青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「知らぬ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~知ら ~知らず 知らず~ ~知らせ 知らせ~ ~知らない 知らない~ ~知らなかった 知らなかった~ ~知らぬ
知らぬ~
~知られ 知られ~ ~知らん 知らん~ ~知り 知り~ ~知りません ~知る 知る~ ~知れ

「知らぬ~」 5454, 59ppm, 1951位

▼ 知らぬ~ (888, 16.3%)

7 仏で, 仏の, 兎に 5 とにかくに, 仏とは, 私は, 自分の 4 仏, 何か, 僕は, 或る

3 [11件] お浦, それは, 仏という, 他の, 以前は, 僕の, 此方は, 決して御前, 私が, 私の, 近頃は

2 [40件] ここは, この暑中休暇, これで, これは, これも, それを, ままに, もしそれ, わたくしの, 一方から, 不意に, 主筆なら, 今から, 仏とやら, 以前の, 仰山に, 佛, 佛とは, 元來此方, 其處へ, 地図に, 多くの, 大層な, 妾には, 定て, 少くも, 怜悧な, 恐ろしい大きな, 想像力の, 明治の, 昔の, 是を, 棄てられぬ行事, 此紅葉館は, 気の毒にも, 港内には, 眼に, 種々の, 順平は, 鬼涙音頭なる

1 [718件 抜粋] あさはかな人間, あなたも, あの哀れ, あの当時, あばたの, あらぬ嫌疑, あるいは一八二一年, あるいは牙髪塔, ある事, あれから, あれ程の, いずれも, いつも満員, いづれの, いは, いろいろな, いわゆる賄賂的, うけたる使命, おそらくは徳川時代, おに, おまえの, およそ不思議, おれたちを, おれには, おれは, お前たちは, お前は, お歌を, お身, かうまで, かくの, かちん, かなり賑やか, かほどな, きいて, くさくさする, こちらの, この一言, この位市民, この先, この古伝, この宇宙間, この川, この時分, この松吉, この珍事容易, この船, この際家, この頃当地, この高岡, これでは, これと, これなども, これに, これを, こんな事, こんな大きな草履, こんな風, ごとく淡々, ご風采, しかしよしんば, しょせん成行, しょっぴいて, そういうこと, そうじゃ, そうだ, そのかわり, そのため, その中, その人格, その地方, その変梃, その子供, その意氣, その才能, その時, その時代下, その者, その頃, それから, それこそ, それで, それに, それも, それらは, それ程の, そんな冒險, そんな時, たしか近県, ただ十兵衛様, ただ面白い, ための, たやすく男, ついでだ, とにかくそうすべて, とにかく人間, とにかく今日, とにかく呉服屋, とにかく変った, とにかく彼, とにかく打っ, とにかく松村氏, ともかくも, どういう人物, どうしてもそう思えない, どうも五七, どうも時々腹, なおホウチョウ, なるほど, ばかに, ひろ子の, ふいに, ほとけの, ほにて, まあやっ, まずこの, まま承諾した, まるで興世王, まア此処, むっつり右門, めづらしい, もうそれ, もう一応あした, もう若殿, もし実現, やっぱり恥しい, やはり実, やはり甲, ゆえに強い, よしあった, よしんば屍, よし新聞等, わたくしは, わたしの, われ等も, クヨークリと, ダアトの, ツマラヌ事を, ドユパンは, マダその, マネキン人形を, 一たび他の, 一個の, 一心に絲, 一方より, 一般に, 七兵衛老爺の, 三寸ばかりに, 下りはてた, 下世話に, 世々字を以て, 中央会堂は, 主人は, 之を, 九分まで, 予の, 予米国で, 事ここに, 事務所の, 事実から, 二人の, 二千百米突では, 互に日頃, 互に自ら, 人の, 人世の, 今まで, 今年は, 今度は, 今日台湾の, 今残ってる, 仏じゃ, 仏だ, 仏でした, 仏と, 仏を, 仏年の, 仏様に, 仏竹, 仕掛は, 仕方なし, 以前田丸様に, 仮にそうだった, 会の, 伝うところ, 何うせ, 何しろ大変, 何でも浩さん, 何に, 何れに, 何様し, 余の, 余り他国, 余程の, 併し, 俗説としては, 修養の, 僅に, 僕には, 元来此方から, 兄上が, 先ず家従ども, 先づ常識の, 先刻市郎の, 先頃ある, 入間川の, 全安, 六十に, 六部の, 兵学とは, 其の仕事, 其は, 其れ, 其二人目の, 其人は, 其夫が, 其時は, 冬は, 処女には, 出奔した, 列子や, 別れとも, 前に, 前刻, 勝手に, 北津軽郡の, 十両じゃ, 十六の, 十四五人も, 十年前までは, 千紫万紅と, 卵の, 又一つ, 又貞盛縁類, 取次は, 叛軍の, 只今は, 同じ日本人, 同類殺, 名代名物といった, 君は, 含蓄が, 命日に, 哈爾賓の, 唯も, 器量が, 四億五千萬の, 四方八方から, 因果の, 塀越に, 墨子に, 売りに, 外国人が, 多分この, 多分海岸, 多分自分, 多忙なる, 夜の, 夜毎に, 大きなもの, 大きな風呂敷包, 大五郎, 大作と, 大学寮, 大方今, 大男に, 大體, 天保年間の, 好ましいこと, 如き非, 妹という, 姉も, 子の, 子供である, 孔子が, 学者の, 孫兵衛縮緬ぞ, 定なら, 定基の, 実は今日, 実際は, 寛永寺の, 寮の, 対岸の, 小さい手, 小児が, 少くとも, 少し殺気立っ, 少なくとも世, 少なくとも今日, 少なくとも僕, 尼の, 尽かしゃしないよ, 山茶花や, 島台は, 左側の, 左右から, 左様な, 巫女の, 差支えなければ, 己は, 己はぞ, 市の, 常でも, 常食という, 平の, 幸だ, 延喜十六年八月十二日に, 弁証法においては, 弟を, 強いて知ろう, 強慾で, 弾けも, 当初は, 彦太郎を, 役場の, 後藤子爵から, 御上屋敷, 心が, 心は, 忌憚なく, 思うところ, 性慾に, 恐らくそれ, 想ふ, 成功には, 我々が, 我々の, 我れ, 我輩には, 所謂兵法家者流の, 手術の, 押黙つた歎賞, 支那の, 故法外先生, 故衛門督, 教え育てるという, 斯う, 斯の, 新に, 日が, 日本の, 日比谷公園の, 昔から, 昔は, 昨夜大戸神灘の, 時も, 時季にも, 普通の, 暗いこの, 書斎の, 最初藩閥思想の, 有らゆる手, 服装から, 朝から, 朝鮮の, 木村屋の, 本拠は, 本来其の, 東京の, 東京市の, 東北の, 梅花は, 極まりじやに, 構うこと, 様子有りげに, 正風初期の, 此の, 此処に, 此方には, 此方へ, 此考えに, 此船にでも, 死んでは, 殊に中央日本, 残念なり, 残惜しいやう, 残花は, 水へ, 永く生きない, 汽車に, 流れに従って, 涙こぼし, 清三は, 漢末に, 烏丸では, 無事, 父の, 片栗湯こしらえた, 物に, 特に親切, 狂うが, 狂氣の, 猟師, 猶だ, 猶予は, 獸や, 玉蜀黍の, 瓦は, 甚だ間, 生憎その, 田舎の, 甲州八代郡末木村慈眼寺に, 疎に, 白河の, 百両で, 益々交友, 直ぐに, 眉山が, 看護婦に, 真暗黒, 真面目くさって, 矢張り極めて, 硝子の, 確かに, 禅僧などに対する, 禅堂生活の, 秀子が, 私たちは, 私だけの, 私においては, 私を, 私一個の, 私達の, 突然憤っ, 竣工の, 素直に, 細工は, 結局郷土に対する, 維新の, 罪の, 義理の, 老中若年寄の, 肝心の, 胆は, 自分などには, 自分には, 自分等に, 自殺他殺も, 自然の, 興味有る, 船津が, 花の, 若し大勢, 茶山は, 荏土の, 落合まで, 蓋し天稟, 蓋し興世玄明, 虫の, 蚊蚋の, 表面は, 裁判官の, 要するにかう, 要するに一家言, 要するに幼稚, 見かけばかり, 見せて, 見識った, 親も, 触らないに, 記者の, 記録に, 詩の, 話が, 誰にも, 誰一人立ち退かなかった, 譬を, 豪家の, 貴様, 農村の, 近江の, 退屈払いし, 逃亡した, 遊び事の, 遠いところ, 邸内に, 部屋の, 部屋一面に, 金色に, 金華の, 銭瓶の, 鎮子によって, 門出なされた, 阿波の, 阿部家への, 随分響き渡った, 雀の, 雪辷り, 面白く無く思われる, 鞘を, 頗る我意, 頼まれた上, 風説にも, 饅頭笠の, 馬鹿の, 駿三が, 高山特得とも, 魚の, 鼠骨の

▼ 知らぬ~ (262, 4.8%)

8 に, に自分 7 に私 6 にその 5 に彼 3 にそっと, にそれ

2 [15件] にあの, にそこ, にひどく, に乙, に住まゐ, に何時, に兄さん, に夢, に持, に涙, に物価, に研究, に私たち, に誰か, に過ぎ

1 [192件] であるほど, ではない, にある程度, にいずれ, にいつか死, にいなくなっ, にお前, にかなり, にからっぽ, にき, にこっそり, にこの, にこんなに, にこんなにも, にすっかり, にそっち, にだれ, につい, についうとうと, にとけ, にどれ, にひざ, にひっそり, にほとんど, にほろほろ, にまき散らす, にもと, にやや, にわれ, にアジヤ主義者, にアメリカ人, にグングン, にダイヤモンド, にチャント福澤, にデパート, にポルーション, に一尺, に三造, に下り, に世界, に中味, に主人自慢, に久保, に亀, に二人, に亡び, に人, に他, に他人, に付着, に以前, に会長名, に何, に何処, に便所, に俺, に傷害沙汰, に全く, に再興, に冷, に出で, に刻一刻, に前歯, に南, に厠, に又, に口, に口笛, に台所, に同門, に咽, に善良, に堕落, に変, に外, に夜, に大きく, に大勢, に奥, に女房, に始末, に娘, に家庭生活, に少しく, に嵌め, に川上, に希望, に年, に年月, に幾度, に序幕, に弓子, に引きあげた, に彼女自身, に彼等, に心, に心変り, に心理学者, に悟っ, に意地, に感じ, に感得, に懶き, に我が家, に抜かれ, に拔, に拾, に持っ, に時, に時間, に最早, に朝, に木, に木部, に椽, に横行, に檢事局, に次第に, に歩い, に殺され, に殺し, に母, に母親, に毒薬, に毛孔, に水, に法水, に浴舍, に海, に消え, に減る, に潜ん, に爪先上り, に用意, に疲れ, に病勢, に療養所, に盗まれた, に目, に眞, に砂利場, に祭壇, に私共, に秤, に空中, に笛, に筆, に肥満女, に胸, に自分ひとり, に自分一人, に自然推戴, に舟, に舵, に荒れた, に落ちた, に葉子, に著, に著作者, に蒲団, に蔭, に薫る, に藪, に行為, に見えなくなり, に親分, に親族会議, に誰, に賊, に起こっ, に起っ, に路, に蹂, に通っ, に連れ出した, に過ぎ去っ, に道, に酔, に醸され, に野矢駅, に銀ちゃん, に雨戸, に零れた, に電柱, に静, に順調, に駆, に龜の子, のうち接近, のこと, のとてつもない, の大

▼ 知らぬ~ (251, 4.6%)

