青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「癖~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

痛~ ~痛い 痛い~ 痛く~ ~痛み 痛み~ 痩せ~ 痩せた~ 癒~ ~癖
癖~
癪~ 発~ ~発し 発し~ ~発した ~発する ~発展 発展~ ~発揮 発揮~

「癖~」 5600, 58ppm, 1987位

▼ 癖~ (1316, 23.5%)

64 なって 17 なつて 16 なる 14 して 13 妙に 9 自分の 7 しや, なつた, なるから 6 しやが, なると 5 いやに, 何を, 生意気だ 4 いざと, 余計な, 又一つ事, 子供の, 彼は, 急に, 生意気な 3 そんなこと, 何んかの, 勝手に, 滅多に, 親父に, 陥って

2 [94件] あの娘さん, あんまり帰り, いつでも, お喋舌, お染, この男, こんどは, ご自分, さ, それが, それを, どうかする, どうも不安, なかなか足, なった, なったの, ならあ, なります, なりますからね, なること, なるらしい, ませた樣, やに, よくそんな, ホッホッホッと, 二十二だ, 人に, 人の, 人を, 人間を, 仕事の, 他の, 何が, 何も, 何故北海道あたり, 八五郎の, 出しゃばるな, 割合に, 及びも, 古い借金, 名代の, 圓朝て, 夜は, 大きな事, 大それた, 天才の, 女出入りで, 好んで, 妙な, 寒さ, 尋ねて, 少しも, 少しケチ, 御用の, 忽ち挑戦的態度, 怎うし, 思ひの, 思ふ事, 恐ろしい我儘, 恬然と, 悪いこと, 情愛を, 惚れ方, 意気地が, 態度丈は, 慣れて, 成つて仕舞ひます, 手を, 新らしい, 本人は, 本當, 此頃は, 気が, 気の, 派手な, 無口で, 物の, 生意気を, 男の, 相手が, 碁が, 碌な, 私は, 自分で, 自己が, 若い女, 莫迦に, 虎に, 西洋料理屋へ, 要らざる嘴, 評判の, 途方も, 酒の, 髪を

1 [901件 抜粋] ああし, あたいの, あのお, あの中, あの女, あの狼狽, あばずれたきかん, あれは, あんなだった, あんな人形, いい氣, いかん生意気, いきなり大, いくら飮ん, いざ逢ったら, いっこう肥えん, いつか永住の, いま眼前に, いろんな善事, うまい名, えらい威張った, おちいる, おもしろいかい, おれの, お上を, お大, お料理, お母さんに, お河童に, お洒落道具で, お秀, お袖, かねて心臓, かねて猫嫌い, きまつてるわ, こういう場面, こういう陽気, ここは, こっちの, この寮, この福慈神, こりゃ心, こんな物, こんな馬鹿げた, さあいつ, さてこれ, しかも教師, しどいわ, しみっ垂れ, しろうまい, すぐ向, そいつが, そうした好奇, そこまで, そして万一, その生活, その自分, そばが, それと, それに, それア随分, そんな事, そんな戸, そんな趣味, そんな軽機, ぞろりと着飾っ, ただ僕, ただ旨く, たつた一つ, たべもの, ちっともわけ, ちつとは, ちょっと癇持, つい自分, つきあって, つのり遂に, つまりその, つまり財政, とじ込められて, とにかくその, とらわれて, どうして一番さき, どうして感, どうもそんな, どうも手觸, どこまでも, どこを, どんな刺戟, なか, なかなか勇敢, なぜ黙っ, なったもの, なったら其, なった土地, なってて, なってるの, なつから, なにいう, なまいき, ならないよう, なりそう, なりました物思い, なりますで, なるかも, なるからね, なるもん, なれて, なんにも書物, ひどい左利き, ひどく取, ひどく濡れ, ふむ赤ン坊, ぶしつけなと, まあ怖い, まかせて, ませた様, またすこぶる, また主張, また隨分拔作, まだとぼけよう, まだ男, みっともない, もうきまっ, もうすぐそんな, もう内心, もう煙管, やはり話, よくも三度, よく文章, よこした手紙, よその, ろくな着替え, わかい者たち, わざとそう言い変え, わざとらしくそれら, わざと平気, わざと話さない, わしがと, わたくしに, アア威張られる, アパートに, イ, エラがって, カフェエなんか, カラカラした, キイキイと, ケチでなく, コケットの, ジタバタ騒ぐ, ストップオー, ヂヤラヂヤラさせ, ナカナカ泥を, フッ世間, フフ, ヘゲル程, ポンポン言, 一ぱし音楽通の, 一人の, 一俵二両だ, 一文も, 一方に, 一見人懐こく, 万金丹売のね, 上流社会の, 下関から, 不味そう, 不思議に, 両面が, 中は, 主人に, 主人は, 久慈は, 乙に, 事業の, 二人で, 二合も, 些とも, 亭主持ちの, 人一倍養生, 人間並に, 仇討などと, 今は, 今井田さん, 今夜は, 今度は, 今日は, 今更苦情, 他人にも, 仲, 仲間入りを, 伯父樣の, 何ぜ, 何だ, 何だいその, 何だか妙, 何だつて, 何でも, 何となくゾツ, 何となく道子, 何と無礼, 何と言, 何の, 何んとか, 何んとも, 何事にも, 何云ツてる, 何卒し, 何故そんなに飲んだ, 何處か, 傲慢気な, 傲然たる, 優しい言葉, 元陽, 充分に, 入らぬ批評, 八五郎が, 内輪は, 冒険好きな, 冷たい事務的, 切りと, 初鰹魚を, 利慾一点張の, 到, 化物贔屓の, 医者は, 十八に, 十銭とか, 厭らしい, 又かと, 叔母さんは, 受合っちまった, 口の, 口許達者に, 古きばかり, 叩かれて, 只慾ばり, 吉原通いを, 同化され, 君たちは, 呑氣で, 味を, 咽喉が, 嘘を, 器量自慢で, 囚われては, 囚われるよう, 四角張つた, 因果と, 図書館には, 地方政界の, 坊主ぶっ, 坑夫に, 堅く横, 場所柄を, 塚田へ, 変な, 外では, 多少云い過ぎた, 夜中に, 大きな書物, 大きな顏, 大きな鳥, 大分確執を, 大切な, 大層呑んだ, 大胆な, 大胆を, 大酒飲み, 大飯を, 天気の, 太て, 太宰なぞという, 夫人から, 失敬な, 奪われそう, 女なんて, 女には, 女は, 女中の, 女学校へ, 女房氣取りで, 女道樂が, 如何し, 姉の, 威張って, 娘の, 子の, 字を, 学問と, 学生に, 宅中で, 安つ, 実ははなはだ, 宮様の, 容ア見, 寝部屋, 尊徳樣も, 小児は, 小癪なりき, 小説家という, 小金も, 少しでも, 尾籠な, 巫山戯たこと, 差出るまでも, 平次に, 平次は, 広げて, 度し難い奴, 引こみ, 当の主人, 彫青, 彼女が, 彼女達は, 後にな, 御師匠自身, 心氣は, 思いも, 恋愛論というか, 恐しい事, 恐しく素早く, 恐ろしく慾, 恐ろしく氣, 恰かも, 悪く色気, 悪辣ぶりたがる, 悲鳴を, 情夫を, 意気地の, 愛だの, 感づいて, 憎い憎いその, 懶惰者である, 成つて, 成つて私は, 我々を, 我が事, 戯談が, 戻るよう, 拘泥する, 捉われ, 探偵小説だの, 敏い奴, 教育の, 文化的な, 文字花に, 文学なんか, 斯うなる, 新式の, 新聞読ん, 旗ばかり, 既に決心, 日本一の, 明治生れの, 星の, 時々, 時々いかにもこそばゆい, 時々ひやりと風, 晝間は, 最う夫, 最初の, 本人が, 本当に女房もち, 染まば, 根だけは, 案外胸, 極く慎ましい, 極めて負惜しみ, 様づけ, 歓楽を, 此頃鶏が, 歩く時, 歯は, 死骸なんか, 段, 殿様の, 毎日夫婦喧嘩だ, 気ばかり, 気絶する, 水の, 江戸の, 池上は, 決して外, 沢田先生を, 沿って, 泣きおとしの, 活溌に, 流るるもの, 淡島堂の, 満ちあふれて, 滅法可愛らしく, 無事に, 無学だ, 然り, 物に, 狂犬の, 狡猾い, 獨立生活的教育の, 現在僕の, 生きて, 生意気や, 生意氣, 申松も, 男姿に, 発作的に, 白粉なんか, 百文なみに, 的確な, 盲目結びの, 直ぐ泣く, 相場も, 相応に, 相手の, 真似を, 真実に, 眼くらむ, 矢留瀬苗子が, 矢鱈に, 知恵ばかり, 神という, 私が, 私の, 私よりもずつと, 突当ったり, 箪笥の, 紀州を, 累いされ, 置いて, 羞かむ, 耶蘇教でも, 職業の, 能く, 脅やかされた, 腹の中で, 自分が, 自分では, 自分も, 至るまで, 色つ, 色氣と, 芸者が, 苦しめられ乍ら, 落ちて, 薄情らしい, 薄汚れた畳んだ, 表向, 裏へ, 裏側の, 西の, 西洋菓子なんぞ, 要らない事, 親分さんに, 親爺が, 親譲りの, 訳も, 誤られた逢瀬, 講釈だけは, 豪傑を, 貞子は, 財力の, 貧寒な, 貴様こそ, 賭事に, 贅沢いう, 足だけ, 身持の, 軍服などを, 近所じゃ, 近路, 逆戻りなさる, 遂ぞ, 運動なんて, 過ぎないので, 道樂強く, 遣手や, 酒場で, 酷くテレ, 醜貌, 金といつては, 釣れないと, 錢箱なんか, 鐚錢一枚身に, 間違ひもなく, 関聯なく, 陥らず上品, 難かしい, 雷鳴嫌いを, 靄が, 青春なんて, 非常な, 鞘ごと二三間先へ, 頭髪の, 顔色を, 風之進の, 飛んだ道樂者, 駕籠賃を, 高く止っ, 鬼見た, 鳥を, 鼻の

