青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「當~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

異~ ~異に 異に~ ~異常 異常~ ~異様 異様~ ~畳 畳~ ~當
當~
當時~ 疊~ ~疑 疑~ ~疑い 疑い~ ~疑う 疑う~ ~疑問 疑問~

「當~」 7452, 77ppm, 1456位

▼ 當~ (1231, 16.5%)

15 して 7 お氣, 私は 5 い, 困つて, 愛して, 死ぬべきぞ, 眼を 4 あつた, 何んにも, 氣が, 氣の, 腹を, 自分の

3 [19件] あの女, え, この俺, さう, しない, しよう, よく出, 人間の, 何と言, 大變, 嬉しさ, 幸福な, 濟みません, 理解され, 知らなかつたの, 私を, 腹が, 良い方, 親切な

2 [66件] お前が, お時, この男, これは, さうなん, すりや, そんな氣, どうか遊, ないの, なるもの, まあ, やつて, 下手人で, 下手人なら, 不意に, 主人を, 乞食の, 人に, 何も, 何處に, 信じて, 俺の, 俺は, 價値ある, 出來, 商人に, 堪忍し, 奇妙な, 女房もちに, 嫌や, 嬉しいと, 嬉しいわ, 寢て, 導き得べき結論, 導き得可, 己れ, 幅を, 弱つて, 怖いこと, 恐れ入ります, 恩に, 惡い, 想念を, 有難うございました, 有難うよ, 正さん大, 此の, 泣き出しさ, 物を, 生きて, 眞劍に, 眞面目に, 私が, 私の, 精一杯の, 組合せて, 結論する, 自害した, 自家の, 行けば, 行はれ, 重要な, 間違ひ, 風邪を, 首でも, 驚いて

1 [964件 抜粋] あそこは, あつたらしい, あつた話, あなたと, あなたの, あなた此頃立派に, あの壯ん, あの子, あの連中, あります, ありますが, あり愛嬌, あるが, あるので, あるらしい, あれが, いいかた, いけないと, いたして, いは, うるさかつ, うれしい響, おしや, おつかな, おどろく程, おめ, お世話に, お前さんの, お前の, お千代, お喜代, お孃さん, お怪我, お粗末に, お腹の, お蔭さまでございます, お金を, かうだ處, かなたと, くじの, くれるか, この人, この母, この都會, これが, これだけの, こんで, こんなこと, こんな殘酷, さういふ, さうだと, さう思ひ込んで, さう言, したばかりに, した氣味合ひも, しちゃ, しつかりしなさいよ, しないだらう, しないと, しないもの, しなかつた, しなかつたの, しませんし, しめつぽい, し且つ, するが, するぢ, するもの, する必然性, する降誕祭, せずして, そうだ, そこに, その人達, その午, その意識, それは, そんなに騷, そんな大, たつた一日, たづね, だん, ちが, ちやんと, つかめやしないし, つくの, てめえの, とりか, どうしていらっしゃらない, どこに, どんなに心配, なかつたの, なつた, なやましさ, ならないこと, ならないやう, ならぬ, なりや, なり板倉屋, なり落ちぶれ果てて, なり親類, なるつて言ふよ, なるものぢ, なんて可愛, なんの, はまるでありやしない, ひどいよ, びつくりした, ふいと, まだ彼等, むつッと, もうお前, やつた, やりかけたんで, やるせない姿, よくわかつ, よく可愛がりました, よく詩的, よければ, わからないん, わかる筈, われのに, ガラツ八も, ドアの, フンと, 一つも, 一層の, 一擧手一投足の, 一日が, 一生懸命にな, 三萬七千石の, 下手人が, 下手人は, 不安に, 不思議な, 不氣味, 世の中が, 中二階へ, 主張せよ, 之れ, 乘馬に, 二人とも, 云は, 云へば, 人でも, 人を, 人間が, 什う, 今しがた案内を, 今年は, 今日は, 今日權右衞門の, 仕やう, 仕合せだ, 仕樣, 他人を, 仲町へ, 低下した, 何うし, 何し, 何ち, 何とか判じ, 何を, 何一つ感づかなかった, 何處かで, 佛像の, 使に, 信ずる, 修練した, 俺ら大儀い, 俺れ, 偉大が, 健全な, 働いた, 働き嫂, 價値の, 兄弟とばかり, 光る源氏, 兩國へ, 八五郎に, 其意義本領を, 兼さんは, 内輪の, 冗談ほどしか, 出したのよ, 出る相, 分かる筈, 分んねえ程, 切取ること, 別れるの, 割引を, 力を, 助かる彼, 勇太郎が, 動けさ, 勢力の, 千軒, 卒中で, 占めて, 原稿を, 厭な, 反感が, 反感を, 取り返しの, 取捨及び, 古器物, 可哀想でなりません, 可恐い, 可愛さ, 名の, 君といふ, 呆れて, 味噌汁の, 命を, 喜んで, 四つん, 四人の, 困つた, 困つたもん, 困りますね, 地の, 坊主にでも, 堅氣に, 増田さんは, 壓迫される, 外語を以て, 夢の, 大きくあり, 大した良い, 天, 太古よりの, 奇麗な, 奉行所への, 好い世話女房, 好い御, 如何なる態度, 姪の, 婆やを, 嬉しいのよ, 嬉しく有難く思つて, 存在し, 存在の, 學ぶ可, 學習が, 宗教人らしい, 寄せること, 富裕な, 寒くて, 寢入つたのだらう, 對手を, 小便臭い, 小六, 小娘でも, 崇拜す, 己にか, 平次の, 年月が, 幸福に, 幾度も, 庭で, 廣く深く, 強い人, 強え, 強く生きなけれ, 役に立つやう, 彼を, 徐々に神, 御主人, 御氣, 復歸すべきである, 心からの, 心が, 心に, 心を, 心安うおぼせ, 忌々しさ, 忙しくな, 怒つた樣子, 怒らないで, 怖い, 怖いもん, 怖いよ, 怖ろ, 思つてる, 思はれるやう, 思ひがけ, 怨まれさうな, 恐縮です, 恥しい堪らない, 悲しう, 惚, 惚れられると, 惡かつ, 惡戲ばかり, 愛すべき書物, 感心す, 感興を, 慍つてゐ, 憚かつて, 懲らしめる人, 戀患ひ, 我を, 所藏され, 手桶を, 投つて見事狙ひ, 掌中に, 掘り下げて, 推論せしめる, 掴むこと, 揃は, 支拂はれた, 改心するなら, 敵も, 文化の, 新宿で, 新運動, 明るくなつた, 晝過ぎまで, 晴れ上つて, 暮した呉服屋, 曲者が, 書けるが, 有らず又, 有難いわね, 有難く思ふ, 朗らかな, 松蟲だ, 枕まで, 柏手を, 柔かで, 梅の, 極く, 歌ひ出す, 歡待する, 正確なる, 此所へ, 此處へ, 武術も, 死ぬかと, 死ぬほど, 殘つてゐた, 殘念な, 殺されるやう, 殺し兼ねない意氣込, 殺す氣, 毒酒を, 水も, 永記すべき, 江島屋から, 河村靱負の, 法螺も, 洩らしたこと, 浮身を, 消えて, 涙が, 涙に, 深いもの, 淺川團七郎といふ, 滅多に, 滿更で, 澤山, 濟まねえなそんぢや, 災難で御座いました, 焦れつたいね, 然るべきに, 然るべし, 熟した時, 父親の, 物の, 物理學星學醫學その他すべて複合せられた, 玉の, 理窟ぽい, 生々しい感傷, 生きる永遠, 生れた人, 生長する, 用ふべきである, 用意しなけれ, 申分の, 男で, 異り, 疊紙を, 病室の, 病氣は, 發動せし, 發見されない, 白粉が, 皆殺される, 目に, 眼が, 知つて居れ, 知らない間, 石か, 確かな, 私いたします, 私なども, 私には, 私共まで, 穴に, 突き落した奴, 立派な, 第三者である, 紫陽花の, 組合はせ, 結束を, 綺麗でした, 綾衣さん程, 練磨の, 縛つて構ひません, 罰つ, 美しいこと, 美しくて, 考へて, 耳が, 聞える大した, 肉體的な, 育つて, 腹でも, 膝を, 自分が, 自由な, 至言だ, 與へ, 良い内儀, 良い男, 花の, 若し私, 荒れました, 菊次郎さんに, 落度が, 著しい成績, 虹の, 行き渡つた, 行くんぢ, 行つたのなら, 行つて居る, 行られつとも, 要求し得る, 見えたもの, 見物でした, 親分さんの, 覺え, 觀音樣の, 解釋し, 言ひ, 詩としての, 話して, 認めなければ, 語られるの, 誰です, 調整し, 謙遜な, 證し, 讀書人と, 貧しくそれ, 貰つて下さる, 貴族的有力者的生活者だ, 資産の, 赤子の, 足の, 踏めたらしい眼鼻立ち, 身の程を, 身一つで, 身寄りも, 辷つた, 返り討, 逃る, 透き通るやう, 通ること, 逢曳らしい, 進んでを, 運命に, 道ばたに, 選擧された, 酒を, 野に, 野良犬どもに, 金の, 金を, 長々と, 閉つて居た, 關り, 隣りの, 雷鳴が, 青大, 靜かに, 面白いこと, 革命的な, 頼み甲斐の, 風呂に, 飛出しさうに, 飽氣ね, 餅や, 首つ, 馬鹿な, 驚嘆の, 高尚な, 髷を, 魂消えましたよ, 鴎外が

▼ 當~ (873, 11.7%)

17 ことを, 事を 10 下手人を, 子では 9 下手人は 7 ところは 6 下手人が, 八五郎は 4 ことは, 大變, 子でない, 意味で

3 [12件] ことで, 事である, 事なれ, 價値を, 出來る, 力を, 娘の, 年配に, 彼女に, 手續を, 自分の, 金を

2 [42件] ことか, ことが, ことだ, ことです, ものである, ものでした, ものを, を重く, 下手人の, 事が, 事だ, 事は, 人物に, 人間と, 伜を, 位置に, 値で, 利益を, 名前を, 姫すら, 子だ, 年輩の, 惡黨だ, 意味な, 意味の, 放火犯を, 敵あり, 數には, 方法も, 方法手續に, 權利を, 犧牲を, 生命力が, 生活が, 相手の, 罰を, 自信を, 自己辯護は, 親は, 親を, 赤井主, 違つた