11 が多い 8 もあるまい 6 が見たら, の顔 4 のため, はない, もない 3 ぞ多く, には想像, の前, の名, はあるまい, を見る

2 [11件] だ, であった, である, とてない, に買, のない, のやう, の中, の手, は何とか, ばかりである

1 [168件] かもしれない, からこう, からでもほほえみかけられる, から医学士, が, がいい, がいっ, がかれこれ, がかわり, がきわめて, がこういう, がこの, がこれ, がこんな, がたくさん, がたまたま, ができ, がどれ, がない, がよそ, が住ん, が何人, が入っ, が多かっ, が多から, が多く, が富士, が差入れ, が戦争, が普通, が来, が来会, が澤山, が第, が見, が趣味, が通る, じゃ, であったけれども, であったならば, であつ, でありその, であるのに, であろうと, でない, でもなかっ, でもなし, でも勝たせたい, でも肖かり, でわかれる, で画家, で逢い, といはれ, といふでは, とは会っ, とは共に, と一緒, と会っ, と呼ぶ, と考え, と見え, と食事, なき五十男, なき位, なき大東新報社長ジョン, などは内, なれば, にお金, につれられ, にて死し, にでも, にはピッタリ, には何, には危険, には口, には恋, には異なるべく, には聞い, には見当, には解り, にまで, にもぢぢ, にも夫, にわからぬ, に向かっ, に声, に対しても相当, に対する跪拝, に理解, に礼, に落ちぬべし, に言葉, に逢, の, のいう, のいった, のまえ, のみにはあらず, のよう, の一旦, の介抱, の名刺, の子, の室内, の想像, の愛人, の批評, の旅, の杖, の歌, の為め, の生, の與, の荷物, の言葉, の計らざる, の話, の誰彼, の謂いである, の門口, の鼻, はありません, はその, はなから, はまず, は不思議, は云っ, は五, は何とも, は余程, は困るだろう, は少い, は戦争, は東銀子, は気の毒, は知らない, は知るまい, は神様, は私, は讃歎, は身分, ばかりであった, まで讃め, もあった, もありません, もし, もないえらい, もなく, もなけれ, も多い, も多く, も少なかろ, も気の毒, も沢山, も無い, も着物, や山, よし男, を下知, を世話, を入れ, を呼び止めた, を家, を貰, を間, 多し, 忽ちにわれ, 来て

▼ 知らぬ~ (192, 3.5%)

26 もない 22 はない 9 のない 6 はあるまい 5 は無い 3 がない, の無い, の言, はあるまじく, はなかっ, もなかっ, もなき, もなく 2 がなく, が見たら, とてはない, ない, には何, の人間, はなく

1 [86件] があろう, がいうなら, がござろう, がただ, がなかっ, が多, が多かっ, が多く, が果たして, が水, が沢山, が片隅, が笄, が聞け, が蘭麝, が言, が転生身, が遣っ, じゃ, だから, であり思想, であるけれども, でないこと, でも, でも盛ん, で有る, として進退問題, とてない, とてなかった, なき乱暴猫, なく今, ならば, にとってはいかに, にとっては謎, にはちょっと, には憧憬, には首領, に大事, に如何, に対して質問, に文学, に比べれ, のこと, のさ, のよう, の及ぶ, の夢, の如き, の如く, の心, の悲し, の想像, の潜入闖入, の眼, の迂, はあっ, はありませぬ, はありません, はおそらく, はこれ, はございますまい, はございません, はなかつた, は一人, は其の, は彼, は恐らくは, は愚か, は皆敵, は知らぬ, は禍, は竜, は聞い, ばかりの中, もありません, もあろう, もございません, もない恐ろしい, も不幸, も無, も無い, も無き, を嘲笑, を求むる, 無く実に, 駆け出

▼ 知らぬもの~ (180, 3.3%)

21 はない 12 もない 6 である 5 がない 4 だ, はなかっ 3 がなかっ, が多い, では, のやう 2 が多く, だから, だと, のない, のよう, はなかろう, はなく, は無い, は知らぬ, へちらめく

1 [96件] かと今, かなと, から得た, があつ, があるだらう, があろう, がすなわち, がエタ, が人生, が彼是批評, が怖い, が無い, じゃナ, だけが, だった, だろうか, であったと, であつ, であります, でこれ, でした, ですから, でまた, でも, といはれる, といわれる, とされ, とて無い, との間, とを迎えた, と云う, と思はれ, と思ひ, と悟りまし, と批難, と称し, と結婚, ないこの, ないのに, ない名代, ない大, なきお, なき無, なき無邪気, なし, なり夢, なること, になり, になる, にはあらず, にはふしぎ, には三文, には想像, には開けられない, には鬼, に似, に荷物, のいう, のない若い, のなかっ, のデマゴギー, の屁理屈, の推測, の様, は, はありません, はあるまい, はこの, はこれ, はどうも, はむしろ, は一寸, は一種, は何と, は実に, は殆ど, は濫僧, は無く, は真, は知らん顔, は確か, ばかりである, まで白く, もあった, もありません, もあるまい, もございません, もなかっ, も無い, をやっ, を人非人, を省略, を知ろう, を見, 故かうした, 無きに

▼ 知らぬ~ (159, 2.9%)

6 いう 5 見える 4 いふ, いふの, 思って 3 みえる, 云ふ, 申すか, 言って

2 [14件] あっては, いうが, いうので, いえば, いった, 云う, 云うこと, 云うよう, 云ふと, 申されませぬ, 答えた, 言い張った, 言ひ, 言ふ

1 [96件] あったそう, あったを, いいました, いうて, いうばかり, いうより, いって, いっても, いふが, いふこと, いふと, いふほどの, いわせて, いわれては, おっしゃいますか, おっしゃいますけれど, きっぱり答えた, して, すれば, どこまでも, なじる人, なると, ほきと, みえて, みえるな, みえるナ, シラを, 主人は, 亂暴に, 云いつづけられるだろうか, 云いました, 云い張るの, 云うたか, 云うの, 云えば, 云った, 云ったから, 云ったじゃ, 云って, 云つた, 云つて居る, 仰しゃるのですか, 仰せられます, 仰っしゃる, 仰っしゃるか, 仰っしゃるッ, 保証しました, 公言し, 出鱈目を, 同じ悲し, 否認した, 宣言し, 帰る途次, 弁解しました, 思い, 思いつつ, 思いの外それを, 思った, 思ったは, 思ったものの, 思ふの, 捨てられたらそりゃ, 明けて, 札を, 来ては, 正直に, 母に, 済しけり, 濟しけり, 玄関番が, 申したでは, 申し候, 申すの, 突張っ, 笑って, 答えたれども, 答える許, 答え薯, 見えて, 見えるな, 見えるね, 見れば, 解がと, 言いました, 言い張りそんな, 言い通します, 言うじゃろう, 言うて, 言った, 言ったら銭, 言はれた, 言われても, 言通す, 謂って, 頑張って, 首を

▼ 知らぬこと~ (142, 2.6%)

54 とはいえ 3 だった, だと, であったから, とはいい 2 である, では, とは申せ, なの, に爾来一層, はあるまい, はない, はなかろう, は知らぬ, ばかりで

1 [101件] あの水, いったい中央, お通, かりそめ, かりにも, があつ, があり, がある, がこの, がご, がしばしば, がら, がわかった, が世の中, が書かれる, この尾羽打, この日の本, この曹操, この武蔵, この飛騨, こんな私邸, ご神縛, さもの, じゃ, じゃ覚えない, そうで, その末代, だからとの, だが, だけれども, であったが, でありまつたく彼, ですから, ですが, でないかぎり, で私, といい, というの, とてはなく, とて悪かっ, とて毎度仕事場, とにかくこう頭, とはもうせ, とは云い, とは言い条, と判りました, なく深甚微妙, なく知ろう, などであった, ならぜひ, ならとにかく, なり, なりとて, なれども, にし, にて単に, になる, には口出し, に当ろう, に気がつい, に顔赭らめ, のない, のみゆえ, のよう, の恥辱, はありません, はあるまじ, はございますまい, はどう, はどうにも, はもちろん, は不便, は多い, は申し上げられませぬ, ばかりきい, ばかりだった, ばかりである, ばかりな, もあるまい, もあろう, もう晩秋, もない, もなかっ, も亦, も体得, も確, をし, をナゼ人, を何時の間にか, を恥じた, を恥ぢた, を示し, を考え, を耻ぢ, を聞く, を高貴, 実際には, 教えて, 生れて, 重いトランク, 飛ぶ鳥

▼ 知らぬ~ (137, 2.5%)

23 である 12 では 1095 かえ, だから 4 じゃ, であった, であるから 3 だと, であるが 2 だが, であろう, です, でない

1 [47件] かお, かさも, かしら等と, かそこ, かと思った, かは測られぬ, かも知れない, かッ, か山大名, か清三, がほんとう, が常, が沢山, じゃな, だか, だなどと, だもの, だらう, だらうでなければ, だろうと, だ知らずに, だ知ろうと, だ礼儀, であったしからば, であります, でありますが, であろうか, ですから, ですね, です今, です彼, です私, という智恵, と丸, に勧められ, に待ち設けられ, はたしかに, はまた, は不愍, は大変, は当の, は異形身, は見, も彼ら, を幸, を思い, 一てんばりで

▼ 知らぬ~ (69, 1.3%)

2 に, にこの, に彼, に手, に秀吉, に自分

1 [57件] にあご, にいかで, にうしろ, にお, におとし, にこっそり, にじわりと, にたっ, にどんな, にほとんど, にゆるん, に一刻あまり, に予期, に二の腕, に代々木荘, に作っ, に出どころ, に千百三十両, に国じゅう, に変っ, に大, に家康, に寝返られ, に年, に忍び足, に房一, に旅包み, に死ん, に海, に涙, に犯人, に生じ, に眠っ, に眠った, に秀麗たぐい, に私, に秋, に窓, に窯, に胃袋, に脣, に自動車, に茶屋女, に贋造紙幣, に身, に逆立ちしました, に遊び, に酒宴, に重大, に長屋, に降っ, に降る, に飛び出した, に食べ, に高かっ, のよう, の涙

▼ 知らぬ~ (62, 1.1%)

6 なれば 4 ばかり教 3 だが 2 だわとて, とて今朝, を人

1 [43件] かと存じました, がある, が立派, だ, だから, であったが, である, です, ですが, で面白い, とは申し, ども多し, ながら小生一人, ながら我が, なく西洋, なり, には口, に對, に自ら, のみで, はあるまじ, はいくら, はヒイキ, は云えぬ, は前, は無い, は申せません, は知りません, は答えられる, ばかり教えられる, までもいつか知つて, までも存じ, もなかろう, も有るまい, を云う, を喋々, を殊更, を知つて, を知らないですまし, を言, 多少でも, 殺されかけて, 耕さずに

▼ 知らぬふり~ (61, 1.1%)

20 をし 17 して 3 をした 2 を装い

1 [19件] する事, せしが, そんな様子, だ, であがっ, でいちど, でいる, です, でビール, で二階, で少し, で飛び跳ね, になつて, に歩みこし, に見せかけ, のできる, をしなけれ, をなさんす, を装っ

▼ 知らぬから~ (52, 1.0%)

2 じゃ, である, なので, 其樣な

1 [44件] あるいはその, いくら問われ, いまだこれ, いらぬよけい, かういふ不都合, これに, こんどその, じゃ不便, そういう批評, そのものは, それは, そんな憎く, だが, だそう, では, でもし, で暢気, なんでも, やはり浴水, 両方で, 云わないだけ, 今日中学の, 先に, 其の様, 出たゴシップ, 字が, 抜け殻を, 昇が, 昇例の, 時介が, 未だ合点, 殺せば, 生じたらしい, 真面目一途で, 知つてゐる, 石や, 総ての, 能く, 芸が, 行長の, 言い争うわけ, 訊く, 邸に, 零な

▼ 知らぬ振り~ (50, 0.9%)

28 をし 9 して

1 [13件] だつた, でさっさと, でもし, で実は, で行き過ぎよう, で表面, に取りつくろっ, に放任, をしてやらう, をする, を保つ, を装い, を装う

▼ 知らぬという~ (45, 0.8%)

6 ことは 2 ことと, のである, のなら教え, のは, はずは, ように

1 [27件] ことにも, ことを, のか, のが, のであった, のです, のを, ものが, ものです, ような, ようにも, わけにも, んです, 事の, 事は, 事を, 俗謡が, 惧れ, 憐れなあり, 法が, 法は, 無邪気な, 筈が, 筈は, 者も, 話, 返事であった

▼ 知らぬ~ (45, 0.8%)

