青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「着いた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~眼つき ~眼前 眼前~ ~眼鏡 眼鏡~ ~着 着~ ~着い 着い~ ~着いた
着いた~
~着く 着く~ ~着け 着け~ ~着た 着た~ ~着物 着物~ ~瞬間 瞬間~

「着いた~」 2327, 25ppm, 4637位

▼ 着いた~ (644, 27.7%)

47 はもう 29 である 19 であった 15 は夜 13 はその 11 はちょうど 109 です 8 はまだ, は丁度 7 は十一時, は夕方 6 だと, では, はかれこれ, は午後 5 は, はそれ, は九時

4 [11件] か, だが, でした, はやがて, は五時, は八時頃, は午後五時, は四時, は四時頃, は日, は翌

3 [13件] が九時, が十一時, が夜, であります, ですが, は七時半, は戌刻, は晝, は晝少, は朝, は正午, は黄昏時, を見る

2 [40件] かい, かと思っ, かな, がちょうど, がもう, が十九日, が午後, が名, が土地, が夕方, だそう, だった, だなと, は七時頃, は三月, は九時過ぎ, は九時頃, は九月一日, は二日目, は二時頃, は五時頃, は亥刻, は僥倖, は六月, は十一時頃, は十三日, は十二月, は十時頃, は午後二時, は午後二時頃, は午後五時頃, は夕暮, は巳刻, は彼, は昼, は昼頃, は晴れ, は未, は辰刻, を着

1 [259件] かしら, かと思つて一人, かヴォ, か上陸, か安里, か汽笛, か着いた, か知らん, がお昼, がかれこれ, がその, がもうすっかり, が一ツ一ツ, が一月, が丁度, が丁度十二時半, が七八日頃, が七時前, が七時十何分, が七時頃, が七月十一日, が三時半, が九時四十五分, が九時頃, が二時過ぎ, が二階, が五月二十九日, が五月八日, が八時頃, が十一時過ぎ, が十一月十二日, が十二時, が十時すぎ, が十時十分, が十時半すぎ, が十時四十分, が午前四時半, が午後一時半, が午後十二時四十分, が午後十時, が四十一年, が四時過ぎ, が夕暮時, が大原, が小, が日曜日, が此, が洲崎, が深更, が濃い, が申, が翌々日, が翌朝, が良人, が鳴子, さ, じゃ, じゃある, じゃございませんでしょう, だから, だって, だつた, だろう, だろうか, だ今朝, でありました, であるから, であるが, であろうが, であろう彼, でございましょう, でございますか, でございます確か, でしょうか, ですから, でも, と入れ, はお昼, はこうした, はこれ, はすでに, はたしか, はただ, はほとんど, はまさに, はみんな尾州, はもうすっかり, はもうとっぷり, はもはや, はスト, は一時, は一時ごろ, は一時三十分, は一時半, は一時過ぎ, は一時間, は一月二十七日, は一面, は丁度十二時, は七月十七日, は三日目, は三時, は三時半, は三時過ぎ, は三時頃, は三月下旬, は三月十五日, は九時五分, は九時半過ぎ, は九時四十五分, は予定, は事件, は二十五分, は二十八日, は二十分, は二月, は五, は五時すぎ, は五時半, は五時四十分, は五時過ぎ, は五月, は今朝, は令夫人才子, は何時頃, は元旦, は八日, は八時, は八時過ぎ, は八月中旬, は六日, は六時, は六月一日, は六月二十日, は六月八日, は其日, は其晩八時頃, は其橋, は十一日, は十一時五十五分, は十一時過ぎ, は十一月八日, は十二時, は十二月二十六日, は十五日, は十日, は十時, は十時半, は十時過ぎ, は十月三十日, は十月初め, は千代子, は午前一時, は午前七時, は午前七時頃, は午前九時頃, は午前八時, は午前十一時頃, は午前十時頃, は午後七時前, は午後七時半ごろ, は午後三時半頃, は午後三時頃, は午後二時半, は午後五時すぎ, は午後五時四十分, は午後六時, は午後六時ごろ, は午後六時三十五分, は午後十二時十五分, は午後十時四十七分, は午後四時, は午後四時十分, は午後四時頃, は午過ぎ, は午頃, は半蔵, は卯刻, は句, は同, は同じ, は四五日前, は四時五十分, は四時半すぎ, は四時半頃, は四月, は四月上旬, は四月二十日, は四月十一日, は国, は士階級, は夏, は夕刻, は夜中, は夜半, は夜明け, は夜更け, は大人, は大仏開眼供養, は大嵐, は大方七時頃, は大阪, は宇都宮, は巳刻半, は幸, は当日午, は彼これ酉刻, は悪く, は感心, は戌刻半, は既に, は日暮, は日本, は日脚, は早, は春, は昨日, は昭和十八年, は晝ごろ, は晝過ぎ, は晝頃, は暮色蒼然, は最早, は木母寺辺, は欠伸, は殆, は汚し, は浅, は由井ヶ浜, は由井ヶ濱, は申, は眞夜中二時, は真夜中, は真夜中二時, は短夜, は祭, は箱, は結局, は翌日, は翌朝, は腰, は豫定, は酉刻半頃, は障子, は雨, は零時半, は駒形, は黄, までぎっしり, もあっ, もあり, もそれ, をよろこび, をホッ, を幸, を御存じ, を見, 御卒業, 昨日の

