青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「祖先~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

礼~ ~社 社~ ~社会 社会~ 社長~ 祈り~ 祈祷~ 祖~ ~祖先
祖先~
~祖母 祖母~ 祖父~ ~神 神~ 神尾~ 神戸~ ~神様 神様~ 神田~

「祖先~」 1971, 21ppm, 5392位

▼ 祖先~ (730, 37.0%)

11 祀を 8 地を, 生活を 7 名を 6 ことを, 廟に 5 土も, 血が 4 中に, 生活の, 落伍を, 間に, 霊が, 霊を 3 人たちが, 名に, 地へ, 墓の, 後を, 持って, 遺産を, 郷に, 霊に, 霊の

2 [54件] うちの, お墓, ことは, ためその, よい血, 一人が, 上に, 中には, 久しい戦争生活, 位牌の, 供養等までも, 冥福を, 口碑を, 名は, 名譽, 地に, 墓へ, 墓を, 墳墓の, 家を, 廟を, 心は, 心を, 恩を, 手柄で, 手柄によって, 手柄を, 方々に, 時代に, 時代には, 時代の, 本能を, 栄誉を, 歴史まで, 歴史を, 生活と, 生活に, 石器時代の, 神, 神を, 神霊を, 祭を, 祭場の, 祭祀を, 罪に, 藝術ほど, 血を, 血統を, 許に, 誰某, 遺風を, 靈を, 頭には, 魂が