2 だ, でした, と女

1 [39件] からマドレーヌ, から顔, がしゃがれ, が何, が無けれ, が突っ, が肌, であったから, である, であるから, でお, でしょうが, です, ではない, とが一人, と抱擁, と知らぬ, と見える, なので, なれば, に, にさ, に会, に微笑みかけ, に裏切られた, に農村, のいふ, の前, の姿, の無駄骨, の闖入, の電話, の顔, はしきりに, よな, をあやめる, を指し, 参りまして, 突然川島家

▼ 知らぬ~ (43, 0.8%)

13 亭主ばかり 3 あるまじ菊

1 [27件] こけの, この故, ない, ないから, ないきのう, ない小山夏吉, ない彼女ら, ない英傑, ない阿野廉子, なく, なく子供ら, なければ, なし弁, 主翁, 亭主, 亭主の, 亭主ばかりなりっての, 大将の, 少ないであろう, 尤もお前, 彼のみ, 愚でござる, 日本人だけ, 末代の, 無いくらい, 無之候, 無能力である

▼ 知らぬうち~ (40, 0.7%)

1 [40件] こそ清浄, とて黙, ならば, にこちら, にそんな, につけ慕っ, にとうとうふわふわ, になんと, に一生懸命, に事件, に判決, に口, に四番首, に大きく, に大きな, に天国, に始まり, に完了, に店, に度々, に彫られた, に後生大事, に思いがけず, に我ひとり, に手足, に支店長代理, に日本, に死ん, に民間, に汚れ, に沼間氏, に相手, に神尾家, に秋津, に終る, に茫々, に連れ, に頭上, はともあれ, は安心

▼ 知らぬ~ (38, 0.7%)

12 をし 4 して 2 に今夜, に切つて, に平次

1 [16件] おや知らぬ, である, でお, で入, で危ふく入棺前, で押し通す, なる牡丹, にせつ, に悠々, に打, に日, に毎日道場, に算盤, に過す, の中, の其心

▼ 知らぬよう~ (36, 0.7%)

2 な顔

1 [34件] すで, だ, であった, であまり, であるが, でい, でした, です, なお伽噺, なまた, なもの, なやくざ侍, な事, な口ぶり, な奴, な実に, な寐, な御馳走, な心持, な昭和十六年, な様子, な田舎男, な鋭い, な間, な面, な風, に, にきょとん, に寝食, に母, に落ちつき, に藤吉郎, に静か, に鼻

▼ 知らぬ~ (33, 0.6%)

3 柱に 2

1 [28件] いやそりゃ, え, え此, ついこの, もしくは食い気, やがて卷きあげ, やがて巻きあげ, よろめくよう, 一同は, 余り馬鹿, 侍達は, 兵法大講会三日の, 出て, 北條左母次郎, 反問さえも, 商売柄目が, 大変な, 廷尉, 恥じないか, 抽斎を, 新田義興は, 玄徳の, 玉藻は, 誰様も, 誰樣も, 赤鼻の, 野郎, 阿修羅の

▼ 知らぬ他国~ (33, 0.6%)

2 のよう, を旅

1 [29件] から遠く, から金, では怪しん, でほんとう, で偶然同郷, で同国人, で如何, で解散, で辛い, にあっ, に行かね, のこと, のもの, の人, の奥州くん, の我, の敵, の旅, の道, の都会, の雪霜, へなんど, へも平気, へ参りまし, へ参ります, へ苦労, へ走る, を当て, を流浪

▼ 知らぬけれど~ (32, 0.6%)

1 [32件] あの井戸, こ, その人々, 一種の, 不幸の, 中に, 余は, 余ほど, 余り気, 僕の, 僕は, 兎に, 其の時限り, 其の顔, 動く途端, 夜に, 密旨に, 小角の, 尚同, 庭木に, 彼の, 或は埃, 捨て残されるこの, 此の, 目附なり, 秀子の, 私は, 背く事, 自分は, 若し咒語, 高輪田は, 鶴谷の

▼ 知らぬ~ (30, 0.6%)

12 はない 5 がない 2 なの

1 [11件] がなかつた, じゃわ, であるのに, の御, の無い, はなかつた, はなく, はなし, は有りますまい, は無い, もなく

▼ 知らぬげに~ (28, 0.5%)

1 [28件] こうして楽しみ, こうして歩い, ためらいはじらいつつも, と種々, みられました, 与里は, 世の, 余吾之, 例の, 奥の, 寒さ, 寝つづけて, 弥生の, 快く眠っ, 悠久と, 昂然として, 暖かに, 校庭に, 残暑の, 気を, 用人黒川と, 眠って, 眠る貞世, 臥て, 見ゆ, 見ゆる武骨一遍, 見ゆれど, 静かな

▼ 知らぬ~ (28, 0.5%)

2 逢坂の

1 [26件] ありゃあし, お低頭, すぐに, どうしてこんなに皆, なくそんな, のしが, みんなすでに, スパルミエント未亡人に, 不覚な, 哀れと, 噂の, 多少の, 斯う, 暴風の, 潛かに, 濁酒を, 無理は, 理ならず, 甚だしい, 直接又, 素人も, 羨まぬは, 道理じゃ, 道理でございます, 道理店の, 集って

▼ 知らぬ土地~ (28, 0.5%)

2 に来, に走らん, へ来

1 [22件] が生き生き, である, ではご, で人, で自分, とはいえ, に入っ, に来た, に水, に泊る, に行つて, に踏み込ん, のお山, のため, の人間, の土, の旅舎, は多い, は頼り, へ移され, へ行く, 故応頼

▼ 知らぬ~ (26, 0.5%)

2 なれど

1 [24件] が, がもうちっと, が天下, が花, だ, だから, だったから, です, でもしか, で占領, とお, として生活, と腕, にございます, のため, の人, の姿, の肉体, の顔, よりも身, を押しつけられる, を拾っ, を普通, 車掌は

▼ 知らぬ~ (25, 0.5%)

13 をし 2 で木像 1 がすう, であった, で歩いたであらう, で話, といふ調子, に過し, はし, をしてやらう, を装う, を裝

▼ 知らぬはず~ (24, 0.4%)

6 はあるまい 5 はない 2 はなく

1 [11件] がある, がござろう, がない, が無い, だが, である, の君, はござりませぬ, はないだろう, はなかっ, はなかろう

▼ 知らぬ人間~ (24, 0.4%)

1 [24件] から武門, がこの世, が中央, が明日, が見たら, だった, だったという, だったの, であっても, である, です, でも尊敬, とこの, にこうした, には書物, にまた, に話しかける, のよう, の体内, の傍, の前, の渦, の言葉, を容易

▼ 知らぬ~ (24, 0.4%)

2 であった, な素振り

1 [20件] であつ, である, なの, な彼, な態度, な顔, に, にいくばく, にとりすまし, に一輪, に後ろ, に最も, に来る, に潜り戸, に相, に繋留作業, に美しい, に見, に車内, に闇

▼ 知らぬので~ (22, 0.4%)

5 あつた

1 [17件] あらう, この辺, これも, せうが, 乙鳥音吉に, 二三の, 何とも云え, 何気なく通り過ぎ, 先ずダン氏, 大急ぎで, 夫人なり, 左様に, 序に, 有つた, 沢山の, 近ごろ新聞雑誌で, 青々園伊原さんに

▼ 知らぬけれども~ (21, 0.4%)

1 [21件] いやで, こっちでは, それは, とにかく四郎, ともかくこんな, ともかく重能, わが生徒監, われわれの, 一念に, 何し, 吾等は, 士族は, 売ると, 実に穿ッ, 実際の, 嵯峨の, 東京では, 残つてゐる, 窪んだ目, 自分達より, 黒岩万五は

▼ 知らぬところ~ (20, 0.4%)

2 である

1 [18件] だが, だった, であったから, であるから, でその, で僕, で少尉, なり, にある, に移っ, に逸し去っ, に逸し去つ, に隠し, のほう, のもの, の何物, へゆく, へ押流

▼ 知らぬ人々~ (20, 0.4%)

2 が事務室, は

1 [16件] から二人, から銭, がいた, が多い, ぞ多き, だったの, だ鶴, と物, なればこそ, に伴われ, のみなれ, の寄贈, は愈, は立ち騒い, までカバカワ, よ利己心

▼ 知らぬ~ (19, 0.3%)

4 であ 3 なれば 2 に心地 1 じゃ程に自分, であった, にしあれ, にはどう, に成っ, の, の余り, の羅摩, も戀, をば歎かじ

▼ 知らぬ~ (18, 0.3%)

2 だ, と見ゆる

1 [14件] がある, が有ります, が歌, じゃ, じゃわい, じゃ天神様, だと, と思う, に限つて鼻息, はあやしい, はこの, はない, は世渡り, は結局此

▼ 知らぬとは~ (17, 0.3%)

2 いわさぬ, いわさんぞ

1 [13件] いえそういう, いえなんと, おもしろい, さてさて愚か, 不思議な, 云えない, 仰せられまい, 何ごとじゃ, 何という, 到底い, 申されますまい, 自然と, 駈け出し

▼ 知らぬ~ (17, 0.3%)

3 あらねど 2

1 [12件] あらず, かかわらず好い, かかわりなく, せよその, せよ知るに, 付け込んで, 何が, 拘らずその, 拘らず認識論的, 違いない, 関らず, 関わらず道ばた

▼ 知らぬ他人~ (16, 0.3%)

3 の車夫さん

1 [13件] がなん, と思っ, にとられたら, に名, に恵み, に相談, に誰, の世界, の殊に, の私, ばかりで, を殺した, を見る

▼ 知らぬ~ (15, 0.3%)

1 [15件] かたが, ことば伝右衛門は, さよは, 名前であった, 国へ, 園は, 坊ッちゃんで, 変人では, 妻が, 姉さんの, 手前らが, 方様から, 望なら, 米の, 綱には

▼ 知らぬふう~ (14, 0.3%)

3 をし 2 にし 1 であった, であつ, でいようと, で中, で続いて, にただ, に世の中, に無邪気, を見せ

▼ 知らぬ世界~ (13, 0.2%)

2 だから

1 [11件] であった, であり人, である, に活躍, に突然, へでも来た, へ伴っ, へ引き, へ来し, を見, を覗い見

▼ 知らぬ~ (13, 0.2%)

1 [13件] たたき起して, で寝る, に坐り込ん, のひさし, の中, の店頭, の庭, の物置, へきた, へそれ, へはじめて, へやる, も興

▼ 知らぬ~ (13, 0.2%)

1 [13件] すら少く, だつた, であり彼, である, であるから, なり, にては独り落涙, に苦労, に行つた, はない, へ自分, また苦情, 又知らう

▼ 知らぬかの~ (12, 0.2%)

5 ように 1 ごとく装うて, やうに, ようだ, ような, 如く装う, 樣な, 町の

▼ 知らぬわけ~ (12, 0.2%)

7 では 2 はない 1 がない, はありません, はなかっ

▼ 知らぬこの~ (11, 0.2%)

3 国の 2 國の 1 ような, 一カ年の, 哀れな, 山々は, 美女は, 頃の

▼ 知らぬやう~ (11, 0.2%)

1 [11件] であるが, ですが, な唯, な態度, な顔, に世間, に何者, に俯い, に恐れ, に私, に行き過ぎよう

▼ 知らぬ~ (11, 0.2%)

1 [11件] がなから, が咲きみだれ, のお, の中, の匂い, の咲いた, の花盛り, の街, の隧道, も咲, をみほ

▼ 知らぬその~ (10, 0.2%)

1 ような, 上に, 二度添という, 口に, 妹を, 方で, 日の, 獣の, 男は, 青年について

▼ 知らぬまま~ (10, 0.2%)

2 に袂別 1 がよい, で進ん, にはし, には素通り, に何, に国政, に狂浪, 駆けつけたよう

▼ 知らぬ~ (10, 0.2%)

1 から来る, であり又, にても差支, に考, に読書研究, に通ずる, に随分, の病院, の者, を善き

▼ 知らぬ子供~ (10, 0.2%)

2 のやう 1 あまたおもしろ, であった, のよそ, のアスピレーシヨン, の耳, はできない, や厚かましい, 生むとも

▼ 知らぬ~ (10, 0.2%)

2 に返る 1 しは, とかはり, と変り, と思い切っ, と諦めれ, にあった, の悔し, はともかく

▼ 知らぬ~ (10, 0.2%)