▼ 癖~ (1240, 22.1%)

132 ある 97 あった 80 ついて 57 あつた 48 あって 36 あるので 34 あるの 31 あつて 27 出て 21 ありました 18 あります 17 あるん 16 あるから 13 ついた 12 あるが 10 付いて 9 あるもの, あるよう 8 あると 7 あったが, あったの, ついたの, 生じて 6 あったと, ありますから 5 出来て 4 あったから, あったので, あったよう, あること, つくと, 附いて

3 [13件] ありすぎるやう, ありましてね, ありますね, あるらしい, つきました, 出た, 出たと, 初まった, 惡い, 現われて, 私に, 私には, 頭を

2 [39件] あったそう, あったという, あったね, あつたさうだ, あつたら, ありしかも, ありましたから, ありましたね, ありましたの, ありましたよ, ありまして, あるか, あるその, あるそれ, あるね, あるは, あるやう, あるよ, あるらしかった, ある人, おあり, この人, ついたんで, つきかけて, つきだしたから, つきましてね, つくだで, つくという, ない, ないか, むらむらと, 付く, 付くと, 出たの, 出る, 抜けないの, 特殊な, 身に, 高じると

1 [379件] あいつの, あずかって, あったこと, あったし, あったその, あったとか, あったのに, あったもの, あったよ, あったり, あったん, あった事, あった人, あった彼, あってね, あつたさうで, あつたさうです, あつたでせう, あつたらしい, あなたの, あらわれて, あらわれる, あり, ありある, ありがち, ありこの, ありすぎるよう, ありそれ, ありは, ありふだん, ありましたそう, ありましたため, ありました今朝, ありました私, ありますからね, ありますので, あり三十四年以來, あり他人, あり同門, あり夜, あり大きな, あり大正元年, あり尾崎紅葉, あり山椒魚, あり悪く, あり成り上り者, あり掃除, あり時々, あり此, あり浮氣娘, あり真摯そのもの, あり縮尺, あり過ぎるもん, あるからと, あるからよ, あるくらい, あるけれども, あるさ, あるそう, あるそして, あるため, あるだろ, あるでしょう, あるでは, あるという, あるところ, あるとは, あるなと, あるなら西枕, あるもん, あるらしいから, あるらしいが, あるらしく唇, あるんで, ある今, ある代り, ある君, ある外, ある小さい, ある悪い, ある東京, ある癖, ある膝頭, ある風浪君, あればこそ, あろうけれど, いきど, いくらかある, いけなかったと, いつの間にかついた, いつの間にか出, いつまでも, いつもある, うかが, おありだった, おありでしょう, おい, おますよ, お失せ, お有りです, かえって大阪, くるわの, こぐらかつて, この作家, この際, この頃, こんな話, ございました, ございましたから, ございましてな, ございます, ござりまし, させるの, さっぱりと, しばしば大きな, すっかり解放, すっかり飲み込めた, すつかりう, その甥孫, その頃, それである, たまたま手傷, だん, だんだんひどく, だんだん無遠慮, ちょうど皆, ちよつ, ついたが, ついたこと, ついたぞ, ついたと, ついたとか, ついたなるべく, ついたもの, ついたらしい, ついた上, ついた時, ついちまったん, ついちまっちゃあ, ついては酒, ついてまわって, ついてよ, ついてるな, ついてるん, ついてる私, ついてを, ついとる, つい意志, つきその, つき尤も, つき生来, つくの, つくもの, つけられるの, でて, とうとうあんな, とまりませぬが, とれず時々, とれて, とんだところ, どうもある, どこか, ないだけ, ないとは, なおらずことに, なおらない, なお田園, なかったら, なくちゃ, なくて, なくなりましたよ, なく細くなよなよ, なければ, ぬけないん, ぬけなかった, ぬけ切らず来, のこされて, のこって, のみこめないうち, はじまったと, はじまり目つき, ひどくて, ひどくなっ, ひどくなる, ふと出た, ほうふつとして, また争われず, また出かかった, また私, また近来, まだずいぶんつい, まだ彼, まだ抜け, まだ抜け切れない, まだ残っ, まだ自分, むつくり頭を, もう初, もはや何もの, よくあった, わかって, わかるまでは, われわれの, カント好みで, コンナ場合にも, ムラムラと, 一つあつ, 一つある, 一つござっ, 一層お, 一層の, 一層嵩じ, 一群の, 三つの, 中, 丸うつり, 人を, 今の, 今も, 今夜も, 今日も, 付いた, 付いてるん, 付きましてね, 伝つて居た, 似るもの, 何かに, 何かにつけ, 例の, 充分に, 全くわからない, 全然とれない, 其に, 再び萌しはじめた, 出たとは, 出たな, 出たね, 出たらお, 出ちまったんで, 出ちやつて, 出てしも, 出てね, 出ねば, 出ましたよ, 出るほどに, 出來, 出来た, 出来たよう, 分ると, 分るの, 加わって, 加わり彼, 動物欲の, 募って, 募り出して, 単にそんな, 又ムラムラ, 双方に, 収り, 呑みこめないから, 命とりに, 増して, 増長し, 壮観嗜みである, 変らず楽書, 多いよう, 多大の, 夫の, 失せませんでした, 好きで, 好人物らしい, 始った, 始って, 始まったな, 始まって, 始まつた, 始まつたな, 学者的クラシフィケーションを, 宜い, 平次には, 底の, 底根の, 廂からの, 弔み, 強い, 強かった, 強く入っし, 強く動, 彼に, 悔やみ言葉の, 悪いから, 悪いと, 悪いので, 悪いわ, 悪うござんし, 悪くて, 悪く毎, 惡いから, 惡かつ, 惨劇の, 我知らず出, 手伝ったり, 抜けないでね, 抜け切れないで, 日本の, 昂じた結果, 昂じて, 時に依る, 最近に, 有りました, 有りますから, 有り勝, 有るので, 未だに抜けきらない, 未だに残つて, 次第に高まっ, 止まないかと, 止まなかった, 止みませんから, 止むまで, 止められないの, 残忍な, 治らぬうち, 活字を, 浮彫り, 源氏に, 滑稽に, 漸く深刻, 災いし, 無かつ, 無意識に, 生じた, 生じたの, 生じ生きた人間, 生ずるで, 生んだ産物, 當時の, 病的に, 癖として, 益々ひどく, 益々激しく, 目立って, 直されねえ知つて, 直つたの, 直らなきや, 眼立ちました, 着くと, 禍いした, 禍を, 結ぼれあって, 結局自分の, 綺麗さっぱり, 著るしく出, 見えたり, 見えて, 見えない点, 見られた, 變つて居る, 變らず, 起つて, 起ると, 身について, 輪を, 違って, 附いたもの, 附いたよと, 附いちゃって, 附くと, 附た, 附ましょう, 離れきらないで, 非常に, 頑固な, 頻繁に, 顔を, 馬鹿, 骨に, 高ぶって, 高ぶりましたが

