青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「祖父~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~社会 社会~ 社長~ 祈り~ 祈祷~ 祖~ ~祖先 祖先~ ~祖母 祖母~
祖父~
~神 神~ 神尾~ 神戸~ ~神様 神様~ 神田~ 神社~ 神秘~ ~神経

「祖父~」 2751, 30ppm, 3943位

▼ 祖父~ (670, 24.4%)

15 代から 14 家の 9 家で, 顔を 6 ことを, 代に, 家に 5 家へ 4 ところへ, 代までは, 叔母は, 家から, 峰太郎は, 話を 3 ために, もとへ, ような, ように, 叔母が, 名を, 弟で, 方が, 石舟斎が, 話が

2 [44件] お墓, お気にいりであった, ところに, 与九郎, 代からの, 代には, 前で, 前に, 勘解由母お, 十七年の, 名は, 墓の, 墓は, 墓詣り, 大きな肩, 妾が, 姉で, 姉にあたる, 姿が, 姿を, 孫に対する, 家を, 弟白望に, 心の, 心を, 所へ, 手に, 手を, 方は, 死を, 留守の, 罪を, 肖像画の, 膝に, 膳の, 葬儀の, 言葉が, 言葉には, 許に, 話に, 遺愛の, 鎧を, 長男, 顔は

1 [458件] あらゆる親切, ある言葉, いない晩, うらみを, お下り, お助け, お古を, お母さんな, かわりに, こうした狂態, ことなどを, ことについて, ことは, この呟き, この甘い, ころは, ごとく, したやう, しに, すゝめで, そばで, そばに, つれあ, はなしに, ひげ, ぶるぶると, ほうが, ほうへ, まえでは, もとで, もとを, ものであり, ものは, も懸かっ, やうに, やさしい態度, やった犠牲, わがままに, われにも, ウイスキイなど, シルエツトが, ジイドから, タマセは, ドラーゲ・マルコヴィッチの, ピューラスは, 一生に, 三右衛門だけ, 三右衛門は, 上き, 上着に, 上着を, 下に, 不図, 与兵衛が, 世代から, 中務卿親王が, 九斤に, 乱暴と, 了簡次第に, 事を, 二の舞を, 二代は, 云ふ, 云附を, 代で, 代の, 代は, 代りに, 位階勲等や, 何, 作に, 信仰を, 信条の, 俥を, 偉いところ, 偉れた, 傍に, 傍らへ, 儀十に, 元の, 元信家祖正信などの, 先妻の, 先達で, 写真が, 写真や, 写真をも, 処へ, 前の, 前へ, 創業した, 動作を, 勘十郎は, 勢力が, 危篤に, 友であった, 友人で, 友人であった, 友人の, 口へは, 口癖に, 古い梨子地, 句も, 句集や, 叫びが, 名が, 名ぐらい, 名で, 名の, 君にあたる, 命令じゃ, 命令によって, 命日だ, 商賣, 嘲弄的な, 回復を, 型通りで, 埋めた財宝, 執着未練な, 堂々たる声高, 塾の, 墓へは, 墓まいり, 墓参を, 墓石には, 増右衛門は, 増右衛門も, 声が, 声に, 声までが, 変死父の, 外に, 大佐が, 大書庫, 大臣が, 大臣の, 大臣は, 大阪弁を, 太政大臣父宮などの, 如き田中伯爵, 如く仙人, 妾の, 姓は, 姓を, 姿そのものも, 姿である, 威勢が, 嫌に, 子では, 子供の, 子供らに対する, 子供等に対する, 存在は, 安否を, 宗円も, 室には, 室の, 室へ, 室リキ子が, 宮家へ, 家が, 家と, 家という, 家には, 家にも, 家は, 家より, 家康から, 家康によって, 家時を, 家来であった, 家業は, 容姿の, 寄席の, 寝台の, 審言は, 寵愛を, 対馬が, 尊霊が, 少時の, 尖がった肩, 居間へ, 山の, 山荘の, 左の, 左官職人が, 左衛門尉義盛さまが, 市郎左衛門も, 平田将監様の, 年齢でございます, 幸隆の, 店に, 廿二観世音大夫清孝が, 式部卿の, 弟が, 弟な, 弟にあたる, 弟の, 弟は, 弟子であった, 張薦も, 強制に, 弾正の, 影法師なら, 影響と, 影響を, 役場の, 彼に対する, 後を, 御兄弟, 心には, 心持を, 忍苦の, 快活と, 思い出が, 思い出や, 性格などによって, 怪異譚の, 恰好を, 悪い方, 悲慘よりも, 意匠を, 意見で, 意見を, 愛から, 愛が, 愛に, 愛情は, 感化を, 感慨を, 成吉思汗を, 所に, 所の, 手が, 手であるらしい, 手は, 手前甚だ, 手帖に, 手段を, 手首を, 批評は, 指圖と, 摂津守忠房島原城主として, 故右大将, 教と, 教育の, 教訓と, 文庫も, 方であろう, 方へ, 日記だ, 旧宅に, 昌秋が, 昌秋と, 明石正風の, 昔の, 昭烈廟へ, 時に, 時には, 時代から, 時代と, 時代に, 時代において, 時代の, 晩年についての, 晩酌の, 智恵によって, 曰くこれは, 書架を, 曹騰は, 朝右衛門が, 本当の, 本葬を, 李広の, 条件だの, 杯で, 柘植宗庵が, 梅壽さんが, 業に, 様子が, 機嫌を, 歓喜ある, 武勇譚から, 歯牙は, 歸郷, 死が, 死に際し, 死に顔だの, 死ぬ時, 死や, 死んだこの, 死んだ時, 死因と, 死後家と, 死後樺太の, 死後秋三の, 歿後母が, 殘した, 母は, 母も, 毒舌には, 気に入りませんでした, 気の, 気性を, 江戸土産を, 沒後よく, 没後久しく, 治右衛門は, 注意を, 灌園は, 為作であった, 爵位を, 物を, 物語, 物語で, 狂死から, 王の, 甚平が, 生きのこって, 留守を, 番頭であった, 異様な, 疳癪声が, 癌であった, 発意で, 白髪頭が, 白髪首級を, 目利の, 眉間へ, 真似を, 眼が, 眼も, 着た物, 着物を, 知人であった, 知己が, 石舟斎などには, 石舟斎の, 神の, 神は, 祭典の, 秘密の, 章を, 竹の, 筆蹟で, 箴言は, 終生の, 維時の, 繰廻し, 罵りと, 義左衛門も, 義弟の, 義明が, 義理の, 老侍從ブリッゲ, 耳に, 耳の, 肖像だ, 肖像畫が, 肩に, 背後に, 背後へ, 胸は, 腎臟を, 腕から, 腕を, 自分に対する, 自殺の, 若い時, 若かった, 苦労を, 英則が, 英清などの, 葬式に, 蒐めた, 蔵書は, 蔵書を, 薫育に, 蘭岳が, 血が, 血を, 行為の, 行爲の, 表情は, 袖を, 裕八郎が, 親王に, 親身の, 言うこと, 言葉は, 言葉も, 言葉を, 言葉尻を, 記憶と, 訪れ, 許には, 試験的出来上り品を, 話では, 語り草と, 説教が, 説明を, 讐の, 豪快な, 賛辞に, 贈物の, 贔屓に, 赤黒く全く, 趣味は, 足が, 身体の, 迎へに, 追窮にも, 逆襲を, 造つた木地を, 運命をも, 道具を, 道徳とは, 道楽で, 道楽の, 遺志でも, 遺物である, 遺言などとて, 部屋の, 部屋へ, 重正には, 重豪と, 金モール服や, 金婚式から, 金婚式へ, 針目寛斎父の, 鉱山といった, 銀貨勲章をも, 陵の, 隆信と, 隠した巨億, 隠れ家を, 隠居所にと, 非凡な, 面会に, 面倒も, 面倒を, 面前へ, 面影などが, 頃から, 頃に, 頬っ, 頭が, 頼みにより, 顔いつ, 顔が, 顔さえ, 顔に, 風あり, 養育で, 高坂対馬に, 高声, 魂がぞ, 鼻先き, 鼻柱を

