青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「狐~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~犯罪 犯罪~ 状~ ~状態 状態~ 狂~ 狂人~ 狂気~ 狂言~ ~狐
狐~
独~ ~独り 独り~ 独特~ ~独立 独立~ 独身~ 独逸~ ~狭い 狭い~

「狐~」 4752, 47ppm, 2468位

▼ 狐~ (1170, 24.6%)

44 ような 42 ように 31 やうな 20 やうに 11 声が, 生徒は 10 嫁入 8 ことを, 子が 7 嫁入が, 話を, 面を 6 かみそり, こん兵衛が, こん助が, 嫁入を, 子去年狐の, 学校生徒は, 方が, 方で, 襟巻を 5 啼く声, 声も, 巣, 皮で, 皮を, 穴の

4 [13件] くれし奇楠, ために, 仕業と, 如きは, 姿が, 子, 学校生徒が, 手套, 毛皮の, 毛皮を, 生徒が, 紺三郎, 話

3 [24件] あとを, おらざるに, ことなどを, わざ, 仕業だ, 仕業である, 仕業という, 像が, 化けたの, 女は, 子だ, 子の, 憑いた, 正体を, 死骸を, 為わざでは, 生徒たちが, 穴は, 穴を, 肩車に, 草紙, 落ちた人, 面が, 顔を

2 [127件] あのよう, うたです, ことだ, ことなど, ごとき信濃地方, しっぽの, ためだ, ためよりは, とこへ, なく声, のかぬ小百姓, ようで, 世界においても, 世界も, 事は, 人を, 今迄の, 仕業かも, 仕業とは, 仲間で, 住する, 何に, 先生は, 写真までも, 剃刀とは, 前に, 化けたやう, 化けた女, 双紙, 啼き声, 噂などは, 噂は, 噂を, 団子は, 声の, 声を, 変化で, 女の子が, 奴が, 如くに, 姐さん, 姿は, 姿を, 嫁入の, 子ぁ, 子ぁ嫁ぃほしいほしい, 子お, 子こんこん, 子は, 子も, 子供の, 子汚穢を, 子狐の, 尻尾が, 尻尾の, 尻尾を, 尾の, 尾を, 屍骸の, 巣へ, 幻燈会な, 幻燈会は, 影が, 性に, 怪談が, 所為と, 所為に, 手に, 提灯, 提灯も, 方は, 書という, 校長さんは, 業と, 様で, 様な, 様に, 正体は, 死体が, 毛が, 爲わざでは, 片耳を, 生徒らは, 皮の, 皮衣を, 眞似, 真似を, 眼が, 睾丸, 祟りは, 穴とも, 穴や, 穴一夜の, 紺三郎が, 紺三郎との, 置いて, 耳の, 耳を, 肉で, 胡粉天狗の, 臭気が, 葬式か, 葬式は, 行方を, 袖無の, 袖無を, 裁判, 言って, 話と, 話は, 謙遜の, 賀奈女が, 赤革の, 足は, 踊りが, 身振, 隠れ顔なる, 面の, 顔が, 顔でした, 顔に, 顔は, 類に, 風味を, 飛脚通りけり, 餌食に, 鳴く声

1 [502件 抜粋] ありかは, あるよう, うっとりと, うわさを, おかあさんは, おる処, お唄, お宿, お面, かあさんでも, かみそりただ, かみそり血, かみそり見れど, か狸の, くせに, くるの, こしら, こしらえたもの, ことです, ことは, これは, ごときまれ, ごとき怜悧, ごとき指揮官, ごとき物, ごとくおどり上がりはしりつつ, ごとくがさッ, ごとくその, ごとく一種, ごとく奸譎, ごとく或いは, すみおるとの, すみかに, すること, その樣, その香気, そばに, それを, たいまつなどが, ついたといふ, ついた証拠, つかいと, つくとか, ところへ, においが, にせものが, はなしは, ふしぎな, ほうが, ほうで, ほうに, ほうは, またくる, まなざしや, ものがたりを, やうだつた, やうで, やうでした, やからは, やつに, やつの, やつのは, よう, ようでした, よく出る, よく捕れる, よろこび, わざじゃ, わざと想像, わな, わるさ, ゐない處, コン吉, コン吉が, コン吉の, コン吉氏は, シテ白蔵主を, シャミセンコ, ジュウル, 一件とは, 一匹という, 一声が, 一字を, 一役を, 一種である, 両手両足は, 中で, 中にも, 中の, 乘移つたといふ, 乘移つた人は, 事あり, 事と, 事なぞは, 事を, 人事関係は, 仔だけが, 仕業じゃ, 仕業だろう, 代わりに, 仲間さ, 仲間入りを, 伝説が, 似顔に, 住める家, 住んで, 住家である, 体は, 作った歌, 作用に, 使者を, 侍女が, 偽物, 偽物であった, 傳説を, 像と, 像を, 兇悪な, 先生が, 先生です, 先生も, 光る眼, 児である, 児を, 出そうな, 出るところ, 出る籔ぢ, 出る道ぢ, 出入りする, 初等教育に, 判断に, 別名この, 剃刀, 剃刀で, 剃刀と, 剃刀とか, 剃刀の, 化けたか, 化けたと, 化けたもの, 化けたよう, 化けた奴, 化けた那須野ヶ原, 化けっぷり, 化けて, 化なれ, 化生で, 半外套, 友が, 友達が, 友達も, 口細工で, 叫ぶやう, 可愛らしいこと, 名は, 名称の, 呪いを, 呼ぶ声, 問答驢馬と, 啼きそう, 啼くこえが, 噂が, 噂などを, 噂も, 図は, 塚を, 声, 声か, 声さへ, 声で, 声とも, 声とや, 声に, 声は, 声小鳥の, 変じて, 変化の, 外套を, 夜曲に, 夢を, 大きいよう, 大饗, 天化であろう, 女と, 女中に, 女中は, 奴と, 奴みたいな, 奴めお前うちの, 奴め食い荒らし, 奸猾を, 好きな, 如き姦策, 如くこの, 如くハツバス・ダアダア, 如く太く, 妖力を以ても, 妖魅を, 始末は, 姐さんばけ, 姿など, 姿に, 威力の, 娘さんたちが, 嫁ごとも, 嫁入だって, 嫁入でなかったろう, 嫁入と, 嫁入な, 嫁入は, 嫁入よ, 嫁入道具なら, 子である, 子どもらが, 子二匹, 子供と, 子供は, 子孫と, 子孫として, 子孫などの, 子孫に, 子孫の, 害は, 害ばかりで, 害も, 家を, 寝殿を, 寢殿を, 寿司は, 寿命は, 小便, 小学生には, 小屋の, 尻尾だ, 尻尾で, 尻尾よ, 尻尾よりも, 尾が, 尾について, 尾尻にも, 居そう, 居た処, 居る居, 巣の, 巣鹿の, 帰って, 廻し者だ, 形は, 形を, 影は, 影を, 影繪を, 影響を, 待って, 後を, 後足を, 徘徊する, 御強飯, 御馳走で, 心に, 心理であり, 忍入った, 思い出から, 性じゃ, 性は, 性を, 怪である, 怪談まで, 恰好の, 悪戯だろう, 悪戯にも, 悪戯は, 悪戯らしく思われます, 悪戯を, 憑きました, 所作犬神付きが, 所為である, 所為とか, 所為なり, 所為なりと, 所為なりとの, 所領で, 扇とも, 手が, 手です, 手を, 手帳, 手紙は, 持って, 探索などは, 提灯が, 提灯で, 提灯ポウ, 提灯烏瓜を, 教えに, 教えによって, 散歩区域に, 斡旋や, 方に, 智慧に, 最近の, 本性が, 本能を, 来しよと, 来ないやう, 校長さんも, 業です, 業でも, 様な馴れ, 横わるを, 檻を, 歌が, 正体と, 死骸が, 死骸は, 母が, 母さんお, 毛なみが, 毛皮で, 毛皮という, 毛皮九百枚とる, 毛皮九百枚持つ, 法という, 泣きごえ, 洋服です, 渡しという, 渾名を, 火と, 火を, 為めに, 焼肉など, 煙草と, 片耳落とした, 物語りにも, 狡, 狡猾なる, 独娘の, 狸のと, 猟を, 玉といふ, 玉の, 生き肝を, 生尾を, 生徒たちは, 生徒に, 生徒を, 番や, 癖に, 皮が, 皮と, 皮なぞ, 皮なんぞを, 皮は, 皮や, 皮をは, 目つきに, 目の, 目やら, 直と, 直らが, 眉間へと, 真似演てら, 眷属に, 眷族, 眷族であっ, 眼つきを, 眼の, 知力に, 石像を, 研究に, 硝子製の, 神で, 神様が, 神様は, 祟だってね, 祟りと, 祟りに, 祟りの, 祟り狐, 祠を, 秘密を, 穴, 穴に, 穴には, 穴らしい, 竹の, 竹包を, 筆を, 筆蹟と, 筵会から, 精神が, 糸工場かと, 網の, 縁戚に, 繁殖期である, 繪は, 群が, 群と, 群に, 群は, 群れが, 義が, 習性で, 耳と, 耳ひとつ, 聲を, 肉は, 背に, 背中に, 背景かの, 胤を, 脂粉を, 脇腹を, 脚音が, 腋に, 腕前も, 臓器であった, 舌は, 舞台もの, 色が, 芝居の, 花嫁よりも, 英善が, 茶袋なぞ, 落ちたやう, 葉ぼたんや, 血が, 行列の, 行列は, 行灯烏瓜ぶらぶら, 表情は, 衿巻を, 袖無でも, 袖無以後御, 裘, 襟巻が, 襟巻に, 襟巻も, 親子の, 親類かい, 観念すなわち, 言ふ, 言葉の, 診療にかけては, 話が, 話その他何と, 話です, 話では, 話につけ, 話の, 話面白し, 誑し遊び, 誑惑, 読んで, 談に, 譚中には, 豆府屋狸の, 貴族か, 赤子が, 足痕が, 足跡では, 足跡のみ, 足跡は, 踊りに, 身上話, 軍人という, 迷信である, 迷信は, 迷信も, 迷信行われ, 運命について, 部に, 間に, 附いた黒い, 隠れこんだ, 非常に, 面, 面など, 面に, 面は, 面や, 革裘, 頭が, 頸筋を, 類が, 類だ, 類だろう, 類より, 食料は, 首が, 首丘の, 騒ぎは, 髑髏を, 鮓は, 鳴き声, 鳴き声も, 鳴くを, 鳴く谷, 鳴声, 鶏ねらふ