▼ 着いた~ (257, 11.0%)

20 はもう 10 にはもう 4 はまだ, はもうすっかり, は既に 3 には既に, はちょうど, は夜, は平次

2 [11件] から火傷, である, には誰, のこと, は, ははて, は其日, は十一時五分前, は昏睡中, も喜, 巡警

1 [181件] いわれるに, お延, からいつか, からいつか此問題, からな, から後, がちょうど, がやがや排斥さ, さあお帰り, すでに, だ, だけ耳ざわり, で, であったこと, でさえ吉田屋, とおなじ, と十ヵ月後, と反, と網, にがんりき, にぞっと, につい, には, にはああ, にはあらかじめ, にはいくらか, にはどこ, にはなん, にはまるで, にはもうとっくに, にはインド, にはドオデエ, には一隊, には五六人, には今度, には伊作, には体重, には例, には十一時, には堀, には小雨, には彼, には後, には恰度最後, には日, には最早, には界隈, には索め, には自分, には船, には落ちかかる, には衣裳, には運搬用, には雨, には雨上り, には雪, には馬, には鶏, にふと, にパッ, に与えられ, に代金, に先ず, に君ちゃん, に本陣, に札幌, に梨, に知らせよう, に與, に船, に蕎麦, に薫, に見た, に足洗, に身体, に軍艦, に門番, に駅, に駕籠, のやう, のポーズ, の取次, の家, の心持, の感懐, の手筈, の未亡人, の様, の様子, の私, の高い, はいかにもまだ, はいくらか, はお, はすっかり, はその, はそれでも, はそろそろ, はただ, はようやく, はモウ十時, はロダンさん, は一幕目, は一足違, は丁度, は三吉, は三時, は上海, は久しぶり, は九時, は予定, は人家, は他, は全く, は出迎, は出迎え, は午, は吐瀉, は唇, は境内, は夕焼空, は女連, は宴, は家, は家族, は宿直, は小, は帝, は幸い, は床, は彼ら, は心苦しく, は思はず, は懐中, は懐中僅か, は懷中僅か, は日, は日暮, は早く, は昨夜, は曲目, は未だ, は杖, は正規, は殆ど, は汗, は無論, は相当, は真実, は神女達, は総勢五百, は臍, は言, は誰, は豊海橋, は遠, は遠慮, は醤油, は雨, ふと気, もいの一番, もう降り始め, もはじめ, も先触, も多く, も葉子, も表, も轅棒, よりは少し, よりも親しみ, よろける振り, ガラッ八, 初めて目, 多分お, 寝て, 幸い息, 持って, 突然一つ, 若し酒, 行き違, 駈け抜けて

▼ 着いた~ (66, 2.8%)

1 [66件] あの木曾, あまりの, おそろしげ, お徳, こ, これは, これを, さて新鮮, さて賭場, そこでは, そのとき供, その翌日, まざまざ垂れた, まだ下る, やはり船, わたしは, バルブレンの, ミハイルアウエリヤヌイチは, ミハイルアウエリヤヌヰチは, メイコちゃんが, 一向集らない, 不思議に, 九州の, 二人とも, 京都にも, 人家を, 今度は, 今日は, 何かとお, 先刻より, 別に異様, 呂宋には, 周りが, 城の, 城中には, 大使館へ, 失望した, 女は, 女房の, 始まり十二時ナーンだ, 少しの, 己は, 店も, 思い切って, 手に, 手も, 探偵という, 控を, 故意と, 既に飛脚, 日一日数は, 最うい, 最う終列車, 最後必ず, 朝雅は, 気の毒で, 決して味方, 波の, 滝太郎の, 皆と, 眼が, 着陣の, 途中で, 部屋が, 電灯が, 鴨川が

▼ 着いたとき~ (63, 2.7%)

