青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「秋~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

禮~ 秀~ ~秀吉 秀吉~ 秀子~ ~私 私~ ~私たち ~私達 ~秋
秋~
科~ ~科学 科学~ 秒~ ~秘密 秘密~ ~秩序 秩序~ 称~ ~称し

「秋~」 11934, 129ppm, 822位

▼ 秋~ (5016, 42.0%)

121 日の 118 夜の 88 日は 5955 日に 49 日が 38 末に 34 夜は 32 日を 28 暮, 月, 末の, 空を 27 田の 26 空の 22 空は 20 朝の, 野の, 陽が 19 陽に, 陽の, 陽は, 風が 18 夜に, 陽を 17 雨が 16 夕ぐれ 15 空に 14 初めに, 夜, 日ざし, 野に 13 初めの, 夕の, 日, 風吹く 12 夜を, 季節に, 木の葉の, 末で, 雨 11 夜が, 末から, 水, 空, 虫が 10 ように, 夕べの, 夜長を, 終りの, 虫の 9 はじめに, 気が, 花を

8 [14件] ことである, はじめの, 七草を, 午後の, 声, 夕暮, 夜風が, 日も, 月の, 水が, 空が, 空気が, 野を, 風は

7 ことで, 中に, 収穫が, 夕暮の, 扇と, 方が, 歌, 紅葉の, 花の, 雲

6 [25件] ある日, あわれ, ことだ, ことであった, ことでした, ような, 収穫の, 夜も, 如し, 季に, 彼岸の, 心, 收穫, 旅, 暮の, 月が, 水の, 水は, 空気の, 色, 色を, 蚊の, 雨の, 雨は, 雲が

5 [31件] お使, やうに, ゆふぐれ, 七種の, 光を, 初めから, 初風, 半ばの, 夕日を, 季節の, 山は, 或る, 新仁和賀, 方の, 晴, 末か, 末まで, 真昼の, 紅葉は, 終り, 終りに, 花, 花が, 落葉の, 蚊帳, 陽ざしの, 雨ふる, 雲の, 霜, 風に, 香が

4 [70件] うちに, くれ, すがた, はじめで, みのりの, ゆうぐれ, ゆふ, をどり, 一日を, 七草の, 事で, 光が, 光に, 初めで, 匂いが, 収穫は, 声を, 夕日に, 夜で, 夜と, 夜明けの, 夜長に, 夜長の, 大展覧会, 宵の, 寂しさ, 寒さ, 山の, 巻付録, 心を, 日で, 日や, 日影が, 日脚が, 時計の, 景色に, 景色を, 最後の, 月は, 木の葉が, 木の葉を, 末であった, 末ながら, 末には, 歌の, 気を, 水を, 海を, 淋しさ, 田に, 祭りの, 祭りは, 空気に, 空気は, 色の, 色は, 草, 草花が, 葉の, 虫は, 蝉が, 蠅が, 除目に, 霜に, 青空が, 頃には, 頃は, 顔は, 風ふく, 風落ち

3 [98件] いろ, かぜ吹く, ごとし, とりいれの, にほひ, はじめから, ひかりの, やうな, をはり, 一日, 一日の, 一日は, 事である, 事でございます, 入日の, 初に, 初の, 初めであった, 初めである, 午前の, 午後, 半に, 収穫れ, 収穫を, 声は, 夕べに, 夕べは, 夕方の, 夕日の, 夕暮れ, 夕風, 夜といふ, 夜な, 夜や, 夜寒に, 夜気が, 夜空は, 夜空を, 女, 季節が, 学期が, 展覧会に, 展覧会の, 山, 山に, 彼岸に, 日と, 日光が, 日射しの, 日早く, 晴れた日, 暑さ, 暮に, 暮れに, 月だ, 朝を, 朝日の, 朝風に, 朝風の, 木の葉と, 末, 気は, 気配が, 気配の, 水に, 水穗の, 波, 涼しさ, 深さ, 澄んだ空, 盛りの, 空気を, 立つの, 紅葉と, 美しさ, 聲, 色が, 落葉が, 葉を, 蚊が, 蛙が, 蝶, 蝶の, 訪れが, 訪れを, 詩の, 運動会の, 部に, 野のみ, 長夜を, 間に, 雨に, 雲を, 霜の, 静かな, 頃に, 風を, 風景を

2 [307件] あぎとは, いろただ, おどおどした, お庭, お祭り, かりがね, きのこの, けしきの, こ, こころが, こと, ことだった, ことでありました, ことです, ころであった, ころと, ころには, さびしさが, さびしさよりも, さびしさを, すすきの, たは, つめたさ, とんぼ, なかに, なかばから, なかばを, はじめ, はじめでした, はじめです, はつ風, ひるすぎ, まつり, ものである, ゆうべ不幸なる, ゆふかぜ, よく晴れた, よさ, よろしさ, わずらいに, わびしさ, サロンが, 一夜の, 一日で, 七草, 七草が, 七草と, 七草に, 三日四日あかぬ, 中ごろに, 中を, 中頃の, 二科へ, 人, 來る, 優しさ, 光の, 光りの, 光りを, 光線は, 入り日の, 公園の, 凋落が, 出水で, 刈入れが, 初でございます, 初めと, 初頃から, 到ること, 午後私は, 半ばだった, 収穫で, 収穫に, 収穫も, 叢に, 呼吸を, 哀れを, 声ま, 夕を, 夕方は, 夕日が, 夕日は, 夕暮だった, 夕暮で, 夕暮である, 夕暮を, 夕陽の, 夜かと, 夜だ, 夜だった, 夜などに, 夜ふけて, 夜らしい, 夜半, 夜更けだつた, 夜更けは, 夜長にも, 夜風の, 夜風を, 夢, 夢は, 大地震, 大掃除, 大洪水, 大演習, 大空に, 大空の, 大試合, 天, 如く澄んで, 始めへ, 姿を, 季節を通じての, 宵, 宵で, 宵である, 家へ, 小川の, 展覧会には, 山へ, 山野を, 山風, 岩山の, 峰寒し, 巻の, 庭は, 庭を, 弟が, 強い風雨, 彼岸ごろに, 彼岸と, 後ろへ, 心持を, 息は, 或夜, 扇の, 手紙だ, 新学期, 新學期, 方も, 旅先で, 日ざしであった, 日だった, 日など, 日友人阮, 日向に, 日土神は, 日射の, 日影に, 日影も, 日暮るる, 日曜日の, 日脚の, 星八日許り, 時雨の, 晩は, 景色は, 暁, 暁の, 暮だ, 暮れがたの, 暮を, 暮井関にか, 暮仏に, 暮方の, 曇り日, 曉の, 月かよ, 月を, 月夜の, 月夜は, 月見に, 朗かな, 朝, 朝だ, 朝で, 朝と, 朝日が, 朝空に, 朝陽が, 木の実を, 木の葉落花の, 末である, 末でも, 末なれ, 末らしい, 来るの, 枝に, 梢に, 梢にのみ, 梢を, 森の, 櫻の, 気の, 気候の, 気分を, 波が, 海, 海は, 渓間に, 湖の, 演習に, 演習は, 灯に, 灯を, 爽やかな, 用に, 田が, 百葉を, 盛岡, 盛岡なる, 真夜中の, 眺めに, 祭の, 祭りに, 稔りを, 種子, 穫入れ, 空かな, 空ふかみゆくらし, 空へ, 空必ず, 空薄く, 空高く, 立つ頃, 粉が, 紅葉が, 紅葉に, 紅葉も, 紅葉を, 終りから, 終りころに, 終り大竹藪, 縹雲, 色と, 色に, 色彩に, 色糠味噌壺も, 芒の, 花ゆゑ, 草が, 草みな恙なく, 菊数種ほかに, 落ち鮎には, 落日, 落葉に, 葉と, 葉は, 葡萄の, 薄暮の, 蘭軒の, 虫かや, 虫達にと, 虫鳴く, 蚊を, 蛙の, 蜻蛉が, 蝉, 蝉の, 蝶が, 蝶を, 蟲が, 街を, 表現, 西日を, 西陽が, 訪れる頃, 詩が, 赤蜻蛉これが, 踊りまでには, 近さ, 透徹した, 部, 部冬の, 野には, 野末の, 野草の, 錦と, 陽ざしが, 陽炎の, 雁金春くれ, 雑草, 雨かな, 雨しとしとと, 雨を, 雲は, 霜を, 霧が, 霧の, 露が, 露に, 頃, 頃から, 頃だ, 頃だった, 頃で, 頃を, 風かな, 風から, 風きたる, 風さわたる見れ, 飛びたわむと, 高逸閑寂, 鳥, 鳥とまる, 鳥辺山は, 黄昏に

1 [2040件 抜粋] あかるい陽, あの字, あはれは, ある静か, あわれ花, いろいろの, うすぐらい日, うららかな, おさらい, おとづれ, おわり, お祭の, かぜ, かなしみ来る, きざしが, きりん, くるの, くれ方, ことそれより, こととて, こと新三郎の, この祭礼, ころで, ころ山で, こゑ立ておち, さかりだ, さびしき, さ中であった, しずかな, しらくも, すえである, ずいきは, たそがれを, たより一ト束お, ちょうど彼岸ごろ, つめたい水, とまりの, とり入れとお, なかばごろには, なかば南米の, ながめであります, ならはし, はじめからの, はじめなり, はじめ頃から, はなぐ, ひかりに, ひと葉, ふぐと, ほかに, ままの, むせ返るよう, ものし, ものは, もみじ四季とりどりの, ゆうぐれらしい肌寒い, ゆくへを, よろこびに, クラシックな, サロンにも, シーズンが, スケッチか, デパートの, ペナントは, マチと, ヴォルガを, 一夜乳色の, 一日だった, 一日二人の, 一月を, 七草とは, 三月を, 不二, 世こそ, 中, 中ごろへ, 中ばからは, 中旬だった, 中頃故, 九月の, 事だ, 二週間許り, 人水溢れ, 今宵かな, 仕事も, 代表者の, 会話を, 作品である, 侘びしい, 修学旅行は, 先駆は, 光りが, 光線が, 入り陽, 公魚釣の, 冴えた海, 冷えを, 冷たい空気, 冷気は, 凭れかかる身体, 出水が, 切崖, 刈り入れ時, 初であった, 初めごろまさしく, 初めは, 初め地方から, 初め野菜が, 初旬の, 別れも, 勢力威力が, 匂やかな, 十月に, 午さがりであった, 午後かななどの, 午後に, 午後三時を, 半かけ, 半ばだ, 半ばまで, 半ば御車の, 半ば頃だった, 半日を, 去らぬ内, 収穫時が, 取り付きで, 取ッつき, 句ありき, 名残の, 向島の, 味覚の, 哀れは, 唇, 問題を, 喰は, 土の, 地芝居に, 境の, 声だけ, 夏いちどきに, 夕ぐれに, 夕ぐれ孤影を, 夕なんど天の, 夕べを, 夕やみが, 夕方など, 夕方沢蔵稲荷の, 夕映, 夕暮では, 夕暮には, 夕暮れの, 夕暮局の, 夕空晴れ, 夕霧の, 夕風の, 夜いかに, 夜すがらや, 夜ででも, 夜など, 夜のき, 夜ふけに, 夜具不足も, 夜半ながめながめ, 夜双紙, 夜日頃自分から, 夜書斎にて, 夜汽車に, 夜目の, 夜空に, 夜話を, 夜長は, 夜露に, 夢みてる, 大仕合, 大地の, 大嵐で, 大水の, 大風に, 天地を, 太陽が, 奇妙な, 好ましいた, 如く薄く, 姉の, 姿が, 娘さんを, 季には, 季節にも, 学期の, 宝を, 室, 宵に, 家を, 寂寞に, 寒い日, 寝覚めと, 封塞, 小伜, 小径に, 小春日和の, 小鳥の, 展覧会, 展覧会や, 山々が, 山ふみを, 山を, 山女魚を, 山水に, 山裾へ, 山道を, 山風は, 嵐に, 巻, 庭, 強い日, 形見の, 彼の, 彼岸には, 彼岸より, 往來へ, 微風と, 心が, 心もちを, 心根推し量らぬ, 思い出は, 恋すら, 悲, 悲しくさびしいもの, 情景の, 惨忍, 愛すら, 感じの, 憐れは, 或月, 扇かな, 抜毛だ, 掌面の, 散歩を, 新嘗祭り, 新聞週間には, 方は, 旅であった, 日あえなく, 日ぐれ, 日その, 日です, 日のけふ, 日まで, 日わたしは, 日光らしい, 日和が, 日和と, 日射しとが, 日差の, 日御, 日暮れが, 日暮れ時に, 日本美術院展覧会で, 日瓶に, 日西に, 早いの, 明け方の, 星, 昼さがり, 昼寐, 時に, 時雨を, 晩方から, 晩頃の, 景色が, 景色でした, 晴れ, 晴朗な, 暖さが, 暮から, 暮とも, 暮のは, 暮れ, 暮れ方の, 暮寒い, 暮枯枝のみぞ, 曠野に, 更けた靜, 最上の, 月いかで, 月でも, 月も, 月名も, 月夫婦仲好く, 月早く, 月見には, 朝かな, 朝つい, 朝ひと, 朝陽の, 朝顔も, 木の葉しも, 木実を, 木立に, 末が, 末そこに, 末つ方夕暮の, 末であります, 末と, 末冬近, 末寒く, 末落葉の, 末頃, 末頃には, 末頃僕は, 本質とは, 来たる, 来るよう, 松山には, 果実のに, 枯野に, 柿の, 楓葉朝露夕電古人すでに, 楽園, 樹木, 歌は, 武蔵野には, 残照の, 気分, 気勢です, 気配について, 氣が, 水なかの, 水害を, 水溜り, 水音, 汝の, 沙魚釣に, 洪水の, 流行は, 浪蹶, 海名も, 消息, 涼味は, 深くな, 深まり行く巴里, 深夜は, 清澄な, 温泉塲の, 漁区不, 潮最も, 激烈な, 灯かげに, 灯人は, 爽かさが, 物色に対して, 独楽も, 現れは, 田も, 田畠を, 町三味線を, 発火演習の, 白壁を, 白露が, 盛り, 盛岡の, 眞晝で, 真夜中です, 真昼は, 眺めの, 短か, 神かも, 神様やさしい, 祭に, 祭を, 祭礼までには, 秩父の, 穀物の, 空かも, 空だけで, 空でも, 空ほど, 空凍った, 空広き, 空気へ, 空氣は, 空澄み渡っ, 空間に, 立つと, 粉や, 紅葉それらを, 素振, 細雨が, 終りだ, 終りといふ, 終り冬の, 終わりに, 絵が, 美しい夕暮, 羽虫の, 聲ま, 背広で, 自然を, 舞踊界では, 色あり, 色である, 色も, 花だ, 花は, 花火は, 芽出しに, 草の, 草刈である, 草花だ, 草花は, 草野が, 菊を, 落ち葉の, 葉, 葉曇った, 蔭, 薄日の, 薔薇, 薬売り, 虫では, 蚊, 蚊らしく, 蛍かな, 蛙この, 蝶黄色が, 蟋蟀の, 蠅うつ, 血相が, 行商の, 行楽の, 袖の, 西日が, 西日禁物に, 言葉を, 許婚が, 詩歌を, 読物めい, 貝割が, 趣は, 身の代金に, 農作の, 近づいたの, 逃避旅行の, 進むにつれて, 道を, 部の, 都会を, 重陽, 野は, 野分しば, 野原という, 野花の, 野辺へ, 金峰山, 錦を, 長夜が, 長秋, 間は, 闇夜に, 陽, 陽だけが, 陽振り袖に, 雁の, 雑草を, 雨ぐらいは, 雨と, 雨冬の, 雲などと, 雲白い, 霜ふりぬ, 霞が, 露の, 静かな澄んだ, 静物, 音も, 頃では, 頃の, 頃亀田先生は, 頃大和の, 頃黄色い, 頼りない, 顔が, 風たちて, 風です, 風とナ, 風の, 風入れで, 風情思ひ起す, 風船の, 風見る, 飾りつけが, 香りが, 高い大空, 魂祭りと, 鮎の, 鳴門の, 鹿つまゆゑ身をば, 鹿群れゐ遊べ, 黄ばんだ銀杏, 黄昏時の

▼ 秋~ (888, 7.4%)