1 [512件 抜粋] あらゆる心, あるいは祖先, ある人, ある時代, いずれかにおいて, いとほしい, いのちを, いろんな才能, うちには, おまつり, お手柄, お蔭で, お蔭であっ, かなしい血, ことすら, ことで, ことも, ことや, ごときまた, ごとく伏して, さまざまな, たしかなる, たましい, ために, たれや, どの時代, なつかしき故郷, ひこほ, また祖先, まぼろし, ままに, もたらした過去, ものである, もの語りも, やうに, やつて, ように, アチの, イサヒの, インディアンが, ウツシコヲの, ウヅ彦の, オキツヨソの, オホアマ姫と, オホクメの, オホシの, オホタムワケの, オホナビの, オホネの, オホメの, カハマタ姫と, カラフクロが, キヒサツミという, シビの, シマタリネの, スペインの, タケイナダの, タタリと, タヂマモリを, ナナツカハギという, ニュートンは, ネの, ヒコクニオケツの, ミスキトモミミタケ彦という, ミチノオミの, ミヤズ姫の, ラマが, ワカタケキビツ彦の, ワカ姫と, 一つの, 一人おそらく, 一人たるた, 一人で, 一念は, 一部分が, 三河時代の, 下山, 世から, 世と, 世に, 世界の, 中で, 中にのみ, 中の, 中世の, 主な, 主流に, 事などが, 事には, 事は, 亡き数, 亡靈が, 亡靈又は, 人々が, 人々すなわち, 人々の, 人々は, 人たちの, 人間の, 人間愚を, 仏間に, 代から, 代に, 代理者として, 代表と, 伝説が, 伝説の, 位牌だけに, 位牌に, 位牌を, 何ものかが, 何人かの, 余徳に, 余徳によって, 作に, 作物でない, 使ったあの, 使ひ遺した, 供養を, 信仰から, 兄では, 全体其を, 内の, 内反, 冥福末代正等正覚の, 出身だ, 分身たる, 前で, 前科の, 功を, 労苦を, 勇武と, 勇武の, 勤功と, 勳功に, 千姫と, 単純で, 原人が, 厳正なる, 反逆が, 収穫を, 口馴れた, 古い生活經驗, 古え, 古代生活を, 古公亶父, 名のりの, 名も, 名誉の, 名誉も, 名誉を, 嗜みを, 回向が, 回鶻人が, 国そこには, 国土だ, 国土を, 國に, 土地な, 土地を, 土屋主税を, 土師氏の, 地, 地が, 地だ, 地だった, 地で, 地と, 地という, 地岡崎へ, 地自分たちの, 埋めた一萬兩, 埋めた何千兩, 城を, 場合では, 場合に, 塋域に, 墓などを, 墓に, 墓にも, 墓参りを, 墓地に, 墓地や, 墓所に, 墓詣でを, 墓詣り, 墳墓に, 墳墓は, 墳墓をも, 声である, 外にも, 多胡重俊は, 多趾, 夢は, 大倭大根大神と, 大江広元の, 大部分, 天才は, 天才的な, 奉仕し, 女が, 女ソミイル, 如き事實, 姓を, 姓名を, 姿かと, 姿それから, 姿を, 学説なり, 宇治川先陣を, 定めたる治国, 定型を, 家に, 家名を, 家庭生活の, 宿に, 寃を, 寳は, 屍は, 展墓に, 展墓の, 展墓を, 崇拜が, 崇拜とを, 崇拜を, 帰郷した, 平田将監は, 平田氏の, 年忌やら, 幾人かは, 庭訓に対しても, 廟で, 廟の, 廟祠を, 弥五右衛門は, 当世風の, 形見とも, 後裔だ, 御恩, 御蔭によ, 御遺訓, 御遺訓ゆえ, 御靈舍, 徳を, 心に, 心も, 心境と, 心境を, 忌日ごとには, 忌日と, 忌日に, 思想としては, 思想の, 思想感情を, 性格と, 性格といふ, 恩君公の, 恩恵を, 恩愛の, 恩沢だ, 恩顧人心の, 悠久な, 悲痛な, 悲願が, 悲願に, 悲願の, 情熱を, 惡源太, 意にも, 意志と, 意思に, 感覚が, 感謝を, 慣習は, 慾望を, 所業が, 手柄と, 手柄について, 才覚の, 扱ひ, 描いた弥陀, 政略であった, 故宅, 故郷へと, 数は, 敵であり, 文化が, 文化である, 文章は, 文芸思想にも, 方にまで, 日本に関する, 日本人は, 日本娘は, 昔は, 時代から, 智慧は, 書いた詩文, 最古い, 有した不可思議力, 有力な, 有難味に, 末で, 来る夜, 業を, 槍を, 標準と, 権利を, 権威を, 次の, 歌は, 武功を, 武名の, 歴史は, 残した偉大, 残した多く, 残忍性が, 母で, 氏を, 民族的記憶を, 水無瀬女から, 水草を, 海岸を, 海賊の, 消息を, 涙が, 淳維といふ, 満右衛門, 漫画を, 炉の, 為それから, 無智, 無限の, 煙管を, 爲に, 爲め父母の, 物品は, 物語, 物語として, 特性を, 特質が, 犯したもろもろ, 狼で, 猿が, 猿だった, 猿だつた, 率直な, 生活から, 生活が, 生活で, 生活なり, 生活に対して, 生活や, 生活上の, 生活内容が, 用ゐたる, 用ゐ慣れた, 用例を, 由緒を, 甲冑の, 甲胃の, 男女たちは, 画像を, 略奪結婚の, 目を通して, 目録に, 看板ばかり, 短所を, 石が, 石に, 礼拝近侍の, 祀が, 祀に, 祀に際し, 祀ほど, 祀りに, 祀りを, 祈念の, 神と, 神の, 神以来服従し, 神前で, 神奈備で, 神意に, 神話, 神霊が, 神霊と, 神靈の, 神靈も, 祠も, 祭に, 祭りを, 祭場であった, 禁を, 秀抜な, 移住土着は, 精神生活を, 系図や, 系図を, 系圖で, 経きたった, 経営の, 経験や, 經驗した, 編成された, 練武に, 縁に, 罪によって, 罪は, 美名と, 美感覚の, 考へ, 考へて, 考へに, 者へ, 聊も, 聖霊が, 肖像を, 自然に対する, 船上山の, 芸術である, 苦労を, 苦勞を, 苦心を, 菩提の, 著明, 血との, 血に, 血の, 血筋を, 術の, 衝動や, 見解は, 親類一族に, 言を, 言葉の, 記念であっ, 許へ, 誇りも, 説話が, 調べた壱岐, 豪族たちの, 財産から, 賜を, 賤しきを, 足が, 足に, 身の上に, 身分の, 軽慮, 迅速さには, 造つた古い, 道に, 遺した品物, 遺傅, 遺徳と, 遺業と, 遺業を, 遺物である, 遺物の, 遺物や, 遺産が, 遺産に, 遺産においてを, 遺風, 遺風では, 遺風なり, 避難所の, 邑落生活時代に, 郷じゃ, 郷の, 郷は, 鎧櫃を, 長所を, 長日月, 間より, 隱した, 難波ネコタケフルクマの, 霊で, 霊であろう, 霊につき, 霊は, 霊へ, 霊御, 霊魂を, 靈と, 青山道斎だ, 静山と, 頭の, 願に, 類人猿時代の, 食物に対する, 餘慶によ, 驚くべき同化力, 骨を, 高麗人, 魂と, 魂の, 鴻大無, 鴻恩を

