青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「牧~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

片足~ ~片隅 片隅~ 版~ 牙~ ~牛 牛~ 牛乳~ 牡丹~ 牢~
牧~
牧師~ ~物 物~ 物理~ 物置~ ~物語 物語~ ~物質 物質~ ~物音

「牧~」 1101, 11ppm, 9889位

▼ 牧~ (275, 25.0%)

8 行方を 7 方は 6 在所を 5 方へ, 顔を 4 旦那の, 野郎の 3 倅と, 手に, 方さまに, 方に, 方を, 消息を, 馬や

2 [16件] おもひで, 一行が, 修法を, 倅を, 外に, 小野には, 方, 方さまには, 方の, 旦那は, 朝露, 畜の, 茶屋, 茶屋の, 足跡を, 顔の

1 [183件] あとを, いつもの, いつも人, うち, お方の, お方まで, お萱さん, こと, ことを, すぐ下, すること, そういった言葉, ために, ところまで, はたて, ほかにも, まことの, をとめ, 一味を, 一行で, 丘から, 丘に, 丘へ, 中すぐれ, 中には, 二生との, 人々も, 人を, 仕業と, 仕業に, 仕業のと, 便りも, 修法か, 修法し, 倅, 倅じゃ, 倅である, 倅として, 倅とも, 倅に, 倅の, 写真を, 処分に対して, 前に, 前にて, 印綬を, 厳粛な, 古榎, 呪い, 呪いかの, 呪いかも, 呪いの, 喜作中, 四隠, 在所が, 坐って, 奥さんから, 奥さんは, 奴大阪に, 如きは, 妻の, 姿ぞいと, 子が, 子は, 子ら焔の, 字は, 宗親さまを, 家の, 家まで, 家を, 小倅の, 小娘や, 小笛, 居所が, 島から, 島には, 島の, 平原を, 平地で, 影が, 後を, 後姿を, 心配そうな, 性根を, 息子を, 意見, 愛らしい村, 態度に, 手の, 指が, 指さす下, 方から, 方が, 方さまが, 方さまはた, 方さま等と, 方という, 方としか, 時に, 最期か, 有し所, 横顔を, 比では, 氈また, 江南春を, 河の, 海を, 消息は, 深風凪, 父親が, 父親と, 父親も, 片袖, 牛馬の, 牝馬は, 生霊を, 畠で, 畠の, 番を, 眼に, 眼を, 祈願を, 筆と, 筆蹟を, 管理を, 精神力は, 素直さに, 群の, 老を, 者へ, 者僧の, 背中から, 背中に, 自由には, 花草, 若人露ふみて, 若馬耳, 茶屋と, 草の, 草原に, 草間に, 行方は, 観察奈何は, 註文で, 詩であった, 話から, 調伏所へ, 警固は, 警固方は, 身体を, 辛苦を, 野で, 野に, 野の, 野郎に, 野馬の, 野馬を, 頭は, 頸の, 首の, 首は, 首を, 馬, 馬と, 馬どもにも, 馬にも, 馬の, 馬は, 馬やら, 馬よりも, 馬小屋の, 馬小舎を, 馬房で, 馬房に, 馬数が, 馬監と, 馬蹴あげ, 駒だにも, 駿馬だった, 骸の, 骸を, 高原しづまりて, 鼻を

▼ 牧~ (138, 12.5%)