▼ 癖~ (496, 8.9%)

33 ように 15 やうに 14 あること 10 あるの 9 ある男 7 ために, ついて 6 あるもの 5 ある 4 あつた, ある人, ある私, 私は 3 ある彼, ないの, ような, 惡い, 舌を

2 [25件] あるその, ある主人, ある事, ある五人, ある人間, ある代, ある女, ある鼻, ついたの, ついた木山, ついた自分, ない髪, やうな, ようであった, 一つである, 人が, 人間は, 唾を, 強いの, 悪い馬, 松前追分を, 男は, 目を, 雨期に, 飜案か

1 [309件] あったこと, あった彼, あの熱病的不能者, あぶらの, あらはれ, あるお, あるおもしろい, あることぢ, あるこの, あるしかし, あるすこぶる, あるところ, あるほこり, あるませた子供, あるらしい顔, あるアマタル, あるモスク, ある一手, ある下級船員, ある九州男児, ある人々, ある仁吉, ある伊藤, ある佐竹, ある例, ある偏屈, ある偏窟, ある唇, ある嘲弄的, ある壮, ある変態性欲者, ある女性, ある奴, ある姉, ある子供, ある孫, ある小林, ある少年, ある尻上り, ある幸子, ある強い, ある彫刻, ある御, ある怒り肩, ある控, ある方, ある普通, ある書, ある案内役, ある歩き方, ある液体, ある物, ある甚吾, ある白崎, ある白痴, ある目, ある眼つき, ある秀吉, ある章一, ある童顏, ある笑い方, ある細面, ある美人, ある老, ある者, ある若い, ある英人弁護士, ある英語, ある表情, ある記者, ある訪問者, ある評論家, ある調子, ある達筆, ある隣家, ある雁江, ある雄弁, ある音, ある飯尾さん, ある香椎六郎, ある髪, ある髮, あれだけでも, いつもの, うえに, おじが, お蔭で, かなしさ, しきりにもどかし, せいだ, ためさらに, ためです, ため極端から, ついたこと, ついたもの, ついた土地柄, ついた小娘, ついた男, ついた西洋紙, ついた鳥の子紙, ついてた女房等, ついてる信吉, つかないそこ, つき始まり, つよい子供, とれない抑揚, どこか, ないすらり, ないたつ, ないよい女性, ないよく, ない奴, ない好い馬, ない洗髪, ない潤沢, ない濃い髪, ない無邪気, ない男, ない発音, ない細そり, ない金色, ない長くて, ない頭髪, なかで, ひとの, ひとり応接間の, ひどい才八, むしろ異例的標本, もち主でございました, もったいらしく咳払い, ようだ, ようだった, よく現, わるい, ん気よ, ステッキを, ステツキを, ニコニコと, ローマンチックの, 一つかも, 一つだ, 一つで, 一つでした, 一つと, 一つとして, 一つみたいであった, 一人遊びブラリと, 一徹念が, 一癖が, 一癖である, 一種として, 一種の, 上唇と, 上唇を, 下女も, 両方の, 中から, 中で, 中に, 二階の, 人がを, 人なつこさうにお辞儀, 人の, 人間で, 付いた曲者ども, 付いた曲者共, 伏目に, 偏執の, 傾向が, 其處に, 再現した, 出た飯尾さん, 出るの, 出るもの, 出来た女, 募って, 右肩を, 合言葉と, 哲人に, 嗅ぎ煙草かな, 嚇しの, 変人が, 変化の, 外には, 多いの, 多い上方, 多い人間, 多い傲岸, 多い刎馬, 多い声, 多い趣味性, 大見得が, 好くない, 宮は, 家来が, 小さい両手, 小鳥の, 左の, 希臘人らしい, 引き続いて, 強いわがまま, 強い人間殊, 強い割, 強い庸三, 強い文章, 強い男, 強い眼医者, 強い翁, 強き殿様なれ, 彫られたるは, 彼の, 彼は, 彼も, 彼等は, 息子の, 悪いお, 悪い客, 悪い持て余し, 悪い指技, 悪い酒, 悲惨とだけ, 意味が, 感を, 所為か, 所長さんの, 手が, 手を, 抜けぬ奴, 拔け, 持ち主らしい, 持主で, 掛け声を, 放心し, 故人は, 故障が, 方が, 旺盛な, 有無騎手の, 朝寝坊でも, 架空嫌いや, 根は, 様に, 横紙破りが, 止まねえうち, 殿様の, 民衆にも, 気味悪い笑い方, 永い時間, 永い用, 江戸の, 泣くよう, 浄瑠璃の, 渝らない, 無いすらすら, 無い長身, 無い髪, 無き一人, 無造作さで, 独白体を, 理性と, 甘えた樣, 甚し, 生ずること, 生れる保, 由来が, 男山, 略式好みの, 疑惑の, 痕は, 痛め吟味, 痰が, 癇が, 発作とを, 発作を, 白い歯, 白崎も, 目醒め, 眉の, 眼鏡の, 睨むよう, 穏健派から, 突然飛び越した, 窓ぎはの, 笑ひ, 細心な, 編輯長は, 者の, 者も, 舌皷を, 舞踏病的な, 良人を, 藝者を, 表情の, 起ったの, 起因は, 跳ねるよう, 軽口を, 通りぴくぴく, 遺物としての, 間の, 附いたわたくし, 附いた人間, 附く結い方, 雛妓の, 青木は, 顎の, 顔の, 首を, 鼻頭を

▼ 癖~ (395, 7.1%)

24 あつた 7 自分の 4 頭を 3 それを, ね

2 [18件] それに, やたらに, 今も, 今日も, 半分聞えた, 妙に, 彼は, 彼女の, 或時其書, 日が, 朝は, 目を, 直ぐには, 私は, 空は, 竹山は, 興奮し, 足の

1 [318件] あしたも, あちらこちらで, あらう, ある時, あれが, あれの, あんな不, いたずら, いつと, いつもの, いつも相手, いろいろの, おでんやで, おれ達に, おんも, お払い金, お種, お話が, お金匿し, かう年始, きょうは, ぐうと息を, ぐずぐず言おう, ぐつと反身にな, こう言っ, こちらが, こちらで, この場合単数, この道路, これには, こんな時, さかんに, ざつとしぐれてきた私は, すぐに, すぐ声, すぐ近く, する眼, ずいぶん横車, ずかずか上り込ん, そうしなけれ, そこに, そそけて, そのあ, そのあと, その上腹, その時, その晩, その物語, その短い, その頃, そり返って, それからそれ, それが, それで手, それとなく気, それも, そんなこと, たいした無, ちとぶるぶるする, ちょっと他, ちょっと相手, ちょっと芝居, ちょっと顔, ちよいと, つい嚔, でその, でも, とうとう庭, どうかする, どろ, どんなに忙しく, なあ, なつかしく思われた, なにか六ヶ, なんでも, ひ, ひどく濁り, びくびくし, ふところ手の, まず理屈, まだほんの, まるで泣き声, みんなから, もうちゃんと涙ぐみ, もし途中, もんは, やれば, よくからかわれた, よくない, わたしは, カフェに, セカセカと, チョイチョイ右手で, トリ止めも, ドイツ語を, ドギマギし, ハッピイ・エンドに, ラエーフスキイは, 一寸足, 一度食った, 一方に, 一時間以上遅れた, 一生なおらない, 一芝居打った, 丁寧な, 下くちびる, 下顋, 不愉快な, 事件が, 些細な, 今年の, 今度は, 今朝ほど, 仕事着の, 仕方がねえ, 何かしら手に, 何かの, 何とかし, 何となし, 何も, 何を, 何時の間にか彼, 何時ぱら, 働く事, 僕を, 六の, 其笛を, 冷かに, 出場と, 前置きを, 力んで, 十二時ちかく, 午頃から, 卓上を, 原稿書きに, 厶ります, 口では, 口をへの, 口小言を, 古藤は, 可能性の, 右手で, 問題の, 啼き始めたと, 囚人や, 図に, 坪井は, 夕方から, 多分何ん, 多少中毒, 夜は, 夜中に, 大きに失礼, 大人が, 大抵の, 大旦那, 大粒の, 大英, 奥さんは, 女だてらに, 如何にも潔癖, 始終手紙, 娘の, 子供の, 実によく酒, 室の, 家内を, 容態ぶつた, 宿屋の, 寐る, 寝るにも, 小林は, 少し右肩, 少し横, 尻を, 居て, 山には, 左の, 幸子の, 弟と, 役所からと, 彼の, 彼女は, 得てして馬鹿, 御他聞, 御多分に, 心配事が, 急に, 意気の, 我儘の, 戸惑いを, 手のひらを, 手短に, 打解けて, 拇指と, 指先で, 捻るやう, 掛けたまで, 控へ, 敬意の, 斯う曲ッて, 新聞を, 新聞社の, 日本人は, 早くから寝た, 早速あだ名, 明日とは, 星に, 星を, 是非なにか聴かし, 時々だしぬけ, 時々片方, 時どきに, 時雨を, 暗い所, 書き損じの, 曾根が, 最初戸籍まで, 最後に, 朝飯の, 村の, 東野は, 枕もとの, 果ては, 枝に, 椅子の, 次第に青く, 止められません, 歯を, 段々引裂かれ, 母様の, 母親が, 毎日の, 水を, 流し目を, 満身の, 激しく瞬き, 無意識に, 無暗に, 熱烈火の, 物は, 特別に, 狐の, 独り幾度も, 甘ったるい気分, 甚だ善く, 用だけ, 田中絹代と, 男女の, 癪を, 白目を, 目をば, 直ぐ有合せ, 直に酔っ, 直接で, 眉の, 看慣れては, 眼を, 着物を, 硬ばつた掌面, 示しながら, 私の, 私も, 空が, 空を, 窓から, 立つた機會, 笑いながら, 筆執る, 筆硯を, 細かい雨, 紺絣の, 経過は, 結局同じ, 罰当たりな, 聞えた男, 肩でつ, 胸の, 腰に, 腹黒いとか, 自分に, 自嘲の, 舌で, 色白の, 葛湯の, 虫干した, 衾を, 見込の, 言葉に, 言葉尻を, 詰まったよう, 誇大な, 誰をでも, 貝細工の, 起きぬけの, 越州は, 踊りの, 身も, 送つて, 酔うて, 酔が, 重い跫音, 針の, 鍵穴に, 長くは, 長くも, 長持ちの, 阿能, 降つて, 隨分横車を, 霧が, 青木さんは, 鞭を, 頓着は, 顔を, 鮮かな, 默つてちよつと, 鼻を

