青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「知った~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

矛盾~ ~矢 矢~ ~矢代 矢代~ ~知 知~ ~知っ 知っ~ ~知った
知った~
~知ってる 知ってる~ ~知つて ~知ら ~知らず 知らず~ ~知らせ 知らせ~ ~知らない 知らない~

「知った~」 2844, 31ppm, 3802位

▼ 知った~ (555, 19.5%)

92 である 50 です 3228 であった 21 だが 18 だった 12 ですが 11 であるが, はその 9 でした 8 か, では 6 であります 5 であるから, であろう, であろうか, でしょう 4 でございます, は, はこの, はそれ 3 じゃ, だそう, もその

2 [18件] だから, だよ, でありました, でも, はずっと, はその後, はそれから, はまだ, は二十三日, は去年, は彼, は彼女, は或, は既に, は明治二十三年, は私, もそれ, を幸い

1 [168件] かあるいは, かおとなしく, かだしぬけ, かまだ, かもしれません, か今, か内野さん, か判りません, か手薄, か監獄, がいつだった, がお前, がその, がちょうど, が五年前, が北アルプス, が午後六時, さ, じゃな, だからねえ, だきさまら, だきみら, だったが, だと, だね, だろう, だろうか, だろうと, であろう朝晩, であろう白い, でございました, でござる, でしたが, ですから, ですけれども, ですね, ですよ, です夫, でなく戦わざるうち, でなく独立, で御座います, で御座いますからね, はあたりまえ, はあなた, はいい, はいつ, はいつごろ, はおれ, はかなりたった, はかの, はけだし, はこんど, はごく, はしばらく, はたしかに, はたった今, はちょうど, はつい, はどういう, はどんなに, はほんの, はもう, はやっと, はよほど, はわたし, は一つ, は一九三〇年, は一人, は一高, は三州, は三日目, は三月前, は中年期, は事件, は二十六七日頃, は二親きり, は五歳, は今, は何時, は例, は備前福岡城, は僕, は僕たち二人, は全く, は八月十八日, は六十日, は其の, は其夜, は再び, は初めて, は勝家, は勿論, は勿論余り, は十三四, は十幾つ, は四五日前, は四人, は四日前, は四月二十三日土曜日, は国, は城介, は壇, は夕方, は多分, は大, は大した, は大巻, は大正十一年七月, は奇縁, は実物, は宮戸座, は家, は小学校, は山中, は峰淵車之助, は年, は幸い, は弟, は当時, は彼ら, は情けなかっ, は愛妾, は戦争, は新聞人, は明治九年, は明治二十五年, は明治四十三年, は明治四十五年, は昨年, は更に, は東洋, は極, は次, は残念, は氏郷, は永い, は淋しい, は漸く, は無論, は生れ, は競子, は総監, は翌日, は議会, は足かけ四年前, は長い, は雑誌, は馬籠, は駿河台, は鳩居堂, も, もその後, もそれから, もはじめて, も好都合, も妾, も旅, も此時, も殆ど, も生れ, も真紀子, も石川, も老年, も麦笛, を好い, を恨めし, を賞め, ッそり頬被を

▼ 知ったこと~ (344, 12.1%)

103 では 75 じゃない 2413 じゃねえ 8 だが, であるが 5 じゃありません 4 じゃないです, じゃア 3 であった, である 2 かい, じゃあない, じゃねえや, ですが, はその

1 [84件] かい貴様, かだまれ, かとそんな, かと威張り返っ, かと業腹, かと突き放す, から人生, がすぐ, がせめて, がない, がわくわく, が可, が多く, が私, じゃあありますまい, じゃあございません, じゃあねえ, じゃある, じゃあるまい, じゃな, じゃなく, じゃなし, じゃ無い, じや, だ, だけでも大きな, だけれど, だった, であったが, でありません, であるまい, でかれの, でございますが, でしたが, でしょう, ですかい, ですて, でその, でない, でないあちら, でないこう, でないし, でないよう, でない田山白雲, でない老眼, でねえだ, でも, で同, で当時御成街道, で無常, といえ, と思う, なので, にはね, の一つ, の恐ろし, は, はこれ, はそれ, はとかげ, はどれ, はない, は一時, は上海, は全く, は命婦, は工場, は当然, は改める, は次, は父, は目張り, は私, は自由, も思い出され, も感興, も次郎吉, も欣, をここ, をわざと, を同時に, を思出, を行, を語りました

▼ 知った~ (120, 4.2%)

4 にお 3 にかれ, のこと 2 には, に女, に私, に長三郎, のよう, の彼, の私

1 [96件] からこの, からその, からです, からほとんど, が思え, この大, この頑丈, そして全, その喜び, その心, その魔力, である, どんなに仰天, どんなに驚いたでありましょう, にあの, にあれ, にという事, になっ, になんとなく, にはきまり, にはこの, にはもう, にはものたりなかっ, にはよし, には仰天, には信頼, には困った, には宗教, には実際, には思わず, には既に, には死にたい, には私, には見る, には話, には酒, にふたり, にもさして, にもジャヴェル, にわたくし, に周囲, に始まった, に屹度, に彼, に御息所, に恐らく, に歯噛み, に絶望, に自分等, の, のお, のわたくし, のトオサン, のマタ・アリ, の俺, の半蔵, の夏, の彼女, の悲しみ, の我々, の数間, の狼狽, の陽気さ, の驚駭, は, はあたり, はきっとのそのそ, はじめて秘密, はすぐ, はどんな, はまさに, はまだ, はもう, はわし, はシャーロック, は余り, は半蔵, は唖然, は圧倒, は実に, は実地, は廊下, は彼, は思わず, ほとんどその, まさしくすべて, よりもつらい, 初めて, 如何に之, 心から感謝, 成る程, 新八郎, 極力気もち, 況してや, 突如狂気, 老聖人