7 眼を 4 静かに 3 頷いた

1 [124件] いつかの, いつの間にかだんだん光, お由羅, ぐったりと, こう云いすて, こう云っ, この山, この年七十七歳, じろ, そういっ, そう答え, そのまま礼, その凝視め, その真中, その筆, それでも眼, それを, ただ一人, ただ僅か, だんだんうつむい, ちらっとそれ, はじめて眼, また忠兵衛, まだ, もう一直線, もっと若かっ, ゆきずりに, わしが, わしを, 丁寧に, 上方へ, 乳を, 二十一歳に, 二年前に, 井戸から, 人の, 人間らしい眼, 今夜あたりお, 伏目に, 何処に, 何処へ, 俯向い, 俯向いた, 傾いて, 其処此処を, 冷たい微笑, 冷やかに, 前よりも, 北佐久の, 又呪, 又紫蘇, 又頷いた, 只今何処に, 同調しなかった, 名を, 土の, 坂東平野の, 壇の, 壮健に, 大阪を, 奈何にも, 奥の, 寛政二年生で, 対座し, 島の, 己の, 干した蛙, 廊下へ, 当時江戸に, 御家の, 悪人では, 悪逆の, 懾れ, 抽斎の, 指を, 振向き, 支度を, 教訓した, 斉彬が, 斉彬と, 斉彬公を, 斎木と共に, 斬れぬ, 未だ討てん, 朴葉飯といふ, 果して何事, 江戸へ, 涙を, 澄んだ然し, 灰色の, 無事に, 無言で, 特に悍, 痩せた脚, 痩せた頬, 瞑目した, 私の, 立上っ, 端坐し, 笑えぬまでに, 答えなかった, 絶望し, 編笠へ, 縄張りの, 義観を, 自分の, 落ち目で, 行ったか, 見る見る転落, 討てぬか, 誰に, 調笑に, 貴島と, 身体を, 返事も, 逃げない敵, 鋭く云った, 青衣を, 頷いただけ, 首を, 駕から, 髮結の, 黒い毛氈, 黒船の

▼ 牧~ (98, 8.9%)

5 討って, 討つの 4 討ちに 3 斬ること, 討つこと 2 兼ねて, 斬って, 睨んで, 見上げて, 討つと, 討つという, 討てば

1 [64件] お討取りなさいます, こうして咎めた, とかれた山羊みたい, ねらって, 一体, 保護する, 先に, 兼任すべし, 刺す見込み, 刺せぬとも, 命ずと, 奏請し, 守って, 小太郎に, 廻らずに, 恋ひ, 手厚く葬っ, 折伏致す, 捜しに, 探して, 探すのに, 斬ったとて, 斬りに, 斬ること思い, 望みては, 案じて, 桑名藩は, 殺すという, 為さずして, 為さず而, 狙って, 襲って, 襲っても, 襲撃する, 見て, 見ようと, 討たしたくは, 討たずに, 討たなくては, 討たぬと, 討ちたいか, 討ったという, 討ってから, 討つか, 討つため, 討つため斬死, 討つには, 討つべき時, 討とうとして, 討取った上, 討取ろうという, 追いかけて, 追うの, 追って山内, 追って牧, 追求する, 追跡し, 開いて, 開き牛乳, 陥れんが, 青海渚中に, 預ったもの, 領した, 首尾よく

▼ 牧~ (57, 5.2%)

3 修法を 2 むれ

1 [52件] あつて, あり良, ある, うまく自分, うまく返辞, くみの, じっと八郎太, そう思っ, それに, よく水, よく水汲, 上方へ, 下の, 今寄辺, 仙波の, 何処に, 何処へ, 何者である, 八郎太の, 出て, 原の, 叫んだ, 叱った, 呪法を, 呼んで, 国を, 国外に, 大阪へ, 妾に, 憎い, 憎くなっ, 所領の, 斬れぬ, 早行の, 来て, 水を, 江戸に, 父を, 牧が, 登ったか, 眼を, 祈りを, 立上った, 答えるか, 義観の, 行に, 詠じた, 軍勝の, 通るか, 金包を, 青木の, 頭を

▼ 牧~ (45, 4.1%)

