青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「知らない~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

知った~ ~知ってる 知ってる~ ~知つて ~知ら ~知らず 知らず~ ~知らせ 知らせ~ ~知らない
知らない~
~知らなかった 知らなかった~ ~知らぬ 知らぬ~ ~知られ 知られ~ ~知らん 知らん~ ~知り 知り~

「知らない~」 11325, 122ppm, 862位

▼ 知らない~ (1668, 14.7%)

18 兎に 15 私は 13 私の 11 ともかくも 10 これは 9 それを 7 いずれに, 僕は, 彼は, 自分の 6 わたしの, 何でも, 少くとも 5 それは, 何か, 俺は 4 なんでも, 事実は, 女が, 日本の

3 [22件] お前が, かれは, これも, その声, その時, その頃, ようだった, わたしは, 人の, 今の, 以前は, 何だ, 何の, 僕の, 兎も, 君の, 彼女は, 昔の, 昔は, 私に, 私には, 自分と

2 [68件] ある時, おれは, お前の, お前は, お妙, お文さん, お玉さんには, ここらの, こちらでは, この, これだけの, これを, しかしこの, その人, そんなこと, だれですか, とにかくこの, とにかくそれ, とにかくに, とにかく当時, とにかく私, ともかくこの, どうか, なあにすぐ, ぼくは, まるであれ, わたしが, サロモ第, ポンポンパチパチいう, 一陣の, 人間は, 今まで, 何んの, 併し, 俺の, 半日の, 向田大尉は, 在来の, 多くの, 夜が, 年の, 幾分情調本位, 彼女の, 往来の, 徹底的に, 忠告のてが, 悪いこと, 放火が, 新聞の, 東京の, 梅雨あけから, 此処に, 無数の, 独逸などの, 男の, 白楊の, 相当の, 私を, 聞いて, 若い時分, 蒼白な, 豪い方, 路銀の, 途方も, 青い水, 青くて, 非常に, 黄色の

1 [1313件 抜粋] あいたかったの, あちこちと, あつしの, あのお, あの三民主義, あの幾百枚, あの爺さん, あの蛇, あまりの, ありや, ある程度までは, あれぢや, あんたは, あんな間拔, あんまり軽く, いい心持ち, いずれ曰く, いちど会いたい, いつも派手, いまに, いろ, いろんな贅沢, うら若い娘, うろうろし, おしょさん, おそらくは菊五郎, おそらく甚五郎, おそらく遠い, おとなしい方, おなじ城下, おやじの, お冬, お前も, お孃さん, お日さま, お母さん苦しい, お絹, お葬ひも濟, お駒, かうした洋画批評, かえってラテン語, かねて林間, かの元, かれが, がに股は, こ, こうなる, こちらに, この不思議, この問答, この土地, この小屋諸共あたり, この日記, この朝, この牛込見附, この男, この紳士閥, この道楽者, この鉄片, この風, これからわし, これでは, これにも, こんなこと, こんな乱暴, こッちの事情の, ごらんの, さしも手練, さりとて埒, しかしいずれ, しかしとにかく, しかしながら主, しかし本当, しきりにパピロス, しだいに音, じゃ寒い, せめては, そういうわけ, そういう意味, そういった人, そこじゃ, そこらには, そつくり, そのお歴々, そのとき, そのラッパ, その何人, その力, その夜, その少し, その布団, その後に, その後も, その御, その探し求める, その文科, その有頂天ぶり, その歌, その社長, その肩, その親爺さん, その足どり, その顛末, それから, それが, それでもいい, それに, それまでの, それ以前でも, そんなおせっ, そんな危, そんな巨大, たいがいは, たしかに秀歌, ただ問題, ただ自分, たつた一ヶ月, たまに父, ために, だいたい干支, ちょッと, とくに日本人, とにかくお前, とにかくその, とにかくひとつ, とにかくキッカケ, とにかく一人, とにかく二人, とにかく他, とにかく印伝革, とにかく口下手, とにかく奈良遷都時代, とにかく役に立っ, とにかく征服, とにかく最近, とにかく相当時間, とにかく約束通り, ともかくそういう, ともかく妙, ともかく物臭太郎, ともかく軍国主義, とんでもない, どうしてこんなにおそく, どうしても観照, どうもやはりまこと君, どうも無事, どの見当, なぜあなた, なにかゴタゴタした, なにしろあっち, なんでこの, はてあの, ひっくり返ったところ, ひとつ拝ませ, ひょろひょろに, へんに, ほんとうの, まあやっ, まじめな, また失礼, また知っ, まちがえて, まるで一ツ, むろん用, もう夜明け, もしあれ, もしこの, もしもフィリーモン, もし事実, もし神, もし能楽, ものの, やくたい, やっと十三, やはり文芸, ゆうべから, よくうそ, よく導い, よく通じない, よしんばあっ, よほどの, りんどうに, わざと夜, わたしと, われわれの, アダリーを, イギリスで, オレは, キリストなら, ケレイ酒という, サエは, ゼニトリと, タダの, トーキーを, ナーニ, ヒマラヤは, ホントウに, マムシや, ロココの, 一二寸は, 一体まア, 一方の, 一生ナマズの, 一説には, 三十歳あまりの, 三百八十兩の, 下から, 不動の, 不思議にも, 与八の, 世にも頼り, 両刃の, 中は, 主人が, 主殿頭, 九州の, 二つ共に, 二人で, 二人の, 二十本や, 五里は, 人が, 人一倍苦労, 人相見でも, 人身御供を, 人間性という, 人間様の, 今から, 今は, 今店先, 今日では, 仕返しに, 他人の, 仲間に, 伊藤の, 佐々は, 何かと盛, 何しろお, 何しろ彼, 何だか毒々しいつら, 何でも誰, 何んだつ, 何ヶ月立っ, 何十頭という, 何故日本, 何百羽と, 余は, 俗説通りに, 俺が, 俺を, 個人的である, 僕に, 元気で, 兄さんとは, 先の, 先年三淵忠彦氏の, 先生の, 入って, 入江たか子の, 八百屋へ, 兵馬は, 其の同胞, 内務省の, 円朝物の, 写真で, 出来ること, 到着点の, 前に, 剛蔵必しも, 剣橋の, 勇が, 化鳥が, 十九に, 千余艘をもって, 半ば崩れた, 単にえら, 友達に, 古い錦絵, 可哀想な, 吉祥寺, 同じ夜, 同藩中, 名代の, 向うでも, 君は, 呉青秀が, 和泉屋の, 商売にかけては, 善良な, 四軒の, 国栖の, 土人の, 城内の, 塔上の, 外国では, 多い中, 多分オロシャ, 多寡が, 夥しく言葉, 大人は, 大兵の, 大垣校長が, 大層な, 天下の, 天竜川の, 奥床しいと, 女房子供に, 如何にも僧院, 威厳が, 娘自身は, 子供出版物は, 学問だけは, 宇治山田の, 実質は, 実際悲観, 宮川氏に, 富山新潟方面へ, 寺か, 小さな花弁, 小堀樣へ, 小文治, 少しく変わっ, 少なくともこううた, 少なくとも子供たち, 少なくも数万個, 尼は, 山では, 山中に, 岩波本は, 巧く, 己は, 帰って, 常陸の, 平五郎さんで, 年寄りの, 幻の, 幽霊は, 店すが, 引用し, 弥太郎は, 当然手, 役所だって, 彼らが, 後でエスパーニャ, 御目, 怖い様, 思惟の, 恐らく商売人, 息子の, 悧巧な, 惚れた奴, 慥か去年, 或いは寧ろ, 戦前には, 戯曲は, 手前ども町人は, 抜刀を, 拷問による, 支度が, 故郷には, 敵は, 斯んな, 新らしく作り直したらしく, 新田先生の, 日中は, 日本人が, 早くお父つぁん, 明治十八年の, 昔に, 映画などの, 時々赤い, 暴れ者が, 最前帝国ホテルの, 月給は, 有難うよ, 望月君の, 木は, 未だ外, 本当でも, 朱の, 来宮様の, 東北の, 松葉いぶし, 楊弓なら, 横に, 歌舞伎座には, 正月の, 此の, 此は, 此出来事の, 此方へ, 死ぬ日, 死人を, 母夫人の, 毎日の, 気味が悪いよ, 江戸には, 江戸以来何百年の, 決定的の, 流れ, 深刻に, 湯屋と, 源作叔父は, 滝の, 火を, 無數, 然しすでに, 煙草が, 父の, 牧師は, 特に悲痛, 犇, 狸尼の, 現に君ちゃん, 現代の, 現在生き, 生き残った服部近子, 由あり, 病父を, 白いもの, 百何十俵の, 皮の, 目下は, 相当大変, 真夜中に, 矢ツ張り人間の, 砂けむりの, 確かに, 神尾主膳が, 私など, 秋の, 空も, 立ち上って, 笛塚と, 算盤には, 米友としては, 細くない, 絵双紙屋の, 絵草紙屋の, 罪の, 美しい褥, 聞いたよう, 聞けば, 肉親の, 腕っぷしだけは, 自分たちに, 自分は, 自分一人で, 船の, 芝居を, 若い男, 若し世間, 若少し, 茶を, 菜の, 萌黄色の, 葉の, 薄暗い室, 藍縞の, 蘆辺踊りに, 蟹が, 裁判官を, 裏の, 要するに会津守護, 見た人, 見事な, 親父の, 言葉の, 記録保持者当人の, 誰にでも, 誰れ, 變な, 谷中の, 赤い手柄, 赤煉瓦造の, 辻斬りでも, 近頃は, 遊女町を, 道楽者なら, 選ばれた者, 野暮な, 金大, 鉄分が, 鐘ヶ淵の, 長田氏は, 附近の, 随分何, 雅な, 雨戸の, 電話で, 青年知識層の, 静岡じゃ, 面白い遊び事, 風呂の, 食慾以上の, 馬鹿に, 高千穂神楽の, 髪を, 黄色い声, 黄金を

▼ 知らない~ (1253, 11.1%)

165 だ, である 10898 です 55 だから 38 では 31 かい 25 であるが 20 だが, だと 19 ですから 17 であった 15 であるから 14 だろう, ですが 10 かしら, であります 9 だよ, ですか 8 かえ, でございます, ですもの 7 かね, だった 6 だし, だろうか, でしょう, ですよ 5 かも知れない, か知っ, だな, でした 4 が多い, さ, じゃない, だもの, であって, であろう, であろうか, でも, と同じ, は自分 3 だけれど, ですし, ですね, も無理

2 [28件] かあの, かそれ, かそれとも, かと思ふ, かな, かなあ, かもしれない, かもしれません, かも知れません, か瑠璃子, が何より, が当然, が情けなかっ, が普通, が真実, だがね, だその, だつた, だね, だらうか, でしょうか, ですからね, なら格別, に驚いた, はお, は一人, は情けない, は無理

1 [221件] かあいつ, かあたりまえ, かあるいは, かあれ, かいあきれた, かいお前さん, かいかにも, かい榊原政職つて, かがさがさ, かこの, かしらん, かすべて, かそれら, かっ, かという, かというよう, かという口調, かといふ, かとお, かとさっき, かとにかく, かとも考えた, かと声, かと思います, かと思われる, かと怨み, かと申しました, かと言います, かと言った, かどう, かなあの, かなあほら, かなと長平, かねくわしく, かね君たち, かもわからない, かもわかりません, かも知れなかつた, かよく, かツ, かニヤニヤ, か下, か今度, か俯向きがち, か兵庫開港, か半, か君, か嘘, か大杉, か學問, か徳寿, か忘れる, か或いは, か男, か町内, か相, か知らなけりゃ見せ, か進ん, か金, か金平さん, がせめて, がそう, がたより, がほんとう, がヒューマニズム, が一人, が事実, が人間, が作者, が口惜しい, が実業家, が少く, が常, が御, が恥かしく, が恥辱, が残念, が眞, が聲, が見た, が証拠, が諸君, が金持, が馬鹿げ, さあいつ, じゃありません, じゃ孔子, じや, だからといふ, だからな, だけれども, ださうだ, だそう, だった三重顎, だって親し, だという, だといった, だなと, だなど, だもし, だもの誰, だろうおまえ, だろうかと, だろうと, だろう侍, だ云々, だ五所川原, だ死んだと, ぢや, でありそして, でありました, でありましょう, でありましょうか, でありますから, であるか, であるかも, であるはげしく, であるゆゑに, である大久保某, である心細く, である過日来, であろう従, でございますから, でございますよ, でしたが, でしやう, でしょうかねえ, でしょうが, でしょうじッ, ですあれ, ですかね, ですからな, ですけど, ですけれども, ですって, ですな, ですわ, です最初, とは精神, と世間, と二人, と二通り, と同じく, と男三人, ならああ, なら娘たち, に気づい, に附け込ん, に驚い, はいよいよ, はおまえ達, はお互い, はお前, はお前さん, はこう, はさ, はその, はふしぎ, はまだ, はやはり, はジユラン・リユイル氏, はマア, は一つ, は今泉, は俗物自身, は勿論, は可, は可笑しい, は名誉, は君, は土地, は坊さん, は妙, は少し, は尤も, は当然, は御, は愈々, は手, は教育, は昼寝, は決して, は決定, は画家, は眞, は貴様達, は迂愚, は錢形, は雪, は非常識, は馬鹿, ばかりでした, もあった, もあり, もむりではない, も居るでしょう, も当然, も直ぐ, も道理, を, をうらやん, をちっとも, を口実, を少し, を幸, を御, を御存じ, を怪しんだ, を悲しみます, を意外, を教え, を気の毒, を甚だ, を聞い, を認め, を頗る, 一点張りで, 中止形其に, 味鋺の, 暢気ね, 私が

▼ 知らない~ (662, 5.8%)

14 いるの 11 いたの, いる 8 あらう, どうする 7 いた 5 彼は 4 いたが, いて, いると, せう 3 いること, いるはず, いるらしい, いるん, ゐる, 何を, 居る

2 [33件] あらうか, いたほど, いた方, いつもの, いるのに, いるよう, いる間, お組師匠, すやすやと, そのままに, その肉親, ただその, どうしましょう, やたらに, よろこんで, ゐるの, グッスリ, 一昨夜の, 上手と, 今日まで, 何が, 喰べたのを, 大口を, 安心し, 平気で, 悪いこと, 暗い風呂場, 暫くは, 来たの, 歩いて, 済むと, 聞いて, 過して

