青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「神社~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~祖母 祖母~ 祖父~ ~神 神~ 神尾~ 神戸~ ~神様 神様~ 神田~
神社~
神秘~ ~神経 神経~ 神聖~ 神話~ 祭~ 祭り~ 禍~ 福~ 禮~

「神社~」 2649, 29ppm, 4098位

▼ 神社~ (1159, 43.8%)

36 境内に 34 森の 19 境内で 18 前で 15 前に 14 大鼓 12 方へ 11 境内を 9 境内の, 境内は, 境内へ 8 前を 6 祭礼の, 鳥居の 5 境内から, 境内には, 祭礼が, 絵馬堂に, 裏手に

4 [12件] お祭り, 中は, 傍の, 境内まで, 太鼓が, 屋根が, 森に, 祭神は, 縁起に, 裏に, 裏を, 鳥居が

3 [19件] 中に, 中へ, 境内では, 夏祭には, 御神体, 所在地は, 方で, 本祭り, 森は, 石の, 石垣について, 石段を, 神, 祭りに, 祭礼に, 絵馬を, 脇に, 角を, 領地を

2 [76件] ある高台, うちでも, うら門, お池, お神楽, そばに, ところへ, ところまで, とりいの, まえで, まつりとて, むこうの, わきに, 中の, 事を, 刻の, 前から, 前の, 前まで, 古びた祠, 周囲を, 境内, 境内か, 境内だ, 大鳥居の, 太鼓の, 奥院の, 如きも, 存在を, 宮司が, 宮司さまの, 宮司に, 宮司を, 山王祭と共に, 拝殿とか, 旧境内, 森が, 森へ, 森を, 横の, 横手から, 横手に, 横手の, 燈火が, 直背後, 石段の, 研究に, 社務所で, 神は, 神主で, 神官が, 神官を, 神様の, 神職を, 祠, 祠官の, 祭りには, 祭礼で, 祭礼には, 祭礼は, 祭礼も, 祭神, 祭神が, 祭神として, 菅の, 裏の, 裏山に, 裏手の, 裏門の, 賑ひ, 近くに, 近くの, 近所に, 長い石段, 附近に, 附近には

