青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「男~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~申し 申し~ ~申した 申した~ ~申しました ~申します 申します~ ~申す 申す~ ~男
男~
~男の子 男の子~ ~男女 男女~ ~男子 男子~ 男性~ ~町 町~ 町人~

「男~」 73886, 765ppm, 114位

▼ 男~ (15470, 20.9%)

326 顔を 176 声が 137 方は 136 ように 117 ことを 111 人が 104 ような, 方が 102 姿が 98 児が 95 顔が 90 心を 82 くせに 80 ために 78 手を 75 姿を 73 顔は 70 手に 66 前に 61 方を 58 人は, 児の 55 方の, 方へ 54 方で 53 児は 51 口から 49 声で 48 方に 47 ひとは 46 胸に 45 姿は 43 事を, 顔に 42 ところへ 39 やうに, 名を 38 児を, 肩に 37 あとを, 声は 36 人の 34 心の 33 ことだ 31 影が 29 ひとの, 人に, 手が, 様子を, 癖に 28 ひとが, 腕に 27 すがた, やうな, 腕を, 顏を 26 声, 手で 25 前で 24 人を, 眼は, 眼を, 話を, 頭を 23 ほうが, 所へ, 方から, 肩を 22 傍に 21 中の, 人と, 傍へ, 児と, 前へ, 声を, 心が, 方も, 頭の 20 ことは, ひとに 19 そばへ, 児に, 命, 言葉を 18 名は, 声も, 正体を, 目を 17 ことで, 一人が, 手から, 目に, 眼に, 眼の, 膝に, 首を 16 子供が, 胸を 15 側へ, 姿に, 後を, 心は, 方には, 頭が

14 [13件] ひとを, 上に, 中に, 人たちは, 声に, 影は, 手の, 胸の, 腕の, 言うこと, 言葉に, 顔の, 顔も

13 [13件] ほうは, 作家の, 声だ, 家の, 後姿を, 手は, 眼が, 耳に, 膝の, 話に, 足を, 頭に, 魂を

12 [16件] ことが, 中には, 人たちが, 側に, 右の, 名前を, 客が, 家へ, 影を, 来るの, 様に, 横顔を, 神, 肩へ, 袖を, 頬を

11 ひとと, 側から, 左の, 方と, 様子が, 死骸を, 眼には, 顔には

10 [23件] いうこと, お友達, すること, そばに, ほうを, ほかに, 云う事, 人たちの, 体は, 体を, 作家が, 児で, 力に, 友達が, 声であった, 声と, 家に, 様な, 死体が, 聲が, 胸へ, 腕が, 身の上を

9 [16件] ことです, そばを, ひとたちは, ほうへ, 体が, 力で, 家は, 心に, 手紙を, 背に, 膝を, 血を, 言葉が, 話は, 頸に, 顔へ

8 [23件] ことである, 事が, 代りに, 働きで, 切れつ端, 名前は, 声である, 声です, 妻と, 姿の, 家を, 心と, 手へ, 数は, 目には, 着物を, 肩の, 背中を, 背後に, 跡を, 間に, 顔から, 首に

7 [37件] あとに, お子, ひとたちが, 一人は, 世話に, 云ふ, 兄弟が, 兒が, 写真が, 写真を, 処へ, 前では, 前を, 力が, 友達と, 口に, 命に, 後に, 意地だ, 意地で, 服を, 機嫌を, 正体が, 死骸が, 眼から, 秘密を, 美しさ, 胸は, 行動を, 言ふ, 話, 足の, 足音が, 身の, 身体を, 面を, 顔と

6 [45件] あること, かおを, かたは, するよう, ひとも, ほうに, もって, 中で, 乞食が, 事だ, 人って, 人で, 人でも, 人なら, 人相は, 体に, 体臭が, 傍を, 児である, 児も, 出て, 名も, 名前も, 命を, 声だった, 外に, 妻に, 姿, 姿も, 帽子を, 後から, 最後の, 死を, 死体は, 為に, 目が, 目の, 立って, 聲も, 肌に, 言葉の, 靴を, 頭は, 顏に, 首が

5 [69件] うしろから, ことも, そばで, ためには, つもりで, とは別に, ひとたちの, ようで, 一分が, 上を, 両手を, 両腕, 中から, 中にも, 人には, 人相や, 人相を, 人達は, 仕事を, 作家たちが, 作家に, 偉さ, 側の, 側を, 児, 児であった, 児ばかり, 兒は, 口の, 口を, 名が, 命その, 命は, 声の, 外には, 子供の, 子供は, 子供を, 常として, 年は, 後ろ姿を, 心には, 態, 持って, 案内で, 横顏を, 死体を, 気に入るよう, 注意を, 生活を, 目は, 笑い声が, 耳を, 背を, 背中から, 腕から, 芝居を, 裸の, 話が, 足に, 身体が, 連中は, 顏は, 顔, 顔や, 髪の毛を, 髪を, 魂の, 鼻を

4 [117件] いったこと, うしろに, うしろには, うしろ姿が, うしろ姿を, うちで, うちに, おそろしさ, お子さんが, こと, ところに, はいって, ひとで, ひとりが, ほうで, まえに, もとへ, ようすを, ようだ, ようです, 一生の, 下位に, 中でも, 事です, 事は, 云うこと, 人たちに, 人形を, 人達の, 仕事の, 仕業では, 低い声, 体から, 像, 像を, 先生に, 児だ, 兒の, 前には, 動作は, 匂いが, 友達の, 友達は, 友達も, 叫び声が, 命が, 命の, 唇は, 噂が, 声な, 女を, 如きは, 子どもが, 存在は, 寝て, 尻を, 屍体が, 強い力, 影も, 後ろから, 心, 性格を, 恋の, 息が, 患者が, 悪口を, 情熱が, 愛を, 態度に, 態度や, 我を, 手によって, 手一つで, 手紙が, 指が, 数を, 方だ, 書いたもの, 服装は, 様子は, 横っ面を, 死骸の, 気の, 気を, 為めに, 独りぐらしは, 癖である, 社員と, 笑ふ, 縄を, 肌を, 肘を, 胤を, 腰に, 膝へ, 荒い掌, 荷物を, 行方が, 表情は, 言う事, 言葉は, 話で, 足が, 足は, 足下に, 身に, 身の上に, 身許を, 部屋へ, 醜さ, 間を, 隣に, 頭から, 顏が, 顔だった, 風采を, 黒い影

3 [303件] あったこと, あとから, いうまま, いびきが, いふやう, いるの, お弟子さん, かたが, かたでも, かたと, からだには, からだを, こ, ことと, ことなど, ことなんか, ことばを, ごたぶん, しわざ, すばしこい箸, せいで, そばまで, たましい, ための, ところを, どこかに, どこが, なかに, なかには, なかの, なすが, ひとり, ひとりは, ほうから, ものだ, ものと, ものに, やうだ, やること, やわ肌を, ようでした, ようにも, ウマは, ズボンの, セイトキライ, ポケットから, 一人で, 一人に, 一人や, 一生を, 上へ, 上衣が, 世界に, 世界の, 中へ, 久六と, 事である, 事に, 二人や, 云ったこと, 人から, 人たちも, 人です, 人や, 人好き, 人達が, 仕事に, 仕事は, 仕業だ, 仕業と, 仕業に, 位置に, 住んで, 住家を, 佐吉は, 体の, 体へ, 何処が, 作家では, 作家は, 作家を, 例を, 傍で, 傍には, 像に, 優しさ, 兄弟も, 先生は, 児だった, 児や, 児らしい, 児らしく, 兒と, 内の, 出現は, 力には, 力を, 労働者の, 動作を, 半身が, 印象が, 危急を, 友人と, 友達, 友達に, 口からは, 口車に, 右腕が, 名である, 名をば, 名前で, 名前の, 君が, 命と, 唇の, 唇を, 唯一の, 喉を, 噂を, 執念が, 外套の, 夢を, 太い声, 奇妙な, 好きな, 好意を, 姿であった, 嫉妬という, 嫉妬は, 学生に, 客の, 客を, 室に, 家が, 家で, 席へ, 幸助と, 幽霊が, 弓端の, 弟子が, 弟子は, 影と, 影法師を, 後ろに, 後姿が, 心も, 心持ちが, 心持は, 心持を, 心臓を, 性格や, 性質を, 恋は, 恥だ, 恥の, 悲痛な, 悲鳴が, 情を, 意地, 意地を, 愛と, 愛の, 愛情を, 感情を, 態度を, 懐に, 懐中から, 所に, 所まで, 所在を, 手では, 手と, 手には, 拳が, 指に, 指紋が, 挙動を, 数が, 方って, 方です, 方へは, 暴力を, 月給の, 未練で, 机の, 枕を, 横面を, 横顔が, 正体, 正体は, 死に, 死んだの, 気に, 気持が, 気持の, 気持は, 気持を, 演説を, 無情を, 爲めに, 父親は, 物を, 理想の, 生徒が, 生徒たちは, 生徒の, 生殖器の, 生活に, 生活の, 生涯の, 用を, 申しますには, 癖と, 皮膚は, 目から, 目と, 真の, 眼つきは, 眼にも, 眼も, 着物と, 着物の, 短刀を, 社員が, 節句, 素性が, 素性を, 群が, 群を, 義, 耳の, 耳は, 耳へ, 耻だ, 聲で, 聲は, 職業が, 肌は, 肘に, 肩から, 肩越しに, 背中に, 胸にも, 胸元に, 脚が, 脛を, 腰を, 腸に, 舌を, 薄情を, 血が, 行方を, 裾を, 襟が, 襟を, 親が, 親切な, 言うの, 言ひ寄る, 許へ, 詞が, 詞の, 話し声が, 話と, 話な, 説明が, 足もとに, 跫音が, 身が, 身体に, 身体は, 身元が, 車に, 車は, 通りにて, 連れが, 運の, 運命を, 部屋を, 酒を, 隙を, 面が, 面目は, 靴が, 靴の, 靴は, 頼みを, 額から, 額に, 額には, 額を, 顔であった, 顔でした, 顔色が, 顔色は, 餌食に, 首, 首の, 首は, 髪は, 髯も, 魂は, 鼻の

2 [767件 抜粋] あったの, ありかを, あるの, あれに, いいなり, いそいそと, いちだんと高い, いないところ, いやな, うえに, うちには, おかげで, お児, お子さんです, お客さん方の, かげが, かたの, からだ, からだの, きょうだいたちは, けわしい顔, ことか, ことさ, ことだろう, ことなどを, ことに, ことばかり, ことばに, して, すぐ前, すべてに, するまま, する仕事, せいだ, そばから, それに, それも, だよ, ついて, つもりな, つれは, ところへなんか, ない家, なかへ, なりを, は筆使ひで, ひとって, ひとつて, ひとりここに, ひと皆, ふうを, ふところへ, ほうも, ほかには, もので, ものは, やって, やりそう, ゆくえを, ようすが, ようすは, ようには, よさ, ゐるの, エティケットについて, テーブルの, ドラ声で, バカと, バリゾウゴンを, ポケットに, モデルの, 一人だ, 一人であった, 一人と, 一分を, 一剋な, 一擧一動を, 一語一語を, 三歳二歳一歳の, 三氏に, 下に, 不審は, 世の, 世界, 世界と, 世界を, 両手の, 両眼, 乞食は, 事で, 事なれ, 事も, 事務員が, 二の腕を, 二本の, 云は, 五郎右衛門が, 人々の, 人たちや, 人だって, 人でした, 人とは, 人にも, 人形が, 人気を, 人生の, 人相には, 人間は, 仕事だ, 仕事と, 仕事な, 仕事も, 代にかも, 代用教員なんか, 仲間が, 仲間で, 住所は, 何を, 作家たちに, 作家によって, 作家よりも, 俤を, 俳優は, 傍, 働きだ, 兄弟と, 兄弟は, 先生が, 児でしょう, 児との, 児とは, 児女の, 兒, 兒である, 全貌を, 全部を, 兼吉は, 内務大臣たるは, 写真である, 出世を, 出入りする, 刀の, 前にだけ, 前の, 力男の, 労働者が, 勇敢な, 勢いは, 匂ひ, 半身像や, 協力者であり, 又女, 友だちと, 友人に, 友達から, 友達とは, 双の, 口ぶりで, 口真似を, 古い手紙, 叫び聲が, 叱る声, 右手の, 各々の, 同志は, 名だった, 名前だけでも, 吹く笛, 呪ひ, 味方だ, 命天照らす, 命答へ, 咽喉を, 唇に, 唸り声も, 喉に, 嗄れた声, 固着観念で, 地声が, 坊主頭を, 埃及に, 場合である, 場合でも, 場合に, 場合は, 声では, 声にて, 声色を, 外にも, 多きを, 多くは, 大きな頬, 大人の, 大声が, 太い聲, 女に, 女房に, 好んで, 妻が, 妻だ, 妻とで, 妻は, 姿でなけれ, 姿などが, 娘を, 子供です, 字で, 学生風の, 孫は, 安否を, 客に, 家から, 家には, 容子は, 容貌に, 宿へ, 寝顔を, 左腕の, 巨きい顔が, 師匠が, 師匠でし, 帰って, 常とて, 帽子と, 年が, 幸助, 店員の, 式辞や, 弟子には, 弟子を, 形が, 形だ, 影に, 役に, 後について, 後ろ姿が, 徳三郎は, 心にも, 心もちから, 心持ちを, 心持に, 怒鳴る声, 思い出が, 急所を, 性分でした, 性格の, 性格は, 恐しさ, 恥である, 息は, 息を, 悲しみと, 情婦の, 惡い, 意地って, 意地という, 意地も, 意志が, 意気地な, 意気地は, 愛する, 愛情が, 態度は, 憎しみが, 成れの果てで, 所有に, 所有品である, 手にて, 手にも, 手の甲に, 手より, 手拭も, 手紙で, 手紙の, 手蹟で, 才能に関する, 技術です, 押の, 指の, 挙動が, 掌面に, 描けるサンシユユ, 教師と, 教師は, 教養の, 断末魔の, 方々は, 方か, 方たちは, 方でございます, 方とは, 方にも, 方ばかり, 方より, 書いたの, 最初の, 服装と, 本当の, 本性は, 机に, 村の, 根本の, 案内に, 様で, 様子には, 樣子が, 横顔, 横鬢を, 機嫌の, 欲望を, 歌と, 歌として, 正直な, 武家の, 死骸は, 母に, 気性として, 気持, 気配だけに, 氣で, 決意を, 泣くの, 洋服の, 浅黒い顔, 涙, 滑稽な, 為ぢや, 無事な, 無責任さが, 爲ぢや, 父が, 父母は, 特徴を, 犯罪の, 独占の, 獨り, 玩具として, 理想を, 甘さ, 生命が, 申し立ても, 番だった, 疲れは, 癖で, 癖として, 癖な, 白い顔, 監房の, 目的の, 目的は, 真情が, 眼, 眼と, 着て, 着物が, 瞳を, 知人を, 社員たちは, 社員の, 神あり, 神が, 秘密が, 種を, 立つて, 立場に, 童父の, 端くれな, 笑声が, 筆跡に, 筆蹟だ, 答は, 節供と, 精神の, 純粋な, 細君に, 組の, 縁談は, 罪は, 義を, 羽織と, 習慣が, 老教師, 考えて, 考えを, 考へ, 耳には, 耳までしか, 肉体を, 肌の, 肩は, 背へ, 背中へ, 背後から, 胸から, 胸が, 能でも, 脇腹を, 脳天を, 腕は, 腕へ, 腹を, 膝, 自由に, 自由を, 舌だ, 舌の, 芝居の, 若侍, 若旦那を, 若黨, 苦しむの, 茂七とは, 荷物の, 著書の, 蔭に, 蛇の, 血である, 表情を, 袂を, 裸体を, 襟首を, 覆面を, 見える事, 見て, 視線が, 親分が, 親達が, 言出しを, 言葉な, 記憶は, 訪問の, 許に, 診察を, 話したこと, 話である, 話でございます, 話の, 誘いに, 語るところ, 説に, 調子に, 調子は, 負け惜しみに, 資格を, 質朴にも, 赤ん坊を, 足でも, 足もとへ, 足許に, 足音, 跫音を, 跳梁に, 身, 身として, 身なりを, 身分を, 身許だけでも, 輪廓が, 通って, 逞ましい, 連中が, 連中と, 道が, 選挙費用も, 邪魔に, 部へ, 部屋には, 部屋の, 間の, 関する限り, 電話を, 静かな, 面は, 面会に, 面皮を, 面目躍如たる, 面魂である, 頬が, 頬へ, 頸の, 頸へ, 顎を, 顏, 顏の, 顏も, 顔です, 顔付や, 風体が, 食事を, 餌にな, 首で, 首であった, 首塚が, 首級が, 驚いたの, 髪の, 魂だ, 魂には, 鼻が, 鼻息が

1 [5951件 抜粋] あいだ, あだ名だ, あまりの, あるなど, いいよう, いう通り南米, いつもの, いはく, いる保護室, うたたねの, うろたえ顔, おすがた, おやじだって, お喋りは, お子様, お方で, お酌, かおは, かたたちの, からくりを, きて, くせだ, こころに, ことかも, ことなら, こと後方は, こまめやかなる, さうし, さし伸べる, したたか額を, すぐ後, すばらしいウイット, するほどの, せいだった, そのとき, その肉体, それでは, たしなみだ, ためでございます, ため息ばかりが, ついた大して, つらいところ, ところでない, とびおりた塀, どこに, ない様, ならない, のこしたほそ, はうが, はらから達, は帳面, ひとたちにとっては, ひとどこにも, ひとりだ, ひと要領よく, ふだんの, ほかにも, まねでは, みじめな, もとから, もの珍しげ, やくざ者轟三次が, やや周章て, ようだった, よしその, わたすもの, アンドレイであった, オフィスに, キンタマが, スタイルを, チラと, ドスよりも, パイプです, ブツブツ云う, ママさんに, ロボットを, 一人の, 一切の, 一家族に, 一時しのぎの, 一生も, 一面は, 三十に, 上半身, 下る事実, 下駄だ, 不届, 不満とが, 世にも淺, 世話には, 中折帽を, 主人公の, 久六は, 乞食巡禮の, 事お気が, 事家内の, 二三人ぐらい, 二十面相かも, 云うに, 五太夫である, 人々が, 人たちでした, 人できるなら, 人のが, 人柄を, 人達とは, 今日の, 仕業だろう, 代表者の, 仲間には, 伴れ, 低い鈍い小言, 住居を, 体臭から, 何でも, 何語りて, 作家でも, 作者の, 例の, 俄かに, 俳優と, 値打に, 側にだけという, 傍若無人を, 働きは, 僕で, 元服は, 兄弟だ, 先客が, 光麻呂は, 児だらう, 児なりき, 児等が, 入智, 全身だった, 公憤, 内にも, 写真という, 冷めたい手, 出した仏像, 出様一つで, 刀禰に対する, 刑罰と, 到底糊, 前や, 劇団は, 力なんかは, 劣情を, 勇を, 動静が, 勢い込んで, 医者その他の, 半生を, 単なるエンジューシアズム, 厄年と, 友だちも, 友情の, 反対側に, 取柄といふ, 口元を, 口調や, 可愛い, 右門が, 同伴者とが, 名です, 名前だった, 向う傷も, 呆気さ加減の, 周旋で, 呼吸づか, 命宮造るべき, 咽喉首を, 唇から, 商用で, 喧嘩は, 噂である, 四十二歳の, 国の, 地位や, 執事らしい, 場所がらをも, 声す, 声ばかり, 売声という, 外した紙札, 多いこと, 大きい掌, 大きに太り, 大厄と, 大悪人, 天秤を, 夫人湘煙女史は, 奇異な, 女仕立て, 奴隷で, 好奇心が, 如くであろう, 妹の, 妻の, 姉川五郎に, 姿である, 姿勢が, 媚態に, 子供, 子供らを, 存在の, 学生には, 定七, 客とは, 家かしら, 家庭教師を, 容形は, 寂しい笑顔, 寝, 対照である, 小さい目, 小指には, 少し身寄り, 尽して, 居所は, 屑だ, 嵐が, 巧者な, 市十郎, 帰ったあと, 帽子まで, 年頃は, 幸福も, 幽霊では, 店員たちが, 廻りにより, 弛緩した, 強いこえ, 強情さは, 影らしかった, 役目である, 待って, 後髮を, 御蔭である, 心でも, 心中の, 心得の, 心持にな, 心配は, 忠平が, 思いが, 思慮ぶ, 性も, 性格をよ, 性質も, 恋って, 恐ろしい復讐, 息づかいが, 恰好に, 悪党が, 悲哀は, 情婦お, 情緒を, 想像を, 意地どう, 意志や, 愚痴が, 愛憐を, 感情から, 態度と, 憎念, 懐中を, 成敗を, 我知らずの, 所在なげ, 手かと, 手のひらの, 手下は, 手加減も, 手相を, 手配を, 批難の, 抱く幸福感, 持つて, 指さすうしろ, 挑戦は, 捕物であった, 掘った穴, 携って, 故郷の, 教育家は, 敵でなかった, 文章の, 方々の, 方でも, 方へのみ, 方負とや, 日本人は, 映像を, 智識には, 曲りくねつた肋骨, 書く小説, 最上清人に, 服装を, 木戸口で, 本能から, 来るのに, 枕もとへ, 栄之, 楽しみゆえ一人や, 樣子を, 権幕に, 横顔へ, 次男坊であった, 歌らしい, 正義心, 歩きっぷり, 歸る, 死んでるの, 死靈や, 死體が, 殿は, 毒ッ気に, 気に入るといふ, 気性気ッ腑として, 気楽そうな, 氣を, 水汲み, 決心よりも, 治兵衛が, 泳ぎっぷり, 浪人者は, 海水着を, 涼しげな, 渡舟は, 漫談でない, 濃い眉, 烈しい主張, 無理強いを, 煙草入で, 熱愛にも, 父です, 片耳を, 物凄い啖呵, 特徴ある, 狂人との, 狸ばかり, 獺か, 理性の, 甚松さんまで, 生徒では, 生活だ, 生涯について, 生首だった, 田舎唄が, 男らしい言葉, 番を, 病が, 痩せたから, 癖を, 白装束の, 監督権を, 盲目的玩具に, 眉が, 真似な, 真意を, 眼へ, 眼頭が, 着物へ, 知って, 知恵くらべです, 硬張っ, 社員たちにも, 祈願を, 神は, 神經の, 秘密根拠地碧海島は, 空想が, 立場の, 端に, 笑い声等は, 第一, 策略です, 節度の, 精神と, 純情が, 素性と, 細君と, 細長い顔, 経歴談は, 給料を, 縁談の, 罪っていう, 美味いと, 群五六人何者ぞと, 習慣と, 者は, 聲に, 肉体が, 肉眼までが, 肖像を, 肩書を, 背中と, 胴巻では, 胸よりも, 脅迫状は, 脚をも, 腕さなどと, 腰から, 腹の中が, 膝下に, 自尊心といふ, 自然の, 致命傷という, 船客に, 芳江が, 若い時分, 苦悩を, 荒稽古なら, 落着いた, 蔭は, 虚栄心を, 血相が, 行動であった, 行衛を, 衣類が, 装いしたる有様, 裸体画だ, 襟髮を, 要用便利も, 見得と, 覘うと, 親切は, 観察で, 言うところ, 言と, 言葉にも, 訓練が, 訪客を, 詭計を, 話などを, 話聞い, 誘惑という, 説では, 読者の, 論法であった, 豪胆と, 貫禄と, 買淫者に, 赤ちゃんは, 超人的腕力, 足元に, 足駄を, 踊り手が, 身ならぬ, 身上だった, 身分としては, 身長と, 辛抱だ, 近所だった, 追っ立てられるよう, 逃げ込んだ百姓家, 通学する, 連れとして, 逸話を, 過去の, 道場で, 選択に対して, 部屋で, 酒飲み友達と, 醜貌, 野郎が, 鈍重きわまる, 鍔の, 間では, 闖入した, 限られた範囲, 隠れ様が, 集まりだけに, 難儀を, 露助が, 面なんか, 面目では, 面赤き, 靴跡も, 領域へ, 頭だつた, 頸すじへでも, 額からは, 顏へ, 顔つきでは, 顔へは, 顔形には, 願いに, 風態では, 食物まで, 館へ, 首長を, 駈け出すの, 骨もっと, 髪が, 髷の, 魅力, 鴉附合が, 黒つ

▼ 男~ (14124, 19.1%)

97 女の 90 自分の 87 それを 65 言った 45 急に 44 私の 38 黙って 34 手を 33 女を 32 云った 31 いいました 30 答えた 26 何か 23 彼の 22 何を, 女に 21 語る 20 僕の, 頭を 19 何の, 身を 18 いった, すぐに, どうした, 目を, 首を 17 彼女の, 確かに, 顔を 16 それに, 両手を, 叫んだ, 声を, 眼を 15 私に 14 そういっ, 女が, 私を, 笑いながら, 自分が, 非常に 13 そこに, 例の, 帽子を, 驚いて 12 急いで

11 [12件] そう言っ, その時, 一人も, 人を, 他の, 私が, 立って, 答えました, 自分を, 言つた, 誰だ, 足を

10 びっくりし, 何も, 出て, 口を, 子供の, 男の, 笑った

9 [14件] こう云っ, それから, そんなこと, どこか, ハッと, 不意に, 何でも, 何者だろう, 妙な, 平気で, 手に, 気が, 答へ, 静かに

8 [16件] いって, これを, しずかに, どこに, どこへ, ない, びっくりした, 二人の, 何という, 何者だ, 振り返って, 明らかに, 無言で, 男で, 腰を, 訊いた

7 [25件] ここで, これは, さう, さすがに, そこへ, そのとき, その前, ないの, なんでも, わたしを, 一人で, 何と, 先に, 前に, 少しも, 左の, 帰って, 年を, 彼女に, 後に, 息を, 男女は, 自分で, 草の, 部屋の

6 [30件] あれは, あわてて, いつまでも, こんどは, こんなこと, そう云っ, そこで, そつと, それが, だまって, どんな男, もうその, 一体何者, 云って, 俄に, 僕が, 喜んで, 始めて, 容易に, 屹と, 年が, 怪訝な, 持って, 死んで, 立つて, 笑ひ, 絶対に, 腕を, 自分に, 馬の

5 [63件] いったいどこ, いったい何者, おれの, きつと, この時, これも, そういう, そこから, その女, その手, どうしました, どうなった, ないと, なかった, なかつたの, なにも, なんの, ぼくの, また言った, もうどこ, わしの, わたしに, ポケットから, 一つの, 一種の, 不思議に, 云つた, 人の, 今女の, 今度は, 何にも, 俄かに, 前にも, 右の, 困って, 大きな声, 妙に, 悠々と, 慌てて, 日本一の, 早くも, 杖を, 無造作に, 煙草を, 片手で, 相手の, 窓の, 立ち上がって, 立ち上った, 立派な, 笑って, 考えて, 肩を, 表の, 見て, 言って, 誰か, 身動きも, 返事を, 重ねて, 雪の, 頭から, 黒の

4 [116件] いそいで, いつもの, うなずいて, うれしそう, かすかに, かねて, ここに, こちらに, さきに, しみじみと, しや, そう答え, そこまで, その中, その手紙, その方, それも, そんな事, た, ただ, だしぬけに, ちょいと, どんな奴, なか, なんべ, ひとりで, ふと顔, べつの, ほかに, もぐりの, やつと, やはり黙っ, よろこんで, テーブルの, ピストルを, 一体何, 一刻も, 一言も, 三人の, 両手に, 二人とも, 二人を, 今の, 仲間の, 何処に, 俺の, 僕を, 其処に, 前の, 前よりも, 半七, 口の, 叫んで, 変な, 外套の, 大声で, 女から, 妻の, 娘に, 嬉しそう, 完全に, 家に, 小声で, 平気な, 店の, 彼を, 彼女が, 後から, 心の, 悲鳴を, 懐中から, 戸の, 指を, 斯う, 昔から, 東京の, 歯を, 気の, 気を, 沖の, 涙を, 滅多に, 無い, 無言の, 煙草の, 父の, 片手を, 物を, 狂気の, 狼狽し, 田舎の, 痩せて, 皆な, 盃を, 直ぐに, 相変らず, 相当に, 相手に, 真面目に, 答えなかった, 考えた, 胸を, 腹の, 自動車の, 見たこと, 誰でも, 身の, 近づいて, 近所の, 酒を, 金を, 頭が, 頭の, 頷いて, 鸚鵡返しに, 鼻の

3 [268件] あせって, あたふたと, あたりの, あたりを, ありません, ありませんね, あれから, いう, いきなり信吉, いきなり手, いきなり私, いつでも, いつも私, いない, いないの, いひました, いまにも, いやだ, いやな, いろ, いろいろな, うなずいた, お前に, かさねて, かの女, きょとんと, くどくどと, ここへ, こっちへ, この国, この村, この頃, これで, これまでに, これより, さっきから, しばらくし, じりじりと, そういい, そう云う, そう言い, そこの, その, その友人, その場, その日, それで, それと, それより, そんなもの, ただの, たと, だれも, だんだんと, ちょっと考え, ちらと, つらいもの, とう, とても一人, どうかし, どうしたろう, どうしよう, どこかへ, どこから, どこからか, どこにも, どこまで, ないもの, なにを, なんだ, なんという, なんと思った, にやにや笑い, はじめの, ばかな, ひどく恐縮, ふいと, ふいに, ぶっきら棒, ほかの, ほんとうに, ぼくを, また, またそれ, また云った, また口, まだこの, まるでその, むっとした, もう三十, やさしい声, ゆっくりと, ジロリと, ズボンを, ニヤリと, ポケット小僧を, 一人の, 一日も, 一本の, 一般に, 丁寧に, 三五郎を, 下から, 下の, 下を, 下宿だ, 不安そうに, 両手で, 両腕, 二つの, 人間の, 今では, 今でも, 今は, 今まで, 仲, 伸子に, 低い声, 何かの, 何だ, 何人ある, 何処へ, 何者であろう, 何者です, 俺を, 入口に, 冷笑し, 刀を, 別段に, 剣を, 卓の, 博士の, 叮嚀に, 名を, 呆気に, 呼んだ, 土地の, 土間の, 塵塚さがす, 外の, 外出がちなれ, 夜に, 夢中で, 女と, 女よりも, 妻を, 姿を, 娘の, 娘を, 嫌いだ, 子供を, 家の, 宿屋の, 尋ねた, 小林君の, 小柄で, 小柄な, 少くとも, 山を, 己の, 弾く弾く弾きとばす, 彼に, 彼女を, 忌々しそう, 思い出したよう, 思った, 意外にも, 意気地が, 慇懃に, 我に, 手の, 拳を, 持つて, 敢て, 新八, 暗いなか, 暗の, 曾て, 本名を, 机の, 村の, 根気よく, 棒立ちに, 椅子の, 横眼で, 櫂を, 次の, 正直に, 此の, 死ぬまで, 殺しても, 気がついて, 江戸から, 沢山の, 流れる汗, 溜息を, 火が, 無かつ, 片手に, 牛に, 牛を, 珍らしい, 生れ付きの, 男同士女は, 皆の, 監獄入りし, 目の, 相手が, 相手を, 眼が, 眼に, 神田の, 私から, 私と, 私には, 私より, 窓から, 立ち上って, 立ち去って, 立派に, 笑い出した, 箱の, 箱を, 紙の, 紛れも, 素直に, 編笠を, 繰り返した, 耳を, 背が, 背の, 胸の, 脚を, 腰から, 腰の, 腹を, 膝の, 自分では, 自分でも, 自分より, 色の, 若い女, 苦しそう, 苦笑し, 茶色の, 覆面を, 見かけに, 見た事, 言いました, 話を, 説明した, 誰だった, 誰です, 誰も, 豚の, 足早に, 車の, 都の, 酔って, 金の, 長椅子の, 雪に, 飛んで, 首に, 馬に, 髭を, 魚の, 黙つて

2 [886件 抜粋] あきらめて, あつた, あの決闘, あはて, ありませんか, ある威圧, あれで, あんな悲鳴, いいながら, いきなりその, いくらか, いったいなに, いつどんな, いつも女, いなかった, いま一人の, いま幸福の, いわずと, うす淋しき顏, うたを, うつぶせに, うなった, おうむ返しに, おそらく一人, おれが, お世辞, お前の, かう云, かう云つて其次, かう考へたので, ききました, きゅうに, ぎょっとし, ぎょっとした, くるりと, こ, こう言っ, ここまで, このごろたえ, この土地, この家, この小娘, この屏風, この日, この男, この辺, これに, これまで, こんないろいろ, こんな話, さうい, さうし, さっさと階段, さんざんに, しばらくは, しばらく考え, じれったそう, すぐにも, すこしも, すわって, せかせかと, そうは, そこらに, そのま, そのままに, その一杯, その事, その勤人, その名前, その夜, その室, その小娘, その手拭い, その木, その水, その縛られ, その貝, その響き, それだけの, それとも, それへ, たいへん慌てだした, たうとう, たづねた, たぶん私, だるそう, だれに, ちよつと, ついて, つぎに, つづけた, つとめて, てんで問題, とても駄目, どうして死んだ, どうして生き, どうなんだい, どこかに, どこの, どこまでも, どなり返した, どんな風, なにかの, なに思った, にぎやかな, にやにやした, にやにや笑っ, はっきりした, はっとした, ひたいの, ひとりの, ひよい, ひよろ, ふと気がついた, ふり返っ, へんじも, ほがら, ほっとした, ぽかんとした, またし, またと, またよろこん, また言, まだ死ん, まだ若い, まっすぐに, みんな貧乏な, むくむくと, むやみに, もう厭, もう四十, もう彼, もう無性にお, もう遠く, もそもそと, もつと, やらないこと, ゆっくり歩い, よく知っ, よろめいて, よろよろと, わたくしの, わたしの, アタフタ小屋の, カフェエに, キョトンと, コゼットの, ジャン・ヴァルジャンです, ソッと, タキシード女は, テーブルに, ニヤニヤし, ニヤニヤ笑っ, パラオ本島オギワル村の, ビックリし, ホテルの, マスクの, 一と, 一ぺんに, 一同泊掛で, 一方の, 一枚の, 一途に, 三十五から, 上り口と, 上機嫌に, 下向きに, 不安な, 不幸に, 不思議さうな, 不決断, 丘の, 中年の, 主義も, 乃ち朱雲天野大助で, 二つ折に, 二十二三の, 二十五六で, 二階で, 云いました, 五人の, 些と, 人々を, 人に, 今までの, 今夜の, 今度も, 今日の, 仕事にとりか, 仕込杖らしい, 会釈した, 佐々の, 体を, 何かを, 何処までも, 何思った, 何時でも, 促した, 俯向きに, 俺に, 倒れた, 傲然と, 僕に, 元来咽喉笛の, 先き, 先刻訊いた, 入れて, 全く損, 八丁堀へ, 八五郎が, 八五郎の, 其, 其処の, 内へ, 出掛けて, 刑事か, 初めの, 到底玉, 前より, 力を, 勝誇つたやう, 包みを, 匕首を, 医者だ, 半殺しの, 即座に, 却, 又八, 友だちを, 口から, 口に, 口早に, 古風な, 叱るやう, 右手で, 右手の, 吃驚し, 同じよう, 向田大尉に, 君の, 君を, 呟きながら, 呼びかけた, 和尚に, 唇で, 唇を, 喘ぎながら, 喧嘩を, 四国の, 坐って, 外で, 外套を, 多分親方, 多情の, 夜も, 大の, 大勢の, 大口を, 大嫌いだ, 大手を, 大通りから, 大阪市長に, 太田の, 奇妙な, 女より, 女房殺しの, 奸物だ, 好んで, 如才なく, 妹の, 妻に, 娘さんの, 宗助の, 宵から, 家を, 家外の, 寒そう, 小切手から, 小腰を, 少しばかり, 少し離れ, 尻を, 居ませんよ, 山の, 崖くずれ, 工場の, 左右を, 市民座と, 席を, 帽子の, 平次を, 平然として, 年の, 広場の, 底力の, 廊下の, 当惑した, 彼が, 彼と, 待遠しい思ひ, 後ろから, 徐かに, 徒刑場に, 御用の, 徳力屋の, 心に, 心を, 必要の, 念を, 怒って, 思いの, 思はず顔, 思案する, 怪しい女, 怪しからん, 恋を, 恐怖の, 悟り顔し, 悠然と彼方, 意気地なし, 感に, 憐み, 懐中に, 或る, 戸口の, 扉の, 手も, 手拭ひ, 投げるやう, 抜身の, 振り向いて, 損だ, 教会の, 新たに, 新聞を, 日に, 日の, 早くから化粧箱, 昨日と, 昨日日が, 時計の, 晴着を, 暇ある, 暫くの, 曖昧な, 更に突, 最初から, 有名な, 朝起きる, 本当の, 杉の, 東京へ, 松根と, 柔和な, 栗の, 棒の, 椅子から, 模範英人とも, 権力の, 橇に, 機械的に, 次に散髪屋, 歎息を, 正直な, 歩き續, 死体の, 殺される前, 殺生を, 気でも, 気味の, 永遠の, 汽車が, 沖を, 河岸に, 滅多にねえ, 演説を, 灯を, 無いと, 無事に, 無理に, 無表情の, 熊坂長範の, 片眼, 牛の, 犯罪の, 狂人よりも, 猿にかも, 生かして, 生受領, 生涯に, 男だ, 男として, 画の, 畳の, 病気に, 皆んな江戸生れです, 監獄の, 目に, 盲縞の, 直ぐ賛成, 真先に, 眠って, 眠ってるの, 睡つて, 矢庭に, 知らなかった, 知らなかったが, 石に, 砂の, 確に, 神の, 私たちが, 私達の, 空耳を, 突然に, 突然大きく, 窓口から, 立ちどまつて, 立上っ, 立上った, 笑いだして, 答が, 純情さ, 結髪の, 美事な, 老人の, 考えを, 職業に, 肩の, 背には, 背後の, 脱兎の, 膝ま, 膝を, 自分と, 自然に, 舌なめずりを, 舌打ちを, 良い男, 色々な, 色白の, 芒笛を, 草角力の, 荷物を, 落胆を, 葛卷の, 蓋を, 薬品の, 蛇の, 血だらけの, 血を, 血相を, 見えなかった, 見物の, 見物人の, 言ひました, 訊ねた, 話しました, 誰だい, 誰な, 警視庁の, 豚を, 賑やかな, 起き直って, 足音を, 躊躇した, 身体を, 返事の, 返事も, 逃げ場を, 這入って, 連れの, 連日早朝に, 道を, 部屋に, 金が, 金魚の, 鉄梃で, 防寨に, 階下へ, 随分世間, 隣りの, 露一厘身動きなさず, 靴を, 頓狂な, 頬骨の, 顔に, 風呂へ, 飛びたつばかりに, 飛鳥の, 食事を, 馬を, 馬鹿に, 駄夫の, 駒井甚三郎に, 驚くほどに, 鳥の, 鶴の, 鷹揚である, 黒頭巾の

1 [8756件 抜粋] あ, あざけるよう, あったか, あなたみたいに, あの曲馬団, あまり人に, あらゆる見知らぬ者, ある時, あんがい期待, いいわけを, いかにも耳, いきなり河, いくら酔っ, いっさい入れない, いったい自分, いつに, いつも傷だらけ, いないと, いま何年かの, いよいよ昂奮, うさんくさそう, うつ伏せに, うんと, おしという, おちついて, おもむろに室, お二人, お庄ちゃん, お綱, かえってくる, かつての, かの富蔵, かんしゃくを, きっとむこう, きのう三人が, ぎろりとおかみさんをにらみきっぱり, ぐっと一足, けろりと見上げ, こう切出した, こっちで, このことば, この口上, この情ない, この物語, この運動場, こわいもの, ごく几帳面, さきさ, さっき出発した, さつさと, さらに巧みでした, しかりつけて, したじき, しばらくの, しめたもの, じっとし, じつは明智探偵, すぐさま立, すぐ抱きかかえた, すこし真面目, すっくと立つ, すばやく相談, ずいと門内, せっせと手, そうたくさん, そう言, そっちの, そのかみ神武御, そのまますごい, そのまま近所, その先頭, その学生時代, その後非常な, その時一つ二つ瞬き, その洋傘, その神, その覚醒, その間に, そも何処, それだけ人一倍の, それほどエライ男, そんなよう, たいていうすぎたない, たしかに何, ただこの, ただ書い, たちまち見る, ためらって, だれでも, ちょっとありません, ちょっと羞むように早口, ついと横, つけ加えた, てんでハナ, とうとう笛, とどろく胸, どういう考え, どうせ女ずれ, どうやら大, どちらも, どんどんと, ないか, なおも笑い, なかなかの, なさそう, なにかふしぎ, なるほどと, なんども, にわかにおとなしく, のっそり立っ, はじめて口, ばたり, ひたすらに, ひどいこと, ひどく熱心, びくり, ふたたび馭者台, ふと感激, ぶあいそう, べっとりと, ほとんど同時に斯, まあ何, まずいないと, またつけ加えた, また不器用, また尾, また皮粕, また飛び起き, まだ三十二三, まだ眠っ, まったくあわれむべき, まるく巻いた, まるで怒った, みずからの, みな髪を, みんな偉い, むかしの, むろんその, もうこのごろ, もう一度非常, もう初老以上, もう提灯, もう老人, もし腹, もとより子供, ものを, やがてポケット, やたらに, やっぱりその, やにわに走りだしました, やはり動かない置き, やはり賢い, ゆうべはじめて, ようようの, よく戦っ, よほど果報, ろくな人間, わざとらしく, わしより, われ知らず, アンペラに, ウンと, カツとして, キチンと, クスクスッと, コゼットを, シェークスピアの, ジャヴェルと, ズボン一つに, チェッと, デロレンを, ニヒルでした, バッタリ地に, フェリクス兄さんせがれなどと, ヘリコプターに, ホロホロと, マダムに, モヒ入りの, リバプールの, 一こく, 一人だけしか, 一体相許した, 一向平気, 一寸僕, 一層慌てず, 一応その, 一昨日舗石を, 一番寅五郎を, 一見男, 一體何を, 万年若衆と, 三十七八でも, 三束四束と, 上品な, 下手な, 不平さうに云つた, 不為合せに, 世界でも, 両掌, 中折帽の, 主として退る, 乱世の, 二三十歩後から, 二人よりも, 二十四五位かとも, 二階の, 五人とも, 五歳から, 人ごみの, 人生を, 今でこそ, 今年には, 仕事が, 仙太郎で, 任期が, 低い下駄, 何だい野球の, 何とも返事, 何処か, 何時間も, 余の, 依然として足もと, 倉地の, 偶と, 僕等を, 充分に, 先頃和田峠でも, 全くブレシントン, 八の, 六時に, 其名を, 再びにやにやした, 冷えた練乳, 出たがった, 切れる人物, 初めびっくりした, 別に意外, 前が, 副業に, 力強い声, 勇者の, 勤王浪人の, 医術の, 十月の, 半氣狂, 単純な, 厭に, 又や, 又荷車, 叔母に, 古い皺, 可愛い女, 各国人の, 同業だ, 向うの, 吾を, 呻り, 品物を, 商売人の, 嘗て五十嵐, 四五日前から, 四辺に, 国定忠治の, 圧しつぶされた意慾, 坊主かと, 堅人だ, 壁一重隣り, 夕闇にも, 多分死んだ, 夜盗の, 大きい膏薬, 大丈夫な, 大将髷に, 大木の, 天井裏を, 夫人の, 女々しくない, 女滝の, 好し稼業, 始めの, 媚びの, 子が, 学問も, 官に, 実力が, 宮の, 寂しそう, 實に, 小さい手帖, 小六, 小林少年に, 小説家です, 少しく眉, 少し小, 少女と, 居ないの, 山上の, 岨道を, 左右の, 帆を, 常にその, 平七と, 年ごろ二十ぐらい, 幸福に, 庄兵衛の, 庫裡の, 引かりょう, 強い弾機, 当時病気で, 役目の, 後の, 後間もなく, 微禄, 心得が, 必ず死ぬ, 忽ち逃げ出した, 怖くない, 思う女, 怠惰で, 怪我を, 恐れ入って, 息せわしく, 悩みを, 悪魔に, 惺窩や, 意識しない, 態度は, 憤慨の, 或日, 房一の, 手早く燗, 打ち見たところ, 折を, 拙者の, 振ってる, 掏摸女は, 撞木杖を, 政界の, 敵いません, 斬り紙帳, 新潟在の, 既にその, 日本人の, 早ざきのつぼみを, 明快な, 昨日今日商用で, 時々煙草, 暖炉を, 暫く私, 更に考える, 最後には, 服を, 木戸へ, 本当に恥じ, 村一番の, 来なかつた, 枕もとから, 柱により, 案外氣前, 植木屋として, 概して女, 横町に, 次に二人がかり, 正気を, 此處に, 歩き出した, 死におくれました, 死んだ筈, 残念そうに, 毎日思ひ出せ, 気づかった, 気持良, 水路組合の, 江戸一番の, 汽車の, 法律の, 注目を, 流し眼, 浴み果て, 淫らな, 渡された防毒面, 源十郎が, 潔く首, 火山の, 無口なはう, 無色透明女は, 焦れ出した, 熱心に, 父性中心の, 物に, 狂おしいほど, 独楽の, 玄関で, 理性的である, 生き残つた, 生活と, 甲府の, 男らしく育てん, 番頭の, 病気です, 白々しく答えた, 白粉やけの, 皆んな半, 皮肉さうな, 目敏く自分, 相変らずみむき, 真実天狗の, 眼じり, 知て, 石坂に, 礼儀を, 神女は, 私だけ, 秋川家と, 穢ならしい, 突然優しい, 立ちどまってさ, 立ち止まりました, 童子に, 笠原さんを, 築地の, 系図を, 素早く幕, 組頭とも, 絵画の, 編笠の, 罵る, 翌朝早く, 考へ, 聴馴れぬ, 肩組みし, 脂ぎつた掌面を, 腕組みを, 膝頭を, 自分一人の, 自然浮気されやしない, 舞臺の, 色戀とは, 芸者は, 苦い顔, 英雄の, 荒い息, 萠黄の, 蒼い顏, 藍みじんの, 蛍ほど, 行手を, 袖に, 襟ホックを, 見かえりも, 見上げて, 親方の, 言い進んだ, 訊問に対しては, 詩人の, 語りつぐの, 誰室の, 豆州戸田の, 貧乏の, 贋医者じゃ, 走りました, 足袋はだしで, 踊りが, 身分を, 軒の, 辛辣な, 近江から, 追ったて, 逃げるよう, 連れて, 運転手と, 遠くへ, 鄙に, 酔つた振, 野蛮で, 金貸しが, 鉢巻の, 鍋火鉢の, 長い旗竿, 長者の, 間もなく坂径, 阿部守衛の, 随分あります, 雇われたもの, 雪駄の, 青ざめた顔, 面白くも, 頑丈な, 頻りに居間, 顔が, 飄然として, 食後でも, 香美郡の, 駄目だ, 驚き慌て, 高足駄, 鰐の, 麓の, 黒いレンコート, 黙った

