青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「知る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~知らぬ 知らぬ~ ~知られ 知られ~ ~知らん 知らん~ ~知り 知り~ ~知りません ~知る
知る~
~知れ 知れ~ ~知れた 知れた~ ~知れない 知れない~ ~知れぬ 知れぬ~ ~知れません 知れません~

「知る~」 8328, 90ppm, 1235位

▼ 知ること~ (1591, 19.1%)

123 が出来る 98 が出来た 93 ができる 70 が出 63 ができた 59 が出来ない 42 ができない 32 ができなかった 25 が出来なかった, である 24 のできない 22 が出来よう 18 はできない 17 の出来ない 15 ができません, は出来ない 14 が出来, が出来ました, を得た 13 ができました, ができます 11 が必要, は出来なかった 10 が出来るだろう, は困難 9 ができぬ, が出来ぬ, では, を得べし 8 が出来ず, になる, の出来る, はできなかった 7 を得, を得ない, を得る 6 が出来ます, が出来るであろう, に於, の出

5 [13件] ができ, ができませんでした, ができよう, が出来たら, だ, であった, です, なし, にある, になった, にもなる, は出, は出来ぬ

4 が出来なかつた, が大切, のできる, はできぬ, はできません, を許され

3 [22件] あるか, ができなかつた, ができれ, がない, がまた, が困難, が肝要, なくし, なしに, によつて, に非常, のできなかった, のできぬ, はできる, は不可能, は容易, は幸福, は必要, もできなかった, を得ぬ, を要する, 書くこと

2 [52件] あらん, あるは, か, ができたでしょう, ができたら, ができましょう, ができるであらう, ができるであろう, がむつかしい, が不可能, が先決問題, が出来たなら, が出来なく, が出来ません, が出来るでしょう, が出来れ, が多い, が大事, が容易, が文学, が時計, が第, でありその, であるから, であるが, ですが, なきか, なしには, なり, になつ, になり, には責任, のできた, の出来た, の出来なかった, の出来ぬ, の方, の欲求, の特殊, の遅かっ, はむつかしい, はやがて, はドイツ文学, は出来, は彼, は私, もできない, もない, も出来る, も必要, を得たる, を目的

1 [368件] あたかも盲人, あたわざるゆえん, あたわざる以上, あたわず, ありと, ありや, あると, あるなり, いと大いなる, およそ汝, かのフルヰア, から見る, から起こり, か出来る, が, がありません, があるだらう, がおそ, がこの, がさ, がさらに一段と, がすく, ができず, ができただろう, ができたであろう, ができたなら, ができないらしくあります, ができなかったであろう, ができなけれ, ができるだろう, ができるらしくあります, がどんなに, がまず, がよろしかろ, が一番大事, が一番近道, が今日, が体得, が何, が何事, が元来学問, が出来ないだろう, が出来ぬであらう, が出来ましょう, が出来ませぬ, が出来ませんでした, が出来るであらう, が出来るらしい, が女, が女房, が少い, が少なかっ, が必須, が愛する, が我々, が我等, が所謂国民代表, が是非, が時々, が最上, が最近, が望ましく, が欠くべからざる, が次, が浅い, が深けれ, が現在, が生み, が直ちに, が眼目, が私, が科学的, が結局, が肝腎, が言わば, が認める, が誰, が重大, が難い, が非常, さえある, さえなく, さえも少し, さえ出来ない, さらに深き, じゃ, じや, すら今, すら出, すら出来なかった, その野暮さ, だけ, だけで, だった, だったという, だと, だという, だよ, だらう, で, であ, ですわ, でない, でなく自己, でなく自覚的, でなければ, でも, で睡ること, と, とだけである, と彼自身, と心得, と行う, なきとを, なきや, なくそれ, なくただ, なく出荷, なく地府, なしと, などは津右衛門, など出来る, なの, ならず, なれども, なん, にいつも, においては土, においては決して, においてもたいてい, にかけては敵, にし, にしよう, にちがい, にのみ努める, にはならぬ, によって, によってあまりに, によっていっそう, によってさえ私, によってそれ, によってはっきり, によって一念三千, によって何人, によって作ったであろう, によって働く, によって始め, によって彼, によって或は, によって日本, によって次々, によって正義, によって現在, によって理想的人間, によって生まれる, によって益々, によって神, によって自己, によつてさ, によつて逆, により歴史, に努めた, に努力, に即し, に同志, に向う, に注意, に興味, に達しよう, に限り, に鼻, のあまりに, のない, のなかつた, のほう, のみに焦心, のも少し, のよしあし, の一部分, の出来ない充ち足った, の喜び, の困難, の多い, の妨げ, の小, の少い, の少ない, の後れた, の恐ろし, の日, の早い, の晩, の浅い, の浅く, の深い, の疎, の聡明, の遅れた, は, はあたかも, はありません, はこの, はこれから, はすぐれた, はそして, はそんなに, はだが, はちょッ, はできた, はできないで, はできないでしょう, はできなかつた, はできました, はできます, はできませぬ, はとにかく, はない, はなかなかたいへん, はなはだ易から, はほとんど, はむずかしい, は一つ, は人生, は今, は今後, は今日, は仏教, は仏教研究, は何人, は作品, は信吉, は傲慢, は元, は元来貴族, は六ヶ, は具体的, は出来ませんでした, は出来るだろう, は出来るでありましょう, は可能, は同, は埃, は変, は多少, は大切, は好まなかつた, は如何に, は娘, は幸, は得ない, は恐らく, は懺悔, は戦ひ, は最上, は案外, は極, は極めて, は正史, は歴史, は無理, は甚だよろしく, は相成らぬ, は知らない, は神道, は美しい, は職務上, は能, は自ら, は自分たち, は舞台, は英国, は英米人, は行なわん, は誰, は選択, は鑑賞, は難い, は青春, ほど人間, ますます鋭く, まるで見, も, もできなかつた, もできます, もできません, もなく, もなく終っただろう, もなし, もはやく, もますます, もまた, もや, も三国志, も不幸, も亦, も先ず, も出来なかった, も大切, も実に, も極めて, も永久, も知っ, も確, も稀, も結構, わがごとくなりし, をえた, をえなかった, をえむ, をその, を主, を予想, を何より, を努める, を好む, を妨げる, を希望, を得ざれ, を得ず, を得たりき, を得なかつた, を得べき, を得べく, を得ました, を得ませな, を得られよう, を得るなり, を得ん, を急ぐ, を欲, を求める, を狙, を目指す, を知り, を要しない, を要せず, を要求, を許さない, を許さなかった, を許されね, を許し給うた, を誨えんか, を貴ぶ, を述べ, を過重, を重んずる, を顧みない, 何ぞ遅, 全からず, 即ちこの, 即ち結果, 厚き文楽, 多ければ, 少くいかにも, 斯くの, 最も深かっ, 最も膚, 浅く無理, 深かりし, 漸く深く, 甚だうとい, 知ること, 能わずで彼, 能わず何と, 能わず未来際, 足らざるせい, 足らざるせゐであること, 難からず

▼ 知る~ (733, 8.8%)

18 彼は 10 私は 7 云ふ 6 いえども 5 すぐに, 急に, 知らざるとに 4 さすがに, 彼女は, 知らぬに, 美奈子は 3 いふが, こんどは, それを, たいへんに, 云う事, 同じよう, 急いで, 知らざるとを, 私の, 驚きの

2 [41件] いうが, いったが, お前は, すぐお前, そっと席, その少年, そんな突然, ふ言, ほとんど唐突, まだフラ, 一緒に, 之に, 云うこと, 云ふこ, 今度は, 何か, 俄かに, 信玄は, 同時に, 同時にこれ, 同時にまた, 同時に彼, 夫人は, 寧ろ次第に私, 彼の, 彼らは, 彼を, 彼等は, 微妙な, 源氏は, 潔く自首, 申します, 直ぐ先輩, 眼を, 知らざるの, 知らないに, 自分の, 自分も, 自若として, 興奮し, 豹一は

