青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「申~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~由 由~ 由来~ 甲~ 甲州~ 甲府~ ~甲斐 甲斐~ 甲板~ ~申
申~
~申し 申し~ ~申した 申した~ ~申しました ~申します 申します~ ~申す 申す~ ~男

「申~」 6104, 63ppm, 1808位

▼ 申上げ~ (603, 9.9%)

23 ている 15 てお, ておきます 11 て置きます 10 ておく, て下さい, やうも 9 てしまひます, て置きたい, て置く 8 てしまいます, て了, て見たい, な, にくいこと 7 て, てくれ, てよい, て置いた 6 ていい, ておきたい, ておきました, ております, てゐる, て御, て置きました, まする, 兼ねます 5 ておかね 4 てある, ていた, てよろしい, て居ります, て居る 3 ておきましょう, てしまいました, てしまえ, ては失礼, てもお, て宜, て置きましょう, て見る, 兼ねますが

2 [35件] お前を, たりする, てあなた, てあります, てい, ていました, ています, ておいた, ておこう, てお上, てしまいましょう, てしまった, てしまひませう, てみる, てもい, てもどうぞ, ても一向, ても仕, ても私, て其の, て呉れ, て夜, て失礼, て宜いか, て宜しい, て特別, て置い, て置かなけれ, て置き, て置こう, て良い, にくいの, よくなります, われらとても, 兼ねますので

1 [238件] あちらでは, あなたが, お庭, お情, お気に, かえって恥入りました, かつ誠意, せっかく御, せめて亡き, それで殿下, たり, たり前, だ, てありました, てありませんでした, ていれ, ておい, ておかなく, ておきませぬ, ておくれ, ておけ, ておった, ておりました, ておりまする, ておりません, ておる, てお断り, てお願い, てからトントン拍子, てきました, てください, てくだされい, てくれい, てくれぐれも, てくれつ, てくれる, てこの, てさ, てしまい, てしまうでしょ, てしまっ, てしまつ, てしまひました, てそれ, てそれで, てだから, てだけは見ます, ては, てはあの, てはいけない, てはいない, てはお, てはこ, てはならぬ, てはびっくり, ては他, ては何, ては却って, ては妙, ては実に, ては御, ては惡いが, ては愈, ては済みません, ては甚だ, てまことに, てまた, てみ, てみたい, てみたら, てみましょう, てみます, てみよう, てもあなた, てもあの, てもいい, てもそれ, てもよい, てもよく, てもよしあし共, てもよろしゅう, てもゲキリン, ても一向に, ても一山一寺, ても万作, ても仕様, ても其眞相, ても別段, ても同じ, ても宜, ても宜しい, ても差支, ても廻, ても恥じる, ても構, ても構わないでしょう, ても済む, ても覺, ても語れ語れ, ても面白く, ても黙, てやろう, てよす, てゐた, てをります, て下さいまし, て下さいませ, て下され, て世, て了つたの, て了ひな, て予, て二人, て五十五銭, て仕舞おう, て休む, て伺いました, て位, て何卒, て先生, て八幡二万四千石木ッ葉みじん, て其後, て参りますです, て参考, て可, て同時に, て呉れい, て土蔵, て執行, て大, て宜し, て宜しゅう, て居ませんでした, て居りやす, て御殿, て憚り, て懲戒, て拍手, て控室, て日限, て智恵, て来, て来た, て林さん, て歸つて貰つたのさ, て気楽, て濟, て申訳, て皆, て相, て神棚, て私, て篤学, て終ります, て置かう, て置きませう, て自決, て若年寄方, て行きます, て見た, て見ましょう, て見ます, て見ませう, て親分, て親分さん, て話, て貰うた, て赤面, て近い, て退出, て重き, て隠居所, なよ, にきました, にくい, にくいが, にくいけれど, にくいん, にくい事, にくかった, にまいりました, に出, に出た, に参った, に参つたの, に参る, に来ました, に行っ, はしません, はなさね, まするで, まするでございまする, まするで御座います, ますると, まするならば, まするの, まするよう, またお願い, まゐ, まッ, やう, やうが, やうと, われをば, んでをつた, 何か, 候わば, 兼ねて, 兼ねまする名前, 出て, 勿体ないとは, 卷添を, 呉れる様, 夫人が, 奉ります, 奉りまする, 奉ります牛, 居り候, 御安心, 御跡, 御返答しだい, 悪いから, 惡い, 憎い, 憎いかも, 憎いこと, 憎いの, 時松と, 更に因州, 残しましたが, 甚だ相, 私が, 遺言状を, 難いこと, 難いの, 難い事, 難かった, 難かつ

▼ 申上げる~ (469, 7.7%)

32 ことに 25 のは 22 ことが 14 のです, までもない 11 ことは 6 ことも, のも, までもなく, ような, ように, 事が, 事は, 前に 5 ことで, と私, ほどのこと 4 ことを, のでございます, ワケに, 必要も, 程の

3 [11件] と, とこの, と殿下, までもございません, わけには, 事に, 機会が, 次第です, 積りで, 言葉も, 訳に

2 [30件] ために, でせう, といふ, といふ風, とわたくし, と仲吉さん, と明神裏, と腹, にも好都合, に止め, のが, ので, のであります, のに, ほかは, ほどの事, ようでございます, ようにと, わけに, んです, 事も, 事を, 勇気が, 場合に, 必要は, 材料は, 私の, 私は, 言葉が, 訳には

1 [175件] いとまがございません, かといふ, かもしれません, かも知れません, から, かわかりませぬ, があなた方, がじつは, がよい, が他言, が宜, が實, が小生, が斷然剪, が本格探偵小説, が此住家, が私, けれども三度目, ことです, ことと, ことについて, ことにな, ことにも, ことに対して, ことの, こともござりますまい, この偽り, そうだ, その前奏曲, ためな, だけで, だけで私, つもりだ, つもりだった, つもりで, というの, といっ, とおりお上は, とおりすべて私に, ところでした, ところです, とございます, としてこの, としてとにかく, としよう, とそいつ, とそれ, とそれでも, とでは, ととても, とね月末, とまるで, ともと, とトースト, と主人, と云, と先生, と八五郎, と共に甚だ, と前, と前々, と同時に, と呼出し奴, と国王真赤, と大変, と大層, と奥様, と後, と惡戯者, と欧羅巴, と男泣, と直ぐ, と神田, と笑われる, と股, と致しましたら, と苦しい, と言う, と警部さん, と貴方, と野暮, と電信柱, なりなん, にしやし, にはあなた, に過ぎませぬ, に際し一山, のおくれました, のじゃ, のだ, ので御座いまし, ので御座います, ので必ず, のを, の筋違いかも, はずぢや, ばかりでございます, ばかりな, ほどのもの, ほどの大した, ほどの資格, ほどの面白い, までもありますまい, までもありませぬ, までもありません, までもあるまい, までもござりませぬ, までもないでしょう, までも無い, まで黙っ, も不, も恥, やうな, やうに, ようです, ようにとの, よりはむしろ, よりほか, よりも根賀地研究員, より仕方, より外, より外致方, わ, わお, わけで, わけです, わたぶん, んじゃ, んだ, んでせう, 下手人の, 主意は, 事にな, 以外の, 価値が, 先生は, 光栄の, 句集を, 国家的瑞兆に, 外は, 奇怪至極な, 心算でございました, 心算でございます, 必要が, 所許りで, 斯樣な, 方が, 旨呉, 時期でない, 暇が, 暇も, 柄では, 次第だ, 次第であります, 次第である, 次第な, 殿下な, 気が, 氣に, 相談の, 程研究は, 積りは, 筋では, 筋は, 者が, 要點, 言を, 言葉では, 言葉の, 話が, 話の, 資格は, 迄もありません, 迄もない, 通り既に

▼ 申~ (448, 7.3%)

138 のない 24 の無い 20 はない 18 がない 9 ありません 7 ない 6 なし, はありません 5 ないが, なかった, なしだ 4 ありませんが, ないん, のない美し, はあるまい, は無い 3 ありて, だが, ではある, ないと, ないの, もありません

2 [14件] がある, がなかつた, ですが, ないほど, ない条件, なかろう, なく人間, なく仇, なく恵まれた, なく晴れた, なく清々しく明け, なしと, のない良い, はございません

1 [139件] ありませんナ, かは存じませぬ, かは知りませぬ, かも知れません, がありません, があるまい, がかう, がなかっ, が多い, が立つてえ, ございません, である, であるが, ではあります, とも御存じ, ないがね, ないけれど, ないけれども, ないし, ないそして, ないでしょう, ないどころ, ないな, ないに, ないのに, ない上出来, ない分別男, ない古代, ない妻女, ない媚色, ない悪さ, ない態度, ない料理女, ない方, ない東洋的味, ない模型, ない環境, ない立派, ない詩, ない釣合, ない餌, なかつた, なかつたが, なかつたらうと, なかつた殊に, なからう, なきまでに, なき四辺, なき教訓, なき満員, なき省略法, なき秋, なく, なくいは, なくお膳立て, なくこすつ, なくそのまま, なくそれ, なくて, なくほがら, なくよく, なくムズ, なく下品, なく世帶崩れ, なく世話, なく仕込まれ, なく優しい人柄, なく其上配列, なく具現, なく出, なく出来, なく受けられる, なく可愛らしい町娘, なく大, なく媚態的, なく学問, なく完全, なく完成, なく家中, なく怜悧, なく成功, なく才, なく教室, なく散々, なく整つて, なく春, なく毎週一回其體重, なく汚れた, なく流れ込む, なく滿點, なく澄みきつて, なく爽やか, なく用人, なく田園的, なく男, なく目, なく節穴一つ, なく綺麗, なく繁り合つて, なく美しい器量, なく美しい女, なく美しい縹緻, なく老巧, なく肱掛椅子, なく薄情, なく身扮, なく逞, なく達者, なく醜いくせ, なく醜い顔, なく陽, なく鞍馬, なく馴, なく黒くはなつ, なしさ, なししづか, なし折生迫, には候, には候え, にも満更, に致一味候者, ねえなんて, のある, のない美しい, のない騒々し, はざっとこう, はなく, は無, は神, も支那人, も無い, をお, をさすが, を弁解, を聞入れ, 御座らぬ, 無いの, 無かったの, 無く容貌室中

▼ 申上げた~ (311, 5.1%)

16 ように 14 のは 13 方が 11 ような 9 のです 7 ことは, やうに 5 ことを, やうな, んです 4 のだ 3 のであります, 事を, 通りです

2 [29件] ことあの, ことか, ことが, ことでございました, ことも, ってお, つもりでございます, でせう, とおり, とおり私は, ときにも, ところ, ところを, と思います, のが, のであつ, のに, ものか, もので, ものです, わけです, 方, 次第であります, 私に, 通り, 通りあの, 通りこれでも, 通りの, 通り私の

