青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「着け~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

眼鏡~ ~着 着~ ~着い 着い~ ~着いた 着いた~ ~着く 着く~ ~着け
着け~
~着た 着た~ ~着物 着物~ ~瞬間 瞬間~ ~瞳 瞳~ 瞼~ ~矛盾

「着け~」 1321, 14ppm, 7823位

▼ 着け~ (827, 62.6%)

30 いた 25 いる 10 いなかった, いるの 9 居る 8 いたが, いるが 7 ゐる 6 いたの 5 いるお, みると 4 いたもの, くれ 3 いいか, いたん, いない, いました, います, いるもの, くれる, ゐた, ゐなかつた, 居た

2 [41件] あつた, ある, いいの, いたという, いたので, いながら, いません, いるから, いるので, いる仮面, いる姿, いる物, いろんな所, おくれ, みたり, もらって, ゐて, ゐては, ゐなければ, ゐるもの, 嗅いで, 夜に, 好いか, 居りますが, 居るから, 居る是, 幾度か, 御門訴を, 手に, 持って, 支度を, 来た, 来た花粉, 来るの, 歩いた, 私の, 置きたい欲望, 見て, 見ると, 金モールと, 頭を

1 [584件 抜粋] あげてね, あたりを, あった, あった彼女, あった飾り, ありました, ありますから, ありやしないの, あるの, あるばかり, あるん, ある件, ある公卿紋, ある名刺, ある金, いいかも, いきなり階, いたかったらあの, いたかも, いたから, いたこと, いたところ, いたひにゃ, いたよう, いたよごれ物, いたら誰, いたカンジキ, いた坊や, いた姿, いた物, いた衣類, いた袿, いた金, いた高弟, いた鬱金木綿, いた鮫島大学, いつ敵, いて, いても, いないはず, いないん, いない事, いない唯一, いなかったが, いなかったの, いなかった靴, いなくても, いは, います洋燈, いませんが, いま完全に, いるうち, いるかという, いること, いるため, いるつもり, いるでは, いるところ, いるなぞ, いるなど, いるよう, いるわけ, いる一つ, いる上, いる事, いる人, いる人間, いる何とも, いる吉岡清十郎, いる坊主頭, いる女, いる女中, いる小袖, いる少将, いる時計, いる源氏, いる狩衣, いる甲冑, いる男, いる石崖, いる磨き, いる程, いる紺木綿, いる胴, いる臍緒書, いる若い, いる衣裳, いる鍵, いる雌蕊, ええやら, えんだよろしく, おいた, おいたそう, おいて, おいでに, おかねば, おきたかった, おきました, おきましたから, おくだったい, おくれ毛の, おくん, おく習慣, おく風, おった, おなじ色, おらぬ, おられた教授服, おりましたが, おります, おりませんから, お前様の, お口, お呉れよ, お手向, お知合, お貰いしない, がんじ, きた黄金, きました, くらつせえましよ, くれい, くれた, くれないので, くれるよう, くれる無邪気, ここに, この頃め, これから祭典, これも, これを, さも新人, さらに又ドス, しかもその, しまいました, しまいますよ, しまう, しまって, しまってから, しまつ, すっかりお婆さん, すっかり紺装束, そうして口, そこで祓い, そこら中を, そして大, そのまま山, そのまま横, その一挙一動, その上, その店, その後れ先立つ, その水着, その消火器, その疵口, その間種々な, それから田舎, それだけで, それも, ちょうど私, どこからとも, のた, のぼせて, はいれ, ひどい目, ぼつぼつラサ, みたなれば, みようよ, みるぜ, みるといった, み楠公夫人, やったり, やつた, やはり普通セラ寺, やはり無, やらんとの, やるぜ, やる外, やろうか, やろうと, ゆくよう, われらみんな上陸した, ゐたかといふ, ゐたの, ゐた人, ゐた具足, ゐた昨日, ゐた着物, ゐない枝, ゐなかった, ゐるが, ゐること, ゐるでは, ゐるといふ, ゐるよう, ゐる何故, ゐる女, ゐる衣裳, ゐる風, スッカリ姉さんに, チリリン, フイと, ベッドに, ランプを, 