青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「科~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

秀~ ~秀吉 秀吉~ 秀子~ ~私 私~ ~私たち ~私達 ~秋 秋~
科~
~科学 科学~ 秒~ ~秘密 秘密~ ~秩序 秩序~ 称~ ~称し 称し~

「科~」 3100, 33ppm, 3504位

▼ 科~ (710, 22.9%)

6 先生は, 植物が, 生徒が, 生徒の 5 お医者さん, チサノキ, 医者の 4 うちで, 医者が, 細君が, 顔を

3 [13件] もので, 先生に, 医者に, 字は, 字を, 学生で, 方が, 方は, 植物に, 艇は, 花の, 落葉樹で, 魚は

2 [60件] あるべ, お医者, ような, アオノクマタケランに, グルクスの, チサノキでも, チサノキは, ハナミョウガに, ホトケノザを, ヤブミョウガでは, 一二年には, 一種である, 三年に, 中に, 主任の, 人に, 仕事に, 先生を, 全盛時代であった, 出身だ, 出身で, 医者と, 医者は, 名を, 女生徒, 学生であった, 学生と, 学生な, 学生に, 學問を, 屈静源は, 展覧会に, 教壇に, 教師を, 教授に, 教授の, 教授室に, 新入生を, 方で, 方に, 方を, 時分だ, 植物で, 植物には, 様子に, 次第を, 生ひ, 生徒などは, 療法を, 石田氏とへ, 絵は, 背後に, 舵手の, 艇も, 花が, 蔓草, 言葉を, 記念の, 講義として, 阿部さん第

1 [496件] あとは, ある学生, ある物, いろいろの, いわゆるタビラコ, うちにても, おきなぐさ, お仕込み, ことを, ないもの, ない事, なかでは, はんご, ほうが, ものであろう, ものは, ものよりも, ものを, アオノクマタケランである, アセミまた, アネモネ・プルサチラ, アブラチャンにも, イワタバコ, エラチネ・オリエンタリス・マキノという, オホムラサキを, カミメボウキ, カムバヌラ・グロメラタ, ガンピには, キンバイザサすなわち, コエンドロ薤は, コオニタビラコ, シノモリウム・コクネシウムで, シャシャンボすなわち, ズミと, センノウ属に, タケニグサすなわち, タビラコが, タビラコこそ, タビラコは, チサノキかを, チサノキすなわち, チサノキその, チサノキであろう, チサノキと, チサノキとして, チサノキに, チサノキの, チサノキまたは, チサノキを, チザノキ, ヂシャ, ヂシャすなわち, ヂシャとは, ツルモすなわち, ドクトルの, ドクトルは, ドルステニア, ネオンサインを, ネンジュモ属の, ハコベである, ハハキギ, フランス語ではね, ベルが, ホドイモ, マツタケ亜科に, ヤマヒハツ, ラストも, レエゾン・デエトルは, 一つに, 一なれ, 一夜である, 一大整理です, 一学生として, 一寸した, 一年だ, 一年先輩である, 一年生植物で, 一新種であった, 一植物に, 一種, 一種で, 一致乃至, 一花草で, 一部が, 一部門と, 一部門に, 三年生で, 三番が, 三種に, 三階から, 上に, 上流とに, 上田, 上級に, 不振の, 中で, 中には, 中の, 中江先生から, 中江先生です, 中等教員の, 主任たる, 主任でいらっしゃる, 主任です, 主任教授と, 亀谷といふ, 予科に, 予科の, 予科生として, 予算を, 二山に, 二年を, 二年生, 二年間に, 人々の, 人々も, 人が, 人なり, 人には, 今日の, 仏, 仕事を, 仲間も, 件とを, 会員は, 伝習を, 伝説に, 使った男, 停車場に, 償いが, 先生であった, 先生には, 先生にも, 先生も, 先生や, 先輩, 免状で, 児童ばかり, 入つたの, 入院患者に, 全盛時代である, 全部の, 六〇六の, 兵が, 兵隊を, 出来事で, 出身な, 出身は, 出身者で, 分合が, 列の, 別ある如く, 制には, 前, 前では, 前の, 前を, 割合が, 創設なども, 創設は, 助教授, 助教授を, 助教授宮坂を, 動物だ, 動物の, 動物を, 医学士で, 医局に, 医師が, 医師でも, 医師に, 医師の, 医師や, 医者だ, 医者である, 医者では, 医者にでも, 医者には, 医者へ, 医者も, 医者よりも, 医者を, 医者派出婦会姓名判断の, 十字路で, 千谷さんであった, 卒業で, 卒業生が, 卒業生だ, 卒業生である, 卒業生山崎晴一君の, 卒業生浅見であります, 単級で, 単級教授を, 友人と, 古い煉瓦造, 古在, 右の, 同僚教授に, 同名毒草に, 名としては, 名前が, 名誉を, 品は, 哲学研究を, 喬木も, 單級で, 四年を, 國際會議に, 土産植物は, 坪井医学士に, 外に, 外来で, 外来室に, 多い大, 夜学に, 夜学にも, 大きな葉っぱ, 大塚五郎工藤輝雄服部滝之進その他五六名の, 大学や, 大学生で, 女の子に, 女医師, 女子学生と, 奴ら八時ごろから, 如きも, 如きもの, 姿を, 字のみは, 学と, 学としての, 学問である, 学問と, 学問とは, 学校に, 学生には, 学生にも, 学生に対して, 学生の, 学生は, 学生僕の, 学識を, 學を, 學生が, 學生である, 學生です, 學生の, 學術が, 學術も, 実科の, 室は, 宿根植物で, 宿根草である, 密林も, 密林を, 實科の, 寺院史や, 専攻である, 専門医で, 専門医に, 專門に, 小さい毒草, 小店なぞに, 小連翹に, 居住区は, 屋上に, 山々よりも, 山つづき, 山下さんや, 山吹草等が, 山脈が, 島崎鶏二氏日本画壇では, 崎田君は, 工場が, 巧みなる, 差出す椅子, 帝大生が, 常磐木で, 常緑喬木, 常緑喬木で, 常緑喬木カクレミノ, 常緑喬木杜松, 常緑小喬木の, 常緑樹を, 平泉助教授の, 延長の, 建物との, 形めずらしい, 待合室で, 後に, 後に従い, 復活が, 復活は, 心臓は, 応援の, 応援船が, 忽那吉之助を, 意味と, 手落も, 招待日であった, 振舞に, 掛りを, 推量せし, 掲示場に, 教え方, 教員なぞと, 教官を, 教室, 教室で, 教室などに, 教室の, 教室を, 教師, 教師たる, 教師とも, 教師古川常一郎の, 教授が, 教授だけ, 教授でなく, 教授は, 教授を, 教授室の, 教授方針を, 教授理學博士遠藤吉三郎で, 教祖諸氏が, 教頭スミス博士と, 新学士, 新鮮さも, 方です, 方の, 方も, 時に, 時間に, 書物に, 最大な, 有名な, 末の, 本多光太郎さんにたいしても, 格子の, 棟や, 森林に, 植物だ, 植物です, 植物などを, 植物の, 植物を, 植物類が, 槿の, 標本が, 権威である, 横鎗にて, 樹の, 樹名サカキに, 樹木である, 橋田新一郎氏であった, 此室に, 毒草に, 河上肇博士は, 法門, 注意の, 海草が, 滝村立太郎君また, 漕いだあと十分, 炎に, 物だ, 特徴である, 特質であり, 生徒たち, 生徒たちは, 生徒だ, 生徒で, 生徒といふ, 生徒なりき, 生徒に, 生徒は, 男か, 男は, 男女の, 画は, 病で, 病室に, 病室には, 病院に, 病院の, 病院長の, 登第, 白山吹ケシ科の, 白鷹先生から, 白鷹君と, 皮を, 看護婦として, 看護婦の, 知識など, 研究資料もしくは, 秀才として, 私の, 私立学校を, 種類に, 立派な, 第七十五台目, 第七号室, 第二年生, 第六級, 細君も, 組織が, 絵描きさんが, 緑葉と, 考えに, 者が, 者は, 者を, 耳に, 背後より, 腕に, 自室に, 舵手が, 舵手は, 艇じゃ, 艇では, 艇の, 艇らしい, 艇を, 花, 花である, 花に, 花は, 花や, 花草である, 芸術座の, 苔類が, 若いやつ等, 若い人達, 若い作家達, 若い医者, 若い教授, 草などの, 落葉小喬木に, 落葉樹, 落葉樹に, 落葉灌木なる, 蔓草の, 行いを, 補習部に, 裾御牧が, 設けある, 設立を, 診察の, 診察を, 診察室では, 診察室は, 診察室前の, 評せし, 試驗と, 話が, 話では, 話を, 誡めたる, 誡めを, 誤訳, 課程は, 諸山は, 諸教授, 謎絵は, 講師の, 講師を, 講義だった, 身が, 身の上に関する, 軍人に, 転訛である, 返事を, 通知状やら, 連中に, 連山妙義破風, 連峰よい, 進さんに, 進闡せし, 違ったもの, 選定は, 選定を, 選手として, 醫師から, 醫者, 醫者として, 野球チームは, 金壺教授とが, 鉢, 門を, 間柄は, 院長さんの, 隠花植物が, 面目否, 高山國文科の, 魚と, 魚の, 魚特有の, 鷹見が

