青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「画~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~男女 男女~ ~男子 男子~ 男性~ ~町 町~ 町人~ 町内~ ~画
画~
~画家 画家~ 界~ ~畑 畑~ 留~ 留め~ ~留守 留守~ 畜生~

「画~」 7067, 73ppm, 1532位

▼ 画~ (1334, 18.9%)

33 ように 25 前に 21 中に 18 ような 14 上に 11 やうに 10 中の 9 やうな 7 道具を, 額が 6 ために, 方が, 方に 5 下に, 方で, 方へ, 稽古を 4 上手な, 中で, 中には, 中にも, 作者は, 方の, 方を, 話を

3 [22件] あるもの, ことで, ごとし, ようで, 一枚に, 世界では, 世界の, 中から, 仕事の, 伝統は, 伝統を, 具で, 勉強に, 勉強を, 展覧会を, 新しい方向, 方は, 様な, 美を, 色と, 門閥を, 額を

2 [99件] うちでも, うちには, うちの, ことなどは, ことを, じょうずな, ためと, なかに, なかの, ほうも, ほかに, やうや, ようであった, ようです, 一つの, 一つを, 一枚も, 上で, 不思議な, 世界とか, 世界を, 事と, 事を, 人物を, 企て得ざる, 伝統が, 伝統と, 作者が, 作者を, 価値を, 俗を, 修業に, 傍に, 具の, 写生に, 写真を, 出来が, 出来不出来を, 出来栄が, 制作を, 前へ, 包を, 区別が, 参考が, 名コンビ, 壁は, 外に, 多い字, 大作を, 女の, 女を, 婦人画家の, 将来, 展覧会が, 山水の, 巨頭な, 悲しき色彩, 意味は, 成功は, 技術を, 描きたる日本婦女, 描き方, 方にも, 方法の, 木板摺に, 木板画に, 本でも, 材料と, 様である, 横顔と, 横顔とを, 横顔には, 歴史を, 法式を, 物質的材料の, 特色は, 生命は, 種ぶ, 筆法を, 箱書が, 結構布置, 絵の具の, 絵はがき, 線と, 線は, 肖像の, 能事は, 色には, 色彩は, 色彩を, 花の, 芸術的価値に, 裡の, 製作に, 複製が, 軸が, 部には, 題に, 額や

1 [845件 抜粋] あざやかな, あの華麗さ, あらゆる文人芸, ある団扇, ある小さい, ある窓, いいもの, いひ現しがたき, うちから, うちでは, うまいまずいは, お話や, かかった室, かき方, こうした主張, こつが, ことと, ことに, こと以外には, ごときは, ごときも, ごとき写実, ごとく小さき, ごとく舞い上り, ごとしと, さきぶれした, すきな, そばに, それでもすべて, ための, とおりの, ところまで, ないうち, なかから, なかで, なんたる, はいった棚, はなしが, はなしに, ほ, ほうの, ほかの, まだよく乾かない, まん中には, もある, やうにを, やや精細, やり方の, ようじゃ, ようでございました, よさ, ウイスタフカ, カンバスの, コツが, コピーが, タツチで, プリント英国の, プロレタリア, ポスターを, モチーフなる, モテイイフである, 一タイプを, 一景であった, 一枚を, 一立斎広重武者絵の, 一群は, 一部分と, 一頁の, 三つの, 上から, 上には, 上へ, 上手なれ, 下で, 下方の, 下絵に, 不完全と, 不満を, 世界で, 世界なれ, 世界にとって, 中にでも, 中何と, 中先づ人に, 中心的組織は, 主が, 主は, 主題でも, 主題の, 乱れたよろけた字, 事などは, 事に関して, 事は, 五渡亭国貞風景画の, 人物が, 人物に, 人物及その, 仕上がりが, 仕事ぶりを, 仕事を, 他には, 代表の, 会が, 伝来的な, 伝統の, 伝統への, 似顔とか, 作品中第, 作家は, 作者だ, 作者である, 作者も, 作者達は, 佳所, 依頼主に, 依頼者から, 依頼者として, 価値や, 修業が, 修業を, 値段が, 偉大な, 傍へ, 催促に, 傾向に対しては, 傾向や, 元祖の, 先生だけへは, 先生である, 先生達には, 全体にとっては, 全盛期を, 全部を, 具その他を, 具だらけの, 具も, 具を, 具箱を, 典型だ, 内どれを, 内容においても, 内容の, 写実, 写生なんざ出来っこありません, 写生の, 写真が, 写真は, 写真版とを, 写真肖像を, 出来上りは, 初めとして, 判官とは, 制作せられた, 制作にか, 制作の, 制作以外に, 前提と, 剥げかかった唐紙, 力といふ, 動因とも, 匂いとを, 半面から, 単純明快なる, 印章だけを, 即不離, 参考は, 収入を, 収集家アラン, 口上云い見たいで, 古城から, 可否を, 名家なり, 名手徐熙の, 向つて右, 問題は, 嗜みあり, 噂に, 基調だった, 場合では, 場合は, 場所を, 墨画を, 変りかたと, 外余の, 多い, 多い面倒, 夢でも, 大体としての, 大家が, 大家なぞという, 大成者と, 天才だ, 天才に, 女流画家は, 好きな, 如き数分の彼女, 如き輪廓, 如くに, 如く小さき, 如く小さく, 如く漕いで, 如く私, 如く線と, 如く見えた, 如く鮮, 如し, 妙に, 妙味は, 姫が, 娼家に, 学校でも, 宗たる, 定規と, 容貌を, 富士山の, 寒山拾得を, 審査官に, 封建性伝統性を, 将来に, 将来は, 小汚い極彩色, 小点などを, 小間物屋番頭忠八みたいな, 展覧会と, 展覧会に, 展覧会の, 展覧会へ, 山, 山である, 山水は, 巧拙や, 巨匠梅沢狂斎が, 帖を, 帝釈が, 常設展覧所と, 幻燈の, 広告見た, 延長と, 弟子であり, 強みは, 形式を, 彩管を, 彩色は, 影響によりて, 影響を, 後を, 従来の, 御本, 微に, 性質が, 悪さ, 悲しみ, 意味を, 感じは, 感じを, 感化によりて, 懸って, 懸物, 成立ち組立て, 或物, 手本などという, 手段に, 手法で, 手法を, 才張玉に, 批評だ, 批評をまで, 批評家達は, 技法とは, 技法馳駆の, 技術のみを, 持つ特色, 持主は, 挿画に, 掛けてない家, 掛物傍に, 描いて, 描写には, 撫子に, 教師なんか, 教授を, 文化的地位について, 新しい写実的方向, 新しい刺戟, 新しい生面, 新時代性確立, 新発展, 方, 方である, 方なら, 方についても, 方則が, 方彫刻の, 方法とが, 旋律が, 春信までが, 時代に, 景色の, 書物を, 最も熱心, 最近傾向として, 有様が, 未練を, 本体である, 本格に, 本質ことに, 本質的な, 李竜眠の, 材料に, 材料には, 条に, 根柢である, 根柢は, 格などという, 森が, 構図の, 様に, 様式に対して, 様式は, 模写, 模写らしい, 模写等を, 模様の, 横に, 正面の, 正面は, 歪みにまで, 歴史も, 毀損し, 比ぶべき, 気韻には, 永久に, 油絵の, 注文は, 活殺が, 流派が, 海は, 深い根柢, 溌剌と, 為に, 為の, 焦点あるいは, 牛の, 特徴たり, 特徴と, 特徴は, 特有な, 特殊性といふ, 特色とも, 特長である, 独立が, 王女でした, 現在内包し, 生れ出た, 生徒に, 由来を, 画の, 画伯方の, 画学生であった, 画工等或は, 画架に, 画題などにも, 画風を, 画風筆法等を, 皴法に, 目よりも, 目的であるなら, 目録を, 真物は, 真髄は, 眼とは, 瞬間作用で, 研究に, 破壊者と, 確立は, 祖とも, 祖先として, 神手である, 私有を, 稽古が, 稽古に, 窓に, 立場なども, 竜と, 童子の, 筆すて, 筆に, 筆者が, 筆者の, 筆魂が, 精彩を, 精神を, 系統, 素描を, 絵の具や, 絵具は, 絵具も, 絵巻物に, 絵描きは, 絵本徒然草に, 緑青に, 練習に, 縮図を, 美の, 美もとより, 美人だ, 美人は, 肖像画として, 肩ばかり, 背景と, 背景の, 背景既に, 脇に, 自作の, 色は, 色ズリを, 色調は, 花は, 苦心を, 落付き真心ある, 蒐集に, 蒐集を, 蓮は, 虫と, 行くべき路, 行はれたる, 表現の, 表紙の, 表面の, 補充として, 製作の, 複写を, 複製は, 複製を, 西洋の, 見さかい, 観方, 解る人, 解脱性といふ, 評判って, 評論家, 話, 話であります, 話なぞを, 話の, 話も, 話等それは, 誤を, 調和せざる, 談は, 諸仏羅漢比丘比丘尼優婆塞優婆夷象獅子麒麟などが, 講習ならびに, 講釈を, 豊かに, 象徴性及び, 豹の, 資料を, 賛を, 質感の, 起つた頃, 超現実性, 趣を, 趣味が, 路は, 辿る方法上, 追求を, 運命が, 運命といふ, 運筆は, 道が, 道でも, 道具一式を, 道具類, 達者な, 遠近法に, 部に, 配合や, 金縁や, 長所と, 門人に, 関係を, 陳列し, 陳列を, 雅びは, 雪景色よ, 面白味が, 領分かも, 頭で, 題材に, 額などが, 額は, 額縁を, 額面を, 顔では, 類である, 類よりの, 風景は, 骨子に, 魅力, 魅力に

▼ 画~ (1208, 17.1%)

45 描いて 31 見て 24 かいて 15 描くこと 14 見ると 8 描いた, 眺めて 7 描いたり 6 作ること, 書いて, 見せて, 見たこと 5 かけて, 入れて, 出して, 思い出した, 描く, 描くと, 描くの 4 なして, もって, 持って, 掲げて, 描く事, 見た, 見に, 見ること, 鑑賞する

3 [22件] お目, かいたり, かきに, かくの, つくること, 丹念に, 作ろうと, 売って, 売りに, 描いたと, 描いた人, 描かうと, 描かせて, 描くもの, 残した, 見ても, 見ながら, 見るに, 見るの, 見るよう, 見れば, 頼みに

2 [77件] いろいろの, お描き, お画き, かきたい, かきたいと, かく, かくか, かくため, かく時, さげて, して, だも, ひきうつして, みて, よくした, 一目見る, 並べて, 云う, 作って, 作り出すであろう, 制作する, 前に, 半分とは, 取戻して, 善くする, 壁に, 嫌ふも, 学びまた, 専らと, 応接室に, 指して, 掛ければ, 描いたこと, 描いた昔, 描いた時, 描いては, 描かせるため, 描きしの, 描き耽って, 描くに, 描くやう, 描く人, 描く時, 検査し, 模し, 模写し, 画いて, 画と, 眺めたり, 眺めながら, 眺め出した, 私に, 称する者, 習ふ, 裏が, 見せた, 見せに, 見たもの, 見たり, 見た人, 見た時, 見つけそろそろ又, 見てから, 見ない, 見るやう, 見る機会, 観せしむる, 観て, 論じて, 論じ槐多, 論ずるに, 軽蔑し, 逆さまに, 造りしこと, 頂戴し, 額に, 額縁に