1 [495件] あいかわらず皮肉, あくせくと, あたしは, あとから, あなたと, あなたは, あなたも, あの人, あぶないでした, あれこれと, あわてて, あんな男, い, いけすかないったら, いたうち, いたけれども, いたこと, いたし, いたずらに先行思想家, いたという, いたもん, いたん, いた事は, いた人, いた尊い, いた有毒, いちずに, いっそう高く, いつかその, いつとは, いつもいつもそういう, いてはと, いました, いますのに, いますよ, いまだにこの, いられたし, いられるん, いるかの, いるかも, いるけれども, いるし, いるそう, いるだろうと, いるところ, いるに, いるもの, いるより, いるわけ, いる位神様, いる力, いる姫君たち, いる恩, いる方, いる深い, いる筈, いる細君, いる酔漢, いろいろ苦労, うかうかその, うかうかと, うっかりと, うっかり連れ込まれる, おりましょう, おります内, おる, おれは, お友達, お恥, お金を, かれは, かれら, くり返した, ぐうぐう寝, こういうの, こうやっ, ここいらなら, こっここっこと庭, こっちへ, このまま房州, この世を, この数字, この母親, この洞穴, この野郎, こむずかしい口巧者, こんなところ, こんなにし, さも, しまわれて, じぶんたち, すごして, すむもの, すむ様, せうけど, せう今年, せう自分, そういうふう, そこに, そこの, そして別れ話, そのくせ, そのまま寝台, そのソフト, その事, その壁, その姿, その棹, それぞれのんびり, それでいて勇猛, それでワザワザ支那, それも, それを, そんなこと, そんなところ, そんなによく眠れる, そんなめ, そんな馬鹿, た, ただこの, ただすわり, ただただ松乃, ただふらふら, ただむじゃきにやったことでした, ただわいわい, ただ何, ただ春, ただ景色, ただ無茶, ただ自分, たとえ一瞬間, だね, だんだんに, ちッ, つきあって, つまり知らない, とったんだい, とび起きると, どうして子供たち, どうして幼児, どうして赤ん坊, どうします, どうなる, どこまでも, なにか自分, なんとしよう, にこにこ笑つて, ばかっ, ひとを, ひどい目, ぴかりぴかり體を, ふざけた真似, べっぴんの, ほんとになん, ほんとの, まじめに, またデマゴギイ, まだ地面, みすみすその, みだらな, やったか, やって, やはり鳴きまね, よくもこんな, よく庭先, われわれの, ゐらしたら, ゐるかも, ゐること, ゐるだらう, ゐるであらうとばかり, ゐる力, ゐる訣ら, ウツカリ買つちまつた, オドオドし, カキツバタに, ギンネコ号を, ジョージと, スルリと, チチチッチッて, チチチツチツて, ハイ有難う, パチパチやっ, パンツ一つで, 一人の, 一体何ん, 一心に七兵衛, 一所懸命に, 一概にばか, 一点張りに, 一生それつ, 一生を, 一生乏しい乏しい, 一生過し, 七年跡から, 万一やり, 三月も, 下働きの, 下宿に, 下男の, 下駄を, 不便を, 世界を, 世間體をばかり, 中には, 久兵衛と, 九月の, 了つたで, 二人は, 二階から, 云わないと, 五銭の, 京助の, 京子さんと, 人と, 人の, 人も, 人を, 人生を, 人間を, 今でも, 今度の, 今度は, 今日までは, 代々本陣問屋庄屋の, 伊之助の, 伝聞の, 体裁の, 何だって, 何処に, 作曲し, 使の, 例の, 信玄に, 兄が, 先づ俺の, 先へ, 先方だけに, 児持に, 全身中, 其の日, 其の話, 其処に, 勝手の, 化かされた, 北停車場の, 北海道まで, 協同しよう, 只管甘い, 同じ土地, 同じ山, 同じ歩調, 君は, 吾人は, 呂宋兵衛はいぜんとして, 呑気らしく笑っ, 哲学を, 唯おどろい, 唯こうした, 四千年近くの, 土を, 坊っちゃん気質に, 執務し, 堂々と, 夕方まで, 外に, 多くの, 夢中で, 大きな顔, 大御酒, 大自然, 天地の, 好い気, 妙に, 姉は, 嫌いだ, 子供の, 学校から, 学校を, 宜い, 宣伝を, 寝た為, 寢て, 寧ろ老人, 小僧や, 小切手を, 小説を, 居るん, 居る病人, 居れと, 居れる愉し, 居候なんか, 屋敷の, 岡惚れを, 川へ, 巧みな, 平然として, 平然としてる, 庄之, 店に, 度外に, 引きあげて, 引っ越して, 彼女に, 彼女は, 彼女を, 彼等は, 徒らに, 御寺の, 御酒を, 心配し, 忍び足で, 急に, 恋を, 恋人に, 悠長らしく掻き鳴らす, 意外な, 愛らしい少女, 感応の, 懸命に, 我ある, 戦いを, 戦う軍隊, 戦つたので, 戸の, 手を, 托せられて, 投票し, 抱きすくめられながら, 押し通した事, 担ぐ奴, 拵らえた, 持って, 授けられるん, 掏られ, 放って, 教えられる少年, 数学は, 数年を, 文字の, 斯う, 時々手紙, 普通の, 暮して, 曝露する, 曳かれて, 書いたといふ, 書いたもの, 書斎へ, 曾て, 朝まで, 朝生まれ, 未熟さを, 本当に, 本願寺の, 来て, 来年は, 松の, 果てなく大陸, 柱を, 欣二に, 歐羅巴中での, 武蔵は, 死ぬ人, 死んだ, 死んだのよ, 死んだわけ, 死んで, 死んでしまつた, 段々美くし, 毎日毎日修養に, 毒草を, 気の, 気ばかり, 氣ばかり, 氣を, 水戸の, 河野は, 淋しい臨終, 済んで, 湿地の, 濟むと, 濟む時代に, 無害なる, 無心で, 無心に, 無性に貪り飲んだ, 無暗に, 無理解, 無責任だ, 無邪気に, 熟睡し, 父は, 珍重しません, 生の, 生ひ立つ, 生涯練羊羹ばかり, 甲板で, 町角を, 畜生何言ってる, 畜生同様夫婦に, 相手が, 相手に, 真一が, 眠つてゐる, 眠り続けて, 眼の, 瞑目し, 知人親戚が, 石を, 研究室の, 神を, 私たちの, 私は, 突然日本, 算盤ばっかり, 約半日, 紫の, 罪の, 美しい肉体, 義父と, 腰を, 自分が, 自分だけ, 自分で, 自動車に, 自身に, 與田先生の, 船が, 良人を, 色模様よろしく, 色男振つ, 草鞋で, 薪を, 蚊の, 行つたと, 行つて了ふ, 西へ, 見ると, 見れば, 覗いて, 親達は, 訣れるの, 許嫁の, 話して, 話し出した, 誘惑でも, 読者が, 誰が, 調合し, 調子づいた遊民ども, 謗る心, 象の, 買われたもの, 賑やかしい花車屋台, 質問する, 越後の, 足を, 踊り狂う女, 輝いて, 近代都市の, 退院する, 通うぐらいの, 通した, 通して, 通りすぎて, 逢えば, 遊んで, 過ぎて, 過ごした, 過ごす通り, 過したため, 過す, 過す月日, 過去へ, 遠くの, 部屋を, 鉢合せでも, 長浜へ, 長谷部は, 門を, 間誤, 陽気な, 隣りの, 青野は, 頑張り通した, 風船玉の, 食べる者, 飲めよ, 飲んで, 馬鹿ね, 高い金, 高慢な, 鬼じゃ, 鳥を

▼ 知らない~ (477, 4.2%)

28 思って 22 云った 17 いう 15 答えた 12 云うの 10 云ふ, 強情を 9 いって 6 云う, 云つた 5 いった, 云い張って, 云って, 云っても, 答えると, 見える, 言った, 言って 4 いうので, いえば, 云い切って, 見えて, 言う, 言ふ 3 いつて, 云い切った, 思うの, 申し立てた, 見えるな, 言うし

2 [26件] いいます, いうより, いつた, お千代, すれば, でも思, みえる, 云うと, 云うので, 云う事, 云う未練, 云ったね, 云った方, 云つてゐた, 云はれる, 云ひ, 彼は, 彼女は, 思ってるの, 白状した, 答えたの, 答えました, 答へる, 色々な, 言い張って, 言つた

1 [208件] あっさり突き, あっては, あらかじめ一種, いいました, いい加減に, いうし, いうと, いうに, いくら言つて, いけないから, いけませんから, いったが, いったら知らないの, いったら知らないよ, いってるじゃ, いつたので, いつてよ, いふ, いふならば, いふので, いろいろな, いわなかったが, いわれて, いわれる, おっしゃって, おっしゃるの, おっしゃるもの, おっしゃるん, くりかえすばかり, こたえた, こんなに名高く, さうい, さうきつ, さっきも, したら, したらそれ, したら彼ら, し改むべきこと, するそうした, せっかくの, そういっ, それで, でもあなた, でも言, どうしても空, なると, まるで魔術, みえて, みえるな, みえるね, みえるのう, よく分らない, わからないわけ, わかると, グリップは, ヘンリーは, 三度言うであろう, 世間から, 主張し, 主張しなけれ, 主張するだろう, 云いながら, 云いはった, 云いはるの, 云います, 云い張った, 云い張れるもの, 云うこと, 云うた, 云うのに, 云うよう, 云うん, 云う位, 云う女, 云う意味, 云う点, 云う筈, 云う言葉, 云う話, 云えない, 云ったが, 云った風, 云つても, 云つてもよ, 云つてる, 云つて怒つた, 云つて誇る, 云ふんだ, 云や, 亭主は, 仮定した, 仰っしゃるのかな, 何でも, 來て, 假定した, 先生は, 公言した, 凰を, 判って, 友吉は, 同じだ, 同じ冷, 同時に喜び, 同様に, 吶り, 告白する, 固く言い張っ, 声は, 大威張りで, 寅次は, 御馳走に, 思いました, 思うが, 思ったの, 思ってるん, 思つたのが, 思つてる, 思つてゐ, 思つてゐる, 思ひます, 思ふだらう, 思ふの, 恥の, 折角の, 挨拶する, 料理が, 書物の, 最後まで, 正直そうに, 正直に, 甘く言った, 生きて, 用人は, 申したん, 申しましたので, 申します, 申すか, 白ばっくれる, 白状の, 盛に, 祐道は, 空呆けて, 突き放して, 突張った, 答えたそう, 答えたので, 答えたろう, 答えた事, 答えますと, 答える, 答えるだけ, 答えるより, 答え而, 答へ, 答へて, 簡単に, 老人は, 自分で, 色々の, 芸人でも, 見えるぞ, 見えるね, 見えるわね, 見え不思議そう, 見え黄いろ味, 見きわめを, 見へて, 見へるん, 言いましたが, 言いますし, 言い張ります, 言い張るので, 言うけれども, 言うだけ, 言うの, 言うよ, 言えること, 言えるだろうか, 言おう, 言ったの, 言ったら恥, 言ってたぜ, 言つたのは, 言つたのも, 言つていい, 言つてゐた, 言つてゐる, 言つてを, 言は, 言ひ, 言ひなさる, 言ひます, 言ひ出した, 言ひ張ります, 言ひ張る, 言ふと, 言ふん, 言ふんです, 言わなければ, 言われて, 言われるし, 認めるより, 語源が, 遠い所, 順々に, 頑ばった, 頑張りつづけて, 頑張り通しました

▼ 知らない~ (412, 3.6%)

13 が多い 10 の中 97 はない 4 である, です

3 [13件] から見る, がある, がない, が一寸, じゃない, であった, に, のする, のよう, の方, の言, もある, を見る

2 [31件] から突然, があの, がいた, がきく, が多かっ, が来, が見る, さ, だが, だと, だよ, であります, ですが, にはただ, には往々, に限っ, のこと, のない, の作品, の名, の家, の心, の目, の言う, はその, はちょっと, は吹雪, は癆症, ばっかりだ, もあろう, もたくさん

1 [264件] いろ, か, かそれでは, かよほど, から, からこんな, からそういう, からのよう, からは早く, からみる, からみれ, からコンナ目, から何, から先生, から喧嘩, から斯樣, から最も, から見たら, から話, が, があっ, があります, があるだろう, がいくら, がきいたら, がきた, がし, がぞろ, がはいっ, がゐた, がゐる, が一人, が二つ, が今, が何と, が割れる, が反対, が四五人, が多, が少く, が往, が書式, が水, が泊め, が知らなけれ, が私, が聞い, が聞いたら, が聴いたなら, が聴く, が自分, が蔭, が見, が見たら, が見れ, が讀む, が豪華, が這入, ぐらい自由, こそつまらぬ, だから, だからさ, だがな, だった, だったので, だったら魂消て, だって彼女, だつた, だつて, だという, だねえ, だもの, ってなかっ, であったかも, であったが, であつ, であり少く, であるから, であるが, でしょうな, ですから, ですなん, でそうして, でなくては, でなければ, ではあった, ではない, でもまるで, でも蘆花, でも試み, で不安心, で初めて, で朝日その他, というほか, といわれ, としてつきあっ, とでは戯曲, とは口, とも, と一緒, と二人きり, と交渉, と誰, と賭け麻雀, などの相手, などは年, なので, なん, なんかに, なんか黙っ, にあずけ, にあの, にし, にだまっ, にてれ, になっ, になる, には, にはこうした, にはこれ, にはせっかく, にはちょっと, にはもてない, には匂, には南瓜, には汚らしく, には焼物, には田舎, には立派, には逢, には面目躍如, には馴, にまでいろいろ, にまで心配, に会う, に出会っ, に声, に奢つ, に対していつ, に対しては決して, に幾千人, に戸, に扇子, に教え, に殺された, に母さん, に沈痛, に物, に聞き, に艶書, に診, に話, に話し, に誘われ, に迎えられる, に限る, に面會, に頭, のため, のだった, の事, の作, の作文, の別荘, の前, の口, の国, の多い, の子供, の居る, の年々, の弟子, の後, の手, の書いた読み, の油繪, の盲評, の石鹸, の聲, の言い分, の言葉, の謬見, の通り過ぎる, の門, の顔, の顔さ, の風景論, はあの, はあるまい, はいないだろう, はおそらく, はかわいそう, はきっと, はここ, はこの, はこんな, はさ, はそれ, はそんな, はないでしょう, はなかろう, ははい, はふしぎ, はまさか, はまだなかなか, はみんな吃驚, はキライ, はホント, は一杯五銭, は五人, は僕, は大, は太陽, は始終, は幾人, は或いは, は所詮, は本当に, は此兄弟, は牛肉, は狂気, は琉球料理, は病人, は目明き, は知らない, は碁, は私, は答, は誰, は赤い, は黙っ, ばかりで, ばかりでいけない, ばかりです, ばかりな, ばかりのところ, ばかりの国, ばかりの遠い, ばかりを見, へ遣る, もあっ, もあつ, もあれ, もいくら, もない, もやってきました, も多い, も多かろ, も沢山, よりも, を, をつれ, をルブラン氏, を信ずる, を怖, を怖がる, を泊める, を畏れなかった, を相手, を置い, を見たら, を訪問, を退屈, 無暗に

▼ 知らないから~ (340, 3.0%)

21 である 167 だと, です 4 そんなこと, では 3 いい, であった, なの, 困るの, 平気で 2 あんな事, いけない, いつもの, こんなこと, はつきりは, 少しも, 私は

1 [252件] あお向い, いいよう, いかんの, いくら好き, いけないといふ, いまやそれ, いやだ, おかみさん, お吉, お房, お父さんに, お登和さん, お絃, お萩を, お金を, お鍋は, かぶりつくよう, からかって, かりに鶴野噴水君, かわいそうに, こうなる, このきちょうめんさ, このとき, この取引, この間の, こまかいところ, これは, これ以上説明し, こんなことば, こんな世上一般, こんな幼稚, こんな東京, ごまかされるの, さう, さすがに, しばらく呼吸, しゃがんだまま熱心, すぐに, すつかり, すべての, そういうところ, そういう意味, そう思え, そこから, その文章, その方, それでこんな, それは, そんな事, そんな使, そんな呑気, そんな夢, そんな風, たださぞかし, ただ恐縮, ただ笛, たった二三時間, たよりない, だまって, だよ, だろう, だろうと, だわ, だ何, だ眼, だ貴様, ちょっとばかり, てんで役どこ, であります, であると, であろう, でお, でしょう, ですよ, ですわ, でもまず, で息子, で無知, で知らないという, で谷, とにかくカルピスジン, とんでもない, どうも杓子定規, どこで, なほ知りたかつた, なんともい, なんとも云え, なんとも口出し, なんと云つて, びつくりし, まだ犯人, もう一息, もし蓋, よく考えない, よって, わけは, わりあいに, ウ, ウカツに, オヤ今日は, カンちがいし, ゲジゲジに, シメシメ万事思う, シャボテン派な, ダメだ, バカは, リット提督が, 一別以来の, 一気にまくし立てられ, 三文字屋の, 不幸で, 不思議である, 世にも手頼り, 世間話の, 久しく逢い, 五時に, 今たしかに, 今に, 今夜こそは, 今日は, 仕方が, 他流との, 仮に三国川, 何だかこの, 何も, 何気なく, 信濃守は, 備前藩の, 先輩だ, 其で, 凹井や, 出る言葉, 分らないん, 切りかかって, 別に注意, 前に, 勝手に, 医者の, 十分の, 厭な, 口で, 口を, 古橋はじめ日本の, 可し, 台の下から, 司馬道場の, 呑み込めずに, 問題に, 噫と, 困ったが, 困るよ, 売らない方, 多くの, 多分彼女, 夢みたいな, 大いに喜ん, 大に, 大事の, 大山の, 大次郎は, 女は, 女性諸君の, 始めて聞い, 婆さんから, 存在の, 宜い, 宝の, 実際情けない, 小腰を, 少しも因襲, 尻尾を, 年さえ, 彼壺は, 御近所, 念佛を, 怖いもの, 恐しい勢ひで階下, 惑が, 想像に, 愚痴が, 手紙を, 扱ひ, 拙者の, 支倉に対して, 放れても, 教えて, 文さんも, 新之助は, 旅さきで, 昨夜あの, 昭和の, 書くこと, 柳生の, 柳生様で, 栄三郎は, 栗の, 此神社を, 死ぬとも, 比較は, 決して美味, 法的に, 無事な, 無論これ, 無遠慮にも, 父の, 現在なんにも, 甚八の, 生じた誤り, 田丸主, 番頭は, 皆気やす, 目印を, 看護婦が, 眞つ, 知らないと, 私が, 私には, 筆屋幸兵衛は, 答えられない, 経験の, 義輔や, 聞かして, 聞くん, 胸に, 自分で, 自由に, 興味を, 茂助は, 蘭山の, 行って, 裏へ, 見て, 見合せたが, 見物ながら, 見物は, 觀世撚, 論じませぬが, 諸井看護婦は, 走って, 起こるの, 起こる一種, 起ること, 超然たる時候, 遠山に, 隨分可笑しき, 雪を, 青年に, 面白いで, 飛んでも, 馬の骨も, 馬鹿に, 駄目だ

▼ 知らない~ (322, 2.8%)

6242 です 25 だから 24 だよ 22 ですか 12 ですが 11 ですもの 10 ですよ 9 だが 7 だな, だね 6 だもの, ですから, ですね 4 だからね, だろう, でしょう, ですがね 3 じゃない, だからなあ, だがね, だなあ, だわ, ですけど 2 だからねえ, だけど, だなと, でしょうか, ですの

1 [29件] じゃ, じゃほか, じゃア, だあれ, だからさ, ださうで, ださうです, だし, だぜ, だった, だつけ, だと, だねえ, だやつら, だろうか, だろうとは, だナア君, だ友達, だ本当に, でしたね, でしょうかね, でしょうねえ, ですからね, ですけれど, ですけれどね, ですって, ですわ, でないか, なら宜しい

▼ 知らないもの~ (317, 2.8%)

35 はない 17 ですから 14 だから 11 のよう 8 である, のない 6 では, はありません, はありやしません 5 か, がある 4 は知らない 3 が見たら, だった, だと, です, でも, の一人, はなかっ, は一人

2 [14件] があろう, がない, が多い, だ, にどうして, のやう, はございません, は一つ, は人間, は仕方, は信用, ばかりでございませう, もある, を知る

1 [140件] かもしれません, から見る, から見れ, があらう, がありましょう, がみんな先, がゴクン, が他, が出, が反感, が大, が手製, が決して, が神, が聞いたら, が術, さえなけれ, さえ実は, その危険, だが, だつた, だとば, だよ, だろう, であるから, であるし, であると, であるという, である云々, であろうと, でした, ですあなた, ですが, ですねェ, ですねエ, ですよ, で三十分, とが互に, として, としてこれから, として教え, として虚偽, とすれ, と思った, と見えます, などがみんなめちゃくちゃ, なの, なのよ, ならいうまいと, ならば, なら致方, なん, に, にお金, にこう, にとっては初め, にはさらに, には分らず為し得ない, には日, には私, にも手, に眞實, に誘い, に違い, のがんじがらめ, のご, のする, のため, のなかっ, の児戯, の大胆さ, の方, の机上, の眼, の純, の耳, の見る, の言う, の迷信, は, はありますまい, はありませんでした, はお, はかや, はそう, はその, はだれ, はてんで, はとうてい, はなかつた, はなくなっ, はほとんど, はまず, はもぐり, は何, は例, は嘘, は子供, は存在, は常識, は彼, は恐らく, は愚か, は憐れむべく, は我々以上, は斯, は月給, は死ん, は江戸っ子, は無い, は真, は知らぬ, は知りません, は自分, は芸者, は訳, は諧謔半分, は迷児, ばかりであった, ばかりを選ん, もあつ, もあります, もござん, もなく, もなけれ, もまれ, も先輩, も動かされ, も自分, よりははるか, らしいのね, をわたしども, を当て, を感じ, を朝, を無い, を知った, を知り得る, を自分, を誰