1 [671件 抜粋] あいだを, あたりには, あったところ, あるあたり, あること, あるハヨピラ, ある山, ある広木村, ある方, ある杜, ある草原, ある通り, うしろには, うしろの, うしろ数丁ぐらいの, うしろ新坂通りに, うすぐらい森, うら, うらての, うらは, お堂, お宮が, お札に, お札を, お札一枚に, お犬, お社, お神札箱, お祭だい, お祭礼時, お護り, かつお木森も, かなり多い, ことが, ことで, ことであろう, ことに, こんもりした, こんもりと, すがのみを, すぐ近く, すばらしい欅, そとへ, そばで, そばの, そばまで, それが, それは, だいや, ところで, ところに, はやるの, ひろい境内, へん迄, ほうから, ほとり, ほとりに, まえの, まちがいじゃ, まわりには, ものか, ものである, ものと, ような, わきの, オコナイは, コマイヌだった, コマイヌは, ベンチに, メカリという, 一つに, 一で, 一家は, 七釜の, 三つの, 三社へ, 上にも, 上信國境と, 下に, 下の, 下まで, 中で, 中でも, 中にも, 主典, 主神と, 事に, 人民に, 付近には, 伊藤快, 伴信友の, 位置に, 來歴さ, 例の, 例祭には, 供物台を, 側の, 側を, 傍で, 傍に, 傍へ, 催能を, 傳説と, 像石は, 儀式は, 元祖とも, 入口である, 公園に, 兵学大講会に, 内から, 内部は, 内陣で, 内陣とも, 写真を, 写真絵はがき, 刀蔵は, 分布神社の, 分祠, 前, 前にまで, 前よりも, 勧進帳の, 北に, 北の, 北の方に, 南側にな, 南北に, 参拝者と, 參詣者の, 収入を, 古い拝殿, 古伝と, 古儀, 台は, 名が, 名と, 向側に, 周囲には, 周辺を, 四座御祭園神三座などに, 四方かなり, 回り縁に, 囲り, 圓柱の, 在る白石山, 地に, 地を, 地域の, 坂を, 基本金いかに, 堂宇の, 境内であっ, 境内であった, 境内である, 境内とを, 境内などで, 境内などへ, 境内も, 境内や, 境内額の, 壇下に, 夏木立を, 夏祭が, 夏祭で, 夏祭りの, 外で, 外の, 外へ, 外へは, 夜祭が, 大きな樹, 大大鼓, 大屋根, 大楠から, 大樹が, 大祭が, 大祭その, 大祭に, 大祭の, 大變, 大鳥居も, 大鳥居前, 天井裏へ, 太鼓五時ちかく, 奉納仕合は, 奉納額に, 奥宮が, 如き最も, 如く以前, 威厳が, 存在し, 存在に, 宗家でも, 宝物その他を, 宝物として, 宮司からも, 宮司である, 宮司として, 宮司にも, 宮司コマ家に, 宮司岡山氏が, 宵宮の, 小さい祠, 小祠あり, 屋根と, 屋根の, 屋根らしき, 山上高く, 山車は, 山門の, 岸とは, 崇敬に, 崇敬をも, 巫女であっ, 巫女である, 巫女などまで, 巫子であった, 幕にも, 広前に, 広場に, 床下などに, 庭には, 庭へ, 建て物配置, 建築を, 後から, 後では, 御事を, 御儀式, 御厩, 御本尊, 御田植祭, 御祭には, 念仏踊りを, 思召に, 意であろう, 所在地である, 拝殿か, 拝殿に, 拝殿の, 拝殿は, 拝殿も, 拝殿を, 掃除男や, 摂社に, 攝社であり, 改築を, 散在し, 数はなはだ, 数多い土地, 方から, 方に, 方は, 方を, 方角が, 方角に, 日向を, 旧領地, 春季祭に, 月祭りには, 有無が, 木下闇を, 末社なる, 末社に, 本殿が, 本質は, 杉並木の, 杉木立で, 杉森, 杜が, 杜などには, 杜の, 杜や, 条下には, 東方塔の, 松に, 松林を, 林の, 林下に, 林中より, 桜も, 森かげと, 森だった, 森であった, 森です, 森には, 森や, 森学校の, 森小学校の, 森影の, 森蔭で, 楼門を, 槍祭を, 横を, 横手へ, 樹木は, 檐に, 正月の, 正面に, 正體, 歴史についての, 氏子は, 氷木や, 流れ出たの, 浮世絵を, 淋しい境内, 清いのびやか, 湊祭また, 溝の, 焼印の, 片傍, 片脇の, 物臭太郎を, 犬塚信乃の, 状態に, 献火と, 猿樂師が, 獅子舞は, 獅子頭は, 甍や, 由來が, 由来で, 由来を, 画が, 発行でも, 白髯サマは, 盛りなりし, 真柄の, 真裏に, 眷属である, 眷属の, 短処, 石垣を, 石塔の, 石段から, 石段は, 石華表は, 研究を, 破損は, 社の, 社を, 社内だった, 社前に, 社前を, 社務所へ, 社司と, 社司の, 社宅において, 社家だった, 社家の, 社記でも, 社記は, 祀られて, 神と, 神として, 神も, 神主の, 神主様の, 神主猿渡平間の, 神事について, 神事能の, 神事能を, 神前でなけれ, 神垣には, 神官に, 神官や, 神官吉田兼和とは, 神官社僧などが, 神楽, 神楽を, 神楽殿で, 神様らがネ, 神殿を, 神石の, 神職が, 神職に, 神職西田次郎と, 神輿を, 神領として, 神鹿が, 祟りが, 祠が, 祠官阿部氏が, 祭と, 祭に, 祭よりは, 祭りで, 祭りの, 祭る神, 祭事は, 祭事能を, 祭典に, 祭式の, 祭日に, 祭礼だつた, 祭礼と, 祭礼とは, 祭礼や, 祭礼を, 祭祝の, 祭神までが, 祭神建御名方の, 祭禮で, 禁厭灸よく, 禁酒デー, 禰宜太美万彦と, 禰宜飯田氏の, 秀衡, 立木へ, 筋向の, 籠り堂, 系図や, 紅葉の, 組織が, 絵馬堂の, 絵馬堂を, 絵馬殿を, 縁の, 縁下に, 縁日で, 縁日は, 縁日を, 縁起には, 群から, 背後で, 背後に, 背面を, 胡燕くらいは, 脇の, 華表立ち, 蔭で, 藪などにも, 行事に, 衛士たちが, 表へ, 表門と, 表門にも, 表門の, 裏から, 裏で, 裏は, 裏参道に, 裏参道の, 裏山へ, 裏庭に, 裏庭には, 裏手で, 裏手は, 裏手へ, 裏門から, 裏門を, 西の, 西隣り, 見える山坂道, 角なり, 記念と, 設備とか, 設備大いに, 説明を, 謠で, 財宝を, 賑いもこれには, 起原も, 起原神話, 起源は, 趾が, 跡で, 路傍で, 辺から, 辺りでは, 近くで, 近くにも, 通筋は, 造営費を, 里宮に, 銀杏の, 鎮座が, 鎮座に, 鏡の, 門側に, 阿彌陀經石に, 階段を, 隠居殿を, 隣は, 集りへ, 雨乞い神事に, 雨乞い祭りの, 青銅の, 鞘の, 項には, 額堂の, 額堂を, 額殿の, 鰐口の, 鳥居から, 鳥居という, 鳥居まで, 鳥居を, 鶴が, 鹿踊

