青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「知れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~知られ 知られ~ ~知らん 知らん~ ~知り 知り~ ~知りません ~知る 知る~ ~知れ
知れ~
~知れた 知れた~ ~知れない 知れない~ ~知れぬ 知れぬ~ ~知れません 知れません~ ~知れん 知人~

「知れ~」 1519, 16ppm, 6903位

▼ 知れ~ (807, 53.1%)

102 いる 23 いた 18 ゐる 16 いるが 14 いるの, 来た 11 います 10 いるので 9 いるから 8 いること, おる, ゐるの 7 居ても, 居る 6 いるじゃ, いると, いるん, 居るが 5 いたが, いなかった, いるし

4 [16件] ある, いても, いました, いるのに, いる事実, おりますが, しまう, しまったの, しまって, みると, ゐた, ゐるが, ゐると, 居るの, 来て, 来ると

3 [12件] あるに, いそう, いながら, いるでは, おります, しまった, ら, ゐるから, 居るから, 居れど, 来る, 見ると

2 [34件] ある大方高, あれど, いたから, いて, いない, いないが, いないと, いないの, いなかったの, いなければ, いますから, いますが, いますよ, いるその, いるに, いるはず, いるもの, おるわい, きたの, しまいます, しまったん, ゐるので, ゐるやう, 了ひます, 天子が, 嬉しさ, 安堵した, 居さうな, 居ります, 居ると, 居るん, 居る分, 美津子の, 見れば

