青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「私~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

祭~ 祭り~ 禍~ 福~ 禮~ 秀~ ~秀吉 秀吉~ 秀子~ ~私
私~
~私たち ~私達 ~秋 秋~ 科~ ~科学 科学~ 秒~ ~秘密 秘密~

「私~」 315865, 3412ppm, 23位

▼ 私~ (128660, 40.7%)

1365 それを 1149 自分の 818 私の 411 彼の 330 あなたの 311 これを 293 その時 281 思う 251 何も 244 思った 233 彼女の 216 それに 215 急に, 自分が 208 それが 179 すぐに 177 黙って 171 さう, 心の 167 子供の 166 思って 163 ここに, 言った 162 そこに, そんなこと 160 あなたに 158 或る, 此の 155 ここで 150 知らない 146 今でも 144 あなたを, 眼を 142 非常に 137 何か 136 思ふ 135 父の 130 あなたが, 信じて, 思つた 129 彼を 125 彼に 124 日本の 123 あの人 122 何を 120 それから 119 云った, 自分を 118 今まで 117 知って 116 彼が 113 そのとき 111 これまで 109 考えて 107 それらの, 私が, 自分で 106 これらの 105 一人で 104 気が 102 少しも 101 驚いて 100 そこで, ひそかに 99 一つの 97 何の 96 答えた 95 その日 93 この時 92 その頃, 母の 91 その人 89 急いで 88 先生の, 目を 86 二人の, 他の, 前に 84 次の, 私で 83 この頃 82 一人の, 生きて 81 今の 79 彼女を 77 顔を 76 いつでも, 女の 75 お前の, こ, 妻の, 始めて, 彼女に 74 自分に 73 これで 72 妙に 71 いつまでも, 人の 69 手を, 考える 68 私は, 貴方の 67 そのこと, 思うの 66 ひとりで, 例の 65 何んにも 64 その中, それで, 今も, 彼女が, 私を, 見て 63 その男, 何にも, 考えた 61 ほんとうに 60 いつもの, 彼等の 59 これは, びっくりし, 胸を 58 これが, ハッと, 人間の, 多くの, 見た 57 母に 56 彼と 55 このよう, この人 54 そんな事, 家の, 心に, 思います 53 今は, 直ぐに 52 人に, 声を 51 それまで, 妙な, 斯う 50 あわてて, 確かに, 頭を 49 之を, 君の 48 少年の 47 思い切って 46 お前に, 死んで, 生れて, 私自身の 45 口を, 敢て, 静かに 44 そこへ, 今日の, 叫んだ, 息を, 感じた, 胸が, 見たこと, 覚えて, 首を 43 この, それは, どうした, もう, 立って 42 あの時, このこと, すつかり, すべての, よく知っ, 一種の, 自分でも, 身を 41 この話, 不思議な, 今日まで, 喜んで, 曾て, 東京の, 殆ん, 現在の 40 そのよう, 家に, 涙を 39 あなたと, いそいで, お前を, もう何, 出来るだけ, 妻に 38 この男, こんなこと, その女, 私自身を, 聞いて, 胸の

37 [11件] その夜, なにも, 一度も, 何よりも, 右の, 家を, 昔の, 母と, 父に, 言葉を, 酒を

36 [11件] この家, そうは, そこの, どうかし, どうしたら, 学校の, 家へ, 尋ねた, 幾度か, 私に, 頭の

35 もうこの, 不意に, 今この, 何と, 東京へ, 死んでも, 驚いた

34 [12件] これに, その言葉, その話, ちよつと, 何でも, 先に, 先生に, 即座に, 夢中に, 幾度も, 昔から, 東京に

33 [11件] いった, その前, もつと, 不思議に, 二つの, 何が, 君を, 安心し, 机の, 煙草を, 考へて

32 [14件] あの方, その方, 二階の, 云つた, 前の, 又も, 妻を, 彼らの, 思いました, 思つてゐる, 答へ, 苦笑し, 訊ねた, 足を

31 [12件] それには, 一生懸命に, 今度は, 以上の, 兄の, 変に, 女に, 氏の, 眼が, 窓の, 苦笑した, 貴方が

30 姉の, 小説を, 彼女と, 自身の, 言つた

29 [14件] この点, た, ホッと, 今から, 何度も, 夢の, 妻と, 慌てて, 斯んな, 最後に, 最後の, 気を, 笑いながら, 言って

28 [20件] いろいろの, お前が, この手紙, この言葉, そう思っ, そつと, そんな風, 今に, 他人の, 其処に, 初めから, 嘘を, 彼等が, 毎日の, 耳を, 聞いた, 腹が, 誰にも, 返事を, 長い間

27 [23件] いまは, ここへ, この問題, そこを, そのため, その事, その晩, その瞬間, そんなもの, どうする, どうでも, どこまでも, 云いました, 人を, 今日は, 何う, 外に, 好んで, 慌て, 涙が, 男の, 知らないが, 知りません

26 [25件] あれを, この事件, この国, こんな事, そこから, どんなこと, なんの, まだその, 主人の, 今迄, 何という, 信じます, 信ずる, 前から, 前にも, 口の, 彼等に, 心を, 思ひました, 思ふの, 持って, 父を, 第一, 考へる, 貴方に

25 [17件] この事, そう思う, その, その時分, その顔, だまって, 今では, 吃驚し, 夢中で, 大急ぎで, 女が, 子供を, 本を, 目が, 神の, 茲に, 途方に

24 [26件] いろいろな, きいた, その場, その家, その手紙, その点, それについて, なぜか, 云って, 何うし, 夢を, 完全に, 手に, 明かに, 机に, 此処に, 歩きながら, 気に, 泣いて, 無理に, 窓を, 考えました, 自分自身の, 貴方を, 頭が, 黙つて

23 [19件] あまりの, ここの, この本, すべてを, そのやう, それと, ただ, どこへ, ぼんやりと, やつと, 仕方が, 何んだ, 先生が, 君に, 容易に, 想像し, 最初から, 筆を, 過去の

22 [22件] そのころ, その声, それに対して, 何かの, 呟いた, 唇を, 夜の, 子供心にも, 学校を, 小さい時, 心で, 思ひます, 正直に, 汽車の, 海の, 独りで, 疲れて, 知つてゐる, 私と, 笑って, 考えたの, 胸に

21 [26件] かねて, そのお, それよりも, ただ自分, もうその, 一切の, 世間の, 今度の, 何といふ, 別の, 呆気に, 大声で, 夫の, 室の, 山の, 平気で, 最初に, 父が, 町の, 私なりに, 窓から, 立ち上って, 簡単に, 考えるの, 自然に, 非常な

20 [24件] あの男, いつもその, いままで, いろ, これでも, そう思った, その姿, もうあの, 一と, 不幸に, 仕事の, 信じる, 始めから, 娘の, 帽子を, 彼から, 後に, 愕然と, 朝から, 本当の, 此処で, 考へた, 腹の中で, 訊いた

19 [27件] あとで, このとき, この女, この少年, さうし, そういうこと, そこまで, それ等の, どんなにか, また私, よく知らない, 両手を, 兄に, 去年の, 呆れて, 変な, 微笑した, 心が, 手紙を, 朝の, 母を, 物を, 生れてから, 真面目に, 腕を, 自分ながら, 部屋の

18 [30件] いやな, この前, そう云う, ぢつと, どうしよう, 一刻も, 二人を, 今その, 仕事を, 仕方なし, 他に, 何とかし, 好きだ, 幼い時, 床の, 彼らを, 感心した, 文学の, 断言する, 昨日の, 普通の, 歩いて, 溜息を, 父と, 現代の, 私たちの, 腹を, 躊躇なく, 階段を, 雨の

17 [42件] あの子, いまこの, この上, この二つ, これだけの, これまでの, これも, これ等の, さすがに, さっきから, しみじみと, じっとし, その娘, その当時, びっくりした, ほかの, もうそんな, よくその, 一日も, 二階へ, 今更の, 仕方なく, 何かに, 勝手に, 博士の, 喫驚し, 外へ, 嬉しかった, 子供が, 宿の, 弟の, 彼等を, 故郷の, 東京を, 確信し, 立派な, 笑ひ, 答えました, 腰を, 言下に, 金が, 金を

16 [45件] あなたから, いつも自分, いよ, ここでも, ここまで, この子, さきに, そう云っ, そう信じ, それも, それらを, ただあなた, ただ私, どうなる, ふいと, ぼんやりし, また, またし, もうあなた, もう自分, よく知つて, ペンを, 云ひました, 今までに, 今までの, 体を, 何時までも, 余りの, 先生を, 大阪の, 女を, 学校に, 尋ねました, 微笑し, 忘れて, 思い出した, 日本に, 昨年の, 最初の, 東京で, 母が, 祖母の, 考えます, 膝を, 興味を

15 [60件] おいよさん, かうして, この部屋, その原因, その子, その間に, それの, どちらかと, へんに, まだ何, わけも, 一個の, 一言も, 下の, 二階に, 何んな, 凡ての, 努めて, 勇気を, 口に, 君が, 咄嗟に, 大へん, 学校へ, 寝床の, 少しばかり, 強いて, 当時の, 心配し, 思ったが, 思ったの, 思惟する, 戦争の, 残念ながら, 気の, 決してそれ, 無言の, 眉を, 真の, 眼の, 着物を, 知らぬ, 神を, 秋の, 立ち上った, 答えて, 腹の, 自己の, 茫然と, 試みに, 話の, 誰も, 諸君に, 起きて, 途中で, 進んで, 酒の, 重ねて, 静かな, 頭から

14 [57件] あの日, かつて, こう思う, ここから, この二人, この小説, この通り, これには, さうは, その音, ただこの, ただその, とう, ひとつの, びっくりしました, まだ一度, もう一つ, もう死ぬ, 三人の, 不幸な, 久しぶりで, 二三の, 人から, 今ここで, 信ずるの, 先刻から, 力を, 咄嗟の, 夫人の, 子供心に, 小声で, 小学校の, 少くとも, 山を, 店の, 庭の, 彼らが, 念の, 恋を, 想像する, 明日の, 村の, 椅子に, 死を, 泣いた, 異様な, 益, 相変らず, 相手の, 確信する, 窓に, 笑った, 貴女の, 身体が, 身体を, 道を, 驚きました

13 [77件] あたりを, あの女, ある日, あれから, いつもこの, いまでも, いまの, いろいろと, こうやっ, このまま, この日記, ただもう, つく, つとめて, どうしていい, どうすれ, なんでも, ほっとした, またその, みんなの, もうこれ, もうそれ, もう少しで, やうやく, よろこんで, 一生の, 一緒に, 久しぶりに, 京都に, 今それを, 今日から, 以前から, 以前に, 俄に, 兄さんの, 凡てを, 出て, 友の, 友人の, 反射的に, 唖然と, 外套の, 大に, 奥さんの, 妹を, 彼らに, 忘れること, 思いきって, 感心し, 斯の, 旅に, 旅の, 歯を, 気がついた, 水の, 永久に, 江戸の, 滅多に, 熱心に, 玄関の, 病気に, 真赤に, 石の, 空を, 素直に, 自然の, 花を, 裏の, 見る, 言いました, 認めた, 諸君が, 部屋を, 電車に, 電車の, 餘り, 馬の

12 [76件] いつに, お前と, かう云, きいて, きつと, ここを, この日, この書物, この種, こんなところ, すぐその, その翌日, それにも, そんな時, とっさに, どのよう, なぜだ, ひとりの, ほんた, また彼, よくこの, ポケットから, 一本の, 丁度その, 不図, 不安に, 世の, 今夜は, 今年の, 今朝から, 例によって, 先生から, 初めは, 別に, 十分に, 又し, 大きな声, 子供に, 實に, 山に, 年を, 待って, 後から, 御承知, 心配で, 思うに, 思うん, 悪魔の, 想う, 意外に, 感じて, 持つて, 斯様な, 日本で, 日本人の, 昨夜の, 本當, 母や, 決心した, 沢山の, 生まれて, 矢庭に, 立上っ, 絵を, 縁側に, 肩を, 自分から, 自分では, 自分も, 親の, 記憶し, 話を, 読者が, 近所の, 障子を, 馬鹿に

11 [122件] あんたの, こういうこと, このやう, この不思議, この手記, この機会, この歌, この際, この雑誌, この青年, これと, これほど, これまでに, そうし, そのま, その側, その友人, その手, その部屋, その青年, そんな気, ぞっとし, ぞっとした, たまらなくなっ, どういふ, なるほど, なんという, はじめから, はじめは, びつくりし, ほつと, まず第, まだ, まだ見た, 一切を, 上の, 上野の, 不安な, 両手で, 二人に, 京都の, 人々の, 人と, 人生の, 今, 今だに, 今日も, 体の, 何故とも, 何時でも, 元の, 先き, 兎に, 全身の, 其の時, 博士が, 厭だ, 同じよう, 命を, 困って, 外の, 大変な, 大学の, 夫を, 奇妙な, 如何に, 妹の, 娘に, 嬉しくて, 実の, 小説の, 屡, 帰って, 幸福だ, 彼女から, 心ひそかに, 心配に, 怖ろ, 思うが, 思わず, 息が, 悲鳴を, 感じる, 日本が, 早くも, 暫くの, 望んで, 椅子の, 橋の, 気がついて, 気の毒に, 水を, 永遠に, 洋服を, 海を, 無言で, 特別に, 率直に, 田舎の, 男に, 畳の, 眠って, 眼に, 神が, 神に, 私自身に, 種々の, 第二, 答える, 絶対に, 老人の, 考へるの, 自分と, 興奮し, 解して, 認めて, 諦めて, 酒が, 金の, 鉄路の, 間違って, 隣の

10 [125件] あなたに対して, あのとき, あの夜, いくらか, いつた, うなずいた, おまえを, お母さんの, お父様, お絹さん, かくの, ここでは, この世に, この土地, この場合, この夏, この年, この意味, この物語, この船, これに対して, こんな風, して, ずっと前, そうだ, そのひと, その人たち, その婦人, その後も, その意味, その理由, それこそ, それによって, ただの, たった一人, どこか, どこに, なんにも, はっきりと, はっとした, もう我慢, もう生き, もう私, よく存じ, われを, ランプを, 一般に, 下宿に, 世の中の, 二重に, 人間が, 今自分, 仕事に, 何だ, 何とも云え, 何に, 何ん, 何事も, 傍に, 兄と, 先生と, 全身に, 再び私, 厭な, 友達の, 叔父の, 可なり, 單に, 夏の, 多少の, 夜が, 大変に, 女房を, 妻が, 姉が, 姉に, 存在する, 少しの, 幸いに, 庭に, 彼は, 思はず, 思わず顔, 意外な, 感じました, 新らしい, 日本人が, 是非とも, 時計を, 最近に, 机を, 極度に, 正直な, 氏が, 気持が, 永い間, 決してそんな, 沈黙って, 流石に, 浅草の, 犬の, 猫の, 現実に, 病気の, 目の, 直接に, 答えなかった, 考へます, 膝の, 自己を, 自身を, 若い頃, 表の, 見ました, 覚悟を, 言う, 詩を, 貴女が, 身に, 身も, 車を, 遂, 部屋に, 酒に, 雑誌を

9 [145件] あとから, あの, あの娘, ある時, いかにし, いつまで, いつも, いつもそれ, いろいろに, お暇, お母さまの, かような, がっかりした, くりかえした, こう云う, こう思った, この一文, この一篇, この作, この方, これからこの, これから先, そう言っ, その一つ, その上, その二人, その村, その眼, その足, その通り, それより, たずねた, どういうもの, どこへも, ふいに, まじめに, まずこの, またも, また自分, まだこの, まだ子供, むしろこの, むらむらと, もうお, もう夢中, ものを, やって, よく覚え, ビックリし, 丁寧に, 下宿の, 下駄を, 世界の, 両親の, 主人を, 二人が, 二度も, 人が, 今ここに, 今度こそ, 今朝の, 仕事が, 体が, 何かしら, 何となし, 何とも, 何心なく, 併し, 充分に, 北海道の, 口が, 呆然と, 固より, 夜に, 夢から, 大喜び, 大變, 夫れ, 娘を, 嬉しい, 存じません, 学生の, 寝て, 小田原の, 少しずつ, 少女の, 帆村の, 幸に, 思つてゐた, 思わず叫んだ, 思わず声, 慄然と, 我々の, 我国の, 故意に, 旅を, 日本を, 早速その, 明らかに, 昼の, 朝鮮の, 本能的に, 歌を, 母から, 気づいた, 決心し, 決心しました, 沁, 満足し, 満足する, 然しこの, 然しその, 照子の, 父や, 狼狽し, 生命の, 用事が, 申しました, 異常な, 病院の, 皆の, 知つてゐた, 知らないの, 祖母に, 神様に, 笑つた, 答へる, 絶望し, 色々の, 茫然として, 行って, 言ふ, 訊いて, 読んで, 誰の, 警察の, 足が, 身体の, 車の, 近くの, 遂にその, 遠くから, 靴を, 顔が, 食事を

8 [229件] あきらめて, あきれて, ある人, いったい何, いつかの, いやだ, おかしくて, おどろいて, お前たちに, お嬢さんの, お金を, お隣り, かれの, かれら, ぎくりとし, ぎょっとし, ぎょっとした, くるりと, こう思っ, こう見え, こう言っ, この事実, この作者, この先生, この山, この島, この意外, この文章, この春, この村, これからも, これ迄, こんなふう, さつきから, しずかに, すぐそれ, そういう人, そう思い, その女の子, その小説, その少年, その後を, その朝, その花, その金, それ以上の, それ等を, ただそれ, ちつとも, ちらと, ともかくも, どうしてもその, どうなっ, どう考え, どんな事, なるほどと, はじめてその, はっと思った, ひとの, ふとこの, ふとその, ほっと安心, ほんとうの, ほんとうは, またこの, またそれ, また彼女, まだこんな, まア何, みんなに, むしろその, もうここ, もうこの世, もう死ん, やはりこの, れいの, ギョッと, フッと, 一冊の, 一時に, 一目で, 一軒の, 主人に, 之に, 人間に, 今あなたの, 今こそ, 今と, 今年は, 今更ながら, 以前の, 仮りに, 作品を, 作者の, 俊夫君の, 先刻の, 出来るだけの, 別な, 友人と, 反対に, 叔母の, 吃驚した, 向うの, 嘗て, 固く信じ, 土地の, 坂を, 壁の, 夜も, 夜中に, 大声を, 大阪へ, 夫に, 夫人に, 女と, 好きである, 好きな, 好まない, 妹と, 姉と, 実際に, 寝ながら, 寝台の, 少からず, 少なからず, 少年時代から, 川の, 左の, 年少の, 幸福な, 幼いとき, 幼少の, 幾度と, 廊下の, 弟に, 強ひ, 従来の, 御覧の, 心底から, 心臓が, 必死に, 思いも, 思い出す, 思つ, 思はず眼, 思わない, 悲しくなっ, 愕然として, 感謝し, 我々が, 我を, 扉の, 扉を, 敵の, 文学を, 新聞の, 新聞を, 日本へ, 春の, 時間の, 時間を, 書物を, 最近の, 月の, 来て, 東京から, 東北の, 極度の, 此を, 此等の, 歯の, 死ぬの, 氣が, 決してあなた, 火鉢の, 無事に, 煙草の, 狐に, 生活の, 病人の, 発見した, 百姓の, 矢も, 知った, 知らず識ら, 知らなかつた, 私らしく, 私自身が, 科学の, 秘かに, 稍, 突嗟に, 突然, 突然に, 結婚を, 耳が, 聞いたこと, 能く, 自分たちの, 自分自身を, 自動車に, 自由に, 舌を, 船の, 芝居の, 若い時, 草の, 落ちついて, 落付い, 親に, 誓って, 貴女に, 貴郎, 起き上って, 足の, 路傍の, 近づいて, 近代の, 逆に, 遺憾ながら, 郷里の, 鏡の, 隣りの, 雪の, 音楽を, 風の, 飛んで, 髪を, 鼻を

7 [312件] あっけに, あのひと, いくたび, いさ, いつも私, いまここで, いまに, いまも, いやに, うっとりと, うつかり, うれしかつ, おどろいた, おまえの, お前さんの, お前達に, お姉様, お母さんと, お父さんに, お腹が, ぎくりとした, こう云っ, こう考え, この世界, この作品, この地, この娘, この度, この戦争, この旅行, この町, この私, この辺, この道, この間から, これからは, これについて, しばらくの, しばらくは, しまいには, じきに, すぐには, そうする, そこでも, そのたび, そのなか, その人達, その傍, その名, その墓, その年, その度, その度毎, その後の, その様, その母, その涙, その秘密, その絵, その辺, それとは, それまでに, それらが, そんな人, そんな者, そんな言葉, そんな話, だん, ちゃんと知っ, ぢつ, つくづくと, どこかへ, なほも, ふとそんな, へんな, ほっとし, ほとんど疑わない, また何, また例, まだあなた, まだお, まだそれ, まだ自分, まだ若い, むっとし, むっとした, もうこんな, もう今, もう男, もとの, やはり同じ, よくそれ, ナオミの, ハツと, ベッドの, ホテルの, ムッと, ヨーロッパの, ワザと, 一匹の, 一生を, 一目見, 三年の, 下を, 不思議にも, 久しい間, 二階から, 二階で, 人間を, 今すぐ, 今私の, 今迄に, 伯父の, 低い声, 何んの, 何回と, 何度と, 何気なくその, 作家として, 便所に, 信じた, 信じたい, 元より, 兄さんを, 先へ, 兎も, 全力を, 其れ, 其を, 其処で, 其處に, 冬の, 冷汗を, 別に驚き, 割合に, 力が, 北の, 医師の, 千代子の, 又私, 友に, 友人に, 友達と, 友達に, 反対の, 叔母に, 口惜しい, 可厭, 吃驚しました, 吃驚りし, 君と, 周囲の, 呼んだ, 国民の, 坂の, 壁に, 大事に, 大学へ, 大阪に, 夫が, 失敗した, 失望し, 奥様の, 女だ, 好きで, 如何でも, 妹に, 娘が, 存じて, 安心した, 室に, 宿屋の, 密かに, 寡聞に, 将来の, 尋ねて, 小供, 小学校へ, 小学校を, 工場の, 左様な, 師匠の, 幸福である, 幼いころ, 廊下に, 弟と, 彼れ, 得意に, 御免を, 御飯を, 微笑を, 忘れない, 思わずも, 思わず目, 思わず眼, 恐しい, 恐ろしくなった, 想像した, 愈, 愛の, 感ずるの, 我に, 我慢が, 我慢し, 戦争を, 所謂, 指を, 探偵小説を, 散歩の, 斯うい, 新たな, 日の, 旦那に, 是から, 昼間の, 時々この, 暗闇の, 暫くその, 最初は, 本書の, 椅子を, 横に, 止むを, 此処へ, 此處で, 死に, 死にます, 死ぬまで, 死の, 母親の, 毎日, 毎日この, 毎日その, 汗を, 汝の, 注意を, 流れに, 海へ, 火の, 火を, 無意識に, 然う, 煙に, 父から, 生の, 田舎へ, 甲板に, 男を, 町方の, 皆が, 皇帝に, 相手に, 眺めて, 矢張り, 矢田津世子の, 私達の, 種々な, 立ち上がって, 立つて, 箸を, 約束の, 終ひ, 絵の, 縁側の, 繰り返して, 罪を, 聲を, 聴いて, 胃が, 色々な, 色の, 苦笑を, 蝋燭を, 街に, 表へ, 見たの, 見た事, 覚えた, 言葉の, 訪ねて, 話して, 認める, 読者の, 誰か, 誰かの, 諸君の, 讀者が, 貧乏を, 質問を, 起き上った, 躊躇し, 身内が, 近いうち, 返事に, 返事も, 迷って, 這, 遠慮し, 部屋から, 部屋へ, 酔うて, 門の, 青白き大佐, 静に, 面を, 面白いと, 頬の, 額に, 顔の, 馬鹿で, 馬鹿な, 鼻の

6 [391件] あとに, あなたにも, あの晩, あの頃, あまり好まない, あらん限り, いま自分の, うれしさ, うんざりし, おまえに, お前さんに, お庭, お辞儀を, かすかに, かつてこの, かの女, がっかりし, きょうは, こういっ, こう云った, こう思います, こう答えた, こう考えた, こちらから, こちらの, こちらへ, このお, このま, この世の, この世の中, この仕事, この作家, この地方, この小, この書, この父, この間に, これからあなた, これより, こんどは, さっきの, さよう, しかしこの, すぐ, すでにその, すべてに, そういうもの, そういっ, そうでない, そう思わない, そう言った, その一言, その二つ, その写真, その友達, その場合, その少女, その方面, その次, その目, その詩人, それだ, それだけで, それほどの, そんな場合, ただ一つ, ただ人間, ただ何, ただ彼, ただ苦笑, だんだんと, ちょうどその, どういうわけ, どうし, どうしてもこの, どぎまぎし, どこかで, どこの, どちらも, なんだか胸, なんとかし, はじめの, はつと, はらはらし, ひどく腹, ふつと, ふとある, ふらふらと, へとへとに, またあなた, またあの, また東京, まっすぐに, むかしの, むしろ, もうたまらなく, もう死んだ, もう駄目, もって, もとから, ものの, やたらに, やっとの, より多く, わけの, アキを, オルガ姫を, ガバと, ソッと, タバコを, チベットに, ドキリ, パリーで, ビールを, フランスの, ランプの, レコードを, 一つも, 一も, 一体何, 一度は, 一方で, 一日の, 一時は, 一枚の, 万事を, 上半身を, 下へ, 不安の, 不思議でならない, 中に, 事の, 事件の, 云は, 今これを, 今より, 今夜の, 今夜寝る, 今此処, 仏教の, 他を, 仰山に, 会社を, 何うも, 何である, 何とも云, 何とも思っ, 何処までも, 何故と, 何故に, 何時も, 何等の, 俊夫君が, 傍で, 元気を, 兄さんに, 兄を, 先ず第, 全くその, 公園の, 其, 其処へ, 其処を, 冷い, 出來, 初めてこの, 初めての, 初めの, 初対面の, 別に何, 利根川の, 前へ, 卓子の, 却て, 又その, 友人を, 名刺を, 告白する, 喜びの, 堯を, 夢想する, 大きい声, 大切に, 大学を, 大森の, 大胆に, 天の, 奇妙に, 奥の, 女です, 女中の, 姉を, 嫉妬に, 嫌です, 嫌な, 嬉しさ, 子供たちの, 孤独な, 学校で, 実際の, 家族の, 寒さ, 寝床に, 寺の, 小さい時分, 少しでも, 崖の, 工藝の, 左に, 席を, 帰ると, 常に, 年が, 幸福に, 幾多の, 廊下へ, 廊下を, 強烈な, 当惑した, 当然の, 彼等から, 後の, 後を, 心からの, 心にも, 心臓を, 忘れません, 念を, 怒りに, 怖れ, 怖れた, 思ったこと, 思ひも, 思わず口, 思わず手, 恐れる, 恐ろしくて, 恐ろしさ, 恐怖に, 恐縮し, 恥かしい, 恥を, 息も, 悪いこと, 悪い事, 悪い女, 愉快に, 意気地なし, 愛して, 愛す, 愛と, 愛を, 感じたの, 感謝の, 懸命に, 戦慄を, 探偵小説の, 故意と, 断言します, 新宿の, 新聞で, 旅館の, 明治の, 昨日から, 時々自分, 時と, 書きかけの, 書斎の, 最大の, 有るという, 有るといふ, 朝まで, 未来の, 本の, 杖を, 枕元の, 根気よく, 椅子から, 植物の, 様々な, 次兄の, 歯が, 歴史の, 死ぬ, 死ぬこと, 殺されるかも, 毛布を, 気にも, 氣の, 決して自分, 汽車に, 泣きたいよう, 注意し, 満洲, 灯の, 無意識の, 然し母, 父親の, 特別な, 狂気の, 王の, 現実の, 甘んじて, 病院に, 痛切に, 癪に, 皆さんが, 相變ら, 真直に, 矢田津世子に, 知つ, 知らないでは, 知らなかった, 石に, 社会の, 祖父の, 私だ, 私流の, 立ちあがって, 立ちどまって, 立ったまま, 籠の, 結婚し, 緊張した, 美しいもの, 考えに, 考へたの, 臆病な, 自分にも, 自然を, 船に, 若い女, 若しや, 英子の, 蒲団の, 蒲団を, 蚊帳の, 蛙の, 血を, 行く, 袂の, 袴を, 見るに, 覚悟し, 解釈し, 詩の, 誤解を, 読者に, 誰かに, 誰が, 誰でも, 誰とも, 誰よりも, 謂わば, 貪るよう, 貴下の, 貴女を, 貴方がたの, 赤面した, 返答に, 退屈な, 通りへ, 運命の, 過去を, 道の, 郊外の, 酒も, 銀座の, 鏡を, 長いこと, 開いた口, 閣下の, 階下の, 階段の, 雨戸を, 電灯を, 電燈を, 青年の, 音楽の, 額を, 顏を, 顔も, 風邪を, 飛び起きて, 飛んでも, 飯を, 馬に, 馬車の, 駄目な, 驚いたの, 黙った

5 [625件 抜粋] あそこで, あなた方の, あの家, あべこべに, ある意味, あれが, いいたい, いう, いうの, いちども, いつとも, いまこそ, いろいろ考え, うとうとと, うれしかった, えつや, おはる, おや, お別れ, お前さんを, お宅, お宮を, お糸さん, お約束, お茶を, お酒, かすかな, からだを, ききました, きっぱりと, ぐっすりと, ぐるりと, こういうもの, こうも, ことしの, ことの, このたび, この室, この月, この眼, この絵, この老婆, この記事, この詩, この間の, これから, これこそ, これでは, これまでも, こんどの, こんな時, こんな立派, こんな詩, こんな話, さまざまの, しかしその, しかしそれ, しばらくそれ, すくなからず, すぐにも, すでに, そういうよう, そういう意味, そういう風, そうじゃ, そうで, そう思います, そこい, そこにも, そのあと, そのとおり, そのほう, そのままに, そのまま目, その儘, その先生, その夢, その山, その本, その決心, その美し, その翌, その長い, そばに, それから後, それだけでも, それによ, それへ, それらに, それをも, そんな自分, ぞっとしました, たけの, たずねました, ただそう, ただ一人, ただ笑っ, ちょっとの, できるだけ, できるだけの, ときどきその, とく子の, とんでもない, どうあっ, どうしてもあの, どうにかし, どうもそれ, どっちかと, どれほど, どんな風, なにを, のろのろと, はじめて自分, はつとして, ひとりぽ, ひどく不安, ひどく疲れ, ひろ子が, ふとこんな, ふと思い出し, ふと気がついた, ふと眼, ふるさとに, ぶらぶらと, まごついて, まざまざと, また云った, まだそんな, まだ見, みじめな, もういや, もうすべて, もうどこ, もう一人, もう一日, もう以前, もう彼女, もう明日, もう気, もう無茶苦茶, もう胸, もう覚悟, ゆめうつつ, よくは, よろよろと, わざとそれ, イギリスの, コップを, スイッチを, ソレを, トルストイの, ドアを, ドキン, ハタと, ハツとして, ビックリした, ピアノを, フラフラと, ヤス子に, 一度だって, 一度見た, 一方には, 一歩も, 一般の, 三つの, 三歳の, 下宿へ, 不安を, 不審に, 不義を, 世界を, 世間から, 両腕, 中へ, 中学生の, 主張する, 九州の, 事実を, 云うの, 京都へ, 亭主に, 人々が, 人間としての, 人間は, 人類の, 今これらの, 今もっ, 今少し, 今日でも, 今日までの, 仏教を, 伊藤の, 伊豆の, 何かを, 何だか気, 何とは, 何ともいえない, 何とも言, 何んと, 何事でも, 何故だ, 余計な, 俄かに, 停車場の, 側に, 偶然の, 元気に, 先の, 先日の, 入口の, 全くの, 六月の, 兵隊に, 其処の, 出家の, 出発の, 切符を, 初めて知った, 別に気, 前後の, 前述の, 剣を, 努力し, 労れ, 医者の, 医者を, 十年も, 単純な, 単純に, 博士に, 印度が, 即坐, 又この, 又た, 叔母と, 叔父が, 叔父に, 受けた, 口笛を, 只今の, 可哀そうな, 台所の, 同じこと, 同氏の, 名を, 否と, 呆れた, 命の, 唯だ, 問題を, 国を, 在る, 坂田の, 坐って, 堯の, 壕の, 声の, 外国の, 大威張り, 大概の, 大胆にも, 太郎と, 女学校の, 女性の, 女房に, 女房の, 好きに, 妻から, 妻や, 嫌だ, 字が, 学校から, 学生時代に, 宇宙の, 実にこの, 実を, 客の, 宵から, 家で, 家内と, 家内の, 家族を, 寝台に, 實は, 小諸の, 小鳥の, 屋根の, 平気でした, 平生の, 年に, 幼い時分, 幼な, 幼稚園の, 床に, 店へ, 座敷の, 座敷へ, 彼には, 彼等と, 彼自身の, 往来の, 待つて, 心からあなた, 心から感謝, 怒って, 怒りの, 怖かつ, 怖る, 思い出して, 思はず顏, 思わずその, 思わずアッ, 思わず大声, 思わず微笑, 思案に, 急ぎますから, 恋の, 恋愛の, 恥しさ, 悠々と, 患者の, 悦んで, 悲しみの, 意を, 意味の, 意地を, 愛する, 感ずる, 感謝する, 感謝を, 戸の, 戸を, 手で, 手紙の, 振り返って, 掌を, 支那に, 故郷へ, 敢へて, 断言し, 斯様に, 旅へ, 早く起き, 昂然と, 明日から, 明日にも, 映画を, 春が, 昨夜も, 是を, 時を, 時男さんの, 智恵子の, 更にこの, 書斎へ, 最後まで, 月に, 有名な, 木の, 未だ何, 本統に, 棒立ちに, 様々の, 横を, 機会を, 正木博士の, 死ぬかも, 死んだの, 残念で, 残念に, 永年の, 決してお, 決してお前, 決して彼女, 沼田の, 泥の, 津軽の, 深い溜息, 深夜に, 漸っと, 灰色の, 炬燵に, 片手で, 片手を, 牛の, 牛乳を, 犬が, 犯人が, 犯人の, 狂人の, 珍らしい, 珍らしく, 生きては, 生活を, 田舎から, 田舎に, 甲板を, 男と, 町を, 疑問に, 発見する, 白木の, 百合さんに, 皆から, 直覚的に, 相手が, 眠れなかった, 眩暈を, 眼で, 着物の, 知りませんが, 知ること, 知人の, 石段を, 祖母と, 神様の, 神田の, 神経衰弱に, 私なりの, 私も, 私流に, 稀に, 空想の, 空襲の, 窃に, 立ちあがった, 笑いました, 答えたが, 米国の, 約束を, 老人が, 考えながら, 聖書を, 聞きました, 背後に, 自から, 自分勝手に, 自動車を, 自然と, 自然によって, 自身に, 舟を, 船長の, 良人に, 苛, 若い時分, 苦痛を, 茲で, 荷物の, 荷物を, 藤枝の, 虫の, 血の, 街へ, 裏口から, 見るとも, 見るの, 見事に, 観念し, 訊ねて, 話頭を, 誘はれて, 誰に, 誰を, 議論を, 財布の, 貴君が, 貴君の, 貴方と, 走って, 路の, 返事が, 迚も, 退屈し, 運が, 運命を, 過去に, 遠く離れ, 酒と, 酒は, 重大な, 金は, 鏡に, 阿母さん, 陛下に, 陶器の, 離れの, 電話を, 震災の, 頭に, 頷いて, 顫え, 馬を, 駄目です, 駅まで, 驚いたが, 驚かされた, 驚きの, 魂の, 黙々として

4 [1083件 抜粋] ああいう, あたりの, あなたとは, あなた方に, あの部屋, あまりにも, ある種, あれの, あんたを, いい子, いた, いっしょに, いつかこの, いつだ, いつの, いつもそんな, いつも彼女, いまこれを, いやで, うしろから, うちに, うつかりし, うれしくなった, おちついて, おばあさんが, おまえさんを, お兄さん, お勝手で, お嫁, お清, お米さん, かう答, かかるもの, かなりの, かれが, きょうの, きょとんと, ぎょっとしました, くたびれて, こういう話, ここにも, ことさらに, このへん, この一句, この人達, この偉大, この地上, この字, この小さい, この手, この旅, この橋, この病気, この目, この種類, この老, この説, この驚くべき, これを以て, こんなもの, ごく簡単, ごらんの, さめざめと, しば, しばらくその, しばらく黙っ, しんから, すっかり驚い, せっかくの, そいつを, そういう人々, そう考え, そう言い, そこそこに, そちらへ, そっとその, そのかすか, そのとき自分, その先, その刹那, その問題, その子供, その態度, その時代, その時間, その流れ, その老, その自分, その調子, その運命, その隙, それからも, それどころで, そればかり, それ迄, そんなふう, たくさんの, ただあの, ただ私自身, たまらない気持, ついその, ついに彼, つづいて, つまらないこと, とうから, とうとう彼, どうしてもそれ, どこにも, どこを, どっちも, どれ程, どんな場合, なんだか自分, はだしで, はっとして, ばかです, ひとり, ひよい, ふと思いつい, ふと目, ふるさとの, ほっとしました, まあ何, まずこれ, またこれら, またそこ, また旅, まだほんとう, まだ知らない, みる, むしろ彼, むやみに, もうじき, もう前, もう帰ります, もう年, もう忘れ, もう目, もう長く, もしそれ, もっと早く, やっとこの, やつて, やはり自分, よく, よくわかっ, よく思う, わが国の, エデンの, カントの, キリストの, シャツを, ステッキを, ナイフを, ピアノの, フランス語の, ホームズが, モデル椅子に, 一まず, 一人前の, 一定の, 一寸の, 一度ならず, 一散に, 一方に, 一生けん命で, 一行の, 一高の, 三日の, 上州の, 上述の, 下唇, 不幸にも, 不思議でならなかった, 世の中に, 世界は, 両肩, 主に, 久し振りに, 之で, 九歳の, 事更に, 二人とも, 云ひ, 人々に, 人力車に, 人間として, 今こ, 今ひとり, 今夜も, 今日迄, 仏蘭西の, 仙台の, 仰向きに, 会って, 何うかし, 何ともいえぬ, 何は, 何んで, 何事か, 何処へ, 何故かしら, 何時の, 何氣なく, 作品の, 例によ, 信じたいの, 信じるの, 俥に, 俳句は, 個人的に, 健康の, 傍の, 元は, 先にも, 先程から, 入って, 全く気, 全く自由, 六人の, 其処から, 再び, 冗談を, 冷り, 出かけて, 初めてその, 判断し, 別れて, 前には, 前夜の, 労働の, 勇んで, 勧めて, 北海道へ, 十三の, 卒業の, 又自分, 友達を, 口惜し紛れ, 右手に, 吉良兵曹長の, 同時にその, 向ふ, 否定し得ない, 呆ん, 呟いだ, 呼ぼう, 咽喉が, 唸った, 喉が, 嘘の, 四人の, 困った, 困難な, 固く信じる, 土佐の, 地震の, 執拗に, 堪らなくな, 変だ, 夕飯を, 外国へ, 夢で, 大なる, 大使の, 大手を, 天幕の, 太郎の, 夫と, 奇蹟を, 奥さんに, 女で, 女に対して, 女給と, 如何なる場合, 子供と, 学問の, 宅へ, 安全に, 宗教が, 宿に, 寝間着の, 小さいとき, 小屋の, 少しばかりの, 少し安心, 少年を, 尾道の, 岡の, 岸に, 川に, 左右の, 巴里に, 希望に, 師匠が, 幕府の, 平気を, 幸ひ, 幸運にも, 幼時から, 座敷に, 弱って, 彼とは, 彼奴を, 往来を, 御奉公, 微かな, 心からこの, 心中に, 心配の, 必然的に, 怖いから, 怖かった, 思いますが, 思うね, 思はず叫んだ, 思わずド, 思わず息, 怪しい者, 恐ろしい, 恥ずかしさ, 悚然と, 悲しくて, 惘然と, 意見を, 感じるの, 憂鬱に, 憮然として, 我国で, 戦争中に, 手が, 手も, 手短かに, 抱いて, 拝見し, 故郷に, 教授の, 数々の, 文学に, 断乎として, 断片的に, 斯ん, 新潟の, 日ましに, 日本から, 日本文学の, 日記を, 早くから, 早速に, 映画の, 昨日は, 是等の, 昼寝を, 暑さ, 曖昧な, 書かうと, 最早や, 有難いと, 朝早く, 本が, 本気で, 本郷の, 村から, 杯を, 東照宮の, 校長の, 楽しみに, 機会ある, 機械的に, 次々と, 次郎と, 正面の, 此家の, 武蔵の, 死にそう, 死ぬかと, 死後に, 気づいたが, 気に入って, 気付いた, 気絶し, 江戸に, 決して, 沈黙し, 泣きべそ, 涙ぐんだ, 淋しい, 深く心, 湯に, 満足な, 点頭いた, 無遠慮に, 然し野村, 煖炉の, 熱を, 特にこの, 犯人では, 玄関まで, 生まれてから, 生涯を, 田舎者で, 疑わない, 疾う, 盃を, 直ぐその, 直接には, 看護婦に, 真紅に, 真面目な, 瞼を, 知つてゐます, 知らん, 知らん顔を, 知己を, 石ころの, 砂を, 確に, 社会に, 祈りの, 秋子を, 突然彼, 立ち止って, 立派に, 竿を, 笑いを, 精神の, 紙の, 終る, 結局は, 続けた, 線路の, 美人の, 翁の, 老人を, 考へながら, 耳に, 肉の, 背中に, 脣を, 臆面も, 自らを, 自分をも, 自分自身で, 自由な, 興奮した, 色魔です, 芳子の, 若干の, 苦しくて, 茶の間で, 莨を, 萱の, 行くこと, 街の, 複雑な, 要請する, 見つけた, 見られて, 親切な, 解釈する, 言いたいの, 訊ねました, 説明する, 誰かと, 誰にでも, 調子に, 豪傑を, 貧乏だ, 貴方との, 赤ん坊を, 赧く, 越後の, 身體を, 軽蔑する, 近時の, 返辞を, 逆上し, 遠くの, 酔って, 鉄砲を, 銀さんと, 長の, 長男の, 閉口し, 閣下に, 限りない, 階下へ, 隣室の, 雲を, 震えながら, 青べかを, 頑固に, 頬杖を, 顔色が, 風呂敷を, 食堂の, 首筋を, 高木の, 麹町の, 默つて見

3 [2217件 抜粋] あ, あたりが, あても, あなたにたいして, あの人たち, あの顔, ある, あれだけの, あんなもの, いい気, いかにもその, いそいそと, いつからと, いつもこんな, いつも思っ, いま, いまただ, いま少し, うかうかと, うつつに, おかげ様で, おばあさんを, おもう, お先へ, お勝手の, お嬢さま, お宮の, お母様の, お礼を, お説, かういふこと, かかる考え, からかった, きく, くりかえして, こういう事, こう答えました, こころの, このいい, このたい, この世で, この健康, この可愛い, この姉, この小娘, この御, この意見, この旗, この神社, この章, この老人, この著者, この連中, これからの, これによって, こんな女, こんな状態, さりげない, しかしそういう, したこと, しどろもどろに, しゆくぜん, すぐお, すぐ後, すっかり満足, すやすやと, そういうとき, そういう母, そうなる, そう信ずる, そう決心, そっちへ, そのあたり, そのドア, その主人, その仕事, その光り, その坂, その女房, その完成, その店, その心, その愛, その時心, その水, その白い, その罪, その議論, その門, それでもまだ, それ以外に, そんな女, たいていの, ただわけ, たび, だまつて, ちょいと, ついこの, つづけて, とうとう先生, とくの, どうかと, どうしても心, どうもこれ, どこかの, どっちが, どんなにし, どんな人間, なお一層, なによりも, なんとなし, はじめて, はっと気, ひたむきに, ひとりに, ひどく疲れた, ふしぎに, ふと私, ほっと息, ほんの子供, ぼんやり頬杖, またこれ, また不幸, また心, また訊いた, まださう, まだ私, まるで夢, みずからを, もういくら, もうそれ以上, もう世の中, もう大丈夫, もう歸ら, もう若く, もちろんの, もはやそれ, やはりその, ゆっくりと, よく人, よく眠る, よく覺, わからない, わざ, アパートの, オルガ姫の, カーテンの, クルリと, ゼーロンの, テニスの, ドサ貫に, パリで, ブラブラ歩い, ホームズの, マルクスの, ヤス子の, 一ま, 一人にな, 一体どうしたら, 一度この, 一文も, 一生懸命でした, 一足先へ, 七十に, 三日に, 三階の, 下から, 不平の, 不快に, 不運で, 両の, 中, 中学校に, 中途で, 久振りに, 乱歩氏の, 事に, 事業を, 二つ返事で, 二十年前の, 云いたい, 享楽の, 人力車で, 人間じゃ, 今初めて, 今後も, 今日で, 今此の, 他人が, 以前にも, 伊東へ, 体は, 何だか自分, 何となく心, 何より先, 何時もの, 何物をも, 余りにも, 作者が, 信ずるが, 信州の, 俳諧の, 健康に, 働き死に, 兄貴の, 先づ, 先人の, 先程の, 全身が, 兵隊が, 其の男, 内へ, 再びその, 再び元, 决し, 凡てに, 出来る限り, 初めに, 別にほしい, 別段に, 力一杯に, 勉強を, 北九州の, 十二三歳の, 十年ほど, 卒業する, 単に私, 原稿を, 厳粛に, 友が, 取るもの, 口惜しくて, 可愛くて, 吉岡の, 同情を, 向うに, 吻として, 呟きながら, 呼吸を, 咎めは, 唯それ, 問うた, 喜びと, 喧嘩を, 嘲るやう, 困る, 土曜日に, 地面に, 堤の, 境遇の, 声に, 外国に, 夜にな, 大きな聲, 大事の, 大地主さん, 大學, 大阪で, 天から, 天香さんの, 夫人と, 失望を, 女中が, 女房が, 好奇心を, 妄想に, 姿を, 嫌いな, 子に, 子供達の, 存在し, 宗教の, 実に驚いた, 室内を, 家庭の, 寝ても, 察して, 専門の, 小奴, 小説に, 少し耳, 少数の, 屏風の, 岩井の, 崖に, 左手の, 帝銀事件の, 帰省する, 常に興味, 幕の, 平素の, 幻の, 幾分の, 序に, 庭へ, 弟を, 強情に, 当夜の, 役人に, 彼女たちの, 彼女等の, 後にも, 後者を, 御当家様, 心持が, 心配です, 必要な, 忠実な, 怒鳴つた, 思いますがね, 思うた, 思つて居る, 思はず息, 思ひますがね, 思ふが, 思わず戦慄, 思わず頭, 性の, 恍惚として, 恟りしました, 恰で, 悟った, 悪魔では, 想像の, 意識を, 感動した, 感慨に, 憂欝に, 我慢を, 戸棚の, 手袋を, 承知しない, 招かれて, 持病の, 振り向きも, 支那の, 故郷を, 救はれた, 敵を, 文科の, 新聞社の, 旅先で, 既に十分, 日常の, 日本人です, 早くこの, 明晰に, 昔は, 春子さんの, 是が, 時々妻, 晩年の, 暗闇に, 更にまた, 書かねば, 最前から, 朝と, 木村が, 未来に, 本当にうれしい, 本郷に, 林檎の, 柱に, 桂子の, 梯子段を, 業が, 次から, 歓声を, 此の世に, 此処でも, 此所へ, 歩みを, 死なねば, 死ぬほど, 死ぬ事, 残って, 母に対して, 毛布の, 気の毒で, 気障, 決してこの, 決して怪しい, 汽車から, 法律の, 泥棒を, 浅草に, 海に, 涙も, 深い感動, 渾身の, 漱石の, 無我夢中に, 無理を, 然し女, 焼跡を, 熱海の, 爺さんの, 物体の, 狂って, 狼狽て, 玩具を, 理解する, 生きること, 生涯の, 田舎者の, 申し上げます, 異郷の, 疑ひを, 病を, 病気で, 白, 皆さんに, 皮肉を, 目下の, 盲人である, 相も, 真実に, 眠ること, 眼前の, 知らないけれど, 知りぬいて, 短歌を, 確信した, 神と, 神経質で, 私だけ, 私より, 秦啓源と, 空間が, 立ちながら, 立上る, 端唄や, 笠神博士を, 箏を, 精一杯の, 素子が, 紳士の, 緑の, 罰が, 老いて, 考えたいの, 聞いたが, 肩の, 腕組を, 自信を, 自動車で, 舌打ちし, 船長に, 良心に, 花の, 若い, 苦労で, 英国の, 茶の間へ, 草鞋を, 蒲団に, 虫歯が, 行つた, 袖を, 褒めませぬと, 見たわけ, 覚束ない, 観る, 解釈したい, 言葉に, 話に, 誤って, 誰と, 變に, 貴君に, 貴方とも, 買物を, 足音を, 身の, 車夫の, 迂闊にも, 退いて, 逃げるやう, 通る, 運よく, 道端の, 部屋で, 酔うと, 野村に, 鎌倉で, 長生きを, 限りなき, 陶器を, 雑草を, 雪子に, 電車を, 青年に, 靜かに, 頼まれて, 風を, 馬から, 駄目だ, 驚かない, 鬼に, 鷄二と

2 [6992件 抜粋] ああそう, あさましい姿, あとは, あのお歌, あの小さな, あの白い, あまりに多く, あらゆる女, ある地方, あんな男, いい心持, いきなり彼女, いちまいの, いつて, いつも失望, いても, いままでに, いやよ, いろんなもの, うまくし, おいと, おそらくその, おばさんに, お供, お勝手へ, お役に立つ, お由さん, お貞さん, かうも, かかる日, かつての, かなり長い, きがねも, けさの, こうして考え, ここには, このお方, このままここ, この不快, この会, この友, この四五年来, この好色, この川, この批評, この植物, この特殊的, この省察, この結果, この課せられた, この金, この鼻汁, これから此, これ以上は, こんな苦心, さいぜんから, さびしい心持, しかるに實體, しばらく岩, しょんぼり島, すぐまた, すぐ窓, すっかり同情, すでに彼, ずっとその, そいつの, そうした態度, そう答える, そっと窓, そのたたかい, そのわけ, その世界, その信仰, その吹出物, その字, その後娼婦あがり, その批評家, その時妻, その死骸, その現状, その瞳, その紙片, その芝居, その証拠, その都会, その頃牛込, それだけは, それほど怖く, そんなつもり, そんな妄想, そんな莫迦げたこと, たしかに, ただニッコリ, ただ文子, ただ貴方, たまらない, だらしなく, ちっとも心配, ちょっと気, ついて, つとめて大袈裟, てれくさいの, とうとう気, とても変質者, どうしてこの, どうしても自分, どうにかこうにか, どう変った, どっちに, どんなに嬉しかっ, なおと, なぜ語らなけれ, なんだか寂しい, なんなく内側, はじめてあの, はっと胸, ひどく好ましいもの, ふき出して, ふと思い出した, ほっと一安心, ほんとは, まじまじと, またそっと, また先生, また思いました, また目, まだなに, まだ御目見得以下, まだ若かっ, まったく自由, まんまと裏切られた, むしに, むっつりし, もういつ, もうどうせ助からない, もう一度ふりかえっ, もう会話, もう寝る, もう斷乎, もう照子, もう覺悟, もしやと, もはや全く自信, やっとお前, やはり眼, よい仕事, よく存じませぬ, よすどころ, わかったの, わざと驚いた, アドルフマンジュという, イギリス人です, カチカチ山の, グラスを, サイパンの, スカァアだ, ソワソワと, チェーホフの, トランクに, ナポリで, ハンドバッグの, ヒロポンを, フリーダの, ホット安堵の, マア, メイ子を, ヤナギの, ロザリオを, 一つだけ, 一人悄然と, 一夜に, 一度しか, 一日一日と, 一歩退いた, 一目見る, 一週一度汽車で, 三十年この, 三枝が, 上海に, 不安だった, 不機嫌, 不都合な, 両氏が, 中田博士の, 主要な, 乱暴に, 二ヶ月分の, 二十五の, 二等の, 五十八で, 京へ, 人殺しと, 今あの, 今はっきり, 今何を, 今度こそは, 今晩は, 今貴方がたの, 他人と, 仲間を, 伯爵の, 何うなる, 何だろう, 何と言, 何処迄も, 何気なしに, 作家である, 信じますが, 倉の, 偶然を, 元来この, 先ず幸福, 先見の, 全くこんな, 全く腹, 兩手を, 六つ七つの, 其の他, 其手巾を, 典獄の, 再びあの, 冒頭に, 凄艶無類, 出席する, 切り出した, 初めて父, 別に私, 前大蔵大臣, 力なく, 動悸が, 勿論それ, 十一時の, 十五歳の, 午前中だけ, 単なる悪魔, 原著者と, 参列の, 又娘, 友人たちと, 叔父様の, 口惜しいツ, 古典に, 叱るよう, 同じ部屋, 君に対して, 周さんに, 和智君を, 唯一の, 問われるまま, 嘆息を, 四肢に, 国家の, 地上に, 坪内先生の, 堪らない冷汗, 壁から, 外出する, 夜には, 大いによろこん, 大きなニギリ飯, 大体そういう, 大学では, 大正十二年の, 天国の, 夫人を, 奥様と, 女学生の, 好くも, 始めてこの, 嫂の, 子供だった, 存じませぬ, 学徒の, 安心, 実にぎょっとした, 実習を, 家内に, 密閉した, 寝転びながら, 将棋が, 小さな声, 小学校時代は, 小説が, 少しから, 少し憂鬱, 少なからず驚いた, 居るの, 山口を, 岬の, 左腕を, 市街の, 帰り道に, 常に甚だいい, 平時も, 幸い七十八歳の, 幾人かの, 店を, 弁解する, 強迫観念に, 当然な, 彼女とともに, 待ちかまえて, 得体の, 御辞退申, 心からうれしい, 心竊かに, 必ず庭, 応接間へ, 怖れない, 思うわ, 思はず叫びました, 思ひましたので, 思わず指, 思わず胸, 思案した, 恁うし, 恐ろしくなっ, 恥ずかしく思う, 悪い癖, 悲しみに, 惨めな, 意外の, 愛したため, 感ずること, 感激に, 憧れの, 或事, 戸川先生の, 手紙も, 折が, 振り向いた, 提灯も, 政府当局の, 教場で, 文を, 斯うなる, 新潟へ, 旅行者である, 日夕天然の, 日本国民として, 旦那が, 早朝から, 明けても, 昔し, 昨日迄の, 時々そんな, 時に猿股, 晴れて, 暗示を, 曇日を, 書生として, 最痛切, 望む, 木に, 未来への, 本当に心, 机から, 来るつもり, 松崎の, 柔い, 校長先生の, 桔梗色に, 概ねほか, 横須賀発上り二等客車の, 欺され, 此には, 此様に, 武田さんの, 死という, 死んだ人, 殺されたかも, 母親を, 毎日見, 気に入りました, 水だの, 汗だくに, 決して作り飾り, 決して貴方, 河原の, 法隆寺を, 泥棒か, 津村の, 浪費せず, 海水着や, 深い睡り, 渋々立ち上り, 湯屋へ, 漠然と拡がりゆく, 火鉢を, 無礼千万な, 無類の, 然し再び, 然し自信, 熊を, 父上の, 物事の, 特に河田, 独に, 猶想像, 現在でも, 生きたい, 生れつい, 用を, 申譯の, 番頭の, 疑問を, 病身で, 白直殿の, 盗賊の, 直ぐ其喧嘩, 相川新五兵衞と, 真に恐れ, 真面目だ, 眼ば, 矢つ, 知らんから, 破れかけるかんし, 祖父が, 秀子に, 私一人で, 秘書の, 空で, 突然何, 立ち停まる, 笑うの, 答へて, 精神的に, 紙幣を, 終りに, 絵巻物を, 線香を, 罪深い女, 翻訳不可能論者である, 考える故に, 聞いたわよ, 肚の, 胃の, 脚が, 自分だけ, 自卑, 至るところ, 良い心持, 花に, 若い人, 苦い顔, 英一君の, 荒正人や, 葉巻を, 薄暗い手ランプ, 虚飾を, 血まみれの, 街角を, 裸かに, 西田哲学の, 見なくても, 見得, 覚えず苦笑, 覺え, 言われるまま, 証人として, 誇張でなく, 誠一を, 誰でしょう, 警官に, 貞子と, 責任の, 質問した, 足もとの, 蹣跚と, 身動きする, 轢かれたと, 近世の, 追, 途すがら落花に, 運動が, 遠い処, 邪推した, 酒屋の, 野原を, 金沢の, 銀の, 鑑定し, 長野の, 阿佐ヶ谷の, 階段に, 隣村に, 雨傘を, 震へ, 非マルクス主義作品, 鞍から, 頭蓋骨の, 顔中を, 飛びたつよう, 飲んだくれだが, 馬場へ, 駄目に, 驚きと, 高等学校へ, 鮒釣の, 默つてゐた

1 [55144件 抜粋] あああの, あくる日の, あなたたちと, あの作, あの時一寸変, あの那須, あまり文壇, あり, ある時大臣, あんな住心地, いい切る, いきなり三人, いささかで, いっそ覚悟, いつしか切株, いつもお湯, いつも失敗, いつも茂左衛門橋, いまさ, いま恋一つに, いよいよ小林浩平, いわゆる伊達騒動, うぬぼれを, おかっぱ頭, おどろかないが, おりゅう, お姫様の, お父上, お雪ちゃんあなたは, かえって恥ずかしく, かってな, かなり前, からだ具合いを, きっと社長, くたびれを, けっして眠っ, こうした家庭, こう悟った, このいのち, このシンケイ, この世紀, この列べ, この場限り, この山陰, この改訳, この死骸, この疑問, この聯關, この転向, この面白い, これからどうしよう, これから西行寺, こんなぞんざい, こんな姿, ごまかして, さっき手紙を, さらにいわし, しかし扉, しばしば想像, しぶしぶ立っ, じっと考え込んだ, すぐ倦, すこしく考え, すっかりめん, すでに大学生, ずいぶん永い, ぜひとも夫, そういう苦痛, そう呟いた, そして姉, そのお寺, そのまままた, そのハタハタ, その二年, その出典, その執念, その寒い, その後たちまち, その手首, その時大森さん, その棚, その無造作, その第, その表紙, その金額, その首, それでも好い, それ以上追求する, そんなに近い, そんな有り, たいていうなだれ, たしか中学, ただ一人事務室, ただ恥ずかしかっ, ただ読ませた, たとえ一日, だいぶ変りましたろう, ちっともうらまなかった, ちょこちょこと, つい, つかまえようと, つまらない立ちば, では俺, とうとう来た, とつぜんご, とぼんとして, どうしてお, どうしても落ち着けなかつた, どうにも心配, どうも驚きました, どんなにつらい, どんな気持, なかなかりっぱ, なにか一つ, なるほどさ, なんど巡りあるいたろう, のれんを, はじめて虚空, はらはらする, ひとまず熊本, ひどくわが身, ひる間, ふとこれ, ふと木村重成, ぶどう餅が, ほとんど父, ほんとに願, まことにこう思った, まず主, またちっとも, また今更, また弁論部, また独り, また食べられない, まだ一言, まだ山, まだ独身, まだ馘首, まつたく臆病, まるで私立探偵, みな知っ, むしろ後者, めづらしさ, もうそれら, もう一度ピアノ, もう二度とこの, もう喜び, もう恐ろし, もう片意地, もう観念, もそもそけもの, もっと明るい, もはや三年昔, やさしく吼え, やっぱり何, やはり両君, やはり随分揉まれた, ゆく所, よくガスパール, よく理解, よろこびで, わざと大きな, アインシュタインや, イデオロギーの, エリザベートに, カン, クナアクと, ゴドウィン氏と共に, シュレムスカヤ夫人が, スティーヴンスンの, ゾッと身顫い, チンタウに, トンネルの, ハアハアと, バルザックや, ビンボウ故, フンマンに, ペルウと, マッチの, モウソンに, ラオコーンの, レミヤが, 一さい情実に, 一二度は, 一例を, 一寸あわてる, 一層木村さん, 一心不乱で, 一昨日尾道を, 一段毎に, 一番愉しい, 一貨幣の, 七つぐらいの, 三位の, 三度び驚いた, 上つて万福の, 下手な聞き, 不快の, 与へられた問題, 中原が, 主として近代, 九人の, 事実その, 二人に対して, 二十歳近くに, 二百人分の, 五丁目に, 五錢を, 人一倍行儀, 人間レコードです, 今にもナイフ, 今上醍醐の, 今実在, 今我々が, 今昔日の, 今毎日それを, 今頃の, 仙界に, 仲間が, 伝道を, 何ういた, 何だか寂しい鬱陶しい, 何となく氣まり, 何よりもよ, 何故か優秀, 何気無く聞き取りました, 余程人里, 依然アイヌ, 信二郎と, 倦きる, 催眠剤という, 元来中学時代に, 先ごろ憲法改正といつて色, 先夜先生の, 先頃プルウストについて, 全く人生, 全然ほんとう, 公に, 其の專門, 其校友會からの, 内心微笑した, 再び我, 写真報知という, 出かけるところ, 分らない, 初めて女の子, 判官の, 別れます, 前とは, 劇, 勇ましい貴女, 勿論その, 医王山や, 十八歳であった, 千の, 半分泣い, 単に唇, 即答に, 去年大学を, 又妹, 友達からも, 受け合って, 古墳の, 可哀そうに, 吉原と, 同時代, 否定しません, 呪咀の, 哨戒艦との, 唯運, 喜美子を, 噛みつかんばかりに, 四條新地の, 国内における, 地上勤務の, 執筆は, 塵芥車に, 夕立ちを, 多少安心, 夢ながら, 大きく頷いた, 大人たちの, 大変此処が, 大旱に, 大車輪で, 太った来聴者, 奈落の, 女給さんな, 妖物としか, 始終階下, 嬉しいん, 季節に対して, 宇佐美さんの, 宝石屋へ, 実はまだ, 実際男女関係, 家庭から, 寐間の, 寧ろそんな, 専用の, 小さな風呂敷包, 小父さん, 少々面, 少し威嚇的, 少なくとも法学, 居たたまらないよう, 山の手の, 岡本さんが, 巡礼者で, 希望ある, 帳場に, 帽子として, 年中人に, 幼時の, 床から, 廿一だった, 弱いので, 当今の, 形式的に, 往來へ, 従卒を, 御當地, 心から同感, 心細く思わざる, 忘れなかったが, 怒りが, 思い切ってと, 思はずホツ, 思ふ何と, 思わず尋ねました, 怠りは, 恋愛に, 恟々し, 悟りました, 悲しい氣持ち, 想像と, 愛吉が, 感謝と, 憐れで, 我が子, 戦前同様組織部長を, 手あたり次第に, 打ち消したい気持, 折角使の, 持つた, 排撃し, 擲られた, 政治技術として, 散々に, 數學を, 文献学主義という, 斯, 新潟市で, 既に事實問題, 日本中一人で, 旧友に, 早速まず林田, 明日からは, 昔相当に, 昨年末から, 昼間ベッドに, 時々遊び, 普通やる, 暫く其綺麗, 更に偉大, 書散らしの, 最初には, 月々補助し, 朝夕そちらを, 未だに追憶, 本屋じゃ, 本書を, 来た路, 松だの, 柩に, 桜が, 極めて世界, 権力を以て, 次に工事, 歌川一馬の, 此より, 此短刀を, 歩き続けて, 死ぬ時, 殊にコナラ, 母に対する, 毎日図書館へ, 毎朝オウ・ド・コロンを, 気まりが, 水汲み, 江戸ッ子という, 決して幽, 決定せられるべき, 法律学を, 注意深く眺め, 浅い若い恋, 海部, 深い木立, 済みましたと, 溝に, 漸っとの, 炊いて, 無意味の, 焦立ちこの, 煙幕放出を, 父への, 物貰ひ, 独りごちた, 猶更厳重, 現に見, 瓦であった, 生みの親である, 生涯此地に, 田舎行の, 畑から, 疑惑の, 痴です, 白石書記生と, 益々自分自身, 直ぐ四谷, 直接父に, 真に君, 眠るどころ, 矢っ, 知らぬ土地, 石鹸は, 社会形成の, 禁酒した, 私自身にも, 稲むらが, 突然一人, 立ち上りかけたが, 竹村より, 筆まめに, 米国でも, 純粋小説論の, 紹介し, 結局ひとりで, 經机の, 總身の, 美濃の, 老人から, 考へたこと, 聞伝えて, 肺病患者が, 腕組みを, 自ら言っ, 自暴自棄に, 興味に, 色盲に, 若いし, 苦しく答えた, 草双紙の, 落ち付かなければ, 薄あかりの, 虎ノ門へ, 衆人看, 表からも, 西国八十八か所を, 見つからない様, 見送った, 親旦那, 言い直した, 訝つた, 話し手の, 説明したい, 諦らめて, 谷好文に, 責められた, 赤い帯, 足下ばかり, 身体組織に, 軽く受け流す, 迂濶もの, 近頃左, 退席しない, 通行人の, 遂に面倒くさく, 道子に対する, 遮るやう, 酒巻さんが, 重ねがさね料理, 金網越しに, 銃を, 長い間それら, 閉会の, 関羽張飛の, 陽氣には, 隣家に, 雪駄がちゃらつかぬように足音を, 青年, 靴の, 頭なんか, 飛び起きた, 飲みながら, 馬庭という, 驚きや, 高等學校に, 鳴物は, 黒い血潮

▼ 私~ (64458, 20.4%)

920 顔を 565 心は 538 心を 497 ような 478 家の 453 方を 425 心に 392 心の 357 ために 354 前に 286 ことを 279 手を 276 ところへ 275 方へ 272 頭の 268 方で 258 家へ 249 方が 248 家に 241 胸に 237 眼の 230 家は 226 眼に 196 うちに 191 やうな, ように 184 知って 180 父は 174 耳に 167 頭に 164 方に 163 方から 161 姿を 160 手に 149 方は 146 目に 133 好きな 127 母は 124 心が, 胸を 121 胸の, 胸は 119 眼を 111 所へ 110 眼は 108 ところに, 眼には 107 記憶に 106 考えでは 101 事を, 頭を 99 言葉を 98 上に 96 名を 93 目の, 部屋の 90 生活は 89 顔に 88 肩に 87 心には 85 注意を 84 傍に, 生活の, 部屋に 83 家では 82 肩を 81 机の 80 話を 79 父が 78 中に 77 父の, 頭は, 顏を 74 身に 73 そばに, 持って 71 家を 70 友人の, 子供の, 部屋へ 69 家には, 腕を 67 魂は 63 母の 62 心も 61 いうこと, やうに, 言うこと 59 口から, 家から 58 場合は 57 様な, 目には 56 処へ, 身体は, 顔が 55 今の, 住んで, 方の 54 前を, 耳には 53 前へ, 手許に, 顔は 52 最初の, 目を, 考へでは, 足は 51 前で, 外に, 宅へ 50 身の 49 胸には 48 仕事は, 手から 46 体は, 母が, 身体を 45 意見を, 手は, 気持は, 耳の, 見るところ 44 傍へ, 名前を, 妻は, 家で 43 最後の, 知る限り, 頭には, 顔の 42 ためには, 為に, 生活を, 知つてゐる, 考えを 41 側に, 前には, 力で, 手の, 様子を, 父も 40 方も, 眼から 39 一生の, 体を, 前の, 周囲に, 所に, 言葉が 38 体の, 妻の, 心持を, 耳を, 膝の, 興味を, 言葉に, 話は 37 ことは, ほうから, 唯一の, 気持を, 目は, 神経は, 考えは, 考では, 頬を, 頭が 36 仕事の, 場合では, 妻が, 妻に, 気に, 現在の, 眼が 35 云うこと, 心臓は, 考えて, 部屋は 34 背後に, 言ふ, 許へ, 魂を 33 からだを, ほうで, 声は, 手で, 書いたもの, 生涯の 32 云ふ, 側へ, 友人は, 生活に, 視線を, 身を 31 夢の, 姿が, 気の, 生活が, 見たところ, 過去の 30 後を 29 命を, 家が, 愛は, 此の, 父と 28 うちには, ほうが, 処に, 宅に, 本当の, 言葉は 27 お友達, ほうは, 代りに, 作品を, 名が, 故郷の, 記憶は, 足を

26 [15件] これまでの, ほうに, ほうを, 室に, 左の, 希望を, 心から, 村の, 気持が, 生きて, 目から, 背中を, 記憶の, 郷里の, 鼻の

25 [14件] ことだ, もので, 乗って, 全身を, 力では, 友人が, 周囲には, 後から, 手には, 精神の, 考えに, 考えるところ, 言うの, 足の

24 [18件] うちの, 下宿に, 云う事, 口を, 大事な, 娘の, 寝て, 心持は, 昔の, 生命は, 生命を, 腕に, 見て, 話が, 身体に, 過去を, 部屋を, 魂の

23 ものだ, 口からは, 姿は, 家と, 家も, 感情を, 手が, 持つて, 見たの, 運命を

22 そばへ, ほうへ, 友達の, 大好きな, 大学, 小説を, 生涯に, 肉体は, 身体の, 鼻を

21 [16件] ためにも, 一つの, 一生は, 兄は, 名は, 命が, 家まで, 枕元に, 申すこと, 眼前に, 空想は, 考へを, 腕の, 荷物を, 身の上に, 髪を

20 [19件] あとを, からだは, すること, ほかに, 両親は, 友人で, 場合には, 好奇心は, 家にも, 態度を, 方にも, 方へは, 為めに, 興味は, 袖を, 身体が, 部屋で, 面を, 首に

19 [22件] ところの, 両手を, 事は, 仕事を, 友人に, 右の, 国の, 声を, 妻を, 室の, 店の, 態度は, 横に, 母を, 父に, 病気は, 知ったこと, 立って, 耳へ, 部屋には, 顔色を, 首を

18 [27件] ことも, ところで, まわりに, 作品の, 力に, 友達は, 口に, 名前は, 周囲の, 命の, 唇を, 夢を, 家でも, 心持が, 手もとに, 生命の, 生涯は, 知人の, 第一, 第二, 経験に, 腑に, 膝に, 詩の, 身は, 顔と, 魂が

17 [30件] ことが, ところへは, ほかには, 個性は, 兄の, 前では, 妹の, 小説の, 小説は, 店では, 後に, 心と, 思って, 思想を, 意志に, 意見は, 感情は, 母も, 着て, 神経が, 考えが, 耳は, 背中に, 背後から, 胸へ, 言葉の, 許に, 隣の, 頭から, 願いを

16 [33件] うちへ, からだに, からだの, すきな, ものです, 世話を, 中の, 個性の, 傍を, 問いに, 声が, 妻と, 存在を, 思惟の, 想像では, 意見に, 手紙を, 気が, 気を, 父を, 生れた家, 生家は, 目的は, 知らない間, 精神は, 経験では, 言ったこと, 説明を, 足が, 隣に, 頬に, 額に, 顏に

15 [27件] すべての, その時, ところから, ところは, 下手な, 今までの, 全身に, 全身は, 夢は, 妻も, 子供は, 帰りを, 弟の, 心にも, 心臓を, 掌に, 故郷は, 方からは, 決心は, 泊って, 窓の, 罪を, 考へて, 耳にも, 背後の, 胸が, 詩を

14 [38件] ことで, ことなんか, まえに, もって, 中には, 今日の, 仕事に, 作品は, 内に, 力が, 友達が, 周囲を, 姿に, 学校の, 家とは, 希望する, 思いは, 思想の, 思想は, 感情の, 或る, 手紙は, 書斎に, 様に, 母に, 甥は, 申上げる, 留守中に, 病気の, 瞳を, 秘密を, 経験から, 絵を, 肩の, 血を, 質問に, 身辺に, 部屋から

13 [60件] いうの, うしろに, お父様, ことに, この頃, これまで, すぐ前, すべてを, ところには, ところへも, ほうの, ものである, 一家は, 二人の, 今まで, 仕事が, 傍らに, 兄が, 国では, 大切な, 女の, 好奇心を, 宅の, 帰るの, 庭に, 庭の, 心では, 恋の, 愛を, 所へも, 手元に, 文学の, 方には, 書くもの, 望むところ, 期待は, 母から, 気持ちを, 為には, 父親は, 留守に, 病気が, 病気を, 眼にも, 研究の, 神経を, 空想を, 窓から, 立場を, 脳裡に, 腹の, 裡に, 言って, 記憶には, 記憶を, 詩が, 身心は, 運命が, 頭も, 頭上に

12 [48件] あとから, ささやかな, したこと, ための, ひそかに, 下に, 下宿の, 主人は, 作品が, 健康の, 側を, 内の, 出て, 努力は, 名も, 命は, 場合も, 女が, 姉が, 子供が, 尊敬する, 少年の, 弟が, 心臓の, 想像し, 想像する, 手首を, 文章の, 方からも, 望みは, 未来の, 本性に, 母と, 留守の, 着物の, 精神に, 考へ, 考へは, 言う事, 言葉には, 計画は, 貧弱な, 足に, 身體は, 運命は, 隣りの, 青春は, 頼みを

11 [71件] うちにおいて, お部屋, すぐ傍, せいで, ところまで, ほんとうの, ものに, ベッドの, 一存で, 一生を, 両親の, 以前の, 住居は, 体に, 健康は, 傍で, 全財産, 写真を, 力の, 友達に, 口の, 喜びは, 外には, 姉の, 嫌いな, 子は, 室へ, 宿へ, 寝台の, 心持では, 心持の, 志を, 性欲は, 想像に, 想像は, 愛が, 愛して, 所では, 指の, 掌の, 書斎の, 村は, 来るの, 歌を, 歯は, 気に入った, 気分を, 求めて, 決心を, 涙を, 為めには, 生命が, 眼からは, 着物を, 知らぬ間, 知識は, 祖父は, 精神を, 考は, 脚を, 行動を, 親父は, 観るところ, 記憶が, 話に, 講演を, 過去は, 邪魔を, 面倒を, 額を, 驚きは

10 [70件] あたま, いう意味, いまの, かおを, ここに, こころは, ことなら, ところでは, まはり, ものと, 一生に, 今度の, 代に, 信ずるところ, 健康を, 内部に, 名前が, 夫は, 如きは, 娘が, 子供を, 実の, 家族の, 小さい時, 小説が, 少年時代の, 幼い頃, 弱さ, 当時の, 心へ, 心配は, 恋は, 恋人の, 愚を, 方じゃ, 方へも, 最も好き, 樣な, 機嫌を, 歌の, 歌は, 気持ちが, 気持の, 生涯を, 申上げた, 番に, 目にも, 真実の, 立場は, 精神が, 経験した, 考へに, 肉体を, 背に, 背後で, 胸倉を, 腕は, 衷に, 視線は, 覚えて, 言ふこ, 話の, 説を, 趣味に, 身には, 身にも, 近くに, 返事も, 部屋まで, 顔も

9 [81件] あとに, いること, お願いを, こ, です, ひそかな, 下宿へ, 不在中, 仕事も, 体が, 体には, 作家としての, 例の, 個性が, 傍の, 先生の, 内へ, 勉強の, 周囲は, 場合に, 多くの, 夫が, 夫の, 姉は, 娘に, 娘を, 室は, 家へも, 師匠の, 幼な, 幼時の, 店で, 店でも, 店は, 心境は, 心持ちは, 想像が, 意を, 意識は, 愛の, 感興を, 態度が, 最大の, 本の, 本を, 本意で, 枕もとに, 爲に, 物を, 物語の, 理解しない, 生命に, 生家の, 生活も, 甥の, 町の, 番が, 眼底に, 瞳は, 知った事, 知つてる, 知らないこと, 知識の, 祖父の, 立つて, 結論は, 罪の, 肉体が, 血は, 行動に, 袂を, 足もとに, 身の上は, 身の上を, 近所の, 返事を, 郷里は, 青春の, 頭脳の, 顔には, 風体を

8 [123件] あとについて, いう事, お母さんは, お父さんは, ここで, つもりで, ところにも, なかに, まわりには, もとへ, やりかた, 一人の, 一番好きな, 上を, 中学時代の, 今日までの, 仲間の, 作の, 作品に, 信念は, 先に, 全神経, 内部の, 前から, 勤めて, 収入は, 叔父の, 問に, 噂を, 声に, 声の, 女に, 女房の, 好意を, 娘は, 嬉しさ, 子では, 子に, 家だ, 家内は, 家庭に, 宿は, 年少の, 幸福を, 座敷の, 弟子に, 影を, 役目は, 心持ちを, 心持に, 心臟は, 思い出の, 思惟から, 性に, 性質として, 恋を, 悲しみを, 想像の, 意に, 意味する, 意見では, 意見の, 意識を, 愛情を, 感じでは, 感想を, 態度に, 所有に, 手紙の, 方でも, 明晰に, 最近の, 望みを, 本は, 本當, 村には, 東京の, 横へ, 正面に, 母や, 注意は, 生れたの, 生れは, 用事は, 申出を, 目前に, 眼や, 知るところ, 立場から, 筆は, 絵の, 網膜に, 考へ方, 聞いて, 肉体の, 肩から, 背を, 脚は, 脳裡には, 腰を, 自由に, 苦しみを, 苦痛は, 荷物は, 血の, 行ったの, 行動が, 見たもの, 言は, 言葉で, 記憶から, 足跡を, 足音を, 身が, 身心を, 郷里では, 隣りに, 靴の, 頭からは, 頭へ, 頸に, 額の, 食慾は

7 [161件] いうところ, いろいろな, お母様の, お願, こと, ことです, この, これからの, せいじゃ, せめてもの, その言葉, そばで, そばを, それは, たった一人, とこの, とこへ, なかの, はその, みるところ, もとに, ものの, やること, よく知っ, わきに, ホントの, 一日の, 主人が, 主人の, 予想は, 予感は, 予期した, 云うの, 云う通り, 云は, 人生の, 人生は, 仲間が, 住居の, 作を, 処の, 分まで, 勝手な, 原稿を, 友だちの, 友の, 句は, 名で, 問ひ, 国は, 境遇に, 夢に, 奇妙な, 女は, 好みから, 姿も, 子供も, 存在が, 存在の, 宅まで, 室には, 家です, 家庭の, 将来の, 少年時の, 居る所, 席は, 帯の, 帽子の, 幸福は, 弟は, 影が, 後について, 後ろに, 心臓が, 性分で, 性格の, 恋人は, 想ひ, 想像した, 想像である, 想像を, 愛情は, 感じて, 感情が, 懇意な, 所で, 所の, 手と, 抱いて, 故郷では, 故郷に, 方こそ, 日々の, 日常の, 日本人である, 服を, 望んで, 本来の, 村から, 来たこと, 横で, 歩いて, 母へ, 気分に, 気分は, 気持ちは, 気持に, 氣持を, 父から, 父親が, 父親の, 理想は, 理解する, 生れて, 生活と, 申す事, 病気も, 目的を, 真の, 眼も, 知つ, 知つた, 知つて居る, 知るかぎり, 知る所, 知人に, 研究は, 神経に, 神経の, 空想が, 素性を, 考えと, 考への, 肌に, 胃袋は, 背後を, 脈を, 腰に, 興味の, 舌を, 見る處, 視線に, 覚悟は, 言う通り, 計画が, 記憶では, 詩は, 話も, 説に, 講演は, 跡を, 身體を, 通って, 過去に, 道を, 部下の, 靴を, 顔ばかり, 願ひ, 鼻に

6 [252件] あなたに, いわゆる, うしろの, うちでは, お母様は, お話は, お金を, からだ, こころに, こころを, この心持, この考え, この言葉, して, すがた, すぐ側, そばから, ところを, ほんとの, まわりを, もの, ものな, やって, やり方が, テエブルの, テーブルの, ベッドに, 一生涯の, 三人が, 上にも, 下宿を, 不安は, 不幸な, 不思議な, 世話に, 両の, 両腕, 中で, 事も, 云ひたい, 五体は, 今いる, 今後の, 仕事と, 他に, 他の, 仲間は, 信ずる所, 信念である, 健康が, 健康も, 側から, 兄に, 兄弟は, 先祖の, 全身の, 内には, 写真が, 処には, 初期の, 力を, 半生の, 印象に, 友達で, 同郷の, 咽喉を, 唇は, 問題では, 場合で, 場合の, 境遇は, 大事の, 女を, 女房が, 女房に, 女房は, 好んで, 如き者, 妹が, 妹を, 娘だ, 子だ, 子を, 子供に, 宅は, 宅を, 室を, 家, 家からは, 少年時代には, 尻を, 幸福な, 幻想の, 幼年の, 弟を, 弱い心, 役は, 待って, 後へ, 心で, 心持で, 心持には, 心持も, 忘れて, 怒りは, 思惟に, 性格が, 恋も, 恋人に, 恋愛の, 恋愛を, 恐怖は, 悟性に, 悲しさ, 想像です, 意図は, 意識に, 愚かな, 愛するもの, 感情に, 感覚は, 懐に, 所謂, 手もとには, 指に, 指を, 提出した, 放浪は, 方です, 方法は, 日記を, 書いた, 書かうと, 最も尊敬, 有する観念, 有する觀念, 来たの, 枕元で, 枕元の, 柄に, 案内された, 様子が, 横顔を, 正面へ, 歩みを, 死を, 死骸が, 母方の, 母親が, 母親は, 気持も, 気質を, 氣持は, 注意が, 無智, 父です, 父親を, 現在は, 生れた時, 生活には, 甥が, 疑惑は, 癖だ, 皮膚は, 皿に, 目が, 目で, 相手に, 相手を, 真意を, 真正面に, 眼で, 眼と, 知つた事では, 知らないうち, 知らないところ, 知人で, 空想の, 筆を, 絵が, 罪は, 考えの, 考へが, 考へるところ, 耳が, 耳元に, 肉体に, 肩へ, 胃袋を, 胸にも, 胸も, 脳裏に, 腹は, 舌は, 良心を, 若さ, 苦しさ, 藩の, 血が, 行きつけの, 裾に, 見た限り, 見る所, 見解を, 視野の, 親友の, 親戚の, 観察した, 観察に, 観察は, 言ひたい, 言を, 試みは, 詩, 誕生日を, 誠意を, 説明は, 読んで, 調べたところ, 講義を, 財産を, 起原の, 身の上話を, 身も, 身代りに, 身体から, 身体には, 身体も, 躯に, 車の, 連れの, 運命に, 運命の, 郊外の, 郷里に, 配偶の, 醒めて, 関心の, 関心は, 隣へ, 頬には, 頭では, 顏が, 顔から, 顔や, 顔色は, 願いは, 首が, 驚きを, 髪の毛を, 髪は, 鼻先へ

5 [360件] いったこと, いつもの, いふこと, いるの, いる家, うしろから, うちにも, お嫁, お尻, きらいな, ことと, この希望, この心, この気持, した事, すぐの, すぐ上, すぐ背後, するの, それと, ただ一つ, だと, どこに, はじめての, ふるさとの, ほうも, ものが, ものを, ペンは, 一切の, 一番の, 一身は, 七八歳の, 上へ, 下宿は, 下駄の, 不安を, 不明を, 不注意から, 世界と, 世界に, 両手の, 主張する, 主張を, 予想が, 予期し, 事が, 事だ, 事で, 事に, 云って, 住所を, 体から, 体も, 使って, 信頼する, 倅は, 個人主義, 個人的な, 借りて, 側には, 傍から, 傍には, 働いて, 兄で, 兄と, 先生に, 先祖は, 先輩の, 全身が, 出来る丈, 出発を, 創作だ, 創作である, 勇気と, 動作に, 動作は, 十四の, 半生は, 原稿は, 友は, 友情を, 叔父が, 口からも, 口は, 同窓の, 名前と, 名前の, 周圍には, 呼吸は, 命に, 命名, 唇に, 喉を, 囲り, 国に, 坐って, 声も, 外套の, 夜の, 夫です, 夫を, 好みで, 好みに, 妙な, 妹に, 妹は, 妻として, 妻との, 姉に, 姉を, 姓を, 姿だ, 娘も, 子の, 存在に, 孫の, 宅で, 室から, 家内が, 家庭は, 宿に, 宿の, 寝床に, 寝床を, 寢て, 尊敬し, 小さいとき, 布団の, 師匠は, 席に, 幸福の, 店が, 店に, 店へ, 座敷は, 座敷へ, 庭には, 弟, 弟子, 役目で, 役目です, 心からの, 心中に, 心持ちも, 心配と, 忠告を, 念願は, 思うところ, 思うには, 思うの, 思想が, 思想に, 性格に, 性欲が, 悩みは, 悪口を, 情を, 情慾を, 情熱は, 想像力を, 意志は, 意見が, 意識の, 感じは, 所は, 所まで, 手では, 手紙が, 手許には, 手頸を, 指は, 指導役の, 挙動を, 掌を, 掌中に, 推理の, 教室の, 散歩の, 文章に, 方だ, 日本人の, 日頃の, 昔からの, 書いて, 書こうと, 書斎へ, 最も愛する, 服装を, 本心は, 本質に, 村では, 村へ, 来訪を, 東京地図, 枕頭に, 椅子に, 横面を, 欲しいもの, 歌が, 正体が, 死が, 母とは, 母親の, 気もちを, 気分も, 気持ちに, 氣に, 決心が, 注文通りの, 洋服を, 流儀で, 熱心に, 爲には, 父親も, 物語に, 理性は, 理想の, 生みの, 生れたところ, 生れた村, 生活, 生活から, 生活について, 生涯にとって, 甥に, 申し上げること, 番だった, 疑いは, 疑問に, 疑念を, 疲れは, 発明した, 発見した, 目からは, 直観と, 眉を, 真似を, 真実を, 眠って, 眠りを, 眼前には, 眼底には, 瞼の, 知ってる限り, 知らない事, 知らない人, 知らぬ人, 知人は, 知己の, 研究も, 確信を, 祖母が, 祖父が, 私の, 秘密の, 立場に, 立場も, 竹馬の, 筆の, 答弁は, 精一ぱいの, 結婚の, 老母は, 考えじゃ, 考えだ, 考えである, 考えも, 考え方は, 考へたこと, 耳もとに, 耳許で, 肩は, 胃の, 胸から, 胸で, 脳髄の, 腰の, 腹を, 膝へ, 船は, 良人は, 芸術が, 苦心の, 落度だ, 著書が, 藩では, 藩は, 行くところ, 行くの, 行く道, 行った時, 行動は, 行手を, 表情を, 袂に, 袴の, 要求する, 見聞の, 見解は, 見誤り, 視野に, 親は, 親父の, 親類の, 観察では, 解釈の, 言ひ, 計畫, 記憶し, 証明は, 誕生日に, 誕生日の, 説は, 説明が, 読書の, 論文の, 講演の, 議論の, 貌を, 財布には, 財産は, 質問には, 質問の, 質問は, 質問を, 趣味から, 足もとの, 足もとを, 身辺の, 身體が, 近づくの, 運が, 運の, 過去が, 道は, 醜さ, 量見, 長い間, 長兄は, 長年の, 門下と, 間に, 隠れて, 霊魂は, 霊魂を, 青春も, 頭と, 頭にも, 頭や, 顏の, 顔へ, 顔色が, 願を, 食事の, 首筋に, 馬の, 髪の, 魂に, 鼻が

