青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「磯~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

硝子~ 碁~ ~確 確~ ~確か 確か~ ~確信 確信~ ~確実 確実~
磯~
~示し 示し~ ~示した 示した~ ~示す 示す~ ~礼 礼~ ~社 社~

「磯~」 2140, 23ppm, 5010位

▼ 磯~ (815, 38.1%)

18 はお 17 のこと, はその 15 の顔 12 はそれ 11 とお, のほう 10 の妹 9 がいった, がお 8 の女房, の店, の手 6 は思った 5 であった, という人, のいう, の妻, はそう, はそこ, を見た 4 という人間, といっしょ, の声, はこの, は何, を見, を見上げた

3 [14件] がいっ, がこの, がじ, だが, との関係, に頼まれ, のため, の前, の膝, はすぐ, はちょっと, は声, もお, を見る

2 [39件] がそう, がはいっ, が上方, が何, が女, だ, という人物, という良人, とおしん, とおせい様, とそういう, とのあいだ, に会っ, のにおい, のまえ, のもの, の人物, の内儀, の姿, の従妹, の拳, の関係, の頬, はあらためて, はこれ, はじ, はすっかり, はそういう, はちら, はてかてか, はびっくり, はまだ, は久助, は女, は磯五, は衣かけ, は離れ, もそれ, をご存じ

