青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「確か~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

破~ 破っ~ 破れ~ ~破壊 破壊~ 硝子~ 碁~ ~確 確~ ~確か
確か~
~確信 確信~ ~確実 確実~ 磯~ ~示し 示し~ ~示した 示した~ ~示す

「確か~」 6535, 71ppm, 1601位

▼ 確か~ (4232, 64.8%)

32 それは 24 そうだ, 私の 23 一つの 22 私は 20 自分の 19 知って 16 ある, それを, 彼は 15 生きて 14 これは 12 あるの, 見た, 見たと 11 それが, それに, 一種の, 彼の 9 ここに, その通り, 人間の, 女の, 見たの 8 持って, 私が, 覚えて 7 あった, あつた, して, そうである, そこに, 何か, 見たん, 見ました

6 [13件] あの男, そうな, それと, なった, 僕の, 彼が, 彼を, 持つて, 日本の, 死んで, 残って, 自分を, 見覚えの

5 [15件] あの人, あります, あると, あれは, そう云った, 今の, 判りません, 動いて, 外へ, 彼らの, 日本人の, 此處に, 見たという, 見届けて, 誰かが

4 [31件] あなたは, いいこと, お浦, ここへ, この点, これだ, そうだった, そうであった, そうです, そこには, その男, どこかで, なって, なる, もし私, 一の, 人を, 他の, 吾, 存在し, 彼らは, 意識し, 成功した, 本所の, 次の, 此の, 私を, 立派な, 自分は, 見覚えが, 頭が

3 [59件] あったの, ありますぜ, あるよう, おぼえて, これらの, さうし, さうだ, すべての, そうか, そうで, そんなこと, どこかに, なったの, なつた, わかって, わかりました, スパルタ式の, 一段の, 人が, 人声である, 人手に, 何かの, 信じて, 僕は, 入れて, 出て, 判った, 判って, 判らない, 姉の, 娘の, 存在する, 宇宙の, 当たって, 当時の, 彼れ, 彼女の, 彼女は, 我々の, 我国の, 拝見しました, 有つた, 注目に, 男だ, 男と, 知つてゐる, 知つて居る, 確かに, 秀子の, 私に, 私には, 美人である, 自分が, 見て, 見とどけて, 言った, 誰か, 違って, 間違って

2 [250件] あすこで, あったと, あった筈, あること, あるん, ある筈, あろう, いい, いたしますならば, いた筈, いつもある, おあずかり申した, おいでに, お前の, お持ちなさい, お渡し, お筆, お預り, かかるもの, かれの, きのうの, こいつは, こうという, ここには, ことも, この世に, この男, この眼, この私, この部屋, これら渇き, ござります, さうと, さう云, さう言, すぐれて, するため, そう云っ, そう見えた, そこへ, その原因, その声, その女, その精神, その蝶々, その辺, それだ, それで, それらの, そんな木, ない, なりました, なるだろう, ほんとうの, わかったが, われわれは, ポケットに, マズク今でも, マリユスの, 一人の, 一便法である, 一歩を, 一理は, 三人で, 三百兩, 世の中には, 中世紀, 主人の, 主人は, 事実である, 二つの, 二個の, 二十匹だった, 二階の, 云へる, 五寸は, 亡霊の, 交つて居る, 人ごみの, 人であった, 人の, 人並み以上に, 人聲である, 人間じゃ, 人間であった, 今日の, 伊藤侯の, 何かが, 何かを, 何人も, 俺の, 俺は, 偉大の, 僕に, 僕を, 光子さんです, 入浴し, 其の午後, 其時です, 内から, 内閣の, 出来る, 出鱈目である, 判らなかったが, 前述の, 劣る, 北海道の, 受け取って, 受け取りました, 右の, 向田大尉と, 向田大尉殿でありました, 君の, 君を, 否, 四たび声を, 増加する, 外から, 多襄丸, 夢では, 大きい幸福, 天才です, 太鼓の, 失望の, 奈良朝に, 奨励金は, 女は, 完全な, 寝て, 尊敬に, 小三郎の, 少くとも, 少しも, 居た筈, 帰って, 幸福な, 幽霊では, 床の, 当り障りの, 彼らに, 彼等の, 必要な, 怖ろ, 思って, 怪物である, 悪魔的な, 悲しむべきこと, 愚かな, 我が国の, 我を, 或る, 手ごたえが, 手を, 承知した, 持ちんか, 持て, 掴んで, 政治上の, 斬って, 斯う, 新らしい, 最初は, 有益な, 未開は, 本の, 本人の, 本当の, 来て, 東洋の, 極めて異常, 正しい, 此處へ, 殺されて, 毛沼博士の, 水腫病を, 海の, 湯に, 滑稽で, 無い, 無上の, 燃えて, 犯人は, 狐の, 狐猿の, 生命の, 生命は, 男, 男です, 目下に, 真理を, 眼が, 知ること, 知者の, 短ホ調, 神の, 秀子だ, 私と, 笑いました, 置いた筈, 美しい, 聞いた, 聞いたの, 聞いて, 聞えて, 聞き覚えが, 自分も, 自宅で, 船の, 若い女, 蟇の, 表の, 見えます, 見えるの, 見せて, 見たこと, 見たよう, 見る事, 見届けたと, 見届けたもの, 見当が, 見当は, 見憶えの, 見覺, 覚えが, 親の, 記憶し, 認めて, 誤謬は, 誰の, 豪いです, 足は, 車内に, 農商務大臣の, 進歩的な, 運動場の, 道を, 酔心地とでも, 鍵を, 鑑賞上の, 閉つてゐた, 閉めて, 閑静である, 關係が, 阿多多, 非常に, 面白かった, 音が, 首を, 驚く可, 黒い色