2 伏したる白牛, 立ちぬ

1 [41件] いたことも, うつす時うた, かかりきれるか, して, とどまる事, やすみ犬ども, ゐる牛, 下見する, 任ずる, 伝へた, 催促せしめよう, 優るとも, 出て, 向かった, 向けて, 命じて, 嘶く黒駒, 四明での, 在る三ヶ寺, 封じ劉虞, 封ぜられその, 尻っぽ, 張資を, 怨みの, 抱かれた頃, 捕えられては, 放たれに, 放ったまま, 暴風の, 無數, 物足りなさ, 移して, 羊の, 群れ遊びむかしに, 職を, 見えなくなって, 迫った, 逢い牧, 逢ったかの, 連れられて, 隨い

▼ 牧~ (33, 3.0%)

2 に向う, に着す, の現状, の資本

1 [25件] かど, としてかかる, と共に予, なるかと, にし, にのみ傾きたる, には白骨, に在る, に大, に帰り, に行き, に遊ぶ, に関する素願たる, の事, の為め, の無事, の越年, は事業, は忽ち, を保護, を立退け, を經營, を能, を設置, を遥

▼ 牧仲太郎~ (32, 2.9%)

3 の倅 2

1 [27件] が命, が手, でも召捕え, とは玄白斎, に似, の仕業, の呪咀, の子, の悪い, の眼, の肉体, の調伏, の高弟, はいつか, はお, はその, は人手, は寝不足, は手, は是非, は江戸, は漂泊, をじっと, を国境, を討ち, を討つ, を討取る

▼ 牧二郎~ (22, 2.0%)

2 をあやす

1 [20件] が今日, にとって母以上, に云う, に昼, の世話ぶり, の守, の生れる, の養育, はおのれ, はおまえ, はよく, は思わず, は無事, は相続, への愛着, もこれ, を抱い, を抱き, を見あげた, を負いたがる

▼ 牧谿~ (21, 1.9%)

3 の遠 2 の絵

1 [16件] がどう, が分る, その人, それから邦人, だとか, でなくても, などの画品, にさえ似, に私淑, の一幅, の影響, の風, はよい, をぬけき, を模倣, 画く遠

▼ 牧~ (19, 1.7%)

2 のいう, は直ぐ

1 [15件] が両人, が御, その御, にお, に徙, に更め, のあと, の一行, の人数, の修法場, の方々, の橋渡し, の無事, まだか, を覘

▼ 牧~ (17, 1.5%)

1 [17件] よく乗りまわし, 何ういう, 凭れかかって, 出た, 叫んだ, 御取調べ, 玄白斎の, 登って, 登りつくと, 登る, 立ち退かれました, 行くん, 行って, 行て, 近づいて, 逃げ退い, 遠乗りに

▼ 牧~ (15, 1.4%)

2 がうた, と話し, の紹介 1 この男, ともかくあれ, に相談, のよう, の披露, の満, は自分, も一度, を売りつけた

▼ 牧殿~ (14, 1.3%)

1 [14件] が入用, ちと御, に何故, に申し入れたい, のお力, の修法, の御, の返答, は, はお, は七八, は三十七八, は大任, を追及

▼ 牧~ (13, 1.2%)

2 の群

1 [11件] がしばしば, と野馬, に富める, に通い, のきほへる中, の仕事, の話, の馬二十匹, や牧牛, を以てこの, を孕ます

▼ 牧~ (12, 1.1%)

2 が私達, の延長七十里 1 がなく, が朽ち, が立っ, などができ, に沿っ, もひくい, をゆっ, を潜り抜け

▼ 牧~ (11, 1.0%)

1 [11件] いうからには, この儘, なると, 二人頭を, 何方を, 倶に, 名づけたること, 呼ばれて, 書いて, 相談し, 里では

▼ 牧~ (10, 0.9%)

2 のお, の御 1 とはあの, と仰せられます, に, の部屋, は, を討とう

▼ 牧太郎~ (8, 0.7%)

1 です, と京子さん, と共同生活, と星田さん, のよう, は早く, は父, 現に殺人

▼ 牧~ (8, 0.7%)

2 それからこの 1 が一幀五百両, が何故, その牧渓, の水墨画, の画, の絵

▼ 牧さん~ (7, 0.6%)