▼ 男~ (12482, 16.9%)

183 ある 141 あった 126 出て 125 立って 97 云った 75 あつた 70 いた 63 いて, 来て 52 あって 50 自分の 47 はいって 43 ありました 42 いる, 入って 39 何か 36 私の 35 それを, 女を, 言った 33 女の 32 顔を 30 女に 25 彼の, 手を 24 ゐた 23 訪ねて 22 あるの, よくて 21 いった, 立つて 20 一人の, 私を 19 ついて 18 口を, 帰って, 腰を 17 あつて, あると, 何を, 急に, 来た, 近づいて 16 やって来て, 手に 15 たずねて, 不意に, 歩いて, 私に, 飛び出して 14 云つた, 住んで, 現われて, 自分を 13 あったが, ゐる, 何の, 坐って, 姿を 12 あります, ゐて 11 いるの, そこに, 二人の, 持って, 眼を, 答えた, 自分に

10 [11件] いました, やって, やつて, 乗って, 声を, 寄って, 寝て, 居る, 死んで, 現れた, 首を

9 [12件] あらわれた, あらわれて, いたの, それに, やってきて, やって来た, 一人いる, 倒れて, 入つて來, 前に, 彼女の, 来る

8 [15件] あったの, あるん, いたが, わたしの, 一人で, 他の, 女と, 彼を, 或る, 最後に, 来るの, 殺されて, 現われた, 男に, 降りて

7 [23件] あれば, ここへ, これも, そんなこと, どうした, 一人, 両手を, 並んで, 二人, 二人も, 働いて, 僕の, 僕を, 入つて, 叫んだ, 好きな, 家の, 居た, 平次の, 現れて, 肩を, 頭を, 飛んで

6 [32件] いいました, います, きて, ここに, こっちへ, この時, つかつかと, ふいに, ヌッと, 二人で, 人の, 佇んで, 何者である, 例の, 先に, 出來, 大声で, 左右から, 幾人も, 庭の, 影の, 彼に, 彼女を, 後から, 煙草を, 突っ立っ, 自動車の, 身を, 進み出て, 酒を, 非常に, 髪を

5 [57件] あったと, あっても, あなたの, あるから, あるが, いう, いると, いるという, おりて, こちらへ, こちらを, この世に, この部屋, して, すわって, その時, とり急いで, どこに, なかつたか, なんの, のっそりと, ほかの, もう一人, ピストルを, 丁寧に, 三人ばかり, 上から, 二人と, 云う, 出た, 出来て, 坐つて, 多かった, 好いだけに, 子供を, 居て, 急いで, 息を, 梯子を, 気に, 熱心に, 窓から, 笑いながら, 答へ, 膝を, 自分で, 若い女, 行く, 見て, 走って, 足を, 通って, 酒に, 鏡を, 顏を, 駆けて, 黙って

4 [75件] あったこと, あなたに, あらわれました, あるという, あるもの, いいと, こっちを, そういっ, その前, その女, たたずんで, たって, とびだして, どこかへ, どなった, ひとの, ふらりと, もし小説, 一人何か, 両手で, 二人何か, 云って, 何かの, 傘を, 僕に, 半身を, 去ると, 向うから, 四人も, 始めて, 娘の, 子供の, 尋ねて, 居るの, 山へ, 帽子を, 店の, 怒って, 意外にも, 持つて, 書いたもの, 来かかって, 来たが, 来ると, 次の, 此方を, 死ぬと, 火を, 無理に, 現はれる, 男の, 皆持つた, 目に, 眼の, 立ち上がった, 綱を, 腰かけて, 腹を, 自動車に, 裏口から, 見ると, 言いました, 言つた, 話を, 誰だ, 這って, 通りすがりに, 通る, 遊びに, 金を, 鍬を, 附いて, 鞄を, 顔色を, 馬に

3 [187件] あったという, あったもの, あったん, あつたらう, ありは, あるだろう, ある日, いきなり傍, いきなり振り向い, いつた, いるか, お前に, こ, こう云った, こう言った, こちらの, このホテル, この頃, これを, こんどは, こんなこと, さきに, すぐに, すると, そこい, そこへ, その妻, その船, たった一人, つったって, つっ立って, できたな, でて, どこかの, どんなこと, なかった, のって, のぼって, はいった, ひらりと, ぴったりと, ほんとうの, ぼくの, みょうな, やはり自分, よその, ゐるの, ニヤニヤし, ベンチの, ポケットから, ムクムクと, 一つの, 一人と, 一人出, 一人立っ, 三人の, 三人も, 上って, 上に, 丘の, 両手に, 主人の, 二た, 二人がかりで, 二人を, 二人立っ, 云うの, 井戸の, 人々の, 今でも, 今は, 今度は, 代って, 仰向けに, 何処からか, 何者だ, 來て, 倒れると, 傍へ, 出入りする, 叫びました, 右の, 呼びかけた, 囁いた, 外の, 多くて, 夜中に, 大きな声, 大の, 女房の, 好いから, 好いと, 好きに, 妙な, 妻とも, 妾を, 子を, 客の, 家に, 家を, 尋ねた, 小声で, 小腰を, 居ります, 己の, 帳場の, 幕の, 店に, 彼と, 往来で, 忍んで, 悪いの, 戻って, 扉の, 振り向いて, 掛けて, 控えて, 提灯を, 最後の, 本を, 杖を, 来ました, 林の, 棒を, 槌を, 横たわって, 横合いから, 横合から, 此の, 母の, 気を, 水を, 泣くてへ, 泣く物, 涙を, 無遠慮に, 片手を, 犬を, 猫の, 玄関に, 生きて, 男である, 疲れて, 発狂し, 相手に, 眠って, 石を, 確かに, 私と, 立たない, 立ち上がって, 立ち上って, 立った, 笠を, 答えて, 答える, 細めに, 細君に, 胸の, 腕組を, 自殺する, 自身の, 自転車を, 荷車に, 虚空を, 血に, 行って, 見えた, 言うと, 話しだした, 話して, 誰である, 近づくと, 這入って, 通りか, 連れて, 道の, 遣って, 金の, 門を, 階段を, 顔の, 飛び込んで, 食事を, 馬の, 駈けつけて, 驚いて

2 [771件 抜粋] あいびき, あぐらを, あしたは, あったとか, あったとは, あの人, あの女, ありそれ, ありますか, あるいて, あるか, あること, あるだらう, あるでしょう, あるとか, あるとは, あるよ, あるよう, ある女, ある筈, あわてて, あんな所, いいの, いえば, いきなり橋, いたじゃ, いたらおめにかかりてえよ, いたろう, いったん約束, いないの, いなくなれば, いまに, いるが, いるじゃ, いるそう, いるでしょう, いるに, いるね, いるもの, いるん, うしろから, うずくまって, うつむいて, うめえこと, うろついて, おずおずと, おりました, お前さんの, お勝手口, お角, かう云, からかいに, かれの, きいた, きく, こうも, ここで, こっちに, ことし一年で, この女, この期, この界隈, これだけ, これは, こんな事, こんな財布, ございます, ござります, さう, さうし, さっきの, しきりと, じぶん, ずかずかと, ずるくて, そう云っ, そこから, そのため, そのよう, その家, その方, その死骸, その窓, その腕, そばから, そばへ, だれである, つくづくと, つぶやいた, つまらなさ, できて, ですか, どういふ, どうしてこんな, どうなった, どうなろう, どうも幼, どこが, どこの, どんな人間, どんな過去, ないの, なかったでしょう, なにかたくさん肩, にくらしかった, ぬッ, ねて, はいり込んで, ひそかに, ひっそり立っ, ひとりで, ひょいと私, びっくりした, ふたりも, ふと目, ふと立ちどまる, ぼくたちを, ぼくを, また彼, また私, まだ馬琴, まるで日常, みつめて, もう一度ここ, もくろんだ仕事, ものを, やった, やって来たの, やつた, よそ見を, よって, よろよろと, わきと, わしの, わたくしに, わたくしの, ゐました, ゐるので, カッと, カンバスに, セカ, タオルと, ツカツカと, ニコ, ノソリと, バケツを, パイプを, ヒョイと, フラリと, ベッドの, ボートに, マントに, マントを, 一人いた, 一人しか, 一人その, 一人ほかの, 一人ぼんやり外を, 一人ゐた, 一人下女の, 一人僕等の, 一人入っ, 一人娘の, 一人待っ, 一人新聞を, 一人最新化学応用の, 一人私は, 一人見事な, 一側に, 一束の, 一梃の, 一番入口に, 一種の, 七人も, 万年筆を, 三人揃っ, 三月許り, 上半身を, 下へ, 下手人だ, 世間に, 両方とも, 中腰に, 中音で, 乗り合せて, 九人女が, 二三人も, 二人あった, 二人がかりでも, 二人しか, 二人出, 二人手を, 二人肩を, 云えば, 云ふと, 五年前の, 亭主だ, 人間である, 人間として, 今だに, 今では, 今にも玄関, 今まで, 今度の, 仕事を, 他に, 他愛なく, 伏見屋が, 伯爵の, 何が, 何と, 何んといふ, 何故恁, 何者な, 俄に, 俺に, 側に, 僅かに, 僕と, 先生を, 入口の, 六人女が, 六畳の, 再びクレヴァス, 再び出, 出たの, 出入する, 出来たり, 刀を, 判りましたよ, 前から, 前の, 力を, 助手といふ, 十人ばかり, 半七, 厭に, 去年の, 只の, 台州に, 右手の, 同じよう, 名刺を, 君を, 命の, 咳を, 咽喉を, 善良な, 喧嘩を, 四五名の, 土堤の, 地面の, 夕方ひそかに, 外から, 外套を, 多くの, 大好, 大学を, 天下第, 夫人を, 好きだった, 好きで, 好くて, 如何に, 姉の, 娘を, 嫁を, 実印を, 実理を, 客を, 室の, 家庭では, 容易に, 小さい岡持, 少しも, 少年と, 居たん, 居りました, 居るのに, 屏風の, 山口である, 山狩に, 左手に, 己を, 帰つて来た, 帰ると, 床に, 店へ, 庭から, 廃る意地, 廊下の, 引取りに, 彼女と共に, 往来に, 待ち受けて, 待つて, 後へ, 心配さう, 応へ, 思って, 急病を, 怪しいの, 怪我でも, 恋しいの, 恋人を, 悟りを, 悪いため, 悪人で, 悲しそう, 悲鳴を, 惡い, 憎いの, 憎くて, 戸口から, 所謂, 手紙の, 手足を, 押しかぶせて, 指で, 探偵の, 揃って, 故郷の, 教会へ, 敷居を, 新聞を, 旅に, 日本の, 日本へ, 昔の, 時々に, 暗闇の, 暴力的に, 最初の, 有力な, 木を, 本藩, 朱に, 村井よりも, 杜九如の, 来たの, 来たり, 来るまえ倉, 来合わせて, 柳橋の, 柿色の, 棒の, 椅子の, 横から, 櫓を, 死のうと, 残して, 残って, 氷を, 汗みどろに, 江戸一パイに, 河岸の, 活動を, 浜で, 海に, 海岸へ, 海水浴に, 消えたの, 渋紙を, 満足し, 演説し, 火傷で, 炎天焼く, 無事に, 無制限, 父に, 牛を, 物を, 特別に, 犬の, 犯人に, 猪之, 現はれた, 現れると, 現われたと, 瑠璃子の, 生れつきの, 甲板に, 町内だけでも, 病気で, 病院で, 発見された, 登って, 皆の, 盛岡で, 監獄の, 目の, 目を, 目立つて, 眉を, 知って, 知らして, 福徳の, 私たちの, 突然に, 突然彼, 窓の, 立たないこと, 立たねえ, 立たねえこと, 立ちながら, 立ち上った, 立ち上る, 立去る, 立塞がつ, 立話を, 答えると, 箒と, 納屋の, 続いて, 置いて, 群集の, 老人が, 肩で, 背中に, 背中を, 胸から, 胸に, 腰まで, 自分たちの, 自転車に, 舟を, 若くて, 荷物を, 薪を, 虚無僧に, 蛙を, 血を, 血刀を, 街角を, 街道の, 袋を, 裸馬に, 西に, 見つけて, 見ても, 親方の, 言う, 言うには, 言ったが, 訊いた, 訊くと, 読んで, 誰と, 談り出した, 貧乏と, 起き上って, 起き上る, 足下の, 跣足の, 踊りの, 蹲んで, 車の, 転がって, 近よって, 追っかけて, 退院した, 途中で, 這入つて, 通つて, 通りかかった, 運転し, 部屋の, 部屋へ, 酌を, 酒樽の, 金が, 金で, 鉄の, 鉄人, 鋸で, 鍬の, 長い竹, 長靴を, 門の, 闖入した, 降りた, 階段の, 隠れて, 雲雀の, 電話を, 電車の, 青い顔, 静かに, 静に, 頻りに洋燈掃除, 顔に, 飛びだして, 飛び出したの, 飛んだ目, 飲みに, 飼つてゐた, 騙すん, 鵝ペンの, 黙りこくって, 鼻を

1 [6882件 抜粋] ああしろ, あたかもこの, あっただろうか, あったらどう, あつたり, あのカレー屋, あの御, あぶくを, あらゆる好意, あり他方, あるでは, ある今年二十四, ある芸妓, あんなところ, いいばかり, いかに御, いきなり長い, いじらしくて, いたなどとは, いちばん早く, いつが, いつの間にか他, いつも小利口, いなかったの, いますから, いやがらせを, いるなんて, うしろの, うなだれて, うるさいと, おせい様, おなじ宿屋, おりますか, お使, お庄, お睦, かういふこと, かけた時女, かなり感傷的, がんばって, きまって取る, くすりと, くる頃, けれど口拍子, こうやっ, ここの, こな, この仲間, この小川, この時急, この自分, これから染井, ころげ出した, こんな真似, さっき叫びだしたでしょう, さるぐつわを, しきりとお, しきりに離縁, しのびこんで, しょんぼりそこ, じっとながめ, すぐ側, すたると, すむと, ずっと以前, せっかく仕込んだ, そういうこと, そう言っ, そっちから, そのあと, その上, その地方, その後生き, その最初, その硝子戸, その辺, それさ, それまで, そんな仕事, たくさんいる, ただそこ, たちまち恐ろしい, た女形, ちがう, ちらり横顔, つきまとって, つまり父, できたん, ときどきおも, とても真面目さうに眼, とりまいて, どうしておのれ, どうすれ, どこへ, どの様, どんなに馬鹿, どんな本, なお辿っ, なにかささやく, なんだかあざ笑っ, にやにやし, のこ, はいったん, ばしょう, ひとつの, ひとり娘に, ひもじいよう, ひょろひょろと, ふしぎな, ふった情婦, ふと振り向いた, ぶらぶら歩い, ほかならぬ, ほんものの, まさかこれ, またこう, またヨロヨロ, また新しい, また闇黒, まだ早い, まつしぐら, まれに, みんな丸裸で, むっくり起き, もう一週間, もたれかかって, やあとは, やしなって, やって来ると, やはり下手人, ゆったりした, よくっても, よく訪れた, よろこび笑って, わかるはず, わたくしから, ゐないだらうか, アルカンなど, ウロウロしとる, カウンターの, ギロチンといふ, ゲイに, ゴソゴソ匍, シャベルをよ, スウッと, ソロソロ井戸端に, チラリと, トラックの, ニヒリスチックに, ハルミさんを, パリパリ高い, ビールを, フロック形の, ベッドから, ボンヤリした, モヤモヤの, リードする, 一ヵ月間の, 一人こっちを, 一人ふらふら, 一人一尺八寸ほどの, 一人佇んだ, 一人反り身に, 一人寄っ, 一人後向きに, 一人楫棒に, 一人独龍山の, 一人縛られ, 一人通りかかっ, 一人黄色な, 一向感興, 一層社交, 一心に小形, 一本, 一生俺に, 一葉を, 七八ツ位から, 三万ドルで, 三人乗っ, 三人連で, 三四人やって来, 三田の, 上下に, 下手人, 不機嫌な, 両脚に, 中津だ, 久保田万太郎氏の, 乘合せ, 事実は, 二三人向うの, 二人おりました, 二人づれでゴーリキイを, 二人ほど, 二人云い合わせた, 二人妙な, 二人次に, 二人荷物を, 二十の, 二度目に, 云うと, 五人も, 五六人香椎六郎の, 交って, 人を, 今と, 今一方の, 今抱い, 今目の, 仕事と, 仮に姿, 伊達模様の, 住んでを, 何とも思えず, 何人代った, 何時も寺, 余と, 使ったらしい工具, 俗っぽいもの, 借りてるん, 傍の, 元来どうしてそれほど, 先妻の, 入りよったん, 全く作, 八郎を, 六十に, 其の棺, 内実は, 冷然と, 出入した, 出来心だ, 切符を, 別室に, 前後左右から, 助けると, 勤めて, 医者としての, 十分に, 半十郎, 南京虫を, 原で, 又かう, 取り巻いて, 口上を, 叫ぶと, 可笑, 同じく勝手, 同室に, 名譽, 吸ったパイプ, 呻き声, 哀れに, 商売に, 噺の, 四五人逆蜻蛉を, 四人女が, 四百文それに, 土人形の, 在俗の, 坐りながらに, 塾頭の, 変って, 多いか, 多勢いた, 夜店を, 大きなさかずき, 大きな森, 大儀そうに, 大変に, 大汗, 天地も, 太白に, 奇怪な, 女にと, 女性化し, 好きだつたら, 如何にも彼, 姉を, 嫌いだ, 学友を, 安心立命を, 実はもう, 宮籠り, 宿屋の, 寒中の, 尊敬を, 小僧を, 小柄を, 少くなつた, 少年から, 居たそう, 居るので, 展覧会の, 山鹿な, 左利きだ, 布で, 帳簿を, 平坦な, 年頃の, 幾人創物に, 店さきで, 庭さきから, 建物から, 引攫つて肩に, 弾丸の, 彼らを, 待ち受けてでも, 後方の, 御家流で, 微弱な, 必死に, 忽然とし, 思い出されたけれども, 怪しいね, 恋ひしい, 悄然として, 悪魔にでも, 惡戯を, 愚劣な, 憎い, 懐手を, 或日, 戸を, 手伝いに, 手枕を, 打っ附, 押しかぶさって, 持つもの, 振り返った, 捕まつた事, 接近し, 撥で, 改進系であり, 教唆した, 數百ターレルの, 新しい地下足袋, 旅から, 旧縁の, 明智探偵の, 昨夜の, 是非行かう, 時々表, 暖簾を, 暴あ, 書見し, 月三百円の, 朝六時半ごろから, 木村自身だった, 本当に再生, 机を, 来たなら自制, 来るから, 松葉杖に, 果たして実際に, 柱の, 案外丁寧, 棺を, 槍術が, 樫の, 欲しいって, 正体も, 武器を, 死んだ, 死んでは, 殺されたつて, 殿様の, 毎月毎月この, 気の毒さうに彼の, 氣が, 永遠に, 汽車で, 油ぎったふとった赤い, 泣いたという, 注意した, 浜辺に, 消したわけ, 湯槽に, 漁具の, 濡れた髪毛, 為事を, 無実の, 焼ける国記, 父親である, 牛に, 犬に, 状箱を, 猿楽風に, 王の, 現れますその, 現われスタスタ, 甚く, 生前抱い, 田村さんに, 男らしくしない, 畑で, 異常に, 痰を, 登場します, 百人組の, 盆の, 直ぐ反対, 相良寛十郎と, 真夜中近くふと, 眼顔で, 矢庭に, 石室の, 硝子鉢を, 祖父の, 禿げあがった頭, 稀代な, 空証文を, 突然地面, 窓を, 立たんの, 立ち列んで, 立つた, 立派に, 竹竿の, 笑ひ, 管理し, 紋付羽織の, 紺ぽい, 絶えず女, 緊急動議を, 縛られたまま, 置き忘れて, 美男という, 老人らしい, 聞えた因業屋, 肩に, 脇目も, 腹声で, 自分にも, 自製新, 舟の, 船橋の, 芋虫の, 若い綺麗, 苦痛の, 茶碗で, 莨を, 蒔を, 薄氷を, 虚弱から, 血相かえ, 行儀よく, 衾を, 襲つて來た, 見えなくなると, 見つかるかも, 見世物に, 見詰, 言い付けて, 言わせたので, 詩人だ, 話し出したので, 誰でもが, 謝罪に, 財宝と, 賀茂に, 赤星龍子に, 足らない, 蹣跚と, 車夫に, 転げこんで, 近処, 追っかけた, 逃げまどって, 這入り込んで, 通り掛った, 週刊誌から, 運転手台へ, 遠くから, 郡の, 酔っぱらって, 金もうけなんて, 釣込まれたやら, 銃を, 鎮江で, 長い釣竿, 長生きし, 関心を, 陽気な, 集会の, 雪袴の, 青光り, 革紐で, 頓狂な, 頸を, 顔隠しの, 飛びついて, 飛出したり, 餅屋の, 馬乗りにな, 駅夫に, 骨と, 魔物の, 鵜を, 黒い旗

▼ 男~ (4324, 5.9%)

52 見た 51 見ると 44 見て 39 相手に, 知って 37 連れて 27 つれて 23 愛して 20 自分の 19 殺して 14 見たこと 12 捕えて, 男とも 10 伴れ, 待って, 案内し 9 見たの, 見た時 8 して, 前に, 思って, 捨てて, 見つめて, 雇って 7 こしらえて, 呼んで, 引っ張って, 殺したの, 私は, 識って

6 [14件] つかまえて, 仰いだ, 出して, 助けて, 想像し, 指さした, 捉えて, 知つてる, 見つけて, 見つめた, 見ても, 見れば, 選んで, 避けて

5 [18件] さがして, よく知っ, 信用し, 元の, 夫に, 寄せず耳, 引入れて, 手玉に, 殺すつもり, 殺そうと, 泊めて, 男と, 発見した, 睨みつけた, 見かけて, 観察した, 訪ねて, 認めた

4 [30件] つけて, どう思う, 一人連れ, 仲間に, 使つた, 取りまいて, 君は, 夢中に, 女に, 家に, 家へ, 対手に, 怖ろ, 抱擁めた, 捕まえて, 探して, 発見し, 眺めて, 睨んだ, 知つた, 知つてゐる, 自由に, 見たとき, 見ました, 見る, 見るが, 見ること, 見出して, 離れて, 馬鹿に

3 [84件] お前は, かげに, ここへ, こしら, さきに, すてて, とらへて, とりかこんで, にらんで, のせて, 一人つれ, 一目見た, 上げた, 主人公に, 乗せて, 二階に, 亭主に, 伴って, 作って, 使って, 先に, 入れて, 出せ, 向うに, 夫と, 好いて, 始めとして, 尊敬し, 尾行し, 幸福に, 彼は, 征服する, 待つて, 従えて, 怨んで, 慕って, 憎む, 憎んで, 手に, 拵えて, 拵へて, 持って, 指さして, 指して, 振り返った, 捉まえ, 捕えた, 探しに, 支配する, 斜に, 殺したと, 殺すこと, 殺すの, 気に, 水の, 目に, 眼の, 知った, 知らない, 私に, 紹介し, 紹介した, 罵つた, 背負って, 見あげて, 見たと, 見たもの, 見つけたの, 見つめました, 見ながら, 見上げた, 見下して, 見詰めて, 見返した, 見送った, 誘惑する, 迎へる, 迷は, 迷わして, 遠くから, 非常に, 頭から, 頼って, 頼んで

2 [271件] あげたこと, あげて, いかでか, いざと, おもち, おんぶし, くわえこんで, こしらえる女, ごらんに, じっとながめ, じっと見ました, じつと, たのんで, だますこと, だます工夫, つくらないか, つくりて, つくる女, つれだして, つれ込みました, どこかへ, どこへ, どんと突いた, ながめた, ながめながら, なだめて, にらみつけました, にらんだ, のぞき込んだ, はっきりと, ひき入れて, まいて, まじまじと, みつめて, もっと近く, ようよう見付け出し, われわれは, フラフラに, モデルに, 一人給料を, 一人置い, 一人背負っ, 一生の, 一目見る, 一見し, 上げたの, 下から, 下げて, 下げるの, 不幸に, 中傷する, 中心に, 二三人も, 二人も, 今まで, 仲介に, 何だ, 何処かで, 作ったちゃんと, 使いこなして, 使いに, 侮辱し, 促して, 信じて, 信任し, 信用する, 俺と, 倒して, 僕は, 先頭に, 内務大臣たらしめたる, 冷やかに, 利用し, 励まして, 募集する, 十八九の, 半七, 反對, 取押える事, 口説いて, 可愛がるの, 同伴し, 呼びとめカヌー, 呼び出して, 呼び出すと, 咒う, 四五人も, 圧迫し, 外から, 外務大臣候補者に, 夜中に, 女の, 好きに, 好くという, 娘の, 婿に, 嫉むという, 嫌って, 家の, 尋問し, 小馬鹿に, 尻眼に, 尾行する, 居船頭, 川へ, 差上げますから, 幾人も, 庇うよう, 弁護する, 引き入れて, 引上げる, 引張って, 引捕え, 弱いと, 待たして, 待つ癖, 御存じありません, 忘れて, 応接室の, 思い出した, 思い出して, 思うと, 急に, 怨めしくも, 愛したか, 愛したかを, 愛したこと, 愛しては, 愛すること, 愛すると, 愛する時, 態, 慕ふ, 憎む心, 憲兵隊へ, 懲す, 批難する, 抱いて, 抱きしめるやう, 抱きすくめその, 抱き上げて, 拵えるの, 拵へ, 拵へる, 持ったが, 持った事, 持っては, 持つた事, 指さしながら, 指さしました, 指名し, 捉えたの, 捉ま, 捜しに, 探しだして, 探し出して, 探し出し徳力屋, 探すが, 探偵し, 描いて, 放り出すには, 放免する, 救済せん, 斬るの, 旦那に, 束に, 柱に, 横眼で, 死なせて, 残して, 殺さずとも, 殺さずに, 殺させて, 殺さない限り, 殺さなければ, 殺した, 殺したこと, 殺すと, 殺すなぞ, 殺すなんて, 殺すに, 求めて, 泊めたと, 滅ぼして, 激しくい, 無理に, 熟と, 片っぱしから, 片つ, 片づけたぞ, 片端から, 片附け, 犯人として, 猟する, 生かしては, 生けては, 生めば, 生涯の, 男として, 疑って, 疑っては, 病みつかせる疫病神, 白痴に, 皆んな手なづけ, 監視し, 目で, 睨みつけ, 睨むよう, 瞠若たらしめる, 知つて居ないらしい, 知らないけれども, 知らない女, 知りたいと, 私が, 突き飛ばして, 立たせて, 立てて, 絶対に, 縛って, 罰すること, 罵つて, 肩に, 肩越しに, 虱潰しに, 表へ, 袋叩きに, 見あげた, 見かけませんでしたか, 見かけると, 見くらべた, 見せたつもり, 見たとたん, 見た目を, 見つけました, 見つけること, 見まもって, 見やった, 見るたび, 見るの, 見るのみ, 見るよう, 見出した, 見守って, 見殺しに, 見直して, 覚えて, 観察し, 訪ねた, 許して, 認めて, 認めると, 贔負する, 赦して, 追いかけて, 追いつめて, 追って, 送って, 送出し, 連れ出して, 逮捕した, 遣過すと, 避けようと, 随えて, 非難し, 頭に, 顧みて, 養うため, 養って, 養子に, 騙して, 高等教育ぐらゐ受けた

1 [2709件 抜粋] あくまで蔑む, あさましいと, あちらへ, あながちに, あまりしつこく, あやつッ, ありったけの, あんなところ, いきなり自分, いっしょに, いつて, いまだかつて見た, うさんくさい眼, うながした, おかないの, おどして, おぶひ大庭, お使い下さる, お裁き, かぎ分けてる, かばうよう, かわいそうに, きらつて, ぐんぐん前方, こうし, ここに, こしらえるなんて, こっち岸へ, この上, この頃, ころがしました, ごく愛し, さう, さがそうと, さし置いて, しいたけ髱なんぞだけに, しっかりと, しばらく静か, しれ者, じっと見つめた, すくいあげて, すこしも, ずい分知つてるじ, そうよんだ, そそのかす人, そのうえ走らせまい, その後釜に, その術, それと指, そんなに引留める, たしなめた, ただその, たぶらかしたと, たらす稼業, だまし討ちに, ちゃんとそこ, ちよいと, つかまえた時, つかわしまする, つくったが, つくづくと, つくる時, つれこみ酒場, つれなく過, とっちめて, ともかくも, とりかこみそして, どうして尊敬, どうぞお, どう思われます, どれほど道中, ながめたが, なぜお, なんとごらん, にらみ返した, のめらした手並み, はねつけて, ひいきの, ひきずり倒して, ひきつけんが, ひき据えた, ひとつ使っ, ひどい目, ふたりの, ふりあおいだ竹童, へこます軽薄, ほめて, まじえ五人, まだ見た, みすみす堕落, みつけるまでの, みるなり, めがけて, もつたぢ, もらって, やっとの, やりこめると, ゆりさ, よく見ました, よべ, わざわざ呼んだ, わたしの, オモチャに, コックス・コームと, ジリジリと, チャームする, デッキから, ヒイキに, フト一人見附けた, 一々殺す, 一人, 一人呼びつけた, 一人蟲の, 一刺しに, 一応帰らしたら, 一概にニヤケ男, 一目見, 七八人の, 三日目に, 上手に, 不具者に, 不意に, 並べて, 主と, 九条の, 二三人墓原に, 二人使っ, 二名捕まえ, 二階へ, 井戸端へ, 交え行儀, 人々は, 人柱に, 仇として, 今日から, 仕込むといふ, 代えたこと, 以前から, 伸子は, 何かしら頼もし, 何らの, 何度も, 余り好く, 作ろうと, 使った方, 供の, 信じるの, 偽善者と, 傷つける美, 充分視自分の, 入れた, 全部召集, 冬の, 凹路の, 刀にかけて, 列べて, 利発な, 刺し何處, 創る, 助けに, 勝手に, 北陸の, 卑怯だ, 厄介払いしよう, 厳重に, 友達の, 取って, 取りや, 取り巻きました, 取圍, 受け入れなければ, 召した, 可哀そうに, 台なし, 同情し, 向ふ, 吸いこむだけの, 呪い殺すよりも, 味う, 呼びとめた, 呼びよせ今度, 呼び寄せその, 呼び留めて, 呼び醒して, 命に, 哀れと, 啣え, 喜ばす言葉, 回避する, 土人の, 坊主に, 執事として, 売った天野屋利兵衛, 売る店, 変へ, 多少重すぎ, 大別し, 大正二年の, 天誅に, 奥の, 奮い起さすよう, 好かなかった, 好く国, 妬み遠方, 始めから, 媚態によ, 嫌うかの, 嫌つて逃げ廻つた, 嫡男だ, 学校の, 守り通して, 定めるの, 家庭から, 寄せつけない女, 寝とられたからって, 対象として, 尋ねたる, 小森は, 少くとも, 尾行て, 島まで, 巡って, 帰した, 庄太と, 店へ, 弄ぶ, 引きずり出そうと, 引きつれて, 引き入れるとは, 引き擦るやう, 引き立てようと, 引っ張り込むという, 引ツ張つて見たろ, 引入れるとは, 引張り出して, 引捕まえた, 引立てた, 引起した, 張りに, 役所から, 待ち伏せして, 待つ, 後から, 後継者に, 得るかも, 御存じです, 微塵も, 必ず逃がさず, 忍ばして, 忘れるには, 思いだして, 思い切るか, 思うて, 思つて苦勞し, 思ひ出して, 思へ, 怨みに, 恋い慕うぞ, 恐るるよう, 恐怖と, 悩ましたこと, 悪者だ, 惡く, 想うキリスト曰く, 想像によってさえ, 意識的だ, 愛しいたわって, 愛しつつ, 愛しん, 愛するやう, 愛慕する, 感応させた, 憎いと, 憎み女, 憐んで, 戀ひ, 戒めて, 手づるに, 手討に, 払いのけて, 投げたおすと, 択ぶの, 抱き起して, 押しとどめられなくなったらしくそこで, 担ぎ込み, 招いた, 拵えること, 拾ったところ, 持たなければ, 持つの, 指で, 振って, 振り返つた, 捉えると, 捉へ, 捕えなければ, 捕える時, 捕へて, 捜し歩いたん, 捨てた覺, 探さないで, 探してるん, 探し男, 探り強くたくましき, 掴えた, 描き出して, 搜すが, 撃つより, 撲った時, 操作し, 改めて見返さざる, 放免せよ, 救い自分, 散々だました, 敵と, 文字の, 斬りすてて, 断念し, 旅客接待係に, 早くやっつけない, 暗室から, 曳き退け外, 月掛無尽会社か, 期待し, 杏丸医学士と, 桜ン坊の, 棚卸しを, 横目で, 次つぎと, 歌った詩人, 正しい男, 歸し, 死なせ遠く, 殴って, 殺さうと, 殺される, 殺したかった, 殺した廉, 殺しました, 殺すため, 殺すには, 殺せ, 母の, 気取って, 永久に, 求める浮気女, 決して恨む, 泊めると, 泣かせて, 活かし女, 深く迷わし, 滅法界に, 潰すよう, 無事に, 無罪放免という, 焦立たせずには, 煽動し, 牡と, 物色し, 特に雇, 狙って, 獲るよう, 理解しきっ, 生きたこと, 生むか, 甥に, 男は, 画き出して, 疑う心, 病気も, 發見する, 皆柳に, 目がけて, 相応に, 眺めた, 睨めました, 瞶めて, 知ったなどという, 知ってる, 知ってる者, 知つてゐた, 知らないといふ, 知らない女性, 知らなかつたに, 知りたいといふ, 知る, 知ろうと, 磨きたいと, 磨く町奴, 神は, 秀れた, 突いただろう, 突き落す前, 突つ放し, 窺いあたかも, 立てるたて, 笑わせたこと, 糸子の, 組み伏せる, 絞め殺せる柄, 縁さきへ, 縛りあげる, 置いての, 罵る女, 翻弄する, 考へましたよ, 肌から, 胆吹山へ, 脅迫する, 腹立たしそう, 自分に, 自轉車, 芝で, 苦しめ虐げ生き皮, 蒼白くものすごく照, 蛇に, 袈裟掛に, 裏切って, 見あげる, 見うしなう心配, 見かけあ, 見かけること, 見しこと, 見そめたと, 見たが, 見たるばかり, 見た目付, 見つけた, 見つけるよ, 見つめたまま, 見なおしました, 見ましたよ, 見やりました, 見るたんび, 見るや, 見る眼, 見下ろして, 見出したかわいそう, 見出すべく驚ろか, 見抜いて, 見染めて, 見自分, 見返りながら, 見違, 覗くよう, 親分も, 観て, 言ふ, 訪ねるに, 試みて, 誘いながら, 誘つて來て, 誘惑しよう, 誰かに, 論じなくては, 識つてゐた, 警戒する, 責めずに, 責め折檻, 買取り之, 走らして, 越した女以上, 踏みにじり彼, 車の, 轢いたん, 迎える準備, 近づけない, 迷わしたワ, 追いまわして, 追い払うと, 追い抜いて, 追っかけるん, 追っ駆け廻すなんて, 追立てる, 送つて來, 逃がさない手段, 逃げ隠れ, 途中から, 連れ込むこと, 遊びに, 遠ざけ度いもの, 選ぶ事, 避けるといふ, 配偶者に, 金の, 長蔵さんと, 闇を, 陥いれたの, 階下に, 隧道の, 電話で, 面喰わせ, 頼むこと, 顧みる時代, 飜弄し, 食うん, 飾る危険, 馬に, 騙しつけて, 鳳凰の

▼ 男~ (4030, 5.5%)

56 なって 33 して, 向って 29 しては 27 違いない 25 身を 20 声を 15 相違ない, 言った 14 向かって 13 自分の, 限って 12 なつた, 云った 11 ちがいない 10 とつて, むかって, 何か, 化けて, 生れて, 肌を 9 つれられて, 会って, 出逢った, 對する, 惚れて, 手を, 逢った, 連れられて, 金を, 頼んで 8 きいた, しても, なった, 向つて, 對し, 案内され, 比べて 7 呼びかけた, 抱かれて, 目を, 逢って

6 [14件] くれて, だまされて, ちがいありません, なるの, よく似, 出会った, 口を, 従属する, 捨てられて, 渡して, 見える, 話して, 近づいて, 違ひない

5 [15件] しろ女, なつて, 会った, 似て, 取っては, 心を, 恥を, 憑いた, 手紙を, 手錠を, 渡した, 聞いた, 見せて, 見覚えが, 逢つた

4 [25件] ある, いつまでも, せよ女, やって, 与えて, 仕立てて, 代って, 会ったこと, 何の, 取つて, 娘を, 恋を, 扮し, 未練が, 案内させ, 相談し, 眼を, 聞いて, 背を, 見えた, 言つた, 言葉を, 誘われて, 貸して, 送られて

3 [68件] かぎって, きいて, すれて, すれば, そういうこと, それが, たずねた, たのまれて, たのんで, なったり, なり父さん, なると, ものを, 一人の, 一種の, 両手を, 云つた, 会いに, 会う, 依って, 僕は, 出会って, 出逢, 合図を, 向いて, 向ひ, 呑ませるの, 変って, 家を, 就いて, 後を, 從ふ, 心配し, 思い知らせて, 怪しい素振り, 感謝し, 戀され, 持って, 挨拶を, 捉へ, 捨てられたの, 接吻した, 来て, 注意を, 渡しました, 生れたもの, 私は, 経済的に, 縋って, 肩を, 育てて, 興味を, 落籍されて, 見られるの, 言いました, 訊いて, 訊きました, 話した, 身も, 道を, 違いなかった, 金が, 関係した, 預けて, 頭を, 頼まれて, 顔を, 食わして

2 [257件] あった, あって, あっては, あとを, あなたの, あらず, あんな卑しい, いつ愛情, いふ, うしろを, かかっては, かかり合って, かかり合つて, かかると, かわって, きまって, こしらえては, ございます, させたの, しが, しがみついて, したよう, してからが, すがって, するの, そそいだまま, そむいて, それを, そんなこと, たずねて, たずねました, たよって, だつて, だまされやすい, ちがいなかった, つかまって, つけられて, とても甘い, とられて, どんな事, なったが, なったと, なったの, なにを, ならなければ, なり, なりさ, なりたいと, なります, なり切って, なるぜ, なるには, なるので, なるよう, なる訳, なれるかや, なろうと, なろうという, なろうとは, ねだるとき, はつきり判つた, またく, みこまれて, やつて, やらせて, やれ, よく似た, ろくな男, ビールを, 一生を, 乞食なんぞ, 二人の, 云いつけて, 云はれ, 今は, 仕上げて, 会うた, 会った時, 会は, 会ふ, 伸子は, 体を, 何が, 依て, 依頼した, 係り合って, 俺の, 候, 共通な, 凝視られ, 出会ったの, 出會, 別れた, 別れた女, 別れて, 別れると, 別を, 劣るもの, 十六七の, 去年の, 取替えられた玩弄, 可哀, 可愛く見える, 同情し, 向い, 向けた, 向けられ恐ろしい, 呑込ませた, 囲まれながら, 土産に, 変装し, 女は, 好意が, 好意を, 好感が, 委せるべきもの, 子供を, 尋ねた, 導かれて, 就ては, 左右から, 差し出した, 引摺られ, 彼女を, 微塵も, 心中立てする, 思いを, 思ひ知らせて, 恋された, 恋した, 惚れたという, 惚れたの, 惚れたん, 惚れては, 想いを, 愛されて, 愛される資格, 愛情を, 憎まれる事, 打ち勝って, 打ち明けたとき, 打明けるに, 打明ける必要, 投げつけるの, 抱いて, 押されて, 指一つ触れさせ, 挨拶された, 捨てられたお, 掠奪せられ, 接吻し, 操を, 放浪し, 新しい女, 最後の, 望を, 期待し, 森さんの, 此の, 殺されて, 殺されました, 比べると, 比る, 気づいた, 永年自分が, 注いで, 注意され, 注意した, 注意する, 渡し場の, 渡すと, 渡すとき, 火を, 特有な, 特殊な, 狙はれ, 生まれて, 生れける, 生れたの, 生れつくの, 生れなかったの, 生れながら, 生れ女, 白い齒, 相当した, 相違なかっ, 瞞され, 知らせて, 私が, 私淑し, 移して, 稼いで, 紹介した, 縺れる, 聞いたん, 聞かせたかったの, 聲を, 肌身を, 胸倉を, 腕を, 至っては, 興味も, 苦労を, 血道を, 衝き合せずに, 裏切られたこと, 裸体を, 襲われて, 見えたに, 見えて, 見えますが, 見せた, 見られること, 視線を, 言い寄られて, 言ったの, 言ったらこの, 言って, 訊いた, 託して, 許したの, 許すという, 詫びるの, 話しかけて, 話しかけました, 話を, 誘はれて, 負けて, 賭けて, 起訴され, 蹴られたよりも, 蹴倒されたの, 身代限りを, 躰当りを, 近づきました, 逢いますと, 逢うと, 逢ひ, 逢ふ, 逢ふたれ, 連れて, 連立って, 過ぎない, 過ぎなかつた, 違いありません, 遷し得る女, 都合の, 酌を, 酒を, 間違いありません, 離れるさ, 非ず, 颯つと, 食わせて, 馬車から, 馴れて, 騷が