1 [473件] え, からいい, からのがれる, からはもう, からもお前, から引き離し, から縁切り状, から離れ, があの, があらわれ, がいう, がいる, がうそつき, がうまい, がおります, がきいた, がきっと, がさえぎった, がささやい, がしきり, がすぐ, がその, がそば, がそれ, がそんな, がちょっと, がつづけた, がどう, がどうしてのめのめ, がなくなりまし, がなぐり終わった, がなめらか, がにっこり, がにやにや, がのっそり, がはじめて, がひとり, がひらいた, がぶらぶら, がま, がもう一度, がもっ, が一人, が京阪, が以前, が仰向け, が何だ, が何だか, が例, が割り込ん, が力, が力こぶ, が十七, が参った, が叱る, が呼びとめた, が困っ, が困り, が女殺し, が妖しく, が妙, が妹, が子供, が小石川, が居間, が巧み, が平気, が引っかかった, が往来, が後見, が心配, が思いがけなく, が意地, が感情, が手, が押さえた, が拝領町屋, が放け, が来た, が注意, が焼け死んだ, が焼死, が白く, が相良寛十郎, が眼, が突然, が縁切り状, が自分, が若, が行っ, が訴えましたなら, が証文, が誰, が部屋, が雑司ヶ谷, が顔, が飛び出し, こそもと, だけであった, だけでも助け出したい, てえ, てえ男, であったが, である, であると, と, とあの, というお, というの, という大きな, という極道者, という邪魔, という銀蠅, といえ, とかいう呉服屋, とこうして, としておべんちゃら一つ, としてはやり, としてもまことに, とすっかり, とその, とてもいたく迷惑, とて人間, となら, との交渉, との情事, とはゆうべ, とは関係, とほんとう, ともあろう, ともう, とやら申す, と一心同体, と二つ, と夫婦, と女, と婢たち, と相対ずく, と知れる, と立ち話, と若松屋, と若松屋惣七さま, と話し合っ, なの, なる男, にあった, にいい負かされる, にきいた, にくっ, にくどかれた, にし, にしがみつい, にしっかり, にしてやられ, にじろじろ, にすぐ, にすべて, にそんな, にたたきつけ, にだまされ, についてそんな, につれられ, にとっていちばん, にとられました, になだめられ, になりかわり, にはあたらしい, にはその, にはっきり, にはわからなかった, には内証, には巾, には思えた, には自分, にひとり, にぶたれ, にぶつかっ, にむしゃぶりついた, にもいえない, にもてあそばれ, にもはじめて, にやる, によりもそんな, に与える, に丸められ, に事, に傾い, に劣らない, に取りすがっ, に叱責, に同情, に向ける, に呼びこまれ, に妻, に対するお, に対する若松屋惣七, に対する限り, に帰っ, に応戦的, に想い, に惹かれる, に斬りつけられた, に案内, に注意, に白い, に眼, に突きつけ, に聯想, に背中, に見えた, に見つかっ, に見つかる, に負け, に近づい, に金, に関する見聞, に頭, のあい, のあし音, のあと, のあるじ, のいる, のうしろ, のかたわら, のからだ, のききうで, のきげん, のことば, のこぶし, のごとき, のす, のたま, のところ, のまわり, のようす, の人柄, の件, の側, の力, の卑怯, の口, の口ひとつ, の命日, の問い, の売った, の妾, の寝, の居間, の屋根, の帯, の帳場, の弁巧, の待たし, の復讐, の心, の思いつき, の思った, の急場, の性格, の悪, の悪辣さ, の態度, の手段, の敵, の旦那, の正体, の気, の男ぶり, の白い, の目的, の眼, の短刀, の肚黒, の胸, の腕, の自由, の色細工, の視線, の跫音, の近く, の進退, の遠慮, の酌, の酒杯, の面, の面上, の頬桁, はあきらめ, はあくまで, はあらそった, はあれこれ, はあわただしく, はあわて, はあわてた, はあんた, はい, はいそい, はいつ金, はいま, はいま膝, はいらだった, はいろいろ, はうそぶい, はうつ伏し, はうなずい, はかえって, はからだいっぱい, はぐいと, はこう, はさっさと, はさらさら, はさらに, はしずか, はじっと, はすごい, はせせらわらっ, はそのまま, はそんな, はだまっ, はちょっとした, はちょっとむっと, はちらっと, はつかつか, はどう, はどういう, はどうして, はなにか, はにこにこ, はにっこり, はにやにや, ははじめ, はひとごと, はひとり, はふと, はふところ, はほう, はほか, はほっと, はますます, はまた, はむずかしい, はむっくり, はもう, はもうけろりと, はやかましい, はやっと, は両, は二, は京阪, は今, は何かしら, は何だか, は何とか, は何度, は先, は商売物, は土, は堀割り, は場所, は多く, は女中, は安心, は家事, は家業大事, は尻, は居間, は左右, は平気, は座, は思いきりよく, は思っ, は恋, は意外, は感心, は手, は承知, は日本一太郎, は曖昧, は柘植宗庵, は江戸, は泣きくずれ, は片手, は男女, は畳, は白い, は着, は砂, は神, は立ちどまった, は笑い, は笑い出し, は終始, は美しい, は羽織, は考え, は腕, は腰, は膝, は自分, は舌, は若松屋惣七, は苦い, は茶人, は虫けら, は血相, は起っ, は足, は軽い, は近く, は野犬, は金, は長い, は雑賀屋, は顎, は顔, は駕籠, は高音, は黙っ, は龍造寺主計, へそれとなく, へまわした, もいっしょ, もしおらしく, もすぐ, もそう, もたち上がった, もつづいた, も何だかんだ, も平気, も来, も気がつい, も黙っ, よりおんもとさま, より高音さま, をいそがしく, をお, をかばう, をそっくり, をそんなに, をちら, をにらんだ, をねらっ, をぶっ, をみつめ, をみつめた, をもお, をも妹, をやっつけた, をよろこばせる, を値踏み, を兄, を先, を取っ, を思い出し, を思っ, を恋する, を想っ, を慰める, を憎んだ, を抱き締め, を探ろう, を看, を知っ, を見すえた, を見せよう, を見せる, を見よう, を見上げ, を見上げる, を見返した, を迎えた, を追い, を驚かせる

▼ 磯~ (238, 11.1%)

