青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「渠~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

清~ 清水~ 済まない~ ~済む 済む~ ~済ん 済ん~ ~済んだ 済んだ~ 渓~
渠~
渡~ ~渡し 渡し~ ~渡した ~渡す 渡す~ ~渡っ 渡っ~ 渡り~ ~渡る

「渠~」 2789, 27ppm, 4337位

▼ 渠~ (1260, 45.2%)

31 かの女 24 自分の 11 お鳥, それを 6 恁, 自分で, 遽かに 4 不意に, 何日でも, 又時々, 女の, 漸, 義雄の, 自分が 3 おのれの, その目, それが, そんなこと, 今更らの, 少しも, 曾て, 膝を, 顏を

2 [127件] あたま, かう決心, ここに, このとき, これを, さきに, そこへ, その朝解職願, それから, それと, それに, ます, またもや喉, キリキリと, スヤスヤと, ポカンとして, 一二歩後退つた, 一滴の, 一生懸命それと, 一足先なる, 二時間の, 云つた, 云ふ, 人の, 人を, 人生の, 人間の, 今日また, 今生れ, 今自分の, 以前の, 何日しか, 何時自分の, 例の, 信吾が, 入ると, 其人選に, 其噂を, 其家の, 其日一日喫ま, 其題の, 冷水を, 出來, 前夜同じ, 力の, 勘定を, 半分腰を, 卓子に, 又或, 又近所, 右から, 同宿の, 名を, 唯唸る, 四年前の, 大抵の, 女と, 女に, 如何なる時, 孝子の, 学校出の, 小野山といふ, 帽子も, 平手で, 平気に, 平然として, 平生催眠術によ, 徐, 心が, 怎した, 思出した, 恁う, 慣れて, 成るべく音, 戸外へ, 斯の, 新葉, 既う, 早速名刺, 春昼寂たる, 東京に, 椅子に, 構はず入, 此世に, 此侮辱を, 此詩の, 深窓に, 清国の, 渠等と, 火鉢に, 烈しい身顫, 狐に, 珍らし, 痛くも, 直ぐに強い, 直ちにそれ, 矢庭に, 私かに, 種々と, 突然其硝子戸, 窈窕たる, 立つて, 笑つた, 米町裏の, 素直に, 緩りした, 義雄に, 考へた, 聞えぬ程, 腕組を, 腰かけても, 腰に, 自信といふ, 自分を, 自己の, 自暴糞に, 色を, 足駄を, 身を, 辷るまいと, 階下の, 障子が, 電光の, 露ほどの, 音を, 頻りに, 額に

