青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「畑~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~町 町~ 町人~ 町内~ ~画 画~ ~画家 画家~ 界~ ~畑
畑~
留~ 留め~ ~留守 留守~ 畜生~ 畠~ 畢竟~ ~番 番~ 番目~

「畑~」 5970, 62ppm, 1857位

▼ 畑~ (1800, 30.2%)

104 中に 63 中を 59 中の 41 中で 37 間を 30 方へ 28 中へ 21 上に 16 なかに, 上を 15 土を 14 間の 13 隅に 11 物を 10 中から, 土は 8 あいだを, なかへ, 方を, 葡萄作り 7 中には, 仕事も, 向うに, 向うの, 土に, 彼方に, 方に, 草を, 間に 6 なかで, ものを, 仕事を, 土が, 土の, 畔の 5 あたりを, そばで, なかを, ほうへ, 道を

4 [11件] そばに, へりを, まんなかに, ように, 一隅に, 中でも, 周圍に, 桐の, 真中に, 隅の, 麦を

3 [32件] あいだに, ふちに, へりの, ものが, もので, ものも, ような, 上から, 上には, 世話を, 中, 中や, 仕事に, 作物を, 傍を, 前に, 向うを, 唐辛, 小徑, 広さ, 持主が, 持主の, 梨の, 物は, 畦に, 畦を, 番人に, 砂は, 祭, 茂みの, 茨に, 麦が

2 [114件] あぜに, あたりは, あちこちに, あなたに, あひだ, あること, こやしに, すみに, そばの, ところで, ところどころに, ところへ, なかの, なりもので, ふちで, ぶどう作り, へりに, ほうから, まわりには, まん中に, めぐりには, ものに, ものは, ものや, やうに, バイオリン, フチに, 上で, 上の, 下に, 下草を, 丘に, 丘の, 両端が, 中お日様は, 中でなんぞ, 中にも, 事や, 仕事でも, 仕事の, 作物は, 作物も, 俳優が, 側に, 側まで, 側を, 傍の, 前の, 向うで, 向うには, 向う側まで, 向ふ, 向方側にあたる, 囲り, 土, 土には, 垣根に, 垣根を, 堺で, 境の, 境界などには, 境界の, 外へ, 奥に, 家を, 手入れを, 手入を, 手入皆自分が, 方から, 方も, 景色を, 柔かい土, 桃の, 桑は, 横を, 樹の, 泥に, 泥の, 物が, 物で, 物も, 玉蜀黍の, 畔に, 畝が, 畝は, 畝を, 畝間に, 畦の, 番人を, 眞中に, 真ん中に, 秋の, 端の, 縁に, 縁には, 肥料に, 苗木の, 草にも, 草も, 草田の, 西瓜を, 豆の, 近くに, 遠くに, 野菜が, 野菜や, 間から, 間には, 間や, 雑草を, 雨, 風が, 風も, 黒い土

1 [788件 抜粋] あいだから, あいだ森の, あいびき, あぜくろ, あぜ道の, あだなる, あっちこっちに, あるところ, ある右手, ある家, ある山里, ある横町, いそがしい時, いもは, いろ見る眼, うちに, うつくしさ, おくに, お仕事, お茶の, かたを, かなたの, かなたを, がな, くつわ, くまみ, くろの, くろをめぐって, ぐるりに, ことで, ことである, ことに, ことについては, こと温泉の, この花, こみちに, ごとく, さきの, しげふ, しめつた大, すぐ後, すみずみ, すみにわ, ずいきや, そこここに, そちこち, そとの, そよぎまでも, ために, つ, つづいて, つづく道, つもりで, とうもろこしが, とうもろこし七本ばっか, ところに, ところまで, となりは, とんぼ, なかから, なかでは, なかへでも, にら, はうが, はずれに, はづれ, ひと区切り, ふちなどへ, ふちへ, ふちを, ほうが, ほうを, ほかに, ほととぎす背広着, ほとりの, ほの, まえの, また下道には, まわりを, まんまん, まん中で, むこうから, むこうに, めぐりに, めぐりのほほづきの色, ものじゃ, ものとは, ものなど, ものにも, ものみなとりどりに, やうな, やつだ, ゆるい起伏, よく刈り摘まれた, をちぎ, アワはなみたいてい, ウネと, トマトが, トミでございます, ネタにでも, プレイバック, ホーレン草は, メーデー耕作とは, モザイクを, 一つへ, 一つ一つを, 一片から, 一角に, 一角を, 一部が, 一部では, 一部には, 一部を, 一隅から, 一隅を, 万朶の, 三本前の, 上だろう, 上でも, 上は, 上ばかり, 上渡る, 上農夫は, 上高く, 下で, 下を, 丘へ, 中からでも, 中さ, 中だ, 中につつ, 中にでも, 中にや, 中へちゃ, 中へでも, 中央部に, 中程に, 中道で, 中道と, 中道を, 主人が, 主任みたいな, 乾いた土, 事と, 二枚や, 人から, 人だ, 人であっ, 人である, 人も, 人や, 人達あるいは, 人間でない, 仕事から, 仕事なら, 仕事は, 仕事や, 他の, 作りかたを, 作入れも, 作物, 作物の, 作男共は, 健康を, 側で, 傍で, 傍にて, 傍まで, 傍らの, 働き手である, 先が, 先ちょうど, 先には, 光の, 入口に, 其處此處に, 内に, 処を, 分岐路へ, 切り返しが, 前を, 前方へ, 加勢すっだ, 勾配が, 匂いの, 匂ひ, 匂を, 区切りなく, 区切り方, 十枚も, 半分は, 南瓜を, 印象は, 原野である, 吉岡氏が, 向うへ, 向こう側に, 向ふから祭り, 周りに, 唐辛子いまあかあか, 唯有る, 四方から, 土いきれ, 土それは, 土と, 土のうへを, 土ばかりは, 土へ, 土壌に, 土手に, 地先は, 地平に, 地表は, 垣根から, 堆肥に, 場合と, 境に, 墻を, 夕日に, 外まで, 多い, 多い台地, 多い道, 夜の, 夥多しい, 大根と, 大独活, 大豆を, 大部分, 太葱の, 夫婦貉, 奥や, 女たちも, 女は, 如きも, 妖雲論者にとっては, 姉弟も, 娘も, 婆さんが, 媼の, 媼等是等が, 子供たちが, 子供たちと, 季節以外は, 害虫を, 家へ, 寓話の, 小さいの, 小径は, 小説などに, 小逕や, 山々を, 山と, 岐れ, 岡穗を, 幅も, 幾つもの, 広がる青々, 形跡さえ, 彼方から, 彼方を, 径は, 後輩で, 徑を, 応急手当を, 恐るべき荒廢, 恰好だけは, 所まで, 所有者では, 手伝ひ, 手入や, 手入れに, 手入れや, 手前から, 持ち主以外に, 持つそれら, 掘れたなか, 敷肥に, 斜に, 方からは, 方で, 方とを, 方にも, 方は, 方向から, 日雇い婆さんで, 早稲田は, 春の, 昼めしの, 景も, 月光に, 木戸を, 木蔭に, 東南の, 果てしなく續, 枝に, 枝豆の, 枯草の, 柔土へ, 柵に, 柵の, 柵を, 柿の, 根は, 格子塀の, 案山子は, 案山子よ, 桑を, 桜実も, 梅林へ, 植えつけ苗, 構築によって, 様子が, 様子は, 横の, 横まで, 樹という, 歌を, 水まきやらで, 永寿庵を, 波が, 準備を, 溝にて, 煙草の, 片隅で, 牛やを, 牡丹を, 物かと, 物などが, 物や, 物置です, 玉蜀黍が, 用が, 田作りの, 畔から, 畔で, 畔などには, 畔にも, 畔を, 畝から, 畝の, 畝歩へは, 畦でも, 畦道の, 畦道を, 番人が, 番人政十郎の, 番牛小舎鶏小舎の, 異う舞臺, 白昼の, 百姓は, 百姓も, 盡くる, 監督だった, 直線の, 眞青な, 真ん中を, 真中お, 真中で, 真中の, 真中へ, 眺めと, 眺めも, 石垣に, 秋蕎麦に, 租税の, 穗先が, 童歌が, 端つこ, 端に, 端にも, 端れ, 端を, 管理所へ, 粟は, 系統であった, 細い径, 細径伝ひ, 細道から, 絶え間絶え間に, 総面積, 緑の, 縁などに, 縄, 者と, 者は, 耕作に対して, 耕作を, 肥だめへ, 肥料の, 胡瓜の, 脇に, 芋な, 芋の, 芋を, 花から, 花が, 花それを, 花だ, 花の, 花みつ, 芽独活かきほりのどに, 茄子でも, 茄子の, 茄子引ん, 茗荷の, 草とる, 草の, 草取りが, 草取りも, 草取りを, 荒らされないよう, 荒仕事を, 菜の花, 菜を, 葉の, 葱さへ, 葱など, 葱よ, 蔭の, 蕎麥の, 蕗の, 蕪菜を, 薩摩芋を, 薬園は, 蛙の, 蜀黍は, 血の, 血塚の, 血塚は, 裾は, 西瓜も, 見えるさびしい, 見えるだらだら, 見えるよう, 見える村, 見ま, 見張り番でも, 見張り番に, 角に, 角の, 詩, 話につれ, 豪傑青少年連は, 起伏と, 起伏の, 足跡は, 跡かと, 跡という, 路を, 踏み荒しよう, 農夫も, 農民も, 辺に, 近くの, 途中から, 連中で, 逸才は, 道に, 道は, 遥かまんなかへ, 野うさぎだ, 野天風呂で, 野菜は, 野菜を, 野菜物遅蒔きの, 金柑の, 鐘形覆い, 間からは, 間で, 陰にも, 陸稻です, 隅から, 隅で, 隅には, 隈風よけ, 隣りが, 雪が, 雪消え, 霜よけに, 霜を, 露く, 青い中, 青い色, 青き葉, 青菜の, 非常に, 面を, 面白さ, 高い丘道, 鮮明な, 麥の, 麥も, 麦は, 麦刈が, 麦稈帽子の, 黄菊白菊の, 黍の, 黒土ごと投り出され, 黒土は

