青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「祖~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

示す~ ~礼 礼~ ~社 社~ ~社会 社会~ 社長~ 祈り~ 祈祷~
祖~
~祖先 祖先~ ~祖母 祖母~ 祖父~ ~神 神~ 神尾~ 神戸~ ~神様

「祖~」 1176, 13ppm, 8656位

▼ 祖~ (229, 19.5%)

5 お示し, 遺詔 3 ために, 命, 命に, 如きは, 神, 首を

2 [13件] 人や, 人情に, 前を, 名断つ, 字を, 意に, 意を, 手に, 末年に, 無と, 答えは, 言に, 諸子を

1 [175件] いうには, いは, いひしこと, この解禁, そのいにしへ, それと, そんな遺言, ようです, ようにも, 事に, 仕返しを, 代りに, 位牌の, 住みたまひ, 余威に, 余徳を, 儀式に, 優待を, 先鋒の, 准許を, 利休の, 前に, 功臣を, 北条氏との, 十四年以来奉天と, 反町無, 名を, 命こを, 命の, 命は, 命を, 命子に, 命并せ, 唯一の, 問答が, 問答に, 嗣と, 嘉納する, 国に, 國に, 場合より, 天下を, 失か, 女の, 女婿や, 姉の, 姿を, 子と, 字は, 孫に, 安國上人, 宮の, 家, 寇を, 尚円王, 崩ぜると, 崩ぜるは, 崩ぜんと, 工夫とを, 弟子其阿彌, 弟子百丈, 影像が, 後継者は, 御事, 御恥辱, 御旨, 心それ安んぜざる有る, 思えるところ, 恩寵を, 情や, 愛重する, 慮あり, 戦死を, 手下で, 故事や, 新興仏教の, 日の本と, 日本入寇即ち, 日本征伐事件に, 旧棲, 明の, 昔思い偲ばれ, 時その, 時に, 時より, 時代以後の, 智に, 暴勇に, 服部喜兵衛は, 末孫なる, 本, 植えたるもの, 楳本法神が, 横へ, 權臣阿, 正論に, 武昌を, 没後お前が, 治を, 洪武三十年, 洪武二十八年傅安等を, 洪武元年, 涎唾を, 深智達識, 渡らぬ先, 濂を, 為すところ, 為子孫の, 玄奥は, 病は, 皇后即ち, 皇女が, 皇孫と, 盛徳偉業炎々の, 真意が, 真意だった, 真意を, 眷族の, 知を, 研究に, 研究は, 祖の, 祖父景祖の, 神すなわち, 神即母神が, 秘文水火の, 第五子, 第十一子蜀王椿, 第四子, 答へて, 精神は, 精靈の, 美に対する, 耳に, 背を, 臣, 臣で, 至元, 英明に, 菩提寺の, 著述である, 藩に, 血を, 衣鉢を, 言は, 言説を, 詔まことに, 詔可なる, 詩を, 諡は, 讀書, 身これなり, 身を, 軍勢を, 軍至る, 辺海毎に, 近臣で, 連, 連等が, 連等の, 遺体なり, 遺業を, 遺託, 鉄棺が, 開宝末年に, 陵號を, 順治元年, 領が, 風は, 風俗を, 首と, 首は, 驚きは, 鶴見という, 麾下甘

▼ 祖~ (86, 7.3%)

3 あるの, なったの 2 いう, すること, なったもの, なつた

1 [72件] ある, いい伝えて, いうと, いって, いはれる狩野正信, いひ事柄, いわれて, いわれるが, いわれるソクラテス以来最近, いわれる第, される, され後者, したの, した微塵流, した日置流弓道, しエヴァ, し斎忌, し蓮如, すべきである, すると, するという, するばかり, する一刀流, する孔子自身, する狩野派, せらるるロベルト・マイアー, なし伝法伝衣, なった, なった懐奘, なって, なつたとい, なりしこと, なる観阿弥清次, なれり, ふなんぢ, よべる一老婆, 一緒に, 主君の, 云うは, 云つてある, 仰いで, 仰がれさせ給, 仰がれて, 仰がれるだけに, 号し奉る, 合せて, 呼ばれて, 呼んで, 尊ばる, 年月日時を, 思われる, 書いた, 書いて, 死を, 比較すべく, 為って, 爲せり, 禰衡とは, 称しまたは, 称するところ, 称する南部次郎光行, 称する吉備大臣, 称せらるる, 称せられるマキアヴェリ, 考へられて, 言いまして, 言って, 言われた人物, 註して, 謂は, 謂はれ, 議論し

