青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「秀~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

神秘~ ~神経 神経~ 神聖~ 神話~ 祭~ 祭り~ 禍~ 福~ 禮~
秀~
~秀吉 秀吉~ 秀子~ ~私 私~ ~私たち ~私達 ~秋 秋~ 科~

「秀~」 2670, 29ppm, 4063位

▼ 秀~ (447, 16.7%)

19 浦の 7 口から, 娘を, 方を 6 前に, 娘に, 方が, 浦が, 浦を 5 顔を 4 上に, 上を, 娘は, 家へ 3 ところへ, 口を, 姿を, 家も, 方で, 方に, 様子を

2 [38件] あり, その時, もの狂ひ, 一人娘が, 事に, 事を, 右に, 姿は, 娘が, 娘だつた, 娘でございませう, 娘と, 家で, 家の, 山高き, 弟子たちは, 弟子にな, 弟子の, 後を, 心に, 忠志は, 悪霊に, 揉烏帽子の, 描きましたの, 方から, 方は, 方へ, 浦と, 浦に, 申す事, 立居振舞が, 粉の, 言ふ, 貸船屋, 野郎の, 顏は, 顏を, 顔に

1 [259件] ありのままが, いうよう, いきり立つたの, いわゆる結果, お延, こうした心理, ことばを, するどに, それを, つもりぢや, とこの, のしか, は意味, ふり返る, ゆれ近く, ように, コムミュン騒動また, スバラシイ忠君愛国精神の, 一字は, 一族や, 三女である, 下女に, 世話です, 世話を, 乗った汽艇, 事で, 事な, 二女に, 云う事, 亡霊は, 仮字, 作帰雁の, 使う言葉, 候には, 健康を, 健氣な, 側を, 傑作が, 兄を, 入って, 全身に, 内へ, 前では, 労働は, 動作と, 厄が, 取りだした書類, 口に, 口も, 呪いから, 味方である, 命ずるまま, 和歌に, 哀慟の, 唇の, 嘲笑では, 器量が, 器量望みで, 堆積としか, 墳墓の, 声が, 変化に, 変態性慾の, 外に, 外には, 大揺れ, 夫と, 夫を, 夫人を, 女が, 女で, 如き良師, 如く細川藤孝父子, 如何に, 妻室も, 娘の, 娘御, 子孫が, 子孫としての, 子孫の, 字とを, 学力が, 室の, 家では, 家に, 小舅の, 山と, 山達ヶ関の, 師匠に, 帰ったあと, 帰つて来る, 店から, 当惑の, 後で, 後ろ姿を, 御覚え, 御覺, 心を, 心理が, 心理の, 心理状態の, 心理状態を, 心理的要素を, 心理遺伝の, 心理遺伝を, 志を, 忠勇義烈が, 忠君愛国から, 忠志と, 忠志に, 怒りは, 性質でも, 怨霊の, 悪霊と, 悪霊を, 悲壮な, 悲歌を, 意味は, 意志でも, 意義なども, 愛でも, 態を, 態度を, 慟哭を, 慾求と, 所で, 所へ, 所へは, 手を, 手先が, 手勢, 手料理に, 抑へに, 描いた神仏, 描いた神佛, 揺も, 料簡では, 断り方, 方と, 方の, 方も, 時不動尊の, 末期養子と, 朱に, 様な, 次男が, 歿した, 母から, 母親が, 母親の, 気に入りそう, 気持ちに, 気違ひじみた, 氣違ひじみた, 泣聲が, 注意も, 浦から, 浦しっかり, 浦その, 浦で, 浦でした, 浦です, 浦とが, 浦との, 浦とやら, 浦とやらを, 浦へ, 浦めが, 浦三右衛門と, 涼しい眼, 熱つ, 熱烈な, 燃えたちて, 父は, 片面よ, 片頬, 独活は, 狼狽と, 率いた工人, 現状を, 甥で, 用事と, 白い顏, 直門荘司箕兵衛直, 眼に, 眼は, 着物や, 祖母という, 立ち赤き, 筆力は, 答へを, 給料と, 絵に, 絵の, 繪に, 繪の, 置いて, 美しさ, 義だ, 義に, 考えて, 肩を, 背後に, 胤を, 胸の, 自白が, 船宿は, 船宿まで, 血を, 表情であった, 裏切を, 裏切発見随一の, 裏切露顕の, 補助を, 言ひ, 言葉が, 言葉は, 言訳は, 訊くま, 訪問は, 訪問を, 許へ, 許へは, 詩人を, 詭弁としか, 話という, 話といふ, 話を, 説明は, 説明を, 調子は, 講筵には, 財産である, 貸船宿, 賃仕事で, 質問は, 超自然的, 跡を, 身體は, 身體を, 連れて, 遣口一つ, 鋭どい, 鋭どき, 門構は, 間に, 関係を, 雪に, 露の, 青さ, 革命的遺産を, 頬に, 頭氣が, 顏と, 顔は, 風釆が, 騒ぎで, 髄の, 高弟直

▼ 秀~ (371, 13.9%)

8 急に 6 さう 4 眼を 3 自分の

2 [34件] あの屋敷, かう云つて, この多く, さもさももどかし, すぐその, その後を, それから, まるでそれ, もうこの世, やはりうす暗い, やはり誰, 云った, 今は, 何か, 何やら御返事, 何時に, 例の, 大自慢, 平次の, 彼の, 彼女の, 忌々しさうに, 揺れて, 文吉の, 早速それ, 机の, 津田の, 畏まつて, 畏る, 稍腹立しさう, 稍離れ, 突然御, 肘を, 鑵筒の