1 [549件 抜粋] あさましいこと, あの鳥, あまりの, あらかじめ定め, あらためて腰, ある, あわれむ如くこう, あッとばかりに, いう, いうに, いうには, いうべきであろう, いうべきでさすが, いうべく今, いきなり網戸, いささか驚い, いっしょに, いっそうしばしばやって来た, いっそう速度, いっても, いつかの, いつそ, いつのまにか日本, いつの間にかそうした, いつの間にか屋根, いふと, いふよりも, いふ書焚ける, いへども, いまは, いよいよ最後, いわれた, いわれて, うれしくって, おそろしさ, おどり起って, お千絵, お関, かいた所, かいて, かえっておじけづい, かっとなっ, かっとなった, かねて, かね子さんが, かれら, ぎくと, こちらを, このうえ, この劇, この博士, この反り鼻, この洞窟, こまどりは, これは, これまで, これややもすれば, ごろんと, ご主人, さすがの, さっそく手配, さっそく料理人, さらにいい知れない, さらに植物, しずかに, した信仰, して, しまったと, すぐさまポケット, すぐさま捜査, すぐさま消防署, すぐ保土ヶ谷, すぐ寝所, すぐ徹男, すぐ玄徳, すぐ部隊, すぐ防禦, すれば, ぜひとも同様, そしてその, そのま, そのわずか, その一点, その人事務所, その大小, その時, その時佐古, その若い, その變, その邸, それでも中止, それに, それまでの, それも, そんな風, たいへん愕, ただすまなく思っ, ただ一騎, だしぬけに, だまされた気, だまつて手に, ついその, では途中, とたんに総立ち, どうせそんな, どうも面白く, どこまでも, どんなにそれ, どんなに狡く, どんな点, なおその, なかなかその, なし知らざる, なぜとも, なると, なんとなく自分ら, にわかに下鳥羽, にわかに陽気, はじめて自分, はじめ私は, はっとして, ひとまず房枝, ひと言, ひどい返報, ひどくびっくり, ひどく不安, ひどく舌打ち, ふたたび取って返し, ふりかえりざま, ほっとした, ほととぎすは, まことに言いよう, ます, ますますレヴィー・クール, またコッソリ水口, また再び, また群衆, まつし, まもなくガタピシ, まを, まッ, みなばたばた, みんな見物する, むしろ不憫, もうかれの, もうどうにもさびしく, もう疑いよう, もう驚かなかった, やがて妥協, やがて立去った, やっぱり安心, やつと, やにわに起っ, やはり道江, ゆき子は, ようやく安心, よく自身愛用, よく言った, よしッ, らんぼうにも, アンリの, イングンは, オツネは, ステッキの, ゾッとしない, ドイツ語で, バラ, フョードル・パーヴロヴィッチに対する, ホッと, ライプチッヒ大学の, ルーダオは, ロシアの, ヴィルジリオに, 一人だけ, 一太刀も, 一層胸, 一度は, 一斉に, 一昨日の, 一種言ふ, 一驚を, 三少年は, 上眼を, 下の, 不思議に, 不満を, 世の中の, 中には, 中国高松城の, 二人の, 二人は, 云いあわせたよう, 云う, 云う字, 云つた, 云つてゐる, 人々は, 人びとは, 今日を, 仲間の, 何かと門前, 何んだ, 何故とも, 例の, 俄に, 俄然邪, 信長は, 傍へ, 僅かな, 僕は, 光春は, 全く珍しく, 八五郎を, 八卦見は, 共にこれ, 共に多く, 共に奥, 共に小さな, 其処に, 典膳は, 内職の, 再び慇懃, 再び訊ねよう, 出鼻を, 初めの, 力ずくに, 労働を, 勿論予想, 北山は, 十七八の, 厳格な, 又八は, 又翌日, 反つて私, 収蔵品の, 叔孫は, 叔母の, 口もとに, 口を, 同情し, 同時にその, 同時にそれ, 同時にたちまち周囲, 同時になぜ自分, 同時にもうそれ, 同時にもっと悪い, 同時にストライキ, 同時に他日, 同時に信長, 同時に初めて占星術, 同時に哀れ, 同時に国家, 同時に変じ, 同時に外国, 同時に子, 同時に己, 同時に強いて覆い隠そう, 同時に彼はか, 同時に彼女, 同時に恋愛, 同時に戦国, 同時に死, 同時に毒, 同時に汗, 同時に犬, 同時に競争者, 同時に第, 同時に自分, 同時に隠しよう, 同時に難波, 同様に, 君臣の, 否とに, 周囲の, 周章し, 咄嗟の, 善良な, 喉に, 喜んだと, 嚇怒し, 困って, 執事の, 堪らなくもどかしかっ, 大よろこび, 大地から, 大変に, 大尉は, 大急ぎで, 大挙し, 大風な, 夫人を, 女の, 女は, 妙な, 妻は, 始めて安心, 嬉しさ, 子供は, 子供達を, 学校じゅうは, 孫兵衛は, 安堵の, 家康は, 寂しい, 密林の, 将来においては, 将監は, 小百合つむ, 少し窘め, 少女たちの, 少女は, 少年の, 居ても, 屋根の, 工場の, 左近は, 己の, 帝は, 平太郎の, 平手造酒は, 平生から, 幸右衛門は, 幾は, 庭木戸から, 張飛は, 張魯の, 彼に, 彼れ, 彼をも, 彼女の, 彼女も, 彼女達は, 後醍醐は, 得だ, 心に, 必ず少年, 忽ち彼, 忽ち組, 思い切り詰らな, 思う, 思わず, 思わず歓呼, 恐ろしい後ろ, 恐怖に対する, 情けない, 意外とした, 愕然として, 愛には, 慄然と, 態度を, 懐中から, 懸命に, 我先き, 手ずからくるくると, 手を, 文代さんと, 断腸の, 斯う云っ, 新之助は, 新子の, 日本の, 明らかに, 昔の, 時々お, 曰くさきに, 書物を, 最後の, 本能的に, 林は, 果然その, 栄三郎も, 根柢的な, 桂少年は, 極度の, 機嫌を, 次には, 次の, 歎美せし, 此処でも, 死にもの狂い, 残念で, 毎晩家事が, 氏は, 江戸の, 江戸中の, 法水は, 流し目に, 消されると, 渓谷そのまま, 温泉が, 満足し居る, 満足らしく肯い, 火を, 無数の, 無言で, 熟睡の, 爺は, 特別に, 猫は, 生れて, 申すたとえ, 男は, 痛切に, 白痴の, 皆ほっと, 皆一つ所に, 直ちに兵, 直にいさぎよく, 直吉は, 真剣な, 眼の, 知らざると, 知らざるとによりて, 知らざるとを通じて, 知らずに, 知らぬとに, 石ころの, 秋子は, 種狐の, 穏やかな, 竈の, 立って, 竜一が, 竜之, 答う, 答えた, 結局また, 続くの, 綾衣は, 繁みを, 罠に, 美和子は, 群衆は, 義仲は, 老いたりと, 老母は, 考えたの, 考えるかかる, 聞くされば, 胸が, 脇差を, 腹立たしげ, 自分から, 自分で, 色を, 芋の, 花は, 苅安の, 若殿の, 莞爾として, 葉子の, 葉子は, 蒼くなっ, 蘇ったよう, 蘇つたやうに, 行家は, 街に, 袁譚も, 被告の, 裏切られたよう, 裳を, 見ないふり, 覚悟を, 親爺は, 言う, 言ったの, 言ったので, 言って, 言つてある, 言ふ, 言へ, 言われた事, 誰かに, 謂うか, 識らざるとを, 責任を, 跫音を, 身も, 軽部に, 辛抱が, 遠廻しながら, 部屋から, 酸漿の, 鉄道会社に, 長谷戸検事は, 限り無い, 隠居は, 雖こ, 雖も, 雖所謂高蹈的思想なる, 青年は, 静かに, 非常に, 面白がる, 面窶れした, 顔が, 顔の, 飛び出して, 驚きおそれました, 龍造寺主計は

▼ 知るもの~ (433, 5.2%)

4718 はない 11 ですか 9 がない, がなかっ, はなかっ 7 なし 6 はありません, もない 5 かね 4 では, はただ 3 がありません, が無い, ぞ, と知られる, なり, なれば, はありませんでした, はないだろう, は誰, 知る作用

2 [27件] あらむや, あらんや, かネ, か狸狩り, があろう, がだれ, がなかつた, が無, であった, である, としては私, なかりしが, なきに, にし, のため, の為, は, はあるまい, はお, はかうした, はなく, はほとんど, はまた, は彼, は必ず, は我我人間, は此

1 [214件] あらば, ありと, あるいは字, あるなし, かい, かい俺, かきちょうめん, かと云わぬ, かと張, かと返事, かねそんな, かね君, かの者, からわたし, から昨日, か今日, か今日釣, か僕, か千里眼, か小夜菊, か恋, か恐竜, か惡, か戀, か死んだ, か狐, か若党ばら, か鎌, か離せ, があまり, がいる, がその, がなく, がなんで, が始めて, が容疑, が少い, が少ない, が無かっ, が稀有, が自分, けえ, すらなき, ぞ松澤, ぞ知るで, だ, だった, でなければ, でも, でもあった, で予, で平次, で萬一敢, といえる, とが区別, とてなか, とてなく, とはいえない, とはならず, と合一, と哀れ, と知らざる, と覚しく, と言, なからん, なかるべし, なき也, なくし, なくまして, なく一般民, なけれど, なしと, なしまして, ならず, ならず人, ならず義務, ならと, ならば, ならん, なりき, なりたとえ, なりと, なり精神, に, にあらず, について研究, にとっては, にとってはこれ, にとってはこれら, にとっては何, にとつ, にはあの, にはこれ, には何時, には死後, には総じて, にもあらざりしか, に取, に外, に山客, に相違, のごと, のみが経験, のみに面白く, のやう, の何人, の家秋, の恐れ, の様, の警告, の間, の霊, はあながち, はあまり, はごく, はございませぬ, はございません, はそういう, はその, はそれ天, はそれ自身, はたとえ, はだれ, はなに, はなはだ少なし, ははなはだ, はもしか, はやがて, はわたし, はイタリア, は一篇, は上, は之, は予ただ一人, は人, は人生, は人間, は今, は伊勢音頭, は何たる, は何人, は俊傑, は勢い, は北辺, は古い, は同じ, は君, は君ら, は吾輩, は和女, は唯, は噂, は多く, は実は, は察, は対象, は少, は少なかっ, は岸本一人, は常に, は平一郎, は強い, は形, は心, は必ずや, は必ら, は恐らくは, は悉く, は意識, は戦場, は故郷, は既に, は時空, は有りません, は極めて, は歴史家, は無, は無かっ, は無し, は猥, は甚少数, は百姓以外, は真, は知つて, は神, は私共二人きり, は私自身, は稀, は童話, は絶海, は罪, は船, は言わず, は道庵先生, は風, は騒がず, は骨董, もありませんでした, もなかっ, もねえだ, も喩, も無き, も知られる, よ, よトニオ・クレエゲルさん, を, を備え, を常に, を挙れ, 多し依, 真に, 絶えて, 絶てなき状態, 絶て無し

▼ 知る~ (328, 3.9%)

23 及んで 16 足る 12 由なし 10 足るべし 7 足らん 6 よしなし, 由ない 5 至った, 至ったの 4 至って, 至つた, 至る, 至れば, 足らむ, 足るの, 足るもの, 足ろう, 難からず 3 およんで, ちがいない, つけて, 充分である, 由なく, 苦しむ

2 [17件] いたる, つけても, よしなけれど, 便なる, 及で, 及ばざるもの, 必要な, 於て, 由も, 至りました, 至るであろう, 苦しむの, 苦しんだ, 苦ん, 足りよう, 足るべきもの, 難からじ

1 [150件] あらざる也, あらざれば, あらず尊公, あらず感じて, あり, あると, あるのみ, いたった, いたらずあるいは, いたらむ, いたるこれ時, いたれる高き, おとらじ, およびいよいよ, かなりの, きまって, すぎない, すぎないやう, せよそれ, とどまるの, どれだけの, はかれの, ふびんや, まかせて, またなくおもしろい, よい証拠, よしないもの, よしなきこと, よしなき甘さ, よしなく紹介, 任せて, 似たり, 余りあらん, 余りある, 便利で, 便宜な, 充分だ, 充分であった, 充分な, 到って, 到らなかった国民, 努めたかは, 十分である, 及ばない, 及ばなかつたから, 及びて, 及び彼, 及ぶと, 及んだ一八五七年版バークレイ, 及んでからは, 困んだ, 好都合とか, 如かず意義, 宜しいから, 尤も便利, 屈強の, 左程, 当って, 当今流布の, 当惑しない, 役立つ報道, 從ひ, 必要である, 惑いました, 最もよき, 最も便, 最も便利, 最も必要, 最も有力, 最も適格, 最も都合, 止まらず写真, 止めず更に, 比較的都合, 特別の, 由ありません, 由し, 由な, 由なかっ, 由なかりし, 由なき, 由は, 由り通り, 由無き也, 由無し, 由無しと, 相違ない, 私は, 終る, 至った端緒, 至っては, 至つたのである, 至つた始末で, 至つてもう, 至つて早く, 至つて次第に, 至らしめない原因, 至らん, 至りましたが, 至りようやく, 至り自分, 至り裸躰, 至るでしょう, 至るに, 至る経路, 至れり, 至れるならざる, 至難な, 致った, 苦しまざるを, 苦しみし旨, 苦しみました, 苦しみ返書, 苦しむが, 苦しむこと, 苦しむであろう, 苦しむなり, 苦しむね, 苦しむ者, 苦しんだり, 苦しんで, 苦まず, 苦み神に, 苦むか, 苦むと云ふ, 苦むなどと, 苦めるなりき, 訂正した, 賢明であった, 足らう, 足らないから, 足らん大, 足りないもの, 足るかと, 足ると, 足るべき, 足るべきを以て, 足るべく土器使用者, 足る手がかり, 足れり, 足れり戦争, 近いの, 近からむなり, 近しと, 過ぎざるなり, 過ぎず, 過ぎません, 過るに, 随って, 難くないであろう

▼ 知るところ~ (326, 3.9%)

