青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「石段~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

知人~ ~知識 知識~ ~短い 短い~ 短刀~ ~石 石~ 石垣~ 石川~
石段~
石炭~ ~砂 砂~ 砂糖~ ~研究 研究~ 砲~ 破~ 破っ~ 破れ~

「石段~」 1386, 15ppm, 7484位

▼ 石段~ (604, 43.6%)

34 上って 33 降りて 22 下りて 19 登って 8 のぼって, 下りた 7 上ると, 踏んで 6 おりて, 上った, 登ると, 降りた, 降りると 5 登った 4 昇って, 馳け 3 あが, あがって, 下って, 下りると, 登つて行つた, 登りつめると, 登りながら

2 [23件] あがると, つけて, のぼると, カタリカタリと, 一息に, 一歩一歩と, 三つほど, 上ったり, 上つた, 上らせて, 上りきると, 下へ, 下りるため, 彼は, 拾って, 昇つて行く, 昇りそこ, 登りつめて, 降って, 降りますと, 降りる, 馳上る, 駈上り

1 [356件] あがったところ, あがったり, あがりかけた, あがりかけると, あがりもと, あがり小さな, あがり柱, あがり静か, ある日, あッともとの, いくつもの, いつしよ, おせい, おりきって, おりきるとね, おりちやう, おりちょうど, おりてから, おりながら, おりはじめたでは, おりました, おりる, おりると, おりるとき, おりるや, おりれば, おり燈明, お下り, かけあがって, かけあがりそこ, かけのぼって, かけ降りながら, かたかた下から, くるくるまい, こっちへ, ごらんなさい, さつき誰かがの, ずるりと, そっと登った, ぞろぞろ上, だれかが, つくること, つけますと, てくてくの, とろ, どんどんおり, なお何, のぼった時, のぼらされやがて, のぼらねば, のぼりかけると, のぼりきつ, のぼりだしました, のぼりつめたとき, のぼりつめて, のぼりて, のぼりのぼり数語, のぼりはじめました, のぼり切ると, のぼり切ッ, のぼり大仏殿, のぼり始めた, のぼり捜査課長, のぼり朱塗り, のぼるが, のぼること, のぼるとき, のぼるにも, のぼるの, ひかえた寂しい, ひとかたまりに, ひとり駆け下り, ぴょいぴょいぴょい, ふみ街, ふんで, ぼくは, まるで爬虫類, まろばった, めがけて, もう一階, ゆうぜんとおり, ゆっくりのぼっ, ゆつくりと, ようやく上がっ, よりそって, カタカタと, ガラガラのぼりかけた, コツコツ降りる, スルスルと, テクテク登っ, トム公が, トントントンと, 一つずつ, 一つ一つ昇る, 一つ登れ, 一人で, 一歩々々拾, 一歩一歩おり, 一歩出, 一段だけ, 一直線に, 一股に, 一間半ばかり, 一飛びに, 七八段の, 三十六おりる, 三段次第に, 上がったの, 上がって, 上がらうとして, 上がられて, 上がりその, 上がり出した, 上った事, 上った小高い, 上った平場, 上つ, 上つたところに, 上つて來ます, 上つて母屋の, 上つて男子入口の, 上つて行く, 上の, 上へと, 上らしゃるが, 上らないうち, 上りかける, 上りきったと, 上りきって, 上りつくし唐門, 上りて, 上りました, 