▼ 祖先~ (189, 9.6%)

2 使用した, 南部家の, 政治上に, 数万年の, 海外から

1 [179件] あったなら必ず, あつた, あらゆる修業, あらゆる階級, あらわれて, いい獲物, いずれも, うるしと, お前を, かつてこの, かつては, かつて南, かつて夢みた, かつて為した, かの有史前, かれら, ここに, この川, この行事, こんなにもおろか, して, そういう生活, その子孫, その洞, その野蛮蒙昧時代, それによ, それらを, そんなこと, つとに理解, どのよう, どれ程, どんなに晴れやかさ, なぜガリレオ, なる處, はじめてこの, ひたすら忠誠, まさか此程, まだ国家意識, もと廣東に, もと長吏法師であり, やまとの, よく旅行, よほどな, われわれの, ゐた, トテムを, ヤマトに, 一ノ谷宇治川藤戸, 一幅を, 一度遭遇, 一時称した, 下って, 不幸にも, 主神に, 之を, 予期した, 五億三千六百八十七万余人五十代も, 五十二万四千余人三十代前の, 五百十二人二十代前の, 人を, 今も, 代々五郎兵衞と, 代々昔から, 以て, 伝えて, 伴を, 何, 何千兩といふ, 何故こんなに重, 何時の, 何者かは, 余の, 作った埴輪, 作った雑器, 作つた雑器こそは, 使つた勾玉の, 信仰せぬ, 允文允武に, 克服した, 共に出現, 其動物に, 其場ぎりに, 出て, 出来てから, 印象を, 原始時代に, 原始林の, 原始的生活を, 受けて, 吾, 嘗てさう, 四百年来この, 土佐で, 多くの, 多分は, 大磯に, 太閤樣から, 如何に, 如何に無意識, 始めてこの, 始めて神秘, 姿で, 存在し, 宮廷に, 居た土地, 山地の, 山林の, 庚申の, 後代に, 徳川台徳院を, 悪いの, 想に, 折角向上, 持つて, 掘出さずに, 数限りなく, 敵に, 斯る, 既に石器時代以来, 日吉の, 日本人としての, 日本語の, 昔紡いだ, 是の, 是は, 曲りなりにも, 曾つて民衆に, 朝鮮から, 本能的に, 来た時, 樹立した, 武田氏で, 残して, 殘し, 水戸黄門光圀の, 法師であった, 流血の, 海から, 爬虫に, 献身的であった, 猿か, 生きて, 生活し, 祀つて, 祖先なれ, 神様の, 秦の, 積み重ねた罪, 節倹で, 経験した, 経験し尽した, 絶えず心, 縁續きで, 自由に, 英国や, 蓮花によって, 虎を, 見たであろう所, 謀反人であった, 貉の, 起原を, 近東を, 造りたりと, 過去には, 遺したこの, 遺したもの, 遺して, 野に, 野蛮なる, 長い間, 開いて, 閲歴し, 隠したの, 青山監物以前に, 頸飾りの, 馬を, 骨を, 鳥であった, 鶏から

▼ 祖先~ (167, 8.5%)