46 である 17 がない 15 ではない, なり 11 がなかっ 9 となっ 7 だ, であるが, でない 6 となり, ならん 5 であろう, です, によれ, のもの, はない 4 でないが, ではなかっ, なるが 3 がなかつた, が無い, となった, なし, にあらず, にし, のない

2 [12件] があった, だった, であった, であって, でなかった, ではありません, なきを, なれば, に非, はなかっ, もない, もなかっ

1 [98件] あらずと, ありて, いづこ, からし, からやがて, から彼, から発足, から誰, がありません, がなく, が多い, が多かっ, が少なかっ, が無, たり永楽帝, だが, だけを物語る, だろうと, であらう, であります, でありません, であり其角, であるから, である如何, でございましょうや, でございません, ですが, ですわね, でないと, では, ではありませんでした, ではこれら, ではござりますまい, ではそ, ではなかつた, では一九一〇年ごろ, では光君, では太陽, では尊氏, では明治八年, では無い, では雇い, では鶴菜どの, でもなし, でも呂宋兵衛, で一八八六年板ドシャンプル, で以前, で嗅覚, で小田城中, で機嫌, で私, となったら, となつ, となつて, となれ, とはいえ, とははなはだ, と成った, なくその, なくよろこび, なく空しくあの, なし犬, なりかく, なるを, なれど, にあらざるなり, にあらざれ, にあらずです, によらずし, に依れ, に就, に真, のごとし, の多かっ, の寒月氏, の思想, の悲しむべき, の術, の観察力, の近代, はただ, はなかつた, はなはだ少ない, は凡食, は少し, は広く, は我, は無かったろう, は皆無, は知り尽し, また自ら経験, まで文学的, をのべよ, を取り, を基, を述べよ, を駆使, 多くしかも

▼ 知る~ (321, 3.9%)

20 はない 14 はなかっ 10 がない 8 がなかっ 7 がなかつた, のため, もない 6 はなく, は誰 4 ならば, に非, のある, の為, は無い, もなかっ 3 が無い, だった, のない, はいない, はございません, は言わず

2 [22件] ありや, がなく, なし, にとってはそれ, にとつて, は, はありません, はあるまい, はいなかった, はこの, はこれ, はしばしば, はなかつた, は决, は勝つ, は孤児, は決して, は私, もあるまい, もなく, 無し, 絶えて

1 [150件] あらず, あらず文化己巳來航和蘭人ヤンコツクブロムホフ其國語, あらば, からは内容価値, がありません, がいなかった, がいわゆる, がよん, が少かっ, が幾人, が無かっ, が皆遺憾, が自分ひとり, すら無い, ぞ, ぞ知る, ただ故人, だ, だし, であった, でありまた, でなければ, といえ, として一同, として絶好, として証人, とてもなかつた, とてもなく, と云うべく, と思い, なかった, なかりしと, なかりし由, なきを, なき秘密, なくその, なく説く, なく龍華寺, なしとの, なし只心當, なら彼, なり, なれば, にあらず, にし, にとってこの, にとっては古橋, にとび出され, にはさほど, にはそれ, にはなつかしい, にも亦, に与えられた, に外部, に聞く, に面, に類す, のなかっ, の処, の十指, の強味, の恐れ, の手, の爲, の眼, の絶讃, はあなた, はいっさい, はいるか, はお, はことごとく, はございませんです, はござりません, はそれ惟, はただ, はつまらない, はどうしても, はなかったろう, はなき, はみな張, はやはり, はやんごとなき, はわれ一人, は一人, は世に, は今後, は今船, は信玄, は准后, は動い, は千代, は又, は君, は天, は天下, は天才, は太陽, は富めり, は富者, は少な, は少なから, は少なかろ, は幸い, は広い, は思うであろう, は敵, は新, は日本, は時世, は有りません, は有るまい, は望み, は正成以外, は殆ど, は毫も, は水, は滅多, は無, は無理, は牧, は直ちに, は真理, は知つて, は稀, は絶え, は自分以外, は親, は誰一人, は調理人, は貴人, は賢者, ば極めて, ほとんどこれ, ほどこの, ほど自, もあらず, もありますまい, もありません, もそれ, もなかろう, もねえ, もまた, も多く, も少い, も民族的教養, も知らない, 多くこれ, 必ずしも徳行, 無く爾, 無く読書階級

▼ 知る~ (285, 3.4%)

62 である 10 であった 8 では 7 だ, です 5 であります, であるか 3 だった, 明ある, 願ひ

2 [12件] が第, が肝腎, であろう, はいい, はそれ, はやっぱり, は実に, も日本人, 便宜を, 必ずしも不合理, 政治家なり, 木

1 [148件] か, かいつのまにか, かぬかるみ, が, がうれしかっ, がこの, がま, がむずかしい, が主, が即ち, が同時に, が困難, が大事, が大切, が当面, が心, が肝要, が肝要ぢゃ, が面白かっ, が食物問題, だから, だったが, であって, であるが, である夫, ですから, ですけれど, でない, とあまり, とはわけ, にだけ役立つ, には, にはちょうど, にはもう, には充分, には最も, には都合, に使う, に努めた, に参考, に面白い, は, はあなた, はいろ, はいろいろ, はこの上ない, はさ, はなかなか, はむずかしく, はよい, はオヤヂ, は一向, は不可能, は二階二間, は何学問, は全く, は其処, は利巧者, は困難, は大抵, は天文学者, は容易, は寝床, は山崎, は年, は彼, は彼等, は悲惨, は更に, は本当, は極, は極めて, は此神語, は比較的, は無作法, は生涯, は私, は結構, は自分, は至極, は興味深い, は誠に, は誰, は諸君, は重要, ほかは, ほか凡夫な, もそう, もよかろ, も今, も厭わしい, も女, も浅から, も面白かっ, をおそれた, をむしろ, をもって教育, を得意, を怕ろ, を法令, を私, 一助たるべし, 人でした, 他は, 体験でなけれ, 便あり, 便なし, 便を, 便宜に, 俊傑が, 俊傑たるに, 光と, 分別が, 別ある, 力を, 忠臣と, 意で, 意に, 政治家なりき, 方便を, 明, 明を, 明無からん, 智あり, 智ある, 最もなる, 機会は, 機会を, 機會と, 武士いづくんぞ, 法あり, 物識りであった, 王臣と, 知らぬの, 知己でした, 第一変化, 経験あるなり, 結果であっ, 要を, 譬え, 趣意なり, 道なき, 道を, 道理皆な, 難きを, 額の, 額を, 類を

▼ 知る~ (258, 3.1%)

19 ぞ知る 10 もなし 8 は知っ 6 は知る, もなき 5 もない, もなく 4 のない, はない, は少い 3 が少い, だ, なし, の家, の許, はなかりき, は知つて, もなかっ, 少きも

2 [12件] がない, がり出しやりつ, が少ない, ぞ知るで, にはすぐ, の少ない, はこの, は甚だ, は知るであろう, も少い, 知らぬお方, 知る

1 [136件] あらば, あるまじ, かえ, か来, が, があっ, があった, があつ, があるだろう, があるまい, があろう, がきけ, がすけない, がなかっ, がほとんど, がみな, が会わない, が多く, が是, が来れ, が無かっ, きわめて少い, さえも少い, すらない, ぞ知るだ, ぞ知るである, ぞ知るであろう, だけが有力, だった, であった, である, であるから, でございました, でなくては, でなければ, でなければと, とてはない, とては一人, とはいえない, と知らない, なきも, なき心, にあえ, にし, にせん, には解り, にわれ, に会っ, に反, に対してはこけ, に慰藉, に案内, に逢つて, に連れられ, に顔, のあらざる, のある, のうち, のなくなる, の一人, の世, の世話, の心, の数, の有る, の為, の為め, の爲め, の眼, の訃音, の誰, は, はありますまい, はありません, はおそらく, はかならず, はさらに, はすくない, はそれ, はそんな, はな, はなかりし, はなく, はなし, ははなはだ, はほんとう, はよく, は京都, は噂, は変った, は多い, は實, は小説, は少ない, は必ず, は意外, は憶え, は政治, は文句, は時々, は極めて, は無い, は知ら, は知ろう, は稀, は絶えぬ, は色, は誰, ばかりは知っ, または肝, また天命, もあったでしょう, もあつ, もありません, もあろう, もがな, もございませぬ, もすく, もなくなっ, も亦, も多い, も多かろ, も少ない, も有りまする, も来ず, も無き, も知らじ, も知らぬ, も知る, も絶えてない, も逃がれ場所, や逍遥, をたずねし, 亡ぶと, 多し, 知ると

▼ 知る~ (181, 2.2%)

76 もない 26 もなかっ 24 もなく 11 もありません 8 がない 4 もなかつた 3 はなかっ, も無い 2 なけれど, なければ, なし, のない, はない, もなき, もなし

1 [12件] があつ, がありません, がなかっ, とてなかった, なく唯, はありません, はなかつた, もありませんや, もあろう, もございません, もなけれ, 記しクルック

▼ 知る~ (180, 2.2%)

23 が出来る 19 が出来た 10 が出 7 が出来ない, の出来ない 5 が出来ぬ 4 の出来る, は出来ない, は出来なかった 3 が出来なかった, が出来ました, が出来ます, が出来よう, の出, は出来ぬ 2 ができた, ができなかった, が出来, が出来ねえ, になる

1 [69件] ができない, がどれ, が不能, が何, が出来ず, が出来ただろう, が出来たなら, が出来たら, が出来ないで, が出来なかつた, が出来るでございましょう, が出来ん, が大切, が容易, が必要, が新しい, が深けれ, さえいや, さえ胸, だ, だが, だ天命, である, であるが, では, と考える, なくん, ならずと, ならずサ, ならね, なるべし, なん, において, になった, によって俳句, によって多く, に努めた, に大きな, に時間, に非, のできない, の出来ぬ, はある程度, はおぼつかない, はお前, はできぬ, は今, は何とも, は出, は出来まい, は出来ませぬ, は出来ません, は生れ, は知っ, は私共, もできない, も可能, も容易, を得た, を得ない, を得べく, を得べし, を得ました, を得ます, を歌人とわ, を発見, を知る, 最も難き, 能わざるなり

▼ 知る~ (176, 2.1%)

44 知らずや 1513 否や 5 南の 4 しらずや 3 如何に 2 不意に

1 [90件] あきらめの, いきなり彼, いきなり私, いさ汝, いよいよ浮き足, おのれが, お藤, ここで, ここにも, この不動尊汝, さるひ, すぐに, その根, どッ, なつかしき幻燈, ふたりとも, またすぐ, フランチェスコは, 一刻も, 一層活動, 下からは, 与兵衛は, 人を, 何ぞ言, 例の, 其処の, 名人のさえ, 名人は, 否, 否すぐ, 否やを, 否腰間, 周囲の, 夜寒の, 女は, 姿を, 宵の, 容易ならぬ, 宿の, 弘は, 忠義な, 忽ちにし, 急に, 恐れて, 悲鳴を, 愛宕山に, 慕ひよる, 慶次郎は, 敵の, 斧を, 旅ねの, 既に若葉, 日本左衛門は, 早くも, 早速藩廳, 春の, 暖き, 某大国, 梶せつ子, 極めて鋭く激しい, 死屍既に, 水晶の, 泰然自若として, 無我夢中に, 物をも, 男を, 直ちに奏し, 直ちに翁, 直様蓋近き, 知らめや, 禿龍洞の, 突如山, 突然見物人, 竊に, 翌朝暗い, 自動車を, 若き男, 莞爾として, 菊池阿蘇の, 虫よ, 識らず, 車を, 退屈男は, 遷を, 都は, 長浜の, 露骨に, 非情の, 駒井は, 黄忠は

