青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「申し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

由来~ 甲~ 甲州~ 甲府~ ~甲斐 甲斐~ 甲板~ ~申 申~ ~申し
申し~
~申した 申した~ ~申しました ~申します 申します~ ~申す 申す~ ~男 男~ ~男の子

「申し~」 5426, 56ppm, 2064位

▼ 申し~ (3458, 63.7%)

103 おりました 93 おります 75 居りました 52 居ります 50 いる 43 いるの, おる 33 いました 27 おりましたが 26 おりまする 23 おりますが, みい, よろしい 22 います 21 よいやら, 居る 20 おきます 19 置きます 18 いたの 17 居りますが 16 おるの, くれ, よいか, 置きますが 15 居りましたが 13 いるん 12 おきますが 11 おきましょう, おく, まいりました 10 いたが, ござる, みましょう, ゐるの, 参りました, 見よ 9 いた, おいて, おきました, おった, おるが, くれと, よろしいやら

8 [11件] いましたが, いますから, いるよう, おくが, おけ, おけば, おられました, みろ, やれ, よかろう, 来い

7 いるが, おくれ, おりまして, おりますの, 居るの, 置いて

6 ある, おこう, おられます, よい, よいの, 云ふ, 宜しい

5 [22件] いたところ, いたので, いたよう, いますが, いるそう, いると, おいで, おきたいの, おりましたの, おりますので, おりますよ, みるが, よろしいの, 参りましたが, 居りますので, 来て, 来ました, 相済みません, 私の, 置きました, 置くが, 見い

4 [32件] あるから, いいか, いたか, いたん, いること, いる間, え事, おかねば, おきたいと, おくの, おったが, おりましたから, おりましたそう, おりましたよ, おりましょう, おりますから, くれい, すみません, みたところ, みて, よろしかろう, 下さい, 参ったの, 呉れ, 宜しいやら, 居たの, 居りますから, 居りますの, 居る位, 来たの, 来たん, 私は

3 [46件] あること, いたんで, いましたから, いましたよ, いますよ, いるところ, いるので, いるわけ, おいたが, おきたいこと, おきましたが, おきますから, おざる, おったの, おったよう, おるか, おるぞ, お頼み, でご, どのよう, みよ, みれば, やりました, やろうと, よろしいか, よろしゅうございましょう, ゐます, 今の, 候, 失礼です, 宜しいの, 居た, 居ました, 居りましたので, 居ること, 差支ない, 此の, 済みません, 濟みません, 置かなければ, 置かねば, 置きたいの, 置きましょう, 置くの, 見たいと, 見ましょう

2 [152件] あります, あるの, あるのに, ある通り, いいであろう, いいの, いたこと, いたでは, いたと, いたわけ, いて, いましたの, いられること, いるうち, いるという, いるのに, いるのよ, いるんで, えと思っ, えんで, おかなければ, おきたい, おきながら, おきますがね, おきますよ, おきまする, おられましたよ, おられる, おられるが, おりましたし, おりましたところ, おりましたん, おりますのよ, おりますれば, おりますわ, おると, おれば, お身近, きた, きて, ください, くれという, くれとの, くれました, くれましたが, こい, ここで, こちらへ, これまで, ごらん, しまいました, しまいますわ, しまおう, しまった日, すべての, ずんと面白い, そうで, とうとうわたくし, どうしても承知, はおりません, はるばると, べつに, まいります, ますよ, みたの, みたまでの, みました, みましょうか, みやれ, みよう, みること, みると, もとは, もらいたい, やりましょう, よいくらい, よいと, よろしいでしょう, よろしいと, よろしいほど, ゐたの, ゐますんで, ゐる, 了いました, 今明日, 他人の, 伊勢殿の, 何う, 何でも, 出て, 切支丹の, 参った, 参りますから, 参れ, 可いか, 外に, 女の, 好いか, 宜いでせう, 家へ, 家を, 居たこと, 居た事, 居ます, 居られました, 居りましたところ, 居りました今日, 居るか, 居れば, 差支へ, 帰って, 帰りました, 後に, 懇ろに, 戻つて貰, 承知しません, 斯んな, 昔の, 来いと, 来たもの, 来よう, 江戸の, 済みませんが, 済みませんでした, 港の, 無理に, 玉垣と, 珈琲の, 甚助さんが, 町方の, 私が, 私などは, 置きたいので, 置きながら, 置きましたが, 置くこと, 置け, 置けば, 考えても, 聞かないの, 脇差や, 船の, 行きました, 行こうと, 行ったの, 見ますと, 見るが, 見ると, 誰も, 豚の, 連れて, 里見在

