青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「知~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~瞳 瞳~ 瞼~ ~矛盾 矛盾~ ~矢 矢~ ~矢代 矢代~ ~知
知~
~知っ 知っ~ ~知った 知った~ ~知ってる 知ってる~ ~知つて ~知ら ~知らず 知らず~

「知~」 9048, 98ppm, 1128位

▼ 知つて~ (4844, 53.5%)

482 ゐる 324 ゐた 189 ゐるの 110 ゐて 89 ゐたの 77 ゐるから 68 居る 59 ゐるが, ゐると, 居ります 58 ゐる筈 54 ゐます 52 ゐたが, ゐるので 51 ゐること 48 ゐるか 47 ゐるもの, 居た 43 居るの 40 ゐたから, ゐるん, ゐる人 32 ゐる者 31 ゐながら 30 の通り, ゐたので 29 居たの 26 ゐるやう, をります, 居て 25 ゐました 23 ゐますか, ゐるだらう, 居ること 22 るよ, ゐても, ゐる限り 20 るわ, ゐますよ, をる 19 るか, 居る者 18 ゐない, ゐるよ, ゐる事 16 ゐるし, 居りますが, 居るから, 居るだらうな 15 居ますよ, 居るので 14 ゐるで, ゐるに, をり 13 居ると, 居る筈 12 ゐるだけ, ゐる通り, 居ます, 居るが, 居るだらう, 居るよ 11 はゐた, ゐたに, ゐるかい, ゐるところ 10 居たん, 居ました, 居るで 9 ゐますが, ゐるはず, ゐる私, ゐれば, 居りました, 居るか, 居るに, 居るもの, 居る人

8 [12件] しまつ, ゐたし, ゐたと, ゐたん, ゐた人, ゐた筈, ゐないの, ゐなければ, ゐるだらうか, ゐるつもり, 居さ, 居たので

7 いらつし, ゐますから, ゐるかも, ゐるだけの, ゐるといふ, ゐるとは, ゐるわけ, 居なさるで

6 [19件] はゐない, はゐる, もゐた, るぢ, るやう, る癖, ゐなかつた, ゐるあの, ゐるかね, ゐるとも, ゐるね, ゐる範囲, をりました, 居たが, 居たに, 居るし, 居るん, 居る事, 居れば

5 [12件] いて, いても, か知らず, てよ, るかね, ゐたか, ゐたで, ゐるかと, ゐる癖, ゐる顔, 居つて, 居ますが

4 [36件] て, の上, はゐなかつた, ると, る丈, る男, ゐたけれど, ゐたこと, ゐたこの, ゐなさるで, ゐましたが, ゐやはり, ゐるお, ゐるかぎり, ゐるかの, ゐるくせ, ゐるそれ, ゐるぞ, ゐるため, ゐるだけに, ゐるだらうな, ゐるのに, ゐるのみ, ゐるのよ, ゐるわね, ゐる人々, ゐる人達, ゐる所, ゐる男, 居たから, 居ても, 居ながら, 居るだけの, 居るつもり, 居るとも, 居るやう

3 [62件] おかねば, お出なさらう, からといふもの, たの, は居る, もゐ, も知らぬ, るとも, るわね, ゐさ, ゐたかも, ゐたつて, ゐたのに, ゐたのよ, ゐたやう, ゐたらうと, ゐながらも, ゐますし, ゐや, ゐら, ゐられる通り, ゐるけれど, ゐるけれども, ゐるこの, ゐるその, ゐるだけでも, ゐるだらうね, ゐるであらう, ゐるな, ゐるばかり, ゐるわ, ゐる一人, ゐる丈, ゐる人間, ゐる女, ゐる彼, ゐる樣子, ゐる自分, ゐる話, をられる, 居たこと, 居たやう, 居たんで, 居つた, 居つたの, 居なさるの, 居ましたから, 居ましたよ, 居りますよ, 居りや, 居るだけに, 居るだらうと, 居るといふ, 居る丈, 居る人間, 居る所, 居る樣子, 居る訣, 居る通り, 更に大, 置くの, 見ると

2 [127件] あのお, いました, おきたいと, お在ぢ, から彼, か知らないで, ござらつし, したの, しまつて, たうとう, たぢ, でもゐる, なくちや, の筈, はならぬ, はゐません, は居なかつた, まツ, も居る, も知らなく, も福, やはります, やはりまツ, る人間, る範囲, る美術家連中, ゐたけれども, ゐたであらうか, ゐたといふ, ゐたならば, ゐたらおれ, ゐたらなあ, ゐたら決して, ゐたわ, ゐた人々, ゐた彼女, ゐた或, ゐないと, ゐないやう, ゐない事, ゐなさるの, ゐますとも, ゐますね, ゐますので, ゐません, ゐやう, ゐよう, ゐようあの, ゐようと, ゐられる, ゐるからこそ, ゐるからと, ゐるからな, ゐるさ, ゐるしかも, ゐるぞと, ゐるだらうが, ゐるだらうと, ゐるぢ, ゐるつて, ゐるでは, ゐるどころか, ゐるなら言つて, ゐるには, ゐるは, ゐるらしい, ゐるらしいが, ゐるわよ, ゐる一匹, ゐる事実, ゐる二三, ゐる他, ゐる以上, ゐる古今集, ゐる家, ゐる平次, ゐる彼女等, ゐる或, ゐる某, ゐる樣, ゐる橘仙氏, ゐる男性, ゐる町, ゐる画家, ゐる積り, ゐる範圍, ゐる頃, 下さるの, 下すつた, 尚ほ, 居たかも, 居たで, 居たと, 居たよ, 居たり, 居た者, 居ないらしいが, 居なさるだらうな, 居まい, 居ますか, 居ますから, 居ますとも, 居まする花, 居らる, 居られて, 居りながら, 居りましたが, 居るぜ, 居るだけでも, 居るだらうね, 居るわけ, 居る上, 居る全部, 居る平次, 居る男, 居る若い, 居る處, 居る道理, 居る點, 持つて, 知らぬ振り, 知らぬ顏, 置いて, 置くと, 行く路, 見れば, 黙つて

1 [915件 抜粋] あたくし, あらゆる嫌がらせ, あんなに柔, あんな芝居, いたんだ, いや残念, いられるかも, おらるるところ, おらるる筈, おられたの, おらんやう, おゐで, お在, お居やす, か, かういふ時, かかり己, からこの, からで, からどれほど, からのこと, からの彼女, からの靜子, からは仕事, からは何時, からは悍馬, からますます, からもう, からも随分, から二年, から信用, から只, から平尾氏, から後, から非常, か知らずで, か芳, くれよう, この樣, ござる, さう誘ひここ, しかもなほ, しかも氣もち, ぜひ逢ひたい, そして愛した, そして自ら之, そのま, その日, その照れ臭, その祕訣, それから小樽, それでは自分, そんなところ, ただ奇蹟, たつて, たね, た人, た筈, つか, てした, てもいい, てもこ, てよあの, て下, とやかくの, ないといふ, なかった, なくつ, なけれや, なさるの, なさる通り徳利, なんと言う, の大, の母, の通り俺, の通り無筆, の通り社会主義者, はいました, はこの, はつて, はほんとう, はゐないだらう, はをら, は下さいません, は家, は居なからう, は店主, は手, は重, ひどく寂しくお, べえ, ほしくおもふ, ほしく思ふ, ましたけんど, ましたよ, まず林田, まづ吻, も, もい, もう一度軽く, もさすが, もゆき子, もら, もらひたい, もらふた, もゐる, も世間, も八五郎, も存外, も小説, も故意, も毎日, も當時岡, も請願, やつた仕事, やつて, ゆかうといふ, よるん, るあの, るかて, るかな, るひと, るわよ, る下宿, る仁, る処, る大きい, る婦人病院, る振り, る病院, る芸者, る顏, る鼓, わが物, わざと紙入, わるびれるどころか, ゐずこの, ゐたかが, ゐたからこそ, ゐたからとて, ゐたせゐだらうと, ゐたそれ, ゐただけで, ゐただらう, ゐたとでも, ゐたなら, ゐたならばと, ゐたには, ゐたもの, ゐたよ, ゐたらう, ゐたらうね, ゐたらこんな, ゐたらしいと, ゐたらしい奉公人達, ゐたらしくお, ゐたらたいへん, ゐたらもう少し, ゐたら何, ゐたら日常, ゐたら玉泉さん, ゐたら私たち, ゐたら誰, ゐたわけ, ゐたブラツセル, ゐたンぢ, ゐた事実, ゐた兆民, ゐた先生, ゐた即ち, ゐた君, ゐた大きな, ゐた少女, ゐた彦右衛門, ゐた彼, ゐた意味, ゐた昔, ゐた男, ゐた範圍, ゐた良寛さん, ゐた菊池君, ゐた雄, ゐた風流無双, ゐた龍吉, ゐてさ, ゐては, ゐてよ, ゐないかね, ゐないかも, ゐないし, ゐないといふ, ゐないほど, ゐないもの, ゐない人々, ゐない方, ゐない筈, ゐない訣, ゐなかつたの, ゐなかつたので, ゐなさいますか, ゐなさる通り, ゐぬらしいこと, ゐまさア, ゐましたから, ゐましたので, ゐますあの, ゐますがな, ゐますな, ゐますやう, ゐまする花, ゐませんか, ゐやがる, ゐようけれど, ゐよう街, ゐられましたで, ゐられまた, ゐるある婦人, ゐるいつか貴方, ゐるお前, ゐるからには, ゐるかれと同じ, ゐるかんさん, ゐるこれ, ゐるぜ, ゐるそして, ゐるたつた一人, ゐるだで, ゐるだらうかな, ゐるだらうとい, ゐるだらう御, ゐるだらう貧しい, ゐるであらうか, ゐるどころ, ゐるどんな, ゐるならどうしてさ, ゐるなら正直, ゐるなら言, ゐるひと, ゐるひねり餠, ゐるほど, ゐるもう, ゐるよう, ゐるらしいから, ゐるらしい日本人, ゐるらしく答, ゐるわたし, ゐるアメリカ人, ゐるガラ, ゐるサ, ゐるツ, ゐるピイピイ, ゐるブルジユワ, ゐるヨハン・ボーエル, ゐる一角, ゐる下町, ゐる中世語, ゐる主人, ゐる事情, ゐる人たち, ゐる他人, ゐる仮名, ゐる伯母, ゐる位, ゐる余等, ゐる作家たち, ゐる僞善, ゐる八十以上, ゐる内田博士, ゐる処, ゐる友人連, ゐる各, ゐる名, ゐる四号室, ゐる坂本さん, ゐる坂東甚五郎, ゐる堺, ゐる大黒様, ゐる女たち, ゐる女性, ゐる奴, ゐる如く豊後日田, ゐる子供, ゐる安, ゐる小林氏, ゐる山番, ゐる平安朝, ゐる年, ゐる弟, ゐる役人, ゐる彼處, ゐる思ひ出, ゐる惡童, ゐる慈海, ゐる支店長, ゐる教會, ゐる方, ゐる晩年さ, ゐる最後, ゐる村, ゐる極, ゐる樹明君, ゐる歌, ゐる此辺, ゐる歴史範囲, ゐる母, ゐる氣, ゐる流行, ゐる滝, ゐる演劇, ゐる物, ゐる理窟, ゐる生徒, ゐる當時, ゐる看護婦, ゐる短い, ゐる神廟, ゐる程, ゐる範囲内, ゐる紀州, ゐる美奈子, ゐる老人達, ゐる芝居, ゐる芥川さん, ゐる花月園, ゐる華香氏, ゐる落雷, ゐる蟻, ゐる許, ゐる証拠, ゐる誰, ゐる講釈師, ゐる貴女, ゐる軒先, ゐる近所, ゐる通りアントワアヌ, ゐる通り唐土, ゐる通り船成金, ゐる連歌師, ゐる遼河, ゐる酒党連中, ゐる鎌倉時代, ゐる陳腐, ゐる須田巡査, ゐる風景, ゐる馬子, ゐる馬左也氏, ゐる黒岩万五, ゐ乍ら, をつた人々, をらん, をるです, をるん, んでがす, んべ, 下りて, 今や大王, 他巳吉, 何とかならない, 儲けるを, 出來, 初めて書き上げた, 取つたの, 吠える, 呉れるもの, 喜んで, 大いに驚き, 奏すること, 小さな聲, 居たか, 居たさ, 居たとも, 居たにも, 居たらしい其事柄, 居たら彼, 居たわけ, 居た事, 居た位, 居た和田英作さん, 居た相, 居た筈, 居つたが, 居つたと, 居つたらそれ, 居な, 居なかつたと, 居なさるあつし, 居なさるだらうが, 居なさるだらう關, 居ましたが, 居ました若旦那, 居ますからと, 居ますに, 居ますね, 居ます今日, 居ませう, 居やう, 居らるるでありませうが, 居られたか, 居られたかも, 居られたと, 居られては, 居らを, 居りましたから, 居りましたの, 居りますさ, 居りますと, 居りまする, 居ります尤も, 居りませう, 居りませぬが, 居り御, 居り過つて, 居るお前, 居るかい, 居るかも, 居るからと, 居るけれども, 居るすでに, 居るたとへ, 居るだらうお前, 居るだらうけれど, 居るだらうよ, 居るだア, 居るであらう, 居るでは, 居るな, 居るなら一, 居るなら一緒, 居るには, 居るのね, 居るばかり, 居るまた, 居るよりも, 居るらしいん, 居るんぢ, 居るガラツ八, 居るヌエ, 居る人々, 居る僕等, 居る兄夫婦, 居る内務大臣, 居る利三郎, 居る印度, 居る史記封禪書, 居る名所, 居る國府, 居る夫子自身, 居る女, 居る姿, 居る我, 居る或, 居る所丈, 居る方, 居る朝晩, 居る様, 居る死室, 居る汝, 居る爲め, 居る番頭, 居る癖, 居る筈ぢ, 居る而, 居る自分, 居る訊いて, 居る詩人, 居る限り, 居れど, 帰らぬの, 御座らつし, 忌々しくも, 戴かなければ, 戴く必要, 改める事, 斬りかける筈, 斯くあれ, 暗號, 有甲斐, 来たが, 来たの, 来るで, 来るやう, 欲しいの, 殺せば, 無體, 甚だ心外, 疑なく, 直ぐ探し出す, 知らぬふり, 素知らぬ振り, 置かなければ, 置き度, 置く方, 見ても, 話し合, 諸他, 造りたらば, 遣ふを, 面白く思つた, 頂くため, 驚いた程