5 にはもう 3 は夕方 2 にも長い, もう美奈子

1 [51件] いつもの, おおぜ, おくみ, おさい, からそこ, かれは, でありました, にいちばん先, にその, にはかくし, にはこの, にはす, にはすっかり, にはぼく, にはフランス, には内側, には力, には実に, には旅行者, に一同, に妙, に幸吉, の私, の返事, はあたり, はかねて, はこんな, はたくさん伴侶, はちょうど, ははや, はほっと, はまっ, はまったく, はもう, は中国, は九時, は余, は偶然新, は十時, は午後七時十五分, は四人, は四百五十人, は塩野, は夜, は嬉しかっ, は戦場, は機会, は正午, は疲れ, は達ちゃんボートこぎ, まだ途

▼ 着いた~ (56, 2.4%)

7 思うと 4 聞いて, 見えて 2 思ふと, 書いて

1 [37件] あって, いうので, いうのに, いうものの, いうよりも, いえば, いって, いふところ, おやじさまたちに, したならば, したらこの, すると, すれば, みえるナ, わかって, 云つて子供の, 云ふ, 分ったら一尺, 城門からの, 安心した, 思うころ, 思って, 思つたら, 思つた時には, 知らせた, 知らせて, 考える方, 聞えた, 聞き知ると, 聞くと, 船頭の, 藤山一郎, 見え急速, 見た時, 見ゆる, 言はれ, 言われた時

▼ 着いたので~ (50, 2.1%)

5 あつた 2 それが, 私は

1 [41件] あすの, お徳, くすんだお召縮緬, さてこれ, すぐそれ, すぐ家, そっと取りはずし, それを, ほつと, やはり死ねなかった, わたしは, レールの, 一向詳しい, 僕は, 先づ一軒の, 兎の, 厶います, 宛然城址の, 幸か, 当番の, 彼は, 彼も, 往復に, 御米, 思わずそこ, 所長は, 手軽な, 方位を, 案外その, 欣びは, 温泉場の, 男は, 秀吉は, 私宛の, 翌朝眼が, 藩主及び, 装具は, 起きる, 輪を, 野猪我は, 驚いたわけ

▼ 着いた~ (49, 2.1%)

3 はもう 2 には夜, には日, は日

1 [40件] からいくら, から俄然, から日々, から燈籠, から薄い, すでに長, だて, であった, であらう, と変らなかった, にはその, にはそろそろ, にはもう, にはもうとっぷり, には三味線太鼓, には二人, には人数, には又, には已に, には旭日, には近く, には雨, には馬, はさすが, はそれ等, はまだ, は夕暮, は夜, は往来, は恰度雷雨, は日暮, は最早, は真夜中, は空, は見渡す, は車中一杯煙草, は降雪, は雲, ぽつ, ようやく夕闇

▼ 着いた~ (37, 1.6%)

2 にもう, は海

1 [33件] から一緒, から毎日, から私, から米軍, があいにく, すぐ湖上, その地方, などは左隣, にあたっ, にさっそく, にすぐ, にそれ, には君, には親類, にまた, に又, に撮った, に階段, の今夜, の午後, の夕暮れ, の多, の後, の晩, の服装, の林野局, の薄暮雨, はその, は実は, もここ, もその, も伯父さん, も行っ

▼ 着いたところ~ (34, 1.5%)

2 だ, でまだ

1 [30件] がどうせ, だった, だつた, だつたので, だという, だよ, である, でございます如何よう, です, ですね, で対岸, で幾多, で振り顧, で旅, で曹操, なん, のお, の日記, はごみごみ, はびつしより, は冬, は又, は大きな, は小高い, は日女道, は病院, は芦屋, は萬世橋, をご覧, を見る

▼ 着いたばかりの~ (33, 1.4%)

2 ところを

1 [31件] お使い, とき爪の, ところな, ところらしく, 京の, 今では, 原稿料の, 叔父長閑斎が, 夜も, 奥州勢も, 女客, 好男子好, 孫娘の, 客が, 客を, 常陸の, 所な, 新手の, 新聞で, 時には, 時分で, 江戸町奉行の, 火星人たちが, 父親が, 矢代には, 者です, 荷揚げ舟の, 謙蔵は, 頃から, 頃は, 魚の

▼ 着いたばかり~ (29, 1.2%)

32 だという, です

1 [22件] それが, だが, だと, だよ, で, であった, である事, であろうとか, でございます, ですから, でまだ, でプラットフォオム, で借家, で分らないし, で戰爭, で部下, で頭, なので, なんだ, らしく室, 全速五十哩, 疲れても

▼ 着いたこと~ (28, 1.2%)