▼ 癖~ (393, 7.0%)

24 もって 21 持って 12 出して, 知って 10 持つて 6 つけて 5 つけられた貴族, よく知っ 4 つけなければ, つけると, もつて, 有って 3 取るの, 私は, 身に

2 [11件] だして, つけちゃ, つけなさい, 出しながら, 始めて, 心配し, 思出し, 治療し得た, 知つてゐる, 見せて, 述べたり

1 [251件] あかずに, あなたに, うつかり, お出し, お持ち, かしいぢ, かなりよく見つけ, かなり活き活き, かねがねくす, くりかえしくりかえし発揮, さけて, して, すぐ出し, すっかり教え, すべてのみこん, する男, そのままあらわし, そのままこんな, その好, その日常性, そろそろ始めました, たんと持つ, たんのうさせる, だんだん植えつけられ, つけおかぬと, つけたの, つけたら其後, つけたり, つけとかないと, つけとけば, つけないがい, つけないとね, つけないよう, つけましたわたし, つけるよう, つける事, つけ香水, とらえること, なして, なすの, なるべく早く, のみこんだが, はっきり思い浮かべ, ひどくたしなめる, またそぞろ, また利用, また見て取られる, まねて, まるだし, みずから知らない, むき出しに, もじって, もった新派, もった選手, もつよう, やはりこの, やめると, やめろやめねえけりゃこの, ややもすれば見せ, よくのみこん, よく出す, よく呑, よく嚥, よく存じ, よく承知, よし給, ジョウが, スケッチし, スーッと, 一つ新らしく, 一層激しく, 一歩踏み出し, 亭主の, 人々が, 今でも, 付けたの, 付けました, 付けること, 代言人や, 以前から, 伝へたこと, 何処までも, 作ったよう, 傾けつくして, 充さんが, 先祖が, 克服する, 出さずには, 出した, 出したの, 出したまでの, 出し初め, 出し古本, 出し合える場面, 出し幾らか, 出すか, 出すの, 出すん, 利用した, 利用する, 刺戟する, 刺激する, 努めて, 勘付かれた, 募らせた, 十分に, 取り戻した藤屋, 受け続いで, 呑み込んでからは, 嗤う, 増大するであろう, 増長させる, 増長せしめたる, 変え生えぎわ, 大目に, 奇貨と, 始めたもの, 始終私, 学ぼうとして, 実にまんべんなくおぼえ, 宮が, 家司の, 尊重し, 平静な, 幼い時, 彫らんと, 彼は, 御覧なさい揺れ, 心得て, 忘れない, 怖れ, 思い出した, 思い出して, 思い遣って, 思わせて, 我々は, 戒しめなかった, 批評し, 承け継いだの, 拔いた, 持った乗客, 持った者, 持つたくせ者, 持つてる人, 持つもの, 持つやう, 持つ人, 指摘し, 振り廻すはず, 捉えて, 捨てて, 描き得たり, 撓め直そうと, 改めたく思いながら, 改めなくともよ, 改めようと, 教えて, 昌作は, 普及させた, 暗記した, 書きたり, 有して, 有し人, 棄てないと, 植物向, 止めて, 止めなかった, 正さんとして, 正しきに, 正して, 沖縄人に, 治さうとして, 治して, 治そうとして, 満足させる, 満足させ得る, 満足する, 満足せしめる, 漂わして, 焼燼, 独得の, 珍らしくし, 生じいつも, 生じたるもの, 生じたる如くなるも, 生ずるとき, 生ぜしめやう, 癇性と, 癒して, 発揮し, 発揮する, 発揮するで, 皆は, 直されねえ知っての, 直したいば, 直してから, 直す事, 直す手当て, 真似たもの, 矢代は, 知つてゐ, 知つて居た, 知つて暗, 知らないけれど, 知らない者, 知りつつ, 知りながら, 知り過ぎて, 知るため, 矯めるの, 矯め直して, 矯正してやろう, 矯正する, 研究する, 破って, 示し一種, 稽古した, 聞いたので, 脱し切れず自分, 蔵し, 見たよう, 見て, 見は, 見るの, 覚えたもの, 覚えて, 覺えた, 覺えて, 解せぬから, 言いますと, 許して, 詩の, 話しても, 認めないもの, 誘い出すよう, 警戒した, 變へ, 起して, 軽蔑する, 遺伝した, 遺憾なく, 邪推し, 防禦し, 附けなければ, 附けぬ毛, 除いては, 除かんと, 顔に, 養い出した, 養わずには, 鼈四郎は

▼ 癖~ (180, 3.2%)

4 益々つのる 3 ありますが, あるもの

2 [11件] あったが, あるが, なかった, 充分に, 前に, 屡彼, 持って, 最近に, 棄却しなけれ, 草と, 野蛮人の

1 [148件] あつた, あつて, ありますがね, ある, あるよう, ある者, いつのまにか治っ, いつの間にか治つて, いつまでも, いつやめる, いつ頃, いまも, いよいよ増長, いよいよ昂, うち勝つ, おやめなさい, おやめなさらなけれ, お前に, お忘れ, お止めください, この方面, これが, これで, ござんすまい, すぐ見つかる, そうした人, そこまで, そののち色々, ただ空想, ちょっと面白い, つきものだ, どうだろう, どうにもし, どこかへ, どんな社会的地位, ない, なお更, なかつたが, なかなか急, なくな, なくなった, なほらなかつた, ひどいが, ますます頑固, またし, まだ消え去らず, むかしから, もういま, もうその, もともと母, やはり癖, やまずに, やまなかった, よくない, ハンス, 一つの, 一体に, 一体ほんとう, 一寸珍, 世の, 中学時代に, 二つの, 今も, 何も, 何時に, 免かる, 出しにくかっ, 出しません, 十九歳に, 又一風, 口を, 古代に, 吉原の, 国家を, 在校中はさほどにも, 夜が, 夜目にも, 大きくなっ, 大分薄らいだ, 女中が, 好く知っ, 嫌ひ, 少許, 市十郎の, 彦兵衛は, 彼と, 必ずしも今, 恐らく平安京, 恐らく母, 悪い癖, 我にも, 戸の, 房一も, 抜けきれずおまけ, 持つて, 指物が, 振り子の, 改まって, 改まらずや, 改めるに, 改作を, 文学者として, 既に愛書癖, 日本人には, 有りませんけれど, 根本から, 止まつたらしい, 止まなかったの, 止まなかつたの, 止まらなかった, 止みッ, 止めませんでした, 残つてゐ, 母などを, 決して一生, 決して値切らない, 決して直ろう, 決して説明, 消え失せず結局軍治, 消失せ, 然しこの, 煙草の, 父親の, 生れつき言葉が, 病膏肓に, 益々発達, 直さうと, 直されますまい, 直つて, 直らなかった, 直りませんわ, 直りやしない, 私が, 私の, 私も, 米友に, 続いて, 耽美享楽の, 自信の, 自分でも, 自慢である, 誰に, 路上にて, 都会では, 醉うて, 閨の, 非常に, 驚くほど

