青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「祖母~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

社~ ~社会 社会~ 社長~ 祈り~ 祈祷~ 祖~ ~祖先 祖先~ ~祖母
祖母~
祖父~ ~神 神~ 神尾~ 神戸~ ~神様 神様~ 神田~ 神社~ 神秘~

「祖母~」 3335, 36ppm, 3237位

▼ 祖母~ (660, 19.8%)

15 顔を 9 家へ 8 話を 7 前に, 宮の, 話に 6 家に, 家の 5 お安, ところへ, 傍に, 手に, 方へ 4 口から, 家を, 話の, 話は

3 [15件] ことを, ために, 代から, 寝物語に, 所へ, 死を, 眼が, 肩に, 膝に, 膝へ, 膝を, 言葉に, 言葉を, 許に, 話では

2 [44件] おまん, お政, かたみ, ことが, ところで, ところに, ような, ように, 下枝子が, 下枝子と, 云ふ, 住居に, 傍へ, 名は, 喜びは, 埋骨式に, 声が, 姿が, 孫に, 室へ, 容態が, 寵愛は, 後を, 手で, 手を, 方が, 横に, 機嫌が, 死ぬの, 死ぬ事, 死は, 病気が, 眼に, 眼を, 箪笥の, 約束の, 胸に, 膝の, 臨終の, 衰弱が, 言うの, 言葉は, 許で, 頭には

1 [421件] あける窓, あとに, あとを, あるの, あわれさ, いい話相手, いたましい犠牲, いた開成山, いるうち, いるころ, いる場処, うたです, うまく調和, おかげで, おき土産, おむら, おもひで果, おもよ, お伴で, お初は, お化粧部屋, お友達, お膳, お話を, かたみの古金錢までも, ことなどを, ことについて, ことも, こと母の, しつけ方, そうした言葉, そう云う, そう呟いた, その言葉, そばで, そばでばかり, たいに, たみは, ためにと, ためには, だれも, ところにまで, ところや, にこにこした, まきが, まわりに, みじめさを, やうな, やさしい氣, やさしい笑顔, ようよ, わかりよ, ゐない空虚さ, アルフェーリエヴァからも, フサに, ペットだった, ヴィクトリア女王は, 一克さを, 下枝子に, 不幸で, 乳を, 乳房, 事が, 事は, 二位の, 二番娘伸子の, 云いつけでは, 亡くなったの, 亡くなった時, 亡なった, 仕業だ, 代が, 代すなわち, 代とは, 伯爵夫人に, 伴で, 伴を, 住み給, 使って, 信仰は, 側に, 側へ, 傍でも, 元明天皇も, 兄で, 兄の, 先祖にも, 八十の, 八十八でした, 写真が, 処へ, 分としては, 前が, 前で, 前では, 前は, 力に, 匹偶で, 収入の, 口へ, 口を, 右の, 名ない, 味方と, 味方に, 味方にな, 命の, 命令で, 哀しい追憶, 哀れな, 問に, 問題が, 問題についても, 善良父の, 喜びようと, 喪の, 喪は, 園と, 場合は, 墓とへ, 墓は, 墓兩親の, 声, 声さえ, 声掛りだ, 多数が, 夢枕に, 大声は, 大宮が, 夫婦は, 失言を, 女王を, 好きな, 好みで, 妖怪話が, 妹, 姉なり, 姪だけに, 姿だ, 姿と, 姿は, 姿や, 姿を, 嫁入り道具の, 子守歌, 孫たるの, 孫で, 孫に対する, 守り剣の, 宗教的な, 宗教的感激が, 定子でございます, 定子に, 実家の, 室に, 室を, 宮が, 宮に, 宮様から, 家で, 家では, 家は, 家までは, 家令の, 家庭訓に, 容態の, 寝息さえ, 寝物語から, 寝物語は, 寝物語りとから, 対立と, 尊に, 對立を以て, 小さい時, 小言が, 尼君が, 尼君は, 尼御台さまの, 居る茶の間, 居間で, 巾着を, 年輩の, 床に, 弟の, 弟新助, 影が, 影響を, 彼女に, 後ろに, 従兄だ, 心配は, 心配を, 恋物語を, 息を, 情の, 意に, 意を, 意味に, 意地の, 意志である, 意思が, 意見は, 意識は, 愛した躑躅, 愛で子供たち, 愛着それが, 感情を, 慈愛を, 態度に, 態度も, 懐で, 懐に, 懐の, 懐ろに, 懷に, 戒めも, 所に, 手から, 手元に, 手前で, 手助けを, 手許を, 手蹟らしい, 持薬を, 持論は, 指図に, 提言を, 教育態度は, 教訓を, 方から, 方で, 方の, 方を, 方寸に, 日, 日頃の, 昔気質から, 昔話の, 時から, 時代に, 来られるの, 枕ででも, 枕もとに, 枕元に, 枕頭へ, 栗と, 案内で, 棲んで, 業やれ, 楽しみらしかった, 様子が, 櫛や, 歌舞伎座だの, 歎き, 歓心を, 正面に, 死から, 死に, 死ぬ日, 死も, 死んだ時, 死体を, 死去した, 死因も, 死床の, 死後すっかり, 死後数年父母も, 死後母に, 死後私は, 死期が, 死期を, 母は, 母を, 氏である, 気が, 気に入りませんややともすると, 気分が, 気分も, 気持で, 注意を, 流し眼, 涙は, 溺愛の, 激怒を, 火葬へは, 炬燵の, 為とは, 為にも, 父なる, 父の, 父は, 珠数, 理窟ぬきに, 生前に, 生家の, 生涯の, 甥に, 用いた口調, 用事は, 疎開先へ, 病が, 病室の, 病気その, 病気の, 病気は, 痩せた頸筋, 白い顔, 白衣の, 目からは, 目に, 目は, 盲目的な, 看病の, 眼にさえ, 眼は, 睨みが, 瞳を, 矛盾には, 祖母が, 立ったの, 笑ひ, 笑顔だけが, 紋八二重の, 紡いだ糸, 結婚が, 結婚生活が, 縁故から, 縫取, 義務を, 耳に, 肌に, 肩掛も, 背中に, 背中の, 背後影を, 胴着と, 胸へ, 腰に, 腹に, 膝には, 膝にも, 芸術的な, 若い時代, 若い時分, 苦勞は, 葬って, 葬儀を, 葬送前後著しく, 表情は, 袂の, 袂を, 袖を, 袖無羽織の, 解釈も, 言うと, 言う通り, 言ったとおり, 言の, 言を, 言葉が, 訃を, 記憶力が, 許へ, 評言も, 話が, 話してるの, 話だ, 話で, 話には, 話も, 語ったところ, 語った怪奇, 諭しめ, 諭めを, 財布から, 財布からは, 貯金を, 身の, 身の上を, 身寄りの, 道楽は, 遺骨が, 遺骨の, 遺骨は, 部屋は, 部屋へ, 部屋を, 里で, 里方の, 里方長州鷹の巣の, 金を, 鏡立ては, 長い間, 間には, 陰に, 隔世遺伝が, 隠居し, 隠居部屋で, 雛は, 面が, 面だ, 面目を, 頂である, 頃から, 頃前の, 頭と, 頭の, 顏を, 顔が, 顔の, 顔付を, 顔色を, 願が, 食慾不振を, 首に, 騒ぎ立てる声, 骨折りでうまく, 體の, 髪が, 黒光りの, 黒繻子の