▼ 狐~ (567, 11.9%)

91 つままれたよう 26 つま 16 化かされたよう 12 化かされて 9 化かされたの, 魅まれた 8 鼻を 7 つままれたやう, なって, 似て, 抓まれたよう 6 つままれたと, つままれた様 4 あらずして, だまされて, つままれたの, ばかされて, 化かされたと, 化かされた者, 変って, 撮まれたよう, 穴あり

3 [16件] だまされたの, つままれた感じ, つままれた気持, つままれて, つままれでも, ばかされたよう, ばかされるという, やられたの, 乗って, 似た犬, 化かされた人, 化されて, 変わって, 憑かれて, 憑ままれた, 魅され

2 [27件] あったら急いで, あらねども, ことならず, して, しても, たぶらかされて, だまされたと, だまされまたは, つかれたと, つかれて, つままれたかな, つままれたみたい, つままれも, ツマまれた, 化かされた, 化かされたん, 化かされるの, 化された話, 憑かれると, 憑まれた, 見たの, 誑かされたよう, 誑まれました, 謝し, 降り狐, 騙されて, 魅された

1 [218件] あったこと, あらざるを, あらず人, あるに, いつまで, おっかぶさっ, かくれて, きいて, この病気, しちゃあ, しちや手數, しては, しようと, しろ狸, すすんで, その種子, その鯖, たとえ, だまされたよう, だまされた話して, だまされ狐, ちかしと, ついて行きました, つかまったの, つかれたよう, つかれた人, つかれる, つかれるという, つかれるといった, つかれる程, つつまれた様, つままること, つままれ, つままれたか, つままれたごとき顔, つままれたって, つままれたもの, つままれたよりも, つままれたわけ, つままれた形, つままれた心地, つままれた態, つままれた気もち, つままれた者, つままれた訳, つままれた面持, つままれた顔, つままれに, とられて, とりつかれたか, なぞらえ親, なった, なったずるい, なった者, なっちゃったらどう, なつた, なつたと, なりますから, なり両手, なり二人, なり良人, なる, なること, なると, なるとは, なるね, ばかされたと, ばかされる第一歩, もう十年近く, もらったな, ア油揚が, 人を, 会って, 似たその, 似たりき, 傷を, 出会うて, 判らう筈, 化かされたか, 化かされたこと, 化かされただけの, 化かされたとでも, 化かされたとは, 化かされたので, 化かされたらしいぞ, 化かされたら三日, 化かされたり, 化かされた徳兵衛, 化かされた徳兵衛さん, 化かされた男女, 化かされた話, 化かされた野郎, 化かされてなあ, 化かされとっても, 化かされりゃあ, 化かされるという, 化かされるなどという, 化かされる人, 化けたという, 化されたならば, 化されたの, 化されたよう, 化された図, 化された連中, 化される, 化されると, 化されるところ, 化されるの, 化して, 十倍し弱り居る, 取られんで, 取りつかれしもの, 取りつかれたに, 取り付かれた話, 合掌し, 向いわれ汝, 向い汝, 向って, 呪われて, 命婦の, 喰いつかれは, 嘲弄われ, 執拗く, 堕して, 変化した, 夕暮れごろ看守の, 嫉まるるには, 富を, 居た頃喰, 左右せられ, 帰しほか, 帰する, 廻されて, 憑かれたよう, 憑かれたる人, 憑かれた男, 憑かれた者, 憑かれないよう, 憑かれなすったら面白かっ, 憑かれやしなかったかなと, 憑された, 憑まれて, 扮した, 抓まれた体, 掛けるが, 摘まれたよう, 摘まれて, 撮ままれ, 撮まれたやう, 次いでは, 欺かれし熊, 欺かれて, 欺され, 殘された, 殺されたという, 殺されたの, 沸湯を, 油揚青年に, 泥絵具を, 泥繪具を, 浴むさ, 産湯を, 用心し, 異ならず, 相違なかっ, 着せて, 穴あれ, 聞いた, 聞くべきで神様, 腹を, 至っては, 苦しめられるので, 蚯蚓を, 見えないで, 訓示を, 誑かされ萬澤, 誑されたと, 誑された間拔ヤイ, 誑れ, 誑惑せらるる, 誑惑せられし, 誘われて, 諸動物, 近い方, 近付きは, 返った葛の葉, 逢いて, 逢つた狐は, 過ぎなかったの, 過ぎなかつたの, 違いない, 違えねえぞ, 違ない, 遣り残しの, 遭ったこと, 関係の, 限っては, 限りたる, 霊妙の, 頭を, 頼んで, 願って, 類するもの, 飛びかかって, 食われかかったなどと, 馬を, 馬糞を, 駕す, 騎って, 騙されたの, 騙されるぢ, 魅かされた, 魅まれしごとし, 魅まれたごとく, 魅まれたんじゃあ, 魅まれでも, 魅まれました, 魅れた

▼ 狐~ (555, 11.7%)

10 人を 7 化けて 6 出りや, 殺されたの, 落ちたよう 5 大路小路を, 憑い, 憑いた, 棲んで 4 人間に, 住んで, 出て, 化けたの, 姿を, 来て, 自ら歌った, 鳴いた 3 おらぬから, ついて, ついてるから, 何を, 来た, 鳴いて

2 [41件] あらわれた, いかにも意地, いた, いる, それを, だいち, つくという, びっくりし, まだまるで小さい, やって来たの, 一つ鳥居前の, 一匹現れる, 三十郎の, 何かの, 出ると, 出るという, 出る兎, 化かすという, 化けたこと, 化けたよう, 又ひ, 向田大尉どのに, 啼いた, 噛み付くとでも, 大尉どのに, 大尉に, 大尉殿に, 娘に, 居る, 怒って, 死んで, 殺されたという, 美人の, 自分の, 角パンを, 言った, 詩集を, 誰に, 走つて, 踊って, 風の