▼ 知るため~ (166, 2.0%)

3 にそして

2 [14件] に, にしばらく, にその, には, にはこの, には何, にまず, にノート, に先ず, に必要, に想像力, に知る, に越路, また書く

1 [135件] だった, だったの, であった, であつ, である, であること, であるの, と思っ, にあたり, にあの, にいかに, にいつ, にかれ, にこの, にこの上ない, にこれから, にさっそく, にそうして, にと云われる, にね保險, にのみお前, にはあなた, にはある, にはこれ, にはさ, にはその, にはである, にはどうしてもいくぶん, にはどうしてもしばらく, にはほとんど, にはほとんど全く, にはまず, にはソヴェト同盟, にはボゴビ, にはラマ, には一種, には人々, には今後専門学者, には俳諧, には先ず, には単に, には却って予め, には古く, には古典, には吾, には国, には多く, には大いに, には大きく, には対抗上, には彼, には後者, には心意, には心臓, には必要, には我々, には是非, には最も, には本, には殆ど, には漢書, には無生物体, には現実, には田舎, には空間感覚, には菓物棚, には随分, にひと, にまた, にもこちら側, にもつ, にも明らか, にゆきました, にわざわざ, に下役, に事務室, に人類学こと, に今, に今日, に便利, に停車場, に初め, に同社秘蔵, に大抵, に室内, に寒暖計, に役, に彼, に必死, に我々, に或いは, に新田先生, に新聞, に旅, に既に, に昭和二十一年四月十日, に最も, に極めて, に正確, に歩いてる, に求められた, に海, に生みつけられ, に生物学, に百姓, に砂利, に私, に紙, に耳, に街頭, に読んだ, に講談社, に闕, に集会, に電話, に非常, に高輪, のみで, のもの, の一つ, の不気味, の何, の備忘録, の十分, の参考, の必要上, の最も, の本, の材料, の条件, の興味, の良書, の貴重, の道具, よりもむしろ

▼ 知る~ (136, 1.6%)

19 である 10 に非 9 がない, なり 5 ではない 3 なるべし, を以てすれ

2 [11件] がなかっ, じゃない, とならず, なきもの, ならね, なれば, にあらざる, にあらず, にし, に非ずし, に非らずし

1 [56件] あらざれども, か, がございません, その嘉永六年烈公, たり, だ, であつ, であらう, でありましょう, でありジエレミエー, でない, では, ではありませぬ, では一人, では此, では祖母, で今, となった, となつ, となり, なかりしが, なかりしなり, なく喜び, なく従っ, なし, ならざるべきを, ならん, なれど, なれども, にあらざるべし, にあらざれ, にてはその, には無, のあった, のなかっ, のもの, の一つ, の少ない, の最後, の殆, の無い, の畠中観斎, の神, の薬名, の雲母摺, はただ, はなかっ, は只, は吾, は甚だ, もあつ, もありません, もない, を以てせ, を以て推す, を挙

▼ 知るよう~ (133, 1.6%)

48 になった 12 になっ, に成った 10 になる 7 になり 3 になりました 2 にこの, にし

1 [37件] なさみしい, ななにか, なはめ, なもの, な事, な工夫, な思い, な愚劣, な本, な機会, な知らぬよう, にお伽話, にと伸子, にな, になったら, にならしめた, にテナルディエ, に二・二六事件, に今日, に価格, に元来哲学, に執権高時, に左右田喜一郎氏, に当時, に彼, に感じた, に成っ, に教育, に数学的自然科学, に文芸, に空想, に粉茶専用, に育っ, に自明, に行手, に資本主義社会, に近江

▼ 知るには~ (129, 1.5%)

2 これに, これらの, その文章, 何よりも, 知つてゐる, 迂遠の

1 [117件] あまりあるであろう, あまりにも, あまりに幼い, あまりに若い, お前から, かえって迷う, このきびしい, この女中づれではダメ, この語, その人, その基準波長, その基礎, その植物それぞれ, その野, その門戸, その頃, ただそれ, たった一, どうしても日本語, どうしても此, どれも, なにも, まずこの, まず異人, まず自然, また種々, まだあまりに遠い, むしろ両, もはや之, やはり上, やはり白骨谷, よい史料とい, よかった, よほどの, デパートが, 一つは, 一体どこ, 一冊の, 一流一派に, 一番便利だ, 一番調法な, 之に, 五輪書を, 人物を, 人相術について, 今少しく, 何から, 余りに天地, 余るもの, 併し, 儒教を, 充分である, 充分であろう, 先づ隋書經籍志新, 兎も, 別に方法, 前述の, 十勝原野を, 及ばざるなり, 味は, 哲學史に, 土器の, 地中に, 坪内逍遥と, 多少かの, 大変いい, 大變貴重, 天体観測に, 天皇陛下の, 孔子を, 學問を, 小楊子, 少くとも, 履歴書を, 幾秒かの, 廻り道, 役だったが, 役に立たず種彦, 彼が, 彼の, 彼らは, 御陵が, 徳を, 必ずしも, 恋する男女, 或る, 按摩を, 捕虜と, 日本國現在書目を, 春山の, 是非とも, 最便, 最初に, 極めて便利, 橋を, 欲望曲線を, 此方が, 歴史を, 水天宮の, 直射光線に, 知って, 知らうと, 知る作用, 知ろうと, 神奈川条約の, 科学だけを, 経済学辞典, 自分は, 良いレコード, 良い書, 蘭軒に, 西學凡に, 誠に便宜, 速水滉先生の, 適切な, 郡の, 銀貨へ

▼ 知る~ (109, 1.3%)

37 からず 317 からざる 4 きのみ 2 きである, き所, く, し且閣下

1 [22件] からずである, きなり, きのみと, きの道に, きほど, きものとを, きを, きを以て, き也, き事, き道, くして, く實, く必然的, く為, く霹靂神祭, しその, しである, し之, し笑う者, し筆, し高級神話

▼ 知るという~ (102, 1.2%)

19 ことは 9 ことが 6 のは 5 ことも 3 ことと, ことを 2 ことで, ことであり, のも

1 [51件] ことぐらい, ことだった, ことであります, ことである, ことです, ことに, ことにおいて, ことの, ことのみを, ことまたは, ことよりも, ときしろ, ときわれは, ので, ふうで, ものである, ものであろう, ものは, やり方は, ような, わけです, 世の中に, 事か, 事です, 事に, 事について, 事は, 事も, 以上人間が, 使命を, 便利が, 働きが, 哲学者の, 場合知る, 奴じゃ, 姑そんな, 方で, 方法である, 時既に, 機会も, 段取りかも, 理性の, 結論に, 自覚の, 落付きが, 要素が, 言葉を, 話が, 都の, 順序は, 顔で

▼ 知る~ (95, 1.1%)

7 得べし 4 えむ, 得るなり, 得ん 3 うべし, 得ず, 要す 2 得た, 得たるは, 得なかったが, 得ば, 得んや

1 [57件] いう, いふ, うるなり, えざりき, えざりしも, えざるなり, えざる事物, えざれば, えじ, えず否, えたり, えたる事, えぬが, えむされど, えんされば, ねがふあまりに, ねがふこれら, みなの, 勧むるにあらず足らざる, 喜びとせざることあらじ, 専一と, 得, 得ざるが, 得ざるところ, 得しかば, 得たり, 得たるなれ当時, 得た継母, 得つ彼等, 得ない, 得ぬ, 得べきなり, 得べくあるいは, 得べく幾分, 得べけれど, 得べければ, 得ました, 得るなるが, 得るなれ, 得るに, 得る事, 得んか, 得んその, 得可し, 最希ふさ, 望むべけれど, 期す, 求むすべて自然, 求むるの, 求めしむれば, 無意識中の, 聞きゐたれば, 表示す, 要せざる也, 要せぬ且, 非凡の, 願ふこ

▼ 知るよし~ (93, 1.1%)

36 もない 28 もなかっ 8 もなく 5 もありません, もなし 2 はない, 無けれど 1 あらざりき, はありません, もありませな, もあるまい, もござりませなん, も無かっ, 候わず

▼ 知る限り~ (91, 1.1%)

7 に於 5 の事, の物語り 3 ではない 2 で, でない, では, ではヴァレリイ, では彼ら, に於い, のこと

1 [57件] この必要条件, たいてい小学生程度, だが, での最も, ではいくつ, ではこの, ではその, ではた, ではただ, では二人, では京都府内, では伝統, では先島諸島, では刑法学者, では加治蛭川, では古く, では国, では国家, では地上, では壱岐島, では天狗, では岩波, では彼等, では心理学, では文科時代, では日本, では時々, では田舎, では空前絶後, では隠し, でも二ツ, でも昨夜, でも父親, でも病, な郷土人士, においてすこし, においてはまた, においては同じ, においては西洋, においても簀の子, においてドイツ人, においてモンテ・カアロ, において彼, において最良, の, の唱歌, の彼女, の新聞記者, の消息, の知友, の知識, の迷惑, の酒客, は何, まだそうした, を教える, 少なくも十分

▼ 知る~ (84, 1.0%)

7 いい 4 よい 3 いいよ 2 ごとく知らぬが, ゆえなり, ゆえに自由, 否や, 故である, 故にそれ, 故に我輩

1 [56件] ある, いいの, いいや, ええ, かなしき, かの地, ごときは, ごとく信玄, ごとく築堤, さいご, その時, それは, ためである, ためには, だれも, ゆえにたとえ, ゆえに年, ゆえに疑う, ゆえに論ずる, ゆえに豊か, ゆゑに, ゆゑにわが答へは, よいこれ, 一つ, 今日の, 先にて, 南アフリカの, 合掌し, 天子を, 女性には, 如き場合, 如き痴狂児, 如くである, 如くに, 如く亀戸村, 如く大の, 如く幽斎細川藤孝, 如く彼等, 宜い, 故, 故にひろく, 故にまず, 故に人, 故に今, 故に力むる, 故に常に, 故に彼, 故に情, 故に愛, 故に罪惡過失, 故に自分, 故又, 早いか, 為なら, 爲めに, 習い況して

▼ 知る必要~ (83, 1.0%)

31 がある 9 もない 5 はない 3 があった, があり, がない 2 がありましょう, のない, もある

1 [23件] あること, から時分, があつ, がありました, があります, がありません, があろう, がで, が出, が起こった, のなかっ, はありません, はなかつた, もあるまい, もあれ, もあろう, もなかつた, もなくなった, も無い, より類書類, をほんとう, を感じない, を感じなかった

▼ 知る~ (71, 0.9%)

15 がない 10 のない 8 もなく 7 はない 5 もない 4 が無い 3 はなかつた, はなく 2 なし

1 [14件] がなかっ, がなかつた, がなく, がねえ, が無, じやあ, なけれど, なりといへるなり, はありませぬ, はございません, はなかっ, は無い, もなかっ, を誰