▼ 祖~ (79, 6.7%)

1 [79件] おそらくこの, かくなしたで, かっとして, かねて手具脛, ここから, この弊風, この目的, さんざん討ちくずされ, すこし巻舌, その夫人, その著, その返報, むかしわが, もうこれから脱, ポオだ, 一切人と, 七八代前までは, 不首尾を, 亡び甘, 今専心, 伊勢の, 元平田姓, 元日に, 先輩である, 兔を, 全く茶器, 兩廣第, 八幡様, 六祖を, 十一歳旭烈兀は, 千軍萬馬の, 南蕃人なりと, 却つてみだりに, 去ったが, 在銘の, 坐禅する, 堅実に, 大いに怒りました, 天智天皇である, 天神母は, 太祖の, 女で, 字である, 家康の, 實際政治家として, 實際的政治家として, 小六, 山階家から, 張虎陳生の, 待って, 後漢, 必ずしも禅那, 怖るる, 恰かも, 昭和十一年死亡す, 是れ, 服中生, 歴代の, 江伯兒の, 決してそんな, 漢の, 狼狽し, 玉櫛, 男三十五人女二十人合計五十五人の, 矛を, 石臼を, 神に, 秀吉の, 私たちが, 竜頭太とて, 自ら滅びた, 菩提を, 蒲壽庚等に, 道得なり, 道臣命, 遠く天児屋根, 鎮撫に, 開国の, 魚の

▼ 祖~ (55, 4.7%)

3 して 2 破るの

1 [50件] しのび, その大用現前, ながく祀る, なさんと, なしたと, なした梶原華嬢, なすの, もって, 一種の, 乱軍の, 亡ぼす前兆, 伐てとは, 伐とうでは, 作仏せし, 召還した, 同じゅうしてきた同根, 后稷に, 大将として, 守り俳諧, 小左衛門辰勝と, 平げ荊州の, 得て, 拝するは, 握りまつらむとす, 擒れ, 攻めに, 攻めるため, 救けること, 敵へ, 明智光秀の, 正依, 殺し, 殺しても, 父系と, 獲まつらず御子, 目し, 破ったらその, 祀った鶴島神社, 祀つたもの, 祀られた廣田神社, 祀りしに, 祀る, 秀郷と, 罵るの, 討った, 討つこと, 討つ計, 讃する, 讃詠した, 送り返すならば

▼ 祖~ (45, 3.8%)

2 孝孺を, 熟慮遠謀し

1 [41件] いわるるには, その近, どうしても通しません, 一令を, 中原を, 今甦ったら, 今甦るなら, 他の, 位に, 元に, 公然かかる, 大度を, 大敗しました, 天下を, 天命六年, 守って, 宋を, 序文を, 彼が, 懿文太子に, 我が國, 所謂敵を, 打ち込んだ刀痕, 拓いたもの, 日本に, 曾て, 燕京を, 示した茶, 稲荷の, 米を, 胸中の, 自分は, 見ること, 見得ずして, 討たれてから, 諸子を, 遺つた, 遼東一帯の, 阿波の, 馬から, 黄梅山に

▼ 祖五郎~ (36, 3.1%)

2 の姉, はお

1 [32件] お竹, お竹等, が伝記, が媒妁人, が来よう, が松蔭, が飛, という今年十七, とお, と姉, と申し, に渡しました, の父織江, の行方, の跡, は, はこれ, は二代目織江, は前, は又, は威丈高, は恐入っ, は我小屋, は早速, は未だ, は血眼, は頻りに, も少し, も心配, も此, も蔭, を殺害

▼ 祖~ (27, 2.3%)

1 [27件] して, 今朝は, 仕え礼儀, 任用された, 会えば, 反對, 向いそれとなく, 基き祖, 奏した疏, 当られる御方, 当る, 従って, 拜謁し, 接して, 服屬し, 果して, 當る, 直言し, 紹ぎたもうべかりしが不幸に, 至つて丹波国矢田郡に, 至るまでも, 見せたので, 見ゆ, 請いて, 請ひしか, 遇って, 随って

