青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「瞳~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

着く~ ~着け 着け~ ~着た 着た~ ~着物 着物~ ~瞬間 瞬間~ ~瞳
瞳~
瞼~ ~矛盾 矛盾~ ~矢 矢~ ~矢代 矢代~ ~知 知~ ~知っ

「瞳~」 2759, 30ppm, 3926位

▼ 瞳~ (1068, 38.7%)

29 据えて 26 凝らして 25 して, 定めて 15 あげて 12 こらして 11 返して 8 上げて, 凝らした, 輝かして, 閉ぢて 6 かがやかして 5 こらすと, すえて, 輝かせて

4 [16件] あげた, ぢつと, みはって, もって, ジッと, 一パイに, 凝して, 動かして, 定めた, 持って, 据ゑる, 見た, 見つめて, 見ると, 見開いて, 輝かした

3 [15件] じっとまっすぐに, みつめた, みて, めぐらして, 上げると, 光らして, 凝らすと, 凝視した, 向けた, 向けて, 挙げて, 据えた, 落した, 見て, 輝かしながら

2 [78件] うっとりと, うつとり, うるませたこと, うるませながら, おおうて, きとわ, こらした, こらしたが, こらすよう, した少年達, すゑて, せばめて, そそぎつつ, そらす時, とじて, のぞいたよう, ぱっちりと, ひらけば, ぼんやり見あげ, みた, みはつ, よせて, りんと, ギラギラと, 一点に, 冷笑に, 凝した, 凝らしたが, 凝らしつつ, 凝らしながら, 凝らす, 動かしたが, 動かすさえ, 合せると, 吸いつけて, 大きくし, 宙に, 定めると, 射る, 屹と, 彼の, 彼女の, 投げて, 持つて, 据えたまま, 据えながら, 据えました, 据ゑた清子の, 据ゑてゐた, 放てずに, 注いだが, 注いで, 流して, 煙草のけ, 痛くする, 精魂こめ, 落すと, 見ないから, 見ること, 見れば, 見張って, 見据えるよう, 見眼瞼, 見詰めて, 走らせた, 走らせて, 転じて, 輝かせた, 轉じ, 返すと, 避けて, 釣つてゐよう, 閉ぢた, 開いて, 開けた, 集めしが, 集めて, 集める

