青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「狸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

独~ ~独り 独り~ 独特~ ~独立 独立~ 独身~ 独逸~ ~狭い 狭い~
狸~
狹~ 狼~ ~狼狽 狼狽~ 猛烈~ 猪~ ~猫 猫~ ~猶 猶~

「狸~」 1878, 19ppm, 6146位

▼ 狸~ (445, 23.7%)

13 ような 12 皮の 10 ように, 子は 7 やうに, 化けたの 4 やうな, 皮算用だ, 肉を, 腹鼓である 3 三字を, 人を, 忘れられぬは, 所為なりと, 方で, 方は, 腹鼓と, 腹鼓の, 鳴き声

2 [60件] いたずらだろう, いたずらと, いろいろな, おなかの, お宿, こと, ことを, ため糞が, はうに, はらの, ようである, 一群を, 不幸は, 不意の, 人工飼養が, 仕業であろう, 仮面を, 個性の, 働き振りを, 勝手な, 名産地である, 大きいお, 姿が, 子が, 子供が, 小さい濁つた, 小勝, 巣の, 巣は, 巣窟であったらしく思われる, 差出す手のひら, 影も, 悲運は, 手を, 手口は, 死ぬるいま, 毛を, 毛皮が, 毛皮を, 泥舟を, 滑稽な, 火傷に, 焼物を, 特徴と, 産地である, 皮が, 皮を, 穴を, 糞などという, 腹鼓, 腹鼓は, 腹鼓を, 膏薬なぞを, 試食会を, 話に, 語を, 身の上に, 難産の, 頭を, 鳴き声を

1 [223件] あらざるに, いたずらが, いたずらで, いたずらであろう, いたづら, いるに, えがくという, おきもの, お使い, お化けの, お婆さんは, お婆さんを, お祭, お船, からだの, からだは, か鳥糞獣糞, きぬた巻, くせに, くだりに, こせえた本, ごとき眼, たぐひでもあらうか, ためには, だまし合いの, と, ほうは, むかし話なども, ものの, やうぢや, ようなる, ようにでも, ようにも, わざと, ホコラと, ホコラまで, ホコラまでで, ホコラ狸の, 一怪事なり, 中に, 事と, 事は, 云うこと, 交配を, 仔が, 仔の, 仕業だろう, 仕業でない, 傍に, 動きだす根, 化かし合いは, 化かし合い問答, 化けたという, 化けた憑, 化ける三目入道, 化け損ね, 化け損ひ, 化け方は, 化物多し, 原因事情を, 口上らしくなる, 唄, 唄は, 土偶だった, 土舟という, 土舟の, 土製守りは, 声を, 声色を, 変化を, 太鼓は, 如きもの, 如くし, 如く煤け洋燈, 妊娠から, 姿を, 字を, 寄りあいでも, 尻っ, 尻尾が, 尻尾は, 居どころを, 居るに, 居る処, 巣かと, 巣で, 巣であった, 巣を, 性格と, 怪に, 怪談は, 怪談も, 悪企みです, 悪戯などという, 惡戯は, 惡戲が, 惡戲では, 應待です, 所業という, 所為か, 所為にて, 手に, 拍子木である, 拍子木などとは, 拵へ, 挟撃に, 描いた絵, 故郷へ, 方が, 方の, 方へ, 旅僧の, 書いた書画, 最後であった, 本場であろう, 本性現れ, 札を, 業では, 欺かれて, 欺し, 正体も, 正体を, 歩いて, 死を, 死体を, 殊勝な, 毛皮と, 毛皮の, 毛皮は, 油か, 沽券に, 法印章魚の, 泣き声を, 泥舟まがいじゃ, 清春という, 演奏し, 産地としては, 癖に, 皮, 皮であるらしかった, 皮と, 皮に, 皮にも, 皮は, 皮算用, 皮算用かも, 皮算用という, 皮算用ばかり, 皮算用を, 真似を, 睾丸に, 睾丸の, 睾丸を, 睾丸八畳敷よ, 研究, 研究を, 神楽と, 私は, 穴が, 穴である, 穴に, 穴の, 糞などで, 縄を, 置物に, 耳な, 聲は, 肉と, 肉に, 肉も, 肝らしい, 腹だ, 腹を, 腹鼓じゃ, 腹鼓という, 腹鼓とも, 腹鼓も, 膏薬を, 舌は, 莫迦囃し, 莫迦囃子と, 莫迦囃子の, 見さかい, 親分が, 親方が, 角兵衞を, 言う通, 話には, 話は, 話ばかり, 話を, 説明によって, 議論を, 贋物であった, 足音が, 足音という, 足音は, 踊りを, 踊る様子, 退治なら, 遊戯の, 運命危うし, 酒屋獺の, 酒買いなどという, 長生きする, 陰茎にも, 陰辺に, 雌が, 霊が, 霊を, 面ぞ, 面と, 面の, 顏つきを, 顔が, 顔つきを, 顔に, 顔の, 飼養を, 養殖を, 騒動が, 骸を, 鳴き声知らない知らない