8 香が 6 香を 5 上に 3 ほうへ, 上, 安松の, 小石を, 方に

2 [17件] とまやの, ほとりに, 中に, 岩かと, 方から, 方が, 方へ, 白砂に, 石が, 石垣に, 禅師と, 起伏に, 音が, 音を, 香の, 香も, 香りが

1 [170件] あらしに, あわびの, いくりに, かぜ寒き, ぬれ岩しぶき, ひと四つ, ほうから, ほとりにて, まぼろし, みちよりも, ものを, わかめ刈り上げに, 一つの, 一つ磯崎町という, 上で, 上の, 下から, 下に, 並木に, 亀甲橋という, 亀甲橋も, 仮寓で, 低いところ, 佗住居に, 先へ, 兵器としての, 前に, 勤め先は, 匂ひ, 匂ひがした, 千鳥, 千鳥とともに, 名は, 名を, 国々から, 垂水, 埼おちず, 埼榜ぎたみゆけば近江の, 墓, 声, 声色で, 夕なぎに, 外の, 夜霧に, 大きな岩, 大波には, 安松が, 安松と, 安松といふ, 安松とか, 安松に, 安松は, 安松三尺高い, 家は, 小島と, 小木津, 小貝, 岩かげに, 岩から, 岩には, 岩石から, 崎, 巌道を, 巖の, 巖上に, 巖灰色を, 巖藍がかった, 広い塩田, 怒濤, 我家の, 或る, 断崖の, 方, 方には, 方は, 景色が, 景色に, 月を, 月夜の, 月夜は, 松すら, 松の, 松魚の, 様子を, 段々畑から, 気に入って, 気分が, 水面が, 沙浜には, 河原に, 波う, 波うちぎわ, 波よりは, 波打際に, 波打際を, 浜防風に, 浪は, 海溝や, 海辺に, 深い浪, 淺瀬に, 渚にて, 湧き水は, 漁師の, 潮で, 潮に, 潮見堂その, 焚火に, 無きが, 白浪ひと目の, 真砂の, 知らなく, 石ころを, 石としか, 石畳は, 砂へ, 砂地と, 砂地までは, 砂地を, 砂濱へ, 砂辺に, 神或は, 神明様の, 禅師の, 禅師は, 突端の, 竇道に, 答へは, 背部は, 膝の, 興味は, 船泊りへ, 良夜を, 若布を, 草なれや, 蕁麻の, 藻草に, 親は, 言葉は, 記憶に, 路は, 身売りについて, 身売りの, 退潮の, 道は, 遠きに, 邊の, 間に, 隘路あたりで, 隠宅の, 離れ岩, 霞に, 風, 風一時行く, 風景がた, 香, 香さへ, 香では, 香という, 香に, 香は, 香りや, 香湊の, 高い崖, 魚より, 魚貝も, 鮑, 鵜の, 黒い大石, 鼻に

▼ 磯~ (127, 5.9%)

3 の一 2 のそば, をはじめ

1 [120件] が, がうらやまし, がきっぱり, がつれ, がなにか, がコレラ騒動, が仕事, が仕掛け, が前, が失明, が子分, が子分たち, が山下松次, が帰っ, が戦争, が戸畑, が指定, が水, が炭, が町, が自分, が見舞, が金五郎, が飛出した, が飛出しました, じゃがなあ玉井君, じゃないらしい, だけが返事, だけじゃが表, である, という大, という強力, という漁夫, という親分, とお, とは別個, とキッチン, と二人, と対等, と申します, などひそか, につらい, にどきんと, にまわした, にむかっ, にマス, に威圧, に渡し, に逢う, に頼まれ, のこと, のつれ, のとき, のなに, のほう, のソンキさん, の兄, の勢力, の名声, の大, の姿, の家, の懐刀, の手, の方, の気持, の精悍, の腰, の膝, の表情, の食事, の鼻, はええ, はお, はきゅう, はじ, はすっぽり, はずっと, はそんな, はちょっと, はどの, はにこにこ, はのみほし, ははじめ, はびっくり, はふい, はまだ, はまっさきに, はもう, はドンドン, は俥ひき, は商人, は困っ, は好奇心, は少し, は心得顏, は怠惰者, は所謂, は無口, は病床, は目立っ, は眼帯, は確信, は笑いだし, は表, は身, は金五郎, もキッチン, も笑った, も負, や松江, や花田, らしかった, をめくら, を出し, を探し出し, を激怒, を見, を見た, 大親分

