青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「羅~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

置いた~ ~置かれ 置かれ~ ~置き 置き~ ~置く 置く~ 罰~ 署~ 署長~
羅~
羊~ ~美 美~ ~美し 美し~ ~美しい 美しい~ ~美しく 美しく~ ~美人

「羅~」 3883, 44ppm, 2629位

▼ 羅~ (567, 14.6%)

9 方へ 7 子なりと 4 内に, 国の, 國に, 子だ, 放免, 暴状が, 顔は, 顔を 3 ような, 傘蓋を, 剣は, 國主の, 子なり, 府は, 眼を, 部屋の, 馬は

2 [30件] こと, ころも, ために, ところへ, やさしさ, やしき, ように, 主脳, 兵が, 内で, 内へ, 国から, 國の, 家より, 府に, 影の, 捕吏と, 敗亡を, 方を, 検断所へ, 父の, 獄舎に, 目代という, 眼が, 眼の, 花の, 身体は, 軍兵が, 音, 馬の

1 [432件] あとで, うけた衝撃, うごきを, うしろへ, おやしき, お尋ね人, お覚え, かけひき, かぶり物, こどもら, ころから, すぐ裏, どの辺, ほうは, ほとりをも, もよう, やうに, やぶれも, ようで, カクテル, ショオルを, タイプに, タネじゃ, フロックコートを, モーニングを, ワンピースを, 一令にて, 一吏員という, 一味を, 一員にも, 一団は, 一郭だった, 一門へ, 一陣か, 三字に, 上に, 下に, 下へは, 下座一間程の, 両手を, 中に, 中を, 主力は, 乳糜の, 二派に, 二道を, 井戸の, 亡状が, 人々知る, 人でも, 人とこ, 人は, 人数が, 人集まりは, 令などは, 令に, 仲間共の, 任, 任を, 伯父上, 伯父上からも, 伯父上も, 体から, 何者なる, 使いが, 使命は, 使者の, 侍が, 侍自身が, 修理亮平時氏は, 側に, 傍へ, 傘を, 傘蓋が, 傘蓋こそ, 傘蓋は, 傘蓋まで, 償を, 兄で, 兄として, 入道平, 兵士に, 内にも, 内部は, 処断を, 別院の, 前, 前から, 前といふ, 前に, 前へ, 剣が, 剣に, 動かぬ一団, 勢力争いは, 勾玉に, 北に, 北の方さきざきも宮の, 北ノ, 半身は, 南北車大路大和口までも, 南大和大路から, 叔父の, 古い墓, 古い王樣, 古墳では, 召しに, 右手へ, 名将レグルス兵隊を, 命で, 唇と, 噂を, 国, 国へ, 国を, 國, 國では, 國と, 國は, 國を, 國をば, 國主が, 國主御調物八十一艘獻りき, 國王の, 圓測, 圧迫より, 地位を, 地方官たる, 地相にも, 地蔵堂よと, 坊主が, 坐って, 垢と, 執事高ノ, 埼の, 境内で, 墓で, 声は, 売上箱から, 変を, 外客が, 大使の, 大将は, 大検挙, 大番役も, 大路から, 天日槍の, 失陥は, 如しと, 妹が, 姿が, 姿は, 威勢を, 子, 子が, 子たる, 子である, 子です, 子と, 子なりとか, 子なりとして, 子なる, 子も, 子我父母不在, 字が, 字の, 守りも, 密使は, 密牒を, 寺の, 小帯から, 居間の, 居間へ, 居間を, 岸も, 川番所や, 巾を, 帯を, 帳の, 平清盛の, 広い地域, 広場では, 広場車大路などに, 底意としては, 弓箭千五百人は, 引き締った唇, 弱点を, 形を, 役人が, 役人どもは, 役人の, 後に, 後手だった, 御内人へ, 御召縮が, 御合戦, 心の, 急使たちと, 悪計, 悲報ひとつで, 戦気ただならず, 手が, 手になど, 手の者どもだった, 手へ, 手を, 手先か, 手先の, 手入れが, 打撃の, 抜かりは, 指示を, 指金, 捕吏の, 採って, 探索は, 探題北条久時は, 援けに, 放免が, 放免すべてを, 放免で, 放免も, 放免根性に, 放免頭の, 放免頭も, 政府は, 救援に, 敗北を, 敗報などが, 敵も, 方で, 方の, 方は, 時代に, 暦は, 暴戻にたいする, 最後に, 木々の, 朱門に, 柳条目に, 検察が, 検察陣も, 横たわった身体, 横顔の, 樹立の, 次位に, 正しく突, 正面へ, 武士が, 武士どもが, 歸化人が, 池殿に, 沙門行心及び, 没落に, 浮織に, 海賊船が, 涼しい形, 清盛の, 清盛や, 滅亡と, 滅亡東国では, 滝独鈷の, 火の手が, 灯泉殿の, 烈炎の, 牛頭山に, 狭量が, 猟犬だった, 獄いらい, 獄から, 獄に, 獄へと, 王が, 王は, 王を, 王子の, 王子天日槍の, 王宮の, 王樣や, 生んだ久光, 生家江戸の, 申し上げたよう, 異な, 痂は, 病を, 瘡が, 白洲で, 白衣すら, 白衣に, 白衣を, 盛裝した, 目も, 目代で, 直衣の, 直衣を, 相府西八条の, 眼に, 眼には, 石見に, 祇王様, 祇王様な, 神経は, 神経へ, 秘牒だ, 窮状を, 立出る, 筆蹟らしく, 精兵を, 紋付羽織の, 紫を, 細まった, 絹の, 絹麻を, 総力が, 縞も, 縮緬浴衣を, 罪人配所の, 羽を, 羽織と, 翡翠を, 耳まで, 職は, 肉体は, 肩を, 背後へ, 背後を, 胸に, 胸の, 胸へ, 腕に, 腕の, 腕を, 腹へ, 膝の, 臍繰, 船が, 花を, 苦境は, 莟も, 葉で, 葉護可, 蒼ざめた額は, 蓮華寺過去帳, 虫の, 虫ケラどもを, 蛸のと, 行って, 行衛不明と, 術である, 衣紋の, 衣纏ひ, 衣被, 袂を, 袖うすき, 袖へ, 袖を, 袖口が, 裡に, 裾, 裾ぞ, 裾の, 裾ぼかしの, 裾を, 襞, 襟が, 言った言葉, 言葉が, 言葉へ, 言葉を, 計画であり, 討手が, 討手な, 討手を, 許へ, 評定衆に, 詮索が, 詮議や, 説いた耶蘇教, 調伏を, 諜者が, 諜者だ, 諸将, 諸象, 賊軍が, 足は, 足利どのは, 足利へ, 身体に, 身分なりと, 身寄りの, 軍兵集めと, 軍勢が, 軍勢四千と, 軟簾の, 辺にも, 近傍を, 返事は, 遺示, 邸に, 邸の, 部分が, 部屋へ, 都慶州です, 野邊にて, 銘仙を, 長躯, 陥落と, 陰には, 陰謀が, 陰謀の, 陰謀を, 陶山備中斎藤玄基河野対馬守などの, 雪を, 靄を, 青い蓋, 音が, 音だ, 音の, 音譯で, 預かり人, 頬は, 頭首は, 額を, 顔から, 飛脚到, 首は, 高氏から, 高氏へ, 鳥さへ, 鳴り響くの, 鳴るまで, 黒紋付が

▼ 羅~ (403, 10.4%)

8 の市 7 の民, の都 6 に歸, の貴人 5 の人, の市民 3 の文明, の都府, へ着く

2 [29件] にあらん, に來, に入る, に往きし, に於ける, に滯在, の, のホテル, の人々, の使徒, の古都, の国, の府, の時代, の歴史, の浴場, の滅亡, の無き, の王家, の畫廊, の盛時, の神, の議官, の貴族ピオ, の鍛冶, は, はその, は一都府, は猶