▼ 知るもん~ (59, 0.7%)

2715 ですか 5 かね 3 かい 1 かおらッ, かおれ, かさ, かそんな, かという京吉, かと彼, かヨ, で, でない

▼ 知る通り~ (58, 0.7%)

34 である 43 だが, であるが 2 最も貴重

1 [12件] この騒動, だから, であり確か, であるけれども, である本年, で政変ごと, なん, 其の後, 大きな工業地, 大部分, 恐ろしく忙しいからだ, 現幽

▼ 知る~ (56, 0.7%)

2 た, 堤の, 親に, 難から

1 [48件] けだし我, これらの, すべての, ともに性, ど興味, みな心の, 世に所謂国粋論者, 二人の, 今日が, 今日に, 他の, 信仰に, 兵家の, 勿論馬島, 単に耳, 取りも, 名将の, 唯り, 唯稍其常, 固より, 基督なり, 大いなる幸, 大馬鹿, 天下国家を, 夫のみ, 妻ばかりという, 嬉しいが, 嬉しくも, 家の, 将たる者, 幾何学の, 必勝の, 怪しけれど, 我れ, 戦って, 戦に, 易くし, 沈む春日, 独り彼のみ, 百戦し, 知らずの, 稀にて, 稀れなり, 血気身に, 行なうの, 逍遙子が, 道理の, 難くし

▼ 知る~ (51, 0.6%)

21 知らぬも 6 ンか 2 知らざるも, 知らないも, 知らんも

1 [18件] い, なんの, 世の, 何やら物珍, 入る月, 公等を, 其方法甚だ, 呉の, 宗教そのものを, 御樣子, 斬りすてても, 梁の, 猶ほ, 目に, 知らざるが, 第三大, 蕨を, 識らぬ

▼ 知る~ (43, 0.5%)

4 に於 3 に最も 2 に役立つ, に有益

1 [32件] からも興味, からも非常, で面白かろ, に, にいかに, においてあなた, においてこれ, において既に, について参考, にはこの, にははるか, には大切, には少し, には幸ひで, には最適, にむだ, にも唯一, にも甚だ, にも登山, によほど, に必要, に於い, に極めて, に深み, に直接, に興味, に解, に貴重, に非常, に須要, は尚, は黙し

▼ 知ると共に~ (40, 0.5%)

2 深く正義, 移して, 自らある

1 [34件] あの時代, うら若い時, ここも, この人, べつにまた, 一家内の, 主君と, 乳母が, 以前に, 卑彌呼が, 君江に対しては, 吾人は, 奥千丈なる, 女史が, 実在を, 屈辱を, 山頂と, 常と, 日夜小さき, 時の, 朋友の, 武士の, 活社会に, 益, 直に彼, 絶対無限なる, 自分は, 自己の, 苦心惨憺し, 蓄音機の, 謙遜と, 近づこうと, 近代ジヤーナリズムの, 駒井は

▼ 知るはず~ (39, 0.5%)

12 がない 6 はない 4 がなかっ 3 のない 2 はなかっ, もなかっ, もなく 1 があろう, だのに, なく山, なしと, なし得てして, はなし, はねえ, もない

▼ 知るのみ~ (37, 0.4%)

8 である 2 であった, であります, ならず侯

1 [23件] じゃ, だが, だらう, であ, であって, でいまだ, ですぞ, でなく, でなくその, では, でやがて, で丘陵程度, で其生歿年, で田山白雲, で直接蜀, ならずかく, ならずどうか, ならずまた, ならず世, ならず全, ならず古, なりき, 之を

▼ 知るわけ~ (29, 0.3%)

4 がない, はない 2 がなかつた, はござらぬ, もなかっ

1 [15件] がある, がござらぬ, である, であるが, ですね, では, にはいかない, にはいかなかった, にはいかぬ, に行かない, はあるまい, はねえ, は無い, もそれで, もない

▼ 知る機会~ (28, 0.3%)

2 がなかっ, に恵まれた

1 [24件] があったら, がある, がついなかった, がない, が多い, が多かっ, が多く, が非常, なきわたくし, なく過ぎた, にこと, にただ, にめぐまれた, は容易, もでき, をもたない, を与えられ, を与へた, を与へられ, を得, を得た, を得ない, を得る, を自ら

▼ 知る~ (27, 0.3%)

12 えが 62 えから 1 えお前, えからな, えがね, えなあ, えはっはっは, えよ, え來

▼ 知る~ (26, 0.3%)

1 [26件] からその, がこなけれ, が来, が来る, し, しいよよ, じゃない, ですよ, と雖, なぞ歴史上, にもなお, にも棄て, に僕, に知った, のこと, の他人, の来りし, はいつ, はもう, は何人, は即, また愛する, んば, 初めて世の中, 有らんと, 真に我々

▼ 知るやう~ (25, 0.3%)

11 になつ 3 にな, になる 2 になり 1 です, な安らか, になれ, にわたし, に空想, に食べる

▼ 知る~ (25, 0.3%)

2 にはさる, に彼

1 [21件] からの友達, だったから, に, にすでに, にはこの, にはマスネー, には一人, には人間, には私, にも知っ, に一人, に多く, に大, に実, に小城, に少し, に斯樣, に生時, に阪地, 九年の, 弁士は

▼ 知るかぎり~ (24, 0.3%)

2 では

1 [22件] この世の中, たいていどんな, ではもっとも, では以上十一度, では彼, では押し, では東京, では梅, では織田作之助, では諏訪, な公卿間, においてベートーヴェン, におきましてはかなしい, のこと, の人, の人々, の先々代, の同, の山, の高貴, をこまごま, を言上

▼ 知るといふ~ (24, 0.3%)

7 ことは 5 ことが

1 [12件] ことなし, ことに, ことにおいて, ことよりも, こと即ち, のは, やうな, 事は, 事以上に, 今の, 本文の, 点で

▼ 知るほど~ (24, 0.3%)

1 [24件] いよいよ他, このましい人物, この男, その夢幻, その魅力, ただ夫婦, なりしゆえ, な人, な往年, もはや三年近く, カケコミ教は, フランスの, 世間の, 佐助の, 何とかし, 情なきは, 支那の, 日本人と, 求める気, 私に, 自分の, 鐘巻自, 香気あふるる, 馬鹿馬鹿しい恐怖

▼ 知る~ (23, 0.3%)

5 である 32 でない, ではない, なり 1 だろう, であるが, であろう, でないばかり, となっ, にあらざる, に非, のもの, はない

▼ 知るだけ~ (22, 0.3%)

5 では 2 だ, だつた, である, です 1 でしたが, ですが, でその他, でなく進んで, で宮殿, で果して, で直接屍体, で自分, ならば

▼ 知るとおり~ (19, 0.2%)

11 である 1 この分詞, その方面, その男, であるが, のもの, の手紙, の神経衰弱, 長い間

▼ 知るから~ (18, 0.2%)

13 である 2 ただ堪へ 1 だ, であった, 進んで

▼ 知る方法~ (18, 0.2%)

3 はない 2 があります, がない

1 [11件] が教義, とか器械, について, はありません, はごく, はただ, はないだらう, は教えてない, は無い, は現場, を有っ

▼ 知る~ (18, 0.2%)

2 には, にはアキレス, には本, に絶えず, に街頭 1 だから, にはどうしても, には一字, には当年政治界, には芭蕉, に外山, に糸, の一助

▼ 知るとき~ (17, 0.2%)

3 は是 2 は我日本人民, 知れ悟らする時 1 があろう, にそこ, にはその, のよう, は夢中, は天狗, は希臘, は必ず, は蓋し, 育つもの

▼ 知るばかり~ (17, 0.2%)

3 である 2 であつ, 八日を 1 だ, だった, でありました, であります, でなくその, でなく其素質, でなく同じ, でなく女房, でなく批評, で己ら

▼ 知るほどの~ (15, 0.2%)

3 者は 2 人は 1 ことを, ものから, もので, ものに, 凡ての, 少女と, 敏感が, 日本人なら, 道理は, 闇さ

▼ 知るとは~ (14, 0.2%)

2 まさにこれ

1 [12件] いわく現在の, その物, なんという, 他なし, 何か, 何である, 古人の, 如何なること, 幾何学上の, 心理に, 残念意外であった, 言えない

▼ 知るので~ (13, 0.2%)

8 あつた 1 あつて, あらうが, その感嘆, それに, 千鈞の

▼ 知る~ (13, 0.2%)

2 もない, もなく 1 があったであろう, がない, がなく, の役立, はなかっ, はなく, もありませんでした, もなかっ, を心得

▼ 知るだけの~ (12, 0.1%)

2 ことは 1 ことで, ことである, ことを, 事は, 余裕が, 力が, 夫の, 思いやりも, 慰藉さえも, 素養を

▼ 知る~ (12, 0.1%)

2 もない 1 がない, の人々, の僧侶, の家, の者, はない, へでも届け, や家来, をたよっ, を頼っ

▼ 知る~ (11, 0.1%)

1 [11件] あるいは少なくとも, いいかえると, え, その方法, それは, 一日繁昌する, 常ゆけ, 瞑目した, 知らないか, 羅門は, 驢も

▼ 知るとともに~ (11, 0.1%)

1 [11件] これに対して, その犬, クレムリンに, ピタッと, 人々は, 人々みな色を, 大いに政治, 妹を, 森永明治の, 清琴楼の, 神功皇后の

▼ 知るより~ (11, 0.1%)

1 [11件] いくぶんか, 一つの, 先に, 前の, 前妻が, 外に, 外は, 慌て驚きて, 明かなるは, 法は, 知らぬ方

▼ 知るその~ (10, 0.1%)

2 知であろう 1 ことも, 心情を, 爭奪の, 目も, 糸口は, 近因は, 道の, 鳴高亮

▼ 知るのに~ (10, 0.1%)

1 この島, なんらかの手がかり, 何が, 半日一と, 大いに役立った, 最も便利, 理窟を, 甚だ困った, 私は, 骨が

▼ 知る~ (10, 0.1%)

42 し是 1 し例, し第, し若し, し設令此二者

▼ 知るまでは~ (10, 0.1%)

1 いらいらした, なかなか決心, 不幸に, 何もかも仮定, 安心が, 安心しなかった, 決して離れず, 絶望的であった, 誰も, 軽卒な

▼ 知る~ (10, 0.1%)

1 が育まれ, である, などというもの, の悦び, は人, は必ず, を持つ, を探り出させる, を言った, 深ければ

▼ 知る~ (9, 0.1%)

2 になりし, の男子 1 なりしかば, の人間, の秘密, 小さくなつ, 益々自分

▼ 知る~ (9, 0.1%)

1 ぞ賢, でありながら, となつ, には安心, にもさて, に何, の心耻かしく, は本意, を

▼ 知るすべ~ (8, 0.1%)

2 がない, もない 1 がなかっ, はない, もあらぬ, もありません

▼ 知るまで~ (8, 0.1%)

1 あの植物, どんなに気, 何の, 彼を, 待って, 歎き, 父上は, 私は

▼ 知る~ (8, 0.1%)

2 知るだ, 知る人, 知る我 1 知る, 知るの

▼ 知る~ (8, 0.1%)