1 [1594件 抜粋] ああいわれ, あかりも, あげるまでは, あつかましくも, あとを, あの建札, あめの, あるからな, あん, いいでしょう, いいほど, いが, いずれも, いたからの, いたそう, いただけ, いたとでも, いたに, いたらさぞ, いた兄媛, いた女院, いた次第, いた菩提山, いつか私敵を, いない, いながら, いましょう, いますぞ, いませんが, いやがりまして, いらっしゃるでは, いられる, いるから, いるぞ, いるとおり, いるほどに, いるわ, いる事, いる女中共, いる方々, いる者, いる通り, いる限り, いッ, うちのが, えけれども, えまた, えんだッ, おいたに, おいたもの, おいた決して, おきたきは, おきましたよ, おきますゆえ, おきませんでございました, おくぞ, おくゆえ, おくれ大切, おく大岡忠相, おけ御苦労, おこう程に, おそば, おったに, おつきあい, おぬ, おゆるし下さい, おられますが, おりまいて, おりましたけれど, おりましたそうすると, おりましたなどと, おりましたのに, おりましたゆえ, おりました旦那, おりました系図, おりますうち, おりますからねえ, おりますそう, おりますでございます, おりまするが, おりますんで, おります実に, おりませんの, おるから, おるそう, おるな, おるのに, おる御, おる遑, おれよ, お位, お別れ, お前様に, お名, お宿, お恥ずかし, お案じ, お氣, お琴, お祈りを, お聞き入れ, お茶を, お詑びしたらよいやら, お話を, お金を, お願い申します, お駕籠, かなしいのう, きかせる方, きき入れませんが, きっとお, くださいまし, くるかと, くれああ, くれた, くれるが, くれるよう, くんなよ, こいと, ここから, ことわること, このかた今日, このわし, この妾, この狼藉, この話, この黒白, これあり, これも, こんな事, こ覧の, ご用を, さし上げます, しおしおと, しまいます, しまうよう, しまわないうち, じゃ, すぐ呼ん, すでに無機物, すみませんでした, そうたび, そのお, その五体, その家業, その日, それからあの, それが, それぞれ引き取られました, それとなく先方様, それも, た, たてまつる, ちょいと, つかわそうが, でしたが, とかくふさぎ, とんと鯰, どうする, どこかへ, なげしへ, なんの, はい私, はおるよう, はなはだきたなく悪しき, ひそひそ談合, びっくりし, ほかの, まいったの, まいって, まいりましょう, まえの, まさかに真剣, また, またその, まだ年端, まゐりました, みせる, みたいの, みたくなるので, みたまで, みなさい, みましょうかしら, みますから, みますると, みや, みようと, みるよう, みんなが, もううそ, もらいたいと, もらふ事, やって来たと, やりましたの, やりますわ, やろうか, ゆっくり, よいぞ, よい方たち, よきやら, よこしましたが, よろしうございます, よろしゅうございます, わざ, わるければ, ゐたので, ゐました, ゐますで, ゐるさ, ゐるむつかしい, ゐる時代, ツブラオホミの, 一体どこ, 一天地の, 一概に婦人, 一番下等だ, 万一奥さんか, 三人の, 三枚に, 上げたいこと, 上げましょういい, 上げようじゃ, 上戸と, 下さいますが, 下されよ, 下寺の, 不具だ, 不義の, 両国の, 主が, 之を, 了ひました, 二十年前私の, 五右衛門殿の, 人間は, 今年二十一歳に, 今日一日を, 仕事し, 仕方なく, 以前御, 伝に, 何か, 何とも, 何を, 何円か, 使いを, 來よと, 俄に, 充分の, 六畳間の, 内々思ひ, 出しましたそう, 出たつきり, 出るの, 出来た子, 分けますけれども, 初めから, 別に倒, 到頭此處, 助かるより, 勧められますけれど, 医者の, 十九歳妹は, 即ち海阪, 参ったので, 参られた訳, 参りましたから, 参りましたもはや, 参りましょう, 参りますよ, 参りませんで, 参る途中, 參りました, 又金, 受けつけません, 古雅な, 叱られたあの, 同勢を, 吾, 味も, 喜んでを, 因果の, 土地の, 埒が, 堅くあらため, 塩湯煮, 壺裝束し, 夜食も, 大勢の, 大和へ, 大層嫌います, 大正以後の, 天下に, 天狗が, 失礼, 奉りました, 女子供が, 好いやら, 姥の, 娘は, 嬲るの, 守山に, 宜いやら, 宜しいで, 宜しい白雪, 実に難所, 家出を, 寝間に, 小供, 小石川まで, 少々合力, 居たのに, 居つた様であります, 居ましたが, 居まする夫, 居られたくらい, 居られましたが, 居りそれ, 居りましたそれに, 居りましたと, 居りましたよ, 居りました所, 居りますこと, 居りますならば, 居りまするから, 居りまする私ども, 居ります今に, 居ります左様, 居りませんわ, 居るさ, 居るでは, 居るところ, 居るん, 居る事, 居れ, 岡沢先生に, 崇拝し, 差上げますから, 帰しましたの, 帰りにゃ, 帰りますから, 幇間や, 年齢は, 店へ, 引渡しまして, 当座の, 彼に, 律儀な, 後最も, 御亭主, 御前に, 御回向, 御得心, 御煩, 御間近, 徳利を, 心憂く思つて, 必ず駿河, 恐れ入りました, 恥ずかしくむしゃくしゃ, 愚夫愚婦を, 憎い奴, 憤られて, 成程, 戴ければ, 手料理を, 承知致しません, 拙者に, 指物を, 授戒を, 故古内主膳重安, 斎き奉った両部, 新らしく, 早く改築, 早速は, 星を, 曰く別の, 朝の, 本題に, 来た, 来たこと, 来たらそれ, 来た今日, 来た節, 来ないやう, 来ましたんで, 来ますから, 来るから, 来るの, 来権威具備, 根岸の, 樹林や, 正しいもの, 此の方が, 武士の, 歩行い, 残らず店, 殿様が, 母は, 気の毒に, 決して不忠不義, 油皿の, 泣きますの, 泣く泣く父, 洪水の, 海に, 海岸へ, 済みませんね, 潮の, 無罪の, 燕麦の, 牛乳一合に, 独身で, 現在一族の, 甚だ御, 生きるとも, 申せない事, 痩せた老, 目の, 直ぐ探偵, 直に木暮さん, 相すみませなん, 真個に, 矢鱈に, 石段高く, 礼拝を, 祭を, 私はかまひません, 私共店の, 種々深い, 立ち合ったが, 立去ったの, 竜神さんの, 笑て, 粛然と, 結婚を, 置いた, 置いた箱, 置き, 置きたかった, 置きました様, 置きますから, 置きます云々, 置きませうかね, 置きません遠から, 置くと, 置くン, 聊か高, 聞かせい, 聴きませぬ故, 背から, 腿の, 自分から, 自分は, 自身で, 芳沢大使から, 若し用, 荒神で, 華やかなこしらえ, 行かせました, 行き候, 街道を, 西洋の, 見た, 見たらい, 見ましたい, 見ますれば, 見やう, 見よ一刀, 見得, 親の, 観音寺に, 話を, 誠に済みません, 誰にも, 謝絶し, 貞時様の, 貴女様から, 質さねば, 足止めの, 身の上の, 辞し去った, 近県旅行に, 送って, 逃げ出して, 進げない, 遂に叫び, 道は, 遣りましたら, 遣わされましょう, 郷里の, 金を, 長吉長太の, 附けて, 陸路を, 非業に, 頂きましたらどんなに, 飛び出して, 騒ぐ方, 鯛とか

