青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「狂言~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~犯人 犯人~ ~犯罪 犯罪~ 状~ ~状態 状態~ 狂~ 狂人~ 狂気~
狂言~
~狐 狐~ 独~ ~独り 独り~ 独特~ ~独立 独立~ 独身~ 独逸~

「狂言~」 1338, 13ppm, 8328位

▼ 狂言~ (270, 20.2%)

6 中に 4 筋が, 配役を 3 方は, 種に, 舞台で, 行はれた

2 [15件] プラン, 世界を, 噂が, 場合には, 宣伝文句を, 小舞, 役者かとは, 方で, 方には, 相談, 筋を, 自殺では, 蓋が, 衣裳の, 顔つなぎの

1 [214件] あらましを, あるの, いけな, うたい文句を, うちで, おもな, お心得, お稽古, けいこに, ことで, ことなど, ことを, さし替, たぐいで, でんがん, なかで, なかに, ならべ方, びらの, ふるさとと, やうな, ようだ, ような, ようなる, ように, わざを, カナホウシ時代よりも, ケタが, テキストを, プラン立てる, 一番目は, 一部を, 三浦之, 上手な, 世界だ, 中にも, 中の, 予想を, 事俳優の, 二番目もので, 五幕目は, 京鹿子娘道成寺, 人に, 人気を, 人物だつた, 似顔絵を, 何山伏の, 作者は, 作者猪之, 個処々, 側から, 催しまでも, 元なる, 元の, 先触を, 凡畜に, 分化した, 初日だ, 初演は, 功能を, 加はつて, 双六が, 台本と, 台詞が, 台詞を, 名手でも, 名残りか, 名題が, 名題と, 名題に, 名題は, 名題や, 和泉流には, 和泉流を, 喜劇的な, 喜劇的典型とに, 噂や, 噂を, 図を, 型だけが, 型で, 型を, 変り目毎に, 外題は, 大名なら, 天明以前の, 女形が, 如きも, 如きシテ・アド, 如き能, 如き黙劇, 妙より, 字を, 存在し, 季節が, 宣伝文章を, 専ら滑稽, 小歌にも, 山なるべし, 工夫が, 工夫には, 師匠も, 常で, 幕の, 幕を, 平民態度に, 序幕が, 弟子でも, 弟子の, 当りよりも, 影響から, 影響を, 御噂さ, 性質上たしかに, 成功は, 成功を, 成立期に, 或種, 戯作を, 打ち合せもござりますので, 打合せと, 振りが, 数を, 文左衛門は, 方に, 方の, 方を, 旨い女, 時だった, 時で, 時などは, 時は, 書きおろしを, 書き方が, 替るたび, 期日が, 本筋に, 本筋を, 根元の, 楽屋に, 標準古典発音によ, 歌舞伎子が, 正味は, 段取りであった, 決定, 洒落を, 流に, 流派と, 特色であります, 玉じゃ, 生命である, 番付が, 番附を, 発端は, 白眉であっ, 相談した, 相談を, 相談蒲田から, 研究室で, 神, 種かい, 種は, 種を, 種類と, 種類を, 稿成りぬ, 立て方, 筋から, 筋では, 筋の, 筋以外の, 筋書で, 筋書を, 筋書役者の, 筋書見た, 筋立ては, 罠に, 罪の, 能は, 脚本, 脚本を, 腹案を, 興味は, 舞台を, 舞台稽古を, 芸題を, 落所だった, 蓋も, 行われた理由, 行中には, 衣裳を, 裏を, 見物にと, 見物には, 記, 評判が, 評判も, 話, 話で, 語り物に, 講釈を, 起原が, 連歌毘沙門から, 選択には, 配役いつも, 配役僕は, 金主に, 鐘と, 間伸びの, 面白きを, 顔世勘平見ごとつとめ, 高踏的に, 鬼王新左衛門の, 1・2の

▼ 狂言~ (178, 13.3%)

