青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「置く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

罪悪~ ~置い 置い~ ~置いた 置いた~ ~置かれ 置かれ~ ~置き 置き~ ~置く
置く~
罰~ 署~ 署長~ 羅~ 羊~ ~美 美~ ~美し 美し~ ~美しい

「置く~」 5125, 58ppm, 1973位

▼ 置く~ (767, 15.0%)

18 いふこと 10 云ふ 8 いふの 6 それが 5 云ふこ, 何を, 盃を, 粉の 4 いうだけで, すれば, 云うこと, 折角澄み, 砂糖が 3 しよう, すると, 云う事, 今度は, 彼は, 書いて, 次の, 目に

2 [27件] いいん, いうに, いって, お筆, こんどは, しなびた手, すぐ表, その夜, 云って, 云つて手ランプを, 今に実, 代助, 何だか元禄時代, 初めて安堵, 名誉に, 大急ぎで, 如何にも新本, 懐中から, 案外世, 泣き出すの, 男は, 私の, 腰を, 自分の, 警察からは, 靜かに, 駒井は

1 [607件 抜粋] ああ強い, あしたの, あっては, あなたが, あなたは, あの人達, あの臭み, あはれ一学期二学期よと, あれは, あわてて, いい, いいぞ, いう, いうじゃが, いうだけの, いかにも気, いかにも逃げ出したい, いきなり棚, いった, いつのまにかその, いつのまにか水気, いつの間にか泊り, いつの間にか通路, いつの間にやら, いづれは, いふわけ, いふ事, いへども, いやおうなしに連れ, うす紫, うるさいこと, おせいは, おせいは無条件, おつゆ, お上の, お互いに, お客は, お客樣が, お砂糖, お蝶, お金が, かして, かつて少年, きちんと炉ば, きっと大いなる, きっと庄屋様, きっと爺さん, こういうよう, こう申し, こちらを, この子, これには, これも, こんど何事が, さかりの, さて何, したらいい, したらどう, しとやかに, しようや, すぐいつもする, すぐじゃ, すぐに, すぐ二階, すぐ封, すぐ支配人, すぐ来た, するか, そこから, そこは, そのお握り, そのとき縁, そのま, そのまま窓, そのまま頬杖, そのまま食堂車, その一家, その中, その囚人, その土, その夜半, その宝石, その屍, その年, その度, その徳利, その手, その横, その翌年, その肥つた体躯, その角質, その途端, それで, それは, それを, たけ六尺ほどで, たとい洋服, だんだんきつく, だんだんと, だんだん作品, ちょうど頭, どうにも大人, どうもよく出来ぬ, どうも物騒, どこかへ, どこの, どんどん忘れ, どんな事, どんな汚れた, どんな禍い, なると, にげるよう, はじめて思い出した, はじめて黄色, はら, ひとつ国王に, ひどくなる, ひょろひょろと, ひらひらと, ふとかう訊ねた, ぼやッと, ますます人間, またじき, またはじめた, また暫く, また来, また生える, また謀叛, また踏み戻し, みきが, みんな雀に, もう一人, もう音楽, やがて強直, やや暫くし, やや真相, ゆき子へとも, よかった, よく眠られる, よく繁殖, よく野良猫, よその, わざとらしくが, ギーと, クリームが, クリーム即ち, ショー, ショールを, チャンよ, テーブルの, トランクの, ナエーアの, ニルの, ニンマリと, ネコは, パテー・カムツァンの, パンへ, フラリと, プンと, ホッと, ボリボリと, ミツシヱルと, モー味が, モー繋がりません, ラジウムの, 一夜を, 一度に, 一歩すさった, 一段と高い, 一番人間の, 一礼し, 三人共餓死する, 三分の一くらゐ, 三月ほどの, 上の, 不在中, 世界中に, 世間の, 両手を, 中から, 主人は, 之に対する, 乳母の, 乾いた泥, 二晩目の, 云い兼ねて, 云い又, 云うの, 云う意味, 云う此方, 云った, 云ったの, 云ったまでの, 云ったら幸い, 云つて三四枚載せ, 云つて居た, 云つて義雄を, 云ひ, 云ふそんな, 云ふ行き届いた, 五年あまりも, 今にどんな, 今にまた, 今はた, 今夜こそ, 仰し, 仰しゃったのを側, 何んだ, 何処まで, 何時の間にかお前, 何時の間にか持ち出され, 何時ほかの, 何気なく京吉, 作用が, 侘びた姿, 俄然大いに成績, 信西は, 俺も, 先から, 先生は, 八方から, 其の遺つた, 其花は, 内から, 内心口惜し, 再び出, 再び師匠, 冬に, 冷い, 冷たくなっ, 凝まり, 凝汁, 前に, 動けないもの, 勢必然として, 十能だけを, 午少し, 半ば身を, 半之丞は, 半月の, 即時に, 原文を, 厳めしい, 又六, 反つて父親, 叔父は, 口唇も, 古葛籠, 可かった, 吉次は, 同じでございます, 同時に先日来, 同時に挨拶, 同時に直ぐ左手, 同様な, 君の, 君勇の, 呉一郎は, 命が, 和尚は, 壁ぎはの, 変に, 夏の, 外からは, 夜あけに, 夜ふけて, 夜気とともに, 夢に, 大きく一, 大して驚く, 大変賑やかな, 大変違います, 大層膨れ, 大福餅の, 大變都合, 太鼓樓と, 奇妙に, 奥へ, 女中は, 好いや, 好い匂い, 好い気, 如何なる暗夜, 嬉々し, 子供が, 子供は, 子供達の, 子宮中の, 定規の, 宜しい, 室内は, 家康は, 宿の, 将来は, 小さくなります, 小さな瓜, 小田原町は, 少年は, 巌頭の, 帽子も, 帽子を, 平城天皇の, 幽霊が, 幽霊がへ, 幾割か, 度を, 廊下で, 彼女らは, 後に, 得て, 心が, 必ずそれ, 必ずたたり, 必ずどんな, 必ず読む, 忍び足に, 忽然ぱっと, 思うと, 思ふ, 急に, 怪を, 我を, 我慢が, 或はまた土地, 或は山, 扉を, 手すりの, 手も, 手を, 手巾で, 押死ぬ, 持つた時, 支店長にまで, 支店長に迄, 日を, 昼は, 時々火, 暁け, 暗くな, 更に一層恐るべき, 書いた, 最後に, 月の, 木炭の, 本當, 村の, 村方を, 松の内にも, 果たしてその後, 案外容易く, 楢雄は, 樽の, 次ぎの, 死んで, 殖えて, 段々背中, 殺されるかも, 殺されるじゃあ, 毎晩根よく, 毎月一日と, 毒だ, 気がかりで, 氣味が, 池内が, 沢山の, 油断を, 法水の, 注射の, 洋服の, 活きかえるなどとも, 海が, 淑かに, 溶けて, 漸, 為きょろきょろ, 無邪気に, 熱い茶, 爺さんは, 片手で, 片泳ぎ, 牛部屋を, 犬は, 独逸だの, 理髪人命の, 甘藷の, 申分ない, 男はに, 町方の, 異種交わっ, 癖に, 皆逃げ, 盗まれるもの, 盗み出して, 盗賊に, 直ぐ村, 眉を, 真冬の, 着物に, 石の, 石子刑事は, 磯屋の, 神さまも, 禿筆へ, 私は, 私権を, 称うる, 称して, 称し昼, 種々の, 突然電燈, 立ち上が, 立ち上がって, 立ち上った, 立ち去って, 第二, 笹原に, 筋の, 筋も, 糸を, 絵柄は, 緑色の, 羊熱く, 羽は, 翌る, 翌日は, 翌朝は, 老女は, 職業という, 胃の, 能く, 腐って, 腕組を, 膳越しに, 自分は, 自分も, 自然と, 臭くなる, 致そうか, 興奮の, 舟番の, 良いだろう, 良助の, 若い男, 茎の, 萬吉は, 葛餅の, 虎が, 蚤が, 蛇は, 蜜柑山に, 蟲が, 表面は, 被害を, 裁判官両, 裕に, 襖ご, 見えるしかじかと, 見る見る冷めて, 見立以外に, 規定した, 親切な, 親類中に, 言う事, 言って, 言ふ, 誰にも, 請合怪我人位は, 謀叛を, 講談師以上の, 谷村さんの, 貞之進は, 赤毛氈に, 赧らめた, 足を, 足音を, 都合が, 酒場から, 醗酵し, 醫者は, 鉄扇を, 間もなく下駄屋, 隊員の, 隣の, 雷が, 青江の, 青酸加里の, 面喰つた若い, 頭痛を, 願事が, 風雅な, 馬の, 鬚が, 鬱遮鳥が, 魏志に, 黄色の, 黒い布, 黒い薄い婦人用, 黙々と固い, 黴が, 鼠が