1 [345件] あつて, あり, ありその, あり甲斐性, あるが, あるは, あるよう, あるわ, ある出家, あれは, い, いいこと, いいの, いい時, いかないはず, いけないの, いたけれど, いたこと, いただろう, いたならば, いたに, いたの, いたので, いたもの, いたものの, いたらしかった, いたわけ, いった, いては, いないいずれ, いないこの, いないだろうが, いないという, いないよう, いないわけ, いない微力, いない水鉛鉛鉱, いない私, いながらに, いねえ話, いましたが, いまして, いますか, いますからね, いますがね, いますし, いますわ, いません, いやしない, いやだ, いようが, いら, いらあ, いらぬ饒舌, いるお方, いるけれど, いるけれども, いるさ, いるしかし, いるそう, いるただ, いるだけ, いるだけに, いるところ, いるな, いるのみにて, いるのよ, いるばかり, いるものの, いるよ, いるよう, いるらしいので, いる上, いる事, いる些末, いる人影, いる人間, いる以上, いる体裁, いる分, いる分かって, いる前田犬千代, いる好人物, いる家, いる左翼, いる成田小三郎, いる択, いる敗亡者, いる敵, いる敵勢, いる暴挙, いる有機物, いる正直, いる毒瓦斯, いる汝自身, いる流離, いる画家, いる私, いる筈, いる答え, いる財政上, いる限り, いれど, いろいろゴタゴタの, うむを, おっても, おらぬ, おりましょう, おりますよ, おりまする, おりまするぞ, おりませぬ, おり共産主義, おり分りきって, おること, おるでは, おるのに, おれど, おろうが, お藤, きた, きて, くる, くると, くるの, くるもの, くれれば, ここは, このこと, このごろは, これも, しっこは, しまいました, しまいましょう貴方, しまいますが, しまいます山寺, しまい見舞客, しまうかも, しまうから, しまうこと, しまうぞ, しまうでしょう, しまうと, しまうん, しまえば, しまったから, しまったからな, しまったよう, しまった今, しまっては, しまつ, しまはなければ, しまひます, しまふぢ, しまふらしい, しまわない世の中, そこから, その年, それが, それは, それッ怪し, たうとう, たよりを, はまづい, ひと安心しました, ひどく父親, ふん捉, まさね丁と, ますか, ますよ, ますわ, まずいこと, まず一, またお前, まだ邏卒, みなさい俺, みれば, みろ, やや安堵, らあ, らア, らアそう, わたくしも, ゐ, ゐたが, ゐたならば, ゐたに, ゐたの, ゐた事實, ゐない, ゐない小さな, ゐます, ゐますよ, ゐようとは, ゐるかも, ゐるけれど, ゐること, ゐるこれ, ゐるそれでも, ゐるぢ, ゐるでは, ゐるのね, ゐるばかり, ゐるよ, ゐるロシヤ, ゐる事, ゐる二十年, ゐる人, ゐる山県勇三郎氏, ゐる彼等, ゐる文學者, ゐる汝自身, ゐれど, チベットで, 一の, 一藩は, 一週間の, 下手人ながら, 世の中の, 了って, 了ふ, 事件は, 人に, 今にも罪, 今まで, 仕舞うん, 会えたこと, 伯父の, 何も, 俺が, 兄きがおこった, 免職に, 具合が, 半ば訣らない, 参りましょう, 参ること, 反つて, 園は, 土は, 外聞が, 大問題, 大評判, 始めて口, 娘まで, 婆あ, 安心, 安心した, 安心だ, 家内中大笑いを, 寫眞を, 居たの, 居つたから, 居つた夫, 居て, 居ない, 居ながらに, 居よう藻西太郎, 居りました, 居りますあゝ, 居りますから, 居りまする, 居るけれども, 居るじゃ, 居るところ, 居る万葉集, 居る夫, 居る斬る程, 居る様, 居る短刀, 居る者, 居れば, 山の, 師畫伯から, 引き戻され暫く, 引っ張られた遊女, 弟子は, 当人は, 彼の, 彼は, 彼らの, 彼女は, 御覧なさい, 怪しまれては, 悪いお客様, 悪いの, 悪くば, 手打に, 手討ち, 捕縛に, 掌で, 放されたの, 教育會からの, 新しい発見, 方々から, 昔の, 時雄は, 本人の, 本店から, 本所の, 来かかって, 来たため, 来たと, 来たの, 来たロシア, 来た丈夫, 来は, 来ましたからね, 来まして, 来ますと, 来るが, 来るの, 此の, 此の方面の, 武夫の, 武家出と, 死ぬの, 父から, 父が, 父上から, 父子で, 獄へ, 王一億金もて, 疑は, 禁足を, 私が, 私共の, 細川家の, 終う, 絶えぬ噂, 罵倒され打たれ, 老人の, 芳子が, 落胆した, 行った, 行った時, 見ない, 見なせえ土地, 見給え, 記代子さんに, 諭旨退学を, 豹一は, 貴方は, 長者町の, 隈なき, 黒ちりめんの

▼ 知れ~ (215, 14.2%)

20 知るほど 11 なり 5 よい 3 いいの, いいん, なりと, 知る程, 足りるの 2 よいの, コックリも, チェーホンテと, 他の, 呪咀なども, 必ず行う, 憂かれども, 知る程厭, 自然に