1 [741件 抜粋] あきらめて, あの大きな写真, ある展覧会, いくつも, いつも二度, うけとって, お仕上げ, お種, お見せしましょう, お送り致します, かいたかも, かいたが, かいたという, かいた本人, かいても, かかげて, かかせたらそれ, かかせたり, かかせる, かかなかったため, かき図画, かき蝦蟇, かくこと, かくぞと, かくとか, かくなら何, かくには, かくのに, かくよう, かくん, かく事, かく人たち, かく小川さん, かく方, かく男, かけながら, かこうと, けなして, この老爺, こんなところ, ごらんに, さして, さし示した, しこたま駆り集め, しばしば見る, せがみ過ぎるといふ, そのころ, たしなみと, たずさえて, たのしむ者, たのしんで, たのむという, だ, ぢつと, つぎつぎと, つつんで, つぶさに見, つまびらかに, どこで, ながめた, ながめながら, なさしむるに便, なせり, のこし付属植物園, はじめて父, はじめは, ひとつ見せ, ひとめ御覧にな, ぴったりと, ほどこした銀泥, ほめられると, ほり付けて, まだ持っ, まとめて, みること, みる時, やったと, やめたから, やり始めたの, やると, やるやう, よくする, よく画家, わたしに, クソミソ, 一万円に, 一二枚買っ, 一枚壁にかけて, 一枚引き裂い, 一枚描い, 一枚描いた, 一枚見, 一枚遣っ, 一番沢山に, 一目御覧に, 一見する, 一週間に, 三幅程, 三年とかで, 上から, 与えられたせい, 中宮寺観音の, 中心として, 主張する, 久保は, 乞う者, 予等夫妻は, 二枚私の, 五六枚出し, 五銭で, 亡ぼすこと, 交互の, 今すぐ, 今の, 何より先, 何枚と, 作つた, 作つたこと, 作らせようと, 作らん, 作りそれ, 作る, 作るの, 作る動機, 依頼された, 依頼し, 修業し, 借りるもの, 元の, 冒涜せん, 凝視した, 凝視する, 出しなさらぬ, 出します, 出品し, 出外れた所, 利用し, 制作したる, 刷つてゐ, 前後し, 割高に, 募集し, 包囲し, 占めて, 印象派だ, 取つて其詩, 取り上げて, 取る, 取返して, 受け持つ若い, 受取つた, 口絵に, 台座に, 吹聴する, 味わう上, 善く描く, 善す, 四千枚, 土台に, 売つた金, 売ながら, 売るの, 売るもの, 売るを, 多く作らせ, 多く蔵め, 夜分描く, 夢に, 奥の, 好いと, 好くす年八十五, 好みしかど, 好み海北友松, 好めり, 始めた時, 始めて見る, 始め他, 嬉しがっ, 学ばしめたる, 学ばせた, 学ばんか, 学ばんと, 学ぶ, 学ぶや, 学んで, 学んでも, 完成せしめたる, 定着する, 寛仮した, 専門に, 展ぶる, 展開した, 左右に, 常々とても, 幾枚か, 座右に, 廃し, 強要される, 形容し得ざる, 彼は, 彼自身は, 御存じでしょう, 御描き, 御習い, 志ざしたこと, 思いつつも, 思い出されますか, 思わせる, 思出す, 想つてどうしても, 想像し, 愛し支那, 愛し洋画, 愛せず, 愛好する, 懐しみ, 懸く, 懸けること, 懸掛す, 或る, 戦火から, 手に, 批評し, 批評した, 披く, 抱へて, 拝見した, 拡げて, 持ちこんだ, 持ちこんで, 持つて, 持合せ, 指さし示して, 指した, 捕えたなら編み上げの, 掌で, 掛くるある, 掛けたもの, 掛け古書, 推察した, 掲げ荘厳, 描いたつて, 描いたの, 描いたので, 描いたわけ, 描いた事, 描いた小倉遊亀, 描いた当時, 描いた画家自身, 描いた箱看板, 描いた衝立, 描いても, 描いてるん, 描かして, 描かしに, 描かせた, 描かせたい, 描かせても, 描かせようと, 描かないで, 描かない事, 描かない理由, 描かない画家, 描かなきや, 描かなければ, 描かんと, 描きしもの, 描きそれに, 描きたい, 描きたいよい, 描きたる絵葉書数葉, 描きつつ, 描きでなければ, 描きはじめて, 描きましたので, 描きます部屋, 描きまたは, 描きわたし, 描き上げたもの, 描き与らんと, 描き始めたかという, 描き字, 描き彫刻, 描き戯曲, 描き点景, 描き続けた, 描き蟹, 描き骨董, 描くため, 描くだけ, 描くという, 描くというは, 描くとは, 描くなよ, 描くにも, 描くよう, 描く上, 描く仏像, 描く奴, 描く心, 描く機運, 描く気, 描く者, 描く若い, 描けと, 描こうと, 描出す, 搬入し, 摸写する, 撤回させ, 改版すべき, 教えて, 教へる, 暗示的な, 更に完璧, 書かれるため, 書きちょうど, 書くくらいが, 書くこと, 有声の, 朝夕見, 本当だ, 本棚の, 検し, 検するもの, 楷書で, 楽しんで, 模倣を, 欲しいと, 欺くが, 欺く美し, 求む襄, 江稼圃に, 注文する, 活かす工夫, 活かす話しじゃ, 濡れた眼, 為す, 焼き附けた日用品, 照らすには, 牛乳車に, 特別に, 現在の, 生かした者, 生活の, 用する, 画いたもの, 画かずして, 画き画, 画く, 画として, 画としてのみ, 白く抜い, 白壁の, 盗んだ, 盗んで, 直すこと, 眉の, 看る如き心地, 看る連中, 真に発達, 眺めた, 眺めつづけて, 眺めるが, 眺めるたび, 眺めるほどの, 眼前で, 瞶めて, 知って, 知らざる者これ, 知らん者, 破ったり, 破つちやつ, 確立しだした, 示されたる, 示して, 示すに, 祀つて, 私どもぐらいが, 稽古し, 突然に, 立て三脚, 納めた手文庫, 紹介しよう, 続け給, 締め出すこと, 習いたいと, 習い初め, 習ったの, 習ったろう何人, 習つてゐた, 習つてゐる, 習わせ初め, 翫んだ, 聯想させた, 背後に, 腕に, 臨, 自ら書かなくなり, 自分が, 自分程, 致すのみに, 英介に, 落書し, 蒐集する, 蒐集せ, 蔵する, 蜃気楼すなわち, 褒めちぎって, 褒美として, 見あげました, 見しのみ, 見せほめられ満足, 見せようか, 見せ合わないこと, 見その, 見たの, 見たよう, 見たりなど, 見た記憶, 見ない所, 見ながめて, 見ねば, 見ましたが, 見ますと, 見られて, 見る, 見るたび, 見ると共に, 見るには, 見るのに, 見るわけ, 見る人, 見る毎, 見る趣, 見ピカソ, 見上げては, 見入って, 見入つてお出でに, 見新た, 見比べ今更, 見給え, 覗いて, 覗かせるという, 覗き込んだ, 覚える前, 観たこと, 観た後, 観る, 観るうえ, 観る人, 観又, 解せざるに, 解釈する, 註文し, 評し道徳, 試らう, 認識しない, 誰に, 調べたり, 談ず, 論ずるの, 論ずる資格, 護符として, 讚ふ, 責むべ, 買うこと, 買った, 買つ, 買ふ, 賞めそやし, 賞め側に, 贈つたこと, 贈呈し終る, 踏み破られりや世話, 軽蔑する, 軽蔑に, 返せと, 返せ返せと, 通って, 通り過ぎると, 遠く望む, 選び出して, 選んだの, 酷評する, 鑑定しろ, 鑑賞し, 陳列する, 隅々まで, 集めたもの, 集めた参考室, 青葉に, 非難する, 頼まれた事, 頼まれた時, 頼めば, 頼んだこと, 風呂敷に, 風流と, 鮮明に

▼ 画~ (528, 7.5%)

4 今も 3 七色八色の, 人間の, 自分の

2 [20件] いずれも, いまに, どうした, どこも, 世界に, 人が, 口の, 同時に又, 大きな荷物, 彼が, 彼の, 成り立たない, 描いて, 日本人の, 明らかに, 春信以後その, 東洋固有の, 死ねば, 残つてゐる, 金髪の

1 [475件] あすこにも, あったであろうが, あふれて, あまりありませんでした, あまり出来, ありましたが, あるいは撫子, あれは, あんまり判りません, いかん, いくらも, いづれも, いながらにして出来る, いながらにして絵, いやしくも人間, おいて, お兄様, お好き, お描き, かかないでも, かくの, かなり有名, きっと落選, こ, こうも, ことに発達, この世である, この古道具屋, この性質, この装飾, これまでに, さか, じつにキチンと, すぐに, すっかり消え去っ, すなわち美術, すべて俳優の, すべて細川家の, ずいぶんいろいろ, ずいぶん変わっ, ずっと低俗, そういう美し, そうでない, そつちのけだ, そのとき, そのもっ, その好例, その明暗, その物, その素描, その美しい, それから, それが, それこそ, それだけで, それで, そんなにうまく, たいてい似, たいへん実物, ために, だんだん堕ち, だんだん売っ, つまり一つ, づばぬけて上手に, でき得るだけ, とてもそんなには, とにかく, ともかくも, ともかく題語, ともすると怠り勝ち, とりも, とり払われて, どういう道, どうかね, どうしました, どうだ, どうであろう, どうも日本, どう云, どこにも, どこの, どこまで, どちらかと, どんな作, ないなどと, ない山水, なか, なかなか佳かっ, なるべく描いた, なるほどミケランジェロ, はなはだ少ない, ひらひらと, へんだ, ほとんどが, ほとんどなく, ほとんど今風, ほんとうに, まさに働き, まずい, まず色彩, まだかつて人, まだ到底自分, まだ完全, まだ濡れ, まだ自分, まだ要するに, みんな書割りそれも, もう出来たらう, もう形式, もと私の, もらひ受けて, やはりその, やはり田舎, やはり竹, やはり風流, よい色刷り, ようやくその, よくわかりません, よく話題, わかりませんし, わけても往来, わたくしひとりに, アジャンターのよりも, アントワープ生れの, インドの, ウェヌスと, ガラスを, キリスト教の, グレーといふ, シナの, テーマの, パンテオン附近の, ベツクリン流の, モデルは, ヨーロッパの, 一つの, 一五一四年の, 一人の, 一向に売れなかった, 一向もの, 一流の, 一渓が, 一町四方に, 一番難しい, 一輪花瓶に, 三本なり, 上段において, 下らぬ芸, 下手くそでした, 不一に, 中央の, 主として古典的, 久助君の, 予には, 二枚とも, 人にも, 人物少く, 人物徒に, 今では, 今どこへ, 今の, 今何処に, 今年初秋, 仏蘭西の, 令嬢の, 伊太利亜で, 低級芸術として, 何か, 何と, 何を, 何処で, 何処へ, 何千里の, 何枚だ, 何百円と, 何者の, 余り喜ばれなかった, 例外である, 僕は, 元の, 元岩崎家遺族, 元来密画, 元来物の, 元祖清信が, 元禄享保の, 先にも, 先年淡島家の, 克明に, 全く美しく甘く, 全体の, 六号か, 写実だ, 写真が, 出来て, 出来ないと, 出来上って, 分るまいと, 別種の, 到底剣, 勝利の, 勿論の, 勿論ユウジァン・スウ, 勿論支那, 北斎の, 十年程, 卓抜した, 単にきれい, 印刷された, 即ち人物画発達, 却, 原田氏以後の, 原画の, 厭だ, 又, 叔父が, 古来すくなく, 古河黙阿弥の, 右から, 右折し, 号泣涕涙その他すべて自然の, 各方面, 同じである, 君に, 和尚の, 問題には, 固より, 地震の, 場中最も, 墨を, 壁の, 壁画に, 売らないと, 売り物ぢや, 多くは, 夜描き, 大いに予, 大すき, 大丈夫だ, 大作では, 大変おくれ, 大変宜, 大変美しく, 大抵一気呵成, 大抵小品小幀, 大抵模倣, 大方東海道, 大東汽船会社の, 大津絵でも, 大津絵や, 大部分, 女の, 好きであり, 好きです, 始めて成立つ, 嫌い, 守田宝丹が, 完全り, 実にア, 実に思ひ, 実に深い, 寛保三四年に, 寛政の, 寥々たる, 専門外です, 小さいスケッチ版, 少からず集まつた, 少くとも, 少しの, 少なからず, 尺八か, 尽く和蘭陀画, 屹度描きあげます, 巧いが, 巧く描け, 巧緻精微不折君の, 市民生活の, 布局設色相共に, 常にこういう, 常に一つ, 常に陳列, 平凡な, 平家の, 平面彫刻は, 当時の, 彩色は, 影繁か, 役者絵風俗画共に, 彼に, 彼ら兄弟の, 彼処向きに, 彼等を, 後でよく見る, 従来そういう, 御承知, 微細な, 恐らく一生, 悉く単色, 愉しん, 愛されたか, 感じは, 成りぬ, 成り立つて, 成就するであろう, 成立せぬ, 成立たぬ訳, 成立ちません, 或人, 戦災から, 手に, 扱って, 拙くて, 描かなかつたのに, 描かんと, 描きたくない, 描き上げられました, 描き上げられると, 描けなくなるし, 描けると, 撤回しろ, 故穂庵翁, 敗北の, 教えず, 教えない, 数代前の, 文化の, 文化年間の, 新しい日本画, 新聞社から, 日常闘争の, 日本でも, 日本特殊の, 日本画と, 日本画としては, 日本画の, 日本画中最も, 時の, 晴れたる日, 更生幾回転の, 書けなかったろう, 書放し, 未だかつてあらざる, 本人とは, 本当にこういう, 本物の, 朱衣を, 東洋的で, 枯淡で, 某という, 森陰に, 椿岳の, 極めて普通, 楽しみのみ, 楽しみを, 楽です, 概念的な, 構図が, 次から, 此の, 此船が, 武蔵の, 歴史的興味以外に, 殆どない, 殆ど凡て駄目, 殆ど完成したらしい, 殆ど皆, 殆ど皆駄目, 殊に南画形式, 残らず売つちま, 比較的その, 比較的拙劣, 水墨や, 江戸絵錦絵の, 油画の, 洋画の, 洋画も, 洋画よりも, 流動を, 浮世絵の, 清らかで, 清浄な, 漸く二種, 漸く稀, 漸次廃滅, 炉の, 無いと, 無論冒険者, 煤に, 版画に, 牡丹の, 物と, 珍しかった, 現代絵画の, 環境の, 田地と, 町が, 画の, 画家にとっては, 畢竟その, 疑いも, 皆右脚から, 目立って, 直観何ものか, 真を, 確か, 確かに, 私でなけれ, 私の, 稀に, 筆法及び, 粗末に, 素人らしく, 細い露路, 絵葉書と, 綺麗に, 線が, 線で, 美しい, 美は, 美わしい, 美術の, 老梅, 肉慾から, 肖像としての, 自分に, 自慢で, 自然さから, 色彩に, 芸術の, 芸術品な, 芽張り柳ぢや, 蓮生坊に, 蕪村の, 藝でございます, 藤原時代の, 西川派風で, 西洋人だ, 西洋的に, 見たであろうが, 見て, 見るべきもの, 見るもの, 観る者, 言わずとも, 記録では, 誰が, 貧民窟では, 貴族的な, 跡を, 迚も, 途方も, 過去の, 違うね, 遺物がわりに, 郊外に, 酒神祭, 重太郎氏が, 釘の, 鈴木春信勝川春章鳥居清長より, 開け放した窓辺, 間もなく私, 陰影と, 雅樸雄, 離室の, 雪に, 青年の, 青緑の, 非売品だ, 非常に, 面で, 面白くなく, 順番で, 頗る重大, 題材によって, 駄目だ, 黒繻子の