▼ 申しても~ (475, 8.8%)

7 よい 5 よろしい, よろしいの 4 いいの, よろしゅうございましょう, 私が 3 これは, それは, 何も, 差支ない, 私は, 過言では, 際限も

2 [26件] ございませんが, なんにも無い, よいでありましょう, よろしうございませう, われわれの, 人間の, 何んの, 口不調法の, 同じこと, 宜しい位, 宜しゅうございます, 店に, 御分り, 御勘弁, 怨みが, 怪しいの, 決して親馬鹿, 皆古今, 相手は, 私には, 私の, 義理の, 若い者, 苦しう, 道に, 高力家は

1 [373件] あくまでも無理非道, あなたは, あなた様の, あなた様は, あの頃, あまり失礼, あるいはお, あれは, あれほどの, い, いいであろう, いいよう, いいわけ, いかん, いっかな名, いつ心が, いられないという, いられません, いろいろの, うちの, おいでが, おさしつかえない, おさびしい, おとなしい, およろしい, おりますれば, お世話が, お前で, お前達より, お取り次ぎ, お口, お姉さん, お家へ, お歳, お用立, お笑い下さる, お聞入れ, お若い, お解りあるまい, お通り掛けお目見え, ききわけて, きっと此, ここに, ここは, こちらは, ことが, このお, この一部屋, この兄, この部屋, これで, これと, これほど, ごく大まか, ごく少数, さしつかえあるまい, さしつかえないが, さしつかえないははははは, さしつかえない吹かぬうち, さしつかえは, しょせんは, すぐれて, ぜひ切る, そういう意志, そうで, その変化, その実, その意味, その方, その普通旅人, その甲斐, その訳, その頃, それから先, ただの, たびたび日本人, つい半月, つまりは, とてもくらべ, とても本当には, とりあわずまったく, どこに, なかなか人中, ならぬ, はつきり, ほんの猫, まいって, まさか借物, また人類学上, また驚く, まだまだモット先, まだ不足, まだ亥刻前, まちがいは, まア私たち, みじかい御, みなさんは, みな前世の, むだでございます, むだの, もちろんその間, もともと昆布, やっぱりお気, やはりお, よいが, よいであろう, よいでしょう, よいと, よいの, よいほど, よいほどの, よい位, よい程, ようおじゃる, ようございます, よろしいか, よろしいかと, よろしいかも, よろしいくらい, よろしいでは, よろしいほど, よろしうございます, よろしゅうございます, わかるまい, わが身にとっては, わしの, わしは, わずかな, わたしの, わっし, アッハッハッ, ノロノロ遅く, 一国内の, 一大事を, 一寸も, 一番立ち優っ, 三日も, 下さると, 下衆の, 不氣味, 中に, 中二階同, 主人の, 事情は, 二三日過ぎ, 二人の, 二十五両で, 二間や, 五年の, 人間は, 今では, 今朝曉方でございました, 仏法の, 仕方が, 仕様の, 仕樣, 仰っしゃって, 何でも, 何の, 何んにも, 何人も, 何彼と見聞き, 何處に, 元親は, 兄上兄上どうにも, 先々代の, 先方は, 八丁堀に, 八王子近くなります, 公の, 其処は, 円光を, 分りにくい, 判るまいが, 利目が, 勅で, 匂いの, 北海道全体に, 十七では, 十九そこ, 原料の, 又形容, 又御, 古今の, 召使ひ, 可い, 同じ屋根, 名物と, 吹けば, 和主達は, 哲学者の, 四里近く, 埒が, 変で, 外ならぬ, 大した御, 大した間違い, 大久保樣の, 大変です, 大旦那樣, 天人神女の, 奥さまには, 女の, 好いかと, 好うご, 子供の, 安倍氏は, 宗因時代の, 宗輔が, 宜い, 宜いん, 宜しい, 宜しいで, 宜しいの, 宜しい予, 宜しい訳, 宜しゅうございましょう, 宜敷, 宜敷位, 実の, 実は旅行鞄, 実例は, 実物を, 宣敷くらい, 宮様が, 富士山や, 實は, 寺侍で, 小太郎山の, 小平は, 小普請で, 少しも, 左様かと, 差し支えありますまい, 差支えないの, 差支なかろ, 差支へ, 差支へは, 広うございます, 広うござん, 座敷土蔵で, 弟と, 張合の, 当上様, 役に立ちませぬこと, 役に立ちませぬ事, 待つ事, 後代的作為が, 從兄の, 御大家, 御奉公, 御幸福, 御幼齢, 御病中, 御腹様, 御腹樣, 御返事は, 必ずしもこうで, 必ず御, 応えが, 恥に, 悪い, 悪くが, 我等は, 或いはすぐ, 或は頭, 所詮ま, 扉や, 手前は, 拙者も, 捨て切れん, 掌る, 故坪井正五郎先生, 数えるほどの, 斯んな, 旧態依然, 是非なけれ, 時雨の, 普通の, 最っと, 本人の, 本当と, 杉本殿は, 松岡どのを, 格別むずかしい, 格別面白く, 楊弓です, 正確に, 此の, 此部屋より, 武士も, 殿の, 母が, 毎晩一合ずつと, 決してお, 決して官軍, 決して悪鬼羅刹, 決して誇張, 海道の, 清洲が, 濁酒とは, 無心を, 物情騒然すぐ, 物置き, 現にそれ, 理不尽に, 甚だしい過言, 甲斐なき, 皆, 皆さんの, 皆古今の, 相手には, 眞心と, 着て, 知れたもの, 私と, 私ども民間に, 私一生の, 私達は, 私風情が, 種々の, 種々明, 立たない誰, 糠欣びであろう今もっ, 紀州や, 紅隈藍隈墨隈という, 素人には, 結局水に, 継しい中, 綱手と, 總領の, 聴きやしません, 職人も, 聽きやしません, 肯き入れないの, 至極小さな, 致方が, 良人は, 若い娘一人, 若旦那様も, 蒟蒻問答の, 薗八一中節なぞ, 薫さんの, 裏門の, 見ましたが, 規模は, 親と, 親分には, 言ひ過ぎで, 詰換の, 誰の, 貴公は, 貴女の, 貴郎様, 赤坂傅馬町の, 赤塚樣は, 車へ, 近頃流行の, 返事は, 返事も, 過当の, 過言で, 過言であるまい, 遠くへ, 重に, 重大な, 量る品物, 金クギ流の, 間に, 陰謀に, 非常に, 餘程初期の, 驚く余地