146 なると 84 なって 21 なれば 14 なつた 13 なった 12 なっても 11 なってから 9 入つて 8 なつたら, なりました, 入ると 6 入って 5 なつて 4 種子から 3 して, なったと, なりましたわね, なろうと, 似て, 入っても, 入りて, 入るの, 東京へ

2 [39件] なったの, なってからは, なっての, なっては, ならなければ, なりつつ, なりに, なり冬, なるか, なるの, なるまで, なる頃, ひとつ利根川の, ふさわしいもの, よくある, 上京した, 世を, 入った, 入りたり, 収穫した, 咲き移るこのごろ, 太子, 実るもの, 宮中で, 家康が, 小学生が, 帰って, 強い風雨, 於て, 死んで, 滅法忙しい, 私が, 私は, 移って, 美花を, 至って, 降る冷たい, 隠れて, 隱れ

1 [434件] あたる, あてて, あの生, あらねど, ある地方, ある大, ある熊本市, あれて, あわで, あんな仕事, いたつて花, いつなって, うけた身, うつらふ黒木赤木, うつりかけて, うら寒い, お前が, お帰り, お祝, お種, かけたころ, かけて, かけ父, ここへ, このノオト, この屋敷, この東京, この身, この閑郷, さそわれて, さまよいました, しあるらし, しあれば, したらいい, しっくり合った, しづくまことの, しては, しのぶも, しますかな, しむか, するという, そこを, その, そのシャンマティユーじい, その実, その訃音, そんなこと, たくさん葉を, たった一人, つづく, つながれて, とりこされる様, どんな間違, なく虫, なったからとて, なったが, なったころ, なったという, なったといふ, なったならば, なったねえ, なったので, なったらおとうさん, なったらお礼, なったらば, なったら小豆, なったら式, なったら旅行, なったら是非, なった事, なった感じ, なった或, なってからでも, なってからという, なってからの, なつたせゐだらう, なつたつ, なつたとい, ならうとして, ならない, ならぬ間, なりきつた, なりその, なりて, なりましたが, なりましたゆえ, なりました私, なりましてからの, なります, なりますと, なりますると, なりまつ, なり切った空, なり囲炉裏, なり熟, なり申す, なる, なるから, なるだろうと, なるとは, のぞんで, はいり冬, はじめて日光, ひとりで, ひびかす靴, ひらかれました, ふさふ, ふさわしい光景, ふさわしい笛, ふさわしい花, ふと当り前, まいりますまで, またお, またお出で, また裏, まちがうこと, むかつて, やって, やっと先生, わたしは, われわれ捕物作家クラブが, イギリスに, セルを, 一寸見た, 一年上の, 一度健康そう, 一度初夏に, 一番心が, 三宅雪嶺と, 上京, 上府される, 上総の, 与えた傑作, 両親とも, 之を, 事実として, 二人を, 亡くなりましたから, 京は, 代らせた, 仲間はずれに, 伏す路, 会って, 会は, 会ふ, 似たり, 似たること, 似たるは, 佇んだ, 住し, 例の, 信吉は, 偶然会っ, 備えた粒, 備えて, 傷めば, 先だちて, 先だつ東京, 先ち, 先立ってからという, 入ったとは, 入ってから, 入ってという, 入つた後, 入つて七月十一日, 入つて七月十五日, 入つて日, 入つて草虫琳琅, 入りかけ花盛り, 入りても, 入りまして, 入り雪, 入る, 入れるなり, 全く熟し, 再び門松, 再縁した, 出會つた樣, 出版された, 出版する, 分れてるので, 刈り入, 刈り取った稲, 刑を, 初めて鳴出す, 別れて, 到って, 動かすもの, 匈奴が, 化性したる如き, 十八歳で, 南日君と, 却て, 原野に, 去られ夏, 又ユリ, 又其幼女, 及んで, 収穫すべき, 取れ始めるので, 取入れる, 取敢, 取残される形, 同じく明治座, 同僚の, 向う気配, 向ひ, 君から, 啼いて, 土の, 土岐が, 地球へ, 執着を, 堪へざる落葉, 堪へても, 変はらぬ, 変はらね, 夏に, 多い信仰行事, 夜を, 大暴風雨, 大演習, 天なる, 太こうでん, 奥州鎮定の, 女が, 好ましいもの, 姉を, 始まって, 始めて, 始めにかけて, 宇野文學士, 完成した, 実るの, 客死した, 家を, 宿の, 寄つて肩に, 實り, 就ての, 展覧会出品の, 属するもの, 山へ, 常陸介は, 店を, 引っ立てられて, 弱つて, 当って, 当つて, 彼は, 彼女は, 心を, 怒ったらええ, 思いを, 感じたの, 感じやすい, 感ずれば, 成った, 成って, 成つて再び, 成れば, 或る, 披露目を, 押されて, 拘置所の, 持越されるの, 掃蕩作戦を, 掛けて, 採集に, 播く, 支那人, 新しきレーリー卿, 於いて, 於いては, 日本橋倶楽部で, 日本海溝附近で, 早く種子, 早目に, 明治座で, 春に, 春一は, 書いた, 書いたやや, 有嶋生馬君と共に, 木の葉の, 来たぞ, 来たとき, 来た折, 来て, 東京の, 松崎は, 枯れたる婆様, 染められて, 植ゑたのも一昨年二三本植ゑたのも一齊に, 榮え, 歌に, 死にました, 死んだ, 死んだという, 死んだの, 殞ずる病葉の, 母親と, 比べると, 江州の, 江戸へ, 江波先生を, 決まって, 沈没した, 沢山な, 沢山物を, 河口湖で, 浮身を, 添て, 源氏は, 澄み一つ, 熟した, 熟した自然, 熟する, 熱くなっ, 父が, 狐つきたり, 王子は, 現に目, 生れた, 生れた者, 生れて, 生れ地の利, 異ならず木立ちの夕闇, 痛み易い, 発表された, 發火演習に, 白帆見わたす, 盛んに, 相成りますと, 相成り申すべく候, 相談しよう, 眷族そろっ, 眺めくらしたアルプス, 着手され, 示し一年間, 祈祷を, 祖父さんの, 福島の, 秀頼公の, 私上方から, 秦山房という, 移つて, 移り変る時, 移ると, 移ろうと, 穫るという, 立って, 等しいと, 精神を, 紅染し, 紅葉した, 紅葉を, 結婚致す, 美しい嵯峨, 肋膜と, 肩を, 自己を, 至ってその, 至つてみことも, 至つて刊行せられた, 至つて詩八首が, 至りて, 至りまた, 至り八月十五日, 至り梢頂, 至り病馬多く, 至り食すべし臍内また種, 至る間, 花が, 苛められて, 茎の, 落ちるもの, 落ち四時代換, 蒔いた蕎麦, 薄る, 行こうと, 行ふと, 襲われるよう, 見いって, 見し, 見たお, 解散しました, 触れました, 詩が, 誰も, 論文が, 講和安保両, 赤い実, 赤星重右が, 赤熟する, 起ること, 起訴され, 身投げの, 近い森, 近い澄み渡った, 近くやがて, 返え, 迫つてゐた, 迫はれ, 追はれ, 逆戻りし, 這入って, 這入っても, 逢って, 逢ってな, 逢は, 遇う, 違えねえ, 違ひなく, 遭うては, 遭は, 遭遇した, 酔は, 醉は, 鉄幹と, 開いた菊, 開くの意, 開花する, 関係ない, 限つて居ります, 限りますから, 雑木林を, 霖雨が, 馳する, 驚いて, 鳴く虫, 鴨居へ, 鷹の台の, 黄ばみぬ

▼ 秋~ (648, 5.4%)

14 来に 6 來ぬ, 来ぬ 5 蝗まろ 4 來て 3 何で年, 寂しいもの, 悲しいもの, 早い, 早い奥州, 早くも, 暮れ行く, 来て, 紅葉の

2 [35件] あの茶碗, いいな, いけない, いまさなかとぞ, いまは, きに, ことの, さぞかしと, さみしきながめ, しづかに, どうした, なつかし, まして身, もう青い, 一番ひどく, 九月仁和賀の, 人の, 來に, 俄かに, 去年の, 寒かった, 日ごとに, 早いので, 早や, 月の, 桔梗女郎花其草原は, 深い夕日, 秋を, 茴香えび蔓實ぞ, 鍵の, 雨が, 黄いろく秋, 黄の, 黄金や, 黙って

1 [516件 抜粋] あかるくなりきった, あけびを, あざやかな, あの子, あはれとなど, あまた経, あらゆるもの, あるなり, あれ見やし, いかめし, いちはやく山, いちばんから, いつと, いつに, いつもこれ, いつもより, いよ, いよいよ深い, いよいよ深く, いよいよ闌, いよよあかるき, いろいろそちら, うっかり路も, うつろふ, うららに, うれしい朝, およそ御, お彼岸花, お春, お米, お静, かうし, かからずもがな, かたむく山里, かなしいもの, かなしく訪れ, かなりに, かなり度々湖水, きいろい丘, きたりぬ, きぬ, きぬゆく, きのふたちぬ, きわめてまばら, くれども, くれようと, こがる, ここにも, ここへ, ことさらに, ことに晴れやか, この上, この場末, この小さな虫, この法師姿, この片田舍, この老大家, この辺, この麓, これからと, これよりも, これを, こんなにゆっくり秋色, こんなふう, こんなやくざ, さきを, さながらの, さびしき, さやかに, しだいにたけ, すつかり, すでにたけ, すでに去らん, すでに去りました, すでに満, すでに濃く, すべて, ずっと奈良, ずっと標準状態, そこまで, そのま, その女房, その尖鋭, その晩, その翌朝, その間に, その隣, その頃江戸, それに, それを, そんなこと, そんな事, そんな声, たけたれ, たけ外, たしかに当夜, ただつかまへ, だんだん更け, つてお, つめたい霧, つらかりし, とにかく新しい, どうだったろう, どうです, どこ迄, どっちへ, どんなに淋しい, ないもん, なかば過ぎ, ながれゆく, はや遠く, はらはらと, ふかい, ふかくなる, ふけて, ふたたびめぐっ, ふもとの, ふり落ちる涙, ほがら, ほそみち, ほの, ほのかな, ほのかに, ほぼ普通, ほんた, まさに更け, ます, またいっそう, またいつも, またすっかり, またやつ, また信濃, また寒寂, また村, また格別, また自然薯, まだきの, まだ浅い, まなこを, まるで相手, まわりの, もういつか, もう末, もう深, もしやの, もって, もの淋しくなる, もはや木小屋, もみじ夏は, やはり秋, やや, ゆく, よく実り, よりそうよう, よろし冬, バツタの, マルタに, 一体どういう, 一夜菊亭家へ, 一番勉強の, 一番忙が, 一穗の, 一週間も, 七草で, 三十前後充分に, 不思議な, 不思議に, 不知, 丑松を, 世帯を, 世界一の, 久しく忘れ, 久し振で, 九月, 九月二十二日から, 乾きが, 二十畳の, 井冬は, 京都の, 人に, 人一倍寂しかっ, 今です, 今はや, 今ふとき, 今日森に, 今来ぬ, 今秦, 他の, 伸上っ, 低い草むら, 体も, 何か, 何だか恐い, 何となく柔か, 何となく気, 何も, 何事も, 何度も, 余吾之, 作家にとっても, 侮る君, 修善寺よりも, 僕達の, 光の, 八五郎の, 八朔と, 其処此処に, 凝視の, 処女と, 出來, 刈穫し, 別である, 刻々と, 勘違いを, 匂ひだその, 十月から, 十月に, 十月の, 去つて往, 去り冬, 又裏, 反省思索の, 収穫の, 取り分けて, 取締りの, 同じくおとずれる, 名残りも, 味噌漉しを, 嘉助も, 四ツに, 塩原じゅうの, 夏の, 夏を, 夕ぐれ夕日はなやかに, 夕と, 夕暮れ, 夕暮近く, 外を, 夜とも, 大学生に, 大方番所, 大風大水が, 天が, 女でこそ, 好き, 好きだ, 如何なる風, 妙な, 妹の, 子を, 実りあるいは, 室町の, 家畜を, 寂かに, 寂しいな, 寂しい日, 寂しきに, 寂しくなる, 寒い, 寒いと, 寒いのに, 寒かつ, 寝床が, 小川に, 小春の, 少し遠, 山から, 左手に, 帰らずガラッ, 帰るべ, 幾多の, 幾度の, 広瀬の, 庵の, 廿二三の, 彼女の, 彼等に, 必ず梧桐, 必死でした, 思案に, 急に, 感銘が, 手に, 持て来, 撩乱と, 放浪人の, 散る木の芽, 斯くし, 新松, 新蕎麦, 既にふ, 既に深かっ, 既に老いた, 日ぐらしの, 日に日に寒く, 日に日に深く, 日ましに, 日本画の, 旧盆の, 早く寒くなります, 早よ, 昼中ばかり, 時雨て, 晶玉の, 暑かつ, 暖い, 更けた, 更けて, 更に声, 最後に, 月てら, 月と, 月にも, 月夜の, 月清し, 月迷路の, 木々も, 木の葉が, 木犀の, 来た, 来たさびしい, 来ても, 来るかも, 東京に, 東京よりも, 林の, 果を, 柳ちゃんを, 栗の, 根強い曲者, 案内し, 桔梗の, 森羅万象が, 楓の, 楸を, 樵を, 機織りぞ, 次第に行く, 次第に闌け, 次郎を, 此小川の, 殊さらひそかに, 気に, 汗と, 江東楽天地が, 洗ひ, 流れそめたり, 浮びたる, 海よりも, 涙を, 淋しいという, 淋しくも, 淋しく夏向き, 深い, 深い紺碧, 深い落葉, 深くなった, 深くも, 深くクラマール, 深ま, 深み十月も, 湖船を, 湿やかに, 満ちなむ, 漸くふかく, 漸く寂しく, 火箸で, 火鉢の, 灯心が, 牧野に, 物も, 狩に, 独楽鉄銅の, 猶湿気, 獵の, 瑟, 甚だそぐわない, 生きた蝦, 田から, 男の, 白で, 百花園の, 皆物の, 皇后宮の, 益深く, 眩い程, 知らず知らず夜毎, 短いそして, 短いもの, 祝言させる, 神田の, 秋とて, 秋冬は, 秋刀魚も, 秘曲の, 稻の, 稼業柄時々, 空中から, 空気が, 立って, 立つて, 立つらん, 立上る, 竜胆の, 竜胆春は, 紅葉が, 紅葉する, 紫の, 絶えるかも, 絶句し, 縦横自在に, 繼母には, 美しいに, 美しく紅葉, 耳騒がしく, 肥たる, 膝を, 自分で, 色彩に, 色濃くなっ, 芒の, 芝居どころぢや, 茸狩に, 茸狩りに, 菊亭殿の, 菊見, 萩女郎花地楡竜胆などが, 萩真個に, 落葉し, 落葉の, 葉も, 蕈狩に, 蕎麦粉を, 蕭殺と, 薄と, 薄手の, 蘭軒の, 虎口をの, 虫の, 蚕の, 蝉では, 行かず余吾, 行きけん山里, 行く, 行くめ, 袖うつひと葉にも, 袖に, 見ごろ, 見る事, 見ん事, 観楓, 言ひ, 言葉少なに, 讃美すべきである, 越せまいと, 趣向を, 踊りの, 辛味を, 農家の, 近くなる, 途法も, 逢坂山を, 進まぬながら, 過ぎて, 過ぎぬと, 遼東と, 邸の, 酒が, 酣鬼子母神の, 重陽の, 野に, 野分に, 金を, 金之介より, 鉛筆削の, 錢形平次の, 鎌倉に, 阪井を, 陰なる, 陽の, 陽気が, 雅人の, 雨と, 露路を, 音信れ, 風祭へ, 飢饉と, 馬場の, 駅路の, 駆け出して, 骨の, 高くなる, 鮮紅な, 鹿の, 麓の, 黄と, 黄葉の, 黄褐色冬は, 默り込ん, 黙つて

▼ 秋~ (403, 3.4%)

22 来た 16 来て 10 くると 9 来ると 8 きて, 深くなる 7 更けて 6 来たの, 深くなっ, 訪れて 5 きた, 暮れて, 来ても, 来る 4 おとずれて, きました, 来たよう, 過ぎて 3 くれば, 來た, 深くな, 深けて, 立つと, 近づいて, 近づくと