▼ 祖母~ (610, 18.3%)

8 私の 7 自分の 5 さう 4 急に, 眼を, 私に 3 それを, そんなこと, 君子が, 母の, 目を

2 [26件] いつもの, そこで, それに, だまって, 一人の, 九月の, 兄に, 又もや涙, 夫が, 帯の, 彼女の, 息を, 此の, 気の毒な, 気丈な, 炬燵を, 父の, 確かに, 祖父の, 私が, 笑いながら, 腹を, 自分が, 言った, 誰にも, 頭を

1 [511件 抜粋] あくる朝, あたしを, あちらへ, あなや, あは, ありったけの, あんまりよくは, あゝあゝあゝ, いいとも, いかにも尤も, いきなりみよ子, いくらか, いっそう安全, いった, いったの, いつの間にか膝掛, いつも, いつもする, いつもと, いつも仏, いつも病身, いつも綺麗, いろいろと, うっとりと, うれしそう, えらい労, おいしそう, おそらくそんなに呟い, おつとめ, おともさん, おとよ, おろ, お伝, お傳, お初と, お雪, かけ硯, かすかに, かならず米, かなりシッカリ, かばって, がらんと, きつぱり答, こう答えた, この人, この勲章, この墓, この姉, この婆さん, この屏風, これが, これぞという, これまでの, さっきから, さらに摺り, しまいには, しょぼしょぼした, じっとでも, すぐに, すっかり老い込み, すやすや寝, ずっと寝た, ずっと田舎暮し, そういう朗らか, そうは, そう何度, そう言った, そこに, その二, その噂, その子, その孫, その家, その後長く, その息子, その日, その時分, その濁った, その都度, その金, その長吉人形, その間に, その頃六十位, それとは, それなりトランク, そんな堂々たる同時に, そんな家, ぞんざいな, たあ, たいした苦, ただじっと, ただ人に, ただ唇, ただ漫然と, たった一人, ちゃんとした, ちらと, つくづくいわれました, つぶやいて, てんや, どうしていい, どうしてもその, どうしても信じなかった, どこまでも, どれ, どんな事, どん底の, なぜか, なぜ吉川, なにか気に入らぬ, なにも, ひそかに, ふるえる様, ふんと, ほくほくし, ほんとうに, ほんとに私, まさにそれ, まず自分自身, またいった, また軒, また長い, まだ半信半疑, まだ素直, まだ達者, まったく死んだ, みんなが, むきに, むろん父, めったに, もういない, もうききあき, もうその, もう七十, もう七十三歳, もう床, もう意識, もう聴かれる, もう覚悟, もう間もなく七十, やがて二階, やがて帰っ, やっと一家, やっと娘, やっと火, やはり室田, ゆうべの, よく働かれた, よく女中, よく子供, よく見, わざわざその, わたしの, アン, オルレアン公の, グッと, グングン傍, ゴーリキイの, ザブリザブリと, ニコニコし, フサ, ランプの, 一体に, 一寸その, 一寸云い, 一寸言葉, 一層きびしく, 一層同情, 一彰さんという, 一心に裁縫, 一念発起し, 一言も, 七十より, 七十を, 七十六歳の, 三度井戸に, 三枚の, 三組の, 上手だ, 上機嫌で, 下顎, 不思議に, 不機嫌な, 不良少年の, 丘に, 丸髷女中達は, 九十歳で, 乞食だった, 二三枚の, 二人の, 云ったが, 云って, 云つた, 云つてゐた, 云ひ, 云ひ含め, 五年前の, 五年間の, 享楽好きの, 今着いた, 仏壇に, 他家へ, 伊勢朝長の, 伸子を, 何もかも一番, 何処やら, 何分にも, 何度も, 何時の間にかこうして, 例によって, 依然として今, 保子に, 信仰も, 俥に, 俥を, 修身談を, 傍らから, 僕と, 僕の, 兄が, 先刻から, 先帝の, 先生の, 全然逸話, 八つか, 八十ばかり, 八十八歳で, 八十六歳である, 八十四だ, 几帳面な, 切髪の, 別段和讃歌, 前に, 勿論両親, 十三夜の, 十九で, 十二歳の, 十六の, 去年の, 参詣に, 又お, 又別, 又自分, 反って, 叔父の, 口を, 只一人奥の, 只根, 台所へ, 右の, 君子の, 吹雪の, 呆れたやう, 呟きながら, 唇を, 喰べ, 四疊の, 国言葉を, 堪らなくなったと, 変な, 夜までも, 夜番の, 大いに同情, 大きな目, 大声に, 大変私を, 天狗の, 夫には, 女ながらに, 女中と, 女王の, 好いて, 妙に, 始めて, 始終の, 娘が, 婆さんに, 嫁の, 嫌な, 安心し, 安政の, 実子である, 家の, 家へ, 家よりも, 尋ねかけた, 小さいゴーリキイ, 小さい妹, 小さな声, 小声で, 少しも, 少し太い, 少し考え, 尼の, 屹度土藏に, 崩折れず, 布団を, 常々言っ, 平常に, 年がら年中お寺ごと, 年柄では, 幻灯会を, 広い廊下, 床へは, 引っ返して, 弱々しい微笑, 彼に, 彼の, 彼女を, 得意そうに, 御愛素, 心持も, 心配そうに, 必ず私, 忠臣蔵の, 思わず一生, 性の, 怪訝そうに, 恐らくその, 恥しがる, 息子や, 悲しい話, 想像し, 意外に, 感心し, 懇意な, 我が子, 戸外から, 推測し, 文化十二年, 明治二十年に, 昔ならった, 昔を, 昔噺を, 春や, 時々疳癪, 時に思い出した, 時折佇ん, 晩年には, 晩年の, 晩年まで, 暫く考え, 最新知識の, 月光を, 有難い御, 朝は, 末弟の, 末弟を, 机の, 村の, 東京から, 東京で, 松さんに, 柔かな, 柱に, 根まけ, 梅の, 椅子に, 椎の, 楽しそう, 概して無, 榻の, 次の, 次の間に, 此通り気難かし家であった, 武さんの, 武家に, 死んで, 死後にも, 殆ど毎朝, 段々山田, 毎年の, 毎日竹藪を, 気だるそう, 気を, 水に, 水鼻を, 池には, 決してこの, 決してゆるさなかった, 流石年を, 浦賀で, 海鼠の, 涙ぐんで, 涙の, 涙を, 溜息を, 火鉢の, 炉ぶち, 炬燵の, 無智, 熱病に, 父には, 父を, 狂気の, 独り言の, 独語の, 獨り, 玄関で, 珍しくのびのび, 珍しそう, 甘酒を, 町の, 病死した, 病歿, 病気の, 病身の, 発病と, 皆と共に, 直ぐに, 直ぐ後から, 相應, 眼の, 眼鏡を, 眼鏡エかけ, 祖母で, 私たちに, 私と, 私どもの, 私への, 私を, 私達を, 秋山先生一家を, 秋山氏の, 稍, 空しく帰っ, 立ち上りました, 笑って, 筆の, 答えました, 箪笥に, 米沢生れで, 繰り返し日本, 老年で, 老病で, 老耄の, 老衰の, 考えながら, 耽り逸って, 肩を, 腑に, 膝を, 自分から, 自分には, 自分より, 舊式でした, 若い時, 若い時処々, 茶の間で, 茶の間に, 菊太の, 萬延元年の, 落ちついたもの, 蔭で, 蛍を, 蟹の, 行き損, 見世物の, 覚醒した, 解き掛けた結目, 話して, 話を, 説明した, 誰にでも, 謡曲好きな, 警視廳の, 變な, 賑やかに, 赤漆で, 足袋の, 身だしなみが, 連合いが, 遂, 過度な, 重い病気, 野守の, 金玉だ, 鉢の, 長く彼, 長椅子に, 間もなくその, 間もなく死ぬ, 雑巾の, 震災の, 静かに, 静に, 非常に, 面白い凡人, 頑として, 顔も, 顔を, 風邪には, 馬鹿に, 骨だらけの, 鰻を, 鶏と, 默りこん, 黙つたま, 黙つて, 鼻を