▼ 畑~ (682, 11.4%)

36 出て 33 なって 11 して 9 なつて 8 働いて 6 出た 4 出で, 来て, 水を 3 すること, するの, 出来たの, 咲いた, 立って, 鍬を

2 [38件] うづく, ころがって, しようと, すると, なってるよう, ならないで残って, なる, なると, はえて, みちて, やって, 一人の, 並べて, 乾して, 動く群禽, 取囲まれながら, 啼いて, 夜は, 忍ぶこと, 手紙出す, 栽培され, 沿って, 注いで, 濕つた丸い, 眠つてゐる, 立ちたり, 續い, 耕す農夫共, 肥料を, 育つた人々, 芋を, 莚を, 菜の花, 落こちた, 行って, 變化が, 麦を, 黄色い実

1 [473件] あすは, あまり夜焚火, あまるは, ありながら, ありよく, あるお話, あるかき, あるつみわら, あるもの, ある地蔵様, ある地藏樣, ある少し, ある玉蜀黍, ある穗, ある血塚, ある長い, ある高菜, ある鳩舎ぢ, いいもの, いたちょうちょうは風, いたと, いたのよ, いったが, いって, いて, いのちを, いるうち, いろんな木, うしが, うたふ, おこしたその, おりたった, お化けが, お百姓, かがんで, かくれた, かけた, きのこが, きょうも, くいを, くわを, こやしを, これも, さいて, さしかかった頃, さつま薯らしい, された花壇, されて, され全滅, しあげて, しただけ, したつて建築材料, したならよい, しないの, しみじみと, しゃがんで, しよう, しクラブ, し死骸, すくすくと繁つて, すっかりばらまい, すばらしく大きい薄, するには, するらしい, するん, する処, する場所, する耕作, すれば, その酔いどれ, そよぐ穂, それに, たおれた, たつをも, つかう堆肥, つくつて食卓, つくりて, つくり名, つづいて, つづける牧草, つッくり, てか, できたの, できた子, できて, できる茗荷, でたころ, とびだしました, とれた木綿, どんなもの, ないこと, なかつたやう, ながめて, なったと, なっては, なつた, ならぬもの, なり, なりそれ, なります, なりますよ, なりやしません, なり一方, なり又, なり城下, なるそう, なるぞ, なるの, のびて, はからし花, はたいせつに, はなつて, ひざまずいた, ひよい, ひろげ枝豆, ふりそそいで, ほの, ほふり出す, まいて, まかれる必要, また新しい, まだしこたま残っ, みいさんと, みのりたる木の実の, みのり得る果実, もどって, ゆきました, よく見える, ゐた祖母, ゐて, ゐるただ, ゐる志津, ゐる牛, ゐる親達, ゐる間, イモの, ナスと, ペルー人は, ホーレン草の, 一ぽん, 一団と, 一日の, 上って, 下りしらしら, 下りられるよう, 下種し, 並んだ, 並んだ老母, 乏しく陸上, 二人の, 人の, 人は, 人居り, 人影が, 人影を, 今でも, 仕る桑, 仕事を, 伏した, 住んだ私共, 住んで, 何かしら冷気だった, 作ったこと, 作ったり, 作るもの, 使ふ, 供へる, 侵入した, 俺が, 俺も, 個人的な, 働いてるん, 働いてる一人, 働き雨, 働らき, 入った理由, 入つた, 入つて行, 入りこちら, 入る, 入ると, 入る式, 入る牛, 入れること, 入れる數百貫, 冬ご, 出かけて, 出かけなければ, 出して, 出すと, 出たが, 出たの, 出ては, 出てるとこ, 出てる時, 出でて, 出でても, 出なければ, 出る, 出るか, 出ると, 出るには, 出る時, 出る道, 出掛けて, 出来た唐もろこし, 出来るいろいろ, 出来るもの, 出来る物, 出蕎麦, 刈株のみが, 勘次の, 区劃され, 十八年も, 及ぶと, 及んで, 同化する, 向いた六畳, 向く八百屋, 向って, 向ふ, 吹きおろして, 囲まれた畑, 土塀を, 在るの, 埋めたの, 埋めて, 埋められて, 墾りのこる, 変わった運動場, 夏の, 多数設けられ, 夜を, 大きな穴, 大根が, 妻が, 姿が, 婀娜な, 婆さんの, 子が, 子ら来, 家が, 家人の, 實が, 對し, 導いた, 小さい秋茄子, 小屋を, 小豆という, 尻もちを, 居ても, 属する俳優, 山ごもりし, 山懷に, 山鳥の, 工場に, 帰れば, 座って, 影さし, 往った, 御用が, 憩へ, 手を, 手入れを, 投げて, 折り重なって, 担桶が, 挟まれた一つ, 挟まれた蔭, 挾まれた一つ, 捨てるので, 掘り返すこと, 提燈の, 撒く, 撒く肥料, 播いて, 播きまことに, 播くと, 放ち苅り手, 数珠生りで, 新旧五種以上の, 於て, 既に少く, 日は, 日も, 早變, 映じて, 昼寝し, 朝から, 来た時, 来てから, 栽え, 栽って, 案内し, 案内した, 桑の, 桑を, 棄てたその, 棄てられた鋤, 棉を, 植えた長, 榴散弾でも, 此も, 歩いて, 残して, 残るらしきこと, 殘された, 永くい, 沢山見た, 沿うた径, 沿うて, 浸みる水, 添うて, 溜って, 溢れる, 漸く樂, 潜って, 烏が, 照った暑い, 牧草地が, 狂人の, 玉蜀黍や, 甘藷が, 生うる, 生えた, 生えて, 用ひる, 田に, 盛り上げ, 眼を, 私は, 移されて, 移す決心, 移る近く, 移植される, 種を, 種子を, 穴を, 立ちて, 立ちな, 立ち退いて, 立ってるって, 立つて, 立つては, 箒目が, 箒目を, 籾がらを, 籾を, 粗末な, 紅い帯, 累累と, 続く芝原, 縁台を, 繁殖させれ, 置いて, 群がったカナブン, 群がってる烏, 耕す人, 聞こゆ, 育ったまま, 育ったもの, 育つたま, 育つた人, 育つた俳優, 育つた學者, 育つた年少気鋭, 腰を, 自然に, 至れば, 致す, 興味を, 舞い降りそうして, 芋が, 花を, 苅株のみが, 若い娘, 苺を, 茄子を, 茫々と, 茶の, 草を, 草取りする, 莨吸ひ, 菜の花が, 菜種の, 落ちた, 落ちると, 落ちるよう, 落ち石, 葉を, 葱や, 蒔いた青菜, 蒲団を, 蔭を, 薄夜, 蛤掘っ, 血だらけの, 行きますと, 行き十分, 行き当った, 行き菜, 行くん, 行く人, 行った, 行つたのだつた, 行つてゐ, 行つてゐる, 覆いを, 覆われた土地, 見えなくなった了うた, 見える五つ, 見える人影, 見え隠れする, 見かけて, 見切りを, 誰やら, 豆を, 足跡を, 跳びこんだ, 踏み入るかも, 踏み込んで, 蹈み込ん, 転が, 転がった, 轉が, 轡虫の, 辿りつき目のあたり飴色, 近づくと, 迷いこんだの, 逃げて, 逃げ込んだモモンガア, 逃れてから, 這いかかろうと, 這入つて行, 通ふ, 連れ出しは, 進入する, 遅くまで, 遊びいたる, 運ばれるところ, 過ぎないが, 適しない, 野宿し, 野菜が, 野菜の, 野菜を, 釣を, 鏡立て, 附属した, 限られ居住地, 陽は, 隣る河岸側, 雨の, 雪は, 霜が, 霜は, 露を, 青々と, 青いまま, 青い野菜, 面したふた間, 面し細い, 響き渡った, 預けられて, 顛落し, 飛んだ, 飛んで, 馬鈴薯の, 鰯ころがる, 鳴子が, 麥を, 麦踏む, 麻や

▼ 畑~ (610, 10.2%)

19 耕して 12 作って 9 越えて 6 過ぎて, 隔てて 5 見て 4 つぶして, 眺めて, 越して, 開いて

3 [15件] つくって, ふんで, やって, 作った, 作ること, 作ると, 打って, 持って, 横切って, 耕したり, 荒して, 見た, 見に, 見ま, 見る