2 [19件] きたこと, きたとき, きても, ふかうなる, ふけた, めぐって, やってきた, 入つて, 冬に, 待たれます, 来たん, 深い, 深いに, 深くなった, 近いから, 連れて, 過ぎた, 降りて, 黄いろに

1 [210件] あったの, ありましょう, ある, ある満, いいの, いかに女河童, おとずれたかと, おほらかに, お前株内は, かって, きたから, きたころ鱒, きたと, きた地, きた朝風, きびしく沁み, くるに, くる時分, こっそり隠れ, こもつて, さっき来, しのび込んで, しみじみと, すえたといったじゃ, すぎまた, すすむにつれて, すでに闌, そして祈祷, だんだん深く, だんだん闌け, だんだん闌けゆく, ちっとばかり, ないよう, なかった, なかばに, にじみ出て, ふかい, ふかうな, ふかくなっ, ふかむほど, ふけそめて, ふけた時雨, ふけて, ふけると, ふけるとともに, ほんたう, また, またれる, また少数, もうその, もう始まつ, もう間近, やって, やって来た, ゆふぐれ, よい, よいと, よくなっ, わかるという, わびたる禰宜, 一人で, 一番いい, 一番私は, 一番美しい, 乃父の, 人工の, 他の, 代って, 代わって, 何うし, 何事をか, 來たら, 來る, 再び近づい, 冬と, 冬を, 冴えた, 匂ふ, 包まれて, 去って, 去り冬, 又前後, 台所へ, 味は, 唯ウロ, 夏と, 太刀提げ, 好きだ, 好きであった, 嫉妬を, 安次を, 小声で, 小春に, 帳場を, 庇ったの, 待たれます早く, 忍び寄って, 忍んで, 思い出された, 思い出されるの, 思われた, 急に, 恋しくそれから, 意外に, 戸外の, 持って, 持ってる本来, 提ぐる手桶の, 撫擦つて可愛が, 支配し, 旅に, 早くきました, 早く其處ら, 早く来, 早く来る, 早く来過ぎた, 春と, 晴れました, 晴れ渡った日, 更けても, 最後だった, 木葉を, 未だ闌, 本式らしく, 来たぞよ, 来たとき, 来たとき生絹, 来たとて, 来たのね, 来たら腹, 来た時, 来た秋, 来た雑草, 来ない気, 来ますと, 来よう, 来ようが, 来るの, 来るまで, 来るもの, 来冬, 此上も, 殊に日田, 殊の, 残つた, 江戸に, 浅すぎる, 深いで, 深いと, 深いので, 深い頃, 深うな, 深うなれ, 深かった, 深くなつ, 深くなりゆく, 深く夜, 深けると, 深ま, 深まったよう, 深まって, 深まってから, 深まつ, 無いよう, 現われて, 琴を, 生きてたコタン, 白く冬, 短い, 立ち初めて, 立った, 立つ, 立つて, 立つ頃, 立派だ, 納戸に, 縁側に, 續いた, 色濃くあらはれるだらう, 行って, 行方不明に, 見事な, 覺えて, 訪れた, 訪れた時, 訪れはじめたある, 豊島の, 身に, 輝いて, 近々と蘇っ, 近い, 近いな, 近いの, 近くな, 近くなり, 近づいた, 近づいたこと, 近づいたので, 迫るにつれて, 送られて, 通りすぎるの, 逝き冬, 進んだ, 遊ぶと, 運んで, 酣である, 開けた時, 雨戸を, 音も, 駈足

▼ 秋~ (314, 2.6%)

11 末に 5 更けて, 末の, 深くなっ 4 なかばの, ふけて, 冬も, 早や 3 半ばを, 暮れて, 深くなった, 過ぎて, 過ぎ冬

2 [17件] いよ, さむく候, もう半ば, もう暮れ, ややけしき, よいが, 既う, 更けた頃, 深くな, 深くなり, 深まつ, 漸く深い, 終りに, 終りの, 終わりに, 老けて, 過ぎなむ

1 [223件] ありは, あわただしく暮れ, いいに, いつか十月を, いつしか更け, いつもなつかしい慕わしい, いよいよふかう, いよいよ暮れよう, いよいよ深う, いらだたしい光線, おそくなっ, おそくなる, おわりに, おわると, かかれ, かなり闌けた, くれに, こうし, ここに, こんなに日数, さかりである, さなかの, すえに, すえの, すぎ冬, すぎ雪, すでに晩, そりやああります, たけて, たけなわである, たけなわな, たけなわの, たけ木枯, だんだん末, つい二年前, ないまた, ない例, なお春日桜花, なかなか悪く, なかばな, なかば過ぎた, なく喜ぶべき, はじめの, はや終ろう, ふかくなった, ふかまるにつれて, ふけかけて, ふけたと, ふけたので, ふけた十一月, ふけてから, ふけては, ふけに, またわるく, また忽ち, また遣る, まだ半ば頃, まだ残暑, まぢかの, もういつか小春, もうだいぶ更け, もう一日, もう大分深い, もう寒く, もう深い, もう深け, もろともに, や, やうやう半ば, やうやく更けゆく, ややたけた, やや冷え目, やや末, やや深く, やや闌け, ゆっくりだ, ようやくたけた, ようやくたけなわ, ようやく涼しく, ようやく老いん, ようやく過ぎ, よく太陽, 一所だ, 丁度半ば, 下手くその, 中頃と, 今まで, 今一人書く, 伯父さんは, 冷かに, 初めとは, 初秋の, 北方大陸の, 十一月に, 十一月の, 十月の, 半ば, 半ばすぎに, 半ばと, 半ばにな, 半ばの, 半ば過ぎ, 半ば過ぎの, 半を, 半軍旅の, 去って, 去り冬, 夜寒に, 大分たけ, 大分深く, 大分闌け, 央ばを, 定まった一日, 定めて, 寒かりぬべし, 彼岸に, 忙が, 忽ち末近く, 忽過ぎ去りぬ, 急に, 戸の, 既に彼岸, 既に終らう, 日に日に深う, 早く來, 早く死別, 早足で, 晩く, 暮れか, 暮れかかる, 暮れたり, 暮れますなあ, 暮れゆく, 暮れようと, 暮れるこの, 暮れる頃, 暮れんと, 暮れ急に, 暮れ近く町を, 更けたという, 月が, 朝は, 末, 末だ, 末だった, 末で, 末であった, 末にな, 末冬の, 末方の, 末近い, 末近く一宵ごとに, 末頃と, 来て, 来に, 来よかし, 来り東宝入社, 柿が, 樂な, 次第に薄ら寒く, 段々に, 泣いて, 流れむ水, 涼しくなつた, 深いし, 深いと, 深い十月, 深い或, 深い目, 深い草山, 深うな, 深うなっ, 深くなる, 深くもう, 深く成っ, 深く湖畔, 深く闌け, 深けて, 深し夜, 深まって, 深まろうと, 深むを, 深ん, 漸く進ん, 澄みけり, 澄みけりいよいよ, 無事である, 狩猟も, 狩獵も, 略同様, 登って, 目立つやう, 知らぬよう, 稍更け, 立つ, 終り浅間, 終り近く, 終ろう初冬, 美しかろう, 老いた私, 老いて, 見る事, 見ろまた, 越して, 越前経略の, 近い七月二十五日, 近い日, 近く百姓, 近しと, 過ぎましたが, 過ぎゆくちん, 過ぎ去りつつ, 遲かつ, 酣なる, 重ねなければ, 長くし, 長け息, 闌けたり, 闌けて, 闌に, 限りと, 青々と, 鳴く

▼ 秋~ (306, 2.6%)

4 感じた 3 感ずる

2 [26件] どんなにか, ゆかむ, 人の, 報ずるが, 待たずに, 待って, 思ひ冬, 惜みけり, 感じて, 感じ旅, 時節に, 染めて, 深めて, 知る, 経て, 見せて, 見よやとて, 見る, 覚えさせた, 語って, 踏み分けて, 迎へるかする, 送り冬, 領し, 驚く, 鳴きつくして

1 [247件] うたへよ, うつろに, うながすよう, おぼえしめるの, かぎつつ, かくさびしく, かなたの, きよみさやけ, ここにも, このよう, この朝, この辺, さ, さとすよう, さびしき白服, しのびながら, しらない南洋, すぐにも, すごしたの, たたへよ, たのしんで, ぢつと, てらてら耀い, とうとう見る, どこに, ながめながら, ながめ遠く, にくむ女, のぞんで, ば憂し, ひし, ひそかに, ふく薫風, へて, またたいて, また忍びやか, まつなり, まつに, みこの, みのりの, むかえても, むなしく逸人, めづる人の, もって, よいと, よろしみとい, わたしに, シンボライズし, シンボライズする, テマに, 一期に, 一杯に, 三人椎の, 与一は, 二人の, 人々は, 人身御供に, 付け廻したこと, 付け廻して, 代表する, 休んで, 何の, 作者は, 俟つて整理したい, 兼ぬる, 前に, 十二分に, 去ること餘, 吐きだして, 告げざる三伏, 告げて, 告げる, 告げるだろうか, 告げるやう, 告げるよう, 味ふ, 呼ぶ聲, 呼んで, 回想させる, 圧縮し, 報ず, 堺町, 変じて, 奉公に, 奏で, 契れる, 好むの, 好むジヤン・モレアス, 妾に, 寝ようとしても, 寺籠りする, 尋ねた時, 少なみ萎みける, 山畠の, 幾重の, 引入れました, 引立てる男, 彩る木々, 待つ, 待つのに, 御隠居様, 心から惜しむごとく, 忘れずに, 思い出さずには, 思い出した, 思い出したの, 思い出す, 思はせるやう, 思ひ出し雪景色, 思わしめ自然, 思わせる, 思わせるよう, 思わせ芒, 恋ふらし, 恐みて, 悲しいもの, 悲しむ, 悲しむが, 惜しみ高麗村, 惜しんで, 想は, 想像せし, 感じさせます, 感じないよう, 感じました, 感じる, 感じるそんな, 感じるやう, 感じる一雨, 感じる昨日, 感じる秋, 感じ得る者, 感ぜさせられる, 慕った歌, 手元に, 手取り足取り引離そう, 打っ通して, 持ったばかり, 指さすなるべし, 探つて, 撒き散らした篠懸, 攻め長, 救ひ出し, 新鮮に, 春と, 春日絵の, 暮らしたいという, 書きその, 書に, 楽しむ為, 楽しんだらどう, 楽しんで, 歌った作, 歌ふ, 此一本に, 此上追及し, 残す事, 殺そうと, 気色だちたる, 注ぎながら, 淋しくない, 淋しく咲い, 深むら, 渡って, 澄んで, 父ぎみに, 父君に, 疑ったんで, 痛感した, 痛感せしめる, 眺めた, 知った, 知らせないでは, 知らせるの, 知らせる虫売, 知らなかつたので, 知りながら, 知るで硯友社, 知るとは, 知るとや, 知るよう, 知る日, 示して, 秋が, 突き返けて, 突き退けて, 約束させる, 終らしぬ, 縛って, 縛つて漸く, 繰り返す興味, 美くしい, 耳の, 蔵し, 藏し, 虎狼の, 表現する, 見いだしたかの, 見おろしながら, 見し, 見たわけ, 見るが, 見るここち, 見るなら我々, 見る心地, 見納めに, 見習ひ, 見詰めて, 見限って, 覚えたので, 覚える, 観じて, 観ようと, 詩に, 誘い出したこと, 誘い出しに, 語りたる京都, 語るに, 謳歌する, 警告する, 讃うる, 讃美し, 賞する為, 踏んで, 迎えあの, 迎えた, 迎えた時, 迎えた私, 迎えて, 迎える内, 迎え淋し, 迎へ, 迎へてから, 返すといふ, 返す氣, 送ったか, 送りこの, 進んで, 過ごしつつ, 部落の, 重いもの, 鎧の, 顧みて, 飛びゆくかな, 飾るに, 驚いて, 驚かせたの

▼ 秋から~ (210, 1.8%)

22 冬にかけて 12 冬へ 10 冬に, 冬にかけては 6 冬にかけての 4 冬の, 翌年の 3 かけて 2 きまって, どっと寝付いた, 冬は, 初冬にかけて, 来て

1 [129件] お父様, かつては, こしらえて, この寺, こらへ, して, すぐ半年, その下, だったが, です, でも, どうもから, のちの, ひとまず歌舞伎座, ひとりで, また精神, クラブと, フランス語を, プラーク大学, モリモリ人氣が, リルケは, 一九三五年の, 一年も, 七つの, 三〇年の, 下総の, 二十四の, 二年春へ, 今までの, 今年の, 今日まで, 今日までの, 以後に, 以来若き, 住み込んで, 住んで, 佐治や, 先ちょうど, 兎を, 再び病床, 冬じゅう洛中諸所に, 冬という, 冬には, 冬への, 冬へは, 冬まで, 冬を, 冬を通じて, 冬一ぱいであつた, 冬一杯啼き続け, 冬春の, 冬晩春から, 冬頃までの, 初めて十六, 初夏に, 労働者クラブの, 募集の, 南極へ, 卯平は, 取り掛って, 四六年の, 始まったよう, 姿を, 実施された, 家を, 寒中に, 寿江子が, 屋敷に, 岸田中心に, 帝国主義国の, 年貢を, 床に, 彼の, 彼は, 徴用といふ, 成立した, 持ちこされて, 指を, 提出され, 支那服着る, 數へる, 文芸懇話会賞の, 日に, 明治五年二月まで, 明治元年の, 春にかけては, 春の, 春へ, 春へと, 春まで, 昨今また, 昨年の, 暦を, 暮にかけて, 朝鮮へ, 木枯の, 東京で, 桜田の, 次の, 次第にたかまっ, 残して, 残ってる少し, 殿と, 江戸の, 流行し, 渡って, 激しくなった, 焼け跡に, 珍しい混雑, 田舎に, 私に, 私は, 稲は, 絶えず寒, 翌々年へ, 翌一九一三年, 翌九三年暮, 翌五年春, 翌年へ, 翌年春までの, 膝関節に, 落ち葉を, 落合の, 藤左衛門が, 親類の, 読書会といふ, 順繰りに, 馴れない俵, 麦を

▼ 秋には~ (150, 1.3%)

4 あらねど 2 忘れも

1 [144件] あらぬ野, あんなに憧れ, いい聯想, いつて, いとど多し, いよいよ食つて, いると, うまい栗, おくれて, お目, お里も, きっと伺う, きっと帰っ, きれいで, この中庭, この堰, これを, こんな言葉, その黄葉, それが, たべられるの, たんと肥えます, どうしても嫁い, どこ迄, なき梶, なくなって, なにも, なりぬ, はや都, まだこういう, まっ赤, めずらしい暖か, もうポーランド問題, もう右近衛, もう次, もっとよい, よい企て, ケチな, マムシが, ローサンゼルスに, 一おもい, 一層映え, 亀山六万石の, 五十一歳程に, 京極三太郎は, 今までの, 仏蘭西へ, 何とか金, 何時か, 僕も, 入ると, 其, 刈稲を, 初めて親戚, 初茸土かぶり, 危くお, 友禅の, 収穫が, 向ひ, 唯型, 地方の, 坊の, 堰の, 報告文学の, 夕顔の, 多く見かける, 多分逢, 大きい葉, 大和を, 大根百本くらいを, 大正天皇の, 妻すべかりし, 姫鱒が, 子供達が, 定期的に, 実り自ら, 実父にも, 寒冷が, 實を, 展覧会に, 山へ, 帰つて来る, 帰るといふ, 年中行事, 御武家方, 御無沙汰を, 御逼塞, 必ず時間, 必ず決行, 悉く一件落着, 悲しみの, 我れ, 我輩は, 新しくしなけれ, 新田から, 早い頭巾, 早稲田三六番地に, 暴風雨が, 暴騰し, 有島生馬正宗得三郎両, 本堂の, 村外れの, 東京中学の, 松茸が, 松茸飯という, 枯葉の, 極度の, 正団員, 毎年老婆は, 気が, 洪水が, 浜町辺の, 深刻な, 火が, 熟したいちご, 狭苦しい書斎, 甲武信岳と, 癒つて久しぶり吉川さんの, 百合を, 真赤に, 真黄色, 祝言という, 窯の, 立てた許, 竜胆が, 簇, 紅葉が, 自然生の, 茶屋酒の, 茸狩りが, 草は, 葉室家が, 蓮根小さい, 蘆の, 蘭軒の, 行幸が, 赤い実, 近いが, 部屋住み, 長男の, 集中僅に, 雨が, 飽き果てたよう, 黄いろに