▼ 知った~ (97, 3.4%)

3 の家, もあります, もない 2 のいない, のよう, の名前, の顔, はありません, はない

1 [76件] があっ, があら, がある, がいなくなっ, がない, がなかっ, が一人, が一瞬, が声, が多い, が多勢, が少い, が最近, が来やしなかった, が演奏台, が見りゃ, が訪問, が通った, だ, だけが集っ, だったの, であったら燧, であり一, でもお, でも遊び, で家, で非常, と人, と見え, ならば, にあう, にあったら, にくれ, にでも誰, には会わないだろう, には滅多, によく, に会いませんでした, に出会っ, に用, に縫わし, に艶, に行, に見せれ, に訊かれる, に遇っ, に遇った, に顔, のところ, のみならず自分, の中, の多く, の姿, の死, の無い, の言葉, の評, の鼻, は, はいくら, はいない, はございます, はなかっ, はなく, はむかし, は病気, は這入っ, は青銅鍋, ばかりだ, へ吹聴, もあっ, も横, よ, らしく見える, を一人, を害し能わず

▼ 知った~ (78, 2.7%)

2 この時, ために

1 [74件] あの淀川舟, あまりにも, いつも駕籠, うっかりわめい, かの女, かれは, この花, これは, しかしそんな, しかし阿, その抽斗, その日, その時, その言, それでその, それと共に, それにしても藤野先生, それは, それも, それを, それ以来彼の, そんな事件, ためである, まだ訪ねる, もう千日前, やはり冷然, よくある, わずかに, わたしの, 丁度幸い, 三つ位しか, 不思議だ, 二人とは, 今の, 今もし, 其他の, 其当時は, 別段驚かなかった, 勿論素早い, 北支へ, 唯一の, 四十二歳だ, 大学の, 大胆な, 妾じゃ, 庭園の, 当人の, 恐らくは郷土史, 悲しいこと, 捕らえるつもり, 敗戦の, 敵軍を, 既におそかっ, 日中何となく, 是で, 智的快楽は, 更に両親, 最後その, 最後みすみす, 毛布を, 沿岸の, 生まれた日, 生来餅, 病久しぶりで, 登場俳優は, 知らぬ者, 石山氏は, 紫と, 肯かれん, 自分に対する, 自分永年の, 逃げること, 鰊の, 黙阿弥が

▼ 知ったもの~ (75, 2.6%)

4 はありません 3 だから 2 か, ですから, でなければ

1 [62件] かその, かね私, か九州天草, か伝六, か強, か恥じ入る, か松浦頼母, か神妙, があっ, がありません, がある, があるで, がいかに, がうまく, がございます, がない, がなかっ, が始め, が途中, こそつよい, じゃない, だが, である, であろう, であろう男, でしたから, でとうとう, では, でも呼ん, とみえる, と思っ, と知らぬ, と見え, と見える, と言うべきである, なら, ならちょっと, にとっては幾多, にね, にはどうも, には指し, にまるで, に何で, に夜中職人, のうち, のところ, のみあろう, のよう, はいなかった, はござりますまい, はその, はつねに, はない, はなかっ, はなく, はなし, は何人, は因縁, は必ず, もない, らしい, をつれ

▼ 知った~ (69, 2.4%)

6 見えて 4 みえて, 思って 3 思った 2 いう, なると, 云う, 云っても

1 [44件] ある, あれば, いうだけ, いうだけの, いうので, いうべきであろう, いっても, がでは, くる, したならば, したら, したらさだめし, したらそれ, すれば, みえます, みえる, みえ明り, みえ番兵, みえ矢倉, 云い同類, 云うこと, 云うの, 云う事, 云える, 云って, 切り出しては, 思うの, 思う人, 思う画家, 想像する, 感じ彼女, 書くだけ, 気付いたならわれ, 聞くが, 見え, 見える, 見えるな, 見え早, 見ゆ, 言いある, 言いながら, 言う, 言うべきである, 言って

▼ 知ったので~ (68, 2.4%)

3 その日 2 ござりました, 仕事を, 嬉しかった, 急いで

1 [57件] あわてて, いいと, おじいさんは, これは, さよう, そこで七郎, そのとき, そのわけ, それに, それまでには, たわむれに, だんだん聞い, つれて, にわかにムッと, ひきさがろうと, もういたずら, もう出発, もしポチ, ドリアンを, ホールボーリン岬を, 一人の, 上さんに, 今迄よりも, 代々木荘から, 例の, 像に, 千代を, 口を, 君の, 安心し, 寺でも, 帰る途中, 府中へ, 彼は, 後から, 後は, 怒って, 急に, 憎むべき二人, 我々は, 我が家に, 政党や, 日吉でございます, 最初立ち止った, 最後の, 有名な, 朱に, 権之, 母が, 生きた気もち, 私は, 翌日から, 自分に, 自分の, 途中に, 金兵衛は, 驚いて

