)

1 保ち得よう, 有する

▼ 美をのみ~ (2, 0.0%)

1 取りて, 好むと

▼ 美シイ~ (2, 0.0%)

1 同程度ニ予, 最モ

▼ 美シイ晩ニ君ト腕ヲ組ン~ (2, 0.0%)

1 デ斯ンナ静カナ海辺, デ斯ンナ靜カナ海邊

▼ 美シイ足~ (2, 0.0%)

1 ノ下, ヲ思ウ存分ワガ舌ヲモッテ愛撫シ尽シタイトイウ長イ間心ニ秘メテイタ念願

▼ 美三昧~ (2, 0.0%)

1 に深めた, を感じた

▼ 美~ (2, 0.0%)

2 の美

▼ 美以外~ (2, 0.0%)

1 に, の分子

▼ 美以教会~ (2, 0.0%)

2 に行っ

▼ 美個性~ (2, 0.0%)

2 に依らざる

▼ 美其衣~ (2, 0.0%)

1 安其居, 安其所

▼ 美又は~ (2, 0.0%)

1 曲線美の, 曲線美を

▼ 美呂浪~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 美善壮~ (2, 0.0%)

1 に対する情操, の四種

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 という一座, を起し

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 の美, 有り青山四周

▼ 美多く~ (2, 0.0%)

2 後世には

▼ 美~ (2, 0.0%)

2 は善卿

▼ 美実に~ (2, 0.0%)

1 宝石を, 美しい

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 の御名, は伊弉那岐尊

▼ 美~ (2, 0.0%)

2 の料理番

▼ 美~ (2, 0.0%)

2 の奇

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 というところが, の屋敷

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 奉公中には, 機拝む

▼ 美御す~ (2, 0.0%)

1 ぢの, ぢを

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 を現, を現す

▼ 美戦慄詩~ (2, 0.0%)

1 が歌われ, の愛好癖

▼ 美支子~ (2, 0.0%)

2 の一代記

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 をも圧する, を維持

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 であった, なれば

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 壮烈の, 麗燦として

▼ 美本当に~ (2, 0.0%)

2 悲壮なる

▼ 美松食堂~ (2, 0.0%)

1 ての, で徳山

▼ 美校入学~ (2, 0.0%)

1 の当時, の為め

▼ 美校学生~ (2, 0.0%)

1 とともに下宿, の画力

▼ 美校生~ (2, 0.0%)

1 にとっては忘れ, を招かれた

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 や愛欲, を充足

▼ 美歌集~ (2, 0.0%)

1 を嗅い, を読ん

▼ 美渇仰~ (2, 0.0%)

1 される為, せずには

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 加散歩途上口占, 技巧の

▼ 美爪法~ (2, 0.0%)

1 をきちんと, をまね

▼ 美爪術~ (2, 0.0%)

1 には, を行っ

▼ 美留矢~ (2, 0.0%)

1 が明日王様, の家来

▼ 美相即~ (2, 0.0%)

1 である, なの

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 の寂無し, の最高

▼ 美知能宇志~ (2, 0.0%)

2 の王

▼ 美知能宇斯~ (2, 0.0%)

2 の王

▼ 美福門~ (2, 0.0%)

1 のほとり, の外

▼ 美秀づるレスボス~ (2, 0.0%)

2

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 にはそれ, の好き

▼ 美租界~ (2, 0.0%)

1 と英租界, の一隅

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 なれば, の意味

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 のたね, 色づきに

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 で作った, を笛

▼ 美竹町~ (2, 0.0%)

1 にある, の歯科医院

▼ 美耶子夫人~ (2, 0.0%)

1 がこんな, をつれ

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 でススキ, で花

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 のよろこび, を産し

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 にも二つ, より民藝

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 を採用, を稱

▼ 美觀樂觀~ (2, 0.0%)

1 するもの, せねば

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 に移した, を添へた形

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 の御, や山崎あたり

▼ 美豆山~ (2, 0.0%)

2

▼ 美豆御牧~ (2, 0.0%)

1 あるいは単に, が水損

▼ 美豆比~ (2, 0.0%)