▼ 知らないこと~ (266, 2.3%)

14 はない 9 である 8 がある 76 なん, は知らない 5 だと, です 4 がわかった, だが, にし, もない 3 が多い, だった, なの, はありません, はないだろう, を知っ

2 [14件] が恥, であなた, であると, でございますから, でした, ですから, とはいい, にしてやらう, になっ, もありません, よ, をモ一人他, を喜んだ, を知らない

1 [144件] あらかじめかかる, あるもん, か, から発生, があった, がこの, がひそか, が不幸, が事実, が分った, が分ったら, が分る, が判った, が勇気, が多かっ, が幸福, が沢山, が珍, ぐらい仕様, この世知辛い, この日本, じゃそんな, そんな事, だけが内心, だったので, だってある, だつた, だつたそう, だつて, だよ, だわ, だわたし, で, であつ, であらう, であります, であろう, であろうか, でいい, でおじゃります, でございます, ですが, ですのに, ですよ, ですわ, でその, でなにかきっと, では, でも, で未だに, で犬, で筆者, とて何, とはいえ, とは云え, とは自ら記述, と見なされ, ながらなんとなく, なので, なのね, なんで, におどろきました, にした, にしてやろう, にしよう, についてはだまっ, になる, には必ず, に何, に原因, に心から, に満ち足りる, に満ち足りる思ひ, に通じ, に違い, のため, はいかに, はこの, はこれら, はさびしい, はだい, はなかろう, はなん, はやはり, は不幸, は事実, は何, は別, は前, は実質, は幸福, は正直, は残念, は深切, は確か, は罪悪, は胡麻化, は言えない, は訊きやしない, は許し, は返す返す, ばかりにぶつかる, ばっかりな, までも知っ, までわかる, まで流暢, まで知つて, まで私, もなかっ, も亦, や云わない, よ若旦那, を, をかえって, をかへつて, をたいへん, をちゃんと, をはっきり, をも平気, をも知り, をわし独り, を一つ, を人, を何, を分明, を告白, を大人, を持っ, を書い, を書き得ない, を知った, を知ってる, を知つて, を知り, を細々, を自白, を訊ねる, を証拠立て, を話し, を話しつ, を誇ともし, を認め, 小草山, 生きようと

▼ 知らないよう~ (223, 2.0%)

11 な顔 9 である 8 なもの 7 です 5 だ, では, なこと, に見えた 4 であった, な風 3 なふう, な様子, にその, に答えた

2 [13件] だね, であったが, でした, な, な人, な何, な女, な美しい, な雑草, に, にお, にし, に鳶

1 [122件] じゃあなた, じゃこの, す, すだ, だが, だけれど, だし, だった, でありました, であるから, であるが, でしたが, でもあった, で末代, なありさ, ないろいろ, なおれ達, なおろか, なこっちゃ, なこの, なそういう, なふり, なノンキ, なボンクラ, な一向に, な一種, な中年, な人々, な人がら, な作, な君, な大将, な奴, な娘, な宝石, な小鳥, な少額, な山奥, な市, な平和, な年齢, な幾曲りか, な役者馬鹿, な御, な心, な心づかい, な怒愁, な怪物, な恐るべき, な恐ろしい, な想像, な感情, な懐疑, な放送ぶり, な新鮮, な月日, な木, な淫猥, な焦熱地獄, な状態, な珍, な生, な生臭坊主, な男, な種じゅ様ざま, な細かい, な細菌, な綺麗, な自然界, な航路, な良い, な花, な落ちつき, な複雑微妙, な言葉, な話, な近, な遠い, な面, な顔付き, な飄逸, な馬鹿, にいつ, にいつか, にただ, に仕組ん, に信濃, に僕, に南条, に唯ぼんやり, に喜び上がっ, に山, に志津馬, に思っ, に思われ, に思われる, に恋人, に描かれ, に教育, に暫く, に朝, に歩い, に水浴び, に沈々, に洋服, に灯, に生れ付いた, に相, に自分, に見ゆる, に見物, に言った, に話し, に軽快, に部屋いっぱい, に長い, に陳, に静か, に面白, に髪一条, に黙っ, ね

▼ 知らない~ (195, 1.7%)

30 はない 10 のない, はありません 8 はありやしません 4 がない, はなかっ 3 がある, はありゃしません, は無い 2 が多かっ, だろうと, では, にはその, に不幸, のする, の無い, は, は一人

1 [102件] から見れ, があった, がありましょう, があろう, がこれ, がございません, がたくさん, がみんな闖入者, がやっ, が一人, が初めて, が多, が多い, が旱魃, が無い, が猛り, が羨ましい, が聲, が見たら, が見る, が逃, だから, だと, であった場合, である, でございますから, でさえも, との一席, と打ち開けた, と言い得るであろう, ないよ, などがこの, などにはよく, なら幾許, にその, にとっては壁, にはあの, にはこの, にはそれ, にはわけある, には分らない, には変わった, には至って, には達せられない, に好い, に災, に独特, に請判, に餅, のいう, のいない, のやう, のよう, の声, の放言, の様, の浅, の考え, の言葉, の買, はあたりまえ, はありませんでした, はいない, はおよそ, はなかろう, はなく, はなし, はねえ, はまんまと, は俺, は僕, は哲学, は居ないでしょう, は往生, は思う, は恐らく, は悶える, は日本中, は江戸中, は無くなっ, は疲れる, は皆無, は知らない, は窒息, は翁, は誰, は退屈, ばかり, ばかりでした, まで連座, もありません, もあろう, もない, もないだらう, もなかっ, もなかつた, もなく, も多い, より知ってる, をかばう, をつかまえる, をワザワザ

▼ 知らないけれど~ (147, 1.3%)

3 私が 2 あなたの, い, ガアゼの, 二人とも, 急に, 時の, 私の, 私は

1 [128件] ああ神様, あたくし, あの辺, あるとき玉太郎, あれを, あんたこの, あんな仮面, あんな氣, いかにも可憐, いずれむくでしょう, いやな, いろんな事, うしろに, おそらく, おらだけは, お母さまが, お金や, お雪さんが, こ, こっちの, このエピナッソー氏, この子, この寸言, この神田, この茶, こりゃあたしん, こんなふう, さっきの, じゃあ裏, すごいニュース, そうなん, その, そのまま物置, その奥, その姿見, その店, その時母, その晩, その頃私, それは, それまでの, そんなこと, つまらない事, とにかく一世, ともかくお, どうせ村, どうも時代, どうも臭い, ふくらんだ封筒, ほんた, ほんものの, まるでやつ, まアあんまり, みんなし, むしろあなた, もう二週間, もっともっとひどい臭い, やつぱりなんとか連盟よ, わたしは, わたしを, オルロフは, ナオミの, 一体変, 一座が, 一枚や, 世間では, 今日こそ, 体格の, 余程の, 兵馬は, 出しぬいて, 可厭, 君は, 地方の, 夜分に, 大したもの, 大抵こんがらかったろう, 子供たちには, 子持ち女が, 家の, 寒さ, 少しは, 岩波文庫の, 師範学校とか, 幸内が, 庄太郎に, 弁信さんが, 彼の, 彼処の, 彼女を, 御婚礼, 思わせぶりばかり, 恐ろしい人, 憎らしいねえ, 教へ, 文壇て, 旦那は, 昔, 時々駕籠, 本屋の, 残されたこっち, 母様は, 毎晩四つ, 泣かしといて, 父とは, 生欠, 生欠許, 用に, 田山白雲先生は, 白壁の, 皆な, 益, 相当な, 真っ白な, 短気を, 私むす, 笹子峠の, 翌日親じ, 考えること, 若者の, 行商つ, 身体中に, 違ひます, 酒難は, 随分と, 隠さないだって, 面白いよ, 飛んだ人

▼ 知らないうち~ (137, 1.2%)

3 に, に一人 2 に入っ, に大手柄, に子供, に彼, に自分

1 [121件] から, から家計簿, にああ, にいかで, にいかに, にいつ, にいつか, におやじ, におれ, にこっそり, にこの, にさ, にすぎ去った, にすね, にそこ, にその, にそれ, にそんなに, にたちまち, にぢ, にとった, にと訂正, にどこ, にどんな, にどんな大きな, になにか, にほとんど, にみんな, にもう, にわれ, にエンゼル, にハダカ, にムクムク, に一週間, に主, に亡くな, に仕事, に他所, に何, に何人, に何度泥棒, に僕, に六つ年上, に其処, に写される, に出立, に別れ, に利用価値, に即日, に右手, に各々, に告げ口, に回復期, に坪内雄蔵氏, に堅く, に変っ, に大きな, に大人, に婚家, に学校, に寢, に帰っ, に幾時間, に彼女, に忽ち, に懐, に拵えた, に握りしめ, に擦り破れ, に政子さん, に数奇, に日本, に早く, に昔, に時期, に月, に横山, に毒, に没した, に波, に流れ, に涵養, に熟した, に父, に用意, に番, に病氣, に登り, に眼一杯, に私, に科学, に結婚, に肩, に自然, に興奮, に芝居, に蕗子, に誘惑, に誰, に起った, に起つ, に起立, に通り過ぎよう, に通用, に過し, に過去, に重吉, に重囲, に金属, に露台骨, に養家先, に餘程, に髷, に黴, はいい, はともかく, は今, は兎, は国元, は妻, は知りたい

▼ 知らないので~ (136, 1.2%)

10 あつた 6 あらうか 3 何か 2 せうか, それを, た, 櫂の

1 [109件] あつて, あの人, あらう, あらうかと, いやに, いよいよふしぎ, いろいろな, おつぎ, かわいいよ, こういう場合, こうして白状, ここかしこの, この店, この現象, この薬, これには, さう, そうと, そこい, そこの, そして彼, それは, それへ, そんな不二男さん, ただ, ついこう長く, とうとう松村氏, どうにも, どの席, どんなこと, なんとなく駄弁, なんの, ほとんど数える, まったく不審, もどかしさ, オリエンタルや, スペイン人と, ロー石の, 七人の, 下役人を, 不審に, 不思議に, 久子さんから, 二人で, 今は, 仕合せな, 仮りに, 何とも云, 何も, 何処を, 信長の, 先づ此の, 内心非常に, 再びただ, 冗談半分に, 半七, 半分は, 取り押, 可なり, 唯母親, 困った, 大概二階に, 夫婦を, 如何ともし, 妻は, 家へ, 宿の, 少々困却, 平気で, 弱って, 彼女に, 忽ち見破られ, 想像が, 手紙をよ, 捜すのに, 旅行案内を, 早朝から, 暫く私流, 果てしの, 欠席日数云々については, 正確に, 甚だかすか, 相変らず, 眼前に, 石除は, 笑顔を, 絵に, 總家鹽瀬の, 自分では, 舌根の, 舞台の, 茲でも, 表面は, 要領を, 試験所の, 話に, 読もうと, 誰かが, 講中の, 賊に, 近寄りも, 返事が, 通訳を以て, 金は, 面接試験を, 韓馥は, 館の, 高いもの, 黙って

▼ 知らないという~ (123, 1.1%)

11 のは 8 ことは 7 のです 5 ような 4 ことが, ことで, ことに, のである 3 ことを, のが, のも 2 ことでした, ことの, のか, のだ, ものも, ように, 事が, 事は, 事を

1 [49件] かみさんまでが, こと, ことかい, ことだ, ことであった, ことでなく, ことによって, ことに対する, その訳, のかい, のじゃ, ので, のであった, のでした, ひそかな, ふうである, ものは, やり方が, わけよ, わけ抜け目の, んだ, んでしょう, んです, ベルヴェデエルの, 不便を, 不利な, 事実も, 人間, 人間は, 代表的の, 免状に, 内地人新聞記者を, 大きな朽ち木, 始末である, 安心感が, 尾張の, 心細い有様, 意味が, 感じであった, 振りで, 有様であった, 法が, 法は, 証明には, 返事です, 非難が, 頂上に, 顔色を, 風な

▼ 知らない~ (113, 1.0%)

4 にこの 3 にその, にそれ 2 にいつか, にお, にこっそり, にどこ, に人, に私, に縁談, に自分, に起った

1 [85件] から, だけ確率的, に, にあの, にあんなに, にかうし, にこ, にこつ, にこんなに, にすつかり, にそっと, にちゃんと, につい, にどれ, にひよつくり, にも斯, にラツキー, に一人, に一日一日, に世界, に主婦さん, に事, に二人, に二階, に互に, に偽善者, に其の, に冬着, に冷めたく, に出, に出来る, に動い, に半年前, に多く, に大変, に娘がちょっろりと, に寝床, に小さな, に少し, に少量, に延び, に引っくくられ, に強め, に役に立つ, に彼女, に彼自身, に怖, に新しい, に早く, に時, に来, に案外, に歳, に母, に氷雨, に治す, に活動, に涙, に片手, に物, に生れ, に相つい, に知らない, に知りつくし備えつくし, に私たち, に穴, に自然自分, に自転車, に蒲焼, に虚無, に蚊帳, に袂, に裏, に裏手, に西谷, に貴方, に起き, に足もと, に通り抜けよう, に陰, に電鈴, の過失, はお前, は余り, は知りたがっ

▼ 知らないけれども~ (100, 0.9%)

3 今の 2 あまり景気, それは, 僕は

1 [91件] あたし近頃始終そう, あなた以外の, いいところ, おかあさんは, お嫁さん, お秀, この十年間, この社, すくなくとも寺院建築, ずいぶん彫刻, その泣き声, その特色, それが, それに, それを, たった今彼方, だよ, とにかく元, なにしろあのお, なんとなくその, ぼくの, よつ, テキハツの, 七兵衛は, 乳母は, 今でも, 今日の, 仮りに, 伯母さんに, 住み心地, 偶, 兎に, 六十八歳で, 勝手な, 南蛮胴と, 友達の, 取りみだして, 吉田樣の, 向うに, 向って, 多分これ, 女の, 始めて伺った, 子爵は, 孟宗の, 実は歌舞伎, 尊敬しなけれ, 少くとも, 居合せた机竜, 屋根の, 山陽を, 平右衛門, 心理学者は, 我慢し, 手に, 敵機は, 昨今では, 普通山椿と, 書くこと, 月の, 此の度の, 段々痛く, 瀬戸船山村は, 無軌道の, 獨逸等は, 生れつきが, 男が, 疑う処, 目下天下の, 私にとっても, 私は, 私や, 精神界では, 絶えず大道, 総体に, 美しい乗馬姿, 美沢さんの, 能く, 自分では, 行くの, 行く事, 要領がい, 見て, 誠に少ない, 誰か, 通称ママの, 道庵が, 郊外らしく, 雑誌と, 非常に, 飛行機から

▼ 知らない~ (84, 0.7%)

31 はない 10 はありません 6 は無い 4 がない, はなかつた 2 だ, はあるまい, はないだろう, はなかっ, はなかろう, もありません

1 [17件] がなかっ, だからね, だし, だと, だのに, であった, である, でした, ですのに, のマユミ, の人達, の自分, はありえない, はないだらう, はなく, もなく, よ

▼ 知らない~ (82, 0.7%)

2 徳二郎も, 私が

1 [78件] おまけに, お目, お美乃, かけも, これと, それについて, たとえあなた, ほとんど彼ら, ましてやこんな, また善い悪い, また彼, また意欲, また測量技師, また親切, また解り, また超, また関心, もう船, ろは, アルプスの, ガスの, キミも, チヨも, 三円で, 京大の, 京都に, 今さら野暮ったく, 会ったの, 何, 何ごとも, 何を, 僕は, 十年喰わず, 又ここ, 又やたら, 又南洋系, 又知らない, 呼吸の, 困ること, 多くの, 多少心得, 妾どうして, 嫌ひだ, 山口だって, 差当り依頼する, 彼自身も, 従ってかつお, 得意でない, 心で, 急に, 意地っ張りで, 意地つ, 成るなら三吉, 文藝春秋新, 日本の, 東京へ, 林子平が, 武芸者の, 油を, 特に僕, 現在緬羊の, 理解する, 生花は, 病の, 着物を, 知って, 知っても, 知ろうとも, 第一, 米友も, 要求する, 角力トリの, 言葉の, 論理的に, 関心も, 音楽に, 頑是ない, 駒足を

▼ 知らない~ (80, 0.7%)

32 をし 3 ばかり 2 ではない, でもない

1 [41件] がなく, が一人, して, だから, だった, だったね, でいる, でこの, ですまし, でにこにこ, ではなかっ, でもなかっ, でもなけれ, でやり過ごし, で一等国, で名, で女, で放っ, で見, で訊いた, に挾まれ, のお母さん, の人, の他人, の兵, の客, はただ, はない, ばかりであった, ばかりやつぱりさびしいやすらかさ, もし, も一わたり, も出来ない, も出来なかったでしょう, も出来ません, をしてる, をする, を仕切れなくなった, を作っ, を見合, を試

▼ 知らない~ (74, 0.7%)

32 にはその, にもその, はことし, は自然

1 [63件] が, があと, がこんな, が今日, が前, が持つ, が生活, が突然, だから, でしたが, ではない, でも子供, としては私, などはもっとひどく, なんかはそう, にとっては真偽, には分らない, には初めて, には同時に, には彼等, には母, には自身, にもこの, に光悦芸術, に嘆い, に四方, に議論なぞ, に過去, に頼まれ, のこと, のたま, のやう, の力, の友人, の心, の心づくし, の父, の目, の神経, はこの, はそれ, はまことに, はもう, はよほど, はカゼ, は今, は何とも, は前, は叔父, は彼女, は時々, は楊弓, は温泉, は老人, は自分, は訊きました, は譲る, は随分, は非常, までが何となく, も徳子, を捉, を理学者

▼ 知らないところ~ (72, 0.6%)