1 [2491件 抜粋] ああいう, あいに, あたえて, あったとき, あの世から, あの袈裟がけ, あらざれば, あり勝ち, ある顔, いいかけた, いかばかり激しい, いじめられて, いった, いつまで, いませば, うかつな, うっちゃられてから, おしやられて, おびき出されたん, おめおめ打たれる, お世辞, お恵み, お給仕, かう言つて, かかわり合ったから, かけよりました, かつがせて, かわら, きけば, きょうこそ, くれた, こうきいた, こう言ってる, このくらい, この山本さん, この胸いっぱい, これと, こんなこと, こんな巧妙, こんな用事, さいは, させたつてかま, されて, しあなた, したいと, したの, しつこく附き, しなだれかかつて仕合せ, しゃべらせなかった, しろずつと, しろ女房, じろりと向け直し, すぎない, すぎませぬ, すすめた, すてられたら泣きたくも, すまないの, すれきった女, ずけずけと, せめられて, そういう手紙, そう思わせる, そそのかされて, そっくりである, その二つ, その気, そんなむずかしい, そんな秘密, たかられて, たった二人, たぶん何, だまされたくやし, だまって, ちょっと顔, つい一年, つかれる等, つくすこと, つけ込んで, つめ腹を, できて, でなくっては, とびかかろうと, とるの, どうしていま, どうつなぎ, どなりつけられると, なぐりかかりました, なったさあ, なったので, なったろう, なつたんだ, ならうとは, なられる場合, なりきつて, なりそう, なりとうございます, なり一度, なり澄まして, なるか, なるつもり, なる亭主, なれたの, なれませんと, なれる如何, なんで御酒, のこされて, のろいこと, はさまって, はなが, ばけて, ひそひそ戯れ, ひどくぶっつかりました, ふざけやがって, ふられて, ぶつかったから, ぶつからなかったお, へんに, ほんとうに, まさしく彼, まだつよく, まんまと弄ばれ, みんな逢っ, むごたらしゅう振り捨てられた, めぐりあったの, めぐり合わせたの, もう少し事情, もてあそばれて, もんどり打たせる, やった, やられてしも, ゆき逢いました, よい懲らしめでござんする, よび出されては, わからせて, わけを, アリアリと, ギッシリとりまかれ, ジャパン, テコナという, ノックさせた, バカに, ムザ, 一セントやったら, 一夜の, 一晩の, 一点非の, 一部始終を, 三百七呎の, 不吉だ, 不足も, 与えるが, 世話しようなん, 亀井戸玉の井までの, 二三度キスを, 二十銭札は, 云いかけたが, 云はせ, 些かも, 今にも飛びかかり, 介抱人でも, 仕送りを, 付け狙われて, 任されないこと, 任せるわけ, 会いたいと, 会いました池之端, 会うの, 会えと, 会ったらだれ, 会った経験, 会ひし, 会釈した, 似ずその, 似てるよう, 似合わず急, 低い声, 何とか三人, 何を, 何時までも, 使いを, 依頼し買っ, 促す気配, 倒れか, 偽造文書を, 働きかけるわけ, 先に, 免した, 全く同じ, 共鳴する, 再婚した, 処女を, 出くわしても, 出っ食わした, 出会うこと, 出会ったので, 出喰わした, 出逢ったので, 刃物を, 切通しまで, 別の, 別れるのほか, 刺青の, 劣らない, 助けられ其の, 勝たせたく無い何卒, 勝利を, 勧められて, 化けたもの, 化けるという, 化し男, 十銭の, 卵あり, 及第が, 取つて餘, 取巻かれて, 口説かれて, 叫んで, 右左から, 同情の, 向いあなた, 向うと, 向っては, 向つて病氣, 向つて言, 呉れむとす, 呼ばれて, 呼出されて, 命令的に, 問うた, 喰べ, 囁いた, 因縁を, 執念くつけ, 報告し, 売って, 変えるの, 変へて, 多くの, 大いに信頼, 天麩羅を, 奔馬の, 女に, 好かれさ, 好かれる何物, 妙な, 委せて, 娶らせて, 媚る, 嫁ぎやがて, 嫁入ります, 孅弱な, 守られながら, 実が, 家庭的な, 寄添うよう, 實際に, 封ぜられましたが, 尋ね灌木, 小さい紙片, 就いては, 届けられたので, 川上の, 己との, 幸せられん, 引かされたもの, 引きずられて, 引っかかるお嬢さん, 強い刺撃, 当れば, 後で枕添, 従わねば, 御文, 微笑みかけ二度, 心中立て, 必ずやある, 応ずる本能, 思い知らせるため, 思はれた, 思われた, 思われれば, 恋して, 恨みの, 悪い心, 悪気は, 情熱と, 惚れたいうこと, 惚れないの, 惚れるが, 惚れるよう, 惚れ込んで, 意久地が, 愛せられるため, 愛情が, 愛着の, 感じる愛情, 感染し, 慕われて, 懐中時計でも, 成って, 成りましたから, 成るだろうと, 手こずり出しました, 手伝って, 手渡しを, 打ちこめるもの, 打擲されなけれ, 扮した, 扶けられ, 投げ与えながら, 抱かれた儘, 抱きつかれたと, 抱き付かれた, 押えつけられれば, 押し迫ろうと, 拮抗し, 持たれて, 指図ばかり, 振り下ろされたろうと, 捕まった, 捨てられたん, 捨てられ一人, 掘らしめし, 接すること, 接近しよう, 握られて, 撮って, 救われて, 教へ, 文通す, 早く出, 昵ませよう, 曳っ, 會つ, 會わ, 木下藤吉郎と, 東京見物など, 棄てられた十八, 植木屋を, 欺かれるの, 止められた, 死なれると, 殴られた, 殺されるやう, 母の, 比例する, 気がついたであろうが, 気づくと, 気を, 水干袴と, 求めるところ, 泣いたりなど, 注意し, 流させもし, 深く思, 添ひ遂げる, 渋茶なぞ, 渡したといふ, 渡し百日内, 満足できない, 濟ま, 無気味に, 煙草屋で, 燕尾服が, 物なんか, 犬坂伴五郎という, 独身を, 理解される, 甘える心持, 生るとも, 生れたから, 生れたろう, 生れるの, 生長した, 用立てた部分, 畫かれ, 皆さんは, 目くばせした, 相当する, 相違ございません, 眩む, 知らせては, 知れて, 示したかった, 祝儀を, 科は, 種々の, 突然撲ち殺され, 笑いかける, 簡単な, 組みつき両手, 結婚を, 練馬区の, 缺けて, 耳を, 聞かせて, 聞こえよが, 肩へ, 育て上げて, 脅迫され, 膚を, 自然に, 良く似た, 若い時, 苦痛を, 落籍されてから, 處女が, 行逢う, 裏切られた場合, 襲ひか, 見えないよう, 見えまた, 見えるね, 見えるビーチ, 見せたがらないの, 見せられなかったの, 見つかって, 見られちまったん, 見切りを, 見張らせろ, 見込まれたという, 見込んでと, 親は, 解らないもの, 言い男, 言ひました, 言われたこと, 訊いたら曰く, 討たれて, 許されて, 許すの, 詫びた, 話かけた, 話しかけなかったろう, 話しかけノルトハウゼン, 話し掛けその, 誓って, 語るの, 課せられた新た, 請出されて, 警察犬を, 變つてゐた, 豚料理を, 負けるの, 貢ぐの, 買わせたん, 貸しつけて, 贈ったという, 走つたり, 跟い, 蹄を, 軍曹と, 辛うじて抱えられた, 近い教育, 近づくと, 近寄り急, 迫った, 迷わされた身, 追いついて, 追い迫って, 逃げられて, 通有の, 逢いましたか, 逢えたお, 逢ったの, 逢つたのか, 逢ひ初める, 連れ出された, 逼る, 遇へば, 過ぎないの, 過ぎなくなりました, 違えねえが, 違ひあるまい, 遠慮が, 遣る手紙, 部屋の, 酒食を, 金魚屋の, 鎖を, 間違えられた, 闖入された, 降下するらしい, 限らない事, 限る事, 隙を, 集中しました, 靡こうか, 頼みその, 頼んでも, 飛びかかりたるを, 飛び付いて, 食って, 飢えたん, 飽きたん, 首が, 馬を, 馴染み出した, 騙されたこと, 骨牌に, 鹿の

▼ 男~ (3123, 4.2%)

179 女の 96 一緒に, 女が 89 女とが 81 女との 62 女と 50 女は 36 女とは 26 いっしょに 20 同じよう, 女 19 男の, 若い女, 話を 17 並んで, 話して 16 一人の, 女とを 14 二人で 13 云うもの, 結婚する 12 云うの, 顔を 11 いえば, 男との 10 結婚した 9 なって, 何か, 女だ, 手を 8 一しょに, 名の, 思って, 結婚し 7 いうと, 口を, 同じに, 肩を, 見えて, 見て, 言葉を, 違って 6 云ふ, 云ふも, 女を, 自分との

5 [21件] いはず女, ひとりの, みえて, みえる, 云えば, 交際し, 同じやう, 同一人, 夫婦に, 女で, 女である, 女とに, 女に, 男が, 私は, 結婚を, 見える, 見こんで, 視線が, 酒を, 関係が

4 [16件] いっても, お杉, それから, 一しよ, 一所に, 交際する, 同様に, 娘との, 寝たり, 対等に, 思われて, 恋を, 生れて, 見れば, 連れ立って, 関係した

3 [38件] あの女, いふと, いふ者さ, ちがって, なった, ならんで, なりて, なると, 二人の, 云うものの, 云う男, 他に, 出來, 別れて, 別れてから, 同じ程度, 同棲し, 呼んで, 女です, 女という, 女といふ, 女とで, 妻と, 寢た, 枕を, 相知る, 知りながら, 私と, 立ち話を, 立話を, 自分の, 見込んで, 言うの, 逃げて, 逢引する, 連立って, 関係し, 駈落

2 [140件] あって, ある女, いい女, いうだけ, いうのに, いって, いっては, いつしよ, いふ者を, お比奈, お竜, この二人, さへ, して, すれば, そういう関係, そして女, その女房, その幻, その男, それから鼻眼鏡, それが, それに, できたと, ならば, ならんと, なり人間, なるもの, もう一人, ニンシキフソクの, 一口に, 一週間も, 三十代の, 下女が, 並べて, 二人ッきりで, 云って, 人目を, 位置を, 何だかで, 何とか云, 例の, 全く同じ, 六人の, 共通の, 出奔し, 出奔した, 別々の, 別れた, 別れたいわと, 勘次の, 勝手に, 化けて, 同じこと, 同じほど, 同じ労働, 同じ地位, 同じ様, 同じ部屋, 向い合って, 向かい合って, 向きあって, 向き合って, 君が, 君の, 呼ばれて, 唖の, 坂井の, 大分埃を, 女だって, 女であった, 女とでは, 女女と, 娘とは, 娘は, 寝て, 対等の, 少年に, 山之, 差向いで, 平凡な, 影の, 彼女との, 心中し, 忍逢ふ, 思いながら, 思はなん, 我は, 或る, 戦って, 戯れる権利, 手に, 書いて, 東京へ, 此人形とは, 歩いて, 毎週一回会合し, 海の, 湯治に, 生れたからには, 生れたからにゃ, 生れた甲斐, 生れながら, 男だ, 異って, 異名を, 相談の, 知りあいに, 知り合いに, 知合いに, 約束し, 組んで, 縁を, 美しい女, 若い娘, 藪の, 見えた, 見えたの, 見込まれたん, 言うよう, 言つても, 言つてよい, 話すこと, 談判し, 警察の, 踊って, 逃げたと, 逃げたという, 逃げたの, 通じて, 逢って, 連立つて, 違ったきけえ, 酒でも, 間違えて, 関係でも, 革砥の, 頭を, 頻に, 髯の

1 [1438件 抜粋] あったらただ, あとで, あの可憐, あひびき, ありまする, あるが, いいオタツ, いうに, いうべきだが, いうほどの, いうよりも, いえる人, いっしょにかえろうとやくそくをしておいたのですが, いったいどこ, いつも河原, いはれる者, いふよりは, いへば, いろいろ言い争っ, いわれたが, いわれるもの, うまいもの, うまれ武士, おあい, おっしゃれば, おなじよう, おもわぬ風, おんなの, お増, お思われする, お清, お見え, かかりあって, かねてより, きいたが, きたない蒲団, きめて, くつつい, こそこそ相談, このお, この女, こんなこと, ごく若い, ささやきあうよう, しきりにあまりよく, した, しばらく話しした, し神秘, すぐ知りあい, すばやく入れかわった, すれちがった, すれ違う時, そうでない, そこを, そっくりな, その一統, その伜, その場, その室, その新聞, その若い, それからここ, それから文平, それに対, それを, た, たのむ亭主, だった, ちがう, ついたり, つき合うよう, つれ立って, でッぷり, どうしてそんな, どっちに, どんな関係, なしそれ, なじみに, なつた, ならるるの, なら結婚, なり八百年来, なるため, なるの, なんか手, のべつまく, はじめて會, ひとしく女, ふたりで, ぶつかるの, ほか思えない, ほんとうに, また別に, まだ一人前, みえます, みて, みれんがましくか, もうひとり, やってるの, わかい七人, わかつて, わかりましたので, イチャつい, キチキチした, ゲーム取りとが, コートを, ダンネベルグ夫人との, ドウミ・モンドとまでは, バカに, パアティに, ホテルへ, ボートに, ミネは, ヴェールに, 一つ処, 一つ褥に, 一人女で, 一夜の, 一悶着が, 一生の, 一緒なら, 一間に, 七八人の, 三人の, 三十二の, 三十余名の, 三十歳の, 三女が, 下町風の, 与三郎という, 世帯を, 並べて考え, 中野実, 久保を, 久留米絣に, 乾と, 二つ三つの, 二人いた, 二人きりで, 二人たたきの, 二人っきりしか, 二人むつびあふ時にも, 二人歩い, 二十の, 二十歳の, 二度目の, 云います, 云うな, 云うまるで, 云う神, 云う自分, 云ひ, 云わず老人, 互違に, 五十年配の, 交り, 交渉を, 人生に対する, 今後同居し, 代って, 代ること, 仮に名乗らせた, 会うため, 会う方, 会ふ, 会話の, 伸子が, 住む家, 何やら話し出した, 何時まで, 使部とを, 俺に, 僕とは, 先刻の, 先斯う, 全身血達磨の, 六つばかり, 共住み, 其後も, 再びサルーン, 出かける時, 出会った, 出会って, 出来て, 分らなくとも, 初めて東京, 判って, 判明する, 別れては, 別れること, 別れるならば, 別れわりに, 前祝いに, 勝手な, 北京へ, 十三に, 十五六に, 半分半分に, 博労らしい, 友愛から, 反対の, 取り引きを, 同じかも, 同じだ, 同じタダ, 同じ仕事, 同じ側, 同じ学問, 同じ感情, 同じ支度, 同じ欠点女, 同じ熟練技術者, 同じ蚊帳, 同じ足つき調子, 同じ長時間, 同体に, 同居の, 同棲した, 同棲子供震災京都の, 同様生き, 同程度, 同等に, 同等政治談合を, 名く, 名に, 向かい会って, 呆れ果てつつ, 呼ばわりおったッ, 唐人髷の, 喰える男, 四人づれでゴルフやけでも, 四隻の, 壮い, 変ったところ, 多くの, 夢の, 大人との, 大森へ, 大阪などへ, 夫婦同様に, 契るでさえ, 奥州に, 女そしてまた, 女たとえ, 女って, 女であり, 女でも, 女とによって, 女とも, 女の子が, 女もう, 女中十人許とも, 女太夫の, 女學校で, 女惚れた脹れた, 女房と, 女私と, 妙に, 妻である, 始めて会った, 娘が, 娘らしい, 婚禮の, 婚約を, 子供で, 子供とは, 学校で, 家を, 寄りさ, 密会に, 密通い, 寝たがる意地ぎたなさ, 寝た事, 寝る前, 対して, 対向いで, 対談する, 對立的に, 小娘とが, 小舎の, 少女という, 少年とは, 山岡の, 嵯峨に, 巡査との, 左大将の, 己とが, 帰って, 平等な, 幸七を, 幾晩も, 庄太とが, 引っ組ん, 当惑し, 彼帆村とは, 往来で, 心中の, 心安くなさり過ぎる, 忍び合うよう, 思いながらも, 思い込むの, 思うだけ, 思えるから, 思っちゃ, 思つたのなら, 思はなくつたつて, 思ふの, 思わねば, 思われても, 性を, 恋が, 恋に, 恋愛的交渉の, 悪戦苦闘を, 愉しい世帯, 懇意に, 成りうるので, 戦いの, 戯れるところ, 手エ切れる, 手紙を, 打衝つて二語三語, 抱擁し, 掛り合つた女, 接吻し, 撚りを, 擦れ違ったが, 支那てら, 料理屋い, 新宿あたりの, 旅行する, 早速何処, 明日の, 春惜む, 時には, 暮すこと, 更代する, 最も女らしい, 朝野から, 末野といふ, 村人とに, 来ては, 格闘し, 棲むこと, 極つて, 楽しく暮した, 櫛取る, 歌はれ, 正一君とが, 死に別れのち, 母と, 母親かと, 比べて, 気の, 江戸の, 決めて, 泊つ, 泣き虫な, 洋装の, 浮気したがる, 淋しい婦人, 添うて, 滞在し, 無人島に, 父とは, 特に親しい, 猩々とが, 獅子を, 生ひぬ, 生れたいもの, 生れた一生, 生れた生涯, 生活が, 田端に, 申すもの, 男とは, 男云いかため, 町内の, 白地に, 相合傘の, 相対した, 相識らしい, 眉毛一つ違っ, 眼を, 睦まじげ, 睨まれ三日, 知らぬ女, 知り合いででも, 知れて, 碁を, 祭りあげるの, 私の, 私通い, 秘密でも, 程普に, 立ち並んで, 立合ふ, 童女と, 笑い男と, 笹村も, 等しく働き, 等しく生産, 約束が, 紫衣の, 結婚, 結婚しかけれ, 結婚しなく, 結婚しなはれ, 結婚しよう, 結婚まえ, 絶えず離れ, 罵られて, 老女で, 老婆の, 耳語い, 聯想の, 肉体的経験を, 腕を, 自分とが, 舟を, 良人の, 色の, 芸人と, 芸者達が, 若いひとり, 若い男, 苦労も, 蒼ざめた痩せっぽちの, 蠅男が, 衝突した, 見えた宰相中将, 見えるもの, 見え従って, 見かけ頼み申し, 見せかけるため, 見たの, 見ましょうか, 見られるであろう, 見る外, 見合ってた顔, 見込まれちゃ, 見込まれなくったって, 親しくなった, 親しむ女人, 解った, 言いその, 言うべし, 言えるか, 言った, 言つた形にな, 言はれ, 言わなくても, 言われぬよう, 言明し, 記す, 評しました, 話しこんで, 話しでも, 話す, 話すの, 誤ちに, 謀し合し, 變つてちよつと, 赤っ, 起きて, 踊る時, 逃げたらしい, 逢うこと, 逢わせること, 逢引を, 連れだって, 連立ち向側, 遊びまわって, 遊んだって, 道づれに, 道行の, 違う感じ, 違った生活, 遠ざかるため, 郁次郎の, 部屋を, 酒呑める, 野暮に, 金網越しに, 閑談を, 関ヶ原の, 関係を, 關係し, 關係する, 隣人に, 離れたこと, 雲南貴, 非常な, 頭髪を, 頻りに話し込ん, 飲み仲間, 馬上の, 駈け落ち, 駿介との, 魅され

▼ 男~ (1963, 2.7%)

209 あつた 12 自分の 109 さへ, せう 8 あつて, ござります 7 これは, 一人は 6 それが, それに, 年は, 色の 5 これが, これも, 今は, 女は, 私の, 縞の 4 あらうと, この男, な, 何でも, 半七, 女の, 平次の, 気の, 背は

3 [19件] あつたり, あらうな, おざる, おまけに, それは, でも, もう一人, 一と, 一方は, 一種の, 今では, 何か, 商売は, 商賣, 御用を, 背が, 襟の, 評判の, 黒の

2 [120件] あつたの, あつたら, あらう, あらう今, あらう筈, いつまで, おせき, お駒, がすよ, げす, この家, これまで, こんな手紙, ござりました, ごぜえます, さあ, しまいには, すこし怠け, せえ, そのくせ奇妙, その上, その妹, その男, それも, それを, それ一人でも, なんでも, ひとりは, へえけ, もう退院, もとは, ダンスを, 一人の, 三日も, 三河町の, 下に, 下手人は, 二十七の, 人などを, 人に, 人を, 人間などを, 他の, 何を, 何處か, 傷は, 僕の, 僕は, 商売の, 善良そうな, 外出でも, 女や, 女房の, 寒そう, 居て, 左官屋の, 平次が, 年の, 年より, 弟の, 当時人心を, 彼は, 彼女は, 後に, 心臓の, 態度も, 手を, 手甲脚絆の, 手足は, 技術の, 改めて僕, 放浪者みたいな, 文事にも, 昨夜の, 暇が, 柄の, 欠かさず英語会, 灰色の, 物の, 猫の, 皆んなに, 眉の, 眼が, 神仙を, 私が, 私は, 紳士らしい, 耳が, 胸へ, 臆病な, 芦畑を, 若い頃, 薄墨華魁を, 試験の, 話の, 誰か, 誰にでも, 誰に対しても, 財産も, 身長が, 近所の, 近頃は, 通って, 通るでせうが, 遊び好きで, 道樂強さうです, 酒も, 酒を, 野村も, 金の, 金儲けや, 頬骨の, 頭には, 頭髪は, 額の, 顔は, 骨董屋に, 髪を, 髯の, 鼈甲の

1 [1297件 抜粋] ああいう, あだ名を, あつたさう, あとの, あの通り, あまり表情, あらうヒフ, あらう淫売婦, あらゆる物, ある国粋団体, ある者, あれなら役に立ち, あんなひどい, あッた, いい音楽家, いかにもその, いかにも病人, いざと, いっぱいに, いつでも, いつも一人, いつも大勢, いつも自説, いて, いふことがち, いやいや根抜き, いらつし, いろいろと, いわば升田将棋, うんと怨ん, おそらく宿帳, お人, お店, お徳, お留, お綾, お金が, お鎌, かたまって, かつ自分, かねて軍籍, きちんと服装, こいつが, こうと, こちらへ, この団体, この度, この柄, この騷ぎ, これからは, これだ, これまでに, こんどの, こんなの, こんな商売, ごく果断, ござらぬ, ご存じでございましょう, さあね, さまざまの, しあわせです, しかも想像力, しきりに栄誉, しめられて, しようそして, すぐ敵, すこぶる役, すら之, ずいぶん気紛れ屋さん, ずつと以前, せうね, そういうこと, そうした栄冠, そこでいい, そしてそんな, そして愛嬌者, そして艇夫, そしてPIMP, そのころ六つ, そのひとり娘, その代り, その伜, その助手, その句, その声, その婦人, その手, その熱心, その胴衣, その身なり, その過激, それから憤, それで多く, それで額, そんなこと, そんな名, ただ憂さ晴らし, たま, だいぶ頭, ついて, つまって, づツと, とうとう発狂, とつつきの, どうかし, どうしても殺そう, どこか, どこからか, どれが, なあ, なかなか通人, な筆, ね一寸, ね同好者, はじめて来た, はっきりどんどん思う, ひどいぼろ, ひどくあわてた, ひどく疲れた, ふだんから, ほうりこむよう, ほれぼれする, ぽってりした, またその, また陰謀家, まだ柔かい, まだ舞台, まめに, みぶん, むろんそれぞれ本名, めったに口, もっと近く, もと, やがて手燭, やっぱり学校, ゆうべの, よくうち, よく働い, よく往来, よく飲む, わたくしなぞも, アプレゲールの, インチキ野郎だ, カフェ, ゲートルを, サ, セルカークと, タクボ・ツンバイ・チョェン・ジョェという, ナー, パリに, フランス語が, ホクチを, ポルジイも, ヤハな, レミヤ嬢に, ヴェルダンで, 一八八五年度の, 一升一か, 一寸見れ, 一応見, 一生を, 一筋繩では, 一見した, 一面主人の, 丁度其の, 三十がらみの, 三千人の, 三日に, 上體を, 下男などを, 下積みから, 世の中を, 両方共に, 中の, 中根善之進に, 主人には, 主任大寺警部の, 之れ, 事の, 事務家らしい, 二十日までに, 二年と, 二枚重ねた, 五六日前から, 五尺八寸五分ぐらゐ大男の, 交際も, 人の, 人品は, 今この, 今一人の, 今度横浜で, 仏蘭西語と, 仮令浪人, 仲間を, 伊平と, 佐々見左仲は, 体に, 何かの, 何となく此家, 何も, 何んと, 何事も, 何時で, 余り頼りに, 侍の, 倖とは, 偽善的な, 僕なども, 充分まい, 先刻鏡で, 先輩の, 兜町の, 入道家の, 八五郎とは, 八十銭女で, 其句に, 内々お, 出ししや, 切り落された片一方, 別名を, 利用する, 制服が, 剣術の, 力は, 勇敢である, 化学の, 十七の, 千次郎よりは, 半纏の, 占ひ, 原の, 又た, 叔父の, 口髭を, 同年兵からは, 向うは, 向う創まで, 吝ったれ, 唯それ, 唯面白く, 善良で, 喪服の, 噺は, 四十五歳に, 困る困ると, 地紙売を, 垢と, 変死した, 夕方六時に, 夜に, 夜中に, 夥しい血潮, 大きなポケット, 大したよい, 大島小, 大概の, 天下の, 奥さんの, 女に, 女給には, 好漢を, 妻を, 姫路宿屋の, 子供の, 子良といふ, 学問相当な, 宗教心が, 実に雑多, 宮部京子を, 家族にとっては, 寧ろ得意顔, 小さい包, 小器用な, 小川正一と, 小石川へ, 少しひ弱, 少し取りのぼせ, 少し狐顏, 就中近頃の, 居ながら, 山荘の, 崔家の, 左手の, 左肺門に, 帝國大, 常に先生, 帽子も, 平次と, 年中善根を, 年齢は, 幼年の, 幾度も, 店が, 座員の, 建具屋の, 弟様と, 強固な, 当時の, 影法師に, 彼の, 往来で, 後のは, 後年号を, 従来の, 心臓病の, 快活な, 性質から, 恐らく銀座, 悪物食ひで評判, 情を, 愛するから, 愛碁家らしい, 慈姑の, 成程, 手に, 手織りの, 才走つたところ, 折目の, 押にも, 捜索方針については, 支倉が, 支那人らしく, 放蕩遊芸に, 教育學を, 敵に, 斬られた男, 新聞社の, 日に, 日頃平次にばかり, 旦那様, 明治末期の, 昨夕叮嚀に, 昨年の, 時々瞼, 時間は, 普通に, 暫く下, 更に不幸, 木剣では, 本当に殺気立っ, 本石町の, 村には, 村方の, 林町の, 柔術が, 栄介を, 植木や, 楊弓とか, 様々に, 橙色がかった, 歌吉という, 正直さうで, 此處で, 歩く時, 死の, 殊に院内, 殺人など, 毎日新妻に, 比喩と, 氣の, 水茶屋ばいり, 汚れた白木綿, 治安判事で, 注文主の, 洒落に, 浩平は, 浮氣な, 海員クラブでも, 深い謀, 淺間山を, 清盛ほどの, 漆の, 無, 無暗に, 煙草の, 燃えきつて灰, 父は, 片方の, 物言ひなんか, 犯行後再び, 狸石の, 現代人の, 生来の, 男つ, 町内の, 異性に, 病苦に, 白絣の, 百合子の, 皆の, 盗品は, 目を, 盲目の, 相当整った, 真実に, 眼の, 着物を, 知恵も, 短く苅った, 確に, 社会的地位は, 禿げ上った額, 私に, 科学の, 稲荷が, 竜太郎の, 笛を, 粹で, 約束を, 細かい企み, 紺の, 紺無地の, 経川と, 給仕から, 縮れっ毛, 老紳士, 聴けば, 肩の, 背に, 脇差で, 腕ッぷしの, 自分は, 自分以外の, 自身を, 舊恩の, 良家の, 色も, 色白の, 芳は, 若いおしゃべり, 若い江戸っ子, 苦労した, 茶屋開始者五郎兵衞老人の, 茶袋の, 葵, 薄汚れた, 虱を, 行き違ひざ, 衣子よりも, 表情に, 袷は, 褐色に, 見るから, 見事な, 親父という, 言えば, 診察の, 誰に, 調子も, 貧乏御家人の, 赤くなった, 路ばた, 身扮も, 身輕で, 車屋の, 軽い事故, 近在の, 退屈な, 道楽の, 道樂者の, 部下に対する, 酔うと, 酔つた時踊の, 醜男で, 金が, 金持の, 鉄の, 鉄砲笊を, 銃の, 長い褐色, 長い首, 長吉の, 閾越しで, 随分意地, 隨分女には, 隨分諸方の, 電車の, 霽波と, 青白い顔, 青黒い惡血質, 音曲や, 頭も, 頭髪を, 頻りに釣合い, 頼りない, 額に, 顔だち, 顔の, 風采の, 風采も, 飲めば, 駒込まで, 骨太の, 髪の, 髪形も, 黄色い顔, 黒い髪, 黒褐色の, 鼻下に, 齢の

▼ 男~ (1680, 2.3%)

339 女も 30 ある 22 あった 16 あれば 15 いる 11 いた 9 あつた 7 あるもの, 同じよう, 男だ, 自分の 6 いれば, それを 5 まじって 4 ありました, あるの, それに, またこの, 一緒に, 今は, 帰って, 私の, 逃げて

3 [14件] あって, あります, あり五人七人十人一組, いるの, さすがに, すくない, そうだ, どの男, ないで, 出て, 可哀そうだ, 笑い出した, 酔って, 黙って

2 [63件] あつて, あとから, あり, あり女, あるですよ, いたが, います, いるし, お前と, この時, これには, これほど, さう, ささべ, さるもの, すなる日記, それと, ただもの, つづいて, どの女, ない, なかった, また足, ゐなかつた, ゐる, 一つの, 不思議に, 交って, 以前は, 例の, 先刻汽車に, 出鱈目な, 助かつて, 同じく死ぬ, 君の, 多かつ, 夢中に, 太刀を, 女とともに, 女の, 始めは, 婿に, 常に人生, 早く二人, 時々は, 本當, 来て, 欲しや, 段々父, 氣が, 無言で, 男妾に, 真面目な, 眼の, 眼を, 確かに, 私と, 精神に, 結局は, 続いて, 胸を, 自分も, 若い時

1 [989件 抜粋] ああなると, あきれ顔, あったし, あったの, あったもん, あのいが栗, あの時バッテーラ, あの遺言書, あらざれば, ありき, ありますまい, あり和服, あり爺, あり肥桶, あるぜ, あるでしょうね, あるまいよ, ある世, あろうでは, あわてて, いいました, いきなり犬, いけないなあ, いじらしそう, いそいで, いたよう, いた位, いってるでねえか, いつの間にかあたり, いつの間にか姿, いないし, いなかったと, いなくなって, いやとは, いるくらい, いるでしょ, いる女, いろいろな, うずくまって, うれしくな, おおかた同じ, おしかけて, おとなしいよう, おなじくさう, お互, お粂, お蘭, お酒, かう良平, かっぽれ, かなは, きょうは, げたげたと, こうして段々, こう良平, こちらに, こっちの, ことしは, この一画, この先生, この国, この学者, この点, この言葉, こまつたもの, これが, これと, これに, こんなになつ, こんなよう, さうで, さっきから, しかしどうやら, しぶしぶ仲間入り, じっと眼, すぐに, すたった, ずいぶんいた, ずっとそう考え, せいぜい綺麗, そうすれ, そうです, そこから, そこへは, そのあと, そのほか, その一行, その例, その型, その嫌疑者, その後を, その手, その水引屋, その男, その葵, その警戒, その頃私, それからブレシントン, それぞれ部下の, それは, たいまつを, たくさんいる, たしかに同じ, ただの, たんとある, だんだん聞い, ついて, ついに負け, つくるだらうし, つひに, つまらんなり, できる, ですが, とうとう尻尾, とうに知っ, とぼけてばかり, どうやら口, どこかへ, どんな目, ないと, ないもん, なかつたから, なかつた頃, なかなかの, なければ, なにやら虚洞, なめに, なるほどと, なんだか笑, なんとまあふふ, にやりと笑み, はじめの, ひとりとして, ひどく年, ふくめんを, べらんめえに, ほとほと手, ほんとうに, ぼつ, まざまざと, またお玉, またその道, またばたばた, また不思議そう, また女, また粛然, また茶碗, また言う, また起ち, まだ三十六, まだ腰, まんざらの, みな男郎, むろんそう, もうもみ手, もう見えなかった, もとめやう, やがて捕われた, やって来たがります, やっぱり, やっぱりそうな, やっぱり下足, やはりこんな, やはりイスラエル人, やはり僕たちほか, やはり劇薬, やはり四十前後, やはり寝巻, やはり此, やはり牛, やはり芝, ややたじたじ, ようやく落着, よく飛んだ, よろけるほど, わたしも, ゐたけれども, ゐりやあ, アンネットが, チャアリイも, ナースチャの, ノンビリさん, ヒステリーの, ボートでも, リーロフ同様しばられ, 一か, 一人ぐらゐあつていゝと思ふ, 一人や, 一人連れ, 一度は, 一旦言, 一枚を, 一片の, 一種の, 丁度今夜, 三人ある, 上へ, 上衣の, 不安らしい, 不意に, 世には, 世の中の, 両腕, 乗り気には, 二三人の, 二三人は, 二人の, 二階の, 五代で, 五日でも, 亦, 亦た, 亦永久, 人なり, 人間だ, 人間らしくなった, 今ごろは, 今度いよいよ, 今日の, 今言った, 仕へる時, 伊豆屋の, 低いところ, 何が, 何とも意味, 何の, 何やら著述, 何人かは, 何時まで, 余りの, 余命いくばく, 來た, 倉の, 倒れた舞台, 催促した, 僕の, 元は, 入り交って, 共に心, 共に眼, 其側へ, 写真で, 凡てを, 出に, 出京, 初めは, 別れて, 利口な, 前岸, 加勢に, 勅使の, 勿論そうです, 化け物かも, 半泣き, 参り英国, 参謀か, 及ばぬ凜, 及ばぬ尋常, 友人の, 古梅庵の, 可愛いやつ, 同じく絹はんけち, 同じである, 同じ事, 同じ家, 同時に止め, 名も, 向う側から, 命を, 啖呵負けが, 喫茶店で, 四十近くならない, 地球の, 堕落した, 塀かげから, 変装し, 多い, 多いだろう, 多大の, 大いによろしい, 大かたは, 大凡見当が, 大方同じ, 夫の, 奇抜な, 女が, 女に対しては, 女もは, 好い男, 好し人柄, 好し誰, 妬いて, 姦通の, 娘と, 娘達も, 婦も, 婦人も, 学校を, 定まる妻, 実に好人物, 実は用意, 家に, 家来に, 富士春も, 少からぬ, 少くなかった, 少し仔細, 少し正, 少し離れ, 少ないので, 居て, 居ますもん, 居る, 居酒屋の, 帆村に, 師匠の, 帰還者の, 平凡な, 年を, 幾人か, 弟子の, 強そう, 形を, 彼の, 彼女の, 彼男なら, 往生だ, 後を, 御坊日本一と, 御飯を, 微笑した, 心の, 心意を, 必死の, 怖れ, 思い中る, 思わず山田, 急が, 怪しいと, 怯氣が, 恐しい豫感, 恐らく一, 悄然として, 愕いたらしく, 感心に, 慣れたもの, 房江が, 手に, 手伝って, 手巾を, 承知した, 折角ああし, 押し默つて深刻, 持って, 挨拶を, 捨て僧職, 改まった顔つき, 数少く, 數ある, 文字どおりに, 旅券なし, 昔は, 昼は, 時々巡査, 時には, 晴ればれと, 書院の, 月丸の, 有りしが, 有難い方, 期せずして, 末の, 朱盆に, 来なければ, 来るよう, 梅甫も, 樹の, 次第に零落, 此の前と, 死ぬより, 死んだこれ, 死人の, 毎に, 毛氈花むしろの, 気がついたらしくその, 気味悪そう, 水を, 汗を, 江戸に, 沢山交っ, 泣く泣きそう, 流しくら, 混って, 漆喰運びの, 点頭いたが, 無かつ, 無論変死, 父たり, 犬の, 獣の, 珍らしい, 生きては, 男です, 男に, 男凄い, 畠の, 痛打, 百万長者に, 皆自分, 盲の, 相当の, 真人間に, 真赤な, 眼が, 着物を, 矢張り俳句を, 知ってるよ, 知りません, 磔に, 私から, 私には, 私を, 秋川家を, 立ちどまって, 立ち止る, 立つまいが, 立端を, 笑ふ, 答へながら, 結婚前に, 縄のぼりが, 美女も, 老いては, 老人に, 耳香水も, 聲を, 肺を, 背中合せに, 腹の, 自分らを, 自分自身も, 自然と, 良かつ, 色んな事, 若干は, 苦しみ相互, 英語不案内の, 華美に, 薄命であった, 血に, 衛の, 袋を, 裁判長の, 要らなければ, 見えた, 見えなくなった, 見える, 見かける, 見て, 見当らなかった, 見逃して, 言いますには, 言語不通である, 詮議が, 警官の, 負けては, 買つた男も, 越後では, 足には, 足を, 踵を, 軒下に, 辛いには, 迷いが, 追い出された, 逃げ出して, 通る男, 連れて, 遅くなっ, 酒のみ, 重罪で, 長き簪, 門人達も, 防毒面を, 降りて, 随分居る, 随分無責任, 雇つてあります, 静に, 頭から, 顔を, 風景も, 飼うて, 馬から, 馬術は, 驚きまして, 髭の, 黒いなり, 默つて見, 黙り女

▼ 男~ (1632, 2.2%)

68565328 と思った 27 か女, つたのです 24 なあ 20 が, ということ 18 から, と思っ 14 と云う 13 という 12 と云 11 もの 10 がその 97 がこの, とお, と思, ねえ 6 からね, があの, がそれ, そうです, というの, といふ, と信じ, と思う, と思つて 5 からこの, からな, ぜ, そうで, といっ, と思ひ, なア, の

4 [15件] からお, からこんな, から女, から私, がお, がしかし, つたと, つたのだ, と, とは思わなかった, と思い, と言, と言っ, 喃, 男だ

3 [21件] かということ, からあれ, からこれ, からだ, からつい, からといっ, からねえ, から仕方, から何, から僕, から自分, そうだ, つたから, と云っ, と人々, と聞い, と見える, のに, ものだ, わ, ッ

2 [90件] おれは, からあいつ, からきっと, からそう, からその, からそれで, からそんな, からである, からどうか, からまだ, から且つ, から世の中, から主人公, から婆さん, から日, から贅沢, か知れない, があれ, がそれでも, がどうも, がよく, が不動堂, が不思議, が人, が別に, が力, が女, が屈託, が平常, が深い, が甚, が百姓, が自分, が若い, けど, けれど身, しお, じっと肚, そうである, それがさ, ぞ忘れる, つた, つたな, つたのだらう, というもの, という話, といつ, とされ, とする, とすれ, とその, とは思えない, とは思った, とふと, とも思った, とわたし, と云われ, と分りました, と判断, と彼, と彼ん, と思いました, と思ったら, と思ってる, と思はれた, と思ふ, と思われる, と感心, と次郎左衛門, と気が付いた, と知る, と私, と考, と考へ, と自分, と見え, と見た, と見られ, と言い, と言った, なと正三, のが, のを, ものな, もんだ, わい, わえ, ッた, 君は, 年の

1 [779件 抜粋] あ, あいつは, あね, あの男, あるいはいっぱい, あ無, いつでも, いや女, うれしくなっ, えその, お土産, お菊, かあなた, かいくら, かは僕, からあつ, からある, からあんな, からいえるでしょう, からいつも, からいま, からおれ, からお嬢さん, からかう, からかえって, からからかっ, からことに, からこれから, からし, からすぐ, からだめ, からついに, からつまり, からであった, からでは, からとうに, からとしみ, からともかく, からと云, からと石筆, からと通用, からどちら, からなあ, からなしかし, からな寺入り, からな戸籍上, からの, からひょっと, からまあ, からまた, からもっと, からわし, からカメ, からドコ, からラヂオ, から一ヶ月, から三十五銭, から丹誠, から主君, から人, から人目, から今, から他, から余計, から俺, から傍, から兄さん, から先ず, から兎, から出世, から労働者, から博士論文, から可, から向う, から吾輩, から堪えるでしょう, から多少うんざり, から大丈夫, から夫婦, から好き, から安心, から宜, から岡場所, から己, から弱虫, から後, から快活, から怒らねえ, から怒る, から思案, から恋愛, から悪人, から成, から早く, から是非, から東宝, から構いません, から横っ飛び, から毎晩人目, から毎週土曜日, から泣くん, から滅多, から無意味, から王仁, から男, から留守宅, から疾, から破談, から祖父, から紺足袋, から聞く, から血刀, から衝突, から親父, から身ぐるみ, から辛い, から金子, から鐘, から露西亜, から頓, から風, から鶴, から黙ってる, かわからなくなります, か一寸区別, か暗く, か知らねえ, か若い, か見, があなた, があらう, がある, がおまえ, がきょう, がこれ, がそいつ, がそろそろ, がそんな, がどこ, がなぜ, がなどといっ, がなん, がね, がね来る, がの, がやがて, がウマ, がギロッ, がペラペラ, が一理窟, が中年, が些, が体, が俺, が前夜斥候上, が北国無双, が叶屋, が向う, が君, が器用, が四角い, が多少, が大東, が少し, が平生, が幸福, が恰幅, が惜しい, が手首, が日曜日, が昨日庵室, が時間, が書きたい, が毛糸, が洋服, が牛肉屋, が牢城, が現今, が用, が男, が病気, が禅, が耳, が自己, が芯, が虫, が評判, が身内, が近頃益々, が遉, が酔う, が金輪際, が長い, が飲んだら, が高等官, きっといつか, ぐらいに思っ, けれどお, けれどそれでも, けれども, けれどももう, けれども中学, けれども今度, けれども余り, けれども多分, けれども恋愛, けれども胸, けれども長く, けれど今, けれど年一年, けれど生れつき身體, けれど自分, こいつが, これぐらいの, こんど会ったら, こんなこと位ひで震, しあらためて, しうってつけ, しさ, しそれに, しひどい, し凄い, し女, し従来, し松山, し物取り, し玄徳, し遠い, ぜおかしい, そいつあ, そいつが, そうじゃ, そうだろう, そしてそれ, その男, その頃, それは, それ吉田竜太郎, ぞそして, ぞと思い詰める, ちよ, っけ, つたかも, つたしかし, つたといふ, つたので, つたのに, つたらしい, つたらしく, つた悪い, つた衒学的な, つて, つてそんな, つてな, つても, つて世の中には, つて兄貴だ, つて初江の, つて同じ, つて外國の, つて女だ, つて差支へ, つて怪しく, つて英語が, つて言ふ, とあの, とある, というこった, というよう, というわけ, という事, という印象, という気, という見方, という認識, といった, といつも, といふ母, といわせ, といわれ, とおっしゃる, とかいくら, とかいっ, とか不純, とか云っ, とか女, ときかされ, とけっして, とこの, とさ, としまし, とて多分, とでも思つて, とどうやら, との評判, とはっきり, とはまさか, とは云い, とは俺, とは多少, とは思えないだろう, とは思つて, とは気, とは知っ, とは知らなかつた, とは見えない, とは誰, とばかりは決して, とばかり言われ, とひとり, とも云, とも女, とも思う, とも思はなかつた, とも思わなかった, とよく, とわかった, とグッ, と一寸, と丁度, と二度, と云いました, と云われる, と代理, と仰っし, と仰言いました, と何, と信じた, と俺, と分かった, と分っ, と君始め, と妙, と宇津, と対手, と思いついた, と思います, と思い込ん, と思うだろう, と思え, と思ったらしかった, と思ったらしく, と思つた婿, と思つた案内人, と思ひなさる, と思わない, と思わるる, と思われてる, と想像, と感じました, と批評, と抑え付ける, と推定, と書い, と李陵, と極言, と気がついた, と泳い, と父, と甲斐, と白雲, と看破, と知っ, と知つて, と知れ, と秀吉, と穿違, と罵, と考え, と考える, と考え始め, と聽, と葉子, と見る, と見込んだ, と観る, と言つた, と言つて, と評し, と讃え, と貴女, と頷いた, と頼もし, と高, なあという, なあと思った, なあ可哀そう, ないまの, なさ, なぞとは毛頭, なとトニオ・クレエゲル, なと俺, なと思, なと思い, なと登, なと米粒, などとはどうしても, などと謳われた, など僕, なぶり殺しに, なんてこの, なんてとんでも, なんとか工面, な女房, ねいつも, ねえまったく, ねそいつ, ねとこう, ねスカダモーア君, ねッ, ね女, のう, のって, のと, のに新聞広告, ほんとうに, ほんとうは, もうコゼット, もう郵便貯金, ものある, ものお, ものです, ものどこか, ものの, もの作らず, もの片つ, もんでござん, よああ, よくもまあそんな, よこないだ, よしかね, よってな, よとおっしゃいました, よオレ, よドレゴ君, よ俺, よ僕, よ強い, よ藝術, わいとべつ, わね用, オネエギンは, ツた, ナおれ, ネ, ハハア安吾氏コテン, 一人で, 一婦人の, 一生涯でも, 人の, 人も, 人間の, 今度は, 位には, 体面上一度, 何とも, 何を, 俺に, 俺は, 僕には, 其様な, 勇太郎か, 又この, 句を, 只で, 只の, 和助と, 大学生だ, 大騒ぎを, 姿も, 婆アさまは, 容易には, 實に, 引きは, 彼は, 思慮も, 惜しいこと, 惜しい事, 憐れな, 我慢しろ, 手の, 抜け目の, 新しい男, 最早遁, 本格の, 母を, 毎朝板の間へ, 江戸児だ, 泥棒の, 男の, 男は, 相手を, 私の, 素より芸妓, 色の, 誠に困った, 逃げ隠れは, 銭金づくで, 頭は, 駄目な

