青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「照らし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

煉瓦~ ~煙 煙~ 煙突~ 煙管~ ~煙草 煙草~ ~照 照~ ~照らし
照らし~
~煮 煮~ ~熊 熊~ ~熱 熱~ ~熱い 熱い~ ~熱心 熱心~

「照らし~」 1417, 14ppm, 7922位

▼ 照らし~ (1142, 80.6%)

155 いた 127 いる 40 いました 36 いるの 30 います 27 ゐた 22 みると 17 ゐる 13 いるばかり, 見ると 12 いたが 10 みました 9 見た 6 みた, みて, みても, 見せた 5 いましたが, いるよう, みますと, ゐるの, 見たが 4 おりました, 見て, 見ました, 見る

3 [11件] いたの, いて, いるが, いること, いるので, いるもの, いる月, みたが, 居ります, 明らかなる, 見れば

2 [41件] いきました, いた火, いた陽, いるその, いるだけ, いるところ, いるん, いる火かげ, いる陽, いる電燈, おります, くれた, くれました, ごらん, さきに, しまった, そこには, そこらを, その首, ながめて, みせました, みなければ, みましたが, みれば, ゐない, バスの, 下さるよ, 事なき光を, 居た, 居り空気, 居る, 念入りに, 来た, 池を, 湯の, 登って, 知るべし, 行ったが, 見せて, 見やう, 過ぐる

1 [451件] あたたかな, あたりを, あるいて, あんないたずら, いいか, いきます, いず, いたか, いたこと, いたこの, いたもの, いたもん, いたわけ, いた二階, いた光弾, いた夕日, いた太陽, いた時代, いた沢山, いた熊城, いた疑問, いた落日, いた門番, いた間, いた顔, いった, いつの間にかほとぼり, いなかった, いひけるは, いましたけれど, いますその, いますので, いるうえ, いるうち, いるから, いるこの, いるそれ, いるだろう, いるでは, いると, いるとか, いるのに, いるほか, いるものの, いるよ, いるらしい, いるカンテラ, いる一大火光, いる中, いる二ツ, いる二人, いる人間, いる今にも, いる佐, いる余裕, いる冷た, いる初冬, いる場所, いる太陽, いる小坂観音, いる彼, いる態, いる提灯, いる春, いる春日燈籠, いる松明, いる様, いる橋, いる深夜, いる灯, いる灯皿, いる白, いる硫黄色, いる老人, いる者, いる脇玄関, いる落陽, いる街灯, いる街燈, いる電灯, いる風情, うす白く枯れ, おいでに, おくの, おったならば, おもしろき夜, おり平伏して, おる春, かれこれともに愛し, かんかんする, きた, くださいまし, くださって, くださらなかったならわたし, くださるだろう, くるぶしの, くれたので, くれたまえ, くれた遂に, くれますし, くれませんか, くれる, くれると, くれるみち, くれる光, くれ給え, けち臭く, このや, この世の, これを, ござるぞよ, さ, さがしたけれど, さきへ, さまざまの, しぶきは, じっと仔細, すべての, そのいずれ, その付近, その原因, その大きい, その正体, その波, その福, その証明, その説, それらの, それを, ぢツと, ですよ, どこかで, どこやらで, どの部屋, ぬれた南天, はやくも, はるかに, ひそかに, ほかの, ぽかぽかと, まことにいい, またかつて, みずからの, みせるの, みたとき, みたまえ, みた後, みつばち, みる事, むき捨てたバナナ, もう木枯らし, やせた女, やった, やって来たが, やらなかったの, やるべき時, やれ, ゆくお, ゆく提灯, ゆく松明, ゆく角燈, よく見, よく見れ, わが默, わたしたちの, わたしは, われわれに, ゐたか, ゐたが, ゐたので, ゐたやう, ゐた眞夜中, ゐて, ゐました, ゐます, ゐるうち, ゐるかと, ゐると, ゐるとき, ゐるのみ, ゐるばかり, ゐる冷たい, ゐる所, ゐる梯子段, ゐる氷島, ゐる爐棚, ゐる電燈, ゐる頃, ガレージの, タッタと, ダリアや, ヨブを, 一層その, 一年三年若く, 一種物凄し, 事件の, 二週間の, 交川博士の, 人の, 人事世運の, 人類全体を, 今の, 今は, 今人が, 以て, 会得する, 何となく部屋, 何んと, 何んという, 余す所, 先に, 兵馬を, 具体的な, 具体的に, 処断する, 処罰せられた, 出たが, 判断し, 判断しなけれ, 判断する, 判斷し, 劉玄徳が, 動く電灯, 十坪に, 即断を, 厳重に, 古来伝うる, 叱られた人, 各々自家識見, 君たちの, 咽喉を, 土間に, 坂の, 堂の, 墨で, 墨家の, 壁か, 外の, 天が下は, 太陽の, 妥当に, 始めて完全, 客待ちし, 客観的に, 室内には, 室内は, 寄つて來る, 寨中の, 対光反射の, 小刀の, 尻切れトンボでは, 居て, 居るところ, 居るに, 居るわ, 居る今夜, 山の, 帰る途中, 干渉の, 床や壁に, 床下から, 底の, 弁明する, 彼れ, 彼等は, 徒らに, 徒三年に, 微咲, 必要と, 成敗し, 我等の, 戦車の, 戸の, 所刑する, 打ち眺めたが, 打仰ぎ, 批評的に, 択ぶ所, 持直す, 振り向けた, 改めると, 斜かけに, 斬り捨てるぞ, 断乎処罰, 日の, 明らかである, 明らかなり, 明るかった, 明暗の, 明瞭であります, 春水欄前に, 暖かくは, 暗い電燈, 曹操の, 最も不利益, 最も美しい, 月天を, 有害な, 朝日が, 朦朧たる, 木の, 木立の, 木蓮の, 来ました, 森と, 極めて自然, 様ざまの, 正二の, 正当である, 此の, 此等の, 歩いて, 死後永く, 死期を, 気運は, 水を, 法外老人の, 流れ落ちるしずく, 浮き出させて, 深い井戸, 渠の, 游泳する, 漆黒の, 火の, 火桶の, 火箸で, 火鉢や, 焚きしめた香, 無遠慮に, 煙草の, 爪の, 物の, 狼藉の, 理解し, 瑣談繊話と, 由比ヶ浜の, 男の, 痩せ衰えた頬, 皮膚や, 直覚的に, 眼を, 研究すべき, 確かめた上, 確かめる風, 磁場の, 示したの, 禍福を, 科学的批判を, 移し込む, 種々注意, 窺うと, 立山の, 篤と納得, 紺地へ, 終に川島, 経を, 置くと, 罰せられたい, 罵った者, 考えて, 考えては, 考えますなら, 考えると, 考えるほか, 考へたならば, 考へて, 考究する, 自から, 自動車の, 色の, 葉の, 著しい不, 薫の, 行きました, 行く, 行くの, 行った, 行って, 街頭に, 裏と, 見せ, 見せたが, 見せる異, 見たい, 見たくて, 見たら広島, 見たら廣島, 見ても, 見ないと, 見ましたけれど, 見ますと, 見ますに, 見また, 見ようとでも, 見るとき, 見るもの, 見んさった, 視て, 視るため, 視ると, 観察する, 觀察し解釋し, 言うこと, 証明したる, 証明する, 証明せられたる, 語り合った, 説明し得べし, 説明し得る, 読んだ, 調度の, 調査する, 諸家の, 諸臣, 警察の, 讀まんこと, 貰つたおかげで, 赤い蜻蛉, 赤くその, 足元の, 跫音は, 路ばた, 身づく, 軽々に, 輝いて, 述懐の, 進みましたら危険, 道を, 部屋の, 酒を, 金の, 銀色に, 闇き, 難を, 雷門の, 霊魂の, 霜の, 頂戴, 頭を, 頭髪からも, 頻りにトランク, 頼むわけ, 食を, 馬橇を, 駈けつけて, 駈け付けた, 高い塔, 高い天井, 魯の, 鮮やかに, 黒い針葉樹