▼ 科~ (317, 10.2%)

7 の對象 5 の研究, の進歩 4 の中, の領域 3 では, の分野, の力

2 [27件] が如何, である, でも, としての哲學, との相違, と哲學, によつて, に定位, に對, に接觸, に造詣, の任務, の再建, の問題, の場合, の實證性, の影響, の振興, の發達, の知識, の研究者, の範圍, の親, は多く, は次第に, も哲學, を應用

1 [229件] あるひ, がかかる, がこの我が, がルネサンス以來, が使, が國家, が宗教, が屬, が必然的, が必要, が振, が日本, が溯つ, が現に, が現代, が發達, が自己, が驚嘆, であ, でありその, であり技術, である思想, でなく歴史的社會的存在, で解るもの, で解釋, とお伽話, とかいふもの, としての經濟學, として哲學, として特に, として自然科學, とその, との兩面, との合致, との調和, との間, との關係, とを調和, と信仰, と區別, と同じ, と威力, と密接, と實際科學, と工學, と方法, と特に, と生, と結び, と絶えず, と自然科學, と認識論, などといふ直接パン, においては特殊研究, において明, において確立, における實證的精神, にその, にとつて基礎, にばかり頼る, によく, によつて媒介, によつて西洋, による, によれ, に特有, に邁進, に鞍, のうち, のお話, のため, のみでなく, のみならず, のもたらした, の一分科, の一本鎗, の人類發達, の價値, の先進國, の公心, の典型, の凡て, の刺戟, の副産物, の創造, の力不滅論, の基礎, の基礎學, の大きな, の大宗, の大家, の大法, の奧義, の學徒, の宇宙觀, の客觀主義, の座標, の役割, の微, の微小分的, の必要, の思潮, の應援, の推進, の數, の文法, の方, の方法論, の方面, の普遍妥當性, の書, の最も, の材たる, の根, の横綴, の權威國ドイツ皇帝陛下, の民族ドイツ, の法則, の浸潤, の深, の深い, の源, の用, の用語, の發展, の發達史, の盛衰, の目, の研究資料, の示す, の社會, の立場, の精神, の精粹, の素養, の紹介, の絆, の經驗上確證, の興隆, の言葉, の認識, の誕生, の論理, の資料的知識, の進歩過程, の限界, の非常, の黎明期, はその, はその後, はふしぎ, はガリレイ以來, は不可能, は人類, は何等, は使, は個人慾病衆人慾病共通, は前二者, は原則的, は原子, は又, は反, は吾, は呪うべき, は圈内, は如實, は客體面, は微視的記述, は或, は技術, は支那事變, は教, は日, は死, は生, は發明出來, は眞, は若い, への偏向, への關心, または社會科學, また箇人的利己主義, もいい, もその, もただ, も亦, も將來, も心理學, やの寓居, や工藝, や文明, や語學, よりむづかしいもので, より哲學, をし, をまた, をも導き, を以てし, を信じ, を別, を利用, を否定, を吸收, を呪うべき, を將來, を尊信, を悦ぶ, を榮, を疑, を知らなかつた, を知る, を研究, を萬能, を詰めこんだ, を語る, を讀み, を超えた, を輕ん, を重んじなけれ, を養, 並びに宗教上, 及び文化科學, 及び理性藝術, 及び社會科學, 大會第八十五回, 未發達, 殊に動物, 無き國, 特に數學的自然科學