▼ 狸~ (226, 12.0%)

4 自分の 3 庄造の

2 [48件] ああ世の中, いつも臭い, いまは, いま明らかに, おろか狐も, ここらの, ご神木, すまねえすまねえと, そのやう, その兎, たちまち眼, どこに, はしやい, ほくほくし, むにゃむにゃ兎, もうなみ, もう罠, もう聞えぬ, やけど切傷よりも, 人に, 人を, 低く呻く, 何の, 兎が, 兎にけ, 兎の, 冬月に, 凄い妖術, 力弱く, 口を, 夕陽に, 大あくび, 嬉しそう, 弱いから, 怒って, 急に, 愕然として, 支那の, 昼の, 溜息を, 爺さんに, 知らなかつた, 素早くそれ, 腹鼓を, 自分でも, 足を, 通称を, 鼻の

1 [123件] あっけに, あなたは, あやふやに, あわてて, いいよう, いい気持そう, いないから, いなかったが, いませんでしたが, お山の, お辞儀を, お馬鹿, これからこの, さておきかわ, すぐに, その儘気絶, それから, たしかにいる, たちまち七転八倒, たちまち七轉八, ちっとも恐れる, てれ臭そうに, なめくじの, なめくぢ, にわかに死んだ, ばたり, ひとつの, ぷッと, まず書記, もちろん八つ, もっと気, やかましいやかましい蓋, やはり目, よく知つて, よく雨夜, よほど劫, わが上州, わざと顔, コックリと, コルゴと, ヒョウヒョウと, ヒヨウヒヨウと, ポンポコポンポンと, 一つお辞儀を, 丁度蜘蛛, 云いました, 云うまでも, 云ひました, 人間に, 今の, 他に, 低い声, 低い聲, 何でも, 例の, 俗に, 傘の, 兎に, 其の庄屋, 其の翌晩, 出て, 初めの, 化る, 又藪, 反り身に, 古巣で, 四足動物として, 因縁が, 多年にわたり, 大坂曳船会社の, 大声で, 大方腹鼓, 大火鉢, 大衆的の, 大衆的代用食には, 女房と, 女房について, 婀娜に, 家の, 尊い仏, 少しこわれ, 尻尾を, 山を, 庄造に, 性質が, 恐れる, 恨めしそう, 悄然として, 成敗相済んだ, 日本で, 旨そう, 昔は, 最も物真似, 月に, 有頂天に, 木に, 本を, 本州四国九州に, 次の, 毎晩の, 毛皮も, 気の毒そうに, 無理に, 熱くて, 爪の, 犬科に, 獲ら, 生徒を, 病気に, 白ッぱくれ, 目を, 眼を, 竹の子の, 老人の, 肉を, 苦しげ, 華表神の, 許して, 軍国主義じゃ, 長生きする, 顔を, 飼は, 首を