▼ 画~ (504, 7.1%)

12 して 6 なって 5 あるよう, 見入って 4 しても, なると, 描いたよう, 描いて, 於いては

3 [16件] ある通り, かいて, しようと, なりそう, なる, なるの, 向って, 就いては, 心を, 描いたり, 於いて, 現はれたる, 眼を, 見るよう, 限って, 非ず

2 [31件] あり, ありては, ある悪魔, ある様, かかれて, くらべると, すれば, なったり, なるね, よくある, 仰ぎたれども, 似て, 倣はんと, 則りしもの, 及ばざる他, 善くある, 堪能で, 少し感心, 就いて, 就いての, 描いた餅, 描かれて, 於いても, 止まり肉筆, 現はれた, 移って, 至つては, 至る柔媚, 見入った, 詩を, 類すべきもの

1 [346件] あったと, あっては, あまり類例, あらずや, あらず画, ありそう, ある, あるとおり, あるのっぺら坊, あるは朧, あるやう, ある図, ある背景, うそが, うつるべしさもなければ, かいた, かいたほど, かいたもの, かいたよう, かいたらこりゃあ, かいた声, かいた牡丹餅, かいた白雲青山, かいた美人, かいた花, かいた達磨, かいた餅, かかれたの, かきしよりも, かきとらむ, かきとらむ暇, かき彫刻, かぎらず物言, かくと, かくに, かくまで, かくやう, かく野猪, かける西湖, かたまって, かわったの, かわって, くっつけて, この場所, これが, さほどな, しそく, したと, したもの, したよう, したらその, したら美しかろ, したり, した人, した方, しばしば出現, しろモデル, すぎないこと, すと, するが, すること, するならば, するなんて, するには, するも, すゝむこ, ずっと顔, せし人, そこの, その拙劣, つきては, つきもの, つきると, つたわって, どのやう, ないばかり, なつて, なにか特別, ならない, ならないかも, ならない顔, ならん, ならんと, ならん君, なりましょ, なりましょか, なりますよ, なりません, なるが, なるだろう, なるといった, なるに, なるん, なる勘定, なる如く思へるは, なる方, なれた眼, なんとも云えぬ, のみ見出される線, はかの, はげみかつ, ぱっと照りつけた, ひきつけられた, ひどく感動, ぶつかったの, まれ洋画に, みた十八世紀, みるよう, よくこんな, よれば, りっぱな, シャスタ火山が, ペルシアの, ホメロス式な, 一万四千弗とか, 一番よく, 一顧も, 七色を, 並んで, 也有は, 仕上げた, 他ならなかった, 他人に, 代表された, 似たり, 似たる少女, 似たる花月, 似た部屋, 似る夕あかり種蒔人, 似英語, 位が, 使った雁刷毛, 依つて, 倦むと, 光りも, 光線を, 児童が, 入り, 入るべき材料, 其角が, 写したの, 写し詞, 出て, 出来ない情, 出来ますがね, 判然と, 力を, 占められて, 及べり, 双眸を, 取って, 合って, 名あり, 向っては, 向つて敬意, 君の, 喩えて, 四脚の, 在る美, 執着が, 塗られた香料, 塗り残されたところ, 塗ると, 変った, 変って, 失敗し, 対した時, 対して, 対しました, 対立的に, 専心かかろう, 就て, 居士の, 巧なる, 巧みであっ, 巨万の, 巨金を, 帯びて, 彩どられた高い, 彩色ある, 影響を, 心動く, 成りそう, 成り得ますけれども, 成り得ません, 手を, 打たれて, 拙く画工, 持って, 捨て難い, 接すると, 接近させた, 接近し, 掲げたるは, 描いた, 描いた叡山, 描いた奥州, 描いた相馬, 描いても, 描かれた殆ど普通, 描きたいと, 描きなれて, 描きはるの, 描き得ないもの, 描き込まれて, 描くとも, 描ける海狸, 描ばやと, 文に, 新しい変化, 新しい領土, 於けるが, 於ける仙崖, 於ける未来派, 於ける直線, 於てのみ, 於ても, 書いた鹿, 書いて, 書くは, 書回文の, 替へれば, 望めるか, 未練を, 東菊活け, 楽しんで, 楽み, 止めを, 死の, 残っては, 比すれば, 比べて, 比べると, 比べれば, 比較すべく, 気づいて, 気の毒な, 気を, 没入し得ない, 没頭し, 泉水や, 洋館づくりの, 淡彩を, 満腔の, 漢詩や, 珍らし, 現は, 現れるの, 現わす, 現われた気高, 現われた西洋風景, 生活の, 用ゆる, 異ならざる完全, 異常を, 眼の, 着手し, 示し日本人民, 移して, 移つたが, 移つてムネ・シユリイは, 移る過程, 童子一人左手に, 筆を, 精彩を, 精神を, 精進し, 精進する, 終って, 終つてゐる, 統一あり, 継母は, 翻訳しよう, 聖母の, 肖通つた所, 至っては, 至りて, 至るまで, 興じまったく, 興味を, 蓮花と, 蛇螺旋状に, 表現された, 見たる太く, 見ても, 見とれて, 見られなかつた特別, 見られるよう, 見るが, 見るに, 見る予言者, 見る古, 見る如し, 見る御殿女中, 見る様, 見る風情, 見入りました, 見入る, 見受けられるよう, 見立てて, 覚えの, 親しまなくては, 親しむうち, 親しんだの, 親しんで, 親んで, 註して, 話しかけて, 調和する, 貼りつけるといふ, 賛, 賛を, 転じたもの, 転じた作家, 転じて, 転じぬ, 転ずる時, 転換した, 近い小説, 近い造形美術的効果, 近くし, 近づいた, 通俗性が, 逢着したくなき, 進もうという, 過ぎないが, 過ぎないの, 過ぎなかった, 過ぎん, 遠近法の, 金箔は, 長じ, 閉じこめられたまま, 関係する, 関連した, 限つて何となく, 限ること, 離したる, 雪中の, 頭の, 頭を, 題する詩, 類したりと, 類するもの, 風景を, 鬚を

▼ 画~ (460, 6.5%)

11 ある 7 あった 6 好きで 5 かけて, 出て 4 好きだ 3 ついて, 多い, 好きな, 掛けて, 描いて, 描かれて

2 [26件] ありたった, ありました, あるが, あるの, あるので, かいて, すきで, はって, はりつけて, 何枚も, 出来る, 分らないという, 古び煤けて, 壁に, 多かった, 好きであった, 好きでした, 好きに, 掲げて, 書いて, 東側の, 染め付けて, 浮かんだ, 画かれて, 私の, 秋の

