青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「着く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

眼前~ ~眼鏡 眼鏡~ ~着 着~ ~着い 着い~ ~着いた 着いた~ ~着く
着く~
~着け 着け~ ~着た 着た~ ~着物 着物~ ~瞬間 瞬間~ ~瞳 瞳~

「着く~」 1890, 20ppm, 5633位

▼ 着く~ (687, 36.3%)

15 すぐに, 彼は 13 私は 5 人々は 4 そこは, 二人は, 私たちは 3 一人の, 彼女は, 急に

2 [42件] いふの, これは, すぐその, そこに, そこには, その足, それを, どっさり入っ, もう夜, ホテルの, 三人は, 主人は, 云うので, 僕は, 其処に, 同時に逮捕, 夜だった, 大形の, 娘は, 山の, 左の, 心に, 我々は, 我に, 早々お, 早速に, 灯の, 男は, 番頭の, 秀吉は, 私の, 第一, 約の, 聞いて, 背の, 自分が, 自分の, 言って, 間もなく妹, 雨は, 馬車は, 駅の

1 [534件 抜粋] ああ夫人, あの町, あの躰, あらかじめ報, いう, いきなり, いっしょに, いつか先乗りが, いつふりだした, いつもの, いつも私, いふので, いふ頃, おめしもの, お八重, お君, お客も, お母さんという, お米, お絹さん, かれは, きいて, きまつて, けろりとし, こういう命令, ここは, ここも, こつそり高橋氏, この僧侶, この発明家, これから城下, これが, これを, さあお続けなさい, さあ心配, さっそく官軍, したところ, すぐそこ, すぐだった, すぐどっかと猿轡, すぐみんな一列, すぐシカゴ, すぐ佐和山, すぐ全, すぐ冷える, すぐ地勢, すぐ定宿, すぐ宣言, すぐ宿, すぐ尊氏, すぐ小屋掛け, すぐ少し下男たち, すぐ彼, すぐ意識, すぐ手近, すぐ枯木, すぐ桃井直, すぐ熱海行軽便鉄道, すぐ牛若, すぐ秀吉, すぐ種々調べ, すぐ簡単, すぐ網, すぐ自分, すぐ街, すぐ開始, すぐ風呂, すでに前もって命じ, すると, ずっと浮く, そこで初めて, そこで私, そこの, そこらは, そのま, そのまま友達, そのまま打, その二等車, その以前, その夜, その宿屋, その明, その鎌首, その頃顏, その頃顔, それまでに, それらの, それ急げ, ただちにグレイ卿, ちょうど乗合, ちょうど信吉, ちょっとノック, とにかく寒い, なかなかその, なかなか扱い, はたと翼, まずお, まず他, まず博士, まず第, まず訊ねた, まず贈物, まだ子役氏, まだ師匠夫婦, まもなくどの, まもなく自分, まるで事情, もうあかり, もうぐつたりするような日, もうすの, もうそこ, もう出征, もう売, もう太陽, もう妹, もう日, もう皆待ち構, もう遣い尽し, もう選挙本部, もう離れ, ものを, もろともに, やがてすうすう, やがて来, やってきて, よく土人, わたしと, わたしは, ガスパールおじさんは, シク, ジャンナン夫人は, ジャヴェルは, スキ焼を, スーツケースを, ドシャ降り, ドンナに, バタンバタン音を, バラバラ散らばっ, パン屋が, ビールを, プカは, ペピイが, ホームの, マリユスは, ランプに, ロビーの, 一しきりホテル, 一つの, 一同の, 一座を, 一応は, 一戦を, 一日は, 一時からといふ, 一梃の, 丁度五時の, 丁度晩飯時, 三人文珠の, 三娘子は, 三時が, 上から, 下士官は, 下関まで, 不意に, 与田さんが, 両親の, 中の, 中は, 主なる, 久美子は, 乗込むもの, 二三組の, 二百九匹鹿児島あずけ, 云うよりは, 云って, 人知れずホット, 今起きた, 仙妃の, 代って, 伊代は, 何か, 何とどうです, 何の, 何よりも, 何度でも, 何時に, 例の, 停車場内の, 僕が, 元就, 元船を, 