▼ 祖父~ (548, 19.9%)

8 言った 6 自分の 5 それを, 彼を 4 私が, 私の 3 いつもの, 一つの, 四角な, 彼に

2 [21件] そのため, また, ゴーリキイを, 不弥, 両方の, 叫んだ, 壺の, 嬉し涙を, 手を, 新吉の, 泉水の, 炬燵に, 父の, 白虎隊の, 皆な, 眼を, 笑って, 答えた, 膳を, 言って, 鼻を

1 [462件] あたりを, あとで, あのなつかしい, あの星, ある神, いった, いつしよ, いつた, いつまでも, いつも碁, いわれたそう, うなった, うまかった, うるさい古, おなかを, お千賀, お城, かういふ結論, かつて禅僧, かれの, きき終って, きっと十四両秤, きまって, くそみそ, ぐつすり寐込んで, けろりと忘れ, こうして翁門下, こう切り出し, こう語りきかせ, こつそり家, この助ちゃん, この披露, この次女, こんなこと, さう, さうい, さまざまに, しつかり身, しばしば夕方, じっとし, すつかり, そこで, そつと, そのあわれ, その宝, その意, その葬式, その頃, それが, それどころで, それまで, それらの, そんな甘い, たいてい聞き入れ, たいへん剛胆, たいへん毛深い, ただもう, たちまち次男, たびたび目, たるんだ瞼, たわいない稚な, ちらと, ぢだ, とうとう独り言, ときどきその, どうなる, どう働いた, どさくさまぎれ, どんなこと, どんなに喜ぶでしょう, どんぶりの, なかった, ひげ, ひとり湯に, ひよつと, びっくりし, ふと小径, ふと燧鉄, ふり返り, へんに, ぺつと唾を, ほつと, まじめな, またムク犬, また大津絵, また言った, まだ餉台, まったくあなた, むごい扱い, めちゃくちゃな, もうそろそろ退屈, もう七十以上, もったいぶった様子, もっとうまく, もっと小さい, もともとそれ, もと佐々田綱浄, やがて染物工場, やはり頑として肯かなかった, よく咳払い, よく聖書, よく言え, よほど正直正道, よほど趣味, わたくしが, わたくしの, わたしが, わたしたちの, クリストフの, ゴーリキイの, ジル, タラオス王たり, タラオス王者の, チェーフという, ハタと, ピッチーニの, フランソア・マリー・ハスレルの, ブオナパルテと, ベルリオーズが, ペッと, ユダヤ人を, ランプよりも, ヴェネチアで, ヴォローネシ県の, 一代に, 一層ひしと毛皮外套, 一所懸命その, 一方の, 一時主家の, 一橋の, 一面は, 丁髷を, 七十ばかりにて, 七十余りで, 万に, 三人前として, 三十前後の, 三吉の, 三業取締の, 上村貞八と, 上機嫌に, 世に決してない, 両親より, 九十二歳まで, 九十歳の, 九歳の, 二人の, 二君に, 云った, 云つて貸し, 井上円了の, 井戸を, 亡くなつて, 人物の, 今では, 今にもそいつ, 今思つて, 他ならぬ, 他易く, 代々鎗一筋の, 以前は, 体格が, 体躯は, 何かという, 何かと原敬, 何とも, 何もかも只圓翁, 何事も, 何度と, 例の, 依然として聞き容れなかった, 俗に, 俳諧を, 倒産した, 僅か六十一歳, 元来仕度に, 元来私, 元気でおります, 兄に, 全財産, 公債を, 凡そ意気揚々, 凡庸で, 出かけたの, 出会う度, 分家で, 前よりも, 剣術が, 力を, 助公, 勿論早朝, 医師と, 十字を, 厠に, 去年の, 口を, 古いピアノ, 只圓翁, 叶わぬ口, 同じく, 周防国玖珂郡通津浦の人に, 唾を, 商売気が, 喉で, 喋り乍ら, 喧嘩前の, 嗤つた, 嘆声を, 器用な, 四十六歳, 