1 [148件] おもろねや, お方だ, お話も, からお, からといふ, からにはこの, か存じません, が上様日頃, が上樣日頃, が実は, ぐにゃぐにゃした, けれど一寸, けれど奥様, ことから, ことです, ことに, ことに対しては, さうだ, さうで, しなど有らむ限り, じゃあありません, じゃあない, そうです, だけじゃあお, だけで充分, っきりで, つても, つてもねえ, つもりです, ということ, とおりであります, とおりの, とおりまことに, とおり成城を, とおり案内係は, とおり私の, とおり願います, ところそれでは, ところとにかく, ところよけいな, ところ先生は, ところ大王は, ところ迄しか, とてお, とほり, と云う, と存じます, と思う, に過ぎぬ, に違, のでございます, のでそのうえ, ので何ん, はすだ, ばかりで, ばかりにツイ斯ん, ものが, ものでしょう, ものを, よう私の, わけでありまする, んだ, んでござんせん, ノラの, 三殿内, 上は, 上改めて, 上錢形の, 不沈軍艦, 事が, 事は, 事をば, 仮説は, 仮説を, 位あれは, 処で, 処法然が, 十二階の, 南蛮物の, 南蠻物の, 四ツの, 大化改新と, 大国主神様からの, 大寶令時代, 大村君の, 宮本先生であります, 後でなけれ, 御客様方, 意味を, 所が, 所で, 斯樣な, 昔と, 時お, 村里の, 楽して, 様な, 様に, 樣に, 次第でございます, 次第で御座います, 母の, 白島山平の, 祖母の, 私の, 第一, 筈です, 若樣時, 言葉である, 話が, 迄です, 通りあなたの, 通りこの, 通りただ, 通りで, 通りである, 通りで御座います, 通りどこまでも, 通りに, 通りわたくしが, 通りわたくしの, 通り事件の, 通り二時十分過, 通り今夜の, 通り何かに, 通り先ず, 通り前の, 通り前座は, 通り天保初年の, 通り奥様の, 通り市中を, 通り当時は, 通り彼に対して, 通り彼奴は, 通り時之, 通り柔道三段の, 通り極めて, 通り母は, 通り水晶の, 通り沖縄で, 通り沖縄五十万の, 通り男子は, 通り白鮫号の, 通り皆川宗悦の, 通り相対座し, 通り私が, 開化の, 顔立も

▼ 申上げます~ (176, 2.9%)

76 が私 5 が実は, わ 4 と, よ 3 と奥様, のは

2 [13件] がいつも, がこの, がね, が御存じ, ことは, と皆さん, と赤い, ので, のも, のを, ような, 河野道円が, 親分

1 [113件] あの通り訳, お国許, から, からどうか, から何卒, があ, がいかが, がいま, がお, がお母様, がかねて, がこれ, がその, がそれ, がつまり, がとりいそぎ, がどちら, がねもし, がばかばかしい, がよろしい, が一月, が一體人民, が中, が主人, が之, が今, が何, が何故, が兎, が加十さん, が只今, が實, が審理委員会, が御, が御新造様, が日本文化, が昨日銭形, が昨日錢形, が決して, が私たち二人, が空襲警報, が第, が紫御殿, が譬へば, が金庫, が首府オスロ, けどそんな, けれど奧さま, けれど貴方, ことも, ことを, それは, って, つて, とあの, という堀内惣左衛門, という声, とお, とおり, とお嬢様, とさっき, とすみません, とその, とそれ, とどう, となんだか, と先づ, と全波聴取, と実は, と幽霊, と或, と推付けやう, と旦那, と最初, と次に, と漢字, と皆, と私, と立派, と結局, と見えたら, のには, ようまた, わそう, わ親分, ッて, ブレイン様は, 久しく休み, 事は, 事も, 仙台より, 伊東新左衛門どのが, 何も, 何分御, 例の, 内膳は, 只野内膳お, 唯今之, 実は兄五郎治, 寮へ, 御高免, 日本橋区人形町通, 明治の, 暫く御免, 栃木縣下都賀郡谷中村と, 殊に自分, 渡辺金兵衛が, 申上げます, 相原助左衛門どのより, 私の, 私は, 足利の, 通りあの

▼ 申~ (156, 2.6%)

3 に付, へども足りず, へば古今集時代

2 [19件] という札, といひ, の看板, はそれ, はたとい, は主命大切, は某, は武具, へども三句切, へども歌よみ, もの, よし, よふ相成, より急, を妻, 何卒御, 得ども, 故許し候, 程の事

1 [109件] か, から, から恥, がしかと, が何卒, この段, この記事, この野, した, しよふ婦, それからタンス, たいへんなる, だから, つる, ては不, ては拙者政府, ても不, てわらい, て又, て安心, て待て, て自分親元, て色, て蒸気船, て詩歌等, とわざわざ, と主人, と存候, と書い, と母, と清水, と澁, なり, なれども, につき左様, にて御座候, には數年玉池, には隨分承知致候, に付き, に付力, に崖, に鳶の者, の時, は, はざりし, は今日政宗, は引請候後彼立者, は生得, は百姓惣兵衛, へと御意, へどもとかく, へどもま, へども川添ならでは奇妙, へども未, へども此, へども自分, へは成, へば, へばわが, へばわざと, へば則蓮台野村, へば我山, へば私, へば覚め, べく候, ほどのこと, ほど死ぬる, ものの, ものゆ, もの也, も大かた, や, やわたくし家, や其気, や又, や否, や唯今, よしわたくし, よし元来帰国, よし其荷, よし因而憶出候, よし夫, よし忝奉存候, ヘ共, 不存候者, 但時々, 何分加藤先生, 何卒, 則さいほう, 即ち今時, 又土蔵, 又本, 大將, 故ほらせ, 故ニ, 故左様, 故此方, 故蓮台野村, 故重而可, 断然筆, 次第に御座候, 漸く人, 然るに昨日仮葬, 然れ, 然上, 目出度き歳旦, 細かき処, 若此旨相背候, 迄もなし

▼ 申~ (131, 2.1%)

109 刻に 6 乱の 3 乱に, 刻を, 日に

2 [11件] 上刻に, 下刻に, 乱が, 刻下りから, 年に, 年の, 斜に, 日が, 歳だ, 歳に, 歳を

1 [75件] こし候こと申上候, ごとき女房, ぢや, 七月は, 七月八日材木を, 三月三日には, 下りと, 下刻, 下刻には, 下刻を, 中刻にも, 九月十日に, 乱では, 乱において, 乱における, 乱には, 乱のみ, 乱は, 乱を通じて, 乱及び, 乱天武天皇と, 乱平定し, 乱起り, 事で, 事ハ私申上候事能御, 儀ハ夫, 刻あたりから, 刻から, 刻じゃと, 刻にな, 刻には, 刻まで, 刻までに, 刻下りに, 刻頃だった, 声に, 変によって, 変を, 夏である, 大乱が, 年が, 年五月二十二日広東韶州府の, 年正月三日崩り, 戦後明日香清御, 方, 方能登の, 日であった, 日の, 日を, 日劉表は, 日暦を, 日王疾癒えぬ, 日行う, 日酉の, 昔, 春で, 春の, 春初に, 時, 条に, 正月元日にも, 正月猶, 武鑑に, 歳と, 歳として, 歳熊本の, 禍, 秋の, 脇差の, 襲國僞僭考にも, 記事を, 詩が, 誤であらう, 部を, 除夜にも

▼ 申上げたい~ (112, 1.8%)

28 ことが 5 ことは, と思います, のは, 事が 4 ことも, と思ひます, と思ふ, のであります, のです 3 と存じます, と思う, と思っ, 事は 2 のである, のでございます, んです

1 [26件] からです, がおんな, がシェパード, くらいだす, けれど私, ために, といふ, と仰し, と存じ, と存じまする, と思い, と思った, と思つて, と書いた, と申し, と申します, ほどである, ような, んだ, 事又は, 儀が, 儀で, 処です, 所では, 所感の, 申上げたい

▼ 申~ (111, 1.8%)

8 がない 7 が無い 4 のない 3 がございません, をし 2 がありませぬ, がありません, がねえ, が立ちません, ない氣, の詞, は立ちません, ばかりに折り, もございません, 御座いません

1 [66件] おまへん, があります, がなく, が相, が立たない, が立ちませう, が立つ, が立つだらう, が立つまい, けもせず, ございません, したらよい, しなければ, しました, するところ, だけのお, だけのこと, だけの店, だけはしよう, ではない, でもあつ, とはならない, ないこと, ないぞよ, ないやう, ない次第, なき場合, なくなる, なくは, なく思つて, なく思ひ, なく思ふ, なさ, なささうに, なり, にあの, にはならない, にはなるまい, に却つて反感, に腹, に自分, に青錢, の一通り, の時間, の無い, の爲, の筋, の言葉, はない, は立つ, は立つだらう, ばかりにしかよこさない, ばかりに兵, ばかりの庭, ほどの髷, または反抗心, もあら, もない, も御座いません, も無, も立ちません, をした, をしない, をする, をするだらう, 無いなど

▼ 申上げました~ (110, 1.8%)

10 ように 5 通り私は 4 ような 3 様に 2 がその, ところもはや, のは, 玉葉玉蘂を, 通りわたくし自身が

1 [78件] いつも今時分掃除屋, おりにも, から他聞, から手紙, があなた, がこちら, がこの, がこれからいよいよ, がさしたる, がどうぞ, がなにぶん, がなん, がもう実に, がホ, が何ん, が劍, が十日目, が序で, が店, が毎朝, が特に, が畢竟, が紫御殿, けれども昨日, けれど貴方, ことが, その娘夫婦, ために, とおり私は, とかで, ところが大層, ね, の, ので, のでさぞ, のです, のでその, のにお, やうな, やらさぞ, よ, 三つの, 三千円の, 不図, 事実で, 二つの, 兄の, 十年も, 奧木佐十郎という, 屋代五郎左衛門ら五名の, 或る, 方が, 時に, 枢軸国側の, 橋本幸三郎岡村由兵衞の, 次第であります, 水司又市の, 河原焼, 私の, 羽生村で, 能狂言と, 藤野屋の, 表面的な, 費消も, 足利江川村の, 通りお, 通りこの, 通りさらに, 通り世にも, 通り南印度の, 通り大師さまの, 通り御用達藤野屋杢左衞門の, 通り故, 通り文久三年この, 通り栃木縣は, 通り相手は, 通り船の, 通り若旦那を

▼ 申立て~ (100, 1.6%)

7 による 4 をした 3 ている 2 ています, てももう, をなし, を聞いた, を聞く

1 [76件] があった, があれ, が事実, が攫徒, さへ, さらに町方, たり, たりしよう, だった, ていざ, ているで, ております, てしまった, てもあと, てもいい, て士族, て居ります, て文字, て行く, て裁判沙汰, て見廻り, て辞めさせた, て辞退, である, であるから, で塙, と云い, ながらもあと, なし殺さぬ, についてである, にもなりません, にも一面, にも耳, によってあの, によって奉行所, によって神, に一点, に因っ, に対して三浦左衛門尉さま, に渋々, のいっさい, のない, の一芸, の事柄, の土方, の大, の曖昧, の正確, は, はこう, は本当, は法廷, は結局, は随分, もし御, もみ, より現, をし, をしたい, をしてる, をしなさる, をする, をなす, を一途, を信用, を否定, を変更, を盾, を真実, を考えはじめた, を裏書き, を証明, 孝助が, 横文字を, 自分が, 証拠の

▼ 申~ (91, 1.5%)

3 をした, を拒絶, を断り 2 には遉, によりこれ, の無, を承知, を承諾, を聴いた

1 [70件] があつ, が無礼, が貴女, だから, だとして, であったそうして, についてはあなた, にどう, には大分反対, によって口, によるもの, に勝った, に対しては自己, に対して不服, に対して全く, に対して諾否, に応じる, に接し, に正二郎, に行き, に野口, に驚い, のうち, の為された, はさすが, は難, をうん, をお, をお祖母さん, をさせよう, をし, をしたい, をするらしい, をひる, を予期, を享, を伝へ, を博士, を受け, を受けた, を喜んだ, を女, を守っ, を平気, を待つ, を態, を拒みつ, を拒否, を採用, を撤回, を斥け, を断った, を断ろう, を断わっ, を断わる, を斷わる, を添えた, を為し, を甘受, を真面目, を私, を素直, を考えた, を考へた, を聞い, を許した, を話す, を諒解, を退ける, を頭

▼ 申~ (86, 1.4%)

