青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「研究~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~石 石~ 石垣~ 石川~ 石段~ 石炭~ ~砂 砂~ 砂糖~ ~研究
研究~
砲~ 破~ 破っ~ 破れ~ ~破壊 破壊~ 硝子~ 碁~ ~確 確~

「研究~」 14801, 160ppm, 659位

▼ 研究~ (1706, 11.5%)

57 ために, 結果を 30 対象と 18 結果が 17 結果は 16 上に 15 結果に 14 ための 11 方法を 9 材料に, 結果から 8 ためには, 対象として, 歩を, 自由を 7 中で, 必要を, 材料を, 結果として, 結果の 6 余地が, 基礎を, 対象は, 方が, 方法に 5 一つの, 成果を, 方法, 材料として, 為に, 立場から, 自由は, 話を, 資料を

4 [15件] うちに, 一端を, 中に, 余地を, 内容が, 基礎と, 対象である, 対象に, 對象と, 方は, 方法は, 方法も, 最後の, 目的と, 道を

3 [30件] 一部として, 上から, 中にも, 余地は, 余地も, 便宜の, 内容を, 外に, 多くは, 対象を, 必要が, 手を, 方法が, 時間が, 歴史を, 流行は, 為めに, 爲に, 爲めに, 発表が, 発表を, 目的で, 経過を, 結果で, 結果である, 結果によって, 興味が, 話は, 重要な, 際に

2 [103件] うちで, おかげで, ことは, ことばかり, ことを, ためである, ためにも, ため本国へ, つまない, できて, やり口や, 一例として, 一助と, 一斑を, 主題を, 仕事でも, 何年間など, 価値ある, 価値が, 傍らに, 全體的見地, 凡てでは, 出発点として, 前には, 副産物として, 参考と, 場合は, 大に, 大望を, 大要を, 奨励を, 如何を, 完成に, 対象, 対象が, 対象たり, 対象物と, 形態を, 御手伝い, 御材料, 必要は, 態度から, 態度で, 成果には, 成果は, 指導を, 方に, 方へ, 方向を, 方法に対して, 方法の, 日が, 明白な, 最も熱心, 材料が, 材料と, 材料には, 柏村に, 根柢に, 業績を, 概念は, 権威である, 歩武を, 気運が, 為の, 為めであった, 特徴は, 発表は, 盛んな, 目標は, 目的である, 目的として, 目的に, 目的物は, 確実な, 種に, 第一人者たる, 第一期, 第一歩は, 範囲を, 精神が, 結果だけを, 結果と, 結果により, 結果や, 自由, 自由と, 自由の, 興味も, 若殿様, 要領を, 話, 話も, 費用に, 資料, 資料として, 資料に, 道は, 隙を, 面白さ, 領域が, 題目と, 餘地が

1 [955件 抜粋] あったこの, あるの, いい助言者, うちでも, おろそかなど, お話相手を, お邪魔, かたはら標本の, こころもちでは, ことである, ことより, ごとき伊勢物語, さかんであった, じゃまを, すすむにつれ, すべてを, その概念構成, たった一つ, ためあらゆる, ためか, ためだ, ためで, ためであります, ためでも, ためなどと, ためにとて, ためロンドンに, ため主人に, ため久しく, ため家族的の, ため展望車の, ため日本に, ため満, ため長く, つかれが, できたこと, できるよう, ないの, なかに, はかどりに, ひろばに, ままで, めざして, やうな, やり直しを, ように, イロハから, エッセンスとも, オルガノン, シリーズも, テーマが, テーマだけが, テーマを, ヒレどころも, フィールドが, プログラムを, モノメニアだつた, 一つだい, 一つは, 一と, 一例であろう, 一分科を, 一分野として, 一助に, 一大基礎たるべき, 一段落を, 一生を, 一章を, 一端に, 一般社会条件が, 一角から, 一部だ, 一部分たる, 一部分を, 一階程, 万国会議, 上からも, 上これを, 上でも, 上へ, 不備か, 不振が, 世界的権威と, 中でも, 中には, 中心であり, 中心に, 中心地であった, 中途において, 主な, 主体として, 主要な, 主題が, 久しく捗らなかつた, 事務局が, 事実あり, 五十年を, 人類的な, 仏教倶舎唯識三論も, 仕振りが, 仕方に, 仕方また, 仕栄, 仕残り, 代表的な, 任務は, 任務を, 体験で, 何ものたる, 余地ある, 使命を, 価値の, 便宜と, 便宜上勝手に, 促進そのものを, 俳優グループに, 偉大な, 傍, 傍ら茂太郎を, 充分に, 先駆を, 入門として, 全体を通じて, 全経過, 全過程, 具体的実行には, 内容は, 内部的な, 出來る, 出来なくなった理由, 出来るという, 出来る身の上, 出発を, 出發點である, 出發點に, 分野での, 分野に, 初期において, 初歩に, 刺戟などは, 刺戟を, 前途に, 副産物であった, 力を, 助けと, 助を, 助手および, 助手として, 助手を, 効果を, 動機が, 動機でした, 動機の, 区域を, 十分に, 原則から, 原則を, 原理が, 原稿が, 参考として, 参考までにと, 参考資料として, 及び叙述, 叢書の, 史料と, 史的發展の, 同じ卷, 名声赫々たる, 問題なり, 困難は, 土台と, 型である, 基底に, 基礎的条件と, 堆積が, 報告である, 場合に, 多くの, 大事な, 大先達, 大宝庫, 大家と, 大家ギャリック・マロレー大佐は, 大道に, 好き資料だ, 好題目, 如きは, 如き遂に, 如何に, 始まつたの, 始まりは, 学問的方法に, 学者も, 安全地帯だ, 完成という, 完成によって, 完成まで, 定らぬ, 実況を, 実践に, 実験に, 対極として, 対照試験に, 対象であった, 対象としての, 対象とも, 対象なる, 対象如何による, 専門家に, 小形な, 少しの, 届いた空間, 層を, 広い分野, 序幕と, 底を, 弊を, 当初に, 形の, 彼の, 後に, 後アメリカンハウス・オヴ・リプリゼンテーティブを, 御蔭で, 心で, 心構えは, 必要, 必要とを, 必要の, 必要も, 志が, 志を, 念を, 恒心とを, 意味は, 意義を, 態勢を, 態度の, 態度も, 懸賞金と, 成功を, 成果などは, 成果による, 手がかりを, 手伝いだ, 手伝いを, 手先に, 手引きの, 手掛りと, 手続を, 批評を, 指南車と, 指導者さえも, 挿話は, 推進が, 提唱と, 支払いによって, 数が, 整理を, 新時期, 方でござっ, 方も, 方向が, 方向においては, 方向や, 方法あるいは, 方法さへ, 方法であった, 方法でも, 方法として, 方法とを, 方法についての, 方法もしくは, 方法様式だ, 方法論という, 方法論は, 方針とか, 方針を, 方面が, 方面の, 旅を, 日本人留学生の, 時代を, 暇が, 書は, 書今は, 書類を, 最も斬新, 最も生きた, 最初の, 最後と, 最高頂が, 末大体こういう, 本を, 本流が, 机に, 材と, 材料の, 材料も, 栞, 根本精神の, 梗概を, 業績二葉亭四迷の, 概念の, 標本で, 模様を, 権威と, 権威との, 機会も, 機運の, 機関を通じて, 次第に我国, 正道に, 歩をと, 歴史の, 歴史的発展の, 段階では, 沿革を, 法は, 活動は, 流行せる, 浅いため, 浅さ, 源は, 激励の, 為しばらく, 為には, 為めと, 熱を, 熱力学的理論附け, 熱心家とて, 物理的方面の, 状態に対して, 状況を, 現状, 生活を, 産物とは, 由つて来たる, 発展に, 発表であろう, 発表と, 発足地を, 発足点は, 発達に, 発達史と, 白眉である, 目標である, 目的でなかった, 目的にな, 目的も, 目的実験的方法の, 目的物と, 相談相手ぐらいには, 看板を, 真髄, 眼を, 瞳を, 社会学を, 秘密, 種々の, 窮極目的に, 立ち場は, 立場の, 端初であった, 端緒が, 端緒を, 第一人者たるの, 第一歩, 第一歩に, 第一段, 第一着手, 第一要件, 第二期, 筋を, 筋道は, 範囲あるいは, 範囲は, 範囲外に, 精力を, 精神と, 精神に, 精神科学者の, 約三十篇, 素材と, 終りであっ, 経過は, 経験として, 結果, 結果いかんによっては, 結果この, 結果さえ, 結果そうだ, 結果だって, 結果どれほど, 結果について, 結果ほぼ, 結果より, 結果フランスの, 結果上層雲を, 結果久しき, 結果今は, 結果先づ江都県楊州の, 結果地球には, 結果孰れ, 結果実は, 結果彼は, 結果案出された, 結果概略を, 結果特別に, 結果疑問の, 結果私の, 結果美濃部学説は, 結果蚯蚓は, 結果迷信は, 結論として, 結論に, 続きを, 綱要的な, 総体を, 緒を, 繼續結果を, 老博士, 聞噛り, 職域以外としても, 能力を, 自由だ, 自由に, 自由学問の, 至らぬ方, 興味を, 著述としては, 行き方, 行なわれた結果, 行はれる, 行為の, 表現形式として, 衰微を, 要旨を, 計画書は, 設備などは, 許されし範囲内, 話し相手である, 話ばかり, 誌上に, 課題と, 論文として, 論文を, 諸労作, 諸部分, 謙遜な, 費用なり, 費用は, 資に, 資料と, 資料ならぬ, 資料は, 賜であっ, 賜を, 起りという, 足らざるに, 足らぬ所, 足跡は, 跡を, 踏み台と, 近況, 途上に, 途中夏休みの, 進めよう, 進展について, 進捗度が, 進歩が, 進歩に, 過程そのものの, 過程において, 道より, 道場と, 道程においても, 道筋なり, 選手を, 遺産と, 部門であります, 重要なる, 開拓者として, 間に, 間は, 間違って, 関わらざるもの, 陣立てに, 際鯉坂君は, 雰囲気と, 面白い著作, 面白味を, 順序を, 領域で, 領域においても, 領域を, 領野に, 題目は, 題目以外に, 高揚に, 鬼に

▼ 研究~ (1612, 10.9%)

173 して 33 進めて 30 やって 29 つづけて 25 続けて 17 した, すること 15 重ねて 13 始めて 11 するの, 始めたの, 必要と, 目的と, 積んで 8 しなければ, する, 発表し 7 したこと, やつて, 発表した, 続けること 6 した人, 始めた, 完成し, 行って 5 したの, した上, はじめた, もって, 始めること, 遂げて 4 すすめて, するもの, する場合, 助けて, 始めるの

3 [31件] したが, した結果, しようと, するため, すると, するには, するのに, するん, つ, つづけること, つんで, やるよう, 中止する, 主と, 企てたの, 加えて, 助くること, 十分に, 基礎として, 始めたが, 専門と, 怠らなければ, 発表する, 等閑に, 経た上, 要する, 試みて, 読んで, 進めた, 進めること, 遂行する

2 [74件] いたします, おろそかに, かいて, かさねて, されて, したもの, した事, した学者, した方, してを, しないから, しなくては, するが, するつもり, する人, つづけなければ, なして, はじめたこと, はじめること, まって, やめて, やる, 中止し, 乞うて, 依頼し, 出して, 出版した, 刺戟した, 始めたこと, 始めたところ, 始めたり, 始める, 完成させる, 完成した, 実行する, 専門に, 待つこと, 忘れて, 思い立って, 怠って, 怠つて, 怠るべからざる要点, 急いで, 本気に, 欠くこと, 止めて, 残して, 永久に, 發表し, 積み重ねるべく無駄, 積むこと, 終えて, 経て, 続ける決心, 致しました, 行ひ, 要したり, 要す, 要すべき問題, 要するところ, 進めようと, 進められた, 進めると共に, 進めるに, 進めるの, 進める一面, 進める上, 遂げた, 遂げること, 遂行し, 重ぬる, 重ねた結果, 開始し, 離れては

1 [838件 抜粋] あたま, あまりにも, あまり進める, うけもつて, うちきったほう, うちきれと, おさえつけないと, おつづけです, お向けなさる, お話したら, かぎつけられないため, かぎつけるよう, かさねた結果, かんぜんな, ききたいと, ここで, こつこつと, ことさらに, このまま, この絵, これから続けたい, これに, こんどの, させたという, させて, さらに進める, された時, されつつ, しきりに遣り始めた, しその, したいという, したい人, したと, したといふ, したらよから, したり, したりなど, した少く, した時代, した時期, した経済, しつ, しつつ, しては, してる, してる暇, しないこと, しなかった, しなかったそう, しながら, しました, しますと, しようや, し七月二日, し終, すすめたい, すすめたの, すすめるつもり, すすめる必要, すっかり新しく, するからと, するため許, するに, するばかりが, するほか方法, するらしく転向, する事, する人達, する医学者, する夢, する時, する理学者, する者, する自由, すゝめ最近に, せず改良, せなかつた為, せられその, せん日, そっくり頂戴, その孫引き, たすけること, たれかに, つけて, つづけその, つづけたくて, つづけたん, つづけませう, つづけようとして, つづけるため, つづけるという, つづける計画, つづけ天然, つんだ生命誕生, とげた後, とげた結果, とげること, とりかえそうと, とり戻して, どこまでも, なさつて, なさるには, なされたの, なしたもの, なしとげた上, なし冬季登山者, なすっても, なすであろう, なすには, なす時, なす熱意, ねたんで, はげめば, はじめその, はじめたと, はじめた径路, はじめだした, はじめとして, はじめまた, はじめる, はじめる決心, ひそかに, ひたすらお願い, ひとに, ふっつり思い切りました, ほんとうに, まっとうせん, まとめて, もう一度し直す, もっとさかのぼり, やった, やったら書きたくなって, やったら見あげたもの, やつた, やめさせること, やめた, やめようと, やらせて, やりたいから, やりたいといった, やりだして, やりっぱなし, やりとげようと, やり直さなければ, やり遂げて, やる気, よくした, よびさまさなかった理由, わが物, アラスカ農鉱学校時代から, テヒノロギーと, ネーチュア誌に, モットーに, リードし, 一つでも, 一寸見, 一層深めるべく, 一手に, 一生の, 一種の, 一貫せる, 三つ四つは, 与えたもの, 世に, 中心と, 中止しよう, 中絶させた, 主としての, 主として行, 主張する, 乞うたならば, 云々する, 云うの, 交る, 仕上げました, 仕上げるだけ, 他人に, 以前し, 休んだ, 促し国学勃興, 俟って, 俟ってのみ, 偕に, 充分に, 先に, 公然やり出そう, 再び始め, 再び開始, 出せり, 初めた吾輩, 初めておる, 初めました抑, 初めるだろう, 初めるの, 別として, 利用したであろう, 前に, 力めないこと, 加えまして, 助けたり, 助けながら, 助けるよう, 助力するであろう, 助成し給わん, 勉め殊に, 勧めたいと, 勧められガダマル, 勧誘し, 十分信じ, 参照し, 参考されたい, 及ぼさねば, 取り来たっても, 取締っ, 名と, 命じたも, 困難ならしめ, 圧倒し, 基礎と, 報告し合っ, 外部からの, 大半完了した, 大成した, 天保三年に, 奨励する, 好むやう, 妨げたの, 妨げて, 妨げ流石, 始めたので, 始めたもの, 始めたドビュッシィ, 始めと, 始めなければ, 始めました, 始めようと, 始めるだろう, 始めるという, 始めるので, 始め暫く, 始め私, 学位論文の, 完成する, 完成致し, 封ずるよう, 導くだらうと, 尽くしたならば, 尽した上, 工業化する, 工業農業其他の, 幇助す, 幾ら続けた, 廃棄した, 引きつづき行って, 引受ける方, 引用し, 強引に, 待たなければ, 待たんと, 待望する, 從來よりも, 復活した, 徹底的に, 必要な, 志さない非, 志して, 志し北野中将, 志す人々, 応用し, 思い止まって, 思い立とうと, 思い附き, 怠たらぬこと, 怠っては, 怠つた耳食, 怠らない, 怠らなかった, 怠らぬと, 怠りなく, 怠り給うなよ, 怠ると, 急いだらしく出勤, 想い立つであろうキチガイ学者, 意味した, 成した顧炎武, 手がけるよう, 手に, 手段として, 批評し, 拡げて, 持って, 指すの, 指導し, 振り出しに, 捨てて, 捨てるに, 排斥する, 推進させた, 提言し, 援助せられ, 擔當し, 放り出して, 放棄した, 政治的実践に, 断行し, 施して, 早く完成, 是非やっ, 更につきつめ, 書いた時, 書き加えたの, 最も通俗, 最尊重, 期待したい, 本に, 本格的に, 果たしてめでたく, 根本的に, 楽しんで, 横取りした, 次々に, 止めなかったアルキメデス, 此方に, 残されるところ, 永く寺伝, 永遠に, 洩すの, 深め課せられた任務, 火星で, 為しては, 煩わすより, 爲し, 爲し得べき, 爲し遂げる, 片端から, 特色と, 理解し, 理論的に, 生命と, 生涯の, 留保し, 疎かに, 疑ふ人, 発表された, 発表しよう, 発表し出した, 発表せられ, 發表する, 發表せられ, 盗み出そうという, 盗もうという, 目的として, 目的意識的に, 真剣に, 瞥見した, 示唆する, 私が, 私たちも, 私は, 秘密に, 積ませられたもの, 積みました結果, 積み重ねた最後, 積むの, 積んだもの, 積んでも, 積んでを, 精細に, 終って, 終つた, 経し今日, 経ずそれら, 経たもの, 結びつけて, 統轄し, 經て, 継ぎ遂に, 継続する, 続けおりこれ, 続けた, 続けたい気, 続けながら, 続けました, 続けられその後停年制, 続けられて, 続けると, 続けるの, 続け夜中, 続け得ず, 続行する, 繙いて, 繰り返すの, 續けた, 纏めたといふ, 纏め得たの, 考古学会雑誌上に, 膝の, 自らの, 自由に, 致しました結果, 致しまして, 蒐集檢討し, 行い, 行いいちいち, 行い破壊, 行おうという, 行ったの, 行った結果, 行つて, 行つてゐた, 行つて居つた, 行ない長春, 行なった結果, 行ふ, 行わずして, 要します, 要し第, 要すべきところ, 要すべき價値, 要するが, 要するなり, 要するので, 要するわけ, 要する古物珍品不断, 要する大, 要求し, 見い出すであろう, 見ると, 見合せて, 見逃がしては, 記述した, 評價すれ, 試みたの, 試みた所, 試みましても, 試みられるとの, 試みるに, 試みるべきでは, 試み始めたり, 誘発する, 語学研究と, 読んだこと, 論文にでも, 論破せん, 買ったり, 軍部から, 軽んずるよう, 軽視する, 近代から, 述べた事, 述べて, 述べると, 退けたま, 連載せられた, 進めず今, 進めたため, 進めてを, 進めまた, 進められない現状, 進められねば, 進めるつもり, 進めるについても, 進めるには, 進めるよう, 進める外, 進める道, 進め世界, 進め後進青年達各位, 進め従って, 進め百貨店視察, 進め覚醒時, 進め課題, 進行せしめる, 遂げた後, 遂げられて, 遂げ一切, 遂げ結局, 遂行しなけれ, 選んだの, 遺して, 邪魔してる, 重ぬべき, 重ねそれ, 重ねたき幾多, 重ねた上, 重ねてると, 重ねなければ, 重ねました, 重ねる程, 重んじまた, 重要視し, 開始した, 阻害する, 阻礙した, 随筆化し, 集注した, 面白く思っ, 頼んで, 高めること, 鼓舞し

▼ 研究~ (1354, 9.1%)

182 ている 66 ていた 44 てゐる 36 てみる 27 て居る 24 て見る 21 てみよう 19 てその 17 てみた 13 てみたい 11 て見よう 10 てみ, て見たい 9 たりし, ていない, てきた, てみたら, てゐた 8 て行く 7 たりする, てそれ, て来た, て見た, て見なけれ 6 てある, てい, ておいた 5 ています, ていらっしゃる, ております, てみなけれ, てみました, て居た, て見 4 それを, ているらしい, ておく, てそこ, てほしい, て知っ, て見たら, て見ます

3 [19件] これに, その結果, ていました, ていられた, ておい, ておかね, てくれ, てこれ, てゆく, てゐます, て下さい, て参ります, て居つた, て彼, て得た, て日, て来られた, て置かなけれ, 相談し

2 [58件] そして集録, それが, たり比較, たり見習っ, て, てあった, ていく, ていただきたい, ていれ, てお, ておいで, ておかなけれ, ており, ておりました, てかかる, てくる, てそうして, てそれから, てはいた, てみね, てみます, てみれ, てもらいたい, てもらう, てやらう, てよい, てドシドシ, て休まざる, て声名, て少し, て居, て居られた, て居られる, て居ります, て居るらしい, て得たる, て御, て書い, て画いた, て置く, て行きます, て行こう, て行っ, て見ない, て見ました, て見ましょう, て貰, て貰いたい, て遂に, に来た, やうと, 実行する, 彼等の, 殊に自己, 理解しよう, 用意し, 調査した, 論語を