四十年間の, 四方から, 困却し, 園と, 土屋彦六と, 土耳古, 在番, 坐ると, 壮年の, 声が, 声高く, 壺から, 外出を, 夜更までも, 大久保利通と, 大分前に, 大和飛鳥の, 大喜び, 大胆にも, 大通の, 大阪町奉行であった, 大音楽家, 奥から, 妖怪どもに, 嬉しいよう, 孫が, 孫の, 安政の, 家に, 容赦なく, 寒さうに鼻, 小さい公国, 小さい時, 小林玄端父は, 小田原の, 屹と, 屹度斯う, 帰つて来ない, 帽子を, 干乾びた山椒魚, 年を, 幾分後悔, 幾度と, 弟の, 弾正である, 当時六歳に, 彼が, 彼にたいして, 彼の, 彼らの, 心の, 心配し, 怒った時, 怖ろ, 思い出したよう, 思う通り, 思つた, 思はず羊皮, 急に, 急速度, 性質が, 性質も, 恐怖と, 悲鳴を, 愈々肩, 感謝の, 慶応四年に, 手に, 手紙を, 承知しなかつた, 折り悪しく, 播州, 敵の, 斯う, 斯んな, 旅人の, 既に程度, 既に胃癌, 既成権力と, 旧名三郎平黒田藩の, 旧藩時代から, 昂然として, 明らかに, 明治八年に, 時々あまり長く, 更に新, 曾て, 最後に, 最後の, 月並の, 朝から, 朝飯を, 村から, 村を, 根かぎり眼を, 極めて安楽さうに吹聴, 極りわる, 権柄ずくで, 次女にだけは, 歌を, 止めの, 正木の, 正福院, 武士で, 歿く, 殆ど日曜日毎, 殺され自分, 母に, 母の, 母親には, 毎晩の, 毎朝コゼットへ, 気の毒な, 江戸通いの, 泣きやんだらチョコレート, 泥酔する, 漢法医だった, 潰走の, 炉端で, 熱い湯, 熱心な, 熱心に, 父と, 父に, 片方の, 狂わんばかりに, 独立戦争の, 独語を, 猫を, 獰猛な, 王牌の, 瓜畑へ, 生きた心地, 生命か, 生涯時を, 男を, 町の, 町奉行父は, 百姓であっ, 百尺上から, 盃を, 盗人に, 相当な, 相談役か, 真面目な, 着物の, 着馴れぬ, 矢代の, 知合の, 破産し, 碁に, 確かに, 祖母に, 祖母を, 私共の, 突然その, 立ち上がった, 立ち停る, 立上ろう, 笑いながら, 管弦楽の, 米沢藩で, 細い灌木, 経書では, 結婚を, 総督夫人の, 美津江から, 羽織の, 老いて, 考へた, 聡明な, 胆つ, 胆を, 能書であっ, 脇へ, 脈は, 腦溢血を, 腹の中では, 腹切って, 腹立ちまぎれに, 膝かけに, 自ら言った, 自分が, 自分で, 自分としては, 自分は, 自家製の, 至つて了見の, 興津右兵衛景通と, 若いとき, 若い妾, 若年の, 荷馬車を, 落着き過ぎた, 街道筋に, 衡府儀賓すなわち, 装束扱いが, 見たり, 言ったの, 訊いた, 話して, 話を, 語るべき言葉, 財産分配の, 買って, 買つて来た, 賭博を, 赤児が, 踵で, 躍起にな, 軍閥政治の, 通りの, 進取の, 運送曳き, 達者であり, 遠慮会釈なし, 酸いも, 重々しく研究的, 重い口調, 野武士の, 金モール服で, 釣が, 鉛筆の, 鋤を, 鎖国思想の, 鎖國思想の, 長く眠れない, 長上衣を, 閉口し, 関白基経の, 陸中盛岡の, 階下に, 随分よく人, 隠居所に, 雪の, 電気を, 電氣を, 非常に, 面白が, 頭から, 頭の, 頷いた, 頻りと, 顔出しは, 飛鳥の, 食卓のうへに, 飽くまで潔よし, 首を, 馬鹿正直者で, 鬼柳村の, 黒田藩御用の, 默って

▼ 祖父~ (270, 9.8%)

3 死んで

2 [16件] それを, だしぬけに, やって来て, 云つた, 僕を, 勤王の, 地球儀を, 晩年を, 死んだので, 歿く, 白虎隊の, 自分の, 若い時分, 言った, 言つた, 隠居し