1 [2832件 抜粋] あいた, あそこの, あったこと, あったよう, あなたが, あのかた, あの呪い, あの扉, あの村田平造, あの画, あの辺, あの魚, ありましたわ, あるその, あるらしいが, ある特定国家, いい事, いささか意気銷沈, いたはず, いまかの, いること, いわゆる第, うまく行く, おかしく思われた, おのずとふえ, おりました, お上役人としての, お前のだ, お君, お嬢様を, お持ち, お正, お花さん, お通しし, かういふ言葉, かかる現象, かなり多勢, きわめて怜悧, こういう言葉, ここから, こっちの, この一年, この事件, この作, この双, この女, この寺内, この所謂, この機械, この理論, この禍い, この親父, この迷路, この錠, これです, これらしい, ございました, さうかと, させすべて, されて, したよう, しぼれるでしょう, すくなくとも本質上, する必要, そいつは, そういうもの, そういった, そうかも, そうでした, そう信じ, そう書い, そう見ました, そのこと, その一人, その主, その人相, その例外, その午後, その子供, その感, その時どき, その欠点, その白い長い, その話術, そりやあ, それだけの, それよりも, そ云つと, たとい私, ちゃんと立て, つなぎ捨てられ, とれる見込み, どんぶりの, なく勤労, なったばかり, ならず何心, にたりと笑った, はなはだ驚異, ほんたう, また国民的, まれに, むしり付かれたと, もう寢ん, もっと芸術家, やって, やれるの, よいの, よく似せ, りっぱな, わかるの, わたくしが, ゐたか, アプレゲールと, オウオソ基督教会の, キリスト教的の, グヰンが, シナから, スイコ中の, チベットは, ドーブレクだ, パチノと, パリ仕込みです, ヒサイダさんの, フランシスを, プルウストは, ムツか, ラサ府の, ルリさんで, 一と, 一個の, 一回だけ, 一年間六十パーセントの, 一役受け持った, 一応別, 一本ずつ, 一緒に, 一般の, 七八千兩どうか, 三倍にも, 三十銭ぐらい, 三百両預け, 上出来であっ, 上等であった, 下町の, 不可能事を, 不幸と, 不義でない, 世界通用語に, 中流人を, 主張し得ない, 予期した, 事実の, 二三箇所から, 二十三文頂きました, 二度迄も, 二里余の, 互に反作用, 五十二枚, 亥刻半, 人である, 人口の, 人殺しの, 人間では, 仇討と, 今下車した, 今日だろう, 仏教的の, 他国人と, 会ったに, 伝道すべき, 住居と, 何よりも, 何名程, 作品の, 俗人である, 信仰を, 俺が, 偏見と, 傍に, 僕が, 僧形を, 儲かりますぜ, 先刻忍び提灯で, 先生の, 光明が, 入口が, 六分かかった, 其の部屋, 其處は, 円朝の, 凄じ, 出刃を, 出来る一軒分, 分った, 切られたん, 判らないかぎり, 判らねえので, 別の, 刮目すべき, 剣菱と, 加筆し, 効めも, 動いたん, 化け物の, 北方から, 十三夜稲荷と, 十数字, 千把または, 卑しい笑, 南高来郡大野木村郵便局留置と, 博士は, 又一つ, 反対の, 取ること, 受け取つたが, 古い傷痕, 可笑しい, 各国連合軍が, 吉原の, 同じ程度, 同氏の, 吐き出させました, 吸血鬼です, 呑んだ形跡, 咽び泣く泣声, 喜ぶべき現象, 四〇分の一まで, 図書館の, 国家の, 在った, 在るもの, 垂涎に, 報告に, 壮観を, 変です, 夕方清水堂の, 多くな, 夜会の, 大いなる疑問, 大きな二つ, 大したもの, 大勢の, 大胆な, 天平時代は, 太古の, 失望も, 奇月宗匠の, 女下駄らしい, 好事家の, 妊娠です, 妙子は, 姉という, 婦人の, 孔雀や, 学生達が, 安価で, 実によく似, 害に, 密接な, 寢卷それに, 将軍家定の, 小さな共和国, 小太郎さんだ, 少年俳優中の, 居合は, 山野の, 峯吉に, 川下の, 左樣だらう, 己を, 市野さんに, 常規, 幕府の, 平常と, 幸福者である, 店に, 建って, 弥生の, 強い詠嘆, 当寺, 彼に, 彼女が, 彼奴は, 征服の, 御存知の, 御隠, 心狂える, 快活を, 思はれますがね, 怪しい, 恋人を, 恐ろしい船, 悪事であった, 悪魔どもの, 情款濃く, 愛から, 感ぜられるであろう, 憎い仇, 成りました全く, 成効と, 我ら自身が, 戦争で, 手ブラで, 手堪え, 手答えの, 才子では, 承知しました, 抽象的な, 拝見致した, 拵え物, 持ち直して, 持病の, 捺して, 握った自己, 支那人です, 教訓的意味が, 数日来変な, 文化も, 斑猫蕪作先生自身で, 新しい開拓, 新宿裏に, 日出雄少年の, 日本橋京橋神田本郷下谷浅草などの, 旦那さまに, 昔に, 昭和十三年四月十三日と, 時代の, 時間つぶし議論つぶしに, 暫く水浸し, 書いて, 最前坐っ, 有つたな, 有力なる, 本当であり, 来たん, 東京の, 板じん道へは, 柳生家の, 棺が, 極めて注目, 標本室の, 欄間に, 歌って, 正気の, 此方を, 武だ, 歩行運動である, 死んだあの, 死去の, 殺したもの, 殿下と, 気が, 気持の, 水車の, 江戸に, 決まらないらしかったと, 沢子の, 泥棒だ, 流るるボルタ, 消し難い, 深井が, 減少し, 渡したよ, 澄江だ, 灰の, 煙草入は, 爆薬の, 片手落です, 犠牲者の, 玉藻の, 現在より, 理解し, 生活経験が, 申された, 男との, 畠であろう, 異人の, 異色篇と, 発明する, 白地で, 百に, 皆は, 目あてが, 相当の, 看護婦は, 真理であります, 眼であった, 知っちゃ, 知らねど, 知り得たこと, 知れる, 社会組織の, 祖国の, 神秘だ, 秀子も, 私です, 私奴が, 科学的概念よりも, 稲川の, 空しいと, 突いて, 笑った, 等倫, 築き上げたり, 米連の, 紛れも, 結んで, 緊張し, 締めたの, 罪が, 置いたと, 美人と, 老婆と, 聖徳太子を, 聞いた人, 聞きとった, 聞き取ったが, 聞込み候間早々, 肢を, 膃肭臍に, 自分について, 自分達若き, 自暴自棄に, 自然科学は, 興味深いこと, 船を, 芝居は, 芸術的魅力であった, 苦手だ, 英蘭及び, 華やかな, 葉子だ, 著述も, 蝮に, 行くという, 袋探偵は, 襖の, 西風だ, 見おぼえが, 見きわめて, 見たんで, 見て取つたやう, 見とどけたん, 見出される, 見定めるには, 見届けては, 見極めが, 見詰めて, 覚えた, 観察を, 触知, 言はれよう, 許嫁は, 詩人の, 認めた, 認められた, 誓うか, 誤謬を, 謀叛が, 財政技術的に, 貴下の, 賊の, 贋金遣いだ, 起りそう, 足跡を, 農業に, 返して, 逃げたよう, 造られたあの, 進歩である, 道具を, 達せられるが, 遥かに, 都会生活を, 重荷であった, 金之助だ, 鈍麻し, 銘記に, 閂を, 開け放しで, 間違ってること, 関野氏の, 院長であった, 集まるです, 雪江さんだ, 震えを, 非凡過ぎる, 面白いと, 革命家どもの, 頂きました, 須永に, 頭脳優秀である, 顔に, 風俗壊乱という, 首の, 馬術よりも, 驚いた一人, 高輪に, 鮎川です, 黄八丈で