▼ 知ったから~ (62, 2.2%)

12 である 11 です 4 であった 3 だ, だった 2 であります, では

1 [25件] あまり飲み過ぎない, いよいよわな, かねて果心居士, それっきり私も, それに, だという, だよ, で, でうしろ, でこの, でございます, でも, なの, なんだ, やって来たん, わざとお, 前世の, 太郎に, 妻の, 手向いを, 政府に, 本当の, 胆を, 諸群惑を, 黙って

▼ 知ったとき~ (58, 2.0%)

2 その男, どんな異常, には私, の驚き

1 [50件] から彼, こうして一つ家, この董, さっそく花束, しばらく躊躇, すぐ執行停止, その露覚, それからまたこの, たまらない恥ずかしさ, とたんに感じた, なにしろ絶好, にこれ, にそこら, には, にはかなしみ, にはむしろ, にはもう一層, には思わず, には我身, には鶴さん, にほんとう, に信じられない, に全く, に六七年前, に半, に彼女, に彼女自身, に鉄作, のある, のかれ, の勝頼, の女王さま, の方, の紳士達, はさすが, はしなくもここ, はすでに, はそれ, はどんなに, はもう, はスパイ, は水夫, は流石, もう浅吉, もやはり, より辛い, 思い切って, 恐ろしく冷やか, 真に生まれ, 顧みて

▼ 知った~ (56, 2.0%)

14 では 13 じゃない 2 か, かえ, じゃねえ, じゃア

1 [21件] かい, が災難, じゃありません, じゃなかろう, じゃなし, じゃ御座んせぬ, だけれ, っちゃ, でない, でも, なン, の一つ, は一日, は前, は有りません, は決して, や思う, を完全, を忘却, を申し上げる, 知って

▼ 知った~ (56, 2.0%)

5 はない 4 があっ 3 がない, はありません 2 ならば, はございません, はなかっ, はなく, もない

1 [31件] がある, があるだろう, がいない, がいなくなる, がなかっ, がひかえ, がみんな, が只今, が国立出版所, が多勢彼処, が無い, が球突屋, が自分, すらない, であると, でなければ, では, でも, なんか一人, のあろう, のいない, はございませんでした, は一人, は多い, は幾人, は必ずしも, は恐らく, は有りません, へはほぼ, もありませんでした, を出しました

▼ 知ったよう~ (47, 1.7%)

5 な気 43 な顔 2 なわけ, に思った

1 [31件] だ, です, でまだ, で奥床しい, なとき, な事, な人, な判らないよう, な口, な名, な心, な次第, な訳, な風, にこれから, にふりむいた, にわざ, に個人的稀少性, に僕, に城太郎, に変化, に彼, に思いました, に思う, に思われる, に急, に感じた, に日, に父, に盛, に眼

▼ 知った~ (44, 1.5%)

2 は一つ, もある, をする

1 [38件] があった, がない, がなく, が一人, が一人二人, が多い, が振り返っ, が見えません, が重り合う, だから, ではない, ではなく, で近所つき合い, には会いませんでした, に会います, に会う, に会えへんやろ, に会わん, に出っくわす, に岡本, に挨拶, に逢う, はなかっ, はなく, は一人, ばかり, ばかりで, もそこ, もない, も少ない, も幾個, をひろっ, を幾つ, を物色, を見せる, を見つけ, を見つけた, を見出した

▼ 知った~ (31, 1.1%)

2 それが

1 [29件] こたえて, すぐ翌, そういっ, その内容, それも, たじたじと, どうか, どうかわかりません, なすところ, ッ, 三十五頭の, 丸くなっ, 何たる卑怯, 何故殺した, 侍は, 分らない, 奥の, 存じませんが, 弦之, 彼は, 復も, 手紙で, 早矢, 楽屋いちょう緋縮緬おしろい塗りかけた, 武蔵を, 毎年大阪の, 知らぬか, 神妙に, 顔色変え

▼ 知ったという~ (31, 1.1%)

3 のは 2 ことや, のである

1 [24件] ことからでも, ことが, ことであります, ことの, ことは, その暗闇, のかね, のです, はじまりなん, ような, わけ, 事である, 事は, 噂を, 昔話が, 有様な, 画家すら, 経験を, 罪条で, 苦悩が, 話を, 道行を, 類の, 風に

▼ 知ったわけ~ (27, 0.9%)

6 では 4 です 3 だ, である 2 なの, なん 1 がない, だが, だね, でも, のもの, は彼, を話した

▼ 知った~ (21, 0.7%)

64 です 3 ですか 2 だが 1 じゃありますまい, だから, だよ, ですからな, ですが, ですもの

▼ 知った~ (21, 0.7%)

1 [21件] からにはいよいよ, からは助け, でありませんと, でお, での落筆, でペテン, で今, で余, で彼女, で無礼, で猶, で私たち, で考えれ, で裏切る, で言う, にあがった, になぜ, の事, は何, は少し, は捕りにがしたら

▼ 知った~ (17, 0.6%)