4 [560件 抜粋] あなたを, いうよう, いう第, いって, いのちは, いふの, いままで, いままでの, いま住ん, いる所, うちは, うれしさ, おかげで, お父さんの, かえるの, かぜは, かねての, かわりに, こころの, こしら, ことな, このよう, この企て, この場合, この意見, この態度, この話, この説, これらの, ごときは, さきに, しようと, するが, するまま, する事, せいに, その後の, その日, それを, たった一つ, たつた一人, たましひ, は, はそれ, ほうには, まごころ, もう一つ, ものだった, やり方は, アパートへ, タクシは, テエブルに, ドアを, ノートには, 一生涯を, 一身を, 上から, 下の, 下痢は, 不断の, 不機嫌, 不注意を, 世界は, 両肩, 両親も, 中学時代に, 主人公は, 主張は, 乱暴な, 乳母が, 予言は, 二階の, 云う意味, 云ったの, 亡い, 亭主の, 亭主は, 人格が, 人生に, 人間としての, 仕事, 仕事だ, 仕事である, 仕事について, 他には, 伜は, 住居に, 住居を, 体験を, 何よりの, 作が, 作品集を, 信じて, 信じ易い, 信ずる如來, 信仰が, 信仰を, 個々の, 借金の, 元の, 兄も, 先の, 先生は, 先輩である, 入って, 全身には, 内で, 内心は, 写真は, 凡ての, 処では, 処を, 分も, 判断の, 判断を, 別にも, 前でも, 力と, 勇気を, 十三の, 十九の, 半生に, 卓子の, 印象の, 友だちは, 友人, 友人たちは, 友人である, 友人と, 友人を, 叔父です, 口へ, 句を, 可愛いい子供, 右足が, 同僚の, 名, 名だ, 名儀, 名刺を, 名前も, 名誉を, 告白を, 周圍に, 味方に, 呼吸が, 唇も, 問題に, 問題は, 器量の, 地方では, 地方の, 坐つて, 多年の, 夢も, 天窓を, 失敗でした, 奥さんです, 女主人公南家藤原郎女, 好む風景, 如きも, 如きもの, 妄想は, 妹と, 妻で, 妻などは, 始めて, 始めての, 姓は, 姪が, 嫌悪は, 子供と, 子供らしい, 存じて, 存在は, 孤独な, 孤独の, 孤独を, 学問は, 学校は, 実家は, 実見した, 室, 室まで, 家との, 家などは, 家へは, 家内も, 家庭を, 家族が, 家族は, 家来の, 寝室へ, 寝床の, 察する, 専門の, 小説, 小説と, 小説に, 居ない間, 居るの, 属して, 山の, 左右の, 巴里, 希望し, 希望に, 希望は, 師匠である, 帰って, 帰りが, 平和を, 年を, 年齢は, 幼いころ, 幼い心, 幼い時, 幼い記憶, 床を, 店には, 弟子と, 弱点を, 影に, 役目を, 後ろから, 後姿を, 心だけは, 心もちと, 心もちは, 心もちを, 心持, 心持から, 心持ちが, 心掛けが, 心配し, 心配する, 念頭に, 念頭を, 思い違いかも, 思うよう, 思う壺, 思う通り, 思った通り, 思ひも, 思ふには, 思惟が, 思想と, 性格を, 性質が, 性質と, 性質に, 恋人が, 悔いは, 悲しい心, 情熱が, 想像力が, 意の, 意図する, 意志が, 意志を, 意見と, 意見も, 愛すもの, 愛情の, 愛撫を, 愛読する, 感じたこと, 感じたの, 感想は, 感覚に, 感謝の, 憂鬱を, 懐中に, 戀の, 成長の, 我儘を, 手へ, 手も, 手もとへ, 手紙に, 手際では, 批評の, 承諾を, 持論である, 捜して, 掌には, 接触した, 推察が, 教育に, 敬愛する, 文学を, 文学上の, 新らしい, 旅の, 旅は, 旅情を, 日記の, 日記は, 時間は, 書いたの, 書きもの, 書き物に, 書斎で, 書斎には, 最愛の, 朝の, 期待を, 未来は, 本名は, 本性が, 村に, 枕もとで, 椅子の, 様子に, 樣子を, 欲しいの, 歌に, 母, 母である, 母とを, 母に対する, 気に入って, 気もちが, 気もちに, 気もちも, 気嫌を, 気持と, 気質が, 泊つてゐる, 泣くの, 災難を, 為し得ること, 為と, 無意識から, 父には, 物だ, 物に, 物心ついた, 物語を, 現在が, 理性が, 生き方が, 生き方は, 生れた町, 生を, 生命と, 生存を, 生来の, 生涯も, 田舎の, 甲羅に, 申すの, 男が, 町から, 町に, 疑問は, 疑念は, 疑惑を, 病氣は, 癖で, 癖の, 皮膚の, 監房の, 目的では, 盲腸は, 相手は, 省察の, 眼では, 眼先に, 知ってる人, 知らないもの, 研究を, 祖母の, 祖父, 空想に, 窓に, 窓を, 第六感の, 箱は, 精神と, 経験が, 経験を, 絵に, 美くしい, 義兄の, 義務だ, 義務である, 義務と, 習慣の, 考えたこと, 考に, 考を, 耳もとで, 耳元で, 耳朶を, 肉体と, 肘を, 肱を, 胸中に, 胸底の, 脳裡を, 腕で, 腦裡に, 腰は, 膝を, 良心は, 芝居の, 芸術の, 若い友人, 若い時, 若い時分, 蒲団に, 蒲団の, 行こうと, 行為を, 衷情を, 袖に, 見たこと, 見た事, 見た所, 見た時, 見る夢, 見做, 見解では, 視線と, 視野から, 覗いて, 親しい友達, 親の, 親切を, 親友で, 親友に, 親愛な, 親父が, 親父も, 言ってるの, 言つた, 言わんと, 訊くこと, 訪問の, 詞を, 詩も, 詩集, 誠心が, 説の, 読んだ限り, 講義の, 議論は, 議論を, 貞操は, 財布の, 財布は, 趣味を, 足へ, 足も, 足許に, 足跡は, 身の上も, 身内に, 身心の, 身辺には, 身辺を, 身體に, 近来の, 進んで, 運動を, 過去と, 部屋, 部屋が, 部屋と, 酔は, 関係した, 関心を, 霊は, 面上に, 面前で, 面白いと, 音楽の, 頬の, 頬へ, 頭脳は, 頭髪を, 頸を, 顔, 顔さえ, 顔とを, 願うところ, 風邪は, 馬が, 馬を, 驚いたこと, 驚いたの, 驚きと, 骨の, 體は, 髪の毛が, 黒焦, 鼓膜を, 鼻と, 鼻先に

3 [1034件 抜粋] あこがれの, いうとおり, いちばん好きな, いない時, いま持っ, いろいろの, うしろで, うしろを, おも, お供に, お姉さん, お弟子さん, お母さんに, お母様に, お父上, お話が, からだから, かわいそうな, ことじゃ, ことなどは, このやう, この五年間, この心持ち, この最後, この論文, すぐそば, すぐ眼, すべては, する通り, そうした気持, そばの, それが, それまでに, ためで, ためなら, できること, とこで, となりの, どこかに, なかで, はうを, はまだ, ふところに, ほうからも, まだ知らなかった, ものは, やつた, わきで, ウチへ, カバンの, ジャケツを, ノートの, ポケットに, 一命を, 一家を, 一方の, 一生には, 一番親しい, 一身に, 一高時代の, 三人で, 下を, 不安な, 不幸は, 不満は, 両脇, 両親が, 中から, 中学校の, 主張が, 主張な, 乳を, 予想を, 予期に, 事, 事について, 二つの, 亡き母, 亭主を, 今日まで, 仕業だ, 任意の, 伜が, 伴れ, 住む伊東, 体だ, 体内に, 佗しい, 作品には, 來る, 依頼に, 係りの, 信念が, 修行場の, 借金は, 傍ばつかり, 兄だ, 兄を, 兄弟を, 先祖が, 入ったの, 全作品, 全生命, 全身から, 全體, 六つの, 内は, 内心に, 写真の, 処で, 処女作は, 分に, 切なる, 前後の, 力でも, 力にも, 助手として, 努力が, 努力の, 勉強は, 動脈は, 勝手に, 十二の, 十八の, 卒業した, 卒業の, 厭な, 友に, 友を, 友人には, 友人達が, 友達と, 叔母の, 取越し苦労, 受持の, 古里は, 叫び声に, 右手の, 同意を, 名の, 名前や, 周囲から, 呪詛われた, 命令に, 咽喉は, 品性を, 唇の, 商売と, 商賣, 問には, 嗅覚に, 嘘は, 困惑は, 地位に, 地位を, 場所に, 墓を, 夢では, 夢みて, 大切に, 大好きだった, 夫と, 奇麗な, 女房でございます, 好きだった, 妹で, 妻であり, 妻では, 妻への, 姉や, 娘です, 嫌な, 子供たちの, 子供時分の, 存在をも, 学位論文と, 学生時代の, 学説は, 孫が, 宅でも, 宗教の, 家にとっては, 家へでも, 家内と, 家族を, 宿命が, 寄寓し, 密旨は, 寝室の, 寝息を, 寺へ, 小さかった, 小学校の, 小説集の, 居たの, 居る処, 居間へ, 左側に, 左手を, 師匠東雲師の, 席を, 帰宅を, 幻し, 幼い日, 幼年時代の, 床は, 座って, 庭にも, 弟と, 弟子を, 形を, 彫刻を, 役目と, 従弟の, 復讐の, 微笑は, 心にだけ, 心よ, 心事は, 心境を, 心身は, 必死の, 志の, 思いの, 思い出を, 思つてゐた, 思ひ出, 性分だ, 性分に, 性情は, 性質は, 恋人だ, 恋人を, 恩人だ, 息が, 恰好が, 悪いところ, 悲しみは, 惡い, 意味が, 意味は, 意志とは, 意志によって, 意見には, 愚かさを, 愛情に, 感受性を, 感覚の, 態度なり, 態度も, 憧憬は, 所から, 所へは, 所有では, 手によって, 手より, 手中に, 手元には, 手柄に, 手腕の, 手許を, 抒情的世界って, 担当の, 拵へ, 持物を, 指先が, 捕物帳の, 推理は, 放蕩は, 救いを, 敵では, 文学が, 方だって, 方向を, 日記には, 旧友達, 時には, 時間を, 書いた小説, 書いた物, 書斎を, 曾て, 最も好む, 最も親しく, 朝夕の, 未来を, 本心が, 本性を, 机に, 机を, 村を, 枕の, 枕辺に, 椅子は, 楽しみに, 横を, 欠点を, 欲するところ, 歎き, 正気だ, 歩んだ道, 歸り, 死んだ子供, 母へは, 毎日の, 気がかりに, 気に入るよう, 気も, 気分の, 気持である, 気質に, 汗は, 注目を, 流儀に, 涙は, 潔癖が, 無意識の, 無言の, 熱心な, 父といふは, 父なども, 父兼松は, 物は, 犬も, 現実に, 理性の, 理想と, 理解した, 理論を, 生まれる前, 生命にも, 生活にも, 生涯から, 生涯で, 生父, 用件を, 申し上げたこと, 町には, 番だ, 疎開し, 疲れ, 病室へ, 病的な, 病院へ, 癖な, 皮膚を, 目下の, 目的であった, 直ぐ背後, 直観に, 真心を, 真面目な, 眼前で, 眼界から, 眼鏡の, 着物は, 瞼に, 知ってる範囲, 知つた事ぢや, 知らない世間, 知りあひの, 知れる限り, 知人である, 知合の, 研究が, 確信が, 祈りを, 祖父にあたる, 秘かに, 空想だ, 立つ瀬が, 立場としては, 笑ひ, 第三, 答えは, 答を, 素足を, 経験と, 結婚に, 罪, 罪状を, 義務として, 義弟の, 羽織を, 習慣に, 考えとしては, 考が, 考案した, 耳許に, 聲を, 肖像を, 肩にも, 胃袋に, 背中は, 背後には, 脈は, 脚の, 脳裏を, 腕が, 腦髓を, 腰かけて, 腹が, 膝が, 自由だ, 興奮した, 船室の, 良人と, 良心に, 芸術に, 若い友人達, 若い頃, 若き日, 苦しみが, 苦悩は, 苦悶は, 荷物に, 著書の, 薬の, 藩で, 血と, 行く手を, 行く末を, 行末を, 行為の, 行為的直観とは, 裡で, 製作は, 要求は, 見たいと, 見つめて, 見聞した, 視界に, 視線の, 親が, 親戚に, 覺えて, 言いたいの, 言うとおり, 言ったとおり, 言葉も, 記憶する, 記憶にも, 記録を, 許を, 訴訟の, 誕生日で, 誤りで, 誤謬を, 読んだ本, 請を, 貞操を, 貧乏は, 責任です, 責任は, 趣味は, 足下に, 足許へ, 足音に, 身うちの, 身の上にも, 身体へ, 身内の, 身心が, 身辺も, 躯を, 軽はずみを, 農場の, 近所に, 追想は, 運命, 運命な, 道楽な, 邸へ, 部屋です, 都合を, 野心は, 釣りの, 鏡の, 長男である, 間には, 間を, 陋屋を, 隙を, 雪の, 非常に, 音楽に, 頭脳に, 頭髪が, 題は, 額や, 顏は, 顔ばかりを, 顔面は, 食慾を, 食膳を, 首は, 馬に, 髪の毛と, 髪の毛は, 鼻は

2 [2934件 抜粋] あこがれて, あの手紙, ありのままを, いい気な, いた家, いないこと, いふ構想力, いる間, うつろな, おとうさんだ, お仕事, お家へ, お父さんを, お話ししよう, お酌, かくも, からだが, こうした行動, ことでございます, ことまで, この恋, この文章, この眼, この言い現し, これを, ごとき者, しわざ, すぐ頭, せいだ, その頃の, それらの, ためだ, ぢや, ではありません, とこには, ところでも, にし, はアグニ, ばけもの, ふりむきざま, ほかは, まだ知らない, まぼろし, もっとも愛する, ものでなく, やさしい心, やり方も, ようなつまらぬ, わがま, をお, アパートの, ウチよ, コゼットを, システムだけは, チョッキの, ネクタイへ, ペンの, ホテルを, ミューズの, ワガママと, 一存でした, 一生で, 七つか, 上にまで, 下僕は, 下車する, 不徳を, 不行屆, 世界には, 両手で, 中なる, 丹誠で, 主人も, 主義は, 乘つてゐる, 予期しなかった, 事に関して, 二人は, 二十歳と, 云い得ること, 五つで, 亡父の, 人力車夫は, 人間的な, 仕えて, 仕事にも, 代にな, 仲を, 会話は, 伴奏を, 低さ, 住家に, 住所録を, 体中に, 何でも, 余命は, 作つた歌が, 作歌の, 保子さんに, 信心への, 信用を, 倅が, 借りた家, 健康状態が, 傷に, 元気を, 兄弟です, 先輩な, 全く思いがけなかっ, 其処に, 内生活, 冥想は, 処まで, 出した本, 出来ること, 分だけ, 初練習, 別に, 制止も, 前まで, 前掛, 前途を, 力でなく, 努力だった, 動きぶりを, 勝手気儘な, 医者は, 十六七の, 印度に, 厄介に, 友人室生犀星その, 友人達も, 友達という, 収入から, 叔父は, 口からでも, 句が, 右手に, 同伴は, 同室者は, 同級生が, 名では, 名声が, 否定の, 味方な, 命令を, 哲学を, 唯一人の, 問題の, 喜びでは, 器量では, 四肢は, 堕落を, 塾の, 声と, 外套を, 夢でも, 大の, 大森の, 夫よ, 失望を, 女としての, 女房には, 好みでも, 好意が, 妙に, 妻とが, 姉です, 姪の, 娘で御座います, 子供じゃ, 字は, 学んだこと, 学説の, 守護霊に, 宗教心であり, 実母が, 室で, 家じゃ, 家な, 家までは, 家庭生活を, 宿を, 寐て, 寝床まで, 寺を, 尋ねて, 小さい時分, 小さな心, 小屋に, 小説勉強, 少年時代夢想の, 居ないのに, 居心の, 屍体を, 左手から, 希望であります, 師であった, 帰るまで, 年に, 幸福に, 幻想を, 幼さ, 幼時から, 庭で, 引越しの, 当惑は, 影も, 役目, 待つて, 後方に, 従兄弟が, 御話, 心にと, 心一つです, 心意気じゃ, 心眼を, 心象の, 忍び得る所, 忠告では, 念願である, 思いが, 思いを, 思ってる事, 思ふ様, 思想や, 怠慢を, 性格的な, 怪しき洋服, 恋人も, 恥辱です, 息の, 悟性の, 悪夢の, 悲惨な, 想像も, 想念は, 意味しよう, 意志, 意見で, 愚痴を, 愛人は, 感じたもの, 感傷は, 感想も, 感覺に, 憧憬の, 懐中が, 懺悔話を, 我儘も, 所からは, 所有と, 手でも, 手下ながら, 手兵も, 手紙に対して, 手許から, 手際が, 批判者の, 抵抗論は, 持つ抵抗力, 指さきも, 挙動に, 採集した, 推測を, 提唱する, 放浪する, 教えて, 敬服に, 敵よ, 文学は, 料簡を, 新発見, 方ばかり, 旅行は, 日本人たる, 日課に, 春の, 時間の, 暗い半身, 書いたばかりの, 書くよう, 書棚を, 最も多く, 最も親しい, 最近に, 望むこと, 未熟な, 本名を, 本棚には, 机も, 来た事, 東京に, 枕頭の, 根気に, 極楽を, 横手の, 次の, 歌にも, 此處に, 歩調は, 死は, 死んだ父, 殺した男, 母以上に, 母様の, 気に入らない, 気もちは, 気持, 気持という, 氣の, 江戸文学の, 沿うて, 注文は, 浅ましい姿, 海の, 淫慾に, 滞在し, 演題は, 火の, 為事の, 無能力という, 煩悶や, 爪の, 父で, 父に対して, 父親, 物よ, 犬の, 独房の, 狹い, 理性も, 理知は, 理論は, 生きる流儀, 生は, 生れた五月, 生れた小石川, 生れ育った新潟市, 生家と, 生活である, 生活態度や, 生長は, 用を, 申しますこと, 申し上げる話, 町は, 留守を, 疑問を, 疲労を, 病床を, 症状を, 癖である, 発見が, 皮膚に, 目ざして, 目的も, 直覚は, 看病に, 真心は, 眼からも, 眼前の, 眼鏡が, 着物が, 瞼は, 知らないこの, 知らない矢田津世子, 知りあいの, 知る範囲内, 知合いの, 破滅, 社の, 祖母や, 神経には, 科学的の, 空想とは, 窓へも, 立場として, 第六感が, 答弁の, 精神史の, 純潔, 素振りを, 組の, 結論を, 編みだした速記, 罪も, 義兄に, 老いかけた, 考えたの, 考え方が, 考へとは, 耳へは, 聯想は, 肉を, 肋膜は, 股の, 胃の腑は, 背中から, 背骨を, 胸一つに, 脚が, 脣を, 脳裏には, 腕へ, 腹案の, 臥床に, 自宅へ, 自殺の, 自由です, 舌の, 芝居を, 苗字は, 苦しい立場, 苦手だ, 草鞋は, 落伍者への, 著書と, 蒐集も, 處で, 蚊帳には, 血液と, 行きどころ, 行く手に, 行方を, 表で, 袂には, 製作の, 見たあなた, 見た写真, 見る色彩, 見覚えの, 視線から, 親も, 親父には, 観察を, 角で, 言う意味, 言の, 言葉では, 言説を, 記念として, 許には, 訳文は, 評釈の, 詩集の, 話で, 認識は, 誤謬, 説諭を, 論拠は, 謂う教育家, 證文を, 谷中の, 貧しい才能, 責任で, 貯金の, 質問に対する, 足など, 跫音に, 身の上の, 身体など, 身勝手な, 身體も, 軽率な, 近くまで, 返事の, 送って, 通信は, 遊蕩を, 過去には, 道楽仕事じゃ, 部下が, 郷国の, 郷里でも, 配偶は, 野心なんかに, 銀杏返しの, 鑑定では, 門まで, 間違ひであつ, 限りなく, 隣家の, 難を, 青い鳩, 青春よ, 非難の, 靴先に, 頬っ, 頭腦の, 顎を, 顔にまで, 願は, 飲み相手, 馬は, 驚きが, 體が, 鬱陶しい瞑想, 鼓動が, 鼻先き

1 [18609件 抜粋] ああした仕事, あの作品, あらゆる望み, いいえ霊, いう通り, いた明舟町, いつわらぬ気持, いましたばかりの, いる方, いわゆる自己自身, うれしがり, おとなしすぎる, お人形, お得意さ, お父つぁんは, お話致します, かういふ懸念, かつて指摘, がわから言え, くちから湯気, こころから, ことのみ, この一つ, この問い, この後, この案, この真心, この過失, こんな奴隷状態, ごとき無学, さびしい心, すくもの, すむ太平洋岸, そういう思い出, その不幸, その生来, それよりも, ただ今の, ためにだって, ちんぽこを, つまらぬ身の上話, とおりに, となりにつれ, どこか, なじみの, ねがいは, はたった, は三時半, は宗教, は白く, ばかばかしさ, ふしぎに, ほうだけが, ぼんやり記憶に, まったくの, めくら腰, もどかしい気持, も三時半, やるべき外まわり, よく言い得ない, よんだの, ゐる卓, アコガレの, ウカツさを, オロチョンの, クラスからは, コンヴエンシヨナルな, ジャン・クリストフを, ゼイタクは, トラピストに, ハイカラは, パリの, ファンだった, ベッドにも, マリーや, ランプが, ワイシヤツの, 一伍一什を, 一寸いた, 一流ピアニストとしての, 一番嫌ひな性質の, 一身から, 三人だった, 上げた御, 上機嫌を, 下宿出来る, 不名誉には, 不才に, 不誠実という, 世界が, 両親と, 主なる, 主義だったであろう, 乗つてゐた, 乳房が, 予言的な, 事務局と, 二倍より, 二階で, 云ふと, 亡くなつた女房, 人一倍多感, 人生には, 今いった, 今日までは, 仕事で, 仕掛けた草わな, 仮定すなわち, 企ては, 伝授に, 住むこの, 住居へ, 体量は, 余技は, 作品と共に, 作風が, 侮辱に, 信仰であります, 修養は, 借家は, 側につつ, 傷です, 元気な, 兄弟で, 先生がね, 克ちえた賞, 入院日數の, 全身心とも, 兵卒よ, 内心自慢の, 冗談です, 冷淡は, 処置には, 出品し, 出立には, 切なる希い, 判ずる限り, 利己心も, 前でだけ, 前途も, 劍幕が, 助手です, 勉強室で, 勝利を, 医院へ, 半人前の, 卓子へ, 危険の, 去年の, 友人だ, 友達みた, 叔母です, 取出した金, 受驗生, 古い友達, 句中から, 可愛いい可愛いい娘, 号に, 同意が, 名によ, 名誉であり, 吾, 呼んで, 咳は, 唯一人識って, 啻ならない, 嗅覚は, 四ツの, 困厄, 国語を, 地位じゃ, 埋葬の, 場合が, 境地ほど, 声色を, 外出する, 夜具衣類を, 大きな太鼓, 大忙しの, 天に, 夫に対して, 奉仕を, 女房なんか, 好む国, 如き青二才, 妹分にも, 姉さんも, 姿さへ, 娘として, 嫉妬はずゐ, 子供たちや, 字引は, 学問的欲求の, 学生生活における, 宅までや, 宗教です, 実印は, 実行的生活が, 宴会に, 家ほど, 家族などに, 宿には, 寄席修業の, 寝棺です, 対照は, 尊敬の, 小さい網, 小品が, 小説では, 少女時代には, 居たすぐ, 居る建物, 屍骸は, 巣の, 巴里に, 師匠だ, 帰れないわけ, 常識という, 年は, 幸福とは, 幼名が, 底に, 座蒲団を, 弁論は, 弟子として, 強い興味, 形という, 役目でした, 後姿に, 従来作つた書物の, 御相談相手, 徹底的に, 心はわ, 心境その, 心持さえ, 心耳を, 忌まわしい疑い, 快感は, 思いでも, 思う人, 思念が, 思考は, 性情に, 性質の, 恋心が, 恥だ, 悔恨は, 悪心から, 悲哀を, 惚氣は, 想像通り行く, 意思に, 愚かさ, 愛する一人, 愛情には, 感じたことかいた手紙, 感嘆は, 感謝を, 慾目先刻お, 懇願もだしがたく, 成人する, 戦闘準備は, 所信を, 所有物では, 所謂証拠なる, 手並を, 手文庫の, 手落ちに, 打たれた頬, 投げた半分, 拔殼の, 持った大判小判, 指してる大小, 振り返つて, 掛け合いに, 推定するごとく, 推賞する, 揚げ足を, 放浪も, 故郷を, 教区の, 敬愛の, 文化性に, 文庫から, 断案である, 新芽よ, 方のは, 旅日記の, 日常にも, 日記文の, 早寝早おきは, 時代の, 暗い一生涯, 書いた一文, 書き進む心, 書画宝石は, 最も嬉しい, 最大希望でございまし, 有頂天に, 望む地, 末路ッたらありゃしない, 本意でありません, 本願で, 来たわけ, 枕元には, 根據の, 植物知識を, 構えに, 横ッ面へ, 欠くべからざる生活品, 欲念を, 歡迎茶話會を, 此本を, 歯を, 死んだ原因, 死顔を, 母でございました, 毎日が, 気に入ったホテル, 気性でございます, 気紛れにも, 氣高き, 求道の, 沈んだ様子, 法衣とか, 洋服は, 流義を, 涙袋も, 清書には, 滞欧中の, 濁創, 無一文を, 無責任, 熱中した, 父さんが, 父母に対しても, 片頬, 特別学生二人, 狂態も, 狼狽と, 現世の, 理想から, 甘言に, 生まれた家, 生れた所, 生前の, 生家にも, 生活信條であり, 生理状態を, 用談を, 申し納, 町へ, 留守中二人は, 當番も, 疲労も, 病氣と, 癖みたいな, 発見した誤, 白痴の, 目じるし, 目配せが, 直観だけの, 真しな, 眠れる心臟, 眼界は, 着眼が, 知ってる人々, 知らない奥羽, 知らぬところ, 知る父, 知覺しなかつた, 石器時代研究に, 確信する, 祖母であり, 神私の, 私版本の, 秤は, 究明発展は, 窃み聞きした, 立場, 競爭者を, 第六交響曲, 答へで, 粗雑な, 糊口すぎを, 素人目に, 紳士的礼譲も, 経済論の, 結婚相手が, 絶大な, 緑の, 罪という, 美しい羽毛, 義父さんも, 老母に, 考えるには, 考へるもの, 耽つて, 聞込みに, 職業意識とでも, 肖像も, 育ったうち, 背の, 胸にだけ, 脇の下へ, 脳が, 腕時計の, 腹癒せだ, 自伝的作品の, 自惚れた言, 自由でやろう, 致しました一々, 良人でございます, 花嫁のです, 若い友達, 苦しみよりかい, 苦痛や, 荘園の, 著書では, 蔭で, 藩邸から, 血から, 行きました時, 行ってた時, 行李は, 表情と, 裏に, 西洋の, 見たよう, 見た景色, 見事な, 見聞も, 視線とが, 親しみを, 親戚, 観察の, 触角に, 言った通, 言説に対する, 記念日では, 訪ね方, 訳に, 評判随分, 詩風としては, 話にも, 誓いの, 誤ったやり方, 読みましたもの, 調べた結果, 論難に, 警告文が, 豫想に, 貧しい作家, 責任における, 貸借対照表は, 赤ん坊よ, 趣味性を, 足跡に, 身にな, 身上噺が, 身分相応の, 身體には, 転換だ, 迂愚を, 返答や, 追ふ, 這入つたの, 逢ったの, 遊び半分の, 過ちと, 道であろう, 遣り過ぎたいたずら, 避けた方, 部屋でばかり, 郷邑の, 酔いに, 野蛮な, 鉛筆の, 鎖のと, 長い西洋, 長靴を, 間違ひだらう, 陋屋から, 隠れ場所を, 集りでした, 雷の, 静岡と, 靴音を, 領分に, 頭位は, 額からは, 顔をに, 願つても, 食べもの, 飲み仲間, 首すじの, 驚いた様子, 體ぢう, 鬚の, 黒いアルパカ

▼ 私~ (27719, 8.8%)

157 それを 113 ここに 111 自分の 67 何か 65 私の 59 彼の 56 あなたの, 何を 54 自分で 53 これを 52 持って 50 ここで 47 行って 46 悪かった, 知って 44 前に 42 子供の, 此の 41 見て 40 あなたに, あなたを 39 始めて, 最初に 38 今まで 37 目を 34 一人で, 先に 33 これまで, 出て, 彼を, 手を, 東京へ 30 ここへ 29 こ, 眼を, 言った 28 それに, 悪いの, 或る 27 家に, 帰って, 生きて, 言うと, 黙って 26 何も, 彼に, 彼女を, 顔を 25 あの人, 勝手に 24 行くと 23 彼女の 22 この家, 持つて 21 ついて 20 こんなこと, 先生の, 答えると, 酒を 19 一緒に, 生れて 18 そんなこと, やって, 彼女に, 悪うございました, 日本の 17 このよう, その時, 何の, 東京に, 考えて 16 そこへ, 云うと, 立って 15 そこに, 云ふと, 傍に, 入って, 教えて, 母の, 訪ねて, 話を, 連れて 14 いうと, こうやっ, 例の, 口を, 君を, 寝て, 抱いて, 死んで, 聞いて

13 [15件] いった, お前の, そう云う, ひそかに, 先へ, 君に, 妻を, 御案内, 心を, 悪いん, 悪かつ, 死んでも, 第一, 貴方の, 非常に

12 [14件] 云って, 君の, 思惟する, 手に, 斯う, 書いて, 来て, 此処に, 気を, 茲に, 見たの, 見ても, 言うの, 責任を

11 [22件] これらの, 他の, 代って, 代りに, 女を, 存在する, 家へ, 家を, 惡う, 手紙を, 斯うし, 斯んな, 最初の, 最後に, 歩いて, 父の, 知つてゐる, 私自身を, 言ふと, 貴方に, 買って, 身を

10 [28件] いつもの, お前に, こちらの, この手紙, すべての, そのよう, それらの, そんな事, ひとりで, 今迄に, 出して, 取って, 大阪に, 学校を, 少年の, 引受けて, 心配し, 急に, 想像する, 明晰かつ, 本を, 神を, 私が, 自分に, 送って, 遊びに, 金を, 首を

9 [29件] お供を, こちらへ, このこと, この前, この話, そのこと, 今度の, 助けて, 名前を, 声を, 如何に, 姿を, 小学校の, 曾て, 机に, 来てから, 此処で, 死ねば, 殺したの, 殺しました, 物を, 着物を, 笑うと, 答えた, 聞いた, 見た時, 言って, 説明する, 足を

8 [34件] あれほど, いえば, いつまでも, お前を, この土地, こんな事, さきに, して, なにを, 云った, 今迄, 住んで, 側に, 先生を, 八歳の, 心の, 思うに, 探して, 書いたの, 東京の, 無理に, 熱心に, 神から, 筆を, 答へ, 結婚した, 自分を, 自由に, 覚えて, 身の, 這入って, 通って, 間違って, 黙つて

7 [66件] あの女, あの子, いつでも, お嫁, かうして, こう云う, ここまで, こちらで, こちらに, この国, この小説, この時, これまでに, そういう, その人, その前, どこへ, はいって, ほんとうの, ものを, よく知っ, わるかった, ダージリンに, 一つの, 一人の, 世話を, 二度目に, 今の, 今は, 今日の, 今日まで, 仕事を, 働いて, 兄さんに, 先生に, 入学した, 参って, 嘘を, 女に, 好んで, 妻の, 学校から, 年を, 彼と, 彼等の, 心に, 急いで, 息を, 悪いから, 惡かつ, 日本で, 此処へ, 理解する, 目に, 直接に, 知るもの, 行った時, 言つた, 訊くと, 話して, 読んで, 諸君に, 身に, 附いて, 頼んで, 驚いたの

6 [83件] あとで, いって, いふと, いままで, お嬢さま, お話を, お預り, きくと, この事件, この本, この物語, そうやっ, そう言う, そこで, どうかし, どんなにあなた, なんの, 七つの, 三角形を, 上って, 中へ, 中学の, 二つの, 人の, 人を, 今から, 以前に, 何かの, 先生から, 処へ, 前から, 前の, 十六の, 卒業し, 去年の, 取つて, 右に, 名を, 大切に, 大学を, 子供を, 学校の, 家の, 小学校へ, 師匠の, 彼等に, 怒って, 思うの, 悪う御, 想像し, 感心した, 日本に, 日本を, 最後の, 本当の, 歌を, 死んだ後, 江戸に, 海へ, 涙を, 煙草を, 病気に, 病院に, 相手に, 神に, 私に, 私自身に, 経験した, 考へて, 腰を, 腹を, 自身で, 自身に, 蜜蝋を, 見ると, 言葉を, 説明した, 調べて, 部屋を, 開けて, 頭を, 頼まれて, 顏を

5 [158件] あなたと, あの, あの男, あわてて, あんたを, いいもの, いくらか, いそいで, いたします, いないと, お使い, お前達に, お宅, お酌, こう言う, この世に, この人, この作品, この問題, この女, この店, この眼, この部屋, これから述べよう, これほど, すぐに, そこの, そこまで, そこを, その上, その中, その場, その方, それについて, それまで, ちょいと, つれて, どうでも, どんな風, ぼんやりし, まだ子供, もって, やうな, ゆくと, ラサ府に, 一切の, 一生懸命に, 一番よく, 三つの, 上に, 上野の, 主人に, 之に, 二階で, 云つた, 云ふ, 云へば, 京都に, 人に, 今ここで, 今この, 今までに, 以上の, 仮定した, 何にも, 何よりも, 何等かの, 何者である, 作ったの, 來てから, 信じたの, 借りて, 側へ, 先で, 入つて, 其処に, 出します, 到着した, 十九の, 十年前に, 叔父の, 口に, 困るから, 困るじゃ, 外を, 大学の, 大阪から, 女である, 女の, 好きで, 嫁に, 尋ねた, 尋ねて, 小さい時, 小説の, 小説を, 少しでも, 居なくな, 居れば, 山に, 山の, 待って, 後から, 後に, 悪う御座いました, 惡うございました, 惡う御座いました, 意志を, 愛して, 手伝って, 敢て, 散歩に, 方へ, 日本へ, 日記を, 最も興味, 望んで, 木曜會に, 来ると, 東京で, 此處に, 此處へ, 殺したと, 母を, 氏の, 水を, 泊って, 父に, 物心つい, 玄関の, 生まれて, 生れたの, 目が, 神の, 窓の, 第二, 精神の, 経験する, 絵を, 聞いたの, 聞くと, 能く, 自分から, 見たこと, 見つけて, 見に, 話しかけても, 語ろうと, 質問する, 近づいて, 返事を, 途中で, 間に, 静かに, 面白いと, 預って, 馬鹿な, 高等学校に

4 [251件] ああいう, あちらへ, あなたから, あなたに対して, あの時, いただいて, いっしょに, いなくても, いるの, いろいろな, おまえを, お詫, お話しする, かように, きいた, きく, こういう事, ここの, この, このお, この事, この仕事, この書, この男, この頃, これは, これ等の, こんどい, こんな風, さうし, さう云, さう言, しなければ, するから, そうし, そう云った, そのとき, そのホテル, その事, その家, それから, それと, それによって, そんな女, た, たった一人, ちょっとでも, ちよつと, ともかくも, どのよう, なって, のぞいて, びっくりし, ほかに, もろもろの, やつて, ゐると, アメリカに, ドイツへ, ホントに, 一所に, 一生の, 上京し, 不思議に, 世話に, 世間へ, 両親を, 中学を, 主人の, 之を, 乗って, 予期し, 事を, 事情を, 二人の, 二人を, 二十歳の, 二年前に, 二階に, 二階の, 云いますと, 云えば, 京都へ, 人間の, 今ここに, 今でも, 今も, 今日この, 今朝の, 仕事に, 何でも, 何とも, 何心なく, 何故に, 信じて, 先き, 先生と, 先頭に, 入ると, 入院した, 処理する, 出かけて, 初めに, 判明に, 前にも, 前へ, 勝ちました, 医者に, 十一の, 十七の, 十三の, 十二の, 十八の, 十六七の, 博士の, 友達と, 呆れて, 問うと, 問ふと, 四つの, 四歳の, 困りますよ, 国を, 坐って, 坐つて, 外から, 外へ, 夢で, 夢に, 夢中に, 大人に, 大学に, 大急ぎで, 奥の, 女中に, 女学校の, 女学校を, 妙な, 嫌いに, 存じて, 学校に, 学校へ, 実際に, 寢て, 小供, 小屋へ, 居なければ, 居るから, 島田へ, 帰るまで, 幼少の, 店に, 引き受けて, 当時の, 彼女と, 御話, 心配した, 思って, 怪しいの, 悪い, 悪いと, 態, 憎いの, 戻って, 戻ると, 扉を, 手にかけて, 持つは, 旅を, 旅行した, 早稻田, 明晰に, 村を, 来たと, 来たの, 極めて明晰, 死ぬと, 死ぬの, 死んでから, 殺して, 殿様に, 母に, 気の, 泣いて, 洋服を, 演劇の, 独りで, 生きるため, 申しましても, 申し上げたよう, 申し上げて, 病気した, 病気で, 病気を, 発見した, 目で, 直ぐに, 眠って, 知ったこと, 知らないと, 私は, 私自身の, 窓から, 第一番, 答える, 答へる, 經驗する, 考えたの, 考察した, 聖書を, 聲を, 肯定する, 腰かけて, 自分勝手に, 自分自身を, 自由である, 自身の, 蜜蝋の, 行くこと, 行けば, 行ったの, 行つた, 見たところ, 見たもの, 見れば, 見張って, 見覚えの, 言うこと, 言ったの, 訊いた, 訊ねると, 記憶し, 誤って, 説明し, 講義を, 起きた時, 近づくと, 道を, 部屋に, 金に, 降りて, 隠して, 隣の, 預かって, 頭の, 頼むと, 食事の, 食事を, 養子に, 驚いたこと, 驚いて

3 [549件 抜粋] あとから, あなた方に, あなた方を, あのとき, あの家, あの方, あれを, いうまでも, いけなかったの, いた頃, いて, いても, いなくなれば, いまどんな, いやに, いる, いると, いろいろと, おわかり, お会いした, お信さん, お前さんに, お前さんの, お前さんを, お取次, お対手, お止め, お母さんに, お母さんの, お父さんに, お父さんの, お目, お約束, お茶を, お金の, お金を, かくも, かねて, かような, きいたの, ききました, ぐずぐずし, こういっ, こういった, こうし, ここを, このやう, このホテル, この世の中, この場合, この室, この意見, この手記, この旅行, この目, この道, これからお話, こんなに思つて, こんなふう, こんなもの, したん, すうと, そうで, そう言っ, そう言った, そちらへ, そつと, そのそば, そのなか, その収入, その器, その意味, その手紙, その男, その部屋, その顔, そばに, それで, それ迄に, そんなにも, そんなもの, たずねると, たのんで, どうした, どろぼう, どんなこと, どんな事, どんな気持, なぜそれ, はじめて東京, ほかの, ほんとうに, まだ寝, まだ幼い, まちがって, むりに, もしその, やります, やりまする有がたう, やると, よく存じ, よく知つて, わるう御座いました, ゐなくな, ゐるの, ゴッホを, チベットに, チベットの, ナイフを, ハッと, バナナを, ヒマを, フランスの, ペンを, モスクワに, 一と, 一寸した, 一方の, 一番先に, 一番好きな, 一番最初に, 一番親しく, 一般の, 一週間ばかり, 上の, 上人を, 上陸し, 下車する, 不意に, 世界と, 中には, 事と, 二と, 二十一の, 二十三歳の, 二階から, 云う, 云うの, 云った通り, 井戸端で, 京都の, 人間に, 今いる, 今こ, 今夜の, 今後の, 今日ここに, 今述べた, 代つて, 以上に, 伊豆の, 会って, 会社から, 会社の, 伯林へ, 伯父の, 何と, 何とかし, 何んな, 何処かで, 何処に, 何度も, 余計な, 作家として, 使いに, 來る, 例によって, 保証します, 傍へ, 先年, 先生について, 入れて, 入口に, 公の, 其を, 内職とて, 出かけてから, 出てから, 初めから, 初めてその, 別の, 前回に, 前述した, 勉強し, 勘定を, 勝った, 勝って, 十か, 十五六歳の, 十八歳の, 十分に, 十四五歳の, 原稿を, 厭に, 参っても, 参りましょう, 參ります, 友人の, 可愛いと, 名づけ親, 呆然と, 呼びかけると, 命を, 咳を, 單に, 喰べ, 困る, 困ると, 困るの, 困るよ, 外出する, 多少でも, 夜の, 夜中に, 夢の, 大声を, 大学へ, 大學, 大阪へ, 夫を, 好きな, 好きに, 如何にも放蕩, 如來を, 妙に, 妹の, 妹を, 妻と, 姓名を, 娘を, 嫌に, 孤独の, 完全に, 宜い, 実際の, 家で, 密かに, 寝台の, 尊敬する, 小声で, 小田原で, 小田原に, 小説に, 少しも, 屋外の, 島に, 左う, 巴里で, 巴里に, 帰ったの, 帰ると, 帰る時, 帰ろうと, 床に, 床を, 序文の, 引取って, 引取りました, 弘前の, 弟を, 強いて, 当家へ, 彼らの, 往って, 得心の, 御ところ, 御主人, 御奉公, 御神前, 御飯の, 怖れ, 思うには, 思つてゐる, 思ふに, 思ふほどは, 怪しいと, 怪我を, 恋に, 恐れるの, 息子の, 悪いこと, 悪事を, 惡い, 想像した, 意志し, 意見を, 意識を, 感じて, 感心する, 感興を, 我儘で, 戻つて, 手の, 手引を, 手紙で, 手綱を, 払う, 承知しない, 拵へ, 拾って, 指を, 指摘した, 描いて, 支那の, 放蕩の, 故意に, 故郷の, 故郷を, 教へ, 教へて, 数年前に, 文学の, 方を, 旅に, 旦那の, 旦那様に, 明かに, 昨年の, 昨日の, 書いた, 書かうと, 書けば, 書斎に, 最も多く, 最初この, 木戸を, 本気で, 本郷に, 机の, 来たから, 来たこと, 来た時, 東京を, 東大の, 枕を, 林町へ, 案内し, 検挙された, 次の, 欲しいと, 止めるの, 此処を, 死なないで, 死ぬか, 死のうと, 死んだと, 殆ん, 殺したという, 殺したに, 殿様の, 母から, 母と, 気がついたとき, 氣が, 求めて, 汗を, 江戸を, 泣けば, 注意し, 注意を, 海の, 涙の, 済みません, 滝の, 演説を, 火事を, 無意識に, 無言で, 熱海で, 父を, 特にこ, 特にこの, 特別に, 王様の, 現代の, 現実に, 理解し, 生れた頃, 生活の, 用が, 田舎で, 申さないが, 申して, 申上げる, 男の, 留守の, 留守を, 疑うという, 疑ふと, 病院へ, 発狂した, 盗んで, 相手を, 眠つ, 眺めて, 眼に, 眼の, 矢田津世子と, 知りたいの, 確かに, 神様に, 神田の, 秀子を, 私を, 空を, 窓を, 立派な, 笑いながら, 笑って, 紹介状を, 絶対に, 編輯の, 羽根を, 考えたこと, 考えるところ, 考えるのに, 考へるの, 耳を, 聞いたところ, 自分と, 自己の, 自殺する, 自然に, 自首し, 船に, 船を, 若い時, 若い時分, 若い頃, 苦労を, 苦心し, 英子を, 落第した, 薬を, 藤枝の, 行かないと, 行かなければ, 行ったとき, 行っても, 行つた時分には, 行つてから, 西洋に, 見たその, 見た所, 見舞いに, 見舞に, 親の, 言ったこと, 言ったよう, 言ふ, 訊いて, 訪ねた時, 訪問した, 訪問する, 話したやう, 誰だ, 誰よりも, 警察から, 警察に, 負ける, 負って, 貧乏に, 貰つて連れ, 貴女の, 貴方を, 走って, 起して, 身位かなしい, 迎えに, 近寄って, 近所の, 述べて, 追, 逃げて, 這入つて, 通りか, 通るの, 過つと, 過つという, 過去の, 酔って, 銭を, 長い間, 間接に, 関係した, 障子の, 隱し, 非常な, 靴を, 頂きますよ, 頂戴する, 頷くと, 顎を, 顔の, 飛んで, 飲んで, 馬に, 馬鹿で, 驚くの, 高等学校の

2 [1838件 抜粋] ああした, あすこを, あちらに, あなた方の, あの夜ホテル・エソワイアン, あの歌, あるの, ある時期, あんまり所在, いいところ, いかにも悲し, いくら無作法, いたして, いっさいの, いったらその, いつに, いなくなっても, いまここで, いまその, いま存しなく, いよ, いる時, おいよさん, おせいさん, おりますから, お伴を, お友達, お孃樣, お店, お母様から, お玉さんを, お相手, お茶づけ, お話したい, お送り申したい, お願いです, かえるとき, きいたら, こういう, こうして三年, こう云った, こちらを, この世の, この写真, この小論文, この怪談, この書物, この紙, この著述, この農場, これから一つ, これから書く, これらを, こんな妙, さういふ, させた, したよう, しばらくの, しらべて, すつかり, するの, そいつに, そうしたい, そう思う, その, そのため, その丁度, その力, その声, その宿屋, その日, その本, その碁, その言葉, それについては, それの, それ一枚きりに, そんな子供, そんな風, ただ神についてのみ, だましたこと, ちゃんとよく, ついそんな, つけて, つねに眠る, ですか, どういう気持, どうしよう, どこから, どのやう, どんなに御, どんな悪魔, どんな気持ち, なぜこんな, なる伯母さん, はいりました時残つて, はじめてそこ, はらはらし, びっくりした, へどもどし, ぼんやり目を, まかりいでました次第, まじめに, まだこんなに眼, まだ一杯, まだ小学校, まゐりませう, もう一度それ, もしこの, もとの, やったん, やつと, よく探し, よけいな, わが身の, わざわざ妻, アイヌの, ウンザリした, グッスリ, シマッタと, セーラムでの, ドンナ事を, ハズを, パリに, フロラの, ホテルの, マリイ・ロオランサンの, 一九〇九年に, 一定の, 一寸と, 一点を, 一番作為的であり, 一言も, 三年の, 三陸地方へ, 上った頃, 上林へ, 下宿に, 下駄と, 不満な, 不調法を, 世界漫遊の, 中を, 中学校で, 中學, 丹念に, 主人です, 久しぶりで, 九つか, 事の, 二十の, 二十五歳の, 二十年で, 二番でも, 云いました, 云ったこと, 云ひましたら, 五年まえ, 人工心臓の, 人生の, 仇を, 今サルトル, 今度は, 今日人を, 今言った, 他に, 他人の, 代理に, 仲裁を, 休んで, 佇んで, 何うかし, 何とかします, 何もかも知っ, 何人かに, 何千円何百円何拾円たった, 何時責める, 作品を, 來て, 俄に, 信頼し, 個々の, 偶然に, 兄さんから, 充分な, 先刻の, 入社する, 六歳ぐらゐの時や, 内地から, 写生した, 出かける時, 出たの, 出るとき, 刀の, 切符を, 初めてドストエフスキー, 初めて文字, 初めて着いた, 判断する, 別に, 前座を, 力に, 勘定の, 北京に, 十の, 十三四歳の, 十二歳で, 十歳位の, 南画を, 占領する, 厄介に, 参りましたの, 又不注意, 反対する, 受けたの, 口から, 只圓, 可能な, 叱って, 吃驚する, 名も, 名前も, 君たちに, 呑んで, 呼べば, 哲学に, 商売を, 噪音を, 困って, 固く信じ, 土地の, 埋まる程, 変装し, 外の, 外国の, 夜遅く, 大きく考え過ぎた, 大事に, 大学院に, 大金持, 天命主義で, 奥さんを, 女子の, 好きやろ, 妻に, 始めから, 姫君の, 子供だった, 守って, 実見した, 家から, 家出を, 寄宿舍から, 寺へ, 小さいとき, 小さな子供, 小学へ, 小金井へ, 少しばかりの, 少し眠く, 居なくなれば, 屋敷を, 山根です, 巴里の, 帰つた, 帰宅する, 帽子を, 平素考え, 幻覚で, 幼かつ, 幾度か, 床屋から, 廊下へ, 引っ張って, 引越したの, 彫刻を, 彼女は, 彼等と, 待つて, 御紹介, 徴兵検査の, 心得て, 必要と, 忠告し, 忽ち意気投合, 思ったの, 思はず微笑, 怪物だ, 恐れて, 悪る, 想起の, 意識する, 愛読した, 感服する, 慌て, 慶次郎を, 憎むの, 成長し, 戸外で, 所謂, 手短に, 払うこと, 承知を, 押し出して, 持つてを, 挨拶しましたら, 授業を, 推定した, 措定すべき, 放火した, 故郷へ, 教室から, 文法的な, 新しくブラシ, 新宿の, 旅から, 日に, 日本人として, 早稲田の, 春の, 是方へ, 時事に, 更めて, 書くこと, 最初, 有すること, 朝早く, 朝鮮の, 木の実を, 未熟な, 本来ヒネクレた, 来るまで, 東京近郊で, 柄にも, 案内する, 棺に, 榾を, 橋本へ, 欲求する, 正直な, 此処の, 此島に, 此村を, 武蔵野を, 死ぬ, 死ぬまで, 死んだらもう, 殺される番, 殺したん, 母親の, 気が, 気づいて, 永い間, 汲んで, 決して過たない, 泊れと, 洋行した, 流れる時, 浦粕へ, 淋病に, 湯槽の, 演出を, 濟ま, 無意識の, 無限なる, 熱心を以て, 父や, 物質的な, 特に興味, 独断で, 玄関に, 王仁さんの, 現在ある, 現実の, 生れた, 生れましたの, 生命を, 生涯で, 田舎へ, 申したもの, 申し上げた通り, 申上げよう, 男の子でない, 畑を, 異常な, 病気の, 癒る, 発見し, 目撃した, 真と, 眼で, 眼覚めた, 着て, 矢田津世子の, 知った時, 知ってるの, 知らない筈, 知己を, 破産しかけ, 祖母から, 神は, 福造に, 種々の, 窃かに, 笑った, 箱の, 米国で, 細い金, 終るですから, 経川の, 結婚する, 統一の, 綺麗に, 縁続きの, 羞しく, 考えるという, 考へるところ, 聞いても, 聴いた, 肯定し, 胸に, 腕を, 腹に, 自分たちの, 自宅で, 自殺でも, 自説を, 色々と, 芝居を, 若い男, 苦笑する, 荷物を, 落付い, 藪の, 蜜蝋に, 行くまで, 行ってから, 裏の, 見せたがらないノート, 見ただけ, 見た芝居, 見ぬ振り, 見るもの, 見事に, 見当を, 見落す筈, 覚めて, 覺え, 解剖を, 言い澱んで, 言っても, 言は, 計らいます, 訊ねた, 訪れた時, 詩を, 話すこと, 誘惑した, 読むの, 誰かを, 講演した, 警視庁の, 負けて, 貧乏な, 貴郎, 起きて, 路銀を, 身體を, 軽蔑し, 退治し, 逃出さなかつた, 通りかかると, 連れこまれた女, 運動を, 遭難した, 那の, 郷里の, 酒も, 野口冨士男を, 釧路の, 鍋釜食器類を, 鏡の, 長崎に, 間を, 防空壕の, 随時に, 集めて, 難産を, 電話で, 露子に, 静岡の, 音楽に, 預かつて, 頭に, 風に, 食ったの, 飢えと, 馬鹿げたヒマ人, 高座へ, 魂は

1 [15353件 抜粋] ああしたい, あたりまえだ, あなた方なら, あの夕顔, あの父, あまりに自然, あらん限り, ある望み, あんな事, いいましたよう, いかに自分, いくら気長, いたしませう, いった個人, いつとは, いつ云いました, いなくなると, いまにも, いやいやながら父, いろんなあなた, うたう番, うまく歌, おきれい, おつき合い, おらなくても, お八重, お夜食, お延, お母さんを, お稻荷さま, お話しいたした, お附き申し, かえって妨げ, かつて世, かなり久しい, かわりましょうか, きっぱりお, くる時, こういう話, こうして無理, こう聞き返した, こども達に, このガラス, この京都行, この哲学, この少女, この日本伝統, この病弱, この観音, この魔法, これから毎日, こわがれば, こんなに度々大阪, こんな如是我聞, こんな馬鹿, させないで, しかも婚約者, しばらく考え, じっと思い詰めた, すこしひま, すでに犯人, せいが, そういう本, そうでなけれ, そっとこう大切, そのどちら, その上陸所, その前年, その小さな小屋, その所在, その権利, その美術学校, その足跡, それこそ, そんなにし, そんな恐し, たいへん善人, ただ仄めかし, たつを, たよりだ, ちゃんと小遣い, ちよッと, つくった人造豚, づけづけ云, とけて, とりつかれた動機, どうしても不承知, どうぞ自分, どこそこで, どんなに夫, どんな好い, なくても, なつかしそう, なんとか組, のたうって, はじめて久坂葉子, はたしてあなた, ひきうけちまおう, ひとを, ふざけて, ふらふらと, ほとんどどうにも, ぼんやり見返した, まずこの, また案内, まだ七ツ, まだ大学, まだ欲し, まちがえて, みな負担します, もう一人, もう少し辛抱, もしすっかり視力, もし宰相, もし辞苑, もつとも関心, やさしい心, やっぱり他, やりますから, ゆっくり足, よくわかっ, よく説明, れいに, わるい, アトリエで, イコジに, オペラ歌手として, カーキー服を, クリスチャンに, サジで, ジーナと, セイについて, チベットを, トロトロした, ニューヨークの, バクダンに, ビールを, フローレンスの, ベッドを, ポストの, マーク・トゥエーンに, モラガスの, リッケルトと, ロンドンや, 一つ室に, 一七九九年同国に, 一処だ, 一寸用場へ, 一度革舟, 一晩中歩く, 一生懸命隠し, 一番好きです, 一筆の, 一週間の, 七歳か, 三丁目の, 三千歳と, 三輪山の, 下の, 不可いんだ, 不思議千万に, 不適当, 世話人に, 中根氏の, 主任を, 乗りまして, 乱世に, 二〇%だけ, 二十位の, 二度も, 云い出し両国, 云った表現, 五十六妻が, 亡くなって, 人心付い, 今お登和さん, 今一度に, 今夜行っ, 今手許に, 今日感じ, 今本編, 今訂正中, 仕事という, 付合い私, 代用教員を, 仲に, 会い度, 伴れ, 佐渡に, 何とも申せない, 何処へ, 何時貴, 余り話し出さない, 作家同盟の, 供養し, 信ずるとは, 借金しとる, 傍について, 元気であったら, 先ほど, 先生への, 入りこんだため, 全く酒色, 八幡村から, 六貫目ほどの, 其昔初めて, 内証で, 冒頭に, 出かけたこと, 出ましょうと, 出掛けようと, 分らなくなって, 列べ立てる事, 初めて東山, 初めて逢った, 別家の, 前川さんを, 力一パイ投げつけ, 動くか, 勞役に, 医師から, 十九才程に, 十四歳から, 半分泣声に, 単に観念そのもの, 卸した許, 参つてまあ, 又どうにも, 反抗し, 取次に, 受取る書附, 只今唄う, 台処を, 同じよう, 名古屋へ, 呑みこんだ, 呼び止めますと, 咒語を, 問い糺した, 喧嘩別れを, 嘱托を, 四年目に, 図画の, 土瓶を, 坐るつもり, 堪え難いほど, 変ったと, 夕飯に, 多少名, 夢かと, 大きな聲, 大変に, 大正十二年頃の, 大谷です, 太郎を, 奏で, 女性に対して, 好まないもの, 妾に, 姪女也, 嬉戯した, 学びたかったの, 宅で, 宜道, 客間の, 家庭的でない, 寒き夜, 寢込ん, 尋いた, 小倉を, 小林の, 少しかわる, 尺振八から, 居りましたの, 居間に, 山東省で, 川村家の, 差当り一つ御, 帰った後, 帰れば, 平均点を, 年頃に, 幾分かでも, 座敷に, 引き受けねば, 引受けますから, 強い興味, 当時パリーに, 彼らについて, 待ち望んで, 後見助言の, 御両名, 御詠歌を, 心から信じ, 心覚えに, 忘れられないで, 怖がりましょう, 思い続けて, 思はず眼, 思想的に, 恋人である, 恵まれた凡, 悪くなく, 惚れたの, 愚かな, 愛宕の, 感情家だ, 憎まれ役に, 成り代って, 戦後採集した, 所望ぢや, 手紙あげたら, 払うべきもの, 投じた波紋, 抵當とやらに, 拵へたに, 指, 振り返って, 掛合手紙の, 提供しよう, 攫って, 改訳に, 救われるの, 教諭の, 整形外科的処置と, 文芸家協会云々の, 斯寺へ, 新聞紙に, 既に云つた様, 日本人は, 旦那でも, 昆布屋なら, 昏睡し, 昨夜見た, 昼間谷から, 時間割を, 暗室へ, 書いたに対して, 書く紀要, 最も愛好, 最初でした, 最近経験した, 望んだこと, 未だ十九歳, 本当に他人, 本陣である, 来た頃, 東に, 松谷秀子の, 染ちゃんに, 根負けを, 梅に, 楊州といふ, 模範を, 次に説こう, 止めさ, 此夏鮎釣りに, 歩き難い, 死にましたら此処, 死を, 死んでは, 段に, 毀しやした, 毎日総, 気がつくか, 気疾を, 汚穢い, 沢井へ, 法螺ふきか, 泪を, 浅草の, 深い疑問, 渡英いたしました, 溝川へ, 漸く贏, 為し遂げ得ましたほどの, 無理云う, 煙草に, 爪立てたら触れそう, 物心づく, 特に病的, 犯罪に, 狭山です, 珍しく感じた, 現在持っ, 甘くて, 生まれた時, 生れ落ちると, 産婦と, 田辺博士の, 申しませんでも, 申込を, 留守でした, 疑は, 病氣に, 発見した物語りである, 百万円で, 盛り場の, 直して, 看病する, 真相を, 着いて, 知ったか振りを, 知りさえ, 石川欣一君を通じて, 社へ, 神経衰弱なんかに, 秋田餅の, 稲荷明神の, 突然奇怪, 立ち止ると, 立換へて, 笑ひます, 答えようと, 精, 純一無垢, 結ったの, 絶叫した, 縁付いたの, 罪に, 義兄の, 考えに, 聖者であろう, 職務上しばしば, 胃腸病院に, 脱出し, 自伝を, 自然をな, 致しませふ, 良教科書として, 芸者に, 若し一緒, 苦しむこと, 茶の間に, 落ちると, 薬が, 蟹であっ, 行くたび五, 行つても, 衣裳戸棚の, 裾を, 見えたよう, 見た一人, 見てるうち, 見世物に, 見落としたと, 親しくし, 解から, 言い続けて, 言ったん, 言葉尻などに, 記す文字, 訳したもの, 試みたよう, 話したらば, 詳細の, 語るあいだ, 読ませて, 誰に, 論じて, 警視庁へ, 負けたこと, 責任者の, 貴族の, 費つ, 赤飯を, 足利党の, 身動きは, 軽はずみでした, 農民小説を, 近頃出る, 追い廻して, 送りましょうか, 途方も, 速成の, 遅刻する, 道さんに, 遣って, 邪魔を, 酒場で, 重三さん, 金龍の, 銭湯から, 長唄の, 閉めますから, 間違つてゐました, 陋屋の, 隠したのよ, 雪駄に, 青森大林区署の, 響を, 頓興な, 顏の, 飛び出して, 食べるの, 飲ン平で, 馬脚を, 骨と, 魅力を, 麻川氏の

▼ 私~ (11877, 3.8%)

148 向って 137 とつて 72 取っては 69 話して 67 言った 62 して 58 取って 55 教えて 51 しても 46 取つて 44 それを 42 見せて 38 向かって 36 向つて 34 云った 32 代って, 何か 29 似て 26 言って 25 言つた 24 何を, 渡して 21 手を 20 むかって, 手紙を 19 何が, 同情し, 私の, 説明し, 貸して 18 云つた, 声を, 渡した, 隠して 17 とりて, 一つの, 見せた, 訊いた 16 あつて, 与えた, 与えて, 云わせれば, 任せて, 好意を 15 云は, 何の, 教へて, 話しかけた 14 いった, 向ひ, 對する, 知らせて, 礼を, 話した, 近づいて 13 ついて, 出来ること, 紹介した, 背を, 言わせれば, 話を, 迫って, 金を 12 云いました, 向い, 告げた, 對し, 指して, 教へ, 書いて, 自分の, 話したこと

11 [13件] いわせると, くれた, これを, こんなこと, それが, そんなこと, まかせて, わかって, 会いに, 免じて, 口を, 用が, 語った

10 [12件] なついて, やつて, 力を, 尋ねた, 帰って, 或る, 欠けて, 物を, 示して, 言いました, 話しかけて, 語って

9 [14件] あつた, したって, しては, だつて, 下さい, 云わせると, 出来る事, 残して, 相談を, 示した, 紹介し, 聞かして, 與へ, 語つた

8 [21件] あるの, いろいろな, きいた, この話, すれば, その話, 会って, 恥を, 挨拶を, 教へる, 於て, 次の, 注意し, 眼を, 知らして, 結婚を, 缺けて, 聞かせて, 話しました, 身を, 預けて

7 [27件] いろ, お辞儀を, さへ, ふさは, 一人の, 乳を, 会うの, 何も, 向っては, 告げるの, 呼びかけた, 囁いた, 売って, 心を, 心配を, 惚れて, 教えた, 来て, 注意した, 煙草を, 用事が, 目を, 聞いた, 親切に, 説明した, 酒を, 非常に

6 [49件] あっては, いつて, お任せなさい, くれて, その事, それだけの, できること, なんの, むかつて, ものを, よくわからない, よれば, わかった, 下すった, 任して, 何にも, 出來, 取りましては, 同情を, 向けた, 向けて, 告げて, 彼の, 必要である, 愛想を, 手渡した, 打明けて, 持って, 挨拶した, 歌を, 死んで, 渡しながら, 無断で, 生具する, 申しました, 相談し, 知られて, 自分は, 見せたの, 言うの, 言葉を, 語ったこと, 説得する, 責任が, 迫った, 送って, 逢いに, 食って, 黙って

5 [69件] あった, あてて, あなたは, あの人, いろいろの, こう云った, したところ, そのこと, そんな事, つきまとって, どうしろ, 一種の, 一言の, 一言も, 不利な, 与えられて, 云う, 云って, 云ふ, 仕えて, 会いたいと, 会釈し, 伝えた, 似たよう, 危害を, 向いて, 呼びかけたの, 呼びかけて, 問うた, 嘘を, 囁いて, 委せて, 宛てられたもの, 少しも, 就いて, 就いての, 就て, 感じられて, 打ち明けて, 握手を, 敵意を, 斯う, 椅子を, 比べると, 気がつくと, 深い印象, 相談する, 確実である, 確實である, 示すの, 私に, 答えた, 絡みついて, 考えが, 腕を, 腹を, 要求する, 見える, 言う, 言わせると, 話しかけました, 話したの, 語るの, 読んで, 遠慮し, 関係の, 非常な, 顔を, 飛びついて

4 [102件] あって, あなたが, ありては, いつまでも, いわせれば, お金を, かくして, きかせて, くらべて, くれ, こういった, この手紙, ささやいた, しがみついて, した, そういっ, そう言った, とりては, どうする, はた, はっきりと, まかして, 一緒に, 不平を, 並んで, 事を, 二つの, 云はせる, 人間の, 会ひ, 先生の, 内証で, 出て, 向っても, 呉れた, 告白した, 命じて, 問ひかけた, 報告した, 多くの, 子供が, 字を, 尋ねて, 尽して, 彼が, 彼を, 必要な, 思わせた, 恋を, 感謝し, 抱きついて, 持たせて, 挨拶し, 接近し, 於ては, 日本の, 明示せられる, 暗示した, 最後の, 気づくと, 気を, 水を, 泌みた, 渡しました, 満足を, 現はれ, 申しますには, 疑いを, 示すところ, 種々な, 紹介された, 罪を, 聞えた, 聲を, 與へて, 興味の, 見えた, 見せたが, 見せた古い, 見せながら, 見せました, 見せようと, 見せるの, 言は, 訊く, 訊ねた, 許して, 話されたこと, 話した事, 課せられて, 譲って, 買って, 質問を, 跟い, 返して, 迫つた, 追いついて, 金が, 関係した, 面会を, 頭を, 飲まして

3 [204件] あたへ給, あなたの, ありません, ある, あること, おまかせ下さい, お任せ, お前の, お手紙, お気づきに, お渡し, かう云, かう問, かかって, きくの, こう言った, これは, これらの, こんな質問, さ, さう言, させて, した当麻真人, してからが, すすめた, すすめて, すべてを, そう言っ, そのよう, たずねた, たづねた, だまって, つくといひま, つけて, では, とっちゃ, とれば, どこまでも, ないもの, なるでしょう, なんでも, のしかかって, ぴったりと, もちよ, やらせて, ゆずって, よく判っ, よびかけて, わかつて, わかるの, ビイルを, 一枚の, 丁寧な, 丈は, 不安を, 不思議な, 与えたの, 与へ, 与へた, 与へて, 世話し, 云ったこと, 云ったの, 人の, 人形を, 他の, 付いて, 会うこと, 会うたび, 伝えて, 伝へた, 何かを, 何んか, 俳句を, 分って, 反対する, 反感を, 同情してる, 向けたが, 向て, 味方を, 喜んで, 喰って, 報告し, 墨を, 多少の, 妙な, 対って, 小説を, 少し面白く, 強い印象, 彼女は, 御用で, 御用です, 御用と, 御飽き, 怖ろ, 思ふ事, 恋人が, 愛を, 感謝する, 打ちあけて, 払わせて, 挨拶する, 授けて, 接吻した, 救ひ, 敬意を, 新らしい, 於ても, 暇を, 本を, 杯を, 様子を, 此の, 死ねと, 死を, 残って, 浮んで, 渡す, 物語って, 現われて, 甘えて, 生きて, 用は, 用事で, 用事を, 白状した, 盃を, 目で, 相談に, 相違ありません, 相違ございません, 知られたの, 知れて, 短冊を, 示された, 示しました, 神の, 種々の, 第二, 答えて, 縁が, 縋りついて, 繩を, 聞かせました, 聞かせるの, 聞こえよが, 聴かして, 背中を, 自分が, 與へられた, 與へる, 興味が, 興味を, 苦痛を, 見て, 視線を, 解りました, 言ったが, 言ったこと, 言つ, 言はせる, 訊ねたこと, 詩を, 話された, 話しかけたの, 話しかける, 話したが, 話したところ, 話すこと, 語られしは, 説明する, 読めと, 談した, 買つ, 賛成し, 贈って, 路を, 軽く会釈, 輪を, 近寄って, 返事を, 述懐した, 逢って, 逢ふ, 過去の, 道を, 違ひない, 遠慮は, 酢を, 長い手紙, 関係は, 関心を, 附いて, 附き添って, 頼んで, 飛びか, 食物を, 飯を, 餌を, 髪を, 魔が, 齎して

2 [733件 抜粋] ああいう, あいに, あったこと, あっちへ, あの娘, あやまって, あるか, あるだけの, ある筈, いいました, いくつかの, いたしましては, いつた, いつた言葉, いはせれば, いふの, いろいろ仏法, いわせて, うち明けた, おっしゃいました, おっしゃって, おわびを, お任せなすっ, お前は, お打ち明け, お茶を, お見せなさい, お譲り下さいません, お頼み, かく教える, かけて, かけとの, かじりついて, かなり突慳貪, からかって, からんで, きせ自分, ください, くださいませんか, くっついて, くれました, くれると, くれるよう, こういう事実, こう云う, こう言いました, こう話し掛ける, ここの, このよう, この事, この事件, この古池, この男, これ等の, こんな事, こんな話, ご飯を, ささやきました, ささやく, さとられること, さよならの, されて, したの, した所, しっくりした, しばしば結婚, しまわせて, しろ, しろやはり, しろ彼, すがって, すすめる, ずいぶん力こぶ, せまる, せまる殉教, そう云った, そう思わせる, そそがれた, そっくりの, そつくりだ, そのわけ, その名前, その子, それと, それは, そんな考え, そンな, たのむの, だきついて, ちょうだい, つかまって, つかみかかろうと, つきそって, つたえて, できるの, ですね, とると, どんなこと, なって, なにか, なんかお前, なんとか狐肉, はぐれまいとして, はじめてすすめた, はなしかけるの, はね小さい, はめつたに, ひびいた, ふと, まとわりついて, まるでラヴ・レタア, みせて, むかっても, もう一つ云, ものの, やらして, よくあの, よくわかりません, よく分らない, よく分る, よく肖, よく解った, よく馴染ん, よこした, よこすかも, よびかける私, わからぬが, わかりません, わたした, アンパンと, シビレを, ドイツ語を, フランス語で, ベートーヴェンの, マッチを, 一冊の, 一応話し, 一番不可解な, 一番近い, 一礼した, 一肌ぬい, 万一の, 三千代に, 下さいませんか, 下さると, 下さるん, 下すつた, 不快の, 不思議に, 不愉快であった, 与えたよりも, 与えました, 与えるの, 与える力, 与える感じ, 与へられたいや, 与へられた課題, 世の中の, 主人の, 二十銭紙幣を, 云うこと, 云うの, 云えただろう, 云つてゐた, 云はれた, 云わないの, 人に, 今まで, 今云うた, 今日は, 仕事の, 代わって, 仰有, 会いたいという, 会うわけ, 会ふ, 会得させる, 会津を, 会釈を, 伝えるの, 何でも, 何らの, 何んにも, 何んの, 何等の, 作用し, 例の, 依って, 個性が, 借して, 僅かばかりの, 兄に, 先に, 入用な, 八つ手の, 内容を, 冗談を, 出来たの, 出来ない, 出来る精一ぱい, 分かる語彙, 分つて, 分らないの, 分るよう, 切って, 別れて, 別れを, 利害は, 前の, 加えられたので, 助力し, 勇気を, 勧めた, 十七だ, 印象を, 即して, 取っての, 取っても, 取りて, 取り憑, 叫んだ, 右の, 合ふ, 同情する, 同意し, 同意を, 名刺を, 向ける, 告げる, 呼びかけました, 呼びかける声, 命令されました, 命令し, 和した, 哲学を, 問いました, 問うの, 喚いた, 喜びを, 嘆いて, 噛んで, 囁きましたいつか, 報いて, 外国で, 多大の, 夢を, 失礼な, 奇妙な, 好きな, 如何し, 委して, 姿を, 娘が, 子供を, 存しなくても, 家を, 家庭教師を, 寄する, 寄って, 対して, 對した, 小説の, 少しの, 屬する, 幾分の, 建てさせて, 強制しよう, 当てはめて, 影響した, 彼は, 後を, 後事を, 従わざるを, 御用だ, 御褒美, 微笑んで, 必要だった, 必要でない, 怒られると, 怒ると, 怖れる, 思い出されて, 思い立たせた, 思ひを, 思ひ出させた, 思わせずそう, 思を, 恋して, 恋の, 恨みを, 恵まれた, 情ふかい, 意地悪く, 意見を, 愚痴を, 愛想が, 感じさせて, 感じさせる, 感じられた, 感ぜられた, 感謝した, 慣れて, 手渡し, 手渡したの, 投影し, 抱きついた, 拳固を, 持たして, 指さして, 指図を, 挑戦する, 挨拶に, 捧げて, 接近させよう, 描いて, 救いを, 敗ける者, 教える, 教えるかも, 数日の, 文学の, 断って, 於いて, 日記を, 明白でない, 明瞭である, 明示せられた, 時と, 書けと, 書面を, 最も有用, 最も興味, 朝飯を, 期待し, 椅子の, 構わないで, 武者ぶり着く, 殉ずるの, 残した, 残つてゐる, 殘された, 殺された男, 殺される幻想, 比べれば, 気が, 気に入らないこと, 気兼ねさせまい, 求めて, 決闘を, 泊らないかと, 泌み, 注いで, 注ぎ込むもの, 注意を, 浴せる, 深い感銘, 漏らしたこと, 激しく反抗, 無い, 無かった, 然う, 煩悶する, 父が, 特別たわむれた, 甚だ好意, 生具, 申して, 画を, 異常な, 直接の, 相談された, 相談も, 相違ない, 着せて, 着物を, 矢田津世子を, 知らされないならば, 知らせようと, 石を, 示さないと, 示されるもの, 示した徹底的, 示しながら, 示す事, 私自身の, 秘密を, 稽古を, 突き出して, 窃に, 窮屈な, 笑いかけて, 笑ひかけた, 答える事, 答へて, 約束した, 紹介され, 絡んで, 絵を, 続いて, 罪は, 美しい, 耳を, 聖書を, 聞いたの, 聞えるやう, 聞かせた森, 聞きますから, 背負は, 能く, 自作の, 與へたよりも, 色々な, 色々の, 色んなお菓子, 蘇って, 表現する, 西洋の, 要求した, 見えます, 見せた事, 見せられたの, 見せること, 見られて, 見られるが, 親しみを, 親切だった, 解った, 解って, 解らないと, 觸つては, 言いますには, 言ったの, 言った事, 言ひ出した, 言へる, 訊ねて, 訊ねる, 許された領分, 訴えて, 訴へる, 詰め寄つた, 話されたの, 話しかけられるの, 話しかけるお母さん, 話しかけるよう, 話したい事, 話します, 話しませんでした, 話し掛けた, 話し掛けたいよう, 誇示した, 語ったところ, 誠意を, 課せられた使命, 談つた, 警告した, 賞められ, 賦與せられた, 贈った, 起させた, 起させました, 起ったこと, 車に, 近づいた, 返した, 送られた文章, 送り込むところ, 逢うの, 逢ひ, 過つ能力, 道徳を, 違ひありません, 適当な, 遺伝した, 避け難い, 還つて, 酒氣が, 里心を, 銀側時計を, 間違が, 關した, 附添っ, 限ったこと, 限らず誰, 随い, 隠すこと, 隠す必要, 集中し, 電話が, 非常なる, 面と, 頂戴出来る, 頓着する, 頼むの, 頼らんと, 食ってか, 食事を, 養子を, 首を, 黙礼し

1 [6093件 抜粋] ああした態度以外, あたたかい思いやり, あったよう, あてがわれて, あなたなんて, あの時, あやまられました, ありますので, ある今更, あろうか, いいますには, いうに, いじらせて, いっさい口を, いつもこう尋ねる, いま一度哲学的学科に対する, いろいろと, いろんな物, うごき中央, うまく殺せる, おかけに, おくれ飼って, おっしゃったこと, おぶさりあの, お与え下さっ, お前愛想が, お守り下さいます, お手つだい, お父さんの, お聞きなさる, お訊きなさる, お話し下さい, お返しなさい, お預けなさいました, かう訊いた, かかわって, かく語った, かて, かまわずだんだん, かんじしめた, きくよう, きらわれてること, くつてかかつ, くれた最後, くれるとて, こういうこと, こう云っ, ここで, このぼろ, この動物, この小説, この白い, これから四時間, こんな侮辱, こんな素材, さいそくを, さう言つて, さした苦痛, さそった, さる物, しきり, しばしばいった, しろこの, しろ私たち, すぐいま彼, すっかり避難, すゝめて, ぜひ御殿場, そういう読書, そう云, そう言う, そっと逢い, その不, その多く, その思出, その条件, その皮膚, その被い, そばへ, それ程不孝, そんな心持ち, そんな話, たしかに申参, たつた一つ, たよるばかり, ちかづいて, ちょっとくらい, ちらりと目, つきつけて, つく, つぶやいて, できそう, できる母, とても思えません, とりださせて, どうか出来る, どうせよ, どの位必要, どんな意見, なくなるとき, なつかしい, なほさらそれを, なり代って, なんと約束, のこって, はかへ, はっきり聴き取れた, はようわかっ, ひしひしと, ひょいと抛っ, ふさわしくなかった, へんね, まかせてね, またこの, まったく確実, みじんも, もうどうにも, もさういふ追憶, もたれかかる, もつとも不思議, やさしく, やっと気, やわかつて, よくわかる, よく教え, よく解る, よびかけるいや, わからないまで, わかりませんが, わかる総て, アドレスしてる, ウインクした, キリストの, サシエを, セイモクおく, テバイで, ノルモザンの, パンの, ブツブツ云っ, モニカほどの, 一たい何んな, 一モウケさせ, 一切の, 一応念, 一段目二段目三段目ぐらいまで, 一番関係の, 一身を, 三年の, 下さいそして, 下さるとの, 下座に, 不快な, 与えたという, 与えた驚き, 与えられたその, 与えられた紙数, 与える刺戟, 与へるので, 乗り移つて, 事情の, 二度ばかり, 云いたくない事, 云うかも, 云ったり, 云ひたい, 云われれば, 交際したい, 今あなたの, 今迄, 付与した, 仰しゃい, 任しといて, 会いたくない口実, 会つてから, 伝えたと, 伝染し, 似ても, 低い声, 何かと指図, 何もかもが, 何事を, 作らせる爲, 依頼する, 保険を, 借しては, 傾倒し, 元気を, 先立つこと, 入社せぬ, 八月頃深い, 其大秘密を, 再婚を, 処して, 出京, 出来ますこと, 出遇, 分らないけれども, 分ること, 初対面の, 判ります, 判讀させない, 剃らせて, 加えるため, 助言を, 勤まりそう, 勸めました, 十分な, 半分背負わせ, 印象する, 参って, 双眼鏡を, 反比例し, 取つて会話, 取り合う気色, 受け取られたの, 口述筆記させました, 叱られること, 同じこと, 名を, 向い妙, 向きあって, 向ける人, 向つて容態, 君らを, 呉れた本, 告げた後, 告げ知らせ, 味わせた, 命ずるに, 哲学に, 問い詰めるかも, 問題に, 喜んだかも, 嘱した, 四国の, 国民大街の, 堪へがたい, 壱岐の, 変は, 夜の, 大事な, 大層懐い, 天文観測所の, 奇麗な, 好都合な, 委しく話しました, 媒酌を, 嫌悪を, 学問の, 安心させる, 宛てた紅葉, 実現しつ, 容易ならぬ, 寄り添った, 寝室に, 対立し, 尋ねました, 小熊さんとしての, 少しく不思議, 尤もな, 屑しと, 島遊びを, 差出します, 帰つ, 帽を, 幾つかの, 座布団を, 引継がせようと, 強ひよう, 当って, 形見として, 彼女への, 従妹明子の, 御委託, 御示し, 御預け願えませんでし, 微笑み掛けたが, 心配させ, 忍耐心が, 忠実である, 怒つて, 思いやりを, 思い起させた, 思わずつかつか, 急な, 恁う, 恥かしくって, 恵送せられ, 悲しかった, 惚れては, 想起せしめず, 愛されること, 感じさせる人, 感心なんか, 慰藉の, 懐かしく思えた, 戯れて, 手伝わして, 手渡した原稿, 打ちかかって, 打ち開けたという, 払わして, 抗議する, 抱きついた事, 押しつけ娘, 拡げて, 持つて, 指切りした, 挑戰し, 捕物小説を, 掛けない事, 接吻を, 描かせた, 搜し出させた, 故障を, 教えましたが, 教え得るよう, 敬虔なる, 斬って, 新しい寒竹, 斷る, 旅順に, 早く来い, 明瞭には, 是非あなた方, 普通の, 書いたもの, 最もよく復讐, 最大の, 服従を, 期待される, 朽尼とも, 来るもの, 栄養の, 楢の, 構って, 構わず続けた, 歌へって, 正面むい, 歯痒さ, 残されたもの, 残ってるところ, 母校思慕の, 気がついたらしく何時も, 気が付いたと, 気づく, 気兼ねでも, 永遠の, 決めた部屋, 油繪に, 注いでよ, 注意され, 洩らしかけたが, 浴せた, 淫らしい挑み, 済まないつて, 渡しそのまま, 渡すに, 滾し, 為すべからず而, 無理に, 焦, 片眼, 物語ろうと, 犠牲と, 獅子の, 現を, 理解も, 生きがいを, 産みまつるべきに, 甲斐性が, 申出た, 異存は, 登って, 目礼する, 相応しくない, 相違なかっ, 真理を, 睨みを, 知らせた, 知れないよう, 確実ならしめる, 示した案, 祖母が, 私と, 秘す事, 突きかえさなければ, 窺えたから, 竿や, 第一代将軍, 算え, 精力が, 紙風船を, 経済的独立を, 絵画を, 縁談ばなしという, 繪筆を, 美しい詩, 考えも, 耳打ちした, 聞かした人以外, 聞きねえ, 聞こうと, 肉を, 胸を, 臨む所, 自然的節酒が, 與へは, 芭蕉の, 苦労する, 菓子を, 董仲舒ほどの, 蜀を, 衝き当らうとして, 製作の, 見えて, 見せた品, 見せびらかす程度, 見せる為, 見られたくなかつたから, 見当ったらそれ, 覚らして, 親しみ度い, 解ったの, 触らせて, 言いつけて, 言うかの, 言えないこと, 言つて聞かせた, 言わせて, 言句の, 訊く奴, 訊ねる必要, 許されたかぎり, 訴えでも, 証明し, 詰問した, 話されたよう, 話しかけてるの, 話しかける時, 話したん, 話しましたっけ, 話すに, 話は, 語った事, 語らいて, 語るひと, 説いて, 説明を, 読唇術で, 請うて, 講演を, 譲っては, 豆腐屋の, 負わせる義務, 買えと, 貸与される, 賜りたう御座, 贈られなかったらあるいは, 起させて, 踊らうと, 転嫁され, 辞儀を, 近くなった, 近づき胸, 近寄ろうと, 迫ったと, 述べた所, 退屈させまい, 逃げられては, 通じなかった, 逢いたくて, 逢おうなどと, 逢わずに, 遇ひ, 違ひございません, 適つた, 避けられましょう, 酒といふ, 重荷に, 釣り込まれたの, 鑑定が, 関り, 附き添いました, 限らずどなた, 陳述し, 隠したの, 隱れる, 雪を, 青年塾の, 面会しよう, 頂戴ね, 頬を, 頼むと, 頼んだもの, 飛び付き, 食べさせて, 飴の, 騙されたと, 魅力を

▼ 私~ (11692, 3.7%)

87 それを 64 一緒に 48 それに 45 知って 32 自分の 28 その一人 26 それは, 何か 23 そう思う 22 そう思っ, 妻も 20 それが, 彼の, 私の, 黙って 19 その時, 子供の, 気が 18 安心し 17 考えて 14 あなたの, よく知っ, 少しは, 此の 13 そう思います, そこへ, そんなこと, またその, 笑った 12 これには, 驚いて 11 その中, つづいて, 一生懸命に, 今は, 何う, 斯う, 生きて, 負けずに

10 [13件] あなたと, いっしょに, ここで, ここに, これで, そのよう, 喜んで, 安心しました, 彼女も, 急に, 私で, 続いて, 聞いて

9 [15件] いよ, この時, そうだ, またそれ, 仕方なし, 年を, 心配し, 男だ, 知らない, 腰を, 腹が, 行って, 近頃は, 連れて, 非常に

8 [18件] あなたに, そう思いました, その方, その気, その頃, そんな事, またこの, 一所に, 一時は, 今まで, 及ばずながら, 彼も, 心を, 気を, 笑って, 見て, 起きて, 驚いた

7 [30件] あなたを, いつかその, そう思った, そのつもり, その真似, その通り, そんな気, ついて, どうかし, また彼, また自分, よく存じ, 今では, 今度は, 出て, 口を, 同じよう, 同感です, 始めて, 娘も, 存じて, 思って, 東京に, 気に, 立って, 笑いながら, 笑つた, 若い時, 若い時分, 覚えて

6 [31件] あとから, あの人, いさ, いまは, かねて, この年, さう, さう思つて, しまいには, すぐに, そのお, その話, それで, できるだけ, 一しょに, 仕方が, 仙吉も, 出来るだけ, 困って, 安心だ, 家に, 後に, 思った, 我慢が, 昔は, 死ぬ, 氣が, 涙を, 能く, 見た, 附いて

5 [55件] あなたも, いつし, お前の, お目, こ, これまで, これを, こんなこと, さすがに, そうです, そこに, その夜, その家, その点, それらの, だん, ちょいと, はじめは, また, また私, やって, よくは, よろこんで, 一人の, 一度は, 人並に, 今の, 今夜は, 今日は, 以前は, 何も, 前に, 同感である, 声を, 妙に, 彼を, 彼等の, 後から, 御一緒, 思う, 或る, 手伝って, 横に, 武士の, 気の毒に, 江戸へ, 泣いて, 父の, 目を, 笑ひ, 考へて, 読んで, 諦めて, 首を, 鼻が

4 [91件] ああいう, あの女, あの方, あの時分, うれしい, お供を, お蔭で, お跡, この本, この頃, こんな事, そこまで, そのこと, その人, その席, その後に, その晩, それと, たうとう, たしかに, ひそかに, ほんとうに, やっと安心, やはりその, 一人で, 一応は, 万一の, 人々の, 今年は, 以前から, 以前の, 体を, 何かの, 何だか変, 何の, 傍に, 先刻から, 前から, 同じこと, 君の, 大に, 大へん, 妙な, 娘の, 子供を, 子供心に, 学生時代に, 安心した, 実はこの, 実はその, 家へ, 家内も, 少し気, 彼に, 彼女を, 後には, 心に, 心の, 急いで, 愛して, 手を, 承知し, 新聞で, 日本の, 最初は, 死んで, 母に, 母の, 然う, 生れて, 癪に, 真面目に, 知らないん, 立ち上って, 績みませう, 聞きました, 胸が, 腹を, 自分で, 興味を, 舌を, 苦労を, 落ちついて, 行くわ, 見物に, 言つた, 詩を, 貴方の, 途方に, 頭を, 驚きました

3 [207件] あなたが, あるいはそう, ある日, あわてて, あんな風, いいと, いろ, う, おた, お前さんの, お前に, お相伴, きょうは, こうなれ, ここの, ここへ, このとき, これが, これに, こんな話, ごいっしょ, さう思ふ, すつかり, そうな, そうは, そうよ, そこで, そのあと, そのうち, そのとき, その一員, その後から, その日, その積り, それから, それなら, それにつれて, それには, それへ, た, たしかにこの, だまって, つい気, つい釣り込まれ, つく, ほんとに困っ, またある, またこれ, また同じ, また彼ら, みんなに, もう年, もとは, やつと, よく知つて, ゐる, ハッと, 一つ御, 一処に, 一生の, 不思議に, 両手を, 丸木橋を, 二人とも, 二度ばかり, 亦この, 亦その, 人なみに, 人の, 人間である, 今に, 今度こそ, 今日の, 以前には, 何とかし, 傍で, 元は, 充分に, 先生の, 入れて, 全力を, 其後に, 出来ること, 別に, 力に, 叔父の, 取る年, 同じ事, 同じ様, 同感だ, 君を, 命を, 変な, 変に, 多くの, 多分そんな, 多少の, 夢中で, 大喜び, 大安心, 大變, 夫の, 夫も, 女の, 女房も, 好きな, 好んで, 好奇心に, 妻を, 始めは, 子供が, 子供に, 安心を, 実際に, 家を, 寝る, 實は, 小声で, 小田原に, 少しばかり, 少し不意, 少年の, 帰って, 幾度か, 弟の, 弱つて, 彼が, 彼女の, 往くから, 御覧の, 心が, 心配した, 心配な, 心配に, 心配致し, 忘れて, 思ひ切つて, 恐縮した, 慌て, 憂欝, 我慢の, 招かれて, 敢て, 斯うし, 昔から, 昔し, 昔の, 昨夜の, 時には, 最初から, 最初の, 村の, 東京へ, 校長の, 歩いて, 殺して, 氏の, 気の毒だ, 満足です, 無理に, 生まれて, 田舎の, 男です, 病気を, 目撃した, 真似を, 眼が, 眼の, 眼を, 知つてゐる, 知らないが, 知らないよ, 確信を, 福人の, 私なりに, 私も, 種々と, 笑い出した, 素子も, 聲を, 肩の, 胸を, 腕を, 自分ながら, 若え, 苦笑した, 行く, 言って, 認める, 誘われて, 謹んで, 變な, 貴方も, 貴郎, 買って, 起って, 身に, 身体が, 近いうち, 追, 遊びに, 酔って, 静かに, 顔を, 驚いたが, 魂消て, 黙つて