▼ 祖母さん~ (369, 11.1%)

5 の部屋, や久米 4 に連れられ, のお, は 3 が, がお, が心配, でも, と何, のこと, の側, の顔, や伯母さん, や岸本

2 [39件] がまた, が出, が嫁, が死んだ, が言つて, だ, だが, でした, と言, なの, に, にも何, に母親, に解る, のところ, のアクリーナ, の前, の方, の病気, の若い, の鍵, の隠居所, はお, はその, はそれ, はもう, は今日, は年寄り, は郷里, ばかりさお前, までがそれ, もよく, も嫂, も日がけ, も来, やお父さん, や叔父, を借り, を吝

1 [239件] あの梅, からその, から子供, から貰つて來, があと, があんな, がい, がおこり, がお座しき, がお櫃, がこれ, がしまつて, がそう, がね大, がむく, がよくそう, がキトク, が一ちゃん, が一人, が一人四疊, が一生, が一番丈夫, が一郎, が上げよう, が亡くなつた, が仕舞つて, が何うに, が何とか, が先年血脈, が厠, が可愛, が呉れ, が夜, が大層, が太夫さん, が奈何, が子供, が宵, が居る, が帰っ, が張物, が強いて, が強引, が怪, が悪い, が教会, が時々, が朴, が燈明, が監督, が築山, が自分, が血, が血脈, が見かね, が言った, が買つて, が階下, が頭巾, が餞別, この長火鉢, だけはすきとおる, だけを弟, であった, であったと, で同窓, という人, といふ人, とお母さん, とか嫂, と一緒, と二人, と妹, と姉, と私, と話してる, どうしました, なぞのこと, なぞを慰めよう, にいろいろ, にきかせたかつた, にどんな, にもお, にも不服, にも話し, にも読ん, に仕込まれ, に似, に内, に出, に十八年, に可愛がられ, に対しては遠慮, に当る, に怒られる, に按摩さん, に會つて, に知らせる, に精一郎, に聞い, に聞かせる, に褒められる, に見せ, に言っ, に訴えた, に話し, に隠し, に黙っ, ね, のお古, の上げた, の事, の云う, の十三回忌, の口, の命, の墓, の墓参, の好き, の妹息子, の嫁, の家, の小, の居る, の後方, の懷, の戒名, の手, の手伝い, の手紙, の教, の死, の死んだ, の死去, の物語, の病氣, の看病, の着物, の神, の筬, の織つ, の背中, の腰掛, の膝下, の膳, の葬儀, の葬式, の見, の言う, の言葉, の許, の起居, の里方, の間, の隠居部屋, の隱居所, の頬ぺた, の鼈甲, はあの, はだまっ, はどう, はぼく, はよく, はナカナカ, は三年, は下, は例, は働く, は兄, は再び, は去る, は又, は古い, は可愛, は名古屋風, は団扇, は姉, は子供, は家, は小さい, は年始かたがた, は心配, は悟, は最早, は朝, は父さん, は生き, は確か, は義理, は耳, は褒めてる, は言, は谷中, は貴女, は足, は遠く, は隣村, への礼奉公, へは園子, までも壮健, もああ, もなく, もなくなった, もまだ, ももはや, もやります, も久米, も人形, も口, も奥, も次, も紋付, も言っ, も面白, やお母さん, やよし, や一郎, や伯父さん, や同胞, や妹たち, や姉夫婦, や母, や母親, や節子, よき人, をこの, をはじめ, をよく, をより生き生き, を前, を失う, を弔い, を御, を御覧, を見, を見よう, を迎え, を返し, 似なら姉