1 [292件] かけて, かの至大, からここ, からこの, からルネッサンス, から密使, から彼女, から渡っ, から獨逸, がこれ, がまだ, さらば故郷, だとばかり, でそして, でその, では市中, では私, でもなく, でも屁, でオクテヴィア, でスカラ, で出版, で病, で銀行, という国, とかいふ國, とかいふ時代, とが線路, とそうして, との勢力範圍, とカルセエジ, とカルセエヂ, とナポリ, と其士女, と巴里, と沼澤, などにも喫煙, ならば, なり, なる寺, なる恩人, なる母上, なる猶, なる聖彼得寺塔, にあった, にあつ, にあり, にありし, にありて, にある, にいらつ, においても巴里, にこう, にさ, にて, にての事, にては常に, にてもさ, にてアヌンチヤタ, にて人, にて彼媼, にて相, にでも程近い, には女子, には往かじ, にまで波及, にも居まし, にキーツ, に七日, に仕へ, に伴, に似, に來つる, に優る, に優れ, に入らん, に入り, に刑死, に到り着きて, に半年許, に名高き, に向, に在り, に埋められ, に学ん, に就, に巡, に帰っ, に往き, に往き尋ね, に往く, に拮抗, に於, に最も, に樽金, に死せり, に比べ, に派遣, に渡る, に留れり, に異らむや, に至つて, に至る, に若く, に行, に行っ, に行った, に謀反, に迎へん, に返り, に逃れ, に還らん, に還り, のさる, のそれ, のつもり, のばてれ, のもの, のやう, のクレオパトラ女王, のコルソオ, のコロッセウム, のスパルタカス, のテルニイ, のバチカノ, のピアツツア, のペトロ院, のホラチウス, のボルゲエゼ, の一王家, の一語, の一部, の七代目, の七寺, の万能, の丘上, の乞兒, の亡びた, の人たち, の人常, の佳人ルクレチア, の使いばてれん, の使者, の使者ヨハン, の俗, の俳優, の元老院議員達, の公民權, の共和政, の兵卒たち, の其, の円形闘技場, の劇詩人, の北, の古俗, の名族, の君, の唄, の国土, の地下窟, の塵, の大, の大本山, の女子, の女神, の婦人, の宿屋, の将来, の市區, の市府, の帝, の帝国, の帝政時代, の帝王主義, の廃墟, の建国者ロミュルス, の建国者ロミユルス, の御館, の思い出話, の或, の摂政オドワカル, の故郷, の文化, の方, の昔, の春, の朝, の本国, の来電, の武力, の殖民地, の流れ, の温泉場, の燃上, の牧, の王座, の王族ピオ様, の生活, の田舎家, の町, の百合, の目, の真似, の神話, の美人, の船, の花, の藝人ども, の蘇生祭, の街上, の裁判所, の詩人, の貴族, の軍, の近郊, の通衢, の遺物, の遺跡, の遺風, の遺骨, の邸, の都城, の銀行, の雑沓, の鞋, の鷲, はあなた, はいか, はいや, はつれなき, はよかろ, はジュギュルタ, は一日, は五週間, は全力, は拿破里, は此一揆, は無論, は羅馬時代, へ, へあてた, へ伴, へ売りつけよう, へ往き辯解, へ往け, へ旅立, へ来る, へ派遣, へ渡ろう, へ立たん, へ行, へ行く, へ行っ, へ送られ, へ這入り, までも従い, まで甘受, まで遠征, やナポリ, よ, よりオスチア, より下, より好き信, より歸, より齎したる, よ汝, わたりに, をば一日, を亡ぼした, を俯瞰, を創め, を去らん, を去り, を後, を描き出す, を瞰下, を立ち, を立っ, を立つ, を船出, を見下す, を討たん, を逃れる, を開拓, ノ古物ハ言フ, ノ奴隷, ノ時代ニ, ノ諸, ヲ天火ニ亡シタル一面, 全都, 又はカムパニア, 第一

▼ 羅~ (353, 9.1%)

9 の方 8 の事情 7 では, に於ける 5 に於, へ来 4 の戦争, の文明, を堕落 3 にいる, の人々, の土, へ行く, へ行っ

2 [21件] が今日, でしたい放題, でも, で最も, の, のどこ, のほう, の七つ, の人間, の地方, の小さい小さい, の戦地, の旅, の産んだ, の男女, の豚, の貴族, の都会生活, へ旅行, へ駆, を見

1 [243件] からこの, からの文学, からの移民, からの船, からも若い, からアメリカ, から亜米利加, から凶報, から出戻り, から土方, から帰っ, から帰りました, から帰朝, から私, がいい, がハムレット, が嫌い, が私, が開けた, が顰蹙, きっての, だったら小説家, ですらが, でなくても, ではつ, でまだ, でもチロルあたり, でも例へば, でも北の方, でも南欧, でも最上等, でベルリン, で一世, で喧まし, で妙, で文化, で生き, で発見, で考へた, というところが, というもの, とをほとんど, と亜米利加, と同じ, と日本, などの虚飾, なら小学校, なら疾く, なるに, にいた, にうようよ, における拷問器具, にすこし, にはいたらしい, にはこんな, には悪魔学, にまたがっ, にもあります, にもなから, にもアメリカ, にも中国, にも見あたらない, にゐ, にゐた, に伝えし, に伴, に住ん, に充満, に及ぶ, に名だたる, に在らし, に彼一人, に憬れ, に数千部, に有名, に来, に比べる, に流れこみ, に漂浪, に火, に現, に生れた, に知らるる, に紹介, に行った, に通ずる, に遅れ, のいろんな, のそれ, のむかしかたぎ, のイギリス, のカフェー, のカロリナ刑法, のゴブラン織, のユーゴ, の一国語, の一番困難, の三時, の上流, の中世, の主要部分, の人, の人形芝居, の何, の何処, の偉大, の光, の公休, の前, の劇作家, の劇壇, の動物説話, の十七世紀文化, の南, の危機, の各部, の国情歴史風俗, の国王間, の土地, の地, の地理歴史文化風俗国情等一通り, の地続き, の基督教国, の堕落, の塔, の夏, の外交家達, の大, の大陸語, の天地, の好色, の婦人, の子供, の学者, の学者社会, の学術, の安宿なみ, の寒, の寒い, の小国, の小説家, の年, の当り狂言, の心理, の戦場, の戦線, の戯曲, の政治, の文学, の新, の新大都, の旅行団, の書生, の最北端, の有様, の本場仕込, の植物説話, の様, の檜舞台, の歴史, の民族説話, の水, の片隅, の生んだ, の生活, の男, の町, の画人, の画家, の白人, の白鳥処女, の目抜き, の知性, の社会, の社会生活, の神話学界, の稀覯書肆, の穉物語, の経済状態, の羅典系文明, の自然流, の街, の西班牙, の西部戦線, の諸, の諸国, の近い, の近世史上, の近代文学, の野菜料理, の間, の隅々, の青年達, のKOREA, はあれ, はみんな一つ, はイブセン, はピラネエ山脈, は一般, は全滅, は土地, は戦争, は日中, へ入, へ出掛ける, へ往, へ往つた時, へ派遣, へ渡り, へ渡りました, へ留学, へ発つ, へ行きつく, へ行けなくなっ, へ行つた気, へ行つた経験, へ輸出, へ逆, へ遊学, までも乗切る, までも航海, まで荒き, も, も亦, も今度, も必ず, やアメリカ, や支那, をすて, を廻っ, を放浪, を歩きつくす, を漫遊, を襲い来, を見た, を観, を進歩, を風靡, 全州, 及び北部欧羅巴, 第一, 諸民族間, 迄も通用

▼ 羅~ (195, 5.0%)

4 卑弥呼を, 自分の 3 いった, 黙って 2 そこで, 剣を, 君長の, 彼の, 彼らの, 眼を, 馬の

1 [167件] あわてて, いうと, いって, いつの間にかお, いつも叔父, いま新帝, うごかずただ, うっとりなっ, かならず保つ, こう云いすて, さながら幻, しかたなし, しびれた痛む胸, すきやの, そっと娼婦, そっぽを, そのどの子, それさえも, それに, それを, ただに, とうてい平和, なおも起き上ろう, ひっそりだった, ひとり転がる, ひらりと, びくびくし, びっくりし, ほんとうの, またぞろ大きな, また帰りたい, また指, また眼, もう夕, やや崩れ, ようやく手薄, キャラコさんの, クッションに, ピクッと, 一人の, 一人立ち上っ, 一人馬上に, 一人高く, 三つある, 両岸, 久光に, 二人の, 他郷での, 依然として彼女, 俯向い, 催促した, 入口に, 全軍, 兵士たちの, 再び兵部, 再び蹌踉, 出しまへん, 剣の, 創生を, 十四に, 半分失神し, 卑弥呼の, 南玉を, 反絵, 古代紫の, 叩かれて, 右手で, 同情する, 味で, 唇を, 喜んで, 困って, 国境の, 團七の, 壁の, 壇上の, 壇上へ, 大月氏の, 女に, 女達に, 宿禰を, 寝ながら, 小藤次, 少しの, 山寺へ, 彼に従って, 彼女の, 後方の, 心配そうに, 恥かしくなっ, 憎悪の, 我と爾, 我の, 扇雀の, 支那との, 斉興が, 斉興に対して, 日本と, 日蓮自身如是畜生の, 昔から, 時々先生, 暫く眼, 朱塗金蒔絵の, 果してどの, 梅野に, 次々に, 武器庫の, 歯の, 毎日洞穴の, 毒壺を, 気味悪い少し, 気昧悪く, 江戸からの, 沈黙した, 波打って, 涙を, 深雪へ, 渓の, 漁人の, 激怒に, 濃い青磁色, 濡れた雨外套, 無言の, 煙管を, 白芥子と, 百八十年後の, 直ちに出兵, 瞋面怒, 称名を, 突き立ったまま二つ, 突然馬首, 突破できない, 立ち停って, 童男の, 紫綸子の, 緋羅紗の, 繊錦の, 翩翩から, 翩翩の, 脇息から, 腰元を, 腹に, 自国の, 花城が, 花城と, 若者の, 蒸被の, 蒼白な, 薄明り, 虹の, 血の, 裂いて, 見ごろ, 調所も, 起きようと, 蹌踉めき, 身の, 軽輩を, 輝いた眼, 辨夫有馬は, 遂に之, 過ぎた狩猟, 陥ち箱根以西, 非公式に, 頷いたが, 鹿の, 黙ったまま