▼ 確か~ (931, 14.2%)

106 ことは 24 証拠が 21 証拠を 18 事は 17 んだ 14 証拠も 13 証拠は 10 ことを, のだ, 事実である, 筋から 9 ことが, ところは 8 のは 7 のです, もので, ものは 6 ようだ, 事実は, 記憶は 5 ものだ, ものと, もんだ, んです, 人から, 根拠が, 証拠でも, 證據が

4 [12件] ことと, ことに, ところを, ものです, ものに, 事が, 事である, 事を, 証拠だ, 証拠である, 證據は, 返事を

3 [15件] ことで, ところが, のである, もの, ものである, ものでございます, ものを, ように, 事実な, 事実の, 事実を, 存在が, 見当は, 記憶が, 証拠と

2 [43件] うちに, お静, ことだった, ことである, ことな, ことには, ことの, のか, のが, のを, ものが, ものさ, ものだった, ものであった, ものな, 事だ, 事実らしい, 京の, 品を, 所から, 手掛りは, 手掛りを, 手証を, 拠り所が, 方法と, 早さ, 本当の, 根拠は, 物に, 男だ, 目的も, 筋の, 紹介も, 線で, 者が, 見当も, 見解を, 記録が, 説明の, 證據だ, 證據を, 足取りで, 道は