▼ 祖母~ (360, 10.8%)

3 亡くなってからは, 出て, 帰って, 息を, 死んだ, 死んでから, 私を, 言ったこと

2 [16件] いた, ついて, キトクだ, 亡くなった年, 亡くなって, 住んで, 子供の, 死ぬと, 死んだ時, 父の, 生きて, 田舎に, 癒る, 自から, 自分を, 言った

1 [304件] ああ私, あたしの, あなたを, あまり淋し, あまり私, あれほど, いちばん惡いを, いっそう小さく, いったので, いつの間にか僕, いつまでも, いつも身の回り, いないと, いまなにごとを, いやがって, いよいよ隠居所, いるうち, いるので, いろいろと, うとうとと, おしえて, お国, お給仕, お褄, お釜, かえると, かつて語った, きかないので, くれるお, この写真, さあさあどなた, さっきの, さもげんなり, して, してやる様, じつと, すっかりすまし, せかせかござっ, そこには, その話, そんなこと, そんな目玉, たったひとり, どこからか, どんなに圧迫, どんなに心から賢く, なくな, なくなったとき, なほも, ぬいて, はいって, はじめさんの, はなして, ひとり孫娘が, ひどく同情, ふうわりと, ふだんから, ふところでを, まず思い切っ, まだ来ない, まだ生きてた, やって来て, やって来ました, やつて, やはりさる, よくこれ, よくはなす, よく云い云いした, よく店, わたしの, ゐなくな, ウソ飾りを, オランダの, ゴーリキイの, スペイン人で, チビの, ト目を, プント, 一人住居し, 一家の, 一種の, 三味線を, 三郎に, 下を, 下前と, 下女下男を, 不時の, 世話に, 中心だった, 二人それに, 云った, 云ったら祖父, 云ったり, 云つた, 云つてゐた, 云ひます, 亡くなったから, 亡くなったと, 亡くなったので, 亡くなった後, 亡くなった時, 亡くなってから, 今日に, 今日は, 仏蘭西人であり, 仏間に, 代りに, 代わって, 何か, 何かの, 何と, 何とも思っ, 佛壇の, 俥から, 健在であった, 僕が, 僕に, 元気で, 元気よく, 先に, 入らぬので, 八十の, 八十八で, 八十八の, 六十余に, 其処に, 内に, 出たりは, 切りに, 切髪を, 初めの, 初夢によって, 功徳だ, 十も, 千住へ, 即座に, 反対した, 口を, 只一人長火鉢に, 可愛がっ, 可愛がりご, 同情する, 呟きました, 唯一人相, 唯一人相応に, 商人が, 四五日前から, 四度目の, 因果な, 困ったと, 土井家へ, 土蔵の, 垣根越しに, 外を, 大きな杖, 大トランク, 大事な, 大変に, 女の, 好きで, 如何いう, 如何に, 孫と, 家へかへ, 寝かえて, 寝つく頃, 寝て, 寝物語に, 寢て, 専ら私, 小さい時, 小間使に, 居た, 居ますが, 居り弟たち, 屹度左う, 市場へ, 幾度も, 引裾を, 強いては, 役者の, 待ちかねて, 心から自分, 心配し, 思いついたの, 思い入れよろしく, 思うと, 恐ろしがった, 想像し, 憂に, 或る, 戸口や, 手廻りの, 振返って, 救いに, 教へ, 斯う云い出す, 日に, 昔し, 時々飲ん, 暮して, 本能で, 杖と, 杖とも, 来るぎりで, 来ると, 来泊る, 東京へは, 根負けし, 棲んで, 横から, 次の間で, 次郎に, 止まって, 止めるの, 死に父, 死ぬとき, 死ぬるところ, 死ぬ時, 死ぬ迄, 死ぬ間際, 死んだが, 死んだと, 死んだといふ, 死んだの, 死んで, 死病に, 毎日楽しみに, 気に, 気を, 江戸へ, 沈香を, 没した, 波子を, 浅草の, 涙を, 涙声で, 湯浅さんに, 父や, 父を, 狆を, 生きるの, 用事が, 田舎から, 病み附いてからは, 病付い, 病気にか, 白眼で, 白絹に, 目を, 眺めて, 矢張り其だった, 破傘, 福島県の, 私に, 私の, 私可愛, 秘蔵な, 突然小生, 笑いながら, 笑う, 答えること, 答えると, 糸車で, 細かく説明, 結婚した, 編もの, 縁先に, 縫って, 老てからは, 背後から, 腰を, 自分が, 自慢げに, 茶を, 茶盆に, 菊太の, 蓄音器を, 行って, 襟に, 見たこと, 解説し, 言うと, 言つて居た, 言葉を, 許すので, 謡い好きであった, 貰い受けた, 賭けで, 赤い胴, 踊りはじめました, 身が, 身内に, 軒先から, 郷里から, 附いて, 隠して, 露骨に, 非常に, 頭巾を, 顎を, 顔を, 駕籠から, 鼠小僧の