▼ 置く~ (682, 13.3%)

53 である 3531 です 16 は惜しい 10 では 87 だから, だと, でした, ですが, を忘れた 6 であるが, ですか 5 がよい, が好い, さ, だが, であるから, は勿體 4 がいい, はよく, は勿体ない, は危険, は実際

3 [11件] が普通, だよ, でございます, ですから, でなければ, は, はこの, も悪く, も惜しい, も無駄, も腹

2 [38件] かそれ, がいや, がかえって, が例, が便宜, が安全, が常, が心配, が悪い, が惜しい, だぞ, だつた, だな, だろう, であった, であらう, であります, でありますが, はあぶない, はいけない, はこれ, はよろしく, はわたし, は不安, は何, は何となく, は何事, は易い, は私, もある, もどう, もよかろ, も亦, も勿体ない, も可哀そう, よ, を忘れなかつた, を見

1 [323件] かあるいは, かい, かい親方, かという疑問, かといふやう, かとお, かと思, かも知れない, かも知れん, か今に, か元, か矢張り女, か空気, か自分, がある, がいかにも, がいけなけりゃ, がこの, がそれら, がどうして, がなに, がなんとなく, がぼく, がまだしも, がもっとも, がわし, がわたくし共, が一番, が一番確か, が上分別, が不安, が何となく, が健三, が其の, が却って, が厭, が可愛, が否, が唯ごと, が唯事, が多く, が学者, が定法, が寸法, が少し, が常例, が幇間, が彼, が心, が惜しく, が昨今, が最, が最も, が末造, が本当, が本格, が楽しみ, が正しい, が残り惜, が流行っ, が無事, が現代人, が畳, が當, が美食法, が習慣, が自慢, が至当, が至極, が見えた, が規定, が道理, が間違っ, が面倒, が面倒臭く, が骨, さその, さそれ, じゃ, じゃあない, じゃない, だあれ, だがね, ださうである, だそう, だそっち, だった, だったわ, だつたよ, だつたわ, だといふ, だもし, だらう, だらうと, だろうか, だろうと, だ二階, だ何処, だ少し, つとめを, であったと, であって, でありませう, でありません, であるか, であるかと, である是, であろう, であろうと, でございますな, でしたが, でしたし, でしたつけ, でしょう, ですそれ, ですな, ですね, ですよ, ですよう, です之, です早く, です次に, です色彩, です貴方, でない事, でなくて, でも, で御座いました, というの, とこういう, とその, とは非常, と反対, と子供, と直江津, と県知事, なんかいや, にまつ, にむかつ, にもその, によい, に使用, に便宜, に借り, に堪えられなくなっ, に子々孫々, に都合, に限ります, に骨, ね, はあの, はあり, はあれ, はかの, はかよう, はかわいそう, はこう, はその, はそもそも, はどういう, はどうか, はどうしても, はどうも, はもう, はもしや, はもったいない, はやや, はよろしい, は一つ, は下々, は不正直, は不都合, は乞食, は云う, は亭主, は人, は仔細, は仕方, は佐吉, は何だか, は先生夫婦, は剣呑, は勿体なく, は北海道, は半ば, は危, は危なく, は厭, は可, は可哀想, は可笑しい, は吾, は困る, は国体上容易, は堪えられない, は変, は大, は失敬, は女, は如何にも, は嫌い, は宜しく, は家, は工人, は常に, は必要, は怠慢, は怺, は恐れ多い, は教育, は新撰組, は時勢, は本心, は本筋, は正しい, は此等, は残念, は残酷, は民謡, は気がかり, は気の毒, は気味が悪く, は気狂, は決して, は火薬, は無, は無慈悲, は無益, は無駄, は燈台もと, は物騷, は理由, は生れ, は畢竟, は當然, は神地, は米, は綺羅星, は自分, は良く, は虎狩り, は訝しい, は訝しゅう, は訳, は通抜ら, は遺憾, は陽, は隠, は面倒, は面白く, は黒人, むしろ得策, もあながち, もいい, もこうした, もはずかしい, もまったく, もむだ, もやむを得ない, もよい, もよから, もわるく, も不安心, も不為め, も個体, も其為, も勿體, も可, も同じ, も変, も好から, も実に, も山国, も強, も後, も心許ない, も惜しくっ, も惡, も智恵, も気, も気がかり, も気の毒, も無意義, も癪, も私, も竹, も竹筒, も細工, も罪, も考物, も自分, も良く, も要するに, も變ぢ, も迷惑, も遠, も面白い, らしい, をよさせ, を一層, を原則, を大目, を奉公人, を嫌, を嫌っ, を常, を待っ, を待つ, を心遣り, を心配, を忘れたら, を忘れない, を忘れる, を恐縮, を楽しむ, を氣遣, を聖骨, を見る, を誇り, を迷惑, を避ける, 惜しい気, 置かないの

▼ 置くこと~ (618, 12.1%)

27 にした 16 は出来ない 13 にする 12 がある 11 にしよう 10 が出, にしました, になった 8 が必要, だ, は出来ぬ 7 が出来た, にし, になっ, は出来ません 6 ができた, が出来ない 5 が出来る, はできない, は出来なかった 4 があります, になつ, になる

3 [11件] あり, ができる, が出来ず, となった, によつて, に成功, の出来ない, の出来る, はない, は出, もない

2 [37件] ができず, ができたら, が不安, が出来なかった, が出来なかつた, が出来なくなっ, が出来ねえ, が気, じゃ, である, なしに, ならぬ, にします, に決めた, に由っ, のできない, の結果, はございません, はできぬ, はできません, はならぬ, は不可能, は不都合, は世間, は出来ませぬ, は勿論, は危険, は後, は私, もある, もなく, も出, を欲, を空想, を許さない, を許された, を諾