▼ 申しては~ (187, 3.4%)

8 失礼です 7 何です 5 なんです, 何んです 3 失礼だ, 失礼なれ, 居りますが, 恐れ入りますが, 済みませんが

2 [13件] いかがでございます, いかがです, お恥, ならぬぞ, 分りませぬが, 勿体の, 失礼かも, 失礼である, 失禮なれどい, 恐れ多いが, 済みません, 變です, 鍋や

1 [121件] あまりに手前勝手, いけません, いけませんよ, いささか不愍, いずただ, いつ御, いなかったか, いませんでしたか, いられない渡して, おかしいです, おそれ多い, おりました, お笑いぐさ, お耳ざわり, くれまいか, くれましたので, これまた, ご返答, すまぬこと, その名, そわ, ちっと穏当, ちと憚り, どうにも残念, なかなか済む, ならないぞ, ならぬ, ならぬ早く立, ならん, ならんぞ, ならんので, なんでご, のろい奴, へんです, ほんの二, まことにさしでがましい, まことに失礼, まず当主, よくない, 一益ごとき, 不吉めく, 不躾です, 中, 主人は, 他のみ, 何が, 何でございます, 何で御座います, 勝手です, 勿体ないが, 勿体ないし, 勿体ないです, 勿体ないの, 勿體ない, 口幅っと, 只今の, 召使いの, 変です, 変に, 大袈裟です, 大金で, 失礼か, 失礼で, 失礼でございます, 失礼ながら, 失礼に, 失礼の, 如何だ, 如何です, 定めて, 家へ, 容易に, 寐る, 尻すぼまり, 居られません, 居りませぬが, 年とった, 彼の, 御両親さま, 御舍弟狷之介樣, 御舎弟狷之介様, 心ぐるしい, 恐れありますが, 恐れ入るが, 恐入りますが, 恩着せ, 悪うございましょう, 惡いが無類の, 憚りある, 憚りながら大塔, 我田引水と, 或いは大げさ, 手前どもが, 手前味噌に, 押しつけがましいが, 来ましたがネ, 極りが, 泣暮し, 済まないから, 済まない亭主, 烏滸の, 無心がましゅうて, 猿の, 生意気に, 畏れあれど, 畏れ多うご, 相済まぬ, 私としては, 私の, 笑うこって, 籔から, 置きませんからネ, 罰が, 見たが, 語弊が, 誠に済みません, 誤りです, 變に, 遁げてを, 随分山国, 驕りの

▼ 申しながら~ (108, 2.0%)

2 余りと, 大地主, 狼藉もので

1 [102件] あなたにも, あまりと, あんな事, いず方, いつも微醺, いらぬ詮議, おそらく自分, およそ人たる者, お二人, お前より, お気の毒, かくならぬ, かくも, こうまで, この事, この都会最優秀, これほどの, さすがに, そこの, そしてわれ, その実, その実は, その底, その範囲, そもそも勝氏, それとなく邸内, それは, たださえ, ただもう, ちょっと竜王, とんだ費, どうも唯事, なさけない思い, なぜいわん, なほ敵の, なんとこれ, ひでよし, またも一枚, まだ山風, まだ立派, まだ考え, 一歩を, 両手を, 中座いたし, 丸多の, 主人の, 予も, 二人ともに, 人は, 人類としての, 仙太郎が, 何事に, 何遍も, 余とや, 全く人, 半兵衛の, 味気ない, 大殿油の, 孰れ, 実に無分別, 少しは, 尻目に, 後に, 御入国以来三百年, 御秘蔵, 御自分さま, 怠慢の, 悉く支那, 拙者の, 新吉と, 昔と, 此方自身も, 比較的に, 氏も, 泣いた覚, 泣きなき, 父上着なされ, 瓢箪を, 生涯の, 畢竟は, 異性に対する, 私共の, 端無い, 竹杖を, 第一, 細川越中守手疵養生不相, 繼立の, 罪ふかい, 腹掻ッ切っ, 腹蔵なく, 自分達が, 街道が, 街道筋に, 親心に, 詳しく存じ, 誠に御, 辛抱に, 近年に, 遺憾すくなから, 野郎の, 隠す名, 食物問題は

▼ 申してを~ (77, 1.4%)

25 りました 21 ります 5 りましたが, りますが 2 るので

1 [19件] きます, つては, られたれど, りましたけれども, りましたでも, りましたところ, りましたの, りましたよ, りましたわ, りましたん, りますとは, りますどうぞ, りますねえ, りますのう, りまする, ります尤も, るの, るやう, る者

▼ 申し~ (71, 1.3%)

43 とて全く, なり, は世人, は誤解 2 につき, ふに

1 [51件] ことなりいよいよ, さて今回金一郎様, そのうち, だらうな, てお, てかく, ても立身出世, てをり, でしてね, ということ, とも其許たち, とも妻, とも願, と見, には今般英仏, に付恐れ乍ら, の今日, はば田辺, はば貴殿平生, はやがて, は今方木挽町, は切支丹宗門, は実に, は悪, は成, は涼風, は総じて, ひけむ, ひし, ひしか, ひしが, ひしに, ふこと, ふべき, ふ通それ, へ, へどおそらく, へども多く, へども折, へども神仏, へばいつの世, へばまことにまことに, へば万葉以来, へば萬葉以來實朝以來, へば調子, べき, まったく一途, も, を傍耳, 内一枚, 誠に奇怪