1 [655件 抜粋] あなたの, あのひと, あること, あるもの, い, えらい人ぢ, お仙は, お加奈, お勢, お北, お咲, お夢, お寅, お杉, お琴, お秀, お米, お粂, お通, お靜, けちな, ことかも, ことだらう, ことでございます, ことと, こと申上げる, こんだよ, だと, つかないの, つかない事, つかない娘, つかない話, つかない辨慶, つかない音, ところあんまり, ところその, ところでした, ところどの, ところを, ところ人間は, ところ其處の, ところ江戸中で, ならぬこそを, は, はなしだった, ほてりが, めは, ものあるべし, ものが, もので, ものです, ものでなけれ, ものと, ものな, やうに, やうにも, よさ, キ印とばかり, ザフレービニンも, ジゴマにな, プルウストである, レアリスムに, ヴェリチャーニノフの, 一匹の, 七兵衞は, 三太郎は, 三谷氏だ, 上甥の, 下手人か, 下手人さへ, 下手人でなく, 下手人なら, 下手人なり, 下手人も, 不幸と, 世界の, 主人思ひ, 主張は, 主張を, 事かい, 事です, 事と, 事なり, 事の, 事情を, 人の, 人三化七で, 人格を, 人殺しとは, 人生への, 人生人間らしい, 人間らしい生活, 仕事なんぞ, 仕事は, 仕事も, 他國者, 付かない筈, 付けやうはねえ, 代人が, 位地なり, 住んだ館, 佐野松とやらに, 作品の, 侮辱者が, 侮辱者に, 侵害を, 信仰に, 値打を, 値段で, 假名遣, 價に, 價を, 兄妹でない, 兄妹でなく, 兄妹では, 兄弟では, 入りを, 全能なら, 兩親も, 八五郎でした, 八五郎の, 六十六部は, 冒險で, 冗談よ, 冷遇を, 出世で, 切れ味は, 刑罰を, 制裁を, 割がずつと, 創造に, 力も, 力量は, 動作を, 匂ひ, 半之丞は, 南方氏である, 占者で, 原因といふ, 原因は, 原料と, 友だちは, 友達ぢや, 叔母さんだつたら, 叔父に, 叔父手代の, 名が, 名は, 名前では, 名筆が, 君たちが, 告白を, 味は, 品だらう, 商人の, 商賣, 問題を, 噺がねえ, 困苦艱難に, 地位にの, 報酬を, 外に, 外れたやう, 外れた樣子, 大きい愛, 大都會, 大阪の, 太いその, 夫の, 失敗も, 女は, 女房お, 女房の, 好意で, 妹だつたら, 妹で, 妹な, 妹に, 妻である, 妻に, 姉妹, 姉妹か, 姉妹でない, 姉妹の, 姪御, 姿は, 娘ぢや, 娘でない, 娘では, 娘には, 娘よりも, 娘バァサ・メイスンは, 媒が, 媒酌人なく, 媒酌人の, 嫡男先代の, 子かい, 子が, 子だつた, 子で, 子です, 子で御座います, 子とは, 子をね, 子供で, 學問に, 學者が, 學者でありまし, 學説が, 宗之助, 官吏に, 官職を, 家で, 家來で, 家庭劇です, 寶石の, 寺の, 尊い性質, 對照なり, 小判が, 小峰右内は, 小説家は, 山だ, 峠でした, 巡査を, 平次は, 年は, 年代を, 年處に, 年輩で, 年齡に, 年齡の, 幸福に, 幸福を, 幹事が, 幼な, 幽靈, 店を, 弟ぢや, 弟では, 形にな, 彦太郎は, 役なるべし, 役目を, 彼女たちを, 待遇を, 御仕事, 御兄弟, 御兩親, 御跡, 微笑が, 心持は, 心理の, 心配の, 忍にも, 思慮考量の, 怪我で, 息子が, 息子だ, 惡い, 惡名例へば, 惡者な, 惡黨さ, 惡黨なら, 意味が, 意味と, 意味といふ, 意志眞の, 愚女にな, 愛さへ, 愛情で, 感情な, 感情の, 慈善家が, 懲罰を, 戀と, 成績をを, 所有權が, 手段が, 手段で, 手間を, 才智も, 拂ひ, 效果の, 教育ある, 教育は, 教育を, 教育人の, 散文家でありました, 敵たる, 敵と, 敵の, 敵を, 敵今, 數が, 數に, 文字が, 文獻は, 文筆を, 方法を, 旅宿は, 日數が, 日本的な, 旨を, 時に, 時機を, 時間が, 時間を, 曲者を, 本人の, 本當, 林大, 條文が, 條文の, 業物で, 樣でも, 樣に, 樣にて, 權勢を, 歌人としての, 武士の, 歳月を, 母親ぢや, 母親でございます, 氣持かと, 治國平, 注意を, 深さ, 準備も, 滿足が, 滿足と, 焚火だつた, 無い男, 無實, 父親だ, 父親では, 父親といふ, 父親なら, 爺さんで, 物とは, 物を, 状態と, 現實, 現實主義, 理に, 理想的精神である, 理由ある, 理由の, 理由を, 生に, 生命力と, 甥で, 用意が, 田舍者で, 申松は, 男であり, 番組の, 病人でない, 病人に, 發端でした, 皮ぢや, 皿に, 目當ては, 相手が, 相手だ, 相手に, 看病と, 眠りは, 着物であります, 睡眠も, 石を, 研究が, 研究と, 碁を, 祝言だ, 神聖なる, 福次郎は, 禮を, 禮儀が, 私の, 稼ぎでした, 空家では, 竹山道雄とは, 答辯を, 紙數を, 素姓が, 結婚行爲其物は, 繁劇の, 繩の, 罪を, 罹災者の, 美しさ, 美男でも, 美貌を, 義務を, 考では, 聯想空想乃至, 職業に, 聾かは, 腕を, 腕前が, 自信が, 自分自身に, 舊家と, 良い人, 良心から, 良秀は, 色男にな, 芝居が, 苦痛たる, 草鞋を, 荒れ模樣, 藝術だ, 藝術を, 藝術家の, 處で, 處分を, 處爲と, 號泣だ, 蟒が, 血は, 行爲が, 袖の下を, 裸體は, 褒美に, 見方である, 見極めが, 見識も, 親といふ, 親の, 親へ, 親元は, 親切が, 親娘, 覺醒も, 解釋とは, 解釋を, 言なるべし, 言葉を, 許嫁では, 許容である, 話かね, 話しにて, 話で, 調べに, 調べは, 謝禮を, 譯に, 變遷である, 財源と, 財産を, 貯蓄が, 貰ひ, 賀奈女は, 資産が, 資産の, 資産を, 賠償を, 賣家, 超然死を, 距離を, 跡取なら, 身なりを, 身分ある, 身分です, 身體一つに, 軍人であれ, 通り相場に, 進歩だ, 進歩といふ, 道だ, 道では, 道貞殿との, 違つた心持です, 違つた批評を, 遣ひ殘, 重さ, 重兵衞, 重態らしい, 重科に, 金に, 金額の, 鐵砲には, 附けやう, 隨筆といふ, 青といふ, 革命家だ, 革命家と, 順序とかいふ, 額を, 顏が, 顏だ, 館は, 首領を, 骨折です, 高に, 髮の, 魂奴歎悲の, 魔法使の, 點を

▼ 當~ (842, 11.3%)

61 前の 49 前だ 32 はない 18 はありません 13 がある 12 は, はございません 9 前です 8 が無い 7 がない, 前ぢ 6 があるだらう, は無い, 前よ 5 に當, に當つて, のよい, の惡, は御座いません, 前で 4 のい, はある, は付いた, まへの, 前である, 前な, 務を, 奴 3 それを, てその, のよく, の強い, 前さ, 前に

2 [27件] があります, が付いた, が強, が惡, が良い, てま, になつて, のない, の無い, の者, の長屋, はしなかつた, はつきました, はないだらう, はなく, ばったりに, まへ, もない, も付く, を取る, を探し, を搜つて, 前でございます, 前と, 所が, 籤と, 難うも

1 [462件] あの娘, お町さん, お銀, かねて湖上, が, があ, があり, がありません, がついた, がつくだらう, がなかつた, がなく, がよく, が付い, が付きませう, が付く, が俳諧, が好い, が強い, が高い, ここでは, この形, これからどうする, これに, これ位の, こツちのから, しや或, そのこと, その周圍, その對象, その時分, その標準, その隣り, それと, たるを, だけでも話し, ぢや, ていや, てさながら, てた, ては大, ては奧方, ては實, ては必ず, ては熟慮, ては秘密出版其他, ては遂に再び, ては金瓶, ても又, ても必ず, てや庭前, てや泥土, てダニエルロ, てヴェネツィア灣, て一二所思, て不正, て主, て二, て伊豫ヶ嶽, て伏せ, て何, て何ぞ, て何等, て先, て公平, て其の, て其用語, て凡九十里, て右折, て多く所謂七五調, て客觀想, て實, て小事, て屹立, て左, て巴里中, て彼, て後, て急がず, て我心, て政府, て敢, て敵, て早, て果して, て氣運, て沒却理想, て沒理想, て渾沌, て湧く, て烏有先生, て牛羊, て疲, て直に, て相, て神, て空氣, て立ち, て第, て罵る, て肉, て自然, て進む, て鄭重, て電, て非常, て頂, て頗る, て餘, て高山, て鷲, で, でも, でもした, とも云, と云, と申し, と申します, と船頭, と言, どころぢや, ながら, ながら後, ながら戊己庚辛壬癸, など二三, なり, なんか打つたつ, な奴, にあ, にある, については何, になつ, にはいろ, には家主, にもう, に御, に掛つて, に泊つた, に白倉山, に細目, に行く, に階上, に頑丈, に駐在所, のうち, のお前, のこと, のまぶし, のやう, のよいせゐ, のよき, の一方, の一軒, の人, の何某, の儲けもん, の六疊, の其月堂さん, の其月堂鶯谷宗匠, の印象, の唐紙, の場所, の大きな, の女, の好, の好い, の家, の屋根, の屋根サ, の庭, の弱い, の惡氣, の所, の木戸, の板塀, の枳殼垣, の枳殼垣越し, の檐下, の正面, の用, の留置場, の窓, の窓格子, の耕作反別, の與三郎, の良い, の良く, の藪, の論法, の進藤孫三郎, の開き扉, の階段, の障子, はあります, はありませぬ, はあるでせう, はあるまい, はうんと, はこの, はござるまい, はする, はついた, はつかねえ, はつくだらう, はどう, はなかつた, はわるく, は一つ, は一分金, は一寸, は一間, は下手人, は付きました, は何ん, は探したらう, は搜, は根本, は深い, は狹, は皆川樣, は誰, は頑丈, ばつたりに, ばツ, へ人, へ全部人, まして大約日本里數, ますぞい, まへに, めえ, めえのこつ, もありません, もし, もつかなかつた, もなく, もよく, も付き, も灌漑, も無い, やうが, をくれました, をした, をする, をつけ, をつける, をなさる, をねらっ, を一, を付け, を右, を喰, を尋ね, を搜, を搜索, を擧げ, を方々, を競つて樂しん, を精一杯, を聞い, を聽, を言, を言つて, を話し, を隈, アダムの, カントの, ヒョロヒョロ危く墮ち, マホメッドの, 一の, 一意專心物理を, 一面地方の, 七と, 不申, 世話し, 中, 中古の, 丸山町の, 主義として, 乙部では, 二人の, 二十年間に, 人身御供に, 今まで, 以て, 仲哀天皇の, 仲尼の, 伊藤内閣の, 何も, 何樣し, 使ひさうな, 侯の, 僧周鳳あり, 先つ, 六俵ぐらゐがこの地方では, 共に地, 其の中間, 其誤解を, 内容は, 凡そ最初, 出來る, 利益を, 制みたいな, 刹那の, 前かも, 前さ俺は, 前だらう, 前では, 前でも, 前なら, 前や, 前やろ, 前過ぎます, 前過ぎる, 劈, 却つて住心地が, 參詣者多き, 又その, 又此列, 反射し, 古來自國, 右二大難關を, 周圍の, 唐時代の, 商工業が, 商賣, 四俵かつがつ, 多くの, 奉公人達は, 奧方は, 奴が, 好い寂寥, 好き地を, 家の, 屋といふ, 屋へ, 川田順三木羅風芥川龍之介の, 市民が, 平右衞門町, 平次が, 年に, 弊社が, 強て, 御客筋, 心配は, 忘却する, 懷中都合が, 懷郷の, 我が宮内省御用掛, 拂ふ, 放題である, 文書の, 文法字義を, 新らしい, 新右衞門町, 早く謀, 明日の, 時平, 晴天には, 暖室用の, 未だ三洞, 札が, 札は, 次の, 次第あれこれと, 次第につけある, 次第にやつ, 次第にツルゲネフ, 次第に一つ, 次第に一枚, 次第に並木道, 次第に人, 次第に他人, 次第に何, 次第に多く, 次第に始める, 次第に家財, 次第に投, 次第に掻き廻す, 次第に文學書, 次第に暴權, 次第に本, 次第に此家, 次第に澤山, 次第に灯り, 次第に積みあげ, 次第に荒, 次第に荒した, 次第に薙ぎ倒す, 次第に襲, 次第に試みる, 次第に讀む, 次第に讀ん, 次第に馬, 次第の, 次第列ねる, 次第可, 次第呼ぶ, 次第教へて, 次第林檎を, 次第棒箱小道具を, 次第相似た, 次第縛らせたくない, 次第誰の, 此處で, 汝の, 泥棒でない, 海拔約二百米突の, 淵瀬ことなる, 混沌として, 激しき穗先, 濤怒り, 火の, 無くな, 爲政者の, 物に, 現にこの, 申候, 番號を, 當つて見る, 百餘日に, 目當の, 目的物は, 相に, 相拍, 着物に, 研屋を, 神に, 私共が, 種類の, 空井戸の, 第二枚, 箱と, 節を, 籤に, 籤を, 籤梅の, 米の, 終の, 結構な, 續けれ, 義公の, 聖都の, 茲に, 西暦八世紀の, 西洋の, 賤民とか, 近世子家, 返しを, 進歩黨の, 重昌は, 金錢を, 門外に, 關所の, 陰鬱拔き, 障りが, 障りの, 隨時指導し, 難からん, 難きの, 難きもの, 食中りことに, 馬と