1 [17件] が出る, が執拗, だ, なら, にそう, に逢う, のからだ, のそれ, の体, の名, の心, の方, の様子, の顔, は職業, をそれ, を呼んだ

▼ 知っただけ~ (15, 0.5%)

4 では

1 [11件] あらい浚いぶちまけ, だった, であった, でこの, でこんなに, でその, で原さん, で急, で竜, なの, よけい腹

▼ 知ったところ~ (15, 0.5%)

1 [15件] から江戸, が本当, だから, でそれ, でそんな, でどの, で他人, によれ, に依る, は犬養健, は金, へ行く, をみんな, を蒐め, 元将伯顔

▼ 知った~ (14, 0.5%)

2 銀様は

1 [12件] げんは, 兼さんは, 勝手口から, 友達, 喜多は, 春は, 紋は, 翁さんみたいな, 茶人が, 藤ひそかに, 邸内に, 顔も

▼ 知った~ (14, 0.5%)

2 へ来

1 [12件] があっ, がありました, がなかっ, では下男, で人殺し, なので, の中, の人, の小母さん, の洋燈, はない, を二三軒

▼ 知った~ (14, 0.5%)

2 はない

1 [12件] がお出で, だけれども, だと, です, ですから, でも, に逢います, のはず, は, はありません, は葉書, もあろう

▼ 知った以上~ (12, 0.4%)

2 なおさら捨て 1 そのままに, どんなに怒る, はあやまっ, はいわゆる, はお松, はそれ, はもう, は和尚, は落雲館, やむを得ん

▼ 知った~ (12, 0.4%)

1 [12件] である, でさえも私, でも私, との分界線, にそれ, にも甘い, に始まる, に計画, に起こる, の二人, もそこ, も平静

▼ 知ったため~ (11, 0.4%)

1 [11件] であった, である, ではなかったろう, にどれ, にやたら, に凡て, に危険, に命, に著しい, の大きい, 最早戦闘

▼ 知ったばかり~ (11, 0.4%)

2 である 1 だ, であるから, であるという, でございます, ですから, ですぐ, でまだ, でも, なの

▼ 知った~ (11, 0.4%)

1 [11件] に困窮, の変心, の秘書, の驚き, はいたく, はすべて, はよく, は場合, は声, は父祖, は田舎

▼ 知った~ (11, 0.4%)

1 [11件] には一つ, はある, はいくら, はその, はそれでも, はついに何とも, はどんなに, は凡て, は憎む, は更生, は無念さ

▼ 知った~ (10, 0.4%)

1 だ, だから, だが, というもの, なの, にね細君, のヘンリイ・ウイリアムズ, の容子, の故郷, への恋慕

▼ 知った人々~ (9, 0.3%)

1 が一枝, が新た, だ, には大谷大学, の生活, はこんど, は多く, は思い思い, もずっと

▼ 知った~ (9, 0.3%)

1 から四, にこの, にはうんざり, にはたまらない, にゃこの, にゃア, にゃ汝, に見返り, はなかっ

▼ 知った人間~ (8, 0.3%)

1 が夫婦, が買った, に愛嬌, に遭い, のいば, の謙虚, はかならず, は兄

▼ 知った時私~ (8, 0.3%)

2 はなんだか 1 はくどくど, はまっさきに, はゴーリキイ, は一番先, は別に, は心

▼ 知った瞬間~ (8, 0.3%)

1 おどろくと, にはわたし, に同じく, に愕きのあまりヘタヘタ, に米友, は一寸, 両眼, 立てなかった足

▼ 知った~ (8, 0.3%)

1 からは両方, です, には男女, の印象, の彼, の私, はなお, も少し

▼ 知った~ (7, 0.2%)

2 違いない 1 したところ, しても, ちがいなかった, 過ぎないの, 過ぎなかった

▼ 知ったかと~ (6, 0.2%)

2 いうに 1 いえば, 云うに, 思われるほど, 押し返して

▼ 知ったからには~ (6, 0.2%)

1 ぜひとも出かけ, そして生き, ヘスペリディーズの, 又の日を, 生かして, 私も

▼ 知ったその~ (6, 0.2%)

1 日から, 日に, 瞬間早く, 自分の, 規則的な, 身は

▼ 知っただけでも~ (6, 0.2%)

1 これで, それだけ恐, それだけ独りよがり, 一般には, 彼には, 慎重に

▼ 知っただけの~ (6, 0.2%)

1 ことを, ものだ, 事を, 場所は, 心持ちから, 言を

▼ 知った最初~ (6, 0.2%)

1 であった, でそれ, の女性, の悲しみ, の情人, はわし

▼ 知った場合~ (5, 0.2%)

1 でもなお, にそれ, に起る, は今, は嫉妬

▼ 知った~ (5, 0.2%)

1 がある, じゃ, ですから, と見え, に会わない

▼ 知った彼女~ (5, 0.2%)

1 のおそろしい, の名前, は夫, は殆ど捨鉢, は狼狽

▼ 知った~ (5, 0.2%)

2 による 1 がなん, なんぞとは違った, によれ

▼ 知った時彼~ (5, 0.2%)

1 の唇, の眼, は喜ばしい, は息, は立っ

▼ 知ったとて~ (4, 0.1%)