▼ 狸~ (210, 11.2%)

7 棲んで 4 婆さんに, 腹鼓を 3 いて, 人を, 出て, 婆に

2 [24件] いつも溺れかか, きものの, この音, たびたび出, 不埒な, 云いました, 云ひました, 人間に, 化けて, 婆汁か, 婆汁などといふ, 手に, 来た, 死んで, 毎夜遊び, 泥棒した, 泥棒と, 泳ぐと, 移り棲んで, 腹鼓でも, 腹鼓み, 通る, 通るなどは, 雨戸を

1 [135件] あって, ある, いたずらを, いっしょに, いつもの, いるか, いるからな, いるそう, いるとかと, おっとり刀, おれを, くれた紙幣, この原, しじゅう遅刻, その尻尾, だましたの, ちょこなんと後足, ぢつと, つたって, ときどきに, とびこんで, どうの, ばつたを, ほり起こし, ほり返すこと, まん, やっきと, やって来た, わが住まい, 一しょに, 一人の, 一匹, 一番に, 一番早く, 三つ目入道に, 上って, 乗った形, 乗った滑稽, 乗つて, 亀を, 人間の, 伝法院の, 伸び上って, 住んで, 何か, 何を, 作蔵の, 傘の, 僕を, 入り込むな, 出たあ, 出るか, 出ると, 出るとか, 出るよう, 化かすとも, 化けたり, 化けるという, 化けるなんて, 北条勢や, 単に婆さん, 又その, 又囃し, 叫ぶ, 吊下, 咽せ, 單に, 園遊会を, 土舟という, 多い, 大雪で, 太鼓, 姿を, 婆を, 婆化しやしょう, 子を, 子供達を, 室の, 尻で, 尼に, 尼僧に, 尿所へ, 居るか, 居るから, 帽子に, 後足で, 応援に, 怖がる話, 感心し, 憑い, 我々に, 掘ったとかいう, 描くと, 時々散歩, 時どきに, 書家であった, 木の葉を, 来て, 棲みこの, 正体を, 死んだと, 死んだふり, 汽車の, 泣いて, 浮れ, 物を, 物語を, 狐を, 狸なら, 真物に, 神通力に, 秘蔵の, 立ち上った, 立ったよう, 立つ, 立聞する, 答えた, 羽織袴で, 腹皷を, 腹鼓の, 茶釜にな, 葬式を, 蒼くなっ, 藪から, 血まみれに, 衣冠束帯で, 親から, 踊つてゐる, 迎いに, 途惑を, 野良犬に, 長篠合戦や, 顯はれ, 馴れて, 馴れ合って

▼ 狸~ (89, 4.7%)

4 なって 3 しても 2 あらずんば, 似た老, 似て, 向つて侮辱, 興味を, 見えるの, 贔屓し, 近いもの, 類似の

1 [64件] いいきかして, おどろかされたので, きまって, しちゃ, しちや器用, して, しては, しようと, しろいや, せよ河童, だまされたの, だまされまた, だまされるなよ, だ生きるの, つままれたやう, なったよう, なつて, や, 云った, 仇するよう, 似ず, 似たりとて, 似た愛らしき, 侵し食われて, 催促する, 別たんと, 化かされたか, 化かされたに, 化かされたの, 化かされた同様, 化かされるな, 化けたところ, 化けた人間, 化けた茶釜, 化けて, 化ける, 取りつかれたよう, 容易に, 対比すべき, 對し, 小判じゃ, 小判ぢや, 悪戯し, 憑かれたという, 手の, 打ち勝つこと, 抱かれたよう, 挨拶を, 比べたの, 破れ傘あしら, 聞いたら, 肖たところ, 致された訳, 見える, 見込まれないよう, 詩を, 説教され, 負けたこと, 通有の, 違いない, 関係した, 類するもの狐, 馬鹿に, 騙されると