▼ 當~ (520, 7.0%)

13 ことが 12 のである 9 ことは 8 のは 6 のだ, ものが, ものである 5 のが, もの, ものは, 人が 4 ことを, といふ, と云, もので, よ, 音が 3 がその, こと, でせう, のであります, やうな, 人で, 可から, 節の

2 [32件] かえ, かと云, から見, か知れ, がこの, がま, ことも, ぞ, と, ところで, と思ひます, ものか, ものと, わけである, わけです, 人は, 位百年も, 場合は, 場所に, 大きなお, 如來像を, 宮や, 日に, 日は, 橘夫人の, 空と, 筈の, 節が, 者が, 者と, 處に, 隋の

1 [328件] うちは, お常さん, お幽, お米, お近, かと思つて私, かと疑問, かな, かは充分, かもしれない, かも知れない, からである, からと云つて, からヂパング, から不思議, から之, から今, から何, から其の, から前途, から大, から我國初期, から種々役徳, から順序, から驚く, かを悟る, かを研究, か冷たい, か國許, か明かでない, が何彼と, が其うち, が故に, が爲め, ことある, ことから, ことで, ことと, ことなかれ, ことに, ことの, こと三十五まで, この女, この店, さ, さうで, さうです, すべての, ぜ, ぞえと, ぞ神樣, だから早く, だけだ, ぢや, つて云ふ, つもり, という風, といひ, といふお, といふだけで, といふやう, といふ人, といふ舊, といふ芥川, といふ評判, といふ風, ところ, ところから, ところが斜, ところと, ところに, ところの, ところは, ところを, とする, とだけは亡くなつた, とて切に, となす, とのこと, とは言, とヒリ, と不思議, と云ふところ, と何, と可, と屋根瓦, と彈, と思ふ, と教, と當ら, と直ぐ, と素早く, と聞い, と自分, と言, と雨戸, と電光, に, にち, には今私, には支那, にも都合がい, に足らざりしなるべし, に足らず, に遑, のか, のかも, ので, のであった, のであつ, のでした, のです, ので其間, ので彼女達, ので曲者, ので這入つ, のに翳し, の實力, は臣, ひとだ, ふしも, ほどの八五郎, ほども自分, ほど伸び, まま越え, ものあとに, ものだ, ものならざるべからず, ものを, もの共に, も八卦, やうに, やうには, や或は, や鼓, より罰, わけだ, わけぢや, わけであります, わけな, わけは, をきけ, を潔し, んだ, んぢやけに, んで, んです, んや, イスパニア, ヂュウスすべてを, 一雜誌を, 三階建の, 上海香港廣東厦門その他の, 下女部屋の, 世祖忽必烈の, 中世といふ, 主人に, 主人を, 乙女峠である, 事と, 事も, 人々が, 人だ, 人でした, 人です, 人の, 人を, 伊兵衞と, 伯姫が, 元の, 先代五左衞門の, 八疊に, 公園の, 初より, 初島は, 劉爽は, 北支那から, 十六の, 南天の, 原の, 叔父が, 可し, 含元殿に, 喜八郎といふ, 四疊半が, 國家の, 圓を, 圓山の, 地位な, 地方, 地方と, 地方に, 地點を, 基督復活祭五十日後に, 夜とて, 大金です, 天, 天子の, 女の, 女隱居, 奴も, 婆さんが, 字が, 孝公が, 孤兒で, 室に, 家の, 對象は, 山合の, 岐蘇山道の, 島々村から, 度に, 座元には, 弘前停車場へ, 張猛を, 強い風, 彌助, 彌生町に, 徳宗の, 心地も, 心持が, 思想の, 恐らくは十年, 慶父を, 所が, 所を, 手代で, 押し入れの, 拔都が, 掛り人で, 揚州は, 換言すれ, 故園田男爵, 教育家は, 教育者が, 文學者です, 新助, 方だ, 方即ち, 方向, 方面には, 日から, 日本の, 日足も, 旭烈兀といふ, 星即ち, 昭襄王が, 時の, 時彼等の, 月日の, 有志なる, 村な, 某村, 柱が, 梅の, 樣である, 樣に, 此處だけを, 武宗の, 武宗皇后の, 江戸小唄の, 海南島にも, 淺野屋惣吉は, 湯ヶ島温泉に, 湯作新の, 爺さんだ, 甘くし, 當らない, 白い姿, 皇族である, 直接者の, 相です, 着實な, 矢之助と, 筈なく, 筈は, 筈も, 筋が, 筵を, 節は, 粉雪と, 美しい中年増, 者だ, 者は, 者も, 者を, 者護衞に, 職に, 船橋の, 良き紅玉, 菊之助といふ, 處が, 處とて, 處には, 處にも, 螽の, 行爲を, 西安の, 角に, 語は, 譯であります, 譯な, 變に, 象徴は, 赤倉温泉から, 赤坂黒鍬谷の, 赤子が, 輝發江の, 迄は辛抱, 迦畢試, 邊は, 部分が, 部分は, 部分殊に, 醫師が, 針目正三郎の, 銅貨, 鐵工場で, 非行として, 面だ, 靴音は, 頃に, 頃は, 風すらも, 風に, 風の音が, 黒木長者の, 龜趺を

▼ 當つて~ (384, 5.2%)

15 ゐる 12 見ましたが 10 見ると 9 ゐた 8 居る, 見よう 7 ゐるの, 見ませうか 5 居た 4 ゐると, ゐるやう, 見たが, 見ようか, 見るがい 3 は, ゐて, ゐるので, 居るの, 見て, 見ました, 見ろ

2 [22件] は種々, も無駄, も猶, ゐたが, ゐたの, ゐるか, ゐるかも, ゐること, ゐる者, 居つて, 居ます, 居るかも, 居るぞ, 見たか, 見ちや, 見な, 見なきや, 見ませう, 見る, 見ること, 見るの, 見るん

1 [218件] あらゆる困難窮乏, あらゆる天神地祇, いました, お光, お六婆ア, お母樣, お靜, お風, かちやんと, かの記者, この一二年間, この八幡, この論文, その家, その葉, それから北側, ついた傷, どうしても省く, ねえ君, の急場, の混み, の社會的經濟的獨立, の苦心努力, の餞, はいけない, はこの, はすべて, はそれぞれ, はただ, はばけ, は一つ, は世界, は先づ屋敷中, は先づ普通, は先づ自ら幾日間定, は共産黨, は其の, は外, は夢み, は夢みず, は或は, は所謂, は最早, は此, は特に, は眞實, は考察者, は自, は誰, は齒, ひどく父親, また一度, まづ喧, みて, みても, もおの, もその, もそんな, もまるで, もやさしい, も一家, も亦, も吾, も大した, も平, も建設, も心ひそか, も特に, も異性, も確證, も素朴, も自ら, も血, も譯者, も隣, や, やがて出た, るよ, る同氏, れあ, ゐたから, ゐたので, ゐたもの, ゐたら千兩, ゐた中村, ゐた人だかり, ゐた利章, ゐた若い, ゐた通詞, ゐても, ゐない, ゐないかも, ゐないこと, ゐないと, ゐない召使ども, ゐない者, ゐなくても, ゐますよ, ゐよらん, ゐられたので, ゐるから, ゐるこの, ゐるなら天津教, ゐるなら彼, ゐるらしいが, ゐるゐないは, ゐる一つ, ゐる人, ゐる兄弟, ゐる峠, ゐる巡査, ゐる未知, ゐる村, ゐる湯檜曾, ゐる組合長, ゐる花園, ゐる處, ゐる限り, をりました, 一しきり東京話, 何ぞ厚, 元后, 克ちと, 其の人, 其の季節, 其の準備たる, 各地方, 堅苦しい論文, 大きく頓狂, 大禹, 大膨脹, 大變精神的, 尋ねる必要, 小さい店, 少しばかり, 少し眩しから, 居たらどう, 居たガラツ八, 居つても, 居ない, 居ました, 居らぬ, 居りそして, 居りました, 居りましたが, 居りましたので, 居ります手前, 居るから, 居るだけに, 居るだらうと, 居るので, 居るもの, 居るん, 居る人, 居る意味, 常に科學的方法, 必ず分流, 明るい六疊, 暖かくつ, 暖まるん, 最も功勞, 最も苦心, 有る有る人, 極めて微か, 正氣, 歩きたいと, 歩きました, 死にました, 死ぬ身, 死んだと, 死んだの, 死んぢ, 段々近寄, 殺活自在, 涼んで, 然るべき筈, 熟れかかつた麥, 生きむとする意志, 碎けろだ, 置いた仇, 置かないと, 置かなきア, 置きたい人間, 置き度いところ, 色々の, 見えないが, 見その, 見た, 見たいところ, 見たの, 見たら見當ぐらゐはつくだらう, 見たわけ, 見たわけぢ, 見た具合, 見た方, 見ては, 見ても, 見なければ, 見ねえあの, 見ましたがね, 見ますと, 見ますよ, 見ようお前, 見ようぢ, 見ようと, 見るが, 見るとか, 見るに, 見る他, 見る外, 見れば, 見ろお前, 見度くも, 見給, 起つたの, 過した, 驚くほど, 高いから