▼ 男たち~ (826, 1.1%)

8 の中, の顔 5 がその, であった, とはとりわけ, の前, の多く, の方, の間, はのどか, は咎める 4 がこの, とその, と一緒, は, はその 3 が自分たち, だった, である, に言, の声, の姿, の心, はもう, は手

2 [42件] がいる, がどんな, がをそる, が二, が出, が四五人, が持つ, が来, が私, が馬, だから, とも寝る, と同様ガールフレンド, と外, と夜, に私, に騒がれ, の, のうしろ, のうち, の奇妙, の妻, の影, の目, の草履, の顏, はいっせいに, はお, はそこ, はそれ, はてんでに, はまだ, はよろこん, は一斉, は互に, は今, は声, は独身, は私, は路, ばかりだった, や女たち

1 [634件 抜粋] あはせ, かその, からはあまりよく, からは嘆美, からは距, からまま, から伸子, から受けた, から少し, から絞っ, か老婆, が, があぐら, があちらこちら, がある, がい, がいざ, がいま, がう, がうらやましかっ, がおり, がくつろいだ, がごろごろ, がしじゅう, がじっと, がそれ, がぞろぞろ, がぢ, がつめよせ, がとびだし, がどっさり, がどの, がなぜ, がびっしり, がふくまれ, がほっと, がみな, がめいめい, がめし, がやしき, がシャツ, がドヤドヤ, がビヤホオル, がフランス語, が三号バス, が上がり框, が上りこん, が不行儀, が云いあわせた, が付き添い, が何, が入り乱れ, が出かけ, が剥製人形陳列所, が右往左往, が商人, が喚いた, が囁き合った, が声, が外, が多数, が天井, が寄っ, が小走り, が山出し, が幸, が引き下がっ, が彼, が忙, が忽ち, が慶子ソックリ, が折々, が折柄, が政治, が新しい, が次々, が歩い, が毎日, が比丘尼買い, が水浴, が波止場, が父, が特に, が犢鼻褌ひとつ, が玄関口, が生き, が田, が留守, が盃, が目, が眺め, が突, が立ち, が立っ, が素早く, が絶えず, が聞かせた, が肩, が胸, が自分, が自分自身, が舟, が芝, が行進, が見つけ, が言っ, が誇張, が追い追い, が逃げ込ん, が運ん, が酒, が集, が集つて, が集まっ, が養蚕用, が首, が鬪, が黒岩万五, すらもう少し, その父, その腰, そんな夜景, たとえばわが子, だ, だが, だけでフランシーヌ, だけをその, だったかも, だと, であったので, であるが, であること, です, でアルトゥール, で何やら, で平, で強い, で隣り, とぐったり, とそっくり, とともに父, とどう, となにか, との贈答, とふざけ, とふざけ合った, とふた, とほ, とも別れね, とよりはこの, と同じ, と同様, と枕, と格闘, と殆ど, と海, と知合い, と肩, と違, なの, におさえつけられ, にかつぎだされた, にくらべれ, につきまとわれた, につない, につれられ, にとってはかなり, にとってはむしろ, にとつて, にとびかかっ, にはその, にはちょうど, には不向き, には堅い, には想像, には死ん, には決して, には目, には魅惑的, にひるみ, にふざけかけ, にもちょっかい, にも罪, にも自分, にやさし, によつて行, によろこび, にわけ与え, に一緒, に云った, に任せ, に伸子, に似た, に出会った, に取りまかれ, に同情, に命じる, に対して, に対してこんな, に対して勝手気まま, に引き立てられ, に強打, に手折らるべく, に抱きつく, に捕まっ, に揉まれ, に案内, に母屋, に注意, に畳, に眼, に背, に自然, に要求, に見つかったら, に見向ったらしい, に言いつけ, に身, に近づこう, に酒, のあいだ, のいる, のきらびやか, のしか言う, のただ中, のたるませた, のねばねば, のもっ, のよう, のウラミみたい, の一人, の一行, の一隊, の不安, の会話, の低い, の住む, の働き, の光景, の全, の写真, の出入り, の分, の分別, の口, の唇, の問答, の四人, の地下足袋, の好色的, の姓名, の屍骸, の帰宅, の弾み, の後, の怒号, の恋, の恰好, の悠々, の意識, の戻る, の手, の担ぐ, の持ち物, の来ない, の気分, の気持, の注意力, の游泳術, の溜り場, の漕い, の潮流, の爆笑, の生き方, の白シャツ, の着, の笑い, の笑ひさ, の素肌, の群, の群れ, の習慣, の背後, の胸, の膝, の若い, の荒び, の蠱惑, の言う, の評判, の話し声, の話声, の談笑, の賑やか, の賞嘆, の賭博心, の跳梁, の遊び場所, の部屋, の青春, の静か, の食べ物, の首垢, はいさん, はいそい, はお互い, はくやし, はこ, はこれ, はすべて, はそれぞれアリバイ, はそろっ, はたおれ, はたとえ, はだんだん, はちょっと, はどう, はどうか, はどよめきました, はどれ, はなぜ, はなに, はにやにや, はふたり, はほんとう, はまた, はみみっちく, はみんな二階, はもちろんまだ, はわたしたち, はドア, はピストル, はポカン, は一つ, は一度, は一様, は万歳, は不幸, は二, は云った, は五人づれ, は今夜一晩中, は今通つた店, は仲間同士, は伸子, は何事, は俄, は入浴, は写真, は匂, は又, は叫びました, は四方, は多分, は夜遊び, は大, は大ごえ, は室, は寄合, は密林, は小さな, は少く, は少年キーシュ, は屋根, は帳場寄り, は幸福さうに病変, は弱き, は彼女, は徒歩, は怖い, は怪人四十面相, は怪訝, は戸口, は手ばやく, は控え, は早め, は概してゆっくり, は標本, は権右衛門, は止めど, は殆, は殿様気分, は気, は水槽, は油田, は海女, は無言, は特別席, は生活, は男, は登, は皆彼女, は皆眼, は皆眼光, は矢鱈, は知つて, は短い, は立上り, は老い, は聞いた, は肩, は背, は腰掛, は自, は自分, は苦痛, は行く, は衣服, は裸, は言, は誰か家, は路ば, は跳びあがる, は遠く, は野, は量, は金儲け, は降る, は靉靆, は顔, は騒々しい, は騒ぎ, は高, は魂, ばかりが降り, ばかりで, ばかりである, ばかりの仲間, ばかり出入, への得体, への罪滅し, まだ飲んでる, までが好い, もあった, もある, もいる, もそれ, もそれぞれ, もだいぶ, もだんだん, もはいった, も一瞬氣, も事情, も今夜, も仲間, も何人, も四五人私たち, も多かっ, も居るらしい, も急ぎ, も悵然, も改まった, も時, も罪, も顔, や, やまた, よと呼ばれざる, よりも女, らしい食欲, を, をさししめしました, をつれ, をにらむ, をのっけ, をも一様, をも優しく, をよろこばすべき, を一視同仁, を何人, を傭っ, を働かせる, を其処, を凝視, を前, を召集, を呼び起こす, を呼び集め, を呼ぶ, を奪われ, を怒らせる, を打倒, を捕縛, を殺し, を物色, を相手, を眺め, を自分, を船室, を薄気味悪, を見, を見とおす, を軽く, を迎, を送り迎え, を連れ, を集め, を集める, を離反, 特に因習

▼ 男では~ (551, 0.7%)

108 ない 87 なかった 40 ありません 19 あるが 16 ないか, ないの 13 ありませんが, ないが 10 あったが, ないかと 9 ある 8 ないから 6 あつた, ございません 5 ありますが, ないこと, なかつた, なくて, 無い 4 ありませんか, ないと, ないという, なかつたが, なさそう 3 ないん, なかつたの, 無かつ 2 あった, あるし, あるまいね, ないかしらと, ないけれども, ないのに, ないはず, 無いが, 無かった, 相手に

1 [116件] あったけれども, あったし, あらうと, ありいよいよ, ありましたが, ありますまい, ありますまいが, ありませんからな, ありませんでした, ありませんよ, ありませんわね, ありません尚も, あり土地, あるけれど, あるぞ, あるに, あるの, あるまい, あるまいが, ある此方, あろうと, あんめいけど, あんめい悪い, いけなかったの, いけません, うまく行かん, おじゃりませぬ, けっしてない, ございませぬこの, ございませんので, ござらぬ, ござらん, さぞつらい, とても肩, どうしてもだめ, どんなもの, ないあれ, ないいや, ないいわば, ないかしら, ないがとは, ないし, ないその, ないぞ, ないぞと, ないただ, ないって, ないでしょうか, ないなあ, ないに, ないので, ないもの, ないやれる, ないんで, ないコック部屋, ないバレラス男, ない上, ない世間, ない女店員, ない筈, ない自分, ない雄々しく帯, なかったた, なかったらしい, なかったろうかと, なかつたか, なかつたから, なかつたので, なからう, なかろう, なかろうか, なかろうけれど, なくすべて女, なくその, なくなったという, なくなり軍勢, なくテオデュール・ジルノルマン, なく全く, なく反対, なく女, なく彌, なく彼女, なく敵, なく誰, なく風流人, なささうだ, なし女官, なし面白いから, ねえそれ, 一番と, 万, 其を, 到底入り, 化けっぷり, 十分まじめさを, 却って騒ぎ立て, 手が, 有りません裁判所, 有るが, 根人並びに, 決してない, 決してなかっ, 決してなかつた, 無いと, 無いので, 無い将門, 無い幼少, 無えむしろ, 無し彼, 猶一層の, 石川丹羽石上, 立身出世の, 翻訳料など, 肉附き, 話に, 面白くない

▼ 男~ (528, 0.7%)

8 の中 7 と一緒, の眼 4 が, の顔 3 が自分, の心, の部屋, の間, は, はこの, はもう, は彼女

2 [40件] から, がある, がその, がそれ, が何, が全く, が取囲ん, が女, が車座, であ, であった, と共に坐る, と弟子, に後れない, に描い, に見せ, の, のなか, の前, の場合, の怒声, の憂鬱, の注意, の瞼, の視線, の話, の話し, はお, はその, はそれ, はどっと, はまず, は三十がらまり, は声, は急い, は愕然, は慌ただしく, は早く, は複雑, へ

1 [394件] からそれぞれ九太, からの評判, から甘い, から騷, があそこ, がいた, がいつも, がうしろ, がお, がおよそ, がかの, がこの, がさわい, がざわめい, がそこ, がねたましく, がはいつ, がひどく, がひな子, がほろ酔ひ, がわ, がゐる, がザザツ, がヂタバタ無器用, がヒュッ, が一寸, が一足, が三人, が三十人余り, が両方, が中, が二三十人, が五人, が五六人, が今や, が仕事, が何かしら, が何かしら一度, が作つた歌, が傷, が充満, が其処, が出入, が出入り, が口説く, が右往左往, が坊, が垣, が壕, が外部, が多, が大勢そこら, が大小, が寄り付かない, が居た, が幾人, が弦四郎, が息せき切っ, が或は, が放っ, が春, が昼過ぎ, が正座, が水神丸, が牀几, が狂い, が獲っ, が現われ, が田圃, が益々, が科学, が移っ, が竿, が肌, が腕ぐみ, が荒い, が身, が近づい, が退屈そう, が這入つ, が酔っぱらっ, が附近, が雑居, が面白い, が頻りに, が飛び込ん, が駈出し, が驅, が驚くべく, さえ言う, だって赤児, だつて, だと, だの町奴, ってあんなに, でありました, であろうと, で女, で解剖台, という様, とか侠客, とか町奴, とさえアグネス, として名, として暴れまわった, とだって自分, との大いなる, とは違, とサクラ子, と五十男, と交際, と何ん, と壮太郎, と子供達, と引越し, と押し合っ, と接触, と本気, と相手, と砂, と肩, と足, など皆遊び, ならこの, なん, にきまつ, にさつ, になる, には一等, には女性的, には矢張りそれ, にふり向かれ, にもない, にも秋子, にチヤホヤ, にバクチ打ち, に代っ, に会釈, に別れ, に前後, に向っ, に囲まれ, に大袈裟, に妨げられ, に對, に小枝, に掠奪, に衛, に見せつけたい, に見付かる, に触れ, に読まれ, に追, に逢っ, に連, に連れられ, に離れ, に騷, のあい, のある, のいる, のお, のこの, のほう, のぼろぼろ, のオーヴァ, のクラブ, のボックス, の云, の云う, の仕業ぢ, の会話, の体臭, の何人, の働き, の内, の冗談, の凄, の列, の力, の十餘人, の口真似, の周り, の和服姿, の唇, の喚き罵っ, の囁き, の外, の奮, の女, の姐, の姿, の常識観, の怒鳴る, の悪鬼, の戦う, の手, の投げた, の掠奪, の方, の時代, の最も, の柵家, の検査, の様子, の残酷さ, の殘, の気持, の決闘, の渇仰, の燃える, の燻らし始めた, の玩具, の玩弄, の癖, の目的, の着物, の立つ瀬, の笑, の笑い声, の腕, の艇, の血, の表情, の計画的, の評判, の足跡, の足音, の身体, の逞し, の逼, の道化仮面, の闘争, の面皮, の顏, の食欲, の飲む, の馬鹿, の騒ぐ, の鹽辛声, はおろおろ, はしきりに, はじろじろ, はすぐ, はずつと表, はどう, はのろのろ, はばらばら, はま, はまだ, はまるで初めて, はみんな, はみんなそれぞれ, はみんな徴用, はやがて, はやっと, はやつ, はウィスキー, はスコップ, はヒョロヒョロ, はロンドン大学, は一勢, は一度, は丹生川平, は主人, は亂暴, は二階, は仕事, は伊代, は何とか, は何やら, は何者, は健康, は僕, は先, は助, は千世子, は口々, は口先, は各々, は各自, は合図, は向き合った, は咄嗟, は外国人, は多分, は大分酔ひ, は大抵, は大方, は大概冬場, は女, は女たち, は嬉し, は屡々, は当, は彼, は後, は忽ち, は息, は意味, は戦はね, は投げ出し, は早川先生, は最早, は木の根, は極めて, は気, は浜辺, は淫蕩, は灯, は無銭, は熱い, は熱心, は皆んな魔, は皆其男, は皆英人, は相場, は眠った, は知合い, は私, は窓, は立ち去らう, は糞壺, は締めた, は自分, は自然, は色, は芳一, は見なれ, は話し合っ, は誰, は逃げ, は逃げる, は酔, は雨, は面白, は顏, は馬, は駄賃, ばかりだつた, ばっかりでした, へお, へも愛情, へ動物的, へ復讐, へ振り撒いた, また石, までのこし, まで殆どイベット, も, もある, もあれ, もい, もすくなから, もみな尻込み, もわいわい, も一晩中伊代, も可, も同じ, も君, も始, も少なく, も思わず, も月賦, も無抵抗, も皆, も脅かす, も追っかけ, も陽吉, ややくざぢ, ややたら, や白手袋, よりももっと, よ喜ぶ, をその, をぼんやり, をも私, をよび立てよう, をわあー, を呼び込ん, を少し, を恋し, を指揮, を振切っ, を暫し, を脅かし, を自由自在, を見, を記憶, を車, を避け, を防ぐ, を集め, 飢え寒

▼ 男には~ (517, 0.7%)

6 それが 4 何の 3 ちがいない, 人の, 女の, 得て, 珍らしい, 相違ない, 違いない

2 [27件] ある, こんな世間てい, すべてが, とてもわからぬ, ほかに, よかろう, よくある, わたくしが, チェーホフも, 三度迄, 何か, 何んか, 例の, 出来ない, 別に男, 子供が, 実の, 恐ろしく遠慮, 惜しい程, 拍手こそ, 歯が, 男の, 相違ありません, 眼の, 確かに, 身を, 逢へ

1 [432件] あきあきしたという, あきらかに, あった, あったか, あの男, あまり必要, あらで軆度, あらゆる条件, ある筈, いて, いろいろな, いろいろ妙, うまくできなかった, おそろしかった, おぼえが, おめにかかる事, およそ人間, おれの, お前が, お貞, かかり合わん方, かなうまいと, かなり規律, かなわないの, かりそめ, きのうも, こういう辛抱, こりご, これより, これを, こんなこと, こんな思い出, さわらぬが, すぐにも, すぐ見破れます, すすめても, そういうところ, そうカンタン, そう思わし, そのよう, その五両, その時局, そりゃあいやな, それすら, それぞれ充分に, それに, そんな事, そんな名前, たしかに児島なにがし, ただ事実, たとえ不甲斐ない, ちがうと, ちっとも興味, ついぞ見覚え, つい最近, つらいこと, できない生涯, できねえ, とても甘い, とても生き越せ, とても私, とりわけ紳士, どういう事情, どうもできない, どうも似合わん, どこか, どの島民, どんなに長く, ない併, なおの, ながい善福, ならなかったと, ならなかつた, なりたるなれ, のみこめないよう, のろいし, はじめてそれ, はなれて, ひいて, ほんまに, ぼくと, また弱い, まだまだ楽, まだ一つ, まだ世帯, まだ人間, もう二つ習性, もう何, もう用, もちろん娘, もはや心置き, やはり思想, やはり特別, やれそう, ゆだ, よい薬, よく訣ら, らを, わかったよう, わからない, わからないけれど, わからないの, わからないもの, わからないよ, わからない事, わからない物, わかりませんが, わざと, われわれの, アリバイが, ウォレス・ビアリーのを, コリゴリだ, スペイン行も, ダンテや, デカダンス以外の, マゾヒズムの, マダガスカル特有の, メッタに, 一人も, 一向に出会わず, 一度もめ, 一生に, 一種の, 三四見かけた, 三文の, 上人が, 不幸が, 不幸だけが, 不思議に, 不遠慮, 与一と, 並々ならぬ, 二つの, 二人共數, 二段ずつ, 五名の, 人と, 人など, 今でも, 仏様の, 仕事とともに, 会えんよ, 会わないつもり, 似合しからねど, 似気, 何うし, 何かしら油断の, 何でも, 何にか, 何やら暗い, 何度も, 何神さんかが, 余裕が, 俊成が, 健三も, 健全な, 僕は, 充分警戒, 全然俺, 共鳴をさえ, 其の後逢, 内密に, 出來, 出来ない使い, 刀女には, 分らないでしょう, 分らん, 初めてぶつかりました, 別に祟り, 別の, 刷毛先を, 動揺が, 匂いが, 十分に, 千倍も, 半蔵は, 却って不便, 却って好都合, 参って, 友人の, 取らるべき利腕, 取り合うまいと, 口を, 只, 右の, 呆れた, 呑みこめなかったの, 問題では, 問題に, 善良な, 四つ辻で, 四十スーだ, 堪えられる侮辱, 外に, 夢と, 大いに興味, 大した人物, 大分非人の, 大島が, 奇數, 女は, 女性特に, 女房が, 女王を, 女難が, 好かれて, 妙に, 妻が, 妻子が, 嫁に, 嫌な, 嫌われるだけね, 嬰児を, 子に, 子供という, 実際そうでない, 密林の, 寛假される, 實感が, 小風呂敷, 少しも, 少し拙者, 尻込みした, 屹度立木が, 常住坐臥不断に, 帽子一個, 干瓢の, 年が, 幹の, 張合ひ, 強健な, 当然過ぎる, 役に, 彼が, 従兄に, 御世話, 心を, 心苦しかった, 忌わしい妄念, 忘られない, 忘れえぬ女, 忘れんとしても, 思いがけないくらいの, 恋は, 恐らく出会う, 恐ろしいの, 恰幅にも, 悟らせずに, 悪人なら, 悪魔が, 悲しかつ, 惚れて, 惚れない, 惚れられぬ, 惜しいよう, 惜しい余り, 惜しげも, 意地が, 愛と, 感じずに, 感心した, 憂鬱が, 成って, 手を, 手先だけ, 拙者も, 持ち合わせが, 持続の, 捨てられ借金, 散歩の, 既に二, 既に女房, 日々の, 日本画だけか, 普通の, 智慧は, 暴行された, 有り勝ちの, 未だ息, 本当に女, 枯草でない, 根負けが, 欠けて, 欠点も, 死生に関する, 毛程も, 気づかれなかった, 気に, 気に入らぬところ, 気の, 気を, 氣が, 永い間, 永劫分らない, 江戸が, 決してお, 決して接吻, 決して面会, 注意を, 涙なき, 済生学舎の, 溜息を, 烈しい酒乱, 無い, 無いん, 無いサ, 無理だ, 無理心中を, 父が, 父性の, 特に何流何派, 犯人としても, 狐の, 珍しい意味, 珍しい餅肌, 珍しい黒い毛, 理解の, 生れたいもの, 生徒としてよりも, 生理的關係が, 生首の, 用は, 由緒ある, 男惚れ, 異様に, 疑懼を, 痘痕が, 白い齒, 皆, 目も, 相応わ, 相當, 相違なかっ, 真似の, 眼に, 矢張り氣障な, 矢張り特別な, 矢張気障, 石女, 神様が, 神経が, 私に, 私の, 笹村は, 篠田と, 細君が, 絶えて, 絶対フィルムは, 罪は, 美しい娘, 義兄が, 羽が, 老の, 老ぼけ, 耳が, 職業も, 育ちの, 背き切れない女, 腕ッ節の, 自分の, 自然としか, 自然に, 臭いところ, 至難の, 興味を, 芽も, 若い嫁, 苦手だ, 落ついた心, 血が, 表玄関に, 見えた, 見えなかった, 見えなかつた, 見つからんよう, 見むき, 見向きも, 見当が, 見覚えが, 視力が, 解きがたい, 許しがたい, 許して, 詫び状を, 誠意と, 読者は, 誰だって, 誰でもが, 誰に, 諸向き心, 貞操道徳の, 負けて, 軽蔑したい, 返事を, 迷は, 這入れない, 逢わないが, 連れの, 遂にあの, 違いありません, 違いありませんけれども, 違い無い, 違げえ, 違ひありません, 違ひない, 遣らぬと, 適しない, 適わない, 重々しく響いたらしかった, 金沢までの, 金輪際惚れない, 閉口する, 間違ひつて, 隨分騷が, 雇男の, 雷の, 露骨に, 青瓢箪と, 青頭とか, 非ず, 頭を, 顔が, 飽きるもの, 餓鬼大将と, 首の, 馬鹿に, 馴れてを, 馴染まないの, 騙され通し玩弄, 魅惑が, 鷹は, 黙って

▼ 男です~ (481, 0.7%)

85221611 が, がその 98 か女 7 から, がこれ 6 からね, もの 4 がね, ぜ 3 からこれ, がこいつ, がこんな, がでも, が今晩, が何ん, が商

2 [28件] あなたは, からこの, からそこ, からまま, から悪く, がお, がさすが, がそれだけに, がもと, が主人, が兄, が六助, が友達, が家, が平次, が弟, が彼, が早く, が石原, が腕, が調子, ぞ, つてね, ねえ, よ親分, 決して怪しい, 潔くお, 貴女の

1 [208件] あの男, かあれ, かい女, かえ, かしら, かそれから, からあなたがた, からあまり, からあんまり, からいわぬ, からいわゆる, からうっかり, からこんな, からそう, からそこで, からと私, からどれ, からな将門, からねあんな, からね負けた, からみんな, からやっぱり, から何, から全, から八五郎, から八郎, から分りかねます, から図々しく, から固定資産税, から多額, から女, から山三郎, から平気, から御殿, から探り出す, から権助, から気, から油断, から泳ぎ, から洋酒, から海老蔵, から無理, から物の, から眠く, から私, から笠, から納得, から自分, から誰, から顔, があいつ, があの, がいかにもがっかり, がいくらか, がいざ, がきょう, がこう, がさっぱり, がそれにしても, がそんな, がた, がたった, がとかく, がなんとなく, がね弱りました, がね無口, がまだ, がガタガタ顫, がネその, が三年前, が上總, が二十七, が二十両, が五代目菊五郎, が亡者, が人, が人間, が今朝, が何, が使, が健康, が僕, が八五郎, が十手, が単に, が口調, が只今, が噂, が四角, が土手, が夕立, が女, が女房, が妙, が子分, が實, が小, が少し, が店, が庭, が思ひ, が性根, が恐ろしく, が恰好, が才氣走つて, が打見た, が文句, が文学者, が日蔭, が日頃主人, が昨夜, が時に, が月代, が柄, が案外, が正直, が正直者, が死体, が死體, が気風, が渡り中間, が満ち足りた, が滿, が父, が父親, が生得不思議, が疳, が病人, が相当, が眞, が眼, が眼鼻立, が私, が立派, が筆蹟, が算數, が背, が腹, が自分, が色白, が芝口, が苦悶, が荷揚人足, が華奢, が貧乏業平, が近頃, が逞, が重, が重い, が陳宮, が青瓢箪, が青白く, が飛んだ, けえ, けどなん, けれどそれ, けれどそれだけに, けれども, けれども商売, けれども私, し, しそれに, ぜあの, ぜいくら, ぜ親分, そのよう, その車掌, と何遍, と彼, と指さし, なあ, ねあんた, ねえ御, ねそれ, ね旅行, ね色, のそして, ものあなたは, ものそんな, よいい, よそれに, よって, よってなに, よつ, よどんな, よ三年, よ何ん, よ刀, よ受合ったら, よ彼, よ愛想, よ手紙, よ氣輕, よ財産, よ面長, わい, わちょっと, わね, わヨホッ, エライ男です, ッて, ネ, 一度も, 危ないの, 満更の, 監禁室に, 自白いたします, 邪法国を

▼ 男~ (448, 0.6%)

82 んだ 67 のだ 56 んです 37 のである 32 のです 13 のか 6 ので, のよ 5 のかも, のであった, んだい 4 のさ, のでしょう, んだろう, んでございます 3 のだろう, のに, んだらう

2 [13件] の, のだらう, のであろう, のでございます, のでその, のでそれ, ので何ん, ので俳句, ので女, ので少し, ので酒, んで, んでしょう

1 [83件] ことまで, ことを, ざ小詩人だ, のあんた, のかい, のかしら, のかと, のかな, のかね, のじゃ, のだい, のだった, のだつた, のであっ, のであります, のでかく, のでかつて, のでこの, のでこれ, のでした, のでせう, のでただ, のでだまつて, のでだれ, のでちつ, のでてんから, のでとうとう, のでまた, のでプラトン, ので二人, ので今や, ので何うに, ので何事, ので供, ので儕輩, ので其幅, ので十八, ので参考, ので友人知己, ので哲夫, ので実は, ので家康, ので巧み, ので年, ので彼, ので彼女, ので御, ので権, ので此不意打, ので気味が悪い, ので滅多, ので球突台, ので箱根, ので経家, ので老人, ので膝頭, ので自然学識, ので間違, ので顔, のどうせ, のにいま, のにこれ, のにそれでも, のに一杯, のに女, のに頭, のね泊つて, のは, のを, はずは, ものか, ものだ, もんだ, もんです, んざ入, んざ入った, んざ少々, んざ死んだ, んでしよう, んでそして, んで他, ンだ, ンです

▼ 男でも~ (369, 0.5%)

57 女でも 13 ない 5 ないが, なかった, なければ, 這入るところ 4 あつた 3 あったの, あって, ありました, なさそう, 同じである, 女の

2 [12件] あったし, ありますが, ある, あると, それが, ないと, ないの, なかつたの, 其, 日曜は, 無かった, 羅紗の

1 [233件] あった, あったから, あつたでせう, あのまま, あの時, あの肘, あほらしく見える, あみもの, ありましょうか, あります, ありませぬ故, ありません, あり職人, あるかの, あるから, あるに, あるのに, あるまい, あれば, あれを, あろうか, あろうこと, あんなに色, あッた, い, いい, いいわけ, いつか又, いて, お京はん, お針もつ, かなり細っ, かのエッケルマン氏, かりにも, こういうまずい, こしらえ, この俺, これでは, これについては, これほどの, こんなもの, ございますまいようがしょう様子, ござったか, さてこうして顔, するやう, ずいぶん黒い, そうたやすく, そうだ, そうなり, そこには, そのひたむき, そのままグニャグニャ, その女, その生存中, その腰, その間に, その顔, それだけの, それほど勇猛心, たったひとつ効能, できたの, とかく男, ないじゃ, ないのに, ないはず, ないよう, ないわ, ない女, ない誰, なかったらしい, なかったろう, なかつたで, なかつたのに, なからう, なかろう, なくちや, なくては, なくなったし, なく一見, なく口琴, なく多少, なく大胆, なし, なし人間, なんらかの仕事, にわかにムラムラ自信, はいって, ぱつとしたなりをしとるでなあ, ひとりは, ほれぼれする, まんざら憎く, もう十八, やつぱりさうかと人々は, やはり堂, やはり病が, よくよくの, よほど力, ウヌボレからは, オヤと, チョン髷に, ヒヤリと, フラフラと, モノに, モーニング一着でも, 一たまり, 一ツ逆, 一人で, 一人の, 一日の, 一枚の, 一生の, 丁度俺, 丁髷を, 三益の, 並々の, 人の, 休み場所には, 何でも, 何と, 作りおったん, 例外だ, 侍に, 先生は, 入つて, 出来たづら, 出来たん, 出来て, 分るだらう, 分るだろう, 化粧する, 十分間も, 千鳥足に, 口を, 叶わないから, 同時に菓子好き, 名は, 商人の, 変りは, 天才でも, 女で, 女子はんが, 女房だけは, 好いじゃ, 妻である, 媚びには, 子供でも, 容貌と, 寝惚れば, 寡婦と, 小丹波や, 少し動き, 尼に, 居るので, 帰って, 帰つて来た, 幅が, 年には, 引ッ張り込んでるだ, 引摺り込む, 弟子と, 当て嵌まる, 必ずセチエ, 恋を, 恩義は, 悪漢でも, 愛が, 懐手で, 我が子, 手が, 拵えて, 拵へて, 拵らへて, 持って, 持つて, 捨てられたとか, 最愛の, 朱入りの, 村が, 来て, 桜の, 次第にさうな, 欧洲の, 殺すか, 永らく外国生活, 池上や, 泣くこと, 湯屋に, 無いから, 無いし, 無いつもり, 無かつ, 無くさりとて, 無ければ, 独りでは, 王朝以前の, 生きて, 生涯の, 男には, 男らしさ, 皆大, 監獄では, 目明しの, 相手に, 真蒼, 知つてゐる, 私が, 窓の, 結髪の, 美しい姫君, 胸の, 自分の, 良人に, 色の, 芝居者には, 菓子が, 萩原と, 見つけて, 見付か, 詩壇の, 誘はれれば, 迎えて, 這入って, 通りかかって, 通るの, 逢ふ, 隨分それ位の, 難儀する, 青年なみの, 面を, 顔負けする, 餘程力の, 髭を, 鬢の

▼ 男~ (367, 0.5%)

78 女が 63 女の 19 女は 18 女や 8 女に 7 女を 5 女も 4 若い女 3 女たちが 2 女, 子供が, 家族は, 浪人者の, 笑い男や, 粋な, 腰巻一つの, 銀杏返しに

1 [146件] ある, いうてて, お竜, が折角, けれど思ひ, けんかを, さかいあれ, さかい気, さむらいが, それから, それから近所, ぞ, な, ない, ないいう, ないけれど, ないよって, ない言う, なお前心, のうても女, ろうこれなら, ゼフィリーン夫人や, ハイカラ女が, バイブルそのまま, ビッコの, ボンド街の, 万燈を, 三つ釦の, 下男には, 世帯もちの, 中年の, 乳母は, 云うちゃ, 何か, 何処に, 偉ぶった, 八カましい, 内攻的な, 出産の, 又計算, 友人なんか, 口の, 君の, 商店の, 執念深く自分, 夫婦者の, 女から, 女からは, 女それ等は, 女たちそれに, 女たちであった, 女たちは, 女だけが, 女って, 女で, 女であった, 女と, 女としては, 女については, 女には, 女の子が, 女やが, 女やの, 女をも, 女中たちを, 女房は, 女老人や, 女達よ, 妓や, 娘の, 娘達は, 婆さんやがの, 嫁に, 子供らが, 子供を, 小作ばかり, 少年も, 岩崎男を, 幽霊女が, 幽霊女や, 忙が, 意気な, 愛子の, 或る, 抒情的な, 拘引された, 料理に, 春寒く, 時代に, 暴力を, 朝帰りの, 朱欄の, 杖の, 死骸の, 淡色の, 清浦奎吾子爵は, 火葬場や, 焦れて, 煙草を, 片恋せ, 猟師などの, 男から, 男の, 男装の, 番頭らしい, 白い手拭, 白粉を, 社家の, 紅顏孃子の, 紋付の, 絆纏に, 縞の, 美しい女, 美粧院から, 老婆が, 自分の, 自墮落, 草鞋なし, 荒木大将や, 薄いキャラコ, 製粉工場を, 襷がけの, 親方らしい, 言うとりましたやろ, 調度掛を, 諸君の, 貧乏徳利を, 貴人の, 赤い手絡, 赤つ, 身毒には, 身毒の, 軍人が, 道化師が, 醜い女, 金の, 金ボタンの, 金貸しや, 防水布の, 青年が, 靨を, 頑強なるべき, 髪の毛の, 髯を, 黒足袋を, 黙って

▼ 男から~ (354, 0.5%)

11 男へと 8 男へ 5 見れば 4 何か, 手紙が, 眼を, 離れて 3 身を, 電話が

2 [16件] お前は, アキへ, 何を, 女に, 彼の, 得も, 手紙を, 来たの, 東京行の, 目を, 聴いたの, 脅迫状を, 逃げ出さずに, 金を, 食わして, 騷が

1 [276件] あんな態度, いきなり腕, いつも施し, いつ捨てられる, いわれたらもう, いわれた通り, うまくやつ, おかっぱ, おれの, お聴き取り下さい, お言われ, かの女, かの廃宅, きいたから, きいたニュース, きいて, ここで, こちらの, この家, これを, こんなこと, さう, しつこく云, しつこく云われる, して, そういう悪戯, そう云われる, その人生観, その手紙, その部屋, それを, そんな思いきった, だった, だという, ちょっと纏った, ついに吾眼, つかみ取り女から, である, であろうと, とびのいた, とりかえしたの, なにかおびき出さう, なにも, のがれたさ, はなさずに, ひどい侮辱, ひどい目, ひどくあいそ, まるで予期, もし都合, もらって, やすやすと, やつつけられる, より逆上, タバコを, ヒドク小突かれ, ファラデーに, マドレーヌという, ラヴレターを, ヴエスヴイオ登山軌道の, 一つの, 一通の, 三分の銭を, 三千子に, 三四尺ほど, 三四間おくれ, 三百円で, 下したまえ, 主人と, 二川の, 二百八十円で, 云い出したか, 云うと, 五千といふ, 他の, 何かの, 何と云つて, 何んとか, 何時までも, 何等かの, 佗びの, 例えばオーデコロン, 借りた金, 値ぶみされる, 僕に, 僕は, 先ず彼女, 先輩だ, 共通の, 写真を, 冷淡に, 剥いだの, 剥ぎ取った一切, 助言を, 募集者の, 去られること, 取出さなかった純性, 受けたの, 受けたん, 受けた梅毒, 受けとれば, 受取った手紙, 受取って, 口を, 叱駆したの, 同じこと, 同時に結婚, 堕落させ, 外套を, 大體, 太宰さん宛の, 奥さんが, 奪い取ったその, 女から, 女の, 女へ, 女を, 妹を, 妻へ, 始まって, 娘の, 婚約を, 子供の, 寄越した手紙, 富士登山の, 寺の, 尊敬されない, 少しずつ, 少し隔, 少し顔, 平次は, 度々電話, 弄ばるる事, 弓端の, 引出して, 引出せさ, 引外され, 強いられても, 強奪する, 彼女に, 彼女は, 待ち伏せされ, 得るところ, 御無沙汰を, 心中を, 心臓を, 恐しい命令, 愛されるよう, 愛せられて, 感じた, 成立ってるの, 手足に, 抜打ちに, 持ち込まれた難題, 指し示めされた, 捨てられて, 捨てられるという, 捲きあげられて, 握手や, 撲られたこと, 撲られなければ, 教えられた, 教えられた通, 教は, 教示された, 斯の, 旅行免状なんか, 日本の, 日比谷の, 時々支給, 時々電話, 月給の, 来た強迫状, 来る力, 次の, 欺かれたの, 死の, 氷を, 求められないもの, 求婚された, 火の番の, 熱した心, 熱烈なる, 申して, 申しわけに, 男と, 男に, 男へといふ, 盗った胴巻, 盗まれたと, 盗まれたという, 直接に, 相手に, 知った, 知らされまだ, 知られて, 知りました, 石の, 私が, 私に, 種の, 空間を, 突き出されて, 突つ込んだ, 突然, 突然に, 突然一年目, 突然此様, 突然皿, 突然非常, 経済的に, 結婚の, 結婚を, 絶えずお前, 聞いた, 聞いたこと, 聞いたその, 聞いたので, 聞いた熊, 聞いた話, 聞いて, 聞くこと, 自分の, 自尊心を, 若い女, 荒っぽく扱われ, 莫大な, 菓子折を, 袷を, 見せられた, 見た右, 見つめられて, 見て, 見ると, 観察しよう, 觸られ, 言えば, 言ひ, 詫びの, 話を, 詳細に, 誘惑したらう, 説き起して, 調べ始めました, 講演を, 護ろうと, 貰う約束, 貰ったの, 貰ったん, 貰ひ溜めた, 買った, 賣り物, 贈つて來, 贈物など, 起こった時, 超越する, 近寄られたり, 送つて來, 送られた脅迫状, 逃げて, 逃げ武蔵野, 逃れるよう, 遠のいたの, 酌を, 金など, 長い手紙, 離れたい一心, 離れなければ, 離れられぬ, 離れると, 電報の, 電話がか, 頼まれて, 顔を, 顧みられず復讐的, 黄金メダルの

▼ 男である~ (333, 0.5%)

22 ことを 11 ことが 10 ことは 5 か女, ということ 4 のを 3 かのよう, がそれ, ことも, のか, のだ, 彼は

2 [26件] かが知られ, から, からそれ, から気, から自分, がその, が彼, が翁, が自分, ことに, と, という証拠, とわかった, と人, と女, と思う, と思った, と推定, と考へ, な, のが, のにこの, のみならず, 事, 事は, 事を

1 [206件] あの人, かあるいは, かおそらくは, かお前, かしかない, かその, かそれ, かということ, かと自分, かのどちら, かはお話, かは問題, かは探す, かは次, かまで詳しく, かも知らない, からいい加減, からいくぶん, からこれ, からし, からそのまま, からとか女, からなほさら, からなるほど, からにはいつか, からもし少し, からもの, から一方, から何人, から其, から剛胆, から即刻小田原, から嘲笑っ, から坐り直し, から尚, から山川菊枝部長, から彼, から御, から必ず, から必ら, から必死, から我々, から新風, から昭和二十年元旦, から此点, から武士, から気むずかし, から病人, から竈, から維新前後, から自分一個, から若し万一, から要するに, から貧苦, から貴公, から逢, から逢え, から道中笠, から遠慮, から酒, かを示す, かを認めさせよう, か分らず, か嫌われた, が, があそこ, がいかんせん, がいったん, がこの, がされ, がそれだけに, がそれでも, がとつく, がどうにも, がべつだん, がガレー, がフランス, が一夜, が一面, が丈, が主婦, が人間, が今日, が何時, が其中, が取る, が命, が嘘, が執念深, が多く, が女, が如何, が妙, が小心, が小説, が小野, が応仁, が或いは, が文学, が最初垣根越し, が本, が正に, が殆, が気の毒, が溺愛, が火力, が特に, が相応, が誰, が院, が非常, けれど, けれどいま, こうまで, ことだった, ことには, ことまた, しかしながら早く, し仕立屋, し張浩, し彼ら, し森山さん, し自分, それが, そんなに疑うなら, ために, ための, だけに一層, だけに一時, というの, という事, という疑い, といふだけで, といふ事, とお, とおりに, との証拠, ともいい, とわかる, と丸山, と云う, と分かった, と分った, と呆れる, と告げ, と大将, と思い, と思つて, と思ひます, と思わせます, と思わね, と断定, と白木屋, と考える, どうしてもあの, なあに金なんて, にかかわらず, にしろ, にもか, のでさ, のでその, のでそのまま, ので声, ので常に, ので跳, ので進み寄っ, のに駒井, のも, はずだ, はずです, ばかりかよく, ばかりで, まして手負猪, また小, ような, ように, よりもずっと, わしは, 一人の, 一同は, 万太郎の, 丈けに, 主人公の, 亭主も, 今これこれの, 以上は, 以上勢いが, 以上女の, 作者の, 園は, 山名宗三には, 所以を, 支那の, 故奇策, 是が, 是も, 様にと, 気品が, 為扮装にも, 理由を, 益満に, 第二, 素志を, 自分女である, 重吉, 長身の

▼ 男という~ (290, 0.4%)

78 のは 51 ものは 17 のが 9 ものが, ものの 8 ものに, ものを, 男が, 男は 6 男の, 男を 4 のを, ような, 者は 3 ものだ, 男に 2 ことだけ, のも, ものには, ものも

1 [56件] お名, きりくわしい, ことが, ことに, ことは, その時代, ときは, のだ, ので, のです, のと, のはの, ひといろ, ほかは, みょうな, もので, ものな, ものなし, やつが, やつは, わけで, わけな, 三谷の, 事が, 事に, 二人の, 兄弟の, 十四五歳の, 名が, 名義で, 外は, 女形であっ, 奴は, 始末の, 心持が, 怜悧な, 怪談が, 意味が, 意味です, 意味を, 感は, 条件で, 柱に, 気が, 男についても, 男片っ端から, 神ぞと, 神に, 群盗が, 義に, 言葉も, 言葉を, 評判を, 通り相場を, 野暮は, 集合が

▼ 男だった~ (245, 0.3%)

18 のです 12 のだ 5 が, のである, んです 4 がその, な 3 がこの, が彼, そうです, ということ, のを, んだ

2 [15件] かな, から, からです, がこれ, ことは, そうで, と思う, と見え, にちがい, のか, のだろう, のであろう, ので私, よ, ように