1 [311件] あたわざるなり, あれば, から思想, があの, がいけなけれ, がお, がこの, ができ, ができない, ができなかった, ができなくなった, ができぬ, ができました, ができましょう, ができるなら, がどうして, がない, が一歩々々, が不可能, が六ケ, が出来, が出来たなら, が出来ないだらう, が出来ぬ, が出来ます, が出来ません, が出来よう, が出来るだろう, が勿論, が大, が大切, が好き, が少ない, が常に, が心もとない, が怖, が我身, が最, が最も, が最上, が有る, が祖母, が自分, が若宮, が許され, が難い, が露顕, が養生, こそ武士, さ, さえ覚束, さな, さ書い, じゃな, ぞ, だった, だと, だという, だなんぞと, だね, だ勿論, だ裸, であった, であつ, であり自己, でしょうに, です, ですよ, でその間, でも, でやつ, で山海, で探偵等, とし, としよう, とする, となり, となろう, と棚若干, と水温, なくむしろ, などから自然連想, などは出, などは常, ならぬと, なんぞ絶対, にあった, にある, にいたしましょう, にいたします, にさせよう, にしない, にすべい, になったら, になり, になりました, になります, になるだろう, には差支えない, には滿, にも不賛成, にやむをえず, によってしかその, によってその, によって場所, によって容易, によって端初, によつて直接, に一定, に依り, に合意, に定め, に容易, に心, に慣らされ, に成つた, に改め, に気, に決まれ, に決めました, に注意, に相談, に致したい, に致しましょう, に致します, のできなかった, のできる, のみを以つて滿足, の仔細, の俑, の出来た, の出来なく, の利益, の危険, の如何, の嫌い, の嫌ひな葛西氏, の弊害, の必要, の有利さ, の絶対, の自由, は, はあまり, はありません, はある, はいっさい, はかう, はこれ, はさらに, はし, はその, はた, はただ, はつまり, はできなかった, はできなくなるでしょう, はできまい, はできん, はなかっ, はなりませぬ, はなりません, はねえ, はむしろ, はめつた, はもう, はもちろん, はわが国, は一代蔵教, は一職工, は不覚千万, は之, は今, は他, は何, は何だか, は僕, は出来, は出来なかつた, は出来ん, は却, は困難, は夢にも, は大切, は嫁, は嫌い, は孔子並, は家臣, は實, は將來, は少く, は少し, は彼, は後日, は必要, は惜しい悲しい, は我々, は日本人, は有り, は武士, は湯気, は滅多, は火災, は無い, は無駄, は物理学的, は獨, は生活, は相当, は統治上, は絶対, は罪悪, は置いた, は置く, は至極, は苦痛, は許されるだろう, は許すまい, は諸, は謂わ, は贅沢, は躊躇いたす, は間違い, は難, まで固く, もあった, もあります, もあるだらう, もあれ, もあれこれ, もござりませぬ, もできない, もできます, もできる, もなかっ, もなし, もならず, もまんざら, も一度, も何, も修行, も出来ず, も出来ない, も出来なかった, も出来なかつた, も出来ぬ, も出来ねえ, も出来まい, も出来ません, も売る, も徃, も忘れ, も悲惨, も慣わし, も有った, をいけ, をいやがっ, をした, をなさず, をめずらしく, をやめ, をゆるさなかった, を予想, を免, を危険, を厭, を吾, を固く, を好まない, を好まなかった, を好みませんでした, を嫌う, を嫌っ, を平気, を廃め, を得る, を心得, を心掛け, を忘れ, を忘れた, を忘れなかった, を忘れる, を忘れるなら, を快く, を思いつこう, を怠らない, を怠らなかった, を恐れる, を悦ばれた, を愛した, を承認, を文化主義, を望む, を欣ん, を熱望, を知らなかった, を知らぬ, を第, を肯, を要する, を許さなかった, を許さなかつた, を許され, を許し, を許した, を許す, を許容, を赦さぬ, を避け, を避ける, 多けれども

▼ 置く~ (307, 6.0%)

24 宜い 17 いい 10 よい 7 可い, 好い 5 いいと, 私は 4 いいよ, よかろう, 日を 3 それは, よからう, 俺は, 僕は, 好いと, 自分は 2 この, これからの, よいであろう, よいと, 前に, 好いぜ, 好かろう, 如し人々手, 早いか

1 [184件] あの女, あの肥, あぶないこと, あんまりぽっちりで, いいさ, いいぜ, いいぞ, いいぢ, いいな, いいよう, いいん, いい卯, いい参詣, いつまで, いよいよおれ, うるさいとて, ええぞ, お前は, かうした彼女, このこと, このよう, この作家, この和尚, この小説, この帝室技芸員, この玉子焼き, この発頭人, この繃帯, この附近, このSS旅館, これは, これらの, これら二つの, さう, さきに, さて花, しかしそれ, そいつが, そのピストル, その時, その時代, その時分, その石, その頃, それが, そんな時, そんな考え, たとえば湯崎, どうして殺した, どうでも, どんな蒸気機械, なかに, なまけ者の, まだこの, もしパン, ものは, ゆえに他, よいかと, よいその, よいぞ, ようござんす, よかろうで, よくよく考え, よし出したいなら出す, よろしい, よろしいと, よろしく次第, わたしが, わたしも, スチルネルの, ホンの, ロイド眼鏡は, 一ヶ寺の, 七・七のみが, 上印に, 中年頃に, 乃公の, 之は, 二度と斯, 人の, 人間を, 今は, 今度の, 他の, 佐古の, 体を, 何に, 例へば患者, 便宜だ, 僕が, 僕の, 兄哥の, 先年大阪城御, 八橋は, 出来たこと, 初めて此山, 劉は, 務めなりける, 勿論これ, 勿論大した, 十時より, 又私, 可や, 君の, 善かろう, 四条の, 城彈三郎は, 売ものの, 奥州の, 女の, 好いで, 好うござんす, 如きは, 如き屋根, 如き心地, 如く手出し, 妻の, 始め予備門の, 娘の, 孝行とは, 宜いっ, 宜いとまでの, 宜しい実に, 宜しゅうございます, 実は僕, 実は古色, 実験室の, 将棋以外の, 己の, 巳之, 彼の, 彼女が, 彼等の, 彼等は, 患者が, 意地にも, 慥に, 我等は, 或テエマ, 拝み屋さん, 支倉が, 支那の, 故に, 文学者だ, 旅人の, 早く火箸, 昨年の, 曲者は, 桜も, 此の, 此の方は, 此判決の, 此文書も, 此艇百種の, 殺された丸山技師, 毆られ, 民子は, 決して手荒く, 決して遠慮, 為に, 無事だ, 無事であろう, 犬は, 甲斐にも, 男生女生兩方の, 病気か, 私が, 秘密何事も, 節ちゃんの, 習じゃ, 自分が, 自分の, 良い併, 若しパン, 茲に, 訳者は, 読んだと, 足利時代は, 近来の, 郁太郎は, 銀ぶらなぞに, 陰欝な, 順序でない, 餘り

▼ 置く必要~ (176, 3.4%)

89 がある 10 があった, があります 5 がない 4 を感ずる 3 があつ, が出来る, が有る, のある, はない 2 があらう, があり, がございませう, のない, は無い, もあるまい, もない, を認め

1 [27件] あるんしな, からさき, がありました, がありましょう, があるだろう, があるでしょう, があるでせう, がなくなった, が時として, が生じる, が起つ, が起る, なし, はあります, はある, はあろう, は感じない, は認めなかった, もあった, もある, を感じた, を感じつ, を感じます, を感じる, を生じ, を考へ出した, を認めた

▼ 置くもの~ (131, 2.6%)

226 だ, では 5 である 4 だと, ですか 3 ですから 2 じゃ, だから, だよ, です, と察せられた, もない

1 [69件] ありされど, かあいつ, かあの, かう, かと云っ, かと怒る, かと思った, かと露子, かッ, か俺達, か外, か若し, があっ, があります, がある, がない, が今, ぞかし, だが, だそう, だそれから, だという, だといった, だろうか, であって, であり煙出し, であり而, であるから, であるが, であること, であると, であるならば, でご, ですぜ, ですよ, でない, でないと, でまのあたり, で愛, とが春風, としては一層, と教, と見える, なり, なりと, なるを, なれば, に似合, に相違, のやう, はありません, はこりゃ, はない, はもとより, は一人, は一層, は別, は岸本, は村, は王侯, は自然的生, は運命, もありまする, らしい, らしくあります, をよそ, を揃, 安くん, 或は神

▼ 置く~ (124, 2.4%)

5 にした, はない 4 がある, だ 3 あり, にする

2 [15件] があります, が出来ない, が出来る, が有ります, にしよう, になっ, に極めた, の出来ぬ, は先生, は出来ない, は出来なかった, は出来ぬ, は出来ねえ, を喜ばぬ, を許さない

1 [70件] あるなら明日誰, から外見, があら, ができなかつた, が一番必要, が今, が何より, が出来なかった, が出来なかつた, が出来まし, が出来ます, が出来ません, が出来るだらう, が却, が有り, が有る, が肝腎, だけである, といたしぬ, としてその, となり, と鼻毛, なく一図, などはしなかつた, なるが, にし, にしました, については定評, になった, になつ, になつたの, になる, に定まり, に定め, に成っ, に注意, の不可能, の出来る, の寧ろ, の決して, はありません, はできなかつた, はどうしても, はならぬ, はならねえ, はねえ, は世界, は出来, は昔, は望まない, は自然, もあらざれ, もありません, もあるだろう, もなく, も候わ, も出, も出来た, も出来ねえ, も出来ますまい, も出来る, も出来ん, も私, を, を不安, を好まない, を心配, を忘れなかった, を許さなかった, 有る可