▼ 羅~ (125, 3.2%)

3 揚げて, 着て 2 先駆に, 出て, 揚げたり, 見た

1 [111件] おおいつつん, おどろかせたとたん, おひき上げ, かんじ, さすがに, さらに著, して, すてて, だ, つけすきとおる沓, つけ瓔珞を, つつみ彼, なせしこと, なやましぬき淀, ならして, はなはだしく賤しん, はばかって, ば娶り, ほんとうの, もれて, 一枚被い, 中心と, 京へ, 人贈る, 伐つと共に, 何うし, 信心し, 出たばかり, 出た二つ, 出仕止めと, 刺し殺せ, 刺すか, 刺すという, 刺せ, 刺そうかとも, 刺そうと, 刺そうとして, 台なし, 呼んだ, 売ッ, 奇襲し, 奪った不, 奪り回さん, 引き千, 後方へ, 御征伐, 御征討, 戴く奴国, 捌くやう, 捨てると, 採り他, 揚げた, 握るもの, 撃った, 撃てば, 攻めつぶし, 攻めて, 敷た, 斬って, 昼の, 東畔第, 欺くこと, 正面から, 残して, 殺す, 求ぎて伊斯許理度賣, 求むる人, 注視し, 洗ふ, 滅し, 漢字で, 着け, 着たの, 破ったので, 私の, 突いた, 突くか, 立つ, 競ひ, 経て, 織りなすため, 翼に, 脱すること能, 落ちて, 著流し, 蜘蛛の, 襲ね, 覆へるを, 見つめて, 見て, 見ながら, 見るため, 討ちたまわんとして, 討つ, 討つつもり, 討つの, 討とう, 訪い情, 訪う者, 身辺に, 軽蔑した, 透くと, 透して, 遣った, 配って, 降伏せしめた, 陥した, 険しい眼, 食べたり, 食べ金, 鳴しながら

▼ 羅~ (104, 2.7%)

2 が, と東儀, の銅色, はその, はまた

1 [94件] から來, がやった, が地, その話, だ, という, とはすぐ, と同じ, と肩, と顔, にいや, にくれ, にはちょっと, に塗りつけよう, のいる, のくちびる, のこう, のさばき, のし, のした, のそば, の奴, の弁舌, の心理, の悔悟, の手, の承知, の支える, の献策, の眉間, の眼, の社交的, の腕環, の袂, の頬, の顔, は, はかつて, はこの, はこんな, はさも, はさり気, はじっと, はすぐ, はそう, はそば, はそれ, はそろそろ, はつつつと, はつよく, はぺたりと, はやや, はハッ, は両手, は中, は傲然, は小料理屋, は島, は常に, は形, は指さした, は死骸, は気の毒そう, は発狂, は相, は研ぎ澄まし, は答えた, は絶望, は老人, は腰, は蒼白, は血走った, は袋, は逸り立っ, は遂に, は黙っ, へ仔細, へ集った, もかねて, もこの, もやむなく, も呆れた, も容, も彼, も東儀, も緊張, も苦笑, や刹帝利, よ, を召捕れ, を眼, を睨みすえ, を見つめた, 押し懸けて

▼ 羅~ (94, 2.4%)

3 いった, なって, 向って 2 いて, して, 俺達の, 捕まって, 比したが

1 [75件] あって, あらぬさま, あるか, あるもの, あるや, いいつけて, いいよう, いたじぶん, いた頃, いま在る, いるうち, いわせれば, おかれても, おわしたころ, したところ, しても, つとめて, ならぬとは, もどって, 与えると, 丸められて, 亡ぼされたが, 亡ぼされて, 似た雲, 似て, 住んで, 使に, 傳つた時代は, 出向いた, 加えた非, 勝つた丈, 包まれて, 包んで, 北条範貞南, 喚くやう, 喚くよう, 在って, 寝よと, 寵愛せられ, 尚ほ, 当るという, 彫った経, 復讐の, 提出され, 攀登る, 支那の, 早打ちが, 殺された宿禰, 比したものの, 比し甚だしく, 泣顔を, 渡すと, 滞留中この, 白博多の, 着換, 破れて, 竹を, 紅の, 綾の, 織り込んで, 聞いた, 良酢の, 蝟集し, 行く使者等, 認めて, 豌豆の, 迫れる旭日将軍, 通じられる惧, 遊歴し, 遣は, 阿良鳥礼尉礼鳥也などの, 頬を, 飛んで, 飲ませるため, 馳せつき右府将軍

▼ 羅~ (90, 2.3%)

2 いった, こういう

1 [86件] あった, いうと, いった時, うつ伏せに, きれいな, こういっ, こう叫ぶ, このよう, しっくりと, そう答えた, その寵, それを, ちらっと将曹, どうの, ぷっと吹出し, めらめらと, もう朝, わり赤い, コップに, 一枚貼っ, 久光に, 事を, 云った, 人々を, 侍女を, 入ると, 出て, 口早に, 叫んだ, 叱った, 壇の, 声を, 大きい声, 大円寺から, 天井へ, 子なり, 子を, 子也, 家じゅうの, 家より, 寒そう, 寝ると, 将曹, 少しずつ, 張本人などと, 憎い, 手を, 手紙を, 揚るの, 摺り切れさ, 新聞社へ, 暁を, 暗き垣根, 柔和で, 横から, 汗を, 濡れた髪, 火を, 珠数を, 発した飛馬, 白綸子の, 笑いながら, 答へ, 素早くとっ, 背後から, 自分か, 落ちたらどう, 落ちるいぜん, 警杖も, 軽く睨んだ, 過ぎ行様, 酔いつぶれて, 鈍き刃, 鋭く深雪, 長煙管, 門の, 陥ちたもの, 静かに, 響いて, 首を, 高氏の, 鳴り渡って, 鳴り響いて, 鳴り響き幕, 鳴るが, 鳴るまでの

▼ 羅~ (54, 1.4%)

2 顔を

1 [52件] いそいで, お引かれ遊ばした, ご疎開, ご避難, じゃよ, つき出し初手, つれ行かれる, ひかれて, もう用, 出かけた, 加担した, 向けかえて, 向けた, 向った宮方, 告げ知らせるこそ, 奔って, 密訴した, 帰してから, 帰った鎌倉, 帰ると, 引いて, 御疎開, 微笑した, 投文で, 持って, 指示すべき, 揚げられましたが, 早打ちを, 曳かれても, 曳かれる憂き目, 曳くぞ, 来たの, 来たわけ, 申して, 申しやった, 疎開され, 秘使を, 笑いながら, 罪状を, 聞えるの, 自分の, 舁いで, 行って, 訴えて, 謝意と, 近づいたり, 送られれば, 送りこまれた, 送り込まれつづいては, 避難し, 飛んで, 馬を

▼ 羅門塔十郎~ (46, 1.2%)

2 であった, と東儀与力, のため, の三名

1 [38件] がいま江戸表, がそんな, が今, が剃刀, が役禄, が龍山公, その人, だけは酔えなかった, だぞ, だよ, とそして, ともある, と東儀三郎兵衛, と江戸, と申します, に交渉, のするどい, のところ, のふたり, の声, の宿所, の眼, の第一歩, はすこし, はその, はまだこう, は切り際, は呆ッ気, は庭先, は彼, は最前, は検死役人, は胸, は自殺, は身, も同じ, も威圧, も時々

▼ 羅馬字~ (33, 0.8%)

2 で書きつけ, を用

1 [29件] が何, が使つてみたい, が明らか, が普及, でお, で一杯, で手紙, で日本語, で書いた, で書く, で真白, と関係, にて書かれたる, にて書け, にも非, に書い, に限る, の, のかしら字, の彫られた, も, よくるし, を提唱, を普及, を用うるか, を示し, を綴ってた, を裏, を題す

▼ 羅~ (31, 0.8%)

2 反絵, 名づく, 将曹

1 [25件] いいます, いい屎一件, いう, いえ覆すには, す, すれば, なった, 一斉に, 並んで, 伝えられる牧牛, 伝へられる牧牛, 侍女とが, 公言し, 同人かと, 幡とを, 我がエタ, 我が餌, 書いたの, 法顕共に, 素盞嗚尊とを, 美須奴と, 言ひ, 調所とが, 調所との, 鎌倉との