1 [144件] あの男, かしら, かすぐ, かそれとも, かそんな, かとめずらしい, かどういう, かなあ, からこれ, からしょせん, からその, からそれ, からである, からむげにお駒, から二十代, から千早館, から千枝子, から君勇, から彼, から方々, から早く, から生命, から莫迦, かわからない, か女, か知っ, がいつもふらふら, がいま, がおれ, がこう, がことに, がさっぱり, がそれだけに, がそれでいて, がそれでも, がそれにしても, がね, がはじめ格子, がわたし, がオランダ流, が今度, が今朝, が仕事, が他, が何故, が元康, が口髭, が可愛相, が女学校, が帆村たち, が幼い, が広い, が心根, が恐怖, が惜しい, が憔悴, が水田, が相, が眉, が私, が突然, が細君, が自分, が見る, が豪商, が通人, が逢い, が酒好き, が顔, が顔色, が高等学校, けれどもとにかく, けれど矢張り医者, こと丈けは, しあの, しその, し勤務先, し母, そうだ, そうでございます, そうに, ため弾正の, だけ彼等, という, ということ位, というよう, という外, という感じ, という申立て, という結論, という証拠, とお, とこう, としたら, としてもこの, とする, とは誰, とライオンス, と云う, と思った, と田代さん, と皆んな, なあ, なあなんとも, ね, のかと, のが, ので, のでありましょう, のでご, のでございます, のでしょう, のでたちどころに, のでびくびく, のでナメ, のでフィッタブル行き, のでプレンダーガスト, ので一度, ので二時間, ので何, ので別に, ので友達, ので御息所, ので性急, ので性来気, ので慶, ので敬太郎, ので無愛想, ので生き, ので第, ので表具, ので貧乏, のに惜しい, のに気, のねえ, はずだ, ばかりに見, よそれから, ろうじゃ, 上に, 彼は, 時に, 玄竜でさえ, 筈だ

▼ 男なら~ (219, 0.3%)

3 私は, 誰でも

2 [12件] では味, ば, ばだ, ば女, わたしは, 一束や, 今時分わざわざ, 何人先方で, 利助兄哥を, 大丈夫だ, 大抵左, 眞似

1 [189件] あとから, あばたも, いいの, いくら達子, いったん約束, いつまで, うまく行く, ええとじゃが, おれが, おれも, お奉公, お幽, きつと, こっちから, このおれ, この財布, これぐらいの, これは, こんなこと, こんなに呉れるまい, さあはつきり覺, すぐに, その坊主, その男, その調子, それきりで, それくらいの, それでも簡単, それは, それを, たやすくできる, ちょっと話せる, で女, といふ, どこにだって, どんなにわし, どんな人, どんな厳重, なおも相手, なぜ一つ, なんとか解きほぐし, ねえ, ばいくら, ばかまわない, ばこせこせ, ばさしづめ, ばしない, ばそれ, ばたとえ, ばたぶん, ばもはや, ばやり, ばよい, ばチャーン, ば三十, ば列車, ば助けない, ば印度, ば右, ば各自, ば少年, ば尠くも一, ば左, ば思う, ば意趣, ば成るべく, ば成功, ば政宗, ば文句, ば早乙女主水, ば水練, ば決闘状, ば清作, ば琴, ば真に, ば自分, ば象徴, ば金, ひとりでに書く, へちまの, まだしもの, もう駄目, もっと事理, もっと悧口, やがて二人, んとは, イヤと, トニカク福兄あたりでは, ハリ倒し, 一つの, 一度に, 一服吸う, 一生お, 一生と, 上方西国の, 乞食に, 二三度門口で, 今から, 今日までだって, 今更見, 何かと頼もし, 何とかしろ, 何時でも, 俺らに, 僕が, 先づ美術家としての, 兎も, 六左衛門も, 前を, 力が, 勝負を, 勿論そうし, 勿論出来る, 友達という, 命を, 喜美ちゃんと, 四十位に, 塀を, 奈々子の, 女でも, 女の, 妾見返っ, 姫を, 学者にも, 宜いが, 小脇に, 尚さらの, 己の, 帽子と, 帽子を, 幡江の, 幾歳ぐらい, 弱そう, 当然私, 彼は, 御幕下, 恐らく半年, 恥ずかしくて, 恥を, 或はそれ, 旅藝人の, 日本へ, 旨い旨いと, 是非が, 昼ここで, 時々調査所, 最もいい, 水褌の, 決して伯爵, 決して無理, 沢ちやん, 犬の, 猿股一つで, 王様に, 生涯を, 男らしい声, 男らしくもっと, 監視させ, 盥を, 真逆, 眼八の, 眼鏡を, 私を, 私位の, 笛は, 自分から, 自分を, 苦も, 英雄に, 記憶が, 訳なく, 誰に, 誰に対しても, 誰の, 誰れ, 識っと, 近くへ, 近ごろオテル・デュ・カンタルに, 酒の, 金座に, 闇太郎女なら, 陣羽織女なら, 随分好い, 隨分一晩が, 頼りに, 馬も, 骨で, 高音の, 魔王の

▼ 男とは~ (200, 0.3%)

3 別の, 思わなかった, 顔を

2 [14件] すっかり縁, そこへ, そんなもの, どうしても信じかね, 一体誰, 一緒に, 唯だ, 声を, 少し間, 思つてゐなかつた, 思われない, 比較に, 立ちながら, 違って

1 [163件] あいたところ, あれに, いい思いつき, いえ, いえそんな, いえないけれど, いえないわ, いえ武夫, いえ義父, いっさいつきあわない, いつの間にか同じ, おそろしからぬ, おれの, お角親方, かつぷく, こうすべき, この雪, これ以上つきあいきれない, さまざまの, しばし如法, じつはちょっとこみ入った, すっかり良い, そういうもの, そも何者, たいがいこうした, だれだった, ちがうよう, ちがう婦人, ちがって, どういう仲, どうしても受取れない, どうしても受取れぬ, どうしても思えなかった, どうして見えよう, どうも, どこか, どなたの, なかなか私, なして, なにか, ひとりな, また全く, まるでえたい, まるで風采, めぐる因果, もう二三年, やがて沿道, やや違う, わけが, カタを, ボートから, リヴリーの, 一体今頃何処, 一緒には, 一面識も, 云え勇力, 互いに困った, 互いに醜く, 今廓, 仲が, 似ても, 何の, 何も, 何者であろう, 余り交際しない, 余程巧み, 俺という, 先日偶然の, 全く懸, 全く関係, 其の後一, 別でございます, 別ものです, 別れんさい, 別人である, 別人の, 反対の, 受け取れなかった, 受け取れぬほど, 口が, 口を, 同じ語, 同類な, 向ひ, 四十すぎの, 夢で, 好一対かも, 妾宅伝来の, 嬲り物だ, 寝ないよ, 少し骨, 巧く言いなすった, 年頃も, 度たび風呂の, 彼等の, 思えず一寸話, 思えぬ, 思えぬよう, 思って, 思はないけれど, 思はなかつた, 思へぬ詩人肌, 思わなかったがなあ, 思われないほど, 思われないよう, 思われなかった, 思われぬほどの, 思われぬ程, 懇意に, 手を, 敵意と, 方便を, 明らかに, 昔の, 普通の, 机博士おまえだ, 東京監獄でも, 殉死者として, 段ちが, 気持の, 決して結婚, 添わせたいので, 漸く荒れ寂れた, 生活の, 申されないの, 相撲取りで, 知らなかったよ, 知らなかつたよ, 私の, 結婚しない, 結婚を, 縁の, 肉体的に, 肉體的に, 膝を, 自動車から, 船の, 船室の, 虚で, 見えたが, 見えたり, 見えないじゃ, 見えないため, 見えないほどに, 見えなかったが, 見えません, 見えるが, 角力に, 言えません, 言へ, 話が, 誰だ, 逢ったもの, 違います, 違うの, 違う一旦, 違ったもの, 違った興味, 部屋の, 長いこと相談, 限らぬ, 青年時代の, 馬を

▼ 男にも~ (184, 0.2%)

20 女にも 2 大切だ, 女房の, 宝塚を, 当って, 逢ったが

1 [154件] あけなかったドア, あった, あらず女, あること, あれ女, おくれて, おなじやう, お会, かけたか, これという, これほどの, こんなの, する所作, せよ女, その御沙汰書, その茫然自失, そんなもの, そんなツラ付, たれこみ自在, たれて, とうに弄ばれ, どうした, どうして人間灰, ない何ん, なってないキューピット, なれなれしく肌, なれるだろう, なれるという, なれるといふ, のいはむと, ひきあわせるし, ふり撒い, ほかの, もちろん女, やがて捨てられ, やっぱり好い, やはり国家, やはり未練, よいし, わかるよう, エネルギッシュな, フェミニズムが, 不思議に, 串を, 云いなれたその, 会うたり, 似合わず自分, 似合わねえが, 似気, 何か, 何処か, 優った決心, 共通な, 出逢わなかったらしい, 別に親, 前にも, 劣らぬくらい, 劣らぬ位勝氣, 勝った愛し, 化けおるか, 可なり, 同じ表情, 同情を, 君方にも, 善いと, 喰わせた, 執拗に, 報ゐる, 増して, 外套は, 夫の, 夫婦が, 女にもさ, 女を, 女房に, 好意を, 好都合だろう, 妻に, 妻君にも, 始末が, 子供の, 将た, 將た, 小人は, 平氣, 幾分その, 床几を, 延長され, 弟が, 弱いの, 強いから, 当たらぬ, 御命令, 必要である, 思出し, 恋は, 愛情を, 慕われて, 我慢し, 手つだわせて, 拘らずこちら, 捨てられる場合, 接触する, 新しい友だち, 旦那どのの, 有るまじき愚痴, 棄てられて, 死に別れ又, 求められるの, 涙が, 涙を, 深い関心, 理性の, 當嵌り, 私は, 稀な, 経済的に, 聞いたし, 聞えるよう, 聞こえた, 聴いて, 職業にも, 自在に, 良心は, 若い情熱, 苦労を, 英雄的人物が, 見えた, 見えたこと, 見えます, 見える, 見せて, 言ふ, 訣れたくなった, 訴え顔, 負けないほどの, 負けないやう, 負けない働き者, 負けなくなりますよう, 起つて, 逢う稲, 逢つて見る, 遇ったこと, 遇わず彼, 過ぎぬべしなど, 遠慮が, 遭遇した, 重くかかっ, 關係した, 非ず, 風流気が, 髪の, 麻袋一枚呉れた, 龍馬が

▼ 男じゃ~ (167, 0.2%)

31 ない 26 ないか 6 ないの, ないん 5 ありませんか, ないよ, ねえか 3 ありません, ないから, ないと, なかった, ねえん, アない 2 あるまい, ないかと, ねえよ, 無い

1 [57件] ありませんな, ありませんよ, ありませんわ, ありませー, あるが, あるまいし, あるめ, お歴々の, げな, ございません, ございませんか, ございませんから, ございませんと, ござんせん, ござんせんかい, ござんせんからな, しなあ, そうだ, ないおまけ, ないおれ, ないかしらん, ないからなあ, ないがなあ, ないこと, ないこれ, ないぞ, ないだろうからね, ないって, ないです, ないや, ない実に, ない彼, ない渡辺, ない聞くが, なかったかという, なかったかな, なかったかね, なかったが, なかろうが, なくっちゃ, なくなって, ねえが, ねえし, ねえんでが, よいよいその, アなし, アねえか, ア毀す, 他人の, 少将どのじゃ, 御座いませぬわい, 早く調べ, 有りません立派, 無いか, 絶対に, 豚め, 闇男屋敷じ

▼ 男~ (162, 0.2%)

61 女か 5 どうか 4 女かの 3 女かと, 女かも, 知ら 2 不思議に, 女かは, 女かを

1 [77件] あの黒服, あまり眼, あらゆる事, あるいはほか, あるいは彼, あれが, え, お前の, お聞き, さうでなけり, さけが, さもなく, さもなければ愛, その益満, それともはじめて, それらしい, そんな男, できたといふ, どうかといふ, どうかの, どうかは, どうかも, どちらか, どっちかに, どんな女, なにかに, なんかが, またはそれ, またサクサク, よくは, よく帰っ, よく見とどける, わからない, スミスか, 一度は, 不縹緻者, 二三人の, 何か, 何ぞの, 働き着, 公式に, 分らないが, 別の, 大きに御苦労, 大体想像は, 女かが, 女かすらも, 女かつて, 女かとか, 女かに, 女が, 女の, 女の子かも, 女ばかり, 女子か, 妻か, 安御家人, 常日頃いい加減, 御存じの, 或いはイムポテンツ, 新聞社の, 曹操を, 正体位は, 片一方を, 知ってる筈, 知らないが, 知らぬ顔に, 知らん, 知るよし, 私は, 立ちいつて, 美女か, 若い男, 見当も, 言えよ, 調べて, 醜い男

▼ 男であった~ (161, 0.2%)

5 がその 4 が彼 3 からである, が, がこの, のだ

2 [11件] かもしれない, から, がある, がこれ, がそれ, が今, ことを, ということ, としたら, にし, に相違

1 [118件] かそれ, かは神, かも知れぬ, からくわしく, からこんな, からさすが, からそういう, からただ, からほか, から何, から使い, から公然, から冴子, から初め, から前方, から女房たち, から専門家的, から幾度, から庭, から心中, から承知, から朝, から木曜島, から村役人, から決心, から私, から頗る, か女, があれ, があんまり, がお, がこれ福禄, がさっさと, がずるい, がそれでも, がそれほど, がたえず, がだれ, がどう, がどこ, がはたして, がひどく, がペルー征服後, が一人, が不意, が中でも, が今度, が体, が何, が勇武, が十六, が子分たち, が幸さん, が手, が折々, が時々, が晩年, が書盗癖, が次, が正直者, が武運, が毎日なに, が片, が猪口, が白木綿, が眼, が磐司, が福治爺等, が私, が胆, が腹, が若い, が軍人, が金兵衛, が鉄縁, が長い, が順平, が飛び込ん, が黒い, けれども学校, けれど小役人, ことが, ことだろう, しそして, そうじゃ, そうだ, そうです, というわけ, といっ, ところから, としても殺人, として仮り, とすれ, とは云え, と言わざる, どんなにすぐれた, にしろ, にせよ, にちがい, に違い, のが, のだろう, ので, のである, のであろう, ので市兵衛, ので普通, のを, はず, むかしこの, ものを, やら茶菓, 岩倉よりも, 後六十年の, 故にそれ, 点と, 為か, 私も

▼ 男ども~ (158, 0.2%)

3 の手, を連れ 2 が五, に甲斐性, の声, の方, は舟

1 [142件] から縛られ, が, があぐら, があと, がある, がいい, がいた, がお, がおっかけ, がお嬢様, がここ, がその, がそれ, がつながる, がとたんに, がどんな, がなんと, がはいっ, が五台山, が其處, が出, が困る, が大きい, が挑む, が振, が振り照らす, が本当に, が番兵, が白浪, が目と目, が眉間尺, が真っ黒, が薬研, が貴婦人, が跳梁跋扈, が迎, が集まっ, が雲, が駈けあがっ, が駈けつけ, こそ驚いた, しやつ, だ, だけが四等, であった, である, であると, であろうか, です, でリンネル女工, で危険, で看視, といっしょ, としか見えない, とは引かれる, と一しょ, と一緒, と手下, にからかはれる, にさしずし, にはちと, には幇間, にも春, にも顔, に云いつけ, に劣る, に持ちこませ, に気づかれぬ, に相談, に虐げられ, に贈った, のいる, のうち, のかたわら, のそうした, のため, の一人, の世話, の使者, の卑怯, の噂, の好み, の姿, の小胆, の屯, の巣, の強迫, の果て, の機嫌, の荒駒, の行動, の評議, の間, の魂, の黙々たる, はいいました, はすぐ, はすべて, はその, はだいぶ, はなされる, はひた呆れ, はみな, はみな主人, は二人, は人, は別々, は当然, は意外, は戦い, は日頃, は本職, は村, は毒魚, は決して, は牛, は膃肭獣, は誰, は銭瓶, は馴染み, ばかりで, へも先, もあります, もいまホテル, もこの, もそれ, もばばども, も思わず, も持ち逃げ騒ぎ, も間もなく, や籠, をかき分ける, をからかい, をせめました, をやツ, をステンステン, をヒネリ, をピシピシ, を一人, を彼, を迎, を追い払った

▼ 男との~ (153, 0.2%)

9 間に 4 交際は, 間には, 間は, 関係が, 関係を 3 大詰が 2 あいだに, あいだの, いきさつの, ことを, 幾月かを, 約束です, 結婚に, 絶縁は, 顔が

1 [103件] あいだ, あいだを, あとを, いきさつに, いる席, ことに, ことよりも, その名ばかり, どこまでかは, ひどく親しい様子, まえに, めぐり合いの, スケッチが, 一生に, 一行に, 世間を, 二度目の, 二階級が, 交渉で, 交渉に, 交渉を, 交渉をも, 交際が, 享楽には, 仕儀が, 他に, 仲に, 仲も, 会合に, 八人で, 勝負を, 区別が, 味な, 噂は, 地位は, 坐つて, 夜毎の, 婚談を, 密会事件を, 密会最中を, 対話を, 対話等の, 後について, 恋愛事件が, 恋愛関係であっ, 恋愛関係に, 恐ろしい格闘, 意外な, 意見は, 戦いの, 戦いは, 戦闘が, 掛かり合, 接触から, 数々を, 最初の, 格闘で, 無為な, 無言は, 生活に, 生活のけた, 生活は, 生活も, 生活を, 痴話ぐるい, 相対において, 相対関係にだけ, 秘密を, 積りかも, 立ち入った関係, 結婚なら, 縁組みだけが, 義の, 義恋, 落着きはらった, 蛮的な, 記憶, 話, 話しぶりその, 話しぶりには, 話を, 距離が, 連絡が, 遊戯の, 過去の, 邂逅を, 間が, 間にも, 間柄ばかり, 間柄も, 関係だけで, 関係で, 関係という, 関係に, 關係の, 關係は, 關係を, 陥りやすい, 面会も, 頭脳の, 頭腦の, 顔を, 魂が

▼ 男として~ (147, 0.2%)

2 がまんできねえ, 役に立たないから, 役立つか, 彼女から, 恥べき, 此の, 自分の

1 [133件] あたり前の, あなた以上に, あらわされて, ある意味, あれだけ, あんたを, いったん云った, おいそれと女, かばかりの, かわいそうな, この三つ, この意気, こんな悲劇的, ご出世, すぐ私, せんから, そういう女, そうしてしくしく, それぞれに, そんなまね, たとい人情世界, つとめて来た, では, どういう生き方, どうしてもあなた, どの人が, はっきり現われた, ふるまう, ほかに, ほかの, また社会人, もっと良人教育, より外, りっぱな, ホッと, 一人この, 一人此の, 一六二七年一月二十五日に, 一生の, 一番こたへる, 一躍社会, 世間に, 今でも, 仲間から, 住みこませました, 何かの, 何という, 余りに卑怯, 出た場合, 前より, 勇悍な, 卑怯で, 及ぼした作用, 土岐源氏の, 堪えられないよう, 堪へられないやう, 場合によっては, 大勢の, 大手を, 女どもの, 嫉, 定評の, 客を, 寝醒めが, 少しは, 少しも, 山上元の, 山田の, 帰った以上, 彼らの, 彼女を, 得を, 得意の, 御当家ロスコー様, 心中激しく, 必死の, 思う事, 性慾に, 恋ひつのる, 恥かしいわえ, 恥じゃ, 恥だ, 意識したなら, 愛するから, 成功し, 或は一, 手を, 押し出されて, 採用せられた, 描いて, 描こうと, 断言し, 映るの, 来たもの, 残りたいと, 殘つたとて, 満足に, 源氏の, 無能力者が, 特別に, 独り立ちに, 甘いところ, 生ながらえて, 生れたこと, 生れて, 皆から, 目を, 相当の, 相当不快, 知られ, 知られて, 私を, 美しく見えた, 美の, 美貌な, 聞えて, 育って, 育つて, 胸くその, 腹を, 自身の, 褒められた, 見て, 観察する, 言いにくい, 躍るちか, 辛酸な, 通用しない, 邸武士の, 電話によって, 鞍馬の, 飛んでも, 高氏は

▼ 男ぶり~ (133, 0.2%)

6 がよく, のいい 4 であつ, といい, の好い 3 だ, もよく 2 がいい, が悪い, が立, であった, などはどう, なのに, に仕上げ, の顔, はいい

1 [85件] から云っ, がいいっ, がえ, がお, がやっぱり, がよかっ, がよかつ, が上っ, が又, が場内, が好い, が類, じゃありません, だった, だったろうね, だってまんざら, だって不足, だと, だという, だの, だもの, でありしかも, でございます沖田総司様, です, ではある, でまだ, で今日, で炎, とか立, とだけがもの, とやさしいおとなしい, と天才, なら学問武芸, なんか訊い, に, にちょっと, には惚れん, にぽ, にもよるだろう, に恋し, に感じ, に打込ん, に満月, に目, のい, のすごい, のよい, の人, の全体, の敦忠, の殿御, の者, の見る, はいいえ, はお, はすっぽり, はちょっと, はどちら, は何様, は姑, は惡いし, は水際立った, は紋服, は若松屋惣七, までわかるた, もちょっと, ももっと, もヒポコンデリー, もマンザラ, も十人並, も見, やワイシャツ, よ, をあがめる, をし, をちょっと, を一層, を上げ, を問題, を惜しげ, を愛で, を然, を覆面ずきん, を見, を閑却

▼ 男~ (115, 0.2%)

4 眼を 2 いった, たよりにも, 云った, 男から, 義理を

1 [101件] あてたSOS, いいつけた, いう, いって, おどろきの, かえって不審, こういっ, さらに右馬助, そう挨拶, そそいだ, その固定観念, であった, むかって, やって, やつて, やる打合せ, 一寸親しみを, 万遍なく, 不意に, 与えた, 伝さんは, 俺の, 傘を, 冷淡で, 出す手紙, 出来るだけ, 切りつける肩口, 博学な, 双方義理を, 取引きされてる, 向かって, 向って, 向つて, 向つて新, 呼びかけました, 土蔵付き売家で, 声を, 女中が, 女王たちは, 嫁いだらもう, 嫁う, 嫁がすよう, 宛てた手紙, 宿屋と, 対しての, 小声で, 平等に, 庭石を, 引導を, 情熱を, 手を, 手紙でも, 打ち明けられよう, 投票するなら, 抱く一つ, 捧げられたと, 本心を, 果し合いを, 横柄に, 渡した, 渡りある, 渡り歩, 渡り歩く女, 火を, 無造作に, 狙いすました, 白耳義アントワアプの, 移ったと, 移って, 移るうち, 突きつけた反問, 筆を, 縁づくが, 縁づくこと, 縁づくよう, 胸に, 苦笑いし, 茶を, 見せて, 言った, 訴えたらしいん, 訴える場合, 譲って, 譲るという, 賭けて, 贈ったもの, 走った, 身も, 転々する, 近寄り, 返そうと, 通って, 進呈すべき, 遣わすこと, 附合つてその, 電話を, 青眼の, 飛びかかって, 飛石の, 食べさせて, 高飛車に

▼ 男よりも~ (102, 0.1%)

12 女の 3 女に 2 いさましくすっかり, そんなこと, もつと, 侯爵伊藤博文といへる, 先に, 始末が, 足早に

1 [73件] いま目の, いや男, おとって, お前さんは, こたえる労力, その生徒, それを, たしかな, たつた一つ, づう, どっちかと, なお分り, はるかに, ものずきな, ズット敏捷で, ズット気が, チヨコレエトの, 一層不, 一層快活, 一段と小柄, 上に, 乱暴な, 人生への, 冷淡でありました, 冷酷で, 出来て, 前に, 勝った美, 多いと, 多いの, 多く受持つ, 大きいわけ, 女, 女が, 女女優を, 女子の, 安っぽく思われた, 家の, 寧ろ娘, 小股で, 少ない, 年上で, 年上であった, 幾つか, 弱いだけの, 弱い体, 強いよう, 強い強慾者, 快楽を, 思い切った事, 早く起きなけれ, 更に一層小人, 更に低く, 更に道化, 根気が, 比較的菓子, 決して劣った, 漠然とし, 物淋しいもの, 物識りらしい, 独身男に, 確に, 美しい街, 背が, 良き半身, 色町の, 荒さんで, 遅く寝, 醜い彼女, 長生を, 隆ん, 馬鹿か, 高い位地

▼ 男といふ~ (92, 0.1%)

30 ものは 21 のは 10 男は 5 ものが 4 ものを 3 男が 2 のが, ものの

1 [15件] こと, ことになつ, ので, もの, 仇名が, 奴は, 怪談が, 意に, 権利が, 男の, 異風な, 背景も, 腹あり, 茶目が, 語が

▼ 男一人~ (92, 0.1%)

7 は女 3 だけです, の女 2 ありけり, であった, と女二人, に女五人, の命, 滅ぼすの

1 [67件] かも知れません, がちょうさん, が出動, が壁, ぐらいはどう, ずつ連れ, その胸, だ, だけが無, だけを責める, だろうか, であったの, である, でいれ, でゐる, で独占, とは中, と来る, なの, にかし, になっ, になった, に対して女七人八分強, に対して女二人八分強, に縋っ, に身, に限つた事, のみなりき, の上, の世帯, の仕事, の割, の割合, の客, の寂しい, の寄りつく, の寄り付く, の若い, の身の上, はでっぷり, はもう, はやれない, はシナロン, は五十, は客車, は弁舌, は怠ける, は東洋人, は落ち着いた, ばかりでなく, や, を何と, を失, を捕る, を支えきれない, を殺し, を活かす, を目の敵, を立て過ごせない, を落さなけれ, を釣り上げた, を雇, 出て, 寝て, 見つけようと, 連れて, 遽しく入

▼ 男でした~ (89, 0.1%)

1095 がこれ 3 が, がね 2 から僕, がこの

1 [55件] からいろ, からさ, からその, からその頃, からどうか, から出征中, から切支丹, から初, から多助, から宜しかっ, から村, から私, から道, があたり, があんまり, がお, がこんいな, がされ, がしかし, がすこぶる, がそれ, がそれだけに, がそんな, がたった, がなにしろ, が不思議, が今, が何, が去年, が喉, が年, が彼, が文字, が昨夜す, が火葬, が解剖, けれどね私初め, けれども一方, けれども全く, けれども彼, し女, と思います, ね, ねつまり, よどうも, よ中田, よ氣, よ色, よ金, わ, わね, わオホホホホホホ, 平次と, 彼は, 金にも

▼ 男より~ (89, 0.1%)

8 女の 3 外に, 外には 2 ほかへは, 女に, 数の

1 [69件] いっそうもろい, いっそう困難, こういう病気, こまかい事, ずっとすぐれ, ずっと敏感, そういう感情, たしかにあっし, たった一足先廻り, ないん, なんの, はい, はるかに, ひどく搾られる, ほか口を, ほムラそう六, もっとひどい, もっとバサバサ, もっと怪しい, やすいの, やすい賃銀, やって, やや高い, 一層それ, 三分の一から, 上まわる, 二ツ三ツ兄らしく, 低い, 低いという, 低いん, 低廉な, 何うし, 偉いの, 力が, 劣ったもの, 劣ること数等, 十七銭か, 参り候, 外観美を, 多くその, 多く醜い点, 大分年長で, 女と, 女へと, 少いかも, 少いの, 少ないか, 弱い者, 強いやう, 恐らくうるさい, 我儘が, 支持力に, 早く上達, 為替を, 為替来る, 癩に対して, 美くしい, 行儀を, 複雑であります, 読書し, 賃銀の, 身分も, 退きて, 遙に, 遥に, 選びし後, 邁進する, 食事と, 高い

▼ 男~ (87, 0.1%)

40 やない 9 やありません 63 やございません, やな, やね 2 やが, やぞ, やねえ, や無い

1 [15件] やありませんでした, やあるまい, やからな, やてのう, やなから, やの, やのう, やもう, やわいと, やア, やナ, やライフ, や好い, や有, や満足

▼ 男とも~ (87, 0.1%)

20 女とも 3 別れだ, 別れだ泣かない 2 別れて, 思わぬよう, 見えなかつた

1 [55件] あっさり別れ, あろう者, いう, いう者, おもわずあの, さっぱり別れ, しばしば花, ならぬ中, なりたかった, みえるが, もうこれ, もう一度位, わからぬ奴, 一人矢張り白地に, 一緒に, 上方で, 云い難い, 五年前は, 似て, 何とも思っ, 出来合って, 出来合つた, 分りゃしないし, 判らない赤ん坊, 別れた今, 別れるとき, 女は, 快樂, 思って, 思つてゐない, 思はないやう, 思はぬやう, 思はれて, 思や, 思わず他人, 思わないという, 思わないところ, 思わないよう, 思わぬ筈, 思わぬ葉子, 思われないので, 死に別れたらしく近頃, 目礼した, 知って, 知らず横柄, 知らない人間, 聞えるし, 見えない, 見えぬが, 見えませぬ, 見えません, 見られますが, 言います, 附かない中間性, 駄目だ

▼ 男ばかり~ (86, 0.1%)

5 だ, である, では 3 でいずれ, ですよ 2 だった, であった, であつ, です, でなく女, で女, なの, 女は

1 [49件] いかにも女らしい, いた, じつに五人, じゃの, そして其行儀, だからと, だからな, だったので, だつた, だ殊に, ちやほやし, であるが, でした, でしょう, ですか, でなくこちら, でなくほか, でなく同じ, でなく細君, でなければ, でみな覆面, でよく, で一団, で先, で児, で出来てるん, で十二時すぎ, で女の子, で婦人, で案外, で無く, で飲む酒, 三人きりさ, 主の, 乗って, 乗りビール, 五人で, 五人飯の, 出て, 四人と, 四人暮しだ, 女ばかりの, 揃ってるんで, 揃つてゐる, 生むから, 目を, 語り続けた, 集って, 集つてゐる

▼ 男二人~ (82, 0.1%)

2 が, だけで外, であるから, と姉, の力, の方, は前, は前後

1 [66件] あわせて, がいろいろ, がその, が会う, が声, が恋人, が騒ぎ, が鼻, だ, で, とその, とも出立, と力, と女, と女ひとり, と女ふたり, と女一人, と女房, と婦人たち, と子供ひとり, と子供一人, と自警団員一人, と見える, についてはどうも, によって屍体, にオヤッ, に会釈, に女, に女一人, に突き戻され, のそっ首, のつれ, の事, の前, の力比べ, の後姿, の死体, の組, の足音, の間, の顔, の食事, はお, はその, はどう, はソヴェト同盟, は上と下, は下, は入れちがい, は後ろ向き, は悠々, は武家姿, は泣き続け, は父親, は立っ, は退去, は退屈しのぎ, は間もなく, もの語り, をさそい, をそうした, をそれぞれ, をやとっ, を付け, を葬っ, 立ち上つて

▼ 男~ (75, 0.1%)

18 振りが 12 振りの 11 振りは 6 振りも 3 振りだ, 振りを 2 ぷりは佳し, 振りに

1 [18件] てい, ていうの, ぷりが, ぷりなのが禍ひし, ぷりも, ぽさ, 切れを, 子持つ, 振りだけ, 振りだけが, 振りで, 振りです, 振りでは, 振りでも, 振りと, 振りにも, 振りはよ, 氣が

▼ 男~ (73, 0.1%)

14 の方 9 と女湯 3 で問題, の入口 2 にはいり込ん, に体, の中, の潜り戸, の石榴口, の電気風呂, は芋

1 [30件] からまで野次馬, から出る, から来た, から水, では通りすがり, で沈んだ, とはすぐ, には唯一人生花, には客, にも女湯, に二つ, に向っ, に強烈, に比べる, の天井, の板の間, の流し場, の脱衣場, の配線, の騒ぎ, はない, は河岸, へ入, へ入りかけ, へ入る, へ女, へ来い, へ来た, よりも三倍以上, を女

▼ 男だけに~ (72, 0.1%)

3 幾分か

1 [69件] いい返辞, いつも貧乏, いては, お初と, かえって車副, きりっとし, この生首, さすが無常, さばけた人間ぢ, すぐに, すぐ元気, することなす事インチキずくめ, そうやっ, そこまでは, そのふわりふわり, そんな新太郎, だいぶある, ちんちろりんの, つまらないこと, なんだか寝, へんに, まだ単純, まだ小さい, エネルギッシュな, 一見し, 一面は, 世間に対する, 今度帰っ, 今度歸つても, 今更なん, 何う, 別に弁疏, 剛胆を, 勅使として, 君子も, 唾するごとくいった, 善兵衛夫婦に, 善兵衞夫婦に, 大様だ, 居ても, 峠を, 干し場, 彼は, 思い切って, 悄気返って, 悟ったの, 意気地は, 打つけ, 最初に, 椅子が, 楮幣を, 檀弓は, 気の, 気を, 浮気の, 牢番と, 独りニヤニヤ, 目は, 直ぐ承知, 直接には, 秀吉にとっては, 言う許, 言ふ, 話を, 途方に, 過ぎないですからね, 道の, 金子氏はめつた, 非常に

▼ 男とが~ (71, 0.1%)

2 いた, 並んで

1 [67件] あった, あの晩旋盤工場, いる, うつって, お互いに, がけの, しんみりと, そのまま案内役, それに, ならんで, はいって, ひっそりと, ひどく英雄的態度, もたれあったり, やかましいお触れ, やつて, ゐて, スポットライトの, チラリと, 一くせも, 一つの, 一人の, 一度に, 一樹の, 一緒に, 主に, 乗って, 二人がかりで, 人混みに, 傍若無人に, 兎の, 全く同, 出て, 口々に, 同じ権利, 同じ珍書, 向かい合って, 多かった, 夜もすがらの, 奇怪な, 守護でも, 寄ったよう, 寄添いながら, 將棋を, 居ないところ, 左右から, 座つてゐた, 庫裡の, 情死を, 斜に, 橋の, 片方の, 白昼炉を, 真正面に, 祭を, 絡み合って, 繋がって, 肩と, 自分の, 自分達を, 衣紋を, 連れ立って, 連立って, 集つてゐた, 雇れ, 雪の, 黙って

▼ 男同士~ (70, 0.1%)

2 で子供, の心中, の間

1 [64件] あい知人, から心から, がけんか, が人物, が口, が好き, が殺し合っ, が物, じゃ意味, だ, だざつくばらんに, である, でなきゃ解らないと, でなくっちゃあ, でまた, でも交情, でも嫉妬, で切り合っ, で澁, で話, で話しあいたい, で語りあいたい, で踊, ならば, なら怒鳴りつけたいの, のそういう, のどんなに, のはなし, のシャンペン, の争い, の争論喧嘩, の争闘, の交, の交際, の仲間, の会合, の住居, の剣沙汰, の勝手, の勝負ごと, の友情, の口, の女, の情誼, の意地張り, の抱擁, の挨拶, の旅館, の殺伐, の義理仁義, の話し声, の話合, の近親感, の附合, はああ, はすぐ, はなにか, は握手, は是, は道, または女, もじき, も交, を引き合わせる

▼ 男に対する~ (69, 0.1%)

2 刑罰と, 女の

1 [65件] いろんな感情, ぼんやりした, 不安は, 与太者たちの, 反抗心が, 反抗心は, 反撥心が, 取廻しの, 同情が, 同情を, 女としての, 女に, 好意に, 妻の, 娘の, 婉曲な, 嫉妬心だけ, 嫌悪と, 彼の, 復讐を, 必要上幾分, 怒りが, 性的嫌悪ならびに, 恋を, 恋情の, 恐ろしさ, 恐怖では, 恐怖の, 恨みが, 悪感が, 愛が, 愛と, 愛は, 愛も, 感情も, 態度も, 憎悪の, 憐愍が, 或る, 時とは, 時よりも, 時恐れも, 期待外れを, 本能だ, 本能的な, 様な, 様子は, 残念な, 気もちを, 洗練された, 無条件的な, 町子の, 疑心暗鬼から, 監視は, 積極性は, 腕を, 自主的な, 自分たちを, 自分の, 興味を, 苦痛と, 親しさ, 貸しを, 面当てでも, 魅力とは

▼ 男こそ~ (64, 0.1%)

2 いい面, 慰めは, 私が, 私の, 自分の

1 [54件] あんまり同情, いろいろと, うれしと, おれより, かねて捜査中, かの有名, このほど姿を, この家, さっぱりしない, その仇敵, つねにわが, ふさわしく見えます, まったく父, ウオーキン・ミラー未亡人が, エディンバラ上流人士の, ジャン, テナリディエである, リヴィングストーンに, 世にも愚か, 世に罪深き, 人を, 人生においては, 体に, 何の, 例の, 先日野原で, 先生を, 分けても, 初めて露助, 別人ならず, 前にも, 名乗りを, 吾, 外ならぬ, 大寺な, 妙子の, 宮廷, 彼の, 怪しいと, 憎んでも, 我々にとっては, 最も有力, 烏啼天駆でなけれ, 無言で, 燕作だった, 狂人であった, 真個の, 碓氷峠の, 稀代の, 義理も, 能登ノ, 自分たちを, 自殺の, 辻ヶ谷少年だった

▼ 男って~ (63, 0.1%)

10 ものは 2 いいもの, みんなそう, ものが, 可笑しな

1 [45件] あたし初めて, ありゃしないが, あんなもの, えいう, えもの, おばさまの, おまえ秀吉様を, ずいぶんつまらない, そうな, それで, どうしてああ, どうしてああなんだろう, どうしてこんな, どうしてこんなに厚かましく図々しい, どうしてそうかって, どんなもの, どんな不恰好, どんな人, ないわ, へんな, ほんとにおっかな, みなそんな, みんなこう, みんなそうな, もうこれ, もろいのね, もんだそれ, 云うもの, 何て, 何でも, 何人だろう, 奴は, 妙ね, 本当に身の程, 正直ね, 決断力の, 無かった, 皆そんな, 皆な, 解ンない, 誰さ, 途中で, 酔うと, 重宝な, 野蛮人だ

▼ 男先生~ (60, 0.1%)

1 [60件] がいった, がいつも, がそう, がそういう, が三, が去りかける, が唱歌, が小学校, が恩給, だった, である, で困っ, としてはなに, と子ども, にきかれ, にこぼす, にそい, についてはただ, にとってはなおのこと, にとっては明日, にはなかっ, に新任, に相談, のうけもちだった, のほう, の勉強ぶり, の唱歌, の奥さん, の姿, の尺八, の意図, の教師, の東道, の顔, はあわて, はおどろい, はきびしく, はじつに, はそういう, はそれ, はたらたら, はつい, はとうとう, はみょう, はもう, はもてあました, はオルガン, はヒヒヒフミミミ, は住みつき, は古, は土曜日, は奥歯, は怪我, は昔流, は歌いだした, は男先生, は百姓, もオルガン, よんで, を助けよう

▼ 男であり~ (58, 0.1%)

3 女である 2 さえすりゃ, 一方が, 女であった, 小説が, 栄子の, 窮すれ

1 [43件] あの哲人, いまも, この上, これまた, しかも郷党, しかも雄吉, そしてかなり, その売った, その度, どういふ, ながら, ながらこ, ながらこだわり通し, ながらその, ながらとひそか, ながらどうしても, ながら卑屈, ながら煮, ばばの, まあ一口, ワレンシュタインが, 一たび生死の, 一七九六年窃盗の, 一諾千金の, 三時間辛棒する, 人間でありたい, 人間の, 他方は, 伊達男であり, 余が, 同様に, 小事に, 懐中物を, 最も恐るべき, 次には, 活躰解剖を, 火男であり, 皇后皇太子皇女たちは, 看護人なにがしの, 考えかたや, 自分の, 見知らぬ男, 風流児であり

▼ 男に対して~ (57, 0.1%)

2 女の, 娼婦の

1 [53件] いつもうわ, いつもくやし涙, いつも受ける, かれら, さまざまの, しだいに, そうだ, ちょうどその, です, とる態度, どうする, どんな手段, どんな法律, なんの, はっきりと, ふいふいと, もっと理知的, やさしくなり, やさしく親切, ジャン, 下位に, 不正を, 乱暴よばわり, 二時間でも, 何んらの, 保たるべき, 信用し, 僕が, 充分抵抗, 全く憐れみ, 出しかけた手, 厭気を, 同情を, 売ること, 天下の, 女も, 常に関心, 強硬な, 彼が, 急に, 性的な, 持ついちばん強大, 日本の, 明確な, 烈しい嫉妬, 無慾に, 祖母の, 積年師匠を, 肩を, 自分の, 苦心の, 葉子は, 道子が

▼ 男~ (55, 0.1%)

2 の背後, を指揮

1 [51件] から先, がこの, がとる, がワツ, が一種奇怪, が今, が幾つ, が情, が数人, が集つて囲炉裡, だつたら如何, である, であればこそ, では私, に手当, に拝見, に示し, に鼻, のところ, の会話, の修羅妄執, の反省, の性観念, の群, はあつ, はありました, はいったい, はそれ, はドカドカ, は今暁, は手痛い, は料理, は歩い, は気, は牛, は盥, は葬列, は遠い, は馬鹿げた, ばかりで, もこうした, も引き, や女共, よりどれ, をおこし, を制した, を嘲っ, を四人, を相手, を見くだし, 及び妻

▼ 男にとっては~ (52, 0.1%)

1 [52件] きっとひどく, この郡内, これが, その一二年, それは, ただ一つ, とろくさい仕事, どうで, どれほど, なんの, まことに縁, むしろもっけの, よけいな, 一種の, 三七十九二十五四十二五十三という, 不便な, 今日銭金以上, 以前の, 何ものでも, 余りどうも香ばしく, 名も, 名聞なく, 命ほどに, 咳を, 堪え難い負担, 大きな事件, 大した矛盾, 大切な, 如何なる疑惑, 寝ても, 小焦れ, 少しばかり, 常人には, 幾度も, 必ずしもそうでない, 抵抗し, 教訓と, 有難い笑い, 気楽で, 相場を, 答えるの, 美和子の, 美麻奈姫は, 自分の, 致命的な, 苦手な, 苦痛の, 証拠が, 谷間シズカなる, 遊びなんて, 長浜の, 随分と

▼ 男だって~ (50, 0.1%)

2 いうの, 女だって

1 [46件] あろうじゃ, いうならどんな, おれだって, きっとこの, こたぁだれだって, ことが, ことは, これに, しないよう, そうじゃ, そうだ, そのくらいの, そらあの婆さん, ないわ, なにも, もちろんそうなる, やはり何年, ズボラにかけては, パン助も, 今に大功, 内気だ, 切られること, 化け物だって, 可哀そうじゃあ, 呑気に, 唯の, 困るはず, 女の, 女を, 妻の, 娘でも, 官吏に, 感違いする, 捕えられて, 死ななければ, 無論その, 盗賊に, 相当な, 相当に, 立派な, 自分勝手に, 見ることに, 話だ, 鈴木総裁だって, 雪子夫人の, 鮎は

▼ 男~ (50, 0.1%)

2 に似, の, の淋し

1 [44件] か女親, がある, がすき, がすでに, がその, が世, が買う, しか出来ない, だから, だけにお, だけは生存, だという, だ男, であるか, でさ, という者, として人知れず, と女親, ならその, につけません, に売られた, に死, に男の子, の力, の口, の姿, の幅, の悲し, の惨澹, の手, の手ひとつ, の手一つ, の方, の暖か, の知らぬ, の顔, はあまりに, はある, は宋江, は小さな, は悪い, は自分, よりもわたくし, を慕う

▼ 男だろう~ (47, 0.1%)

74 と思っ 3 と思う 2 と思った

1 [31件] あれの, かそしてまた, かって, かと云う, か年輩, がその, が自分, そりゃ, とか宗教家, と人々, と兄弟, と呆れ, と彼, と思い, と思います, と想像, と時々, と疑問, と私, と腹立たしかっ, と葉子, と青木, な, ねあの, はっはっはっ, 又変, 宗教家だろう, 心理的に, 神馬草薙と, 秀子との, 金を

▼ 男なんて~ (47, 0.1%)