▼ 祖~ (25, 2.1%)

2 のため

1 [23件] がその, にかへつて, にも等しい, に太陽, のひと, のみ民族, の危急, の土, の地上, の太陽, の復興, の歴史, の爲敵手, の若い, の血, は本書, をもつ, を廢絶, を愛する, を明るく, を脱出, を護る, を非道

▼ 祖~ (20, 1.7%)

1 [20件] が海, です, とした, とともにすべて, と神, に供え, に供し, に供養, に対すると同じ, のごとく看做した, のまえ, のゐる, の女性, の孝養, の形, の男女二体, の異形身, は早く, も民意, を一体

▼ 祖たち~ (16, 1.4%)

5 が長く

1 [11件] がまだ, がみか, が具足, が叡智, の恋慕, の敢, の此, の生活, の語, の餘徳, も苦しん

▼ 祖として~ (12, 1.0%)

1 [12件] あるから, その兵術, それから出でた, ゐるの, 天心正伝神道流と, 崇められて, 新しい出発点, 有名な, 癩非人と, 石舟斎宗厳を, 見る可, 解す可

▼ 祖~ (11, 0.9%)

1 [11件] だいぶ酩酊, よくは, 他の, 同じ佐々木, 同じ近江源氏, 喜ぶの, 怖が, 悧巧で, 此を, 英明絶倫の, 遺憾なき

▼ 祖たる~ (8, 0.7%)

1 が如し, ことノアと, オツペケペーの, 他阿, 歌川豊春の, 点に, 神武天皇である, 黄帝に

▼ 祖である~ (8, 0.7%)

1 ということ, と云う, と解される, パルメニデス, 処の, 政宗公が, 理源大師, 虹汀も

▼ 祖~ (8, 0.7%)

2 は岐比佐都美 1 は七拳脛, は多, は御, は志毘, は若, 不絶

▼ 祖~ (8, 0.7%)

1 が飯田安石, に陪, の五日, の所, の月, の詩, は其月日, を兼ね

▼ 祖~ (8, 0.7%)

1 が夙く神, が村, であつ, であり妖怪, のそしり, の群行, の駐屯所, 及び眷屬

▼ 祖~ (7, 0.6%)

1 が真向, であり国是, の厳, の怒り, の鎖国, を守る, を覆えした

▼ 祖~ (7, 0.6%)

1 が日ごろ, という家来一人, の胴体, の首, は木かげ, は馳, よああ

▼ 祖より~ (6, 0.5%)

1 うつそみ, のち百千人の, 一手の, 伝ヘ, 次第, 次第には

▼ 祖~ (6, 0.5%)

5 じて 1 じ皇太孫

▼ 祖父ヶ岳~ (6, 0.5%)

1 であるか, に連, の二日, は, は之, を指した

▼ 祖統記~ (6, 0.5%)

2 に出 1 などに所謂, には貞, による, 第四十卷

▼ 祖高皇帝~ (6, 0.5%)

1 に継い, の嫡孫, の子, の御, の神牌, はもと

▼ 祖あめ~ (5, 0.4%)

4 の押雲根命 1 のおしくも

▼ 祖~ (5, 0.4%)

1 はくきたり, はく人有南北なりとも, はく作仏を, はく嶺南人なり, はく嶺南人無

▼ 祖~ (5, 0.4%)

1 ということ, というよう, という賀茂保豊, とウィリアム, と云う

▼ 祖~ (5, 0.4%)

1 伊斯許理度売命は, 六孫王其人である, 咄家の, 遠は, 鎮守府将軍であった

▼ 祖とも~ (5, 0.4%)

1 いえる業績, いふべき菱川師宣, 申すべき虹汀様, 言うべきスメタナ, 高祖とも

▼ 祖~ (5, 0.4%)

1 の一致, の強壮, の血液, は神, は神勅

▼ 祖~ (5, 0.4%)

1 として伝えられ, に伝え, に記し, の伝え, の僧宗弼

▼ 祖~ (5, 0.4%)

1 と太子像, にし, によりても想像, に近き, の中

▼ 祖~ (5, 0.4%)

