青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「神戸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

祈祷~ 祖~ ~祖先 祖先~ ~祖母 祖母~ 祖父~ ~神 神~ 神尾~
神戸~
~神様 神様~ 神田~ 神社~ 神秘~ ~神経 神経~ 神聖~ 神話~ 祭~

「神戸~」 1326, 14ppm, 7789位

▼ 神戸~ (257, 19.4%)

7 方へ 3 埠頭に, 家に, 宿屋で, 或る, 旅館で, 町を

2 [16件] 南洋貿易会社に, 商館へ, 女学院に, 家へ, 宿屋に, 微々たる貿易商, 方に, 旅行で, 某実業家, 波止場で, 港に, 町の, 病院へ, 縉商である, 鈴木が, 高木さんだ

1 [200件] あるドイツ人, あるホテル, あるミツシヨン・スクウル, ある工場, ある高等専門学校, おばさまへ, おばさんの, お家で, お家に, とあるギャラリー, ときも, どこか, どこな, オザの, オリエンタル, オリエンタルホテルの, ダンス, トアロードの, トア・ホテルでも, トウェーン通西川玉之助翁, ベルネクラブオルドヴルから, ホテルは, マルセル・ルキエン迎へに, ミカゲへ, ユーハイムあたりから, ユーハイムその他にも, 一奇珍に, 一輸出会社の, 一部であり, 三ツ輪の, 三宮辺りの, 三谷氏が, 三都に, 上へ, 中央劇場で, 中央劇場に, 中學, 中間つまり, 事大阪の, 二番目の, 人間が, 仏蘭西語学校に, 仮住居, 会下山公園の, 伯母さんの, 位置を, 住民が, 住民の, 住民は, 何て, 何とかいう, 何とかいふ, 信者で, 元町の, 元町へ, 元町一丁目角, 先に, 先まで, 六大都市が, 兵庫県立病院附属医学校から, 内は, 労働者四五万が, 勝, 北畠家を, 占領を, 友達の, 叔母さんの, 叔父が, 史蹟まわれます, 吉田から, 名を, 名物インテリと, 商家は, 商館に, 埠頭は, 埠頭を, 埠頭通りを, 堀江君という, 塵芥車は, 夜を, 夜学校にて, 夜店は, 大夫漆の, 大島秀吉といふ, 大洪水, 大黒座で, 夷人さん処, 女学校を, 女学院の, 奴か, 奴は, 学校の, 宿は, 宿屋から, 宿屋やら, 富豪の, 富豪もちやん, 寓居に, 小母さん, 居留地と, 山々が, 山の手や, 山下亀三郎氏が, 山下亀三郎氏だつた, 川辺賢武氏わざわざ, 工場の, 市史編纂に, 帰りに, 庄柳生谷と, 弘養館だった, 弘養館は, 後家さん親娘でも, 得物は, 恩人と, 恩人に, 或宿屋, 手へ, 提出した, 摩耶山を, 支店, 支店でも, 支那料理は, 教会の, 新しい港, 方から, 方が, 方で, 方を, 旅館の, 旅館まで, 旗亭で, 時と, 時に, 時計店で, 景色であった, 有名な, 本城を, 本場の, 本場支那料理屋でも, 桂田氏宛に, 桟橋へ, 榎本謙七郎氏と, 武器は, 波止場から, 洋物の, 海岸通に, 海岸通りの, 海浜に, 港が, 港で, 港の, 港へ, 港も, 港を, 港町から, 湊川が, 牛は, 独逸人商館に, 生垣にも, 生糸検査所の, 町, 町はずれへ, 町外れとかに, 病院に, 病院を, 百姓を以て, 目抜の, 紳士は, 義姉が, 者でございます, 聚楽館で, 船へ, 船工場に, 船成金勝田氏は, 船渠に, 蒲鉾を, 街が, 街に, 見物も, 見納めと, 言葉に, 諏訪山の, 警衛を, 讀者關五郎といふ, 貧民窟から, 貿易商が, 貿易商の, 辺を, 通りを, 造船所で, 郵便局に, 金光氏および, 鈴木だ, 鈴木横浜の, 開港記念何十年祭かに, 関係また, 阪急で, 陋巷に, 領事館に, 鯉川筋の

▼ 神戸~ (136, 10.3%)