▼ 置くよう~ (118, 2.3%)

7 にし, になった 6 な気 5 なこと, なもの, になっ 3 では, な事 2 に, になりました, になる, に云いつけ, に命じた

1 [67件] です, なけち, なそういう, なそんな, なところ, なもん, な下宿, な人, な人間, な場合, な夫, な女らしい, な奴, な室, な家, な家庭, な工夫, な心持, な必要, な惨, な手附, な方角, な時, な残酷, な看板, な親切, な資力, な重い, な風, にお, にきょろきょろ, にこの, にした, にしろ, にとそ, にとのつつましく, にとの仰せ, にと書い, にと父, にと言われた, にと院長, になつ, になり, になりゃ, にもなつ, によくそう, に上目, に主張, に云っ, に云った, に人胆, に告げました, に好く, に寺, に工夫, に死に, に為, に申し触れた, に申す, に行為, に見えた, に見つめた, に頼ん, に頼んだ, に飽い, に餓虎, に鮮やか

▼ 置く~ (105, 2.0%)

15 がいい 6 が宜 5 が好い 4 がよい 3 がよかろ, が便利, が可, が得策

2 [11件] が, がい, がたしか, が天下泰平, が安全, が彼女, が無事, が絵, が良い, が薬, が都合

1 [41件] がお前, がどうも, がどれ, がまし, がよ, がよかつ, がよろしい, がよろしゅう, が先, が先決問題, が却って, が収入, が名分共, が君, が国語発達史上却つて, が妥当, が完全, が宜しい, が差引勘定, が悪い, が有利, が私, が私たち, が簡便, が簡単, が罪, が美味しく, が自他共, が自然, が興味価値, が若い, が賢明, が軽便, が適わしい, が銀子, が間違い, が順序, であるが, もし, も淋しい, を至当

▼ 置くわけ~ (100, 2.0%)

9 にはいかない, には行かない 5 にはゆかない, にも行かない 4 にはゆきません, にも行かず 3 にはいかん, には行きません, に行かず, はない 2 にはいくまい, にはゆかん, には行か, には行かねえ, に行かない, に行かなかった

1 [40件] がある, がない, だが, だった, では, でも, にいかなかったらしい, にいかぬ, にいかねえ, にはいきません, にはま, にはゆかず, にはゆかなかった, にはゆかぬ, にはゆくまい, には参りませぬ, には參, には往きません, には猶, には行かなくなった, には行かん, にもいかず, にもいかない, にもいかなかった, にもいかなかつた, にもいかぬ, にもいかん, にもいきません, にもまいるまい, にもゆかなかった, にも行かなかった, にも行かん, にも行きません, にも行くまい, にゆかない, に参りません, に參, に行かなくなりまし, に行かねえ, もない

▼ 置く~ (94, 1.8%)

9 しても 4 限る 3 越したこと 2 止める, 相違あるまい, 足らんと, 足るだけの, 限ると

1 [68件] あらずと, いいん, かぎります, しくこと, しよう, その人, たえなかったの, ちがいない, とどめる, ひと花しづか, ひまなき, ふさわしい与平達, よろしい肱掛窓, 三日の, 便宜で, 値する奇景, 充分だったろう, 処は, 処無し, 利益が, 勇進せり, 及ばない, 及び我が, 反して, 堪えず彼等, 堪えなかった, 堪へなかつた, 好ましいところ, 如かず, 如かずと, 如かぬ彼等, 就ての, 忍びない, 忍びなかっ, 忍びぬやう, 所無く, 止めたい, 止めるが, 止めん, 毎も, 用ゐしなら, 至ったの, 至つた, 至つたのは, 至らざりしなり, 至れり, 若くは, 足らざる意識, 足らず, 足らずと, 足らない, 過ぎず夜, 過ぎないの, 過ぎないので, 過ぎなかった, 違ひない, 適して, 適当な, 鑑み彼, 限ります左, 限るお, 限るそう, 限るぞよ, 限るという, 限るよ, 限る何故, 随い, 類するしわ

▼ 置くという~ (91, 1.8%)

12 のは 7 ことは, ような 6 ことが 3 ことに, 法は 2 ことも, ことを, 手は, 風に

1 [45件] ことじゃ, ことなんぞは, ことには, ことよりも, これは, これも, ただその, ところに, のが, のであった, のである, のなら, ふうに, わけで, わけに, 事が, 事は, 事も, 事を, 事実である, 位の, 地蔵も, 大蔵の, 始末だ, 始末な, 態度, 手, 手前勝手を, 新手には, 村も, 条件付な, 次第で, 簡素な, 習慣が, 習慣に, 考えを, 蔭口も, 親には, 訳でなく, 話だけは, 話だった, 誠に都合, 趣味が, 風で, 風であった

▼ 置く~ (80, 1.6%)

139 です 5 だね 4 だよ, ですか, ですよ 3 だから, だが, だぜ, だつたよ, ですね 2 だからね, だな, だろう, ですが

1 [18件] じゃない, じゃねえ, だからな, だそう, だつけ, だと, だもの, だネ, である, でございますがね, でございますね, でしょうほんとう, ですいうと, ですがねえ, ですの, ですもの, でも, で宜

▼ 置くから~ (76, 1.5%)

3 それを 2 お慈悲, です, 彼方へ, 覚えて, 貴方が

1 [63件] あらお茶代, いいで, いけないので, いけねえが, いつでも, うしなわないよう, お前が, これからよく気, これは, これを, して, そう思っ, である, では, はあ人, もう大丈夫, ゆっくり養生, よく分別, わかるよう, わしや, 一つ取った, 中仕切なんどいつも, 九ツの, 今夜の, 今日も, 他人の, 住持さんが, 來いと, 出しな, 分ったかい, 勝手に, 十両貸し, 可い, 君等からも, 困る, 大丈夫, 宜い, 宜いじゃ, 家へ, 往々に, 心得ちがいや, 忘れないで, 悪いの, 折角の, 持つて, 掃除する, 明後日取りに, 明日の, 来週の, 構わないが, 汝そこに, 病気が, 盜られつ, 竪てる, 米や, 訳の, 貴方の, 買わないかといった, 車代を, 近日中に, 野毛山と, 限りが, 鶩の

▼ 置くより~ (42, 0.8%)

5 ほかは, 仕方が, 他は 4 外に 2 しかたが, ほかに, ア可か, 仕様が, 外は, 安全です, 擲きころす, 為方 1 お勝手口, しようがない, しようの, ほか仕方が, 他に, 外には, 子供の

▼ 置く~ (39, 0.8%)

32 惜しい物

1 [34件] いいが, おかしいね, このため, ひどいなあ, もうわし等, ダンテの, 何事か, 勢の, 勿体なきこと, 単に兎, 固より, 壮時随分, 宝の, 実に惜しい, 少くとも, 幕府の, 店の, 心配ね, 必然の, 必要の, 惜しい, 惜しい政治家, 惜しきもの也, 気が, 泪の, 無用である, 猪の, 藻を, 虎の, 訳の, 酒類は, 雑貨の, 食を, 鶏の

▼ 置くやう~ (37, 0.7%)

8 になつ 3 にな 2 なこと, なもの, にし

1 [20件] ですから, なそんな, な事, な何, な場所, な形, な心持, な殿達, な氣, な説経, に, にする, にすれ, にと嚴重, にと父, になる, に巾, に引いた, に負ける, に頼みました

▼ 置くところ~ (35, 0.7%)

3 がありません 2 である, はない

1 [28件] あらざるなり故に, から狩る, があっ, がなかっ, がまったく, が小さな, だった, ですな, といい, という, と定め, なくやつ, なしか, なの, なり, の力, の唯一, の流罪, はございません, はございませんでした, は大きな, は纔, は飽くまで, も知らない, を知らず, を見た, を転ずれ, 無から

▼ 置く~ (35, 0.7%)

3 には行かない, に行かない 2 である, にいかない, には行かなかった, には行かぬ

1 [21件] が無い, にならん, にはいかない, にはいかぬ, にはいきません, にはゆかぬ, には往かん, には行かん, には行くまい, にもいかぬ, にもいかん, にも参るまい, にも往きません, にも行かず, にも行かなかった, にゃ行かない, に行かず, に行かなかった, に行かなくなった, のもの, は無い