一つ一つその, 一人悦に入った, 一寸, 一時の, 一歩は, 万丈の, 上眼で, 上等の, 下さい, 下さいましよ, 与次郎を, 両刀を, 主税は, 之を, 二頭立の, 云う, 云うの, 人間の, 今帰った, 仏縁を, 仰向きに, 会葬した, 何だか派手, 何方へ, 何時が, 來た, 例の, 供せしを, 借りて, 元金だけか, 先に, 先鋒中に, 入れると, 其所から, 内部の, 出たるところ, 出た晴着, 出て, 出向いたけ, 到底相談, 劇しく, 劔を, 勿体らしく坐った, 十三絃に, 危い, 卸してから, 参らねば, 参ろうわい, 双刀, 可いもん, 右からも, 同勢男女十幾人ドカドカと, 呉れた, 呉れ一寸, 周瑜は, 団扇で, 坐って, 坐つて, 坐り直した時分, 坐り込んで, 坐睡を, 売られたっけ, 売物, 売買貸借は, 夕暮れ頃の, 外へ, 外へは, 夜の, 夢とも, 大きな結綿, 奥行の, 女中が, 姿勢正し, 婿を, 学校へ, 学生を, 守護し, 家から, 家の, 将軍を, 將軍を, 小さくなった, 小声で, 小雨の, 少し前屈み, 居た品, 居ったので, 居ったインド金貨八枚, 居つたこと, 居ますけれども, 居られたよう, 居りさ, 居りましたが, 居りますの, 居りますると, 居りませぬのでなあ, 居るだけ, 居るとき余, 居るところ, 居るの, 居るもの, 居る人, 居る守袋, 居る者, 居る語, 屋賃を, 山河を, 己の, 帆柱の, 帰りました, 帰るころ, 帰る時, 帶の, 帽を, 平然判事席の, 座を, 式場へ, 引受けて, 引道する, 彼の, 彼女に対する, 後から, 御勉強, 思ひ, 思出と, 急いで, 息を, 悲しげ, 想像する, 意気悠揚として, 意氣悠揚として, 愛らしい手, 戴きたい, 所嫌わず, 扇子控えたるが, 手の, 手帳と, 手拭を, 押入に, 指して, 挨拶も, 据わって, 採って, 掩ふべき, 料理に, 晩の, 最もすぐれた, 朝じ, 朝に, 木立は, 村境ひまで, 来たせい, 来たという, 来たのに, 来たもの, 来たら, 来た一人, 来た医師, 来た旅, 来た母親, 来た父親, 来て, 来ましたから, 来るだぞ, 来ると, 板なんぞを, 果し合つた, 桐の, 横に, 正面から, 此方むきに, 武蔵が, 歩いて, 歩いても, 殿下に, 気を, 汗だらけに, 汽車中殆ど休みなし, 沈めたん, 河に, 法師の, 法王および, 法王と共に, 洋刀を, 海獸大魚を, 清ならぬ, 潤刪に, 火の見へ, 火見, 照る日, 父の, 玄關に, 現われました, 琥珀と, 用を, 用部屋に, 甲なし, 甲板の, 白足袋に, 百蔵が, 皆朱碁石おどし, 目の, 目的物を, 直ぐ扉, 眈溺する, 真似事などを, 真暗な, 眠りたる女神, 瞞か, 短かいの, 稲の, 突当りの, 窓下を, 立った姿, 立って, 端銭を, 籠の, 糊で, 紐釦ばかりを, 素速く, 絶えずも, 綺麗な, 置いた鏡, 置くが, 置くこと, 置くべき猫, 置く必要, 置く筈, 義妹に, 聞いて, 聞いては, 肩に, 脇差を, 腰を, 自分も, 至極真面目そう, 舞うて, 舞うの, 舞台に, 舟を, 花枝を, 苦労を, 茂り合って, 茫然と, 茶わんを, 茶席に, 蚤にも, 血を, 行かつし, 行かなければ, 行くこと, 行くと, 行つ, 表帯を, 要点を, 見せる, 見せると, 見たが, 見ませう, 見る暇, 親分の, 親身の, 記念の, 試みたが, 誇らしげな, 誇らふ, 諏訪明神樣裏の, 貌を, 貰ひました, 足を, 踊り出すという, 軽々と刻み足, 輕, 近道を, 通ります, 進ぜませぬと, 酒場へ, 金を, 金紙で, 金薄も, 釣る, 長い舌, 間もなく彼, 雀の, 雑巾を, 青い繖, 頸の, 頻りとその, 食堂へ, 餌と共に, 馬に, 馬を, 高い鼻, 高く翳せり, 黒き天鵞絨, 鼻の