7 ものは 2 この世間, まっぴらだ, みな信用ををけ, みんなけ, 皆火を

1 [30件] あるかしら, いないじゃ, いやしない, おかしくって, おかしな事, くだらない, この世に, どんな顔, なかった, まして女, まったくみんな, みんなおなじだ, みんな似たりよったりな, みんな同じ, やつは, ダメ, 云うもの, 仕様が, 何を, 勝手な, 女が, 女よりは, 居ないの, 意味ない, 我儘な, 手ばなしで, 承知せんです, 探偵の, 言うもん, 随分下劣

▼ 男~ (45, 0.1%)

3 の好い, はよし, は好し 2 が悪い, にがみあり, を上げ

1 [30件] から附会, がいかにも, がどうこう, が宜, こそ踏めます, じゃが大層, といい気, などは滅多, にて綛, にも姿, に似合はず, に想, に於, の好, は, はみ, は宜しゅう, は論じない, は音羽屋, ばかりじゃあない, もあれ, もよし, も好く, も好けれ, も好し, や何, や顔形, を上げた, 玉も, 申分なく

▼ 男盛り~ (45, 0.1%)

2 だが, である, で非常

1 [39件] だから, だったから, だの, だろうと, であった, であつ, であるのに, でこれ, でございます近藤隊長, ではあります, で何, で村一番, で身の丈, で顏, で顔面, と云う, と見え, と見えた, に截斷, のつわ者, の三十五, の何十年, の四十歳, の漁夫, の独身者, の登り坂, の脂, の行綱, の闘牛, の頃, も腕, をやもめ暮し, を何, を親讓, 九条村の, 働き盛り, 庭掃き, 当時有名な, 色こそは

▼ 男姿~ (43, 0.1%)

3 になる 2 だから, で恋, のま, の姉, よりは女姿

1 [30件] が好き, で, でしつけられ, でどこ, で共に, で役人, で抜け出した, で歩く, で育つた, として人目, ながら鬼女, にし, になっ, になつ, になつて, にはなっ, にはなつ, に引き入られよう, に金泥, のお, のマユミさん, のユニフオーム, の少女, の海, の芸者数多, の萩野, は又, も珍しく, を情, 打ち見たところ

▼ 男としての~ (42, 0.1%)

2 真の, 誇りを

1 [38件] あなたを, こういう要求, めいめいの, 一生を, 仕事の, 刺戟の, 力を, 印象を, 名誉を, 告白を, 器量を, 女に対する, 幸運が, 役割が, 心持から, 恍惚にも, 恥かし, 恥だ, 情熱が, 情緒に, 感じ方, 最初の, 権利が, 気概などは, 気焔を, 津田が, 爽やかな, 特長に, 生活を, 私は, 自分が, 自尊心を, 興味が, 誇りが, 趣好が, 醜名を, 醜態を, 面目玉も

▼ 男同志~ (42, 0.1%)

2 の相合傘, は肩

1 [38件] か女同志, が, が偽らず飾らず, が名乗り合う, が寝る, だって結局仲直り, だと, ってそんな, でさえ誰, でもお前達位仲, でも言, で永久, で舞台, で語り, とか女同志, として云う, として平静, と異性, のいつ, のこと, のちょッ, のエロティシズム, の協同, の友情, の友達, の合戦, の心持, の恋文, の挨拶, の話, の談話, の間, の間柄, の間柄ぢ, は交通, は極めて, らしく振る舞つて, 互いに抱き合う

▼ 男への~ (41, 0.1%)

2 反感が, 抗議の, 私の

1 [35件] つながりが, ほのかな, 不承知の, 反撥の, 反撥心と, 古い記憶, 執着でなく, 変貌と, 嫉妬が, 寄生的生活の, 屈従からは, 復讐な, 復讐を, 復讐心から, 恋心を, 恋慕の, 愛情よりも, 愛着の, 手紙に, 気持を, 甘える声, 甘さ, 礼心も, 競争として, 競争心と, 繋りを, 義務という, 自覚されない, 試練としても, 軽蔑や, 返事はう, 隷属から, 面当に, 面當に, 頼み主から

▼ 男でない~ (39, 0.1%)

4 ことは

1 [35件] おくらを, か, からこれ, からサッサ, から一人旅, から何, か五六年兄弟同様, がこれ, ことを, だけは分る, ということ, という丈, という事, とは云い切らぬ, とぼく, と信じ, と力身, と発見, と私, と見積もられた, と誰, のでけぶ, のも, のを, ような, わ, 事は, 人妻の, 人間の, 人間は, 以上川島へ, 私は, 賤しい, 限りそこで, 限り話が

▼ 男ばかりの~ (39, 0.1%)

3 中に

1 [36件] くさい息, しかも元気一杯, その群集, ところへ, ボートが, 一団が, 一団であった, 世帯だ, 世帯では, 世帶, 世界へ, 中で, 乗客の, 五十人の, 仲間は, 住居らしい, 僧院には, 処へ, 友達の, 寄合い世帯な, 屋敷内で, 影が, 数人の, 暮しが, 案内で, 楽屋に, 殺風景な, 演舞であった, 生活と, 舞台を, 芝居という, 行列な, 酒宴が, 集まった時, 電車は, 首の

▼ 男~ (39, 0.1%)

1 [39件] が, が云う, が偶然, が歩い, が立ち去っ, が膝, が自由党, が自由黨, と語れり, のよう, の一人, の位置, の生涯, の筋肉, の群, の蹙, の首, は, はいまい, はこの, はどう, は一人, は並木の間, は云った, は人, は冷淡, は呼ばれ, は汝, は皆我慢, は皆稲, は立っ, は誰一人, までが詞, も皆, ゐて, を丁寧, を見廻した, を随, 各異腹

▼ 男その~ (37, 0.1%)

2 男との, 男に, 男の, 頃の

1 [29件] くせお, 上に, 人こそは, 代り支配人としては, 前で, 加害者, 半数は, 夜うなされおりし, 女房十二三の, 如意は, 情けを, 日は, 昇る太陽, 曖昧な, 栄誉は, 状を, 玉を, 男が, 男こそ, 男だけは, 男には, 紙何の, 自動車は, 行李を, 警察の, 連れは, 運命を, 重大な, 陰に

▼ 男まさり~ (37, 0.1%)

7 の女 2 の徒, の生活

1 [26件] がつい, で向っ, といい, と言つた風, な呉妹君, の, のさっぱり, のしかも, のしっかり, のはげしい, のやう, のやり手, のフランス婦人, の上, の仕事好き, の娘, の嫁, の意志, の母后, の気魄, の氣, の甲州女, の研究者, の處女, もする, 朝つ

▼ 男それ~ (36, 0.0%)

2 に番頭

1 [34件] から四人, がしもその, が人気, が今度, が張り合う, が彼, が怪しい, が明, が東海林自得斎, が概して, が絶えず最も, が苦し, とド, と並ん, と家, につづく, に伴われ, に反し, に対立, に従う, に逞しい, はありがたい, はこっち, はもう, は伊東, は戸波博士, は病気, は私, は遠縁, もまた, も思ひ, を尚も, を彼女, を見送る

▼ 男だけ~ (36, 0.0%)

7 では 3 あって 2

1 [24件] かたまって, すっかり揃っ, それも, だが, だったが, だつた, だつたらう, だという, でお前, でした, です, ではと, で女房, ならそんな, ならば, ならまだしも, れ共, 一人矢代の, 娘が, 徒に逃, 死におくれたとも, 殺したな, 立って, 虱に

▼ 男世帯~ (35, 0.0%)

2 で家, なので, の不自由

1 [29件] じゃ, だから, だと, である, でなん, で女商売, で気味が悪い, で鬼, としては戸棚, なる篠田家, のお, の仕事場, の六尺, の屋敷, の有様, の殺風景, の気, の目, の銀床, は裏, へ出先, へ夜, も同様, をし, をもった, を張っ, を張り, 御遠慮, 面倒さ

▼ 男だつた~ (34, 0.0%)

4 か女 3 ね, よ 2 があれ, ので渠, んだ

1 [18件] かな, かねそれとも, がある, がさ, がそれ, がそれでも, がと考へ, がフト, が一日犬, が今, が今度逢つて, が大兵肥満, が父, が矢張り薩摩者, が通人, ことが, ような, んです

▼ 男について~ (33, 0.0%)

1 [33件] いろいろと, いろいろ言っ, お村, ご承知, なんだ, ほとんど何, 一つの, 一種の, 何一つ好いてる, 分って, 君は, 呼ばれたので, 妙な話し, 姐さんに, 小気味よく考え, 平生から, 或る, 持って, 次の, 歩いた, 物語らうと, 田口の, 研究の, 私が, 考えさせられないわけ, 考える, 自分の, 行つた, 言つ, 誠實などという, 誰も, 述べる前, 階級的な

▼ 男~ (33, 0.0%)

2 たれはげしき

1 [31件] がメルリン, が生れ居る, たれかし, たれ衆, だが, だつた, である, であると, で行列, となり, なり, にて詐り, に非, のため, の五月五日, の十五六歳, の節句, の簡單服, の聲, の腕前, の象徴, の身, の面目, の魂, は出産後三十一日目女兒, をまう, を奮起, を得, を求めしめる, を牲, 又

▼ 男~ (33, 0.0%)

2 は女君

1 [31件] が見, であるという, どうだ, など当時大学, にかえる, にはわかっとらん, にも時々, の哥, の姿, の御意, の心, の拙宅, の歌, の許嫁, の頬, の顔, は, はおちつききった, はたえられなくなっ, はどんなに, はわき, は三代前, は尚, は巴里, は誰, は集っ, ほんとか, を呼びつけ, を恥, を求め求め, 知ってるの

▼ 男ざかり~ (32, 0.0%)

3 である

1 [29件] が泡アふっくら, だった, だったの, であった, でありながら, ですが, ではあり, ではある, で中, で気, で骨ぐみ, となった, となり, になっ, になる, の五十, の侍, の四十, の四十台, の大人, の彼, の手代, の時分, の時期, の武将, の漢, の男, は六十, 二度と生れぬ

▼ 男だけは~ (32, 0.0%)

2 自動車に

1 [30件] いくら考え, そんな事, ただ白い, だれも, どうしても抜けなかった, なおも金口煙草, べつに, まだそれ, まだ幼い, みんなが, ライデンの, 不思議に, 以前と, 少しも, 惡い, 普通の, 最後まで, 正気とは, 残つてゐるらしいです, 気が, 決して俺, 破けた弁護士服, 秀吉の, 私たちが, 私にも, 笑わなかった, 経て, 間違ひもなく, 飛び抜けて, 食事の

▼ 男としては~ (31, 0.0%)

2 少し小柄, 自らの

1 [27件] どうしても死んだ, どれほどまでに, なんと善良, まだこれからである, もったいないくらい, 今日まで, 全く不, 公然と, 出づる時, 女に, 容易い仕事, 寧ろ可愛い, 役人の, 情けない死に, 意外千万な, 断腸どれほど, 殊勝な, 気が, 無理も, 独り住みし, 珍しいこと, 珍しいほど, 珍しい体格, 相当の, 誠に申し分, 随分ちび, 類少ない

▼ 男ほど~ (31, 0.0%)

2 若くて

1 [29件] あらゆる人々, おのれの, この世に, こんな危険, こんな危險, やせても, りっぱな, アテに, ミジメな, 借金を, 冷めたくは, 卓一の, 垣を, 大ぴらでないし, 太くも, 意気地の, 手前勝手な, 気の毒な, 滑稽である, 神を, 精勤を, 純一に, 羽目を, 自分の, 自分を, 表情の, 頭の, 類の, 魅力の

▼ 男であっ~ (30, 0.0%)

2 てくれ, てその

1 [26件] てあくまで, てお前, てくれれ, てけっして, てこれ, てごろうじ, てしかも, てそれ, てそれで, てどこ, てどちら, てはならない, てまあ, てまさに, ても格別, ても酔っ, て医学院, て同じ, て大店, て女, て彼, て珍妙, て生れ, て生来幾分, て自分, て資本家

▼ 男なんか~ (30, 0.0%)

2 どうでも, みんないなくなれ, 伴れ, 屁とも

1 [22件] あったか, あるもの, あれへん, いやしない, いるもん, おら嫌んだ, このチェザレ・ボルジア, こんな土地, そんなに私, つまらないの, では, どんなに惜しく, もうふっふっ, アブか, デクノボーにしか, 何とも思っ, 初めっ, 憎むだけよ, 日本にだって, 相手に, 考えただけでも, 駿太郎が

▼ 男にとって~ (30, 0.0%)

1 [30件] おそらく悪, きょうの, その飼猫, ちっとも恐ろしい, れいの, 不可解な, 仕事に, 何が, 堪えがたい欺瞞性, 女を, 好奇心の, 少し気, 平生の, 幸福です, 復讐の, 恐いもの, 旅立ちは, 最も悲惨, 毫も感傷, 永い間女, 男を, 突然いかにも重大, 第一, 美しい激情的, 興味が, 苦痛である, 謎だ, 適切な, 都合の, 魅力以上であり

▼ 男かと~ (29, 0.0%)

2 思った

1 [27件] あやしまぬもの, いうと, それを, つくづく情けなく, やさしく尋ねた, われを, 仰しゃる, 呆れるくら, 多年思っ, 嫉妬が, 尋ねた七大罪, 待ち久し, 思いましたが, 思うと, 思えば, 思ったが, 思ったの, 思つた, 思つたら, 思つて出, 思われるよう, 打ち明けたの, 極言された, 消えた, 見ると, 言へば, 訊ねると

▼ 男~ (29, 0.0%)

2 がいつさん

1 [27件] が, がいる, がつっ立っ, が各, が自分, が貧弱, との交わり, にぶつかった, にボナパルト, のあまた, の上, の憂鬱, の手足, の言う, の面, の顔, の馳せ集る, の黝, はその後, はそれ, は何, は弾薬, は神妙, は自分, は軍, は銃, も眠り

▼ 男ふたり~ (28, 0.0%)

2 は無事, を一度, を毒殺

1 [22件] が一生懸命, が互いに, が担い, が無, が這入つ, して, だ, でおおいに, で相手, と女ふたり, と若い, に女, に想われ, に提灯, のものぐさいでたらめな生活ぶり, の影, はいずれ, は二度, は附, も駈け出した, をどう, を投げ倒し

▼ 男~ (28, 0.0%)

2 が大, が岩, は大気都比売命, は大空

1 [20件] が古代, が種々, が韓国, だけはお, という大力, という神さま, と形式, など最も, には, にはあんな, に就い, に関する記事, のお, のおいで, の三人, の女, はそっと, はそのまま, はむき, をお呼び

▼ 男だったら~ (27, 0.0%)

2 やはり断髪

1 [25件] あのま, あのまま一直線, お願いし, これは, こんなこと, こんなひと, それでは少し, そんな事, どこへだって, もう二十度, 世界中の, 九郎と, 今ごろこんな, 何か, 何でも, 俺の, 大した御用聞, 学校へ, 怪塔王の, 父の, 私は, 立派な, 給水タンク石炭パイルランプ室それから, 車の, 額を

▼ 男~ (27, 0.0%)

7 は女

1 [20件] が出, が往来, が揃つて扇, とも形式試ケン, と上, と山, には好き, には惚れる, に向け, の世話, の前, の区別, の咽喉, の旧い, の禁欲生活, の肩, の膝下, は少し, もしくは貴, 面白い組合

▼ 男ひとり~ (26, 0.0%)

2 だった

1 [24件] いるところ, お近, がそこ, が女, しかもたつた, で歩く, にお, にて新宿追分, に始末, に限らず, の三人連れ, の供, の料簡, の暴徒, の気まま, はルンペン, は左, よろめきつつも, を取り押えた, を愛し, を殺し, を限っ, 在りて, 来て

▼ 男かも~ (25, 0.0%)

3 知れない, 知れません 2 知れないが, 知れないの, 知れなかった

1 [13件] しれない, しれないと, しれぬが, しれぬぞ, わかりません, 知れないと, 知れなかったし, 知れぬ, 知れぬぞ, 知れぬと, 知れませんが, 知れん, 解らない

▼ 男だけが~ (25, 0.0%)

2 ひとの

1 [23件] この密網, この選挙権, するもの, ちと俺, まだ酒卓, ニイチェの, 世の常ならぬ, 例の, 初対面でなかった, 味い得る, 嫌い, 守護役を, 彼女を, 得を, 悪いよう, 昼でも, 本当の, 案内顏に, 流れの, 虫の, 表面ますます, 通常の, 頼りで

▼ 男と共に~ (25, 0.0%)

2 失踪し

1 [23件] いたという, する労働, サツと, ホボーケンにでも, ヴェニスに, 仕事を, 先刻の, 其一に, 出来たという, 向うへ, 巴里の, 彼女の, 心楽しく, 故郷なつかしく, 文学上の, 枝折戸の, 此六畳に, 此六疊に, 無駄な, 討議する, 谷間へ, 逃亡この, 露路を

▼ 男生徒~ (25, 0.0%)

2 と女生徒, の目, は言はず

1 [19件] がお, が二三人, が五, が加藤清正, が沢山行, が澤山行, が遠く, とがぞろぞろ, とはおのずから別に, と美術学校, にはまだ, に好意, のこの, の友だち, は二階, もある, も女生徒, より大気, をいざない戯れ

▼ 男などは~ (24, 0.0%)

2 いなかった

1 [22件] あいかわらず村, お妻太夫さん, かえって迷惑, たまたま廊下, どうでも, どこへ, なんと言っ, もう上, もう無くなった, やはり自殺, よくよくの, よく湯町, われながら, 一も, 以前は, 唖みたいに, 妾の, 新聞一つ読もう, 朝風呂に, 眼中に, 肺病の, 見様見真似で

▼ 男でなけれ~ (23, 0.0%)

3 ばできない 2 ばならない, ばならなかった, ば出来ない

1 [14件] ば, ばできぬ, ばどこ, ばならなかつた, ばならぬ, ばダメ, ば仙人, ば力, ば夜, ば家督, ば将来, ば持ち得まい, ば誰, や相手

▼ 男~ (23, 0.0%)

3 女よ 2 君の, 君は, 汝は, 田舎の

1 [12件] あたしの, いえいえ妾, かくまでに, このごろは, 其方を, 呪ろわれ, 呪われて, 女じゃ, 木に, 然しもし, 自分は, 記憶する

▼ 男三人~ (23, 0.0%)

2 は手足

1 [21件] が世間, が前列, が物すごい, であったこの, であるから, という強味, と女三人, と女二人, と宿, に女一人, のうち長兄, のところ, の兄弟, の名, の海軍士官, はいっしょ, は一向, は十時ごろ, は森, は相, 時に赤鬼

▼ 男あり~ (22, 0.0%)

2 て, 之れ

1 [18件] あたりを, けりでは, ここに, たり, て互に, て大声叱咤, て正体, て車, とか女, と考える, や, 中年の, 光れる, 其は, 呉の, 精兵百万富財山を, 蟹は, 西に

▼ 男にと~ (22, 0.0%)

13 つては 2 つて嬉し 1 つて却つて可憐な, つて無く, つて申分の, つて神様が, つて胃の, つて蝙蝠である, つて魅力の

▼ 男~ (22, 0.0%)

2 の中

1 [20件] が五六人, だけです, だと, でご, というの, と女客, なれば, にしろ, に比べる, のみなる, の三人四人, の注目, の間, は不断着, は宇治紫暁, ばかりで, をのぞき見し, を俟, を取る, を無遠慮

▼ 男だの~ (21, 0.0%)

2 女だの

1 [19件] こんなところ, ヒゲを, 俳優の, 幽霊女だ, 扇を, 手拭を, 棒切れを, 横顔の, 此の, 法師くずれ, 深夜に, 熱の, 爺だ, 畑の, 老人だ, 老人だの, 苫の, 蠅入らず, 角太郎が

▼ 男にな~ (21, 0.0%)

4 つては 2 つてゐた

1 [15件] つた, つたのださうだ, つたのも, つた後の, つてその, つてと, つてゐ, つて仕事の, つて來る, つて出歩く, つて考へ, つて行く, つて行つた, つて詠んだ, ッて

▼ 男~ (21, 0.0%)

1 [21件] が名人, さえあれ, に相違, のにせもの, の塩瀬, の画, の親王さま, はもとより, ばかりか女雛, ばかりを一つ, ばかり一つ, をあつらえ, をかわいがっ, をせがれ, を一つ, を一体, を冠, を手, を盗んだ, を見ながめ, を隠しました

▼ 男だらう~ (20, 0.0%)

2 か, な

1 [16件] かといふ私, か僕, が女, が自分, しかし自分, ぢや, とか云つた, と女, と思ひます, と由子, と考へ, と腹立たし, と言つて, な内儀さん, ね耳, よ

▼ 男によって~ (20, 0.0%)

2 食わせて

1 [18件] むだな, 一層早く, 乱された, 体に, 其の満足, 処女を, 囚われの, 描かれるもの, 曳かるべきもの, 汚れて, 演じられて, 生きねば, 生んだ子, 発見された, 破られて, 築かれたもの, 辱しめられました, 邪魔を

▼ 男をも~ (20, 0.0%)

3 女をも

1 [17件] その計, その計画, どきりとさせず, 一概に動物的, 促した, 呼んだが, 懸命に, 振り向かないところ, 捉えて, 相手に, 着飾らせ自分, 自分から, 自分を, 苦しく低いもの, 起こししに, 通じて, 連れて

▼ 男友達~ (20, 0.0%)

1 [20件] から与へられたらし, であり同, でいい, でなくて, とでも素子, とのつきあい, とも感じられ, とスキー, と一つ屋根, と映画, に好き, の三谷青年, の場合, の情愛, の表芸, は嫌い, も, も多い, らしく美和子, をこしらえ

▼ 男~ (20, 0.0%)

6 の額 4 の方 2 の夜光石 1 のみ見え, の眞物, の雄姿, の頂上, は大, は殊に, へは私, よりも六メートル

▼ 男たる~ (19, 0.0%)

3 ものは

1 [16件] か女, ことを, にふさわしい, ものが, ものを, や一日, を知り, コリオリ・デスピヌーズ侯爵愛嬌の, 事を, 以上ゲーテミケロアンジェロバルザックなどよりも, 君もはや, 彼らが, 早乙女主水之, 物が, 硯友社の, 貴方に

▼ 男などが~ (19, 0.0%)

1 [19件] あった, あると, いた, いたずらな, そうある, その例, まるで知死期, よく使う, 伊藤山縣兩公等の, 外へ, 大きな葉巻, 大手を, 大道を, 天井の, 或いは其の, 来て, 此方を, 眼先に, 通りがかりに

▼ 男下駄~ (19, 0.0%)

2 の足跡, の跡

1 [15件] がいっぱい, がぬぎ, が新聞, です, で足跡, とインバネス, の側方, は変, は足, や雪駄, をつっかけ, をカランカラン, を履い, を指さした, を玄関

▼ 男自身~ (19, 0.0%)

6 の口

1 [13件] がこう, と云え, にも, に反省, に訊い, のこと, の価値, の有罪判決, の疑問, の言葉, の貞操, も彼, も美男

▼ 男なれ~ (18, 0.0%)

1 [18件] どせめて, どもお, ども近い, ど当時雑説紛々, ばこそこうして, ばこそで, ばこの, ばこれさ, ばと思う, ばまさかの, ば家康, ば巧み, ば更に, ば直に, ば逃げ, ば遠く, ば銀平, 共あどけなき優しき

▼ 男みたい~ (18, 0.0%)

1 [18件] だつて, なん, な女の子, な奴, な妹, な方, な洋犬, な額, にお前, になった, に不敵, に使いまわし, に刈つた人, に力まかせ, に物凄い, に肩, に芸者遊び, に言っ

▼ 男一女~ (18, 0.0%)

2 があった, があつ, の子持ち

1 [12件] あつた, があっ, があります, がある, なるべし, にし, の結晶, の配偶, を挙げた, を挙げられ, を生ん, ヲ生

▼ 男乞食~ (18, 0.0%)

1 [18件] がこう, がとき, が女, と掴, に負わせた, の体, の周章て, の手, の掌, の方, はまた, はわたくし, は口惜しい, は娘人形, は急い, は欲しく, は相手, は聞えた

▼ 男~ (18, 0.0%)

2 はフロシキ, は五十過ぎ

1 [14件] がこつち, がまだ, が訳, が黙つ, た股者, の背広, は又, もあゆみ出す, もその, もペコペコ, も立ちどまる, も紋付, も紋附, も自然

▼ 男體山~ (18, 0.0%)

1 [18件] から左方, が見え出す, であつ, との間, なり道, に上り, の上, の右寄り, の肩背, の西, の見え出したる, の雄姿, の頂, は右手, は頂上, もこの, もぼんやり, やまた

▼ 男これ~ (17, 0.0%)

2 は物

1 [15件] がその, が寒子, に扈從, は三右衛門, は三右衞門, は土地, は新撰組, は画家, は異性, は耳寄り, は自宅, をいただき, を懐, を救わん, を解剖

▼ 男さん~ (17, 0.0%)

1 [17件] からもうかがいました, が違う, ですか, で一, にはお, のお, のおとうさ, のお母さん, の教育係みたい, の方, はいま, はご, はどの, はなかなかしっかり, は年, も, 参りましょう

▼ 男でございます~ (17, 0.0%)

2 か, からそれ, から吉祥天, が 1 から, からどうか, から情, から終, から自作, が女房, が田舎稼ぎ, な, のね

▼ 男でさえ~ (17, 0.0%)

5 あれば

1 [12件] あんな目, その作品, まともな, 一日たっぷり, 吐きだすよう, 容易に, 往来する, 片荷, 特殊な, 男の, 芝居に, 詩情は

▼ 男でなく~ (17, 0.0%)

3 て女

1 [14件] つては, てあの, ては, てはと云っ, てはならん, てはほとんど, てはダメ, てもい, てもいい, て誰, ともた, なつた男, もう六十以上, 女も

▼ 男とを~ (17, 0.0%)

2 なごと, 見た, 見て

1 [11件] くっきり照, このまま一幕もの, この出刃庖丁, ごらんなさい, 一所に, 使ってるの, 引捕える, 彼は, 思い起させた, 百年の, 見ると

▼ 男など~ (17, 0.0%)

1 [17件] ぁ泣が, おりまする, どこにも, はかへ, 乗組員の, 人生から, 何處に, 充分軽蔑, 出て, 想像に, 持ちたるもの, 滑稽な, 眼中に, 見向きも, 言ふ, 近づけるところ, 酒に

▼ 男~ (17, 0.0%)

2 と女体

1 [15件] から女体, であり乙号, である, などもありました, のみが見え, の一角, の南面, の山, の秋それ, の諸山, の途, はよく, は遠く, を知りつくし, を突差

▼ 男学生~ (17, 0.0%)

2 と女学生

1 [15件] が女学校, が返事, で旅, にそんな, のあと, の出征兵士, の声, の悪い, の方, はともかく, はと見れ, はプレザン, を一人, を見る, を誘惑

▼ 男からの~ (16, 0.0%)

5 懸想文が

1 [11件] ものは, アイビキの, 久々の, 体臭的慰安だつた, 手紙でも, 手紙は, 手紙を, 文であった, 脅迫状だった, 速達だ, 速達だった

▼ 男~ (16, 0.0%)

1 [16件] いずれお, ういふ, うして, けど注意, けれどももう, と云っ, なぜって, なぜつて, はッ, へ, へある, へも一層, へ見れ, まったく, まで劣っ, 覚えて

▼ 男であろう~ (16, 0.0%)

32 と女

1 [11件] が, が女, これが, とお, とわたし, と其方ども, と忠作, と推量, 別の, 姫君が, 筈は

▼ 男とか~ (16, 0.0%)

3 女とか

1 [13件] でいよいよ, なんとかいひます, 中間法師とかの, 云う扮装, 仲の, 厭な, 味噌を, 女とかという, 思ふやう, 恐れない女, 申すの, 第三, 芸術家らしく

▼ 男とでも~ (16, 0.0%)

2 肩が, 話を

1 [12件] いうなら信玄, いうよう, いえましょうか, な, 云うが, 女の, 対い合った, 思って, 思つ, 結婚する, 道行きする, 関係を

▼ 男まで~ (16, 0.0%)

2 出て

1 [14件] ずっと食い続け, そうだった, それに, つい貰い泣き, ときどき途方, ないでは, 一緒に, 奪られる, 思い泛, 拾おうとして, 申し入れる, 知ってるわ, 袋の, 降りて

▼ 男よりは~ (16, 0.0%)

1 [16件] いずれ少い, お手玉の, かえって活きた, この少年, まさっては, むしろ悽じい血相, もっと細っ, 余計動かした, 女の, 女は, 情が, 有利に, 男の, 華奢な, 複雑で, 進歩し

▼ 男がは~ (15, 0.0%)

8 ひつて 5 いつて 1 ひって, ひり込んだ

▼ 男ごころ~ (15, 0.0%)

2 よひたぶる恋

1 [13件] だけでした, とこのごろ, にすこし, のおもしろ, のさびしさ, のやるせなき, は, は狼, よな, をそそらず, をたとふれ, を和ぐ, を愛し

▼ 男さえ~ (15, 0.0%)

2 見れば

1 [13件] あった, あるからな, かついで, この世に, 出て, 大部分, 持たなければ, 方途に, 歯の, 殺せば, 混った, 見ると, 通れば

▼ 男に対しては~ (15, 0.0%)

1 [15件] あまりに見, いくらきびしい, いつも批判的態度, なお更, ひどく無口, 一体可愛い, 人柄や, 何の, 君を, 度々馴染, 愛も, 我れ, 歯ぎしりしたい, 済まぬ裏面, 非常に

▼ 男ばかりが~ (15, 0.0%)

1 [15件] あとに, ざつと十人も, だみ声を, ちょいちょい中洲, つめかけるの, 乗つて, 十四五人蔓巻の, 多いこの, 女の, 散歩に, 旅を, 残つてゐる, 生き残ったの, 生れまして, 考えること

▼ 男~ (13, 0.0%)

2 留守居の

1 [11件] にいさん, はむき, マンも, 定が, 小夜坊ばかりを, 梅の, 浜が, 濱が, 菊の, 蘭と, 通は

▼ 男からは~ (13, 0.0%)

1 [13件] つとめて, とても実子, ますます解らない, もはや何物, 南洋の, 国府津の, 文使いも, 極端に, 気づかれなかった, 絶えて, 見えなくなった, 親の, 風流の

▼ 男だけの~ (13, 0.0%)

2 ために

1 [11件] カブキが, 世の中に, 山籠りで, 希望であろう, 心でも, 悲腸の, 暮しとしては, 祭り故, 群集, 船へ, 話だ

▼ 男つて~ (13, 0.0%)

2 いふもの, 本當 1 あんなもの, いふんぢ, こんなになつ, そんなにえらい, どういふ, どうしてあんな, どうして斯, どんなに仕合せ, 見た事

▼ 男なり~ (13, 0.0%)

2 せば

1 [11件] けれ, けん, この我がま, し伯母様, ただ一種, 只一人に, 女なりが, 女なりの, 女なりを, 時にはわ, 遠乗

▼ 男にとっても~ (13, 0.0%)

5 女にとっても 1 くろうととの, それは, 売笑婦の, 幸福である, 必須に, 第一義の, 自分たち女にとっても, 苦痛を

▼ 男へと~ (13, 0.0%)

1 [13件] うつり行く間, よろけて, 心を, 念じて, 放縦な, 泳ぎまわって, 渡って, 渡つて歩く, 無反省, 胡蝶の, 行くの, 追っかけ廻るの, 飛石伝いに

▼ 男三郎~ (13, 0.0%)

1 [13件] がやられた, が二階, ということ, とはこれ, の厄介, の審問, の歌, の話, は獄中, もいつも, もその, も死刑, をはじめ

▼ 男~ (13, 0.0%)

1 [13件] がどう, が出, が四人, が四人許, と一座, と談判, には皮, には眼, のシャツ, はそれ, はだから, は穢れた, をおこしました

▼ 男こそは~ (12, 0.0%)

1 [12件] この飛行島, だれあろうあの, まさに英傑, 仇だ, 今問題, 今噂, 大丈夫だろう, 大隅学士が, 有史以来二人と, 現場に, 生きる資格, 稀代の

▼ 男でし~ (12, 0.0%)

2 てな, てね 1 かじかの, てそれ, てな材木, てねそれ, てねもう, てね朝, て丸, て母

▼ 男なぞ~ (12, 0.0%)

1 [12件] であったら堪らないと, であつ, どうでも, ないん, はいらないでしょう, 不合理, 乗合ひ, 呼び入れたこと, 大概ああ, 好きに, 少しも, 工場の

▼ 男めかけ~ (12, 0.0%)

1 [12件] がお, だ, とはさすが, にし, にする, にでもなる, にでも行つて, になりたく, に行く, のけがらわしい, のよう, の形

▼ 男~ (12, 0.0%)

2 は紋付 1 がその, がフト, が耳打ち, が見迎え, が足, と二, の顏, は四十年輩, は四十年配, は遠く

▼ 男少し~ (12, 0.0%)

2 華奢で, 青瓢箪で 1 ばかり上方訛, 低能の, 剽軽そうな, 剽輕さうな, 慌てる色, 甘いん, 臆病で, 華奢です

▼ 男文字~ (12, 0.0%)

3 の手紙 2 のなか 1 だよ, だらうな, で書かれた, で見る見る, にさま, の文面, の男名前

▼ 男おんな~ (11, 0.0%)

1 [11件] が入りまじっ, で通る, と呼ぶ, に愛され, のいきさつ, のいたずら事, の影法師, の心, の罪, もチト, をまぜ

▼ 男であれ~ (11, 0.0%)

2 女であれ 1 ばおそらく, ばよい, ばアポロ, ば交際, ば羽柴藤吉郎, ば長く, 男の, 自分の, 花恥かしい

▼ 男については~ (11, 0.0%)

1 [11件] どう考えます, まだどんな, 何ともいい, 何にも, 何一つ知らなかった, 善意という, 明確に, 聖人か, 行きません, 誰もかもどこ, 鷺太郎は

▼ 男~ (11, 0.0%)

2 てそんな, て奴 1 て, てある, ていうなあどんな, てどうして, ての, て横暴, て然

▼ 男~ (11, 0.0%)

2 はかう, は寝台 1 が外, が拳銃, はしばらく, はその, は無言, 再び受話器, 起き上り扉

▼ 男以上~ (11, 0.0%)

1 [11件] にどれ丈秀, に勇敢, に永久的, に立ちむかっ, に郷土, に頭, のもの, の働き, の者, の荷物, の魅力

▼ 男~ (11, 0.0%)

1 [11件] いうて, か一言二言, か書きつけ, か考え, といういや, のわたし, ほどのこと, をし, を悲し, を目論, を訊い

▼ 男~ (11, 0.0%)

1 [11件] ありしが, あり卑彌弓呼素, がミコト, という者, との爭鬪, と戰鬪, なりしを以て, に附せし, に隷屬, の前, を呼素

▼ 男芸者~ (11, 0.0%)

1 [11件] が三人, です, という職, などをし, に水, の勤め, の職分, は大概鯉丈, や仲居たち, をたくさん, を呼ん

▼ 男~ (11, 0.0%)

1 [11件] にはたまらなく苦しい, の妙, はもうどうして, はヨチヨチ, は一日, は思わず, は息, は斯, は畑, は目, は茗荷畑

▼ 男あれ~ (10, 0.0%)

4 なりと 1 がどうも, は伯爵家, は何方, ば箸, を親分さん御存じ, 何人だ

▼ 男がと~ (10, 0.0%)

1 いはれた者, それを, びだしたのをみてびっくりして大きな, ほうも, 世間では, 云ふ, 思うよう, 考える暇, 自分で, 高を

▼ 男この~ (10, 0.0%)

2 ような 1 ように, 事は, 人相の, 化物奴と, 愛しても, 時は, 有様を, 男と

▼ 男~ (10, 0.0%)

3 もの, やない 1 ぶんの, ものや, ゃござんせんからね, や

▼ 男でしょう~ (10, 0.0%)

51 か女, が, がな, わたしだって, 絵の

▼ 男にでも~ (10, 0.0%)

2 金を 1 いろんな借金, なれば, 力を, 女にでも, 知己の, 話しかけるよう, 遣った歌, 金で

▼ 男まえ~ (10, 0.0%)

1 といい, におなじみ, にそれ, にほんのり, のさっそうと, の支那人, はいつも, もまた, をなん, を深々

▼ 男兄弟~ (10, 0.0%)

1 が, と女姉妹, に分け与, のうち貞吉, のこと, のたより, のみで成長, の五人目, の年上, をオメケイ

▼ 男対女~ (10, 0.0%)

3 の問題 1 という関係, としての権利, のいきさつ, の感情, の慣習, の相剋, の関係

▼ 男~ (10, 0.0%)

2 した女, して 1 される, した一人, した怪婦人, した者, した若い, せる女

▼ 男からも~ (9, 0.0%)

1 また愛される, 会社からも, 何んとか, 女からも, 怖れられた, 恋され, 時々手紙, 硫酸を, 金を

▼ 男たらし~ (9, 0.0%)

1 がつつじ, では, と見くびった, にし, の上手, の女, の淫婦, を守護, 浮気女

▼ 男ながら~ (9, 0.0%)

2 何となく捕物 1 きれいに, しなやかな, 大声し, 女の, 小さな雛, 母性の, 顏の

▼ 男なし~ (9, 0.0%)

3 では 1 で済まして, には奈々子, には生きられない, にやゐられる, に生きられぬ, の劇団

▼ 男なる~ (9, 0.0%)

1 かな既に, が今度作文, ことを, に芝居, ものも, らん, アダムと, 人物は, 者が

▼ 男ばかりは~ (9, 0.0%)

1 いなくなったの, どうも私, よく薬, 信心ごとなんか, 家内の, 永劫死に, 無口で, 肩幅の, 自慢といふ

▼ 男~ (9, 0.0%)

1 があった, でも, でも頭字, で書いた, にし, は象護, まえを, も仕事, を売っ

▼ 男~ (9, 0.0%)

1 がか, でもちゃんと, として互いに, とは竹馬, にまで及ぶ, の口, の駄々振り, は駕, をいやしめ

▼ 男~ (9, 0.0%)

5 と女嶽 4 の頂

▼ 男~ (9, 0.0%)

2 が他 1 が数匹, が逃げ, とを私, と尾, の思い, も抱かない, を求め

▼ 男~ (9, 0.0%)

1 が泥, にあげ, にし, になった, にゆっ, に結つたや, に結つて, の小, の首

▼ 男がの~ (8, 0.0%)

3 そりと 1 このこと, そつと, そりの, つかつて, ほ

▼ 男だけで~ (8, 0.0%)

1 しまった, やつて, 万事が, 受持った, 女の, 益々メートル, 餅を, 馬来人を

▼ 男だつたら~ (8, 0.0%)

1 このまま奧さん, なあ, わしの, 伝ちやん, 大した御用聞, 富豪といふ, 私は, 自分の

▼ 男などを~ (8, 0.0%)

1 いくら見, 呼んで, 壊けた鏡に, 有って, 縛りたくは, 見ると, 連れて, 非常に

▼ 男によ~ (8, 0.0%)

1 つか, つて, つてほんとに, つて一心に, つて口が, つて救は, つて自由に, つて起つ

▼ 男~ (8, 0.0%)

4 助と 1 に反し, 助, 助という, 助に

▼ 男~ (8, 0.0%)

1 が二百三十名, でありますと, と相手, のほか, の寺, の負け, の身, も及ばぬ

▼ 男四人~ (8, 0.0%)

1 が一夜炉端, とその, とは仰山, の女四人, の肩, ばかり, もいない, も殺してる

▼ 男少年~ (8, 0.0%)

1 に向, の頃, の顔, はどう, は列, は得意, は思わずぐっと, も落ちつき

▼ 男~ (8, 0.0%)

3 に泣く 1 にお, に後悔, に泣, に泣きし, に泣倒れん

▼ 男~ (8, 0.0%)

1 がソフア, が先づ, が急い, が悄然, に扮する, の傍, の方, 渋々起つ

▼ 男禁制~ (8, 0.0%)

1 の場所, の庭, の森, の清浄, の聖禁, の肌, も肌, 開けること

▼ 男~ (8, 0.0%)

1 多くない, 安十二歳の, 捗の, 気まぐれな, 痛切に, 眞正直な, 精力絶倫で, 苦に

▼ 男~ (8, 0.0%)

1 で名, といえ, と名づけられた, にした, の稽古, ひを, を吹い, を呼びもの

▼ 男~ (8, 0.0%)

1 が寄っ, が笑い, の方, は, はそれ, は女賊, は広い, は時々

▼ 男連中~ (8, 0.0%)

1 が腕力, と食う, にまじっ, の態度, の話, の間, はその, は一人

▼ 男~ (8, 0.0%)

1 か, が理解し合う, が聞い, には理解, に到底, の順, は女類, を批評

▼ 男~ (7, 0.0%)

1 たくしの, つて二間丸太に, また我圍, また踊り狂, 一癖ある, 坂の下で, 彼の

▼ 男すなわち~ (7, 0.0%)

1 お前の, これなる, ルパン否, 徳川家から, 真犯人が, 長蔵さんは, 顔面黒く

▼ 男であります~ (7, 0.0%)

1 からなるほど, から女房, が, がどう, けれど正しく, 婦人は, 馬は

▼ 男でさえも~ (7, 0.0%)

1 さすがゆきかねた, それを, ほれぼれと, 惚, 汝は, 足の, 近寄りがたい

▼ 男などに~ (7, 0.0%)

1 ドックドックと, 年頃の, 思われても, 目の, 目を, 眼も, 負を

▼ 男なども~ (7, 0.0%)

1 いた, その胆, 句に, 多かった, 少からずあった, 居りました, 山人が

▼ 男なみ~ (7, 0.0%)

1 か却って, でないん, に働い, に擦れ, に給料, のこと, の啖呵

▼ 男なんぞは~ (7, 0.0%)

1 いくらでもさげすめられた, なんに, 幾人でも, 物とも, 申し分が, 知らない優越, 薬に

▼ 男についても~ (7, 0.0%)

1 それの, ジョンドレットが, 何かといろいろ述べ, 同じこと, 女についても, 検べて, 頭の

▼ 男にて~ (7, 0.0%)

1 ありけれど, あれ, 一議も, 片肌を, 経学に, 鉢叩きにも, 面貌頗る

▼ 男はと~ (7, 0.0%)

1 ほうに, みれば, ッくにここを, 見ると, 見れば, 見込むと, 言っても

▼ 男まだ~ (7, 0.0%)

2 ヒクヒクうごめい 1 それらの, 二十七八でしょう, 二十六の, 半人前です, 獄中に

▼ 男~ (7, 0.0%)

2 迂濶 1 いまに太い, お殿様, かけそんな, かけみたい, 生餌

▼ 男をば~ (7, 0.0%)

1 一角の, 人間と, 単に男, 日輪の, 木に, 罵る, 謀ると

▼ 男~ (7, 0.0%)

1 呼デ, 呼ンデ, 拵エタトスルト僕ハソレニハ堪, 生メバ, 用人ニ入, 避ケ嫌フ事ハ日本モ西洋モカハリナキト存候尤モアイリッシュノ婦女ナドハ裸体ヲ, 頼ンデヤッテ借

▼ 男主人~ (7, 0.0%)

1 がそこ, がなんとなく, の大原, の姿, の平生, はいない, や番頭

▼ 男二十一歳~ (7, 0.0%)

1 というあの, という文字, とどれ, となぞ, と墨色あざやか, と書い, のわら人形

▼ 男人形~ (7, 0.0%)

5 のよう 2 のやう

▼ 男~ (7, 0.0%)

1 ではあまり, は五十, は単に, またあの, また小間使小松, も監視壕, 以て

▼ 男名前~ (7, 0.0%)

1 が記され, であるが, です, で来る, なぞいう, の位牌, の手紙

▼ 男学員ペン~ (7, 0.0%)

2 と女学員バラ 1 とそして, とアリシロ, は上下, は女学員バラ, は画板

▼ 男屋敷~ (7, 0.0%)

1 じゃといいだしたのでござります, とやらにも必ず, とやらはなん, のお, のおふくろ, の七造さま, の塀

▼ 男教員~ (7, 0.0%)