3 を知らせ 2 になっ

1 [23件] があつ, がありました, が有るだろう, が記し, だし, だった, だらうが, といい, なども彼, はこれ程, はなかっ, はなかつた, はわかっ, も殆ど, も清助, を告げ, を思出, を書き, を直ちに, を知っ, を知った, を約束どおり彼方, を聞い

▼ 着いたもの~ (26, 1.1%)

3 である 2 だと, はなかっ, を戦闘員

1 [17件] がある, だ, だった, だなあ, であるが, と見える, などは一つ, なん, のよう, は無, は白蝋, は自分, らしい, をマスコット, を一等, を使う, を無理

▼ 着いたよう~ (26, 1.1%)

2 じゃない, な気

1 [22件] じゃ, じゃと, だな, であった, であんまり, でした, でちっとも, なもの, な力, な弟, な鈴木, に, にじっと, になっ, に一同, に今, に寂しく, に火先, に物, に覚え, に離れなかった, に静寂

▼ 着いた~ (24, 1.0%)

3 だな 2 だ, だよ, です, ですね, ですよ

1 [11件] だから, だが, だそう, だって, だと, だ夜, でしやう, でしょうけれども, ですが, ですけれど, ですって

▼ 着いたという~ (23, 1.0%)

2 ことは, のである

1 [19件] うわさを, その唐人船, のです, のは, ものだ, ような, わけで, わけであります, んだ, 不安ながらも, 事で, 事を, 報せを, 大勢を, 強味は, 彼が, 気の, 気も, 話が

▼ 着いた時分~ (21, 0.9%)

1 [21件] からきよ, だね, だろうがな, と足許, にはいつしか, にはここ, にはこんな, にはもう, にはよく, にはわずか, には五月二日, には坂, には夕暮, には大方, には自分, に山, に雨, は山, は町, は駒井能登守, も朝未明

▼ 着いたその~ (20, 0.9%)

3 日から

1 [17件] 夕方大佐には, 夜か, 夜の, 夜千鶴子の, 山の, 当夜さっそく, 日に, 日は, 時分春信の, 晩に, 晩も, 晩田川夫妻は, 晩藩邸の, 汽車から, 畳には, 翌日もう, 落花は

▼ 着いた翌日~ (16, 0.7%)

2 は先ず

1 [14件] かに一度, から強い, から彼方此方, には丁度, には酷く, の十一時過ぎ, の夕方, の夜, の早朝旅舎, は六十四キロ, は午後, また引き返し, や, 早速碧梧桐君

▼ 着いた~ (14, 0.6%)

1 [14件] からし, から僕, すぐその, すぐ雨, だよ, とあくる, に信一, に停車場前, に彼, に旅館, に泊った, のこと, はお, は雪

▼ 着いた~ (13, 0.6%)

2 着かぬか

1 [11件] あと, しれない, それが, 一寸々, 否かは, 急に, 着かないか, 着かないかも, 着かぬに, 知ら, 譲吉は

▼ 着いたころ~ (13, 0.6%)

1 [13件] にお, にはもう, には日, には永く, はそんなに, はまだ, はもう, はもうすっかり, はやがて, は一同休憩, は僕, は夜, よとごまかし

▼ 着いた~ (13, 0.6%)

1 [13件] から上陸, から立つなら立つ, が越中, が頼る, といふの, によって推しますれ, に朱, の名, は仕合谷, は千四百四十九米, は大きな, は岩, は笹

▼ 着いたといふ~ (12, 0.5%)

2 事で, 知らせが 1 十四名の, 手紙が, 日お父さんは, 畫家の, 蓮太郎の, 話でも, 電報だけ, 馬鹿

▼ 着いた~ (8, 0.3%)

2 日暮に 1 午後の, 四刻頃でした, 夜の, 天窓の, 運が, 間も

▼ 着いた~ (8, 0.3%)

1 がある, だけを明, であろう, は着いた, をいまだに, を報じた, を知った, を言う

▼ 着いたかと~ (7, 0.3%)

4 思うと 1 思えば, 思ふと, 私に

▼ 着いたそう~ (7, 0.3%)

2 だ, です 1 だから, である, で鮪

▼ 着いたやう~ (7, 0.3%)

2 に見せかけた 1 でした, なもの, な気, にじつ, に彼女

▼ 着いた~ (7, 0.3%)

1 あるホテル, お俊, こういう風向き, なぞはわざわざ, の酒宴, は出入り, は寒

▼ 着いたから~ (6, 0.3%)

1 これからは, であつ, 一般の, 上ろうと, 安心な, 荷物を

▼ 着いたまま~ (6, 0.3%)