8 して 4 見て, 見に 3 かいて, 上演する, 書いて

2 [12件] かいたの, さだめて, するでも, つづけ了, やって, やること, 上場し, 仕組んで, 利用し, 実際舞台, 持つて, 見ること

1 [129件] ある人々, いいかげんに, いたした時, いろいろ見せられた, うったの, うったん, うつからにゃ, かいたらしいの, かく以上, きめる, こしらえあげたと, こしらえて, さかんに, さしてまで, さし換えて, したこと, したの, しなくては, すること, するの, するもの, する義務, とり容れ其, どうする, なすったの, はたらかなければ, ほんとうに, まるで搗き換え, やったち, やったの, やったり, やってきた, やつて, やりたい, やります, やるにも, ヘレネの, 一体に, 三段返し五段返しで, 上演し, 上演した, 上演曾我兄弟が, 並べた, 中心に, 主と, 二膳込みで, 五冊に, 仕組んだの, 仕込み丑松, 何と見た, 再び盛ん, 凡半年に, 出させて, 出さない, 出して, 出すといふ, 初めて見た, 初演の, 加へる, 含んで, 唯一の, 地に, 変えること, 変更する, 好むところ, 始めた始めた, 守つてゐる, 守るやう, 定めようと, 専門と, 小説体に, 岡本一平原作に, 巧や, 差換えて, 差替えて, 幾番と, 役者として, 待つ間, 御存知でしょう, 打つた彼, 択ばなかつた, 択んじゃ, 択んだの, 押しつぶし無窮, 携へ, 書いたと, 書くという, 書くに, 替へては, 本気で, 模し, 止して, 決定する, 演じたこと, 演じついに, 演じて, 演じる俳優, 演じ優善, 演じ得なくなるだろう, 演じ酒, 演ずること, 演ずると, 演ぜしめ自分, 現實, 相変わらず, 看るたんび, 研究せられ, 組もうと, 組んで, 続けて, 綜合した, 繰り返すの, 興がる様, 興行する, 舞台で, 見ますと, 見ようと, 見る, 見るが, 見覚えられるはず, 許さなかったの, 試みたの, 試みる筈, 読んで, 踊りたくなる日, 踊りぬくという, 述べる, 選定した, 青年男女の

▼ 狂言~ (109, 8.1%)

4 一番目, 一番目が 2 すべてが, チエホフの

1 [97件] あっけなく結末, あつた, おかしいもの, かうして, かなりの, こうした時, この寺, すこぶるうまかっ, すっかり当りましたでしょう, せに, せにや, その四月大阪, その当時, その系統, それからすっぱ, たしか, ただあら筋, どうであろう, ないもの, まだ見ない, やらないよ, よして, わざに, わたしに, ウェデキント作, 一座の, 三五郎さんの, 不破伴左衞門名古屋山三の, 中, 二に, 二人共度々, 二日がわりで, 今も, 例の, 八代目団十郎の, 八十余種の, 刎幕が, 別である, 古くは, 嘉永の, 夏か, 多過ぎた, 大丈夫だ, 大凡精霊の, 大当りに, 大概見物に, 学海居士作の, 定った, 客位に, 山崎紫紅作, 役が, 役人も, 忠臣蔵の, 念仏踊の, 恐ろしきまで, 悪いが, 悪いん, 意外な, 成り立たない, 新作の, 新物, 日本の, 普通の, 村の, 桐一葉なり, 桜痴居士の, 梅幸羽左衛門中車, 極つて, 此後完全には, 気に入らぬもの, 江戸に, 浮ついた陽気, 清水という, 無論の, 短いと, 第一, 結局不, 義経千本桜で, 能楽以前から, 芝居気さえ, 芹生の, 菊五郎自身が, 薄っぺらで, 見合せに, 言ひ, 記録を, 語って, 近松の, 近松様の, 都の, 非常の, 面倒と, 面白いと, 首尾よく, 馬籠よりも, 黙阿弥の, 黙阿弥作の

▼ 狂言~ (88, 6.6%)