1 [528件 抜粋] あなたの, あるいは静観, ある部分, いかなる施設, かつそれ, かつ実際, この意味, この方, この研究, しかもある, そうしてそう, そうして世界的, そして彼ら, その所作, その特異性, その真相, それからおもむろに, それでもなお, それと共に, それに, それによって, それの, それは, それらを, たりしなく, たりしよう, たりその他, たりもした, たりわけ, たりわれわれ, たりセムボビチス, たり創作, たり印度洋方面, たり又, たり建仁寺垣, たり思索, たり教え, たり真, たり考え, たり蒐集, たり西洋, たり金, たり闡明, たるに, たるも, ちやどう, っぱなしは, つつありし, つつあるなら, つつ一方, つつ一生, つつ相, つまり意味, てあっし, てある程度, てあろう, ていい, ていけない, ていささか, ていただきたく思う, ていたで, ていたらしい, ていた事, ていなかった, ていなかったなら, ていません, ていまだに, ていよう, ていられりゃ, ていられる, ていられるらしい, ているらしかった, ていろいろ, ておおよそ, ておかない, ておかれる, ておくべき, ておけ, ておこう, ておった, ておられた, ておりまし, ておりません, ておる, てか, てかからなけれ, てかからね, てからの方, てからやりたい, てから引越し, てきました, てくれた, てくれる, てここ, てこしらえた, てこれら, てこんな, てごらん, てさらに, てすいた, てすぐさま, てせめて, てそう, てその間, てそれに, てちょうど, てついに, てつぎ, てとう, てどんな, てなお, てねそれ, ての上, てはいなかった, てはならぬ, ては直し, てふぐ, てますます, てまず, てまだよく, てみたく, てみたなら, てみない, てみなく, てみましょう, てみようで, てみるであろう, てみるべき, てみるべきで, ても, てもいくら, てもかならず, てもかほど, てもその, てもっ, てもつまりません, てもとうていなにゆえ, てもどう, てもみなかった, てもらひたい, てもわれわれ, ても何, ても其内, ても分らなかった, ても分らぬ, ても到底, ても同, ても実用, ても後, ても恐らく, ても結末, ても興味, てやっ, てやまず, てやる, てゆけ, てよく, てらっした, てらっしゃる, てらっしゃれ, てわれわれ, てゐ, てゐない, てゐられる, てをりません, てザイゴマチック・ボーン, てドイツ気象学界, てドチラ, て一層, て下, て下さる, て下さるべきでしょう, て世, て之, て些, て人々, て今日, て仕上げなけれ, て他, て会得, て何等, て余, て作った, て信海, て先ず, て先輩, て全, て其の, て出来ない, て出来得る, て刺激, て副, て労力, て勧告書, て十二分, て十數年, て去年, て参った, て参りました, て参考, て古人, て古代, て呉れる, て周子, て坪内逍遥氏, て多少, て始めて, て始終, て宇宙, て安心, て実地, て実現, て実用, て專門家, て居ない, て居ました, て居ます, て居り, て山水花鳥, て工夫, て差支, て帰, て帰っ, て帰る, て幾多, て広く, て店員全体, て往かなけれ, て征服, て後, て御覧, て応用, て思い, て怪魚, て悪く, て愉, て愚民, て成った, て成功, て我が, て手, て手加減, て批判, て持ち続け, て掛からね, て推理, て掴むだろう, て描きます, て改良, て政府, て整理, て文献, て新しい, て新味, て新種, て日常世事紛々, て日本, て更ら, て書きたい, て来, て来たい, て来る, て東西, て根気, て極, て極北, て構成, て機会, て次ぎ, て母, て汲み取りうる, て漸く, て無辜, て熟達, て生きよう, て産み出す, て画, て發光, て益々, て盛ん, て知つて, て知らせ, て社会, て社会現象, て私たち, て経営, て結局今, て結果, て絵画, て置い, て置いた, て置かれる, て置きました, て置くべき, て而, て自信, て自分, て自然, て自身, て船, て英文, て茫漠, て落ついた, て行かう, て行かない, て行かなけれ, て行かれた, て行きました, て行け, て行った, て行ったなら, て行ったら, て行つた方, て西洋哲学, て西洋日新, て見えぬ, て見たくなる, て見なかったろう, て見なく, て見事, て見給え, て解らない, て計画, て記録, て説, て豫め外國, て貰う, て貰ひたい, て赤瀬春吉五割, て軍機兵法, て近頃, て送った, て適当, て選ぶべきである, て邦文, て部分性, て露国, て頭, て飛騨判官, て食物, て首め, どこまでも, ながらそして, ながら今, ながら体, ながら別に, ながら妾, ながら必要, ながら歩い, ながら登る, にかかった, になら, に行った, ほうぼうの, またその, またアダム, また文典, また木炭, また自分, まだ準備, もし疑わしい, やうといふ, ようやく進み, アックス, サン, ナポレオンの, ライフの, 一人の, 一家を, 一般の, 世界第, 中には, 了解し得る, 交換の, 人生を, 人道なる, 人間の, 今やそれ, 今日は, 今日ゼーマン効果と, 仏教の, 他国に, 伸縮自在な, 何を, 修練し, 充分な, 充実せる, 兎に, 公平に, 写生する, 列挙し, 初めた, 初めて社会主義, 前田六段, 努力した, 又それとなく, 又各国語発音聞取り書, 又支那文, 双曲線であった, 反省し, 古典の, 各方面, 合つて早く, 合ふ, 同時に良人, 向上し, 君達に, 啓発する, 団体意志に, 坊主尼聖水香数珠独身の, 夜は, 大小百種の, 大正十一年に, 大王の, 学名を, 完成し, 宗教家に, 実行したらしい, 密教の, 審議する, 少くとも, 徐々に指導, 從つて其間に, 復氷の, 徳川時代の, 応用美術が, 想像し, 成長し, 或は芝草, 或る, 批判し, 批評し, 支那の, 教授し, 教育家に, 方が, 日露戰爭前非戰論を, 昭和七年再び, 本當, 極めそして, 楽んで, 歐洲へ, 死人と, 水戸の, 氷原の, 決定する, 洞察する, 浜松静岡に, 無遠慮に, 煉金服餌の, 熱心に, 特に生理学史, 生活し, 用意する, 畢り, 盆栽小鳥尺八書画の, 眞面目な, 瞑想し得る, 研究する, 社会の, 神経説を, 秩序を, 稀少性の, 立派に, 第一期, 粗製の, 紀傳道では, 結局前田六段が, 給ふや, 絶えず新, 練磨し, 肥沃土の, 自分が, 自己の, 著書も, 薬剤師の, 表現する, 補助し, 西洋砲術を, 観賞し, 解決すべき, 討議され, 記憶し, 設備し, 設計し, 語法を, 資本家の, 近来盛んに, 速力も, 進歩しよう, 過ぎてしまつた, 遺憾なく, 鑑賞する, 開展させ, 開業試験にも, 闡明し, 難字をも, 非常に, 願望し, 馬の

▼ 研究~ (1070, 7.2%)

43 没頭し 25 よると 19 従事し 15 従事する 13 よれば 12 没頭する 11 於て, 興味を 10 没頭した, 身を 9 一生を, 手を, 着手し 7 必要な, 研究を 6 とりかかった, 従って, 従事した 5 しても, 就いては, 熱心な, 着手する, 耽つて 4 對し, 就いて, 熱中し, 耽って, 適する者

3 [17件] よらねば, 依つて明, 依ると, 俟つ, 入って, 力を, 夢中に, 大なる, 従事しよう, 必要なる, 於ては, 於ても, 来て, 沒頭し, 浮身を, 着手した, 費して

2 [63件] あっては, いそしんで, かかった, その基礎, とりかかりました, とりかかると, なったの, なること, なると, ふけって, もっとも便宜, よりますと, 一方ならぬ, 上つてゐない, 余念が, 余念も, 依って, 係る心理遺伝, 値すべきもの, 値する, 値するもの, 先立って, 入つて行, 入ること, 全力を, 凝って, 取りかかりました, 基いて, 基礎を, 大切な, 委ねて, 専念した, 専念する, 属すること, 当って, 待つこと, 従事せられた, 從事し, 心を, 必要が, 志ある, 志して, 応用する, 憂き身を, 成功した, 戻った, 携わって, 時間を, 欠くべからざるもの, 沒頭した, 潜んで, 熱を, 熱心で, 特別の, 着手された, 精進し, 耽ること, 自らの, 行くん, 造詣の, 重きを, 關する, 非常に

1 [620件 抜粋] あまり興味, あらわれて, ある, あれだけの, いそしまれる老, いそしむ, いつでも, うちこんで, うつった, えらい頭, おいて, おけると, おのずから限界, おろそかだった, お出かけに, かかりきって, かかり八月三十日, かかる, かかること, かかる低, かかる前代未聞, かけて, かけるには, きたとか, きたわけ, きて, きわめてたい, くらべると, この町, これだけの, ささげたその, ささげて, さへ, しばらく留学, そそぎ, その主流, その朝夕, その生涯, その知恵, たずさわりは, ちっとも役に立たない, つかえるよう, つかれて, つきて, でかけて, とつて, とりかかったもの, とりかかって, とりかかりそれ, とりかかり得るの, とりかかるかな, とりかかるの, とりかかる様子, どれだけの, どれほどの, なったら善かろ, なったり, ならなくっちゃ, なりましたの, なりやすい, なる, なるもの, なるん, にらみ合わせながら, はげんで, ひたむきな, ひどくアブノーマル, ふけったあげく, ふけってる彼, まごつく旧, まさって, またなければ, または一つ, まつところ, まつべきであろう, まつほか, まとまって, むかった, もとづき十分, もどり電流, やつと, ゆきたいと, ゆだねここ, よく使われる, よるから, よればとして, アッシスタントを, アメリカへ, グリーンランドを, パリに, レプリカ法を, 一々独逸式, 一つの, 一任し, 一任する, 一冬手を, 一境地を, 一大飛躍を, 一年ほど, 一心不乱なる, 一応は, 一歩でもは, 一歩前進的な, 一生涯を, 一筋の, 一通り眼を, 一道の, 万国協議会を, 上って, 下斗米氏が, 不便を, 不十分な, 不熱心, 与へる事, 乗りだして, 人生七十年を, 人界を, 今後没頭しよう, 付ても, 任すべき性質, 任せて, 任せる, 任せること, 任せ得る問題, 伴う各種, 伴わねば, 体験の, 体験を, 何んという, 何等かの, 余力を, 余暇を, 使ったとしても, 使ったドライ, 使った機械, 使った金, 使われる鼠, 使用し, 來て, 依つて, 依り多年, 依るに, 依れば, 価する, 価する交渉, 価する余りに, 係るもの, 保留し, 俟って, 俟つべき, 信頼しよう, 値いする, 値し作家必死, 値する問題, 値ひするであらう, 倦みて, 倦んじた我が, 偉功ある, 偶, 傾きたがると, 傾倒した, 先立たねば, 入った, 入ったの, 入った動機, 入りこむ餘裕, 入りこんだが, 入り引, 入るが, 入る時期, 入る機縁, 全く無, 凝ってる書生さん, 凝り出し本, 出かけこれ, 出かけて, 出張した, 出精したい, 利用され, 利用する, 創作に, 加えて, 加擔し, 努力し, 努力を, 劫の, 十年も, 印度に, 参りたいが, 参加される, 及ぶ可, 反対し, 収められて, 取りか, 取りかかって, 取りかからねば, 取りかかりたいと, 取りかかりましたが, 取りかかり静電気, 取りかかる, 取付いた, 取懸つた, 口状役を, 向かって, 向かわしめる, 向わねば, 君が, 喙を, 因る学説発見, 国家が, 国立研究所を, 執する私, 基かずには, 基かなくては, 基づいて, 変わったため, 外ならない, 外ならぬ, 多大な, 多忙の, 夜を, 大いに熱, 大きい欠けた, 大きな話題, 大切であり, 大変化, 大変好意を, 大妨碍, 女が, 始って, 始めて, 委ねた, 学問が, 学問でなく, 実験的方法を, 専心し, 專念する, 導いたもの, 少からず, 就きましては, 属して, 属するもの, 属する問題, 屬する, 帰着し, 帰着する, 常陸鹿島の, 幾らか興味, 幾年も, 廃兵院の, 弾力が, 当てたその, 当時の, 役立つだけ, 役立つもの, 役立つやう, 往く事, 待たねば, 待つと, 待つ所大, 従いたいから, 従う暇, 従ふ, 従へば, 従事され, 従事したる, 従事しました, 従事すれ, 従事致し, 從事せらるる, 心神を, 必然伴わざるべからざる, 必要でない, 志した当初, 志し同じ, 志し従事, 志す諸君, 志を, 忙殺され居り, 応用し得る, 怠ること, 急がせられて, 情熱を, 惑溺する, 意外な, 慣らされたもの, 懸って, 成る仮説, 成る本地垂迹説, 成功しなかったら, 戻り私自身, 手がかりの, 投じ至極, 投合し, 拠ると, 持出しを, 指を, 捧ぐる決心, 捧げたくさん, 捧げた人, 捧げた後, 捧げて, 捧げようとの, 携わりその, 敬意を, 数の, 数週間を, 新しい刺戟, 新人の, 方向が, 於いて, 於ける個々, 於ける出版物利用, 於ける役割, 於ける文献, 於ける表現, 於てこそ, 於てしか, 於てばかり, 明示され, 時間の, 暗示された, 暗示と, 最も必要, 最も有用, 最も重要, 最大の, 最後の, 有数の, 期待したい, 材料を, 来た, 来た時, 来られた者, 来る, 東大の, 横たわる一種異様, 欠くべからざる法, 止まつて, 歩いたもの, 毎日毎夜従事し, 比して, 比しては, 比し甚だ, 氷の, 求めて, 汲々として, 決め手が, 没入し, 没入したい, 没頭させられ, 没頭され, 没頭しきっ, 没頭すれ, 没頭せられ, 没頭せる, 没頭致し, 注ぐよい, 注意する, 注意を, 注目する, 流用する, 消費せん, 深い注意, 深き關係, 深入りさせる, 渡米し, 無之, 無我夢中に, 煩わされて, 熱中の, 熱心であった, 熱心なる, 熱心の, 熱情を, 片手落は, 物理学応用の, 物理学的の, 率先した, 生の, 生涯を, 用いた顕微鏡, 用いるもの, 用ひられる, 用ゐられ, 用立つなれ, 當つては, 當つてゐた, 疑いを, 疲れたお, 痛められて, 盛に, 盡瘁した, 直ぐ間に合う, 相当の, 相當力, 真鍮棒一本渡せない, 着手したい, 着手しよう, 着手致し, 着目し, 研究し, 研究し尽くしたる, 移つてし, 移りこの, 移りついに, 移り視覚, 移ろう, 立ち入る気, 立ち帰るの, 立って, 立入らないうち, 立脚する, 競争的だ, 精を, 精神を, 精通し, 精進してる, 精進する, 絲を, 絶大の, 絶対必要である, 縁ある, 耐へ, 耽つた為め, 耽りつつ, 耽る, 耽るよう, 耽る暇, 脱線した, 腐心した, 自分で, 至つては, 至るまで, 興が, 興味と, 興味深い題材, 花を, 芽生えた思想, 莫大な, 行かせたの, 行かない, 行くと, 行く処, 行ったの, 要する若干, 訴えようと, 訴えること, 譲って, 譲り今, 譲り自分, 讓りたい, 負う所, 貢献した, 費さなかつたか, 費されるよう, 費せしもの, 費やすこと, 資したいと, 資し併せて, 資するところ, 資する事業, 資せん, 賛成し, 赴かざるを, 起きて, 起りやすい, 趣く, 趣味を, 躍起の, 転向し, 述ぶる, 這入ったと, 進み入るもの, 進む, 進むであらうと, 進んで, 過ぎぬ, 邁進し, 邁進する, 重要な, 重點, 間違が, 関した蔵書, 関与する, 関係し, 関心した, 関連し, 限られて, 限定し, 集中された, 集中する, 雪の, 霜柱の, 靜的方法と, 面白い點, 頭が, 頭を, 魂を, 黒煙を

▼ 研究する~ (824, 5.6%)

31 ことが 22 のは 20 ことを, ために 16 ことは 15 必要が 14 ことに 13 ように 12 ということ 11 のが 10 人は 8 者は 7 ときは 6 のである, ものは, 人の, 必要は 5 にし, のだ, ので 4 ことによって, ことの, ことも, ための, に就い, のも, のを, 事は, 人が

3 [21件] こと, ことで, ためには, という態度, に於, のと, のに, の学これを, やうに, より外, 上に, 事に, 価値が, 価値の, 処である, 場合に, 外は, 必要を, 材料に, 程の, 者が

2 [48件] うちに, かということ, がいい, がよい, ことであり, つもりで, といっ, といふ, ところに, とその, となる, と同時に, にはぜひ, には種々, に就, に当っ, に日, に限る, のであった, のでなく, のには, の必要が, もので, ものである, ものの, ものも, よりさき, よりも一杯, 上から, 事を, 仕事を, 代りに, 余裕が, 処では, 医者で, 場合には, 学問, 学問だ, 学徒においてすら, 学者は, 必要も, 方が, 方法が, 方法である, 気で, 為に, 者の, 資料としては

1 [391件] いろいろの, かおよそ, かたわら党費を, からである, からと云っ, がある, がごとき, がわが, がドイツ, が従来, が爲, が社会政策上, ことかくの, ことから, ことすら, ことである, ことです, ことと, ことなく, ことにな, ことによ, ことまた, こと外國の, こと多年一の, こと或いは, こと数十回に, こと流行し, こんな夢, そうです, それに, ためこれらの, ためであった, ためでも, ため先に, ため各国の, だけあっ, だけであった, だけでも一週間, だけでも人間一代, だけの器械, だけの補助, だけはし, であらう, といい, ということそれ自身, というよう, という精神, といったふう, といふ種類, といわれるであろう, とかいふ根本的, とかいふ熱情, とか考察, とか育児, ときに, とき我等は, とき私たちは, とここ, とこれ, ところが, としてわれわれ, とすこぶる, とすれ, とともにデルブリュック, となか, となれ, と云っ, と共にこの, と共にその, と又, と叱られた, と同一, と失敗, と実に, と幾多, と意識, と日本, と早速, と称する, と見え, と言, と言っ, と言つて, と除数, なぞといふ然, などということ, にあたっても動物, にあらざれ, にあり, にあるべし, にしかざる, についての一つ, について先ず, にはごく, にはそ, にはその, にはどうしてもまず, にはどうしても先ず, にはまず, にはコーヘン, には万学, には不, には不都合, には二重, には人種學, には佐世, には何, には充分, には先, には先ず, には其, には勢い, には及ばぬ, には古代, には同じ, には唾液腺丈, には外交, には大, には好い, には必ず, には悪い, には文字, には沈家本, には現存, には盲人, には眉, には素養, には諸, には貴重, にもこういう, に一番都合, に三十年, に二者, に価する, に先後, に其國人, に別に, に同じ, に在り, に大, に始まっ, に当たってまず, に当たってエタ, に当たり, に当り, に当るらしい, に従って消防夫, に従って追, に從つて, に最も, に有益, に當つて, に細心, に至った, に至りし, に至りしや, に見逃すべからざる, に論理的基礎, に過ぎない, に適当, に重大, に非常, の, のか, のだろう, のであっ, のでありまし, のでなくし, ので歌, ので決して, ので研究会, のにこれ, のにアメリカ, のに富士, のに忙しい, のに支那, のに整輯排比, のに甚だ, のに餅, のほかに, の必要推して知るべし, の方法, の読書家たりと, の讀書家, はずだ, はその, は形而上学, は是非, は甚だ, は緊要, は面白き, ひとなら, ほどおもしろく, ほどのこと, ほどの熱心家, ほど痛切, ほど面白い, までもなく, もおもしろかろ, もの, ものが, ものに, もののごとく, ものを, も可, も我等, も遺憾, や何, ようでなく, ような, よりほか, より仕方, より他, より外仕方, をも許されない, を主, を必要, んだ, んぢゃなくてた, んで, んでなく, んなら, クレイグ氏と, 一つの, 一方三千挺, 一種の, 一種宗教類似の, 上では, 上には, 主体とは, 事すら, 事だけ, 事として, 事なんか, 事の, 事も, 事柄であっ, 事柄も, 人々には, 人々の, 人おそらく, 人たちと共に, 人たちには, 人でも, 人に, 人動物学を, 人間と, 以上の, 以上もつ, 以外に, 会が, 何事か, 余地の, 余年も, 値打が, 傍らに, 價値の, 処に, 前提として, 力を, 動物学と, 動物学者だって, 医学者に, 参考に, 又それ, 哲学の, 哲学者に, 問題が, 国語教育科学という, 基礎と, 場合の, 場合知る, 外国人は, 大体の, 天職を, 好事家は, 好材料, 委員會とか, 学であり, 学である, 学問が, 学問と, 学問なら, 学問の, 学科である, 学科という, 学科を, 学者として, 学者に, 学術と, 学術という, 学術の, 學問であります, 學者が, 実業家の, 対象たる, 専門学者の, 山岳会としては, 序に, 従来の, 心持, 必要から, 志望を, 意かと, 意で, 態度は, 態度を, 所で, 新しい對象, 方法で, 方法であり, 方法に, 方面の, 時だけ, 時に, 時には, 時は, 最も慎重, 有力な, 材料です, 材料と, 材料とは, 材料には, 材料は, 様に, 模様も, 模範店員も, 樣に, 権利を, 機会が, 機会を, 段に, 気です, 気なぞが, 気なら, 気に, 氣です, 渋いから, 為には, 爲には, 由, 甲斐が, 目的すなわち, 目的で, 目的物の, 相談相手に, 知識は, 研究者の, 科学的研究を, 科学者である, 科目である, 種類の, 積だ, 積りで, 積りでありませぬ, 立場からも, 筈だった, 精神病学や, 純科学, 結果そこに, 考で, 者さえ, 者である, 者とは, 者に, 者にも, 者によ, 者によって, 者も, 者や, 者頗る, 能力ある, 能力さえ, 自然科学は, 興味は, 興味本位でなく, 茲に, 講座は, 資格が, 途を, 過程の, 過程を, 道具では, 道具は, 道程の, 部分との, 間に, 際に, 際先づ考へ, 集りも, 馬鹿