2 [723件 抜粋] ああし, あとを, あのやう, あの仏法僧鳥, あの日, あの時, あわれ, いくらか, いただきます, いつまでも, いろいろ噂, うお, うこんな, うちいと, うなだれて, うらぶれた落武者, うれしいと, おかげさまで, おしる粉, おなじ処, お仲どん, お供いたします, お供しましょう, お供致しましょう, お察し, お小夜, お手伝, お手伝いに, お招き, お母さまの, お母さんと, お父様, お空, お話を, お酒, お静, お願いします, かげで, こう云う, この, このこと, このよう, この問題, この夏, この子, この方, この春広島, この暮, この歳, この言葉, これは, ごはんに, さうし, さっきから, さつきから, しばらくの, しばらくは, しばらく苦笑, しみじみ言, じっと彼, すこし憤慨, すっかり困っ, すでに四十, するから, そういうこと, そういう時, そうかと, そうする, そうだろう, そうも, そうらしい, そう思わない, そう言った, そこまでは, そこを, そっといざりよる, そのとおり, そのまま口, その上, その事, その仲間, その例外, その名, その当時, その影響, その炉, その相談, その苦痛, そりや, それについて, それについては, それより, そろそろ東練兵場, たいへん好き, ちっとばかり, ちょっと楽, ちらと, つい, ついて行きました, ついて行った, ついふらふらと, つい引き込まれ, つい忘れ, つい面倒, つられて, つれて, です, とう, とうとうこの, どうしよう, どうにかし, なければ, はいって, はじめてです, びっくりし, ふらふらついて行く, ほしいと, ほっとし, ほぼ同様, ほんとの, またかしこ, またここ, またこの小さな, また一人, また丁度, また人間, また何, また引き入れられ, また明日, また藤井, まだその, まだ若い, まだ見た, まだ誤診, まア一寸, みんなの, めったに, もうその, もう少しで, もう昔, もう諦め, もう長く, もしカーマスットラ, もらい泣きを, やうや, やがてあと, やっぱり, やつぱり私も, やむなく兄, ゆつくり, よくそこ, よく存じません, よく考え, よく覚え, よせば, よもやに, イギリスに, ニヤニヤ笑っ, ハツラツと, ブッタマゲた, ムリな, 一しよ, 一つお前さんの, 一つ洒落よう, 一つ見本を, 一人前の, 一個の, 一寸々, 一度御, 一度見た, 一校の, 一部分は, 一風呂あび, 一風呂浴び, 下手人は, 不審に, 不肖ながら, 両親を, 並んで, 久しい間彼, 久しぶりに, 二の足を, 二枚折の, 亦, 亦これ, 亦多分, 亦常に, 亦彼, 亦母, 亦矢田津世子, 亦辰夫, 人から, 今ここで, 今この, 今と, 今までの, 今までは, 今日から, 今日ばかりは, 今日舟を, 今更ながら, 仕方なく, 他に, 他人事, 仰向けに, 会いたかった, 何うかし, 何だか悲しく, 何を, 何んだ, 何時か, 余り遅う, 便所へ, 保子さんを, 信じて, 元気に, 先年フィラデルフィアへ, 光子さんも, 八重ちゃんの, 共に貴方がた, 其の方, 其処まで, 其向うを, 其店へ, 兼, 写真の, 出かけて, 出ました, 出来るだけの, 出来る事, 初めから, 初めの, 初めは, 別に馬, 別れて, 前廻り, 力を, 加わって, 助かります, 動かない, 勢が, 勿論その, 北海道へ, 医者も, 口に, 只お側, 可加減, 合槌を, 同じやう, 同意し, 同感され, 同感で, 同感であった, 同様に, 同行した, 吹き出した, 呆れた, 呆気に, 呼ばれて, 嘘を, 四十の, 困つて了つた, 困るん, 図に, 国の, 報いるところ, 外の, 大いに張り切り, 大きな声, 大きに考へた, 大事な, 失礼します, 奉公し, 奥さんの, 奮発し, 女を, 女房に, 好い折, 好きだ, 好きです, 妻の, 姉の, 委しいこと, 嬉しい, 嬉しかつ, 嬢様の, 子供だった, 子供は, 存じませんが, 安心で, 安心です, 実に困っ, 実の, 実はこれ, 実はそれ, 容易に, 宿の, 寒そう, 小供心, 小学校の, 小説を, 少しずつ, 少しも, 少し位, 少し驚い, 山の, 山へ, 帰ってから, 帰るから, 年は, 幼い時, 幼少の, 幾度と, 弱った, 弱らせられました, 弱る, 強いて, 強いては, 彼女が, 彼女と, 彼等に, 御多分に, 御話, 微笑し, 心得て, 心持が, 心配は, 思いがけなかった, 思いまして, 思つた, 思わず涙, 性来相当, 悪い, 意地で, 意外でした, 感じないでは, 憤然として, 憶えて, 我慢し, 戴きます, 戴きますが, 手に, 手早く草鞋, 承認する, 折々自分, 招待され, 拝見しました, 探して, 推量した, 散歩が, 文句は, 斯んな, 斯様に, 旅に, 日出雄少年も, 日夜に, 日本語だ, 日頃の, 早く来たかった, 早く起き, 昔と, 昨夜は, 昨日あれを, 時々心, 時々泊れ, 普通の, 暗然として, 書いた, 書くの, 朝から, 本を, 本気で, 来年は, 東京の, 校長を, 根気よく, 歌が, 歌を, 正直に, 此子も, 此頃は, 死にたいの, 死に日本, 母から, 母親さんの, 気持が, 氣の, 汐田と, 汐田も, 江戸に, 決心した, 河上の, 泣けて, 流石に, 涙が, 淋しいから, 深いこと, 深くは, 無論に, 父が, 父に, 特別彼女に, 狂人に, 用を, 申します, 男も, 町人ながら, 疑つて, 疲れた, 疾う, 目が, 直き, 直接に, 相当の, 真面目な, 眺めて, 知ってる, 知つてる, 知つてゐます, 知らずそして, 知らずに, 知らないわ, 知らなかった, 知りませんが, 知るには, 私のを, 私らしく, 私自身の, 窃に, 立ちどまって, 立派な, 笑いました, 答えた, 籠の, 精一杯の, 紀伊國屋の, 経験し, 絵を, 絶対に, 縁端に, 續い, 老込んだ, 考えましたけれど, 聞惚れ, 聴いたこと, 聽いた, 膽を, 自から, 自分ひとりの, 自然な, 興深, 芝居を, 苦労した, 苦笑する, 英語で, 草臥れて, 草鞋の, 藤野さんも, 行きたい, 行きます, 行くから, 裸に, 見たこと, 見に, 見舞に, 覚えが, 観察を, 話だけでも, 認めるが, 語学には, 誰かに, 諦めた, 負けぬ気, 貧乏だ, 貰つた, 貴方に, 賛成な, 足を, 身を, 迷信的にでも, 逆上し, 遂に探偵, 達したの, 酒が, 金も, 長い間, 間に, 随分お, 電車へ, 静栄さんも, 頼みに, 風邪を, 食べた, 馬の, 馬車に, 馴れて, 駕籠から, 驚きましたよ, 骨を, 鷄二も

1 [7353件 抜粋] ああそう, あきれて, あとは, あの一件, あの手, あまりに突然の, あらかじめそう申し上げまし, ある程度において, あんなにし, あゝいふ, いくらかは, いささか恥しく, いちど六代目の, いつか寝具から, いつと, いづれかの, いま目的も, いよいよ洗礼, いろいろよくやります, うかうか乗っ, うつむいた, うれしいこと, おいおい土方伯, おくれまいと, おつた, おのおの違つた時間, おやすみなさいと, お俊, お墓参り, お年越し, お母さんから, お祖師様, お蝶, お連れ, かえってそれ, かなりの, かれこれ申す, きっと印度, くウさん, こうした新しい, ここだ, このごろに, この世には, この哀れ, この寒風, この悲しみ, この正月, この立ちン坊君, この道, こまること, これから懺悔話, こんちは, こんな処, ご同様, さうジロジロ, さっきあなたと, さんざん修羅, したくねえが, しばらくそこ, じきだ, じゃやすむ, すぐ御供, すこし剣道, すこぶる面, すでに結婚, ずいぶん人, ずゐぶん練習, ぜひいっ, そういう絵, そうすれ, そう信ずる, そう考え, そして銭形平次, そのうち読ませ, そのままスリッパ, その一枚, その割子飯, その委員, その心, その日家, その深, その當時, その舞台, その辺, その頃駅の, それこそ, それほど慾張り, それ程聞き慣れ, そんなデタラメ, たいした事, たしか這入つ, ただ狼狽, たまには, だんだん古く, ちっと持っ, ちょくちょく来たい, ちょっと胸, ついつい熱中, つい今, つい此春, つくづく引け目, つらいの, とうとうふきだし, ときどき母, ともどもそれ, どうか雛, どうもこの, どうやら時には探偵小説, どこへでも, どんなに幸福, なくな, なるべくなら, なんとなくぶるぶる悪寒, ねが, はあ何, はずみを, はやくあの, ひとつこの, ひどく急, ふだんのを, ほかでは, ほんとうは, まあこうして, まいりますから, まさか召使, またぐっすり, またそれ等, またヘザーレッグ, また今, また切なく, また大きな, また幼い, また明朝, また油断, また荷物, まだこれ, まだ乞食旅行, まだ町, まったく真珠湾, まゐります, むかしモスクヴァで, むろん弁当, もうとても駄目, もう七八つ, もう余りに年老い, もう数日後, もう羽織, もっともに, もはや二十五歳, やっとそういう, やっぱりたすけ, やはりさう, やはり訳, やるせない心, よかった, よく化石, よく考えよう, よっぽど酔狂, わからないでは, アイスクリームの, ウイスキーが, ガイガー計数管を, サケと, タケノコで, ツイ子供ながら, ノブ子さんが, バッサバッサと, プレイに, マアちょッと, ヤケクソで, ロシヤへは, 一つ蹈張らん, 一二度逢っ, 一向に都会人, 一寸ばかり, 一度お, 一度拝見, 一応事情, 一昨年齋, 一杯飲ん, 一番りっぱな, 一言お, 一隅に, 七兵衛の, 三度呼ばれ, 上屋敷へ, 下街道, 不意と, 世話が, 中學校への, 主君の, 之が, 予想より, 二三それを, 二三日中に, 二十一だ, 二度ほど, 云いたくなった, 互いに盗み読まれる, 五十年間俳句界に, 亦お前, 亦地平線, 亦生涯それ, 亦遠慮なし, 人並の, 人間たちの, 今までとは, 今左樣考へ, 今散歩, 今月は, 仕事の, 以前陶雅堂と, 休みの, 伺ふこと, 何ぞ骨折, 何だか少し分りかけ, 何と, 何とも云え, 何人めかに, 何遍と, 余程憂鬱, 使者に, 俗界を, 信心を, 偉いお方, 元を, 充分運動する, 先生と, 入歯を, 全く懸念, 八九歳の, 共に討たんで, 其の論文, 其時どう, 内々気を, 円タクを, 出して, 出来れば, 切合ったが, 初め米国カーネギー・インスチチューションの, 別れたくありませんから, 前途の, 勃然として, 勧められるま, 医者ぢや, 十六の, 半信半疑の, 南洋へ, 厚意を以て, 参加する, 又彼, 反対の, 受取ろう, 叫ぶの, 台湾に, 同じく先生, 同じ程度, 同意せざる, 同断だ, 名古屋へ, 呆れました, 命が, 唖手附で, 喫べ, 嘘でも, 四十歳近くなっ, 困る, 園田の, 地謡の, 堪忍出来なくなりました, 変りました, 多分さうだらう, 多弁な, 大いに同感, 大いに闘志, 大そう, 大分酔つて来, 大変親しい, 大抵で, 大満悦, 天井に, 失禮し, 女ご, 好い学問, 姉が, 姿を, 嫌いよ, 嬉敷思つては, 存じませなん, 宇野さんと, 宜しくと, 実に驚きました, 実は同様, 実は重三郎, 客も, 寂しくなく, 寝床に, 小さい声, 小寺氏と, 少々うるさく, 少しいまいましく, 少し助けます, 少し意地, 少し言いすぎた, 少年時鎌倉の, 屡々あの, 岩田も, 巫女に, 帰らなきゃ, 常々その, 年々村の, 幸ひ, 幾分そんな, 店を, 庭前へ, 弱りましたが, 当分の, 当時仰々しい, 彼処を, 後で人, 得々として, 御奉公, 御物を, 微力ながら, 心ならず帰る, 心細く寂しかつ, 必ずマチガイ, 忘れません, 怒りの, 思い出した, 思はず声, 思ひ當, 思わず彼, 思わず釣り込まれ, 急ぎ足で, 恐らくさうだらう, 息を, 悪酒, 惜い, 意地ずくで, 感ずる, 慰められる奥さん, 懐しく思っ, 戦争が, 所詮は, 手紙が, 技術に, 抱き上げて, 持ちこたえられたよう, 探偵の, 政治気違いであった, 数々兼吉の, 文学者であります, 新子ちゃんみたいに, 旅支度を, 日本に, 旦那様が, 早く女給, 早速リリー・レーマン, 明治二十何年かに, 昨日から, 是非一遍参詣したい, 時々先生, 時に無, 暗い心持, 書きますから, 最早貴女, 朝早くから, 未だ見ない, 本当に意久地, 杖を, 東洋人, 校庭に, 案外狆, 極度の, 機織奉公に, 歌ったの, 此の節暇を, 此様なにおちぶれまし, 歩んで, 死ぬぞ, 死度うございます, 段々取る, 母が, 毎日來て, 民政党でありました, 気取つた口調, 気遣ったから, 永く話, 汲み立ての, 決して良い, 泊りあわせた, 泥坊に, 津田氏から, 淋いから, 湯へ, 滿身に, 激励し, 無事に, 無論御, 煙草入を, 燒い, 物忘れし, 猟に, 理窟的には, 生き甲斐が, 田舎へ, 男で, 異議が, 病む人, 痒い, 皆さんと, 直ぐ卑しい, 相当面倒, 眠って, 睨み上げる, 知つてゐた, 知らぬと, 研究が, 社長に, 祭らしい, 私淑し, 空を, 立ちどまつて心経一巻諷誦, 立上ろう, 笑われても, 米斎君から, 素人じゃ, 結婚前の, 緊張しました, 美人は, 翻訳者としての, 考えた自分, 考案が, 聞きましたどこ, 肝ッ玉, 能くそ, 腹立紛れに, 自戒自粛する, 自転車から, 航海を, 色々の, 苗字帶刀を, 若し牢, 苦しゅうございます, 茶の間で, 菓子が, 葬儀委員として, 薩の, 行がかり上じっと, 行くべきだが, 行つた, 襲われましたじゃ, 見たいもの, 見ると, 見送った, 親分も, 観音経を, 言つ, 記者室へ, 話して, 認めぬわけ, 誠に案じられ, 誰はばかる, 謀らぬ酔, 谷中へ, 貧乏百姓の, 貸本屋を, 贔屓あちらでも, 跡から, 身體が, 辛くあります, 近代日本印刷術の, 迷惑した, 逃げるから, 逢いとうて, 遊び友達に, 違背は, 遣りにく, 都度, 重え, 鈴子も, 長いあいだ世話, 長らく他人, 関係が, 陰ながらツナガリ, 随分匿情, 隙見, 雜誌の, 雲行の, 面喰つて居る, 頂きますわ, 頬笑んだ, 食えぬ幼児, 飲むという, 首肯いて, 驚いたこと, 驚愕と, 鬼でも, 黒田の

▼ 私~ (11568, 3.7%)

211 見て 183 して 147 愛して 80 連れて 79 訪ねて 78 見た 74 見ると 61 待って 57 信じて 54 呼んで 47 助けて 39 知って, 見つめて 36 つれて 35 可愛がって 27 抱いて 26 殺して, 縛つ 25 待つて 24 入れて 21 慰めて 20 案内し, 相手に, 睨んで, 自分の 19 思って, 迎えて 18 導いて, 馬鹿に 17 信用し, 怨んで, 眺めて, 覚えて, 送って 16 憎んで, 見上げた, 許して, 迎えに 15 大事に, 救って, 苦しめて, 見ながら, 非常に 14 いたわって, つかまえて, 御覧に, 見つめた, 驚かした 13 呼びに, 捨てて, 疑って, 見詰めて, 訪れて 12 伴れ, 育てて, 見つけて 11 からかって, たずねて, 乗せて, 促して, 前に, 呼んだ, 外へ, 彼の, 紹介した, 迎えた

10 [14件] つかまへて, 使って, 可愛が, 尋ねて, 抱きしめて, 殺そうと, 紹介し, 置いて, 自由に, 苦しめた, 苦しめたの, 見るの, 誘惑する, 追いかけて

9 [13件] あなたの, かばって, かわいがって, そこへ, なぐさめて, 信頼し, 叱った, 案内した, 睨みつけて, 見上げて, 見下して, 認めて, 迎へ

8 [20件] お呼びに, お忘れ, ここに, みて, 助けると, 呼ぶの, 家の, 待ち受けて, 恋して, 恐れて, 打った, 欺いて, 此の, 無理に, 眺めながら, 見たが, 見つけると, 見る, 誘って, 軽蔑する

7 [21件] いぢめ, じっと見つめ, とらえて, 何だ, 凝視し, 制した, 励まして, 夢中に, 招いて, 振り返って, 支えて, 歓迎し, 殺すの, 眺めた, 私の, 苦しめるため, 見に, 見送って, 軽蔑し, 追っかけて, 顧みて

6 [38件] ここへ, こんなところ, だまして, どうしよう, のせて, ゆり起して, 不安に, 先生と, 叱って, 圧迫する, 大切に, 好いて, 嫌って, 安心させ, 引っ張って, 忘れないで, 悲しませた, 指して, 振り返った, 捨て, 欺くこと, 残して, 殺す気, 理解し, 生かして, 維持する, 苦しめる, 襲って, 見ても, 見ました, 見るや, 見守って, 認めると, 誘った, 誘つた, 責めて, 驚かしたの, 驚かせた

5 [43件] いらいらさせた, ここから, こんな目, さして, そこに, よく知っ, 中心に, 出し抜いて, 包んで, 呼ぶ声, 喜ばせた, 囚えた, 圧迫し, 好きな, 妙に, 守って, 家へ, 尊敬し, 御覽, 忘れて, 恨んで, 愛しては, 憐れんで, 指差し, 振り向いて, 捉えて, 捕えて, 探して, 欺し, 無理やりに, 目し, 睨んだ, 私を, 見出して, 視て, 訪問し, 誰だ, 起しに, 邪魔に, 顧みた, 顧みながら, 駆って, 驚かせたの

4 [123件] いい男, いたはつ, うながして, おいて, おぶつ, お嫁, お憎み, かえりみて, ぎょっとさせた, ここで, ごらんに, じっと見つめた, そばに, たしなめた, ぢつと, とりまいて, どうなさる, にらんで, ねらって, ひどい目, ほめて, ほんとうに, みつめて, もって, よく知つて, よろこばせた, よんで, ジッと, ジロリと, モデルに, 不愉快に, 人の, 侮辱する, 保存する, 信用する, 働かせて, 元気づけた, 先に, 其処に, 凝視めて, 利用し, 創造した, 創造する, 包んだ, 取り囲んで, 取り巻いて, 呼びとめて, 問題に, 喜ばして, 嘲笑し, 嘲笑した, 囚え, 囲んで, 圧迫した, 大胆に, 大阪の, 女優かと, 完全に, 尾行し, 引き留めて, 引取つ, 微笑させた, 怖れ, 意識し, 愚弄する, 愛し私, 感動せしめた, 感激させた, 慕って, 慰めた, 憂欝に, 指さして, 捉まえ, 探しに, 掴んで, 支持し, 支配し, 教えて, 有頂天に, 棄てて, 棄てないで, 極度に, 欺くが, 殺すと, 母の, 気の毒に, 泊めて, 満足させ, 満足させる, 狙って, 生んだの, 生んで, 発見した, 発見する, 監視し, 笑って, 笑は, 箱に, 縛って, 置き去りに, 茫然と, 見ては, 見るなり, 見据えた, 見詰めた, 見送つて, 訪問した, 誘いに, 誘惑し, 説得した, 説得する, 貴方の, 買って, 起して, 足蹴に, 迎へて, 迎へる, 運んで, 選んだの, 邪慳に, 部屋の, 離れて, 静かに

3 [234件] あとに, あなたは, いじめて, いじめないで, いらだたせた, うながした, おからかい, おどかして, おどろかせた, お嫌い, お愛し, お疑い, お苦しめ, お責め, お避け, からかった, かわいそうだ, ここまで, この私, ご覧なさい, さしまねいて, じっと眺めた, じっと見, じっと見詰め, じつと, すりぬけて, そ, そこまで, そつと, その家, ちよつと, とらえた, とらへて, どうかし, どう思っ, ながめて, にらんだ, びっくりさせた, ふしぎに, みた, むやみに, もてなして, よく覚え, よもやお, テーブルの, 一人きりに, 一人で, 一目見る, 不幸に, 不快に, 不思議そうに, 不憫に, 乗せた人力車, 二階の, 京都へ, 介抱する, 何か, 信じなさい, 信じ私, 側に, 先生の, 其の筋, 加えて, 助けに, 助けるため, 励ました, 勇気づけて, 厚遇し, 取って, 取巻いて, 可哀, 可愛がる人, 叱るの, 呼び止めた, 呼ぶ, 呼ぶと, 呼んだの, 喜ばせたか, 喜ばせたの, 喜ばせて, 嘘つきだ, 嘲笑する, 嘲笑って, 困らせます, 圧倒した, 坐らせて, 夢に, 失望させた, 奥の, 威圧する, 尊敬する, 少しも, 尻目にかけて, 引き留めた, 引張って, 彼女の, 征服し, 御覧なさい, 心配し, 忘れちゃ, 怒って, 怖がって, 思い出して, 怨む筋, 悩した, 悩ますの, 悪者と, 悲しませる, 想像し, 愛した, 愛しました, 感動させた, 慰さめ, 慰めるよう, 慰め顔に, 憂鬱に, 憎んだ, 憐んで, 憫れ, 抱きあげて, 抱きすくめて, 抱き止めて, 抱擁し, 招待し, 拝んで, 捉へ, 捉らえて, 捕縛し, 捕虜に, 捜して, 接吻し, 攻撃し, 放して, 放免し, 救うため, 救ふも, 敵に, 斬る気, 本当の, 東京へ, 欺いたの, 此処へ, 激励し, 父と, 犠牲に, 狂人扱いに, 狙つて居る, 玄関の, 現実を, 理解しよう, 疲れさせた, 目醒めさせる, 睨み, 睨みつけるよう, 瞶めて, 知らずに, 知らないから, 突き落したの, 笑わせた, 絶対に, 罪に, 考へさせる, 聾に, 肯定する, 背負って, 胴上げし, 脇へ, 膝の, 苛めるん, 苦しめるの, 莫迦に, 落付かせ, 街へ, 裏切って, 裸に, 裸体に, 褒めて, 見あげた, 見おろして, 見かけて, 見かけると, 見くびって, 見た時, 見つけた, 見なさい, 見るので, 見上げながら, 見付けて, 見凝め, 見守った, 見抜いて, 見捨てて, 見据えて, 見損なって, 見殺しに, 見舞いに, 見舞って, 見返した, 見降ろして, 覗いて, 親切に, 記憶し, 誘う, 誘ひに, 誘ふので, 誰か, 警戒し, 負って, 贔屓に, 赦して, 躊躇させた, 迎えました, 追い出しました, 送つて, 連れては, 連れに, 遇し, 遮った, 選んで, 除いて, 陰気に, 陰鬱に, 離縁する, 非難する, 頭から, 養って, 養子に, 餌食に, 馬鹿だ, 騙して, 驚かしたもの, 驚かす, 驚かせたこと, 高坂の

2 [743件 抜粋] あざむいて, あなたに, いじめたな, いじめるもの, いたわるよう, いちばん興奮させた, いつか銭湯で, いつに, いとしがっ, いれて, おきらい, おさ, おだまし, おだましなさいました, おびやかすよう, おぶち, おろして, お叱り, お咎め, お愛しく, お憐, お扱い, お斬り, お斬り遊ばし, お瞞, お試し, かえりみた, かえり見た, かついで, かつごうと, からかうこと, からかうため, からかうよう, からかうん, くびき, このうえ, このまま, この田舎町, こめて, こんなにした, さえも, させないこと, さそって, しっかりと, じっとさせ, じろじろ眺めた, すすめて, せき立てようと, そうさせ, そこの, そのよう, その書斎, その部屋, そんな人間, た, ただちに理解, たまらなく魅, たよりに, だしに, だますの, だんだん窮屈, ちらりと見た, ぢつ, つけて, つつんで, つまみ上げて, とっちめようと, とりかこんで, どうして下さる, どうにかし, どこか, なだめるよう, なつかしがる, にらみつけた, はじめから, ばかに, ひどく迫害, びっくりさせ, ふり向いて, ふり返っ, まじまじと, ますます有頂天, まねいて, まるで子供, みつめた, むかえて, もつて, もとの, ゆさぶる, ゆり起した, よく識, よびとめて, よぶ苦しき, よほど無能, よろこばせる, よんだ, わらは, アキから, シゲキし, ダシに, ピストルで, 一そう窒息させ, 一人残し, 一個の, 一番に, 一番不幸に, 上目で, 下ろしたの, 下駄で, 世話し, 中に, 中傷する, 乗せた汽車, 九州なんかへ, 了解し, 今まで, 今晩にも, 他の, 他人に, 他方の, 以前の, 仰向けに, 仲間に, 何と, 何も, 作り出したの, 作り出すため, 侮辱した, 便って, 促すので, 信じすぎて, 信じないん, 信じなければ, 信任し, 偸み, 元の, 元気づけて, 先き, 全く神, 内へ, 冷笑する, 分って, 切って, 別室に, 前の, 力に, 助けること, 助ける事, 励まし慰めて, 励ますよう, 動かしたの, 動かすもの, 医学士と, 厭な, 去らしめた, 参らせるよ, 口説き廻して, 叩いて, 可愛相, 叱つた事, 叱責した, 同行し, 呼びかけた, 呼びかけて, 呼び出して, 呼び止めて, 呼び留めて, 呼び起した, 呼ぶよう, 呼ぶ者, 呼出しいきなり, 咎めては, 品物か, 啓発し, 喜ばせたどんな, 嘲って, 嚇か, 嚇して, 困らせて, 困惑させた, 堅く信じ, 変な, 変化させた, 大変に, 大阪へ, 失望させ, 失望させる, 奉公に, 奥へ, 女房に, 好きだ, 妙な, 妻と, 嬲って, 子の, 子供の, 子供扱いに, 学校の, 安らかに, 安心せした, 室内へ, 家に, 寂しがらせた, 審い, 射て, 導き入れました, 少しでも, 居堪らずさせるの, 山に, 崖の, 巴里へ, 常に過つ, 平素の, 幾箇月間か, 庇うて, 庇って, 庇はう, 庇護し, 庭の, 弄んで, 引き出して, 引き離して, 引っ捉え, 引立てて, 強く貴方がた, 強要する, 彼に, 待たして, 待ちうけて, 待ちながら, 待ち伏せてでも, 待ってるん, 待受けて, 後から, 御存じな, 御存じない, 微笑ませた, 心から愛し, 忘れたか, 応接間に, 怒らせて, 怖がらしたり, 急に, 怨むよう, 怯やかした, 恋人として, 恨むこと, 恨むの, 悩ました, 悩ましはじめる, 悩ませたの, 惹きつけるの, 愉快に, 意地悪な, 愕か, 愛しちゃ, 愛してると, 愛す, 愛するが, 愛する心, 愛する者, 感激させる, 慄然と, 慰めるの, 慰撫する, 憐れみ愛して, 憤怒させる, 戦慄させる, 戯弄う, 打ちました, 打つ, 抑えつけて, 抑えて, 抱えて, 抱きしめた, 抱く, 抱こうと, 押しつけようと, 押しのけてまで, 押入の, 拉して, 招いた, 招き入れた, 招待した, 招待する, 指名した, 指導し, 指導する, 捉へて, 捕えた, 捕まへて, 捕縛される, 捨てた島, 採用しなけれ, 探偵だ, 推薦し, 掴まえようと, 揶揄した, 支配しよう, 支配し出した, 救いに, 救い出して, 救つ, 救ふ, 数珠屋の, 敵の, 斬るの, 斬ろうと, 日本へ, 日本人と, 早稲田の, 明晰かつ, 普通の, 暖めて, 最も深く, 木から, 村へ, 束縛する, 柳河の, 校庭の, 楽ませ, 楽ませた, 横浜に, 欺くため, 欺くに, 欺した, 欺すんでも, 正面に, 此処に, 此處に, 此處へ, 死なせようと, 死刑に, 殴るの, 殴れ, 殺したの, 殺しに, 殺すか, 殺すこと, 殺す氣, 殺そうという, 気の毒がっ, 気の毒がる, 気易く, 永久に, 江戸へ, 決して過たない, 法螺ふきと, 泣かせて, 流して, 浄めて, 淋しがらせる, 深く愛し, 溺愛する, 滅した, 無事に, 無理矢理に, 無限の, 然う, 牢に, 牽きつけて, 犬の, 狙ふ, 狼狽させ, 玄関まで, 玩具に, 現在保存し, 理解しない, 甘やかして, 生かしきること, 男の, 疑うよう, 疑つてる, 発見し, 益し, 目懸け, 相当の, 看病する, 真実の, 真直に, 眠らせたり, 眠らせて, 眺めやるとき, 眺めるの, 睥みつける, 睨みつけたの, 睨み上げて, 睨み付けた, 睨む, 睨むの, 睨めたから, 睨んだり, 瞞した, 瞞そう, 知らず識ら, 知らないの, 知りますまい, 破れかぶれの, 祝福する, 私は, 私以外の, 空想家に, 突き刺すこと, 窒息させよう, 童貞だ, 箱の, 縛り上げ猿轡, 育てた, 育てるの, 背に, 背中に, 脅かすよう, 脅した, 膝に, 自動車に, 興がらせたもの, 興奮させた, 船へ, 花だ, 若返らせた, 苦しくする, 苦しめないで, 苦しめないもの, 落着かせない, 蔑みながら, 虐み, 虫に, 裏切ったこと, 裏切ったの, 裏切るため, 襲うの, 襲った, 見くらべて, 見すてないで, 見たという, 見たの, 見た最初, 見た盃, 見つめそして, 見つめながら, 見ますと, 見ようと, 見るより, 見上げたが, 見上げるの, 見上げ見下した, 見世物に, 見捨, 見据ゑた, 見損, 見物し, 見直して, 見覚えて, 見詰めるの, 見送った, 解放し, 診察し, 診察した, 認めないやう, 誘ひ出して, 説き伏せようと, 誰よりも, 警察の, 警戒する, 責めた, 責めました, 責める, 責めるん, 貶しめ, 超えて, 踏まずに, 軽蔑した, 轢いたと, 迎えると, 迎に, 迎へに, 追いかけるよう, 追ひ, 追駈けた, 連れだして, 連れ出して, 連れ戻しに, 運んだ, 避けて, 避けようと, 都の, 酔は, 釧路の, 除け者に, 離して, 離れない, 雨戸の, 震撼させた, 鞭撻し, 頭の, 頼りに, 頼る者, 驚かして, 驚かし私, 鼓舞し

1 [5853件 抜粋] ああした, あたり前の, あの人, あはれみ, あやなすやう, あわれみの, あんまり子供, いくらで, いじめます, いたはり, いつくしんで, いぶかりながら, いらだたせかつ, うっちゃって, うるさがらせるやう, おいてきぼりに, おさんどん同様に, おだてあげるの, おどかしてるの, おびえさせたり, おゆるし下さいました, お信じ下す, お召し, お喚び, お引き止め, お手もと, お梅殺し, お祝ひ, お訪ねくださっ, お責めなさる, かえって厭, かこんで, かばいだて, からかったから, かわりに, きめつけて, くやしくさせました, けしかけるので, こづいたり, この娘, この生活, こわがらせる, こんなに見事, ごぞん, さいなみ初めました, さぐるよう, さし置いて, さん, しきりに励ましました, しばらく見つめ, じっとみつめ, じっと見返し, すくって, すっかりは, すつかり見違, せきたてた, そう信じさせ, そっくりそのまま受け入れ, その中, その店, その膝, それこそ, そんなこと, そんなに見る, そんな麻痺, たしなめたの, たっぷりと, ためして, だましてばかり, ちょっと見ます, つかまえちゃ, つけまわす悔, つねに誤らせ, とがめなかった, とらえに, とろんとした, どうして下さいます, どうなり, どう見, どやしつけようと, どんな者, なぐらしたという, なぶり殺しに, にらみつけて, ねらいますと, のぞいては, はげしくはねのけました, はなしたこと, ば一打に, ひきとめた, ひつぱり凧に, ひどく怒らした, ひんまがった子, ぶちのめして, ほっと安心, ほめ第, まぎらして, またない友, まだ生れない, まるで糾弾, みだらな, みるなり手, もういちど, もえあがらせたば, もの足りなく, やはり文学者, ゆびさして, よく喜ばしめました, よそへ, よほどきらっ, わざわざここ, インゴルシュタット, カーテンの, ゲエテに, シナ人だ, スプラクナク, チャールストンに, ドナル権利は, ヒヤリと, ママと, 一介の, 一層苦しく, 一本の, 一番感動させた, 丁度と, 三好十郎として, 下手人に, 不憫と, 不道徳の, 中傷したらしい, 乗せたお, 予期の, 二階から, 亭主と, 人間の, 仏の, 仮にお前, 休ませなかった, 何よりも, 余り強, 使ったからには, 侮辱してる, 促すため, 信じない, 信仰した, 信頼した, 倦きさせた, 傍の, 優しく, 兇猛な, 入れました, 八四歳の, 内に, 冷やかすかの, 凝視めが, 出すと, 切り裂き私, 初めて発見, 利用した, 刺戟しました, 創造し, 助けたと, 助け上げて, 動かしたかを, 勵まし, 化したの, 十年越し, 卑しめ蔑んで, 厭がらせよう, 去ること, 反駁しよう, 取り囲んだ, 取止めて, 口説いたが, 叩き起してから, 可愛いがっ, 叱つたり, 叱るやう, 同じやう, 向うに, 吸い込みつつ, 呪縛してるらしい, 呼びつけられた, 呼び切角, 呼び私, 呼ぶといふ, 呼んだやう, 命令する, 哲学へ, 啄んで, 喜ばしては, 喜ばせる, 嘆かせて, 嘲弄し, 噛ろうも, 困らすこと, 囲みつつ, 圧し伏せようと, 地図の, 坐らせるそういう, 塵の, 変り者あつかい, 外気に, 夢現の, 大変安心させた, 天才である, 失望せしめた, 女中同様の, 如何にも物, 妻や, 威して, 嫉妬し, 嫌に, 孤独に, 安心させました, 宮廷で, 容易に, 寄せつけまいと, 寝かしつけた, 射ますと, 導きたま, 小屋の, 少なからず, 山へ, 差した, 帰られないよう, 庇うため, 度外に, 弄ぼうと, 引きずッ, 引き入れたと, 引き摺り上げ, 引き立たす, 引っぱり込むこと, 引つ張つて, 引止めたい他, 弱らすもの, 強く打つた, 彫刻の, 待たせては, 待ちこがれて, 待つ, 後向きに, 得手勝手に, 御存知です, 御紹介, 復活させた, 心理検査にかけ, 忘れさせないで, 快く受け容れ, 怖がらせて, 思いそれ, 思うあまり, 思ひ出したの, 怨み憤ります, 怯やかしました, 恐れてを, 恥じ入らせるだろう, 恨んでばかり, 悦ばせました, 悩まして, 悩ませるという, 悪くばかり, 悲しがっ, 悲しませるそして, 惹きつけたか, 意味なく, 愛されること, 愛してて, 愛しなつかしむ, 愛する人々, 感じ取るので, 慎しみ一家の, 慰めたり, 慰め励ますため, 憎み出し母親, 憎む者, 憤死せしめる, 懐疑から, 戒めました, 扇いだ, 手招ぎ致します, 打ちでも, 打ったな, 打出して, 扱うて, 抑へ, 抱いていう, 抱きすくめようと, 抱き締めなど, 押して, 押し除けると, 招き入れると, 招ぼうとして, 拾って, 指さし私, 振りほどいて, 振り返つてたづねた, 捉えた恐怖, 捕えるが, 捕縛さし, 捨てませんでした, 掛けさせた, 掩って, 描きつづけ, 揺り起した, 撃ち落した洋装, 撲ち続けた, 攫って, 攻撃しはじめた, 故郷に, 救つて下さる, 教へる, 敬い私, 文学へと, 斬ると, 旅びとらしいたよりなさにした, 早く死なせよう, 時々見送り, 暫時女中部屋で, 曾孫と, 會わせまい, 朝鮮出身だ, 本当に幸福, 来るべき苦しみ, 柵外に, 棄てようと, 椽先まで, 様々な, 横網まで, 歌に, 正しく見, 此所に, 死へ, 殘し, 殺しお, 殺しても, 殺すなら理窟, 母と, 気づまりにさせずにおかないような彼の, 求めて, 沈めようと, 泣かしめたの, 泣きつ笑いつさせたの, 流し場, 涙っぽく愛しく, 深夜の, 温かく迎え, 準備する, 漠然と生きさせ, 炉端に, 無用で, 焦立たせる, 煩さがらさなかつた, 營むべし, 片隅に, 特別勇気づけ, 犯人みたいに, 狡猾な, 獲ようとして, 理由も, 生かしそして, 生き永ら, 生んだわけ, 用いて, 異端視し, 疑うなんて, 疑ふこと, 病室から, 白雲荘へ, 目がけて, 省みて, 眠りから, 眺める眼つき, 睡らして, 睨みながら, 睨めました, 知っての, 知らないだろうが, 研究させられました, 社会に, 祠へ, 穏和に, 突き動かして, 突き飛ばしお前, 窒息させる, 立ち去らせて, 笑いました, 笠屋町の, 粗暴な, 素人臭い, 絞刑吏, 締め上げ, 縛り付け初めたので, 罪人に, 罵つたり, 美くしくす, 老いぼけた病的, 育てたの, 胴上げの, 脅したの, 腰掛の, 自動的に, 舌打ちで, 芝居に, 若い妓, 苦しめたが, 苦しめなさるため, 苦しめるつもり, 苦しめ通すで, 茶化してばかり, 落ち着かせるだろう, 蕗子の, 虫干に, 行かせて, 裏の, 襲うた, 襲ふ, 見かけ, 見たので, 見た婦人, 見た連中, 見つける迄には, 見つめるが, 見ないやう, 見るその, 見る私, 見上げる彼, 見付けると, 見初めて, 見忘れて, 見据えたまま, 見物した, 見舞うて, 見詰めるやう, 見返つた, 見送る父母, 視守つて, 親切な, 言い現, 訛し, 訪ねること, 訪れる代り, 許してから, 証人に, 認めたらしかった, 誘うて, 誘つて附近の, 誤解させる, 調戯った, 識つて貰つた分量より, 護つて居る, 貢いで, 責めなければ, 責め一刻, 貴島の, 賞揚し, 起した, 踏みつけようとは, 身請えした, 軽く遇う, 載せて, 迎えたの, 迎え私, 迷信的に, 追い出さないん, 追い越した, 追って走っ, 追ひ廻す姿, 送りだして, 逃がして, 逗子で, 通観すれ, 連れ出し薩摩藷, 遁れた, 遠ざけて, 遮ろうとは, 邪魔し, 酔わせずには, 釘づけ, 門の, 間違った事, 限りなく惹きつけました, 陶酔させる, 雅子は, 離さなかったの, 難じ続けた, 非難しました, 頭取という, 題材と, 食った蚊, 飾りました, 首里まで, 駆りたてたあの, 騙した上, 驚かすため, 驚かせる事, 驚嘆させる, 高等小學校に, 鷹揚な

▼ 私たち~ (10884, 3.4%)

203 の生活 158 はその 100 の心 75 はこの 73 の方 60 の家 59 はそれ 56 の前 5046 のよう, は何 45 の間 43 はまた 36 はもう 32 のため 29 がこの 26 はただ 25 がその, のこと, のところ 24 の目, の眼, は自分 22 の周囲, はそこ, はまだ, は今, は私たち 21 の仲間 20 はここ 19 と一緒, のまわり, の話, はお, は思わず 18 のお, はあの, はすぐ 17 の耳, の部屋, はいつ, はこれ, はどう, は自分たち 16 の中 15 の, のいる, の仕事, の学校, の日常, の結婚, の頭, はあなた, はそんな, はどこ 14 の国, の魂 13 のこの, の上, の時代, の胸 12 の子供, の後, の祖先, の顔, はいつも, はいま, は子供

11 [15件] のもの, の姿, の日常生活, の毎日, の注意, の現実, の若い, の運命, はしばらく, はよく, は家, は彼, は生き, もその, を助け

10 [18件] が生き, が生活, の住ん, の傍, の心持, の感情, の手, の生命, の身, の身体, はそう, はそういう, はどんな, はまるで, はみんな, は二人, を案内, を考えさせる

9 [13件] が今日, に何, に取っ, のほう, の先祖, の自動車, はこれから, はまず, は全く, は本当に, は決して, は顔, を見

8 [26件] がそれ, がまだ, が今, と同じ, に向っ, のうち, の今日, の力, の命, の日々, の最も, の村, の生き, の精神, の肉体, の船, の関係, はお互い, はすっかり, はそれら, は山, は彼ら, は皆, は眼, は誰, を見る

7 [38件] が, がお, がここ, がもし, が初めて, だけで, にはその, に教え, のすぐ, のそば, のまえ, の一家, の今, の場合, の愛する, の文化, の新しい, の行く手, の訪問, はこういう, はとうとう, はどうして, はむしろ, はもう一度, は互に, は今日, は再び, は初めて, は同じ, は大, は小さな, は幸福, は手, は明日, は歩い, は海, は非常, を待っ

6 [27件] が見, といっしょ, のま, のやう, の事, の住む, の常識, の意志, の教室, の気持, の生涯, の知っ, の見た, の記憶, はあまり, はだまっ, はどうせ, はやがて, は学校, は宿, は思っ, は日本, は毎日, は水, は無言, は美, を感動

5 [55件] がいる, がそういう, がそこ, が何, が自分, に, にし, にその, に語っ, の一行, の人生, の他, の会話, の問題, の家庭, の席, の幸福, の意見, の愛, の明日, の母, の気もち, の生きる, の目前, の罪, の舟, の身近, の関心, の頭上, はあまりに, はきっと, はだんだん, はなん, はもはや, はやはり, は一緒, は三人, は人間, は信じ, は多く, は大きな, は実際, は少く, は少し, は心から, は新, は朝, は東京, は現在, は知っ, は自然, は船長, は部屋, を, を殺し

4 [105件] お弟子, から見れ, がどんなに, がもう, が先, が外, が或, が東京, が毎日, が船, が近づく, にとつ, にもよく, に与える, に多く, のあと, のほか, のよき, の一生, の下, の世代, の世界, の主張, の体, の先輩, の内, の列車, の努力, の反省, の同人雑誌, の周り, の女, の小さな, の平和, の年代, の影, の心もち, の所, の文学, の歩い, の求め, の注目, の生, の生存, の生活感情, の眼前, の知らない, の研究, の社会, の精神肉体, の職業, の興味, の見る, の言葉, の車, の雑誌, はいろいろ, はこう, はこれら, はこんな, はすでに, はずいぶん, はたがい, はたくさん, はちょうど, ははっきり, はまっすぐ, はもっと, は二階, は先生, は出来る, は又, は地上, は外, は大いに, は女, は小田さん, は常に, は幾度, は思った, は急い, は挨拶, は文学, は新しい, は時間, は暫く, は最後, は橋, は河原, は父, は直ちに, は腰, は茶の間, は車, は間もなく, は馬, ばかりで, ばかりでなく, もこの, もこれ, をお, をし, を愛し, を深く, を迎えた

3 [250件] お傍, から見る, から離れ, があの, がこうして, がそんな, が人間, が入っ, が出, が前, が失った, が子供, が幸福, が手, が文学, が旅, が日本, が次, が現に, が経験, が結婚, が自分たち, が行っ, が近, が追いつく, が這入っ, が食事, にこの, にしろ, にそれ, にとつて, には, にはそれ, にはそんな, にはただ, にはとても, にはわかりません, には何, には目, には私たち, には自分, には見受けられました, に与え, に御馳走, に深い, に目, に示し, に言, に話し, に関係, のあいだ, のうしろ, のお家, のお父さん, のぐるり, のし, のせい, のその, のなか, のグループ, の一人一人, の一隊, の不, の不幸, の乗った, の事務員, の仲間入り, の任務, の休ん, の側, の内部, の友情, の坐っ, の大, の大切, の子供ら, の実感, の実験室, の室, の家庭生活, の小, の少年時代, の希望, の幼児, の店, の建設, の後ろ, の悲しい, の想像, の感想, の手許, の控室, の教科書, の旅, の旅行, の日本, の暮し, の最初, の本質的, の楽しい, の様, の様子, の泊った, の現在, の理想, の生活全体, の田舎, の町, の知識, の第, の経済, の美, の考える, の育った, の血, の見, の親, の話題, の謂う, の財産, の足もと, の身の上, の面倒, の高麗丸, はいかに, はいっしょ, はお前, はかかる, はかなり, はこうして, はこんなに, はさ, はじっと, はすこし, はすこぶる, はそのまま, はそれから, はちゃんと, はともかく, はどういう, はどちら, はどんなに, はなんだか, はひどく, はもうこ, はやっと, はホテル, は一, は一ぺん, は一人, は一層, は一方, は一日, は一言, は丁度, は下町, は二つ, は互いに, は今や, は今度, は他, は他人, は何と, は余りに, は健康, は元気, は其処, は冬, は出, は別に, は前, は力, は勿論, は午後, は各々, は向う, は喜ん, は地球, は声, は夏, は夢中, は大急ぎ, は夫婦, は実に, は屡々, は工藝, は幸, は庭, は愛する, は慌て, は改めて, は既に, は日, は早速, は時代, は暗い, は月, は未来, は本当, は極めて, は気, は池, は汽車, は注意, は深く, は港, は特に, は狐, は相当, は真面目, は知, は窓, は第, は簡単, は結婚, は自動車, は舟, は若い, は草鞋, は見, は言葉, は話, は読者, は近所, は途中, は逢う, は酒, は長い, は顏, は駅, は駅長, は黙っ, もこうして, もここ, もただ, もまた, もまだ, も初め, も子供, も手, をいつ, を妙, を導く, を待つ, を笑わせ, を見た, を迎え, を送っ, を驚かした, 若い者

2 [721件 抜粋] から少し, から記念, があまり, があれ, がいっしょ, がお話, がこんな, がこんなに, がそれ等, がたいへん, がつい, がはじめて, がひと, がみんな, がもっと, が一番, が一緒, が世界, が互に, が人, が其処, が出発, が地上, が地球, が始め, が安心, が居る, が彼, が恋愛, が感じ得る, が持った, が日々, が日常, が最初, が本, が来た, が気もち, が沖縄, が真に, が知っ, が突っ, が結婚式, が考え, が自動車, が船長, が見る, が警視庁, が通った, が遊び, が飛ん, が鹿島丸, だけは無骨者, だってただ, である, でなくたって, ではある, としてはそれ, としては随分, との結合, との隔り, とは天地, とは歴史的, とは離れ, と一しょ, と同, と違っ, にいり, にうるさく, にさまざま, にしばらく, にとっては大切, にとっては驚異, になん, にはあまり, にはなんだか, にはほんとに, には予測, には全く, には思はれました, には最も, には独断, にまでいちいち, にみせる, にも乙姫, にも住める, にも気づかせた, にも責任, によく, に一日, に一言, に吠え, に吠えついた, に告げる, に喚びかける, に愛, に投げました, に挨拶, に最後, に気がつい, に注意, に用, に興味, に茶, に話, に話した, に語る, に貸し, に近づく, に遺産, に隠し, のいう, のいま, のかうした, のからだ, のこころ, のした, のすべて, のたま, のどちら, のまだ, のまなざし, のもと, のやつ, のゐる, のウチ, のカラダ, のタクシー, のヘーゲル, のホテル, のボート, のランチ, の一族, の一行六人, の上っ, の世紀, の中学時代, の主人公, の乗る, の予期, の事務室, の人工雪, の人間, の仕事部屋, の代表, の企て, の住所, の使命, の依頼人, の係り, の借り, の僅か, の兄弟, の入った, の全身, の冒険, の出, の出る, の出会った, の切, の前途, の勝負, の去年, の右足, の名, の吸う, の呼吸, の商売, の国語, の外, の大きな, の婚約, の子供仲間, の学問, の学生時代, の宿, の対人関係, の小さい, の小屋, の居間, の年頃, の建築, の得た, の御, の心持ち, の思索, の恋愛, の恋愛結婚, の息子, の悪口, の態度, の所有, の持っ, の敬愛, の最大, の期待, の未来, の本当, の条件, の次, の欲しい, の殆, の民族, の気, の泳い, の涙, の渡鮮, の為, の理解, の生れない, の生活そのもの, の生活態度, の留守, の目指し, の目的, の真似, の真正面, の着いた, の短見, の神経, の立っ, の級, の結びつき, の結婚式, の考え, の肩, の背後, の自由, の花, の苦し, の苦悩, の虐げられた, の行動, の見つけた, の視線, の解釈, の読む, の誰か, の趣味, の足, の足許, の身心, の車夫, の軽, の通る, の遊び場, の道徳的意識, の郎党, の階級, の靴, の願い, の食卓, の飽くまで, の馬, はあらゆる, はある, はあわて, はあんまり, はいつか, はいつのまにか, はいよいよ, はおそい, はお茶, はかの, はこ, はこんど, はごく, はしみじみ, はす, はすくなから, はずっと, はずんずん, はその小さな, はその後, はただただ, はたちまち, はだから, はちょっと, はつい, はともに, はどうしても, はどの, はどやどや, はなお, はなおも, はなるべく, はなんと, はのんき, ははじめて, はふたたび, はほとんど, はほんとに, はまじめ, はみな, はもちろん, はもつ, はもと, はゆっくり, はイギリス海岸, はギリシャ, はシェイクスピア, はパン, はヴェランダ, は一々, は一体, は一定, は一度, は一致, は三十分, は上っ, は不意, は世の中, は世界, は久しぶり, は二人がかり, は亡くなった, は人類, は仕丁, は仕事, は何となく, は何一つ, は何度, は作者, は例, は僅か, は兄さん, は公園, は共に, は出し, は出発, は列車, は別, は別れる, は勉強, は勝手, は十分, は卓, は単純, は友達, は反省, は右, は呆然, は喫茶店, は器, は国, は城, は堤, は多人数, は夜, は大切, は大地, は大抵, は奥, は妙, は妹, は始め, は安心, は完全, は寛大, は将来, は小学校, は小屋, は工場, は希望, は幼児, は引返し, は当然, は彼等, は後, は心配, は忘れ, は思い, は思いきっ, は急, は悪い, は悲しい, は愉快, は感動, は或, は扉, は接触, は救われる, は教会, は斯, は旅, は旧, は早くから, は明るい, は是, は時々, は最初, は望ん, は案内者, は椅子, は此, は歩き出した, は殆, は氣, は永遠, は油断, は泥岩, は洞門, は浦島, は海峡, は漸く, は無名, は父さん, は物, は現に, は琉球, は生れた, は生活, は町, は病院, は目的地, は直接, は相談, は知りたい, は知識, は神様, は立つ, は紅い, は絶対, は考へ, は肉体, は背後, は自ら, は自信, は自身, は船, は船長室, は色, は芸術家, は苦情, は薄ぐらい, は西欧, は見る, は認めた, は諦め, は進化, は遅く, は運命, は酋長, は野原, は階級, は随分, は電車, は靴, は食事, は食堂, は食物, は魚, は默つて, もそこ, もそれ, も一緒, も出来る, も安心, も最初, も腰, よりも背, より先, をあなた, をおい, をそんな, をつれ, をはじめみんなこっち, をばか, をふり向かせた, をみる, をよろこばせ, をホテル, を中, を出迎えた, を包んだ, を叱った, を呼んだ, を困らせる, を導い, を導き入れた, を待ち構え, を恐れる, を救う, を救っ, を楽しませ, を残し, を母屋, を理解, を眺め, を苦しめ, を苦しめる, を襲っ, を見下し, を認めた, を軽蔑, を迎, を追っかけ, を連れ, を驚嘆, 全人民, 若いもの

1 [4883件 抜粋] ああんまり, からいろいろ, からみる, から栄さん夫妻, から銅貨, がいつ, がうっかり, がかかる, がし, がたった, がつまらない, がどの, がはいつ, がほんとう, がやはり, がアクロポリス, がチヂミ屋, がフランシス, が一所, が上り坂, が中国, が二百八十日, が仕方, が伺っ, が信ずる, が先輩, が出来る, が勝手, が印度人, が同室, が喜ん, が城北花巷, が大変不思議, が好奇心, が宝島, が富山, が小説, が島, が年少, が往来, が忠実, が愛し, が手紙, が掘り出した, が新婚旅行, が是, が本当に, が楽, が歩こう, が求める, が深く, が狆, が生れる, が皆, が真剣, が研究, が空しい, が紅茶, が義務, が脱, が芸術, が衣服, が見知らぬ, が試験体, が読売支社, が車, が通り, が都, が降りる, が飛びこん, が騒ぐ, ぐらいでしょう, この小さい, さえもこうして, その暇, だけが騒がれた, だけの何囘, だっていなかった, だって女工さん, だ絹糸, でさえいや, ではなかっ, で例, というの, として, としては四部, として一生, とても暑い, とは固, と云わず, と同様, と敵, と百年, と隣, なの, なんかお, にありあり, におのずから, にくらべれ, にさえもし, にそう, にとってこれ, にとってはほんとう, にとっては非常, にとって厳粛, にとって森鴎外, にとって親愛, になつかしい, にはいろいろ用, にはさつ, にはどうもまだ, にはまた, には一体, には予期, には何だか, には分りません, には呑み込めない, には強かっ, には恥, には易しい, には永久, には異様, には考え, には良人, には譯, には面白い, にまで及ぼし, にもたらされ, にも何, にも拝, にも速記, にわかりません, に一層, に云いました, に伝, に余生, に冷, に取るべき, に向けた, に多い, に察しられた, に尊い, に幼児, に忘, に戦い, に教え勧める, に欠乏, に気がついた, に現代ソヴェト文学, に白藤, に示しました, に考えさせず, に臀, に見せた, に親密, に話しかけた, に諒解, に近親, に限った, に馴染, のいちばん大切, のおっ, のお金, のこれから, のするべき, のだけは許し, のぬぎ散らし, のまぐれ, のもっとも, のよろこびです, のギリシア人, のダラシナサ, のホテル入り, の一人, の一群, の不断, の主要, の事務所, の交渉, の仕上げた, の住める, の信仰, の元手, の全力, の処, の利害, の動作, の友人間, の口, の同族祖先, の唄, の囁き, の坐つ, の大きな大きな, の失望, の婦人雑誌, の学生生活時代, の家持ち, の小僧, の屋敷, の巨大, の幼い, の弱い, の待っ, の必要, の恩人, の意識, の感銘, の手伝い, の掛けてる, の救い主, の文芸, の日課, の普通用, の有, の来る, の椅子, の止宿, の民主革命, の洋服代, の満腔, の無慈悲さ, の独特, の理, の生活費, の甲虫, の登った, の真, の知つて, の研究所, の科学上, の箪笥, の経過, の美的, の背中, の航海, の蔵書印, の行事, の見なれた, の親子, の訪ねた, の話声, の謡, の足跡, の述懐, の進む, の郷里, の銀行, の隣, の電車, の顔みたい, の餓鬼大将, の鼻口, はあなたがた, はいう, はいつの間にか, はうれしい, はお前さん, はかく, はきちんと, はこわい, はしょぼしょぼ, はそ, はそれほど, はたたかい, はついに, はともすると, はなほ心理主義, はのッぴき, はひとしく, はべつに, はまだ実に実に少し, はみんないつ, はもう暫く, はやらなけれ, はらくに, はアムステルダム市, はエレベーター, はカーテン, はゲラゲラ, はシシュウ, はストラスブール, はタブロオ, はトロッコ, はナイル河, はバー, はフト千騎, はブルック・ストリート, はホーム, はミルトン, はロンドン, は一九三二年, は一昨夜以来一睡, は一種, は七十, は三冬, は三艘, は下り, は不満, は並ん, は乗心地, は二つ目, は二度目, は交際, は人民, は今日穴居民族, は仲間, は低温実験室, は何ん, は依然, は個人, は元々どうせバラバラ, は入口, は兵舎, は冷汗, は初代, は刻々, は動物的興奮, は北沢新次郎教授, は十分勘定, は南南西, は原敬, は取調べられた, は只, は同志, は呼ん, は善人, は回廊, は国会, は土俵際, は堕ちたる, は多分, は大丈夫, は大笑い, は太田, は始, は学ばなけれ, は実際ごく, は容易, は尊敬, は尼寺, は差, は席, は平気, は広小路, は庭園, は引離され, は役立ちたい, は御飯, は必ず, は思う, は恥ずかしい, は愛情, は慄, は手わけ, は振り落されない, は改造, は数時間, は旅行, は日頃, は明日ボルドー, は昼食後, は暗室, は最近, は朝夙く, は本部, は林, は根限り, は樂しみ, は歌, は歩く, は殆ど無言, は毎日浜, は気楽, は永劫, は没我, は泳ぎ, は混亂, は準備, は火星魚人, は煙, は牛酪, は率直, は理解, は用, は男子, は疲れ, は皆へとへと, は直ぐ, は真理, は知る, は私達, は空中, は立ちどまつた, は笑い合った, は紅葉, は結構, は罪人, は考え, は肚, は自力, は船橋, は苦しく, は菊, は蕎麥, は螺旋形, は衛兵所, は西, は見渡す, は親愛, は訊いた, は誓った, は警部ら, は質問, は身の毛, は近代都市, は逃れざる, は逢わず, は道, は重い, は銘々, は開いた, は降ろされた, は離れられない, は青年ブリグス, は頭, は飢ゑて疲れ, は馬車, は體感温度, は鳴子, は黙りあっ, ふるえあがりましたっけ, へ今, ほんとにほっとし, までひとしく, もあたたかい, もうなんにも欲しい, もさ, もせいぜい, もっと仕合せ, もやがて, もリヴァプール, も不愉快, も今日, も内心, も同じ, も嬉しかっ, も居残りだ, も思わず, も昇降機, も此處, も用心, も私たち, も聞いた, も途中, も飢え死に, や社, よりもっと, より一つ年下, より大きい, をあい, をおどかした, をこの, をだまし, をどんなに, をひき附け, をまた, をやっと, を下ろし, を住まわせ, を全く, を動かす, を取巻いた, を和め, を圧倒, を奇妙, を引き離そう, を徹底, を恐れ, を戒めた, を指し, を救おう, を東洋的, を気狂い病院, を狙つて, を睨み, を経済的苦界, を考えさせず, を茶の間, を見上げた, を見送つ, を誘惑, を軽く, を追跡, を運ん, を食堂, ァ我流, 勿論ヤブ, 折角働い, 第三分室

▼ 私には~ (7429, 2.4%)

126 それが 65 思われる 64 わからない 43 分らない 39 何の 34 私の 32 何も 30 少しも 28 わかりません 26 思われた 22 それを, 一つの 19 あなたの, ない 18 何にも, 分らなかった 17 判らない, 自分の 16 あなたが, そんなこと 15 それは, 分りません, 腑に, 見当が, 解らない 14 わかって, 非常に 13 そうは, よくわからない, よく分らない, 思える, 思はれる, 考えられる 12 なんの, よくわかりません, 何が, 分らないが, 思えた, 見当も 11 さう, その時, どうする, 不思議に, 彼が, 解りません 10 ある, わかりませんが, 分って, 彼の 9 これが, わからないの, 何か, 子供が, 彼女が

8 [18件] あった, できない, なかった, よく分りません, 一人の, 一種の, 出来ない, 出来ません, 分りませんが, 妙に, 思はれた, 思はれるの, 思われるの, 感じられた, 此の, 義理の, 興味が, 見える

7 [20件] これらの, そのよう, それだけの, ちつとも, どうしても, どうでも, よく解らない, わかった, わからないから, わからぬ, わけが, 何うし, 分らないの, 初めての, 思われて, 気に, 父の, 自信が, 訳が, 面白かった

6 [22件] あれが, お前の, このよう, すぐに, それも, できません, どうしてもそれ, もう何, よくわかる, わからなかった, 他人の, 何でも, 先生の, 出來, 分らなかつた, 女の, 子供の, 思われない, 思われました, 思われます, 理解出来ない, 説明が

5 [33件] ありません, これは, すべての, そう云う, それで, ちゃんと分ってる, ちやんと, とても出来ない, どうした, どうで, どうも腑, ふさは, ほかに, まだ何, よくわかっ, よく分っ, わかつて, わからないが, 二つの, 何よりも, 何んにも, 判らなかった, 判断が, 彼等の, 思えない, 思はれて, 想像も, 意味が, 殆ん, 母が, 母の, 目に, 親も

4 [62件] あるの, いつでも, いまの, この上, これまで, さっぱり分りません, すべてが, その意味, その方, それに, そんな気, つらいの, できないの, どうしてもその, ないの, なにも, まだこの, まだわからない, まだ腑, よく判らない, よく判りません, よく理解, よく解つて, わかりませんね, 不必要, 不思議だ, 不思議な, 不明である, 人の, 他に, 他の, 何と, 何を, 信じられない, 全く意外, 出来ないの, 出来なかった, 判らないが, 如何し, 妙な, 容易に, 彼女の, 彼等が, 思いがけなかった, 想像が, 想像される, 意味の, 描けませぬ, 無かった, 珍しかった, 考えられない, 考えられなかった, 考へられないの, 自分が, 行くところ, 見えた, 見えるの, 見當, 解って, 解りませんが, 身に, 非常な

3 [119件] あの方, ありありと, いろいろの, おもしろい, お返事, この, この世の中, これでも, すこしも, そうとしか, その人, それほどの, それより, そんなもの, そんな事, ただ空虚, たった一人, たまらないほど, つきり, とてもそんな, とても不愉快, どうしていい, なかつたの, なつかしく思われた, なんでも, はじめての, まだその, もう一つ, よくわかつ, よくわかります, よく分る, よく判っ, よく解っ, わからないこと, わからないわ, わからないん, わからなかったが, わかりませぬ, わかりませんけれど, わかりませんよ, レコードが, 三人の, 不思議です, 云えない, 人を, 人間の, 今の, 仕事が, 以上考へた, 何かの, 何んの, 兄も, 出来ないこと, 分からない, 分つて, 分らないわ, 分らなかったが, 分りませんでした, 初めてで, 判らないの, 君の, 呑みこめなかつた, 夢の, 大変に, 女は, 好きな, 妻の, 彼は, 彼らを, 彼を, 心配で, 思いも, 思えなかった, 思えません, 思えませんでした, 思はれます, 思へた, 思われません, 思われるから, 恋人が, 感じられるの, 感ぜられた, 感ぜられる, 我慢が, 手が, 掴めない, 時間が, 満足を, 無い, 無論その, 珍らしい, 異様に, 疑問である, 私で, 立派な, 第一, 絶対に, 義理ある, 考えられるの, 考へられる, 自分を, 要用おま, 見えなかった, 見えました, 見えます, 見られる, 解らなかった, 解らなかつた, 解りませぬ, 記憶が, 許されて, 財産が, 迚も, 金が, 金の, 関係の, 限りなく, 面白い, 首肯出来ない

2 [412件] あの子, あの浩瀚, あまり興味, ありがたいの, ありがたすぎる, ありませんでした, あんないい, あんなに手, いつもより, いつも自然, いろ, おもえた, おようさん, お母さんが, お母様の, かなり無愛想, こう思われる, ここに, このとき, この世の, この人, この子, この手紙, この時, この老爺, この自然, この言葉, この食堂, これだけしか, これだけの, これという, さっきの, さっぱりわけ, さっぱり判りません, さっぱり訳, さつぱり, さびしかった, して, すぐには, すぐ理解, そういう経験, そうする, そう思えない, そう思えなかった, そう思われ, そう見える, そこに, そのばさばさ, その勇気, その奥さん, その時それ, その権利, その発作, その蘊蓄, その誘惑, その頃, それらが, それらの, それ以上の, それ以外の, そんな女, そんな覚え, たつた一人, だんだん気づまりになって, ちっともわかりません, ちっとも分らない, ちと意外, ちょいと, つらいので, できないこと, とてもあの, とてもそれ, とてもできない, とても断定, どういうもの, どうしてだ, どうしてもあの, どうしても信じられません, どうしても識別, どうしよう, どうもあの, どうもさう, どうもその, どうもそれ, どうもよくわからない, どうも気, どうも氣, どうも絵以外, どうも荒君, どこが, どっちが, どんなに大きな, ないから, ないが, ないので, なぜか, はっきりわかった, はつきり分らなかつた, へんに, ほんとうに, また別, また私, まだはっきりと, まだ一つ, まだ判らぬ, まだ多少の, まだ大きな, まだ書けない, まだ自選, まだ訣ら, まだ認識, まったくわからない, まったく見当, まぶしかった, まるで夢, まるで金, むろん言葉, もうあなた, もうそれ, もうそんな, もうちゃんとわかっ, もう山, もちろん私, もったいない位, もはや時日, やや差し障り, よかった, よくわからなかった, よく分からなかった, よく分からぬ, よく分った, よく分らなかった, よく分りました, よく判らなかった, よく判る, よく意味, よく感じられた, よく解ります, よく馴れ, よすぎる, わからないけれども, わからないし, わからなかつた, わからぬこと, わかりませんでした, わかりやしません, わかり兼ねますが, わかるの, アイスクリームも, アリアリと, サッパリ見当が, 一体何, 一体彼, 一向見当, 一向解りません, 一方神そのもの, 一日一日が, 不可能である, 不可解である, 不可解です, 不安でなりませぬ, 不思議で, 不思議でした, 不思議でならない, 不満だった, 不満な, 与えられて, 世の中が, 二人の, 二度目の, 人に, 人生の, 人間が, 人間と, 仇心が, 今さらながら, 今しがたまで, 今その, 今まで, 今日まで, 仕方の, 以前その, 何う, 何だか滑稽, 何ともいえない, 何もかもよくわかつ, 何より困る, 何んだ, 何んと, 何時までも, 兄が, 兄弟も, 先程からの, 全くこの, 全く未知, 全体の, 六十三銭しか, 凡そ滑稽, 出て, 出られません, 出来そう, 出来ないが, 出来ないん, 出来なかったの, 分からなかつたの, 分らないから, 分らないこと, 分らなくなった, 分らぬ, 分りすぎて, 分りませぬ, 分りませんでしたが, 分りませんね, 初對面, 判って, 判らぬけれども, 判りませんが, 判断される, 別に不思議, 到底それ, 勇気が, 十分な, 単にこの, 博士が, 危険は, 及びも, 受取られる, 古い貞操観念, 只, 只た, 合点の, 合點が, 同じこと, 君が, 呑みこめなかった, 單に, 困難である, 地に, 堪えられないほど, 堪え難いこと, 堪へられないん, 夕餉の, 多少私事, 大へん, 大事な, 大人の, 大変な, 太子の, 太陽は, 夫の, 奇妙に, 奇蹟的に, 奈何も, 好ましい, 妻が, 妻も, 姪とか, 娘の, 嬉しいこと, 嬉しかった, 嬉しかつ, 学問が, 安心な, 宛が, 少し判り, 師匠を, 御馳走だ, 微塵も, 心と, 心なし, 必要だった, 必要な, 忘れられないこと, 忘れること, 快かった, 怖ろ, 思い出の, 思はれますので, 思ひも, 思われますので, 恐ろしいの, 恩が, 想像された, 想像の, 愉しみだ, 意外でした, 感じられたの, 感じられて, 感じられる, 感ぜられるの, 憑きものだ, 手の, 折に, 折れぬ信さん, 描けぬ所, 教化とか, 敵が, 斯うし, 既に反省, 明瞭な, 昔の, 最もふさわしい, 最初から, 朝の, 未だもっ, 本当の, 極めて重要, 楽しかった, 構わずに, 次の, 正気の, 此等の, 歴史への, 死の, 死を, 残念ながら, 殺すこと, 気の, 永久に, 決してその, 涙が, 深い事, 滑稽に, 無智, 無用の, 父が, 父さんも, 物足りなかった, 特別に, 珍らしかった, 理解できない, 甚しく, 用も, 異様な, 異議が, 疑問だ, 痛々しすぎる, 白昼夏の, 皆暮解らねえ, 皆目判らぬ, 目を, 真実の, 眺められた, 眼に, 眼も, 着て, 知られて, 知る由, 神さまみたいに, 神の, 私が, 私としての, 私らしい, 私を, 立派に, 結婚という, 結婚を, 結論が, 考えられません, 考える力, 考へられない, 考へられるの, 聞えない, 聞えなかつた, 聴え, 能は, 腕の, 自然に, 致し方が, 良すぎる, 苦しいこと, 苦手である, 苦痛な, 荷が, 藤枝の, 見えたの, 見えて, 見るに, 見知らない花, 解らないこと, 解らないと, 解らないの, 解らねえ, 解りませぬが, 解りませんでしたが, 言えないの, 言へ, 詩の, 詩は, 詳しいこと, 説き得ない, 読む学力, 諏訪稲荷が, 責任が, 貴方が, 道が, 遠慮せず, 遥かに, 都合が, 都合の, 野暮な, 金は, 長いこと, 隠さずあの, 面白いの, 面白かつ, 頓着なく, 頭から, 顔の, 鳴いてる小鳥, 黒が, 鼻持ちならない

1 [4344件 抜粋] あ, あったが, あのお若い, あの児, あの悲, あの船長, あぶなっかしく見えます, あまりに酷, あまり直接話, ありました, あるエロチック, あんな他人, いい日曜, いかめしくさ, いささかの, いっこうかまいません, いつも, いつも自分, いまそんな, いま漸く, いわないが, うなづかれる, うわごと, おかみさんの, おもい出されがち, お上手など, お座なりの, お礼の, お茶の, かえさずじかに, かえって順序, かぜ一つひい, かなり深い, きわめて個人的, こういう幸福, ここで, このこと, このチャブドー, この人たち, この友人, この弓, この映画, この現実, この詩, こよないもの, こんなこと, こんな風, さっぱり分らない, さつぱり合点, さらに納得, しみじみと, すぐあの, すぐ判ります, すでにおぼろげ, するのよ, せいぜい, そういうもの, そういう真似, そうした奇趣, そうばかりとは, そう感じられた, そこが, そっぽを, そのため, その一言, その仕事, その前, その大きな腹, その後の, その悠長, その感謝, その時分, その母, その涙, その生命, その空, その自信, その解釈, その隙, それがも, それではとても, それほど特に警戒, それ以来ポーランドの, そんなにまで, そんな利害, そんな忠告, そんな氣, そんな財産, そんな風, たいへん気に入りました, ただたわい, ただ卒業, ただ甘渋い, たのしみの, だん, ちっともおいしい, ちゃんと備わっ, ちょっとおもしろく, ちよつと, つかなかった, つまりません, できがたき, できませんから, とてもありがたい, とてもよく尽し, とても償う, とても捕獲, とても辛く, とれる, どういう次第, どうしてもこの世, どうしてもわかりませんでした, どうしても区分, どうしても当然の, どうしても想像, どうしても自分, どうにも出来なかった, どうもはっきりは, どうも先生, どうも思ひ切つ, どうも申し上げられません, どうも間違つて, どことも, どてら一枚, どんなにか, どんなの, ないらしい, なかなか参考, なぜだ, なんだかこの, なんとも云えず, にがにがしい胸, はっきりこれ, はっきり判っ, ひがまれる, ひどく嫌, ひまな, ほ, ほんた, まあそれ, ますますそんな, また事件, まだかくべつな, まだそんなに未練, まだよく解りません, まだ入っ, まだ役目, まだ未知, まだ若い, まったくの, まったく記憶, まるでわからなかった, まるで縁, みえる, むしろ可愛く, むずかしい本, もう, もうとても我慢, もうバルカン, もう効能, もう年, もう氣力, もう自分, もちろんない, もっと魅力, もはや憐憫以外, やす子に, やつぱり禁慾生活が, やはり不安, やはり知る, よい考え, よくは, よく判った, よく聞こえました, よそゆきの, れいの, わからないた, わからない気持, わからぬけれど, わかりかねますな, わかりませんので, わかるよう, アルプスの, ギリシヤ喜劇を, シカと, ゼイタクき, トランプの, ハツキリ言へ, ピープルとともに, マチガイの, 一そうふさふさ, 一人楽み, 一向その, 一向意味, 一寸も, 一層鈴子, 一杯で, 一番いい, 一番氣に, 一見し, 三つ一時に, 三百円かけね, 不可能の, 不平だつた, 不思議でございます, 不機嫌です, 不釣合な, 世界中の, 中位の, 久しく忘れ, 予測が, 二年生の, 云って, 五千円の, 亜細亜の, 人間という, 今は, 今一度窓の, 今帰る, 今朝停車場で, 仕合せな, 仲, 似たもの夫婦, 何かと不自由, 何だか只形式, 何となくむずがゆく, 何ともありません, 何とも言っ, 何よりうれしい, 何より残念, 何一つ話題, 何故と, 余りに難解, 余計可憐, 侘しさ, 信じやすい, 信じられませんでした, 倶楽部の, 元気が, 充分の, 先刻懐へ, 全くそんな, 全く出来ない, 全く当らない, 全く腑, 全然意味, 全部判る, 其の興味, 冒頭に, 凡てが, 出来ないから, 出来ません先生, 出来悪かっ, 分からなかったが, 分に, 分らないよ, 分らなかったの, 分りきって, 分りませんわ, 刑務所の, 初江の, 判らず帰り, 判らんが, 判断しかねる, 別にさした, 利かない, 到底分り, 前から, 創り上げるだけの, 勤まりません, 十ばかりも, 十分の保護も, 半年分の, 危くて, 厭である, 友の, 取り調べる手段, 口は, 可も, 可能な, 同胞が, 向かない, 呑み込めなかったの, 唯不良少年, 問題の, 四五日の, 固い洋襟, 在ったの, 堅すぎる, 堪え難い事, 増さんを, 外部的な, 夜使う, 大きな樂しみ, 大の, 大変いい, 大変貴重な, 大時計, 大阪人だ, 天皇の, 奇異に, 女房や, 好もしくなかった, 姉妹などで, 嫉妬とか, 嬉しゅうございました, 孤月と, 学科の, 宜しいでし, 実に素晴, 実際の, 家族は, 寝室の, 寧ろ気軽, 小人の, 少しむつかしく, 少年の, 屡, 巧かった, 帰るところ, 平家が, 幸いでも, 幽霊などという, 弁当を, 強すぎた, 彼に, 彼女等夫婦の, 従順で, 御承知, 心外でも, 必らずしも, 忘れられない土地, 快いの, 思い出せなかった, 思はる, 思はれるとき, 思わぬひっそり, 思われませんでした, 思想なんて, 怪しく思はれる, 恐ろしいある, 恰で, 悲しくも, 惡く, 想像出来ませんでした, 意地が, 愛する人, 感じられました, 感心できなかった, 慾が, 成算ございました, 或人, 手を, 打明けて, 振返えられた, 擽ったく思われる, 故郷を, 敦子さまの, 文句を, 断片作者と, 新らた, 旅を, 日常の, 旧派の, 明智の, 映画産業の, 時々悪魔, 景子の, 曰くが, 曾祖母であり, 最大な, 有りがたい, 朝は, 未だはつきり, 未知の, 本望すぎる, 杉原の, 東京の, 桂子の, 極めて縁, 楽み, 欠乏が, 歎願の, 歩けなく成りました, 殆ど分らなかった, 殊に手助け, 殺すべき何等, 毎日それだけの, 気がつかなかった, 気に入らんでも, 気味悪い厭世思想, 氣味惡く, 決して左様, 決める事, 津田安井二氏の, 消化出来ない, 深い思索, 清江も, 満足する, 火の, 無かつ, 無理だ, 然う, 父に対する, 牡丹を, 物珍しく映つた, 特にそんな, 珍しいほどの, 現世時代の, 理解が, 甚だ眼ざはりで, 生命を, 用の, 異ならない啓示, 疑う余地, 疚しさ, 癪に, 皆分る, 目新しいもの, 相当おもしろい, 真似する, 矛盾か, 知れましても, 確信が, 禁酒の, 私ひとり丈け, 稀な, 突き刺さって, 筆蹟だけ, 算哲様が, 納得が, 細かな, 結納の, 継子だ, 繁青年の, 美しかった, 羨望だろう, 考えられないの, 考へられなかつた, 聞きとれないこと, 職務が, 肖て, 胸に, 腹違ひ, 自殺を, 致しますので, 舵は, 色も, 若い女, 苦しみでなくなっ, 英語しか, 荷に, 薄気味, 行くだけの, 西陣に, 見えなかったが, 見せなかつた, 見受けられた, 見慣れた欧州風, 親しい友人, 親切に, 解く事, 解せんな, 解らない誰, 解らぬ, 解りませんです, 触りが, 言つ, 記憶すべき, 話さずに, 誤謬である, 読めないと, 誰とも, 讀んだ本, 貴嬢, 賛成できません, 起らない, 躊躇は, 近道の, 送って, 逢って, 過ぎるくらいに, 達者だった, 選ばれる資格, 酒井勝軍も, 重大事実である, 針の, 長すぎた, 限りない, 隨分不平だつた, 難解であった, 面倒くさかった, 面白味が, 預金など, 風流に, 飲酒癖という, 香花を, 駿河台と, 高橋警部の, 鳥の

▼ 私~ (6364, 2.0%)

99 はその 62 の方 57 はこの 55 の前 51 の間 47 の生活 44 の心 43 の眼 42 はそれ 3823 の家, はまた 20 はもう 19 の部屋, はよく, は今, は何 18 の学校, はそこ 16 と一緒, のこと, の目 15 の側 14 と同じ, のよう, の愛, の顔, を見 13 のため, の話, はお, は自分 12 はここ, は私達 11 がそれ, のところ, の姿, の後, の手, の眼前, の頭, はあの, はいつ, は再び 10 の上, の立っ, の背後, はしばらく, は互に, は顔 9 のやう, の世界, の仲間, の周囲, の村, の結婚, はそんな, はただ, は又, を待つ 8 がその, の, の頭上, はこんな, はすぐ, は家, を案内

7 [22件] が, がこの, に話し, のゐる, の一行, の傍, の子供, の耳, の胸, の船, の身, の馬車, の魂, はある, はいつの間にか, はこれ, はまだ, は声, は彼女, は急, は早速, は暫く

6 [19件] が東京, にとつて, の住ん, の住居, の幸福, の持つ, の様子, の身体, の車, の運命, はどんなに, は二階, は先生, は小さな, は少し, は既に, は直ぐ, は長い, もそれ

5 [38件] がそう, が部屋, にその, に教, のこの, の住む, の周圍, の国, の宿, の恋, の恋愛, の生, の自動車, の話題, はあなた, はあらゆる, はいつも, はこれから, はどう, はどちら, はまるで, は二人, は其の, は始め, は学校, は寺, は山, は或, は旅, は明るい, は此, は生き, は皆, は部屋, は非常, もその, を待っ, を迎

4 [62件] が何, が歩い, が自分, だつて, にとつ, に何, に向, のいる, のすぐ, のま, の不和, の世話, の中, の乗った, の云う, の会話, の前方, の友人, の所, の旅, の神経, の肉体, の行手, の足, の面前, はこ, はじっと, はすっかり, はそのまま, はた, はどうしても, ははじめて, はまず, はホテル, は一つ, は三人, は人, は今度, は別れた, は同じ, は多く, は宿, は小屋, は彼, は思わず, は日本, は朝, は未だ, は此処, は決して, は父, は牧夫, は目, は眼, は私, は自動車, は酒, は間もなく, は黙っ, もまた, を, を迎え

3 [140件] がいま, がこれ, がそんな, がどんなに, がはじめて, が今, が再び, が出, が子供, が学校, が最初, が清水, が生き, が皆, が立っ, が結婚, が訪ね, と三人, にそれ, にそんな, にはわからない, には薬, に与える, に会い, に向っ, に話す, のうえ, のうち, のその, のそば, の一家, の不幸, の云, の仕事, の仲間入り, の兄弟, の先祖, の内, の声, の外, の家庭, の家族, の居る, の山, の常識, の影, の心持, の心臓, の態度, の持っ, の日常生活, の最後, の朝飯, の気持, の注意, の為, の登った, の知らぬ, の考え, の若, の若い, の要求, の視野, の言葉, の計画, の詩, の遊び, の関係, の隣, はいつか, はおま, はこうして, はこれら, はさ, はすこし, はそれら, はとうとう, はどれ, はもっと, は一向, は一寸, は一緒, は之, は予定通り, は互いに, は何時も, は停車場, は先づ, は初め, は初めて, は別に, は口, は各々, は唯, は外, は大きな, は大抵, は太田, は失望, は妙, は帰途, は幸福, は庭, は廣, は思はず, は思ひ, は愉快, は愛, は手, は是, は更に, は月, は毎日, は民藝, は気, は永い, は海岸, は湖水, は満, は然し, は珍, は種々, は窓, は肩, は船, は誰, は身, は退屈, は重なり, は雲, は食事, は馬車, もお, も街, をこんな, をし, を信じ, を側, を前, を追

2 [444件] から見れ, がいつ, がお, がこ, がこんな, がこんなに, がしばらく, がそこ, がそば, がはいっ, がもし, がよく, が一泊, が一番, が丁度, が二人, が二人きり, が二言三言, が以前, が住ん, が入, が入っ, が其処, が初めて, が去年, が叱られる, が同じ, が多く, が姉, が幸福, が彼, が彼等, が心, が思わず, が日常使用, が早く, が昔, が暖かく, が森, が此, が物, が犬, が相手, が着いた, が知つて, が私生児, が私達, が突然, が自動車, が若い, が草鞋, が行こう, が見, が見物, が辿っ, が非常, が食事, しもじ, だ, ちは, である, といふの, なの, にあの, にいびられ, にいり, にくるり, にこの, にした, にしろ, にとっては非常, にはその, にはっきり, には何, には判断, には想像, にふさわしい, に任せ, に同情, に多く, に挨拶, に次, に残された, に牛, に牛飼, に示し, に笑いかけ, に茶, に見せ, に見せる, に運, のいう, のくらし, のした, のすべて, のつくっ, のつながり, のまえ, のアパート, のクラス, のケテイ, の一人, の一族, の乘つて行つた岡田丸, の予定, の事, の事件, の互に, の人生, の代, の体, の個性, の傍ら, の力, の労力, の北京訪問, の卓, の卓子, の原稿, の口, の合奏, の失意, の好奇心, の婚礼, の子, の存在, の學校, の室, の寝転ん, の小さな, の希望, の年頃, の心像, の恰好, の教員室, の教室, の敵, の日常, の暮し, の最も, の最初, の来た, の来る, の東京行き, の枕元, の横, の正面, の歩い, の母, の気, の水車小屋, の求める, の爲, の父親, の理想, の生き, の生きる, の町, の疲れた, の目前, の着る, の矢場, の知らない, の祖先, の空, の立つ, の立場, の笑, の考, の考へ, の肉, の背景, の脚もと, の訪問客, の課題, の貧乏, の足もと, の足元, の足音, の踏ん, の身辺, の車窓, の連中, の進ん, の過去, の道, の遠い, の階級, の隣り, の食事, の骨, の鼻先, はあと, はあまり, はあまりに, はいきなり, はいつしか, はいま, はうれしい, はかう, はかなり, はきつ, はこう, はこんなに, はずいぶん, はそう, はそういう, はそうして, はその大きな, はそれから, はつい, はときおり, はとても, はどうして, はどっち, はなほ, はなまじ, はほとんど, はまあどんなに, はまさしく, はますます, はまったく, はみんな, はむしろ, はもう一度, はもう少し, はもつ, はやっと, はゆく, はアトリヱ, はモオパッサン, は一, は一人, は一休み, は一斉, は一時間, は一様, は一生懸命, は一軒, は七時, は万引, は三つ, は不思議, は世にも, は丘, は久し振り, は乗客, は事件, は二つ, は二人きり, は互, は人間, は今に, は今日, は仕事, は会つて, は何だか, は何もかも, は何故, は何等, は先ず, は兎, は入口, は其処, は内, は冬, は出, は切符, は初, は別, は別々, は別れなけれ, は別れる, は前, は加藤さん, は去年, は同じく, は向, は呑気, は喜んだ, は喫茶店, は噴水, は四人, は堯, は夏, は夢, は大, は大いに, は大急ぎ, は奥, は女, は好い, は始終, は子供, は安らか, は定収入, は寝坊, は小, は尚, は屡々, は工場, は工藝, は己斐, は常に, は平和, は平常, は幾人, は幾度, は弟, は待つ, は御, は心, は忽ち, は思っ, は思った, は急い, は情熱, は成長, は文章, は斯, は斯ん, は日, は明日, は昼, は昼すぎ, は時々, は晴れた, は暗然, は最初, は本, は来, は東門, は林, は歩い, は歩き, は殆, は殆ど, は母, は水族館, は水瓜, は汽車, は沖, は河, は河野, は渦巻, は満足, は漸く, は焚火, は無言, は煙草, は牛, は物, は物置, は狂人, は玄関, は生, は異様, は益田, は看護婦, は真暗, は知っ, は秋, は空, は空気, は立ち上った, は結婚後三年, は美しい, は老人, は胸, は舟, は芝居, は苦笑, は茫然, は行, は衝立, は言葉, は話し, は貴方, は赤い, は足, は足掛け八日旅行, は車, は逃げる, は這入り込んだ, は連立つ, は道, は道端, は郊外, は酒場, は随分, は静か, は靜, は面会, は頭, は駅, は騒ぎ立て, は驚い, は鶴さん, まで氣, もその後, もつい, もどんなに, も余程, も共に, も外, も暫く, も知らない, も茲, をいま, をお, をおびやかす, をなやませた, をよく, を一時間, を乗せ, を乘, を何時, を助け, を包ん, を取り巻い, を呪つて, を呼んだ, を喜ばせた, を守っ, を常連, を引い, を引張っ, を待ち受け, を待受け, を振り返った, を探し, を満足, を生み出した, を笑, を育て, を自己, を見た, を見つめ, を見守っ, を訪れた, を迎えた, を送, を連れ, を驚かした

1 [3109件 抜粋] ありましたのね, からはいろんな, から見えなくなり, があなた, がいた, がおずおず, がこれから, がそういう, がだんだん, がつまらない, がはい, がふい, がむつつり, がゐた, がモルモット, が一緒, が之, が人, が代っ, が住む, が余り, が元, が冗談半分, が創造, が原町, が吉田, が咲かした, が土人街印度家屋, が夕食, が奥山跋渉, が学び得る, が寮, が展覧会, が市場帰り, が引越す, が悪かっ, が戸, が振り返つ, が數學, が普通, が月, が村, が機械化, が武器, が毎日, が沈思, が深谷氏, が現, が白梅軒, が真先, が睨, が神樣, が素足, が考え, が自然, が落ちつく, が行く, が見た, が言う, が谷, が近, が造った, が重なり, が開墾, が頭, が首, こそいい, だけがその, だけで文学, だけをそっくり, だって助かる, だつて息, でさ, でも星, と, としては取消, との話, とは比べもの, とモンテ・カアロ, と共々, と座談, と時代, と無関係, と違つて何, なんかが見物, にかぶれなすった, にすこし, についてきた, にとっていつも, にとっては命, にとって絵, にどう, にはあんまり, にはしゃべってる, にはそんな, にはめずらしい, にはゆるされず, には休戦, には公民権, には初耳, には大層骨, には指導者, には歯痒い, には真似, には能, には身體つき, には風間, にもたいへん, にも目, にわかる, に一番, に与えられる, に今, に作家, に即し, に吠える, に大切, に対する態度, に思想上, に所謂, に教え, に最も, に民藝, に珍, に知らせた, に納豆, に聞い, に蜜, に見物, に触れた, に話しかけた, に近, に追いつい, に酒, に雑つて, のあ, のいた, のおばあさん, のからだ, のこし, のせゐぢ, のため踊り, のでたらめ, ののぼっ, のまわり, のゐた, のキヤベツ, のジヨナサン・スヰフト, のファルス, の一枚上, の七つ八つ, の不注意, の中学校, の乘つて來, の云っ, の今宵, の以外, の休憩, の何れ, の使用, の信用, の傍近く, の兼, の出掛ける, の前途, の動作, の危惧, の反応, の同窓, の呼吸, の喜び, の園, の夏帽子, の大嫌い, の奇縁, の娘子軍, の寄席熱, の小学校, の帰っ, の年齢, の座る, の役に立つ, の心象, の怖, の性, の想像, の感想, の手許, の故郷, の新しく, の早稲田, の未だ, の枕, の楽し, の武者振り, の氏, の氣分, の泊った, の注目, の無, の父母, の珍奇, の生命, の田舍, の疑問, の白熱的, の直感, の真心, の着く, の知り, の祖先ら, の秘密生活, の精一杯, の組, の美的情緒, の育つた, の腰かけ, の舞台, の苦心, の蒔いた, の行つたの, の裸足, の覗い, の許, の詩的興味, の説, の賞美, の身の上話, の近付く, の通り路, の運転手, の選んだ, の郷土, の長屋, の隣家, の面目, の額, の食膳, の馭者, はああ, はあわて, はいかに, はいつか町はずれ, はうつら, はおばあさん, はお礼, はかご, はこころから, はさかいと言, はさようなら, はじつと, はせめて, はその大いなる, はそれきり口, はたこやす, はだから, はつまり, はともかく, はなんとなく, ははねつる, はぶきっちょ, はほんとに, はまずしい, はみんな弱者, はもうすっかり, はやり通せません, はわりに, はウェセクス賞杯争覇戦, はオール, はコロール波止場, はストオブ, はトンネル工事, はハイデルベルヒ, はブルブル, はボツ, はヴィアルドオ夫人, は一号法廷, は一應宿, は一時間以内, は一番大切, は万一, は三浦, は上井, は下駄, は両側, は主, は乘合馬車, は事件発見者, は二三言云, は云い合っ, は五時十分, は五階, は人目, は今後, は他人同士, は仲, は伯父, は何かと, は何時, は佛殿, は俸給, は兄妹, は全く, は公所, は其前, は出口, は列車, は劇研究會, は動, は十一時半, は十町, は半歳以上, は南方, は卵, は取りつき, は古澤先生, は右, は同僚, は呼ん, は四六時中, は固唾, は在来, は坐った, は墓, は大声, は大日向, は天願氏, は女中, は姫様, は実際, は寝られない, は小川さん, は居酒屋, は山陰, は岩美行, は崖道, は左様, は帰り, は平凡, は底光り, は庶務課, は強, は彼ら, は必ず, は怖い, は性的経験, は恐る恐る, は悪, は惡, は應擧, は戻, は抱き, は掻き消された, は故郷, は教頭, は文学, は新聞包み, は日和山, は日毎日毎夜, は昔絶句, は時代, は暗澹, は會, は期せずし, は本町通り, は来た, は松風, は栗村君, は楊柳, は樹木, は止むなく, は此峰, は此駅, は毎日新聞紙上, は水眼鏡, は汗, は沢, は泥酔, は浅瀬, は淫婦, は満たされぬ, は瀬崎, は無理, は熱い, は物珍, は玄武洞, は生きなけり, は男, は疲れ切, は白い, は皆一かた, は相, は真直ぐ, は知らない, は知識, は石濤和尚, は神床, は禮, は空腹, は競っ, は笑つた, は純白, は絵葉書, は羊, は耳, は脚, は自分達, は舟遊び気分, は船長室, は花ざかり, は茅ヶ崎, は落ち附い, は蕈, は藤屋氏, は行かなかった, は街頭, は見た, は詩, は課せられ, は警戒, は貧乏, は足音, は辞し去ろう, は退路, は連立っ, は遥か下, は野, は錯覚, は長尾氏, は階下, は青い, は順々, は顛覆, は食前, は飲み, は馬鹿馬鹿しく, は高, は鮫, は黙, ばかりで, への, へ早く, まで彼女, もいつか, もこれ以上, もすぐ, もつと, もラムプ, も今, も其処, も危く壊, も同行, も安心, も座席, も持つ, も朝, も白木警部, も船体, も跳ぼう, も驚い, よりか先, より一, より先, をおびえ, をさして, をそこ, をひやかし, を一, を交互, を儲けさし, を出迎えた, を取り囲みました, を喜ばせる, を土, を威しつける, を延, を微苦笑, を恨ん, を愈, を招待, を撃ち, を更に, を歓待, を氏, を無視, を生物, を相手, を称, を罵り, を苦しめ, を見下ろし, を見詰め, を訪れ, を誤解, を迎えました, を送り迎え, を部屋, を驚かし, 全く会社, 生きる

