青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「秀子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

神聖~ 神話~ 祭~ 祭り~ 禍~ 福~ 禮~ 秀~ ~秀吉 秀吉~
秀子~
~私 私~ ~私たち ~私達 ~秋 秋~ 科~ ~科学 科学~ 秒~

「秀子~」 1622, 18ppm, 6508位

▼ 秀子~ (436, 26.9%)

16 顔を 11 手を, 為に, 素性を, 身に, 身の 7 左の, 方を 6 事を 4 姿が, 室へ, 心を, 手に 3 事に, 家に, 愛を, 手帳を, 方へ, 身の上を, 身体に

2 [34件] ことを, 事が, 人柄を, 仕業と, 傍に, 其の後, 利益に, 前へ, 姿は, 室に, 心が, 心は, 所天に, 手紙を, 方が, 方で, 方に, 様子を, 汚名を, 為を, 美しい顔, 美しさ, 耳に, 耳朶が, 被物, 言葉が, 言葉の, 言葉は, 許を, 身が, 身には, 身を, 顔が, 顔は

1 [240件] うちに, うちには, おふくろの, くんで, ことが, ことについて, すぐ後, する事, その急激, そばに, それに, ために, と云う, と思われる, に相違, は黄, も矢張り此, アパートに, イヤ夏子が, ヒステリックな, 一挙一動を, 一部分だ, 万事に, 上にも, 下車した, 両手を, 乞いに, 乳婆であった, 事で, 事である, 事は, 事ばかり, 云う事, 云う様, 云う通り, 云った言葉, 今の, 今までの, 仕業でない, 仕業では, 仕業とは, 件も, 件イヤ輪田夏子の, 位置に, 傍へ, 傷わしさが, 其の創, 前では, 前に, 前身だ, 前身と, 前身を, 力で, 助かる道, 勝利と, 勧めで, 化けの皮を, 化の, 化粧卓から, 化粧卓の, 半襟に, 危急を, 危険を, 取なし, 口から, 名に, 名前は, 命を, 品と, 問題を, 執拗な, 場合で, 声, 声で, 声と, 声は, 声も, 外に, 外出着を, 妊娠によって, 妊娠中は, 姿に, 姿を, 嫁入りの, 嫉妬は, 存在が, 室で, 室の, 室は, 室へも, 家で, 家の, 容貌秀子の, 寃を, 密旨などを, 寝た跡, 居た室, 居る可, 居る室, 居る所, 居所を, 左手を, 帰った事, 常に用, 幸福に, 幻を, 形容する, 彼の, 後に, 後を, 心に, 心の, 心も, 忠告は, 念願が, 恋人の, 息吹きが, 意見を, 態度であった, 所天と, 手の, 手袋を, 拘引を, 持って, 指先が, 挙げて, 振舞いなどが, 敵が, 敵に, 方は, 日頃を, 有する肉体的精神的, 有様などは, 有様も, 服と, 楕円の, 様だ, 様な, 様に, 様は, 様を, 様子では, 様子の, 此の, 死んだ後, 死骸を, 毒害の, 気質としては, 汚らわしい素性, 決心が, 注意で, 清浄な, 清浄潔白な, 濡衣を, 災難は, 為だ, 為であろう, 為では, 為なれ, 為には, 父で, 父なら, 物語には, 犯した罪, 犯罪を, 猛烈な, 玩弄に, 生え際に, 生え際は, 生涯に, 生涯を, 皮肉な, 益々親しい, 盗まれたと, 盗まれた手帳, 目は, 眉に, 真の, 眼にも, 眼は, 眼中に, 着たもの, 着物である, 着物と, 着物の, 知らぬ事, 秘密が, 秘密を, 笑顔は, 素性だ, 素性の, 素性成長などが, 罪でなく, 罪は, 美しい顔かたち, 考えに, 耳朶とは, 背に, 背を, 脱獄を, 腹の中を, 芸が, 行く先を, 衣服とは, 襟から, 言葉を, 言行は, 許に, 許へ, 豊満な, 貴方に, 足跡でなく, 身の上が, 身の上に, 身の上の, 身は, 身仕舞が, 身仕舞は, 身代りとして, 身体が, 身震いを, 這入って, 過ぎし身, 間に, 関係が, 附添い, 附添人が, 附添人虎井夫人が, 附添人虎井夫人だ, 難を, 音楽は, 頬の, 頭の, 顔何れを, 顔形が, 顔形と, 顔形とを, 顔形の, 髪の, 魂に