▼ 羅~ (30, 0.8%)

2 の下町

1 [28件] かさもなければ, から十五哩, から来た, ではルウス・ジュッド, で弁護士, といへ, との間, とフォニックス, などとは比べもの, なので, にいる, に出入, に知人, のオリムピック, のブロオドウェイ, の停車場, の妹, の店, の捜査, の禿鷹, の良人, の若い, へ引き上げ, へ引き返した, へ持っ, までの車中, を始め, 第一

▼ 羅馬人~ (30, 0.8%)

2 はこれら, は西暦紀元

1 [26件] がそう, が持っ, が温浴, が羅馬, が英国, ぞとお, であろうと, と外國人, によつて利用, に亡ぼされ, に傚, に産, の事, の以前, の勢, の既に, の精靈, の見る, の間, の風俗等々, は優秀, は啄木鳥, は帝政, は平常, は日, は死霊

▼ 羅娘子~ (28, 0.7%)

1 [28件] が, が京, が人麿, が同, でこれ, といづれ, といふ説, との関係, とは同, とを同人, なるべきこと, なるを, のこと, の作れる, の前, はその, は京, は京師, は同, は在りし, は後妻, は本, は歌, を別人, を同, を妻, を娶, を娶つた

▼ 羅殿~ (28, 0.7%)

7 の前 2 のお, の空, も崩れる

1 [15件] がお, である, でなく徳川幕府, という額, といふ額, と比較, には何, のご, の声がかり, の息, の無情, の館, はどう, へも運動, よりすぐ

▼ 羅巴人~ (26, 0.7%)

1 [26件] が死んだ, が突然, だが, で他, で支那人, で跣足, とか云う, としてフランス, として最初, との前, とを打ち倒し, と同じ, によって黄金, に依, のそれ, の子供, の経験, の考, の誰彼, の顔, の魂, は政治上, は麦酒樽, もこの, も矢張り, を凌い

▼ 羅~ (25, 0.6%)

2 を着

1 [23件] と蒔絵, にいたわられ, にも堪えない, にも堪へない, に肌身, に身, の, の一枚, の女, の被衣, の裃, の襞, の襲, や下着類, をかづい, をきた, をくく, をまとい, をまとひ, を涙, を纏った, を纏つた, 吹く潮風金色

▼ 羅~ (23, 0.6%)

1 [23件] かけ捉, が牲, すなわちハヌマン, すなわち猴軍, と生まれ, なお不承知, に報じ, に精忠, に退位, の不, の勇, の心, の本体韋紐神, の楞伽攻め, の父ダサラダ子, の胸, の艶妻, の述懐もっとも千万, は前生帝釈, またはその, を助く, を釈尊, 帰って

▼ 羅甸語~ (23, 0.6%)

1 [23件] が読める, じゃない, だのいろいろ, でな, でもアカ, で訊問, と希臘語, と日本語, などはあと, に譯, の, のや, のシイザア, のマンドラゴラ, の二種類, の審問, の心得, の譯, は分ってる, もある, も読めない, や和蘭語, を弄する

▼ 羅馬法王~ (22, 0.6%)

3 の冠

1 [19件] から今更ら頂戴, から此大会, が人間, たる黒田清輝, で桜痴居士, と争い, と争う, なんかいくら, に訴, のうち, の位置, の勢力, の居ます, の権力, の油画肖像, の触れ出した, は傑物揃い, は嚴令, を狼狽

▼ 羅~ (21, 0.5%)

1 [21件] あぶなかった, これには, さらに援軍, すでに強力, なし東国, 何にも, 共に支那, 同じよう, 売った, 意地わるく, 文化の, 本馬芸や, 火西八条からも, 珠数を, 私聘なり, 笑った, 笑って, 血まなこでしょう, 討たずに, 間近先では, 黙って

▼ 羅~ (19, 0.5%)

1 [19件] がこれ, が喇叭, が急, が持つ, が見える, が駈けつけ, と放免, と散, に取り囲まれ, のいたわりだった, のため, の十数人, の藤井寺, の陣場, はおそらく, は去んだ, は耳, をみちびい, を案内

▼ 羅から~ (18, 0.5%)

1 [18件] お預かり, この鎌倉表, その世話, よこした輿, 事情の, 使に, 帰府し, 廻って, 来て, 特命の, 着到の, 護送され, 足を, 鎌倉へ, 鎌倉通牒と, 関東勢の, 駈けつけて, 鳥羽までの

▼ 羅~ (16, 0.4%)

1 [16件] お入り以来, がお, が忍ばるる, でも, ということ, との間がら, に, にお, のご, の呪咀, の御, はやさしい, へ召され切りです, へ斬りかかった, を刺そう, を殺そう

▼ 羅布人~ (15, 0.4%)

3 の宝庫 2 の巨財 1 が国家, でございますって, のな, の一大宝庫, の宝, の村, の神, はここ, は回鶻人, ばかりな

▼ 羅~ (15, 0.4%)

1 [15件] が自分, では対足利, でもここ, に見切り, に通謀, の人, の憎しみ, の手, の毒手, の目, の誰か, は, は上, は唐崎, へ降参

▼ 羅~ (14, 0.4%)

1 [14件] から八十一そう, で仏前生, にいろいろ, にもある, に一, に行きまし, の使, の北界, の名, の天, の師波婆利, の班足王, の迦毘羅城, は現在

▼ 羅~ (13, 0.3%)

3 多心経 2 を成じ, 多經 1 の, の一つ, の功徳, の自然, の薄い, や精進波羅密

▼ 羅~ (12, 0.3%)

1 [12件] が目, と混同, になる, にも逢わず, に腕, の如き, の腕, はけおされ, はそこ, はそれ, は眼, を配備

▼ 羅~ (11, 0.3%)

11 の沙漠

▼ 羅馬時代~ (11, 0.3%)

21 からさまざま, から伝つて, から相当, であったと, には事實, には其の, に入, のコリント式, の大きな

▼ 羅さん~ (10, 0.3%)

2 に礼奴さん 1 か, がお, が市井, が鎧扉, に居る, の兄さん, の寝息, は何

▼ 羅~ (10, 0.3%)

1 というの, と稱, のナギナタ, の大, の奥の手, はこの, はで, はカンラカラカラ, は全長一丈五尺, は鞍馬

▼ 羅武士~ (10, 0.3%)

1 がやって来, が三人, が擧動, である, とは見え, の手, の模型, の腸, の誇り, の迎え

▼ 羅~ (10, 0.3%)

1 だと, のなした, の命, の形, の誓言, の誓詞, の門, は素旆而, は變, を扶

▼ 羅馬旧教~ (10, 0.3%)

3 の寺院 2 の空気 1 のカレエム, のコンミュニオン, の国, の季節, の祭

▼ 羅~ (9, 0.2%)

2 さえ 1 あつた, したたかに, 別れたきり, 命知らずで, 放免が, 苦労し, 面を

▼ 羅~ (9, 0.2%)

4 心の 2 心と 1 心, 心なる, 心は

▼ 羅探題~ (9, 0.2%)

1 か, に遣わせる, のあと, の伊豆語, の周章狼狽, の指令, は越後守仲時, もあきれた, を襲はん

▼ 羅~ (9, 0.2%)

1 について悪い, のこと, のハッピ, の信者, の客引き, の宣伝, の本部, は単, を見学

▼ 羅~ (9, 0.2%)

1 か, として四ツ, の, の人, の人々, の左行派, の徒輩, の細作共, を討つ

▼ 羅~ (9, 0.2%)

1 が自分, とを貰い, の名, の木, の樹, の経文一巻, の類, の馬, 坐岩

▼ 羅には~ (8, 0.2%)

1 さしあたっての, 五条橋を, 大木, 常詰の, 武士の, 武者らしき, 申さぬが, 見たこと

▼ 羅~ (8, 0.2%)

1 が叫んだ, の重, は鈍重, をあげ, をあげた, をはりあげ, を修飾, を張り上げた

▼ 羅夷罪~ (8, 0.2%)

2 の犯者 1 と断, についで, につぐ, に次いで, の性質, の處分

▼ 羅征伐~ (8, 0.2%)

5 の設け 1 に御, はわが, は熊襲

▼ 羅~ (8, 0.2%)

2 の袂, の裳裾 1 にも堪えない, のごとく見えた, のし, の舞ごろ

▼ 羅馬法皇~ (8, 0.2%)

2 のやう 1 が自分, に対する新, に贈りし, に送呈, の宮廷, ヲ奉戴セントスル自己矛盾ナリ

▼ 羅~ (7, 0.2%)

1 てあま, てこれ, て余, て学事, て新奇, て洩らす, て煙

▼ 羅という~ (7, 0.2%)