▼ 置くつもり~ (33, 0.6%)

4 です 3 である, なの 2 かしら, だった, だつたの, では

1 [15件] か, だ, だらうから, だろうから, であったが, であるが, でさらに, ですよ, でちょっと, で兄きの所, で書いた, に私, らしい, らしい樣子, らしかった

▼ 置くので~ (32, 0.6%)

6 あつた 4 御座りませう 2 せう, それが, 持って

1 [16件] あらうか, こんなこと, そうして修練, それに, まるで動物園, 二階に, 其餌には, 半治, 大掃除, 御座りましょう, 手前に, 把手を, 捕まる者, 繩の, 質屋の, 鍵の

▼ 置く~ (30, 0.6%)

2 横に

1 [28件] あるいはドイツあたり, しれないもの, それでなかつたら, それとも一升, それは, たみの, だ, でありました, または他, 中潜りの, 又は屋内, 又は引っ, 塀の, 如何を, 感情に, 或はファンテジイ, 書き留めて, 知らぬが, 知れねえから, 私の, 私娼を, 置かないうち, 置かぬかに, 置かねえが, 自分で, 見當くら, 身体に, 追い放すか

▼ 置くため~ (28, 0.5%)

1 [28件] だとも, である, ではあるまい, に, にあちこち, にそして, にだんだん, になら, にはこの, にはその, には一軒, には新聞, にゆがむ, にアツシジ, に伊勢, に作らせた, に十万フラン, に城下外れ, に建てた, に引返した, に彫りあげた, に待っ, に後, に必要, に途中一足, に防腐剤, に骨, の一政略

▼ 置くには~ (26, 0.5%)

2 便利に

1 [24件] あまりに美くし, ちょうどよかっ, どうします, やっぱり色, よかろう, 全く惜しい, 勿体も, 勿體ない, 及ばないと, 及ばん, 奇妙な, 妻を, 家庭用として, 少し位, 心が, 忍びない, 忍びなかつたの, 惜しいと, 惜しいほど, 或る, 手前の, 涼しい処, 足りませぬが, 首を

▼ 置く場所~ (23, 0.4%)

2 がない

1 [21件] からすれ, があらう, がありませんでした, だ, でした, なること, にする, に板, はありません, はいか, は見つからない, もありません, もあるまい, もなき, もなく, も御座いません, を作り, を急造, を拵えた, を浜床, を臨時

▼ 置く~ (23, 0.4%)

7 はない 2 があろう, がない

1 [12件] がある, だ, だつた, なの, の窓, はありません, はある, はあるまい, はなかっ, は無い, もあるまい, もない

▼ 置くだけの~ (22, 0.4%)

2 ことだ

1 [20件] ことで, ことやっ, 事さ, 余地しか, 余裕が, 余裕は, 余裕も, 値打が, 利子は, 勇氣も, 器量の, 場席が, 必要は, 方が, 注意を, 物を, 精神の, 話, 話だ, 遠慮は

▼ 置く~ (22, 0.4%)

2 のけぬべく, の重き

1 [18件] が重い, にその, のいち, のそれ, のやう, の千々, の如何, の木隠れ, の消, の消えぬ, の露, は玉, は珠, ほどの思い, も, をおのれ, をきらめかし, を星合

▼ 置くだけ~ (18, 0.4%)

3 である 2 です, では, なら金持ち 1 だ, だが, であった, であと, でございます, でどう, ならば, なん, 彼等に

▼ 置くとか~ (18, 0.4%)

1 [18件] あるいは, あるいは内, いくらでも心得, さう, しなければ, それから唯, 二人三人といふ, 土藏三戸前の, 夫くらいの, 女房を, 平安朝の, 必ず三ツ四ツ, 或は酒店, 手料理で, 時には裾, 根柢を, 此室を, 箱に

▼ 置く~ (18, 0.4%)

2 見て

1 [16件] いつも盗む, うべくば, なぜ止めん, よしと, 不便に, 云ひ, 何よりの, 得ました事, 得るもの, 残念に, 甘んじた, 福を, 要す, 要するや, 許す, 跡の

▼ 置く~ (18, 0.4%)

2 がなくなった

1 [16件] がある, がない, が多, だった, である, といふ意味, なの, に極まっ, の, のある, はない, へ入れ, へ案内, へ無理, もある, もなき

▼ 置く~ (18, 0.4%)

1 [18件] から一般, から院長, がない, が一方, さえない, である, でつまり番, で有った, で私, として玉, になっ, に迷っ, はどこ, もある, もなかっ, もなく, も異, をキジリ

▼ 置くといふ~ (17, 0.3%)

4 やうな 3 法は 1 二人の, 単に都合上, 客も, 心持むしろさ, 次第である, 無駄な, 理由は, 訣な, 錯倒は, 風の

▼ 置く~ (17, 0.3%)

3 がある 2 にても無, もあった 1 があ, が一等, だ, である, などを見る, にし, の外, の氣質, は美, も置かれる

▼ 置く~ (16, 0.3%)

1 [16件] かわいそうだ, ともかくも, よい, よい今日, 不孝の, 二人置く, 何ぞ國, 兄弟と, 大した違, 実力だけの, 心ない, 気の毒な, 汚らわしいから, 甚だ便宜, 置かないも, 置かねえもねえ

▼ 置く~ (16, 0.3%)

42 きだと, きを 1 か, きか, きかを, きこと, きは, きもの, き重要, しだ

▼ 置く~ (15, 0.3%)

10 否や 1 お銀様, 人々は, 否小鎚, 後ろへ, 枕もと

▼ 置く~ (15, 0.3%)

1 [15件] だった, になっ, になった, になつ, になつたの, にならなかった, になる, にはなれなかった, にもなった, にもなれません, はあるまい, はない, はなかっ, は有りません, 遣は

▼ 置くとき~ (14, 0.3%)

1 [14件] だけは最初, にドサリ, はいかなる, はその, は人工心臓, は外, は平癒, は後に, は格子, は極, は水, は生前, は知らず, も夢窓国師

▼ 置く~ (14, 0.3%)

2 である, ではありません 1 があった, がある, が多かっ, が彼, さえある, であるか, に同情, は世間, もあります, も独立

▼ 置くとは~ (13, 0.3%)

1 [13件] づみで白い, ッた, 人間の, 何たるこんだ, 何と, 何という, 何を, 思いませんでした, 思はないからな, 無惨の, 義理知らずで, 蜘蛛の, 鬼の

▼ 置く~ (13, 0.3%)

2 のむらさき, の白き 1 で足, ながらまだ, の今宵, の影, の楊, の白髪, は実に, は神, 濃くて

▼ 置くはず~ (11, 0.2%)

3 はない 2 がない 1 にした, の宿場, の老女, もない, もなく, もなし

▼ 置くよりも~ (11, 0.2%)

1 [11件] いっそう不可解, こうすれ, もとは, シャールマーニュの, 丈夫な, 危ない, 危険だ, 数等数十等正確な, 武士として, 気味わるく, 遥かに悪い

▼ 置く~ (11, 0.2%)

2 にし, になつ 1 な恐怖, な用意, になり, にはなった, に云った, に命じ, に葉書

▼ 置くうち~ (10, 0.2%)

1 に, にこの, には一人, にもう, にようやく, に主人, に村松さん沈思長考, に物, に祖父, に自分

▼ 置くのに~ (10, 0.2%)

1 この部屋, ほんとにわたし気, またこれ, みだれ髪, 何うし, 何か, 却つて都合の, 更に一週間, 親の, 貴方は

▼ 置くほどの~ (10, 0.2%)

2 ものなら 1 ことで, ものが, ろくろく満足, 人は, 暮しです, 用意しか, 證據も, 酒屋じゃ

▼ 置くもん~ (10, 0.2%)

2 だから 1 か, かと, か篦棒め, だ, だそう, ですか, ですかね, ですから

▼ 置く~ (10, 0.2%)