▼ 秀子~ (330, 20.3%)

7 余の, 此の, 私の 5 云った 4 少しも, 彼の 3 私に

2 [17件] お浦, それを, はるに, 今まで, 仲, 余を, 全くの, 室の, 急いで, 急に, 手燭を, 気が, 猶も夢中, 簡単に, 隅っこの, 青い顔, 首を

1 [259件] あでやかな, あとで, あれでも, いつのまにか高め, いつまでも, お茶を, そうされ, そう戯談, そう言い, その凄, その問い, その姿, その権威, その熱, たしか三歳, だん, にじみ出して, ふと山田, また云った, むっくり半身, もう門口, やがてこんな, よくその, よく云った, アノ通り心の, キュラソーの, ズット先に, 一寸の, 一時, 中, 事に, 事もなげに, 云う, 人殺しの, 今し方唇を, 今既に, 今迄, 伊藤の, 何と, 何とも答えない, 何の, 何んとか, 何処に, 何所に, 何気も, 余よりも, 余りに主権的, 元の, 充分に, 充分主人, 先ず余, 先に, 兎に, 全く勇, 全く夏子, 全く泣き声, 全く私, 全く身, 全く顔, 其のまま, 其のまま家, 其の人, 其の心配, 其の毒薬, 其の熱心, 其れ, 其儘長椅子に, 再び何, 再び虎井夫人, 初めて人心地, 初めて安心, 別に声, 別の, 到底此の世, 到底裁判所, 前科者です, 前科者で無い, 助かりませんよ, 勘定を, 医者の, 叔父上の, 口元に, 古山お, 右の, 君が, 否と, 呆れる様, 呆気に, 唯怪訝, 喫驚した, 困るだろう, 声を, 多分其の, 夜の, 夢みるよう, 大きく両, 大抵眠っ, 夫と, 女優時代の, 女学校を, 子供に, 実に冷淡, 実際お, 実際何, 客が, 寝そべって, 尋ねた, 尋ねだした, 小栗に, 少し口, 少し笑い, 居ないで, 山田に, 山田の, 山田を, 左の, 己に, 廊下まで, 当然此の世, 当然私, 影も, 得意そうに, 心の, 必ず昨夜, 必ず貴方, 必死の, 忽ち余, 忽ち身, 思い出しても, 怪しみ, 恟りし, 愈々舞踏室, 愛らしさ, 手巾で, 手袋を, 打ち萎れた仲, 打って, 承知とも, 指を, 敢て, 散って, 断乎として, 斯くと, 既に来, 既に父母, 既に自分, 早くから夕方, 昨今身に, 晴れやかな, 暫くの, 暫く経っ, 暫し考え, 曲を, 最う送っ, 最早高輪田, 有体に, 本来私の, 果して私, 楕円である, 極めて低い, 権田が, 権田の, 権田時介の, 歩み寄って, 歯が, 殆ど恨めし, 殆ど電気, 毎日又, 気も, 池に, 決して助かり, 決して古山, 決して此, 決して美しい, 泣き顔を, 洋装一点張で, 洗って, 涙の, 淋しげ, 漸く思い出した, 漸く立っ, 無論此, 父の, 牢にも, 牢破りの, 物凄いほど, 猶も同じ, 玄関から, 生涯所天を, 白い歯, 皿の, 益々常, 益々晴れやか, 目下一方, 直ぐに, 眉根を, 真に美人, 真の, 真実に, 真赤に, 真面目な, 眼で, 石の, 確かに, 秀子はと目を, 私が, 私を, 立ち去ろうと, 立って, 笑った, 答えた, 答えたが, 終に私, 縁側に, 罪なく, 罪など, 肝腎の, 背後から, 自分の, 若い蔓草, 荒々しく私, 落ち着いた声, 落ち着き払って, 薄く目, 虎の, 虎井夫人を, 西洋人の, 親切な, 言葉を, 説き初めた, 説き明かす様, 説き終って, 説明す, 読み終って, 誰とも, 誰にでも, 誰一人同情を, 謎の, 赤い鼻緒, 足の, 身を, 軽くしな, 近くへ, 近来貴方にさえ, 返事を, 逃げる様, 遠くから, 遠縁に, 静かに, 非常に, 飛び離れて, 飲まなかった, 養母殺しの, 驚いたでしょうが, 驚いた様, 驚いて, 高くから, 高輪田長三に, 黙って