1 賣, 賣に

▼ 美豆良~ (2, 0.0%)

1 に刺させる, の唐子

▼ 美豆良雫~ (2, 0.0%)

2

▼ 美躊躇~ (2, 0.0%)

2 なき勢い

▼ 美雲氏~ (2, 0.0%)

1 は既に, も山本瑞雲氏

▼ 美鬚髯~ (2, 0.0%)

2 は奇麗

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 を思わせる, 醜鬼

▼ 美~ (2, 0.0%)

1 であった陽炎, にはもう

▼ 美麗しい~ (2, 0.0%)

1 お顔, 心の

▼1* [565件]

たまの, 美あどけなさ, 美あらゆる事について, 美いおとこである, 美いかでか死滅, 美いかな人間の, 美いが容捨のならねえ, 美いちゃんに話す, 美いって, 美いところを幾人, 美いのも稀, 美いもので色, 美い啼きをする, 美うございますから湖面, 美う行きましたと後で, 美おすぢは, 美および善と, 美かったぜ今, 美からねど酒, 美からのみ飾ろうと, 美からはなほ数百歩の, 美かりしをお, 美きが又さる, 美きこゑを, 美くしいが明治初代のもの, 美くしいしかし物狂おしい光君, 美くしいすごみのある, 美くしいところです, 美くしいまぼろしと, 美くしきわが夢, 美くしくどんなに尊げ, 美くしくみせるため, 美くしく優しく長しなえ, 美くしく小さく冷たき緑玉その, 美くしく気高くてらして, 美くしく苦るし, 美くしむごと飛び, 美くし妻の, 美くし脛に手, 美くせよ, 美くつたつて, 美くまた気乗り, 美くらい不可思議な, 美く生れると罪, 美ぐらいにはなれたろう戯作, 美けれども尽くこれ酒肉, 美ここに人々, 美こそは多量より, 美ことにきびしいストイシスム, 美さまだの, 美さるべき作を, 美されたほどな, 美されなかったらどうし, 美されるべきことの, 美され続けて来た, 美さんあなたがあの, 美さん失礼ですが, 美さん急に何だか, 美しからず才も, 美しかりけんと, 美しかりけりけはひ, 美しかりける俤とどまらず, 美しかりければ不作法, 美しけきひとの, 美ししでまるで, 美しぬ人の, 美しむと共に仁丹, 美じゃなくって, 美すなわち絶対美に, 美するであろうまたある, 美すればそれで, 美せずまた歩く, 美せられ英雄は, 美せられよかし, 美せられる日より, 美そちならば, 美それ自らとでもいうべき, 美それ自身には永遠, 美たけなわだ, 美たとへば濁江の, 美たらしめしは, 美だけで独立し, 美だけとしてライフから, 美だけの美とか, 美だったが死, 美だの日本本来の, 美だろう恐い魔術, 美奴の, 美ちゃんこんなに遅く, 美つくしき人を, 美つまり女の, 美ふ名, 美であったことやら, 美でさえあった, 美でしかなかった, 美といつてもよい, 美とかいふもの, 美とかは阿片の, 美とからはなれない心霊界, 美とかを考える時, 美としても歴史記念物としても, 美とても昔の, 美とによってわずかに, 美とによることは, 美とに対して子供自身の, 美とに対する鑑識を, 美とのみを取りいれた, 美とまでいい做, 美とやらを試して, 美とをも究むるにあらざれば不可なるべし, 美と共に合せて, 美どんな神秘が, 美ないくとき以上に, 美なさってもよろしい, 美なしとはいへ, 美なぞもうない, 美なだらかに走れる, 