1 [368件] あたしを, あたんする, あちこちに, あばれて, あらわれたの, あり彼, あんなに早く, いいました, いい声, いかにもおかし, いかにもよくのみこんだ, いくらかでも, いちばん恐ろしい, いて, いないから, いなかったそう, いました, いらあ, いるぜ, いるそう, いるその, いるだけ, いるという, いろいろの, うろつき廻ってるに, おどって, お住持, お屋敷, お眼, お糸, お腹の, かかる所業, かくれて, かたき討, ききました, くるくると, くるたび, くるオサキ狐, ぐんぐん向, ここで, この幕, この界隈, この通り人, これも, さっさと廊下, しかも三匹血, しますの, しゃがんで, すんで, そういう中, そこに, その体, その女, その姿, そばを, たずねた, たそがれいろ, たわいの, ちょっとお, ついたと, ついたという, ついたといふ, ついたよう, ついてるん, つくと, でるよ, とつたんでも, とても登り得ぬ, とん, どうした, どうする, どうの, どんなに精妙, はいっとらんと, はいること, ぴよこんと飛び出し, ぴよつこり出, ほかの, また何, また向こう, また変装, また来, まだ彼女, まだ待っ, まだ網, まよいだして, みな官位を, もしや駒井, やって来て, よく出る, より集まっ, わたしを, わなに, ゐて, ゐるから, ガタガタ顫へながら, コンコン啼きます, シナに, タンタンと, マダムを, 一人の, 一匹うずくまっ, 一匹の, 一匹は, 一匹中から, 一匹居る, 一匹落ち, 一匹逃げ場を, 一生けん命に, 一緒に, 三匹ながら, 三様の, 不愉快な, 並んで, 久しぶりに, 乗ってるみたい, 乗り憑, 乳母に, 二つ三つ置かれ, 二匹室町御所から, 云ひました, 人だ, 人に, 人間を, 人骨を, 仇を, 今度は, 介の, 付いて, 住する, 住まぬと, 住むか, 住むとかいう, 住職に, 何者かに, 使者を, 來て, 倒れて, 入って, 公達に, 凍った地面, 出おったぞ, 出たか, 出たの, 出たり, 出まして, 出ますからねえ, 出ようと, 出るか, 出るけれど, 出るとよ, 出るなどと, 出るので, 出るわ, 出るん, 出る時分, 出没する, 化かしとるん, 化かしにでも, 化かすと, 化かすなどという, 化けた, 化けたやう, 化けたり, 化けた所, 化けた飛脚, 化けようが, 化けるなどは, 化けるはず, 化け得ること, 化さうと, 化して, 化すという, 化そうと, 化る, 又云, 又云いました, 又次の, 口にく, 口を, 古蓑, 叫んだ, 同棲し, 呪法の, 唐天竺から, 啼いたり, 啼いて, 啼きますよ, 啼き田鳥, 啼く, 喰い付く動物, 四匹定紋附の, 困って, 土堤から, 坐って, 多くい, 夜な夜な現われ, 大嫌いだ, 天狗に, 女の, 女の子を, 如何に, 妖怪を, 婦人に, 嫉み心, 子供を, 安, 実に悪党, 家の, 寄りつどつて狐火, 尾の, 尾行て, 居た, 居たと, 居たとか, 居ないため, 居ないで, 居るやう, 居る乃公, 屋敷内に, 屡々この, 巣を, 己の, 待つて, 後を, 後脚二本, 後足にて, 後釜に, 御屋敷, 忍んで, 怖いか, 怖いの, 思つた, 怨んで, 恐らく猟師, 悉く集まる, 悦んで, 懐から, 或る, 押合いへ, 招くたび, 持出されたまで, 持出したかも, 斬れるもの, 昼も, 時おり来, 暖かな, 最初目に, 月夜の, 本性, 来たの, 来たらお前たち, 来たらば, 来るから, 来ると, 松明を, 横を, 檜橋の, 檻の, 武兵衛の, 氷の, 永昌寺の, 汽笛を, 汽車に, 汽車の, 沢山に, 河岸の, 渡るといふ, 火を, 点す, 点すか, 点すよう, 燐の, 牛小舍の, 狐に, 現れて, 現われたの, 生んだ子供, 畜生を, 眠る時, 石を, 禍いを, 私を, 秋の, 移住し, 立たせて, 笛吹く, 答えた, 箱には, 縁の, 美しいお姫様, 美人に, 翌朝町人に, 腹の中に, 自ら狐の, 舐めて, 落ちさえ, 落ちた人, 落ちて, 落ちでも, 落つるという, 葛の葉姫に, 藪だ, 蚕児を, 襲来する, 覆面の, 見えるらしいな, 見つけて, 見込んだとかいう, 言いました, 言い出たは, 言ったの, 言つても, 赤ん坊狐に, 赤坊を, 赤縞の, 走って, 走れなくなるまで, 足を, 跡を, 踊った, 躍った, 軍人に, 軍服を, 農作の, 迎いに, 迎えに, 追放される, 這い込んで, 通って, 那須の, 邪魔する, 邪魔に, 邪魔を, 配ったんでさ, 野兎山鳥家鴨その他様々な, 野良狐の, 長いすすき, 間へ, 陽なた, 隠れて, 隣村の, 隣近所の, 集まって, 集まるの, 青ぞ, 青年共の, 額に, 顔を, 飛びださずその, 飛び出しきたり, 飛び出した, 飛び出すくらいの, 飛んで, 餅を, 馬にも, 鳴いたから, 鳴いたそう, 鳴いたので, 鳴いてるよ, 鳴いてるよう, 鳴きます, 鳴くので, 鳴く時, 鳴こうという, 鶏を, 鼬ほどに, 鼻面を

▼ 狐~ (427, 9.0%)

4 もう土神, 人を, 頭を 3 こわや, 人に, 人間の, 穴あり, 自分の

2 [29件] いそがしく帰っ, いよいよ首, いろいろの, これを, さっと顔, しばらくしん, すぐ側, その下, その手, びっくりしました, またこの, わたしも, 一心に頭, 一通りの, 事物異名考に, 何派に, 何派の, 又鷹揚, 土神の, 嫉ましさ, 少し不正直, 少し悄気, 心配ない, 急に, 扉を, 森の, 痛が, 赤革の, 鷹揚に