▼ 磯~ (99, 4.6%)

10 の店 5 の旦那 3 のお, の商売, の妹, の家内, の貫兵衞 2 のお針頭, のほう, の前, の奥, の庭, の身代

1 [57件] がそんなに, がどう, が身代限り, という店, とお, とのあいだ, と二度, にいわれ, におれ, につぎこんだ, にはもう, に寄せ, に日本一, のうら, のおかみさん, のこと, のこんた, のまえ, のもち主, の一件, の主人, の主人貫兵衞, の人砧, の人間, の内幕, の品, の天水桶, の女房, の家, の戸口, の持味, の料理人, の新造, の横, の爺, の物, の砧, の耳, の裏, の裏口, の財産, の身上, の近所, の陽影, の黒幕, はあたい, はかたき, は今夜, へつぎこもう, へやって来た, へ持っ, へ迎えられ, もにっこり, も五兵衛, をそっくり, を出た, を経営

▼ 磯~ (95, 4.4%)

3 立って 2 くだくる, 出る, 寄せて, 寝て, 打上げられて, 触り

1 [80件] あふれピム, いて, いまして, うちよせて, うち越える, おいで, おいでに, おり居て, ささ, さしかかります, して, できて, なつて, ゆきや, わが立て, ゐて, 丁寧な, 上がって, 下り立つ覆面, 並べそれからまた, 亡くなった妻, 今年も, 何を, 出て, 千鳥を, 在して, 寄する, 寄せた大波, 寄せる波, 居たま, 岩に, 崩れて, 干す鰯子, 待てば, 得たる刺櫛, 急ぎ武蔵, 打ち上げられて, 打ち上げる波頭, 打ち寄せ, 打ち寄せ岩石, 打上げられた海藻, 拾う物, 春雨ぞ, 松魚船いま漕ぎ, 此奴の, 沿うた崖, 沿うて, 流したり, 流る, 浜辺に, 消入り, 生えおったこの, 産し鹹水下, 白波を, 砕くる, 碇泊一夜を, 立ちしその, 立ち待つ, 立つた部分, 続く此方, 群集し, 行けば, 触り海原, 触れあぶない, 觸り, 趨き, 足跡つけ, 近い七, 近い所, 近づきに, 近づくにつれて, 近よせ, 送り返す序, 遊んだ, 還った, 集へど, 雪ふり浪の, 青き斑, 飛び上ったところ, 馴れ石ころ

▼ 磯~ (49, 2.3%)

4 黙って

1 [45件] いちめんま, お葉, かがりと, そう歌い, そう言っ, それが, どの人形, びっくりし, わたしの, マチスの, 丸く凸, 人形に, 人形を, 何んだ, 別に怒り, 到る所, 半ば枯れたる, 可哀そうな, 可愛い博多人形, 吉原へ, 問うたが, 売られて, 大急ぎで, 少時く, 布団を, 床を, 忽ち一面, 更に一椀, 枯小竹多し, 次郎兵衛と, 汐の, 泣いて, 火鉢の, 牧場へ, 白波, 皮肉な, 直ぐ下, 矢張お, 立ちました, 腹の, 言下に, 起上って, 金色に, 默つ, 默つて立ちました

▼ 磯屋五兵衛~ (43, 2.0%)