▼ 當~ (252, 3.4%)

3129 ない 19 なかつた 7 ず觸ら, ないの 4 ないこと, ないで, ないと, ねば 3 うと, ないが, ないやう, なければ, ぬこと, ぬと, ぬの 2 じ, ず, ずと, ないかも, ないでは, ないね, ない樣子, なかつたの, ぬ囁き, ぬ樣

1 [102件] うでは, うといふ, うとして, うとしてわ, うとは, う筈, ざりき, ざりしさき, ざるべからず, ざる可, ざる尊敬, ざる故, ざる時, ざれども, しむ, しめば, す, ずさ, ずその, ずとい, ずといふ, ずとは, ずに, ずには, ず之, ず傷害, ず反, ず奉公人, ず奉公人達, ず年月日, ず本, ず毒死, ず然, ず神社, ず私, ず自然, ず障らずの, ず餘儀, せたが, せます, せませう, せよと, せられる時, せるべく喜んで, せ乍ら, ないか, ないから, ないからと, ないからね, ないしかし, ないせゐ, ないだらう, ないぢ, ないとに, ないないと, ないので, ないぶちまけ, ないもの, ないよ, ないん, ないジメジメ, ない事丈, ない何, ない占ひも, ない土, ない日本, ない相川, ない筈, ない色, ない蒼白い顏, ない處, ない限り, なかった, なかつ, なかつたから, なかつたけれど, なかつたこと, なかつたので, なかつたアゴ, なきア, なくとも, なくなつた, ぬかな, ぬが, ぬけれども, ぬところ, ぬやう, ぬわけ, ぬ例, ぬ咄, ぬ場合, ぬ村, ぬ涼しい, ぬ砂丘, ぬ程, ぬ空, ぬ貴重, ぬ道具, ねえ, ば人, むことを以て, 無い

▼ 當~ (231, 3.1%)

3 もので, んだ, 理由を, 語を

2 [21件] こと, ことは, ことを, の, のか, のだ, のであらう, のです, のでせう, ものを, んです, 事で, 文化を, 方法で, 時に, 時間その間に, 時間ぢや, 理由の, 言葉が, 金を, 間隔を

1 [177件] いかなる時, ことが, ことぢや, ことです, そんな弟, とか都合がい, ところを, のかも, ので, ばかりで, ほどに重大, ものが, ものだった, ものであります, ものです, ものとは, ものに, もんでし, る説として, る説の, テムポで, モデルに, モデルを, 一人か, 不味い馳走, 事と, 事業に, 云ひ, 人々で, 人は, 人を, 人物と, 人間を, 仕事が, 仕事を, 位である, 位置に, 作劇家では, 作業を, 例であります, 候補者が, 値段で, 傳法の, 傳道者の, 儲を, 入りだ, 入門書である, 册數の, 分前, 利息拓殖銀行の, 助言を, 勞働に, 半分嘘な, 句である, 名である, 品です, 器械さへ, 嚴し, 土地に, 地位に, 場合を, 場所で, 場所に, 場所を, 場處に, 大きさ, 大工並に, 婦人でなけれ, 嫁を, 學歴を, 家の, 家も, 家を, 富と, 巴里を, 年輩の, 形を, 後援者の, 御評價でく, 心得が, 心配である, 懲しめを, 所へ, 所以は, 扇の, 批評の, 折を, 按配を, 教である, 教育と, 教育を, 教養ある, 文章である, 文筆を, 新道を, 方向に, 方法から, 方法であり, 方法では, 方法の, 方法を, 日は, 明き間が, 時を, 時期に, 時間がか, 晴衣を, 智識では, 暗示とを以て, 會話を, 服裝を, 構造の, 機会を, 欲望に, 正式な, 段別が, 法律なんて, 注意を, 洞穴の, 滿員で, 滿足すべき, 理由が, 環境に, 生活状態と, 用語例である, 男で, 畫も, 發展と, 發表の, 目録學でない, 相手が, 相手だ, 相違である, 研究者が, 神の, 立派な, 筈が, 箇所に, 終である, 結末を, 縁だ, 群集が, 背景の, 自由を, 藥が, 處を, 處分が, 處置が, 處置を, 行列を, 表現の, 西洋便箋の, 要求を, 觀賞場所が, 解釋である, 解釋を, 言葉を, 評價を, 評判と, 詞で, 話を, 語であります, 調合から, 譯語が, 資格を, 身分の, 迫害に, 途を, 道は, 部類に, 配偶を, 金穀を, 顏役としては, 飛躍だらう, 食物と, 饗應が, 體操を

▼ 當~ (213, 2.9%)

11 付かねえ, 付きません 10 つかない 9 ついて 7 つきません 5 つかなかつた 4 付かない 3 つかないの, つかなくなつ, 出來, 附かないの

2 [17件] ついた, つかないが, つかないのに, つかなかつたが, つかなくて, つかなくな, つきましたか, つきませんでした, 付いて, 付かないか, 付かないの, 付かないん, 付きます, 付くと, 無いの, 違つた, 違ひました

1 [110件] ありません, あるとか, あるの, あるん, あれば, ざつと三月, ついちゃ, つかずこんな, つかずまるで突然, つかないから, つかないくら, つかないさ, つかないといふ, つかないので, つかない始末, つかない樣子, つかなかった, つかなかったほど, つかなくなった, つかなくなります, つかなくなる位, つかぬ, つかぬといふ, つかねえ, つかんもの, つきかねたが, つきかねたの, つきさうに, つきましたよ, つきますか, つきませんが, つきませんよ, つき兼ねた, つき兼ねませう, つくの, つくはず, つくもの, つくやう, つけられた, つてある, つても, なかつたら地所, はつきりつかない, はれずぼろ, はれた八疊, ほしいそれ, ましく, ゆりましてん, 一圓五十錢, 五十文だ, 付いた, 付いたか, 付いたぞ, 付いただけの, 付いたの, 付いたわけ, 付いたん, 付いてるから, 付かず錢形平次, 付かないから, 付かないが, 付かないこと, 付かないと, 付かないのに, 付かないもの, 付かなかつたが, 付かなかつたよ, 付かなかつたん, 付かなきや, 付かなくな, 付かなくなりましたね, 付かなくなります, 付かなくなるかも, 付かねエ, 付きませう, 付きませんよ, 付くか, 付くかも, 付く頃ぢ, 付けば, 其效果を, 外れた, 外れたもの, 大變, 始まり伜久太郎夫婦, 延命院で, 得意でした, 惡いせゐ, 施された, 早かつ, 明瞭と, 松茸狩に, 殘つたのだらう, 濟んだら行かう, 濟んで, 甚だ不, 當り, 許り, 違つたと, 違つた樣子で, 違つてゐ, 間に, 附いたやう, 附いたらしい樣子, 附かない, 附かないからなあ, 附かないと, 附かなかつた, 附かぬ有, 附かんと

▼ 當~ (196, 2.6%)

9 つきません 8 付いて 5 つかないの, 出來 4 ついたか, つきませんが 3 ついたが, つかない, つきませんか, つきませんよ, つくだらう 2 ついたやう, つかないよ, つきますか, つく, つくか, 付きます, 付きませんが, 付くだらう

1 [130件] あつしの, あなたの, うそ, おとつ, おほ, おもしろいが, お内儀さん, お前さんが, お前に, お琴, こつとりこ, この土地, この家, この牢屋, これからと, さう, さすがに, されて, その懷ろ, それは, ただ一つ取り殘, ついたの, ついた積り, ついて, ついてを, つかないか, つかないが, つかない尚, つかねえ, つかねえが, つかねえの, つきましたか, つきませう, つき頭, つくの, つくはず, つけましたが, づれてそれは, づれな受取つた人には, づれに遠く, づれの, どうもあつし, なんでも, まる言葉, むづかしからう, やりますよ, わたしの, 一人で, 一日米二升で, 七十錢と, 三十を, 不可能な, 二千兩といふ, 二度と上る, 他人の, 付いた, 付いたか, 付いたかい, 付いたが, 付いたつもり, 付いたの, 付いたん, 付いた心算, 付いた積り, 付かないかね, 付かない樣子, 付かなかつたらうか, 付きました, 付きましたか, 付きません, 付きませんよ, 付きやしません, 付くかい, 付くわけぢ, 何う, 僧體で, 先づこの, 兼松を, 分らない, 別の, 十日も, 厭な, 壁隣り, 外れませんでした, 夜明けの, 大の, 女一人の, 女房の, 姉御前の, 左の, 帳面の, 年に, 弟の, 從兄妹同士な, 心細いな, 怒つて, 意地の, 感ずるの, 東京が, 東京で, 此家の, 此方から, 此身より, 此頃ぢや, 死ぬる事, 無いかと, 煙の, 爺さんの, 直ぐ付きます, 祿と, 私の, 私は, 精, 細つ, 總代, 自分が, 自分は, 良い上, 血の, 見も, 見事に, 見物の, 許しました, 赤井主, 足りないと, 違つたが, 還俗し, 附く, 黒雲四人男の, 3である

▼ 當~ (184, 2.5%)

21 して 16 つけて 6 得て 4 得たもの 3 いうと 2 つけたの, つけたん, 付けて, 受けて, 得たこと, 得ない

1 [122件] いたしたい, いたします, いふと, えたこと, えたりと, させた, させて, させようと, させられるくら, させ乍ら, されました, した, したが, した歸, してから, してからも, してやるの, しなければ, しました, しましたが, しろと, し乍ら苦痛, し些, する, すること, するだけ, する事, する禁止, せなければ, つけた, つけたか, つけたが, つけた計り, つけてから, つけやう, つけること, つけると, つけるわけ, つけ一, つけ平次, つけ續, なさらなきや, もつて, やつて, やるつばめ, やる女, よくし, 下さいました, 下すつた筈, 付けさせません, 付けたの, 付けた土手, 付けましたが, 付けると, 保證し, 入れて, 具せる, 出す, 取らずに, 取らない人夫, 取違, 受けた男, 受け相, 可決した, 君に, 地圖で, 失して, 失すと, 失せり, 失つてし, 失つて身體を, 始めるから, 定めると, 差上げるの, 廢し, 強られ, 得ざること, 得ざるもの, 得たと, 得たりと, 得たるを, 得た判斷, 得た本, 得てを, 得る者, 心得て, 打明けて, 持つて, 支拂ふもな, 施すかを, 欲しがる, 盡しました, 給し, 給した, 續けて, 考へるだらう, 聽い, 行つてる, 見せたり, 見せ續, 見たかつたな, 見ながら, 許さずに, 許されたこと, 許され久し振り, 許したに, 許して, 許し岡崎屋, 許すこと, 許すと, 許す氣, 許せば, 詰めさせる約束, 貰つてを, 貰つて來た, 貰つて親許に, 貰ひ, 附けて, 附けるに, 頂いて, 頂いてるわけぢ, 頂くと