13 ます 5 ぐれば 3 べき事, べく候, まゐ 2 かね候, ける, ました, ましたが, ました通り, ますが, ませう

1 [45件] きれませんし, ぎょうず, ぎょうです, けるところ, ける時, ければ, たい, たよう, たら随分がっかり, たれバ, たんで, た通り私, ちゃおりません, ている, てくれ, ても差支えあるまい, て二度長崎, て候, て居ります, て来た, て済みません, て科人, なれバ, に参りましたら, べきや, べくいつも, べく大, べく心得, べく来年ハ上京, ましたよう, ました事, ますと, ます申上, ませぬでお, ませんから, よと申, よと申しのこし参らせ, よと申候, 之処, 候わずや, 参らせ候, 少, 居り候, 御約束, 本月

▼ 申上げよう~ (80, 1.3%)

5 がありません 4 と思つて, のない 3 がございません, とする, と思います, と思った, もない, 申上げよう 2 かと思ひ, と思, と思いました, と思う, と思っ, はございません

1 [37件] あの三人, かとちょっと, かと困つた, かと思った, かどう, かね, か申, がない, が御座いません, では御座います, というお話, とし, とした, とすれ, とは思わない, とは致しますまい, と云, と思い, と思い立った, と思つた, と思ひ, と思ひまし, と思ひました, と思ひます, と思ふ, はありません, はご, もありません, もございませぬ, もございません, も御座いませぬ, も御座いません, も無, も無い, も致す, 神罰は, 私達は

▼ 申込み~ (75, 1.2%)

3 の手紙, を受け, を受けた 2 があった, があり, がある, をし, を取り継がれた, を受けます

1 [54件] から結婚成立, があっ, があつ, がありました, が一月十九日分, が吉原, が多く, が減っ, が遅れ, だったの, であった, であったの, であったろうが, では無かろう, でガマ, というやつ, について改めて, によって首都, により貴殿, に対して巻紙, の予約者, の仕事, の代弁, の方, の条件, の際, はすでに, はその, は文字通り医局, は瞬くま, は確, ばかりはたとい, をあつめた, をうけた, をした, をしよう, をする, をむげ, を享けたの, を全部, を取消し, を受けました, を受ける, を受諾, を引受け, を承知, を拒む, を拒んだ, を拒絶, を早めた, を決行, を満足, を続け, を聞いた

▼ 申合せ~ (47, 0.8%)

5 をし 3 をした 2 ての事, て生, でもした

1 [33件] が無くなる, ければ, さうらふべく, それぞれ自, それを, そろそろ京師, ていた, ていました, ている, てかの, てこれ, てはどう, て一切下肥, て互に, て作らない, て同居, て居た, て朝湯, て生意気, て着物, て計らっ, で役不足, で間違, として第, をくっ付けた, をしなけれ, をする, を忘れた, を行い, 所謂世話料受取り, 散々に, 村方立退, 置き帯刀

▼ 申~ (45, 0.7%)

2 の家

1 [43件] かえ, が住ん, が何ん, が毎日陣, が氣狂, が水死人, が筵, が言, で, といふ中, とどうして, と來ちや, には誰, に案内, の呑む, の投網, の死骸, の泣き出し, の答, の蒲鉾小屋, の言, の話, の野郎, の顏, の鼻, はそれ, はわけ, はゐざり, はピヨコ, はブリ, は何處, は僞, は唯, は思ひ, は懷中, は曲者, は此男, は死んだ, は舌, は苦, は陽, も名取屋, を抱き込ん

▼ 申~ (41, 0.7%)

3 なる物, 置て, 頂いて 2 よいやら, 居まする, 居りまする, 居るも

1 [24件] あげたかしらん, あなたの, おり候, よこしましたが, わらひ, ゐまするどうしても, ゐるも, ハなし, ハ正金ニ而ハ余程, 今日八ツ時頃出足ニて, 出かけ色々, 出入仕, 升柄と, 午の, 寺の, 我が恋人, 我が戀人, 是非殺す, 来いと, 法令世に, 用に, 看病之者等へ, 置きやせう小僧さん, 自身の

▼ 申付け~ (37, 0.6%)

3 に反 2 でよんどころなく, で彦四郎貞宗

1 [30件] ある通り, か, じゃ, だ, てあの, てあります, てお, ておく, ておけ, てはおいた, ても外庭, て下手人, て内庭, て向後, て塀際, て御酒, て米, て置きました, て見せびらかし, でこの, でございます, で參つた, で御座いましたヘエ, に従わぬ, の調査, はお, はございません, よ, をおどおど, を惧

▼ 申上げたら~ (35, 0.6%)

3 どうだ 2 宜しくとの, 殿には

1 [28件] いいか, いいかと, おわかり, お喜び, お心持, お志, その時, もうこれから絶対, よいでしょう, よろしいでしょう, よろしゅうございましょう, タバコは, ヒョッと, ヒヨツと, プッチーニは, 事の, 先生も, 却って御, 嘘の, 好いじゃ, 姉上様の, 宜しゅう御座いましょう, 男は, 皆さんよく, 翌日お, 萬に, 親分の, 金曜の

▼ 申上げなけれ~ (35, 0.6%)

12 ばならない 6 ばなりません 2 ばならぬ, ばならん, ばなりませぬ, ばわかりません, ば済まない 1 ばなりますまい, ばなるまい, ば御, ば御墨付, ば成りません, ば済まん, ば相

▼ 申さん~ (32, 0.5%)

3 としやれ, とする, に消極的 2 に生ら

1 [21件] がため, が予, が為, ければ, では, でも宜しい, とのお, と云, と奉, と思食, に, にその, にそもそも, にまず, に夢, に最初, に生等, は弓矢, は恐多い, をなどあらぬ, 聞き玉

▼ 申ます~ (32, 0.5%)

3 から驚い, が町内, と風呂敷 2 人を, 何う

1 [19件] えお頼ウ申, が如何, が姿, が斯, が正月号の, が決して, が馴れない, けどが, しから, と, と伝えた, と率直, どうぞそれ, に伯父, よ今に, エ怪い, 左の, 平常実印, 惡るくお聞き遊ばせ

▼ 申上る~ (30, 0.5%)

2 のは, 言葉が

1 [26件] が尤も, だけです, といふだけでなし, と一々, どころで, にはこれ, のを, までもなき, もので御座いましょう, ようで, ようで御座います, ように, 事です, 事に, 事は, 事も, 事を, 事ハ千万なれ, 其切ない, 前に, 次第でございます, 段では, 蛙かな, 覚悟で, 訳に, 通り当人が

▼ 申合せた~ (30, 0.5%)

11 ように 6 やうに 4 様に 1 が福田村名主金藏方, さうだつ, そうだった, でもなく, のだった, ものの, ようである, 三箇所へ, 樣に

▼ 申立てる~ (30, 0.5%)

2 者が

1 [28件] がよかろ, が鶏, ことが, ことに, ことは, つもりであった, とかいふこと, とは頭, と先生, と将軍, と県令, と組, のだ, ばかりで, ほどの芸, までもない, やうであります, ような, ように, わけは, 人が, 場合が, 學者も, 旨宣誓した, 様仰せられた, 機会が, 気も, 犯行当日に

▼ 申立てた~ (29, 0.5%)

3 そうです 2 ところに, のです

1 [22件] かと云う, から率直, が伊兵衛, だけだった, といふこと, と同じ, と述べ, に相違, のか, のだ, のだった, ので世子, ので捕り, ばかりで, ものを, やうです, んです, 事を, 二十三日の, 件は, 彼等の, 重要な

▼ 申上げられません~ (28, 0.5%)

3 が私 2 がその, が着物, ものを, 骨が

1 [17件] からナンセンス, が, がこの, が三度, が中年, が実は, が当時, が昔, が此上隱, が溜池, が航空機, けれどもまず, そればかりは, と云った, よ, よ壁, わ

▼ 申~ (27, 0.4%)

2 くる事, くる者也

1 [23件] かって来, かりました未だ, がたく, くるぞ, くるもの也, たるか, て, てもよろしく, であ, である黒田殿, で御座いまして, なら拙者, にて可, によって是, に反, の件, の家, の葛籠, ますおや, られた, る所存, 候うとも, 若違背之者於有

▼ 申上げれ~ (26, 0.4%)

3 ば宜しい 2 ば宜, ば長い

1 [19件] ば, ばあ, ばあれ, ばそして, ばもつ, ばよい, ばわたくし, ば了解, ば先づ能狂言, ば可愛い, ば名前, ば屹度, ば御, ば暴風, ば此度事件, ば皆さん, ば直ぐ, ば私, ば自分

▼ 申上げ度~ (25, 0.4%)

11 いこと 3 い事 2 いの, くない 1 い, いといふ, いと思います, いと思つて, いのです, う御座いますが, き一儀

▼ 申上候~ (24, 0.4%)

2 に付

1 [22件] この程, て家財, とある, と齟齬, は, は再度, へと申托候, へども一向, へども一通, へば先般天誅, へ者, まだまだ御, もとかく, も涙, より上件ニ, 其のち, 得ども, 御報謝, 御聞取, 然れ, 若し破約, 迄にも御座候

▼ 申~ (21, 0.3%)

1 [21件] あたりて, あたれり, いたるまで, お由羅方, そばだち人家, 二女智貌童女が, 付許し遣し, 先つ, 又, 及ばずその, 及ばず一門, 属します, 御座候由某, 御座候當時阿, 応うる, 来り嫁, 相成勝麟太郎殿其事, 者無之, 至り二月二十三日, 襲國僞僭考あり, 阿部侯に

▼ 申合わせ~ (21, 0.3%)

2 の時

1 [19件] ができた, てある, てお金奉行, てその, て三人, て戸, て法律学語, て談合値, でここ, の夜, は付い, は却って, もついた, をさせられた, をした, を厳重, を無視, 汐留奥平侯の, 順に数名

▼ 申述べ~ (21, 0.3%)

3 て置く 2 て置いた, て置きます

1 [14件] ている, ておく, て其色澤, て明, て熱心, て置きたい, て見た, に参った, に参つたの, に相成りました, 候も, 度き, 過酷な, 金子借用方を

▼ 申~ (20, 0.3%)

3 存候

1 [17件] あるが, 口を, 同じく珍, 奉存候, 存さし上不, 存じ候, 存候得共大分の, 存入, 存居申候, 寛政十一年己未とに, 御伝可, 心得もはや, 此頃は, 甚懸念仕, 相楽ミ居申候, 突込んだ, 罷帰り門北

▼ 申上げない~ (19, 0.3%)

4 方が 3 ことに 2 とお 1 で参りました, とお前達二人, となるまい, と一帳羅, と二三百, と分っ, のである, 事に, 日とて, 決心を

▼ 申~ (18, 0.3%)

4 ちやな 2 ながらこの

1 [12件] いろいろご, てはお, てはご, てま, てをりました, て来る, 敵の, 条を, 越の, 開きは, 開きを, 開き仕り

▼ 申上げね~ (18, 0.3%)

4 ばならぬ 3 ばならない, ばなりませぬ, ばなりません 2 ば分りません 1 ば, ばなんねえ, ば佛作り

▼ 申上げまし~ (17, 0.3%)

2 て御

1 [15件] てお, てきっと, てどうか, てどんなに, ては, ては母上, てほんとう, てもう, ても御, ても決して, てよく, て恐れ入りました, て恐入ります, て皆樣, て私

▼ 申上げません~ (17, 0.3%)

2

1 [15件] か, から, があなた様, が何しろ, が先日宿下り, が只今, が多助, が昨日, が江戸中, でもどなた, でも先生, でも私, と解りません, わ, 手前は

▼ 申入れた~ (17, 0.3%)

2 のである

1 [15件] がだれ, が当時, が酒井家, ことさえ, ことを, だけで, という, のに対して, のを, 先の, 時も, 最初で, 正式の, 者が, 際

▼ 申もの~ (16, 0.3%)

2 御座候

1 [14件] あり, なりお, にて候, にて候間, に候由, に御座候, は信仰, へ御, ニなり, 何か, 小松の, 有之, 留守を, 頭の

▼ 申上ぐる~ (16, 0.3%)