▼ 癖~ (97, 1.7%)

7 二た 4 ありそう 3 ありげ, ある 2 あつた, あるの, あるよう, ある人間, ぶり返した

1 [70件] あった, あったが, あったの, あらう出発, ありかつ, あります, あり云って, あり吾輩自身, あるが, あるしたたか者, あるので, あるべきやう, ある中, ある底, ある正体, ある男, ある紐, ある赧ら顔, ある赭ら顏, いやな, いろいろあります, お互いに, その頃, ついた, つくべく艶, つけるかな, ない含蓄, ない大柄, ない自分, なく若いにわとり, ふた癖, まあまあと, また兼備, やはりこの, よく知っ, わかって, 一に, 一層嵩じ, 三癖も, 中野の, 二人の, 他人には, 付くという, 何もかもみなお前さん, 全く前, 古き仏者, 同様に, 名古屋人間の, 名高いもの, 多少は, 小法師, 小首を, 少しは, 持つて, 昔の, 有れば, 格別なかっ, 治ったという, 無く一寸, 無く特に, 生来から, 療治し, 皆無である, 直り一面, 知って, 解らないわけ, 身体の, 軽い小言位, 近頃は, 額眦口許の

▼ 癖~ (86, 1.5%)

5 ね, よ 4 と思っ 2 からばか, から左, が, と思う, と老人達, と見え, もんです

1 [58件] から, からそう, からそれ, からである, からと別に, からどうしても, からの, からまア可え, から一寸, から今, から仕方, から別に, から困る, から対手, か親しみ, がたうて, がどうも, がな, がね, がほんとう, がま, が無く, が身體, が近頃, くらゐ, し放つ, ぞ, つた, つたと, つたといふ, つたのか, つたのだ, つた内気さばかりの, つた踏みつけられた, といわれ, とおも, とは思い, とは思っ, とは知り, とわかつ, と云う, と云っ, と人, と始, と思い, と思つて, と思ひ過し, と思ふ, と矢代, と義雄, と自ら, と言った, なあと思っ, ねお前, よよしな, 実際生活, 松山君の, 武家と

▼ 癖~ (78, 1.4%)

6 なって 3 いうよりも, いえば 2 なつて, によつて, 云うの, 申しますの, 見えて, 見える

1 [54件] あまりに告白, いうから, いうでは, いつて, それから遇, とつた, なってるきびしい, なりどんな, なりに, なること, みしも, やめむ, よりほか, 云って, 云ふも, 何か, 信州路で, 冷めたさは, 切れの, 別に関係, 利用本能, 博奕根性ばかり, 反抗意識についても, 同様に, 妙に, 対照される, 山国育ちの, 御許被, 微笑の, 怠け癖, 成ったのに, 成ッて, 我身の, 文章における, 物臭さ根性とは, 相戦ひ, 知って, 知るべし, 私は, 穿鑿癖とが, 笑われました, 細君にたいする, 考証好, 致しまして, 衒学趣味と, 見えます, 見えるな, 見えるなあ, 見える特に, 見て, 言えば, 言へば, 隠語の, 非力から

▼ 癖~ (69, 1.2%)

12 のだ, んです 9 んだ 8 のである 4 のです 3 のであった 2 のか

1 [19件] おしに, の, のだらう, のであつ, のであろう, のでございまする, のでし, のでそう, のでなに, のでまったく, のにそして, のに堅い, のに珍, のね平面, んだらう, んでござんし, んや, ンで, 行動も

▼ 癖として~ (60, 1.1%)

2 彼女は, 都の

1 [56件] あたかも眼, おほ, このよう, この子供, これから先, すぐに, ずば抜けては, そういう医療器械, では, ともかくも, もうどんな, クライマックスの, 一度そうして, 一応君, 二鉢ほしい, 人が, 今まで, 仕方が, 何かの, 何時でも, 俯向き加減に, 先ず社会面, 先祖代々からの, 出たとこ勝負の, 十目の, 却ってちと小, 厭き性であった, 又根本問題, 友と, 古くなる, 呉家の, 園は, 坐り直したり, 女を, 家業には, 宿屋について, 寝る時, 少し顔, 彼は, 怒ること, 意味なく, 態度には, 新らしい, 止めども, 決して退屈, 激す, 火先へ, 眼の, 腹が, 自己の, 若い女性, 虚言大言を, 身に, 重蔵は, 非常に, 頑固で

▼ 癖から~ (38, 0.7%)

2 では

1 [36件] かつては, この水役, して, それが, つけたの, でも, なの, ひとつその, もう一つ, 一寸した, 二度目に, 井戸という, 何事も, 出たこと, 味方に, 声まで, 好んで, 妙な, 彼の, 彼は, 彼を, 抜け出て, 救はれたい, 来る特色, 毎日洗い清められ, 求めて, 熱烈な, 脱け, 脱れる, 言うと, 言ふと, 起ったの, 足の, 遠去かっ, 露見した, 黄鶺鴒の

▼ 癖である~ (30, 0.5%)

3 ことを

1 [27件] おとよは, から, がなぜ, が今日, が余り感心, が勿体らしく, が取分け, が機嫌, が餘, ことに, とか戻る, とか暴, とか空ける, と共になにか, と彼女, と思う, ように, 下唇, 事物の, 台所口から, 夢とも, 小鼻に, 尻はしよりの, 為恰も, 通りに, 雨は, 首を

▼ 癖~ (25, 0.4%)

2 独居癖やに

1 [23件] お湯かけや, がなそれ, そうで, そのちらかり, はき替え, ほんのりと, またあの, わ, エセ反省力を, 何かを, 土踏まずの, 夢想や, 性質は, 感じを, 打算の, 扱ひ, 特色を, 狡猾さが, 畸型, 落度の, 訛なぞは, 調子や, 迷信や

▼ 癖にな~ (24, 0.4%)

8 つてゐた 2 つてし

1 [14件] つたのね, つた心は, つた放下着, つて, つてお, つてしまつてゐた, つてしまつて困ります, つてしまつて英語でもすら, つて今度からは, つて仕舞つて電報を, つて何かに, つて少年に, つて折角の, 俺らやうな

▼ 癖~ (23, 0.4%)

7

1 [16件] ていや, てこれ, てしわん, てねえ, てよく, て三円, て二人, て何, て僕たちみたい, て変, て太い, て自分, て自分達, て選挙, て鬼高利貸, ょなしょなしてどう

▼ 癖あり~ (20, 0.4%)

3 げな 2 て往々, と雖, 気な

1 [11件] げです, さうで, そうだ, てある, て或, とかく塩浜, や否や, 審配は, 最も著しき, 氣で, 相です

▼ 癖ある~ (19, 0.3%)

2 もの, 人は, 手をも

1 [13件] がため, のが, ものは, 事なり, 人々が, 人が, 叟にて, 妾は, 怪人物たる, 槇園君の, 漢学者高谷龍洲の, 者を, 風流人であった

▼ 癖という~ (19, 0.3%)

2 ものが

1 [17件] ことが, ことは, のか, のが, のは, ものこれなり, ものじゃ, ものでございまし, ものは, ような, ように, 人に, 奴は, 複雑な, 言葉は, 非常な, 風にも

▼ 癖です~ (17, 0.3%)

731 から目, がさ, が総て仕事, な, ねどうして, もの, 譬えば真直

▼ 癖でも~ (15, 0.3%)

2 あった, ありましょうか

1 [11件] あらう, ありかつ, あり且つ, あるが, あるんで, あれば, あろうか, つくと, よくわかります, 有ろうか, 絵の

▼ 癖~ (14, 0.3%)

1 [14件] の作品, の性質, はこの, は一々, は一層, は冷水摩擦, は参木, は四五杯, は巴里, は決して, は爪先, は約束, は自分, は自家

▼ 癖自分~ (13, 0.2%)

1 [13件] で事件, と同じ, のかけ, のこと, の振舞い, の気持, の魂, はいまだに, は不断用心, は実際, よりも身分, を壊れる, を責めよう

▼ 癖にと~ (12, 0.2%)