▼ 研究~ (752, 5.1%)

6 して, 非常に 4 これを, 一つの 3 できる, 出來, 出来ない, 前に, 完成し

2 [35件] ここに, その目的, それが, できて, どこまでも, まだしてない, まだその, まだまだ日本, ゆるがせに, 中, 今まで, 今日では, 他に, 何れも, 其後大学に, 前にも, 勢ひ, 吾, 外国語の, 多くの, 学者の, 完全に, 専門家の, 幼稚であった, 往々に, 必要である, 既に遠く十年以前, 日が, 未完成, 次第に精緻, 無意味である, 私の, 終了する, 近年に, 鮎釣人の

1 [647件 抜粋] あたかも一段落, あまりない, あまり無い, あまり脱線, ありがたいもの, あるいは実験心理学上, ある程度の, ある程度以上, いいが, いかんとも, いくらでも, いずれも, いったん世, いつのまにか現在物理学, いつの間にか立ち枯れ, いよいよすすみ, いろいろの, おびたゞしい数, おもうとおり, およそ次, おろか能の, お任せする, お前一個の, かえって忘れられる, かかる切要, かくして千八百八十九年, かなり精密, かなり諸, かなり重要, こういう形, こういう解釈, こういった, こうした良心, ここで, ここでは, ことにそれ, この一言, この呉モヨ子, この後, この意味, この方面, この書, この最も, この辺, この際, この難解, これからは, これから著手, これから見る, これに, これ等の, こんどの, さまで重大, さらに鼻, されて, してなかった, してを, しばらくおい, すこぶる不完全, すなわち地球, ずいぶんよくなされ, ずっと後, ずっと進ん, そういう意味, そういう風, そっちのけで, そっちのけに, その前途, その反対, その土台, その後三年ほども, その後余り学界の, その後理研で, その後私たちの, その方法, その根本, その第, それから, それぞれの, それで, それより, それを, それ以来な, それ故, たしかに一つ, たしかに法, ちっとも進まなかった, ついに完成, できあがると, できそう, できない, できないわけ, とうとう陽, とてもおもしろい, どうしても欧米人, どうしても科学的, どうしても電子, どこの, どの方向, どれも, どんどん進む, どんなかたち, どんな工合, なおその, なかなか容易, なかなか生, なぜ大切, なにも, なんの, にわかに活気, のみならずまた, ほとんど知られ, ほとんど軍部, ほぼ完成, まことに到れり尽せり, まさに完成, ますます分子原子, ますます必要, まず地理, まず生物, まず自然, まだきわめて進捗, まだほとんど手, まだ出来, まだ學問, まだ揺籃時代, まだ極めて不十分, まだ決して徹底的, まったくただ, みなこれを, みな全く, もう出来なくなった, もう程なく完成, もちろん朋輩, もちろん続けられ, もっと深い, もともと単に私, もとよりあえてこれ, もとより本号, やっと完成, やはり宣長翁, やめる, ゆっくり時間, ようやく欧米学界, よく人, よほど進みいただろう, よろしくこの, アダム説話を以て, アリストテレス自身に, アルゼンチンの, イギリスが, イプセンから, ゲーテに, シェリングの, シナの, ジユウルの, ジョーンズ博士が, ノルウェイの, バチラーさんの, マダ終っ, マダ終わっ, ヤメぢや, 一人一家の, 一代がかりどころで, 一個所で, 一八三七年十二月と, 一八四五年の, 一定の, 一層進歩, 一時は, 一時中止しよう, 一歩も, 一段落ついた, 一般に, 一般の, 一般人が, 万有普遍の, 不似合, 不可欠であり, 不完全な, 不幸な, 且く, 世界中ほうぼうで, 世界各国を, 世界的, 中央気象台の, 主として泉石, 主として熱学, 主として西洋, 久松潜一氏の, 九分どおりできあがっ, 事象, 二月号の, 人が, 人間の, 人間を, 今では, 今なほ進行中である, 今に, 今度の, 今後もっと, 今後更に, 今後調理に, 今日に, 今日においても, 今日の, 今日学者の, 今日更めて, 他には, 他の, 以前からの, 仮怪, 仲, 何も, 何れの, 何を, 何等実質的, 余が, 余りに常識的, 依然として顕微鏡, 個人の, 個人個人の, 僕の, 先生が, 先験的範疇が, 入って, 入門書には, 全く根氣, 全く科学的, 全然因襲的雰囲気, 全然考え, 全部だめだ, 全部単, 公平無私で, 其初期に, 其理想を, 其自筆の, 出した, 出来て, 出来にくい, 出来るもの, 別として, 別の, 別項, 副産物として, 勿論その, 勿論世界各国, 勿論極めて不十分, 化学者物理学者気象学者工学者は, 北欧人により, 十年計画だ, 南方先生の, 単に彼, 単に必要, 厚顔無恥無礼無作法を以て, 取つく島, 古典における, 古典作家の, 古楽に, 可能の, 右の, 各自独立に, 同年十二月並びに, 吾輩独創の, 哲学及び, 哲學, 唐宋から, 商品の, 嘗て所謂比較神話学派, 四六年五月戦争目的以外の, 団体的方法により, 国語に対する, 国防に, 土台から, 地熱利用の, 地球の, 坂本が, 声聞師研究の, 外に, 外国では, 外國から, 多く未だ, 多大な, 多大の, 多少なりとも活気, 大きい進歩, 大したもの, 大そう進歩, 大乘, 大体に, 大体以上で, 大急ぎで, 大抵は, 大正元年だ, 太古に, 如何, 始められるであらう, 始終を通じて, 学問という, 学問の, 学問的に, 学校の, 学者間に, 完成され, 完成した, 実はまだ, 実はロンドン, 実は倫理学, 実務の, 実験を, 実験室内で, 実験室内での, 専門学者の, 専門的には, 將來も, 專らこの, 少からざる, 屋根の, 山形縣の, 左翼に, 已に空間そのもの, 市場において, 常に実証的, 常に批判, 平円盤, 幾百万の, 彼が, 彼等の, 後で精しく, 徹底する, 必ずしもジャーナリスティック, 必ずしもテヒノロギー, 必ずしも初め, 必ずしも日本, 必要でない, 思ったほど, 思想の, 愚か自分が, 成立する, 我々の, 我が民衆史上, 或は世, 或る, 或一面, 戰前に, 批判の, 插画を, 数多くなお, 数学と, 新しくそして, 方法的に, 既にその, 既に諸種, 日を, 日本人が, 日本文法の, 明治三十九年に, 昔に, 是非ともここ, 最も抽象的, 最も重く, 最早その, 最近半, 有難いもの, 未だ其の, 未だ経験, 本当の, 本格的な, 机の, 校讐學である, 案外容易, 極めて乏しい, 極めて精密, 極力これ, 概括的に, 次第, 止めたらい, 止めて, 止ること, 正にこの, 此仮説を, 此場合に, 此立ち場から, 殆ど目的の, 殆ん, 段々自然, 民主的批評家たちによっても, 気もちが, 気象学上非常に, 水素の, 氷の, 永久に, 決してかかる, 決して放漫, 決して有閑老人, 注目すべき, 洋の, 浮世絵の, 深くなっ, 無価値, 無線通信の, 無論文献, 無駄に, 熱心に, 物理的研究という, 独得なる, 独自な, 現下の, 現代において, 現代の, 現実には, 現實, 理論的にも, 甚だ杜撰, 生命誕生の, 生活に, 畢竟人間実験, 発表しない, 發見的でなけれ, 皆三菱研究所で, 皆無と, 盛に, 盛んである, 目的も, 直言すれ, 相当の, 着々と, 着手が, 研究だ, 研究自身を, 確かに, 禁物よ, 私には, 私も, 積まれて, 空想に, 空理である, 立派に, 第一歩に, 米国で, 米国の, 純である, 純然たる, 累積し, 終って, 結局中止する, 結晶系即ち, 絶えず遣り, 絶対自由でありたい, 続々これ, 考古學の, 自分には, 自分自身で, 自己以外に, 自然に, 航空気象に, 苦虫を, 英語研究の, 著しい進歩, 著しく盛ん, 行きづまる, 要するだろうが, 覚束ない, 親鸞の, 観察によりて, 記録と, 許可される, 試験的に, 誠に結構, 誰よりも, 警視庁の, 貝塚などよりも, 質として, 起こったもの, 超音速飛行, 軍事用の, 辞退します, 近代に, 近年著しく, 近頃大いに進み, 進みました, 進むもの, 進んだもの, 進んで, 進歩し, 遠慮なく批評, 邦語の, 量子力學發見の, 金属では, 阿波の, 陰に, 隠して, 雲から, 電気計測器の, 電流の, 頬の, 飛行船の, 餘程微細な, 骨が, 高級神話の

▼ 研究~ (681, 4.6%)

30 の中 19 の方 11 の扉 7 の窓 6 に閉じこもっ 5 にはいっ, の助手 4 だ, にいた, にいる, に於ける, に残る, を持っ 3 で, で仕事, にある, のなか, の下, の仕事, の外, へ入っ, を見せ, を設け

2 [38件] と寝室, にこもっ, にこもつ, にとじこもっ, にとびこん, になっ, にはいる, に七年間, に入る, に入れ, に姿, に行き, に閉じ籠っ, のストーブ, の入口, の内部, の前, の床, の捜査, の椅子, の爆発, の生活, の若い, の鍵, へもどる, へ入った, へ行く, へ通う, をさがす, をもう一度, をもっ, を作り, を出, を出た, を出る, を原状, を案内, を見た

1 [468件] いつぱい, からいきなり, からときどき, からフラリ, から佐々, から出, から出した, から墜落惨死, から外, から忽然と, から来た, から消え, から研究ノート, から自分, から見える, から送られた, から逃げ出し, から逃出, から電話, があっ, がある, がたいへん, ができ, ができた, がなかなか, が不可解, が並んでる, が人, が出来, が出来る, が大, が大した, が廻転, が潮, が現在, が納骨堂, が続い, が跡かた, が閉鎖, ぐらいのもの, だけで, だけですんだ, だけは安全, だった, だという, だなんて, だよ, であ, であおう, であった, でありすぎた, でありまた, であるかの, であること, でいい, でいま, でこの, でした, です, ですばらしい, でせつ, でその, でなされた, での根, ではつぎつぎ, ではできない, ではなく, ではぼく, では既に, では陰イオン, でもあり, でわたし, でバーナード・ショー, でピストル自殺, で三方の, で何, で使う, で八十五歳, で勉強, で博士, で地図, で屍体, で徒ら, で手伝っ, で授業外, で整色写真化学, で日本風, で深夜恋愛曲線, で父典重, で真夜中, で研究, で私, で線香花火, で菊地博士, で行われた, で行われる, で見た, で論ぜられる, で長年, で電人, で飛ん, というもの, という御, といっ, といふ処, とかけ持ち, とが協力, とこの, としては実に, としてもよい, として原始, とする, とその, との壁, との間, とは二つ, とは別, とは違っ, とより, と倉庫, と呼びならされる, と曲, と書斎, と木村助手, と温室, と研究室, と覚しき, と運命, と附属工場, などでは大, などという, なども最近, なの, なり他, なんてありゃしない, にい, にいらっしゃった, にいらっしゃらなかった, にお, において右川鼎造学士担当, において徹底的系統的, において意見, にこの, にこもった, にさえいれ, にしずか, にしのび入り, にすわっ, にただ一人, にたてこもっ, につとめ, につとめて, にとつて, にない, になつ, になります, にはいった, にはいなかった, にはいり, にはいりたい, にはだれ, にはなっ, にはりっぱ, には世界各地, には入口, には内側, には外, には深い, にまいります, にも二, にも木村助手, にも残る, にやってきた, にやつ, にゐた, に一年, に二十年, に保存, に入, に入っ, に入った, に助手, に勤められる, に勤務, に十年, に博士, に又は, に反射, に向いました, に呼びこまれ, に呼ん, に坐っ, に密接, に寝泊り, に居, に帰っ, に引込まれ, に急ぎ, に持, に掛っ, に本, に来, に棚, に残った, に留守居, に監禁, に相, に碁盤, に秘書, に程, に籠っ, に籠つて, に置い, に置く, に藤懸教授, に行かなけりゃならない, に行く, に行っ, に見出した, に訪ね, に這入った, に通されました, に通っ, に連れ, に連れこん, に連れ込み, に遊び, に運ん, に長い, に閉, に閉じこもり, に閉ぢこ, に閉ぢ籠つて, に隣合った, に額, に駆けつけた, のあと, のいろいろ, のうち, のこと, のすぐ, のそば, のどこ, のにおい, のほか, のよう, のりっぱ, のカーテン, のガラス戸, のガラス窓, のスペトロスコープ, のドア, のハゲ頭ども, のベッド, のレトルト, の一つ, の一件, の一員, の一隅, の二人, の交通, の人, の人たち, の休養, の先輩, の内, の制度, の副手, の北側, の卓子, の博士, の友人, の哲学的アカデミシャン, の四壁, の回転, の場合, の壁, の奥, の奥深く, の女の子, の如く, の始末, の学生, の宇宙線, の実現, の実際, の実験, の小, の屋根, の工事, の廊下, の怪, の意見, の所三男君, の手, の採光, の方向, の最も, の札, の様子, の此, の準備, の演習, の片すみ, の皆さん, の真鍮看板, の研究, の研究員, の研究生, の社会的見解, の秘密, の移動, の空気, の空虚, の窓枠, の窓際, の第, の箱, の脚下, の花井氏, の若き, の薄給, の藤岡君, の裡, の襲撃事件, の論文, の豪華さ, の跡, の長, の階段, の雪子, の電気心働計, の面影, の骨董的老人, はあの, はかなり, はこの, はそれ, はたちまち, はまったく, はまるで, はカーッ, は事実, は何階, は全壊, は博士, は厳密, は同じ, は地獄図絵, は始め, は昨年, は普通, は有機的, は楽しかっ, は楽屋裏, は殆, は火, は直径二間半, は研究員経済学士鍋島達君, は立派, は自分, は葉, ばかりでなく, へ, へいった, へお, へおいで, へき, へだ, へつめかけた, へとびこん, へなだれこんだ, へはいりこむ, へはいる, へひきかえした, へひょっくり, へよく, へ借り, へ入る, へ出かけ, へ出る, へ出勤, へ出掛け, へ呼ん, へ外来, へ妙, へ客員, へ寄付, へ導く, へ帆村, へ帰っ, へ帰る, へ引返した, へ御, へ戻った, へ持ち帰っ, へ籠っ, へ菓子折, へ行きたい, へ行っ, へ行った, へ誘う, へ通, へ通い, へ顔出し, へ飛びこむ, へ駈付けた, または他, までも荒させよう, もからっぽ, もこの, もまず, も明日, も病舎, も貴重, も鍵, やあなた, や実験室, や廊下, や教室, や教授会, や標本室, や研究所, や花畑, をいろいろ, をうしない, をお, をさがさせる, をじょじょに, をたてよう, をつくっ, をのぞい, をふくむ, をぼんやり, をみ, をめぐる, を一歩, を中心, を作られた, を出なかった, を出られた, を動員, を去っ, を去る, を外, を建て増し, を拵, を持たれた, を目指す, を脱出, を自分, を見学, を見廻し, を覗い, を訪ねた, を調べた, を蹂躙, を辞し, を逃げだした, を風靡, を飛び出す, を飛出した, 乃至実験室, 又は邸内, 及び図書室, 広さ, 第一回研究報告, 附きの

▼ 研究~ (630, 4.3%)

7 出來, 進んで, 非常に 6 行われて 5 発表され 4 ある, あるが, 必要な, 盛に, 盛んに, 行は, 進められて 3 出来たの, 如何に, 必要である, 必要と, 自由に

2 [39件] あったの, あつた, おろそかに, すすめられて, つんで, なされた, なんの, はじまるの, まだ幼稚, ようやく盛ん, イヤに, 出来たもの, 出来て, 十分に, 厭に, 大切だ, 完全に, 完成し, 完成した, 容易に, 必要だ, 必要であり, 必要です, 急激に, 次第に進む, 発表された, 発表せられ, 発表せられた, 盛んな, 行き届いて, 行なわれて, 行はれ, 要求せられ, 足りないから, 進むと, 進むにつれ, 進めば, 進歩し, 骨董的に