3 である, へ行っ 2 から風, の多く, を見る

1 [60件] いわばあたし, からそういう, からとろろ昆布, から引抜い, から生じる, から辻駕籠, がなお, が多い, が無性に, だ, だった, だったし, だ伯父, であった, であるから, であるが, であろうが, でいろいろ, でしよつちう, ではありません, ではない, でポタポタ涙, で一人, で何, で働い, で働きましょう, で子供, で御, で温帯, で玄関, で病, で進捗, とのつり合い, にある, にしまっ, に国, に居る, に思想性, に病根, に行っ, に面白味, のつまり, の妖怪, の貪婪, の魔, はない, は他国, は田舎者, は見えない, へつれ, へなん, へまいります, へ体, へ参ります, へ埋めた, へ行きまし, へ越したい, へ逃げ, へ連れ, を聞く

▼ 知らない~ (61, 0.5%)

3 がある, はない 2 が沢山, だが, だと, とてお, は申されますまい, は知らない

1 [43件] があつ, がまだ, が多い, こんな道具, だ, だがと, だし, だろうと, であったのに, である, であるが, でこ, でしたが, でもし, とてつい, なん, なんで, になっ, に取りつくろった, に非常, の多い, はおしえ, はすべてみんな好い加減, はまだ, は幾ら, は無から, は白状, は返事, までお前, までどうして, までも知っ, までをチベット仏教, も一つ二つ, も知っ, やとうてい, を多く, を忘却, を悲しませた, を描き, を無理, を覚え, を言っ, 驚くばかり

▼ 知らない~ (61, 0.5%)

4 の人 3 であった 2 が肉体的, だ, ですからな, と知る, の肉体, はもしも, を口説く

1 [40件] が, がたしなめる, が相当数, だから, だと, だ薄情, であっても, であると, ではなく, とがゐた, とこんな, とでも死にたくなる, と女, と子供, などという種々, なの, なん, なン, に名ばかり, に見え出し, のひと, の健康さ, の児, の笑, はかわいそう, はこんな, へ, よ, よりも処世, をだまし, を何, を呼ぶ, を発見, を遊ぶ, 主人の, 助医は, 同志の, 第二, 軽業の, 集金人の

▼ 知らない~ (61, 0.5%)

6 の人 2 が, が突然, だね, でした, です, と妻, や女

1 [41件] かい, かと言, からラヴレター, から突然, があなた, がいた, がたずね, が二人, が寝, が死ん, が私, が酒, だから, だけど, だし, だと, であつ, ですから, ですよ, ではなく, と, とそれ, と一, と一つ処, と母, と獅子, などへどうして, なの, なので, の友達, の名前, の声, の方, の氣樂, の背後, の顔, はそれ, はまずいない, や八カ, を一人, を罵る

▼ 知らない人間~ (57, 0.5%)

2 だ, だから, だと, である, に特色的, ばかりだ

1 [45件] かさもなければ, から見た, が一緒, が多く, が尾, が恐し, が羽根, が見たら, が這入っ, だった, だな, だのそれ, でありさえ, であること, ですけど, でそんな, でないと, ではない, ではなかっ, で生涯, とお, としては何等, とにらむ, など, なの, ならかうしたこと, になっ, になりたくない, にはたかだか, にまで鍛, に逢, のやう, の仕業, の机上, の歴史, の肩, はあるだらう, はどこ, はない, は僕, は即ち, は原因, をあざ笑う, を昨夜みたい, を更に

▼ 知らないけど~ (55, 0.5%)

2 私に

1 [53件] あたしから, あたしたちまで, あたしの, あたしまだ, あたしも, あたしゃ因果と, あの人, あの抜け目, あの植木屋, あれは, いつか春や, いろんなの, うれしい気性, お前が, お店ぢ, お通さん, きたないよ, けっして大きな, こいとおつ, こういうシック, すぐわがまま, そうなった, それには, それは, そんなこと, そんな事, そんな話, そんな話さ, ちょっとあけ, とにかく時計屋敷, なんとなくあたし, ばかに, わからない方, わたし駄目だ, シゴイさんも, タケノコメシと, ネルソン時代の, フレッドさんが, ローリイさんの, 併し, 僅かばかりの, 出すひと, 別荘も, 外交官の, 新橋へんで, 早くし, 気心が, 治兵衛坊主で, 盆提灯ての, 相場よりも, 衆が, 金さへ, 雨の

▼ 知らない~ (49, 0.4%)

5 あ, え 2 平次の, 美登利さんの

1 [35件] あちゃん, あっ, あるいは少なくとも, あるいは忘れ果て, いつまでも, この野郎, これで, さもなければなにか, その三人, それは, っ, どうかと, ばかどもめが, または飼主, また知っ, やがてあの, よしッ, ッ, 何か, 分らないが, 又はそういう, 又はまだ, 又は忘れ, 塩原多助といふ, 忘れて, 或はごく, 松本は, 無視した, 田舎漢予の, 調べて, 赤光を, 趙子, 酒樽奴, 金は, 鴨は

▼ 知らない土地~ (49, 0.4%)

4 へ来 2 で働く, 知らない人

1 [41件] で, でその, での旅, ではあり, では食糧, でもこの, で人, で私, で蓮っ葉, で遇, というもの, についての意見, にもやっぱり, に巣, に彼ら, に暮す, に生, に行く, に身, のこと, のゆ, の交番, の人, の人達, の学校, の選手, はありません, へいっ, へ二人ぎり, へ來, へ呂木, へ旅立つ, へ旅行, へ行, へ行き, へ行こう, へ行ったら, へ行つて, をぶらぶら, を占領, を目

▼ 知らないやう~ (47, 0.4%)

4 な顏 2 だ, なもの, な顔, にこの

1 [35件] なかれ等, なこの, なてんで, なまことに, な事, な人, な古い, な大, な娘, な市, な感覺, な懷疑, な様子, な樂さ, な澄江, な當時, な花, な蒼ざめた疾走, な誇り, な調子, な阿父さん, な雜草, に, にいつか, にし, にも思はれる, にやはり, にわれわれ, に唯, に山, に片づけ, に立派, に見受けられる, に軽快, に闇

▼ 知らないわけ~ (45, 0.4%)

16 では 8 はない 5 でも 2 ですね

1 [14件] があろう, がない, じゃあるまい, じゃなかろう, だ, だが, でしょう, ですが, でせいぜい, にはゆきません, にゆかない, はありますまい, はないでしょう, はなかつた

▼ 知らない~ (44, 0.4%)

1 [44件] かたでござんしたなれ, さよは, せいにも, ぢけた態度で, 久でございます, 京の, 人が, 人へ, 光は, 六と, 北に, 千は, 吉さんには, 君は, 君を, 坊ちやん, 坊っちゃんであった, 多喜は, 妙である, 孃さんの, 島が, 幸が, 庄の, 役所で, 志保が, 時は, 杉の, 染が, 染は, 秀に, 米は, 紋も, 綱でも, 美夜ちゃん, 艶ぬれ, 蓮さまが, 蓮さまだ, 角さんは, 鈴は, 銀様は, 霜が, 露ただ, 靜より, 鳥は

▼ 知らないはず~ (44, 0.4%)

14 はない 4 はありません 3 はあるまい 2 がある, はありますまい, はなかろう

1 [17件] がない, だから, だが, だのに, だ看護婦, であった, である, です, になっ, のない怪しい, のレヴェズ, の宅, の民土, はないだろう, はないでしょう, もなかっ, よわたし

▼ 知らないふり~ (43, 0.4%)

18 をし 8 して 4 をする 3 してろ 2 をなさる 1 してるの, すること, で, で写経, で出かける, に遠, をしよう, をすべきである

▼ 知らない~ (38, 0.3%)

4 そんなこと

1 [34件] あたしは, おいらは, おいらも, おらは, お前は, そんなに泣くなら, そんな気, そんな物, ただ志村君, だけどもっと, だ態ア, ちやんに, ほんとに独り者, もう, バキチだ, ボク, ミーシャ何の, 云は, 云ふまで, 俺の, 偶然今夜の, 僕そんな, 僕は, 昨夜俺の, 田町に, 知らないはず, 私は, 紳士淑女の, 胴巻は, 自慢ぢや, 若宮君に, 過日鳴, 金の, 黒くなったら洗え

▼ 知らない~ (34, 0.3%)

5 がいい 2

1 [27件] がきっと, がよかっ, が却つて, が好い, が幸福, が支配, が苦しみ, が身, じゃあなし, だあなた, と一つ部屋, と一緒, なんで, なんと云う, に話しかける, ねこっち, ね此方, のこと, はあなた, はそう, はみんな, は土, は皆, は皆んな, は真に, は酔狂, をこう

▼ 知らないとは~ (33, 0.3%)

2 いわせない

1 [31件] ああなん, いい徹, いえ主命, いわさないわ, いわさん, いわせないぞ, いわせないよ, おっしゃれますまい, どういふ, マサカに, 云いながらは, 云えないだろう, 云は, 云へ, 云わなかった, 何たる間抜け, 何と, 何事ぞ, 怪しからん, 情けないやつ, 親友甲斐の, 言いませんよ, 言うまい, 言うまいな, 言えません, 言わさない, 言わさん手帳, 言わせますまい, 言わせんぞ, 言われまい, 驚きましたね

▼ 知らないため~ (31, 0.3%)

2 かまたは, に大, に来ない

1 [25件] だと, であった, であったろう, であります, である, であるの, であろう, に, にあの, にいよいよ, にこういう, にこの, にすべて, にそんな, にややともすると, に大きな, に大胆, に始め, に正直, に独善, に辞書的解義, に重荷, の入水, 強いて今人, 面白く聞く

▼ 知らない人々~ (29, 0.3%)

2 の間

1 [27件] から見る, が庭先, が解釈, が讃嘆, が隅, でなければ, でパーティ, にとってはまるで, にはまことに, には月, に較べたら, のあ, のうち, のなか, の一隊, の住, の自然, の集まり, はこんな, は唯, は外観, は感心, は目, は貧しい, までが面白, やその, を説明

▼ 知らないといふ~ (28, 0.2%)

3 ことで 2 ことが, ことの

1 [21件] ことです, ことを, せゐらしかつ, たかが, つもりだ, のか, のだ, のは, のも, やうに, 事が, 事によ, 口上でございます, 年齢でも, 心細い有, 時には, 筈が, 絶対的事実は, 變り, 風に, 風の

▼ 知らないのに~ (28, 0.2%)

1 [28件] あとを, あなたが, お爺さんひょんな, かかわらずいつも, これより, ただ自分, どうして後, 一體何を, 世間の, 中に, 人間は, 何か, 作品に, 優越感を, 先は, 先方で, 出品され, 労働者だ, 呆れ返つたこと, 小林君は, 巻添えを, 幾度も, 気が, 私は, 突然来, 軍にでも, 違いない, 鳴けと

▼ 知らない様子~ (27, 0.2%)

5 であった 42 だった, でした

1 [14件] だつた, であつ, であります, でここ, でこの, です, でなんだか, で異体, で雪子女史, なの, なので, なり, にかえって, をする

▼ 知らない振り~ (26, 0.2%)

15 をし 3 をする 2 をした 1 して, でいた, でその, で尋ねる, で通す, をしよう

▼ 知らない~ (25, 0.2%)

1 [25件] がトンチンカン, が思いきっ, であった, であるから, であるやに, ではなかっ, には凡て, に取っ, の心境, の性質, の感傷, の探求心, の母, の眼, の精力, はかえって, はここ, はそれ, はとうとう, は此の分, は立ち, は自分, は西洋風, は非常, も今夜

▼ 知らないでも~ (24, 0.2%)

3 いいこと 2 ない, ないの

1 [17件] ありません, いい, いいの, いいのよ, それは, ぢも, ないが, よいが, 品行さえ, 土地の, 帰依し, 快い感傷, 既に飛び立たざる, 殿様が, 無かつ, 芸術家の, 見つけ出した

▼ 知らない~ (22, 0.2%)

1 [22件] から渡つて, があった, がある, がたくさん, である, に出かけ, の人, の原語, の感じ, の或大きな, の扉, の方, へこぎ出し, へはいつた, へひとり, へ全く, へ来, へ行く, へ行っ, へ行つて, をさまよい歩く, を旅

▼ 知らないその~ (20, 0.2%)

1 [20件] じめじめ神経, 人が, 人の, 人を, 変名の, 女中は, 家で, 家の, 弱々しい優しい子供, 恋人を, 意味での, 旭町とかに, 点で, 男の, 秘密の, 罪から, 美しい女優, 群集敷石も, 英雄それを, 頃の

▼ 知らないほど~ (20, 0.2%)

2 だった, 眠って

1 [16件] こわいもの, であったが, である, です, ひっそりと, 低いの, 怖いこと, 愚かで, 愚鈍である, 歓んで, 無感覚に, 無知であろう, 純で, 鈍感な, 間の, 高慢に

▼ 知らないまま~ (20, 0.2%)

2 にわたし

1 [18件] ただ口伝え, ですまし込ん, で思い, で気, で済んだなら, で炎炎, で顔, なおも自分, にそう, にであっ, にのこっ, に伸子, に又, に唇, に声, に止っ, に自身, に色々

▼ 知らない~ (19, 0.2%)

3 の知らない 2 の方

1 [14件] ではない, などを選び, の人々, の名, の向う, の学校, の燈火, の空, ばかりであった, へ引っ越しましょう, へ行つて, や浅草, をたずね, を見たい

▼ 知らない~ (18, 0.2%)

5 相違ない 4 しても 1 かかわらず逢う人ごと, しましても, 拘らず同じ, 相違なかっ, 等しいが, 近いよう, 違いない, 違ない, 関らず

▼ 知らない人たち~ (18, 0.2%)

1 [18件] がいろいろ, がこの, が仲間同士それぞれ, が空想, が見たら, が道, だから, です, ではない, とおそく, には何, にも同様, の笑い草, の解し, の間, は言った, ばかりだった, までがゾッ

▼ 知らない~ (18, 0.2%)

3 であつ 2 だから, だと, ですから 1 だ, だったもん, で, でありました, である田代, でげす, でした, でへツ, ゐで

▼ 知らない~ (18, 0.2%)

1 [18件] がある, が一番幸福, が日本文化, だったが, だと, だとか, だな, であると, でしたが, にいは, にはその, に云, に太平洋, はありやしません, はたしかに, は喜ん, もゐます, 逢った事

▼ 知らない~ (18, 0.2%)

2 がいいました, はいいました

1 [14件] が上げ, が立っ, だよ, であった, でございます, でございますけれど, ですよ, でもこの, のうしろ, の父, はりゅう, は先, は誘いました, をどうか

▼ 知らないかも~ (17, 0.2%)

3 しれない, 知れない 2 知れないが 1 しれないが, しれないな, しれないん, 判らないまあ, 判らない私, 知れないがね, 知れぬ, 知れぬが, 知れません

▼ 知らないくせ~ (17, 0.2%)

2

1 [15件] にいま, にお, にお金, にくだらない, にこの, にし, にた, にひばり, にムリ, に久助君, に信頼, に半ば冗談, に学者ぶつ, に近頃よく, に青鞜

▼ 知らない自分~ (17, 0.2%)

1 [17件] がどこ, が出かけ, が腹立たしかっ, だった, にとっては迷惑, にはほんとう, には想像, にむっと, のこと, の性質, はまた, は勿論, は大, は考え, は血, も大, をさ

▼ 知らない~ (17, 0.2%)

7 をし 2 をする 1 でかの, です, で行かう, にし, に庭下駄, に押し通し, を粧っ, を装った

▼ 知らない人達~ (16, 0.1%)

4 の中 2 は啄木 1 がふつう, が住んでる, だな, には何ん, に挨拶, に逢う, の生活, の解し, はこちら, は先

▼ 知らない彼女~ (16, 0.1%)

2 はただ

1 [14件] がこんな, が海辺, としてはまさに, にはそれ, の失策, の少女時代, の心, の淫ら, はかつて, はそのまま, はまた, はわざわざ, は腹, を駭

▼ 知らない苦労~ (16, 0.1%)

4 がある 2 をし 1 が絶えなかった, して, するやれ, するよ, てえの, である, にも会いましょう, に主人, をこてこて, をなめた

▼ 知らないかの~ (15, 0.1%)

5 ように 2 ような 1 やうに, よう, ようだった, ようです, 女に, 女は, 如く徒ら, 蛇は

▼ 知らないもん~ (15, 0.1%)

12 だから 1 でございますからね, ですから, ですからね

▼ 知らない~ (15, 0.1%)

2 にある

1 [13件] からき, から来る, から猜疑, が沢山, だった, で安宅先生, にたった, に行っ, は寝室, へ引越したい, へ行く, へ行けない, を見る

▼ 知らない~ (15, 0.1%)

1 [15件] じゃア, だね, でしたが, ですが, では, で此事件, な人, な変てこ, な恐し, な重, な顔, にし, に千世子, に落ついた, に静か

▼ 知らないこの~ (14, 0.1%)

1 [14件] 一偉人に, 事件の, 人を, 前の, 場へ, 大窓, 天使も, 少年の, 新らしい, 母子の, 男に, 秘密通路を, 若い娘, 青年に

▼ 知らないなんて~ (14, 0.1%)

1 [14件] おかしいな, じゃやっぱり, そんな事, そんな間違った, なってないじゃ, 何たる, 変な, 實は, 憎まれ口云う, 直ぐ家, 私は, 言うと, 言つた, 言訳にも

▼ 知らない~ (14, 0.1%)

2 へ引摺り

1 [12件] がいい, だから, でも自, で彼, に生れ, のやう, の厄介, の水口, の間借り, へ引越し, へ移させ, へ行こう

▼ 知らない若い~ (14, 0.1%)

1 [14件] 人たちでも, 人には, 兎たちが, 夫人は, 女の, 娘が, 娘の, 感情家の, 男たちに, 男の, 男を, 男女は, 韃靼人が, 鴉が

▼ 知らないくらい~ (13, 0.1%)

3 だから 2 だ, であった 1 であったという, である, ですから, ですが, な人間, 疲れて

▼ 知らない~ (13, 0.1%)