3 までもなく

1 [13件] がそれ, でござろうと, ところが果して, について一つ, にとどめ申すべく, には候わず, に及ばず, も児戯, より外, 次第に御座候, 程のお方, 迄もございませぬ, 迄もなく

▼ 申受け~ (15, 0.2%)

2 てあらゆる, 御本尊

1 [11件] この根岸, さえすれ, て帰り, て旗艦, て来よう, て淺井家, に行く, 何が, 度いと, 度いなどとは, 此根岸の

▼ 申~ (15, 0.2%)

14 被下候 1 く候

▼ 申述べた~ (15, 0.2%)

1 [15件] かと不審, だけです, のです, のろくもい, ものである, 所も, 教育と, 是等の, 次第であります, 通りであります, 通りです, 通り元, 通り唐時代から, 通り現在支那の, 通り眞言の

▼ 申しける~ (14, 0.2%)

2 ぞ, は一歳百日, は容顔美麗 1 ついでに, に浅井, に長政宣, はさてさて, は事やう, は君, は近き, 時に

▼ 申しま~ (14, 0.2%)

6 するには 5 すると 1 する, するに, ましたが

▼ 申~ (14, 0.2%)

1 [14件] などという旧, にて無, のふた, のふたり, の一家臣, の二将, の二軍, の兄弟, の軍勢, へその, も承, も申, や上庸, 成りがたく

▼ 申~ (14, 0.2%)

3 少し前

1 [11件] ときまっ, と云う, にも近から, に出仕, に至つて功, までに集ま, まで居る, を廻る, 下がり, 少し廻つた, 近い刻限

▼ 申合わせた~ (14, 0.2%)

12 ように 1 形で, 様に

▼ 申述べる~ (14, 0.2%)

1 [14件] がこの, ことが, ことに, ことは, とこんな, に過ぎない, のである, のです, 事に, 事を, 余裕が, 処へ, 必要が, 資格が

▼ 申わけ~ (13, 0.2%)

1 [13件] がねえ, がねえだ, なしなど, なしなどと, に胃袋, のない, ばかりに明い, ばかりの疎い, ばかり云い足し, まではつきり記憶, もない, をした, を余儀なく

▼ 申~ (12, 0.2%)

1 [12件] いたしません, 一語たり, 其著, 十二畜の, 天人にて, 強ち, 必守護霊献上と, 悼亡の, 日々に, 本の, 此等の, 菊亭右府の

▼ 申上げず~ (12, 0.2%)

1 [12件] お心, お許し, そのま, とも宜しい, とも御, にしまひました, にはゐられません, にをつたの, に斯, まことには, 候, 親父が

▼ 申~ (12, 0.2%)

2 でねえか, は軈て, へ, も口 1 が声, が聲, もゐた, も居た

▼ 申~ (12, 0.2%)

2 なりさりながら, 一々もっとも 1 だが, とによって証明, とは大分, に御座候, に新九郎, に曰く, または私, を承知

▼ 申せし~ (11, 0.2%)

2 通り短 1 が, は入道, は私一世, ゆゑ久政も, 事その, 人最愛の, 儀も, 家塾に, 通り短気の

▼ 申せる~ (11, 0.2%)

2 ように 1 ことな, ことに, ことも, のです, ものなら, やうな, わけです, 中に, 汝送りまつれ

▼ 申上げましょう~ (11, 0.2%)

61 お知己, が実は, ごしん, と云った, やら

▼ 申上げまする~ (11, 0.2%)

1 [11件] お旗下, がここ, がこれから, が先生様, が怪談ばなし, ばかりか譫言, 迄お, 通りお, 通りの, 通り名に, 面目も

▼ 申入れる~ (11, 0.2%)

21 からしばらく, が吾輩, つもりです, というお話, と世話役, と日向, には誰か人, のは, 権利が

▼ 申~ (11, 0.2%)

1 [11件] かどう, である, なんで, の, の三月, の三月三日, の善光寺, の正月十八日, はしか流行, より已暮, 再度の

▼ 申~ (11, 0.2%)

2 の大井 1 から老中, から自分, たり而, として町奉行, となった, の大岡佐渡, の島田出雲, の島田出雲守, は登城

▼ 申~ (11, 0.2%)

5 申儀の 1 と申儀, と金城, などに大事, に追いつかれ, も腹, 申儀などという

▼ 申~ (11, 0.2%)

53 はし 1 し彼仏国ニ, セし, 候筈なれ

▼ 申~ (10, 0.2%)

2 なん 1 かべ, ではと, で立ち, にぁなるめえ, にゃならん, にやなりません, やうには, 候は

▼ 申さば~ (10, 0.2%)

1 おなじ流れ, お分り, こそ勘当, この十人, やと, ややそれ, 少しは, 痩せても, 諦めが, 足りなん

▼ 申そう~ (10, 0.2%)

1 とお, ならば, にも早, にも言葉, に却って, に感激, に真実夢, より寛, より自然, 聞きたまえ

▼ 申そうよう~ (10, 0.2%)

5 はございません 1 のない, はない, は有りません, もございません, もない

▼ 申~ (10, 0.2%)

2 に候 1 ならん, なり安心, に御, に御座候, のよし, は穢しき, も有, 再三ニ及

▼ 申付けられた~ (10, 0.2%)

2 のである 1 がその, ことが, といふやう, のは, のも, ものに, 上様の, 上樣の

▼ 申~ (9, 0.1%)

3 大黒屋の 2 三嶋神社の, 此ほどの 1 このほどの, 三島神社の

▼ 申したて~ (9, 0.1%)

1 ている, てはどう, てみい, て一寸, て欲しい, では小栗栖村, にかかった, によって里正, を正しい

▼ 申ても~ (9, 0.1%)

1 けして, はや無, 何分重役, 共に国家, 宜う, 治世に, 私しは, 私の, 銃にて

▼ 申やう~ (9, 0.1%)

3 な景色 2 なるもの 1 にも相成, に御, に話, は夫

▼ 申~ (9, 0.1%)

2 り候 1 きさ, すぎて, ジリジリし, 九つか, 予期し, 寺の, 重ぬれ

▼ 申上げられない~ (9, 0.1%)

2 わけが, 腹を 1 のが, のです, のは, のを, 事にな

▼ 申候者~ (9, 0.1%)

4 にて古人 1 と存候, の外, の次男, も可, 在之者

▼ 申候間~ (9, 0.1%)

1 した, とやかく評議, まづ, 何卒倍旧, 何卒御, 何卒御来光, 左様ニ可, 御そふだん, 御祖母樣

▼ 申入れ~ (9, 0.1%)

3 ている 1 ていた, てきかない, てその, て来た, て来ます, て許可

▼ 申~ (9, 0.1%)

3 をかえ 1 が符合, に旅稼, はお, をちっとも, を変えよう, を更

▼ 申~ (9, 0.1%)

1 だから, で, で背中, と噂, と申す, なればとて, のやう, はすでに, は弱い

▼ 申~ (9, 0.1%)

2 をした 1 があつ, である, の終る, までした, を, を受け, 被成候事

▼ 申渡し~ (9, 0.1%)

1 でありましょう, である, の有様, をいたしました, をした, をしました, を受け, を受けた, を欣然

▼ 申~ (9, 0.1%)

2 は驪姫 1 といい, にいう, はさながら, や重, を園, を憎む, を殺し

▼ 申~ (9, 0.1%)

2 がなく, のない 1 けのよう, のよう, の余所余所, をし, をそう

▼ 申さい~ (8, 0.1%)

1 でか, では, ではいられません, ではおきませぬ, では天意, では帰れません, でもいい, でも毎日

▼ 申しこみ~ (8, 0.1%)

1 があった, があり, にきた, になりました, に乗りこん, に出かける, に行った, を謝絶

▼ 申~ (8, 0.1%)

1 けれど夫, し從來, すくべし, とかマアとりどり, やうに, 処が, 愛しいお方, 通りお前さんの

▼ 申べく~ (8, 0.1%)

31 とも存, と存居申候, 何卒たれ, 候へども, 小し

▼ 申上げられる~ (8, 0.1%)

2 と思います 1 かと思います, かと思ひます, と好う, と思ひます, ものと, ような

▼ 申上度~ (8, 0.1%)

2 いこと 1 いことは, いと思っ, さそれに, と存じ, と存候, 思ひ侍れ共

▼ 申~ (8, 0.1%)

1 ありいか, が出しくれ, が出し出しくれ, なり, の, の跋, も則天人, も名倉

▼ 申付ける~ (8, 0.1%)

21 つもりで, ということ, のでござる, 件, 折に, 權六

▼ 申合会頭~ (8, 0.1%)

4 たる故 1 たるを以て, としての賞, の職, の賞

▼ 申~ (8, 0.1%)

1 だが, であった, ではあります, ではある, と遺稿, に符合, を合わせみね, を認め

▼ 申~ (8, 0.1%)

1 にて候, にて生活, に候, に御座候, の事蹟, も在, 之有, 御遣

▼ 申~ (7, 0.1%)

1 かさんと, まあ今, よき上手, 又人力ひき, 山口より, 弟思ふ, 此儀も

▼ 申する~ (7, 0.1%)

1 ことじゃ, に, に及ばず, は他, ものが, 未熟者, 百姓が

▼ 申ながら~ (7, 0.1%)

2 御役に立つべき 1 かくまで, むざむざと, 拙者の, 酒醒め, 餘り

▼ 申~ (7, 0.1%)

3 ありけり 1 おろかなる, 夷狄は, 気の毒に, 驚かされた

▼ 申上げましたら~ (7, 0.1%)

1 あなたからも, お帰り, ねかう仰, 先生貴方は, 其の事, 特に私, 特別に

▼ 申上げ候~ (7, 0.1%)

2 べき 1 か幕府, なお多年皆様方, なり, はむ, ふ故

▼ 申付けた~ (7, 0.1%)

1 がその後, ことが, ぞ, ぞよし, との申立, と申す, に相違

▼ 申付けられ~ (7, 0.1%)

1 これを, ても否み, て今度, 何か, 候, 房州の, 某は

▼ 申候え~ (7, 0.1%)

1 どもこの, ども三句切, ども悲しい, ども手紙, ども歌よみ, ば, ば御

▼ 申兼ねました~ (7, 0.1%)

1 が, がその, がもう, が其, が小用場, が少々, が私

▼ 申兼ねる~ (7, 0.1%)

2 次第であります 1 が, があの, が廊下, が拙者, が猪

▼ 申~ (7, 0.1%)

4 へるが 1 へて置かず, へて置きたい, へ置きたい

▼ 申添え~ (7, 0.1%)

2 て置きたい 1 ておきたい, ておきます, ておく, て置きます, て置く

▼ 申~ (7, 0.1%)

1 が事実, されるの, するところ, て置く, ぶる中, ぶる最後, 難く筆

▼ 申あげる~ (6, 0.1%)

1 ことは, ところの, 事だけは, 事で, 事の, 通りに

▼ 申かと~ (6, 0.1%)

2 存候 1 存候以上, 惑ひ, 愚考致候, 申居候故

▼ 申~ (6, 0.1%)

4 たけれど 1 出帆致し, 却而こた

▼ 申けれ~ (6, 0.1%)

1 ばげに, ば帝, ば此山, バと, バわるもの, バ諸君云万一

▼ 申こと~ (6, 0.1%)

1 かの性悪先生, で, にて私, に候, も無, 御つた

▼ 申さむ~ (6, 0.1%)

1 か何, か雌雄, といふ, とこそ存ずれ, と存ずる, も計り

▼ 申そう様~ (6, 0.1%)

3 もございません 1 もない, もない有難い, も無い

▼ 申ました~ (6, 0.1%)

1 から持つ, がやっぱり, よそれから, 今宵限り関は, 今宵限り關は, 目

▼ 申まする~ (6, 0.1%)