▼ 科~ (263, 8.5%)

14 卒業し 10 出て, 卒業した 4 して 3 ゆるされ御, 出ると, 犯したもの, 犯した人, 見て, 選んで

2 [13件] しながら, 三年に, 卒え, 卒える, 卒へ, 卒業する, 最優等, 犯した男, 異にし, 立って, 置きて, 設けること, 選んだといふ

1 [181件] いって, いれても, うけこうして, えらんだ, おえそして, おえると, おくかお, おもふ, かせいで, きいて, この場合, さがしたが, したから, しようが, しろ, する, すると, するとは, する役, する決心, する術, それぞれに, た, つくった恩師, つくつた, つくらせた, つくりこの, つくるの, つくるもの, で葛西善蔵, なして, なす, なすり魏延, ば高声に, もつて, やがて卒業, やった人たち, やはり六年間, やるか, やるつもり, やると, わすれて, わたッ, 七年其上に, 上手に, 丞相に, 中退し, 中途退学し, 二囘見る, 二年, 二年ばかり, 二重に, 五等に, 今から, 他人に, 代表する, 作ったり, 作つて寢衣の, 作りながら, 作る, 修めさせた事, 修めさせること, 修めた, 修めたため, 修めた後, 修めて, 修め明治十二年, 優等で, 兄上は, 具う, 出して, 出た, 出たとか, 出たの, 出たもの, 出た正教員, 出た若い, 出ましたが, 出まして, 出られ外交官, 出る時, 分けて, 分って, 初め知らず, 前々代の, 創設する, 加へて, 半分やりました, 卒業と, 去年卒業し, 受け持って, 受持って, 含まざるの, 含むの, 含めて, 問われ藤右衛門, 四ヵ月やっ, 増設し, 学ぶ気, 専攻せられ, 小窓, 尻目に, 左傾が, 廃し, 弟の, 弟は, 強ひる, 当てに, 得べく主家, 復活しよう, 志して, 志望し, 志望学科と, 思ったか, 怪み, 悲観の, 愛し且つ, 成すに, 成立し, 択んだが, 択んだの, 択んだ一つ, 控え, 收むれ, 教へる, 教授し, 教授する, 教授せしめた, 新設した, 暗誦する, 望まない, 業と, 業として, 構成し, 残りなく, 温習せしめ, 父上は, 犯して, 犯し兄有信, 犯し及び, 甲乙二類に, 申しなだめて, 申し開いた由, 相手は, 着せられての, 立て, 等閑視する, 終った子供, 終ると, 終ると共に, 終るまで, 終る者, 経ざるも, 継子扱いに, 置いたの, 置く余裕, 背負うから, 苦学し, 裁き得る者, 見たかい, 見たが, 見た人, 見に, 見るよりも, 規整する, 解かんと, 設けられた時, 設けるくら, 設けるなどは, 調べるやう, 講じそれ, 責めた, 贖ふ, 身に, 逃が, 途中で, 途中まで, 選ばせました, 選ぼうかと, 養育会で, 麗々しく広告

▼ 科~ (235, 7.6%)

10 属して 9 籍を 4 属するもの 3 なって, 入った, 入って, 属する, 属する植物

2 [13件] いたころ, しても, 入学した, 入学寮生活を, 妙を, 居るの, 属し支那, 属する飛燕草属, 属すれど, 屬する, 従いて, 於て, 興味を

1 [171件] あった, あらずとの, ありし頃, いた, いたころ金田一博士, いたという, いた事の, いた事も, いた八木沢善次, いた箸, いって, いる桃子, いる血気, おりながら, お勤め, かずけて, かよって, きいて, するの, その設計, それが, なった前後, なっても, なる石山氏, はいりあの, はいり将来, やつと, よらず入れるところ, よりて, よると, ゐた, ゐる時分, 一二か月席を, 上ること, 中國醫學, 他ならなかった, 代って, 依って, 依りて, 依り父杉百合, 入ったが, 入ったの, 入った三土興三, 入った当初, 入つた, 入つて, 入つて了つた, 入りずっと, 入りましたが, 入りまして, 入りましてからは, 入り一年半, 入れて, 入れるつもり, 入ろうと, 入学, 入学し, 入学する, 入学できる, 入院した, 入院する, 出て, 分けて, 分れた, 分れて, 分類される, 十二三の, 又四郎を, 及ばざるを, 及ぶのみ, 及第した, 収容され, 向いて, 向えば, 問い合せれば, 四年前に, 在籍し, 在籍中だった, 堕せざるよう, 女生徒, 学ばれること, 学んだが, 學ばせ他, 學んだ, 學んで, 對し, 就いて, 居たが, 居った時分, 居られる, 居るお, 属しその, 属しわが, 属しアフリカ, 属しダイコン, 属しヅクノキ, 属しペルシャ辺, 属し一属一種, 属し右, 属し地下茎, 属し夏, 属し葉, 属し近い, 属するが, 属すると, 属するサンダンカ, 属するツツジ類, 属するヒエンソウ, 属する一, 属する一年生草本, 属する一年草, 属する化石魚, 属する小さい, 属する草, 属する著名, 属する魚, 山と, 念を, 打て掛らんと, 持って, 挙げられて, 擡頭した, 擢んでられた, 教鞭を, 於ける両極, 於ける女学生数, 春の, 来て, 残り特に, 滞在せね, 滯在せね, 留まつて, 疵を, 登ったの, 登るという, 登るの, 着いて, 示すに, 移ること, 籍の, 給料を, 美しき細君, 至っては, 至りては, 英語の, 落つるを, 落つ可, 蘆花の, 蛍雪の, 行けば, 超越する, 身を, 転じる決心, 近づくにつれて, 這入って, 這入るつもり, 通うかたわら, 通じてから, 通つてゐる, 逢おうとも, 逢ふ, 進めなかったもう, 進学させる, 配置される, 関係あり, 限っては, 隠されぬ, 隷する, 電話を, 駈け込んだ, 骨を

▼ 科~ (189, 6.1%)