1 [13件] から来る, ですべて, でねえ, で働きましょう, に兄, に死骸, のもの, へつれ, へでも来, へ明日, へ産ん, へ行っ, を歩い

▼ 知らない子供~ (13, 0.1%)

1 [13件] が一人何処, が二, である, などが生れ, にはた, には物品, のよう, の一人, の存在, の私, は可哀想, を悪魔, を道連れ

▼ 知らない~ (13, 0.1%)

1 [13件] が, が気の毒, との間, にも手紙一つ, のため, の役, の顔, はそれ, は云った, は重松, やおばあさん, を想っ, を憐れんだ

▼ 知らないじゃ~ (12, 0.1%)

2 ありません, ないか, ないの 1 ありませんか, ないかね, ないですか, なかったん, 困るじゃ, 困るね

▼ 知らないふう~ (12, 0.1%)

3 をし 2 であった, をした 1 でした, になっ, も装えない, をする, をつづけた

▼ 知らない世界~ (12, 0.1%)

1 [12件] にでもはいっ, に住む, のこと, の消息, は切支丹, は娘時代, へ, へいよいよ, へゆかね, へ連れ, を憧れ出し, を走っ

▼ 知らない~ (12, 0.1%)

6 では 2 がある 1 がない, ですね, でなかったが, でも

▼ 知らない連中~ (12, 0.1%)

21 がタテ, が一つ, が向こう, が大きく, だつた, と来たら, の手, はあれ, は平気, をかなり

▼ 知らない~ (12, 0.1%)

2 を初めて 1 です, に迷っ, に迷つて, をかけ出した, を三日, を夫, を歩く, を自分勝手, を行く, を通っ

▼ 知らない伸子~ (11, 0.1%)

2 と素子 1 あいてに, にその, にはどういう, には全国的検挙, には藤原威夫, の顔, はそういう, も世界, をもますます

▼ 知らないそう~ (10, 0.1%)

3 です 2 である, な 1 だ, でさ, ですが

▼ 知らないとでも~ (10, 0.1%)

3 いうの, 思って 2 思うの 1 いふの, 思ってたの

▼ 知らない~ (10, 0.1%)

3 そんなこと 1 あたしそんな, お菊さん, そこを, それ本当, なぜこ, 私, 誰か

▼ 知らない~ (10, 0.1%)

21 して, にもう, に何, に古き, に妙, に教師用, に神, に遊里

▼ 知らない秘密~ (10, 0.1%)

1 がある, がまだ, が何, でした, でもあっ, にせよ, に更に, の部屋, は全く, をお

▼ 知らない遠い~ (10, 0.1%)

2 ところを, 先代の 1 国から, 所から, 所に, 村へ, 片田舎に, 田舎と

▼ 知らないお前~ (9, 0.1%)

2 の姉 1 が誰, が飛んだ, でもあるまい, でもないだろう, のお, を介抱, を後見

▼ 知らないかと~ (9, 0.1%)

1 ひよい, 世の, 五兩の, 低く厳か, 又次郎は, 尋ねた, 尋ねますと, 思われる, 言ふと

▼ 知らないほう~ (9, 0.1%)

2 がいい, がかえって 1 がほんとう, がむしろ, が好都合, が幸福, が用心深い

▼ 知らない一人~ (9, 0.1%)

2 の子供 1 が, だった, のどこ, の平凡, の老人, の読者, の青年

▼ 知らない代り~ (9, 0.1%)

2 に死に際 1 には猥, に一カ所, に下らぬ, に何, に雪嶺博士, に頭, 喚き叫び哀しみ

▼ 知らない~ (9, 0.1%)

3 の中 1 の奥, の女, の娘, ばかりである, へ登った, や野原

▼ 知らない日本~ (9, 0.1%)

1 であった, という国, にもこんな, のうつし絵, の女, の子供, の文明, の英学者, を説明

▼ 知らない~ (9, 0.1%)

2 である 1 だ, でさえも, に写し, に蚊, のはう, のよう, はなかっ

▼ 知らない~ (9, 0.1%)

3 ではありません 1 か, だつた, である, でもありませんでした, でゐ, をする

▼ 知らないほどの~ (8, 0.1%)

1 なんという, ねんねだ, ウツケでは, 不幸は, 事件に, 僕だった, 漠然たる不安, 種々の

▼ 知らないまた~ (8, 0.1%)

1 いつ乳, ここで, 世間や, 互に秘密, 人間の, 何人にも, 知らうとも, 自分達さえ

▼ 知らない二人~ (8, 0.1%)

1 がただ, がわれ, だけで, には自分等, は戯れ合う, は河原, は話し, もお

▼ 知らない他人~ (8, 0.1%)

1 がこの, であるのに, に勝手, に猥, の僕, の姓名, の私, よりもかえって

▼ 知らない~ (8, 0.1%)

1 からその, すでに市川玲子, に坐っ, に妻, に逸早く, に道案内, のお, は兎

▼ 知らない場所~ (8, 0.1%)

1 だが, で, でこの, で始末, にかくし, に僕達, に別, へ

▼ 知らない~ (8, 0.1%)

1 の言葉, の顔, はそれ, は同情, は大, は大いに, は次, や妾

▼ 知らない~ (8, 0.1%)

1 とそれ, と一しょ, に限つて外形的, のとき結婚, のマユミ, の顏, の驚いた, を躾め

▼ 知らない言葉~ (8, 0.1%)

1 がで, でしきり, で何, で俺, で周さん, は知つて, は解りっこない, を自分

▼ 知らないお客~ (7, 0.1%)

2 は大概僕 1 でも無い, と武蔵, はいつ, はとても, は僕

▼ 知らないただ~ (7, 0.1%)

1 この道場, なにも, ひところばかげ, 何人も, 好い季節, 憶えて, 自力で

▼ 知らないって~ (7, 0.1%)

1 ことさ, ことに, 云いやがる, 白状し, 言い張るが, 言う口振り, 言って

▼ 知らないとき~ (7, 0.1%)

1 たたまれたの, にあたし, にお前達, には幾月, に種々, に見た, 何となく不愉快

▼ 知らないながらも~ (7, 0.1%)

2 何となく不快 1 いちじるしく肉体, お米, ただ何となく, 何となくおだやか, 毒気を

▼ 知らないひと~ (7, 0.1%)

1 が多い, なのよ, に逢った, のとこ, はいいました, はなくなっ, もみな

▼ 知らないわたし~ (7, 0.1%)

2 は何 1 はあの, はまた, は怖い, を仏頂寺, を助け

▼ 知らない~ (7, 0.1%)

1 では無し, にそつ, に前, に寝すごし, に祭事, に集め, の君

▼ 知らない~ (7, 0.1%)

1 の一組, の口, の店, の方面, の無, の無数, 動物の

▼ 知らない他国~ (7, 0.1%)

1 で日, にあっ, に出, の船, へきた, へひとり身, へ行っ

▼ 知らない~ (7, 0.1%)

1 じゃある, じゃなし, ではござん, ではない, では御座いません, でもない, でもなかっ

▼ 知らない~ (7, 0.1%)

1 かの理由, かフランス語, か別, か思案, か深い, にし, も知らない

▼ 知らない~ (7, 0.1%)

1 がマゴマゴ, に知らせない, は, は勿論, は大概西向, は馬鹿, をあわれむ

▼ 知らない~ (7, 0.1%)

1 からその, に, にこの, に崩れる, に父親, はから呑気, は男嫌

▼ 知らない~ (7, 0.1%)

1 が来る, といたしました, などは乞食, の前, は場違, は場違い, を呼びとめ

▼ 知らない~ (7, 0.1%)

1 侍従であった, 供の, 六は, 母ちゃんが, 父さんだった, 父さんと, 父さんばかり

▼ 知らない少年~ (7, 0.1%)

1 がいる, だ, とじ, と遇, の胸, の舌, もやはり

▼ 知らない~ (7, 0.1%)

1 る事件, る出来事, る外的条件, る目的, る非常, 人は, 通学生がにや

▼ 知らない時代~ (7, 0.1%)

2 が来る 1 だった, には火の玉, に海外, の日本人, の来た

▼ 知らない母親~ (7, 0.1%)

1 がつまり, だけがたった, に五年ぶり, のこと, の事, は一図, は吃驚

▼ 知らない部分~ (7, 0.1%)

1 がある, が消え, で一杯, にひそん, の方, もない, を散歩

▼ 知らない青年~ (7, 0.1%)

2 はやはり 1 だった, だつた, の素直, の面影, はとても

▼ 知らないあの~ (6, 0.1%)

1 お伽噺の, すなお, 人が, 人や, 女の, 陰気な

▼ 知らないだけに~ (6, 0.1%)

2 彼は 1 一層牴牾, 始末が, 神様の, 齒が

▼ 知らないだけの~ (6, 0.1%)

1 ことである, ことです, ことな, 数が, 話である, 話な

▼ 知らないとも~ (6, 0.1%)

1 事実おくびにも, 云えよう, 云わない以上, 恩を, 決してあたし, 知る訳

▼ 知らない事実~ (6, 0.1%)

1 がその, が出, だってこの, である, を胸, を風間

▼ 知らない人物~ (6, 0.1%)

1 が事件, が入りこん, が忍び込ん, です, の名刺, をひっぱっ

▼ 知らない場合~ (6, 0.1%)

2 が多い 1 が多く, にも説き尽くせない, は知らない, は藪蛇

▼ 知らない子供たち~ (6, 0.1%)

1 と別れました, はこの, はまことに, は道庵, まで西山, も敏ちゃん

▼ 知らない~ (6, 0.1%)

1 が一つ, が多い, をのみこむ, を探し, を書き抜い, を黒板

▼ 知らない新しい~ (6, 0.1%)

2 親類の 1 アメリカに, 世界を, 事実を, 恋人を

▼ 知らない~ (6, 0.1%)

2 はその 1 だけを同じ, に漠然と, は弟, は貧乏

▼ 知らない読者~ (6, 0.1%)

1 には匿名, には解しかねるであろう, のほう, はこう, は悲しい, は本当に

▼ 知らないお方~ (5, 0.0%)

2 ですから 1 が取次, ではございます, なの

▼ 知らないからの~ (5, 0.0%)

1 ことで, ことである, ことと, 事さ, 細工で

▼ 知らないそんな~ (5, 0.0%)

1 ことは, ことを, もの, 叔父さんなんか, 若冠

▼ 知らないたって~ (5, 0.0%)

2 探したかったら裏 1 お前わたしには, どうもおかしい, わがない

▼ 知らないばかり~ (5, 0.0%)

1 でなくうち, でなくそういう, でなくそれ, でなく作者, では

▼ 知らない~ (5, 0.0%)

2 あるもの, 同然だ 1 同然であった

▼ 知らないわと~ (5, 0.0%)

2 叱られる 1 云うの, 答える, 答へる

▼ 知らないわよ~ (5, 0.0%)

1 あたし, いい加減に, そんなこと, だって壁越し, 知って

▼ 知らないんで~ (5, 0.0%)

1 お尋ねし, しようが, せう, 無闇矢鱈に, 相濟

▼ 知らない不思議~ (5, 0.0%)

1 なこと, な世界, な理由, な生物, な都市

▼ 知らない世間~ (5, 0.0%)

3 は何 1 はその, 見ずと

▼ 知らない処女~ (5, 0.0%)

1 と過去, などではなく, のうち, の純潔さ, の艶書

▼ 知らない名前~ (5, 0.0%)

1 が沢山, だった, であつ, ではある, を並べられ

▼ 知らない婦人~ (5, 0.0%)

1 が居よう, が恭しく, すらあつ, とのロマンス, の薔薇

▼ 知らない小鳥~ (5, 0.0%)

2 も私たち 1 がおもしろく, がそば, のき

▼ 知らない~ (5, 0.0%)

1 が, で家族, のよろこびです, の不調和, の苦労

▼ 知らない~ (5, 0.0%)

1 たまたま知っ, の人々, の子供達, の方, や街

▼ 知らない~ (5, 0.0%)

1 が, があて, がぽ, つぽい, をつい

▼ 知らない田舎~ (5, 0.0%)

1 の娘たち, の廃寺, へなぞ, へ向っ, へ持っ

▼ 知らない百姓~ (5, 0.0%)

1 が五人, の女, はその, はびっくり, はん

▼ 知らない~ (5, 0.0%)

1 であった, では, に世事, の容体, 有難い

▼ 知らない~ (5, 0.0%)

1 で雷, の深い, を作つて, を作りやす, を塗りつけられた

▼ 知らない~ (5, 0.0%)

1 へさ, へさま, へ入, を歩い, を通

▼ 知らない~ (5, 0.0%)

1 がある, ですから, をここ, をし, をよく

▼ 知らないくら~ (4, 0.0%)

2 ゐだから 1 ゐですから, ゐでは

▼ 知らない~ (4, 0.0%)

4

▼ 知らないとか~ (4, 0.0%)

1 否定した, 小刀の, 或は孔子, 露西亜文学だ

▼ 知らないなりに~ (4, 0.0%)

1 内海厚の, 又外, 椅子を, 私の

▼ 知らないまんま~ (4, 0.0%)

1 で兄, にそれでも, に睡っ, に私

▼ 知らないウチ~ (4, 0.0%)

1 は勝手, は確か, へとられ, へ泥棒

▼ 知らない~ (4, 0.0%)

1 て, ていうの, てきく, て言う

▼ 知らない叔父~ (4, 0.0%)

2 や叔母 1 は如何にも, は恐ろしく

▼ 知らない同士~ (4, 0.0%)

1 がそれでも, がキャンプ, のよう, の二人

▼ 知らない~ (4, 0.0%)

1 から奉ります, のこと, の路傍, へ飛ん

▼ 知らない子ども~ (4, 0.0%)

1 がアーサ, であった, のうち, の多い

▼ 知らない小さな~ (4, 0.0%)

2 アパートへ 1 嫉妬が, 菌が

▼ 知らない~ (4, 0.0%)

1 のこと, の刺繍, はそれでも, 悪いこと

▼ 知らない東京~ (4, 0.0%)

1 に住む, のまんなか, の生活, をウロウロ

▼ 知らない樣子~ (4, 0.0%)

2 です 1 だ後ろ, でした

▼ 知らない~ (4, 0.0%)

4 にでも着い

▼ 知らない~ (4, 0.0%)

1 で人目, の上, の巨大動物, の音

▼ 知らない~ (4, 0.0%)

2 である 1 でも, にかけてたいてい

▼ 知らない状態~ (4, 0.0%)

1 だつた, であった, におかれ, もたくさん

▼ 知らない理由~ (4, 0.0%)

1 があっ, がない, が有ったらしく, はヨーロッパ人

▼ 知らない瑠璃子~ (4, 0.0%)

2 は前, は美奈子

▼ 知らない異国~ (4, 0.0%)

2 の旅行者 1 の人たち, の想像

▼ 知らない私たち~ (4, 0.0%)

1 が, にすれ, はこの, は艙口

▼ 知らない~ (4, 0.0%)

2 でもあい 1 がある, がその

▼ 知らない色々~ (4, 0.0%)

2 の事 1 な善い, な手がかり

▼ 知らない~ (4, 0.0%)

1 主人じゃ, 松屋惣七は, 樣, 樣を

▼ 知らない~ (4, 0.0%)

1 がかわいらしい, に咲く, の小さな, や花

▼ 知らない見物人~ (4, 0.0%)

2 がすぐ 1 に腹, は勿論

▼ 知らない~ (4, 0.0%)

1 かに聞い, も十分, も相手, も知らない

▼ 知らない~ (4, 0.0%)

2 を辿つた 1 に迷つて, を踏み迷っ

▼ 知らない~ (4, 0.0%)

1 である, にむしゃむしゃ, に投票, の迷信

▼ 知らない~ (4, 0.0%)

2 をし 1 ではない, でもない

▼ 知らない~ (4, 0.0%)

1 がたくさん, が向う, が知らない, が頭

▼ 知らないある~ (3, 0.0%)

2 ものが 1 ほかの

▼ 知らないいや~ (3, 0.0%)

1 そう云う, な地獄, な家

▼ 知らないいろいろ~ (3, 0.0%)

1 な人たち, な理由, な魚

▼ 知らないいわゆる~ (3, 0.0%)

1 お坊ちゃん, お大名, 技師の

▼ 知らないおじさん~ (3, 0.0%)

1 から, がここ, だった

▼ 知らないお婆さん~ (3, 0.0%)

1 が杖, に逢, は見かけ

▼ 知らないお雪ちゃん~ (3, 0.0%)

1 にとってはまあ, には以後, は初耳

▼ 知らないかという~ (3, 0.0%)

1 ことを, のだ, 風に

▼ 知らないがね~ (3, 0.0%)

1 きみは, イギリスに, 悪党を

▼ 知らないさびしい~ (3, 0.0%)

2 情慾 1 思いを

▼ 知らないだけ~ (3, 0.0%)

1 だ, であって, なん

▼ 知らないつもり~ (3, 0.0%)

1 でいる, で済まし返っ, で窓

▼ 知らないといった~ (3, 0.0%)

1 のは, 全くの, 塩梅です

▼ 知らないとの~ (3, 0.0%)

2 ことでした 1 こと

▼ 知らない~ (3, 0.0%)

1 そんなこと, そんな人, 君の

▼ 知らないのね~ (3, 0.0%)

1 純ちやん, 自分の, 銀座や

▼ 知らないのみ~ (3, 0.0%)

1 ならず寧ろ, ならず歴史, ならず誰

▼ 知らない~ (3, 0.0%)

1 うが, うである, 據ない

▼ 知らないばかりか~ (3, 0.0%)

1 きょうに, 参右衛門も, 知ろうと

▼ 知らないほどに~ (3, 0.0%)

1 いい効果, 全的要求を, 動顛したらしい

▼ 知らないもう~ (3, 0.0%)

1 一つの, 俺に, 頼まない思い直せの

▼ 知らないストーン氏~ (3, 0.0%)

2 がどうして 1 は女

▼ 知らない主人~ (3, 0.0%)

1 が人, はイワン, は一喝

▼ 知らない人同士~ (3, 0.0%)