1 [352件] あえて作られた, あげられるけれど, あったそう, あったでしょう, あったらしゃれて, あって, あっても, あつた, あつたらう, あらわれた, あらわれ出ずる, あり, ありそこ, ありその, あるかと, あるから, あるかわいい, あるこれ, あると, あるよ, あるん, ある度, ある点, ある花, ある許, あれば, いかにも淋しい, うつりました, うまいだろう, うまくない, おいて, おもな, お得意, お気に, お芳, お頼み, かえって深く, かかげられた, かかって, かかり出した, かかり畳, かかれて, かきたいと, かけさ, かけたの, かけなくなると, かけられ隅, かけると, かけるの, かける訳, かれてさえ, き出した幻影, くずれて, くところ, けるが, この通り, これは, これらの, さかしげな, しくじっても, すぐれて, すぐ思出, すむと, そうである, そうまあ流行, そっくり抜け出し, そのま, その中, その場, その大, その背景, それに, たいへん珍重, たくさんある, たくさん残っ, ただの, たった一枚壁, たまたま先, ちっとも来ない, づば抜け, できます, できるだろうと, でき上って, とてもゆるゆる見る, どういうもの, どうして仏徒, どうして宗教画, どことなく寂しい, どの位鼻, ないこと, ないし, ならべて, のどかに, はつきりと, はやるの, ひろく伝写, まざまざと, また引き立つ, まだ完成, もったいらしく掛かっ, もっとうんと高く, もつと, やはり之, やられうち, よくここ, よく解る, スイスの, テイブルかけの, ホントに, 一つ出来た, 一二枚かかっ, 一人でも, 一対並ん, 一枚でも, 一枚不, 一枚入っ, 一枚出来ました, 一種型に, 一等褒状その, 一般の, 七八点エッチングが, 三つ彫刻四つである, 三回ずつ, 三枚ほど, 上手でなく, 下手だって, 下手だつた, 不器用に, 与える卑しい, 世の中に, 世人から, 並んで, 中尊, 二つ書い, 二三は, 二三枚埃まみれにな, 二三点既に, 二十号大の, 二十枚も, 二枚かけ, 二枚まるで, 二百余枚虫干の, 今では, 今でも, 今も, 会津の, 何枚か, 何枚で, 作られなかったの, 俄に, 催されました, 僅少の, 優れて, 先じゃな, 光つて来る, 全部売り切れた, 八分通り出来上つた儘更に, 公, 公的に, 公衆の, 写生を, 出れば, 出来かけて, 出来て, 出来ますぜと, 出来ますよ, 出来ようとは, 出来るかも, 出来るわけ, 出来上ったので, 出来上つたの, 出来上りましたらあなた, 初唐様式, 刷って, 剥げて, 動く如く, 北画に対して, 十種ほど, 単なる師法, 又どう見, 友松に, 古くな, 同家に, 君の, 唯一個掲げあり, 埃だらけに, 壁の, 売れその, 売れたの, 売れ出すという, 変化を, 多いから, 多いので, 多くが, 多くて, 多くなっ, 多くコサック騎兵, 夢幻以外の, 大きな顔, 大分多い, 大流行, 天平の, 奇体な, 好きだった, 好きでありまし, 好きでありました, 好んだ所, 如実に, 妬ましい, 始まると, 嫌な, 子供の, 存在の, 存続する, 安っぽい金, 宗匠帽子の, 家に, 将来に, 小さい床, 小気味よく統一, 少いから, 少からずある, 尤もらしく掛け, 局限せられる, 崩れます, 嵌まって, 工場の, 巧みなる, 平安朝初期の, 幻想の, 幾枚も, 張交に, 強烈な, 彼の, 彼女の, 得意だつた, 得意で, 得意といふ, 御返礼, 必然に, 思うよう, 思ふやう, 悉くこの, 懸つて, 成立する, 抜け出したよう, 抜出したよう, 拙かつ, 拙くても, 挿んであった, 掛かって, 掛つてゐた, 掛る, 掛替った, 掲け, 掲げられて, 描いてない, 描かれその, 描きたくて, 描けたん, 描けないで, 描けないと, 描けなくなると, 描けるに, 描けるもの, 描けるやう, 描けんから, 擬いもない, 散り散りばらばらに, 新画, 新聞に, 日一日と, 日本人に, 早く描かせた, 明らかに, 普通の, 書きかけに, 最も偉大, 本当に描けない, 材料の, 果してみんなそれぞれ, 架けられて, 欲しかつ, 欲しなかった, 正午ちかい, 此処に, 歩くわけ, 歴起, 残して, 殖えて, 気味わるく, 沢山ある, 注意を, 流行した, 浮彫に, 混乱し, 添えられそれ, 渡来する, 滅亡する, 燭光を, 現す驚くべき境地, 現れるに, 現代にまで, 現在の, 甘くなっ, 生れ文学, 生気を, 画いて, 画だ, 皆大き, 眼底から, 破られた, 私たちの, 突刎ねられた, 立てかけて, 立体的に, 素晴らしく評判, 絵草紙屋の, 絶無であり, 縁に, 置いて, 美しいよう, 肉筆の, 自然に, 花一輪すら, 芸術的な, 茶席に, 薬師寺聖観音と, 見られないなんて, 見られなくな, 見る人, 見付かつ, 解るん, 評判がい, 詰らなくなつちやつたん, 語られ書談, 調和する, 貴い価値, 貼って, 賞味され, 金に, 鋲で, 隆盛だった, 雑と, 非凡にまで, 順序正しく, 頼みたい人, 額に, 額縁なし, 額縁に, 額縁も, 飾って

▼ 画~ (185, 2.6%)

4 いえば 3 アジャンター壁画との, 江戸名所, 称するもの

2 [18件] いうと, いっても, せんには, なす取らざるなり, なって, なつて, 云うの, 云って, 云ふ, 句など, 同様に, 大理石とは, 洋画との, 浮世絵を以て, 西洋画と, 西洋画の, 言ふ, 違って

1 [136件] ありますが, あるの, いえども, いえるよう, いって, いつたやう, いつたらわたくし, いつて, いわりょうかおれはとてもだめなのかしらん, お君, お能, この露文豪, し詩, せんと, その点, その難解, つり合いの, どちらが, なす事も, なっては, なりて, なり果てた名画, なると, のみして, わたくしの, サインされ, スタンランの, セザンヌや, ピカソの, フレッシュな, メダルを, 一なり, 不二見西行, 両極を, 並んで, 云うと, 云うに, 云うは, 云うも, 云うやつ, 云う事, 云う名, 云えば, 云ふも, 交換に, 人物の, 併せて, 信じ得るよう, 俳句二つを, 個々別々に, 全然異なる, 区別される, 南画の, 句とは, 同じく不思議, 同じく写実, 同じく深い, 同じく簡略, 同じく遠のい, 同じこと, 同じ人物, 同じ意味, 同じ気分, 同工異曲であります, 同様また, 名題とには, 呼び漆絵, 呼んで, 変りは, 大和絵を, 実物の, 寸分違わぬ, 彫刻とで, 彫刻に, 御舟と, 思つたのは, 数学と, 文句とを, 文学とを通じて, 日本画との, 春信の, 時計を, 暗い床の間, 書を通して, 木彫との, 木彫の, 東洋画との, 板画とを, 根本的に, 正倉院, 武蔵の, 殆撰ぶ, 比べて, 比べるまでも, 比較し, 洋画, 洋画の, 浮世画詩においては, 深い血脈, 異りたれ, 皿と, 相俟つて狂歌絵本中, 称して, 称すべし, 端に, 純粋な, 聞いては, 背中合せに, 花房さんや, 西洋油画とを, 西洋画との, 見えるだけ, 見えるばかりか, 見たてて, 見ても, 見比べて, 親類同士の, 観賞的努力間の, 言いましょうか, 言ふも, 詩とを, 詩文とに, 赤本は, 趣を, 遊び壮年会員は, 運命を, 違っては, 選ぶ所, 重複し, 雖も, 音楽が, 顔を, 香炉とが, 鳥, 鳥類生態写真と, 黒い壺

▼ 画~ (121, 1.7%)

3 全く腐敗致候, 描く 2 何かは, 売るか

1 [111件] あつた, ある, あるもの, あれに, い, おもしろかった, かいた政治, かかず本, かかない, かく, この涙, さるお客, そのま, その日本的, その部類, その頃盛んに, とうとう私, どれ程, ない, ない訳, なく残っ, なつかしい, はいって, またこの, またそんな, また子規子, また完全, また川端氏, また甚だ, また見る, まだ何年, みな堕落し, みんなの, やり彫刻, ゆるがせに, よくお, よく候, われながら, アンフォルメルや, 一寸した, 万一そうなった, 三本なり, 上手でした, 上手に, 下画が, 作る才人, 像も, 元本は, 出ますけれどね, 出来て, 出来ませんでしたが, 出来篆刻, 募集する, 医術と, 十三四から, 善いには, 売れた事, 外国人が, 多い, 多けれど, 夜は, 大方焼け, 好きで, 如かん天色大気, 実は組合員肖像画, 少しは, 山水画と共に, 屹度面白い, 幾つか, 形の, 思うよう, 性質も, 懸け換, 手離さなけりゃならん, 挿画も, 掛つてゐませんでした, 描いたので, 描けるとか, 損傷し, 文章も, 新聞に, 昔の, 書けないの, 木彫も, 本物は, 東鉄も, 松花堂の, 洋画も, 滅多に, 無駄で, 焼けて, 熟視る, 狸が, 畳も, 百倍多い, 祖先より, 私は, 純粋な, 絵具の, 西洋画も, 見た眼, 見ない, 見ましたが, 誰か, 賛も, 遣つた, 重子のと, 隈取の, 隠元の, 面白く拝見, 音楽も

▼ 画~ (100, 1.4%)

4 あつた 2 何派の, 見ると

1 [92件] あそこに, あらう, いえば, いわゆる新しい, うずまって, おおわれ赤い, お前の, かけるだろうか, かざられて, これは, しかも文鳳特得, その例, その地, その店舗, その斜め下, その昔, その第, それを, なりと, は二人, は皮膚, もう一つ驚嘆, やや大きな, よく真中, よく見た, イダーリアの, オシリス神の, スコットランドあたりの, 一六六八年版の, 一層の, 一方を, 一派を, 三艘の, 主任が, 云えば, 今関啓司氏の, 低い壁, 何か, 何も, 使うよう, 兄さんの, 六回も, 北の, 匙鍬の, 右と, 唐紙を, 問題に, 大名屋敷が, 大名屋敷や, 天井の, 小く, 小さなレストラン, 小市民, 川合玉堂の, 引けるの, 恐縮と, 想像する, 描いた人, 日本という, 本通りから, 武者絵を, 殿堂の, 海を, 照明され, 牡丹の, 特に目, 現代の, 田村宗立先生南宗は, 画中の, 白井君の, 線という, 考慮の, 自由に, 色とりどりな, 見たこと, 見たり, 見た伏姫, 見つめて, 見て, 見るばかり, 見るよう, 見るパン, 見る竜, 見る美し, 見幼, 言へば, 説明し, 説明した, 身を, 面白いの, 題名の, 高い金

▼ 画~ (88, 1.2%)

20 の人物 9 の人 2 の婦女, の少女, の景, の比較評論

1 [51件] かつて見ざる, から孔雀, から驚くべき, での傑作, では, においてさらに, には到る, に於, に日附, に磅, に見る, に隠され, のもの, のよそおい, のドック, の一道者, の主人公, の主人公たる, の二人, の人物たち, の人生, の人間, の勇少年, の化政時代, の女, の孔雀, の孔雀明王, の客, の山岳, の文字, の景色, の武者, の水亭, の淡彩物, の滑稽人物, の漁舟, の点景人物, の物, の竜, の美人, の美女, の詩, の風物, もっとも讃えられた, より脱, を血眼, 最も僕, 最も写生, 最も奇抜, 最も現実, 殊に吉原遊女

▼ 画には~ (85, 1.2%)

2 寅春星長庚三菓宰鳥碧雲洞紫狐庵等種々の

1 [83件] ああ細い, あの形式, あまり趣味, いずれも, いろいろな, おどろきましたよ, ここに, さほど感心, ずいぶんゐる, そういうもの, その危険, それぞれ特色が, ちょっと南画, どうかする, どこか, ない, ないが, ならない, ならないに, ならぬかも, なるまい, なろう, なんとなく迫っ, ほとんど興味, ほとんど見ない, マサカこんな, 一般の, 一面さう, 不自由を, 人物画としての, 人間としての, 似て, 低い黒板塀, 何も, 作者の, 全く見られない, 内からの, 写生が, 到底科学, 印章のみの, 却って色彩, 只に, 名所の, 困った, 墨が, 大理石の, 天才の, 存しない, 実在感が, 彩画は, 彩色を, 怪物が, 恐らくこの, 息づまるよう, 意志の, 手を, 昔から, 春信に, 普通の, 最う懲り懲り, 本質的な, 東洋画の, 東海道及東都名所の, 梁楷風も, 次の, 気品が, 理想化され, 生気溌剌たる, 画家の, 相違ない, 社交界や, 秋風の, 空気を, 美人が, 胡瓜の, 菱川一派の, 薬に, 解剖の, 陰影が, 随分贋造, 非凡な, 高い高い煉瓦塀, 鯛を

▼ 画~ (78, 1.1%)

77 をとった 1 までの書きかけ

▼ 画~ (72, 1.0%)