▼ 照らしながら~ (78, 5.5%)

2 まだ未練さうにどこ, 屋根の

1 [74件] あたりを, あるきまわるという, うつらうつらと, かがみ腰, かけだしました, かけて, ここまで, ごみと, じっとまずその, その細い, だんだん先, どんどん追っかけ, なにかさしず, はいって, ひとりは, ふた組に, もうほか, もう一度部屋, やって来た, やわらかい土, ゆき薬籠, よく見る, シクシク泣い, トントンと, ヘリコプターの, ヴァーニアの, 下駄を, 今やこの, 伯爵は, 何か, 先に, 先へ, 入って, 出て, 呼びかけた, 四五人の, 安政の, 宿の, 寂寞と, 小切手帳と, 崖の, 庭や, 建物の, 念いり, 手の, 昼でも, 暖かそう, 机の, 林田が, 歩いて, 歩き出した, 池の, 焼刃, 甲斐の, 甲板の, 甲板船室機関部は, 登を, 石垣の, 石段の, 老人と, 虫眼鏡で, 語気を, 身軽に, 近づいて, 這うよう, 通りかかりました, 進んで, 過ぎゆくも, 遠慮でも, 雑草を, 音を, 頼母は, 食餌を, 駈け出して

▼ 照らしても~ (13, 0.9%)

1 [13件] あの國難打開, なお暫く, 一致し, 上等社会の, 不審のかどが, 二十面相の, 分かるくらい, 想知される, 明かである阿佛尼, 明らかであります, 至極と, 親の, 鉄ごうしの

▼ 照らしたり~ (8, 0.6%)

2 して 1 き, した, する雪道, ひとり淋しく, 谷そこに, 隅々を

▼ 照らしその~ (7, 0.5%)

1 前に, 口から, 地上では, 火の, 色赤し, 輝の, 面を

▼ 照らしては~ (7, 0.5%)