▼ 秀子~ (192, 11.8%)

14 此の 5 何の 2 お浦, 其の実, 其の様, 其処に, 少しも, 様々の, 立って

1 [159件] いつまでも, いまだ洋風, おんおん泣い, お紺, この六月, それは, それ程悪人, どれほど立腹, ぱっちり眼, アア心配する, 一人で, 一身の, 上って, 不安の, 争い得ずして, 事をさえ, 二人の, 云う, 人を, 人殺しと, 人殺しなど, 人間一人を, 代ったが, 何う, 何処から, 何時も, 何等かの, 何者である, 余に, 余の, 俺をから, 優勝する, 先に, 先刻気絶した, 入って, 全く夏子, 其の実は, 其の殺人女, 其の輪田夏子, 切に余, 前科者で, 加わるよう, 助かると, 助かるなら財産, 助かる様, 即ち夏子, 又も, 古山お, 囚人の, 塔の, 夏子だ, 夏子の, 多少なり, 夫と, 定めし喜んだで有ろう, 実は古山, 密旨と, 密旨を, 尋ねること, 小工場, 居て, 居なくなって, 居ぬと, 居るか, 屡々其の, 屡々夏子, 左の, 差し支えると, 帰ったかと, 帰って, 常に愛し, 幽霊塔の, 引き立てられる様, 急に, 恐ろしげ, 悔むとも, 愈々捕縛, 意地が, 憎いとは, 懲役から, 懲役に, 我を, 手に, 手帳の, 承知の, 承諾すれ, 持って, 早や, 明らかに, 明日にも, 昨夜此の, 時介に, 曾て, 本統に, 来て, 機械を, 次の, 欺いたでは, 此の方の, 此所から, 此所を, 死んだとても, 死んだの, 殺したと, 殺しました, 毒薬を, 毒蜘蛛が, 清浄潔白の, 清浄秀子が, 潔白, 潜んで, 為なれ, 為に, 無事に, 無実の, 牢を, 珈琲を, 甚く, 生涯の, 生涯私を, 生涯罪人の, 疑われたでは, 直ぐに, 真直に, 着たと, 知った事, 石の, 神の, 第二, 精神的にも, 素性の, 縁側の, 置いて, 背後へ, 能く, 自分の, 自然と, 艱難も, 若しや, 若し夏子, 茲に, 茲を, 草花屋へ, 話にさえ, 説いて, 貴方の, 貴方へ, 身の, 身を, 退くと, 逃げたの, 逃亡すれ, 遽て, 針仕事を, 開け放して, 顔を, 飛鳥山に, 駈け附けたと, 驚いて

▼ 秀子~ (187, 11.5%)