3 だと 2 が西洋, というの, としての経歴, の中

1 [61件] あり, があった, があらゆる, がどうして, がなく, が大, が急, が書い, が自分, だから, だった, だつた, であった, であったこと, であっても, であつ, である, であるかを, であるが, であると, であると共に, ではあった, で河内生まれ, で狷介不羈, というもの, としての宮本二天, としての武蔵, としての造詣, として応挙, として研究, として立つべきであった, として芸, となりすまし, とはい, ともみえない, なら画, において土佐派, のため, の世間, の事, の俤, の座談会, の心, の態度, の絵, の美意識, の風戯, は, はない, は北斎, は善き, は悪しき, は明朗, は時代, は此の前, や伊丹, や詩家, をや, を思わせる, を羨望さ, 多しとは

▼ 画~ (63, 0.9%)

2 歴史画が, 錦絵を

1 [59件] すでに一様式, その他いろ, その他から, またお, カンジンスキーの, バーンジョーンズの, 七郎の, 三つ目小僧が, 人物画なども, 人物画家の, 像に, 八景鳥瞰の, 写真が, 写真や, 南画にも, 南画の, 南画以外にも, 古本や, 器物などに, 図案を, 天地人三才の, 字が, 彫刻の, 彫刻を, 役者の, 新聞や, 新聞雑誌の, 時事の, 暖炉の, 最もバナール, 歌でばかり, 歌の, 正倉院, 武者絵の, 水彩画を, 油画こそ, 洋画等の, 浮世絵を, 琳派の, 画題を, 白描を, 盆栽まで, 目に, 管絃は, 粉本を, 翫弄物を, 自分の, 自然的な, 芝居絵よりも, 花やかな, 花鳥画に, 西洋画が, 諸国名勝など, 象眼は, 鉛筆画が, 鉛筆画の, 静物画に対する, 風景の, 風景画が

▼ 画学生~ (58, 0.8%)

2 がいた, の初学, の吉田さん, の多い, やらアマツール

1 [48件] から党主的待遇, から竹, から酒, がいる, がブルーズ, が三日間大富豪, が五六人集, が南風, が来, が滞在, だったそう, だった砂場嘉訓, であった, ではない, とした, としてケーテ, と型, など本気, にこう, にこんな, になる, には写生, には珍, に取っ, に絵具, に貢献, のむす, のやう, のズラリ, のデツサン, の力, の姿, の巨勢, の数, の死, の生き, の生活, の逸作, の間, はまた, は堀木正雄, は持っ, は数, は細長い, らしいの, らしい連中, を慰め, を聘し

▼ 画描き~ (47, 0.7%)

2 さん, などが画, などは出したくない, の人, の女, は自分

1 [35件] かいお前さん, がいくら, が隣, さんだ, さんな, だってこっち, つつ, でも私の, というもの, としても青二才, などにはなっ, などにはなつ, なんだ, にさえ簡潔, にでも紙芝居, にはどうして, にも一冊, に確実, の大作, の拵, の月渓, の溝口さん, の画, の真似, の真似事, は, は余程, は太陽, は食, も羽織り, よ, 以上の, 大雅, 気質の, 篠原梅甫の

▼ 画では~ (46, 0.7%)

3 あるが 2 ない, ないか, ないが

1 [37件] あったが, ありませんでした, かえってこういう, その内部, その頃, とても認められない, ないでしょうか, ない技工, なくて, なくても, なく伊豆半国, なしに, まだ日本, 先ず近景, 全校第, 同級生の, 嫉妬という, 小林清親や, 布袋図花鳥図では, 度々見, 思うよう, 承知が, 明らかな, 梅の, 殊に汽鑵, 河合玉堂小堀鞆音下村観山西洋画では, 無いの, 現は, 理解が, 絵付けが, 絵具を, 肉の, 複雑な, 襖などは, 誰のが, 附き物, 黒田清輝彫刻では

▼ 画として~ (43, 0.6%)

1 [43件] ああいう, いくらかの, かかれた天平画, この画, まことに壮麗無比, みても, デテールを, 不完全かと, 不完全に, 今も, 今もっ, 余人の, 効果が, 吐いて, 安井と, 後の, 必要であった, 感ぜられる, 我が精根, 或興味, 新しい生面, 普通以上に, 注文を, 浮世絵師の, 相当の, 興味が, 興味を, 行われて, 表現出来, 見て, 見なければ, 見る, 見ると, 見れば, 観るも, 観一巻, 論じるならば, 通用する, 遺る, 面白い, 面白けれど, 顔に, 齎すところ

▼ 画にも~ (41, 0.6%)

2 炉棚の, 詩にも

1 [37件] ある気, ある程度まで, かけますまい, どこか, ならないので, なる詩, のせられないほど, サインは, 人の, 仙人または, 似ぬ風, 倦んだらしく武蔵, 処世上にも, 単なる艶冶, 大雅蕪村竹田玉堂木米などの, 当たるの, 彩管を, 彫刻にも, 必然あった, 応用されるだろう, 或る, 描くべくおもしろし, 文章にも, 槌を, 残って, 油絵にも, 画題は, 肖像画の, 芝居にも, 見ぬところ, 観るべからざるこの, 認められるあの, 譬うべし, 足を, 運命の, 陶器や, 雨が

▼ 画~ (36, 0.5%)

4 を見

1 [32件] からとつ, から原稿, でも座蒲団, で見, という大判, と引か, と申す, なぞを買っ, などに寄稿, に, にはお化け, にも簡単, に一向, に出, に出た, に載つ, の, のページ, の宮里さん, の記事, の頁, は二年以前, や雑誌, をかかさずとっ, をよく, を一冊手, を下, を二三冊, を抛り出す, を披, を拡げ, を見た

▼ 画~ (34, 0.5%)

2 ということ

1 [32件] からである, からよい, からマジメ, から表紙, から許可, か骨董, くみの, くみも, こと, この人, つたのです, つてさうだ, とか御, とか教, とか教えられ, とか道具, と云った, と人, と思う, と思った, などと云っ, ねこれ, のを, まるで画, もの, よ, わね, ナと思っ, ナと思つて, 林君の, 煙草ば, 福禄寿に

▼ 画でも~ (31, 0.4%)

3 見て 2 満足である, 見るよう

1 [24件] あるまいと, あるまいといふ, あれば, その題材, ただもの, カットでも, 人物の, 写して, 多少時代, 幻燈が, 必ず家, 描くとかいう, 書いたよう, 書でも, 津田に, 火野氏の, 現在の, 甚だ卑猥, 画くかな, 純一無雑と, 行き詰る人, 見なければ, 見る方, 詩でも

▼ 画よりも~ (30, 0.4%)

2 遥に, 鮮明に

1 [26件] さらに偉大, しっとりした, すぐれて, ずっと気持, むしろ外国蒐集家, むしろ本図, むしろ簡単, むしろ花鳥, もっといい, よき芸術品, 三岸らしい, 何よりも, 困難を, 墨絵の, 女が, 如何に, 御婦人, 所謂写生に, 材料の, 洋画である, 深い精神的内容, 美しいと, 美しい色彩, 詩の, 静かなりし, 食物の

▼ 画ばかり~ (27, 0.4%)

10 描いて 2 では

1 [15件] かくの, かくん, であった, でした, でなく古い, でも, でチョーク画, 出来上るの, 巻き連, 描いてちゃ, 描いてるん, 書いて, 知ってるもの, 買うよう, 集めたの

▼ 画~ (27, 0.4%)

1 [27件] から盗んだ, が工夫, である, で鬼一法眼, というもの, という定, としては壮健, には秘伝, によって生かす, によるところ, に依り, に囚われ, に心酔, に拘泥, のこと, のプリミチヴ, の原理, の変遷, の書物, の順序, はよい, は一つ, や画伝, をもっ, を教えた, を極, を無視

▼ 画~ (25, 0.4%)

2 をし

1 [23件] が物体, だけは一人前, だの美学, なぞした, など或は, には固執, に争論, に熱中, の以外, の正体, の雑書, や成長, や歴史, や色彩, をはい, をふりかざし, を主張, を始め, を書い, を盛ん, を立て, を聞い, を読め

▼ 画とは~ (24, 0.3%)

2 本質的に

1 [22件] あまりに懸隔, いえないと, いえ全体, いはずに, いふこと, ちが, どこか, はるかに, よほど違う, よほど違っ, 余程変, 全然正, 共に写生, 受け取れない, 大分方法が, 天岡の, 失礼だ, 思えんが, 時を, 物を, 随分気分, 非常な

▼ 画~ (24, 0.3%)

2 が為恭, にした, に認められる, は成立, を外

1 [14件] が古臭く, であった, として機械, なり仕事, によって得た, のもの, の素直, はやっと, はやつ, への自分, を引き出さう, を引き出そう, を知っ, を秘め

▼ 画~ (24, 0.3%)

1 [24件] では夜学, で尚, で或, ということ, と住宅, にい, に止る, に行き, に通い, に通いはじめ, に通っ, のこと, のモデル女, の塾生募集, の横, の研究会, の近く, へ通, へ通う, へ通っ, を出た, を止めろ, を見, を開い

▼ 画という~ (23, 0.3%)

4 ものが, ものは 3 のが 2 ものには, ものの, ものを 1 ものも, モティフも, 名に, 意味では, 様な, 画は

▼ 画学校~ (23, 0.3%)

2 に入る, へ入学

1 [19件] が設けられ, では人物画, では女, で絵, に入った, に入りました, に入れ, に行っ, に通いいたる, に通う, の前, の校長, は実にのんびり, へゆけ, へ入りました, も一年, も大, や絵画, をもっ

▼ 画~ (23, 0.3%)

1 [23件] でも高く, で名, においては正確, における嗜好, にかぎらず, については又, にて悟入, には暗い, には近代的感覚, に志した, に精進, の上, の修業, の修業時代, の正しい, の正しき, の精進, の約束, の詮索, の骨子, は師匠, は衰弱, へのスタート

▼ 画から~ (22, 0.3%)

1 [22件] おもて, この方法律家仲間の, ぬけ出したやう, レオナルドの, 一篇の, 一編の, 判断する, 味わい得られる, 女が, 引きだす能力, 抜けだした女, 抜け出して, 教えられる, 新工夫, 木版独特其自身の, 来るよう, 次の, 目を, 眼を, 見取ったもの, 遁れ出, 遠のく者

▼ 画である~ (20, 0.3%)

1 [20件] がこれ, がこれ等, がただ, がカンバス, が八戒, が好奇心, が画, が見, ことは, ことを, それを, だけにこの, という, といふ理由, ところから, と舌, などという, なア, ゆえ田舎の, 事は

▼ 画~ (19, 0.3%)

2 の生前, を圧したら, を圧せ, を売る

1 [11件] かえって俳名, かへつて俳名, があがっ, が世間, が段々, が高まっ, は遠慮, よりは奇人, を市, を揚げ, を西班牙

▼ 画~ (19, 0.3%)

2 の潮流

1 [17件] と云う, における両, になかなか, には暁斎, に一つ, に於ける, に永徳, に画時代的, のため, の珍, の現状, の風儀, は日本, は未だ, を代表, を襲, を覚醒

▼ 画~ (19, 0.3%)

2 の上, の前, を前

1 [13件] が取出された, と掴み合う, の書損, の質, は言う, へ投, も質, や画箋紙, をさつ, をのべ, を引張り出し, を抱, を見る

▼ 画などを~ (18, 0.3%)

2 描いて, 画いたり

1 [14件] 使って, 合著として, 好み剣術, 孫どもに, 引合いに, 指頭で, 描いても, 書きまた, 眺めたり, 習って, 見て, 見ると, 見自分, 頼まれると

▼ 画~ (17, 0.2%)

2 や玩具

1 [15件] がどう, ないしお, などで見, など買っ, に在る, のこと, の棚, の良否行儀作法, の隅, は, を捜し, を碧梧桐ら, を示した, を見る, 水雲郷

▼ 画かき~ (16, 0.2%)

1 [16件] がある, が幾人, だわ, にし, について行きました, になる, になれます, にはもったいない, にわざわざ, に買, のする, の庄太郎, はにはかに清作, はにわかに, を三味線, を食