▼ 狸~ (71, 3.8%)

2 きめて, 処分しなけれ, 捕ったやつ, 木挽町の, 見よ, 見るが, 飼って

1 [57件] かついで, かまえるの, きめこむ事, きめたって, きめても, きめ込んで, きめ通すより, ここへ, して, たらふく食, たらふく食った, つかまえたらかならず, とつち, なんとかし, はじきとばしたり, まつつた祠, やっつける工夫, 一匹残しとく, 乗せて, 亡す, 出す, 受取りに, 可愛がって, 始め一同が, 始め勇公, 威す篠張, 帰すの, 御覧, 御覧よ, 悪玉いづれ, 情人に, 想う真中, 手捕, 持出したな, 捕る毒薬, 描くと, 撲り殺した, 欺し, 殺したこと, 殺しては, 活かして, 活かしては, 海に, 溺死せしめし, 滅ぼした事, 狙い一二三, 真中に, 祭った祠, 脅かして, 見たるもの, 軽蔑し過ぎる, 追うの, 退治してやろう, 送りとどける, 食ったこと, 飼つてゐる, 飼へと

▼ 狸~ (55, 2.9%)

3 兎が 2 なって, 秋を, 言ふ, 貉の, 貉は

1 [42件] あって, いうが, いうな, いえば, いへば, そのあいだ, つきあうなんざ, なりそれ, にこにこ笑ってる, 一所に, 一緒に, 仲よしで, 仲よしであった, 兄弟分と, 化して, 厩橋城と, 呼ぶ, 律義な, 思はれて, 手を, 書きたる札, 書くは, 格闘する, 河童は, 混用し, 添い寝を, 狐と, 狐の, 狐は, 猫は, 理解, 異名す, 聞く, 見える, 見えるから, 見違, 言われる理由, 談判した, 貉とは, 貉を, 赤シャツは, 間違つて婆さんを

▼ 狸~ (44, 2.3%)

2 その時, その死, そら涙, 三十七に, 赤シャツも

1 [34件] いないよ, いる, いる様子, その仲間, その仲間入, つきゃしん, つまらない悪戯, つまらない惡戲, ないが, また先, やはり此亜流, 一緒に, 一頭も, 人を, 何も, 例の, 兎も, 出て, 出ないし, 出る, 出れば, 出没する, 化けて, 同じ動物, 名物だ, 居た, 歯を, 毬も, 池の, 決して入れない, 犬も, 跣足で, 食って, 鼠も

▼ 狸~ (41, 2.2%)

6 にされる 4 にする 2 から逃れた, だと, について深い, にでも何, に憧憬, のこと, の試食会, の運命

1 [15件] が出, が出来るだろう, ってぼく, ということ, というの, となっ, に舌鼓, のよう, の珍味, はうめ, はご免, は御免, を差しあげます, を差し上げます, 又は狸皮

▼ 狸~ (31, 1.7%)

2 から榎坂, にもありません, に住み付い, に着いた, に縁

1 [21件] から俥, から出, から狸, だけのもの, といっ, といふ所, などの低地, にいる, に住みついた, に出, に引っ込んでれ, の先生, の坂, の帰り, の支社, の歸, の菊, の街路, はこれ, へ行く, を一席

▼ 狸~ (26, 1.4%)

2 とする, よ, ネ

1 [20件] かむじなだか正体, かイタチ, か和尚, か狐, か狢, ぜ, という幽か, とかというもの, と気がついた, と見る, な, なやい, なア, なイヤ, のいふ, のいる, のと, よ喰えない, 狸だ, 要領を

▼ 狸~ (25, 1.3%)

3 狐が 2 狐の, 狢の, 猪や

1 [16件] わ冷然, イタチの, ネズミや, 孫狸と, 杜の, 熊には, 狐じゃ, 狐などを, 狢が, 狢も, 猿の, 獺を, 虎が, 貉の, 赤シャツが, 鹿を