4 妻に, 虎の 3 貴方の

2 [14件] 助けて, 助ける事, 命の, 失わねば, 我が妻, 指して, 救い度, 救うて, 救うの, 此の, 滅し, 疑いますか, 自分の, 養女に

1 [148件] おいて, おびやかす積り, です, どうする, もみさ子, ユスる, 一緒に, 中心に, 人の, 仲働き古山お, 任せて, 何の, 余が, 余に, 保護し, 保護したい, 保護しよう, 保護する, 傷つける事, 傷つける為, 入れて, 入れは, 全く別, 再び人, 助くべき道, 助けたいと, 助けると, 助け度, 助け得るは, 助け得るやを, 助け得る事, 劫え, 劫かす, 古山お, 呼び附け其の, 夏子の, 妻と, 嫌疑者と, 家の, 家庭内に, 尋ねて, 尋ね出さねば, 尋ね出した所, 己の, 弁護する, 引き立てるには, 引き立てる様, 引き立て殆ど, 強いて, 思い切り秀子, 思い始めたの, 恋するよう, 恋慕い, 恨んで, 惜しが, 愛して, 愛し秀子, 愛すると, 愛するならば, 愛する事, 愛する為, 憎む為, 憎む者, 憐れむの, 我が物, 抱き起して, 招かせた叔父, 捕縛させる, 捕縛し, 捕縛せし, 捕縛に, 捨てて, 探して, 探し出さぬ訳, 推し退け, 救い度い, 救うには, 救う事, 救う手段, 救う第, 救う道, 救わずに, 斯くまで, 方々に, 最一度, 本当に憎む, 権田に, 権田時介に, 殴りつけた, 殴り倒そうと, 比較し, 気遣う心, 汚らわしい罪人, 渡して, 温め活す, 潔白な, 濡衣の, 無事に, 無事の, 父に, 生き返らせる事, 疎んず可, 疑うであろう殊に, 疑うと, 疑う可, 疑ぐって, 疑って, 監督する, 相続人に, 看破する, 眺むる視点は, 眺め初めた, 私へ, 窘めて, 窘められると, 窘めると, 立ち去らせ度, 罰したの, 罵らねば, 自分は, 苦しませて, 茲へ, 虐めに, 褒めたが, 見たこと, 見た時, 見限っても, 詮議せぬ, 誘って, 説き伏せて, 負つた照ちやん, 輪田夏子だ, 近づけ比較的, 追い掛けたり, 追う様, 退けて, 送って, 送る様子, 逃がした事, 逃がすとしても, 逃げさせる外, 逃さぬと, 逃す丈, 連れずに, 連れて, 連れ出したも, 遠ざけて, 陥しいるる為

▼ 秀子~ (106, 6.5%)

4 向い 3 向って, 愛想を 2 向かって, 疑いを, 知らせて, 逢って

1 [88件] お詫びを, ぶつかって, ほとんど頼り切, やる手紙, 与えたもの, 云ったこと, 仇しよう, 介抱など, 何を, 其の身相当, 劣りは, 厳密なる, 及ばぬ勿論, 可愛が, 向い何, 向い己, 向い止むを, 向かい, 向かい機嫌, 向かい真に, 命をも, 喜ばれるか, 宛てた電報, 宛て電報, 彼女の, 心を, 心底から, 恨みを, 悪事が, 愛せられる資格, 指さして, 捨てられたらば, 捨てられた自分自身, 授けました, 掛かっては, 掛けさえ, 新しい命, 新たな, 日頃何の, 様々の, 此の, 比ぶれ, 注ぎ誰, 済まぬ充分, 渡し, 渡し恐らく, 犯罪の, 猶二三日, 生れ変ったの, 生涯の, 疑いが, 疑いの, 白い胸, 箒一つ持たせなかった, 約束し, 紳士らしくない, 聞き合わせた上, 薄暗い所, 蚕食せられ, 被せようと, 見せ可, 見られたら恥しい, 言うた通り, 話して, 責任が, 賤しまれる, 賤ま, 身代を, 迫ったの, 述べた秀子, 送り届けました定めし, 逃亡させぬ, 逢いに, 逢いましたから, 逢うが, 逢う訳, 逢ったとき, 逢った時, 逢っても, 逢わぬから, 逢わねば, 選ばせる事, 限って, 限られて, 隠して, 頼みは, 飛び附いた様子, 驚かせて

▼ 秀子さん~ (62, 3.8%)