32 である, と申す, の遺産いっさい

1 [34件] か, が奥, が焼死, が糸, が陰, てえお, であった, であること, でございます, というの, という人物, という名, という呉服太物商, といっしょ, となりました, となる, とは極端, と名乗っ, なるもの, のほう, のモットウ, の妹, の妻, へつぎこもう, へまわす, もさすが, も何, も顔, をあんた, をつかん, を呪訴, を焼き殺す, を許す, 同じよう

▼ 磯~ (41, 1.9%)

3 出て 2 出た

1 [36件] いそいだ, かけて, かけ下りて, つくと, ながれ着くよう, ゆくと, 一人出, 上がらぬ間, 上った, 上つて来, 下りると, 出かけた, 出ませう, 出る, 出るぜ, 出ると, 出る鮑, 屍と, 引あげ, 急いで, 打ちあげられたの, 打ち上げた枯枝, 打ち上げられた昆布, 打ち上げるよう, 掻きあげられるまで, 目ざして, 着きました, 素麺冷し, 船をも, 落ちた, 行き金槌, 近よったら, 降りて, 飛びあがって, 飛びおりた, 飛び下りた

▼ 磯~ (40, 1.9%)

3 目がけて, 見れば

1 [34件] いかが, うちうちて, さして, さし出, さまようもの, たたく波, ブラブラあるい, 中心に, 伝うて, 吉原へ, 埋めた, 埋めた区域, 打ち出, 打つに, 打つの, 打つ波音, 散歩し, 月は, 横ッ飛の, 武芝, 歩いて, 歩くたつた一つ, 毎日飛び廻ってる, 洗う端, 浸す初夏, 漁って, 見まわして, 見よ, 見ること, 過ぎ來, 離れたと, 離れたとき, 離れて, 飛んで

▼ 磯五郎~ (37, 1.7%)

2 が死ん, が殺され, と北六, と金助

1 [29件] が二三ヶ所, が代, が俺, が曲者, という目明, といふの, といふ男, とお, に子, に逢, の傷, の宿, の小屋, の死顏, の殺された, の筆蹟, の荷物, の藝, の行李, の身持, は, はあんなに, は何, は氣, ばかりは評判, を助け, を殺し, を鑑定, 共々秋山

▼ 磯~ (25, 1.2%)

2 と二人, は言

1 [21件] とに委し, との四人, とは浜, と同じ, なんか伝染, に向, は何, は力一杯, は呆然, は棹, は母, は相手, は突然, は若い, は途, は遊び, は面白, は鰹, も厭, も帰つて, も投げ出す

▼ 磯屋さん~ (22, 1.0%)

4 の妹 2 はお

1 [16件] あんまり笑わせない, とつれ立っ, と二度, によく, に奉公, のいう, のお, の商売, の妹さん, の言い分, はそんな, はだいぶ, は近, もういい, ももう, も気

▼ 磯~ (21, 1.0%)

4 涸れたと

1 [17件] あった, からんで, そうさせた, ひいきで, へっぽこの, よくない, 又お, 敷いた寝床, 晩酌の, 気味が悪くって, 火鉢の, 眠そう, 表れた, 見え出して, 遠ければ, 険難で, 鳴る

▼ 磯から~ (17, 0.8%)

1 [17件] あまり遠く, かなり距, くる風, ここまで, すぐに, らくらくと, 一時間ほどで, 一里近い遠く, 十町とは, 塩気の, 山と, 山に, 岩打つ, 帰って, 拾って, 登る潮霧, 船で

▼ 磯には~ (16, 0.7%)

2 雪の

1 [14件] ご用意, 人影も, 年月を, 憚る, 有るか, 波が, 海藻が, 犬ころ一匹も, 球に, 石ころも, 美しい熱帯, 香物を, 鰯が, 黒い岩

▼ 磯~ (13, 0.6%)