▼ 秋~ (134, 1.1%)

7 は彼 5 の顔 4 の姿 3 のこと, の後, の笑顔 2 と呼ん, に心, の唇, の方, の眼, の腕, の部屋, はしばらく, を見た

1 [91件] おまち, が, がその, が今頃サラセン, が何者, が全く, が早く, が来, が父, が薫り, が警察, だ, だったこと, だってスパイ, であったならと, とさえ逢っ, との愛, との距離, との間, とよび, と並ん, と別れる, と逢った, にいった, にごつごつ, に向っ, に溺れた, に逢いたい, に逢っ, のいう, のしたかった, のため, のほか, の切れ, の扇, の植え, の潜ん, の猛々しい, の皮襖, の美し, の肩, の興奮, の足, の足音, の身体, の車, の鉢もの, の隣室, の頭, の駈け出す, の鼻, はいっ, はいった, はお, はそこ, はその, はただ, はどうも, はまだ, は今, は他, は何, は別, は参木, は古風, は咳き上げ, は巡, は忙し, は朗, は窓そのもの, は素晴, は美しい, は踊場, は頭脳, まで, もなかなか, も早く, も病的, を思い出す, を愛した, を抱きかかえ, を抱きかかえる, を抱きすくめた, を探す, を突然, を見, を見たい, を見る, を追い抜く, を追う, を追っかけ

▼ 秋~ (128, 1.1%)

5 なった, なり冬 4 なりに, 冬との 3 いへば, なつた, なつて, ゆきあ, 冬と, 記憶し

2 [15件] いうと, いっても, いひて, お竹, なったの, なって, なっても, なにお, なりぬ, なれば, はいっても, 冬の, 思う, 思ふと, 言へば

1 [62件] いったらそれ, いって, いわず冬, おぼえて, きまった, きめて, して, しなれば, しも, すごしても, すれば, ちがうほどの, つままれたよう, なすと, なったもの, なに思ひ, なり, なりそして, なりその間, なりぬる旅路哉, なりました, なる, なると, ゆきか, 一度ずつ, 三度蚕を, 二人の, 云えば, 云ふ, 云ふ引き締つた, 仲よく暮し, 何思ひ, 冬ちょっと, 冬とを, 冬を, 初子が, 夏との, 契れる人, 嫡男の, 山野一郎を, 弟は, 思うが, 思ふ, 戦いはては, 明記した, 昔から, 春は, 書く位, 杉山が, 楽しく期待, 異って, 知らで, 磨きあうこと, 称すべし, 解すべきでは, 言つても, 言ふ, 言へ, 言わないで, 負債, 遊子の, 高橋刑部左衛門も

▼ 秋~ (102, 0.9%)

7 の家 6 は勘次 3 はお 2 の姿, の方, の母, は彼

1 [78件] から心, が一人, が安次, とは何者, とひと, と勘次, と顔, には彼女, に動かされ, に反抗, に尽く, に復讐, に知らさない, に示さね, に踊らせられた, に追いつい, に逢いたく, の冷たい, の前, の嘲笑, の微笑, の態度, の抜け目, の父, の狡, の狡猾さ, の祖父, の罵倒, の胸, の視線, の顔, は, はそのまま, はにやにや, はふと, はまた, は乞食, は云い出した, は云っ, は云った, は人々, は叫ぶ, は嘲弄, は堅い, は奥庭, は安次, は山, は店, は忙し, は急, は暫く, は柴, は棺, は煽て, は牛, は着いた, は立ち上った, は笑い, は笑っ, は胸, は膝, は自分, は藁小屋, は裏口, は蹌踉, は飛びかかった, は麦, や母, をたしなめた, を一寸, を促した, を叩い, を恐れ, を抱き, を斜め, を睥, を睥ん, を説き伏せ

▼ 秋らしい~ (90, 0.8%)

4 日の 3 日が, 風の 2 寂しい気, 弱々しい姿, 感じが, 日ざし, 空の, 空気の, 虫が, 風が

1 [64件] あざやかさです, うそ寒さ, お天気, しとやかな, すばらしい朝, ものかげだろう, 光線が, 冷かな, 力の, 南佐久の, 夕方の, 夜は, 夜も, 小さい白雲, 微風の, 快い日, 感じであった, 感じに, 感じは, 感じを, 日に, 日光の, 日光を, 日和に, 晩だつた, 晩でございます, 景色である, 朝で, 朝の, 村へ, 様子に, 気の, 気分で, 気分に, 気持ちの, 涼しさ, 淋しさ, 澄明な, 狭霧と, 秋に, 秋の, 色に, 色調を, 葉の, 虫の, 蛙の, 街の, 西の, 西日の, 酸寒な, 鉦が, 銀河が, 陰気な, 陽の, 陽気に, 雨が, 雨の, 雲が, 雲の, 青空が, 靜かな色の, 響を, 風で, 風を

▼ 秋さん~ (85, 0.7%)

3 は背負子 2 がいつた, だ, につぶやく, の側

1 [74件] ありがたうありがたうございました, からなら取, があんなに, がお茶, が九死一生, が云う, が傍, が又, が柴, が聞く, が背負子, が脇, が自分, である, と言葉, などが大作, には迚, の優しい, の弟, の手, の手拭, の許, の許婚, の造つた曹達, は, はこんなに, はそこ, はそれ, はたしか, はちやん, はどこ, はふしぎさうに, はまあ, はまだ, はもう, は一人, は人, は他, は何處, は兩足, は右, は善い, は大きな, は大男, は山, は恐る, は恰も, は手頃, は滅多, は火, は無事家, は異, は直, は眞面目, は立つ, は考へました, は自分, は草鞋, は荷, は赤い, は遂に, は雪, は餘計, は馬鹿, は鼻筋, も猟, も蔭, わかつたよ, ゐるの, を見た, 呼んで, 居ないの, 後でもし阪井, 程のもの

▼ 秋~ (82, 0.7%)

96 ねえ 5 から 4 から野茨 3 つたと, という, よ 2 ぞよ, つたのから, なあ

1 [43件] からかとにかく, からそう, からといっ, からな, から気候, か夏, か春, か知らない, が一日, こと, そうです, つたのでありました, つた私は, つて云ふ, つて春だ, といふ, とかう, として置く, と強く, と思います, と思ふ, と皆, なあと云う, なあと思っ, なとおもう, なと彼, なと思, なと思う, なと思ふ, なと私, ね, のう, のという, 何よりも, 友は, 愉しまずして, 旅を, 浴衣一枚で, 癈墟を, 秋だ, 紫蘇柚子橙松茸, 誰でもが, 風も

▼ 秋~ (72, 0.6%)

3 はそれ 2 と方美貞, に何

1 [65件] から思い出させられ, がふい, が作った, が出る, が手, が荘家, が足音, が静か, だとばかり, でありまして, というの, とは差向い, と呼ばれる, にいわせます, についてはいろいろ, になにか, にも伝え, に歌, に芝居, のこと, のよう, の先刻, の前身, の声, の姿, の影, の所謂玩具, の方, の漂う, の眼, の行方, の間, の青山, の顔, はあの, はいいました, はいろいろ, はすぐ, はその, はちら, はなごやかな, は少し, は少女時代, は急, は悲し, は手, は新新, は暫く, は曖昧, は無口, は片手, は立, は答えました, は荘家, は陳慧君, もへん, も加わる, も立交, も黙っ, をも加え, を促し, を女中同様, を迎えました, を長く, 凝って

▼ 秋~ (64, 0.5%)

25 あつた 2 ごあん

1 [37件] あちらの, あつたらう, あの辺, おりやるよ, ござりました, ござります, その後に, その翌年, それから誰, はや十年, よく行っ, ハンパに, 三十六年まで, 上野の, 二年七ヵ月かぞえ, 五十二, 人まかせには, 今から, 今四月だ, 今夜は, 冷, 古い庭, 土手を, 夜は, 情景は, 成熟した, 支那の, 支那第, 故郷の, 晴ばれした, 武士の, 父の, 病院の, 蟋蟀が, 豊饒な, 貴方も, 雲脚が

▼ 秋まで~ (63, 0.5%)

2 一遍も, 延ばしな, 辛抱し

1 [57件] いたそうと, およそ半年, お目にかかれません, かかって, かけて, こ, ずっと引き続い, だ, だぞよ, つづく, つづく夏季, である, ほとんどロシア, わたくしは, 一区切りずつ, 休むの, 住んで, 何度僕は, 保証出来ぬ, 出版を, 別に, 別荘で, 勤めを, 去年も, 友だちの, 同居なすった, 大戦だけでも, 大阪の, 奉公人と, 延ばされたもの, 延ばすかも, 延期された, 延期と, 待つて, 待つ事, 放って, 時には初冬, 朽葉を, 根本から, 残る蚊, 残る蛍, 滿三ヶ年には, 無給金同様, 父の, 生きて, 生き残されて, 研究を, 私は, 絶えず発生, 続いたの, 見えなくなるな, 見てて, 貸して, 足かけ三年の, 連続し, 音楽に, 鳥居峠に

▼ 秋~ (61, 0.5%)

2 とお, の好意, の心, の邸, は声

1 [51件] かこの, であった, で引き, というお方, とが話し, と云っ, と美しい, にとっては怨敵, にとりましては名誉, には押して, には顔, にもそういう, に恋し, に示し, のそういう, の太刀, の屋敷, の後, の手, の方, の父, の父秋元, の肉体, の親切, の足許, の館, はお, はしめやか, はすぐ, はそっち, はどうやら, は云いつづけた, は五人, は円座, は勇気づい, は太刀, は忍びやか, は手, は死骸, は眼, は萩野, は西, は走っ, は驚い, へ切っ, へ近づい, もふと, も足, も閑雅, を殺そう, を見た

▼ 秋~ (52, 0.4%)

2 から, になる

1 [48件] からそれら, からだ, からでした, からは何とか, からマターファ, から主人, から仲時, から僕, から全国, から全然, から吉原, から失業者, から始めた, から彼, から御, から急, から或は, から時々, から景子, から江戸辺, から通学, から錢形平次, から隣, か明治三十六年, この校訂版中, だから, だった, だったか, であったと, であつ, でした, でしょうが, となっ, には一つ例, には帰る, には欧洲, には父, には首尾, に咲かし, の事, の恐ろしい, の由, までには帰っ, まで一刀斎どの, も一度, よりし, 今実業之日本社, 迄には歸つて來

▼ 秋~ (46, 0.4%)

26 かけて 8 かけての 6 かけては 2 移ろうと 1 かかりこの, それは, なり蠢, 移るひそか

▼ 秋ちや~ (42, 0.4%)

243 ん私 2 んどう, んもう

1 [11件] んあんた身体, んそれから, んとこ, んところ, んほんとに, んわかつた, ん一人ぢ, ん何, ん勘定, ん鑑札, ん阪井さん

▼ 秋森家~ (35, 0.3%)

6 の双生児, の表門 5 の家族 2 の石塀, の長い, の門前

1 [12件] というの, の主人, の前, の勝手口, の古屋敷, の女中, の家政婦, の横, の表, へやって来た, を出, を舞台

▼ 秋にな~ (34, 0.3%)

6 つてから 2 つてからは, つても, つてゐた, つて私は

1 [20件] つた, つたと, つた九月に, つてある, つてからでも, つてそよ, つてまち子夫婦は, つて來た, つて凉しくなれ, つて到頭, つて子供たちが, つて東京に, つて棗の, つて病氣の, つて真黒な, つて稲が, つて花が, つて蚊帳を, つて誰れ, ツた

▼ 秋ごろ~ (33, 0.3%)

2

1 [31件] かと思う, から, からその, からで, からのこと, からの知人, からボツボツ, から予定どおり出版企画, から五十, から京大坂, から以前, から心, から戀仲, から遊び, から醸造, だった, であったと, でご, でしたか, でもあった, にあの, にお, にはすでに, にはまた, には京都, にアジア, に国, は一円五六十銭, まで, ゆきたくなった, 先ず細君

▼ 秋~ (31, 0.3%)

2 とそして, の準備

1 [27件] あるいは盆踊, かな, があり, であつ, にて縫物, にはなぜ, に帰った, に彼, に此山, に此戯, に私, の一夜あはれ, の傅統, の太鼓, の日, の時, の時一週間, の案内, の獅子, の際, はわが, は平年, は親族朋友, をする, を嘗, を当て込ん, 爾奉

▼ 秋ちゃん~ (29, 0.2%)

2 が唄い出す, のたくみ, は何, は大変言葉, は手拭

1 [19件] が時々, が遊び, といいます, との仲, と競争, など大谷さん, なんかがあの, については面白い, に払わせ, に知られ, に言わせる, の他, の家, は佗, は侘し, は十九, は大谷さん, をカンゲイ, を探し

▼ 秋にかけて~ (29, 0.2%)

1 [29件] この嶮, その鯛釣り場, ついこの間, ほとんど雨, よくつれる, 一家総がかりで, 三遍ゆつくり讀み返した, 労働者傷害保険協会の, 咲くので, 室蘭線を, 山の, 川に, 昼過, 林や, 栗クルミ野ブドウなどの, 江戸の, 満一カ年, 異常体, 異状体に, 百姓が, 積った, 節子の, 自分の, 興行する, 行なわれた調査, 調べの, 逐次契約書, 霧は, 麻疹が

▼ 秋~ (29, 0.2%)

1 [29件] がれい, が同国, が妻, が御, が新宿, が露西亜, と入れ違い, の姉, の途, はあなた, はその, はたまたま, はピエール, はホノルル, はモスクワ, は一冊, は今, は仙臺, は伊藤, は何ん, は土地会社, は幾度, は必ず, は新潟, は東北, は松本, は陸奥, は陸軍, も井口氏

▼ 秋ちやん~ (28, 0.2%)

4 の言

1 [24件] があんなに, がおごつて, が居なかつたら, が心配, が遊び, てばさ, とこの, と同じ, と巡業, にはかな, にばかり苦労, に安心, に心配, のこと, の弟, の様, は, はいつも, もあ, もさ, もそれから, や沢ちやん, をお母さん, を呼ん

▼ 秋~ (25, 0.2%)

8 の下 2 の如く

1 [15件] がいつの間にか, が冴え, に似, に赤き, のうらら, の北斗, の変り, の星, の高き, の鳶, も地, 再び晴れ, 高き夕まぐれ, 高く虹, 高く馬

▼ 秋との~ (23, 0.2%)

2 場合に, 盛岡が, 眞中頃に, 真中頃に, 運命で

1 [13件] コンビは, 二囘毛をかへ, 伴奏, 季節なし, 季節に, 山の神の, 彼岸中の, 愛情を, 最初の, 皇霊祭, 移り変りであるの, 過渡期に, 間の

▼ 秋~ (22, 0.2%)

3 雪や 2 きぬらん, 冬の

1 [15件] いかにと, そのま, なあ, 不破の, 五月の, 冬に, 千町田の, 夏とは, 小石投げ込む, 春には, 春の, 来ぬらん, 梢に, 篁の, 銀座に

▼ 秋立つ~ (22, 0.2%)

2 まで, や何, や白湯, 夜の, 日も

1 [12件] けふ, ころに, ころを, て出, とみそ萩, につれて一つ, は水, 前と, 山に, 気配で, 浜, 頃で

▼ 秋~ (21, 0.2%)

3 の枝もと 2 のその, を散り過ぎぬ

1 [14件] でして, に, にうらびれ, に目, の, のうつろ, のへ, の下, の咲き, の散り, の繁りたる, の葉末, は咲きぬ, を妻問

▼ 秋という~ (20, 0.2%)

2 ことに, のは

1 [16件] ことで, ものと, ものは, ものを, 今年四歳に, 側室で, 声が, 娘の, 娘は, 字が, 字の, 季節が, 工合に, 特殊な, 者だ, 頭字を

▼ 秋~ (20, 0.2%)

4 とは彼女, とは未来派 2 が女たち, すばらしいもの, といふ男, とがなぜ, は感激, も同感

▼ 秋~ (20, 0.2%)

2 の中

1 [18件] が渦, が降り, に冒され給う, に尾長, に立ちおくれぬ, のいとど隔, のこと, のたえ, の何, の夕, の御, の晴れぬ, の林, の深い, の雁, や林, 立ちこむる朝, 重く立ちこむる