1 [235件] あっさり, あまりに頑固, あまり強い, ある古物商, あんなに怒ってる, いかなる感情, いつもより, おなじやう, かつて丘, きたの, きついカトリック, けっして意地悪, この老人, そう呼ばれる, そこに, その画, そばから, それでは松茸, そんなにまで, だんだん身体, つけたもの, つとめて, でたらめに, とって, どんなにか, なおらないもの, なくなった時, なくなつ, なったが, ふと振り, ぼくの, またアメリカ, また強く, もっともよい, もっとも親しく, やがて自由, やって来ないと, クリストフの, ホツホツホツ, 一人きり, 一人真面目に, 一向きな, 一寸は, 一杯気嫌, 一番ひどく, 一郷の, 上機嫌である, 不図, 不正無尽の, 不法な, 世話を, 両手を, 丸の内の, 丹念に, 亀甲万の, 五留金貨を, 亡くなったの, 亡くなったので, 亡くなりますと, 亡くなり代, 亡くなると, 京都高倉三条南入, 人物を, 仕立て時, 代官中の, 以前侍であった, 住む信州, 何か, 何べん, 何んな, 余り気立, 余り過度, 使った遠目鏡, 使つてゐた, 健全だ, 僅か三つ, 元の, 兄を, 先代から, 凡そ想像, 出て, 別して名高かっ, 勇壮な, 十二世な, 半畳を, 危篤の, 参事司補に, 取合わないもの, 受けた, 叙情詩熱に, 叱ツ, 同意を, 呶鳴つた, 呼び寄せたの, 回復した, 在世し, 在番, 地隙を, 墓へは, 売らなければ, 外出する, 夢想した, 大きな声, 大声に, 妖女と, 威猛, 子供らを, 完成後に, 宗門の, 客死せられた, 将軍家の, 尋ねた, 小さい時, 小用を, 居たこと, 山霊の, 工藤祐経の, 市会議員を, 帰って, 帰つてから, 弱りきって, 彼を, 徹太郎叔父と, 心配する, 忘れた祈祷, 急所を, 慨歎に, 我ま, 或る, 或夜, 戻つたの, 戻つて來, 手に, 手を, 手籠を, 抜いた方, 拝領を, 控えて, 揺起し, 支配し, 斯んな, 早くから, 早く死んだ, 昔気質ので, 時々いくページ, 智恵を, 書いて, 書物を, 最上家の, 最後の, 有江という, 未だ在世, 本当に目, 村の, 果した文化的, 果してアルミニュス, 死に今, 死ぬ三月, 死んだそれ, 死んだといふ, 死んだとき, 死んでから, 歿した, 求めて, 波蘭の, 満足し, 満身の, 漠然と感じ, 熱心に, 燗鍋に, 物乞へる, 物語るかぎり, 独りで, 猫を, 獄舎に, 甜瓜を, 生きて, 生涯に, 田舎へ, 申すの, 病を, 百年の, 着たもの, 矢張然, 短気な, 碁盤を, 祈るの, 祖母から, 私に, 私達の, 積み重って, 突然口, 突然声, 立ってるの, 笑いながら, 織田今川などの, 翁の, 聞いたん, 聞きたいと, 聞き咎めて, 肩を, 背後から, 自分を, 舌を, 若いとき, 若いとき祖父, 落ぶれ, 蔵を, 血統の, 言ったこと, 訊いて, 話を, 説明した, 読んだという, 謂って, 負けといふ, 買つて下すつた, 費消する, 起き出て, 足を, 車から, 通ひ慣れた, 郡山藩の, 里方へ, 釣を, 鉈豆煙管を, 長い柄, 間違えは, 集めた書画骨董, 震災の, 頬被りとったら, 餘命幾許も, 馬廻り役を, 鳥羽上皇から, 鹿爪らしい

▼ 祖父さん~ (162, 5.9%)

5 のこと 4 はこの 3 のお, のところ, は, も同じ 2 が死ん, でも, の好き, の弟, の方, はいつたい, は何日, や祖母さん

1 [125件] からしばしば, からひどく, から先, から聞いた, から賞め, か父親, がそう, がなくなっ, がなくなり, がウイルレム一世, が五十年, が亡くなられ, が來, が剣道, が大きな, が孫, が御, が撃, が昔, が漢学者, が父さん, が猟師, が生れかわった, が目, が言つた, が鉄砲, が鍛, が隣村, だ, だけにこんな, でした, というひと, といふ人, とでも, と祖母さん, と雇い, にあたる人, に似, に小言, に性病, に持ちたい, に訊い, のい, のはどれ, の久能, の云った, の咳払い, の唇, の墓, の声, の妹, の家, の手製, の書いた, の書院, の植ゑた桐, の法事, の由兵衛, の看病, の若い, の落胆, の西域, の記念, の謡, の遺品, の遺物, の雄勁, の集めた, の領地, の頭顱, はいつ, はおっしゃいました, はこういう, はこれ, はしばしば, はただ, はとうとう, はまだ, はまったく, はやがて, はよちよち, は中風, は事, は二人, は他, は僕, は六十年前, は其の, は十七, は半ば工合, は外, は好き, は字, は學問, は少し, は岸本, は左, は平常, は強い, は当時, は懐, は父さん, は猫, は用, は百姓, は私, は血だらけ, は銅壺, は面白い, もお, もなかなか, もろくに, も何時, も幾らか, も死ん, も考えた, も腰, やお父さん, をまごつかせた, を中心, を少し, を屈服, を描い, を殺す, 暗くし

▼ 祖父~ (138, 5.0%)