3 の方 2 そらあの, の所, は

1 [53件] お歓び, から何, から詳しい, があらはれた, がいらし, がわざわざ, が一緒, が坐る, が塞いだ, が来たでしょう, だって気, です, ですか, ですね, と, とそれ, と握手, と違っ, どうぞ話し, どうぞ隠さず, なんぞから馬鹿, にも逢っ, に毎日, に逢いたい, のあんな, のおっしゃる, の室, の容貌, の御, の素性, の置い, の親切, の門, の附添虎井夫人, はそう, はまさか, は今, は仕合せ, は大丈夫, は昨日ここ, は決して, は満更, は無論, ばかりだ, もう僕, をさんざん, を恨み, を苛めたでしょう, 何で私, 其のお, 又何, 最う何, 許して

▼ 秀子~ (53, 3.3%)

7 夏子と 2 何うし, 申します, 結婚し

1 [40件] お浦, はると, ぽつぽつ意味, 一所に, 乙羽信子の, 二人である, 云うの, 云うも, 云う新しい, 余との, 余とを, 共に躍う, 分るるに, 別れる, 別れるという, 同じ場合, 同様に, 喧嘩を, 夫婦約束だけは, 奪ひ, 婚礼する, 婚礼すれ, 子供との, 山田とは, 恋し合わない, 恋愛関係を, 新婚の, 是だけが, 比較し, 生まれ代わり今は, 相談を, 私と, 私との, 自分とを, 虎井夫人と, 虎井夫人とが, 虎井夫人との, 貴方の, 長三との, 高輪田とは

▼ 秀子~ (29, 1.8%)

1 [29件] もう一つ用意, よく外, 一度は, 一応は, 亦甘んじ, 今朝来た, 何となく沈んだ, 余の, 余ほど, 其の時, 其の裁判, 厭, 可哀想な, 常から, 彼を, 後で此, 心が, 愁いの, 是には, 気遣って, 涙の, 無論同じ, 甚く, 聞きました御存じ, 自ら余の, 詰め切って, 起きて, 近頃は, 驚いた暫し

▼ 秀子との~ (20, 1.2%)

3 間に

1 [17件] 上に, 争いを, 仲の, 会逅其後の, 児だ, 児であった, 商議に, 問答を, 恋愛の, 暴風の, 立って, 近づきは, 間へ, 間へは, 間柄だ, 関係は, 関係も

▼ 秀子~ (13, 0.8%)

2 云う

1 [11件] 何か, 口を, 向けて, 向って, 少しも, 怒鳴りつける, 恐ろしい嫌疑, 掛かる様, 疑いの, 約束した, 親切の

▼ 秀子~ (9, 0.6%)

2 余は 1 つたのだ, と云う, 何の, 其の秀子, 村岡柳子という, 秀子は, 米国で

▼ 秀子~ (9, 0.6%)

1 です, に, に単刀直入, に最, に逢い, の身の上, の顔, の髪の毛, を救う

▼ 秀子とが~ (8, 0.5%)

1 二人がかりでなけれ, 何だか親しい, 全く見知らぬ, 其処に, 居るの, 甚く, 虎の, 見附け忍び寄って

▼ 秀子から~ (7, 0.4%)

2 見ると 1 妻へ, 故, 窺われてること, 能く, 解傭する

▼ 秀子に対する~ (7, 0.4%)

2 憤りを 1 余の, 恐ろしい嫌疑, 真性の, 私の, 腹立ちを

▼ 秀子さん貴女~ (6, 0.4%)

1 にそう, は今, は定めし, は最う, は森探偵, は迚

▼ 秀子~ (6, 0.4%)

2 はない, もなく 1 は有るまい, 決して輪田夏子

▼ 秀子とを~ (6, 0.4%)

1 不幸の, 丸部家の, 取り殺して, 早く夫婦, 眺むることを得せしめた, 離隔する遮

▼ 秀子に対して~ (6, 0.4%)

1 まだ純潔, 何所までも, 無礼すぎた, 聊か憚, 腹が, 自分は

▼ 秀子という~ (4, 0.2%)

1 姓名では, 娘と, 子の, 有名な

▼ 秀子女史~ (4, 0.2%)

1 が戦時中日本女子大学校長, だけ贔負, の御, の所

▼ 秀子である~ (3, 0.2%)

1 余, 秀子の, 秀子秀子何が

▼ 秀子とても~ (3, 0.2%)