▼ 狸~ (25, 1.3%)

2 があっ, のお, をやる, 御移り下され

1 [17件] がお, がおい, が崇拝, じょうだんに違い, というもの, といっ, にも何, のお告げ, のため, の宮, の連中, はだれ, は噂, もこの, を祀る, を行う, を鎮護大使者

▼ 狸~ (24, 1.3%)

4 狐の 2 なにかの, 何かが, 知らないが

1 [14件] そんな物, はた天狗, 乞食などが, 今のは, 何かの, 兎も, 其類なら, 或は人, 春日大明神か, 狐か, 狢の, 獺で, 町内の, 草むらを

▼ 狸でも~ (19, 1.0%)

1 [19件] このくらい, この通り, なく一個, やはり女, よう来ないだろう, テンマルでも, 入ったの, 出そう, 出たら何, 化けて, 撃って, 棲って, 構わんで, 狐でも, 皮算用を, 赤シャツでも, 逃しっこはねえ型, 逃しつこは, 銀山の

▼ 狸~ (18, 1.0%)

2 がおいしく, がなにか, であるか, に接し, の味, らしいもの, を細かく, を賽の目 1 であ, であったに

▼ 狸狩り~ (15, 0.8%)

2 にもまして, にも見る, は, は本所中 1 ということ, といふこと, をする, をやっ, をやつ, をやらう, をやろう

▼ 狸~ (13, 0.7%)

2 の身の上, はバス, も団栗, を世の中, を味覚 1 に似, もいささか, も聊か

▼ 狸なら~ (12, 0.6%)

2 もう少し綺麗事, 最後の 1 いいん, こっちは, もっとスッキリやれた, んには, 一頭百五十円以上の, 早速煮, 狸の, 赤シャツも

▼ 狸~ (11, 0.6%)

2 のほとり, の肩 1 が呟く, だけがとぼけた, に注意, に聞い, の根元, ももう, をはじめ

▼ 狸とは~ (10, 0.5%)

1 それぞれ白い, なおさらいわれない, ならない, みんな立派な, もったいない話, 別物に, 同じもの, 歯ぎしりし, 泣いて, 認めて

▼ 狸~ (9, 0.5%)

2 あつた, それまで 1 あつて, あらう, はござりましねえ, 今に, 月給など

▼ 狸寝入~ (9, 0.5%)

2 でそこ, をし 1 かしらと一歩, かなんか, の芸当, の連中, を換え

▼ 狸~ (8, 0.4%)

2 がやられた 1 が飛出し, という男, と呼ばれた, のアナウンス, はこれから, は云う

▼ 狸小路~ (8, 0.4%)

1 では到る, に案内, のいき, の三軒, の賑やか, は開拓使時代, を掘り, を西

▼ 狸御殿~ (8, 0.4%)

4 の殿様 3 のトノサマ 1 といふ殿様

▼ 狸退治~ (8, 0.4%)

2 だ, どころかヘトヘト, をやる 1 の極意, の豪男物語り

▼ 狸さん~ (7, 0.4%)

2 も決して 1 が来た, ですね, のお父さん, 其のま, 早くその

▼ 狸みたい~ (7, 0.4%)

1 だ, なもの, な氣, な腹, な茶褐, に, に見えない

▼ 狸~ (7, 0.4%)

1 が, がおれ, が盗みおった, のいたずら, のやる, はよく, もうカンベン

▼ 狸~ (7, 0.4%)

1 といふ高い, は一本, は又, へ上つて, へ探検, へ植ゑて, へ行つて一度

▼ 狸~ (7, 0.4%)

1 がただ, がなんぞ云つて, だと, だの剣劇, ではない, のお, の事

▼ 狸~ (7, 0.4%)