1 これを, 人を, 嫉妬を, 甲斐は

▼ 知ったものの~ (4, 0.1%)

1 これから先, ごとくに, 所為に, 東国の

▼ 知った事実~ (4, 0.1%)

1 があった, こそ緊急事, である, はとうてい

▼ 知った~ (4, 0.1%)

1 から, の平和, は火, も我々

▼ 知った時自分~ (4, 0.1%)

1 の二十六年, はチェホフ, は和田さん, は泣い

▼ 知った様子~ (4, 0.1%)

1 がなかっ, で, です, で自分

▼ 知った~ (4, 0.1%)

1 が見える, であろうと, であろうとも, でおたがいに

▼ 知ったかという~ (3, 0.1%)

1 ことを, 事と, 疑点も

▼ 知ったからこそ~ (3, 0.1%)

1 いっせいに船待場, 横槍を, 言うが

▼ 知ったくらい~ (3, 0.1%)

1 だから, であった, でその

▼ 知ったぐらい~ (3, 0.1%)

1 であった, でまだ, な始末

▼ 知ったけれど~ (3, 0.1%)

1 そう分っ, その確証, 世は

▼ 知ったこッ~ (3, 0.1%)

1 ちゃあねえや, ちゃあねえよ, ちゃありゃ

▼ 知った~ (3, 0.1%)

1 その上自分, またこの, 又京

▼ 知ったせつな~ (3, 0.1%)

1 です, にふと, 小宰相

▼ 知ったとき彼~ (3, 0.1%)

1 の心臓, は他, は兄

▼ 知ったとしても~ (3, 0.1%)

1 その以後, それは, 実際は

▼ 知ったとたん~ (3, 0.1%)

1 にかれ, には残る, に君

▼ 知ったとも~ (3, 0.1%)

1 お言い, なく使う, なしに

▼ 知ったほどの~ (3, 0.1%)

1 もので, 性分に, 誰も

▼ 知ったもん~ (3, 0.1%)

2 だから 1 じゃけ

▼ 知った~ (3, 0.1%)

1 の心, の手, ばかりだった

▼ 知った当座~ (3, 0.1%)

2 のおどろき 1 も戦争

▼ 知った~ (3, 0.1%)

1 だ, の名, の糸屋

▼ 知った直後~ (3, 0.1%)

1 この部屋, には却って, に颯

▼ 知った~ (3, 0.1%)

2 だった 1 でした

▼ 知った~ (3, 0.1%)

2 では 1 なの

▼ 知ったあの~ (2, 0.1%)

1 時の, 晩の

▼ 知ったうえ~ (2, 0.1%)

1 でのこと, で相手

▼ 知ったかの~ (2, 0.1%)

1 ように, 様な

▼ 知ったかは~ (2, 0.1%)

1 全くおぼえ, 実に目覚しい

▼ 知ったからとて~ (2, 0.1%)

1 今に望む, 何を

▼ 知ったからは~ (2, 0.1%)

1 お気の毒, 拙者を

▼ 知ったくらいの~ (2, 0.1%)

2 もので

▼ 知ったけれども~ (2, 0.1%)

1 なおじっと, 如何とも

▼ 知ったここち~ (2, 0.1%)

1 がした, がします

▼ 知ったこっちゃない~ (2, 0.1%)

2 だまって

▼ 知ったこの~ (2, 0.1%)

1 家の, 黒岳山と

▼ 知ったしかし~ (2, 0.1%)

1 これだけ, わしには

▼ 知ったせい~ (2, 0.1%)

1 たかは, だろうか

▼ 知ったそして~ (2, 0.1%)

1 その炎, 自分が

▼ 知ったそれ~ (2, 0.1%)

1 が行わけ, に自分

▼ 知っただけで~ (2, 0.1%)

1 すまして, 満足したい

▼ 知ったとこ~ (2, 0.1%)

2

▼ 知ったのみ~ (2, 0.1%)

1 です, で正確

▼ 知った~ (2, 0.1%)

1 右の, 志丈ばかり

▼ 知ったはず~ (2, 0.1%)

1 だ, である知恵

▼ 知ったばかりの~ (2, 0.1%)

1 一日を, 悲しみの

▼ 知ったふう~ (2, 0.1%)

1 には言ってない, の人

▼ 知ったほど~ (2, 0.1%)

1 だった, であった

▼ 知ったゆえ~ (2, 0.1%)

1 その分, 駈けつけて

▼ 知った事柄~ (2, 0.1%)

1 はただに, へ引き寄せ

▼ 知った人びと~ (2, 0.1%)

1 の誰彼, はどの人

▼ 知った人達~ (2, 0.1%)

1 と離れ, になつかし

▼ 知った~ (2, 0.1%)

1 の待合, の都会

▼ 知った~ (2, 0.1%)

1 でもとより, なの

▼ 知った僅か~ (2, 0.1%)

1 な事実, な例

▼ 知った~ (2, 0.1%)

1 の大望, は自分

▼ 知った初め~ (2, 0.1%)

1 だ, であって

▼ 知った刹那~ (2, 0.1%)

1 そうする, のあの

▼ 知った千世子~ (2, 0.1%)

1 は何だか, は始終

▼ 知った友だち~ (2, 0.1%)