▼ 着け~ (78, 5.9%)

2 あのかくれ, いいの, うつくしき人, そこに, 旧来し方, 正面神棚の, 續い

1 [64件] いいが, ころ, すぐ到着, その大きな黒船, それに, ただ文藝欄, つづいて, ところの, どうにも体, ひよんな, まずチベット, まず伺候, また必ず, もうすこし事態, もうその, よいの, わかる, トロイア城中の, 一人の, 上から, 二神は, 五十銭の, 人気勢が, 何う, 何でも有ります, 例のが, 判検事の, 別れ別れに, 印度人が, 善いと, 土饅頭の, 夜具も, 天窓より, 好いと, 好いわけ, 宿の, 巷の, 常には, 広瀬中佐の, 役場へ, 後は, 御案内, 必ず充分, 必ず役人, 必宿料の, 既に師友, 日まったく, 日暮れたり, 時折に, 暮れたり, 樹蔭なる, 熱い湯, 町, 疲れも, 直ぐ來年, 相変らず, 相当仕事, 綱雄は, 自分も, 船着場には, 藤井の, 諸の, 雨も, 黄昏ほのかに

▼ 着けよう~ (33, 2.5%)

15 がない 3 が無かっ 2 がありません, のない

1 [11件] がある, がなかっ, がなくなっ, がなくなった, がなくなる, が有りません, が無い, さえありません, もありません, もなく, もねえ

▼ 着け~ (29, 2.2%)

4 なった 3 なって 2 かかって, されたよう, なつた, なるの

1 [14件] あれそれとも, かかった, かかったが, かかるを, された自動車, した, して, なった時, ならないで, なりまして, なるには, なる前, 聳えて, 言われたので

▼ 着けたり~ (19, 1.4%)

4 して 3 した 2 しが 1 してるの, しに, し賀客両人, また蝋梅, もし紐, 冠せたり, 外づして持つ, 法華経八軸は, 職人の, 足袋を

▼ 着けながら~ (15, 1.1%)

2 幾たびか

1 [13件] これが, 云って, 危ぶんだ, 口で, 市中を, 柘植嘉兵衛は, 疑問を, 磯野の, 紅い顔, 細君の, 而も, 自分の, 躍り狂

▼ 着けては~ (14, 1.1%)

2 いるが, ならないと 1 いない, いないの, いなかった, くださらないか, くれるという, ならなかったの, ならん, 彼の, 惡いと, 貫一の

▼ 着けその~ (8, 0.6%)

1 たえず身, 上に, 両脇, 國威が, 染めた衣, 蓋を, 装潔く, 食物は

▼ 着けてから~ (5, 0.4%)

1 お銀, べとべとする, 劒岳の, 嘉慶道光咸豐同, 暗い中

▼ 着けても~ (5, 0.4%)

1 いいん, それでも善く, 似合うだろうと, 余り人中, 別に氣持

▼ 着けやう~ (5, 0.4%)

4 が無い 1 も無い

▼ 着けどころ~ (4, 0.3%)

1 が無い, が違った, であると, のない

▼ 着け~ (3, 0.2%)

1 うである, した, つせえまし

▼ 着けそう~ (3, 0.2%)

1 して, なもの, もない

▼ 着けそして~ (3, 0.2%)