6 行って 3 出る, 来て, 行く

2 [11件] 出かけて, 帰着し, 戻って, 来たり, 翌午前六時四十二分, 行かう, 行かなければ, 行く度, 行った, 買い物に, 逃げて

1 [99件] いらっしゃるお, お立ちに, かえって一人, たつた, ついたよう, ついて, つくと, のす円タク, まて申, むかいました, もどりました, やって来い, 一人で, 一人は, 一時着, 三ノ宮バーの, 上がるまでにゃ, 上陸し, 上陸する, 二十分の距離である, 何し, 何回か, 働きに, 入港する, 出かけた, 出かける, 出ました折, 出むき同地, 出オリエンタルホテル, 出張し, 出掛けるよう, 去年の, 参ったの, 宛巴里へ, 帰った, 帰ったの, 帰って, 帰る途中, 引かえ, 引き返した, 引揚げ, 急ごうと, 戻りメコちゃん, 戻る汽車賃, 投錨し, 来た翌日, 来ました, 渡つた, 無事五日午前一時着せり同, 発つの, 着いた, 着いてから, 着き後戻り, 着くまで, 着くまでという, 着く五時間前, 着く晩, 着く頃, 立寄ると, 第一楼, 翌午前七時四分, 翌午前五時四十八分, 翌午後一時九分, 花隈, 行かうと, 行きさえ, 行きたくて, 行きたくなるの, 行き大分, 行き神戸, 行き窪川鶴次郎氏, 行くには, 行くの, 行くよ, 行くナイヤガラ, 行く時, 行く船, 行く蒸気船, 行こうと, 行ったぞ, 行ったの, 行ったん, 行った者, 行ってから, 行ってからの, 行つたのは, 行つた時チャン, 行つてゐ, 行つて見る, 走つて行つて交渉, 赴き三日斗, 赴き神前, 近づくに, 連れて, 遊びに, 阪急電車で, 靴と, 飛び三日正午出帆, 飛んだっチ位

▼ 神戸牧師~ (111, 8.4%)

5 は支倉 3 の証言 2 が庄司署長, にし, に取っ, の言葉, はきっと, は暫く, は気の毒

1 [89件] から支倉, がぐる, が前掲, が席, が支倉, が署長, が警察, である, と云う, にお, にはがき, には思え, に仲, に宛て, に宛てた, に宛て送った, に対しあらゆる, に対して五月二十八日, に師事, に恨み, に聞い, に脅迫状, に至っ, に貞, に面会, の一言一句, の三角関係, の予審廷以来, の二人, の前, の勇, の受取った, の宅, の寄越した, の情, の所, の最後, の苦痛, の訊問, の迷惑そう, の顔, はいつ, はうなずき, はこう, はこんな, はすっかり, はその, はふと, はやおら, はゴクン, は丁寧, は予審廷, は事件, は何故, は努め, は口, は回想, は大尉, は宥める, は少し, は居住い, は強き, は彼, は愈, は意味, は手紙, は支倉告白, は既に, は稍, は立上, は端然と, は答えた, は臆する, は貞, は遮切った, は額, は飽くまで, は鳥渡, ほど本, もこの, も彼, も耐, をし, を偽証罪, を呼ん, を喚問, を訊問, を訪ねた, を頼ん

▼ 神戸~ (105, 7.9%)

4 着いた 3 住んで 2 上陸し, 家が, 帰つて来た, 池長植物研究所を, 着きました

1 [88件] ある居留館, ある知友, あろう筈, いったん下車, いること, いるころ, いる従弟, いる知人, うつすと, おいたの, こう云う, ついたらなるべく, ついた欧州航路, ついてからは, ゐた三歳, ゐても, ゐるお, 一人の, 上西亀之助氏が, 下りた時, 事件が, 二人の, 二日休んだ, 亘って, 似た風情, 住むと, 住む擁護者, 何が, 作衛を, 入つた, 入る, 入る前, 入る時, 入港す, 出て, 出張公演を, 出迎えたの, 出迎えに, 向けて, 向つた, 在留する, 奇言奇行を, 妾は, 居て, 居ましたろう, 居ますが, 居るそう, 居る息子, 居る間, 居今, 帰て, 帰ると, 度々行った, 引越さうと, 御着, 成金が, 於て, 書き送った手紙, 来て, 来てから, 来まいと, 歸つて床に, 残して, 渡ったの, 滞在せり, 演劇研究所なる, 用が, 着いたこと, 着く, 着くと, 着く晩, 着た処, 着船したら, 着船金場小平次と, 移すんで, 立戻っ, 腹更り, 至るまで, 行く事, 行った, 行ってたのよ, 行ってるん, 迎へ, 近く陸上の, 送り汽車, 逃行かん, 預られた, 鳥屋を