1 [12件] いきなり傍, いったが, いって, 云ふと, 云わんばかりの, 又大笑い, 婢が, 彼は, 珍しがる, 癇癪を, 薙刀つかひ, 訝るかも

▼ 癖にも~ (12, 0.2%)

2 やめられぬ味 1 うどつ, かんさんの, ちらりと目, なるの, なれば, よく考へ, 丁型の, 亦現われ, 似合は, 相当に

▼ 癖~ (12, 0.2%)

1 [12件] にはヘレン, は人一倍, は同じ, は夜, は少年, は曾, は漠然と, は私, は維新後, は能, も覗いた, を見舞う

▼ 癖その~ (11, 0.2%)

1 [11件] ときでも, 人物を, 割に, 匂いを, 手段のみ, 教授は, 日は, 昔の, 波頭の, 祭見, 養子たちは

▼ 癖であった~ (11, 0.2%)

2 がこの 1 が, がその, が今や, が今更, が陽子, つまり眼明きであり, とかどれ, 乎二葉亭は, 父は

▼ 癖とは~ (11, 0.2%)

4 言へ 1 いいながら, いえお子さん, いえもう, いひながら, どういうこと, 密接な, 言え語部

▼ 癖~ (10, 0.2%)

2 に冷たい 1 な事, ににやけた, に力, に可愛らしい, に思はせ振り, に村, に遣, に陰氣

▼ 癖直し~ (10, 0.2%)

3 をし 1 にかかり, の湯呑, をおわっ, をすませ, をせぬ, をよく, を始める

▼ 癖には~ (9, 0.2%)

1 あらざりき, ないから, よく片, 他の, 毎々手, 無縁の, 相違ない, 閉口した, 馴れようとは

▼ 癖まで~ (9, 0.2%)

1 まざまざと, まねようと, 先生に, 同じよう, 妙に, 彼には, 彼は, 思い出した立派, 知り合って

▼ 癖この~ (8, 0.1%)

1 一家内において, 三四年こっち夫は, 上も, 信仰の, 姉は, 曲の, 通りそれは, 陽気だ

▼ 癖だつた~ (8, 0.1%)

2 がこの 1 がこんど, がその, がと森野, が案外, が森野, ので

▼ 癖~ (8, 0.1%)

1 からホツ, では内, に堅い, のいら立たし, のこと, のなか, のよい, 寂しいほど

▼ 癖~ (7, 0.1%)

1 お冗費, それとも強情, どうか, 冬の, 唇を, 性質かな, 足は

▼ 癖~ (7, 0.1%)

1 ういふ, う云, その手, へある, へもが次第に, へも起らなかつた, へ無く

▼ 癖だった~ (7, 0.1%)

1 がそんな, っけ, と亡き, ね, のである, のです, ので慣れない

▼ 癖では~ (7, 0.1%)

2 なく人 1 ありましたけれど, あるの, ないし, ないと, 迚も

▼ 癖といふ~ (7, 0.1%)

1 ことが, ことは, のは, ものが, 程だ, 言葉は, 貝殻の

▼ 癖であり~ (6, 0.1%)

1 それらの, 人間の, 必ずしも真実, 気まぐれで, 流儀である, 限りなき

▼ 癖でし~ (6, 0.1%)

3 てね 1 てな, てねえ, てね筋路

▼ 癖でした~ (6, 0.1%)

2 がこの 1 から, からどれ, から私, よ

▼ 癖らしく~ (6, 0.1%)

1 ときどき眼鏡, 一番上の, 両手を, 矢部は, 肩を, 頬の

▼ 癖~ (6, 0.1%)

1 か話す, が気, にも取りとめた, のため, の落着き, を考え

▼ 癖~ (5, 0.1%)

1 内儀さんは, 勢が, 徳は, 絹さんお前さんの, 綾は

▼ 癖かも~ (5, 0.1%)

2 知れません 1 しれない, しれないが, 知れないが

▼ 癖とでも~ (5, 0.1%)

1 いうの, いはうとにかく, いふの, 云ふより, 言えるもの

▼ 癖などは~ (5, 0.1%)

1 ここに, すこしも, むしろそれ, 實に, 掌を

▼ 癖をも~ (5, 0.1%)

1 交へ, 学び得て, 学ぶもの, 巧みに, 私は

▼ 癖少し~ (5, 0.1%)

1 お神酒が, ずつ確実, も官能的発動, も気の毒, も氣

▼ 癖~ (5, 0.1%)

1 が居ない, になりぬ, に及ばなかった, の刀, を中の口

▼ 癖あっ~ (4, 0.1%)

3 て四十八癖 1 てなん

▼ 癖それ~ (4, 0.1%)

1 が何, が必ずしも, が自分, をようく

▼ 癖とを~ (4, 0.1%)

1 交えて, 保存し, 私は, 貧民の

▼ 癖らしい~ (4, 0.1%)

1 ものが, 早口で, 眼を, 調子に

▼ 癖二人~ (4, 0.1%)

2 の心 1 とも羽織, の敵

▼ 癖~ (4, 0.1%)

1 にかう, の実父, は心, は相

▼ 癖~ (4, 0.1%)

1 のした, はあの, はもう, をはじめ

▼ 癖あの~ (3, 0.1%)

1 事件は, 内儀さんと, 山々の

▼ 癖お前~ (3, 0.1%)

1 は下女, は俺, は寂しい

▼ 癖さえ~ (3, 0.1%)

1 あったの, あったので, 失くし

▼ 癖だけは~ (3, 0.1%)

1 いつも出し放し, どうにも, 腹立たしいほど

▼ 癖だろう~ (3, 0.1%)

1 か, くらいに将門, と考え

▼ 癖づい~ (3, 0.1%)

1 てふくれた, て泣いた, て遊ん

▼ 癖づけられ~ (3, 0.1%)

1 てしまった, てゐる, て居る

▼ 癖でございまし~ (3, 0.1%)

1 て, てどんな, て話

▼ 癖とて~ (3, 0.1%)

1 あのお辰, 聲高く, 雨はらはら

▼ 癖とも~ (3, 0.1%)

1 いうべき病気, 思う人, 思えずいささか

▼ 癖どうも~ (3, 0.1%)

1 これは, 僕らが, 芥川の

▼ 癖など~ (3, 0.1%)

1 いつの間にかなくなっ, ザッと, ワインガルトナーそっくり

▼ 癖まだ~ (3, 0.1%)

1 この国, どこかに, 娘の

▼ 癖みたい~ (3, 0.1%)

1 なもの, なもんぢ, になっ

▼ 癖もう~ (3, 0.1%)

2 八月に 1 殆ど世に

▼ 癖~ (3, 0.1%)

1 では大概, の貴様, 云う通り社会

▼ 癖~ (3, 0.1%)

1 それを, 一面には, 弱々しいところ

▼ 癖平次~ (3, 0.1%)

1 は一向に, は大した, は朝飯

▼ 癖~ (3, 0.1%)

1 である, の具合, を銀杏

▼ 癖~ (3, 0.1%)

1 が小さく, の強, は弱く

▼ 癖滅法~ (3, 0.1%)

1 可愛らしい娘, 愛くるしいお, 魅力的な

▼ 癖~ (3, 0.1%)

1 かに見られ, もこれ, も見る

▼ 癖随分~ (3, 0.1%)

1 したい三昧, 真似の, 贅沢を

▼ 癖いつも~ (2, 0.0%)

1 夢の, 生活の

▼ 癖おそろしく~ (2, 0.0%)

1 焦燥って, 素敏

▼ 癖お茶~ (2, 0.0%)

2 も呑まず

▼ 癖かと~ (2, 0.0%)

1 思うと, 思われる

▼ 癖こいつら~ (2, 0.0%)

2 は噴火

▼ 癖ここ~ (2, 0.0%)

1 にさっき, に尋ね当った

▼ 癖こんな~ (2, 0.0%)

1 寝坊な, 時は

▼ 癖~ (2, 0.0%)

1 つかり疲れて, ぺりと髯の

▼ 癖すぐ~ (2, 0.0%)

1 に晴れた, に泣事

▼ 癖そういう~ (2, 0.0%)

1 お前を, 批判者は

▼ 癖そんな~ (2, 0.0%)

1 工合に, 考え癖の

▼ 癖だの~ (2, 0.0%)

1 いつも赤い小さい, また広い

▼ 癖ちつ~ (2, 0.0%)

1 ともたかぶらない, とも肥らない

▼ 癖~ (2, 0.0%)

1 や, やよ

▼ 癖づいた~ (2, 0.0%)