▼ 申しよう~ (58, 1.1%)

8 のない 6 もございません 5 がない, もありません 3 がありません, もございませぬ, もない 2 なし, もありませぬ, もござらぬ, も無い

1 [17件] がありませぬ, がございません, が御座いません, が悪う, が悪かっ, なしです, に困ります, の無い, はありません, はございません, も, もあろう, もお, もござんせぬ, もなくつのる, も厶, も御座ん

▼ 申し開き~ (46, 0.8%)

4 をする 2 が相, の立つ, を致します

1 [36件] がある, があるなら, があるなら云っ, ができません, が出来ぬ, が立たなかったら, が立たぬ, が立ちますまい, が立っ, するよう, でありました, になる, に下る, のできない, の出来ない, の口上, の立たない, の謝罪状, の道, はあと, はあるまい, はすんだ, は奉行, は拙者, は持っ, は長崎殿, も受け取れる, も思う, をいたしました, をいたそう, をした, をしよう, をせず, をなさる, を捏造, を致しました

▼ 申しちゃ~ (40, 0.7%)

8 何です 5 なんです 3 失礼です 2 なんだ

1 [22件] いない, うぬぼれて, おかしいが, お恥, こっ方, すみませんが, よく出かけます, ァ何, アいません, ア何です, 何でございます, 叱られる, 困るじゃ, 失礼だ, 失礼でございます, 悪うございます, 押着け, 済まねエに, 済みましねえ, 済みませんが, 生意気だ, 角が

▼ 申し~ (33, 0.6%)

2 出て, 来ました

1 [29件] あがったの, あがりました, きたの, これまで, まいりまする, やって, 上りました, 上りましょう御免, 上ろうと, 伺ひますで御座いますから, 伺候しない, 出たこと, 参ったか, 参つたのであります, 参つたので御座います, 參りました, 咲いたの, 来た, 来たか, 来たが, 来たの, 来たわけ, 来た次第, 来ましたがな, 来やしたが, 汝は, 薫は, 行けと, 詣るの

▼ 申しぶん~ (31, 0.6%)

11 のない 4 がない 2 の無い

1 [14件] ない, ない教養, ない条件, なき解説, なくかんぜん, なくでき, なく整った, なく運ん, なしです, なしとして, の無いたのしい, はありません, をともかく, を存分

▼ 申し~ (29, 0.5%)

3 じゃ

1 [26件] かなと怪しん, があります, が法外, きっと父, じゃオースチン老師, ただちょっと, でございますが, ですが, とも全く, ながら悠々, にも内蔵助, によって女, に疑いあっ, の立ツ筈, もござりませぬ, もない, も候もの, も理, も相, も道理, をお, をたより, を不思議, を会得, を考え, 至極もっとも

▼ 申し~ (24, 0.4%)

5 致しません 3 しません 2 いたしません

1 [14件] いたさんの, いたしませぬ, いたしませぬか, いたしませんよ, しませんから, しませんので, なすに, 致しませぬ, 致しませぬか, 致しませんから, 致しませんけれど, 致しませんその, 致しません叔父さん, 致しません実は

▼ 申しにくい~ (19, 0.4%)

4 ことです 2 のだ

1 [13件] が日本, けれどね商売, ことだ, ことで, ことながら, ことを, ところが, ところで, のでございます, んだ, 事です, 訳で, 訳です

▼ 申し~ (17, 0.3%)

1 [17件] ぐべきか正成いよいよ, ぐべきことづけを口の, ぐべきことのあらましはもう, ぐべきはわが国においては, ぐべく候已上, ぐべく自分は, ぐるが, ぐるこそ, ぐることは, ぐることはござりますまい, ぐるしか, ぐるにも, ぐるまでも, ぐるを, ぐる蛙かな, ぐ可き, けちのよ

▼ 申し~ (15, 0.3%)

2 へておく

1 [13件] へたい, へたいこ, へておきます, へて置いた, へて置きましょう, へて置きます, へて置きませう, へて置く, へて言, へぬ, へました, へる必要, へ候

▼ 申したり~ (14, 0.3%)

3 して 2 ければ 1 します, するまま, っ, アッパレな, 又是, 御剣, 戯れ口, 書いたり, 致しましてな

▼ 申し~ (14, 0.3%)

5 はせた 4 はした 2 はせ 1 はせた如く, はせて, はせで

▼ 申し~ (14, 0.3%)

2 い事, き事 1 いと存じ, いと思ひます, いと皆, い心得, が何, き事有, くて, くない, しそれに, しと

▼ 申し~ (14, 0.3%)

6 もございません 1 だが, でございますが, もありません, もある, もござらぬ, もない, も有りません, 無き顔

▼ 申し難い~ (14, 0.3%)

2 ことです

1 [12件] かも知れない, があれ, がこの, が君命, が細かい, が銀子十両, ですが, ので, のでございます, ので御座います, 事な, 訳だ

▼ 申し~ (11, 0.2%)

1 [11件] め, 二方の, 内儀さんえ, 婆アさんもう宜, 家主の, 慕ひ申し, 敷居外にて, 春どの, 落着の, 袖さんお, 詫言を

▼ 申しやう~ (11, 0.2%)

4 のない 2 もない 1 がありません, もありません, もございません, もござん, も無い

▼ 申してな~ (10, 0.2%)

1 お礼など, それに, どじょうに, はじめてから, へっへ, よく釣れ, 京お, 伊賀甲賀の, 武骨ながら, 江戸の

▼ 申し~ (10, 0.2%)

