青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「率直~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

猿~ 獅子~ ~獣 獣~ 獨~ 獲物~ 玄~ ~玄関 玄関~ 率~
率直~
~玉 玉~ 玉子~ ~王 王~ 王子~ 王様~ 玩具~ ~珍 珍~

「率直~」 1184, 12ppm, 9265位

▼ 率直~ (672, 56.8%)

14 云って 10 いって 9 いえば, 云えば 8 答えた, 自分の 7 言った 5 云へば, 言って, 言へば 4 いうと, ものを, 云った, 書いて, 申しますと, 申せば, 言えば, 語って

3 [11件] いった, いふと, いへば, して, 云いましょう, 大胆に, 打ち明けて, 申上げます, 言うと, 述べた, 述べて

2 [35件] あらわして, いきみ立つ胸, お前に, しかも貴, たずねた, 云つ, 云ひます, 云ふ, 会話を, 勇敢に, 告白し, 告白する, 尋ねた, 彼の, 意中を, 承認し, 書いた, 検討するなら, 現実を, 申すと, 示して, 私の, 答えて, 答へる, 考えて, 自作の, 言いますが, 言おう, 認めたの, 認めて, 認めなければ, 語られて, 語ろうと, 述べようと, 頷いたが

1 [457件] あなたに, あらわされる素子, あらわした, あらわしたので, あらわした手紙, あらわれるの, ありのままは, ある言語学, いう, いうが, いうこと, いうより, いえ, いえないの, いったが, いったところが, いったり, いっては, いつた, いひますが, いふ, いふが, いま仕事中だ, いわせると, いわないで, うかがいます, うかがうが, うけとること, うたい出すもの, うち明け, うち明けながら, うなずいた, うべな, おれも, お訊ねします, お訊ねする, お詫びする, かう云, かかれた数行, かかれた随筆, かかれて, かれは, きいて, きかして, きかせて, きみは, くりかえし主張, こういっ, こう勧めた, こう書い, こう答えた, この感じ, この甘い, この領域, これこれの, こんな風, さらけ出して, しかも所謂淡々, すぎたといふ, すぎどこ, すなお, そうお, そこに, そしてもっと, その働き, その唯物的, その問題, その境遇, その巻末, その感じ, その感情, その疑問, その言葉, その誠意, その転落, それらの, それら二千百六十八万人の, たずね出しました, つぎの, つげた, とりつかせる動機, ならざるを, ならなければ, なりたいと, なり且つ, なろうと, なんでも, はっきりした, はっきりと, ふれそこ, ぶちまけて, まず自分, まだよくわからない, もう若く, もらした不満, やつて, やられるよう, やりかねない所, やりさえ, やり遂げる闘士, わたくしの, わたしたちの, わたしへ, わたしも, わびて, オマルという, グラフィーラが, ドストイェフスキーの, ファシズムと, ボルシェビキらしく, ワルワーラを, 一切を, 上申し, 不快の, 且つ巧み, 世に, 世間知らずに, 両国民, 並んで, 事実だけを, 事情を, 云いましょうね, 云いますが, 云い出した, 云い現, 云うが, 云うこと, 云うと, 云うならば, 云ったらどんな, 云っても, 云つてすべての, 云つてもらつた, 云つて僕は, 云つて劇団の, 云つて私は, 云は, 云ひ出し, 云へた人は, 云わせると, 人を, 人生と, 人生の, 他人に, 付加えた, 代弁し, 任せすぎる處, 伝へる勇気, 伸子を, 何でも, 何事かを, 作家自身自身の, 作者と, 信長は, 偽りなし, 傾け示した自身, 僕に, 僕は, 入れ美麻奈姫, 公平に, 共産の, 具体的な, 出演し, 切り出した, 切り出して, 利用し, 割るならば, 友達同士話しあっ, 反問される, 取って, 受け入れ万事彼, 受け容れその, 受入れたが, 受取った, 受取る者, 