先ず秀次, 先づ第, 先様の, 入口に, 入口の, 公使から, 六さんは, 其の駕籠, 内臓が, 再びメルジイ夫人, 再び昨日, 出迎えた女たち, 前から, 副使に, 十二時一寸過ぎに, 十時ちかく, 千浪は, 半七, 半兵衛重治は, 半分に, 南の, 又雪, 叔母が, 取敢, 可厭な, 司令官に, 同じ處, 同一疑, 同時におよそ七, 同時にからりと, 同時にとても物凄い, 同時にまた, 同時に二十世紀, 同時に御, 同時に早く, 同時に本船, 同時に極端, 同時に終戦, 同時に荷物, 同時に警戒警報, 同藩, 吹降を, 周章てて, 和井内の, 唯一軒しか, 噂を, 国王は, 地震かと, 城の, 堀内氏は, 士真の, 多吉は, 夜中ながら, 夜具蒲団から, 大へん, 大事な, 大喜び, 大地主さん, 大平さんが, 大東館という, 大東館といふ, 大笊, 大臣に, 大變, 大風で, 天地の, 女は, 女中が, 女房が, 女房は, 好い, 妻は, 姉夫婦は, 始めて見る, 姪の, 婢女が, 子供が, 子路は, 宗像博士と, 宙は, 宿の, 對岸の, 小田原の, 小男は, 小舟は, 少年時代から, 山嵐は, 山颪よ, 岸井うなり出し, 帳場で, 常磐は, 幕府に, 幸村は, 庄屋や, 式の, 引きぞ, 彼にとっては, 彼の, 彼等は, 待って, 待つて, 待構へて, 御門の, 必ず駅員, 思いがけなく村, 思いも, 思うと, 思はれた, 思ふとは, 急いで, 怪物は, 息が, 息子は, 悲しや, 意気揚々として, 戸口の, 扉の, 手に, 技師は, 折よく, 拝みたいほど, 挨拶も, 提灯を, 支那の, 新しい引越し先, 旅舎の, 日本見物の, 早々すん, 早々フラン, 早速また, 早速乗っ, 早速柳生家, 早速路傍, 早速雨戸, 明子も, 昔ながらの, 智海は, 暗くなります, 暗くなる, 書類を, 朝の, 朝倉夫人が, 木村さんは, 木村の, 未醒画伯は, 村唯一の, 村端れ, 松虫草の, 板椽に, 果して其処, 柳の, 案の, 榎本は, 標示は, 橋の, 次の, 次郎は, 正午に, 正午過ぎに, 死刑執行人は, 殺風景な, 母が, 気が, 氣が, 池田屋は, 汽車は, 河岸一帯が, 泰文は, 洗面器に, 海を, 温かい言葉, 湧返った, 満員で, 源吉の, 無雑作, 父は, 父も, 牛も, 物を, 狼狽て, 猿は, 玄関で, 玄關には, 甲斐は, 男の, 町を, 町役人やら, 疊の, 白いもの, 皆迎いに, 皆飛び下り, 直ぐ, 直ぐお仙, 直ぐその, 直ぐに建前, 直ぐに抜荷, 直ぐに桜, 直ぐに美容院, 直ぐに船, 直ぐに警察官, 直ぐ一, 直ぐ主人, 直ぐ乘りこん, 直ぐ例, 直ぐ土, 直ぐ守将, 直ぐ警察, 直ぐ連れ, 直ぐ重い, 直ちに上杉家, 直ちに養子伊賀守勝豊, 直にヤク, 直に桜, 相手を, 真っ先に, 真先に, 真打の, 真青に, 眼隠しを, 着かぬと, 石川氏は, 祖母へ, 私と, 私には, 私達は, 種々と, 突然甲板, 立ち上り立ち上ったが, 竹齋の, 粉微塵に, 素速く, 組んだまま, 絹糸の, 緩い上り, 羽織袴の, 老宰相, 考えた, 聞くや, 聴衆の, 肥つた男が, 肩を, 背中へ, 胸を, 自動車が, 自動車王は, 自炊など, 自然に, 臭くなっ, 船頭が, 船頭の, 良寛さんは, 若先生, 茶の, 茶店は, 荷持は, 荷物は, 荻原は, 莨を, 著しく眼, 薄らと, 薩摩の, 藤十郎は, 蜘蛛は, 蟻は, 袖から, 襖も, 西郷さんが, 見え伊太利の, 親方は, 親族知己が, 親類方が, 観念した, 言ふ, 許田二百余里, 誓った, 誰も, 起伏の, 蹌踉として, 農家の, 迎いの, 迎えの, 道の, 道誉は, 郵便物の, 野々宮の, 金モールの, 釧路第, 錻力の, 間もなくこの, 間もなく何, 間もなく哈爾賓, 間もなく扉船, 間もなく暴動, 雑色や, 雪の, 雲を, 露月町の, 青いユニホーム, 顔馴染の, 風船虫は, 風谷は, 飛沫を, 飴チョコは, 香田小隊が, 駅から, 駅前に, 驚く可, 鴨川大人は, 黒ん坊の