1 の性情, の母, は, はその, はやはり, はウンザリ, は二セント, は唯, は変, をあまりに

▼ 知らぬかと~ (9, 0.2%)

1 きいて, 云えば, 呼ばはると, 問うた, 問うに, 問われて, 甥子まで, 訊いたが, 驚く寝覚

▼ 知らぬ~ (9, 0.2%)

1 さなき昔, 幸いに, 幸ひ, 恥と, 愍んだ, 我見ても, 繰返して, 貧しと, 門閥家なる

▼ 知らぬ~ (9, 0.2%)

3 は仕方 2 は是非 1 でなく故人, なる上, にそんな, に婆

▼ 知らぬ~ (9, 0.2%)

1 からは総て幾等, がいい, がなに, がはるか, が便利, が結果, でも, に自分, もあるであらう

▼ 知らぬ~ (9, 0.2%)

2 である 1 だ, だった, な事, にいつも, になつ, に家, に長い

▼ 知らぬ人たち~ (8, 0.1%)

1 からも安易, があれ, が言う, だろうあの, の集まり, はどうして, は喜ん, は金持ち

▼ 知らぬ~ (8, 0.1%)

2 國の 1 の一面, の方面, の賊, 國で, 國へ, 領の

▼ 知らぬ~ (8, 0.1%)

1 に渡り, の名, の村落, の王様, の秘事, の風景, へ渡っ, 或は異国

▼ 知らぬ~ (8, 0.1%)

1 というもの, なりけれ, に, に恨み, の介抱なほ, の子心, の痛み, の色

▼ 知らぬ様子~ (8, 0.1%)

1 だ, だぞ, であつ, である, で万, で人, で常盤橋, なので

▼ 知らぬ~ (8, 0.1%)

2 だった, にわが, の親はるか 1 であった, に対し家老

▼ 知らぬ自分~ (8, 0.1%)

2 だと 1 が出, というもの, にとっては珍, にも俄, は唯, もうた

▼ 知らぬ遠い~ (8, 0.1%)

1 どこかの, むかしに, 世界へ, 他国へ, 所から, 方から, 昔に, 熱帯の

▼ 知らぬ~ (8, 0.1%)

2 をし 1 でもあるまい, で竹刀, にあと, に引上げ, の半兵衛, の皮

▼ 知らぬにも~ (7, 0.1%)

5 程が 2 せよ母

▼ 知らぬ~ (7, 0.1%)

1 多数の, 森林の, 白痴, 都會に, 音声, 馬鹿者だ, 馬鹿者の

▼ 知らぬ容子~ (7, 0.1%)

2 を粧 1 であった, である, で独り口, を保つ, を粧う

▼ 知らぬ~ (7, 0.1%)

2 の太郎 1 が月江, だった, には前, の息子夫婦, は熱い

▼ 知らぬ~ (7, 0.1%)

4 もする 1 のみち, の道, よりも一層

▼ 知らぬ若い~ (7, 0.1%)

1 フランスの, レヴュガールを, 人, 人達に, 教師を, 白人の, 記者が

▼ 知らぬ~ (7, 0.1%)

5 の白き 1 の声, の飛ぶ

▼ 知らぬといふ~ (6, 0.1%)

1 やうな, 変り種である, 牡丹雪が, 道理は, 風に, 飛んでも

▼ 知らぬゆえ~ (6, 0.1%)

1 いかなるご, である, に何, に歌, に豪胆, 見違えるばかり

▼ 知らぬ一人~ (6, 0.1%)

2 の水兵 1 が声, の他人, の男, の老女

▼ 知らぬ主人~ (6, 0.1%)

1 が不思議, は, ははなはだ, は以前, は思う存分, は首肯い

▼ 知らぬ二人~ (6, 0.1%)

1 であった, の上, の息子, の美くし, はよしや, は只

▼ 知らぬ他郷~ (6, 0.1%)

1 こそ恋しけれ, で死ぬ, に咲かせよう, に流, に漂浪, へ行っ

▼ 知らぬ小鳥~ (6, 0.1%)

1 がとび立った, が一つどこ, が奇妙, の影, は枝, らしいの

▼ 知らぬ少女~ (6, 0.1%)

1 ではあった, なりけり, に名刺, のよう, の虐殺屍体, を殺った

▼ 知らぬ少年~ (6, 0.1%)

2 はその 1 がそれ, に酒, のよう, はおのれ

▼ 知らぬ~ (6, 0.1%)

2 を持っ 1 の娘, の頂, は富士, 之助

▼ 知らぬ新しい~ (6, 0.1%)

2 境へ 1 シャツなど, 世界が, 世界に, 文化の

▼ 知らぬ秘密~ (6, 0.1%)

1 として持っ, のもの, の点, の通路, をお, を握っ

▼ 知らぬ~ (6, 0.1%)

1 だけにかえって, に踏み迷っ, の夜, の長路, まよ, を迷いあるき

▼ 知らぬ~ (6, 0.1%)

21 ありて, が無数, その鳥, 啄めり赤き

▼ 知らぬからと~ (5, 0.1%)

2 言ふ 1 いふので, いふよりも, 弱つて

▼ 知らぬ~ (5, 0.1%)

2 であった 1 だった, だったが, であ

▼ 知らぬのに~ (5, 0.1%)

2 前に 1 それに, 不満を, 随分乱暴

▼ 知らぬほど~ (5, 0.1%)

1 安らかに, 強い者, 恐しい, 深く眠っ, 謙遜で

▼ 知らぬ世間~ (5, 0.1%)

1 の口々, の奴, の衆, は彼, 見ずの

▼ 知らぬ~ (5, 0.1%)

1 である, ではない, ではなかっ, ではなく, の人

▼ 知らぬ~ (5, 0.1%)

1 こそ知りたい, に上手, に極まる, に次第に, に種々

▼ 知らぬ喜び~ (5, 0.1%)

4 の不安 1 と丹精

▼ 知らぬ~ (5, 0.1%)

1 だったが, と, に天, に打たせた, の顔

▼ 知らぬ~ (5, 0.1%)

1 婦人には, 家族が, 愛情によって, 母さんは, 秘密の

▼ 知らぬ~ (5, 0.1%)

1 それに, をもつ, 人間道に, 合点ゆかぬなり, 容赦なく

▼ 知らぬ~ (5, 0.1%)

2 時代の 1 らしき美, 吉が, 次は

▼ 知らぬ~ (5, 0.1%)

1 がその, がにじみ出た, がわい, にてこの, を私

▼ 知らぬ~ (5, 0.1%)

1 であった, の窪, や何, を味, を旨

▼ 知らぬ~ (5, 0.1%)

1 が今朝, 婦人に, 学究の, 杉の, 猿である

▼ 知らぬ~ (5, 0.1%)

1 があった, ながら, に坐れ, の葉, を朱

▼ 知らぬ遠き~ (5, 0.1%)

4 旅に 1 島より

▼ 知らぬあの~ (4, 0.1%)

1 むすめ, 太郎が, 女の, 男が

▼ 知らぬお方~ (4, 0.1%)

1 から手紙一本, この小さな私, でございましたので, のお祈り

▼ 知らぬかお~ (4, 0.1%)

2 をし 1 でそのまま, で突ッぱなすこともならない気

▼ 知らぬからの~ (4, 0.1%)

2 論だ 1 ことです, 誤りである

▼ 知らぬこと教~ (4, 0.1%)

4 へて賜れ

▼ 知らぬさま~ (4, 0.1%)

1 なり花子, に四, に欄干, に聳え

▼ 知らぬため~ (4, 0.1%)

1 であると, にある, に却って, に気がつかない

▼ 知らぬなどと~ (4, 0.1%)

1 御新政向き, 申して, 白ば, 言って

▼ 知らぬ不思議~ (4, 0.1%)

1 な小母さん, な浮世, の衰, をも偶

▼ 知らぬ~ (4, 0.1%)

1 の人心, の楽器, の黒い, をば頼まん

▼ 知らぬ~ (4, 0.1%)

1 と知った, に恋, の己, 又遠

▼ 知らぬ反感~ (4, 0.1%)

4 まで唆

▼ 知らぬ~ (4, 0.1%)

1 だにあら, なりけり, の男, を生むであろ

▼ 知らぬ哀れ~ (4, 0.1%)

2 な男 1 なこと, に誘われ

▼ 知らぬ大きな~ (4, 0.1%)

2 事を, 湖の

▼ 知らぬ女子~ (4, 0.1%)

2 とさげすみ 1 のこころ, よな

▼ 知らぬ女性~ (4, 0.1%)

1 であります, であろうか, として指摘, に愛

▼ 知らぬ~ (4, 0.1%)

1 なの, のうち, の内, は蟻

▼ 知らぬ幼児~ (4, 0.1%)

1 のほか思い, の次々, の生命, を連れ

▼ 知らぬ~ (4, 0.1%)

3 をし 1 で食事

▼ 知らぬ我が~ (4, 0.1%)

3 思ひかな 1 子に

▼ 知らぬ故に~ (4, 0.1%)

2 や候らん, 歌が

▼ 知らぬ旅人~ (4, 0.1%)

1 が沢山, にこうして, にも親切, 聞かば

▼ 知らぬ~ (4, 0.1%)

2 なれども 1 の花, の藪

▼ 知らぬ母親~ (4, 0.1%)

1 にいらぬ, に対する同情, は喜び, を驚かし

▼ 知らぬ灌木~ (4, 0.1%)

2 の叢生 1 が芽, が雑草

▼ 知らぬ~ (4, 0.1%)

1 から町, で友達, にた, をぶらつい

▼ 知らぬ神秘~ (4, 0.1%)

2 の結び方 1 だったと, な生命感

▼ 知らぬ~ (4, 0.1%)

1 だから, な奥, の良人, 若かった

▼ 知らぬ経験~ (4, 0.1%)

3 を後 1 を具体的

▼ 知らぬ~ (4, 0.1%)

4 しである

▼ 知らぬ老人~ (4, 0.1%)

1 がだんだん, について自ら矜, の久木男爵, の腕前

▼ 知らぬ~ (4, 0.1%)

2 では 1 はない, はなく

▼ 知らぬ郡村~ (4, 0.1%)

4 に地割り

▼ 知らぬ部分~ (4, 0.1%)

1 が残つて, でそれぞれ, の家, の母

▼ 知らぬ~ (4, 0.1%)

1 か煙, と水, の外, の海

▼ 知らぬ青年~ (4, 0.1%)

1 が煩悶, のこと, の訪問, の頃

▼ 知らぬあはれ~ (3, 0.1%)

3 な筋立て

▼ 知らぬいや~ (3, 0.1%)

2 鳥に 1 鎌倉中の

▼ 知らぬいろいろ~ (3, 0.1%)

1 のこと, のもの, の花

▼ 知らぬかなた~ (3, 0.1%)

2 へと 1 にあく

▼ 知らぬこれ~ (3, 0.1%)

1 は幼い, は強烈, も知らぬ

▼ 知らぬ~ (3, 0.1%)

1 又調べる, 囲碁も, 怪しいとは

▼ 知らぬだけ~ (3, 0.1%)

1 それだけのんき, だと, である

▼ 知らぬだけに~ (3, 0.1%)

1 かえって先生, とっさの, 何事かと

▼ 知らぬ~ (3, 0.1%)

3 あらうが

▼ 知らぬといった~ (3, 0.1%)

1 ことは, そうだ, 顔であった

▼ 知らぬながら~ (3, 0.1%)

1 その人, 学者の, 少しずつ

▼ 知らぬながらも~ (3, 0.1%)

1 すぐと, 切合を, 真裸で

▼ 知らぬほどの~ (3, 0.1%)

1 木強漢では, 縁であった, 重大な

▼ 知らぬわが身~ (3, 0.1%)

2 の旅 1

▼ 知らぬ一種~ (3, 0.1%)

1 の不安, の想念, の鬼気

▼ 知らぬ乙女~ (3, 0.1%)

1 の生, は何さま, は水の上

▼ 知らぬ人達~ (3, 0.1%)

2 の間 1 だと

▼ 知らぬ~ (3, 0.1%)

1 であるけれども, は曠野, は遽しく

▼ 知らぬ~ (3, 0.1%)

1 には何とも, は文學者, は雪雲

▼ 知らぬ八五郎~ (3, 0.1%)