1 [856件 抜粋] あえて害, あすまた, あたりを, あどけなきもの, あまねく義捐, いかにしてかなき, いかに暑, いささかも, いつもの, いつも運命, いま東京に, いよ, うつ伏しに, おいおい声, おほき, かういふ苦肉策, かうして, かう思つて, かう考, かく言いしなるべし, かた一方, こう絶叫, こちらへ, このカイベツ, この一冷語, この事業, この介抱, この僂麻質, この刺戟, この問答, この坂, この婦人, この山寺, この惨憺さ, この時, この樓, この臭, これから山, こんなに鋭敏, こんな警句, こツそり罪惡でも, さう, さう容易く, さもつら, さんざんに, しかく活き, しばらく惘然, しよぼ, すべてこの, ずるずると, そう思っ, そこで, そこを, そのかの, そのそば, そのとき巻莨, そのへん, その不安, その中味, その全力, その前途, その勢, その壮時, その平生, その微か, その手, その旅館, その死, その理由, その自暴自棄, その長野, その頃, その麗しき, それだけかの, それには, それほど萬事, それツきり東京の, それ以前から, たえて, ただこの, ただ昔, ただ自分勝手, たちまちのんき, だいぶ心, ついになん, ついに意, つい微笑, とある道ばた, どうせ今, どうせ行くべき, どちらにも, なおよく, なほよく, なほ不平である, なほ皮肉に, はじめて自分, はたして三年, ぱツたり, ひそかに, ひもじい腹, びツくりし, ふと氣, ふら, ふり向きも, ほとんど再びこれ, ほんとうに, ますます恐怖, ますます狂い, またその, またふと, また一人, また力, また考, また蒲團, まだ何とも云はず, まだ官途, まったく何, まもなく歸つて來, もう一度思い直した, もう歸, もう目的, もとよりこの, もと或, もと異様なる, もと耶蘇新教, ものの, やや真顔, ゆふかた, わざとそら, わざとゆツくり, インバネスを, ガバと, キユウを, ズッと, ズツと, ヒヨクリと, モウ一刻も, ランプの, 一, 一と, 一切の, 一刻も, 一場の, 一方に, 一条のみ, 一種の, 一言を, 一體其, 一體實體なる, 三井寺の, 三河町に, 下座に, 不図, 不審らしく, 不揃ひな火箸, 世の, 両手を, 中興の, 主婦が, 事の, 二人と共に, 二十一二歳の, 二度もかの, 云ふより, 交番を, 人に, 今その, 今やその, 今一つを, 今岩見澤から, 今思ひ出した, 今檢事局, 今見詰め, 今雲上から, 仙臺の, 仰向いて, 仰向けに, 佇ず, 何か, 何の, 何を, 何人なりしか, 何処から, 何心なく, 何者肩掛を, 依然として黙, 信じがたげ, 僧侶どころか, 先づ第, 先に, 先刻に, 先年日野家を, 全身が, 兩手で, 其国訛りを, 其窓側へ, 其處から, 其長野の, 再び威, 再び有馬, 再び横, 再び沈吟せり, 再び草, 再び頭髪, 再び顏, 再目, 冬の, 冷い, 冷淡に, 凡の, 初めて疊, 初めの, 前, 力んで, 加集と, 勇には, 北海實業雜誌社へ, 北海道生活を, 十七の, 千の, 千年に, 半つんぼだ, 卑下感を, 危うかりし, 即坐, 原稿を, 又あふ, 又美, 取り合, 右に, 右を, 同じ學校, 吹かすばかり, 吹き出したくなるほどにかの, 呑牛が, 呟いた, 唇頭に, 唸る様, 唸る樣, 四十ばかりの, 