1 [607件 抜粋] あけて, あげた時居眠り, あげると, いきらせて, いくらかかすん, いっぱい開い, いつも空, うごかし, うつし, うつして, うつらと, うるほさなかつた, うるませた女, おさ, おって, おとして, かえした, かがやかしながら, かがやかし君, かがやかし満足げ, かこんだ白眼, かすめハッ, かたよせて, かわした, きょとんと, きらつかせて, きらめかして, ぎょろ, ぎょろりと遣る, ぎらつかせて, くらやみの, くるくるうごかし, くるくると, ここに, ことごとく惹き寄せ, この処女作, こらし, こらしたとき, こらす, さだめて, したお嬢さん, したやさ男, したスンナリ, したセルロイド, したフィリッポフ, した商人, した女, しつこく追う, しづかに, しば, じっとマリユス, じっと据えた, じっと注い, じっと火星人, じっと落とす, じつと, すえ低い, すがりつくやう, すっかり泪, すゑておとなしく, せばめたよう, せばめ花, そ, そそぐ爲め, そつと, そのままこちら, その瞳, そむけないでは, そらすと, そらに, そろえて, たくみに, ただ索漠, ためて, だんだん大きく, ちょっと私, ちらっと横眼, ちらと, ぢっと, つ, つけて, つばき, つむつたかたち, つむり, つむる, とおして, とざしはじめ疲れ, どうしてにごし, なお外, なかば閉ぢた, なかば隠し, なさると, なんと形容, にらんで, のぞいた, のぞきこんだ, はなたずに, ぱちくりやつ, ぱっと明るく, ぱつちりと開け, ぱッちりと, ひと, ひとめ見, ひと廻り, ひよい, ひらいた, ひらかせない, ひらき胸, ひらく, ひらめかして, ひろげて, ふうわりと, ふくと, ふせながら, ふと畑際, ぶるぶるふるわし, ほそめながら, ぼんやり空間, ぼんやり開きかけ, また山の上, みあはせて, みあわせて, みつめたまま, みはった, みひらいた坊っちゃん, みひらくわたし, みられると, めぐらせば, めしひ, もった瞼, もつ, もつた娘, もつた此, もつて, やきそう, やって, やると, ゆっくり上げ, よく働かせた, よく定め, よせる少女達, よそに, キラキラと, ギラギラさせる, ギロギロさせ, クルクルさせ, クルクル廻転, クルリクルリと, シッカリと, ショボショボさせました, ジイと, ジイッと, パチリと, パッと, ピッタリと, ラムプの, 一ミリと, 一心に凝視, 一心に睨ん, 一杯に, 一点打つ, 一瞬間相手に, 上げた, 上げました, 上げよ寂しく, 上げる鼻筋, 上へ, 上むけ, 上目がちに, 上釣らし, 上険の, 主人の, 二ツ見開い, 二三度瞬いた, 交し, 交したの, 人々の, 人指指の, 仰ごう, 件の, 伏せたまま, 伏せないわけ, 何の, 傍へ, 僕の, 光らした, 光らせぐにゃりぐにゃりとだらしなく肩, 光らせさながら, 光らせて, 入れたよう, 入れられたところ, 八方に, 冷やかに, 凝したまま, 凝す, 凝す彼, 凝せば, 凝せり, 凝せる貫一, 凝らさねば, 凝らしたお, 凝らしたまま, 凝らしたり, 凝らした白い, 凝らしはじめる, 凝らし出した, 凝らし梟, 凝らし遥か, 凝然と, 刹那に, 刺したので, 刺し通し, 刺す, 削げ, 前方に, 動かさず些か, 動かさず頬, 動かすさい, 動かすの, 勝山通の, 包む長い, 反らしたと, 受けて, 古き宝物, 叱るやう, 合した, 合して, 合せて, 合わして, 合わすと, 合わすの, 同じところ, 向けたとき, 向けた新九郎, 向けた雨龍太郎, 向けながら, 向けられると, 向け冷静, 吸われて, 周章者に, 呼びかけて, 哀願的に, 四辺の, 囲んで, 地に, 壁の, 外らさず獄門橋, 外らしたそうして, 大きくみひらい, 大きく張っ, 大きく見開い, 大きな影, 太郎の, 始終机, 娘に, 定むる, 定めあたり, 定めたその, 定めたまま, 定めたもの, 定める暇, 定め自分, 家政婦の, 寄せた, 寄せつつ, 寄せるうち, 寄せると, 寒々と, 射かけます, 射た他, 射た優, 射った, 射つたから, 射つつ, 射るあまりに, 小賢かしく, 少しばかり, 少し落とし, 帆村の, 平にし, 平馬に, 床に, 座敷に, 引きつけて, 弟に, 張って, 当てなしに, 当所も, 待ちましたが, 忙しく働かせ, 怒らしたが, 思い起せば, 思ひ出しまた, 悲しげ, 愛した, 感じた, 感じて, 慣らすため, 憩わせて, 我より, 扉に, 技師に, 投げつけそう, 投げつづけながら, 投げながら, 投げました, 投げると, 投じて, 押し据えたが, 持った人物, 持った少女, 持つた子, 持つところ, 指す, 挙げる, 捉えられ思わず, 据えたまま穴, 据えたる沓脱, 据えたパナマ, 据えるよう, 据える間もなく突然, 据え息, 据え遠慮なく, 据ゑ, 据ゑた, 据ゑた目も, 据ゑてお使僧の, 据ゑて今度は, 据ゑて凝, 据ゑて桜の, 据ゑられたる直行は, 据ゑるといかに, 据ゑると見えた見えた, 据ゑ今更の, 掠めて, 揃えて, 揚ぐる時, 揶揄する, 擧げて, 放たず凝視, 放ち片時, 放ったが, 放つ, 放つ処, 斜めに, 昂げて, 昔知事や, 星に, 星空へ, 曇らせて, 曇らせながら, 更に見開い, 有して, 朦朧と, 機嫌よい, 欺いたもの, 欺き電燈, 正しく揃え, 母の, 氷らせて, 永遠に, 汚されるの, 沼の, 注いだ, 注いだ松崎, 注ぎながら, 注ぐよう, 流せば, 浮気っぽく, 海の, 涼しく, 温泉へ, 源次は, 澄まして, 澄ませたまま, 濡らす, 火照らせて, 無邪氣, 焼くよう, 照らした, 燃しながら, 燃やして, 燒く, 片寄せて, 狂気さす, 王の, 異妖, 目配せした, 相手の, 真正面に, 睨みかへ, 瞠った, 瞬いて, 瞬く, 研ぎ澄し, 磨いで, 秀麿の, 私どもの, 私に, 私の, 移して, 移すその, 穴に, 空に, 空へ, 糸の, 紋也の, 紛らせて, 細めた, 綻ばせながら, 美女の, 群集の, 翁は, 耀かせ次, 聚めて, 膝に, 舞台に, 花瓶の, 若々しく輝かせた, 落したの, 落したまま, 落して, 落しながら, 蒼ぞ, 虚空に, 蜂谷良作の, 蜘蛛に, 見かわしたまま, 見たが, 見ただけ, 見たもの, 見つづけて, 見つめあって, 見つめたが, 見つめました, 見ては, 見ながら, 見はりながら, 見ました, 見るごとし時雨, 見る時, 見上げた, 見入つて一言二言狂気の, 見入りながら, 見出した, 見出す時, 見合った, 見合わすばかり, 見張つた, 見張つて, 見張りながら, 見据えたが, 見返した, 見開いた, 見開いたが, 見開きながら, 覗いた, 覗きこんで, 話の, 走ったの, 足元に, 転ずると, 輝かしたので, 輝かし卓, 輝かし鵜, 輝かせたかと, 輝かせたの, 輝かせたので, 輝かせたり, 輝かせながら, 輝かせ鳩, 輝やかし, 送る, 這わせつつ, 通わせしばらく, 遠く延す, 遡って, 部屋の, 配って, 鋭どく, 鏡の, 閃めかし, 閃めかした, 閉じて, 閉ぢる, 開いたとき, 開き切って, 開けた時, 開けて, 闇の, 隅の, 隙間も, 離して, 震駭させた, 静まらせ泣き歇ん, 頬を, 風に, 高原に, 黒く強調, 黒く盛り上らせ