2 [46件] こえて, こしらえて, して, たがやして, つき切って, つくっても, つくつて, つくるより, ながめて, のぞいて, やめて, 云ったん, 他人が, 作ったり, 作っても, 作るに, 八方に, 前に, 打つ, 抜けて, 抜けると, 有って, 有つ, 横に, 眺めまわした, 突き抜いて, 耕すこと, 耕や, 草に, 荒したり, 荒らして, 荒らすの, 見ること, 見ると, 見るやう, 見を, 買って, 踊舞台に, 踏んで, 通って, 通りかかると, 通りぬけ, 間に, 隔て, 頭に, 飛んで

1 [400件] あちこち, あちらこちら歩きまわっ, あのまま, あるいたので, あるいて, いじったり, いぢ, いつも飛びまはつてゐるこうろぎも, いでて, うつ拝む, うつ畑打人形, うつ百姓, うなった, うなったそう, うなったり, おこし更に, おとずれた, おりて, お売り, お貸し下され, かけて, かなり行き抜ける, からりと, かりて, こぎわけて, こしら, こしらえ農事, こやす肥料, さくつて門松, さして出かけた, さして旅, さっさっと, さまよい歩くこと, したくったって, しないで, しました, しまって, すかし, すかして, すぎて, すぎ庭, すぐに, すて, すべり下りると, すること, するの, するもの, すれすれに, せせくって, せつせと, その一部, たがやし時折, たがやすこと, たがやす男女, たった一畝, ちつと, ぢつと, つくります, つくるべしさ, つくろうか, つっきると, つぶしお, つぶしても, とおす河中, どんなに喜ばれた, ならしたまま, ぬけて, はさんで, ひたす出水, ひと漁り, ひどく荒し, びつくりする, ふみあらし穀倉, ふみつけて, ふみ荒らした, ほじくりかへ, ほって, ほとんど鋤い, ほると, まがれば, まっしぐらに, まっすぐに, みまわりに, みれば, みんなまぜ, めぐる杉垣, もう一遍, もち農夫, もった農夫, もつた, やらして, やろうじゃ, ゆくとき, ゆく空ぐる, ゆるがした, よく見る, よこぎつて, わけて, わざと滅茶滅茶, グルリと, ソソクサと, ロウザンヌ発大, 一しきり踏み過ぎる, 一と, 一周する, 一廻りし, 一段降りる, 一目散に, 三四町眞直ぐに, 三日で, 下りて, 与えた, 中耕し, 中耕施肥した, 二つに, 二畝半ほど, 云いますが, 云うん, 云ふんだらう, 五六丁で, 仕立てて, 何遍と, 作った人, 作つたり, 作つた人でなき, 作つてゐます, 作つてゐる, 作らなければ, 作りに, 作りへちま, 作りました, 作りますよ, 作り家, 作り糸瓜, 作り豚小屋, 作るため, 作るべき土地, 作るほか, 作るを, 作る時, 作る楽しみ, 作る話, 使は, 侮蔑する, 偲い出し, 先取り御免で, 出拔, 出掛けた時, 分けて, 刈りだしました, 包む遠い近い, 区切ったみたい, 十円ばかりの, 半町歩, 去つた, 去るに, 収穫する, 収穫の, 取りあげて, 合わせたほどの, 向うに, 回想し, 国立公園の, 圍む, 地の, 塒に, 売り桐, 大いに走り, 奥へ, 奨励しよう, 始として, 子孫に, 守って, 小作の, 差し上げますから, 庭と, 廻りけり, 後ろに, 御覽, 思出しました, 手つだって, 手伝いながら, 手伝って, 手入れし, 打ちながら, 打ち始めた, 打ち返すの, 打ち返すは, 打ち返す必要, 打ち麦, 打ったり, 打つたり, 打つて, 打つ人, 打つ孔明, 打とうかと, 抜け出たと, 抜け出ると, 抱く, 抵当に, 拵えて, 拵へて, 拵らへて, 持たないでは, 指させり, 掘り返して, 掘り返すには, 探し出す直ぐ, 操業する, 擴げる, 数千エーカーの, 数反もつ, 整えようと, 書き込んで, 枯らして, 案内させた, 桑畑に, 横ぎって逃げ, 横ぎらうとしてふと, 横ぎり, 横ぎりながら輝き凍ってる, 横切ったり, 横切つて, 横切つて裏, 横切りながら, 横切り母家, 正面に, 此辺に, 歩いて, 歩きま, 歩み出ず, 歩るきま, 歩行い, 残させて, 殖やせ, 気に, 汝に, 流る, 滅茶滅茶に, 潮ふきあげし, 潰して, 潰し林, 焼き尽しあまつさえ, 爲し, 狩り立てるため, 甘い洪水, 甚だしく損ずる, 登って, 白くし, 眞つ, 真白に, 眺め, 眺めた, 眺めたり, 眺めながら, 眺め真夏, 知らないなんて, 知らぬ間, 石の, 空から, 突っきって, 突っ切って, 突ッ走っ, 立って, 縫って, 繼いでは, 耕さないと, 耕しいろいろ, 耕したいと, 耕しつつ, 耕しに, 耕しま, 耕しも, 耕しハタ, 耕し子供, 耕し樹, 耕し種子, 耕し終, 耕し薬物, 耕し誰, 耕すため, 耕すだろう, 耕すところ, 耕すもの, 耕すフリ, 耕す時, 耕す無心, 耕す男, 耕す茄子胡瓜, 耕す農夫, 耕やす, 耘い, 耡け, 脱け, 自分の, 自然観賞の, 自由に, 荒されるやう, 荒したこと, 荒しては, 荒し青梅, 荒すから, 荒すこと, 荒すやら, 荒す野獸ども, 荒らされ人, 荒らされ士農工商一日, 荒らしたついで, 荒らすから, 荒らすと, 荒らすを, 荒廃に, 蒔かないとの, 處分する, 表現し, 襲ふ, 見せて, 見たこと, 見たので, 見たり, 見てる, 見ながら, 見まわして, 見まわったり, 見るの, 見るより, 見れば, 見わたし, 見下して, 見回る, 見廻した, 見廻って, 見渡しながら, 見渡すと, 見物する, 見舞われ失望, 見越して, 見透しの, 覗いて, 覗きや, 覗く様, 讓つてもらつ, 貫いた細い, 貫いて, 貰って, 買ひ取つ, 賣つて, 賣拂, 走って, 走つて, 起して, 起し毎年, 超えた一軒家, 越え, 越え牧場, 越した藪蔭, 越すと, 跳ぶよう, 踏まないやう, 踏まないよう, 踏み荒しながら, 踏み荒すから, 踏み荒らされる場合, 踏み荒らしに, 踏越え, 蹴散らすワ, 這いまわって, 這い木かげ, 通ったり, 通つて足跡を, 通りこし, 通りすぎた, 通り抜けて, 通り掛った人, 通り掛りまして, 通る道, 造え, 造りたいと, 造るの, 過ぎる鳥, 選びお前, 酒屋に, 鋤いて, 開かうと, 開く, 開墾し, 開墾する, 限る, 隈なく, 隔てたすぐそこの, 隔てた小家, 隔てた模糊, 隔てた線路, 隔てた遠く, 風が, 風走る, 飛び出すと, 馬車で, 駈け一すじ, 駒の

▼ 畑~ (308, 5.2%)

12 あって, ある 8 あった 7 あつて 6 見えて 4 あつた 3 あったが, ありそこ, ありました, あります, あるが, 見えた

2 [27件] あったり, あり魚, あること, あるだけ, あると, あるばかり, かぎりなく続い, なるまで, ふえ小屋, 一枚出, 三角形に, 丘の, 作られて, 多いん, 奇麗な, 家々の, 家を, 広くつづい, 心か, 日かげに, 日に, 暗い森, 朦朧と, 続いて, 耕されて, 蒼白く光り, 香気を

1 [187件] あったかなあ, あったわネ, ありこれ, ありそこで, ありその, ありましたかしら, ありますよ, ありやぶが, あり一基, あり切り, あり果樹園, あり田圃, あり畑, あり野, あるからには, あるし, あるその, あるだけじゃ, あるの, あるので, あるもの, ある厩, ある富士川, ある茅ぶき屋根, ある鶏, ある麥, いき, いるの, うちつづいて, うちつづき丘, うんとある, えりで, きわ立ちぶどう畑, こっぴどくやられ, この自分, そつくりし, たいへんな, ちがうせい, つくって, でき村, ところどころに, どうして作れた, ないのう, なくて, なくば, ひろ, ひろが, ひろがって, ひろがりそれから, ほのかに, まつさ, まわりを, みえて, みえ湖辺, みんなトマト, むき出しに, もう陰, 一夜に, 一度は, 一枚, 一枚も, 一町余りありまし, 一番しっかり, 一躍市, 一面に, 丁度つぎ, 三畝, 二枚と, 五月蠅くつて, 交つてゐた, 今は, 何か, 何村に, 余震の, 作って, 作つてあり, 作つてある, 作られ其處, 光って, 八反と, 円形に, 出て, 出来かかった, 出来た夫婦共稼ぎ風景, 出来て, 千町山が, 可愛くてよ, 囲まれて, 在るばかり, 多い, 多く今, 太十, 好きだけに, 宅地と, 家内に, 専門だ, 小麦の, 少し殘つたの, 少し許, 尽きると, 展けて, 展べ, 展開し, 展開した, 広々として, 庭の, 彼の, 忙しくなる, 惜しさ, 打ち続いて, 拓け人家, 掘り返されその, 掛け小屋御免, 数十町も, 斯うだ, 明るく開け, 更紗の, 月に, 来る, 東西にかけて, 果てること, 枯れて, 枯れる, 検束に, 毛虫に, 水びたりに, 沢山ある, 減るだけ, 濕り, 現はれる, 現れる次に, 現れ其向う, 現われる, 現われるという, 盡きる, 私と, 秋水を, 続きその, 続き散らばつた百姓家, 続く, 緑の, 續い, 美しく鵝鳥, 美味そう, 耡ける, 背たかく, 自分を, 色が, 茫々と, 荒された, 荒れて, 荒れ地の, 荒れ狂, 著しく波打っ, 見えその, 見えまた, 見える, 見えると, 見え向, 見え向う, 見ること, 貧弱な, 赤い漁師, 走り青々, 起伏し, 路の, 踏み荒らされたり, 辷るよう, 透いて, 連續し, 違ふと, 遠くまで, 遠く続い, 重で, 開墾され, 限りも, 隅々まで, 際限なく, 雪国でも, 霜の, 青い, 青くつづい, 青白く光つて, 青青し, 高原の, 麦を, 黄色に