困じ果てたる面色, 坐つた膝, 坐わら, 壁に, 夏期休暇を, 外出し, 多少訴, 夜學の, 夢中で, 大きく獨語, 大概かく, 天一とは, 天聲が, 太く愁色, 奇妙な, 女と共に, 女郎屋に, 妻の, 姉さんと, 始めて, 孤獨の, 学生たり, 定まれる家, 実にいまだかつて信ぜざりし, 実に死すべし, 客間で, 室の, 寂然たる, 專任教諭から, 小桶, 小聲, 小説家でなかった, 少しく背, 少し氣味, 少許気味, 居眠りを, 山に, 峻酷なる, 左右の, 師匠が, 常にものいわず, 常に元気, 常に戦々兢々, 幼年ながら, 店の, 庶子に, 待たせて, 徐かに面を, 得意に, 御料牧場を, 御濠, 心では, 心ゆくばかり, 快眠を, 怒鳴り付けるやう, 思うまま, 思はず膝, 思はず身の毛, 思ひ切つて, 思ふさま千代子, 思わず手, 思わず身, 急にかの, 性的關係を, 恐しき, 恐ろしき物, 恩人である, 悲痛に, 想えり, 愚弄の, 慰むる語, 慳貪に, 我を, 戦争ま, 手も, 手を, 手早く顏, 拙者が, 拳を, 挙手の, 換えがたく吝, 擽ぐられる様, 擽ぐられる樣, 教師を, 數ヶ月前の, 數日來失つてゐた, 斯る, 新らしい, 旅行中で, 既に女優志願者, 既に萬物, 明治二十七年十二月十日の, 昏, 昨夜呉服町の, 晩めしが, 暫らく何かの, 曰く, 朝にな, 東京の, 枕の, 森本に, 横濱で, 橋に, 次の, 止むを, 此処に, 此態を, 歸つたの, 殆ど全く氷峰, 殆ど年中病氣の, 段々興ざめ, 毎年來る, 気軽に, 気遣わしく傾いた, 氣味が, 汗を, 決して人, 決して實際, 泰然と, 活きたるお, 活計の, 涼風の, 深くも, 清川お, 渠の, 渠等を, 漢詩を, 澁い, 濡れた巖, 無學文盲, 無宿と, 無言に, 然しそれ, 然り, 煙草を, 爐ばた, 片手で, 片肌脱ぎ, 牧草と, 物思いに, 猶一たび接吻, 獨りで, 玉を, 現在一人の, 生徒間に, 番人の, 當り, 當惑せざる, 當然にも, 疾呼の, 病気だった, 病者を, 白を, 皆まで, 盜人の, 目が, 目を, 直ぐ父の, 直ぐ筆, 直ちに踵, 眠りて, 矢ツ張り凍死した, 矢張り, 矢張明るい, 砂煙を, 神經と, 神聖なる, 私し, 稲田雪次郎と, 立たんと, 立ち留まり, 立処に, 立竦み, 笑つて何氣なく, 答へ, 答へも, 糊口に, 絶えず身, 緘黙せり, 編み物の, 老人の, 考へた呼び起して, 考へて, 考へられる, 聞かざる真似, 聯想は, 聲を, 肯する, 胡散臭い目附, 胸が, 胸中の, 能役者である, 腹の中では, 自分と, 自分一人の, 自己一人の, 良人の, 色白く, 芝の, 若山の, 苦しいので, 苦笑し, 茫々たる, 茫然と, 茶の間で, 落涙した, 蘆間に, 衰えたるかな, 襟を, 親も, 言った, 話児を, 誘惑にも, 説教者の, 調子に, 謹んで, 貴き訓, 質素なる, 跡もどり, 路頭の, 身づか, 身神全く, 軽く笑つた, 辞して, 辭し, 迷溺する, 途中なる, 遠藤が, 遠藤の, 郵便局に, 酒好きで, 重い足, 鈍くも, 鋭い皮肉, 鍵を, 間の, 隣なる, 電信技師である, 青年の, 靜かに, 面も, 革命の, 頸を, 顎を, 顰み, 風邪の, 飛び込んで, 食後勇を, 餘り, 馴れ, 駿河臺の, 驚いた樣, 驚くより, 高まつ, 鬱憤晴し, 魔物なり, 鶴次郎に, 默つてし, 鼓打である, 鼬である