▼ 私~ (4088, 1.3%)

245 一緒に 106 同じよう 102 して 69 しても 44 いっしょに, 私の 34 並んで 29 同じやう, 同様に 25 二人で 22 一しょに 20 三人で, 云うもの 18 彼とは 17 いえども, 話を 16 いたしましては 15 一しよ, 妻は, 顔を 13 同じ様 12 したこと, 別れて, 妻とは, 弟とは 11 二人の, 彼女との, 彼女は 10 結婚する 9 ナオミとは, 一所に, 妹とは 8 あなたとは, すれば, 二人きりで, 云ふも, 同じ位, 同意見, 武村兵曹とは, 秋辺とは, 結婚し, 話して 7 もう一人, 一緒の, 同じい, 同じ年, 同じ考え, 向い合って, 彼女の, 肩を, 言葉を, 遊んで

6 [14件] あなたは, お前とは, 二人に, 云ふ, 口を, 同年輩の, 同様の, 向ひ, 彼との, 彼女が, 彼女と, 母は, 父とは, 違って

5 [16件] あなたとの, あの人, いつしよ, しちゃ, 何の, 友達に, 反対の, 同じ私, 四人で, 女は, 妹は, 彼と, 彼の, 愛子は, 手代の, 母との

4 [30件] あなたと, あなたの, いたしましても, した事, しましても, なつた, ならんで, ダンチョンとは, 一処に, 三人の, 下女の, 二人きりに, 会って, 前後し, 同じです, 同じ年頃, 同年の, 外界とを, 妹と, 妻との, 妻の, 庄亮とは, 彼は, 彼女とが, 御面師, 慶次郎とは, 汝との, 知るよう, 結婚した, 貴方との

3 [76件] あなたが, いふ者が, お前さんと, お前との, お静, きては, この娘, その女, それから, たった二人きり, なつて, ほ, ほぼ同, みづ江, ナオミが, ナオミとの, 丁度いい, 三人が, 二人きりの, 交際し, 伜の, 似て, 光子さんとの, 入れちがいに, 入れ代り, 別の, 別れること, 別れるつもり, 同じくらいに, 同じもの, 同じ事, 同じ名, 同じ姿勢, 同じ学校, 同じ心, 同年で, 同年配, 同棲し, 同様な, 同郷の, 向ひあ, 向合つて, 喧嘩を, 坊やの, 夫婦に, 女が, 女房と, 女房は, 妻と, 妻とが, 姉とは, 姉の, 娘と, 宇宙とが, 小僧の, 弟とが, 弟との, 弟は, 彼女とは, 彼女に, 思って, 恋を, 懇意な, 正夫は, 母と, 母とは, 漱石氏とは, 秀子との, 視線が, 親しくし, 連名で, 間違えて, 関係の, 雖も, 青白き大佐, 須山と

2 [245件] あなた以外の, あるの, いたしましたこと, いへども, おない, おなじやう, おなじよう, お作どん, お八重さん, お六さん, お前さんとは, お前と, お前とが, お前の, お前を, お千代さん, お孃さん, お敬ちゃん, お満さん, お父つぁんとで, お絹さん, こうなった, すると, そうし, そしてもう, そしてダンチョン, そっくりな, その人, その友達, その夜, その娘, その精神, たいさんは, ただ二人だ, とく子は, どこかで, どちらが, なって, なんの, のぶちゃんが, ふたりで, ほかの, みよ子とは, むつまじい交渉, わかれて, グラムダルクリッチが, ドサ貫は, ナヂェージダ・フェドセーヴナとは, マリヤンとは, 一つの, 一つ立合診察を, 一人の, 一緒にな, 一致し, 一馬に, 三人だ, 三人暮しで, 三枝との, 上の, 世帯を, 主人が, 主人との, 争つてゐた, 二番目の, 云う人間, 云う売り子, 井出君とは, 井筒屋さんが, 交際を, 京子の, 仁科六郎と, 今話し, 他に, 他の, 令嬢との, 仲が, 仲よしで, 伊藤は, 会ったの, 似たよう, 信二郎と, 偕に, 兄さんと, 先生との, 光子との, 入れ違, 八戸君と, 共々に, 共に甦えらせ, 共に語りたい, 共鳴する, 内弟子の, 出て, 別な, 別れようと, 北原白秋氏とは, 卓を, 協力する, 友とは, 反対な, 反対に, 同じ, 同じくら, 同じくらい, 同じくらいの, 同じく心, 同じぐらい, 同じこと, 同じと, 同じに, 同じね, 同じ一室, 同じ二十六, 同じ分隊, 同じ地位, 同じ意見, 同じ感, 同じ樣, 同じ気持, 同じ町, 同じ疾患, 同じ程度, 同化し, 同居の, 同感であろう, 同期の, 同格に, 同樣, 同級の, 同行の, 同類の, 向い合いに, 向かい合って, 向合, 君とは, 君の, 呼ぶ主人公, 和解し, 品吉さんは, 喧嘩する, 固い約束, 壁一重を, 大学, 夫婦であり, 夫婦約束を, 女との, 妹の, 妹を, 妻とに, 娘が, 娘の, 娘は, 子供たちを, 子供との, 子分の, 家内は, 家族との, 対座し, 少しは, 少女と, 少年とは, 山岡が, 差し向いに, 差し向かいに, 弟とを, 弟の, 彼が, 御一緒, 志田君に, 思ふらん, 意見が, 手を, 握手し, 擦れ違, 敦子さまとの, 敬坊とは, 日出雄少年と, 春松は, 時ちゃんは, 木村さんとの, 木村の, 机を, 松どんとは, 染之, 案内役の, 極めて密接, 次兄とは, 次兄は, 次席訓導とが, 武村兵曹の, 歩くの, 母とが, 母の, 比べて, 水夫長と, 漱石氏との, 為永さんとは, 父には, 生活する, 田町小学校の, 男と, 男二人だけで, 異って, 目と目を, 直次郎さんが, 直角に, 看護婦の, 知り合いに, 知る前, 祖母とは, 神とが, 私が, 秋声氏と, 秋辺とが, 約束した, 素峰子と, 結婚でも, 縁が, 老妻, 背くらべ, 腕を, 致しましても, 芳子とは, 英倫と, 英子との, 行って, 西山社長との, 西洋人とは, 視線を, 認めるの, 貴方とに, 貴方とは, 貴方は, 輝子は, 辻との, 通じる幼, 連れ立って, 連れ立つて, 鉄路の, 間違へて, 阿母さん, 雪と, 須山は, 顏を, 鷄二とは

1 [1903件 抜粋] あいつとの, あなただけの, あなたとに, あなた様とは, あの会社, あの撥, あべこべの, い, いい中, いうより, いさかいなんか, いっしょにいておくれ, いつも一緒, いふ者は, いわずお前たち, おせいさん, おなじ人種, おなじ歳, おなじ黒, おまへ, おんなじよう, お仙の, お六, お前ばかり, お千代さま, お咲, お妙ちゃん雛勇はん, お嬢さんとの, お寿賀さん, お島さん, お松の, お母さまと, お爺さんと, お秀, お絶えなさる, お話なさる, お銀さん, かたい握手, きたらたとえば, きたら電車, こい遊び, このまま家, この動物, この土地, この子, この水, この職業, さ, さし向い, したつて, したら珍しく, しばらく二人きり, すえ子の, すれちがいに, すれ違った, そう変り, そして青, その先々代, その婦人, その少女, その講演, それからもう, それから番頭, それに金太郎ちゃん, たたかう役目, たった二人, だけいた痕, ちがうもちもの, つい見惚れ, つても, でした, とく子とは, どっかへ, どんな関係, なる, はたしかお, ふたりの, ほぼ同様, むき合って, もう一遍, やはり女学校, よく似, わたしの, エヴァンスとは, カヤノとの, ゴリラと, ジヤンケンを, ソックリの, テエブルの, ナオミで, ナオミの, ハマ子と, ピッタリ視線, ブ師を, マダムと, リュドミラとは, レッドルースと, ワトソンとは, 一つな, 一座する, 一晩酒を, 一緒な, 一緒内で, 一面識が, 七つちがいの, 七平さんの, 三之助君との, 三人とも, 三人揃っ, 三人西片町の, 三十歳過ぎの, 三浦政太郎が, 下僕と, 世間話を, 並ぶと, 中学校同級であった, 丸山定夫君との, 主人は, 久保だけが, 久米八とが, 事務長の, 二人きり, 二人きりでは, 二人しか, 二人つきりです, 二人に対する, 二人より, 二人云合し, 二人切りで御座います, 二名の, 云い合った美人, 云う一つ, 云う者, 云った声, 五つ違ひ, 五十嵐庄吉との, 井伏さんとは, 亡妻が, 交流し, 交際出来る, 人との, 今までの, 今東京帝國, 仏の, 仙吉が, 代用コーヒーを, 仲の, 仲好しに, 伊勢屋さんでございます, 会いも, 会えば, 会つたのである, 伯母樣は, 伺った人たち, 住みたい心持, 佐佐木さんとの, 何時まで, 余り違わない, 使節たちとの, 保持さんは, 俳優二人と, 健さんとの, 僕と, 兄との, 兄を, 先生が, 光子さん中に, 入れ違いに, 全く正, 全然ちがう, 八五郎の, 六つ四つの, 共に住ん, 共同生活を, 其の丁と, 出遇, 初江とが, 別れたいと, 別れてからも, 別室で, 前司令官, 勘七どんくらいしか, 北条は, 千代子とは, 南日君とで, 厨川君とは, 友だちの, 友人との, 友達と, 双六の, 叔父の, 口は, 只今の, 合いますので, 同い年だった, 同い年です, 同じくこうした, 同じくの, 同じく他, 同じく和服, 同じく決して器用, 同じぐらいの, 同じだらう, 同じである, 同じな, 同じステージ, 同じ二十七八, 同じ仮面, 同じ処置, 同じ動物, 同じ和子, 同じ大き, 同じ娘, 同じ宿屋, 同じ役人, 同じ恐れ, 同じ新聞社, 同じ村, 同じ汽車, 同じ生活, 同じ病院, 同じ社員, 同じ羽織, 同じ茣蓙, 同じ車室, 同じ運命, 同じ都, 同じ高知縣出身, 同一の, 同僚とが, 同名の, 同年か, 同年であった, 同年輩である, 同志十一人と, 同感であったらしい, 同時にこの, 同時に格子, 同期で, 同様すこし, 同様キリストの, 同様卒業する, 同歳, 同胞である, 同説, 同齢, 向い合せに, 向かいあって, 向き合うよう, 君, 呑気な, 周信さんとが, 呼ばるべき, 和女と, 哲学との, 喜平さんは, 嘉代吉の, 四人, 四人は, 國友は, 土人乙女とは, 坊さんと, 増屋の, 多少一致, 夜明け近く, 大佐を, 大山は, 大浦先生に, 太子と, 夫の, 女と, 女一人を, 女房だけで, 好を, 妻とに対する, 姉とが, 姉を, 娘さんと, 婚約した, 子供たちとの, 孔明とで, 宇宙とは, 宗吉は, 官房長との, 宮崎とは, 家内とで, 寂蓮さんは, 密接な, 寝たいの, 寸分違わなかった, 対坐した, 対等の, 対談中に, 将棊, 對蹠を, 小奴, 小屋との, 小柳雅子とは, 小田切さんとの, 少しも, 少年とが, 屋敷だけ, 山下の, 岡さんは, 岩田は, 左吉松親分と, 差向いに, 帆村探偵とは, 席を, 年長の, 幾松に, 庄司と, 廊下で, 弟たちとは, 弟も, 張奚若先生との, 彼れ, 彼等二人との, 後に考古学, 御交際, 御婚礼, 徳田君は, 忠蔵が, 思ったに, 思召すか恨みを, 恋人は, 意気投合する, 感ずる意識, 懇意に, 戸石君と, 打ち解け合いだして, 探査に, 摺れ摺れに, 擦違つて, 教師の, 斯う, 新渡戸氏とは, 旅を, 旦那な, 早川さんの, 春吉は, 春江ちゃんの, 昭和の, 時計とが, 暫く闘わした, 暮らして, 朝夕顔を, 朝食を, 木村さんは, 木沢氏は, 朱実の, 村瀬とは, 来客の, 東六とだけが, 杵太郎が, 松岡とは, 枕に, 枯草, 柳吉さんは, 栄さんと, 根西夫人と, 案内者とは, 棟梁が, 極めて親しかっ, 橋本さんとで, 欧羅巴人とを, 正反対の, 此男と, 武雄に, 歩かうと, 段ボールとを, 母を, 比較し, 汝の, 決戦する, 河田とは, 津田氏とは, 浜子と, 深い中, 添はせ, 渡り合つて, 源三郎さんの, 漢中との, 火鉢に, 照子は, 父は, 特に親密, 猫との, 王命婦以外に, 生き写しの, 甥とが, 由井氏と, 甲乙なき, 町会が, 異なった立場, 白いポロシャツ, 直ぐにゐらつしやるおつもりなら, 相前後, 相手とが, 相通ずる, 真理子の, 睦みあった少女たち, 矢張同じ, 知らぬ他, 知合ひ, 石原すえ子との, 碧梧桐氏が, 祖母は, 神仏に, 神近さんとは, 福永書店主人の, 私, 秘密の, 窓の, 笠神博士との, 箕作と, 米吉と, 約束しました, 細君と, 組みに, 結びつけられて, 結婚したい, 結婚なさる, 結核との, 綿貫との, 縁組を, 羊と, 老人と, 而し, 脱出し, 自分とを, 自然カンタン相照らした, 舞坂さんとは, 船岡とも, 芝居通の, 花やは, 芳さんが, 若い呉郎さん, 苦楽を, 葛岡に, 蓮香さんと, 蕗屋の, 蛞蝓と, 行きたくない口実, 衝突し, 襖一重距てた, 見擬, 親しい関係, 親しく話, 親父の, 言うこと, 言えば, 訝しな, 話が, 話したこと, 話すなんて, 話合いを, 説が, 談話する, 諸口さんの, 護謨靴屋さんきりだ, 貞子とは, 貴島の, 赤ちゃんとは, 趙とが, 踊ってなんか, 転々苦労を, 較べ垢抜けしてるよう, 送別の, 逢うこと, 逢つて一と, 逢引の, 連印で, 遊ぶ, 遊んだ彼女, 道徳とに, 違う, 違つて身體も, 遠く離れた, 酔うまいと, 野口君とは, 釣り師, 錢形の, 長く親子, 間違えられたの, 関係した, 阿部氏との, 隠れん坊でも, 離るる, 離れた所, 雪太郎は, 電話で, 青木は, 非常な, 順々に, 飛んで, 首席を, 鬼頭さんの, 鷄二とが, 黒田さんな

▼ 私ども~ (2074, 0.7%)

25 はこの 22 はその 18 の方 14 のよう 11 の家, の祖先, は 10 の店, の眼, はもう 9 の仲間, はそこ 8 といっしょ, のところ, の太陽, の心, の生活, はあなた, はただ, は何, は決して 7 の人生, の目 6 のこと, のほう, の手, の胸, はそれ, はよく, は今日, もその

5 [11件] が, があの, にとつて, のいる, の間, はお, はこれ, は少なくとも, は御, へお, もまた

4 [19件] と同じ, にはただ, のこの, の一行, の上, の世界, の住ん, の処, の命, の境涯, の意識, の書いた, の空想, の耳, の船, の部屋, の頭, はどんなに, も天の川

3 [34件] がお, がそれ, が哲學, が自身, にし, にはなん, に何, のお, のため, の内, の商売, の学ぶべき, の忰, の感情, の文学, の村, の町, の考え, の身, の顔, の願い, はここ, はとかく, はどうしても, はどんな, は人, は今, は思う, は思わず, は日本, は知っ, は私ども, は顔, をし

2 [134件] がお互い, がこの, がどうして, がどんな, がもの, がイギリス海岸, が一番, が太刀, が心から, が新しい, が歩い, が考え, が自分, が訪問, が詩, が遊び, が魂, だったらどう, でさ, なかま, にお, にさ, にしまし, にはこの, にはさっぱり, にはその, にはよく, には分りません, に印象づける, に向っ, に見せた, のそば, のもの, のやう, の世の中, の世話, の中, の中学, の乗った, の云う, の今, の住居, の凡慮, の前, の力, の口, の周囲, の善, の姿, の子供, の学校, の学生時代, の家庭, の居る, の屋敷, の希望, の思想上, の想像, の意表, の感謝, の所, の手紙, の持っ, の旅行, の来た, の林, の気持, の注意, の物, の王, の現在, の生命, の研究, の経験, の結婚, の自由, の言葉, の記憶, の責任, の身体, の頭脳, はいつも, はすぐ, はそう, はそれほど, はだんだん, はちっとも, はどこ, はどんどんどんどん, ははぎぼだしに, ははじめ, はははあ, はま, はみな, はみんな腰掛, はむしろ, はイギリス海岸, は一度, は上, は二人, は人生, は今度, は今晩, は何事, は元, は唯, は外, は大, は大いに, は好い, は学校, は実は, は平生, は思はず, は期待, は柏, は毎日, は毎日野原, は町, は笑っ, は納戸, は船, は西洋, は覚悟, は誰, は貧乏, は雪, は非常, ばかりで, も人生, も実に, をお, を連れ, 日本民族の

1 [1279件 抜粋] あの人たち, お主筋, からかよう, から測り知る, から男, から観れ, があっけ, がこうして, がこれから, がしばらく, がその, がそば, がはいっ, がもっとも, がコチラ, がヨーロッパ, が一葉, が一高, が久松伯爵家, が今回, が他, が企画, が何, が出立, が十二時, が参与, が困った, が天狗界, が尊敬, が少年期, が島, が平素, が広間, が後に, が思いあまっ, が担ぎましょう, が政府, が料理人, が既成政党, が日本人, が普通, が曙町, が札幌, が民主, が求め, が漁場, が生物, が申せ, が皆健康, が着きました, が立, が築き, が自分達, が芝居小屋, が著い, が親戚, が読誦, が貴兄, が農村, が風波, が養成, ぐらいが守っ, さえまで承った, じゃ媽, だってあんな, だって商人, でさえ何ん, でさえ外部, ではきめ, ではちょい, では何, では冬瓜, では寒く, では死んだ, では毎日食パン, では湯豆腐, では皆さん, では萎れた, でもさう, でも出させ, でも少し, でも特別念入り, で怨んでる, とあなた方, としては先づ右, としましては勤労, とともにいる, とはお, とは知合い, と仲間, と同, と寄, と沖縄人, と親しく, などはのんき, なんぞお, にあの, にいちばん大切, にこんな, にします, につたえられ, にとってすこぶる, にとっては忌むべき, にとっては文学, にとって得がたい, にとって興味, にとりましては結構, にはあまり, にはいっこう, にはかれこれ, にはこちら, にはすでに, にはそれ, にはまるで, にはわかっ, にはわかりませぬ, にはトテ, には不思議, には何, には名人気取り, には後向き, には思われる, には推察, には機会, には結婚式, には解りません, には足手, にまで危害, にも, にもうかがえます, にもわからない, にも下さいました, にも全く, にも察し, にも接近, にも見受けられた, にゃア, にわかり, に三人扶持, に人, に再び, に取っ, に取扱方, に対し厚意, に居りまする, に御用, に惠, に最, に異, に知らせ, に私, に考えさせる, に親切, に言, に鈴蘭, に願われました, のあいだ, のいろいろ, のうそ, のおちどです, のお家, のかなしい, のくらしむき, のこん, のしくじりで, のつながり, のとこ, のなすべき, のまわり, のや, のオナラ, のシャツ, のマル三, の一生, の一番, の両親, の事, の亡くなった, の人民, の伝統, の侘び住居, の借り, の先輩, の全く, の分際, の初めて, の利潤, の力量, の勝手, の参考, の古代研究, の君侯, の問ふところ, の土地, の場合, の夕食, の大いに, の大損, の如く, の婚礼, の学資, の官庁, の客人, の家並, の寓所, の将来, の小さな, の少し, の届かなかった, の帰る, の常識, の幼い, の幼時, の役所, の心持ち, の志, の思い及ぶ, の思想, の恩人, の悲しい, の感じ方, の慣, の才覚, の抵抗, の振舞, の教室, の文学世代, の明日, の暮し, の書生時代, の服装, の枕元, の様子, の歌っ, の残し, の民衆, の燃え立つ, の狙う, の生ける, の生物, の申入れ, の畑, の発明, の知っ, の知識欲, の社会, の祖先たち, の祖父母, の秩父行, の終生, の罪, の習慣, の考へ, の聞いた, の育った, の腑, の臼, の良い, の荒らされた, の血, の行く, の西片町, の親類, の誇であった, の認識作用, の調査, の講義, の辿りついた, の道, の遭った, の鉄道, の隣, の食事, の魂, はあの, はありがたい, はいっ, はいろいろ, はうっかり, はお側, はお前, はかえって, はかなり, はかわいそう, はき, はこれから, はこわごわ, はこんな, はし, はしばらく, はそういう, はそこここ, はそれぞれ, はそんな, はただただ, はついに, はできるだけ, はとても, はどう, はどうにかこう, はどうもし, はない, はなに, はなんと, はふき出さず, はふたり, はまず, はまだ, はまるで, はみな先生, はめったに, はもう一度, はもつ, はもの, はゆっくり, はよる, はアンヴァリード街区, はガチ, はクリスチャン, はスヰーデン, はパリー, はロシア, は一人一人みな, は一口, は一日, は一泊, は一葉君, は三千円, は下界, は世界, は中世, は九時半, は二度, は云わず語らず, は互いに, は人形, は人間, は今しがた, は今日向う, は今更どんなに, は仮, は会わなかった, は何とか, は何時, は供物, は倫敦, は優れたる, は共和政治, は内, は凄い, は出来る, は初め, は力説, は反対, は同じ, は命がけ, は善財童子, は因縁, は地球, は堅, は夜, は大体, は大変貧乏, は天顔, は契沖, は娑婆, は婦人, は学生, は家庭内, は屡々, は山肌, は常に, は幼稚, は当時能楽, は彼等, は従来万葉, は忘れ, は思ひました, は愚痴, は慣れ, は持っ, は摩利信乃法師, は教科書, は日本全体, は明瞭, は時々, は曲った, は有用化, は朝鮮人, は松山附近, は格別, は植木村, は歌舞妓芝居, は歴史, は殆, は毛頭, は永久, は汽車, は法律, は洗たく物, は深い, は深川, は滞, は無条件, は物珍, は猿田の面, は甚, は生じた, は畠山先生, は疲れ切っ, は直, は真, は示談, は神, は種, は簡單, は粗末, は細い, は結果, は美しく, は翻っ, は考えなけれ, は聞い, は自分, は自由, は芸術家, は虱, は覚らない, は言っ, は話し合っ, は警察, は貧苦, は退庁, は郷里, は門, は防衛手段, は隠されたる, は面目次第, は願う, は馴れ, は魔法, は黙っ, へいう, へお話し, へまで関係, へもくれた, へ奉公, へ寄りつかない, までどんなに, まで心, まで途方, みんなを, もあなた方, もいつか, もお, もさっき, もそこ, もただ, もできる, もまことに, もみんなビジテリアン, ももはや, も三人一緒, も仕入れ, も先生, も別に, も困っ, も大っぴら, も妙技, も心配, も慎重, も時宜, も残り惜しく, も私ども, も達磨大師, や子供達, より遥か, をつかま, をとっ, をとり囲みました, を人質, を安心, を待遇, を支配, を知っ, を自分, を見, を陸, ノルウェー人は, 中国に, 伏して, 元々春, 困って, 女は, 心配し, 日本の, 本当にほか, 祖先から, 若い者, 近いうち

▼ 私~ (2073, 0.7%)

28 の方 27 の生活 22 はその 18 のよう, の家 12 の仲間, はこの 11 の心, の手 9 の眼, は, はよく 7 の間, は何, 夫婦は 6 はそれ, 夫婦の 5 が東京, には分りません, のやう, の家庭, の村, の耳, はここ, はこれ

4 [11件] には何, のこと, の商売, の国, の家族, の店, の書いた, の要求, はもう, は既に, は此

3 [41件] がこの, がその, がまだ, が初めて, が手, にはよく, のため, の中, の前, の力, の后, の太子殿下, の常識, の様, の注意, の為, の祖先, の立場, の若い, の話, の部屋, の額, はいつも, はお, はこれから, はただ, はまだ, は互に, は今, は何時, は先ず, は実に, は実際, は彼等, は深く, は真個, は知っ, は自分, までお, みたよう, 夫妻が

2 [143件] から見る, がそれ, がそんな, がドヤ, が互に, が五六人, が外遊, が或, が持つ, が日本, が昼食, が皆, が皆さん, が私共, が粕谷, が行く, が見, である, でなければ, とは何, と女中, には, にはその, にはわかりません, には居りません, のうち, のお, のこん兵衛, のこん助, のその, のところ, のはれがましい, のもの, のよき, の一家, の一隊, の上, の世界, の住居, の兄弟, の先生, の及ぶ, の友情, の周囲, の地上, の子, の子供, の室, の小屋, の恋, の想像, の感情, の持たない, の日常生活, の母, の求め, の汽車, の父, の特別, の狂暴, の生命, の目, の祖母さん, の第, の結婚, の考, の考え, の船, の行きたい, の見た, の見る, の赤ん坊, の軍隊, の関心, の頭, の頭上, はあの, はあれ, はかう, はかかる, はそこ, はとくに, はどんな, はみんな, はズラリ, は一つ, は一時喫驚, は三人, は三味線, は久しぶり, は之, は二人, は今日, は大して, は天, は如何, は始, は始め, は子供, は安心, は家, は彼, は後, は御, は忘れ, は急, は惡, は或, は本当に, は極端, は求める, は皆, は皆馬車, は県庁, は翌, は自分等, は自由, は落, は見, は貴方, は随分, は雨, もあの, もこの, もそれ, もまた, も先生, も共々, も彼, を居住, を見つける, を見る, 一家が, 一家の, 兄妹と, 大衆の, 夫妻は, 夫婦が, 夫婦と, 奉公人は, 女は, 狐の, 落第した

1 [1361件 抜粋] あ, かかりの, からくれぐれも, からもお願い, から見れ, が, があそこ, がうるさく, がお八つ, がかつて, がくるま, がこれ, がこんな, がそう, がただいま, がどれほど, がはひつ, がまた, がようく, がニホン, がビルディング, が一旦, が両国近辺, が二人名前, が亜米利加, が今, が何, が信じ, が元来意味, が全, が其樣, が写真, が別, が勝手, が千歳村, が口, が同じ, が困ります, が地上, が多少, が夫, が子ープルス港, が孝助, が宿, が引移つた後, が引越当年, が彼, が心配, が悪い, が想像, が折角, が指摘, が故郷, が斯様, が晝食, が曙町, が最初, が村, が母娘, が気づきません, が流行唄, が溺れる, が現実, が生き, が申し上げ, が石器時代, が箇性的差異, が考え, が聞いた, が自分達, が若し, が蘭学, が表, が見る, が見出し, が証人, が貧乏, が転居, が途方, が露西亜語, が飜訳, が駈け付けまし, さえ満足, だけで, だって米麦, だという, でございますか, でさえ一日, ではあなた, ではいちばん, ではそれ, ではもう少し, では先生, では娘, では男, でも何時, でも祈祷, で出来るなら, で用心, といたしまし, とともニ, とは何ん, と二人, と同じ, と大学生一人, と被害者, なぞも, なんかは欲しい, なんぞも若い, にし, にては見所, にとっては屡々, にとっては特に, にとって大事, にとって少く, にとって決して, にとりましてはこの世, にはおもしろい, にはそんな, にはなかなか, にはわかりませぬ, には一文, には全く, には只安らけさ, には大変, には子供, には感じられるだろう, には流行唄, には眼尻, には解釈, には零落れ, にもまだまだ, にも一向, にも大切, にも読め, に対して何故, に置い, のいわゆる, のする, のつとめ, のならわし, のやる, のス, のニッポン, の一向, の一行, の三年, の上野図書館, の不明, の中学時代, の久しく, の事件, の二階, の仕事, の住ん, の信夫, の働き, の兄弟五人, の先人岡鬼太郎さん, の入る, の出版物, の切符, の勇, の友人, の受けた, の同行者, の商買, の土地, の坐っ, の外遊中, の夜, の大事, の女中, の妹, の學んだ, の家内, の專門, の尺度, の居る, の希望, の床, の弦月丸, の心眼, の忰, の恩人, の愛, の手紙, の択んだ, の持つ, の控室, の教會, の方式, の旅宿, の星野温泉地, の朋輩, の本道, の根, の標本函, の母親, の気, の氣, の流儀, の炬燵, の父上, の狭い, の現実, の生れた, の用, の畑, の畠, の相談相手, の知っ, の知恵, の粗末, の組織如何, の結合, の罪業, の考へる, の職務, の脳中, の芸術, の苦闘十年, の藩主, の見, の親達, の観点, の言事, の許し, の話す, の謝恩, の身の上, の身辺, の農村移住, の逗つた, の郷里, の鍬, の隣家, の離屋, の音楽, の食膳, の驚きやう, はあと, はあなた様, はあまり, はいちいち, はおいで, はお隣, はかよう, はこれら, はごらん, はじっと, はずいぶん, はそもそも, はた, はだんだん, はともかく, はどうせ, はどの, はねダーリヤ・パヴロヴナ, はほか, はま, はまさかに, はまだまだ, はむごたらしい, はもう一度, はもっと, はわー, はガヤガヤ, はシャヴィエル, はナカヤマ・シンペエ, はハガキ, はラテーヌ時代, は一人一人駕籠かき, は一方, は一日二晩, は一月, は一緒, は上, は不平, は乏しい, は二人共, は二商品, は二食, は京都, は今年, は仏法, は仔細, は休所, は何しろ, は何処, は何時の間に, は俳優諸君, は充分, は先生, は全くどう, は其の, は写生, は出家, は函, は別に大して, は到底, は前方後圓, は努力, は十三日, は半ば憧憬, は南, は又, は口, は可愛い, は喧嘩, は困る, は土, は垂直線上, は大, は大分, は大月驛, は夫妻共著, は如何様, は安田一角先生, は実は, は寝, は将来私, は少なくとも, は尾行, は左, は常に, は幾度, は引き上げる, は彼処, は待てます, は従順, は忘れまい, は快く, は思ふ, は恐ろしい, は悪い, は慾, は懐しく, は打, は抽斗, は持っ, は斯, は旅行, は日本, は早速, は昨夕, は昨晩十時五十分, は有, は未だ, は机, は次, は正確, は歩い, は毎日雨戸, は永山氏, は汗, は沢山沢山, は湖畔, は濡れ, は無人, は熱情, は猶, は現在, は生れ, は田舎料理, は町内, は皆大阪, は益, は直ぐ, は看護疲労, は眼, は知らない, は石器時代, は社会的富, は私, は窓, は立派, は等価値配分, は粕谷, は経済的進歩, は罪, は考えず, は聞いた, は胆, は腹違い, は自殺, は薪, は行く, は見せられ, は見物, は観阿弥, は言語, は警察, は貴女, は軍人, は近々, は追, は這いまわります, は遂に, は邪念, は階子, は電燈代, は露西亜語, は顔, ばかりでなく, ふたりの, へお下げ, へもいらしっ, へも御, へ勤め, へ泊りました, までが面目, までほんとにびくびく, まで心, もいよ, もこうした, もさ, もずいぶん, もつい, もはや特別, ももう直ぐ, も一度, も二つ位別荘, も働ら, も名古屋, も外遊以来一切和服, も實, も山陽外史, も忙, も思はぬで, も旅館, も激しい, も目, も罹災者, も自分, も見た, も身体, も隙, も集りまし, も驚い, より魯西亞人, をおどかし, をぞつ, をめぐった, をよく, を不思議そう, を仰山, を厚遇, を可愛がっ, を呪う, を囲繞, を対象, を引きあげ, を御存じ, を恨ん, を救う, を枕辺, を眺め, を見, を見つけ, を見限っ, を非常, ソヴェトで, ニホン人全体に, 一家のみという, 一緒に, 丈の, 人民の, 兄妹の, 兩人は, 印度人は, 同胞三人は, 地主の, 夫婦で, 夫婦には, 女性が, 女性の, 妻子の, 婦人を, 少し下, 悪魔が, 捕物作家が, 新国劇も, 日本人が, 日本女性を, 歩きながらも, 江冤罪を, 漢學の, 父子を, 科学者の, 考えまして, 聴衆が, 自身でなけれ, 芸能の, 若い者, 落伍者の, 見物人は, 買物昼食に, 長い間, 門外漢には

▼ 私自身~ (2047, 0.6%)

24 の姿 18 のこと, の経験 16 の心 11 のため 10 がその, のうち 8 から出, のもの, の中, の気持, はこの 7 がこの, の力, の精神, は私

6 [12件] がそれ, が私自身, にし, の影, の手, の方, の生活, はその, もその, も亦, を発見, を維持

5 に向っ, に就い, の事, の場合, の意志, の肉体, の言葉, もまた

4 [13件] が完全, が自分, であつ, にとつて, にも私, によつて, に取っ, の口, の好み, の過去, はまだ, も, を見出す

3 [50件] がそう, がよく, が一人, が最も, が経験, だった, であった, でさ, ではない, ではなく, で私, と同様, なの, についていへ, にもはっきり, にも全く, に依, のなか, のやう, の上, の体験, の問題, の外, の存在, の家, の思い出, の性格, の意識, の感情, の為, の生命, の經驗, の考え, の裡, の観念, の道, の顔, は, はこれ, はそれ, はと云え, はどう, はもう, もこの, もそんな, も今, を慰める, を私, を表現, を見出した

2 [157件] からそれとも, から分離, から割りだし, がかの, がそれ以上, がまた, がまだ, がもはやそれだけ, がギャング, が一つ, が今, が口語詩, が小説, が御, が恐ろしく, が或, が手, が昔, が浅ましく, が疑っ, が社会, が私, が見た, が頭, しばしば彼, すらも沈黙, であるところ, でそれ, ではっきり, で清算, として生きたい, と共に意気地, と雖, にさ, にしろ, について私, にで, にとっては決して, にとつ, にどっち, にはそう, にはその, には何, には生憎, にもその, にもそれ, にもよく, にも分らない, にも分らなかった, にも寧ろ, によく, に何, に対して汝, に就, に直接, に裁かれ, に返っ, の, のいろいろ, のその, のふるさと, のドッペルゲンゲル, の不, の不愉快, の体臭, の作品, の切な, の創作, の失敗, の宗教, の実験, の希望, の当然, の志, の性分, の恐怖, の惨め, の意気地, の所謂, の指紋, の教育, の明晰, の暗い, の本当, の本質, の気, の気もち, の氣持, の淫慾, の淫蕩, の満足, の無能, の現在, の現身, の理解, の生存, の生気, の真実, の知識, の研究, の私生活, の立場, の経歴, の罪, の聞出し, の背後, の胸, の腹の中, の自己革命, の血, の行い, の見聞, の觀念, の解釈, の趣味, の追憶, の魂, はと云, はもし, は事彼, は今, は元来, は少し, は平気, は手, は東京, は神, また彼ら, もそれ, もふと, もやりきれない, も一度, も供え物, も初めて, も十分, も実は, も彼, も母, も私, も自分, も貞操, よりもソヴェート, をこの, をすら突き放し, をまた, を何一つ, を修める, を実験台上, を想像, を愛する, を漸次, を祝福, を考察, を見失う, を言い, を頼み, 並びに私

1 [1244件 抜粋] あの作品, いわれて, かなしくなりました, からその, から円光, から脱, があんまり, がいっそう, がいま, がお, がこうして, がこの世, がさうである, がすでに, がそれだけ, がどこ, がひっかかっ, がまいっ, がもう少し, がわからなくなっ, がバクハツ, がマルクス主義的イデオロギイ, が不変的標準, が不調和, が何, が何とも, が何者, が例外, が充実, が入場券, が冷汗, が原子爆弾症, が変てこ, が大塚警部, が天国, が如何, が子供, が実証, が山, が平常, が引き, が強い, が影, が徹底的, が必要, が悲しん, が戯曲作家, が承認, が捕へられた, が支配, が書く, が期せずし, が本当に, が東北人, が歴史的, が沙漠, が治す, が浪, が無名, が燈光, が現在, が田中, が癩, が着たい, が知る, が窮屈, が精神病院, が総理大臣, が考へる, が自身, が蝦夷, が見る見る, が議会, が道具, が雑誌, が*****, この役, この耳, こんな風, さえ何, さえ意識, さえ興, しか知らない, すこし紙上放浪, すらそれ, すら自分, そのよう, その問題, その怖, その焼き直し, だ, だけの解答, だってたいして, だと, ついその, であったの, でありました, であるが, であろう, でくじり取ろう, でさえそんなに, でさえ時に, でさえ身内, ですし, でとんぼ, でないよう, ではその後二, ではまだ何一つ, では大, では恭一さん, でもあつ, でもいざ, でもまだはっきり, でも思いがけなかっ, でも釣, で娘, で持っ, で次, で積みかさねる, で解消, とあの, とがまったく, としてはそう, としては何, としては地上, としては小説, としては正に, としては罪悪, としては自分, としても先づ, とてもおちつい, とて斯く, との血, とはやっと, とは境遇, とは詩, と他, と相談, と関係, どうなる, どんな手傷, なん, にいっそう, にいわせます, においてはこれ, にかへる, にこの, にさえ想像, にさえ見向きもされなくなっ, にした, にすら他, にそれ, にたよる, については多く, について云え, について物體的, について語りたい, にとって, にとってはただ, にとっては無く, にとっては興味, にとってもその, にとっても人々, にとっても憧憬, にとっても決して, にとつて親子, にどんなに, になる, にはどう, にはなかなか, にはハッキリ, には分らない, には常に, には次郎, にも, にもこんな, にもなぜそう, にもふしぎ, にもわからない, にもわかります, にもミスラ君, にも不思議, にも分からなかった, にも勿論, にも欲しい, にも混沌茫漠, にも相合傘, にも経験, にも見当, にも解らぬ, にも誰, にも面白かっ, によって作られる, によって生まれ得た, により多く作用, に一層, に与え, に入れた, に叫ぶ, に向けられる, に宛てた, に対してさ, に対してもすまないで, に対して神, に對, に帰ろう, に思ひ込ませる, に恐ろしゅう, に投げ付けられた, に生きる, に相違, に立ち帰っ, に考える, に萬, に解りすぎる, に言ひき, に許す, に論ずべき, に證, に退屈, に関していえ, に関するかぎり, に鞭, のあまりに, のいる, のお正月, のからだ, のごとく, のさう, のす, のそのまま, のそれと, のたつた, のところ, のほか, のまずしい, のみだ, のポンチ繪, の一生, の一種, の不幸, の主張, の人力車, の他, の住所姓名, の健康, の偶然, の内, の内面, の初, の動作, の区別, の卑陋, の反省, の周囲, の呼吸, の嘘, の均合, の大, の女房, の姓名, の孤独, の実見, の家族, の實驗, の工夫, の平生, の幸福, の引込思案, の形容詞, の心もち, の心境, の思ひ, の思惟そのもの, の怨み, の悪い, の悲しみ, の意思, の愚かさ, の感覚, の我儘, の手跡, の指南車, の探偵小説, の新しく, の明日, の有っ, の本, の歩幅, の死んだ, の気持ち, の浮世, の演技指導, の無為, の焦慮, の状態, の独断的表現, の生, の生れた, の生活気分, の生理, の病症, の皮肉, の直感, の真価, の矛盾, の知覚, の確実, の空想, の精神胎内, の純, の結論, の美しい, の考へ, の能力, の自慢, の苦しい, の薄弱, の表情, の見解, の言うべき, の記述, の訴訟, の誕生日, の説明, の足音, の身, の身心, の身體, の返答, の道徳, の部下, の重量感, の開眼, の関する, の陰鬱, の青春, の頭, の風変り, の體驗, はこ, はこれから, はそんな, はついに, はどこ, はまだつい, はもつ, はやはり, はハイデッゲル教授, はホップ, は一次, は不良少年, は二十歳すぎ, は人氣, は他人, は何, は全く, は前生, は勿論, は台本, は宝玉, は小学校, は忘れ, は性質, は惚れた, は慈悲, は探偵小説, は断然, は時々, は歩いた, は決して, は特に, は第, は考え, は西洋人, は近く, は都合上, は駄目, へのアラーム, への過去, ほしくて, まだ十分, まで何, もあの, もいや, もおばあさん, もこうして, もそういう, もそれら, もだんだん, もつい, もひそか, もほんとに, もアメリカ, もテンカン, も一寸, も不意, も主として, も仏さま, も何故, も充分, も勉強, も取り乱し, も周囲, も塵だらけ, も大いに, も好ん, も妹, も完全, も左近倉, も常に, も彼地, も後, も急, も恥し, も持っ, も散髪屋, も日, も書き, も月給, も本, も永い, も激情, も無茶苦茶, も直接間接, も眼鏡, も知らなかつた, も知り得ない, も絶えず, も翌日目, も航海, も蝶々, も転換期, も郵便, も随分, も餅, も骨, よりもいっそう, よりも健康, より先, をあはれむ, をいかに, をここ, をごまかす, をすっかり, をその, をとりもどした, をない, をも吹きまくる, をイヤ, を亡ぼそう, を代表, を例, を信ずる, を凡そ, を励まし, を反っ, を含め, を太陽, を女性, を居酒屋, を御存じ, を恥じね, を愛し, を戒めた, を抱い, を持て余した, を救助, を春, を殺すだらう, を洗練, を満足, を点, を異, を相手, を知らない, を知覚, を笑つて, を納得, を考えた, を考へた, を複雑化, を見る, を見失ふ, を言う, を誤り, を責め過ぎる, を遠慮, を邪魔, 並びに三人, 全く私, 少しも, 屡々経験, 想いだすの, 書きながら, 決めて, 溺れかけたこと, 若かった, 見ること, 近いうち

▼ 私にも~ (1212, 0.4%)

13 わかって 11 よくわかっ 10 わからない, 見せて 8 それが, わかりません 7 何か, 分って, 私の 6 多少の, 考えが 5 あった, ある, して, それは, 見当が, 覚悟が 4 よくは, 一緒に, 二十年も, 分らない, 分らないが, 分りません, 覚えが

3 [17件] これは, すすめた, そんな気, よくわかりません, よくわかる, よく分る, よく判った, わかる, 何が, 分った, 分らなかった, 分らん, 同行を, 家が, 少しずつ, 幾分ながら, 母にも

2 [75件] あり, あるが, あるの, いわせないで, お前は, お逢い, すぐに, そのまま感染, それと, それを, そんな時, だんだん物事, つながるユダヤ的, できるよう, ほんとうは, よく分かっ, よく分っ, よく見える, わからないが, わからなかつた, わかりませんの, わかり兼ねます, わかるよう, ハッキリとは, 一処に, 人にも, 伝わって, 何かの, 何の, 兄さんと, 分かって, 分つた, 分るが, 分るよう, 判って, 同じ樣, 同感の, 大事業, 容易に, 少しばかり, 弟の, 彼の, 思われる, 想像された, 愛の, 或る, 教えて, 暑過ぎる, 書けとは, 来て, 相当の, 知らして, 祈祷の, 私にも, 米を, 罪が, 聞えた, 聞かして, 能く, 能く分らない, 腑に, 自分の, 興味が, 見て, 見當, 覗かせた, 解って, 解らない, 解らないが, 解らないの, 解るが, 話しかけて, 責任が, 酒を, 隠して

1 [860件 抜粋] あったわけ, あのあたり, あのプリント, あの高い, あまり自信, あるので, あるよ, あれへ, あんなに慕っ, あんな洋服買つて, いくらか, いけない所, いささか心得, いささか疑念, いっしょに, いつのまにかそういう, いろいろな, うどんなにか, うれしいもの, おおよその, おかしく見えたろう, お八重姉さん, お友達, お気づきに, お落とし, お酒, かいて, かすかに, かほどな, きかれて, きっと美しい, くつきりと, ぐっと来る, ここで, こたえそれ, こたえるの, このごろは, この寒, この少年, この湖, これぞと, これに, これより, こんな繪端書, さすがに, さすが触らせない, すぐ分った, すぐ気, すすめながら, すすめ自分, ずるい考, そういわれれ, そうし, そうした経験, そう仰有っ, そう思われます, そう見えました, そのこと, その一つ, その光景, その向う側, その宿, その意味, その感想, その村, その椀, その真相, その瞬間それ, その笑い, その見立て, その覚え, その頃, それとなく意中, それ以外には, それ位の, そんなに大きい, そんな兄弟, そんな経験, たしかにその, たべさせて, たよりの, たれながら, だからお, ちょいちょいと, ちょうどそういう, つもりの, できないこと, とうとうお, とうとう生き, とてもよそよそしく, どうかお, どうしても, どうしてよい, どうも出来ません, どうやら落ちつき, どこか, なかつた, なぜとも, なにかモウケ, なにか張合, なんか, のりうつったよう, はっきりし, はっきりとは, はっきりわかった, はっきり分れしめ, はっきり読めない, はつきり分る, ひしひし感じられた, ひとつ思い出が, ひょいと戯作一句, ほぼのみこめた, また別に, また自分, まだ, まだはつきり, まだ一点, まだ御, まだ手懸り, まだ見, まったく見当, むりなくできそうな気が, もう判る, もし屋内, やつて, やはり変, やれますよ, よい思案, ようやくおぼろ気, よくし, よくわかった, よくわかってる, よくわかりました, よく似た, よく出来, よく分った, よく分らぬ, よく判らない, よく判りかねます, よく同感, よく呑み込めました, よく解らない, よく解りました, よく領, わかつて, わからないこと, わからないの, わからないよ, わからない今, わからない思い出せないよ, わかりました, わかりませんがね, わかりませんただ, わかり兼ねますが, わかる通り, スポオツの, ダンスを, ハッキリ言わない, マドンナが, 一つお, 一つ買つて遣らう, 一ツ思い当る, 一口張らせ, 一句の, 一向判らない, 一向合點, 一室を, 一寸拝借さし, 一度御馳走, 一本くれた, 一本すすめた, 一本附け, 一枚くださいません, 一碗だけが, 一考ある, 万蔵の, 下さいな, 不思議であった, 不思議と, 不用意な, 与へ, 世界の, 了簡が, 予覚せられ, 二つ三つ叩かせず, 二人の, 云うべき言葉, 云わずに, 互ひ, 亦隠れた, 人に, 人情っていう, 今尚, 今日からは, 休憩を, 会員に, 似合わない決心, 何うし, 何だか遠い, 何となく御, 何とも, 何んにも, 何事か, 作家としての, 信じられなかった, 信ぜられます, 僅かばかり, 兄さんだ, 充分分っ, 充分想像する, 先が, 入会しなさい, 全くの, 全く判らない, 其の新, 内山昌二と, 出さして, 出て, 出ろと, 出席し, 出来たの, 出来ますが, 出来ようという, 分からないもの, 分けて, 分ったが, 分つて, 分らずただ, 分らないと, 分らないの, 分らないもの, 分らないん, 分らなかったん, 分らんが, 分りました, 分りませぬ, 分りませんが, 分りません不思議, 分り升, 分るし, 分るの, 判らないこと, 判らぬけれども, 判りません, 判る, 判るよう, 判然しない, 別れの, 別段それ以上, 到底この, 前同様, 力強くあった, 功名心は, 勇気が, 勿論一人, 十分反省の, 半分位分け, 危ぶまれるの, 原因が, 参列し, 又持前, 及ぶよう, 及川や, 友人にも, 可能と, 合点できる, 同じよう, 同じ様, 同情が, 君にも, 否応なしに欠乏, 品物を, 喰えという, 団子は, 国もとに, 多少そう思われない, 夜も, 大いにある, 大体は, 大変都合が, 大抵の, 大抵分ってる, 天罰の, 女の, 好い気, 好く分る, 好く解らない, 娘が, 嬉しかつ, 存分に, 安心させ, 実に突飛, 実はマダ謎, 察しられるよう, 将来の, 小関さんから, 少くとも, 少ししか, 少しは, 少しばかりの, 少しわかる, 少し文句, 少し理解, 少し考え, 少し飲まし, 巡って, 常の, 幸福と, 幽かに, 幾らか見当, 弱点が, 強いた, 影響を, 彼が, 後悔は, 御使番, 御用を, 心当たりが, 必ずしも出来ない, 忙しいほど, 応援演説し, 思い出させた, 思い当ること, 思えた, 思えて, 思ひあたるところ, 思われたので, 思われて, 思われまして, 思われるから, 性慾は, 恋しく思われる, 恥をか, 悟られた, 悲しくて, 想像される, 愉快です, 意見を, 感じが, 感じられて, 感想は, 感染した, 慈善切手實現に, 房州は, 打ち解けて, 打ち開けて, 拘らず何, 持てそう, 挨拶を, 推しはかること, 描けるという, 故人の, 教へて, 数々の, 斬れません, 新しく蘇った, 新らしい, 既に, 早く起き, 早朝の, 明瞭とは, 春が, 是非その, 是非と, 時代の, 更に要領, 書けって, 最初に, 有りますワ, 朧ろ気には, 木彫としての, 未完成, 桂子が, 楽しみな, 様子は, 次回には, 歌えと, 正夫の, 此の間手拭を, 残つてひどく, 段々わかる, 母の, 母様の, 気がかりでない, 気がついて, 気が付きませんでした, 気付いたの, 氣待よく, 水の上を, 注いで, 流れて, 深い覚悟, 深切な, 点呼令状が, 無くは, 無断で, 煙草を, 父方の, 猿ぐつわをはめようとかかるにちがいない, 理解できる, 用意を, 男子が, 疑問として, 病監の, 目につき, 直ぐ来, 相談が, 相談は, 相談相手に, 眼を, 知らせるのよ, 短冊を, 確実に, 示して, 私だけの, 私に, 私自身が, 秘密を, 移らない初め, 笹川の, 答えられなかった, 納得が, 経験が, 結え結えって, 線香を, 縁のね, 美智子の, 考えさせて, 考えられたが, 考へが, 聊か合点, 聞かせるため, 聴かせて, 腹だたしく返事, 自信が, 致しやう, 良人が, 草庵一風の, 荒い教育, 蒼白顏を, 薩張り見当は, 虫の, 蛇を, 見えた, 見えて, 見えまして, 見える人生, 見に, 見分が, 見分けが, 見落しが, 覚られました, 覚れたから, 親しみの, 親切, 覺え, 覺悟あり, 解らないけれど, 解らないわ, 解らないん, 解らなかった, 解らんよ, 解りません, 解りませんが, 解りませんよ, 解るつもり, 言えます, 言はば, 言へる, 記憶が, 話さえ, 話を, 語る自由, 説明し, 説明しよう, 読ませて, 誰にも, 諒解し, 責任の, 貸して, 起ったの, 辛うじて想像, 辞儀一つせず, 返事が, 返答は, 追, 通用する, 遺傳, 重大な, 金を, 陋巷の, 降りかかったの, 難有, 青春の, 音楽の, 音楽会の, 顔を, 飲まして, 鰓が, 鴨といふ

▼ 私から~ (849, 0.3%)

27 離れて 21 見れば 15 見ると 8 云えば, 去って 7 見て 6 それを, 出て, 眼を 5 お願, 言へば, 遠ざかって 4 よく云っ, よく話し, 申上げませう, 話して, 遠のいて 3 あなたに, お金を, お離れ, 云わせると, 申上げます, 申上げる, 金を, 頼んで

2 [46件] いうと, いえば, うたを, お前さんに, お礼を, お詫, きいた荒正人, その壜, なくなって, はっきりと, みると, 事情を, 云い出されは, 今すぐ, 何もかもむさぼり取った, 兄さんに, 先だ, 先に, 出たこと, 切り離し得ないの, 別れると, 声を, 室生萩原と, 少し離れ, 少し離れた, 引き上げたもの, 彼女へ, 手紙を, 更に切り離し, 望んで, 生ずるの, 申し上げたいこと, 発見された, 目を, 立ち去って, 言いますと, 言えば, 逃げて, 進んで, 遠くに, 遠くへ, 遠退い, 酒を, 離れないかを, 離れなかった, 頼む

1 [594件 抜粋] ああなったの, あなたへ, あなた様に, あの金貨, あまり弁解, あらゆる力, ありのままの, あんたはんに, いいつけましょう, いって, いっては, いっといて, いへば, いろいろふれず, いわせれば, うちつけに, うばって, うんと, おき, おわびを, お伝えし, お内儀さん, お出ましの, お前に, お勧めし, お宮に, お尋ねなどの, お弔, お強請り申しましょう, お断りいたします, お母様に, お礼申します, お納めした, お蔭を, お話しましょう, お買い戻し, お遠のき, お金さえ, お頼み, お願いいたします, お願いした, お願い申し, お願い申しまする, お願い致しましょう, お願い致します, かえって助け, きかせて, こうしてお願い申, このアムビション, この別荘, この生き物, さうし, されるよう, ざっくばらんに, ざっと話し, して, じかに文, じかに申, じかに言っ, すぐ手紙, すると, すれば, そう申しあげ, そのうち, その不安, その悪魔, その濾過板, その訳, その顔, そむいて, それぞれおす, それに, そんな事, たえて, だんだん遠ざかっ, ちょっとお話, つい数歩向う, つけ加えたいこと, できません, です, ですって, でなく他, でなく子規居士, で手, とくと訓戒, とくと談, とくにお願い, とって, とりのぞかなければ, どうしても, どのよう, どんな反応, なにを, はじめた, はじめますか, はたきを, はっきり言っ, はなして, はなれると, ひったくりました, ふり返っ, ぽっぽと湯気, まだ中学, まだ十数歩先, みれば, もらうと, もらったフロック, やった手紙, よう言う, よくいっ, よくききただし, よくそう云っ, よく申し, よく申します, よく見えた, よこして, よそへ, よそ見を, よほど離れ, アルバムを, ピストルを, ミリタリズムの, モール博士の, 一つ一つ事情を, 一マイルとは, 一両に, 一千弗を, 一年か, 一度に, 一昨日入った, 一目散に, 三人目に, 上げて, 上げます, 不熱心, 中宮へ, 主人をと, 乏しい衣類, 事の, 事を, 二十両お, 二番の, 二百万, 二百円貰っ, 云いましょうがねえ, 云い寄るなんて, 云うと, 云う時, 云ったらどう, 云って, 云つて呉れつ, 云は, 五六歩離れた, 享けて, 享楽派の, 今も, 今後を, 仕向けたので, 他人に, 代って, 仲な, 伜へ, 伺ひます, 何か, 何が, 何にも, 何の, 何もかも申し上げ, 何ものかが, 何方に, 余り屡々見られる, 使いを, 便りが, 保証した, 借った人, 借った英語, 借りたこと, 借りて, 健ちゃんに, 元気を, 先生に, 先生へ, 光と, 全く独立, 其の様, 其様な, 内務省に, 出した手紙, 出すもの, 出た犯罪, 出来るよう, 出発し, 別になに, 別世界だ, 刻刻過, 区別せられ, 匿され, 區別せられ, 十円札を, 千里も, 原案を, 去らなかつた, 去りともすれば, 去りました, 双眼鏡を, 取上げようとは, 受ける直接, 受け取ってから, 受け取る時, 受け取る気, 受取り大きな, 名づけるに, 名乗って, 向うへ, 呼吸を, 和尚さんに, 商売の, 嚴しい, 因果を, 固く断っ, 国司の, 報告される, 外へ, 大きに世話, 太政官へ, 失はれた時, 失われて, 奥様に, 奪いうるもの, 奪い去ろうと, 奪い取り, 奪った上, 奪わないこと, 奪われて, 奪略した, 女と, 女に, 好い影響, 好きこのんで, 妹へと, 始まった事, 始めて, 委しく申, 姿を, 娘に, 娘の, 子供を, 子規居士に, 宜しくお客さま方, 家老までへ, 宿屋の, 密書を, 将来の, 小侍従, 小松栄君に, 小遣いを, 少ししか, 尺八を, 巣立って, 左内様へ, 巧い, 差上げたの, 差上げるの, 師匠の, 幾許お, 弁償し, 引き裂いて, 引き離され祖父母, 引き離すこと, 彼女に, 後で菓子, 徐ろに, 得た由来, 得ようと, 御免を, 御当家, 御挨拶, 御相談申, 御返事を, 御願する, 忠一君の, 思ふと, 思ふ様これ, 恋文でも, 恨まれれば, 愉快な, 感じて, 所望した, 手を, 手伝って, 打たれた, 払い除けられたため, 折入, 折入っ, 拔け, 持ち出した, 指名させ, 指導役の, 指輪を, 推薦を, 改めて紹介, 教会へ, 文学の, 断って, 断わること, 新しい世界, 新聞を, 明日から, 春子さまに, 時々君, 書物を, 書類を, 期待し, 本を, 本借っ, 柿沼の, 権利金を, 段々遠, 殺人者の, 母に, 永久に, 消えた, 深い呻き, 渡された例, 滑り抜けて, 漱石氏の, 瀬越さんの, 無利息の, 煙草の, 煙草を, 照彦様に, 照彦様へ, 父の, 独立し, 独立である, 獣としての, 生ずるか, 生れること, 生産物を, 申さねば, 申しあげたいこと, 申しては, 申しましょうから, 申しまする, 申し上げても, 申し上げましょう, 申し上げます, 申し上げませうか, 申し上げるまでも, 申し込みを, 申すまでも, 申上げ, 申上げかねます, 申上げね, 申聞けましょう, 男を, 疑われたと, 疑われること, 白井氏へ, 百碼ばかりも, 皆大正十一年中裁判所に, 皮肉られても, 直々に, 直接その, 直接恭一さんに, 直治に, 相談が, 着物を, 知らして, 知らせて, 祖母に, 私から, 私の, 秘密を, 穏かに, 突然かかる, 笑われた, 節ちゃんの, 築地座を, 篤と云っ, 簡単に, 精養軒での, 糧を, 紙片を, 絶えずちくちくやられた, 縁が, 罪人でない, 義雄さんへ, 考えて, 考えますと, 考えれば, 聞かされたこと, 聞きました娘夫婦, 聞き出したいやう, 聞くと, 聴かないでも, 聽いた, 背き去って, 脱いで, 自分でも, 航海の, 船長へ, 花輪を, 若主人, 若草の, 落ちるの, 蕗子に, 行きました, 裁判所へ, 要求する, 見えたはず, 見た彼女, 見ますると, 見られて, 視線を, 覗かれてるとでも, 親分さんに, 親類に, 解決すれ, 言いたかったのに, 言いましたけれど, 言うから, 言うと, 言っても, 言つて置かう, 言ひませう, 言わせますと, 言わせると, 言伝て, 訊かして, 訊ねて, 話した次第, 話すから, 話す折, 話を, 詳しいこと, 詳しくお話, 誘惑など, 語らねば, 説き伏せに, 説明しました, 誰かに, 調べて, 謝します, 謝って, 譲られた財産, 負けて, 貰う金, 貰ったという, 貰ったの, 貴方へ, 買って, 贈りたいと, 越したの, 身を, 逃げること, 逃げるの, 逃げ去り一人, 逃れて, 造り出した棘刺刻猴, 進物に, 遁れ去っ, 過去の, 遠くなっ, 遠ざかってから, 遠ざかつたのであると斯, 遠ざかり私, 遠ざかろうと, 遠去り, 遠慮なく申します, 遮るよう, 避ける位置, 都の, 金額を, 鉛筆を, 間接に, 閣下に, 隔離される, 隠そうと, 雑文書きの, 離すこと, 離れたくないと, 離れたよう, 離れても, 離れないから, 離れないで, 離れぬの, 離れませんもの, 離れ去った, 電話が, 非常に, 音信が, 順序を, 頼むやう, 頼む参って, 顔を, 願いこそ, 願ったこと, 高い利息, 高木に

▼ 私一人~ (645, 0.2%)

57 では 6 しかいない, です, ですから, なの, のこと, の力 5 になっ, のため 4 じゃありません, じゃない, だから, であった, であろう, でした, の胸 3 だった, だつた, で, のとき, の仕事, の道

2 [42件] かも知れなかった, が吐きくだし, が臨終, ぐらいな, しかゐない, して, だけ, だけいつ, だけだ, だけだったろう, だけで, だけのこと, だったの, だったろう, だと, であ, であったが, でございます, でございますから, ですが, ですもの, でまだ, でも参ります, で宜しい, で御座いますもん, で私, で結構, で見, となった, になった, になる, のもの, の上, の意志, の推量, を心待ち, を愛し, を残し, を頼り, 可愛いん, 翌る, 遣ふても

1 [412件] あの海ぞい, あまり閑静, かと存じます, かと思っ, かと思つて通, かもしれない, かも知れなかつた, かも知れません, があの, がいけない, がお, がおし, がお客さん, がこう, がこの, がこんな, がそれ, がどう, がパッパッ, が久左衛門, が休ん, が作品, が別段, が勝手, が反対, が取りのこされ, が取残され, が受けます, が坐っ, が客, が専有, が幸福, が座, が得心, が御, が恐れおののい, が悪, が感じ, が憎まれ, が拍, が日本, が月, が此, が歩い, が残っ, が法衣, が特に, が独占, が生き, が生まれつき, が田舎, が申し上げない, が留守居, が経験, が耻さ, が認め, が起き, が身近, が輝かしい, が辛い, が達者, が飢える, が飲ん, きりいないという, こうし, こんなに, さびしくし, しかその, しかなかつ, しかゐなかつた, しか住ん, しか合格, しか所有, しか知らん, しか認める, じゃあありません, じゃあない, じゃから安心, じゃござりましねえ, じゃ怖い, それで私, そんな気, だ, だけがこの, だけがみんな, だけが皆, だけが若い, だけしか残っ, だけしか気づい, だけである, だけであろう, だけです, だけでない, だけでも帰ろう, だけな, だけになる, だけのもの, だけの問題, だけの意見, だけの感じ, だけの感ずる, だけの感興, だけの話, だけの間違, だけはツクネン, だけジッ, だけ幸せ, だったから, だつたの, だという, だよ, だ一室一燈一鉢一人, だ主人公, だ気儘, であったから, であっても, であつ, であと, であらう, でありけれども, であり中野重治, である, であるから, であるが, であろうか, でいい, でうんと, でかいた, でかつかつ, でこ, でこの, でこれから, でご, でございます一寸, でしたけれど, でしづか, でじつと, ですからと, ですの, でそこ, でそして, でそれ, でだって行く, でちょっと, でどうしても, でどうにも, でない同, でない証拠, でなかったの, でなかったろうと, でなく同行, でなく弟子, でほんとに, でぼんやり酒, でまいります, でもいい, でも今夜, でも入っ, でも既に, でやった, でやつ, でゆく, でよ, で一升, で一時間あまり, で二階, で介抱, で仕度, で何, で何遍, で作った, で停車場, で充分, で出かけ, で出かけましょう, で出かけます, で出かけるとき, で出來, で出発, で切り盛り, で勉強, で勝手, で困っ, で困ってる, で家財道具, で寂しく, で小女, で居る, で左右, で帰っ, で廻ろう, で引受け, で弟子, で往く, で御馳走, で拝見, で敵, で明るく, で是非, で暗く, で書いた, で朝, で歩い, で死にます, で死ね, で残された, で気, で沢山, で渡つて, で澤山, で点検, で焦燥, で煮られます, で留守, で留守番, で看病, で眠れる, で置く, で職員室, で胸, で致します, で船, で蔵, で行つて, で訪ね, で誠に, で誰一人, で足る, で車, で連れ出す, で酔っぱらっ, で食べ, で食べ尽し, で飲みほした, で飲ん, という, ということ, というん, としてじゃ, としてはなん, としては慎重, となつ, となつて, とは限らなかったであろう, と決まった, どうして来られる, などには代えられない, なので, ならいい, ならば, なら何とか, なら馬鹿, なるやも, にあつまつ, にかかっ, にたよる, にだけよく, にて京極, にとっては自然, にとどまらなかったであろう, になつ, には勿体ない, には多, によって保たれ, に今更, に対して, に押被, に深く, に盗賊, に背負わせ, に藪蚊, に違い, に関する限り, に関係, に限つた事, のうち, のお, のこって, のみかもしれない, のみ生まれた, のわがまま勝手, のイリュージョン, の住居, の僻目, の出來事, の単独犯, の名前, の好み, の子供, の存在, の封じた, の専任, の居る, の幸福, の微力, の心, の心持, の愛, の感, の感情, の感想, の慰み, の所有, の手, の手柄, の批評, の旅, の旅立ち, の時, の暮し, の死, の気持, の為, の為め, の爲め, の牡丹燃, の物, の特殊, の生活, の用, の発意, の粗忽, の細工, の經驗, の編著, の罪, の考, の考え, の耻辱, の肚, の能くする, の腕, の自白, の責任, の越度, の身, の身勝手, の辛抱, の間抜, の非常, の飢える, はいささか, は一草庵, は今夜, は佇立, は俄然, は其跡, は切々, は加減, は妻, は皆, は真実無言, は豊中下車, は逆, は長く, は降り, は駈, ばかりかと思いました, ばかりが持っ, やない, よう知った, をい, をいじめぬく, をこの, をこの世, をたより, をないがしろ, をのぞいた, をめがけ, を以て凡て, を守っ, を後, を想っ, を慰める, を成長, を支, を有し, を東京, を歎, を汚す, を目標, を相手, を逃がせ, を頼み, を食わし, を馘首, 乗ること, 其の声, 出て, 取残されて, 威張って, 寂しいん, 寝て, 帰されて, 打殺されたら事, 来ましたと, 死なせて, 死にますどうか, 死んで, 激しく責め立てられる, 熱い風呂, 知って, 置いて, 置き忘, 脱けさ, 苦しい目, 苦しむの, 行く, 行ったらよかろ, 辛い思い, 辛うざま, 酔っ払って

▼ 私とは~ (587, 0.2%)

19 別の 3 何の, 同郷の, 正反対に

2 [36件] あかの, ここに, これが, どこを, なれて, もうそれ, サイコロジーが, ボーデンセイへ, 不思議な, 並んで, 他人同志の, 仲が, 何という, 何人だ, 全く別, 反対に, 只の, 同じよう, 学校の, 小学校の, 崩壊した, 年来の, 年齢も, 心理状態が, 斜に, 時代が, 朝飯を, 殆ん, 目的が, 縁が, 義理の, 苦笑し, 違って, 関係が, 関係の, 駕籠に

1 [487件] あべこべの, あられも, いい飲み, いそいで, いつの間にか馬群, いつも仲よく暮らし, いつも因縁, いは, いれない虫, うち連れて, うまく行く, おの, お互, お互いに, お互に, お話に, お酉さまに, かかる見世物, かなり年齢, かなり長い, かように, こういった, この, この世に, この間から, この驚くべき, これを, こんなに仲好し, こんな話, ご縁, しつくりしませんでしたが, しばしば音信, しばらく顔, じっと見合っ, すぐに, すこしも関係, すつかり, すでに二ヵ月, そういう心持, そういう思いがけない, そういう方法, そのボート, その二, その夜帰途, その実, その日夕暮, その日頃, その楡, その畳敷, そりが, それが, それぎり寝, それまでの, それを, それ迄, そんなに年, たった十年, たっぷりと, だいぶ年歯, ちが, ちがうね, ちがうの, ちがう人間, ちがって, ちょうどつらい, ちょうど正面, ちょッと, つい眼, つまりその, つりあいが, どうにも言う, どうもあなた, どうもしやしません, どうも性, どだい何, どんなにお, どんな土砂降り, どんな風, なお暫く, なれた, なんたる, なんぼ熱烈, はいった道, はぐれないよう, ひどく違, ほとんど同じ, ほんとにくされ縁, まことに縁, まったく性質, まるでちがった, まるで反対, まるで専門, まるで年, まるで性格, まるで違っ, むかしこの, めんこを, もう三月, もう何, もう赤, もしそんな, もちろん顔馴染, もはや縁遠く, やっと流し, やっぱりある, やっぱり不義, やはりこれ, よく似, よく考へ, よしあしに, ゴールデン, ショタ・シムラの, バスで, ヘと, リヤカーに, 一つち, 一つの, 一人の, 一層親密, 一廻, 一昨日春陽展を, 一時隨分接近した, 一歩一歩用心し, 一緒に, 一致しない, 七つ八つくらいも, 三つしか, 上官たちの, 世帯が, 主客処を, 九州の, 事件の, 二三間づつ隔てた, 二人きりで, 二代続きの, 二十一日に, 二十七八年頃までは, 二夫人の, 二尺位も, 二張の, 二時すぎまで, 二級上の, 二階に, 云はば, 云わば, 互に默, 五十歩百歩だ, 交る, 交際は, 人夫達が, 今は, 今回の, 今度が, 今日まで, 今日限り縁が, 今現に, 仏文で, 仕切りの, 他人だ, 他人であった, 他人な, 以前一しよ, 会話辞書の, 伯父の, 似合いません, 低い声, 佐渡旅行の, 体格容貌性質の, 何か, 何が, 何だろう, 何より先, 何んだ, 何んの, 何度も, 何故か顔, 何時間という, 何者であろう, 余りにふさわしく, 余りに良く, 余程深い, 俥で, 俯向き勝ちに, 倉田家の, 偶然にも, 元来同郷の, 兄弟な, 兄弟の, 先刻から, 全く同じ, 全く無関係, 全く異, 全で, 全然ち, 全然反対, 全然無関係, 六つちがう, 六マイルばかり, 共に横須賀, 共通な, 共鳴が, 兵学校以来の, 其お菓子料に, 内務省の, 内務省へ, 再び徒歩, 再從妹, 凡そかけはなれた, 出町の, 分れるもの, 刎頸の, 初めから, 初対面の, 別々な, 別に, 別に天幕, 別れて, 別れるよう, 別れ別れに, 別懇の, 別段仲, 別段血, 利根の, 前々から, 劇場へ, 勘定の, 勿論くらべ, 十年来の, 十数年前お互いに, 十近くも, 博物館の, 危険をも, 双方とも, 反が, 反対であった, 反対の, 反對, 口も, 口を, 古いおなじみ, 各大きな, 各自の, 吉川氏の, 同じと, 同じ仕事, 同じ時代, 同じ村, 同じ石見人, 同じ馬車, 同僚と, 同君が, 同国の, 同年の, 同役に, 向い合いながら, 命拾いを, 和服の, 唯顔を, 嘉永五年子歳の, 四十餘年前の, 在校當時は, 場末の, 売買上の, 夙縁が, 大きい少年, 大分違っ, 大声に, 大変な, 大学に, 大急ぎで, 天地の, 夫, 契約を, 女学校を, 妙な, 姉の, 始終口争い, 娘の, 婚約を, 宗旨違ひで宗論から, 実に気持ちよく, 実は年, 家が, 家じゅうの, 家へ, 宿屋の, 實に, 寺子屋からの, 専門も, 射撃には, 将来如何なる, 導線で, 小さな実験, 小学校で, 小形端艇に, 小漁村和歌浦, 小石川に, 小石川の, 少し斜, 少し親類合, 屹度一尺から, 帽を, 年が, 年恰好も, 年齢の, 幼い時代, 幼な, 幼時の, 幾度も, 廿年来莫逆の, 強ひられた, 彼岸ザクラに対しては, 彼等について, 往きも, 往来は, 徐に立, 徒歩で, 御存じない, 忙しそう, 忽ち春めいた, 思ひませんですから, 思われない, 性が, 恋愛によって, 恭しく敬禮, 懇意な, 我々二人が, 或る, 指を, 提灯に, 故郷の, 敵の, 敵同士な, 敵同志だ, 文学上の, 方向の, 方面が, 既に顔馴染, 早稲田の, 映画館街を, 時々こう云いはっ, 晝の, 暗い路上, 暫く立ち止っ, 暮せない, 更に親しく, 書かぬ何故, 最後に, 最近ボオドレエルの, 朝の, 未だ一度, 未来の, 村まで, 村人の, 杖に, 東京の, 東京へ, 根本的に, 極く心安い, 極めて懇意, 横目で, 橋の, 機会を, 歌の, 正反対の, 此の, 死を, 段々両方, 段々疎遠, 毎夜毎夜まるで, 毎日草花を, 気持の, 気象の, 決して目的, 汽船の, 汽車を, 海図に, 海岸の, 清潔な, 満七年近く, 無二の, 無論度々秘密, 無関係な, 父に, 爽快に, 犬猿も, 狭い編集用, 生れから, 生垣を, 生涯付合っ, 画架を, 留守番を, 畠違いで, 異った, 異つて, 百二三十年の, 相談の, 相顧み, 知己でも, 秋が, 稍趣きを, 立止まり, 竝んで, 竹中を, 篠ノ井駅で, 結婚する, 縁も, 縁故の, 縁端に, 縁遠い, 繼しい, 肌合エへ, 肖て, 自分ながら, 自然に, 舊い, 船室で, 船尾窓から, 若き日, 茶のみ, 茶の間で, 荒地の, 荷風氏を, 薫さんを, 血を, 血縁が, 行きちがいで, 街へ, 街を, 褞袍に, 親しい知り合い, 親しくなる, 親戚の, 許婚の, 誘惑に, 誰かと, 調子が, 路傍で, 路傍に, 身分が, 身分違いで, 迭代に, 遊里の, 運を, 違います, 違いますもの, 違ったお, 違った人間, 違った意味, 違った空気, 違った考え, 違つた物體私の, 違ふ, 違ふつて, 邪魔者扱いに, 部屋には, 都会育ちの, 酒好きで, 重い思い, 重縁に, 長いこと手, 長い道連れ, 長く御, 長官を, 長年の, 長時間卓を, 長篠驛下車寒狹川に, 関係も, 隔ての, 雑木に, 霧の, 露知らずに, 非常な, 非常に, 顔を, 顔馴染である, 顔馴染の, 風致に, 食卓が, 飮みたくない, 首を, 馴染が, 駅に, 骨肉の, 高商校, 高等学校時代からの, 黒田侯に

▼ 私にとって~ (491, 0.2%)

6 一つの, 非常に 5 それは, 私の 3 これは, 今は, 何か, 初めての, 大切な

2 [19件] この上, それに, それ以上の, どこまでも, なんの, 一ヵ月と, 一日一日の, 大事な, 嬉しい事, 必要な, 最も興味, 望外の, 終生忘れる, 自分の, 親しいもの, 記念すべき, 非常な, 面白いもの, 音楽は

1 [416件] ああ大事, あたらしい発見, あながち比喩, あなたは, あまりにも, あまり嬉しい, あまり快く, あまり興味, ありがたいこと, ある快よい, あんな遊び, あんまり問題, いい薬, いかにも居心地, いかばかり感謝, いかばかり確実, いくつも, いくぶん魅力, いちばん大切な, いちばん本心からの, いつまでも, いつも完全, いまが, いろいろ楽しく, うしろを, おお無花果, かけがえの, きいたこと, きらいな, きわめて不満足, きわめて有益, けっして無用, こういうかた, このうえない, この世の中, この事, この八時間, この出現, この屏風祭, この有難い, こよなき歓楽, これから大いに面倒, これほどの, こんないい, こんなに美しく, さらにまた, すこぶる不得要領, せめて錦衣, そういうこと, そういう風, そこが, そのよう, それが, それほど興味, それ程大きく, たしかに驚異, ただの, ただひとり, ただ一つ確実, ただ人間, つまりこれ, つらい感じ, とくに困る, とても大きな, とても悲しい, どういうこと, どうしても願わしい, どうで, どうでも, どれほど, どれほどの, どれほど重大, どんなに切実, どんなに嬉しい, どんなに嬉しく, どんなに淋しい, どんなに致命的, どんなに辛い, どんなもの, なくては, なつかしかった, なんだろう, なんである, なんでこんなに名残り, なんともいえない, はじめて, はじめての, はっきりし, はつ耳です, ほとんど致命的, まことに光栄, まことに嬉しく, まことに松, まことに興味, また一貨物, まったくの, まるで無意味, むずかしくし, もっともっと苦痛, もっともふさ, もっとも望み, もっと遙, もっと面白く, もはや美術品, やがて水門, やはりこれからの, やむを得ないもの, よく思いたった, よろこばしい発見, よろこびであるとともに, れいの, イデオロギーの, エリザベートと, クリストフは, クレルヴァルと, ナオミは, ボオドレエルに, ロシアの, 一の, 一ドルは, 一人の, 一層の, 一層不可解, 一番こわい, 一番その, 一番切実な, 一番楽な, 一番苦しい, 一種の, 三味線と, 三浦の, 不便です, 不利と, 不利益かも, 不名誉の, 不幸であった, 不思議な, 不愉快だ, 世評は, 二千五百九十九年も, 二月ぶりであった, 二重三重の, 人を, 人生とは, 今日が, 仏像は, 仕合わせな, 何である, 何よりと, 何よりの, 何より怖, 何物でも, 何者だった, 何者であった, 余りに突発的, 価値が, 偉いダンテ, 健全な, 光栄の, 全くかかわり, 全く悲しい, 全く苦心, 全く誤謬, 全然他事, 其の, 内的に, 内面的に, 冷, 凡ての, 初めてな, 十二月一月二月ごろが, 十数年前米国シカゴの, 十日ほど, 十日分, 千万度繰り返す, 千葉先生は, 半信半疑の, 印象の, 原稿用紙は, 又新しく, 友を, 受信機購入など, 可憐に, 同じよう, 唯一の, 唯一無二の, 問題でなかった, 問題では, 問題は, 困難な, 地獄と, 夏が, 多彩なる, 夜は, 夢である, 大い, 大いに考えるべき, 大きな不利, 大きな問題, 大きな意味, 大きな感激, 大きな損害, 大へん, 大事の, 大変な, 大変まずい, 大変興味が, 大破綻, 大阪人とは, 女体の, 好ましくなく, 好都合だった, 姉の, 嬉しいこと, 学問らしい, 学生生活下宿生活の, 安易の, 完全な, 完全に, 実に内容, 実に意義, 実の, 実在する, 宮本百合子など, 家の, 家相という, 寝室の, 小説が, 小説や, 少くとも, 少しは, 少しも, 岩村田は, 希望も, 常に足りない, 幸いでした, 幸であった, 幸福な, 当然の, 彫刻において, 彼の, 彼らは, 彼女は, 彼等に, 復た, 心底からの, 忍びない, 忘られない, 忘れて, 忘れられない, 忘れられない町, 忘れ難い, 快適であり, 念持仏厨子の, 怠惰そのものが, 恋愛は, 恐るべきもの, 悪くない, 悲しいこと, 情けないもどかしい時間, 愉しい時代, 愉快であった, 愉快の, 意味深い, 意外であった, 愛欲からの, 感の, 感覚的に, 或る, 手に, 描かれなかった私, 救いだった, 救いであった, 敵よりも, 文学でしか, 文学を, 文芸の, 新しいもの, 昆虫類は, 明治大正の, 明瞭な, 智的生活よりも, 最もうれしい, 最もふさわしい, 最も光栄, 最も利益, 最も合点, 最も問題, 最も大切, 最も懐しい, 最も気, 最も痛切, 最初の, 最近の, 有利だ, 有利な, 期待し, 未知の, 本郷通りの, 果してどれ, 案外困難, 案外立派, 楽しいわけ, 楽しい月日, 楽園と, 正しいであろう, 此の, 此世界は, 死ぬ程, 死の, 死は, 母であり, 毒悪い, 毫も問題, 気に, 気質的に, 決して何, 決して厭わしい, 決定的に, 浅草は, 浦粕町は, 深刻な, 深刻を, 湊家小, 澄江は, 無くては, 無感覚な, 無量の, 特殊的な, 犯し難い, 珍しいと, 珍しい名誉, 珍しくうれしいもの, 現つ, 現実の, 環境である, 甚だ不愉快, 生みの, 生れて, 生来の, 生涯の, 生理的にも, 男性は, 異邦人, 痛切な, 目か, 目下流行の, 相当の, 真に現実, 眼あたらしく, 矢田津世子は, 私が, 私的の, 空虚な, 穿鑿する, 窺い知りがたい, 第一, 第一義的に, 第三区, 第二, 答えは, 範疇を, 終生忘れ得られぬ, 絶対の, 絶対不惑の, 縁なき, 縊死は, 自己の, 自殺の, 自然だ, 自然の, 自由である, 自由であるごとく, 興味を, 苦しい焔, 苦痛であり, 苦痛です, 苦痛でない, 苦難時代は, 薄暗かった, 蘆花は, 行きずりの, 行動こそが, 衣服の, 裸に, 見ず識ら, 見も, 見馴れないもの, 親しい名前, 解けない謎, 触覚は, 詩に, 詩は, 読手と, 誰でも, 謂わば, 貘よりも, 貴重な, 賛成すべき, 身を, 輾転反側の, 追い求むべきもの, 運命である, 酢豆腐である, 重大な, 重大問題たる, 重要な, 金科玉条であり, 鎌倉と, 随分馴染, 非常な憧れだった, 面白かった, 頂門の, 頗るうれしい, 頗る意外, 驚くべきこと

▼ 私にとっては~ (465, 0.1%)

5 非常に 4 それは 3 一つの, 自分の

2 [16件] これは, それらの, 他の, 全くの, 初めてであった, 大切な, 大打撃, 彼女の, 忘れること, 思い出の, 生れつきの, 生れて, 生涯の, 百万の, 私自身よりも, 非常な

1 [418件] あの日, あの柔かい, あまりに複雑, あまり愉快, いい見せしめ, いずれも, いつもここ, いまは, いろいろと, いろいろな, かえってひどく, かえって便利, かかる気, かけがえの, かけ換え, かなり煩わしい, かなり長い, こういう大陸, こうする, この上, この久左衛門, この女, この学校, この控室, この村, この父, この短き, これか, こんなチャンス, こんな問題, ご主人様, しばしば困難, じつに思い出, じつは歩い, すでに得恋, すなわち精神, すべてが, すべての, そうした恩, そうして持っ, そうだ, そう退屈, そのこと, そのよう, そのマッチ, その人, その影響, その村, その終日日, その行為, その間に, その離縁, それが, それだけでも, それだけの, それを, そんなつまらない, たいへんな, ただなつかしい, ただの, たとえ一瞬間, たまに軽い, たまらないこと, たやすいこと, ちっとも有り, ちょうどいい, でき悪い, とても心迷い, とても素晴らしい, どうしてもこれ, どうでも, どう考え, どっちみち同じ, どれよりも, どんなに淋しい, ないも, なお有難い, なお結構, なお面白い, なかなかの, なくては, なつかしい現実, はじめての, はじめて見た, ひどく不便, ほとんどはじめての, ほんとは, まことに意味, また一, まだ人間, まったくありふれた, まったくどっち, まったくなんという, まったくの, まったく雷, まの, みよ子の, むつかしい訳, もう決して愚か, もう過去, もう雪国, もしもそれ, もちろんとても重要, もはや今それ, やっぱりいとしく, やっぱり広い, やはりおもしろく, ようやく明らか, カケガエの, カルメンさんの, スパイを, タッタ一人の, テオドル・リップスの, ファーラーくらいの, マリアの, 一つな, 一カタマリの, 一人の, 一夜に, 一層なつかしい, 一層よい, 一層貴く, 一方を, 一日中の, 一生懸命であった, 一生涯の, 一番わるい, 一筋の, 一見の, 一飛躍だ, 万事万端浮世の, 万病の, 三十八度から, 上海香港シンガポールと, 不可抗力で, 不可能である, 不愉快な, 不満であった, 主な, 九州が, 予期し, 予知しよう, 事業が, 二重に, 五十年いや, 亡夫に, 人間に, 今もっ, 今度が, 今日は, 他人の, 休養な, 何か, 何となく不安, 何の, 何よりも, 何んの, 何事でも, 余り貴重, 借家の, 偶に, 兄さんが, 先ず何, 先ず絶望, 光明だの, 全く一生, 全く何物, 全く初耳, 全く夢にも考えない, 全く夢想, 全く意外, 全く珍奇, 全く耳新しかっ, 全然わからない, 全然未知, 全然面白く, 内省的な, 凡そ意味, 切なる, 切実な, 切腹の, 初めての, 初めて経験, 初旅, 初物だ, 別に美, 刻々が, 前より, 力だった, 力強い発見, 動かすこと, 北米インディアンが, 却って厄介, 却って我々親子, 却って楽, 却って気の毒, 厳粛なる, 去る, 友人の, 友人達の, 取り分けて, 古い馴染, 古語は, 可なり, 同じこと, 同時に真理, 同期生の, 同胞親同様一人ほか居ない, 名歌, 名誉と, 君である, 命の, 唯一の, 唯一無二の, 商売の, 問題では, 善いもの, 善い餞別, 四十年前の, 困難な, 国の, 多大な, 夢と, 夢を, 大きな事柄, 大きな喜び, 大して魅力, 大そう, 大事な, 大事件, 大体において, 大先輩, 大変好い, 大金な, 天井を, 太陽の, 奇怪な, 奇怪至極な, 好ましくない, 如何に, 嫂にあたる, 学科は, 実におそろしい, 実に一つ一つ, 実に事件, 宮本の, 容易な, 宿命的な, 寧ろ彼女, 対象の, 専門外の, 尊いありがたい落語家稼業, 尊い師, 尊敬すべき, 小さな愛すべき, 小さな発見, 小鳥は, 少しの, 尚一そう仕合わせ, 巨大な光り, 常に陳腐, 幸せであった, 幸福な, 幸運な, 弟さんに対する, 当時役所から, 彼らが, 彼女は, 彼女等は, 心の, 忘れがたい, 忘れられない池, 忘れる事, 忘れ得ない感傷, 忘れ難い, 忘却の, 忙しいの, 念仏を, 怖るべき, 思いがけない世界, 思いがけない人, 思いも, 恋なぞ, 恐しい, 恐ろしい径路, 意外な, 感覚的です, 懐しいもの, 手がかりが, 救いであった, 文芸という, 斯様な, 新しい区域, 新しい身, 新奇な, 旅行という, 日本ほど, 昔の, 昔馴染の, 普遍的存在と, 暑くとも, 最もすっきりした, 最も人間的, 最も魅力, 最初から, 最初の, 最早文学, 有能な, 本の, 本当にいい, 東京の, 架空の, 極力排斥, 極抽象的, 極端まで, 楽しい思出, 楽しい記憶, 様々の, 歴史と, 歴史の, 死ぬほどの, 殆ん, 殊にそうである, 母は, 決してもう他人, 決して名誉, 決して有, 決して無駄, 決して詰らぬ, 汽車汽船よりも, 泥土の, 浮雲の, 淋しいつまらないもの, 無関心, 父と, 父の, 父は, 牢屋の, 犯すべからざる避難所, 珪次の, 現在の, 現実の, 現実を, 甚だ窮屈, 生きるか, 生は, 産まれて, 男冥利一つ立派に, 画室は, 異常な, 皆目新しく, 真偽の, 真剣な, 睡る方, 短所弱点であり, 私が, 私の, 私自身と, 私自身の, 秘密な, 種々生涯, 笑うべき事, 第二, 第二次的, 精一杯である, 経営的に, 絶大の, 絶対である, 絶対に, 絶望の, 罪な, 聖い, 胸に, 腹一杯食べず, 自己克服の, 自然の, 自由の, 興味と, 興味も, 若い異性, 苦手の, 苦痛である, 血の, 西鶴は, 見合いも, 誠に幸福, 誠に都合, 買って, 辛いとも, 遊戯と, 運命の, 過ぎて, 過分の, 過去が, 過去よりも, 違って, 遺憾です, 都合が, 酒と, 重くるしい場所, 重大な, 金で, 金に, 鈴木松年先生は, 長い間, 長距離の, 閣下の, 陰欝な, 雷撃にも, 音楽的価値以外の, 頭の, 頭痛の, 題名は, 香馥郁たる, 馬鹿馬鹿しい事, 驚くべきこと, 驚くほどの, 魚肉や

▼ 私としては~ (462, 0.1%)

7 自分の 4 出来るだけの 3 彼の

2 [15件] あなたが, あなたの, この二つ, この作者, この山, この飛行島, これで, それを, むしろ, マー私の, 一種の, 兄の, 当然の, 相当に, 非常に