1 [342件] ああと, あまり強い, ある時町, あわて, あわてて, あんなやさしい, いいました, いかんの, いったい人間, いったい毎日何, いないでしょう, いません, いままでに, いまも, いやな, いろいろ工夫, うまうまと, うまく人間, おずおず牛, おそろしい泣声, おるので, おれから, お定, お礼を, かくと, かつてわが, ききかえしました, きっとどっか, きょろきょろその, くるくるまわっ, この中津川, この女, この頭, こはい, これ人民の, こわくない, さいわいである, ささやいた, さっさと中, しばしがほど, しばらくあちこち地面, しばらくする, しばらくの, しばらく握っ, すぐとうとに, すぐ疑, すこし跛行, すっかりき, すっかりしょげ, すなお, そうした人騒がせ, そう叫ん, そこでい, その一枚, その光, その友人, その唄声, その形鼬, その歌, その穴, その身代り, その階段, それから, それっきり姿を, それを, たえずくる, たしかに馬, たちまち逃げ, だまって, だんだんこわく, ちっと判らねえ, ちやんと, ちょっと眼, つかまえたの, つぎつぎに, ていねいに, とある岩陰, とうとう人間, とうとう逃げ, とつて, とにかく狸, どうしても足, どうだろう, どうなった, どこから, どこそこから, どこの, ないが, なかなかの, なぞへの, ねむたい目, ひどいめ, ひょいとうしろ, ひょいと虎, ひらりと, びっくりし, ふと黙っ, ぺろりと, ほろりと, ほんとうに, ますますいい気, また一羽, また会議, また来た, また考える, また言った, まだ網, まるで人間, まるで風, まんざら凡獣, むろん逃げ, もういくら, もういなかった, もうどこ, もう半, もう戻っ, もう身代り, もう食欲, やさしいやさしい声, やっとの, ゆつくり, よくそんな, よく人, よっぽどの, よろよろし, わき玄関の, われ, ゐないから, ゐないからね, オレが, コン, コンコンコン, ニッコリ笑っ, プッと, 一つぶべろりと, 一伍一什を, 一寸四方, 一本の, 一片を, 一生懸命に, 一種異なりたる, 一般に, 三抱へも, 三輪の, 下を, 九尾で, 二つぶ目の, 云うもの, 人形使いの, 人間に, 今にも彼, 今日でも, 今日まで, 仏典に, 何でも, 何と, 何の, 何も, 何処へか, 保名の, 借字, 傍の, 元氣, 光に, 入りかわり出かわり頭, 入ること, 再び人間, 出ませんから, 出ませんが, 勿論今, 化けるから, 化ける動物, 半開きの, 卒倒し, 南方熊楠翁の, 口を, 可笑しさうに口, 可笑しそう, 右の, 命からがら白川, 困った顔, 固より, 土間へ, 地震の, 士族や, 売り渡されたが, 多少の, 夜半比に, 大いばり, 大池に, 夫人の, 女の童に, 奸智に, 姑と, 婦女を, 子供たちの, 子狐, 実によく狐, 家で, 寒い寒いって, 寒を, 尋常の, 小川の, 小机, 少し落ちつきました, 尾を, 屹度其辺の, 岩から, 島田に, 川中島に, 己の, 後向にな, 徒に尻込み, 心配し, 必ずしも油, 思はず斯, 思わず斯, 思わず詰るが, 急いで, 悪感を, 悪獣, 悪賢いもの, 慌ただしく身, 憤慨し, 打たねば, 打ち驚き, 承知した, 持って, 振り返って, 教えられた通り, 新入生たちの, 新入生を, 既う, 日に日に親密, 日本固有の, 早速尾張, 時々人間, 時々見え候, 最も尊い, 木豆弥射干なり, 来ぬから, 果たして人, 枯れすすきと, 根氣よく, 機み, 櫛簪などの, 此方を, 毎夜その, 氣の, 決してその, 油を, 洞穴の, 無造作に, 焼火箸, 煙に, 牛車に, 牡牝二頭しか, 犬の, 猟師に, 王樣の, 珍らしく, 理由なし, 甚だ友情, 町の, 疑り深い, 白拍子姿に, 皮肉さうに質ねた, 直に広, 知つ, 神使と, 私が, 私の, 稲荷の, 穴が, 突然飛びかゝつて, 竹垣の, 竹筒の, 笑うて, 管から, 箱の, 縁から, 縁を, 群馬県埼玉県栃木県地方に, 翌日から, 老翁形の, 聞かずに, 聞きながら, 肩を, 腰に, 自分たちよりも, 落されて, 落ちたの, 落ち去ると, 蕪村に, 蝗を, 血を, 袂で, 裁判官を, 見る見るうち, 言いきかせました, 言った, 言ひました, 誰も, 調戯ふ, 赤面し, 走り去り農夫, 跡を, 跪いても, 跳って, 身構へ, 車に, 車の, 近くの, 逃げた, 途上の, 通路を, 遁げて, 遊びに, 道を, 遠い闇, 酒が, 里に, 野狐の, 鉄の, 銘々行く, 防げるといった, 随分夫婦仲, 隠して, 隣の, 電気を, 霧の, 青いかげ, 頭からは, 額を, 顔だけが, 顔を, 首を, 駆け出したと, 駿州遠, 驚いて, 骨も, 黒船の

▼ 狐~ (241, 5.1%)

5 使うの 3 使う者, 捕るの, 放したの, 落として

2 [18件] ぬすんで, みました, 一裂き, 使うという, 信ずる住民, 入れて, 出して, 地べたに, 憑けられる, 狐に, 自分の, 若い女, 落すこと, 見せて, 見つけると, 見るに, 見送って, 連れて

1 [188件] あなどった, おどろかせつつ, お落としなさる, かわざる家, こわがって, さした, さっそく出し, して, つかいに, つかうもの, つかって, つかまえるなんて, つけて, つける法, つれて, とつて, どう始末, ひきずりながら, ひねって, ひねつて, ふりま, まねるよう, よみこんで, よんだ声, ケツネと, トウカと, ヨモという, 一匹見つけた, 一舟括らせ, 乗せ物語, 九百疋と, 二匹捕っ, 人と, 仇敵と, 他人に, 付けたこと露顕, 伴れ, 使いながら, 使うと, 使うとか, 使うとかいう, 使うとしても, 使うとの, 使うなぞ, 使う行者, 使った者, 使って, 使つておみ, 使ふ, 使役する, 信心する, 傍へ, 出すか, 出せ, 化かして, 取りお, 取りそれ, 取りに, 取り巻いて, 取り戻さなければ, 取り狼, 向こうの, 命婦と, 問題には, 善玉狸を, 喰ったらうまかっ, 売る店, 夜の, 大したもの, 夫に, 女房に, 娶ったなどという, 子供の, 審判役と, 射た者, 射よと, 射倒したの, 射干と, 射損じたため, 射撃する, 少しも, 少し教育, 山より, 引合いに, 引抜事あり, 彼は, 得る, 恐るるより, 恐れたるため, 慰めて, 憎くん, 憑けて, 憑ける, 打ちすえて, 打つよう, 打殺す銃声, 払いして, 招いて, 拵えて, 捕えて, 捕らせない事, 捕る, 探索しよう, 撃ちました, 放して, 斃そう, 斬ったよ, 材料に, 横合いから, 檻に, 死なせて, 殺したこと, 殺したとて, 殺した人々, 殺し猿, 流して, 漁りに, 狡猾な, 狩って, 狩り取ること, 狩り尽くして, 生け捕らせ毎日それ, 眺めながら, 祈り払った, 神と, 神に, 神獣と, 稲荷の, 稲荷様の, 縛るん, 背負つてゐる, 自由に, 落して, 落すため, 落すよう, 落とすと, 落とす道具, 見た, 見たの, 見た時, 見つめたまま, 見て, 見ても, 見に, 見よ, 見ると, 見る機会, 見受ける, 言ふも, 訪ねる算段, 許して, 説いて, 責めました, 責め殺したの, 責め狐, 買って, 買つた, 買つて行かなかつた, 返したか, 追いかけて, 追いまわって, 追い出して, 追い出そうとして, 追った処, 追つて, 追ひ, 退治し, 退治した, 退治て, 退治に, 逃がして, 逐ひ出す, 遠くの, 遣って, 野干, 釣るに, 隠して, 霊物と, 飼って, 飼つてゐる, 飼ひはじめた, 養った人, 養って, 首に, 馬に, 騙したという, 高く眼, 高肉

▼ 狐~ (104, 2.2%)

6 狸の 3 獅子 2 いえば, その間に, なって, なつて, 一緒に, 樺の木との, 狸, 親しくし

1 [79件] いいまたは, いい夜陰, いうて, いった, おしどり, した例芳賀博士, し言, それから, たたかうん, なりいづなの, なりたり, なりて, なり五百歳, にくみたま, 一疋の, 並んで, 云い出して, 云つた方が, 人との, 人間との, 共謀し, 別で, 勢力争ひ, 化ける篠原, 叫びながら, 号し, 同じく代々相伝, 名づけたいと, 名づけて, 呼ばれる秘密, 呼ぶべからず, 呼ぶもの, 坊やと, 変じて, 大力とは, 天使の, 庄屋と, 成つて白晝を, 早く知りあい, 決めて, 烏の, 牡兎, 犬との, 狗の, 狢が, 狸が, 狸という, 狸とで, 狼の, 猿に, 玄蕃丞, 申居る, 男狐知る, 異る, 相撲を, 知ったら叩き, 称しまた, 称し低く, 称するもの, 紋付に, 結びついたの, 結婚した, 虎住み, 親しくなり, 言われる, 話したいなら話すが, 話したいなら話すがい, 誉めぬ春, 誤る, 誤訳した, 誤認せられ, 間違えて, 間違へ, 間違へてや, 隣家の, 雉子の, 馬とは, 鳴きし蜀山人, 鶏

▼ 狐~ (99, 2.1%)

18 狸が 14 狸の 9 狸は 2 いろいろな, 三つボタンの, 亡者に, 狸に, 狸や, 狼や, 赤鬼に, 鳥に

1 [42件] そんなもの, または猪, 兎が, 兎や, 兎を, 外道の, 宿を, 川獺などを, 斐に, 河獺の, 河童の, 烏が, 熊などの, 牛や, 犬の, 犬神も, 狢の, 狸その他種々な, 狸で, 狸と, 狸などの, 狸なら, 狸ばかりが, 狸みたいな, 狸めが, 狸も, 狸を, 狸見る, 狼に, 狼を, 猟犬や, 猯が, 猯の, 猿や, 茂林寺の, 讃岐の, 貉の, 赤狐も, 野兎や, 馬の, 鼬が, 鼬に