2 が案外 1 が登校, で彼, の述懐, の難詰, は余

▼ 男~ (7, 0.0%)

1 が私, に物申し, の厳父, の話, は僕, ほど気, もいっ

▼ 男~ (7, 0.0%)

2 うべし 1 える, のない, のゴム, のメリヤス, の套靴

▼ 男童女~ (7, 0.0%)

1 が我先, などはどこ, の上, の並ん, の合唱隊, の稚児二人, の説教

▼ 男自分~ (7, 0.0%)

2 に近づけ 1 では業平, と彼, のすべて, の妻帯悲劇, の影

▼ 男臭い~ (7, 0.0%)

1 とも思わず, のは, もので, 御寝衣などを, 溜息の, 臭下品な, 部屋の

▼ 男臭く~ (7, 0.0%)

1 ないかすか, ない杖, なって, なつて, なる, なるよう, 女臭い

▼ 男~ (7, 0.0%)

2 りな, りの, り然 1 りであるといふ

▼ 男~ (7, 0.0%)

2 がわるい, が惡 1 がない, が悪い, などとは口

▼ 男あるいは~ (6, 0.0%)

1 中年の, 単に竈男, 女あるいは, 少年が, 布衣の, 江戸の

▼ 男くさ~ (6, 0.0%)

2 さが 1 さそれが, さに, さは, さを

▼ 男くさい~ (6, 0.0%)

1 ベッドの, 勝手を, 厭らしい, 家も, 男くさい, 臭いが

▼ 男じゃあ~ (6, 0.0%)

1 ありません, ございませんたしかに, ないか, ないそう, ねえの, 今度で

▼ 男そして~ (6, 0.0%)

1 もう一つ, レイモンド嬢が, 四十八歳の, 当然女, 由子が, 結婚それすら

▼ 男そのもの~ (6, 0.0%)

2 が立派 1 がまったく, が伸子, の中, を示し

▼ 男てえ~ (6, 0.0%)

6 のは

▼ 男でありました~ (6, 0.0%)

1 から, からどうか, から検挙, がどう, が甚三郎, が首っ玉

▼ 男でございました~ (6, 0.0%)

32 が或 1 が感心

▼ 男でなかった~ (6, 0.0%)

2 から帰った 1 からそれ, ことが, ことだけは, のであろう

▼ 男としか~ (6, 0.0%)

2 見えない 1 彼女には, 扱はずいまだに, 考へられない男, 見えなかった

▼ 男とて~ (6, 0.0%)

1 そのうち, そのへん, なすこと, 地球の, 為すこと, 詳しい道

▼ 男とに~ (6, 0.0%)

1 ささやいた, です, 介抱され, 任したまま, 山神を, 見られるの

▼ 男~ (6, 0.0%)

1 ちと打ち交じっ, ちは, ち唱ひながら, ち来て, どうした, ないした

▼ 男なぞは~ (6, 0.0%)

2 若いが 1 あんなによく西郷隆盛, この薬, もういる, 晝間でも

▼ 男にたいして~ (6, 0.0%)

1 やはり油断, 大袈裟な, 彼女は, 感謝の, 敵意を, 苛酷な

▼ 男にだって~ (6, 0.0%)

1 お金で, めったに負けなかった, 一場の, 出来るこういう, 女にだって, 罪の

▼ 男のみ~ (6, 0.0%)

2 せどころ, なりや 1 堅く突立, 姿見えず

▼ 男はね~ (6, 0.0%)

2 私たちが 1 いくら悪戯, かわいそうな, レヤオードと, 三十が

▼ 男まさりな~ (6, 0.0%)

1 ところから, 凛々たる, 天璋院にも, 宿の, 御剛気, 気強さ

▼ 男までが~ (6, 0.0%)

1 げっそりと, さかんに, 目の, 眼顔で, 芋を, 賣買

▼ 男優り~ (6, 0.0%)

1 のよう, の尋常, の思想, の気質, の氣性, の淀君

▼ 男及び~ (6, 0.0%)

2 星亨氏が 1 無産無職の, 現警視総監大浦兼武氏, 現警視總監大浦兼武氏, 行人二三

▼ 男持ち~ (6, 0.0%)

2 の蝙蝠傘, の血染め 1 としてはわりかた, のよう

▼ 男~ (6, 0.0%)

1 たり木の葉, て, てすれちがい, て導, て汝たち, て狎れ

▼ 男~ (6, 0.0%)

1 が一つッ切り, の横, をくくりつけた, をし, をとる, を二つ接ぎ

▼ 男殺し~ (6, 0.0%)

1 てやるいう, というの, という役だっ, のウブ毛, の名, は多勢

▼ 男~ (6, 0.0%)

2 と鼻水, なが 1 をうち, をふり

▼ 男~ (6, 0.0%)

2 でも女生 1 がその, の如く, の羽織, もだんだん

▼ 男~ (6, 0.0%)

2 と女組 1 がわあっと, だア, はにはか, は板

▼ 男~ (6, 0.0%)

2 らしいもの 1 がおも, が何, は見えなくなっ, を押す

▼ 男部屋~ (6, 0.0%)

1 に紙帳, の孝助, の杉戸, へ参る, へ引き下った, へ行っ

▼ 男~ (6, 0.0%)

1 がその, が一足, が揃えられ, とならべ, とのご, にも踵

▼ 男あの~ (5, 0.0%)

1 事件の, 男と, 男に, 男も, 男を

▼ 男かい~ (5, 0.0%)

2 女かい 1 あれも, これは, 二匹とも

▼ 男がか~ (5, 0.0%)

1 この手紙, はる, はるが, はると, やうに

▼ 男しか~ (5, 0.0%)

1 コンムニストは, 信用しない, 愛せなかった, 理解できない, 額ずいて

▼ 男しかも~ (5, 0.0%)

1 その書きかけ, それは, 人形の, 善の, 源氏の

▼ 男じゃが~ (5, 0.0%)

1 おれの, このまま, 下らぬこと, 天才とか, 折角来

▼ 男たる者~ (5, 0.0%)

1 が斯, の当り前, の胸, はひとり, は其の

▼ 男であったら~ (5, 0.0%)

1 そちたちは, それこそ, 屹度お父さんの, 敵陣の, 本当に女

▼ 男でありまし~ (5, 0.0%)

1 て, てどうか決して, てマルクス, て妥協, て恐れ入りました

▼ 男でしたら~ (5, 0.0%)

2 男に 1 どう致しましょう, ばね, 犬は

▼ 男なき~ (5, 0.0%)

3 に涙 1 になきました, 女の

▼ 男なんかに~ (5, 0.0%)

1 ひざを, 手紙を, 生れたくは, 見向きも, 負けるもの

▼ 男にたいする~ (5, 0.0%)

1 ご意見, ように, 深い情熱, 粗雑な, 返答の

▼ 男はの~ (5, 0.0%)

1 そりと, つそり, びほうだいに, 我が手, 泣こうて

▼ 男はも~ (5, 0.0%)

1 いちどそっと, いちどそつと, 一つ実の, 一度繰返し, 少しの

▼ 男ゆえ~ (5, 0.0%)

1 お目, かかる場合, たいへん貧乏, に我慢, 駈け寄って

▼ 男一人前~ (5, 0.0%)

1 に髭, の仕事, の働き, の女, の生き方

▼ 男三郎君~ (5, 0.0%)

1 というシッカリ, との兄弟, とは一緒, の時, は大学

▼ 男世帶~ (5, 0.0%)

1 だ, だけにひどく, で鰹節, と相, を持つ

▼ 男二人女二人~ (5, 0.0%)

1 あり, が最も, では, のかかり, は何

▼ 男以外~ (5, 0.0%)

1 な者, にこんな, になかつた, のこと, はめったに

▼ 男即ち~ (5, 0.0%)

1 お兄さん, 人間は, 今日も, 夫の, 岡田道彦であった

▼ 男同じ~ (5, 0.0%)

2 御用仲間です 1 ような, ように, 馬車に

▼ 男~ (5, 0.0%)

2 をお 1 であった, の中, をことさら

▼ 男弟子~ (5, 0.0%)

1 あれ, に向っ, の一人, もだいぶ, も女弟子

▼ 男患者~ (5, 0.0%)

1 の唸り声, の青黒い, もこの, を其処, を真向い

▼ 男惚れ~ (5, 0.0%)

2 のする 1 さえしよう, とは申した, の嫌い

▼ 男来り~ (5, 0.0%)

1 てお, てその, て再, て高, 揚幕で

▼ 男~ (5, 0.0%)

1 が這っ, のある, の印象, は男, を離れし

▼ 男次第~ (5, 0.0%)

1 でどう, で生長変化, で荒れ, というの, といふ傾向

▼ 男~ (5, 0.0%)

2 をも言わず 1 の黒白, もらい風車, を尋ねた

▼ 男~ (5, 0.0%)

1 が四匹定紋附, でございます, と紋付, は半開き, 知る人

▼ 男百姓~ (5, 0.0%)

1 などが彼, にし, のこと, はその, も村民

▼ 男社員~ (5, 0.0%)

1 がゐ, はさすが, は洋服, は黒, も婦人社員

▼ 男~ (5, 0.0%)

1 が虫, が蟲, は啼き爆ぜる, は或は, は稚

▼ 男若い~ (5, 0.0%)

2 時分は 1 女が, 女それを, 男同じ

▼ 男踏歌~ (5, 0.0%)

3 があった 1 であちらこちら, には高

▼ 男連れ~ (5, 0.0%)

1 が多く, が当り触り, て参った, で人中, で泊りこむらしい

▼ 男~ (5, 0.0%)

1 がギヤア, が鉄棒, の顔, はサッと, を見る

▼ 男あたし~ (4, 0.0%)

1 の目, はきれい, は女, 大きらい

▼ 男あと~ (4, 0.0%)

2 は二人 1 の一人, の三人

▼ 男ありけり~ (4, 0.0%)

1 と云, と碑, 性猛々しく, 詩人にて

▼ 男ある~ (4, 0.0%)

1 がため, ひは, 奥山に, 時は

▼ 男いう~ (4, 0.0%)

2 のん 1 ものど, 奴は

▼ 男かな~ (4, 0.0%)

1 いで一同, かくまでの, それとも女, カムパニアの

▼ 男かは~ (4, 0.0%)

2 ゆし 1 つきり, 知らないけど

▼ 男がね~ (4, 0.0%)

1 それも, 一生の, 奥さん見た, 若い二十七

▼ 男がもは~ (4, 0.0%)

1 しみじみと, 力も, 待って, 稲妻の

▼ 男さえも~ (4, 0.0%)

1 いるの, かつて味わった, 云いにくい, 見ること

▼ 男じゃァ~ (4, 0.0%)

2 ない 1 なくっても, 無いか

▼ 男ずく~ (4, 0.0%)

1 でどなた, でよんどころなく, でわたし, の対談

▼ 男それから~ (4, 0.0%)

1 その分からない, 侍童が, 大連から, 猿橋へ

▼ 男~ (4, 0.0%)

1 といは, ろひ, ろひでね, 多き

▼ 男だけでも~ (4, 0.0%)

1 三人も, 三人や, 二三人は, 何とか早く

▼ 男だけを~ (4, 0.0%)

1 帰らせて, 深く愛し, 見おぼえて, 見張りに

▼ 男ださうです~ (4, 0.0%)

21 がどうも, が江戸

▼ 男だったろう~ (4, 0.0%)

1 いずれこの, とつけ加え, と思われる, と附け加え

▼ 男だつ~ (4, 0.0%)

1 てある, てそれでも, てどこ, て及びませんでした

▼ 男つてもの~ (4, 0.0%)

21 があさましく, はどうして

▼ 男であったなら~ (4, 0.0%)

1 二十一歳すでに, 何の, 彼の, 或は此

▼ 男であるなら~ (4, 0.0%)

2 ば男 1 ばあなた様, 今日まで

▼ 男ときたら~ (4, 0.0%)

1 ただつまらぬ, 一歩も, 私にとっては, 食事中ぐらい

▼ 男とともに~ (4, 0.0%)

1 ありふれた古い, のっそりのっそりこっち, やらないこと, 勤労階級としての

▼ 男どう~ (4, 0.0%)

1 した, したん, しました, たいに

▼ 男などの~ (4, 0.0%)

1 おかしい事, ために, 必要の, 顔が

▼ 男なんぞ~ (4, 0.0%)

1 僕は, 問題に, 恐れませんただ, 要るん

▼ 男~ (4, 0.0%)

1 あなたは, あんな美, よく僕, 菊ちゃんの

▼ 男のみは~ (4, 0.0%)

1 死でも, 知らず知らず前, 知りて, 裏木戸に

▼ 男はか~ (4, 0.0%)

1 がみこん, の根岸, の黒沼幸之助, へつて來

▼ 男はん~ (4, 0.0%)

1 いふもの, にする, のため, の心

▼ 男~ (4, 0.0%)

1 しと, 一人づつそう, 困らせて, 迎へに

▼ 男ばかりに~ (4, 0.0%)

2 利いたが 1 なる, 委せて

▼ 男まさりで~ (4, 0.0%)

1 まるで女, 女手で, 幼少から, 自分の

▼ 男また~ (4, 0.0%)

1 世間を, 出で, 奇抜な, 莞爾たり

▼ 男もう~ (4, 0.0%)

2 一人は 1 ひとりは, 一人の

▼ 男やら~ (4, 0.0%)

1 そのほど, 女やら, 女やらの, 覚えも

▼ 男よと~ (4, 0.0%)

1 いうのみ, 力にも, 口癖に, 顧みられて

▼ 男ッ振り~ (4, 0.0%)

1 といえる, にうち, に多分, の善い

▼ 男ボーイ~ (4, 0.0%)

1 が, がテープ, は居ない, を呼び

▼ 男ラン~ (4, 0.0%)

1 が今, とは違い, の上, の名

▼ 男二三人~ (4, 0.0%)

2 が協力 1 に担ぎ上げられ, の手

▼ 男二人女一人~ (4, 0.0%)

1 が現れた, のうち, の子, をもう

▼ 男仲間~ (4, 0.0%)

1 にはこの, のいわゆる, の結束, は一人

▼ 男何者~ (4, 0.0%)

1 かに毒殺, か知らん, とも知らね, やら果報者

▼ 男便所~ (4, 0.0%)

1 に張り紙, の前, の方, へ入っ

▼ 男傾城~ (4, 0.0%)

3 ならぬ身 1 と申す

▼ 男八五郎~ (4, 0.0%)

1 が顎, に青瓢箪, の前, の長

▼ 男出入り~ (4, 0.0%)

1 だけでもいま, もあつたらしく, をする, を念入り

▼ 男~ (4, 0.0%)

2 はある 1 いつぱい, を合せ

▼ 男喰い~ (4, 0.0%)

1 で大学生, としか思えない, なりとの, の獣性

▼ 男~ (4, 0.0%)

2 がない 1 は平次, を問う

▼ 男愛想~ (4, 0.0%)

2 が盡 1 が尽きるで, は好い

▼ 男~ (4, 0.0%)

2 る日 1 る年, る意味

▼ 男~ (4, 0.0%)

1 が, と言つて, になる, の毒

▼ 男~ (4, 0.0%)

1 と云, と云う, の力, の頃

▼ 男~ (4, 0.0%)

1 の名前, の耳, の許嫁, はこんな

▼ 男~ (4, 0.0%)

1 一物部太都夫第二物部丹濃第三物部少歳第四といふ, 七位アプリを, 二は, 二着は

▼ 男自慢~ (4, 0.0%)

1 でさ, なら左様, の鋭敏, の青年共

▼ 男~ (4, 0.0%)

1 である, に限らず, の為事, の職分

▼ 男~ (4, 0.0%)

1 だか, とでも口, やったかな, れぞ

▼ 男~ (4, 0.0%)

1 だ, ですが, の醜い, はまさに

▼ 男類女類猿類~ (4, 0.0%)

1 いや女類, が気, とこう来なく, まさにしかりだ

▼ 男~ (4, 0.0%)

1 が無言, の右手, はセセラ, をはねのけ

▼ 男~ (4, 0.0%)

1 に, につかませた, はそれ, は歯

▼ 男あれお前さん~ (3, 0.0%)

2 は彼 1 はあの

▼ 男かが~ (3, 0.0%)

1 そこに, 尻もちを, 持って

▼ 男かしら~ (3, 0.0%)

2 女かしら 1 それとも女

▼ 男かという~ (3, 0.0%)

1 ことだった, ように, 問題な

▼ 男かなと~ (3, 0.0%)

1 家康も, 後醍醐は, 思いて

▼ 男かね~ (3, 0.0%)

2 女かね 1 ての覺悟

▼ 男きょうだい~ (3, 0.0%)

1 がその, がなかっ, のトロツキー

▼ 男きり~ (3, 0.0%)

1 かね, だったが, だつたが

▼ 男こらせ~ (3, 0.0%)

3 と肌

▼ 男じゃと~ (3, 0.0%)

1 思ったらあれ, 思って, 笑われやっと

▼ 男~ (3, 0.0%)

1 がたの, がたは, つかりヒユマニスト

▼ 男すら~ (3, 0.0%)

1 つい貰い泣き, 身は, 顎髯を

▼ 男そういう~ (3, 0.0%)

1 事に, 男の, 男を

▼ 男だけには~ (3, 0.0%)

1 それぞれ所有を, 一種の, 何か

▼ 男ぢやあ~ (3, 0.0%)

1 ない, ないか, ないからね

▼ 男~ (3, 0.0%)

1 ばかりだ, 気の, 臭くなっちまっ

▼ 男ったら~ (3, 0.0%)

2 がま口から 1 ひとが

▼ 男っていう~ (3, 0.0%)

2 のは 1 ものは

▼ 男つ振~ (3, 0.0%)

1 だい, などを見る, よりは腕

▼ 男でしか~ (3, 0.0%)

2 ないかの 1 なかった

▼ 男でしょ~ (3, 0.0%)

2 たまには 1 女が

▼ 男としても~ (3, 0.0%)

1 こういう社会悪的, 学者としても, 私にとっては

▼ 男とても~ (3, 0.0%)

1 なし頗る, 同断であり, 大空に

▼ 男とばかり~ (3, 0.0%)

1 交際し, 思って, 近付きが

▼ 男どうし~ (3, 0.0%)

1 がおお, ではその, の公話

▼ 男なぞが~ (3, 0.0%)

1 その階段, 属して, 逆に

▼ 男なりし~ (3, 0.0%)

21 を綺麗

▼ 男なりと~ (3, 0.0%)

2 評せしほどの 1 小生を

▼ 男にだけは~ (3, 0.0%)

1 さすがの, 尻尾を, 死骸の

▼ 男についての~ (3, 0.0%)

1 印象は, 感慨だ, 知らせを

▼ 男につれ~ (3, 0.0%)

1 まわされて, 添いたい, 添ひたい

▼ 男にゃ~ (3, 0.0%)

1 まだ会った, 勘定の, 片頬

▼ 男にや~ (3, 0.0%)

2 職業が 1 喜ばれるが

▼ 男に対し~ (3, 0.0%)

1 どんなに感謝, ようと, 新毒瓦斯研究

▼ 男に対しても~ (3, 0.0%)

1 また良人, 自分との, 錯覚し

▼ 男に関しては~ (3, 0.0%)

1 すなわちマリユス, 初めの, 私は

▼ 男はが~ (3, 0.0%)

1 ちょうに, ちょうの, つしり

▼ 男はじつ~ (3, 0.0%)

2 と腰 1 と博士

▼ 男はな~ (3, 0.0%)

1 わしが, 宇津木兵馬に, 悪人も

▼ 男ばかりを~ (3, 0.0%)

1 信じて, 見て, 連れまいること

▼ 男ばっかり~ (3, 0.0%)

1 だから, だと, 上に

▼ 男ほどの~ (3, 0.0%)

1 仕事は, 力は, 大悪漢

▼ 男または~ (3, 0.0%)

1 その他の, 上方から, 女に

▼ 男まるで~ (3, 0.0%)

1 基督が, 子供みたいな, 知らないの

▼ 男みた~ (3, 0.0%)

3 ような

▼ 男やった~ (3, 0.0%)

1 がこっち, とする, んか

▼ 男やと~ (3, 0.0%)

2 心配や 1 思て

▼ 男を通して~ (3, 0.0%)

1 やがてひとつ, 笹村の, 責任者の

▼ 男を通じて~ (3, 0.0%)

1 分つた, 大阪の, 神が

▼ 男ッぷり~ (3, 0.0%)

1 がいい, が悪い, が良

▼ 男一人女一人~ (3, 0.0%)

1 の子供, の接触, を育て

▼ 男一方~ (3, 0.0%)

1 の隣, はまだ, は甚

▼ 男一般~ (3, 0.0%)

1 というよう, といふ観念, への自分

▼ 男~ (3, 0.0%)

1 けに一圖, で受持つた, に思ひ切

▼ 男~ (3, 0.0%)

1 となり, に時には, に脊丈

▼ 男~ (3, 0.0%)

2 として内閣割込 1 は手製

▼ 男主人公~ (3, 0.0%)

1 である, は無駄, を作る

▼ 男五人~ (3, 0.0%)

1 でどんな, と女ひとり, をむごたらしく

▼ 男五女~ (3, 0.0%)

1 あわせて, のその, 合して

▼ 男体女体~ (3, 0.0%)

1 の二, の双, の美しい

▼ 男~ (3, 0.0%)

1 に半分, の才, をねめつけ

▼ 男~ (3, 0.0%)

1 安が一たび榛軒に, 安である, 體が

▼ 男具那~ (3, 0.0%)

2 の命 1 の王

▼ 男~ (3, 0.0%)

1 に言つた元服, へ出い, 主筆田川氏に

▼ 男博士~ (3, 0.0%)

2 の懇篤 1 から抗議

▼ 男~ (3, 0.0%)

1 反抗方に, 客人御, 懐之

▼ 男~ (3, 0.0%)

1 しりごみし, ハ見物ニ来タル男ハ必ズソノ秘部ヲ, 一本釣り挙げし

▼ 男同士女~ (3, 0.0%)

2 は女同士 1 は女づれの群

▼ 男~ (3, 0.0%)

1 でありながら, と女型, のポーズ

▼ 男好き~ (3, 0.0%)

1 でありこれ, で美男子好み, なところ

▼ 男~ (3, 0.0%)

1 ではなく, とわれ知らず, の一般的傾向

▼ 男履き~ (3, 0.0%)

2 の下駄 1 の草履

▼ 男~ (3, 0.0%)

1 に近し, の麓, より出

▼ 男~ (3, 0.0%)

2 への中継ぎ 1 ならば

▼ 男平次~ (3, 0.0%)

3 はそれ

▼ 男或は~ (3, 0.0%)

1 あの女, その同伴者, 浜づたいに往通う

▼ 男手代~ (3, 0.0%)

2 の駒吉 1 の文三郎

▼ 男択びする~ (3, 0.0%)

3 ことが

▼ 男按摩~ (3, 0.0%)

1 ではなく, は薄気味, を好く

▼ 男~ (3, 0.0%)

1 あまり利口, 何とかし, 要も

▼ 男早乙女主水~ (3, 0.0%)

2 之介 1 之介たち

▼ 男案外~ (3, 0.0%)

1 話せるぞと, 話せる男, 驚愕の

▼ 男~ (3, 0.0%)

2 の方 1 に縋りつかう

▼ 男特有~ (3, 0.0%)

1 の地方音, の感傷, の笑声

▼ 男生徒達~ (3, 0.0%)

1 と女生徒達, の視線, は素裸

▼ 男~ (3, 0.0%)

1 って誰, と女, ならば

▼ 男相当~ (3, 0.0%)

1 のいい, の出世, の愚痴

▼ 男~ (3, 0.0%)

1 が生えず, でお, の延べ竿

▼ 男~ (3, 0.0%)

1 と女血, に特殊, を縛る

▼ 男紡績~ (3, 0.0%)

3 織の

▼ 男羽織~ (3, 0.0%)

2 が脱ぎ捨てた 1 と赤い

▼ 男自ら~ (3, 0.0%)

1 の口, は千鳥足, も手伝い

▼ 男芝居~ (3, 0.0%)

1 から市川岩蔵, の垢離場, の役者

▼ 男~ (3, 0.0%)

2 に選ばれた 1 の一対

▼ 男蝶女蝶~ (3, 0.0%)

2 の盃 1 の子供

▼ 男見た~ (3, 0.0%)

1 ことも, ところ柔和な, ような

▼ 男道楽~ (3, 0.0%)

1 が始まる, さめやすい, よ

▼ 男達三人~ (3, 0.0%)

1 はすばやく, を訊問, 立上がって

▼ 男~ (3, 0.0%)

1 のまず, を飮め, を飲め

▼ 男~ (3, 0.0%)

1 だけが立て, の肩, は歌詞

▼ 男あっ~ (2, 0.0%)

1 ての女, て二間丸太

▼ 男あんなに~ (2, 0.0%)

1 急いで, 悪い奴

▼ 男いったい~ (2, 0.0%)

1 これは, こんなの

▼ 男いや~ (2, 0.0%)

1 に丁寧, 女は

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 うい, なだ

▼ 男おれ~ (2, 0.0%)

1 という一個, も男

▼ 男かの~ (2, 0.0%)

1 どちらかが, 婦を

▼ 男かへ~ (2, 0.0%)

1 したその, せし美代

▼ 男がという~ (2, 0.0%)

1 のは, 気が

▼ 男くさく~ (2, 0.0%)

1 ないもの, なっては

▼ 男くさくっ~ (2, 0.0%)

1 てむかむか, て穢

▼ 男くらい~ (2, 0.0%)

1 恋愛を, 憎いと

▼ 男ぐさ~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ 男ぐらい~ (2, 0.0%)

1 屁とも, 馬鹿に

▼ 男ここ~ (2, 0.0%)

1 ではリュックサック, でまた

▼ 男こんな~ (2, 0.0%)

1 人間が, 挨拶も

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 かしだの, きげん

▼ 男じゃから~ (2, 0.0%)

1 帯刀と, 情を

▼ 男じゃねえ~ (2, 0.0%)

1 三道楽の, 見損

▼ 男すぐ~ (2, 0.0%)

1 に機嫌, 出た

▼ 男ずらりと~ (2, 0.0%)

2 並んで

▼ 男そう~ (2, 0.0%)

1 いって, 憎むべき者

▼ 男そば~ (2, 0.0%)

1 にも二人, に仮名書き

▼ 男ぞと~ (2, 0.0%)

1 つぶやきて, 尊敬し

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 のまい, はそんな

▼ 男たしかに~ (2, 0.0%)

1 三斎屋敷を, 誰か

▼ 男たぶん~ (2, 0.0%)

1 この中, 書記だろう

▼ 男たり~ (2, 0.0%)

1 女は, 自分は

▼ 男だち~ (2, 0.0%)

1 がぽつり, が室

▼ 男だつたらう~ (2, 0.0%)

1 かそれとも, と想像

▼ 男つまらない~ (2, 0.0%)

2 小説だ

▼ 男つまり~ (2, 0.0%)

1 新しい磯五, 皇帝と

▼ 男であるらしい~ (2, 0.0%)

1 ことを, ので銀蔵

▼ 男でいらっしゃる~ (2, 0.0%)

1 からいい, わけです

▼ 男でございまし~ (2, 0.0%)

1 てね自慢, て三歳

▼ 男でござん~ (2, 0.0%)

2

▼ 男でなき~ (2, 0.0%)

1 や, やあんなに

▼ 男でなきゃ~ (2, 0.0%)

1 あんなに早く, ア描けない

▼ 男でなくっ~ (2, 0.0%)

1 てもあたし, てよかっ

▼ 男でねえ~ (2, 0.0%)

1 あの奴等, かよ思いきりよく

▼ 男でもねえ~ (2, 0.0%)

2 それが

▼ 男で無い~ (2, 0.0%)

1 場合には, 相続する

▼ 男というは~ (2, 0.0%)

1 ほど遠からぬ, 水練の

▼ 男とく~ (2, 0.0%)

1 ッつく, ツ付きや

▼ 男とだけが~ (2, 0.0%)

2 お麗さん

▼ 男とで~ (2, 0.0%)

1 たがいに, トロッコに

▼ 男とのみ~ (2, 0.0%)

1 見る人, 見る奴

▼ 男とやら~ (2, 0.0%)

1 で如何, 改名した

▼ 男どうして~ (2, 0.0%)

1 はじめッから, 第一ホテルの

▼ 男どうせ~ (2, 0.0%)

1 将来好い, 將來好い

▼ 男どうやら~ (2, 0.0%)

2 先刻畷で

▼ 男どこ~ (2, 0.0%)

1 ぞ遊び場, の町

▼ 男どころか~ (2, 0.0%)

1 世の中すべての, 泥沼で

▼ 男なかなか~ (2, 0.0%)

1 よい人相, 食えない

▼ 男なぜ~ (2, 0.0%)

1 研げないという, 私には

▼ 男なぞに~ (2, 0.0%)

1 はかまつては, 逢った

▼ 男なぞの~ (2, 0.0%)

1 出入りした, 身の上を

▼ 男なぞを~ (2, 0.0%)

1 泊めること, 見かけた

▼ 男などから~ (2, 0.0%)

1 彼女は, 話しかけられたのに

▼ 男などと~ (2, 0.0%)

1 口を, 話して

▼ 男などという~ (2, 0.0%)

1 不思議な, 派手な

▼ 男などとは~ (2, 0.0%)

1 思われないほど, 比べられぬ美し

▼ 男ならず~ (2, 0.0%)

1 と工夫, ばた

▼ 男なんかが~ (2, 0.0%)

1 あつた, もう私

▼ 男なんぞを~ (2, 0.0%)

1 引っ張って, 見つめて

▼ 男なんど~ (2, 0.0%)

1 に情, のちょっと

▼ 男において~ (2, 0.0%)

1 すなわち彼ら, 徒刑場に

▼ 男にかの~ (2, 0.0%)

2 女は

▼ 男にさえ~ (2, 0.0%)

1 打ち破られました, 生れたら私

▼ 男にすら~ (2, 0.0%)

1 今度の, 許さぬという

▼ 男にたいしてさえ~ (2, 0.0%)

1 そうである, 彼らは

▼ 男にだけ~ (2, 0.0%)

1 デ・ドゥローム街に, 求めるもの

▼ 男につき~ (2, 0.0%)

1 従つてゐるで, 纏われて

▼ 男にても~ (2, 0.0%)

2 嬉しきを

▼ 男にね~ (2, 0.0%)

1 喜村さんじゃ, 細君が

▼ 男にばかり~ (2, 0.0%)

1 任か, 麻目が

▼ 男にを~ (2, 0.0%)

2 やだ

▼ 男に従って~ (2, 0.0%)

1 元来た, 尾田も

▼ 男に関する~ (2, 0.0%)

1 唯一の, 疑問

▼ 男のけ~ (2, 0.0%)

1 はひ, は例

▼ 男のせゐ~ (2, 0.0%)

1 ではなく, もあります

▼ 男のみが~ (2, 0.0%)

1 畳の, 違って

▼ 男はから~ (2, 0.0%)

1 だの, だ中

▼ 男はくり~ (2, 0.0%)

2 返しました

▼ 男はつ~ (2, 0.0%)

2 ひに

▼ 男はに~ (2, 0.0%)

1 ったりと, つと笑つて

▼ 男はねえと~ (2, 0.0%)

1 思え詰め, 思え詰めて

▼ 男はぶつきら棒~ (2, 0.0%)

1 にいひました, に言

▼ 男はへ~ (2, 0.0%)

1 いきな, つらふやう

▼ 男はわ~ (2, 0.0%)

1 ざとしよげて訴える, ッとも

▼ 男ばかりじゃ~ (2, 0.0%)

1 ないわ, ア旨く

▼ 男ばかりで~ (2, 0.0%)

1 きりまわせるもの, 飲んで

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 げばかりの, げ面で

▼ 男ひで~ (2, 0.0%)

2 りが

▼ 男ふたりそれ~ (2, 0.0%)

2 が接近

▼ 男ふと~ (2, 0.0%)

1 私の, 見れば

▼ 男へは~ (2, 0.0%)

1 捧げては, 相当の

▼ 男へも~ (2, 0.0%)

1 愛嬌を, 言いかけたい気

▼ 男ほか~ (2, 0.0%)

1 の一組, の判断力

▼ 男ほどには~ (2, 0.0%)

1 ひたむきな, 行かぬと

▼ 男ぼれ~ (2, 0.0%)

2 のする

▼ 男まげ~ (2, 0.0%)

1 にお, に雄渾

▼ 男まじり~ (2, 0.0%)

1 に三四人, ワンさのりこむ

▼ 男まじわり~ (2, 0.0%)

1 の出来ない, の出来ぬ

▼ 男みずから~ (2, 0.0%)

1 も苦しん, 恥ずべきこと

▼ 男むす~ (2, 0.0%)

2 子は

▼ 男めがけ~ (2, 0.0%)

1 てとびかかった, てとびつい

▼ 男もかの~ (2, 0.0%)

1 女に, 女客

▼ 男もしくは~ (2, 0.0%)

1 女また, 結局並みは

▼ 男やは~ (2, 0.0%)

1 そんな事, 愈

▼ 男やはり~ (2, 0.0%)

1 それを, 第一

▼ 男ゆえ自分~ (2, 0.0%)

1 の目, ははなはだ

▼ 男よりか~ (2, 0.0%)

1 いたずらを, 順調であった

▼ 男わが~ (2, 0.0%)

1 窓龕に, 言葉に

▼ 男わたし~ (2, 0.0%)

1 の友ロベエル, の寵

▼ 男をかば~ (2, 0.0%)

1 ふ代り, ふ強

▼ 男をから~ (2, 0.0%)

1 かつてやれ, かつて凭れ

▼ 男をからか~ (2, 0.0%)

1 ひ過, ふが

▼ 男をさえ~ (2, 0.0%)

1 交えて, 感動させた

▼ 男をと~ (2, 0.0%)

1 思うよう, 誰に

▼ 男をとは~ (2, 0.0%)

1 云は, 殺生だっせ

▼ 男をめぐって~ (2, 0.0%)

1 その細君, 彼女に

▼ 男を以て~ (2, 0.0%)

1 するを, 自分でも

▼ 男ズカズカ~ (2, 0.0%)

2 進んで

▼ 男ツぷり~ (2, 0.0%)

1 が悪い, が惡

▼ 男~ (2, 0.0%)

2 アル

▼ 男ハツ~ (2, 0.0%)

1 といひ, と面喰つた樣子

▼ 男バタバタ~ (2, 0.0%)

1 と庭下駄, と裏口

▼ 男ユタ~ (2, 0.0%)

1 は何, を本当に

▼ 男ロシア~ (2, 0.0%)

1 の売春婦二人, の貴族

▼ 男一つ~ (2, 0.0%)

1 か二つ, のベンチ

▼ 男一とわ~ (2, 0.0%)

2 たり一座

▼ 男一向に~ (2, 0.0%)

1 売れなかったという, 浮かぬ顔

▼ 男一生~ (2, 0.0%)

1 のうち草履, の思い出

▼ 男一疋なに~ (2, 0.0%)

2 ほどの疵

▼ 男三名~ (2, 0.0%)

1 が, 及び暁葉子

▼ 男三女~ (2, 0.0%)

1 を持つ, を挙げた

▼ 男三年~ (2, 0.0%)

1 の在, 経つその

▼ 男下火~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ 男二人がかり~ (2, 0.0%)

1 でなきや, にてもむつかしき

▼ 男二女~ (2, 0.0%)

1 とあり, を殘

▼ 男京都~ (2, 0.0%)

1 にいた, に居る

▼ 男体登山~ (2, 0.0%)

1 にやって来, に際し神

▼ 男何れ~ (2, 0.0%)

1 も中学, も此邊

▼ 男元来~ (2, 0.0%)

1 の無精者, 某の

▼ 男兄弟パトリック・ブランヱル~ (2, 0.0%)

2 の爲

▼ 男全体~ (2, 0.0%)

1 の棚卸し, の気配

▼ 男出入~ (2, 0.0%)

1 と金, の多い

▼ 男~ (2, 0.0%)

2 にした

▼ 男刈り~ (2, 0.0%)

1 にした肥っ, の頭

▼ 男剛十郎~ (2, 0.0%)

1 が四歳, が生れた

▼ 男勝手~ (2, 0.0%)

1 にはちょっと, にわし

▼ 男十三人~ (2, 0.0%)

1 といま流行, と果

▼ 男十九~ (2, 0.0%)

1 のとき, の年

▼ 男半女~ (2, 0.0%)

1 だ, だと

▼ 男卑屈~ (2, 0.0%)

1 な薄笑, な薄笑い

▼ 男又は~ (2, 0.0%)

1 女が, 若い女

▼ 男友だち~ (2, 0.0%)

1 が結婚, は

▼ 男同士女同士~ (2, 0.0%)

1 でさえそれ, 苦しめあって

▼ 男同時に~ (2, 0.0%)

2 青農で

▼ 男同胞~ (2, 0.0%)

1 の一人, をもたぬ

▼ 男名取ら~ (2, 0.0%)

1 との間, は先ず

▼ 男向き~ (2, 0.0%)

1 にでき, の品物

▼ 男商売~ (2, 0.0%)

2 は交際

▼ 男地獄~ (2, 0.0%)

1 でもう, のよう

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 という所, の滝壺

▼ 男堂子~ (2, 0.0%)

1 とか云う, とは女

▼ 男~ (2, 0.0%)

2 は何より

▼ 男~ (2, 0.0%)

2 には横佩

▼ 男~ (2, 0.0%)

2 には横佩

▼ 男外套~ (2, 0.0%)

1 と帽子, の襟

▼ 男大学~ (2, 0.0%)

2 の必要

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 から降った, の逆手

▼ 男太吉~ (2, 0.0%)

1 というの, といふの

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 は絶えず, を停める

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 が潜り戸, とよぶ

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 は川口, ヲ凌ガムトスル処カアルモ

▼ 男~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 を将, を駆り

▼ 男婬乱~ (2, 0.0%)

1 ならば, なれば

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 にも妻, を生む

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 て居る, て待つ

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 供か, 博奕から

▼ 男山崎屋~ (2, 0.0%)

2 の先代

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 と女岳, の頂

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 の岩, 落ちゆく雲

▼ 男幸助~ (2, 0.0%)

1 には庭男幸助, らしい觀察

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 だった, の多い

▼ 男店頭~ (2, 0.0%)

2 に置かれ

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 はいったいどう, は手伝

▼ 男往来~ (2, 0.0%)

1 の真中, をあるき

▼ 男得意~ (2, 0.0%)

1 になり, の地団駄

▼ 男恋愛~ (2, 0.0%)

2 に於ける

▼ 男或いは~ (2, 0.0%)

1 動ずるほどの, 物売り或いは

▼ 男手拭~ (2, 0.0%)

1 して, や風呂敷

▼ 男振で~ (2, 0.0%)

1 はなかっ, まるで若い

▼ 男振れ~ (2, 0.0%)

2 込みほどの

▼ 男擇びすることが訣~ (2, 0.0%)

2 りますな

▼ 男政之助~ (2, 0.0%)

1 が生れ, が遺つた

▼ 男数人~ (2, 0.0%)

1 と一つ, を相手

▼ 男斯ん~ (2, 0.0%)

1 なの, な肉

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 から謡, と女方

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 の肩, ほほえみつ相

▼ 男星女星~ (2, 0.0%)

1 ありて, もまた

▼ 男最後~ (2, 0.0%)

1 に褌ひとつ, の一撃

▼ 男月代~ (2, 0.0%)

1 が剥げ, の青々

▼ 男末吉~ (2, 0.0%)

1 が生れた, の縁談

▼ 男本来~ (2, 0.0%)

1 の姿, の道程

▼ 男~ (2, 0.0%)

2 にとり縋り

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 女あり, 子等の

▼ 男梯立~ (2, 0.0%)

2 に口笛

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 あ餅, も少ない

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 が狂った, になる

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 といずれ, は一夫一婦法

▼ 男浴衣~ (2, 0.0%)

1 の片, を重ね

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 に落ちれ, を渡る

▼ 男淺津間~ (2, 0.0%)

2 の若子

▼ 男淺津間若子~ (2, 0.0%)

2 の宿禰

▼ 男源吉~ (2, 0.0%)

1 が言, が言う

▼ 男為憲~ (2, 0.0%)

1 を教, 偏に公威

▼ 男~ (2, 0.0%)

2 に似ず

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 が見えなかった, と云っ

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 と女牢, と違っ

▼ 男狩り~ (2, 0.0%)

1 のほか, を始める

▼ 男猿飛佐助~ (2, 0.0%)

2 とは俺

▼ 男現実~ (2, 0.0%)

1 の人物, の艱苦

▼ 男生たち~ (2, 0.0%)

1 の人波, はその

▼ 男生れ~ (2, 0.0%)

1 てはじめて, 付いて

▼ 男甲受話器~ (2, 0.0%)

1 をかける, を耳

▼ 男病女~ (2, 0.0%)

2 が我

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 が悪い, が惡

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 から判断, に消えぬ

▼ 男直吉~ (2, 0.0%)

1 が歿, が生れた

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 と女相, の象字

▼ 男相手~ (2, 0.0%)

1 に左右, に稼い

▼ 男真に~ (2, 0.0%)

1 快男子, 降伏した

▼ 男~ (2, 0.0%)

2 は強し

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 から蛇, を背

▼ 男精神的~ (2, 0.0%)

1 には救, には救われる

▼ 男系統~ (2, 0.0%)

1 のもの, の猿楽

▼ 男給仕~ (2, 0.0%)

1 がフランス風, の水商売

▼ 男総出~ (2, 0.0%)

1 で堤防, で隣村

▼ 男美人~ (2, 0.0%)

1 の正体, の猫侍

▼ 男~ (2, 0.0%)

2 しい少

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 である, の獨唱

▼ 男自ら妊~ (2, 0.0%)

2 れるもの

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 には松栗檜柿, の時

▼ 男舞い~ (2, 0.0%)

1 を売, を持ち廻っ

▼ 男芸人~ (2, 0.0%)

1 が何人いるか, と手踊り

▼ 男菓子~ (2, 0.0%)

2 もその

▼ 男藍微塵~ (2, 0.0%)

1 の狭い, の狹

▼ 男貧乏~ (2, 0.0%)

1 摺れが, 臭くて

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 がひどく, 知ってて

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 を翻し, を飜

▼ 男近江屋~ (2, 0.0%)

2 にはこれ

▼ 男逸女労~ (2, 0.0%)

1 といはれる, の外貌

▼ 男達三四人~ (2, 0.0%)

1 はそこ, は其處

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 と智慧, も智慧

▼ 男鋏刀~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 男面白い~ (2, 0.0%)

1 対照です, 對照です

▼ 男靴女靴~ (2, 0.0%)

1 がいりみだれ, をあたり

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 をかがめ, を屈め

▼ 男頬被り素袷道中差~ (2, 0.0%)

2 しすそ取り

▼ 男頬髯~ (2, 0.0%)

2 を綺麗

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 をさげる, を下げる

▼ 男顔色~ (2, 0.0%)

1 は蒼味七分, を変え

▼ 男餓鬼~ (2, 0.0%)

1 を頂戴, 賜りて

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 の総髪, は垂れ

▼ 男黒い~ (2, 0.0%)

1 單衣を, 覆面の

▼ 男~ (2, 0.0%)

1 低う唇, 高く眉

▼1* [1710件]