▼ 着く~ (149, 7.9%)

10 を待っ 7 である 5 を待つ 4 が精一杯, だ, だから 3 か, だが, でした 2 かと思つて, が早い, だった, であった, であるが, でしょうね, です, ですが, を先刻, を待ち兼ね

1 [86件] かえ, かしらと思っ, かしらなどとも思います, かそれとも, かと気, かまったく, かわたし, か何もかもさっぱり, か何処, が今朝, が先ず, が待遠しく, が日暮, が明日, が最も, が朝, が本当, が楽しみ位, が見える, が遅い, が遅れ, が風景がい, さ, だからネ, ださうだ, だと, だろう, であらう, であろう, でございましょうね, でしょうが, でよく, と足下, ならホテル, にさえ掟, にはやはり, に小半刻, に違い, は, はあたらしい, はありがたく, はいつ, はいつも, はお正月, はお祖父さん, はどうせ, は一杯, は七時, は七月一日, は二時, は今, は仏蘭西, は何, は佛蘭西, は冬, は十三, は卅日頃, は夜中, は夜半, は幼少, は幾時ごろ, は政治権力, は早く, は明日朝七時, は晩, は暗く, は楽, は然, は翌日, は造作, は黄昏時, もお, も夜, も早く, も間, をさす, を一日千秋, を名月, を埠頭, を待, を待ちかね, を待ってた, を待つた, を見, を見る, を見守っ

▼ 着くこと~ (94, 5.0%)

11 ができた 10 が出来た 6 になっ 3 が出 2 ができ, ができました, ができる, が出来, が出来たら, が出来ました, が出来れ, やら, をのみ問題, を得た

1 [44件] ができなかった, がなかっ, が出来ない, が出来なかった, が出来よう, が出来る, が出来るです, が出来んでしょう, が困難, が必要, だ, であらう, であろう, では, といったら, にあせった, にする, になつて, になりました, になる, になるだろう, になるです, になるでせう, になろう, に決つて, に決まった, に決めた, のできた, の出来ない, はできませんでございます, はない, はむつかしゅう, はよし, は幼い, ばかり考え, もある, もできず, やら禅師, をシュルツ, を楽, を欲しなかった, を知っ, を示す, 疾く復匡衡

▼ 着くまで~ (62, 3.3%)

2 一言も, 心配の, 成るべく使, 青年は

1 [54件] お前達は, お庄, ずっと夫人, そのこと, そのため, その一升, その人たち, その柊, たいていは, でよい, なるべく少年, わたくしの, ゲンマは, トラックと, ママが, 一人旅の, 一致団結し, 七八カ月は, 二人で, 二週間ばかりの, 人家は, 何となし, 僕の, 充ち足りたよう, 八里の, 口惜しさうに, 地名の, 垢水を, 安里の, 憎い憎い陶器師, 持てば, 散々ぱら蹴たおせる, 昼間でさえも, 暫く白鮫号, 有難いの, 殆ど一語を, 殆ど誰, 殆ど路を, 泰軒の, 滔々と, 猫を, 祖母の, 私は, 空の, 終に二人, 絶えず涙, 続きました, 続けられた, 船長に, 藤枝は, 誰も, 降り出さなけあいいが, 陥りました, 雲と共に

▼ 着くよう~ (48, 2.5%)

4 にする 3 にし, になっ 2 になる, に私

1 [34件] であった, なこと, なその, な家, な晴天, な調子, にした, にしなくっ, にと心から, にと書い, にどう, になった, にひとつ早目, にほうりこん, にゆきませう, に世話, に云った, に仔雀, に元, に冴え, に原田さん, に咳き入る, に坐っ, に大抵, に寄っ, に小宮山, に思った, に急い, に急がせた, に急ぐ, に犬吠沖, に素子, に車, に電話口

