青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「爭~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

燈~ ~燈火 燈火~ 燒~ 燕~ 爆弾~ ~爆発 爆発~ ~爪 爪~
爭~
~爲 爲~ ~爲め ~父 父~ 父さん~ 父上~ 父子~ 父様~ ~父母

「爭~」 1116, 11ppm, 9784位

▼ 爭~ (246, 22.0%)

7 をし, をする 5 續けて 4 は深刻, 給は 3 があつ, になる, 難い 2 かたは, は一瞬, は短, を止め, を見, を避ける, 將棋に, 續け, 續ける

1 [192件] から匕首, がある, が主, が具體的, が卷き起された, が始ま, が始まる, が嫌ひで, が展開, が歐洲, が濟むと, が續, が起つ, が起り, が起る, が頻, その中, その時, たり, てかの露, てこれ, てその, てつ, てわが, て位, て兩軍, て少年少女, て居, て彼等心, て海, て熔巖, て罵, て脂, て辛く, て首尾整, ながらその, などの起る, などは, などは御用聞, など古今, など無用, にかつべし, にだけはならん, については地, にでもなり, になぞなつちや, にならう, になり, になりけれ, にのぞめる, には爭, にばかり沒頭, により, に倦んだ, に口, に夢中, に深, に渇い, に立まじる, に落ち, に血, に譬, のあ, のあつ, のありし, のうち, のため, の七八日, の中, の基, の如き, の始め, の嫌ひな平次, の嵩ずる, の後, の後彼等, の池月野郎, の火の手, の爲, の生活, の糸口, の絶, の絶えた, の言句了, の起る, の隙, の餘波, の馬鹿, はこんなにも, はしだいに, はせん, はどう, はひい, はフィレンツェ, は一, は一三〇〇年, は何, は何ん, は何處, は次第に, は止む, は激し, は益々, は瞬時, は短い, は續, は要, は麻痺, ひそかに, また私, やうが, わづら, をいへり, をかたる, をこ, をなだめ, を始めた, を始める, を嫌つて, を專ら, を少く, を指す, を捲き直す, を歌, を止めませんでした, を止めよう, を比喩, を決せし, を爲さ, を生じ, を續, を續けた, を聞い, を聞き流し, を聽, を蒔く, を諫めんため, を起さざりし, を起す, を遠慮, ピサの, フィレンツェ全市を, 一つなし, 一二八八年ピサを, 乍ら水槽の, 亂世の, 人は, 兄弟親子疎遠に, 卑劣なる, 即ち異端, 及びその他, 合つてやつと, 合つてゐた, 合ひ, 合ふ, 園を, 多き市, 大に, 奪つて, 心が, 戰の, 戰は, 戰ふ, 日月と, 最後の, 機を, 止めしかども, 民間より, 氣に, 片時も, 狂ふ, 狹隘の, 獄に, 王覇の, 甲斐も, 皆權勢, 等により, 給ふも, 絶ゆる, 聽き, 若し茲, 萬壑怪を, 遂に雙方ピストル, 雄者が, 集つて來て, 雌雄を, 難いの, 難いもの, 難かるべし, 難き事實, 騷ぎ終に, 鬪ひ

▼ 爭~ (108, 9.7%)

5 可から 4 ことが, やうな, 餘地も 3 のである, のを, やうに, 者は 2 ことに, ことを, を, 事は, 二つの, 可き, 所は, 樣に, 聲を

1 [61件] うちに, が故に, ぞ富, にいたらん, にすぎない, に及び, に於, に足る, に過, のだ, ので, のみならず, のみの怖, のも, の時期, の決意, の進境, はずみに, は何ぞ, は危, は是, は獨, ほどに我等, をみる, を得ず, を見き, を許さぬ, 中へ, 亂鬪を, 事も, 二人平次は, 人なけれ, 位の, 價値が, 兩軍の, 力も, 十萬の, 危ない場面, 口實は, 可らざる, 型には, 場合などを, 境にも, 始末聞き知ら, 心に, 意志が, 戰鬪の, 所の, 所へ, 所主義の, 手術の, 折柄奧の, 捨吉, 時代を, 時大岡殿コリヤ兩人共默止と, 樣な, 正確な, 水かけ, 石原の, 石火光中に, 餘地の