6 のお 4 のよう, の御 3 は御 2 がお, ただいま, にね, にコンナ事, に言いつけ, の前, はね, やお, らしくなられ候

1 [103件] えのう, お祖母様, お祖父様, からお, からのお, からも手軽, から最早, があります, がいた, がおいで, がどん, がもうしばらく, がイヨイヨホントウ, が不, が亡くなられたら, が座っ, が御, が御覧, が悪, が悪い, が拵え, が欲しい, が無くなられる, が生き, が町, が通り掛っ, が金吾様, が阿蘇, くらいの愛, ただ今帰りました, だから, だけは笑われず, では, とあなた方ふたり, とお, とお呼び, とても許しませぬ, と一緒, と病人, と話し, と貞夫, どうしてそんな, どうぞ孫兵衛, ならお, にいいつけ, にこの, にした, には貞夫, には面目, に会っ, に差上げた, に舶来, に説いた, に適合, に鼈甲縁, のこと, のもの, の丸薬, の代わり, の古い, の右手, の塾生, の夜網打ち, の宮様, の帯, の手箱, の時分, の清廉潔白, の玉川, の紙位牌, の股間, の背戸畑, の謎, の貞夫, の顔, は, はお, はこの, はその後, はそんな, はまだ, は中風, は亡くなられた, は何と, は元, は大層, は座布団, は果敢なく, は江戸, は海, は私, ばかりは本当に, もおまえ, もきっと, もどんなに, も仰せられ, も花鳥風月, や叔父様叔母様, をもこんな, を見舞い, を説伏せ, ァ, 行って

▼ 祖父~ (96, 3.5%)

3 父とは, 祖母が 2 いっしょに, 一緒に, 二代の, 慎作との, 父が, 父の, 私は

1 [76件] いへば, した, その五つ, その兄弟, その妾, それからもう, なると, よんで, 一しょに, 両親とに, 二人で, 二人にて, 二人酒船の, 五十年つれそった, 五十年連添った, 代わったの, 仰がれて, 仰ぐ八十九歳, 仲の, 仲を, 伯父とが, 佐倉藩で, 共作した, 其の三人, 反対の, 古くから, 同じく道秀, 同じやう, 同じ位, 同じ助太郎, 同じ名, 同時代, 同様寄宿舎に, 和解した, 大叔母とに, 大差なかつた, 大阪おばあさんと, 妣位の, 妹は, 子が, 孫, 孫とが, 孫との, 孫の, 孫ほどに, 孫娘とが, 客間で, 家を, 徹太郎叔父とは, 悪夢の, 日向ぼっこでも, 武さんが, 母, 母と, 母とが, 母親と, 氣の, 浪ちゃんの, 父でなく, 父との, 父は, 父親が, 百姓とは, 知り合いだった, 祖母との, 祖母とは, 祖母の, 私達とは, 私達兄弟とは, 竹馬の, 言ひ, 財産あらそい, 違って, 青木さんが, 風守の, 馬車の

▼ 祖父~ (93, 3.4%)

5 当る人 2 似て, 就ても, 連れられて, 頼む筈

1 [80件] あたらるる明石正風どの, あたる, あの摂政時代, いたっては, お八つの, かわいがられた娘, この絵, しては, しなくては, しろ思はず婆さん, すがりついて, その金額, そんな事, そんな面白い, ちっともなつかない, ちやほやされ, つき離された松女, つれられて, とられる貧しい, なって, なつた, ねだった, もう二度と会えない, よく似, よばれて, れいの, 一番似, 一番効く, 一眼会いたい, 不從順, 不機嫌な, 事う如くすべし, 云つて, 仕えては, 仕へて, 仕込まれて, 伴れられ, 似てるとさえ, 儀右衛門と, 元信, 出あふと, 出遇, 別れた朝, 古代スラヴ語を, 向かって, 報じた, 好く似, 宋公諱を, 就いて, 当たる人, 当ります者, 当る, 当る主人太兵衛, 当る人間, 当る器量人, 当る富五郎, 当る松木龍之進, 忠実な, 愛されて, 手を, 持って, 持つおま, 挨拶した, 掴まって, 明治への, 死なれて, 母に, 狐妻の, 笑われてると, 笑われてるよう, 聞くと, 育てられて, 至る間, 見せたらその, 見せますと, 言うと, 言訳を, 訊ねた, 連れて, 願ったが

▼ 祖父~ (75, 2.7%)

13 祖母も 4 父も 2 曾祖父も, 絵が, 赤ん坊も

1 [52件] あまつさえ義兄弟, あんな風, そうであった, その前, その根本, それに, そんな辛棒, ついにさじ, なぜだ, にやにや笑い, また友人, まだその, みんな一度は, やはり伯父, ゴーリキイに, 三業取締の, 亡父も, 何ひとこと言は, 前述の, 半年の, 叔父も, 同じよう, 嗅いだこと, 大して劣らない, 大抵の, 居らず私達, 店を, 手跡は, 楼桑村の, 永機であった, 決してそれ, 混って, 父の, 父方の, 百姓だった, 百姓だったらしい, 矢張言葉遣いに, 祖, 神さまの, 私が, 穏やかに, 笑いながら, 筑波で, 肌寒い思ひ, 苦笑でしょう, 見習い時代, 言葉を, 釣を, 銅像が, 頑固一徹に, 養子であった, 馬よりも

▼ 祖父~ (65, 2.4%)

2 家長と, 見舞に, 連れて

1 [59件] いつも頭, いとしく思った, お前は, かついだおもしろ, かついだ面白, じっと見つめ, つねって, つれて, つれもどったという, ながめた, はじめ傍に, はじめ父母兄弟に, ますます怒らせ, もち貴族出, よく知っ, よろこびと, わるくいっ, 偲ぶとき, 傍らへ, 共にする, 初めとして, 助けて, 口惜しがらせた, 呼びつけて, 呼び寄せて, 唆して, 喪つた, 嫌悪する, 引きもどした, 忠州と, 思い出して, 感化し, 憎んで, 手古摺らせた私, 打つ真似, 扶け, 捨てて, 新十郎, 来させないやう, 死なし又, 笑はせる, 笑わせる積り, 納得させる, 絶望さし, 背に, 葬ったその, 見おろしするする, 見た事, 見つけて, 見習うては, 見舞いに, 見舞つたのを, 覚えて, 親しみなく, 詰つた, 護し, 辛棒つよい, 辱し, 里正