1 [477件] あくまで個人心理, あった, あったよう, あったらしい, あったらもう, あって, あっても, あなた自身の, あまり行, あまり進ん, ありかの, あります, あり一張, あり大体, あり影絵, あり次第に, あり水泳, あるけれども, あること, あるそう, あるであろうが, あるの, あるので, あるもの, あれば, いかにむつかしい, いかにも恰好, いくぶん軽視, いつもいつも異端視, いま少し, いやに, いよいよ最後, いります, いる, いろいろある, いろいろ行なわれ, うまくまいりました, おきらい, お忙しい, かく拡大, かなりできる, かなり盛ん, きらいです, きわめて具体的, けっきょく, こ, こうした不利, この二カ月, この問題, この問題解決, これで, これまで, これより, ございます, さかんだ, さかんに, さらに便利, さらに発達, されて, されないの, されるの, して, してない, すすまないと, すつかりたしかめられた, すでにこの, すでに之, すでに着々合理的, すなわち樹氷, すむと, すむまでは, せられて, そうある, その中, その姿, その後どんな, その極限, それである, た, たくさん発表された, たしかであり, たりなかった, だいいちです, つぎつぎと, つづけられて, てら大和, できず夜, できその, できたの, できて, できない, できないそういう, できないと, できないよう, できるだけの, できるの, とにかくも, とにかく進行, どうなった, どうなる, どう云, どの位, どの程度, どれほど参考, どんなに面白い, どんなもの, どんな性質, どんな素晴らしい, ないからと, なお多く, なかなかむずかしい, なくSS航空船, なされて, なされないだろう, なにひとつ身について, はかどらないという, はじまったの, ほしい, ほとんどまるきりでき, ぼつぼつ出, ぼつぼつ少壮学徒, ますます学術的, ますます盛ん, まず二つ, まだまだ親切, まだ不充分, まったく行き, まとまらずに, まとまらないうち, まるで駄目, むずかしいの, むずかしい問題, もう少し根本的, もしわが, もっと進め, もつと, ものを, やって, やめられないよう, やれたらわが, よくなされた, よほど出来, りっぱに, わが国に, わが日本, われらの, ソヴェトの, ドイツや, メトロノームの, モウ一歩進展し, ライプニツに, レトリックだった, 一つの, 一二年続く, 一夜で, 一方に, 一日でも, 一段落した, 一段落を, 一番面白う, 一般に, 一般の, 一通りすむ, 一部で, 七分と, 上であった, 不十分で, 不均等, 不必要, 不足し, 不足なりし, 世に, 世界歴史に, 中, 中途だった, 丸で, 主であり, 主としてなされ, 主としてアメリカ, 二十世紀の, 人生の, 今やつと役に立つた, 今後の, 今後次第に, 今日世界の, 今日主として, 仮に出来上がった, 何です, 何も, 何程進ん, 促進された, 俄かに, 停止する, 充分に, 先き, 先だ, 先立ち火花自身, 全く現実, 八釜しい, 出たので, 出たら買って, 出て, 出来た, 出来てから, 出来ないと, 出来ないという, 出来なくなるという, 出来ぬまでも, 出来る, 出来るという, 出来るん, 出来る事, 出来上りましたよ, 出来得るもの, 出来花, 出来観察, 出版される, 初まってる, 初めて発表, 前者の, 割合に, 功利的な, 労働問題に対して, 勝つんぢ, 十年近くも, 単なる古, 即ち日本家屋論, 即ち認識論, 又盛ん, 取り残されたこと, 取上げられはじめたの, 古典學に, 可愛かった, 可能であり, 可能である, 台頭し, 史的唯物論としての, 各所で, 同時に公表, 向けられるよう, 唯一の, 唱導せらる, 国家に, 国家的な, 土中の, 土台に, 場所柄として, 多いので, 多くの, 多方面に, 大いに発達, 大きな進歩, 大事な, 大分出来た, 大切に, 大好きで, 大河内研究室の, 大體以上, 奇妙にも, 好きで, 妨げられる, 始まったと, 始まった頃, 始まりそれ, 始められた, 始められること, 始められ夫, 姑く, 完全な, 完成したかった, 完成しました, 完成しません, 完成する, 完結し, 完結した, 実に到れり尽せりで, 実の, 実用上非常に, 実社会から, 家政学であった, 専業であった, 専門で, 専門です, 少くない, 少しおくれ, 少し出, 尖端的な, 屆い, 届かぬそう, 常に彼, 常に正しい, 幾分にても, 広義の, 当初は, 当然に, 役に立たぬはず, 彼に, 彼において, 彼の, 往々こうした, 待って, 従来は, 得た事実上, 必ず行なわれる, 必要かも, 必要であっ, 必要であります, 必要に, 感性的なる, 成功し, 成立たう訳, 成立とう訳, 或程度, 押し進められると, 挙げられて, 振わ, 政治的権力と, 数え切れないほど, 数多くある, 数年前之を, 新たなる, 新たに, 既に発表, 日本人によって, 早晩日本の, 旺盛で, 明らかに, 昔から, 最もたい, 最も進ん, 有りましたあ, 有名だ, 有名で, 有名である, 望ましい, 望ましいと, 未だ充分, 未だ東西, 未だ發表, 未来に, 本もの, 本当に不, 本書であり, 本格化される, 本物か, 果して可能, 柔道や, 柳田君から, 極めて面白く, 極度に, 欠けて, 欠如し, 次々と, 欲しいという, 歐米に, 正式の, 正当な, 正当に, 此の, 歴史的に, 民俗の, 民族の, 沢山並行, 沢山専門学者, 流行し, 流行を, 浅薄であった, 深くなる, 深く且つ, 済んだ後, 潜んで, 独軍に, 狭く浅く政治史, 現われて, 現われても, 現われること, 生まれ出た強く深い, 生命と, 疎略に, 発表される, 発表出来ない, 發表され, 發表せられる, 白揚社から, 盛だ, 盛である, 盛にな, 盛んで, 盛んであり, 目的だ, 相当活発, 真の, 真剣に, 確かに, 示して, 示すよう, 社会的事実の, 神聖で, 科學と, 秘密に, 積まれて, 積むと, 積めば, 積んで, 純粋な, 終ると, 結局は, 結構出, 絶対に, 総じて十分, 総体の, 續, 色々と, 若い時分, 茲で, 著, 著しく推進, 蚤の, 行なわれその, 行はれ出し, 行われたが, 行われる, 行われるよう, 行われ続々, 行われ連日, 行届いてるらしく貞奴, 西欧では, 西洋に, 要る, 要求される, 見られるが, 試みられるという, 認められたの, 説かれて, 貴いもの, 起る, 起源の, 足りないの, 迅速に, 近代演劇の, 近頃やう, 進まなくなった, 進まねば, 進みません, 進みまた, 進み毒蛇, 進み花田, 進むにつれて, 進められた, 進められた時, 進められつつ, 進められるの, 進んだならば, 進んだら爆発, 進んでからでも, 進行し, 遂げられたもの, 遂げられないの, 遂げられる日, 遂に人生, 遂に実, 運んだという, 重なる目的, 重大な, 重要である, 量的の, 鑑定される, 長足の, 開かれて, 開始された, 陸續發表せ, 頗るおくれ, 顕微鏡が, 飛行機への, 飛躍的に, 館脇君によって, 鯉坂君の

▼ 研究~ (385, 2.6%)

5 の中, の間 4 である, の態度 3 がその, であったから, のため, の努力, の注意, はこの

2 [22件] があった, があり, だと, であっても, であるか, であること, でもない, として権威, にし, にとつ, にとり, のマキシモヴィッチ氏, の云う, の協力, の手, の数, の眼, の総数, の頭, の養成, は器具, をし

1 [305件] あるいは団体, から, からいへ, から所謂, から貧民法, があ, があっ, があつ, がある, がい, がいたずらに, がずいぶん, がそこ, がたくさん写真, がただ, がとらわれざる, がばらばら, がひどく, がぼつぼつ, が互に, が仰い, が何人, が古, が多い, が往々, が急, が書い, が無い, が物理学現在, が留学, が発見, が相, が科學者, が自分, が蝶, が随分沢山, が面白, さえも眩惑, さらに一般観衆, たる大江丸, たる村松春水氏, たる私, たる私一個, だあんな, だけある, だった, だったの, だという, であったケプラー, であつ, であり, であり擁護者, であり文化研究者, であり殊に, であるから, であるだけに, であるという, であるならその, であるゴルドン, である動物学者, である男性, でいろんな, でこの, でさえ一応, でないわけ, でない限り, でもあり, でもありませぬ, でもある, で作曲, で内地レントゲン器械製造会社, で此度私, で漢文, で現在, で論文, というもの, といふ, とか地味, としてあえて, としてこれ, としての人間, としてはほとんど, としては卑怯, としては幾世紀, としては支那, としては棟方悌二氏, としては耻ぢ, としても大した, としても大家, として一部屋, として出発, として名高い, として名高く, として尤も, として成熟, として探偵小説, として有名, として次第に, として此特殊, として歴史上, として知られ, として私, として第一人者, として考へなけれ, となる, との持つ, とは云え, と云われ, と手, と技術員, と研究者, などの料理, なる故, なる神道家, なん, においては何人, にすすめたい, にとってはなはだ, にとっては一つ一つ, にとっては少なくも, にとっては研究, にとって甚だ, にとつて, にとつてフエータル, になっ, になる, になんらかの, には使, には知られる, には研究, には興味, には補助金, にほかならぬ, にも知られず, にも読ん, によって先天的, によって多く閑却, によって指摘, によって現代中国文学, によって確かめられた, に与うる, に任せる, に会い, に何, に協力, に取っ, に取り, に哲學, に外, に多く, に多少, に対する日本人, に對, に属する, に止まり, に獨創的, に確認, に示す, に科學, に聞い, に聞く, に與, に見る, に譲り, に逢っ, のあらわれる, のうち, のため絶好, のほう, のオーソリーチー, のザンベック, のノート, の一つ, の一団, の一顧, の事, の人たち, の人柄, の仕事, の代表的, の会, の余り, の使う, の便宜, の側, の八木, の内面生活, の助力, の卵, の参考, の反駁, の名, の団体有, の坐, の増加, の姓名, の孜々, の専門, の常識, の引用, の心構え, の所, の敬虔, の数少なき, の新, の書く, の書庫, の本当, の特に, の珍重, の甚だ, の発表, の発見, の皆, の直接, の直観, の眼中, の研究, の窮状, の結果, の胸裡, の脳裏, の自我, の苗床, の蒐集, の行手, の見い出した, の言葉, の資, の資料鑑別眼, の連絡, の進路, の顧みなけれ, の骨骼, はいつ, はさ, はすべからく, はその, はつねに特に, はどう, はどうしても, はもとより, はシナ, はドイツ, は一斉, は一般に, は之, は判斷, は古事記万葉, は多数, は大いに, は必ずや, は愚説, は更に, は栄養食, は此変形, は熱, は独り精神的, は獨創, は研究費, は筋書, は能, は自然, は自然科学グループ, は自身, は良心的, は觀察, は貧苦, ばかりでなく, また旅行者, もあ, もいまだかつて, も一體, も必ず, も應用研究者, も現, も研究, や巫女, や応用家, や教育家達, や教育者, や蒐集家, らしいが, をしばしば, を世界一般, を任ずる, を取り来た, を多数, を奬勵せん, を心待ち, を持つ, を揶揄, を救い得る, を混迷, を真似た, を絶えず, を苦しましむ, を見た, を駄目, 乃至常識人, 乃至愛好者, 次第に増加, 殊に将来映画俳優, 殊に真面目, 殊に芭蕉翁

▼ 研究した~ (317, 2.1%)

9 人が 8 ことが, のは, 人は 7 ことは 6 のである 5 ことも, ものである, 人の 4 ところに, ので, ものは, ものを, 人も 3 のだ, のです, ものが, もので, 上で, 事が, 結果として, 結果を, 者は

2 [24件] ある物持ち, からとて真, ところで, のが, のであります, のなら, ものだ, ものです, ものへ, ものも, わけで, んだ, 事も, 人には, 報告が, 学者の, 所に, 政治家は, 知人の, 結果から, 結果が, 結果これを, 結果によって, 訳で

1 [161件] あげくあの, あげくこぶしの, あげく他の, あげく大船一と, あの夜, うえでなけれ, か, かいが, かがよく, かと申します, かもしれない, からここ, から北海道, か大雅堂, が, がこれ, がそういう, がそれ, が主として, が彼, が本来ヘーゲル, が此, けれども医学, ことであります, ことに, そこで彼等, ためさ, だけでもこの, ってどうにも, って始まらぬ, って必竟ずる, って謎, という, ということ, という男, という話, といふわけ, とかをいわない, とき交換における, とき犯人は, ところが何, ところについて, ところ新種であった, ところ本邦で, にちがい, ね, のだった, のであっ, のでした, ので有らう, のと, のを, ほうが, ほどに心, ものか, ものかと, ものであります, ものと, ものについて, ものの, やうな, よ, ような, んです, クラウゼウィッツという, ズット前の, マリエッタ・シャギニャーンは, ミケル, 丈けの, 上それを, 上ただちに, 上でなけれ, 上に, 上の, 上皆と, 中で, 中の, 事は, 事キッドの, 事項を, 交換の, 人, 人々によっては, 人である, 人でなけれ, 人と, 人なら, 人に, 人にのみ, 人によ, 人体を, 人達の, 仮死法な, 個人生活の, 写真を, 参考書などは, 口話法が, 名残で, 唐寺の, 問題が, 問題だ, 報告類の, 大方針, 大阪の, 學者でも, 學者の, 後では, 後暴風雨や, 後遙か, 後遥かなる, 微粒子の, 所が, 所では, 所の, 揚句往々, 揚句議会の, 文学史が, 方が, 日本で, 星雲中の, 時どうしても, 時にも, 書が, 最後は, 有名な, 末此二州は, 本の, 本を, 果実が, 植物に, 様に, 爲めに, 程度に, 結果, 結果この, 結果これが, 結果その, 結果では, 結果に, 結果は, 結果やはり互いに, 結果ペトライア・ミヨシア・サクライイ・マキノと, 結果二種の, 結果今までや, 結果君に, 結果左の, 結果巨流河に, 結果独得の, 結果生物進化の, 結果私の, 結果終に, 結果自信を, 結果自国の, 者を, 観念論者らしい, 論文が, 論文を, 譯でも, 資料という, 通りで, 釣場を

▼ 研究~ (294, 2.0%)

5 を組織 4 というもの, の幹事 3 というの, に於ける, の, のよう, の仕事, の方, の椅子, は狭い, をもっ

2 [21件] がある, が開かれ, だが, でゴーリキイ, とその, のメンバー, の中心, の事務所, の会員, の会長, の問題, の場合, の指導, の講師, へ下さる, へ出, へ出席, を作っ, を指導, を開かう, を開く

1 [212件] あり木曜日, いつぞやの, いろんなもの, からすっかり, から推薦, から私, が, があり, がこの, がしょっちゅう, がすでに, が今夜, が後, が復活, が持たれた, が持たれる, が新, が火の車, が特設, が解散, さえ持たれ, すら宣言及綱領, すら持たされません, だという, であったの, である画会, でかれ, でのかれ, での報告者, での柳田先生, ではやたら, では何, では政治, では著名, では詩, でまとめられた, でも活動的, でも起す, で丸い, で喋, で報告, で帰り, で年, で技術, で政治教程, で有名, で犬, で理論闘争, で発言, で育っ, で行った, というところ, というよう, という或, という新しい, という看板, という集り, といふもの, とかがこしらえた, とか妖怪攻究会, とが設けられ, とが開かれた, としては芸術部門, となっ, とも称すべき, とも言うべき, と合わせ, と国立, と機関誌, などが持たれる, などへも出る, などをやっ, ならねば, なんか潰れ, なんぞもそこで, においてそのいわゆる, において試験, における大河, についていろんな, にて御, にはいっ, にはなるべく, には小川先生, には福田豊四郎氏, にもたびたび, にもビラ, にゆずる, に入会, に出席, に割合出, に対するこの, に於, に来会, に籍, に課せられるべき, に連れ, に関しては七人, のお仕着せ, のかえり, のこと, のこの, のごとき, のため, のグループ, のロボツト会長, の一会員, の中堅人物, の主意, の事業, の人, の人々, の人達, の任務, の会則, の会員たち, の会場, の会長さん, の依, の儀, の優れた, の公演, の出版, の創立, の創立十六年記念演芸会, の同勢, の園田氏, の多数, の奥田利根吉郎, の如き, の威力, の学生, の席上, の後, の恋愛論, の成員, の成果, の成績, の新聞, の方案, の春, の机, の様, の機関誌, の求, の活, の研究活動, の積極的, の窮屈, の第一義的, の計画, の調査部, の論議, の集まり, の青年たち, の青竹, の領袖, の騒, の黒幕, はいつしか, はいつも, はいよいよ, はほんの, はやがて, は主, は人数, は今日, は共産党青年, は多分, は大衆, は実生活, は平常, は既に, は早速, は最近, は歴代, は決して, は職業組合ソヴェト, へも出席, へ一日, へ出た, へ寄附, へ御, へ来, へ案内, へ行っ, へ通, へ電話, までに各, もやめ, も五月二十四日, も盛大, やなに, や同好会, や座談会, や文盲撲滅研究会, や機関誌誌上, や脚本朗読会, をお開き, をまとめ, をもち, をもつ, をわかい, をリード, を中心, を休み, を創め, を続けた, を設け, を開い, を開いた, を開催, 実際に

▼ 研究~ (241, 1.6%)

11 して 8 何も 4 せずに

2 [13件] あって, あるよう, した, したいと, しなければ, できないで, 出來, 必要である, 必要な, 有名な, 盛んに, 素養も, 長足の

1 [192件] あらうが, ありは, ありましょうに, ありますが, ありませぬ, あり幾多, あるし, あるには, あれど, いらないの, おあり, お出来, かなり多岐, かなり深い, かれの, こ, ここまで, この点, されて, されてを, され技術的, され理解, したし, してない, しないで, しないよう, しなかつた, しなかつたので, しますけれど, しまた, しようという, し鑑賞, すべてを, する, すること, するのよ, する事, せずただ, せず何ら, せず其の, せず批判, その原理, その性格, それに, それほどつまらない, それほどに, たくさんに, だいぶある, ついて, つい心, できる, でき専門, どこやら, ない寧ろ, なおきわめて, なかつた, なかなか油断, なさって, なされば, なんら尊重, はっきりと, はなはだ必要, ほぼ出来, またこれ, またむずかしい, また永久局外者, また重要, まだじゅうぶんに, まだまだ完成, まだ最後, まれである, もうほぼ完成, もうショベル, もう一歩, もう二十五年, もう用, もちろん雪, もとより大切, やった, やって, やっと一段落, やはり人間研究, やはり無線通信, やりますが, わかりこれ, ベントレーと, 一つの, 一つ位は, 一度聞い, 一時すっかり, 不振である, 中, 主としてこれ, 乏しいし, 亦たまさ, 亦存在, 亦有名, 人一倍優れた, 今は, 今一足, 今漸く, 仕上げた, 仮名遣の, 伴は, 何もかも忘れ, 余り口に, 価値が, 全く之, 公けに, 写真を, 出来たるならん, 出来て, 出来るいう訳, 初めは, 刺戟には, 加える事, 十分の, 又改めて, 古典の, 可能と, 台頭しよう, 各国の, 変つて来る, 多少私, 大いに進み, 大に, 大事であり, 大体出, 大分盛に, 学問上の, 完成する, 実はそれ, 実は心細い, 専門家の, 專ら上の, 少々あやしい, 幾分の, 幾多英俊, 広く行, 従来既に, 必要だ, 忘れては, 怠らず北野縁起絵巻, 惑病同, 手ぬかりだらけの, 手もとに, 抛って, 改革も, 昔とは, 最近活発だ, 未踏であった, 本に, 本草家の, 椎の木も, 検流計が, 次第に嶮, 次第に軌道, 段々と, 段々進ん, 決して粗略, 決して閑人, 浅いが, 漸く原子核, 画期的な, 畢竟する, 発表され, 発表した, 眞言宗では, 着手中である, 積んで, 結局誰にも, 続けて, 続けながら, 翫味も, 致しましたが, 致しましたし, 興味も, 良いが, 若し和辻氏, 行はれ, 行われた, 調査も, 貧乏祭の, 足りないし, 近来は, 追, 進んで, 遅れて, 開けあるいは, 隠語の, 面白いが, 食器美術にまで

▼ 研究~ (215, 1.5%)

5 云ふ 3 いうと, いっても

2 [11件] いうよりも, いふが, すれば, その成果, 並行し, 云ふこ, 云ふも, 十分立証された, 呼ぶこと, 製造とに, 言ふも

1 [182件] あるならば, いいますと, いうほどの, いうよりは, いえば, いへば, くらべて, した夙昔, し参考, そして地球人類, そのため, その効果, その効果的, その描写, その方法, その災害, その精神, その革命的実践, それに, それに対する, それの, なった熱電子, なって, なり一面, なる, なるが, なること, なると, なる譯, ほねの, よほど視力, カラマゾフという, バチバチの, 一人一人の, 一種の, 不撓不屈の, 並んで, 並行に, 争闘の, 事実に関する, 云うもの, 云うん, 云う本, 云えば, 云つた, 云つても, 云ひ, 今こうして, 仕事以外には, 他人の, 何か, 併行し, 信仰との, 修業を, 俳優の, 全く同, 全く同じ, 其の學説, 内心の, 努力とを, 努力の, 勃興機運に, 取りちがえ勝ち, 古典の, 各方面, 同じく直観, 同じで, 同時に消費面, 同時に目前, 同時に精神的, 同樣, 名づくる, 名の, 呼ばれて, 呼び或は, 地鎮祭を, 報告とが, 奇想天外な, 存候, 学術教育とが, 學説が, 定義され, 実験を, 宣伝のみに, 小説の, 工作とに, 工夫を, 市民的ロマン語的な, 布の, 志しいたところ, 思うたけ, 思想の, 思索の, 成績を, 批判とによって, 批判とは, 授業に, 探偵の, 探偵術との, 政府の, 整理に, 文学評論とを, 斎藤茂吉氏の, 普及に, 来たらトテモ, 極めて実利的, 正統的な, 歸納實證の, 注釈に, 活動が, 涙香の, 深い因縁, 混同せぬ, 熱と, 物的証左の, 理解との, 理解とを, 申しますか, 申すほどの, 男の子並に, 異った, 発明と, 発明とを, 発表場面が, 発見とが, 発見とに対しては, 直接関係の, 相伯仲, 相俟, 相俟つて, 相提携, 知識の, 研究から, 研究者との, 神に関する, 私たちの, 称して, 称すること, 稱し, 空気の, 精錬とから, 系統化が, 純粋な, 考えなければ, 考えられるもの, 考察とに, 聯関し, 自尊心の, 自己が, 興味とを, 芸術の, 苦心とは, 苦心によって, 著書, 著述とに, 蒐集を, 西洋彫刻に対する, 見学批判を, 見解とが, 見透しであるに, 観照との, 解釈の, 言いやすか, 言っても, 言語学的研究とが, 計画を, 訓練に, 訓練によって, 記述とでしか, 誤解した, 調査とを, 調査に, 講演, 軽くいふ人, 迷信打破運動では, 遍き同情, 限ったもの, 限らずどんな, 限らずノーケ博士, 電気分解による, 音楽と, 鼓吹とに

▼ 研究~ (210, 1.4%)