1 [418件] あなたから, あなたに, あの場合, あの性格, あまり仕事, あまり好ましい, ある時, あんまり公表, いいたいの, いい雨, いかなる屈辱, いつもなに, いづれにも, いひきれない, いま遺憾この上ない, うちに, うまい句, うまくしのぎました, うれしいの, お宅, お安い, お察し, お礼心に, お義兄さん, お話し致さなく, かうした失敗, かなり有効, かなり苦心, きわめて当然な, こういうこと, こういう出勤, こういう性格, こういう時機, ここに, このう, このほか, このまま, このやり方以外, この上, この人, この儘, この巻, この提唱, この海底, この父, この興味, この詩集, これから本当, これが, これに, これは, これまでと, これまでの, これら過去は, これを, これ以上穏やかな, こんなに残念, こんな時, こんな矛盾, さう, すこしは, すっかりこの, すでに十数年来, ずいぶん無理, せいぜい古い, そういう一通り, そういう全, そうはいっ, そう云われる, そして又, そのお, そのどちら, その一つ, その一郎, その二つ, その妾, その後の, その心, その防止, それが, それでは何やら少し, それでは安易, それでも荷物, それに, それは, それより, それよりも, そんなこと以外, そんな問題, そんな場合, そんな心持ち, そんな有りっこ無い, そんな祈願, た, たいへん心ぐる, たださえ, ただその, ただそれ位, ただ今は, ただ眼, たとい生き得られなく, だれに, どうしてあげ, どうしてもそうせざる, どうしても納得, どうしても芸術上, どうにも仕様, どこまでも, どんな邪魔, なんとか彼, なんとし, はずかしい位, ほったらかして, ほつたらかして, ほんとうに, まあ満点, まことに淋しい, また寺, まだも, まだ聞き逃がす, まったく理解, まったく突如に, まづ, まとまること, みなさんに, むしろかかる, むしろ急速, むしろ校風刷新, むしろ殺された, めづらしい, めづらしいなご, めづらしく, めづらしく二日酔気分, もう何, もう少し続けたく, もしこの, もっとこの, もはや主人, やっぱり少しは, やはりあなた, やはり感じる, よくつとめ, よしんば夫, わが社現在, コンクリートで, ジェヴォンス氏の, デカルトに, トキエと, モウ少し間の, 一切を, 一刻も, 一方大変安心, 一時も, 一生忘れられない, 三八九を, 不安です, 不本意, 不躾と, 主を, 事件の, 云いたいところ, 云いつくせないこと, 今すぐ, 今の, 今は, 今年最初の, 今更親元, 仕事総体について, 仕方が, 他で, 他所行, 伝記の, 何も, 何よりも, 何を, 何んとも, 何処までも, 余りに喜ばしい, 作の, 供養を, 保子さんとも, 倉光さんから, 個々の, 個人としての, 借金し, 兄弟の, 全く新奇, 全力を, 全然そう言った, 全然嘘, 其同じ, 其当時が, 其那ことで, 内心多大の, 冷静に, 出来ませんが, 出来る丈, 出来得るかぎり, 別に, 別にきまり, 別にそんな, 別にむずかしい, 別に仮面, 別段後悔, 到底そんな, 前句, 割合に, 勿論家事, 単に人, 収穫時を, 古い文句, 只当時, 右の, 同棲は, 呼び捨てには, 問題では, 喜怒哀楽を, 国民軍の, 国語教育乃至, 土地解放に, 執筆日付の, 堪え難いこと, 多少の, 大いに歓迎, 大いに火, 大しため, 大変あとの, 大変珍しい, 大審院の, 大阪の, 天狗さんの, 失恋では, 如何んとも, 姉が, 子供達と, 存在しない, 安心な, 実に久方ぶり, 実に多く, 実子と, 家ひとつない, 家内から, 小笠原渡航以来十三年ぶりの, 少くとも, 少し新しい, 少なからぬ, 尾沢氏の, 山を, 布類の, 常に黙殺, 年から, 幾分の, 底を, 弱点と, 当面の, 彼等と, 往時を, 従つて改めて, 従来の, 得意と, 得難い経験, 御恩, 御息所の, 心からの, 心平さんの, 忘られない, 思ったの, 思ひがけ, 思ふだに, 恥ざらしだ, 恨めしいこと, 悔しくて, 悩みましたけれど, 悲しくなる, 悲しゅうございます, 愈々やれる, 愛惜措く能わざる, 感じられあの, 感覚や, 憲兵隊へ, 手記に, 抒情怪奇趣味は, 折も, 折角話した, 捨てなければ, 故人の, 教場ですべき, 文筆一路の, 新しい境遇, 新体詩様式を, 既に瀬戸, 日常平素諸君から, 日本民族の, 早く天王寺西門, 是で, 曾て, 最も悪い, 最大に, 最後であった, 最後の, 有難迷惑だ, 望ましい破門, 望ましくない, 朝寝だ, 本年はじめて, 本当だ, 本当に不便, 本当の, 村長さんが, 東京に, 東洋美術史研究の, 極く, 歓びこの, 正妻の, 正確であろう, 武蔵下野常陸安房上総と, 毎月二百円位の, 気がるに, 気重な, 氷一面の, 決して大き, 泣きの, 泰平無事な, 深いよろこびです, 満点に, 滞在しすぎました, 滿足である, 漱石氏の, 瀧子さんには, 無論一切, 特にこの, 特に私, 珍しい表現, 珍しくいささか, 珍しく強気, 珍しく長広舌, 現実的な, 甚だ遺憾, 生れて, 申しかねますので, 疚しくない, 病気の, 病痾礼讃物みな我れ, 痛みが, 痛切な, 白日の, 目下考慮中です, 相当だつた, 相当の, 相続しなけれ, 真剣だった, 神の, 神近さんとも, 神道の, 禁酒に, 禅の, 私が, 私の, 私は, 程よく自分, 空からの, 糞づまりを垂れ流した, 素直な, 素直に, 考え得べからざる事実, 聖書に, 胆に, 脱線だ, 自分たちの, 自分を, 自分個人としての, 自分自身へ, 自然な, 自由に, 興味も, 良心を, 若い美しい母, 苦しかった, 英子や, 荼毘に, 落ちついた丁寧, 葡萄二房三房あげた, 薬を, 行くところ, 行って, 行乞が, 見て, 言い兼ねも, 記念の, 記念的な, 証拠申請を, 誠に御, 誠に相, 諸新聞, 謂わば, 警戒は, 貧乏は, 賑やかな, 贅沢に, 赤誠を以て, 農村を, 逃げるという, 過分な, 選びたいの, 酔って, 重大です, 金が, 長い手紙, 長い滞在, 長篇に, 閉口です, 随分後, 面白い本, 飲み過ぎた祟りであり田舎, 餅の, 養家の, 黙って, 黙つて

▼ 私だって~ (449, 0.1%)

6 何も 5 知って 4 それは 3 自分の, 貴女が

2 [18件] あなたが, あなたに, あなたの, あの人, あの方, いつまでも, これで, そうだった, そうです, たまには, どんなにか, 人並みに, 同じこと, 困って, 思って, 無理に, 男だ, 黙って

1 [392件] ああな, あなたを, あの前検事殿, あの女, あの時, あの男, あの赤, あれに, あんなこと, あんなところ, あゝし, いい加減不愉快, いうこと, いずれ家探し, いつかは, いつ出されるか, いのちを, いらしたからには, うれしく思います, おとよ, お久米, お前が, お前の, お名残り, お増, お父さんのと, お金の, かわいいと, かわいがってよ, きっとひどい, きっと外国, きょうという, きらいな, こういう私, こうしてい, こうしてお世話, こうしてローザルクセンブルグ, こうして氷嚢, こうして理詰め, こうなったら, このくらい, このころ, このとおり哀悼, この世の, この子どもたち, この通り背, これぐらいの, これまで, こんなに心配, こんなに苦しん, こんな事, こんな物, さうだ, したくは, じっとし, すぐその, すこしは, ずいぶんちがう, そうでした, そうなっ, そう人々, そう外部, そう思いました, そう暢気, そう気長, そう馬鹿, そのくらい, そのつもり, そのとおり, その人たち, その位, その場, その気持, そりゃあ辛い, そりゃ気, それだけあれ, それほどの, それほど分っ, それを, それ位の, そんなに踏みつけ, そんな出勤, そんな嘘, そんな気持, そんな白痴, ただぶらぶら, ただよく, ただ月給九十円, たとえお, だれにも, ちっともこの, ちゃんと知ってる, ちょっとぐあいが, ちょっとも, ちょっと信じる, つき合って, つけなくっ, つまらない時, つり込まれて, とうの, どうした, どうしても置い, どんなこと, ないたサ, なにも, なんとかかん, なんにももの, ひどめ目, ほんとうに, ほんとうは, まさかこれ, まさか馬方, まだそんな, まだよぼよぼの, まだ少年, まだ満更捨てた, まだ若い, まるくおさまったら, まるで夢, みんな人間です, むっとした, もういつ, もうちっと金, もう三四年, もう十羽, もう彼, もう物, もし雀, もちろん万全, もっと強情っぱり, もっと行く, もとより卑俗, やっぱりせめて一二度, やっぱり一時, やっぱり同じ, やっぱり嫌, よく返事, よく顔, よそに, よろこんで, アナタが, アントワープに, イじゃ, イヤな, イワシよりも, ガッカリしちゃう, キザッぽく, ナイロンの, ハムレットの, パンスケなんか, パンパンでなけれ, ヤケ酒が, ヤーフは, ロマンチストな, ヴァイオリンは, 一人前の, 一家の, 一日あなたを, 丈夫なら, 三十六に, 不動様を, 不良叔父さまも, 世間並みに, 主人の, 九死一生な, 争いたくは, 二十八の, 云うん, 云う気, 五つ六つの, 人から, 人に, 人足ぐらいの, 人間だ, 今ここに, 今しがたあなたの, 今では, 今にどうなる, 今までの, 今一寸前, 今年二十五に, 今年六十七です, 他人から, 伊東七十郎です, 会社に, 何だかはじめて会った, 何ん, 余所へ, 信心を, 偉くなる, 偶には, 儲けること, 先刻の, 先生唐縮緬と, 兎に, 党員かも, 冷淡な, 冷静に, 出来ないはず, 切りだした以上, 初めは, 別にその, 別に親しい, 前川さんに, 勇者でも, 友吉っ, 叔父さんに, 口惜いと, 可い, 同じです, 同じ事, 同じ年, 名ぐらいは, 商売は, 喰うや, 嘗つては, 困るわ, 地震が, 変な, 多少の, 夜おそく, 夜も, 大嫌いだ, 大抵の, 天才位は, 夫に, 女の, 女優だ, 女学校を, 女房であった, 好い心持, 好きに, 姉さんの, 姐さんだって, 嫌だ, 嬉しいよ, 子供じゃ, 学業と, 安治川の, 実際生, 宮様だって, 寝ざめ, 察して, 小野君の, 少々は, 少しは, 少し迷惑, 帰したくなかったん, 幸福は, 幾らか気, 幾度も, 店に, 弱い人間, 強いて, 役者位やれます, 彼の, 彼様な, 御前たちを, 御相手は, 御金, 心から子供, 心得て, 必要よ, 忙が, 快くねえ, 快楽に, 怒るの, 怖いや, 怖しゅう, 思わないじゃ, 恐いじゃ, 情熱が, 惚れぼれするくらい, 意味の, 愚痴なんか, 感情だけで, 慾張り娘みたいで, 成ろうと, 採れるよう, 放しに, 故ない, 散々中井に, 敷島は, 斬られめ, 明日死ぬ, 昔は, 普通の, 書いて, 本当に困る, 本当は好き, 機械じゃ, 欠点の, 歩いて, 殺して, 母様の, 毎日店へは, 気が, 気味が悪い, 気味が悪かった, 気持に, 決して全部, 決して決してで, 泥坊に, 洒落や, 浴衣に, 海へ, 滅茶滅茶に, 無い事, 無理にとは, 物は, 生きてる方, 生まれた時, 生れた時, 用事が, 田舎へ, 疎開を, 疲れてるじゃ, 癪に, 皆に, 皮肉や, 相当苦労を, 真実の, 真面目よ, 矜り, 知ってるわ, 知ってるわよ, 知りたかったん, 祖父さまの, 私の, 私はね, 立派に, 竹割り小, 笑わせられる, 素は, 素人探偵位は, 絞る仕事, 縁日の, 縋りつくであろう, 考えて, 考えまさね, 肉体の, 腹が, 腹も, 自分なりの, 自家が, 船は, 色々言いたい, 若い, 若い身, 苦しいん, 苦労しつづけた, 薬を, 行かないわ, 行きたいこと, 行けないこと, 西班牙へ, 見たいわ, 親から, 親や, 親類も, 言うん, 言わぬと, 訳なく, 詩集は, 諸君と, 負けないで, 貧しい人, 貧乏だ, 貧乏は, 責任は, 貴女みたいに, 貴方が, 身を, 近い内, 近頃まで, 逢いたいわ, 逢いたくってよ, 遊んで, 遠慮を, 重々お, 重々承知し, 金さえ, 随い, 随分そういう, 隣家の, 靴縫う, 頼まれる程, 馬鹿は, 駭然と, 驚かない, 髪の, 黒猫の

▼ 私より~ (441, 0.1%)

25 先に 8 他に, 外に 6 一つ年上の 5 少し年上 4 以上に 3 三つ年上の, 年上で, 年上の, 遥に

2 [26件] かなり年上, すこし年上, ズーッと, 一つだけ, 一ま, 一日早く, 一月程, 一級下の, 三つも, 三つ上の, 二つか, 二つ三つ年上らしい, 二つ下の, 二つ年上の, 先き, 十二も, 四つ五つ年上で, 外には, 大いに立派, 完全であり得る, 巧者に, 確かに, 私の, 背の, 遙かに, 遥かに

1 [321件] あとから, あとに, あなたの, あなたは, いずれも, うまいらしい, えらいです, お前さんの, お太陽さん, お悉, お母様が, かお前さんの, かなり高い, くわしいん, さきに, さきへ, さらに一寸, しっかりしてる, ずっとうわ, ずっとすぐれた, ずっとすぐれてる, ずっとよい, ずっとよくご存じ, ずっと下, ずっと学問, ずっと年上, ずっと絵, ずッ, たつた一つ年下, だいぶ上手, つまらぬ人間, つよく正直, どこか, はかない恋, はっきりし, はるかに, ひと時代前, ほかには, ほんの頭, ましな, まだ元気, みんなずっと, むしろその, むしろ妻, もっともっとなん, もっと多く, もっと多分, もっと急い, もっと悪い, もっと立派, もっと綺麗, もっと興味, もっと苦しい, よくご, よく知つて, よっぽど病人, ズーット大きい, ズートお召の, ハそハわ, ハ書状ハ御国ヘハ出し不, 一つか, 一つ上でした, 一つ二つ年上だつた, 一つ二つ年上であった, 一つ二つ年上の, 一つ二つ齢上の, 一つ妹です, 一つ年上な, 一つ年下の, 一まわり以上年上の, 一ツ上の, 一ヶ月おくれ, 一二年前に, 一二月前に, 一尺でも, 一層この, 一年あとの, 一年ばかり, 一年上の, 一年上級で, 一年上級生だった, 一日先に, 一時間位早い, 一歩上だった, 一級の, 一級上であった, 一級上橘ヤスノさんが, 一級下に, 一級下テナーの, 一船後で, 一足さきに, 一足先に, 一足前に, 一足遅れ, 七つ年長の, 丈夫だ, 三つぐらい, 三つほど, 三つ上です, 三つ四つ年上の, 三つ四つ年長者の, 三つ年上染子という, 三つ年下の, 三つ年少です, 三ツ年上の, 三四十分も, 三四年早かっ, 三四歳ないし, 三日ほど, 上手で, 上手な, 下であった, 世間を, 二つばかり, 二つも, 二つ三つ多い, 二つ三つ年下の, 二つ上の, 二つ下な, 二つ年上だった, 二つ年上だつた, 二つ年上で, 二つ年上であった, 二つ年上な, 二つ年下で, 二つ年下の, 二ツか, 二ツ三ツ年上で, 二ツ三ツ年長の, 二ツ年上です, 二ツ年齢上の, 二側ばかり, 二十何年か, 二十歳は, 二十歳近く年上でした, 二寸位背の, 二年も, 二年前に, 二年前の, 二歳下の, 二歳年長三番目一人を, 二級上に, 二級上の, 五つも, 五ツ六ツ年上の, 五六歩あとにな, 五六間先き, 五寸も, 他には, 他の, 以上の, 以下の, 以前に, 以前果して, 余程若年, 余計読, 倍以上気楽です, 偉い, 偉いには, 偉いよう, 偉い証拠, 偉くも, 偉大な, 兄さんお, 兄さんの, 先にと, 先には, 先を, 先立ったこと, 八つばかりも, 六つ年長の, 六ツほど, 分るもの, 判然と, 別に, 前から, 前に, 前の, 勇敢だ, 十ばかり, 十も, 十一年上であっ, 十一才上だった, 十三四歳も, 十下の, 十二歳上の, 十五歳上嫂は, 十以上も, 十倍強い, 十六七年の, 十分の御礼を, 十年ほど, 十年もの, 収入の, 古い人たち, 善人です, 器用であろう, 器用な, 四つぐらい, 四つ五つ年下の, 四つ五つ歳下抱い, 四つ年下である, 四五歳年上で, 四五歳年上であった, 四年先輩に, 壁の, 夏の, 外は, 外世の, 多いが, 大してまし, 女房の, 好い, 好きな, 如何なれ, 妹の, 婆さんの, 字も, 宜敷御礼申上候, 小さな妹, 少々粂之助, 少しでも, 少し上, 少し早く, 少し遲, 年だけは, 年とってる, 年は, 年上である, 年上としても, 年上に, 年下の, 年少の, 年少顳, 年長で, 年長でした, 幾つか, 弱かった, 強い, 強いの, 強い決心, 強かった, 彼へ, 後の, 後れて, 後藤の, 怜悧な, 性について, 手が, 技量の, 敏捷でした, 旨くて, 早いもの, 早く夜, 早く巴里, 早く歩い, 早く病院, 早く走る, 早馬を, 更に新, 朗読いたします, 東京弁が, 横着な, 歳が, 殿様は, 民弥さんの, 気の毒な, 気象鋭く, 泰さんに, 浦子さんが, 父上よりも, 玄人だ, 甘いです, 申さむ, 申上候義理情実能御, 百倍も, 目が, 知識が, 確かな, 神様の, 秀才らしい, 稚い芸能人, 純潔です, 綺麗だ, 美しい凡て, 美しかった, 背丈は, 脊が, 腕力が, 自由だ, 良い女, 良くも, 若いくらいの, 若いだけに, 若く強い, 若そう, 藤屋の, 表は, 親しくし, 解答の, 詳しく知っ, 豊吉の, 豐吉の, 貴方は, 賢明だ, 身なりの, 迅く, 造物主の, 造詣が, 遅かった, 遅く寝る, 遅れ私, 金少々, 長年樺太で, 阿母, 離れて, 非常に, 願ふこ, 餘程前で, 首一つだけ, 髪の毛を

▼ 私~ (441, 0.1%)

6 はこの 5 のよう, はそれ 4 の考え, はその 3 です, の仲間, の幸福, の戀人, の方, の生命, は私ら

2 [25件] に何, の, のところ, の出る, の前, の周囲, の場合, の子供, の教室, の生活, の皮膚, の胸, の遊ぶ, は, はこれ, はただ, はみんな, はシムプル, は二人, は全体いま, は別れました, は思っ, は森, は芝居, もその

1 [346件] あ手の平, からの便り, から打ち眺める, から見れ, がある, がいつ, がした, がどんな, がカマチ, がジタバタ, が一たび四辺, が人生, が仕事, が何, が何で, が初めて, が判斷, が動き出す, が及ぶ, が四分, が型, が売女, が婦人科, が学校, が宇治, が少年, が居た, が恋, が息, が意見, が料理屋, が日曜, が浅草, が渓, が生まれ, が生活, が田舎, が田舎者, が留守, が知らない, が私情, が穴, が結婚, が考へる, が自己, が行く, が被, が西洋犬, が見れ, が賃銀値下げ, じゃア, そんなもの, だねえ, である, ではございません, では到底, でも三十五六度, としては院, としてもそう, とともに悩ましき, との分岐点, と同じ, と同じく, と同流, と姉, と無関係, と話さなくなった, など何, に, にとっては樹木, にとって大きな, にどうして, にどうしても, になく, にはあれ, にはちょっと, にはできません, にはとても, にはどんな, にはまだ, にはよく, には一向, には一生, には何, には分らない, には快楽, には感じられる, には指, には聞き取れなかった, には自分, には見当, にひどく, にも想像, にも積極的, にも身イ, に告げる, に対しては何んらそれ以上, に対して望む, に対するし, に心当り, に手伝う, に最も, に比べ, に決められない, に空, に自慢, に貸し, に食事, のある, のうちひとり, のお宮, のここ, のさざめき, のしばしば, のそこ, のそば, のそれ, のま, のもみくちゃ, のやう, の不幸, の主, の享, の今, の信仰, の個性, の全身, の内部生活, の功業, の午後, の即時断行説, の右, の地区, の声, の夢, の室, の家, の小, の幼年時代, の形而上学的欲求, の復興, の心, の思索, の怠慢, の悪童, の愛, の放つまじき, の放擲, の時代, の書生, の最後, の案じなけれ, の生, の生まれた, の生まれながら, の目前, の真意, の知っ, の知らぬ, の立会い, の算盤, の考, の耳, の腑, の舟, の苦痛, の荷物, の見る, の計画通り, の賭場, の足音, の身の上, の近く, の遠い, の部屋, の頭, の風体, の魂, の魚鋏, はいかばかり, はいったい, はいつ, はいつも, はお客さん次第, はかく, はかまわん, はきかない, はここ, はしばらく, はそいつら, はそこ, はその間, はたたずむ, はちやうどこ, はとうとう, はどう, はなるべく, はなんとか, はひとで, はひらり, はほんとう, はまず, はまた, はみずから気, はもう, はもっと, はろうそく, はわづか, はダメ, はナイーブ, はフィジカル, はヤボ, は一台, は与, は世界, は二たび逢, は二個, は二百數十年前, は互いに, は五人きょうだい, は交際, は亭主, は今夜, は他, は何, は何ゆえ, は再び, は初め, は初めて, は別れる, は別離, は勝手, は卒業後, は厚く, は同じ, は吾妻橋, は哲学, は坂, は外, は大いに, は大阪市, は奥様, は婆さん, は存じます, は孤独, は実際, は屋敷跡, は庄左衞門, は弥, は当分放擲, は役者道, は心, は忘れる, は恋愛, は患者, は悪戦苦闘, は愛する, は感服, は我慢, は拍手喝采, は旅, は日本農民組合, は星野仙一氏方, は暑い, は本木一家, は村, は東京, は死線, は毎朝一緒, は永遠, は浪花節, は涙, は熱灰, は熱烈, は父, は片手, は物, は狐, は目, は祖父, は神, は窓, は立ちつくす, は立っ, は第, は粛々, は純, は綿貫, は考え, は若い, は行く, は行列, は見た, は認識, は調べられなかった, は貧し, は赤毛布, は軽々しく, は迷っ, は進化論, は那智山, は間接行動, は隅, は静か, は顧み, は食った食った, は飢える, は驚い, は黒土, もお前さま, もこれから, もつい, もひそみ居候事ニ候間, ももう, もカツ, も共々, も十分, も商売, も心中者, も樂すぎ, も田舎, も茶, も連作, も馬喰町, よりもよほど, より一倍, より十五分, をつつむ, をとり捲い, をにらん, を可愛, を圧迫, を大きに, を教訓, を相手, を知っ, を窺っ, を自分, を迎え, を頑固, を養う, を馬鹿, 呑ん平に, 恨んで, 知らんね, 若い者

▼ 私~ (374, 0.1%)

309 ということ 5 つて 4 が, つたから, つてあの, つてこんな, と思っ 3 という, というの, とて人間, とて孫, とて行きたい

2 [26件] から, から無論, から自分, が私, つた, つていつまでも, つてお, つてどんな, つてまだ, つてわけの, つて下手です, つて今度は, つて同じ, つて好い, つて御, つて挨拶を, つて本, つて知つてゐます, つて能く, つて若い, つて言ひます, と思つて, ね, もの, わ, ッて

1 [243件] うまくいひぬけた, おまえを, からお前さん, からこそこれ, からこの, からすぐ, からそれ, からと言っ, からどうしても, からもう, からもつ, から三杯機嫌, から今日, から仕方, から何うに, から何とも, から何事, から出来た, から多少, から失礼, から度胸, から当分, から思ふ, から拠どころ, から時計, から直ぐ, から私, か分らない, があなたたち, がいくら, がいつのまにか, がいまや, がこう, がさて, がそして, がその, がとりわけ, がなにか, がをと, が仕方, が俳句, が入園後, が前, が本心, が殺した, が疵, けどすえ, けど葬式, けれど, けれどうるささ, けれども心, けれども精巧さ, けれどやっぱり, けれど一生あなた, けれど姉, これが, さつ, だが一人, ちと医者, ちの心にまで, ちの心もちをも, ちの手伝を, ちの町の, ちの返事が, ちの間に, つたかも, つたさ, つたそして, つたで, つたのだ, つたのです, つたのに, つた愚かな, つた明日の, つた浮草の, つてああ, つてあなたが, つてあなたより, つてあんな, つていくらでも, つてうつ, つてかうし, つてこの, つてこれ当世の, つてさつきこ, つてその, つてそんな, つてた, つてたまには, つてちやんと, つてちよつと, つてどこへ, つてどちらかと, つてひどく, つてびりつこ, つてもう, つてもネ, つて一軒の, つて人の, つて人間だ, つて人間です, つて今が, つて今千代子が, つて今彼女が, つて今日まで, つて今日此頃外へ, つて今更, つて仲, つて何も, つて何時までも, つて作歌の, つて兄さんと, つて其様な, つて其樣に, つて出した, つて初, つて加野さんつて馬鹿な, つて叔父さんに, つて咳嗽で, つて困, つて大人な, つて大刀を, つて夫を, つて女郎の, つて孫の, つて左うです, つて年に, つて幾月も, つて当時は, つて心配が, つて怒る, つて惚, つて愛する, つて感情の, つて承知し, つて採れる, つて提棒, つて斯う, つて日本語だけで, つて旦那が, つて明日も, つて時々, つて書けやしない, つて歌は, つて死にたい, つて湯豆府を, つて無責任の, つて用足しに, つて男だらう, つて百圓の, つて知つてゐる, つて知らず識らず, つて神信心しない, つて私の, つて絵は, つて自分の, つて蝋燭の, つて親に, つて解つ, つて誰よりも, つて負, つて貴方が, つて赤ん, つて赤児の, つて道時の, つて道理は, つて金属で, つて隨分辛らいんです, つて非常に, つて順序を, つて馬鹿は, つて駄目なこつた, といい当てる, というふう, という事, という見境, といえ, とお, とおわ, ところで, とすれ, とて, とてあんな, とてうら若い, とてこんな, とてその, とてぢ, とてもあの, とても米代, とてよく, とて始め, とて年効, とて往來, とて往来, とて徃來, とて必ずしも, とて木石, とて病人, とはお, とは感じない, とは解らぬらしく, と一緒, と云う, と云っ, と仰有る, と信じないだろう, と信じられた, と先方, と分る, と判る, と名乗つて, と思う, と思うだろう, と思ひます, と思われた, と思われました, と気, と気がつく, と知つて, と考へ, と言う, と言わない, と認めた, と驚い, なんて, のに海, まことに恥づかしい, また胃袋, もの恋を, よ今年, よ兄, よ私, よ親分, ん, 何といふ, 何となく身心, 刑吏, 山頭火は, 榊だ, 目が, 私は, 立田だ, 素より生き

▼ 私との~ (358, 0.1%)

36 間に 21 間には 11 間の 8 関係を 6 約束を 5 間を 4 関係は 3 三人が, 中を, 交際の, 交際は, 年齡の, 最後の, 間は

2 [30件] あいだに, あいだの, ことを, ために, ほか知らない, イキサツの, 三人で, 三人は, 不和が, 交渉は, 仲が, 十年の, 四人, 心の, 惨めに, 手紙の, 此の, 永久の, 生活を, 結婚の, 親交は, 話は, 距離を, 運命が, 運命を, 間が, 間も, 関係が, 関係がのみ, 関係などより

1 [186件] あいだずくの, あいだには, あいびき, あひ, いきさつに, お約束, けじめくらいは, こうなった, こといつまで, ことで, ことなんか, ことについて, ことは, こと御存じない, ための, つき合いは, つづきがら, なした行為及高町, ふれあひから生まれたの, ほかに, まん中に, ツキアイと, ツナガリに, ドイツ語の, ランデブーを, 一夜の, 三人きり, 三人きりであった, 三人である, 三名のみ, 三年越しの, 上に, 不運な, 両人限りで, 中に, 中は, 中垣に, 中間には, 事々の, 事ども, 事に, 事について, 事は, 二人きり, 二人きりであった, 二人きりです, 二人ぎりであった, 二人とによって, 二人の, 二人は, 二人を, 五人が, 五人を, 交友の, 交友は, 交渉も, 交遊については, 交遊は, 交際に, 交際には, 交際を, 今後の, 仲は, 仲も, 仲割い, 仲感づいてた, 会見が, 共同生活の, 出会いの, 初めての, 別れか, 利害に, 区別なんか, 友情に, 友情も, 合作です, 商取引が, 問答, 問題として, 喧嘩が, 噂に, 四人です, 場合ちっとも, 場合は, 変化は, 奇妙な近づき, 妙な, 婚約を, 実に充実, 家が, 家庭生活の, 対座を, 対抗上毎日缺かさず, 対談に, 座談会が, 彼女の, 往来は, 御膳を, 心と, 心持の, 忙しい生活, 思いが, 思考と, 性格の, 性生活の, 恋仲も, 情愛が, 意図は, 意見が, 愛を, 愛情が, 懸隔が, 折合ひ, 採訪し, 接吻の, 接触を, 文通は, 日常の, 暗闘が, 最後は, 最終の, 未来を, 本能の, 此時の, 歴史である, 水素の, 生活が, 生活に, 神経的な, 競争に, 約束で, 経緯を, 結婚に際しても, 結婚を, 結婚当初から, 結婚後少し, 結婚生活に, 編集名義に, 縁の, 縁は, 縁故も, 美しい場面, 考えの, 耳には, 衝突が, 見合いを, 言葉と, 話には, 話を, 読書の, 議論に, 賭けの, 趣味の, 趣味を, 距り, 距離だ, 逢いはじめ, 連絡場所に, 運命にまつわる, 運命の, 違いと, 違った点, 違ひ, 間にも, 間よりも, 間をも, 間妹との, 間隔が, 関係です, 関係に, 関係についても, 関係も, 関係第, 閨房生活の, 闘は, 關係を, 隔りでは, 隔りは, 雑談を, 離別を, 面識の, 頻繁な, 顏を, 顔を, 類似点を, 飲み納めだった

▼ 私~ (327, 0.1%)

7 の前 4 が家, はこの 3 が国, が身, の世界, の仕事, の方, は何

2 [23件] から見る, が居る, と一緒, の一行, の三人, の国, の子供, の居る, の知らん, の耳, の言葉, はこれから, はそれでも, は初め, は奥の院, は或, は日本, は杉, は約, は雨, もまた, よりも二歳, を霊宝館

1 [248件] あどうして, あ一人, あ帰る, あ手, から云う, がお, がここ, がつい, がにも役, がラテン語, が一時, が上, が事, が交番, が他, が何とて, が勝ぢ, が口, が国さ, が大きな, が小屋がけ, が心配, が悪かっ, が手, が抽, が日本服, が本宅, が此地, が毎度, が気, が流儀, が畠, が直ちに, が破っ, が結婚, が胸, が行く, が貉, が足, が附い, が集ま, が食, が餓児, が高台, が鮒, だってあなた, だってもう, ついぞお, でありながら, ですか, でもどうやら, で御覧, と一, と一しょ, と芝居, どうせ遊ん, なんぞにそんな, にし, にした, にはうまく, には巻き, には抽出法, には驚くべき, にゃどうしたらええかわからねえ, にや其の, に伝わる, に働きかける, に勸め, に取り, に對, に怒っ, に断っ, に相談打, に示した, に突当, に聞かせた, に鶏, のあまりに, のした, のせゐぢ, のそば, のたつた, のため, のま, のやう, のよう, のアイヌ生徒, のアラユル常識, のスタイル, のセンチ, の中学校, の主任, の主張, の事, の云う, の使う, の創作, の國, の姿, の室, の家族, の宿, の感情, の懐中さ, の持つ, の故郷, の数名, の新居, の暮し, の来る, の泥, の為め, の父祖, の生活, の眼前, の知っ, の知る, の稼業, の細胞, の結婚生活, の船, の若い, の親, の詩, の詩風, の説, の足調, の踊り, の身分, の逃げ, の進むべき, の雇つた鵜舟, の鞄, の頃, の頭, の首府, の馬車, の鵜飼, は, はあっさり, はあまり, はおも, はおもう, はおもわね, はかういふ, はこういう, はここ, はすべて, はそうした, はそこ, はその, はそんな, ははじめて, はまだ, はもう, はよく, はりっぱ, はカルタ, はハア, はヤマアイ, は下層社会, は五時頃, は人間, は以上, は伝統的, は何ん, は何事, は先づ, は初めて, は別条, は十三首, は十分, は去年, は去年やつ, は否定, は四谷, は大東亞戰爭, は宗像郡神, は密接合つて顫, は居, は帳面一冊, は床, は強い, は彼女, は御, は思っ, は悔いる, は感ぜざる, は慌て, は戻っ, は故意, は最初, は未だ, は東京, は東西, は此話, は死, は毛頭, は汽車, は流行, は無論, は甘んじ, は相互, は相撲, は私等二人, は編物, は脚, は船中, は語そのもの, は読唇術, は通常, は針木峠, は雛壇, は飢, みたよう, もあんたはん, もいふ, もそういう, もそこ, もその, も一とつ頃, も一処, も化學者, も又, も折々, も既, も粉本, も肩身, も若かつた, も這入った, よりも鳥, より一倍, をそこ, を切りました, を可愛がっ, を外, を引廻, を構わぬ, を考へる, を見, を親しく, を買, を起し, を軽蔑, を送っ, 御同樣, 思って, 構わんが

▼ 私などは~ (299, 0.1%)

4 考えて 3 初めから, 思って

2 [14件] これを, さう, そこへ, それを, どうなっ, まだ仕合せ, ものの, 今の, 勿論太吉, 徒に苦み, 既に十年, 時代の, 殊の, 谷崎君の

1 [261件] あなたに, あんまり戸締り, いつもこんな, いつもゾルレン癖, いつも之, いつも啄木, いつも気, いつも空想, いよいよ擽られる, お顏, かなり出しゃ, こういう風, こう云う, こがらしの, このユキ, この動員, この名前, この囃子, この好意, この正風, この点, この酔払い, この頃, この頃学校, これは, これらの, こんなに西洋人, すべての, そう想像, そう考えます, そのこと, そのほう, その任, その何れ, その崖, その旅さき, その迷い, それが, それつ, それに, それは, たいていの, ただ, ただちにはみ出され, ただ小鳥, たつた一人, たまにそういう, つまりその, とてもこうは, とても段違い, とりわけきびしい, どうした, どうしてもまだ一縷, どうしても疑ふ, どうもその, どうも陰影, どこの, どちらかと, どんなに機嫌, どんな書類, なるたけ小言, ひどく烟, へいへい云, へえ召集, ほぼ確信, ほんとうに, まさに味覚型, ましてだれ, まして何, まだたいした, まだなかなか済, まだまだ生きる, まだ一年, まだ修行中, まだ幸運, まだ若者, まつたく別派, まるで足元, まるで醜く, もう寄付け, もちろんの, もっとひどく拙い, もっとも体力, もつと, もつとも平凡, もとよりです, もののかず, やけ糞で, やはり情熱, よごれた着物, イノコ餅を, ダンスの, ユースタス・ブライトほど, 一向に昔, 一面幼稚なる, 丁度物事, 上等の, 不具に, 不幸に, 与し難い, 世間的な, 中学を, 事実多少, 二度ばかりも, 人数の, 人間の, 人間は, 今年は, 今度の, 今戯曲を, 今日まで, 他愛ない, 仮にさし当り, 体格が, 何も, 例の, 側へも, 僅かに, 働くより, 先生の, 全く子供, 六年間の, 其を, 別にこれ, 十八世紀以前の, 十六七の, 南北共同の, 即ちその, 反動的に, 口が, 古道具屋と, 可なり執着, 同僚親友の, 名案も, 唯驚歎, 喫驚した, 国元の, 地方の, 夏から, 夙の, 夜さり店を, 夢想も, 大に, 大分厭な, 大抵四時頃から, 大阪に, 女だ, 娘も, 存じあげて, 学生時代から, 宅の, 実に傑作, 実に自分, 寧ろ戰, 寺詣り, 封建時代の, 小人で, 小童の, 少し割, 帰幽, 年中世帯, 年寄りの, 幼い時, 幼少の, 幽霊とは, 弘法様の, 役柄で, 思う, 悪い弟子, 感心し, 憂鬱性であったらしい, 戦争という, 所謂文壇的野心など, 推され気味, 推測し, 斯様軽卒な, 新協の, 旅の, 日本婦人の, 早速引下つて, 明日にも, 明治の, 是から, 是で, 是を, 時々あてこすり, 書齋に, 最も体力, 最初から, 朝から, 未だ三十歳, 構は, 構わなかったの, 模範に, 此方角を, 殆ど何, 母に, 毎日の, 毎日喋っ, 沢山の, 法律の, 海部が, 無実の, 無條件, 父が, 父に, 特に犬猫, 独学を, 現に自分一個, 理論でなく, 生れると, 生酔, 田地を, 眼にも, 窓を, 競技場を, 第一, 縁起でも, 聞くこと, 聴いて, 職務上何の, 育ちが, 能くまア腰が, 自分で, 自分に, 自分の, 自分も, 自分自らの, 自我的で, 芥ほどにも, 菊池や, 著作を, 蟻の, 衆群には, 要も, 見たこと, 親椀, 観念的には, 解して, 詳しいこと, 読みおとすという, 調べて, 譜代大名の, 賛成せぬ, 身長く, 近頃つい, 近頃一つ二つや, 近頃痛切, 道傍の, 適任者では, 野次馬学の, 鉤が, 随分お金, 随分きびしい, 随分我執, 随分遣り兼ね, 隙間だらけだ, 隠れて, 顔いろ, 風体が, 餘り知らない

▼ 私という~ (279, 0.1%)

22 ものを, 人間は 16 ものが 14 ものは 13 人間が 12 人間の 11 ものの 10 人間を 7 一人の 6 男は 5 女は 4 のは, ものも 3 人物が, 男が, 者が 2 一個の, 人間に, 存在は, 弱い細いいつどこ, 男を, 者は, 者を

1 [110件] あなたの, おもりの, ことが, ことに, ことにばかり, ことよりも, ことを, この物語, ところが, のまで, ひとりの, ふうに, ものと, ものに, ものに対しては, もん出来, ような, わけじゃ, グウタラな, テアイが, バカは, 一つの, 一人物は, 一介の, 三十五歳の, 不意の, 中枢の, 主人公が, 主人公と, 主語が, 事に, 事を, 亭主の, 人間, 人間だった, 人間と, 人間にしか, 人間も, 人間一旦, 人間形成の, 作家が, 作家の, 作家を, 個人は, 個人全体の, 個体の, 個性の, 全体と, 劇作家は, 加勢に, 加勢を, 厄介者まで, 同勢で, 名の, 命が, 夢遊病患者の, 奇妙な, 女ながらも, 女ひとりが, 女も, 女より, 女一人を, 女主人公も, 女王の, 奴が, 奴は, 子供が, 字は, 存在が, 存在に対する, 存在を, 孤独の, 小さな個人, 小ッ, 少年も, 平凡そうな, 形骸を, 或人物, 文字で, 新しい恋人, 新米が, 未熟な, 歴史的主語について, 気の, 津軽の, 無礼者の, 独特な, 現にいる, 琴に, 生徒が, 番人を, 福の神に, 立場に, 第四人称, 素人探偵が, 老人は, 老人も, 者に, 者には, 自分である, 芸術家を, 苗木を通じて, 若い渡り鳥, 若気な, 見すぼらしい生活, 見物が, 話相手を, 道づれが, 順序に, 馬鹿野郎は

▼ 私~ (278, 0.1%)

31 あつた 22 さへ 5 自分の 4 ござります, できますこと, 私は 3 あつたら, さへも, 出来ること

2 [12件] あつて, お前に, こんなユトリロ好み, しづかな, まるできのう, もう十分後, やがてその, 出来ます事, 出来るだけの, 可けれ, 私の, 精進します

1 [175件] ああした友, ああも, あつたなら, あなたが, あの方, あらう, あらうか, あらうが, あらうこと, あれが, あんまり意外, いきなり錨, いつもの, いよいよ自分, ええ, おさしつかえなく, おのおの二軍を, およろしかったら業務主任さん, お孝, お役に立つ, お百姓, かまわなければ, がすよ, きりきりと, くやし涙が, ここに, ことに私, この御, ござえやす, ござりました, ござりまする, ごぜえやす, さあ, さう, さえそう, さへず, さア, しばらくその, すっ, すらその, すらもかうし, すらもこれ, すらもまだまだどうか, すら今, すら対局場, すら少し, すら恍惚, すら私, そういう彼女, そうするであろう, そこに, そして貴方, そのさなか, そのため, そのつぎ, その動機, その瞬間, そんな野薔薇, たくさんだ, たくさんです, どういう気むずかしい, どうかし, どうにでも, どうにもならない, どうも不安心, どうも虫, どこか, どこまでも, ねいい, ねすぐ, またちゃんと, まだ一目, もう一度自分, もう犯人, もさうですが, やつて, やりますから, やれさうな, よかったら, よければ, よろしければ, 一つの, 一つは, 一生懸命に, 三代これを, 三代に, 不安心, 不潔な, 事足りれば, 今まで, 今一人は, 今朝から, 今朝も, 他の, 似合ひ, 何です, 何と, 何より案じられる, 働きます, 充分に, 内の, 円右さんなども, 出來, 分りますこと, 別に, 別に籍, 別の, 勤まりますよう, 原稿は, 厶います, 取るべき道, 君の, 大人で, 奥州仙台や, 妙に, 妻の, 学校を, 宜しければ, 家の, 弁解を, 弦之, 役に立つこと, 息苦しいもの, 手段が, 撫子などを, 昨夜は, 朗らかだ, 東京の, 検めなければ, 楽しめば, 次ぎの, 次は, 歌舞伎を, 止めまする, 此処に, 殊更ああ云う, 泣くやら, 浪人し, 涙ぐましいほど, 無いこと, 無くなりました, 煩は, 父を, 片付け忘れるという, 独り言の, 狭山は, 生活が, 病気し, 相分る, 相變ら, 知れたという, 終に成る, 結交う, 絵を, 考えが, 能る, 腹に, 芸術病は, 荷物を, 落椿, 藤枝には, 表の, 西浦賀の, 話が, 誰が, 近郊の, 近頃は, 部屋や, 銘々の, 間に合うこと, 阿波太失で, 青木の, 魔物でも, 黄色い疎ら, 黙って

▼ 私にと~ (264, 0.1%)

181 つては 12 つての 8 つても 2 つて一つの, つて忘れ

1 [59件] つてあまり幸福な, つてうるさい, つてうれしい, つてさうする, つてさまで, つてた, つてない, つてなつかしい, つてアングルの, つて一日も, つて中, つて人生は, つて余り狭, つて例へ, つて制作は, つて創作の, つて勿怪の, つて原稿用紙は, つて可なり, つて可成り, つて君の, つて和紙の, つて夏ほど, つて女王そのもの, つて形よりも, つて心からの, つて怖, つて怖し, つて思ひ出し, つて恥し, つて意味ふかい, つて政治が, つて救ひ, つて文学は, つて最大の, つて最悪の, つて梅の, つて此の, つて死の, つて殆ん, つて母は, つて海は, つて満足の, つて父は, つて現実は, つて真実である, つて確實である, つて種種の, つて空しい, つて致命的な, つて興味の, つて苦しい, つて貘よりも, つて運命である, つて酒は, びかかつて両手で, びかゝつた, 云って, 来られたの

▼ 私~ (263, 0.1%)

4 声を 3 お頼み, 云いました, 云った, 向って, 手紙を, 話しかけた

2 [11件] おいでおいでを, この話, こんなこと, よくし, 下すった, 宛て, 毎日手紙を, 當て, 知らせて, 言った, 言って

1 [219件] あてた移転, あのお歌, あのよう, ありがたいお, いちばん先に, いつた, いとこの, いろいろいや, いろいろな, いわれた, おくりも, おこぼし, おたより, おまかせ置き, おもふ, お人, お便りを, お免じ下さいまし, お嬢さんを, お洩らし願えれ, お渡し, お知らせくださいましたら, お言いふくめでございました, お託, お話しなさるでございましょう, お話しに, お話に, お話の, お辭儀, お返しに, お預けくださいませんでしょう, かえって来る, かかるよう, くださいましたから, くだされもの, くれたの, くれた戀文, こう仰せ, この人, さわること, すりよ, すりよせるやう, そう云わせる, そんなこと, ただ犬, たのむという, たのむの, つくやう, つながって, つながつて, つながるもの, ほんの少し, むかって, もったいないおいた, もって, よくお, よこした手紙, よこした通信, チラリと, ノウトを, ピストルを, 一向知らせ, 丁寧に, 下さったお, 下さるもの, 下さる通信, 下すって, 与えたの, 与へられた仕事, 乗り移ろうと, 云いますので, 云い返した, 仇を, 仰せつけに, 仰っしゃったお言葉, 仰っしゃるのでございます, 仰ッ, 任せて, 伝へた批評, 何を, 使いを, 借して, 光ちゃんが, 出せば, 初瀬の, 劇しく, 又はねかえっ, 向い, 向いて, 向っては, 向つて, 君たちを, 問い合せの, 囁いた, 固く保証, 大あらし, 大変な, 妻に, 委託した, 婚礼を, 学校係の, 宛てたもの, 宛てた今日, 宛てた長い, 宛てて, 寄こすという, 寄せるいたわりの, 対しての, 対する内情, 小当りに, 小言ばかり, 属せず, 帰る気, 弘田啓子は, 弟子入りする, 強って, 当てこすったり, 御用と, 御用を, 御馳走しよう, 復讐する, 思い知らせ仏道, 恋を, 恋慕を, 恐しい勢ひで突き當つて來, 恩を, 悪口を, 悲しいお話, 愛と, 慎しみ深い, 懇, 手ずからお, 手を, 手紙で, 打ち明けて, 挨拶する, 挨拶を, 握手した, 救いを, 救済し, 文通するで, 斜めに, 断りなし, 斯う, 明日の, 昼餐を, 書いた抗議, 書いて, 朝日支社の, 来た, 来たため, 来たもの, 来た手紙, 比喩的に, 求めたの, 渡さうと, 渡したの, 無心を, 無體, 父から, 特に依頼, 申されまいた, 申しましたの, 當てて, 直接に, 相談を, 眼配し, 知らせるよう, 確と, 私の, 突き出して, 突付ける心算, 笑いかけた, 笑いを, 答えた, 結婚の, 縄を, 罰が, 羽織の, 背後から, 自作の, 襲ひか, 託して, 託しましたこと, 話されました, 話して, 話とも, 話頭を, 語りました即ち, 譲った, 譲ったの, 譲られたの, 變な, 贈られた楽器, 贈りました手紙, 跳びかかろうと, 迫りました, 送って, 遺言し, 重くのしかかっ, 野に, 鑑定を, 附けおかれた日向殿, 隔てを, 障るもの, 隠し立てを, 青い切符, 面当, 面当てに, 頂戴いたしとう存じます, 頂戴致し, 頼み今, 頼むから, 頼んで, 飛びついて, 食つてか, 馬琴の, 鶲が, 齎しながら

▼ 私よりも~ (255, 0.1%)

6 先に 4 完全な 3 はるかに, もつと, 五つか

2 [18件] さきに, むしろ彼, ヤケクソに, 一そう強く, 一そう情熱的で, 一段高い, 上手に, 先き, 完全である, 完全とは, 家人の, 小さい少年, 年上な, 年上の, 彼の, 慶次郎の, 評判記且御入用にも, 貴方の

1 [200件] あなた様が, あの男たち, いい人, いっそう完全, いとしいと, いとしくさえ, うまい, おそらく職場, お前達の, お辻さん, お里の, かえって健康, さらに五, ざっと二十年, すぐれて, ずっとひどい, ずっとよかっ, ずっとウングュンスチッヒ, ずっと上, ずっと先輩, ずっと多く, ずっと心, ずっと若く, ずっと落ち付い, ずっと行き届いた, ずっと詳しく, ずっと頭脳, その妾, なお寡言, はつきりと, はるか年も, ひもじいの, ひもじいのよ, ひもじいよう, ひもじそう, ほかの, むしろあなた方, むしろ床の間, むすこの, もっとずっと判断, もっとよくこの, もっとよけい, もっと不幸, もっと口, もっと失望, もっと疲労, もっと集まる, やはり絶えず表, よく知つて, よほど困難, よほど後れ, カ氏の, ズッと, ズツと, タクサン持っ, ホンノ, ミタテが, 一せいに, 一つ二つそれとも, 一つ二つ年上に, 一向音信, 一層完全, 一応軽部, 一時代若き, 一級上級生といふ, 七つ歳下の, 万事に, 三十メートルほど, 三年も, 上背の, 不幸な, 不折氏の, 乗り気である, 二つも, 二つ年上であった, 二三間上の, 二年はやく, 五つ六つ年嵩で, 五ツぐらい, 五ツぐらゐ年上で, 人間が, 会社へ, 伯母さん貴女こそ, 伸ちやんを, 何か, 余計に, 健全の, 健康の, 優越者が, 先輩で, 別人の, 力は, 劣つてゐる, 十センチ以上も, 十五六ぐらい, 十五六も, 十五年早く, 却って探偵小説家, 厚くお礼, 又一倍, 古く落合, 可哀相です, 可愛いい愛人, 周囲の, 善良かも, 善良である, 四つ五つ年上の, 堂々と, 多く疲れ, 大きかった, 大きな夢, 大人であった, 大人びて, 大分えらい, 妹の, 妻と, 婦人の, 子供の, 孤独的で, 家内の, 寧ろ貴方, 少しお, 少量で, 尚ひど, 希ふ, 師匠が, 平気でした, 年が, 年を, 年下の, 年歯が, 年長の, 年長者として, 幸福に, 幾倍と, 弟の, 弥生子の, 強かった, 強く東京, 彼に, 彼女が, 後に, 御練達, 御縁, 心あたたかく, 悪い人, 悪い人間, 慌てて, 折返して, 文化が, 文壇や, 明るかつ, 更に, 更にアルコール, 更に淋しかっ, 更に鬚, 有難がられる紙幣, 李儒や, 村の, 次第に彼, 次郎公は, 正直に, 沢井に, 津村に, 深く驚いた, 無口な, 無知である, 病気の, 直治の, 相手の, 知らない位, 神様を, 税務署の, 純な, 綺麗なら, 聡明な, 背が, 背丈が, 自分の, 良人が, 色の, 若い人達, 若い或, 若い日本言語学者, 英語の, 薄馬鹿み, 見識の, 認めまいらせ候, 貧しくそう, 軽いと, 迅い, 遥かに, 酒が, 金吾の, 鋭敏な, 長くその, 長考する, 風体の, 高い身分, 鼠の

▼ 私~ (198, 0.1%)

4 ていた 3 が閉める, には技倆, のなぞ, のやう, は思います, は馬鹿 2 がお, が先, の名, の宅, の所天, は今, は何と

1 [162件] ぁもうもう, から御, がい, がいつ人, がたきを, がカステイラ, が何, が余物, が十四五両, が受合います, が可愛, が国, が土佐, が引受け, が思いきり, が此毛, が此通り顛末, が死骸, が気遣う, が湯, が知, が紀州, が船頭, が蒸気船, が見出した, が誓います, が説明, その暴虐ぶり, ている, てしほ, ては済みません, てみだりに, てゐる, て全盛, て公民, て内外, て夫, でさ, で何, とは今, どふも, などもついに, なんか三カ日, なんぞのこと, にくれた, にはお, には呑, には御, には時々, には見当, にもその, にも充分, に委せ, に撰ばし, に此家, に貧しい, のなんかも, のにげ, のや, のよう, のわるい, のヴァイオリン, の云う, の云こと, の今, の伏せった, の何で, の咄, の咎, の好き, の妻, の従弟, の御国, の方, の来た, の殿様, の気, の船, の苦しみ, の言, の財産, の逢った, の部屋, はこの, はどろ, は一生懸命, は一目, は人, は他, は全く, は其様, は其筋, は初め, は初め天然, は又, は呼留, は宿所, は当年五十七, は役目通り今, は必ず, は文学, は是, は此三筋, は此家, は死骸, は毎, は氷, は畫, は皆, は自分, は船頭, は貴, は辞職, ばかりでありません, へ声, へ疑い, へ転がり込む, まで手紙, まひに, ゃもうこれでいいんだ, やいや, やお前, やお姫様, やそんな, やどうし, やほんとに, やもつ, や何時, や初恋, や悪党, や結婚, や自分, や鶯, をまで何, を世話, を午後, を捕縛, ア三田の, ニおくりし, ニにて, ハあのよ, ハ一人天下を, ハ主人の, ハ妻一人のみ, ハ妻一人ニて, 一人で, 一生ひとり, 一身の, 人数を, 代々持来候捨場所比木村勿論, 共は, 其内ニも, 兼而召つれ候人ニて, 出崎の, 出足の, 夫の, 年來我が, 拙者の, 此儘長崎に, 皇帝の, 直, 私慾を

▼ 私~ (194, 0.1%)

13 私の 4 お前の, 他の 3 そいから 2 どうもお, アナタに, 仙とは, 妻の, 子供の, 父樣が, 秋辺が, 金と, 須山や

1 [152件] あれしません, いうこと, いらないわ, お店, お蔦さんは, お近さん, かい眼中, かに聲, ぐれ出して, こんないけない, その他ありとあらゆる, その他の, その当時隣, その母親, それでもいい, そんなに長吉, そんなもの, だれでも, つくづく, どんなに口惜し, ほかの, もう, わが子の, アこの, アまだしも, アものも, アロー君にだって, ア身体じゃ, オルガ姫が, タケノコメシを, ハバカリに, マグロアールが, ミルちやんの, 一文も, 一馬に, 三之助, 三谷は, 上の, 中谷などは, 中風の, 主体や, 五色の, 亡妻の, 京子も, 人々が, 人人に, 今迄, 仙吉にも, 伊達や, 何といふ, 何も, 信者の, 光子さんに, 克子が, 出先で, 出迎への, 勝手に, 十歳の, 千二君などは, 升田の, 印度人たちの, 厭や, 反対しない, 喜三郎を, 喜八君とは, 困るわよ, 園子まで, 土方は, 大下君と, 太郎や, 女達を, 好きな, 妹が, 妹に対する, 妹の, 妹等が, 姉の, 娘と, 娘達に, 婆や, 婦長が, 嬢様の, 子供に, 子供を, 子分達には, 家内は, 家屋敷が, 家庭生活なんぞを, 尾崎さんの, 岸田は, 常陸様など, 年寄子供に, 弟たちは, 弟は, 弟子の, 弟達が, 彼女の, 思わずその, 恐くつて, 成仏出来ぬ, 戸締りを, 損害を, 斯し, 新次, 旦那様が, 本人が, 村長の, 松を, 松本の, 松篁など, 松篁にとっては, 梶井や, 森山とも, 武雄を, 残りの, 母様の, 津田に, 無理にとは, 父は, 父様が, 皆んなし, 皆吉を, 真面目に, 眼の, 知つてゐる, 知らない, 私に, 私や, 稲公は, 立原なんぞが, 竹内ばかりに, 竹内先生などが, 義妹に, 聞かないわよ, 艶子と, 苦労とも, 警察へ, 警部に, 豊を, 貴女位の, 貴方も, 貴郎, 買い被った, 軽部にも, 辛いのよ, 重子を, 鏡の, 門野君を, 音無が, 音羽に, 須山太田伊藤などが, 麻川氏を

▼ 私だけ~ (190, 0.1%)

25 では 64 です, なの 3 である, 先へ

2 [14件] だった, だったの, だつた, ぢや, であった, であろうか, ですよ, なん, 中座し, 二度と春, 先に, 店に, 手を, 沼田の

1 [117件] こ, さきに, じや, その座, たった一人, たつた一人, だおう私, だから, だし, だそう, だったかも, だったし, だつたが, だという, だといふ, だとの, だらうか, だ私, であるまいと, であるよう, でお, でございましたよ, でございませうか, ですから, ですがね, ですこぶる, でないといふ, でなくあなたがた, でなく世良半次郎, でなく世間, でなく他, でなく妻, でなく所謂, で他, で外, で女房, で家族, で承つたこと, で松島さん, で森, どこかの, なぜこんなにやかましい, ならつまらないと, ならどう, なら喜んで, ひとりこっそり帰っ, ほかには, ほかの, もう一眠り, もてずお, やのうて, ゆく, よびよせて, らしかった, アブレちゃ, 一人で, 一人は, 一人残されるいう, 上京し, 不要の, 二等で, 佐世保へ, 先き, 党中から, 出來, 出来て, 出来ない事, 単衣, 取り残された, 取引上の, 同行を, 外に, 大いに飲ん, 学校へ, 家に, 帰って, 引取つて母が, 戻つた, 手みやげを, 斯うし, 方々駈け, 東京に, 欠席さし, 此の, 此方で, 残つて, 残ると, 母と, 気の, 汽車に, 泊る, 特別な, 特別に, 独り車と, 獨り, 番頭さんたちは, 直ぐに, 真実といふ, 知って, 私だけが, 私は, 置いて, 自動車で, 行くこと, 行つてお話を, 見のがして, 詠まないの, 誰にも, 豊かな, 追ひま, 這入って, 連れて, 邸内の, 酒を, 預けて, 飲む寝酒, 飲んだ駅辨

▼ 私かに~ (180, 0.1%)

4 胸を 3 作者の, 信じて, 考へて 2 喜んだ, 国造と, 御使, 心の, 思定め, 想を, 抱いて, 祈って, 自分で

1 [149件] あと始末の, おもうに, おもふ, かくありたい, この盗人, この稚児, この自由主義哲学, こぼしても, さすつて, その技, できてるとも, もつれ合つて, やや見当違い, パラス・アテーネー, 不審を, 不愉快な, 世界中同じ, 之を, 今夜の, 伐りと, 佐助の, 佐渡吹き, 余の, 俗物を, 信頼し, 僕自身の, 冷笑した, 処分せしめ, 利用した, 制して, 勇士慕へども, 危惧したそんな, 危懼の, 取り替えたであろう, 同情に, 同情の, 唯一の, 喜ぶもの, 嘆じました, 壁を, 多少同情, 大官吏, 大師當時の, 契り生むところ, 妬ましく思, 安からぬ, 安心し, 寄せて, 密告状を, 専門家に, 工夫し, 希望し, 店頭の, 彼が, 彼を, 彼等は, 念ずれば, 思って, 思つた, 思つてゐた, 思ひながら, 思ふには, 思案が, 恐れた通り, 恐れて, 恥じた, 恨めしく思ひし, 悔ゆる, 悟るところ, 悟性を, 惜しんだので, 愛しても, 感服した, 感謝し, 應じ, 我が去就, 我を, 或いは公然, 排斥し, 掛念を, 探り知れど, 敬服せり, 新任の, 日本政府の, 期待し, 期待する, 来らぬこそ, 東洋的, 検べ, 歩く足音, 殊域同, 母の, 水液を, 決する処, 決心した, 注意し, 混同する, 清國に, 渠は, 溜息を, 無言の, 爾が, 男を, 病室の, 眼に, 知って, 石三つ拾い, 石川氏の, 祈念を, 私は, 種を, 空想に, 精神主義を, 結び付ける, 結婚を, 羨望し, 考えられて, 考える, 考えるの, 聞きて, 聞き知った孝助, 胸に, 胸中に, 自ら娯むのであった, 自ら当代の, 自ら量らず, 自分に, 自分の, 自覚し始めた, 苗売り, 苦しめて, 裁判長に, 裏店に, 覚えた彼女, 親しげ, 観察の, 触れたい要点, 訝つたの, 誇りと, 贈りし, 速記し, 郷党に, 長摩納, 門邊に, 開港貿易の, 食物菓子などを, 飽かぬここち, 高等下女の, 麻布市兵衛町へと

▼ 私~ (174, 0.1%)

2 これでも, その娘, どうしよう, なんぼう, もう, 十五六の, 私あ, 自分で

1 [158件] あちらでも, あなたの, あにを, あの子, あれに, あんかね, あんたの, あんたを, いいん, いまだって, いやだ, うんとガアガア, おなかが, おぼえて, お前さん達仲間の, お嬢さんあなたに, お嬢さんに, かう見えても, かまわねえんで, こうして無, この少し, これに, これまで, これを, こんな年寄, こんな炭坑町, しみじみ可愛くっ, そう思いやす, そう思う, その方, その煽で, それで使い, それを, そんなそんな詫び, そんな手荒ら, そんな立派, そんな間抜け, だだを, ちょうど用, ちょくら寄っ, ついでだ, どうなる, どんな事, ね先生, ね親孝行, はじめてです, はじめてなん, はらはらし, びっくりし, ぼうとして, まだ帰らない, もうどうしても今日, もうチョットこの, もう御免, もう手, もう詰らねえ, よく知っ, よご, オモユなんど呑ませ, ゲーム取りあがり, タンボさえ, チョイと, チョッと, チヨツト, ツイ本気で, ハイ何も, ホンの, ミカグラの, ヤソなんかの, 上りまして, 九時から, 二階から, 五郎さんに, 今日も, 今日向地へ, 仏の, 伊豆の, 会長の, 伯父として, 何とも思, 何にも, 何も, 何んだ, 例の, 倉川と, 元の, 先を, 分って, 助平だ, 区長やつとん, 南へ, 厭だ, 反ったねえ, 可哀相だ, 向うへ, 君の, 四日も, 固唾を, 国で, 堪らなくなって, 夢中で, 太腿, 嬉しい, 嬉し紛れ, 子を, 寐られん, 察する, 小せ, 少し遠方, 御存じの, 志水さんの, 忙しい身体, 思いますが, 憎まれて, 損を, 昼間つ, 月寒まで, 本当にうっかり, 本望だった, 来るたんび, 板戸も, 極が, 此の, 此処で, 此処の, 気に, 猿坊の, 甘うて, 男とも, 目を, 知りません, 知りませんよ, 知合だった, 考えた正覚坊, 腰が, 腹が, 自分にも, 若気だ, 莞爾した, 血こそ, 親の, 身体へ, 迎へに, 近藤の, 退治る, 過日中から, 酒も, 鐚一文世話に, 随分人, 随分見, 面から, 頭と, 飲みてえや, 飲む気, 馬を, 駄菓子屋でも, 高井, 麹町の

▼ 私では~ (168, 0.1%)

22 ない 12 なくて 11 ありません 10 ないか, なかった 9 あるが 7 ございません 3 あったが, ございませんか, なかつたか, 御座いません 2 ある, あるけれど, ございませぬ, ないと, ないという, ないの, ない他, ない断じてそう, 飛込んで

1 [57件] あつた, ありますが, ありませんか, ありませんが, ありませんよ, あるまいかと, あるまいそして, いけませんの, おそらく狂人, お役に立ちません, お気に, お燗番, かく無風流, ございましても, ございません流祖, どうしても出, どうする, どうにも, ないかも, ないかよ, ないこと, ないその, ないぞ, ないだろう, ないで, ないとは, ないのにと, ないわ, ない助けた, なかつたから, なかつたの, なかつたのに, なかろうか, なくなって, なくなりかけて, なく何物, なく向う, なく彼, なく松谷嬢, なく此, なし実は, 不可ません, 何かと不都合, 何の, 先方の, 割り切れないもの, 勤まりそう, 御座いませんが, 手に, 有りません, 有島さんに, 決してございません, 申したところ, 相手に, 見當, 解らないよ, 駄目な

▼ 私ひとり~ (163, 0.1%)

4 である, の力 3 のもの 2 だった, であった, の経験, の身の上, を置い

1 [142件] いくらか人, がさもしい, がそこ, がひどい, がデンマーク, が一本, が倖, が変質者, が引き受けね, が戯曲, が濁, が身動き, が逃げた, が過去, が食べた, が鬼婆みたい, しか承知, じゃいけ, じゃきりまわされない, じゃない, だ, だけが知っ, だけが知らない, だけに強く, だけはどうして, だけ逃げた, だったので, だったらあんな, だったらとても, だろうか, で, であったが, であったよう, であつ, であなた, でいきます, でおこなった, でがんばつ, でこの, でさわい, です, でそれに, でたくさん, ではございませぬ, ではなかっ, では何うに, でもよい, でやきもき, でやっ, でやつ, で仕事, で会っ, で初め, で四升, で夜光, で後で, で心細, で心細かっ, で暮らし, で筆, で聞かなけれ, で見つけ, で譯, で阿, で陰気, で飲んでしや, となっ, とり残されて, なの, なのよ, なん, にあふれる, にいひまくられ, にかく, にとって明瞭, にとつて詩, になっ, になった, には書き残された, に対してなら, に限った, に限つた, に限られた, のこされ, のこと, のこれ, のため, のとき, の一生, の内, の問題, の場合, の子, の思い, の感じ, の感情, の手, の秋かよ, の秘か, の罪, の考え, の胸, の責任, の路, の遊び, はいつ, はその, はなんだか, ははらはら, はまえと, はやはり多少, は何かと, は先刻, は取り残され, は甲板, は相, は笑っ, ぼんやり焼けた, らしい, をあた, をすき, をちくちく, をつかまえ, を便り, を完全, を宿, を悪者, を抱きしめ, を残さない, を置き去り, を連れ, を頼み, 何かと騒い, 思ひ出, 残されても, 残して, 済まないやう, 目立って, 覚めてるの, 飲むの, 高潔の, 黙って

▼ 私なども~ (162, 0.1%)

3 その一人 2 その覚え, もうすこし表現, 人々から, 子供の, 少年の, 年中つぎだらけ, 現在語ばかりを以て

1 [145件] あまり飛び出さない, あるいはその, いかにも善い, いつ何時, いろいろそれ, いろいろの, お供の, お前さんの, お前たちよりは, お話相手とは, お話相手には, かなりいじめられました, こいで, これが, ご覧の, さう, すれつから, ずいぶん, そういう気持, そう推定, そのねらわれた, その仲間, その光栄, その帰依者, その当事者, その至って, その話, そろ, ただ一度しか, たとえば人, ちょいちょい食った, つい三月, つい遠慮がち, つひに, つらいやう, まだこれ, まだ播州, まだ智識, まったく博士, ままびッくり, もとより, やはり君たち, ようやく新聞紙, よくその, よく懸けます, よく買い, わざわざ見, ハッキリ言う, フテエことを, 一々添削, 一カ月も, 一個の, 一足跳び, 中學生の, 之に, 五ポンドも, 今もつ, 僭越ながら, 其位な, 初めて知った, 初めは, 初耳です, 半生の, 半透明, 原子爆弾が, 双手を, 古顔の, 可愛が, 同じ様, 同様な, 哲学に, 困るが, 夏は, 大きな期待, 大分利益を, 大臣の, 大阪の, 女学校の, 女房の, 好きな, 妙な, 始めは, 娘時代には, 子どもの, 学校で, 学校を, 実は嫌い, 家の, 小店員の, 小田原の, 幼い頃, 幼少の, 思いながら, 怠惰でなく, 憂いて, 敗惨, 数年前から, 文士という, 文科の, 日本では, 日本へ, 昨年の, 最初は, 朝七時から, 本を, 本当はそうだった, 極力反対, 正にその, 殆ど体質的と, 母に, 毎年, 毎日の, 江戸に, 煎じつめれば, 生きて, 生まれた家, 県会で, 真と, 矢張り一人の, 私自身が, 紀平正美氏の, 経験が, 編あげ, 罪の, 考えますのに, 聴くこと, 脂身が, 自分の, 若い時, 若い時分變則, 蔭ながら, 虚名を, 見て, 覚えが, 覚えました, 覚が, 賞が, 返す言葉, 適当な, 長脇差の, 関西に, 阿母さん, 陛下は, 随分声, 雑誌の

▼ 私です~ (156, 0.0%)

312965 もの 4 か私 2 から, がお, がこの, の, よ親分

1 [71件] お粥, かえ, からあなた様, からお, からお話, からしきりに, からどんな, からよしんば, からサア, からナカナカ, から当然, から画学校, から縁, から肉親以上, から自分, か明智さん, がおまえさん方, がこちら, がその, がそれ, がなるほど, がね, がね笑い事, がふらふら, がみょう, が中傷, が何, が実は, が生き, が真心, が自身, が討った, が誰方, が貴方, が軽蔑, が頼み主, けどいつ, けどそ, けれども知らない, けれど反面, ぜ, と, という言葉, と答, と言, と言い, ね, のに, のに智恵子, またあなた, ものと, もの原因は, もの大臣だって, よあなた, よこの, よと訪問客, よローゼン, よ實, よ田口, よ私, よ細君, よ親分さん, よ鍛冶屋, わたしです, 一生懸命に, 中尉, 瀬川です, 私です, 遅くな, 門之, 高城さんは

▼ 私に対して~ (155, 0.0%)

4 もって 2 あると, さしのべて, それが, 偏見を, 同情を, 少しも, 絶えず敵意

1 [137件] あまりな, あらゆる罵詈, あるの, あるもの, ある粉末, あれほど, お気を, こういう態度, これまでに, こんなに機嫌, こんな事, されると, したこと, して, そうする, そうよばわった, そう言っ, その作家, そんなこと, そんなふう, ただ不快, ただ遊び相手みたい, だん, とかく真実, どういう有罪, どう思う, なされて, なんの, まちがったこと, やはり誠実, フランクに, 一方ならぬ, 一種の, 万能の, 三ヵ年間私の, 三木は, 下すった, 下手な, 不当にも, 不快の, 不気嫌さうに云, 不満な, 不親切で, 並々ならぬ, 仮面を, 何が, 何にも, 何も, 何らの, 何時でも, 使用料を, 値の, 全く色気, 八郎が, 八郎は, 冷たかった, 別に興味, 別段に, 卒直な, 危害を, 厚意を, 友人の, 同様な, 向っ腹, 啓蒙示教駁撃共鳴等の, 変ったの, 大いに敬意, 大した力, 好奇心を, 実際の, 客観と, 少し不安, 少し嫉妬心, 彼みずからも, 彼女が, 彼女の, 彼等自身の, 快からず思っ, 恋を, 恥づかしいばかり, 感じて, 手エ挙げる, 抱いて, 抱かれて, 持ち出されるであろうか, 持って, 持っては, 持つ欲情, 指名する, 推察する, 数え立てられて, 明かに, 昨日から, 暗に警戒, 有難うと, 殆ん, 比類なく, 気の毒がっ, 気を, 汝が, 沈黙を, 浮んで, 消極的に, 満腔の, 潜越な, 現われる条件, 疑を, 疑念を, 益々イコジ, 礼を, 神々しいすず, 私が, 私以外の, 粗怱, 純真温厚無比である, 腹を, 自から, 至って冷酷, 蔑むとか, 蔭言を, 行なったの, 表現的な, 見よが, 親切に, 言いだしては, 訓戒が, 訝しな, 話が, 負債を, 距離の, 近頃珍らしい, 違えんよう, 隠して, 雑誌編輯の, 面目次第も, 頻りにこういう, 魅力の

▼ 私ばかり~ (140, 0.0%)

50 では 4 ぢや, でなく誰 3 しあわせな死に, でも 2 だと, であったろうか, でありません, でない, でないと, でなく多く, でなく私

1 [62件] あなたの, いじめるわね, お前亭主を, お酒, かさねがさね, こうベラベラ, じゃ, じゃぁございません, せめるなんて, だ, だから, だ十七, であ, でありませんその, でありません外, である, であろうか, です, でどうして, でないこんな, でないまだ, でない私, でなくあの, でなくこの, でなくこれ, でなくすべて, でなく一切, でなく世, でなく他, でなく仲間, でなく作家, でなく周囲, でなく四十年前, でなく坊主, でなく大概, でなく奥さん, でなく女学校, でなく姉, でなく当夜, でなく手代, でなく日本中幾万, でなく機運, でなく皆そう, でなく福島県岩手県等, ではげえせん, で何, で無く私, はじめは, 一生懸命に, 会社の, 何うし, 参りましたの, 家に, 寂しいの, 悪いからって, 極が, 此の, 焦心つて見た, 私が, 置いて, 苦労しなくっ, 頂戴する

▼ 私たち二人~ (131, 0.0%)

3 の関係, はその 2 だけで, にまかせ, のこと, の間, は何

1 [115件] いや直治, があの, がその, が一先ず, が二人, が兄弟, が可哀想, が弁護士, が法医学教室, が犯した, が胸, が自分, が行き会った, が話し, が誘わない, しかいない, だけになる, でけっこう, でこの, では, で今夜, で御座いました, で直ぐ, とで土手, ともにとって全く, とももう, とも右平さん, と他, にとって最後の審判, にとつて, にはどんな, にはもと, にもっと, に世嗣, に更に大いに, のあいだ, のため, のま, のみょう, の中, の事, の作家, の共通, の前, の力, の友情, の喜ぶ, の女, の子, の幻影, の座席, の心, の手, の生命, の窮極, の美貌, の者, の身, の身の上, の部屋, の都合四人, の間柄, はあの, はあんまり, はうつ, はかよう, はこんな, はそんなに, はだまっ, はどちら, はまあ, はまだ, はみょう, はもう, はよく, はテニスコート, はピカ一さん, はフカ, はホント, は一足先, は三田通, は今, は倫敦, は嫁い, は安心, は帰途, は投げとばされ, は日本, は望み, は沖, は海峡, は涙, は炉辺, は熊笹, は特別, は知りません, は肉体, は腹, は裏, は西村さん, は遠い, は雑草, は顔, も固唾, をわざわざ, を一思い, を促し, を取り巻い, を庭先, を改めてきょろきょろ, を残し, を襲った, を視た, を連れ, を除いた

▼ 私などの~ (127, 0.0%)

4 見たところ

2 [11件] やうに, ように, 及ぶところ, 年輩の, 思って, 想像では, 手には, 推測では, 知って, 考えて, 考えでは

1 [101件] いま心づい, おかしいと, およびがたい, ことは, たぶん百倍, でる幕, ところに, なんと絶望的気分, まだよく知らない, やうな, ような, よく歩いた, わきは, 一行三十五六人と, 主張する, 云う事, 今日まだ, 住む附近, 全く知らなかった, 凡眼が, 判斷はを, 到らない突こんだところ, 力で, 力では, 力量で, 反対論との, 口の, 国では, 在所では, 場合では, 場合の, 境涯では, 夜具は, 好きな, 妾てかけに, 室よりは, 家に, 家は, 寄物と, 小さい頃, 小学校に, 幼ない, 幼少の, 幼年時代に, 心に, 想像する, 感じて, 所へも, 所持金も, 持ち得ない強い, 持つて, 推定せん, 暮しは, 期待する, 柄に, 横は, 殊に, 気に, 気楽な, 氣の, 水平線を, 注意する, 物を, 特に望む, 生まれた中国方面, 生れた中国, 生活は, 田舎でも, 申す事, 直接関わりの, 眼から, 眼の, 知ったこと, 知つてゐる, 知らない人, 知らない他, 知らぬうち, 知らぬこと願, 細指をば, 縮図や, 考えずに, 考えの, 考では, 聴いて, 聴きたいと, 職業が, 行かれる場処, 行かれる場處, 見るところ, 解して, 言葉は, 謂う真実線, 身から, 身分なれ, 這入れる借家, 遠く及ぶ, 適うもの, 郷里では, 郷里播磨の, 郷里神崎郡比延村に, 頭は

▼ 私なんか~ (120, 0.0%)

2 どうせ変, どうなつ, まけますね, モウお婆さんで, 今迄, 駄目よ

1 [108件] あなたなんぞの, あやういもん, あんまり放縦, いつでも, いつも隣, お腹が, この頃, これくらい, これでも, これまでとは, こんなに丸く, こんなに気, すこし危い, そのころ, その娘さん, そばで, それは, そんなにたんと持つ, そんなの, そんな馬鹿, たよりに, だから特殊, だったら一思い, だめでございます, ちつとも, ちょいと, つくづく時代, つまらないわ, つまらない女, でさえ, では, とてもそんな, どうなっ, どうもた, どうも馬鹿, どけいこ, どこを, なんでも, ほんとうに, ほんとに不, まあ真平です, まだどっち, まだ全然人間, もういい加減ペコペコだ, もう生きる, もっともっと飛ばせる, よんでも, 一寸でも, 一日も, 一晩中ふるえ, 世の中に, 今にあなた, 今怒, 他人には, 何も, 信用されてない, 全く困る, 出たくも, 力の, 十年も, 同じサディスト, 女じゃが, 女中に, 嫁入った, 子供を, 実にそうね, 家なんか, 家の, 居ない方, 幸いに, 幹事だろう, 御師匠はんとけいくにいつ, 思っただけで, 恁う, 悪漢の, 手に, 敵わ, 昨夜から, 時々は, 本当に感服, 死ぬまで, 残念でも, 氷より, 無事に, 煩悩だらけで, 百ぺんでも, 皆さんに, 目も, 直ぐに, 相手に, 肥っちょ, 自分では, 親に, 親も, 親類縁者という, 質素です, 足の, 身動きが, 近頃ちっとも寝た, 途方に, 遠くから, 長いあいだ何, 間違は, 随分子供, 青くなりました, 風邪を, 飮み, 鼻の

▼ 私への~ (120, 0.0%)

6 愛と 2 厭味で, 反感の, 土産は, 形見に, 愛にかけて, 最後の, 純真な, 軽蔑を

1 [98件] うろたえた若者たち, おくりもの, おくりもののね, おまじないを, おみやげと, おみやげとして, お世辞, お歳暮, お話とは, お調べ, かずかずなる御, ことづてであつた, ではありません, もてなしが, ネルの, 一番いいおくり, 一言の, 侮蔑と, 侵略が, 便りも, 信用は, 偏愛の, 優しい気兼ね, 友情は, 反感から, 反感も, 反感を, 反抗でも, 口上に対しても, 同情は, 報恩さいい, 好い手向, 宛名を, 当てつけらしかった, 彼の, 待遇が, 御土産, 御批判, 御祝儀, 復讐が, 復讐な, 徹底的な, 心遣いで, 忠節の, 悪口を, 情愛とか, 情誼で, 愛も, 愛情が, 愛情であろう, 愛情に, 愛情を, 愛称であった, 愛称である, 感謝は, 憧憬と, 懴悔話に, 所属を, 批判の, 投票は, 抗議に, 抗議の, 抵抗から, 抵抗では, 挑戦状の, 挑戰状の, 挨拶であった, 挨拶も, 授かり物, 敵意が, 書き置, 書信の, 書簡は, 最初の, 杯は, 気がねや, 気兼ねから, 注意に, 激しい嫌悪, 点は, 申譯または, 痛烈な, 礼心無縁の, 福運を, 義理だ, 義理で, 義理を, 褒美という, 見せしめか, 評言は, 話しさては, 謎であった, 軽侮が, 通信に, 電報だ, 面当に, 風当りが, 餞別に

▼ 私に対する~ (118, 0.0%)

4 彼女の 3 一種の, 愛の, 愛情は 2 お嬢さんの, 反抗的な, 娘の, 慈愛は, 態度が, 態度には, 態度は, 懸賞金は, 最大の, 死刑の

1 [85件] あなたの, あのつれない, あらゆる讒謗, いかにも横光君, お前たちの, お気持ち, お礼に, お話を, このよう, この態度, ご馳走に, そのやり方, もてなしの, ような, イヤな, サイソクで, サイソクであった, ネルリの, 事柄は, 何か, 侮蔑は, 侮蔑を, 侮辱が, 侮辱に, 信用で, 信頼が, 信頼と, 信頼に, 信頼に対して, 信頼は, 信頼を, 刑の, 判断は, 単なるイタズラ, 博士の, 反ばくは, 反動の, 反問は, 反感が, 反駁には, 圧迫を, 失望と, 好意から, 好意からの, 好意という, 好意の, 好意を, 妻の, 嫌疑が, 彼の, 御冷酷さ, 忠告は, 忠実な, 怒りに, 愛を, 愛情からだけ, 感謝の, 態度なぞは, 憎しみも, 懸念は, 批判は, 批評を, 抗議が, 挙動は, 敬意の, 敵意は, 昔の, 条件は, 森山さんの, 気持の, 汝が, 熱情と, 生徒の, 矛盾した, 秀子の, 競争相手も, 罵倒の, 義務を, 自身への, 説明の, 貴方の, 遠慮から, 邪魔の, 頌賛的の, 頼みな

▼ 私とが~ (117, 0.0%)

2 それを, 一緒に, 思想する

1 [111件] あった, あの面白い, いっこう一つ, いよ, お前様と, かように, きき役, こういう風, この事件, この二十年, この角, この部屋, その下, その中, その古宇, その日新潟, その背後, ちょうどいい, ついて, ともに生き, どんなに潔白, ほとんど時, もう一度一緒, コンナ風に, ズンズンと, ハミルトンの, ホントの, ボライトフルな, 一パイの, 一切を, 一組大, 万一夫婦, 三人早速, 三高の, 二人きりで, 互に深く, 交る, 代る代る語る, 代表で, 似た本質, 修治さんの, 僅か三尺, 先生の, 共謀し, 加わったよう, 助かったばかり, 協力し, 取交したもの, 叩かせられたもの, 右と, 同じ方角, 向う鉢巻に, 向かい合って, 命がけで, 哲学を, 変な, 夕飯を, 多の, 大きいアルミ, 大変に, 奈良の, 奥の, 婚儀を, 嬉しがっ, 寝ること, 島の, 引受けて, 彼を, 御一緒, 性格の, 怪しいいいます, 情報を, 愛によって, 接近する, 揃って, 揃つて一時内地へ, 斯様に, 時々少しずつ, 時によって, 更に翁, 来たの, 殆ど一しよ, 殆ど無, 永い変化, 火と, 無事に, 片脚, 男体山に, 番傘を, 目醒めた, 直接に, 相談し, 相逢, 石や, 示し合せて, 立って, 箱根の, 精神的にも, 結婚する, 結婚すれ, 総代で, 編輯に, 編集者という, 船に, 血を, 話した, 逃げ出した後, 部屋の, 面突合は, 飛び入りに, 食卓の

▼ 私はね~ (114, 0.0%)

2 今日は, 何う, 前から, 外国航路の, 心に, 此の, 菜穂子この

1 [100件] あなたの, あなた方が, あの, あの拳銃, あの方, あの晩, あの蝉, いつごろからという, いとど哀れ, いま日比谷公会堂の, いま自分で, お前さんが, お前ただ, お媼さん, お父さんの, がはない, このあいだ, この二, この人間, この文化祭, この斬られた, これを, こんなうつくしい, さっきお前さんが, そういうあなた, そうね, それが, それで, それは, ただキリスト教徒, たとえば, てい, ている, どうもそれ, なんです, なんでも, まきの, まだあなた, むかし森鴎外ご存じでしょう, もうね, もう二度と阿波, もう貴方, よくそう, よその, アノお, アレクセイ・イヴァーノヴィチこの, アレクセイ・イヴァーノヴィチさがし, アレクセイ・イヴァーノヴィチじつはもう, チャンと, 一体船は, 一度命令, 万吉さんそれが, 主婦の, 些かアンポン, 人には, 何もかも全然憶え, 修さん, 初めはね, 初め四月程の, 前前から, 剣術も, 原稿を, 可い, 失恋する, 婦人参政権などの, 子供らしい, 実はお前さん, 実は蔭, 小倉さん, 少し用, 広い世間, 弱い優しいおとなしい兄さん, 心の, 志村竜太郎という, 揺籠に, 散歩し, 旦那, 早くおき, 昔は, 昨夕あなたと, 杉夫さん, 櫛を, 此の間お前と, 此処へ, 此方へ, 此様な, 母様が, 浜町の, 片倉老人が, 独りぽ, 町の, 目の, 芝居でも, 親分, 誰かが, 誰かに, 誰の, 貴方斯んな, 雪で, 頭が

▼ 私でも~ (107, 0.0%)

3 なく侍婢ども 2 ありません, ない, 嬉しいもの

1 [98件] あしらって, あった方, あとの, あなたの, ありました, あんなに放漫, あんな奴, い, いいの, いくらかは, いなかった日, いま迄に, お前でも, お役に立つ, かくこと, くたびれるから, こちらに, この三つ, この卑劣, これで, これは, これを, こんなにつ, こんなもの, さほどの, しかけて, すぐに, そうそう二度, そうそう御, そう思う, そこまでの, その国, その堅, その数, それでなきゃ, たいていそれ, ないが, なかった, まだ覚え, もうそうそうは, もう少しで, もし上, もっといき, やっぱり同じ, やはり恋愛, やはり永遠, ツイ一生懸命に, ドモナラン, 一度や, 一週間で, 中等教員の, 亡くなつた後, 代わりを, 代参に, 何でも, 作家に, 借家争議といふ, 四十年も, 困るので, 多少の, 始めて, 子供が, 子供なんぞ, 寝られませんし, 少し無理, 居なければ, 差し支えございませんが, 帰ったらあの, 帰ったらまた, 御座いません, 心細い, 必死に, 感慨無量の, 押し付けられたならば, 既に五十近く, 明白な, 本郷座まで, 検事廷や, 極りが, 深く責任, 満更考えない, 生きて, 町会から, 疑うかも, 知らず知らず眼, 縛りますよ, 能楽の, 自殺する, 苦沙弥でも, 行つてそれまでに, 褌一つに, 見て, 観念する, 覺え, 話に, 赤坊の, 重い尻, 附いて

▼ 私など~ (106, 0.0%)

2 それで, それに, 古狸の

1 [100件] あの戦争中, あまりに近く, いずれか, お伴を, お母さんだって, こうおばあさん, こっちから, このよう, この頃, これからこそ, これは, さかしい批評, さへも, ざつとこんな事で, その七福神, その影響, それから, それ位当然, そんな, そんな人間, そんな女達, そんな言葉, ただ旅, たまに會合, だったが, だめ, ちかごろ雑誌, つまらない女, であれば, とちが, どうしても書物, どうでも, どちらかと, なかなか降りる, なんにも, のは, はめつたに, まあよい, まだ六年, まだ見ない, もさういふこと, もつひこの, わかつて, ドロンコの, ハうん, ハラハラし, 一〇年あまりも, 一言の, 丁度二十代の, 七時に, 世辞も, 世間からは, 二十年前に, 人形の, 今ごろこの, 今死ぬ, 他人から, 何時まで, 出る幕, 初め反対も, 半分も, 双手を, 古染付, 味方に, 四五歳の, 多寡が, 大抵一匹ごとに, 子どもの, 子供の, 実はこれから, 宮城へ, 小説を, 少数だった, 年寄りの, 思想的に, 恐怖と, 押し倒されかねまじき形勢, 日頃その, 昔から, 晩食前には, 最も頼み, 木更津の, 本来の, 洗い張りした, 物の数でも, 物心も, 生きるため, 目が, 相当はっきりと, 相手に, 真似も, 粉だらけに, 絵の, 自分の, 若い時, 苦心惨憺した, 追いかけたところ, 道草ばかり, 集っては, 頭の

▼ 私だけは~ (105, 0.0%)

2 いつまでも, この家, 宿の, 思ふわ, 私の

1 [95件] あなたと, いつもの, いつも居残り, いやいやながら歩い, いやだ, おこそうと, お邪魔, お駕籠, ここから, ここで, この鎌倉下り, こんなにも力強く, さうは, さきに, すでに偶然, そうで, そうでない, そっと教会, そのすべて, その名前, だれも, だんだんひかれた, ちっと違う, ちゃんと彼, どうかお供, どうとも, どの点, なれて, なんにも, ぶらんこの, ほんとうに, まだ何, まるで涙, やはり思った, エイエイヤアヤッと, クラス中で, セエラは, デングにも, ノートも, 一度飛行中客室, 一里ばかりは, 乗車券を, 二の足を, 交際し, 今日は, 何気なさそう, 例外です, 信じて, 前の, 味わって, 四五日東京に, 国の, 大学時代からの, 孔雀の, 家に, 家の, 専門家では, 小さい盃, 居残る事, 幸に, 彼は, 思って, 戸頭まで, 折あしく, 故郷へ, 早く帰, 早く起き, 明日から, 時々ねだっ, 歩くから, 永田町までの, 永遠の, 深川の, 漁船に, 無言の, 特別の, 生真面目に, 盤側を, 相変らず, 知って, 知つてました, 知つてゐた, 神道といふ, 禿げるの, 穢れたもの, 穿鑿する, 細かくお, 若い者, 荷物の, 落着い, 認めて, 輕く, 音楽を, 騙されは, 黙って

▼ 私あなた~ (96, 0.0%)

5 のこと 3 に何, のお 2 のため, の下宿, をお, をそんな, を愛し

1 [75件] からおわび, からお金, から何, が, がお, がきつ, がた, がどんな, が何と, が動坂, が変わった, が好き, が昨日, が来たら, が私あなた, が美沢さん, が飲ん, ぐらいに痩せたい, といっしょ, とこんな, と結婚, にお, にお目にかからなかったら, にお願い, にすまない, に会つて, に宅, に思いやり, に恋し, に惚れました, に捨てられる, に済まない, に相談, に私達, に負けない, に貸し, の, のいい, のお母ちゃん, のお父さん, のその, の丈夫, の側, の初, の前, の勇氣, の名, の好き, の家, の母親, の為め, の目, の解釈, の言, の言葉, の詩, もきっと, も宮原さん, よりもつともつと, をお待ち, をかわいがりました, をどんなに, をもつ, を家, を弟, を愛して, を打つ, を有難く, を本当に, を殺します, を殺しません, を知っ, を苦, を買いかぶっ, を連れ

▼ 私だけの~ (96, 0.0%)