1 その種族中, 此処まで, 膝の

▼ 着け~ (3, 0.2%)

1 しないと, しなかつたで, しまい

▼ 着け~ (3, 0.2%)

2 して 1 するといった

▼ 着け同じ~ (3, 0.2%)

1 ような, 色の, 表の

▼ 着け~ (3, 0.2%)

1 には中啓, にも宝石, に長柄

▼ 着け~ (3, 0.2%)

1 は石鏃, も一応, を習い

▼ 着け素足~ (3, 0.2%)

1 にサンダル, に冷飯草履, に麻裏

▼ 着けあの~ (2, 0.2%)

1 右角の, 日本人離れの

▼ 着けこれ~ (2, 0.2%)

1 を一束ね, を鹿

▼ 着けそうして~ (2, 0.2%)

1 自分の, 頭から

▼ 着けその後~ (2, 0.2%)

2 より鮮紅

▼ 着けたりなど~ (2, 0.2%)

1 した, しましたけれども

▼ 着けつつ~ (2, 0.2%)

1 ある自分, 宴會に

▼ 着けてを~ (2, 0.2%)

1 つたノーネクタイの, りました

▼ 着け~ (2, 0.2%)

1 ござりまする, 机の

▼ 着け~ (2, 0.2%)

1 いえば, 言う

▼ 着けなど~ (2, 0.2%)

1 した, する

▼ 着け~ (2, 0.2%)

1 物凄くなった, 計画も

▼ 着けまた~ (2, 0.2%)

1 その兜, その許し

▼ 着けむとするの野心~ (2, 0.2%)

2 あり夫

▼ 着け先夜~ (2, 0.2%)

2 の一行

▼ 着け~ (2, 0.2%)

2 を被

▼ 着け~ (2, 0.2%)

1 を佩き, を帯び

▼ 着け宿~ (2, 0.2%)

2 の亭主

▼ 着け~ (2, 0.2%)

1 に着け, をし

▼ 着け或は~ (2, 0.2%)

2 仕事着の

▼ 着け~ (2, 0.2%)

1 は私, もあろう

▼ 着け~ (2, 0.2%)

1 で透き間風, を持っ

▼ 着け爪掛~ (2, 0.2%)

1 を掛け, を掛けた

▼ 着け~ (2, 0.2%)

1 着く時分, 着けると

▼ 着け~ (2, 0.2%)

1 に跨り, の導く

▼ 着け~ (2, 0.2%)

2 の襟飾

▼ 着け籐椅子~ (2, 0.2%)

2 に凭れ

▼ 着け~ (2, 0.2%)

1 はばおん身, ふを

▼ 着け自分~ (2, 0.2%)

1 で日影, の父

▼ 着け草鞋~ (2, 0.2%)

1 をはき, を穿い

▼ 着け~ (2, 0.2%)

1 を穿い, を穿く

▼ 着け~ (2, 0.2%)

1 もつい, も彼

▼ 着け~ (2, 0.2%)

1 を横, を横たえ

▼ 着け長い~ (2, 0.2%)

1 棒を, 靴下に

▼ 着け~ (2, 0.2%)

1 もある, をはいた

▼ 着け~ (2, 0.2%)

1 にはいわゆる, にも同様

▼ 着け黒い~ (2, 0.2%)

1 紗を, 髪の

▼1* [180件]