受取れない, 口に, 口を, 可愛らしく語る, 同感した, 同時に最も欣然, 含蓄され, 告白した, 告白せね, 唯物論に, 唸ること, 問いつめた, 啓吉は, 單純に, 大坂表へ, 大賀弥四郎の, 天分を, 奉仕される, 存分を, 実例を, 実行した, 尋ねたの, 少しく隠す, 左内に, 座を, 引き下るべきであって, 強く認められ, 彼は, 彼も, 彼を, 彼女に, 御反問, 心を, 心情を, 心意を, 心配を, 忠顕へ, 怒るという, 思いがち, 思つたと, 思想を, 悲しんで, 意見を, 愕き, 愛する人々, 感じたこと, 感じたの, 感じるに, 感動した, 感嘆し, 感情を, 感想を, 感歎し, 慈愛を以て, 我国の, 打ちあけて, 打ちあけますが, 打ち明けたところ, 打明けられるほど, 打開け, 批判され, 批判した, 批判を, 承認され, 承認すべきだろう, 承認すべきで, 投げだして, 投げ与へられたぼく, 披瀝し, 指し示すこと, 振舞ふと, 振舞わなかったか, 描いたの, 描写する, 断ったが, 断ったという, 旅行の, 早くハンカチーフ, 明白に, 時局下の, 書かれた一人, 書かれて, 書かれなかったであろう, 書き方の, 書き留めて, 朗らかに, 朝廷の, 村の, 東洋的享楽主義を, 案じて, 検討し, 権利という, 機械的技術に, 次の, 歌って, 歓んだ, 此の, 此の間と, 殺気立つもの, 殿へ, 母などに, 母親と, 民主主義文学批評の, 求めるところ, 求めるもの, 泣き怒りたい時, 深い信頼, 漠然とした, 烈しい稽古, 無技巧, 熱心に, 父母に, 物を, 物語って, 独語した, 現すよりも, 現わし, 現われる, 現実的に, 球江に, 理解し, 理解する, 理解せられ得る, 生かせたもの, 用いること, 申しあげたいと, 申して, 申しますならば, 申しますれば, 申し上げましょう, 申し上げますと, 申し上げると, 申し入れた, 申し込んだ, 申す, 男女の, 疑問が, 発言させる, 白状し, 白状する, 白状すれ, 皆様に, 皇室に対して, 省みなければ, 真実を, 示されてる, 示されません, 私が, 突き進めば, 突っ込んだ, 立って, 竹田さんから, 笑いそして, 笑った, 笑って, 答えたの, 素志を, 統一し, 繁盛に, 繰りかえして, 聞けなかった切な, 肯定し, 自分で, 自分は, 自己の, 自己革新の, 自然に, 自説を, 自身に, 興味を, 落胆の, 表しも, 表わし親切, 表明し, 表現され, 表現し, 表現し得ず, 表現する, 表現すれ, 表現できぬ, 表白し, 表面だけの, 覚官的に, 解した, 解剖する, 言いましょう, 言います, 言いますと, 言うこと, 言うの, 言えないからと, 言えるはず, 言える場合, 言ったが, 言ったに, 言つ, 言つた, 言は, 言ひます, 言ひ得た, 言放す, 訊いた, 訊いたら彼, 訪問の, 訴えて, 訴えれば, 評した人, 評価され, 詠んだ歌, 詩の, 詫び, 詫びた, 話さなければ, 話して, 話しました, 話すの, 話せたら面白い, 話せなかった, 話せるよう, 詳しく話し, 詳細に, 誌され, 認むべきである, 認めそれ, 認めつつ, 認めること, 認めるほどの, 認め失敗, 語つ, 語つた時に, 語つてわかる, 語つてゐる, 語らうと, 語られたの, 語られる時, 語りは, 語り合いその, 語り合ひたい, 語り示されて, 語ること, 語るもの, 語る文豪, 語る此人, 語気を, 説いたもの, 説いて, 説明した, 読めば, 読者の, 謙虚に, 賛同し, 質ねる, 転換期として, 返事を, 迫ったこと, 述べたため, 述べたの, 述べたもの, 述べたら人, 述べました, 述べると, 述べるなら今, 述べるの, 述べ立てて, 過ぎるかも, 過ぎるから, 重吉は, 重荷悪, 野蛮人だった, 闘いを, 闡明され得るなら, 限ります, 陳べること, 露呈も, 露骨に, 非難した, 頭を, 頷いたけれども, 飛び跳ねて, 駆使し, 駒井に, 黒死館の

▼ 率直~ (243, 20.5%)