2 ある, ございませんどうぞ, どうして犯した, 之を, 宛も, 猶お

1 [177件] あった, ありません, おいらが, かうすべきである, かなしき山, きさ, ことにメンバア, この四族, この病院, さうでない, しかし初瀬, すでに長崎, その一つ, その組織, どんなもの, ない, ないが, ないと, ないわけ, なんの, ふいに, まあチベット, みなローヤルといふ, もう何年, もう出, よく下調べ, よく台船, アメリカでも, 一等二十人二等三十人計, 一等五人二等十人計, 一部を, 一階しか, 不必要, 之れ, 井上哲次郎先生も, 今までに, 今宵の, 今日の, 今日日本の, 今朝余の, 会場の, 何かを, 何と聞きたる, 何所と, 何故に, 余が, 余に, 余の, 余ほどに, 余を, 例の, 倉子の, 元々この, 先ず抜足, 先入主と, 六級中等科は, 六級高等科は, 其声高し, 其鍵を, 出たら何一つ, 判事の, 別に怒り, 医者の, 印象派以後の, 厚く礼, 又も, 又問, 又暫し, 又真面目, 受取るが, 受取るより, 口の, 唯口の, 商業学校に, 嘘だ, 四年まで, 四年までしか, 四級で, 外の, 多年経験を, 大害, 大抵昼間, 夫を, 奥の, 女学生風の, 如何なる問, 如何に, 妻ある, 威長高に, 定まつ, 宰領の, 巧なり, 平気にて, 幾分か, 幾軒と, 当時の, 形容し, 彼君に, 彼女自身が, 徐々と, 徐ろに, 従来西洋人の, 心の, 忽ち詰り, 怒りも, 悲劇科と, 成るほど, 抜歯ばかり, 敏くも, 斯る, 既設の, 日光の, 日本で, 日本画と, 是だけ, 更に余, 更に手帳, 更に犯罪, 最と, 最も満足, 本科三年を, 枚挙に, 梯子段の, 極めて必要, 極めて真面目, 横合より, 此店の, 此時邪魔を, 殆ど廃止廃校に, 気も, 水門で, 汝らの, 流石経験, 無言にて, 無遠慮に, 無雑作, 爾は, 牢に, 牢の, 特別に, 猶も失望, 白を, 益々怪しみ, 直ちに其意, 真実に, 眼にて, 知らなかつた分, 私の, 種々である, 立縞の, 簡単に, 素敵に, 給仕に, 絵画と, 維持されなかつたらしく, 聞くに, 肩を, 落胆せず, 藩地で, 藩地では, 覿面に, 警官と, 近代の, 追剥か, 逸早く引留め, 違います, 違うが, 違うたが, 重症者を, 階段に, 隙さず, 隙も, 隣村の, 顔色を, 顔面の, 馬車の, 驚きたる風

▼ 科學者~ (75, 2.4%)

3 であつ 2 の教養, の生活, の間

1 [66件] が遠う, たるもの, で, であるにも, でもない, としての半面, としての立論, として宗教, とだけみられ, とはいはれない, と交際, と比べられる, と縁, にする, になる, にもそれ, に重大, のそれから, のもの, のやう, の中, の仕事, の力, の團體, の待遇改善, の意志, の意見, の態度, の所説, の政治的理解, の政治的訓練, の教育, の斧, の欄, の研究論文, の立場, の組合, の組合組織, の著述, の行, の頭腦, はその, はとかく, は互, は今日生活, は何, は却つて, は多く, は平和, は幾千年, は心理學上, は悉く, は新ら, は産業, は研究, は組合内, は耐忍, もまだ, もよき, もゐた, や科學, や藝術家, らしい風貌, を生じ, を集め, 例へばガリレオ

▼ 科~ (70, 2.3%)

2 別でした, 多い慣習

1 [66件] あって, あつた, あらば, あります, ありませう, あり私立学校, ある, あるけれども, あること, あるの, あれば, あろう, あろう火, うまい, おかれて, おそろしいという, かかりましょうとも, ここへ, すむと, ちがった, ついてるという, なければ, よほど馬鹿らしゅう, 一人当, 三年合せ, 二年と, 五種類だ, 何うし, 何の, 余に, 充分に, 出来た, 出来たという, 出来ました, 出来るやら, 十年目に, 各單獨孤立, 呼置きたる, 喋々と, 姿立派なる, 実は漢学, 専門の, 廃せられてから, 当ッ, 御志願, 必要であら, 念を, 抜けてるぜ, 撥摘みて, 斯く詮鑿, 有って, 本会の, 来賓として, 此種類の, 毎もより着飾, 沢山の, 済むと, 無い, 猶お, 猶も余, 異なるから, 解説し, 設けられるに, 設計した, 違つてゐた, 遣て

▼ 科~ (70, 2.3%)

2 その学名, 一等の, 朴氏に

1 [64件] あつた, おいでおいでと, こんな服, ござります, ご勘当, して, すごしたの, それから後, それが, そんなに責められた, ちょっと身, とった, なけり, なぞって, まごまごし, もうひと, やつて, コップを, バリトーンです, 一刀の, 一寸目を, 一年落第した, 両者とも, 俗に, 健康診断を, 入った者, 処分の, 初瀬の, 加賀見忍剣は, 勉強してる, 卒業したら, 古書を, 召し捕られて, 問題に, 困難に, 固めた中心勢力, 夏目君や, 少し肩, 彼は, 性科学の, 打ち込まれて, 技手を, 教えること, 教へ, 教わったが, 机を, 村から, 此の, 母にも, 理学博士寺田寅彦先生の, 病勢の, 白銀三枚の, 盃を, 祝詞を, 立上った, 立派に, 行一は, 裁判を, 見た分裂病, 診て, 詫びようか, 造兵の, 鑑定し, 革命が

▼ 科~ (62, 2.0%)

3 入院し, 行って 2 入ること, 入学し, 入院した, 入院したい, 出すだけの

1 [46件] きたら晩ごはん, つとめて, はいること, ゆく由, 一年でも, 上ってから, 乗りつけたら妙, 伯林へ, 來て, 入った, 入つて, 入られます, 入るの, 入学させたく思ひます, 入学した, 入学しました, 入学不可能な, 入學, 入院する, 入院中精密な, 再入学, 出かけた, 出した, 出すとか, 出す絵, 大量的に, 寄りいろ, 寄り右足, 寄る, 廻る, 担ぎ込んで, 本集め, 来て, 残ったと, 着く朝, 籍を, 紹介を, 行かれますか, 行くだろうと, 行くだろう誰, 行こうという, 行つておろし, 診て, 送られ先生達, 通つてゐる, 連れて