4 として知られ 3 であつ, のあいだ 2 がわが国, だと, でその, ではない, に手, のうち, の一人, はこの, は多忙, もその

1 [180件] からは同封, から始まった, から疑われ, があった, があります, がある, がこの, がその, がどんな, がわたし, がテレビ, が一人, が出, が募集, が各自, が多い, が大分, が存在, が揃い, が殺害, が若干, が集まっ, たるフランソア・ド・ヌーシャトー氏, だ, だから, だけに眼, だし, だった弦三, だつた, だつた勝山孫弥, だという, だろう, で, であった, であったから, でありその, でありまして, であります, であり作家, であり好事家, であり風流気, である, であるが, であること, であると, であるとか, であるの, である一, である事, である学者, でなくても, でなく作家, でなければ, ではなく, でもある, でもない, でも蒐集家, で今, で元, で古今東西, で各種兵器, で多分, で特に, で金沢柵, で鴨, というよう, という処, といふもの, としてかくれ, としてその, としてただ, としてのカント, としての三谷氏, としては有名, としては直観, として古今独歩, として名, として名高い, として教えられた, として現われ始めた, として自他とも, として見れ, として静か, となった, とについて述べ, とは知る, とファン, と吸血鬼伝説, と営養学者, と大同小異, と武蔵, と申します, と目, と称される, と称する, と紹介, なぞいう, など, などといふもの, なの, ならば, に, にさえ余り, にとっては内地留学, にとってもこの, にとっても多少, にとつ, には一つ, には重視, にも推定, によって地獄, によって組織, によって論議, による, に化け, に取り, に問い合せね, に変, に対して自己, に聞きたい, に聞く, に返っ, の, のあ, のあるべき, のまじめ, のイワノフ博士, のオフシェンコ, の中西悟堂氏, の佐藤正彰先生, の創造発表, の参加, の執拗, の好, の如き, の安藤君, の山名勘介, の山本物次郎, の思い付き, の思ひ, の手, の教え, の数氏, の料理, の最終, の杉村, の材料, の林鼓浪さんたち, の浅沼悦太郎君, の矢ヶ島君, の知る, の示教, の程度, の立川, の累積, の興味, の言, の説, の間, はいっ, はこれ, はそして, はマン, は動, は裏糸, は違った, もある, もさうでした, もしくは芸術愛好者, もそうした, も出, も少く, や反省家, や学究, や思索家, や旅行者, をその, を今, を除い, 例へば狩谷

▼ 研究方法~ (116, 0.8%)

3 と叙述方法, はこの 2 である, ではない, としての実験, に於, に於ける, の相違, は実は, は第, を採っ

1 [92件] から来た, がある, が果して実際, が理論, が用いられる, が精密, が自然弁証法, が行われ, だという, ではなく, では実験, でもなく, で注, というもの, といったよう, としてつかわれ, としてどれ, としての大量観察, としてみ, として一般, として具体化, として定着, として挙げられ, として積極的, との疎遠, とは逆, とを要求, と学問構成, と對立, と成果, と構成原理, と考える, にあっ, にしかぞくし得ない, にぞくする, になった, によって分類, によって初めて, によって広大無辺, に就い, に敬服, に論理的基礎, に過ぎない, のこの, の一部, の不備, の中, の例証, の同一性, の方, の最も, の模範, の機関, の特殊的, の資格, は, はおのずから, はすでに, はもはや, はマルクス, は一般, は今, は価値尺度財, は全く, は原理的, は実験, は意図的, は斬新, は次, は次に, は法則, は爾, は生物学, は要するに, は関孝和, は高々, をどこ, をマルクス主義的, を厳しく, を摂取, を概観, を用いね, を疑ふ, を発見, を聞きたい, を自然科学, を覚える, を賞用, を転用, を遂行, 及び叙述方法, 或いは考察態度

▼ 研究には~ (115, 0.8%)

3 非常に 2 ならない, 何の, 相当の, 隨分間違が

1 [104件] いる基礎, これに, その前, ちょっとした劇的挿話, どんな参考書, なおさら事実, ならないから, なるべく一つ, ねこを, ひつて, ひる, まず人生, まだまだ広い, まだ一冬, まだ広々, やはりかなり, ややもすればこの, アマゾン型の, フェアバンクスが, 丁度良い, 不似合い, 不必要, 京都帝國大, 今おもい出し, 今見る, 他の, 何と, 何一つ手, 偏見と, 先ずその, 先ず一つ一つ, 先ず申分, 先づその, 切つても, 到る所, 十分に, 単に自然科学方面, 又更に, 史料が, 同時に精神, 土器ほどに, 地の利を, 変りが, 多くの, 多数の, 大ぶ, 大事な, 大規模, 学問研究の, 實に, 専門家以上の, 小さいこと, 尾佐竹氏以下の, 干渉せぬ, 幼稚な, 当研究所, 必須の, 或る, 戦後あまり金が, 手頃の, 捨て金が, 敬服いたし, 数年を, 文献だけ, 日本の, 早くから着手, 最も普通, 最も面倒, 最大の, 最良の, 有用な, 未完成, 本当はならない, 材料が, 根本において, 格別の, 欠くべからざるもの, 此材料の, 氷塊の, 永い年月, 活力という, 直接の, 直接携わっ, 着氷条件に, 研究資金を, 確かに, 私の, 私も, 考え方の, 膠質学の, 自分も, 言う迄も, 設備と, 通例異常な, 達して, 違いなかろ, 適せない, 適当である, 都合の, 重大な, 野心を, 随分面白い, 雪を, 靈媒の

▼ 研究~ (109, 0.7%)

6 の養成, を養成 3 を刺戟 2 が少し, が強く, が無い, が盛ん, とともに人類学, に乏しい, の満足, をもっ, を持っ, を盛ん

1 [74件] ある者, から, からある, から発し, から起った, があれ, がつよい, が人, が強い, が未練執着, が深く, が満足, が発達, が突発, でも起したら, で貫く, とは自分, とを刺戟, と云う, と努力, と合体, と好奇心, と愛着, と把持力, と深い, と発明力, に促され, に充ちた, に富み, に富む, に富んだ, に対してどうしても, に落ち付い, のない, の不足, の強い, の深く, の裏付, の起り, はいかに, はかれ, はその, は外国物資, は損われ, は蕾, は鈍り, もなく, も強く鋭い, も生じない, をおさえる, をそそられる, をそそり, をもち, をも刺戟, を以て図書館, を刺激, を励ませ, を喚起, を増進, を失いたく, を奨励, を強く, を有する, を根気, を生ぜしめる, を発揮, を知っ, を積ん, を誘う, を起こさしめる, を起こさせます, を起こさせる, を起こし, を起せ

▼ 研究され~ (98, 0.7%)

18 ている 7 てゐる 5 ていた, ていない 4 て居る 3 ていい, てゐない 2 ていなかった, て今日, て居らぬ, て居ります, 絵画の

1 [43件] あるいはその, つつあり, てあり, てある, ているであろう, ているらしい, ており, ております, てきた, てこれ, てそれ, てはいない, てゆく, てゆけ, てよい, てをられ, てをりません, て作者, て居なかつた, て居りませぬ, て来, て神祇志, はした, またその, 世界の, 又密教, 實踐される, 少なくも大, 崇拝せられ, 改良され, 整理された, 模倣される, 次いでその, 油絵の, 活溌に, 生産場面との, 発展させられ, 発達しつくした, 究理され, 素地である, 綜合され, 襲用されおる如く, 計画し

▼ 研究~ (92, 0.6%)

5 有名な 2 あつて, すって, 聞えた人

1 [81件] あたま, あつた, あらう, あらねば, いちばん困る, いわゆる超, これからさき, これまで, これらの, これを, さあ, しよう, そういう理想, その成因, その生成, その遺伝質, ひと口に, まずこう前置き, もさうだが, もさうでありますが, もっと明暸, やっとわかった, ゆくもの, わかって, われわれ素人鑑画の, カールの, ゴズランは, ドイツへ, ネ, ノーベル化学賞を, ノーベル賞を, ベントナイトが, 一番大切な, 一頭地を, 世界に, 世界的に, 人事千百が, 人気の, 今日の, 他の, 個人が, 出来るもの, 分ったこと, 分って, 分つた, 叱られた學者, 唱えられて, 固体でも, 培った頭, 墺太利まで, 多方面の, 天保時代の, 学位を, 學位を, 宗教を, 定期間, 尤大切な, 当の相手, 従来不可能であった, 押しつめて, 断定的な, 既に十分, 日本へ, 明らかに, 次第に消耗, 死なれたそう, 毎日とりあつかう, 水面に, 物語って, 独特な, 生み出された鉄筋コンクリート, 甲状腺は, 留学を, 知られた竹田博士研究所, 私が, 穴を, 自ら四周の, 芭蕉の, 解決の, 電光の, 電力や

▼ 研究という~ (84, 0.6%)

14 ものは 12 のは 5 ことが 4 ことは, ものが, ような 2 のが, ものの, ものも, 一つの, 点で, 語を

1 [29件] ことに, ことも, ことを, のだ, のであった, のを, ものから, ものを, 一事業が, 事に, 仕事が, 仕事を, 妙な, 形態を, 性格を, 意義であるなら, 意義に, 方に, 時じゃ, 点においては, 現象は, 理論だ, 程で, 程の, 考えが, 語には, 課題とを, 過程を, 題目に

▼ 研究によって~ (81, 0.5%)

7 明らかに

1 [74件] ある一定量, おそらく大いに活躍, およそ自然界, この傾向, この規則正し, さらによくなるであろう, ずっと古い, その広汎, その意義, その解釈, その記載, でなくては, われわれは, ニュートンの, ヘーゲルから, 上代人, 世に, 事物の, 人間の, 今までとは, 仮名の, 修正を, 判ったの, 右の, 各種の, 大いに増補, 大地震, 天文学は, 始めてその, 始めて明らか, 始めて迷夢, 学位を, 安くて, 幾分修正さるべき, 引き出された推理, 従来水掛論の, 得られたと, 得んと, 御増補, 我々の, 我が国の, 指導せられ, 推し測られよう, 推察する, 摘発されたる, 救われた, 教えられること, 新しく要求, 既に明瞭, 日本に, 書きかえられ日本精神史, 次第に客観主義, 決まったの, 決定さるべき, 漸く明, 漸次闡明せられ, 犬の, 現在他には, 産み付けられること, 発見し得た, 直接間接に, 相当の, 知られたこと, 示されて, 自家を, 自然の, 著しく変化, 見ること, 訂正された, 説明され, 進歩する, 釈明される, 錫箔の, 長短相補う如くせね

▼ 研究~ (81, 0.5%)

2 といふもの, 乃至科学一般

1 [77件] からは極めて, から甚, から見れ, が完成, が形式倫理以上, が理解, が當時, であった, であり第, ではなかっ, で妄り, で鼻, としては適切, として法系別比較法, との特色, と學説, と氷炭, と統制法, などを體得, について概略, にはいい, に依り, に先鞭, に忠実, に我々感服, に於, の上, の中, の便宜, の可能性, の基礎, の必然的, の教説, の方, の是正, の發達, の精神, の組立, の組織, の結果, の解放, の貧弱さ, はどちら, はよく, は一歩ごと, は勿論, は文明未開, は文芸, は是, は本当, は科学, は純粋科学的, は経験, は解放的, もす, もまた, も非常, や捕捉, や教授法, をきく, をしなく, をのみ説く, をます, を以て徳川文学, を以て研究, を加, を応用, を採る, を根本, を用, を發見, を盛ん, を積ん, を組み立てたなら, を訊ね, 乃至統計的方法, 其の他

▼ 研究材料~ (71, 0.5%)

5 の有 2 として, になる, のよう, を愛します, を沢山

1 [56件] から国文学, がいつ, がころ, がイヤ, が出来る, が吾輩, が山, が目付, ぐらいにはなる, さえ目, その有, その有り, だ, だったの, である, であると, であると共に, であろうと, ですよ, ではない, で大事, としてそこ, としてはその, として如何, として御, として東洋, として茶の湯, となっ, となる, と信じまし, など隠し, にし, にする, にはもったいない, にもなる, に不, に差上げます, の一つ, の収集, の存在, の方, は佛蘭西海岸, は切支丹, または商品, も集め, をお, を基本, を引き出さね, を征服, を持たない, を持っ, を探し出し, を提供, を目, を相手, を集められる

▼ 研究~ (71, 0.5%)

3 な仕事, な態度, に観 2 に調べ, に首

1 [58件] から出発, であらねば, でありまた, であるよりも, で半ば教養, で古い, で新しい, で病, で経験, という, といつ, と称する, な, なあるいは, ない, なやや, な一書, な上演, な仕合, な働き, な僕, な兄, な先駆的, な学術雑誌, な提案, な断言, な本, な様子, な注意深い, な演劇, な舞台, な論文, にでき, にならず, にやっ, にやりたい, によん, に仏教, に働き掛けたなら, に光つて, に取扱, に同人, に土, に小, に聞い, に見物, に見究め, に記述, に読もう, に読ん, に遂行, の心, の精神, の著書, の話, の質問, の趣味, 純芸術的演劇

▼ 研究から~ (70, 0.5%)

3 出発し 2 出発すべきである, 出発する

1 [63件] いへば, いろいろな, かつて土蜘蛛論, くる句作法, こういう結論, して, そのしかる, その新, それが, ひろく大きく人民, ほぼその, また現代, みれば, ポオル・エルヴィユウの, 先づ始めなけれ, 其に, 出発せね, 出直さねば, 切り離された文献的研究, 初めて始まる, 初めなけれ, 利益とともに, 利益と共に, 単語序等の, 博士と, 原子内における, 原子核内部の, 取りかかりました, 受けた暗示, 同音に, 多分論理, 大多数, 始まったイオン層, 始まる, 始めて, 始めなければ, 始めねば, 孤立さえ, 完了し, 導かれたもの, 導かれた分光器, 導かれて, 導き出されたもの, 得た結果, 得来つた, 成ったもの, 更に原子, 更に有力, 来る変化, 来る結果, 毒薬の, 独自の, 生まれるもの, 生れる新種, 生物の, 端を, 素人患者の, 自然に, 見ても, 見出したの, 豊饒な, 金文殷墟の, 離れて

▼ 研究しよう~ (69, 0.5%)

18 とする 4 と思っ 3 とし, と思った 2 じゃない, というよう, と思う

1 [35件] か, これが, と, というつもり, というの, という人, という心, という時, という気風, という積り, という考, といふ目的, といふ程, とした, としたら, としてゐる, としなかった, とするなら, とは思わない, ともせず, とようやく, と云う, と云ふん, と企てた, と企てる, と志す, と思, と思ふなら, と決心, と試みた, なぞという殊勝, などと思った, などと言つて, なんて少し, 報告しよう

▼ 研究では~ (66, 0.4%)

5 ない 2 この人, なかった, なくして

1 [55件] ありませぬ, あるが, いわゆる白線, その人, その細菌, そんなもの, だいぶおもしろい, ついに大した, どうしても木村よし, どうにも, どんな偉い, ないか, ないらしい, なくすでに, なくて, なくまた, なく古い, なんの, にわかに左袒, まだ不十分, アカンぞ, イオンの, イギリスの, ベルト五本手に, 一人者である, 世界的だ, 九大の, 人形の, 像法に, 全く新しい, 出ない, 出来ぬ, 半分位しか, 南種に, 原田八段が, 右の, 吉村恂氏などが, 実によく書目, 御座いませぬ, 教師にも, 最も早く, 木村健二郎氏稀有元素では, 決してその, 波浪による, 湿気の, 火星に, 無限に, 熱機関の, 特に記すべき, 理研の, 若い者, 語りつくされません, 長岡博士は, 陰イオンは, 鳥の

▼ 研究~ (65, 0.4%)

3 の中 2 の組, の試験, の資格, は学校, 共に中学時代

1 [52件] から反感, がそんな, がとくに, がモデル台, が乱暴, が十三名, が理髮店, だ, で, であった, であったから, であつ, でありその, でもなく, として二三度, として何, として入った, として入所, として合格, として映画, とともにコポオ, と川北, と認め, と青年部, になっ, には見込, によって発見, に向, のため, のよう, の一人, の津田生, の海外留学, の物知り, の男, の男子, の集まっ, の養成, は僕たち, は前記二先生, は単に, は恰度ポツケツト, は新劇協会, は答, は絶景, ばかりな, への研究費補助, も実験室番, も標本係, を一人, を五人, を募集

▼ 研究すべき~ (58, 0.4%)

3 問題と 2 ものだ, 問題である, 材料は, 者なし

1 [47件] かということ, かを考えた, こと, ことが, ことな, ことは, ことも, ことを, は, はいう, はずであった, は神林, もので, ものでなく, ものと, ものは, ものも, ミュゼーが, 事あり, 事が, 事で, 事項に, 事項は, 価値が, 価値の, 唯物論中の, 問題が, 問題だ, 問題は, 問題を, 困難の, 大問題, 天文学者の, 奇人である, 好参考材料, 学なき, 宝の, 役の, 必要が, 必要に, 新材料, 科学的な, 興味ある, 重大な, 領分でない, 領域でない, 題目でない

▼ 研究~ (57, 0.4%)

1 [57件] その場限り, ギリシア以来の, サイクロトロンの, 事実を, 仏道の, 仕事に, 仕事も, 作物に, 催しを, 割れ目の, 創造は, 努力は, 墨と, 女流文学の, 学生への, 実際の, 実験の, 寄稿をも, 崇拝を, 市場の, 常識の, 形の, 放射能性物質の, 新説が, 書きもの, 柘植秀臣氏の, 模範が, 煙草の, 理論的考察こそは, 理論的考察を, 用意おさおさ, 発生的論証には, 発表が, 発見の, 発見や, 発言も, 磨墨の, 科学的経営を, 移動の, 穿鑿は, 紹介が, 自覚は, 若干の, 観察を, 評価にあたる, 評論などを, 読書や, 調査が, 調査なぞ, 調査も, 調査や, 調査を, 論賛が, 講演が, 赤井君の, 鍛錬を, 黒田正夫君の

▼ 研究~ (57, 0.4%)

54 である 3 なの 2 だと, であって, であります, です, ですから, なん

1 [33件] ごもっとも, だが, だそう, だという, だ会わないぞ, であ, であったが, でありますが, であるが, であること, ですが, で御, と, といふこと, にも其の, に属し, に揃い, のこと, のもの, の一つ, の主要, の人, の人造人間, の同家長男天野祐吉, の宇宙線, の宇宙艇, の最も, の由, の発声映画, の金太, の黄熱病, らしくいじくりまわして, デスカ

▼ 研究~ (55, 0.4%)

3 を出し

1 [52件] および施設, から何億, がなく, が削られ, が十分, が足りない, さえ豊富, じゃ仕方, すら投じなかった, すら投じなかつた, だってほとんど, で博士, で維持, として二万円, として十万位, として帝国学士院, として毎月英国貨四磅づつ払, とで経営, とむやみ, とを要する, などもほとんど, には差支える, に注ぎ込ん, に頼ろう, の不足, の何万倍, の回収, の有無, の社会的総額, の配分, はいつ, は一時間幾ら, は三分の一, は出す, は国帑, は断たれた, は桁, は無, は貰っ, を与え, を与えられ, を何とか, を作った, を使っ, を出し惜しみする, を受取り, を復一, を徴収, を惜しまず試みられました, を既に, を毎年, を留学生たち

▼ 研究すれ~ (54, 0.4%)

6 ばする 4 ばいい 3 ばその 2 ばこれ, ばそれ, ばよい, ば直ちに, ば研究

1 [31件] ど今に, ばあるいは, ばいつ, ばおもしろい, ばすべて, ばそれぞれ利用法, ばだんだん, ばわかる, ば了解, ば今後, ば何かしら, ば例えば, ば出来ない, ば吾人, ば多分, ば大抵, ば好い, ば尽く, ば従来神聖視, ば恥, ば我々, ば数限り, ば決して, ば漸, ば直ぐ, ば紀, ば經書, ば興味, ば誤り, ば面白い, ば颱風

▼ 研究題目~ (52, 0.4%)

5 の一つ

1 [47件] あるいは研究, がある, がはからずも, が決まる, が青年団, であった, であろう, であろうと, ではない, で航空学, とし, として十分, として提出, として残っ, として興味, とすれ, とそれ, となっ, となつ, とならない, となり, なの, なりとす, なる, についていわゆる, について理解, になりうる, になりうるであろう, にひかれ, にもなる, に対して独創的, のある, のみである, は, はなん, は上長官, は何, は未, へも取りかかりたい, より推せ, を所長, を持った, を捕え, を提出, を暗示, を見つける, を選ぶ

▼ 研究しなけれ~ (48, 0.3%)

18 ばならない 13 ばならぬ 4 ばなりません 2 ばならん, ばなるまい 1 ばい, ばすまない, ばならず, ばならなかった, ばなりますまい, ば何事, ば分らぬ, ば最後, ば決して

▼ 研究~ (46, 0.3%)

3 最も必要 2 に一つ

1 [41件] かのスフィンクス, から日本, その入口, には他山の石, には別に, には必要, には有害, に何, に於ける, に極めて, に活きた, に立脚, のノート, の一分野, の仕事, の便利, の労働用具, の好意, の必要, の慾望, の或, の材料, の根本的疑問, の欲, の注意, の目的, の秘書役みたい, の要具, の選書法, の青年, はなはだ有益, または経済上, またやむをえない, 大いに貢献, 少なからざる, 最も主要, 欠くべからざる根本資料, 決して容易, 種々有益, 誠に必要, 頗る重大

▼ 研究でも~ (45, 0.3%)