▼ 爭~ (61, 5.5%)

2 つ, 本位と, 説くには, 避けて

1 [53件] して, しなければ, なさむとするとき, なしたり, まもり居たり, やつても, わが民, 主張する, 二雄の, 云ふも, 傳聞し, 免れしむるをうるや否や, 兩者もろとも, 利用し, 原則と, 又戰鬪, 受けないで, 好まなかつたといふ, 好むの士, 尚べ, 廢し, 思ひ寒い, 惹起す, 惹起する, 意味する, 手中の, 拔けて, 是認する, 期待し, 本位として, 本當, 根絶すべく心せよ, 概略しか, 爲さない, 生じたが, 生ずる, 祝福する, 繼續する, 續けて, 見るに, 許さい, 試みる意, 試みんと, 語る, 説くこと, 買つて出た, 起こし唐廷, 起し内, 迎へ, 釀した, 釀せる, 除き利, 高めんずる

▼ 爭つて~ (59, 5.3%)

7 ゐるの 4 ゐた 3 ゐる 2 ゐたの, ゐるところ, ゐる聲

1 [39件] その一箇所, その成績, その母親, その美, はね除け突き破り再び, は双方, は村, また地面, やれ柊人形, るやう, ゐたし, ゐた事, ゐた二人, ゐた勢, ゐました, ゐるもの, ゐるらしいけは, ゐる愉快, ゐる時, ゐる時代, ゐる番頭, 下る流れ, 傷つけ永, 出たいま, 口惜しまぎれ, 居たの, 居た天童太郎, 居つた其時代, 居ました, 居るうち, 居るの, 居る男, 居る而, 敗れ其權利, 溯り又, 萌え出で, 誤譯だらけ, 離さず, 駈け出して

▼ 爭~ (53, 4.7%)

3 ために

1 [50件] いきほひで, ことスタティウスの, やうに, ゴールを, ピッチが, 上に, 世に, 中に, 主要なる, 位置に, 備せよ, 傾向が, 優勝を, 優勝者たる, 劣敗者たる, 勃發し, 勸告なり, 原因にな, 基と, 場景の, 大敵として, 形を, 悲壯なる, 時代である, 未だ激烈, 活力と, 漸く激烈, 激しい時代, 爲めに, 盛な, 相手に, 種を, 終りを, 結果だ, 結果原料なる, 舞臺が, 舞臺で, 苦痛は, 行はれた, 裏面には, 解決は, 記録なら, 記録なりとの, 誘因と, 起るべき道理, 起るもの, 路程これより, 途でなけれ, 運命あり, 鬪爭場に

▼ 爭~ (53, 4.7%)

4 ねば 2 うとは, なければ, 出來

1 [43件] ああ云, うと, この新, ざりき, ざりき爭, ざりしを, ざりし頃, ざるべからず, しめ其の, ない, ないやう, なかつた, ぬの, まだ, まだ續, れず天際, れず姿形, 一層の, 中, 乃ち伯の, 全くの, 全く力次第, 前二者に, 勝利敗北いづれ, 募つて, 唐の, 國民的勢力の, 始まりぬ, 實に, 尤も委細, 平次にも, 後世の, 息む, 此後に, 激しく荒く他, 無用である, 無益である, 無駄である, 秦以前において, 終結する, 總て, 起らずに, 防がれた

▼ 爭~ (41, 3.7%)

2 あつた, かこれ

1 [37件] かおん身, かこと, かさる, かとつぶやきつ, かベルナルドオ, か人, か偏僻頑陋, か名, か心, か我, か捨てさせ, か斯, か是非, か歌妓, か此, か此儘, か汝, か猶, か知ら, か能, か行く, か酒, ラヴし, 天道憐まさらん, 左樣な, 彼の, 怒る可, 手込に, 揚げました, 斯る, 此惡漢を, 物かはと, 眞先に, 知るべき盃, 私の, 肉が, 薯汁飯を

▼ 爭はれぬ~ (22, 2.0%)