上り切つたとき, 上り土藏, 上り始めた, 上り神殿, 上り鳥居, 上る, 上るほども, 上る前, 上る子供連, 上る高い, 上れる伝吉, 上ろうと, 上下する, 下った, 下つて, 下つて鳥居, 下りかかって, 下りかけた, 下りかける, 下りかけると, 下りきらないうち, 下りそこ, 下りたドン底, 下りつくすと, 下りてから, 下りても, 下りながら, 下りはじめた, 下りはじめる, 下りますと, 下りるや, 下りる人, 下り切つた, 下り切ると, 下り古, 下り寶物館, 下り建長寺, 下り来懸る円タク, 下ると, 下るや, 二つ三つ上がっ, 二つ踏ん, 二三級上る, 二十八号船の, 二百段ほど, 五六段登つていつた, 井戸の, 今ひとりの, 仰ぎ見た自分, 入口に, 六七段下りなけれ, 凡そ三四十段の, 切通しへ, 前に, 半分ほど, 喘ぎ登って, 四つンばいに, 固い姿勢, 墓の, 夢中で駆け降りた, 寄進した, 密と, 寶巖寺の, 小走りに, 小鳥の, 少し登った, 山に, 帰って, 幾曲りかし, 幾階も, 庭へ, 彩雲の, 後ろへ, 思い思いの, 慄える, 懐しさ, 攀じた境内, 攀じて, 攀じるの, 攀じ攀じずッ, 数えて, 数えるよう, 数へて, 斜面の, 昇った, 昇ったり, 昇つてゐる, 昇りつめたところ, 昇りはじめた, 昇り始めて, 昇り開いたまま, 昇降する, 更に半, 本堂まで, 横倒しに, 横切りかきつばた, 水ぎわまで, 氷の, 油坂という, 洗い小波, 洗う波, 洗って, 無言の, 熊の, 玄関に, 甃んだり, 畳んで, 登ったん, 登った左, 登っても, 登つた, 登つたら何が, 登つてまで, 登つて下る, 登つて中会寺を, 登つて來さう, 登つて来た, 登つて隣の, 登らなくては, 登りかけようとして, 登りだらだら, 登りつくさうと, 登りつめたところ, 登ります, 登り中段, 登り切ったところ, 登り切った小高い, 登り切つた小山, 登り切らないうち, 登り切ると, 登り南洲, 登り始めやう, 登り日本信徒発見記念, 登り更に, 登り漁村, 登り神前, 登り詰めると, 登り降りして, 登る, 登るごと, 登るに, 登るにも, 登るの, 登る玄関, 登る苦し, 真っ先に, 真逆様に, 睨上げた, 積み上げた嶮, 窺き得た, 算え, 粛々として, 老人の, 背に, 背後に, 自然に, 茅野雄の, 藪だの, 見上げて, 覗いて, 走り上っ, 越して, 踏まなければ, 踏みはずして, 踏み上った, 踏み登って, 踏み降りると, 踏む, 踏むごと, 踏んだとき, 蹴って, 迂回し, 送って, 這うよう, 這返し, 降つて, 降りかかった時, 降りかけたが, 降りかけようと, 降りきって, 降りたところ, 降りつくしたあたり, 降りてる信者たち, 降りながら, 降りるところ, 降りるの, 降りるやう, 降りる快, 降りる時, 降り切って, 降り初めたが, 降り境内, 降り弁天様, 降り来り中途, 降り板石, 降り池, 降り行けば, 降ると, 降るとき, 離れて, 雪之, 飛び登ろうと, 馳上っ, 駆けあがった, 駆けあがる草履, 駆けおりて, 駆けて, 駆け上, 駆け上り, 駆け降りた, 駆け降りて, 駆け降り街道, 駈けおり井戸, 駈けのぼりなお, 駈け上がって, 駈け上って, 駈け上つて來, 駈け下りました, 駈け下りる, 駈け下り石段, 駈け登って, 駈け降りて, 駈け降りようかと, 驅け