▼ 画~ (16, 0.2%)

2 に余念

1 [14件] すること, にも取掛らない, に傑出, に取りかかった, に向う, に従事, に油, に苦しみ疲れた, に適する, の傍附近, の吹聴, の暇, をつ, を終っ

▼ 画~ (16, 0.2%)

2 の中

1 [14件] で絵, の八方, の周囲, の戸棚, の窓ガラス, は写山楼, は椿岳, まで逃げ, も皆, や前栽, を出た, を建てた, を発見, を訪うた

▼ 画ける~ (15, 0.2%)

1 [15件] この殿, ところ, にその, もので, ものならん, もの或は, ようやったら, わけだ, を見れ, んじゃ, 唇したたる, 天女の, 幻と, 絵の, 虎を

▼ 画に対する~ (15, 0.2%)

1 [15件] ごとに, 一般の, 勇猛心は, 場合にも, 希望を, 彼の, 情熱は, 批評と, 時我らは, 熱心と, 熱心に, 親しみの, 認識が, 開眼も, 限りそれが

▼ 画~ (15, 0.2%)

2 を貪る

1 [13件] が高い, では女房, で描い, というもの, についてみみっちい, は頂戴, もじりじり, をあげ, をむさぼっ, を一文, を受取った, を払う, を貰っ

▼ 画としての~ (14, 0.2%)

1 [14件] おもしろさ, レエゾン・デエトルが, 人物の, 優れた点, 婦人画の, 意味, 批評的方法が, 技術上からも, 深みに, 生命は, 美しさ, 興味は, 規定が, 面から

▼ 画について~ (14, 0.2%)

2 雪に

1 [12件] どれだけの, なされたる, まだ多く, 一笑話が, 何か, 心を, 真偽の, 見れば, 言って, 話し合って, 誌した, 論評や

▼ 画といふ~ (13, 0.2%)

2 ものが, ものは 1 のは, のはね, わけでございまし, 事を, 名が, 名を, 材料を, 立派な, 風に

▼ 画~ (13, 0.2%)

1 [13件] がもう, である, でどうしても, なぞをひろげた, などの不自由, など弄び居, に奉公, に早く, の板, やカンヴァス, を使っ, を手当り次第, を捨てなく

▼ 画~ (13, 0.2%)

1 [13件] だが, と心, などというもの, のいい, の低い, の清々しく, の良, は下がる, への関係, もなかなか, も心, を思へ, を携え帰っ

▼ 画~ (13, 0.2%)

1 [13件] か何, じみた上品, などから趣味, にあつ, のうえ, の中, は季節, は誰, もその, や額, をくりひろげる, をのぞき込む, を其隅

▼ 画~ (12, 0.2%)

1 [12件] ではムリロ, というこれ, などもまだ, にある, にて逢, にアラビア馬, の一室, の三階, の内山某, の写真絵, の額, へ往か

▼ 画~ (12, 0.2%)

1 [12件] がまた, といふ, にたと, に対して草土社, の筆始め, はさ, はそれ, は好み, へい, を全然, を手がけた, を整備

▼ 画~ (12, 0.2%)

2 の待詔 1 で当代, にいた, にこもっ, にならっ, には当代, に召され, のひとり, の一員, の画家たち, の画工たち

▼ 画との~ (11, 0.2%)

1 [11件] ほかには, 共通が, 外に, 外には, 対照が, 技法には, 技法の, 本質的な, 間には, 関係以上の, 限界を

▼ 画~ (11, 0.2%)

2 と習字, の教師 1 であるよりも, についてはヨーロッパ, に依つ, の先生, はのだいこ, を小山正太郎先生, を教え

▼ 画~ (11, 0.2%)

1 [11件] があっ, と壮心, に雨, のある, のない, の眼, の邪げ, をもっ, を刺戟, を惹く, を満足

▼ 画~ (11, 0.2%)

3 の作品 1 に偏, の後裔, の紹介, の綜合, の花形, の親玉株, を抽象派, を総括

▼ 画~ (10, 0.1%)

1 お茶の, とそ誤たれける, どうか, なんかが, 何かの, 十二神将の, 密書か, 木炭画の, 水画の, 関羽が

▼ 画だの~ (10, 0.1%)

4 文芸だ 2 いろんな話 1 文章だ, 料理だの, 木像だ, 鵬斎の

▼ 画としては~ (10, 0.1%)

1 かえっておもしろく, この方, すこぶるまずい, とても考え及ばない, 優れて, 拙ら, 支離滅裂である, 極く有りふれた, 殆ど価値の, 確かに

▼ 画~ (10, 0.1%)

2 であった 1 であると共に, な作品, な或は, な足どり, な風景, に装飾, に見れ, の運命

▼ 画看板~ (10, 0.1%)

3 をかい 1 に, に見る, のおかげ, はあっ, を指, を掲げた, を棒

▼ 画とを~ (9, 0.1%)

1 併せ学びこれ, 加味したる, 区別し, 区別したい, 合せて, 思ひ合せて, 把り, 採らんと, 見比べて

▼ 画~ (9, 0.1%)

2 のだ 1 のである, のです, ので眺める, んだ, んぢや, んという, んといふ

▼ 画をも~ (9, 0.1%)

1 のし水滸伝, よくし, 含み日本絵画一般, 少しく学んだ, 看るらん心地, 置いたこと, 見ずその, 見逃しては, 見遁

▼ 画を以て~ (9, 0.1%)

1 したる, すること, その最も, 写実の, 写実を, 更に寛政, 直に国民, 聞えて, 醜陋

▼ 画学生達~ (9, 0.1%)

2 はキャラメル, や展覧会 1 がこれ, がし, が之, が投げる, が相撲

▼ 画~ (9, 0.1%)

1 なども女性, における基礎工事, に勁烈, の下敷, の意義, の熟達, はいか, は衰え, を以て悠々自適

▼ 画~ (9, 0.1%)

5 の大 3 の方天戟 1 の戟

▼ 画そのもの~ (8, 0.1%)

2 の滑稽 1 がくだらなく, が既に, としては乙下, として見る, もただ, も師

▼ 画など~ (8, 0.1%)

1 いうもの, それである, 二十年三十年の, 多いわが国, 掴まされて, 描かずに, 時に笑ましく思ふ, 習はずも

▼ 画などは~ (8, 0.1%)

1 とかく陳腐, どの位シヤルマン, 一枚も, 一見し, 北野博美さんが, 危くごまかしに, 昔の, 肖像画でない

▼ 画なども~ (8, 0.1%)

2 あるし 1 初期の, 大変に, 書いて, 自分から, 貴族の, 集めて

▼ 画~ (8, 0.1%)

2 押しあがった 1 出られたら松吉, 出る, 来た, 浮かない目, 目を, 転じた人

▼ 画報社~ (8, 0.1%)

2 の, の市村君 1 からその, から写真, の明治三十一年, より

▼ 画~ (8, 0.1%)

1 ということ, と今日, と夫, に於, に来, をつくり出し, をなした, を示した

▼ 画~ (8, 0.1%)

1 の初期, は今, は余斎, は大切, をそのまま, を披, を描く, を求め

▼ 画だけは~ (7, 0.1%)

1 よほど線, 思い切って, 正当に, 特殊な, 色の, 買って, 長く私

▼ 画とも~ (7, 0.1%)

1 いうべきものゆえ, いうべき種類, いえば, なるこの, なろう, 解しか, 言ふべきで

▼ 画における~ (7, 0.1%)

1 伎倆は, 批評眼だけは, 押詰めた簡潔美, 没骨体という, 画題の, 詩の, 陰影は

▼ 画にでも~ (7, 0.1%)

6 ありそう 1 あるよう

▼ 画によって~ (7, 0.1%)

1 代表せられる, 初めて得られた, 想像する, 日本画に, 直接には, 知りうるの, 自分は

▼ 画に対して~ (7, 0.1%)

1 したと, どんな門外漢, なんらの, 利口すぎる, 十分の, 吾人が, 殊に愛惜

▼ 画~ (7, 0.1%)

2 の川崎家 1 と色彩, なり, の風景, を記述, を説明

▼ 画法幾何学~ (7, 0.1%)

1 があった, という学問, と黒板, の建設, の父, の講義, は一躍

▼ 画~ (7, 0.1%)

1 があった, が並び, が描かれ, に彼輩, の殉教者特有, をやった, を愛玩

▼ 画~ (7, 0.1%)

1 にかう, にも五山堂詩話補遺, に云, に従, に見え, に載する, を読ん

▼ 画って~ (6, 0.1%)

1 いた, いること, 今は, 居る, 層, 遙かな

▼ 画であった~ (6, 0.1%)

1 か一丈, がその, ために, という事, と思います, のだろう

▼ 画です~ (6, 0.1%)

21 が, という, とサ, な結構

▼ 画などに~ (6, 0.1%)

2 よく三十号位いも 1 さう, よくある, 見られて, 遊んで

▼ 画などの~ (6, 0.1%)

1 中には, 構図に, 沙汰では, 琳派の, 町風を, 長崎骨董を

▼ 画なら~ (6, 0.1%)

2 画で 1 いま直ぐにも, ばただ, ばやはり, 風景画でも

▼ 画において~ (6, 0.1%)

1 です, 望の, 殊にその, 特にこの, 詩において, 首めに

▼ 画より~ (6, 0.1%)

1 いいと, ヴェニスアムステルダム等の, 人物に, 生気溌剌として, 線を, 陶器の

▼ 画~ (6, 0.1%)

1 が一刷毛, が大作, が水墨, として上手, に障壁画, や曲亭馬琴

▼ 画学紙~ (6, 0.1%)

2 の上 1 と色鉛筆, にすり切れた, に描いた, を不器用

▼ 画時代的~ (6, 0.1%)

1 なこの, なスピード, な功績, な社会, に重視, の影響

▼ 画~ (6, 0.1%)

1 についても臆測, に書かれた, は終始, も生涯, や年代, をふりかえっ

▼ 画~ (6, 0.1%)

1 である, に照らされた, のかげ, の下, をさげ, をさげた

▼ 画~ (6, 0.1%)

1 をなし, を聞き, を聞く, を聴き, を試み, を読む

▼ 画~ (6, 0.1%)

1 との間, ならぬ我姿, の上, の架, もなく, を掲ぐ

▼ 画~ (6, 0.1%)

1 がない, と浮草, には総数百四十点, の傍, へセザンヌ, をめぐった

▼ 画さえ~ (5, 0.1%)

1 かけば, 仕上げれば, 入選したら, 描いて, 描けば

▼ 画なんか~ (5, 0.1%)

1 かきたくない, 実物と, 描いて, 描けっこないさ, 画くよりも

▼ 画についての~ (5, 0.1%)

1 一般眼識が, 夫婦の, 手引に, 研究と, 詳しい適切

▼ 画~ (5, 0.1%)

1 が下手, に傚, の如く, の諸, を出版

▼ 画~ (5, 0.1%)

2 は三百年, は五百年 1 で彼

▼ 画~ (5, 0.1%)

1 と呼ばれた, にお, の上, の記載, の述べ

▼ 画~ (5, 0.1%)

4 である 1 であったかよ

▼ 画姿~ (5, 0.1%)

1 であったと, です, などに気, の眼, を見る

▼ 画~ (5, 0.1%)

2 の小僧 1 の番頭, は同, もいつも

▼ 画~ (5, 0.1%)

1 に捉, の上部, はその, も常, 亦実に

▼ 画~ (5, 0.1%)

1 である, ばかり, を取り出した, を握った, を渡し

▼ 画~ (5, 0.1%)

1 がぼつぼつ, は何派, は誰, や禅家, をつぎ

▼ 画龍点睛~ (5, 0.1%)

3 を欠く 1 という言葉, の

▼ 画こそは~ (4, 0.1%)

1 弓掛の, 東洋絵画の, 永久御物として, 真実の

▼ 画だけ~ (4, 0.1%)