1 にむかっ, に向かっ

▼ 知った名前~ (2, 0.1%)

1 があった, でなかった

▼ 知った土地~ (2, 0.1%)

1 の方, はあまり

▼ 知った場所~ (2, 0.1%)

1 がない, にその

▼ 知った~ (2, 0.1%)

1 から嫉妬, が急い

▼ 知った子供~ (2, 0.1%)

1 が観衆, にはさき

▼ 知った~ (2, 0.1%)

1 がある, に行っ

▼ 知った~ (2, 0.1%)

1 ですもの, の今日

▼ 知った新九郎~ (2, 0.1%)

1 に不思議, は一日

▼ 知った新吉~ (2, 0.1%)

1 は, は貨車

▼ 知った時僕~ (2, 0.1%)

1 はつい, は実に何とも

▼ 知った時分~ (2, 0.1%)

1 に, の彼女

▼ 知った曹操~ (2, 0.1%)

1 のほう, は

▼ 知った有名~ (2, 0.1%)

1 なこと, な孝子亀松

▼ 知った~ (2, 0.1%)

1 の人, の人びと

▼ 知った栄三郎~ (2, 0.1%)

1 がこう, とびさがれば

▼ 知った~ (2, 0.1%)

1 で世の中, に僕

▼ 知った機縁~ (2, 0.1%)

1 からこの, を追想

▼ 知った次第~ (2, 0.1%)

1 じゃない, である

▼ 知った程度~ (2, 0.1%)

1 ですもの, では到底

▼ 知った範囲~ (2, 0.1%)

1 ではない, では自分

▼ 知った結果~ (2, 0.1%)

1 からだったろう, だと

▼ 知った自分~ (2, 0.1%)

1 の力, の部屋

▼ 知った萩乃~ (2, 0.1%)

1 の胸中, は手早く

▼ 知った限り~ (2, 0.1%)

1 ではない, でも前記

▼ 知った青年~ (2, 0.1%)

1 とでは女, は娘

▼ 知った~ (2, 0.1%)

1 だった, な妄言

▼1* [489件]