▼ 秋だった~ (19, 0.2%)

1 [19件] かしらなん, かそれ, かなともかく, かね, からあれ, から団子坂, か二十, か東京, そうです, ため事件の, ということ, と思う, ねえ, のでありました, のでしょう, のです, ので一, ものな, 俺らが

▼ 秋~ (19, 0.2%)

3 はまた

1 [16件] が冗談, が朝廷, に讒言, のこと, の失敗, の寵姫, の第, の耳, の邸, はある, はこう, はそれ, は嘲笑い, は奇怪, は怒っ, は水

▼ 秋深く~ (19, 0.2%)

5 なるにつれて 3 なるまで

1 [11件] まさに読書, ものを, 俯むく, 夜靜に, 木の実の, 松葉が, 楢と, 蟲の, 道また, 隣は, 露は

▼ 秋では~ (18, 0.2%)

4 ないか 3 ないがと 2 ないが 1 あったが, あっても, あるし, ございますまい, ございませぬ, ない, ないその間, ないでしょうか, 沁

▼ 秋とは~ (18, 0.2%)

1 [18件] いいながら, いえ屋, いえ霧, このよう, なった, なったが, なったなあ, まったく景観, 云いながら, 云えど, 云っても, 人柄が, 名ばかりで, 成ったので, 申しながら, 違って, 違つてわるく, 馬ばかり

▼ 秋より~ (18, 0.2%)

2 只一人の, 四十四歳の, 後の

1 [12件] これからの, ついつい上京, 以上に, 冬に, 冬にかけ, 初冬にかけては, 墺太利アドリア海沿岸の, 実に一年後, 引き取って, 教へ, 昨十九年, 相識れる

▼ 秋かぜ~ (17, 0.1%)

2 ぞふく, 少しそ

1 [13件] が橋, だ, に吹かせ, に吹かれ, に御, に荻, の, の中, の吹く, の家, は肌, は鈴, 涼したなばた

▼ 秋にも~ (17, 0.1%)

1 [17件] なった, なったけれど, なったもの, なって, なつなら, なりますと, ほとんど一歩, また大いに, また稲, 同じ乱, 同じ事, 既になり, 此形を, 病気が, 見られない樣, 通ふ, 開いて

▼ 秋~ (17, 0.1%)

2 をその

1 [15件] いろいろの, がそれ, この池, というふう, とちょいちょい, と失明, と巡っ, に通じる, の四季, の年四回, の移り變, の花, はこう, は冬, へと一歩一歩確実

▼ 秋ぐち~ (16, 0.1%)

1 [16件] かの暑い, から再三, から師, から次第に, つい二, なので, なんぞには着, に, に売り申す, のうみぎし, の夜露, の夜風, の淋し, は用, までに作り上げる, までのわずか

▼ 秋八月~ (16, 0.1%)

1 [16件] から九月, そよ吹きわたるゆうべ, であった, である, となった, とに行, にはおもいがけない, に入る, に皇后日葉酢媛命, のはじめ, の候, の戊申, の末, の野, 両軍, 中禅寺

▼ 秋といふ~ (15, 0.1%)

2 のは, んです

1 [11件] ことの, たびに, ものは, より冬, 三十ばかりの, 人の, 以外は, 十八に, 女形は, 季節が, 季節を

▼ 秋にかけては~ (15, 0.1%)

2 こういう停車場, すすきや, 高い草むら 1 中間どもが, 人も, 半身を, 弁天の, 枝によって, 油蝉や, 海辺の, 番人が, 素晴らしい果菜

▼ 秋です~ (14, 0.1%)

3

1 [11件] からいかに, からその間, からとにかく, から色々, か夏, がそちら, なあと云った, ね浜, ものネー春の, よ, 衣は

▼ 秋~ (14, 0.1%)

2 に疲れ, 甚し 1 になる, の一日物, の夕, を忍ん, 之処御, 前日に, 尤甚し, 未去らず, 焼くが, 甚しき

▼ 秋なら~ (13, 0.1%)

1 [13件] なくに, ばさだめし, ば林, ば横, ば白菊, ば稲, ば紅葉, ば薪, ば虫, ば赤く, ば雁, 秋恋なら, 苦なし

▼ 秋なれ~ (13, 0.1%)

2

1 [11件] どまた, ども人, ど昔, ばか夜ごろ哀歌, ばこそそぞろ, ばこそ悲しき, ば夜毎, ば山, ば晝はく, ば秋風, ば話

▼ 秋までに~ (13, 0.1%)

1 [13件] かれは, すすむだろうか, 世継を, 十五六枚か, 十四五度も, 取り壊して, 同同盟, 延期された, 彼は, 料理に, 書いた隨筆, 短篇小説を, 謀策を

▼ 秋までは~ (13, 0.1%)

1 [13件] いろいろな, さけるよう申, そうであった, そう思っ, どうかしらん, レーニングラードに, 仕事を, 余り頭, 各村, 在方の, 水辺に, 無事に, 遊んで

▼ 秋らしく~ (13, 0.1%)

2 なつて

1 [11件] きわめて趣味, て奇麗, なつた日, もの静かだった, よく晴れた, セルを, 小さくくるまつ, 爽やかに, 秋色秋声, 遠見の, 青空に

▼ 秋~ (13, 0.1%)

2 がホカ

1 [11件] がしらし, が赤, に半, に照らされ, に縒れる, に輝い, のさす, の下, は播州, を受け, を浴び

▼ 秋この~ (12, 0.1%)

2 古い墓, 古家を 1 かたの, しるべの, 喜多見の, 富山に, 文章を, 村に, 流沙河, 道を

▼ 秋~ (12, 0.1%)

2 のだ 1 すじゃあるめえしすぱすぱ, のか, のであった, のである, のです, のでもう, ので紅白, のに, んだ, んで

▼ 秋十月~ (12, 0.1%)

1 [12件] から春二月, だと, には大会, のこと, の一夜, の半ば, の半ばごろ, の夜更け, の夜空, の末, の末頃, の落日

▼ 秋景色~ (12, 0.1%)

1 [12件] から最後, である, です, でも眺めよう, なんてあんまり, についてたずねられる, はともあれ, は荒寥, をも歩い, を作った, を想像, を探り

▼ 秋~ (11, 0.1%)

2 の灯 1 に不断, のなか, の一興, の壁, の天, の寡居, の月, の独り, の腹

▼ 秋~ (11, 0.1%)

1 [11件] がやつ, が歸つた跡, で, と今一名渠, に渡し, のところ, のやう, の樣子, の處, はむツつり, は幹事

▼ 秋~ (11, 0.1%)

2 の宅, は立派 1 が風流才子, の事, の愛人, の響き, はいつも, は喫, は晩年神戸

▼ 秋茄子~ (11, 0.1%)

2 の味, を嫁 1 がこの, である, の幹, の根土, の美しい, の話, を見

▼ 秋~ (10, 0.1%)

1 冬お, 受け出来ませぬわい, 君に, 春の, 楽等々その, 秋それは, 竹などの, 豊が, 鷹野のみ, 麁末ながら

▼ 秋からは~ (10, 0.1%)

1 こうやっ, その沿線附近一帯, 一緒に, 三次へ, 上京し, 他人と, 切符制に, 勉強しはじめる, 妻にも, 開かぬ由

▼ 秋その~ (10, 0.1%)

1 ころの, ほか都合四百三十二人ことごとく, 唐もろこしの, 壮健な, 春の, 法律の, 秋の, 美しさ, 血なまぐさい歴史, 近江の

▼ 秋でも~ (10, 0.1%)

2 なかなか暑い, 冬でも 1 いい春, なしまだ, ゆっくりお, 正月でもを, 花でも, 越して

▼ 秋までには~ (10, 0.1%)

1 きっとお前, 丈夫に, 五六寸に, 外側を, 帰る事, 必ず例, 東京へ, 梅一位杏桃が, 眼も, 長編小説を

▼ 秋以来~ (10, 0.1%)

2 あさ 1 ないやう, の事, の佐々, の北陸, の見聞, 忘れたよう, 時たま東京, 見なかった景気

▼ 秋~ (10, 0.1%)

2 の声 1 がせわしく, のいち早, の歌, の翼暖む小春, の鳴く, はもはや, も泣き, を捕っ

▼ 秋~ (9, 0.1%)

2 今頃何し 1 ならず一日二日, 丑松だ, 久しぶりであった, 冬の, 冬出ます, 春に, 来年から

▼ 秋にでも~ (9, 0.1%)

4 なつたら 3 なって 1 かえれば, 上京し

▼ 秋ふかう~ (9, 0.1%)

3 して 2 なつた 1 なるわたし, なる井戸水, なる変電所, 水音が

▼ 秋暑い~ (9, 0.1%)

1 をん, 乳房に, 土, 子供が, 水を, 窓の, 街が, 街で, 鉄鉢で

▼ 秋~ (9, 0.1%)

1 があつ, がある, であらう, とは誰, には二月, は睡, も亦, も文, 女歓迎

▼ 秋立ち~ (9, 0.1%)

2 て, にけり 1 そめて, ていく, ての歌, ぬらし, 初めし

▼ 秋からの~ (8, 0.1%)

1 ことです, ごも, 丁打の, 努力が, 布子一袖, 心掛で, 日課の, 講義の

▼ 秋たけ~ (8, 0.1%)

2 にけり 1 て, て崖, なは, なはな日本的, なはの, ぬれば

▼ 秋でした~ (8, 0.1%)

1 いつもの, かに詩聖, かね去年, からこんなに, が天気, のでこの, のに一匹, よ

▼ 秋への~ (8, 0.1%)

1 うつりか, つぎ目の, 世相の, 半年の, 夕焼の, 替り目だけに, 転化を, 転換である

▼ 秋近い~ (8, 0.1%)

1 のに春めく, まで伸び過ぎた, 日だった, 武蔵野の, 空は, 虫の, 蚊は, 蛍の

▼ 秋~ (8, 0.1%)

2 の, のきそ, の道 1 かけだしさ, も瀬

▼ 秋あたり~ (7, 0.1%)

1 から江戸, から自由, から都, にはあるいは, には或は, に漫談ショウ, はこと

▼ 秋づき~ (7, 0.1%)

5 にけり 1 て土, て寂

▼ 秋であった~ (7, 0.1%)

1 か神戸, が, がその, が音羽山, ことは, ことを, と思う

▼ 秋である~ (7, 0.1%)

1 からまだ, から今度, がそれ, が残暑, ともいわれない, のに往く, 事だけを

▼ 秋とも~ (7, 0.1%)

3 なれば 1 なつた, 思えぬ冷え, 思われます, 霜ともい

▼ 秋のけ~ (7, 0.1%)

3 はいを 2 はいの 1 はいは, はひ

▼ 秋ばれ~ (7, 0.1%)

2 の空 1 に心地よい, の一天雲, の下, の天, の好

▼ 秋ふかい~ (7, 0.1%)

1 ひなた, ものを, 山の, 水が, 水を, 花を, 顔を

▼ 秋ふかき~ (7, 0.1%)

3 隣は 21 塩原道を, 時計きざめり

▼ 秋また~ (7, 0.1%)

1 ある学校, ゆきましょう, 冬の, 地中の, 来るそう, 涼し秋, 翌年の

▼ 秋もを~ (7, 0.1%)

6 はりの 1 はりだ

▼ 秋~ (7, 0.1%)

2 雲は 1 お前も, もう黙っ, 三人よ, 蕭々と, 飾りなき

▼ 秋~ (7, 0.1%)

1 いるかな, か, がお前, こら秋公, はな, はひどい, 頼むわ

▼ 秋安様~ (7, 0.1%)

1 がこの, が妾, とは逢う, と幾度媾曳, には薄情, の予言どおり, の親切

▼ 秋深き~ (7, 0.1%)

1 ところ十字街頭の, 一日また, 今日の, 如くに, 木葉の, 空の, 自然の

▼ 秋~ (7, 0.1%)

2 はさちよ 1 がひよつこり, がロンドン, に勘当, の死後, は漸

▼ 秋~ (7, 0.1%)

1 が持つ, のさびしさ, の春, の木の間, の艶, は霜枯れた, を軽く

▼ 秋蕎麥~ (7, 0.1%)

3 の花 1 の方, の畑, は近年まれ, 白き黄昏

▼ 秋~ (6, 0.1%)

5 さの 1 さが

▼ 秋~ (6, 0.1%)

1 この子, らに, 変はれる, 来るなら欣, 染むなる, 目に

▼ 秋ながら~ (6, 0.1%)

1 ありしにも, うっとりと, ここ谷中の, 外光には, 汗の, 青い蓮葉

▼ 秋のみ~ (6, 0.1%)

1 か月出る, づうみあまりさびしき, のりは, 山, 空は, 胸に

▼ 秋よりも~ (6, 0.1%)

1 むしろ冬, 冬の, 冬よりも, 冷たい山, 夏に, 寒い

▼ 秋らしくなっ~ (6, 0.1%)

2 て佐山君, て来た 1 て人, て藍

▼ 秋七月~ (6, 0.1%)

1 さしもの, だった, という, に帰朝, の少子部連螺羸, の条

▼ 秋天一碧~ (6, 0.1%)

5 の下 1 のあなた

▼ 秋~ (6, 0.1%)

1 といふ先生, と内儀, に平次, の天文觀測所, はその頃江戸, をつかまへ

▼ 秋岳先生~ (6, 0.1%)

1 かあれ, が妾宅通ひも年, のお, の愛妾, は五十五, は間

▼ 秋~ (6, 0.1%)

1 のほのめく, を加, を帯びざる, 動く, 濃, 濃し

▼ 秋~ (6, 0.1%)

1 が茶器一組, であつ, とかいふ大家, の兩君, や白鳥, より三つ下

▼ 秋~ (6, 0.1%)

1 がいそがしく, の声やう, の朝音, の音, をきききき帰っ, 気づいて

▼ 秋さびし~ (5, 0.0%)

2 ものの 1 手毎に, 皿みなわれ, 皿みな割れ

▼ 秋だつた~ (5, 0.0%)

4 ものな 1 ので山

▼ 秋づけ~ (5, 0.0%)

2 ば尾花 1 ど草, ば, ば目

▼ 秋にかけての~ (5, 0.0%)

1 かつおが, 夜ごとに, 夜美し, 斯の, 私の

▼ 秋ふけ~ (5, 0.0%)

2 て立つる 1 てみ, てやや, て女

▼ 秋をも~ (5, 0.0%)

2 待たないで 1 またて風そすゝしき, 待たずに, 待たず果敢なく

▼ 秋~ (5, 0.0%)

1 が未だ, といつ, へのそれ, よ驚い, 未回

▼ 秋~ (5, 0.0%)

1 この杉, に詣り, の社前, の鳥居前, は香坂

▼ 秋~ (5, 0.0%)

1 かりき, に講壇, を感じさせる, を感じる, 何となくうすら寒い

▼ 秋~ (5, 0.0%)

2 七の 1 らしい弾丸, 薬師寺を, 鹿沢に

▼ 秋時雨~ (5, 0.0%)

1 がさらさら, でした, です, と云い, のよう

▼ 秋暑し~ (5, 0.0%)

1 おちついて, である, という言葉, 夜は, 秋また

▼ 秋更け~ (5, 0.0%)

21 ての候, て酒, て露霜

▼ 秋~ (5, 0.0%)

1 たれば, といふに, と云, 暑未, 未有一篇詩

▼ 秋~ (5, 0.0%)

1 に依然として, に将軍家, に村, に赤い, のサロン

▼ 秋深い~ (5, 0.0%)

2 空気の 1 故郷へ, 空氣の, 辰巳の

▼ 秋甫さん~ (5, 0.0%)

1 の, の作つた山本氏系図, の橘曙覧伝, は鏑木姓, 調べる所

▼ 秋自分~ (5, 0.0%)

1 が十三歳, が外國, が渡米, の皮膚, は奇人

▼ 秋~ (5, 0.0%)

1 などにいわせる, の入れ, も小野氏彦, や小野氏彦たち, や津時成

▼ 秋~ (5, 0.0%)

2 のいや 1 のふたご, の云々, の甚重

▼ 秋~ (5, 0.0%)

1 がもつれ, が充満, の窓, よ, を捕った

▼ 秋あなた~ (4, 0.0%)

1 があんなに, が私, のなすった, をくるむ

▼ 秋おそい~ (4, 0.0%)