1 がかく, が万里, だと, の仲間, の天性, は既に, も尼, れ能

▼ 知る~ (8, 0.1%)

2 にその 1 にむしろ, に敢, に知識犬, に稲妻, は上, 金を

▼ 知る~ (8, 0.1%)

4 はざる 1 はざりし, はざること, はざる者, はざれ

▼ 知る~ (8, 0.1%)

5 がない 1 がねえそれ, けもない, はない

▼ 知るとも~ (7, 0.1%)

2 なしに 1 なく知つて, 宿命の, 怪むに, 愛するとも, 知らぬとも

▼ 知る~ (7, 0.1%)

2 しがない, しがなかった, しなけれど 1 しなくて

▼ 知るよりも~ (7, 0.1%)

2 先に 1 以前から, 前の, 愚者が, 早く源氏, 治亂興亡の

▼ 知る場合~ (7, 0.1%)

2 がない 1 が多く, など思い, にも人, ほどその, 極めて多き

▼ 知る手がかり~ (7, 0.1%)

2 もない 1 がない, が全く, が得られる, でも耳, はまったく

▼ 知る~ (7, 0.1%)

2 には正気, にも分る 1 とし, にとってこの, にはそれ

▼ 知る範囲~ (7, 0.1%)

1 での外国, では, では平原, で芥川龍之介, においてその, において彼, の常識

▼ 知る能はず~ (7, 0.1%)

2 と雖, と雖ども 1 又た, 然るに例, 然れ

▼ 知る~ (7, 0.1%)

5 の恩 1 と子, の言葉

▼ 知るかと~ (6, 0.1%)

1 いいますと, 云えば, 云へば, 問わしめると, 思いやった, 訊いたとき

▼ 知るこの~ (6, 0.1%)

1 東海道三河路の, 檻の, 物サビーニの, 物三百年餘の, 物秀でし, 王宮にては

▼ 知る~ (6, 0.1%)

31 はそが, は彼, は汝目

▼ 知るだけで~ (6, 0.1%)

1 あつた, 一生を, 実行出来ない, 滿足し, 結構です, 詩を

▼ 知るものの~ (6, 0.1%)

1 ごとく信じて, 之を, 寂しさ, 恁く, 軽々しくすべき, 音なけれ

▼ 知るをもって~ (6, 0.1%)

2 その自ら 1 その思想, 不覚筋動を, 人倫の, 大和民族の

▼ 知る唯一~ (6, 0.1%)

2 の機会 1 の人物, の手がかり, の文献, の村人

▼ 知る~ (6, 0.1%)

1 かな, が来たら, が浅く, であったか, の君, の来らん

▼ 知る機會~ (6, 0.1%)

1 なく過ぎた, に接し, に接したれ, の與, を持たなかつた, を持つた

▼ 知る為め~ (6, 0.1%)

2 には余程 1 にもう, に大抵, に学問, に非常

▼ 知るなき~ (5, 0.1%)

1 かな, が如し, なりだ, に至りし, の輩

▼ 知るなんて~ (5, 0.1%)

1 いうこと, こたあ, それも, 下賤, 子供にも

▼ 知る世界~ (5, 0.1%)

1 でありながら, であり乍ら, である, のすべて, は限られた

▼ 知る以上~ (5, 0.1%)

1 こぞってその, には, の生活, はこれ, 副院長

▼ 知る便宜~ (5, 0.1%)

1 が遥か, にもなっ, のため, もまた, を持つ

▼ 知る~ (5, 0.1%)

1 ありだよ, があっ, があった, なくし, は持っ

▼ 知る材料~ (5, 0.1%)

1 として私, などにはならない, になる, には供し得べし, には割合

▼ 知る~ (5, 0.1%)

2 か何だ 1 なく龍華寺, はすけない, 知らざる物

▼ 知る~ (4, 0.0%)

1 絹は, 蘭さんという, 角は, 間柄という

▼ 知るかの~ (4, 0.0%)

1 やうに, キップリング氏の, 女は, 文明の

▼ 知るかも~ (4, 0.0%)

2 しれませんそして 1 しれないと, 知れないが

▼ 知ること能~ (4, 0.0%)

2 はざりし, はざる

▼ 知るだけでも~ (4, 0.0%)

2 かなり困難 1 容易でない, 時代が

▼ 知るにつけ~ (4, 0.0%)

1 先づどこから手を, 敵ながら, 新村入は, 私は

▼ 知るにも~ (4, 0.0%)

1 この日天地, まさる, 亦上, 貴族的である

▼ 知るの必要~ (4, 0.0%)

1 あり, があります, がある, を感じた

▼ 知るひと~ (4, 0.0%)

1 がありましたら, がきわめて, とてもあり, とのみ思ひ

▼ 知るやと~ (4, 0.0%)

1 いうを, 問うたり, 問うと, 天神の

▼ 知るよしも~ (4, 0.0%)

2 なく 1 なき父, なけれど

▼ 知るテロリスト~ (4, 0.0%)

4

▼ 知る人々~ (4, 0.0%)

1 が考え, にあっ, には一そう, に特種

▼ 知る作用~ (4, 0.0%)

1 があり, がなけれ, が主体, 即ち主観

▼ 知る国民~ (4, 0.0%)

2 たり 1 の多数, はなく

▼ 知る所以~ (4, 0.0%)

1 でありひいては, なり, は上, を指す

▼ 知る手段~ (4, 0.0%)

1 とは, の具, はもとより, を持っ

▼ 知る故に~ (4, 0.0%)

2 臣に 1 崩ずるに, 我は

▼ 知る~ (4, 0.0%)

1 があり, がえ, の夕霧, はありません

▼ 知る機縁~ (4, 0.0%)

2 となった 1 がない, が自分

▼ 知る~ (4, 0.0%)

2 だから 1 にはどうしても, に日本

▼ 知る~ (4, 0.0%)

1 がなかつた, が無, ではない, なし

▼ 知る~ (4, 0.0%)

1 がない, がなくなる, はなかっ, をゆく

▼ 知る道理~ (4, 0.0%)

2 があるだらう 1 がない, が無い

▼ 知るうえ~ (3, 0.0%)

1 にすこぶる, にはむしろ, にも得

▼ 知るうち~ (3, 0.0%)

1 ではあの, では最も, にも花

▼ 知るくらいの~ (3, 0.0%)

1 ものである, ものは, 時だ

▼ 知るごと~ (3, 0.0%)

2 に私 1 にムク

▼ 知るされど~ (3, 0.0%)

1 人目に, 信仰は, 少時せ

▼ 知るとき私~ (3, 0.0%)

1 は余裕, は単なる, は單

▼ 知るなし~ (3, 0.0%)

1 とある, と言わん, 相馴

▼ 知るのみと~ (3, 0.0%)

1 俄に, 安着する, 言ひし

▼ 知るひま~ (3, 0.0%)

2 もなく 1 が無い

▼ 知るもの鮮~ (3, 0.0%)

3 きなり

▼ 知るやいなや~ (3, 0.0%)

1 まるで悪魔, 十有三年の, 早速人

▼ 知るわが~ (3, 0.0%)

1 們の, 武田博士は, 育ちに

▼ 知る五月~ (3, 0.0%)

3 かな

▼ 知る以前~ (3, 0.0%)

1 に比べ, に私, に親友

▼ 知る以外~ (3, 0.0%)

1 にはさして, に用, の独自

▼ 知る何ぞ~ (3, 0.0%)

1 怪しむに, 民心を, 民意を

▼ 知る余裕~ (3, 0.0%)

1 がない, はなかっ, もなく

▼ 知る~ (3, 0.0%)

2 のない 1 と感じ

▼ 知る喜び~ (3, 0.0%)

1 だけだった, や悲しみ, をも得た

▼ 知る~ (3, 0.0%)

1 れとは, 知るでいつ, 知る人

▼ 知る~ (3, 0.0%)

2 にとっては苦痛 1 は知らざる

▼ 知る~ (3, 0.0%)

1 が唇, の來, の許

▼ 知る~ (3, 0.0%)

3 れども

▼ 知る能力~ (3, 0.0%)

1 が人間, が発達, の持ちぬ

▼ 知る自分~ (3, 0.0%)

1 にはさ, に自分, もまた

▼ 知る自由~ (3, 0.0%)

1 をうばわれ, をもっ, を妨げられ

▼ 知る通り日本~ (3, 0.0%)

1 では男, における婦人参政権運動, に於ける

▼ 知る~ (3, 0.0%)

1 なき時間, においてはそういう, を以てすれ

▼ 知る~ (3, 0.0%)

1 になる, のわれ等, より草刈奉公

▼ 知る~ (3, 0.0%)

2 の女 1 のみが無

▼ 知るあらゆる~ (2, 0.0%)

1 国の, 社会に

▼ 知るかという~ (2, 0.0%)

1 ことは, 問題だ

▼ 知るここ~ (2, 0.0%)

1 にひとり七顛八倒, は恰も

▼ 知ることさ~ (2, 0.0%)

1 へ出, へ素人

▼ 知ること能はず~ (2, 0.0%)

1 とせ, と謂

▼ 知るころ~ (2, 0.0%)

1 になる, は戸数十四五戸

▼ 知るそして~ (2, 0.0%)

1 この存在, 殺伐な

▼ 知るそれ~ (2, 0.0%)

1 が成長, よりほか

▼ 知るって~ (2, 0.0%)

1 ことは, わけには

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 えと闇, ふ言の葉

▼ 知るとある~ (2, 0.0%)

1 のは, のを

▼ 知るとおり今~ (2, 0.0%)

1 から三十五年前, のところ

▼ 知るとおり彼~ (2, 0.0%)

1 はこの, はジョンドレット

▼ 知るとか~ (2, 0.0%)

1 はいさうに, 他人を

▼ 知るとき彼~ (2, 0.0%)

1 は余, をあわれむ

▼ 知るとの~ (2, 0.0%)

1 評判高く, 語の

▼ 知るにこそ~ (2, 0.0%)

2 在りが

▼ 知るについて~ (2, 0.0%)

1 シナと, 十分の洞察をもって

▼ 知るにつれて~ (2, 0.0%)

1 その作品, 私は

▼ 知るのみに~ (2, 0.0%)

1 なって, 止りて

▼ 知るのみにては~ (2, 0.0%)

1 信憑すべき, 的中の

▼ 知るのみの~ (2, 0.0%)

1 冷酷な, 無智

▼ 知るはた~ (2, 0.0%)

2 はやすから

▼ 知るほう~ (2, 0.0%)

1 がいい, が多い

▼ 知るほか~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 知るまた~ (2, 0.0%)

1 これを, 何の

▼ 知るまでには~ (2, 0.0%)

1 それから, 年齢の

▼ 知るまでの~ (2, 0.0%)

1 場所にて, 遑でしか

▼ 知るゆえん~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 知るよりは~ (2, 0.0%)

1 その者, むしろ戦争

▼ 知るらむ~ (2, 0.0%)

2 絶えて

▼ 知るらん~ (2, 0.0%)

1 わが心, を後

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 だ, です

▼ 知る一つ~ (2, 0.0%)

1 の方法, の要訣

▼ 知る一切~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 知る上人~ (2, 0.0%)