▼ 着く~ (41, 2.2%)

23 否や 2 否父, 着かぬに

1 [14件] すぐ城, ぼくが, ブルヴェーは, 信長, 否や波は, 否や集まつ, 大熱, 孔明は, 彼等は, 早速主人, 父は, 秀吉は, 老夫婦, 車中の

▼ 着く~ (37, 2.0%)

3 に私, の晩

1 [31件] から上着, にあなた, にあらかじめ, にこの, にすでに, になんと, には甲板, にまた, にもう, にチョット, に二等船客, に土地, に山越え, に彼, に恋しい, に折畳ん, に既に, に玄道, に町, に私達, に空, に窓, に第, に自分, に若い, に話題, に進行中, に音楽堂, に顔, の景色, 雨が

▼ 着くという~ (32, 1.7%)

3 日の 2 ことは, 日には, 楽しみとで, 電報が

1 [21件] ころ少し, その二本松, その夜, とき片, ところで, ところまで, のか, のだ, のである, のは, んだ, 予定である, 事は, 前夜遺書を, 報せを, 所を, 手腕をも, 晩僕等の, 見と, 間際まで, 電報だった

▼ 着くまでの~ (32, 1.7%)

3 間には 2 間に, 間自分は

1 [25件] あいだに, あいだも, あひだ, ことだ, この一晩, フリント君の, 乗物に, 時間と, 東海道中を, 毎日が, 汽車の, 汽車中を, 睡気ざましだ, 細路が, 責任は, 車中で, 途中人目に, 道中で, 間いかに, 間でも, 間は, 間婦人たちが, 間私は, 間船の, 音楽と

▼ 着く~ (31, 1.6%)

2 にはどこ, はちょうど

1 [27件] からシール, から山, から空, だが, だと, だという, だとの, であると, でしょう, とう, になった, になる, には, にはす, にはひ, にはもうすっかり, には充分, には多分, の旅仕度, はおそらくもう, はそろそろ, は四日目, は群集, までには何遍, までには少し, までに彼等, を見計らっ

▼ 着くまでに~ (30, 1.6%)

1 [30件] あいつから, いくらか勇気, いく度も, お勢, 三度も, 二人は, 二度ばかり, 五六分しか, 何度この, 再び火の玉, 利仁や, 十臺からの, 半月の, 夜に, 平次が, 手順を, 探偵という, 死んでしまつた, 汽車は, 沈むか, 眞水の, 石炭が, 私と, 私は, 約二時間, 経た道, 表六句が, 身辺の, 軽くなる, 退屈死に

▼ 着くなり~ (23, 1.2%)

2 すぐ目

1 [21件] いやァ, すぐ蒲団, そのまま檜垣, とびおりて, ぴったり走る, わたしは, 何より先, 俊夫君は, 元の, 先刻の, 壁の, 富岡の, 旅館へ, 日本の, 栖方は, 毛利先生と, 益雄は, 行きあたりばったりに, 西も, 見張りの, 言いました

▼ 着くまでには~ (22, 1.2%)

1 [22件] およそ二十四, お前の, かなりな, とおもつて, どんなに倹約, まあよっぽど骨, まさか自分, まだまだ十里, まだまだ時間, まだ少く, もう二人, わずか一分, ダンスミールという, 一里の, 三度ばかり, 周防も, 夜に, 火焔は, 田町で, 町の, 真黒であった, 追いぬいて

▼ 着く~ (21, 1.1%)

2 だ, なの, のイルクウツク, の下り

1 [13件] がないし, だから, だつた, だと, だね, であつ, である, になっ, のところ七時半頃, の主人, の十一時, の落合, はない

▼ 着くころ~ (20, 1.1%)

4 なん 3 になる

1 [13件] だが, だと, であろうと, にはいつも, には一段と, には日, には町, には若君, には葉子, はただ, はもう, までは雨, を狙っ

▼ 着く~ (19, 1.0%)

9 早いか 2 否や 1 ここから, ごとくまた, その他に, その翌日, イイ, 古家の, 怒気を, 東の

▼ 着くまでは~ (17, 0.9%)

1 [17件] この雨, これで, これまでの, ちょっと驚かされる, どうかお, なかなか道, まだ雪, 五日間かかった, 坦々たる, 大丈夫やまない, 少しも, 私が, 緊張し, 聊かの, 船長及び, 雨が, 駅場とか