1 [146件] ああした, あながちに, あによめ, あらそって, ありがた味も, いい, いかに太陽, いくら善人, いたす訳, いっそ逢わず, いわんや天, おおよそ老人, お互いの, お父さんは, お紺, かく解る, こ, この序文, これは, これまさしく, これを, しるほど, すなわち足る, その実現, その死, それこそ, それだけの, それでいい, それらの, それを, それをも, それ自体に, ただしばし, ただでは, たちまち賑やか, ちったあ, ひづめ, ほかの, ほつと, まさに人生, ますます面白く, まつ枝も, もうそれ, もっとおどろいた, もっと用心, もとより色香, もはや苦しみ, よいか, よいと, よかれ悪しかれこの, よろしいてんで, われこれを, 一層よく理解, 一層嫌い, 一層興味, 一層面白い, 不憫さいとど, 不断これを, 人は, 今日の, 俄に, 保は, 僕の, 充分だ, 全力を, 六月だ, 其父信階が, 則ち, 勿論手, 勿論捕える, 十分に, 即ち愚, 又甘んじ, 及ばぬ心, 同じもの, 国家に, 地も, 城兵の, 塔上の, 大方は, 大生命, 定めし有難い, 小説と, 少なくともその, 山城の, 幾度も, 当然山楽, 彼は, 徒らな, 心極の, 必ず長浜, 思い切りよく往生, 怪しむに, 恐れ喘いで, 恨みぬもの, 意を, 敵も, 書紀成立の, 最上樂の, 榛軒の, 次の, 此誡めを, 武力は, 死を, 母が, 気泡内の, 深山幽谷に, 満足が, 無生的物質, 猶お, 現代の, 用は, 當時世に, 當然の, 盗んで, 直ちに口, 相手の, 真心から, 知る程藝事, 秀子の, 秀子を, 秋の, 穀神, 竊に, 立ちどころに豹変, 立ち寄りて, 給仕人が, 老將かく, 自ら求める, 自分から, 良心の, 茲へ, 蜀は, 蠅男は, 豹一としては, 路傍の, 迫めて, 迷ひなし, 道理を, 鋏を, 随分大きな, 青年時代の, 顔も, 飛角でも, 馬糧小屋の, 騎馬の

▼ 知れては~ (68, 4.5%)

2 世間の, 困るという, 大変だ

1 [62件] いる, いるが, いるだろうと, お前も, お差支え, お燕, きまりが, その屋敷, たいへんな, どんなこと, ならず新造, ならなかったから, ならぬという, ならんが, ぱっとし, まずいが, よくあるまい, わが国の, チョイと, 仕方が, 何う, 何とも口, 何処でも, 先方が, 全く世間, 其者の, 出入るお客, 厄介だ, 口を, 命が, 困りますが, 困ること, 困るの, 困るので, 困るやう, 困る時, 外聞が, 大変な, 大変わが身ばかりか, 妙でない, 実に済まない, 幾許思っ, 当然異論, 御身分に, 悪いお客様, 悪いと, 悪いに, 悪しと, 成らん知っての, 旦那様の, 梅舎錦之助の, 江戸では, 父上樣の, 犯人が, 相成らぬから, 相済まん, 自分も, 醜いよう, 面倒だ, 面倒なれ, 面白うない, 面目ない

▼ 知れ~ (40, 2.6%)

10 しない 4 しません 3 しない話さないでも, せぬけれど, せんお前新網 2 しないわ, しない天井

1 [13件] しないかと, しないだが, しないという, しないといふ, しないの, しねえ, しまいかと, しませんわ, し無い, せぬかと, せぬぞ, せぬよ, 致しません

▼ 知れ~ (29, 1.9%)

14 アしない 6 アしません 3 アしねえ 1 あしねえ, かえせ梅雪, アせん, アせんの, 者ども, 首引きの

▼ 知れても~ (24, 1.6%)

1 [24件] いいわけ, いけないだろうし, お前さんは, この問題, それが, どこの, よい, よるべき天嶮, ゐやう, 他に, 好いから, 宜く, 恥に, 悪いから, 悪いこと, 悪いし, 構わんと, 素人衆は, 軍機上よろしく, 重い罪, 関わぬ, 面白くない, 面目ない, 體裁が

▼ 知れ~ (19, 1.3%)

2 さこそ, 口一つ利いたで

1 [15件] まさかに見え透いたる, テイクホフマン以下獨乙羅曼派の, 不思議にも, 二人の, 何時何處にての, 修養未だ, 如何すべき, 式部の, 思いいでず, 急に, 未だ曾, 煩ふ, 秘密を, 迷庵は, 酒さめ

▼ 知れそう~ (14, 0.9%)

4 なもの 2 も無い 1 であった, なもん, になっ, になる, にはあるまい, もありません, もない, もなかっ

▼ 知れ~ (12, 0.8%)