2 もまた

▼ 知る~ (2, 0.0%)

2 を知る

▼ 知る事実~ (2, 0.0%)

1 だから, である

▼ 知る二人~ (2, 0.0%)

1 による, 溺れて

▼ 知る人たち~ (2, 0.0%)

1 が弘法大師, は誰

▼ 知る人間~ (2, 0.0%)

1 はまさに, は多く

▼ 知る代り~ (2, 0.0%)

1 に, にアベコベ

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 である, でございます

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 で国家, に止まつ

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 かがある, かの手懸り

▼ 知る何れ~ (2, 0.0%)

2 の処

▼ 知る便り~ (2, 0.0%)

1 にもなり, もありません

▼ 知る先生~ (2, 0.0%)

1 の眼, またきっと

▼ 知る共同~ (2, 0.0%)

2 の知友

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 が欠け, を持っ

▼ 知る十月~ (2, 0.0%)

2 の末

▼ 知る古人~ (2, 0.0%)

1 の所謂, はいい

▼ 知る~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 烈風が, 陽は

▼ 知る女子~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 目標であろう, 資料で

▼ 知る学問~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 知る工夫~ (2, 0.0%)

1 は無, も無くなっ

▼ 知る幸福~ (2, 0.0%)

1 に甘んじ, の巡り合わせ

▼ 知る彼ら~ (2, 0.0%)

1 にはその, を頭

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 名門だ, 性質と

▼ 知る手懸り~ (2, 0.0%)

1 があり, とする

▼ 知る手掛かり~ (2, 0.0%)

1 となる, になるだろう

▼ 知る手掛り~ (2, 0.0%)

1 はなに一つ, も全く

▼ 知る新潟人~ (2, 0.0%)

1 のうち, のうち酔

▼ 知る方向~ (2, 0.0%)

1 に進み, に進む

▼ 知る時私達~ (2, 0.0%)

1 は土, は未来

▼ 知る時間~ (2, 0.0%)

1 のあった, までさ

▼ 知る智慧~ (2, 0.0%)

1 があらう, があろう

▼ 知る最初~ (2, 0.0%)

1 であり旅行者, の経験

▼ 知る有名~ (2, 0.0%)

1 な孫子, な聖女

▼ 知る村人~ (2, 0.0%)

1 ではあった, に会っ

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 のうえ, の無

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 になつ, になる

▼ 知る様外交官~ (2, 0.0%)

2 や軍人抔

▼ 知る様此時~ (2, 0.0%)

2 より遙

▼ 知る権利~ (2, 0.0%)

1 は自分, を持ってるで

▼ 知る死後気~ (2, 0.0%)

2 散じて

▼ 知る気遣い~ (2, 0.0%)

1 はない, は有るまい

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 が出来たなら, において嫁ぐ

▼ 知る爲め~ (2, 0.0%)

1 ではなく, に書いた

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 がその, でありました

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 なれば, の本分

▼ 知る理由~ (2, 0.0%)

1 がなかつた, にもとづき

▼ 知る生活~ (2, 0.0%)

1 から始まらなけれ, がなく

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 だよ, を生め

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 が見たなら, を具え

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 の正義天上, もなし

▼ 知る程厭~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 知る端緒~ (2, 0.0%)

1 として最初, に過ぎない

▼ 知る竹屋~ (2, 0.0%)

2 の渡し

▼ 知る範囲内~ (2, 0.0%)

1 では埋葬用洞窟, では外国

▼ 知る結び目~ (2, 0.0%)

2 をときほぐし

▼ 知る者一人~ (2, 0.0%)

1 もない, もなし

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 か, の雫

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 にでも首肯, れか

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 しには, しは

▼ 知る迦流美豆比~ (2, 0.0%)

1 賣, 賣に

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 がまったく, が無い

▼ 知る通りソヴェト同盟~ (2, 0.0%)

1 の全, は地球

▼ 知る~ (2, 0.0%)

2 は野辺

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 もあらせず, を集め

▼ 知る限りどこ~ (2, 0.0%)

2 の方言

▼ 知る限り他~ (2, 0.0%)

1 になかつた, の国

▼ 知る~ (2, 0.0%)

1 のあろう, もなけれ

▼ 知る風流~ (2, 0.0%)

1 の心, の道

▼1* [660件]