▼ 神社~ (195, 7.4%)

6 参拝し 4 参詣した, 参詣する 3 なつた, 参詣し, 就て, 詣でて 2 依つて, 初詣で, 参拝した, 奉納した, 寢た, 御参拝, 於て, 祀られて, 詣でた, 詣でると

1 [149件] あつまり祈願, あの阿古屋, あり神社以外, あり筑後, ある八百比丘尼, いくら願を, いた足利千寿王, うつる事, お入り, お参りを, お待たせし, お詣りしない, この獣, しようと, その祭神, たどりつきました, たよって, つめかけて, なって, もうでて, ゆく二百階, ゐる鷄たち, 一頭の, 七日ずつの, 二十首の, 二羽烏という, 人身御供を, 仕える人たち, 仕え一生, 伝わって, 伝わる木像, 伝わる話, 似た霊屋, 位階を, 住みつくこと, 併せ社趾, 傳へ, 入ってから, 出かける, 出て, 到着した, 劣らない, 勤めて, 参籠し, 参籠の, 参詣を, 参集し, 參り, 合掌する, 合祀される, 向かって, 向つて突進, 周囲二丈の, 土座する, 基本金多く積む, 外人向の, 夜の, 奉仕し, 奉納したる, 宮詣り, 寄付し, 寝た乞食, 寝た事, 導きました, 属して, 巣くい白蟻, 当るよう, 往々その, 従属した, 御着き, 御詣りする, 抛り込み全, 拝し, 掲げ毎, 放し飼, 於ける手長職, 於ける還暦祝賀能, 於ても, 日参した, 林中の, 樹木の, 次ぐ流行神, 欲深様の, 欲深樣の, 申楽能の, 登ること, 盗難よけの, 盛んに, 真柄の, 着きます, 社宝とも, 祀ったり, 祀つて, 祀られたからと, 祀る, 祈願しよう, 神馬が, 神馬を, 祭の, 移された, 稲荷様は, 穢れが, 立寄り夕刻洲本, 納めて, 納められたるいま国宝, 絵馬が, 続いて, 縁の, 縁りの, 至る, 至るの, 落ちついてから, 著しい, 著しいけれども, 行かるべ, 行った, 行つた, 触穢, 詠進したる, 詣ずる人, 詣って, 詣づること, 詣でるとか, 詣でる人影, 詣で小, 詣で御, 詣で裏岨, 詣らなければ, 詣るも, 試験の, 賽銭を, 赴きしが, 辿りつく, 辿りつく仕儀, 近いという, 近い山川, 近く右手の, 連れて, 達すること, 遺って, 銭占いの, 長く住ん, 関聯し, 關する, 附属, 降りない証拠, 隣りする光明院, 集まって, 集めるといふ

▼ 神社~ (132, 5.0%)

13 ある 8 あって 6 あった 5 あつて 3 ありました, あるが 2 あります, ありますが, あるとかいふ, 各地に, 建って, 現存し, 祀って, 祭りを

1 [78件] あったでしょうきのう以来, あってすら, あつた, あつたらしい, あつて四五本, あの通り, ありその, ありましたが, ありよい, あり其南, あり別当神護寺, あり名所圖會, あり土地, あり常に, あり彼ら, あり西國三十三ヶ所, あり近く, あり附近, あるそう, あるその, あると, あるなどと, あるの, あるわけ, ある筈, したの, その椎葉, その貢税, できて, ないのに, まつられて, 一つありました, 一郷生活の, 七十二も, 二つあつ, 今でも, 今日まで, 伊勢神宮に, 侵略された, 八幡同, 出来て, 出羽の, 到る所, 割合に, 創設され, 勧請され, 勧請し, 勧請せられ, 合祀せられ, 国中に, 奉祀された, 官国幣社を, 尊敬された, 廊下の, 廣田神社の, 建てて, 建てられその, 建てられて, 建立され, 挙げて, 数において, 最大の, 本祭り, 村人全体の, 村社として, 残って, 神の, 神大根王を, 神社を, 神道の, 祠られ, 祭って, 組織され, 色々あります, 見え大音寺前, 賀茂川の, 近江國の, 鎮座し

▼ 神社~ (105, 4.0%)