1 やはり混血, 国が, 奸婦は, 字を, 屠者, 感じが, 貴い坊さん

▼ 羅とは~ (7, 0.2%)

1 いえその, そもいかなる, 今の, 印度における, 本来違う, 無上という, 逆に

▼ 羅三藐三菩提~ (7, 0.2%)

2 の仏たち, を得た 1 ということ, の仏たちわ, の佛たち

▼ 羅~ (7, 0.2%)

1 たれひとり, では, の合い言葉, の空気, は黒い, も戦争以外何, をあげ

▼ 羅典語~ (7, 0.2%)

1 が使用, で記され, と術語, にそのまま, に通じ, の詩, を解する

▼ 羅~ (7, 0.2%)

1 がさえぎら, がどこ, がよほど, だけとも思えぬ, にいや, の先鋒, を撃破

▼ 羅~ (7, 0.2%)

1 と見たる, なの, ならん, の副, の寂友, は當時韓地, を教化

▼ 羅曼的~ (7, 0.2%)

2 な傾向 1 なる西洋管絃楽, な兒童, な興味, な釣り橋, に見ない

▼ 羅~ (7, 0.2%)

2 の爲 1 が景教, といふ者, の爲め, や景淨, 優遇の

▼ 羅~ (7, 0.2%)

4 の仙女 2 を想 1 の夢

▼ 羅~ (7, 0.2%)

1 ではない, でもな, との間, の手, の番屋, の近づきうる, の邪げ

▼ 羅~ (7, 0.2%)

1 からも固く, が入っ, が天狗狩, としますれ, のうごき, の内, もお立ち

▼ 羅門氏~ (7, 0.2%)

1 か, そうしようで, でござったか, でしたか, にはまた, にはまだ, はそれ

▼ 羅~ (7, 0.2%)

1 がね非常, の手紙, の紹介文, の船, の詩, は去んでし, もよく

▼ 羅飛脚~ (7, 0.2%)

1 がこう, だ, だったが, とて文書, はどうか, は何, は何度

▼ 羅もの~ (6, 0.2%)

1 が静か, に包まれ, に身, の底, ひとつに, をつけた

▼ 羅三郎義光~ (6, 0.2%)

1 が兄, が笙, の後, の後胤甲斐源氏, の鎧, より出で

▼ 羅~ (6, 0.2%)

1 に包まれた, に隠した, の下着, を染め, を着, を着せた

▼ 羅へも~ (5, 0.1%)

1 なんぼなん, はいって, 兵を, 帰らずにね, 都の

▼ 羅~ (5, 0.1%)

1 刑事ば, 将曹, 幕府方に, 百済の, 鎌倉へ

▼ 羅三平~ (5, 0.1%)

1 という畸人, とちゃんと, の件, はすなわち, は股野義郎

▼ 羅~ (5, 0.1%)

1 が渡つて來, だの, まゐ渡り, や百済人, を武蔵国

▼ 羅問罪~ (5, 0.1%)

2 の為, の爲 1 のうち合せ

▼ 羅~ (5, 0.1%)

1 であるとか, にご, に釈迦族, の一王子, の青

▼ 羅~ (5, 0.1%)

1 夫人と, 夫人なる, 夫人を, 明神を, 経や

▼ 羅~ (5, 0.1%)

1 で二階, の向う, は十五年, へはいっ, や河豚料理屋

▼ 羅巴文明~ (5, 0.1%)

1 から離れなけれ, の本質, の糟粕, を否定, を堕落

▼ 羅攻め~ (5, 0.1%)

1 とかたい, にも獅子奮迅, に出た, の当夜, を開始

▼ 羅曼主義~ (5, 0.1%)

1 の大道, の諸, の頽瀾, は成熟, を学びたるなるべし

▼ 羅検断所~ (5, 0.1%)

1 の一将, の実績, の御, の白洲, はそれ

▼ 羅~ (5, 0.1%)

1 から蒙, は新撰姓氏録摂津国皇別, を名, を神戸, ノ義女トナリ玉フトナン

▼ 羅~ (5, 0.1%)

1 であるに, とやら申す, なんで, の御, の諺

▼ 羅~ (5, 0.1%)

1 が来た, などことに, のごとき, のはやった, の声

▼ 羅~ (5, 0.1%)

2 にだ 1 にも勝, にも堪へぬ, の中

▼ 羅致し~ (5, 0.1%)

1 たりし, てある, ていた, て國, て声威

▼ 羅葦僧~ (5, 0.1%)

2 の空 1 なぞは忘れ, にかけても誓い申すべきや, の浄土

▼ 羅~ (5, 0.1%)

1 とした, となった, とを嘲り, に非, の標準

▼ 羅馬教~ (5, 0.1%)

1 の勢力地, の寺, の掟, の積弊, の胎内

▼ 羅馬王家~ (5, 0.1%)

1 のため, の立派, の血, の血すじ, の血筋

▼ 羅馬皇帝~ (5, 0.1%)

2 が凱旋式 1 が, の後宮, の胸像

▼ 羅馬軍~ (5, 0.1%)

1 と波斯軍, の大将アッチリウス・レグルス, の攻撃方法, の防禦, 第十六連隊

▼ 羅からは~ (4, 0.1%)

1 さっそく両, 一軍の, 何も, 追立役

▼ 羅でも~ (4, 0.1%)

1 まったく感知, 彼得でも, 斉興でも, 片づけも

▼ 羅~ (4, 0.1%)

1 我を, 見よ奴国, 酒楽は, 長羅

▼ 羅上下~ (4, 0.1%)

3 の武士 1 に名

▼ 羅~ (4, 0.1%)

1 とは羅公, 遠と, 遠の, 遠を

▼ 羅~ (4, 0.1%)

1 か亜米利加土人, とフレミシュ, の末期, や希臘

▼ 羅奈国~ (4, 0.1%)

1 に仙山, に遣わし, の人苦心, の梵誉王

▼ 羅奉行~ (4, 0.1%)

1 と称え, の御教書, の腕, へ届け出る

▼ 羅~ (4, 0.1%)

1 の上屋敷, の唇, 我児を, 浮は

▼ 羅山人~ (4, 0.1%)

1 のこの, の作品, の経歴, の複製

▼ 羅~ (4, 0.1%)

1 と云もの, の事, の字, は壹岐

▼ 羅巴中~ (4, 0.1%)

1 に響く, の都会, を逃げ廻った, を遍歴

▼ 羅巴風~ (4, 0.1%)

1 な感じ, な港町, に数, の外套

▼ 羅~ (4, 0.1%)

2 玉氏が 1 玉, 玉氏の

▼ 羅~ (4, 0.1%)

1 の娘, の昔ながら, の畫風, の酒屋

▼ 羅曼底~ (4, 0.1%)

1 が實生活, と結合, の瞳, は忘れた

▼ 羅童子~ (4, 0.1%)

1 から始めます, を使う, を夢枕, を念じ

▼ 羅苦叉鬼~ (4, 0.1%)

1 と鳩槃陀鬼, の住家, の子孫, の子孫たる

▼ 羅貫中~ (4, 0.1%)

2 もよく 1 というところ, と云

▼ 羅~ (4, 0.1%)

1 がすでに, にやぶれ, に従いし, に用いん

▼ 羅~ (4, 0.1%)

1 からの引出物, で一苦労, へ, へ奉公

▼ 羅~ (4, 0.1%)

1 で帰化, というの, をおいた, を置く

▼ 羅風君~ (4, 0.1%)

1 としての唯一不断, の義父さん, の話, はカトリック

▼ 羅馬王庁~ (4, 0.1%)

1 から派遣, のことば, の文, へ送っ

▼ 羅では~ (3, 0.1%)

1 あわてて, なくて, 北殿から

▼ 羅とて~ (3, 0.1%)

1 女は, 容赦せぬ, 無関心

▼ 羅との~ (3, 0.1%)

1 仮名を, 位置を, 政治的関係も

▼ 羅なる~ (3, 0.1%)

1 ことを, を知り, 語の

▼ 羅まで~ (3, 0.1%)

1 真昼の, 送りとどけて, 送り届けてから

▼ 羅より~ (3, 0.1%)

1 七条を, 仰せ下され給う, 出る書容易

▼ 羅三郎~ (3, 0.1%)

1 が笙曲, と時秋, の名前

▼ 羅三郎以来~ (3, 0.1%)

1 の名族, の家武田氏, の父祖

▼ 羅~ (3, 0.1%)

1 峯の, 峰の, 庁と

▼ 羅~ (3, 0.1%)

1 なりと大殿付, になっ, の侍女

▼ 羅使~ (3, 0.1%)

2 の一行 1 は天平八年

▼ 羅~ (3, 0.1%)

1 ではここ, は同様, をてん

▼ 羅~ (3, 0.1%)