1 今まで, 其ののち何, 其の身

▼ 秀子には~ (3, 0.2%)

1 しかしもはや, 目を, 直ぐに

▼ 秀子より~ (3, 0.2%)

1 先に, 奪い取ったので, 肥って

▼ 秀子即ち~ (3, 0.2%)

1 其の頃, 夏子の, 夏子は

▼ 秀子さんそれ~ (2, 0.1%)

1 じゃすみません, を呑ん

▼ 秀子さん何~ (2, 0.1%)

1 うか, う成さった

▼ 秀子さん千早先生~ (2, 0.1%)

2 は私

▼ 秀子さん茲~ (2, 0.1%)

1 に長居, を立ち去る

▼ 秀子であった~ (2, 0.1%)

1 余も, 外から

▼ 秀子でない~ (2, 0.1%)

1 秀子以下だ, 秀子以下の

▼ 秀子でなく~ (2, 0.1%)

1 ともよかっ, ば誰

▼ 秀子といふ~ (2, 0.1%)

1 のは, 女が

▼ 秀子とは~ (2, 0.1%)

1 同人だ, 未来の

▼ 秀子にも~ (2, 0.1%)

1 引き合わせろと, 済まぬが

▼ 秀子に対し~ (2, 0.1%)

1 子を, 戦争の

▼ 秀子に対しては~ (2, 0.1%)

1 全くの, 此の

▼ 秀子はに~ (2, 0.1%)

1 こっと, っこと

▼ 秀子よりも~ (2, 0.1%)

1 よりよく理想, 先に

▼ 秀子以下~ (2, 0.1%)

1 だ秀子, の女

▼ 秀子~ (2, 0.1%)

1 するところ, する先生

▼ 秀子~ (2, 0.1%)

1 から手紙, へ返事

▼ 秀子自ら~ (2, 0.1%)

1 云い得ぬ為, 知って

▼ 秀子自身~ (2, 0.1%)

2 だった

▼1* [69件]

秀子虎井夫人かが, 秀子かが読書の, 秀子がよ己の, 秀子さえも来ては, 秀子さんあなたは基督教信者, 秀子さんお腹も立ちましょう, 秀子さんこれを見, 秀子さんネエ叔父さん爾し, 秀子さん何んとか言っ, 秀子さん兎も角, 秀子さん其れこそ, 秀子さん命を捨てる, 秀子さん彼方へ行きましょう, 秀子さん斯うなっては, 秀子さん死ぬるには, 秀子さん秀子さんお腹も立ちましょう, 秀子さん私は立ち聞き, 秀子さん虎井夫人は貴女, 秀子さん誰が何と, 秀子さん達がそんな, 秀子すぐ高山先生を, 秀子だけが傍に, 秀子だけに限ること, 秀子だろう若し幾分, 秀子ちょっと行って, 秀子ですか, 秀子で有ると云う, 秀子で有ろうかと見直した, 秀子で無い此の, 秀子とて無論其の, 秀子とても既に主の, 秀子とても決して好みは, 秀子とともに蛙聴きけれ, 秀子と共に死ねば, 秀子などと勿体らしい名, 秀子なら第一号, 秀子にでも見られては, 秀子にとっては山田の, 秀子によって自己の, 秀子に対しても命の, 秀子に関する一切の, 秀子のうへにあの母, 秀子ので有ったの, 秀子はと目を配る, 秀子までが彼女の, 秀子までも虎に, 秀子めがけて投げつけた, 秀子よちよち歩きの, 秀子をもほしが, 秀子を通じて感じた透徹, 秀子イヤ春子を抱き, 秀子イヤ輪田夏子の事, 秀子ババン女中の六人, 秀子一人であるけれど, 秀子乙羽信子というよう, 秀子が為, 秀子其の人の, 秀子国子と家族, 秀子夏子の同, 秀子の話, 秀子嬢貴女を茲, 秀子の美人, 秀子捕縛の声, 秀子最後が余, 秀子来訪就職のこと, 秀子も旦那様, 秀子の輪田夏子, 秀子秀子何が為, 秀子若し心が