▼ 祖父から~ (53, 1.9%)

4 聞いて 2 きいた話, 叱られたり, 注意されてる, 盃を, 聞いた話

1 [39件] きいた山窩生活, ぐずぐず言われた, たいへんな, はじまったもの, もらったうまい, わたくしの, 一喝を, 云はれた, 受けついだ謂わば, 受け継いだ遺伝, 命ぜられて, 唐突に, 大人並に, 子供のを, 孫の, 彼の, 怒られ叱られは, 教会に, 教会用の, 教會に, 朝夕の, 母へ, 父母へ, 甘い砂糖菓子, 発して, 終日何だか, 聞いたとおり, 聞いた英雄, 聞かされた實話, 聞き伝えて, 腹だちまぎれの, 譲られたとか, 譲られた大切, 辛く扱われ, 追い出された時, 連れて, 遠ざかるに, 頑健な, 香以自身までの

▼ 祖父ちゃん~ (40, 1.5%)

3 は黙っ

1 [37件] から祖母ちゃん, があがっ, がもっ, が帰っ, が東京, が然, が長い, というの, との間, にこまごま, にもようく, にも一言, に似た, に叱られる, に向っ, のこれ, の下駄, の俥, の坐り工合, の声, の心持, の拡げた, の新聞, の方, はしとしと, はもうちゃんと, は一日, は煙管, は用心, は祖母ちゃん, は自分, は自分ひとり, は草箒, ぼけて, も働かんならん, も遂に, 本当にミツ子こと小包

▼ 祖父~ (40, 1.5%)

4 父の 3 父が 2 んの, 母が, 父や, 祖母が, 祖母に

1 [23件] んは, んも, 両親は, 伯父達の, 侍女たちの, 叔父ゴットフリートの, 叔父叔母みんなの, 叔父叔母みんなを, 影山などの, 怒らん, 曾祖父が, 母たちに, 母の, 母親が, 父たちは, 父は, 父も, 父を, 父母や, 父親は, 祖母なんか, 祖母に対してすら, 祖母また

▼ 祖父さま~ (33, 1.2%)

2 お祖母さま, のお

1 [29件] があなた, が恋, が摺もの, が病気, が義太夫, ですか, ですよ, にお願い, に馴れ親しん, のとこ, のよう, の思出, の枕もと, の機嫌, の水晶, の生涯, の肩, の顔, はお, はこんど将軍様, はそれ, は一人きり, は娘, は山中, は朝, は此時冗談半分, は永い, は軈て, を見

▼ 祖父祖母~ (17, 0.6%)

2 の寵愛

1 [15件] お久しゅう, が下女下男, が顔, なおその, など打, のやう, の側, の問, の墓, の孫, の葬っ, の間, もその, を待つ, を除外

▼ 祖父殿~ (11, 0.4%)

1 [11件] が, が事, が工夫, が手, が手細工, の真似, の許嫁, はの山伏, は家, は繁昌, を然

▼ 祖父にあたる~ (10, 0.4%)

2 人は 1 ミウーソフ氏つまり, 七代の, 人, 人である, 人の, 伝右衛門の, 家時公の, 左近衛門というは

▼ 祖父には~ (10, 0.4%)

2 それが 1 いくらも, その山, もうそれ, 人に, 内密に, 数人の, 街道筋を, 馴染が

▼ 祖父という~ (9, 0.3%)

3 人は 2 のは, 人が 1 のが, ものを

▼ 祖父~ (8, 0.3%)

2 あつた 1 あらう, おゆう, でも, 一時は, 且つ前, 銅像は

▼ 祖父~ (7, 0.3%)

1 と, という老人, といふ, とか顔, とでもいう, と断言, のが

▼ 祖父なる~ (7, 0.3%)

2 ものは, 人は 1 ものの, 人が, 信階の

▼ 祖父~ (7, 0.3%)

2 よりし 1 が子供, のこと, の三十三年, の遺業, は風雅人

▼ 祖父~ (7, 0.3%)

1 から北, から右, から岩小屋沢岳, とを連ね, のひだり目, の雲ノ平, の額

▼ 祖父~ (7, 0.3%)

1 が亡くな, であ, なの, の聲, はさも, は被, や父樣

▼ 祖父~ (6, 0.2%)

1 とにかくまるで見, 教師かの, 曾祖父にあたる, 曾祖父の, 祖母に, 祖母の

▼ 祖父たち~ (5, 0.2%)

1 がそんな, にはなかなかどうして, の家, の方, の眺め

▼ 祖父でも~ (5, 0.2%)

1 ある人, あろうホテリング, ない, 兄でも, 自分一人繻珍の

▼ 祖父とが~ (5, 0.2%)

1 あって, 並んで, 扉の, 眠って, 財産を

▼ 祖父とは~ (5, 0.2%)

1 すっかりまごついた, よく気, 全くちがった, 日夕相往來した, 茂庭佐月の

▼ 祖父君南家太政大臣~ (5, 0.2%)

4 には叔母君 1 には叔母様

▼ 祖父武智麻呂~ (5, 0.2%)

3 のこ 1 のここ, の亡くな

▼ 祖父淡海公~ (5, 0.2%)

5 などは古き

▼ 祖父ちゃんと~ (4, 0.1%)

1 あんなあわただしい, ならどこ, ミツ子を, 一緒に

▼ 祖父に対する~ (4, 0.1%)

1 なつかしみは, 一種の, 反感から, 私の

▼ 祖父信玄~ (4, 0.1%)