3 勧請した, 潰して 2 中心に, 八幡樣に, 再興し, 出て, 占領した

1 [89件] かこむ町, さして急いだ, たずね歩いて, つくるもの, とりかこんだ森, まもるミコ, めぐる古来有名, もち大, 一朝厳命, 一般に尊敬, 中心として, 乱合し神職を, 今の, 件の, 保存せん, 保護し, 僧侶が, 出ると, 創立する, 勦蕩滅却せる, 占領する, 参拝し, 参拝した, 只口の, 右へ, 合廃する, 埋める杉, 基礎と, 大和へ, 始め丹後国加佐郡, 守らしめ追い追いその, 守ること, 安置す, 宏壮に, 宗教外の, 家の, 崇拝する, 建てさせること, 建てたの, 建てて, 建てると, 建てんと, 建て之, 建て東西古今, 建立し, 抜けて, 拝む, 持つ大字, 挙げようか, 昇格させ, 有難く感ずる, 望むこと, 検挙し, 標準として, 正面に, 歴訪した, 深く研究, 滅するは, 滅却する, 滅却すれ, 潰すよう, 潰すを, 無暗に, 燒かれた, 片付けたいと, 目的として, 研究します, 研究する, 破壊公売する, 確立せし, 祀り大工左官, 祭ったぎりその, 祭って, 祭つてある, 継承した, 維持しよう, 見るも, 見る影, 見物に, 見終って, 訪えば, 訪ひ, 越して, 載せて, 通りぬけること, 通過ぎた, 造つた, 選定せる, 預かる身

▼ 神社~ (104, 3.9%)

2 普通の, 武田信玄を

1 [100件] あらたか, いうまでも, いうも, この地, ごく古い, すなわち国造, その前殿, その地形, その林崎甚助, その社殿, どうなる, どのくらいの, なかつたと, はたして経営, ひつそりとして, ふかい森, まだまだ事実, もっとも皇族, もっと神さびた, もとよりの, やりました, ヒダの, ミカ神社もしくは, 一応祭神, 中浜という, 久しく誰, 之れ, 五穀の, 人を, 今では, 今は, 今日でも, 伝えて, 俗に, 元より, 其の前殿, 円福寺で, 初酉の, 前に, 古くより, 古さ七百年, 古人を, 合祀に, 同国一の, 周智郡の, 大いに社交, 大体此海から, 大山祇の, 大晦日に, 學校の, 宗教内の, 宗良親王を, 官幣大社に, 宿から, 小社なれ, 山が, 平安朝の, 平常の, 思ったより, 戻るとも, 拝殿が, 旧藩主, 明治の, 景気が, 有難くならぬ, 本より, 本堂の, 松を, 栗田さんの, 楠木殿の, 正殿神庫幣殿拝殿着到, 武蔵野に, 水無神社です, 流石に, 浪花節の, 海に, 漸く衰微, 焼けて, 熊野神社を, 現在も, 白髯サマと, 白髯神社の, 皆尾張氏或は, 県社とも, 破却, 社殿と, 神功皇后三韓征伐の, 祭神素盞鳴尊である, 秩父郡に, 美和神社という, 荒神崎という, 藩祖を, 西岬村の, 記念碑以外の, 身無, 郡中一二を, 野見の, 金山彦命を, 高倉宮以仁王の, 高山に

▼ 神社仏閣~ (99, 3.7%)

5 の境内 3 の前 2 に参詣, に御, のある, の多い, へ奉納

1 [81件] あやしの, あるひ, が多い, が多く, で雨乞い, という, とその, と調和, などの周囲, などは存外あまり, などを尋ね迷っ, などを探る, にある, には充満, にも丹念, にわざわざ, に保存, に寄付, に富む, に残る, に絵馬, に詣で, に足, に風俗, のうらない, のみならず, の中, の事, の位置, の修繕, の印, の参拝, の参詣者, の名, の図等, の地, の堂, の堂塔門屋, の宝物什器, の寄進札, の廂, の形体, の御, の御手洗, の昇格, の灯, の粉壁朱欄, の絵馬, の縁起, の縁起調べ, の表, の諸, の雨乞い, の霊場, の鬼, はいくつ, はなかなか, は例えば, は僕ら, は次, ばかり歩い, へ使者, へ焼夷弾, へ熱心, へ百度参り, も名所旧蹟, も相当, や城, をあがめる, をおろそか, をめぐって拝み, を参拝, を大切, を巡拝, を廻っ, を焼き, を破り, を素通り, を荒らし廻っ, を除いたなら残る, 数多くある

▼ 神社~ (77, 2.9%)

4 いって 2 いう, 寺との, 称した, 稱する

1 [65件] ある, いいこれ, いうが, いうても, いえば, いつて, お寺の, これに, した盗難除, し一同, その攝社, その祭礼, なって, なつた, 二天記に, 云い大, 云い旧, 云ふ, 云ふも, 云われて, 人形町水天宮の, 仏閣を, 別なり, 反対の, 同様に, 呼んで, 大和国河合村の, 実は精神的, 寺院とは, 小額の, 府中とを, 思想問題, 改称され, 改称し, 新薬師寺, 木標人を, 来ると, 梵刹とを, 森とは, 灌木に, 獅子舞との, 申しますと, 異なって, 登録せられ, 相対し, 神主を, 神職とに, 祠る, 称して, 称し奈良朝頃, 称せしめたる, 茶屋と, 言えば, 言って, 言つて小木の, 記念碑とが, 読まれたそこ, 読むべきだという, 軒並にとり, 遠江国周智郡の, 鏡とが, 関係ある, 關係の, 青巌渡寺へ, 領事館とが

