青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「瞼~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~着け 着け~ ~着た 着た~ ~着物 着物~ ~瞬間 瞬間~ ~瞳 瞳~
瞼~
~矛盾 矛盾~ ~矢 矢~ ~矢代 矢代~ ~知 知~ ~知っ 知っ~

「瞼~」 1368, 15ppm, 7571位

▼ 瞼~ (425, 31.1%)

7 とじた, 熱くした, 開いて 6 あげて, 閉じた, 閉じて 5 とじて, 熱くし 4 して, ほんのりと, 上げて, 指で, 染めた, 染めて 3 あけて, 赤くし, 開けて

2 [30件] おさえた, こすりながら, しばた, そつと, つぶって, なでおろして, はらして, ふさいで, ふっくらさせ, ぷるぷるそよがせてみたりおとなしく, むいて, 伏せて, 合せたが, 垂れたまま, 抑えた, 挙げて, 染めながら, 濡らすの, 焼くよう, 神経的に, 突いて, 突かれても, 紅に, 縫はれ, 透して, 閉ぢる, 開いたが, 開くと, 開けた, 静かに

1 [283件] あけた, あけたが, あけようと, あけようとも, あけると, あげた, あげながら, あげると, あげるよう, あつくした, あふれて, いからせて, うごかした, うとうとと, うるおして, うるませて, おおい, おおう, おさえて, おしあけた, おしあげて, おしつけながら, おしぬぐっ, おとし自分, おろした, かこむたるみ, かすめて, かろく指, くすぐられると, くわっと開ける, ぐいと操りあげ, こすって, こすりこすりやつ, こすりつ, こすり始めた, こすり身仕舞, こんなに気高い, さすった, し, しきりに手, した大きな, した末, した眼, しばたたいた, しばたたいて, しばたたきながら, しばだたいた, じつと, すぐに, すこしく赤く, その豪快, たゆたわせて, ちょっと動かす, ちらと, ついて, つぶったり, つぶると, つまみ上げた, つまみ上げて, つまみ上げめくつ, つまみ上げること, つまみ上げ目, つまんで, とおして, とおし頭, とじたその, とじては, とじる, とじること, とじると, とろりと, どうした, ながれ出しそう, ぬぐい通して, はっと開い, ぱち, ぱちくりさせ, ぱっちりと, ひきあけて, ひきあげると, ひくひくと, ひっくりかえしたり, ひっくりかえして, ひっくり返したり, ひつくりかへ, ひつくり返すと, ひらいた, ひらいて, ひらくこと, びくびくと, ぴんと張つた眼, ふかくふさい, ふかぶかと閉じ, ふさいだ, ふさぎ部将たち, ふさぐよう, ふさぐ力, ふせた, ふるはせながら, ふるわせつつ, べつかつ, ほんのりさし, ほんのり莞爾, みたか, みひらいて, みれば, むりやりに, めくり電燈, もち口ひげ, もった眼, ゆるめた, ようやく開きかけ, ウッスリと, ギュツと, ゴシゴシと, ピンセットの, 一パイに, 一刹那閉じた, 一層縮まらした, 一層重げ, 上から, 上げ下し, 上の, 上下に, 下させたの, 下して, 二三度痙攣させた, 二度ばかり, 二重に, 二重瞼に, 伏せ, 伝うと, 伝って, 傷ましそう, 優しく閉じ, 刺されたそう, 刺しこれ, 刺した, 動かして, 厚くし, 合さず渠, 合する, 合せたかと, 合せると, 合は, 合はせ, 合わす暇, 合わせて, 吊り上げて, 吊るやう, 垂れくずれるよう, 垂れた極めて, 垂れて, 堅く閉じ, 堅く閉ぢ, 外れて, 大きくしばたたいた, 家臣の, 寂しく伏せた, 射たため, 射られて, 少しお, 尖の, 常ならぬ, 引きあけた, 引きあけて, 引きあげるやう, 引きしめた, 引きつらすよう, 引き擦るの, 引っくら, 引擦って, 張り切らせようと, 弾くの, 微かに, 急に, 怪我した, 懸命に, 戦かせて, 打ち合して, 抑えて, 抑へながら, 押さえて, 押しあてて, 押し上げると, 押へ, 押へて, 拭いて, 拭いながら, 拭った, 拭って, 挙げた, 掛けて, 撫でて, 撫で下す, 撮んで, 擦って, 明るく温めた, 星の, 時々つまみ上げ, 暖めるよう, 暗い灯, 村重は, 染めたん, 染めた気の毒, 染めぬ, 流れた, 涙で, 溢れて, 潤おす涙, 熱くしました, 熱くする, 熱くせず, 熱く持った, 痙攣させた, 白く瞑っ, 皺つかし, 真正面お, 眠むそう, 眼医者の, 突かれましたが, 簡単に, 紅く泣きはらした, 細くし, 細くする, 細め, 締める事, 縫ひ, 腫らして, 腫れぼったくし, 落しまだ, 蒼ませ, 薄すり, 衝き目, 袖口で, 裏返して, 襲うとき, 見て, 見ながら, 見ると, 見開かせて, 貫いて, 赤うした, 赤く火照らし, 赤らめた, 赤らめて, 走つた, 軽く拭, 軽く閉じ, 通す晝, 重くあわせる, 重く懈怠, 重そう, 釣らすよう, 釣りあげる様, 閉ざして, 閉ざし時に又, 閉ざすの, 閉じさせると, 閉じしが, 閉じずには, 閉じたま, 閉じたまま, 閉じたまま半顔, 閉じても, 閉じながら, 閉じました, 閉じる, 閉じると, 閉じわれ, 閉ぢ, 閉ぢた, 閉ぢて, 開いたやう, 開きそれ, 開きました, 開くの, 開くよう, 開く間, 開けたり, 離して, 離れなかつた, 風に