4 して 2 させて, 何でも

1 [37件] ある範囲内, いかなる民種, きつと, させたの, されて, しなかったら私, するかの, するよう, する時, そこい, その道の, それまでの, ない, なさりたい思召, なされて, はじめるよう, やって, やってるの, やる, 全く条件, 初めようぢや, 君のは, 始めようかという, 始めるだろうと, 実はこの, 将来意外に, 少し目鼻, 少し詳細, 或る, 捏造の, 時間の, 皆修業, 硝子管の, 良かったら, 西洋人が, 試みんと, 間に合う

▼ 研究にも~ (44, 0.3%)

2 取りかかって, 多大の

1 [40件] なお必要, なお自分, なったもの, ならずただ, なると, なるの, また同じ, まだ抜けた, むろん大いに力, マウナ・ロアの, 一寸述べ, 事を, 亦大, 倦んだので, 別に有利, 動かされた, 十九で, 及んで, 合致する, 大きなインパルス, 実際にも, 実際役に立つ, 常に深甚, 年月を, 幾多の, 心理學から, 手を, 有益な, 熱心で, 用ゐ得る, 相当の, 色々の, 補助費の, 裨益する, 製作にも, 見えた, 言はれ, 趣味を, 進みたいと, 非常に

▼ 研究~ (44, 0.3%)

2 です

1 [42件] がその, が十一時三十五分前後, が更に, が熱心, が調査, が附随, だったから, であり1940年, でもなけれ, という名目, として出入, として四年間, として満, と改良, と比較出來, などというもの, に会う, の, のお, の不審, の人, の希望事項, の枕頭, の芝居, の関係, の鴨田兎三夫, はさあ, はそれ, は前提, は大, は大衆, は気の毒そう, は第, も大体, をし, を中心, を免職, を勧誘, を取巻いた, を通じて壮青年層, を配置, を重視

▼ 研究された~ (40, 0.3%)

3 ものである 2 が当時我東京大学, ことが, のです, もので

1 [29件] がもはや, けれども未だ, ことの, ことを, という事, といふ, といふこと, とき指摘されるべき, と云, のが, ので, のでありました, のであります, のである, のは, ものと, もののある, もの其の, 一冊の, 上であろう, 力学的法則に従って, 唐寺の, 文献が, 方が, 方面とは, 曉に, 条件より, 結果では, 若干の

▼ 研究される~ (40, 0.3%)

3 必要が 2 ことに, ことを, のを, ように, 方も

1 [27件] かという反省, かは別, か知らない, そうだ, だけの留学, ということ, という意味, とき興味ある, と共にこの, と同時に, と思い, のでない, よりも当時, 一方近代的な, 事に, 代りに, 価値ある, 動機を, 可能が, 対象と, 方が, 時が, 時に, 様に, 精巧な, 結果を, 資料と

▼ 研究機関~ (39, 0.3%)

2 が生まれた, の設立, を設立

1 [33件] があっ, が備わっ, が多い, が実は, が設立, たるべきもの, であるならば, でなければ, ではあり得ない, ではなく, で総合的学術, として, となっ, と教育施設, と研究者, にサーキュラー, に対する関係, に移し, のあり方, の基本的, の必要, の新設, の組織化, の設備, は一種, は政府, は財閥解体, もあり, も民間, を具備, を形式的, を設置, を通じて恐らく

▼ 研究ノート~ (36, 0.2%)

4 第九冊 3 の頁

1 [29件] からはなした, から引き放し, が二三度, が数冊, が突然, じゃない, であった, という, と金, にまだ, にもあまり, のなか, の列, の包, の包み, の山, の最後, の示す, の間, はあの, をそれなり, をつかみ, をひろげ, をひろげた, を前, を所有, を持っ, を見, 第八冊

▼ 研究~ (36, 0.2%)

1 [36件] からの龍村謙, からはひつ, から手, があり, が主として, が發行, が聞きつけ, が起つた, すら宣言及綱領, で, でやる, といふもの, としてこの, に來, に興味, ねあり, のすんだ, のスペクタル, の中谷, の主事, の如き, の時, の會則, の求, の追憶, の重大, の領袖, の黒幕, へも傳はつ, へ引張だされた, へ通, へ通つて, や招靈會, や靈媒, を維持, を開き

▼ 研究資料~ (36, 0.2%)

2 となる, になる, を提供, 第二

1 [28件] が本校, だと, であると共に, であろう, であろうと, といっ, として, としての文献, としての標本, として主婦たち, として必要, となり, となるであろう, にし, にしました, にと思, には用, にもなれ, の供給所, は素材, もしくは参考材料, をムザ, を単なる, を呈, を有すれ, を蒐め, を集め, を集める

▼ 研究せられ~ (29, 0.2%)

5 ている 2 てよい, て一大著述, て居る

1 [18件] ておる, てその, てはいない, ても古代生活, てゐず, てゐる, て丁度, て万葉研究, て其の, て居らなかつた, て居ります, て後, て行くなら, て非常, よ, 実施さるべき, 或いは発見, 教授せられる

▼ 研究問題~ (29, 0.2%)

3 である 2 なの

1 [24件] が存在, じゃ, であった, であり彼, であるのみ, ですべてこれら, ですよ, ではあるまい, として成立, として採用, として是非, として現われるでしょう, となっ, となる, と考えられる, になります, になる, にぶつかった, に楽しん, はこの, はまだ, は分子, をあたえ, を出し

▼ 研究態度~ (29, 0.2%)

1 [29件] が木, であった, でとり, で審査員, としての科学, としては常に, とその, と柔軟, なん, においても組み方, にはまったく, には根本, には足手纏, に依つ, に変形, に對, に關, のすべて, のそれ以上熾烈, の内容, の甚だしい, の論難点, は全く, は非常, をもっ, を以て科学, を導入, を採り, 又は認識態度

▼ 研究せん~ (28, 0.2%)

14 とする 4 と欲する 2 かこれ 1 と, としてその, として歌集, と企つる事, と欲, と欲す, と試みた, にはまず

▼ 研究様式~ (28, 0.2%)

2 とする, の一内容

1 [24件] があっ, が君臨, だろうし, ではなく, という統一体, として役立つ, との結果, と又, と叙述様式, と異, と研究手段, にぞくする, によって定着, の一部分, の下, の共通性, の内容, の分析, の最も, の欲する, はいつも, は材料, も叙述様式, を与える

▼ 研究である~ (26, 0.2%)

3 ことが 2 が之, ということ

1 [19件] から何とか, か否, がこの, がその, が同じ, ことは, ことも, ためには, といっ, とか, とも限らない, と思われる, と言っ, のかを, のだ, ので最初, 心理学は, 所謂現代人が, 限り概して

▼ 研究~ (26, 0.2%)

2 の中, を読破

1 [22件] が本場, である, で本質的, として欠くべからざる, とみず, などが出, などは存在, などをほとんど, なら他, にならざる, になるであろう, に愛想, のうち, の抜萃, の類, は著書, や学術書, を借りる, を参考, を読みあさった, を調べ, を集める

▼ 研究したい~ (25, 0.2%)

2 と思う, と思ふ

1 [21件] から門下生, ことが, ことも, ということ, という気持, という私, といふ, と思います, と思っ, と思った, と言つて, のである, のは, ものだ, んだ, 事が, 人が, 原子病そのものが, 方には, 積りの, 若い日

▼ 研究せね~ (25, 0.2%)

17 ばならぬ 2 ばなりませぬ 1 ばならない, ばならなかった, ばならなかつた, ばなりません, ば何, ば十分

▼ 研究において~ (24, 0.2%)

1 [24件] この世界各国, なお創意的, まちがいなく, 一つの, 一般に, 人の, 何らかの一致点, 単なる人間, 反転図形の, 完成される, 当時の, 当然現れ来たる, 支那よりも, 日本が, 最も著名, 有効な, 極めて重要, 独特な, 現代の, 確信する, 芭蕉の, 著しい発達, 蝦夷の, 頗る微妙

▼ 研究対象~ (24, 0.2%)

2 とする

1 [22件] たる技術そのもの, たる社会, であった, であるとの, である自然, であろうが, ではない, とし, として記憶, とするらしく響く, とその, となり得る, となる, にする, の差異, の性質, は生物, や神秘学, を形, を提供, を相当, 乃至研究方法

▼ 研究しない~ (23, 0.2%)

2 のである

1 [21件] からそういう, からだ, からでありましょう, からのこと, かカチュウシヤ, がいずれ, ことは, し第, でいきなり, ではこの, で文学, で東洋, といふ, ところから, と正確, と途中, のであらう, のは, やうである, ように, 者は

▼ 研究手段~ (23, 0.2%)

1 [23件] からの制約, から研究方法, が研究方法, が自然科学, こそ科学, であった統計的操作, としての実験, として採用, と共に決して, と呼ばれるべき, には大略, により, に他, に過ぎない, の一般方略, の上, は次, は研究様式, は随時, を執った, を如何なる, を用いる, 乃至方法

▼ 研究発表~ (23, 0.2%)

2 は約

1 [21件] が現代, されるであらう, されるという, ですか, ではなく, と時, によつて, の上, の原稿, の材料, の準備, の筋, の結論, の自由, の諸, の講演, はここ, や何, や著述, をいま, をせず

▼ 研究者たち~ (23, 0.2%)

1 [23件] がこれら, がせっかく, が何時, が土, との協同, に依頼, に軍需工場, のあいだ, のやられた, の大衆的場面, の手, の観察, はこの, はその, はまるで, はもっと, は何故しっかり, は宏壮, は実に, は普通, は比較的, をここ, を勇気づけ

▼ 研究~ (22, 0.1%)

4 のである, んです 3 のだ, んだ 1 さつた御方は, のであっ, のであった, のです, ので本当, ので来, ので驚いた, ものさね

▼ 研究調査~ (22, 0.1%)

3 して

1 [19件] されたが, されたの, にとりか, にはやはり少し, に從事, に没頭, に自主性, のため洋行, の國際的連絡調整, の結果, はネフスキイ氏, は各, は国家予算, は急速, は自由, も重要, を強いられる, を補助, を遂げられるでありましょう

▼ 研究したら~ (19, 0.1%)

1 [19件] おもしろそう, か, かならず犯人, これに, そういう大衆小説, どうか知れない, どうだ, ば誰, よいの, よかろう, イロンナ面白い, 一種の, 刺激が, 或いは竜体獅子, 興味が, 金に, 面白からう, 面白そう, 頗る面白い

▼ 研究といふ~ (19, 0.1%)

2 ものが, ものは, 程の

1 [13件] くらゐ, ことだ, ことの, ことは, ことを, のは, ものを, やうな, 任務を, 最も純, 点で, 部厚, 點から

▼ 研究~ (19, 0.1%)

3 の編成

1 [16件] が主として, ということ, というもの, の形, の活動, の編成方, の設立, の調査, は総員, は解散, へ引張りこまれた, をお, をつくる, をダシ, を最初, を視察

▼ 研究論文~ (19, 0.1%)

1 [19件] から小説, が入っ, だけでも世界中, であるが, ではない, でも書い, として學界, と認める, などは適確, にたいし, の大, の想, の文献, は五つ六つ, を作り, を完成, を審査, を書く, を発表

▼ 研究活動~ (18, 0.1%)

1 [18件] が漸次, とが同, とその, と会員制, と各種, に入った, の作用そのもの, の参加者, の成果, の組織統制, はだから, は創立後三ヵ月位, は多少, は弥, は次, は1日, も実践, を機関誌上

▼ 研究について~ (17, 0.1%)

1 [17件] いうと, そういう感じ, ほとんどなん, 一つの, 何か, 古から最近, 宣長翁の, 最も大切, 次の, 現にかく, 相談を, 私の, 種々新しい, 精神的に, 茲に, 述べた後, 述べて

▼ 研究~ (17, 0.1%)

2 というもの, の本部, の発会式

1 [11件] が今, が組織, ではこの, とは変, とよびならわし, なるもの, の人々, の団員, はいったい, は元気, を応援

▼ 研究的態度~ (17, 0.1%)

1 [17件] かなんかで, からその, から出発, が審査員間, が必要, などを問題, につき審査員会, に出でし, に戻し, に欠けた, のとられた, も萌し得ない, をとっ, をとる, を以て隅, を審査席上, を養成

▼ 研究とか~ (16, 0.1%)

1 [16件] いずれも, そういう進歩的, 云ふ, 人生への, 各種の, 実験とかの, 寒冷地や, 心理学の, 景仰とかいう, 様々な, 歴史的記述とかいう, 発明とかいう, 考古学的なし, 考究とか, 近代思想の, 鑑賞とかいう

▼ 研究として~ (16, 0.1%)

1 [16件] このニコラス・クレーグ船長, これほど, なされて, まず通用, 先ず通用, 学界に, 希臘劇シェイクスピイヤラシイヌモリエエルその他東西の, 採り上げられて, 有名な, 水素の, 浮浪者の, 私は, 考へて, 試食する, 遺されたもの, 高水準な

▼ 研究報告~ (16, 0.1%)

1 [16件] がはひつ, であると, として素人, と討論, に安心, の批評, の論文記事等, は俄然, は日本人, も英文, をきいた, を悪用, を断片的, を続, を纏め上げ, を致しました

▼ 研究~ (15, 0.1%)

1 [15件] か, かは私, からあまり役, から一層, が, といつ, とかいふこと, とは何, とは知らなかった, とは言, と夜, と思, と思い, と思ふ, な

▼ 研究実験~ (15, 0.1%)

3 の指導

1 [12件] としてこの, にも応用物理学, に著手, に選ぶ, の選択, はない, はターリング, をし, をする, を始めね, を始める, を終え

▼ 研究とは~ (14, 0.1%)

1 [14件] おのずから異, けだし文化史的, そういうもの, どういうもの, どういう研究, どんなもの, 一番縁が, 予を, 云えない, 何の, 全然別種, 別の, 油絵を, 違ふ

▼ 研究に関する~ (14, 0.1%)

1 [14件] つまらない話, ものは, ゴンクウルの, ドキュマンとしても, 一切の, 問題の, 基礎技術の, 報告が, 書物や, 書類を, 未練を, 本を, 統制の, 論駁は

▼ 研究生活~ (14, 0.1%)

1 [14件] が奔放, というもの, などには耐えられない, などにも勉強, なるもの, に敬意, に無限, の一翼, の中, の味気, の緒, もまだ, をし, を続け

▼ 研究~ (14, 0.1%)

2 に入っ, の生徒, へ入る 1 か裁断科, では生徒, に入った, に入りました, の生徒たち, へ入った, へ通つて, を二年

▼ 研究結果~ (14, 0.1%)

1 [14件] がはじめて, だけである, につき報告, による, の一端, の概要, の檢討並, の講演, は纒, を大変期待, を少し, を得られ, を挙げ, を比較

▼ 研究とを~ (13, 0.1%)

2 もって

1 [11件] ささげる長い, つんで, やること, 力として, 区別し, 同時に行っ, 含有し, 混同し, 発端と, 発表する, 題目として

▼ 研究に対して~ (13, 0.1%)

1 [13件] 一種異様な, 不断の, 所見を, 敬意を, 新しい動向, 有力なる, 根本的の, 次第に無気力, 無限の, 組織立った知識, 能動的に, 色々な, 非難したい

▼ 研究であっ~ (12, 0.1%)

1 [12件] てこれ, てしかも, ても厳密, て初めて, て創立以後, て墨色, て寒地農業, て彼, て燃焼, て現代, て留学, て考え

▼ 研究~ (12, 0.1%)

1 [12件] がさかん, がコンナ風, が勃興, が澎湃, が覚め, に関して語られた, の旺盛, の盛ん, はその, は我國, は殆ど沸騰点, を鼓吹

▼ 研究~ (12, 0.1%)

2 のもの 1 と覚しき, に生かし, に蒐集, に買い入れた, の参考品, の図書館, の実験室, の犬, の用具, の解剖屍体

▼ 研究させ~ (11, 0.1%)

1 [11件] その先, それを, ており, てくれれ, てそれ, てそれから, てやろう, て貰ひたい, 次は, 自然の, 萬一の

▼ 研究さるべき~ (11, 0.1%)

1 [11件] ことが, もので, 事柄な, 人である, 余白を, 呉一郎の, 問題の, 根本的な, 絶好の, 興味ある, 題目であろう

▼ 研究しました~ (11, 0.1%)

1 [11件] からかの, が人工心臓, が今日, が仏様, が何しろ, が夜, しどうしても, のは, ア行の, 汪中なども, 結果とうとう

▼ 研究であり~ (11, 0.1%)

1 [11件] おかげで, おまけに, その本質的矛盾, その激しい, その研究, それであれ, て実に, 且つ面白い, 奇怪きわまる, 本質的に, 栄養料理の

▼ 研究としては~ (11, 0.1%)

1 [11件] えらいこと, かなりに, この種, それまでの, それも, 出色である, 初から, 又おのずから, 当然不完全, 東京の, 粹の

▼ 研究との~ (11, 0.1%)

2 あるを, 間に 1 対比と, 恐ろしさ, 歩みを, 相違は, 背景を, 融和塩梅も, 関連については

▼ 研究などは~ (11, 0.1%)

1 [11件] どうで, なかなか目, ほんの一つ, 世に顧みられない, 人の, 全くなかっ, 全く自分, 如何にも迂遠, 特に大切, 第一, 細かい部分

▼ 研究なども~ (11, 0.1%)

1 [11件] ある, すすめられて, その顕著, やはりそれ, プレパラートと, 亦注目, 合わせて, 大いに進み, 興味ある, 行届いては, 面白い仕事

▼ 研究によ~ (11, 0.1%)

1 [11件] つてのみ, つて其の, つて学界に, つて實證し, つて已に, つて忽ち, つて日本の, つて明かに, つて民俗の, つて略, つて社会的生理を

▼ 研究さえ~ (10, 0.1%)

4 すれば 1 うまく行く, させて, して, しなければ, 出来て, 出来れば

▼ 研究したる~ (10, 0.1%)

1 のみにし, ものが, ベーツ氏の, 事実を, 和洋料理の, 妖怪の, 学校との, 最新の, 民族の, 者よりも

▼ 研究せられた~ (10, 0.1%)

2 ところでは 1 が, これらの, といふこと, ものであります, ものによってこそ, 処の, 大唐玄奘三藏表啓, 際に

▼ 研究そのもの~ (10, 0.1%)

1 がいけない, が僕, が正に, じゃない, に在った, に対する興味, の原理, は相当, へ示唆, を意図的

▼ 研究です~ (10, 0.1%)

31 かなどとは尋ね, からなア, がこれ, なあれ, なとのこと, ねと言われた, よその

▼ 研究については~ (10, 0.1%)

1 いうまでも, まだ一貫, よく知っ, 一言も, 別に, 参考すべき, 土俗上信仰上見のがす, 専門家の, 最も権威者, 開拓者として

▼ 研究をも~ (10, 0.1%)

1 おこたりませんでした, これに, それによって, 加えて, 包含し, 成し遂げました, 採って, 求めて, 試みて, 除外しなけれ

▼ 研究事項~ (10, 0.1%)

1 だったもの, であるが, ではない, で一朝一夕, についてあらゆる, によつて, に対してはその, の内容, はいかにも, を満載

▼ 研究会員~ (10, 0.1%)

2 の一人 1 の前, の寄進, の従来, の第, は勿論, は大衆的, もラップ, より妖怪

▼ 研究室内~ (10, 0.1%)

1 で卒倒, にあった, にはいった, にはいる, に於ける, に泊っ, の明る, の特別, の研究, を見直した

▼ 研究~ (10, 0.1%)

2 に就い 1 いろ, とまた, の一般文学的教養, の科目, はいずれ, は急速, も全く, を参照

▼ 研究~ (10, 0.1%)

1 でねられ, で作る, などがある, に自分, のほう, のメンバー, へ出かけた, へ鶴子, を中心, を受け持っ

▼ 研究せず~ (9, 0.1%)

1 とも法規, に, にただ, にはいられない, には居られず, には居られない, には置かぬ, わが娘, 熟読せず

▼ 研究とが~ (9, 0.1%)

1 せっかく来襲, とかくいちどきに語られ, 収められて, 完全に, 密接な, 必要である, 殆ん, 相俟つて, 足りないからと

▼ 研究など~ (9, 0.1%)

1 するわけ, 一つも, 夢だ, 志すべきでない, 有名な, 浅薄な, 素より好んだ, 読み応えの, 誰も

▼ 研究により~ (9, 0.1%)

1 またこの, やや具体的, ミミ族を, 十二月十日ノーベル賞を, 啻にこの, 学位を, 彌, 紅絵中には, 藝文志

▼ 研究に対する~ (9, 0.1%)

1 わたしの, カントの, 二人の, 情熱については, 愛情が, 根気と, 熱が, 熱心な, 熱情や

▼ 研究ばかり~ (9, 0.1%)

3 して 2 では 1 したの, だつたので, で古事記, やって

▼ 研究劇団~ (9, 0.1%)

1 が生れる, が興行, に過ぎぬ, のつつましい, の女優, の組織, は常に, を作らう, を組織

▼ 研究及び~ (9, 0.1%)

1 その分類, 事業の, 人工雪の, 啓蒙活動が, 研究助成に, 純粋経済学の, 製作という, 設備は, 調査の

▼ 研究~ (9, 0.1%)