▼ 當~ (181, 2.4%)

8 のない 5 ました 3 つけに, 違ひ

2 [14件] いつた, がいながら, たま, たる, つけが, つけたの, つけられて, てあつた, のある, はまるやう, はめて, 見ませうかと, 身を, 違ひでした

1 [134件] がう, こすつて, こすられて, さしてよ, させずに, させたの, させて, して, そと, それから此處, たかと, たかの, たか知れなかつた, たさうだ, たといふか, たままで, たるに, たるま, たる僧深き, たる勁矢は, たる大, たんだ, だつたこと, つけたおつもり, つけたやう, つけたわけぢ, つけた言葉, つけにでも, つけも, つけらしく變, つけられるの, つけるつもり, てゐた, てゐたら決して, てゐて, て居た者, て居ますよ, て立ち上つた, て見せました, て見た, て見て, て見ましょうか, て見ましよう, て見ませうか, なければ, なすつたり, なぞは, なら大, の無い, はまらない, はまるのみ, はまるもの, はまるよう, はまる材料, はめられること, はめること, はめるの, はめ謂は, ましたね, ましたよ, まして, やうと, ゆるり, ようぢや, スーツと, 一旦は, 乍ら其顏は, 二つに, 人員と, 人肉一斤は, 他の, 付け, 付けて, 付けられて, 充分乾した, 先づ閣下の, 其處から, 午後六時頃には, 合ひでこないだ小, 名を, 填まる, 大海の, 小さい方, 少し宛壓, 居るの, 居る伊豆, 居る帛, 島崎氏は, 嵌めたに, 嵌めて, 嵌めては, 嵌めること, 嵌めるについても, 左右の, 得ず, 恰も石錐, 推量だ, 擦られたん, 改進黨が, 既に早く, 日本橋の, 更にヘクトール, 此棒の, 殆ど二十年ぶりで, 水を, 水落へ, 汗を, 深い考, 猿轡を, 當身を, 筈長の, 筋だらう, 箝めて, 篏まる, 篏めようと, 篏められた, 篏める, 給へ, 聞き覺, 臭を, 見た, 見て, 讀者は, 身で, 身です, 身位は, 込んだ本尊, 込んで, 遂に墓畔, 違ひだ, 違ひで道樂者の, 重大視する, 雷の, 頬へと

▼ 當~ (171, 2.3%)

26 つきません 13 付きません 9 つきませんが 7 つきませんよ 5 つかないよ 4 つかないの, つかないのに, つかない樣子 3 つきませんね, 付かないの 2 つかないやう, つかなかつたの, つかぬうち, なく涯, 付かないが, 付かなかつたの, 付かねえ, 付きませんが, 嘘も

1 [75件] ありません, うそも, したけれど, する, するので, ついたやう, つかずその, つかずまして, つかず三芳屋, つかず平次, つかず第, つかない, つかないから, つかないが, つかないこの, つかないといった, つかない有, つかなかつた, つかなかつたで, つかなくて, つかなくなりましたが, つかなくなるでせう, つかぬ, つかぬ樣子, つかねえ, つかねえうち, つきませんでしたが, つきません主人, つきません外, つきやせんが, つくまい, つくわけ, つけかねたが, つてゐる, ないあこがれ, ないが, ないの, なく往來, なく慰め, なく東, なく歩い, なく歩るい, なく空, なく行く, なく谷中, 不自由は, 付かずに, 付かず平次, 付かず後で, 付かず重く, 付かないと, 付かないもの, 付かないん, 付かない有, 付かない樣子, 付かなくて, 付かぬて, 付かぬと, 付かぬらしく部屋, 付かぬ家, 付かねえの, 付きませんよ, 何も, 出來, 加へて, 受けず美しい, 怨みの, 求められるし, 澤山頂い, 無く下草, 狂ふだらう, 給金も, 辭退した, 醫者も, 附かないん

▼ 當てに~ (88, 1.2%)

14 して 4 なりませんよ 3 しない方, ならない, ならないの, ならん, なるもの 2 するもの, せずに, ならないと, なりません

1 [47件] お氣, さらは, した青年詩人, しては, しないが, しないで, しません, すべからざること, すること, するので, する方, する物, せず單行本, なったわねえ, なつた, ならないから, ならないよ, ならない女, ならない宿, ならない樣, ならなくなるの, ならなければ, ならぬ, ならぬなど, ならぬよし, ならんよ, なりましたよ, なりやしないよ, なるか, なるだらうよ, なれるん, やって, 仕事を, 大呑み, 家を, 弟子分の, 抛つたんだらう, 搜し, 歩いた, 歩いて, 毎日, 絞られるで, 縛りやう, 行きました, 行くと, 隨分婿に, 頸でも

▼ 當~ (86, 1.2%)

11 あらう 10 せう 8 せうか 5 あつた 2 人を

1 [50件] あつて, あとの, いきなり土, うつら, がすわし, せうが, せう其場, せう蒼白く, それに, どこそこに, グイグイと, 一定期間雇ひ入れる, 一枚四匁の, 三四日で, 下手人は, 下手人を, 且つ酷, 且もう少し, 主人の, 人間も, 今以つて繁昌, 何不自由なく, 何方が, 來たんで, 傷は, 内々は, 大したもの, 寢て, 小大名, 平次に, 年季を, 我慢し, 押通し後日, 掘り始めた, 探すと, 文身なんか, 晝の, 有り且又至妙, 有ると, 東京音頭の, 椎の木の, 橋の, 母さんには, 水も, 癒つ, 純粹, 賽錢箱の, 遊んで, 金を, 音羽の

▼ 當~ (79, 1.1%)

74 と思ふ 3 といふ, ね 2 ぜ彼奴, つた, とする, と云, と思, と思はれた, と思ひます, ねえ

1 [46件] あれで, からな, から糸, か分らぬ, が, があんまり, がお, が先づ, が千番, が夏, が身輕, ぜ, つたで, つたとわ, つたので, つてまだ, といふ法令, とか嘘, とすべき, とすれ, とはいへぬ, とはどうしても, とも, ともいえるであろう, ともきつ, ともよ駒, とも本, とも聟, と主張, と云つて, と思いました, と思つたの, と思はれる, と申し, と考へる, と考へるだらう, な, ね何處, よ俺ら, よ俺ら十五日下痢つて癒つた, よ俺ら恁, よ勘次さん, よ卯平等, よ銀, わ, 他人の

▼ 當つた~ (77, 1.0%)

5 ことを 4 ものが, やうに 3 ものは, やうな, んだ 2 ところで, と思ふ, んで

1 [49件] かて使, かと思うたら, からださうである, がさ, がひどく, が向, が日本人, が此時, が燕女, が父, ことなどに, ことまでは, ぞ, ためで, でせう, といふ, といふこと, といふの, といふ人, といふ譯, とか言つて, ときに, ところから, ところが, ところは, とすれ, と見えまし, と見る, と言つて, ならば, に違, に違げ, のであつ, のでせう, ので八五郎, ので壁, ばかりぢ, ばかりで, ものに, やうです, やうみんな無く, よ, らしい, んだらう, んでがせう, んです, 半病人, 大きな山脈, 小さな裸人形

▼ 當です~ (70, 0.9%)

20 か親分 103 かい, かえ, ね 2 かそれ, よ

1 [27件] かあなた, かい親分, かどうして, かは御, から太夫, か檜木樣, がお, がそんな, が中, が智惠, が私達, が色白, が近頃, とも, ともお, ともねわし, とも古金買, とも小作り, とも此耳, とも親分, ね本, ね親分, もの, よ本人, よ親分, ネ, 現に私

▼ 當てた~ (69, 0.9%)

8 のは 4 やうな 2 ことは, 時は

1 [53件] か, から豪い, が, があと, がしかし, が向, が振り返, が暫く, が義雄, が近々と, ぞ, つもりで, つもり本, ときは, ところで, と思つた批評, などのこと, に相違, のが, のだ, ので, のである, のでせう, のでよく, ので家主, は宜, ばかりに私, ものだ, やうで, ガーゼの, ソオルの, ハガキを, 事なども, 人は, 儘只鈴を, 奴, 安心の, 平次と, 徑路を, 心張棒は, 所か, 所勞の, 手巾に, 日向を, 樣子です, 淺葱の, 相です, 笹野新三郎無我夢中で, 者の, 股引を, 若い男, 英字の, 電報が

▼ 當てて~ (66, 0.9%)

3 居る 2 見よと, 見ると

1 [59件] あり, ある, いざと, いるもの, おいおい泣きだした, お斬り遊ばそう, しまった, しまひました, その用人, ぢだ, もみぢの, グイと, チウチウタコカイと, 八十人の, 可哀, 右手の, 吸つて呉れる, 坐って, 家賃は, 少しばかり, 居るもの, 屏風の, 巡業日を, 廊下の, 微笑んだ, 打つた, 扱き終つた麥殼を, 握りしめると, 斃れしむ, 斬らむとしたまふ時, 新聞社へ, 日本の, 校門を, 油あせ, 眞珠色の, 眠る癖, 紀州から, 聲を, 肥つた身體を, 胡弓の, 處, 行くだけ, 行くと, 見るの, 見るも, 詫り, 調査する, 身も, 身輕に, 返り血, 醉つてゐる, 鋸の, 錐の, 錬倉, 長いもの, 離れない, 頂だいまだ, 飮むこ, 飮んだ

▼ 當する~ (58, 0.8%)

3 のである 2 でせう, もので, ものである, やうである, 日とか, 貯蓄だに

1 [43件] かと思ふ, かは尚, からトスカネリ, くらゐです, ことだけは, ことに, だから善, だけの進歩, ところの, と云, と云う, ので米國, の事, もし又, ものとして, ものは, ものを, やうであり, やを知り得る, わけで, 二十八年が, 他方は, 其の上, 動詞を, 善見, 地域であります, 場所は, 希臘語の, 廣い, 愛情尊敬及び, 懲罰を, 所から, 數である, 漢名を, 物體は, 犯罪を, 者で, 背面の, 言葉が, 詞が, 部分は, 電子が, 龜山後

▼ 當てる~ (58, 0.8%)

