青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「碁~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

砂糖~ ~研究 研究~ 砲~ 破~ 破っ~ 破れ~ ~破壊 破壊~ 硝子~
碁~
~確 確~ ~確か 確か~ ~確信 確信~ ~確実 確実~ 磯~ ~示し

「碁~」 1331, 14ppm, 7757位

▼ 碁~ (389, 29.2%)

41 打って 35 打つて 19 囲んで 15 打ちに 13 うって 11 打つ 8 打ったり 5 打つこと 4 打つたり, 打つと 3 うつて, 圍んで, 打った, 打つの, 打つやう, 打つ者, 教へて

2 [15件] うちながら, したり, そっちのけに, やって, やめて, 圍み, 打ちて, 打ちはじめた, 打ったこと, 打つかと, 打つたこと, 打とう, 観戦し, 調べて, 鬪は

1 [183件] うたれるの, うちついに, うちつづけ日, うちはじめて, うちましたが, うちバクダイ, うち出した, うち続けて, うち酔ひ, うったが, うったの, うったり, うってばかり, うつか, うつこと, うつの, うつほか, うつわけ, うつ友, うつ昼, うつ音, お打ち, お打ちなさいませ, お打ちなさる, お打ちなさるときゃ, お見せしたい, かこみて, かこむなどと, かみながら, さして, たしなんで, つづけて, つづける, なさいました, はじめる, はじめると, ば打給いし, また打ち, もうやめ, やっても, やめる, やらうか, やらないか, やりますか, やりますが, やり升田, やり常, やると, やるやう, 一局と, 七八番ばかり, 中途で, 二三番戰つた, 二回かこんだ, 二番打ち, 他巳吉, 初めた, 厳禁した, 善くした, 囲む悠長, 囲む音, 囲んだり, 圍みかけ, 圍むが, 圍むと, 圍むとも, 圍むに, 圍むの状である, 圍んだ, 圍んだり, 堂上に, 好むこと, 始めて, 始めるとき, 始め夕食, 学び自分, 学んで, 客と, 差したがる父, 差したがる男, 弄し, 弄びながら, 弄び九年俳諧, 思ふ彼, 打たしちや, 打たすの, 打たせたり, 打たせられて, 打たせ自分, 打たなくなったの, 打たなければ, 打たば, 打たれた座敷, 打たんか, 打ちさして, 打ちたいと, 打ちたいのに, 打ちたくば, 打ちつづける, 打ちながら, 打ちなすったという, 打ちはじめ, 打ちはじめました, 打ちはじめようと, 打ちはじめる, 打ちはじめるの, 打ちますか, 打ち世事, 打ち乍ら, 打ち乍ら溜息, 打ち出せば, 打ち始めた, 打ち将棋, 打ち暮した, 打ち終わりければ, 打ち興じて, 打ち茶, 打ち韻塞, 打ったせい, 打ったもの, 打った室, 打ってても, 打ってる, 打ってるのに, 打ってる人, 打つうち, 打つくらいが, 打つじゃ, 打つた, 打つため, 打つたらしい, 打つてたぢ, 打つても, 打つという, 打つとか, 打つにあたって, 打つのさ, 打つほどに, 打つよう, 打つらしいが, 打つん, 打つ事, 打つ以外, 打つ前, 打つ手は, 打つ時, 打つ時間, 打つ気, 打つ謡, 打つ響き, 打てば, 打てばい, 打とうか, 打とうってから, 打とうと, 打掛けて, 教えて, 楽しげ, 楽しむよう, 気分によって, 片付けました, 発明した, 眺めた, 眺めて, 知って, 知らず, 知らないから, 知らない者, 知らん者, 窺つてゐた, 終り十二時ごろ各自, 置いて, 習い覚えて, 習うと, 習えば, 習つ, 習ひ, 見せられるという, 見物し, 謂つて奕と, 闘わしてから, 非常に, 頼まれた

▼ 碁~ (195, 14.7%)