▼ 着く~ (15, 0.8%)

4 だよ 2 だから, だそう 1 だが, だすて, で, でしょう, でしょうか, ですきょう, ですってね

▼ 着くもの~ (14, 0.7%)

1 [14件] が勝ち, すらある, だと, であると, とあらかじめ, と思つて, と決まっ, と言っ, はない, はフラネル, は墨, は正義, は無, も少く

▼ 着く~ (14, 0.7%)

2 取も

1 [12件] が少し, だ, であった, なり, なりとて誰, にしか着かぬ, には一族郎従, の午前, まで一本足, もま, も予定, を知らせた

▼ 着くので~ (12, 0.6%)

4 あつた 1 おちおち話し, せうから, 事も, 手に, 沼南の, 物騒な, 直ぐ訊かれる, 誰も

▼ 着くはず~ (11, 0.6%)

1 [11件] その宇和島, だから, だった, だと, であった資料, であるのに, でした, なん, にする, の老母, はなかっ

▼ 着くから~ (10, 0.5%)

2 迎えに 1 うなり声, そのつもり, 今また, 今予約, 其処へ, 其處へ, 在留日本人総出で, 大したもの

▼ 着くには~ (10, 0.5%)

1 どうしても夜, なお二, まだ大分間, やはり時々, やはり片仮名, よほど暁, 今夜夜が, 六曲峠といふ, 着いたが, 着いても

▼ 着く予定~ (10, 0.5%)

1 だったが, だという, であった, であったが, である, なの, なん, の佐々, の日, の河辺全権

▼ 着く~ (10, 0.5%)

2 にしました 1 が出, が出来なかった, が出来ましょう, が出来るだらう, になっ, に関してはいわゆる, は今, は当

▼ 着く時分~ (10, 0.5%)

2 には起きた 1 だ, だと, です, には地髪, には夫, に二人, はもはや, は秋天

▼ 着く~ (9, 0.5%)

1 あても, して, もう着く, 何うかと, 先陣を, 怎かは, 着かないうち, 着かないに, 着かないのに

▼ 着くたび~ (8, 0.4%)

1 にいつ, にいろいろ, にまず, に半, に大きな, に船長, に降りる, に駕

▼ 着く~ (8, 0.4%)

2 きまって, 違いない 1 何の, 及びて, 容易いの, 至らざりし彼

▼ 着く汽車~ (8, 0.4%)

1 ありそれで, がありました, しかありません, と云え, に對, をえらんだ, を選びたい, を選ん

▼ 着くかも~ (7, 0.4%)

2 知れないがね 1 しれないと, 知れない, 知れないぜ, 知れないと, 解らない

▼ 着くやいなや~ (7, 0.4%)

1 たちまち豹変, 土地の, 太政官へ, 彼は, 斯う云っ, 癩病らしい, 誰よりも

▼ 着くため~ (6, 0.3%)

2 に姿 1 には弘法麦, には遅くとも, に彼, に駆けてる

▼ 着くといふ~ (6, 0.3%)

2 通知を 1 寸法だ, 手紙だった, 目的も, 電報は

▼ 着くところ~ (6, 0.3%)

1 から直, が今日, が有りまし, は寺, まで大人しく, 古え

▼ 着くほど~ (6, 0.3%)

1 びっくりし, まだ一声, 右へ, 洗濯し, 背中を, 道中の

▼ 着くやう~ (6, 0.3%)

1 では, なこと, に, にし, になる, に出る

▼ 着く~ (6, 0.3%)

1 でした, で向い合っ, で旅人, に薄い, へ金字, までは平気

▼ 着く~ (6, 0.3%)

1 じゃない, に着い, は悉く, へ出る, へ出懸けます, へ近づいた

▼ 着く早々~ (6, 0.3%)

1 北部地方の, 同学園, 君の, 天幕を, 机に, 縮み上って

▼ 着く~ (6, 0.3%)

1 その中, であつ, のあり, は彼, は駕籠, をおそろしい

▼ 着く~ (6, 0.3%)

1 じっと航空路, ほかの, 何一つ喋舌ら, 動かなかった, 滞在, 膝の

▼ 着くとも~ (5, 0.3%)