1 [394件] お蔦を, お返辞, かぎりは, かつ周到, きまりは, こと, ことかね, ことじゃあ, ことだ, こととも, しかし非常, それで温かい, つもりな, つもりの, というもの, ところから, ところでは, のかい, のかも, のだろう, のでご, のでわたしたち, のでリュシアン・レヴィー・クール, ので一同, ので幸, ので急, ので曲, ので磯五, のに, のも, はつきりした, ままもがき, ものか, ものこれなら, ものだつた, ものだろう, ものであろう, ものでない, ものなら, ものには, もんじゃ, もんぢや, もんです, やうだ, やうです, ようで, ようである, ようです, わけだ, わけを, んだろう, んで, んでございます, んでしょう, んで火, カップボールドサービング・チェスト, ペンの, 一つの, 一事で, 一目撃者の, 一説に, 一隅を, 上にも, 上弓町き, 不在証明を, 不安な, 中に, 予想だらう, 事じゃあ, 事実だ, 事実だった, 事実で, 事実であった, 事実でございます, 事実です, 事実と, 事実として, 事實と, 事柄を, 事物であります, 交通機関は, 人が, 人だ, 人であったら, 人であります, 人と, 人なら泊める, 人に, 人にだけ, 人の, 人よりも, 人を, 人を通して, 人員を, 人物だ, 人物という, 人間, 人間だ, 人間である, 任受の, 伝えを, 伝手が, 伝説の, 位置と, 例ある, 例に, 例は, 価値の, 保証は, 信念を, 俳優修業を, 傑作である, 傳手が, 優さしい, 兆候が, 公共的地盤を, 具足師が, 典拠を, 内諾も, 写実を, 出所を, 出来事では, 判断が, 判断は, 判斷は, 刻み, 劇的才能が, 力強い作家, 助手を, 動作だった, 勘にな, 友だ, 反響を, 史実が, 史料を, 商売は, 国境という, 地位に, 地盤の, 均合と, 報告を, 報道は, 場合においてのみ, 境界が, 墓はねえ, 声音で, 大事な, 女を, 奴な, 姿を, 婚約を, 子で, 字は, 存在であろう, 学者から, 学術的な, 学説と, 安居院の, 安泰との, 実証を, 客を, 宣言でございまする, 小男も, 小農地主の, 岩壁が, 差別の, 希望を, 常磐木の, 平和は, 底明る, 形で, 形落ち着いた, 後援者と, 後援者なし, 後立ても, 御声, 心で, 心と, 心の, 心得も, 心理の, 想像は, 意味が, 意味の, 意見を, 意識が, 意識に, 成算と, 所の, 所は, 所を, 手応が, 手懸りが, 手紙を, 手証は, 批判力とを, 批評は, 技倆は, 技法とともに, 把握は, 投資は, 拍子で, 指標を, 接吻を, 描写に対して, 政見を, 教授法は, 教養を, 數が, 料簡を, 新聞記者であった, 方法が, 方法だ, 方法な, 方法は, 方法を, 日付けが, 時分, 時刻を, 書籍目録にも, 書面が, 最新の, 望みを, 期待に, 本とは, 本は, 根底が, 根拠からは, 根拠の, 根拠も, 楽しい事業, 構図を, 様である, 様子で, 横風が, 正守, 歩みを, 歩合を, 歩調だった, 気が, 気持に, 沈黙の, 洞察力を, 演出を, 無神論者では, 物でございまし, 物です, 物的証拠って, 現場不在證明が, 理性を以て, 理由は, 理由も, 生命を, 生活は, 生證人, 由来の, 男でございます, 男です, 男と, 的は, 的も, 目当ても, 目標です, 相棒を, 真実は, 真理が, 眼が, 眼で, 瞳には, 矢の, 矢風に, 知識を, 石仏で, 研究が, 社会生活建設の, 積極的な, 筆でない, 筋として, 筋とは, 筋へ, 筋も, 答へを, 系圖を, 紹介が, 組織の, 結論が, 結論で, 結論であった, 結論の, 縁切りは, 美しいもの, 美しさ, 考の, 者か, 者と, 者ばかり, 者を, 聞書も, 脚取りを以て, 腕が, 腕を, 腹応えを, 自信あり, 自信が, 自信に, 自信は, 自己を, 舞踏病です, 船頭を, 芯を, 蔵に, 蘆の, 術だ, 西行の, 要素な, 見当が, 見覚えが, 見込が, 見込みが, 見込みも, 見込を, 解決は, 解説とは, 解釈の, 計算だ, 計算を, 記憶により, 記憶力を, 記録といふ, 記録には, 記録も, 診断を, 証が, 証人が, 証人だに, 証人である, 証人もござります, 証拠, 証拠あります, 証拠さ, 証拠です, 証拠という, 証拠として, 証拠に, 証拠の, 証拠はねえ, 証拠品も, 証明が, 証明を, 話が, 話じゃ, 話だ, 話で, 話と, 話は, 話を, 認識は, 認識を, 説が, 説では, 説の, 説を, 説明が, 調べは, 調査の, 論拠は, 謎が, 證人が, 證人もござります, 證據さへ, 證據でも, 證據と, 證據に, 證據も, 豊臣秀吉の, 責任ある, 足どりで, 足を, 近道であります, 返事さえも, 返事は, 返辞を, 通行券だ, 道しるべが, 道として, 道伴を, 醫者に, 鉛活字は, 鑑別を, 間違ひ, 頭, 骨の, 高台が, 點全

▼ 確か~ (165, 2.5%)

8 と思う, よ 7 が, な 64 がその, がそれ, と思っ 3 ぜ, と言, わ 2 から, からお, がそこで, ぜ八, ぞ, とすれ, と云う, と思います, と感ずる

1 [90件] からと云う, からな, からね, からまず, からよ, から一番身許, から旅館, から此, から母様, から無論, があの, がきょう, がこの, がさ, がさて, がさりとて, がしかし, がしかし今, がそこ, がその他, がその後, がそれでも, がただこうして, がと医者, がなん, がもう, がやや, が一体, が因果, が実は, が寺名, が戸籍, が最後, が朱実, が東京, が樹, が殺し, が没, が目, が眼, が結果, が絵馬, が自分, が若, が葉子, が語尾, が遊び, が道庵先生の, けれどあやふや, けれどもインテリ, ことに左, しお, し一座, し初江, し女学校, し宅, そうだ, そうであります, たとえ切り, つたで, といえよう, といわれ, とおも, としてさて, とその, とだけつけ加え, とはいっ, とは思えない, ともさ, と云, と云つて, と云われました, と信じよう, と思えました, と思った, と思つて, と思ふ, と考え, と金太郎, と間違ひも, なんてそういう, な三万五千両, ネだが, 到底余, 安心する, 相である, 神妙に, 藻西は, 親の, 酒も

▼ 確か~ (96, 1.5%)

17 はない 5 あつた, せう 3 はなかっ 2 あつて, おざろう, ござります, さう, 江戸の

1 [56件] あとは, おいででしょう, おろおろし, かくも, ここに, この匂, ござりまする, ごぜえます, せうか, そこを, そのこと, その事実, その十一番目, その辺, それは, そんな時分, たとえばウジムシ, どれだけが, はありません, はある, はなかつた, はなかろう, もうどれ, よく動く, チェスタートンには, 丁度番頭, 二度までは, 伊勢町に, 何んの, 何處へも, 勢よく, 台所へ, 外には, 外交官など, 存分に, 就中官兵衛を, 店にも, 彼が, 復讐の, 或る, 札旦那の, 殘る, 派手な, 深い現実観察, 瀬越との, 特に年, 男前が, 皆さんが, 米友としては, 美しいが, 翌る, 至って安らか, 行衞は, 軍陣その他の, 速いか, 顔には

▼ 確かです~ (61, 0.9%)

14102 から, がそれ, ぜ, ね

1 [29件] かえ, からこの, からそつ, からむしろ, から何處, から古, から小川君, から深見さん, から米友, から飛び出した, が, があれ, がかう, がボク, が下手人, が何ん, が何心, が本質, けれどももしかして, けれども女, しまた, とも是, と牛, ねん, よ親分, わい, 其所から, 夫は, 数万の

▼ 確かである~ (60, 0.9%)