▼ 知~ (471, 5.2%)

132 ている 57 てます 36 ていた 27 てる 17 ています 11 てるに, てる者は 10 てるで 9 てるの 7 てるよ 5 てくれ, てくれる 4 ているだろう, ておく 3 てい, ておい, ております, てるのよ, てる人に, てる人は

2 [19件] たりした, たんだい, ちやゐません, ちやゐる, ていない, ているでしよう, ておりました, てしまふ, てほしい, てゆく, てるだ, てるよと, てる人が, てる人だ, てる位だ, てる者が, てる通りあの, てる通りだ, てる通り筆屋の

1 [80件] たちゆて, たらしく大, たりあの, たりする, たり何處, たり又は, たり火, たり知らせ, たり結婚, ちやあ, ちやゐない, ちやゐねえ, ちやゐまい, ちや助けられない, ちや居, ちや居ないだらう, ちや居なさらない, ちよるい, ていたた, ていただきたい, ていたろう, ていなかつた, ていなけれ, ていらしつた, ているであろう, ていれ, ており, てこ, てしまふなら, てしまへ, てつ, てみる, てるお, てるおれも, てるが, てるは, てるも, てるよあの, てるよそれで, てるよそんな, てるよちやんと, てるよちよいと, てるよ名人だ, てるよ稻葉屋さん, てるよ綺麗な, てるカナエの, てる一緒に, てる人かい, てる人かと, てる人たちが, てる人で, てる人の, てる人も, てる例の, てる家が, てる沢山の, てる独逸人の, てる知つ, てる者でなき, てる者とまでは, てる者なら, てる者に, てる者の, てる者も, てる通りあんで, てる通りいろんな, てる通りかの, てる通りこの, てる通りぢや, てる通りの, てる通りエジプト煙草を, てる通り人の, てる通り僕は, てる通り孫の, てる通り若い, てる通り蓮華寺とは, てる通り餘裕の, て頂きたい, でゐる, とらにや

▼ 知つた~ (346, 3.8%)

31 ことぢや 20 ことで 109 ならば, やうな 8 ものは 6 かぶり 5 ことか, だけで 4 からである, か振, ことは, し又 3 か振り, ことだ, やうに, んだ

2 [23件] からだ, がそれ, ことかい, ことの, であらう, といふこと, といふの, ときおち, とすれ, と云, と言, と言つて, なら, のであつ, のでせう, ので男, ものが, 事か, 以上は, 抑, 限りでない, 限りでは, 限りの

1 [169件] あの皺がれ声, お春, かということ, かといふこと, かどう, かもし, からで, からであらう, からです, からといつ, から久しぶり, から今, から君, から安心, かを考え, か又, か知つた, か知り得た, か解らない, がこの, がそれにしても, がぢ, がどの, が何だかもう, が其頃, が喉頭癩, が子供たち, が尚, が彼, が曇つた日, が杉村, が歸, が江南, が荒立てる, が陶器, けれども黒猫, けれど自分, ことが, ことさては, ことだらう, ことでした, ことです, ことでない, ことで無い, ことを, ことを以て, この親父, この足, ころの, ころ四年前それは, こんで, そして鼎軒先生, その場合, その男, ぞ, たとへば私, ための, ため私は, ため里子は, だけです, だけでも大した, だけで胸, だけ何彼, つもりの, でせう, という証拠, といひ, といふだけで, といふだけ悟り, といふばかりで, といふ事, といふ人, といふ大根, といふ程度, ときに, ときには, ときは, ときむんずと, とき太田は, とき彼は, とき彼女は, とき文子は, とき直ちに, とき翁は, ところに, とでもいふ, とは日日, とも云, とも言つて, と云つて, と共に厭, と切り出し, と南洲, と思うた, と自信, と見え, と話し, ど人, ならお前達, ならどんな, なら君, なら是非安市城, なんてほんとに, にし, にすぎない, にち, に相違, のかい, のかね, のぢ, のでこの, のでそれ, のでまあ, のでもう, ので格子, ので毎年, ので法諡, ので私, ので青銅器時代, はじめな, はづみ, ばかりだ, ばかりである, ばかりに殺された, ばかり人気俳優沢田正二郎君, ふりを, ほどです, もの, ものか, もので, ものに, もの故, やうで, やうです, やうな知らない, やうな知らぬ, よ, より前, より外, らしいの, わけで, わけである, んじ, んで, んです, 一方は, 主水, 事かね, 以上そして, 以上作者として, 以外に, 偽らざる母性愛, 其の氣, 大ちやん, 大廣間, 実に最初, 小徑, 尤もあの, 常夜, 思ひが, 振を, 新龜, 未だ見た, 深い消せない思ひ, 為人を, 程である, 第一夜, 見得, 譬へば名

▼ 知つてる~ (276, 3.1%)

26 かい 12 んだ 109 のは, んです 76 ことを, 筈だ 5 くせに, ものは 4 ことが, さ, だけで, のか 3 だけの事, な, のが, ものが, わけだ, わけぢや, 筈は

2 [24件] かも知れない, から喃, が, が店, ことだ, ことは, ぜ, だけでも五人, だけを皆んな, つもりで, と言, のだ, ので, のです, のやろ, ものだ, ものです, わけで, わけは, んだい, んだろう, 奴に, 筈ぢや, 筈です

1 [96件] かいお前, かいそれ, かぎりどの, かもしらん, かもしれない, から, からいざ, からさ, からね東京, からもう, から君, から大, から恐ろしい, がそれでも, が塩町, けどちよ, けど言, けど鼻, けれど, けれども日本, けれど短く, けれど言, こと, ことで, ことです, ことと, ことに, さうだ, さうでございます, さそれ, し彼の, ぞ, ぞ夜, ぞ森, ぞ貴, だけだ, だけでも五六箇所, だけでも唐澤, だけで宜, だけにとても, だけのこと, だけの名前, だけを話し, だけ話し, だけ道, と, ところだ, ともお, ともこいつ, ともな, とも公儀御用, とも武家相手, とも私, とも評判, とも長者町, と云, と云ふから, どころぢや, どころの, な君, ね誰, のかしら, のでぢ, ので久しぶり, ので仲間, のね, のねえ嫌, ばかりだ, ほどに中, ものを, もんか, やらで, わけじ, わけはねえ, んか, んだらう, んぢや, んでしよう, んなら, 事は, 事も, 事見た, 奴が, 奴等かも, 或女, 或文學者, 所だつた, 私です, 筈が, 筈ぢやあない, 筈で, 筈よ, 者か, 限りの, 限り余り仰向けに, 頃は