1 いるが, ゐるが, 免し, 割りきれない現象, 居りますが, 消えするばかりの, 消え照らしては

▼ 照らしつつ~ (6, 0.4%)

1 かげり行く光, われらが, 中背の, 先立ちして, 前の, 幾夜へ

▼ 照らし初め~ (4, 0.3%)

2 た頃 1 た, たころ

▼ 照らしそれ~ (3, 0.2%)

1 が銀, に続い, に續

▼ 照らし~ (3, 0.2%)

1 したものの, しなかったろう, 却つて自分の

▼ 照らし~ (3, 0.2%)

1 はし, はす, はせて

▼ 照らし~ (2, 0.1%)

1 滿ち, 白く明るく板

▼ 照らしこの~ (2, 0.1%)

1 家の, 疑問の

▼ 照らし~ (2, 0.1%)

2 えしたら

▼ 照らしそして~ (2, 0.1%)

1 私達には, 部屋の

▼ 照らしてを~ (2, 0.1%)

1 らぬ, りました

▼ 照らし~ (2, 0.1%)

1 ある雌牛, 向ふ

▼ 照らしには~ (2, 0.1%)

1 なりません, ツきりと

▼ 照らし~ (2, 0.1%)

1 つけた切燈台, へて

▼ 照らし~ (2, 0.1%)

1 は中, は葦原

▼ 照らし作者~ (2, 0.1%)

2 の命

▼ 照らし~ (2, 0.1%)

1 の中腹, を照らし

▼ 照らし~ (2, 0.1%)

1 光が, 厨子の

▼ 照らし~ (2, 0.1%)

1 のよう, は光

▼ 照らし~ (2, 0.1%)

1 ふ故, ふ神

▼1* [115件]

照らしあたかも山火事の, 照らしあの殺人回転刀, 照らしあらゆる行動の, 照らしいわゆる神聖なる, 照らしかつ暖めし日輪, 照らしさらにもう一つの, 照らししばらくして, 照らしじゃ時間何時や, 照らしせめて本道へ, 照らしてから二十二年の, 照らしてながむるの, 照らしての完全である, 照らしとある大木の, 照らしにわかに独立する, 照らしふかし夏, 照らしみんなでそこ, 照らししないからね, 照らしよくなった骨, 照らしわたしらの食料, 照らしウーウーとけたたましく, 照らしスタスタと奥, 照らし一体を明るく, 照らし一団の提灯, 照らし一物を採つ, 照らし三分一は南, 照らし乍ら侵略するよう, 照らし乍ら山深く叔父, 照らし二人連れでスタスタ, 照らし亡父関羽の画像, 照らし人馬物言わず真向き, 照らしへ先, 照らしは甲, 照らし内部を黒く, 照らし写真を撮っ, 照らしで, 照らしにシアン化白金バリウム, 照らしれも, 照らし十円の罰金, 照らし半ば世を鎖す, 照らし金屏の, 照らし右衛門は小走り, 照らしの上, 照らしの穴, 照らしも休まず流れる, 照らし夜風しゅうしゅう瓦を泣かしめ, 照らし天下ご直裁, 照らし天幕を暗に, 照らし子供のよう, 照らし宇宙の間, 照らし家々の門, 照らし小さな鷹が, 照らし小判紙を右, 照らし小林君をさき, 照らし小鳥が歌い, 照らし岸壁でトロ, 照らし幽暗とした, 照らしに引い, 照らしのしじま, 照らし建物の錆びた, 照らし廻つて隈なく見廻した, 照らし弓鉄砲をひっさげ, 照らし強い遠い太陽の, 照らし彦七と利右衛門, 照らし微風は海, 照らし必ず断罪に, 照らし忽ち二君に, 照らしをし, 照らし散歩する人々, 照らし明らかにする, 照らし星辰は夜, 照らし東西南北四方に向かっ, 照らし板盾竹盾で四方, 照らしを照らし, 照らし棺桶の中, 照らしは一庭, 照らしを史, 照らし注意深い観察, 照らし浪頭の折れ返る, 照らし浮藻は小次郎, 照らし海人の呼声, 照らし涼陰を南方, 照らし淡い夜靄を, 照らし澄江を裸馬, 照らしの火, 照らし爆雷の太い, 照らし現在のあらゆる, 照らし現実そのものをも変貌, 照らし画架にかかった, 照らし真昼のよう, 照らしを焦がす, 照らし精神を, 照らしの薄衣, 照らし紛々たる藩中, 照らし群衆瞠若として開いた, 照らし自分の影, 照らしの紅紫, 照らし華やかに着飾った, 照らし蛇毒を吸い出す, 照らし西に入る, 照らし見物のもの, 照らしを輝かし, 照らしと車輪, 照らし跫音に驚いた, 照らし追跡者に発砲, 照らし遁がれ出るもの, 照らし鉄斎老人がそれ, 照らし銀之丞の持っ, 照らしのびん, 照らしを散らし, 照らし青い海の, 照らしが生まれる, 照らし騎馬と徒歩, 照らし魔妄是に於, 照らし魔法か妖術, 照らし鯱丸のぼん