▼ 瞼~ (329, 24.0%)

30 裏に 10 上に, 下に, 熱くなる, 間から 7 裏が 6 うちに, なかに, 中に 4 うえに, 下から, 内側に, 裏には 3 あたりに, 下の, 中で, 内側の, 母, 間に

2 [22件] あいだから, うす青い痣, うら, くぼみめ, すぐまのあたりを, なかを, やうな, 三白眼と, 上へ, 上を, 中から, 中を, 働きを, 切れの, 奥から, 奥に, 皮が, 眼は, 色が, 蒼蠅しばたたき, 裏を, 裡に

1 [156件] あいだに, あたり, あたりが, あたりの, あたりほんのり, あたりを, いい眼, うちで, うらで母, うるむ気持, かげで, かげに, きれ工合, ぐるりへ, すっと涼しい, その朱, たるみが, たるんだ眼, ところに, ところを, なかの, はれぼツ, ふくらみが, ふくらみに, ふちが, ふっくりした, へんが, へんに, ほうが, ぽうと, ものを, ように, 一種独特な落ちついた, 三白眼で, 上が, 上にか, 上にかけて, 上にだけは, 上には, 上下に, 上気し, 中が, 中へ, 丸顔の, 何か, 候補生に対する, 先から, 内側が, 内側と, 凹んだまるで, 動きに, 合うた一時と, 吊りあがつた因業, 周囲に, 垂味が, 外に, 大きなふくらみ, 大きな黒子, 奥で, 射すやう, 小鼻の, 底から, 底に, 形可愛い, 影を, 急に, 情を, 扉を, 方から, 暗い底, 朱く, 澄んだ眼, 熱きを, 熱くなっ, 爛れたの, 父に, 片方が, 犬の, 疲労を, 白露, 皮を, 皺を, 目を, 眼ばかりが, 眼付から, 紅が, 紅さ, 紅と, 紅を, 紅梅, 細い眼, 細胞から, 線は, 線も, 縁が, 縁この, 縁に, 美人が, 肉が, 肉も, 肉を, 脹れぼったい凡俗, 脹れぼったく見えるの, 腫へ, 腫れさえ, 腫れの, 腫れぼったい顔, 腫れを, 腫れ具合や, 膨れた眼, 色, 色は, 葉子と, 薄さ, 表情だった, 裏から, 裏の, 裏は, 裏へ, 裏側が, 赤かった, 赤くただれた, 赤くな, 赤くなった, 赤くなる, 距離が, 輪廓を, 辺で, 辺に, 辺にかけて, 邊に, 部屋の, 重い目, 重い眼, 重い鼻, 重げに, 重すぎる, 重味が, 鎧戸を, 長い睫毛, 長く切れた, 長すぎる, 閉じるよう, 間で, 間より, 陰に, 陰には, 霑んだ, 露の, 露を, 露白岡鬼平といふ, 青黒く腫れあがっ, 静けさに, 顫えた, 飾の, 黒い眼