3 ことを 2 のでなく, のみでなく, ように

1 [51件] か, かあまり, から, からその, からそれ以前, からである, から二週間, から粗雑, から豊年, か自分, が, がこの, がこれ, がそれだけに, がそれでは, がつ, がスモッグ自身, が久しく, が動物界全体, が同時に, が幼年時代, が様式, が氷, が浅間, が特に, が移り気, が裸体美, けれどどう, ことは, こと乳は, しさ, しそれ, という, ということ, といっ, といふ, とか直接, としてもそれら, とは斷言, と云, と近所, どの地点, に過ぎない, ので馬賊, のにこれ, 余の, 印象批評が, 即ちロッツェ自身, 彼らの, 是だけの, 誰か

▼ 確か~ (56, 0.9%)

6 がある 4 をもっ 2 だと, を持っ

1 [42件] あのよう, うである, うやつ, う仰, から見, がそこ, がわかる, が足らない, でいつか太陽, では劣る, で信じられる, で前, で多く, で心, で手型, で支えられた, で調べ, とあくまでも, という, とかピント, とがある, と淋し, において強く, につれ自ら, に感服, のため, の自信, はこの, はたしかに, は二人, は恐ろしい, は持っ, は持つ, は最後, は紫式部, もない, をもつ, を思はせる, を持ち始めた, を示し, を科学, 力強さ

▼ 確かには~ (49, 0.7%)

3 わかりませんが, 判らなかった, 判らなかったが 2 判らないが, 判らねえ

1 [36件] いえないが, おぼえません十一位, わかって, わからなかった, わからなかったが, わからねえが, わかりません, 信じかねて, 分からないが, 分かりかねますが, 分らない, 分らないが, 判らない, 判らないの, 判らないので, 判りません, 判りませんが, 判断が, 判断できなかった, 宮も, 憶えて, 映じて, 決まらないので, 申されませんが, 申し上げられませんが, 相判りませぬ, 知らないが, 知らなかったの, 知らぬが, 知らねえが, 知られて, 知りませんが, 知れない, 解りませぬけれども, 違いない, 違ひなかつた

▼ 確か~ (40, 0.6%)

2 おしなさえよ, とした, 約束せん, 者らしい

1 [32件] あつた, おし, しろい, とおさ, とつら, とは分りませんでした, と励ん, と咬み付く, と噤ん, と地上, と抱き合い, と捉え, と握っ, と正直, と疑い, と白耳義, と能動的, と自信, と自分, ね, 其角に, 力あり, 大きい口元, 心に, 懐に, 捉まっ, 歯を, 男らしくよ, 相談し, 者の, 者らしく, 食事し

▼ 確かりし~ (39, 0.6%)

5 てお 4 て下さい 3 ておくれ 2 ておく

1 [25件] たまへ, て, ている, ていろ, ておくれよ, てくれ, てくれなくっ, てすべっこい, てよう, てゐた, てゐなけれ, てをり, てをりました, て呉れ, て居, て居た, て居なく, て居ます, て居られた, て居ります, て居れ, て来, て来た, て歩かんで, て水

▼ 確か~ (34, 0.5%)

3 見て 2 覚えて

1 [29件] ききとれない叫喚, したこと, したなら二三春, した貴方, せられ最も, そちが, ついて, つかんで, なった, みゆる, 口留を, 岩角へ, 巻き付けて, 思うが, 思はれた, 思われた, 思われるの, 承知しおくべきだ, 抱きついた, 押えては, 捉えて, 握り金剛力, 棧の, 知って, 結へ, 肯定した, 茎に, 見極めたらしく巨, 言った泥

▼ 確かりした~ (33, 0.5%)

2 ものでした

1 [31件] ところも, ものが, ものだ, もの普通の, マクシムに対する, 人で, 人です, 人物でありました, 信念が, 助太刀を, 口調で, 地歩を, 声が, 声で, 女で, 家は, 形が, 心に, 態度を, 方で, 根拠典故は, 気質について, 男らしいところ, 男らしい人, 眼付で, 苦労に, 認めは, 説を, 質の, 足固めが, 顔を

▼ 確かなる~ (30, 0.5%)

3 事実なり 2 希望と, 形静かなる

1 [23件] ことある, ことは, だけ真実, ところは, と辛抱強き, もの, ものたり, ものを, を感じた, 一説の, 事実を, 信念と, 品は, 存在であり, 存在である, 帰結に, 故に早い, 故に早く, 根拠は, 腕前を, 証拠を, 證據は, 遺跡も

▼ 確かでない~ (29, 0.4%)

1 [29件] から自信, が, がともかく, がなん, が一年中新鮮, が勝蔵, が同じ, が少なくとも, が恐らく, が日本出版協会, けれどもことば, ことである, ことに, ことは, ことも, ことや, と云う, のでファラデー, キャバレー・エトワールの, 事を, 以上何の, 感傷的な, 手術なんかは, 早さ, 時は, 研究を, 程に, 足どりで, 跡部は

▼ 確からしい~ (24, 0.4%)

2

1 [22件] から兎, がはたして, が値段, が嫡子隼人正, とし, とは云え, と考え, と考え得る, ね, のだ, のであります, のは, ものであっ, ものまで, もの従っ, もの從つてそれを, 一例を, 年は, 年齢は, 筋からの, 結論も, 説を

▼ 確かなら~ (16, 0.2%)

2 鉛筆の

1 [14件] こんど田代さんの, しむることには, どうぞもっとその, どんな人, なぜ家宅捜査, ねえ, ばオメオメ, ば勤, ば合祀, ば将軍家, まだまだ将来, 今迄に, 無論いい, 節廻しも

▼ 確か~ (13, 0.2%)

3 ようです 1 ところは, やうである, やうです, ようじゃ, ようだ, ようで, 事として, 勝を, 問題である, 証拠あっ

▼ 確かであり~ (12, 0.2%)