5 方が 4 勝負を, 方は 3 お相手, 性格が

2 [16件] ような, 先生と, 勝負が, 勝負に, 師匠だ, 強いの, 打ち手, 方に, 方にも, 方へ, 旅館の, 本を, 相手に, 相手を, 第一局, 話に

1 [144件] あいだに, うちで, うてる人いま, おはなし, お使, お手本に, こと, ことばかり, ことを, こと碁の, ごとき清戯, はなし碁の, ほうが, ほかに, まるまると, やり方を, アンチャン, カードを, タンデキは, トップを, 一局に, 一石を, 一石一石を, 上に, 下手糞だった, 世界化で, 世界化を, 世界化世界的進出を, 中途で, 主将を, 事だ, 人気は, 今は, 仕返しだ, 仲間だった, 会を, 先生だ, 出来栄えは, 初代名人が, 初段で, 前に, 助言の, 勝負あり, 勝負で, 勝負と, 勝負の, 勝負も, 半玄人, 友達であった, 古本は, 名人, 名人が, 名人力よりも, 名手で, 名手なり, 因縁とは, 圍みたき, 場合に, 大家甚八鋭い, 大手合, 天才が, 天才という, 好きな, 好季節, 定石と, 定石は, 定石を, 客が, 客だ, 家筋と, 審査役に, 対局の, 専門家は, 射ち廻し, 局面を, 師匠が, 席から, 弟子で, 強いこと, 御相手に, 復讐を, 性格は, 性格を, 戦法, 手が, 手でも, 手ほどきから, 手合わせを, 手筋に, 才が, 打ち方, 打てる人, 教授を, 新題, 方さ, 方で, 方であり, 方の, 方法は, 旅館である, 旅館と, 旅館とは, 旅館などと, 旅館もみぢ, 書物が, 本因坊戦と, 本筋が, 欄は, 爭ひ, 独り研究を, 用は, 盤なども, 盤面は, 目見えわかね, 相手だけは, 相手などを, 相手の, 相手は, 第一局目, 第一着手, 筋の, 素性も, 終盤を, 藤沢などは, 藤沢は, 藤沢九段素人五段安永君など, 術語で, 話, 話では, 話などを, 読みに, 趣味以上の, 途中に, 達人が, 選手の, 選手権が, 醍醐味だ, 闘ひ, 随想って, 雑誌に, 雑誌を, 音が, 音だ, 音は

▼ 碁会所~ (119, 8.9%)

3 というもの, の常連, の番人, をひらかせた

2 [11件] だけが生活, にいる, のよう, の前, の常連達, の老人, の連中, へき, へ来, へ通勤, をやりなさい

1 [85件] から帰っ, から最上, か何, が栄えない, が繁栄, が閉鎖, だったそこ, だつた, であった, でも出したら, でも気, でも開こう, でヒダ出身, で明らか, で相手, で知り合った, で碁, で自分, とはその, と選ぶ, などはひらかない, なら多士済々, なんて懲, にし, になつて, には必ず, に一番町内風景, に入りびたってる, に大勢人, に日参, に燃え, に現, のお世話, のお客, の一ツ, の主, の創設, の女, の奴隷, の娘, の師範代, の席主, の常連全部, の彼, の教師格, の相手, の看板, の繁栄, の若い, の親爺, の観念, はすぐ, はアマチュア, はヘボ倶楽部, は元来, は失敗, は帝大, は東京, は警察, は達人, へはいり込ん, へ入りびたり, へ常連, へ来る, へ現れ, へ現れる, へ行く, へ行つてみや, へ通う, もマンザラ, も帰る, も鳴動, やまたは, や友人, をやっ, をやつ, を創設, を占領, を看板, を立出, を開い, を開かせ, を開かせた, を開かせる, を開きたい

▼ 碁~ (68, 5.1%)