▼ 神戸から~ (56, 4.2%)

2 乗船し, 帰って, 東京に, 船に, 門司まで

1 [46件] いっしょの, ずっといっしょ, よこされた, 中村憲吉君が, 乗った, 乗つた, 乗りまして, 乗合せた者, 乗船した, 京都迄は, 信濃丸に, 先は, 出したの, 出奔し, 出掛けて, 加納暁君が, 午後四時立つ, 台湾航路の, 同船し, 土産に, 夜の, 大坂に, 大船が, 大連に, 大阪までの, 大阪湾に, 姫路へ, 帰るまで, 持って, 早い船, 来た大阪, 来た汽船, 東京へ, 東京までの, 東京までは, 横浜の, 横浜までの, 江戸へ, 百溪光子さん, 知らせて, 自分を, 貨物船に, 車で, 遊びに, 電報し, 須磨明石へ

▼ 神戸~ (56, 4.2%)

3 出帆した, 見て 2 出て, 出帆し, 出帆する, 出発した, 去る前, 去る時, 立ったの

1 [36件] いひ消されて, さして行っ, すぎて, そっくり展望, はじめ全国の, はじめ名古屋京都大阪はては, はじめ東は, よく知らない, 中心と, 出た欧州航路, 出る塘沽行, 出る時, 出帆, 出発する, 去り東京, 去る時船, 多く訪問, 奉りて, 感じる, 抜錨した, 散歩する, 発する汽車, 発ったの, 発って, 発ってから, 発つ日, 発とうと, 立つ時, 立つ迄は, 経て, 船で, 語る資格, 過ぎ舞子, 離れたと, 離れるから, 飛び出して

▼ 神戸~ (49, 3.7%)

2 受取り巴里, 実業に, 降りて

1 [43件] あったか, お父さんが, お目にかかって, しかけた旅, エムプレス・チャイナ号の, ダンサーを, ホテルを, 一しょに, 三日滞在した, 三艘の, 上陸し, 乗った時, 事業を, 会った女, 会って, 個人展覽會を, 僕に, 初めて福原, 小母さん, 待受ける日, 我々は, 晩飯を, 書けず上海, 楠公神社へ, 欧洲通ひ, 渡して, 生れて, 網を, 聞いた, 脱いだ旅, 船の, 藤山に, 見た活動写真, 見ること, 調べあげた, 買うて, 買った靴, 費やした後, 賀川君と, 邂逅った, 降りた, 降りると, 頼んだ行李

▼ 神戸まで~ (29, 2.2%)

2 出かけて, 来て

1 [25件] である, 一緒に, 伝わって, 出ようじゃ, 動いた時, 四日の, 往って, 持って, 来たこと, 来ながら, 行き神戸, 行くか, 行くこと, 行った, 行ったらあす船, 行った時, 行って, 見送って, 見送りに, 買いに, 車で, 送って, 遊びに, 達して, 高飛びし

▼ 神戸信孝~ (29, 2.2%)

1 [29件] からも嫌味, か丹羽長秀, が相次い, だった, とか親族たち, としては秀吉, との往来, との間, と秀吉, と通じ, などと何やら, にたいしてはきのう, に仕え, の在る, の存在, の容子, の岐阜城, の岐阜失陥, の岐阜軍, の態度, の手, の来会, の来着, の美濃勢力, の臣, の麾下, はし, や丹羽長秀, を自刃

▼ 神戸~ (25, 1.9%)

3 ないか

1 [22件] きれいな, ぐる, さる事, しかも私, それに, どうしても謝罪状, また高麗丸, まとまって, もともとこの, 今港, 割棒の, 国際都市である, 安いという, 実は僕, 岸深で, 本場だ, 汚い町, 略する, 直接上海から, 相手に, 終戦後初めて, 西洋人と

▼ 神戸~ (25, 1.9%)

1 [25件] がその, が静か, と母校, に一百円, に報告, に求めた, に訴えた, の御, の所, の方, はいろ, はつと, はどうも, は別に, は大きな, は思っ, は支倉, は暫く, は気の毒そう, は決して, は稍顔, は鳥渡, も一驚, も気の毒, を訪ね

▼ 神戸~ (12, 0.9%)

1 [12件] いえば, いつたやう, よぶ部落, 下関と, 下関へ, 大阪の, 明石を, 背後の, 郷里との, 都ての, 阪神沿線に, 順調に

▼ 神戸~ (12, 0.9%)