美などと云ふ, 美などといふのは, 美などについて語って, 美などは前のより, 美などを主と, 美ならざるあり美味なる, 美ならず飾らずんば民, 美ならんことを, 美なりとか自然物を, 美なりとして憧れて, 美なりとしてもなんといふ限られた, 美なりとは耳あり, 美なりとも如何ばかり, 美なるあり美ならざるあり, 美なるごとくに説き, 美な光りが女神, 美にたいしてはなんらの, 美にたいするよりもその錯綜, 美にとこしへの, 美にとって致命である, 美にのみ胸を, 美によつて整頓しよう, 美に対してもすまない気, 美に関し美の, 美のみが美であろう, 美のみに満足する, 美はねエそれ自身正常それ自体です, 美ばかりでないだろう, 美ばかりとは限らないさ, 美ざまと, 美まで到って, 美みなく煙草数ふくに, 美むべき業, 美むべきものなりと斷ずる人, 美むれど鑑, 美め其弟子中顏淵に對, 美もて装はれたる, 美もとより日本美の, 美やの高貴に, 美ゆくも成り, 美よりは形ち, 美らしい感じ以外もう, 美れいな女子, 美わしいが寂しい, 美わしいものはことごとく, 美わしい死よりも善い, 美わしきみ手にうやうやしく, 美わしきもの生ける甲斐, 美わしくも怖しき, 美われにとり, 美をこそ訪わねば, 美をすら通常の, 美をと追わねば, 美をとの美的形式の, 美をめぐって軽井沢風景の, 美をもって美の, 美を以てのみ世界に, 美を通して古代の, 美アイスクリイムなるを, 美カツゴウに到達, 美クシクシテ人ノ注意, 美シイカト思イ助六ヨリモ揚巻, 美シイ揚巻ヲ見, 美シイ芸術ホド自分ノ最, 美シウ情モ深クオハシケル上ニ, 美シカッタガ見タトコロ年増女ト云ウ感ジデ, 美シキ失敗ヲ祝ス, 美シク見エルッテコトサ, 美シクナイヒラガナヲソノママ活字ニ移シタモノデ活字ニ必要ナ様式化サエ行ワレテイナイ, 美シサガ全ク違ウ, 美シサト云ッテモ予ニハ予ノ好, 美シサ一モ言イ得ズ高円寺ウロウロコーヒー飲ン, 美デザインの妙, 美醜トニヨル差別待遇, 美ト称ス今丹, 美ナリ或ハ熱湯ニ, 美ナリ留メテ取ラザレバ春ニ至テ, 美ナルモ腰ハ大イニ太シ, 美ナル余ガ曾テ見ザル所ロナリ, 美見惚レナガラ, 美ペイザージュになっ, 美ヲ編セズ枠附額面仕立ニテ高サ一尺八寸, 美・人讃美が呪詞, 美は直, 美一切の醜, 美一如です, 美一辺倒的のオモムキ, 美下手ものの美, 美均齊の, 美且大なる把柄, 美世界の上, 美二世瑞仙晋京水の三人, 美二尊の時代, 美五侯の鯖, 美の美, 美人口の稠密, 美今更に言はず, 美低下の極めて, 美作品の価値, 美僧あらはれ来て, 美僧さへやつ, 美僧日當が延命院, 美僧美女はここ, 美僧美女目明しの文吉, 美優雅恋の感情, 美であった, 美党善党荘厳党は指, 美雅なる, 美其物も一種, 美其連嶺の長大, 美兼哲兼通兼雄を経, 美を横たえ, 美制たるに累, 美刺褒貶は人々, 美を吊るし, 美の村, 美努村というところ, 美努王に嫁, 美協会なるもの, 美善, 美即ち美術は, 美もろ, 美及び王摩詰などの, 美藝術の, 美の退屈, 美名づけて亮功紅, 美醜君, 美君一昨年より私金, 美周郎と呼ん, 美味覚的美といった順序, 美命先言阿那迩夜志愛袁登, 美唄北炭井華古河以下大小炭鉱のあり, 美善卿母は錦橋, 美図垣笑顔から始まった, 美地蔵というの, 美おそいん, 美だつた, 美報理事として小杉さん, 