▼ 渠~ (394, 14.1%)

6 心は, 心を 5 方を, 顏を 4 あたま, 癖で 3 下宿へ, 事業を, 為に, 目には, 胸には, 胸の, 頭を

2 [35件] なかに, なかへ, なかを, 中で, 仕事は, 口元は, 唇辺を, 好きな, 如き海, 姿を, 室に, 家に, 宿である, 居間に, 平生に, 心の, 性質に, 悲哀と共に, 情を, 意に, 母親, 母親は, 眼, 眼を, 神經は, 胸を, 言うが, 身を, 閲歴は, 面に, 頭に, 頭脳は, 頭腦は, 顏は, 顔を

1 [273件] あたまに, あまりに平民的, いは, いふ所に, いわゆる, かの女, からだを, からだ中に, からだ中の, ことを, この旅行中, この現, この言葉, ごとき, ごときは, せせらぎが, せせらぎ汽車の, そのあり, そばに, そばへ, ついて, つき詰めた思想, ところへ, どんな原稿, のぼせた耳もと, はなはだしく冷灰, ふら, まだぐづ, も共に間もなく, ゐるところ, をととひ削つた, インバネスは, 一度冷めかけた, 一特色と, 一部分なり, 万事に, 上に, 上へ, 下に, 世話は, 両側から, 両腕, 主張する, 主義から, 主義として, 二大将が, 二将が, 人物評や, 何ヶ月か, 作業が, 使つた多くの, 俄かに, 傑作, 兄は, 先見に, 先輩で, 全く予想, 全身飛白の, 冤を, 冷かしに, 出發後は, 利害に, 刹那, 前に, 前には, 前の, 前後左右から, 剛愎なる, 創作的態度に, 勉強室に, 動くところ, 北海道生活に, 北海道通を, 北西に, 即興詩を, 卷く手, 友は, 友人なる, 友人を, 友達に, 口から, 右手に, 号令で, 名なり, 周圍に, 周圍には, 問いに対して, 嘗て逢つた様, 嘗て逢つた樣, 國家人生論は, 土手に, 坐つてる下, 壁訴訟は, 声が, 声は, 夜着の, 大概は, 奔走は, 如きに, 如きは, 如く横さま, 妻女の, 妻子は, 姉が, 宅へ, 害心あらざる, 家族中に, 寂しいやう, 寂しい周圍, 實力を, 實母で, 居どころを, 希望は, 席へ, 帯の, 帰省談の, 年輩として, 弟を, 形躯は, 従弟といふ, 從弟といふ, 御詠歌では, 心が, 心には, 心機一転の, 思想上に, 性質として, 態度に, 懐には, 懷中は, 成るが, 所謂戀愛的努力, 所謂獨存強者である, 手なる, 手を, 手腕については, 放浪を, 教へる, 散文詩で, 新聞記者時代に, 方から, 方が, 方へ, 日記帳には, 早く目に, 昔の, 時間の, 書いた談話, 書齋に, 机に, 机の, 東南に, 枕もとに, 校長, 業に, 樂しみは, 樣に, 樣子を, 横腹を, 次第に急, 歸り, 歸京まで, 殘した, 母のみに, 毎日の, 毎日正午から, 気を, 気持も, 水が, 水は, 没分暁を, 洋服に, 流れに, 混雑した, 混雜した, 演芸は, 為めに, 無謀に, 煮え切らない證據, 父は, 物語るを, 玉突仲間なる, 現在に, 留守中に, 留守二階で, 疲れたから, 病を, 病因も, 痛みを, 痛入る, 癖だ, 癖として, 目に, 目にも, 目の, 目は, 眼は, 眼色は, 祖先の, 私行上の, 空想し, 筆の, 答うる, 精神はから, 精神をや, 素養と, 考へでは, 考へは, 耳に, 聡明が, 聲が, 肉眼に, 肩を, 背に, 背中を, 胸から, 胸に, 胸中に, 脣は, 脾腹を, 腰つきと, 腰に, 自我中心説は, 自炊兼用の, 良心の, 良心は, 萬事に, 著作の, 蒲團は, 號令で, 袂の, 袂を, 視界から, 言とともに, 註文であった, 話に, 誇りと, 語るを, 語を, 論文集, 證據を, 豫想しなかつた, 豫期通りに, 足下から, 足下に, 身に, 身の毛は, 身は, 身分にて, 近眼で, 近頃の, 返辞をも, 送つた雜誌, 道学は, 適當な, 部下なる, 鑵詰事業に, 間違つた態度とを, 隱れ, 青年なる, 頭上に, 頭腦が, 額には, 顏には, 顏の, 顏色を, 顔には, 顔は, 顔色を, 食鹽に, 養はれし, 鬢を, 鼻息は

▼ 渠~ (242, 8.7%)