▼ 科~ (61, 2.0%)

4 ない 2 ない新太郎, 無い人間

1 [53件] あった, あらねば, あるの, ござれば, ないお, ないこと, ないの, ないはず, ないん, ない亀, ない尺八, ない幼児, ない貴公, なき人, なくて, ねえ者, やると, やる小児科, ゆかりも, 中途で, 之を, 亦同様, 亦言, 今の, 何やら余, 余と, 全焼山上集会所も, 内心に, 出て, 同じ想い, 大に, 失望せし, 姥捨山の, 少し調子, 幼い少女, 成績が, 或は舞蹈, 持余し, 是に, 書記も, 格別の, 此上問う, 無いのに, 異なりオリーブ, 眼科も, 立留りて, 細君の, 絶望し, 藩地でも, 藻西太郎を, 間に合せである, 難儀も, 頓て

▼ 科學的~ (59, 1.9%)

5 に研究 3 なもの 2 であつ, の立場

1 [47件] たるや, であるかが, であると, である事, といふこと, と嗤, と稱, なこと, なより, なるべし, な世界, な公平, な心理學, な意味, な態度, な手段, な文化, な根據, な正しい, な爲, な眞實, な眼, な童話, な算出, な苦心, な面, にいつ, にいふ, にな, になれ, にもの, に事物, に冷靜, に出, に多分, に實驗, に整理, に磨い, に立證, に組織立つた, に肉靈, に處理, に進歩, の分け, の眞實, もしくは概念的知識, 大發明

▼ 科大学~ (45, 1.5%)

3 の助手, の古在 2 の研究室, へ持っ, を出, を師範大学

1 [31件] から耕作部, がある, と帝大, に入学, に帰る, に於ける, のそれ, のつましい, の乙科獣医科, の分析, の古い, の土木科, の学生, の学長ウィリアム, の建物, の後任学長, の御, の教室, の方, の植物学教室, の池野成一郎博士, の裏街, の調査, へはいり, へ学生, へ行つて, も日本精神文化研究所, やの前途, を出た, を卒業, を見

▼ 科~ (43, 1.4%)

2 書いたり, 白との

1 [39件] いい白, いう, いうに, いうよりは, いうを, いおう罪と, いふ, いふが, したの, し禾本科外, ちがって, なつて, なる, なろう, もうひとつ, 一直線に, 中等科を, 二人で, 云い共に, 云ふも, 余の, 八ヶ岳を, 同じ二部系統, 同じ時刻, 喜劇科とに, 堪忍し, 塑造科に, 実業科とが, 彼得堡との, 教は, 書いて, 書くか, 此家に, 申へ, 美術院を, 表情が, 表情による, 言う割烹, 變則科といふ

▼ 科植物~ (32, 1.0%)

4 の一種

1 [28件] がうつ, が十一種, が美しく, であった, です, と同じく, などが繁茂, などの薬草, についてその, に属する, に於, のくさ, の一, の外, の如き, の常套特徴, の穂, の穂先, の花, の葉色素研究, は他, は地球上, は随分沢山, も同様, も生え, や羊歯, よ, を植える

▼ 科~ (30, 1.0%)

4 の制 2 に應

1 [24件] あらざりせば, となつ, なりと, に採るべき, に於, に於ける, に歸, の原則そのもの, の及第者, の場合, の必, の效能, の法, の爲め, の美制たる, は其方法, は國, は帖, は支那人, を以て支那, を廢, を無用, を目的, を行

▼ 科~ (27, 0.9%)

4 の大 3 の中

1 [20件] から今堀川教官, から皮肉, が坐っ, が通りかかった, である鰐五郎博士, です, と呼ばれる, にあります, のま, の内村さん, の内村先生, の内村裕之先生, の御, の方, の言葉, は廊下, は苦笑い, や校長, よりもずっと, 大凪教授

▼ 科から~ (16, 0.5%)

2 連絡する

1 [14件] かえって来た, でございまする, やつて, エハガキが, ワルソウの, 互の, 伯林へ, 地理や, 大学の, 尋常科までの, 帰って, 特別出品され, 発火した, 附添っ

▼ 科において~ (16, 0.5%)

5 辞書につき 2 書籍の 1 ウ州要覧につき, 件名著者名書名牌子の, 処世法及び, 前学年, 少年百科辞典少年博物辞典の, 引続き書籍, 日刊新聞に関する, 辞書の, 農業時報農業年鑑農事報文農業雑誌の

▼ 科には~ (16, 0.5%)

3 いって

1 [13件] いない, いると, いろんな患者, とおるよ, また中, 久原房之助氏の, 十三人の, 大村西崖横山大観下村観山白井雨山関保之助岡本勝元溝口禎次郎島田佳矣本田佑輔高屋徳太郎の, 居なくなったの, 志望者が, 明らかに, 第一, 素朴で

▼ 科という~ (14, 0.5%)

2 ところに, のが 1 ところは, ところへ, ところを, のも, ものが, ような, 工合に, 新しい科名, 看板に, 科が

▼ 科~ (14, 0.5%)

7 學の 2 學に 1 学長を, 學や, 學を, 學生と, 學附屬博物館の

▼ 科では~ (13, 0.4%)

2 ない

1 [11件] あろうが, とくに近代性, なかつたやう, なくその, ほんとに勉強, 六十人中の, 処理できない, 卒業生が, 実はもう, 生徒です, 診察後幸子が

▼ 科~ (12, 0.4%)

2 で血 1 だが, でなくとも, とその, によつて, に診せられた, のくせ, の許, の診断, はみんな, を尋ね

▼ 科學的研究~ (11, 0.4%)

2 の結果 1 あり又, がある, に對, に從事, に關, の出發點, の根本資料, の賜, を行

▼ 科病院~ (11, 0.4%)

1 [11件] だけれども, でこんな, で診察, に通つて, の一室, の事, の代診, の門, へお, へ通, を起て

▼ 科~ (10, 0.3%)

2 と訊ねる 1 からツメ, から担当, か本科, つたのである, といい, とばかり思つて, と考へられた, 農科だ

▼ 科出身~ (9, 0.3%)

1 で若い, と称し, の, のこの, の学士, の少壮技術者, の後輩, の文學士, の美貌

▼ 科~ (9, 0.3%)