6 ことで 2 ものである, 心持かも, 意見を, 生活について, 知って

1 [80件] お祝いを, ことだ, ことなら, ことを, つもりで, ひがみでないと, へき見で, もって, ものだ, ものだった, もので, ものです, ような, 世界を, 世話を, 了解事項な, 事かも, 事じ, 仕事を, 体質気質に, 価値私の, 前で, 場合かも, 場合を, 天地です, 客でなく, 居場所が, 希望である, 幸福で, 心くばり, 必要品です, 思い過ごしかも, 思案が, 恃むべ, 想像な, 意味が, 意志で, 意見です, 意見では, 愚痴を, 感じでは, 所有と, 方法を, 欲かも, 気の, 気持だつた, 注文を, 浅見かも, 特権では, 理由が, 用事が, 癖だろう, 真実の, 知つてゐる, 祕密として, 私では, 秘密として, 経験だ, 罪では, 考えかも, 考えごとな, 考えです, 考えでも, 考えを, 考である, 考へ, 考へ方, 臆測である, 蒐集として, 術語で, 見方に, 計いも, 記憶に, 話, 貯蓄も, 運命を, 部分人びとが, 部屋へ, 錯覚であろう, 関係で

▼ 私などが~ (94, 0.0%)

2 何を, 同人で, 大阪で, 手を, 東京へ

1 [84件] あの深い, あまりひどい, いうべき限り, いくら歩い, お勧めいたしました, かっとばすと, かれこれ申す, こういう雑文, こうして企かく, これで, これについて, これまで, これを, こんなこと, こんな賞, しょっちゅうそうで, しよつちゆうさ, その筆頭, それから何ん, それくらゐな, それについて, そんなの, たまに真実, とやかく云うべき, どのやう, どんな場合, ひとりで, ふだん接し, まづ, よろしくない, ろくすつぽ, アメリカに, ウッカリ使う, ボンヤリと, 上士族に対して, 主な, 亜米利加から, 亡くなりも, 今まで, 今日でも, 今更言う, 仮令い, 何も, 兎や, 出すぎたお, 出る必要, 出席できる, 原書の, 受ける事, 同人であった, 同人格, 唱えて, 外国に, 夜遅く, 太宰君の, 子供の, 子取ろ, 小学校に, 少年時代に, 市中で, 常に実行, 幾らか人, 強いて, 思いも, 想像する, 意外と, 文筆の, 斯様申し上げます, 最も興味, 最長い, 正體, 濫り, 無遠慮に, 特に質問, 省線電車で, 立入る問題, 肝煎と, 行ったからと, 見ました所, 足もとにも, 近づけましょう, 述べ立てるまでも, 遠く及ばない, 関係した

▼ 私共に~ (94, 0.0%)

4 とつて 2 人身生理学の, 濟ま

1 [86件] うなずけるの, お命じなさいません, お泊り, かぎつて軒先, くださるみ, ことわらずに, さへ, その様子, だけあっ, とつて駭心張目, とりても, なつかしみを, まで御, やらされても, ニッポン風な, リードとして, 下されたが, 与えたから, 与えて, 与えられた条件, 云いながら, 代って, 会わないこと, 儲さして, 共産党の, 其を, 具わった感官, 別々な, 削らせた, 力を, 加えようと, 勇気を, 千歳村を, 厚意を, 反感を, 取って, 取っては, 取つて, 取つてさ, 取つて楽, 向って, 喰つて懸る, 地から, 大事な, 奇異なる, 実現され得る, 対するとは, 居ります, 彼女の, 御不足, 御任せ下さい, 心を, 応待した, 想像出来ない, 感じられる, 或る, 教える, 深い印象, 牛車は, 申されたこと, 示した, 聞く, 肯われない, 背中を, 要求する, 見えるはず, 親愛な, 解らんで, 解釈の, 詩の, 話したこと, 話して, 説明する, 課せられた一つ, 諸君に, 責任が, 赤恥をか, 近くなりました, 近寄れないよう, 送つて來, 道で, 部屋代の, 金を, 飲水を, 鹽粥を, 齎しました

▼ 私なら~ (91, 0.0%)

4 私が 2 ばもう, 私という

1 [83件] ああいう, あなた様の, あんたの, あんな歌, いいん, いくらでも, かねて名前, かまはずぴし, きっときちんとし, きっと片づけ, きっと眠らない, ぐうの, こうします, ここを, こんな人, こんな女, こんな設計, すぐ下宿, すぐ何とかいう, せいぜい半金, そういう場合, そうしません, そうする, そのくらいの, その方, それは, そんなこと, そんな不都合, そんな事, そんな追放, どうでしょう, どう書くだらう, ばこう, ばここ, ばさ, ばそこら, ばその, ばそんな, ばたとい, ばどう, ばやけくそ, ば一瞬, ば何, ば死ぬる, ば気軽, ば精巧, ば良心, ば議論, ば貴女, ほんとにそいつ, もっとうまく, もっとよろこぶ, アリョーシカを, カプリの, キットそう, 一幕が, 三百円入れ, 二つ返事で, 今しがたここへ, 今夜は, 信用なさるでしょう, 先ず最初, 先づ最初に, 君の, 天地が, 少しも, 店の, 弁護を, 最初に, 比較言語学は, 決してあんなに乱暴, 決して用, 私と, 私にとって, 私を, 私一人が, 薔薇が, 親とも, 親の, 馴染でも, 魂と, 鮭の, 默つて置い

▼ 私もう~ (91, 0.0%)

3 あちらへ, 何も 2 あなたに, 一本呑みたい, 帰りましょう, 帰るわ, 度胸を

1 [75件] あきらめました, あすこを, あなたなし, あなたの, あの人, あれを, お前さんから, お宮さんの, お母さんと, お目, くにへ, ここに, ここ半月ほどの, こんな可愛い, それだけよ, とつく, どんな事, ほんとうに, 一つだけ, 一生行かなくっ, 一秒ごとに, 二年も, 五六年も, 今日は, 他所へ, 会社やめる, 何にも, 何度お, 働くこと, 出ます, 参りますわ, 唯の, 坊ちゃんに, 大人な, 大層戴きました, 奥へ, 嫌でございます, 子供じゃ, 安心です, 寝ませうかねえ, 寝るわ, 崇拝してる, 帰ってよ, 帰つてよ, 帰らして, 帰りますよ, 帰りますわ, 帰る, 帰るから, 帰るわよ, 恐いの, 我まんが出来ない, 戻れないわ, 押堪え, 斯様な, 明日から, 本当を, 死なないわ, 死にません, 死んだ方, 温泉へ, 直きあかん, 真とに, 知って, 知らないから, 腹が, 行きは, 覚悟し, 覺悟し, 貴方を, 金あれへん, 障子を, 飽きたわ, 駄目だ, 駄目よ

▼ 私だけが~ (90, 0.0%)

2 あなたを, この世に, その青年, 知ってること, 自分の

1 [80件] あぶは, いただいては, いつの間にか彼女, いなくなった後, おまえを, お相伴, こういう条件, こうも, この希望, こんなに苦労, すべてを, そうかね, そこに, たくさん食べた, ただ一人の, とっくに気, どうして先, ひとりぽ, よい気, ケンギの, タッタ一人で, タッタ一人彼女に, ハッキリそれ, 一番さかんな, 一番面倒な, 久子さまや, 事実上日本一の, 二人を, 人なみ外れ, 今も, 体験から, 何か, 兵隊さんの, 別して人, 助りました, 勝手に, 半町, 卑怯にも, 又持っ, 同情し, 唯一の, 外交家でない, 多少まだ冒険心, 子に, 存じ上げて, 家で, 家中で, 家探しを, 居まして, 悪いわけ, 悲しくな, 感じて, 投げ出された乾びた鮭, 持つて, 描くこと, 母上との, 気がついて, 海に, 無事だった, 無事に, 無精髭を, 熱烈なる, 特にそうだった, 生徒達に, 知ってるん, 知っとること, 知らないの, 聞いた事, 肩あげ, 臆病だった, 虚無の, 見たから, 話して, 起きたの, 遊びたそう, 遠い所, 酔っぱらい, 附き添って, 飲んで, 魔法にか

▼ 私~ (90, 0.0%)

18 のです 15 のだ 10 のである, んだ 4 んです 3 のか, のでございます, のに 2 のかも, ンか

1 [20件] ざあ, ざア何か, ので, ので今日, ので御座います, のにも拘らず, のに私, のよ, のよお, ものとして, んざそれ, んで, んでございました, んでございます, ア済まぬ, ンかに, ンかには, ンぞ, 人語が, 英吉利いふたら

▼ 私とても~ (87, 0.0%)

2 それを, 学校で

1 [83件] あなたが, あの人好き, いいところ, いつまでも, おかしかった, おなじよう, こうした角, この一二年, この事件, この研究, さうである, しいて, その型, その恐ろしい, その母胎, その通り, それに, ただ充実, はたから, ひた呆れに, ひどい表情, まッ先, ポチを, ポルト・リシュが, 一族を, 一生うちニおりてぬ, 三十三歳の, 世の, 了介殿御同伴上坂も, 五十歩百歩二十八歳の, 傍系の, 兄ばかり, 力の, 助かるン, 同じこと, 同じである, 同じ心もち, 同様でございます, 同様に, 哀しい, 好むこと, 如何し, 子持ちの, 屹度虎が, 平塚さんが, 幸福です, 当初は, 彼女に対して, 彼女を, 待ちど, 御見舞には, 御覧の, 思ふの, 愛する妻, 戴けませんわ, 斯うし, 昨日まで, 是迄, 最初の, 来られないわ, 案じられて, 歌は, 此の, 気味が, 浅ましいこと, 淋しくなっ, 滑稽に, 現在の, 生きて, 男だ, 痛ましい十時, 知らない, 確証が, 科学者である, 笑へるなら, 落付けない, 薬と, 行かれぬ訳, 言葉の, 身寄りに, 銀座の, 面白いん, 頭や

▼ 私まで~ (86, 0.0%)

2 そんな尊い, ものを, 大変おこられた, 胸が, 頭が

1 [76件] あいつの, いつかだんだん, いつの間にか重い, うれしい気分, うれしくなる, おやと, おろ, かかっては, こうして禄, すっかり元気, その処断, たのしくなる, ためさないでいい, つい口癖, なんだか楽しく, なんだか苦しく, はりきりました, ひやっとして, ひやりと致しました, むきに, むず痒くなっ, やめさせられて, コッパズカシイからよ, 一寸面顔赤に, 一緒に, 仰せ置かれたし, 何だか安心, 何んだ, 内証で, 再び待ち設ける, 割り込んだ時, 厭がった, 叩き出すッ, 同意する, 嘘を, 噴き出して, 変に, 大そう, 大騒ぎする, 女史を, 妙に, 引き入れられて, 引っぱり出さなくたって, 引合に, 御心配, 復員殺人事件の, 思いも, 惚れちまいそう, 愉快にな, 愚かな, 愚痴が, 抱いた, 招いて, 早くおき, 暗い気持, 毎度又, 気が, 泣いたり, 珍しい昂奮, 痛い噂さ, 知らせて, 等しく戦慄, 罪に, 美耶子さんに, 胸苦しく拝察, 腰が, 自分が, 證人に, 貧乏の, 赤面したくなっ, 跛者と, 返事に, 酷い目, 顔が, 飛んだ目, 駢指だ

▼ 私~ (84, 0.0%)

3 目に 2 せいさんが, 姉さまの, 金持ちだ

1 [75件] あそびする時, うちへ, かわりを, くくふだ, くやみに, たづねしたいんです, つゆを, ままごとの, もちします, やめなさいって, よめに, 人形を, 会いしたかったの, 伺いに, 作と, 使が, 使ひよ, 使者よ, 兄さんの, 六ちゃんに, 千代さまは, 午飯も, 友達が, 友達に, 友達を, 可哀そうだ, 名前を, 園さん薄情な, 地蔵様かと, 坊ちゃ, 場から, 士様には, 姉え, 姉さまが, 姉さまに, 姉さまは, 姉さんに, 姉さんの, 姉さんを, 嫂さまに, 宅に, 宅へ, 察し申し, 店へ, 庭へ, 手紙を, 敬ちゃんが, 暇する, 杉を, 母はんに, 父さまに, 父様が, 父様に, 留守の, 秀さんは, 粒さんみたいに, 約束の, 給仕を, 線香一本たて, 花も, 蕎麦は, 裁縫が, 裁縫の, 見舞いに, 言葉いただい, 諫言申し上げます, 返事を, 道好きや, 酒なんか, 金子を, 釣銭は, 鞄を, 願ひ申し, 馬を, 鳥目は

▼ 私である~ (83, 0.0%)

8 ことは 5 ことを 3 から私 2 かも知れない, が, といふこと, 私は

1 [59件] かのよう, からここ, からでは, からまして, から全然, から取手唯一, から彼, から映画俳優, から此處, から読ませる, かを長い, がいま, がけさ, がこの, がこれ, がしかも, がまだ, がよき, が一寸, が人, が例, が外国, が夫, が感情的, が澄ん, が神, が私, けれども, けれども犯罪物語, ことが, こともと, だけだ, という, ということ, というの, というよう, という卑しい, といふやう, といふ一札, と共に宇宙全体, のに, のに殆, のは, ほろ, ゆえ分る, ゆゑ分る, わい, 一個は, 事は, 人が, 以上は, 俯仰天地に, 兼は, 場合には, 山頭火は, 昔の, 私の, 芥川氏は, 行列は

▼ 私一個~ (82, 0.0%)

7 の考 6 のこと 4 の事情 3 の意見, の立場, の考え 2 に関すること, の感じ

1 [52件] だけのこと, としての考え, としてはむしろ, としてはもう, としては其存廃, としては曾遊, としては此, としては泰平郷建設, としては西洋, としてもさう, としても彼, として基督, にとっては作品, に関する非礼, のすき, の一時, の仕事, の力, の単なる, の問題, の嗜好, の場合, の学説, の安心立命, の小, の平常, の強情, の念願, の悲哀, の意志, の感想, の憶測, の推定, の焦り, の狂言, の独断, の理想, の理論, の生命, の私事, の私見, の經驗, の考察, の腕, の行動, の見方, の見解, の解釈, の貧しい, の責任, の趣味, の風船

▼ 私こそ~ (81, 0.0%)

2 此夏は

1 [79件] あなたに, あなたの, あの, あの路ば, い, いきなりお, いきなり御, いつまでも, いつもお, いろいろ失礼, いわばやっぱりあなた, お前さんに, お詫び申さね, お願いいたします, お願いします, お馬, かえって恐縮, ご挨拶, さつきは, すみませんを, そのシンドバッド, その六郎左衛門入道, そんな危険, たしかにその, どうぞ, どんなに心強い, ひまで, ほかに, まこと, まだ仕官, よろしくお, われわれの, ウッカリし, 一方ならぬ, 京都で, 人生に, 偽りの, 先生の, 切支丹宗徒, 加野さんに, 十分調べ, 却つて失敬しました, 反つて義理, 右門殿の, 君樣の, 四年前に, 地上に, 失礼いたしました, 失礼しました, 失礼を, 奥さんの, 好い面, 実際において, 寝ぼけて, 實の, 彼自身です, 待ちましたのに, 御不沙汰, 御寝の, 御無沙汰し, 御無沙汰致しました, 恐縮で, 恥を, 教えを, 斯様に, 早取, 最う断念め, 望むところ, 死んで, 残念でなりません, 沢山お, 無理に, 申しわけありません, 痛み入ります, 確かに, 神である, 誰よりも, 退屈で, 間違って

▼ 私みたい~ (79, 0.0%)

6 な女 4 な者 3 なもの, にこんな 2 なこんな, な変, な男, に蚯蚓

1 [55件] ですの, なええ, なお, なおたふく, なお婆さん, なつまらない, なもん離縁, なスローモーション, なバカ, なヒヤカシ, なヘボ, な不幸, な不徳, な不良, な人間, な妙ちきりん, な姿, な子, な年, な弱虫, な形, な性, な性本来モウロウ, な無, な田舎者, な私, な酒呑み, な醜い, な髪, にいつも, にこじらし, にたしなみ, にただ, にたちまち, になつ, にのんき, にふとれたら, にパン, に一時, に上げ, に不幸, に亭主運, に何, に善良, に学問, に家, に御, に汗, に独りぼっち, に珊瑚, に皆, に臆病, に躓きつ, に身, のボロ

▼ 私について~ (76, 0.0%)

7 来て 4 来た 3 きたか 2 いえば, いらっしゃい, とぼとぼ歩い, 有する知識, 私は

1 [52件] あらゆるいいたい, あるきながら, いては, いへば, いろいろ異なった, おそろしく不法, お出でなさい, お尋ねを, きた, きたが, くれば, こうおじゃれ, こっちへ, こようと, こられただけ, こッち, そんなうわさ, そんなに心配, だったらその, らッし, ゐた人物, 一層生活, 中に, 二人で, 人に, 何事を, 医学者私が, 取ろうと, 喫茶店に, 少々申, 數を, 来たいとも, 来たもの, 来たらしい気配, 来なさい, 来ようと, 来ること, 来るさ, 来るつもり, 来る時, 歩いて, 矢田津世子も, 知って, 見れば, 言ったり, 話すと, 話すの, 詳細を, 説明した, 遊んで, 長年稽古を, 陳

▼ 私この~ (72, 0.0%)

32 へんで, へんの, 家を, 頃こんな, 頃つくづく

1 [59件] おへや, お店, お産は, お部屋好き, くらい普通, ことは, たびは, どろぼう, ままどこかへ, ままに, まま商売を, まま轢かれ, まんま死ん, ような, ビール二三本もらっ, 一年ほど, 七弦琴に, 三人で, 三月薬を, 二つの, 二三日むだに, 二三日具合が, 二人に対して, 仕事が, 光が, 前の, 前ドストイエフスキーの, 前名古屋へ, 四人が, 土曜日の, 場で, 夏の, 天じ, 家に, 寫眞の, 寺に, 小泉八雲日本人よりも, 店の, 度の, 座が, 建物を, 持病が, 未來を, 梅もどきッていう, 池の, 私が, 箱の, 節かかっ, 絵が, 花が, 花束だけを, 足で, 通お詫, 頃こんなに, 頃とても, 頃は, 頃よく, 頃懐疑論よ, 頃胃が

▼ 私~ (71, 0.0%)

2 あなたが, 二ツに

1 [67件] あなたも, あなた好きです, あのとき他, あの人, あの子, あの爺様, いま働い, おしつこ, おしるこ, きのこが, けどね, こう思った, ここに, こないだ考えた, この頃人, この頃希臘, さっき本屋へ, ずいぶん見すぼらしい, そりゃ出不精, それを, そんなこと, どうしよう, まだ男, もう処女ぢ, やっぱり前川さん, 二三百円だろう, 今度い, 今度一寸海へ, 何にも, 何時か, 先生ちかごろ, 内地では, 前刻通りがかり, 原稿書い, 去年の, 咽喉が, 大庭さんの, 女の, 女流作家と, 嬉しくて, 実はその, 小さい時, 少うし言葉, 幾年も, 思ってること, 悪い事, 明日から, 春子さんから, 昨夕行っ, 昨晩おそく, 暗くな, 本当はあの, 本當, 東京って, 死ぬとき, 町の, 私が, 私は, 結婚する, 繼母への, 色んな事, 見て, 貴女が, 貴方を, 近いうち, 革命家に, 鞄なんかの

▼ 私以外~ (70, 0.0%)

5 のもの, の誰 4 には誰, の人間 3 に誰, の人, の女, の者 2 の人々, の他, の客, の男性

1 [32件] にありません, にある, にいま一人, にはここ, には一人, には拝観者, には決して, には無い, には用, には総監, にほとんど, にもこの, にも弁吉, に彼, に無心, に良人, に観察, のあなた, のすべて, のだれ, のどんな, のもう, の一行, の三人, の事物, の二人, の人人, の人達, の多数, の存在, の方, の然るべき

▼ 私達二人~ (66, 0.0%)

2 の外, の散歩

1 [62件] が, が入っ, が其処, が斯ん, が気紛れ, が真っ先, が知っ, だけ残つて, でさえ, とその, ともいま, と老人, に倍, のこと, の女, の子供, の孤児, の容姿, の影, の心, の心づかい, の心持ち, の旅, の楽しみ, の特権, の生活, の約束, の者, の血, の親密, の間, はその, はそば, はどんなに, はまったく, はまつたく, はホッ, は伯母さん, は全然, は夢中, は大急ぎ, は宝泉坊, は寒, は寝, は小学校時代, は屋上, は帯, は平和, は店, は沼, は湖岸, は湖水, は覗い, は連れ立つ, を, をお, をその, を中心, を仕事場, を聴衆, を見, を見る

▼ 私たち三人~ (64, 0.0%)

2 の者, は手

1 [60件] がこうした, がご, が互に, が会った, が狹, して, だけがシワブキ, だけが残った, と俊夫君たち, なんだか互に親し, になる, によく, のお母さま, のこうした, のこと, のもの, の事業, の兄弟, の前, の同盟, の外, の学生, の生み, の神, の身の上, の運命, は, はあと, はそこ, はそれ, はひる, は一しょ, は一人づつ, は丁度, は仕事場, は兄弟, は力, は土用波, は宛名, は小さい, は小田刑事, は愉快, は抜き足さし足, は次々, は歩い, は汽車, は濡れた, は私, は笑った, は自動車, は襖, は言い合わせた, は警視庁, は黙っ, もそこで, も今夜, や小さな, をずっと, をのせ, を見つけ

▼ 私~ (64, 0.0%)

2 かわるい, もあなた, も知らない, も貴女, も高見さん, や知らん

1 [52件] うした, うしたら, うしませう, うせ一軒, うでも, うやら, かおいしい, かした, かもっと, か云って, か品物, か忘れました, か書い, したッ, だってそんな, ていわれた, て頓馬, でもございません, にもあげる, にもいらない, にもプレゼント, にも知らない, にも知りません, にも知りゃ, にも祖母さん, にも考へ, にも言, のこと, の得, の気, の秘密, ぼ何, もいう, もしない, も一緒, も云えしまへん, も今日死, も信じない, も変, も心配, も悪い, も惡, も有り, も正直, も言わない, も貴方, よりも先, をすれ, を云, を欺きました, ヲ言オウ, 働いて

▼ 私といふ~ (63, 0.0%)

9 人間が 6 ものが, 人間は 3 ことに, ものを, 人間の, 男は 2 ものは, 人間を

1 [26件] ことが, ことを, のは, みぢめ, ものある, ものと, ヘボ碁打である, 一人が, 一人の, 一観客は, 一門外漢にも, 不幸な, 個人を, 個性の, 女が, 子供が, 対個人関係から, 微些, 悴が, 成り上り者, 無用人, 無能力老人は, 狹隘で, 立場に, 第四人称, 青年が

▼ 私あの~ (61, 0.0%)

3 方と 2 人と, 娘が, 子が, 梅林の, 辺を

1 [48件] お話を, かたを, きっと, ことどう, ときね, とき凝然と, ひとに関しては, ひとの, わ私, ロッティちゃんだ, 上田と, 人が, 人たちに, 人なんか, 人に, 人の, 人よりも, 人を, 債権を, 冷り, 娘に, 室に, 岩の, 店を, 意地悪の, 方が, 方の, 方は, 方を, 方好きよ, 方存じません, 日約束の, 時ね, 時の, 時は, 時はじめて, 時分の, 有様見ました, 朝掃除屋さんが, 汽車で, 珊瑚の, 男の, 男を, 藻岩山に, 鉢の, 音が, 頸飾りを, 顔嫌いや

▼ 私などには~ (60, 0.0%)

2 わからない, 想像も, 断言は, 斷言は

1 [52件] あなたに, およそ縁, きもを, この方, すつかり呑み込めない, その合間, それに, つかまりつこ, とても深い, とても真似られない, どうする, どうもそうとしか, どうもその, どれ程も, ない坊ちやん, なつかしいもの, まして, まだ説明, よく分らない, 一生どんなに, 三行も, 不可能な, 全く新しい, 出来ません, 分らないが, 初めは, 到底そんな, 到底出来ない, 到底及び, 十分わかる, 反対に, 口では, 向いて, 寄りつきかねます, 少しも, 思はれましたが, 思わせて, 思われました, 思われる手紙, 意味も, 手ぬるく思われ, 抑揚の, 振り向いても, 時が, 洟も, 犇と, 理解できない, 甚だしく気, 目も, 縁の, 腑に, 解りませんの

▼ 私その~ (55, 0.0%)

4 私が 2 ことを, 人の, 私と, 私について, 私は

1 [41件] うちに, おでこに, ために, たらたら流れ, たんびに, つもりで, つもりに, ときは, とき右の, ひとの, ほか二人ほど, アルゼンチンの, ハガキに, ロシア人と, 中に, 予想の, 事で, 二人に, 人に, 人好きじゃ, 代り四谷見附の, 場で, 夢と, 手代が, 手紙の, 折お金を, 探偵の, 新田さんって, 方が, 日一日あなたは, 時お, 時くらい, 時は, 次に, 火皿に, 猫に, 絵を, 荷を, 道具あずかる, 遺産の, 黄絹と

▼ 私ほど~ (54, 0.0%)

2 母を, 深く女

1 [50件] あらわに, くいしんぼう, この事件, それに, はかない事, ひどい目, まじめな, よく働く, ハイカラな, 一生苦しまず, 不幸せな, 不幸せに, 不幸な, 世の中に, 人の, 他から, 先生に, 先生を, 勉強した, 名実の, 因果な, 坊ちゃんを, 学校を, 安心し, 容易に, 幸せに, 幸な, 悪い不孝, 悪者は, 悲惨な, 敵視された, 気の, 気心の, 潔白な, 無力な, 甘えて, 田園を, 知恵が, 社会に対して, 美しくない, 考えれば, 能く, 苦しんだ人, 苦労した, 薬剤の, 観て, 辛い悲いもの, 辛い悲しいもの, 辛酸を, 馬鹿馬鹿しく骨身

▼ 私以上~ (54, 0.0%)

3 にあなた 2 にお, のもの

1 [47件] だが, なもの, に, にききわけ, につらい, にやれやれ, にゆっくり, にワケ, に信用, に出る, に困っ, に大きい, に完全, に寝坊, に強く, に慌てふためく, に満悦, に無知, に物凄かっ, に甚, に真剣, に確信, に立派, に苦しん, に苦痛, に虚, に話好き, に迷惑, に郷里, に陰険, に離縁, に高給, のまたは, の人, の健康, の力, の好き, の悪手, の権利, の殊勲者, の癇癪, の知識, の者, の適任者, の鋭さ, よく弁え, 然しそれ

▼ 私でさえ~ (53, 0.0%)

2 これは

1 [51件] あなた様が, あの時, いささか物足りな, こうだ, このくらいの, これには, こんなに口惜しい, こんなに恥ずかしい, じれったいほど, そう両方, その始末, ちゃんと用意, とやかく言っ, どうしても受け入れる, ひそかに, びっくりさせられる, ほんとうの, まだ貴女, アンナの, マアあすこがと, 一種の, 不平を, 五間竿の, 何の, 側へ, 分りました, 変な, 多賀ちゃんが, 始終恋しく, 嬉しかった, 寝ないと, 平気で, 床の, 御気毒, 忘れかかって, 恐るべきこと, 悩まされるくらい, 時々そういう, 正視に, 気が付かなかったくらい, 気を, 淋しい気持, 猿若町の, 生活の, 真に血, 砂糖砂糖と, 自分の, 門へ, 開けぬ女, 頭が, 鼻を

▼ 私をも~ (53, 0.0%)

2 お手, 同腹一味の, 含めて, 幽閉する, 立ち上らせて

1 [43件] いつまでも, おし默らせ, お前さんたち二人の, お前をも, お斬り, お迎え下さいまし, そうした悪戯, その一人, その地平線, その子供並み, その子供竝, そんなとき, なほ加へて, なほ彼の, ひきくるめて, ふくめて, ふみにじるもの, ゆたかに, 信じて, 元気づけない, 刺殺する, 前に, 咎めなかった, 大事に, 安心せしめません, 実現し得た, 従者の, 愛着する, 憎んだ, 押したり, 挟んでは, 描いて, 撃ち殺したでしょう, 斬ると, 注意視し, 満足させる, 火葬場へ, 見て, 解つ, 誘つた, 追つ立てる, 釜前に, 隣組の

▼ 私個人~ (53, 0.0%)

3 のこと 2 の意見, の生活, の関心, は常に

1 [42件] が貰, だけの宗教, ではじめたよう, ではなく, で頂いた, としていろいろ, としてか, としてでなく, としての意見, としてはおかしな, としては先ず, としては別に, としては同情, としては待っ, としては必ずしも, としては終生, としてもあの, とは疎遠, にさえじつに, にで, にとってどの, にとつて, に興味, の人生観, の仕事, の件, の例, の倫理, の利害, の実感, の専有, の店, の意志, の感想, の生活事情, の用意, の立場, の考, の考え, は考へ, をまつたく, を非難

▼ 私~ (52, 0.0%)

2 うして, う見え, え, え私, ならず何とも, 又は横山, 私は

1 [38件] いま感じ, お早どん, お粂さん, お糸, お道, くれたくないん, ここに, それとも母, だO, どうかを, なる壮行, なる誇り, もたらした消息, 今日の, 伝六が, 傳六が, 八五郎が, 夫か, 女中が, 妻かが, 婆や, 小言の, 帰るはず, 或は彼, 旦那の, 易介の, 来たとき, 正気に, 爲三郎で, 福次郎が, 私か, 私でない, 空想で, 罪の, 船長かが, 苦しんで, 解らなくなる, 随い

▼ 私じゃ~ (51, 0.0%)

4 ありませんよ 3 ない, 私じゃ 2 ありません, ございません, ないが, ないん, 有りませんよ

1 [31件] ありませんか, ありませんからね, いけないの, お気に, ござんせんよ, さあお目, で君, どうにもなりません, ないか, ないてば, ないでしょう, ないです, ないと, ないよ, ないわ, ない憎い憎い, なかった, なかったという, なくて, なければ, アございません, アぜ, アない, アねえ, 一寸上れ, 不可い, 無いと, 眼は, 術が, 間に合いますめ, 駄目だ

▼ 私そんな~ (51, 0.0%)

4 ことは 3 ことを 2 つもりで

1 [42件] お言葉, こと, こといやです, ことが, ことしやしません, ことどう, ことよう知りません, こと云った, こと夢にも, こと致しません, でしたもの, とけえ, ものなんか, ものなんに, ものを, もの着やしない, もの要らない, もの要りません, 事したくありません, 事は, 事一度も, 事出来る, 事知らない, 事知りません, 人好きな, 人知らない, 人達とは, 嘘なぞ, 婆さんかしら, 島の, 意味で, 気で, 気持じゃ, 浮気な, 珍らしい, 男の, 皆の, 神経質の, 覚は, 話, 陰険な, 風に

▼ 私として~ (50, 0.0%)

1 [50件] いかんとも, いくらかでも, いま一つの, お互に, お尽くしいたしうる, かういふ仕事, きのうの, こういう黙想, この学校, こんな心苦しい, そのとき, その義經, はさのみ, はしかも, ドンナニ不徳な, 一番い, 三種の, 二重三重に, 云うべきこと, 何ヵ月も, 前の, 十分愼ま, 大事業, 大経験, 安ん, 常態に, 後悔せ, 心甚だ, 忘られない, 意味が, 感想を, 感謝に, 成長しぬけなけれ, 或る, 戦後はじめて, 最大限の, 本末の, 気のりせず, 洵に, 浅くない, 生れ出た, 申上げる, 直接女中の, 真先き, 第一次欧州大戦, 精いつ, 耳を, 自分が, 虚欺の, 諸君に

▼ 私~ (50, 0.0%)

2 もう

1 [48件] お上げ, お徒士町, こんな形姿, そういう主義, そうなる, その先生, ちゃんと掴ん, とっちたね, とても貴, どうもこんな, な生れてから, ねお嬢さん, はア婆様, またぞろ夜逃げ, また庄ちゃん, まったくの, まア浮かり, もうお前, もう寄席芸人, もう父様, もう精, 何でご, 其の警衛, 其の金, 出してさえ, 出て, 初めて見た, 口惜しくッ, 大金持, 帰って, 忌々しくて, 拾った煙草入, 斬られました, 構わねえが, 歩くよ, 死ぬ苦み, 汚ねえ, 知らねえけれど, 知りや, 知りやせん其の, 縛る役, 置いて, 聞いて, 踊るよ, 違えねえッ, 遠い山国, 酷い目, 驚きやしたあなた

▼ 私~ (50, 0.0%)

5 に来 2 ではそんな, へ出入, へ養子

1 [39件] が憎まるべき, では大勢, で亡くなりました, で得, にて同村, にもこの, にも唯今長府馬関, に何, に出入, に告別, に嫌疑, に持参, に来ました, に来れ, に遣, に飛込ん, の子供, の孫子, の家事家風, の家捜しサ, の家風, の小, の心持, の石垣, は多町一丁目, へお, へまいりました, へも片時立, へ参りまし, へ參, へ将, へ来, へ頼久太郎, もたのしみ, より学校, より宿引, を出ました, を悪しく, 老主人

▼ 私とを~ (49, 0.0%)

2 見比べながら

1 [47件] この土地, して, そういう関係, のせたまま, みながら, むかえたの, コンナ破, モデルに, 一しょに, 一つに, 一緒に, 世にも咀, 乱暴に, 伴うて, 伴って, 促した, 包んで, 区別する, 同じよう, 呼ばれて, 堅く結びつけ, 対照し, 山から, 心の, 心配し, 接近させ, 接近させたがっ, 握手させ, 案内し, 残して, 比較し, 瀬木に, 狼狽させた, 生んだ, 突合わし, 笑殺せしめた, 等分に, 結びつけたの, 結び付けて, 絶縁すべき, 繋いで, 膝下に, 見つけました, 見比べた後, 間違えて, 関係づける, 除いたら其次

▼ 私からも~ (47, 0.0%)

2 お願いしたい, 主人に, 厚くお礼

1 [41件] いろいろお話, お訊ねしたい, お話しする, お願いいたします, お願いし, この通りおねがい, その後も, そりや, それとなく希望, なるべく事, やりましたが, よくお礼, よくよく意見, よく申し, よく言っ, 一寸, 一言いっ, 一言この, 一首吟じ, 二倍だけ, 云ひます, 井師に, 伺わないと, 何とも言い出さなかった, 共々お願い, 十分注意は, 委しいお話, 御礼を, 手紙を, 推薦し, 日常の, 暫くは, 注ぐと, 申しあげねば, 笑顔を, 見透せるので, 言って, 訊ねなかった, 逢いたく思って, 阿父さん, 隠して

▼ 私~ (45, 0.0%)

16 やありません 15 やない 3 やございません

1 [11件] や, やさうは, やとて芸人, やダンス, や仕方, や先, や大した, や無い, や眼, や解りません, や駄目

▼ 私にゃ~ (44, 0.0%)

1 [44件] ありゃしなかった, あ不可, あ出来ない, あ役立たねえ, さっぱり分らない, さっぱり可笑しく, そうしか, てんと分らん, できないできない, どうしてもあの, どうしても持てない, どんな音楽, ようく, よくわかる, わかりますよ, ア, アさっぱり, アどうにも, ア分らねえ, ア大分実を, ア悪党がね, ア私の, ア貴, 何が, 何だか解りません, 何にも, 出来なくって, 分りません言ったって, 初手から, 判らないが, 半日辛棒も, 名を, 大切な, 少し過ぎてる, 弥, 念仏も, 手が, 新夫人様, 然う, 私にゃ, 素直だ, 腑に, 解りませんねえ, 解んねえが

▼ 私よりは~ (43, 0.0%)

1 [43件] お前の, きれいな, まさつたもの, わかいと, 一回り上だ, 一寸ぐらい, 三つほど, 三つも, 三つ四つ年上らしく, 上手に, 上背が, 下座へ, 二三歳弱齢の, 二三箇月遲れ, 五つも, 人の, 余程上手, 余程剣道, 偉い人間, 優勢に, 先に, 冷い, 又一段と, 四つ五つの, 大事がられ, 大変えらい, 妻の, 姉さんの, 子供らしい, 家族たちの, 年下だ, 年齢が, 幸福だ, 幸福な, 数等傑れ, 永く住, 深く思われ, 清純かも, 臆面が, 船の, 貴方が, 遅い出番, 遥かに

▼ 私~ (43, 0.0%)

7 とこの 6 とこへ 5 とこに 4 ところに 2 とこでは, とこも, ところへ

1 [15件] だよ, ちでも, ちなど, ですか, とこだ, とこぢやもう, とこで, とこでも, とこにも, とこは, とこへも, ところにも, ところのだ, とこ子供なんか, 処へ

▼ 私~ (43, 0.0%)

2 にあり, の要, を修め, を傷, を後

1 [33件] なりその, なるもの, において恵与, に対して仰々しく, に求め, に注意, に論及, のこと, の事, の位, の修まるあれ, の元素, の円満, の名, の根本, の発生, の発育, の発達, の盛ん, の美, の誠, は公徳, は悉皆, を大切, を忘, を発達, を等閑, を脩むる者, を脩め, を説き, を軽, を重んじ, 先ず紊

▼ 私までが~ (42, 0.0%)

2 それを

1 [40件] あなたの, いつ他人, おしづさん, こうし, こうした不具, この本, こんなに年, その鶏, どんなに恥しい, ひどく笑った, よかった, アブの, カンヅメに, 三人の, 主婦や, 事件の, 何だか彼, 何となく快から, 何んだ, 倶に, 多分まっ青, 夜叉の, 大助かり, 子供心にも, 年甲斐も, 幾度も, 引き入れられて, 彼の, 憎いので, 歴々の, 気が, 漏るやう, 燥ぎ出した, 簡単な, 自殺する, 良い気持, 菊太に対して, 長い間, 馬鹿に, 鼻が

▼ 私~ (41, 0.0%)

2 の批判, の解釈

1 [37件] かも知れません, に, にある, にいえ, にしらべ, には之, にまとめあげた, によめる, にアンバイ, にスナオ, に云え, に判断, に幾つ, に指摘, に病後, に笑い, に考えぬい, に考へ, に考へ直し, に親しみ, に解釈, に言, に言う, に附け加えますなら, に青木, のといふ, の断案, の演劇論, の絵, の考, の考え, の見方, の言, の言い方, の話, の随筆, の髪

▼ 私にとっても~ (40, 0.0%)

1 [40件] あなたは, おそらく君, この人, これは, これまで, じつに悲しい, すこし風変り, それに, それは, それらが, ひどく恥しいこと, よろこばしい事, ショックであった, フルサトな, 一つの, 一ばん大きい, 五里霧中であります, 亦, 何か, 全く最初, 四十は, 大仕合わせ, 大変な, 宿命的な, 師匠な, 幸せであった, 愛すべくまた, 批評文を, 時間は, 最後の, 未知です, 未知数だ, 生れて, 男役が, 第一回シナリオ, 苦手でし, 誰にとっても, 警告だ, 遂に胸中山水, 重大な

▼ 私ほんとに~ (40, 0.0%)

2 困って, 心配です

1 [36件] あなたに, あなたは, あなたを, あの時, いい子, うれしいこと, うれしいわ, お前が, つまらないつまらないと, つらいん, わがままな, フランス語の, 今夜くらい, 仕合わせだ, 伊香保では, 何うし, 何も, 厭な, 可愛想, 喫驚した, 困るん, 好きだ, 嬉しゅうございます, 幸福に, 弱って, 心配した, 心配で, 怖う御座いました, 恥を, 恩に, 悲しかった, 母の, 気に入つて, 気を, 疑るなんて, 節だけは

▼ 私~ (40, 0.0%)

2 持って

1 [38件] うれしいん, からすぐ, からでも出, から改めて, すぐは, だって好意, でもあなた, でも不思議, とてもつらい, となッ, に知らないです, のまま, の三好さん, の戦争唱歌, はじめて聴かされた, までちっとも, まで沢山貴女, ままでに, ま可い, もそう, も云った, クサカを, ネフッ, メイフラワに, 三丁目に, 交番に, 十分よき, 嘆いたりなんか, 嘉久子の, 大変よき, 小川さんと, 帰つて午後に, 来がけ, 来たばっかりで, 松と, 着て, 車夫に, 迄さんざ

▼ 私~ (40, 0.0%)

15 太平記 12 太平記の 2 の万葉集, 太平記は, 太平記も, 當に 1 万葉集一巻を, 万葉集一部を, 太平記では, 太平記でも, 太平記などは

▼ 私自分~ (39, 0.0%)

2 で自分, の事

1 [35件] がそれ, が今日, が何, が弱い, が斯, だけの心, であなた, ではそんなに, でも思つて, で一遍往, で今後, で働きたい, で定めた, で弾い, で手筈, で行っ, というもの, にそう, にもそう, に感じる, に疚しい, のこと, のひき, の子, の心, の持っ, の氣, の考え, の舌, の言葉, の赤ン坊, の部屋, は自分, も人間, を信じ

▼ 私どう~ (38, 0.0%)

8 したらいい 6 しようかと 5 しましょう 4 しよう 3 すれば 2 したん 1 したって, したの, したらい, したらそんな, したら可, しましょうねえ, なって, 云つてお, 思っても, 言って

▼ 私なぞは~ (38, 0.0%)

1 [38件] いくら暇, せめて父親, ぜいたくを, そんな目, ちょっと新聞, ですから, どうお金, どんな目, 一幕中筋だの, 今までの, 今もつ, 何を, 僅な, 前から, 却って奥, 叔父さんすくなくも, 土足の, 大殿様にも, 大殿樣にも, 少し飲める, 山の, 左様思ひません, 当時あの, 斯く聲言, 日曜も, 昨晩の, 武松の, 洋傘でも, 滅多に, 男の, 眼中に, 精出して, 結論が, 自分の, 見物の, 誰様が, 買はれない, 資格の

▼ 私にだけ~ (38, 0.0%)

1 [38件] あの鍵, きかせた, そんなこと, ひそかに, よく解る, わかるよう, コッソリと, 何でも, 先に, 冒した罪, 出来る芸当, 分って, 口ぐせに, 合点の, 囁きたい, 大急ぎで, 層雲が, 必要で, 恵まれた才能, 打ち開けて, 早くきかし, 知らせるため, 突然物悲しく, 笑う親し, 聞こえる細い, 聴える, 見せて, 解かりかけて, 解って, 触れないで, 言って, 言ふわ, 証書を, 話した事, 話して, 読めるわけ, 證書を, 関係した

▼ 私とて~ (37, 0.0%)

2 おだてられたり, きらいの

1 [33件] あの児, ある知識, けちな, これについて, じつはこううまく, そんなにまで, まだこれ, まだまだ一向駄眼, もちろん登山, 不満である, 五日の, 今までに, 今死にたく, 保証の, 占者の, 同じこと, 同じ季節, 四国屋の, 彼を, 恥を, 数で, 敵の, 是迄, 最大の, 無理に, 然し自然, 皇室を, 知らないの, 美しい娘, 襲われる反撥的, 車冑へ, 飛ばし読みにでも, 驚かざるを

▼ 私なんぞは~ (37, 0.0%)

2 何も

1 [35件] いっその, お羨し, からきし意気地, この世の, この甲州, それこそ, そんなもの, そんな意気, まことに豪傑, まだ一向委しい, もう婆, もう駄目, 一人で, 三十に, 人間は, 今の, 側に, 典型的な, 初めから, 夜を, 娘の, 幾度しかられた, 座敷の, 徐々昼飯が, 思つてゐやす, 無名の, 男の, 知ったこと, 羨ましくても, 胡桃の, 自慢でない, 話して, 首が, 骨身に, 鬱いで

▼ 私などに~ (36, 0.0%)

3 何の 2 あの方, しても

1 [29件] あろうはず, あんな樣子, おかま, しろ何, そんなこと, どれだけ, はめつたに, わかるには, 何程の, 傷けられる, 其様な, 出来そう, 分らぬの, 取って, 恋するには, 感服し, 枕許を, 比すれば, 煩わされて, 目を, 窺い知れない内部的, 胡魔化される, 見当も, 誰も, 較べて, 較べると, 遺つて, 関心を, 頓著なく楽し

▼ 私達夫婦~ (36, 0.0%)

3 の間, はこの 2 にとつて, に子供, の, はどんなに

1 [22件] からお願い, が, がはじめて, が新婚旅行, が浜田氏, であつ, と一緒, に向っ, の仲, の会合, の間柄, は人人, は何事, は其処, は分れ分れ, は別に, は古澤先生, は和田英作, は御, は行けない, は飽くまで, をつれ

▼ 私それ~ (35, 0.0%)

2 を思う

1 [33件] からいろいろ, がうらやましい, がおそろしく, が伺ひたい, が嬉しい, が怖かっ, が怖く, が皆んな大嫌い, が貴方, だけで満足, で本望, で満足, とも知らず, と無く, と猫, にこだわらない, はそう, はよく, は大, は心配, は自然, は遁辞, は間抜け, もこれ, よか一寸, を, をゆで, を喜ぶ, を外, を心配, を或, を聞い, を貫きます

▼ 私ごとき~ (34, 0.0%)

2 ものが, 者が, 者まで

1 [28件] が, がなに, が何, が囘, が蛇足, にこんなに, にはそれ, に望外, の愛, の運命, ものに, ものは, を格別, クマソタケル然, 人間に, 才能の, 浅学菲才の, 町人風情に, 病弱な, 者で, 者と, 者の, 者を, 者をも, 若年者に, 鐚一文の, 非文不才, 頭脳の

▼ 私たち女~ (34, 0.0%)

4 の心 2 のこと

1 [28件] が全幅, が或, が日本, が目前, が読め, だけ残される, などが発言, にとってはなおさら, にはいろいろ, には溜飮, には駄目, のその, の情愛, の戸主, の正直, の生活, の胸, の読者, の関心, はそこ, は一年間, は女, は弱い, は思わず, や男, をしみじみ, をも激しく, を愚劣

▼ 私にだって~ (34, 0.0%)

1 [34件] あんなに慕っ, すこし考え, その苦しみ, そんな馬鹿馬鹿しい, どうする, まだまだロマンチシズム, やれそう, よくは, よく分っ, よく分る, 一人や, 一部の, 二つ三つそんな, 些とは, 今の, 何とか為り, 個性が, 分かって, 分りませんわ, 実によく分る, 意地が, 感ぜられますよ, 憎悪の, 有りますよ, 欠点は, 爽かな, 理窟は, 着られる, 秘密の, 見せたい人, 覚悟が, 親類が, 解らないこと, 読めるわけ

▼ 私達三人~ (34, 0.0%)

2 は小石川

1 [32件] が臆病, が運, だけでも, でお, というの, と他, の少年, の意見, の為め, の結論, の落ちついた, の間, はうしろ, はおのおの, はその, はつい, はスパルタ, は三木君, は御, は或, は早見さち子, は滑る, は直方, は立ち竦んだ, は立山本山, は銀座, は露店, は黙然, をも喜ばせる, を幽霊, を敬っ, 打ちそろって

▼ 私たち日本~ (33, 0.0%)

8 の婦人 6 の女性 3 の人民, の作家, の女 2 のもの 1 のすべて, の七千万男女人民, の人間, の働く, の婦人作家, の文学, の民主的作家, の知識階級

▼ 私さえ~ (32, 0.0%)

2 黙って

1 [30件] いなかったらいい, いなかったらこの, いなかったらすくなくとも, いわゆる私, ずいぶん辟易, その時, それを, ただ苦い, だまって, 一声も, 亡き者, 出れば, 前に, 勇敢に, 吃驚した, 居ませんければ, 怒らさなければ, 我を, 我慢すれ, 殺され, 泣かされて, 目しいに, 知らないの, 走るならば, 踏台に, 追い出せば, 逃げ出せば, 過ぎた日, 開閉に, 階下いおろ

▼ 私~ (32, 0.0%)

10 の手紙 2 で届いた, の郵便物, の電報

1 [16件] で書いた, で書き残した, に倫敦, に参りました, に書く, に電報, のお, のもの, のハガキ, の告白, の手紙来, の書簡, の無線, の署名, の葉書, の郵便

▼ 私たち自身~ (31, 0.0%)

2 と私たち, もほとんど

1 [27件] がこれから, が値上げ, が平和, が恐ろしい, が考え, が観世音菩薩, こうある, にも発現, に投げつける, の今日, の影, の心, の政治, の生きよう, の社会的, の豊富さ, の身體, もからだ, もまた, も私たち, やはりその, を救う, を民主主義作家, を甘やかし, を自分たち, を見た, 信じかねるほど

▼ 私だった~ (31, 0.0%)

3 のだ 2 かも知れません, ので, のでございます, のです, ので御座います

1 [18件] かも知れない, から再縁, が, がいまさら, が今や, が何事, が私, ことでしょう, という説, とわかる, と判る, と聞いたら, なあと思う, のかと, のであっと, のである, のでかれ, んです

▼ 私なりに~ (31, 0.0%)

1 [31件] お役に立つ, ここは, このヨオロッパ, この会, この工夫, こんなにも精一杯, たのしいの, つとめて, ともかく理想, もつと, やって, ゆるせるの, 中野の, 女性観も, 学問上の, 小さくつつましいもの, 押し通すよ, 書いて, 書きこんで, 書庫の, 欲の, 永く考えた, 深い興味, 男は, 発明した, 真に理解, 考へるの, 自らを, 興奮した, 証明する, 誇りを

▼ 私はと~ (31, 0.0%)

3 いへば, 言えば 2 いうと, いえば, つぎの

1 [19件] きものの, ぢ上げた, つくに, つとと, に角, ほい山脈, ッくに女房に, ッさに, 一言を, 云う必要, 云って, 何か, 名刺を, 或る, 素気なく, 角二つを, 言いますと, 言うと, 言へば

▼ 私~ (31, 0.0%)

2 に顔たて, の考

1 [27件] から申, かわっても, がご, が仕事, が僣上, が拾う, が私, におまかせ, にとりましてはご, にはまだ, に命令これ, に手渡した, のこれ, のため, の先生, の素性, はそう, は東条数馬, は評定所与力, まで右品, も今朝, も家財, も腹, をこの世, をもお, を嚇します, を連れまし

▼ 私よく~ (31, 0.0%)

3 存じて, 覚えて 2 分らないわ, 知つてる

1 [21件] これを, して, たしかめた上, なったらお願い, は存ぜぬ, は知らない, 云うん, 分らないけれど, 判りませんけれど, 喧嘩を, 存じてを, 存じませんが, 存じませんわ, 思い出しますいつか夜仕事, 思い知ったから, 知らないん, 考えさせて, 考えて, 考えましたの, 見まして, 食べよく

▼ 私何だか~ (31, 0.0%)

2 いやだ, 心配で, 気に

1 [25件] あの方, いやな, そんな気, 二人の, 五反田の, 体の, 分らない, 厭で, 可哀そうで, 変だ, 変な, 妙な, 心細くなっ, 恐しいのです, 恐ろしくつて, 明日帰る, 昔こんな, 普通の, 気味が悪いわ, 気掛りで, 目が, 自分が, 自棄に, 行き悪い, 酔つてを

▼ 私たち婦人~ (30, 0.0%)

1 [30件] が, がはっきり, が心から, と直接, にあっ, にとって又, にとって可笑しく, にとって婦人, にもその, に奨励, のあつい, のこころ, のため, の存在, の家事, の希望, の幸福, の政治的権利, の立場, の胸, の自由, はいまさら, はまた, は今更, は唯, は悪, は憲法, は現, は生きる, も知る

▼ 私如き~ (30, 0.0%)

3 ものが 2 者の

1 [25件] が今日, には, に出来ましょう, に向, に目, の力, の後, の想像, は二葉亭, は手, も正直, 一介の, 一小, 不束もの, 不肖の, 俄百姓が, 可憐の, 智慧の, 漂流の, 畜生とは, 素人が, 者が, 者と, 者には, 若年者より

▼ 私からは~ (29, 0.0%)

2 申上げられません

1 [27件] その都度, たびたび便り, ちよいちよい出かけた, なれて, なんともお答え, なんとも申しあげかねます, もう何, よく見えなかつた, 伯父に, 何にも, 何も, 別に頼んだ, 口は, 失はれた, 従弟の, 最早, 此金屋何某の, 歴史という, 注文を, 物資の, 特に切り出し, 見えなかったの, 見えぬほのか, 話せない, 遠い, 遠い子供たち, 離れた

▼ 私~ (29, 0.0%)

4 へ身 3 へ死んだ 2 う思ふ

1 [20件] うぢ, うは, う思つて, う申す, つきへんな, へ, へに居りませず, へふしぎ, へも見それる, へ信じない, へ其生, へ寄せ付けませぬ, へ居れ, へ戻らなけれ, へ正妻, へ泣き出したく, へ満足, へ頭, 扮装を, 私は

▼ 私とで~ (29, 0.0%)

2 それを

1 [27件] あつた, いいよう, お話した, その前講, たべました, だいぶ違う, とりあえず御, どんなにやきもきした, よんで, 一生懸命に, 交る, 分担した, 寒い晩, 山水の, 山田に, 引受けてるんで, 引受ます, 当人達に, 持って, 縊り殺した, 藤井の, 藤井のを, 蠅男を, 話したこと, 誘惑した, 近所の, 頻に

▼ 私のみ~ (29, 0.0%)

7 では 2 ならず他, 憎まれるの

1 [18件] でありましょうか, でございましょうか, でなくほとんど, でなく多く, でなく姉上, でなく誰, で応ずる答, で応ずる答え, ならずおそらく, ならずこの, ならずさき, ならず一般国民, ならず作家, ならず家内じゅう, ならず私, ならず私下男足下, 独りポカンと, 退去を

▼ 私としての~ (28, 0.0%)

1 [28件] あのとき, なやみが, よろこびも, プラスと, 仕事を, 信念が, 信条は, 全速力で, 収穫は, 問題も, 弁慶が, 念の, 想像説を, 手紙を, 持前が, 本来的解決の, 条件的に, 段階で, 答解の, 精一杯の, 結ばれかた, 考察を, 自活の, 蒼古調である, 見解である, 解説を, 言い分は, 遺憾が

▼ 私だつ~ (27, 0.0%)

3 て何 2 てこれ, てそれ, てどんなに, てもう, て然

1 [14件] てい, ていつもイライラ, てお前, てそれだけ, てそれ位, てつまり, てどう, てどこ, てまだ, てやつぱり, て本当に, て殺す, て貴方, て遊んでる

▼ 私と共に~ (27, 0.0%)

2 それを, わが文学, 思索し, 情の

1 [19件] いる, このアトリヱ, これら山川の, サッキャアの, ビールの, 千曲川の, 同感せられるであろう, 城中へ, 室に, 彼の, 心配した, 晴れやかな, 朝日島の, 栄華長生の, 河原の, 現場へ, 病院を, 罹災された, 警部に

▼ 私によって~ (27, 0.0%)

3 構像せられた 2 思惟せられる

1 [22件] その関係, 九月四日通りで, 作られたもの, 大いに利益, 失って, 密かに, 引き去られること, 慰められたそう, 或る, 把握せられない, 明晰に, 構像せられる, 決して体験, 為されること, 理解せられる, 百年後に, 知覚せられる, 知覚せられ得ない, 考え出されること, 補おうと, 見られ感じられ叙述, 認識せられる

▼ 私に対しては~ (27, 0.0%)

1 [27件] あまりに自分勝手, おばん式, き, ことに峻酷, どちらも, まったくそうな, みな一様に, もう敬意, もはや温順, 一と, 一層冷淡, 丁寧で, 何事をも, 冷たくなる, 努めて, 妙に, 実に優しく, 思いの外不快に, 慎ましく, 我であり, 手を, 極めて冷淡, 毫末の, 無碍に, 献身的であった, 綿貫を, 記憶の

▼ 私これ~ (26, 0.0%)

1 [26件] が済みましたら, しか吸えない, だけの男, であなた, でおつもり, でとても, でなかなか, でもうつ, でも二十三, でも二十二, でも十年ジャムス, でも随分, でよく, で失礼, で子供二人, で帰る, で引取, にて充分, に乗らなけりゃ, はちと, ばかりは諦められん, へ, をよみたく, 迄は大体, 迄只, 頂いときますよ

▼ 私なぞ~ (26, 0.0%)

1 [26件] いくらそうは, いくら旅行, から見れ, これで, こんな子, こんな幽霊現象, とてもお話相手, とても睡れた, の及ぶ, の来られる, の知らない, まだあまり幼い, みむきも, もう歌, カストリて, 一度も, 何とも思っ, 出来ること, 出来損, 出来損い, 子供の, 居ない方, 悪文の, 石ころね, 誠兄さんの, 誰れ

▼ 私まだ~ (26, 0.0%)

2 封開け, 考へても

1 [22件] あすこに, お目にかかって, お金は, ここには, そんなで, そんな事, インフレの, 一度だって, 一度も, 云うこと, 体が, 十歳ばかり, 半分も, 変な, 小学校の, 歌手に, 知らないのよ, 行つた, 見ないところ, 變な, 顔も, 顔を

▼ 私までも~ (26, 0.0%)

1 [26件] あなたに, お見捨てする, この殺人事件, その研究, それを, そんな女, つい一しょ, ひき入れられる程, ロシア文芸の, 一と, 一日中なんだか, 他に, 信じて, 健康を, 口を, 嫌いに, 御疑い, 恨まれること, 恨めしそう, 気絶する, 氣が, 泣きたくなるくらい, 苦めて, 駈けくだり馬, 騎虎の, 驚いて

▼ 私もね~ (26, 0.0%)

2 お前さんが

1 [24件] あした清が, あの子, ありよう, お前と, お察し, これでも, これには, これ以上いい, ぢくれた, つい鼻, 一寸お尋ね申したい, 一緒に, 今の, 何だか旦那, 何です, 何時までも, 出来得る限り, 吾吉の, 実はもう, 小夜子サンの, 本統に, 東京へ, 白縮緬の, 茲に

▼ 私風情~ (26, 0.0%)

1 [26件] があなた, がお先に, がそんな, がといい, が三十両五十両, が三十兩五十兩, が何, が御, が申す, が苦情, が逆, が関心, ではどうして, ではどうにも, にはもったいない, のなま, の保証, の信心, の女の子, の娘, の訴訟, の賎, はといった方, は取る, は旅, へいろいろ

▼ 私こんな~ (25, 0.0%)

3 ことを 2 ところを, のを, 事を

1 [16件] ことが, たちでしょう, ところで, のが, もの, 事は, 処で, 嬉しいこと, 悲しいこと, 日が, 暮らし方, 気が, 生活を, 男が, 襤褸を, 騒動

▼ 私たち夫婦~ (25, 0.0%)

1 [25件] が何, で女房, で浪花節, にこんな, にはいっそ, には生涯, に子供, に稼ぎ, のこんな, の不和, の意見, の生活, の生育, の記録, の間, はあんた, はいつの間にか, はその, はそれ, はつい, は寝ころぶ, は既に, は日曜, は食べ, をお

▼ 私だけに~ (25, 0.0%)

1 [25件] いま, おしえて, お打あけ, して, そっといっ, そっと教え, ちよいと, とどまる分解, なって, なっても, なる, 向って, 愛情を, 新しい事, 注がれて, 注意する, 特にさ, 知れて, 見える気遣い, 見える美し, 解るよう, 限つた感情か, 限られた自白, 限られて, 頼らなければと

▼ 私でございます~ (25, 0.0%)

3 か, か私

1 [19件] あなた様の, かね琥珀, から, から不自由勝, から中途, から尚更, が, がどうぞ, が今, が目前, が遺伝, こ, この私, と低, よ旦那様, よ親分, よ錢形, 今度ばかりは, 親分さん

▼ 私なんぞ~ (25, 0.0%)

1 [25件] あなた, あるには, お父さんの, こんなにひ, そういう所, そのため, でも, ひどい, まったくこの, もうお婆さん, もしありのままに, よくは, ホントは, 一度も, 出過ぎましたよう, 別に何, 哀れよ, 外に, 小母さんが, 師について, 惨めな, 死ぬまでに, 絵図を, 花の, 顔も

▼ 私はも~ (25, 0.0%)

6 少しで 2 少し出す

1 [17件] うずゐ, すこし木村, ぢも, ぬけの, 一寸で, 一度, 一度こころ, 一度その, 一度初め, 一度殴りつけられた, 一度聲, 一度青い, 一日彼と, 少しいよう, 少し先, 早や, 早善い

▼ 私一個人~ (25, 0.0%)

1 [25件] だけに関すること, で変更, としての引っ込み思案, としては先ず, としては安住, としては男子, としては相当, として伺う, にとってはひどくもの珍しい, にとっては之, にとっては聖書, にのみ興趣, のため, の偽らぬ, の思想, の想像, の感想, の本能, の気持, の無鉄砲, の考え, の考察, の趣味好尚, の願い, はやはり

▼ 私しも~ (24, 0.0%)

1 [24件] やはりさうだ, リセリウ街の, 一緒に, 一處に, 上京し, 上京仕, 京へ, 仕方が, 何れほど, 兄の, 入れて, 初から, 初は, 初めは, 取る年, 夫を, 少し遅, 帰りまして, 早, 是から, 是だけ, 最う彼処, 爾思っ, 開け度

▼ 私だけには~ (24, 0.0%)

1 [24件] かういふ生活態度, この事柄, この直感, そう思われます, その日, それが, ない, はつきり解つたのである, まったくでございました, わからなくて, ニコニコし, 不在証明と, 不在証明という, 不調和な, 大いに心遣り, 愛着の, 教えて, 柔順な, 理由が, 立派に, 興味が, 見ない振り, 解って, 証明出来だし

▼ 私はた~ (24, 0.0%)

1 [24件] あちやん, あ様, いやき, うとうこの, うとうつかまへられなかつた, うとうペン, うとう一人, うとう一度, うとう十四年, うとう友人, うとう喋り勝つ, うとう女, うとう恐懼, うとう愚劣, うとう感づい, うとう癇癪, うとう相手, うとう睡れなかつた, うとう立ちあが, うとう立ち上つ, うとう肘掛, うとう行方不明, うとう論語, だぶっきら棒

▼ 私~ (24, 0.0%)

4 のもの, の年 3 不仕合 2 の年配

1 [11件] い強い, が木, なもの, の女, の年まわり, の年輩, の考え, の苦労, よく勇ましく転んだ, 居たらほんとに, 悪い女

▼ 私貴方~ (24, 0.0%)

2 がすき, の手紙

1 [20件] からは戴きません, がもう, が急, にお, にお話, に些, に向, に手紙, に黙つ, のお, のため, の事, の別荘, の奥さん, の思, の眼, の禿げ, を友達みたい, を愛し, を殺し

▼ 私たちみんな~ (23, 0.0%)

1 [23件] がみんな畳, が目, が知っ, ずいぶん世話, そのとおり, で食べた, に乗り移る, に憐みの心, のところ, の小さい, の慰め役, の気持, の程度, の苦しみ, はどんな, はもう, は何と, は気, は洞穴, は疲れ, を拾い集め, を救う, を滅ぼす

▼ 私だったら~ (23, 0.0%)

1 [23件] こういう友人, この種, こんな乱暴, そういうふう, その犬, そりゃ勉強, どうした, まず脂身, ダイヴィングで, ノブ子さんとは, 一日だって, 二人を, 今夜は, 何年い, 卑屈な, 噂だけ, 始末の, 当分は, 当分長生きが, 戦争を, 母体を, 気絶しちまう, 親友には

▼ 私なんかは~ (23, 0.0%)

1 [23件] あすこの, いい食い物, いたわる価値, すぐに, そう云われる, そっちのけに, その人, とてもそんな, どうかし, どうでも, どうも権利, まずおっちょこちょい, もうもうお山, 両親とも, 今もつ, 厭だ, 同じ盥, 喉が, 女の, 如何う, 学問の, 役には, 自分で

▼ 私~ (23, 0.0%)

2 体ヘ, 口ヲ, 家ヘ

1 [17件] コノ美シイ足ノ, 中学ノ, 創意ニヨルコトデハナイ, 家ニハ犬ヤネコガヰマスカラウサギハベツニシテゲンカンニオイテアリマス, 山ハ私ガ実際, 心ヲオドラセマス, 感ジガドウモ出ナイデコマリマス, 故郷ダカラ好, 母ダトカ伯母ダトカイウ人ノ, 洋服ヲカシテカゲマセウ, 生活ニスコブル密接ナ, 町, 社ヘ, 見タトコロデモ死骸ハ大概, 親愛ナル父サンヨ私ハ従来男女七歳ニシテ席ヲ, 足ニ綱ヲツケテ上ヘヒツパリアゲテ下サイ, 道楽ハ何デモオモイ浮ンダコトヲ書ツケテオイテソレガドレダケノ月日ヲ

▼ 私~ (23, 0.0%)

3 はもう

1 [20件] がその, が今度買, が邪魔, じゃ, だってだれ, だって私, でした, とどれ, と云え, と同じ, と須山, に対する自身, はお, はねこんな, は何ん, は私, ほんとに, よろこんで, を睨ん, 泣いて

▼ 私~ (22, 0.0%)

1 [22件] だって国, 一つお願いが, 中, 人に, 何うし, 其の難儀, 国い出ねえ, 国へ, 宜く知らない, 山口屋で, 悉皆検めやんした, 憫然で, 方へ, 涙が, 済みませ, 無沙汰, 立派に, 竹の, 給金は, 義理ある, 袖びっしょり, 金戴きます

▼ 私であった~ (22, 0.0%)

4 のだ 2 かと, か忘れました

1 [14件] かもしれない, かも知れません, から, からである, から私, がしかし, がなんだか, が一番, が幸い, が特に, が私, ことを, のにそれ, のに学生

▼ 私とも~ (22, 0.0%)

1 [22件] あらうもの, お遊びッ, ちっと仲よし, 一人その, 五人も, 交際出来る, 兄弟の, 合して, 同様に, 思われぬふくれまんじゅう, 生き別れの, 知らずに, 知己な, 精神的な, 結婚してる, 膝をば, 自由な, 血の, 話し母, 話を, 関係の, 雑誌に

▼ 私少し~ (22, 0.0%)

2 御願が

1 [20件] あわてて, つかれた, つまらなくな, の間, は伴奏, は泳げます, もお, も存じません, も知らなかった, 不良ね, 伺いたいこと, 勇ましくやる, 廻り道だ, 息を, 捜して, 用が, 自信が, 落着い, 行きたいん, 酔ってたのよ

▼ 私~ (22, 0.0%)

3 になる 2 になっ

1 [17件] がちがった, がつきません, がひるん, が揉め, が晴々, が欝, が気, が済まない, が済まねえ, が違つて, にかかる, にし, に懸つ, の多い, の違っ, ばらしに, を失っ

▼ 私はか~ (21, 0.0%)

6 やうな 3 ような

1 [12件] あっとして, あと耳の, あッ, ういふところ, ひたい, ふ, ぶとを, へって石田先生, へつたら, へつて, へつて鷄介, へるなり

▼ 私今日~ (21, 0.0%)

2 は妹

1 [19件] あの困つた, から毎日一度, これから連れ, にもお, の仕事, はうっかり, はそっち, はねむい, は嬉しい, は急ぎます, は接待員, は電話, は頭, 出して, 少しお, 少し心持, 怠儀, 来たの, 美しいわ

▼ 私同様~ (21, 0.0%)

1 [21件] おきて, ちとご, と御, にあの, にその, にサロン, に今, に犬神, に病気, のくそ, のニューフェイス, の孤児, の御, の心持, の感, の戦災者, の知識, もっとも通俗的, 眠れぬの, 知る人, 骨張ったいけないもの

▼ 私知らない~ (21, 0.0%)

9

1 [12件] から, けれども, ことよ, でいた, なあ, のです, のよ, よ, わね, んです, 事は, 人と

▼ 私たち人間~ (20, 0.0%)

2 というもの, の心

1 [16件] から見れ, がギリシア, が男, が自然, といふもの, にかかる, には元来, には悲観, に人間, のあゆみゆく, のあらゆる, の感情, の生, の目, の自然, は皆一日

▼ 私だち~ (20, 0.0%)

1 [20件] がひそひそ, ちっぽけなりにも, にそむいた, に對, はいろいろ, はしばらく, はどうにか, はまた, は公園, は安心, は毎日ぼんやり, は氷, は空地, は腹, は苛, は黙り合っ, も毎年, 夫婦は, 少年の, 少年らは

▼ 私にまで~ (20, 0.0%)

1 [20件] あくたれ口, その飛沫, まざまざと, ピョコピョコ頭を, 丁寧な, 何んと, 先づ休ん, 判る程, 及んで, 嫌疑を, 怒ってること, 感じられるの, 憚つて隱す, 挨拶した, 斯様丸髷など, 月の, 甕を, 用心する, 行先を, 見せたり

▼ 私によ~ (20, 0.0%)

3 つて構像せられた 2 つて思惟せられる

1 [15件] うくわかっ, つて作られた, つて子の, つて引き去られる, つて或, つて把握せられない, つて明晰に, つて構像せられる, つて爲される, つて理解せられる, つて知覺せられる, つて知覺せられ得ない, つて考へ, つて認識せられる, つて躓かされる

▼ 私共二人~ (20, 0.0%)

2 が互に

1 [18件] が參, が實, が結びついた, だけで, だけ出し, でさほど, にとって一生, に会い, のお, の名, の眼, はいつ, はずつと岡山, は罪, は若様, は豚吉, は飯, もう行手

▼ 私達兄弟~ (20, 0.0%)

2 の少年

1 [18件] が予想, が極めて, とは血, と幼い, と村童達, のこと, の事, の勉強部屋, はお互い, はその, はちょうど, はちりぢ, はタッタ一眼, は今更, は天涯, は学校, は祖母, は間もなく

▼ 私あんな~ (19, 0.0%)

2 人大好き

1 [17件] くやしかった, けだ, だらしない, 下品な, 人に対して, 人は, 人好き, 后きらいよ, 女の, 教養の, 浮気な, 男大嫌いさ, 眼附大嫌ひだわ, 私困る, 色々な, 風な, 高慢ちき女大嫌いさ

▼ 私なんぞの~ (19, 0.0%)

4 ような 2 ことは, 名前なんて, 所へ, 要らない差出口 1 こともね, ところへ, 何も, 出る幕, 知らない妙, 聞くべきもの, 赤黒い肌

▼ 私独り~ (19, 0.0%)

1 [19件] だけでも澄みきりたい, でお湯, でなく小諸, で留ろう, で病院, で矢張り, で稼ぎ出しやす, で行, で行きます, で行くべき, なの, ならともかく, に成っ, のお話, の勉強, の発明, の私, の苦労, 亡きもの

▼ 私いや~ (18, 0.0%)

42 だわ

1 [12件] だ, だったの, だったのに, でいや, ですいや, ですが, ですわ, と言えない, なの, な思い, んなっちゃう, 貴女は

▼ 私ここ~ (18, 0.0%)

2 にゐる

1 [16件] からあの, が大好き, で待つ, で拝見, にあなた, にいたい, にいられへん, に待っとるで, に放つ, に来, の奥さん, へ出, もいい, を発ちます, を発っ, を自分

▼ 私ちっとも~ (18, 0.0%)

2 知らなかったわ

1 [16件] いい気質, よみたか, 分らないわ, 分りゃしない一人, 存じませんでご免, 心配いたしません, 気が, 眠か, 知らないの, 知らなかった, 知りません, 知りませんでした, 知りませんでしたよ, 知りませんわ, 考えないし, 腹を

▼ 私でなく~ (18, 0.0%)

2 ちや駄目だつた

1 [16件] かえって聴き, ちゃわからない, つて直, てあんた, ては図星, ては結婚, ては聞かせる, ても他, ても唖然, て山田美妙, て王様, て荷物, とも当然, とも此樣, 清葉さんに, 若い者

▼ 私にばかり~ (18, 0.0%)

1 [18件] そんな事言, ついて, でなくそういう, では, 云ひ, 仰せ附けでございます, 口を, 吠えつき白い, 惜しげも, 押附け, 気ままを, 滾さ, 罪が, 言わせて, 責任を, 難僻, 頭の, 飲ませて

▼ 私~ (18, 0.0%)

2 が仏蘭西語

1 [16件] がいつも, が知つて, けには打明け, けの感じ, けの深い, けは謂わ, だよ, ではない, で推察, で文部大輔田中氏, と逃げ, になっ, には間違い, のこと, は幸福, を連れ

▼ 私~ (18, 0.0%)

3 の上 2 のある

1 [13件] が無い, が生れ, としては人情, なれば, に於, の虚実, の親友, はあっ, は私交, も密, も普通, も浅く, を深める

▼ 私等二人~ (18, 0.0%)

2 の中

1 [16件] が何と, が實, で出来る, で担ぎたい, に剣, の神聖, の簡単, はいつの間にか, は兄さん, は屡, は掩, をあの, をパール, を上町, を救う, を見

▼ 私~ (18, 0.0%)

2 を林中

1 [16件] が樹蔭, で無駄, の二児, の二子, の貞, は, をその, を伴い, を取り戻し, を取り返さん, を取り還す, を呑みおわった, を喚べ, を掠め去る, 固くその, 永く楞伽

▼ 私なりの~ (17, 0.0%)

2 ものを

1 [15件] べつな, 反応を, 哲学を, 回想が, 情報を, 想像で, 準備を, 答えを, 素人評を, 考えかたかも, 考へも, 見方と, 解釈の, 調査を, 青春の

▼ 私かて~ (16, 0.0%)

1 [16件] さう, さうや, どうせ光子さん結婚, もう十三年, 丸官はんの, 働くわ, 光子さんの, 全然純真, 可哀そうなとこそ, 夢かと, 好きで, 愛憎尽かすやろいう, 知らないのよ, 知りま, 約束守ります, 親は

▼ 私これから~ (16, 0.0%)

2 清子さんと

1 [14件] お湯を, お薬, かえったって, そこへ, 三越へ, 出張する, 動坂へ, 咲き出すつもり, 帰って, 春子さんに, 用事が, 真面目な, 行って, 髪を

▼ 私たち日本人~ (16, 0.0%)

1 [16件] がすべて, が教えこまれ, が知っ, にただちに, にとって一つ, の一人一人, の文学, はいわゆる, はことごとく, は世界, は人民, は大事, は心, も伝統的, を惹きつける, 殊に男

▼ 私だけを~ (16, 0.0%)

2 相手に

1 [14件] お叱り下さいまし, お置き, たよりに, とり立てて, ひとりぼっち, 人間と, 光の, 勘當しました, 待って, 枕頭に, 殘し, 置き去りに, 苛責め, 頼りに

▼ 私ちょっと~ (16, 0.0%)

1 [16件] はずせない用, も女専みたい, も癒, 出て, 出直して, 取りに, 家へ, 帰って, 帰ります, 慰問に, 歩いて, 煩悶してる, 肥りましたやろ, 自家へ, 行って, 雇われて

▼ 私とに~ (16, 0.0%)

1 [16件] お酒, どこで, どれ程の, まつわって, 一任される, 一致する, 以上の, 似て, 切っても, 取って, 因果を, 愛想の, 振りかかって, 椅子を, 深き縁, 連れられて

▼ 私にとっての~ (16, 0.0%)

2 悦びであろう

1 [14件] まことの, カルモチンである, マッタアホーンの, 事件の, 初音であります, 困難は, 大収穫, 天国であり, 戦争の, 最高の, 本山君は, 永遠なる, 清涼剤です, 社会には

▼ 私はい~ (16, 0.0%)

4 はゆる 3 つたい何 2 つたいどう, つたいに 1 ぢらしく忘れられない, つかっから, つたいどこ, つたい誰, ッそもっと

▼ 私はじつ~ (16, 0.0%)

2 と握りしめた, と頭上

1 [12件] さい暴君だ, と, とお, としてゐられない, として又, と其詩, と此言葉, と瞼, と考へ, と見惚れる, と部屋, のところ

▼ 私ばかりじゃ~ (16, 0.0%)

2 ありませんわ, ない, ない誰 1 ありません, ないあなた方, ないか, ないでしょう, ないのね, ないよ, ないわ, ない皆疑問, なかった昼, なく私

▼ 私子供~ (16, 0.0%)

2 を孕ん

1 [14件] うみたいと, がほしい, が出来たらしいです, が大好き, でも生ん, と離れ, なりにもそんな, にオルガン習, の側, の時, の時分, はきらい, は思ひ切つ, をつれた

▼ 私心配~ (16, 0.0%)

4 だわ 2 で, でなりません 1 してるん, だから, だからさ, ですよ, で心配, なの, なんかチツ, になっ

▼ 私生涯~ (16, 0.0%)

2 と公生涯, にし, に含蓄, に於, の彼, は豪華 1 がここ, は醇粋, は醇粹, 往くの

▼ 私窩子~ (16, 0.0%)

4 のやう 2 のやるせない 1 であつ, でもやってる, には大金, の中, の風俗, は不幸, をひきずりこむ, を一晩買つて, を描き, を訪ね歩む

▼ 私がね~ (15, 0.0%)

1 [15件] あなたの, お召を, ただ触られ, ぢね, 一寸大きな, 今彼処の, 今早, 嚊, 小さい時, 旨く都合, 櫓下に, 生れると, 直ぐに, 誰かの, 長い医師生活

▼ 私だけで~ (15, 0.0%)

3 あらうか 2 その夏 1 お祷り, ござります, だれにも, どうにかなります, ひとつむぐらをいじめますからあなたは, やるの, 坐って, 終わるかも, 艶子は, 調べた結果

▼ 私ども夫婦~ (15, 0.0%)

2 ともう

1 [13件] が一刀兩斷, が何かと, が引受け, だけ母屋, と子供, の御, はさながら, は中野駅, は力, は萩原さま, は萩原様, は途方, ばかりでなく

▼ 私一人きり~ (15, 0.0%)

2 だったこと, ですから, で五日 1 だった, だったもの, で, ですもの, でね, ではなかっ, なの, なん, な孤独

▼ 私~ (15, 0.0%)

2 だわ, になつ

1 [11件] だと, だよ, です, ですよ, でないん, なん, になっちゃった, になつ了, ねえ, よ, 行っちゃ

▼ 私学校~ (15, 0.0%)

3 を保護 2 の生徒 1 に似, の保護, の変, の精鋭, は一種, は人, をよし, を出, を建設, を維持

▼ 私自ら~ (15, 0.0%)

2 のもの

1 [13件] が中学四年, が人生, が加えた, その熔岩流, の形象, の心, の資性, もそれ, をこの, を投じた, 其の密書, 眩めく, 迎えた悲しい

▼ 私した~ (14, 0.0%)

1 [14件] ことが, ことさへ, そうして皇室, といふ話, ので, のである, ので入牢詮議, ので連坐, のは, ものだ, やうな, んです, 官物を, 時代など

▼ 私なんかには~ (14, 0.0%)

1 [14件] ぜひみせ, どうもそういう, まださう, よくわかりません, ろくに口, 分りませんけど, 分りませんけれど, 別に有, 少くとも, 滅多に, 焼芋, 考へ, 薩張解らん, 解りませんけど

▼ 私にだけは~ (14, 0.0%)

1 [14件] いつも親切, お知らせ下さらない, さう, そうなさるべく, ほんとうの, 優しくした, 冬子が, 分ること, 大変大胆に, 是非この, 殆ど当りちらさぬ, 決して註文, 神様が, 話して

▼ 私に対しても~ (14, 0.0%)

1 [14件] あのご存知, それを, やはりその, 何か, 元通りだった, 強ひ, 手の裏を, 控え目な, 極く, 毀誉を, 深心, 男の, 言い叫びたいであろう, 頭上らんと

▼ 私に関する~ (14, 0.0%)

1 [14件] かぎりは, ことで, ことです, さまざまの, どんな底, デマだけを, 事柄は, 大きな書類, 批評の, 色々の, 部分だけは, 限りでは, 限りどうしても, 限りは

▼ 私はずつと~ (14, 0.0%)

2 そこへ, 世話に 1 ここに, ましな, 以前, 以前から, 前の, 後になつ, 後まで, 痛切な, 艫の, 離れた裏

▼ 私ばかりが~ (14, 0.0%)

1 [14件] じっとし, そう独りぎめにきめていても, なくして, コンナ身体に, 今でも, 八方から, 早くから, 澄まして, 益々血迷, 知って, 私ばかりに, 菊太の, 貴方より, 飲み君

▼ 私また~ (14, 0.0%)

1 [14件] あとで, きかれたら何, きっと来, くること, カフェーにでも, 一週間ばかり, 兄さんが, 出るわ, 吉村が, 奥さまも, 奥様に, 当も, 民子の, 西洋の

▼ 私~ (14, 0.0%)

2 寒子よ

1 [12件] お孝さん, お父さん, つぽ, 伯爵を, 何とかし, 呪はれ, 宙さん, 小父さん, 確かに, 私よ, 解って, 驚くな

▼ 私らしい~ (14, 0.0%)

1 [14件] ものであり, 仕事まとめた, 其中庵には, 冬ごもりを, 動作や, 同時にあまりに私, 嘆息で, 庵には, 愚かな, 旅人として, 極く, 淋しい共棲生活, 者が, 贅沢

▼ 私一度~ (14, 0.0%)

2 行ったこと, 貴方に 1 お見舞い, だって叱った, でいい, もかい, 世帯を, 来たが, 田舎へ, 見たいわね, 見て, 飛び出したこと

▼ 私東京~ (14, 0.0%)

1 [14件] から逆, がいい, ではもう, でも静岡, で暮そう, にゐよう, に帰りたく, に帰ります, へいったら, へは帰らない, へ着いたら, へ行きたい, へ行っ, よりよっぽど

▼ 私そんなに~ (13, 0.0%)

1 [13件] お婆さんに, 五六月頃から, 厚塗り, 大きくなった, 嬉しがっ, 心配なぞしやしません, 悲しいとは, 我儘でしょう, 気に, 生意気に, 自分の, 話は, 赤くなっ

▼ 私ただ~ (13, 0.0%)

1 [13件] あの子, お逢, の身, 一人, 一人に, 一人の, 七弦琴に, 書く事, 最惜さ, 歯を, 矢野さんが, 私の, 驛の

▼ 私たち親子~ (13, 0.0%)

3 のもの 1 が神さま, が落ち, と雀, のため, の一心, の不自由, の姿, はその, は倉田, は美しい

▼ 私でさえも~ (13, 0.0%)

1 [13件] いまだに忘れかねる, さまで骨, その二つ, ちょっと驚かされた, まともに, 一時は, 両親より, 入ること, 昨年の, 時には人, 正視しかねた, 歩かないよりも, 真偽の

▼ 私でない~ (13, 0.0%)

1 [13件] か分り, とおっしゃいます, としたら, とどこ, とは申しません, と安心, と言っ, と面, んです, 世間の, 以上は, 私そうした, 私は

▼ 私なぞも~ (13, 0.0%)

1 [13件] ごく幼, その点, どうかする, もうすこし時間, 俳壇から, 先年身分不相応な, 小泉へ, 弓は, 彼等の, 悪いと, 新聞を, 物心地が, 真似を

▼ 私において~ (13, 0.0%)

2 或る, 無限な 1 この標準, これは, 乞食に, 感覚する, 感覺する, 最も便利, 決定的な, 珍しい現象, 行動を

▼ 私にさえ~ (13, 0.0%)

2 誠心が

1 [11件] たやすくそれ, やりきれない位, 一言の, 何かと遠慮, 希望を, 本を, 極めて小さい, 見て, 解けなかった謎, 註文する, 面白けりゃ

▼ 私はから~ (13, 0.0%)

9 だが 1 だの, だは, だ中, だ具合

▼ 私をば~ (13, 0.0%)

3 叱る物 1 あんなに頼, お大事, ちやほやする, なお御, みられないと, 娘の, 我子の, 木か, 煽いで, 顧みること

▼ 私~ (13, 0.0%)

2 オ父様

1 [11件] オ信ジニナッテ下サイオ嬢サンガスベテ御, ソンナミダラナ女ト思ウノデスカト怒, バ不, 利スルノ義ニモ非, 包藏シテ其ノ, 知ラヌ者ハ人ガ馬鹿ニスルヨウニナリマシタカラコノ如クニナルト最早, 見ナガラ, 負イ名, 返スダラウト思ヒマス, 返スダロウト思イマス, 酔ワセテ今夜ノヨウナ悪戯ヲスレバ私ハイツモ木村サント一緒ニ寝

▼ 私本当に~ (13, 0.0%)

2 済まない事

1 [11件] お礼を, きらいです, 何にも, 何処かへ, 参りたくて, 困って, 困ってるん, 安心いたしました, 恐ろしくなる, 目を, 自分の

▼ 私そう~ (12, 0.0%)

2 思って, 睨んだわ 1 は思わなかった, やって, 思います, 思う, 思うと, 思うん, 思ったのよ, 思ってたん

▼ 私たちすべて~ (12, 0.0%)

1 [12件] が無, にとってどういう, にとってまったく, にとって心から, にとって新しい, に苛烈, のもの, の人間, の家庭婦人, の生活人, の社会生活, は何らかの

▼ 私たち一人一人~ (12, 0.0%)

2 が自分 1 がそれ, がみな, が個人, が社会, のなか, の心, の生命, の置かれ, の胸, の顔つき

▼ 私たち一家~ (12, 0.0%)

2 のもの 1 が全部堀田原, で, にそれ, のみなごろ, の身の上, の面し, はこの, は思わぬ, は羽後山村, を支え

▼ 私なぞが~ (12, 0.0%)

2 ヒョコヒョコと 1 こうしろ, まあこんな, ジイドの, 亦何, 夙うに済まし, 寄って, 意見なんか, 拝見した, 言ふまで, 通りすがりに

▼ 私なぞの~ (12, 0.0%)

1 [12件] 不平を, 到底思い, 思ひ出せない小さい, 手に, 最も不平, 未だ知らない, 櫛巻は, 理想は, 生意気盛りの, 考えで, 記憶しきれない, 遠く及ばざる見上げた

▼ 私などを~ (12, 0.0%)

2 相手に 1 つかまへて, 寄せつけません, 引き合いに, 思っては, 惚れ惚れさせる, 慰める意味, 振り向いても, 眼中に, 見なされ一度, 道楽者の

▼ 私にとりましては~ (12, 0.0%)

1 [12件] あなたは, あの石置き場, お粂, これでも, まったく以, 三宅島において, 二重の, 人間も, 恐ろしい侵入者, 極楽であります, 痛ましいほどの, 聊か身分

▼ 私はず~ (12, 0.0%)

3 ゐぶん 1 うっと, しんずしん地, ゐぶんいろいろ, ゐぶんぼんやり者, ゐぶん今, ゐぶん気むづかしい人間, ゐぶん身, ゐぶん酔, ん

▼ 私はな~ (12, 0.0%)

1 [12件] いくら零落れ, お前の, これでも, ただ秘密, なえに, やっぱりお, よう覚悟は, 丸官はんに, 大変な, 日々登城し, 珍器や, 鰌すく

▼ 私へも~ (12, 0.0%)

1 [12件] お世辞, さまざま嫌がらせなど, それを, 優しく遊ばさなけれ, 兄上から, 充分に, 宜と, 次第に乗り移っ, 次韻, 美食を, 茶菓が, 言葉を

▼ 私らしく~ (12, 0.0%)

3 なつた 1 いろいろと, それが, ちびりちびり朝酒, もありません, をり, クスリと, 人一倍に, 神を, 私本来の

▼ 私~ (12, 0.0%)

1 [12件] いっしょに, ここへ, これで, ちょいと, つまらなくて, 一昨年手伝いに, 昼寝も, 知らないから, 聞いてて, 落語家の, 退屈で, 霞町一番だった

▼ 私一寸~ (12, 0.0%)

2 東京へ, 母屋へ 1 おしっこに, しなくっちゃあ, その辺, 出かけて, 本当な, 気に, 片町まで, 買って

▼ 私交上~ (12, 0.0%)

2 に於, 寧ろ其の 1 ではやはり, には何, に影響, のわだかまり, の訪問, の関係, の關係, よく知っ

▼ 私先生~ (12, 0.0%)

1 [12件] と言, にお目にかかりたい, にお願い, にどうしても, にはもう, にまた, にエロサービス, のところ, のガマ口, の書, は御, を伯父さん

▼ 私~ (12, 0.0%)

1 [12件] 召捕に, 同情する, 名刺を, 奉行様を, 嫁なんかに, 当家に, 指命を, 挨拶を, 本堂へだけ, 案内します, 相談を, 話を

▼ 私~ (12, 0.0%)

2 に同じ, は以, を介する 1 に帰し, や情実, を売る, を施し, を論ずる能わず, を賣る

▼ 私~ (12, 0.0%)

3 に非 2 ひ換, を述べ 1 でない義淨三藏, と言う, にあるべからず, はなけれ, をもてあそん

▼ 私達四人~ (12, 0.0%)

1 [12件] と云, と外, の他, の兄弟, の家族, の汽車, の茶代, はすぐ, は客堂, は昨日, は自動車, は荷

▼ 私~ (12, 0.0%)

2 を作る 1 ではなく, で老, と私黨, にある, の利慾, の抗, は人, を以て直, を作らずし, を率

▼ 私あんまり~ (11, 0.0%)

2 だと, 好きでない 1 かわいそうだ, 値が, 吃驚させられ, 好かないわ, 我儘だ, 虫が, 趣味が

▼ 私いつ~ (11, 0.0%)

1 [11件] からか貴, でもあなた, でもあの, でも一生懸命, でも御, でも死ん, でも貴方, までこう, までも十六, までも此処, よくなる

▼ 私くらいの~ (11, 0.0%)

2 もので 1 デリカシイが, 年恰好の, 年輩でしょう, 年輩の, 年齢で, 年齢では, 老侍, 背の, 背や

▼ 私すぐ~ (11, 0.0%)

1 [11件] あとから, おかしくなる, お園さん三野村さん, お返しする, そのあと, にでも働きたい, 働くよう, 吸取紙, 眠れないのよ, 行って, 診察に

▼ 私たち兄弟~ (11, 0.0%)

1 [11件] と同じ, に僅か, のこうした, のなに, の中, の誰, はそろっ, は元来, は脇, も元, も手伝い

▼ 私たち母子~ (11, 0.0%)