▼ 瞳~ (377, 13.7%)

25 中に 22 なかに 13 奥に, 底に 7 中には 5 ように, 中へ, 色が 4 前に, 奥を, 底には, 色を 3 やうに, ような, 中から, 中の, 中を, 焦点を, 色の, 表情は

2 [24件] いろが, うちに, うちにこそ, ことだ, ひかりに, ひかりを, 上に, 上を, 中では, 光が, 光りが, 光を, 動きを, 底から, 底で, 底を, 方が, 清しい, 焦点が, 色は, 色も, 表情特徴の, 輝きを, 閉じし面

1 [194件] あたりに, あたりまで, いたづらさうな, いろ, いろであった, いろと, いろを, うちとに, うちには, うつくしさ, うるむの, うるめる愛し, おくへ, おのおのに, かすかな, こりかたまったよう, ごとく背後ざま, せいであろう, そこを, ただよって, どろんと, ない銀杏形, なかが, なかで, なかには, なかへ, にごり, はかり知れざる未来, ひかり, ひかりも, ほほ笑みを, まはり, まるで子供, まわりに, もてなしが, やや冷やか, よう小岩井の, 一つだ, 一瞥を, 三男を, 上には, 上の, 並ぶごとし, 中で, 乱れた眼, 人々と, 人が, 何と俄, 作用を, 俊秀な, 働きが, 働きに, 先に, 光, 光だった, 光に, 光は, 光りと, 光りなどにも, 光りの, 光りを, 光る時, 光沢に, 児で, 凝視を, 切長の, 前かの, 前で, 前の, 力に, 力は, 力を, 力強さ, 動かぬ気高い, 動き引寄する, 動き方を, 動き牛の, 半分が, 反射が, 反射を, 吊上った岡田, 向いて, 周囲には, 問題だ, 噴水, 夜叉, 大きい淋しげ, 大きい背, 大きい色, 大きな燃えたった, 奥が, 奥で, 奥には, 奥の, 奥底から, 奧に, 奧を, 女うらま, 女も, 如し, 妻は, 子は, 孔に, 学生や, 対象に, 底が, 底の, 底を通して, 影とともに, 御色野, 怖ろ, 情だ, 情だった, 愛らしさ, 手は, 持ち主だけに, 持ち主と, 据え方, 据った, 据った曇った, 据わった一種凄惨, 方向によって, 星の, 曇は, 柔軟な, 楯にも, 様な, 歎き, 洗礼を, 涼しいひと, 深さ, 清しさ, 清浄な, 漸く闇黒, 澄み工合, 澄んだ顔, 激痛を, 濡, 濡色に, 火を, 焦点は, 焦點, 男である, 目に, 眼の, 眼は, 眼を, 碧い, 確かさは, 美しさ, 脹れ上がった猫, 色から, 色さ, 色で, 色であった, 色と, 色など, 色に, 色については, 色にも, 色ばかり, 茶いろ, 茶色な, 落着つかぬ, 表情も, 裏に, 裡なる, 見かた, 視線に, 記憶また, 輝きが, 輝く第, 避難所, 鋭い視線, 閃きに, 閃きを, 閉づるを, 開いた輝, 闇を, 青いの, 青い人間たち, 青い仏蘭西, 青い体, 青い羅曼底, 青い金髪, 青さ, 面かげを, 顔から, 黒い女, 黒い子供, 黒い笑う, 黒さ, 黒鷲と, 黒鷲は

▼ 瞳~ (278, 10.1%)