1 がやつ, はその, ほど調法

▼ 知らぬ~ (3, 0.1%)

1 がこれから, がさせた, の進展

▼ 知らぬ危険~ (3, 0.1%)

1 に出あ, よりはむしろ, を感じはじめた

▼ 知らぬ~ (3, 0.1%)

2 には言 1 だったの

▼ 知らぬ名前~ (3, 0.1%)

1 に少し, の花束, の草花

▼ 知らぬ外国~ (3, 0.1%)

1 にもある, へ渡り, へ行け

▼ 知らぬ大樹~ (3, 0.1%)

1 のた, のたわわ, 黄いろくもみぢ

▼ 知らぬ奇妙~ (3, 0.1%)

3 な困惑

▼ 知らぬ婦人~ (3, 0.1%)

1 がある, が彼, にいたずら

▼ 知らぬ~ (3, 0.1%)

1 が多い, のお, の行い

▼ 知らぬ~ (3, 0.1%)

2 の巧み 1 が出来

▼ 知らぬ~ (3, 0.1%)

1 學生に, 店員を, 猫かな

▼ 知らぬ小野さん~ (3, 0.1%)

1 では, ははたして, はまた

▼ 知らぬ快楽~ (3, 0.1%)

2 をも心得 1 と宿願

▼ 知らぬ我々~ (3, 0.1%)

1 が何百年, である, は濃霧

▼ 知らぬ~ (3, 0.1%)

1 の人, の路, もする

▼ 知らぬ旅路~ (3, 0.1%)

1 に行きくれたる, の海岸, の空

▼ 知らぬ~ (3, 0.1%)

1 の天下, の景色, の草

▼ 知らぬ有様~ (3, 0.1%)

1 であると, でした, は何事

▼ 知らぬ歌よみ~ (3, 0.1%)

3 の言

▼ 知らぬ武士~ (3, 0.1%)

1 であったが, に勤皇, は月

▼ 知らぬ江戸~ (3, 0.1%)

1 とやらへ参っ, の町人共, の町人達

▼ 知らぬ~ (3, 0.1%)

1 だ, となれ, の向こう

▼ 知らぬ~ (3, 0.1%)

1 幻の, 智な, 智階級では

▼ 知らぬ無数~ (3, 0.1%)

2 の蟻 1 の人間

▼ 知らぬ~ (3, 0.1%)

1 ではない, のま, は久々

▼ 知らぬ~ (3, 0.1%)

1 であつ, ながら式, にただ

▼ 知らぬ田舎~ (3, 0.1%)

1 の模範少年, へ行っ, ものの寐言

▼ 知らぬ運命~ (3, 0.1%)

2 の岐路 1 と宿業

▼ 知らぬ道庵先生~ (3, 0.1%)

1 と米友, は, はお

▼ 知らぬ雑草~ (3, 0.1%)

1 がぐんぐん, が生, が重なりあっ

▼ 知らぬあたり~ (2, 0.0%)

1 のこと, まで平らか

▼ 知らぬあなた~ (2, 0.0%)

1 か, ではない

▼ 知らぬある~ (2, 0.0%)

1 不可思議な, 時同志の

▼ 知らぬお前一人~ (2, 0.0%)

2 でお

▼ 知らぬかなしみ~ (2, 0.0%)

2

▼ 知らぬくせ~ (2, 0.0%)

1 に何, に作法

▼ 知らぬことあなた~ (2, 0.0%)

1 には出来ます, のよう

▼ 知らぬことわし~ (2, 0.0%)

1 からは金輪際, が通る

▼ 知らぬこと今~ (2, 0.0%)

1 の世, まであの

▼ 知らぬこと今日~ (2, 0.0%)

1 は乱れる, 突然貴様

▼ 知らぬこと其他~ (2, 0.0%)

1 の季節, は赤坂

▼ 知らぬこと普通~ (2, 0.0%)

1 の処女, の土

▼ 知らぬこと武士~ (2, 0.0%)

1 が象戯, という気持

▼ 知らぬころ~ (2, 0.0%)

1 からなさけ, の千鶴子

▼ 知らぬこんな~ (2, 0.0%)

1 時一層, 秘密の

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 無礼ふかく, 貴殿が

▼ 知らぬそして~ (2, 0.0%)

1 ロマンチック気質が, 知らぬが

▼ 知らぬそれ~ (2, 0.0%)

1 を事実, 故よく

▼ 知らぬつら~ (2, 0.0%)

1 さ, さなる

▼ 知らぬとて~ (2, 0.0%)

1 奇怪にまで, 強情を

▼ 知らぬとの~ (2, 0.0%)

1 答えだ, 返事其の

▼ 知らぬばかりに~ (2, 0.0%)

1 動顛し, 受けずとも

▼ 知らぬひと~ (2, 0.0%)

1 はだいたい, びとが彼の

▼ 知らぬふるさと長崎~ (2, 0.0%)

2 の夢

▼ 知らぬまた~ (2, 0.0%)

1 知つてゐ, 知りたくも

▼ 知らぬまでも~ (2, 0.0%)

1 禁欲の, 訪ねて

▼ 知らぬまね~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 知らぬものさ~ (2, 0.0%)

2 へも

▼ 知らぬものの~ (2, 0.0%)

1 やはり栄三郎, 如く装って

▼ 知らぬわがまま~ (2, 0.0%)

1 な処女, な處女

▼ 知らぬわれ~ (2, 0.0%)

1 の, のいのち

▼ 知らぬフリ~ (2, 0.0%)

1 でこの, をし

▼ 知らぬメエルハイム~ (2, 0.0%)

2 がごとき

▼ 知らぬ一点張り~ (2, 0.0%)

1 で通し, で通そう

▼ 知らぬ三味線~ (2, 0.0%)

2 の沈んだ

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 平家で, 廉な

▼ 知らぬ不安~ (2, 0.0%)

1 に襲われた, は矢ッ張り事実

▼ 知らぬ人同志~ (2, 0.0%)

2 が同じ

▼ 知らぬ人民~ (2, 0.0%)

1 は大, は大喜

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 だと, は知らぬ

▼ 知らぬ偉大~ (2, 0.0%)

2 なる感激家

▼ 知らぬ処女~ (2, 0.0%)

1 が悪い, の姿

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 しい戦ひを, しい戰

▼ 知らぬ勇気~ (2, 0.0%)

1 にかて, をもった

▼ 知らぬ動物~ (2, 0.0%)

1 がおそろしい, の報復

▼ 知らぬ勲章肩~ (2, 0.0%)

2 じるし

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 とがある, にこそ

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 恐い海, 恐しい

▼ 知らぬ同志~ (2, 0.0%)

1 であるから, では嘸

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 の人生, の女等

▼ 知らぬ商人~ (2, 0.0%)

1 となにやら, のみの口

▼ 知らぬ困苦~ (2, 0.0%)

2 と反抗

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 の都, へ行き

▼ 知らぬ地上~ (2, 0.0%)

1 に印す, の繁栄

▼ 知らぬ地方~ (2, 0.0%)

1 もある, を巡回

▼ 知らぬ場合~ (2, 0.0%)

1 にそなえる, もある

▼ 知らぬ場所~ (2, 0.0%)

1 とはいえ, へ初めて

▼ 知らぬ境地~ (2, 0.0%)

2 に到りぬ

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

2 うらの

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 であった, になれ

▼ 知らぬ外人~ (2, 0.0%)

1 に質せ, の心

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 の家具, の道

▼ 知らぬ夫人~ (2, 0.0%)

1 に, の耳

▼ 知らぬ夫婦~ (2, 0.0%)

2 多しと

▼ 知らぬ夷ども~ (2, 0.0%)

2 の書き集めたる

▼ 知らぬ女たち~ (2, 0.0%)

1 がいくら, にとつて

▼ 知らぬ姿~ (2, 0.0%)

1 がやっと, が入り込ん

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 だから, は一字

▼ 知らぬ存在~ (2, 0.0%)

1 であった, である事

▼ 知らぬ学者~ (2, 0.0%)

1 だった, はこんな

▼ 知らぬ小さな~ (2, 0.0%)

1 船宿へ, 銀の

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 かけ舟, は

▼ 知らぬ平々凡々~ (2, 0.0%)

2 たる旧家

▼ 知らぬ庄太郎~ (2, 0.0%)

1 は我, は早

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 があった, へ立寄る

▼ 知らぬ御馳走~ (2, 0.0%)

1 が彼等, の話

▼ 知らぬ忿怒~ (2, 0.0%)

1 が児玉, が捉

▼ 知らぬ思い~ (2, 0.0%)

1 のまま, を致しました

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

2 に頭

▼ 知らぬ悲し~ (2, 0.0%)

1 さきょうの, さサタンだ

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 に感激, に胸

▼ 知らぬ愛情~ (2, 0.0%)

1 を持つ, を続けたい

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 ありて, 目に

▼ 知らぬ憂愁~ (2, 0.0%)

2 の境

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 なれど, なれば

▼ 知らぬ我慾~ (2, 0.0%)

2 の強い

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 からあり, もありし

▼ 知らぬ振舞~ (2, 0.0%)

1 であったかという, を憎み

▼ 知らぬ放言~ (2, 0.0%)

2 さらぬも

▼ 知らぬ新米~ (2, 0.0%)

2 の職業婦人

▼ 知らぬ日本人~ (2, 0.0%)

1 の訪問, も知らぬ

▼ 知らぬ明智~ (2, 0.0%)

1 は小林少年, は椅子

▼ 知らぬ最大幸福~ (2, 0.0%)

2 です

▼ 知らぬ本能的~ (2, 0.0%)

2 な女性

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

2 の老女達

▼ 知らぬ東京~ (2, 0.0%)

1 から医者, で想像

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 だ逆らって, 障の

▼ 知らぬ楽しみ~ (2, 0.0%)

1 に候, を楽しむ

▼ 知らぬ楽み~ (2, 0.0%)

1 と致候, をし

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

2 し欲

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 の子, の風土

▼ 知らぬ武蔵~ (2, 0.0%)

1 の足, よりは御

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 が貴人, を作り

▼ 知らぬ民族~ (2, 0.0%)

1 であるから, の道徳

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 ではあるまい, になつて來

▼ 知らぬ淋しき~ (2, 0.0%)

2 半生に

▼ 知らぬ深海~ (2, 0.0%)

2 の潮

▼ 知らぬ深淵~ (2, 0.0%)

2

▼ 知らぬ清吉道益~ (2, 0.0%)

2 が帰りし

▼ 知らぬ渇望~ (2, 0.0%)

1 からであった, でいっぱい

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 ながら帆柱, に船

▼ 知らぬ滿足~ (2, 0.0%)

2 を覺

▼ 知らぬ無邪気~ (2, 0.0%)

1 な子供, な目

▼ 知らぬ熟睡~ (2, 0.0%)

1 ということ, に耽っ

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 である, に呼吸

▼ 知らぬ父親~ (2, 0.0%)

1 にそれ, のこと

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 にしゃぶられ, を呼ぶ

▼ 知らぬ状態~ (2, 0.0%)

1 にある, に立ち到っ

▼ 知らぬ生活~ (2, 0.0%)

1 に入る, の感情

▼ 知らぬ異国~ (2, 0.0%)

1 の乙女, の穿鑿

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 に, に私

▼ 知らぬ砂山~ (2, 0.0%)

2 と無窮

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

2 が意味

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 の暮, の蟲

▼ 知らぬ程度~ (2, 0.0%)

2

▼ 知らぬ積り~ (2, 0.0%)

1 でいろ, で家

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 を見上げた, を誰

▼ 知らぬ空想~ (2, 0.0%)

2 の翼

▼ 知らぬ第三者~ (2, 0.0%)

1 はすっかり, を陥入れよう

▼ 知らぬ素直~ (2, 0.0%)

1 なる処女, な気質

▼ 知らぬ經驗~ (2, 0.0%)

2 を後

▼ 知らぬ美しい~ (2, 0.0%)

1 少女が, 山水を

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 は小, は少し

▼ 知らぬ與八~ (2, 0.0%)

1 は, 何時もの

▼ 知らぬ若者~ (2, 0.0%)

1 はそれ, を眼

▼ 知らぬ苦労~ (2, 0.0%)

1 がある, を嘗め

▼ 知らぬ苦界~ (2, 0.0%)