1 [282件] あっと, いつの, いつまで, いま, いろいろ訊ね, お勝手の, お延, お延自身, お秀, お靜, お願ひだ, かう言, こうして十日目毎, この切々, この問題, この時, この時急, この未, この足音, この頃毎日室, これだけ, これでも, これを, さうい, さすがに, さっきから, さも驚いた, さり氣, しばらく黙っ, しゃがれ声, じっと其後影, すぐこう云っ, すぐ乗しかかっ, すぐ受け合った, すぐ後, そういい, そうだ, そこに, そのいたずらっぽい, その中, その強い, その時二十歳, その柄, その男, その菰, その間お勝手で, それぎり何にも, それぎり後を, それに対して, それを, そろは, ただ簡単, たまらなくなった, ちょっとよそ, ついにきりりと緊, とうとうあなた, とてもお, とると, どうしても津田, どこからでも, どこまでも, なか, なぜだ, はたしてかかった, ひどく憤り, ふとゆうべ, ふと新しい, ぼんやり佇ん, またいつ, またお, またこう, また兄夫婦, また冷笑, また反対, また津田, また相, また金, まだ紋次郎, まるで木, まわりを, もう一二時間, もう一遍念, もう涙, もとより仏法, やがてき, やがて紙, やっぱり信じられない, やはり純忠, ようやく安心, ようやく顏, よろしい, わざと眼, わざと訊いた, わざわざ枕元, ゐなかつたの, ガックリ首, ガツクリ首を, スッカリ面喰った, バタバタと, フト口を, フラフラとお, モスコーに, 一と, 一年振りに, 一生懸命に, 下から, 不安心さ, 不思議な, 不相変何時, 不相變何時, 二十六の, 二年も, 二度と娑婆ツ氣, 二男の, 云い悪く, 云う, 仕方の, 代地の, 以ての外の, 佐々木の, 何だか身体, 何ともいえない, 何とも云い, 何んにも, 何處へ, 信長に, 僅か数箇月, 兄の, 全然局, 其衣類を, 冷然として, 出て, 別に恨めし, 利く準備, 到頭泣き出した, 午後一人は, 又も, 口籠った, 可愛らしい頤, 同じ意味, 喜三郎を, 喟然として, 嘆息つい, 土間に, 堀の, 堅く辭退, 変な, 大秘密, 大舌打, 天地が, 天子の, 妾に, 始めて, 娘が, 娘の, 婆やに, 婆やの, 学校へ, 宝暦元年生で, 客の, 小田原町に, 小言を, 少くとも, 少しからか, 少しもどかしく, 少し間, 少し頑なに頭, 少し顔, 局に, 局を, 屹と, 帰つて来る, 帶の, 平次に, 年こそ, 幸い交換局, 役儀がら幕府に, 彼に対する, 待ちあぐね, 待って, 後ろから, 心で, 応じなかった, 怒るに, 思い切って, 思はず唇, 恐る, 意味あり, 意外そうに, 打たれた人, 捉へて, 搖れて, 教育から, 文吉が, 文吉と, 文吉を, 時々差しのぞきました, 暗にお, 月かげ白し, 案内しました, 桟橋へ, 極り惡さうに斯う, 此月二十六日に, 母親に, 気味の, 氣味の, 法然から, 泣いてるぢ, 海に, 激情と, 燈台の, 燈臺の, 父親に, 猪之, 玉の輿に, 理窟っぽい女, 申分の, 留さんの, 痒いところ, 皮肉な, 盧州の, 眉を, 真面目であった, 眼に, 秀で石燈籠, 稼業柄戸を, 穴の, 空虚と, 立って, 立上っ, 第一兄, 簡易服の, 粥を, 絵幕に, 綻びたよう, 耳も, 胸を, 自分が, 自分こそ, 自分を, 舌打ちを, 良い娘, 芬子さんを, 苦手です, 英彦なら, 茶釜の, 虹の, 蛙の, 蝋燭の, 蠅ほどにも, 見ただけ, 見兼ねて, 親分の, 解って, 言って, 言ふ, 誰も, 賢こ, 賢しく美しいが, 赧くなる, 赫と, 身体中を, 遠慮なくその, 鋭どい, 長恨悲泣遂に, 長谷川町の, 開けて, 関わず同伴, 関門を, 阿片を, 階下へ, 露つきや, 露を, 靜かな, 頃合の, 頓狂な, 顔にも, 驚ろいた, 驚ろかされた, 默つ, 默つて了ひました, 黛夫人の

▼ 秀~ (137, 5.1%)

7 の後裔 3 の子孫, の後, の鏃 2 が, の兵, の末孫, はなお, はまだ, もまた, 祀るところ

1 [107件] がある, がこの, がどう, がどんな, が下野, が前, が右大臣家, が将門, が平将門, が往, が檄, が竜, が竜宮, が蜈蚣, た, だけ内, である, であると, というの, といふ者, とし, とも人, とよばれ, と主, と四千余人, にご, にはべつ, にはもうとんと, には将門, にもらし, にも会う, に会わず, に太刀, に従うた, に送った, の事跡, の助力, の勇, の古城趾, の名, の子泰衡, の守り仏, の官軍, の役邸, の後胤, の心得童子, の所, の手のうち見え, の本拠地, の田舎奢り, の眼, の秘訣, の竜宮入り, の細い, の老練, の職能, の腹心, の術中, の裔, の譚, の軍, の郷, の顔, の首, はいちいち, はお, はここ, はすぐ, はもう, はやっと, はわざと, は一生涯, は下野掾, は家人, は将来, は将門個人, は尊大, は屈強, は左大臣藤原魚名, は彼, は愛想, は相手, は私, は贈り物, は部下, は都人, は随分, は饗応, は魚名, へ贈った, ほどな, も小次郎, も後, より伝えし, より八世秀栄, を俵藤太, を客位, を様々, を神, を総帥, を訪うた, を説いた, を迎えた, を頼っ, 偽はり, 其の軽, 起つ