▼ 神社~ (70, 2.6%)

5 参詣した 2 ゆく, 上り口新, 行つては

1 [59件] お一人, お詣りします, お詣りすれ, こなかったん, ご寄進, でかけたが, でる間道, やや廻り道, 一期の, 代参の, 俥を, 出かけた, 参る, 参拝こんな, 参拝してる, 参拝する, 参拝に, 参拝九州では, 参拝境内は, 参詣し, 参詣する, 参詣に, 参詣を, 参詣致しまし, 參詣に, 合祀せん, 向う巡礼の, 夜詣り, 奉納した, 妻と共に, 往って, 御祈願, 御神体, 抜けて, 抜ける広い, 日参した, 桜を, 楠公夫人を, 櫻を, 祈誓の, 神社へと, 納めたん, 絵馬を, 練り込んだこと, 自動車を, 落ちると, 行きますのよ, 行くと, 行くより, 行って, 行っても, 行つても, 詣って, 詣つて九州アルプス, 遊びに, 降りる, 集まるの, 願立の, 駆けつける

▼ 神社~ (43, 1.6%)

2 あつた

1 [41件] あつて, すら往時, するとおりパンパン, それぞれが, つかって, 不思議の, 五人の, 以て, 作る垣, 使うかかる器, 例の, 催された, 其の祭神, 出会った時, 売る風車, 太鼓の, 奧の, 家内の, 尺八を, 式内の, 手当りしだい御, 打ちとめると, 有名な, 清祓式を, 演ずるの, 生活は, 町民の, 直会といふ, 社前の, 神に, 神前結婚を, 神楽を, 義貞は, 花崗石の, 行は, 行われるもの, 踊る女, 車を, 遊んだ, 開かれまた, 間に合わしちまえという

▼ 神社から~ (36, 1.4%)

2 出て

1 [34件] いくらも, であろうか, もっとそこ, 一段上の, 一町ほど, 三つの, 三輪池までは, 下には, 出たの, 出る記念品, 北へ, 号令拍手の, 吉田へ, 四五丁奥の, 四時間とは, 奉納の, 昨今の, 曲りこんだ谷底, 梅若塚まで, 槍や, 清水堂へ, 湯島神社へ, 爪立ち登り, 町へ, 白岩山を, 百万遍迄の, 瞰下した, 翁の, 西北二三町の, 起って, 逃げだしたゾウ, 速鞆, 頂上まで, 高津の

▼ 神社といふ~ (35, 1.3%)

10 ものは 8 ものが 6 のが

1 [11件] ことが, のは, ものと, ものにな, ものを, 官幣か, 小さな祠, 彼の, 文字で, 痲痺的な, 郷社の

▼ 神社という~ (33, 1.2%)

9 のが 5 のは 2 のだ, のである, ものも

1 [13件] ところの, ところまで, のへ, のも, ものの, ものは, ものを, ように, 日本礼道の, 社が, 神社には, 言葉が, 額が

▼ 神社~ (29, 1.1%)

2 あって, ミカ神社も, 北向明神も

1 [23件] ある, いよいよ創立, お寺も, その凄, なお減ずべき, なかった, はやるし, 仏寺も, 八姓の, 其本体は, 古くから, 古雅な, 同じ讃岐, 大神社, 天満の, 朝座屋も, 沢山出来る, 焼かれて, 燃えはじめました, 神体も, 立派な, 蛭子神社も, 見えますね

▼ 神社には~ (24, 0.9%)

1 [24件] いけずきを, いまでも, いろいろな, この禁忌, すでに横山大観先生, それから, 一ま, 一度も, 三百何十口という, 中世以後時々, 今申, 僧侶が, 初穂を, 同種の, 基本財産積立法を, 夏きた, 大抵鳩, 宵の口から, 少々は, 必ず神職, 必附随し, 景政を, 芝神明神田明神平河天神湯島天神山王烏森稲荷築, 近づき難い

▼ 神社~ (20, 0.8%)

2 お寺の

1 [18件] それらの, ひいては現在, 両神神社を, 仏寺に, 仏閣が, 仏閣で, 仏閣に, 仏閣の, 仏閣や, 学校で, 宮中の, 寺院の, 旧家を, 民家に, 水神の, 満鉄, 霊場に, 駿河台から