2 敷金は 1 と太閤殿下, は何とぞ, は斯様, 樹を

▼ 申上げかねます~ (6, 0.1%)

1 がこの, がねえ, がジルベール, が何, ね, ので

▼ 申兼ねます~ (6, 0.1%)

1 が, がどうぞ, がもう一度, が一粒種, が寺本さん, が提灯

▼ 申~ (6, 0.1%)

3 しかその 1 くること, る人この世, る人此世

▼ 申~ (6, 0.1%)

1 尤の, 年貢差詰り, 扶持方之, 持仏堂に, 文面尤緊要の, 趣意斷然と

▼ 申~ (6, 0.1%)

1 によれ, の借家, の時刻, の様子, の課題, の金子

▼ 申越し~ (6, 0.1%)

1 でありますが, により過去帳取調候処, の小生, の西比利亜麦, の要項, はいや

▼ 申遣し~ (6, 0.1%)

31 候よ, 候事, 度儀も

▼ 申した~ (5, 0.1%)

1 のでありまする, ようで, ルトルヌウルといふ, 母の, 通り何故

▼ 申し合っ~ (5, 0.1%)

1 てい, ていたら, ております, てもしも, て子供等

▼ 申べき~ (5, 0.1%)

1 かと奉, こと, 望ても, 根本たるべし, 次第

▼ 申べし~ (5, 0.1%)

1 との御事ニ候, と何やら, と存じ, と思ふ, と決心

▼ 申より~ (5, 0.1%)

1 わが元, わが延暦二十年辛巳, 丑子まで, 外無, 東三里ばかり

▼ 申上げたく~ (5, 0.1%)

1 ついては御, て手紙, 不躾ながら, 候, 書つらねました

▼ 申上げなかった~ (5, 0.1%)

2 のでございます 1 が最早, のです, ので気

▼ 申上げますれ~ (5, 0.1%)

1 ばさ, ば今朝, ば平時, ば当, ば数限り

▼ 申上げませう~ (5, 0.1%)

1 か, 先年高崎に, 落着い, 親分さん, 錢形の

▼ 申~ (5, 0.1%)

2 尚御 1 ふべしとい, ふるなり, へ戴け

▼ 申伝え~ (5, 0.1%)

1 てつかわしましょう, て置きましょう, て置け, のある, 候也

▼ 申~ (5, 0.1%)

2 はせた 1 で休刊, までをした, をし

▼ 申~ (5, 0.1%)

1 されバ船, との御, と申入候間, 奉内, 奉願上候

▼ 申~ (5, 0.1%)

1 がない, がなく, の無い, もしこの, 之事

▼ 申聞け~ (5, 0.1%)

1 てあるで, て余人, て置く, 心中既に, 自分だけ

▼ 申迄も~ (5, 0.1%)

1 なく家中一同, なく支那, なく犧牲, なく第, 無い

▼ 申述べました~ (5, 0.1%)

1 が如何, のは, 事が, 歴史上の, 通り風采の

▼ 申附け~ (5, 0.1%)

1 あらゆる小鳥, でご, により刑部, に反, を露骨

▼ 申ける~ (4, 0.1%)

2 御新造は 1 は当山, は慥

▼ 申こし~ (4, 0.1%)

2 可被下候 1 候間すな, 折角待

▼ 申さる~ (4, 0.1%)

1 と云々, と雖, まじと, 次に侍別当

▼ 申しこんだ~ (4, 0.1%)

1 とき博士は, のです, もので, 勇士は

▼ 申しのべ~ (4, 0.1%)

1 てまいりました, てみましょう, よ, 度い

▼ 申します~ (4, 0.1%)

2 と良秀 1 と万葉集愛好者等, と父上

▼ 申しも~ (4, 0.1%)

1 しませんのに, しまた, し先生, 致しませんで

▼ 申しよう~ (4, 0.1%)

1 かもしれません, とてもございませぬ, なき感これ, の無い

▼ 申しようが~ (4, 0.1%)

3 ございません 1 なく同道者

▼ 申せず~ (4, 0.1%)

1 厭なり, 厭なりゃできませぬ, 私は, 風邪で

▼ 申つけられ~ (4, 0.1%)

2 候は 1 て毎日, 某は

▼ 申ませぬ~ (4, 0.1%)

2 ほどに心配 1 お辰, から金円品物

▼ 申また~ (4, 0.1%)

2 初に, 古来の

▼ 申~ (4, 0.1%)

1 何やらはな, 元亀天正ころ, 実ニ, 当然の

▼ 申上げたる~ (4, 0.1%)

2 件に 1 ところその, 処重役の

▼ 申上げなき~ (4, 0.1%)

2 やなりません 1 やしよつ引い, や先づ

▼ 申上げなく~ (4, 0.1%)

1 てはならない, てはなりません, てもお, てもどなた

▼ 申上げぬ~ (4, 0.1%)

2 方が 1 という作法, 積りであります

▼ 申上げられ~ (4, 0.1%)

1 それから三月, ようが, んが, 候処泰勝院殿以来の

▼ 申上げられます~ (4, 0.1%)

2 父さんと 1 が裁判所事務局, んです

▼ 申上げろ~ (4, 0.1%)

1 とおっしゃる, と申こと, ポロニャス殿さらば, 要次郎

▼ 申上げ兼ねる~ (4, 0.1%)

2 が見 1 が全く, 健康状態でございます

▼ 申~ (4, 0.1%)

1 作大, 変, 宥免の, 旨上意

▼ 申~ (4, 0.1%)

2 の景樹派 1 に心, 以て

▼ 申付けました~ (4, 0.1%)

1 からお松さん, ので取, ので大小, 芸者は

▼ 申候事~ (4, 0.1%)

1 にてお, に御座候, も之有るべく, も叶

▼ 申候処~ (4, 0.1%)

1 その人, 去冬, 御役人, 或日

▼ 申受ける~ (4, 0.1%)

21 お判りだろう, ことに

▼ 申~ (4, 0.1%)

1 と重慶派, の号外, への関係, や新聞報

▼ 申~ (4, 0.1%)

1 に大変乗気, を潰す, を立て, を認めぬ

▼ 申~ (4, 0.1%)

2 の生れ 1 からの思ひ, の生まれ

▼ 申残し~ (4, 0.1%)

1 ておきたい, ておく, て行く, 候

▼ 申~ (4, 0.1%)

3 が大切 1 に候

▼ 申立てよう~ (4, 0.1%)

1 がなかっ, とする, とも思われない, と思いました

▼ 申聞かせ~ (4, 0.1%)

1 て置いた, もある, 候へども, 候儀に

▼ 申聞候~ (4, 0.1%)

3 に付 1 依之月代

▼ 申越候~ (4, 0.1%)

3 に付 1 はば駕籠

▼ 申~ (3, 0.0%)

1 ぐるためうつさせ, ひ候, へり

▼ 申あげ~ (3, 0.0%)

1 お神樂, ておきます, てしまひました

▼ 申かねました~ (3, 0.0%)

3 が私

▼ 申こしたる~ (3, 0.0%)

3 文面は

▼ 申さく~ (3, 0.0%)

1 この敷きます, は将然, 大みわの

▼ 申しあわせ~ (3, 0.0%)

2 なの 1 であったの

▼ 申しおる~ (3, 0.0%)

1 がいず, ので, 様子に

▼ 申しけれ~ (3, 0.0%)

1 ばともかく, ば京中, ば秀次

▼ 申しこん~ (3, 0.0%)

1 であげました, できた, で来た

▼ 申しのべた~ (3, 0.0%)

1 がそれ, がよろしかろ, 宗鑑以下の

▼ 申せっ~ (3, 0.0%)

1 人の, 宿次ぎ, 王倫っ

▼ 申せぬ~ (3, 0.0%)

1 か, のか, 点も

▼ 申つけられる~ (3, 0.0%)

3 ばかり朝

▼ 申とも~ (3, 0.0%)

3 もとは

▼ 申まい~ (3, 0.0%)

3 と思ふ

▼ 申ませう~ (3, 0.0%)

3 お供を

▼ 申やり~ (3, 0.0%)

1 てこの, て此身, 候

▼ 申わけない~ (3, 0.0%)

1 ことを, と思, と思い

▼ 申わけなく~ (3, 0.0%)

3 候前

▼ 申上ぐること~ (3, 0.0%)

1 の候, の出, もありません

▼ 申上げかねる~ (3, 0.0%)

1 のです, ほど奇麗, 理由と

▼ 申上げたくない~ (3, 0.0%)

2 ことです 1 のです

▼ 申上げませんでした~ (3, 0.0%)

1 がもう, がわたくし, のね

▼ 申上げ惡~ (3, 0.0%)

2 いこと 1 いでせうから

▼ 申上候事~ (3, 0.0%)

1 なれバ, に御, を是非

▼ 申上度事~ (3, 0.0%)

1 あり御, の外, 計なれ

▼ 申上様~ (3, 0.0%)

1 なし, もありません, 申出候

▼ 申候これ~ (3, 0.0%)

1 にて思ふ, は名所絵, よりは五山

▼ 申候もの~ (3, 0.0%)

1 にこの, に御座, は十年

▼ 申~ (3, 0.0%)

1 ぬると, るが, 候え共

▼ 申~ (3, 0.0%)

1 にて候, にて出来, の誓言則

▼ 申分け~ (3, 0.0%)

2 が無い 1 のやう

▼ 申~ (3, 0.0%)

1 た, たすると, よ御

▼ 申~ (3, 0.0%)

1 乍恐, 初に, 古來

▼ 申受けた~ (3, 0.0%)

1 といふ經緯, 油絵を, 秋月九十郎は

▼ 申合い~ (3, 0.0%)

1 の勝負, の試合, をする

▼ 申合わした~ (3, 0.0%)

2 ように 1 ので

▼ 申~ (3, 0.0%)

1 が秦, と申す, の感慨

▼ 申含め~ (3, 0.0%)

1 て精, になった, になつ

▼ 申命記~ (3, 0.0%)

2 を中心 1 に之

▼ 申報書~ (3, 0.0%)

1 が分署, の印, を拵

▼ 申居候~ (3, 0.0%)

1 へども只今ハ何分道中, 参りしや, 故何分

▼ 申~ (3, 0.0%)

1 にて紀州, の姦吏, へ浪人二人上陸一人

▼ 申掛け~ (3, 0.0%)

1 を致す, 御迷惑, 愛想を

▼ 申~ (3, 0.0%)

2 のなき 1 被仰

▼ 申来る~ (3, 0.0%)

1 など心, にハ, も一切返事

▼ 申渡書~ (3, 0.0%)

1 では品川宿旅籠屋安右衛門抱, には単に, を調べさせる

▼ 申立てれ~ (3, 0.0%)

1 ばいい, ばいくらか, ば好かっ

▼ 申立てろ~ (3, 0.0%)

1 と催促, と教えられました, 白状しろ

▼ 申述べたい~ (3, 0.0%)

1 ことが, と思っ, 考えであります

▼ 申遅れました~ (3, 0.0%)

2 が私 1 が先程

▼ 申~ (3, 0.0%)

1 れたが, れました私, れまして

▼ 申~ (3, 0.0%)

1 かった訳, かつてゐた, 成さる

▼ 申~ (3, 0.0%)

2 文学的思想とは 1 文學的思想とは

▼ 申~ (3, 0.0%)

1 と律令, を如何, 之法

▼ 申~ (2, 0.0%)

1 案内申う, 講釈師桃牛舎南玉の

▼ 申おり~ (2, 0.0%)

1 候, 候ゆへ

▼ 申けだし~ (2, 0.0%)

2 それは

▼ 申さば御身~ (2, 0.0%)

1 のお, のもの

▼ 申さば生~ (2, 0.0%)