▼ 秀~ (132, 4.9%)

7 云った 2 あの一人娘, いきなりどこ, このやう, 人間の, 大方足, 始終娘, 目前で, 自分で

1 [109件] いくら戦っ, いまでは, いろ, お前を, お守りしよう, お延, こう云いかけた, この世へ, この仕事, この叔父, この意味, この絵巻物, これを, そう云う, その一人, その騒ぎ, その騷ぎ, それと, たつた一人, ために, ちょっと顔, とくに吉川, どうしても, どの位画道, どの位畫道, なおも新しい, また余計, また別, また来る, やっとこれ, ろくな身寄, わずかの, 一つの, 一千年前に, 一番おしまいに, 不断乞食の, 乗りかかって, 云い出した, 五趣生死の, 人に, 今までの, 伝奏を, 何か, 何彼に, 何時までも, 來て, 俺を, 僧都様の, 僧都樣の, 兄に, 光秀に, 分家の, 可哀想だ, 吉川へ, 呉松路通インタナショナル理髪館で, 好きで, 始終腹の中, 宅から, 実際家, 客に, 客の, 対坐し, 少し人間, 少し癇, 局を, 山から, 差向ひで話を, 帰つてから, 平次へ, 彫像の, 心配した, 怪しいと, 怯く, 懐に, 日頃仲が, 案に, 橋の, 櫓裏へ, 正直な, 死んで, 気の毒な, 氣の, 汕頭に, 津田に, 火に, 現れました, 画道で, 畫道で, 病を, 痴呆状態に, 稲妻の, 立つて, 簡単服の, 紋次郎に, 細胞の, 背負って, 腕を, 自分の, 自慢で, 船着場に, 茶釜に対して, 見ゆ, 親父に, 踏み脱いだよ, 逢ひた, 関羽を, 電話を, 顔を, 黙って

▼ 秀れた~ (98, 3.7%)

3 魂は 2 偉い御, 偉さ, 技巧を, 教養や, 美しさ, 見識を

1 [83件] ところも, ものが, ものだつた, ものであっ, ものである, ものでなけれ, ものと, ものという, ものとして, ものは, ものを, コントの, 一句の, 上身長に, 事を, 人々の, 人々は, 人だ, 人だった, 人な, 人間で, 仕上げとを, 伝統を, 作品である, 作品といふ, 作家の, 兵隊だ, 処が, 出来栄とは, 創作が, 叙景をも, 句を, 名器が, 名器だった, 品が, 哲学者および, 器は, 執心に, 壁画の, 天分から, 女たち小野小町和泉式部式子内親王それから, 學者でも, 安治, 家来を, 微妙なひびき, 性格の, 技術も, 技術家である, 描寫である, 教師フローベルは, 文学が, 文学作品は, 文學であります, 洋琴家である, 点は, 特長まで, 犠牲者を, 環境の, 男君等の, 画も, 童話作家を, 精神に, 素質は, 素質を, 経済学者で, 美くしい, 美術批評家といふ, 者に, 脚本を, 腕を, 良質と, 芸術であり, 芸術家と, 芸道の, 茶壺の, 詩篇を, 趣きの, 趣味と, 青年を, 頭脳を, 魂が, 魂のみ, 魂を

▼ 秀~ (95, 3.6%)

4 さへ 3 雀ゐ 2 中の, 佇ちて, 冥罰を, 別れて, 受けて, 手を, 明るのみ, 見ゆ, 見る空

1 [70件] お茶などを, したがって, すでに夕べ, そうした素, そんな細かい, ちらりと女らしい, のこるま, ひたひたと, ひどく彈, まだ射し, モーションを, 三人の, 与えた, 与えた瞬間, 与えるの, 世間は, 乏しき花, 事へる, 代つて答, 何か, 何と答えた, 光放てる, 冬至過ぎたる, 出る荒み霊, 出る荒み靈, 出会うという, 反響し, 向けた, 命じて, 咎は, 坐す, 対って, 強いるほど, 従学せしめた, 接すその, 揺れて, 搖れて, 教を, 浮きて, 渡しました, 渡す, 濡れて, 焦げて, 照る大き, 燃えて, 物語った, 現は, 異心, 相見しよう, 相違ない, 示したくなかった, 示そうと, 絞め殺された心理, 聲を, 肩を, 蜻蛉とまら, 見せるよう, 見せれば, 見られちや惡, 解るよう, 訊いて, 詫まったら, 話し, 譲らなかった, 譲りました, 迫って, 逢つて見ました, 逢つて見る, 雪の, 露澄み

▼ 秀~ (73, 2.7%)