2 よと

▼ 知らぬ草木鳥獣~ (2, 0.0%)

2 など染めつけたる

▼ 知らぬ草花~ (2, 0.0%)

2 が霜枯れ

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

2 の味噌汁

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 が無い, ではない

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

2 と泥

▼ 知らぬ言葉~ (2, 0.0%)

1 でいつ, に表現

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 だと, も多い

▼ 知らぬ読者~ (2, 0.0%)

1 である自分, は何

▼ 知らぬ諸君~ (2, 0.0%)

1 が反, のため

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 知らぬ通行人~ (2, 0.0%)

1 までが飛びこん, を止めよう

▼ 知らぬ連中~ (2, 0.0%)

1 である, はぞろ

▼ 知らぬ運転手~ (2, 0.0%)

1 である, を案内

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

2 のすゑ

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

1 の人々, の女

▼ 知らぬ野道~ (2, 0.0%)

1 で日, を走っ

▼ 知らぬ長野~ (2, 0.0%)

2 の奴

▼ 知らぬ間柄~ (2, 0.0%)

1 ではない, とはいえ

▼ 知らぬ青二才~ (2, 0.0%)

1 だった, でたのしく

▼ 知らぬ靜歌~ (2, 0.0%)

2 の美し

▼ 知らぬ頑是~ (2, 0.0%)

1 ない者, のない

▼ 知らぬ風情~ (2, 0.0%)

1 に急用, をし

▼ 知らぬ馬鹿者~ (2, 0.0%)

2 にしよう

▼ 知らぬ~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 知らぬ黄金~ (2, 0.0%)

1 の欲望, よ

▼1* [1055件]