▼ 祖母~ (168, 5.0%)

9 連れられて 5 手を 4 つれられて 3 似て, 向って, 当る人 2 せがんで, 伴われて, 名づけた名

1 [135件] あたる, あらわれたたった, いいつけられて, いいました, いさめられて, いつもそう言われる, いわれたの, うつして, おこされて, かかせた, きくと, このこと, この話, この間一寸と, こんな秘か, しかられしくしく, しろおと, しろ昔辞書, その事, たのまれた用事, なった, なり祖父自身, なる人, ひどく叱られました, まつわって, やさしい言葉, やる, よくつかえ, よく言, よれば, わがままの, ボソボソ言っ, 一番甘ったれ, 云いつけて, 云う事, 云って, 云はれた, 云ひました, 任せきり, 会った, 伴はれ, 伴ふて, 俊三を, 八十六歳まで, 別れたもの, 叱られた, 叱られて, 叱られると, 同情した, 同意を, 向けては, 告げた, 味方するで, 問うたの, 問うてから, 嘲笑われながら, 声を, 子供の, 孕まれいた時母, 家じゅうの, 対面した, 尋ねたかったの, 尋ねたが, 導かれて, 小豆を, 尻尾を, 山田からの, 年始の, 弁士と, 強求, 当るお, 当るその, 当る嘉永生れ, 思われたくなかった, 意見され, 愛されたとは, 感じて, 手きびしく, 打ち明けて, 打ち負けた形, 打明けられないこと, 折角な, 抱いて, 抱かれ人力車, 抱かれ香料, 拾い上げられそして, 持って, 持つて, 指図され, 挙手の, 挨拶が, 挨拶を, 授けたの, 接する時, 接近し, 教えられて, 教わったこの, 方々へ, 早くお, 歌われて, 死別れ, 気の毒だ, 注がなかったの, 注意し, 甘えかかるに, 甘えて, 眠ってる間, 矢立を, 突き出した, 笑われました, 縫物を, 聞いた, 聞いては, 聞かせたらどの, 育てられた, 育てられたが, 育てられたの, 育てられて, 言い出すこと, 計る代り, 話されました, 話しかけて, 話して, 語って, 説明し, 謡曲も, 返すと, 送って, 連れられたので, 連れられ女中, 遊び仲間も, 金の, 隨い, 頼まれて, 頼んだ

▼ 祖母~ (162, 4.9%)

9 一緒に 8 二人で 5 母と, 母とが, 母との 4 母の, 母は, 私は 3 区別する 2 女中は, 孫とは, 弟の, 言ふ, 話しこんで, 話して

1 [103件] あたしの, いろいろな, お延, この叔母対母, すこし長話, そして母, そして私, その人, その仲間, その村, た, ついこの間, とりとめも, なって, ならんで, まだ幼い, カリエスに, 一しょに, 一しよ, 一彰さんと, 一緒という, 一間に, 三人で, 中の間といふ, 主婦と, 二人きりで, 二人ぎり寂しい, 二人その, 二人を, 二人住ん, 二人早い, 二人照りつける, 二人連で, 京都に, 伯母の, 伯母二代の, 作男二人と, 供の, 優しい母, 八十二で, 八十二の, 六ツ位の, 出ると, 別れてから, 十ウばかりの, 叔父と, 同じく冷酷, 同じよう, 同じマッチ・メイカア, 喧嘩した, 大して年, 大叔母とが, 子供の, 孫娘とが, 寝かせられた, 寝た, 寝たもう, 寝るもの, 小さい弟妹, 幼いものたち, 幼い自分, 彼, 彼の, 徹太郎叔父が, 早く別れた, 暫く話し, 曾祖母が, 本郷の, 次姉と, 此坂路を, 此子二人万の, 此子二人萬の, 母が, 母だけ, 母とに, 母とを, 母に, 母も, 母親と, 母親とが, 浅草に, 父と, 父とが, 父との, 父とは, 父は, 父母ある, 理論的で, 病身な, 相談を, 私との, 私とは, 私の, 私も, 継母と, 総領の, 老齢に, 自分と, 自分との, 若い嫁女, 話を, 遊びました, 隠居所ででも

▼ 祖母~ (115, 3.4%)

3 とお母様, もお 2 から聞いた, がいらっしゃる, とお, は, や乳母

1 [99件] あのお寺, あの花, が, がいらっし, がおすすめ, がおっしゃった, がちょっと, がビックリ, が又, が好き, が御, が恋しく, が散歩, が新, が東京, が死なしゃった, が病気, が目送, が赤い, が長い, が雛児, が雨, さぞお, そのお, それに二十一, だったという, ですもの, という言葉, とモウ七歳, と一緒, と母親, どうなっ, にいただいた, につれられ, にはお, にもと届けさせた, にも失礼, に叱られます, に大変, に御, に手, に来られ, に申, のお, のおっしゃった, のお気に入り, のこと, のの, のまね, の云う, の保守主義, の傍, の力, の十七回忌, の孫, の手垢父, の手紙, の栗, の紅頭, の血すじ, の許, の車, の退院, はあきれた, はいま昼寝, はお, はおどろい, はお上手, はそれ, はですから, はどう, はどんなに, はにこにこ, はニコニコ, は一つ, は大層, は御, は急, は止める, は水色, は玉, は薬草切り, は行かず, は起き, は顔, もあんまり, もこの, も到頭, も召, も御, も母, やお, やオセキ婆さん, や御, や母上様, を安っぽく, を新築, を駭, 御自分

▼ 祖母~ (106, 3.2%)