6 の國 1 の国, の坂, の諏訪

▼ 科専門~ (8, 0.3%)

1 でレントゲン設備, で院長, なので, になっ, のお, の三田英学校, の医師, の研究

▼ 科でも~ (7, 0.2%)

1 なくて, やったらどう, 同じこと, 成績が, 教えること, 法律科でも, 種類が

▼ 科といふ~ (7, 0.2%)

2 のが, ものは 1 やうな, 一科を, 看板が

▼ 科~ (7, 0.2%)

1 国文科の, 専門学校出だ, 振は, 白も, 莎草科の, 蘭科植物などの, 龍胆科や

▼ 科學的知識~ (7, 0.2%)

1 がなけれ, の缺乏, の資料, は知覺, を以つて教義, を絶對的, を通して神祕主義

▼ 科教室~ (7, 0.2%)

1 で創設, にはつい, にはソンナ連中, にキチガイ博士, の主任教授, の図書室, の教授

▼ 科なる~ (6, 0.2%)

1 この草, ものが, を, 一科を, 者あら, 者も

▼ 科一年~ (6, 0.2%)

2 の受持 1 の学生服, の教室, の級長, をすませ

▼ 科二年~ (6, 0.2%)

1 だから, にたった, の加藤, の大音寺虎雄つてん, をたのん, を修了

▼ 科~ (6, 0.2%)

1 が普及, の残骸, は全く, も共に, を整頓大成, を見る

▼ 科學精神~ (6, 0.2%)

1 が缺如, とかいふもの, と藝術精神, のある, の幼稚, の熱意

▼ 科~ (6, 0.2%)

1 一の, 一年生, 一級を, 二學年に, 二年に, 六級に

▼ 科として~ (5, 0.2%)

1 前例も, 嫌ひなものは, 授けるよう, 看病料理育児料理という, 自分を

▼ 科にも~ (5, 0.2%)

1 なりませんね, ゐたさ, 及ばないもの, 問われまい, 大清律例要義

▼ 科まで~ (5, 0.2%)

2 後が 1 卒えました, 同車した, 攻め入られて

▼ 科學博物館~ (5, 0.2%)

1 に於ける, の二つ, の増設, もあり, や美術

▼ 科學教育~ (5, 0.2%)

1 が適切, に力, に必要, はともすれば, を如何

▼ 科學的方法~ (5, 0.2%)

1 が發達, である, によるかしかなかつた, に基く, をとつ

▼ 科學等~ (5, 0.2%)

1 に就, の名, の目的, の認識, の諸

▼ 科~ (5, 0.2%)

4 の風 1 の神

▼ 科~ (4, 0.1%)

1 何か, 武者たちに, 法科かと, 裁断科か

▼ 科だけ~ (4, 0.1%)

2 卒へて 1 で高等科, 卒業した

▼ 科です~ (4, 0.1%)

1 か, から宗時, よう, 是なる

▼ 科とは~ (4, 0.1%)

1 何と読む, 抑も, 郷試で, 離れて

▼ 科によって~ (4, 0.1%)

1 京都から, 同時に罰金二十マルク, 所払いを, 腰繩手錠で

▼ 科~ (4, 0.1%)

1 先生ダノニ囲マレテサモ大層ラシク取, 小草ニシテ全形エウラクゴケニ, 所見ガ正, 所見モ虎ノ門病院ト全

▼ 科~ (4, 0.1%)

1 に一科, に伍, に英語, の一灌木

▼ 科中等教員~ (4, 0.1%)

2 たる不甲斐なき, の免状

▼ 科及び~ (4, 0.1%)

1 その, 法律科が, 精美な, 綴字科において

▼ 科~ (4, 0.1%)

2 の者 1 のツボクサ, の大

▼ 科学会~ (4, 0.1%)

1 でやり, で講演, の総会, はもはや

▼ 科學上~ (4, 0.1%)

1 にすぐれた, に所謂安定性, の事實, の大

▼ 科學力~ (4, 0.1%)

1 と合致, の差, をもつ, を存分

▼ 科學性~ (4, 0.1%)

1 と常識, と非, を感ずる, を持つた

▼ 科學知識~ (4, 0.1%)

1 から見る, の可, の深, を與

▼ 科學研究~ (4, 0.1%)

1 の一角, は專ら, を利用, を蒐集檢討

▼ 科玉條~ (4, 0.1%)

1 としてゐた, として立てられる, と奉じ, と心得

▼ 科との~ (3, 0.1%)

1 診察を, 間柄は, 関係それから

▼ 科へは~ (3, 0.1%)

1 いつて, 月に, 行きたくないという

▼ 科~ (3, 0.1%)

1 ない, るかども, るよう

▼ 科より~ (3, 0.1%)

1 一歩の, 下なる, 來書

▼ 科~ (3, 0.1%)

1 て巴里, の女, の技術者

▼ 科~ (3, 0.1%)

1 に分, に文化講座, の臨時講演

▼ 科学校~ (3, 0.1%)

1 の一, の学生, の生徒ら

▼ 科學概論~ (3, 0.1%)

1 といふもの, についてもいはれるであらう, の書物

▼ 科學研究所~ (3, 0.1%)

1 の使命, を經營, を設立

▼ 科學者たち~ (3, 0.1%)

1 が刻苦精勵, はそれぞれ, は苦難

▼ 科方面~ (3, 0.1%)

1 のいわゆる, の友達, へ向っ

▼ 科本館~ (3, 0.1%)

1 というの, の教授室, の裏手

▼ 科~ (3, 0.1%)

1 である, として止まる, になっ

▼ 科病室~ (3, 0.1%)

1 に収容, のこと, の四人

▼ 科~ (3, 0.1%)

1 な実験, な観察, に見

▼ 科程を~ (3, 0.1%)

1 六ヶ年か, 履修しよう, 復習せざる

▼ 科あたり~ (2, 0.1%)

1 で紹介, の連中

▼ 科あり~ (2, 0.1%)

1 と知るべし, 早々兵

▼ 科じゃ~ (2, 0.1%)

1 アねえ, 耳鼻科じゃ

▼ 科すなわち~ (2, 0.1%)

1 椰樹科の, 竹科と

▼ 科その~ (2, 0.1%)

2 向うが

▼ 科たる~ (2, 0.1%)

1 が如き, 所以なるべき

▼ 科だけは~ (2, 0.1%)