3 かの女, よく遊び

2 [13件] 云つた時女は, 何日でも, 先づ, 其馬鹿に, 初めて此釧路, 初めて選んだ, 十日許り, 忠一を, 横山, 為に, 生國, 釧路へ, 長く

1 [210件] あが, あつた, あつて, あれだけに, いう処, いつも金, いまだかつて見, いよ, いわゆる不, いわゆる正々堂々, お母さんも, お通, かう云つて, かくの, かねて, からだの, この家, この種, これまでに, さう云, さげて, し出した時, その翌朝, その長い, そんな不面目, ために, とう, どこへ, なしたるごとく籠, ふと三等室, また八丁堀, まだ故郷, わざと顏, ゐなくな, モウセンゴケに, 一緒に, 三年の, 下りて, 不愉快な, 世話を, 中島遊園で, 主なる, 云ふ, 云事は, 人材を, 今縁ば, 伊藤公を, 何とも云, 何氣なく, 余りに礼, 來ても, 僅かの, 公を, 其地位に, 其地位に対する, 再び釣り橋, 出で, 刀を, 初めてこの, 創痍の, 勇氣を, 動かす鍬さき, 北海道の, 半身の, 厄難を, 原稿の, 口さへも, 吉彌に, 名は, 向うへ, 向ふ, 吸い殻を, 呼び戻さうとしても, 嘲った, 噂を, 器量の, 四谷見付けを, 塀ぎわに, 外科室は, 天命遁れぬ, 夫の, 嫌つてゐた, 存念通り惣内方へ, 孝行なる, 學校から, 室に, 家の, 寝られぬ短夜, 實際に, 小児の, 小鬢に, 屑し, 巨多の, 布子の, 常に自己, 干支の, 弟願山の, 従兄なる, 得手勝手にて, 心中の, 心配した, 志操を, 念を, 思つた時何か, 思ふに, 思操の, 恐る, 惡口を, 意気の, 愛玩の, 感情の, 扉に, 手ぶらで, 手を, 手術は, 採集した, 擧動を, 數年前既に, 文字を, 方へ, 旅行に, 時々, 時々無聊, 暫らく考へ, 暴行を, 書斎の, 書斎は, 最も忌嫌, 最初知合の, 最初知合ひ, 朋友としてに, 服罪を, 本郷の, 机に, 来れ共に, 楠河州を, 樺太から, 樺太で, 樺太へ, 歌よみとしての, 残忍苛酷に, 氣づく, 氷峰と共に, 氷峰の, 洩らすと, 流れて, 清水鳥と, 然諾を, 煙草入を, 燒けに, 燒けを, 爲には, 父の, 片小鬢, 物語を, 特有の, 狼藉を, 生れた町, 生れ村の, 生村, 生涯の, 申し立て如何, 申は, 申通り今晩村の, 番組の, 當時他の, 病室の, 白状に, 盛んで, 盛装し, 目に, 眼は, 知つてなかっ, 知つてなかつた, 知己としてに, 立てる処, 第一, 紙入れを, 義雄に, 考へにて, 致せしにも, 舊惡を, 苦悶を, 藥を, 裡面の, 裾に, 親切にて, 言に, 言葉の, 詣でた時, 読んだの, 請人は, 身に, 輕蔑に, 返事を, 逃げようとして, 連子の, 遺書あり, 鍼治にて, 隣家の, 雪の, 靠るる, 頭に, 飽くだけの, 飾れる宝玉, 餘り, 饋餉を, 骨折り損を, 魂を, 鼻で

▼ 渠~ (179, 6.4%)

3 と一緒, に對 2 には淡路, のうち, の不, の北海道開拓, の行動, はこれ, は義雄, よりもず

1 [157件] がこれ, がなぜ, が一ツ, が予言, が仕損じ, が伝う, が労役, が去る, が在, が天命, が妄執, が居, が市外, が幅, が得意げ, が慈愛, が樣子, が渡っ, が漕ぎ廻る, が炎熱, が盜, が罪有事, が耕作, が車, が通, が雷同, が額, が願, こそ山, とてもその, とても人, と共に食膳, と共通, と同じ, と無理, と知り, と組ん, なかま, にし, には小唄浄瑠璃, に与うる, に何ごと, に勝る, に夫, に対していかなる, に対して洋服, に忠告, に懲罰, に拂, に知らせ, に罪, に見透かされる, の, のあと, のない, の世話, の人生, の傍, の公明正大, の前, の力, の史詩, の名, の多く, の太鼓入り, の如き, の姿, の想像, の意味, の慌て騒ぐ, の慰み, の所謂健全, の方, の検, の樣, の母, の永久, の沖積土質, の無頼, の状態, の生活さ, の眼, の笑, の罪, の自己發展, の行路難, の衣類着, の言動, の言葉, の談話, の集積土質, の風躰, はあらゆる, はすっと, はすべて義雄, はその間何, はただ, はへい, はもう, はバッカス, は一種, は不, は与吉, は乞食僧, は冬, は哲想, は實際, は己, は敢, は曾, は未だ, は欣々然, は歐洲人, は殆ど, は汽車, は滿, は無, は狐格子, は男性, は盜賊, は矢張り三文文学, は社, は社会, は空しく, は紅粉, は與吉, は親方, は豫, は雲, は青山, は頭, は馬, もお, も亦, も囃子, も多少, も恵まれ, も根深く, より其知, より申立, をすべて, をそば, を保護, を匿, を室外, を差, を御, を捕縛, を疑ふも, を相, を納得, を罵り懲らせし, を認めし, を進退, 何と申上候共九助, 定めて, 怪しき輩

▼ 渠~ (160, 5.7%)