3 動かなかつた, 水の

2 [13件] じっと私, その芽, どんなに黒く, 動かずに, 夢遊病者の, 強し, 彼の, 怒りに, 急に, 愛にも, 或る, 涙に, 男の

1 [246件] あわれむごとく半眼, いい知れぬ, いかなる色, いつかお, いつか物珍らし, いつか茫然と, いつか闇に, いつしかうるおい, いつも濁, いよいよ輝い, うっすらと, うるみ, うるんで, おきら, おののいた様, かがやいて, かすみ瞼, かなりつとめた, きわめて小さい, ぎらぎら燃える, くもつて, こっちの, このごろとても, この一日, この時, この朝, これに, さぐるやう, しかしその, しかし宇治達, しずかに, じっと彼女, すこし茶色, すでに若, そこから, そこで, そこひの, その白い, その眼瞼, その顏, その顔, それぞれの, それでもなほ, たじろぎも, ただじっと, ただ宙, だんだんに, だんだん深く, ちょっとおかしく, つぶらかに, つりがねの, ときどき意外, ともすればそっち, とろとろと, どうかする, どんよりと, なかなかとじられなかった, なにかの, なんといふ, ぬれて, ひらかれ, ほとんど怪しき, ぼうと, ますますかがやき, また他, また動いた, まったくあの, まるで斥候, まるで猿, まるで視力, みるみる拡大, むかしながらに, むさぼる様, めしひ, もうわたくし, もう人なつこい, もう力, もう希望, もえるよう, ものすごくなった, もはや大きく, やがて軒下, やさしい感情, やはり力, やはり輝い, やはり静か, われ知らず動いた, オレに, カッチり合いました, クラクラと, モウ神経質に, 一そうキラキラ, 一度に, 一方しか, 一日も, 一点を, 一途に, 上品な, 上瞼に, 世の, 人妻を, 何を, 何処と, 僕の, 充血で, 光沢を, 兜の, 其の舍, 円いと, 冷たい水銀, 冷たく燃えた, 凝然として, 動くか, 博士独特の, 叔父に対する, 呪いと, 唯狂は, 場内の, 夕月の, 夜の, 夢見るよう, 大きいし, 大きくて, 大して美麗, 奥役の, 好奇と, 如何に, 妊娠し, 始めて動く, 宛然珠玉の, 実際は, 小魚, 少くとも, 居らず訊けば, 屹と, 左側の, 希望の, 張り拡がり, 彼女を, 微笑んで, 忘れよう, 快活に, 忽ちの, 思わず彼, 怪しい曇り, 怪しい炎, 恍惚と, 悲しいまた, 据つた, 敢為の, 新しい希望, 新しい望み, 新たに, 日向で, 日常の, 明かに, 未だ曾, 来る, 森や, 極めて靜, 殺意を, 殺気を, 気の, 水平線の, 水晶を, 水盤に, 氷れるごとく, 汚れてなかった, 洞より, 活き活きと, 活字の, 浪路に, 涙ぐんで, 涙よりも, 深かった, 渚に, 溶した, 漸くこの, 澄んで, 濁って, 濃し, 無事だった, 無心に, 熱い燃える, 熱っぽく輝いた, 熱誠に, 燃えるやう, 燃ゆる, 物の, 物成の, 狐の, 獰猛な, 玲瓏と, 玲瓏として, 甲斐守の, 異常な, 異様な, 疲れながらも, 病気だ, 白皙人の, 益々大胆, 碧海を, 確かに, 磁石の, 神潭の, 私を, 稍定まつた, 素ば, 細かな, 絶えず幸福, 美しく澄ん, 美しく輝いた, 考えて, 聚った, 自づと, 自分の, 自在に, 自然と, 自然に, 蒟蒻玉同然だ, 街路にと, 複雑に, 見おさめであった, 言わん方, 誰もが, 輝いた, 輝いたこと, 輝いて, 輝き其の, 輝き青白い, 追憶の, 通い竊, 遊里の, 遠くの, 邪氣無い, 金貨, 鋭くひかった, 開いて, 開きかけて, 陽炎を, 青い蓮, 飽くなき, 鳶に, 黄ろい, 黒く澄ん, 黒ずんで

▼ 瞳~ (272, 9.9%)