4 ことが, のです, やうに 2 ことは, ために, と

1 [40件] うちに, かも知れません, から, ことでなく, ことに, ことによ, といふ, とくつくつ, とこいつ, とこれら一抱, とひよツとこ, とフレデリツク, と同じ, と毎, と物音, と直, と立つた, と遠い, と麻布十番, な, なんて犬ぢ, に從つて, に限る, のが, のであつ, のである, のでした, のは, のも, のを, までには餘程, ものです, よ, ような, わ, 人は, 外は, 暇さへ, 積りで, 細工を

▼ 當てが~ (47, 0.6%)

5 外れて 4 あつた 3 つた 2 出來, 外れました, 明らかに, 濟んで

1 [27件] あつて, あと五分間おくれたなら, ある, あるから, あるが, あるの, あるわけぢ, あるん, つて其端を, つて囘轉した, つて歩い, できさ, ない, ないの, なかつた, はれるやう, ひそれ, ひを, 來た, 出ると, 外れた, 外れたが, 無いの, 町内の, 貰ひ, 違つた, 違つて職工に

▼ 當なる~ (47, 0.6%)

2 ことは, の感, 相續者, 統率者を

1 [39件] ことを, に似, は政友會發會式, ものを, や否や, を思はず, を知る, を見る, 人格に, 人物なり, 住宅を, 努力を, 原因の, 叙情詩の, 史料を, 家御, 心地が, 所以と, 教育を, 方法と, 時代なりといふや, 時代なる, 根據が, 機會に, 權利と, 歴史の, 法器を, 活動の, 班超の, 發達を, 競爭に, 範圍を, 行爲と, 解釋を, 調節も, 諸般の, 辯解を, 防禦せよ, 題目かと

▼ 當~ (44, 0.6%)

7 それは 5 嘘か 2 えそれ, 八, 本當

1 [26件] え, え八, お孃さん, どうか, 一伍仔什を, 何う, 何んの, 信じられないので, 傳之, 分らぬと, 吉は, 善吉, 嘘かわ, 嘘ぢや, 大事な, 平次, 平次も, 彌助, 本人の, 正當, 矢つ, 種吉, 習之進は, 若旦那に, 野郎, 間違ひ無いだらう

▼ 當ても~ (37, 0.5%)

3 ない 2 ありません, ございません, ないこと

1 [28件] あつたでせう, ありませんでした, あるまい, ないけれども, ないこの, ない私, ない筈, ない街道, なかつた, なかつたの, なくいは, なくグルグル, なく人, なく仕事, なく廊下, なく歩い, なく歩く, なく永久, なく爆發, なく自分, なく隣りの, なしに, やはりさう, 何もかも一緒, 勿體ない, 無い一日々, 無くなつ, 貰つてはを

▼ 當~ (36, 0.5%)

2 す, する, する申譯, 言問は

1 [28件] いはねば, いふべきならむ, いへば, すべし, するか, すると, するの, ボーナスを, 云は, 信ずる方法, 受けられないの, 呼んで, 御認め, 思ふ場合, 思ふ所, 思へない, 思へる石, 相手の, 知つてゐる, 見えます, 言つても, 認むるときにはこれを, 認めさせるのに, 認めざるを, 認めたるもの, 認めて, 認め又, 香奠

▼ 當した~ (32, 0.4%)

2 のが, ものが

1 [28件] からか九月, からか島, がもと, に違, のも, ものである, 事實を, 事業で, 伜が, 伜では, 伜を, 値段で, 働らき, 刺戟と, 名目が, 場合に, 宋學を, 家では, 御籤が, 政略と, 方面に, 時代に, 時期が, 死後の, 組織に, 罰金を, 誰かに, 食料で

▼ 當なら~ (31, 0.4%)

2 大變

1 [29件] あなたは, いくら何, お前を, お萩の, きつと, こんなこと, その巾着, たいしたもの, ちよいと, ばこんどいらした, ば皺腹, 一番惡い, 仕方が, 何べ, 俺は, 僞の, 公儀に, 宗次郎を, 幾度でも, 彌吉, 文句も, 時々夜中, 曲者は, 木像に, 此の, 紀久榮の, 繩を, 義弟の, 隨分氣の

▼ 當つたの~ (27, 0.4%)

4 です 32 だらう, である

1 [16件] かそれとも, が不, が前, が左, だな, だよ, であるから, ですが, でわる, は, はそれ, は初めて, は申し上げる, は當つたの, も却つて, も無理

▼ 當てを~ (25, 0.3%)

4 して 2 すると

1 [19件] させましたが, したところ, したり, した上, してやりたいと, しましたが, し隱居, する, するがい, するやう, する張合, 一二度し, 受けて, 多く背負つて, 失ったよう, 失つた, 強請つて行方不知もう, 待つて, 百文に

▼ 當である~ (25, 0.3%)

3 と思ふ

1 [22件] か, かといふ事, かと云, から本日輕氣球, か否, が戰爭, が私, ことに, ことは, ことを, といふ, といふの, とした, と考へた, と考へる, と自分, のみならず, はいふまでも, 元來政治上, 又盧迦溢多, 場合が, 樣に

▼ 當~ (23, 0.3%)

10 やない 2 や, やありません 1 やあるまい, やねえ, や下手人, や伜, や六, や圍, や御座いません, や斯, や無い

▼ 當には~ (20, 0.3%)

2 して, なりません, 出來

1 [14件] いけるらしく背, しないだらうと, だしの, ならぬと, まだだいぶ開き, わからなくな, 分らないんで, 及びませんが, 定らない, 成らない, 治まつた, 治らないので, 自分の, 解るまい

▼ 當~ (18, 0.2%)

3 て居る 2 てゐる

1 [13件] ておや, てゐるで, て來, て千四百碼, て娘, て居た, て敵手, て貰, また高山, 或事, 甥御, 第六, 隨分長く

▼ 當~ (18, 0.2%)

3 たりする, てきた 2 ています 1 たりなどした, たり押しのめし, たり目まぐるしく, ちやあ, ちや惡から, ていよう, ている, てくれない, てくれる, てる

▼ 當された~ (17, 0.2%)

3 若旦那の 2 伜の

1 [12件] ことで, ことも, ほどの遊び好き, ものを, 後は, 後私といふ, 息子の, 惣領の, 札旦那の, 若旦那は, 若旦那を, 許婚を

▼ 當でも~ (17, 0.2%)

3 つきましたか, 付いたの 2 ついたの 1 あるまい, ついたん, ないの, やらなきや, 付いたといふ, 付かなきや, 何でも, 兎に, 書いたの

▼ 當され~ (16, 0.2%)

2 てゐた, て居た, て潮來 1 ちや若旦那の, てお, て一時植木屋, て出入り, て居なさる, て暫らく海道筋, て相州厚木, 二十五にも, 今では, 潮來の

▼ 當~ (16, 0.2%)

2 りや否やを

1 [14件] ど魏, ば一, ば之, ば千兩, ば大師, ば女王國, ば揚々, ば斯ん, ば更に, ば河内, ば淡, ば淡路島, ば間もなく, りやあらず

▼ 當れる~ (15, 0.2%)

1 [15件] ことは, ところあるべし, なりといふ, を以てなるべく, を思ふ, を魏, 大梁, 大隅國牛根垂水方面に, 官軍が, 明の, 田結村に, 羅馬の, 聖ドメニコの, 處を, 處也

▼ 當ては~ (14, 0.2%)

1 [14件] あるまいと, お吉, づれになるから毎月不足が, ない, ないが, ないけれど, まつて, 一應表向きは, 先づ其中の, 其方に, 月二十五ルーブルな, 殆ん, 無いが, 金澤町の

▼ 當では~ (14, 0.2%)

2 ない, ないかと, ないで 1 ないが, ないと, ない私, 其處の, 多分拔荷, 小田卷直次郎に, 橋の, 無い

▼ 當以上~ (14, 0.2%)

2 に骨

1 [12件] だな, で萬吉, に扱, に持つ, に智慧, に暮させ, に武藝, に賑, の名, の理由, の給金, の美貌

▼ 當てられ~ (12, 0.2%)

2 て仕舞つた 1 て, てゐる, て例, て向, て幸, て敷居際, て極り, 二杯目の, 氣味で, 續けて

▼ 當てられた~ (12, 0.2%)

2 やうだ 1 ことだけしか, ことだらう, ときの, のを, 事の, 所が, 日程の, 樣子です, 私の, 講義の

▼ 當ります~ (12, 0.2%)

41 から詛詈, がへエ, が年, が御, と地圖, ので將, よ大, わ

▼ 當るべき~ (12, 0.2%)

1 [12件] か, ものである, ものは, を以てシフ, 一端は, 事件として, 人かと, 割合なる, 天の, 太平洋裡に, 筈である, 順序である

▼ 當かも~ (11, 0.1%)

3 しれない 2 わかりません, 知れぬが 1 しれねえべよ, 知れないが, 知れないよ, 知れぬ

▼ 當つた野郎~ (11, 0.1%)

81 があつ, がある, もゐる

▼ 當ての~ (11, 0.1%)

1 [11件] ためと, 入婿だ, 孝行らしく, 手紙を, 水茶屋だ, 泥棒です, 深草の, 物は, 玄龍自分達を, 甲斐も, 茶屋が

▼ 當かい~ (9, 0.1%)

6 それは 1 そいつは, 專次, 平次

▼ 當くら~ (9, 0.1%)

8 ゐは 1 ゐはやり兼ねませんよ

▼ 當てには~ (9, 0.1%)

2 なりません 1 して, すなと, ならないが, ならないの, ならなかった, なりませんが, なりませんね

▼ 當にも~ (9, 0.1%)

2 正當, 百ま 1 なつた, 俸給の, 嘘にも, 本當, 自由を

▼ 當りません~ (9, 0.1%)

1 あなたには, か, が鉢, こんな稼業, ぜ, ね, よ, よたつた, 隨分人樣にも

▼ 當~ (8, 0.1%)

1 そんなに學, に道路, はお, は保たれぬ, へつかず, へ付かなかつた, へ付け, を認め

▼ 當てられぬ~ (8, 0.1%)

2 氣の 1 凄まじい死, 凄まじい死に, 愁嘆場です, 慘憺たる, 有樣, 痛々しさ

▼ 當りました~ (8, 0.1%)

31 が何, な, ね, のや, よ今度

▼ 當だけでも~ (7, 0.1%)

1 ついたの, つきませんか, 付いたの, 付かなきア, 付きましたか, 付けて, 附かないと

▼ 當だけは~ (7, 0.1%)

2 付いて 1 ついたよ, ついて, 付いたよ, 付きました, 付きます

▼ 當だらう~ (7, 0.1%)

1 か, と思ふ, と言, な, よ, 早くさう言, 鐵童は

▼ 當てこすり~ (7, 0.1%)

2 のやう 1 ですって, に耳, の御, や, や頓狂

▼ 當らしい~ (7, 0.1%)

21 から今, な, やうです, 詞は, 證據が

▼ 當らしく~ (7, 0.1%)