3 の電車 1 かなるほど, が一ツ, が新橋, とか下関行, の列車, の客車, の急行, の直通, の途中

▼ 神戸では~ (9, 0.7%)

1 云つたのね, 伊藤公の, 多少秀才, 本町二丁目裏の, 此処が, 町内き, 知合を, 窓から, 義弟が

▼ 神戸殿~ (9, 0.7%)

1 に呼応, のお, の御, の質子, へも柴田殿, や北, をし, を一撃, を待つ

▼ 神戸あたり~ (8, 0.6%)

1 からの湯治, でふと, でネーブル, の世界, の洋妾, の海関貿易, もさうです, 迄一帯

▼ 神戸~ (8, 0.6%)

1 あいた, あいた神戸, あたし一番好きだった, ついて, イヤに, 本店で, 港として, 見えますると

▼ 神戸~ (8, 0.6%)

2 女友達ばかり 1 まわる筈, 初め, 空襲され, 見た, 見納めの, 都市という

▼ 神戸~ (8, 0.6%)

2 に降り 1 から同じ, から山陽線, から淋し, に下りる, のホーム, へ通う

▼ 神戸には~ (7, 0.5%)

1 あたしすっかり, いつごろ着く, それすら, 叔母さんが, 有名な, 用事の, 金曜日の

▼ 神戸~ (7, 0.5%)

2 大阪で 1 大阪からは, 大阪に, 横浜から, 横浜の, 門司で

▼ 神戸~ (7, 0.5%)

1 で清盛祭, に一笑話, の上, の名所旧蹟, の灘区, より程, を中心

▼ 神戸~ (7, 0.5%)

1 のアラミス号, のプレシドン・ドウメル, は平安朝時代, も大阪, をながめ, を出帆, 第三突堤

▼ 神戸行き~ (7, 0.5%)

2 の列車 1 の上り列車, の急行列車, の方, の船, ます

▼ 神戸にも~ (6, 0.5%)

1 お出掛け, このネンガラ, 久しくいた, 京都にも, 大阪にも, 横須賀にも

▼ 神戸~ (6, 0.5%)

2 の街道筋 1 にもおりました, の商館, の積り, は先

▼ 神戸へも~ (5, 0.4%)

2 一緒に 1 大阪へも, 打って, 打つて

▼ 神戸~ (5, 0.4%)

2 で三右衛門 1 で支倉, に行き, へ兄

▼ 神戸~ (5, 0.4%)

2 の庄屋 1 の庄屋生島四郎大夫, の東, の臨時取締役

▼ 神戸病院~ (5, 0.4%)

3 に入院 1 へ著い, より須磨保養院

▼ 神戸~ (5, 0.4%)

1 出かける, 弟を, 来て, 見送つたが, 遊びに

▼ 神戸さん~ (4, 0.3%)

1 でせう, のこと, もこの間, を知つて

▼ 神戸より~ (4, 0.3%)

1 上京したる, 右金を, 大連まで, 話を

▼ 神戸三七信孝~ (4, 0.3%)

1 が来, たりとも丹羽五郎左衛門長秀, と北畠信雄, を立て

▼ 神戸出帆~ (4, 0.3%)

1 です, の亜米利加丸, の船, の電報

▼ 神戸大阪~ (4, 0.3%)

1 と職, などで私, の同人, を經

▼ 神戸徒歩会~ (4, 0.3%)

1 の人, の藤田君, の連中, も夏期

▼ 神戸方面~ (4, 0.3%)

2 からつまり 1 から北海道方面, よりする

▼ 神戸~ (4, 0.3%)

1 といっ, と来たら, にくらべれ, の仔牛

▼ 神戸くん~ (3, 0.2%)

1 だりまでお, だりまでやって来た, だりまでやつて來

▼ 神戸でも~ (3, 0.2%)

1 この例, 失敗したらしい, 宜いわ

▼ 神戸という~ (3, 0.2%)

1 四つの, 小さな城下町, 知合の

▼ 神戸との~ (3, 0.2%)

1 あいだに, 間の, 隔りで

▼ 神戸なにがし~ (3, 0.2%)

1 と呼び上げる, の勝つ, は麻繩

▼ 神戸三宮~ (3, 0.2%)

1 にさしかかった, に突発, の付近

▼ 神戸~ (3, 0.2%)

1 の海員周旋宿, の騒音, 検の

▼ 神戸仕込~ (3, 0.2%)