2 南部藩の, 如何に

1 [163件] あのよう, あらず親, いったい曹操, いづれも, いづれ今, いまだ文字, かういふ危難, かつて何らかの, ことごとくわたしたち, この天才, この島, この通り魔同様, すべての, そういう冬ごもり, そしてすべて, その前, その後の, その心情, その時代, それぞれの, それ等の, そんな教訓, ただ単に, ただ文字, とにかく母, どういふ, どんなたい, みな穢多, もちろん天地万物, もと廣州, もと笹鉾町, もと鎌倉に, ものの, わがラノン人, わが漢室, アキシオス其大水の, タミル族に, 一人しか, 一六六〇年頃エセックス, 万物の, 三出葉とて, 下野の, 不明である, 中山靖王の, 丹治比古王の, 之に, 九州を, 京都の, 今の, 今適度の, 他を, 代々大きな, 代々相当の, 代々黒田藩の, 住宅中で, 何でも, 何を, 偶像崇拝において, 兄弟三人あ, 先へ, 処女の, 前漢の, 千余年前大, 南からも, 古くから, 右の, 国土平定という, 國難に, 土器石鏃石斧類を, 坑夫に, 外国人であった, 大国主系統, 天孫だ, 天富命が, 天皇の, 奈良朝以前から, 女と, 妖怪味深く, 威公頼房が, 宗介と, 将校裁判官行政官など, 小早川隆景の, 山を, 山内但馬守盛豊の, 山脈の, 帝系の, 常に旧, 平相国, 年々に, 当時なお, 彼を, 徳川以前に, 思ひを, 悪竜, 或る, 播州の, 支那から, 斯の, 新蔡, 既にかう, 既にシガレツト, 日出で, 日本に, 明治, 時を, 書道の, 曾ての, 最上家の, 最初久高島に, 有名なる, 朝に, 朝廷に, 森蔭に, 植村与一兵衛宗春尉という, 此に, 此通り魔同様の, 武士で, 法隆寺建築の, 津軽信政に, 淳維と, 渡り者かも, 源の, 漢家の, 焚火を, 父を, 父母です, 物心つく, 甚だ復讐心, 生活に, 男爵ピロヴァノ中隊所屬の, 異民族, 當時既に, 百姓一揆に, 直観的に, 相模国鎌倉の, 真個の, 神に, 神功皇后征韓の, 神意の, 神話の, 祭りに, 経験し, 義士討入で, 自国外で, 英国から, 英雄の, 落す程, 討ちに, 誰であった, 誰なりや, 講釈本に, 豊臣の, 賢くも, 越中の, 越後では, 足利家の, 道徳的にも, 遠い昔, 遠州, 金の, 鎌倉時代に, 長い伝統, 長曾我部ぢ

▼ 祖先~ (91, 4.6%)

7 異にする 2 崇拜する, 敬するは, 祭る時, 説いて

1 [76件] おもうと, こ, この世に, しかく崇拜, して, たどると, ほこる道, まのあたりに, もって, オージンの, 中心に, 主人公に, 代表する, 佐恵久仁と, 初め無縁と, 動物と, 千年前に, 同く, 同じう, 同じうす, 同じうせる, 君主と, 君主として, 哂い, 哭かしめ愁, 大切に, 奉安すべき, 宗教的意義を, 尊ぶべきこと, 尊敬し, 崇びます墓を, 崇び墓を, 崇祀せず, 幸福に, 忘れぬ, 思い合わせて, 思うとき, 思う念, 思はせる, 思慕する, 恥ずかしめたの, 拝した, 持った料理屋, 持つて, 敬し, 敬すること, 敬するの, 書いて, 有して, 有すると, 有する一貴族, 異にし, 発見する, 知るには, 知る上, 祀つた神社, 祀る廟, 祭った東雲神社, 祭った神社, 祭るため, 祭るという, 祭るの, 祭るは, 祭る儀式, 禮拜せし, 納める霊墓, 考へないで, 西域人と, 見よと, 言は, 語らなかつた, 誤りなく, 辱か, 辱めること, 辱める次第, 驚かして

▼ 祖先から~ (66, 3.3%)