1 ういよ, ういよいよ, 思われない愛欲, 知らせなかった余, 覚えず

▼ 着く~ (5, 0.3%)

1 に, に上陸, に橇, に注文, に若し

▼ 着くかと~ (4, 0.2%)

1 いうて, 其方にばかし, 思うと, 思って

▼ 着く~ (4, 0.2%)

1 そこには, そのほか新手, 日影に, 絶望の

▼ 着くずれ~ (4, 0.2%)

2 がし 1 をなおし, を直す

▼ 着くとき~ (4, 0.2%)

1 にはちゃんと, のこの, もまだ, も座

▼ 着く~ (4, 0.2%)

1 すであった, 同じ彼岸, 江見の, 終なる

▼ 着くまでが~ (4, 0.2%)

1 なかなか大変, 一と, 何だか待ち遠しく, 既に好い

▼ 着くより~ (4, 0.2%)

1 一杯ひつ, 早くこの, 早く語りたい, 静緒は

▼ 着くわけ~ (4, 0.2%)

1 だ, である, になります, はなかっ

▼ 着く勘定~ (4, 0.2%)

2 ですから 1 であったよう, ですが

▼ 着く時間~ (4, 0.2%)

1 には熱湯, はわかっ, は手紙, もわからない

▼ 着くとは~ (3, 0.2%)

1 受合いかねると, 国へ, 限らない風

▼ 着くほんの~ (3, 0.2%)

2 四半刻ほど 1 すこし前

▼ 着く~ (3, 0.2%)

1 待ちて, 得るならん, 拒みて

▼ 着く~ (3, 0.2%)

1 がある, が持っ, もめっきり

▼ 着く~ (3, 0.2%)

1 などあっ, の夕方, の気配

▼ 着く少し~ (3, 0.2%)

2 前に 1 前から

▼ 着く~ (3, 0.2%)

1 もなく, をも見出し得なかった, を見つけた

▼ 着く迄に~ (3, 0.2%)

1 あなたに, 二日半を, 私は

▼ 着くうち~ (2, 0.1%)

1 にはもう, に話

▼ 着くじゃ~ (2, 0.1%)

1 ないか, アない

▼ 着くそう~ (2, 0.1%)

1 でございますね, ですと

▼ 着くその~ (2, 0.1%)

1 樣人と, 白い色

▼ 着くたんび~ (2, 0.1%)

1 にあんた, に誰か一人

▼ 着くつもり~ (2, 0.1%)

1 であつ, のところ

▼ 着くとともに~ (2, 0.1%)

1 あなたの, 怨恨の

▼ 着くほどに~ (2, 0.1%)

1 河の, 締めて

▼ 着くほどの~ (2, 0.1%)

1 力が, 思を

▼ 着く~ (2, 0.1%)

2

▼ 着く五日前~ (2, 0.1%)

2 の東京新聞

▼ 着く今日~ (2, 0.1%)

1 のよう, は大西

▼ 着く~ (2, 0.1%)

1 が間遠く, には必ず

▼ 着く前夜~ (2, 0.1%)

1 に, はどういう

▼ 着く~ (2, 0.1%)

1 マイルほど, 里ほど

▼ 着く場処~ (2, 0.1%)

2 としてのみつ

▼ 着く廊下~ (2, 0.1%)

1 の舖板, の舗板

▼ 着く~ (2, 0.1%)

2 は眠るまい

▼ 着く~ (2, 0.1%)

1 にいろんな, に駅夫

▼ 着く~ (2, 0.1%)

1 でもいる, まで厳重

▼ 着く~ (2, 0.1%)

2 は柔かき

▼ 着く迄の~ (2, 0.1%)

1 期間西洋式の, 間は

▼ 着く迄は~ (2, 0.1%)

2 腰下す

▼ 着く頃髪の毛~ (2, 0.1%)

2 の中

▼1* [180件]