1 なつて來, はない, わけても錢形平次, 他の, 擔ぎ出す, 言葉の, 身の

▼ 當つたら~ (6, 0.1%)

1 どうぞ堪忍, 御免下さい, 教へて, 此世の, 殺しの, 癒るだらう

▼ 當つた樣子~ (6, 0.1%)

5 です 1 で振り仰ぐ

▼ 當てたり~ (6, 0.1%)

1 して, ニツケルの, 何か, 型通りの, 心の, 肩を

▼ 當でございます~ (6, 0.1%)

1 か, かねえ, か川上樣, とも, ね, ねえ

▼ 當とは~ (6, 0.1%)

1 云はれない, 思えないくらい, 思はなかつた, 思ふが, 思へないやう, 謂はれない

▼ 當にな~ (6, 0.1%)

2 つて來る 1 つたのは, つたのも, つても, つて惡い

▼ 當りで~ (6, 0.1%)

2 もある 1 もあるなら, もない, 大變貰, 廊下の

▼ 當~ (5, 0.1%)

3 がひで 1 がひ, がひな

▼ 當つて來~ (5, 0.1%)

21 たもの, ましただ, るよ

▼ 當らざる~ (5, 0.1%)

1 にあらず, に二種, に於, は我が, を得なかった

▼ 當るまい~ (5, 0.1%)

2 と考へ 1 と云, と思, と頻りに

▼ 當あつ~ (4, 0.1%)

1 たやう, た筈, て兩親, て紳士

▼ 當たる~ (4, 0.1%)

1 と詞通り呵々, のは, 者な, 言葉だ

▼ 當つた話~ (4, 0.1%)

21 だよ, で鹿

▼ 當つて自分~ (4, 0.1%)

1 の手, の生活, は從來, は解剖

▼ 當てながら~ (4, 0.1%)

1 じやれ付かうと, 劇しく, 本を, 正月らしい

▼ 當てにも~ (4, 0.1%)

1 しねえ傭, ならず當, ならねえが, 何にも

▼ 當でない~ (4, 0.1%)

1 かを考へる, であらう, も, 少し見ない

▼ 當とも~ (4, 0.1%)

2 思はれない兎 1 坊主, 笹野の

▼ 當られる~ (4, 0.1%)

1 人々まで, 山浦甚六郎樣, 方々では, 方々は

▼ 當らん~ (4, 0.1%)

1 しまた, です, とさる, と競

▼ 當りし~ (4, 0.1%)

1 事なけれ, 勁箭を, 米人ドクトル某氏が, 者堀達之助森山多吉郎本木昌造也

▼ 當るべからざる~ (4, 0.1%)

1 ものあり, ものである, 勢を, 時と

▼ 當大きな~ (4, 0.1%)

1 ことな, ガラス窓とによって, 奴を, 平家建が

▼ 當~ (3, 0.0%)

1 屋敷の, 覺悟, 骨が

▼ 當かと~ (3, 0.0%)

1 そんな事, 吉は, 思つて歸つて來る

▼ 當される~ (3, 0.0%)

1 かも知れない, ことに, やうに

▼ 當すべき~ (3, 0.0%)

1 かそれ, 物他に, 誘拐罪を

▼ 當せる~ (3, 0.0%)

2 諡を 1 方法なりと

▼ 當つた野郎ぢ~ (3, 0.0%)

3 やありません

▼ 當つてる~ (3, 0.0%)

1 うちは, が當ら, と言

▼ 當つて人~ (3, 0.0%)

1 が新鮮, に勝らん, の數

▼ 當つべき~ (3, 0.0%)

1 ものなれ, もイ, 何の

▼ 當つる~ (3, 0.0%)

1 の非, もので, 堅き甲

▼ 當つれ~ (3, 0.0%)

1 ど其青銅, ど肉, ば

▼ 當てにな~ (3, 0.0%)

3 つたもの

▼ 當てよう~ (3, 0.0%)

1 とあちこち, とした, とする

▼ 當てられない~ (3, 0.0%)

1 憂目, 有樣, 苦しみを

▼ 當といふ~ (3, 0.0%)

1 ことに, ものだ, 言葉で

▼ 當として~ (3, 0.0%)

1 思ひも, 贊同を, 遵奉した

▼ 當によ~ (3, 0.0%)

2 かつた 1 丸つ

▼ 當りさ~ (3, 0.0%)

1 うで, うでした, うですね

▼ 當りさはり~ (3, 0.0%)

2 のない 1 がある

▼ 當り散らし~ (3, 0.0%)

1 てばかり居る, てゐる, て居る

▼ 當れり~ (3, 0.0%)

1 とはし, とは云, と末松男

▼ 當外れ~ (3, 0.0%)

1 に觸つて, の馬鹿, は私

▼ 當屋敷~ (3, 0.0%)

1 にはそれ, に巣喰, の出來事

▼ 當立派~ (3, 0.0%)

1 なお, なもの, に寫し出され

▼ 當赤井~ (3, 0.0%)

2 主水樣 1 主水

▼ 當こすり~ (2, 0.0%)

2 子に

▼ 當させ~ (2, 0.0%)

1 その代り, て娘

▼ 當たら~ (2, 0.0%)

1 ば天罰たちどころ, 何れも

▼ 當った~ (2, 0.0%)

1 かと思う, もののそれ

▼ 當って~ (2, 0.0%)

1 くだけた, 叫んだ

▼ 當つけよう~ (2, 0.0%)

2 この子

▼ 當つた時~ (2, 0.0%)

1 には彼, の自分

▼ 當つた花壇~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 當つた話ぢ~ (2, 0.0%)

2 やありません

▼ 當つてそこ~ (2, 0.0%)

1 から血, に連

▼ 當つて一個~ (2, 0.0%)

1 の巨大, の難破船

▼ 當つて七色~ (2, 0.0%)

2 を映ずる

▼ 當つて喧嘩~ (2, 0.0%)

2 を吹

▼ 當つて必要~ (2, 0.0%)

1 な品物, な連鎖

▼ 當つて氣~ (2, 0.0%)

1 の騰, を

▼ 當つて流水~ (2, 0.0%)

1 といふ所, を掬

▼ 當つて私~ (2, 0.0%)

1 の命, は激しい

▼ 當つて非常~ (2, 0.0%)

1 に蒙, の勤勞

▼ 當つて音~ (2, 0.0%)

1 が立つ, を發

▼ 當てず~ (2, 0.0%)

1 に, に歸つて來

▼ 當てぞ~ (2, 0.0%)

2 かし南無

▼ 當てたりと~ (2, 0.0%)

1 せば, 云ふ

▼ 當てでも~ (2, 0.0%)

1 ありや, あるの

▼ 當てと~ (2, 0.0%)

1 いふものがち, なるもの

▼ 當てない~ (2, 0.0%)

1 のか, 方が

▼ 當てられる~ (2, 0.0%)

1 とは異, にし

▼ 當てれ~ (2, 0.0%)

1 ばいい, ば當

▼ 當でなかつ~ (2, 0.0%)

1 たり往々, たり拙劣

▼ 當なんか~ (2, 0.0%)

1 ありやしません, 付きやしません

▼ 當にね~ (2, 0.0%)

1 それに, どうにかし

▼ 當めでたう~ (2, 0.0%)

2 ござる

▼ 當より~ (2, 0.0%)

2 一等輕く

▼ 當らし~ (2, 0.0%)

1 さを, むる事に

▼ 當らしくない~ (2, 0.0%)

2

▼ 當られ~ (2, 0.0%)

1 ちや氣味が, 乍ら齒を

▼ 當られた~ (2, 0.0%)

1 あつしが, 八五郎が

▼ 當りくら~ (2, 0.0%)

2 ゐは

▼ 當りさうに~ (2, 0.0%)

1 して, も思はれない

▼ 當りたる~ (2, 0.0%)

1 は我輩, 木々の

▼ 當りだ~ (2, 0.0%)

1 つてな, ね

▼ 當りちらされる~ (2, 0.0%)

2 的に

▼ 當りまし~ (2, 0.0%)

1 てかやう, て今

▼ 當り得る~ (2, 0.0%)

1 程の, 第三者は

▼ 當り散らす~ (2, 0.0%)

1 ことが, 事が

▼ 當り遊ばす~ (2, 0.0%)

2 今の

▼ 當り過ぎる~ (2, 0.0%)

1 と思ふ, よ氣

▼ 當るらしい~ (2, 0.0%)

2 其外側は

▼ 當~ (2, 0.0%)

1 でゐ, なくなつちやつて

▼ 當~ (2, 0.0%)

1 ナス時ハ非常ナル不公平ヲ, 奪ヒテ乙省

▼ 當大きく~ (2, 0.0%)

1 なる, やつて

▼ 當嵌め~ (2, 0.0%)

1 ても毫も, て言

▼ 當工場~ (2, 0.0%)

1 が最初, の方針

▼ 當時世~ (2, 0.0%)

1 に殘つて, に知られし

▼ 當時間~ (2, 0.0%)

1 がある, も必要

▼ 當次第~ (2, 0.0%)

1 そして一生懸命, の書

▼ 當深く~ (2, 0.0%)

1 研究し, 讀んで

▼ 當繁昌~ (2, 0.0%)

1 する店, もしました

▼ 當過ぎる~ (2, 0.0%)

1 位本, 程本

▼ 當長い~ (2, 0.0%)

1 ものだ, 期間は

▼ 當防禦~ (2, 0.0%)

1 のため, の權利

▼1* [469件]