3 傳は 2 伝えられて, 伝わった業務

1 [59件] くり返して, この天然, これを, ずっと前, つたわる血, 一本立ちの, 二千年来使い馴れた, 今日の, 伝えられた資本家, 伝った家屋敷, 伝った屋敷, 伝った残忍性, 伝へ, 伝へて, 伝わった宝物類, 伝わった家, 伝わった家屋敷, 伝わった耐風策, 伝わるもの, 伝わる因縁, 伝わる残忍性, 伝わる血, 住み古し, 傳はりも, 傳へられた, 出たこと, 出たもの, 出た一族, 出た分家, 出た所, 出た枝, 出た異分子, 出た者, 出た血族者間, 出て, 出ないで, 受けついだもの, 受けついで, 受ける富, 受け嗣いで, 受け継いで, 受継いだ技, 受継いだ護身, 土の, 子孫へと, 子孫まで, 承け継いだ財産, 日本人の, 来て, 永劫の, 生れて, 生れもしくは, 発しそして, 相続し, 着せられた私, 罔極の, 血で, 見て, 進化し

▼ 祖先~ (55, 2.8%)

3 對する 2 しても, なったの, 對し

1 [46件] おつ, おわびを, かくの, する人, たいし御, つながるもの, なるの, もつこと, よほど美しい, 付会し, 依ツ, 保たれて, 俟つ, 共通した, 共通で, 出世した, 告げぬ, 因縁の, 宿ってさえ, 就くこと, 巡り会ったよう, 当りその, 当るの, 当る処, 当る婆様, 当る婦人, 当る花清宮裡, 従わなければ, 恥ぢを, 持ち先代, 持った岸本, 持って, 持つこと, 持つ我々, 播州の, 替つて, 河内源氏石川ノ, 溯って, 申し訳ない, 相濟, 誇りを, 諸葛豊, 較ぶれ, 還ったの, 長吏以下, 關する

▼ 祖先伝来~ (54, 2.7%)

3 の土地, の家屋敷 2 の家宝, の槍, の財産

1 [42件] であつ, であるかの, のこれら, のもの, のやり方, のカマボコ製造業, の一党, の不文律, の二本, の人間, の便宜, の切支丹, の原始的, の古, の名刀, の因縁, の土そのもの, の大きな, の妙, の宝, の屋敷, の山, の山林田畠, の岸本, の彼, の日本精神, の智慧, の書画, の樹木, の正統, の永遠, の爵位, の特殊, の田地, の田地田畑, の田畑, の由緒, の神, の秘習, の米, の職業, の身上

▼ 祖先~ (48, 2.4%)

2 手を

1 [46件] した例, する人々, する御諸, する考, そう違った, なして, なったの, なった以上, なって, なつた, ならなくては, なるべき元始細胞, 一體に, 云ったって, 云われて, 云われる経済学者ヴェブレン, 交渉を, 他民族, 信じたの, 信じ虎, 傳える, 共通なる, 同じ市民的, 同じ形, 大陸との, 女の, 女の子を, 応対が, 毫も交渉, 父母との, 特別の, 猿と, 現在の, 申して, 異なる教, 當時の, 私とが, 結びつけて, 考へたかも, 考へられて, 聞えしは, 血液, 見立てた蛮人, 解せられる, 認めるならば, 謂は

▼ 祖先以来~ (48, 2.4%)

2 の家産, の浮浪, の浮浪生活, の習慣, の風習

1 [38件] そうしたよう, たいへんに, のあらゆる, のこの, のはえぬき, の久しい, の仇, の出入先, の受領地, の名家, の君家, の地, の姓, の宅神, の家名, の家訓, の屋形, の役儀, の本領, の江戸っ子, の浮浪性, の狩猟漁業, の生活, の砦, の神, の職, の肉食, の記憶, の遺風, の金銀, の霊, の魂, 互いに結び合っ, 伝えられた和漢, 伝わる名刀, 戴いた君公, 積み蓄えた金銀財宝, 経て

▼ 祖先たち~ (33, 1.7%)

1 [33件] がかならず, がアフリカ, が世界, が土下座, が始めて, が文字, が様々, が裸, にとつて, に属する, のあと, のそれ, のよき, の優雅, の力, の功績, の多く, の家譜, の希望, の心, の智慧, の業, の計り, はおそらく, はたとえ, はよい, はイリーン, は彼ら, は海岸, は狩猟, は観測, へ見参, や一時代