▼ 知つたの~ (219, 2.4%)

52 である 14 です 118 だが 4 はおれ, はその, はまだ

2 [11件] かその, ださうだ, だつた, であります, であるが, でした, では, はそれ, は人, は今, は最近

1 [100件] かあ, かさらに, かな, かね, かもう, かも知れません, か半身, か彼, か聞き, か芥川, がこの, が第, だから, だけれど, だらう, であるし, であると, でございましよう, ですが, ですよ, でなければ, と香, にネメジス, はお, はかなり, はこの, はすみ子夫婦, はずつと後, はその後五六年, はちやうどこ, はつい, はほか, はツイ一, はツイ近ごろ, はパリ, は七八年前, は三日目, は二十七日, は二十六歳, は五六日, は余程, は佛蘭西, は八五郎, は八月十六日, は勿論余り, は單純, は四十, は多く, は大正十四年, は子供, は実に, は宮戸座, は實, は寺, は島中, は巴里, は廿一年, は彼, は恰も, は恰度取手, は悉く, は意外, は感, は斯く, は明治三十三年, は明治十四五年, は昨年, は昨日, は最早, は本所, は此, は渠, は滿十四歳, は爾来, は画家, は私, は自分, は自然, は西暦十三世紀, は近頃, は金澤蒼夫さん, も, もあと, もその, もそれ, も今, も佐野次郎左衛門, も八百屋お七, も加野, も原田甲斐, も国定忠次, も妲妃, も昨夜, も果敢ない, も此頃, も殆ど, も祐天上人, も變ぢ, も髪結, らしい

▼ 知~ (189, 2.1%)

10 の世界 6 すると, するもの 4 するため 3 したの, する, するあらゆる, すること, するの, する通り, せられると, のうち

2 [12件] が存する, されること, するから, するところ, する一切, せられた觀念, せられるところ, のすべて, のない, は疑, を有する, を磨く

1 [115件] からのみ由來, から悟性, から逸らせない, がそこ, がつねに, が半ば目, が問題, が單, が外的實在, が朦朧, が鈍る, されず知覺, されて, されないそれ, されるの, しこれら, しそして, したもの, した後, した觀念, して, しないといふ, しない何もの, しなかつたこと, し何等, し得ぬ極めて, し得るのみ, し更に, し理解, し能, するすべて, するだらう, するとき我, するに, するので, するのみ, する何等, する如く單, する如く私, する或, する故, する筈, する間, する限り, せられそして, せられたもの, せられないこの, せられるもの, せられるやう, せられ得ないといふ, でなくて, でなければ, と同時に, と要求, なき敵, に, にある, においてロック, において事物, において何, において現, において與, にた, にとつ, によつて, に二つ, に代, に依存, に寄與, に從, に照, に關, のこと, のほか他, の側, の刺激, の力, の喪失, の多, の如き, の恃, の明證性, の發展, の能力, はむしろ一層, はもちろん, はもとより, は有限, は本, は極めて, は欺かれ, は無意識的, は私, は私自身, は統一, は視, は言, もおよばぬ, も自我, や記憶, よりもいは, よりも言, をすら逸し, をば賦與, を何等, を作り出す, を失つた一種, を失ふ, を恰も, を明, を有し得ない, を物, を神, を開拓, 若しくは感覺

▼ 知~ (123, 1.4%)

3 の光, をし 2 である, と運命, のある, のよろこび, の実, の悲しみ, の明る, を借り, を絞っ

1 [99件] あるもの, ある態度, ある被, があっ, があり, がある, があれ, がすべて, がない, がほしい, が浮びません, が潜在的, が確か, が苦々しい, じゃねえ, だと, だという, だな, でねえと, では, でひと, で俺, で日取り, というもの, との実, とはかけ離れた, とはそんな, とは千偏一律, と云, と剛情, と力, と勇気, なしを, なりに俟, なん, にあらず, にかけては天下, については自分, について書いた, により, に導かれ, に帰る, に若かない, に過ぎぬ, のつや, のまじりあった, のみで, の働き, の叫び, の女神, の始, の巣, の感じ, の成果, の木の実, の着物, の言葉, の足らぬ, の足りない, の輪, はまだ, は二重, は借りず, は寧ろ, は有名, は民族, は第, ふかく順応, への愛, もあり, もなかっ, も出なかつた, も平次, も忘れ, も決心, も私, も足らず, や力, や評判, や運命, よくこの, をよく, をわが, を保護, を借りた, を働かせ, を働かせなく, を出しました, を受けたる, を役立てはじめた, を忘れた, を拝借, を持っ, を振りまい, を求めし, を現し, を貸し, 御力, 附ける奴

▼ 知~ (112, 1.2%)

3 念, 明あり, 明ある, 道を

2 [11件] ことを, 三腹の, 働きを, 命より, 念を, 持主は, 明が, 無知への, 眼には, 道は, 願ひ

1 [78件] ないかかし, なすべきでないことわり, はなはだしきもの, 一種なり, 上に, 不思議な, 事に, 五人で, 人に, 人には, 体なりと, 作用のみを, 働きである, 働きと, 働きも, 働く場合, 光明を, 命, 命は, 命次に, 問題として, 問題は, 問題も, 基である, 境, 境遇すなわち, 声なれ, 外の, 大なる, 夫である, 娘なり, 子で, 学であっ, 実を, 室に, 室は, 形而上学的原理, 形而上学的原理が, 形而上学的原理と, 心を, 性質について, 恋の, 意味ある, 意志が, 意義を, 戦, 持ち合せ, 方は, 方面の, 明なき, 明の, 末頃から, 来たとき, 極点である, 深義, 特典と, 病気が, 相対性について, 神は, 祭かねて, 範囲だけより, 結果を, 習得に関するので, 至らざるを以て, 術で, 術では, 術となりの, 術の, 術木遁その他の, 要求に, 重臣犬塚純則の, 開発という, 限を, 限界について, 陣所と, 離脱は, 顔も, 飛び揚がりもの

▼ 知~ (103, 1.1%)

14 居る 6 居るから 5 居ながら, 居ると 3 居て, 居るの, 居る者 2 おる通り, 十万銭を, 子を, 居るけれども, 居るので, 居るのに, 居る人

1 [50件] いたらまた, いますけれども, いますワ, いようか, いるけれど, いるだろう二点, いると, いる医者, いる所, そうして攘夷, まくる事, 他を, 來た, 其情を, 同時に砲術, 始めて是, 居たから, 居たの, 居つたと, 居は, 居ます, 居ますが, 居ますと, 居ますはい, 居ます其上, 居るからと, 居るが, 居ること, 居るその, 居るぞ, 居るだろう女, 居るならん, 居るもの, 居る仏英, 居る佐野常民その他, 居る何処, 居る捜せるなら試み, 居る文字, 居る早速, 居る有益, 居る真空, 居る知, 居る途中, 居る金持, 居れば, 情交ある, 我が尻, 知らぬ風, 糸の, 置度存候

▼ 知~ (71, 0.8%)

3 亡う, 働かす人 2 もって, 有たず, 誇らざる者, 誇らず風, 辱う, 養い知, 養うこと

1 [51件] しない調子, すると, するといった, わざと蚊帳, チョット物蔭, 主と, 主将と, 主座に, 伸ぶる, 備へ, 働かしその, 働かして, 働かし得て, 働かし情, 働かすと, 働かす具合, 働かせるため感覚的, 働かせるとき, 先生に, 克服し, 免れず拙, 割り情, 反映する, 受け鼎石, 含むの人, 好んで, 委ねるの, 得て, 怠けさせまいと, 持った貞子, 揚棄せね, 書くと, 有つ, 求むと, 求める心, 火に, 知らない者, 研き詩, 破する良薬, 絶する, 耳に, 脱すべきか, 脱する道, 致すは, 蒙るは, 藩主に, 説く点, 越える世界, 辱うし, 開かずバ, 離れた所知

▼ 知~ (70, 0.8%)

5 に, にと妹 2 でや人, といふ氣, など, にただ, へがな

1 [50件] からますます, であり, であること, でこそ仏, でやあらん, でやもはら, でや夏, でや雪, でゆめ, で人, で出せし, で参らす, で土鼠土, で売り, で天上, で契り, で家, で帰来, で手, で昇り降りせし, で泣く, で聴水, で行く, で行合, で過ぎけり, で過ぎし, で門, といふやう, といふ不安, といふ樣, といふ風, と弥生子, と思, などとため, などとも思ひました, などとも考え, にい, にさ, にす, にぼんやり, に侵す, に我が, に極まり, に極り, の, の力, は知る, を云, を容れ, を探し求め

▼ 知~ (53, 0.6%)

2 美の, 美を

1 [49件] いよいよラジオ, かう言つて, かつて泉州, けろりとした, この異変, これ妄覚不知は, さらに一, その姿, その梅, それを, ただ遜る, どうもごまかし, 一向樹, 不思議な, 世間の, 他に, 他人に, 依然として知らぬ顔, 兄の, 其の時々, 切腹した, 力である, 大ゲサ, 家に, 尊くとも, 常に人, 思ひあまつて, 悉く彼ら, 愛の, 果して創る, 気の, 消えぬごとくに, 無心より, 無知に, 特にすぐれ, 理解や, 真を, 知にすら, 知の, 美称なり, 腰に, 花の, 茶器の, 貧乏者の, 進むの, 過ちを, 遽てて, 酒盃を, 銚子の

▼ 知つた人~ (47, 0.5%)

4 に逢 2 からだ, があるなら, の事

1 [37件] がああ, がゐる, が來, が出来ました, が埋つ, が少く, が左傳, が本町, が来る, が沢山, が西行, が見, だらうかと, でなければ, でもある, で歩兵見習士官ゴロロボフ, にでも会, にでも逢つたの, にでも遇, には訣りきつた, には逢, に会, に会わず, に會, に顏, のなかつた, の影, の情, の教, の顔, はいくら, はとかく, は彼, まず秋川家, も往々, を訊ね, 知らない人

▼ 知する~ (46, 0.5%)

6 ことを 3 を得 2 ことが, にあらずし, の具, 法は

1 [29件] がごとし, がゆえに, こと, ことであります, ことといった, ことに, ことの, ことも, こと往々, ために, ための, ということ, という目的, といつ, ところとは, に此女, に由なか, のか, のである, は偶然, までに進歩, 事の, 事は, 力が, 力を, 外に, 外は, 試みを, 迷信である