1 である, で認め, で認め合う

▼ 知らない何もの~ (3, 0.0%)

2 かは僕 1 かが

▼ 知らない作家~ (3, 0.0%)

2 が好 1 が書く

▼ 知らない健三~ (3, 0.0%)

1 では, には比田, にもその

▼ 知らない~ (3, 0.0%)

1 な人たち, のホテル, の何もの

▼ 知らない~ (3, 0.0%)

1 が, があっ, を感ずる

▼ 知らない同志~ (3, 0.0%)

1 から彼, がキャンプ, は住ん

▼ 知らない~ (3, 0.0%)

1 がそんな, に告げよう, の細君

▼ 知らない国民~ (3, 0.0%)

1 なりというの, の家庭生活, はない

▼ 知らない~ (3, 0.0%)

1 から呼びかけられる, のよう, の男

▼ 知らない存在~ (3, 0.0%)

1 である, となる, を彼

▼ 知らない孤児~ (3, 0.0%)

1 です死ぬこと, で自分, の心

▼ 知らない宇宙~ (3, 0.0%)

1 にこんな, にすん, の秘密

▼ 知らない小児~ (3, 0.0%)

1 でで, と遊ん, は同じ

▼ 知らない少女~ (3, 0.0%)

1 ではありました, になつかし, のお

▼ 知らない幼い~ (3, 0.0%)

2 娘は 1 子に

▼ 知らない~ (3, 0.0%)

2 へ行く 1 に持つ

▼ 知らない強い~ (3, 0.0%)

1 奴, 火が, 誘惑の

▼ 知らない悪い~ (3, 0.0%)

1 ことを, 仲間と, 言葉を

▼ 知らない我々~ (3, 0.0%)

1 にとってはたいへん, にもその, をもそれ

▼ 知らない~ (3, 0.0%)

1 に大ら, に歌, に自分

▼ 知らない文字~ (3, 0.0%)

1 に攻められる, をうのみ, を教えられ

▼ 知らない~ (3, 0.0%)

1 から旅, の者, の鳥

▼ 知らない時分~ (3, 0.0%)

1 に不意, に歩き廻った, の大丸

▼ 知らない有様~ (3, 0.0%)

1 だ, だった, である

▼ 知らない~ (3, 0.0%)

1 だが, な心境, な理想家

▼ 知らない~ (3, 0.0%)

1 が残った, はうたわず, はなん

▼ 知らない深い~ (3, 0.0%)

1 人情の, 思いの, 悲惨な

▼ 知らない熱い~ (3, 0.0%)

2 南の 1 ものと

▼ 知らない~ (3, 0.0%)

1 は何一つ, は悉皆, は欧洲

▼ 知らない田舎者~ (3, 0.0%)

1 がその, のよう, の礼儀

▼ 知らない相手~ (3, 0.0%)

1 だから, だって仮り, の冷笑

▼ 知らない科学~ (3, 0.0%)

1 の知識, はかつて, はまだ

▼ 知らない肉体~ (3, 0.0%)

2 は妙 1 らしい

▼ 知らない~ (3, 0.0%)

1 が山路, が簇, ばかりの

▼ 知らない苦痛~ (3, 0.0%)

1 の感覚, の感覺, への掘り

▼ 知らない草穂~ (3, 0.0%)

3 が静か

▼ 知らない~ (3, 0.0%)

1 だよ, のやう, のよう

▼ 知らない西洋人~ (3, 0.0%)

1 だと, といっしょ, に春風秋風

▼ 知らない農村~ (3, 0.0%)

2 の子女 1 の女子

▼ 知らない間柄~ (3, 0.0%)

2 でもない 1 ではない

▼ 知らない限り~ (3, 0.0%)

1 は, はロッテナム美人術, は自分

▼ 知らない~ (3, 0.0%)

1 に凧上げ, の主人, 純造

▼ 知らない~ (3, 0.0%)

1 がその, であった, は戦争

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 ひだに, われな

▼ 知らないあいだ~ (2, 0.0%)

1 に遠方, の出来事

▼ 知らないあたし~ (2, 0.0%)

1 は各, は遠慮

▼ 知らないあなた~ (2, 0.0%)

1 と離れぬ, にはわからん

▼ 知らないあはれ~ (2, 0.0%)

1 な男ども, むべし

▼ 知らないあんな~ (2, 0.0%)

1 のが, 幼いもの

▼ 知らないいろんな~ (2, 0.0%)

1 ことが, ちょうを

▼ 知らないおかしな~ (2, 0.0%)

2 赤い髪

▼ 知らないおばさん~ (2, 0.0%)

1 が, がはいっ

▼ 知らないからこそ~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, 暢気で

▼ 知らないがと~ (2, 0.0%)

1 あなたがたは, 伝さんへ

▼ 知らないくらいに~ (2, 0.0%)

1 よく寝, 寝込んで

▼ 知らないけれどもと~ (2, 0.0%)

1 答えて, 答へて

▼ 知らないこんな~ (2, 0.0%)

1 バカにだって, 記憶を

▼ 知らないしかし~ (2, 0.0%)

1 伸子は, 彼らは

▼ 知らないせい~ (2, 0.0%)

1 かそう, では

▼ 知らないそして~ (2, 0.0%)

1 それから, 彼女の

▼ 知らないそれ~ (2, 0.0%)

1 をわたし, を聞いたら

▼ 知らないそれでも~ (2, 0.0%)

1 そこらの, どっかで

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 えならせっかく, けれっつの

▼ 知らないでと~ (2, 0.0%)

1 こぼして, 思うと

▼ 知らないといつて~ (2, 0.0%)

1 も可, も過言

▼ 知らないとお~ (2, 0.0%)

1 つし, もふ

▼ 知らないとして~ (2, 0.0%)

1 すなお, 尋ねるのに

▼ 知らないとばかり~ (2, 0.0%)

1 でちっとも, 言わずもう少し

▼ 知らないどこ~ (2, 0.0%)

1 かの窓, かの貴

▼ 知らないどころか~ (2, 0.0%)

1 あんまり早く, ぼくは

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 へえ, ア

▼ 知らないながらに~ (2, 0.0%)

1 彼女を, 画面から

▼ 知らないなと~ (2, 0.0%)

1 思ったので, 義雄は

▼ 知らないなどと~ (2, 0.0%)

1 空々しい事, 言って

▼ 知らないにもほどが~ (2, 0.0%)

1 あります, ある

▼ 知らないねえ~ (2, 0.0%)

1 ぞっとする, にやりと彼女

▼ 知らないのにも~ (2, 0.0%)

1 程が, 関らず

▼ 知らないのよ~ (2, 0.0%)

1 あなたは, 豊山中学の

▼ 知らないほん~ (2, 0.0%)

1 との処女作, との私

▼ 知らないまったく~ (2, 0.0%)

1 の親, 異なった意味

▼ 知らないまで~ (2, 0.0%)

2 だ自分

▼ 知らないまでも~ (2, 0.0%)

1 むかしの, 霧に

▼ 知らないものの~ (2, 0.0%)

1 ほんとは, 如く眠って

▼ 知らないやつ~ (2, 0.0%)

1 でもない, は船のりたあい

▼ 知らないよそ~ (2, 0.0%)

1 の人, の子

▼ 知らないよと~ (2, 0.0%)

1 云って, 素知らぬふり

▼ 知らないよりも~ (2, 0.0%)

1 ましだ, 知らないそういう

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 ばさんである, 繰返して

▼ 知らないバカ~ (2, 0.0%)

1 だ, 正直の

▼ 知らないバー~ (2, 0.0%)

1 でテーブル, の客間

▼ 知らないフランス文学~ (2, 0.0%)

1 に国内亡命, のうち

▼ 知らないフリ~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 知らないユレニエフ大使~ (2, 0.0%)

2 はウッカリ問題

▼ 知らない一つ~ (2, 0.0%)

1 の不思議, の魂

▼ 知らない一般~ (2, 0.0%)

1 には日本語, の群集

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 にどういう, に人

▼ 知らない下女~ (2, 0.0%)

1 は無邪気, を気の毒がら

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 勉強者だ, 埓が

▼ 知らない不明~ (2, 0.0%)

1 から出る, な輩

▼ 知らない中年~ (2, 0.0%)

2 の男

▼ 知らない事實~ (2, 0.0%)

1 なん, を妻

▼ 知らない事情~ (2, 0.0%)

1 がある, もありましょう

▼ 知らない亭主~ (2, 0.0%)

1 は刑事, を階子段

▼ 知らない仏蘭西人~ (2, 0.0%)

1 が観れ, ばかりの乗客

▼ 知らない仔細~ (2, 0.0%)

1 があるらし, があるらしかった

▼ 知らない仕方~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, ではあるまい

▼ 知らない他所~ (2, 0.0%)

1 の人, の子供達

▼ 知らない以前~ (2, 0.0%)

1 から出来, にあ

▼ 知らない仲ぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やない

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 でただ, を装っ

▼ 知らない信一郎~ (2, 0.0%)

1 を信じ切っ, を信じ切つ

▼ 知らない信長~ (2, 0.0%)

1 でもなかっ, にとってはここ

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 は夢, は彼

▼ 知らない俺達~ (2, 0.0%)

2 の親父

▼ 知らない借金~ (2, 0.0%)

1 がいつの間にか, で首

▼ 知らない偉大~ (2, 0.0%)

2 なる個人

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 にただ, に終らせず

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

2 を其所

▼ 知らない兄さん~ (2, 0.0%)

1 に異存, は訳

▼ 知らない兄弟~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 知らない光栄~ (2, 0.0%)

1 とヨーロッパ, のほか

▼ 知らない兵馬~ (2, 0.0%)

1 は和尚, は変

▼ 知らない出入り~ (2, 0.0%)

1 はない, は無い

▼ 知らない出来事~ (2, 0.0%)

1 であつ, や人々

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

2 の国

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, 互に祕密

▼ 知らない又八~ (2, 0.0%)

1 だった, の影

▼ 知らない友人~ (2, 0.0%)

1 に示す, に空想

▼ 知らない友達~ (2, 0.0%)

1 に食っ, に食つて

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 幇匪同志の, 業者には

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 の女, をどこ

▼ 知らない吾輩~ (2, 0.0%)

1 が攫っ, の横っ面

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 にあふれ, を味わい得た

▼ 知らない圭一郎~ (2, 0.0%)

1 が丁年, には全く

▼ 知らない境地~ (2, 0.0%)

1 であろう, ではなから

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 な事実, な生物

▼ 知らない変化~ (2, 0.0%)

1 が現に, の不安

▼ 知らない外国人~ (2, 0.0%)

1 と長い, などがよく

▼ 知らない多く~ (2, 0.0%)

1 の深い, の者

▼ 知らない多大~ (2, 0.0%)

1 の準備, の苦痛

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 新聞の, 變な

▼ 知らない大きな~ (2, 0.0%)

1 湖だ, 部屋部屋の

▼ 知らない大人~ (2, 0.0%)

1 に見られる, の人

▼ 知らない大陸~ (2, 0.0%)

1 のいろいろ, の人々

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 の人たち, の父親

▼ 知らない天地~ (2, 0.0%)

1 が要る, の間

▼ 知らない天皇~ (2, 0.0%)

1 なら我慢, をあざむいた

▼ 知らない太陽~ (2, 0.0%)

2 の光

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 の代り, の領分

▼ 知らない奥さん~ (2, 0.0%)

1 の前, はいつも

▼ 知らない女の子~ (2, 0.0%)

1 がはいっ, になっ

▼ 知らない女中~ (2, 0.0%)

1 で先生, のお

▼ 知らない女子~ (2, 0.0%)

1 が長い, の手

▼ 知らない女性~ (2, 0.0%)

1 がこんなに, においてとりわけ

▼ 知らない好い~ (2, 0.0%)

1 智慧が, 身分である

▼ 知らない如何にも~ (2, 0.0%)

2 遠い国

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 じゃ人, はそれ

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 に気, はおどろい

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 な事物, やな

▼ 知らない子供達~ (2, 0.0%)

2

▼ 知らない学問~ (2, 0.0%)

1 だ, なの

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 でなければ, のドア

▼ 知らない対象~ (2, 0.0%)

2 にまで嫉妬

▼ 知らない小さい~ (2, 0.0%)

1 息子を, 王国だ

▼ 知らない小僧~ (2, 0.0%)

2 であるゴーリキイ

▼ 知らない小母さん~ (2, 0.0%)

1 が旅, が来

▼ 知らない小父さん~ (2, 0.0%)

1 に四文錢, に間

▼ 知らない山々~ (2, 0.0%)

1 があった, があつ

▼ 知らない山谷~ (2, 0.0%)

2 の裏町

▼ 知らない巡査~ (2, 0.0%)

1 がゐ, を天下一

▼ 知らない師冬~ (2, 0.0%)

1 が一人, の家来ども

▼ 知らない常に~ (2, 0.0%)

1 は川遊, 堅忍な

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 を取つた, 若な

▼ 知らない幸福~ (2, 0.0%)

1 なもの, を味

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 に罪, の滝三郎

▼ 知らない役者衆~ (2, 0.0%)

1 とは, と差し

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 亭主の, 米は

▼ 知らない患者~ (2, 0.0%)

1 にとつて, のため

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 さ, さ和らぎ

▼ 知らない悪事~ (2, 0.0%)

2 は口

▼ 知らない情熱~ (2, 0.0%)

1 と生命力, はそれ

▼ 知らない戦争~ (2, 0.0%)

1 の裡面, を知らない

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 がその, だが

▼ 知らない手がかり~ (2, 0.0%)

1 がえられる, を握った

▼ 知らない手紙~ (2, 0.0%)

1 なんか, の主

▼ 知らない支那人~ (2, 0.0%)

1 というの, と麻雀

▼ 知らない旅人~ (2, 0.0%)

1 に危険, らしいね

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

2 もささない

▼ 知らない日本人~ (2, 0.0%)

1 が困難, の自分

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 を示した, を答

▼ 知らない時間~ (2, 0.0%)

1 のある, をよそ

▼ 知らない書物~ (2, 0.0%)

1 が読める, である

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 が二三本, に

▼ 知らない木賊~ (2, 0.0%)

2 の色

▼ 知らない未来~ (2, 0.0%)

2 の読者

▼ 知らない杉田二等水兵~ (2, 0.0%)

1 ははたと, は別

▼ 知らない東洋~ (2, 0.0%)

2 の理念

▼ 知らない松村彦太郎~ (2, 0.0%)

2 は世の中

▼ 知らない栄三郎~ (2, 0.0%)

1 この人猿, はしきりに

▼ 知らない機械~ (2, 0.0%)

1 だけに立派, の様

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

2 を欲求

▼ 知らない水兵~ (2, 0.0%)

2 の笛

▼ 知らない沢山~ (2, 0.0%)

1 のこと, の活きもの

▼ 知らない活動~ (2, 0.0%)

1 も見た, を包む

▼ 知らない深窓~ (2, 0.0%)

1 の処女たち, の生れ

▼ 知らない満足~ (2, 0.0%)

1 が得られたらしく, と隠れた

▼ 知らない為め~ (2, 0.0%)

1 に他日, ばかりで

▼ 知らない無知~ (2, 0.0%)

1 の無明, を悪魔

▼ 知らない無邪気さ~ (2, 0.0%)

1 かとみえる, で育っ

▼ 知らない煩悶不安~ (2, 0.0%)

2 をばけろりと

▼ 知らない爲め~ (2, 0.0%)

1 に他日, 書かなかつたと

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 いさんは, とに悲哀

▼ 知らない珍しい~ (2, 0.0%)

1 おもちゃが, ものばかり

▼ 知らない瑠璃子夫人~ (2, 0.0%)

1 はこの, はその

▼ 知らない生活~ (2, 0.0%)

1 を營む素朴, を私

▼ 知らない生涯~ (2, 0.0%)

1 だつた, の大

▼ 知らない田舍~ (2, 0.0%)

1 の娘, へ向

▼ 知らない知つて~ (2, 0.0%)

2 ゐるの

▼ 知らない祕密~ (2, 0.0%)

1 のよろこび, の拔穴

▼ 知らない私自身~ (2, 0.0%)

1 と同様, にしか解らない

▼ 知らない私達~ (2, 0.0%)

1 はある, は大

▼ 知らない秋山さん~ (2, 0.0%)

1 は抜き討, は拔

▼ 知らない科学者~ (2, 0.0%)

1 にもそう, は科学者

▼ 知らない程度~ (2, 0.0%)

1 の校正者, の無表情さ

▼ 知らない種々~ (2, 0.0%)

1 な知識, の現象

▼ 知らない第三者~ (2, 0.0%)

1 がいる, の眼

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 な少女, 眞な

▼ 知らない素子~ (2, 0.0%)

1 の吉之助, の感情

▼ 知らない素朴~ (2, 0.0%)

1 な若い, な農夫

▼ 知らない継子~ (2, 0.0%)

1 が語学, はこの

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 教育家先生だ, 紳士に

▼ 知らない老人~ (2, 0.0%)

1 に罪, は一日

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 だ, には当然

▼ 知らない腹部~ (2, 0.0%)

2 のいらだち

▼ 知らない色んな~ (2, 0.0%)

1 珍らしい, 面白い世界

▼ 知らない若者~ (2, 0.0%)

1 のあらい, の顔

▼ 知らない苦しみ~ (2, 0.0%)

1 を他, を味わっ

▼ 知らない苦心~ (2, 0.0%)

1 と努力, をし

▼ 知らない英語~ (2, 0.0%)

1 が出, ばかりこそこそ

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

2 の子

▼ 知らない行動~ (2, 0.0%)

1 と情感, をした

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 に其処, に遊廓

▼ 知らない親たち~ (2, 0.0%)

1 は娘, は本当に

▼ 知らない観客~ (2, 0.0%)

1 にこの, は拍手

▼ 知らない記者~ (2, 0.0%)

1 がいた, が公憤

▼ 知らない証拠~ (2, 0.0%)

1 だ, には太宰

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 の世界, を発見

▼ 知らない貴様~ (2, 0.0%)