1 かたくなっ, ころがして, をかぼちゃ, 安からぬ, 死んだもの, 青白い光り

▼ 着いた~ (6, 0.3%)

1 かいずれ, でさえまだ全く, のこと, の雨, までもワラタ号, も依然として

▼ 着いた時彼~ (6, 0.3%)

1 はそこ, は例, は向側, は始め, は眠っ, は給仕

▼ 着いた~ (5, 0.2%)

1 その見聞, なお後続中, 先ず谷中, 景一に, 漸く目的

▼ 着いたとたん~ (5, 0.2%)

2 に少年 1 に信雄, に内地, に彼

▼ 着いた~ (5, 0.2%)

2 しても 1 しましても, せよ十銭, 違いない

▼ 着いた~ (5, 0.2%)

1 から先生, で印, は山稜, を孑孑, を風呂

▼ 着いた我々~ (5, 0.2%)

1 はすべて, はそこ, はめいめい毛布一枚, は古めかしく, は立派

▼ 着いた手紙~ (5, 0.2%)

2 から見る 1 さ, の整理, や慰問袋

▼ 着いた最初~ (5, 0.2%)

1 のとき, の夜, の宣教師, の日, の晩

▼ 着いた~ (5, 0.2%)

1 かも知れない, が四つ, は人, は刀身, も匕首

▼ 着いた~ (5, 0.2%)

2 りの 1 りだが, りと, りなの

▼ 着いた~ (4, 0.2%)

1 十夜などよりは, 秀が, 粂らを, 葉は

▼ 着いたとか~ (4, 0.2%)

1 こういう婦人, 云うので, 今日は, 狐が

▼ 着いたとの~ (4, 0.2%)

1 お届け出, ことに, 報知も, 知らせでございました

▼ 着いたなり~ (4, 0.2%)

1 で入口, で細りした, で身動き, の服装

▼ 着いたのに~ (4, 0.2%)

1 よろ, ミス, 三益が, 利口な

▼ 着いた~ (4, 0.2%)

1 がもう, が六, の中, の前

▼ 着いた~ (4, 0.2%)

1 の姿, はひろい, は城門, は山裾

▼ 着いた~ (4, 0.2%)

1 が恐い, と彼女, はいう, はなじる

▼ 着いた~ (4, 0.2%)

1 が餅, の其の, はない, は最初

▼ 着いた自分~ (4, 0.2%)

2 の位置, の道筋

▼ 着いたあの~ (3, 0.1%)

1 夏の, 書状であった, 渡舟へ

▼ 着いた~ (3, 0.1%)

1 さア, オ決った, 喜びやれ

▼ 着いたとも~ (3, 0.1%)

1 何処へ, 思った, 言いますね

▼ 着いたばかりに~ (3, 0.1%)

1 この二階, 桑畠を, 発信した

▼ 着いたトタン~ (3, 0.1%)

1 にいきなり, に印象, に当地

▼ 着いた~ (3, 0.1%)

1 からはとりあえず, で相当, は幾ら

▼ 着いた二人~ (3, 0.1%)

1 の画家, は中央停車場, は機関庫

▼ 着いた以上~ (3, 0.1%)

1 はこつ, はもうどう, は虎口

▼ 着いた停車場~ (3, 0.1%)

1 から凡そ二哩半, の建物, は神威古潭駅

▼ 着いた~ (3, 0.1%)

1 はという, は周防, は立派

▼ 着いた初め~ (3, 0.1%)

1 から奥さん, に居た, の數日間

▼ 着いた当時~ (3, 0.1%)

1 のこと, の事, は鈍く

▼ 着いた明日~ (3, 0.1%)

2 から心配 1 から心持

▼ 着いた様子~ (3, 0.1%)

2 もなけれ 1 だから

▼ 着いた~ (3, 0.1%)

1 一日の, 一日を, 三回の

▼ 着いた~ (3, 0.1%)

1 とを小包, に白縮緬, をお

▼ 着いた黒い~ (3, 0.1%)

2 ものを 1 帽子を

▼ 着いたかも~ (2, 0.1%)

1 しれないとは, 知れない

▼ 着いたからと~ (2, 0.1%)

2 いって

▼ 着いたけれど~ (2, 0.1%)

1 もう彼等, 今でも

▼ 着いたこの~ (2, 0.1%)

1 夜会わず, 港は

▼ 着いたって~ (2, 0.1%)

1 いうん, 姉さん食べかけで

▼ 着いた~ (2, 0.1%)

1 あらう, せうか

▼ 着いたとかいう~ (2, 0.1%)

1 漁夫たちの, 話だ

▼ 着いたとき二三分~ (2, 0.1%)