16 母も 2 また私, 四五年前に, 弟妹も, 私を

1 [82件] あとを, あれに, あんなに用が, あんまりぞっとしない, あんまり埒, いつもと, いよいよ眉, うらめしさうに云, おっ母さん, かならず口, かわいそうだ, ぐつと弱つてしまつてゐた, しばらく考え, その児, そばで, そんな世話, たいへんに, ともに起き, とんと経験, なくなり天涯孤独, またわたし, また継母, また自分, また重患, まだ存命, みじめだ, よんどころなしに, ゐたはず, モスクワへ, 一人ぽっちの, 不思議な, 云って, 亦他, 伯母も, 余程感, 來た, 元気です, 兄の, 八十を, 其は, 出て, 只黙つ, 坊主頭に, 声を, 失った女, 女中に, 容易く点頭いた, 店へ, 待暮し, 心得て, 感心し, 手つだって, 末弟に, 来なさる, 死にました, 母かたの, 母に, 気を, 父かたの, 父も, 狸が, 生さぬ仲の, 病床に, 病気だ, 百姓一まきの, 皆口を, 眉を, 眉毛の, 眼の, 私に, 私も, 立つて, 笑い出し, 聞いて, 茣蓙を, 莞爾し, 言った, 身体じゅうが, 追い追い心細く, 長命な, 飛び起きて, 食わなかった

▼ 祖母~ (96, 2.9%)

2 せきたてて, つれて, 有難く思ふ, 母と, 相手に

1 [86件] いいお上さん, かかえて, かけさせ自分, かしらに, からかうつもり, かわいそうだ, さすりに, せがんだ, せびつて, ちらっと横目, どっちの, どんなに恋し, のぞいては, はじめほかの, はじめ俊亮や, ひそかに, ひっぱって, ほんとうには, まじえた生活, もったもう, もみながら, よんだ, よんで, 人格的にも, 信頼し, 先だて総領息子, 口説きに, 味方の, 呼びたてたという, 失われたこと, 好いては, 始めとして, 始め姉, 対手に, 小馬鹿に, 山奥さ捨て, 引うけた, 引つ張るので, 待つの, 思ひ出し泣きたくな, 恋しがっ, 想ひ出す, 想像し, 愛したもの, 愛するの, 愛する如く英国人, 慕うよう, 慕ッて, 憎んだ, 憐れむ情, 憶ひ, 懷ふ, 扶けて, 抱えて, 拝みたい位, 振り返つて, 揉みに, 搖起し, 救うこと, 敬い養母, 早く失, 最後の, 毒づいて, 浦賀に, 眺めて, 知ったの, 見す見す残し, 見せに, 見た, 見るよう, 見上げて, 託して, 訪る, 訪れました, 訪問し, 誘って, 語り故郷, 貰ってからは, 起す気, 迎えましたが, 迎へ, 追い出してから, 送つたとき, 透して, 除いては, 除外し

▼ 祖母さま~ (83, 2.5%)

4 のこと 2 がお, の事, は何

1 [73件] お祖母さま, お船, からお, が, があちら, がい, がいいだした, がお呼び立て, がそう, がそんな, がどう, が一番, が亡くなられる, が仰, が大好き, が急, が悪魔, が辛, こんな話, そのすゞちやん, でございますが, とは親子, と当時十七八, と御, と此処, なのよ, なんてまさか, にあの, にながい, になり切つ, には酷迫さ, に叱られた, に用, に連れられ, のいい, のおっ, の初, の十七年忌, の口, の古い, の怪, の愛読書, の眼, の笑顔, の腰, の西洋, の身体中, の頬, の顔, はいつも, はいます, はかう, はどうして何故, はなに, ははやく, はやっぱり, は作りもの, は御, は思われた, は暖爐, は私, は立兵庫, は鎖, もいつ, もさう, よりほか, を, をお, を下手人, を大切, 一寸いらし, 小さなすゞちやん, 少しは

▼ 祖母から~ (55, 1.6%)

2 この二人, 云われる度, 叱られた, 聞かされて

1 [47件] いろんなお話, お糸さん, きいた話, きいて, きかせられた初夢, きつぱりと承諾, しょっちゅう聞かされた, ユーカラを, 予て聞かされ, 伝えられてるバンシュ製レース, 出来上って, 受けた感化, 古い御伽話, 幼時より, 幾度と, 幾度も, 度々その, 悪く云, 教へ, 曾て, 母への, 注意された, 相談を, 私は, 繰返し, 習つた, 聞いたこと, 聞いたその, 聞いたよう, 聞いた事, 聞いた古代ロシア, 聞いた昔話, 聞いた話, 聞いて, 聞かされた昔ばなし, 聴いたの, 聴いたもの, 聴いた話, 聴きましたお話, 譲つてもらふ, 讓られた, 負けた賭け金, 貰ったもの, 資金を, 送った手紙, 送って, 金を

▼ 祖母~ (54, 1.6%)

6 母が 4 母の, 母も 3 母に, 母は 2 母や, 母を

1 [30件] その頃二十五六にも, それに, もう身, 両親に, 両親は, 亡母の, 会田さんに, 伯母は, 其他の, 友達の, 叔父が, 大井の, 女中が, 姉なぞは, 子供たちと, 昔の, 春子などの, 母と, 母なども, 母に対する, 母までが, 母親から, 母親が, 母親の, 母親は, 継母弟などが, 親戚の, 読書の, 養母のみ, 高村の

▼ 祖母~ (35, 1.0%)

3 のとこ, のところ

1 [29件] お泊り, がもう少し, が家, が来, が来られ, せっせと縫い, だつて言つて, と庭, と林町, と近藤, と道子, にサービス, のこの, の一年祭, の御, の昔ばなし, の百ヵ日, の老衰目, の落度, の衣類, の袖, は待ちかね, は此方, をお, をつれ, をつれ出す, 御埋骨式, 来られ昼食, 疲れたらしい

▼ 祖母ちゃん~ (25, 0.7%)

1 [25件] がちゃんと, がつかみ, がバケツ, が寝床, が才覚, が来, が歯, でかした, で持っ, とは味噌汁, に, にだまさせ, になっ, には故郷, に向い, のその, の時には, の鐘, はいつも, はこの, はその, はわかった, はミツ子, は戸棚, へと眺め

▼ 祖母には~ (16, 0.5%)