2 ない事, のない 1 がありません, がない, が立たない, ないが, のよう, もない

▼ 申し上ぐる~ (9, 0.2%)

1 であろう, でお, でございましょう, と三浦, にも心, までもござりませぬ, までもなく, も背汗, 次第にご

▼ 申し~ (9, 0.2%)

3 かって, くる 1 かること, くると, くるの

▼ 申しその~ (8, 0.1%)

1 人を, 先は, 写しを, 夜二三人墓場の, 廊廊の, 御庭, 次には, 泣きぬれた双

▼ 申し~ (8, 0.1%)

2 ぐれば, ます 1 たよう, て軽薄, ませぬ否や, やがて朝夕御前様

▼ 申し~ (8, 0.1%)

3 のやう 1 であって, というの, なる長者, なれば, をせい

▼ 申してから~ (7, 0.1%)

1 あらゆる危険, すぐに, せいぜいお, ちやうど三年でございます, 僕も, 弁を, 疱瘡の

▼ 申し~ (7, 0.1%)

1 がありません, が立たない, ないと, にはならない, に兔, の爲め, らしく代

▼ 申し~ (6, 0.1%)

1 あへず, したいもの, しなかったが, 果ず, 果てずてうと, 致さんで豪い

▼ 申し~ (6, 0.1%)

1 き候, さめねば, する, つたな, られ候, 古い言葉

▼ 申し~ (6, 0.1%)

1 が符合, だけを信用, として寿詞, とまったく, と符合, に少し

▼ 申し~ (6, 0.1%)

1 亀御前とも, 修行者さん, 家来衆と共に, 本尊は, 標格と, 薬方を

▼ 申しての~ (5, 0.1%)

1 お前さま, お願いで御座います, この失礼, 上でござる, 声を

▼ 申し~ (5, 0.1%)

2 べろ 1 ていよく, べし, 欠けて

▼ 申し~ (5, 0.1%)

2 燃えしきつて 1 圓き, 場合に, 理不尽な

▼ 申し~ (5, 0.1%)

1 はれかし, わく其蛇, わく凡て佗国, わく吾, わく愛しき

▼ 申し~ (5, 0.1%)

1 があった, はございます, れう筈, をなすつ, を斷

▼ 申しちゃあ~ (4, 0.1%)

1 何んで, 失礼でございます, 泣くよう, 済みません

▼ 申しまた~ (4, 0.1%)

1 おえい, 奥さんからは, 島々と, 或る

▼ 申しわたし~ (4, 0.1%)

21 いささかも, が断行

▼ 申し上ぐること~ (4, 0.1%)

1 あるべしと, だと, にいたそう, をいと

▼ 申し乍ら~ (4, 0.1%)

1 つい御, 其の儘寐, 御役附, 誠に御

▼ 申し~ (4, 0.1%)

4 の名

▼ 申し~ (4, 0.1%)

1 くべく候, くるから, くるであろう, くる所存

▼ 申し憎い~ (4, 0.1%)

1 が先づ十人並, ことだ, ことでござる, ので

▼ 申し旦那~ (4, 0.1%)

1 いけませんねえ, え安兵衞, え成, え私ア二十両

▼ 申し難く~ (4, 0.1%)

21 候へども, 其儘凄

▼ 申しこれ~ (3, 0.1%)

1 が富永, を三尊, を進化論

▼ 申し~ (3, 0.1%)

2 うな 1 ような

▼ 申しわたくし~ (3, 0.1%)

1 が持っ, が鮨, は幼名小太郎

▼ 申し候こと~ (3, 0.1%)

1 は一理, またなにごと, 御眼

▼ 申し~ (3, 0.1%)

2 へられる 1 へ度

▼ 申し~ (3, 0.1%)

1 ですが, と思われる, にご

▼ 申し~ (3, 0.1%)

1 のお, の人, の首

▼ 申し~ (3, 0.1%)

1 なるもの旅人宿, の身分, を足利将軍

▼ 申し立つる~ (3, 0.1%)

1 かもしれぬ, から校長, においてはそのまま

▼ 申し~ (3, 0.1%)

1 れが, れました, れを

▼ 申し~ (3, 0.1%)

1 じて, じ仕るべく候, じ候上

▼ 申しあるいはまた~ (2, 0.0%)

1 その流れ, 御簾際に

▼ 申しお茶~ (2, 0.0%)

1 なぞねじ切り, の徳

▼ 申しきらい~ (2, 0.0%)

2 のお方

▼ 申しこんど~ (2, 0.0%)

1 は富強, またお手数

▼ 申しちや何ん~ (2, 0.0%)

2 ですが

▼ 申してと~ (2, 0.0%)

1 もう此方, 言い棄てて

▼ 申してはを~ (2, 0.0%)

1 かしいの, かしけれど

▼ 申し~ (2, 0.0%)

1 そうして今, オイ今明る

▼ 申しながらも~ (2, 0.0%)

1 孰れ, 私の

▼ 申しはや~ (2, 0.0%)

2 さも

▼ 申しまだ~ (2, 0.0%)

1 それ計りでは, 修行中の

▼ 申し上ぐべきこと~ (2, 0.0%)

1 当然お, 当然お願い

▼ 申し~ (2, 0.0%)

2 にあるまじき

▼ 申し~ (2, 0.0%)

1 の北上川流域地方, また貴女様

▼ 申し~ (2, 0.0%)

2 村に

▼ 申し何一つ~ (2, 0.0%)

2 として炎熱地獄

▼ 申し候いにしえ~ (2, 0.0%)

2 のおう

▼ 申し候ところ~ (2, 0.0%)

1 その人, 御承知

▼ 申し候狐~ (2, 0.0%)

2 なんて仲

▼ 申し~ (2, 0.0%)

2 るが

▼ 申し勧むる~ (2, 0.0%)

1 になん, に於い

▼ 申し只今~ (2, 0.0%)

1 に八軒寺町, は山路将監

▼ 申し告げ~ (2, 0.0%)

2 まする

▼ 申し将軍~ (2, 0.0%)