1 が知らぬ, も旦那

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 だから, だった

▼ 知らない赤ん坊~ (2, 0.0%)

1 であった, のよう

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 でありながら, であるかの

▼ 知らない近代人~ (2, 0.0%)

1 は娯楽, は娯樂

▼ 知らない通り~ (2, 0.0%)

1 であった, をむやみ

▼ 知らない道理~ (2, 0.0%)

1 だから, はない

▼ 知らない遠く~ (2, 0.0%)

1 の山脈, の島

▼ 知らない野中~ (2, 0.0%)

2 の窪地

▼ 知らない野蛮人~ (2, 0.0%)

1 が棲ん, でも忍ん

▼ 知らない野郎~ (2, 0.0%)

1 でしょう駆け出し, ならそれで

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 の工面, を持っ

▼ 知らない金色~ (2, 0.0%)

2 の夢

▼ 知らない~ (2, 0.0%)

1 に無条件, の悪い

▼ 知らない顔つき~ (2, 0.0%)

1 である, でした

▼1* [1215件]

知らないあけすけな復命方, 知らないあたいあの方, 知らないあたたかさ, 知らないあっちの子, 知らないあなた方が見えない, 知らないあひるは本能, 知らないありがたい御法を, 知らないあゝいふ風な, 知らないいい刀は, 知らないいくつかの例, 知らないいとしい不幸な, 知らないいわんや向上せし, 知らないうちわたしは後, 知らないうち犬が足, 知らないうち発露すること, 知らないうち除籍する方法, 知らないうっかり東京に, 知らないうなぎ屋としてお, 知らないうまいことを, 知らないおいらは, 知らないおえいや丹三郎, 知らないおしおは, 知らないおじいさんは, 知らないおせんの裸, 知らないおっ母さんは, 知らないおっかさんにいいつけ, 知らないおとうさんのこと, 知らないおぼつかない毎日が, 知らないおもしろいことが, 知らないおりんは念, 知らないおれだと, 知らないおんみら天, 知らないお前どもだ, 知らないお姫様育ちの娘, 知らないお嬢さんは私, 知らないお客様です, 知らないお松はお茶, 知らないお母さんにそ, 知らないお湯が湧く, 知らないお礼はこれ, 知らないお雪ちゃん自身の善根, 知らないかえって先方から, 知らないかたは冗談, 知らないかって僕に, 知らないかとの電話だった, 知らないかなぞと尋ねて, 知らないかね僕の, 知らないからこその単純さで, 知らないからじゃないわ, 知らないからでもありますか, 知らないからに基因する, 知らないからね僕に, 知らないがとに角明治神宮外苑, 知らないがもづもづしてゐてほんた, 知らないけどさそのとき, 知らないけれどね器械を, 知らないけれどもさそんなそんな乱暴, 知らないこういうお方が, 知らないことすべて用人が一存, 知らないことだらけである, 知らないことばで半分, 知らないことゆえ知らぬと, 知らないこと今は自然, 知らないこと女なん, 知らないこと日本じゃ通らない, 知らないこと日本左衛門が自分, 知らないこと柄を, 知らないこと私が心理的, 知らないこと老婆を殺した, 知らないこと船大工風情の手, 知らないこの小さな遊び仲間を, 知らないこれは家, 知らないこれぞ十八文の, 知らないこれらの相手, 知らないころだったが, 知らないうです, 知らないさとあべこべに, 知らないすえ子に対しては私, 知らないすずめはせめて, 知らないそういう意味に, 知らないそうして五所川原の, 知らないそこでまだ早い, 知らないそこらへポカリ浮き, 知らないそれからさきは, 知らないそれでいて日曜日の, 知らないたくさんの婦人画家, 知らないだからただ無仏性, 知らないだがあれも, 知らないだけかも知れない, 知らないちっぽけな村, 知らないってのかね, 知らないつて一體どこの子, 知らないつて言ふ口, 知らないつて言ふんですがね, 知らないつまり有用人に, 知らないつむじ曲りの町医者道庵, 知らないつれを追う, 知らないでさ主人と, 知らないでといういまいましい気分, 知らないでといったような, 知らないでのことでしょう, 知らないでは古川を, 知らないでもね母様の, 知らないというかそれから発した, 知らないというしかないじゃ, 知らないとこじゃまったくもう, 知らないとともに疲労をも, 知らないとにかく私は, 知らないどうしたお母さん, 知らないどうかして, 知らないどこぞのりっぱ, 知らないどころでは, 知らないどっさりのけなげ, 知らないながらおたがいに好き, 知らないなぜなら彼等は, 知らないなぞと言おうもの, 知らないなぞというのは, 知らないなど仰云って, 知らないなにかのけもの, 知らないなんにも知らない, 知らないなんということ, 知らないにもせよとにかく, 知らないねんねえの様であっ, 知らないのだらけであると, 知らないのにもほどがある, 知らないのみか身分不相応な, 知らないのんきといふかま, 知らないはず達磨部屋の底, 知らないあいなども, 知らないばかりじゃない, 知らないばかりにどこかの, 知らないばばも往来, 知らないひどい働きを, 知らないひろ子は誰, 知らないふしぎな草, 知らないふたりであった, 知らないふところ育ちだの, 知らないほかで聞け, 知らないほんとうのお母さん, 知らないまして歳の, 知らないまたは片はし, 知らないまだ子供だ, 知らないまでに働いて, 知らないまま一分一秒の休み, 知らないまま伸子と素子, 知らないまま見様見真似に, 知らないまるで出たら目, 知らないみたいな小さい, 知らないみや子は何故か, 知らないみんな机上ででっち上げた, 知らないむずかしい言葉で, 知らないむづかしい漢字がぎつしり, 知らないめづらしい草の, 知らないもう少しの間位, 知らないもっと上の, 知らないもの凄いような, 知らないもの同志の手紙, 知らないもの白状もくそ, 知らないもの道徳覿念のお, 知らない百が, 知らないやくざなだらし, 知らないゆえじゃア, 知らないよく調べて, 知らないよし有ったに, 知らないよという恰好を, 知らないよりは知ってる方, 知らないりつぱな男が夜毎, 知らないわけぢやあるまい, 知らないわの本意を, 知らないわびというもの, 知らないアイヌ部落の離れ, 知らないアメリカのほか, 知らないアメリカ人はこういう, 知らないアリスがブラドン, 知らないウブな若者, 知らないウラミはどこ, 知らないオブスキュアの植物, 知らないオブソレート・ウワードと成っ, 知らないオヤヂが座り込ん, 知らないキイキイキャッキャッ, 知らないキリシタン村落だから, 知らないクリストフにとっては無, 知らないケチな哲学理論, 知らないゴロツキだ, 知らないシィヌが大急ぎ, 知らないシナの福州, 知らないシロウトが白粉, 知らないジェスチュアによって東條, 知らないジャズの節, 知らないスコットランドの人たち, 知らないソヴェトの機関, 知らないダンナ方がたくさん, 知らないと, 知らないテッド博士はそんな, 知らないトラ十の秘密, 知らないドクトルの手, 知らないニムフの踊り, 知らないニューラはいそい, 知らない宿帳は, 知らないノブ子さんを無理, 知らないバカヤローつな, 知らないバカ者つまり生活, 知らないバーテンはこいつ, 知らないパリ一流の服飾家, 知らないブルヂョアの娘, 知らないベルリン在住の日本人, 知らないボイラーの火, 知らないマチアがあと, 知らないマンホールの入口, 知らないミジメな暮し, 知らないモッブは全市, 知らないヤス子の肉体, 知らないヨと謎みたいな, 知らないラシイヌの体, 知らないラック大将以下はただ, 知らないルパンの言葉, 知らないルーヴル博物館にはいっ, 知らないロシヤの言葉, 知らないどうして, 知らないだからね, 知らない一二年の頃, 知らない一団になっ, 知らない一図に目的, 知らない一年半のうち, 知らない一座はなんとなく, 知らない一書生の寫眞, 知らない一物理学者の議論, 知らない一生の努力, 知らない一種の悪い, 知らない一種広告隊の林道, 知らない一老人に過ぎなかった, 知らない一郎が幹太郎, 知らない一點張りならこちら, 知らない丁稚は芝居, 知らない七面鳥をまきあげられ, 知らないは材木商, 知らない三人の名前, 知らない三匹の子, 知らない三浦も知らない, 知らない上気した眼, 知らない下僕たちに出会った, 知らない下司な子, 知らない不忠の臣, 知らない不破の関守氏, 知らない不祥事でした, 知らない不遜な間違, 知らない与助は何とも, 知らない丑松のやう, 知らないにただ, 知らない世の中はいつ, 知らない世人に奇異, 知らない世代ではない, 知らない中国人の顔, 知らない中学生に向っ, 知らない中将にこう, 知らない中庭の雑草, 知らない中流的ないやし, 知らない丹波は気, 知らない久子の方, 知らない乍らも何やら, 知らない乙女でも四十九歳, 知らない乳房であった, 知らない乳母は年, 知らない乳臭児信雄とはとても, 知らない事共までも存じ, 知らない事柄についても等しく, 知らない二三人の人, 知らない二人づれの墓参り, 知らない二十四になる, 知らない二少年はこの, 知らない二条家の姫ぎみ, 知らない二葉亭四迷も知らない, 知らない二頭のモルモット, 知らない京吉は寄っ, 知らない京家の女中, 知らない人々勝気のため, 知らない人たちそれらから学び, 知らない人びとの姿, 知らない人ッちゃア, 知らない人民で經濟, 知らない人間みたいに見えた, 知らない人間生活を野蠻的生活, 知らない人間豐富な童話精神, 知らない人魚は相, 知らないの日本, 知らない今日のわれわれ, 知らない今頃はどう, 知らない仏蘭西の詩人, 知らない他人たちよりも強く, 知らない他人様のお, 知らない以上は誰, 知らない伊佐子さんはどんなに, 知らない伊吹山の麓, 知らない伊太利語だから, 知らない伊太夫の心, 知らない伊東はそれ, 知らない会期中に加筆, 知らない会社や公務関係, 知らない会見を続けました, 知らない伯爵が夢中, 知らない低い買手どもの, 知らない住民たちがどこ, 知らない佐吉はお, 知らない何でも多くの, 知らない何とか君という, 知らない何らかの公的な, 知らない何んにも知らない, 知らない何事にもいがぐり頭, 知らない何億万年後の地球, 知らない何所かの美しい, 知らないには不得要領, 知らない作者の合成, 知らない佳作だと, 知らない信一は窓外, 知らない俳優は一人, 知らない倉庫を暮, 知らない偉い人たちと, 知らない傑作の複製, 知らない債務を俄, 知らない優美さはまた, 知らない優越を感じた, 知らない元気で旗艦, 知らないに邸, 知らない先方は気, 知らない先生が湯殿, 知らない先祖が造り出した, 知らない光景であった, 知らない入道は娘, 知らない全く知らない, 知らない八五郎です, 知らない八重に向, 知らない八雲様はもう, 知らない公衆は俗悪, 知らない六人だ, 知らない六蔵は又, 知らない兵士らの多く, 知らない兵隊たちには汚名, 知らない其の時代の, 知らない其日暮しの人々, 知らない内情を知っ, 知らない内部がある, 知らない円山公園へ此, 知らない冷酷な女, 知らないにし, 知らない分際で台所奉行, 知らない列車に幾度, 知らない初心な奴, 知らない初心者でで, 知らない別世界のもの, 知らない別号を珍, 知らない利潤をあげ, 知らない剽窃が盗賊, 知らない劇作家や俳優, 知らない力業師であるに, 知らない加古川さんと看護婦さん, 知らない加速度的発達は一般人, 知らない努力の結果, 知らない労働者にその, 知らない労苦に対して慰め, 知らない労農大衆でさえ急進的, 知らない動悸に血, 知らないの連中, 知らない北国をふしぎ, 知らない北海道だけのお話, 知らない医学上の話, 知らない医師共が何, 知らない医者がず, 知らない十五人の初年兵, 知らない十六七の乙女, 知らない十名ばかりの小, 知らない十四の花嫁, 知らない十四五から十七八, 知らない千萩がただただ, 知らない七は, 知らない半ば老いた男, 知らない半蔵が音, 知らない卑俗さにある, 知らない卒業生諸君が寄附, 知らない卓一ではなかつた, 知らない単語などがあった, 知らない原住民まで指紋, 知らない原始人の強靭, 知らない原始生命的な男女, 知らない原詩のある, 知らないの口取, 知らないよ春, 知らない友だちに告げる, 知らない革命的分子が, 知らない収穫の多い, 知らない叔母は笑っ, 知らない叔父さんが住ん, 知らないだと, 知らない古代民族の性格, 知らない古宿の破れ二階, 知らない只病氣の爲め, 知らない史実のことば, 知らない右筆を使つた時, 知らないになった, 知らない司馬懿仲達は数万, 知らない合金らしい, 知らない吉之助は当惑, 知らない同じ作用が, 知らない同国人の留学生等, 知らない同胞のす, 知らない名前さへもない, 知らない名札が置い, 知らない君等とはだから, 知らない呉一郎に催眠術, 知らない呑気な女, 知らない周囲の人々, 知らない命令であったかも, 知らない和尚でもない, 知らない品物をおくり, 知らない唐変木なん, 知らない鶯を, 知らない唯一の不幸, 知らない商人をだまし, 知らないひぬけの, 知らない嗜欲の脣, 知らない嘘八百だよ, 知らない囃子がそれ, 知らない四十恰好の紳士, 知らない国家の機密, 知らない国木田独歩も知らない, 知らない国籍不明の文句, 知らないではない, 知らないに噛, 知らない土百姓みたいな運転手, 知らない地上の存在物, 知らない地下室でおぼれ死ん, 知らない地中怪人族を見る, 知らない地表下の細根, 知らない坊さんが文典修辞, 知らない坑夫なんかに喧嘩, 知らない場外の見物人, 知らないに骨, 知らない墓塲の石, 知らない士人もなく, 知らない売卜者までが居る, 知らない売笑婦の裸体, 知らない変人なん, 知らないの日, 知らない夏目漱石も知らない, 知らない外国でも旧式, 知らない外国映画製作者の作品, 知らない外国語を流暢, 知らない外記は唯, 知らない多数の論者, 知らない夜歩きがこういう, 知らないにはつい, 知らない大きいことが, 知らない大作は思わぬ, 知らない大和の国, 知らない大学の先生, 知らない大家の次男三男, 知らない大将であった, 知らない大将らには遊撃隊, 知らない大抵山懐か, 知らない大方山と呼ん, 知らない大阪へやって来, 知らない天女の妻, 知らない天性の口達者, 知らない太一ツあんはけげんさうに, 知らない太宰ではない, 知らない太郎は遠く, 知らない奇妙な事情, 知らない奉公人たちにとっては驚異, 知らない奔牛の勢い, 知らない奔馬の手綱, 知らないがあり, 知らない奥向の老臣, 知らない奥羽の山, 知らない女たちは恐ろしい, 知らない女の子たちばかりで, 知らない女心の狭, 知らない女房が使い, 知らない女房たちの中, 知らない女房らは口々, 知らない女王さまはかり, 知らない奴らじゃない, 知らない奴実社会はまた, 知らない奴等だろう, 知らない好人物の他国者, 知らない好意が胸, 知らない妖艶な姿態, 知らないな御, 知らない妙薬が数々, 知らない妻子に及ぶ, 知らない姉さんは, 知らない姉達をそう, 知らない娘たちにどんな, 知らない娘時代にどうして, 知らない娘達は異性間, 知らない嫉妬にめくら, 知らない子どもたちが成年, 知らない子供等は無邪気, 知らない子猫はやはり, 知らない孤兒の心, 知らない学徒が最後, 知らない学校の知らない, 知らない学生が婆, 知らない学者が出る, 知らない孫権である, 知らない安全な場所, 知らない宗吉にもこの間違, 知らない官員さんのおちぶれ, 知らないのよう, 知らない実におびただしい数, 知らない実在者よ, 知らない宮本氏へ夫人, 知らない家人は笑い, 知らない家族や同輩, 知らない家無し女だ, 知らない家相と方位, 知らない家臣はみんな反対, 知らない容子である, 知らない宿命の花, 知らない宿屋へ行つて, 知らないを知らない, 知らない寂しさに, 知らない寂しい不幸な, 知らない寄席で時間, 知らない寄手の勢, 知らない密約である, 知らないみだれた女, 知らないを申せ, 知らない寺院をさがし出そう, 知らない専門文芸批評家よりも遙, 知らない小倉だって知らない, 知らない小僧みたいな将校, 知らない小姓組のうち, 知らない小屋がけし, 知らない小男からこんな, 知らない小道をいくつ, 知らない小野の生活向き, 知らない女心は, 知らない山奥の川底, 知らない山奧の温泉, 知らない山師どもがモンセーニュール, 知らない山田も亦, 知らない山男など一向, 知らない山道などを草臥れる, 知らない山間の貧民, 知らない山際だったそう, 知らない岩見を操っ, 知らないを越え, 知らないへ向け, 知らない島々から漂着, 知らないが流れた, 知らない川口は川口, 知らない川口氏はなん, 知らない工藤にはよ, 知らない左右の臣, 知らない左様な女, 知らない左近は葉子, 知らない左門であ, 知らないきな, 知らないが為替, 知らない巾着頭です, 知らない市井人は自分たち, 知らない市会議員に出, 知らない希有の言葉, 知らない師匠は言っ, 知らない師直はかれ, 知らない常陸の宮家, 知らない平六が結婚, 知らない平凡な妻, 知らない平和さだ, 知らない平和人ばかりである, 知らない平次はまだ, 