1 かいて, だと, では, 引剥し

▼ 画とか~ (4, 0.1%)

1 またはちょっとした, 無残絵とか, 素描とかの, 陶器とか

▼ 画としても~ (4, 0.1%)

1 人の, 共にその, 存在する, 西洋画としても

▼ 画と共に~ (4, 0.1%)

2 多く肉筆画の 1 ガラス戸の, 一勇斎国芳を

▼ 画などと~ (4, 0.1%)

2 云うもの 1 云ふも, 比べものに

▼ 画なんて~ (4, 0.1%)

1 あり得るでしょうか, こんなきれい, 云は, 描けやしないん

▼ 画においては~ (4, 0.1%)

1 ある一つ, 必ず粉本, 本画と, 樹木台

▼ 画においても~ (4, 0.1%)

1 六郷川渡船三枚続の, 同様だった, 常に同一, 見るべきもの

▼ 画にて~ (4, 0.1%)

1 その製, 二寸位の, 見たる悪魔, 雪舟崇拝と

▼ 画にのみ~ (4, 0.1%)

2 限られたる 1 歴史が, 見られるもの

▼ 画に関する~ (4, 0.1%)

1 ものなり, 記事が, 限りそれ以前の, 限り誠にキチン

▼ 画のみ~ (4, 0.1%)

2 ならまだしも 1 ならず一般, ならず日本

▼ 画はがき~ (4, 0.1%)

1 など売っ, など書い, など買っ, をよこし

▼ 画への~ (4, 0.1%)

1 味の, 方向転換は, 移行といふ, 興味を

▼ 画らしい~ (4, 0.1%)

1 ことなど, ものが, 物が, 画を

▼ 画~ (4, 0.1%)

1 為ス, 為ス間大画有リ, 玩ブ人ニ力ヲ, 能クス

▼ 画~ (4, 0.1%)

1 について墨, の上, を学んだ, を解き

▼ 画人伝~ (4, 0.1%)

1 というもの, に見, の類, や畸人伝

▼ 画~ (4, 0.1%)

1 が積, に追われ, に逐われ通しまし, を少し

▼ 画~ (4, 0.1%)

1 でもなし, に, に松花堂, や士人

▼ 画学生時代~ (4, 0.1%)

2 の理想 1 には彼, に貧困

▼ 画~ (4, 0.1%)

1 なるもの, は与へられ, をつくりださう, を堕す

▼ 画~ (4, 0.1%)

1 をかかえ, を受取っ, を岩上, を腋

▼ 画生活~ (4, 0.1%)

1 と漂泊, のうち, の業績, を進めよう

▼ 画発達~ (4, 0.1%)

1 の後, の淵源, の経路, の跡

▼ 画端書~ (4, 0.1%)

1 でも御, に二三行, に感嘆, に書いた

▼ 画~ (4, 0.1%)

1 はさうである, や画歴, を執筆, を見る

▼ 画~ (4, 0.1%)

1 のある, の中, を展げ, 多仙仏

▼ 画ある~ (3, 0.0%)

1 がため, ひは, 処に

▼ 画からでも~ (3, 0.0%)

1 思いついたの, 来て, 脱け

▼ 画こそ~ (3, 0.0%)

1 墨竹の, 珍しけれ風景画, 絵全体が

▼ 画だけが~ (3, 0.0%)

1 ちょっと気にいっ, 新しくて, 特に優れ

▼ 画だって~ (3, 0.0%)

1 ニセ物だ, 実物では, 話に

▼ 画であっ~ (3, 0.0%)

1 てそれ, て何故, て舟乗り

▼ 画であり~ (3, 0.0%)

1 ながらしかも, 上に, 詩である

▼ 画といった~ (3, 0.0%)

2 ような 1 調子の

▼ 画なぞで~ (3, 0.0%)

2 破れ目を 1 見る西洋

▼ 画なる~ (3, 0.0%)

1 ものがちつ, ものの, 者が

▼ 画なんぞ~ (3, 0.0%)

1 あって, 描いたって, 止に

▼ 画にな~ (3, 0.0%)

1 つたのは, つてゐます, つて印象に

▼ 画によりて~ (3, 0.0%)

1 和蘭画の, 最もよくこれ, 最も深き

▼ 画のみに~ (3, 0.0%)

2 限らずインド 1 応用せられ

▼ 画のみを~ (3, 0.0%)

1 好んで, 限りて, 陳べた室

▼ 画まで~ (3, 0.0%)

1 掲載し, 添えて, 脳裡に

▼ 画みたい~ (3, 0.0%)

3 なもの

▼ 画られ~ (3, 0.0%)

1 てい, て居る, て牛小屋

▼ 画を通じて~ (3, 0.0%)

1 この画, 伸子に, 実氏の

▼ 画一画~ (3, 0.0%)

1 がくずれ, がはつきり, を鮮明

▼ 画中人物~ (3, 0.0%)

1 です, のまぶた, の衣裳

▼ 画以上~ (3, 0.0%)

1 にうまかっ, にすべて, に俗悪

▼ 画~ (3, 0.0%)

1 勝利の, 展覧会, 展覧会の

▼ 画展覧会~ (3, 0.0%)

1 にその, には通有, に於ける

▼ 画崇拝~ (3, 0.0%)

1 であったから, にもあらず, は変らない

▼ 画巻物~ (3, 0.0%)

2 を展開 1 によつて

▼ 画手本~ (3, 0.0%)

1 だの画草紙, でも内証, を見

▼ 画探し~ (3, 0.0%)

2 の画 1 も有る

▼ 画~ (3, 0.0%)

1 に依らず, を好んだ, を寄せ

▼ 画時代~ (3, 0.0%)

1 な経験, のもの, を出現

▼ 画~ (3, 0.0%)

1 のごとし, の外, を評し

▼ 画~ (3, 0.0%)

1 というの, の秋影, の秋影東山

▼ 画洋画~ (3, 0.0%)

1 をこめ, を見物, 押しなべて世界

▼ 画~ (3, 0.0%)

1 としてはやはり, を云々, を映し

▼ 画~ (3, 0.0%)

1 とし, にはあまり用, をし

▼ 画眉鳥~ (3, 0.0%)

1 が杉, の声, の雄

▼ 画~ (3, 0.0%)

2 の睛 1 のご

▼ 画~ (3, 0.0%)

1 には柳, に向っ, はたいへん

▼ 画~ (3, 0.0%)

1 だの古今書画便覧, の記載, を始め

▼ 画~ (3, 0.0%)

1 が油然, に適する, を催す

▼ 画~ (3, 0.0%)

2 の軸 1 を懸ける

▼ 画~ (3, 0.0%)

1 から受けた, では好き, に傑作

▼ 画あるいは~ (2, 0.0%)

1 一条の, 芳綱画として

▼ 画~ (2, 0.0%)

2 描きか

▼ 画かきさん~ (2, 0.0%)

1 が徴用, はこの世

▼ 画かの~ (2, 0.0%)

2 中に

▼ 画からは~ (2, 0.0%)

1 メーデーの, 文明の

▼ 画けるごとく~ (2, 0.0%)

1 南を, 空の

▼ 画こと~ (2, 0.0%)

1 に宗達光琳, に支那絵

▼ 画じゃ~ (2, 0.0%)

1 ないの, ない活きて

▼ 画そっくり~ (2, 0.0%)

1 の場所, の雰囲気

▼ 画そのまま~ (2, 0.0%)

1 である, の全

▼ 画たる~ (2, 0.0%)

1 ことが, ばかりじゃない

▼ 画だけを~ (2, 0.0%)

1 焼いて, 純粋に

▼ 画だつた~ (2, 0.0%)

1 かどの, がやがて

▼ 画~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 画つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, ゐる太郎山

▼ 画でない~ (2, 0.0%)

1 と罵られ, までも当時

▼ 画でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばやれない, ば夜

▼ 画などが~ (2, 0.0%)

1 その例, 保存され

▼ 画などという~ (2, 0.0%)

1 ものは, 物が

▼ 画などには~ (2, 0.0%)

1 あまりにあらわ, 随分婦人

▼ 画なり~ (2, 0.0%)

1 文章なりを, 書なりを

▼ 画にこそ~ (2, 0.0%)

1 かけれ花鳥, 写さまほしき

▼ 画については~ (2, 0.0%)

1 何らの, 自分も

▼ 画についても~ (2, 0.0%)

1 云われる, 言える

▼ 画につき~ (2, 0.0%)

1 まとつて, ものの

▼ 画にとっては~ (2, 0.0%)

1 その生気, 心強い

▼ 画によりては~ (2, 0.0%)

2 専制時代の

▼ 画に対しても~ (2, 0.0%)

1 加えた事, 加へた事は

▼ 画に対すると~ (2, 0.0%)

1 その体, 非難は

▼ 画までも~ (2, 0.0%)

1 描いた, 貪り味わったの

▼ 画みた~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ 画めいた~ (2, 0.0%)

1 シュレスヴィッヒ・ホルシュタイン問題, 文学の

▼ 画やら~ (2, 0.0%)

1 仏像やら, 写真やらが

▼ 画ゆるがせ~ (2, 0.0%)

2 にしない

▼ 画らしく~ (2, 0.0%)

1 なつたでせう, 白い顔

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 地は, 配偶どうし安らかに

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 と漸, 火防線を

▼ 画をでも~ (2, 0.0%)

1 見るやう, 見るよう

▼ 画をば~ (2, 0.0%)

1 そのまま木板摺, 狩野家にも

▼ 画三昧~ (2, 0.0%)

1 に耽る, のうち

▼ 画人伝中~ (2, 0.0%)

1 の名家, の白眉

▼ 画人小杉~ (2, 0.0%)

1 に写実, の性格

▼ 画人岸田劉生~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 画人的~ (2, 0.0%)

1 なデッサン, な構想

▼ 画作り~ (2, 0.0%)

1 といふ感, としても須田式

▼ 画僧月僊~ (2, 0.0%)

2 は乞食月僊

▼ 画全体~ (2, 0.0%)

1 に及ぼし, はかなり

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 であった, と絵筆

▼ 画剣斎~ (2, 0.0%)

1 と名乗つて, も夢剣庵

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 さないで, して

▼ 画南宗画~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 器物を, 陶器の

▼ 画多く~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 画大成~ (2, 0.0%)

1 の中国篇, の解説

▼ 画好き~ (2, 0.0%)

1 の嘉納氏, も春章

▼ 画学校時代~ (2, 0.0%)

1 にこそ秀才, の松年先生

▼ 画学生たち~ (2, 0.0%)

1 がすもう, のよう

▼ 画学生的~ (2, 0.0%)

1 な作者, な正直

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 なるもの, の大

▼ 画家中~ (2, 0.0%)

1 恐らくは空前絶後, 最も己

▼ 画専門~ (2, 0.0%)

1 となられ, になっ

▼ 画崇拝者~ (2, 0.0%)

1 で西洋画排斥者, の一人

▼ 画工場~ (2, 0.0%)

2 の見習

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 に我, をとらえよう

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 の溝口さん, は自炊

▼ 画数枚~ (2, 0.0%)

1 を背負つて雪, を購う

▼ 画末期~ (2, 0.0%)

1 であったと, においてその

▼ 画殊に~ (2, 0.0%)

1 人情本の, 南画という

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 をついだ, を土佐派

▼ 画浄るり新内~ (2, 0.0%)

2 といった風

▼ 画特に~ (2, 0.0%)

1 南画に, 南画中の

▼ 画界全般~ (2, 0.0%)

2 にわたってはなんら

▼ 画的興味~ (2, 0.0%)

1 なりがむしろ, を引き起す

▼ 画目左右~ (2, 0.0%)

2 に突き出る

▼ 画研究~ (2, 0.0%)

1 の道, をやっ

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 の言葉, はそれ等

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 の先生, を専攻

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 にもガランス, の掃除

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, ばかり大きく

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 に春宮秘戯図, の慶事

▼ 画葛飾~ (2, 0.0%)