1 [16件] その少年, その落ちつき, それが, もとより母, 云は, 何でも, 判断が, 別に, 四人の, 思い当ること, 成るべく會, 月々わずか, 目立ったらしい, 第二番目, 経済の, 耳珍らしく

▼ 祖母との~ (15, 0.4%)

6 間に 1 家を, 心を, 手で, 新世帯, 訣別は, 話が, 話に, 話は, 話を

▼ 祖母とは~ (14, 0.4%)

1 [14件] そぐわぬミッションスクール, まるで違い, 一番仲よく, 三十違いです, 不安らしい, 仲の, 仲悪で, 全で, 別の, 名のみの, 朝夕親しく, 特別深い, 茶砂糖から, 誰か

▼ 祖母~ (13, 0.4%)

2 あつた

1 [11件] あつたら, あらう, あらうと, お祖母さんお祖母さんと, さえそう, 今年九十三歳に, 六十そこそこの, 勝子の, 娘は, 牧野家の, 目を

▼ 祖母さん達~ (10, 0.3%)

3 の居る 1 が針仕事, と一緒, のこと, の側, の郷里, は提灯, ももう

▼ 祖母たち~ (10, 0.3%)

1 が土蔵, と一緒, のいる, のよう, の中, の娘時代, の氣, の話し, はそれぞれ祖父, はカンプラ

▼ 祖母にも~ (10, 0.3%)

2 血を 1 云ったけれ共, 云は, 告げなかつたが, 当る橘夫人, 曾祖母, 母にも, 聞いて, 親しみを

▼ 祖母ちやん~ (9, 0.3%)

1 から云, がいれ, がさう, がどうして, が鉢, にはこの, のお母さん, は忽ち, は黙

▼ 祖母~ (9, 0.3%)

2 金の 1 かけて, 云い訳, 告げて, 宛て, 対して, 尋ねかけながら, 遠慮を

▼ 祖母ちや~ (8, 0.2%)

1 まが, まつたらちつとも, まとお二人, まに, まにも, まは, んお, ん嘘

▼ 祖母などは~ (8, 0.2%)

1 かげでは, この責罰, ときどきに, 別として, 帰る度, 常に旧名, 見向, 親しげ

▼ 祖母なる~ (8, 0.2%)

5 人の 1 人は, 人又は, 難波高津宮の

▼ 祖母~ (8, 0.2%)

1 と六条院, と行く, なる万葉集, は俊, は徒歩, は江戸, や, 故西郷従道侯

▼ 祖母自身~ (8, 0.2%)

1 から聞かされた, がやめろやめろ, が見, が責任, の幸福, も好学心, 歩いて, 生きたがらない

▼ 祖母~ (7, 0.2%)

3 さんの 1 さんが, さんに, 様が, 様の

▼ 祖母では~ (7, 0.2%)

1 ありませんでした, ないか, なかった, なかったろう, なからう, 無くて, 鍋釜の

▼ 祖母~ (7, 0.2%)

1 が大騒ぎ, と久しぶり, に止められ, の歓心, は云っ, は私, は裏

▼ 祖母にあたる~ (5, 0.1%)

1 お祖母さんが, ひと白木家の, 人は, 人間を, 金成モナシノウクの

▼ 祖母への~ (5, 0.1%)

1 孝養と, 愛着が, 憎悪より, 義理を, 追慕などといふ

▼ 祖母~ (5, 0.1%)

1 かなし, に連れられ, の懷, はおつし, を奉

▼ 祖母とを~ (4, 0.1%)

1 伴れ, 前に, 各垂駕籠, 明るい宿

▼ 祖母などに~ (4, 0.1%)

1 向つて内々, 至つては, 見せたら何と, 見せないの

▼ 祖母一人~ (4, 0.1%)

1 に子供二人, に小, を家, 住んで

▼ 祖母~ (4, 0.1%)

1 などは私共, のお手伝い, の母, もお手伝い

▼ 祖母~ (3, 0.1%)

1 けれどこのごろ, つてその, と思われた

▼ 祖母ちゃ~ (3, 0.1%)

1 ま, まだの, まは

▼ 祖母という~ (3, 0.1%)

2 人は 1 人が

▼ 祖母とが~ (3, 0.1%)

1 いて, 寝て, 気狂ひ

▼ 祖母と共に~ (3, 0.1%)

1 戸外で, 提灯つけ, 毎晩ここへ

▼ 祖母など~ (3, 0.1%)

2 なり 1 打集り

▼ 祖母について~ (3, 0.1%)

1 その居間, 云った口, 誰一人何の

▼ 祖母に対して~ (3, 0.1%)

1 冷淡でない, 彼が, 燃えるよう

▼ 祖母アクリーナ~ (3, 0.1%)

1 の一種独特, の素晴らしい, の風変り

▼ 祖母~ (2, 0.1%)

1 ちょうの, 久しゅうございました

▼ 祖母~ (2, 0.1%)

1 大叔母かが, 父か

▼ 祖母からは~ (2, 0.1%)

1 その後不安な, 何時も

▼ 祖母だけが~ (2, 0.1%)

1 帰って, 起きて

▼ 祖母だけは~ (2, 0.1%)

1 彼は, 術に

▼ 祖母だち~ (2, 0.1%)

1 が定めかけた, が深い

▼ 祖母ちゃんと~ (2, 0.1%)

1 が火葬場, 乙女とに

▼ 祖母である~ (2, 0.1%)

1 がつい, 明石夫人は

▼ 祖母です~ (2, 0.1%)

1 なそれ, ね

▼ 祖母といふ~ (2, 0.1%)

1 女と, 意味であります

▼ 祖母~ (2, 0.1%)

1 のだ, んです

▼ 祖母などの~ (2, 0.1%)

1 なつかし気, 眼には

▼ 祖母にとって~ (2, 0.1%)

1 何かしら一種の, 学者で

▼ 祖母にとっては~ (2, 0.1%)

1 いつ行き, 非常に

▼ 祖母によ~ (2, 0.1%)

1 つて家の, つて注ぎ込まれ

▼ 祖母に対しても~ (2, 0.1%)