▼ 畑~ (236, 4.0%)

26 出て 6 行って 3 はいって, 入って, 往って

2 [17件] いって, おりて, とびこむと, 入った, 出た, 出ては, 出る, 出ると, 往來する, 持ち出して, 持って, 持つて, 来る頃, 案内し, 父と, 肥桶を, 遊びに

1 [161件] いっさん, いらつし, うゑる, えずり, おいでに, かえると, かけこんだ, かんざし, きたら追っぱらえと, きた枯蔓, くぐり出て, さしかかった時, すてて, すべり落して, それを, たおれました所, つききり, でる, なか, ぬけて, はいるの, ひっぱっても, まわり男, みんな入れた, やって来た或, やって来ました, 三四本も, 下りて, 下る前, 乗り込んで, 二番ささげを, 仕事を, 何か, 作ると, 來た, 働きに, 入らせました, 入らないでは, 入らないやう, 入らないよう, 入れたこと, 入れて, 入れば, 出かけたの, 出かけた留守中, 出かけると, 出された, 出ず体, 出たこと, 出たよう, 出たら馬, 出た男, 出た留守, 出てから, 出ぬよう, 出られないでしょう, 出ること, 出るつもり, 出るには, 出る仕度, 出れば, 出口で, 勢よく, 向かって, 埋めて, 塀から, 夜襲を, 大根を, 姿を, 家内と, 小豆の, 帰ったの, 帰って, 帰るが, 引き込んで, 往ってから, 往つて見, 忍び込んだ奴, 忍んだの, 手を, 抛ったらかして, 抱いて, 持ち出さうと, 持ち出したって, 持出し土中, 撒いた, 新しい土壌, 日中西瓜の, 明礬を, 映るそれから, 来た, 来て, 林檎を, 栽え, 梯子が, 植えて, 植ゑかへるとあの素晴らしい, 残らずが, 毎日肥料でも, 水を, 水防に, 登つて河原の, 登り浜崎君, 着いた, 私を, 移されて, 移して, 移植し, 種子を, 稼ぎに, 突つ立つ, 綺麗に, 置きつ放しだつけ, 置きみやげ, 芋堀り, 草削り, 莢豌豆の, 落して, 葡萄を, 行きし, 行きました, 行き最も, 行く, 行くから, 行くには, 行く径, 行けないの, 行けば, 行った, 行ったと, 行ったやら, 行つた, 行つた日で, 行つて見た, 行て, 走つた村落, 踏み込みました, 転がりましたが, 転げ落ちた, 転じたもん, 軽子, 返して, 追ひやられる, 這入って, 這入つた事, 這入ツ, 通じる段々, 連れ行きその, 遣るッ, 野菜を, 鍬を, 闖入した, 隱さう, 集まって, 集まる, 飛びだした君達, 飛び下りた, 飛び出して, 飛び込めば, 駈出して, 鳩の

▼ 畑~ (203, 3.4%)

3 一面に

2 [14件] すぐ起せる, その娘さん, 世にも奇妙, 今丁度, 作るもの, 向へ, 日中の, 朗かに, 村の, 窪地の, 花の, 草だらけである, 見渡す限り, 黒木長者の

1 [172件] ありませんし, ある, あるもの, いいね, いいよ, いくらも, いけません, いつまでも, いよいよ物悲しく, いろいろあるであらう, いわば美, おもに高台, かなり広い, からりと, ぐる, この外, この時, この辺ぢ, すぐそこ, すぐ此塔, すっかり土, すっかり鋤き返され, すつかりいろづき, すなわち野, そうなる, そのままだっ, その所有者, それで, それに, そんな意味, たちまちイモ畑, ちが, ぢき, つづき, とうとう鬼婆, とてもりっぱ, とにかく秋耕, どこの, どこも, ない, なかった, なし木, はるばると, ひかりて, ひとつよ, ふと不吉, ふみ荒され百姓, まさにつき, まだ幾枚, まだ誰, むろんの, もう売れ, もう少し余計, もう真, やがて小紋, やがて菊井博士, ゆるやかに, われわれの, オレが, 一反足らずです, 一寸皆呪文, 一層身窄, 一条一条丁寧に, 一面の, 一面虫の, 万作じ, 三十両田は, 三十兩田は, 三日も, 上々で, 不便よ, 主食の, 二三歩で, 二町歩あります, 云った, 五畝や, 人足の, 他の, 以前より, 何と, 何とか俺, 作り上げて, 俺達百姓の, 八月十五日をもって, 其中の, 其処から, 凡てが, 出來, 刈りとられ木の葉, 別の, 去年の, 吹き払われその, 埃で, 埃の, 夜の, 大抵ぱさ, 大陸的に, 完全に, 実際素晴, 家屋を, 富士川の, 少しも, 幅が, 平な, 庭つづきで, 快男子, 悉く蔓, 悪い天気あげく, 成熟しつ, 我が先祖, 扇屋の, 新しい城下町, 暗かった, 暗かつ, 暗く浪, 暫く乾く, 暮れ染めに, 月夜の, 本物の, 榛の木並樹の, 毎年よく, 毎日どんどん, 水ばかり, 決して初め, 河原の, 深山の, 湿け, 濃い海老色, 火焔の, 甘藍などを, 百姓の, 知るべきであった, 砂に, 禿げ林, 穂のみ, 穗のみ, 空しく通過, 空っぽだ, 笑止千万よ, 納戸役, 素顔君が, 紫色の, 続いて, 繁昌です, 美しくまた, 耕され田, 肥しが, 舞台の, 色とりどりの, 花壇を, 荒された, 荒され家畜, 荒され路頭, 荒す, 荒らされる, 荒らされ女, 荒れて, 荒れ人, 谷から, 赤, 違つても, 遠いの, 遠さ, 陸稻を, 雑草の, 青い馬, 頗る急斜面, 風損霜害にて, 鳶いろ, 麻でも, 黄で, 黄白相交つて地勢の

▼ 畑~ (201, 3.4%)

10 働いて 9 あつた 6 仕事を 3 トマトを

2 [12件] あつて, 子供が, 植木の, 泣いた, 畑の, 稗や, 芋を, 草を, 蛇を, 重い箱, 開かれました, 霜枯れて

1 [149件] あうこと, あつたなら, いうならば, いちごを, お綱, かっと御, からりと, きいて, きょうも, くわを, こういえ, ごくたまに小さい, さくり, しきりに何, せまい軒先, その豌豆, たたかつてゐる, たべよう, ちょうどりんご, できたのよ, できて, とれるもの, どんどん火, はけしつぶ, まばらに, めいめいが, よかったらしい, わが家の, キャベジが, キリキリ舞いを, グッスリ, ジャガイモの, トマトの, トンネル, ニコチンに, 一人の, 一反に, 一寝入した, 一面人体と, 不思議な, 二人の, 五六俵取れる, 人工的に, 何を, 作った野菜, 作って, 作り出すわけ, 作物の, 働いた, 働いたり, 働かせて, 働く女たち, 働らい, 六月の, 其, 出来た小さい, 別れたきり, 卯平は, 右にも, 向ふ, 吹かれて, 喘ぐ息, 四五人の, 国民を, 大きな背負い, 大抵は, 大根を, 存分に, 家が, 寝た風流, 射られたの, 将門の, 小さい, 懸隔って, 手いつ, 拳固で, 拾ろた, 採ったふだん草, 採れたさつま芋, 昔の, 春には, 有名な, 朝の, 本物の, 果てしも, 柔かい穗, 柿の, 桑など, 次から, 毎日はたらい, 泣いてると, 洪水が, 浅草のみや, 狐が, 猪を, 瓜を, 生れた學問, 発見した, 白嘴烏が, 百姓どもが, 百姓みたいな, 盗んで, 真中には, 眠つてゐる, 祈ると, 秋の, 穴は, 立ち働いて, 立働いて, 紙鳶を, 素敵な, 紺絣姿は, 終えるの, 耕しなさいませんか, 腐って, 色様々の, 若い娘たち, 茄子の, 落穂を, 蕎麥の, 虫が, 街燈の, 西と, 見たきり, 見たこと, 見た男, 話して, 誰も, 豆や, 逢つてから, 過ごして, 過すこと, 道は, 道路を, 里芋を, 野菜を, 鉢巻を, 銀の, 鍬の, 鍬を, 雲雀の, 零余子を, 頻りと, 風に, 風上を, 馬も, 麦の, 黄いろくも, 黒くくさっ

▼ 畑~ (192, 3.2%)