▼ 知つたら~ (46, 0.5%)

1 [46件] あのくだらな, あの人, あんな事, おつ, かねてより, かの安藤, さぞ涙, そつと, そんなこと, だからゆ, どうだらう, どうで, どんなにか, どんな人, どんな契約, なか, もうすこし早く, わるい心, 下つ, 代りに, 仲間の, 何も, 何んだ, 何んな, 何故倫敦邊, 俺も, 先生来なかつた, 决し, 却つてこれを, 地方民の, 場所柄で, 宅に, 少しは, 屹度盗み出さう, 己の, 態, 早く電話, 昨夜の, 昨夜海中に, 昨日あたり二三百文ほど, 母は, 石の, 草葉の, 蟹田の, 親分も, 試驗前だ

▼ 知~ (44, 0.5%)

4 して 2 劣る民衆, 奢る間, 高ぶるから

1 [34件] あらず, ある野菊, なって, よりても, 乏しくし, 乏しく情, 任せ達者, 余る, 候うべし身不肖, 充ちて, 先だつて, 内在する, 出るなり, 判かれたる, 勝るから, 叛かれたる, 告げて, 執するなら新た, 堕するの, 妨げられると, 始まって, 属す, 属せず, 拘わる者, 於て, 止まり得ないであろう, 止まる勿, 止まる者, 止まれと, 活きる者, 落つるなり而, 見えた, 進み知愛, 關し

▼ 知~ (42, 0.5%)

8 ている 3 ていた 2 たこと, てい

1 [27件] たか, たから, たな, たなら彼, たの, た事, た事ちゃ, た頼春, ていなかッ, ていね, ています, ていよう, ておい, ておけ, ておる, てて済まない, てます, てらねえ, てる, てるつもり, てるなあ, てるの, てるはず, てるよ, てるよう, てる通り母君, とるし

▼ 知恩院~ (42, 0.5%)

5 の鐘 3 の境内 2 の光厳, の前, の大, の阿弥陀二十五菩薩来迎像, の阿弥陀十体像, の阿彌陀二十五菩薩來迎像, の阿彌陀十體像

1 [20件] である, にある, に入っ, に残っ, の, の住, の内, の処, の勅額, の定, の寺侍, の所化道心様, の本堂, の裏山, の説教, へはいる, へ寄附, や本願寺, や百万遍, を訪うた

▼ 知~ (41, 0.5%)

2 はある, もない, を頼っ

1 [35件] から借り, があった, があります, がある, す, だが, でもある, でもござろう, といえ, など, にはあらで, に患っ, に方向, に至る, に辿り往く, に静養, のところ, の人, の家, の少い, の店, の江戸, の結婚, の者, の言, の許, の門口, の間, の顔, はない, もなけれ, やが其辺ぢ, をもっ, を尋ねた, を訪ね

▼ 知世子~ (38, 0.4%)

2 が入っ, と誰, のほう, の顔

1 [30件] がいない, がかわいそう, がふい, が大きな, が最後, が気がつき, が泥酔, が立っ, が飛ん, とフェルナンデス, にとられた, のところ, のよう, の二人きり, の手, は, はあげた, はええ, はべつ, は健康, は利口, は匆々, は奥, は疲れた, は美容師, も事務長達, も美しい, をひきわたし, をむこう, を傷つけず

▼ 知つてるだらう~ (34, 0.4%)

133 と思ふ, ね

1 [15件] あの館野, が今度, が榮三郎, が羽黒天海, が聖書, が薄暮合, が近頃縁日夜店, がS子, ここでくは, と思つた時, と私, なお, 包み隱しせず, 戀患ひ, 文科だ

▼ 知つとる~ (33, 0.4%)

2 か, ぞ, のは, よ

1 [25件] から, からだ, からな, か知らない, がなそん, くせに, ことです, さ, しみんな知, ぜ, だけの経文, ぢやらう, つもりだに, な, の, のや, のやつ, はずだ, わい, んだ, 程の, 筈じ, 腕一本脛一本の, 通り中根は, 通り僕自身の

▼ 知~ (33, 0.4%)

4 理を 3 理の 2 意との, 理は

1 [22件] あり今, あるは, いうて, いえる人, いひ悟道徹底, 云うもの, 云った, 内的経路との, 切り離された所知者自身, 勇気とが, 唱へ, 徳とを, 成って, 所知との, 所知とを, 無知との, 無知現世の, 申事ニ相成, 神に対する, 行とが, 訓んだ, 誤認し

▼ 知つた事~ (31, 0.3%)

16 ではない 4 を申し上げる

1 [11件] つちや, であるが, でそれ, ではあるまいで, では無い, の喜び, はなかつた, は山中, やあれ, よりももつともつと, を悪い

▼ 知~ (30, 0.3%)

2 の幽霊, の霊, の首, を見た

1 [22件] が二つ, が拠っ, が能衣裳, が髪, によつて, に屈伏, のため, の両, の卿, の大, の子六代, の幽, の引島城, の悲痛, の隈, の顎, はそれほど, は矢張り, は絶えず, は遠く, をつとめた, 重衡等

▼ 知~ (29, 0.3%)

2 て百発百中

1 [27件] あるいは眼, がたい聖なる, がたくひろがっ, これに, その所在, それからと, ていた, ておる, てただ, てはなりません, てゐる, て人, て居られた, て居る, て置く, て起こる, ながら忍ん, また一方, 一二の, 世人また, 反省自重せし, 吾大君と, 居たる, 得可き, 遠方の, 重擔, 難き分ならずや

▼ 知~ (27, 0.3%)

2 自然の

1 [25件] あったらあれ, さえないで, その作, その美, たし, たしとこそ, まだ不十分, マユミを, 不当な, 主たる時, 來て, 入るかの, 出來, 前に, 力盡き, 夭した, 女の, 常に審判, 彼に, 或る, 来ると, 欲する前, 歿した, 無心の, 進まないの

▼ 知つた時~ (23, 0.3%)

1 [23件] どんなに口惜し, にかくれ, にすぐ, にそれ, になに, にはその, には思はず, にもおち, にも私達, に僕, に汚, に神仏, に自分, の, のキミ子, の彌, は一つ, は何となく, は少し, は渠, 又自分, 大打撃, 諦めの

▼ 知~ (19, 0.2%)

2 は相沢家

1 [17件] が鍵屋, といふ人物, としては腹, との間, にどんな, には法律, の味方, の子, の顔, は二十年前, は今, は先代, は入籍, は四五里先, を三百代言, を入籍, を嫌つて家

▼ 知らい~ (15, 0.2%)

6 でか 4 でどう 2 で何 1 でありましょうかい, でいか, でなる

▼ 知情意~ (15, 0.2%)

2 の三

1 [13件] などのごとき, などは少し, なる我々, のごとき, の三つ, の三作用, の三種, の三者相, の作用, の働き, の別, の諸, は表面一方

▼ 知~ (14, 0.2%)

5 てゐる 2 た, てるぞ, てゐた 1 たの, ていらつ, ての通り

▼ 知嘉姫~ (14, 0.2%)

1 [14件] が長屋, そのひと, だったよう, との縁, なら平気, にめぐりあえる, に眼玉, の才覚, の消息, は, は日増しに, ほどの容姿, らしい, を売り

▼ 知つた顔~ (13, 0.1%)

1 [13件] がみえ, が並ん, が二三人, である, です, でもなかつた, といふ気持, に合わず, に挨拶, の半玉, は一人, を探す, 聞いて

▼ 知つてそれ~ (13, 0.1%)

1 [13件] がどの, に気, に續, をそつ, をできるだけ, をどう, を一杯, を助け, を庇つて, を毎朝, を身, を避ける, を雜誌

▼ 知~ (12, 0.1%)

1 [12件] か否, すか, といふの, と云う, のは, ものでない, 事ちゃ, 事の, 家で, 時猶, 民は, 者で

▼ 知つた者~ (12, 0.1%)

2 は手 1 が幾日, が楊弓, でなければ, なら誰, には顏, には顔, に与, のみ有らう, の末期, の鼻

▼ 知つてら~ (12, 0.1%)

5 つし 31 あぼく, な, なそら, な俺ら一日

▼ 知~ (11, 0.1%)

1 [11件] があつ, が同志, と明し, によって中, に後, に来, に来た, に行った, むと欲し, 判事や, 可申上

▼ 知~ (11, 0.1%)

1 [11件] が価値必要, 事とて, 事は, 人には, 小歌は, 程です, 者ども, 者なれ, 間に, 顔にて, 馬鹿ものと

▼ 知らん間~ (11, 0.1%)

2 に身代 1 にそれ, にたんと, にひつくり返, にポケット, に兄弟, に大いに, に年, に晩, に眠っ

▼ 知~ (11, 0.1%)

5 の史通 1 が修史者, である, の説, の議論, はむしろ, は自己

▼ 知死期~ (11, 0.1%)

2 に近い, の苦しみ 1 か致死期, のうめき, のきわ, の叫び声, の悲鳴, の痙攣, の苦痛

▼ 知~ (11, 0.1%)

1 [11件] があつ, のうち, のもの, の人, の将士, の者, は古く, は各, をたどっ, をたよっ, を求め

▼ 知つて私~ (10, 0.1%)

1 かに安心, からもやりました, が二三日前, はどんな, は二重, は思はず, は愕然, は自分, は黒川能, も驚きました

▼ 知~ (10, 0.1%)

2 の官舎 1 に化け, に送られ, に鞭打たれた, の功績, の妻, はあえて, はみずから, をつとめ

▼ 知つた女~ (9, 0.1%)

1 が生, になれるだらう, に左様, のからだ, のため, の名, の顔, はその, は再び

▼ 知つて貰~ (9, 0.1%)

1 ひさ, ひたいこと, ひたく晩年, ひ同時に, ひ度い, ふこと, ふの, へさ, へたら

▼ 知てる~ (9, 0.1%)

2 ぞ間抜めい 1 から唯, がお前さん, けどこちら, 事た, 者が, 者は, 船宿は

▼ 知~ (9, 0.1%)

2 の官舍 1 が犯罪, が處置, に送られ, の手許, の擬律, は制御, をし

▼ 知~ (9, 0.1%)

1 である或, に患らつて, の家, の者, へ遁げ, もない, を尋ね, を頼つて奉公, を頼つて翁屋

▼ 知~ (8, 0.1%)

3 の御 1 が市内浜町別邸, は新都東京, も翁, 御下県, 御手ずから

▼ 知善院~ (8, 0.1%)