2 乱暴だ

1 [66件] あなた方に, いかがでございます, いくらか, お好き, ぜひ知っとく, その, ちときつ, ない, ほんの眞, まずいが, まずやめ, やらないの, ウワの, カラ下手と, コセコセしたらあかん, 上手で, 世話無しに, 世間の, 乱暴そのもの, 二段であった, 五級だ, 些とも, 仙中の, 何う, 僕と, 僕に, 兎角あと, 初段に, 勝つこと, 勝敗に, 危ないところ, 双方とも, 右が, 呉清源の, 堅実私の, 増淵四段に, 夕景から, 大変長い, 大雑把で, 好きで, 実際に, 実際初段, 強いかも, 強いの, 強い方, 強からう, 強し, 性格を, 我々は, 打たず盆栽, 打ち分け, 打てねえ, 最も玄妙, 本因坊五丁町には, 生れつきの, 相変らず, 知っとけきっと, 知りません, 秀吉よりも, 私の, 第一日目, 腕自慢だ, 負けぢや, 途中で, 長崎屋さんが, 非常に

▼ 碁~ (67, 5.0%)

4 夢中に 3 なって 2 ふけり本, 凝って, 於いて, 於て, 結びつけて, 負けて

1 [48件] かかれば, くらべて, こりかたまりて, なりませぬ, ふける折, へばり着いて, まぎらして, むかって, よせて, 仲の, 余念無しとぞ, 全力を, 六勝二敗二持碁の, 凝ったこと, 凝ったため, 凝つて, 凝る方, 向つたが, 夢中な, 女に, 心魂を, 打ちかかりし人, 打ち耽つて来客, 打對, 持って, 持つて, 於けるこの, 於ける呉清源, 於ては, 於てばかり, 気力が, 熱して, 熱中し, 移り互, 耽ったし, 耽って, 耽ってる洋介, 耽つて, 耽つて仕事, 耽ると, 腕に, 自信の, 興が, 見とれかの, 負けた手筋, 達し俳句, 遠ざかって, 限った訳

▼ 碁~ (63, 4.7%)

5 好きで 4 好きだ 3 お好き 2 あるもの, ヘタな, 好きな, 始まつて

1 [43件] お強い, こんなに流行, たきであった, たきでしたから, なによりも, はじまって, はじまつて, ひっくりかえって, ひっくり返って, まだ一局, ヘタだった, 上手なら, 優勢に, 分らないからと, 同じよう, 四級ぐらい, 四級ぐらゐで白痴に, 大好きだ, 夫婦喧嘩の, 好きであった, 始まると, 専らに, 常よりも, 強いくせ, 強かった, 強くなる, 成立しない, 打ちたいなら幸い, 打ちたきゃ二階, 打てたかね, 打てなくなるまで, 数えられる位, 東太が, 済むと, 終って, 終わって, 結局呉清源の, 行はれた, 行われて, 見たいと, 読売新聞の, 道楽で, 面白くて

▼ 碁将棋~ (42, 3.2%)

2 のたぐい, のよう, の音, はその

1 [34件] か寄席, ぐらい見, だかて, だと, でいうなら, では盤外作戦, で遊び, とか釣, とはその, などは十四, などは十四五, など色々, にはちやん, には定跡, には物見, に余念, のこと, の九段, の名人同志, の天才, の好き, の如き, の専門家, の話, の連中ぐらゐ, の類, は数学, または貸本, まで達者, よりは面白い, をよく, を打つ, を正式, を覚えりゃ

▼ 碁~ (29, 2.2%)

2 と同じ, の専門家

1 [25件] が実際, が詰碁, じゃア, だって自分, である, というもの, とどこ, と云つて, と云つて寺方, と素人, になっ, になんかなりません, に折紙, のアカデミシアン, の一人, の家庭, の方, の甚八, の間, はナデ切り, は天下, は碁, や将棋指, を訪ね, を迎え

▼ 碁でも~ (23, 1.7%)

3 将棋でも 2 うつ処, したら気, 打つて

1 [14件] うとうとここ, やる気に, やれると, やろうか, 何でも, 俳句でも, 囲もうか, 好敵手であった, 打たうか, 打ちながら, 打つ方, 打とうかと, 教えて, 結構たのし

▼ 碁~ (23, 1.7%)