2 文句が

1 [11件] お麗, さし出の, つづく北, 反と, 海が, 申しまして, 申す漁村, 知らざりき通り抜けて, 結婚する, 行って, 言ふ

▼ 磯吉親分~ (13, 0.6%)

1 [13件] がな, が君, に逢い, の働きどころ, の名, の嫡男, の居る, はまだ, もこの, も出席, をお前, をはじめ, を売りださせた

▼ 磯~ (12, 0.6%)

1 [12件] がえぐった, がザザアー, が巻き返し, が真白, に乗っ, に乗り掛かる, の上, の中, の波, の飛沫, は烈しく, を打上げ

▼ 磯~ (12, 0.6%)

1 [12件] か何, だった, で有名, というの, などを歌っ, なんてわたし, に, にはことし, にまでも歌詞滑らか, の文句, もデツカンシヨ, 聞かむとて

▼ 磯~ (12, 0.6%)

3 にむら 1 に來, に充滿, に寄せ, に流るる, に立てる, に遊ぶ, に高き, の石, をゆきくらし

▼ 磯~ (11, 0.5%)

1 [11件] あきらめて, しづけみ, そのままお, より子も, 今は, 修蔵も, 山も, 河岸まで, 目立って, 笑つて見, 笑ふ

▼ 磯~ (11, 0.5%)

1 [11件] が召, が海底, と別に, の信仰, の出現, の返答, は海底, は遂に, を呼ぶ, を祀, を象つた鬼面幌身

▼ 磯五さん~ (10, 0.5%)

1 がおどかし, がわたくし, という人, とはちゃんと, にすてられまし, のお, も私, を仲, を見る, を離しません

▼ 磯~ (10, 0.5%)

2 まで斜 1 にぶつけ, に大きな, のほか, の巌, の巖, の砂, へかけ, を離れた

▼ 磯打つ~ (8, 0.4%)

2 波の, 浪の 1 波と, 波は, 波砕け, 波音も

▼ 磯茶屋~ (8, 0.4%)

1 からその, から月見舟, でそのまま, で会う, で待っ, で焼き, の床几, を離れた

▼ 磯~ (7, 0.3%)

3 たに 2 たの 1 た, たへ

▼ 磯九郎~ (7, 0.3%)

2 という男, のよう 1 は自分, ばかりで, 如きもの

▼ 磯婆さん~ (6, 0.3%)

1 から飽きる, と一緒, の三人切り, も別に, も死ん, や養父

▼ 磯屋平兵衛~ (6, 0.3%)

1 がその, が虫の息, であった, という蒲鉾, は稼業, もこの

▼ 磯釣り~ (6, 0.3%)

1 さては湖沼, して, には屈強, に行かん, のよ, を終った

▼ 磯~ (5, 0.2%)

1 小磯や, 岬と, 断崖の, 日下部を, 浜辺や

▼ 磯~ (5, 0.2%)

2 に近き, の葦 1 に沿っ

▼ 磯~ (5, 0.2%)

21 かけて, の, の煙

▼ 磯~ (5, 0.2%)

1 で日, で肩, に倒れ, を八葉, を歩い

▼ 磯~ (5, 0.2%)

2 に分乗 1 である, に乗っ, に積ん

▼ 磯~ (5, 0.2%)

1 の船, の餌, は冬, は成立, をした

▼ 磯~ (5, 0.2%)

4 の小 1 の霊廟

▼ 磯~ (5, 0.2%)

1 に揺れ揺れするでし, のどこ, の屋, の通う, をふくむ

▼ 磯くさい~ (4, 0.2%)

1 においを, 人間ども幾人とも, 手拭を, 男達や

▼ 磯にと~ (4, 0.2%)

4 まつて

▼ 磯五郎さん~ (4, 0.2%)

1 の方, は, は強, や北六さん

▼ 磯~ (4, 0.2%)

4 ひに

▼ 磯~ (4, 0.2%)

2 ひに 1 ひの, ふ

▼ 磯吉さん~ (4, 0.2%)