2 というの 1 と申される, と申す, に侘住居, に相違, をたずねる, 蔵するところ

▼ 知つたこつ~ (7, 0.1%)

3 ちやねえ 2 ちやない 1 ちやねえや, ぢや

▼ 知つて來~ (7, 0.1%)

31 たから, たので, たらしい, てそれ丈

▼ 知~ (7, 0.1%)

2 なき者 1 あり意, なくまた, またひっきょう, 不知も, 美に

▼ 知つた後~ (6, 0.1%)

2 では 1 に始まる, の僕, はこの, は日本

▼ 知つておいで~ (6, 0.1%)

2 だらう 1 だらうか, でせう, のお, の事

▼ 知という~ (6, 0.1%)

1 ことであっ, のだ, のは, ものは, 字です, 官職を

▼ 知~ (6, 0.1%)

1 ものの, 力にたいする, 原因であろう, 奴だ, 宿の, 輝き渡る

▼ 知~ (6, 0.1%)

2 ねえだよ 1 なさらン, ねえけんど, ねえよと云, ねェや

▼ 知吉さん~ (6, 0.1%)

1 かね, といふ人, はこれ, も今, も手, を毛嫌

▼ 知~ (6, 0.1%)

2 の犠牲 1 がそれ, が物, の家臣, も持っ

▼ 知つた上~ (5, 0.1%)

1 でこれ, でさ, でなあんだ, での愛情, は仕方

▼ 知つてさ~ (5, 0.1%)

2 うして 1 へゐ, へ居り, へ與吉

▼ 知つて之~ (5, 0.1%)

1 が金人, に模倣, をい, を実行, を求め

▼ 知つて彼~ (5, 0.1%)

1 の作品, の哲学的観念, の大, は丁度, は橋

▼ 知つて自分~ (5, 0.1%)

1 から壞, が恁, が辻斬, で處理, も逃げ出したく

▼ 知つと~ (5, 0.1%)

1 つた, られるお, るこつた, ゐやすやろ, んなさるだらう

▼ 知ない~ (5, 0.1%)

1 か, がよく, でヘンなに, ワ, 其中二三年經ち

▼ 知ません~ (5, 0.1%)

1 か拙者, が少々, が老人, よと芸妓, よ第

▼ 知~ (5, 0.1%)

1 と, の両, は入れなかった, も利害, を頼った

▼ 知先生~ (5, 0.1%)

2 の塾 1 のビラ, は維新後, へも一緒

▼ 知~ (5, 0.1%)

1 で三人, の牛肉, は戦災, は旧, を超越

▼ 知~ (5, 0.1%)

1 に比する, の人, の働き, を働かせたくない, を働かせる

▼ 知~ (5, 0.1%)

1 に遇い, の答釈, は問書, は寂照, は当時学解深厚

▼ 知し得る~ (4, 0.0%)

1 が故に, マクロスコピックの, 程の, 譯で

▼ 知~ (4, 0.0%)

2 すか 1 とも, なといふ

▼ 知つた男~ (4, 0.0%)

1 だ, でも入, といふの, に金

▼ 知つてよう~ (4, 0.0%)

4 がこの

▼ 知つてん~ (4, 0.0%)

1 が俺ら壯, だね, だよ, の

▼ 知つて以来~ (4, 0.0%)

1 の彼女, はじめて小園, もう五六年, 純吉

▼ 知つて急~ (4, 0.0%)

1 にきまり, に乗り気, に元気, に思ひ出し

▼ 知との~ (4, 0.0%)

1 中間と, 區別を, 結合は, 雑り

▼ 知とを~ (4, 0.0%)

1 二分別し得る, 分離的に, 愛する, 説明する

▼ 知ら人~ (4, 0.0%)

2 の近寄る 1 をひき付けず, を動かす

▼ 知りん~ (4, 0.0%)

1 せんが, ならないから, のえな, のど

▼ 知姫様~ (4, 0.0%)

1 といいます, とご, と申し上げる, にはご

▼ 知~ (4, 0.0%)

1 だけは十二首, の法名, は定家, は父顕家

▼ 知~ (4, 0.0%)

1 が辞職, はかの, を委員長, 同委員肥塚龍等

▼ 知~ (4, 0.0%)

1 なりき, の暴挙, の院宣, を愚弄

▼ 知~ (4, 0.0%)

1 の理想, の發展, の發達, の面

▼ 知覺説~ (4, 0.0%)

1 である, であること, として特色, においては眞理

▼ 知越し~ (4, 0.0%)

1 のやくざ, の彼女, の老人仲間, の連中

▼ 知から~ (3, 0.0%)

1 来たもの, 永遠な, 生まれたもの

▼ 知すべき~ (3, 0.0%)

1 もの唯, 参考資料として, 理あるべからず

▼ 知せしめ~ (3, 0.0%)

1 たり, て以, 彼らまた

▼ 知つたる~ (3, 0.0%)

1 お浪, か, この土地

▼ 知つた事ぢ~ (3, 0.0%)

2 やない 1 や無い

▼ 知つた姥~ (3, 0.0%)

3 でお

▼ 知つた時代~ (3, 0.0%)

1 にも続い, に出, は後家さん

▼ 知つた次第~ (3, 0.0%)

1 でありますが, なの, は上

▼ 知つた自分~ (3, 0.0%)

1 で惡, の家, の幼い

▼ 知つた顏~ (3, 0.0%)

1 が流れ, だつた, である

▼ 知つての~ (3, 0.0%)

2 とほり 1 とほり上田

▼ 知つてれ~ (3, 0.0%)

1 ばいはう, ば味方, ば白状

▼ 知つて八五郎~ (3, 0.0%)

1 がいとも, にソツ, を道具

▼ 知つて其車~ (3, 0.0%)

2 に乘 1 に乗れます

▼ 知つて大~ (3, 0.0%)

1 に愕, に糸滿通, に驚き

▼ 知つて居~ (3, 0.0%)

1 なすつたんで, やあがる, やうと

▼ 知つて非常~ (3, 0.0%)

1 に惡, に驚いた, に驚き

▼ 知~ (3, 0.0%)

1 なしに, 文学に, 金持で

▼ 知とは~ (3, 0.0%)

1 一心上に, 別物である, 教育を

▼ 知なる~ (3, 0.0%)

1 ものへ, 神その, 語も

▼ 知よりも~ (3, 0.0%)

1 むしろ情, 人間が, 多くを

▼ 知らんげ~ (3, 0.0%)

21 や知らんげ

▼ 知ラナイ風~ (3, 0.0%)

2 ヲ装イ 1 ヲ装

▼ 知レナイガ~ (3, 0.0%)

2 実際ハ木村 1 近頃予ハ一日トシテ自分

▼ 知~ (3, 0.0%)

21 使古人専美於上矣

▼ 知不知~ (3, 0.0%)

1 のどこ, の中, の間

▼ 知~ (3, 0.0%)

1 した上, した後, 非

▼ 知博士~ (3, 0.0%)

1 が人並, が鉄瓶, は白鷺

▼ 知~ (3, 0.0%)

3 中佐の

▼ 知~ (3, 0.0%)

1 が現場, たり, を勤める

▼ 知~ (3, 0.0%)

1 と愛情, の念, は日本民族

▼ 知恩寺~ (3, 0.0%)

1 といへ, にある, の床下

▼ 知~ (3, 0.0%)

1 なるキリスト, には違い, をした

▼ 知~ (3, 0.0%)

1 いきなり立ち上っ, の少女時代, 黙って

▼ 知藩事~ (3, 0.0%)

1 とかわり, の前, の力

▼ 知~ (3, 0.0%)

3 拙記

▼ 知ある~ (2, 0.0%)

1 にしかず, 者力役者ら相合同し

▼ 知された~ (2, 0.0%)

1 ので, のである

▼ 知しめす~ (2, 0.0%)

1 が如く, 高天原の

▼ 知しよう~ (2, 0.0%)

2 とする

▼ 知せざる~ (2, 0.0%)

2 所なる

▼ 知せし~ (2, 0.0%)

2 むることがある

▼ 知せず~ (2, 0.0%)

1 とも知識, にゐる

▼ 知せられ~ (2, 0.0%)

1 てある, てゐる

▼ 知たる~ (2, 0.0%)

1 や天, 気色ゆゆし

▼ 知つたあと~ (2, 0.0%)

1 でも彼女, のヒロイツク

▼ 知つたかぶり~ (2, 0.0%)

1 か木村名人, に通

▼ 知つたつ~ (2, 0.0%)

1 てなんにも, て知らなくつたつ

▼ 知つた丈~ (2, 0.0%)

2 に其不安

▼ 知つた今~ (2, 0.0%)

1 の俺, の彼

▼ 知つた位~ (2, 0.0%)

1 なん, のこと

▼ 知つた初め~ (2, 0.0%)

1 だと, であつ

▼ 知つた奴~ (2, 0.0%)

1 があと, 即北寮

▼ 知つた家~ (2, 0.0%)

1 があります, もない

▼ 知つた彼~ (2, 0.0%)

1 はまた, は最近

▼ 知つた悦び~ (2, 0.0%)

1 にこの, は翌日冷静

▼ 知つた所~ (2, 0.0%)

1 によれ, のアラビア商人等

▼ 知つた由来~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 知つた言葉~ (2, 0.0%)

1 だと, で旅そのもの

▼ 知つた話~ (2, 0.0%)

2 ですが

▼ 知つた頃~ (2, 0.0%)

1 は鹿, も少し

▼ 知つた風~ (2, 0.0%)

1 の事云, の学者ぶり

▼ 知つてこれ~ (2, 0.0%)

1 に掃除, はどんな

▼ 知つてちよ~ (2, 0.0%)

1 つとその, つと驚き

▼ 知つてやけ~ (2, 0.0%)

1 の唸り声, の唸り聲

▼ 知つて主人~ (2, 0.0%)

1 の金, へ窃

▼ 知つて二~ (2, 0.0%)

1 を知らぬ, を知らぬなり

▼ 知つて二人~ (2, 0.0%)

1 に罪, の友達

▼ 知つて今~ (2, 0.0%)

1 は無い, 迄あなた

▼ 知つて何~ (2, 0.0%)

1 うかして, よりも先

▼ 知つて十~ (2, 0.0%)

2 を知らない

▼ 知つて天下~ (2, 0.0%)

2 を知らぬ

▼ 知つて安心~ (2, 0.0%)

1 いたしました, した

▼ 知つて己~ (2, 0.0%)

2 れの

▼ 知つて心~ (2, 0.0%)

1 を痛めね, 躍りを

▼ 知つて気の毒~ (2, 0.0%)