1 のお, の宮

▼ 申し少々~ (2, 0.0%)

1 お願い申します, はお

▼ 申し御返事願上候以上~ (2, 0.0%)

2 は奥様

▼ 申し~ (2, 0.0%)

1 でござる, のよろこび

▼ 申し悪い~ (2, 0.0%)

1 が何時, 意味からは

▼ 申し条は~ (2, 0.0%)

1 はや尽し, 正しく彼

▼ 申し殊に~ (2, 0.0%)

1 ああ云, 先日乙姫さまから

▼ 申し白雲~ (2, 0.0%)

2 の門

▼ 申し~ (2, 0.0%)

1 のみならず, よりも年下

▼ 申し自分~ (2, 0.0%)

1 が主人役, で造作

▼ 申し若旦那~ (2, 0.0%)

1 をお, 正孝院

▼ 申し貴方~ (2, 0.0%)

1 と申し, に御苦労

▼ 申し~ (2, 0.0%)

1 ぶべく到来, ぶるの

▼ 申し~ (2, 0.0%)

2 じ置き候

▼ 申し難う~ (2, 0.0%)

1 ござりまする, ござりますれ

▼1* [372件]

申しあのくらいの松, 申しあまつさえこちらが, 申しあまり夫と, 申しある人なりと, 申しいささか道を, 申しいずれも五月, 申しうっかりこれは, 申しうまく後先の, 申しうららかな日の光, 申しうわ言にも母, 申しおん許様には何角, 申しお供さんお気を附けなさらない, 申しお嬢さんとは似あい, 申しお嬢様嘸不実, 申しお金を湯水, 申しかくは諸君, 申しかの竜之, 申しがたいことで, 申しがたくこの場合, 申しここに日本一, 申しことわり掘り申すべくこの, 申しこの上は, 申しごと若い者, 申しさえすれば, 申しさて後自, 申ししばらく待てとの, 申ししんぶつにき, 申しすなわち兵法の, 申しすゝめましたが, 申しそうにいたし, 申しそういうことは, 申しそうしてやっぱり私, 申しそうらえば, 申しそうろうほどに一人, 申しそこへお, 申しそこばく大事にて, 申しそれがすなわち, 申しそれから残ッて, 申しそれとお情け, 申しただ事ではござりますまい, 申しただ今脇玄関まで, 申したてようとした, 申しちと不審の, 申しちゃあね済まないッ, 申しちやなん, 申しちや何ですが, 申しつたへて呉れ, 申しつつも生計の, 申しづらいことです, 申してあつくおもてなしを, 申してからの話に, 申してからもしばらくの, 申しててまえが, 申してとか始めてとかいう, 申してとはあやしき言葉, 申してね貴方, 申してねえまことに稼ぐ, 申してのみ暮して, 申してはかへつてお気に, 申してへい故意, 申してもてまえの, 申してもな其の方, 申してやみぬ, 申してナ大概当人も, 申してネ自分が, 申し語部との, 申しとつたさうですが, 申しどうしたらいい, 申しなかなかあでやかで, 申しなるべくは御, 申しなんのしあわせ, 申しにくうございますが, 申しにくくってだまっ, 申しにはまいりませぬ, 申しのんきに唐, 申しはたとせをかそけく, 申しはるかあわれや, 申しひそかに窺いまする, 申しひときわすぐれて, 申しひどいものん, 申しびらきもあるまい, 申しほ, 申しまたは年頭の, 申しまっせん, 申しもとは斎藤義龍さま, 申しもの詣りをも, 申しやはりこういう事, 申しゆっくりお聞き申したい, 申しよく鉄の, 申しよろしく御削除, 申しわが家の相続, 申しわれわれも信じ, 申しをもって終結する, 申しイタリヤ語ではコンパス, 申しエ嬢さま只今帰りました, 申しオルクニーの王, 申しズドンとやりかねない, 申し一つとして若殿様, 申し一般より非常, 申し一連では数, 申し一面小牧における御, 申し丁度近頃その遊び相手, 申し三両だけ受け取りまし, 申し三八さん私も此様なに, 申し三十余年のうつりかわり, 申し上ぐべきかつい迷う, 申し上ぐべきことが山ほどある, 申し上ぐべきですが鳥や魚, 申し上ぐべきではございませんから出て, 申し上ぐべきところ延引仕り何, 申し上ぐべきところ愚娘説諭方数度に及び, 申し上ぐべきはずに候えども, 申し上ぐべきや官兵衛は忘れ, 申し上ぐべき事がご, 申し上ぐべき事柄などをえら, 申し上ぐべき御方の残夢寂莫, 申し上ぐべき時では, 申し上ぐべき材料を持ちません, 申し上ぐべき臣魂こそ挫け候え, 申し上ぐべき言葉も御座, 申し上ぐべく候えども, 申し上ぐべく候故何卒, 申し上ぐるさへ能, 申し上ぐるところである, 申し上ぐるのである, 申し上ぐるはずに候, 申し上ぐる御身分百姓の模範, 申し上ぐる次第でございます, 申し上ぐる蛙かな, 申し上ぐる術も心得ません, 申し上ぐる要もありませぬ, 申し上可とぞんじ候え, 申し上州白雲山に籠っ, 申し下し秀衡は凶賊義経, 申し下総国羽生村と申す, 申し不束な私, 申しはかねがね, 申し世間の噂, 申し両手で臼, 申し乞い翌年六十三で出家, 申し二百石を頂戴, 申し五ツ過ぎに連れ合い, 申し井桁樓とかへ電話, 申しが造った, 申し今一人は南, 申し今夕はお, 申し今宵のこと, 申し今朝よりご, 申し付きょうと思う, 申し以前越前に住み, 申し何と刎ねつけ, 申し何とも相済まぬ, 申し何分願いたい一儀, 