4 据って 3 キラリと, 光って, 動く, 吸ひこまれる, 彼の, 私の

2 [12件] あった, こっちを, どんよりと, ぼんやりと, 何を, 冴えて, 動いて, 動くとき娘, 好奇に, 潤んで, 異様に, 輝いて

1 [226件] あくまで澄みきっ, あたりの, あつた, あつまって, あても, ありそこ, あるだけ, いったい何, いつの間にかすっかり落ちくぼん, いつもの, いつも輝い, いまいましいまでに, いよいよ黒く, うち看守る, うっすらと, うるんで, うろうろする, お互, お高, かたくなに, きらと, きらめくとき, くるくるし, くるりと, こちらに, さし覗く, しっとりと, じっと凝っ, じっと彼, じっと父親, じっと空, じっと遠い, すでにうるみかけた, すわって, その刻一刻, その詩, たまらなかった, だんだん開い, だんだん険しく険しく, ちらちら光り, ちらっと現れる, ちらついて, ちらつく, ちらと, ちらりと揶揄, ぢつと, でも真黒, とまること, どうかする, どこを, どんなに絶望的, ないので, なくなり化け物, なごむ, にわかにキラキラかがやいた, はかなく遠く, はじめて碧碧, はてしも, ふたつに, ぼんやり動い, ぽっかり開いた, まともに, まばたいて, むしろ何, もどかしくパチパチ, ようやくおちつい, よみがえる, キラキラと, キロリと, ギョロギョロし, スゴイ程, チカッと, チロチロ光っ, トロトロと, ナースチャを, マトモに, 一つ時曇つたと, 一斉に, 一瞬星の, 上を, 上目がちに, 上瞼に, 主税の, 乱れない朗らかさ, 乳母の, 二つある, 二つキラキラ, 二ツあった, 互いにその, 五分ばかり, 今は, 今力強く, 光つてゐた, 入ると, 其の舍, 円く大きく輝い, 写って, 冴え返って, 凝如, 凝視し, 切り抜かれて, 力なく, 動いたん, 動き, 動きますね, 動きますよ, 動きません動けば, 動くけれど, 動くと, 動くの, 動く時, 卓一を, 合う時, 合ふ, 吸いこまれるよう, 壁虎の, 夜あけの, 大きく大きく殆, 天の, 妖しく笑った, 媚を, 宙に, 定まると, 小供, 少し三白眼, 巨大な, 彼に, 微かな, 恍惚と, 悲しそう, 慣れると, 斜に, 映るやう, 春の, 昼も, 時々ちらっと嬢, 晴れ晴れと, 暗んだ折, 曇って, 曇つて來た, 次第に活氣, 正しく開い, 死んだ, 永久に, 決意に, 活きて, 流るるよう, 流れて, 涙に, 涙よりも, 溶けて, 澄んで, 灰色に, 炎える, 熟視める, 熱を, 熱意に, 燿いた, 爛々として, 物語るこの, 狂気した, 生まれるに, 生れつき形の, 生眞面目, 異様な, 疊みかけた, 痛いから, 痛いほどの, 痣の, 白くなっ, 白く光っ, 白く光った, 白痴めい, 益々熱し, 眩んだ, 眼瞼の, 睨むよう, 瞬く, 瞬間妖しく, 瞳に, 砂土の, 硝子の, 硝子玉の, 示す答, 神様の, 私を, 笑うとともに, 素早かった, 細い瞼, 細く開かれた, 絶えず動い, 美しく潤んだ, 自分を, 茫然と, 落着きなく, 蝶の, 融けて, 見つめて, 見張られた, 覗いて, 覗き出た, 變に, 赤くな, 輝いた, 輝きだすやう, 輝きはじめた, 輝きを, 輝き懐し, 通い足踏み, 逢ひました, 部屋の, 重って, 闇に, 闇を, 険しくきらめいた, 集められて, 霑んで, 青かつ, 青く底, 青ければこそ, 非難する, 鳶色に, 黒, 黒い上, 黒い限り, 黒く人なつこく光っ

▼ 瞳~ (268, 9.7%)

4 自分の 3 ありありと, さが, なって, 映じたの, 映ったの, 映って, 映る, 眼を

2 [17件] あざやかな, かすかな, それは, まづ圧し, まづ壓, 一杯涙を, 太陽が, 宿して, 射すくめられて, 映して, 映った, 映つた, 映ると, 落ちる光線, 見入った, 逢ふと, 集めて