▼ 神社合祀~ (16, 0.6%)

1 [16件] が容易, で危険思想, で敬神思想, によって始まった, に反対, に関して公, の励行, は内, は史蹟, は国民, は土地, は愛国心, は民, は第, を励行, を濫行

▼ 神社でも~ (12, 0.5%)

1 [12件] そんな事, やはりそうだった, 仏寺でも, 同じこと, 寺でも, 御神体, 恐らく同様, 氏子が, 申の, 篝を, 舊蹟でも, 見られる

▼ 神社にも~ (12, 0.5%)

1 [12件] ありました, あるが, それを, またこれ, また必ず, やはり弘法大師, 不都合は, 仕えたが, 使者を, 参拝した, 坊さんが, 現存の

▼ 神社まで~ (12, 0.5%)

1 [12件] 一里雨の, 三町の, 夢中で逃げ, 彼は, 散歩し, 来ると, 歩いて, 歩く, 登ったな, 行けなかつたこと, 行った覚, 降りて

▼ 神社~ (11, 0.4%)

2 に料理仕出し屋, の丸亀, へ行った 1 から諏訪, のもと, の大原, の海辺, の阪下

▼ 神社あり~ (8, 0.3%)

1 て火, 仏閣あり, 又此地方, 古老伝云往古此辺に, 孝元, 広嗣, 狭依, 祭神は

▼ 神社~ (8, 0.3%)

2 寺の 1 その末社, 何か, 大木の, 教会かへ, 森に, 神官の

▼ 神社である~ (8, 0.3%)

1 から前, から庄兵衛, がこれ, ことと, という, といふこと, と同時に, はずな

▼ 神社境内~ (8, 0.3%)

2 にある, の夜 1 において大, の, の稻荷祠畔, の空地

▼ 神社として~ (7, 0.3%)

2 祭られて 1 今も, 知られて, 祀られた次第, 祀られ名神大社, 祭ったが

▼ 神社参拝~ (7, 0.3%)

1 いつも参拝, それから道後温泉入浴, に見られる, のほか, の賜, は良俗, まことに秋

▼ 神社では~ (6, 0.2%)

1 なかった, また一休み, 一年神主であり, 八月十五日に, 又こういう, 軍越の

▼ 神社へと~ (6, 0.2%)

1 こころざしそこ, こころざす手本, 歩く, 獅子舞が, 詣でるころ, 雲の

▼ 神社仏寺~ (6, 0.2%)

1 で祈, とも古来所伝, の事, の事務総長, の太鼓張, へ三男

▼ 神社宮司~ (6, 0.2%)

2 として赴任 1 としての彼, の拝命, の祝詞奏上, を拝命

▼ 神社など~ (5, 0.2%)

2 諸国に 1 またいずれ, 何れも, 桙に

▼ 神社への~ (5, 0.2%)

2 坂道は 1 三つの, 参籠を, 道もつ

▼ 神社附近~ (5, 0.2%)

1 から黄金, の地, の方, へ飛び火, を中心

▼ 神社です~ (4, 0.2%)

1 かネおかげ様, がこれ, ともう, なあれ

▼ 神社との~ (4, 0.2%)

1 あいだで, 交渉は, 密接な, 関係を

▼ 神社なども~ (4, 0.2%)

1 ここの, 同樣, 皆人の, 自然さう

▼ 神社などを~ (4, 0.2%)

1 一順參拜した, 刷り込んだ表面, 巡拝し, 漁夫猟師に

▼ 神社より~ (4, 0.2%)

1 一段と高い, 古来火よけと, 吉原廓内へ, 頂上まで

▼ 神社佛閣~ (4, 0.2%)

1 に張る, の中, の更に, ばかり

▼ 神社すなわち~ (3, 0.1%)

1 三社様など, 大字外の, 山王様深川八幡神田明神の

▼ 神社~ (3, 0.1%)

1 からだった, つたと, と断り書き

▼ 神社だけは~ (3, 0.1%)

1 あって, 天照大神高御, 幻想的な

▼ 神社とが~ (3, 0.1%)

1 あり巡礼, ある, 地つづきに

▼ 神社とは~ (3, 0.1%)

1 何を, 別系統, 台湾方面の

▼ 神社などの~ (3, 0.1%)

1 中にも, 付近地方が, 類で

▼ 神社なる~ (3, 0.1%)

1 ものも, を知る, 聞得大君御殿に

▼ 神社へも~ (3, 0.1%)

1 參詣し, 送った, 領下へも

▼ 神社仏閣等~ (3, 0.1%)

1 に参詣, に関する取次, は普く

▼ 神社以外~ (3, 0.1%)

1 に於, に神道, のところ

▼ 神社~ (3, 0.1%)

1 でも今日, のあの, やミコシ

▼ 神社及び~ (3, 0.1%)