4 見た 2 どうかし, 御促し, 御召し, 御召にな, 忘れよ, 憎く思つて, 蜻蛉は, 見つめました

1 [53件] あつめ胸, あふげ, かきのけるやう, そよがせて, つかまへて, とがらして, どういふ, ひきだして, むしろ重んぜられた, 一目見た, 久子は, 何んとか, 充した, 勘辨しないだらう, 問題に, 嫁にと, 引立てて, 張つてゐる, 後添, 御覧に, 御覽, 忘れよと, 怒らせるという, 怨む者, 慕う芬女, 手に, 抜いて, 押へて, 撫め乍ら漸く, 斬って, 斬りこれ, 是非貰いたい, 殺す氣, 犠牲に, 猪之, 生みし時, 突ッ付い, 縛つ, 縛つて行く, 耿として, 見ない先, 見ると, 見出した津田, 訪れて, 誘いました, 識って, 起しなど, 踏んで, 送って, 送り出したお, 通過し, 長女として, 頬ずりし

▼ 秀~ (65, 2.4%)

8 云ふ 4 申しますと 2 いった, 一緒に, 同じ心理, 申しましたら或は, 申せば, 諢名の, 風に

1 [39件] いいいつぞや, いって, お千勢, お萬, そうし, その夫, もう久しく, よりを, ビクトリア, 一所に, 久衛は, 二言三言ほど, 云う四十男, 云う画師, 云う者, 云ふも, 仲好しで, 同い年ぐらい, 同じよう, 婆やの, 張り合つてこの, 張り合つてた, 応対しなけれ, 手代の, 正反対な, 申す医者, 申す画師, 申す畫師, 相談し, 立會は, 自分ら夫婦の, 認め最も, 謀り主家, 逢ふ, 違つて何んと, 金次か, 間違へて, 顔を, 黛芬姉妹の

▼ 秀~ (63, 2.4%)

3 の頭, の顔 2 の二人, の体, の傍, の姿, はその, はそれ

1 [45件] がそれ, が榻, が死ん, が縊れ, が頑として, であった, といっしょ, と自分, と華燭の典, にその, にはどうして, に囁いた, に詩, に起され, に遇う, のいる, のこと, の声, の手, の瞼, の繍房, の臥牀, の蘇生, の許, の許可, の詞, の首飾, の鼻孔, はそう, はそこ, はにっと, はびっくり, は俯, は傍, は慌て, は月, は母, は点頭いた, は耳, は蘇生, は詩, は車, ばかりを乗せ, を下, を高位高官

▼ 秀さん~ (59, 2.2%)

2 いい物, はね君, を怒らせる

1 [53件] あッち, があの, がちよ, がやって来る, が三輪, が縛られ, が馬鹿, が馳, この方, じゃない, それであなた, だワ, ちょうどいい, でしゃべらせる人, という人, といっ, とかいふお, とは翌日人力車, と喧嘩, と夫婦約束, と張り, なん, にしゃべりつけられ, には恩, に小言, に手傳つて, に智慧, に見られる, に迷惑, に頼まれ, のこと, のやう, の事, の学生時代, の家, の所, の望み, の話, の預けた, はお, は好い, は直に, は細君, は重, は風邪, へかける, もおいで, もその, も見た, より, を怨んだ, を殺す, を連れ

▼ 秀~ (49, 1.8%)

2 が跡, に頼った, の時

1 [43件] がこれ, が宝庫, が秀郷, が許, が鎭守府將軍, が頼朝, すでに死し, だってどんな, との関係, には何, には頭, にまで院宣, に下された, に至っ, に送った, のいた, の一族, の全盛時代, の女, の室, の幼児, の感情, の棺, の機嫌, の館, は, はいい, はさき, はついに, は凶賊義経, は実に, は父, へ身, まずこれ, ももはや, や清原武衡, より朝廷, をし, を呼ぶ, を懐柔, を烏帽子親, を訪ね, 若くは

▼ 秀林院様~ (47, 1.8%)

4 御意なされ 3 のお, の御 2 にも御, の御意, へお, へ申し上げ

1 [29件] お二かた, お果てなされ, に, にはおん, には御機嫌, にも一かた, の, のおん住居, のおん言葉, の仰せ, の仰せられ, はさ, はよろ, は三斎様与一郎様, は又, は右, は孔子, は少, は少し, は御, は御返事, は梅, は霜, へ献上, も, をお, をおん渡し候, 又御意, 御自身

▼ 秀~ (42, 1.6%)

14 ている 3 てい, ていた, てゐる 2 てゐた, て高い

1 [15件] ているだろう, ていれ, ておじゃる, ておる, てさえおれ, てゐ, てゐたらし, てゐない, てゐれ, て偉, て居, て居る, て感じられる, て行, て颯爽

▼ 秀~ (42, 1.6%)

3 の方 2 から今朝噴水, はハッ

1 [35件] から今朝, がさっき, がトロッコ, が佇ん, が入っ, が加十, が呼び込まれた, が帰っ, が日比谷公園, が歩み板, だったの, というもの, と落ち合う, に頼ん, の一言, の傍, の告発, の尻馬, はいつ, はいよいよ, はたちまち, はネオン, は仰天, は急, は手, は椅子, は正しく, は泣き出し, は直立不動, は眼, は胸, は重々しく, も迂, よりは年効, をここ

▼ 秀ちやん~ (38, 1.4%)

4 の顔 2 のお, のやう, の傍

1 [28件] がくる, が何, が新吉, だ, だつたの, だつて, だよ, とお, とみんな, なんか母, の弟, の手, の親, の頭, の顔中, は, はだまらう, はワツ, は余り, は又, は容易, は悲しく, は泣いてる, は盛ん, は閥, をこんなに, を伴, を自分達

▼ 秀~ (36, 1.3%)