1 [206件] あなたの, あるなつかしい, いたき, いたく, いたわりと, いっぱい涙, いぶかしくうつった, いぶかしく映った, うす化粧, うち吸, うつしながら, うつったの, うつり, うつる, うるみを, おくみ, かがやくの, かぎり無い, くるしい恋, くれな, こめられた憎しみ, ささげ眺める, さっと細やか, したって, しみた, しみまた, しみる程, しみ入った, するどく光り閃く, その影, たたえられた複雑, ただよって, ちらちら映っ, ちらと, ぢいつ, ぢつと, つめこんで, つれて, なりて, なる, なんとなく憂鬱, のこりました, はじめて例, ふと映った, ぶっつかると, ほひかがやき, ほんのりと, ぼくが, まず圧し, またもぎ, まだ動かない, まだ子供ツ, まともに, もつとも月並, わが瞳, チラと, ピッタリと, 一目凝視めて, 上から, 不安と, 不思議な, 人を, 似た微か, 似た青い, 何か, 信じること, 充たせもの, 入らざるに, 写ったの, 写りますでしょう, 冠せこの, 冷たい刺す, 冷めたい憎悪, 凝らして, 凝視されたなら, 凡ての, 出会うた, 初めてサッと恐怖, 刺戟され, 化して, 半ば絶望の, 又葉子, 収めて, 古典紺, 向き合せながら, 呼び覚まされながら, 品川の, 喰ひ入る, 堪へないやう, 媚を, 媚をさえ, 宿した途端, 宿った, 宿れる雫, 寫した驚異, 屹と, 引寄せられ, 引摺られる, 弟の, 弱い笑, 強い感情, 強く印象, 御頬, 怒りだけを, 怪しい燐火, 怯えたよう, 情熱が, 惑わされて, 愁しげな, 感じました, 憂鬱な, 憎しみの, 憬がれの, 戀人の, 描いて, 描かるるであろう, 映えし銀, 映した者, 映じた, 映じたもの, 映ったので, 映ったり, 映った一ミリ, 映った文字, 映った時, 映った法水, 映った父, 映つた其の, 映つて, 映らなくなれば, 映り視覚, 映るよう, 映る世界, 映れかし, 暗いほ, 月光が, 棲める, 機翼の, 残しながら, 母親を, 沁み入りました, 沁み渡つた, 沈むと, 浮かべて, 浮んだ, 浸みる箱, 涙が, 涙をさえ, 深夜の, 溢れたる抑え, 滲んで, 漲って, 濃い睫毛, 火の, 炎上の, 烙きつけ, 焼きついたの, 照らして, 熱く見合せ, 燃える炎, 燃え映って, 燃え立った, 益涼し, 真珠の, 睨み合つた, 瞬間灯が, 瞳を, 笑を, 精いつ, 絶えず涙し, 絶えず脅えた, 緑映じ, 美しい火, 肖た灯, 自分のを, 艶を, 荒れ模様, 薄い雲, 蜘蛛の, 見えた, 見つめられると, 見るごとく, 見入って, 見入りながら, 見入ると, 見詰められると, 触れたらしかつ, 詰め寄ると, 貫き通されずには, 輝いて, 輝かせ乍ら顔, 輝きを, 近くポッツリ星が, 送られて, 通って, 道路の, 重かった, 金の, 長い睫毛, 集め小田島, 集め手, 霞が, 青い生気, 青年特有の, 非凡な, 魅り

▼ 瞳~ (71, 2.6%)

3 彼を 2 男の, 私の, 私を, 顔を

1 [60件] あらぬ一角, くわっと兵庫, しばらく残り, じいっと眼, じっとその, じっと不, じっと伸子, じっと夫人, じっと私, じっと見た, じっと見入られる, じっと見詰めました, じっと視, じろじろナースチャ, それ見た, ぢつと, つくづくと, でも, なお巻, ながめおろした, まじまじと, まろまろと, みつめつつ, もつて, やさしくあたし, やっと少しずつ, わたしに, グリグリと, チョット見上げ, マヌエラを, 主人を, 仰いだ, 凝と, 凸坊の, 受けながら, 喋る相手, 天井を, 夫を, 当惑した, 彼女は, 撫でるよう, 洗うよう, 熱心に, 相手を, 眺めて, 眺めやって, 空間の, 笑い合ったきり, 笑ふ, 等分に, 背後の, 自分の, 見上げました, 赤猪口兵衛の, 追つかけ, 門倉平, 青年を, 青空を, 静かに, 驚きと

▼ 瞳~ (56, 2.0%)

3 瞳を 2 瞳とを

1 [51件] いうべきもの, いって, いわず胸, せざるべからず横線, そして一つ一つ, その仄, その表情, ならずや, なるは, ぶつかつ, ローマ型の, 並んで, 何事かを, 動かずに, 合った時, 合わして, 唇の, 声が, 宙に, 小気味よい鼻, 少し赤い, 形容される, 心持ち微笑を, 愛の, 憤激の, 新鮮な, 早も, 本能を, 朱い, 温かな, 照門と, 熱った唇, 眉と, 真白な, 真赤な, 睫毛とが, 瞳と, 瞳との, 瞳電信技手は, 神経過敏と, 私に, 競い瞳孔人これ, 純種の, 肢体の, 自分の, 路傍に, 連なるもの, 隻眼と, 青磁に, 額に, 額によ

▼ 瞳には~ (51, 1.8%)