1 [11件] が院, のつひ, の供, の後, の貧しい, はどう, は先生, は叔父, は可哀想, も柳斎どの, を父

▼ 私でなけれ~ (11, 0.0%)

2 ばならない, ばわからない 1 ばお, ばと云う, ばなりません, ば判らぬ, ば夜, ば手, ば私

▼ 私としましては~ (11, 0.0%)

1 [11件] この上ないよろこびであります, さすがに, どの程度, また宮様, 別段案内者, 子供に, 心ならずも止む, 感極りて, 或はもう, 折角そこ, 随分予定狂い

▼ 私どうしても~ (11, 0.0%)

1 [11件] お礼に, どんなこと, 出てると, 厭な, 帰って, 思切れません, 聞かなかった, 話せないの, 貴女に, 貴方に, 陸軍飛行隊へ

▼ 私なぞには~ (11, 0.0%)

1 [11件] さうで, どうも人さま, 一冊たり, 一言半句も, 仙人でも, 見向いても, 見当も, 解から, 解りません, 解りませんけど, 通ぜぬ深い

▼ 私なんかの~ (11, 0.0%)

1 [11件] かうした, ことなんか, ことは, ことばかり, つまらぬ小説集, ような, ように, 手並に, 生きて, 生活の, 眼から

▼ 私なんかも~ (11, 0.0%)

1 [11件] あんまり立てつづけ, その一人, その雑草, ひどい御, 一時は, 実際駄目, 少し身体, 常に傾聴, 強迫観念であります, 最初は, 生来の

▼ 私はは~ (11, 0.0%)

2 ツと 1 あッと, だかに, ちす, ぢめて, ぢめ笑つたのかと, はあ成る, ふり落つる涙, ッと, ッとして

▼ 私をからか~ (11, 0.0%)

2 ふ, ふの, ふやう 1 ひなさるんで, ふために, ふつもり, ッた, ツて

▼ 私一流~ (11, 0.0%)

1 [11件] のよくばり, の判断, の厳格, の専断, の局面打開策, の怨恨, の探偵方針, の早業, の狸, の窮余, の質問

▼ 私思う~ (11, 0.0%)

2 のよ, わ, んです 1 に古代, に学校時代, に押原横町, の, 通りに

▼ 私~ (11, 0.0%)

1 [11件] の事務, まで豊田, も残さず, や私兵, を寄進, を小作, を御, を持ち, を耕す, を蓄め, を開墾

▼ 私達自身~ (11, 0.0%)

1 [11件] で歩く, にすら眺め得られないだろう, に向っ, に必要, の, のこうした, の生活, の顔, までがその, を, を造り出す

▼ 私~ (11, 0.0%)

1 [11件] でございますので, となせり, なとにや, のいくつ, の入れ交った, の宿村高札場, の差別, の荘園, は城主, へ逃げる, へ隠れた

▼ 私あんた~ (10, 0.0%)

1 から何ひとつ貰い, がとても, といっしょ, のお母さん, の浪花節, の肩, の隣, を大, を愛してる, んと

▼ 私こと~ (10, 0.0%)

1 と改名, は世にも, は京助, は土地, は大工助次郎, は弾正太夫殿, は旧, は湯島, は織田家, は鬼王丸

▼ 私こんなに~ (10, 0.0%)

1 して, なるだらうと, なるだろうという, わがままだ, 不幸な, 仕事し, 御馳走を, 肥って, 踏みつけに, 遠いとは

▼ 私ちゃんと~ (10, 0.0%)

2 知って 1 あなたの, この眼, もうそら, 云って, 伝授を, 分ってた, 尻尾を, 書いて

▼ 私とともに~ (10, 0.0%)

1 いて, がんばって, 人民の, 御同様, 日に日に色, 死んで, 生活を, 苦しみ年老い, 階下へ, 飛びかかりました

▼ 私ども二人~ (10, 0.0%)

1 がこうした, が見すぼらしい, して, のどちら, の恋, の訪問者, は他, は慈愛, より強い, を焦燥

▼ 私などより~ (10, 0.0%)

1 お父様, ずいぶんいろいろわかる, たぶん二百倍, なにかきっと適切, なにかきつ, よい素質, 余程年, 役者が, 物も, 餘つ

▼ 私なんぞが~ (10, 0.0%)

1 ごそごそ物音, とやかく指図, オクメンも, ゴルキな, 以前一生懸命に, 入って, 参りますと, 女の, 浅果, 礼を

▼ 私についての~ (10, 0.0%)

1 お考え, この現象, ところは, 具体性として, 御注意, 様々の, 用件は, 空想私についての, 長い苦勞, 関心しか

▼ 私にでも~ (10, 0.0%)

2 用が 1 そう長く, はっきりと, わかって, 小説は, 建てること, 聞き取れるよう, 話を, 頼むしか

▼ 私に対し~ (10, 0.0%)

2 非常な 1 人一倍親切, 以下の, 感心しない, 最も言おう, 歌を, 穢わしい, 英語で, 行方を

▼ 私のせゐ~ (10, 0.0%)

2 で, ではない, ばかりぢ 1 ぢや, でせう, で沒落, ばかりで

▼ 私へは~ (10, 0.0%)

1 あのやう, やはり別, 今日か, 叱られるから, 少しも, 改まった挨拶, 書くこと, 構わずに, 止まらなかったので, 鶏を

▼ 私共三人~ (10, 0.0%)

1 がそんな, でよく, とは独立, の家臣, の責任, は, は墓場, は犬, は百花園, は驚い

▼ 私困る~ (10, 0.0%)

62 のよ 1 ことッたら, んです

▼ 私~ (10, 0.0%)

1 が御, が盗みました, にお, にご, に云いつけ, の上, の芸, の調べ, は陛下, をご

▼ 私実は~ (10, 0.0%)

1 あの時, もう最前, 今日それで, 今日夫で, 伯爵家の, 先刻から, 千葉の, 困っちゃって, 父の, 皆さんと

▼ 私時々~ (10, 0.0%)

1 あなたを, あんたに, こんなこと, セエラが, ゾツと, 体が, 堪ま, 夕方などに, 自分を, 飛んでも

▼ 私~ (10, 0.0%)

3 兒の 1 といふ俗, の子, の涜神的, 兒たる, 兒なんて, 兒には, 司さんの

▼ 私~ (10, 0.0%)

2 り目, り詰りませんもの 1 でも真似事, ばかりだ, へ預っ, りでなかつた, りでは, りを

▼ 私達の~ (10, 0.0%)

1 とは全く, とは別, はあんなに, はだ, はちょっと, は三階, は勿論, は結婚, も釣舟, を竹内君並

▼ 私達夫妻~ (10, 0.0%)

2 の願い 1 だけであつ, であるが, に対し国, の合奏, の跡, はどんな, は忌わしい, を促し

▼ 私達子供~ (10, 0.0%)

1 が成長, の時分, の頃, は, はおとなしく, はまだ, は不思議, は家産, は神様, は面

▼ 私随分~ (10, 0.0%)

1 妙ね, 御勉強, 怒つて, 悪くなつた, 感心した, 探したん, 淋しいの, 祈って, 考えたわ, 苦心しました

▼ 私あれ~ (9, 0.0%)

1 からお, が新, にはいっ, に名, に控, に暫く, をいろいろ, をなくし, を今

▼ 私お金~ (9, 0.0%)

1 あずける, あるわよ, いらないわ, が, がほしかっ, が不足, もらってるから, を持っ, 少し持っ

▼ 私かも~ (9, 0.0%)

3 知れない 2 なんよ 1 しれないの, しれぬの, 知れぬ, 知れませんよ

▼ 私からの~ (9, 0.0%)

1 いくつかの, おくりもの, ねぎらいの, 依頼が, 報告を, 手紙でありました, 手紙に, 援助を, 消息を

▼ 私ぐらい~ (9, 0.0%)

1 あなたの, きれいに, だらしの, なもの, 君を, 生活を, 結構な, 複雑な, 遊び好きの

▼ 私たち四人~ (9, 0.0%)

1 が先鋒, に, の兄妹, はその, はそれぞれ, は九時過ぎ, は人通り, は楽しい, は腰

▼ 私たち子供~ (9, 0.0%)

1 にとってもう, に最大公式, の生活, の間, はいい, はむろん, は一列, は何, は面白

▼ 私だっても~ (9, 0.0%)

2 それは 1 いろいろな, そうでしょう, どんなに心苦しい, 確実な, 私だっても, 見えるの, 頑是が

▼ 私であっ~ (9, 0.0%)

4 ていい 1 てもあの, てもまだ, て以前, て私, て記事

▼ 私とでは~ (9, 0.0%)

1 ありませんよ, こうも, ない, 力量の, 可なり, 始から, 犬に, 身分違いでも, 鍛練という

▼ 私どこ~ (9, 0.0%)

2 かのマダム, へも行く 1 でも島, へもいかず, へもすっかり, へもゆかない, までだって頑ばる

▼ 私ども人間~ (9, 0.0%)

2 の生活 1 が勝手, には身体, のもっ, の一生, の感情表現, は勝手, も心

▼ 私なし~ (9, 0.0%)

1 では, でも暮, で済まして, という言葉, には言, には言い換える, に外物, に彼女, 四寇の

▼ 私などよりも~ (9, 0.0%)

1 ずっとずっと強い, つと真剣, もっと冷静, 嫂さんを, 考える時間, 考へる時間, 進んだイデオロギイ, 遙かに, 館林様こそ

▼ 私なんかに~ (9, 0.0%)

2 御相談, 然う被 1 あ手, 出来ませんや, 勤まりますかしら, 時刻, 遠慮しない

▼ 私なんざ~ (9, 0.0%)

1 ほんの手先, 及びッ, 寝たくない質, 慣れッ, 懐くって, 構わんから, 疾くに, 若いくせ, 話しに

▼ 私においては~ (9, 0.0%)

2 未だ自己 1 あなたの, この八, それが, もとよりである, 宮本百合子および, 日本への, 早くから確定

▼ 私ばかりを~ (9, 0.0%)

2 大勢の 1 使わなくたって, 使わなくったって, 悪い者, 皆が, 相手に, 見て, 頼に

▼ 私みた~ (9, 0.0%)

5 ような 2 やうな 1 やうに, 様な

▼ 私~ (9, 0.0%)

2 はア 1 ハア兎, 今ア蚊帳取り, 及ばずながら, 拭くべ, 持って, 泣き入って, 頼まれて

▼ 私一代~ (9, 0.0%)

1 だけは六条院, でこの, で解脱, の後悔, の懺悔話, の本懐, の過ち, はこの, はなんと

▼ 私一家~ (9, 0.0%)

2 の不幸 1 が世, が貧乏, の汗, の秘密, の空虚, は一時田舎, へ対し

▼ 私今度~ (9, 0.0%)

1 かういふこと, こそ本当に, という今度, と云う, のこと, の時先生, は止めましょう, は目, 出て

▼ 私死ん~ (9, 0.0%)

2 でもいい 1 だって出来やしない, でしまおう, でも作なんど, でも参ります, でも田舍, で了, で天国

▼ 私達一家~ (9, 0.0%)

1 となん, とは軽井沢, の尊敬, の者, は割合, は四条, は実に, は小石川, は東京

▼ 私達親子~ (9, 0.0%)

2 のもの 1 のよう, の上, の着いた, の者, の間, はどんなに, をダシ

▼ 私きっと~ (8, 0.0%)

1 出来ると, 叔父さんを, 大人しくします, 帰ってよ, 後を, 悪者が, 犬の, 釣って

▼ 私くらい~ (8, 0.0%)

2 なもの 1 な女, 尽す女, 真情を, 臆病な, 詰まらないもの, 運の

▼ 私たちふたり~ (8, 0.0%)

1 があなた, がここ, でのうのう, で居る, の馬, は乗れない, は乘, を駆っ

▼ 私たち人民~ (8, 0.0%)

1 がすべて, がふむ, が人民, に仲間われ, の希望, の眼, は歩き終せる, は自ら

▼ 私って~ (8, 0.0%)

1 しようの, それほど悪い, つまらぬ女, よっぽどいけない, ヒステリイよ, ホントに, 自分の, 自我と

▼ 私どんな~ (8, 0.0%)

1 ことが, ひとでも, ポーズにでも, 人かと, 服を, 気で, 清純な, 目に

▼ 私どんなに~ (8, 0.0%)

1 あの方, うれしいで, うれしいでしょう, かあなた, 勉強しなけれ, 嬉しかつ, 心配し, 悲しいこと

▼ 私なき~ (8, 0.0%)

1 信頼は, 友情の, 心, 権に, 直観, 純朴な, 素朴が, 誠忠の

▼ 私などから~ (8, 0.0%)

3 見ると, 見れば 1 いふと, 世話を

▼ 私などにも~ (8, 0.0%)

1 けんもほろろの, そんなこと, よくし, 今は, 加盟を, 時たまある, 氏の, 自然実入りが

▼ 私なる~ (8, 0.0%)

1 が故に, とを問はず, ほどとうなずく, ものは, んなら, 者の, 者は, 者も

▼ 私なれ~ (8, 0.0%)

2 ば爲 1 どこの, ども, どもこの, ども娘, ば為る, 何の

▼ 私にとり~ (8, 0.0%)

1 合は, 意外千万で, 憑いてる, 撤囘しなけれ, 最初の, 未経験である, 無限の, 縋ると

▼ 私にや~ (8, 0.0%)

1 よく解らない, わからないわ, わかりませんや, 二ツの, 出来ない, 出来ないん, 大事だ, 解らないわ

▼ 私はよ~ (8, 0.0%)

5 つぽ 1 うくお前, うく知つて, つく覺

▼ 私ほんとう~ (8, 0.0%)

2 に悪かっ 1 にね尼さん, に今, に困っ, に野菊, はあなたたち, は隠し通そう

▼ 私もち~ (8, 0.0%)

4 よつと 2 よいちよい, よいと

▼ 私一己~ (8, 0.0%)

4 の考え 1 にとつて, のもの, の学問, の野心

▼ 私一箇~ (8, 0.0%)

1 としては話題, との間, の功, の心持, の思案, の批判, の新説, の率直

▼ 私~ (8, 0.0%)

1 からお, から辻村さん, にも申す, にキリスト教信者, に再三, に持っ, に行く, を通っ

▼ 私~ (8, 0.0%)

2 あつて, といふ陋劣 1 なきもの, のこもった, はしばらく, を去り

▼ 私~ (8, 0.0%)

3 の人 1 が欲しい, のひと, の児, の生活, はもう

▼ 私~ (8, 0.0%)

1 く存じ, く承知, く洗うだからねえ, く知つて, く知りやせん, く知る, く解りました, く記憶

▼ 私あて~ (7, 0.0%)

1 ではない, にかかれた, に手紙がま, に聲, の封書, の手紙, の郵便

▼ 私および~ (7, 0.0%)

2 私に 1 もしかする, 一族中の, 私どもは, 私の, 私一家の

▼ 私がと~ (7, 0.0%)

1 いうよりは, いつさい議論, この宰八, ほつた, ッさに, 戦だ, 言っては

▼ 私がの~ (7, 0.0%)

1 その心, つそつ, つそり突, ーの, 今ここを, 媼を, 然う

▼ 私がは~ (7, 0.0%)

3 ひつて 1 あっと眼, いこむ程, だか, つきりこ

▼ 私くし~ (7, 0.0%)

1 が指揮, すらわすれ, の学校中, の方, はふだん洋服, は充分, は宅

▼ 私さっき~ (7, 0.0%)

1 から, からあの, から先生, から間違え, ちょっとお, ほんとに考事, もうこんな

▼ 私すっかり~ (7, 0.0%)

1 名誉を, 変りましたの, 嫌いに, 嬉しくなっちゃった, 糠よろこびし, 身体も, 首ったけに

▼ 私すべき~ (7, 0.0%)

2 もので, 物には 1 ものに, 財産でない, 陰無くなりゆく

▼ 私たちの~ (7, 0.0%)

1 とは違っ, は, はまっすぐ, は享楽, は何, は綿, もやり

▼ 私たちみたい~ (7, 0.0%)

1 なの, な人間, な変, な女, な心持, な種類, に困つ

▼ 私たち夫妻~ (7, 0.0%)

2 のため 1 と例, に御, に無, の上, を凌辱

▼ 私であり~ (7, 0.0%)

2 そのため 1 したがって語る, ながら私, 人が, 仕事の, 書置きの

▼ 私などでも~ (7, 0.0%)

1 あゝ泳い, たまに大阪, 余り世間, 往々そういう, 新聞社の, 昭和初年始め, 顎に

▼ 私などとは~ (7, 0.0%)

1 けた違いの, とても縁, 人種が, 別だ, 比較にも, 違って, 雲泥の差が

▼ 私なんかと~ (7, 0.0%)

1 もしかしたらちがう, 一つには, 喋っても, 結婚なさる, 見合いする, 話しちゃ, 逢って

▼ 私なんぞも~ (7, 0.0%)

1 お庇, これまで, やっぱり学校, 一さんに, 持病に, 旦那の, 覚えて

▼ 私なんだか~ (7, 0.0%)

1 そんな気, ばかな, 急に, 恐いよう, 東京で, 気味が, 頼りない

▼ 私のみが~ (7, 0.0%)

1 ある, どうして楽しく, 噛みこなして, 独り世界に, 獨り, 知つてゐる, 経験した

▼ 私はが~ (7, 0.0%)

4 つかりして 2 つかりした 1 くりと

▼ 私ばかりの~ (7, 0.0%)

1 ことだろう, 仕合は, 児だったら, 名折れでは, 心や, 方が, 話じゃ

▼ 私ばかりは~ (7, 0.0%)

2 全く何 1 お客に, そう云う, 人並の, 月給日に, 永らえて

▼ 私ほどの~ (7, 0.0%)

2 興味を 1 いろが, 不幸な, 年齢に, 綺麗な, 苦しみも

▼ 私みずから~ (7, 0.0%)

1 がその, すでに天, であったこと, の姿, は上述, よく心得, を憎む

▼ 私みづか~ (7, 0.0%)

4 らの 1 らひそかに, らよく, ら掘

▼ 私もっと~ (7, 0.0%)

1 あの社会, いるから, ひどいの, 利口に, 欲しいわ, 買いたい本, 遠くへ

▼ 私もネ~ (7, 0.0%)

1 しばらく気分, 今度は, 何を, 其れ, 寧そその, 銀子さん此頃切りに, 長いこと伊東

▼ 私ゆえ~ (7, 0.0%)

1 お気の毒, とは, と思い, に傷つけさせ, に苦労, に身, のため

▼ 私一存~ (7, 0.0%)

1 できめ, では何, で定める, で田代さん, にも参り, によりまして調査, の考え

▼ 私今夜~ (7, 0.0%)

2 と同じ 1 どうしても師匠, はお詫び, はこ, はすっかり, は仕事

▼ 私今晩~ (7, 0.0%)

2 のおかず 1 からだ, から起きる, は新宿, は是非お話し, 酔っぱらうのよ

▼ 私何ん~ (7, 0.0%)

2 だか 1 でも知ってる, にも知っ, にも知つて, にも知らない, の事

▼ 私~ (7, 0.0%)

2 な夢 1 なの, な事, な心持, な風, に思っ

▼ 私好き~ (7, 0.0%)

1 です, ない物, なの, なん, になったら, やったらもうとう, よまだ

▼ 私早く~ (7, 0.0%)

1 こんなところ, 切り揚げようと, 口を, 子供を, 帰つてこれを, 帰らう, 病気をな

▼ 私版本~ (7, 0.0%)

1 が加はるから, として印刷, として小, に用, の一つ, の表紙, を病中

▼ 私行っ~ (7, 0.0%)

2 て来る 1 てみたい, てよかっ, て下さい, て参ります, て来ましょう

▼ 私見た~ (7, 0.0%)

2 ことの 1 ことが, ような, んです, 事も, 様な

▼ 私~ (7, 0.0%)

1 が提起, するつもり, とやらが出まし, などを起し, の取下げ, は廃せられ, を提起

▼ 私達親子三人~ (7, 0.0%)

2 が東京行き 1 が最後, が最近, の世界, の恋人, の放浪者

▼ 私~ (7, 0.0%)

2 という言葉, や雲 1 がそ, といふ言葉, や初

▼ 私~ (7, 0.0%)

1 がさす, がほて, が立っ, むけが, も見ませんでした, を見つめ居り, を隠し

▼ 私いつも~ (6, 0.0%)

1 ちやんと, と変らぬ, の所, 嘘を, 熱中する, 輝と

▼ 私いま~ (6, 0.0%)

1 にここ, のところ, はつ, まで, までずいぶん, まで毎日

▼ 私いろいろ~ (6, 0.0%)

2 考えて 1 と苦労, 勉強に, 考えた上, 買いたいもの

▼ 私がな~ (6, 0.0%)

2 ほるまで 1 この闇買い, ほったらお, まだその, 天狗様に

▼ 私~ (6, 0.0%)

3 はいわ 2 はく 1 っきりの

▼ 私こうして~ (6, 0.0%)

1 ここに, これで, しんけん, はいられない, 夕方じっと, 筆を

▼ 私こそは~ (6, 0.0%)

1 あなたの, この家, そなた, 彼の, 要らぬもの, 陛下のみ

▼ 私そこ~ (6, 0.0%)

2 の桃千代 1 へ中谷, へ行きたい, へ行っ, をねらってた

▼ 私そして~ (6, 0.0%)

1 今では, 今日の, 俳句の, 家じゅうの, 花嫁さん, 騎馬行列の

▼ 私たちのいた~ (6, 0.0%)

1 二階の, 同じ村, 街の, 部屋からは, 頃から, 麹町の

▼ 私たち一行~ (6, 0.0%)

1 が行った, の, のうち, の舟, はこの, はちょうど

▼ 私たち無産階級~ (6, 0.0%)

2 の婦人, の生活 1 のみが外米, の弱い

▼ 私だけしか~ (6, 0.0%)

1 いなかった, 持たないそして, 知らないもの, 知らない奇妙, 知らない特徴, 行かなかったよう

▼ 私つくづく~ (6, 0.0%)

2 家でも 1 いやだ, 厭に, 考えて, 見ましたよ

▼ 私つて~ (6, 0.0%)

1 そんな女, まあ一体どういふ, ゐた, ゐる大二郎, 可哀, 来たぜ

▼ 私とこ~ (6, 0.0%)

1 が困る, でお, はそのまま, は源蔵, は餌差町, へ連れ

▼ 私とだけ~ (6, 0.0%)

1 だ, だらう, である, 一足さきに, 日比谷で, 踊った

▼ 私ども一同~ (6, 0.0%)

1 が水音, が胆, でこの, なんと言っ, のため, を祝福

▼ 私なぞに~ (6, 0.0%)

1 かういふもの, そんなえら, 九紋龍史進豹子頭林冲などという, 云わせると, 其様な, 貴方がたの

▼ 私などよりは~ (6, 0.0%)

2 遙かに 1 もっともっとお, 別にその, 遥かに, 餘つ

▼ 私なんぞには~ (6, 0.0%)

1 いえませんか, よくは, 何言っ, 忖度いたし兼ねます, 登れぬと, 解りゃしない

▼ 私にのみ~ (6, 0.0%)

1 向けたので, 多くを, 洩らしたの, 用意が, 辛かつ, 限ったこと

▼ 私はう~ (6, 0.0%)

2 で卵 1 すら冷たく, で玉子, と, な垂れ

▼ 私はぞ~ (6, 0.0%)

3 つとして 1 く, つとし, ッと

▼ 私はを~ (6, 0.0%)

1 かしくて, かしくない, かしくなつた, かしくも, とつひ, りを

▼ 私もう一度~ (6, 0.0%)

1 あの時, あんな気, なおしたいの, 前の, 緋色の, 考え直して

▼ 私もさ~ (6, 0.0%)

1 うだつた, うまでしつかりした, びしがりやにあともどりしつゝあるやうだ, ように, 今までは, 思ってるんで

▼ 私ら二人~ (6, 0.0%)

1 の間, は一足先, は岸, は知恩院, より外, を喜ばしめた

▼ 私~ (6, 0.0%)

1 ドナタ様モ怨ミマセン, 同先生ニ, 真ニ受ケハシナイケレドモ, 諸生五十人斗ハ, 貴官, 近ゴロ原稿ヲ書クニモ手紙ヲシタタメルニモヒラガナトイウモノヲ使ツタコトガナイ

▼ 私一生~ (6, 0.0%)

1 でも辛抱, のお願い, の不覚, の中, の失敗, 忘れないわ

▼ 私一身~ (6, 0.0%)

1 すら持, に取っ, に叢, に引受け, のふり方, の事

▼ 私~ (6, 0.0%)

1 とあの, ともあの, とも知らなかった, とも覚え, と本郷, もかまひ

▼ 私出来る~ (6, 0.0%)

2 だけのこと 1 ことなら, だけお金, だけやります, 丈少く

▼ 私別に~ (6, 0.0%)

1 お知らせ致しません, 同情なんか, 大した事, 岐阜と, 田部さんに, 貴方の

▼ 私吃驚~ (6, 0.0%)

3 して 2 した 1 いたしまして

▼ 私~ (6, 0.0%)

2 樣に 1 樣な, 樣の, 樣一つも, 樣着たま

▼ 私失礼~ (6, 0.0%)

2 するわ 1 して, してよ, します, でしたが

▼ 私~ (6, 0.0%)

1 でございますから, でゐ, としてつくづく, と情熱, の子供たち, 姪二十六七に

▼ 私奴婢~ (6, 0.0%)

1 との間, とを分った, の五種, の如き, は土地, 及び陵戸

▼ 私実に~ (6, 0.0%)

1 好い服地, 心外な, 窮つてを, 貴方の, 面目無く, 驚入

▼ 私小母さん~ (6, 0.0%)

4 の家 2 を姉さん

▼ 私~ (6, 0.0%)

2 かしいこと 1 かしい, かしいの, かしいん, を忍ん

▼ 私悪い~ (6, 0.0%)

1 ことを, でがんす, とは思った, 事言つて, 女, 私悪い

▼ 私~ (6, 0.0%)

1 であって, でないこと, に過ぎない, のみあっ, の争い, の兵

▼ 私決して~ (6, 0.0%)

1 そんな心, 後悔する, 忘れないわ, 悪さ, 申しませんわ, 絮い

▼ 私泣い~ (6, 0.0%)

1 ていた, ています, てしまった, て敏行, て泣い, て泣き

▼ 私着物~ (6, 0.0%)

2 を着 1 かりて, なんか一枚, を拵え, を持っ

▼ 私知っ~ (6, 0.0%)

2 てます 1 ていました, ています, ている, て仕舞った

▼ 私~ (6, 0.0%)

1 がとても, がわるく, がドキドキ, が惡, に持っ, に落ちませぬ

▼ 私~ (6, 0.0%)

2 嬢に, 嬢の 1 嬢だ, 郎に

▼ 私達一族~ (6, 0.0%)

2 の味方, の者 1 のこの, は苦境

▼ 私達姉妹~ (6, 0.0%)

1 が大好き, のこと, の中, の行末, はすじ, をもう

▼ 私達母子~ (6, 0.0%)

1 が死ぬ, のこと, の為す, の生活, ははなれる, は夫

▼ 私~ (6, 0.0%)

2 が悪い 1 が下がる, が大事, のほう, の工合

▼ 私ある~ (5, 0.0%)

2 がため 1 わ, を知らず, 勿れ

▼ 私うれしい~ (5, 0.0%)

31 わここ, んです

▼ 私お母さん~ (5, 0.0%)

1 と喧嘩, にすまない, の子, の若く, よりお父さん

▼ 私お父さん~ (5, 0.0%)

1 と二人, にぶたれ, のお, の幸福, もあきらめる

▼ 私お話~ (5, 0.0%)

1 が有る, をし, を伺っ, を作らず, を致したい

▼ 私かって~ (5, 0.0%)

1 ちょっとでも, 不断ちょっと, 内の, 蜜豆を, 見た瞬間

▼ 私かな~ (5, 0.0%)

1 戦術を, 所に, 期待を, 興に, 願望が

▼ 私こう~ (5, 0.0%)

1 して, なるはず, やってては, 思うのよ, 考えて

▼ 私ごと~ (5, 0.0%)

1 というカラ, と思われ, にばかり亙ります, の小事, は別

▼ 私すこし~ (5, 0.0%)

1 思いあたる事, 息ぐるしいの, 紛失物が, 都合が, 頭痛が

▼ 私すら~ (5, 0.0%)

1 おぼろげに, しかし歴史的, まだ見た, 痛切に, 眉を

▼ 私そのもの~ (5, 0.0%)

2 ではない 1 がヨタ, である, をじかに

▼ 私たち二人きり~ (5, 0.0%)

1 で子供, で暮し, の山荘生活, の感じ, の身うち

▼ 私たち五人~ (5, 0.0%)

1 の暖, はいさみたった, はついに, は夕方五時すぎ, を育てる

▼ 私たち作家~ (5, 0.0%)

1 にとっての興味, にとってもそこ, の任務, の眼, は自身

▼ 私たち素人~ (5, 0.0%)

1 にはちょっと, にもなる, にも分かる, に本格的, の目

▼ 私たち自ら~ (5, 0.0%)

1 である, に力, の慰め, の理論, の知

▼ 私だつたら~ (5, 0.0%)

1 あなたの, その野郎, とみゑさんの, 三月くらひこん, 肉饅頭どころか

▼ 私でっ~ (5, 0.0%)

5

▼ 私どうして~ (5, 0.0%)

3 いいか 1 今まで, 逃げやう

▼ 私どもお互い~ (5, 0.0%)

1 とはなん, のこと, の心持, は無限, を引っぱっ

▼ 私ども三人~ (5, 0.0%)

1 が, だけがいま, で讀書, はそれぞれ, も馬

▼ 私などと~ (5, 0.0%)

1 ちがって, 一緒に, 話の, 違った鈍, 違って

▼ 私なんかより~ (5, 0.0%)

1 ずっといい, もっと大きな, よっぽどいい, よっぽどお, 亭主の

▼ 私においても~ (5, 0.0%)

2 私が 1 それだけの, 日数少々, 誠に有難い

▼ 私については~ (5, 0.0%)

1 こ, 不思議な, 何の, 何も, 殆ど何事も

▼ 私にとりまして~ (5, 0.0%)

1 それこそ, それに, 一生の, 何より大切, 光榮至極の

▼ 私ねえ~ (5, 0.0%)

1 いろいろ沢山話, この仕事, 本郷のねえ, 貴方の, 躾けられ

▼ 私はど~ (5, 0.0%)

2 つちか 1 つか内輪, つちも, ないでも

▼ 私はわ~ (5, 0.0%)

1 ざといつぱいそこらに餌を, つと泣いた, つと泣きだした, づかの, ッと

▼ 私ひとりきり~ (5, 0.0%)

2 であったの, 取り残されて 1 なの

▼ 私べつに~ (5, 0.0%)

2 悪いこと, 惡い 1 これおいしい

▼ 私ほどに~ (5, 0.0%)

1 あの鉢, よく私自身, ロマンティストでは, 喜びは, 滑稽も

▼ 私ほんと~ (5, 0.0%)

1 はいつ, はもっともっと, はダラク, は嬉し, は昔

▼ 私めら~ (5, 0.0%)

5 が罰

▼ 私ら夫妻~ (5, 0.0%)

1 に老父, に言う, の固い, の生活, は子宝

▼ 私ら子供~ (5, 0.0%)

1 に対してもまた, の手, の時, の興味, はその

▼ 私わかる~ (5, 0.0%)

2 の, わ 1 ように

▼ 私を以て~ (5, 0.0%)

1 両家の, 八十日を, 内の, 利を, 言いたいこと

▼ 私~ (5, 0.0%)

1 実際ニ感ジルヨリモアマリ平面ノヨウデス, 少シクライ畠チガイノコトニ口出シヲシタトコロデメツタニ苦情ヲイワレル筋合イハナイハズデアル, 御案内シマショウト京二郎ガ云ウ, 見テモ, 貴官

▼ 私~ (5, 0.0%)

1 其を, 梅子さん貴, 篠田様の, 老女さん此の, 老女さん男なんて

▼ 私ン処~ (5, 0.0%)

2 の橋 1 に居ます, の旦那, はちっとも

▼ 私二人~ (5, 0.0%)

1 だけが知, で差向い, の子供, の探偵姿, は蔵

▼ 私~ (5, 0.0%)

1 てい, てった, て来た, て行きます, て行け

▼ 私初めて~ (5, 0.0%)

1 お見受け申す, ですねんけど, 会いました, 貴方の, 遭ひました

▼ 私~ (5, 0.0%)

1 いこと, いの, 哀さう, 怖かった, 笑く

▼ 私奥様~ (5, 0.0%)

1 から坊や, に代っ, のあの, のお世話, へ申しあげます

▼ 私好み~ (5, 0.0%)

1 の, の古臭い, の想像, の風景, 不申事

▼ 私~ (5, 0.0%)

2 だわ 1 だ, で嫌, よ留針

▼ 私嬉しい~ (5, 0.0%)

2 んです 1 とも忝ない, わ, わどんなに

▼ 私~ (5, 0.0%)

1 でも床, なんかちっとも, へいっ, へお金, へ戻りまし

▼ 私年号~ (5, 0.0%)

1 が弘, と関係, なども或いは, の一つ, の称え始め

▼ 私~ (5, 0.0%)

4 の僧 1 の法師

▼ 私昨夜~ (5, 0.0%)

1 あの人, こんなに書いた, こんなもの, たうとう, の事

▼ 私~ (5, 0.0%)

1 あちやん, からもらう, と子供, に話せ, は正しく

▼ 私~ (5, 0.0%)

1 であって, でありその, ではない, となり, を国家

▼ 私~ (5, 0.0%)

1 と名づけ, のもっとも, のよろしから, の国, を許したる

▼ 私~ (5, 0.0%)

1 ておきたい, てきます, てよ, てゐた, て來

▼ 私~ (5, 0.0%)

1 かにどう, にも知らせない, の前, も入れません, よりも熱心

▼ 私達人間~ (5, 0.0%)

1 にはその, の生活, は人生五十年, は友人, は考えつく

▼ 私達兄妹~ (5, 0.0%)

1 の生活, は世間, は救われた, は畳, を助け

▼ 私~ (4, 0.0%)

1 そんなにむごく, 出て, 知らん, 行ってから

▼ 私あすこ~ (4, 0.0%)

2 へ行っ 1 で占, ならいつだったか

▼ 私あまり~ (4, 0.0%)

1 お世話に, しや, 大声を, 悪い子

▼ 私いい~ (4, 0.0%)

1 こと教え, と思う, 折を, 縫物屋を

▼ 私いくらでも~ (4, 0.0%)

1 お供, 弁償します, 眠りたい, 眠りたいの

▼ 私おなか~ (4, 0.0%)

1 がペコペコ, が痛く, が空いてる, ペコペコな

▼ 私お腹~ (4, 0.0%)

1 がすいた, が一杯, が空いちゃった, はすいてた

▼ 私がか~ (4, 0.0%)

1 へるまでに, やうな, やうに, ような

▼ 私がも~ (4, 0.0%)

1 ぐらもちぢやなくてチユーリツプだ, しいたらとても, すこし佳い, どつて來

▼ 私がを~ (4, 0.0%)

1 かしくて, りし茶, りますれば, れば

▼ 私ぐらいの~ (4, 0.0%)

1 ものだ, 年の, 年格好の, 時分は

▼ 私このごろ~ (4, 0.0%)

1 ある人, こんなもの, では人生, どうしても夜

▼ 私しよう~ (4, 0.0%)

1 という大野望, とする, とのよから, と思う

▼ 私~ (4, 0.0%)

1 しんに, やとても, やない, やまずい

▼ 私せる~ (4, 0.0%)

1 にあらずや, をいふ, を指せる, 赤き煉瓦

▼ 私そっくり~ (4, 0.0%)

1 であったでは, の天災, の相手, の顔

▼ 私それから~ (4, 0.0%)

1 主賓の, 他に, 先き, 母

▼ 私たいへん~ (4, 0.0%)

1 な大, な寝坊, 寒いん, 心細くなりました

▼ 私たち一同~ (4, 0.0%)

1 は, はこの, はベン, をかわるがわる

▼ 私たち友人~ (4, 0.0%)

1 が寄っ, としてはなるべく, にも見当, にも遺言

▼ 私たち女性~ (4, 0.0%)

1 の前, の生活, の間, はその

▼ 私たち姉妹~ (4, 0.0%)

1 の悲劇, への御, ほど薄命, を買い取っ

▼ 私たる~ (4, 0.0%)

1 の別, ものの, もの多少, 者が

▼ 私だけかも~ (4, 0.0%)

1 知れない, 知れないが, 知れないけど, 知れません

▼ 私だけでも~ (4, 0.0%)

1 二等運賃を, 仲よく親切, 落ちついて, 逃がす算段

▼ 私だつた~ (4, 0.0%)

1 が外, けれど, ので, ので默つて差し

▼ 私だの~ (4, 0.0%)

1 そらここ, そら此處, 久留米の, 同船の

▼ 私であれ~ (4, 0.0%)

1 ど人, ばそれ, ば思い切っ, 貴方であれ

▼ 私であろう~ (4, 0.0%)

31 と云い懸かり

▼ 私でした~ (4, 0.0%)

2 が私 1 がお, がそれ

▼ 私ども一行~ (4, 0.0%)

1 に対し, は互に, は大阪, は藩

▼ 私ども兄弟~ (4, 0.0%)

1 がそろっ, が幼少, は幸, もはや

▼ 私ども四人~ (4, 0.0%)

1 が当時, が踏む, の他, はここ

▼ 私ならぬ~ (4, 0.0%)

1 ものの, 場所です, 政治上の, 祈願の

▼ 私なり~ (4, 0.0%)

1 から話した, な詮索, 公に, 牛込の

▼ 私なんかが~ (4, 0.0%)

1 どうしてより, 学生の, 日本人の, 死んで

▼ 私なんかを~ (4, 0.0%)

1 やかましく監督, 手に, 拾つてくれ, 驚嘆させる

▼ 私なんず~ (4, 0.0%)

1 がどう, そうやっ, もいつ, も大きに

▼ 私なんにも~ (4, 0.0%)

1 そんな方法, なくて, 存じませんの, 話すまいが

▼ 私にたいする~ (4, 0.0%)

1 あなたの, ときなど, 権力を, 試験は

▼ 私につき~ (4, 0.0%)

1 きりで, 当ろうと, 従い少年少女, 歩いて

▼ 私にな~ (4, 0.0%)

3 ずいて 1 つてゐた

▼ 私にはよ~ (4, 0.0%)

1 うく分ってる, うく読み取る, かつた, つぽ

▼ 私にもと~ (4, 0.0%)

1 いって, いふ, 色紙を, 言って

▼ 私のみの~ (4, 0.0%)

1 憂いでは, 正体でない, 生活という, 責任で

▼ 私のよ~ (4, 0.0%)

1 こが, こに, この男, ふすなど

▼ 私はかま~ (4, 0.0%)

2 ひません 1 はない, ひませんけれど

▼ 私はけ~ (4, 0.0%)

1 だもの, ふの, ふもまた, ふも野末

▼ 私はじぶん~ (4, 0.0%)

1 が単なる, のお金, の商用, の考

▼ 私はもの~ (4, 0.0%)

3 柔らかに 1 柔らかな

▼ 私はネ~ (4, 0.0%)

1 そんなこと, 叔父さん, 誰の, 貴方と

▼ 私ばかりか~ (4, 0.0%)

1 あなたまで, 太鼓たちも, 誰だって, 貴郎

▼ 私もは~ (4, 0.0%)

1 あ野郎, だか, アここの, ア終には

▼ 私もよ~ (4, 0.0%)

1 うく覚え, かつた, つぽ, ツく

▼ 私やっぱり~ (4, 0.0%)

1 いい気持, 一村童大正十年カメラ珍らしく, 先生に, 駅まで

▼ 私やはり~ (4, 0.0%)

1 かき集めは, 家庭教師を, 手術を, 行くわ

▼ 私よりずつと~ (4, 0.0%)

1 うまいです, 大きいくせ, 年上の, 輕

▼ 私わざと~ (4, 0.0%)

2 私の 1 負けたのよ, 黙つて

▼ 私をから~ (4, 0.0%)

2 かつた 1 かつちや獨, かつてやりたく

▼ 私を通じて~ (4, 0.0%)

1 先生まで, 国家の, 親しくなった, 間接に

▼ 私ホッ~ (4, 0.0%)

1 といたしました, とした, としました, とする

▼ 私~ (4, 0.0%)

1 じゃない, だから, でございますよ, とこの

▼ 私云っ~ (4, 0.0%)

3 てやった 1 てやる

▼ 私~ (4, 0.0%)

1 と一, に頼まれた, の子達, の言

▼ 私何度~ (4, 0.0%)

1 でも切っ, もキッス, も間違えた, 逃げ出したか

▼ 私~ (4, 0.0%)

1 に於ける, の弁明, の思い過し, の穿ち過ぎだろう

▼ 私処女~ (4, 0.0%)

1 よ, よつて, よもおかしい, よもおかしな

▼ 私初め~ (4, 0.0%)

1 からそう, から何だか, はそれ, はどう

▼ 私~ (4, 0.0%)

1 に, にのど, に前川さん, に覚えた

▼ 私~ (4, 0.0%)

1 が公権力化, なく万理自ら森着, にもおいそれと, を集め

▼ 私~ (4, 0.0%)

1 ここへ, どうかなされた, れんに迄, 別の

▼ 私可笑しく~ (4, 0.0%)

1 て可笑しく, て涙, なつた, なつたから

▼ 私~ (4, 0.0%)

1 から愛され, が出征, で漸く, より此頃上京ニ

▼ 私奈何~ (4, 0.0%)

2 したつて嫁, したで御座いませう

▼ 私始め~ (4, 0.0%)

1 てです, の中, は何, まだまだ驚くべき

▼ 私始終~ (4, 0.0%)

1 さう思つて, さう思ひながら, 心に, 気に

▼ 私~ (4, 0.0%)

1 を張る, を振舞う, を植え, を猥

▼ 私~ (4, 0.0%)

2 を興したる 1 の先生, の泰斗官學

▼ 私小さい~ (4, 0.0%)

1 娘が, 時から, 時に, 男の子から

▼ 私帰る~ (4, 0.0%)

1 ことに, ともそこ, まであまり, わ

▼ 私幸福~ (4, 0.0%)

1 じゃない, になれましょう, に見え, よ

▼ 私徳公徳~ (4, 0.0%)

2 の区別 1 に欠, もまた

▼ 私怖い~ (4, 0.0%)

2 んです 1 でせう, の

▼ 私思わず~ (4, 0.0%)

1 お時儀, かっとして, 声を, 知らず

▼ 私悲しく~ (4, 0.0%)

2 なって 1 つて悲しく, てね泣いた

▼ 私故に~ (4, 0.0%)

1 お隣屋敷の, 今は, 当家は, 無理を

▼ 私明日~ (4, 0.0%)

1 にでも婦人科, にでも手紙, になったら, は十三場

▼ 私昨日~ (4, 0.0%)

1 はズッ, は方々, より御, 逢った時

▼ 私本当は~ (4, 0.0%)

1 その絵, 一人ぽっちよ, 宮原さんを, 神戸で

▼ 私極り~ (4, 0.0%)

2 が悪い 1 が悪かっ, わるくて

▼ 私此方~ (4, 0.0%)

1 にゐる, の為, の爲, へ度々

▼ 私死ぬ~ (4, 0.0%)

1 か活きる, ほど辛い, まで覚えてる, んじゃ

▼ 私淋しい~ (4, 0.0%)

21 のよ, 田舎道を

▼ 私独特~ (4, 0.0%)

1 の, のステキ, の云い, の処世哲学

▼ 私生き~ (4, 0.0%)

1 てい, ていられやしない, てゐ, てゐたくない

▼ 私~ (4, 0.0%)

1 がまわる, が悪い, につい, をつぶつて

▼ 私直ぐ~ (4, 0.0%)

1 に仕度, 停車場まで, 帰って, 帰るから

▼ 私真実~ (4, 0.0%)

1 にそう, に気味が悪い, よ, 思ひますよ

▼ 私知ってる~ (4, 0.0%)

1 から大丈夫, よ今, わ, んだ

▼ 私~ (4, 0.0%)

2 を貪り 1 を営む, を營む

▼ 私考える~ (4, 0.0%)

1 と厭, に人間, に千曳石, に本日異教徒席

▼ 私聞い~ (4, 0.0%)

1 たりし, ても悚然, て来ましょう, て見たら

▼ 私見たい~ (4, 0.0%)

1 なおく病もの, な女, な無学文盲, な老朽

▼ 私~ (4, 0.0%)

1 でしたこと, に出た, に相違, をいだかぬ

▼ 私貴君~ (4, 0.0%)

1 があの, がはいっていら, がまさか, に顔

▼ 私貴女~ (4, 0.0%)

1 が主人, なら辛抱, にいろいろ, の叔父様ミスタ・サヤマ

▼ 私逃げ~ (4, 0.0%)

1 て來, て来, て来た, も隠れ

▼ 私達仲間~ (4, 0.0%)

1 ではよく, では言つて, の事情通, の位置

▼ 私達日本~ (4, 0.0%)

1 の人民, の健気, の少女, の男子

▼ 私~ (4, 0.0%)

1 が許, である, の家, の館

▼ 私~ (4, 0.0%)

1 の話, をもっ, を出す, を投じ

▼ 私閉口~ (4, 0.0%)

1 しそう, しちゃったけれど, して, よ全く

▼ 私電話~ (4, 0.0%)

1 でよく, で黒須さん, に出, をかける

▼ 私あお~ (3, 0.0%)

1 乳が, 宅を, 香代といふのよ

▼ 私あと~ (3, 0.0%)

1 からいきます, から考え, は叔父さん

▼ 私あもう~ (3, 0.0%)

1 気で, 気でも, 立派な

▼ 私いちど~ (3, 0.0%)

1 お酒飲み, しのび足, 見かけただけ

▼ 私~ (3, 0.0%)

1 ちょっくら, らいで, 御状之

▼ 私おそく~ (3, 0.0%)

2 なるから 1 なったと

▼ 私かが~ (3, 0.0%)

1 その上, 彼等に, 解釈せね

▼ 私がかへ~ (3, 0.0%)

1 つたから, つてしまへ, れないと

▼ 私がネ~ (3, 0.0%)

1 こないだ新橋に, ダヌンチオの, 貴方に

▼ 私きり~ (3, 0.0%)

2 なこと 1 というの

▼ 私こちら~ (3, 0.0%)

2 へ来る 1 へうかがいませ

▼ 私こないだ~ (3, 0.0%)

1 のあの, の経験, 泣いたり

▼ 私こわい~ (3, 0.0%)

1 わ, わよ, ママ

▼ 私こんど~ (3, 0.0%)

1 つくづく自分, の, の女性

▼ 私~ (3, 0.0%)

1 本で, 案内いたし, 案内する

▼ 私しか~ (3, 0.0%)

1 へりは, 導くこと, 知らないこと

▼ 私じゃあ~ (3, 0.0%)

1 ありません, いや, ない

▼ 私する~ (3, 0.0%)

1 からこ, からここ, ものでない

▼ 私ずいぶん~ (3, 0.0%)

1 いい看護婦, わびしく客間, 心配しました

▼ 私それで~ (3, 0.0%)

1 どうすれ, 怒つて, 漸く安心

▼ 私たちきり~ (3, 0.0%)

2 になりたい 1 だったの

▼ 私たち一般~ (3, 0.0%)

1 のもの, の婦人, の市民的経済状態

▼ 私たち一般人~ (3, 0.0%)

1 の日々, の日常生活, の生活

▼ 私たち五六人~ (3, 0.0%)

1 の一行, の信者どうし, の者

▼ 私たち人類~ (3, 0.0%)

1 が生息, はもう, はやがて

▼ 私たち今日~ (3, 0.0%)

1 の作家, の凡て, はこの

▼ 私たち俗人~ (3, 0.0%)

2 の勝手 1 から見れ

▼ 私たち兄妹~ (3, 0.0%)

1 が微, は今日午後出発, は早くから

▼ 私たち全部~ (3, 0.0%)

1 でも夕飯, の調子, を支え

▼ 私たち凡人~ (3, 0.0%)

1 にとっては理想, の可愛, はいつか

▼ 私たち凡俗~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 の者

▼ 私たち印度人~ (3, 0.0%)

1 の分際, はただ, は長い

▼ 私たち同胞~ (3, 0.0%)

1 が親, のつきもの, は結局

▼ 私たち学生~ (3, 0.0%)

1 のころ, はその, も正貨流出防止

▼ 私たち少年~ (3, 0.0%)

1 にもその, の時代, の耳

▼ 私たち後輩~ (3, 0.0%)

1 にきびしい, に対して常に, への佳き

▼ 私たち日本婦人~ (3, 0.0%)

1 は一九一九年, は率直, は遅

▼ 私たち皆~ (3, 0.0%)

1 で引き受けます, と仕事, はどうも

▼ 私たち祖先~ (3, 0.0%)

1 が過去, の人々, の経

▼ 私たち筆~ (3, 0.0%)

2 執るもの 1 を執る

▼ 私たち親子三人~ (3, 0.0%)

1 は私, ゆるしも, 生きて

▼ 私たち誰~ (3, 0.0%)

1 だって電車, でもが感じる, でもが昨今

▼ 私だけじゃ~ (3, 0.0%)

1 ありませんぜ, ない, ない今

▼ 私だまっ~ (3, 0.0%)

1 ていました, てしまいました, てはいられない

▼ 私ちつ~ (3, 0.0%)

2 とも知らなかつた 1 ともノド

▼ 私ったら~ (3, 0.0%)

1 ね手紙, 狡いわねえ, 誰かに

▼ 私つい~ (3, 0.0%)

1 うつかりし, 二三日前あの, 先週受取った

▼ 私でしか~ (3, 0.0%)

2 ないの 1 ないこと

▼ 私~ (3, 0.0%)

1 ない言う, もうつかり, やよう知りません

▼ 私どうか~ (3, 0.0%)

2 して 1 したの

▼ 私どうせ~ (3, 0.0%)

1 ひまです, 一生働かなけれ, 詩子お

▼ 私どうにか~ (3, 0.0%)

1 されたり, して, 致しますわ

▼ 私どうも~ (3, 0.0%)

1 お言葉, 堪りま, 迂闊な

▼ 私どころ~ (3, 0.0%)

1 では, のさわぎでなく, の段

▼ 私どもの~ (3, 0.0%)

1 が右手, という, はな

▼ 私ども一家~ (3, 0.0%)

1 に祟る, のすこし, の驚き

▼ 私ども一般~ (3, 0.0%)

1 の家庭, の考, の青年

▼ 私ども人類~ (3, 0.0%)

1 がもっとも, のその, の驚異

▼ 私ども兄妹~ (3, 0.0%)

1 にお, に教え, の手

▼ 私ども婦人~ (3, 0.0%)

1 が遙, の互に, の心

▼ 私ども当麻~ (3, 0.0%)

3 の語部

▼ 私ども日本人~ (3, 0.0%)

1 は全部三等車, は戦, を見る

▼ 私なお~ (3, 0.0%)

1 困るん, 恐いわ, 祈った

▼ 私なく~ (3, 0.0%)

1 かつ懇切, 二心なく, 租税を

▼ 私ならず~ (3, 0.0%)

1 とも驚く, 人ひとり守る, 道直に

▼ 私なんぞから~ (3, 0.0%)

2 御金 1 見ると

▼ 私なんぞに~ (3, 0.0%)

1 よくは, 抱きついた女, 言わせると

▼ 私なんぼ~ (3, 0.0%)

1 光子さん崇拝するいう, 喜びました, 馬鹿でした

▼ 私における~ (3, 0.0%)

2 不完全性である 1 オルガ姫の

▼ 私にたいして~ (3, 0.0%)

1 やかましいの, 勢力を, 圧制的な

▼ 私にはずつと~ (3, 0.0%)

1 以前の, 懷しい, 長く殘

▼ 私にまでも~ (3, 0.0%)

1 息詰まらせるよう, 攻勢を, 耻を

▼ 私にもよ~ (3, 0.0%)

1 うく分っ, うく解る, 私にもよ

▼ 私に関して~ (3, 0.0%)

1 おそらく私, なされたこれら, 聯想し

▼ 私のけふ~ (3, 0.0%)

3 の日

▼ 私のち~ (3, 0.0%)

1 からで, ひさ, ひさき時

▼ 私のての~ (3, 0.0%)

2 ひら 1 ひらに現われ

▼ 私のね~ (3, 0.0%)

1 えお父さん, まきの, 今隠れ

▼ 私のみに~ (3, 0.0%)

2 非ず 1 非ざること

▼ 私はかぶり~ (3, 0.0%)

1 を振っ, を振つた, を振る

▼ 私はかへ~ (3, 0.0%)

1 つてこの, つて服裝に, つて郷土の

▼ 私はさ~ (3, 0.0%)

1 ほどに孤独, ほどに驚かなかった, ほどの窮屈

▼ 私はたと~ (3, 0.0%)

1 へ口, へ無名, 困惑濡れ鼠の

▼ 私はつ~ (3, 0.0%)

1 ひに, ひ最近入院中, ひ浮つかりして

▼ 私はの~ (3, 0.0%)

1 ん気に, 実際に, 年を

▼ 私はや~ (3, 0.0%)

1 すらかな心地, にはに追, ッぱりオメンクイな

▼ 私~ (3, 0.0%)

1 よいと, をした, グウグウと

▼ 私びっくり~ (3, 0.0%)

1 したわ, して, しましたよ

▼ 私ほか~ (3, 0.0%)

1 分らないだろう, 感じられない暗示, 迎えが

▼ 私までを~ (3, 0.0%)

1 へとへとに, 伊吹の, 阿波の

▼ 私めがけ~ (3, 0.0%)

1 てよっ, て伸ばし, て飛びつこう

▼ 私もうどう~ (3, 0.0%)

1 しようかと, なつたつ, なるか

▼ 私もし~ (3, 0.0%)

1 つかりと, つかりとは, 千円もらっ

▼ 私もしか~ (3, 0.0%)

1 したらあなた, したら盲腸, 感ずる

▼ 私もと~ (3, 0.0%)

2 しを 1 胸を

▼ 私もな~ (3, 0.0%)

1 今つくづく, 同じ物, 昨年一人末ッ児を

▼ 私もも~ (3, 0.0%)

1 ウ今夜ぎりで, 少しの, 少し逗留

▼ 私やつ~ (3, 0.0%)

1 てみたい, てみる, と生き

▼ 私よりか~ (3, 0.0%)

1 ずっと実社会, 塗立って, 背の

▼ 私よりもずつと~ (3, 0.0%)

1 年が, 年下だつた, 背が

▼ 私ら人間~ (3, 0.0%)

1 がこの, の子, は猿

▼ 私ら父子~ (3, 0.0%)

1 は市民, も田んぼ, を下宿

▼ 私わからない~ (3, 0.0%)

21 ってこたえました

▼ 私をか~ (3, 0.0%)

2 ばつて 1 あっと

▼ 私をぞ~ (3, 0.0%)

2 つとさす 1 つと

▼ 私をは~ (3, 0.0%)

1 はんと, ア何でも, ッと

▼ 私をまで~ (3, 0.0%)

1 時々警戒, 訪ねて, 誘い込むよう

▼ 私ん所~ (3, 0.0%)

1 には荷車, にや来てない, へ持っ

▼ 私~ (3, 0.0%)

1 まア勝手, 又た, 恋してる

▼ 私~ (3, 0.0%)

1 と口, と足お先, と頃生傷

▼ 私丁度~ (3, 0.0%)

1 よくし, 歯楊子を, 退屈してる

▼ 私~ (3, 0.0%)

1 にい, の三畳, ふみますから

▼ 私今井さん~ (3, 0.0%)

1 が何だか, は屹度, を負っ

▼ 私今朝~ (3, 0.0%)

1 からそんな, から御飯, の事実

▼ 私何とも~ (3, 0.0%)

1 云えないきつい, 小言は, 思や

▼ 私兄さん~ (3, 0.0%)

1 となんか, のお, のこと

▼ 私全く~ (3, 0.0%)

1 一人ぼつち, 先々どう, 困っちゃったの

▼ 私全体~ (3, 0.0%)

1 が苛ら苛, の上, をその

▼ 私共みたい~ (3, 0.0%)

1 な土百姓, な境遇, な貧亡人

▼ 私共位~ (3, 0.0%)

1 の女, の女性, の年

▼ 私前川さん~ (3, 0.0%)

1 からこの, と何, に個人

▼ 私口惜しく~ (3, 0.0%)

2 てそんな 1 て仕方

▼ 私~ (3, 0.0%)

1 である, なんか貰ら, の中

▼ 私名前~ (3, 0.0%)

1 にて東方, は存じ, は後で

▼ 私喧嘩~ (3, 0.0%)

1 したって, して, をし

▼ 私~ (3, 0.0%)

1 の男, へ出, へ出る

▼ 私~ (3, 0.0%)

1 がなく, をみ, を見てた

▼ 私大変~ (3, 0.0%)

1 な心配事, 悲しい, 疲れて

▼ 私夫婦~ (3, 0.0%)

1 と申す, は勿論, は明治元年

▼ 私奥さま~ (3, 0.0%)

1 さえ許し, と喧嘩, に家庭破壊者

▼ 私姉さん~ (3, 0.0%)

1 に話し, の様, の樣

▼ 私存じません~ (3, 0.0%)

1 が, けれどもともかく, わダーネーさん

▼ 私~ (3, 0.0%)

2 さい涙が 1 を申しませう

▼ 私~ (3, 0.0%)

1 である, で嫌, なり

▼ 私帰っ~ (3, 0.0%)

1 てすぐ, ても帰らなく, て家

▼ 私~ (3, 0.0%)

2 とらないうち 1 とってからは

▼ 私~ (3, 0.0%)

1 から行っ, から見, に来ます

▼ 私御飯~ (3, 0.0%)

1 いただいたん, の支度, を一杯

▼ 私思っ~ (3, 0.0%)

1 ています, てもぞっと, てよ

▼ 私恥しい~ (3, 0.0%)

1 のよ全く, わ, 思いを

▼ 私拝領~ (3, 0.0%)

2 仕候 1 仕候木綿

▼ 私~ (3, 0.0%)

1 これは, で何とも, 直ぐに

▼ 私~ (3, 0.0%)

1 ういう, うする, んなに

▼ 私斯様~ (3, 0.0%)

1 な処, な前提, 嬉しいお正月

▼ 私新子~ (3, 0.0%)

1 にも内緒, に内, の姉

▼ 私新子さん~ (3, 0.0%)

1 にもう一度, はちゃんと, を酒場

▼ 私時計~ (3, 0.0%)

1 がない, を売つ, 見ないもの

▼ 私未だ~ (3, 0.0%)

1 曾て, 申上げる, 知らんけれども

▼ 私本来~ (3, 0.0%)

1 の天地, の生活, の風光

▼ 私来た~ (3, 0.0%)

1 ことある, のよ, ばかりで

▼ 私検脈~ (3, 0.0%)

1 の儀, を所望, 致さざる儀

▼ 私~ (3, 0.0%)

2 の家 1 の右手

▼ 私母様~ (3, 0.0%)

2 のお 1 のおっしゃる

▼ 私泣いた~ (3, 0.0%)

1 かしら, ことが, の

▼ 私田舎~ (3, 0.0%)

1 こそ厭, の叔母さん, へなぞ

▼ 私申し~ (3, 0.0%)

2 候は 1 条も

▼ 私疲れ~ (3, 0.0%)

1 ちやつたわ, ていた, てしまつ

▼ 私病気~ (3, 0.0%)

1 が治る, のとき, のやう

▼ 私眠く~ (3, 0.0%)

2 なって 1 ないん

▼ 私私私~ (3, 0.0%)

1 だってだれ, だって私, でした

▼ 私~ (3, 0.0%)

1 不幸な, 其の事, 幸福な

▼ 私程度~ (3, 0.0%)

1 のもの, の誰彼, の遊び人

▼ 私~ (3, 0.0%)

1 すること, となる, もいけない

▼ 私等一家~ (3, 0.0%)

1 から彼女自身, が如何, はイヨイヨ貧窮

▼ 私~ (3, 0.0%)

1 がなかっ, で姫路, の軽便鉄道

▼ 私~ (3, 0.0%)

1 うるに, へ付い, へ候

▼ 私考えます~ (3, 0.0%)

1 には何と, に葛の葉, 江戸中の

▼ 私考へた~ (3, 0.0%)

1 のよ, わ, んです

▼ 私考へる~ (3, 0.0%)

1 と厭, ほど申訳, 毎に

▼ 私~ (3, 0.0%)

1 からを, 吝, 身体が

▼ 私自身それ~ (3, 0.0%)

1 がた, に近づく, を感ずる

▼ 私自身の~ (3, 0.0%)

1 がはや, と同じ, と混同

▼ 私芝居~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 の勉強

▼ 私若い~ (3, 0.0%)

1 のじゃ, 人では, 時代に

▼ 私行った~ (3, 0.0%)

1 ことよく, 方が, 時から

▼ 私~ (3, 0.0%)

3

▼ 私見る~ (3, 0.0%)

1 から涙さし, のが, 好きです

▼ 私訊い~ (3, 0.0%)

1 てくる, てみます, て見る

▼ 私~ (3, 0.0%)

1 につまされた, に余る, を捨てまし

▼ 私~ (3, 0.0%)

1 入れて, 手に, 支店長さんの

▼ 私達一同~ (3, 0.0%)

1 が以前, は表, を召し寄せ

▼ 私達二人きり~ (3, 0.0%)

1 ですよ, で作った, で薄暗い

▼ 私達婦人~ (3, 0.0%)

1 が当時, の一票, ばかりの舫

▼ 私達学生席~ (3, 0.0%)

2 の方 1 からは荒い

▼ 私~ (3, 0.0%)

1 という言葉, の方法, もあっ

▼ 私~ (3, 0.0%)

2 へ帰っ 1 へ招い

▼ 私馬鹿~ (3, 0.0%)

1 じゃない, ですわね, なん

▼ 私ああ~ (2, 0.0%)

1 いうの, やって

▼ 私あきらめ~ (2, 0.0%)

1 ちゃいない, て働い

▼ 私あまた~ (2, 0.0%)

1 お前かと, 話すだけでも

▼ 私あやまる~ (2, 0.0%)

1 わ, んです

▼ 私あわて~ (2, 0.0%)

1 てお家, てやって来た

▼ 私いま何~ (2, 0.0%)

1 もない, も言わなかっ

▼ 私いろんな~ (2, 0.0%)

1 ものを, 話が

▼ 私うち~ (2, 0.0%)

1 で言う, のトラック

▼ 私うまれ~ (2, 0.0%)

1 てこの, てはじめて

▼ 私お先に~ (2, 0.0%)

1 帰ります, 歸ります

▼ 私お前さん~ (2, 0.0%)

2 をそんな

▼ 私お家~ (2, 0.0%)

1 へかえる, へ帰らなかった

▼ 私お話し~ (2, 0.0%)

1 しようと, 致しました上野山下一葉茶屋

▼ 私お願い~ (2, 0.0%)

1 したん, 申しあげまする

▼ 私かい~ (2, 0.0%)

1 まあお前お供, 私なら

▼ 私かうし~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て寝

▼ 私かかる~ (2, 0.0%)

1 観念を, 觀念を

▼ 私かね~ (2, 0.0%)

1 て望候物, 私は

▼ 私からこそ~ (2, 0.0%)

1 お頼み, みなさんに

▼ 私からと~ (2, 0.0%)

1 云う事, 言って

▼ 私かれ~ (2, 0.0%)

1 に就い, の本

▼ 私がさ~ (2, 0.0%)

1 この稽古棒, 南米あたりで

▼ 私がなんて~ (2, 0.0%)

1 乱暴な, 考えては

▼ 私がに~ (2, 0.0%)

1 悪口吐い, 話いし

▼ 私がへ~ (2, 0.0%)

1 いお供, いこの

▼ 私がま~ (2, 0.0%)

2 にうけ

▼ 私がもの~ (2, 0.0%)

1 わかりの, 心を

▼ 私きまり~ (2, 0.0%)

2 が悪い

▼ 私くら~ (2, 0.0%)

2 ゐの

▼ 私~ (2, 0.0%)

2

▼ 私こういう~ (2, 0.0%)

1 ことを, ぞんざいもんだで

▼ 私このごろ夜~ (2, 0.0%)

1 ちっとも眠られない, 眠られなくて

▼ 私この間~ (2, 0.0%)

1 から気, も人

▼ 私これからすぐ~ (2, 0.0%)

1 伺ひます, 帰るわ

▼ 私しで~ (2, 0.0%)

2 は有りません

▼ 私しばらく~ (2, 0.0%)

1 のあいだお宅, 頭を

▼ 私しょっちゅう~ (2, 0.0%)

1 お母様の, ここに

▼ 私しら~ (2, 0.0%)

1 ない, の妻ハ日

▼ 私じつは~ (2, 0.0%)

1 今たいへん, 講釈師じゃ

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 つかりそんな, つかり草

▼ 私すべきでない~ (2, 0.0%)

1 といふところ, と考えられます

▼ 私ずっと~ (2, 0.0%)

1 二階で, 前から

▼ 私せず~ (2, 0.0%)

1 天皇の, 我家を

▼ 私そういう~ (2, 0.0%)

1 ことよく, つもりで

▼ 私そっと~ (2, 0.0%)

1 しまって, 蓮香さんを

▼ 私それとなく~ (2, 0.0%)

1 新子に, 神さんの

▼ 私それら~ (2, 0.0%)

1 の姿態, はすべて

▼ 私それ程~ (2, 0.0%)

1 あなたに, 卑怯な

▼ 私そツ~ (2, 0.0%)

2 ちへ

▼ 私ぞっと~ (2, 0.0%)

1 しちゃうわ, しますの

▼ 私たちお互い~ (2, 0.0%)

1 にとって正しい, の身の上

▼ 私たちきょうだい~ (2, 0.0%)

1 は本当に, は骨

▼ 私たちどちら~ (2, 0.0%)

1 にとってもとても, のため

▼ 私たちなん~ (2, 0.0%)

1 でございますか, のお

▼ 私たちはか~ (2, 0.0%)

1 のインド, へり

▼ 私たちアイヌ~ (2, 0.0%)

1 のうち, も今

▼ 私たち一人~ (2, 0.0%)

1 がなんと, でも生き

▼ 私たち一部~ (2, 0.0%)

2 の作家

▼ 私たち七人~ (2, 0.0%)

1 に対してちょうど, は鮨詰め

▼ 私たち下賤~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 私たち中国~ (2, 0.0%)

2 の若い

▼ 私たち二三人~ (2, 0.0%)

1 はレビ記, は博物館

▼ 私たち今~ (2, 0.0%)

1 この前, は言

▼ 私たち以外~ (2, 0.0%)

1 にはやらない, の人々

▼ 私たち仲間~ (2, 0.0%)

1 がどんな, ではいや

▼ 私たち何~ (2, 0.0%)

1 にしましょう, を云っ

▼ 私たち個人~ (2, 0.0%)

1 の生命, の精神肉体

▼ 私たち六人~ (2, 0.0%)

1 は別に, は無言

▼ 私たち同室~ (2, 0.0%)

2 の者四人

▼ 私たち同行二人~ (2, 0.0%)

2 の巡礼

▼ 私たち四年生~ (2, 0.0%)

1 と三年生, は男女

▼ 私たち女二人~ (2, 0.0%)

1 のため, の話

▼ 私たち女子~ (2, 0.0%)

1 も公平, も男子

▼ 私たち妹~ (2, 0.0%)

1 の分, も物心

▼ 私たち家族~ (2, 0.0%)

2 とはむろん

▼ 私たち少数~ (2, 0.0%)

1 の者, の近習

▼ 私たち数名~ (2, 0.0%)

1 の教室員, の文士仲間

▼ 私たち文士~ (2, 0.0%)

1 だと, の大

▼ 私たち普通~ (2, 0.0%)

1 のくらし, 見慣れて

▼ 私たち普通人~ (2, 0.0%)

1 には間に合いかねます, にも独り合点

▼ 私たち村~ (2, 0.0%)

2 の子供

▼ 私たち東京人~ (2, 0.0%)

2 の生活

▼ 私たち母~ (2, 0.0%)

1 たるべきもの, と子

▼ 私たち津軽人~ (2, 0.0%)

1 の明るい, の窮極

▼ 私たち現代~ (2, 0.0%)

1 の女, の日本

▼ 私たち男~ (2, 0.0%)

1 の心, はいつも

▼ 私たち科学者~ (2, 0.0%)

1 が実験室, は大いに

▼ 私たち親~ (2, 0.0%)

1 と子, の誕生日

▼ 私たち親子四人~ (2, 0.0%)

1 は一枚, は津軽

▼ 私たち風流人~ (2, 0.0%)

2 の美しい

▼ 私たつた~ (2, 0.0%)

1 一人で, 今読むだ

▼ 私だけに関する~ (2, 0.0%)

1 ものです, 事なら差支えない

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 ゅうもんは全然, ゅうもん利用し

▼ 私ちやん~ (2, 0.0%)

1 と判, と聞いた

▼ 私ちょうど~ (2, 0.0%)

1 あなたの, 手紙を

▼ 私ちよ~ (2, 0.0%)

1 つとお話し, つと見

▼ 私つまり~ (2, 0.0%)

1 あの日, 此處に

▼ 私つむじ~ (2, 0.0%)

1 曲がりですわね, 曲りなの

▼ 私でございました~ (2, 0.0%)

1 がいよいよ, よ

▼ 私でござん~ (2, 0.0%)

2 すか

▼ 私でさえが~ (2, 0.0%)

1 夢想だ, 首を

▼ 私でさえもが~ (2, 0.0%)

1 今こうして, 当時物語の

▼ 私でしたら~ (2, 0.0%)

1 嘲笑し, 貴方に

▼ 私でなくっ~ (2, 0.0%)

1 ちゃいけない, ても誰か

▼ 私でなければ~ (2, 0.0%)

2 他の

▼ 私で御座います~ (2, 0.0%)

1 が, へエ

▼ 私といった~ (2, 0.0%)

1 ような, 風景は

▼ 私とうとう~ (2, 0.0%)

1 働くこと, 起きて

▼ 私とお~ (2, 0.0%)

1 さの, ないどしの

▼ 私とか~ (2, 0.0%)

1 僕とかいふ, 麻生氏河上氏三宅氏等は

▼ 私ときどき~ (2, 0.0%)

1 いけなくなるわ, 喧嘩も

▼ 私ところ~ (2, 0.0%)

1 の会計, もあろう

▼ 私とそ~ (2, 0.0%)

1 つくりおなじ, つくりその

▼ 私とだけが~ (2, 0.0%)

1 松明と共に, 相対し

▼ 私とだけで~ (2, 0.0%)

1 仕事を, 編集したら

▼ 私とてもそう~ (2, 0.0%)

1 お父上, だった

▼ 私とでも~ (2, 0.0%)

1 取組みそう, 言えましょう

▼ 私とな~ (2, 0.0%)

1 つたさて, つた横着な

▼ 私とにかく~ (2, 0.0%)

1 あの人, 当って

▼ 私とには~ (2, 0.0%)

1 何の, 共通な

▼ 私とのみに~ (2, 0.0%)

1 なったの, なって

▼ 私とへの~ (2, 0.0%)

1 愛によ, 愛によって

▼ 私とり~ (2, 0.0%)

2 ら子に

▼ 私ども一人一人~ (2, 0.0%)

1 が自分たち, の力

▼ 私ども一座~ (2, 0.0%)

1 の中身, の者

▼ 私ども下々~ (2, 0.0%)

1 には何とも, の者

▼ 私ども両人~ (2, 0.0%)

2 の考え

▼ 私ども二三人~ (2, 0.0%)

1 して, はやっと

▼ 私ども作家~ (2, 0.0%)

1 にとって苦しみ, は少なくとも

▼ 私ども女~ (2, 0.0%)

1 にとっては何, は草履

▼ 私ども子供~ (2, 0.0%)

1 のころ, の内

▼ 私ども正統~ (2, 0.0%)

2 の風流

▼ 私ども當麻~ (2, 0.0%)

2 の語部

▼ 私ども老人~ (2, 0.0%)

1 には何となく, の出る

▼ 私ども親子~ (2, 0.0%)

1 のもの, の大

▼ 私ながら~ (2, 0.0%)

1 いとしさ, 夢の

▼ 私なさけない~ (2, 0.0%)

1 の, わ

▼ 私なぜ~ (2, 0.0%)

1 お姉さま, だか

▼ 私なぞよりずつと~ (2, 0.0%)

1 わかい人, 年の

▼ 私などおよびも~ (2, 0.0%)

2 つきませぬ

▼ 私などで~ (2, 0.0%)

2 さへ

▼ 私などに対しても~ (2, 0.0%)

1 これまでに, 世間の

▼ 私なに~ (2, 0.0%)

1 かはこの, も考え

▼ 私なりへ~ (2, 0.0%)

1 一応其歌, 一應其歌の

▼ 私なん~ (2, 0.0%)

1 でありますまだ, でも野菊

▼ 私なんざあ~ (2, 0.0%)

1 どうせやっぱり磔, もう三十年

▼ 私なんぞよりも~ (2, 0.0%)

1 ずっと前, 遙かに

▼ 私にか~ (2, 0.0%)

1 ぢりつい, へること

▼ 私にかの~ (2, 0.0%)

1 共立学校の, 船長の

▼ 私にこそ~ (2, 0.0%)

1 力強い後ろ楯, 曲げて

▼ 私にさえも~ (2, 0.0%)

1 或感じ, 蘇って

▼ 私にすら~ (2, 0.0%)

1 つくづくと, ソラゾラしいよう

▼ 私にね~ (2, 0.0%)

1 そっと内証, 坊さんが

▼ 私にはど~ (2, 0.0%)

1 つちも, つと來

▼ 私により~ (2, 0.0%)

1 かかるよう, 添って

▼ 私によりまして~ (2, 0.0%)

1 附け加, 附け加えられ完全

▼ 私によりも~ (2, 0.0%)

1 あの女, 三人の

▼ 私に対しての~ (2, 0.0%)

1 取り扱い方, 彼は

▼ 私に迄~ (2, 0.0%)

2 責任が

▼ 私に関しては~ (2, 0.0%)

1 何も, 口を

▼ 私のく~ (2, 0.0%)

1 びにぶら下り乍ら貪る, びも

▼ 私のじゃ~ (2, 0.0%)

1 ない, ないか

▼ 私ので~ (2, 0.0%)

1 生きます, 送れるの

▼ 私のでも~ (2, 0.0%)

1 あってね, 間に合わないこと

▼ 私のねが~ (2, 0.0%)

1 ひである, ひとし

▼ 私のぼせる~ (2, 0.0%)

2 とわけ

▼ 私のまん~ (2, 0.0%)

1 前に, 前の

▼ 私のみは~ (2, 0.0%)

1 一日も, 既に足掛け三年

▼ 私のみを~ (2, 0.0%)

1 力に, 知る人

▼ 私はかっ~ (2, 0.0%)

1 として立ち上り, として馬勒

▼ 私はかろく~ (2, 0.0%)

1 それを, 指さきで

▼ 私はぐ~ (2, 0.0%)

1 でりん, ッと

▼ 私はげ~ (2, 0.0%)

1 てもの, にも大

▼ 私はさん~ (2, 0.0%)

1 せいである, ばし

▼ 私はし~ (2, 0.0%)

1 がみ附きたい, をらしい

▼ 私はしか~ (2, 0.0%)

1 信ずること, 思えない

▼ 私はしる~ (2, 0.0%)

2 人に

▼ 私はじ~ (2, 0.0%)

1 よらうぐもが, 辞職いたします

▼ 私はっきり~ (2, 0.0%)

1 とお話し, 今覚えてない

▼ 私はでも~ (2, 0.0%)

1 ついに真理子, 彼女の

▼ 私はとも~ (2, 0.0%)

2 角も

▼ 私はなつ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, てゐない

▼ 私はなんて~ (2, 0.0%)

1 まあ浅, 馬鹿だ

▼ 私はねエ~ (2, 0.0%)

1 ご近所, 目が

▼ 私ははは~ (2, 0.0%)

2 あ扇風機

▼ 私はぶき~ (2, 0.0%)

1 ようで, りょうだ

▼ 私はめ~ (2, 0.0%)

1 だるだけは, だる丈

▼ 私はよう~ (2, 0.0%)

1 存じて, 行かなかった

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 ッかり, ッかりだ

▼ 私ばかりと~ (2, 0.0%)

1 いうでは, 云うでは

▼ 私ばっかり~ (2, 0.0%)

1 心配し, 折釘を

▼ 私ひそか~ (2, 0.0%)

1 にわれら, に安堵

▼ 私ひとつ~ (2, 0.0%)

1 見破って, 見破つて

▼ 私ひろき~ (2, 0.0%)

2 天地より

▼ 私まさに~ (2, 0.0%)

2 神の

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 てえなヤボテン, てきましょう

▼ 私もうこ~ (2, 0.0%)

1 ないわ, の家

▼ 私もうほんとに~ (2, 0.0%)

1 いや, びっくりしちゃった

▼ 私もか~ (2, 0.0%)

2 ういつて妻

▼ 私もが~ (2, 0.0%)

1 つかりしたやう, つかりして

▼ 私もど~ (2, 0.0%)

1 つちか, つと寢

▼ 私もねえ~ (2, 0.0%)

1 かうして, よつ

▼ 私もよと~ (2, 0.0%)

1 云って, 云つてだらしなく

▼ 私やあ~ (2, 0.0%)

1 台座の, 急いで

▼ 私やめる~ (2, 0.0%)

1 のどうせ, わ今度

▼ 私やります~ (2, 0.0%)

1 から, わ

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 つくり考えて, ふべ

▼ 私よか~ (2, 0.0%)

2 十も

▼ 私よろこん~ (2, 0.0%)

1 でお供, で和解

▼ 私らしくない~ (2, 0.0%)

1 乱暴な, 写真でも

▼ 私ら一家~ (2, 0.0%)

1 は反対, を憎む

▼ 私ら夫婦~ (2, 0.0%)

1 なの, の間

▼ 私ら父娘~ (2, 0.0%)

1 が娘, の釣り

▼ 私ら自身~ (2, 0.0%)

1 の趣味, は捨石

▼ 私ら親子~ (2, 0.0%)

1 は新宮, を波止場

▼ 私ら釣り人~ (2, 0.0%)

1 にはさびしい, は夏

▼ 私~ (2, 0.0%)

2 やうに

▼ 私をと~ (2, 0.0%)

1 云うよりも, 暴れ廻る

▼ 私をもって~ (2, 0.0%)

2 日本の

▼ 私をよ~ (2, 0.0%)

1 つぽ, 嫁に

▼ 私を通して~ (2, 0.0%)

1 お呉れ, 始めて真

▼ 私アお前~ (2, 0.0%)

1 にりん病, に昨日越中島

▼ 私ア今~ (2, 0.0%)

1 になっ, もだから

▼ 私ア何~ (2, 0.0%)

1 う云う, も知んねえ

▼ 私ア市城村~ (2, 0.0%)

2 の市四郎

▼ 私ア此~ (2, 0.0%)

1 の床, の筒袖

▼ 私ア気~ (2, 0.0%)

1 が急きます, も違いません

▼ 私ア縁~ (2, 0.0%)

1 が切れ, の下

▼ 私ア貴方~ (2, 0.0%)

1 に少し, を悪く

▼ 私イケニヘぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 私スパイ~ (2, 0.0%)

1 だと, なん

▼ 私ソックリ~ (2, 0.0%)

1 の大きな, の寝息

▼ 私ダンサア~ (2, 0.0%)

2 になりたい

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 と, 非レバ

▼ 私ノン~ (2, 0.0%)

1 ビリし, モラルです

▼ 私ハ知ラズ知ラズ気ガ~ (2, 0.0%)

1 遠クナッテシマウノデスガ, 遠クナツテシマフノデスガ

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 伝エタモノト思イマス, 暇ヲ

▼ 私ン所~ (2, 0.0%)

1 に二つ, に明いてる

▼ 私一ぺん~ (2, 0.0%)

1 は見, 寄せて

▼ 私一ヶ~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 私一人ぢ~ (2, 0.0%)

1 やいけません, や手

▼ 私一人ぼっち~ (2, 0.0%)

1 じゃない, で本当に

▼ 私一人矢張り朗らか~ (2, 0.0%)

2 に晴れた

▼ 私一人限~ (2, 0.0%)

2

▼ 私一名~ (2, 0.0%)

1 が先, が筆頭

▼ 私一向~ (2, 0.0%)

1 存じません, 遣り放しで

▼ 私一生懸命~ (2, 0.0%)

1 にやります, に勉強

▼ 私一緒~ (2, 0.0%)

1 に行かない, に行っ

▼ 私一郎さん~ (2, 0.0%)

1 のよう, を一緒

▼ 私三味線~ (2, 0.0%)

1 ひくわよ, も踊り

▼ 私両方~ (2, 0.0%)

1 とも写真, へ嫁

▼ 私主人~ (2, 0.0%)

1 をいじめ, をからかっ

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 一身実に, 存念を

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 の体, 気な

▼ 私二台~ (2, 0.0%)

2 の車

▼ 私京橋~ (2, 0.0%)

1 に勤口, へ行こう

▼ 私今年~ (2, 0.0%)

1 の春, の春半ば

▼ 私会社~ (2, 0.0%)

1 へ今朝電話, をやめる

▼ 私何かと~ (2, 0.0%)

1 思ったわ, 思って

▼ 私何とか~ (2, 0.0%)

1 したいと, 思ったこと

▼ 私何もかも~ (2, 0.0%)

1 わからなくなつたん, 分らない程

▼ 私何より~ (2, 0.0%)

1 嬉しく有難う, 悲しいのよ

▼ 私何人~ (2, 0.0%)

2 もその

▼ 私係り~ (2, 0.0%)

1 の久左衛門, は久左衛門

▼ 私信じ~ (2, 0.0%)

1 てをりました, てをります

▼ 私信吾さん~ (2, 0.0%)

2 に逢

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 き共, の所

▼ 私先刻~ (2, 0.0%)

1 からあんた, から頭

▼ 私六年~ (2, 0.0%)

2 ばかりいた

▼ 私共始め~ (2, 0.0%)

1 左様いふ, 御主人

▼ 私共総て~ (2, 0.0%)

1 が愧, の子供

▼ 私共長年教育~ (2, 0.0%)

2 の事業

▼ 私其時取次~ (2, 0.0%)

2 に出た

▼ 私冗談~ (2, 0.0%)

1 ききたくないわ, なんか言っ

▼ 私写真~ (2, 0.0%)

1 を取りたい, 撮りに

▼ 私分っ~ (2, 0.0%)

1 ています, て居ります

▼ 私判らない~ (2, 0.0%)

2 けど夏川静江

▼ 私到頭~ (2, 0.0%)

1 死んじゃったのよ, 清川さんに

▼ 私前川~ (2, 0.0%)

1 とも相談, の妻

▼ 私加奈子~ (2, 0.0%)

1 が憎らしい, の水晶

▼ 私勤め~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 私千早先生~ (2, 0.0%)

2 が由松

▼ 私却つて~ (2, 0.0%)

2 嬉しいわ

▼ 私参り~ (2, 0.0%)

2 やする

▼ 私及び~ (2, 0.0%)

2 私の

▼ 私及私~ (2, 0.0%)

2 の妻

▼ 私叔父さん~ (2, 0.0%)

1 にでも頼る, の目

▼ 私取れなく~ (2, 0.0%)

2 つてよ

▼ 私口惜しい~ (2, 0.0%)

1 から突っかかっ, わ

▼ 私口惜しくっ~ (2, 0.0%)

1 て口惜しくっ, て夜中過ぎ

▼ 私古い~ (2, 0.0%)

1 のは, 番附を

▼ 私召連可~ (2, 0.0%)

2 罷出処

▼ 私台所~ (2, 0.0%)

1 だってお, で女中

▼ 私同様殆ど外出~ (2, 0.0%)

2 すること

▼ 私向き~ (2, 0.0%)

1 のところ, の旅館

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 それを, 現在の

▼ 私呆れ~ (2, 0.0%)

1 てし, て返辞

▼ 私呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 のは, のん

▼ 私喜ん~ (2, 0.0%)

1 で出まんが, で棄てます

▼ 私困った~ (2, 0.0%)

1 ことが, わ父様

▼ 私困っちゃう~ (2, 0.0%)

1 な, わ

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 となし, を小作

▼ 私夜中~ (2, 0.0%)

1 に気味が悪く, に裸足

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 すきな, 賛成だ

▼ 私大きな~ (2, 0.0%)

1 山や, 音で

▼ 私大層~ (2, 0.0%)

1 好きです, 嫌います

▼ 私奉公人~ (2, 0.0%)

1 でがん, に違い

▼ 私奥さん~ (2, 0.0%)

1 ならどう, を見なけれ

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 な事, ね

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 だとも, のところ

▼ 私始めて~ (2, 0.0%)

1 御髪を, 聞いた

▼ 私始め強力~ (2, 0.0%)

2 の侍

▼ 私嫌い~ (2, 0.0%)

1 の物, よ

▼ 私学者~ (2, 0.0%)

1 でもなん, は好き

▼ 私宛て~ (2, 0.0%)

1 のもの, の手紙

▼ 私実家~ (2, 0.0%)

1 が, へは顔

▼ 私家出~ (2, 0.0%)

1 して, をすれ

▼ 私寒い~ (2, 0.0%)

1 からあなた, わ

▼ 私尊敬~ (2, 0.0%)

1 してたからね, するわよ

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 噺を, 県さん足が

▼ 私小川さん~ (2, 0.0%)

1 とここ, を憤らし

▼ 私小説~ (2, 0.0%)

1 が上手, が少し

▼ 私帰ります~ (2, 0.0%)

1 よ, わ

▼ 私幾歳~ (2, 0.0%)

2 に見えます

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 けし入, へ御

▼ 私度々~ (2, 0.0%)

1 あなたの, 貴方に

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 の正餐, の粘り

▼ 私引き受け~ (2, 0.0%)

1 ている, 毛頭違背

▼ 私弱い~ (2, 0.0%)

2

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 の方, の時貴方

▼ 私待つ~ (2, 0.0%)

1 てゐます, てゐる

▼ 私~ (2, 0.0%)

2 に貰

▼ 私忠也~ (2, 0.0%)

1 であ, とある

▼ 私念私念~ (2, 0.0%)

2 あつて

▼ 私怖く~ (2, 0.0%)

1 なッ, なツ

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 つてるん, よふ

▼ 私思った~ (2, 0.0%)

1 ものです, ような

▼ 私思ふ~ (2, 0.0%)

1 わ, んです

▼ 私恐くっ~ (2, 0.0%)

2

▼ 私悪者~ (2, 0.0%)

1 ではありません, なのよ

▼ 私悲しい~ (2, 0.0%)

1 ときに, のよ

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 い事言つて, を告訴

▼ 私愛知県~ (2, 0.0%)

2

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 からいへ, とある

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 にかくれた, の中

▼ 私所有~ (2, 0.0%)

1 の一軒, の遺物

▼ 私押しかけ~ (2, 0.0%)

1 ようにも, 愛人と

▼ 私持っ~ (2, 0.0%)

1 ている, てて

▼ 私掴まえ~ (2, 0.0%)

1 てこないだ, どころの

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 を打たれる, を撲滅

▼ 私文句~ (2, 0.0%)

1 は云いません, は知らない

▼ 私断言~ (2, 0.0%)

1 する, できます

▼ 私新潟~ (2, 0.0%)

1 を出外れ, を離れ

▼ 私方々~ (2, 0.0%)

1 で聞い, の紅葉

▼ 私方ニ~ (2, 0.0%)

1 おゐ, て何

▼ 私日本~ (2, 0.0%)

1 の紳士, へ戻つ

▼ 私日本人~ (2, 0.0%)

1 ですわ, と同じ

▼ 私明け~ (2, 0.0%)

2 て二十八年間

▼ 私春さん~ (2, 0.0%)

1 のため, は大好き

▼ 私昨晩~ (2, 0.0%)

1 お芝居, から泣き続けです

▼ 私時々さ~ (2, 0.0%)

2 う思ふ

▼ 私~ (2, 0.0%)

2 を恃

▼ 私更に~ (2, 0.0%)

1 日支の, 肥った婆さん

▼ 私月謝~ (2, 0.0%)

2 がはらえない

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 のお, まで待とう

▼ 私未来~ (2, 0.0%)

1 のプロレタリア否定, の私

▼ 私本位~ (2, 0.0%)

1 の下, の立場

▼ 私本気~ (2, 0.0%)

1 で怒る, で言つて

▼ 私本統~ (2, 0.0%)

1 に独り身, に獨

▼ 私柳沢さん~ (2, 0.0%)

1 が好い, なんかあなた

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 は佐吉さん, は縁

▼ 私次第~ (2, 0.0%)

1 で, なの

▼ 私歌劇女優~ (2, 0.0%)

1 になりたく, になりたくっ

▼ 私此処~ (2, 0.0%)

1 に居る, に来

▼ 私此時計~ (2, 0.0%)

2 に心覚え

▼ 私気分~ (2, 0.0%)

1 がわるく, が悪い

▼ 私水菓子~ (2, 0.0%)

2

▼ 私泊る~ (2, 0.0%)

2

▼ 私活動~ (2, 0.0%)

2 へ行っ

▼ 私~ (2, 0.0%)

2 が出

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 したが, を見る

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 だの猫, を連れ

▼ 私生活~ (2, 0.0%)

1 が辛く, の上

▼ 私~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 私申訳~ (2, 0.0%)

1 がございません, ないと

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 だから, にさわりました

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 とか申し, ばっくれて

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 話しました, 遅いさかい

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 済みませんで御座いました, 預候事ハ私手ニ

▼ 私相当~ (2, 0.0%)