12 して

2 [12件] ひらいたとき, 仰いだが, 偉い教師, 合せて, 囲みたるは, 嫌ひであつ, 征服した, 支配する, 知つてゐる, 見て, 迎へる, 避けて

1 [124件] あやぶんで, さし招いて, じらすつもり, ちらと, つき飛ばす, つれて, ふり棄てるやう, 一刀に, 争いて, 亡者に, 伴つて行つた, 伴ひ, 佐久間町の, 作って, 使うでも, 促す, 信仰し, 入んが, 再び呼び起し, 冷かし半分, 出ず, 切て, 初めから, 制する事, 刺さんか, 励ませり, 勇にも, 取りたり, 呼び起して, 喜ばせながら, 囲める小天地, 囲める自然, 坂道へ, 妙に, 威し付けようと, 導くの, 幾度も, 庇うよう, 引きつけるだけの, 引寄せ, 待ちながら, 得, 御前に, 怖れしめず, 恐るる気色, 恐入らせん, 悪さげ, 意味する, 愛して, 愛すること能はず, 慰めるよう, 憎まず却, 憚る, 懸念せしめず, 打った, 打つ, 打つたり, 打つ眞, 技師として, 抱き込んで, 抱くばかりに, 押へる, 招きて, 挙て, 捉へて, 捕らへて, 支配しうべし, 放逐した, 救うため, 救ふ, 早々身請, 時々思ひ出さない, 暗夜の, 望む時, 机にまで, 殺して, 殺害など, 深めて, 溝際に, 激せん, 熟視する, 牧師にまでも, 獅子屋さんと, 當分押込置て, 疵つけ, 相手に, 眞摯な, 真摯な, 睨まえ, 睨まへ, 知らなかつた爲め, 知る學友, 知れり, 称える, 称して, 穿ちて, 窮せしむ, 縛れと, 能く, 蔽うて, 見しより, 見た, 見られコリヤ了源寺, 見るに, 見るの, 見上げて, 見返す, 訪問する, 許しつ, 認めて, 責めぬ, 越させて, 躊躇せし, 載せて, 遇せし, 遠ざかるやう, 開き堤, 間の, 隔て塾, 離れて, 音づれる東京その他からの, 養子に, 魅した, 麾きて

▼ 渠~ (84, 3.0%)

4 對する 2 とつて, 取つて, 叩頭を, 認められしぞ

1 [72件] うち込んで, して, はね附けられて, よこしたの, よりて, 一向物, 与うべき小銭, 与ふるに, 二三厘を, 人情の, 今一度人生の, 代つて顏, 傍へる, 優しい命令, 先を, 別れて, 劣らざる可, 劣らぬを, 取っては, 取る, 向かいて, 向つてあぐら, 向つて來, 向つて呑牛, 呑せた, 執らせるの, 奪ら, 對し, 對ひ, 對面し, 廊下へ, 從つて暗夜を, 悟達すること, 愛を, 戯れた紅糸, 斷わ, 最も親しみ, 會つた時に, 死刑を, 比べると, 水難を, 流した, 火葬の, 無きもの, 熱心な, 猪口を, 相談した, 相談しない, 答へを, 綽名し, 義雄を, 聖目を, 聽か, 自分の, 蓄へ, 被せ己, 見せたこと, 言わせると, 語つた, 語り遠藤, 賦する, 贈つたの, 跟い, 踉い, 近い右の, 逢ては, 配せしも, 頼んだこと, 顫へを, 養成された, 餘り澄まし込ん, 魅入たらん

▼ 渠~ (60, 2.2%)

3 のため 2 は貴族

1 [55件] お沢, が世間, が十年, が長崎, とともに行きぬ, と契合, と提携, と邂逅, に味方, に恩恵, のある, の人物, の仲間, の入りたる, の力, の感覚欠如, の手, の技芸, の把持, の文学, の犯罪, の生活, の目的, の着席, の称讃, の総て, の苦辛, の資金, の辣手, の間, の陰謀史, の革命, はその, はみな行き, は千体仏, は大, は大いなる, は幽谷, は折, は服従, は無言, は白糸, は皆学生籍, は皆空論, は空想, は親方, は豪放, を利用, を室外, を扶持, を罪悪, を置去り, を見遣り, を送遣し, を通り越し得

▼ 渠~ (57, 2.0%)