知らない年寄でしたが, 知らない年齢なの, 知らない幸之助が一倍, 知らない幸子には渋谷, 知らない幸福者としてそういう, 知らない幻覚だけの親たち, 知らない幼年時代の記憶, 知らない幼稚な膜, 知らない幾つかの顔, 知らない幾多の技巧, 知らない幾時代も前, 知らない幾晩かの相談, 知らない広告屋の爺さん, 知らない庄太はただ, 知らない度々病院に, 知らない庵内の男, 知らない庸三が初めて, 知らない弓之進がこう, 知らない引船と禿, 知らない弟たちとは少し, 知らない弟子達は, 知らない弥助は平気, 知らない弥生がそそくさ, 知らないさと, 知らない強力なエンジン, 知らない強慾者がみすみす, 知らない弾力性の鞠, 知らない彌次馬が近く, 知らない当人が膝つき, 知らない当夜の客たち, 知らない彫刻家はた, 知らない影響があつ, 知らない彼らみんなの幸福, 知らない彼地へ, 知らない彼等は天使, 知らない後学の人たち, 知らない後続の避難民, 知らない従って称揚しない, 知らない従妹は小夜子, 知らない御新造までが人間, 知らない御飯とお金, 知らない復讐をする, 知らない微分方程式のよう, 知らない心がけがあった, 知らない心づかいをその, 知らない心地であろう, 知らない心配は絶えず, 知らない快活で正直, 知らない怖い小父さんたち, 知らない思想を知らない, 知らない怠惰な婦人, 知らない怪物はいたずらに, 知らない恋人と共に気分, 知らない恋人何が何だか, 知らない恋愛という怖, 知らない恐い眼を, 知らない恩愛痴情恨み嫉みという, 知らない恵みを自然, 知らない悦びにあふれ, 知らない悩みをもっ, 知らない悪党もい, 知らない悪食者を夫, 知らない悲しい日も, 知らない悲哀を胸, 知らない悲愴な感激, 知らない惡事を澤山, 知らない惣吉が私, 知らない意くじない自分, 知らない意外な処, 知らない意志の充足, 知らない意想の中, 知らない意気地のない, 知らない愚直者かしらと糾問, 知らない愚者である, 知らない愛嬌が見えた, 知らない愛慾の世界, 知らない感情を思う, 知らない感覚がクサンチス, 知らないであった, 知らない態度に中年過ぎ, 知らない憂鬱そのもののご, 知らないなる羊, 知らない憧憬に満ち, 知らない我々凡才濁った脳漿, 知らない我子の嬉し, 知らない或は苦労に, 知らない戰鬪は全く, 知らない房一が云, 知らない所与となった, 知らない所為か何処, 知らない所謂印象批評は印象, 知らない手伝いの連中, 知らない手合はこの, 知らない技術をみつけよう, 知らない抜け道がある, 知らない指環であった, 知らない捜査官達は死後経過時間, 知らない探検家達はこの, 知らない政治家が民衆, 知らない教育家らしい風采, 知らない数々の秘密, 知らない数世紀来この民衆, 知らないよ, 知らない文公という名, 知らない文化の中, 知らない文化住宅のたくさん, 知らない文句の歌, 知らない文吾であるけれど, 知らない文学者にとってはたやすく, 知らない文学青年のもの, 知らないらしい客, 知らない新たな秘事, 知らない新九郎は眩暈, 知らない新兵である彼等, 知らない新参の入門者, 知らない新聞屋が全盛, 知らない新顔の警官, 知らない新鮮な力, 知らない方たちの中, 知らない方法で隠されました, 知らない方角へ曲つて, 知らない方言で悪口, 知らない方面が肉体, 知らない旅びとは日暮れて, 知らない旅客荷を負った, 知らない旅舎の亭主, 知らない旅行者が彼ら, 知らない族王がその, 知らない旗太郎は不自然, 知らない日陰の小, 知らない旧い頭の, 知らない旧式の思想, 知らない旧慣をあり, 知らない旧藩時代の勉学, 知らない昆虫の繁華, 知らない明国の知識, 知らない明治人に彼等, 知らない明盲だつてこと, 知らない昔人はどうにも, 知らないが来た, 知らない時世だ, 知らない時人はよく, 知らない時計店の前, 知らない晩年人の老熟, 知らない普通二割の利益, 知らない智慧の光, 知らない暑い国にまで, 知らないの中, 知らない暗涙は夜, 知らない暗黒世界で人, 知らない暴女王は豊太閤そのもの, 知らない暴慢と残虐, 知らないであるのに, 知らない曲者や來, 知らない曲馬団の一少女, 知らない書店で立ち読み, 知らない曹操も凱旋, 知らない曹真はそれから, 知らない最も富貴な, 知らない最上無上の緊張感, 知らない樣で, 知らない有名な哲学者, 知らない有尾人猿に次第, 知らない有様どこで聴い, 知らない朦昧の人民, 知らない木村を事務長, 知らない木村泰賢氏などが高々, 知らない木魚をたたい, 知らない可見, 知らない未亡人は今, 知らない未開地の状況, 知らないをコッソリ, 知らない本人の真意, 知らない本来の詩魂, 知らない朱実が売れない, 知らない杉楓雑木の類, 知らない東西の差別, 知らない松田は幾度, 知らない実業家は, 知らない柚子の過去, 知らない柳生の藩中, 知らない柴白雨ッて絵, 知らないがあっ, 知らない案内人なんてじつに, 知らない桐井角兵衛は三位卿, 知らない梅雪入道おもわず驚嘆, 知らない森垣さんは吹く, 知らない植物もあっ, 知らないの古木, 知らない検事か判事, 知らない極秘の隠し場所, 知らない楽しい日も, 知らない楽しみであった, 知らない楽書の中, 知らない楽隠居である, 知らない樋口一葉も知らない, 知らない横丁を通り抜けた, 知らない横柄な俗物, 知らない横浜の富田屋さん, 知らない横着者かさもなければ, 知らないの住人, 知らない次郎には返事, 知らない歡樂の追及者達, 知らない正体不明の情夫, 知らない正岡子規も知らない, 知らない正直な人達, 知らない此印度洋中の一孤島, 知らない此野郎白ばくれる, 知らないの道, 知らない武人などに政治, 知らない武蔵には痛切, 知らないの抜け, 知らない歴史的な混迷, 知らないの迫っ, 知らない死体を発見, 知らない残忍な性格, 知らない殿様同志だから, 知らない母子であった, 知らない毒虫が居, 知らない毛皮の着物, 知らない民衆が気の毒, 知らないで飽くまでも, 知らない気紛れに, 知らない気苦労をしなけれ, 知らない気軽さで, 知らない永遠の表象, 知らない江戸の人達, 知らない池部がそんな, 知らない沙汰でさ, 知らない泉嘉門はただに, 知らない泡沫のよう, 知らない波止場で陸, 知らない泰さんの計画, 知らない洗濯物が盥, 知らないの奧, 知らない洞窟をみつけ, 知らない活動力を具え, 知らない活気と生, 知らない流浪人はない, 知らない流行外れなの, 知らない海女の寝床, 知らない海岸のけわしい, 知らない海老と正木氏, 知らない海賊島といふの, 知らない海辺の連中, 知らない傷を, 知らない深刻な事実, 知らない深山の処女, 知らない深海の海草, 知らない清少納言だって本名, 知らない清浄さであった, 知らない清浄無垢の青年時代, 知らない渓谷を探検的, 知らない温かい情が, 知らない温情の象徴, 知らない温泉を選ん, 知らない温泉客が亭主, 知らないについて陸, 知らない湯殿の中, 知らない湯沢の源頭, 知らないから発し, 知らない溜息を吐いた, 知らないが直ぐ, 知らない漁師や農夫, 知らない漁色家によく, 知らない漉場の一つ, 知らない演劇愛好者からいくらでも, 知らない漢字も知りませぬ, 知らない漢学趣味は日本, 知らない潘鳳という者, 知らない瀟洒たる隠家, 知らない火星の偵察艇, 知らない灰色のセメント, 知らないであったの, 知らない為ニユツと両手, 知らない為事で采配, 知らない無力な温順, 知らない無垢な女, 知らない無学さからであった, 知らない無心の子, 知らない無知そのものでありましたので, 知らない無頼の徒, 知らない無頼漢のひとり, 知らない無駄のない, 知らない照子の饒舌, 知らない熱い熱いものが, 知らない熱帯性の植物群, 知らない燃焼に日長, 知らない父母すら知らない, 知らない父親は来る, 知らない片田舎ではあった, 知らない片隅でひっそり, 知らない牛肉屋はラン, 知らない牧野の妻, 知らない物理学に就い, 知らない物許りの, 知らない物質にめぐりあう, 知らない特別の週間, 知らない特徴だと, 知らないっ犬, 知らない犬畜生とはお前, 知らない狂人と同然, 知らない猟人に出あいました, 知らない獲物は平気, 知らない玄人は能, 知らない玄徳は周瑜, 知らない王子にはそんな, 知らない現実の世界, 知らない理想主義風に尊敬, 知らない甚八には全部, 知らないについてのロマンティック, 知らない生きものなの, 知らない生娘でなければ, 知らない生徒もない, 知らない生徒たちだ, 知らない生気さがあった, 知らない生物の世界, 知らない生理的な因子, 知らないだとか, 知らない田圃みちをさまよい, 知らない田園の自然児, 知らない田舍人はその, 知らない田舎娘の彼女, 知らない田舎娘ッてあんな, 知らない田舎武者の智識, 知らない甲州屋では今度, 知らない甲斐はその, 知らない申生は驪姫, 知らない男同志か女同志, 知らない男女がだきあっ, 知らない男親の淋し, 知らない町娘のあたし, 知らない町角で堯, 知らない番人に米蔵, 知らない番頭はしきりに, 知らない疲れが結局, 知らないであると, 知らない病気に絶えず, 知らないさを, 知らない疼感が, 知らない痴人の夢想, 知らない痴呆のやう, 知らない痴呆性に富んだ, 知らない痴漢道化者の作品, 知らない療養法を須崎港, 知らない白っぽい細長い形の, 知らない白雪姫の胸, 知らない盛り場を歩く, 知らない目印だ, 知らないの私, 知らない盲人が, 知らない盲目の小, 知らない暗な, 知らない眞白な花, 知らない真実があつ, 知らない真理を知ってる, 知らない真白な花, 知らない眼界の極, 知らない瞬間に全く, 知らない矛盾があり, 知らない矢田津世子を創作, 知らない矢田津世子それは私, 知らないつてるの, 知らない知識がより, 知らない知識慾とから哲学, 知らない短歌人か古今集以下, 知らない碁会所へはいり込ん, 知らない社会学者達の愚劣, 知らない社名のもの, 知らないのよう, 知らない神さまのお, 知らない神経がつみ取られる, 知らない禅坊主を憐れむ, 知らない禰宜様宮田は責任, 知らない私共は真, 知らない科学的な方則, 知らない秘密要塞であった, 知らない稚い心でも, 知らないは内儀さん, 知らない種ヶ島時代の遺物, 知らない種類の焦慮, 知らないの色, 知らない空々寂々のあんぽんたん, 知らない空想から今, 知らない空虚の生命, 知らない空西の方, 知らない空語をも交え, 知らない竹童ふしぎふしぎとあやしん, 知らない竹藪の辺り, 知らない笠原はだから, 知らない筆者には軽々しく, 知らないを, 知らない範囲で彼, 知らない米友もまだ, 知らない精力に大勢, 知らない精神は淋しい, 知らないの小児, 知らない素人で非常, 知らない素戔嗚はあの, 知らない素敵な感覚, 知らない素町人がずかずか, 知らない細君はかえって, 知らない紳士を呼ん, 知らない組織の一人, 知らない経営者の下, 知らない結末に終った, 知らない結果技術の文明史上, 知らない絵かきの吐胆, 知らない絶体絶命だ, 知らない絶対に無, 知らない継母の言, 知らない縁談をお前, 知らない繁華な町, 知らない美味物許なんで, 知らない美酒の瓶, 知らない羚羊や鹿, 知らない羞恥をおぼえた, 知らない義男はた, 知らない老人夫婦は本当に, 知らない老境だ, 知らない者たちの驚くべき, 知らない者どもはみんな自分, 知らない者らが庭, 知らない者同士が他, 知らない者同志が多人数落ち合つて待合, 知らないもその, 知らないの知己, 知らないぶくろ, 知らない胆ッ玉だ, 知らないの轟き, 知らないけ孔, 知らない膏ぎった時間のあと, 知らない膨脹が続いた, 知らない自分たち二人がもっ, 知らない自然に向っ, 知らない自然探究の心, 知らない自然現象はたくさん, 知らない自然科学者人間をかわいがらない, 知らない自転車屋のおじさん, 知らないは一つ, 知らない船員はびっくり, 知らない良人の若, 知らない良民や行い, 知らない芝居を途中, 知らない芥川さんだ, 知らない花束を手, 知らない芸者たちにニッポン語, 知らない若しくは片意地を, 知らない若様を脅かし, 知らない苦労努力がいります, 知らない苦悶をした, 知らない茶店の女, 知らないを食べる, 知らない草花があはれげ, 知らない荒っぽさで, 知らない荒物屋のお上さん, 知らない荒磯の小屋, 知らない菊次郎さんは生き, 知らないのうわ, 知らない萩乃はこの, 知らない蓮華夫人の城, 知らない蔓草が梢, 知らない薄い花弁の, 知らない薄墨色の女, 知らない藤六さんは何と, 知らないはただ, 知らない蟋蟀が二ひき, 知らないには寒い, 知らないの方, 知らないをします, 知らない行きあたりばつたりに何処, 知らない行人の中, 知らない行儀の悪い, 知らない行先の土地, 知らない行動力強靭な運動神経, 知らない術語を使っ, 知らない衣裳であった, 知らない西北原から来た, 知らない西洋の驟雨, 知らない西洋人技師の所業, 知らない西洋花を買つて, 知らない西洋草花の名, 知らない西涼の兵隊, 知らない西班牙が背景, 知らない要素が密, 知らない見物たちにはなん, 知らない規則をどうか, 知らない規定になっ, 知らない覚期を懐, 知らないも兄弟, 知らない親切者はただ, 知らない親友に就, 知らない親子はさのみそれ, 知らない親王が絶対主義, 知らない親達が住職, 知らない親類や両親たち, 知らない観光団か何, 知らない観光客だけで, 知らない観衆に対してさ, 知らない角突き合いもあろう, 知らない言い分である, 知らないではない, 知らないりですとも, 知らない詩人なの, 知らない誠一はすぐ, 知らないで極めて, 知らない誰かが, 知らない談話さえ一度, 知らない藩の, 知らない講談本だった, 知らない警官はこの, 知らない警部モロは上陸, 知らないでもなかつた, 知らない議論であります, 知らない變人だ, 知らない谷間へつれ, 知らない豊吉は昔, 知らない貞節なる妻, 知らない貧しい少女だ, 知らない責任を感じた, 知らない貯蓄の誘惑, 知らない貴人のもの, 知らない貴女の心, 知らない貴族の若君, 知らない資本制度とそうして, 知らない資財の傀儡, 知らない賑やかな囃しが, 知らない賑わいがはじまっ, 知らない賢才は人, 知らない質問は書かない, 知らない赤い女が, 知らない赤子でさ, 知らない足どりで峡谷, 知らない路傍の人, 知らない路地から路地, 知らない路易はその, 知らない車中の乗客, 知らないの上, 知らない輿入れの列, 知らない辰伊勢のおふくろ, 知らない農民の男女, 知らない迂遠を演じ, 知らない近隣の人々, 知らない迷信深い田舎, 知らない追憶ではそれら, 知らない退屈の手, 知らない通有的名詞である, 知らない通行人がふしぎ, 知らないさで, 知らない遊びはまア, 知らない遊びかたを教え, 知らない遊び事もちよつと, 知らない遊園地で窪地, 知らない運転手が多い, 知らない道づれがじ, 知らない道庵のため, 知らない道綱は又, 知らない國の, 知らない遠方へランデヴー, 知らない部下を叱咤, 知らない部屋でした, 知らない都会人士の巣, 知らない酒場へひきずりこまれる, 知らないと油, 知らない圧力が, 知らない重大な証拠, 知らない野人ではある, 知らない野原を横切っ, 知らない野獣淫蕩のため, 知らない野道で日, 知らない野鍛冶の家, 知らない金之助の耳, 知らない金井一角は初め, 知らない金切声が頻りに, 知らない金剛石入の指環, 知らない金椎もまた, 知らない釣りを知っ, 知らないというもの, 知らない銀座のバー, 知らない鍛冶富はいい気, 知らない鎖国時代の海, 知らない長いあいだ谷間を, 知らない関門の蜀兵, 知らないであった, 知らない闘志と夢, 知らない阿呆な彼女, 知らない限り幽霊も犯人, 知らない限り日本の本土, 知らない陰語ではあった, 知らない隠れ場所があります, 知らない隠居の身, 知らない隠遁の理由, 知らないよ, 知らない雑踏にまぎれる, 知らない雛妓時代に座敷, 知らないが焼け, 知らない電信柱どもはゴゴンゴーゴーゴゴンゴーゴー, 知らない電力が国営, 知らない電気機械の類, 知らない露子を憐れむ, 知らない竜王の, 知らない青年さへトルストイ, 知らない青年たちが笑っ, 知らない青年教育者の口癖, 知らない青年時代にはいかなる, 知らない静かな街道, 知らないかな場所, 知らない非常にうまい, 知らない非道の悪人, 知らない面倒を見, 知らない面白い正月行事, 知らない革命的ともいうべき, 知らない音楽家があるでしょう, 知らない音樂家があるでせう, 知らない頑是のない, 知らない頗る変梃な, 知らない領域であり滝沢, 知らない頭脳の持ち主, 知らない頭部の負傷, 知らない頼子に徒ら, 知らない頼母は不幸, 知らない顔ぶれは一つ, 知らない飛びあがり者だったに, 知らないはせ者, 知らない食べ物だから, 知らない食慾を通して一皿, 知らない食道法律がこの, 知らない馬子は名人, 知らない馬鹿大名のよう, 知らない馴染みの人々, 知らない駅員はいない, 知らない駕籠屋が来, 知らない騒動の町, 知らない骨折を思う, 知らない骨肉の涙, 知らない骨頂であること, 知らない髑髏盃の在所, 知らない高い山や, 知らない魅惑を受けた, 知らない魔物でもひそん, 知らない鵜飼邦太郎をじっと, 知らない黄昏の世界, 知らない黄金どくろ, 知らない黒田と言う, 知らないたらしがい