1 がり典物, だつた

▼ 知つて秘か~ (2, 0.0%)

1 にその, に胸

▼ 知つて自然~ (2, 0.0%)

1 に與, の次第に

▼ 知つて芥川~ (2, 0.0%)

1 がゆめ, の家

▼ 知つて言~ (2, 0.0%)

2 はざる

▼ 知つて議論~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ 知つて貰ひたい~ (2, 0.0%)

1 そして知つて貰, といふやう

▼ 知とき~ (2, 0.0%)

1 は安危, は機

▼ 知として~ (2, 0.0%)

1 ある, 読者の

▼ 知など~ (2, 0.0%)

1 およそ二千騎, 人の

▼ 知には~ (2, 0.0%)

1 そんな銭勘定, 托されて

▼ 知によって~ (2, 0.0%)

1 無限の, 自然を

▼ 知に対して~ (2, 0.0%)

1 あるべからざる言辞, ソンナ気持を

▼ 知への~ (2, 0.0%)

1 運動である, 道である

▼ 知らめ~ (2, 0.0%)

1 や, や短

▼ 知らん面~ (2, 0.0%)

1 でかくまった, で煙草

▼ 知ら心~ (2, 0.0%)

1 の奥, の奥深く

▼ 知~ (2, 0.0%)

1 が辛棒, なすった位

▼ 知ラズ~ (2, 0.0%)

1 走リ行キ, 近頃コンナ美シイ揚巻

▼ 知ラズ気ガ~ (2, 0.0%)

1 遠クナッテシマウノデスガ, 遠クナツテシマフノデスガ

▼ 知ラズ知ラズ気ガ~ (2, 0.0%)

1 遠クナッテシマウノデスガ, 遠クナツテシマフノデスガ

▼ 知~ (2, 0.0%)

1 得ン, 自ラ特製

▼ 知~ (2, 0.0%)

1 が早速, は大袈裟

▼ 知了する~ (2, 0.0%)

1 を得, を得べし

▼ 知~ (2, 0.0%)

1 にお, のお召

▼ 知~ (2, 0.0%)

1 の赫々たる, を有す

▼ 知~ (2, 0.0%)

2 月喚人相伴洗裙裾

▼ 知~ (2, 0.0%)

1 と呼び, 昨自洛城西

▼ 知~ (2, 0.0%)

1 としてのこの, は欲望

▼ 知~ (2, 0.0%)

1 のほか, はただ

▼ 知~ (2, 0.0%)

1 として令名, などを勤めた

▼ 知情意とも~ (2, 0.0%)

1 にきわめて, にたちまち

▼ 知慧者~ (2, 0.0%)

1 から自然, でしょうと

▼ 知慧自慢~ (2, 0.0%)

1 の伊豆守, の第

▼ 知~ (2, 0.0%)

1 なり, なれば

▼ 知~ (2, 0.0%)

1 に留まる, の句

▼ 知~ (2, 0.0%)

1 大英南海辺, 大英州

▼ 知~ (2, 0.0%)

1 のあの, 温泉という

▼ 知~ (2, 0.0%)

2 に接する

▼ 知汝來~ (2, 0.0%)

2 相待久矣

▼ 知流比~ (2, 0.0%)

1 賣, 賣に

▼ 知理雄先生~ (2, 0.0%)

1 と紫先生, も紫頭巾先生

▼ 知盛憤然~ (2, 0.0%)

2 として四姓

▼ 知盛様~ (2, 0.0%)

1 それと重, やら重

▼ 知~ (2, 0.0%)

1 の輪郭, 績爲

▼ 知覺判斷~ (2, 0.0%)

1 といふの, にはこの

▼ 知郡地方~ (2, 0.0%)

1 では, のエタ

▼1* [819件]