着けある者は, 着けいつも通りに, 着け繁さんが, 着けお辞儀をし, 着けするよう, 着けがましゅうございますが, 着けきれいな服, 着けさうにもない, 着けさて門を, 着けしかもそれは, 着けすこぶる異装, 着けずんぐりと小, 着けそくなつたら最後五丁, 着けそこだけ黄金色, 着けそれを煙燈, 着けそれぞれに指物, 着けただちに兵を, 着けたりといえども, 着けたりとて油断ならず, 着けたりなんかして, 着けちゃならんぞと, 着けちゃあいるし, 着けちょっとの間, 着けてさおまけに, 着けでぞ瞻りける, 着けとの厳命な, 着けさりません, 着けなほ重々の用意, 着けなよそれ危い, 着けになつたまさしく, 着けふたたび前の, 着けまだいくらか自分で, 着け取らない夏帯, 着けもし役人にでも, 着けうさへ, 着けやあがって汝, 着けアイスピッケルを股, 着けチヨンマゲをかむ, 着けニッケルの弁当箱, 着けネパール政府でも充分注意, 着け一刀を帯び, 着け一旦それに, 着け一月には已に, 着け両手で項, 着け乗馬袴に紺足袋, 着け二本さしオランダ, 着け亭々として空, 着けて帽, 着けは両手, 着け優美なる姿, 着け兵隊靴を穿いた, 着け具足をまとい, 着け凡そ二年間美学の講義, 着けは真に, 着けを抱え, 着け別に医者の, 着け化粧の施され, 着け匙加減アッハハハ癒して, 着け哀悼のうち, 着け唐書を讀み, 着け営利にのみ汲々, 着け垢臭人を襲わん, 着け場所のない, 着け壺みたいな格好, 着け夕陽に皓々, 着け多勢の手, 着け大きな鮮紫色の, 着け大使に乙女, 着け天神様のよう, 着け太い繩を, 着け如何なる章句を, 着け威勢のよい, 着け媒助して, 着けを結んだ, 着けても起き, 着け小刀を帯び, 着けは巾, 着け年ごろ四十五六の堅, 着け弾丸を込めた, 着け彫り物のある, 着け役人が執務, 着け謀叛の, 着け御前に進ん, 着けを注ぐべき, 着けき物, 着け手袋をはき, 着け手足身體總ての處, 着け支那學と題する, 着けらしい白, 着け旅行に就く, 着けえて, 着け木綿の粗服, 着け村夫子らしい草履, 着けを突いた, 着け東京着三時の三輛目, 着け東海竜王から奪った, 着けがない, 着け模様などによる賢しい, 着け欧羅巴式の脚絆, 着け気力の有り, 着け永嘉の亂, 着け洋書と洋傘, 着け洞窟を出, 着け海津へ急げや, 着け演説や新聞, 着け烈しく咽び泣くの, 着け熨斗つき刀脇差には例, 着けが飲むごとし, 着け申さなん, 着け男帯を上, 着け香を, 着け病耄けて居る, 着け白地袴の股立ち, 着け白旗の指物, 着け白絹の頭巾, 着け白足袋をはい, 着けを着せる, 着け真鍮の金具, 着け神下しをし, 着けにチベット服, 着け掛け, 着け立派に飾り立て, 着けを手, 着けを携え, 着け築山の裾, 着けを, 着け紫裾濃の袴腰, 着け紳士風の帽子, 着け紺がすりの羽織, 着け綴附という, 着けのない, 着け美しいのも, 着けには精巧, 着けには七本, 着けから腰, 着け脚絆を巻きつけ, 着け自然木の杖, 着け芥子玉しぼりの, 着け花中に十雄蕋, 着け花穂は中天, 着け苦惱誠にはげし, 着け茶屋に行っ, 着け荷物をはじめ, 着け葉巻咥へて歩い, 着け藁ぐつを履き, 着け蛭卷の太刀, 着け衣類を着, 着け観音様のお, 着け詰合の目付, 着け調査間に発見, 着け赤靴をはいた, 着けに草鞋, 着け軍馬に跨っ, 着け軽々しく小便を, 着け遂に獅子の, 着け野太刀ひと腰さして, 着け金色の十字架, 着け釣竿を順に, 着けのやう, 着けの楯, 着け陣羽織を着た, 着けて記, 着け隱者のやう, 着けの首, 着け雪駄を穿い, 着けを失ひし, 着けは何, 着け顫声を打, 着けを引きかけ, 着け飄々と李白, 着けに跨が, 着けるる金屬, 着け髭ほくろ痣といろいろ, 着けは餌, 着けがちょんちょん, 着け黄色な火, 着け黄金の鞭, 着け黄金作りの小刀, 着け黒塗の野太刀, 着け鼻孔にカスガイ