2 ばかり舞台

▼ 着いたとき彼~ (2, 0.1%)

1 の側, は川縁

▼ 着いたなと~ (2, 0.1%)

1 思って, 思ふ間もなく

▼ 着いたほど~ (2, 0.1%)

1 だ, である

▼ 着いたまでは~ (2, 0.1%)

1 ともかくも, 馬にも

▼ 着いたもう~ (2, 0.1%)

1 箱崎だ, 豪雨が

▼ 着いた~ (2, 0.1%)

1 波, 着いたよ

▼ 着いた一行~ (2, 0.1%)

1 がある, の人々

▼ 着いた中将~ (2, 0.1%)

1 はすぐ, を僧都

▼ 着いた事一緒~ (2, 0.1%)

1 にいる, にゐる

▼ 着いた~ (2, 0.1%)

1 なん, の数

▼ 着いた~ (2, 0.1%)

2 に感謝

▼ 着いた~ (2, 0.1%)

2 を見た

▼ 着いた~ (2, 0.1%)

1 の半纏, の浴衣

▼ 着いた学校~ (2, 0.1%)

1 の生徒, まで行かない

▼ 着いた安心~ (2, 0.1%)

1 の為, も出

▼ 着いた~ (2, 0.1%)

1 つづらが, 蒸汽から

▼ 着いた小さな~ (2, 0.1%)

1 港の, 貧弱な

▼ 着いた屹度十日~ (2, 0.1%)

2 までに間に合せ

▼ 着いた~ (2, 0.1%)

1 の冬, 即ち一九一九年

▼ 着いた当座~ (2, 0.1%)

1 のほんの, は見物人

▼ 着いた恐怖~ (2, 0.1%)

1 と苦悩, と苦惱

▼ 着いた~ (2, 0.1%)

1 で額, を後

▼ 着いた~ (2, 0.1%)

1 がそれ, がよかない

▼ 着いた日本~ (2, 0.1%)

1 からの新聞, とじであった

▼ 着いた明日平岡~ (2, 0.1%)

2 と一所

▼ 着いた時あたり~ (2, 0.1%)

2 はもう

▼ 着いた時折~ (2, 0.1%)

2 悪く差支

▼ 着いた時船~ (2, 0.1%)

1 からお, の中

▼ 着いた時間~ (2, 0.1%)

1 からいっ, でし

▼ 着いた木綿物~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ 着いた本堂~ (2, 0.1%)

2 の戸

▼ 着いた毛糸~ (2, 0.1%)

1 の首卷, の首巻

▼ 着いた~ (2, 0.1%)

1 だ, やアメリカ

▼ 着いた洋燈~ (2, 0.1%)

1 を持っ, を持つ

▼ 着いた~ (2, 0.1%)

1 はすでに, は王者

▼ 着いた秀吉~ (2, 0.1%)

2 は石垣山

▼ 着いた~ (2, 0.1%)

1 である, では

▼ 着いた~ (2, 0.1%)

2 る日

▼ 着いた翌日三年振り~ (2, 0.1%)

2 で邂逅

▼ 着いた翌日私たち~ (2, 0.1%)

1 はプラース・デ・グラン・ドム, は周遊バス

▼ 着いた~ (2, 0.1%)

1 で少し, は五六畳

▼ 着いた~ (2, 0.1%)

2 羽織を

▼ 着いた計り~ (2, 0.1%)

1 です, という様子

▼ 着いた赤い~ (2, 0.1%)

1 ものは, 雲は

▼ 着いた重い~ (2, 0.1%)

1 やつを, 鍬に

▼ 着いた~ (2, 0.1%)

1 のふる, をたたき落した

▼ 着いた電車~ (2, 0.1%)

1 の停車場, の音

▼ 着いた馬車~ (2, 0.1%)

1 のやう, の喇叭

▼ 着いた~ (2, 0.1%)

1 あれば, をくわえ

▼1* [442件]