ひらしくことば, 知いひがたし, 知ぬよう, 知さぬ程だ, 知されないものは, 知さんえ, 知ざりし珠運を, 知しあたわざるところである, 知しうべしとの信仰, 知しうるための, 知したとする, 知したら控へ, 知したる観念に, 知し召さないことが, 知し召されたいのであっ, 知し吹き去り寄せ替わる砂の, 知し得て欣喜勇躍, 知し得ず笛を, 知し得たから殘, 知し得べきもので, 知し食すが故に, 知すべからず, 知すべくもない, 知するごとき物質的の, 知する分つたかいエミル, 知する能わざるは誰, 知真の, 知ずして空く, 知ずで気の, 知せすれば好い, 知せたのです, 知せたくはない, 知せであるとは云, 知せられたような, 知せられたるものなる, 知せられることも, 知せると云, 知せ呉れんと励み立つ, 知せ申すという, 知そのものに悪, 知たなら尻尾を, 知たら決して悪事, 知たり移ろい易き, 知た振で書く, 知ちせて下さい, 知ってなはるかと, 知つくしていなけれ, 知つたいや味つた, 知つたお染の, 知つたかお品はお, 知つたかぶりして水上さん, 知つたかぶりで一押二押三押で, 知つたかぶりな顔を, 知つたかぶるので忌々しく, 知つたくらゐの, 知つたそなたとしては, 知つたつて面白くない, 知つたひとがをらん, 知つたふうな事, 知つたほんたうの, 知つたゆき子には天井, 知つたら思ひ切つてその, 知つたら生きて居られない, 知つたら逃げるんだつた, 知つたれどきけ, 知つたわたしは南圃さん, 知つたプーチヤチンはペルリ, 知つた一人である, 知つた一番はじめのこと, 知つた一筋道を歩い, 知つた上流の人々, 知つた上流階級の青年, 知つた不用意な言行, 知つた世界をひろげる, 知つた主人の五郎次, 知つた久保は屡々, 知つた事実なん, 知つた二つ三つ六つ食べた実に, 知つた人ゆゑにお気, 知つた人間のいない, 知つた今日二十年の昔, 知つた仲であり嫌, 知つた依頼者は近頃, 知つた信玄が利用, 知つた兄から馬鹿, 知つた兒童等は教室, 知つた兼家は急, 知つた利己主義の我利, 知つた医者であり一人, 知つた千恵としてはさぐる, 知つた卓一なの, 知つた博士は何だか少し, 知つた博物学の先生, 知つた友人の家, 知つた古里の肉親, 知つた同士で話, 知つた同志ではない, 知つた名前だが, 知つた咲子は怒, 知つた商豪だが, 知つた国民が藩閥政府, 知つた圓山川に灌ぐの, 知つた土地のもの, 知つた場合になつ, 知つた声だけで笑ふため, 知つた大気の関係, 知つた女性のうち, 知つた女房が帰つて, 知つた妻が急い, 知つた始である, 知つた始めに斯, 知つた婆やのお, 知つた子が通る, 知つた子規は大塚先生, 知つた室だけに先, 知つた容子を見る, 知つた康子はもう, 知つた弁護士さんにきい, 知つた彼等はその, 知つた後ここに再び, 知つた後始て十分, 知つた後彼女はその, 知つた心の平和, 知つた心斎橋へ地下鉄, 知つた恋愛の歓喜, 知つた惡智慧だらう, 知つた教養ある敏活, 知つた文學者には豫言者, 知つた方が趣味, 知つた昔の仲間, 知つた昔びとにして見れば, 知つた時おれは脳天, 知つた時どれ程白く, 知つた時一寸大変な災難, 知つた時分は氏, 知つた時彼等は妥協, 知つた時流石に驚いた, 知つた時皆んな大騷ぎをしてゐる隙, 知つた時肘を復, 知つた曉を想像, 知つた月光の明る, 知つた有名な引手茶屋, 知つた木戸を開け, 知つた栖鳳などは近頃, 知つた梅幸は菊五郎, 知つた樣子です, 知つた機會は遂に, 知つた次の日, 知つた此の中, 知つた此中年の良い, 知つた気がした, 知つた氣は紫氣, 知つた氣合だかも, 知つた渠の父, 知つた源次を殺し, 知つた燈火広告の最も, 知つた犬養氏は夫人, 知つた獨逸人の混血児, 知つた男たちでもま, 知つた男子達は聽, 知つた町だ, 知つた町長はどこ, 知つた異人は日本, 知つた看護婦だから, 知つた瞬間彼女はすでに, 知つた知人や親戚, 知つた禁斷の木, 知つた私は母, 知つた私自身は一次, 知つた程度の人, 知つた積りの処, 知つた竜角峯とか何, 知つた結果普通とは反対, 知つた義兄の大塚武松, 知つた義雄はもう, 知つた老爺であつ, 知つた而して, 知つた艶子は決して, 知つた茶店の床下, 知つた裏口へ, 知つた親の庇陰, 知つた貸間のある, 知つた賊兵は夜中山上, 知つた趙孝は早速, 知つた足は非常, 知つた車夫の善作, 知つた遁がすまい, 知つた道だから, 知つた道鏡の肉慾, 知つた還暦あるひ, 知つた重吉と數之介, 知つた野に咲い, 知つた金属だ, 知つた阿佐ヶ谷附近ならと, 知つた隠宅とはい, 知つた露助を見附け, 知つた青年代表が彼, 知つた頃小指の先, 知つた類型があります, 知つた鬼がよい, 知つた魂の所産, 知つた鮭の味, 知つつてゐる, 知つてあとは恰も, 知つてあなたの相手, 知つていやがる私, 知つておいでなされる, 知つておのづから, 知つてかんさんは迎, 知つてけつかるくせ, 知つてここへ来た, 知つてこちらをおろそか, 知つてこれ以上信頼すべき同志, 知つてしまつたからだつた, 知つてすつかり諦めて, 知つてそれ以來何となく心, 知つてたんだけれど, 知つてたんぢやない, 知つてちよいとからかつて, 知つてていはない, 知つてなほかつこれ, 知つてはりまんの, 知つてはるやお, 知つてはるえな, 知つてまさ私は唯, 知つてまんがな, 知つてよそから来た, 知つてるいふてはるの, 知つてるじやない, 知つてるだろうが裏口, 知つてるでは無い, 知つてるなら先づそれを教へて, 知つてるなら話してくれ, 知つてるますよ, 知つてるらしかつた, 知つてる言葉だけをとりあつめ, 知つてわたしは驚きました, 知つてわれらの求め, 知つてイワンデミトリチやミハイル, 知つてジヨセフのやう, 知つてチャンス至れりと, 知つてポルトガルの軍艦購入, 知つて一つは休養, 知つて一切庶物に於, 知つて一應は不快, 知つて一種悽愴の感, 知つて上水の大樋, 知つて下手人を捕, 知つて下駄を片, 知つて不信任を叫ぶ, 知つて不快な感, 知つて世の中を經綸, 知つて丸吉にもチヨイチヨイ, 知つて了ふ, 知つて了つたのだ, 知つて了つたんださ, 知つて了つてある晩私, 知つて事毎に飛び, 知つて五日の晩, 知つて交つてゐた唐氏, 知つて人に溺れる, 知つて人々が耳, 知つて人間の生き, 知つて今夜も妹, 知つて今朝も屋根, 知つて仕舞つて居るので, 知つて他の一般社会施設, 知つて以来ゆき子は富岡, 知つて以来大の日本贔屓, 知つて仰山話が好き, 知つて会ひに, 知つて何んか細工, 知つて何日なるを, 知つて候ふ, 知つて偶ま私, 知つて僕がどう, 知つて光代が, 知つて其を通つて, 知つて其意見が政府, 知つて其朱唇で笑つて, 知つて内心では非常, 知つて利右衞門を殺す, 知つて利用するといふ, 知つて勿體なく思うた, 知つて卯平は手, 知つて同郷の先輩, 知つて味噌の味, 知つて命を投げ出す, 知つて命けたものと思はれる, 知つて命知らずのヤンキーたち, 知つて啓蒙された, 知つて善作さんも強, 知つて嘘を云, 知つて噴火山へ急い, 知つて園山の家督, 知つて地下の太宰, 知つて堂に忍び込み, 知つて塚本さんがさういふ, 知つて変態な神道, 知つて多勢の仲間, 知つて天皇あるを, 知つて太宰は安心, 知つて夫有るの, 知つて奇蹟を目のあたり, 知つて妻でもお, 知つて姉娘を殺し, 知つて嫁に來, 知つて嫉妬心を起さない, 知つて宛も冒涜, 知つて密室の殺人, 知つて小夜菊は犬, 知つて小母さんがイソイソ, 知つて尺八を吹い, 知つて屋敷の内外, 知つて平次と一, 知つて幸ひ夫秀實, 知つて廊下を行き, 知つて引取る筈, 知つて強請がましい, 知つて待ち構へてゐた, 知つて後の坊主ども, 知つて後ろへ, 知つて後急に厭, 知つて御覧なされそれ, 知つて心配でたまらない, 知つて恐怖心を懷, 知つて意識的に省察, 知つて感動した, 知つて感謝すること, 知つて慄然となつ, 知つて慎重布陣両軍相対峙, 知つて手前の脇差, 知つて手前達は膽, 知つて押入を調べ, 知つて指を銜, 知つて支那人の稲作, 知つて故意に彼, 知つて救助にやつ, 知つて文字通り固唾をのむ, 知つて斯う云, 知つて新に之, 知つて日々を落ちつい, 知つて日本の当局, 知つて早や顏色, 知つて是非一日でも二日, 知つて時を待つ, 知つて曉方になつて, 知つて曲者を追, 知つて村や家, 知つて東洲齋を責めた, 知つて楊弓を用意, 知つて權八は燕女, 知つて此を避, 知つて殆んど, 知つて氣の毒, 知つて河内屋の何商たる, 知つて渠はかの, 知つて滝本は自分, 知つて父親や分家, 知つて犯罪者を藏匿, 知つて狂言身投をやり, 知つて率て帰, 知つて的實な論斷, 知つて皆が皆立, 知つて矢張り外出の仕度, 知つて知らずだのに, 知つて知らん振りをし, 知つて磯津山の賢木, 知つて空呆けてゐる, 知つて竦然とした, 知つて精神を知らぬ, 知つて糸七は一先づ讀, 知つて納戸へ搜, 知つて絲をたより, 知つて絶望したの, 知つて縁側に出, 知つて背後向きに坐, 知つて胸を張つた, 知つて腐肉のやう, 知つて自ら小松姫と名, 知つて自殺の覺悟, 知つて自由な気分, 知つて苦笑した, 知つて葉門中の食通, 知つて著述の發生, 知つて行つて見ると, 知つて衝と膝, 知つて表に立たし, 知つて見舞はれたの, 知つて觀念したもの, 知つて誰れよりも, 知つて諸平の歌, 知つて警戒したこと, 知つて買ひ取つたばかりの, 知つて身を堕した, 知つて身投げの狂言, 知つて辞世の詩歌, 知つて近所の錺屋, 知つて迷宮に入る, 知つて遺書を作つた, 知つて郷里から出, 知つて開港の意見, 知つて震原距離, 知つて面會するの, 知つて靴をなほした, 知つて領内農民の鉄砲私有, 知つて顔を固く, 知つて驚きもし, 知つて驚ろいたほど, 知つとらうがほれ, 知つとりながら何, 知つとりなさるんぢやけに, 知つとりますな, 知つとりますだよ, 知つとるえれえ学者, 知つとるじやない, 知つとるだよ, 知つとるだらう開明党の, 知つとるちふて鼻に, 知てか吾こひざらん, 知てかといふもかりの, 知てつ處でなくつちや盲目, 知ては居ぬかと, 知ても悪習既に, 知であり一切の, 知でなければならぬ, 知ではなくむしろ, 知でも情でも, 知で無き如き運動が, 知といふ坊主が, 知とか大伴, 知とが遠く推古帝, 知としての浄福である, 知なかったが, 知なかつた前は, 知ながら貴君の, 知なくても先, 知なければ駄目, 知なしかも確か, 知なんて名つける, 知においても門番は, 知にしかならないもの, 知にすら止まり得ないその, 知についておたずねしました, 知にも属せず, 知に対する探究の, 知ぬじゃ無いか君, 知ぬらが, 知ど此様, 知ねども早い者, 知のみによって生の, 知のみを対象と, 知景勝其自身に対する, 知に伴, 知ほど芭蕉の, 知よりはちと古い, 知らざあ言って, 