1 からのお, から直さん, とどつかい, にあなた, のことぢ, の方, をお

▼ 牧~ (7, 0.6%)

1 おらぬし, 一言云った, 又無言, 堪らぬ程, 少女の, 源兵衛の, 英才であった

▼ 牧する~ (5, 0.5%)

1 に至る, 未開人に, 民に, 沙漠の, 者の

▼ 牧一人~ (5, 0.5%)

1 ぐらいを討つ, を終生, を討った, を討つ, 討って

▼ 牧逸馬氏~ (5, 0.5%)

21 の短篇, の軽快, や川田功氏

▼ 牧~ (5, 0.5%)

1 の娘, の小, の小娘, の父娘, の状態

▼ 牧~ (4, 0.4%)

1 ていた, ている, てよく, て彼等

▼ 牧~ (4, 0.4%)

1 今は, 居るから, 幾日かを, 良い馬

▼ 牧には~ (4, 0.4%)

1 大金国の, 少くも, 牛馬が, 相当警固

▼ 牧~ (4, 0.4%)

2 などの地下職人 1 と奉行人三浦平六兵衛尉さま, と奉行人三浦平六兵衛尉義村

▼ 牧から~ (3, 0.3%)

1 上がって, 借りた笊, 市へ

▼ 牧では~ (3, 0.3%)

1 ないかしら, なかった, 有りましたが

▼ 牧とは~ (3, 0.3%)

1 まるで違った, 違う, 驚きの

▼ 牧仲太郎殿~ (3, 0.3%)

1 に似, の仕業, 御目通

▼ 牧~ (2, 0.2%)

1 器量が, 者である

▼ 牧~ (2, 0.2%)

1 春や, 霜婆斯の

▼ 牧って~ (2, 0.2%)

1 人あ, 悪い奴

▼ 牧ひし~ (2, 0.2%)

1 時そこに, 時我速かに

▼ 牧~ (2, 0.2%)

1 畑を, 附近の

▼ 牧わし~ (2, 0.2%)

1 なら皺腹, はお前

▼ 牧~ (2, 0.2%)

1 いら, 常におもへらく寒気

▼ 牧互秀先生~ (2, 0.2%)

1 が仙臺新寺小路, だとの

▼ 牧仲太郎様~ (2, 0.2%)

1 に似, の御

▼ 牧~ (2, 0.2%)

1 映である, 映野村守一

▼ 牧塲費~ (2, 0.2%)

1 に当て, に貯えん

▼ 牧~ (2, 0.2%)

2 などにいでたちたる

▼ 牧~ (2, 0.2%)

1 の傍, の海岸

▼ 牧~ (2, 0.2%)

1 のあたり, の陰

▼ 牧谿猿~ (2, 0.2%)

1 のあの, の繪みたい

▼ 牧雅雄君~ (2, 0.2%)

2 は今

▼ 牧馬場~ (2, 0.2%)

1 ありかつて, を持つ

▼1* [157件]