1 [23件] いくか, いこう, きて, なったが, なってなあ, 來た, 同様その, 将棋と, 将棋は, 将棋を, 手を, 批評した, 来い, 来ては, 盆栽丈け, 笛と, 結び附けられて, 縁を, 聞くと, 言ふ, 詰将棋を, 謡曲と, 遠ざかって

▼ 碁~ (23, 1.7%)

1 [23件] が一軒, であつ, でこんな, で手合せ, に寝泊り, の世話, の常連, の掃除, の方, の番人, の番人関さん, の維持, は, はつぶれた, はノン, は同時に, へ例, へ引下がる, へ立ち寄, へ追, をやらせた, を別, を当日休業

▼ 碁~ (21, 1.6%)

3 将棋の, 将棋を 2 将棋でも, 将棋は

1 [11件] テニスには, 将棋と, 将棋や, 将棋よりも, 將棋にも, 將棋の, 書籍の, 相撲の, 詰将棋が, 詰将棋に, 麻雀は

▼ 碁~ (19, 1.4%)

2 将棋も

1 [17件] いっしょに, かなりに, かなり好き, このごろは, しては, すすまないと, それまで, やらず青筋, 今少時にて, 名人戦を, 打たず象棋, 打てなくなると, 打てば, 打てるぞ, 興ある, 謡も, 鬪は

▼ 碁~ (16, 1.2%)

1 [16件] から独り早帰り, がある, がございましょう, でもある, で一等賞, にで, にも出席, に使用, に出席, の翌日, へ行かず, よりも保健的, をやった, をやる, を催し, を縁

▼ 碁~ (13, 1.0%)

1 [13件] あつた, こいと, これは, その時佐吉, 一生きたえあげた, 凡そアカデミズム, 升田ときては, 夜明しを, 幾許かの, 江戸の, 腹が, 言えば, 黒白童子や

▼ 碁~ (11, 0.8%)

3 せられ葉 2 した民家 1 したるは, して, する, するありて, せるを, せるピアツツア

▼ 碁~ (8, 0.6%)

1 からツイ錢湯, から彼, から煙草, から私, と盤, 巧く, 碁だ, 花だ

▼ 碁など~ (7, 0.5%)

1 うって, 一向に知らん, 囲みて, 打ちはじめた, 打ちゐたるを, 打ち申して, 打って

▼ 碁には~ (7, 0.5%)

1 こんな法, なりませんもの, 出来すぎた碁, 勝つという, 四ツ目殺しという, 負けても, 負けないでしょうと

▼ 碁ばかり~ (7, 0.5%)

2 打って, 打つて 1 うって, でなく一切趣味, 打ち始める

▼ 碁という~ (5, 0.4%)

1 のが, ものが, ものに, ものは, 一筋の

▼ 碁友達~ (5, 0.4%)

1 であまり, でもあり, という以上, の旧, の集まり

▼ 碁好き~ (5, 0.4%)

1 と見え, な者, の墓, の如水, の隠居

▼ 碁~ (4, 0.3%)

1 双六みたいな, 将棋かが, 雑談で, 雜俳の

▼ 碁じゃ~ (4, 0.3%)

1 ない, ないこ, ないって, ない碁

▼ 碁などを~ (4, 0.3%)

2 打って 1 やって, 打ちに

▼ 碁なら~ (4, 0.3%)

2 碁に 1 ば其の, 女の

▼ 碁~ (4, 0.3%)

1 と見え, の中, を二つ, を取った

▼ 碁會所~ (4, 0.3%)

1 で手, の看板, へ顏, や床屋

▼ 碁~ (4, 0.3%)

1 がつい, ならべつつ, をよん, を覺

▼ 碁でした~ (3, 0.2%)

1 か, がその, が一隅

▼ 碁です~ (3, 0.2%)

1 から石, が隅, よ

▼ 碁といふ~ (3, 0.2%)

2 ものは 1 樂み

▼ 碁にも~ (3, 0.2%)

1 興が, 飽いて, 飽きて

▼ 碁~ (3, 0.2%)

1 の如く, を以て姑, を歛め

▼ 碁~ (3, 0.2%)