5 感想を, 言葉で 4 意見を, 言葉を, 調子で 3 表現を, 言葉に 2 ことを, ところが, 口調で, 声音, 心を, 態度で, 言ひ, 質問を

1 [199件] あからさまな, いいひとたち, ききかただった, ことばに, ことばの, しかもたえず, ところだけは, ところを, ところ私には, ばかりでなく, ひとよ, ふうを, ものが, ものであり, ものを, もの云い, もんです, やさしい同情, ようだ, アッサリした, カアルソンの, シャアは, 一切の, 一種の, 不満を, 両眼, 二人は, 享楽とを, 人で, 人であった, 人は, 人ほど, 伊織の, 作品へと, 作法を, 信念を, 信頼さで, 信頼さを, 信頼の, 健康な, 内容と, 切實な, 利己心から, 勉強の, 博士は, 印象の, 印象も, 厚かましい同情, 厚かましい眼付, 原理を, 叫び声に, 可笑しみ, 吉之助で, 同情心それの, 告白で, 告白にも, 告白を, 告訴人と, 問いに, 善良さと, 回答が, 圭介だったら, 声は, 大人の, 大胆な, 好奇心で, 好意で, 娘らしい, 存分とはと, 定型が, 家庭的関係を, 寛大な, 山國の, 岡の, 希求だった, 形を, 律動の, 御意見, 心で, 心の, 心は, 心底を, 快活さも, 性質から, 性質を, 情を, 情熱思い設けない, 意見, 意見は, 愛だ, 愛情に, 感情の, 感情表現であった, 感想は, 態度, 態度とが, 態度は, 態度を, 慾望だけに, 憧憬将校が, 批判や, 技とで, 挙動を, 方であった, 方法が, 明快さが, 最後の, 本能慾が, 果敢性を, 検討であっ, 欲望を, 歓呼に, 歓喜に, 正しい批評, 武帝は, 気むずかしさ, 活気と, 漁夫が, 演説を, 点で, 熱心さで, 熱情に, 物語の, 現実指摘を, 生活意欲を, 男の, 疑問を, 白い上衣, 眞摯な, 真実探求の, 真摯な, 眼が, 眼差しで, 祈りの, 秀吉は, 筆で, 答えなどを, 答えを, 答へに, 策略は, 米友の, 純な, 純真さを, 緊張は, 美と, 美点から, 者も, 自信の, 自己批判の, 自己検討を, 自白に, 芸術家なら, 行動には, 行動は, 表情に, 表現が, 表現だ, 表現であり, 表現とで, 表現によって, 表現ね, 表現は, 表現法は, 親しさ, 親みの, 親心を, 言い方が, 言を, 言葉であろう, 言葉です, 言葉によ, 言葉によって, 言葉の, 記念とも, 記録, 試驗臺は, 話しかたで, 話勅任官などといふ, 話君ひとりが, 誇張的な, 認識を, 語は, 誤謬の, 譲歩の, 豪傑風の, 質問が, 質疑でも, 趣旨な, 近似値を, 返答だった, 追究に, 達子に対しては, 部類に, 野生を, 関係は, 陳述を, 響きが, 頼み方に, 驚きを

▼ 率直~ (79, 6.7%)

2 あるいは彼ら, がみんな, にいつか

1 [73件] いつわりなき, からその, がありすぎる, がまるで, が感じられた, が胸, が荒っぽい, で, であった, である日彼, でおのずから, でつまり, でぶちまけれ, でソヴェト同盟, で云った, で今日, で何度, で娘たち, で封建的, で尋ねかけた, で彼, で敢, で書く, で炭礦主, で無我夢中, で現象, で異常, で私, で自分, で落合太平, で見ぬい, で言っ, で言った, で語られ, というもの, とがあり, とで他人, とを失つて, と天真爛漫さ, と正直さ, と精神, と行動, と見事, と誠実さ, と誠意, においてさらに, につい, に眼, のない, のみにかかっ, の同じ, の欠乏, の犠牲, の苛辣, はおのずと, はそんな, は彼, へ, もある, や朗らかさ, や礼儀, をほ, をもつ, をエライ, を充分, を含ん, を失わない, を持っ, を欠いてる, を示し得る, を被うた, を見る, 及び自身