美夜おまえそれはほんとう, 美夜ここでは話, 美夜ちゃなんかとは遊ばない, 美夜ちゃんふしぎそうな顔, 美夜ちゃんチョビ安の大小四人, 美夜ちゃんニコリともせず, 美夜ちゃん仔細らしくちょっと, 美夜ちゃん泣き声をはなっ, 美天女の弟女, 美太白の才, 美の名, 美好色の詐欺, 美妻イゲルナに忍ぶれ, 美をかかえ, 美妾女も七八人, 美妾左右に侍り, 美娼トニスを思い煩うた, 美婦たちの肖像, 美婦カンパスプの前, 美婦人座席の上, 美婦岩頭に立てり, 美婦沙にゐ, 美學一卷を讀み, 美學史中世の部, 美學者や文學史家, 美學者四十餘人の美, 美あり, 美宅古道具などを所持, 美宇礼之家久伊余, 美宗教の美, 美宗教的優美が全然, 美宮図の如き, 美九郎義経と, 美尋常な美, 美鬟即興詩人, 美小姓釆女の前髪姿, 美少なく描くこと, 美尽くした鳳凰の, 美尽せり酒宴数刻に, 美の祭, 美へ行く, 美崇恋などいふ, 美崇拝の私, 美嶋神社渋川郡に都留弥神社, 美市民のもつ, 美建築として国宝, 美なる色相図, 美御前の大あ, 美御前加那志と言, 美なくし, 美心無くして, 美志留弟の名, 美なる食慾, 美思想の扉, 美が電車, 美性ハ之ヲ阻害スル惡制度ナキガ爲ニ, 美の差, 美もさだか, 美意匠の巧, 美愛すべし糟糠の, 美感嘆中傷侮辱揶揄と入り, 美感覚の鋭, 美懐しさが, 美成年でした, 美我々を刺戟, 美抽象美の如き, 美能書, 美支様が恰度十四歳, 美支樣が丁度十四歳, 美すんだの, 美文学なるもの, 美とでも云いたい, 美料理を次, 美既出の人物, 美の味品, 美智能宇斯王の女, 美というべきである, 美最大最深等の表現, 美服している, 美服した裕福な, 美服纒へる一侍女, 美服美粧して, 美少陵, 美来訪おとなしい話ぶり, 美林今ではもう, 美校入学志望時代において最も, 美校在学当時などもかなり, 美校教授ジューベ氏の遺品, 美校時代には巴里, 美校男子の水, 美校組からと交叉, 美校音楽学校みんな先生の首, 美根ちゃんそんなにおれ, 美根なにがしを名乗つて, 美根なにがし一座とて未だ, 美根太夫がある, 美根気よさ, 美森黒森石森霧森飯盛大井森離レ森烏森森山鈴ヶ森鷹森がある, 美構成のルツボ, 美様平様殿付け等の区別, 美橋がかりのところ, 美橋美恵橋が現れ, 美機械の美, 美欠けて居る, 美次少将が大使館付武官, 美歌うたふ人ありし, 美殊に花樹花草の, 美殿に安住, 美母呂能伊都加斯賀母登を参考, 美母呂能伊都加斯賀母登加斯賀母登由由斯伎加母加志波良袁登売云々とある如く, 美に酔死, 美水蔭の, 美の政略, 美池桑竹之屬, 美沈潜の美, 美が流れ, 美泉伝説がある, 美淋酒を厭われ, 美淡紅色を呈し, 美の方, 美温かさの, 美漿を啜い取る, 美漿融然として, 美澄翁の駁文, 美を増進, 美激励希望等の書信, 美濃厚な盞肴, 美無事の美, 美無形無色単純の美, 美らざるなし, 美爪具などがならべ, 美爾緒が来る, 美なる第, 美物館に父上, 美狂人がいる, 美独特のもの, 美猟奇心というもの, 美といえ, 美献身の美, 美が餌, 美の美, 美玄香だけをわざと, 美玉アリ匱ニオサメテ蔵セリ善価ヲ求メテ沽ラン哉, 美玉日に遇, 美玉空青を愛づ, 美玉都門に入, 美男子紳士探偵結城新十郎, 美留女姫二人より他, 美留女姫用がある, 美留女姫美留女姫用がある, 美留楼という人, 