1 みそぎの, 山村の, 栗の, 頃に

▼ 秋かの~ (4, 0.0%)

2 ころ街道を 1 夏は, 家の

▼ 秋ぐさ~ (4, 0.0%)

4 の花

▼ 秋こそ~ (4, 0.0%)

1 ことにわびしけれ, 一気に数年来, 大兵を, 御身も

▼ 秋ごと~ (4, 0.0%)

2 に花 1 に君, に老

▼ 秋され~ (4, 0.0%)

1 ばいと, ばお, ばもみつ, ば佛

▼ 秋それ~ (4, 0.0%)

1 から十八年, に似ぬ, は違います, まで見ず

▼ 秋ちかき~ (4, 0.0%)

2 月の 1 ころ私は, 夕ぐれの

▼ 秋~ (4, 0.0%)

1 やといふほか, やな, やない, や秋ぢ

▼ 秋なる~ (4, 0.0%)

2 にこの 1 に, 句は

▼ 秋はじめて~ (4, 0.0%)

1 あの緑色, 準備會, 薬師寺の, 長途の

▼ 秋ふか~ (4, 0.0%)

4

▼ 秋ふかく~ (4, 0.0%)

1 なると, 分け入るほどは, 声が, 飯盒を

▼ 秋七草~ (4, 0.0%)

31 之称

▼ 秋九月~ (4, 0.0%)

2 であった 1 という, の下旬あたり

▼ 秋二人~ (4, 0.0%)

1 の去つた, の大官皇帝, の娘, は郊外

▼ 秋~ (4, 0.0%)

1 が反駁, などといふ評論家, は, も偉い

▼ 秋以後~ (4, 0.0%)

1 がよかろ, に於, のこと, 皆株

▼ 秋~ (4, 0.0%)

2 が蕎麦団子 1 の顔, は朝鮮

▼ 秋~ (4, 0.0%)

1 です, という人間, のせがれ, の名

▼ 秋~ (4, 0.0%)

1 がああ, の, をここ, を起こす

▼ 秋寒し~ (4, 0.0%)

1 と最後, は文章, 旅の, 近況如何

▼ 秋屋エンジナー~ (4, 0.0%)

2 が, は

▼ 秋~ (4, 0.0%)

1 が武蔵温泉, と妻, は滿洲大連, は甲州

▼ 秋彼岸中日~ (4, 0.0%)

4 の夕方

▼ 秋~ (4, 0.0%)

1 には米, に苗根とも, に行, に雲

▼ 秋~ (4, 0.0%)

1 くすでに, の空, より雨, れて

▼ 秋~ (4, 0.0%)

1 の気, の物悲し, より劇詩界, る

▼ 秋東京~ (4, 0.0%)

1 で汎太平洋学術会議, にコレラ, の半, や箱根

▼ 秋~ (4, 0.0%)

1 から冬, のよ, も柿, 寒く秋

▼ 秋~ (4, 0.0%)

1 が低く, の句, の性質, や漆黒

▼ 秋~ (4, 0.0%)

2 かむとす 1 の作, の詩

▼ 秋~ (4, 0.0%)

2 の歌 1 の候, をさぐる

▼ 秋~ (4, 0.0%)

1 から袖, の代, の女, ふるめかしう

▼ 秋迄には~ (4, 0.0%)

1 その用, キツと, 大島が, 是非お

▼ 秋~ (4, 0.0%)

2 の長 1 が打続いた, が霽

▼ 秋鳴く~ (4, 0.0%)

2 虫の 1 かり, 虫には

▼ 秋ある~ (3, 0.0%)

1 も幼年期, 家の, 晩夜の

▼ 秋おなじ~ (3, 0.0%)

1 声優グループの, 小村さんと, 頃ほとんど

▼ 秋かた~ (3, 0.0%)

3 まけて

▼ 秋さらば~ (3, 0.0%)

1 今も, 移しも, 見つつ

▼ 秋さん僕~ (3, 0.0%)

1 あ何と, の心, はどう

▼ 秋ざれ~ (3, 0.0%)

1 の寒, の日本海, の陸奥

▼ 秋たつ日~ (3, 0.0%)

1 こそ涼, とはう, よめる

▼ 秋って~ (3, 0.0%)

1 あの餓鬼, どうも仕様, 娘は

▼ 秋でなく~ (3, 0.0%)

1 てはならない, ては出ない, ては嗅がれぬ

▼ 秋とを~ (3, 0.0%)

1 よろこぶ様, 一人で, 持つ

▼ 秋において~ (3, 0.0%)

1 二三百万石の, 強いの, 強いよう

▼ 秋はて~ (3, 0.0%)

1 て寂し, て霧, ぬれば

▼ 秋ふけぬ~ (3, 0.0%)

2 物の 1 と思ふ

▼ 秋まだ~ (3, 0.0%)

1 本気に, 浅くし, 淺くし

▼ 秋までの~ (3, 0.0%)

1 一年余りの, 春期の, 炎天下で

▼ 秋もはや~ (3, 0.0%)

2 深し 1 暮れなんと

▼ 秋やや~ (3, 0.0%)

1 深き頃, 深し, 老いて

▼ 秋らし~ (3, 0.0%)

1 さで, さと, さも

▼ 秋わたくし~ (3, 0.0%)

1 が外国, の初めて, は寺島町

▼ 秋チブス~ (3, 0.0%)

2 にかかっ 1 で死ぬ

▼ 秋~ (3, 0.0%)

2 成りぬ 1 見る公

▼ 秋兎死君~ (3, 0.0%)

1 から, から最初, に

▼ 秋~ (3, 0.0%)

1 長安夢愴然琴台旧, 長安夢愴然琴臺舊譜, 鹿斑鳩の

▼ 秋再び~ (3, 0.0%)

1 と契り, 詔し, 降りて

▼ 秋出版~ (3, 0.0%)

1 された, したの, の隨筆集

▼ 秋~ (3, 0.0%)

1 だ, なア河面さ頭, の野郎

▼ 秋和尚~ (3, 0.0%)

1 からそして, から眼薬, に初相

▼ 秋~ (3, 0.0%)

1 との二人, と竜山, の方

▼ 秋塘さん~ (3, 0.0%)

1 の所, はまだ, も赤絵

▼ 秋~ (3, 0.0%)

1 かぐはしき山の手, の身, 凄凉たる

▼ 秋外套~ (3, 0.0%)

1 の胸, を引つかけ, を着

▼ 秋~ (3, 0.0%)

1 といふもの, の詩箋, を蒔いた

▼ 秋寂びた~ (3, 0.0%)

1 冷気に, 深林の, 雨の

▼ 秋~ (3, 0.0%)

1 に横たわる, に澣濯, のやう

▼ 秋景山水~ (3, 0.0%)

1 の六曲一双, の屏風, の繪

▼ 秋暑く~ (3, 0.0%)

1 何を, 私は, 結庵の

▼ 秋~ (3, 0.0%)

1 にゐた, の小学校, は大

▼ 秋~ (3, 0.0%)

1 に, の上, の下

▼ 秋~ (3, 0.0%)

1 のお, の許, の許し

▼ 秋~ (3, 0.0%)

1 が既に, はすでに, は嚴

▼ 秋沙鴨~ (3, 0.0%)

1 か波切, が何処, に対する情味

▼ 秋深う~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 秋田屋清左衞門~ (3, 0.0%)

1 という者, と申します, の番頭

▼ 秋篠様~ (3, 0.0%)

3 のお

▼ 秋~ (3, 0.0%)

1 で四斗, で四斗づゝ, ば運ぶ

▼ 秋茂登~ (3, 0.0%)

1 のはう, の主人, よりも梅園

▼ 秋~ (3, 0.0%)

2 の移植 1 の落英

▼ 秋落葉~ (3, 0.0%)

1 の雨, の頃, の頃子供

▼ 秋蘭さん~ (3, 0.0%)

1 が来た, でも, なんかいくら

▼ 秋~ (3, 0.0%)

1 のいや, のわたくし, を連れあるく

▼ 秋~ (3, 0.0%)

1 のはき, の後, はあと三日

▼ 秋~ (3, 0.0%)

1 て来た, に, むと朝晴れのけふ

▼ 秋~ (3, 0.0%)

1 というの, という名, という家

▼ 秋近き~ (3, 0.0%)

1 心の, 朝, 空の

▼ 秋近く~ (3, 0.0%)

1 そろそろ流氷, なった頃, なってから

▼ 秋~ (3, 0.0%)

1 になつて, の折しも, の眺め

▼ 秋重ね~ (3, 0.0%)

2 て来り見る 1 て渡来

▼ 秋門院~ (3, 0.0%)

1 が後鳥羽天皇, といっ, には皇子

▼ 秋~ (3, 0.0%)

1 の天気漫歩, の殺気, 暗として

▼ 秋~ (3, 0.0%)

1 と絶えず, の諸君, は吾が

▼ 秋あの~ (2, 0.0%)

1 正中二年の, 水田で

▼ 秋いま~ (2, 0.0%)

1 すこし經, はす

▼ 秋かも~ (2, 0.0%)

1 やどす夜, 季節の

▼ 秋かり~ (2, 0.0%)

1 冬收むるぞめきはなし, 初に

▼ 秋きぬ~ (2, 0.0%)

1 と栗子柿子, と虫

▼ 秋きのこ~ (2, 0.0%)

1 をとり, を小さく

▼ 秋くれ~ (2, 0.0%)

1 ば蒼い, ば路傍

▼ 秋ぐらいに~ (2, 0.0%)

1 なったら西巣鴨, なるん

▼ 秋ここ~ (2, 0.0%)

1 で五, へやってきた

▼ 秋これ~ (2, 0.0%)

1 とふたり, も大番勤

▼ 秋さんお前~ (2, 0.0%)

1 は台所町, を呼出した

▼ 秋すぐ~ (2, 0.0%)

1 上の, 支那へ

▼ 秋ちゃん風呂~ (2, 0.0%)

2 へはいっ

▼ 秋ちょうど~ (2, 0.0%)

1 この神流川, 二三年前裕八郎が

▼ 秋つらし~ (2, 0.0%)

2 九月の

▼ 秋づきぬらし~ (2, 0.0%)

2 椎の

▼ 秋といつて~ (2, 0.0%)

1 もまだ, も九月

▼ 秋とが~ (2, 0.0%)

1 むかい合って, 戰ひだした

▼ 秋とて~ (2, 0.0%)

1 やれ月, 匈奴の

▼ 秋とともに~ (2, 0.0%)

1 在って, 室鰺の

▼ 秋とな~ (2, 0.0%)

2 つた

▼ 秋とに~ (2, 0.0%)

1 用意された, 町から

▼ 秋と共に~ (2, 0.0%)

1 そろそろ大きな, 京都の

▼ 秋どこ~ (2, 0.0%)

1 かで皆, にも見当らなかった

▼ 秋どの~ (2, 0.0%)

1 お早く, か

▼ 秋なかば~ (2, 0.0%)

1 からの一冬, から一冬中太陽

▼ 秋なき~ (2, 0.0%)

2 時や

▼ 秋など~ (2, 0.0%)

1 かえろうか, 熔けた金属

▼ 秋などと~ (2, 0.0%)

1 きめて, 一緒に

▼ 秋ならぬ~ (2, 0.0%)

1 時雨の, 風に

▼ 秋なり~ (2, 0.0%)

1 絶えず微風, 豊かなる

▼ 秋なんと~ (2, 0.0%)

1 いう長い, かして

▼ 秋にこそ~ (2, 0.0%)

1 あれ春, 発揚すべき

▼ 秋ばかりは~ (2, 0.0%)

1 寂と, 金いろ

▼ 秋ひどい~ (2, 0.0%)

1 不作であった, 雨の

▼ 秋ふかむ夕日明り~ (2, 0.0%)

2 や枯小竹

▼ 秋ふけた~ (2, 0.0%)

1 感じだ, 感じだつた

▼ 秋ふた~ (2, 0.0%)

2 毛し

▼ 秋へと~ (2, 0.0%)

1 一飛びに, 日に日に何度

▼ 秋ほど~ (2, 0.0%)

1 すがすがしく澄みわたる, 薫りが

▼ 秋までも~ (2, 0.0%)

1 花が, 誰か

▼ 秋までを~ (2, 0.0%)

1 すごさねば, 成長した

▼ 秋まひる野~ (2, 0.0%)

2 には火花

▼ 秋まひる隣~ (2, 0.0%)

2 にふかむ菊

▼ 秋よりは~ (2, 0.0%)

1 大丸の, 樹上に

▼ 秋らしくなりました~ (2, 0.0%)

1 こと, ね

▼ 秋われ~ (2, 0.0%)

1 の持てゆき, 思はずも

▼ 秋をか~ (2, 0.0%)

1 保つべきとも, 送る

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 べおい, べさ

▼ 秋グミ~ (2, 0.0%)

1 だけだつた, 大カメノキ

▼ 秋チェーホフ~ (2, 0.0%)

2 も医者

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 アルト, ビスカップ戦を

▼ 秋ディカーニカ~ (2, 0.0%)

1 をお, を通つたザポロージェ人

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 得テスナワチ化ス, 送ル

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 と, と云う

▼ 秋一人~ (2, 0.0%)

1 の女, ふいと

▼ 秋一度~ (2, 0.0%)

1 に止る, 逢ったきり

▼ 秋三ヶ月~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 秋~ (2, 0.0%)

2 石田士道成田成章太田農人皆川叔茂同

▼ 秋中尉~ (2, 0.0%)

2 に昇進

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 助に, 坊の

▼ 秋九月中旬~ (2, 0.0%)

2 というころ

▼ 秋京橋~ (2, 0.0%)

2 に住む

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 とおも, の心

▼ 秋伸子~ (2, 0.0%)

1 と素子, は実感

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 から段々, になっ

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 うした, かちょっとした

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 りけり, れば

▼ 秋信先~ (2, 0.0%)

2 通ず両行

▼ 秋信輔~ (2, 0.0%)

2 は法科

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 が根岸曙, は随分

▼ 秋偃曝~ (2, 0.0%)

2 に其骨

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 に玄関前, を払ッ

▼ 秋公娼廃止~ (2, 0.0%)

2 の令

▼ 秋冬遊山~ (2, 0.0%)

2 に来る

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 の夫, 猶有

▼ 秋十一月~ (2, 0.0%)

1 の事, までが開業期間

▼ 秋十月初め~ (2, 0.0%)

1 の出来事, の頃

▼ 秋十月頃~ (2, 0.0%)

1 でした, には紅色紫黒色

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 の半年, 積陰気令蒸溽呉中

▼ 秋去れ~ (2, 0.0%)

2 ば冬

▼ 秋去春来~ (2, 0.0%)

2 双燕子

▼ 秋友子~ (2, 0.0%)

2 は男の子

▼ 秋~ (2, 0.0%)

2 の頬

▼ 秋告げ~ (2, 0.0%)

1 て散る, やらむ女郎花下葉

▼ 秋夜会稽~ (2, 0.0%)

2 の厳維

▼ 秋大生郷~ (2, 0.0%)

2 の天神前

▼ 秋天片雲~ (2, 0.0%)

2 無きの

▼ 秋女房~ (2, 0.0%)

1 に逃げられ, に逃げられやし

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 中宮, 中宮と

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 がラスベルク男爵, の宏子

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 ですなさけ用捨, ともいう

▼ 秋寂び~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て居る

▼ 秋寒く~ (2, 0.0%)

1 秋暑し, 酔へ

▼ 秋小樽~ (2, 0.0%)

2 に新聞

▼ 秋少し~ (2, 0.0%)

1 健康を, 早めに

▼ 秋屋エンジ~ (2, 0.0%)

2

▼ 秋屋船長~ (2, 0.0%)

2

▼ 秋~ (2, 0.0%)

2 でも水曜島

▼ 秋嵯峨~ (2, 0.0%)

1 の釈迦堂, を散歩

▼ 秋巣鴨~ (2, 0.0%)

2 の染井

▼ 秋已に~ (2, 0.0%)

1 深く万樹霜, 深く萬樹霜

▼ 秋幕府直轄~ (2, 0.0%)

2

▼ 秋平岡~ (2, 0.0%)

2 は三千代

▼ 秋年上~ (2, 0.0%)

2 な一友

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 は私, 似東山

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 というの, は敵

▼ 秋思立つて都門~ (2, 0.0%)

2 の客

▼ 秋怨十絶~ (2, 0.0%)