3 事實だ, 事實である

1 [16件] し我が, と思ふ, は年齡, もので, ものと, ものなり, やうに, 事實で, 事實で有る, 北である, 明著の, 米國の, 粗野な, 者かな, 處女らしい, 證擔は

▼ 爭~ (20, 1.8%)

2 てゐた

1 [18件] ている, てお, てこの, てたじろがざる, ても勝つ, てゐる, て乘客爭奪, て到頭, て勉強, て投じ, て昂騰, て獎勵, て見る, て言, て飛ん, ながら悲壯, 人種と, 人間は

▼ 爭~ (20, 1.8%)

2 對し, 意ある

1 [16件] うちかつて, して, なりました, まかすこと, 二勇士の, 依り其勝敗, 就ても, 彼を, 復た, 打ち勝つて, 打勝つこと, 於ては, 歸す, 當嵌め, 負けるから, 飽く迄勝

▼ 爭~ (20, 1.8%)

7 ない, り 2 ないの 1 ない自分, なかつた, ぬ事實, りとの

▼ 爭うて~ (18, 1.6%)

3 その肉 2 席を, 病犯を

1 [11件] 乘る, 其大きな, 其腦を, 啄いた, 嫁の, 安臥する, 手を, 散策野遊を, 相鬪, 色々な, 騷いで居る

▼ 爭~ (14, 1.3%)

1 [14件] あつて, かうじて, それにとも, はげしくなつ, 俺を, 女王國の, 始まる, 定まると, 彼等の, 激しくなる, 烈しいから, 眞面目な, 行はれた, 起る

▼ 爭つた~ (14, 1.3%)

2 ことで

1 [12件] が結局おかみさん, ことが, ことを, という鳥類物語, とき酒の, ところで, とする, など, ばかりに却つて自分, ものと, やうな, 際に

▼ 爭へる~ (14, 1.3%)

1 [14件] ことありし, こといづ, ため一二五九年シエーナ人刺客を, なり, にアナスタシウス, もの, 一局處の, 一局部の, 巨人の, 時ゼウスの, 者, 者の, 者を, 身の

▼ 爭~ (12, 1.1%)

1 [12件] なるの, めんと, 不和とは, 云ふ, 云ふも, 優勝劣敗を, 學術上の, 煩悶と, 矛盾とに, 肺腑を, 長話, 鬪常に

▼ 爭する~ (11, 1.0%)

1 [11件] ことが, ことによつ, ことを, といふやう, とも言, のである, の位置に, の状況, 上から, 氣持などは, 計畫

▼ 爭ひし~ (11, 1.0%)

1 [11件] がローマ方, が一座, が其暴力, もおなじ, より事, を聞居たる者, 一條の, 中双方錆刀, 人の, 低きイタリア, 時に方

▼ 爭~ (9, 0.8%)

1 たり, たりし, たりした, たりする, たりそねん, たりひとり, たり辯護士, ちや事實上打ち切, ちや二人ともど

▼ 爭ふこ~ (9, 0.8%)

3 と勿 1 とあるべく, との出來, とは出, とは絶對, ともなりません, と恰も

▼ 爭ふべからざる~ (9, 0.8%)

2 事實である 1 こと, ことである, ことなれ, 事實であります, 事實なるべし, 威力と, 形而上論は

▼ 爭~ (8, 0.7%)

1 人を, 免かるべき, 惡を, 我子にを, 是が, 殺さるべきやと, 罪に, 譯は

▼ 爭~ (7, 0.6%)

2 ごとを 1 がたい衰え, ごとが, ごとの, にじーっと, をし

▼ 爭はれない~ (6, 0.5%)

1 ことです, ほど似た, ものだ, もので, 事實だ, 事實で

▼ 爭ひと~ (6, 0.5%)

1 か金, なりし, なり多く, なること, はた, 謗りとの

▼ 爭ふて~ (6, 0.5%)

1 之を, 提議したる, 政友會に, 海軍海事の, 良心を, 逃出す

▼ 爭ふと~ (6, 0.5%)

1 なれば, はいひ, も河原, も遁, 一人の, 假想する

▼ 爭ひな~ (5, 0.4%)