2 を弥

▼ 申さるべく~ (2, 0.0%)

1 候, 斯の

▼ 申しこむ~ (2, 0.0%)

1 と機械人間工場, のであった

▼ 申したてた~ (2, 0.0%)

1 が藤兵衛, ことが

▼ 申しのべる~ (2, 0.0%)

1 つもりだ, 必要は

▼ 申すれ~ (2, 0.0%)

1 ど広い, ど狭い広い

▼ 申せない~ (2, 0.0%)

2 のでございます

▼ 申たい事~ (2, 0.0%)

1 は沢山, は澤山

▼ 申たく~ (2, 0.0%)

1 他の, 候ひとへに

▼ 申たれ~ (2, 0.0%)

1 ば曳船百艘, バ敵口々に

▼ 申つくし~ (2, 0.0%)

1 がたく, がたくこれ

▼ 申という~ (2, 0.0%)

1 人の, 百姓が

▼ 申とか~ (2, 0.0%)

1 たった一年, たつた一年

▼ 申とて~ (2, 0.0%)

1 僧は, 糞を

▼ 申には~ (2, 0.0%)

1 無之候, 無御座候而

▼ 申~ (2, 0.0%)

1 お出し候, んに

▼ 申ましょう~ (2, 0.0%)

1 か, よ

▼ 申まじく~ (2, 0.0%)

2

▼ 申やと~ (2, 0.0%)

1 奉存候, 存候へ

▼ 申~ (2, 0.0%)

1 計リ, 計リモナシ

▼ 申上ぐるの~ (2, 0.0%)

1 は分, も何やら

▼ 申上ぐる次第~ (2, 0.0%)

1 である, でございます

▼ 申上げかね~ (2, 0.0%)

2 てその

▼ 申上げし~ (2, 0.0%)

1 創作, 方々のみに

▼ 申上げたき~ (2, 0.0%)

1 は山菜, は親子

▼ 申上げたなら~ (2, 0.0%)

1 おゆるしください, ばといろいろ

▼ 申上げてる~ (2, 0.0%)

1 のぢ, ような

▼ 申上げやせう~ (2, 0.0%)

2

▼ 申上げ候者~ (2, 0.0%)

2 もこれ

▼ 申上げ兼~ (2, 0.0%)

2 ますが

▼ 申上げ様~ (2, 0.0%)

1 がご, がない

▼ 申上げ置き~ (2, 0.0%)

1 侯共御, 候に

▼ 申上こと~ (2, 0.0%)

1 多し, 多候

▼ 申上られません~ (2, 0.0%)

1 が轟, ね

▼ 申上候一札~ (2, 0.0%)

1 の文言, 之事

▼ 申上候様~ (2, 0.0%)

1 申出候, 被申付候

▼ 申上候達磨儀~ (2, 0.0%)

2 も盆頃

▼ 申上候間~ (2, 0.0%)

1 何卒御, 御聞取

▼ 申上度候~ (2, 0.0%)

1 と申, へ共

▼ 申上置可~ (2, 0.0%)

2 被下候

▼ 申九月十日~ (2, 0.0%)

1 なること, に榛軒

▼ 申付けたる~ (2, 0.0%)

1 は些, は心得違い

▼ 申付けられる~ (2, 0.0%)

1 ことに, ような

▼ 申付候様~ (2, 0.0%)

1 にと屹度, 御申渡

▼ 申以来文部~ (2, 0.0%)

2 へ出仕

▼ 申伝え下されたく~ (2, 0.0%)

2 以下二三言私明け

▼ 申~ (2, 0.0%)

1 の事, の所ハ相

▼ 申候こと~ (2, 0.0%)

2 に御座候

▼ 申候一札~ (2, 0.0%)

2 之事

▼ 申候也~ (2, 0.0%)

1 と書いた, と相

▼ 申候十八歳~ (2, 0.0%)

1 に成候男, に成候者愚姪方

▼ 申候是~ (2, 0.0%)

1 は一杯飮む, は壁

▼ 申候此段~ (2, 0.0%)

2 御達申上候以上

▼ 申候段~ (2, 0.0%)

2 御達申上候

▼ 申候間村中~ (2, 0.0%)

2 の者

▼ 申候間私~ (2, 0.0%)

1 え御状, よりハそハ

▼ 申~ (2, 0.0%)

1 へて居る, へました

▼ 申公巫臣~ (2, 0.0%)

1 が漸く, が諫め

▼ 申兼ね~ (2, 0.0%)

1 てお, て帰り

▼ 申処実正~ (2, 0.0%)

2 に御座候

▼ 申刻下り~ (2, 0.0%)

1 その儘役僧, に墓参り

▼ 申刻前~ (2, 0.0%)

1 にはかなり, に丁子風呂

▼ 申刻半~ (2, 0.0%)

1 かな, までか

▼ 申刻頃~ (2, 0.0%)

1 の陽, まで

▼ 申合せたる~ (2, 0.0%)

2 やうに

▼ 申合せ候~ (2, 0.0%)

2 をとたう

▼ 申~ (2, 0.0%)

1 と深く, に付

▼ 申~ (2, 0.0%)

1 ル, 存候

▼ 申奉る~ (2, 0.0%)

1 のである, は天下

▼ 申姪孫生長~ (2, 0.0%)

2 迄の中継

▼ 申後れました~ (2, 0.0%)

1 が拙者, 私は

▼ 申御新造~ (2, 0.0%)

2 が無情

▼ 申憎い~ (2, 0.0%)

1 が仕方, 事ながら

▼ 申憎う~ (2, 0.0%)

1 ございますから, ございますけれども

▼ 申~ (2, 0.0%)

1 候迄にて, 訴人に

▼ 申来りし~ (2, 0.0%)

1 との事, ハ幕府大目付某が

▼ 申松爺さん~ (2, 0.0%)

1 しよんぼりお, だ五十二

▼ 申松親分~ (2, 0.0%)

1 に教, は朝田屋

▼ 申~ (2, 0.0%)

1 に候, 承込候

▼ 申申しわけ~ (2, 0.0%)

2 ござりませぬ

▼ 申祭り~ (2, 0.0%)

1 と通称, の時

▼ 申程に~ (2, 0.0%)

1 候よし, 御座候ひき

▼ 申~ (2, 0.0%)

1 たる二人前, なさいました事

▼ 申聞え~ (2, 0.0%)

1 て薬, 言葉を

▼ 申聞せ~ (2, 0.0%)

1 てもさっぱり, んで

▼ 申聞候間~ (2, 0.0%)

1 しばらく御, 御聞取

▼ 申若し~ (2, 0.0%)

1 や戦死, 我身一つの

▼ 申貴殿~ (2, 0.0%)

2 に少

▼ 申越願度~ (2, 0.0%)

2 くでき得る限り

▼ 申~ (2, 0.0%)

1 モ無, 五人之

▼ 申述べます~ (2, 0.0%)

1 と私, ような

▼ 申那須~ (2, 0.0%)

2 の歌

▼ 申~ (2, 0.0%)

1 といふ篇, とは宋

▼ 申~ (2, 0.0%)

1 の時刻, の時刻以外

▼ 申間敷~ (2, 0.0%)

1 殊に拙き, 然ルニ双方

▼ 申附けられる~ (2, 0.0%)

1 のである, までに心安立

▼ 申~ (2, 0.0%)

2 之洞

▼ 申陽侯~ (2, 0.0%)

1 が昨夜遊び, が昨日遊び

▼ 申陽洞~ (2, 0.0%)

1 と名づけた, の記

▼ 申難い~ (2, 0.0%)

1 が容易, ので割愛

▼1* [894件]