1 においては人間, における末輩, に君臨, の上層部, の耆宿, の重鎮, を統一

▼ 狸では~ (6, 0.3%)

2 ない 1 ござらぬか, ないかという, ない気違い, 数人が

▼ 狸には~ (6, 0.3%)

2 そのあら 1 よくかういふ, 一向に気, 一向に氣, 決して危害

▼ 狸~ (6, 0.3%)

2 狐狗狸よ 1 お寺の, すでに来たら, 汝の, 狸よ

▼ 狸とも~ (5, 0.3%)

1 つかない先生, ならず紳士, 亦た, 姑獲, 思えた

▼ 狸~ (5, 0.3%)

2 のか 1 んだ, んです, ンでございます

▼ 狸~ (5, 0.3%)

2 の名, の噂 1 のこと

▼ 狸おやじ~ (4, 0.2%)

1 と言った, にそう, に俺, を征伐

▼ 狸から~ (4, 0.2%)

1 ぴん助きしゃごその, 会議の, 直伝に, 謝礼を

▼ 狸であっ~ (4, 0.2%)

2 たり霊魂 1 てあの, てみれ

▼ 狸です~ (4, 0.2%)

1 から二人, から足付, が誤, よ

▼ 狸ども~ (4, 0.2%)

2 は食糧難 1 の舞踏会, はどうせ

▼ 狸などは~ (4, 0.2%)

2 昔は 1 そのい, どこかへ

▼ 狸~ (4, 0.2%)

2 と呼ばれ 1 と聞く, の岩槻藤堂家

▼ 狸坂くらやみ坂~ (4, 0.2%)

2 の名, や秋

▼ 狸婆ア~ (4, 0.2%)

2 の親類筋 1 の嫁い, の嫁いじめ

▼ 狸~ (4, 0.2%)

2 をし 1 の眇め, 傍ニハ一冊ノ

▼ 狸寢入り~ (4, 0.2%)

3 をし 1 の魂魄

▼ 狸~ (4, 0.2%)

1 きと, きに, きもしくは, き等

▼ 狸~ (4, 0.2%)

1 の紳士, や狐憑き, をし, を冷たい堅い

▼ 狸~ (4, 0.2%)

2 魔だ 1 魔とは, 魔め

▼ 狸かと~ (3, 0.2%)

1 いうと, いふと, 見るの

▼ 狸かも~ (3, 0.2%)

1 わからないと, 知れないぞ, 知れぬ

▼ 狸じゃ~ (3, 0.2%)

1 ないが, ない人間さま, なかッた

▼ 狸であり~ (3, 0.2%)

2 昆虫であり 1 いろいろと

▼ 狸という~ (3, 0.2%)

1 のは, 字に, 競技を

▼ 狸にでも~ (3, 0.2%)

2 化かされたよう 1 化かされたか

▼ 狸らしい~ (3, 0.2%)

2 ものは 1

▼ 狸オヤジ~ (3, 0.2%)

1 という, と相場, のこと

▼ 狸仲間~ (3, 0.2%)

2 でも風采 1 の大御所

▼ 狸和尚~ (3, 0.2%)

1 がいずれ, ないしは常陸坊, の話

▼ 狸~ (3, 0.2%)

1 うんと取込ん, がすん, の道楽

▼ 狸~ (3, 0.2%)

1 が旧, と見え, には候

▼ 狸寢入~ (3, 0.2%)

1 か何ん, をし, を換玉

▼ 狸~ (3, 0.2%)

1 に悩まさるる, の怪, もない

▼ 狸~ (3, 0.2%)

1 をおどろう, をはじめた, をまね

▼ 狸踊り~ (3, 0.2%)

1 は土地, をおどっ, をご覧

▼ 狸あり~ (2, 0.1%)

1 という風説, 人に

▼ 狸かの~ (2, 0.1%)

1 やうに, ように

▼ 狸ごっこ~ (2, 0.1%)