2 ある, あると, あるもの, 多いの, 始まるの, 理解できない

1 [76件] あっても, あつて, あり散楽伝来, あるかも, あるん, うまく当った, おもしろいの, お流れに, その後も, たんとおす, ちょっと面白かっ, つき替って, ばれて, まだ続い, よく消化, わるかった, アラビアン・ナイトである, チャチであった, フイに, 一つも, 一体に, 三番叟だけは, 上手だった, 不評判だつた, 中止と, 二幕か, 五度も, 今以, 伝わって, 何うにも, 出た時, 出ても, 出ると, 出るに, 出来んと, 出来上, 分化した, 割れては, 割れますところ, 古いかと, 変れば, 大岡政談の, 大当りを, 始まったぞ, 始まったの, 始まりました, 始まるころ, 嫌いで, 岐れ出る, 幾代かを, 幾番かすむ, 当って, 往々変更, 悪い並べ方, 成っちょらん, 抜け駈けの, 旨く行われた, 早くきまっ, 本当になっ, 栄えて, 段々千秋楽, 済めば, 演ぜられた, 癪に, 皆長い, 確定しない, 行われて, 計らずその, 這入る, 進んで, 選抜されたらしい, 長い, 長いから, 長いので, 開場間際に, 面白いって

▼ 狂言~ (80, 6.0%)

4 出て 2 すぎなかった, 因んだ物, 過ぎないといつて通

1 [70件] いたしましても, おかまひも, したかて, すぎないの, そっくりな, その例, それと, たずさ, ちなんだ牡丹燈籠, なつて, ならないじゃ, なりますぜ, なるの, ひどい不評, まことに偶然, まづ大名, まねかれて, やって, やっと間に合った, やる漫才大会, よくなじん, よく出, よりけりで, 不満足で, 五代目菊五郎が, 仕組まれ三代目市川団蔵, 似たもの, 作って, 使ふ, 依つて, 僕が, 入つた, 入用な, 出す語り物, 出る女, 出る町, 出演し, 取つたと, 呼ばれます, 団十郎は, 外ならぬ, 多く遣, 尾州様が, 引っかけられた一人, 時代物も, 替って, 東から, 比べましては, 涙を, 独吟された, 現われて, 畠蒔き, 百五十日打ち続け, 窮した, 終始した, 老いせぬ, 自分から, 至るまでの, 良人が, 茶屋の, 触れた第, 言えるごとく作物蕃殖, 誉当の, 載せられた余, 這入つて行, 過ぎぬの, 適しない, 頗る乗り気, 頻出する, 類する喜劇

▼ 狂言~ (42, 3.1%)

6 の嘉門 5 の泉嘉門 2 でござる, の娘

1 [27件] が世間, が八十歳, が狐, が食う, でございまして, で叩き込ん, としての泉嘉門, としては無双, などを大勢, なの, になった, に仕立てる, のお前さん, のよう, の嘉門たる者, の嘉門様, の家, の巨頭, の役, の泉嘉門殿, の老人, の身, はその, は姓, は永木三津五郎, は生世話物, をまねい

▼ 狂言~ (37, 2.8%)

2 平生なら, 折から

1 [33件] あたら京童, あって, あつた, いよいよおしまい, うまくなる, おやめ, おわりますゆえ, けいこぎりで, こんな風, して, すすんで, できるだけ見, みんな長い, 中幕も, 五郎臭の, 今年は, 休むと, 其一種で, 其人, 分らねえ, 千秋楽の, 半分は, 大竹孫右衞門を, 好きではござります, 小唄, 慥か伊左衛門, 拝見が, 春木座が先きで, 社会に, 童たらし, 終って, 評判が, 謡も

▼ 狂言作者~ (37, 2.8%)

3 の一人 2 になっ

1 [32件] がそれ, が君, が寄席, が巧, でなければ, で名高い, としての位地, として南北以後, として鶴屋南北その他, となつ, となりすました, となる, とのあいだ, とは全然, などの上り, なり, にすれ, にて, には河竹新七, に切り, に向, のうち, の事務, の名, の名人南北, の小山田新作, の手, の改竄, の竹柴なにがし, の竹柴瓢三, は案外, やチョボ

▼ 狂言~ (32, 2.4%)

2 から出る

1 [30件] がそんな, が宗助, が書い, じゃ, だ, であったから, である, という一種, といわず, とて重, とまで変転, と一つ, と云っ, にはあまり八釜, によつて, に廻つたの, に当る, の, のお, の一団, の仕組み, の出る, の勤める, の才, の持ち, の為事, は勿論, までも自流専属, や下回り, らしい姿