2 形容し, 涙が, 確に

1 [45件] きらめかしい輝き, これまで, さんさんと, そこに, その自分, それほどまでの, ただ一人, だるさ, つと好色, どちらにも, なにかいや, また, まだ何物, むしろ敵意, ッと, 一パイに, 一点も, 一種軽侮に, 一途に, 人や, 何か, 何んの, 何等の, 初めて不覚, 力が, 名状すべからざる, 地平を, 少しづつ, 屈託の, 心乱れた, 怒りと, 情を, 戦場に, 既う, 日に, 映らない, 決して新鮮, 珍しくブラジル, 珍らしく, 的の, 真珠の, 真黒い怒り, 空も, 空や, 若いたましいを

▼ 瞳~ (40, 1.4%)

3 露の 2 痛み

1 [35件] あり足, かくれて, きらきらと, すでに忘れ, たぐる野, つかれて, どこか, なくただ, はなたずつぶやいた, ガラッ八, 何時も潤んだ, 光を, 共に輝い, 力を, 動いて, 悲しげに, 据って, 据らず, 春の, 母親らしい, 毛を, 深うなる, 由子の, 直ちに瞬く, 睫毛も, 聞かれる少年たち, 華かな, 誇りかの, 輝きはじめた, 隠れて, 離さないで, 頬も, 魂も, 黒くて, 黒くメラノクロイ

▼ 瞳にも~ (16, 0.6%)

1 [16件] ありありと, しみるお, とまらず, なんの, みえざる, 似るうるわしい, 寂しさ, 彼女の, 愛嬌が, 決して好ましい, 涙が, 濡れたやう, 眉にも, 遥かかなた, 雲が, 雲がか

▼ 瞳~ (10, 0.4%)

1 その他あらゆる, ふつくらした, やたらに, 一本一本手入れの, 下らない事, 潤いある, 白い顔, 紅い唇, 美しい口, 血みどろに

▼ 瞳から~ (9, 0.3%)

1 かの女, して, はみ出して, 入って, 射出された, 播き散らすの, 輝きが, 迫りふと, 閃めこう

▼ 瞳とを~ (9, 0.3%)

1 つくづく見直し, ピッタリと, 得素朴, 投げ出して, 持って, 見かわしながら, 見た, 見ると, 見出したの

▼ 瞳~ (7, 0.3%)

1 ひきつけられる結果, チラリ, 刻みつけた, 眞つ, 眼を, 紗でも, 考へが

▼ 瞳だけが~ (6, 0.2%)

1 はたらいて, 優しく青く澄ん, 吸い付くよう, 嘲りとも, 明らかに, 未だに山頂

▼ 瞳をと~ (5, 0.2%)

1 ぢたま, ぢて, ぢては, づる, ほして

▼ 瞳からは~ (4, 0.1%)

2 涙が 1 なれて, 焼けつくよう

▼ 瞳とは~ (4, 0.1%)

1 これの, ぶつかって, 彼女の, 極を

▼ 瞳ばかりが~ (4, 0.1%)

1 いちように, きれいに, 気高い天, 鋭く光っ

▼ 瞳さえ~ (3, 0.1%)

1 つぶせば, 一度に, 誰にも

▼ 瞳だけ~ (3, 0.1%)

1 くるくる回轉, である, でその

▼ 瞳ばかりは~ (3, 0.1%)

1 さして昔, 刃の, 空地の

▼ 瞳ほど~ (3, 0.1%)

2 な点 1 な黒子

▼ 瞳までが~ (3, 0.1%)

2 鋭い光 1 ありありと

▼ 瞳より~ (3, 0.1%)

1 恐ろしきなし, 悪が, 明るくも

▼ 瞳~ (3, 0.1%)

1 が彼, を庭, 射るが

▼ 瞳~ (3, 0.1%)

1 な水, な目元, の顔

▼ 瞳~ (3, 0.1%)

3 眉の

▼ 瞳あの~ (2, 0.1%)

1 ように, 額あの

▼ 瞳うごき~ (2, 0.1%)

1 てほほ, てほほえみたまう

▼ 瞳がち~ (2, 0.1%)

1 でやさしい, な眼

▼ 瞳すずしく~ (2, 0.1%)

2 鼻やや

▼ 瞳であっ~ (2, 0.1%)

1 ていつも, てどちら

▼ 瞳であり~ (2, 0.1%)

1 あたかも自己みずから, 眼であり

▼ 瞳である~ (2, 0.1%)

1 かのよう, がこれ

▼ 瞳では~ (2, 0.1%)

1 ない, なかった

▼ 瞳という~ (2, 0.1%)

1 ものの, 工合に

▼ 瞳とが~ (2, 0.1%)

1 可愛いい上, 相互に

▼ 瞳との~ (2, 0.1%)

1 一瞬の, 醸し出すあの

▼ 瞳なき~ (2, 0.1%)

2 目なかば開き

▼ 瞳なす~ (2, 0.1%)

2 空色の

▼ 瞳への~ (2, 0.1%)