1 の血, の衣鉢, ほどの人物, やその他

▼ 祖父半六~ (4, 0.1%)

1 が隠居所, が隠居時代, にし, は六十六歳

▼ 祖父本皓~ (4, 0.1%)

1 が即ち, である, の実子, の庶子

▼ 祖父灌園~ (4, 0.1%)

1 なぞも屡々, に話したら, は方々, は非常

▼ 祖父そして~ (3, 0.1%)

2 インデイアン・システムは 1 よき友

▼ 祖父だけが~ (3, 0.1%)

1 一人二階に, 一人残っ, 頼りだつた

▼ 祖父である~ (3, 0.1%)

1 入道が, 大臣の, 大谷句仏氏は

▼ 祖父とか~ (3, 0.1%)

1 曾祖父と, 父とか, 父母とかいう

▼ 祖父との~ (3, 0.1%)

1 対談を, 間に, 関係は

▼ 祖父などは~ (3, 0.1%)

1 ないもの, 昔の, 百姓の

▼ 祖父への~ (3, 0.1%)

1 親愛を, 責任の, 距離を

▼ 祖父までが~ (3, 0.1%)

1 折角勧める, 折角勸め, 見違えるよう

▼ 祖父三右衛門~ (3, 0.1%)

1 がいろいろ, の遺志, は七十

▼ 祖父~ (3, 0.1%)

1 の代, の天皇, の年忌

▼ 祖父以来~ (3, 0.1%)

1 の名主, の城池, の駿

▼ 祖父信政~ (3, 0.1%)

2 の妻 1 は信栄

▼ 祖父儀右衛門~ (3, 0.1%)

1 がどんな, の四人, の墓

▼ 祖父家時~ (3, 0.1%)

2 の置文 1 どのみたい

▼ 祖父尊様~ (3, 0.1%)

3 がお

▼ 祖父時代~ (3, 0.1%)

2 に岐 1 までは家伝

▼ 祖父様方~ (3, 0.1%)

1 がいろいろ, が作っ, はお

▼ 祖父自身~ (3, 0.1%)

1 になり, の呼び, の意志

▼ 祖父~ (3, 0.1%)

1 の遺業, は新吉, は武さん

▼ 祖父いさん~ (2, 0.1%)

1 のカルロ, の代

▼ 祖父こそ~ (2, 0.1%)

1 かえって父, じつは聖人

▼ 祖父さんだつ~ (2, 0.1%)

2 て何

▼ 祖父さん祖母さん~ (2, 0.1%)

1 のところ, の云う

▼ 祖父さん許~ (2, 0.1%)

2 り攻撃

▼ 祖父であった~ (2, 0.1%)

1 助太郎貞彦は, 運平老の

▼ 祖父であり~ (2, 0.1%)

1 ながらいざ, 師である

▼ 祖父では~ (2, 0.1%)

1 あったが, ないかと

▼ 祖父といふ~ (2, 0.1%)

1 のが, 人は

▼ 祖父とともに~ (2, 0.1%)

1 初めて官邸, 波瀾の

▼ 祖父とも~ (2, 0.1%)

1 友人らとも, 同じな

▼ 祖父にも~ (2, 0.1%)

1 似て, 運命にも

▼ 祖父によって~ (2, 0.1%)

1 では, 蕩尽された

▼ 祖父に対して~ (2, 0.1%)

1 感ずるよう, 遠慮気の

▼ 祖父に当たる~ (2, 0.1%)

1 七郎兵衛の, 金兵衛先代伊之助それらの

▼ 祖父のみ~ (2, 0.1%)

1 墓今ぞ, 髯愛しく

▼ 祖父はちよ~ (2, 0.1%)

1 つと休んだ, つと立ちどまつ

▼ 祖父より~ (2, 0.1%)

1 代々朝廷に, 親父も

▼ 祖父らしい~ (2, 0.1%)

1 老翁が, 者という

▼ 祖父カシーリン~ (2, 0.1%)

1 がヴォルガ, は母

▼ 祖父ジルノルマン氏~ (2, 0.1%)

2 のもと

▼ 祖父伊兵衛~ (2, 0.1%)

1 が七十余歳, の妻

▼ 祖父信階~ (2, 0.1%)

1 の師武田長春院, の称

▼ 祖父~ (2, 0.1%)

2 十郎惟清の

▼ 祖父家康~ (2, 0.1%)

1 の素志, の賞め言葉

▼ 祖父尊樣~ (2, 0.1%)

2 がお

▼ 祖父或は~ (2, 0.1%)

1 御父君, 父が

▼ 祖父李広~ (2, 0.1%)

1 の名, の射

▼ 祖父様私~ (2, 0.1%)

1 はほんとに, は元

▼ 祖父清康~ (2, 0.1%)

1 が天文四年尾州守山, が岡崎

▼ 祖父~ (2, 0.1%)

1 というもの, の姿

▼ 祖父玄澤~ (2, 0.1%)

1 は書中, は長崎

▼ 祖父石舟斎~ (2, 0.1%)

1 からも師父但馬守, のおす

▼ 祖父祖母母~ (2, 0.1%)

1 のお手伝い, もお手伝い

▼ 祖父米庵~ (2, 0.1%)

1 が, に就い

▼1* [176件]