申し何某殿の御内室, 申しる, 申し供養を受け, 申し信州飯田堀石見守の剣道指南役, 申し候あとに捕えられ, 申し候ところ実証なり, 申し候ゆゑあれは緑雨様, 申し候よう其許達仰せ合わされ拙者代り, 申し候中に十二三, 申し候事すでに二十九年, 申し候事この世はさながら, 申し候位にてさらに, 申し候処其人が, 申し候尊攘堂の本山, 申し候方にあ, 申し候時は出世法, 申し候条いささか以, 申し候由くれぐれもよろしく御礼, 申し候者北の方の乳兄弟, 申し候處其人が, 申し候通りこの数日以内, 申し候通り此の道, 申し候間さりとは, 申し候高山蒲生対馬の雨森伯陽, 申しより世の常, 申し兄弟順では二番目, 申し先ず安心し, 申し先生の御意, 申し共に縁あっ, 申し内々手引きして, 申し刀屋に見せる, 申し刄物を持っ, 申し前年の建暦二年, 申し副将として千種どの, 申し勿体なき事どもなり, 申し十六才の時, 申し十四歳に相成ります, 申し千歳ふるに, 申し千葉の佐倉宗五郎, 申し南方ではなかなか, 申し南朝びいきの伝統, 申し卜伝流を究め, 申し即ち聖人の, 申し厚く礼を, 申し古くからの大友党, 申し合つたのださうだ, 申し吉原にて女郎五年あい勤め, 申し名残おしさ, 申しに仕え, 申し品威と申し, 申し品行も宜しく, 申し四五日も床, 申し四月に御, 申し回向を願う, 申し土岐十郎頼兼の一族, 申し城中へ参り, 申し大ごゑに, 申し大井川濃き緋, 申し大伴氏の一族佐伯宿禰, 申し大和の奥郡, 申し大塔宮様にお, 申し天下御免なの, 申し天国だなんて, 申し天寿を祝福, 申し天竺は鳥烏山, 申し奈良の奠都, 申し妹儀は澄江, 申しをし, 申しは翠蓮, 申し安うけあい, 申し安さんとかもう宜, 申し実に驚き入りました, 申しの近所, 申し家中の者, 申し将軍家はただ, 申し禄では, 申し道中は, 申し尚更棄置かん, 申し屋敷の外, 申しや麓, 申し左様な事, 申し希望に満ちた, 申し師弟の契約, 申しは四十, 申し府中のおしろ, 申し度いがあの方, 申し度いもので, 申し度くもありませんが, 申し度候ところどう考へ, 申し張り候所篠何とも申し, 申し強い調子の, 申し国千田庄の, 申し従者ともども裏の門, 申し御台さまのお, 申し御言をつた, 申し復讐するなどと, 申し恥しや垂死老病, 申し慰め候へども一向, 申しる者, 申し或いはいやがらせを, 申しのない, 申し拙者の実父忠右衛門, 申し振りなどいずれ, 申し掛蒲団を裏返し, 申し侍の, 申しが討っ, 申し文屋康秀の持ちましたる, 申し斑猫のこと, 申し斯様な見苦しい, 申し日日の飢渇, 申し旦那これを買っ, 申し旦那様貴方は昼, 申し金森家に, 申しは露国歩兵二等大尉, 申し昨年から引続きまして, 申し是非共お願い致し度, 申し暮し私も種々心, 申し更に奥方様の, 申しと大道, 申し本年二十三才になります, 申しを以て手向い立, 申し条万々道理には候, 申し条偽りはあるまい, 申し条臣として余儀ない, 申し条道理なりとあ, 申し枝ぶりと申し, 申しで御, 申し此上貴嬢, 申し此婚姻相延申候よう決行致し候, 申しには厳寒, 申し殊に時たま珍肴として, 申し残りの処, 申ししたき事, 申し殿様誠に有難う, 申しにも薬, 申しをつけ, 申し水面に出, 申し汝寧からその, 申し江戸の講釈師, 申し沙汰一しほ忘れがたく, 申しと申し, 申し海水につぶつぶ, 申し深謝このところ, 申し清洲以来の家臣, 申し煩悩の垢, 申し特に私は, 申しは, 申し之松身内, 申し生まれつきの馬鹿者, 申し生来の御, 申し発狂の女, 申し百五十石を喰ん, 申し百人にも足らぬ, 申しそうした御, 申し皆様をお, 申し秋篠局の新参, 申し立つる者があったら, 申し竹子笠を着, 申し筑前様をお, 申し終つて熟した瓜, 申し統領の鷹揚, 申し継ぎを受け, 申し老人の見立ゆゑ, 申し聽けたが何分一人, 申しでござる, 申しでござる, 申しでござる, 申し腰掛へ多分, 申し色彩と申し, 申し花魁おまはん今, 申し花魁確かりしなましよ, 申し若旦那これが仙太郎親方, 申し若旦那何んだってお, 申し若浪はん若旦那がお, 申し茂之助さん何う為たん, 申し茶椀の変化, 申し蔭言を申さぬ, 申し薬餌に別れ, 申し藤夜叉さまといい, 申しなふ, 申しに建っ, 申し覚束なき事, 申しを出し, 申し親方何卒それ, 申し試む可しと, 申し談じたいことなおざって, 申し談じたい儀があっ, 申しは, 申しの種類, 申し貴方隣座敷に居た, 申し賜はりければ, 申し赤螺三平も自白, 申し身共身内を折助呼ばわり, 申し辛いことです, 申し農民はことごとく, 申し込者がでた, 申し近々ご覧に, 申し遂に争いに, 申し道中無事と念じ, 申し道鏡との関係, 申し達し候わば, 申しれたが, 申し部屋住の折, 申し里見義弘の吹きまし, 申し重い荷物は, 申しの詮議, 申し鈴蘭の, 申し鐘楼の柱, 申し長らく江湖を, 申し門前の小林玄梯, 申し開きようがある, 申しかってこう, 申しじまする, 申しけれど京都, 申し難かろうの, 申しも飾らず, 申しにかけた, 申して皇子, 申し高萩村でも別