2 卒へ

▼ 科だった~ (2, 0.1%)

1 な, んだ

▼ 科とでも~ (2, 0.1%)

1 称すべき医学, 言うかと

▼ 科とに~ (2, 0.1%)

1 偏すると, 分れて

▼ 科~ (2, 0.1%)

1 の, んていう

▼ 科なんて~ (2, 0.1%)

1 ものは, 必要は

▼ 科においても~ (2, 0.1%)

1 断行致します, 経書や

▼ 科によ~ (2, 0.1%)

1 つて実在化する, つて表示する

▼ 科に対して~ (2, 0.1%)

1 極めて適切, 老人科とでも

▼ 科までを~ (2, 0.1%)

1 優秀な, 包括する

▼ 科よく~ (2, 0.1%)

1 消えたが, 覗いて

▼ 科三年生~ (2, 0.1%)

1 なのに, の時

▼ 科之者御供~ (2, 0.1%)

1 不仕, 被仰

▼ 科二年受持~ (2, 0.1%)

2 の代用教員

▼ 科五年~ (2, 0.1%)

1 のこと, の長男

▼ 科以外~ (2, 0.1%)

1 の学科, の病棟

▼ 科八つ~ (2, 0.1%)

1 が岳, が嶽

▼ 科動き~ (2, 0.1%)

1 の全体的統一, の部分的工夫

▼ 科在学中~ (2, 0.1%)

1 から既に, から演劇研究

▼ 科大学植物学教室~ (2, 0.1%)

2 の職員達

▼ 科大学生~ (2, 0.1%)

1 との失恋, と話

▼ 科學化~ (2, 0.1%)

1 されても, に統制

▼ 科學戰~ (2, 0.1%)

1 にあ, の戰場

▼ 科學振興~ (2, 0.1%)

1 の基礎, を期すべきである

▼ 科學政策~ (2, 0.1%)

1 に就, を擔當

▼ 科學文化~ (2, 0.1%)

1 の中, は童話

▼ 科學智識~ (2, 0.1%)

1 が一般的, や文化

▼ 科學界~ (2, 0.1%)

1 に於, の管理

▼ 科學的心理學~ (2, 0.1%)

1 が取扱う, は説明的

▼ 科學的成果~ (2, 0.1%)

1 が翌日, のみならず

▼ 科學的手段~ (2, 0.1%)

1 なり, を講ずる

▼ 科學的批評~ (2, 0.1%)

1 にあらずし, の下

▼ 科學的智識~ (2, 0.1%)

1 と行政的手腕, をヨリ

▼ 科學的素養~ (2, 0.1%)

1 が缺, を以てする

▼ 科學的説明~ (2, 0.1%)

1 が與, はどう

▼ 科學的進歩~ (2, 0.1%)

1 にばかりのせられ, の結果

▼ 科學論~ (2, 0.1%)

1 がすぐれ, よりも科學者

▼ 科~ (2, 0.1%)

1 であること, 又は笠品山

▼ 科山脈~ (2, 0.1%)

1 との間, の方

▼ 科度美~ (2, 0.1%)

2 の神

▼ 科~ (2, 0.1%)

1 在学であり, 療治御

▼ 科擧廢~ (2, 0.1%)

1 せられさしも, せられて

▼ 科時代~ (2, 0.1%)

1 に始まる, の宗教論

▼ 科生徒~ (2, 0.1%)

2 の殆

▼ 科花柳病科~ (2, 0.1%)

1 という看板, といふ看板

▼ 科設置以前~ (2, 0.1%)

2 の見すぼらしい

▼ 科~ (2, 0.1%)

1 に於, をはじめて

▼ 科~ (2, 0.1%)

1 が夥しい, が置い

▼1* [318件]