祖父かが江戸に, 祖父かもつと遠い, 祖父からの教育, 祖父がさへぎつた, 祖父ぐらいのものであった, 祖父さま譲りの土地, 祖父さんおれの言う, 祖父さん思いだな, 祖父さん祖母さん伯父さん伯母さんの顏, 祖父さん祖母さん子でまた, 祖父さん私は早く, 祖父さん鳥がゐる, 祖父そっくりの頑固者, 祖父そつくりやぞな, 祖父たり息子たり, 祖父たる自分が, 祖父だけは躯を, 祖父だらうなどとは思ひ, 祖父ちゃまおやすみな, 祖父ちゃんいつかみたよ, 祖父ちゃんミツ子をいびってないだろう, 祖父ちゃん一日何して, 祖父ちゃん子なので, 祖父でさえ目の, 祖父として松栄を, 祖父としての感情現実家としての, 祖父とでは大変に, 祖父とに倣って, 祖父とを呼んだ, 祖父ので出来る, 祖父などに会えるという, 祖父なども私たちを, 祖父ならびに祖母の, 祖父なんかは殆ん, 祖父にたいするオイレルの, 祖父にだけまだ言葉, 祖父については私は, 祖父にて九百六十九年生きた, 祖父に従って百姓仕事に, 祖父はがつかりして, 祖父はずつと蝙蝠の, 祖父はぞつとした, 祖父はつひに, 祖父はばくちを, 祖父びっくりして, 祖父告げねばと, 祖父また老紳士, 祖父または父の, 祖父まである, 祖父までに至る家族, 祖父まではこの東京, 祖父みたいに, 祖父やはり若いうち宮仕え, 祖父やんのうしろ, 祖父ゆずりのお, 祖父ウゴリーノと共にピサ, 祖父トルストイの妻, 祖父ベルリンチオネの兄弟, 祖父ヤ祖母タチノ墓モ何処カ東京デナイ所, 祖父レフ・トルストイがぬけ出る, 祖父三代のうらみ, 祖父三右衛門翁が悪者, 祖父三右衛門老人の隠した, 祖父五郎兵衛義何方の穢多, 祖父京水の卑属, 祖父今安太郎左衛門の代, 祖父以來の戰功, 祖父以来今の陸中, 祖父以来儒者の家, 祖父以来進歩党時代からの国会議員, 祖父伊東玄朴は蘭書, 祖父伏牛が歿, 祖父伏牛親徳の墓, 祖父伝左衛門が加藤清正, 祖父伝来の鎧, 祖父伯叔父一統いずれも故人, 祖父伯父また叔父, 祖父似であることを, 祖父に當, 祖父佐十郎を永い, 祖父り, 祖父信虎とはことに, 祖父のゴットフリート, 祖父八木初といふ人, 祖父其屋に彼, 祖父十二人力金足などと称, 祖父半六父吉左衛門それから今, 祖父卯兵衛は物故, 祖父即ち安行の, 祖父司馬達等便ち舎利, 祖父呉懿二万余騎をひきい, 祖父四代目通詞目付庄左衞門は同じ, 祖父団右ヱ門のため, 祖父祖父と, 祖父大和守又兄, 祖父大納言頼宣に似, 祖父太政大臣平朝臣清盛公法名淨海, 祖父奧木佐十郎が顔, 祖父孫四郎の武士気質, 祖父安兵衛までは代々庄屋, 祖父宗伯義篤父忠琢成器長兄章斎義方の名, 祖父清の, 祖父実は孫の, 祖父に当たらせ, 祖父家時どのから三代め, 祖父富五郎はちょうど, 祖父小幡山城は信玄, 祖父小野蘭岳のひらきました, 祖父岡崎次郎三郎清康が忠行, 祖父岳北に五竜岳, 祖父峩斎はかつて, 祖父島津重豪は英傑, 祖父幽斎父三斎子光尚と, 祖父庄左衞門らの活動, 祖父庄左衞門以來英語の家柄, 祖父庄左衞門以來長崎通詞中で英語, 祖父彦七の代, 祖父の手, 祖父後に長政と, 祖父成吉思を助け, 祖父成吉思汗を援, 祖父或いは曾祖父の, 祖父才一郎が嘉永五年七月一日, 祖父葛原勾当自記の, 祖父十郎の, 祖父明了軒の代, 祖父明了軒以來西村氏の後, 祖父明石正風と近衛家, 祖父景祖の時, 祖父書上の矛盾, 祖父曽祖父をもち, 祖父曾祖父の革足袋, 祖父曾祖父以来というよう, 祖父東雲師の技倆, 祖父某四十年ばかり以前, 祖父様大笑いいたされ候, 祖父様川島郷七族のため, 祖父様時代の通り, 祖父樣私は螢, 祖父機山より以上, 祖父盛も, 祖父母兄たち姉たちみんなにその, 祖父河野通信の墳墓, 祖父清公は入唐, 祖父清蔵も恐らくは, 祖父瀬兵衛昶からである, 祖父灌園以外に船津権平氏兄弟及, 祖父父現在と三代, 祖父物語一名朝日物語に云う, 祖父玄俊の称, 祖父現在し玉, 祖父直々であった, 祖父石舟斎宗厳から新, 祖父祖母ゴーリキイの三人, 祖父祖母二人共きつと, 祖父祖母大叔母小婢, 祖父祖母肉身の親類縁者, 祖父祖母親子姉妹海山百里二百里とちりちり, 祖父禪門の御, 祖父秀三父楊庵である, 祖父之助, 祖父若狭父牛之助, 祖父英則はこの, 祖父藍渓が歿, 祖父藤原遠経, 祖父西村茂樹の現代, 祖父覇陵と学, 祖父譲りで使っ, 祖父越後北蒲原郡新発田町の豪商大倉定七, 祖父重和の妾腹, 祖父隆升軒信階筮仕の記念会, 祖父雅衛曾祖父裕八郎玄祖父儀右衛門の四人, 祖父音楽上の天分, 祖父高坂対島甚太郎を具, 祖父高寿覚は長崎, 祖父高望王の像