知らぬわれな, 知らぬあかつきの, 知らぬあこがれがわたくし, 知らぬあどけない妻を, 知らぬあまの浮き木, 知らぬあんたがた, 知らぬいやしき性よ, 知らぬうつけはない, 知らぬうつつともない, 知らぬおおぜい, 知らぬおおきな白い豆, 知らぬおかみは多分, 知らぬおとめまでがそれ, 知らぬおばさんが云う, 知らぬかが分るでしょう, 知らぬかぎりあり得ぬこと, 知らぬかなぞとも思ふ, 知らぬかも知れぬ, 知らぬからこそさような, 知らぬからとて事実無根とは, 知らぬからねえ失礼な, 知らぬがか閑山から, 知らぬがきッきッ, 知らぬがをかしく思はれる, 知らぬきょうからわし, 知らぬきれいな乙女, 知らぬくらいじゃからきみの, 知らぬけものの如き人, 知らぬげににっこりと微笑ん, 知らぬげにぴたり強刀, 知らぬげにやはりひらひらとして風, 知らぬひの, 知らぬここちこそすれ, 知らぬこころに, 知らぬこころゆ吾ために尽せ, 知らぬことおいらは見せねえ, 知らぬことおらが住ん, 知らぬことここへ来た, 知らぬことぢやが, 知らぬことなべから直に, 知らぬことまともな人間, 知らぬことやくざというやくざ, 知らぬことわが家の門, 知らぬことわれわれにては鉛筆, 知らぬことビタちゃんとしてはいささか, 知らぬこと一体十五年間も先, 知らぬこと一切の責任, 知らぬこと一廉の勇士, 知らぬこと一粒一粒極く, 知らぬこと下町の小ぢんまり, 知らぬこと両親にだって指一本, 知らぬこと五番目のこの, 知らぬこと人を裁く, 知らぬこと人間である以上, 知らぬこと人間性は無限, 知らぬこと信長の領民, 知らぬこと兎に角汝, 知らぬこと其方までがそんな, 知らぬこと分別ぶった相当, 知らぬこと命知らずな真似, 知らぬこと大抵の場合, 知らぬこと山手武家侠客の総, 知らぬこと島田先生が人手, 知らぬこと引越しを思い立った, 知らぬこと性慾と愛情, 知らぬこと恐れ多くも, 知らぬこと手下の三人, 知らぬこと昔の百姓大尽, 知らぬこと月輪にあっ, 知らぬこと本朝では汝一人, 知らぬこと東莱の太, 知らぬこと柴田なぞが愚意, 知らぬこと江戸の事件, 知らぬこと無分別な浮気沙汰, 知らぬこと無邪気にし, 知らぬこと爺の眼, 知らぬこと現在このまま, 知らぬこと現在恩のある, 知らぬこと理智の眼, 知らぬこと真底から思いあった, 知らぬこと竹童ほどな, 知らぬこと米友ほどのもの, 知らぬこと良人はそんな, 知らぬこと花妻でないから, 知らぬこと苟くも正しい神, 知らぬこと華嚴は高, 知らぬこと覚明の姿, 知らぬこと都に於い, 知らぬこと鐘鬼のそれ, 知らぬこと長浜なんてところ, 知らぬこと願はぬ, 知らぬこと馬を乗り入れ, 知らぬさすらい人の巷, 知らぬさまで世界は, 知らぬすばしこい小動物, 知らぬせいであろう, 知らぬぜいたくのよう, 知らぬその大きな星を, 知らぬそれにまた術の, 知らぬそれら谷間の湯, 知らぬ知らぬぞ, 知らぬだが義不義正邪黒白の, 知らぬていにし, 知らぬというはないはず, 知らぬところであつた, 知らぬとして宜い, 知らぬとに拘りなく, 知らぬとにかく寺内氏は, 知らぬとのみ家の, 知らぬとも言いえぬほどに, 知らぬどうで, 知らぬどこかの小僧, 知らぬながらに姦通すれ, 知らぬなぞと言わせませぬぞ, 知らぬなぞとは云えた義理, 知らぬなというお叱, 知らぬなにかによって別, 知らぬにはあらず, 知らぬによって後は, 知らぬのみでなくこちら, 知らぬならぬ, 知らぬばかりな体, 知らぬびらしゃらした, 知らぬふかき恐怖に, 知らぬほどな極めて平々凡々, 知らぬほどに眠って, 知らぬぼろ鞘の刀, 知らぬまであった, 知らぬまるつきり漠然たる, 知らぬ山の, 知らぬみどりごの, 知らぬみどり児貞子は先生, 知らぬむかしの無一物, 知らぬめでたき日を, 知らぬもし中村屋の, 知らぬもどかしい感じが, 知らぬものこまやかなる味, 知らぬもの友を売り, 知らぬはらかな, 知らぬやからは彼, 知らぬやつは蛆虫, 知らぬやるせない曲線の, 知らぬゆえにや候らん, 知らぬゆひなづけの, 知らぬこんな娘, 知らぬよその子猫, 知らぬより愉快である, 知らぬよりは知つただけ, 知らぬわが恋か, 知らぬわが輩は君, 知らぬわしが今日, 知らぬわたしが挿したなら, 知らぬわたつみのふか, 知らぬわれ恋ふる子, 知らぬエゴイズムに満ちる, 知らぬエスカレーターから免れ, 知らぬエネルギーが宿され, 知らぬエリスが悠々, 知らぬオリヴィエの過去, 知らぬカメラの話, 知らぬカルペンコ部下の一ロ兵, 知らぬガランとした, 知らぬコンスタンツェを後, 知らぬジュネヴィエヴは非常, 知らぬジユウなん, 知らぬセラダがひどく, 知らぬソヴェート同盟を君, 知らぬ離せ, 知らぬツァーの政府, 知らぬハルトアン氏と別れ, 知らぬパンパンはいない, 知らぬファンが一, 知らぬフランス人は大, 知らぬベッケルの死体, 知らぬホテルのベット, 知らぬボーイは室, 知らぬポッとした, 知らぬマダム・ウツミに僕, 知らぬミハイルアウエリヤヌイチは大, 知らぬミハイルアウエリヤヌヰチは大, 知らぬモナスの自己自身, 知らぬモンクス後ろ頭を板の間, 知らぬヤカラはいまだ, 知らぬヨハナーンや, 知らぬヨードルに, 知らぬルイ十六世の若い, 知らぬルンペン風の男, 知らぬレヴュガールがその, 知らぬヴァジニティは尊い, 知らぬ一切知らぬ, 知らぬ一向に見かけぬぞ, 知らぬ一大運動があつ, 知らぬ一座の人々, 知らぬ一徹な御仁, 知らぬ一節切の吹き, 知らぬ一般人の裁判所, 知らぬ一行について行った, 知らぬ一軒の湯屋, 知らぬ一郎は心から, 知らぬ一頭の狐, 知らぬ七兵衛も今ここ, 知らぬ三歳や四歳, 知らぬの暗中摸索, 知らぬ下り藤に, 知らぬ下司ども沓をぬい, 知らぬ下宿屋の三四度, 知らぬ不安さよ, 知らぬ不屈不撓の人間, 知らぬ不快と公憤, 知らぬ不死身の俺等, 知らぬ世の中がなぜ, 知らぬ世代の大, 知らぬ世俗がすぐ, 知らぬ世界一の馬鹿, 知らぬ世界而して, 知らぬ丘陵の間, 知らぬ中国人であったの, 知らぬ中川勢ぞ, 知らぬ中年の男, 知らぬ丸い眼と, 知らぬ久一さんが云う, 知らぬ久遠の謎, 知らぬ乗客同士の間, 知らぬ乙女心のおぞまし, 知らぬ乳臭児のよう, 知らぬ事いまの日本, 知らぬ事お嬢様も傷, 知らぬ事ぴんからきりまで心得て, 知らぬ事まじめな本気, 知らぬ事世といは, 知らぬ事今は慥, 知らぬ事天の御, 知らぬ事政治的な頭, 知らぬ事文明の絶頂, 知らぬ事時鳥といわぬ, 知らぬ事武士の娘, 知らぬ事物理学者として云, 知らぬ事老人を殺した, 知らぬ二三の人, 知らぬ二僧はすっかり, 知らぬ二僧これを聞い, 知らぬ二兒はさばかり, 知らぬ二軒茶屋で豆府, 知らぬ二重の爽快感, 知らぬ互いに顔を, 知らぬ五丁町の賑, 知らぬの中, 知らぬ井上半十郎, 知らぬ亜麻いろ髪, 知らぬ京極家の家中ども, 知らぬ京洛中心の輩, 知らぬ人々青山からだれ, 知らぬ人いきれにし, 知らぬ人びとの目, 知らぬ人ふたりと我, 知らぬ人われを譏る, 知らぬ人人も多かっ, 知らぬ人力車馬車自動車汽車電車そんなもの, 知らぬ人同然の方, 知らぬ人少なからず, 知らぬ人情が本能的, 知らぬ人格劣等の人, 知らぬ人生の, 知らぬ人相がはなはだ, 知らぬ人種は悲惨, 知らぬ人立を可, 知らぬ人等に会釈, 知らぬ人間銭を粗末, 知らぬ人非人のよう, 知らぬ人面を出せり, 知らぬまで通り嫁舅, 知らぬ仕打ではない, 知らぬ他府県の人, 知らぬ他方の人, 知らぬ仙臺の田舍, 知らぬ令孃は大方, 知らぬ以上決して無理, 知らぬ以前の久慈, 知らぬ仮面に酷似, 知らぬ会見であった, 知らぬ伝吉は猛然, 知らぬ伯父さんに送られ, 知らぬである, 知らぬ位随って他, 知らぬで廊下, 知らぬ体裁を装っ, 知らぬと云われ, 知らぬ何億という幸福, 知らぬ何卒こうせい, 知らぬ何者かが住ん, 知らぬ余裕がある, 知らぬを選ん, 知らぬ侘しさが, 知らぬ侮蔑の色, 知らぬ俗物さの対応物, 知らぬ信徒のあいだ, 知らぬ倨傲である, 知らぬ健全な地方, 知らぬいうて, 知らぬ僕等の耳, 知らぬでもお, 知らぬに余りあら, 知らぬ兄めをもたしなめましょう, 知らぬに己, 知らぬ先代の方, 知らぬ先祖たちばかりだった, 知らぬや, 知らぬ光子だが, 知らぬと見える, 知らぬ児童もなかっ, 知らぬよ, 知らぬ八重の潮路, 知らぬはなかっ, 知らぬ其の澤山の, 知らぬ其許たちこそ世, 知らぬ冒涜の批評, 知らぬ冥界の人, 知らぬの日, 知らぬ気に, 知らぬ処女さへ, 知らぬ出費を借り出し, 知らぬ出鱈目さで笑止, 知らぬの味, 知らぬで其金, 知らぬ切なさその, 知らぬ客の, 知らぬ利己と狡猾, 知らぬ力松に罪, 知らぬ努力がいる, 知らぬ労働者はない, 知らぬ勇士たれ, 知らぬ勇者の背後, 知らぬ化け物国に大きな, 知らぬ化物団は勝っ, 知らぬ十九の萩乃, 知らぬ十歳の少年, 知らぬ千金の子, 知らぬ纒着が, 知らぬ半兵衛を極めこん, 知らぬの海, 知らぬ南方の小禽, 知らぬ単語まで造作, 知らぬ印度人がその, 知らぬ危うい作戦, 知らぬの底, 知らぬ原始の森, 知らぬ原始林の, 知らぬ原始的大寂寞境, 知らぬ友江さんはただ, 知らぬ叔母を教えよう, 知らぬ口惜しさも, 知らぬ口達者の如水, 知らぬ廟の, 知らぬ古代の村人ども, 知らぬ可愛いい振舞いを, 知らぬ右門もなに, 知らぬ同士であつ, 知らぬの町, 知らぬも多から, 知らぬ吾子の頬, 知らぬ呑氣な顏, 知らぬ味わいをいろいろ, 知らぬ命令即ち何ら, 知らぬ哀愁を感じ, 知らぬ品威が籠っ, 知らぬをあどけない, 知らぬ唐松の根元, 知らぬ早く幽霊塔, 知らぬ唯物論者だ, 知らぬ啖呵を切っ, 知らぬ善良な少年, 知らぬ單純なる, 知らぬ嗚呼小さな嗚呼, 知らぬ嘆きかなたのめし事, 知らぬ吐きだと, 知らぬ四人は四様, 知らぬ四少年だった, 知らぬ國家が承知, 知らぬ國荒山の彼方, 知らぬ國語を話す, 知らぬ團體を訪問, 知らぬ土手の往来, 知らぬ土鼠の宮守, 知らぬの窓辺近く, 知らぬ地下の花火係, 知らぬ地獄であります, 知らぬ坊さんは言葉, 知らぬ坊ッチャン育ちであまり, 知らぬ士人の寄りあひである, 知らぬは威嚇的, 知らぬ変化傾いて, 知らぬ変態的趣味と法医学的研究趣味, 知らぬ夏野に末広, 知らぬ夕暮に, 知らぬ夕霧め川面一面に立て込め, 知らぬ外向的な運動, 知らぬ外国人なのに, 知らぬ外地の学校, 知らぬ外来者すなわち鬼, 知らぬ外洋へ向け, 知らぬ外輪山風の低い, 知らぬ夜々の長, 知らぬ又夢, 知らぬ夢中での結婚, 知らぬ大きなるキヤベツ, 知らぬ大吉生まれたその, 知らぬ大名そだちでは, 知らぬ大将よと信長, 知らぬ大昔から人体, 知らぬ大木が幾万本, 知らぬ大洋を安全, 知らぬ大海で汐, 知らぬ大石先生は小柄, 知らぬ大臣はたびたび, 知らぬ大衆に向っ, 知らぬ大隅学士は大入道, 知らぬ天童の如き, 知らぬ太古の民, 知らぬ太股に薄い, 知らぬ失恋の沙漠, 知らぬへ向, 知らぬ奥在所の人々, 知らぬ奧州屋新助, 知らぬ女の子よ, 知らぬ女性的な怒り, 知らぬ女房などはほか, 知らぬ女房たちが感激, 知らぬ女等若し, 知らぬ奴らだ, 知らぬ奴等じゃこんな, 知らぬ如水はもとより, 知らぬ妄想に過ぎない, 知らぬ妙藥されど普通, 知らぬは大きな, 知らぬの前, 知らぬ姫君がうれし, 知らぬ姫君たちだけでもお, 知らぬ娘たちであろう, 知らぬ娘どもを買い切っ, 知らぬやが周章て, 知らぬ婆さんがそう, 知らぬ婦人連もある, 知らぬ嬉しさを, 知らぬ子供たちの群れ, 知らぬ子供達は皆, 知らぬ孤子又は金, 知らぬ学校出や気まぐれ, 知らぬ学校生活の心配, 知らぬ学生が訪ね, 知らぬ学生時代から三十, 知らぬ宇津木兵馬はかなり, 知らぬ安易な封鎖, 知らぬ実在の人物, 知らぬ客許多あり, 知らぬ客間の倭文子, 知らぬ室内には薄, 知らぬ宮殿の幾つ, 知らぬ家つきの息女, 知らぬ家人に打ち明ける, 知らぬ家庭あり断然, 知らぬ家康も知らぬ, 知らぬ家族の者, 知らぬ家来の死, 知らぬ家系が多い, 知らぬ容貌風采さては一歩想像, 知らぬ寂しい鳥が, 知らぬ密林に歩, 知らぬ密談が交わされ, 知らぬさを, 知らぬ寒しき人に投げ与えむ, 知らぬ将校が自己, 知らぬ小僧は無我無心, 知らぬ小児同様の人間, 知らぬ小夜子は云う, 知らぬ小太郎山の峡, 知らぬ小娘と不良少年, 知らぬ小川やうす汚い, 知らぬ小汚い町筋へは, 知らぬ小浜兵曹長です, 知らぬ小男しばらくその, 知らぬ小社の森蔭, 知らぬ小禽の囀り, 知らぬ小舟が二, 知らぬ小説家は杖, 知らぬ少しも分らない, 知らぬ少女皆川美奈子を押し包ん, 知らぬ少年少女の時, 知らぬの割目, 知らぬ屋敷へ奉公, 知らぬ山奥か谷間, 知らぬ山川を遙, 知らぬ山脈が盛上, 知らぬ山道を歩く, 知らぬ山里へ来, 知らぬ山鳥はうて, 知らぬ岡安ははりこん, 知らぬの野生, 知らぬ島根に漕ぎゆかる, 知らぬ工場のタワーリシチ, 知らぬ左様な人, 知らぬ左膳源十郎が訴人, 知らぬ巧妙さでベエコン, 知らぬに在れ, 知らぬ市井村落の人たち, 知らぬ若の, 知らぬ幕府の隠密, 知らぬ平中がひょっこり, 知らぬ年始の客, 知らぬ年頃三十歳位の小綺麗, 