1 に書い, の変化

▼ 私相談~ (2, 0.0%)

1 に来た, をうけ

▼ 私真個~ (2, 0.0%)

1 に, に泣いた

▼ 私真面目~ (2, 0.0%)

1 になれなくなる, に云ってる

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 が眩む, を驚かし

▼ 私知らん顔~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ 私知音之人金輪~ (2, 0.0%)

2 へ参候時何

▼ 私石女~ (2, 0.0%)

2 なん

▼ 私私何~ (2, 0.0%)

1 にも知らない, を欺きました

▼ 私秋ちやん~ (2, 0.0%)

2 の言

▼ 私程に~ (2, 0.0%)

1 ロマンティストでは, 喜びは

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 を上げ, を徴発

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 だけしめてすぐ, をあけたら

▼ 私窩子型通り~ (2, 0.0%)

2 の服装

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 に幽する, へ退がっ

▼ 私等三人~ (2, 0.0%)

1 の顔, より外

▼ 私等藝術~ (2, 0.0%)

2 に從

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 です, は公文書

▼ 私~ (2, 0.0%)

2 が西郷内相

▼ 私約し~ (2, 0.0%)

2 以て

▼ 私結婚~ (2, 0.0%)

1 しましたのよ, しようなんて

▼ 私美和子~ (2, 0.0%)

1 から貴女, の云った

▼ 私美沢さん~ (2, 0.0%)

1 とお, に初めて

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 にこだわっ, ヲ以テ

▼ 私考え~ (2, 0.0%)

1 てみた, 候ところにては

▼ 私聞かない~ (2, 0.0%)

1 で知っ, で知つて

▼ 私聞く~ (2, 0.0%)

1 のも, 耳持ちませぬ

▼ 私腕時計~ (2, 0.0%)

2 などには少し

▼ 私自身これ~ (2, 0.0%)

1 まであまり, 迄そういう

▼ 私自身ホント~ (2, 0.0%)

2 に経験

▼ 私自身何~ (2, 0.0%)

1 か何, のたのしい

▼ 私自身始め~ (2, 0.0%)

2 っから

▼ 私自身彼~ (2, 0.0%)

1 に対して大きな, の立場

▼ 私自身泥棒~ (2, 0.0%)

1 を働きたく, を働きたくなっ

▼ 私自身現在~ (2, 0.0%)

2 の諸

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 で長崎, の持主

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 の下, も葉

▼ 私芸者屋~ (2, 0.0%)

2 にじき

▼ 私若し~ (2, 0.0%)

1 かすると, はる子さんが

▼ 私草履~ (2, 0.0%)

2 を穿い

▼ 私莫迦~ (2, 0.0%)

1 だったん, ね今

▼ 私落し~ (2, 0.0%)

1 て来, はしません

▼ 私藤野さん~ (2, 0.0%)

2 が三番

▼ 私~ (2, 0.0%)

2 つて

▼ 私行かない~ (2, 0.0%)

1 でよかっ, で置きます

▼ 私見聞~ (2, 0.0%)

1 致し候仔細, 致し候次第

▼ 私言い換える~ (2, 0.0%)

1 と思惟, と精神

▼ 私言った~ (2, 0.0%)

1 の, のよ

▼ 私~ (2, 0.0%)

2 を事

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 が好き, をほらせくれ

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 がきまって, をしただ

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 ひますから, ひ度

▼ 私貰つてくだ~ (2, 0.0%)

1 よ, よこれ

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 がぶるぶる, がよごれた

▼ 私蹲んでゐました~ (2, 0.0%)

2 の先刻

▼ 私身体~ (2, 0.0%)

1 の塩梅, をもてあまし

▼ 私近頃~ (2, 0.0%)

1 犬の, 鶉の

▼ 私退屈~ (2, 0.0%)

1 しませんもの, だわ

▼ 私途中~ (2, 0.0%)

1 でお腹, で岡田さん

▼ 私過日~ (2, 0.0%)

2 でモウ皆

▼ 私達ちの学生時代~ (2, 0.0%)

1 からたった, は自分等

▼ 私達つて~ (2, 0.0%)

1 この戦争, 行く処

▼ 私達一緒~ (2, 0.0%)

1 にお参り, になれない

▼ 私達一行~ (2, 0.0%)

1 の出発, は和歌

▼ 私達人民~ (2, 0.0%)

1 の自由, は当時

▼ 私達六名~ (2, 0.0%)

2 は暮した

▼ 私達友人~ (2, 0.0%)

1 のひとしき, の間

▼ 私達同志~ (2, 0.0%)

1 の一人, の取引

▼ 私達同様~ (2, 0.0%)

1 この朗らか, のただ

▼ 私達同胞~ (2, 0.0%)

1 は運, もいけなかった

▼ 私達姉弟~ (2, 0.0%)

1 にくらべ, は境内

▼ 私達遊び仲間~ (2, 0.0%)

1 ではふだん, の連中

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 に酔った, 少ししか

▼ 私長い~ (2, 0.0%)

1 あいだお宅に, つきあいでした

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 の前, の成敗

▼ 私面白い~ (2, 0.0%)

1 と思います, 手紙を

▼ 私飲めない~ (2, 0.0%)

1 の, もの

▼ 私馬鹿正直~ (2, 0.0%)

1 なもん, にその

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 が折れた, を折っ

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 に弱き, に類する

▼ 私鶴石さん~ (2, 0.0%)

1 のそば, は三十

▼ 私~ (2, 0.0%)

1 つてゐれ, つて聞い

▼1* [3112件]

ぁあの女, 私ぁそうは思わん, 私ぁそんな事よりもだ, 私ぁね今日帰って, 私あいつでも返します, 私あかんぼでしたから, 私あきらめてるのよ, 私あけられないから昼間, 私あげるものが, 私あこがれ候心もち居るかと, 私あこりゃ駄目じゃと, 私あさってっ, 私あしただつて会ひたい, 私あすこ駄目なのよ, 私あそこでは割に, 私あちらでいただきます, 私あっと云っ, 私あっち行ってても, 私あついうっかり言った, 私あつく御礼を, 私あなもっと早く, 私あなた一人がお, 私あのあのパン屋の, 私あのお店なんか, 私あまたどうしたの, 私あやまりますわ, 私ありがたいと思つて, 私ありしに因る, 私ありますけれどもこれ, 私ある程度まで生活, 私あんたはんにはまだ, 私あんなに美しくない, 私あんまりパッとした, 私あゝ全く頭, 私あ何だ演劇で, 私あ大至急貴島君に, 私あ第一河野, 私いいたいことを, 私いうもんに, 私いくつもあげた, 私いくつ時分だったか, 私いくら考えても, 私いくらか楽な, 私いけない女, 私いさうだんべと, 私いじめてなんかいません, 私いじめッ児を皆, 私いずれにもわたる, 私いそぎますからこれ, 私いただかないから貰った, 私いただきに参ります, 私いただくの珍らしい, 私いだけは勘弁, 私いちんち, 私いっそもう夜会に, 私いったとおりありましょう, 私いっぺんに涙ぐましくなっちゃった, 私いつかて奥様, 私いつかお嬢様の仰し, 私いつかっから思っ, 私いつかペガッサスを見た, 私いつか勉強というもの, 私いつか宮様を見た, 私いつか自分でする, 私いのち投げても, 私いまごろになつて, 私いまさか羊羹鹿の子餅, 私いまさら人を, 私いまになつて罰, 私いま兄上に叱咤, 私いま幸福よ, 私いま松岡さんのおっしゃった, 私いま病気よ, 私いま盲めつぽう, 私いま自らすすんで, 私いま頬をあかく, 私いよいよ呼び返して, 私い参りましょうなに死ん, 私い泣きやんして其の, 私い魂消たあんた蒲団の, 私魔物だ, 私うしろから附け, 私うそは申し上げません, 私うたうんです, 私うちの人の立腹, 私うっかりしたこと, 私うつかりして, 私うては百両, 私うまくやってる, 私うれしくてよ, 私うんざりしちまいますよ, 私うんと勉強でも, 私えいやっと蹲んだ, 私ええこの私, 私えれえ手柄, 私え御出状, 私え相譲候段御, 私おおいに奮闘し, 私おかあさんに産ん, 私おかみさんを呼ん, 私おごるから, 私おして海援隊長と, 私おしゃべりは下手, 私おじさんの影法師, 私おそらくは三十種類以上の, 私おそろしい仮面を, 私おっかないからもう, 私おとうさんに, 私おとしいれながらうわべ, 私おとといギリシャの神話, 私おとなしくして, 私おどろく力を, 私おなか空いちやつたわ, 私おねがいがある, 私おのれ一個のプライドゆえ, 私おぼえております, 私おやすみなさいませと, 私お世話して, 私お供致しましょうと, 私お前に何, 私お力になっ, 私お客様と遊ぶ, 私お客樣にお, 私お待ち申してを, 私お母様のお, 私お湯に入る, 私お父さん怪我して, 私お父つぁんに叱られない, 私お爺さんの娘, 私お腹一ぱいだから, 私お茶をのみ喋り, 私お茶屋などへ行っ, 私お菓子なんか何, 私かうのは, 私かえらしてもらいます, 私かえりには泉子さん, 私かくさずおしらせいたす, 私かくれなければならぬ, 私かじりついていっ, 私かたへ, 私かてどない御寮人さん, 私かと云うと, 私かなしいわ, 私かなしくなつて仕舞, 私かなしくってかなしくっ, 私かなりやりがいの, 私かのどっちかが, 私かまわないけれど, 私からかあるいは私, 私からでも願ひますれ, 私からとして坪井の, 私からなんて説明したら, 私からまで借りるくら, 私からみますとひと, 私からよくさう言, 私かわいそうなもの, 私かネわたしは, 私がかのチベット国から, 私ががつくり疲れたやう, 私がくはしく述べる, 私がくづれ易い自分, 私がけふお宅, 私がさつきしめましたのよ, 私がずつと前に, 私がたはむれ, 私がちやんと, 私がっかりしたでしょう, 私がてまえ主人, 私がとにもかくにも, 私がとよを選んだか, 私がなやの与四郎さんと, 私がねエなり代って, 私がよというその調子, 私がわざとさうしてやつたんだなどゝ空怖, 私つとお, 私ききたいことが, 私きっぱり断わったのよ, 私きつと気違, 私きのう田島さんの塾, 私きまつてあなた, 私きょうやめる, 私きょう一円二十銭で買い, 私きょう加代子さんとお話, 私きらひよ, 私ぎりだから二人でお母様, 私くたびれが出, 私くみ子です, 私くやしいから石川民公, 私くらいな年紀の, 私ぐらいな人は, 私ぐらいはそれを, 私ぐらゐだらしのない男はめつたに, 私ぐらゐのお嬢さんがで, 私ぐらゐの年齡でまだ, 私ぐらゐ先づきちん好き, 私ぐらゐ正統的な文学, 私ぐんぐん蹤い, 私けさは柳島, 私けつして, 私こいしいおっかさん, 私こっそり松本さんの, 私こと持病の喘息, 私こと昨夜お館附近, 私こと誠の心, 私このごろヘトヘトに自分, 私このごろ眼がまわる, 私このごろ貴方の事, 私この間貴方がその, 私こまってしまっ, 私こまるわ, 私これからちょいちょい先生の, 私これからどうしたらい, 私これから大いに腕の, 私これから少し散歩し, 私これくらゐの, 私これ一枚大変失礼ですけれど, 私これ以上は待てなかつた, 私ころび候仔細は, 私こわくない人好き, 私こわくってしようが, 私こんだホントに, 私こんど見合ひするかも, 私こんなこんな病気に, 私ごめんこうむります, 私ご飯を食べた, 私さいごの, 私さい承知して, 私さえも余命が, 私さがして見る, 私さきに戻った, 私さきごろまでは大, 私さっきこちらへまいりました, 私さっさと消えるわよ, 私さっぱりわかりませんの, 私さつき水道の水, 私さびしくなるの, 私さる者から昨日古今無類, 私されるこの十万石, 私さわりましてご, 私ざこ寝でも何, 私ざますがおま, 私しおいとなむ, 私しおけして, 私しきが今更, 私しきゃ大佐と, 私しせんとする, 私したならばその, 私しだつてよ, 私しつかり眼を, 私しなのお, 私しなければならない, 私しのうバの, 私しみじみそう思うの, 私し帰るわよくっ, 私じき行って, 私じしんにとっては確か, 私じみなもの, 私じゃとて芸人の, 私じゃなどと云って, 私じやが何ぞ, 私じゅず玉がほしい, 私すかないの, 私すきなのよ, 私すき毛を一つ買, 私すっぽかされるのじゃ, 私すつぽかされる, 私すなわち思惟する, 私すべからざる, 私すべきであろうか, 私すべてを出し切っ, 私すまないんです, 私すらが無事に, 私すらもゾッとせしめる, 私ずつと遠い處, 私せずいろと成つて, 私せっかく観るの, 私せつなくなつて, 私せぬ習はしが, 私ない思, 私そうしたもので, 私そのままグウグウグウ, 私その他にも茶, 私その後にしず, 私そばからすすめ, 私それでもいつも御, 私それどころじゃない, 私そろそろ東京へ, 私うとう来, 私たしかに或る, 私たしかめて居りません, 私たしなみが無い, 私ただいま年に, 私ただ今お邪魔, 私たちあとから乗り込んだ, 私たちあなたともお, 私たちいずれもが法報応, 私たちいつまでも恥ずかしい, 私たちいやな思い, 私たちお客のところ, 私たちお客様のない, 私たちきょう日の働き, 私たちここを出ましょう, 私たちこれより他, 私たちさっきの青大将, 私たちそのかみの, 私たちちょうばかりだった, 私たちどうしで見物, 私たちなにもしない, 私たちはじめ天地の間, 私たちふたりきりでハイド・パアク, 私たちふた児なの, 私たちほかの者, 私たちみんな一緒に死のう, 私たちみんな仕度なんかどう, 私たちみんな口が堅い, 私たちみんな満腹したの, 私たちアベックで散歩, 私たちガールスだけで独立公演, 私たちクラブ員は一つ, 私たちダンスも出来ません, 私たちニッポン人というもの, 私たちビジテリアンというの, 私たちフランスの若もの, 私たちペンを持つ, 私たちマゲモノ作家も君たち, 私たちムスメがそれ, 私たち一同人夫, 私たち一仕事すませた日, 私たち一座の者, 私たち一族の不幸, 私たち一般婦人はそれら, 私たち一行四人は九月九日, 私たち七千万の人民, 私たち七千万人の日本, 私たち三人何て面白い, 私たち三十代の半ば, 私たち三名はすばらしい, 私たち不自由な者, 私たち世界無宿のにっぽん人間, 私たち丙種のもの, 私たち両方の全身, 私たち両親の非業, 私たち中條の子供たち, 私たち主人が馬, 私たち九人が恰も, 私たち二つの顔, 私たち二人きり座敷で遊ん, 私たち二人さしむかい, 私たち二人づれとあやかさんの湯道具一式, 私たち二人台所で立った, 私たち二人追放の恥辱, 私たち二十七回卒業生の校長先生, 私たち二十人餘りを, 私たち二千九十一万余人の婦人有権者, 私たち互の流れ合う, 私たち五年生の英語, 私たち人間そのものの動き, 私たち今夜にでも此処, 私たち他の者, 私たち他人から危害, 私たち以上にともし, 私たち位年中忙しくって, 私たち住民は信じ, 私たち作家的な氣持, 私たち使節団はふたたび, 私たち侍女どもは一所懸命, 私たち個人個人が常に, 私たち兄妹主催の実験会, 私たち兄弟たちは毎日, 私たち先生を捜し, 私たち全体を茶化し皮肉る, 私たち八人のもの, 私たち八百の生徒, 私たち六七人でタラップ伝い, 私たち共用の空気銃, 私たち共通の未熟さ, 私たち内地の日本人, 私たち凡夫の語, 私たち処世上の心得, 私たち出しなに駒下駄, 私たち出演者はもちろん, 私たち勝手に騒ぎます, 私たち十ぐらいのとき, 私たち十万の青年, 私たち十二三の時, 私たち十二人は皆, 私たち十分自分たちの時間, 私たち友人たちと私, 私たち友達が留守, 私たち各自の人格改造, 私たち同士ではこんなに, 私たち同志日本人同志だけの庭園, 私たち同族は, 私たち同様太子殿下の奨学金, 私たち同行四人がシャスタ山, 私たち同郷の少年たち, 私たち向きの小説向き, 私たち国民は決して, 私たち国際裸体婦人同盟の会員, 私たち國民は國会, 私たち地上の別れた, 私たち外国のもの, 私たち外国作家の目, 私たち外部のもの, 私たち多くのもの, 私たち大学の新聞部, 私たち大衆がつつましく, 私たち大阪の末輩, 私たち夫婦きりだったから, 私たち夫婦二人だけ, 私たち女どもでありますが, 私たち女性女はどうも, 私たち姉妹のを一, 私たち娘の頃, 私たち婦人作家は深く, 私たち子供たちに対してはやさしく, 私たち子供らは小さい, 私たち子供仲間から左官屋, 私たち子供連のこと, 私たち子供達が田端, 私たち学校の入学式, 私たち宅に何一つ, 私たち安寿厨子王の同情者, 私たち室内の者, 私たち家族一同焼跡の上, 私たち家族四人は上野, 私たち宿屋組もいろいろ, 私たち寄席のお, 私たち富士山で万年雪, 私たち対レムのあいだ, 私たち専門家が考え, 私たち小學校へ通, 私たち小才はぶん殴られ, 私たち小説家のところ, 私たち少年少女ばかりで, 私たち層雲の俳人, 私たち山岳切支丹族の仲間, 私たち市民消費者がすべて, 私たち師弟十三人は丘, 私たち年のいった, 私たち年代の者, 私たち年少のもの, 私たち幸福だったのよ, 私たち庄亮と同じく, 私たち後進に対して過去, 私たち必死で都会, 私たち志を同じく, 私たち恋を囁やく, 私たち愛の表現, 私たち愛唱の詩, 私たち慰労のため, 私たち慰問して, 私たち懇意だつた, 私たち技芸員はまことに, 私たち揃つて前津の田畝あたり, 私たち撞球組は有っ, 私たち政府のあるじ, 私たち救護班としては毎日巡回, 私たち教室員はうち, 私たち散文をもっ, 私たち数人の観衆, 私たち文士仲間にも女流作家, 私たち文芸の門外漢, 私たち料理をつくる, 私たち日常生活の上, 私たち日本人らはへん, 私たち日本人夫婦がもう, 私たち日本國民はこの, 私たち日本國民ぜんたいの中心, 私たち日本民族の一員, 私たち旧式の紙幣, 私たち明治の人間, 私たち明治時代に生れた, 私たち明治期の都會生れ, 私たち有限の人間ども, 私たち有限的な個人, 私たち朝の光, 私たち朝飯の前, 私たち本郷辺の子供ら, 私たち東京育ちのもの, 私たち東京近郊に移転, 私たち東洋の眼, 私たち東洋人全部がつながっ, 私たち正直な日本, 私たち歴史を究むる者, 私たち残りの者, 私たち母娘の生活, 私たち毎日の生活そのもの, 私たち民主主義作家は学ん, 私たち民主作家は森田さん, 私たち民族それ自体の持つ, 私たち民衆の名, 私たち江戸派の俳人, 私たち汽車の通る, 私たち沖本に腹, 私たち沼津の者, 私たち洋館のドア, 私たち洋館居住の全員, 私たち活花を活ける, 私たち流の真価, 私たち流のをやりましょう, 私たち海の青年, 私たち爬虫類の愛情, 私たち爬蟲類の愛情, 私たち父と子たち, 私たち父子を見る, 私たち独特の生活, 私たち玉川へ行つた時, 私たち現実上の日常生活, 私たち生の方針, 私たち生徒が何, 私たち生物はだれ, 私たち産婦人科医として一番, 私たち男三人は森, 私たち町の者, 私たち町っ子の渇, 私たち皆そこまで現実, 私たち盲人の中, 私たち神楽坂党の間, 私たち程度のもの, 私たち第三者の力, 私たち箇々の存在, 私たち純下町人までが平気, 私たち結婚してから, 私たち総てがこの, 私たち総出で事業服, 私たち縁側と云え, 私たち老人はそろそろ, 私たち職工や失業者, 私たち自分の功名, 私たち船室の連中, 私たち芸術家はその, 私たち若者がすぐ, 私たち落語家にし, 私たち藝術家はその, 私たち親どもは, 私たち親娘はごく, 私たち観光団第一班, 私たち観光団一行をウエルカム, 私たち貧書生はたいてい, 私たち路に迷つて, 私たち路傍の立ち木, 私たち身分の低い, 私たち近習の者, 私たち退散する群集, 私たち逆立ちしたって, 私たち通常人の公憤, 私たち運がよかっ, 私たち鄰家二三軒が皆跣足, 私たち門人には出来ない, 私たち間借り人たちの部屋, 私たち附属の生徒, 私たち離れ離れにあっちこっち, 私たち電気風呂に入った, 私たち風情のところ, 私たち風来とは違っ, 私たち鬼夫婦はその, 私たち魚にどんなに, 私たち鰹節をナイフ, 私たち鳴物連中の中, 私たち黒須さんの家, 私たった一つ諦められない, 私たった一度山路さんとこで, 私たった今セエラさんから, 私たのしみでならない, 私たのまれもせぬ, 私たぶんアラジンは, 私たまげやした年いまだ, 私ためになりました, 私たらは食堂, 私たらしむる能力の, 私たらしめてくれる, 私たらずとも真正面, 私たりとも縛られて, 私たる者も顔, 私だから空想してる, 私だが一人の, 私だけということは, 私だけとは限らない, 私だけど私は, 私だけにしか見ること, 私だけについていへば, 私だけにとって必要である, 私だけにゃ大概の, 私だけのみれんである, 私だけやいう工合, 私だしてあげます, 私だすよつて, 私だったらどやしつけて帰し, 私だったら書く気に, 私だったら泣いてそうして, 私だつたらさうはしない, 私だつたら書く気に, 私だまして入れ, 私だまってて済みませんでした, 私だめなの, 私だれかと思った, 私だろうと思っ, 私だんだん薬で, 私ちがうと思う, 私ちと了簡が, 私ちぬ子さんに, 私ちゃーんとトン子, 私ちやうどその, 私ちょいと出かけます, 私ちょいちょい銀座へ, 私ちょっとバタバタ出かけなきゃならないの, 私ついぞこんなお, 私ついついうっかりし, 私つかまったらあやまるわ, 私つづかないから, 私つてものが貴方, 私つて変りものなのね, 私つひにない, 私つぶやいて曰く, 私つまんないわ, 私つよいところを, 私つらいと思へない, 私であったなら私自身が, 私であったら馬鹿らしくなに, 私でありますが私自身, 私でありませうか, 私でございましてただお一方, 私でございましたら刃傷沙汰にも, 私でございます飛んだ粗忽を, 私でございませんか, 私でござんすよ, 私でしてな, 私でしたでしょうか, 私です討てる切れるとは思いません, 私でなかったという, 私でなかったごとく東京も, 私でなかつた如く東京も, 私でなきゃア, 私でなくなってしまう, 私でなくなったと世間, 私で御座いましたがあの, 私で御座んすと, 私で無くとも驚くだろう, 私とうからそう思って, 私ときこりの, 私ときどきそう思う小, 私ところ二万円の利子, 私とさえほとんど語, 私とっても困って, 私とてもとても勝てなくなって, 私とてもまんざら寂しくない, 私とてももう一遍行く, 私とてももし若い異性, 私とてもようやれんもの, 私とてもよく解つてゐた, 私とても一々弟子たちの, 私とても何となくこの説, 私とても勿論軽部が, 私とても始終人知らぬ, 私とても決してそんな不愉快, 私とではとしが, 私とについて全く水, 私とにとって何よりも, 私とにまつわる不思議な, 私とによって顔容を, 私とのを載せたの, 私とはというよりも, 私とへ手紙が, 私とよくさういふ話, 私とより成るこの, 私とりあえずおたてかえ申し, 私とれた金歯を, 私とをもその中, 私どうしてこうも苦しまなけれ, 私どうしてこんなに意気地が, 私どうしてもどうあっても, 私どうぞ後の, 私どうにもこうにも我慢, 私どうもそうらしい, 私どすか, 私どちらかと云え, 私どっちでも好い, 私どもお互い人間のもつ, 私どもさへ優美, 私どもたわいのない, 私どもはいちにちで, 私どもはじめ世間で感心, 私どもはじめ名前を出したくない, 私どもめいめい申し合って, 私どもんところじゃ, 私どもヤクザの仁義, 私ども一町隣横町裏道寂となっ, 私ども万葉集を習, 私ども世間師仲間じゃ当, 私ども五人の兄弟たち, 私ども京都画壇では京都中, 私ども人間お互いの気持, 私ども今日倭歌のうへで奉ずる, 私ども他人でさ, 私ども仲間の権利, 私ども作戦主任参謀などは列席, 私ども使節団が中国, 私ども儀は尽忠報国, 私ども儀何事に因らず, 私ども兄きなんど, 私ども先生の有名, 私ども全体はこの, 私ども全国大衆党の立候補者, 私ども共産主義者でない者, 私ども内輪でいくら, 私ども別々に暮し, 私ども十六人が皆, 私ども同様何も解りません, 私ども善良な相伴役, 私ども四五日以前ある家, 私ども四国の様, 私ども国民の全体, 私ども地方民の望, 私ども地震学者も火星, 私ども士族の日常生活, 私ども外国人にとっては天国, 私ども多くのもの, 私ども夢のよう, 私ども女性にとって恥, 私ども始めはお, 私ども婦人たちもみんなそれ, 私ども実務にうとい, 私ども家内が, 私ども家族の者, 私ども專門家の立場, 私ども小売商人とおよそ, 私ども常識を持った, 私ども平和外交の前進, 私ども平生自分で歌, 私ども平素関西地方の実際, 私ども年少の時, 私ども後輩にとつて, 私ども御堂へ寄ったで, 私ども心やすいので, 私ども支那語日本語に通ぜざる, 私ども教へて頂きました, 私ども教員が一同教員室, 私ども数人の物, 私ども日本人すべてが持っ, 私ども書齋人の愚鈍, 私ども正常の人間性, 私ども正直でつつましい, 私ども母娘は作阿弥, 私ども母子はよんどころない, 私ども民間にゐる, 私ども沢山実験がある, 私ども無学の者, 私ども父兄の肩, 私ども父子はその, 私ども生き残り信者はただ, 私ども生徒の憧れ, 私ども申し訳が立ちませぬ, 私ども町方で育つた, 私ども留学生の幸福, 私ども百余人は出家, 私ども百姓の子供, 私ども石垣の前, 私ども社会党は一日, 私ども秘密になんとか, 私ども素人の目, 私ども経験に徴, 私ども罪に泣く, 私ども自らは手, 私ども自分で飯, 私ども自身がシン, 私ども虫けらの者, 私ども身柄鬼神を信ぜぬ, 私ども軍人には明治天皇, 私ども転地もする, 私ども陳列された名画, 私ども風情のつまらぬ, 私ども駐在員も末席, 私ども鼻たれは, 私どれくらい力, 私なあ味噌一漉て, 私なかなか自慢し, 私ながらの感傷も, 私なくなりますとあなた, 私なぞと名ばかりの, 私なぞとは比較に, 私なぞにでも朋友の, 私なぞにも大いに参考, 私なぞより読者の, 私なぞを御相手に, 私などという古なじみ, 私などとを絶対的に, 私などにとって大きい美しさ, 私などにとっては美しくもあれ, 私などに対して法を, 私などへ贈るよう, 私などもさうして, 私などよりもずつと先輩で, 私ならいッそそう, 私ならきっきと毎月, 私ならさうあつさ, 私ならなってあげられる, 私ならびに私の, 私ならもつと先, 私ならわけなくもらって来ます, 私なら寝ずに見, 私なら思いつくはずも, 私なら捕まっても文句, 私なら撲ぐってやる, 私なら書けるという気, 私なら死んだりなぞ, 私なら眠ってたって, 私なら落ちたんでしょう, 私なら行ける自信が, 私なら言うんだ, 私なら走って見せる, 私なら黙っちゃいない, 私なりが早く迎え, 私なるほど散歩になんか, 私なんかあ弟が, 私なんかともつき合わなくちゃ, 私なんかよりはずっとずっといい, 私なんかよりもつと大きな, 私なんざあもう年来馴れっ子, 私なんざあ昔からついぞ, 私なんざお上手でゐ, 私なんざどんなになっても御構いなすっ, 私なんざもう御覧の通り爺, 私なんざアこれもう六十四, 私なんざア年中斯ういう, 私なんざア流連をする, 私なんざア駄目でごす, 私なんざア鯖ア読んだ事, 私なんざヨロケかかった女, 私なんざ二十二三の中年増, 私なんざ今頂いた御, 私なんざ内儀さんにはよく, 私なんざ年ばかしいい, 私なんざ惨めなもん, 私なんざ臆病でもその, 私なんざ駄目です, 私なんぞでもああお気の毒, 私なんぞにゃ朗々としか, 私なんぞよりすこし年上, 私なんぞを打明け話, 私なんだかちっともわからない, 私なんだかとてもいい気持, 私なんてこんな昔, 私なんどにゃ見向い, 私にあたる声だった, 私におきまして誠にありがたく, 私におきましては失礼ながら, 私におきましても老后, 私にかへして, 私にしか出来ないある大きな, 私にじゃまされて, 私にすらが充分うなずかれた, 私にだけしかかわいがって, 私にだけでも凡べてを, 私にだけにしか誰にも, 私についても何か, 私にという人が, 私にとってのねうちは, 私にとってよほどの節度が, 私にとては今もっ, 私にとりましてもほとんど残酷, 私になど仰ゃって, 私になんかとても出来ない, 私にねえ汝は, 私にのみは尊い盲目, 私にはかはいさうに, 私にはとろうにも, 私にははぢめて, 私にはも早や, 私にはやむにやまれぬものがあってそれを, 私にはをかしいの, 私にものかなしい感じ, 私にもははあんと, 私によつて決して, 私にるすを, 私にわたって約四つ, 私にを借るとは, 私に対してさういふ, 私に対してさえそういう素振り, 私に対してだけかも分らないが, 私に対してだけのことだった, 私に対してとで分け隔て, 私に対してばかりでなくあらゆる, 私に対してよりも真の, 私に対しまして敵対行動を, 私に対するよりも以上に, 私に従って松原を, 私に関しての他人の, 私ぬきで正当, 私ねむられないもんだ, 私ねむりたいのと, 私ねー人生劇場大好きよ, 私のうはさを, 私のこたへたのを, 私のさびしさかなしさはわかるまいわからない, 私のさえ返して, 私のせゐだと思ひ込み, 私のせゐだし他の, 私のせゐ見たやうね, 私のだけはいきなり学業優等きり, 私のという言葉を, 私のとして取つて, 私のなぢみ, 私のに喰ひつい, 私のの船の, 私のぶざまな一挙手一投足, 私のめのめとあの, 私はおつ母さんに, 私はかまはずそれを進ん, 私はかまはずぼんやりして, 私はかまはず子供の道徳的堕落, 私はかようの判決, 私はからかふやう, 私はからのサイダー瓶を, 私はきゃッと, 私はくふうした, 私はくらい酔って, 私はぐすぐすべそを, 私はけふはもう, 私はけもののやう, 私はごうごう鳴る, 私はさかいと言ふ, 私はしって居る, 私はしりませんでしたけれど父, 私はじめ聞き飽きて, 私はじめて聞いて, 私はじめ串戯半分ひやかしかたがた, 私はじめ保存病にかかっ, 私はじめ兄弟はにがにがし, 私はじめ十分認めること, 私はじめ夢の様, 私はじめ大に意, 私はじめ待構えた問, 私はじめ悚然とした, 私はじめ期待と興味, 私はじめ演劇を愛し, 私はじめ見物の正直, 私はじめ読者諸君も安心, 私はじめ誰でも鍛冶, 私はじめ高橋田中両氏も何ん, 私はじゃないすべて愚か, 私はじょうだんにそんなことを言ったの, 私はじッと坐っ, 私はずつうが, 私はぜあし, 私はだけでは, 私はちゃあんと, 私はっと思ったわ, 私はつきりおぼえて, 私はてのひら, 私はてもなく嗚咽, 私はでのびて, 私はというものを, 私はとにもかくにも, 私はとはいえ毎日心, 私はとよはそれほど安全, 私はどたりと路の, 私はなつたやうな, 私はにが笑いを, 私はにはかに面白く, 私はねえと云う小説, 私はねてたんでしょう, 私はねと書いて, 私はね分けて貰った, 私はね腰かけた足も, 私はのみにゆきました, 私はばあやの島の, 私はへご鉢, 私はべんけいさんの, 私はほど好く酔, 私はまへの生徒, 私はまって居る, 私はまるであってもなく, 私はみ入られたように, 私はめつたに怒つた, 私はやきもちや, 私はやきゃしない, 私はよーっく知って, 私はりら子が制作者, 私はる子さんてひと, 私はろんどん一流の, 私は虫類に友人, 私ばかしひどく遣ふ, 私ばかしじゃない貴方, 私ばかりがのんで, 私ばかりじゃあなかった, 私ばかりでこうも, 私ばかりにこんな事, 私ひさ三人で数寄屋橋, 私ひだね, 私ひっ捕えましてその, 私ひと思ひに, 私ひとつ女の側, 私ひとりあとに残っ, 私ひとりお金をとどける, 私ひとりがたがたの田舎俥, 私ひとりために故人, 私ひとりぢやとても, 私ひとりぽつりと見あげられた, 私ひとり丈け通用, 私ひとり内にいた, 私ひとり参加した為, 私ひとり合点の不文, 私ひとり大工は酒飲み, 私ひとり室の隅, 私ひとり思案をいたしまし, 私ひとり相棒がおりません, 私ひとり石段をゆっくり, 私ひとり窓のそ, 私ひとり粗野でがらつぱちのところがあるのは, 私ひとり黄昏の海, 私ひどく怒り泣いた, 私ひまなもん, 私ひもじい苦しみは, 私ひょっとすると, 私ひよつとする, 私びくともしや, 私びッくりして, 私ぜいに, 私ふっと瞼の, 私へだけそっと漏した, 私へなんて約束したです, 私へばかり食って, 私へまでこんな御馳走, 私へよりも自転車へ, 私へんなこと, 私ぺこぺこよ, 私ほどにはあなたを, 私ほどにも値打の, 私ほども予備知識を, 私ほんたうに神様, 私ほんとにしばらく出ない, 私ほんとにどうしたらいい, 私ほんとにもう会えないん, 私ほんにあの中, 私ほんほん子供はすき, 私ぼんやりして, 私づさうな気が, 私まかせのもの, 私まけるわサ, 私まさかとは思います, 私まじめよ, 私またの名は白, 私まだいろいろ申上げた, 私まだなんとなくヤブレカブレよ, 私まだなんにも云ってないのに, 私まだぶらぶらとしてをります, 私まっすぐブラブラ歩いて, 私まったく恥ずかしくなっ, 私までの面目は, 私までへ手紙と, 私までへの道を, 私までもがついて行ったの, 私まるでだらしない, 私まアどうしませう, 私みすみす春さんが, 私みずからそれを曖昧, 私みたいのをもらっ, 私みつ豆食べたい, 私みな寄つて見るには, 私みのえさん, 私みのるさんの覚悟, 私みんな知つてる, 私みんな知つてるわ, 私みんな貴方に話し, 私むかい合ってのんびり, 私むしろとても嬉しいのよ, 私むす子の, 私むっとして, 私むねをさすり, 私むらむらと口, 私めあれほどまでの立志堅固, 私めお送り申しましょう, 私めずらしさにも, 私めそめそするな, 私めったの人, 私めったにお父様, 私め三代福助に仕へ, 私もうぐったりして, 私もうこうなったらなん, 私もうこはくてこはく, 私もうすっかり治ったらしゅうござんすよ, 私もうすっかり何もかもお話しします, 私もうたいへん不仕合せです, 私もうつくづく厭です, 私もうとうにこんな, 私もうなんにも申すこと, 私もうまっぴらなん, 私もう何もかも放り出したくなること, 私もう断然何方に, 私もう本当に本当に同情なんか, 私もう決して先達而の, 私もう直ぐ寝みます, 私もからだが, 私もずつと滯在し, 私もぞつとしました, 私もちつとも運転手さん, 私もったいないと思うた, 私もにはかに面白く, 私もはや行かん成らんで其所, 私もよ程大きな影響, 私もをかしいと, 私もナひよツと, 私ゃあんまりくさくさしたから返事もしない, 私ゃもうすっかり見忘れて, 私ゃもうぼけてしまって物わすれを, 私やああちゃんは, 私やあ大盗人に, 私やたら腹が, 私やって見たい, 私やったらかめしません, 私やったら知れる心配も, 私やっつけてやった, 私やっと一週に, 私やつぱり戻つて, 私やつぱり往きまつさ, 私やもうね, 私やらして貰つて, 私やらないわと云う, 私やるわ, 私やわらかいのを, 私ゆくつもりでした, 私ゆゑに鈴さん, 私ゆゑにそんな訳に成つた狭山さん, 私よごれている, 私よっぽどあれきりお, 私よと言った, 私よほど赤門前の, 私よほどの工夫を, 私よりからだが, 私よりの御無沙汰右の, 私よりもさびしがりやだ途中で, 私よりもずつとずつとあなたの, 私よりもよつぽ, 私よりゃお乳母さん, 私よりよつぽ, 私よろこんでるんです, 私よろしいの此処, 私らあたりでも女中, 私らしい死に方を, 私らしい溢れるたっぷりさが, 私らしくなって来たそうです, 私らしく報い得る時節の, 私らしすぎるが, 私らヤミ屋のガサツ, 私らンとこの, 私ら一家疎開者の客, 私ら仲間の注目, 私ら兄弟子三枝松政吉氏が後, 私ら呪てて何ぞ, 私ら四人が集る, 私ら姉弟にとって神聖, 私ら少年はもうもず, 私ら少年時代には未だ, 私ら年のいった, 私ら文化指導者の義務, 私ら木挽木樵も遣る, 私ら様な無筆, 私ら浦上人にとって恥, 私ら異教人の改宗, 私ら目下の者, 私ら知己だ, 私ら石炭商をどうして, 私ら親子三人を感心, 私ら身体すぐ悪く, 私ら銘々に持たせた, 私わかつたわ, 私わからなくなっちまいますわ, 私わかりませんわ何, 私わがままを言いました, 私わきへ参ります, 私わすれていました, 私わたしです, 私をかはゆくて, 私をかばはうと, 私をかへさせて, 私をからかはないで, 私をがつかりさせる評, 私をこそお許しくださいまし, 私をさえ感奮させ, 私をととひギリシヤ, 私をとのたつての, 私をなんて情熱の, 私をのみ思ッて, 私をやはらかく, 私をよけて砂山の, 私を通しての母への, 私を通じてのおすがりです, 私アこいつを半分, 私アこっちには親戚, 私アその頃籍が元町, 私アそれをねウイ, 私アほんとの兄弟, 私アアミンガアド・セント・ジョンって名, 私アガチャ留と申します, 私アテツケにこんな, 私アパートへ住ん, 私アモウ文さんの顔, 私アリゾナが大好き, 私アレキサンドライトを付けました, 私アントン・チェーホフは一八六〇年タガンローグ, 私アンナ・ドミトリエーヴナにそう, 私アン・ルロイですの, 私アーメンと云いたくなる, 私ア不安心でとても, 私ア丸山さんのとこ, 私ア二人でなア, 私ア二十両は入りやせん, 私ア些とも知らなかった, 私ア人間だア, 私ア他の人, 私ア何処までも叔母, 私ア先の旦那様, 私ア其様な事, 私ア冷かしに行っ, 私ア勘弁し度, 私ア医者ぢやア, 私ア十三年間この娘, 私ア南楼橘平楼に係る, 私ア取りやアしな, 私ア只糸を斯, 私ア唖子になっ, 私ア土塊で出来た, 私ア塩辛ばかりなめ, 私ア嫌だよ, 私ア嬶を追, 私ア子供には心配, 私ア家へ帰ります, 私ア寿命の十年, 私ア小平という胡麻, 私ア庄司利喜太郎が隠しとる, 私ア急に釣, 私ア恁う恁, 私ア掌で受けるだ, 私ア文楽さんので, 私ア斯うやっ, 私ア旅魚屋の傳次, 私ア旦那さまのお, 私ア明瞭り知らないんで, 私ア昼寝もし, 私ア暇を消し, 私ア東京にも随分, 私ア此処に懐中附木, 私ア江戸ッ子でご, 私ア池の端, 私ア溝の中, 私ア特別で心得てるんで, 私ア独り歩くと, 私ア生国は忍, 私ア田舎者ですが, 私ア白っ子かと思えやした, 私ア真実に真実, 私ア瞽女町で芸者, 私ア磔柱の上, 私ア私アそれをねウイ, 私ア突張ったもの, 私ア筏乗ゆえ上仕事に時々, 私ア素米搗で何, 私ア縄にか, 私ア肚ア立ちやして, 私ア胆を潰し, 私ア胸が一杯, 私ア腹が立つ, 私ア自分にも覚え, 私ア蓄らないよう, 私ア計り炭屋先方は御用達, 私ア道連の小平, 私ア金を取る, 私ア間が悪い, 私ア階子段の下, 私ア駄目でごす, 私ア高利貸だと, 私イお隣で泣い, 私イハアお前さんがたをた, 私イハア屹度それだけの, 私イハア胸え一杯, 私イブセンは大嫌い, 私イヤだよ, 私イ宿を出る, 私イ小せえ, 私イ探偵小説かいて, 私イ斯んなに身体顫, 私イ案内して, 私イ神明様や明神様, 私イ貴方に折, 私エスペラントなんて柄, 私エッちゃんに, 私エミリイちゃんとお, 私オセロは見た, 私オミキなんか運んだ, 私オメカケなん, 私カフェーの女給, 私カラ詳細ニ申シ上ゲテ先生ガ何ト仰ッシャルカ伺ッテ参リマショウ, 私カルピスはきらい, 私カレワラよすこと, 私ガカケツケマスト奥様モ目ヲアイテ私, 私ガッカリして, 私ガワカッテ居タヨウデアリマシタカラ勿論私, 私ガ主人ヲ抱キ起シタ時, 私ガ参ッテ是非トモ貰イマスカラ, 私ガ旦那様旦那様トクリ返シマスト, 私ガ書イタモノナラ読ムウチニケン語ガスミハシマスマイ大勢ヲ取扱ウ者ガ此位ノコトニ心ガ附カズバ, 私ガ死ンデモライマスカラト云ッタソノ時ニ短刀ヲ女房, 私ガ酔ッタ勢イデ立テタモノデスガソレガ記者様ノオ眼ニ止マッテコンナ不孝ナ恥, 私キュウカンボが食べたく, 私クレテに言い付け, 私グランパと別れ, 私コウヤクだの煎じ薬, 私コゼットといっしょ, 私コンナ洋服大キラヒ, 私コーリャよんで, 私サアヴィスしないこと, 私サガレンのチウメン, 私シベリアの事, 私シンケンなん, 私シ汗顔の次第, 私ジルノルマン様にあなた, 私ストリントベルヒと云, 私ズットせん信子さんとこ, 私ズーッと自分, 私セエラさんに会い, 私センチメンタルは好き, 私ゾッとしてお, 私タッタ一人しか居ない, 私ダンサーにならう, 私チットは人, 私チユーリツプよ, 私ッしらも助かろう, 私たらカラ, 私ツル子よ, 私ツ許へ來, 私トーストをいただく, 私ドリンクの店, 私ナラ大丈夫出来ルト云ウ確信ヲ持ッテイル, 私ニコロの前, 私ニハ御構不被成候テ可, 私ニ交易場を開キ, 私ニ持場ヲ定, 私ノスケッチデハ私ノ感ジガドウモ出ナイデコマリマス, 私ノスケッチニ取ルベキトコロノアルモノガアルデショウカ, 私ノドがかわいた, 私ハよそ事ではない, 私ハイカラに結, 私ハイツモ木村サント一緒ニ寝ル夢, 私ハイツワラナイデ始メタ時カラノヲ全部送リマシタ, 私ハイロイロナ構図デ頭ガイッパイニナッテイルノデスガ, 私ハズカシイわア, 私ハセメテ相手ヲアナタト思イタクナイノデス木村サンダト思イタイノデスソウシナケレバ感興ガ湧イテ来ナイノダカラ, 私ハソレデ直グ人々, 私ハドンナ場合デモ常ニ夫ニ忠実ナル妻, 私ハナントナクコンナツマラヌモノヲあなたニ見テモラウノガハズカシイノデス, 私ハホントウハ睡ッテイルノデハナイ, 私ハマイ朝学校ヘ行ク時ニ, 私ハンド・バッグとって, 私ハ不孝でしたお, 私ハ京都三条通河原町一丁下ル車道酢屋に宿申候, 私ハ仕立屋デ毎日, 私ハ其左へ立変り立, 私ハ其許様御船ニテ被遣, 私ハ別ノ手段, 私ハ妻子ヲ失ッタ悲シサノタメニ酒色ニ溺レテ, 私ハ専門ガ違ウノデ左手, 私ハ帰ッテカラ食べマス, 私ハ従来男女七歳ニシテ席ヲ同, 私ハ昔ニ倍加スル情熱ヲモッテ妻ヲ溺愛スル, 私ハ映画ノホウノ人間デ数年臥床, 私ハ是より少々, 私ハ東京にゐ, 私ハ次ノ瞬間ニ, 私ハ此ま, 私ハ毎日忙シイ仕事ト激シイ労働ニ追ワレテイルノデ, 私ハ犬デスガ, 私ハ用向と申, 私ハ私ノ故郷ダカラ, 私ハ近日おふ, 私ハ長州ニ行けバ, 私バラックの女給部屋, 私バーなどへ出る, 私バーテンダーに話します, 私パスなん, 私パンを持っ, 私パン屋のおかみさん, 私ヒューマニストですの, 私ビックリして, 私ピクニックにも行きゃしない, 私フォイツは後殿, 私フッフッとふくらまし, 私フラフラだから, 私フランケンシュタインの魂, 私フランスのむかし, 私フランス語なら教えられると, 私フレデリックの桃色, 私ブルブル身体が, 私ヘタよウ, 私ベアトリーチェなんかになり, 私ベッキイだって私, 私ベッキイちゃんが大好き, 私ペンを握っ, 私ホンの此の間, 私ホントに腹, 私ボチボチでいい, 私マジメな方, 私マリイ・アントアネットが大好き, 私随分古, 私モウお別れ, 私モウ新高さんと関係, 私モオツウヤヲシテイタノデスガナニゲナク君チャンタチノネテイルトナリノヘヤニ入ッテイッタトキ, 私モソウ思ウノデスケレドモ敏子ガツイテ来テクレト云ウノデス, 私モソレカラマタ林氏寝ル間モ烈シク一様ニ押シ流サレテ居ルヨウダ, 私モマケズニ言文一致デコノ手紙ヲシタタメテ差上ゲマス, 私モ上ノ御, 私モ今度入ルト, 私モ以後別號, 私モ東京ニイテ文芸倶楽部ノ末, 私ヤすつかり生れ変はりましたわねエ, 私ヤアギチと結婚, 私ヤ何うせ斯様, 私ヤ其ればかりが, 私ヤ工場で黒汗流, 私ヤ是でもチヤン, 私ユーランバに住ん, 私ラヴレターなんか書く, 私リヨン大学で東洋歴史, 私ロマンチックな人生, 私ロンドンに住ん, 私ワシントンの話, 私ンとこまでおっしゃい, 私ン處の旦那, 私ン許のも同一, 私とー, 私一々覚えて, 私一つがぽつんと, 私一つりかうに, 私一つ大声を上げました, 私一つ大変な秘密, 私一つ所にじっと, 私一つ疑問がある, 私一ツ威張ったよ, 私一ツ腰をがっくり, 私一ペンだけは遊び, 私一世の過失, 私一人くよくよ心配して, 私一人っきりでさびしゅう, 私一人なにしない, 私一人ニて五百人, 私一人ホテル泊りの積り, 私一人不躾に口, 私一人九段下の例, 私一人仲に立ってる, 私一人位のもの, 私一人俊夫君の事務室兼実験室, 私一人其様な事, 私一人前の女優, 私一人口がある, 私一人外当時船の乗組一人位, 私一人店にいたら, 私一人後から漫然と, 私一人惡者にし, 私一人日歸りの, 私一人是れも, 私一人本が嫌い, 私一人此処に残っ, 私一人殘つて, 私一人滞在寺の夜, 私一人犯行説でも私, 私一人猫一匹しづかなこと, 私一人留守をし, 私一人病室に附き添う, 私一人眼をつぶつて, 私一人自分の身, 私一人誅戮被為遊他之者, 私一人買物に出よう, 私一人釈迦堂へ参拝, 私一人金沢へ出, 私一人長谷の通り, 私一人雪の降る, 私一人食事のお, 私一介の馬鹿, 私一切のもの, 私一反ほしいわ, 私一向に存知ません, 私一念を巻込め, 私一日だまって, 私一日中叱られ通し, 私一日小説をかい, 私一昨日の晩紀州, 私一時はハッ, 私一枚で四升, 私一生懸命自分じゃ勉強, 私一生涯の幸福, 私一番それには困りました, 私一睡もせず, 私一笑し去りて, 私一箇残つてゐたつて, 私一粒の真珠, 私一言貴方に伺ひたい, 私一身上の御, 私一軒探して, 私一遍家へ去んで, 私丁寧に答える, 私七因人以求八因代以求といふ, 私万一の事, 私丈他の都市, 私三下ってわり, 私三人でしきり, 私三人仲間がもっともっと, 私三十なんて厭, 私三四日のうち, 私三男長女と同僚, 私三省堂へ一つ, 私三石の所, 私三谷です, 私三野村さんがお, 私上る筈で, 私上原さんに逢った, 私上方から帰っ, 私上野の祖父, 私下女などは皆, 私下島倉知の連中, 私下男足下にも手, 私不和の媒, 私不幸にし, 私不思議なもの, 私不良が好き, 私不良少女として不良青年, 私不調法にていたし方, 私不賛成だな, 私世の中に自分, 私世間知らずの私, 私両国へ行かなく, 私並びに私に, 私中村さんを兄さん, 私中西屋さんに居ん, 私串戯を云っ, 私丸ビルまで來, 私丸菱へ行かなくっ, 私と客, 私主人葉之助, 私乗っかって皆, 私九月頃来ること, 私乞食になった, 私二つに裂けちゃう, 私二三年東京で働い, 私二三日の内, 私二十一歳の冬, 私二十五歳より小説, 私二十八なのよ, 私二十八日水戸へ参りまし, 私二十四歳の夏, 私二十妹十八で妹, 私二度とはまいりますまい, 私二条針を刺された, 私二百匁位なら差しあげますわ, 私二銭しか持たない, 私二階の四号室, 私云い籠められ, 私云いましたね, 私云うだけの事, 私云つてやる, 私五十万円に買う, 私五日も前, 私井上さんと秘密, 私井汲さん母子という顔ぶれ, 私亡き後は, 私交公はおお, 私交演劇や音楽会, 私交的な見覚え, 私京都ですの, 私人格転換の外科医, 私人間が誰, 私今しがたいいこと, 私今夜ここで書い, 私今夜北海道へ帰ります, 私今彼処の店, 私今日あたりお電話, 私今日アノ困つた事, 私今日オヒルをたべなかった, 私今日デパートへ寄る, 私今日ランチであすこ, 私今日只今どんなこと, 私今日和一郎にゆっくり, 私今日昼から歯, 私今日田島屋の小僧さん, 私今日約束がある, 私今日缺席しす, 私今晩キリで止めよう, 私今晩喧嘩しまくって, 私今晩帰り途で大津, 私今更隱し, 私今朝ぢいつと, 私今神になっ, 私仕事がほしかっ, 私仕方がない, 私付きのまま, 私代つて殺して, 私代わってもいい, 私以下の感受性, 私以前の誰か, 私以外どなたも知らない, 私以外誰ひとりとしてたとえ, 私仮装なんかしない, 私任教授でドイツ人, 私伊太利でよく, 私伊庭のところ, 私休ませて頂きたい, 私会いましようか, 私伝通院近くの代書人, 私伴奏しますわ, 私似であるかそれとも, 私位復讐心の強い, 私位氣をつけ, 私位筋の通った, 私位金に淡白, 私佐伯と申します, 私佐古です, 私がかたく, 私体具合が悪, 私何だつてそんな, 私何だかさっぱりして, 私何だかぞっとした位, 私何だか少し楽しみに, 私何でおろかしい獣, 私何でもあなたに, 私何と言つ, 私何時だつて, 私何時叔母の家, 私何様思いを, 私何程一人で心, 私何處の宮はん, 私何遍か夫, 私余り多忙で何だかおちおち, 私であると, 私保姆さんになりたい, 私保存いたし居りますれば, 私信じられないわ, 私信じられませんの, 私信姉さん憎らしくなる, 私信用を失わなく, 私信者じゃない, 私修まるときは, 私個人ここに色んな, 私個人的のこと, 私倫敦へ上り候, 私を挟まぬ, 私偶然貴女のお, 私で聞い, 私傍聴したかった, 私働いてみたい, 私働かうかな, 私働きたいってお話し, 私働き死にをし, 私元気を出します, 私元首帖から引つこ抜い, 私兄弟の多い, 私充分なの, 私おっかなかった, 私先ず庭口から, 私先つき此方へ参りました, 私先づ安堵をした, 私先客のあく, 私先月小説集は誰, 私先生好きなのよ, 私先祖に支配, 私先祖摂津国池田より相州鎌倉, 私先祖武蔵国府中より罷出, 私先程台所を明けたら, 私先頃京京の道ニ, 私光ちゃんに子供, 私光栄の至り, 私入ってみたい, 私入口の所, 私八つか九つぐらゐですもの, 私八十さんが好き, 私公上のこと, 私六ちゃんの夫婦, 私六時までに来, 私共これだけがこの, 私共すべて林町の者, 私共にやはり同感される, 私共によく眼を, 私共に一体何の, 私共に代る代る尋ねるので, 私共に只注入された, 私共に多少なりとも霊感の, 私共に最も感銘を, 私共はじめ悠長な風, 私共はじめ村の者, 私共アルママチラの兄弟, 私共一家族の短, 私共一體分りませぬこと, 私共之求しユニヲン, 私共二三の同志, 私共二三年諸方ヘ頼, 私共二人きりで御座, 私共二人ぎりに成った, 私共二人づつ四方に分れ, 私共二人限りの夜, 私共五人は皆枕頭, 私共五六名の中, 私共今日の生活, 私共今晝後八ツ半時頃此所へ着船, 私共六七人のもの, 私共兼而ハ戦場と申セバ人, 私共同志の者, 私共同志者の純白, 私共同様の盲目, 私共哀れな罪人, 私共四人の仲, 私共団員一同は私共, 私共困難の事件者時日, 私共国中の者, 私共国方に皮田村, 私共始め大勢の目, 私共家來一統いろ, 私共平の人間, 私共店のもの, 私共懇意でありますが, 私共最近の旅行, 私共林町の皆, 私共業柄之事故, 私共深沢の友人達, 私共現在生きる社会, 私共皆んなの首, 私共着之趣, 私共立つ瀬がなくなっ, 私共長崎へ帰りたれ, 私共非常に呆然, 私其許様御舟ニテ向島ニ可被遣, 私て聞及居候一事有, 私で聞きます, 私内心うち明けて, 私内方へ参った, 私内藤さんにお願い, 私円タクをおごる, 私なこと, 私冬中いつも上着, 私冷え性なもの, 私凄いわ, 私に遊び, 私出かけて行った, 私出ませんが宣, 私出られまへん, 私出れば潰れる, 私出世なんかした, 私出帆まで兩三日之日合有之候, 私出版社長の肩書, 私出発の前夜, 私の中, 私分かりましたわ, 私分らないわ, 私切り出しが拙かっ, 私切符がある, 私の雜誌特別號, 私栄太郎なども, 私初め傍に黙っ, 私初め豫審の調べ, 私初日に見た, 私初瀬浪子のところ, 私判つたのよ富岡さん, 私判るわ, 私別れたくっても別れ, 私則天的な客観性, 私前後忘却致し酔って, 私劇場のダンサー, 私力制裁に委せ, 私力的制裁に代わる, 私加野さんをからかつて, 私加野さんつて気味が悪い, 私労役に行きます, 私労救の人, 私勅使河原静江よ, 私動きたくなくなつてし, 私動物園とても好き, 私勘違いしてたの, 私勞役に行きます, 私勿論結婚し, 私北京といふ都, 私北川放二さん, 私北村くっついて, 私北海道に行つて, 私のうち二つ, 私十一ばかりにて鴎外様, 私十一時までには歸ら, 私十一月廿四日浪華出帆同廿六夕上, 私十九歳より二十三歳, 私十位に割っ, 私十八になれ, 私十八妹十六のとき, 私十円だけお, 私十分お察し, 私十四の年, 私十年の間粉炭, 私十銭しか持ってない, 私千二百ドルで買います, 私千円で買っ, 私千葉の人, 私午後から前川さん, 私卒業までお, 私卒業後祖母が病気, 私と申します, 私を見, 私印度で生れた, 私即ち島浦英三は, 私て済まない, 私却ってうれしいわ, 私却つて濟まない, 私原稿料の前借, 私厭アよと若い, 私参って相談, 私参りました上からは, 私参りますわ, 私参るのだ, 私及ぶ限りの, 私友ちゃんにもそう, 私友子さんを見, 私ジャンヌダルクの, 私反抗しちゃったのよ, 私叔母よ, 私取って六十七歳, 私取合いませんでしたすると昨年, 私受け取ってまいりました, 私受合いだ, 私受合うわ, 私を捜し, 私口惜しかったから, 私だ気, 私只一人があの, 私只今先生をお, 私召し上がれなんて申し上げません, 私召連四時御坐, 私可厭で御座います, 私可哀そうなよう, 私可哀想な事, 私可多咄, 私可愛ゆさ, 私可笑しくって, 私驚した, 私叱られたってかまわない, 私叱られるから, 私右側にやらせ, 私右四人丸山御殿え夜分一人づゝ, 私係に, 私合鍵を持っ, 私吉川の奥さん, 私吉田さん達にこの, 私同じやうな, 私同よふの, 私同様シカゴのオペラ, 私同様ジロリの女, 私同様マネージャーがビーハイマー, 私同様危く匪賊の襲撃, 私同様外へ出, 私同様官地を拝借, 私同様宵っぱりで朝寝坊, 私同様来会者の少ない, 私同様沈黙主義の彼女, 私同様無一物の乞食みたい, 私同様父は既に, 私同様病気と死ぬ, 私同様食事に出, 私同様骨と皮, 私名刺がある, 私名宛の荷物, 私名義にし, 私向うの, 私向後もつと, 私を助けました, 私とする, 私告白いたしますわ, 私呑みゃしないってがんばってるんだけど, 私呼び出しましたんです, 私呼吸が切れ, 私命令する, 私だ倉蔵これ, 私唯一人蕭然と半ば, 私唯今志延而西洋船を取り入, 私商売などは秘密, 私問うたのです, 私善く存じて, 私喫驚しちゃったの, 私をつく, 私嚇すのは, 私四五年前世界一周いたしましたる時, 私四人が指名, 私四十歳になり, 私団体によって広告料金, 私つて了つたんです, 私困ってしまう, 私困っちもう, 私困つちまふわ, 私困りましてどう, 私困りますから, 私固有の趣味, 私へ帰り, 私国手がお, 私国枝の親類, 私に立ち入り, 私圓次を殺した, 私地方へなんぞ行っ, 私地私民を国家, 私坊さんなんぼ仕合せ, 私坊やの寝, 私坊樣が來, 私にし, 私堀田原抜けて, 私堪へましてもね冷, 私塵箱から拾っ, 私塾長の朝倉, 私にすぎぬ, 私声楽家むしろオペラ, 私壱人上陸水夫等ハ同十四日ニ上陸, 私売店をさがしてる, 私変ってい, 私変ったわ, 私多賀ちゃんとあっちこっち, 私が明ける, 私夜通しでも起きて, 私夢にも存じませなん, 私大いにまわらぬ頭, 私大丈夫だから, 私大事に取っ, 私大体皆の, 私大変佃さんにいろいろ, 私大変厭なん, 私大変楽になれる, 私大好きです, 私大嫌いよ, 私大学論とでもいう, 私大谷一個人としてお話, 私天国でシエクスピア, 私太宰治を語らせ, 私太宰治ひとりの身, 私夫妻共にという事, 私失恋したのよ, 私失敗して, 私へ行っ, 私奥二階が兄弟子, 私奥様好きですもの, 私女の子たち僧侶富ちゃんお棺, 私女一人なのに, 私女中でも何, 私女中さんという顔ぶれ, 私女学校の先生, 私女流作家然と, 私好い刃物を, 私好きませんでございますね, 私好くは分らない, 私妊娠ですよ, 私妬みを感じた, 私妹此度藤村十兵衛世倅規矩太郎妻に所望御座候, 私妻早瀬のお, 私妻藤井詳しく出奔, 私姉様の様, 私姉樣の樣, 私始め一同が永久, 私始め村方の者, 私始め皆なを, 私始め親類の子供達, 私の生命, 私娘大病の儀, 私をはかり, 私婦警の, 私を一人, 私かない, 私嬉しくて, 私嬰児が描いた, 私子分ども腹を控えかね, 私子生みそこないの, 私存じ候には同, 私りにと, 私学年があらたまる, 私学校党の一揆, 私学生服を着, 私孫娘のやう, 私學校は一種, 私學者でもなん, 私安並さんのところ, 私安心出来ないの, 私宗盛を清水金太郎, 私すべから, 私申上候へと, 私をし, 私宮原さんにいつも, 私家内をこんど離縁, 私家庭が大好き, 私家政婦いやだわ, 私容子を見, 私宿で壜, 私寂しいから, 私寄せて貰った, 私寄宿舎のライスカレー, 私富岡が戻つ, 私はこちら, 私審判のとき, 私寿命が縮む, 私という家, 私専用の瀬戸焼, 私専門のこと, 私尊乃祖假王命以寵先靈穆王耄荒誠哉其耄荒也夫成天地之大功者, 私對弟等の或, 私小さな生物が, 私小出しに出し, 私小学四五年のころ, 私小学校も女学校, 私小学生のころ, 私小山田が討入前, 私小川様を憤らし, 私小川雅夫は実は, 私小池さんなんかを連れ, 私小畑さんから変, 私少々酔ひます, 私少しく遠方でござれ, 私を取りました, 私尾道から来た, 私てお前, 私居ない間に, 私居城岩石ヶ城へお出で, 私屋久島に住めなかつたら, 私屋根裏部屋で小使娘, 私の方, 私山口さんに言った, 私山國ですから, 私山岡ですの, 私山崎の小父さま, 私山崎伯父と一つ車, 私山田後藤石川竹内その他の助手, 私山路と結婚, 私山路さんとこでみんな, 私屹度あなたが被, 私岩本さんが好き, 私岩谷だと, 私を上がるでございましょう, 私川島へ再婚, 私巣鴨へまわる, 私工場へ働き, 私の脚, 私左右にバーテン, 私左近先生は怖い, 私差し越し候は, 私差控へませう, 私巴里の屋根, 私市次郎出磬山, 私師匠にあんな, 私を解い, 私へるの, 私帰った方が, 私帰らしていただきます, 私帰りませんけれどもし, 私帰れないんです, 私帰宅の上, 私帰途には早く, 私帳場にい, 私よりも一層, 私常に窮し, 私幡江さんの事, 私氣だ, 私平気よ, 私年効ではあります, 私年四十歳になる, 私年来の主張, 私幸せよ, 私幸子さんの番地, 私幼い時分から, 私幼くして, 私幼少から読本, 私幾分か思, 私幾日も考え通した, 私を取っ, 私床ン中に入っ, 私度度貴方に, 私座敷でいろいろ, 私座興でこんな, 私庵主としての私, 私庵室の背戸, 私してよ, 私弁護士になろ, 私揚げて, 私弟これがその, 私弥決心しました, 私弱みを握っ, 私弱りきりましたのでございます, 私張りの美文, 私強い日本人の, 私強き人の性質, 私決心しました, 私当分歩けるよう, 私から覗いて, 私彼奴た, 私待たして貰, 私待ってたのよ, 私待合やツレコミ宿みたい, 私待遠しかったん, 私後で可哀そうに, 私後ろを振り返らない, 私後悔しないわ, 私後援して, 私後藤庄次郎上京して, 私従妹をむしろ, 私従弟の紀, 私従来に色々, 私從弟定五郎, 私從弟定五郎と申者江跡式相續爲仕度, 私御膳を盗まれた, 私徳品行の一点, 私徳私権公徳公権内に脩まり, 私徳私権相関し徳, 私徳論の如き, 私徹夜しても, 私の中, 私心から男に, 私心づいたことが, 私心得のため, 私心根を不憫, 私心細いやうな, 私心覚えがある, 私心配ッたらなかってよ, 私必ず記代子さんを, 私志願之通, 私忘れてしまう, 私忘れちゃったわ, 私忘れなかつたけどでも, 私忘れることなんて, 私忙しくて布地, 私無上である, 私快くねえ名残惜, 私念願かな町, 私忿って廊下, 私怒ってるんじゃあ, 私怒りましてよ, 私怒りますよ, 私ろしくなります, 私怖かったわ, 私怖しくなって, 私思いの家族, 私思いきりいろいろな, 私思いますわ, 私思い出したわ, 私思ってるわ, 私思つてゐたン, 私思ひ候に, 私思ひますに我が国人, 私思ひ出すわ, 私思わないんです, 私に怖く, 私をする, 私恋私慕も打ち捨て, 私恐いわ, 私恐縮して, 私恥しかったのよ, 私恥じますこれから一回一円, 私だけで, 私それでたべました, 私息せき切つてポストまで, 私悉皆知って, 私悲しさうな顔を, 私良安儀, 私悴良安儀明廿八日初而御目見被為請候に付召連可, 私悴良安儀明朔日御用之儀御座候, 私ふの, 私意外で御座いますわ, 私意志の弱い, 私意気地なし, 私意識して, 私愚案の真, 私の欲念, 私愛してかく, 私愛してるのん, 私愛吉が来, 私愛情の表現, 私感心して, 私えて, 私慈善市へ行かなく, 私慌ててたものだ, 私も打ち捨て, 私憎まれるのは, 私憎らしくって仕様, 私懇意なあすこ, 私成るんなら, 私我慢して, 私或はそれより, 私戦争の一つ, 私戦争つてものの生態, 私戦前はよく, 私戯談に此家, 私戴きやせん此処な, 私の外, 私戸田先生イタリー語がお, 私戸籍登記所で改名, 私戸頭まで送る, 私戻って来, 私房代よお父さん, 私の主人, 私所持の衣類金銀, 私手クビの痛い, 私手ニ入度存候品, 私手紙を出し, 私打たれたのよあの, 私打ち身にて困窮, 私打落したって私, 私承はる事が, 私承知して, 私について彼我対照, 私を御覧, 私角いらし, 私折り入っての願い, 私折角思立つた, 私担任が鬼斎氏, 私担当分の講座原稿, 私招待されて, 私拝むさかいあんな, 私拝借しようて, 私拵えに行こう, 私の風帆船横笛, 私持ってるからいい, 私持つて行く, 私持合せがございません, 私指一つさわりゃア, 私指南番にご, 私指輪だの時計, 私捨てなさっても, 私捨てへんいう覚悟見せなさった, 私捨てられるンだつたら, 私採りに行かう, 私探偵をし, 私探偵小説を書い, 私接待の当番, 私掴まへどころ, 私撰集として扱われた, 私撲られた当座随分, 私支度しますから, 私支那人が好き, 私收入の上, 私改めておく, 私に服従, 私教えてあげます, 私教師を勤め, 私敬服して, 私数えましたところ二十一匹かと, 私数学は嫌, 私文化運動は性, 私文学者とか法学者, 私斬られるかと思っ, 私断りますわ, 私断然お願いし, 私斯邦前途誰得想恐有, 私京へ, 私新しい病気を, 私新ちゃんに四十銭, 私新橋のその, 私方下男など皆, 私方故障御座候故従来, 私方曲なれバ自然ウらむところ, 私方菅三も十五, 私方養介も二年煩, 私に出る, 私日本語でも解ります, 私旦那のところ, 私旦那様の御, 私早う戻いて, 私早口になる, 私早速申込も, 私明後日までにまた, 私明日お寺へ行つて, 私明日お昼から日本橋, 私明日オーバーシューズがなく, 私明日姉さんとこへ髪, 私明晩ここの大広間, 私は悪人, 私昔ヴェストなどいじった, 私映画はやめた, 私春子さんを呼ん, 私春江の誕生日, 私春雄君の通っ, 私昨夜夢を見た, 私昨夜家の近所, 私昨夜清之介と喧嘩, 私昨日庭でこの, 私昭和十一年よりは稿料, 私是非見る好き, 私昼行灯になりましょう, 私昼間連れて, 私もたないです, 私時雨など, 私普通は男, 私景気のい, 私暖爐のなか, 私暫く考えて, 私曰此間に引とり申さん, 私書きかけて, 私書きますから, 私書くことこの, 私書類を盗った, 私最初はその, 私最前いうの, 私最前養源寺の前であなた, 私最早帰りますよ, 私最近に下町, 私最近東京の方, 私を見てる, 私月足らずの十一月生まれ, 私有せられていた, 私有るの, 私望む処先生という, 私望んでるのよ, 私朝コーヒーをのむ, 私朝倉です, 私朝鮮に行く, 私としての所有, 私未熟なる一人, 私末代までの恥辱, 私末広きらいなのに, 私本当にちょっとやすみたいの, 私本当にどうしようかと, 私本当に直ぐ電話を, 私本格的に声楽, 私本然の坐でなけれ, 私本田と申しまし, 私札幌で一人恋, 私にばかり向っ, 私杉山さんを此処, 私という家, 私来なきゃよかった, 私来年卒業すると, 私来月早々立ちたい, 私をつけ, 私松島さん大好きだわ, 私松本さんの所, 私といや, 私柳町に一寸, 私校門をとび出した, 私桃子さんの生活, 私案内するところ, 私桜井作楽はその, 私梅子さん怒りなすつちや厭, 私梅子さん此の風説, 私検脈後一時の間と相, 私が悪い, 私を追う, 私構いまへん, 私横浜の叔母, 私切るより, 私樹氷というもの, 私機械の方, 私とは貴族政治時代, 私次郎ちゃんのこと, 私欲しい本だけ, 私歇的里の蒼い, 私止めないで書い, 私正月に今, 私此の間も交番, 私此の間一月に加野さん, 私此の間夢を見たら, 私此ピエルミで降りる, 私此二三日具合が好く, 私此私をし, 私此處へ兵隊さん, 私此間お使, 私歩くのが, 私歯痒いやうに, 私りますわ, 私死なないでも大事, 私死にましたの知らせ, 私死にますとも泣く, 私死ねばよかつ, 私死ねないわ, 私死んじまいそうだ, 私残念で一昨々日, 私殺されるかも知れない, 私母子に病, 私毎日は参りません, 私毎晩いやらしい事, 私毒婦でしょうかね, 私比野仲右衛門でございます, 私気づかないでもなかっ, 私気に入ったわ, 私気の毒で仕様, 私気まぐれでこんな, 私気味が悪いから大急ぎ, 私気絶して, 私気色は春, 私のある, 私水一杯ぐらい平気, 私水夫おつり出し候勢, 私が飲みたい, 私永いほど結構, 私永久に, 私がびっしょり, 私江戸へ出, 私江戸見物些と長く, 私決してもう二度と貴方には, 私汽車の窓, 私沒我等の語, 私沙汰を, 私沢子よ, 私河村さんの細君, 私河村夫妻富ちゃんとのってか, 私河野さんの前, 私油断はねえ, 私治部めを討ち取りましょう, 私泊っていく, 私泊りに行かう, 私泣きましたわ, 私泣けて来ます, 私注意したもう, 私泳ぎましたが過, 私洋服屋へ行く, 私洋裁まだヘタ, 私洋酒だとばっかり, 私洗濯するから, 私津田さんにどうか, 私を入れまし, 私活きてる事が, 私流儀の文章, 私を泳い, 私海防であなた, 私淋しゅうござんすわ, 私淋しい淋しい淋しい淋しいのよオ, 私深山のお花畑, 私深田さんという方, 私混乱してるの, 私淺草の荒物屋, 私添書どもなきを, 私済まない気が, 私済みません事は, 私温泉へ行こう, 私火鉢の前, 私為方がありません, 私役に, 私無いだ腰もつ, 私無事に助かりました, 私無事越年仕候乍憚, 私無理やり伴れ, 私焼けるまで逃げない, 私煤掃の時, 私熱烈な接吻, 私と髪, 私の所, 私父様に伺う, 私特定の霊, 私犯人の姿, 私犯人さがしたい, 私狂言方だ, 私狙われてるのよ, 私独りぼっちでほんとにどうして, 私独りポッチであったの, 私独得の, 私独立ができるでしょう, 私獨自なるもの, 私率直に思つた, 私は弾けない, 私瑠美子を仏英和, 私甚次さんとは仲, 私生きたいとさ, 私生れ変ろうと思った, 私生命は惜しい, 私生意気みたいだけど, 私生意気者で油, 私田代さんに惨め, 私田公田の徴税, 私上げ難い, 私申しました通り昆虫館に, 私申し上げたいことが, 私申上げはなさね, 私申上候事能御聞分, 私男の子に生れてた, 私男みたいだつて, 私へなんか, 私留守番をします, 私すること, 私ごうてなされしませな, 私疑っては済まない, 私疑ったのです, 私疲れきっています, 私疲れたのとか, 私疲れちゃったから, 私疲れちやつたわ, 私疲れないと喜ぶです, 私疲れ切ってしまっ, 私疳性ですから, 私うより, 私病弟この五人, 私病後の事, 私病的でしょうか, 私痛いのとか今, 私りましょうかね, 私百磅入要なの, 私皆様にお, 私目印をつけ, 私目玉のつれる, 私直ぐ後から行く, 私直にここの, 私直属にし, 私直治の姉, 私相原さんのところ, 私相応の諦観, 私相應の話, 私相手に飮, 私相果て候迄には是非, 私相求候程なれ, 私看病に参つて, 私真剣に考え, 私真夏よりは今, 私真実一路ですの, 私真平御免だ, 私真珠貝の中, 私眠いと言っ, 私眠たくて九時半ごろ二階, 私眠っていた, 私着ませんわ, 私睡いんだ, 私っ張り極ら, 私矢倉沢から帰, 私矢張りソプラノのアモール, 私矢来をお, 私つて, 私知つてゐますから, 私知らさないでおく, 私知らねえんで小夜衣, 私知らん振りして, 私知りての事, 私知りましねえ, 私知合いのボーイ, 私研究所へ心霊, 私磯野さんに芝居, 私へありのまま, 私祈ってます, 私祈ってたから, 私祖母さんに怒られる, 私や仏, 私神さまが見え, 私神戸の方, 私神戸なぞの田舎, 私神様を信ずる, 私神田の警察, 私神経質なので, 私に來, 私私あなたに恋し, 私私なんざあどうせやっぱり磔, 私私なんざ今頂いた御, 私秋子さんをまだ, 私秋川ひろ子と申します, 私秋川駿三です, 私秋本さんのホテル, 私秘伝を心得おります, 私をもっ, 私程遠くへは行きません, 私種々申すに, 私して, 私を厭う, 私空想ほど面白い, 私窩児が出, 私窩子買いに出かける, 私立って居られなく, 私立てやしないぢや, 私竹さんは大好き, 私竹之助様を存じませんで, 私笑われてうれしかっ, 私等ぁ生きちゃ, 私等アイヌ種族と共になくなっ, 私等一二人の間, 私等上町の悪童, 私等中學生の隱, 私等二入は歩い, 私等二年甲組の学級, 私等五人ばかりの生徒, 私等人間社会にもつとも, 私等今までさう, 私等仙衛ムどんにいろいろ, 私等仲間の注目, 私等何も知らん, 私等俳句を作る, 私等兄弟より外, 私等十何人のもの, 私等古参の方, 私等商売柄洋服を着ない, 私等大阪育ちの相当, 私等天狗党に入れ, 私等夫妻は不意, 私等女の気持, 私等女三人に取らせ, 私等姑さんと気, 私等婆様の中, 私等家のおと, 私等段六さ滝さこれだけで, 私等父娘は葵原夫人, 私等秋谷在のいけず, 私等親子の愛しみ, 私等風情と一所, 私答えてうむ, 私箱根へ行っ, 私簪屋で踏まし, 私約束したる覚, 私純粋な生き方, 私紙入れを置い, 私級中で一番嫌い, 私紹介して, 私には月給, 私経済の組織, 私経験というもの, 私結いたくはない, 私結構ですのよ, 私やろうかしら, 私絹代が好き, 私經濟が始末出來, 私維康です, 私線路であって, 私線鉄道を敷い, 私縫子と一緒, 私子それから, 私が薩張り下手, 私繰り返して話す, 私はなえ, 私罪悪感に苦しむ, 私も当れ, 私美知子と七人, 私羨しいワ, 私義ハ要用を被, 私義先代より当, 私義本望これに過ぎず, 私羽田の漁師, 私老女さんに抱い, 私老女さん二十年前に別れた, 私老女さん此の洋琴, 私考えちゃったの, 私考えまするに沖縄, 私かもまだ, 私の底, 私づかしくて, 私なりし, 私聞いたんです, 私聞かなかつたけど奥さん, 私聞かねいければならねい, 私聞きに行った, 私聞きたいんだ, 私職場の方, 私肥ってい, 私育てますよ, 私肺病でも何, 私背中から水, 私胸倉ア捉るから, 私に落ちない, 私をふりあげます, 私腕車で駈けつけた, 私臆病ぢやない, 私自らさへうそ寒, 私自ら彼の流線型車, 私自ら志願して, 私自ら走り廻って, 私自今慎みますでございます, 私自体の姿, 私自信がない, 私自分ひとりで私, 私自分自身嫌な思い, 私自惚れてもいい, 私自棄ほど嫌い, 私自由じゃない, 私自費出版にしたい, 私自身いくら皮をむく, 私自身いつになく, 私自身いま思えば, 私自身いろいろ世話になった, 私自身がたへきれなく, 私自身この間偶然ペリーの本, 私自身さへもその, 私自身そのものが取る, 私自身のぶざまに花, 私自身のろまなよう, 私自身ひそかに手, 私自身ぶりを釣つてしまつたの, 私自身ほっとしたの, 私自身みじめな気持, 私自身もとよりそう, 私自身一ばん人よりもさう, 私自身一個であること, 私自身一軒一軒年始まわりをした, 私自身不覚にも眼, 私自身事務的な対人関係, 私自身今云った氏, 私自身今後どう身, 私自身他人から邪, 私自身体験としての雷, 私自身何等の経費, 私自身侘びしさ, 私自身僧であって, 私自身充分に見, 私自身先生の, 私自身先覚者とも何とも, 私自身兜を脱いだ, 私自身其ではひどく, 私自身判断は下しかねた, 私自身前にも書いた, 私自身反対しなければ, 私自身嘲弄されたと, 私自身夢のよう, 私自身妻子供の血液型, 私自身孤独と放浪, 私自身實に久しぶり, 私自身尼になっ, 私自身弁護士の資格, 私自身強ひて, 私自身恋愛のため, 私自身悲苦の間, 私自身手相が当っ, 私自身探偵小説にあき, 私自身提出もしなかつた, 私自身教室で使つて, 私自身日本人として当然, 私自身時によつて, 私自身書きものの都合, 私自身最近荒れ放題, 私自身歴史哲学の研究, 私自身死を覚悟, 私自身母であって, 私自身消し残した女, 私自身湖畔の或, 私自身片つぱし, 私自身神サマにならう, 私自身私の身体, 私自身空樽同様とならね, 私自身笑ふにも, 私自身精神病院から出, 私自身経験した, 私自身経験ずみです, 私自身結庵入庵, 私自身耶蘇教徒ではない, 私自身肉体自体の思考, 私自身肖像彫刻を作る, 私自身胸がうずく, 私自身自分の女, 私自身良人と自分, 私自身説明出来ぬもの, 私自身読者の一人, 私自身誰に習つた覚え, 私自身讃岐の丸亀, 私自身貴女の眸, 私自身賛成で問題, 私自身車上からビラ, 私自身魅力を感じない, 私自身鮎子に銀座, 私自身麻薬の経験, 私致しおったぞ, 私がさめちゃった, 私を噛ん, 私舞台に出, 私にいた, 私芸術家はきらい, 私苛めやしないことよ, 私苦しくなるから, 私苦しくってたまらない, 私苦労してるわ, 私苦心しました, 私英語なんか知らない, 私茅野雄めの邸, 私荒尾です, 私荷物ハ皆失, 私萬一の事, 私落ちついて話した, 私落つきたいんだ, 私葡萄酒をお, 私蒲団を頭, 私を発い, 私蓮香と申します, 私の本, 私藤村様の外, 私藤枝の母, 私の手先, 私を堪え, 私なんかいたら死んじゃう, 私蚕糸試験所へいっ, 私蜘蛛大きらい, 私蝋燭の芯, 私行きさえすれ, 私行きますわ, 私行つた事ないけど, 私行つて參じませう, 私行水をし, 私表紙の色, 私にすがりつき候う, 私裁復讐は法律, 私装本を頭, 私の成績, 私補助罪になりやしない, 私製品であった, 私西条衣子です, 私西洋くさくないです, 私要らないンだ, 私見たいなものは, 私見つけちやつたんだ, 私見つけた席です, 私覚え書斯く, 私覚えちがいしていなかった, 私覚えはござりやせんどうしてあんた, 私覚めなければいい, 私親らせねば, 私親類のもの, 私観堕落論などの受売り, 私観音様にお, 私触って見た, 私言わないもの, 私言わなければならない, 私言葉ないです, 私計らず窺い知り驚いて部落, 私訊ねて来, 私託品として大量高価, 私記者なんかした, 私註以前から我々, 私評して曰く, 私詩集東都へ参申候哉, 私話して入, 私話したい事が, 私話すのイヤ, 私詳しく知りませんけれども, 私誓ってよ, 私誠に心懸りで, 私読めないの, 私読んでいる, 私読んだ記憶が, 私調子を合わせた, 私諦めるだからねお前さん, 私諦らめ切れないん, 私諸国を漫遊, 私講師としてのフィヒテ, 私謝るから, 私警部はいずれ, 私谷山さんの弟子, 私の手伝, 私貝がらのほう, 私負けてしまふ, 私貧乏なん, 私貰って来た, 私貰っといたお菓子だの, 私貴女様のお, 私貴所に御, 私の形, 私買い物に, 私買うと云っ, 私買物の歸, 私貸し金の催促, 私賀川豊彦あなたすなわち賀川豊彦, 私へ入っ, 私赤い絹巻煙草の, 私赤ん坊がいる, 私赤坂へ行かない, 私走りながらも夢中, 私越智さんと結婚, 私足下に手, 私之助, 私路子さんと相談, 私踊りながら黒い, 私身内が顫, 私身後のこと, 私といえ, 私関係の, 私転びますよ, 私忽より, 私軽井沢から帰る, 私軽率だったん, 私の一生, 私辰馬さんの顔, 私辻村さんは嫌い, 私近いうちに, 私近くに行きたい, 私近ごろ聞いた話, 私返事も出し, 私ひかへ, 私追われてるんです, 私退社までに下書, 私退院したらすぐ, 私送ってもいい, 私送り出して来た, 私逃げ出します近いうち, 私ん出される, 私から一目, 私通す然都, 私通せる主人の, 私通りがかりに覗きまする, 私通知出すわ, 私通訳だから, 私ひますわ, 私逢いに来, 私逢ったことは, 私逢わしておく, 私連れて香櫨園, 私逸早く座席を, 私遅くなつて, 私なん, 私遊びではない, 私遊んでやしない, 私で食べ食べ, 私達こどもは逃げた, 私達さへ注意, 私達さうぢや, 私達すべての人民, 私達そりゃあ淋しく暮し, 私達ちの時代よりもっともっと, 私達ぢや物, 私達つてぜいたくね, 私達どうしたって今, 私達はぶなの, 私達ふたおやは, 私達みたいに若い, 私達みなが関係, 私達みんなで山, 私達もちよつと, 私達ゆえ出かける時, 私達よそのいと, 私達アそいつに肉, 私達一人を捕かむ, 私達一切への戦士, 私達一座を率, 私達一時間ばかり前, 私達一般人の人生, 私達三人翌朝は早い, 私達三年生が五人, 私達二三人も求められ, 私達二人一生懸命働いたなら暮らして, 私達二人一緒になっ, 私達二人丈けを取り残し, 私達二人以外にない, 私達二人十二人の陪審官, 私達人民一般はさせられた, 私達今の作家, 私達他の者, 私達以上にその, 私達以外にここ, 私達側に引き換え, 私達兄妹二人で父, 私達兄弟五人は皆, 私達全校の学生, 私達六七人の男女, 私達六人もの証人, 私達共同で出, 私達凡ての翹望, 私達凡下の衆, 私達凡人は詩人, 私達前に二三度, 私達助けに来た, 私達参観者は忽ち, 私達友人仲間ではお, 私達周囲のもの, 私達唯一の愛讀雜誌, 私達商売人にとってあまりに, 私達四五人の日本人, 私達国民の全部, 私達夢を見, 私達奉公人でも氣, 私達始め土人達は湖水, 私達委員の間, 私達子供らとの生活, 私達子等をよろこばせ, 私達孟買在住の日本人, 私達学生も旗, 私達宛の兄, 私達家の者, 私達家族の間, 私達家族三人は主食配給, 私達少年の心, 私達島村先生の周囲, 私達工場の内部的觀察, 私達常習飲酒者は誰, 私達常識人からみる, 私達年配の男, 私達戸外に這い出す, 私達数名の教室員, 私達既婚者を苦しめ, 私達東洋人の特性, 私達桟敷の二, 私達森林官は軍, 私達横で見, 私達次第なの, 私達毎日ダイス振るでせう, 私達民衆の仲間, 私達民間探偵にご, 私達江戸の教養, 私達油ゑのぐをいぢるものはもでる, 私達法律家から見, 私達海岸を歩い, 私達漁村に先生達, 私達父娘の身, 私達父子は支局, 私達男ばかりがざつと十人, 私達男四人が一夜炉端, 私達畑違ひの, 私達皆の心持, 私達皆んなにかかる, 私達真の無産者, 私達祖国を愛する, 私達私達と書い, 私達第三者が想像, 私達聴者の顔, 私達自然の教徒, 私達良民の期待, 私達親娘三人は戦争, 私達親子六人なんで食べ, 私達豊かになろう, 私達貧乏人にとっては灰, 私達貧乏書生もちょっとした, 私達農家に生れた, 私達遺族の無念, 私達部落の人達, 私達釣人の目, 私達階廊昇りつめると, 私違いますって松本先生, 私選挙ちふと, 私邪魔も何, 私部屋へ帰っ, 私郷里を落ち, 私酌婦にでもなん, 私酒匂さんにとても, 私酒場なんかに出, 私ふ意, 私酔うと大変, 私酔ってます, 私酔ひますよ, 私を獲ん, 私重ねて言うが, 私野菊の様, 私金吾さんにお, 私金属で触られる, 私金沢へ帰る, 私鈴川主水, 私鉄漿をつけます, 私銀座で会ったら, 私銀行へ若し, 私銭湯へ行く, 私を出し, 私のよう, 私鏡台が一つ, 私鏡葉之助, 私長左衛門様の御, 私長火鉢にをさまつ, 私長生きしようとは, 私間違っていた, 私関さんと喋っ, 私の中, 私母さんに, 私陀のも私陀, 私陀妃の終り, 私陀実は人, 私陀林中にさまよい, 私陀等の名, 私附いて居りやす, 私附きの女中, 私陰ながら承って, 私陰気ものであまり, 私陳家のドーベルマン, 私と野原, 私隆達だけで小, 私隠しも何, 私隣席にスマート, 私隨つて善だの惡, 私の書記, 私雑誌記者なんかしてた, 私離れの方, 私雨恋をふらす, 私雪岡ですが, 私がなくなっ, 私電燈のスイッチ, 私へちや, 私霊媒になっ, 私青い眼鏡は, 私青木と会う, 私静子さんと議論, 私靜夫樣は肺病, 私非常に面白い, 私非番のため, 私面前で蕃書, 私面白くて, 私頂いて帰りたい, 私順番を待っ, 私預かっておきます, 私領琉球国へ滞留, 私頼まれ効も, 私頼みます秀秀, 私願書を出し, 私飛び出したりしやしない, 私飛んできました, 私飛田です, 私飛行機の墜ち, 私食べたことは, 私食べる事も, 私食事しませんでしたか, 私食堂の問題, 私養子のお, 私饅頭やによって鳥焼き, 私より下り, 私馬上より家内, 私馬車へ二ルーブリ, 私馭者のとこ, 私馴れています, 私駄馬ののっそり, 私駆け向いま, 私駈けられませんの, 私駻馬を好みます, 私驚いてしまいました, 私驚いたわ, 私驚いちやつた, 私驚きも恐れ, 私驚きましたの一寸, 私驚ろいちまつた, 私の議論可, 私高橋おでんの小説, 私高橋おでん好きだわ, 私鬪術に巧み, 私魂躯とも生々世々, 私魚屋つて, 私鳩山の寡婦, 私鶴亀うたい申し心, 私麹町の屋敷, 私黙ってました, 私黨たるに於, 私の先