あって君, 科あらじとや思ひけん, 科あらせ給うな, 科あるように, 科あればこの, 科眼科, 科および法律科に, 科かと訊ねると, 科からは掛け図を, 科これなくただ, 科しかなかつたその, 科その他一切の, 科たっぷりの文句, 科たるべきものである, 科だけでも卒業させで, 科だってドイツ語フランス語英語は, 科だの法医学など, 科って先生は, 科であったろうかその他, 科であるものか, 科であんなえれえ目に, 科といふの方は, 科とか法学通論とか, 科とが加えられ之, 科としてのみ映ったの, 科としては今さらの, 科とも見えつべし, 科とを彫りたり, 科と共に馬車を, 科ない者は, 科なお大中少, 科なき人たちを, 科なぞいう分科, 科などが頭に, 科などと云ふも, 科などの様に, 科などもさっぱりわからない, 科などを出た人, 科ならよいと, 科なり彼れ, 科なんぞ真平御免, 科なんぞに行って, 科なんぞは廃止しちまつた, 科にてせりあげに, 科になつて一時間づゝ習ふ, 科によりて初花, 科のみが上手な, 科のみを正確に, 科ばかり納めて, 科へもすすめず嫁, 科までの生徒が, 科みたように, 科めいた様子で, 科ゆゑ死んだ人, 科らしい植物の, 科の目, 科をさえ凌ぐという, 科分れて, 科ナス属に属し, 科ニ勤務シテイラッシャル先生デスカラ間違イハゴザイマセン, 科レントゲンの小笹技手, 科シテ理解シ易カラシメンガ爲懸, 科一つの姿勢, 科一学も実事, 科一年豫科三年本科二年の科, 科三四年頃小国民, 科両人は同じ, 科中一番だろう, 科中等科高等科の三種, 科中著名な一草, 科主任の練達, 科主任教授で演劇美学者, 科は今日日本, 科予科に一学期, 科二年生であること, 科二部専修科があります, 科五年生でした, 科今生にて一度, 科があらはれる, 科以上に一歩, 科以東の地, 科会員熊谷守一氏を招待, 科会長がうまれ, 科体操科割烹科等あり, 科でもない, 科信良は, 科修身の一学年, 科全体を見れ, 科共通とし, 科で編成, 科其人にし, 科出版と所謂教養, 科が適当, 科刷新の事, 科割烹科等あり, 科創設以来演劇に関する講座, 科助教授の要職, 科勉強したいと, 科医井上教授を二人, 科医河合老医師, 科医療科算数科という, 科医者が嫌い, 科医郷といふ騎兵大尉, 科卒業と高等一年修了, 科卒業後引続き今日, 科卒業生であること, 科即ち當時の, 科か折角, 科君倉子へ見え隠れ, 科君君の役目, 科君待ち給え詳しく, 科四年生を卒業, 科學中に, 科在古思, 科外科のレントゲン技手, 科外講義としておもに, 科大学あたりの道徳専攻, 科大学前の高崎屋, 科大学助教授長岡宗好医科大学助教授入沢達吉等, 科大学助教授長岡宗好はすでに, 科大学学長にまで昇格, 科大学教授横井時敬同長岡宗, 科大学梶山英二理学士の調査, 科大学経済部に依頼, 科大学自身が武部氏, 科大隊にわけ, 科夫人の言いし如く, 科女學校に出, 科學といつても範圍, 科學ペンからの求め, 科學不振の大きな, 科學人智をもつ, 科學及歴史がそれ, 科學史です, 科學商業其他の目的, 科學圖書館の活用, 科學基本の他, 科學基點の明確, 科學天文とか博物, 科學宗教法律歴史哲學に關, 科學小説を書い, 科學巨頭の標準, 科學思想が普及, 科學技術の進歩, 科學技術經濟の發達, 科學抔で研究, 科學教育そのものであること, 科學日本の躍進, 科學時代には詩, 科學書和漢英獨佛等の字引き, 科學朝日記者は予, 科學歴史の科學, 科學歴史科學等の名, 科學法律哲學言語學などあらゆる, 科學生活を享受, 科學界並に文學界, 科學畑に住んだ, 科學發展の歴史, 科學的事實を述べる, 科學的人間に教育, 科學的判斷ではなく, 科學的古典學の研究, 科學的合理主義の童話, 科學的合理性のある, 科學的唯物論の缺陷, 科學的常識を教, 科學的思考にとってはどうしても, 科學的才能と共に, 科學的批判には堪へ得ない, 科學的時代に病氣, 科學的條件の具足, 科學的概念は物理的, 科學的武器や機械, 科學的武裝をした, 科學的犯罪よりも民度, 科學的玩具に多く, 科學的理論において形作る, 科學的破産の醜, 科學的社會主義として規定, 科學的科學的といふこと, 科學的算出法などは非常, 科學的精神を抱きつ, 科學的組織の廣大, 科學的組織的考察の自由, 科學的考察が盛ん, 科學的要素も色々, 科學的迷信ヲ打破スルニアリ, 科學的連絡調整を圖, 科學的飛躍の母體, 科學研究所運營の理念, 科學研究者の間, 科學社會主義の哲學的基礎, 科學社會科學政治科學また箇人的利己主義, 科學精神科學歴史科學等の名, 科學經濟藝術社會政治宗教の六類型, 科學者ウエリントンも書い, 科學者三十三人許りの, 科學者十名の論文, 科學者平和論者を躍らしむ, 科學者的な一日本青年, 科學者相互の間, 科學者自身が戰爭, 科學者達は其の, 科學自身の所爲, 科學至上的な現代社會相, 科學萬能國の脅威, 科學萬能的な考へ方, 科學記事と殺人事件, 科學説として正しい, 科學辭典だと, 科學農業ではこの, 科學部の人達, 科學雜誌の紙面, 科學風土記といふ, 科完成せる学, 科專門といふ看板, 科小児科歯科もある, 科少なしと言い, 科岩菜科花葱科などの様, 科という利根, 科工科商科の八分科, 科市史のうえ, 科へ出頭, 科必勝ということ, 科志願の秀才, 科悉く能く深き, 科為収生或, 科担任教授正木博士は同, 科擧制度の端緒, 科擧果して, 科擧試驗を行, 科支部第何区所属, 科政法科文學科醫科格致科農科工科商科の八分科, 科故御心配無用, 科教室及病院内のどこ, 科教室精神病学教室を参観, 科教室附属狂人解放治療場に於, 科教授であった辰野博士, 科教授医学博士正木敬之氏で御座います, 科教授室に於, 科教授就任に関する裏面, 科教授岡崎雪声氏が鋳造, 科教授正木先生が開設, 科新任教授正木博士が私費, 科日記である, 科木天蓼科木蘭科蕃茘枝科防已科などと成っ, 科木蘭科蕃茘枝科防已科などと成っ, 科本科に入った, 科本館講堂のボールド, 科本館階上教授室の南側, 科の広瀬庄太郎, 科で水牢, 科松木膚科瓜樹科蟻塔科蔓菜科岩菜科花葱科などの様, 科柴田氏は麹町, 科植物中特異の状貌, 科はいろは五十韻, 科洋典科医療科算数科という, 科爾沁部の遊牧地, 科独立の学, 科獣医科を卒業, 科瓜樹科蟻塔科蔓菜科岩菜科花葱科などの様, 科生徒十六七名來る, 科産婦人科の四つ, 科用寝台その他がそなえつけられ, 科病院曼陀羅先生の病室, 科百種新述, 科的手術をうけた, 科的観察を試みた, 科皇典科洋典科医療科算数科という, 科皮膚科眼科歯科と数, 科たりし, 科眼科歯科と数, 科神駒形神というよう, 科は経済学部経済学科, 科程としてやつた, 科程も持って, 科程度の教育, 科あり, 科算数科という, 科系統の各, 科を軽く, 科に, 科者すみやかにご, 科耳鼻科のあと, 科花葱科などの様, 科葡萄蔓麻糸木綿糸馬の毛, 科蔓菜科岩菜科花葱科などの様, 科蕃茘枝科防已科などと成っ, 科蟻塔科蔓菜科岩菜科花葱科などの様, 科行きの馬車, 科裁縫科を弟, 科補習部を卒業, 科にも全く, 科評判の才媛, 科講師刺繍組合理事の肩書, 科講師所用の教科書, 科農村青年のため, 科違うがおよそ, 科選科に在学中, 科へ行, 科醫的な世話, 科醫科格致科農科工科商科の八分科, 科醫通ひと學校, 科醫院へ行つた歸, 科野国の獣神, 科野國造に定め, 科野村の長井半之丞, 科野篠木柏井秦川などの各所, 科野路は蕎麥さく山, 科鉱泉に行かれた, 科長室の扉, 科閣下はあゝ, 科防已科などと成っ, 科にゴム, 科首席の, 科高等科の三種, 科高等科卒業と高等一年修了, 科齋三谷庵又凌寒齋