1 [12件] あの晩兩國橋, かつ今日, そのため, やはりわが子, 他の, 同時に供物, 後者と, 最上川の, 水に, 私が, 言わば二つ, 詩情も

▼ 確かこの~ (11, 0.2%)

2 近所に 1 ように, 三度目の, 中だ, 中に, 家の, 時が, 柏翁で, 管下だった, 辺やった

▼ 確かであろう~ (11, 0.2%)

31 がそれ自身, が家持, しその他, し蘭州, という考え, と信ずる, と思った, な

▼ 確かその~ (10, 0.2%)

1 ころ漱石は, 内三枚ばかり, 春の, 時の, 時分であった, 時君が, 翌々晩と, 頃もう, 頃六つだつた, 頃流行ったらしい

▼ 確かだった~ (10, 0.2%)

1 かどう, から彼ら, がそれ, が眼, とある, のでございましょう, ので佐原君, んだ, 兄は, 時に

▼ 確かだろう~ (10, 0.2%)

3 な, ね 1 とも思われる, と思った, ねダビット, ネ

▼ 確かでも~ (9, 0.1%)

4 あり又 1 あつた, ないのでの, 娘を, 年寄の, 広く実際

▼ 確かあの~ (8, 0.1%)

2 近所に 1 人が, 冬が, 十三四日の, 湯屋から, 煙の, 男は

▼ 確かりしろ~ (8, 0.1%)

2 創は 1 よ, 今傷口, 兄さんが, 八もう, 善公, 狐にでも

▼ 確か~ (7, 0.1%)

3 どうか 1 え, どうかは, どうかを, 八

▼ 確かであっ~ (7, 0.1%)

1 てあの, てむしろ, ても物質的方面, ても苦しい, て毛利等, て短い, て自身

▼ 確かでなく~ (7, 0.1%)

1 ちゃあね, とも想像, 単にこの, 是が, 書物で, 近江輿地志略二十二の, 餓えと

▼ 確かであった~ (6, 0.1%)

1 からわかろう, が敵, けれどお, そうです, と云う, 時代が

▼ 確からしく~ (6, 0.1%)

1 お六, もあり, も思われる, 切つ尖, 女らしいといふ, 顎や

▼ 確かであります~ (5, 0.1%)

1 から古い, がさて, がそれ, それだけを, 唯どういふ

▼ 確かとは~ (5, 0.1%)

2 申し上げられませんが 1 云はれない, 申されないの, 言えないまでも

▼ 確かりやっ~ (5, 0.1%)

2 て呉れ 1 てお, てもらいたい, て己アお前

▼ 確か~ (4, 0.1%)

1 夏, 打ちに, 葉と, 辻と

▼ 確かそう~ (4, 0.1%)

1 でございましたな, でござんしたねえ, にいいました, 仰しゃいましたね

▼ 確かでしょう~ (4, 0.1%)

21 か, この辺

▼ 確かなれ~ (4, 0.1%)

1 ばこそ僕, ばよほど, ば幹, ば確か

▼ 確かにも~ (4, 0.1%)

1 わからないが, 一つの, 巻かなん, 脈ぞ

▼ 確かにより~ (4, 0.1%)

1 よいこと, 多く熱心, 富むであろう, 普遍性を

▼ 確かむべ~ (4, 0.1%)

1 きでありしかる後, きよすが, き有力, し

▼ 確からし~ (4, 0.1%)

2 さを 1 さ, さのみが

▼ 確か去年~ (4, 0.1%)

3 の秋 1 の事

▼ 確かあった~ (3, 0.0%)

1 と覚え, ようだった, ように

▼ 確かそこ~ (3, 0.0%)

2 にある 1 には算哲様

▼ 確かそれ~ (3, 0.0%)

1 はごく, は人智, は散歩

▼ 確かだらう~ (3, 0.0%)

1 と思ひます, と思ふ, よ

▼ 確かでございます~ (3, 0.0%)

1 から品, が顔, 十二支組の

▼ 確か~ (3, 0.0%)

1 知らぬが, 確かも, 確か物の怪は

▼ 確かりしなまし~ (3, 0.0%)

2 よ花魁 1 よおま

▼ 確か五月~ (3, 0.0%)

2 の六日 1 の満月

▼ 確か~ (3, 0.0%)

1 の腕, の薬指, の衣兜

▼ 確か~ (3, 0.0%)

21 といっしょ

▼ 確か~ (3, 0.0%)

1 が八犬伝, が高等小学, の

▼ 確かあなた~ (2, 0.0%)

1 の御, はお父さん

▼ 確かありました~ (2, 0.0%)

1 ッけ, ツけ

▼ 確かある~ (2, 0.0%)

1 年の, 花曇りの

▼ 確かこれ~ (2, 0.0%)

1 じゃろが, だけは風精

▼ 確かじゃ~ (2, 0.0%)

1 ないの, よ

▼ 確かそんな~ (2, 0.0%)

1 事が, 例が

▼ 確かだって~ (2, 0.0%)

1 ことが, 評判だ

▼ 確かだつた~ (2, 0.0%)

1 が母, よ

▼ 確かでございましょう~ (2, 0.0%)

2

▼ 確かでなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならぬ, ばまた

▼ 確かで御座います~ (2, 0.0%)

1 がトテモ千両, 十二支組の

▼ 確かとしても~ (2, 0.0%)

1 その頭脳, 工場の

▼ 確かどこ~ (2, 0.0%)

1 かで見た, かで触った

▼ 確かにかの~ (2, 0.0%)

1 石であった, 藻であった

▼ 確かにを~ (2, 0.0%)

1 ばさんらしい, りました

▼ 確かまだ~ (2, 0.0%)

1 一二枚は, 武者小路氏の

▼ 確かむる~ (2, 0.0%)

1 を得べし, を要す

▼ 確か~ (2, 0.0%)