3 亦た 2 一と, 亦平日, 囁いた, 笑ひ

1 [46件] あの女優志願者, いよ, ここの, この點, さう注意, しこの, それについて, やむなく打ち, わざと固苦しく, 不意打ちを, 亦, 亦いよいよ, 亦この, 亦そこ, 亦どうせ, 亦今, 亦最初, 亦氣, 亦無言, 亦誰, 何となく女, 冗談に, 半ばほほ笑み, 又予, 又御, 口には, 吹き出して, 夥しき釣客, 彼らとともに, 我も, 斉しく並んだ, 歌を, 此處に, 死んだ, 當時は, 直ぐ礼, 直ぐ禮, 義雄と, 若年なれ, 苦しんで, 貧窮の, 貿つた, 身の上を, 輕く, 驚きし樣子, 默つてその

▼ 渠には~ (50, 1.8%)

2 それが, 些とも, 既う, 自信といふ

1 [42件] あたかも前途, あんまり明るい, いよ, うるさかつ, お鳥, かの女, これほど, すべて今や, どうしたら, どこまでも, なほ別の, また, またもう, まだこれ, まだ早く, まだ自分, もうそれ, もう障子, 一度かの, 今更らの, 何ぞ恩義, 何よりも, 切めて, 北海道のみ, 多神, 女の, 妻も, 小舟の, 少し不愉快, 新らしい, 東京の, 樺太トマリオロの, 死人が, 洋服地の, 然しどうせ, 用役を, 申談ぜざれ, 痛く感じられた, 見えて, 解らなん, 闇に, 鼻も

▼ 渠自身~ (45, 1.6%)

2 でも知つて, に注がれ, の口, は勿論, も常に

1 [35件] からお, が下宿, が實業, けっして死, すなわち立花, ではない, にはその, にはよく, にも占領, に期待, のやつ, の好き, の心中, の思想, の性質, の怪しい, の惡名, の所謂浪人, の所謂適者獨存, の私經濟, の腹, の行爲, の身, はいつも, はさう, は思つて, は酒, もまじめ, も余り, も周圍, も四周, も宿, も思, も昨年, も餘

▼ 渠~ (24, 0.9%)

2 名づけて

1 [22件] お鈴, なしまた, なり, われとのみ, 一緒に, 会し遂に, 反対に, 反對, 同じ新聞社, 向ひ, 對坐し, 度々出會別段, 我とともに, 我との, 殆ど同年輩, 氷峰とは, 相知れり, 義を, 義雄と, 義雄との, 老爺と, 話見たれ

▼ 渠~ (17, 0.6%)

1 [17件] がいかなる, が政治上, の事業, の功績, はかく, はこの世, はこれ, はなに, はわが, は政治上, は決して, は河流, は自由, より租税, を使役, を運動, を駆っ

▼ 渠等兩人~ (12, 0.4%)

2 の者 1 が盜, に惡名, の私欲, の者主人, は先平助, へ私, も主人, を金子, 御支配向, 拙等方

▼ 渠あり~ (7, 0.3%)

1 て九尺許, て始め, て本, て西, 三の橋二の橋一の橋の, 奥行いと, 須賀町地先を

▼ 渠としては~ (7, 0.3%)

1 いいの, この意地, その實, もう興, 三四日の, 割合に, 死んだもの

▼ 渠から~ (6, 0.2%)

1 丸木船を, 何か, 木材を, 無關係, 聽い, 話されて

▼ 渠~ (6, 0.2%)

1 に相違, のよう, の人物評ぐらゐ虚誕, の長, 必ず邪魔, 近頃生意気

▼ 渠~ (6, 0.2%)

1 で蔓薔薇, とそっくり, には足, に足, のふくよか, のソファ

▼ 渠自ら~ (5, 0.2%)

2 成るの 1 はその他日, 思いついた辻町, 知らざるのみ

▼ 渠~ (5, 0.2%)

1 に再び, の前, の水上, の近く, は開かれ

▼ 渠にも~ (4, 0.1%)

1 お鈴, 分りは, 大振舞情, 我が讀むべき

▼ 渠~ (4, 0.1%)

2 唯己がま 1 と出, 自身の

▼ 渠~ (4, 0.1%)

1 の身, は始終, は約束, は銀

▼ 渠成る~ (4, 0.1%)

1 と, と云う, のです, やうに

▼ 渠と共に~ (3, 0.1%)

1 三味線に, 永遠の, 第二

▼ 渠のみ~ (3, 0.1%)

2 なり 1 ならずもの

▼ 渠~ (3, 0.1%)