あるやうである, 當いたづらつ, 當いたしましたが俵屋, 當いへば一つ村落, 當えらい人であります, 當かお勢大事のところ, 當かの二つに, 當かは情けないな, 當がよかつた, 當くえない女じゃ, 當ざ候, 當しか知らない奴, 當しまの南東隅, 當しますから千兩箱一つ, 當すらつかない, 當に聲, 當さる下等, 當せぬといふ, 當それがどんなに, 當たってい, 當たったんです, 當たつては八千五百萬圓, 當たらざれば明, 當たらず細工屑も, 當たらないので羅馬教皇宮殿, 當たり前過ぎる, 當たりが惡く, 當たりの褄を, 當たるべからずといつた, 當たれば其間, 當たれたんだろう, 當だけで隱, 當だけで暮す平次, 當ださうで, 當ださうですよいやに, 當だつたが素行, 當ったならばもっとよく, 當ってはとじつはね, 當ついたくらゐだ, 當つかず既に相, 當つかない感じである, 當つされども之, 當つたお靜へ, 當つたさうぢや, 當つたためしのない, 當つたぢやア, 當つたつて一つ船, 當つたれば, 當つたエノック・アーデンを開け, 當つたサーケーは云つた, 當つた一武士の業蹟, 當つた三階の一室, 當つた事は實物, 當つた人と斬り, 當つた人一番幸福なんぢ, 當つた口を利く, 當つた司法主任や特高, 當つた女がある, 當つた婦人に話し, 當つた寢卷を着, 當つた島の娘, 當つた彈丸の樣子, 當つた心持がする, 當つた所であつ, 當つた最初の部屋, 當つた氣持で急ぎ足, 當つた犬が今度, 當つた畜生ぢやない, 當つた當の相手, 當つた石の上, 當つた經驗もあり, 當つた職人風な男, 當つた膝を叩く, 當つた莖の根元, 當つた言ひ草, 當つた跡も大した, 當つた部分から少し, 當つた金で, 當つた響を文太郎, 當つた頃もう一度そつ, 當つた馬券を失くし, 當つてあまりの輕さ, 當つていろいろな面白い, 當つておとづれる者を神, 當つておのれが胸裏, 當つてお金だし, 當つてかくてシヤボン玉, 當つてかなりの册數, 當つてその頃江戸中の評判, 當つてそれがまだ, 當つてなつた, 當つてグルツと一轉, 當つてシェークスピア全集讀み直しの, 當つてゾンザイな事, 當つてブーンと鳴る, 當つてポンとけし飛ん, 當つてマゴつかない丈, 當つて一たびコシンに這入り, 當つて一應參考に資すべき, 當つて一番奧の左側, 當つて一點の燈光ピカリ, 當つて三十四年でない, 當つて不法行爲のあつ, 當つて丸燒に成つ, 當つて乾き切つてゐる流し場, 當つて了ひました, 當つて事に從, 當つて二三尺ぐらゐの穴が竝, 當つて二人共々重なり, 當つて二千年から前, 當つて五十兩の金, 當つて今の陝西省鳳翔府寶, 當つて仔細に觀察, 當つて他の意志, 當つて仙臺言葉を一つ二, 當つて何が一番大切, 當つて余は特に, 當つて俺の胸, 當つて健康は保ち得る, 當つて其中引用せられたる詩句, 當つて其信仰で裏書, 當つて其處ばかり年老いた, 當つて出來る限り好運, 當つて刻苦する自, 當つて動もすれ, 當つて勞働階級の間, 當つて卑近な小, 當つて口書きを取る, 當つて右折一二町もゆく, 當つて君子に近い, 當つて吾人が取る, 當つて哲學會に於, 當つて土藏にハネ, 當つて墓石の一部, 當つて大に參考, 當つて大事な寶, 當つて天軸一時に碎け飛ぶ, 當つて姉のお, 當つて學を修むるものは, 當つて寢ておれ, 當つて實に皇居, 當つて小つぴどくはね, 當つて小山の如き, 當つて山水秀麗の氣, 當つて山犬は死ん, 當つて峯が重り, 當つて座敷の明い, 當つて弟の八十郎, 當つて心みだれず動搖, 當つて必要缺くべからざる見方, 當つて念頭に迫つて, 當つて忽として百萬石, 當つて急ぎの御用, 當つて恁うや, 當つて悟性がそれ, 當つて成書である帝紀, 當つて我々の眼中, 當つて支那に若し, 當つて斯る塲所, 當つて新になされた, 當つて日を暮らす, 當つて日本人は何ゆゑ, 當つて明朝五時に於, 當つて星火榴彈に一次一發, 當つて是の如く, 當つて有力の材料, 當つて木曾山から數多, 當つて杉村は青く, 當つて東北の片隅, 當つて東洋の覇國, 當つて椰子橄欖の葉, 當つて櫛が飛ぶ, 當つて此字を使用, 當つて毒龍蟠るが, 當つて氷峰は獨, 當つて滿場一人の異議, 當つて漢文のみを採用, 當つて狂死する實話, 當つて現状のやう, 當つて生々の氣, 當つて當時朝鮮と支那, 當つて百日の間, 當つて直接にその, 當つて眼がつぶれよう, 當つて石臼の上, 當つて確に便利, 當つて神君に伺ひ, 當つて祭祀の事, 當つて米庵に言, 當つて粉々に破れました, 當つて糠臭い氣, 當つて糸の錘, 當つて紅皿と筆, 當つて紛糾つて居るやう, 當つて結婚を決める, 當つて義雄は夏以來, 當つて自己の有する, 當つて自然に逆らつて, 當つて行つた, 當つて誰も指摘, 當つて豫期以上の多く, 當つて貰ひたかつたと, 當つて車馬の通行, 當つて轍の音, 當つて辮髮すれば, 當つて近世心理學の溌溂, 當つて迷はざる, 當つて迷惑は掛けん, 當つて遊行する螢, 當つて違算失計多き, 當つて金も大分出來, 當つて電球がこ, 當つて革命の記念像, 當つて韓嫣といふもの, 當つて音樂家めいた人, 當つて類似の宗教的運動, 當つて風雨の加はる, 當つて飄々と鳴りました, 當つて飛翔營作する蟲, 當つて馬から眼, 當つて高山の尾上, 當つて鹽の粉, 當つよかつた, 當つよいものとな, 當つよく生れて, 當つらい仕事だつた, 當つる御者馬は勇み, 當つる手のごとく, 當てがはづれてしまつた, 當てさうに, 當てつこをしませう, 當てつ摺りと中傷, 當てでよこすが, 當てとしては彼等を, 當てどもない嫌惡, 當てなさらば私一人, 當てになんぞなるもん, 當てにやアし, 當てね可惜武士, 當てられず穢れたる泥, 當てられたらうがこの, 當てられたらしく松太郎は, 當てられましたが話, 當てられませんや, 當てる科學的算出法などは非常, 當であり流布本に, 當でありましよう, 當でありますやうに, 當であるらしかつた, 當でござるか, 當でしたら私の, 當でやすか, 當で御座いますがそれから, 當で御座いませうか, 當で無いといふ, 當といつても石鹸, 當とか膳部料とか, 當としても時機が, 當とで暮らさなければ, 當とまでは行かぬが, 當ともさあんな野郎, 當とを認めて, 當どうにかやつて, 當なすつたといふ, 當なすつたやうに, 當なつきあひをし, 當などに最先, 當などはまるつ, 當などをさせて, 當なら生かしちや置かない, 當なり腕の, 當なりと思惟せし, 當なりとか此詞は, 當なりとして大審院に, 當なりや否やは, 當な求め方が, 當にかはいさうな, 當にからつぽ, 當にこそ迚牛飼を, 當についてぢや, 當にて出づ, 當になあそんな國, 當になんて口が, 當にや相違ない, 當にをかしかつたわ, 當位それに, 當ねえ隨分遲いわ, 當ねれてい, 當はなやかであり人間, 當へと行く右手, 當への申譯に, 當ほねだね, 當ゐつて, 當までは錢形の, 當むづかしい問題でした, 當むづかる主人の大村兵庫, 當ものの臺紙, 當女房の, 當やうといふ連中, 當やかましい時です, 當やらを決めると, 當その通り, 當よくしや, 當らしく持ちかけさへ, 當らしく見え立居振舞にも, 當らずして雨餘, 當らなかつたりした, 當らなかツたの, 當らむとし自ら椿山莊を出で, 當らむとするの抱負あるもの, 當られますから, 當らんぢやない, 當りあたればた, 當りあるきて中, 當りかそれとも初め, 當りかけるのか, 當りしかばシャルル, 當りする時は, 當りたいため帽子を, 當りたればにや心, 當りちらすのか, 當りぬ一つは, 當りまするのみならず, 當ります阿刀某と, 當りませうがこれ, 當りませぬが亞剌比亞語, 當りもせばあの, 當りやチョットした, 當りやつて見たい事, 當りや出鱈目な見當ぢ, 當り困卻を, 當り困るわけだ, 當り思ひ出さぬが, 當り散らかさなければ承知, 當り散らさうとする, 當り散らさずにはゐられぬ, 當り散らせに來, 當り死んだ氣で, 當り申し上げます事は, 當り行く處が, 當り調べようかと思, 當り返したんだ, 當るだらうと彼等, 當るべければ, 當るらしく一度は, 當る年老いた漢學者が, 當る見る人驚嘆せざる, 當れない人な, 當れよと云, 當をば針にて, 當をも受けさせたの, 當ゴタゴタしたに, 當タッシャな事, 當て二三度續, 當ツちや急に引き返へす, 當ナル利己ヲ侵害シテ己, 當ニ代ハルベキ半期毎ノ給付, 當ニ幼時ヨリ學術ヲ勉勵セシメ, 當ハ智能的勞働者及ビ力役的勞働者ヲ總, 當ピッチングやローリング, 當ラシムルハ明白ニ不正不義ヲ殘シテ改造, 當リテ或ハ細字ヲ書シ, 當ヲ用ヒザル所以ハ國家ハ全生産, 當一寸法師の手, 當當に, 當不愉快なもの, 當付けられたやうに, 當何んとなく, 當何倍かの爲, 當信憑し得る樣, 當六坊社家の外, 當出世して, 當出身の宣贊舍人, 當分田舍へ歸, 當分福州に滯在, 當分骨休みして, 當勇敢で素質, 當動かせるもんです, 當勘定が給金, 當勾當座頭十六官とは座頭, 當南部藩の家老職, 當博識な人, 當古い時代に, 當同情に値する, 當名古屋のお, 當名目金貨付の收益, 當吹き荒れて板屋根, 當地域において國營, 當外れでしたよ, 當大きい堆積であり, 當大阪の學問, 當太くなつて來, 當屋敷内に繼, 當嵌めたのです, 當嵌めようとした, 當嵌らない憾を, 當嵌りさうである, 當川蒸汽の汽笛, 當年取つて五十五歳の藤屋万兵衞, 當強いところだ, 當待たされたので僕, 當待ち遠いこと, 當後ろに竹林, 當得意であつ, 當念入りなちよ, 當息子らしくない良い, 當手ごわい連中でも, 當押しの強い, 當放題に毆打ら, 當教養のあり, 當日の出來事も耳, 當時事新報の催し, 當時事變講演會の催し, 當時代の縉紳, 當時田舍にゐ, 當有名な彫匠, 當朝日新聞のお, 當期間の休暇, 當本堂の西北, 當次第に剥いで, 當水深がある, 當永くかかつて, 當汚れた株劵を, 當江戸上屋敷に不測, 當江戸表へ參, 當注意の行き, 當深い見方を, 當澤山おありです, 當熱海の名物, 當物事を迷信的, 當疲れて來, 當白菓子盜林檎受葡萄取などが, 當的確な眞情, 當知らずの二本差, 當知り合ひ, 當程度の大量生産, 當積もるのです, 當立て混んで, 當紹介に努め, 當繁盛して, 當聞えた人が, 當腹卷したる軍兵二人, 當荒くてもまた, 當裕福らしい田舍出, 當觀念等の熟語, 當語句を得る, 當讀んでいました, 當豪勢でも廣, 當資産ありて, 當賣れますから何だ, 當赤井主水の二人, 當に沁み, 當込みですね, 當進んだ多くの, 當進歩して, 當過ぎて氣, 當過去未來志す處, 當重大なこと, 當重要な話, 當鋭利な脇差, 當門番的威力を持つ, 當附けたものと, 當難しいものが, 當非理な迫害, 當面白くなりさうに, 當飛んでいつた, 當馴れている, 當高くもつて, 當黒くなつた