▼ 祖先崇拝~ (32, 1.6%)

3 の念 2 の宗教, の道徳

1 [25件] が琉球神道, だと, としては琉球, とにわが国, と禁厭神聖物, と言, ならこれ, の古風, の形, の思想, の情, の教義, の方, の日本, の盛ん, は今, は母系統, は盛ん, も琉球神道, や神社崇敬, をし, をやめよ, を大体, を悪い, 古き権威

▼ 祖先崇拜~ (26, 1.3%)

3 と云 2 の風習, を排斥

1 [19件] が支那, であると, につき, に在る, に對, に關, の儀式排斥, の核心, はた, は一, は偶像崇拜, は宗教的意味, は縱, は越え, は非常, を指し, を擧げる, を社會上, を迷信

▼ 祖先~ (22, 1.1%)

2 やはり猿

1 [20件] いって, いる, さぞ苦笑い, その一味, その慶, また石器, わしが, 亦, 亦廣州, 剣術も, 又動物, 嘗つて踏んだ, 平家から, 必ず参加, 憲兵も, 曽祖父も, 本州の, 水戸家の, 美女も, 遠くは

▼ 祖先からの~ (17, 0.9%)

1 [17件] ならはし, 例で, 土豪造りの, 城を, 士格を, 多少の, 戒しめを, 数限りも, 旧い館, 由緒を, 美しい感情, 美風では, 言い伝えで, 語は, 遺伝で, 遺伝的記憶と, 骨を

▼ 祖先である~ (16, 0.8%)

2 かまたは, 計りでなく

1 [12件] という, といふ風, と言, 元始動物と, 単細胞の, 微生物が, 微生物の, 為に, 紙草という, 藤原氏が, 長日子, 黛芬両

▼ 祖先~ (16, 0.8%)

2 くだし幸

1 [14件] が出現, が来る, だからと, です, で出雲氏, として敬う, となつ, と考へる, と見た, の祭り, の香炉, は琉球本島, または河湖神, を祀る

▼ 祖先~ (12, 0.6%)

2 の山 1 になかつた, には殆ど, にも山中歴日無し, のあはれ, の事, の生活, の苦闘, の遺恨, は, は里

▼ 祖先たる~ (11, 0.6%)

1 [11件] に恥じない, コペルニクスガリレイブルーノ等は, デカルトスピノザ等は, 三合会や, 下等動物中STEGOCEPHALIAを, 古の, 我が國, 武士という, 神, 論派と, 諸神

▼ 祖先より~ (11, 0.6%)

1 [11件] して, 代々教導を以て, 伝は, 伝はりし, 伝わる古代金貨, 伝わる数連, 伝わる法, 伝われる名誉, 伝承せられし, 出た一族, 子々孫々相伝え

▼ 祖先~ (10, 0.5%)

1 からである, からとて三好ゆき, とある, という考え, といふ風, とも云, と信じられ, と古事記, なんて, よ

▼ 祖先傳來~ (9, 0.5%)

2 の土地 1 で職, のしきたり, の家, の家寶, の技術, の浪人, の田地

▼ 祖先として~ (8, 0.4%)

1 似つかわしい, 似つかわしく大和画家, 威名の, 感じ易, 感ずること, 既に畏怖, 知られたる火闌, 考へて

▼ 祖先には~ (8, 0.4%)

1 できたの, もっとべつ, よく神さま, 人間と, 単なる動物, 或は是非, 結論は, 考えられて

▼ 祖先~ (7, 0.4%)

1 が神代, 両親親族等から, 亡兄の, 同胞を, 家族たちの, 故主の, 父母に

▼ 祖先代々~ (7, 0.4%)

1 の人, の動物心理, の家, の居館, の財産, の麦畑, より遺伝

▼ 祖先~ (6, 0.3%)

2 あつた 1 あらう訣, 亥太郎は, 気の, 身体は

▼ 祖先~ (6, 0.3%)

2 のである 1 のだ, のであっ, のでございます, のに違い

▼ 祖先への~ (6, 0.3%)

1 不孝に, 信頼とに, 報告も, 孝行と, 申譯に, 追慕であり

▼ 祖先~ (6, 0.3%)