1 だよ, と書い, の花

▼ 羅和氣~ (3, 0.1%)

2 の王 1 の王一柱

▼ 羅~ (3, 0.1%)

2 の三尊 1 を得

▼ 羅~ (3, 0.1%)

3 しかえ

▼ 羅巴戦争~ (3, 0.1%)

1 が起りまし, に依つ, は交戦国

▼ 羅巴文学~ (3, 0.1%)

1 とやらいう, に見え, の作品

▼ 羅布湖~ (3, 0.1%)

1 のある, のほとり, の岸

▼ 羅~ (3, 0.1%)

1 にも通ずる, に出, に出た

▼ 羅~ (3, 0.1%)

1 するに, なされたという, の謝意

▼ 羅放免~ (3, 0.1%)

1 の偽, の抜け目, の眼

▼ 羅~ (3, 0.1%)

1 といふ, にもその, の人ツルゲニエフ小説喧嘩買

▼ 羅曼派~ (3, 0.1%)

1 の諸家, 亡んで, 起つて

▼ 羅~ (3, 0.1%)

2 のその 1 の八尋矛

▼ 羅松原~ (3, 0.1%)

1 に残余, はある, へさして

▼ 羅~ (3, 0.1%)

2 と鉄 1 と称する

▼ 羅漫的~ (3, 0.1%)

1 な幼児, な幼兒, な氣分

▼ 羅甸區~ (3, 0.1%)

1 で全く, の所謂家具附ホテル, の界隈

▼ 羅総門~ (3, 0.1%)

1 のふせぎ, の内, を入っ

▼ 羅~ (3, 0.1%)

1 に巧, の被風, 虚構を

▼ 羅臥雲~ (3, 0.1%)

1 が平川天神祠畔, とて清人, と呼ぶ

▼ 羅萬象~ (3, 0.1%)

1 が緑色, を全く, を網羅

▼ 羅~ (3, 0.1%)

1 ありて, が子, とした

▼ 羅~ (3, 0.1%)

1 といふ處, は老, より甥三好秀次

▼ 羅迷伽~ (3, 0.1%)

1 であります一人, と云, の表

▼ 羅遊び~ (3, 0.1%)

2 をし 1

▼ 羅陥落~ (3, 0.1%)

1 の報, の実相, を知る

▼ 羅陵王~ (3, 0.1%)

1 を舞いました, を舞い終る, を舞う

▼ 羅馬兵~ (3, 0.1%)

1 が骸子, の顔, はまるで

▼ 羅馬加特力教~ (3, 0.1%)

1 に反逆, の信仰, の地獄

▼ 羅馬市~ (3, 0.1%)

1 とその, には黄金, はこれ

▼ 羅馬帝国~ (3, 0.1%)

1 との境界, は制限, も土臭

▼ 羅馬帝國~ (3, 0.1%)

1 の社會, の統一, ヲ築

▼ 羅馬拿破里~ (3, 0.1%)

2 の間 1 に譽

▼ 羅馬教会~ (3, 0.1%)

1 に大, の弥撒, は神

▼ 羅馬数字~ (3, 0.1%)

1 だつた, も風, を画いた

▼ 羅馬旧教風~ (3, 0.1%)

1 な古めかしい, な聖母マリア, な金色

▼ 羅馬綴~ (3, 0.1%)

1 であった, で書いた, の日本語

▼ 羅馬風~ (3, 0.1%)

1 の中庭, の情熱, の鼻

▼ 羅からの~ (2, 0.1%)

1 増援が, 早打ちが

▼ 羅すなわち~ (2, 0.1%)

1 エタとは, エタの

▼ 羅する~ (2, 0.1%)

1 のである, ように

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 か女郎花, と呼号

▼ 羅~ (2, 0.1%)

2 ぽこ

▼ 羅でなく~ (2, 0.1%)

1 ある優し, 深雪の

▼ 羅どの~ (2, 0.1%)

1 に媚び, を憚

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 人物で, 足どりで

▼ 羅など~ (2, 0.1%)

1 であって, 眼中にも

▼ 羅などは~ (2, 0.1%)

1 どうです, 廃した

▼ 羅にも~ (2, 0.1%)

1 あるべきである, 似たる麗

▼ 羅ひく~ (2, 0.1%)

2 子も

▼ 羅への~ (2, 0.1%)

1 対策を, 覚えさえ

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 天と, 天を

▼ 羅わたり~ (2, 0.1%)

1 と覺しき方, 斯かる

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 求メテ食ヲ, 落去

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 の優男, の剛の者

▼ 羅下那州~ (2, 0.1%)

1 多陀用弊流, 多陀用弊流之時

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 をとっ, を註文

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 という青年, は言った

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 てふ, は蟒神

▼ 羅侯子~ (2, 0.1%)

1 ノ子, ヲ興スベキデハナイカ

▼ 羅公如意~ (2, 0.1%)

2 奪顏色

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 に, の寺院

▼ 羅別院~ (2, 0.1%)

1 の板屋びさしにお, の獄屋

▼ 羅勤め~ (2, 0.1%)

1 の侍屋敷一軒, も忙しい

▼ 羅北殿~ (2, 0.1%)

1 の廂, の方

▼ 羅参り~ (2, 0.1%)

2 に連れ

▼ 羅和尚~ (2, 0.1%)

1 が双, という豪傑坊主

▼ 羅大番~ (2, 0.1%)

1 のさい, の小串三郎則行

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 で其中, は大黒天

▼ 羅夫婦~ (2, 0.1%)

1 はひどく, は子供夫婦

▼ 羅密牒~ (2, 0.1%)

1 がやすやす, の内容

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 曹を, 曹平などの

▼ 羅尼斯~ (2, 0.1%)

1 に往き, の梵授王一

▼ 羅巴じゅう~ (2, 0.1%)

1 に七十人あまり, の客車

▼ 羅巴スタイル~ (2, 0.1%)

1 のグランド, の淫事

▼ 羅巴人の~ (2, 0.1%)

1 よりも更に, よりも短い

▼ 羅巴動物説話~ (2, 0.1%)

1 と同一, の根源

▼ 羅巴民族~ (2, 0.1%)

1 のみならず, の此種

▼ 羅巴種~ (2, 0.1%)

1 ではない, の全身真っ黒

▼ 羅巴行き~ (2, 0.1%)

1 の支度, を思い立った

▼ 羅広場~ (2, 0.1%)

1 と七条河原, のうち

▼ 羅府新報~ (2, 0.1%)

1 がこんなに, の切抜き

▼ 羅彼方~ (2, 0.1%)

2 の女

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 討伐の, 討伐は

▼ 羅攻略~ (2, 0.1%)

1 には成功, の大功

▼ 羅教発祥~ (2, 0.1%)

1 の目, の縁起

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 など, 陥れワシ

▼ 羅時代~ (2, 0.1%)

1 に掘られた, の古

▼ 羅曼主義者~ (2, 0.1%)

2 即ち

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 に示した, は次

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 とヒダ楽, の方

▼ 羅樹下~ (2, 0.1%)

1 に坐し, に坐っ

▼ 羅武者~ (2, 0.1%)

1 の合い言葉, の弓箭千五百

▼ 羅~ (2, 0.1%)

2

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 へ上陸, をつなぐ

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 の顔, は我

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 といいまし, へ曳き

▼ 羅玉液~ (2, 0.1%)

1 といふ随筆, の文章

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 という名, へた

▼ 羅甸並~ (2, 0.1%)

2 に希臘

▼ 羅甸字~ (2, 0.1%)

1 で書名, にて書名

▼ 羅神将~ (2, 0.1%)

1 の出来上がった, を二尺以上

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 の武者, らしき武士

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 のおよそ, を引

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 とした, とす

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 で呶鳴つた婆さん, を張りあげ

▼ 羅致せ~ (2, 0.1%)

2 むとして慫慂頗る

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 の方, を倩

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 と同じ, の國

▼ 羅荼國~ (2, 0.1%)

1 が中心, は今

▼ 羅葉樹~ (2, 0.1%)

1 の姿, や泉

▼ 羅~ (2, 0.1%)

1 で紫羅襴, とは紫蝴蝶

▼ 羅討伐~ (2, 0.1%)

1 ではなく, にお

▼ 羅評定衆~ (2, 0.1%)

2 の一員

▼ 羅門様~ (2, 0.1%)

1 ご書状, では

▼ 羅除風~ (2, 0.1%)

1 と作者, に草庵

▼ 羅面琴~ (2, 0.1%)

1 と同じ, の音

▼ 羅馬の~ (2, 0.1%)

1 かの傭兵, は河

▼ 羅馬城~ (2, 0.1%)

1 とこれ, のめぐりなる

▼ 羅馬字採用~ (2, 0.1%)

1 または新字製造, ヲ決行スルトキ

▼ 羅馬字綴り~ (2, 0.1%)