1 にお, にともかく

▼ 確か~ (2, 0.0%)

1 ねんなあ, のんで

▼ 確かりしなはらん~ (2, 0.0%)

2 かいな

▼ 確かりせ~ (2, 0.0%)

2

▼ 確かり遣っ~ (2, 0.0%)

1 ておく, て下せえ

▼ 確かり頼む~ (2, 0.0%)

1 ぞい, よ

▼ 確か一昨年~ (2, 0.0%)

1 の冬, の夏

▼ 確か七時~ (2, 0.0%)

1 か七時半, でしたが

▼ 確か七歳~ (2, 0.0%)

1 だと, のお

▼ 確か三四回目~ (2, 0.0%)

2 の演奏会

▼ 確か三年~ (2, 0.0%)

2 か二年

▼ 確か両国劇場~ (2, 0.0%)

1 という芝居小屋, といふ芝居小屋

▼ 確か九月~ (2, 0.0%)

1 の俸給日, の末

▼ 確か二年生~ (2, 0.0%)

1 であった頃, の時独逸語

▼ 確か二時~ (2, 0.0%)

2 に新橋

▼ 確か五黄~ (2, 0.0%)

2 でございましたよ

▼ 確か何とか~ (2, 0.0%)

1 云はれたです, 云われたですね

▼ 確か先日~ (2, 0.0%)

1 から小さな, も申しあげ

▼ 確か十二月~ (2, 0.0%)

1 だったな, の十七日

▼ 確か十八~ (2, 0.0%)

1 で貨一郎さん, のはず

▼ 確か~ (2, 0.0%)

1 だったと, だつた

▼ 確か~ (2, 0.0%)

1 が朝鮮, の画題

▼ 確か女持~ (2, 0.0%)

1 には違, には違い

▼ 確か帝国農会~ (2, 0.0%)

2 の理事

▼ 確か広重~ (2, 0.0%)

2 も描い

▼ 確か~ (2, 0.0%)

1 依頼の, 自分の

▼ 確か明治四十三年~ (2, 0.0%)

1 にあった, にあつ

▼ 確か本年四月~ (2, 0.0%)

2 の四日

▼ 確か炉棚~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 確か自分~ (2, 0.0%)

1 を知っ, を知つて

▼ 確か花崗石~ (2, 0.0%)

1 を使った, を使つたルネサンス式

▼ 確か重明~ (2, 0.0%)

1 が五つ, が十

▼1* [323件]