▼ 狂言~ (28, 2.1%)

3 言ふ

1 [25件] いい演技, したかって, すれば, つく, なつた, なり狂言, 云えば, 云って, 云ふ, 云わなければ, 同じよう, 変っても, 定式狂言とが, 本文の, 歌舞伎と, 申しましてな, 盆狂言とは, 真実とは, 称へて, 自負し, 見て, 言うたの, 言えば, 言ふも, 謂はれた

▼ 狂言~ (23, 1.7%)

2 ござります

1 [21件] うまく国許, きっとお礼, そこらの, どこまでが, ワン, ワンサの, 三百両も, 其初日は, 名題下の, 帝国主義と, 当てたもの, 後日新, 日本の, 殿様が, 江戸初, 源頼光が, 珍しくも, 私が, 腰を, 見た先代萩, 見ても

▼ 狂言~ (20, 1.5%)

3 と思った

1 [17件] から, からでせう, から三百, つたと, つた様で, という, とこう, として癪, と思い, と思っ, と知っ, よ, わ, ッて, 亀裂皹を, 斯し, 狂言だ

▼ 狂言では~ (16, 1.2%)

2 あるまいし

1 [14件] このへん, ない, ないかも, なく妻, なく真実, 合邦と, 団十郎が, 後に, 新派役者以上の, 普通は, 桃井家の, 田舎人を, 筋うりの, 金を

▼ 狂言とは~ (14, 1.0%)

1 [14件] いえ子, さすがに, その起源, それは, どうしても受け取れなかった, どうしても藪入り, 何だ, 何という, 古くから, 同じ舞台, 名ばかりで, 夢にも知ず, 念仏が, 違うて

▼ 狂言にも~ (14, 1.0%)

2 モラル, 作りなし 1 あるに, その風流, なって, 仕組まれ一世, 代々の, 出てを, 幕開きは, 度々お, 影響し, 近いもの

▼ 狂言には~ (12, 0.9%)

1 [12件] そんな間拔, なるが, 三つの, 低能とも, 何を, 出られませんからね, 大抵の, 屹度魂が, 当世風流の, 是非とも笠森おせんちゃん, 非ざる, 飽き飽きしたおれ

▼ 狂言から~ (8, 0.6%)

1 たわいも, アリストファーネスの, 仕手方に, 引いて, 断は, 深い人間, 脱け, 芝居と

▼ 狂言でも~ (8, 0.6%)

1 するよう, ないが, なかった, なるたけ砕い, やるの, 仕組んで, 源平盛衰記を, 見せて

▼ 狂言~ (8, 0.6%)

2 んだ 1 のお, のである, のです, ので見物, んだらう, んです

▼ 狂言として~ (7, 0.5%)

1 あなたの, タハコトと, 上演された, 名高い劇, 盛んに, 門左衛門が, 飛躍した

▼ 狂言自殺~ (7, 0.5%)

1 だなぞ, によって泣く, のこと, をし, をする, をたくらむ, をやりやがったなっ

▼ 狂言~ (7, 0.5%)

1 である, として孤立, において異様, にも色々, の大きな, の癖, は生き

▼ 狂言である~ (6, 0.4%)

1 か判っ, が父家橘, ことが, ことは, だけにその, 以上やくはらひ

▼ 狂言~ (6, 0.4%)

1 いうこと, 大阪二輪加なぞと, 新狂言, 浄瑠璃の, 茶番が, 説話の

▼ 狂言だった~ (5, 0.4%)

1 と云う, などとどうして, のかと, のだ, のであろう

▼ 狂言という~ (5, 0.4%)

1 ものの, ものは, ものを, 映画の, 頃駕籠で

▼ 狂言~ (5, 0.4%)

1 にどう, に幽霊, に菊五郎, の傑作, はお

▼ 狂言です~ (4, 0.3%)

21 か, ぜ

▼ 狂言まで~ (4, 0.3%)

1 して, 仕組まれた, 書いたん, 決ってるよう

▼ 狂言名題~ (4, 0.3%)