▼ 瞼~ (203, 14.8%)

8 浮んで 5 浮んだ 4 描いて, 浮ぶ 3 ちらついて, 色を

2 [15件] あてた, いつまでも, うかべた, ちらつく, ふくろ, 思い浮べること, 押して, 指を, 描いた, 斜めの, 浮べた, 涙の, 現はれ, 重くちらついた, 颯と薄

1 [146件] あたる, あつた, あふれた, あふれて, あらゆる人々, いっぱい涙, うかべいく度, うかべつつ, うかべて, うかんだ, うけたよう, うっすら影, うつらうつら半, うるんで, えがいた, えがくよう, お通, かけめぐつて, かすかな, かすかに, かつての, かぶさって, きたかと, こびりつき淡い, こびり付いて, ささえて, さし影, しつつ, しぼりかけた魔法, しみるの, しみる煙, すー, せぐりくる, たたえた哲学者, たまった涙, たまってる涙, たまつて月から, たまりました, だぶつて, ちらちら浮ん, ちらついた, ついて, つきあげる熱い, なすりつけ榛, にじんだ髪かたち, ふと見えた, ほとんど蔽われた, ほのかな, ほのかに, まばゆがらせた, ガーゼを, 一杯ため, 一杯眼薬を, 両手を, 二十数年この, 仏印の, 余る露, 充ちた涙, 光る, 写る走馬燈, 出て, 刺繍する, 剣の, 力を, 含めて, 土の, 墨を, 夕柔らなる, 宿す露さ, 少しく赤み, 弾力が, 当てながら, 当てました, 思い泛, 思わず涙, 想ふ, 抑えながら, 押しあてたと, 描きそれに, 描きながら, 描き洞穴, 描けるほど, 映して, 映って, 朱を, 母の, 気を, 水の, 泛べたのである, 泣いたあと, 泣いた痕, 泪を, 浮かぶ, 浮かぶそういう, 浮かんだ父圓太郎, 浮きあ, 浮びきん, 浮ぶの, 浮べて, 浮べる, 浮べ耳, 消えたこと, 涙が, 涙と, 涙を, 淡く影, 溢れて, 溢れながら, 溢れる涙, 滲みわたった, 点薬する, 焼きついて, 焼きつき追, 煮ゆる雪片, 熱いもの, 現われて, 生気の, 甦えり, 當つる手の, 當て, 白い涙, 眼を, 突きあげて, 窶は, 緑が, 落れ, 薄い影, 薄く色, 薄く雀斑, 薄っ, 蘇る何一つ, 血の, 衝きあげて, 袋の, 見える, 触れ右手, 長い睫毛, 険を, 隠されて, 隠され白眼, 隠れそう, 隠れて, 雨を, 青く, 颯と色, 飛んで

▼ 瞼~ (163, 11.9%)

3 熱くなっ

2 [13件] あつくなる, うるんで, だんだん重く, ぬれて, ふくらんで, 一文字を, 垂れて, 弓形を, 熱くなった, 熱くなる, 重くなった, 高いと, 高うて