▼ 石段~ (402, 29.0%)

73 上に 19 下に 15 上の 14 上で 11 ところに 10 下で 9 上には 7 上から, 上へ, 下へ, 下まで, 方へ 5 上まで, 下の, 下を, 前に 4 ところで, 下から, 下には 3 一番上の, 傍に, 前を

2 [16件] うえに, そばに, 上にも, 上より, 上を, 下あたりで, 両側に, 前の, 坂が, 坂である, 坂を, 方から, 横手の, 片隅に, 蜥蜴, 途中に

1 [143件] あたりから, あたりに, あたりまで, あたりを, あるところ, ある道, うえから, うえで, かずかず, すぐ側, そばの, そばへ, ついた支那風石橋, ついた突堤, てっぺんを, ところ, ところから, ところどころに, ところには, ところは, ところまで, ところ足許が, なかほどから, なかほどまで, はじまる大, まえまで, もとに, ような, 一つを, 一方は, 一番下の, 一等高い, 三段目の, 上からは, 上でも, 上と, 上と下とから, 上なぞ, 上にまで, 上は, 上り下りに, 上り口に, 上下に, 上口に, 上山門の, 下が, 下である, 下にて, 下へも, 下より, 下り口, 下方の, 下警士の, 下部両側の, 両側には, 両側の, 両方に, 中ほど, 中ほどから, 中腹から, 中途から, 中途にて, 中途へ, 低い墻壁, 側の, 傍を, 入口が, 処に, 前まで, 割れた欠, 半ば以上に, 南北に, 口から, 口からは, 向うに, 多い学校, 大略を, 奥深く更に又, 山に, 山へ, 左の, 左右に, 左手には, 席へ, 幅ぜんたいに, 幾曲り, 所に, 所まで, 手摺や, 数から, 数が, 数を, 数二百幅広く, 数取りを, 數でもかぞ, 數は, 斜面だ, 方を, 日向には, 昇り口に, 有様や, 有無をも, 根がたに, 根に, 根を, 様で, 横に, 横手には, 横腹に, 滝の, 焼残つた角, 登り口の, 登り口は, 目に, 直ぐ脇, 真下の, 真中で, 真中へ, 眩しいくらい, 石よりも, 磨滅した, 磨滅って, 端の, 續いた, 美しい広さ, 蔭に, 角から, 角の, 角を, 路へ, 途中で, 道を, 間には, 降り口の, 降り口は, 降り口へ, 降口, 険しい小路, 隅々が, 隅に, 頂上, 高いところ, 麓を

▼ 石段~ (90, 6.5%)

9 腰を 4 腰かけて 3 かかった, なって, 立って 2 腰掛けて, 足を

1 [64件] あおいで, あがって, あがりかけた, あげられた, ありとあらゆる蟻, かけひろげた膝, くずおれて, さっと降り掛った, しゃがみながら, しゃがんで, しや, しょんぼり腰, すずなりに, すわって, そって, たたずんで, たって, つまずいて, つめかけ手車, なった, なったり, なつて, のぼる洞窟, まざまざと, まだまざまざと, アセチレンを, ミミの, 一喝され, 一寸腰を, 上がり先, 上って, 上り先, 五人男の, 人影の, 位は, 傘を, 出る, 出喰わしたが, 刻印された, 及ばぬ飛んで, 尽きた道, 懸つた時, 戻って, 投げかけた七人, 換えて, 添つて細い, 渡した八九間, 片足を, 猫じゃらしの, 瑪瑙の, 立った日, 立つて, 続くの, 腰かけながら, 腰かけると, 苔蒸し, 警官が, 踞った法然, 躓いて, 這いかかる, 野生の, 隻足を, 靴先を, 頭を

▼ 石段~ (66, 4.8%)

6 あって 4 あった, ある 2 あつて, ありそれ, 二つある

1 [46件] あつた, あらわれる, ありました, あり両側, あり桟橋, あるが, あるん, ある位, ある暫く, これからはじまろう, その間を, ついて, 一つ出た, 一個処ある, 二処に, 二處に, 出来そして, 出来て, 刎ね, 前に, 四段程も, 堂の, 壊れて, 多いこと, 峰々谷, 有る気味, 欠けて, 水際まで, 沢山ある, 海の, 減る心配以外, 確かに, 穏和な, 胸へ, 見えた, 見えて, 見えます, 見える, 見えるから, 見えるじゃ, 見えるだろう, 谷深く, 辷るだの, 通り道から, 顕われた, 高く仰がれる

▼ 石段~ (37, 2.7%)

2 あるが

1 [35件] いくつだ, お七, さっき右手に, すっかりからりと, その幅半間, つい通い廊下, どこで, ほの, もう烈しい, わくら葉の, 三百段ある, 三階の, 何段ある, 其幅半間より, 夏でも, 屹度一つだけ, 崖の, 川の, 常に大勢, 幻に, 数えて, 暗いで, 段々小さく, 氷の, 疾くその, 目的の, 真っ暗だった, 芝居の, 花崗岩で, 見えるが, 覚束ない, 近頃すっかり修復, 雨で, 雲母が, 高いが

▼ 石段~ (27, 1.9%)