1 をし, をしました

▼ 狸さま~ (2, 0.1%)

1 どうぞお, にあと

▼ 狸さん可哀想~ (2, 0.1%)

2

▼ 狸せんべい~ (2, 0.1%)

2 などがある

▼ 狸たる~ (2, 0.1%)

2 やアルテミス型

▼ 狸だらう~ (2, 0.1%)

1 ぜ, 乙松は

▼ 狸つき~ (2, 0.1%)

1 が多い, と天狗つき

▼ 狸であった~ (2, 0.1%)

1 かなかっ, としても狸

▼ 狸である~ (2, 0.1%)

1 ことを, とはいえ

▼ 狸であれ~ (2, 0.1%)

1 その外何, ば果して

▼ 狸でない~ (2, 0.1%)

2 とかほど見えすいた

▼ 狸とか~ (2, 0.1%)

1 或いは穴熊, 狐とかに

▼ 狸どころか~ (2, 0.1%)

2 番犬の

▼ 狸などの~ (2, 0.1%)

1 入りませぬや, 化物の

▼ 狸などを~ (2, 0.1%)

1 机の, 論ずべき場合

▼ 狸にも~ (2, 0.1%)

1 似たわが子, 似た我が

▼ 狸に関する~ (2, 0.1%)

1 文献は, 論文も

▼ 狸ねいり~ (2, 0.1%)

1 どころかオタツ, をし

▼ 狸ばかり~ (2, 0.1%)

1 で女, 棲んで

▼ 狸ばかりが~ (2, 0.1%)

1 往来してる, 特に跋扈

▼ 狸やら~ (2, 0.1%)

1 太鼓を, 猿やら

▼ 狸をも~ (2, 0.1%)

1 畜ふ, 飼つてみたいと

▼ 狸オヤヂ~ (2, 0.1%)

1 といふ, と相場

▼ 狸~ (2, 0.1%)

1 は虎, を訛った

▼ 狸~ (2, 0.1%)

1 に代っ, の胸算用

▼ 狸劇団~ (2, 0.1%)

1 へ身, を訪問

▼ 狸~ (2, 0.1%)

2 の悲鳴

▼ 狸~ (2, 0.1%)

2 とか狐堂

▼ 狸天狗~ (2, 0.1%)

1 の三字, の妄談

▼ 狸奴おれ~ (2, 0.1%)

2 に化け

▼ 狸婆さん~ (2, 0.1%)

2 に狸汁

▼ 狸婦人~ (2, 0.1%)

1 が鞠, の足

▼ 狸~ (2, 0.1%)

2 を作

▼ 狸様狐狗狸様~ (2, 0.1%)

2 御移り下され

▼ 狸~ (2, 0.1%)

1 から落ちよ, の上

▼ 狸~ (2, 0.1%)

1 といい, の悪戯

▼ 狸狐羚羊猿山猫山犬~ (2, 0.1%)

2 などの毛皮

▼ 狸狼羚羊~ (2, 0.1%)

1 を食った, を食つた人

▼ 狸~ (2, 0.1%)

1 のほか種々, も鼬

▼ 狸立てりけり~ (2, 0.1%)

2 春の

▼ 狸算用~ (2, 0.1%)

1 になっ, に餘念

▼ 狸羊羹狸せんべい~ (2, 0.1%)

2 などがある

▼ 狸自身~ (2, 0.1%)

2 も真似る

▼ 狸見た~ (2, 0.1%)

1 ような, ように

▼1* [147件]