1 かなにか, のハイカラ, の床屋さん

▼ 神戸午後五時四十分の急行~ (3, 0.2%)

2 に乗れ 1 にて出発

▼ 神戸市中~ (3, 0.2%)

1 の邸, をひきずられた, を見物

▼ 神戸急行~ (3, 0.2%)

1 で帰国, の列車, は乗客

▼ 神戸界隈~ (3, 0.2%)

1 に見られない, の巻, までを誌上

▼ 神戸開港~ (3, 0.2%)

1 の先駆, の恩人, を機

▼ 神戸高商~ (3, 0.2%)

1 にはこんな, の小川忠蔵, を出まし

▼ 神戸さんアナタ~ (2, 0.2%)

1 は本統, は牧師

▼ 神戸それから~ (2, 0.2%)

1 中初狩, 紀州ずつと

▼ 神戸たち~ (2, 0.2%)

1 から愍笑, こそ災難

▼ 神戸です~ (2, 0.2%)

1 と会う, よ

▼ 神戸どの~ (2, 0.2%)

1 が止まっ, を自滅

▼ 神戸などの~ (2, 0.2%)

1 外人生活には, 港を

▼ 神戸なり~ (2, 0.2%)

1 からちょっと, 出て

▼ 神戸にでも~ (2, 0.2%)

2 降りて

▼ 神戸までの~ (2, 0.2%)

1 僅か一昼夜, 航海も

▼ 神戸よりも~ (2, 0.2%)

1 むしろ香港, 心中の

▼ 神戸三宮事件~ (2, 0.2%)

2 に堺旭茶屋事件

▼ 神戸地方~ (2, 0.2%)

1 から入営, についてもいろいろ

▼ 神戸埠頭~ (2, 0.2%)

1 だったので, には全

▼ 神戸市街~ (2, 0.2%)

1 のま, も一望

▼ 神戸教会~ (2, 0.2%)

1 の恩人, の秀才

▼ 神戸新聞~ (2, 0.2%)

1 に原稿料, のコント

▼ 神戸横浜~ (2, 0.2%)

1 の比, もいや

▼ 神戸港内~ (2, 0.2%)

1 に最後, の船中

▼ 神戸牧師仲介~ (2, 0.2%)

1 の下, の労

▼ 神戸直行~ (2, 0.2%)

2 と聞きたる

▼ 神戸~ (2, 0.2%)

1 でとても, や最上

▼ 神戸蔵人~ (2, 0.2%)

1 の言, は信長

▼ 神戸行急行列車~ (2, 0.2%)

1 に乗り込んだ, の発車

▼ 神戸附近~ (2, 0.2%)

1 に出で, をとひとりぎめしていたのである

▼1* [180件]