1 これらの, 彼女の

▼ 癖づけられた~ (2, 0.0%)

1 感情の, 手先が

▼ 癖であっ~ (2, 0.0%)

1 てちょっと, て前もって

▼ 癖とか~ (2, 0.0%)

1 無経験, 習慣とか

▼ 癖とともに~ (2, 0.0%)

1 いつも自分, 作品の

▼ 癖なども~ (2, 0.0%)

1 意識的か, 殆ど失せた

▼ 癖などを~ (2, 0.0%)

1 知ろうはず, 見馴れた近衛秀麿氏

▼ 癖なら~ (2, 0.0%)

1 あたしも, ば癖

▼ 癖なる~ (2, 0.0%)

1 所も, 者の

▼ 癖なれ~ (2, 0.0%)

1 ば一時, ば直さん

▼ 癖にから~ (2, 0.0%)

1 意気地が, 景気を

▼ 癖にて~ (2, 0.0%)

1 いさいだけ, 終止言を

▼ 癖によ~ (2, 0.0%)

1 つて反感を, つて煩は

▼ 癖はじめ~ (2, 0.0%)

1 は運転手, は運轉手

▼ 癖までが~ (2, 0.0%)

2 全く同じ

▼ 癖までも~ (2, 0.0%)

1 まざまざと, 日本文の

▼ 癖までを~ (2, 0.0%)

1 奪われた今, 知り抜かれて

▼ 癖もの~ (2, 0.0%)

1 なの, 案じの

▼ 癖やに~ (2, 0.0%)

2 もとづいて

▼ 癖やら~ (2, 0.0%)

1 体の, 體の

▼ 癖~ (2, 0.0%)

1 なにかを, またかんしゃく

▼ 癖わたくし~ (2, 0.0%)

1 は地球以外, は笑

▼ 癖わたし~ (2, 0.0%)

1 はおそらく, はなんにも

▼ 癖をば~ (2, 0.0%)

1 え逃れ給はず, 清算する

▼ 癖一度~ (2, 0.0%)

2 だつて

▼ 癖中身~ (2, 0.0%)

1 はからっぽ, を吐き切っ

▼ 癖人一倍人~ (2, 0.0%)

2 懐い性格

▼ 癖何處~ (2, 0.0%)

1 かとろんと, か横着

▼ 癖~ (2, 0.0%)

1 にゃあ, は地主様

▼ 癖先の日平次~ (2, 0.0%)

2 の周到

▼ 癖先生~ (2, 0.0%)

1 にはかえって, はお

▼ 癖~ (2, 0.0%)

2 で一杯

▼ 癖内々~ (2, 0.0%)

1 お妙さん, では同人同志

▼ 癖~ (2, 0.0%)

1 にも云つた通り, に恐し

▼ 癖即ち~ (2, 0.0%)

1 傾きが, 傾きによ

▼ 癖四邊~ (2, 0.0%)

2 にかくれる

▼ 癖~ (2, 0.0%)

1 に対手, に浮か

▼ 癖夕食~ (2, 0.0%)

2 が済む

▼ 癖夫人~ (2, 0.0%)

2 はきまり

▼ 癖寒い~ (2, 0.0%)

1 冬の, 気持が

▼ 癖屏風~ (2, 0.0%)

2 の何

▼ 癖平生~ (2, 0.0%)

1 はあんな, は人

▼ 癖~ (2, 0.0%)

1 では, 立山といふ

▼ 癖旺盛~ (2, 0.0%)

2 で忽ち

▼ 癖~ (2, 0.0%)

2 が晃

▼ 癖~ (2, 0.0%)

1 つて四十八癖と, 之候

▼ 癖横柄~ (2, 0.0%)

1 で繁文縟礼的, なやう

▼ 癖溌剌~ (2, 0.0%)

2 と筆太

▼ 癖~ (2, 0.0%)

1 の冷, の正義

▼ 癖~ (2, 0.0%)

2

▼ 癖申分~ (2, 0.0%)

1 なくムズ, なく美しい女

▼ 癖腕前~ (2, 0.0%)

1 は抜群, は拔群

▼ 癖雨このごろ~ (2, 0.0%)

2 見ねば

▼ 癖顔一杯~ (2, 0.0%)

2 に微笑

▼ 癖顔丈~ (2, 0.0%)

2 は微笑

▼ 癖馬鹿~ (2, 0.0%)

1 に幅, に體面

▼1* [465件]