着いたあとでは一分ごと, 着いたあなたの顏色, 着いたあゝ二百数十柱, 着いたお客だろうと, 着いたお松もわからない, 着いたかが問題な, 着いたかのやうに, 着いたかを判然告げなかった, 着いたきり父と百合さん, 着いたくらゐぢ, 着いたくらいの時に, 着いたぐらいで病気に, 着いたけれども金沢なら, 着いたこと二日ばかりこちら, 着いたつそく行乞, 着いたじゃねえかってんで, 着いたすると彼等は, 着いたそこの税関, 着いたそんなものは, 着いたぞと思う欣, 着いたために起つ, 着いただけであった, 着いただぶだぶしたもの, 着いたちょうどその時, 着いたときふところには三十二フラン, 着いたときクリストフはくつがえされた, 着いたときタネリのお母さん, 着いたときドアをあけた, 着いたときルグランはジュピター, 着いたときロンドンのホテルあて, 着いたとき一人の女性, 着いたとき三階の縁側, 着いたとき仕事をこんな, 着いたとき例のめつた, 着いたとき劉封の軍勢, 着いたとき吾平爺はその, 着いたとき塩野はいら立たし, 着いたとき奥ではやはり, 着いたとき彼らは庭, 着いたとき後の車, 着いたとき戸口には知らない, 着いたとき男に別れ, 着いたとき矢代は階段, 着いたとき私はもう, 着いたとき胸せまる思い, 着いたとき鏡で自分, 着いたとき雨が降, 着いたとき風模様はすでに, 着いたアと, 着いたなどと客の, 着いたなんてことも, 着いたなァと嬉しい気持, 着いたねと思った, 着いたのちも相, 着いたはじめには二人, 着いたはずだから, 着いたばかりか船長の, 着いたばかりじゃないか, 着いたばかりという白っぽい, 着いたばかりといふせゐも, 着いたばかりとの事である, 着いたばっかりで妙, 着いたほとりで, 着いたぼくはなに, 着いたまさに十二時薬師堂が, 着いたまでの間にも, 着いたまま無言でいた, 着いたものぢや面白く, 着いたものの矢張り, 着いたもんも丁度, 着いたゆとりのある澄んだ, 着いた雨も, 着いたわいおおここ, 着いたわが家の裏, 着いたわきに一枚思, 着いたわけはどうも, 着いたアメリカ船の騒ぎ, 着いたアラスカ丸をどう, 着いたゴムの櫛, 着いたシーツを取り代える, 着いたトラックから降り, 着いたパリは脅威, 着いたペンを振っ, 着いたホテルが新興プラーグ, 着いたミユンヘン市には小雨, 着いたリンカンは附近, 着いただよ, 着いた一つの歌境, 着いた一人なので, 着いた一件を心, 着いた一八五四年の十年前, 着いた一切の邪魔物, 着いた一挺の駕籠, 着いた一日目は夜汽車, 着いた一段の記事, 着いた一組の老, 着いた一群は火星, 着いた七兵衛は案内, 着いた七千噸級の関釜連絡船, 着いた三名の辯護士, 着いた三日目の午後, 着いた上りの急行列車, 着いた上新本を求め, 着いた下り列車も, 着いた九日の夜, 着いた二三日は文化, 着いた二十五の年, 着いた二挺の駕, 着いた二条の院, 着いた人々のはなし, 着いた人夫を督励, 着いた人達は早く, 着いた人間だけが生き, 着いた仙台のようす, 着いた以下数行何となし, 着いたの形, 着いた伊太利の将校, 着いた伝法な棒縞, 着いた伸子と素子, 着いたであった, 着いた佐吉はその, 着いたを曲げ, 着いた何だかこう俄に, 着いた作さんがと喚く, 着いた使は最初, 着いたの日記帳, 着いた価値のアナーキー, 着いた便船の船客名簿, 着いた修學旅行の生徒, 着いたは何船, 着いたを迎, 着いた價値のアナーキー, 着いた安からぬ, 着いた儘無言でゐた, 着いた二, 着いた兄貴の手紙, 着いた八五郎はお, 着いた公卿たちがどうして, 着いた兵船も多かっ, 着いた兵馬は別に, 着いた其年から老人, 着いた其時不思議な噂, 着いた其翌日も雨, 着いたを冠, 着いた出入に近い, 着いた出戻りの二十七八, 着いた刀劍を帶び, 着いたには仔細, 着いたから寒い, 着いた制帽と半, 着いた前日に果して, 着いたの予想外, 着いた十一日の晩, 着いた十五日のこと, 着いた十日程は若, 着いた十歳になる, 着いた双六谷を城址, 着いたに寄せかけた, 着いた名倉の母, 着いたを手, 着いた唯一匹がない, 着いた商人の一人, 着いた之助, 着いた四五頭の駒, 着いた四人連れの部屋, 