知らぬ年齢を生き永らえ, 知らぬ幼い人の, 知らぬ幼君をも犠牲, 知らぬ幽霊塔へ現われる, 知らぬ幾百種類の貝, 知らぬ広い世間の, 知らぬ広野の中, 知らぬで大きく低く, 知らぬ建物が動い, 知らぬ弁信とお雪ちゃん, 知らぬ弁護士は頻り, 知らぬ弟不具の兄, 知らぬ弥生ではなかっ, 知らぬ弱い所でも, 知らぬ弱き饑人達は, 知らぬ張作霖一行の乗った, 知らぬさが, 知らぬ強い精神に, 知らぬ強靭にし, 知らぬ当の早苗さんが, 知らぬ当時支那から入った, 知らぬ役割をもっ, 知らぬ彼女もしたがっ, 知らぬ彼女等の姿, 知らぬ彼等は自然, 知らぬ徒輩である, 知らぬ従妹への同情, 知らぬ従者役の久助, 知らぬ御方のみのよう, 知らぬ御身にてはよも, 知らぬ心掛けの人間, 知らぬ心配もいたした, 知らぬ忘恩の徒, 知らぬ快活の境地, 知らぬ怜悧なるが, 知らぬ思想である, 知らぬ思想徹底的に透明, 知らぬの本然, 知らぬ性的行為の満足, 知らぬ怪物が潛, 知らぬ恋びとの姿, 知らぬ恋愛技巧のせい, 知らぬ恐怖を唆, 知らぬ恒藤権右衛門虐殺事件の証跡, 知らぬかしさ, 知らぬ恩人に対する感謝, 知らぬ息子だ, 知らぬ悩みに苦しめられ, 知らぬ悲惨に堕ちた, 知らぬでしかも, 知らぬ情熱と遊ぶ, 知らぬましい日, 知らぬ愉快な鳥, 知らぬを動かし, 知らぬ意志弱きものの, 知らぬの口惜し, 知らぬ愚かなおなご, 知らぬ愚僧早走り, 知らぬ愚昧な農夫, 知らぬ感激が彼, 知らぬ憂思を重ね, 知らぬ懐かしさに, 知らぬ戀人はこの, 知らぬ我武者羅だつた, 知らぬ我身ぞ, 知らぬ手合い戦えば, 知らぬ手紙の主, 知らぬ抜け道を案内, 知らぬ持主が売, 知らぬ掃溜の底, 知らぬ推参者にかかる, 知らぬ操りの糸, 知らぬ攪乱があった, 知らぬ支那人ではない, 知らぬ放埒な女, 知らぬ政宗では無い, 知らぬ教訓を学んだ, 知らぬであったと, 知らぬ数数のこと, 知らぬがずいぶん, 知らぬ敵地へ踏込む, 知らぬ敵方の中, 知らぬ文化的人間的主體, 知らぬ文明のメランコリア, 知らぬ文章というもの, 知らぬ新しき事もや, 知らぬ新婦かざすしら萩, 知らぬ方々の為, 知らぬ方面でその, 知らぬ旅先へ興行, 知らぬ旅館がある, 知らぬ日々の燥宴, 知らぬ旧知金剛謹之介氏から翁, 知らぬ春先きの, 知らぬも全く, 知らぬ景色だから, 知らぬ暗やみにつつまれ, 知らぬ暗涙をたたえた, 知らぬ暗示に胸, 知らぬ暮しをし, 知らぬ曠野の旅, 知らぬの光り, 知らぬ樣, 知らぬ望みのため, 知らぬ朝出帆さらばふるさと, 知らぬ朝子が入っ, 知らぬ朝鮮軍は単に, 知らぬ木の実が小さな, 知らぬ木偶の坊じゃ, 知らぬ木具類が時, 知らぬ木蔭でこの, 知らぬ感染兒童, 知らぬ末々の者, 知らぬ末枯草の穗, 知らぬにまで行きとどい, 知らぬ本屋から本, 知らぬ本陣の人々, 知らぬ村人は猟師, 知らぬ村人たちは配達人, 知らぬ来馬に対しては確, 知らぬ東国の野性, 知らぬ東洋人であると, 知らぬ松寿丸は小坊主, 知らぬ果敢な精神, 知らぬは正直, 知らぬ柔らかさう, 知らぬ柴田郡船岡で四千百八十石, 知らぬの實, 知らぬ柿丘氏の手, 知らぬ栄三郎がそうやすやす, 知らぬ桃源場裏の村落, 知らぬ梅雪入道ちらと, 知らぬ梶枕高麗契丹の雲, 知らぬの中, 知らぬ検事やアイネス嬢, 知らぬ検疫官だと, 知らぬ極楽の音, 知らぬ楽しい物語を, 知らぬ構えであったが, 知らぬ様々の事, 知らぬ樣子で賑やか, 知らぬ肥りに, 知らぬ横町が幾筋, 知らぬ機械の附属, 知らぬ機械人形のよう, 知らぬ次女と長男, 知らぬ次男は何, 知らぬ欲念の蔵, 知らぬ欲望を節制, 知らぬ歐米人が, 知らぬ歓呼よ, 知らぬ歓喜を覚えた, 知らぬ止利が嫉妬, 知らぬ武人の言, 知らぬ武田にとっても九死一生, 知らぬ歩き手だ, 知らぬ歴史がこの, 知らぬ歸つて聞いて, 知らぬの海, 知らぬ残忍性気の違う, 知らぬではござりませぬ, 知らぬ母上のこと, 知らぬ気づよさ, 知らぬ気味悪い部屋怪気な, 知らぬ気苦労をしなけれ, 知らぬおくれを, 知らぬの中, 知らぬ水底の砂原, 知らぬ求覓の歯, 知らぬ汚れの深み, 知らぬ江戸名物冬の木枯, 知らぬ汽車は瞬く, 知らぬに出で, 知らぬの上, 知らぬである上, 知らぬ沢山の高山植物, 知らぬにぞ汲む, 知らぬ法苑林の小路, 知らぬ泣き声が洩れ, 知らぬ泥酔状態だわい, 知らぬ洋中から運ばれた, 知らぬ洛中の庶民, 知らぬ洞窟の如く, 知らぬ活き活きとした, 知らぬ活動を続けた, 知らぬ浦人は幕府, 知らぬれ心, 知らぬ浮浪人を快く, 知らぬ海洋をひょうひょうと, 知らぬ海軍士官は道, 知らぬ海鳥が悲しく, 知らぬ消滅無辺際の中, 知らぬ淋しさに, 知らぬ淋しい心もちで, 知らぬ淡き愁に, 知らぬ深い美に, 知らぬ深い大きい溜息で, 知らぬ深刻な情慾, 知らぬ深萱むらにかくれゐる, 知らぬに浮び, 知らぬ淺薄な人, 知らぬ清き魂の, 知らぬ清女ではない, 知らぬ清淨な少女, 知らぬ清純な恋そのもの, 知らぬ清純さそれを見る, 知らぬ渇仰に衝, 知らぬ渺々たる海, 知らぬ満座をべつに, 知らぬ満足を覚えた, 知らぬ源氏の歌, 知らぬなる床, 知らぬ漁師のお, 知らぬの世, 知らぬ漢字はなかつた, 知らぬは己, 知らぬ澳門なんぞへ追放, 知らぬ激しい感傷が, 知らぬ瀬戸で潮流, 知らぬ灌木林などで埋つ, 知らぬ火小町の半身, 知らぬに又, 知らぬ烈しいそれは, 知らぬ無心の仔狐, 知らぬ無明の旅, 知らぬ無神狗なら知らず苟, 知らぬ無粋なこなさんとは, 知らぬ無限の寂莫, 知らぬ熊さんの半生, 知らぬ熱帯の珍花, 知らぬ熱帶的な植物, 知らぬ熱心さのおかげ, 知らぬ熱情の泉, 知らぬのやう, 知らぬ父上なつかしや, 知らぬ父母をさがし, 知らぬ父祖というもの, 知らぬ羽に, 知らぬ牧者の妻, 知らぬ物思いを心, 知らぬ犬勇気なき犬, 知らぬ犬同心や組子, 知らぬ独りよがりの話, 知らぬ狭いところへ, 知らぬの群, 知らぬ獸の, 知らぬ猟奇癖がとんだ, 知らぬ太の, 知らぬ猿どもだと, 知らぬ猿どもこれはよほど, 知らぬ獄吏に導かれ, 知らぬに邂逅, 知らぬに邂逅, 知らぬ王女は玉, 知らぬ王老師とは医師, 知らぬ珍しい性格の, 知らぬ珍味佳肴豪華つくせる大, 知らぬ現にも, 知らぬ現状は腑甲斐, 知らぬ甘美な贅沢, 知らぬ甚三は唄っ, 知らぬ生徒は恐らく, 知らぬ田吾作だと, 知らぬ田舍に行く, 知らぬ田舎道を人力車, 知らぬ甲野さんはぽ, 知らぬ男入り来れり, 知らぬ男女どもこなた行きかなた, 知らぬ男学員ペンと女学員バラ, 知らぬ男目から判断, 知らぬ町人もこの世, 知らぬ町古風な木造, 知らぬ画家ゴスイズダートの人, 知らぬ番人夫婦は余り, 知らぬ番僧どもは有無, 知らぬ樣な, 知らぬ異境の人, 知らぬ異郷の夜, 知らぬ畸形の海獣, 知らぬ疇昔は是非, 知らぬ疲労の蓄積, 知らぬ白々しい顔に, 知らぬ白い小い, 知らぬ白濁の波, 知らぬ百姓共を集め, 知らぬ百花百花と云, 知らぬ皮膚山のはひつ, 知らぬ監視隊員は泡立つ, 知らぬよりはさ, 知らぬ盲目の身, 知らぬ直義つつがなく使い, 知らぬ相客と並び, 知らぬ相手まで自我, 知らぬ看護婦で納まる, 知らぬ眞珠の光, 知らぬ真似して, 知らぬ真実であろう, 知らぬ真黒な化石, 知らぬの輝き, 知らぬ睦魂の, 知らぬがあ, 知らぬ矢代は暫く, 知らぬ研究や事実, 知らぬ磯貝竜次郎武者修行に出, 知らぬ祕密と, 知らぬ祖父の遺言, 知らぬ神符を幾枚, 知らぬ神霊に引緊, 知らぬ秀吉名護屋に本営, 知らぬ私たちの顔, 知らぬ科学者の欲望, 知らぬ程心を惱, 知らぬが内儀さん, 知らぬ種々の娯楽, 知らぬ立場においては絶對者, 知らぬ立派な青年, 知らぬ竜輩来て, 知らぬ笠置赤坂の残党たち, 知らぬに燃, 知らぬのなる, 知らぬ米友さんの心耳, 知らぬ米友恥かし, 知らぬ粂之助が丁度, 知らぬ剛の, 知らぬ精神の全, 知らぬ糞軍師だ, 知らぬ糸子に海, 知らぬや白, 知らぬ粹の, 知らぬ純潔さがしかし, 知らぬ級友が和歌子, 知らぬ級友たちの只中, 知らぬ素ぶりだ, 知らぬ素振りでいた, 知らぬを心して, 知らぬ繼子を孵, 知らぬの無い, 知らぬは風, 知らぬ美人の顔, 知らぬの耳, 知らぬ習はしである, 知らぬ老女が私, 知らぬ者われらのみにあらず, 知らぬ聖人のよう, 知らぬ肉体が歓び, 知らぬの高い, 知らぬ胴六は下帯, 知らぬ脇間ではごく, 知らぬ脚力には茫然, 知らぬ腑甲斐ない女, 知らぬ腰抜けは自分, 知らぬ腹の中の児, 知らぬの紐, 知らぬ臆面なしに, 知らぬ臓腑までオランダ図, 知らぬ自分達は其奇遇, 知らぬ自堕落な連中, 知らぬ自己の将来, 知らぬ自然児が羨ましい, 知らぬ自然界の事物, 知らぬ自由と楽し, 知らぬ舎人をつけ, 知らぬの旅, 知らぬ色々の貝類, 知らぬ色んな面白い話, 知らぬ花さく野の小道いそぎたまふな小傘, 知らぬ花咲きたる樹, 知らぬ花次が気, 知らぬ芸者とのこと, 知らぬ若人と知らぬ, 知らぬ若殿原に行末, 知らぬ若者揃いでした, 知らぬ若草をおくらす, 知らぬ若輩者で, 知らぬを以て人, 知らぬ苦しき事は, 知らぬ苦しみであった, 知らぬ苦心怜悧き浪子, 知らぬ苦悩にのたうち, 知らぬ苦痛はよな, 知らぬ苦行があった, 知らぬ英国人の船長, 知らぬ英語を無理矢理, 知らぬ英雄として帰るべきです, 知らぬ茂太郎も一枚一枚, 知らぬ草木の薫しき花, 知らぬ草笛氏が偶然, 知らぬ荒くれ男が七人, 知らぬ荒夷の為, 知らぬ荒涼の趣, 知らぬ荒馬だった, 知らぬ菌蕈喰うて, 知らぬの如く, 知らぬ華麗な室, 知らぬ萩乃を中, 知らぬ蓊鬱な松林, 知らぬ薄い筐様の, 知らぬ薄命の孤兒, 知らぬ売りは, 知らぬの上, 知らぬ藤作は急き立てた, 知らぬ藤原一門の長者, 知らぬ虚偽でとりかこみ, 知らぬのやう, 知らぬ蛮族といえ, 知らぬ蛾次郎もすっかり, 知らぬかな, 知らぬ蟷螂の滑稽, 知らぬのよう, 知らぬ行きずりの女, 知らぬも知らぬ, 知らぬまで出かけ, 知らぬ街路の上, 知らぬ街路樹の大いなるその, 知らぬ街道をガラガラ, 知らぬ街頭に迷出, 知らぬ小使である, 知らぬ表情をとる, 知らぬに人, 知らぬ西洋の怪しき, 知らぬ西洋人の顔, 知らぬ西洋草花をじっと, 知らぬ覆面探偵青竜王は竜宮劇場屋上, 知らぬ覚えはない, 知らぬ親馬鹿の料簡, 知らぬであります, 知らぬ記者の捏造, 知らぬ許婚に初めて, 知らぬ誇りと権利, 知らぬ語学者から頭ごなし, 知らぬ読書子は今日, 知らぬ課長のこと, 知らぬ調べを呼び起こす, 知らぬ調法な男, 知らぬ諸々のもの, 知らぬ諸国諸家が騒ぎ立てない, 知らぬであった, 知らぬ謙信が進軍寸前, 知らぬ警官たちは暗, 知らぬ警官達はお, 知らぬ議論好きの男, 知らぬ讃美歌の, 知らぬ讚美歌の, 知らぬの洞, 知らぬのよう, 知らぬ豪遊をきめる, 知らぬをし, 知らぬ財産目あての理由, 知らぬ貧しい良民ほど, 知らぬ貴様でもあるまい, 知らぬの乙女, 知らぬの他人, 知らぬ赤い草花は, 知らぬ越後国の雪, 知らぬ足そのものでなければ, 知らぬにこそ迷え, 知らぬ路傍の草, 知らぬ身なりしかなと日, 知らぬ身の上を思ひ続けつ, 知らぬ身ぶるいを感じ, 知らぬ身支度に, 知らぬ身柄家柄も無い, 知らぬ身毒は其夜一番鶏, 知らぬはご, 知らぬ車夫を選っ, 知らぬ軍人羨望或は崇拝, 知らぬ軒ばをさまよい歩い, 知らぬ軽薄さだ, 知らぬ軽輩ほどそれ, 知らぬのみ多い, 知らぬ轉化の必然性, 知らぬ処の, 知らぬ近ごろ珍しいほど, 知らぬ迷宮である, 知らぬ通路を我, 知らぬ連續と安定, 知らぬ進歩には反対, 知らぬ遊覧者たちはカフェ, 知らぬ遊部に幾らか, 知らぬ運動の転回, 知らぬ過ちだったとやら, 知らぬ過激な議論, 知らぬ道場に時, 知らぬ道理はない, 知らぬ遠い遠い国の, 知らぬ遠国の人, 知らぬ遠山陰の親方, 知らぬ遠方のさ, 知らぬ部下の者共, 知らぬのふし, 知らぬ都市美協会なるもの, 知らぬ都會の新聞紙, 知らぬ都會地の子, 知らぬの案ぜられ, 知らぬ醜い女とが, 知らぬの花, 知らぬ野ずえに立っ, 知らぬ野人か偽, 知らぬ野性的な豪快さ, 知らぬ野獣に過ぎなかった, 知らぬ野盗の頭, 知らぬ金博士のこと, 知らぬ振る際, 知らぬの小鳩, 知らぬ附いた時計, 知らぬで煮た, 知らぬ長夜のあり, 知らぬ長崎屋浜川が露地, 知らぬ閑枝に取っ, 知らぬはわれ, 知らぬ隙間といふもの, 知らぬ隠棲者独得な孤高, 知らぬ隣人が生活, 知らぬ雨宿りをすべく, 知らぬ之丞, 知らぬ雪江さんが焼, 知らぬ霊的活働である, 知らぬの命, 知らぬ青少年であつ, 知らぬ静けさですが, 知らぬも知らぬ, 知らぬを保つ, 知らぬ領主の君, 知らぬの半兵衛, 知らぬ饗庭に答え, 知らぬを知らぬ, 知らぬ馬鹿教師と云い出した, 知らぬ駒井甚三郎が当然, 知らぬ骨頂というほか, 知らぬ調子無心の, 知らぬ高い山の上から, 知らぬ高山植物の花, 知らぬ高笑ひ, 知らぬ高鼾でさも, 知らぬ魅力を感じ, 知らぬ魏軍は大将曹遵, 知らぬ魔者ではない, 知らぬの族, 知らぬ鳥うたへり, 知らぬ鳥二つ居て, 知らぬ鳥取の城主, 知らぬはいつも, 知らぬ鶴子すら初めて, 知らぬなる花むら, 知らぬ黄昏の天地, 知らぬ黒吉に最初