神戸あれば伊勢, 神戸長崎へでも, 神戸からの帰京の, 神戸からは三菱会社の, 神戸さんあなたは牧師, 神戸さんほんとうの事, 神戸さん君庄司利喜太郎から頼まれ, 神戸わでも, 神戸だったり名古屋, 神戸だって当てに, 神戸って何方に, 神戸つて何方にです, 神戸であったかに着いた, 神戸とか云う牧師, 神戸とかにおける遊郭よりも, 神戸とに別居し, 神戸とは非常な, 神戸とを立会保証家屋譲与尽力者に, 神戸なぞの田舎, 神戸なぞ田舎の漁師町, 神戸など悪くありません, 神戸などにたて籠って, 神戸などは高い異人館, 神戸などもことごとく下町, 神戸なる某商館, 神戸における楠公様の, 神戸にだけ面白いもの, 神戸にて友次郎帰朝を, 神戸へでも行って, 神戸への取引は, 神戸へは出て, 神戸へまはり賑やか, 神戸まではここから, 神戸までも上海までも, 神戸ものの紳士, 神戸よりは船に, 神戸らしい山の手住宅街, 神戸をも守らむといふ, 神戸アメリカ領事ロビネットの名, 神戸ウイリヤムソン両牧師, 神戸ニテ買ヒ去リシト, 神戸ハムグリルという大衆的, 神戸フランス船行きの日, 神戸マッチを輸入, 神戸一色の敵軍, 神戸三の宮の松浦有平, 神戸三七信孝自身進まれたな, 神戸上陸待合室で六時半, 神戸下駄を持つ, 神戸両氏は証人, 神戸京都金沢長野とまわっ, 神戸京都間を主管, 神戸京都間それに前年, 神戸付近が全く, 神戸付録記者の説, 神戸仙台福岡で画期的長講演, 神戸以外なもの, 神戸以来幾通となく, 神戸信孝一類の滝川以下, 神戸信孝丹羽五郎左衛門津田信澄などの一軍, 神戸信孝丹羽長秀蜂屋頼隆の総勢, 神戸信孝以下城兵の士気, 神戸信孝勇猛佐久間盛政毛受勝介みな討死して, 神戸信孝北畠信雄の一門, 神戸信孝君丹羽長秀様などの一軍, 神戸信孝様もおられ, 神戸信孝秀吉の軍門, 神戸停車場にてこの, 神戸元町のちょっと, 神戸津, 神戸入港の時間, 神戸入港八日横浜へはいる, 神戸兵庫を経, 神戸兵庫間の電車, 神戸具盛の後継ぎ, 神戸出発の日, 神戸午後九時三十五分の急行に乗れ, 神戸午後十時三十五分の汽車に乗れ, 神戸南海沿線などの方, 神戸和歌山其他全國各地, 神戸和歌山長崎と任地, 神戸大新聞, 神戸商業大学とは仁義, 神戸国府浜田の諸, 神戸の田舎, 神戸へ入っ, 神戸の暴動, 神戸外人墓地での葬儀, 神戸夢野で福原潜次郎君, 神戸大阪あたりから渡来, 神戸大阪京都名古屋と云, 神戸大阪辺から五万十万, 神戸大阪間鉄道布設願書を大阪府知事五代才助あて, 神戸奈良などの大きな, 神戸へ重々世話, 神戸宿の東隣, 神戸富豪の, 神戸居留地域を離, 神戸山岳会会員加藤の杭, 神戸山岳会員加藤文太郎と書いた, 神戸岡山広島から福岡へん, 神戸川崎造船所長崎三菱造船所の四, 神戸市主催の, 神戸市内の史蹟, 神戸市史など拝借, 神戸市史中の一巻, 神戸市史編纂の川辺賢武氏, 神戸市史談会の木村省三氏, 神戸市背後の屏風, 神戸市長のやう, 神戸布引に類す, 神戸の合の子, 神戸一族は, 神戸支局の某君, 神戸時代の書類, 神戸東京間でこの, 神戸東京間位と思う, 神戸東京間各駅に手配, 神戸東北では米沢, 神戸劇場の, 神戸某方で三右衛門, 神戸栄町の熊谷回漕店, 神戸桟橋の船内, 神戸横濱の埠頭, 神戸正武などがたてこもっ, 神戸氏宅にて証書, 神戸浅田其他の者, 神戸海岸通りのレストラン・エイシャ, 神戸海軍所の勝安房ニ頼ミ, 神戸港碇泊中のフランス, 神戸港突堤へプレシドン・ドウメル, 神戸港頭の袂別, 神戸湊川神社の宮司, 神戸滞在中七八度続けて, 神戸照子さんの手記, 神戸牛肉を食, 神戸牧師以下二十四名の証人, 神戸牧師以下八名の証人, 神戸牧師佐藤司法主任庄司署長八田警視総監等に会う, 神戸牧師其他に訴えた, 神戸牧師出廷せざるにより, 神戸牧師及妻にも面会, 神戸牧師及彼の妻, 神戸牧師夫人の所, 神戸牧師小林兄弟が口, 神戸牧師小林定次郎を初め, 神戸玄次郎氏は庭, 神戸生れの艇夫, 神戸の宝勝院, 神戸病院須磨保養院道灌山に至る, 神戸の急行列車, 神戸発七月一日にマルセーユ, 神戸発新橋行の急行列車, 神戸白子などの民屋, 神戸直航の汽船, 神戸と知らせ, 神戸着上陸諸友, 神戸神楽坂署の刑事ども, 神戸に於ける, 神戸米領事ロビネットの鉄道願書, 神戸の一巡査, 神戸著中村憲吉君出迎ふ, 神戸行き電車中江戸川乱歩の, 神戸行急行というの, 神戸行特急の食堂車, 神戸言葉や, 神戸誠一氏の, 神戸購買組合のこと, 神戸迄の切符を, 神戸運上所に集まっ, 神戸のある年老いた, 神戸郊外の予定, 神戸門司を経, 神戸は最も, 神戸の水害, 神戸須磨と転々療養, 神戸駅前相生町三ツ輪亭南店に牛鍋, 神戸駅発の夜行, 神戸紮仏国領事なども, 神戸に下りる