あげたいのは, 申あげなければならない, 申あげれば私, 申あげ後れたといふ事, 申あの首とれ, 申づれかまことならん, 申いたづらに, 申おかれて候やう, 申おくりける此文を, 申おこたらぬやうに, 申かつゑぬやうにいたし置又, 申かねるが今, 申かは十年以前の, 申からそれが, 申きづかいおり候, 申くすりをすゝめ, 申くれ候つれバ甚だ, 申ことニて御座候, 申こと日数なく候, 申このことハ紀州より, 申こまり申候, 申これを外, 申さく大神の男餓鬼, 申さく我らが存命偏, 申さく旅はたのしめよ, 申さく日来附き奉りたり, 申さく此八十神は必ず, 申さく氏子倉田大人みめぐみ, 申さく茲に神, 申さばお前さまのお, 申さばこれは侮辱, 申さばそなたは, 申さばわが家は朝廷, 申さばシンちゃんの言う如く, 申さば世間の毀誉褒貶, 申さば中村新兵衛, 申さば主従共苦労でゆこう, 申さば五位の冠, 申さば今夜限り余が面前, 申さば同窓の同輩, 申さば器量を下げた, 申さば天子の私信, 申さば太刀打ち申そう, 申さば夫の恥, 申さば官兵衛の生涯, 申さば待座敷の娯, 申さば断末魔の老, 申さば早乙女主水之介, 申さば沿革上種々の系統, 申さば独歩の野党, 申さば石油の箱, 申さば空っぽでは, 申さば腹がたつ, 申さば裏の杜, 申さば讒謗罵詈礼を知らぬしれ, 申さば讒謗罵詈禮を知らぬしれ, 申さば貴方はその, 申さば賤民であるべき筈, 申さば鳴門の狂瀾, 申さるべき訳は, 申さん外國人とや申さん, 申ざれバ其不足の, 申しいれてある, 申しいれたようだ, 申しいれたいと仰し, 申しかはせは, 申しかけましたが老人, 申しかば子細あらじ, 申しこしなされおどろき申候, 申しこまれてある, 申したいのは, 申したてると判事, 申したら先生も, 申しちまったんです, 申しのべたいのか, 申しまして, 申しまんなわし, 申しようだが私, 申しようですが哀れ, 申すさむらい二人に, 申すじゃごあはんがの何を言う, 申すっていっ, 申せまいが其の, 申せますししたがって, 申せませんことを, 申せよ神様に, 申せようかと存じます, 申せりけるさま, 申たしとは口巾, 申ただ普通の, 申たつてなんの, 申たる甲斐あり, 申だけは申ます, 申つくすべからず候, 申つけて下さい, 申つけたる珍品に, 申つたへ可被, 申つもりにてあに, 申てえ事が, 申てをりまする, 申でございましょうかしら, 申でございませうかしら, 申とうござんすけれど今, 申ところにまいり, 申としての誤解を, 申とても彼船の, 申などの甲の, 申なれど何分数齟齬, 申にも不及義, 申はげにもめ, 申て来, 申に, 申ふくめて候, 申ふとあとさきおもいめぐらし, 申むとすれば情結ぼれ, 申べししかれバ此龍馬お, 申まあ鳥渡した, 申ますれば二十四年, 申ます所が誠に, 申ませんで, 申ませんでしたが私, 申まで西南六里御, 申もしわが身一つ, 申もはや夫きりにて, 申と始終, 申ふに, 申ようはありません, 申やうにも, 申候, 申ゐられ候, 申カ何レ人情ハ身勝手ニ筆とりひとのなれ, 申ケルハ此アリサマニテ野ニ伏シ山ニ隠レテハ, 申サバ日本の股引半天, 申サバ日本古代ノ鋳, 申シタ通リ殆ド死ンダヨウニナッテ居リマシタガ私ガ旦那様旦那様トクリ返シマスト, 申シツケ表ニハ弓鉄砲, 申シテ引クト云ウカラオレガイロイロ工夫シテ翌日カラ登城サセテタラ大御番ニナッタ, 申シトクノハ心配デゴザイマスシソレニ軽井沢ハプールノ水ガツメタ過ギテ泳ゲナイカラ, 申シナサレト云イソノツイデ又通ジタ, 申シマシタガソンナニオ怒リニナラナイデ下サイ, 申シマストアナタモヤハリ牛門ノ一傑デアラセラルルヨウナ事, 申シマスノハネアノ顔ヲ見, 申シマス電話デ須藤先生, 申シワケガナイケレドモソウカトイッテ彼女ガソノ不足ヲ補ウタメニ, 申シ上ゲタヨウニ博士ハ今マデニ何十人トナクコノ患者, 申シ上ゲタリシマシテ勿体ナクテ罰ガ当リマス, 申シ上ゲタ通リモンコチヤンハ大ヘンモノ, 申シ上ゲテ先生ガ何ト仰ッシャルカ伺ッテ参リマショウ, 申シ候夜ノコトモ今ナオマザマザシク覚エ候エド, 申シ出ヲ拒マズ, 申シ出ヅベキノ由尋ネ被, 申シ分ナイト云ウ大兄ガ返事ヲ見, 申シ合セ候間御朱印ナサレ候様ニト言上ノ処, 申シ合ワセタヨウニ妻ガ立ッテ身支度ヲ始メタ様子デアルノガ, 申シ渡シタ故右, 申シ談ジ天下人ヲ相定, 申シ開キ相スム迄国元ニ蟄居シ, 申スコトヲ試験シテオリマス何ヲオ, 申スト等シク日向守ガ備ヘヲバ突キ崩サレ一町バカリ引退ク処ヘ又, 申スト答へ侍リシヲ聞キテ, 申スニハ殺し候人が先, 申スハ九郎義経公ノ御, 申スベキ由平伏シテ云イオルカラオレガイウニハ足下ハ裏店神主ナル故何事モ知ラヌト, 申スモノ一人モ無シ, 申スヨウナ訳デス昔ハ御機嫌伺イトイウ事モアリマシタガ今デハ, 申ス事アツテ実朝公, 申しニ, 申セバ人夥しく死する, 申セバ有リ得ベカラザル事ニ御座候日本ノコトハ知ラザルモ難産ヤ子宮患ナラ命ヲ救ヒクレタル医者ヲバ, 申ト頼シゲニ言ヒテンケレバ少童二人召具シテ住狎タル玉, 申ニハ高柳わきのふ, 申ニ及バず便船, 申刻, 申モノ数多有之候間, 申ヨリ初メ前後談数語別ニ書有, 申三つあれば, 申上ぎょうがこなた道理, 申上ぐべきかを辨へません, 申上ぐべき必要無き事, 申上ぐべき詞をもえ, 申上ぐることさへ許された, 申上ぐるものなり, 申上ぐる事の前提, 申上ぐる事一通り御聞きあれ, 申上ぐる必要は無い, 申上ぐる機会も可, 申上ぐる機會も可, 申上ぐる決意を固めまし, 申上ぐる者ではありません, 申上ぐる資格がない, 申上ぐる通りで又, 申上ぐ可き旨, 申上げおきそろ, 申上げかねまするが御, 申上げさして頂く, 申上げさせて頂こう, 申上げし如く皇甥李光明擁立派は, 申上げず怒るならお怒り, 申上げず恐入りましたが拙者, 申上げたいたところ嵯峨帝は, 申上げたかった事を, 申上げたく存じますが野中さん, 申上げたつて駄目, 申上げたではございません, 申上げたでしょうか, 申上げたでしょう覚えていらっしゃる, 申上げたら飛んだ失礼に, 申上げたろうと通りがかり, 申上げとうございます事は, 申上げとうござる秀吉関東征伐は, 申上げときますけどわたし, 申上げなきゃまず助かる, 申上げなきゃなりませんか親分さん, 申上げなくつたつてさ, 申上げぬるにお, 申上げねえかっと呶鳴ろう, 申上げましたでしょうか, 申上げましたならば大凡, 申上げましたれば平, 申上げましたろうか, 申上げますなら年齢の, 申上げまする如く修養的教育を, 申上げませんでへえアヽ, 申上げむ言もなく, 申上げようもござりません併し, 申上げらる, 申上げられたところそれほど, 申上げられなかったんです, 申上げられませんでしたが何, 申上げるでございましょう実に斯様, 申上げるべきかもしれません, 申上げるべきではありません, 申上げる如く困難なる, 申上げ候処速かに, 申上げ候慶長年代以來の所謂水帳, 申上げ候日これ有るべし, 申上げ候通りただうつくしく賑, 申上げ候通り椽端の日向ぼつこ, 申上げ得るものは, 申上げ暇を告げ, 申上げ置きまするのは, 申上られないことは, 申上られねえんで, 申上ればそれで, 申上ゲル次第デアリマス, 申上ゲル次第ニ候得バ何卒小生, 申上ゲ奥州閉伊郡ヲ下, 申上ト存候ウトモ御承引ナサルマジク候ニ付, 申上ル御聞取, 申上レバかぎりも無事ニ, 申上不都合千萬に御座候得共, 申上之為め御参府, 申上事なし, 申上候これも伊沢返事, 申上候やうにて誠に, 申上候トチメンボー及び孔雀, 申上候ハ土佐商会之会計, 申上候予は取, 申上候事ハ間違あるまじく, 申上候事思召も恥入, 申上候事能御聞分, 申上候井上の嬢さん, 申上候儀は貴店, 申上候処御番頭様朝起感心, 申上候処日々来客そのうち, 申上候処私も病気こ, 申上候哉と御, 申上候哉如何一寸御命じ, 申上候塙書之事大事, 申上候好文木は遠から, 申上候得バ宜しく御, 申上候得バ通常の手紙ニ, 申上候得共御役等長吏以下支配, 申上候御返事旁如此餘拜眉にゆづり申候, 申上候所に被, 申上候所及廿六日より御, 申上候時勢云云の認, 申上候来年は御, 申上候東京表へ転住, 申上候様拙者共ヘ委任, 申上候父上を初め, 申上候田舎にあり, 申上候甲斐ありと, 申上候私共にとり, 申上候節は實, 申上候罪お詫申上候, 申上候義理情実能御達, 申上候脚本の件, 申上候通今廿七日英国水師提督, 申上候通り何れ是は時節, 申上候通り募集句を二分, 申上候通り當時勢下より上, 申上候通不幸なる境遇, 申上候道の論, 申上候銅像の右手, 申上候間願はくは其儘, 申上兼候得バ猶重役, 申上刻死去仕候, 申上參らせ候, 申上嬉きやう, 申上存居申候何分加藤先生, 申上尤私出帆まで兩三日之日合有之候, 申上居事を心付き, 申上度且又御状一通御届申候ため一筆啓上仕候, 申上度事ハ三大夫及君御召立がと, 申上度事ハ此儀にて御座候, 申上度事数々有之候え, 申上度候得共おのれも風邪等, 申上度儀御座候やうながらあまり長事故, 申上度如此に御座候, 申上度存候事は胸一杯, 申上林井戸へも其旨達し, 申上私事は下女, 申上箇条左に, 申上置候よし甚だ, 申上置候二件の御, 申上置候通り多ければ, 申上背本意奉存候, 申下候様御頼, 申下刻に用, 申にて候間, 申中秋の月, 申乍ら検校の位, 申乙酉に, 申九月三日に生母, 申九月二十六日の夜福山, 申に天武天皇方, 申乱平定以後に大将軍, 申乱後大和に帰っ, 申事ニ相成申候, 申事ハさらに無, 申二月五日である, 申重忠治, 申云候御方防凶徒事武州令見知給, 申云重忠弟親類大略以在他所相從于戰場之者, 申云須彼寺之無道, 申五月二十三日に致仕, 申五月朔日社友早矢仕氏, 申京都の大番, 申付く可候, 申付くべきの処, 申付くべく候, 申付けし事を, 申付けまして自分, 申付けられました遠慮という, 申付け一橋慶喜の登城, 申付け候ことお易き, 申付け候間何方より金, 申付け娘の奈々子, 申付け請る身分, 申付け通り殿下が玄関, 申付ニて書, 申付ベキ者ニ候処大弐右門企ノ儀ハ, 申付候未大喪中同人, 申付候内ニて浪士等長崎ニ, 申付候相用候樣可被致候, 申付則長崎ニて一局, 申付吟味中に候処, 申付哉御伺, 申付爲造立度尤長崎住居大工幸八ト申者此節致出府居候ニ付屋舖エ呼寄爲見繕申度出來之上於内海致爲乘樣, 申付置候右類之挙動有之者, 申付風俗かうと, 申以後の内外生活, 申仮令此状に, 申仲秋改版のもの, 申伏見之難, 申伝えずともよも, 申伝えられましたるゆえ, 申伝えると述べ, 申伝えるでありますが如何, 申伝へたり, 申伝へしめあそばしましたさうでしかも将軍家, 申伝山崎といふ所, 申其地に, 申作氏その他からご, 申侍るとかや, 申候あいだぜひよまね, 申候あいだ私しの, 申候いしが入歯, 申候ことづてのみいずれ, 申候それ故御返事, 申候たよりによれ, 申候つもりニ候間今夕方, 申候つる藤永朝長何れも, 申候ところ老画伯, 申候ところ卒然としてその, 申候ところ近来すこしく深き, 申候やうにぞんじ, 申候ゆへもふ, 申候ゆえ発音いちじるしく明瞭, 申候ように話, 申候よう決行致し候, 申候テ爰元ヘ参居シ, 申候ニハ此龍馬が船, 申候ニ付少, 申候ニ付而逗留仕居候, 申候ハんと奉, 申候一つの釜, 申候一人山上に居候由山, 申候三歳のむす, 申候不動尊も大慶, 申候且又連印役向之者臨時役, 申候事ものの本, 申候事ニいたすべくとの, 申候事容易に御, 申候事途中之間違のよし等, 申候二三日の中, 申候二人にて彫り, 申候人は評判, 申候今夜もふで, 申候仔細之あり, 申候何レ近日拝顔の時ニ, 申候偖小生今月十七日より北陸漫遊, 