5 田も 4 あった 3 ある, 田圃も

2 [18件] あるし, いらぬ, ちゃんと入ります, ない, ないこと, なく家, なければ, 丘も, 他人の, 入ります入ります, 家も, 山も, 森も, 自分の, 茶色外套の, 道も, 部落も, 青よ

1 [141件] あぜみちも, あったし, あったもの, あって, あつた, あやうく失くなる, あり森, あり江戸, あり畑, あるし麦畑, あるの, あれば, あろうが, いちめんに, いつしか町, おいらん草も, お金も, かくれぬ日毎, この倍, この老爺, すぎやがて, すっかり葉, すつかり, すでに刈らね, すべて借金の, すべて枯死を, すれば, すんで, そして流れ, たまったもの, たんぼも, だんだん手, つくって, つくらせず自然, とうとう借金, どことなくうら悲しい, ないあれ地, ない荒地, ない葉桜時, なくその, なくなり人影, なく島民, なく都市, なにもかもかくれ, ひつそりとして, またカイト, まっ白に, みな一面草に, めちゃめちゃ, もとの, よこぎって, わずかの, シャベルかなんか, メチャメチャじゃ, 一せいに, 一反四畝程, 乳色の, 亀裂し, 人里は, 今では, 今年は, 何も, 作る, 作れるし, 其の林, 出来ようもの, 勝ちほこった, 半分だけ, 半分上げよう, 原つ, 右京の, 同じに, 困難が, 土も, 堀も, 堤防の, 増して, 売らう, 売りて, 多い, 宮本も, 家の, 家敷も, 平坦の, 所有地全部買収地の, 手伝いたいと, 打てば, 押しつぶして, 持たずに, 持たないの, 掘りかへ, 斯の, 春が, 暗く茂つて, 林も, 梨畑も, 橋も, 次第に夕闇, 武蔵野の, 武藏野の, 殆ん, 残ったの, 海の, 海老屋の, 漸く極, 無えべよ, 燦々と, 片っぱしから, 甚だ微弱, 生れなかった, 畑の, 畝うた, 百坪ばかり, 相当できる, 秋田も, 空中で, 立枯も, 等しく灰, 紀ノ川も, 緑に, 緑の, 耕せば, 草の, 草原も, 藪も, 街道も, 見えた, 見える早川谷最奥, 見え椰子, 見られたが, 見渡すかぎり真青, 貧弱である, 赤い, 路も, 造らえて, 間もなく高い, 雪の下に, 霜の, 青いで, 青白くすでに, 黒く見える

▼ 畑から~ (168, 2.8%)

10 帰って 5 出て 4 抜いて 2 さうし, とって, 出た人, 娘さんを, 抜きたての, 畑へと, 道へ, 飛んで

1 [133件] うちに, おりて, この人々, すぐ採っ, それを, とった半分, とりたての, とれた麦, ながめると, ぬいて, ひや, まぎれ込んだの, みごとな, やんさ, キューリも, ゴソゴソと, チシャを, トマト胡瓜蓮芋紫蘇とても, 一人の, 一度に, 一束の, 三俵の, 上る物, 事務所へと, 人間の, 借用し, 入りこんで, 凡てから, 出かけた, 出たもの, 出る塵芥, 出來上, 切って, 十八人の, 南瓜の, 収穫時に, 取って, 取り除くのに, 取れたもの, 右側の, 味噌汁の, 唐蜀黍を, 唐黍を, 四十匹ばかりの, 土を, 土着の, 埋め門, 大根を, 家にか, 家屋敷道具まで, 寄せ集められた, 山鳩が, 巻狩の, 帰った, 帰つ, 帰つて来た, 帰つて来る, 帰ると, 帰るとき土橋, 往来へ, 得ようとは, 恵深い, 抛り出された石ころ, 担いで, 拔け, 採らせないの, 採る蔬菜, 採れた瓜, 掻き出した雑草, 数多い桑, 敷地を, 月が, 杉林に, 村と, 来たとき, 来ました, 松林の, 根絶させる, 案山子が, 楮を, 歸つ, 歸つて來た, 歸つて來て, 母が, 淵を, 溢れんばかり, 滑り出して, 物が, 生えて, 生れたこと, 生れるだらうと, 畑を, 畝うつり, 盗んで, 盛り上がって, 納屋へ, 聞えて, 胡瓜を, 自由に, 芋でも, 芋の, 芋や, 芋を, 若々しい杉, 菊を, 菊井博士の, 菜の花を, 萌え出るの, 葡萄を, 蜀黍の, 西瓜を, 見て, 見るの, 見上げると, 農家から, 追っぱらった, 追払, 逃げだして, 這ひ下りた, 運動場へ, 遠く農家, 遠ざかつてゐるのに, 野まで, 隣りの, 雀や, 雑草を, 青紫蘇の, 飛び下りて, 飲代を, 首を, 馳け, 騎首を, 黄金の

▼ 畑~ (132, 2.2%)

3 森の

2 [11件] 向うの, 唐黍畑だけは, 山林の, 林や, 森や, 樹林や, 田に, 田は, 苗圃などに, 茗荷に, 部落の

1 [107件] お金なぞを, こちらの, こんなむちゃくちゃ, しきも, そよぐ陸稲, そよぐ陸稻, それから, または町, まだ冬, もろこし畑や, わたの, イモ畑である, キャベツ畑ばかり, クローバーの, 丘から, 今貧弱な, 千町歩も, 南瓜畑の, 友呼て, 古い教會, 圃の, 圃は, 堤に, 家や, 家畜の, 小屋の, 山茶花などの, 崖の, 工場の, 往来には, 春の, 時による, 村や, 松原が, 枇杷の, 林の, 林は, 果樹園や, 果樹園水田などが, 桃圃は, 森が, 森を, 森林へ, 気持の, 氣候の, 水田に, 水田の, 水田や, 水田牧草地などに, 河すじの, 河原の, 沼の, 深くなくつ, 清流は, 火見, 炊事の, 牧場や, 田から, 田だった, 田の, 田や, 田を, 田んぼが, 田圃に, 田圃にずつと, 田圃を, 田圃路だ, 畷を, 目路の, 硝子を, 稲田も, 穴畑に, 空の, 空地などが, 竹藪の, 米の, 粟の, 粟畑の, 草の, 草原の, 荒れ地に, 荒地は, 蔵や, 藪が, 蛭谷などを, 西洋式の, 豪農の, 赤はげの, 路地口を, 農家の, 道の, 道ばたや, 道を, 道端へ, 野の, 野原を, 野道や, 開墾地で, 開墾地を, 雜木林ばかり, 離屋に, 電柱アンテナなどに, 馬賊や, 鶏でも, 鶏舎の, 鶏舎を, 麥などの

▼ 畑~ (111, 1.9%)

4 いっても, 畑との 3 なって 2 いくらかの, いへば, そして一枚, なく芋, なつて, 丘の, 桑畑の, 畑の, 荒地に

1 [82件] あるべきところ, いはず崖, いわず口, いわず森, げんげ畑が, さうし, したところが, し大阪府, し馬鈴薯, するであらう, それから, だん, つづいて, であります, なすあり, なつた, ならぬ處, ならんで, なりおわるならん, なる, みずみずしい黍畑, わずかしか, 一町五畝の, 丸々と, 乙の, 二三尺なる, 云う畑, 云つても, 云ふ, 入れ交つた繁み, 其の中, 化して, 危険とが, 同じだ, 大きな鶏小屋, 大なる, 孟宗藪を, 山と, 山との, 山林の, 岸との, 徘徊する, 愛鷹山越しに, 普通の, 杉山だけ, 松林との, 松露掻き, 林とを, 果樹園の, 森と, 森とで, 樹林が, 機物で, 水車と, 煙草と, 牧場とを, 田との, 田を, 田圃の, 相向ふ, 相州小田原は, 相擁し, 祖先以来の, 竹林とに, 耕耘地との, 草原の, 草野から, 葱畑の, 蕎麦畑で, 薪材を, 藪を, 見ある, 見られた, 言えば, 野原ばかりの, 野面へ, 雑木林とが, 雲雀との, 静かな, 風呂小屋との, 馬小屋ばかり, 麥畑の

▼ 畑には~ (107, 1.8%)

2 [11件] いって, いつたところ, 唐もろこしも, 唐蜀黍や, 土が, 茎や, 蕎麥の, 蕎麦の, 西瓜や, 麥の, 麦が

1 [85件] いかにも雨, いて, うまおいが, ここらあたり盛に, さう, しどろに, すでに青い, ただ一種蕎麦, とうもろこしの, どこを, なにが, ひりたり, まだちらほらと, まだ雪, めずらしく俊三, もう丈, もう刈, もう熟しかけた, ようやく芽, よその, オレンジの, ダリヤでも, レントゲン科の, 一杯の, 人影が, 今芍薬やら, 何か, 何も, 其の時麥, 刷毛の, 去年とりのこした, 唯一杯に, 夏から, 大抵百姓たち, 大根や, 大豆の, 季節の, 実らない作物, 晝が, 最早大麦小麦, 朝晩鳥が, 林檎が, 果実が, 桑を, 梅の, 棉の, 毎年沼の, 源吉爺さんと, 滅多に, 灰いろ, 煙草のみが, 爺さんを, 珍しいこと, 白い絲, 白樺も, 百姓の, 真横から, 穂に, 第一, 耕す者, 胡瓜や, 臭いニラ, 芋の, 芋も, 茶褐色の, 菜の花が, 葱の, 蕪菁大根葱などの, 薯菜大根黍陸稲なんかが, 見事な, 豌豆が, 豌豆の, 貧弱な, 農夫が, 近頃山葵, 里芋の, 金の, 霜がれた薩摩芋, 露を, 馬鈴薯と, 馬鈴薯白う, 鶏小屋も, 麥が, 麦の, PWが