2 はいいました, はその

1 [32件] でありまして, という者, と女中, と瑞華, に寄, の凍えた, の名前, の小さな, の方, の話, の頬, の顔, はきっぱり, はじっと, はずっと, はそう, はそこ, はそっと, はそれきり口, はただ, はふい, はまた, はやさしい, は右手, は席, は急, は押, は若者, は蓮, は話しました, へ茶, も下り初めました

▼ 秀~ (33, 1.2%)

2 何やら慌てた, 群れて

1 [29件] あまりの, うなずいた, おなじ天地, すつかり, それに, なか, ひかえて, やっぱり同感, 一所に, 下手人でなく, 京に, 光悦も, 再び同じ, 助けたかつたん, 同程度, 君と, 小林の, 後へ, 才次郎も, 支那も, 気付かずに, 津田と, 流石に, 父の, 眼の, 笑うて, 袂を, 高等小学校を, 鯨に

▼ 秀~ (24, 0.9%)

2 に属し

1 [22件] からの密使, が云い出した, が窓べり, が蜂須賀邑, だけに後, というもの, という肚ぐろいのが舅殿, とがそんな, とし, との盟, とは表面, なり, の側衆たち, の家中, の密使, の居城鷺山, の耳, は前, は喉, は多年, は幼少, は駕籠

▼ 秀には~ (21, 0.8%)

2 それも, 何故か人間, 見た所

1 [15件] お延, この時, するらしいの, そう見える, ただ彼, どこか, まるで意外, 何か, 先が, 全く突然であった, 切腹を, 姑が, 常に彼ら, 溜飲の, 自分の

▼ 秀~ (20, 0.7%)

1 [20件] が挿し, が杯, ですよ, という名, と会っ, にこの, に金, のずば抜けた, の冷たい, の後, の心, の眸, の金, の顔, はそう, はふい, は急, は暗い, は来, は金

▼ 秀ちゃん~ (19, 0.7%)

3 がいいました

1 [16件] からきいた, がお, がすこし, が答えた, が達ちゃん, てどんな, ですから, という少年, にお, のやう, の口もと, の顔, は, はいつ, ははじめて, は急

▼ 秀という~ (19, 0.7%)

2 女を, 娘が

1 [15件] のは, ものが, ものの, 人を, 十七八歳の, 女が, 女で, 客の, 有名な, 本名を, 相手を, 者だった, 者の, 若い妓, 降将

▼ 秀吉方~ (19, 0.7%)

1 [19件] でもそれ, においてもそれら, にくらべ, につくなら, に密使, の中川清兵衛, の人数, の水軍, の要塞帯中核, の軍勢, は山崎以来, へつかわし, へ申, へ走る, もかなり, もやっ, をさし, をし, 諸将

▼ 秀~ (17, 0.6%)

1 [17件] が, が入れ, が枯野見, が着せ, にこう, はもう, は二人, は坊舎, は変, は彼, は振り, は衣裳箪笥, は門, もご, も案じる, やまた, を相手

▼ 秀~ (17, 0.6%)

1 [17件] がちゃんと, が乗客, が知らない, が知らぬ, とは姻戚関係, にひらき直っ, に会った, に対しては非常, の悪辣, の惨殺, の顔, は案の定, も駭ろ, を撲殺, を撲殺後, を殺した, を脅迫

▼ 秀岡氏~ (15, 0.6%)

1 [15件] がそんな, が不慮, が死ん, とは如何なる, と君, と面談, に殺意, の所持, の方, の死, は他, は取調べ, は鞄以外, を殺す, を殺害

▼ 秀~ (15, 0.6%)

2 の姿

1 [13件] だ, との交渉, との関係, に, のけはい, の家, の村, の肉体, の肩, はどうせ, は思い返した, は疳高, は軟体動物

▼ 秀英塾~ (14, 0.5%)

2 へ帰った

1 [12件] から出, から追放, だなどと, だね, では給費, では落第, に寝起し, の塾生, の生徒, へ帰っ, を出, を出た

▼ 秀から~ (13, 0.5%)

1 [13件] いうと, して, まだ何, 偏見を, 冷笑か, 吉川夫人吉川夫人から, 嫌われて, 補助を, 見たお, 見ると, 電話の, 馬鹿に, 驚ろかされなけれ

▼ 秀~ (13, 0.5%)

1 [13件] がうち, がどんな, がよく, が小さい, が琴, だまって, だらう, といっしょ, のやさしい, のやつ, の生まれた, はどう, はやはり

▼ 秀画家~ (10, 0.4%)

2 であるが, の 1 がい, がゐ, としての地位, と人気, と詩人, のセザンヌ

▼ 秀~ (9, 0.3%)

2 であつ, の娘 1 に対する不信, のひきいる, の喚く, へ仕えた, へ送った

▼ 秀~ (9, 0.3%)

1 です, とか土佐守卜伝, と輝綱, の名, の父子, はこの, は健気, は永正七年, をさがした

▼ 秀~ (8, 0.3%)

1 が, がお腹, がねお, が泥棒, に云つて, の褒美, の話, 泣くんじや

▼ 秀~ (8, 0.3%)

1 といふ名刺, と軽井沢, に会つて, の伴奏, はそれ以来, はた, らしくもう, を伴奏者

▼ 秀~ (8, 0.3%)

1 がだんだん, がなん, がまた, がドイツ, でした, という名刺, は, は当時羽織ゴロ

▼ 秀詩人~ (8, 0.3%)

1 が今日, であると, で鳴らした, として開花, と恋, の手相, の詩篇, は字

▼ 秀鶴頭巾~ (8, 0.3%)