確かあんたが最初, 確かいつか釘勘と共に石神堂, 確かいなかった様だ, 確かかういふ言葉だつた, 確かかなんて聞くよう, 確かかも知れません, 確かこうでご, 確かこういう言葉だった, 確かことごとく贋物の, 確かこんなように, 確かございませんでしたね, 確かさこれらの特質, 確かさそれへの即応, 確かさ厳かさ理知の均整, 確かさ文章の活, 確かさ自分の店, 確かアありません, 確かじゃあないわね, 確かじゃが俺の, 確かすぎていた, 確かそういう名前の, 確かたった今私が, 確かださらわれた娘と, 確かでありまして, 確かであれば表現, 確かでござろうがな, 確かでしてどなた, 確かでしたよ, 確かでなく生れた年は, 確かでむさぼるように, 確かといふものさ, 確かとしてそうし, 確かとの評あり, 確かなあり場所は, 確かなある物を, 確かなたとへ世の中, 確かなひびきをもって栄三郎, 確かならずと書い, 確かなら行って見ない, 確かな定まった一点の, 確かな寄りかかりであるまた姫君, 確かな弾き方は, 確かな殺される原因が, 確かな落ち着いた声で, 確かにけれども私共の, 確かにとその頃, 確かにとは言へ, 確かにわづかだ, 確からない, 確かまだ極つた名, 確かまるというわけ, 確かむることできずこれを確かめん, 確かむることを得なかった, 確かむる大敵ござんなれと, 確かむる證據には文選卷四十六任, 確かむれどもかく, 確からしくなって来る, 確からしくなるのであります, 確かりしないじゃいけない, 確かりしなさいよ此処, 確かりしなせえ, 確かりしねえ最う波, 確かりしねえではいけません, 確かりせえと云っ, 確かりせえたって私, 確かりつかまって, 確かりなさいよ, 確かりにぎっている, 確かりやらなければならない, 確かりやるが宜, 確かり仕入れて以前, 確かり伺いませんでは困ります, 確かり取り込んで鳥越, 確かり定まってのこと, 確かり承りに来ました, 確かり抱いて頂戴, 確かり押えて, 確かり押えるとあんた傍, 確かり持ちたくも此, 確かり持っておい, 確かり溜めてゐる, 確かり組み合せそれを, 確かり絞られたことだらう, 確かり致せよ命数, 確かり遣り玉へと, 確かり遣りたまえと奨励, 確かり預かって置い, 確かアダルベルト・シュティフテルとか云, 確かアレキサンドリヤまで往つて其處, 確かイリノイス州出の愛嬌, 確かインドシナあたりまでは飛ん, 確かエレン・ケイがかう, 確かゴルフ場がある, 確かザルコリの音楽会, 確かジムバリストの演奏会, 確かゾイリアの首府, 確かチャリネの前, 確かパリの下町娘, 確かフランス人と思います, 確かブランデスであつ, 確かブルツクスの当選, 確か一二度警察へ呼ばれた, 確か一八二六年にボルドー, 確か一円だったと, 確か一円二十銭ばかり借用, 確か一回分しか呑まなかった, 確か一宇別になっ, 確か一幅盗んで, 確か一日と十五日, 確か七八十歳の高齢, 確か七時半頃にこの, 確か七月十一日死すとの, 確か三人の女達, 確か三人づれで若い衆が見えました, 確か三十円とか申し, 確か三十年程前, 確か三好学氏が付けた, 確か三年前で芋子村, 確か三日前東京からおいで, 確か三本揃へてあつ, 確か三百円余りの現金, 確か三萬位な兵, 確か上京して, 確か上塩町の一六, 確か不動尊を祀っ, 確かには電燈, 確か中国の, 確か中村嬢の声, 確か久米正雄氏と一, 確か九時十分頃だったと, 確か二三人は入, 確か二円五十銭で買った, 確か二十一年の十一月, 確か二十七だろう, 確か二十三日の日, 確か二十二のとき, 確か二十五日と二十七日, 確か二十五歳です彼女, 確か二十四代まで計算, 確か二十年ばかし前, 確か二十歳の筈, 確か二尺も長い, 確か二日目の晩, 確か二本目の銚子, 確か五百で其一部分, 確か五階にあっ, 確か亭主が妻, 確かの文学博士石橋智信, 確か今年あたりからこれ, 確か今日から數, 確か仏蘭西租界の松本夫人, 確か以前読んだラスキン, 確か以前私がここ, 確かかの草紙, 確か修善寺あたりの球突塲, 確かにも尻尾, 確か倭文子さんです, 確か停車場へ荷物, 確かなんかありませんでした, 確か立派な, 確か元治元年の甲子年, 確かは気比宮, 確か八十を越し, 確か八十一ぢやつたかな, 確か八月末頃の午後, 確か六七人もあったでしょう, 確か六曲屏風だったと, 確か六月の事, 確か其處へ入れた, 確か初日から五日目, 確か脚には, 確か前後して, 確かで切られた, 確かお町奉行, 確か医薬分業でしたつけ, 確か匿名でしたつけ, 確かでしたよ, 確か十一時半頃だったろうと, 確か十一月の曇った, 確か十七貫くらいだろう, 確か十九だったね, 確か十九日とかいわ, 確か十九歳にはなつてる, 確か十二人同じ姿, 確か十二度も読み返しました, 確か十五の年, 確か十五名あると, 確か十人が三人, 確か十時三十五分でした, 確か十時半頃でしたか, 確か十時頃に終った, 確か十歳頃だつた, 確か十畳の座敷, 確か千五百円だしたぜ, 確か千葉とか言, 確か博士は室, 確か原嘉道氏が発企人, 確かを篁守人, 確か和辻氏なども指摘, 確か咽喉部に何, 確か喜怒川の緑さんの, 確か四代目とかいった, 確か四日目のこと, 確か土岐哀果氏の歌, 確かの八時頃, 確かの手記, 確か殿様が, 確か大人に教はつたま, 確か大正十一年の夏, 確か大正十三年と大正十四年, 確か大連に旅行, 確か大門行だったと, 確か天王寺の境内, 確か天真揚心流だった, 確か太平洋戦争勃発の一年, 確かが来, 確か安政午年の十二月, 確かを出た, 確か密旨が三個, 確か小学校の二, 確か小宮君が三重吉, 確か左手の吊, 確か康頼様の都, 確か廊下の左側, 確かへ入ろう, 確かの辺, 確か慶安四年の騷ぎ, 確か投げ槍小六という, 確かを切っ, 確か数学だけは隣, 確か数年前にその, 確かへ歳四つ, 確かう叫んだ, 確か早く別れたから, 確か明治三十五六年の頃, 確か明治二十九年か三十年, 確か明治二十九年頃にはもう, 確か明治五年でした, 確か明治四十二年の事, 確か昨夜非常に遅く, 確か昨年の秋十月, 確か昭和三年であったと, 確か最初地下室に忍びこんだ, 確か本年六十五歳になられる, 確かの上, 確かている, 確か東京高裁に勤め, 確か東西一千米突南北二百米突の広, 確か柄長であったと, 確か某家の飛鳥山, 確かの咲く, 確か梅三郎の乳母, 確か正親町卿からお, 確かの室, 確か此ぎりの短い, 確か此人の連名, 確か武侠世界という雑誌, 確かの薬, 確か死んでしまった, 確か毎月裏寺町で開かれ, 確か水道端町だと, 確か河瀬真孝子が公使, 確か法師髪の馬, 確か法師髮の馬, 確か波蘭土系の詩人, 確か洋袴の隠し, 確か深川中探したって, 確か満州の調査機関, 確か漱石氏は高浜, 確か瀬川でしたツ, 確か片路で二十六銭, 確か物の怪は今, 確か独法だつたかと, 確か獲物は動けず, 確か王次回の疑, 確か甚内と名乗っ, 確か生存者の象徴, 確か番号は五やつ, 確か痴人夢を説く, 確か白い木地は, 確か真壁の仙太さん, 確か祇園だったと, 確か神戸の聚楽館, 確か秀子は居ない, 確か立派な書籍, 確か竜居秘書だつた, 確か総武鉄道の社長, 確か総理を務めた, 確か美作のお, 確か翌年の正月, 確か芭蕉だと, 確か若殿様の十九, 確か菊池寛氏だつたかと, 確か奉とか, 確か蔵人はひどく, 確か西行は一週間位, 確か要る国が, 確か言問団子が隅田川, 確か國に, 確か講釈師に南窓, 確か谷底へ廻ったらしい, 確か貴下の先生, 確か貴女様は細川, 確か速度を最, 確か過ぎるのを, 確か遺筆として与えられた, 確か部屋全体は勿論, 確かを入れ, 確か野村儀造と仰, 確か長谷川栄次郎とかいった, 確か関東大震災の翌年あたり, 確か関西大学を罷めた, 確か雅叙園の局票, 確か震災前一二年頃からのこと, 確か青物町の, 確か鞍馬で百姓馬, 確か類焼の難, 確か飾ってある, 確か馬琴日記抄の跋, 確か驢馬に乗, 確か高井村のなわ手, 確か高等小学の一年, 確か鴛鴦だったと