知るあたしだけが銭, 知るあの言葉つきで, 知るあはれの鳥, 知るいかなる状態においても, 知るいずれよりも良い, 知るお前様のお, 知るお雪ちゃんのこと, 知るかぎりお前はいつも, 知るかぎりお答え申しあげたお, 知るかぎりクロのりこうな, 知るかぎり作家といはれる, 知るかぎり偽筆であること, 知るかぎり日本は漢字, 知るかぎり東京の圖書館食堂, 知るかく忘る, 知るからは何の, 知るきっかけになった, 知るきりのしかも, 知るぐらゐ此世に不思議, 知るえ, 知るこころである, 知るこそあはれなり, 知ることこれ武士の第一義, 知ることそれには料理, 知ることぢや, 知ることほか知らないの, 知ること三年に及べり, 知ること他郷の者, 知ること其れ実なる哉, 知ること可能なりしかして, 知ること周きを, 知ること尤熟す, 知ること己の短所, 知ること師に如かずである, 知ること必要なれども, 知ること我より深, 知ること支那の古典的詩文, 知ること敵の仲達, 知ること淺きより, 知ること源流を知る, 知ること緊要なり, 知ること肝要なり, 知ること能はず苦悩なき者, 知ること自己が自己, 知ること詳ならず, 知ること誰よりも敏, 知るこれなり, 知るこれらの世界, 知るこれ天宮の一将星, 知るこれ誰なるかを, 知るさむらいは, 知るしかるに愚人ら古, 知るそういうそのひとの, 知るそこに在る, 知るぞと黙々と蹴返し, 知るただその説, 知るたちの男, 知るたった一ツの, 知るたつきを得たら, 知るたびに重く, 知るため急行で引返す, 知るため手許にあっ, 知るため時計に注意, 知るため淳于丹をもっ, 知るため長男の霊, 知るたよりとした, 知るだけに大きくなっ, 知るだけにはきいて, 知るだけは知りたい, 知るだけを知りつくして, 知るだの認識するだ, 知るつてことは出来る, 知るつまり千鳥の, 知るつもりか, 知るというか一会の, 知るというくらいの浅い意味, 知るといつてもそれ, 知るといふだけならそれほど, 知るとおりおらもだんだん, 知るとおりこちらの世界, 知るとおりわれに力, 知るとおりアンジョーラにはスパルタ人, 知るとおりイギリス文学であった, 知るとおりレーグル・ド・モーはたいてい, 知るとおり一八〇九年七月五日から六日, 知るとおり一八一五年六月十八日とは今日, 知るとおり三つの室, 知るとおり三伝の死, 知るとおり世人は, 知るとおり嫌悪すべき輩, 知るとおり巧妙のみしか存, 知るとおり席を約束, 知るとおり彼女の心底, 知るとおり曲者である, 知るとおり漢朝の宗親, 知るとおり火事の大小, 知るとおり無期徒刑をさす, 知るとおり物語の文句, 知るとおり甲州街道の咽喉, 知るとおり神の世界, 知るとおり群集は雪達磨, 知るとおり芭蕉は生まれた, 知るとおり討入の直前, 知るとおり貝原益軒には有名, 知るとおり非常に大, 知るときすべてを知る, 知るときなんの憧れ, 知るとき日本人とはまつたく, 知るとき自己のもっ, 知るとき限りなき興味, 知るとこそ申せ諸, 知るところ乳白釉の上, 知るところ実隆の大内家, 知るところ彼は今, 知るところ我なほ曰はむ今, 知るところ邦産は三種, 知るとしてもずっとあと, 知るとたんに彼, 知るとても悲し過ぎ, 知るとにはあらざれど, 知るとやいわん実に, 知るどころでは, 知るほかの, 知るないです, 知るなからん, 知るなど説き出した, 知るなどと称して, 知るなほ徳の進む, 知るなりぎくりとし, 知るにおいて余りあらん, 知るについての思惟を, 知るについても年齢や, 知るにつれいよいよ富山人, 知るにや奥さんに, 知るのみで神経衰弱に対しての, 知るのみにて家を, 知るの一例となるべし, 知るの一語は孔子, 知るの人なるを, 知るの幸福を得た, 知るの感を深める, 知るの直覚的烱眼を有し, 知るの聡明あれば, 知るの聰明あれば, 知るの類これなり, 知るはかなくも物悲しい, 知るばかりかも知れなかつた, 知るへきのみ, 知るほか双の眼, 知るほか方法がない, 知るほか誰やら判じ, 知るぼくが公平, 知るまいことかチャント知, 知るまたとなきその人, 知るまたはひとしく覚る, 知るまでにどうしてビザンティン, 知るまでもなかった, 知るままを答える, 知るまもなくいきなり狂いじみた恋人同士, 知るみやびやかな上流人に対して, 知るもしほかの, 知るもの一人もなかるべし, 知るもの光春ほどな, 知るもの自明の眞理, 知るもの衆に先立ち, 知るもの言はず言ふもの, 知るもの誰か今日, 知るもの関羽以上の者, 知るゆかしさが, 知るよい機会を, 知るよく汝子に, 知るよしなきぞ憾みなる, 知るよしもがなで出発前, 知るらむ淺艸の秋, 知るらめや, 知るらん秋風にかりかり, 知るわが身の素性, 知るわずかな人々, 知るわびしさと, 知るわれと知られる, 知るんでげすな, 知るアヌンチヤタが魂, 知るアンドレ・アントワアヌであります, 知るイエスが己, 知るイヴォンヌ・ド・ブレエ嬢である, 知るゲエテ・プラトン惡しき世に美しき, 知るサチ子の場合, 知るジョルジョの円皿, 知るソーニャやマリヤ, 知るダンサーであったが, 知るチッとばかり昔, 知るハタの者, 知るきのみ, 知るマーリンは首, 知るモスタアとダグラス, 知るヨーロッパの二三, 知るロマンチストである, 知るヴィスワアミトラもまた, 知る一人とてまた, 知る一切事件に汚されず, 知る一新事件にであった, 知る一流直通という極意, 知る一策を案じ出した, 知る一羽の鷲, 知る一花両花, 知る一部人士のあいだ, 知るけだった, 知る三井の大久保彦左衛門, 知る下宿はいつもひっそり, 知る不便な山の上, 知るはうき, 知る世間の人情, 知る主人を見直し, 知る主体である以上, 知る主婦とはいえぬ, 知る乎教会は果して, 知る九条兼実さえその, 知る乱暴の上, 知る亂暴の上, 知るが子爵, 知る事なき限り本当の発生, 知る事急務にし, 知る事支那の文章, 知る事能はざる, 知る交遊関係は異口同音, 知る此の, 知る人ひとりもなかりしか, 知る人中に死, 知る人影だけでもすぐ, 知る人物なの, 知る人生はただ, 知る人皆無である, 知る人稀にし, 知る人達の間, 知る人間世に処する, 知る人間同士の別れ, 知るの時代, 知る今宵は晴れし, 知る仕掛なの, 知るにはなかっ, 知る以上対人関係はつつましく, 知る仲間の梨丸, 知る伯耆守数正ともあ, 知る何事かがある, 知るにさえも絶望, 知る作家ならそう, 知るとして頗る, 知る侮辱の言, 知る便となる, 知る便利もある, 知る信玄が座右, 知る信者仲間には天罰, 知る値打ちのある, 知る健全な思慮, 知るには, 知る優しい武士と, 知る優しきもの等よ, 知るのバンタム級, 知る全ての人, 知る公恙あらず且つ, 知る六十にし, 知る兵家だった, 知る兵法の初学, 知る其奇巧驚くべし, 知る其當時我國文壇の浪漫的幻夢的, 知る其道のかしこ, 知るにした, 知る初めての機会, 知る制作の苦労, 知る前ぼくはどんなに, 知る十八松平葵宗家の発祥地, 知る即ち一は, 知る厳しい人生や, 知る見る先, 知る友だちが密, 知る双生児の表象, 知る反省が問題, 知る口説の原理, 知る可らざるも此名, 知る司馬徽や徐庶, 知る同士が寄合った, 知る名古屋藩士で田中寅三郎, 知るが牧場, 知るの精猛, 知る周囲にただ, 知るもあらね, 知るを襲った, 知る国史に, 知る土地でもなお, 知る地震の年, 知る基礎たらしめたいと, 知る境界からさらに, 知る境遇になりたい, 知るらしいと, 知る声々の御慶, 知る夏衣きたるを, 知るよここ, 知るはありません, 知る多くの者, 知る大きな動悸に, 知る大人を無視, 知る大勢の者, 知る大将とかねて, 知る大神の御, 知る天下の一角, 知る天地の間もと, 知る天皇の乳父, 知る天皇主義者である林房雄, 知る奥アマゾンさらにオリノコ川, 知るとなつ, 知る女神詩をも知る, 知るありませんからね, 知る好悪の判然, 知る如くに, 知る威力を得させ奉る, 知る婆羅門よ, 知る嬉しさである, 知る孤独は我が, 知る学生であったなら本当, 知る學友は誰, 知る學問であると, 知る宇治山田の米友, 知る宗教家だが, 知る官家に輸し, 知る官権の横暴, 知る実在のヘルプ紳士, 知る実家の親, 知るの大, 知るの門, 知る家族の沈痛, 知る實家の親, 知る専ら衆庶の, 知る小さな主人に, 知る小鳥たちのよう, 知る少しも卑怯者, 知る尤も多く並等を, 知る尹賞と梁緒, 知る居候大家のならい, 知るの腰, 知る山城国の四明ヶ岳, 知る山手組の面々, 知るれども, 知る左門であつ, 知る希望であり自分, 知る帝国なり, 知る年齡になる, 知る年齢に達し, 知る幾多の青年, 知るにお, 知るはただただ, 知る強き百千の恋ゆゑに百千, 知るは則, 知る彼女すぐに, 知る彼等は向っ, 知る後世京伝先生作仕かけ文庫, 知る心中に我明, 知る心規律と正義, 知る忿怒の皮膚, 知るかな, 知るにも似る, 知る恐らくはさらに我等の, 知る恐ろしさに, 知る悲劇に悩み, 知るではなく, 知る意識の作用, 知る愚人だ, 知ると抛擲, 知る愛人の唇, 知る感覚はなく, 知る態度を保ちたい, 知る憲法発布もそう, 知るほど世に, 知る我々が現実, 知る我等の智, 知るる人々, 知るの原則, 知る戦国の頃, 知る所いずれも蜀, 知る所殆んど, 知る所葉山左内なる者, 知るがない, 知る手づるを失いました, 知る手びきだけに載せ, 知る手ガカリなぞ全く, 知る放心の快感, 知る政乃が大, 知る政府の役人, 知る政治を超えた, 知る政治家の罪悪, 知る故前面の刑部姫, 知る文人学者においてをや, 知る文士の家, 知るに使う, 知る新らたな, 知る新派劇往年の当り狂言, 知る既に之を, 知る日本橋区内住居者は, 知る日露戦争が起っ, 知る明敏な頭脳, 知る明鏡の裏, 知る易からず彼, 知るし藤森弘庵, 知る昔秋の風, 知る春陽会の驥足, 知る是等の世界, 知る晁錯なり無学, 知る時それを闡明, 知る時人は無人島, 知る時代が来た, 知る時機が来ました, 知る時私は恥し, 知る智愚の分別, 知る最上の手段, 知る有情は善趣, 知る有様なるに, 知る朝倉義景公だった, 知るもなく去, 知るの人々, 知る村民のみが, 知る東北帝大の金属材料研究所所長, 知る松平左京之介輝高, 知る根西夫人と云う, 知る梯子を登り, 知る植物学者はみずから花, 知る極楽世界の静か, 知るの木, 知る樋口三郎兵衛どのは武勇, 知る機屋の人, 知る機械だ, 知る機業の地, 知る機能が科学, 知るには深く, 知る次第です, 知る欣びで酬われて, 知る歓びは己, 知る歓喜の念, 知る此故にこれ, 知る武将の面影, 知る歴史で有名, 知るぬるまで, 知る殘酷の喜び, 知るとしての唯一, 知る遣ないと, 知る気持も意地, 知る気高い神霊的な, 知るがした, 知る泉下遺憾無きを, 知る法悦境であらう, 知る法水には一見, 知る法華経の行者日蓮, 知る浪速の宿, 知るが濡らす, 知る淑女等とその, 知る深き夜の, 知る漠然とした一種, 知る火術符号めいた形, 知るぞ錐揉み, 知るしだから, 知る無蓋自然の温泉, 知ると大胆, 知る爲神の與, 知るとは矛盾, 知る物語が始まりかかっ, 知る犬猿の仲, 知る狂恋の女, 知る獵犬は獵犬, 知る玄徳も, 知る甘糟近江守が十二ヶ瀬一帯, 知る生き証人はこの, 知る生別を本心, 知る生前の相続, 知る由無くて居た, 知る由無しと雖, 知る男児の本懐, 知る男児たるを許す, 知る男子である, 知る番町の旗本, 知る癆咳といういまわしい, 知る的人物たること, 知る目星がなかつた, 知る相手によってこそ行われる, 知る相沢が大臣, 知る相澤が大臣, 知る真理であるが, 知る真面目な人々, 知る知つてなほかつこれ, 知る石川伯耆守数正といえ, 知る石炭みたいな男, 知る磁石なの, 知る社会のあらゆる, 知る禅風練達の英僧, 知る秀吉は巧み, 知るの風, 知る秋津船に来ぬ, 知る科学者は自分, 知る秘密である, 知る程彼の目的, 知る程藝事にも人一倍, 知るをな, 知る一階梯である, 知る筈アなからう, 知る節制謙譲が生まれるであろう, 知る精神力慧は現象, 知る細小なる昆虫, 知る統計は禁止, 知るもなかっ, 知る縦令罪過に, 知るは逃れず, 知る習慣をつける, 知る老人よ早く, 知る老臣たちのいう, 知る者この世にわれ, 知る者すべてにとって憂うべき, 知る者そのものは既に, 知る者一名もなし, 知る者何れも云い伝え, 知る者同志の感情, 知る者殆んどこ, 知る者神の外, 知る者行ふ者, 知るして, 知るであった, 知る聖書は来世, 知るにはまた, 知る能はず滑稽の趣, 知る自分たちの頭脳, 知る自動車王のヘンリイ・フオウド氏, 知る自然主義の文学, 知るの汁味, 知るの事蹟, 知る船長は, 知る良心がある, 知る花月は無情, 知る若干の国, 知る英国女がユーモア, 知る英雄ありてこそ, 知る茶山は上肢, 知るし, 知る華夷の弁, 知る蓮無ししかいふ, 知る藤尾には出来ない, 知るを見, 知る臭いもの, 知る表情にて衝, 知るもない, 知る覆面の男, 知る説明しようとしても, 知る将の, 知る諸君なら誰, 知る謙遜なる心, 知る識らぬに, 知る識別はその, 知る警察は彼, 知る議題は予これ, 知る貧乏人であるの, 知る貧巷の裡, 知る貴重な材料, 知る資格がない, 知るは一, 知る赤き唇, 知る足利地方の七日晒し, 知る路加伝冒頭の此一言, 知る軽い愉快さである, 知る辨言何の要, 知る農家も斯様, 知る近代の名, 知る這箇野翁の情, 知る通りこちらの世界, 知る通りこれが度, 知る通りすべて三九二十七毛あるはず, 知る通りそれがし, 知る通りエロティシズムは明らか, 知る通りジャン・ヴァルジャンは人, 知る通りセーヴル街を延長, 知る通りヘーゲルの歴史観自身, 知る通り一日あるいて, 知る通り一生涯のうち, 知る通り上海やマニラ, 知る通り主義には色々, 知る通り俺は自尽, 知る通り個性の表現, 知る通り友禅は染物, 知る通り叙事詩とは神話, 知る通り古来の哲学学派, 知る通り大量生産だ, 知る通り天綱は唐一代, 知る通り太陰はある, 知る通り奇抜な, 知る通り婆羅門教に今, 知る通り平安朝この方実に千有余年, 知る通り弁証法をその, 知る通り旧約の神エホバ, 知る通り昔から時々, 知る通り東洋でも西洋, 知る通り殆ど凡て木版に依り, 知る通り犬に情け, 知る通り猫の四足, 知る通り細川勝元と山名宗全, 知る通り衣服の着, 知る通り製糸の業, 知る通り言葉ではなく, 知る通り誰かが, 知る通り資本論に於ける, 知る通り質素と勤勉, 知る通り関白家建立の寺, 知る通俗の英雄豪傑, 知る通外郎は小本, 知る逸事の一つ, 知る逸話なるべし, 知る道のとほき, 知る遠きものは, 知る那須野の野, 知る郷里の山々, 知るのうつり香, 知る釈迦よりはまし, 知る重宝なもの, 知る金融パニックの画期的, 知る金襖世話物の名人, 知る金髮の一女性, 知るだった, 知るを懸け, 知る長い冱寒の, 知る長崎屋あれが中, 知る長者町の道庵先生, 知る間道の要, 知る関羽だった, 知る限りまつたくの嘘, 知る限りフランスなどでは今や甚だ, 知る限りヘプバーンは桐生市, 知る限り先生と奥さん, 知る限り却つてぼくや中川一政, 知る限り同盟の誰, 知る限り如何に真, 知る限り幻燈の絵, 知る限り従来僕の詩論, 知る限り文士くらゐ小児病的, 知る限り日本に於ける, 知る限り此所に示されたる, 知る限り過去に於, 知る限り類がない, 知る陶謙は世に, 知るにあらね, 知るにはぬれぬ, 知る雨のをやまね, 知る霹靂に碎くる, 知るの快と, 知る音楽学校の安藤幸子女史, 知る頼りがない, 知る頼朝が秘蔵, 知る養子の制は, 知るりに, 知るを別に, 知る首里の人々, 知る騎手など競馬, 知る魁車の顔, 知る鮑叔が彼, 知るは風, 知る鶴ヶ岡では頼朝夫妻, 知るに於い, 知るetcの学