1 お小姓頭巾, であったの, に夜寒, のかぶり, の結び目, はいつか忍川, はそれで, を

▼ 秀いで~ (7, 0.3%)

1 ている, 一世を, 他人に, 健脚に, 名ある, 眼涼しき, 節倹は

▼ 秀~ (7, 0.3%)

2 月の 1 おゆう, 光悦が, 左衛門, 真澄み, 穂を以て

▼ 秀れたる~ (7, 0.3%)

1 もの, ものを, 人間である, 哲学者とは, 研究家である, 表現力を, 青年なり

▼ 秀~ (7, 0.3%)

61 に阿部

▼ 秀~ (7, 0.3%)

2 を眺める 1 を以て千古万古天, を仰ぐ, を口, を得, を送り

▼ 秀~ (6, 0.2%)

5 藺が 1

▼ 秀ちや~ (6, 0.2%)

1 んはけふゐない, ん下駄, ん好き, ん泣い, ん泣くんじ, ん観る

▼ 秀との~ (6, 0.2%)

2 仲も 1 仲を, 対話を, 悶着が, 間柄も

▼ 秀とは~ (6, 0.2%)

1 兄妹で, 兄弟子の, 別にサブリ小屋, 同姓同, 能く, 違つた世界に

▼ 秀~ (6, 0.2%)

1 が秘蔵, が臨終, という高名, の妻女, を殺し, 並びに二疋

▼ 秀~ (6, 0.2%)

1 が起つ, とがなにか, の少年時代, は平栗, も腰, を科学的

▼ 秀~ (6, 0.2%)

2 の趣味感 1 であって, であるという, なるは, の気身

▼ 秀~ (5, 0.2%)

2 やありません, やない 1 や無い

▼ 秀に対する~ (5, 0.2%)

1 お延, 反抗心から, 弱者の, 態度であった, 津田の

▼ 秀~ (5, 0.2%)

1 がこ, は将門, は論じ, は鷹洲, も受取らない

▼ 秀~ (5, 0.2%)

1 がもと, がやど, たるもの, に寄す, より封書

▼ 秀~ (5, 0.2%)

1 などの武士階級, なども出家, に仰せ, は歌熱心, を加え

▼ 秀衡様~ (5, 0.2%)

1 に対しても, のご, へも館, へ縋る, を烏帽子親

▼ 秀郷貞盛~ (5, 0.2%)

1 などは今日, の連合軍, は大童, は必死, は息

▼ 秀いでた~ (4, 0.1%)

1 処が, 容貌, 此若者が, 額

▼ 秀~ (4, 0.1%)

1 国の, 国冬がれし, 守りで, 峰の

▼ 秀にも~ (4, 0.1%)

1 三畳へ, 可愛がられた, 縁にも, 話し直して

▼ 秀れし~ (4, 0.1%)

1 ものは, 子ユウリピロスの, 子智謀に, 詩才を

▼ 秀五郎~ (4, 0.1%)

1 が前, の口, は盃, もお

▼ 秀夫人~ (4, 0.1%)

1 と罪, の利己主義, の手, ばかりで

▼ 秀~ (4, 0.1%)

1 から氏房, に軍議統一, の妹たち, はまだ

▼ 秀~ (4, 0.1%)

2 しづもる夜目 1 の珠しこ, は鳥棲枯

▼ 秀英舎~ (4, 0.1%)

1 であったかの, の漢字校正係, へつめ切り, を退い

▼ 秀郷等~ (4, 0.1%)

1 に討たれ, は偽, は却つて危ふく, を見る

▼ 秀龍様~ (4, 0.1%)

1 からは多年, との深い, と養子, の幕下

▼ 秀お前~ (3, 0.1%)

1 には解らない, の云う, はお前

▼ 秀ごと~ (3, 0.1%)

2 の紅き 1 につむ

▼ 秀でも~ (3, 0.1%)

2 どうしてか 1 秀でずも

▼ 秀~ (3, 0.1%)

1 この想, である, は成りぬ

▼ 秀~ (3, 0.1%)

1 の姓, の首, を討った

▼ 秀~ (3, 0.1%)

2 の黛色 1 な傑作

▼ 秀~ (3, 0.1%)

1 なあの, な面, の顔ばせ

▼ 秀~ (3, 0.1%)

1 とし, としていい, も江戸

▼ 秀~ (3, 0.1%)

1 なり, な趣味, にし

▼ 秀~ (3, 0.1%)

1 とその, は赤面, やその

▼ 秀綱卿~ (3, 0.1%)

1 がいくさ, が波多, の怨念この世

▼ 秀衡殿~ (3, 0.1%)

1 にはまだ, にもそれ, に計りました

▼ 秀~ (3, 0.1%)

1 の一子, の遺子三之助, は全

▼ 秀頼母子~ (3, 0.1%)

1 の助命, を威嚇, を殺した

▼ 秀うかび~ (2, 0.1%)

2 いや重く

▼ 秀~ (2, 0.1%)

1 延は, 紋を

▼ 秀~ (2, 0.1%)

1 まだお前, 拝郷五郎左衛門あたりかと

▼ 秀からも~ (2, 0.1%)

1 好かれて, 習って

▼ 秀さき~ (2, 0.1%)

1 の白玉, ばかりがこまか

▼ 秀~ (2, 0.1%)

1 眉に, 額角度立った

▼ 秀づるレスボス~ (2, 0.1%)

2

▼ 秀~ (2, 0.1%)