1 がよかろ, である, ですから, でなければ, なもの, なら石, なん, にし, のことア, の所

▼ 置く~ (10, 0.2%)

5 はない 1 ないね, のない, はありませんでした, はあるまい, はなかつた

▼ 置く~ (10, 0.2%)

1 かう叫んだの, には日本, に中, はおおかた, は下肥, は人麻呂, は旭将軍義仲公, は窒息, は立身出世, もある

▼ 置くなり~ (9, 0.2%)

1 して, しら玉よ, ぬき足に, 体を, 和智君を, 消えて, 起って, 足袋裸足と, 黙って

▼ 置く~ (9, 0.2%)

2 かと三五郎, がある 1 が有る, にのみ残, はなし, は重荷, もありません

▼ 置く~ (9, 0.2%)

3 がする 2 がした 1 がきこえ, がし, がつづい, を聞いた

▼ 置くかと~ (8, 0.2%)

2 いうと, 怪ま 1 云うこと, 思つた八五郎の, 白く冴えた, 見えて

▼ 置く~ (8, 0.2%)

1 この戸棚, それから何, そんなら, ナタリイ, 土瓶も, 宜いか満, 烟草盆も, 雑巾を

▼ 置く積り~ (8, 0.2%)

2 だから 1 だつたらう, でいる, で有った, と見える, らしい, らしかつ

▼ 置くその~ (7, 0.1%)

1 バケツの, 上で, 時の, 氣に, 罪だ, 腕の, 青年医を

▼ 置くほか~ (7, 0.1%)

1 ないと, にし, にせん術, に無い, はある, はねえ, は何等

▼ 置く次第~ (7, 0.1%)

2 である 1 だ, だが, であります, でございます, なり

▼ 置く~ (7, 0.1%)

1 がしなかつた, がつかない, だ, なの, になつ, になる, にはとても

▼ 置く~ (7, 0.1%)

4 はない 1 がありましょう, で髪, もあるまい

▼ 置く~ (6, 0.1%)

1 うした, うすると, うだ, うである, うですよ, へも冷めたく

▼ 置くそれ~ (6, 0.1%)

1 から少し, が倹約, さえ解いたら, はいい, は盗まれる, を惜福

▼ 置くと共に~ (6, 0.1%)

2 掌で 1 出来上った脚色, 国土が, 自分は, 赤味がかった

▼ 置くにも~ (6, 0.1%)

1 何の, 係らず下車, 及ぶまいと, 大抵竹, 置かれなくなって, 都合が

▼ 置く場合~ (6, 0.1%)

1 には風景畫, に遭遇, もあった, もあろう, を云い, を云った

▼ 置くなどは~ (5, 0.1%)

1 不都合千萬の, 余りに用心, 未曾有の, 珍しくない, 珍しくも

▼ 置くなんて~ (5, 0.1%)

1 いうこと, まことし, 初めから, 随分勿体ない, 鳥渡普通の

▼ 置くほう~ (5, 0.1%)

3 がいい 1 が人生, が便宜

▼ 置くほど~ (5, 0.1%)

1 けちくさい, その文章, 人生の, 損を, 私は

▼ 置くよりは~ (5, 0.1%)

2 初めから 1 いい, 国家の, 鼠の

▼ 置く~ (5, 0.1%)

2 がある 1 じゃア, には接吻ぐらゐさせてもいゝし, も奴

▼ 置く~ (5, 0.1%)

1 がぶるぶる, の白, はない, までふるへ, を引いた

▼ 置く~ (5, 0.1%)

1 があった, があつ, がありました, の私, をもっ

▼ 置く約束~ (5, 0.1%)

3 であった 1 になっ, をした

▼ 置く~ (5, 0.1%)

1 には行かぬ, にもいかぬ, にも行かん, のもの, は無い

▼ 置くけれども~ (4, 0.1%)

2 御託宣と 1 あの気, 食物問題に

▼ 置く~ (4, 0.1%)

1 えで, えと言いし, 早々引取り, 明日改めて

▼ 置くとの~ (4, 0.1%)

1 ことで, 事なり, 二岐に, 説あり

▼ 置くとも~ (4, 0.1%)

1 そりゃあ, 判らない意識, 父母よ, 羞か

▼ 置くばかり~ (4, 0.1%)

1 たよたよと, である, では, で黙って

▼ 置く~ (4, 0.1%)

1 い, いかと, いと思っ, え

▼ 置く~ (4, 0.1%)

1 にはさしたる, に凩, は二三人, は常体

▼ 置く~ (4, 0.1%)

1 にはいい, にはそんなに, にゃ何, にや差支あんめ

▼ 置く~ (4, 0.1%)

1 がある, の前, の様子, もある

▼ 置く~ (4, 0.1%)

1 で有った, に何, に十数年, に此

▼ 置く自分~ (4, 0.1%)

2 は既に 1 の不潔さ, の貞操

▼ 置く~ (4, 0.1%)

1 がない, で固定旅櫃, は知, を段匹庫

▼ 置くかという~ (3, 0.1%)

2 ような 1 ことを

▼ 置くかの~ (3, 0.1%)

1 二つに, 区別です, 彼は

▼ 置くからと~ (3, 0.1%)

2 見ると 1 いって

▼ 置くぐらいの~ (3, 0.1%)

2 事は 1 ことで

▼ 置く~ (3, 0.1%)

1 夏座敷の, 大きなヴアニテイ・ケース, 大名の

▼ 置くじゃ~ (3, 0.1%)

1 ありませんか, アない, アなえし

▼ 置くそう~ (3, 0.1%)

1 だ, である, です

▼ 置くって~ (3, 0.1%)

1 ことさ, ことは, わけは

▼ 置くといった~ (3, 0.1%)

1 気もちで, 肌合いであった, 風の

▼ 置くとかいう~ (3, 0.1%)

1 のだ, 含みが, 意味である

▼ 置くとして~ (3, 0.1%)

1 左程, 私は, 鵜飼邦太郎の

▼ 置くなど~ (3, 0.1%)

1 なかなかこういう, 戦略的施設も, 百方周旋し

▼ 置くばかりに~ (3, 0.1%)

2 して 1 すっかり彼奴

▼ 置くべと~ (3, 0.1%)

2 思つてす 1 思つた

▼ 置くやら~ (3, 0.1%)

1 さまざまの, または無造作, 御幣を

▼ 置く余裕~ (3, 0.1%)

2 のない 1 があり

▼ 置く値打~ (3, 0.1%)

1 がある, のある, はあるだらう

▼ 置く屋根~ (3, 0.1%)

2 も無し 1 も持たない

▼ 置く意味~ (3, 0.1%)

1 が解らなかった, で神仏混淆, に當

▼ 置く所以~ (3, 0.1%)

1 である, の者, は大原君

▼ 置く気遣い~ (3, 0.1%)

1 はない, は有りません, もなかっ

▼ 置く~ (3, 0.1%)

1 から云え, において彼, に於い

▼ 置く為め~ (3, 0.1%)

1 に前, に生活, に自分

▼ 置く習慣~ (3, 0.1%)

1 があったらしい, であった, はその

▼ 置く部屋~ (3, 0.1%)

1 なり, に造られた, の準備

▼ 置く~ (2, 0.0%)

1 妾の, 所存です

▼ 置くからには~ (2, 0.0%)

1 やっぱり相当, 己の

▼ 置くがな~ (2, 0.0%)

1 そこから, 己も

▼ 置くくら~ (2, 0.0%)

1 ゐだから, ゐの

▼ 置くけど~ (2, 0.0%)

1 この道場, 事業という

▼ 置くけれど~ (2, 0.0%)

1 無断で, 警察では

▼ 置くこれ~ (2, 0.0%)

1 だけが風船, でなければ

▼ 置くさえ~ (2, 0.0%)

1 あるに, 見える様

▼ 置くすると~ (2, 0.0%)

1 買い手の, 體が

▼ 置くそして~ (2, 0.0%)

1 天井の, 自分は

▼ 置くだけでも~ (2, 0.0%)

1 冷めは, 後学の

▼ 置くだけに~ (2, 0.0%)