1 [134件] あからむの, あった, あって, あまりひどく長, あわなかった, いたましかった, おのずからに, おののきながら, おもむろに持ち上がり, きりっと裂け, くっついたよう, くっついて, くっつきあい, くっつきあうよう, くつきりと, しきり, すっかり落ち窪ん, たれにも, だいぶん腫れ, だいぶん腫れぼったい, だるく耳, だんだん塞がっ, ちかちかと, ちらちら動い, どうしても開かない, なによりも, はれたよう, はれぼつ, はれ上り顔, ひくひくと, ひとりでに塞, ひどく損傷, ひどく熱かった, ぴくぴくと, ふくらみ眼眸, ふつくりと, ほてつて, ぼったり, また久慈, まだすこし重い, まだ開ききらない, むくれ返り真紅, むしろ不思議, もう逆, もう逆転, ようやく重く, ゴトリと, シクシクと, ダラリと, チクチクする, ヒドク爛れ, ヒリヒリし, ヒリヒリと, ブクリと, ベッカンコーを, ムクレ返り, 一しきりふるえ, 一層大きく, 三日月形に, 両眼, 二重に, 何より美しかっ, 再びショボショボ, 切れて, 動いて, 合は, 合わさると, 合わ無え, 周馬の, 土門の, 垂れさ, 垂れそう, 堪らなくなって, 夢中に, 少し重たく, 屹と, 弛んで, 恐ろしく婀娜, 悉く朱, 杏の, 染ったの, 染まった, 権力の, 段々と, 段々熱く, 波形を, 涼しく拭われる, 濡れて, 焼けて, 熱いもの, 熱くな, 熱くなつ, 熱くなりかけた, 熱くなりつ, 熱くふくら, 熱く痺れ, 熱っぽく膨れ, 甘えるよう, 痙攣を, 白くかぶさっ, 直ぐに, 磁気を, 神経的に, 糸の, 紅くふくらん, 紫色を, 絶えず痙攣, 絶え間ない, 腫れあがって, 腫れて, 腫れると, 腫れ上って, 落ちて, 西日に, 赤い, 赤う腫れ, 赤くべ, 重い, 重いよう, 重い感じ, 重くな, 重くなつた, 重くなる, 重たいん, 重たくなった, 重たく垂れ呻き, 重だるく, 閉じて, 閉じられると, 閉ぢ私が, 露に, 静に, 颯と暗く, 颯と気

▼ 瞼~ (62, 4.5%)

1 [62件] いつも半眼, おもく時々, かくしよう, きれこんで, こまかな, さながら祷る, してるが, そんな虫ども, ただれて, だらりと, だるそう, ふかい睫毛, ふと熱かっ, ぶるぶると, ほんのりする, まだ重かっ, まッ赤, もはやそれ, イラ痒い, ヒタと, 再び眠り, 冷えぬ有様, 剣の, 動くが, 垂れ緑色, 尋常である, 弛みの, 弧形を, 強わ, 微に, 既に妥協, 昏, 更に熱く, 最早それ, 母を, 涙という, 涙の, 涙を, 涼しい眸, 熱くな, 直ぐには, 眠った, 細く長くたちまち, 老七面鳥, 腫れあがり眼, 腫れぼったくなっ, 自ずと合った, 落ちた, 薄黝, 見せないが, 赤くうるん, 赤く腫れあがっ, 遠い過去, 醜く腫れ上っ, 重くなり, 閉じて, 閉じられた, 露を, 静に, 颯と血, 黒き睫, 黝んだ

▼ 瞼から~ (28, 2.0%)

2 ウロコの

1 [26件] あつい涙, あふれる涙, あふれ落ち, こぼしました, こぼれかけた, しつこく離れなかつた, みるま, ポロポロと, 冷たい涙, 取り去れないもどかし, 日の, 流れ出て, 消えないらしい, 消えやらぬの, 涙が, 涙を, 湧いた, 溢れそう, 溢れた, 滴り落ちる新しい, 熱いもの, 迸る眼光, 離れて, 離れなかつた, 頬に, 鱗が

▼ 瞼~ (17, 1.2%)