おまえは狸汁, 狸おやぢと, 狸かが渫って, 狸かね狐かね, 狸かは知らないが, 狸ッこ, 狸さま招き猫なぞが飾っ, 狸されども顔, 狸さん三回でうち, 狸しかも冑を, 狸ゃあるめえか, 狸むてふ, 狸せっかくだが, 狸その他種々な迷信, 狸たちが出没, 狸だいこっちから石, 狸だい狸だいこっちから石, 狸だったが惜しい, 狸だったろうと云っ, 狸だって酒は, 狸だろう矢張俳優だ, 狸ちゃんでいらっしゃる, 狸や, 狸って有名な, 狸でなくっちゃ出来る, 狸というはタライと, 狸といふのが, 狸とが議席に, 狸とで同じ人間, 狸との感情を, 狸など亡祖母より, 狸などがあと足で, 狸などではありません, 狸などにも根負けし, 狸ならもつとスッキリ, 狸なることを, 狸なんぞかくん, 狸なんどもよかるべく, 狸についてはカチ, 狸にて親子なる, 狸になつてやがて, 狸になんぞ見えやしない, 狸に対して或る, 狸のという時刻じゃ, 狸のみであるといふ, 狸はからだが, 狸はもショペンハウエルに, 狸ばけものの話, 狸への飛躍を, 狸ほど安, 狸ほどの愛嬌ものは, 狸また御傾き, 狸までが飛び入りを, 狸までも化け始めて, 狸みた様で, 狸めちよつとも, 狸めびっくりしたよう, 狸め今もって, 狸め汽車にばけ, 狸もしくは貉もしくは, 狸より膃肭臍に, 狸よりも狐の, 狸をなキャベジや, 狸一体自ら陰陽を為す, 狸一派のやり口, 狸一疋くらいに止まる, 狸三匹ヨーチヨーチでは可哀想, 狸には熊, 狸の筆者葉山嘉樹君, 狸今戸焼の狸, 狸伴大島梅屋らの小学教員団体, 狸伴霽月不迷, 狸位何でも無い, 狸して, 狸佐渡の団三郎狸, 狸の類, 狸兎猿などがたくさん, 狸公お前は待っ, 狸共に愚かなる, 狸其外魔性の陰獸, 狸別狸変ずれば, 狸口君手筈どおり全国アナウンスをし, 狸合戦以来かけちがって, 狸同士でもそこ, 狸和尚一思ひに, 狸和尚一思いに火, 狸の七種, 狸が始まった, 狸囃しにおいてけ堀片葉, 狸坊主だな, 狸の炭田, 狸変ずればすなわち, 狸泥棒まさしく, 狸好きの, 狸として呼ぶ, 狸寐入をする, 狸寐入りをし, 狸寝入して呼ばれ, 狸寝入らしくときどき瞼, 狸小路薄野遊廓などがある, 狸帽子が天, 狸に物, 狸弾三郎の伝説, 狸扱いを受ける, 狸按摩汝よく人, 狸教頭は赤シャツ, 狸月番などというもの, 狸梅暮里の鰌, 狸の牧場, 狸様それとは変っ, 狸様於辰もこれ, 狸横町の海棠, 狸横町といへり, 狸正体を現, 狸と兎毛, 狸泥舟と共に溺れる, 狸と號, 狸無知にし, 狸と蹄, 狸爺たるは知らぬ, 狸爺め十人と言つて, 狸爺め濁酒に喰い酔っ, 狸爺一人でニヤニヤ, 狸爺例の, 狸爺的総長が年度, 狸は何もかも, 狸狐猿鼠猫栗鼠木鼬羚羊犬鯨海狸熊穴熊猪土竜など内地, 狸狗鹿鯨また殊に, 狸猿鸚鵡等々には好感, 狸捕, 狸の首卷, 狸著翅狸はコルゴ, 狸の薄紫, 狸といい, 狸見るに随, 狸親父に上, 狸親爺めよく五年, 狸を渡辺篤, 狸を受け, 狸野狐貉穴熊など数, 狸面狐面と区別, 狸頭竹の冬筍, 狸ふべし鹿, 狸首ガ隙ヲ鑽チ通透セザル, 狸を排泄, 狸鼬貂のたぐい, 狸鼬鼠貂のたぐい