1 の冠字, の讀み

▼ 羅馬文字~ (2, 0.1%)

1 で岸本, で彼女自身

▼ 羅馬日記~ (2, 0.1%)

1 に刻, を披

▼ 羅馬武士~ (2, 0.1%)

1 が出陣, に劣らぬ

▼ 羅馬法~ (2, 0.1%)

1 にでも書いたら, に所謂

▼ 羅馬法王庁~ (2, 0.1%)

1 へ公使, へ取戻す

▼ 羅馬法皇廳~ (2, 0.1%)

1 に訴, に赴き

▼ 羅馬舊教~ (2, 0.1%)

1 の世界, の傳説中

▼ 羅馬貴族~ (2, 0.1%)

1 の一人, は杳

▼ 羅馬附近~ (2, 0.1%)

1 にはチヴオリ, の別墅

▼ 羅馬風十字架~ (2, 0.1%)

2 の姿

▼ 羅馬鼻~ (2, 0.1%)

1 で一般, というよう

▼1* [557件]

俺の, 羅あそびをし, 羅あたりの指金, 羅あり緊那羅, 羅いったいの経営, 羅いらいの事ごと, 羅おでんとこんなに, 羅火種や, 羅からも近国からも, 羅がたは今日, 羅くさいうさんな山伏, 羅これは毘沙門, 羅ごときは一朝, 羅さまを神棚, 羅さんあなたですか, 羅さんいまいろいろうかがっ, 羅し去りてこれ, 羅じゅうの勢, 羅がたは, 羅すこし不格好だ, 羅せられて特に, 羅たることを, 羅だけでは, 羅だったがそれ, 羅ってもんです, 羅でありその新, 羅であるかも知れない, 羅ですって, 羅での軍議は, 羅といふは屠者, 羅とか唐桟などという, 羅とが転がった, 羅ともあって, 羅と共に一挙に, 羅と金の立琴, 羅などの下に, 羅ならわいに, 羅について先生は, 羅にてもはや捨ておかれぬ, 羅にとって斉興を, 羅によって孔子は, 羅にわたって新羅, 羅に従って戦に, 羅ひとつになっ, 羅へでござります, 羅へと移しまいらせつづいては, 羅へはいくたび, 羅までのあいだに, 羅め何んといっ, 羅もはや死相が, 羅よりかも書契の, 羅よりは制, 羅らしい銘仙を, 羅わたりの内人と, 羅を以て任じその, 羅サマという新興宗教, 羅ッ鉾を云う, 羅守備を, 羅一つが北条, 羅一劃は大塔, 羅一帯は急, 羅一廓のことし, 羅一掃の後, 羅一派を血祭, 羅一門が爛漫, 羅万国も軽, 羅三井天尻屋羽禮須多院, 羅三道の西海岸, 羅三郎以来二十幾世という御, 羅三郎様より二十七代, 羅三郎義光以来連綿と続い, 羅へたる夏, 羅世伊止宇眼に萎えた, 羅世伊止宇苧環の花, 羅世尊に乳糜, 羅並木車大路の辻, 羅井, 羅人等久シク聖化ヲ慕ヒ, 羅什三蔵の門下, 羅什時代の于, 羅付女中になりたく, 羅代りの附合, 羅任那伽羅秦韓慕韓六國諸軍事, 羅任那高麗百済の四つ, 羅伊曾の空, 羅城の, 羅使以下の人々, 羅使等が船上, 羅保刷毛目各種の茶碗, 羅倉奉行の斎藤四郎左衛門利行, 羅僧三十二人と尼二名, 羅反調所党, 羅入りはゆるゆる, 羅全軍も今, 羅にそれ, 羅兵たちが男, 羅典区の夜, 羅典希臘をはじめ, 羅典民族と同じ, 羅典的場面の大, 羅典系文明が近世, 羅典語学者で私, 羅再三取如意, 羅処分のこと, 羅を聞い, 羅というところ, 羅割符をしめし, 羅勤番の一奉行, 羅が喝采, 羅化すやうな, 羅北御所の仮, 羅北苑の木戸, 羅半兵衛の四人, 羅南京古赤画, 羅印河のほとり, 羅京に, 羅口川左右は予山, 羅史那スルパナカの両, 羅向きへは道誉, 羅と語, 羅問罪所でひと晩, 羅固めの逆茂木, 羅国使等の作った, 羅國南天竺國南天竺國遣使朝貢, 羅國王を教化, 羅といふの, 羅地蔵の蒼古, 羅というところ, 羅坊名丸のいい, 羅城畔客車停朝来, 羅城門で切, 羅声擾し, 羅夜耶南無阿, 羅大将とよみあげた, 羅天王の赤い, 羅天草葛津の國造, 羅太子と仰せられました, 羅太鼓の間拍子, 羅失陥の噂, 羅奈王の輔相一男児, 羅奉行所とは称えなかった, 羅の泣い, 羅姫烏丸中納言光賢に嫁, 羅娘子といへり, 羅娘子一人は軽, 羅娘子人麿と相別, 羅娘子作歌二首のところ, 羅娘子同人説の方, 羅娘子歟尚又, 羅娘子観には或, 羅字屋の釜, 羅の頭, 羅宿禰の条, 羅寄合の武田伊豆, 羅密偵の眼, 羅密勤行布施心無悋惜, 羅密寂照は愈々, 羅密禅波羅密般若波羅密の自然, 羅密経に詳しく, 羅密般若波羅密の自然, 羅密骨をも休めず, 羅に神竜, 羅将軍吉備尾代の率いたる, 羅をもっ, 羅あるいは独鈷, 羅尼斯国の白膠香王隣国王, 羅尼斯城の婬女, 羅屋イはいっ, 羅屋敷開かずの, 羅屯所へ曳かれ, 羅山人画には次, 羅山人筆の柿, 羅の蘇, 羅島等と云, 羅崇拝民族との間, 羅嶽南に温泉嶽, 羅川夜船に素見山の手, 羅州地方の産, 羅州盤の一様式, 羅の国々, 羅巴あたりの商船, 羅巴かぶれも爰, 羅巴くんだりまでやって来, 羅巴ふうなん, 羅巴ナイズされん, 羅巴事情の究明, 羅巴亜米利加の大陸, 羅巴亜米利加辺りの新, 羅巴交際社会の一つ, 羅巴人同士血で血, 羅巴人種とか亜, 羅巴全体が敵, 羅巴出来の享受主義, 羅巴刊行の書籍中漢字, 羅巴化して, 羅巴各国のみならず, 羅巴在来の種類, 羅巴地図の上, 羅巴夫人でこれ, 羅巴学界は決して, 羅巴式の脚絆, 羅巴戦争後経済界に非常, 羅巴文化の唯中, 羅巴文明観が間違っ, 羅巴方面の密使, 羅巴最初の犯罪取扱業者, 羅巴最前線の, 羅巴東といえ, 羅巴流の新, 羅巴演劇を窒息, 羅巴的なもの, 羅巴的伝統の醸し出す, 羅巴的女子職業に自営, 羅巴的教養を感じさせ, 羅巴系統の訛言葉, 羅巴虎列拉といい, 羅巴辺の大国, 羅巴辺のは非常, 羅を首, 羅に客車, 羅常備の探題以下, 羅平家一色になり, 羅平氏がひとり都, 羅平織文羅などであっ, 羅の人, 羅庚齢の長子, 羅府ニュウ・ハンプシャア街八二六番地とか言っ, 羅府動物園へ選手一同, 羅府市内若しくは同市, 羅府行の第, 羅府警察は全力, 羅府警察署からさっそく, 羅度焼酎十六度よりなる, 羅廬陵は古, 羅張りの笠, 羅当局としてはこれら, 羅役人の指揮, 羅從彦や李, 羅御門は牛車, 羅忠清三道を包括せり, 羅念仏の俳人惟然坊, 羅思遠と云, 羅思遠者以術得幸有旨令與不空驗優劣, 羅愛愛という娼婦, 羅尚二道, 羅がある, 羅振りには栗生武右衛門チャリネ買切り, 羅捕吏の一群, 羅探題以下評定衆引付衆問注所執事侍どころ所司検断所越訴奉行などのおびただしい, 羅探題攻めのさい, 羅提木叉の戒文, 羅摩これを見, 羅摩ヤグナムの大, 羅摩兄弟を執, 羅摩化の皮, 羅摩庸人になれ, 羅摩承諾して, 羅摩様々と異議, 羅摩泥妹がため, 羅摩王と大, 羅摩王久しぶりで恋女房, 