2 お粂

▼ 祖母のみよは~ (2, 0.1%)

1 うっとりと, 狂気の

▼ 祖母までが~ (2, 0.1%)

1 あらはれて, 怒って

▼ 祖母みよ~ (2, 0.1%)

1 はこの, 六十四歳の

▼ 祖母らしい~ (2, 0.1%)

1 人が, 単なる童話的

▼ 祖母をも~ (2, 0.1%)

2 息子をも

▼ 祖母上等~ (2, 0.1%)

1 と一緒, 来られ賑

▼ 祖母二人~ (2, 0.1%)

1 と出入商人, はさほど

▼ 祖母及び~ (2, 0.1%)

1 その他の, 今も

▼ 祖母育ち~ (2, 0.1%)

1 で私, は三百廉

▼ 祖母貞松院~ (2, 0.1%)

2 は宮重七五郎方

▼1* [160件]

祖母ある日, 祖母あんに叱られる, 祖母おけさばあやを, 祖母おとよさん女中, 祖母おまんの, 祖母おます婆さんは, 祖母かえるとすぐ, 祖母からのおくりもの, 祖母が後生, 祖母さまあたしね面白い, 祖母さまいまお義父さま, 祖母さまこれでいい, 祖母さま以外にはない, 祖母さま素敵よ二十八日, 祖母さんところへ入り浸っ, 祖母さんはじめ久米や女中, 祖母さんはじめ子供から女中, 祖母さんはじめ皆々様御機嫌よくと, 祖母さんはじめ目上の人達, 祖母さんアクリーナの神, 祖母さんアノ梅と新, 祖母さん一所に越し, 祖母さん伯父さん伯母さんの顏, 祖母さん初め傍の者, 祖母さん叔父の旅, 祖母さん子でまた, 祖母さん孝行だから, 祖母さん母や姉, 祖母さーん, 祖母じゃないが, 祖母たる者に足, 祖母だけだ, 祖母だけと見て, 祖母だけには与茂四郎, 祖母だったらしいのだ, 祖母だつたか母, 祖母だの母だ, 祖母ちゃんちいと吸っ, 祖母ちゃん何て云った, 祖母ちゃん気いつけな, 祖母ちやまとも話し, 祖母ってそうな, 祖母であったから除喪, 祖母であったろう母は, 祖母でありそしてまた母, 祖母であろうと藪入り, 祖母でなくては拾われぬ, 祖母としてあるから, 祖母としてはます, 祖母とで金沢の, 祖母とともに殺されて, 祖母とに別々に, 祖母とに関する限り破壊が, 祖母なおその一族, 祖母なぞのよく云, 祖母などが馳け, 祖母などもその後時々, 祖母ならば, 祖母なら叱りはしなかったろう, 祖母なればなり, 祖母なんかのも, 祖母なんかがどうしてあんなに泣く, 祖母になつてゐた, 祖母にばかり似て, 祖母に対してすら何かと気兼, 祖母に対してだけは次郎は, 祖母に対する感情は, 祖母のみ慕った, 祖母はじめの女連れ, 祖母はじめ一家の喜び, 祖母はずゐぶん長生, 祖母ばかりでなく根, 祖母また父や, 祖母ゆずりの聴き, 祖母祖母は, 祖母よりしば, 祖母よりは却つて十も, 祖母らしく思われないがただ, 祖母ををがみたふし, 祖母アサカに父上大阪, 祖母アンナ・フェドトヴナ伯爵夫人だがね, 祖母ゴーリキイの三人, 祖母サンガ居ナイカラ僕ツマンナイヤとは幼い, 祖母スエ子来明治神宮へ行き, 祖母タチノ墓モ何処カ東京デナイ所, 祖母一家の結着, 祖母一市井人として八十八, 祖母一生を下女, 祖母だと, 祖母上あしとのこと, 祖母上さいを伴, 祖母上九十三歳のお, 祖母上同伴曇キミの天気, 祖母上様が家, 祖母上等道子も共に, 祖母下枝子夫人の歿後, 祖母不快のため, 祖母二人共きつと, 祖母任せの鷹揚, 祖母伯母また叔母, 祖母元正帝は母, 祖母にも言った, 祖母君丸山の姉君, 祖母君宵よりのいたつき, 祖母君来訪非常に暑く, 祖母君此頃わが悩みとらむとて, 祖母大叔母小婢, 祖母天仁屋及び母, 祖母夫婦は楽屋新道, 祖母と共に下敷, 祖母始めの顔, 祖母を怨ん, 祖母屋権之介, 祖母だ西日, 祖母弟達働いて, 祖母我が母の, 祖母明治のころ江戸派, 祖母時代に属する, 祖母様いまに可愛い, 祖母様お母様に連れられ, 祖母様お母様のは御, 祖母様のも, 祖母様三日も四日, 祖母様今の娘, 祖母様今日は手製, 祖母様帝劇へ行, 祖母様歌をありがとう, 祖母様母妹等は筥崎, 祖母樣お前さまは眞實, 祖母樣如何計之御, 祖母母みんなに逢う, 祖母母今年十二歳になる, 祖母母叔母と四人, 祖母母妻勝生れて, 祖母母妻勝三歳の子, 祖母母子供三人の同勢, 祖母母方の祖母, 祖母母次兄と後, 祖母母長兄次兄三兄私という順序, 祖母江戸へ来, 祖母火鉢をはさん, 祖母にとっては養母, 祖母父母兄三人姉四人弟一人それに叔母, 祖母父母私弟これがその, 祖母独り家を守っ, 祖母知性の母, 祖母より對岸, 祖母石村にい, 祖母祖父上の年忌, 祖母の寄与, 祖母二に, 祖母継母私下女などは皆, 祖母老女女性の先祖, 祖母老父なども立ち交じっ, 祖母肉身の親類縁者, 祖母育ちゆえ誠に意気地, 祖母親子姉妹海山百里二百里とちりちり, 祖母逝いて十年, 祖母の家, 祖母青山の墓地