1 振なるべし, 振の

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 に崔徽, の人

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 の人, の眺

▼ 画裸体像~ (2, 0.0%)

1 の模写, をもっ

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 の方, の李白

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 に折々, の谷氏

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 である, においては歌

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 の祖師像, を書く

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 でも殆ど, とかが特に

▼ 画道修業~ (2, 0.0%)

1 の為, は難しい

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 は王さま, を持っ

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 になっ, に属すれ

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 は馬, を見

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 を戸上, を貼り付ける

▼ 画~ (2, 0.0%)

1 に点睛, の点睛

▼1* [428件]

あそこにある, 画お金になる, 画かいたる方, 画かきどもが何, 画かき達は曼舟氏, 画かくにもよう, 画かときいて, 画がく波頭をキラ, 画がちやんと, 画ぐらい隠れやすい, 画ぐらいしかの値打しか, 画ぐらいはこれで, 画けども成り難, 画けるなら俳句なんか, 画これは記録, 画ごころのあった, 画へ未, 画さるべきか, 画しか見ないん, 画じみたもの静かな, 画すなわち陰影の, 画すらも画家の, 画そこに一宇, 画そして村井は, 画その床を, 画そらこと, 画それに綴り, 画それから女芝居陶器食もの, 画そんな画を, 画たりやはた大詰, 画だけについていうならば, 画だったということ, 画だったらとちょっと, 画だっても巴里の, 画だらけであった, 画だろうなどと気, 画つきで記述, 画つてものはそんなに, 画つまり油絵で主任, 画であったろうと思われる, 画であるならば法隆寺壁画, 画であろう半紙を, 画でございましたならどうぞもうお, 画でございまするな, 画でしたか仰し, 画でなかった事は, 画でなく禅的な, 画といはばこのみますなる, 画というは絵馬や, 画とがあつた, 画ときの短き, 画ところなりといへ, 画としか見えませんでしたがね, 画としてのみ見ようと, 画とで書き充たされて, 画とでもいった役割, 画とに彷弗たらし, 画とには悉皆感服, 画とのみそれは, 画どしたな, 画なきもの芸術の, 画なぞに対すると如何にも日本画, 画なぞを眺めながら, 画などで見るよう, 画などでも破れた木柵, 画などについてしばらく彼, 画などに対しても氏は, 画などや一昔前の, 画なら分りますよ, 画なりや否やを, 画なんぞは見ない, 画なんぞを想像し, 画におけるほど熱心なる, 画にかけては青二才だ, 画にさえどうやらなつかし, 画にたいして不満を, 画にだけはなつて, 画にてはなけれど, 画にもをりを, 画にやあらん, 画に対しては西洋画模倣に, 画に従って寺の, 画ぬけいでておどる, 画のみが廃棄焼却の, 画のみにても百七十種を, 画のみの問題でなく, 画のやがちょうとおばあさん, 画はね会員の, 画はやり易い方法, 画ばかりかこうと, 画ばかりのところへ, 画ばかりはついに見た, 画ばかりを三枚も, 画びらの眼ざま, 画ほどな興味, 画または先師春章の, 画まだ描く, 画までが厭に, 画みだれ髪の, 画きたるを, 画めきて見, 画もう一つの, 画もっとも奇絶今なお, 画もつと言, 画もて鬼や, 画ものは恐らく, 画やはり面白い, 画やを莫迦気て, 画よく出来たが, 画よりはむしろ油絵, 画よりもかへつてよく, 画らしくなるものの, 画らしく見えると云っ, 画られた夏草茂る, 画れる一帯の, 画れ居るに虎, 画をばかり探し求めてるの, 画カキさんがまだ, 画ケルモノ多シ, 画スルノ急要ナル, 画セーブル焼の置時計, 画チョオク画油絵等のスケッチ, 画ニ於テハ艶逸比スベキモノナク明代工筆ノ第一人者トイフベシ, 画ビョウのあ, 画ピエル・フオンの古城, 画ブルビエルのロシア的, 画ル視野ヲ刪ツテ, 画一つ批評するもの, 画一年に一万二三千元, 画一本少きなり, 画三枚関根正二の画二枚, 画三絶を称せられ, 画中双生児の足首, 画中婦女の衣服, 画中男女が衣服, 画中直垂紋であります, 画中美人の衣服, 画に目鼻, 画主任の西山翠嶂氏, 画乗要略その他に彼, 画乱洞といふペンキ画家, 画二つあり, 画二三枚をも併せ, 画二十九丈左の画四十九丈二尺, 画二枚と一緒, 画二枚黒田清輝の画数枚, 画二百点を陳列, 画人ら初めて北斎, 画人ハ背景ヲ描カンガタメニ俳優, 画人二天の横顔, 画人古今独歩の人, 画人否定論は他書, 画人岡野栄氏に逢, 画人工匠あらゆる階級, 画人武蔵の地位, 画人永徳を忘れ, 画人狩野家にては, 画人生活に入っ, 画人皆色を失ふ, 画人等の動, 画人鶴三の平素, 画代りに活きた, 画以来のこと, 画全き, 画佐佐んだが, 画作り達は成るべく, 画作十年の全, 画作年代は鎌倉期, 画例えばルーヴルの, 画の貴き, 画修行もした, 画偏重の理念, 画備考だの, 画債整理と皇后陛下, 画新聞の, 画入りの記事, 画全般を想像, 画全部三町四方に蟠, 画全集も所載誌, 画共にその曇り, 画具使用法が如何, 画具使用法改良研究者に属する, 画具箱の葢, 画写生の法, 画写生画模様画それに綴り, 画出板の年次, 画出版物などが陳列, 画制作などで無理, 画があたし, 画創作会の甲斐荘楠音, 画創作協会を組織, 画力作と思う, 画博堂で小さな, 画即ち古い絵画形式, 画及び木刻の, 画及書籍挿画に因り, 画及浮世絵に関するもの, 画友鍋井君がこれ, 画古来の伝統法式, 画史上に永遠, 画史伝のうち, 画史画伝の諸, 画史画論の雑書, 画史的意味があった, 画史評伝という類, 画史豊が画, 画で私, 画合せなり, 画名国利なる人, 画の傍, 画向きのもの, 画唐津も室生犀星, 画問題等について警察官, 画四十七丈七尺八寸余も如意嶽, 画四十九丈二尺右の画四十七丈七尺八寸, 画四千種板画類一万種に達す, 画坊間の絵草紙屋, 画堂ニ到ル, 画堂青潮水の音, 画報写真技師木川専介子本紙記者井沢衣水子それに病気揚句, 画報出征将軍の家庭, 画報東京名所案内を読む, 画報臨時増刊の新吉原画報, 画へ来た, 画塾横の石屋, 画を水, 画壁彩色金銀を用, 画の商売, 画売買の件, 画多きもこれ, 画多し年四十八, 画大家連はこの, 画天狗浄瑠璃天狗その上, 画が恰も, 画まつて, 画学斎いろいろの, 画学斎その他の号, 画学是皆関係, 画学校卒業生のなか, 画学生そのものだったし, 画学生マリアの服装, 画学生桂華とのおそろしく, 画学音楽唱歌体操等を教授せん, 画富士五合目の景, 画富士登山三枚続きの錦絵, 画前碧澗阿, 画屏風を漁り, 画山水とまた, 画工芸品の類, 画帆船描き地球, 画帙画套が恰も, 画は氏, 画幻ろげながら筆者, 画幾何学的遠近法の応用, 画の主人, 画から何時, 画彫りし板戸も, 画彫刻のある, 画役者絵の板刻, 画心そのものに成りきろう, 画心壮心二つながら燃え, 画必ずしも能く, 画志村のは本物, 画態度の上, 画成らざるに早王, 画の陰, 画拙くして, 画持ちてとよみゆく, 画排斥にもあらず, 画排斥者であった, 画描かなにかと, 画描きだから美しい, 画描きでその画面, 画描きらしく眼を, 画描法の理論, 画教授の口, 画教材として描いた, 画数枚それから高橋由一, 画と闘, 画文ともに成るべく, 画文士の文, 画文鳳と署名, 画料数百貫を剰, 画料稿料ひとより図抜け, 画画の, 画にあった, 画明晰なる而, 画時代的意味をもっ, 画など飾っ, 画書物古い原稿, 画月見草すずらんチューリップなどの模様, 画有リ山水人物法ヲ海北氏ニ習フ, 画期作とも言うべき, 画に向っ, 画枯木鳴鵙図, 画校正をやった, 画の水, 画楼秋影似東山, 画楼簾裡に黯淡たる, 画模倣に基く, 画模様の服紗, 画模様画それに綴り, 画次第で随分, 画武蔵のそれ, 画殿があっ, 画に何, 画水墨の技巧, 画油絵等のスケッチ, 画法なり画的興味なりがむしろ, 画法幾何の教科書, 画洋画双方を踏ま, 画洋画蝋作りまで試みた, 画派中今は世界的大家, 画派生き残りの唯一, 画流行の今日, 画流行りの現代, 画艶愛すべし, 画無し敬死して, 画はあまりに, 画版画とか石版, 画狂人葛飾北斎に如く, 画独味の墨, 画独自のもの, 画琴棋をたのしん, 画瓢坊の説, 画生土牛と画学生桂華, 画の黄, 画の吉岡氏, 画略筆が発達, 画番付では三役どころ, 画につのり, 画白高麗等を蔵すれ, 画百枚があった, 画的壁画より画布, 画的対象とし, 画的後景は清長歌麿, 画的時代はさぞかし, 画的経歴くらゐ複雑微妙, 画的装景であるか, 画的配合は今日, 画的雰囲気として申し分, 画的題材を感覚的, 画的風景ではない, 画目録に出でたる, 画目録中に載せられたる, 画目録中岩井半四郎が座頭, 画相応に無, 画眉涅歯も唯, 画はべつに, 画短冊は劫火, 画研究会には福田豊四郎氏, 画研究会展の評, 画研究者の珍重, 画禅一味を主題, 画禅室随筆の著者董其昌, 画秘密の, 画稽古して, 画竜三停九似の説, 画竜点晴の妙, 画を悪魔, 画筆法正しい楷書, 画等ニモ見ルコト今日ニ至ルモ変ラズ其果シテ孰レ, 画紀元的の進展, 画紙一枚に大きく, 画絵巻を眺める, 画絵巻物ときどきは, 画と色彩, 画美人画の世界, 画にとってもその, 画者井上安治は小林清親門, 画職人部類のえがく, 画肖像を看板, 画胡盧的の文人, 画がここ, 画ぐさき血を, 画自由作文児童の芸術心, 画興詩情なしと, 画船人似花, 画花鳥画といったよう, 画芳幾の春画, 画茶生け花とめいめいくろうと, 画草紙だの, 画の芽生, 画葉書を百枚, 画藁これをおん身ら師友, 画裸体画と云っ, 画西洋画の絵描き, 画て居る, 画見る心地にを, 画見本の額, 画が子供, 画解きをしてやる, 画記載せるを, 画の中, 画詠柿本大人像師岡正胤主恵贈, 画読まれるのです, 画論的意味は成り立たない, 画論評の引証, 画譜二巻を呉れた, 画讃美歌祈祷ことごとくある, 画を通じて自然, 画を中央線, 画連作のもの, 画道五十年の経験, 画遠近法と浮世絵在来, 画部全体の印象, 画酔桃館蔵沢の墨竹, 画録及竹田荘詩話に見え, 画開化三十六会席を持, 画の一室, 画閣東頭涼を納, 画院制も復興, 画院系の墨画あたり, 画陳列を見る, 画雜誌で見る如き, 画の林, 画雪洞を色糸, 画雪舟の名品, 画革新の急先鋒, 画革新論者や日本画家, 画には一度, 画類一万種に達す, 画風俗画としても存在, 画騒動之詩, 画驚目候相違はあるまじく, 画骨董等洋の東西, 画に愉快, 画龍点晴