申候先づは御, 申候先夜吾妻森へ出かけ, 申候共同便所の如き, 申候共決て御, 申候其節厨子等を社司共, 申候其訳は外充内空, 申候内より右, 申候処今年九月よりの事, 申候処実証也返済之儀者来辰三月三十日限り元金百両, 申候処当時はまだ, 申候処足はたたね, 申候加藤玄智氏等の仲間, 申候十四五町許參り候, 申候右に認めし, 申候外は無き, 申候大小一腰金子二十兩有之, 申候夫より栂谷, 申候女気をあはれ, 申候家段々御座候, 申候寺男召使ひ候事有, 申候得は右, 申候得共込み入り候儀, 申候得共一圓通し不, 申候得共先年当村, 申候得共如何様とも工夫, 申候得共東湖も心, 申候得共餘程臟腑も迷惑, 申候御身が甲府入り, 申候忽卒の際, 申候所いかにもそ, 申候所京師の急報, 申候所同人も云, 申候所私むねをさすり, 申候文明的に候, 申候日本の方今, 申候明日笹子峠へかかる, 申候明朝ハ爰元船ニテ向島ヘ渡候事, 申候昨夜は明月, 申候時ハ誠に久しぶり, 申候末あたりを見廻し, 申候様は当村, 申候此三つの内, 申候此事大評判, 申候此度は其恨, 申候此節江戸一の茶博士, 申候此者の一處, 申候此處奧蝦夷トカチと申處, 申候段重々不相済, 申候母と嫁, 申候父よりいずれ, 申候物が此頃, 申候由いかがいたし, 申候由前年御書中, 申候由緒申上候得共御役等長吏以下支配, 申候私の罪, 申候私儀幸隙人に御, 申候節はすなわち, 申候義は官, 申候者格別之儀, 申候者風流なる人, 申候而は不, 申候而延引如此に御, 申候而此節高名の骨接醫師, 申候茶漬る的筆法, 申候薄物に候, 申候處の銅物屋大釜, 申候處青山之極, 申候言葉並に孰, 申候逗留仕候内, 申候通りニ大兄の反した, 申候金ハわづか, 申候銅物屋の事故大釜二つ, 申候長剣ハ兼而も申候通り壱人, 申候間先生御紹介可, 申候間其通り御聞取, 申候間則大兄ニも兼而御同意, 申候間唯今より駕, 申候間我等ことき, 申候間所用にて江戸表, 申候間是等の事, 申候間此筋目其身共に被, 申候間被害人にて御, 申候隨分御用辨に相成, 申候面白能にて候, 申健かなる御, 申儀定に候処, 申も角, 申入る様に, 申入れまして御, 申入れましたところ但馬様から, 申入れればそれ, 申八月三十日に歿, 申八月二十九日と書し, 申八月二十八日の夜, 申八月十七日後に茶山, 申其一類一在所曲事に可, 申其上今年ハ外国人摂海, 申兼ねた御願い, 申兼ねましてございます, 申内土地風稼方相覚仮成, 申内稍薄暑も催候処, 申来在, 申処敵壱人障子の蔭, 申出され候中急病にて, 申出しはこの, 申出す女房あり, 申分不孝な申分, 申初冬福澤論吉賣弘, 申刻がらみの刻限, 申刻ときまつて, 申刻下り日はもう, 申刻和田左衛門尉義盛伴党を率, 申刻大道具大仕掛, 申刻時分には二人, 申刻近く参る筈, 申刻過ぎにもう, 申則書付持参仕候事, 申剋将軍家前大膳大夫広元朝臣, 申剋将軍家俄かに御, 申剋尼御台所御還, 申剋御所の上棟, 申剋鶴岳八幡宮の別当三位僧都, 申医師夫も近頃病死, 申十二月廿九日御用方へ相, 申升かねは口惜, 申参候様御頼, 申参候間ちからづよく存候, 申參らず候, 申及近郷近在マデ聞伝エテ群衆ナシ昼夜ノ差別ナク騒ガシケレバ其為ニ百姓共ハ農事, 申叔跪という者, 申受けたいなどと大, 申受けようず, 申受けようと思う, 申口上の事, 申可候に付, 申可貴殿にも御, 申右様多き内, 申合した様に, 申合すべく候, 申合せたる如く嘲笑致し, 申合せてるようであった, 申合せらるるの, 申合せ候ところこの節, 申合せ候一儀大半成就致し候え共, 申合せ候者ども四十八人にて斯様, 申合せ必死相極め候面々は御, 申合せ村方立退候, 申合せ渡邊様を殺そう, 申合って竹槍蓆旗, 申合わせまする事で, 申合会頭出精仕候為, 申合会頭是迄山田玄瑞, 申合候様同月十三日三十人扶持被下置, 申合候通伏水ニ相待と申, 申合問屋雄介宅を初め十軒餘押込道具疊建物, 申合度此段奉願候也, 申合打合せのため, 申合於定福寺少分, 申合登山トシテ見分ナスニ中央ノ拝所ト唱ヘル場所ヨリ凡三四十間上ノ方ニテ竪二百間余, 申合竹槍を携, 申合置賊徒共へ同意内通致候者候, 申が無, 申君列傳に春申君, 申君失脚せる時荀子, 申君黄歇に用, 申含家督相譲隠居奉願含, 申かけし事, 申も多, 申独り引籠り居り, 申に候, 申四日朝関ニ参申候何レ近日拝顔の時ニ, 申四月二十二日の真昼, 申四月学校出版の表, 申壱万余金を御貸被, 申売人七月廿八日大坂の方, 申之無, 申大兄も其儘ふじ, 申大阪へ引取申候, 申失念仕間敷候, 申奉れるを女子, 申女郎のよふな, 申威し金子為差出候類有, 申ニおもしろし, 申に氣, 申将軍家三浦三崎に渡御, 申尤拙者居残病人, 申尽くせませんまで種々, 申居り候間忽に, 申居候事に御座候, 申居候此節少しも, 申居候間御買上, 申にて一人突留昨日小堤, 申候えば, 申幕府に於, 申年比良宮に行幸, 申年生まれの今年六十六, 申年生れの小, 申度何時ニてもよろしく, 申度候へ共, 申度儀と堪, 申度儀有之候間明十一日朝五つ時, 申度其用意も致候, 申度夫故先生, 申度存罷在, 申度御座候に付, 申度念願に御, 申度段奉願上候所, 申度独兄ならで, 申度由につき御, 申度高柳御受申候, 申庵老分の謠曲熊野, 申弘め来り候も, 申なり, 申後れてしまひました, 申後れたが私, 申後れましてござる, 申従って平凡なる, 申従つて平凡なる歌, 申たてまつらるべきや, 申得られ候, 申從つて平凡なる歌, 申心がけ候処昨日より荊妻手足痛, 申心底之処, 申心得に候得共, 申感佩仕候事, 申懸け其余公事出入等に, 申懸けられる天下の, 申我身ながら訳, 申或は請人相立候程, 申所わたくし家神のべと申, 申所ニ参り滞留, 申所存に候, 申所此度戸籍偏製御取調, 申所此度棟付御取調, 申本望此事に, 申承るべく候, 申掛いたし候者御, 申掛けまして何, 申掛けますまいと恐入っ, 申のかき, 申りにて, 申で御座います, 申旨御諚に候, 申旨是又忝御事共, 申旺秋後の茶山, 申十日沓掛邊より, 申是ハ妻ニも一ツ, 申時々外國人を, 申時ハ至極宜候, 申時ハ国本へ御, 申時敵方合セてお, 申時行は木, 申晩頭雪降る夜, 申晴巳剋鷺御所の西侍, 申暮して居りました, 申書キ物を以て勘定奉行ら, 申朝廷之参与, 申朝暮は是非散歩, 申との事, 申来り候間例の, 申来りたる桜間金太郎に, 申来りたれどもお, 申来リ候ニ付小弟宜しく引合, 申来候もの四十金, 申松さんは本, 申松爺さんそれとは知らない, 申松爺さん三度に一度, 申松爺さん精一杯のお, 申様ハ合戦ノ御負, 申様重役共より申, 申の者, 申のある, 申次第に御座候, 申次駿河局突鼻に及ぶ, 申とも存候, 申正月十日に去つた, 申此上は武士, 申此儀は堅, 申此方なくなり候, 申此義いかが御座候也, 申此義相叶候ヘバ私においても日数, 申武家さへ心得候, 申歯磨売初罷, 申残した通りこの, 申残したき事有之, 申残し参らせ候御身と, 申残し置かれましたか, 申残すべき事も, 申残念に御, 申して, 申段相答候へば獨逸抔, 申は自慢, 申汗顔の至り, 申添えました次第で御座います, 申添えますと私共, 申渡候に付, 申渡旁此度罷越度候間, 申渡等仕候所, 申渡置事候処速, 申渡置候処此程本島南岸に別, 申渡置候処自身の計, 申に付居申候, 申も立つ, 申レバ国本より, 申熱心なる研究者, 申父兄之志, 申状何事なりとも御意, 申を求めん, 申甚差支候に付, 申申しようも, 申をばま, 申相願候間商法の事ハ陸奥, 申着物ハ足にもつれぐず, 申しニ, 申私義ハ要用を被, 申秋九月十日賢嗣朴甫設宴召集蓋終其先志也余亦与, 申立つべき異議を, 申立てさせる丁度所得税, 申立てないと付添う, 申立てなかったかという訊問, 申立てなかったではありません, 申立てなければならない, 申立てましたら先生の, 申立てますと警部公, 申立てんのだろう, 申立て中にあつ, 申立て候処によれ, 申立て候得どもなほ不審の廉, 申立て愛する蕗子の, 申立方を撃滅, 申箇所にては無御, 申納候六藏といふ通, 申納度真綿一台進上仕候, 申わく三年, 申給いて即ち, 申給う時に, 申給えば其父, 申継ぎをし, 申続きの美代吉庄三郎, 申続きました新吉お, 申を受け, 申置いておきます, 申置いた通り古今を, 申置かねばならぬ, 申置き候, 申置く事が, 申置くべき処あるべき, 申置くべし何かと心, 申置候ゆゑ心にかけ世話, 申置度事も在, 申義一應被仰出は御座候, 申義理も勢, 申考哲がこの, 申者八人にて相, 申者御座候武器衣類大小道具等右質屋へ預り其値半減, 申者我等数年兵法などをし, 申者此節致出府居候ニ付屋舖エ呼寄爲見繕申度出來之上於内海致爲乘樣, 申者老職末席にて年少, 申而居候故もはや, 申て仮, 申聞かすことあり, 申聞かせましてほか, 申聞かせましたから今, 申聞かせ賜わりたいのであります, 申聞けただが今, 申聞けたい事が, 申聞けましてやこれ, 申聞けましたならば一身, 申聞けましょう嘸悦ぶ, 申聞けられ候處に, 申聞ける所存じゃ, 申聞しをり, 申聞それより鈴木, 申聞ケタ故諸所聞キ合ワセタ所ガ, 申聞候ニハ龍馬ハ国家の為骨身, 申聞候処実御尤, 申聞候所一同なん, 申聞候所加七曰ク仙台の役人及河内, 申聞用意仕候内, 申聞相願候事件を同国, 申より違乱妨申旨御座候, 申自分廿拾金計持居申候, 申自訴仕候者, 申自訴者は一概に, 申致信心候儀国家之妨甚以不可, 申舶ハ二舷砲門の艦, 申が私, 申外宿引の, 申苦心此事に御座候, 申は其許さま, 申蓋しそれは, 申薩屋鋪ニ所置仕度何卒よろしく奉, 申の由, 申行衛不相知, 申公務相弁候上は, 申西洋形の船, 申見物の貴, 申見込位にて充分, 申解かばや, 申解くべく候, 申解候半歟, 申触し在, 申触れ候ことなれ, 申せしめた, 申訣けがないと, 申訣的なので, 申訳せんなりませんのん, 申詔書の聖旨, 申詰りの所, 申誠に誠に難有, 申じ同人同道一条殿, 申談じたい儀がある, 申談京都町餌指之儀, 申談候てつがふ, 申談候儀をも更に, 申談候由養真より申, 申請けたのかも, 申して, 申謝風水之, 申譯付きで丁寧, 申譯故郷へ歸, 申譯相立ち難く, 申譯程位にしか窓, 申譯腹を切らう, 申譯言ひ交した女, 申越せし儘其処へ, 申越ニてよろしき, 申越候趣も御座候間, 申越只今青森表より申来, 申越次第いつでも御, 申趣大慶に奉, 申にあまり, 申軍艦ニてハ, 申込みようはどう, 申込めたものだ, 申近日中に必売出し初, 申述べさして頂きます, 申述べさせていた, 申述べたくは存じ候, 申述べた如く隋, 申述べねばならなくなった, 申述べまするお話を, 申述べられてある如く, 申述べんとする, 申述べ併せてこれ, 申述ベテ置ク次第デアリマス, 申述候大手住にてお前さん, 申述度一刻を争, 申述度存居候ひし處, 申通じたばかり世外, 申通りで御座いますから, 申通り家を有, 申じ候, 申進むべく候, 申進候天人天降り被成供, 申進候爰許其後指たる義, 申進班近士, 申過しました御免なさい, 申遣し参らせ候左候え, 申遣りまたあるいはその, 申遣わし候なり, 申遣わせと云う, 申酉戌亥の十二, 申金子之件と書く, 申閉伊郡綾織村の某, 申ありと, 申じく, 申間敷且他流と藝, 申間敷何共殘念至極, 申間際に相成, 申附けたる儀は, 申附けられその徒藤井右門, 申附けられしが憲法發布, 申附候亀甲万一樽もはや相, 申陰御所の造営, 申隔世之様, 申集上蓮の字, 申難きことなれ, 申霽諸国炎旱を愁, 申に切創一箇所, 申に相