あいつはまるで, 癖あなたはその, 癖あまり飲みたくは, 癖あれらは二人, 癖いかり肩だし, 癖いけ図々しい愚昧な, 癖いつまでも或, 癖うす鬚なぞは, 癖おごそかな父, 癖おしきったところの, 癖お互いに関係, 癖お調子者で直ぐ, 癖かういふ場合に, 癖からは抜けだせず羅印河, 癖からばかり発して, 癖かれはかうし, 癖かを出して, 癖がきはだ, 癖がちがふ, 癖がと苦々しい面, 癖がなほるもの, 癖がはひると, 癖きんは時々, 癖こそ脱しなかつたが, 癖この間まで女, 癖こんなに依頼し, 癖してやがって, 癖じゃによってかねがねたしなめつかわそう, 癖すえられなさる様な, 癖するの致す, 癖せた身体が, 癖そうやって, 癖そのままであります, 癖その他いっさいの身振り, 癖それだけは彼女自身, 癖ぞと御免なされ, 癖たるを識ら, 癖だけに平気で, 癖だけにはいじらしいもの, 癖ださうだがそれでも, 癖だすな, 癖だ起きたのは, 癖ちょいとした, 癖ちよいと好い, 癖ついた幽かな, 癖つけられて来た, 癖づきし足もとを, 癖づけようとしても, 癖づよい師匠にも似あ, 癖でありましてすぐ, 癖でありますがそれ, 癖であろうと思う, 癖でございましょうか, 癖でしかなかった, 癖でしょう大きいので, 癖でもじゃもちろん田舎, 癖でんねん, 癖とかいう官吏の, 癖とかを認めるであろう, 癖とが他日の, 癖ときには厭人癖まことに, 癖としては軽い, 癖とては少しも, 癖とのことを, 癖とのみ考えられた, 癖とりとめたことは, 癖どうかして, 癖どこかおどおど, 癖どの道の, 癖どんな別嬪だらう, 癖なきに非, 癖なぞつけません, 癖なぞに共通的な, 癖などがあつた, 癖などこそインテリの, 癖などについて読者に, 癖なり顔立ちなり, 癖なるしのび足, 癖なんか無いよう, 癖なんぞがあるならそれ, 癖にかッと, 癖にこそ酒は, 癖にさえ一種の, 癖について話しだしたん, 癖にでもなったよう, 癖にとでも云いたそうな, 癖になあほんとうに, 癖にの流行る世の中, 癖にゃたこの, 癖によつてそこ, 癖により見えぬの, 癖による高瀬家の, 癖に対してこういう今日, 癖そんなでい, 癖のけふも出で, 癖のせゐばかりとは言, 癖はどつちにも, 癖ばかりでは, 癖ばかりで書いて, 癖ひどく行儀よく, 癖ひょろりと脊が, 癖ふいと立つ, 癖ふざけるから皆, 癖ふだんは仲好し, 癖ふと思ひ出づ, 癖ほどの技巧が, 癖ほんとうは女, 癖ほんの片浦を, 癖ぼんやりしてる時, 癖づ照子を, 癖まことにひねこびた生き方, 癖みいどんにはもう, 癖みんな眞面目でみんな嚴肅, 癖やっと十四等官に, 癖やっぱり頻りに臭う, 癖やつぱりなぜともなく彼女が見え, 癖やはり内心いくらか, 癖やり出すと胃弱, 癖ゆえ黙って, 癖ゆき子は世の中, 癖よく眠れなかった, 癖より病で, 癖らしかった爺の, 癖わざとした, 癖を以て愚物なりと, 癖だやう, 癖ガアルガ頻尿ニナッタト思ウト, 癖ガラツ八の話, 癖コノ犬ハ顔立ガ貴族的デ一種ノーブルナ感ジガスル, 癖ゼラール中尉は自分, 癖依怙地ニナリ直, 癖トニィは何時の間にか, 癖ニ最初カラ彼女ニ一目置クヨウナ素振ヲ, 癖ニ本心ハヒネクレテ薄情極マル人間ナノデアル, 癖ニ泣クナンテ見ットモナイト思ッテイルノダガ, 癖ピアノの蓋, 癖マンは金五郎, 癖満足サセルタメデアッタカモ知レナイ, 癖一國者で人, 癖一方では坂井, 癖一本松がかっと, 癖一生の晴着, 癖一生懸命な外交ぶり, 癖一番面白い問題, 癖一輪の蘭, 癖七十年の成果, 癖上品にさ, 癖坐舗, 癖不健全なる娯楽, 癖不快な生唾, 癖不思議にさびしい, 癖不断の分析, 癖世話を焼きたい, 癖世間じゃ, 癖に何升どこ, 癖両手を両わき, 癖では, 癖中屋とまでいはれ, 癖乾き切ってさ, 癖た癖, 癖亜剌比亜馬とは何ん, 癖の気配, 癖人通も少く, 癖人里離れた森蔭, 癖今日の振舞酒, 癖今朝見ると, 癖今都会人が散策, 癖他人ガ触ルトツメタクナイ, 癖の姿, 癖何かといへば, 癖何だか小憎らしい, 癖何一つ為ること, 癖何処にとも言, 癖佛樣のやう, 癖佳薫のする, 癖保吉のテエブル, 癖で視る, 癖元気のない, 癖充分発汗して, 癖光起さんを恋し, 癖全くさは, 癖八五郎の話, 癖典型的な性格表現, 癖内容の詩, 癖冗談のよう, 癖い汗, 癖がけには, 癖出しなさったのん, 癖出なくっても宜, 癖出会えば女乞食, 癖刀身は非常, 癖勉強をする, 癖十何年も前, 癖半襟を頤, 癖去年の年暮, 癖をアンゴリ, 癖口許の愛くるしい, 癖古めかしさなどを, 癖古人崇拝癖を止め, 癖只口で唱, 癖笑いのは, 癖同時にあゝ助かつ, 癖をつく, 癖坂井は世の中, 癖こくて, 癖場所は変らない, 癖声青年らしい手, 癖声高な口争い, 癖夕方までは坐り続けられなかった, 癖からは鼠一匹, 癖夥間で評判, 癖のお人好し, 癖大きな問題を, 癖大凡は知っ, 癖大声を上げ, 癖大袈裟な形容詞, 癖天上にある, 癖奇妙に心, 癖はこの, 癖女自身の眼, 癖がどんな, 癖であった, 癖如才無い眼付きで, 癖妖艶なところ, 癖始終果敢なく遣, 癖姫草さんはトテモ横暴, 癖姻戚關係などをほじくり, 癖のよう, 癖嫁入をおし, 癖嫉妬やきなん, 癖嬉しさうに呟く, 癖子供の私, 癖存分に面白, 癖孤独の己, 癖学問修業はしたい, 癖は皆丈夫, 癖は僕, 癖の中, 癖家名の勢力, 癖家庭教育とか小児, 癖寂しがりの, 癖では莨喫, 癖寿美子は小杉卓二, 癖尋常ならず, 癖不調子小不都合, 癖小児のよう, 癖小山さんは昨日, 癖小心な商人, 癖小説にはこの, 癖少年の声, 癖山道は歩きつけ, 癖師走空に澄, 癖帰りついて, 癖年輩は三十, 癖底光のする, 癖座敷と座敷, 癖弟子がそんな, 癖弱いのよ, 癖強く放縦奢侈なる, 癖当人は嫁入, 癖役者ぐるいもしようという, 癖彼位すぐに, 癖彼等は器用, 癖も言われぬ, 癖心強い今の, 癖怒ることも, 癖のため, 癖飛んで, 癖恍惚した迫らない顔色, 癖恐いもの見た, 癖恐しい人間, 癖恐ろしそうに, 癖恐ろしく念入りに, 癖恬淡とはおそらく, 癖惜しいものだ, 癖いんだか, 癖意地悪いうち, 癖成人の姿, 癖我々は千万人, 癖我邦は寒帯, 癖或は考えかたを, 癖ノ冷エ方ハマス, 癖拭いた樣子も, 癖持ちで他人, 癖をはじめた, 癖擦った痕が, 癖故に汝までを, 癖文句にも勘定, 癖新しい銀貨で, 癖新ちゃんは私, 癖新体詩家である保雄, 癖旦那は環, 癖早く夫に, 癖明日になっ, 癖時々思ひ切つて, 癖時計を出し, 癖最初の接吻, 癖服装の小綺麗, 癖までに霽, 癖朝湯に行ける, 癖生前とでも, 癖本心は熱情家, 癖本能だけはますます, 癖印河辺訪故人, 癖染井吉野を木, 癖は痩せ枯れた, 癖森君はニヤニヤ, 癖極めてお体裁屋, 癖なくらし, 癖横合いから少し, 癖樹下石上は思い, 癖此処にゐる, 癖此方はお, 癖此頃はお, 癖の思想, 癖民族論並に言語學的, 癖汗ばんだくらゐ, 癖決して内部が, 癖洋服屋は資本, 癖活動には行った, 癖の鯉, 癖は自分, 癖渡りものだ, 癖滑稽で可愛い, 癖澄ましかえって童謡舞踊, 癖灯りがともる, 癖が横啣, 癖無闇に漠然と, 癖燃えてる火の, 癖が叔父さん, 癖父親は鵠介, 癖片はじから忘れ, 癖の方, 癖でござれば, 癖狭い家だ, 癖を破裂, 癖王さまや王妃さま, 癖甘い毒を, 癖生活の根本気分, 癖生駒に願, 癖田舎の淋し, 癖男好きのし, 癖といえ, 癖病気の重い, 癖発陽性が著しく, 癖白痴は赤ん坊, 癖百合さんがかはいさうだ, 癖皆んな途中で莫迦, 癖と正月, 癖目白の摺餌, 癖変らず人, 癖相手が母, 癖省作の事, 癖の美しい, 癖眉毛がまる, 癖は悧巧, 癖眞身に彼, 癖を開け, 癖硬派たるが書生, 癖にある, 癖祖母と一緒, 癖神経は鋭く, 癖神經が過敏, 癖一流的知恵も, 癖等々で事物, 癖等ハ困リモノダケレドモ, 癖が通っ, 癖答えなぞは聞い, 癖紅葉山人も写生, 癖素早い姿が, 癖素銅の矢立, 癖結局は何, 癖網棚から首, 癖は今年, 癖が大, 癖緑波古いこと, 癖締め括りのない, 癖美智子はどうしても, 癖羽目をはづさない要領, 癖老人は疲労, 癖考へればごく, 癖考証癖はこれ, 癖職人絵合せの一枚刷, 癖を卸す, 癖ではどんなに, 癖自分自身に対してはより, 癖自棄病が再発, 癖色気を含んだ, 癖色白でふっくり, 癖若い時から, 癖蒼くなって, 癖の氣, 癖行き會ふ, 癖行乞の時, 癖表面に現われたる, 癖装飾はけばけばしい, 癖に着けた, 癖から頬, 癖西洋人の会, 癖根生を, 癖見たかけれども, 癖見だろうかと思いました, 癖見る目も, 癖見合いと言う, 癖見識は落さぬ, 癖親方が怖い, 癖触覚には触れる, 癖言う事は, 癖訪れた玄関では, 癖をする, 癖語気は鋭く, 癖説ナリト疑フ者アレドモ, 癖読むのは, 癖論家よ民友子大喝, 癖負けず嫌ひだものだ, 癖貴族連は酒場, 癖貴様は聴衆, 癖距離は近い, 癖路地の外, 癖路易の毛髮, 癖身じまいをする, 癖身体の内側, 癖は空, 癖近年二代目鴈治郎も之, 癖近所にはつみ綿, 癖追っても追って, 癖逃げるなら逃げる実行方法を, 癖通り左の耳, 癖通人めかしく前歯でパチンパチン, 癖遊びに行った, 癖遊怠の癖, 癖遊芸と女, 癖遠くへは行かず, 癖を受けた, 癖を買, 癖つた, 癖のかかる, 癖鋭い目とが, 癖鑑定は鑑定, 癖長イ間ノ習慣, 癖の戸, 癖随分よぼよぼして, 癖雨梅雨はけ長しふきぶり, 癖雲霧が立籠め, 癖電動推進機にはいつも, 癖電燈はアカアカ, 癖静まって声, 癖静まり返ッて, 癖面白がること, 癖を浮かし, 癖靴型は一二・〇〇, 癖のします, 癖音楽家の目, 癖なな, 癖頭腦が明敏, 癖のまわり, 癖頼母しいき様, 癖は何物, 癖顔つきばかりは威張つ, 癖風雅癖が昂じた, 癖か, 癖駆け出そうとする, 癖の色, 癖で面皰, 癖黙然でね