▼ 狐~ (94, 2.0%)

6 狸も 2 あれば, いた, こんこん, 初めは

1 [80件] あった, あつさ, あなたに対しては, いそう, いよいよ本気, いる, いるとの, おいおい泣きだしました, おらず道路, お母さん狐の, お花さん程度, ここへ, さう言つて, さすがに, さびしいの, そう言っ, そのけ, そのけは, たまにあつ, とうとうこなくなった, とうとう女の子, ぬれながら, びっくりしました, また往々, また長生, みんな立ちあがりました, やっぱり似とります, ハッキリ姿, 一生懸命畠の, 上古と, 不二男, 人家の, 人間の, 今は, 何だか牛, 兎も, 共に有卦, 出る河獺, 品川の, 多かろう, 居た, 居ようといふもの, 居る竈, 居ろうかの, 平気で逃げよう, 時には鬚, 武兵衛の, 武田合戦の, 殺さずその, 沢山くしゃみ, 犬も, 狐なら, 狢も, 狸将も, 猿も, 甚だ面白い, 祈祷の, 船に, 芋粥が, 落すこと, 落ちるぞよ, 蝉も, 見えた, 見当たらずさりとて, 覗いて, 貉も, 負けない気, 跛行だった, 跳梁しよう, 迅い, 通つてゐない, 開けてるな, 闇の, 音を, 飼って, 首尾よく, 鬼も, 鳴きて, 鳴くという, 鹿も

▼ 狐~ (75, 1.6%)

8 になる 6 になった 5 にいため 2 になっ, に変った, に焼く

1 [50件] だった, であった, である如く地球, で塔, と申すで, どころか真, にこげ, にこんがり, にし, になつた樹, になつてしまつて, になりました, になれ, になツ, に丁度, に冬, に古び, に変り, に映した, に暖そう, に枯れ, に炒りつけます, に炒ります, に焦がした, に焦げた, に焦げつく, に焦れ, に焼き上っ, に焼けた, に燒, に燒けた, に見えた, に輝い, の, のおこげ, の夕映え, の外套, の尨毛, の尾花, の帽子, の木の葉, の枯草, の毛氈, の毛皮, の波, の筒袖, の肉体, の落葉, よりやや, をし

▼ 狐~ (74, 1.6%)

16 狸か 9 狸の 4 狸が 2 何かの, 死んだ先代, 狢の, 狸かの, 狸だらう, 狸に

1 [33件] それともあるいは狼, それにしても白昼, むささびの, もしくはその, 何かで, 何かでは, 何だ, 分らんがな, 口惜けりゃ, 天狗か, 天狗にでも, 山猫だ, 川獺が, 悪戯を, 木精か, 犬らしい, 狐に, 狗の, 狸かが, 狸かは, 狸じ, 狸じゃ, 狸だろう, 狸です, 狸でも, 狸にでも, 狼の, 盗人か, 盗賊か, 飛騨狸に, 鹿か, 鼬か, 鼬なら

▼ 狐にでも~ (58, 1.2%)

13 つままれたよう 7 化かされて 5 化かされたよう 3 つま 2 たぶらかされたの, 化されたやう, 魅まれた

1 [24件] つままれたかと, つままれたの, つままれたろうか, つままれた様, つままれるよう, ツマまれた, 化かされたかという, 化かされたな, 化かされたの, 化かされたらどう, 化かされや, 化かされやしめ, 化されると, 憑かれたの, 憑かれたみたい, 憑かれたよう, 憑かれて, 憑ままれ, 憑まれた, 抓まれたよう, 撮まれて, 聞かなければ, 見て, 誑されたよう

▼ 狐~ (45, 0.9%)

5 の部落 2 と呼ばれる, の群, の長久田

1 [34件] が四人, が深, が祟るなら, こそは祖先以来, だか, であろう, との闘争, と信者, なら祟る筈, なるもの, に対して敵対, に対する敵対, に相違, に祟られた, のこれ, の呪詛妾, の咽喉, の女, の妖術, の娘, の巫女, の怪殿, の手合, の男女, の祖先, の祟り, の秘密, の胸, の遺訓, の長, は四人塊, も恐ろしい, も死骸, を深

▼ 狐つき~ (41, 0.9%)

2 のよう, の話, を見よや

1 [35件] かのよう, がございました, がない, がみな, が油揚げ, が落ちた, たり鍛冶, だか, ださ, である, という迷信, と同じ, などの説話, ならで, についてお話し, に当たる, のこと, のごとき, のない, の云う, の代わり, の室, の家柄, の病人, の説, の集団生活, はない, はやはり, は全く, は固, や犬神筋, を落とし, を落とす, を退治, 見たいに

▼ 狐~ (41, 0.9%)

3 に引っ, の爪 2 の仕業

1 [33件] が壁, が溜息, が異様, が紛れ込み, であろう, で有る, という一種, とは, とは狐, と云う, と荷物, に悩まされ, に甚, に顔, の事, の声, の毒, の隠れた, の面, の顔, の飼方, は今千艸屋, は或, は秀子, は騒ぎ, も死に, も詰め切っ, を噛み殺され, を引き連れ, を後, を抱い, を攫む, を連れ

▼ 狐~ (39, 0.8%)

3 そうだ, と思っ 2 とか頬白, と思つて, な, べ

1 [25件] から, から牛, から行く, か人間, か分らない, か狐, つたと, というせい, というの, とか云, とか云った, とは思っ, とばかし思っ, と云つた人, と気づきました, と解る, のと, のの, もんおくれ, よ, よ九尾, わ, 今日で, 傷を, 狐だ

▼ 狐でも~ (36, 0.8%)

5 狸でも 3 憑いた

1 [28件] あるまいが, あるめ, いいから, いて, いる所, おちたよう, ないよう, なく女給, なく猿, なんでも, 何でも, 出そう, 出て, 出れば, 呼ぶの, 奈良坂の, 女の, 女狐は, 宜い, 居るか, 巣を, 有無を, 狐で, 生れ變, 知つてゐる, 見るよう, 飼つてゐる, 鳴きそう

▼ 狐狗狸~ (27, 0.6%)

3 の三字 2 の研究, の語, よ狐狗狸

1 [18件] では数人, と書く, と理解, にし, に関する論文, のこと, の一怪事, の原因事情, の字, の札, の話, の霊, はコックリ, また御, よすでに, よ汝, を始め, 然と

▼ 狐~ (19, 0.4%)

4 あつた

1 [15件] いえば, いらっしゃいます, いらっしゃいますお化け, おれを, お稲荷様, ござります, しだの, どっちが, 主人の, 八十円の, 徒らに, 時々惡戯, 有名な, 涼しそう, 通つてゐる

▼ 狐~ (19, 0.4%)

2 がまた

1 [17件] が, がゐ, が化けそこね, が巣, が春, が歯がゆう, が騙し, のいたずら, の悪戯, の戯れ, の通力, はどうして, は自分, も引っ込ん, も殿, を, を誑かそう

▼ 狐という~ (17, 0.4%)

3 のは

1 [14件] ことが, ことは, のが, のを, ものは, ものを, ような, 二つの, 名を, 変った事件, 形態以外には, 悪口が, 立派な, 鼠ほどの

▼ 狐こんこん~ (16, 0.3%)

14 狐の 2 白狐お

▼ 狐である~ (16, 0.3%)

4 ことを

1 [12件] かも知れない, から名, から土地, か無い, がその, が場主, という説, とすれ, とのこと, と云う, と告白, のであろう

▼ 狐使い~ (16, 0.3%)

1 [16件] が来た, が殺され, だという, だの, だよ, でしたが, でない, という者, などといっ, のよう, の名, の問題, の彼女, の行者, は一生貧乏, は占い

▼ 狐光老~ (14, 0.3%)

2

1 [12件] が奇術師, だつた, の手先, の気持, はしん粉, はその, はそれ, はどうにも, はぶら, はまた, は奇術師, は嬉し

▼ 狐です~ (13, 0.3%)