21 し吾, どしたる試し, どの時

▼ 爭ひも~ (5, 0.4%)

2 しなかつた 1 この晩, して, 又何等

▼ 爭ふべく~ (5, 0.4%)

2 もない 1 もあらじ, もありません, も無い

▼ 爭~ (5, 0.4%)

1 つまりは, 又人間, 嫉妬も, 結末を, 言語の

▼ 爭はず~ (4, 0.4%)

1 とも最早, に捨て置く, に李勣, 暴き中

▼ 爭ひたる~ (4, 0.4%)

1 も曾, 所以なり, 若き, 諸代議士

▼ 爭~ (3, 0.3%)

1 は, ひせし解, ふも詮方

▼ 爭はん~ (3, 0.3%)

1 とする, とはせざりき, と爲

▼ 爭ひかね~ (3, 0.3%)

1 て悄然, て靡か, て顏

▼ 爭ひで~ (3, 0.3%)

1 あつた, はなく, もした

▼ 爭ふか~ (3, 0.3%)

1 と云, ひなく敗訴, 不屆者め

▼ 爭へり~ (3, 0.3%)

1 此は, 而し, 賠償すでに

▼ 爭意識~ (3, 0.3%)

1 が燃え上がるらしく, が生長, を離れ

▼ 爭~ (2, 0.2%)

1 ものである, 形で

▼ 爭うた人々~ (2, 0.2%)

2 が多

▼ 爭そはん~ (2, 0.2%)

1 も甲斐, も益

▼ 爭つた相手~ (2, 0.2%)

1 が御座います, はそれ

▼ 爭といふ~ (2, 0.2%)

1 ことである, ことに

▼ 爭なる~ (2, 0.2%)

1 ものに, ものは

▼ 爭には~ (2, 0.2%)

1 ならないかも, 全力を

▼ 爭はずし~ (2, 0.2%)

1 て一旦, て天下

▼ 爭はせる~ (2, 0.2%)

1 ことも, のも

▼ 爭ひあり~ (2, 0.2%)

1 しもアテナ, てアルバ倒

▼ 爭ひ居し~ (2, 0.2%)

1 が安五郎, 體ゆゑ立寄し

▼ 爭ふところ~ (2, 0.2%)

1 に命運汝, へ上

▼ 爭ふべき~ (2, 0.2%)

1 にもあらざる, もので

▼ 爭ふべきで~ (2, 0.2%)

2 も無く

▼ 爭ふも~ (2, 0.2%)

1 のの, 益なき

▼ 爭へば~ (2, 0.2%)

1 爭ふも, 結局今云つた

▼ 爭~ (2, 0.2%)

1 集會に, 青年の

▼ 爭場裡~ (2, 0.2%)

1 で走り, に立つ

▼ 爭活動~ (2, 0.2%)

1 の潮, の足並

▼ 爭~ (2, 0.2%)

1 でないが, でなく寧ろ

▼1* [164件]