1 なる人, の五人, の御, の手, 哭きつつ

▼ 祖~ (5, 0.4%)

4 へ給 1 である

▼ 祖~ (5, 0.4%)

1 の時建立, の竜顔, の陵, はやっと, は悲し

▼ 祖~ (4, 0.3%)

4 臣の

▼ 祖~ (4, 0.3%)

1 の顔, はひるむ, はわたくし, を庭上

▼ 祖~ (4, 0.3%)

1 をも完, 訓は, 訓を, 訓以下

▼ 祖押雲根命天~ (4, 0.3%)

4 の水

▼ 祖歴代通~ (4, 0.3%)

31 載の

▼ 祖~ (4, 0.3%)

1 になる, の宴, の臣, は得吾

▼ 祖でも~ (3, 0.3%)

2 あると 1 先年退位された

▼ 祖という~ (3, 0.3%)

1 ことに, 者を, 語に

▼ 祖ども~ (3, 0.3%)

1 が刻苦, が多く, の苦心

▼ 祖なり~ (3, 0.3%)

1 はじめて死せし, 伊弉諾尊と共に, 女性は

▼ 祖には~ (3, 0.3%)

1 なれんと, よほどお, 貴方より

▼ 祖五郎殿~ (3, 0.3%)

1 という表書, にも春部氏, の申さる

▼ 祖~ (3, 0.3%)

1 に逐われ, の堂, の壇

▼ 祖~ (3, 0.3%)

1 友別之, 神君の, 筆の

▼ 祖忽必烈~ (3, 0.3%)

1 と其弟, の女, の頃

▼ 祖~ (3, 0.3%)

1 であるが, なの, を得

▼ 祖父ちゃん~ (3, 0.3%)

1 はねアノ彼ん, はね恐ろしく, 見てたの

▼ 祖この世~ (2, 0.2%)

2 に罪

▼ 祖その~ (2, 0.2%)

1 人なら, 曲直は

▼ 祖といふ~ (2, 0.2%)

1 ことが, 様な

▼ 祖なりと~ (2, 0.2%)

1 あり, あり又

▼ 祖なる~ (2, 0.2%)

1 チエウス黄金の, ルイ

▼ 祖また~ (2, 0.2%)

1 夫婦和合を, 酒を

▼ 祖アダム~ (2, 0.2%)

1 という思想, といふ思想

▼ 祖トバルカイン~ (2, 0.2%)

2 はいそしみ

▼ 祖人文~ (2, 0.2%)

2 の保護者プロメトイス

▼ 祖以来三代~ (2, 0.2%)

1 の功臣, の君

▼ 祖~ (2, 0.2%)

1 嘉二年讚又遣, 禅師から

▼ 祖八幡殿~ (2, 0.2%)

1 からのわが, が願文

▼ 祖史観~ (2, 0.2%)

1 とも呼ぶ, と名づける

▼ 祖在天~ (2, 0.2%)

2 の霊

▼ 祖大師~ (2, 0.2%)

1 に参じ, に問う

▼ 祖太子~ (2, 0.2%)

1 に命じたまい, に問い

▼ 祖始め~ (2, 0.2%)

1 て基, て基い

▼ 祖孫六~ (2, 0.2%)

1 の手引き, の見るべき

▼ 祖~ (2, 0.2%)

2 の扉

▼ 祖~ (2, 0.2%)

1 なり, の小野塚家

▼ 祖家康公~ (2, 0.2%)

1 よりお, より信牌

▼ 祖家時~ (2, 0.2%)

1 からの鑁阿寺, の

▼ 祖家時公~ (2, 0.2%)

1 の, の置文

▼ 祖~ (2, 0.2%)

1 にたいし奉り, の筆

▼ 祖慶先生~ (2, 0.2%)

1 が突然, であったが

▼ 祖曹操~ (2, 0.2%)

1 と蜀, の功臣

▼ 祖林崎甚助重信~ (2, 0.2%)

2 などはやはり

▼ 祖~ (2, 0.2%)

1 なる東京開成学校, なる開成所

▼ 祖母子~ (2, 0.2%)

1 に結った, に結つたの

▼ 祖父ちゃん祖母ちゃん~ (2, 0.2%)

1 が来, には故郷

▼ 祖眞教~ (2, 0.2%)