421 か, から二人, がこの, ってありがたい, よう, よ私, 今雷の

▼ 狐では~ (13, 0.3%)

3 なかった 1 ありますまい, ない, ないかと, ないかという, ないが, ないこと, ないはず, ない河童, なくあれ, なくて

▼ 狐小学校~ (13, 0.3%)

2 がある, の幻燈会, へ来 1 です, では一体, に来, のスケッチ, はまた, をその, を参観

▼ 狐なら~ (12, 0.3%)

2 んと 1 ばこういう, ばその, ば喰い殺すだろう, んかと, んには, 丹波は, 二百円の, 可いが, 松葉で, 驚きは

▼ 狐には~ (12, 0.3%)

4 穴あり 1 いろいろの, それらの, めけん鶏, 利かぬと, 気を, 狼の, 眼が, 騙されて

▼ 狐~ (12, 0.3%)

2 の女 1 が, がなく, じみたその, じゃない, だと, となり, と来, のよう, はなく, は狐

▼ 狐とも~ (11, 0.2%)

1 [11件] いう, いうべき一種, いって, かくが, 中狐, 変りは, 思わず気, 成らず狸, 狸とも, 申して, 白狐とも

▼ 狐~ (11, 0.2%)

1 [11件] と称する, にかかりし, の一事, の状態, の疑念, の種類, の談, は人, または狐憑き, や狐憑き, を現ずる

▼ 狐~ (11, 0.2%)

1 [11件] かな, か雪娘, があり, じゃない, じやご, ですから, にしろ, の穴, は家, ほどの違い, を落したろう

▼ 狐狗狸様~ (11, 0.2%)

2 があっ, をやる, 御移り下され 1 じょうだんに違い, の連中, はだれ, もこの, を行う

▼ 狐狩り~ (11, 0.2%)

1 [11件] が行なわれた, して, するよ, という行事, に出掛け, に来た, の次第, の犬, はモグラ打ち, をし, を催した

▼ 狐忠信~ (10, 0.2%)

1 があらわれ, が御殿, だつたの, であったが, に扮, の人形, の幕, の青白い, の鼓, も安宅関

▼ 狐ども~ (9, 0.2%)

1 が, が入り込みまし, が森, じゃ, の頭, はおもしろ, はここ, は立去り, は腹

▼ 狐さま~ (8, 0.2%)

2 どうど 1 があつ, ですから, と云, どうぞお, のこと, を殺す

▼ 狐にも~ (8, 0.2%)

2 雌猫にも 1 いろいろあった, なること, なれと, 劣ったもん, 劣ったもんぢゃないか, 勝るくらい

▼ 狐惑狐憑き~ (8, 0.2%)

2 のこと 1 と同じ, のごとき, の話, の説明, は狐, は諸方

▼ 狐持ち~ (8, 0.2%)

2 の家 1 という, とも申す, と同じく, と同様, と称する, をもっ

▼ 狐さん~ (7, 0.1%)

2 にでも聞い 1 だ, と一つ鍋, の仕業, は, はあゝ

▼ 狐であっ~ (7, 0.1%)

2 たりする 1 てくれたら, てしかも, てしばしば, てもその, ても害

▼ 狐などが~ (7, 0.1%)

2 人家軒端や 1 いっしょに, 人を, 掛ること, 故人を, 珍しそう

▼ 狐~ (7, 0.1%)

4 狐よ 1 猟師よと, 親子狐, 逃げるじゃ

▼ 狐~ (7, 0.1%)

2 をする 1 があった, というところ, の狐, やんれい, を思ひたつ

▼ 狐退治~ (7, 0.1%)

1 にはもってこい, に出かける, に行きたい, の極意, の現状, の評議, の講談

▼ 狐うどん~ (6, 0.1%)

2 とあんかけ, を食べた 1 をマン, を二杯

▼ 狐から~ (6, 0.1%)

1 さきいびっ, すツぽか, 先きつまん, 取り憑かれた人, 生まれたもの, 聞くため

▼ 狐つかい~ (6, 0.1%)

2 飯綱の 1 などと罵っ, に関係, の狐, は同じく

▼ 狐とは~ (6, 0.1%)

1 ちがう, 主従の, 少し異, 本来別物だ, 果たしてかかる, 比較に

▼ 狐~ (6, 0.1%)

1 のか, のかも, のだ, のである, のです, んだろう

▼ 狐なんか~ (6, 0.1%)

1 なんでも, もうこわくも, ゐやしない, 何でも, 居ませんよ, 棲んぢ

▼ 狐みたい~ (6, 0.1%)

2 な顔 1 である, な目, な額, に狡

▼ 狐よりも~ (6, 0.1%)

2 狡い奴 1 人の, 小さく前肢, 狡猾だ, 素早く風

▼ 狐紺三郎~ (6, 0.1%)

2 が笑っ, はなる 1 が云, が云いました

▼ 狐~ (6, 0.1%)

2 の美味, を才覚 1 は送っ, は送つ

▼ 狐~ (6, 0.1%)

1 がオドオド, で才走, で聲, と区別, や長く, を赤らめ

▼ 狐~ (6, 0.1%)

1 だろうじゃ, と僕, と出, どろぼう, り少し, 低き二階

▼ 狐だった~ (5, 0.1%)

3 のです 1 と信じ, なんという

▼ 狐だの~ (5, 0.1%)

2 狸だ 1 熊だの, 豹だ, 長半

▼ 狐だろう~ (5, 0.1%)

31 とも戯れ, 狸の

▼ 狐~ (5, 0.1%)

2 や, やない 1 やありません

▼ 狐つかひ~ (5, 0.1%)

1 などと罵, のおみ, の老人, の行者, は皹だらけ

▼ 狐でなけれ~ (5, 0.1%)

2 ばならない, ば乗せ得 1 ばならず

▼ 狐との~ (5, 0.1%)

2 野原の 1 長年の, 間に, 関係は

▼ 狐~ (5, 0.1%)

2 のその 1 が言った, 老とつさ, 老はぶら

▼ 狐~ (5, 0.1%)

2 咲いた 1 がそち, といっ, などというあまり

▼ 狐鼠狐鼠~ (5, 0.1%)

1 だろうじゃ, と僕, と出, どろぼう, 低き二階

▼ 狐いろ~ (4, 0.1%)

1 になつ, に霜枯れ, の光り, の顔

▼ 狐じゃ~ (4, 0.1%)

1 あるまあ, い, ない天狗, ア間に合わねえ

▼ 狐じゃあ~ (4, 0.1%)

1 ありませんか, ないか, ないかという, 無さそう

▼ 狐たち~ (4, 0.1%)

1 の唸りあう, はみんな, も穴, よ

▼ 狐でなく~ (4, 0.1%)

1 て寶珠, て眼, 狗賓さんに, 豹でなく

▼ 狐とが~ (4, 0.1%)

1 大勢從つてゐる, 掴み合いの, 莚の, 鳴いて

▼ 狐などの~ (4, 0.1%)

2 影は 1 獣を, 野獣も

▼ 狐~ (4, 0.1%)

1 があらわれ, がおし, が弓, に当った

▼ 狐族め~ (4, 0.1%)

1 と戦う, の復讐, の紋章, もさすらい

▼ 狐~ (4, 0.1%)

3 の大 1 大女

▼ 狐~ (4, 0.1%)

2 を重ね 1 じゃ馬鹿気, の四百両

▼ 狐~ (4, 0.1%)

2 の中, はその

▼ 狐野郎~ (4, 0.1%)

1 に未練, のこと, の鶴次郎, をつかっ

▼ 狐鹿姑~ (4, 0.1%)

4 単于

▼ 狐かと~ (3, 0.1%)

1 彼は, 思ったら, 見し夜戻り

▼ 狐がを~ (3, 0.1%)

1 らず, りました, りまして

▼ 狐その~ (3, 0.1%)

1 下に, 数を, 者を

▼ 狐であった~ (3, 0.1%)

1 かも知れない, がひどく, が正月

▼ 狐でない~ (3, 0.1%)

1 ことを, と誰, 證據には

▼ 狐とか~ (3, 0.1%)

1 化損いの, 木精とかいう, 河童とかいう

▼ 狐どん~ (3, 0.1%)