1 三峰神社の, 末社の, 神職が

▼ 神社神道~ (3, 0.1%)

1 がいわゆる, で農村, を想

▼ 神社~ (3, 0.1%)

1 にはいずれ, に注意, を数える

▼ 神社西隣~ (3, 0.1%)

3 は古刹龍泰寺

▼ 神社近く~ (3, 0.1%)

1 の大きい, の溝, の畦

▼ 神社からは~ (2, 0.1%)

1 かなり遠い, 太鼓の

▼ 神社ごとき~ (2, 0.1%)

1 は県知事, 清浄無垢在来通りで

▼ 神社それ等~ (2, 0.1%)

1 に通ずる, の神

▼ 神社だけ~ (2, 0.1%)

2 では

▼ 神社だった~ (2, 0.1%)

1 そうで, と私

▼ 神社って~ (2, 0.1%)

1 あの河, そう遠く

▼ 神社であり~ (2, 0.1%)

1 奈良朝時代から, 祭礼の

▼ 神社でございます~ (2, 0.1%)

2

▼ 神社での~ (2, 0.1%)

1 喧嘩話が, 夜明けは

▼ 神社とか~ (2, 0.1%)

1 寺とかにおいて, 寺院とか

▼ 神社とも~ (2, 0.1%)

1 思わず無意識, 見えたり

▼ 神社において~ (2, 0.1%)

1 あんなに尊信, 何ごとが

▼ 神社についても~ (2, 0.1%)

1 同じよう, 神の

▼ 神社によって~ (2, 0.1%)

1 何の, 相違が

▼ 神社によっては~ (2, 0.1%)

1 それを, 後までも

▼ 神社に対する~ (2, 0.1%)

1 寄付を, 尊崇の

▼ 神社やら~ (2, 0.1%)

2 手当り次第に

▼ 神社仏閣墓畔柳陰~ (2, 0.1%)

2 のごとき

▼ 神社~ (2, 0.1%)

1 に一の宮, に山王さん

▼ 神社制度~ (2, 0.1%)

1 に伴, に飜

▼ 神社参詣~ (2, 0.1%)

1 を宛て込み, を遠慮

▼ 神社建築~ (2, 0.1%)

1 として面白い, に見られる

▼ 神社研究~ (2, 0.1%)

2 といふこと

▼ 神社神林~ (2, 0.1%)

1 その物, に詣で

▼ 神社祭事~ (2, 0.1%)

1 に是非, も大

▼ 神社祭典~ (2, 0.1%)

2 の際

▼ 神社祭礼~ (2, 0.1%)

1 の奉納仕合, の費用取り

▼ 神社芸術~ (2, 0.1%)

1 から出た, をやつ

▼ 神社行政~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ 神社~ (2, 0.1%)

1 でとなっ, で花見宴

▼ 神社類似~ (2, 0.1%)

1 の家, の建造物

▼ 神社~ (2, 0.1%)

1 で兩部, の小さい

▼1* [204件]