美留楼公爵様となり, 美留藻自身の美し, 美盛夏八月既に秋冷, 美目形が好くっ, 美目秀眉に其神魂, 美よい妹君, 美真に赤松氏利根川図志の, 美真理貞操道徳などがしきりに, 美の頭腦中, 美睡せる健康の, 美礼拝するの, 美禄これを栞, 美の女神シュリイ, 美福朱雀門には赤色, 美福門陽明門待賢門と書かれ, 美色づきに, 美であって, 美等々君は無上, 美箕面公園の大, 美簡素な力, 美精神の妙, 美経済の美, 美絹一疋をもらった, 美美それ自らとでもいうべき, 美として世界, 美の釵, 美考へて見る, 美者たちとドイツ文化, 美者ピエル・ドュ・モルテサックがひそか, 美者死面のボオドレエル, 美而妬なりと云, 美耶川さんが持つ, 美聲家はお, 美肴たるを要せず, 美肴中とりわけ重き, 美をしとど滴つれ, 美脚法の目的, 美膳秋はまた, 美自分の喜び, 美自然の音楽, 美至極の中道, 美至高の理想, 美色これまでの役者, 美色咲き立ての菊, 美色姉に妹, 美色持操人界絶えて, 美艶竜次郎は恍惚, 美に化された, 美芸術中の芸術, 美芸青雲派の矢野, 美苦痛にともなう, 美荘重な粧いには, 美荘重叡智自信安定等の美感, 美菜美魚に恵まれすぎ, 美華棟の妍, 美を得, 美蔵延若に谷崎潤一郎作, 美蔵操は福助, 美藝品は, 美藝術詩賦等何物にも附會, 美であ, 美蝮和名波美とあれ, 美いう別嬪, 美蝶とそも馴れ, 美衛明治六年一月二十日淡路国洲本に生る, 美衣利の里, 美衣好食するを, 美衣山海の滋味, 美衣美食のと夢, 美衣美食派手な行動, 美衣美食贅沢な生活, 美衣貧富同じく其製, 美衣飽食や女色, 美を着, 美装史書だから, 美装本であるが, 美で雄略天皇, 美製鋼板俗にミガキ鋼板, 美西の山, 美見めでて還り, 美覚えず数杯を, 美觀也否關東平原, 美觀村と云, 美觀言はん方なし, 美許等能御代可佐禰, 美詩情の美, 美詩的情緒が私達, 美佳談, 美も不愉快, 美調和神を認め, 美論入門の書, 美論苦痛美學だけにも觸, 美のみを呈する, 美謝罪而去云詩以調之, 美豆乃小佩は誰, 美豆良振り乱り, 美豆良振り亂り, 美豆良結ふ子, 美貞操か淑徳, 美貞淑の化身, 美貯書堆, 美賞主義のみが決して, 美の洗練, 美趣味が欠如, 美身体のあ, 美の後, 美車金鞍をかがやかせ, 美を使用, 美迎合しなければ, 美迦さんはあんまり, 美連娟として以, 美逸書多在, 美を造り, 美の故郷, 美郡宇治山に産す, 美郡賀美村とか宇賀美, 美郡那珂郡も含め, 美に面し, 美量的値打ちがある, 美錦繍の文, 美の生一本, 美開閨中欷歔すること頗妙, 美閲歴生活性格陶冶等から来る, 美阪家の勝手, 美の瓶, 美には遥か, 美雅致の美, 美雲先生などが居られた, 美降は, 美青年リノスの突如, 美青年伴大次郎とは男女, 美青年振りに惑わされ, 美青年栄三郎はこのごろ, 美青年深良一知の声, 美青年給仕を眼, 美青葉の山, 美音等に対する感覚, 美顏術に到り, 美顕揚の御, 美の美, 美と感情, 美饌嘉肴を得る, 美を一厨子, 美高貴の出, 美髪所どれも表通り, 美を生やした, 美髮王の時代, 美の直射的表現, 美そのままを, 美魚鮪つく銛, 美は五十尺余, 美鯨北極鯨小形鰮鯨など大分, 美をもった, 美鳥ソックリの少女, 美鳥恥かし気にしなだれる, 美麻奈のよう, 美麿が, 美點長處まで全然, 美齢まがいのママ薯