1 からやられた, が鳴き, を釣ろう

▼ 狐など~ (3, 0.1%)

2 餌に 1 とりました

▼ 狐なども~ (3, 0.1%)

2 苦心の 1 神通力を

▼ 狐なりと~ (3, 0.1%)

1 思い込み所持, 自らいい, 解釈し

▼ 狐なる~ (3, 0.1%)

1 がその, ことを, ものあり

▼ 狐なんぞに~ (3, 0.1%)

2 神が 1 化かされて

▼ 狐についての~ (3, 0.1%)

1 実験談か, 話は, 迷信が

▼ 狐より~ (3, 0.1%)

1 以後に, 大きくなかったらしく, 小さきもの

▼ 狐わな~ (3, 0.1%)

1 だいかにも, だと, をこさえ

▼ 狐~ (3, 0.1%)

1 挑出シスナワチ火葬ニヨラシム, 脱スル, 脱セシメヨト

▼ 狐~ (3, 0.1%)

1 か何, だよ, であるという

▼ 狐~ (3, 0.1%)

1 は, は之, を罵つ

▼ 狐~ (3, 0.1%)

1 の窟, の踰, も遊ばなくなった

▼ 狐~ (3, 0.1%)

1 がへむ, が主君, また来せた

▼ 狐~ (3, 0.1%)

1 に騙せ, も狐, を生む

▼ 狐~ (3, 0.1%)

2 の書生 1 を出

▼ 狐小舎~ (3, 0.1%)

1 その中央, の金網, までが散在

▼ 狐~ (3, 0.1%)

1 の前, の序開き, の火の玉小僧

▼ 狐犬神~ (3, 0.1%)

2 のこと 1 と同様

▼ 狐~ (3, 0.1%)

1 がそれ, の, の臥床

▼ 狐~ (3, 0.1%)

1 とあり, をわが国, を祭っ

▼ 狐~ (3, 0.1%)

1 が刺史, の家, も温

▼ 狐~ (3, 0.1%)

1 なる為, の子, の家

▼ 狐葛の葉~ (3, 0.1%)

1 が飛ん, との喜悲, は障子

▼ 狐~ (3, 0.1%)

2 を衣 1 夥しく殺しもて来り与へぬ

▼ 狐部落~ (3, 0.1%)

1 の巫女ども, の様子, を抜け出し

▼ 狐~ (3, 0.1%)

1 が頭, とはいったい, に乗る

▼ 狐うしろ向き~ (2, 0.0%)

2 尖り口

▼ 狐~ (2, 0.0%)

2 ぢい

▼ 狐こそ~ (2, 0.0%)

1 よい面, 妖を

▼ 狐ごっこ~ (2, 0.0%)

1 をしない, をしません

▼ 狐~ (2, 0.0%)

1 へをかし, へ頤使

▼ 狐そば~ (2, 0.0%)

1 の名, の由来

▼ 狐だけ~ (2, 0.0%)

1 もうしばらく飼ひつ, 殺すという

▼ 狐だけは~ (2, 0.0%)

1 小笠原家につき, 憎かった

▼ 狐だって~ (2, 0.0%)

1 とれるに, どこに

▼ 狐~ (2, 0.0%)

1 いどを, ふ諺

▼ 狐であろう~ (2, 0.0%)

1 ということ, と何

▼ 狐とに関する~ (2, 0.0%)

2 一場の

▼ 狐なぞが~ (2, 0.0%)

1 まだこの, 豆狸や

▼ 狐などと~ (2, 0.0%)

1 勿体ない殿, 申すと

▼ 狐などという~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものにも

▼ 狐などは~ (2, 0.0%)

1 なおさらどうでも, なほさらどう

▼ 狐なり~ (2, 0.0%)

2 河太郎と

▼ 狐なんて~ (2, 0.0%)

2

▼ 狐について~ (2, 0.0%)

1 なにか, 一つお話しいたします

▼ 狐については~ (2, 0.0%)

1 多くの, 本ものを

▼ 狐にな~ (2, 0.0%)

1 つてし, つて去つた

▼ 狐にまで~ (2, 0.0%)

1 取っ憑かれやがった, 見限られたか

▼ 狐に対する~ (2, 0.0%)

1 眉毛に, 苛責の

▼ 狐に関する~ (2, 0.0%)

1 奇妙な, 迷信の

▼ 狐のみ~ (2, 0.0%)

1 でこれ, ならんや

▼ 狐はを~ (2, 0.0%)

2 んどり

▼ 狐ばけ~ (2, 0.0%)

2 たり宵

▼ 狐まんじゅう~ (2, 0.0%)

1 とどら焼き, どびん焼

▼ 狐~ (2, 0.0%)

2 だいに

▼ 狐やら~ (2, 0.0%)

2 狸やら

▼ 狐~ (2, 0.0%)

1 はほんとう, はみな

▼ 狐らしい~ (2, 0.0%)

1 歌である, 獣が

▼ 狐ツキ~ (2, 0.0%)

1 でなくても, のフーテン

▼ 狐ヤ背戸山~ (2, 0.0%)

2

▼ 狐三平~ (2, 0.0%)

1 とあった, という人

▼ 狐~ (2, 0.0%)

1 にて最も, 狐とも

▼ 狐~ (2, 0.0%)

1 を導き, 所為也

▼ 狐二匹~ (2, 0.0%)

1 が居り, と左手

▼ 狐~ (2, 0.0%)

2 すと

▼ 狐光師~ (2, 0.0%)

1 のこの, はこの

▼ 狐~ (2, 0.0%)

1 とつけた, は頗る

▼ 狐六法~ (2, 0.0%)

2 踏みゆ

▼ 狐化け~ (2, 0.0%)

1 たり, たり春

▼ 狐啼き~ (2, 0.0%)

2 たり

▼ 狐啼く~ (2, 0.0%)

1 なり経王寺, 森の

▼ 狐大いに~ (2, 0.0%)

1 せき込んで, 惧れ

▼ 狐守る~ (2, 0.0%)

2 夜の

▼ 狐岡村~ (2, 0.0%)

1 の, の改名運動

▼ 狐~ (2, 0.0%)

1 の白ッ首, の親方

▼ 狐庵等種々~ (2, 0.0%)

1 の名, の異名

▼ 狐~ (2, 0.0%)

1 と袖形, の八分の鈎

▼ 狐惑談~ (2, 0.0%)

1 は多く, 多き中

▼ 狐~ (2, 0.0%)

1 であって, と同じ

▼ 狐~ (2, 0.0%)

2 のすみか

▼ 狐~ (2, 0.0%)

1 ほどの違, を落したらう

▼ 狐~ (2, 0.0%)

1 でもし, というの

▼ 狐~ (2, 0.0%)

1 から鳥羽, の辺

▼ 狐焼鼠~ (2, 0.0%)

1 を好み, を見

▼ 狐~ (2, 0.0%)

1 に作る, よんか

▼ 狐狗狸さん~ (2, 0.0%)

1 が来た, 其のま

▼ 狐狗狸様狐狗狸様~ (2, 0.0%)

2 御移り下され

▼ 狐~ (2, 0.0%)

1 のた, の惡戯

▼ 狐狸天狗~ (2, 0.0%)

1 の三字, の妄談

▼ 狐羚羊猿山猫山犬~ (2, 0.0%)

2 などの毛皮

▼ 狐~ (2, 0.0%)

1 に, に如かず

▼ 狐~ (2, 0.0%)

1 の資材, もろ

▼ 狐落とし~ (2, 0.0%)

1 の法, の祈祷

▼ 狐~ (2, 0.0%)

2 の威

▼ 狐見る~ (2, 0.0%)

2 たび

▼ 狐~ (2, 0.0%)

2 踊るづア

▼ 狐~ (2, 0.0%)

2 ふ声

▼ 狐遊ぶ~ (2, 0.0%)

2 や宵月夜

▼ 狐~ (2, 0.0%)

1 魔だの, 魔面に

▼ 狐~ (2, 0.0%)

1 の化物, や犬頭

▼ 狐騒動~ (2, 0.0%)

1 で住民, ということ

▼1* [292件]