知ったあかつきに八橋, 知ったあとゆえ驚きはしなかった, 知ったあと伸子は心理的, 知ったある士官は, 知ったいちばん新しいこと, 知ったいのちの尊, 知ったおかげかも知れない, 知ったおじいさんが通りかかった, 知ったおとよの悲しみ, 知ったお家からねこ, 知ったかも知れないが, 知ったからかまもなく人影, 知ったからって皆人に, 知ったからにちがいない, 知ったがんりきはここ, 知ったきみがつねに, 知ったきりで別に, 知ったこっちゃないやなあ, 知ったこっちゃないんだから放っといて, 知ったこと感謝してるわ, 知ったこれにはアルト, 知ったころだ, 知ったこッちゃない放, 知ったしかるに政利に, 知ったせつなには半, 知ったためしはなかっ, 知ったため檻をむりにも下, 知っただけがむしろ悟り, 知っただけにしか過ぎない, 知ったでもあろうが, 知ったというのみの事で, 知ったというはそこな, 知ったというも過言でありますまい, 知ったとかいうので, 知ったときわが身のまわり, 知ったときハルクは拳, 知ったときフイリッポフに信仰談, 知ったとき一時はこれ, 知ったとき傍観するの, 知ったとき勘次は母親, 知ったとき吃りの殿様, 知ったとき嘉吉には自分, 知ったとき城中の重臣, 知ったとき彼女は哀れ, 知ったとき杉はこの, 知ったとき歓びは何, 知ったとき独り声を放っ, 知ったとき皮肉な満足, 知ったとき矢も楯, 知ったとき私どもは現代, 知ったとき翁はこの, 知ったとき自分を夫人, 知ったとき菜穂子は何, 知ったとき越前守は一度, 知ったとして保が, 知ったとたん裸かのまま浴室, 知ったとても人の, 知ったとでも云うの, 知ったとはお知らせする, 知ったなどと生意気な, 知ったなんらの希望, 知ったにもかかわらずわたし, 知ったのちもなお, 知ったはじめだ, 知ったはりまっせ, 知ったはりまんのん, 知ったはるとは知り, 知ったばかりに夷岐戸島の, 知ったひとの顔, 知ったひろ子は支配権力, 知ったふたりの嘆き, 知ったふりで喋っ, 知ったほぼ想像の, 知っため組はその, 知った同じわけ, 知ったもしどこかが, 知ったやつがある, 知ったやみの迷路, 知ったゆえ二度目に駕籠脇, 知ったよってふとな, 知ったよりも早かった, 知ったあの汗みどろ, 知ったわが家のよう, 知ったわけ田中三郎のこと, 知ったわたしに死んだ, 知ったアメリカはイギリス, 知ったイギリスのブルジョア, 知ったイレーネが悩乱, 知ったコケ共が多い, 知ったコーブは組み打ち, 知ったゴーガンと云う, 知ったナというと, 知ったバッハは一七二三年ケエテン, 知ったブルヴェーという囚徒, 知ったボーイ長の悲嘆, 知ったロオペ博士はただちに, 知ったロボの群れ, 知った一つの淵, 知った一同は, 知ったであの, 知った三つ四つの例, 知った三階へ上っ, 知った上人は多分, 知った上和助が主人, 知った上流階級の青年, 知った与八は説教, 知った与吉まさかあの, 知った両手にすっと, 知った中津川の浅見景蔵, 知った丹羽昌仙が望楼, 知った主膳はなんだか, 知った久助を先, 知った久米之丞, 知ったと兎, 知った亀山の町民, 知った事ちゃない此様, 知った事ッちゃないん, 知った事実以外のもの, 知った二三人がふと, 知った二人がふと, 知った五郎蔵たちの揚げた, 知った人さんから頼まれ, 知った人たちにあう, 知った人ッて皆貧乏, 知った人格者であり尊い, 知った人物から眼, 知った人道主義と本能的, 知ったも尚, 知った今日二十年の昔, 知った仏壇の中, 知った代りに現実, 知った以上僕をも下司, 知った以上塔の中, 知った以上容易にこれ, 知った以上私は誰, 知った以上詮議しても, 知った以上誰でも米, 知ったでご, 知った仲達は機, 知った伊太郎の仕業, 知った休み茶屋の奥, 知った伸子はモスク, 知った位西洋には稀, 知った佐橋は, 知った体操教師の御蔭, 知ったが秀子, 知ったの報知新聞, 知った侠客風の人間, 知った俊助は今日, 知った俊基はただちに, 知った信綱は諸, 知ったは逸早く, 知ったの坊, 知った八弥は一船あと, 知った内儀もはや真正, 知った内玄関のほう, 知ったへ寄らない, 知った処女栞のおお, 知った出入口から忍, 知った切りで別に, 知った初めての経験, 知った初鹿野伝右衛門の手勢, 知った利己主義の我利我利亡者, 知った刺客が徘徊, 知ったの三十何年間, 知った助手の小林少年, 知った十八九の町娘, 知った十六の春, 知った十四日から三日, 知った千浪はそのまま, 知った千鳴り太鼓がまた, 知った半蔵は庫裡, 知った単純化はそこ, 知った博物学の先生, 知った古墳ですが, 知った右大将家の人, 知った司馬懿はその, 知った司馬懿仲達が手, 知った同じ牢やの, 知った同僚は弁護, 知った同士が囁き合っ, 知った同志が喧嘩, 知っただね, 知った名将と同等以上, 知った名水で並木, 知った呂布は, 知った呉侯孫権の鬱憤, 知った呉服屋さんが来, 知った周瑜はすぐ, 知った商豪だが, 知った喜びも束の間, 知った四五年前にその, 知った四日の日, 知った団欒の楽しみ, 知った囲炉裏ばたの, 知った固定形式をことごとく, 知った土人軍は早く, 知った土窟の中, 知った地理によって夜, 知った坑内係長と一緒, 知った城内を斜, 知った大主典, 知った堅固な陸地, 知った塵労の初め, 知ったの秘密, 知った外国の未知, 知った外国人の豪い, 知った計代は, 知った作家文界の, 知った大久保石見守であり和田呂宋兵衛, 知った大広間の中, 知った大阪の土地, 知ったの方, 知った女どものある, 知った女中が教育, 知った女君はにげる, 知った女房が帰っ, 知った女房たちがいちどに, 知った女王はさすが, 知った女生徒はこの, 知った奴血祭りに, 知ったである, 知った始末でおじゃります, 知ったでお, 知った姿で, 知ったも見えず, 知った子爵は某, 知ったが, 知った孝助が躍起, 知った学校と社会, 知った学生のひとり, 知った安心とは彼, 知った宗清の部屋, 知ったであったが, 知った宮川筋を上っ, 知った家中は皆, 知った容子を見る, 知った宿だから, 知ったの囲炉裏ば, 