1 いっそう骨, 過ぎなかった

▼ 置くといふも~ (2, 0.0%)

1 此処の, 此處の

▼ 置くとこ~ (2, 0.0%)

1 まかせそこら, もねえ

▼ 置くとしても~ (2, 0.0%)

1 大家さんへ, 彼等は

▼ 置くなぞ~ (2, 0.0%)

1 というの, とは飛ん

▼ 置くなんぞは~ (2, 0.0%)

1 ふざけ過ぎて, 残酷でなく

▼ 置くにゃ~ (2, 0.0%)

1 あ及ばねえ, ァいい

▼ 置くの結果~ (2, 0.0%)

1 た, ただ貧苦

▼ 置くものぢ~ (2, 0.0%)

1 やあるまい, やねエ

▼ 置くものの~ (2, 0.0%)

1 お雛妓, 盗ろうと

▼ 置くもんぢ~ (2, 0.0%)

1 やない, や無い

▼ 置くやいなや~ (2, 0.0%)

1 すぐいびき, たちまちそこ

▼ 置くよと~ (2, 0.0%)

1 云うから, 初めの

▼ 置く~ (2, 0.0%)

2

▼ 置く~ (2, 0.0%)

1 けの代物, の話

▼ 置く~ (2, 0.0%)

1 に強盗, に水司又市

▼ 置く主人~ (2, 0.0%)

1 の徳右衞門, の方

▼ 置く人々~ (2, 0.0%)

1 は四方, は彼

▼ 置く代わり~ (2, 0.0%)

1 に伯楽, に養育料

▼ 置く以下~ (2, 0.0%)

2 に書き記す

▼ 置く伯爵~ (2, 0.0%)

2 や子爵

▼ 置く位置~ (2, 0.0%)

1 が示され, について正確

▼ 置く余地~ (2, 0.0%)

1 も無くなっ, をつくった

▼ 置く作家~ (2, 0.0%)

1 がある, に対してより

▼ 置く~ (2, 0.0%)

1 になっ, もある

▼ 置く傾向~ (2, 0.0%)

1 がある, が見え

▼ 置く~ (2, 0.0%)

1 さえもあの, の主張

▼ 置く即ち~ (2, 0.0%)

1 添削を, 祖師の

▼ 置く~ (2, 0.0%)

1 だと, の物

▼ 置く問題~ (2, 0.0%)

1 として夏, を具体的課題

▼ 置く~ (2, 0.0%)

1 のよろし, の感じ

▼ 置く地方~ (2, 0.0%)

2 が悪い

▼ 置く基督信者~ (2, 0.0%)

2 で新教

▼ 置く~ (2, 0.0%)

1 だ今日一日羽生村, ではない

▼ 置く婦人~ (2, 0.0%)

2 を云

▼ 置く學風~ (2, 0.0%)

1 を始めた, 即ち私

▼ 置く~ (2, 0.0%)

1 が無い, になっ

▼ 置く富豪~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 置く~ (2, 0.0%)

1 だろう, となり

▼ 置く~ (2, 0.0%)

2 の男

▼ 置く~ (2, 0.0%)

1 の四尺, は以前

▼ 置く~ (2, 0.0%)

1 があります, といふこと

▼ 置く心算~ (2, 0.0%)

1 だったの, であるか

▼ 置く~ (2, 0.0%)

1 一向気付かず, 墻が

▼ 置く文学~ (2, 0.0%)

1 であって, は不

▼ 置く時それ~ (2, 0.0%)

2 は悦ん

▼ 置く~ (2, 0.0%)

1 の冷た, も絵

▼ 置く~ (2, 0.0%)

1 のわき, の抽斗

▼ 置く権利~ (2, 0.0%)

1 を与える, を持つ

▼ 置く此町~ (2, 0.0%)

2 の隣

▼ 置く狭い~ (2, 0.0%)

1 土間の, 場所が

▼ 置く~ (2, 0.0%)

1 である, ですよ

▼ 置く箪笥~ (2, 0.0%)

1 が二抽斗, の抽斗

▼ 置く~ (2, 0.0%)

1 へが行, へや飛ん

▼ 置く考え~ (2, 0.0%)

1 だったの, らしい

▼ 置く落人~ (2, 0.0%)

1 であった, のつもり

▼ 置く~ (2, 0.0%)

1 あり, があった

▼ 置く身分~ (2, 0.0%)

1 である, ではなくなる

▼ 置く金時計~ (2, 0.0%)

2 を貰つて

▼ 置く~ (2, 0.0%)

1 に長火鉢, の様々

▼ 置く限り~ (2, 0.0%)

1 はよし, 多少の

▼ 置く~ (2, 0.0%)

1 だから, の影

▼ 置く黒繻子~ (2, 0.0%)

2 の袴

▼1* [449件]