知らざあともかくそれと聞い, 知らざったか両, 知らざらんや三千余里, 知らぢやつたかのう, 知らむわが御する, 知らむと欲するは, 知らむやうなし, 知らむ我心誇らず苛酷, 知らん間アに暗示, 知らアん顔, 知ら作つて來たとでも, 知るこつちやないげに, 知をぞ恐るべく, 知ッタトシタラ果シテ快クソレニ応ジテクレルデアロウカ, 知ッタナラバソシテ僕ガソノ天与ノ幸運ニ十分酬イテイナイ, 知ッタノハ数エ年七十七歳デ喜寿, 知ッタラ是迄, 知ッタ上デ自分, 知ッタ時ニモ彼女ハ格別ノ意見, 知ッテイナガライヤ知ッテイルガユエニメッタニソノ足ヲ僕ニ, 知ッテイルガユエニメッタニソノ足ヲ僕ニ, 知ッテイルハズハナイノダガニモカカワラズ内心郁子ヲ酔ワセタガッテイルカノゴトキ様子ガ, 知ッテイルバカリデナク自分デモ公然ト云ッテイルシ, 知ッテタンダロウミンナデ寄ッテ集ッテコノ老人ヲ騙, 知ッテ兄ガ吝嗇故ニ大層ニオコッタカラ, 知ッテ史ヲ語リ兵ヲ談ジ, 知ツたことぢ, 知ツていらしツ, 知アルヘエゲル先生ノ, 知トシテ成立セシムベキ様ノ体系知, 知元質ハ過去, 知ラザルモ難産ヤ子宮患ナラ命ヲ救ヒクレタル医者ヲバ, 知ラザル所ハ人ソレ諸ヲ舎テンヤ, 知ラザル莫キガ如クカノ政事家ノ如キハ, 知ラザレバ皆目知ラザルニ等シキ世ナリ, 知ラザレバ卑屈ノ想, 知ラシテ来タカラ飛ンデ八五郎ガ所, 知ラシメズ唯拠ラシメヨ, 知ラズニイルデモアロウガ若カリシ頃ニ遊ビヲシタ, 知ラズニ行ッタラ大勢揃ッテイルカラ様子ヲ聞イタラ右, 知ラズ修法所ノ童ガ汲ンデ用ヰタト騒イデ, 知ラズ狼藉者ガハイッテ惣領忠蔵ヲキリ, 知ラズ識ラズコヽニ永代不滅ノ資産, 知ラズ識ラズ其本分ヲ盡ス者ナリ, 知ラズ金ヲ工面シテ済マシテヤッタガ, 知ラセと云う, 知ラセズニ彫ラセルコトガ出来ル, 知ラセタクナイノデスガドウシテモコノ問題ハアナタニ解決シテモラウシカ手ダテガナイト考エタノデ急ギ, 知ラセテ下サツタ方ニハオ礼ヲ一円サシアゲマス, 知ラセテ因果ヲ含メテヤッタ方ガ功徳ニナルト, 知ラセテ置イタ方ガ都合ノイヽコトガアルノダカラソレナラ少シデモ, 知ラセニ来タノデ颯子ハ一層面, 知ラセルタメニ電車通リヲ北側ヘ渡ッテ, 知ラナイウチニ盗ミ読ミサレルゾモットホカノ方法ヲ考エロ, 知ラナイガアトデ聞クト餘リ嫌味ヲ云ワレタノデ却テ颯子ガ反撃シタ, 知ラナイガアノ通リスルガオレハ生レナガラ御旗本, 知ラナイガ他人ノ前, 知ラナイソノ晩ノ十時, 知ラナイ且私ハ専門外デアルカラソノ可否ニツイテ立チ入ッタ意見, 知ラナイ奴等ノ仕種, 知ラナカッタウチヘ帰ッテモ三日ホドハ咽喉ガ腫レテ飯ガ食エナカッタ翌日皆ンナガ尋ネテ来テ兵庫ガウチノ様子ヲイロイロ, 知ラヌぢぢい哉ト横目ニテ, 知ラヌト見エル, 知ラヌマデニ僕ヲ狂気ニ導イテイルノデアル, 知ラヌ兄ヲ持ッタガ私ガ不肖デゴザリ升, 知ラヌ内ヨリ大キナ盛ンナ句ノヤウニ思フタノデ今日, 知ラヌ奴ダカラ講中ヲバ抜ケルカラソウ云ッテクレロト云ウタラ大頭伊兵衛橋本庄兵衛最上幾五郎トイウ友達ガ尤モダガセッカク出来タノニオ前ガ断ワルト, 知ラヌ弱ク優シキ者キミヲ畏敬シ, 知ラヌ者ハ人ガ馬鹿ニスルヨウニナリマシタカラコノ如クニナルト最早世, 知ラヌ誠ノ無, 知ラヌ間ニ早クモスギル幾十里, 知ラヌ間ニソンナ写真ヲ撮, 知ラヌ顔シテ居タラ直ニオレガ, 知ラヌ顔デカマワヌガイロイロ, 知ラネバ何分ニモ見当ラズ唯怪, 知ラレタルトコロニシテ例エバ奈良唐招提寺金堂ニ保管セラレアル千手観音立像ハ四十臂ヲ有, 知ランガタメニ修行シテ時節ヲ送, 知ラント欲セバ之レ, 知ラ何ヲタクランデルカ知レタモンジャナイ, 知リタレドモ祈ルコトヲ職業トスルモノハ一人モコレ, 知リテ其一部ニ源因ヲ施セバ他, 知リモシナイPQ病院ノベッドナンカニ運バレテドンナニ偉イ博士タチカハ知ラナイガ, 知リ且又之ヲ結構, 知リ之ヲ結構, 知リ合イト見エテ仲, 知リ天変ヲ覚ル, 知リ己ヲ知ルトキハ百度戦ッテ百度勝ツ, 知リ支體ニテ覺エテ寒熱疎密軟硬方圓等ヲ知ル, 知リ淺劣自ラ揣ラス篇中海上ニ關スル事ハ君, 知リ耳ニ聽テ聲ヲ知リ, 知リ舌ニテ味ハヒテ味ヒヲ知リ支體ニテ覺エテ寒熱疎密軟硬方圓等ヲ知ル, 知リ記性ニテ認メタル物ニ就テ其源由ヲ推ス上ニ, 知リ項羽ガ天下ヲ失フノ結果ハ, 知リ風雨ヲ知リ天変, 知リ鼻ニ嗅デ臭, 知ルガ如キ又馬ニ騎リ, 知ルコトアラバ又此碑, 知ルコトヲ得乃至, 知ルコト能ワズ唯仏ノミ窮了ス, 知ルトイヘトモ改テ知ルト云事スクナクタトヘ知ルトイヘトモ江水ノ流, 知ルトイヘトモ江水ノ流, 知ルトカンカンニ怒ツテ, 知ルトコロニ非ズ, 知ルト云事スクナクタトヘ知ルトイヘトモ江水ノ流, 知ルナシ色ハ紫デ気ハ香バシク, 知ルニ由無シ, 知ルニ至リシモ亦自然, 知ルノガ恐ロシイノダ, 知ルベシ此ノ四菩薩, 知ルヲ得ト雖モ古物遺跡ヲ基礎トスル時ハ更ニ精ク追想スルヲ得ルナリ, 知ル上ニ在リ, 知ル事能ハズト雖モ北海道ト本州ノ大, 知ル可ラザルノ説ヲ信ジテ以テ悉ク己, 知ル可ラズ誤未, 知レズイロイロ, 知レズソノ後オレガ諸国ヘ行ッタ時, 知レナイカラツイデニ行ッテ見テ貰オウッテ云ッテルノサ, 知レナイカラ頼ンデ見, 知レナイガデモソノ妄想ヲ僕ハ無理ニモ信ジタカッタ, 知レナイガネテヰタラ僕ヲオコサズニオイテソノママ, 知レナイガモシ本当ニ悪人デアリ, 知レナイガ自分デハ若イ二人, 知レナイケレド浄吉叔父サンニ怒ラレヤシナイカナ, 知レナイソレヲ思ウトウッカリ戦端ヲ開ク訳ニ行カナイ, 知レナイトイウ不安ハ今モナオ, 知レナイト云ワレタ時附添イノ婆サンヤ佐々木ハ顔色ヲ変エタガ, 知レナイト考エテ特ニ念ヲ入, 知レヌ故ニ, 知レヌカラ帰ッタソノウチ大兄ニ近親共ガ来テ相談シテオレニ当分林町ニ居テクレロト云ウカラ毎晩毎晩泊ッテ居タ昼ハ用ガ有ルカラウチヘ帰ッテイテソノ月ノ二十五日ニ, 知レヌカンジンノ旦那ヘハ不忠至極ヲシテ, 知レヌガオレハ好運ダト見エテ, 知レヌ命見ツメ, 知一度やつて, 知不知不言不語, 知不足斎叢書に収, 知誰人玩, 知世子さん安部を一人, 知世子自身生涯に使いきれぬ, 知鎮台, 知丸碧海賛平の輩, 知乃至心理学が, 知将無, 知了すべきのみ, 知予定するは, 知二家之別, 知亞女姫御前よ妃, 知を辱, 知仁勇の徳, 知も浄瑠璃, 知今舎衛城にあっ, 知年不再, 知となる, 知佳麗也虚名従今不作繁華夢消領茶煙一縷清, 知信副使津田信勝のふたり, 知偶合俗説再生妄想癲狂その他諸精神病, 知偶合俗説再生癲狂その他諸精神病, 知偶合再生俗説癲狂その他諸精神病, 知偶合等の類, 知の, 知公一噌要三郎と記録, 知公京都へ御, 知公綽の無欲, 知の由良之助, 知其人有如此之藝能, 知其名不虚, 知其為人且学之広博, 知兼ねそなわった名判官, 知別岳を後方羊蹄, 知制度と道徳, 知前身又何, 知医黌の医学教諭, 知十翁が, 知半解といふやつ, 知参事より年寄, 知及曾子の有若, 知叢書の中, 知叢書帝国文庫などの翻刻物, 知叢書帝国文庫等の飜刻物, 知叢書百万塔の如き, 知君報国満腔気泣対神州一片秋の句, 知君饒好句, 知否吾家遺法在, 知について歌道, 知周到に驚異, 知唯四人曰迂斎東渓南陵石崎士斉而南陵未及読其作, 知の, 知善能の金, 知善院寄留の青嵐居士, 知というの, 知嘉姫さまという, 知國家哀汝故鄭重賜汝好物也, 知國者也尓建内宿禰白恐我大神, 知といふジャズ青年来訪, 知地季盛がこの, 知地正治野津七左衛門の率いた, 知坊・行珍坊以下名もない, 知天命に近から, 知天皇が大命ら, 知太夫の三千歳, 知太政官事の職, 知太郎氏が, 知奈波といひ, 知姫自身の美し, 知安氏とその, 知安行の聖人, 知とし, 知宗昭も如信, 知を使い, 知定院と言亡父, 知定院殿が大権坊, 知客典座の役, 知家朝臣の歌, 知察した泰軒われから, 知の燈台守, 知州岑瑛のところ, 知計値春繁, 知幾宋代の鄭樵, 知幾年壮心一片老逾堅, 知幾程初看, 知府姚善翰林修譚王叔英翰林王艮淅江按察使王良兵部郎中譚冀御史曾鳳韶, 知度さに便所, 知弖劔大刀許之爾等里波伎, 知弖都加倍之官, 知張皀旗等を失う, 知此夜, 知後藤宙外泉鏡花および我, 知従来不巧機, 知の友, 知心人心を探る, 知心言換えれば, 知という幼童, 知恩院あたりの景色, 知恩院古門前南禅寺あたりの豆腐, 知恩院境内の源光院, 知恩院大仏などへ行っ, 知恩院太極殿それからずつと疏水, 知恩院聖護院勧修寺あたりの寺, 知恩院金閣寺拝見がいや, 知情意合致の悲痛, 知意融合の状態, 知なく勇怯, 知愚利鈍に応じ, 知に進む, 知感ずるに余り, 知語れり, 知慧ざかりじゃない, 知慧なぞといふもの, 知慧分別の純, 知慧判断行動で守り, 知慧愛皆無限なり, 知慧村の人情, 知慧民衆中最高の文化, 知慧熱というの, 知慧豊富と云, 知我者北方に一両公御座候事, 知我麻祠の前, 知になっ, 知の始, 知政事の梁粛, 知是ヲ, 知などほか, 知教教円の二僧, 知教育に流れ, 知教遊雅円観など, 知の東夷周覧, 知の謂, 知新流の手裏剣, 知昆伎伊波と馴, 知是何人旧詩句, 知退, 知更雀を駒鳥, 知有識の境, 知村あたりからも人足, 知村市近河浜, 知栄ぼんやり庭をみ, 知根神何村さいは神何村殿内神, 知歇林を飲ませ, 知と竹崎氏, 知泊りそれから長良川, 知波浪無辺地, 知波里トシテアルヲ古名録ニ益母草苗也今名めはじき, 知に而午支度, 知津駅迄下り坂, 知気力, 知清水半次郎長知公一噌要三郎と記録, 知免登里七笑顔当世姿御, 知源寺摂津国町又二郎町, 知乃至魂神者, 知無き人の, 知無量の徳, 知無量寿の体, 知すべきこと, 知熟している, 知爲眞の認識論, 知狂浪衝峡路終宵風雨暗船窓, 知と諡, 知申上候事に御, 知病院の副長, 知白君と一緒, 知皇子尊之皇女也, 知皐陶伯益之後將繼稷契禹而代興也惟王變而覇道徳變而功利此運會所趨即祖宗, 知盛以下二十人ばかりの小さな, 知盛以来わたしはこの, 知盛卿などの戦, 知盛卿小船に乗つ, 知盛教經の二人, 知盛維盛忠度敦盛など一門, 知と交わす, 知した人, 知県なにがしが赴任, 知県様はやっぱり, 知県衙門のある, 知を開ききたり, 知知らなかったお綱, 知碌碌読書愚欲扶後進開文運再上航西万里途, 知礼師に就い, 知礼法師に示し, 知積院の草花, 知箱根沖波などという白拍子名, 知に, 知先人績, 知が死ん, 知職人の多い, 知が次回, 知脳的な女, 知自動は人間, 知自治の三路, 知自身の活動, 知與子とか謝豹, 知即ちいろ, 知親さま東の重胤さま, 知覺スベキ關係ハ夾雜組織セル者ニ相應給スルコト能ハザルニ在リ, 知覺心理學では, 知覺感情或ひ, 知覺的具象と思想感情, 知覺緊張が無くなる, 知覺缺乏の故, 知覺鋭敏にし, 知や, 知の外, 知解して中, 知解せしむるに, 知解情量の亜流, 知解脱のもの, 知にし, 知には時, 知認識する所, 知という人, 知貧富似風潮, 知遇ったのは, 知必改と, 知の神, 知かもしくは, 知にも見えたれ, 知録史記五経唐宋八家本などと書いた, 知之助, 知霊覚といふ事, 知青年をかえりみた, 知非力取, 知頭郡蘆沢山の奥, 知ぞあはれ, 知で私