▼ 畑仕事~ (65, 1.1%)

6 をし 2 に精, は女, をした

1 [53件] から帰る, がいそがしく, が主, が少し, が後れ, が忙しい, すぐ労, すぐ掌, すばらしい草, でもしよう, で始終, で手, と道, などさせたくない, などし, などしない, などもし, にか, にときどき, にはちっと, にもべつに, にも精出し, に來, に出, に習熟, の手, の方, の最中, の疲れ, の経験, の邪魔, の間, はあきらめた, はあなた, はさすが, はし, はできなくなる, もその, も少し, や鶏小舎, をしたら, をしてやった, をしました, をじっと, をすこし, をすて, をする, をみてる, を少々, を為し, を相当, 教えながら, 新菊

▼ 畑~ (61, 1.0%)

2 の上, の方, を歩いた, を歩き

1 [53件] から南, から問題, から廻っ, から往還, から散歩, から畑道, が細く, だ蛙, でそんな, でひよ, で漸く, とかを通る, には大きい, に出, に出た, のあいだ, のよう, の中, の土橋, の真中, の辻, の間, へそれた, へ移つて, やうねり道, や森, を, をあるい, をうねる, をかけくだっ, をぞ来, をながめた, をむやみ, をもう, をゆき, をゆるゆる, を丘, を二人, を奔ら, を寄切, を廻っ, を引返し, を引返した, を散歩, を歸つて來, を眞, を真っ直ぐ, を行く, を走っ, を迂回, を通, を通つて駅前, を駈け

▼ 畑では~ (33, 0.6%)

1 [33件] ありません, ありませんよ, くさりかけて, この新しい, たとえひとり, つまらんやつ, つゆを, どうにも, ないといふ, なく戴, なく梢, なんといっ, まだ晩蒔, よく大根, ズボラの, デザートの, 前記の, 四十代の, 変った型, 外人の, 妻女も, 日本的な, 桑の, 熊蜂の, 燕麦も, 百姓たちが, 稗が, 空気が, 花が, 若い女, 若い緑葉, 農夫が, 麦が

▼ 畑にも~ (32, 0.5%)

2 山にも, 野にも

1 [28件] あんなにたくさん, いま自分の, この間行った, ずいぶん怪談, とみに新人, なりそう, なりッ, ぶつかるその, ややどっしりした, 一杯光り, 一組芋を, 不意に, 人影が, 使えるし, 出て, 出られるし, 掃溜の, 森にも, 生えるもの, 砂山にも, 胡麻は, 草に, 街道にも, 見渡すかぎり幾人, 豊饒な, 越えたりなど, 麥が, 麦の

▼ 畑柳家~ (31, 0.5%)

2 の塀, の知合, へ行っ

1 [25件] がこいつ, でなかったこと, には今, には執事, に奇妙, に引返した, に禍, の事件, の人達, の代表者, の密閉, の怪事, の書斎, の番号, の相談役, の財産, はまるで, は大, へお, へとフル, へと走らせた, へは警部, へ談話筆記, を廻っ, を訪ねた

▼ 畑~ (27, 0.5%)

3 のが 2 という, と思う

1 [20件] あ無, かどれ, からじとじと, からそんな, から八釜, から音, か分らない, けれど十月, つてほんた, と, とかは我々, とつまり, と信じます, と言, と訊く, なと気がついた, のへ, もの四ツ角から, よ, ッ

▼ 畑~ (24, 0.4%)

2 にし

1 [22件] が好き, その人, だと, ですの, という大, と同じ, と斎藤, にい, にいる, にとってはむしろ, にも倭文子, にも遂に, に嫁, の事件, の刑期, の茂さん, はその, はもう, は天井裏, は年, は遂に, を殺した

▼ 畑~ (21, 0.4%)

1 [21件] がまた, が持つ, が来た, とはこんな, と夏子, と英也, と鏡子, にも声, に云つて, の傍, はそこそこ, はだしぬけ, は二つ, は何, は先刻, は口, は昨日彼方此方, は滿, は直ぐ, は立つ, を見

▼ 畑姉弟~ (20, 0.3%)

5 を誘拐 2 を救い出す

1 [13件] が誘拐, の誘拐, は方丈, をうしろ, をそう, をもそう, をも手, を使っ, を保護, を手, を掠, を救う, を頼む

▼ 畑~ (19, 0.3%)

2 や法三章, や鳥さ

1 [15件] か, とある, ということ, といふ句, といふ題, と申します, などと大同小異, に替へ, に沼, に近づく, のひま, や影, をも同じ, を他, を望み

▼ 畑まで~ (18, 0.3%)

1 [18件] お帰り, きて, しに, まっくら, よく散歩, 一町餘り, 作つて菜つ, 出て, 水が, 流れて, 清三の, 猪が, 行った, 見に, 賣拂つて, 逃れた, 運び出さなければ, 駈けつけて

▼ 畑でも~ (14, 0.2%)

1 [14件] いばらの, じつに困り, ないもの, なんでも, また見, 人間の, 働いたつまり, 出来たほどに, 取り上げられたらどう, 平坦地方とは, 引つ被, 田でも, 肥料などは, 見物する

▼ 畑打ち~ (14, 0.2%)

2 などし

1 [12件] だ, だった, に出た, に忙しい, に通う, の爺さん, も始まった, も手, を完つて, 人形, 夜は, 薪割りなども

▼ 畑打つ~ (14, 0.2%)

2 麓かな

1 [12件] てふてふ, とあり, ものの近く二人, 一人, 人々家内惣出だ, 人にも, 人の, 場合である, 場合と, 山の, 男女何処と, 空や

▼ 畑柳庄蔵~ (14, 0.2%)

2 を殺し, を殺した 1 が悪人, そしてここ, だ, だとは, と小川正一, のふくれ上った, は二ヶ月以前刑務所内, は彼, も殺し, を死人

▼ 畑~ (12, 0.2%)

2 畑が 1 とうもろこしの, なんかに, 何かへ, 判らぬところ五六丁, 山林へ, 果樹園の, 水田への, 田に, 田の, 畑地か

▼ 畑にな~ (12, 0.2%)

3 つてゐた 2 つてゐ 1 つた, つて居ます, つて居り, つて眞柏は, つて茄子玉蜀黍など, つて行く, ツたり

▼ 畑~ (12, 0.2%)

2 の火山灰 1 が黒く, じゃこまるだろう, に, にうずめ, の盛り上つた心持, は一度, は柔かく軽, は肥え, へ転ん, を馬蹄

▼ 畑という~ (11, 0.2%)

1 [11件] ところの, のでした, のは, ものは, 処に, 料亭で, 料亭に, 村である, 畑が, 畑には, 畑は

▼ 畑作り~ (10, 0.2%)

1 が好き, のため, のもの, の余戯みたい, の私, の計画, の豌豆, は止めない, は母, を着手

▼ 畑~ (9, 0.2%)

2 逃げた 1 へ, へももう, へ興味, 出たに, 出て, 行って, 踏み込んだ

▼ 畑~ (9, 0.2%)

1 ものいまだ, ものに, もの季遅れ, もの季遲れ, もの豆の, 物かぐ, 物と, 男が, 益芋

▼ 畑ばかり~ (9, 0.2%)

1 だから, ぢや, つづいたいなか道, では, でふだん, で人家, で家, で春日町, で覗き

▼ 畑一面~ (9, 0.2%)

2 に立ち並ん 1 にさながら, に並行, に作っ, に作る, に萎え, に蜘蛛, に身ぶるい

▼ 畑~ (9, 0.2%)

1 とは違う, に月, の咎, の茄子, をみんな, を供えた, を全部, を掠めた償い, を掠めなけれ

▼ 畑さん~ (8, 0.1%)

2 へ知らせ 1 で, に二人, に知らせ, のお家, へみまい, やなんか

▼ 畑~ (8, 0.1%)

2 んだ 1 だり高粱, のかと, ので小さな, ので黄いろく, んでしょう, んです

▼ 畑あり~ (7, 0.1%)

1 て南瓜, といふ言葉, 先生が, 工場あり, 松の, 海の, 茶畑あり

▼ 畑との~ (7, 0.1%)

2 間の 1 かなたに, 勾配ゆるやかな, 緑を, 間に, 間を

▼ 畑とも~ (7, 0.1%)

1 つかない砂地, つかぬ山畑, つかぬ畑, つかぬ雪, 呼ぶ地域, 庭とも, 篠野の

▼ 畑などの~ (7, 0.1%)

2 彼方に 1 入り乱れた北向き, 名義の, 土に, 峠路から, 起伏が

▼ 畑へも~ (7, 0.1%)

2 散らば 1 それからなん, 侵入する, 出ないで, 行く, 野菜を

▼ 畑ン中~ (7, 0.1%)

2 に田鼠, の豆ン花何, は青空天上 1

▼ 畑柳夫人~ (7, 0.1%)

1 からは何, が人殺し, に化け, に失恋, の子供, の家出, もこの

▼ 畑荒らし~ (7, 0.1%)