1 が客人, の名, はえらい, は半

▼ 磯屋貫兵衞~ (4, 0.2%)

1 の不思議, の話, は手燭, を町役人

▼ 磯近く~ (4, 0.2%)

1 にわいわい, の巌, の巖, へ入っ

▼ 磯という~ (3, 0.1%)

1 のが, 娘は, 婆さんの

▼ 磯といふ~ (3, 0.1%)

2 のを 1 親類の

▼ 磯まで~ (3, 0.1%)

1 一町の, 出て, 来ると

▼ 磯宿~ (3, 0.1%)

1 のこの, の磯香, は下

▼ 磯~ (3, 0.1%)

21 の障子

▼ 磯屋五兵衛さま~ (3, 0.1%)

1 が, でございます, は見上げた

▼ 磯~ (3, 0.1%)

1 要と, 要の, 要を

▼ 磯遊び~ (3, 0.1%)

1 と呼ん, にゆく, を見

▼ 磯うつ浪~ (2, 0.1%)

1 もあわれ, もゆるやか

▼ 磯からは~ (2, 0.1%)

1 満潮の, 長羅を

▼ 磯ぎん~ (2, 0.1%)

2 ちゃく

▼ 磯ちかく~ (2, 0.1%)

1 旅寝を, 歩みよりぬ

▼ 磯づたいに~ (2, 0.1%)

1 歩いて, 漕ぎめぐりたまたま

▼ 磯~ (2, 0.1%)

1 夏場では, 夢中に

▼ 磯では~ (2, 0.1%)

1 二人の, 兵糧や

▼ 磯~ (2, 0.1%)

1 の小屋, の浦

▼ 磯までは~ (2, 0.1%)

1 ほんの十間, 邑人朝夕に

▼ 磯めぐり~ (2, 0.1%)

1 浪も, 淨禮行ふ

▼ 磯より~ (2, 0.1%)

1 深夜城中に, 西の

▼ 磯一行~ (2, 0.1%)

2 の相撲

▼ 磯五ひとり~ (2, 0.1%)

2 に会っ

▼ 磯五様~ (2, 0.1%)

1 のお, の估券

▼ 磯五自身~ (2, 0.1%)

1 が若, のため

▼ 磯伝い~ (2, 0.1%)

1 に歩い, に行く

▼ 磯~ (2, 0.1%)

1 の神, 神社の

▼ 磯助役~ (2, 0.1%)

1 の今日, を始め同輩

▼ 磯吉一派~ (2, 0.1%)

1 と拮抗, の人たち

▼ 磯吉身内~ (2, 0.1%)

1 ではなかっ, のうるさい

▼ 磯~ (2, 0.1%)

1 のすゑ, の潮

▼ 磯~ (2, 0.1%)

1 ともみえません, と娘

▼ 磯~ (2, 0.1%)

1 に腰かけ, の間

▼ 磯川兵助~ (2, 0.1%)

1 はある, を書いた

▼ 磯恋しき~ (2, 0.1%)

2 人の

▼ 磯月村~ (2, 0.1%)

1 この六人, 短慶

▼ 磯~ (2, 0.1%)

1 の記述, も注意

▼ 磯~ (2, 0.1%)

1 で奈良枝, をとっ

▼ 磯~ (2, 0.1%)

2 じや

▼ 磯過ぎ~ (2, 0.1%)

2 くれば

▼ 磯~ (2, 0.1%)

1 のこ, の挙動

▼1* [145件]