1 の看板, は, は其頃河原崎座, を

▼ 狂言~ (4, 0.3%)

1 で, という研究劇団, は夏目漱石, 第一回

▼ 狂言書いた~ (4, 0.3%)

1 な, にはなかなか, のであろう, のでご

▼ 狂言~ (4, 0.3%)

1 に無性矢鱈, も見, をこの, を演じはじめた

▼ 狂言~ (4, 0.3%)

1 などの中, に二个処, の言葉, を基

▼ 狂言~ (4, 0.3%)

2 のもの 1 なもの, な可笑し

▼ 狂言決定~ (3, 0.2%)

2 の会議 1 の集り

▼ 狂言~ (2, 0.1%)

1 書きなすっ, 温習手踊り

▼ 狂言させ~ (2, 0.1%)

2

▼ 狂言~ (2, 0.1%)

1 て人, て姉夫人

▼ 狂言しろ~ (2, 0.1%)

1 ものだ, 物を

▼ 狂言する~ (2, 0.1%)

1 のである, 事かと

▼ 狂言だけは~ (2, 0.1%)

1 村固有の, 正式に

▼ 狂言だろう~ (2, 0.1%)

1 が今, と思った

▼ 狂言であった~ (2, 0.1%)

1 そうだ, 嫉妬が

▼ 狂言であり~ (2, 0.1%)

1 偏執であり, 本芸

▼ 狂言でございます~ (2, 0.1%)

1 のよ, よ

▼ 狂言といふ~ (2, 0.1%)

1 のは, ものは

▼ 狂言としての~ (2, 0.1%)

1 現代劇も, 舞台用語

▼ 狂言とを~ (2, 0.1%)

1 定めて, 重に

▼ 狂言などを~ (2, 0.1%)

1 演じた, 見ますと

▼ 狂言に対して~ (2, 0.1%)

1 例の, 痛烈な

▼ 狂言に対する~ (2, 0.1%)

1 不安と, 批判が

▼ 狂言めいた~ (2, 0.1%)

2 ものかも

▼ 狂言をも~ (2, 0.1%)

1 同じ芸題, 好んだそう

▼ 狂言全体~ (2, 0.1%)

1 の上, の時代

▼ 狂言同じ~ (2, 0.1%)

1 曲を, 舞台よりも

▼ 狂言小唄~ (2, 0.1%)

1 に, 並びに散文

▼ 狂言座元夜半亭~ (2, 0.1%)

2 と御

▼ 狂言書く~ (2, 0.1%)

1 ということ, 積りでは

▼ 狂言芝居等~ (2, 0.1%)

2 を伝承

▼ 狂言~ (2, 0.1%)

1 を入れ, 大いに狂

▼1* [181件]