1 がはやった, に入った, の, の一族, の兇状持, の此, はいたしません

▼ 畑へは~ (6, 0.1%)

1 いつて, お内儀さん, お春っ子, わし一人出りやすむ, 何と何, 百姓は

▼ 畑より~ (6, 0.1%)

1 あがるもの, とりし益芋, 出でて, 忍び来し, 手入れし, 甘藷西瓜等を

▼ 畑柳邸~ (6, 0.1%)

1 に着く, の新, の門前, は段々, へと自動車, を引継いだ

▼ 畑~ (6, 0.1%)

1 で嫂, に入った, の岐路, より夫婦, をゆく, を横ぎるころには

▼ 畑いじり~ (5, 0.1%)

1 ぐらいの楽しみ, して, つつもの, の姿, をし

▼ 畑うち~ (5, 0.1%)

4 かへす 1 の片手

▼ 畑じゃ~ (5, 0.1%)

1 ないかね, ないや, ア仕様が, ア食う, 泣いたり

▼ 畑です~ (5, 0.1%)

1 がこれ, がベートーヴェン, ね, の, の金吾さん

▼ 畑といふ~ (5, 0.1%)

1 ものが, ものは, 小村へ, 畑を, 處を

▼ 畑とは~ (5, 0.1%)

1 かたづかないが, もはや彼, 云えなかっ, 木戸と, 隣り持ち

▼ 畑とを~ (5, 0.1%)

1 なくして, 区切って, 合わせて, 所有する, 限つた樣に

▼ 畑などが~ (5, 0.1%)

2 続いて 1 あるだけ, 一様に, 見えた

▼ 畑なども~ (5, 0.1%)

1 あるらしかった, ある人, 一応金, 作られて, 町で

▼ 畑一杯~ (5, 0.1%)

2 に射しかけ 1 に七十本八十本, に作っ, に麦藁

▼ 畑柳倭文子~ (5, 0.1%)

3 と茂少年 1 は一体全体, は危く難

▼ 畑柳氏~ (5, 0.1%)

2 の書斎 1 の忘れ形見, の洋風書斎, は骨董

▼ 畑~ (5, 0.1%)

1 のいふ, は幾度, は相手, は肉刀, も几帳面

▼ 畑灌漑~ (5, 0.1%)

1 が出来る, であるが, によって主として, によって初めて, はもちろん

▼ 畑~ (5, 0.1%)

2 の六 1 の番小屋, をし, 至極退屈

▼ 畑からの~ (4, 0.1%)

1 匂ひ, 山内得立教授であり, 收益で, 高垣寅次郎教授と

▼ 畑だけ~ (4, 0.1%)

1 であり田, でそれ, でなく海, では

▼ 畑~ (4, 0.1%)

1 やありません, や無え, や逃げ出す, ゆうの

▼ 畑つくり~ (4, 0.1%)

1 がうまく, の老僕, ようち, をやっ

▼ 畑での~ (4, 0.1%)

1 出來事その, 出來事と, 労苦や, 栽培による

▼ 畑とが~ (4, 0.1%)

1 あり窓下, 一幅の, 同じ平面, 荒寥として

▼ 畑なか~ (4, 0.1%)

2 の小 1 の小路, の徑

▼ 畑など~ (4, 0.1%)

1 あるやう, あれば, それぞれの, どしどし宅地

▼ 畑へと~ (4, 0.1%)

1 わずかな, 入ったの, 歩き廻っても, 流れ行く

▼ 畑らしい~ (4, 0.1%)

1 ものが, ものは, ものも, 岡が

▼ 畑与右衛門~ (4, 0.1%)

1 には子, の住居, の遺族, も斬られました

▼ 畑元帥~ (4, 0.1%)

2 がのう, が広島

▼ 畑~ (4, 0.1%)

1 い折れるが, は堤, は田圃, も青田

▼ 畑荒し~ (4, 0.1%)

1 ても, と見られ, をおぼえ, 暗殺流説

▼ 畑~ (4, 0.1%)

4 ひの

▼ 畑あらし~ (3, 0.1%)

1 が無, は, を働いた

▼ 畑からも~ (3, 0.1%)

1 一人づつ立つ, 一人づゝ立つ, 抽け

▼ 畑づき~ (3, 0.1%)

2 の別荘 1 の家主

▼ 畑であっ~ (3, 0.1%)

1 たりし, てそこ, ても自分

▼ 畑でない~ (3, 0.1%)

1 と高, 処には, 地面が

▼ 畑とか~ (3, 0.1%)

1 あるいは裏畑, 云うもの, 田が

▼ 畑なぞ~ (3, 0.1%)

2 へ冬 1 歩いて

▼ 畑なる~ (3, 0.1%)

1 が畑, は珍, 役者の

▼ 畑について~ (3, 0.1%)

1 いて, この方法, 語った

▼ 畑やら~ (3, 0.1%)

1 上の, 果樹や, 草も

▼ 畑十太夫~ (3, 0.1%)

1 がいた, と竹内数馬, は追放

▼ 畑宮本~ (3, 0.1%)

3 の四人

▼ 畑~ (3, 0.1%)

1 を唯一人東山, を歩い, を歩く

▼ 畑打人形~ (3, 0.1%)

1 が畑, は悲しき, は畑うち

▼ 畑柳未亡人~ (3, 0.1%)

1 ではこれ, というの, とは一体

▼ 畑~ (3, 0.1%)

1 から村, から遠く, だと

▼ 畑越え~ (3, 0.1%)

1 て, て耳柔, の一軍

▼ 畑越し~ (3, 0.1%)

1 に大声, に弟, に湯

▼ 畑陸相~ (3, 0.1%)

1 が登壇, の声, の開口

▼ 畑麦畑~ (3, 0.1%)

2 で肥柄杓 1 などが有る

▼ 畑ぁ日かげ~ (2, 0.0%)

2 になら

▼ 畑ぁ日影~ (2, 0.0%)

2 になら

▼ 畑ありで~ (2, 0.0%)

1 僕は, 国語教育の

▼ 畑いちめん~ (2, 0.0%)

1 に落ちる, に魚

▼ 畑いっぱい~ (2, 0.0%)

1 うすあかい幹, に咲きそろった

▼ 畑うつ~ (2, 0.0%)

1 その音, をのこの

▼ 畑ごとお前~ (2, 0.0%)

2 にやる

▼ 畑さえ~ (2, 0.0%)

1 あれば, 害せず

▼ 畑さ行~ (2, 0.0%)

1 がねえ, のよ東京

▼ 畑すら~ (2, 0.0%)

1 出來, 在りよう

▼ 畑そして~ (2, 0.0%)

2 遠く土庄町

▼ 畑その~ (2, 0.0%)

1 上に, 先は

▼ 畑だけが~ (2, 0.0%)

1 いかにも冷え冷え, まあわずかに

▼ 畑だけは~ (2, 0.0%)

2 猛烈に

▼ 畑だって~ (2, 0.0%)

1 はやくウネ, 山だって

▼ 畑つづき~ (2, 0.0%)

1 のおでん屋, の野原

▼ 畑であった~ (2, 0.0%)

1 ところに, のが

▼ 畑としか~ (2, 0.0%)

2 無かつ

▼ 畑とで~ (2, 0.0%)

1 さまざまの, 村落が

▼ 畑どの~ (2, 0.0%)

1 の御, へ来た

▼ 畑などと~ (2, 0.0%)

2 いうと

▼ 畑などは~ (2, 0.0%)

1 旦那さまが, 耕さぬ

▼ 畑なら~ (2, 0.0%)

1 ば前, 何が

▼ 畑なんか~ (2, 0.0%)

1 では, どうでも

▼ 畑なんて~ (2, 0.0%)

1 不斷, 野郎は

▼ 畑にだって~ (2, 0.0%)

1 台所の, 女神が

▼ 畑にでも~ (2, 0.0%)

1 できたらしい紅色, 出て

▼ 畑にの~ (2, 0.0%)

2 うえ

▼ 畑~ (2, 0.0%)

1 とつか, とツ

▼ 畑ばかりと~ (2, 0.0%)

2 なれり

▼ 畑をば~ (2, 0.0%)

1 よく実らせました, 歩む寂し

▼ 畑ヶ平~ (2, 0.0%)

1 という草原, を辷っ

▼ 畑一ぱい~ (2, 0.0%)

1 に月, に牡丹

▼ 畑~ (2, 0.0%)

1 と云, の土手かげ

▼ 畑下戸~ (2, 0.0%)

1 の溪流瀧, の隅々

▼ 畑~ (2, 0.0%)

1 であれば, に日

▼ 畑~ (2, 0.0%)

1 が少し, が鍬

▼ 畑~ (2, 0.0%)

1 は火, よそんなに

▼ 畑仕事等~ (2, 0.0%)

1 をもさせ, を盛ん

▼ 畑~ (2, 0.0%)

1 はこの, は四円

▼ 畑全体~ (2, 0.0%)

1 にりんご, にわたって作る

▼ 畑六郎左衛門~ (2, 0.0%)

1 て豪傑, は湊

▼ 畑~ (2, 0.0%)

1 は桑畑, へ練りゆく

▼ 畑同じ~ (2, 0.0%)

1 ものばかり, 夕日の

▼ 畑同士~ (2, 0.0%)

1 は呶鳴り合, は痛快

▼ 畑~ (2, 0.0%)

1 の卯, へ無茶

▼ 畑小さい~ (2, 0.0%)