あいつは喉, 男あさり女たらし変態心理なぞの, 男あしらいには慣れ, 男あそびが絶えなかった, 男あちこちの茶屋, 男あつかいに慣れ, 男あつかいしてないからよ, 男あとのは中背, 男あなたがいかに, 男あの世の風, 男あらはれぬ, 男あるらしいとかある, 男あんたは言う, 男いうたらお父つぁん一体, 男いかさまその位, 男いかにも日本左衛門だ, 男いきなり源次郎の, 男いざとなったら, 男いたんや, 男いたく小男の, 男いたずらにたましいの, 男いっぴきなにも, 男いつか教育家に経済学, 男いつの歳か十月十五日, 男いわば取るに, 男うすうす承知な, 男うち座する, 男うつくし春の, 男うまく船から, 男うむうむせんだっての, 男うめえ役者, 男うれたき砧かな, 男えらみ許, 男えりをする, 男おかしなふうに, 男おかみさん可愛がりますか, 男おそろしく強い数日来, 男おとづれ來ぬ, 男おなごやア, 男おのれの偉大さ, 男おのれ自身がノラクラ, 男およびその女房, 男おんなみたいな商売, 男お前が苦しむ, 男お隣の安兵衛, 男かさえ見当つかず, 男かしらと思う場合, 男かつて竜之, 男かて人間女かて, 男かといったような, 男かとも思われたり, 男かなとて人々笑ふ, 男かなり世間を, 男かほどな名画, 男からくはしく, 男からだけお前と, 男からでもとったの, 男かを見届けた上, 男がからかひの, 男がかりにも著作, 男がけしからぬ, 男がずつとはひつて, 男がせはしさう, 男がぜげんの, 男がたんと並ん, 男がっくりと低頭, 男がてぬぐいの, 男がにやりに, 男がはははばかな, 男がもすこしはっきりした, 男がもにはツンツンと, 男がもの首は, 男がやにはに引つ込めたその, 男がりちぎな声, 男がる表面を, 男がわりに田, 男がをどつて, 男がんりきの百, 男たり晴天白日, 男きつと何とか, 男きよし載するに, 男きれのない, 男ぎらいだなんていうからつい訊きたくなるん, 男ぎらいとひとは私, 男ぎらいになったらおいらは今一度, 男ぎらいのロオラは男, 男ぎらいの女は無い, 男ぎれというもの, 男くさかったの, 男くぼんだのなら, 男くらいに比べて, 男くらいの勢力を, 男くらいはあるだろう, 男くんの姉さん, 男ぐらゐ何でもなき, 男ぐるいをはじめて, 男けがない, 男けはひとりも, 男けれどもどこかに, 男こいしと唄う, 男こしらへ, 男こしらえるのが, 男ことし廿三歳になる, 男こないだの遠足, 男この間会社へやって来, 男ころしとでも云う, 男さしたる過去を, 男さてこそ何, 男さね日本料理の, 男さびて, 男さまは永い, 男さんあなたを見, 男さん学校は御, 男さ此の弟, 男さ皺だらけで足, 男さ身体売ったって, 男ざかり分別ざかりでホシ, 男ざかり別人のよう, 男ざかり智謀にとんだ, 男給ふ, 男しきりに仲間に, 男したの夫ゴト盜, 男したいほうだいな, 男しまし目に, 男しらみ絞りで顔を, 男じっと朱盆を, 男じつにふしぎな, 男じみたいかり肩が, 男じゃけそのうち町会議員, 男じゃったがイザ, 男じゃったら跡継ぎを, 男じゃに貴女世間には, 男じゃねえってことさ, 男じゃねーぞと滅明滅多, 男じゃの上人様は, 男じゃもの女房に, 男じゃろうお前は, 男すこし長すぎる, 男すこぶる磊落者と, 男すさまじい豹変でした, 男すて置くわけにも, 男すべてにその, 男せぬ女らしい艶, 男そいつがみんな, 男そこ動くな, 男その間に入り, 男そもそも何者であった, 男それで全部です, 男そんな手合が, 男そんなに頭が, 男ぞろいのその, 男たえずあごを, 男たかがパンパンとの, 男たかだか強情我慢の, 男たくさんいてよ, 男たしかめるまでもなく, 男ただし少しく強慾, 男ただ一人だ, 男たちまちまたたいそう, 男たち三人だけでそれぞれ, 男たち二人に彼女, 男たち五人とこわ, 男たち同様に競子, 男たち略奪疫病変った人々, 男たち腕筋も有り, 男たち自分の夫, 男たつた一人に, 男たとえば矢野には, 男たとへば徳次などに, 男たびたびここへ, 男たやすげに, 男たらしめたいと思し召す, 男たれかくて, 男だけじゃあない女, 男ださうで女中, 男ださうだが仕方, 男ださうでその時, 男ださうであるがどう, 男だすがな, 男だちして二十一日, 男だっか, 男だったらあがってしまうだろう, 男だったらしいから本当, 男だったらやりかねないことだ, 男だってのう色の, 男だっても生きて, 男だつたさうでその上金, 男だなりませんから帰し, 男だひがまないのが, 男だましの天才, 男だろう背負って立て, 男だ帰ったら糾明せね, 男だ老いた方は, 男ゅうの, 男ちゆうたて遊びに, 男っきれを寄せつけなかった, 男ったらあるものです, 男ったらしの罪つくりな, 男ってなんでございます, 男っぽく表現した, 男ついついお気に, 男つたらひとが, 男つてあはれなもの, 男つてのは, 男つてみんなあなたみたいなのね, 男つて嘘吐きよ, 男つて心中に行つて, 男つて正直ね, 男つて皆んなよく匂, 男つて結婚生活にも自分, 男つて肚のなか, 男つて逢つてみたいわ, 男つまらぬと云っ, 男つ振だわね, 男づきあいをし, 男づくであつて, 男づれだったり或は夫婦づれ, 男づれでなければ出来まいが, 男え先生, 男ていうのが, 男であったならできるだけの力, 男であったらしいという, 男であったらまちがったらまちがったで平気で, 男であったろうし孫子, 男でありたいあの鉄, 男であり奪われた今の, 男であり媚びられてゐる, 男であり忘れられた男であり, 男であり過ぎ去ってゆく, 男であるべき証跡は, 男であるまいかとこういう, 男であるらしかつた, 男であるらしく思われたからであった, 男であろが, 男でからだが, 男でございまさあ, 男でございましたでしょうか, 男でござると歩い, 男でござんす家へ, 男でさえがそろそろ自分, 男でしたならなんの, 男ですされば大震災, 男ですぬ船長, 男ですやさかい蔭, 男でだけは無いつもり, 男でっぷりふとって, 男でと見て, 男でなかったならそして亭主, 男でなかったら愛を, 男でなくする奇怪な, 男でなくなったとは嘘, 男でなく愛する男でも, 男でなけりゃこういった, 男でのう気象も, 男でもなささうだから, 男でやしてあそこ, 男で細っそりした, 男といつて差支へない, 男といふだけあつて醜男, 男とうとう閉口し, 男とおさしむ, 男とかと始終どこ, 男とかの区別も, 男としてさ軽蔑された, 男としてしか記憶し, 男としてのみ離しがたい, 男とじやないんです, 男とぞ念ふ, 男とたんに大きな眼, 男とちがつて女, 男とつかわ前に, 男とでは少しの, 男とと関係し, 男とにかくかの男, 男とによって描いて, 男とねんごろに, 男とのみしか覚えて, 男とまで下賤, 男とまではいかなくとも, 男とや見ん, 男とよりは人に, 男とをかはるが, 男どうしてもおれの, 男どうもわしの, 男どもあらましの豪傑, 男ども上陸して, 男ども密にいふ, 男ども歌うたひゑひて, 男ども竿の尖, 男ども組織規律を目, 男ども苅置きたる秣, 男ども道に遊び, 男ども面白半分にことごとく, 男どれもどれ, 男なお語を, 男なおもジッと, 男なかるべからずまた女, 男ながらに女そのまま, 男ながらも今は, 男なぞというものは, 男なぞも同じ柳橋, 男などには乱暴な, 男などへどうして女, 男などより教養も, 男なほ恋ひに, 男なみ以上働かされて, 男なやませし今小町とは, 男ならいつ大水を, 男ならざりし嬉しさ, 男ならでは言えぬ, 男ならまじかはとこれ, 男なら仕附け役の, 男なら会ってみよう, 男なら出て来い, 男なら分っている, 男なら切付けて来た, 男なら喜んで自分, 男なら成るべく深刻気な, 男なら死んだ棟梁の, 男なら殺され女なら, 男なら真似て見ろ, 男なら貰って遣りてえ, 男なら通りましたよ, 男なりなど云ふ, 男なりや女なりや, 男なんかじゃない少し, 男なんかにゃあ弁護, 男なんかの前に, 男なんかもあれで, 男なんかより経済的安定の, 男なんかよりも芸の, 男なんぞにそんな凄い, 男なんぞの住いであった, 男なんだかそれを, 男なんてといいながら, 男なんてもなア女の, 男なんでやって来て, 男なんでも遠いあずま, 男においては反美濃部, 男におけるような, 男にかハテな, 男にかへれり, 男にからかひかける態, 男にくツつい, 男にこそ汲まれたか, 男にこやかに, 男にしか真実の, 男にといふ獨善は, 男にとり妙な衒い, 男になど惚れるもの, 男にななえ同樣, 男になんか縫へなんて, 男にの面當に, 男にばかりは言葉を, 男にまで声を, 男によりひどい恥しい凌辱, 男によりもその方, 男に対してさえも男が, 男に対してだけはずばずば応対, 男に対しての女らしい覚悟, 男に対するとは違うから, 男に関して用いられて, 男すっとの, 男ぬけ穴の, 男ぬっくと立, 男のうへに働いた, 男のかずには入らない, 男のしのばる, 男のちからでなけれ, 男のでもいいから, 男のねうちが, 男のみだりがましさ, 男のみに限らんや, 男のみの行事だ, 男のんびりした江戸, 男はいたけだ, 男はいち日ものも言わず, 男はうッ伏した, 男はおつかけてきました, 男はおつそろしくやり手だ, 男はかずらや, 男はかぶりを振っ, 男はからぬ病に, 男はぎょろとした目で, 男はけふは一人, 男はさほどで, 男はじぶんの両手, 男はじめに女, 男はじッと見守りました, 男はぜいぜいと, 男はたとへ五六十, 男はちよつとも, 男はつつと迫って, 男はつゑにすがつてとぼとぼと, 男はどないして, 男はねくたいへ, 男ははッと, 男はべんけい縞の, 男はまにさされた, 男はめつたになかつた, 男はものしづかに, 男はん望月三郎え, 男ばかりじゃァ面白くねえ, 男ばかりという生計であった, 男ばかりとは少々く, 男ばかりには乗ぜられたもの, 男ばっかし, 男ばっかりで女は, 男ばっかりよ女は, 男ばらが前代未聞, 男ひじりと, 男ひじょうに才智に, 男ひそかに鼻, 男ひだりに女, 男ひとめ見て, 男ひとり欄に凭, 男ひとり正坐す, 男ひと目見れば, 男ふたりひとりがつかんだ, 男ふたり書状をたずさえ, 男ぶりさへ良, 男ぶりチウタならトーキー活動, 男へといふ風に, 男へなんぞの色気は, 男へんな奴, 男べやにうろうろと, 男ほしさのいたずら, 男ほどにも愛して, 男ぼうぼう頭髪の, 男づ内へ, 男まえなら女房の, 男まかせの憐れ, 男まさりだったのでしょう, 男まさりとでもいい, 男まして年配の, 男まじめでい, 男まったく入道の, 男まつたく入道の, 男までも必女性的な, 男まん中に光君, 男てえ, 男みたら戸塚の, 男みだらの, 男みな一様にポカン, 男みな背を屈め, 男みにくい男と, 男みんな手を出し, 男みんな真珠の頸飾, 男むかし三段目の角力, 男むくつけき中にも, 男むずかしい男で, 男めいて顧みられ, 男めいめいその生涯, 男めめめと幾つ, 男め聞玉え我昨夜, 男もうちっと気障, 男もう一度立ちどまりタバコ, 男もがなとの念願から, 男もぐらのごとく, 男もけしからず大きく, 男もしや怪我でも, 男もちの財布, 男もっとも曾祖父は, 男もにこ, 男もめつたにあるまい, 男もよかつた, 男もをんな, 男やが五六人釣竿を, 男やがて白ば, 男やくざ風でちょい, 男やったいうことはっきり, 男やったら自分一人や, 男やみにけり, 男ゆえそれを知らない, 男ゆえ俺ならば, 男ゆえ炬燵へ潜っ, 男ゆえ菓子折を持っ, 男ゆえ金兵衛には末始終, 男ゆえ面前に見る, 男ゆふさらず目, 男ゆるし給え, 男よけふもいそ, 男よも仮病などでは, 男よりねうちの, 男りんりんたる美丈夫, 男ろくな奴か, 男元来鼻の, 男わかいながらなかなか, 男わからぬことは, 男わけても妹娘の, 男わしの得意, 男わたくしどもの仲間, 男わるこすさ, 男をがみ等, 男をこそ御覧ぜ, 男をどぶの, 男をなんていやな, 男をのた打たせ思うさま, 男をはがいじめに, 男とこへ, 男アダムにし, 男アラミの郷, 男アンマにも悟られぬ, 男ア大嫌えなん, 男ア干物のよう, 男イガ栗頭の大入道, 男イギリスへゆく, 男イヤ未だ男, 男イヤ味な奴ッ, 男エガ栗頭の大入道, 男エコノミストといういや, 男エリオットの文学論集, 男カラブランデーノ杯ヲ受ケタノハ, 男カンナギすなわち覡, 男ガアイリッシュノ若キ女, 男ガアッタガ当時デ, 男ガカン癪ノ強気者, 男ガクリガクリとうなずく, 男ガスモク野郎十把一からげ野郎, 男ガソノ上ニ羅紗羽織ヲ着, 男ガ来テ居タカラ近附ニナッタガ, 男ガ研ガ上手ダカラ呼ンデオレノ住居ヲ分, 男ガ篏メルヨウナ大キイノガ欲シイ, 男キョロキョロ入って, 男ギンザ・パーラーへ行く, 男クリストフからなぐり倒された, 男グルイヲシテフダンソウドウシテ困ルカラ, 男グローブガシオットが委員, 男ゲーリングもひところ門下, 男コルセットをつけ, 男コール天のズボン, 男サトウの役, 男シカモ女に縁, 男ジャベとよばれた, 男ジンゲルを買う, 男ズボンに下駄, 男ソブキノの工場, 男ダテノヨウニナッテキマシテ世間モ広シ, 男ダト云ッテ年カッコウソノ時ノ死ニヨウマデ, 男ヂェリオンと闘った, 男ッぷりがいいとはかねて聴かされて, 男ッぷりがよくて愛想がよく, 男ッぷりではあるがいかにも実直そう, 男ッぷりはよし伎倆はある, 男てのんき, 男デアッタ八月末ニ九州ヘ帰ルカラ, 男トラになる, 男ドレゴもエミリー, 男ナノデアルガイタイケナ子供ガ突然現, 男ニモ地面内ヘ家作ヲシテ, 男ニユーと首, 男ニ同情ヲ持ツデアロウコトヲ我輩ハ, 男ニ聞イタ兼ガ遠州, 男あれは, 男満三十年女ハ, 男ハキマッテ頭ヲマエニウナダレ女ハコレモキマッテ胸ヲ張リ, 男ハ万事オレ次第ニナッテ居ルカラ大ガイオレノウチヘトメテ居タガ, 男ハ必ズソノ秘部ヲノゾキ, 男ハ皆にげだすによりて, 男バナナと隠元豆, 男パイクソンのたすけ, 男パナマ丸の荷役, 男ヒョイと令嬢, 男ヒンケルマンは戦争, 男ビールよりも酒, 男ビールビンをガラス窓, 男ピストルを持っ, 男フロックコオトの裾, 男ヘヨメニヤッタ忠五郎ハモトヨリ弟子故縁者ニナッタ, 男ホラふき親分気ドリ, 男ミョウリに尽きます, 男メガネをかけた, 男ラシキ人物ガ三五六六五号ノ自動車, 男ロボー元帥とブュジョー将軍, 男一二を認め, 男一人それは飛び込んだ, 男一人っきりですぜ, 男一人はんべりその名, 男一人フランスへゆく, 男一人一人を知っ, 男一人両手は打, 男一人住いよりも侘しい, 男一人入り来る, 男一人前二人とはない, 男一人女三人の子持ち, 男一人女二人を生んだ, 男一人女二人松葉の土, 男一人女四人だが, 男一人小ざつぱりとしたセルの厚司姿, 男一人手拭を肩, 男一人橋の欄干, 男一人爺さんと一緒, 男一人片手を上げ, 男一人近よりて懐中, 男一人食いはぐれはない, 男一代につい, 男一個の妻, 男一僕を隨, 男一八九三年の, 男一同座を起ちかける, 男一団が前後, 男一対三三女一対三六合計一対三四・五結婚対総人口一対九四, 男一尺ばかりなる, 男一度は可愛い, 男一斉に走り出す, 男一昨日マネージャーにここ, 男一条行房千種忠顕の二名, 男一枚は女, 男一派のいふ事, 男一疋の体重, 男一疋女の胸中, 男一見いやな, 男一馬弓手とはいえ, 男一體何時になつ, 男丁稚とともに去る, 男之丞, 男七つの女, 男七人を松葉, 男七人女二人です, 男七八人に揚げさせ, 男七十銭女三十銭の賃銀, 男七女を生み, 男七子が相続い, 男七男八男の三人, 男万吉を生んだ, 男三一二円手当賞与一五六円であるけれど, 男三人兄弟きりでほか, 男三人天道樣のせゐに, 男三人女気抜きの世帯, 男三人浜に出, 男三人與助と子供ふたり, 男三人都合九人を残す, 男三倍女三分の一ぐらいになる, 男三分が女, 男三分女七分位なるが, 男三十五まで獨, 男三十五人女二十人合計五十五人の子持, 男三十余歳笠をかぶり, 男三十女二十と云, 男三十歳女二十五歳以後は婚姻, 男三名女三名都合六名の酒盛り, 男三味線を肩, 男三四人は立った, 男三国志の地, 男三平を見, 男三斎屋敷から出, 男三昧のしたい, 男三木八が生れた, 男三郎自身の手, 男三郎速かに斬るべし, 男上機嫌です, 男上筒の男三柱, 男上総屋の親方, 男下手より来り, 男斷の, 男不具者やいう, 男世帯渋茶ひとつ上げるにも, 男世界文学社の若い, 男世間の平俗さ, 男並みの十分の責任, 男はうす暗く, 男中年の男, 男中年以上姉さんという女, 男中年自分が若い, 男中筒の男, 男丹波屋の清次郎, 男久兵衛が女, 男をぞあて, 男乗竹春隆は昨夜田村, 男乙書物を投げ出し, 男九十一人合計百二十三名といふ大, 男名良吉, 男乾草用の大, 男事件の後始末, 男事務員はみな, 男二それらの書類, 男二三歩前へ進む, 男二人こっち側あっち側に緑郎, 男二人シゲとユラ, 男二人三人の互に, 男二人二十人ほどの武士, 男二人労働者風の男女, 男二人同士の真剣, 男二人女が二人, 男二人女二人必死と逃, 男二人女二人舎衛女一人の漂着, 男二人對ひ居て, 男二人横臥せる間, 男二人相合傘に威勢, 男二人舞踏の足取り, 男二人雨をつい, 男二円十五銭に対して女, 男二出しぬけにステツキ, 男二十七八の若い, 男二十六人女十六人合計四十二人といふ澤山, 男二女男即懐, 男二振りもぎって, 男二本差のくせ, 男二段ずつ六人女三分の四段, 男二百〇七人女二百九十七人合計五百〇四人なり, 男二百四十万人ばかりに対して女, 男二重瞳孔に不思議, 男云々を聴き咎め, 男云いかため頼みまいらせ, 男五九・一に対する女三一・九, 男五人女十人の出面賃, 男五六人のがやがや, 男五六人四五丈高き断崖, 男五十女あった第, 男五太夫の二人, 男五郎兵衛尉義重六郎兵衛尉義信七郎秀盛以下の張本七人, 男の良, 男人間じゃない, 男今度は金箱, 男今日も来る, 男女仏一対, 男仏女仏を拾いあげる, 男仏頂面をなしたる, 男仕方なく持つて, 男仕立のガウン, 男は文盲, 男他行に臨み, 男代りて外し, 男代議士となる, 男令弟夫妻久我通保男嗣子等々舞台に登る, 男以下三名の目ざした, 男以爲へらく, 男仮令その人, 男仲仕と女仲仕, 男仲仕たちもいる, 男伊勢新の釣, 男伊許許知邇の神, 男伎倆は伍格, 男会わされるのは, 男会員の全部, 男伝六でした, 男伯父さんと一緒, 男但し元は, 男が最も, 男ひの, 男体以上の三つ, 男体太郎二山の裾, 男体女体太郎山丸山などが秋, 男体支柱が重, 男体浅間若しくは富士御岳, 男体白根は雲中, 男体皇海袈裟丸武尊を始め小野子, 男体颪の強風, 男何だか見込が, 男何となく色々用を, 男何ヶ月もの独身生活, 男何故私には, 男何方よりともなく, 男余りキチンと, 男余作君に過日, 男作りて髭かき, 男し狂歌, 男使と女使, 男の大将連, 男依なる者天武帝の, 男俗女を拝すべからず, 男信じてい, 男信者娘一人後とりの後見, 男修行の君, 男俳優は肉体美, 男もその, 男倉光さんに酒, 男借金で首, 男して, 男偶然其最も傑, 男が死人, 男優りで侠気が, 男優りであったとも考えられる, 男優りであるし御存じ, 男は三崎, 男充分激情的で, 男兇器を取り落す, 男先ず死して, 男先年女房に死なれた, 男先生このごろおこりばっかり, 男先生たちに事情, 男先生はじぶんの教えた, 男先生女先生といった, 男先生流に教えた, 男兒二人家族といつては其丈, 男兒何の敢, 男兒四人手に, 男兒女兒の區別, 男兒彼れ我, 男入り来れり, 男入用と書いた, 男全く評価が, 男全安十歳の次女俶, 男全部約五六十, 男兩人の處, 男八つ裂きにし, 男八助は三歳, 男八十人は水夫, 男八時間女八時間の社会的, 男八男の三人, 男六一・三に対して一七・七, 男共々難なく二人は, 男共に事を, 男兵馬の権, 男其しるしに加, 男其の蜘蛛屋とか, 男其人に毛, 男其伝ヲ携, 男其実は長州萩, 男冥加ぞとも思っ, 男冷かされて少し, 男冷笑ひて, 男凄いのさ, 男出入殘らず洗, 男刀法には暗く, 男の日本, 男切れがない, 男も女列, 男初めて見ただから, 男別邸へ写生, 男到底この程度, 男制服のズボン, 男剣術柔術が得意, 男力任せに私, 男勇士かも知れない, 男動物の様, 男勘定は細かい, 男の綽号, 男十一人仲働きや飯炊き, 男十九人女二十一人を武蔵国, 男十六本の手, 男十口坊を顧み, 男千束の稲吉, 男卓抜な男, 男単純な無頼漢, 男単調な打, 男危険性はない, 男却って感情あらわさず, 男も過ぎた, 男厄坂とのあ, 男厄坂四十九段あはせ, 男厄坂女は女厄坂, 男参りまして私, 男又一君が住ん, 男又次郎は京都, 男が出来た, 男友人とともに雪, 男友達女友達の感情, 男取分けて若い, 男取引した南蠻物, 男の歪んだ, 男口ぢやあんな, 男口入の一寸, 男只今は乱, 男可哀想に足, 男可立を生ん, 男に女, 男右門だ, 男右隣の魚屋伝吉, 男女と, 男合点をする, 男吉原で春, 男同じく石榴口を, 男同士ふたり水入らずで峠, 男同士妙な友情, 男同士稀には車夫, 男同志さしむかい, 男同志女はどうしても, 男同志女同志の話, 男同志女同志ぢやこれ, 男同様コブコブの顔, 男同様綺麗ごとにすん, 男名主そのほか差添え, 男名主丑藏方にて初めて, 男名人気質で自作, 男名取中からは名, 男名取総員の和熟, 男名宛のハガキ, 男君君はどう, 男君等のか, 男で因業, 男もはやそうで, 男吾人は面, 男吾等の指揮者, 男呉宮城内に満, 男呉服屋の番頭, 男周章しさうに草履, 男を唱え, 男をやる, 男呼ばはり合点が, 男命上筒男命の三人, 男命中筒男命上筒男命の三人, 男命以下三人の神さま, 男咄嗟の間, 男品吉といふ十六, 男員いっさい女座員のへや, 男もあった, 男唐獅子の十郎さん, 男此の, 男喜介がヒョイ, 男喜望峰で見た, 男のかたまりだ, 男四人女七人の子, 男四人女二人小僧三人それに船頭二人, 男四人女四人都合八人の子供, 男四人左右に遠征軍, 男四人里見十左衛門と伊東七十郎, 男四十歳多少の, 男四名女一名が爆發物, 男四女の三番目, 男四谷寺町に住む, 男固有の膚, 男太い聲, 男土岐蔵人頼春という男, 男公から, 男に, 男地獄買いという嫌, 男坊主なん, 男坊様酔ッたが, 男坊金持の息子, 男垂山の付近, 男垂山方面から音, 男執念深いのと, 男墓刈番は, 男売りものてえ, 男変装に巧み, 男夕刻になる, 男に小夜菊, 男夜な夜な来て, 男夜中しきりにうなされ, 男夢中でごそごそ, 男なる槌, 男大いに器量を, 男大きらい, 男大きな髷に, 男大した田舎者だ, 男大井馬城に随, 男大名が酔っ払っ, 男大学生のトビ, 男大店の息子手合, 男大形の縮緬, 男大抵はこれ, 男大正九年の暴落, 男大神を以て斎く, 男大納言民部卿皇大皇后宮大夫源俊明, 男天女地の差別, 男太い腕を, 男太く困じ身, 男太夫に本式, 男太陽は, 男夫妻の坐像, 男夫妻鶴岡氏らが集り, 男失礼ながらご, 男奇襲を好まぬ, 男女お爺さんお婆さん青年や若い, 男女こどもさまざまの車, 男女たちも大勢, 男女みんなわいわい集まつ, 男女四騎手の雑兵, 男女女その末, 男女娘きたない顔, 男女娘すべての者, 男女子供の差別, 男女子供年寄り實に澤山, 男女子供往來の人, 男女子供猫犬鶏も同様, 男女房子供達もこの, 男女男と互違, 男女穉子等を嘲, 男女老人子供あわれなる人々, 男女貴族賤民の何, 男奴隷と混浴, 男奴隷たちもまた, 男好奇心も情熱, 男妖精も共に, 男な女, 男は峯子, 男の伊達男, 男姉弟の借, 男始めて見たて, 男始めるとトコトン, 男姓ニ依ツテ作ラレタル過去現在, 男の聲, 男威しにかけていくら, 男ひで, 男子供など同じ, 男学校の放課後, 男学生トビ君のため, 男学生十二三人の写生旅行, 男学生時代といふもの完全, 男學問も武藝, 男の地下室, 男守宮のよう, 男安価香水の香, 男安川がした, 男を飛ん, 男実に敬服すべき, 男客女客の姿態, 男客達は, 男宮様はそんなに, 男家康の四十, 男家臣のつかい, 男宿の主人, 男宿屋の亭主, 男宿文珠屋の階下, 男寝食を共に, 男寢衣を身, 男対女情痴的な面, 男対男としてほか, 男専六が生れた, 男専用の髪道具, 男專斷にて鯉こく, 男尊氏のごとき, 男尊説に対する奴隷的, 男尋ね来り室に, 男導師となっ, 男小さい革の, 男小室の咽喉, 男小紋の羽織, 男小蛇を愍, 男小袖に薄, 男小間使であると, 男婚嫁不, 男少しく狼狽へ, 男少女のいまだ, 男取の, 男てもの云, 男居あはせたる, 男居合の刀, 男山の神号の文字, 男山本始を殺し, 男山神を顧み, 男岩越は柔術家, 男嶽女嶽の間, 男巡礼なんて誰, 男巡礼頽然とした, 男巡禮なんか誰, 男工匠袴をはいた, 男工場の内庭, 男の眉, 男左母次郎といふの, 男巨万の富, 男巻ゲートルの男, 男帝女帝二つながら親愛, 男帰りにけり, 男帰途又搦手, 男帳面をぶらさげ, 男がしまる, 男年ごろ二十四五なるべく, 男年始廻りにし, 男年頃は廿七八, 男年齢がない, 男年齢三十歳より四十歳, 男幹事の槇園君, 男幹部となり, 男幻香同四年十月八日生れ, 男幼い児共みなせわし, 男幽霊女と鶏娘, 男幾らか常識が, 男幾人も恋人, 男幾人木遣りで揚げた, 男幾何女幾何と明瞭, 男座山を経, 男座頭を八人, 男庭作りの上手, 男廉恥もない, 男いずれ劣らぬ, 男弁舌はなかなか, 男弟子たちが他出, 男弥吉の顔, 男弥蔵をこしらえ, 男張作霖の爆死, 男強がっている, 男強盗のはっつけ, 男彈力も圭角, 男当年十八歳の小島新五郎, 男形容するに, 男彼自身の声, 男に平三郎, 男後世の侍, 男後家を立て通し, 男後生楽寝て, 男たまうべきたより, 男御子が処女神, 男御苦労さまにわたしたち, 男微笑うたを唄え, 男徳川万太郎その人, 男徳次に向, 男のこと, 男必ず弱々しい気, 男必要というの, 男忌々しければ向う, 男忍びやかに寄っ, 男忠太は後四郎右衛門景時, 男怖じせぬもの, 男思いのほか荒駒らしい, 男思うて恋うとよむ, 男思へば面, 男に呼びとめ, 男性向な表情, 男恋しさに, 男恋しい盛りです, 男恐らくは生涯あう, 男恐山から来た, 男恥ずかしい筆跡で, 男恭しく媼の, 男悪心をいだい, 男悪縁とは云い, 男悪魔の首領, 男情熱家のよう, 男のする, 男惚れしていた, 男れて, 男意地の汚い, 男愚女は一里, 男愛したら悪いやろ, 男愛子は小学校, 男感歎して, 男慇懃に進み出る, 男慈悲深く憐ッ, 男慣れのした, 男に俳句, 男れしも, 男憐れなり, 男懐疑狂だナ, 男懲らせと肌, 男程八五郎, 男成るほど女, 男我らを誘い, 男我目にとまれり, 男或はまた男の, 男戯談のよう, 男房どもがよく, 男所作と新しい, 男を持っ, 男手前泣くという, 男手品も輕業, 男手燭を持つ, 男才智男前も人樣, 男集い浅瀬, 男も扨, 男扮装で貴人, 男扱いされぬ君子, 男承知して, 男折々ハンケチを, 男抜刀を背後, 男押上駅で捕はれた, 男拐帯も仕, 男拵えの身装, 男拾ったコムパクトで, 男指環などはめ, 男振るない, 男捕物の話, 男捨てかねたがしかし, 男掏摸の醜い, 男排斥のこと, 男揃いだ, 男揃ひだからひどく, 男提燈持ちし若い, 男へたる竹, 男を構え, 男攫むさま今, 男支那陶器の鑑定家, 男教団内部に於ける, 男教師の廃止, 男の三分の一, 男にとり, 男數女或は數男一女, 男文学者教師農夫哲学者となる, 男料理屋の女中, 男斜めに体, 男斬れるかどう, 男助の, 男新九郎は一目, 男於次丸を養子, 男旗本の次男, 男日蓮信者思春期から妙, 男日除笠をおさえ, 男取写真, 男早く来ただけで, 男早乗三次以上の悪党, 男早川辰吉についてです, 男明治辺の大学生, 男易く赦して, 男星のは水色, 男は新吉, 男是非とも御前, 男はもう, 男時折夜遊びでも致す, 男晩年に中気, 男曲亭馬琴の博覧強記, 男更に頭を, 男書生の如く, 男曾我宮へ日参, 男月いくらぐらゐ取るならん, 男有たけアせ, 男有馬伯佐竹子などは呂昇贔屓, 男木村丈八のす, 男木綿の小, 男末男さんが十二月五日, 男本人の友次郎, 男本位の貞操観念, 男本堂の青竹, 男本店からの付け人, 男本当の恋しい, 男に凭, 男の女出, 男村岡柳子のよう, 男村越峰右衛門なる人物, 男村越峰右衞門なる人物, 男来つてキヤン, 男来訪二階へ案内, 男東亜産業社長アオガサキと並ん, 男松女松そこから吹き込ん, 男松川やの細君, 男枕元に手廻り, 男賣る女, 男果報者の代表, 男枳園を挙げた, 男の銘仙, 男某田中俊庵の男, 男に凭つた圓髷姿, 男栄三郎がちっと, 男が苦労人, 男は, 男植木屋の伜, 男極めて心地悪気に, 男とを画する, 男がかかっ, 男機関長は理窟っぽい, 男次に妹菅竈由良度美かれ, 男しかりしなり, 男欲しさに, 男欲しいものと, 男欲しくば洞, 男欲しさうな若き女などの, 男歌あれな秋, 男歌人に立ちまじらせた, 男歎息して, 男正弘は静斎, 男正直で弱, 男正貨二十五万ポンドの相続者, 男の家, 男此方へ来い, 男武芸も学問, 男武茂は対馬守, 男武藝も學問, 男の綺麗, 男死にたり, 男死にぞこないにつまずいた, 男んど, 男には羽生村, 男段々隣保館で, 男殺されたお米, 男殺すも活す, 男殿もいつ, 男にそれ, 男毎日未の刻, 男毛蟲は蟲, 男民衆の人気, 男気の毒とは思う, 男気絶したマリユス, 男水夫達だけ, 男水際にて引きつ引かれつ, 男水髪の刷毛先, 男決して妾の, 男沓掛時次郎の物語, 男河野が追跡, 男油断ができない, 男法師であったであろうが, 男法界が女, 男泣かせの凄い, 男泣き付いて拝み倒し, 男洋服を着た, 男洪水に悩める, 男めすとて, 男海老のやう, 男淫するを以て皆辜, 男清家博士の五体, 男渋い好みです, 男渡らば草履, 男湖畔亭の主人, 男湯女湯の区別, 男湯孤ならず女湯, 男三十年女満, 男源実朝ににもあった, 男演説して, 男い好み, 男澤氣多女と准南子, 男火性女また火性, 男火性女水性なるも, 男に背いた, 男無き限り他の, 男無二の小, 男無人の一座, 男無理に売ず, 男無遠慮人を斬った, 男然し性質は, 男煌々と照り一人, 男煮染めたやうな, 男煮締めて燻し, 男熊本にて見知りたる, 男燧石にて卷煙草, 男父親がその, 男爺天狗なぞで, 男片っ端から, 男片腕なし, 男片足上げて, 男片隅に首, 男物売り野武士などが時々, 男物腰は丁寧, 男特に僕如き, 男特使ベラントはリード商会, 男犢鼻褌腮でしめ, 男犯人が偶然, 男狂人として彼, 男狐二匹と左手, 男太人, 男のよう, 男獅子よりも強い, 男り甲板, 男玄智瑞貞と云, 男玄関の雲壁, 男王といへるも, 男王七人女王五人です, 男王七人女王十二人です, 男王七女王五なり, 男王三人女王二人です, 男王五人女王一人です, 男王五人女王三人です, 男王五人女王四人です, 男王十一人女王十五人です, 男王十三人女王三人です, 男王卑弓彌呼, 男王卑彌弓呼と記したれ, 男王卑彌弓呼トアルニ由リテ日韓古史斷ハ卑彌弓ヲ日子ト讀ミテ, 男王名稱の末尾, 男らしいんで, 男現にお前さんの, 男現れて舞臺, 男瑞亮と云, 男ござふね, 男甚平女紺しぼり, 男生れつきてのしまり, 男生れつき風を怖がる, 男生來風が大, 男生女生が二列, 男生女生兩方の學生, 男生徒たちが私, 男生徒ニ制服トシテ靴洋服ヲ強制スルコトハ實ニ門戸閉鎖, 男生徒側の一番, 男生徒女生徒もまじっ, 男生徒女生徒打ち混ぜて, 男の吉太郎, 男用達しの小僧, 男田舎じみた風体, 男甲元の席, 男甲帽子を取, 男甲斐なきを, 男甲走りたる声張り上げ, 男甲隣室より現れ, 男申し分のない, 男申様ハ合戦ノ御負, 男男あんたは言う, 男男ぎらいの女は無い, 男より帰る, 男町内の娘っ子, 男留守の家, 男畫かき志望であ, 男異人のひとり, 男異人ふたりと女異人ひとり, 男當時十一歳なりし, 男へば先, 男疑えばまず, 男疑られた男三人が, 男疲れて寝ころん, 男病人が二人, 男痩せて鶴, 男痩男泥眼不動弱法師, 男にさわる, 男発見者の深, 男の縞上布, 男白痴にて一昨年, 男白色黄色あらゆる人種, 男百助があの, 男百四十二人女百四十一人その女子, 男百日俟たず九十九日め, 男百舌の巣, 男目がけて緊張, 男目鼻立は立派, 男盲目の物, 男直吉十七歳の六男, 男太く鼻隆, 男看護人及小使医員等が駆け付けおり, 男眞赤になつて此方, 男真面目に媒妁, 男から鼻, 男眼鼻立も尋常, 男着物のうえ, 男知つた風の事云, 男知らぬ筈に, 男は今, 男磨る女童日向縁, 男社交場裡に立ち交っ, 男祝言の日, 男の化生, 男神人だと, 男神尾主膳と喧嘩, 男神様が山羊, 男神殿は首里殿愛, 男秀吉は苦笑, 男秩序を破壊, 男秩父香具師の膏薬売, 男種則という婦人科医者, 男稲富喜三郎と力, 男のこと, 男突然川島家に, 男の内, 男だが, 男立ちに揚げ, 男立派なお, 男立身は思, 男竜二郎竜八とて二人, 男章魚小僧小あたま, 男童たちと遊び, 男童ら構凛々しく肱, 男童女いずれにもいい, 男童女たちの上, 男童女どもだろうと, 男童女ひざまづき, 男童女六百人を伴, 男童子一名つれて, 男競べいたした秀吉の, 男竹斎に女竹斎, 男を高々, 男笑っている, 男筑波のやま, 男箱根焦けの, 男節句の祝い日, 男篠町辺で見かけ, 男を武器, 男して, 男約束で来る, 男は女の子, 男と女紋, 男純情の, 男素より余の, 男細君があった, 男経済の支柱, 男結局気を許せず, 男緊張した青い, 男と赤, 男線路のそば, 男がなく, 男が似合う, 男を見, 男美しい女彼等は, 男美術に女, 男義太夫の新, 男義気だか, 男義理がたい, 男羽織當時の伊達模樣, 男老人と子供, 男老女に取っ, 男聞きてしから, 男聲合唱がアルト, 男には白無垢, 男から紐, 男の折れ, 男育ち男の, 男育てに育てた, 男はすらり, 男背中を丸出し, 男が下り, 男胡麻鹽になつ, 男太い声, 男脂ぎつて光澤の良い, 男に悲劇, 男にも分別, 男なる刀, 男臆病者でとても, 男自分ひとりのもの, 男自然に淘汰, 男自身女に対してもっ, 男自身女自身の実感, 男自身農民作家だと, 男いっ, 男至って人相は, 男舎次の日, 男般若の面, 男船客ばかりを三百五十何人, 男船童をよび, 男咲く芝生, 男花柳はるみを知ってる, 男花模様のプラトーク, 男芸者幇間になった, 男芸者荻江里八の弟子, 男若々しくて気, 男若かうて夕, 男若き人達の, 男英語でそう, 男荒物屋の女房, 男荷もつはあり, 男荷物を流し, 男萌黄色の箱風呂敷, 男落ちつきもあるし, 男落語の伝統, 男著述の爲, 男蒼い般若の, 男蔵前時代から十五六年, 男薄汚い衣服髪垢だらけの, 男薬箪笥の小, 男藝者などをし, 男藝者幇間になつ, 男藤十郎の部屋, 男は白精, 男虫食い瓜に似, 男をひねり潰し, 男蚊帳のそ, 男ばかりの小崎, 男のよう, 男の氣, 男血まみれの裸女, 男血色の良い, 男衣裳の片, 男をくぐられ, 男髪し, 男袴腰に細身, 男襟巻を巻き付けた, 男西洋に行つて神経衰弱, 男見えずなりたり, 男見つけられた男疑られた, 男見ふせりて, 男見まわすまでもなく, 男見る影も, 男見れば取り, 男見識も威厳, 男されて, 男親ひとりを連れ, 男親一人にがんばらせない, 男えず口走れば, 男角鷹眼の町人, 男言うちゃわるい, 男言葉と女言葉, 男詞後は協音, 男試みにこれ, 男は非常, 男調子もひどく, 男藩の, 男諸侯を操縦, 男議一が声, 男議論においてけっして, 男打てば, 男貝原を見直し, 男貧しくて世, 男貯金あるに, 男なるも, 男貴様も待て, 男貴美子夫人の兄, 男質問を片, 男っぽい色, 男赤ら顏にし, 男赤地に白, 男走り來て手, 男起き上り, 男起ち上つて歩き出す, 男趣向も直参, 男足袋を第, 男足音高く通り掛かる, 男足駄の齒, 男足駄穿の尻端折, 男に要す, 男踊りの姿, 男蹌踉き, 男身の丈七尺五寸顔の長, 男身の丈五尺九寸体量二十七貫見かけは堂々たる, 男身代りであろう, 男身体は大きい, 男車掌は知らん顔, 男近づけんように, 男近頃非常に, 男返してたべなう, 男迷惑そうにし, 男追っかけるのは, 男追跡談にいとも, 男逃げようとて逃げられる, 男逃走す, 男造船工事では自分, 男遊びしやが, 男過ぎる五右衛門という, 男達たちから, 男達アリ生活それだけ楽, 男達ドッと喜び, 男達一行に打つかる, 男達七八人いづれも, 男達三人立上って仕度, 男達之に和す, 男達二人は玄竜, 男達五六人のなか, 男達五十嵐伊東望月の訊問, 男達人の洋服, 男達其等が棺, 男達女達銘々に石, 男達摩である私, 男達散歩して, 男達梅の由兵衛古主, 男達釣鐘庄兵衛の鋭い, 男違いますよって二, 男に見, 男みも, 男選みの秤にかけた, 男だしく驅, 男邪神を退治, 男の地下室, 男というの, 男部長先生の寝ぼけ面, 男都合五人汽車を下り, 男酒瓶とペン, 男酔うと膝小僧, 男酔っぱらっている, 男に倒れおる, 男野原にてかばね, 男野心満々たる蕩, 男野田粕壁地方へ所用, 男金がたのみで, 男金女土こそ大吉, 男金女土大に吉, 男金次は四角, 男金貸しに生れついた, 男金銀を探し, 男釜女釜など呼ぶ, 男をする, 男釣りの経歴, 男釣り人どもに礼, 男鉄三郎一つ蘭軒の女長三十六, 男鉄三郎七つ女洲十五国十二安四つ, 男鉄三郎二つ蘭軒の女長三十八, 男鉄三郎八つ女洲十六国十三安五つ, 男鉄砲笊を担い, 男銀六の衣, 男銀座にあらわる, 男を遣わず, 男錢形平次が出かけよう, 男を自由, 男を引き起こす, 男長崎代官所で幅, 男閉口して, 男閑山には無二, 男阪大佐太郎は新潟県, 男防禦陣を敷い, 男附添ひたり, 男陛下が御, 男陣十郎の親分, 男陸奥の田舎女, 男階級の者, 男随つて成れば, 男障子細目に明ケ内, 男の部屋, 男隨分腕力の逞, 男雄夫の違い, 男雅有は為家, 男雇って荒準備, 男雛のと女雛の, 男雛一対が大枚五両, 男雜穀屋の手代, 男雲霧の仁三, 男の中, 男露西亜人とも見ゆる, 男青い顏を, 男青瓢箪で鼻聲, 男女の, 男非番で居ず, 男面白くなりそう, 男革命時代戦線で働いた, 男に死ん, 男頓驚なる声, 男をグイ, 男頻りに大垣の, 男から汗, 男類女類かな, 男類猿類の順, 男に逆, 男風の音内心の律動, 男飛んだところで, 男食わせ者の, 男養助は万年, 男を俛, 男駄句りて, 男駆け入りておのれら, 男駒札を買う, 男りて, 男驚いて廊下, 男ばかりのよう, 男體女體に思ひ合せたる, 男體山太郎山の偉容, 男高里の池, 男髮形も小, 男の跡, 男を取, 男鳥追いの型, 男が入乱れ, 男鳩谷小八郎と一色友衞, 男鳴海司郎の顔, 男鷲塚の佐助, 男打つ女, 男黒川圭介は彼女, 男黙りて誓, 男齋藤兼次郎君があたふた, 男は何歳, 男と女龍