2 の一

▼ 秋~ (2, 0.0%)

2 に堪へ

▼ 秋~ (2, 0.0%)

2 る外国人

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 と聞く, の里

▼ 秋戸郷~ (2, 0.0%)

1 から来た, へ身

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 の嘆, や淋しき

▼ 秋既に~ (2, 0.0%)

1 老いて, 近し

▼ 秋旱防空演習~ (2, 0.0%)

2 しきりなり蒸れつくしける稗

▼ 秋時分~ (2, 0.0%)

1 で樽野, に狂花

▼ 秋来ぬ~ (2, 0.0%)

1 と目, と眼

▼ 秋来り~ (2, 0.0%)

1 二戸の, 四時の

▼ 秋来れ~ (2, 0.0%)

2

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 の朽ち, を出

▼ 秋桜子~ (2, 0.0%)

1 の句, も亦

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 いかにも知恵, といった御殿女中

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 が挙, はお上通り

▼ 秋死ん~ (2, 0.0%)

1 でしまった, で後家

▼ 秋毘賣~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 の称呼, は同じ

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 秋~ (2, 0.0%)

2 が初めて

▼ 秋漸く~ (2, 0.0%)

1 深きを, 深く自然

▼ 秋~ (2, 0.0%)

2 を隔て

▼ 秋澄み~ (2, 0.0%)

1 て, て檜皮

▼ 秋濤君~ (2, 0.0%)

1 が床柱, の斡旋

▼ 秋濤氏~ (2, 0.0%)

1 に相談, は多く

▼ 秋無理~ (2, 0.0%)

1 に北側, 無體

▼ 秋田舎~ (2, 0.0%)

1 から出, から叔父さん

▼ 秋病災不幸~ (2, 0.0%)

2 などでつい

▼ 秋~ (2, 0.0%)

2 も病ま

▼ 秋秋秋~ (2, 0.0%)

1 のよ, 寒く秋

▼ 秋穀物~ (2, 0.0%)

2 がとにかく

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 ならず又, 高く晴れ渡った

▼ 秋竹の台~ (2, 0.0%)

2 に開かれる

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 一回展を, 一秋から

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 の湯, の父兄

▼ 秋細君~ (2, 0.0%)

1 だけが引越し, をつれ

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 の時ゃあよかったさあ, の相談

▼ 秋聲氏~ (2, 0.0%)

1 も来た, を尤も

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 も網, ノ遍路ハ其折

▼ 秋茂津時成~ (2, 0.0%)

1 などで, の四人

▼ 秋蕎麦~ (2, 0.0%)

1 に夜露ふりこぼれ昼, の畑

▼ 秋虫一度~ (2, 0.0%)

1 にみだれ咽ん, にみだれ鳴く

▼ 秋~ (2, 0.0%)

2 の意

▼ 秋軍港街~ (2, 0.0%)

2 に移る

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 出版を, 延ばす事

▼ 秋遺恨花期~ (2, 0.0%)

1 猶未, 猶未到

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 へ出, へ帰っ

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 とかにもう, の間

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 ならん, にし

▼ 秋闌け~ (2, 0.0%)

1 てのこる, て片里

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 のそ, の日

▼ 秋雲さん~ (2, 0.0%)

1 の歌, はちょっと

▼ 秋霖雨~ (2, 0.0%)

1 のふる, もなほ

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 の奥, の靡いた

▼ 秋骨君~ (2, 0.0%)

1 が言う, のいわゆる

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 なので, の骨

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 なぞをかついだ, の時季

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 である, は再び

▼ 秋鳥部寺~ (2, 0.0%)

2 の賓頭盧

▼ 秋~ (2, 0.0%)

2 のとれる

▼ 秋~ (2, 0.0%)

1 つて立つ, つて表情を

▼1* [982件]