1 が起つ, と同じ, と愛慾, に凝り固まっ, に燃え, に負けた, を充, を満たす, を誘発

▼ 研究成果~ (9, 0.1%)

1 などというもの, に就, のみが機関誌, の実施機関, の文化上, の速, はここ, もジャーナリズム, を纏めなく

▼ 研究においては~ (8, 0.1%)

1 一括し, 一流の, 世界の, 原子核内部の, 吾, 彼らの, 特にそれ, 近代支那に

▼ 研究にとって~ (8, 0.1%)

1 どれだけの, なくては, 一番苦しい, 幸福である, 文献乃至, 替けが, 最も大切, 決して無意味

▼ 研究よりも~ (8, 0.1%)

1 この問題, 一段低級の, 何よりも, 前者の, 手近い, 縱の, 象の, 頭から

▼ 研究~ (8, 0.1%)

41 という素人, の斜向い, へきいたら, へゆきました

▼ 研究こそ~ (7, 0.0%)

2 他日端なく 1 して, それを, まったくの, 彼の, 最も肝要

▼ 研究したなら~ (7, 0.0%)

1 たとえその, ばこの, ばその, ば教, ば日本, 人間の, 探偵小説の

▼ 研究しなく~ (7, 0.0%)

2 てはならない 1 ちゃあならぬ, ちゃ駄目, てはならぬ, てはならん, とも直截

▼ 研究なり~ (7, 0.0%)

1 一行緊張せる, 仕事なりを, 学説なりの, 知識を, 職業なりに, 自分の, 覚悟なりを

▼ 研究より~ (7, 0.0%)

1 一八五七年頃までの, 外に, 始まり應用研究, 得たる結果, 復一には, 發せね, 組立てられたる一切

▼ 研究~ (7, 0.0%)

2 の一, の九 1 の三九七, の五〇〇等, の八・四

▼ 研究以外~ (7, 0.0%)

1 にお, には何, に失楽園, のこと, の事, の立場, へは一足

▼ 研究助手~ (7, 0.0%)

2 として博士 1 としてはじめて, にし, の口, の木村青年, を勤め

▼ 研究団体~ (7, 0.0%)

1 および社会科学者, からの気運, から営業体, が存在, について何, は殆, は自身

▼ 研究~ (7, 0.0%)

2 五人格修養の 1 一を, 三巻, 三巻第, 二十四回の, 1癩患者に

▼ 研究されるべき~ (6, 0.0%)

1 かが先, かという点, ものでしょう, ものと, 性質を, 神経学心理学の

▼ 研究その~ (6, 0.0%)

1 ことが, ことについても, ことの, ことは, 時代の, 遺蹟として

▼ 研究であった~ (6, 0.0%)

1 がその, ことは, ことを, し実際, ばかりでなく, 之に

▼ 研究とに~ (6, 0.0%)

1 一層よく価する, 一生を, 入りたいという, 没頭し, 注意致しおり候いし, 由つて窺ひ知る

▼ 研究などに~ (6, 0.0%)

1 使ったもの, 對し, 志す人, 於ては, 至っては, 関心を

▼ 研究にまで~ (6, 0.0%)

1 奔走した, 展化し, 帰って, 推し出して, 發展させる, 適用しよう

▼ 研究員たち~ (6, 0.0%)

1 がめいめい, が競争, の忙し, はこの, は林, をどういう

▼ 研究委員会~ (6, 0.0%)

1 が, が出来, に付議, の仕事, は赤色陸海軍, を拵

▼ 研究家たち~ (6, 0.0%)

1 が其, にとって従来, にとって絶好, は一斉, へ話した, を教育

▼ 研究方針~ (6, 0.0%)

1 なりを採っ, についてその, について米国学界, に対する大沼博士, も定まらない, を与え

▼ 研究特に~ (6, 0.0%)

1 原典批評の, 執筆を, 文化については, 歴史科学乃至, 殺人毒毒殺等の, 骨相手相などの

▼ 研究調査機関~ (6, 0.0%)

1 があり, が存在, が生まれた, の外形, の横, の比重

▼ 研究させる~ (5, 0.0%)

1 のだ, のと, ばかりでなく, ように, 事に

▼ 研究してる~ (5, 0.0%)

1 が時々, ことが, とかいう大学生, のであっ, 人が

▼ 研究します~ (5, 0.0%)

1 が二等運賃, と日本, 東洋とても, 貴方は, 迄は少く

▼ 研究~ (5, 0.0%)

3 可きもの 2 可き

▼ 研究~ (5, 0.0%)

2 ば其の 1 ば得る, ば敵, むとにもあらず

▼ 研究とかいう~ (5, 0.0%)

1 ことは, ような, 不粋な, 側ばかりに, 題で

▼ 研究としての~ (5, 0.0%)

1 心理学表現に, 性質を, 歴史学両者の, 経済学から, 認識論單に

▼ 研究によりて~ (5, 0.0%)

1 はじめて妖怪, 寛保二三年なる, 幾分緩和, 明なり, 次第に明白

▼ 研究による~ (5, 0.0%)

1 パテントは, 学界の, 完全人造人間の, 技術学乃至, 正しい知識

▼ 研究に際して~ (5, 0.0%)

1 その附加, ファラデーの, 各種の, 心理学的説明を, 指針と

▼ 研究への~ (5, 0.0%)

1 一寄与, 示唆, 示唆を, 途を, 関心を

▼ 研究即ち~ (5, 0.0%)

1 一旦絶命, 心理學は, 支那学が, 是は, 生理学及び

▼ 研究~ (5, 0.0%)

1 だと, であったという, を持っ, を持つ, を編む

▼ 研究目的~ (5, 0.0%)

1 には恰好, に都合, は果たされた, を実際, を明らさま

▼ 研究組織~ (5, 0.0%)

1 のインフォーメイション・センター, をつくる, を持つ, を次, を決定

▼ 研究組織部~ (5, 0.0%)

1 からその, が次, と機関誌編集部, に於, の研究予報

▼ 研究者自身~ (5, 0.0%)

1 がその, が一人, が相互, にだって正確, の頭

▼ 研究者達~ (5, 0.0%)

1 からは宝物, の中, の云わ, は今後, は自分達

▼ 研究させた~ (4, 0.0%)

1 のである, のです, ものでした, 結果確実に

▼ 研究しあう~ (4, 0.0%)

2 という風 1 ことは, 会だ

▼ 研究し尽くした~ (4, 0.0%)

1 わけで, アリョーシャは, 人の, 後に

▼ 研究し続け~ (4, 0.0%)

2 ている, てゐる

▼ 研究するで~ (4, 0.0%)

3 もなく 1 も無く

▼ 研究せらるる~ (4, 0.0%)

1 ことはるかに, に及び, に至りし, ように

▼ 研究だの~ (4, 0.0%)

1 スペンサーの, 三河から, 和漢の, 考究だ

▼ 研究であります~ (4, 0.0%)

1 がこの, がバルザック, が今日, ぞ

▼ 研究とも~ (4, 0.0%)

1 なり健全, 出來, 別れ一さい, 言い得られるの

▼ 研究と共に~ (4, 0.0%)

1 さらに多く, それによっての, また盛ん, 今日において

▼ 研究などが~ (4, 0.0%)

1 あるし, 之に, 効果を, 単なる腰かけ仕事

▼ 研究などという~ (4, 0.0%)

2 問題を 1 ことは, ものも

▼ 研究なんか~ (4, 0.0%)

1 どうでも, なさらないわ, なさらなかったのよ, 死ぬまでで

▼ 研究においても~ (4, 0.0%)

1 このこと, 堪能なる, 新カント派, 第一流

▼ 研究にばかり~ (4, 0.0%)

2 毎日夢中に 1 没頭し, 頭を

▼ 研究に関しては~ (4, 0.0%)

1 いまは, 凡ての, 第一原本, 自他共に

▼ 研究のみ~ (4, 0.0%)

1 でなくすべて, で無く, ならず生物, 盛んに

▼ 研究または~ (4, 0.0%)

2 行動の 1 せいぜいある, 教育の

▼ 研究を以て~ (4, 0.0%)

1 するより, 之に, 即ち唯物論的, 建築雑誌及び

▼ 研究事業~ (4, 0.0%)

1 たる, である精神科学, もその, を継承

▼ 研究会みたい~ (4, 0.0%)

1 なもの, なもん, な事, にみんな

▼ 研究会指導方針~ (4, 0.0%)

1 に大, をすっかり, を変更, を改めた

▼ 研究価値~ (4, 0.0%)

1 と魅力, の頗る, の高い, 甚だ高く

▼ 研究倶楽部~ (4, 0.0%)

1 とは互に, にし, の類, もまた

▼ 研究~ (4, 0.0%)

1 で安心, といふの, としてしか通用, の域

▼ 研究~ (4, 0.0%)

1 において右, については加納一郎氏著, の詳しい, は悲惨

▼ 研究室の~ (4, 0.0%)

2 かべに大きな 1 かべにも床, かべや自動車

▼ 研究工夫~ (4, 0.0%)

1 して, するの, せられて, の気持ち

▼ 研究批判~ (4, 0.0%)

1 されなければ, の対象, の精細, は

▼ 研究熱心~ (4, 0.0%)

1 がさせる, でもある, と深い, ならモッケ

▼ 研究考察~ (4, 0.0%)

1 するに, は到底, は大きな, をこの

▼ 研究致し~ (4, 0.0%)

2 ている, ております

▼ 研究課題~ (4, 0.0%)

1 が内在, である, という, として面白い

▼ 研究資金~ (4, 0.0%)

1 が乏しい, にあまり, の募集, を交付

▼ 研究~ (4, 0.0%)

1 に於, わずかの, を出し, を此処

▼ 研究雑誌~ (4, 0.0%)

1 であるが, として徹底, など見, の発刊

▼ 研究領域~ (4, 0.0%)

1 が開拓, の専門的分化, を持つ, を捨て

▼ 研究あるいは~ (3, 0.0%)

1 仕事の, 芸術社交その他いかなる, 賭博の

▼ 研究~ (3, 0.0%)

1 その話し, 何か, 何かに

▼ 研究されなけれ~ (3, 0.0%)

2 ばならない 1 ばならぬ

▼ 研究しかけた~ (3, 0.0%)

1 が断然, まま忘れかけ, 事項には

▼ 研究しまし~ (3, 0.0%)

1 てその, て平田, て歴史上

▼ 研究し出した~ (3, 0.0%)

1 のである, キチガイ病気の, 諸君によって

▼ 研究し尽し~ (3, 0.0%)

1 ている, てしまつ, て居るでしょう

▼ 研究し得る~ (3, 0.0%)

1 ことを, のである, 心事を

▼ 研究するなら~ (3, 0.0%)

1 ばその, ば單, ば諸君

▼ 研究せぬ~ (3, 0.0%)

1 のである, ゆえ知らぬ, 故に発明

▼ 研究せよ~ (3, 0.0%)

1 との事, と勧めた, と告げられた

▼ 研究せる~ (3, 0.0%)

1 妖怪事実の, 工芸上の, 範囲で

▼ 研究だけは~ (3, 0.0%)

1 しては, 続けて, 続けなさいと

▼ 研究といった~ (3, 0.0%)

1 ほうが, ような, 形であった

▼ 研究なさい~ (3, 0.0%)

1 とお, と云った, 抔と

▼ 研究なさる~ (3, 0.0%)

1 のださうです, のでした, のは

▼ 研究などと~ (3, 0.0%)

1 いうほどの, いっても, 書かれないもの

▼ 研究などの~ (3, 0.0%)

1 出来ない寒, 場合に, 餘裕の

▼ 研究などを~ (3, 0.0%)

1 して, しようそれ, 始めたん

▼ 研究なら~ (3, 0.0%)

1 なおさらそこ, ば絶無, まだしもの

▼ 研究なる~ (3, 0.0%)

1 ものの, ものを, 想像の

▼ 研究にかけては~ (3, 0.0%)

1 世界的な, 日本一の, 随一の

▼ 研究にとっては~ (3, 0.0%)

1 両者の, 最も方法, 皮肉にも

▼ 研究にな~ (3, 0.0%)

1 つたさ, つていらつ, つて居ります

▼ 研究に対しても~ (3, 0.0%)

1 その研究題目それ自身, ただ疑問, 更に深く

▼ 研究のみに~ (3, 0.0%)

1 従事する, 止ど, 由つて知る

▼ 研究まで~ (3, 0.0%)

1 して, 投げて, 積まれたの

▼ 研究上必要~ (3, 0.0%)

1 だと, となつて來, の活力

▼ 研究主題~ (3, 0.0%)

1 に全, の積極性, を決め

▼ 研究~ (3, 0.0%)

1 の二, の五, の四

▼ 研究会指導~ (3, 0.0%)

1 の任務, の領域, を決議

▼ 研究体制~ (3, 0.0%)

1 の企画立案, はまだ, を確立

▼ 研究全体~ (3, 0.0%)

1 がそして, が結局, についてもいえる

▼ 研究~ (3, 0.0%)

1 ある会員, の足りない, を持つ

▼ 研究努力~ (3, 0.0%)

1 した後, しつつ, をも盡

▼ 研究史上~ (3, 0.0%)

1 から観, に逸する, の一発見

▼ 研究~ (3, 0.0%)

1 につれこん, に通じる, は往来

▼ 研究好き~ (3, 0.0%)

1 で暇さ, な俊夫君, の兄

▼ 研究室跡~ (3, 0.0%)

1 に近い, のうしろ, の外壁

▼ 研究旅行~ (3, 0.0%)

2 へ行っ 1 にでかける

▼ 研究済み~ (3, 0.0%)

1 だ, のよう, の問題

▼ 研究~ (3, 0.0%)

1 からこの, が単に, というよう

▼ 研究範囲~ (3, 0.0%)

1 とした, は極めて, を狭く

▼ 研究かたがた~ (2, 0.0%)

1 ゆっくりと, 少しは

▼ 研究さるる~ (2, 0.0%)

1 ことと, 間に

▼ 研究されね~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬ

▼ 研究されれ~ (2, 0.0%)

1 ばその, ばアマチュア

▼ 研究しかけ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て居る

▼ 研究しつくされ~ (2, 0.0%)

1 ている, ているだろう

▼ 研究しつくし~ (2, 0.0%)

1 てはっきり, て来

▼ 研究しなかった~ (2, 0.0%)

1 か, ような

▼ 研究しはじめた~ (2, 0.0%)

1 事位が, 結果この

▼ 研究し合う~ (2, 0.0%)

1 という程度, ものである

▼ 研究し合っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て理解

▼ 研究し始め~ (2, 0.0%)

1 それが, てからの彼

▼ 研究し尽された~ (2, 0.0%)

1 もので, 時雪は

▼ 研究し尽した~ (2, 0.0%)

1 上でなけれ, 後に

▼ 研究し得ぬ~ (2, 0.0%)

1 からである, 此の

▼ 研究し直す~ (2, 0.0%)

1 ことを, 必要が

▼ 研究すなわち~ (2, 0.0%)

1 樹氷の, 警視庁型の

▼ 研究すべきで~ (2, 0.0%)

1 はあるまい, はなかろう

▼ 研究ずみ~ (2, 0.0%)

1 だから, のもの

▼ 研究せざる~ (2, 0.0%)

1 の罪, 庶幾は以

▼ 研究せざるべからず~ (2, 0.0%)

1 と雖, 超理的妖怪

▼ 研究せざれ~ (2, 0.0%)

1 ば無用, ば真相

▼ 研究せし~ (2, 0.0%)

1 むるごとく今日以後国民各自を, むると

▼ 研究せずし~ (2, 0.0%)

1 て単純, て蕪村

▼ 研究せなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならなく, ば決して

▼ 研究せられる~ (2, 0.0%)

1 ことすでに, 必要が

▼ 研究それ~ (2, 0.0%)

1 から早稲田, が眼

▼ 研究たとえば~ (2, 0.0%)

1 小川中山野村氏等の, 明治以来の

▼ 研究だけでも~ (2, 0.0%)

1 たくさんの, 尽きるところ

▼ 研究だけに~ (2, 0.0%)

1 日夜心を, 閉じこもって

▼ 研究だけを~ (2, 0.0%)

1 根本義として, 発表し

▼ 研究だった~ (2, 0.0%)

1 からで, もので

▼ 研究でない~ (2, 0.0%)

1 ことは, といえよう

▼ 研究でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬ

▼ 研究とかいふ~ (2, 0.0%)

1 もんはネ, 気勢の

▼ 研究どころ~ (2, 0.0%)

1 では, の騒ぎ

▼ 研究なさった~ (2, 0.0%)

1 お仕事, のだ

▼ 研究なされ~ (2, 0.0%)

1 ている, て小

▼ 研究などでは~ (2, 0.0%)

1 ありません, 大に

▼ 研究などといふ~ (2, 0.0%)

1 もので, 考へで

▼ 研究における~ (2, 0.0%)

1 二つの, 統計的方法と

▼ 研究についての~ (2, 0.0%)

1 世界の, 危険を

▼ 研究につれて~ (2, 0.0%)

1 若いエンマ, 起つたの

▼ 研究にと~ (2, 0.0%)

1 つても, つて指導的な

▼ 研究にのみ~ (2, 0.0%)

1 囚われて, 限られた方法

▼ 研究によっても~ (2, 0.0%)

1 得られる, 確かめられたと

▼ 研究によつ~ (2, 0.0%)

1 て初めて, て得られた

▼ 研究のみを~ (2, 0.0%)

1 して, やって

▼ 研究ぶり~ (2, 0.0%)

1 すなわちよそ, に遠慮

▼ 研究~ (2, 0.0%)

1 ひきつけられる, 拡大した

▼ 研究ほど~ (2, 0.0%)

1 おもしろくまた, 教育上に

▼ 研究また~ (2, 0.0%)

1 すこぶる不十分, もとよりこれ

▼ 研究までは~ (2, 0.0%)

1 なかなか手, 流石に

▼ 研究やの~ (2, 0.0%)

1 価値も, 統制は

▼ 研究やら~ (2, 0.0%)

1 一々の, 哲学的の

▼ 研究を通じて~ (2, 0.0%)

1 何時の間にか群衆心理学, 社会主義に

▼ 研究ノート八冊~ (2, 0.0%)

1 が紛失, をうばい

▼ 研究プログラム~ (2, 0.0%)

1 を定め, を課する

▼ 研究~ (2, 0.0%)

1 の三, の十一

▼ 研究上非常~ (2, 0.0%)

1 に便宜, に大切

▼ 研究並びに~ (2, 0.0%)

1 その改良等, その滯北費

▼ 研究予報~ (2, 0.0%)

1 に過ぎなかった, の機関

▼ 研究事務室~ (2, 0.0%)

1 の扉, を呼び出した

▼ 研究仕事~ (2, 0.0%)

1 にうまい, を手伝わされた

▼ 研究以上~ (2, 0.0%)

1 に御用, の労力

▼ 研究会議~ (2, 0.0%)

1 では, の委員会あたり

▼ 研究協議~ (2, 0.0%)

1 して, を行

▼ 研究~ (2, 0.0%)

2 の七

▼ 研究団事件~ (2, 0.0%)

1 である, のあと

▼ 研究団員~ (2, 0.0%)

1 がこの, もこの

▼ 研究図書館~ (2, 0.0%)

1 と学生用図書館, 乃至学術図書館

▼ 研究報告書~ (2, 0.0%)

1 は経費, を出版

▼ 研究~ (2, 0.0%)

2 で馳駆

▼ 研究~ (2, 0.0%)

1 へんよろしい, 図書館の

▼ 研究学派~ (2, 0.0%)

1 が世界, の存在

▼ 研究完成~ (2, 0.0%)

2 すること

▼ 研究実践~ (2, 0.0%)

1 といふ方向, に入るべき

▼ 研究室兼用~ (2, 0.0%)

2 ですからね

▼ 研究室助手~ (2, 0.0%)

1 の報酬, をし

▼ 研究室生活~ (2, 0.0%)

1 から得られた, をし

▼ 研究家達~ (2, 0.0%)

1 にとっては必ずしもそう, や新しい

▼ 研究對象~ (2, 0.0%)

1 の全, を形造つて

▼ 研究希望者~ (2, 0.0%)

1 がない, が無い

▼ 研究~ (2, 0.0%)

1 熱心の, 調査を

▼ 研究或いは~ (2, 0.0%)

1 寧ろ実証的, 御見聞

▼ 研究操作~ (2, 0.0%)

1 として分析的操作, に関する私

▼ 研究改良~ (2, 0.0%)

1 によって除去, の結果

▼ 研究~ (2, 0.0%)

1 の概念, 詳しくは

▼ 研究教授~ (2, 0.0%)

1 として倫敦, となった

▼ 研究方法そのもの~ (2, 0.0%)

1 に直接唯物論的示唆, を或

▼ 研究方面~ (2, 0.0%)

1 がある, でも創作

▼ 研究施設~ (2, 0.0%)

1 が農業物理, を国庫

▼ 研究明治文学~ (2, 0.0%)