1 が備後, も磐城殊

▼ 祖~ (2, 0.2%)

1 すなわち下賀茂神社, すなわち下鴨神社

▼ 祖~ (2, 0.2%)

1 の余業, ノ親

▼ 祖~ (2, 0.2%)

1 源坊の, 源坊案不破水月の

▼ 祖~ (2, 0.2%)

1 に云, を覩

▼ 祖越寺~ (2, 0.2%)

1 の境内, もまた

▼1* [267件]

あるのみ, 祖おしくもね天, 祖お婆さんがいる, 祖から出たと, 祖からの墓が, 祖ここに数千, 祖こそすなわち猟師, 祖これを見たまい, 祖だけを持つよう, 祖であって今, 祖であり推理小説よりも, 祖であり尽きざる興味の, 祖としての責任を, 祖とは心腹の, 祖なき光輝なき, 祖などいった内, 祖なれば自ら別系, 祖にあたる比企氏と, 祖について一々その, 祖に従って出入離れず, 祖はじめて基を, 祖ひそかに其の, 祖ふた柱を, 祖みずから崩後の動揺, 祖みな漢朝の鴻恩, 祖をばえとり, 祖ウィリアムはこの, 祖エヴァはアダム, 祖カッチアグイーダ火星天にて詩人, 祖グリムは独逸国民, 祖サモスなるエピクロス師, 祖ザメンホフはいっ, 祖ターレスの宇宙論, 祖トスル流ハ措テ論ゼズ慶元以還, 祖トスレバ之ヲ師トセザル, 祖ノアが葡萄, 祖フレデリック・フォン・ビュレンの紋章, 祖ホーマーを, 祖上田秋成が書い, 祖上都に万余, 祖公を, 祖中臣の氏, 祖乃御霊多須気弖, 祖五郎今一人は春部梅三郎, 祖五郎如何にもお, 祖五郎春部梅三郎はお召, 祖五郎此の松蔭, 祖人以來一貫して, 祖人間の代表者, 祖代々の鴻恩, 祖以来世々の群禅, 祖伊佐比の宿禰, 祖伊達秀宗がかつて, 祖伊須氣余理比賣患苦, 祖伊香色男は蓋孝, 祖保科正之が武蔵, 祖信重が出雲, 祖備中守正邦の季, 祖八幡の祠, 祖六祖の問答, 祖其の挙止端整なる, 祖其名を記し居たまい, 祖内色許男の命, 祖の連, 祖出現の使命, 祖創業の功臣, 祖劉勲などを平げ, 祖劉貞はひとたび, 祖勢源の直弟子, 祖及び埃及王の, 祖叛迷者に傷害, 祖司馬先生がわずか, 祖后稷は其母, 祖呑海及び其弟子, 祖周作か平手造酒, 祖な当時, 祖哭きつつ求, 祖四大家いずれも皆名, 祖國亡命中の翁, 祖國日本にとつ, 祖國淨化のため, 祖の亡ぶ, 祖堂宝庫傭人たちの住む, 祖堕落の時, 祖なるを, 祖墓地では私, 祖多く喜ばず, 祖多治比島は持統四年, 祖大久米の命二人, 祖大医であって, 祖大明六年詔曰倭王世子興奕世載忠, 祖大浦光信の母, 祖大浦為信は関ヶ原, 祖大目が女, 祖に登る, 祖太孫を愛せざる, 祖太宗の時, 祖太宗二代の皇居, 祖奧津余曾が妹, 祖の神衣, 祖始終帝を, 祖子致と云, 祖であるが, 祖孫三代の忠節, 祖孫堅の君, 祖孫堅以来仕えて, 祖孫堅将軍以来重恩をこうむっ, 祖孫相鬪ぐ樣な家庭, 祖宇豆比古が妹, 祖宮中に大, 祖に儲位, 祖富田五郎左衛門が歿後, 祖将官に位勲, 祖六家政が, 祖屈せず師を, 祖の問題, 祖島垂根が女, 祖崔浩をし, 祖川上貞奴とならず, 祖川那子満右衛門, 祖已むを得ずし, 祖帰り二つ鳴れ, 祖建伊那陀の宿禰, 