1 人間として, 滲透これは

▼ 瞳もて~ (2, 0.1%)

1 セレースが, 我面を

▼ 瞳~ (2, 0.1%)

1 たゆき, 唇

▼ 瞳よりも~ (2, 0.1%)

1 よく調つた鼻, 小さく候

▼ 瞳をも~ (2, 0.1%)

1 動かさ, 動かされなかった事

▼ 瞳一杯~ (2, 0.1%)

1 に漂, に花

▼ 瞳勝ち~ (2, 0.1%)

1 だった, な目

▼ 瞳~ (2, 0.1%)

1 しかもかの, ばかりが益々

▼ 瞳据ゑつ~ (2, 0.1%)

1 つ, つ身

▼ 瞳~ (2, 0.1%)

1 と瞳, の中

▼ 瞳~ (2, 0.1%)

1 によって瞳孔, の瓶

▼ 瞳~ (2, 0.1%)

1 に一道, に映ずる

▼ 瞳透き徹った~ (2, 0.1%)

1 骨の, 鼻筋品の

▼ 瞳黒く~ (2, 0.1%)

1 色雪の, 貌美しき

▼1* [123件]

あらむか物見むに, 瞳ありてすら, 瞳いっぱいに燃え, 瞳うるむ見れば, 瞳おとなしそうな, 瞳かしらの逆, 瞳かも土曜の, 瞳きちんと結んだ唇, 瞳くらくよどみつ, 瞳くろぐろと, 瞳このごろやせて, 瞳これが人造, 瞳へぎるうすあかり情, 瞳て, 瞳すずしく深く思情を, 瞳すねたような, 瞳すべてすべて十力の金剛石, 瞳そこには近眼鏡, 瞳そのみづ, 瞳それに薔薇, 瞳それから額の, 瞳それらと奇怪, 瞳そんな瞳に, 瞳歌ふ, 瞳ただ眼晴烱, 瞳つた, 瞳だけをそっと眼角, 瞳だの不思議な, 瞳だまをひらき, 瞳であったそれが, 瞳といふものの, 瞳とに向って, 瞳とばッたり, 瞳のでバタ, 瞳など思ひ出しては, 瞳などを思出した, 瞳なに見るあ, 瞳なめぐらせそ, 瞳なればかつねに, 瞳にかがやける, 瞳にこそあれ, 瞳にだけうつるらしいの, 瞳について語れるに, 瞳によつて訝しげに, 瞳のみをただ一つ, 瞳はじーッと私, 瞳はちよつとを, 瞳はとこしへに, 瞳はにかはでつけられたやう, 瞳はまんまるく美しい白味, 瞳ひらきぬれば, 瞳ふしぎによく, 瞳ふっくらと弾力, 瞳ほどな黒き点, 瞳まだ栄に, 瞳までを湿ほし, 瞳まめまめしくぼく達の, 瞳ゆらぐ翁面, 瞳をかへす, 瞳をかへした頁, 瞳を以て黒幕を, 瞳を通しては何物も, 瞳キト据りたれば, 瞳キラリと動く, 瞳上げて, 瞳少し険難, 瞳で十数秒間, 瞳の日, 瞳凝らして見入るれ, 瞳凝らすと, 瞳動きて雪, 瞳動くこと遅く, 瞳口もとに言い, 瞳へり, 瞳大きく主税の, 瞳定まらずただ仄, 瞳小鼻がにわかに, 瞳と仰ぎ, 瞳ならず耀けるが, 瞳広い上衣それは, 瞳強い印象を, 瞳弾力のある, 瞳彼女の香り, 瞳の臂力, 瞳ずわり, 瞳止まる手その, 瞳此方見あげつ, 瞳江戸じゅうの遊里岡場所, 瞳清しゅう鼻筋がすっと, 瞳清らかなるよ, 瞳濡れたる小猫, 瞳光れり, 瞳はますます, 瞳異相の悪, 瞳ひたる嬰児, 瞳真珠色に少し, 瞳真赤な口, 瞳をも恐れず, 瞳秀でた古英雄, 瞳の描いた, 瞳穏和そのものだった神様, 瞳が夕立空, 瞳に濡れた, 瞳紅毛金蜘蛛のよう, 瞳のばら, 瞳のよう, 瞳薔薇のよう, 瞳血みどろの頬, 瞳豊かな金色, 瞳赤い唇, 瞳輝き鼻大きく, 瞳遠き彼方を, 瞳遠く放たれ, 瞳の牙, 瞳の牙, 瞳で私, 瞳電信技手は表情, 瞳青きフランス酒場の, 瞳非常にエキゾチック, 瞳黄金色の飾り, 瞳黒毛の大鷲, 瞳黒羽の大鷲, 瞳黒肩幅はひろく