1 [12件] いうの, いったな, いっても, いふの, おっしゃった, しばしば心, 位はいひたい, 叫ばれること, 残さうつもり, 残そうつもり, 言うて, 飛込んでの

▼ 知れちゃ~ (10, 0.7%)

1 あとの, いけない二人, アお, アなら, ア大変だ, ア面白く, 一ぺんに, 商売にも, 困るでしょうにね, 打ちこわし

▼ 知れてから~ (9, 0.6%)

1 お庄, 二人の, 半刻經, 彼にも, 彼は, 手を, 自然と, 逃げを, 随分捫ん

▼ 知れども~ (9, 0.6%)

1 しか陳, その品質, その生じ, ついに馬, にくき枕, 事物の, 佛教に, 其全體は, 其全體を

▼ 知れ~ (9, 0.6%)

2 へん, へんぜ 1 じい砂の, へんが, へんので, へんよって, へン

▼ 知れ~ (9, 0.6%)

8 たつて 1 たつた

▼ 知れ難い~ (9, 0.6%)

2 家である 1 し訊く, ところでございます, とは十分, のは, ものと, 家で, 處である

▼ 知ればこそ~ (8, 0.5%)

1 かかる大役, このラショワ島, ヤイお金を, 之に, 呪も, 少なくとも自分, 竜之, 苦笑し

▼ 知れきつ~ (6, 0.4%)

2 た事 1 たこと, たもの, た不幸, た道理

▼ 知れやあ~ (6, 0.4%)

3 しない 2 しません 1 しない婚礼

▼ 知れ~ (6, 0.4%)

3 申候 2 申もし 1 申若し

▼ 知れ~ (5, 0.3%)

1 しないのに, しない佃, しない者, せぬ用, せんに

▼ 知れ乳母~ (5, 0.3%)

5 もそちら

▼ 知れ~ (5, 0.3%)

3 を知れ 2

▼ 知れでも~ (4, 0.3%)

1 したらどうぞ, したら大変, しますと, すると

▼ 知れ~ (4, 0.3%)

31 えから

▼ 知れやう~ (4, 0.3%)

1 から子細, と云つた切, と思ふ, に

▼ 知れッこ~ (4, 0.3%)

2 はありません 1 はありゃしない, は御

▼ 知れ~ (4, 0.3%)

3 申候 1 申候又

▼ 知れ其上~ (4, 0.3%)

2 その絵かき, その繪かき

▼ 知れ~ (3, 0.2%)

1 うだ, うな, すれば

▼ 知れたり~ (3, 0.2%)

1 かつ右, 今の, 十七八と

▼ 知れという~ (3, 0.2%)

1 のが, ふうに, 古代からの

▼ 知れまた~ (3, 0.2%)

1 こんどは, ごたごたし, 何よりの

▼ 知れ~ (3, 0.2%)

1 あお前, ば何, ば願はず

▼ 知れ易い~ (3, 0.2%)

2 もので 1 カネ万を

▼ 知れがたき~ (2, 0.1%)

1 も大体, 断碑を

▼ 知れすか~ (2, 0.1%)

2 なし

▼ 知れそして~ (2, 0.1%)

1 此の, 茶家の

▼ 知れその~ (2, 0.1%)

1 上お前は, 上に

▼ 知れちゃあ~ (2, 0.1%)

1 いけないでしょう, おひい

▼ 知れてからは~ (2, 0.1%)

1 一大笑話と, 絶えず手紙

▼ 知れてしも~ (2, 0.1%)

1 た以上, てるねん

▼ 知れてもを~ (2, 0.1%)

1 る事, れど

▼ 知れてを~ (2, 0.1%)

1 ります小, るぢ

▼ 知れとは~ (2, 0.1%)

1 常々聞かされ, 親鸞における

▼ 知れ~ (2, 0.1%)

2 ぃな

▼ 知れながらも~ (2, 0.1%)