狂言あざやかなところ, 狂言ありしかそれ, 狂言うたせようとゆうべ松平様, 狂言うったにちげ, 狂言おれが書いた, 狂言何かで, 狂言かいたんだ, 狂言かとも思うが, 狂言からは八代目団十郎の, 狂言からもまた貞徳, 狂言ことばで笛吹, 狂言ごとに作っ, 狂言したので, 狂言じみた死骸持ち運びの, 狂言じゃないわ, 狂言じゃあねえ慾に, 狂言じゃと都の, 狂言じゃなうんそれ, 狂言はにや, 狂言ぜりふですぐ, 狂言なたにも, 狂言その要素を, 狂言そのものが団十郎自作, 狂言だけについて言つても, 狂言だバレかかったら神尾主膳実は, 狂言やありません, 狂言づくしと書き出した, 狂言であって公平, 狂言であろうともきまって, 狂言でしても立役, 狂言でなければいけない, 狂言とか盆替りとか, 狂言とが其な, 狂言としては後には, 狂言とに岐れ, 狂言との問答が, 狂言とやら国でも, 狂言どおりこれから先, 狂言どすそれは, 狂言ながらかうも, 狂言なぞいう能楽, 狂言なぞというのは, 狂言なぞはどこも, 狂言などから感じられる過去, 狂言などでみると, 狂言などでも尉官に関して, 狂言などに頼れるよう, 狂言などは能と, 狂言なども出し物の, 狂言なりしよ, 狂言なるものは, 狂言なんか稽古したら, 狂言なんかも芝居が, 狂言なんといふ詩趣, 狂言における虚構標準語と, 狂言について版権を, 狂言については何にも, 狂言についても容喙し, 狂言にでも使われます, 狂言になつて行く, 狂言にのみ任せて, 狂言によつては, 狂言によって鍛えたが, 狂言のみを演じて, 狂言はちよつと面白い, 狂言ばかりやってた日, 狂言ひとつ書ける訳, 狂言貴嬢, 狂言みたいな気イ, 狂言むづかしくなりたる時代にて市川団十郎松本小四郎富沢, 狂言やをかしなどが, 狂言二朱じゃ, 狂言より話が, 狂言らしいんで, 狂言テニス氷辷り等, 狂言ビラとにドリアン, 狂言・人獣の物まね, 狂言一類の能楽, 狂言の標準用語, 狂言上場の許, 狂言中笑ひしを, 狂言乃至は奥, 狂言二つとも実に, 狂言二三を選んだ, 狂言今様薩摩歌の批評, 狂言仕組んで差配, 狂言以来かげの仇名, 狂言伝へられた如く仇討ち, 狂言作者らがわたしたち, 狂言作者久保田彦作死す五十三歳, 狂言作者二代目河竹新七向島の梅屋敷, 狂言作者以外の脚本家, 狂言作者古河黙阿弥のかつて, 狂言作者志望につき福地先生門生, 狂言作者書家彫工画工と交っ, 狂言作者竹柴なにがし, 狂言作者舞台監督等のすべて, 狂言作者見習いの文学青年, 狂言俄踊等の状, 狂言全体のを覚えこむ, 狂言全部つまらないやう, 狂言共仮定めする, 狂言其姿団七縞を見る, 狂言分離後の形, 狂言十両からは笠, 狂言共通の, 狂言名題読みの日, 狂言唄端唄等明らかにうたう, 狂言囃子の女ども, 狂言四つ又は五つ立て, 狂言四つ実がありすぎ, 狂言四本のうち三つ, 狂言大和橋の絵組み, 狂言大当りなどと二枚画, 狂言太夫というもの, 狂言嫉妬が更に, 狂言定めをしてる, 狂言宣伝のウタヒ, 狂言小屋や角力場, 狂言差し止めたッ, 狂言師素人弟子の中心, 狂言師鷺流当代の家元, 狂言幕明幕切の木, 狂言強盗で入り, 狂言役者の類, 狂言忠臣蔵通し芝居, 狂言思った程つまらなく, 狂言戯作の筋立, 狂言打てそうじゃ, 狂言打合せさせる, 狂言も進ん, 狂言方その他の稽古, 狂言方下廻りまで全部三階, 狂言方今朝死んだ, 狂言方兼後見で忙し, 狂言方囃方等との極めて, 狂言方番頭の類, 狂言方等は容易, 狂言方藤台助が入口, 狂言方連歌俳諧師狂言作者などの上り, 狂言暴行を疑い, 狂言書いて人欺, 狂言書こうと思い立ったらしい, 狂言書卸の事, 狂言最中見ぶつ, 狂言本読みの立作者, 狂言歌舞伎の特質, 狂言のま, 狂言民謡又は神楽, 狂言決定三本立とし, 狂言決定会をする, 狂言演じようとして失敗, 狂言為組は矢島, 狂言物真似でしてね, 狂言の大小, 狂言用語の中, 狂言的人物なの, 狂言面白いと, 狂言短くてハネ, 狂言稗史の作者, 狂言に到る, 狂言語としては, 狂言か, 狂言舞謡など教えられつ, 狂言衣裳の荷物, 狂言といはれる, 狂言製作當時の京都人, 狂言に行きたる, 狂言見終って先, 狂言記あたりに見える, 狂言記あれを読ん, 狂言好く拙作, 狂言詞章である, 狂言諧謔とは受け取れまい, 狂言身投をやり, 狂言身投げをやり, 狂言道具口上など始まり, 狂言附子を後, 狂言集成本によつて, 狂言にすらよほど, 狂言類似のもの