神社あたりの繁華, 神社あって毎年, 神社あるに逢, 神社あるいは倭姫命を, 神社いずれも時, 神社およびその近, 神社お寺の秘蔵画, 神社かの精巧な, 神社からの振舞酒を, 神社ことごとく日置川という, 神社この神様は, 神社これは小石川, 神社さえ見える, 神社そのものが物臭太郎, 神社その他諸国に数々, 神社それと向い合った, 神社それから丹波の, 神社たることを, 神社だけでもといって, 神社だってやらなければ, 神社つづきの森, 神社でありますが決して, 神社とて当社に, 神社とてはなるべく郡役所, 神社とともに人民の, 神社ともに名神社, 神社とを同じに, 神社どもはいみじくも, 神社のである, 神社なき社跡は, 神社なければ神林存, 神社なしその民, 神社なぞはなんでも, 神社などが此である, 神社などでは神主若田家の, 神社などへ放火し, 神社なりを立てる, 神社なんかのことを, 神社にだけ残つた, 神社について見るも, 神社については出雲の, 神社に関しては安芸の, 神社のみといわれたり, 神社へは参詣せず, 神社までの往復には, 神社までは参詣者相手の, 神社みたいにひっそり, 神社もしくはミカタマ神社と, 神社よりの片隅に, 神社をめぐって歩く, 神社を以て神の, 神社スサノオの八坂神社等々, 神社スワ神社などもここ, 神社に久具神社, 神社三ヵ所へ門人たち, 神社上州妙義山前橋の八幡社, 神社上州横室の赤城神社, 神社上社の祭神, 神社の釣り場, 神社不動寺で催された, 神社九州では薩摩串木野, 神社九月二十七日の祭, 神社二十週年記念の博覧会, 神社二座あり, 神社二所あり, 神社云わば民衆的, 神社では清水寺, 神社仏閣その他のぱとろんの庭, 神社仏閣その他霊地と謂つて, 神社仏閣三百余橋梁六十坊街八百を焼失, 神社仏閣中祈祷専門のもの, 神社仏閣人家はもとより, 神社仏閣同行二人の形, 神社仏閣地理風俗旅館建場茶屋飲食店諸種の見聞, 神社仏閣活動館芝居小屋カフェー飲食店なぞが色魔式, 神社付近の河原, 神社以前から伝つた民間, 神社伏見の御, 神社佃島の住吉神社, 神社但馬国養父郡市場の養父神社, 神社佐女牛八幡宮両所へ参る, 神社何ぞ欧米の, 神社信仰の本質, 神社修復の割当寄付, 神社修繕落成石獅子用水桶新調の事, 神社倭姫世記の久求都彦, 神社備中国今津の奥, 神社入口に夜空, 神社八神殿と心得, 神社分社からの帰り路, 神社制度以前のもの, 神社加賀に野蛟神社二座, 神社もこうした, 神社千駄ヶ谷の八幡, 神社即ち木島明神といふ, 神社参拝今日はとりわけ, 神社参拝個人も団体, 神社参拝儀式祭典参列は禁じられた, 神社参拝十日十一日はその, 神社参拝午後一洵兄と同道, 神社参拝古風で派手, 神社参拝境内神さびて, 神社参拝感謝慎しみの心, 神社参拝者が今日, 神社参詣人等々でみんな, 神社古くより存立, 神社台帳のごとく, 神社合併が兎, 神社雄勝郡大沢の, 神社同国日根郡意賀美ノ神社, 神社呼はりを爲, 神社和泉国和泉郡意賀美ノ神社, 神社四至の外, 神社地先の利根, 神社坂下に間口一間, 神社基本金を積まし, 神社大和国吉野郡十津川の玉置神社, 神社大小十二ことごとくこれ, 神社大津の三井寺, 神社大観などを開い, 神社天満宮戎大黒金比羅三宝荒神神農様弁財天布袋稲荷様等八百万の神, 神社奉納句を徴, 神社奉遷座云々と禿び, 神社奥の院の印, 神社奥宮の管理, 神社官幣大社にし, 神社宝塔楼門などほぼ, 神社宮司家であること, 神社宮司立花照夫氏門人境賢次氏などを長崎, 神社寂しき栂榎の, 神社寺院の整理, 神社局長より得たる, 神社崇敬を復興鼓吹, 神社崇敬云々と言いおる, 神社之参詣, 神社市街と海, 神社師匠東雲の店, 神社建立の因, 神社建築宏大ならずまた, 神社建築形式に岩窟, 神社廻りをし, 神社ダイゴ天皇の, 神社所伝の古図, 神社所謂六所様の御, 神社と申致信心候儀, 神社教信仰の下火, 神社整理の弊害, 神社ういふ, 神社新田義興を祀る, 神社方面にする, 神社旧跡を滅却, 神社暴滅に罹らん, 神社根津神社というよう, 神社楠妣庵などを中心, 神社正月十六日の踊歌, 神社此日より三日間祭礼, 神社浅草の浅草神社, 神社渋川郡に都留弥神社, 神社湯島天神神田明神などはその, 神社滅亡を喜悦, 神社の獅子頭, 神社甲奴郡の意加美神社, 神社の仲間, 神社白浜の伊古奈比, 神社石燈籠の苔, 神社磐城倉石山の水分神社, 神社祈祷の札, 神社神事能当日の私, 神社神奈備の境界, 神社神官らが月給, 神社神林池泉は人民, 神社神璽の印, 神社神社と仏閣, 神社神領はどう, 神社の行列, 神社祭礼神前仕合の策戦, 神社卒其業人或, 神社竜護寺があり, 神社美濃国不破郡の南宮神社, 神社に世, 神社の愛宕神社, 神社葭町口から住吉町口, 神社蛭子神社金比羅神社の三社, 神社行事の溯源的, 神社調掛を以てし, 神社谷中白金高輪台あたりか或いは, 神社豊栄神社へ参拝, 神社贄川の猪狩明神, 神社に別荘, 神社跡地の樹林, 神社の小, 神社連歌会所の奉行, 神社道標それより何歩, 神社遠江国周智郡の山住神社, 神社金比羅さんにも朝, 神社金比羅神社の三社, 神社鎧橋などの名, 神社鎮座アリテ毎年六月十八日村役人一同登山スルノ例有, 神社関係や犯罪取締, 神社関係人一同を郡役所, 神社飽海郡の山上, 神社駿河の愛鷹明神, 神社鶴岡城南稲荷村有近頃迄土俗稲荷大明神, 神社龍野の八幡宮等