知った小道から行け, 知った少女で話し, 知った少年たちはもう, 知った少年少女が世間, 知った尾山城ではただちに, 知った尾州家の邸内, 知った山城守さっそく用人, 知った峰丹波の部屋, 知った島田はすぐ, 知った川裳明神は女神, 知った左膳の落胆, 知った巧みな女, 知ったじゃねえ, 知った壇場の, 知った幕府の老中たち, 知った平安の都, 知った庄屋の長兵衛, 知った座敷の中, 知ったを通っ, 知った庭伝いに卵塔場, 知った庭先のほう, 知った庵主は胆, 知った廊下を歩ん, 知った廣田さんが千葉, 知った弁護士が居る, 知った弥生だったが, 知った弥生呆然から愕然, 知った張英陳横の二将, 知った当初はあまり, 知った当座自家はどこ, 知った当日逃げだした弱虫, 知った当時のこと, 知った形式に従ってたやすく, 知った役人は昔ながら, 知った役者は出ない, 知った彼等はお, 知った後ここに再び, 知った後一転化を来した, 知った後堂へ忍ん, 知った従妹からの重, 知った得右衛門である, 知った心地に打たれ, 知った心臓は風上, 知った応接室へ入った, 知った思いがした, 知った悦びとそれ, 知った意見と思っ, 知った感謝の心等, 知ったにし, 知った態度だろうと, 知ったをガタピシ, 知った房州話になっ, 知った手引で浜屋, 知ったは男, 知った拙者はすぐ, 知った振りして, 知った支倉は神戸牧師, 知った政府は諸, 知った敵軍は野面, 知った文覚の胸, 知った新しい真理の, 知った日本の娘さん, 知った日本人はみんなベレムナイツ, 知った日本人たちのうれし, 知ったの仲間, 知った春日重蔵が現われれ, 知った時わたくしは悲しい, 知った時両親になつい, 知った時以上に, 知った時以前から亡者, 知った時余は下, 知った時刻一つでさえ推定時間, 知った時北山は思わず, 知った時千二は自分, 知った時大佐が花, 知った時女優めずらしさ, 知った時妻に煮物, 知った時尾田は喫驚, 知った時己が一時嫉妬, 知った時彼女が如何なる, 知った時我々は多少, 知った時末造は最初, 知った時松浦様へすぐ, 知った時狼狽した加十, 知った時男は俄, 知った時私たちは一層, 知った時私どもはそこ, 知った時紫錦は舟底, 知った時而もその, 知った時豹一の眼, 知った時限りない憤懣, 知った書棚に往, 知った書生上りの新, 知った朝日丸屋の小夜衣花魁, 知った朧月夜の事, 知った木小屋の方, 知った木村常陸介は何, 知った木賃宿の主人, 知った本丸の第, 知った本場の味, 知った本郷へ一人, 知った東京都民は黒い, 知った東南の隅, 知った松平忠房は食事, 知った桂庵がある, 知った案内人のよう, 知った業平朝臣の古, 知った武田伊那丸は白旗, 知った母親の情, 知ったの感触, 知った沖氏は自分, 知った法文学部の地下室, 知った洋次郎も安心, 知った津田は考え, 知った浅井方の討死, 知った浜松城の武士たち, 知った淋しさとも, 知った清三は箸, 知った湯殿の外, 知った満代は恐怖, 知った満足と快, 知った源三血走る声, 知った火星の生物, 知ったであった, 知ったは, 知った犯人のため, 知った狩尾君はその, 知った独逸人の混血児, 知った理髪師とでしょう, 知った甚三の死, 知った甚内は心中覚悟, 知った生徒達の姿, 知った生蕃小僧がそれ, 知った田中中尉はやっと, 知った田村の二階, 知った甲州の馬場美濃, 知った甲府の町, 知った男性のうち, 知った画家は次, 知った番卒たちはびっくり, 知った異変の報, 知った白い犬は, 知った盗賊であろうという, 知ったに莞爾, 知った助に, 知った看護婦長の世話, 知った真知子は急, 知った瞬間一躍して, 知った社員たちに会釈, 知った祖母の生涯, 知った私どもは元, 知った私共は更に, 知った端緒は実に, 知った竹童はもう, 知った第一歩だった, 知っただ, 知った節子の姉, 知った範囲内でも人, 知った素足を伊達, 知った綱五郎は殺された, 知った網野菊子さんは今, 知った縁側の方, 知った縁故について記憶, 知った美しい奴隷の, 知った美人の気持, 知った爺さん湯川氏は, 知った老婆の姓, 知った者ゆえ若し伴藏, 知った者二三人それから内記, 知った者達は皆同情, 知った聖母の心情, 知った聖画商の番頭, 知った職人がこの, 知った職業婦人の多数, 知った肥料として大豆, 知った脳膜炎の徴, 知った舟旅で加, 知った船室のなか, 知った良人はそう, 知った花婿が家族, 知った芸妓はもとより, 知った英雄は二日二晩, 知った茶の間へ通った, 知った之助, 知った葛岡は台所, 知った街頭募金の味, 知った袁紹はあわて, 知った袋路の方, 知った被告は小躍り, 知ったの置場, 知った裏口からソッ, 知った西田幾多郎はわたくし, 知った覆面はおどろく, 知ったのよう, 知った親爺が家, 知った討幕派の公卿, 知ったなの, 知った諸君はこの, 知った警察当局では極秘裡, 知った警部は一層, 知った譲吉が内玄関, 知った豊世が階下, 知った貴婦人はそれから, 知ったは岩見, 知った越後新田の諸, 知った足利義昭へも使い, 知ったには安い, 知った車夫が居まし, 知った農学士の渡辺忠吾氏, 知った農鳥の形, 知った近道を走っ, 知った近郷のさむ, 知った退屈男は急, 知った途端から気, 知った通りこの三丁目, 知った通りヒンズー教の二大長賦, 知った連盟島はまったく, 知ったなので, 知った道子が悲鳴, 知った達人が此, 知った都会生活のあらゆる, 知った酋長でたった, 知ったの美味, 知ったさは, 知った重吉がこんなに, 知った金之助に取っ, 知った金五郎の瞳, 知った銀行でも支払停止, 知った鎧びつのような一具の中, 知った廊下の, 知った長崎あたりから日本国, 知った長氏に起っ, 知った長男は鼻緒, 知っただと, 知った間道から糧道, 知った陸軍大臣がポルトリコ, 知った雑誌の名, 知った之丞, 知ったの言, 知った青木主膳に一隊, 知った頃瀧井さんの, 知った領事はピンカートン, 知ったではだめ, 知った頼りなさ, 知った頼朝は事, 知った風説とそれ, 知ったの奴隷, 知った魏帝曹叡は舌, 知ったの洗い, 知った黒い野良猫が