着くあなたからの手紙, 着くはゆる, 着くいぜんに先発隊, 着くふた方の, 着くかは知れないが, 着くかを知らせて, 着くこと同属の他, 着くころ灯がそこここ, 着くころ私は東京, 着くごとに行田地方, 着くっておれ, 着くさて其上に, 着くさびしい街だ, 着くしいんとして, 着くすぐ食堂へ, 着くすぐ一杯やる, 着くすると明日の, 着くずしをオシメ, 着くそこから半, 着くそして一二時間を, 着くそれから鹿狩りを, 着くぞという声が, 着くぞよーう, 着くたび昔聞き馴れた田舎言葉, 着くためしなしという, 着くだけの金しか, 着くって言いますから, 着くづれし易くこんな, 着くわけに, 着くせう, 着くといったような, 着くとき夫人は叔父, 着くとき掌を開い, 着くとしてもその間は, 着くとのことです, 着くとやッと, 着くと共に早速に, 着くどの絵葉書も, 着く郁次郎殿は, 着くなと待ってたが, 着くなり息をはずませ, 着くなり神中のこと, 着くなり雨で富士山, 着くなり風に閉じこめられた, 着くにぞあと叫び, 着くのに二日二晩かかった, 着くのみである, 着くの三十日ほどかかる, 着くひとをタクシー, 着くまでからだが, 着くまでずつと夫人の, 着くまでと云うもの, 着くまでというもの少年が, 着くまでにはとおもって, 着くまではという気が, 着くやら此等は, 着くなを, 着くよう渡舟はしかも, 着くよう運動をしろ, 着くよりは親しか, 着くをだに憚る如く, 着くアミアン市に一泊, 着くコロンボで此, 着くゴールだ, 着くナポリの事, 着くだろう, 着く一時間ほど前, 着く一週間前に採入れね, 着く万代橋の川, 着く三十分も前, 着く三枚襲の外部, 着く両親を迎え, 着く了見ならこんな, 着く二時間ばかり行乞, 着く五時間前に石原, 着く以前においてこの, 着く仰向けの白い, 着く伸子たちのため, 着くにグッ, 着く佐々の一行, 着く便利のいい, 着く八五郎の肩, 着く其會衆のた, 着く別荘地らしい風景, 着く前一般の神経過敏, 着く前今迄船中, 着く前伊籍は荊州, 着く前夜真夜中にちっちゃな, 着く前夜遺書も残さず, 着く前後にずらりと, 着く前日になっ, 着く前田丸は連れ, 着く前空から横浜, 着く千鶴子のこと, 着くき海岸, 着く各国公使を出迎える, 着く四ツ家から一里余り, 着く四時廿分までに安全確実, 着く四辺は昼, 着く土地はトリエスト, 着く埠頭へ行く, 着くだ, 着くもあれ, 着くす我さ, 着く娘大原思わず, 着く婦人にはまた, 着くもある, 着く宿舎は束縛, 着く富士裾野の根原, 着くのこと, 着く島々からはもう, 着くもなくされ, 着く度毎に飛行機, 着く彼女の性格, 着く彼岸でその, 着くだからと, 着くがある, 着くも定まらない, 着く手紙としてはこれ, 着く手術であろう, 着く数箇月前まではこの, 着くがいい, 着く方針を案出, 着く日矢代は正午, 着く早々しきりに退屈を, 着く早々何度となく, 着くれ最も, 着く時刻を遅らせる, 着く時日の違った, 着く時褄を取っ, 着く時間割だと, 着くがなかっ, 着くは病院, 着く朝スポウリエの寒駅, 着く朝鮮朝顔の花, 着く東京も雨, 着く梅田の駅頭, 着く様子もない, 着く汝これを見, 着く浦浜からまた, 着く源氏はこうした, 着くのさし口, 着くもなかっ, 着く狐火が一つ, 着くらしい土産, 着く現在とは異なつ, 着く甲州側は岩壁, 着く迄出, 着く直前に他, 着く砂埃りとを, 着く近く寄っ, 着く程近く寄つて強い香, 着くの玉, 着く翌日頃にはロンドン, 着くがほとんど, 着くは着く, 着く船ごとにエリス・アイランド, 着く草々詰らぬ奇禍, 着くがその, 着く荷物を預ける, 着く藝當を強, 着く藤次を迎え, 着くは遠, 着く見窄らしげ, 着く規則なの, 着く豫定でそれ, 着く貧乏なしとは, 着く貸家には入っ, 着く賭博中心の世界的遊楽地, 着く距離を光線, 着く迄にはいくばくかの, 着く途端に棧橋, 着くに幾度, 着く間加納は無意識裡, 着くこの抜道, 着く電車であった, 着く顔ぶれとして想像, 着く馬車がある, 着く駅名の立札, 着くはかならずや