1 の再, の見直し等

▼ 研究時代~ (2, 0.0%)

1 では随分, に於ける

▼ 研究時間~ (2, 0.0%)

1 をずいぶん, を持つ

▼ 研究未だ~ (2, 0.0%)

2 殆ん

▼ 研究~ (2, 0.0%)

1 には理屈, は常に

▼ 研究~ (2, 0.0%)

1 の方, の用語例

▼ 研究~ (2, 0.0%)

1 であった, は人口

▼ 研究物理化学初歩程度~ (2, 0.0%)

2 の知識

▼ 研究~ (2, 0.0%)

1 である吾輩, といわれた

▼ 研究生がさつぱりあつまらず~ (2, 0.0%)

2 それになに

▼ 研究生募集~ (2, 0.0%)

1 の事, の試験

▼ 研究生狐~ (2, 0.0%)

1 のコン吉, のコン吉氏

▼ 研究用具~ (2, 0.0%)

1 としてはほとんど, として役立っ

▼ 研究相手~ (2, 0.0%)

1 である, は渡辺八段

▼ 研究~ (2, 0.0%)

1 から見る, をもっ

▼ 研究科目~ (2, 0.0%)

1 にした, を世界中

▼ 研究精神~ (2, 0.0%)

1 もない, を推奨

▼ 研究素材~ (2, 0.0%)

1 としては面白い, の生産

▼ 研究經過~ (2, 0.0%)

1 に關, を伺ひました

▼ 研究考証~ (2, 0.0%)

1 の末, は泰西

▼ 研究者クルクス管~ (2, 0.0%)

2 の発明者

▼ 研究者等~ (2, 0.0%)

1 のやう, はカリフォルニア

▼ 研究致しました~ (2, 0.0%)

1 ように, 成績について

▼ 研究装置~ (2, 0.0%)

1 に多少, を完成

▼ 研究討議~ (2, 0.0%)

1 されないもの, し墺太利

▼ 研究訓練~ (2, 0.0%)

1 に基づく, に邁進

▼ 研究設備~ (2, 0.0%)

1 や精巧, をもたない

▼ 研究課目~ (2, 0.0%)

1 と相, は左

▼ 研究調査業務~ (2, 0.0%)

1 に眼, のスピード化

▼ 研究~ (2, 0.0%)

1 に耽っ, は尽

▼ 研究資材~ (2, 0.0%)

1 も次第に, を集める

▼ 研究趣味~ (2, 0.0%)

1 が勃興, とが相

▼ 研究関係~ (2, 0.0%)

1 の事務, の重要書類

▼ 研究項目~ (2, 0.0%)

1 だったの, はその

▼ 研究顧問委員会~ (2, 0.0%)

1 が組織, の軍事的活動

▼1* [647件]

研究あり又近く橋本, 研究いくつかの風土論, 研究いじょうにそんなに魅力が, 研究いたしておりました, 研究いたしたいという考え, 研究いたしたく志願の, 研究いたしたならば大いに, 研究いたしましたところに, 研究いたしますのには, 研究いたす考えで, 研究おさせになる, 研究および教育を, 研究かう進んで行く, 研究かたがた独りで京都, 研究からのみ生れると, 研究からは別問題, 研究ぐらい今日必要に, 研究こそは僕の, 研究ことに東大寺の, 研究へし, 研究さしていろ, 研究させたいと思う, 研究させられている, 研究さっせえ, 研究さるべきであるという常識, 研究されずして遺された, 研究されたるべくしたがって望遠鏡等, 研究されだした宇宙線や, 研究されてるが專門外, 研究されないものに, 研究されなかったのは, 研究されなくてはならない, 研究されましてその, 研究されましたがこれ, 研究されようとして宗教, 研究されるべきだと主張, 研究され出したようである, 研究され始めたのは, 研究され始める数学者が, 研究され採り容れられ味わい尽されるのです, 研究しあい武田流の, 研究しあい摂取しあうこと, 研究しあったりし, 研究しえた結果を, 研究しおくはこの世, 研究しかたを知らない, 研究しきたらば自然, 研究したかったんだ, 研究したくなったのである, 研究したではとうてい, 研究したであろうが紫式部, 研究したですが一人, 研究したらしいんだ, 研究したらしく相談相手としては, 研究した如く持久戦争の, 研究した憶えがある, 研究しだしたのである, 研究しつくされた結果に, 研究しつづけていた, 研究してたいさくが, 研究してないんだ, 研究してなかったからである, 研究しできるなら專門家の, 研究しとらなかつたよアハハハ, 研究しとらんよアハハハ, 研究しなかつたのだ, 研究しみずから思索, 研究しようではない, 研究し合い刺戟し合いし, 研究し始めたのは, 研究し始めまして以来, 研究し尽くされた波形は, 研究し尽くしたる暁必ず, 研究し尽さないからだ, 研究し尽されております, 研究し尽しましたし銀行その他, 研究し尽すぞ, 研究し居たりしなる, 研究し得ない哲学の, 研究し得なければならぬ, 研究し得れば最早, 研究し掘り深めてゆく, 研究し描き出したひとは, 研究し来って今, 研究し来りしが時機稍到来, 研究し残している, 研究し直して, 研究し直そうかと考え, 研究し知りつくしている, 研究し見極めるときに, 研究し進んでビェリンスキー, 研究し過ぎた結果精神に, 研究やなく, 研究じゃナカナカ責任は, 研究すべきだと言っ, 研究すべきであり天然の, 研究すべきであるがいずれ, 研究すべく唐に, 研究すべく与えられたる常識概念に, 研究すべし然れ, 研究すむうちあの, 研究すらも危いと, 研究するうへの貴重, 研究せざるなけれども未だ, 研究せざるべからざる機会に, 研究せしめ明治初期の, 研究せらるべきものである, 研究せられざる日本神話に, 研究せられたいと斯, 研究せられたく思うのである, 研究せられたるものと, 研究せられないのは, 研究せられなければならない, 研究せられぬこの国, 研究せられましたが未だ, 研究せられんことを, 研究せんならん探偵ち, 研究そして科学の, 研究その他で知られ, 研究それからストークスや, 研究それ等は活動的, 研究それ自身が一つ, 研究ことは, 研究たるに過ぎず, 研究だけで本当に, 研究だけが理解せしめ, 研究だけで出来るもの, 研究だろう大学の, 研究ゅうの, 研究や, 研究ってほどじゃないけど, 研究みました, 研究であるらしいが之, 研究できれば今日, 研究でございますか, 研究でしかなかった, 研究でしょうね, 研究でなく科学の, 研究というか語るというか, 研究といつても一方, 研究とかをあなた方も, 研究とで徐々に一箇, 研究とについて短い説明, 研究とまではゆかないでも, 研究とやらも先生一流の, 研究とやらを始めた, 研究なくしては, 研究なさいますか, 研究なさっている, 研究なさらなければなりますまい, 研究なされた方々には, 研究なすって物, 研究などについても少佐は, 研究などには縁の, 研究などにも興味を, 研究などによってこの原子核物理学, 研究などよりももっと重要, 研究などをもするため, 研究ならびに処置については, 研究なりが学問的と, 研究なりに費したいと, 研究なりを一頃の, 研究なるべけれども之, 研究なるべしと信じ, 研究なんかも随分役に立っ, 研究なんかをしても, 研究なんぞ思いも, 研究なんてことにも, 研究なんといふぼんやり, 研究なんどと, 研究にあたって私に, 研究にかかつた, 研究にかけて調べて, 研究にこそ国家は, 研究にすら認識の, 研究についてもやはり起こし得られる, 研究にて化学並びに, 研究にとっての最も重大, 研究にとっても科学史的研究は, 研究によってこそ官僚組織は, 研究によってのみ決定さるべきであろう, 研究によるもできる道理, 研究によるよりもかへつてゴンスに, 研究に対し光明を, 研究に対してどつと押寄せ, 研究に対しては先生は, 研究に従い法律学には, 研究に関して彼の, 研究に際し彼に, 研究に際しては凡ての, 研究ねっしんのせい, 研究ばかりを大昔の, 研究ばっかりを疑問の, 研究ひとつだと, 研究へと目夜精進され, 研究までが目鼻が, 研究もの国史支那稗史から材料, 研究やらに追われて, 研究よく生死路頭の, 研究よりは文化史的の, 研究をすら発表し, 研究をまでも抑圧する, 研究を通して与えられる法, 研究シナリオ研究映画監督術等を聴講, 研究セルトコロニ依レバ, 研究テーマとの人間的いきさつ, 研究ト勇猛不屈ノ精神トヲ以テ一篇, 研究取懸ルニ適シタ未知電波ダ, 研究結果ハ廣ク人類學ヲ, 研究パプツチキとの理論闘争, 研究マツチのペーパ, 研究マルサスの人口, 研究リアリズムの問題, 研究三十八手といふ異例, 研究三昧に暇, 研究三漢文は本, 研究上一道の光明, 研究上不便を感ずる, 研究上他人と太刀打ち, 研究上国栖人を以てやはり, 研究上永久に貴重, 研究上注目すべき点, 研究上申分ないと, 研究上相互の関係, 研究上稍大なる進歩, 研究上裨益するところ, 研究上記憶して, 研究不可能と目, 研究不完全なる今日, 研究不徹底のため, 研究不良少女の研究, 研究世界文芸思潮史外国作家研究等の一般文学的教養, 研究に分離, 研究中一片のパン, 研究中二三の事実, 研究中央局が設けられ, 研究中応召されたの, 研究中性子陽電子の発見, 研究中病気に罹り, 研究中資料的に十分, 研究主任で積極的, 研究主任格の某, 研究乃至材料の, 研究九巻一号に出, 研究九月号を貸し, 研究了解会得して, 研究事項記入の事, 研究二学年の終り, 研究人体改造の研究, 研究人的要素の整備, 研究人間生活を表現, 研究仕遂げて, 研究以前の即ち, 研究企画がある, 研究会はなやかであった時代, 研究会キネマ研究会ラジオ研究会等の中, 研究会ラジオ研究会等の中, 研究会主催の講演会, 研究会予報を会員, 研究会仕込みとかいう奇妙, 研究会以来よんどころない用件以外, 研究会作品研究会評論研究会などが持たれる, 研究会内に止まらず, 研究会出版部のすすめ, 研究会劇研究会がある, 研究会劇研究会作品研究会評論研究会などが持たれる, 研究会労農通信員たちへの正しい, 研究会員たちよお高く, 研究会員豊原氏の実視, 研究会員赤軍機関誌編輯者赤軍劇場管理者などが集り, 研究会員赤軍機関雑誌編輯者赤衛軍劇場管理者その他と赤色陸海軍作家文学連合中央評議会, 研究会奥田なにがしという蒼ざめてヒョロ, 研究会展の評, 研究会座談会等を開き, 研究会指導者として配置, 研究会日本学術振興会啓明会その他の団体, 研究会気質を撲滅, 研究会江馬務君の葵祭解説記, 研究会用のテキスト, 研究会発会式の席上, 研究会等の中, 研究会編という一冊, 研究会評論研究会などが持たれる, 研究会講習会の類, 研究会講習会等なること, 研究会議日本学術振興会などの長老組織, 研究会関係以外の事件, 研究体系に一段落, 研究何年もかかっ, 研究作品を発表, 研究作者の属する, 研究例へば單調の, 研究係りにそして, 研究俄然として勃興, 研究修業すること, 研究公共施設としての近代的, 研究内容及び方法, 研究冶金学では鉄, 研究出来るやうな, 研究分派の事実, 研究分野へ離散, 研究初演したばかり, 研究劇的存在を指す, 研究劇試演に拙作, 研究助成に乗り出そう, 研究労作をやっ, 研究労作それらが彼, 研究して, 研究北海道の歴史, 研究半ばにある, 研究協議会を開き, 研究達し知らざる所, 研究しとは, 研究実地の, 研究反省に価する, 研究叙述されるばかり, 研究古鏡に關, 研究可能になった, 研究に昇つて, 研究史上東洋一般のこと, 研究史料の上, 研究において述べた, 研究同氏の国民経済学, 研究向上は忘れ, 研究更に一歩, 研究命名の材料, 研究だ, 研究員経済学士鍋島達君に其の, 研究員苦心の三本, 研究商売もなかなか, 研究団反対の気勢, 研究報告なぞに耳, 研究報告機関のよう, 研究場所ではない, 研究塔下の怪奇, 研究大いに進歩し, 研究大家である長良川博士, 研究大越諄君の刃物, 研究奨励のため, 研究如何と見る, 研究始まって以来, 研究始まつて以来, 研究始めである, 研究委員は府市学務当局, 研究委託費と生産事業, 研究も共に, 研究学科の通俗化, 研究宇宙探求のもと, 研究完了ということ, 研究実験的推理によりて理想主義者, 研究宣伝は不可能, 研究室あとを掘りかえし, 研究室これも蒲鉾テント, 研究室みたいになった, 研究室人の学界, 研究室以外の世の中, 研究室兼仕事場になっ, 研究室内外で実際, 研究室出頭を命ぜられ, 研究室制度の弊, 研究室勤めの技師, 研究室名が金文字, 研究室員の一人, 研究室員七名が研究中, 研究室的使命を果させる, 研究室皆あるから, 研究室組である, 研究室開設第一年, 研究室震撼的記事はない, 研究室食堂などまである, 研究家ぐらゐのものだといふ事実を日本, 研究家たち凡そ二千名ばかりを網羅, 研究家らの或, 研究家ウーゼネルは言語学者, 研究家並に愛好者, 研究家佐藤雨山君から聞いた, 研究家島袋君が大いに, 研究家救癩事業家のおのおの, 研究家文筆の人, 研究家木谷蓬吟氏の手, 研究家田中親美氏なども観, 研究家等も昨今, 研究家藤代義雄氏岩崎航介氏などの作者, 研究家蟻田博士のこと, 研究審議致しました結果, 研究対宇宙生物兵器の研究, 研究対策としてである, 研究対象そのものを人工的, 研究崇拝において似寄っ, 研究幽霊の事件, 研究に出る, 研究座談会をひらいた, 研究引受人を募る, 研究当時の苦心, 研究後人にのこし, 研究復興に至っ, 研究復興会議の設立, 研究心強くまたその, 研究心政治問題に投ぜられた, 研究心眞の知識欲, 研究心真の知識欲, 研究心真実を愛する, 研究心道徳心宗教心英雄崇拝心なぞいずれ, 研究応用及びその, 研究思索について真実, 研究怠りなき頃, 研究患者として官費, 研究意欲を刺戟, 研究意見の発表, 研究成績発表講演会といったよう, 研究或は創作とが, 研究所載柳田國男君の, 研究不釈巻, 研究その写本, 研究批判検討を支配, 研究指導ぶりは天衣無縫, 研究になる, 研究支所のこと, 研究改善を行なった, 研究放射性元素の研究, 研究教育発表其の他, 研究数値も肝腎, 研究整理用の参考書, 研究に感心, 研究文ビルへ行き, 研究文献が輩出, 研究俳句の, 研究方向は氏, 研究方法それ自身が大衆的, 研究方法論理の組立, 研究方針等を決定, 研究旅行これは私たち, 研究であった, 研究映画監督術等を聴講, 研究時期に這入つてる, 研究暗記し乏しい明る, 研究更にまた築地小劇場, 研究書き止め置いたもの甲斐守殿へ, 研究書中の白眉, 研究書以外では僕, 研究書物が出版, 研究書籍が極めて, 研究書類を見せ, 研究最中に他界, 研究會側の主, 研究會幹事の本分, 研究材料それを持っ, 研究材料豐富なること, 研究東久雄をつかまへ, 研究検索の範囲, 研究業績がなされ, 研究様子珍奇などと小見出し, 研究様式そのものではなかっ, 研究様式内に於, 研究様式方法の資格, 研究機会などの生活上, 研究機構によって勢力的, 研究機構インフォーメイション・センターの組織, 研究機関大学大工場, 研究次第で出来る, 研究殆ど年余他日獄を出で, 研究殊に僕が, 研究治療を試み, 研究洗練したもの, 研究演技論及び各, 研究熟練の重心, 研究熱心勉強のハリアイ, 研究物件なん, 研究狂兼誇大妄想狂に相違, 研究狂程度の連中, 研究狂蒐集狂そのほか何, 研究班長の川波大尉, 研究理論的実際的, 研究甚だしく隆盛を, 研究生たちのお, 研究生中朝鮮人あり一寸, 研究生中村幸治さんといふ青年来庵, 研究生小山すみれであること, 研究生小山すみれ嬢とがびっくり, 研究生活体験誠意の涵養, 研究生涯の旅, 研究生産機関として独立, 研究生終了の証書, 研究生自身の自発的研究, 研究用映画を作ろう, 研究の権威, 研究発展しその, 研究発表上何等の差支え, 研究発表会などが各, 研究発表機関を確保, 研究発見発明などは下らぬ, 研究發展に刺戟, 研究發表ですか, 研究的価値を持つ, 研究的公演乃至先駆的公演, 研究的努力とあらゆる, 研究的対象となる, 研究的思索の一つ, 研究的態度そのものの現状, 研究的演出の名, 研究的発見は皆そう, 研究的立場を辛辣, 研究的良心を充たす, 研究的色彩に富ん, 研究的著作である, 研究的衝動を覺, 研究的調査が進められ, 研究なるに, 研究盛んとなり, 研究目標とし, 研究着手中であるけれども, 研究知識はいよいよ, 研究研究でネ, 研究研究室内の研究, 研究社創刊の童話雑誌, 研究社学生文庫の, 研究社定価は僅か, 研究科学的の穿索, 研究科生徒十六七名來る, 研究空間に関する錯覚, 研究立案の計画, 研究立証して, 研究等描写は建築, 研究範囲外なる人間性, 研究精進を怠っ, 研究細かくは魚類学, 研究紹介したという, 研究紹介評論の類, 研究組織部組織の改変経路, 研究経済だの組合問題, 研究経籍一旦沽却, 研究結核予防のため, 研究結論が発表, 研究統制すること, 研究総合して, 研究練磨して, 研究翫味する時, 研究翫賞せんとする, 研究考察方法を生命, 研究考証的知識の必要, 研究者みずからにおいてもその, 研究者らは次第に, 研究者イプセン役者の代表百名, 研究者ニ取リテ焚語, 研究者一般殊に独学者, 研究者久我錠二郎に嫁ぎ, 研究者人道論者等のそれ, 研究者以外に自ら, 研究者側にも不, 研究者全体の数, 研究者古書翻刻者としての蝶夢和尚, 研究者否人間の異常, 研究者境賢治とか今日, 研究者就中儒教研究者はこの, 研究者必須の参考書, 研究者思索家の間, 研究者本人に取, 研究者演劇愛好者に是非, 研究者私学の優秀, 研究者精通者紹介者としては二葉亭, 研究者註釋者甚だ多く, 研究者進歩的な哲学者, 研究者間に協力, 研究者風なところ, 研究能力が衰退, 研究能率の差, 研究自体がこの, 研究自身を反省, 研究致す事として, 研究致すべしと修理, 研究となり, 研究舞台美術研究等の科目, 研究航空機の研究, 研究芸文的の制作, 研究苦心された概略, 研究著手よりも数十年以前, 研究著書註解など権威, 研究蒐集中の奇怪, 研究を初め, 研究行動が空想的, 研究の肩, 研究補助とに力, 研究製作所の独立, 研究製造などに何百億, 研究西洋人の生活, 研究観察して, 研究解説したもの, 研究解釈して, 研究解釋の分裂, 研究畫など, 研究計画の中, 研究記者が悪口, 研究記録などが一枚, 研究評論をする, 研究試験所つけます, 研究の坪内, 研究調査中なり, 研究調査事務が機械化, 研究調査等であった, 研究調査費の獲得, 研究論証すべく目下材料, 研究論議でおそらくは, 研究諮問機関のやう, 研究諸家の細部, 研究講演があった, 研究講目だった, 研究講習会に於, 研究費一五〇〇万円を適正配分, 研究費予算と配分状況, 研究費二十億弗と較べ, 研究費以外つまり生活費, 研究費寄贈を記念, 研究費支給を仰がん, 研究費補助ともいふべき, 研究資料たるを失はぬ, 研究資金のはした, 研究起草中のこと, 研究途上にある, 研究速進術とどれ, 研究連絡委員会でこの, 研究進んではその, 研究進行の径路, 研究遂行のやり方, 研究遊ばされたと申します, 研究運動に加, 研究運命の行く末, 研究過程を自覚, 研究に余念, 研究道具など高価, 研究道場として藥用, 研究道楽の流行, 研究部ラジオ研究部美術研究部政治研究部などがある, 研究部政治研究部などがある, 研究部美術研究部政治研究部などがある, 研究部長ハリイ・ウェックスラー博士である, 研究部門も拡大, 研究部音楽研究部ラジオ研究部美術研究部政治研究部などがある, 研究陣容を受け, 研究随筆で社会時評, 研究集合活動の或, 研究集大成として, 研究雑誌研究書籍が極めて, 研究題日の達成, 研究題材をつくる, 研究題目それ自身に対していろいろ, 研究に, 研究の問題