▼ 率直~ (61, 5.2%)

2 はない, 一本気で, 上辺を

1 [55件] あけすけだ, あつて, あまりに策略, あらうと, いいが, いいところ, おかしな頓智, かえって嘘, この堂内, この愛情, しかも訴える, すくなくとも枕言葉歌, すこし荒っぽい, なまめかしい微笑, はあり得ない, はある, は無い, ほとんど清廉, また狡猾, もない, シッカリと, 一本気な, 信実であれ, 効果的である, 単純で, 同情に, 実際的, 情熱的な, 感じの, 明かに, 明るい, 機智に, 正直である, 正直な, 正義そのものである, 正義と, 殆ど激情的で, 無邪氣, 物解り, 男らしいなら, 真面目である, 短刀直入な, 簡単でした, 自己を, 自由な, 荘重な, 親切な, 責任を, 辛辣な, 透明で, 開放的で, 非生物的, 面白いです, 面白いので, 顔は

▼ 率直なる~ (10, 0.8%)

3 事實である 1 は善良, 具体的表現は, 啓示である, 報告には, 感情を, 疑惑を, 非存在

▼ 率直~ (9, 0.8%)

1 あたしの, から, からだ, からね, からまだ, し明快, というの, ともいえる, と思う

▼ 率直~ (9, 0.8%)

1 ことも, ようにも, 宮家で, 情を, 感銘を, 手真似を, 方が, 氣分を, 言である

▼ 率直~ (8, 0.7%)

1 いうよりも, 云えば, 固陋と, 少しも, 正直が, 貞節と, 透明と, 闊達それを

▼ 率直でない~ (7, 0.6%)

1 ことは, ことわりばかり, ことを, と近代人, 一葉の, 小さい卑しい詭計, 習慣が

▼ 率直すぎる~ (6, 0.5%)

2 ことよりも, と読者 1 言に, 言葉を

▼ 率直~ (5, 0.4%)

3 あった 1 そこに, 気早と

▼ 率直であっ~ (4, 0.3%)

2 てその 1 て何ら, て自分

▼ 率直であり~ (4, 0.3%)

1 大胆である, 時としては, 普通に, 自分の

▼ 率直簡明~ (4, 0.3%)

1 でそれ, な感じ, にうち, に神

▼ 率直明白~ (3, 0.3%)

1 なその, に別, に立ち

▼ 率直そのもの~ (2, 0.2%)

1 だつた, である

▼ 率直である~ (2, 0.2%)

1 ことを, のが

▼ 率直とか~ (2, 0.2%)

1 一本気とか, 誠実とかを

▼ 率直には~ (2, 0.2%)

1 いえないよう, どうもならない

▼ 率直~ (2, 0.2%)

1 いいが, かえってよかっ

▼ 率直~ (2, 0.2%)

1 愛する信長, 重んぜられる吾

▼ 率直~ (2, 0.2%)

1 でもっ, に取りすがった

▼1* [46件]

率直から来るの, 率直さおのれを赤裸々, 率直さ何のためらい, 率直さ偉大なる楽詩人シュピッテラー, 率直さ強靭さ等々で自分, 率直さ潔白をもっ, 率直さ科学への関心, 率直すぎて他愛, 率直たるべしと思ひ, 率直だったからみずから幻, 率直だってよかないの, 率直であり得ない性分である, 率直であるべきと云う, 率直でこだわらないところが, 率直ですねえ, 率直で動じないおそらくはまた, 率直で飽くことを, 率直ということが, 率直とが洗練され, 率直とはどういふ, 率直とをもって, 率直とを以ていきなり馬琴, 率直なふるまいをする, 率直な感じやすい彼, 率直な澄んだ輝きが, 率直な見とおし, 率直な言いぶりに, 率直な誇をもって持っ, 率直にしか答へ, 率直らしくなのだ, 率直傍若無人そしてしばしば, 率直公平な物わかり, 率直単純な目, 率直大胆な境地, 率直如実に告白, 率直実に愛すべきところ, 率直悲痛な堕落, 率直情熱は烈火, 率直清潔であらね, 率直無造作なぞいう, 率直簡単なので, 率直豪放無邪気といったよう, 率直赤裸な意識, 率直達弁の士, 率直鋭利な表現, 率直高飛車と云え