祖建忍山垂根が女, 祖弓削浄人が散楽俳優, 祖弘忍大師のところ, 祖彦坐命之後, 祖御歌よみしたまひ, 祖の尼, 祖忠上の時阿部正次, 祖忠教忠政様このかた, 祖息長帶日賣の, 祖恵帝の海外, 祖意富阿麻比, 祖意富多牟和氣が女, 祖意富那毘が妹, 祖慧能かつて二僧, 祖慫神さまの一番, 祖憲法の声誉, 祖成吉思汗の西域征伐, 祖成吉思汗以來四方を征服, 祖披露の祝日, 祖支佐加比比賣命社, 祖政宗が最も, 祖政宗公というの, 祖故人呂伯奢を, 祖教え給えと祈ろう, 祖教景公このかたここ, 祖敵中にかこまれ, 祖文皇二代を経, 祖羅三郎義光の, 祖新田義重をまつっ, 祖やその, 祖日子國夫玖の命, 祖日子國意祁都の命, 祖日本懐良王の書, 祖日根は云, 祖日根以上に人, 祖早雲以来の野望, 祖に御, 祖時代に政權, 祖曰く今孝孺, 祖曹国公李景隆をし, 祖曹操様すらこんな, 祖最初の夫婦, 祖月輪将監は根岸, 祖の人, 祖未だ崩ぜざるの, 祖本紀を見る, 祖をつんだ, 祖来る時は, 祖東呉を興したまい, 祖松本備前守を初め, 祖の臣, 祖根日根祖日根は云, 祖楳本法神と申される, 祖楽翁公が禁裡, 祖は能, 祖正信などの作品, 祖正勝以来の渭之津, 祖正氏の訳, 祖武州玄信公伝というの, 祖武帝民をいつくしみ, 祖武王をたすけ, 祖氏宗の外, 祖之の著書, 祖河俣毘賣に娶ひ, 祖法一たび定まれば, 祖法神大先生が長崎, 祖法護持的な大, 祖に加えず, 祖の直, 祖を廷, 祖為信の遺業, 祖熊鰐天皇を周芳, 祖父ちゃん祖父ちゃんというの, 祖独り毅然として正しき, 祖に下さるれ, 祖王陵の左右, 祖珠光の名, 祖甚だ喜びずし, 祖田祐子氏の勤め先, 祖を帝甲, 祖界間のデリケート, 祖石舟斎が但馬守宗矩, 祖石舟斎先生に一手, 祖石舟斎宗厳と会っ, 祖神寶卷等皆許すべき範圍, 祖より躬, 祖空中顕像という写真版, 祖遂に仆, 祖竜門の狩, 祖答えて即, 祖純白の馬一万匹, 祖につながる, 祖というもの, 祖羅馬の王族ピオ様, 祖美夜受比賣の, 祖義伝公以来たとえいかなる, 祖義實の墓, 祖義直や柳生兵庫, 祖考以上始祖に至る, 祖考祖妣の神衣, 祖ぜずし, 祖建吉備津日子が, 祖草野姫またの名野槌と見え, 祖菖軒又は六菖, 祖菩提達磨に至った, 祖葺野姫を生む, 祖蓬庵公以後二三代の頃, 祖の家, 祖虹汀氏の建立, 祖に当っ, 祖親しく文を, 祖による長い, 祖誉屋別命之後, 祖賦登麻和訶比賣の, 祖に当り, 祖辰勝が, 祖辰盛が, 祖道一が坂, 祖道可考道有皆隠医, 祖道者として花袋, 祖酒井宮内大輔忠勝に関係, 祖重光が伊勢国白子, 祖金剛智三藏が生れた, 祖鈴木春信と並び, 祖には出, 祖録中に立派, 祖鑑真は唐, 祖開天行道肇紀立極大聖至神仁文義武俊徳成功高皇帝の諡号, 祖骨打に, 祖阿保機時代に女眞, 祖阿知の直, 祖難波根子建振熊, 祖霊供養であって, 祖霊来臨の信仰, 祖霊祭もできず, 祖霊耕地の護神, 祖頼氏の弟信吉, 祖顧みて殷, 祖飯篠長威斎家直が当時東国, 祖高皇帝百戦して, 祖鹽乘津彦命が三己, 祖麻呂を召し上げ, 祖黒沢琴古がわざわざ, 祖龍死せんと