お前は牧仲太郎, 牧かわって芦田, 牧ぐさのくれなゐ柔きうまごやし, 牧さえ刺殺せば, 牧すべき地なり, 牧せしボニファーチョとが, 牧と, 牧だった時微行する, 牧仙波八郎太が, 牧つてひと何するひと, 牧つまり羊かいが, 牧であってくれる, 牧であるよう, 牧でござんすか, 牧ですか, 牧でなく心の, 牧でもやつて, 牧という専属の, 牧といふ下婢です, 牧とが両手を, 牧ともにモーニング, 牧どのがそれ, 牧どんが, 牧など沢山な, 牧などと違つてどこか, 牧なら矢張りこう, 牧なんか居るもの, 牧のうなゐも, 牧ばかりでは, 牧ひたるエーノプス, 牧群は, 牧ふもの杖, 牧への手向けの, 牧へり角曲がり, 牧ほかに七八名, 牧まで連れて, 牧より外に, 牧をも討つ, 牧三左衛門をそれ, 牧三左衛門兼顕の残軍, 牧三左衛門奥田宮内明智十郎左衛門進士作左衛門妻木忠左衛門溝尾庄兵衛など明智家譜代, 牧三郎宗親さまにお, 牧や博労衆, 牧乙芽力士勢藤吾等であった, 牧二十八歳の兄栄次郎, 牧互秀先生門下の二三名, 牧人山の中, 牧申したのう, 牧仙波八郎太の倅, 牧仮面をとる, 牧仲儀今暁錦地へ罷, 牧仲太郎一人を討つ, 牧仲太郎警固のため, 牧を恐れず, 牧うした, 牧併行状態に進む, 牧使権和その渠首五人, 牧信七という子, 牧信侯とを指斥, 牧光弘という鋳物師, 牧兼行でなければ, 牧劉玄徳というもの, 牧劉皇叔ココニ到リテヨリ地ニ枯田ナク天ニ, 牧劉表の許, 牧勇蔵と言う, 牧南山野中に果蔬, 牧博士の写真, 牧愚字は, 牧句人へ手紙, 牧句人君は旅行中, 牧右手へ退場, 牧宇曾利郷中濱御牧等は, 牧君君も一応, 牧君我々はあちら, 牧周左衛門氏の宅, 牧周馬御存じの牧仲太郎, 牧唯介にあらざる, 牧唯助である, 牧善助とを証人, 牧善助小石次女とえんぐみ, 牧嗣人水島治男などが始終, 牧を通っ, 牧塲内の熊害, 牧塲維持の困難, 牧墨僊の, 牧結牧本島牧長州牧など, 牧太郎時代の写真, 牧があらはれた, 牧女どもの言い伝え, 牧婆あやの髪, 牧宗親に云いつけ, 牧家数代の古, 牧岡氏と池氏, 牧征馬征馬分飛日漸斜, 牧徳臺に於, 牧憶えておろう, 牧或いは調伏の, 牧に遑, 牧捷子曹羽郎中嬰齊臣君子鄭長者楚子道家言等九百九十三篇が擧げ, 牧は極めて, 牧新野皇叔劉備字は玄徳, 牧本島牧長州牧など沢山, 牧村落を興し, 牧に経験, 牧様火急のお, 牧死んで後, 牧殿あれは, 牧殿これへ御, 牧殿勝負は後日, 牧氏讚岐の人, 牧水流の感情, 牧を静か, 牧法学博士一女給と心中, 牧の隼鈎, 牧浅はかでは, 牧渓江天暮雪大名物瓢箪茶入, 牧渓猿のごとき, 牧溪筆らしい放馬, 牧漁業の状態, 牧牧直しに叡山登山, 牧の時, 牧猪奴よくもそんな, 牧や家禽, 牧を呼ぶ, 牧の瀬, 牧百峰に託した, 牧百峰宮原節庵が江戸, 牧直しに叡山登山, 牧福長の家, 牧糖部郡七戸牧同宇曾利郷中濱御牧等, 牧の遊歩, 牧色加夫単沽未士なぞと云, 牧草野の原, 牧の後, 牧記等に発表, 牧であ, 牧警部補がはいっ, 牧の小, 牧近う参れ, 牧逸馬の林不忘, 牧逸馬さんが新, 牧逸馬本田緒生横溝正史城昌幸水谷準諸氏, 牧逸馬浅野玄府鳥井零水若目田三郎, 牧里村元祖昌休紹巴里村二代昌叱三代昌琢, 牧野元次郎君であった, 牧野内府邸や首相官邸, 牧鈞召金剛炉の型, 牧長州牧など沢山, 牧韓馥は袁紹, 牧飼いにやいやい, 牧せしむ馬職これ, 牧養地の静けさ, 牧馬地方で馬, 牧馬業にも手, 牧馬牛の奨励等, 牧馬等に到る, 牧黙庵