あまねく其中に, 爭ありしが吾等, 爭いがあつた, 爭いに他の, 爭うて立ち交つて居る, 爭うのはけっして, 爭およびそれから, 爭かをそな, 爭がくツ附いて, 爭さうに番頭久兵衞は左右, 爭された自分の, 爭した程である, 爭しなくてはならなくなる, 爭しませうか, 爭すれば一種, 爭せしめんと, 爭せしめ而し, 爭せられし時座に, 爭せられ得ない如何なること, 爭ってパーヴェル・パーヴロヴィチの, 爭つたつて取り返しはつきません, 爭つたのが原因, 爭つた上州屋の周太郎, 爭つた事もある, 爭つた戀と慾, 爭つた揚句ほんの少し, 爭つた揚句家を飛出し, 爭つた揚句拔き合せると, 爭つた樣子もなく, 爭つた當分だつたので, 爭つた系圖を出世, 爭つた練達無比の男, 爭つてこれを飮む, 爭つてそれを拾つた, 爭つてるんです, 爭つて乘り強い, 爭つて人を殺す, 爭つて前に出, 爭つて呼びとめては買つたもの, 爭つて咲き亂れて, 爭つて土産物を貰, 爭つて席を奪, 爭つて彼をとる, 爭つて成功して, 爭つて手のある, 爭つて揉拔れて, 爭つて新芽をふき出し, 爭つて日光を吸, 爭つて日頃仇敵の思ひ, 爭つて毒藥の果し, 爭つて漁船に乘つて島, 爭つて生存して, 爭つて腕力沙汰にも及ばう, 爭つて自分につける, 爭つて輕粉を以て顏, 爭つて針鼠を取らう, 爭つて顏を出す, 爭つて風除の布, 爭つて首筋へ群, 爭できるぞ, 爭とかさう, 爭とに及びそれからまた, 爭との幾千年後, 爭とは殆ん, 爭とやおも, 爭なりと斷じ, 爭において皇國海軍の, 爭になつて行つた, 爭による勞働者の, 爭はうとして苦悶, 爭はず八五郎と一緒, 爭はず迫つて來るもの, 爭はず金子を返し, 爭はず閾の如く, 爭はれぬ肖似を認識, 爭はれねえんもんです, 爭ひあつてゐた, 爭ひあらしむわれこ, 爭ひありきまた凡て, 爭ひか高利の, 爭ひきしかれども棕櫚, 爭ひける中茶屋の, 爭ひごとをし, 爭ひしげき世に交, 爭ひしとて詮方, 爭ひするところで, 爭ひせし後は, 爭ひたればさらに, 爭ひだといふことぐらゐ, 爭ひつづけるのであつ, 爭ひつ日輪の, 爭ひでなければならない, 爭ひで實に苦々しい, 爭ひで弱者がほろび, 爭ひといは, 爭ひと對立の續, 爭ひどころの, 爭ひなくして無事, 爭ひなれば猶, 爭ひましてこの, 爭ひましたがや, 爭ひますぞ, 爭ひやみたりと聞き, 爭ひより友達子供等が久八, 爭ひらしかつた, 爭ひゐたりし, 爭ひ入り來る, 爭ひ兼ねて潜戸, 爭ひ別れたる日を, 爭ひ勝つべく弱き者敗るる, 爭ひ居たしかば扨, 爭ひ居たるゆゑ文右衞門は, 爭ひ居る折から, 爭ひ怒濤と, 爭ひ死して蜘蛛, 爭ひ立ち既に喧嘩, 爭ひ立ち並び圍んで, 爭ひ走りて, 爭ひ起りて互に, 爭ひ進みて願はく, 爭ふかたち猿なれば, 爭ふごとき聲聞えし, 爭ふために來, 爭ふつもりは, 爭ふといひしなども, 爭ふとき母親も, 爭ふならばそ, 爭ふべからずとせ, 爭ふべからずして而, 爭ふべからぬものと, 爭ふより今, 爭ふ如く鬪へ, 爭より來れる, 爭ずに, 爭われないものだ, 爭われぬ事實だった, 爭われんものだ, 爭わんとした, 爭ニ眼ヲ蔽ヒテ何ノ所謂科學的ゾ, 爭ハス孜孜怠ラス遂ニ, 爭ハン今ヤ國家, 爭ヒテ私人生産業限度ヲ超越セントスル奮鬪心, 爭ヒテ認メラルベキ將來ヲ假想スルノ, 爭フガ如キハ資本ノ乏, 爭フ制度ハ沈默ハ金ナリヲ信條トシ謙遜ハ美徳ヲ教養セラレタル日本民族ニ, 爭專ラナラシムルコトモアルベキヲ以テナリ, 爭併呑の結果, 爭即ち神の, 爭善惡正邪信疑空有, 爭怪鳥の糞, 爭悟らざるものあるべき, 爭愈々顧みられなくな, 爭斯くは湧き起る, 爭時代となつ, 爭殊に外國車の, 爭激烈であつ, 爭激甚の社會, 爭疼痛の感覺, 爭痛く迫り來, 爭相手でしたが, 爭聯合などいふ, 爭自然淘汰優勝劣敗適者生存更らに進ん, 爭調停の方法, 爭財産私有の今日