1 手の, 純之進

▼ 知れなん~ (2, 0.1%)

1 に, に暫く

▼ 知れにくい~ (2, 0.1%)

1 そうだ, のでございます

▼ 知れ~ (2, 0.1%)

1 つれなき人, 隠居所が

▼ 知れふかき~ (2, 0.1%)

2 心に

▼ 知れやすい~ (2, 0.1%)

1 ものだ, ように

▼ 知れよう~ (2, 0.1%)

1 が知れまい, ではない

▼ 知れ~ (2, 0.1%)

1 ては我慢, て此後

▼ 知れ憶測~ (2, 0.1%)

2 がうるさから

▼ 知れ~ (2, 0.1%)

1 が朦, や日

▼ 知れ渡つた~ (2, 0.1%)

1 がほど経, としたら

▼ 知れ無え~ (2, 0.1%)

1 からまア, や

▼ 知れ趙簡子~ (2, 0.1%)

2 も流石

▼ 知れ~ (2, 0.1%)

1 かるべし, さに

▼1* [103件]

知れおしなべてめづるは, 知れかしと, 知れかしといへり, 知れがたいが多分, 知れこれぐらい心, 知れこれから不意に, 知れさうなもんだ, 知れさうになると, 知れさえすれば, 知れしかし問題が, 知れしだいにいつ, 知れずして操堅固, 知れそこには昨日, 知れちやお店者は一代, 知れちや師匠の人氣, 知れついに王宮に, 知れつつ嵐の, 知れてからといふものは, 知れてからも出遊, 知れてねえ手紙を, 知れども人に害, 知れどんな旨い手, 知れなかッたが, 知れなどと言って, 知れなんていわれて, 知れにくかりければ, 知れにくかったため, 知れねエ乞食女の, 知ればかこれも, 知ればにも候ふべし, 知ればにやた, 知ればはしたに, 知れいわさ, 知れまさあねえ假令, 知れまさト楫棒へ掴, 知れめ水茎のあと, 知れやうものならきつ, 知れよう訳がない, 知れよしんば学費が, 知れらむ人のため, 知れらん人に見せ, 知れらア心配せねえでも, 知れりやエリニュエス常に長子, 知れりや悲しみよりも, 知れりや水泡胡蝶のつばさ, 知れわが身を, 知れわれわれは感心, 知れッこなしだ占めたもんだい, 知れテッジーは刑務所, 知れて, 知れ三尺高い木, 知れ主人久兵衞殺しまで幾松, 知れも親しく, 知れだと, 知れ候やうにも覚え, 知れ元素というもの, 知れが歴史教育, 知れ其の在所も, 知れ冷酷ねあなた, 知れ制御なきは, 知れ口々に伝えられ, 知れ場所を知れ, 知れ夜分のモーン, 知れ学資を断れ, 知れ完成された大和歌, 知れ尾州の御, 知れの名, 知れ我トロミエスは一つ, 知れが早, 知れかにヘクトール, 知れ易き例を, 知れ有司の疑い, 知れ果ては大笑いと, 知れ次第早速出掛け, 知れ此一句に私, 知れると共に, 知れ渡つたこともあり, 知れ渡つたものですから, 知れ渡つた痩地である, 知れ渡つた發光動物であ, 知れ渡つた葫蘆科植物の一種, 知れ渡つた詩人である, 知れ理知によって進みうる, 知れゆくも, 知れ福人なりとて売, 知れ結局村内の若い, 知れを知れ, 知れの上, 知れ自分を知れ, 知れ自然を知れ, 知れ苦しく寂しい心持が, 知れ茶家の指導, 知れ茶目なの, 知れ落人や追討ち, 知れ雲流涕し, 知れのひとしく, 知れもかれ, 知れ身のほどを死ぬ, 知れ身分を思え, 知れは明か, 知れ重い罪に, 知れ面白く感じた, 知れり試みるに