1 のコンクリート, の一部, へ叩き付けられる

▼ 渠~ (3, 0.1%)

1 に枕め, に落つる, を望め

▼ 渠とても~ (2, 0.1%)

1 行つた初めは, 顏色更に

▼ 渠とともに~ (2, 0.1%)

1 小石川なる, 手を

▼ 渠との~ (2, 0.1%)

1 向うの, 間を

▼ 渠なり~ (2, 0.1%)

1 深く人心, 渠の

▼ 渠について~ (2, 0.1%)

1 そこを, 言うべき機会

▼ 渠ばかり~ (2, 0.1%)

1 では, 心弱きは

▼ 渠を以て~ (2, 0.1%)

1 上乗の, 尊ふとむべ

▼ 渠一人~ (2, 0.1%)

1 の面白味, はひそか

▼ 渠~ (2, 0.1%)

1 の水位, の海水

▼ 渠~ (2, 0.1%)

1 だ記憶, だ過去

▼ 渠奴等~ (2, 0.1%)

1 の事, の手

▼ 渠等三人~ (2, 0.1%)

1 の忠志, の西洋婦人

▼ 渠等二人~ (2, 0.1%)

1 が二階, が戻りし

▼ 渠自身さ~ (2, 0.1%)

2 へ稀

▼ 渠身不相応~ (2, 0.1%)

2 なる大船

▼1* [105件]

光の, 渠方へ, 渠ごとに皆, 渠へあらず, 渠その人の, 渠その他の小, 渠楹を, 渠ただ一人渋茶のみて打, 渠強臭, 渠である細い水, 渠できないと一日, 渠として必らず, 渠とも長らくこの, 渠なって湯, 渠などが附随し, 渠なりしか全曲は, 渠なりと彌吉夫婦, 渠なるにもか, 渠なれば二水共, 渠によって建物は, 渠に対しては威なき, 渠に対する思惑で, 渠はうと, 渠はから紙を, 渠はつツかかるやう, 渠はのツそり起きあがつ, 渠はもツと, 渠はやツと, 渠ばかりが本願寺法主と, 渠ばかりには心からうち, 渠ひとりに集つて, 渠申も, 渠へは日蓮上人の, 渠みずから焚死すと, 渠もかの女も, 渠もにツこりし, 渠ゆゑとは思へ, 渠より早くそこ, 渠よりはずつと先き, 渠ら二人は罪悪, 渠をも倶に, 渠一たびその願, 渠一たび希臘廢祠の中, 渠一人老体の疲労劇, 渠一個の都合, 渠一向平気で, 渠道不如帰, 渠全く盜ま, 渠再び快く語る, 渠しと, 渠含至獅子口中謂容易長大云々, 渠奴犬の為, 渠如才なき者, 渠子夜行きて, 渠安五郎白妙が逃亡, 渠密奏君王知入月, 渠庄兵衞は日頃, 渠惡心出しなら水鏡, 渠慈葱茖葱ヲ以テ五葷ト為シ, 渠手術を乞, 渠数多くありて, 渠方々を彷徨うち, 渠わが家を, 渠水潺, 渠に入る, 渠を廃し, 渠がローマ水道, 渠水波なく古宮, 渠水流あり野, 渠氷峰を引きとめ, 渠汝等の間, 渠を引い, 渠浅尾を勤めつ, 渠に魚, 渠悟らざるもの, 渠りは, 渠程明道程伊川これらの学説, 渠等がちひさい手, 渠等兄弟を殺さす, 渠等兩人盜賊に相違御座, 渠等兩人野心を差, 渠等在ては實, 渠等夫婦が同衾, 渠等女たちにフト思い, 渠等好事なる江戸ツ児, 渠等怪我もあらん, 渠等文人は小説, 渠等白状の趣き, 渠等空駕籠は持て来, 渠等米錢を惠, 渠等自ら名乘出たるに依, 渠等自身が既に, 渠等色事ならん究竟, 渠等親子は其の, 渠約束を變, 渠紛れもなき, 渠から経典, 渠自然此方へ靡かん, 渠親子も家主, 渠強くし, 渠醉人の多く, 渠金屋へ持行, 渠飢えたり矣, 渠首五人を捕斬し, 渠駿府二丁目小松屋の抱遊女白妙