1 家や, 町と

▼ 畑尾さん~ (2, 0.0%)

1 の処, の所

▼ 畑~ (2, 0.0%)

1 き莊園領, く

▼ 畑~ (2, 0.0%)

1 を唯一人東山, を歩く

▼ 畑日向~ (2, 0.0%)

2 の霧島山あたり

▼ 畑桑畑~ (2, 0.0%)

1 などからそれ, になつ

▼ 畑焼き畑~ (2, 0.0%)

2 を開い

▼ 畑純一氏~ (2, 0.0%)

1 である, と僕

▼ 畑耕一氏~ (2, 0.0%)

1 だつた, に煙草

▼ 畑草くだもの~ (2, 0.0%)

2

▼ 畑起し~ (2, 0.0%)

1 てもい, てもいい

▼ 畑閣下~ (2, 0.0%)

1 が幹事, である

▼ 畑~ (2, 0.0%)

1 の尾花, まで駈け降り

▼1* [302件]

荒すし, 畑ありし地なりし, 畑ぢり, 畑いい心持だ, 畑いくつ湿るあなた, 畑いちめん紺いろの, 畑いったいに蒔かず, 畑いつか田になつ, 畑うつ音のいそがしく, 畑つ魂げ, 畑かたがわ, 畑かと思うて, 畑からでも引き抜いて, 畑からにょっにょっと蹴出す, 畑からは稗が, 畑がぞつくりと, 畑がちがふと, 畑がとつくに, 畑こそ最も地味, 畑こと踏み荒したな, 畑しらえ, 畑ごく下等な, 畑さまの御, 畑さ行つて來るん, 畑ざかいの荒地は隣接, 畑しか知らない奴, 畑すっかりで六, 畑すでに青し, 畑すらも枯れた株, 畑そこに真赤, 畑それから芋畑と, 畑それらの眺望, 畑だけしかないところ, 畑だったので非常, 畑だったらわやくそだ, 畑だつたんぢや, 畑だのそこに, 畑だろうと林, 畑がひ, 畑つくっている, 畑つくりでも米搗き, 畑つくるにも野菜, 畑つづきですがその, 畑づくりでやっと, 畑づたいにやや山手の方, 畑であり湿地であり, 畑である数百本の, 畑であろうとこう, 畑でございますが, 畑でして家, 畑でずつとさきは, 畑でなくてはならなかった, 畑でなければ墓場である, 畑でねえアデェル一寸二週間許り, 畑というは椎森の, 畑とかいうことは, 畑とかを宗太から, 畑として米の, 畑としては手入れが, 畑とて櫻多し, 畑とても一眸数里に, 畑とでもいふべきもの, 畑とになつてゐた, 畑と共に一大公園を, 畑どころでは, 畑ながめて, 畑なくして, 畑なぞを作るため, 畑などではなく同じ, 畑などに咲いて, 畑などを作って, 畑なひらきそ麻田比古が, 畑ならこつちのものだ, 畑なり田なりの, 畑なりきいま血の, 畑なりにすること, 畑なりへ下り立つて, 畑なんぞの真ん中らしい, 畑なんぞも木の, 畑にごそめく音が, 畑にて仕事を, 畑にとっての不幸事です, 畑にのみ残したの, 畑にまで鎌を, 畑にや鼬, 畑によって適当な, 畑に対して特別の, 畑のう大事がる, 畑のうねのかなたに, 畑のうねはすべて桑田である, 畑のうへわたる青鷺づれのをかしき夕, 畑のけはしき月, 畑のしもの方には, 畑のみでありそして, 畑のみか田までが, 畑のみが映つた, 畑はもうだん, 畑ばかりの続いて, 畑ばかりへ沢山やる, 畑ばかりを見て, 畑ばつかりつまらない, 畑ひらけて二三軒, 畑へなんぞ出んのにや, 畑への分岐路は, 畑までがただもう, 畑までにそんな手, 畑まではものの, 畑まばらな家々, 畑まわりをし, 畑て来, 畑みたいなところ, 畑みちを歩い, 畑みな成りて, 畑むきではない, 畑めいたものであった, 畑もさうして, 畑もつはものども, 畑やなんか持って, 畑よい月が, 畑よりか引きても, 畑らしいですよ, 畑らしくなつた, 畑ら四人もそう, 畑をも見受け豚, 畑をようく見極める, 畑を通して一帯の, 畑中まで, 畑アリ牧場アル原野ニ自然ヲ友トシ, 畑一つみても, 畑一つ前途を仕切っ, 畑一つ隔たりて牛乳屋, 畑一めんに咲き揃つて, 畑一人食ふには, 畑一杯草が生え, 畑一枚とそして, 畑一枚先の人顔, 畑一枚分をことごとく, 畑一頃の畑, 畑一齊に掩, 畑三度は今や, 畑下ッてどんな, 畑下須卷小太郎ヶ淵玉簾の瀧, 畑与右衛門渡辺九郎左衛門宮本又市などで名目, 畑中道の闇, 畑二十町歩の山林, 畑五段ばかりを耕し, 畑仕事やうやく一畝, 畑仕事作業服つくります, 畑仕事土を耕, 畑仕事大根と蕪, 畑仕事晴耕雨読でなくて, 畑仕事水汲み薪割り, 畑仕事熱心私は何, 畑仕事胡瓜やトマト, 畑仕事苗床をこし, 畑仕事蕪大根新菊, 畑仕事蚯蚓の多い, 畑仕事飼蚕のしよう, 畑作ろうと思っ, 畑俊六将軍がいた, 畑に四坪, 畑先生が東京, 畑入り込み竹林雜木林相接し, 畑體に, 畑全部は私, 畑六郎左衛門時能もこの, 畑出来候為め産出過多加ふるに, 畑出身の地味, 畑前庭に果樹園, 畑勝ちの村, 畑勝太郎氏が先日何, 畑麥の, 畑右手にちょっとした, 畑合戦など酸鼻, 畑吹く風に, 畑土並に流水, 畑の風防木槿, 畑境いの不毛地, 畑変化に富んだ, 畑多くあり, 畑多し蕗の, 畑大将は私, 畑奧實に授けた, 畑姉弟これらを使っ, 畑守昼を待つ, 畑宮本ら四人が刺殺された, 畑宿いう小さな, 畑遠き牧場, 畑将軍のさながら, 畑將軍の宛然犬獅子, 畑小さな樅の, 畑少将とが目, 畑少年がこの間, 畑屋根の南瓜, 畑ぞひ, 畑山崖と溪流, 畑巨大な猛犬, 畑干瓢をつくる, 畑年貢などが予期, 畑廻わりをし, 畑ヘ, 畑成文に託し, 畑或は小川に, 畑所々には低い, 畑手入晴れると, 畑手入今春は私, 畑打っているであろう, 畑打てば閻魔大王, 畑掘ってくれ, 畑支那派遣軍総司令官閣下, 畑数十台の自動車, 畑は紅紅, 畑時能が飼, 畑の光, 畑月光それを照らす, 畑や蜜柑, 畑といわず, 畑果樹園を置き, 畑の井, 畑柳さんの, 畑柳事件ですよ, 畑柳倭文子さんです, 畑柳夫人捜索に全力, 畑柳家菩提寺での葬式, 畑柳家財産唇のない, 畑柳庄蔵氏なの, 畑柳母子を取戻す, 畑の畑, 畑梨畑の間, 畑などが三千年, 畑欝蒼と茂, 畑次に牧場最後に, 畑汲みの, 畑水車小流そこが下, 畑水辺の牧場, 畑と稱, 畑の如く, 畑渡辺宮本らを仕止めた, 畑漂雪は奔, 畑焼き畑等の開墾, 畑照らしに, 畑照らすは, 畑物干しの赤い, 畑犬上郡の大君ヶ畑, 畑玉蜀黍畑の上, 畑の畑葉かげ, 畑生れの頭, 畑生垣茶畑目にふれる, 畑といった所, 畑のウネ, 畑白っぽい黄色の, 畑百五十円ないし二百円どまり, 畑盗人をし, 畑きて, 畑盲人こち向け日, 畑直すについて出, 畑眺めてい, 畑矮樹林そうかと, 畑神益浮橋長崎七ヶ村の者十一名, 畑ならば, 畑稼ぎをし, 畑精力が主任, 畑続きの平地, 畑でも何, 畑耕あな厭だつけ, 畑耕しや, 畑耕つてた儘衣物, 畑耕一サトウハチロー諸家が力作, 畑良太郎とあつ, 畑花畑があった, 畑葉かげに瓜, 畑葡萄棚お春, 畑葡萄畑次に牧場, 畑蕎麦の白き, 畑蕪みどりの葉, 畑蕪葉の上, 畑蜜柑の畑, 畑錬の, 畑ながら, 畑見えて畑, 畑より秀吉自ら, 畑路伝いに隣, 畑路垣根路崖上の路, 畑より下, 畑ひの, 畑造りたる裏町, 畑違ひであつて, 畑遠く郵便脚夫疲れくる見, 畑野田畑とひろびろ, 畑鉱山倶楽部の写真絵はがき, 畑鉱山従業員居住地の写真絵はがき, 畑閑耕の胸づくし, 畑関西風な村, 畑雲一段深, 畑青うこぼるる, 畑青し東三省は, 畑風邪でもひかな, 畑高く聳ゆる, 畑麥畑の上, 畑の畑, 畑は黍, 畑などがもっとも