1 棊さては, 棊の, 棊同様慰み半分に

▼ 碁將棋~ (3, 0.2%)

1 の如き, まで何一つ, もやらない

▼ 碁~ (3, 0.2%)

1 に引入れ, を仙人, を創始

▼ 碁うち~ (2, 0.2%)

1 では大山, 混ぜたる入

▼ 碁だけ~ (2, 0.2%)

1 だらう, ならさ

▼ 碁である~ (2, 0.2%)

1 からまだ, からコミナシ

▼ 碁とは~ (2, 0.2%)

1 さてさて怖し, 思はなかつたが

▼ 碁なんぞ~ (2, 0.2%)

1 打ちやがって, 打って

▼ 碁について~ (2, 0.2%)

1 一つおかしい, 十枚ばかり

▼ 碁呂島~ (2, 0.2%)

1 となりし, は生み

▼ 碁~ (2, 0.2%)

1 らしいので, 比比珠江

▼ 碁将棋会所~ (2, 0.2%)

1 が四五軒, が軒なみ

▼ 碁~ (2, 0.2%)

2 の社

▼ 碁~ (2, 0.2%)

1 がやり, が怪しい

▼ 碁気違い~ (2, 0.2%)

1 じゃそう, だという

▼ 碁~ (2, 0.2%)

2 を用ゆ

▼ 碁~ (2, 0.2%)

1 では現在, は三連星

▼ 碁~ (2, 0.2%)

2 の臣

▼ 碁詰将棋~ (2, 0.2%)

1 でもなく, をとく

▼ 碁~ (2, 0.2%)

1 がやむ, の間

▼ 碁酒観劇~ (2, 0.2%)

2 などに日

▼ 碁~ (2, 0.2%)

1 でそして, を骨

▼1* [76件]

から私が, 碁へ打たなき, 碁すら打ち得なかったの, 碁そのものは喧嘩主義, 碁ただ一番に, 碁だったな, 碁だつたさうだね, 碁だの将棋だ, 碁って奴は, 碁でありつながる縁で, 碁ではございませぬ, 碁とか將棋とか, 碁とかいうものも, 碁なぞ打ったこと, 碁などで昼を, 碁なんかなすったから, 碁なんぞと云った風, 碁においてはもとより問題, 碁における呉清源の, 碁に対する凝り方, 碁ひとつ打てん, 碁までやるといふ, 碁よりもあなたの, 碁シノ生活ヲナサシムル者ト考フルガ如キハ現實的改造, 碁囲ムモノ両人側ニ侍衛スルモノ十数名ヲ, 碁一局打とうと, 碁の碁会所, 碁以外に父, 碁会席でありました, 碁会所クラブなど, 碁会所料理屋人がふたり, 碁作者として稀世, 碁倒しになっ, 碁を養いたい, 碁双六弾碁の盤, 碁同士の水彦土彦, 碁名人戦の定宿, 碁名局を置く, 碁天狗などに碁, 碁天狗どもが参覲交替, 碁家呉八段この独創的, 碁将棋それに, 碁将棋トランプ花フダ遊び道具を取り, 碁将棋マーヂヤンの室内競技, 碁将棋其外内外の新, 碁将棋双六を打つ, 碁将棋最上の長者, 碁将棋貸本細見などが散らかっ, 碁に似, 碁布羅列せる波斯民族, 碁の底, 碁へでも出かける, 碁の銭, 碁打たせ給ふと, 碁打つを見し, 碁打友達が來, 碁打朋友の医者坊主, 碁會所位のもの, 碁諸勝負, 碁気ちがいだ, 碁点点是羊牛摩天連岳明還滅, 碁に仕掛け, 碁独特の清澄さ, 碁が女, 碁界最高の権威, 碁監徳利亀八生井北風胸悪ハクショウ, 碁相手の於通, 碁磐縞の服, 碁を披, 碁象棋をも母五百, 碁輪投げ散歩デッキに設えた, 碁通し将棋なぞは昔, 碁道具一式そろえ初心者, 碁と女道楽, 碁をしまい, 碁麻雀煙草古い反故るい