1 が血, のよう, の労働, の遺物, は人, は水葬

▼ 祖先でも~ (5, 0.3%)

2 ある 1 ある神, なく村, 七代目には

▼ 祖先といふ~ (5, 0.3%)

1 ことに, のが, ものを, 風に, 風にも

▼ 祖先なる~ (5, 0.3%)

1 ものが, 人間である, 動物時代に, 男が, 考妣二体を

▼ 祖先以來~ (5, 0.3%)

1 の勇氣, の安住, の智識, の社會組織, の魂

▼ 祖先にとっては~ (4, 0.2%)

1 ここが, これほど, ほかでも, 問題でも

▼ 祖先に対する~ (4, 0.2%)

1 一種面白い, 厚い尊敬心, 誇りひとつことに, 負債を

▼ 祖先~ (4, 0.2%)

2 だが, であると

▼ 祖先すなわち~ (3, 0.2%)

1 この儀作, 同国の, 過去において

▼ 祖先という~ (3, 0.2%)

1 ことであっ, のは, 者は

▼ 祖先との~ (3, 0.2%)

1 今も, 生活活動と, 間に

▼ 祖先とは~ (3, 0.2%)

1 だれを, 今よりも, 縁戚の

▼ 祖先に対して~ (3, 0.2%)

1 有難や, 為るだけの, 頭が

▼ 祖先に対しても~ (3, 0.2%)

1 又自分, 申しわけが, 面目を

▼ 祖先及び~ (3, 0.2%)

2 その時代 1 眷屬の

▼ 祖先~ (3, 0.2%)

3 の田畑

▼ 祖先~ (3, 0.2%)

1 はもと加茂, は六角堂, は威公

▼ 祖先たらざりし~ (2, 0.1%)

1 は勿論, 事も

▼ 祖先でない~ (2, 0.1%)

1 とは言われない, 神を

▼ 祖先とか~ (2, 0.1%)

1 家という, 家といふ

▼ 祖先としての~ (2, 0.1%)

1 神, 考へと

▼ 祖先と共に~ (2, 0.1%)

1 ほんとうに, 水戸家の

▼ 祖先なにがし~ (2, 0.1%)

1 が三方ガ, と申

▼ 祖先について~ (2, 0.1%)

1 いろいろの, 語ろう

▼ 祖先にも~ (2, 0.1%)

1 少なくも芸術, 相濟

▼ 祖先によ~ (2, 0.1%)

1 つても, つて作られた

▼ 祖先に関する~ (2, 0.1%)

1 信念を, 記録によって

▼ 祖先よよの~ (2, 0.1%)

1 曲画の, 油画の

▼ 祖先以來さ~ (2, 0.1%)

2 うした

▼ 祖先以外~ (2, 0.1%)

1 にこれ, の他

▼ 祖先以来さ~ (2, 0.1%)

2 うした

▼ 祖先即ち~ (2, 0.1%)

1 原始人類が, 始祖アダム

▼ 祖先子孫~ (2, 0.1%)

2 のため

▼ 祖先自身~ (2, 0.1%)

1 の時代, も彼

▼1* [161件]