あり死せし様を, 狐あるいは野狐の, 狐いっそ美女にでも, 狐いろした枯野の, 狐うどん二杯下さいな, 狐捕らず, 狐かい狸かい, 狐かの凱旋車の, 狐がかへらないのに, 狐がはうきの, 狐きたりて己, 狐ぐらい動物の, 狐ぐらいは住んで, 狐けんというもの, 狐こげに焦げ, 狐これを見, 狐さあ夥間づきあいに, 狐さんお前さんは私, 狐さんたちが鳴き騒いどら, 狐さん私をだまし, 狐しおふき等の御, 狐しばしば出でて, 狐しほふき等の, 狐しほふき等々の, 狐じゃと申す隙, 狐すなわちオサキは, 狐そっくりの釣, 狐そのものの所為, 狐それでは僕は, 狐たたるものは, 狐ただとりは千本桜, 狐たちまちその管, 狐たぬきの化かしあいだ, 狐だけが夜の森の, 狐だけぐらいは何とか手出し, 狐だつしやろ, 狐ちきでもいる, 狐つきそめにけり, 狐つきぢやない, 狐つき狐の祟り, 狐つき病者を仏前, 狐つき虐待同様の場合, 狐つていふの, 狐であったら容易に, 狐であれ化け狸であれ, 狐でさえ食べてるん, 狐でして諸方, 狐でしかない, 狐でしたつけ, 狐ですつて有, 狐といへど, 狐といふよしを我聞居, 狐とかいうものが, 狐とかにする伝, 狐とかを落すん, 狐としてはそれを, 狐とても適は, 狐とやらの悪戯で, 狐とやらは先祖が, 狐とを混ぜ合して, 狐どうかすると, 狐どころか男でも, 狐どじなこと, 狐どのように, 狐どもみんな綽名を持っ, 狐なしという, 狐なぞと申すと, 狐などに化されて, 狐などよりは口軽く, 狐などを上手に, 狐なればこの, 狐なんかにいじめられないよう, 狐にて首を, 狐にでもとツツかれた, 狐にとってとんでも無い, 狐になど化かされたの, 狐になんぞ勿体ねえ, 狐にや狸に, 狐によって混雑し, 狐に対して好意的な, 狐のにこ毛に, 狐ははがみを, 狐ばかりでなく大抵, 狐ひとつ風を吹かし, 狐ひょっとこ将軍などの矮人連, 狐ひよつとこ将軍などの, 狐へも足踏せぬ, 狐めトよくよく見れ, 狐やの獣と共に, 狐やろかい, 狐よう聞けよ, 狐らしい暴れて仕方, 狐らしくもある, 狐ら数多屯して, 狐淋しくとも, 狐を以て直ちに稲荷, 狐来るから, 狐オサキもこれ, 狐オサキ狐などというもの, 狐スカンク兎は今や, 狐て奴, 狐コト, 狐バクチガ有ルカラオレニ一ショニ行ッテクレロ是ハ千両バクチ故ニ, 狐ビョウというもの, 狐ヶ崎でこれ, 狐一つ穴だからな, 狐一疋近づき来る, 狐三次や政岡, 狐三百歳にし, 狐三腰スレ鈎鰻タナゴエビといふ分類, 狐上州から狸, 狐下げなぞの玉占, 狐の名剣, 狐主人の筆端, 狐事件の時, 狐に戒むる, 狐人狐犬神トウビョウ等はこれ, 狐は庄屋, 狐仕れの御意, 狐付添て己, 狐以上に狐, 狐以外のもの, 狐を演じ, 狐使ひの, 狐使ひだと云, 狐供養をしましょう, 狐信仰がいま, 狐先生はその, 狐兎偃鼠の輩, 狐六疋を殺した, 狐から遊女, 狐其他の害獣退治, 狐にはしり, 狐化けるのは, 狐千年を経れ, 狐南蛮を拵えた, 狐同様の取りつき, 狐善く氷を, 狐四国地方の犬神, 狐因幡のトウビョウ, 狐坊主昆布と山椒, 狐城鼠どもをや, 狐天狗将軍たちが面, 狐天狗将軍達が面, 狐天狗狸と書きたる, 狐天狗生霊などを拝, 狐女末裔は大, 狐妙見に白蛇, 狐のあった, 狐とか名, 狐婆ア奴どつこい, 狐媚狐惑の談, 狐媚盛んに世, 狐子何うで, 狐子別れは近松, 狐寿司はうまい, 狐を揺, 狐に来, 狐川うち過ぎて, 狐帰りと呼び, 狐幽霊は怪物, 狐床ッてくらいなんで, 狐を久しく, 狐忠信十種香などの切抜絵, 狐怪古家荒房の死鬼愁魂, 狐恐れて逃ぐる, 狐悲む道理で前, 狐惑中のやや, 狐憑これもなかなか, 狐憑猿小僧骨なし, 狐憑的妖怪にあらずし, 狐ひは, 狐或いは天狗の, 狐の花, 狐捕に, 狐持外道持などいわれる, 狐持護法胤などと称せられ, 狐指して曰く, 狐捜しの大騒ぎ, 狐族どもと戦わね, 狐族部落を見事, 狐明神社の地鎮, 狐に夜鳩, 狐棲み水田には, 狐されたかと, 狐歩舞だ, 狐河淀一口のあたり, 狐がある, 狐派非人狐派がある, 狐浅ましくも引っかかった, 狐しを, 狐渉水濡其尾といひ, 狐に堕ちる, 狐濡其尾に作つて, 狐でも狼, 狐熊鹿の群, 狐とか河童, 狐物陰より現, 狐犬神トウビョウ等はこれ, 狐犬神等その名, 狐と叫び, 狐狗狸式に物, 狐狗狸様於辰もこれ, 狐狗狸猫のほか種々, 狐と混同, 狐狸中には熊, 狐狸兎猿などがたくさん, 狐狸狗鹿鯨また殊に, 狐狸猫も鼬, 狐狸猿鸚鵡等々には好感, 狐狸鼬貂のたぐい, 狐狸鼬鼠貂のたぐい, 狐狼盗難に出あう, 狐狼等守護して, 狐猟犬をもっ, 狐猪小熊の生ける, 狐の類族, 狐猯猫兎贄のハダカ, 狐猿鼠猫栗鼠木鼬羚羊犬鯨海狸熊穴熊猪土竜など内地, 狐玉藻の前, 狐王廟なども所, 狐な知性, 狐的方法は一, 狐の半, 狐皮五十枚その代金五十両也, 狐皮五十枚御用達和右衛門並びに彦兵衛, 狐でもし, 狐の四世, 狐知る人も, 狐神信仰の痕跡, 狐祠畔の草庵やつ, 狐に終る, 狐禪的な藝當, 狐を出る, 狐穴熊鹿などという獣類, 狐穴穴さがしと, 狐から呼び止め, 狐の化石, 狐ノ悪, 狐答えて河, 狐の落着怎麼, 狐群狗党の類, 狐も低く, 狐腋雉頭の裘, 狐のある, 狐臭い狡獪な, 狐色ぐらゐになつたのでも茶碗の中, 狐色位になったろう, 狐色春の伶人, 狐または狐花, 狐落しという民間修験, 狐虎たつの類ひも神, 狐表裏の外外套, 狐裏表の外外套, 狐見た様な, 狐がある, 狐は出雲, 狐独人倫鑒, 狐貉穴熊など数, 狐足靴拭ワンステップ何でも御座れ, 狐踏みは折る, 狐農夫の知らざる, 狐退治以来すっかり降参, 狐遊び大阪でもと, 狐釣りの遊戯, 狐附きの考, 狐を吹き寄せた, 狐の掘, 狐雲野鶴だどこ, 狐面痩躯の東洋人コン吉, 狐ではある, 狐で達弁, 狐風流五百生私は転々悶々, 狐飛脚の死, 狐饅頭を買っ, 狐馬師がしずしず, 狐馴れて近づけ, 狐髑髏を戴き, 狐高体面を保ち, 狐魅談に愛敬, 狐へ学問上, 狐鳴くこと度々, 狐鼠仲買に過ぎなかった, 狐鼠泥にし, 狐鼠泥相手に威張っ, 狐鼠狐鼠仲買に過ぎなかった, 狐鼠狐鼠相談せずと, 狐鼠狐鼠野郎と汚, 狐鼠相談せずと, 狐鼠野郎と汚, 狐鼠鶏天鵞その他なおあるべし, 狐なら面