1 尤も説教, 溪幽に

▼ 秀といふ~ (2, 0.1%)

1 執権がを, 秀

▼ 秀とが~ (2, 0.1%)

1 どんな順序, 墓場に

▼ 秀~ (2, 0.1%)

1 疑ひが, 電話を

▼ 秀よく~ (2, 0.1%)

1 解ったよ, 解つた

▼ 秀よし~ (2, 0.1%)

1 公は, 公へ

▼ 秀より~ (2, 0.1%)

1 余計に, 照り透き

▼ 秀以下~ (2, 0.1%)

1 の代々, の留守居衆

▼ 秀~ (2, 0.1%)

2 なる智勇弁力

▼ 秀入門~ (2, 0.1%)

1 となる, の決心

▼ 秀包毛利元康筑紫~ (2, 0.1%)

2 広門等五千

▼ 秀~ (2, 0.1%)

1 の歌, の行き届いた

▼ 秀~ (2, 0.1%)

2 りを

▼ 秀~ (2, 0.1%)

1 がかつて, が討たれる

▼ 秀~ (2, 0.1%)

1 に, を矧いだ

▼ 秀~ (2, 0.1%)

1 で小道具, の技倆

▼ 秀新六郎~ (2, 0.1%)

1 は時, も油断

▼ 秀梅さん~ (2, 0.1%)

1 に対する感恩, の前

▼ 秀~ (2, 0.1%)

1 に表具, の

▼ 秀~ (2, 0.1%)

1 が推也納, との関係

▼ 秀~ (2, 0.1%)

2 として高く

▼ 秀父娘~ (2, 0.1%)

1 の家, の小さい

▼ 秀甫秀栄~ (2, 0.1%)

1 とはたして, の峯

▼ 秀畫家~ (2, 0.1%)

1 が十枚, らしいこと

▼ 秀~ (2, 0.1%)

1 の参加, の赤色テロリズム

▼ 秀継たち~ (2, 0.1%)

1 に, は城中

▼ 秀~ (2, 0.1%)

1 し蟠松矯樹, なるを

▼ 秀自身~ (2, 0.1%)

1 になり切っ, の男ぶり

▼ 秀色掬~ (2, 0.1%)

2 すべし

▼ 秀~ (2, 0.1%)

1 せる森林, の乳母比夜叉御前

▼ 秀~ (2, 0.1%)

1 が云っ, の指先

▼ 秀菊さん~ (2, 0.1%)

1 そんなええ, ね夜桜

▼ 秀衡泰衡~ (2, 0.1%)

1 と四代, の旧

▼ 秀~ (2, 0.1%)

1 と名乗らせ, の名

▼ 秀郷一族~ (2, 0.1%)

1 がこの, もそれ

▼ 秀郷朝臣以来九代嫡家相承~ (2, 0.1%)

1 と称する, の兵法焼失

▼ 秀郷竜宮入り~ (2, 0.1%)

1 の話中, はこの

▼ 秀郷自身~ (2, 0.1%)

1 にも充分, も前

▼ 秀~ (2, 0.1%)

1 たぐいなき, なる小童

▼ 秀~ (2, 0.1%)

1 の末弟, は伊庭軍兵衛秀業

▼1* [257件]