羅摩王宮に還っ, 羅摩王物語を出し, 羅摩生来の神智, 羅摩私陀等の名, 羅摩自ら総兵, 羅摩誰かを楞伽, 羅摩足で触れ, 羅摩軍に勝ち, 羅放免組からはとうに, 羅政庁の陥落, 羅数万の兵, 羅斯城とある, 羅斯諸旗の各, 羅を加, 羅早馬の声々, 羅の閃く, 羅時時反手掻背, 羅曰借尊師如意時殿上有華石空揮如意撃碎於其前羅再三取, 羅曼底時代のあえ, 羅曼的文学の先鋒, 羅に着かえ, 羅東南水陸三千里於大海之中, 羅の松, 羅もこれ, 羅と名, 羅根性とはよく, 羅検挙はこう, 羅をまねび, 羅欄これに生じ, 羅欄花など生, 羅欄花アネモネ薔薇そして枝, 羅欄花帽子の帶, 羅欄花罌粟の花, 羅歌川真研SK生等々いろいろの, 羅武士どもが郷, 羅武士四百余名が枕, 羅武者蹄の音, 羅殿以来楯無しだけは甲斐, 羅殿舎の大, 羅比亜の国, 羅氏俳号を蘇山人, 羅や島, 羅水色の地, 羅永寿の眷属, 羅永菴の壁, 羅江湾を口, 羅池殿西八條の邊, 羅とも読み得ざる, 羅泊りもはや, 羅波利多耶, 羅波羅波利多耶, 羅津あたりにもあっ, 羅に崩した, 羅浪江の春帆, 羅浮仙のよう, 羅浮川のほとり晩春, 羅浮川河口の流砂, 羅の火薬庫, 羅滅亡の兆し, 羅滅亡後一時京都が混乱, 羅滅亡後朝鮮の主権, 羅滅亡近江番場の惨事, 羅火謨賀那火邪悪心邪悪人を燃尽, 羅の人, 羅なる無, 羅爾美都と書い, 羅牢広場まで持っ, 羅物一枚の花嫁姿, 羅の一つ一つ, 羅状元の, 羅は爾, 羅王中の紅艶酒, 羅王書と署名, 羅王波沙寐錦わが舟師, 羅王瑠璃琴を奏, 羅王風のになる, 羅瑟質と字, 羅男二人女二人舎衛女一人の漂着, 羅甸はいふに及ばず, 羅甸文字を邦訳, 羅甸民族やチユトン人種, 羅甸波爾杜瓦爾らの横, 羅甸派の精舎, 羅甸西班牙ヘブリユとなり, 羅甸語交りで詩人ホラチウス, 羅甸讀にし, 羅の玉蜀黍, 羅番屋まで来, 羅発門は午前十時, 羅百済の媛善妙, 羅百済任那など互に, 羅な武断主義, 羅的艦隊の全滅, 羅監禁をうけ, 羅監視のもと, 羅をいう, 羅直属もいる, 羅相互の陣, 羅相手に斬り, 羅短裳, 羅石見国高角辺に住, 羅は古, 羅突入の一番, 羅を召し, 羅竜王までが一つ, 羅竿に一服, 羅のジヤン, 羅篠原の二戰, 羅紋紋とはちょっと, 羅安南, 羅納暹羅高砂呂宋爪哇満剌加, 羅を聴い, 羅経た親仁よ, 羅統一以前ではある, 羅をのしかかっ, 羅を立て讀み, 羅続いて宍戸, 羅も七重, 羅綿の樹下衆車苑, 羅縛拏も十, 羅の玉島, 羅繁網を縱横, 羅織して無理, 羅聚落の鼻, 羅能意登比比売能古袁佐比登由母弥為弖牟志太夜伊幣爾久太佐牟也, 羅自身の耶蘇教, 羅致した実例を, 羅か, 羅舟数隻は後ろ, 羅を視る, 羅華香に火, 羅落ちをした, 羅落人のみな, 羅葉数枚を引きちぎ, 羅葦僧垤利阿利, 羅葦増のゆめ, 羅して, 羅蓋蓮華の闇, 羅は旅, 羅行幸の巻, 羅街道の一宮, 羅の釈種滅絶, 羅衞國玄奘の劫比羅, 羅衣ニシテ烈朱臙脂濃紫黄藍を翻シ, 羅裙都て蝶, 羅裳鸚鵡ひたむきなるを, 羅西は印度西藏, 羅見よ彼方に, 羅訶海より出, 羅評定にふと, 羅を習わせた, 羅門へは, 羅貫中水滸伝を作つて, 羅の崩れ垣, 羅踏む肉塊の, 羅近くへ来, 羅迦是童子即是呼召令憶本願, 羅迦槃陀といい, 羅迦葉尊者が無分別, 羅迷麗耶酒に沈湎, 羅送りか, 羅通りまでの南北, 羅の条, 羅部内の噂, 羅配下の彼ら, 羅金鶏らの手, 羅針台であり生きた航路案内者, 羅針船橋より一段, 羅を云っ, 羅錦織などとともに一時流行, 羅門それは真, 羅門一流の鋭い, 羅門僧の如く聴け, 羅門先生にはきのう, 羅門哲學と對比, 羅門塔十郎不才をもっ, 羅門塔十郎今初めて多年, 羅門塔十郎以外の何者, 羅門塔十郎殿で, 羅門太子に教え, 羅門孫へ手紙, 羅門殿と東儀殿, 羅門氏こんどこそは逃がさぬ, 羅門氏東儀殿武士の情け, 羅門遠慮はいらん, 羅陥しの一番乗り, 羅を舞っ, 羅集会があり, 羅陀によって, 羅とはなり, 羅面絃弾者は, 羅風さんはそう, 羅風情の女, 羅風芥川龍之介の三氏, 羅飛報によれ, 羅飛牒などにし, 羅と呼ん, 羅馬どこへでも行け, 羅馬カトリツク教の伽藍, 羅馬カピトルの丘, 羅馬ニハ猶多, 羅馬ボルゲエス家の姻戚, 羅馬ミラノゼノアフィイレンチェの四箇所, 羅馬一統以前の歐土, 羅馬七丘に擬, 羅馬七陵の一, 羅馬五大法律家, 羅馬人マクネージオと並称, 羅馬人処置の献議, 羅馬人占住のこと, 羅馬人日耳曼人の, 羅馬人自身であります, 羅馬人達が親しみ, 羅馬以來繁昌したもの, 羅馬以前に英人, 羅馬以北の景, 羅馬以来現在使はれて, 羅馬停車場の喧噪, 羅馬入りをしよう, 羅馬全盛の砌, 羅馬公庁ピラトの邸, 羅馬公教會の血, 羅馬加特力の坊さん, 羅馬加特力教会に所謂奇蹟, 羅馬加特里克か善主以登, 羅馬十二王家のうち, 羅馬及ミラノにては大, 羅馬古代の大, 羅馬古城趾真景を出品, 羅馬史近世史哲學及び倫理學等, 羅馬名所の一つ, 羅馬国の短刀, 羅馬國教たらざる時, 羅馬型ではない, 羅馬大帝国の事, 羅馬字さへ普及, 羅馬字会の設立, 羅馬字体で, 羅馬字共に不便, 羅馬字普及論者として知られ, 羅馬字綴によれ, 羅馬字訳を初, 羅馬字論者である, 羅馬字運動も明治十年代, 羅馬寺院の權威, 羅馬尼国王の誕生, 羅馬市中にて然るべき, 羅馬市中百五つの豪壮, 羅馬市民の, 羅馬年中行事に, 羅馬府を陷, 羅馬征服後に至つて此地, 羅馬政府の方伯, 羅馬教旧教あるいは加特力教, 羅馬教皇が定めた, 羅馬教皇宮殿の文庫, 羅馬文明ニ代リテ近世各國, 羅馬旧教国らしいカアナバル, 羅馬書第八章二十一節, 羅馬書六章二十三節に曰く, 羅馬最高位の人, 羅馬末代の貴族, 羅馬様式をなし, 羅馬死して, 羅馬治下の国, 羅馬法王ウルバン二世も一代, 羅馬法王ト符節ヲ合スル如シ, 羅馬法皇その他の覇者, 羅馬法英吉利法政治學經濟學經濟史の外, 羅馬滯在中から計, 羅馬王を儲け, 羅馬王代の末, 羅馬王朝の貴族, 羅馬皇帝トラヤヌスの時代, 羅馬皇帝ヴィテリウスの話, 羅馬皮に金ぴか, 羅馬目的はあれ, 羅馬私法における売買契約, 羅馬等の暖国, 羅馬統一以前は別に, 羅馬統一以後の若く, 羅馬綴りの走り書き, 羅馬美人ありて, 羅馬自ら其墳墓に沈み, 羅馬街道のこと, 羅馬西班牙また埃及, 羅馬警察衙の封傳, 羅馬進軍当時の四人, 羅馬間の国際特急, 羅馬青年の學科, 羅高麗の人情, 羅魔声を振染り, 羅魚鰈が見る見る, 羅鳥王とて観音, 羅鸚鵡我を見いで, 羅龍膽赤熊百合本物の女性美