そうちよする, 磯うち湧きて, 磯かげや朝日, 磯こす波の, 磯さんはイザ, 磯さんこれはどう, 磯さん私は最早つくづく, 磯すべからず, 磯だって泳げようか, 磯ちゃんさ帰りましょう, 磯臭い山, 磯づたいというあの, 磯づたいに一ノ谷の西木戸, 磯づたいに男の村, 磯づたいに砂の上, 磯づたひに柏崎まで彷徨, 磯づたひの面白さ, 磯づたひを歩いて, 磯でございましてアノ島, 磯でもなし岩, 磯との境目が, 磯とを除いた村, 磯について南へ, 磯にて集むる事も, 磯にどつと篝, 磯にまで行ったが, 磯にもざんぶりこ, 磯による藻屑を, 磯のうと啄木の, 磯はたの路, 磯はなのその, 磯ひよどりに, 磯ぶしでもお, 磯づたいに走っ, 磯べの貝殻の, 磯べりづたいに君の後方, 磯また見て, 磯まわりが著名, 磯めぐる燈火の, 磯遠くみるあられ, 磯ゆく思, 磯ニ浪ノヨルヲ見テヨメル, 磯プイと表, 磯モトドロニヨスル波ワレテクダケテサケテ散ルカモ, 磯ヶ浜の鋳, 磯ヶ谷へなおし, 磯ヶ谷額ぶち店が当時展覧会出品, 磯一峯が, 磯一方は岬, 磯三郎という人, 磯中三五郎殿行つて訊ねて, 磯の旧宅, 磯丸霊神社とある, 磯五め何しに, 磯五郎殺しにも關係, 磯がある, 磯傳いをする, 磯働きをし, 磯の四人掛り, 磯八荘なる永見徳太郎, 磯を呼ん, 磯公その他村の若者たち, 磯別邸や集成館, 磯合寄りに一つ, 磯吉くんいないん, 磯吉さんきのう学校休んだの, 磯吉たちはもうすでに, 磯吉兄さん久し振りだねえ, 磯吉氏を書く, 磯吉派の勢力圏内, 磯吉竹一松江ミサ子マスノ順々, 磯吉竹一正吉次とかつて, 磯吉綱渡りの勝代, 磯は政夫, 磯吟詠の旅人, 磯吹く風に, 磯は天子, 磯定吉なる者, 磯小屋の孤独, 磯尽きて鼠, 磯屋さまお出初, 磯屋さんそんならこの, 磯屋五兵衛さんの妹さん, 磯屋五兵衛様がお, 磯屋跡の背戸口, 磯山の端に茂っ, 磯山道は梅ところどころ, 磯山陰の景色, 磯の釜, 磯平らかに波, 磯幸次郎小林偵七郎松本盛三郎茂呂近助, 磯打ち返す波音の, 磯に行き倒れた在り, 磯に, 磯月栖家山千万里遠在, 磯を運ん, 磯松原は湘南, 磯の家, 磯根づたいに岬廻りの道, 磯だと, 磯にあま, 磯江蘇省より秋風, 磯の咆哮, 磯浪立ちさわぐ, 磯海綿が光る, 磯に出掛ける, 磯煙草みどりにゆらぐ, 磯直吉持斎茂吉同一作, 磯矢頼母の三人, 磯に腰かけこん, 磯い海, 磯に砕くる, 磯神明宮祭礼当日の事, 磯または瀬祭, 磯祭関東では単に, 磯禅師はこ, 磯と草鞋, 磯節雑多なもの, 磯続きの村, 磯良丸とも言, 磯良前がある, 磯草むらの螽斯, 磯菜遠近砂の上, 磯の様, 磯を見, 磯見ればまんまろ, 磯見廻りに出, 磯見様との果し合い, 磯貫一郎藤田松軒御差越し, 磯輸上秀真国或いは虚, 磯へ舳, 磯近く羽蟻のやう, 磯通いに西, 磯邊西の濱, 磯はこてえられ, 磯関大尉得意の当身, 磯際藍色をした, 磯隠れける海人の, 磯を劃, 磯くさきも, 磯馳松波の響, 磯馴れの番所, 磯高く曳き上げし舟, 磯鳴りのよう, 磯鶴巣野梅川松沼濱沖が島