いかなる仁かは, 秀いでたるかれパンダロスリカオーンの, 秀いまこの劇, 秀はまた, 秀さんあなた道を知ッ, 秀さんようございますか, 秀さん一人でやつ, 秀さん何をし, 秀さん私ももウ今夜ぎり, 秀さん藤野の準さん, 秀じゃないか, 秀足には, 秀ずる蝦夷松椴松の百尺, 秀それを迎, 秀たちが殆ど, 秀たるの説明, 秀のっていう, 秀ださうだネ, 秀だったらしいね, 秀ちゃん正直におっしゃい, 秀つづき消え消えと, 秀づと雖も今, 秀づるかの生くる星, 秀づること必ずや汝, 秀づるプリアモス民衆ともに亡び, 秀づる人は譬へば, 秀づる君はたそ, 秀づる家系と二, 秀づる麥隴いづれも, 秀いるが, 秀であって密使, 秀であったが野菜, 秀でありかれの背後, 秀であるという事, 秀でしごとく天上にても, 秀ですよ, 秀ではないかと, 秀とともに江州の, 秀ともいう, 秀と共に初めて大阪文楽座, 秀どんがでかけ, 秀姿は, 秀などがいた, 秀などはまるで下女, 秀なにをつまらねえ, 秀なんかに知らせるの, 秀なんぞが何を, 秀にとって何の, 秀にわづかに, 秀に対してそういう素, 秀に関してはただ要領, 秀に関する記述の, 秀のみぎり欠け, 秀ははろかに, 秀ふたりとも柴田譜代, 秀まで手傳つて貰つた, 秀もう解ったよ, 秀ゆるく四方に, 秀ゆゑいよよ親し, 秀よりもよく承知, 秀峰も, 秀れこころ優しき卿, 秀れず襟先き, 秀の隱らく, 秀をも湯へ, 秀を通して今後自分達の, 秀イデ光輝ヲ競ウ, 秀イヤ春子嬢の潔白, 秀どン, 秀にあやまつた, 秀と云, 秀三人の暮, 秀不破光治小島若狭守毛受勝介佐久間玄蕃允など万夫不当, 秀並みの間, 秀並先生があつ, 秀は落城, 秀之道木節と病床, 秀二人が雪, 秀五郎忠義の看板, 秀からその, 秀て親しむべく, 秀伯三番町の吉田貞順, 秀佐久間信盛などを武将, 秀も梯立, 秀先生自分の全部, 秀八さんともあろう, 秀を見せつけられ, 秀その辺, 秀包らの戦功, 秀十四の正平, 秀千代太郎音丸栄竜たちだ, 秀半分は呉一郎, 秀博士の論文, 秀末端に, 秀厳嶽一陽庵等の, 秀吉方一万ぐらゐは失つてをる, 秀は, 秀が急, 秀もそれ等, 秀問古今集に空, 秀國うつそみも, 秀大根河根の初音, 秀太からひそかな, 秀太つていふの, 秀だね, 秀は元秀, 秀で来た, 秀家始め三奉行黒田長政等も各々, 秀の手, 秀対藤井とちょうど, 秀小説が出, 秀尼様にもお世話, 秀尼権之助, 秀岡氏殺害犯は綿井氏, 秀岡氏殺害犯人は, 秀のいただき, 秀島某海軍大佐に至った, 秀嶺相並んで, 秀の第, 秀左近将監高広などもあり, 秀府二疋の犬, 秀府刀を抜き飛び掛かり, 秀の養子, 秀弱い稼業の, 秀氏が, 秀戯れに明王, 秀の占, 秀拔眺望もよく, 秀改め小金井芦洲桃川如燕があり, 秀の諸氏, 秀が掲載, 秀林院殿華屋宗玉大姉はその, 秀栄坊の鼻, 秀梅一家に味方, 秀梅自身も若い, 秀森竹森中津森水ヶ森があり, 秀の長子, 秀正平のふたり, 秀正平留守の兄弟たち, 秀武らとともに一万余騎, 秀母子にいつか野辺, 秀氏郷の父子, 秀に始まり, 秀や才氣, 秀と共に神楽坂演芸場, 秀津山口等等とよく, 秀涙乍らに斯, 秀溷其半は密樹闇, 秀自美濃國, 秀父子は藤吉郎, 秀とたった, 秀独り不可なりと反対, 秀用鈴木三郎太夫重長麾下に属せざる, 秀畝氏少し軽, 秀病院で飯, 秀に其神魂, 秀眉一目人を幻, 秀眉丹唇をむすん, 秀眞さんの境, 秀眞子ひとり居の煩しき, 秀眞氏の消息, 秀の島信次氏, 秀という先生, 秀穀さんで画学校, 秀穀先生がそう, 秀穗君が信海, 秀し或は, 秀策七十二歳白髪無髯, 秀策八坂登志子つづいて, 秀策左手へ去らう, 秀策平栗右手へ退場, 秀策桃子平栗高民相馬佐及び洋装, 秀策流に黒番絶対, 秀継以下が出迎える, 秀綱土岐頼遠細川頼春, 秀綱殿では, 秀美人と豪傑画家, 秀自身剣を扼し, 秀舎島誠君に多大, 秀色人を襲, 秀色洗ふが, 秀英さんとおっしゃっ, 秀英舍の工場, 秀英舎市が谷工場, 秀蘭斎貞秀でこりゃ, 秀にぞ國, 秀衡その後を承け, 秀衡三代間約百年, 秀衡以前に京都式文物, 秀衡入道は上人, 秀衡将軍の家, 秀衡将軍嫡流の正統, 秀衡建立の七堂伽藍, 秀衡征討の名分, 秀衡死して, 秀衡父の譲り, 秀衡等が夷狄, 秀衡老雄の奉納, 秀衡討伐の良い, 秀衡調伏の祈願, 秀衡鎮守府将軍たらんと, 秀親元のそち, 秀詩人ルイズ・ラベの遺せる, 秀詩人高橋玉蕉女史の招待, 秀誉覚真政達居士, 秀貴方はライオン, 秀越中富山の佐々成政, 秀郷どのに急, 秀郷一の矢, 秀郷一代のみ, 秀郷一義もいはず, 秀郷二つの矢, 秀郷以来あるいは鎮守府将軍, 秀郷入道は上人, 秀郷勢も右往左往, 秀郷君なり, 秀郷唾を鏃, 秀郷天下第一, 秀郷将軍に托, 秀郷将軍九代の孫, 秀郷将軍嫡流の正統, 秀郷当身の物, 秀郷時代より甚だ, 秀郷朝敵誅伐の計, 秀郷水府に至り, 秀郷社も盛ん, 秀郷社竜王社と並び, 秀郷竜宮より得た, 秀郷竜宮入譚の幾分, 秀郷竜宮将来の十宝, 秀郷竜王を助けた, 秀郷自分この鐘, 秀郷蜈蚣射たる矢の根一本献, 秀郷蜈蚣退治の先駆, 秀郷貞盛為憲は兵, 秀郷都に帰つて, 秀郷陽に之, 秀酒企之温湯にはマタギ, 秀金森五郎八長近原彦次郎房親拝郷五郎左衛門家嘉長九郎左衛門連龍安井左近太夫家清など, 秀の陣鐘, 秀である, 秀陳お前は自動車, 秀陳今度はいろいろ, 秀陳氏が入京, 秀さずに, 秀雍容都雅顧盻偉然, 秀の編纂, 秀霊今夕不知何処宿鉄車直下入旗亭, 秀を湛えた, 秀頴率遊撃隊在松前, 秀頴等は江刺, 秀高岳まことにこの, 秀鶴仲蔵を継ぐ, 秀鶴册子と劇神仙話, 秀麗しい女であっ, 秀龍様方の御, 秀龍義龍時代からの旧