祖先あった者少なから, 祖先ありて子々孫々, 祖先いらいの館, 祖先うずめの命以来, 祖先蝶にも, 祖先地方的豪族の, 祖先かと言へば, 祖先ここに住めり, 祖先この方不文の律, 祖先しか持たずその, 祖先しらべの中, 祖先その人でない, 祖先そのままの姿, 祖先それから酒を, 祖先だけは漸く二三百年, 祖先であったが諸事石川備前守, 祖先ではありません, 祖先とが鉱物なり, 祖先とともに大伽藍, 祖先とに対して努力の, 祖先ともいうべきもの, 祖先ともいはるる, 祖先なきを, 祖先なく山に, 祖先などの祖という, 祖先なりしかれども第, 祖先なれば子孫, 祖先についてのこういう系譜, 祖先にまで実地に, 祖先によってこの地球, 祖先に対するの敬虔を, 祖先のうへに溯る, 祖先のてがらと, 祖先のにらいか, 祖先はじめ現在の両親, 祖先ばかりでなくどうやら, 祖先対しても, 祖先へも郷土へも, 祖先またわが黨與, 祖先までがこれを, 祖先やら人の, 祖先二人を, 祖先よりの伝統である, 祖先をも総称し, 祖先アマツクメの命, 祖先イシコリドメの命, 祖先ウズメの命, 祖先タケオシヤマタリネの女, 祖先タマノオヤの命, 祖先ナラザル事モ骨骼及ビ風俗ノ比較ニ由リテ知ルヲ得ベシ, 祖先遺シタル物トナサンヤ, 祖先フトダマの命, 祖先フトマワカ姫の命, 祖先モアワレト見ソナワシ給ウベシ, 祖先ヱハの王, 祖先擧ゲテ云ヘルニハ非, 祖先なりと, 祖先一統を代表, 祖先にわれわれ, 祖先には古, 祖先乃至はわれら, 祖先久末久五郎といふ人, 祖先以來畫きし所の肖像畫, 祖先以來習つてゐたの, 祖先以來與へられて, 祖先以来そこに住ん, 祖先以来事なき日にも禄, 祖先以来些少にても家禄, 祖先以来代宣して, 祖先以来同一国内に住居, 祖先以来岩国の住, 祖先以来幾代も続い, 祖先以来徳川家の禄, 祖先以来斧を入れなかった, 祖先以来東国にあっ, 祖先以来永住の地球, 祖先以来源家相伝の家僕, 祖先以来狩猟漁業に活きた, 祖先以来禄を食む, 祖先以来荘厳にし, 祖先以来軒並みの人間以外, 祖先以来高禄を頂い, 祖先伊勢新九郎の出身, 祖先伊藤五郎大夫は道元禅師, 祖先伝来ここにいる, 祖先伝来一切の生命, 祖先信昌公には板垣三郎, 祖先傳來われの友, 祖先傳説でないこと, 祖先兵衞直頼殿, 祖先其物だから, 祖先再生までの間これ, 祖先十人の子孫, 祖先十代と己, 祖先の文化産業, 祖先墳墓の地, 祖先大和民族の最古, 祖先大納言頼宣が父家康, 祖先孔子の幼時, 祖先宗介じゃ, 祖先家時公の御, 祖先尊崇の国民的信仰, 祖先尊氏の引き合わせ, 祖先小六はそれ, 祖先崇拝国民が祖先, 祖先幾百年の夢, 祖先後藤祐乘の打つた, 祖先徳阿弥父子は遊行派, 祖先である, 祖先數代の墓, 祖先斎藤蔵人は名, 祖先新田氏をおろそか, 祖先日本人の思想, 祖先時兼は足利家六世, 祖先更に近代的に, 祖先来ここに住居, 祖先来四百年以上奉崇, 祖先来数百年奉祀し来った官知社, 祖先来自分が思い込ん, 祖先構わずの国民, 祖先の国, 祖先民族の生活, 祖先源頼義朝臣は相模守, 祖先照子姫と云う, 祖先父母の位牌, 祖先特に華美と, 祖先珍重いたせし物, 祖先生活には岩窟住居, 祖先発祥功名歴代忘れて, 祖先相つぎ世々農を, 祖先研究をたれ, 祖先神仏の加護, 祖先祭祀となり, 祖先禮拜の觀念, 祖先穂日命以来の慣例, 祖先は出生, 祖先精霊をとま, 祖先累代の恥辱, 祖先累代信長から一粒, 祖先罵ったそのこと, 祖先義清いらい一世紀余, 祖先考妣の二位, 祖先自らの身振り, 祖先自作のつらね, 祖先鳴宿禰, 祖先茂左衛門基治も主人秀秋, 祖先葬祭の改革, 祖先を排し, 祖先譲りの朗, 祖先赤松一族の行方, 祖先赤松氏の支流, 祖先達以来夢にのみ情熱的, 祖先遺伝の能力, 祖先錦橋自己乃至其子孫, 祖先鎌倉の権五郎景政, 祖先鎮守府将軍源頼義の一族, 祖先青山道斎のこと, 祖先頼宣に対して感謝, 祖先頼義公も義家公, 祖先馬援は青史, 祖先高知市