置くあいだに, 置くあらゆる制度に, 置くあるいは曰くこれ亢竜角という, 置くはゆる依, 置くうち先の嚊ア, 置くうち去年七月の末, 置くうち縁あって, 置くお上の思召, 置くかぎり世界は真に, 置くかぎり今にとんでも, 置くかというはなしさ, 置くかといふことで, 置くかとか長い物指し, 置くかによってであるから, 置くかも知れないが, 置くからなんて云つて寄越した, 置くからね寝ては, 置くからは己が, 置くかを調べて, 置くがいいったって, 置くがねあしたで, 置くがんな, 置くがナ手前達物を, 置くがネこれだけ, 置くきわめて簡易且つ, 置くくらいだが, 置くくらいの権威が, 置くけれどもね僕は, 置くこそ上策なれ, 置くことさへ後妻, 置くことそれもごく, 置くこと三年其実子なる秀輔, 置くこと婦女の身, 置くこと必要なり, 置くこと感情の順序, 置くこと数年だんだん老境, 置くこと数年誰も見かえる, 置くこなしを肉體的, 置くこの庭に, 置くこまかい露の, 置くころになっ, 置くさかなであつ, 置くさりとてその機会, 置くしかない, 置くすこし作法が, 置くありがたうこれ, 置くそうして天下を, 置くそんな話で, 置くぞと嚇しつけると, 置くだけがまだ弱い, 置くだけじゃあ不用心だ, 置くだけでとどめなければ, 置くだけといったような, 置くちやうど僥幸, 置くつて言ふ法, 置くつて言つてゐたから, 置くえ家主, 置くせうか, 置くといふは悪かつ, 置くとお幸ちやんの, 置くとき人間の行為, 置くとき石蒜が外来植物, 置くところが猟師の, 置くところ日月の照す所, 置くとて泣いて, 置くどころかあいつらを, 置くなどということは, 置くなどといふことは, 置くなどとは以てのほか先刻家屋敷の, 置くなどのことありし, 置くなども確かに, 置くなり刀を抽, 置くなんぞッて, 置くにつけその性, 置くによって一部は, 置くのきらいなん, 置くのぢやない, 置くのほかはなかっ, 置くのみで余, 置くのらくら男みんな手を, 置くの仕組なり, 置くの余裕もなに, 置くの便利且つ必要, 置くの光栄を有, 置くの可否を論ずる, 置くの外はなかつた, 置くの必要がなく, 置くの意ヤソ教のほか学問上, 置くの所を転ずれ, 置くの約束が果されよう, 置くの結果三之助なる者, 置くの論理がない, 置くばいといっ, 置くひもを作ろう, 置くふうに短く, 置くだたりの, 置くほどにゆるりと, 置くまでになつた, 置くまでの事であります, 置くまぶしのよう, 置くもちろん三百ドルは, 置くもの幾んど, 置くやも知れぬよく, 置くゆえ馬鹿げた迷信, 置くゆゑそこから覗いて, 置くよい店を, 置くようあとで代金, 置くよう命けたりし, 置くよう身動にも払われず, 置くらんほどぞはかなき, 置くわが民法は, 置くをもって自然法学説を, 置くんでがすから, 置くアイヌのイコサックル, 置くイタズラまで全て共産党, 置くステッキでつっつい, 置くタッシャ木という木ぎれ, 置くヂャナリズムの然, 置くヂュウスは我, 置くノーベル賞が初めて, 置くハートの一, 置くブマな真似, 置くレコードは時に, 置くレンブラントでは, 置くですよ, 置く一人の子供, 置く一切のもの, 置く一種の人質制, 置く三代相伝の火縄銃, 置く三百年前一向宗, 置く上求菩提下化衆生の二句, 置く下宿屋のよう, 置く不破小四郎は伴作殿, 置く不足したら店員某, 置く建と, 置く両手の上, 置く主張はややもすれば, 置く乃至帳面でも, 置くで一寸, 置くさらずば, 置く乞食を見た, 置く予備行事であつ, 置く予定だったの, 置く事ズボンは成るべく, 置く事三夜にし, 置く事何一つとしてご, 置く事必要なるは, 置く二人の人間, 置く一法なり, 置く人形や, 置く人間なの, 置く人類愛などの意義, 置く今後決して聞い, 置く仕組みになっ, 置く以上は衆生済度, 置く以外に無い, 置く何んだへえ, 置く作物の車, 置くし今, 置く価値がある, 置く假名と云, 置く偖非常に長, 置く儀礼である, 置く公爵家の若君, 置く公私の領地, 置くれは, 置く其切願のま, 置くお勢, 置く冬木かな, 置く別種の系統, 置くとなり, 置くに素早く, 置くをば持つ, 置く勅任官ならば, 置く勘八其の方, 置くれ, 置く勿論越中方面から, 置くへ面した, 置く十數册の詩歌集, 置く千人に一つ, 置く印籠筒の蓋, 置く危険を喋った, 置く危險を覺, 置く卵殻なるを, 置く古い鉄棒で, 置く句法は俳句, 置く同志達はややもすれば, 置くの妻, 置くがある, 置く哲学によつて, 置く唯一の美しい, 置くが一つ, 置くのやう, 置く図解へ, 置くもありますまい, 置くの理, 置く地中の屑箱, 置く場合両者が全く, 置くの白きがごと, 置く境涯に依つ, 置くを買う, 置く外套の傍, 置く夜壺たとへ, 置く大根は日本的, 置くつ罪, 置く如く額に汗, 置くなぞは京都, 置くのお, 置く生い立ちて, 置く子供がまた, 置く孟宗竹の筍, 置く守刀をキラリ, 置く実際上の, 置く家族も乱暴, 置く寛永十七年極月主膳獨り座敷, 置く対辞は何, 置く専門医は西宮, 置く小さい帳面が, 置く小屋にとり, 置く小額までが彼, 置く少くとも戯曲, 置く尤も禁制品だ, 置く岬松原温泉が岳, 置くの袋, 置くはない, 置く常識的観察より超, 置くにし, 置く広島菜を一, 置くに奥さん, 置く廊下への扉, 置く建物なの, 置く弱味が感じられる, 置く当分食卓がフクイク, 置く役人根性が龍子, 置くは甚だ, 置く彼女の生存上, 置く彼等文壇一味の伏兵, 置くあり, 置く心がけを侑め, 置く心もちにも近い, 置く心底が何, 置く必要上その水力, 置く忠作という小僧, 置く思想は當然, 置く思想光明的進取的の思想等, 置く恩人の軍, 置く悪い奴は, 置く悪戯が流行, 置くもしなかつた, 置く態度はとうてい, 置く慣例が行, 置く我々の行為, 置くの三つ四つ, 置く所存です, 置くなぞを見る, 置く手並であつ, 置く手先がふるえ, 置く手前の女房, 置く手拭入れを買, 置く手段と云, 置く手順もある, 置く拙者の屋敷, 置く支那の太陰暦, 置く方ぢやなく, 置く方法があれ, 置く日本の或, 置くの申渡し, 置く明日の朝, 置くの人, 置く昔風な銅壺, 置く時カチリと音, 置く時其が復古的, 置く時大海に舟, 置く時天才と凡人, 置く時文化の末梢, 置く時時の中, 置く時皿の物, 置く晩方などに立, 置く暗い穴の, 置く最も原始的範囲に, 置く最初のうち, 置く望みの者, 置くだつたが, 置く木納屋があった, 置くとは自ら区別, 置く本陣問屋庄屋なぞの位置, 置くの如く動かざりし, 置く板壁のそば, 置く柔かさで, 置くの花, 置くの異名, 置くに自然景, 置く樣子もありません, 置くにも以前, 置くの格子, 置く權能もある, 置く次第になん, 置く正統論は世道人心, 置く武器硝薬の類, 置く歩兵隊じゃほか, 置く歴史以後の人, 置く気持の真実, 置く沼間夫人も沼間夫人, 置く泥棒はない, 置く泥的御来臨, 置く泰らかさ, 置くでやりました, 置く流儀ではなかっ, 置く流罪とがある, 置く浅い井戸の, 置くからの手紙, 置く湯屋があった, 置くから取寄せた, 置く火鉢の抽斗, 置くを有明, 置く無尽蔵鍬で掘り取れ, 置くの目的, 置く爲めだ, 置く牛乳屋なぞも其, 置く牢獄等もあった, 置く物置と炭俵, 置く牲料で此, 置く特に手錠を, 置く状態である, 置く独裁型の君主, 置く獣形の偶像, 置く現行の法規, 置く環境の選択, 置く瓦斯の火, 置く暖い, 置く生産という言葉, 置く生計でも身分, 置くが此処, 置く用意である, 置くの畔, 置く甲斐あり, 置くつ振り, 置く男子の我儘, 置くの埃, 置く町内の雜用, 置く番民呼んで, 置く疊紙を一枚, 置く病氣がそんな, 置く白河戸郷は丹生川平, 置く白露水に宿る, 置く百合の花, 置く監獄とが存在, 置く目的で地面, 置く相談をし, 置く真昼かな, 置く册を, 置く社交とは全く, 置く社会的事情とがその, 置く社会的生産に男子同様彼女たち, 置くは大聖也, 置くの努力, 置くの手当, 置く程度の極めて, 置く穴倉に手, 置くの澄み切っ, 置く立花秀子は隅っこ, 置く之助, 置く竜王の一手, 置くが一つ, 置くといふは不思議, 置くの隅, 置く箱ん中の巾着, 置くには山, 置く築山をこし, 置く粟麦などを俵, 置く精神の赫, 置く納屋の二階, 置く細き月かな, 置くであります, 置く結果どうもその, 置く結果意外な失敗, 置く結論と牴觸, 置くは, 置くとなりける, 置く考え方が余りにハッキリ, 置く職務等と云う, 置く職工が動きません, 置く能はず主體, 置く自由主義者は自分, 置くを作り, 置く良人の了簡, 置くなんぞは嫌ひだ, 置く芸術家は芸術家, 置く若草を踏み, 置く苦界の方, 置く英人の度量, 置く茶の間は不断, 置く荘内藩の巡邏隊, 置くその煙管, 置くを敷く, 置くか, 置く粥の, 置く薄情さがし, 置く藁製の桶, 置く處見出あんすから, 置くもある, 置くな身上, 置く見方に拘束, 置く言語組織の一つ, 置くにはいかなかつた, 置く設備がない, 置くりである, 置くが少く, 置くは支那, 置く證據である, 置く貴族階級にし, 置く費えというもの, 置くよりも大きかっ, 置くは気軽く, 置く身心鈍重やうやく夕暮, 置く軽い乾いた音, 置く迄に発展した, 置く迄は浅薄たる, 置く道徳は通用, 置く道理はない, 置く遠い音響が, 置く遠慮が常に, 置く郵便の組織, 置くとの間, 置く重心はむしろ常に, 置くの塊, 置く金ぢやない, 置く金属性の響, 置くの室, 置くの田, 置く間もなく小四郎に, 置く間道の穴兵糧, 置く限り女性に如何なる, 置く陰陽師の部落, 置く陶器をという御, 置く隙間もない, 置く電灯に面白い, 置く霊活不覊, 置く霜さへや我が, 置く霜露のたま, 置く露霜に得, 置く風習を考え出し, 置く風習是は最近, 置く食物なども烏, 置くの脊中, 置く馬鹿がある, 置く駒井能登守という人, 置くも夕, 置くに於い