1 [17件] あるふてぶてしい, きわめて美しい優し, じいんと紅く, ほんのりと, やがて涸, 半ば閉じた, 夜に, 晴れて, 染まる明るい, 決意に, 理由なし, 耳も, 腫れあがって, 赤くした, 赤くしなかった, 重く床, 頬も

▼ 瞼~ (16, 1.2%)

2 かけて, 手を

1 [12件] あふれずに, かけての, それが, 写すと, 墨でも, 押しあてて, 持って, 指の, 映して, 来て, 瞳を, 膏薬を

▼ 瞼には~ (14, 1.0%)

1 [14件] さっと薄き, すでに毒, ふんわりと, もう鶴雄, ポロリ一滴, ヨボヨボの, 一瞬儚い, 今の, 今まで, 泣いたよう, 涙が, 深い影, 琥珀色の, 真珠の

▼ 瞼~ (11, 0.8%)

1 [11件] いい頬皺, いま湯から, ぢてこやれ, ハッハッハッと, 下の, 下瞼, 二筋の, 口元に, 瞼が, 耳とに, 輝きを

▼ 瞼~ (10, 0.7%)

1 が微か, が濡れ, に心配そう, のまぶた, の先, の周囲, の影, の深い, の長い, の隈

▼ 瞼~ (8, 0.6%)

1 その声, 凝と, 断ち切って, 理性の, 目尻が, 瞳は, 聴く用意, 軽く笑う

▼ 瞼~ (7, 0.5%)

2 唇が 1 かさかさに, 唇元を, 頬に, 頬を, 鼻の

▼ 瞼にも~ (4, 0.3%)

1 何かが, 傷はねえ, 映って, 泣いたらしい痕

▼ 瞼しい~ (3, 0.2%)

1 四十男で, 山道を, 崖の

▼ 瞼をと~ (3, 0.2%)

1 ぢおぼろげに, ぢて, ぢてた

▼ 瞼一杯~ (3, 0.2%)

1 になった, に映し, に浮べた

▼ 瞼からも~ (2, 0.1%)

1 ぼうだ, 数正の

▼ 瞼~ (2, 0.1%)

2 へ殊更

▼ 瞼さえ~ (2, 0.1%)

1 あれば, 合わせる事

▼ 瞼とを~ (2, 0.1%)

1 ほんのりと, 縫い合わせたよう

▼ 瞼まで~ (2, 0.1%)

1 はれぼったくし, 縦から

▼ 瞼瞼薄ら~ (2, 0.1%)

2 瞑った瞼

▼ 瞼薄ら~ (2, 0.1%)

2 瞑った瞼

▼1* [48件]

おもきわが世, 瞼おもくて閉口トン首, 瞼がさえかえつて, 瞼がまづこれに, 瞼これで土肥安泰, 瞼さし寄せ嗅ぐ鞠, 瞼さ段, 瞼しめしつくづくと, 瞼しろし閉ぢしまなぶた, 瞼それに釣り合う, 瞼たぎる日暮れ方雪はけは, 瞼だけが二重で, 瞼だけは合はせ, 瞼だらうか, 瞼であるがゆえに, 瞼とが痙攣した, 瞼のです, 瞼など一きわ目立っ, 瞼なんか腫れ塞がって, 瞼にかけて薄すり, 瞼にまで及んで, 瞼ばかりはほんのりと, 瞼ひえびえとする, 瞼ひらけば火, 瞼ふくよかな唇, 瞼へだててひびく, 瞼までも痺れて, 瞼ニアイ・シャドウヲ着ケフォールス・アイラッシュデ附ケ睫ヲ着, 瞼一皮そう泣く, 瞼一重の上, 瞼のつかれ, 瞼垂れ下がり他の, 瞼堅く閉じ掻巻頭, 瞼なるは, 瞼しに, 瞼温もるほどほどは聴か, 瞼際鼻の, 瞼が合わない, 瞼までも強直, 瞼細腰の羅, 瞼自然とふさぐ, 瞼触角の如く動く, 瞼は少しく, 瞼は少しく, 瞼重げに見開いた, 瞼長い睫毛が, 瞼閉じたくなるくらゐ, 瞼に顕れ来つ