1 [27件] あつた, いきなりワン, お目にかかったの, ころんだとき, ちゃりん, ね, ひろう, 上に, 下から, 下の, 下りたの, 倒れたと, 出来て, 叢から, 姉の, 庭から, 打ったふし, 殿, 溪ぎわまで, 溪の, 留まったの, 登るよう, 種々な, 立腹を, 行倒れに, 雨宿りし, 霞に

▼ 石段から~ (25, 1.8%)

1 [25件] こちらを, はねあがった, 一列の, 三軒目に, 上りなさい, 下りて, 不忍, 伸び上がって, 入った直ぐ, 坂の下の, 大分離れ, 姿を, 寺の, 引いて, 拡がって, 斬られる人間, 浅草の, 町へ, 直ぐざんぶと, 直ぐ隠れ, 真直ぐに, 石段を, 買いての, 転げ落ちた人, 隠れて

▼ 石段~ (17, 1.2%)

1 [17件] から駒, その呉羽, で停った, で電車, には薬師本願経一千部, に変, に母, の, のそこ, のたらたら, の十二段家, の方, へ引, まで少年, を一杯, を横, ノ涼シキトコロニ

▼ 石段~ (12, 0.9%)

1 [12件] かかったと, かかって, かかると, しっきり, ずッ, どっかと, どっかり腰, 歩み寄ると, 片足かけた, 足を, 身を, 集まつて

▼ 石段~ (9, 0.6%)

1 いっても, なって, なる, 傾いた楼門, 僕の, 忙しげ, 敷石に, 森と, 鉄柵の

▼ 石段~ (9, 0.6%)

1 が樟, であった, なら俥, の一方, へかかった, もそこ, や大手, を緑, を避け

▼ 石段~ (8, 0.6%)

1 この時代, ところどころ崩れ損じた, なくすぐ, 土に, 塗りの, 暗く手, 松島の, 見えないから

▼ 石段まで~ (5, 0.4%)

1 ひとりでに駆出しましたげ, 上つたで, 来た, 来ますと, 爪さきあがり

▼ 石段~ (5, 0.4%)

1 はるかぜ, 崖道は, 敷石が, 斜面の, 生け垣などの

▼ 石段をの~ (4, 0.3%)

3 ぼつて 1 そりの

▼ 石段では~ (3, 0.2%)

1 ない, ないか, なくて

▼ 石段には~ (3, 0.2%)

1 将校が, 常に三四種類, 既に大勢

▼ 石段にも~ (3, 0.2%)

1 いたる所, たれて, 駄菓子屋にも

▼ 石段また~ (3, 0.2%)

1 石段, 石段だ, 石段へ

▼ 石段ぎわ~ (2, 0.1%)

1 の小さい, へ飛びのいた

▼ 石段~ (2, 0.1%)

1 しかなり, のが

▼ 石段でも~ (2, 0.1%)

1 登って, 石の

▼ 石段にな~ (2, 0.1%)

1 つてゐ, つて底へ

▼ 石段わき~ (2, 0.1%)

1 の崖, の木陰

▼ 石段~ (2, 0.1%)

1 の大きな, の常

▼ 石段~ (2, 0.1%)

1 に百余坊, の裏

▼ 石段高く~ (2, 0.1%)

1 木下闇苔蒸したる, 青葉によ

▼1* [38件]

石段あがりの市街, 石段からのふざけ合いを, 石段かを登ると, 石段がも一つございます, 石段そのほかちょっとした, 石段それから石垣の, 石段だけがあるところ, 石段だけは既に出来, 石段だけも婀娜な, 石段づたいにぐいと下りた, 石段づたいに芝地に下り, 石段でなくてまあ, 石段として用ゐられたさうである, 石段とを登らなくては, 石段のにとちゆう, 石段などはおほか, 石段なんぞちらちら引, 石段にかけて読むとき, 石段についてからだを, 石段にて上には, 石段により登りぬべき, 石段による適当な, 石段のうへに足を, 石段のぼりつくしてほ, 石段らしいものが, 石段下ニ落チ燈籠, 石段三十五階にし, 石段丹塗の楼門, 石段五六段を下りた, 石段依然として石段また, 石段商売的雰囲気に包まれ, 石段に賽銭, 石段洲崎汐入堤芝藪小路等にし, 石段登るを日本, 石段百二段近村の寺塔, 石段赤茶けた瓦礫の, 石段を歩き, 石段に寄る