われに, 秋あかるく銀河の, 秋あすこの美しい, 秋あたたかく蠅も, 秋あたり先代三木助に言われる, 秋あたり制服の詰め襟, 秋あたり日比谷上野小石川のバラック, 秋あつくせりうりが, 秋あまりに早い秋, 秋あらし凄まじくふきすさび, 秋あらん限りの, 秋あれば花, 秋いかに在わす, 秋いち早し萩すすきながめまさりぬ, 秋いよいよ潔斎生活の, 秋おこがましくはござりますが, 秋おそく落ち水, 秋お前たちは其方, 秋お宮のところ, 秋お正月にかけてまっ青, 秋かぎりお取上げだ, 秋かぎり根絶させろ, 秋かげの木の実草, 秋かと憶える, 秋かとも思われるよう, 秋かなマアどっちでも, 秋からずつとこの別莊, 秋かられつきと, 秋がたはむれ, 秋がたうとう来た, 秋がまゐりますがよ, 秋たりいまだ, 秋きりとした, 秋くらい斯うし, 秋ぐさのよきととのひや日ざしあびつつ, 秋ぐさ模様の黒, 秋ぐち三連隊でひどく, 秋ぐみの紅き, 秋ぐらいまでこのまま歯かけ, 秋こそと見し夜, 秋こそはどうやら信玄, 秋ことに夏から, 秋父子が, 秋ごこちして, 秋ごろ二三日風邪をひい, 秋ごろ二百三十円前後の収入, 秋ごろ京なまりの女, 秋ごろ戦死した或, 秋ごろ日本の旅客機, 秋ごろ本にする, 秋ごろ槇子をもらいたい, 秋ごろ猟船がこの, 秋ごろ発表された, 秋ごろ突発的に身辺, 秋ごろ都からこの, 秋ごろ長崎からお, 秋ごろ長崎屋という呉服屋, 秋へ今, 秋さきてほろろこ, 秋さなかなり響く, 秋さびですが, 秋さびた大原野, 秋さびたるけしき仙源に, 秋さめの調子, 秋さり毎に, 秋さりくれば我が, 秋さりぬらむ, 秋さんこれを見, 秋さんさへいひ, 秋さん久し振りだなあ, 秋さん二階へ駈上る, 秋さん今晩は, 秋さん俺だつて男, 秋さん先刻駒ヶ岳に上らう, 秋さん自身がどうして, 秋ざくらよく見, 秋ざくら花みだれゆく庭, 秋思ほ, 秋しかも香気の, 秋しずかな障子, 秋じゃつまみ菜も, 秋じゃったが祇園祭, 秋じややら, 秋すこぶる御気色, 秋すずしく人馬安閑聞くならく, 秋すなわち明治十九年十一月向, 秋すみぬ山, 秋ぜひなく伊賀, 秋そして秋風秋雨, 秋その他のあらゆる, 秋そばを播きつけ, 秋それからズーツと, 秋それでは又来る, 秋それ自身は無口, 秋ぞいたる, 秋たけた野に, 秋たそがれ橘之助, 秋ただ今日の, 秋ただちに劉備玄徳にたいして, 秋たちて幾日, 秋たちこめた江戸は, 秋たつや, 秋たつた一人だけ, 秋たつ虹に, 秋たてば黄葉, 秋だけで冬, 秋だけが快適であり, 秋だけをここで, 秋だったでしょう僕が, 秋だったら由布山の, 秋だに早やも, 秋だの凩の, 秋ちかい夜かぜの, 秋ちかければ玻璃, 秋ちかし雲の, 秋ちゃんと仲が, 秋ちやうど伯爵, 秋ぺがいないんで腐ってる, 秋っていうやつが, 秋っぽいのね, 秋つて娘は可, 秋つまり死ぬ五年, 秋づきしもののけ, 秋づくといまだ, 秋てる中洲の月, 秋であって折り, 秋であり夜空は, 秋であろうが雪下駄, 秋でございましたがこちら, 秋でございますから当時, 秋でしたろう急の, 秋ででもあったの, 秋でないことが, 秋とうとう命数尽き, 秋とか言つた, 秋とかいうような, 秋とかに沙苑に, 秋とかにも古川町の, 秋とれた新しいお, 秋とれるにきまった, 秋どんなにもして, 秋なかば汗にじむまで, 秋なかば病氣になつて, 秋ながくやすら, 秋なく日数で, 秋ならざるに此夜虫声, 秋ならでは聞かれぬ, 秋ならねども松蟲, 秋なりけりあら心, 秋なるくもり日, 秋にかけ茴香の, 秋にかけてしかこの村, 秋にかけましては白骨へ, 秋にこそはいよいよ天下多端, 秋にて萩を, 秋にのこりて, 秋にのみ京都へ, 秋にゃ娘っ子が, 秋にわたることが, 秋に対しておられた, 秋に対する感の, 秋ベロナールで, 秋のながあめ陽氣, 秋のみに見る悲しい, 秋のらふたき美し, 秋のわづらひ, 秋はかなしかるらむ, 秋はずつと晴天が, 秋はとそれぞれ好む, 秋はやふかみて, 秋ょッくりやっ, 秋ひと巡り見て, 秋ひとりであの, 秋ひむがし, 秋びよりは日がくれる, 秋ふかみこごしく, 秋ふくる昼, 秋ふく風に秋たつ虹, 秋ふこうなって色づい, 秋ふっと気が, 秋へちまみたいに枯淡, 秋え早く, 秋ほそしさばかりをだに, 秋ぼくは二十一歳, 秋まいたせいぜい一尺, 秋まけて花さく梨, 秋まさに暮れん, 秋まだこんなに病気を, 秋まつ虫はうとく, 秋までが書かれて, 秋まひる静かな山路, 秋みごもるとあらた, 秋ひと狂言, 秋めとんでもねえ気欝封じ, 秋もみぢ葉のこき, 秋もろし春みじかし, 秋もをはりか, 秋ゃいくら云うても, 秋ゃ秋身にしむ, 秋やうやく深く, 秋やがて早い霜, 秋やっと職を, 秋やっとこの鎌倉, 秋やっぱり三つに, 秋やは人の, 秋やはり松江へ, 秋ゆかんとす, 秋ゆくりなくも梅田, 秋ようやく逝かんとして, 秋よく聴いたの, 秋よりや光澄むらむ, 秋に交つて, 秋らしいしめりは, 秋らしいひいやりとした, 秋らしい澄んだ気持ちは, 秋らしき夜空とお, 秋らしくない気分だつた, 秋らしくなった頃でした, 秋らしくなるね, 秋らしく冴えて聞えます, 秋らしく感じられたのです, 秋らしく成ったろうと思わせた, 秋らしく成る山々蟋蟀などの, 秋らしく澄みだしていた, 秋らしく澄み渡って来た, 秋らしく澄み返つた夜氣の, 秋らしく澄んだ日が, 秋わたしは鳥越, 秋をば自分の, 秋アメリカへ行きたい, 秋カラ二十四ノ冬マデ檻, 秋ガラッ八と, 秋キャベツもそろそろ, 秋ゴーリキイは遂に, 秋サン・ピエトロに登つて羅馬, 秋ザンゲルハウゼンの教会, 秋シベリヤ経由でドイツ, 秋ジッドのドストエフスキイ論, 秋ジュリアンのアトリエ, 秋ソビエト同盟にだけは恐慌, 秋ソヴェト同盟の革命十周年記念, 秋ダスタエフスキイの子供, 秋ダラットに着いた, 秋ヂツとして涙ぐん, 秋ッペさん泣くの, 秋デゴザイマスヨ蟋蟀ガ鳴イテオリマスヨ, 秋ドイツにい, 秋ナチス軍の手, 秋淡緑花, 秋ニナッテ葉ヲ落スノハ, 秋ニ至リ再ビ花サク本邦ニ来ルモノ一年両度花サク唐山, 秋朝, 秋ハ人ノ心ニイイロナ事, 秋ハ夏ノ焼, 秋ビリンスキー村の革命記念祭デモンストレーション, 秋ベランダの椅子, 秋ホテルに預け, 秋ボンヤリと坐つ, 秋ポートマク河畔の合宿, 秋マールブルクに来, 秋モスクワ南方の母方, 秋ヨリ冬ニカケテハ旅宿ハ戸ヲ釘ヅケニシテ里ニ, 秋リルケは一人飄然, 秋ルナアル未亡人が落寞, 秋ルードウィッヒ二世臨御の下, 秋ロダンに宛てた次ぎ, 秋ローストンの附近, 秋ヴォルガの河, 秋一しきりは盛ん, 秋一兩二分借りたの, 秋一子菊之助をもうけ, 秋一度箱根町から塔ヶ島, 秋一挙に蜀中, 秋一斉に新聞, 秋一日川前に遊び, 秋一番おそくまで, 秋一種の神経的, 秋一等見物に来た, 秋一粒千倍の実り, 秋一行は落ちかかる, 秋丁度父が, 秋三十九歳で源氏, 秋三男の喜平次, 秋三郎はひと, 秋上京の途上, 秋上州四万に遊ばれた, 秋上州富岡某氏別荘にて, 秋上甚介立原久綱など世, 秋上野に例, 秋下りのこと, 秋不況と一緒, 秋の上, 秋中央公論に発表, 秋中島歌子の, 秋中彼女はあの, 秋中旬信州から飛騨, 秋中村大字秋掛などでも, 秋中村鴈次郎と相, 秋中納言になった, 秋中花盛なれども, 秋中風か何, 秋久しい徒弟生活は, 秋九月ごろらしいが, 秋九月三日に江戸, 秋九月十日賢嗣朴甫設宴召集蓋終其先志也余亦与, 秋九月本伝第九輯四十五の巻, 秋乳母の元, 秋始めて, 秋予和歌山近傍岩瀬村の街道傍, 秋二つ井戸天牛書店の二階広間, 秋二つ年下の妹重子, 秋二十二名の文学者, 秋二十二歳の時一高, 秋二十四歳の御, 秋二十数篇は散佚, 秋二度の道者船, 秋二町ばかりの下流, 秋二百円ほど金, 秋二軒が稲刈り, 秋云々という式, 秋五氏の書評, 秋亡父の三回忌, 秋交換手をし, 秋京城で弟, 秋京都で, 秋亭主の貫三郎, 秋人工的に雪, 秋今年は存分, 秋今日ぞこの, 秋今頃かなうそ, 秋仏蘭西から来た, 秋仔細は解らず, 秋遺譜以下, 秋仙臺で生れた, 秋以上のよう, 秋以來友人なる細野次郎氏, 秋以前に霞亭, 秋以後中国の人民民主主義革命, 秋以後冬に行, 秋以後前線に赴い, 秋以後東京は特に, 秋以後民主的評論家の陣営内, 秋以来ここの僧房, 秋以来すえ子の所, 秋以来アメリカには農村恐慌, 秋以来兄の末女, 秋以来冬にかけては大方, 秋以来君たちと太白, 秋以来唯今まで実に, 秋以来暗夜に白い, 秋以来眼を触れた, 秋以来蘭軒が混外, 秋以来雲浜が国事奔走, 秋以降に行, 秋を解かれき, 秋伝吉はふと, 秋伯林に赴く, 秋伯父は病気, 秋伸子たちがソヴェト, 秋は西片町, 秋の西班牙風邪, 秋に赤新聞, 秋たむ, 秋偶然この詩, 秋偶然それが見付かった, 秋僕西洋より帰, 秋が信州, 秋先生は煙客翁, 秋兎死うたうて, 秋入学した兄, 秋八月ごろとなつ, 秋八月ひとりの通事, 秋八月二十四日に肥前國松浦郡, 秋八月他の艦艇三千余艘, 秋八月廿四日は果敢なく, 秋八月従亡諸臣, 秋八月近松門左衛門机竜之助, 秋公お前ひどすぎる, 秋公帰ぬの, 秋六つをかしら, 秋共に通ったこと, 秋兵隊に取られました, 秋供の, 秋円山である, 秋おとづれると考へられる, 秋写真を二枚, 秋冬平一郎が和歌子, 秋冬恋雑というふう, 秋冬朝昼夕夜月にも雪, 秋冴えて, 秋凡ての秋, 秋て見れ, 秋出したものは, 秋出せよそんな, 秋出来たのである, 秋切迫すること間髪, 秋を行う, 秋へ行く, 秋初めの静か, 秋初めて鵙の, 秋別項藪柑子物語りにも, 秋刻々に近く, 秋剳記附録抄を刻す, 秋北支に渡つた時, 秋北海道庁の庭, 秋北米合衆國に渡り, 秋十とせ却て江戸, 秋十とせ却つて江戸をさす, 秋十一人の宗徒, 秋十一月九州に遊んだ, 秋十八年ぶりにアメリカ, 秋十六年その八月, 秋十年却つて江戸をさす, 秋十数年ぶりに金沢, 秋十月十六日常毛二州, 秋十月普通の登山者, 秋十首の歌合, 秋や櫻, 秋千とも書きしもので遊戯, 秋半ばになった, 秋からかえる, 秋南ロシアのポルトヴァ, 秋南方の戦線, 秋博文館から在, 秋稲刈りの, 秋去らば, 秋去り冬來り, 秋過激派の, 秋の時, 秋収まるのこと, 秋収め野田のせ, 秋収後の幣束祭, 秋叡山焼打の折, 秋合祀先の禿山頂, 秋吉原のある, 秋吉田さんの家, 秋同誌のため, 秋名古屋月見坂にて, 秋名月の夜, 秋告鳥の雁鳴き, 秋周防国徳山なる照幢, 秋つつがなく安房, 秋和尚主董鍋島家旧別邸, 秋咲きのばら, 秋咲く朝顔が, 秋ひますな, 秋啾々巷にも義経詮議, 秋四十一枚の短篇, 秋四方の水声, 秋団十郎三回忌の追善興行, 秋国内の官庁出版物, 秋國許から差, 秋の麗かな下, 秋土星が化學原子, 秋土用すぎで山さ, 秋地方に流行性感冒, 秋坂さんじゃございません, 秋坊主になる, 秋の黄蝶, 秋執筆のもの, 秋塘尾張赤津の加藤作, 秋声一人を除く, 秋声優グループの仲数枝, 秋夕べここもかしこ, 秋夕粛やかに棒, 秋外務省からシャム国, 秋夜孤燈それにつけ, 秋夜月光に講究, 秋夜水の如く, 秋夜燈火の下, 秋夜父に読む, 秋夜虫を聴く, 秋夜読書の快, 秋夜長し, 秋夜閑語のつもり, 秋夢君のやう, 秋夥しく咯血し, 秋大人数で奥軽井沢三笠, 秋大学創立二十五年記念祭の折, 秋大嵐のため, 秋大阪に住ん, 秋大阪船の五兵衛, 秋大風雨のため, 秋天将にたかし, 秋天気快晴の夜三時ごろ, 秋天海は紅く, 秋天霜満ちて, 秋太平洋画会の切符, 秋太閤が北野, 秋に仕え, 秋夫人は梅子, 秋夫妻にこども, 秋奉公に上, 秋へ消える, 秋のひとり, 秋女御は御所, 秋女高師の学生たち, 秋が行つた時, 秋姉妹は父親, 秋て帝国劇場, 秋始めて冷やか, 秋始めて銀座通の, 秋の来る, 秋嫁いて, 秋子爵がこの, 秋といふ人, 秋孝孺が帰省, 秋学校をどうやら, 秋学芸会があり, 秋宇野浩二に依つ, 秋安がいよいよお, 秋安が一人の武士, 秋安が勃然と怒り, 秋安が声を上げた, 秋安一見したい, 秋安太刀をグッ, 秋宗次郎に捨てられ, 秋実のりの乏し, 秋実業家の細川卯一郎君, 秋に戻る, 秋宮島幹之助氏がジェネ, 秋を出, 秋富ちゃんのゴタゴタ, 秋富士河の水禽, 秋富裕な銀行家デュヴィラール氏, 秋寒い夜風の, 秋寒うして, 秋寝間著になり, 秋将来こういうこと, 秋将軍家が日光参廟, 秋小口はさうで, 秋小山内薫はソヴィエット・ロシヤ革命十年祭, 秋小池と田舍町, 秋小田原の近在, 秋少数の有志相, 秋にむかひ, 秋山崎城に宇野祐清, 秋山田君から手紙, 秋山野辺右衛門大夫の寮, 秋岩手へまた, 秋岳先生自慢の櫓時計, 秋島村先生が遂に, 秋崖以下のもの, 秋巌様の所, 秋州一首の文, 秋巴里にはじめて, 秋帝王の都, 秋帰った湯治の, 秋帰つてらつして, 秋帰京して, 秋帰国せし時, 秋の陰, 秋幕府の外交奉行, 秋平中原大烏来船, 秋は彼, 秋幸太郎から手紙, 秋幸子と三人づれで鬼子母神, 秋幼稚園時代の友だち, 秋に就き, 秋廃止されるまでの, 秋引越して来, 秋一ツ橋様に, 秋当地に開かれた, 秋当時の蹴鞠, 秋形がいびつだからといつてたつた一つ, 秋影東山に似, 秋彼岸の中日, 秋たむとす, 秋待ちがてぬ, 秋待顏の萩, 秋後決とも云, 秋後醍醐天皇は吉野, 秋従姉の雪枝, 秋御殿で催された, 秋徳川家達公が夫人, 秋忘れの寄合い, 秋思わず庭に, 秋にアメリカ, 秋急逝したラサフォード卿, 秋なら恋, 秋悟浄ははたして, 秋患わないように, 秋悶死した, 秋感じたような, 秋感ずるところが, 秋深して, 秋我國方言學の權威東條先生, 秋戸塚の方, 秋扁桃腺炎を患っ, 秋手廻りのもの, 秋手賀沼までド, 秋抱月死後須磨子が明治座, 秋播小麦を播きつける, 秋穫の, 秋政府は富農, 秋故郷の家, 秋数回にわたって見, 秋文展第十回展開催中, 秋文部省が各, 秋斑鳩の址, 秋断然生家を, 秋新しい家に, 秋新田一万石の初, 秋新秋来だ, 秋に纔, 秋も秋也, 秋日光から足尾, 秋日向の高, 秋日暮れ近い森, 秋日本でも封切, 秋日本プロレタリア作家同盟はその, 秋日本プロレタリア文化連盟が結成, 秋日露戦役の闌, 秋日露戰役の最中歸朝, 秋外国語学校が, 秋早くから焼, 秋早稲の穂, 秋旭光は虹, 秋に横, 秋明菊が咲く, 秋時ニ掘取レバ輒チ, 秋時分君は冬, 秋時雨雨の音, 秋晩くに手入れを充分, 秋を題し, 秋景惨憺として蕭殺, 秋景色彼方此方にむらむら, 秋暗く更けた曠野, 秋暴れのお, 秋曇りした一日はるばる, 秋更始一新のこ, 秋という落款, 秋最後の恩師竹内栖鳳先生, 秋月将日進不曾休, 秋月形城合戦の折, 秋の露, 秋朝田屋の主人勘兵衞, 秋も一合五勺位, 秋木の葉が落ち始める, 秋木犀の香り, 秋に出来ます, 秋村童二の, 秋来って牧羊犬多忙, 秋来るといふこころ, 秋来れりさ, 秋来見月多帰思, 秋東亜連盟協会なるもの成立, 秋東北大学の理科, 秋東宝名人会第一回公演, 秋松江の招魂祭, 秋松虫を飼っ, 秋林ウォルガバイガルなどの百貨店, 秋林浄桂大姉は直, 秋果てぬ十月でも, 秋果熟すれば, 秋枯れて来, 秋枯草に火, 秋柏潤和川辺のしぬ, 秋の成熟期, 秋の山, 秋の文身, 秋の差配人, 秋森さんの門前, 秋森宏の指紋, 秋森辰造は動く, 秋椅子に掛け, 秋楯岡は留守, 秋横浜短歌会席上の作, 秋のよう, 秋次男を戦線, 秋欧米漫遊から帰つて, 秋に闌, 秋の町, 秋此万碧楼に泊った, 秋武州野火止の合戦, 秋んでしまつた, 秋残暑のきびしい, 秋殿のお, 秋母親が歿, 秋は抜ける, 秋民子と二人, 秋がちがっ, 秋汝らの飼馬, 秋江の島で死んだ, 秋江戸前で釣れる, 秋に漲る, 秋池田機関庫に就職, 秋の行き, 秋沙魚釣より還り, 秋沙鴨小鴨などと云っ, 秋河北新報に連載, 秋法隆寺へ行っ, 秋泰西漫遊に出かけ, 秋洋々たるヴォルガ河, 秋の千里, 秋洪水があつ, 秋洲氏の好意, 秋洲船医およびウィルキンソン氏, 秋洲長美氏とともに車行, 秋浅く色づきかけた楓, 秋浜奉行まで使い, 秋浪華附近の激戦, 秋海嘯の余波, 秋海外の旅, 秋淋しつづらに, 秋かりし思ひ出, 秋深くうすら寒くすらあっ, 秋深けて冴え残り, 秋深し隣りは, 秋深みひにけに, 秋深み黒鯛の当, 秋深む移りのほか, 秋清風涼月掛檣頭夜来始認烟如帯即是亜羅比亜州, 秋湯河原ニテに連絡, 秋満州事変というもの, 秋満州掠奪戦争がはじまっ, 秋澄んだ空の, 秋濤おだやかなりし津軽海峡, 秋濤氏夫妻が住ん, 秋濤自身も自分, 秋濱町といふ所, 秋の下, 秋災厄ありそれ, 秋無しに過ぎ, 秋煙草を吸, 秋熊本高等学校に入学, 秋の下, 秋が, 秋燕京にたけ, 秋父崩れなどより以上, 秋父母に従って上海, 秋爽やかな山, 秋牡鹿山の城, 秋物みなよろし, 秋猿若町市村座で河竹, 秋王女の念, 秋現れたと思います, 秋琴楼に仮寓, 秋瑞穂の国, 秋瑞穗の國, 秋瑟瑟などと云う, 秋甚助さんが娘, 秋生りの終りごろ, 秋生れだ, 秋生前本因坊秀哉は京都, 秋生国の遠州浜松在, 秋甫さん等の業績, 秋田屋太右衛門の店, 秋田町の道, 秋由井正雪丸橋忠弥その他一党の遺志, 秋由比正雪丸橋忠彌その他一黨, 秋甲州山中湖に遊んだ, 秋男の子が一人, 秋のうえ, 秋病気で死ん, 秋痘鳴と山田論愚, 秋痩せてよわき, 秋白系露人から買つた皮, 秋百枚近く書いて, 秋にはぐれ, 秋皐両君と一緒, 秋府の, 秋の養成所, 秋眠遅かういふ気持, 秋知り顔の, 秋を煉り, 秋破産した良人, 秋磔柱の上, 秋社命を帯びた, 秋社員全部のピクニック, 秋祝言する事, 秋の即位, 秋神田ヴイナス倶楽部で岸田劉生君, 秋神田ヴヰナス倶楽部で岸田劉生君, 秋祭十月の亥, 秋祭風景はけつかう, 秋禅定寺峠という所, 秋福島県の方面, 秋も, 秋秀次の遺族たち数十人, 秋私たちの日本, 秋私一人になった, 秋私達の仲間, 秋秋今年は存分, 秋秋作氏の求婚, 秋秋寒を感じる, 秋秋新秋来だ, 秋秋秋今年は存分, 秋移ろうかといったの, 秋日和都合の, 秋稿を起せ, 秋突然東京の, 秋の方, 秋窓風雨夕と題された, 秋立たずとも, 秋立っていた, 秋立った空気は, 秋立つ如き冷風, 秋立てばあさ, 秋立心をよめる, 秋立日うへ, 秋立法官に選挙, 秋競馬のシーズン, 秋笹子峠のトンネル, 秋笹正之輔袴田里見木島隆明西沢隆二の公判, 秋箱根芦の湯, 秋篠氏と称し, 秋見る, 秋米国各大学, 秋米子の市人村川市兵衞江戸, 秋に冬, 秋紅梅から出た, 秋紅葉のさかり頃, 秋結成のフューザン会, 秋着いて, 秋羅歌川真研SK生等々いろいろの, 秋老いにける, 秋老人は南, 秋もこの, 秋をすまし, 秋聊かの間違, 秋聲上司小劍等と共に三隈, 秋聲君はじめ諸氏よりの招き, 秋聲正宗白鳥二氏の外, 秋聲獨歩誰彼の二世たち, 秋肥ったのを, 秋ヲ想フベシ, 秋胡瓜三本を植ゑる, 秋を病ん, 秋自ら後に傳はる, 秋自害して, 秋自殺した, 秋自立会への道, 秋至り十五夜を迎, 秋興行から十五代目羽左衛門, 秋艸道人会津八一博士の処女歌集, 秋の黄味, 秋芝刈りを願おう, 秋芥川の家, 秋芭蕉はその, 秋花咲きけるを, 秋黨の, 秋若君は御, 秋英一がまだ, 秋英一君は突然, 秋英人スコットの乗った, 秋茂たちがそういう, 秋茂大伴曾良伊予道雅などといった顔ぶれ, 秋茂登梅園がある, 秋茄子三本秋胡瓜三本を植ゑる, 秋茱萸もある, 秋荘さんが手書, 秋菜穂子の結婚, 秋萩帖が手本, 秋落ちて, 秋葡萄の實, 秋の諸, 秋蒔きの種子, 秋蒲郡に遊んだ, 秋と共に句作, 秋の如し, 秋蓬ハ根本ニ悪シク枝葉ニ美シ, 秋蕭々と細長い, 秋蕭殺として鵲, 秋薬師寺家の家老馬場和泉守石山本願寺, 秋藤原忠平は摂政, 秋蘭めを愛し, 秋蘭め俺をここ, 秋蘭一派の行動, 秋の行く, 秋蝉初て鳴く, 秋蝿それを打ち殺す, 秋蟋蟀の寂し, 秋がその, 秋行年はちょうど, 秋袷身を引締め, 秋裕八郎が四万温泉, 秋西北の空, 秋西安に遠征, 秋西山に遊び, 秋西洋から帰っ, 秋見る昼の, 秋親しい女友達, 秋観世音寺を罷, 秋記大治五年六月八日の條, 秋診察せし窒扶斯患者, 秋試験に出かけ, 秋の宣言, 秋詩述思旧之情, 秋調から招かる, 秋調べをきざむ, 秋諸君の蹶起, 秋議員を辞す, 秋谷崎君がわたくし, 秋豹一は見習記者, 秋貫一さんに逢つて, 秋買ったんだ, 秋石川藤陰, 秋赤き花, 秋赤とんぼと虫, 秋にしむ, 秋軍隊また大いに, 秋転任になつて, 秋軽井沢から浜田山, 秋轉任になつて, 秋迄に十五六枚か, 秋の夜, 秋近しと肉体, 秋迫る日を, 秋逐客のダンテ, 秋逝きて冬, 秋逝くとはさすが, 秋連盟結成の当初, 秋遅い荒れ冷えた風, 秋の死, 秋過ぎて再び, 秋過ぎ冬来り候, 秋過労して, 秋そいの, 秋州新居の, 秋遠からず, 秋邦字は得入, 秋に帰る, 秋郷里の名古屋, 秋都下洪水の時, 秋都会のその, 秋都新聞へ書かれた, 秋釈迦堂へ詣でた, 秋野原のお母さん, 秋金子君を通じて依頼, 秋鈴木実の三氏, 秋銀杏の大樹, 秋銃猟の途次, 秋鎌倉で英国士官バルドウィン少佐, 秋鏡家へ飯田, 秋長い間の, 秋長く天氣が, 秋門北には神武門, 秋開く花が, 秋関東軍参謀副長として着任, 秋関白殿の御, 秋陣營の霜, 秋隅田川暴漲の事, 秋随身の秦久武, 秋隔一夜といへる, 秋無き霧, 秋隠れもなく, 秋に依頼, 秋雪斎長老の亡き後, 秋雲の上に眼, 秋雲流るる夕づつに, 秋霖御健康如何やと懸念, 秋霖春漲に, 秋霞亭が父適斎道有, 秋に侵されさせ, 秋の朗, 秋に今日, 秋革命十週年記念日のため, 秋頃利根川汎濫の噂, 秋頃友人の某, 秋頃漁船がこの, 秋頃私のところ, 秋頃読売新聞の馬場社長, 秋須山健吉という有名, 秋頼襄京都に病む, 秋風吹きぬあはれまたいかに, 秋風吹きぬよしもあらなく, 秋飯豊村の者, 秋養子の直之進, 秋養母がそこら, 秋を縊, 秋香代ちやんが赤ん坊, 秋香川県大川郡の会員田中正夫君, 秋馬鈴薯もそろ, 秋駒沢の奥, 秋高い値を, 秋高き清遠の空, 秋高く天朗らかに, 秋の都, 秋の取れる, 秋鳥島海戦が終っ, 秋麦僊氏が若い