着いた四月の末頃, 着いた土地であるだけに, 着いた埃及産である, 着いたは朝日, 着いたを乗せ, 着いた夏侯淵は語気, 着いた外務省の留学生, 着いた計代の, 着いた夜半にはむっくり, 着いた夜命を奉じ, 着いた夜自宅へ帰る, 着いた大きな急須から, 着いた夫婦がある, 着いた奈良はづれ, 着いた女の子のマント, 着いたの夫, 着いたからの手紙, 着いた姉妹の英国婦人, 着いた娘さんが帰っ, 着いた宇治山田の米友, 着いた南人に, 着いた安場は上衣, 着いた安心さで皆, 着いた之助, 着いた容子もない, 着いた対岸の砂浜, 着いた将軍の御召馬, 着いた小包を開ける, 着いた小舟から幾つ, 着いた小鳥のよう, 着いた尾根上の展望, 着いた山形県からの小学卒業生たち, 着いた山蔭にはじめて, 着いたという名, 着いた巌流は相手, 着いた川尻のすぐ, 着いた帆柱の影, 着いた帽子もなく, 着いた平たい画として, 着いた平野丸は乗客, 着いた座敷に通した, 着いたの陽光, 着いた当座ここへ連れ, 着いた当日は何, 着いた彼女は心臓衰弱, 着いた手玉を, 着いたの世界, 着いた感じだ, 着いた懐紙を見, 着いた戦地の岩井達夫, 着いた指先で無, 着いた掌面に三十円, 着いた提灯が一群, 着いた旅人がこの, 着いた旅客に向っ, 着いた日カテリーナ・リヴォーヴナは薄暗く, 着いた日以来置いて, 着いた日仲達は郭淮, 着いた日光井からお出かけ, 着いた日八百長に落着, 着いた日執権の命, 着いた日数よりももっと, 着いた日本人のほとんど, 着いた日直に外宮内宮, 着いた主人を, 着いた早耳三次は呆れる, 着いた早馬の使い, 着いた明るい感じなぞは, 着いた昨年の小屋, 着いた時お前の親爺, 着いた時ざんざ降りの雨, 着いた時わたしはもうどうにも, 着いた時イボギンヌは気, 着いた時クルウ大尉はちょうど, 着いた時ゴットフリートは彼, 着いた時サーケーは急ぎ, 着いた時タクシーの窓越し, 着いた時フランスのこの, 着いた時プラットフォームの上, 着いた時一同はもう, 着いた時一番東京風を見せる, 着いた時下女から, 着いた時不思議にも部落, 着いた時主人は素知らぬ, 着いた時二つの球, 着いた時二人は電車, 着いた時代もあつ, 着いた時余を橋本, 着いた時函館の町, 着いた時分今頃迎いに往, 着いた時分例の高, 着いた時分年ちゃんは原っぱ, 着いた時区役所からの埋葬許可証, 着いた時十円の金, 着いた時叔母は耳掻き, 着いた時咄嗟に渋面, 着いた時城のひくい, 着いた時奥さんは二人, 着いた時女ははじめて, 着いた時庸三は長男, 着いた時彼等は十セント, 着いた時恩師エルスナーとその, 着いた時恰度郵便が配付, 着いた時我々は相撲, 着いた時戸障子を取り外した, 着いた時旅行に経験, 着いた時松田書記官が駅, 着いた時正三君をかえりみた, 着いた時汽車の窓, 着いた時独逸のハイデルベルヒ, 着いた時田口から引き受けた, 着いた時老人夫婦に紹介, 着いた時背後から武者, 着いた時誰が捨てた, 着いた時迎いに来, 着いた時道也と妻君, 着いた時震動が始, 着いた晩伯父はお雪さん, 着いた晩夕飯を食い, 着いた暖かそうな, 着いた曹洪と徐晃, 着いた月丸は湯, 着いた朝チャイナメイルの英人, 着いた朝宿営の一室, 着いた東俣の河原, 着いた東儀与力をはじめ, 着いた松千代は眼, 着いた板敷へ席, 着いたを拾った, 着いたの花, 着いた梅雪のす, 着いた棕櫚の赤い, 着いた森成さんが病院, 着いたですが, 着いた椋鳥が一羽, 着いたな温泉場, 着いたなら拭いても, 着いた正しく人の, 着いた此処で荷物, 着いた歴史と全く, 着いたからみょうに, 着いたになつ, 着いた水垢のため, 着いた永楽の猪口, 着いた汽車から雜然, 着いた河岸からごちゃごちゃ, 着いた泡鳴の荷物, 着いた波達が答, 着いた泰軒先生とチョビ安, 着いた洋服の男, 着いた派手な浴衣, 着いた浅井はその, 着いた浴衣を殺された, 着いたを北湾入, 着いた海苔を板片, 着いた海賊船の隊員, 着いた消息を書かなけれ, 着いた渡し守は船, 着いた源氏はしばらく, 着いたの石蓋, 着いた漁師町から物, 着いた為めに危く脚, 着いた為替はその, 着いたく視ると, 着いた父さんの村, 着いた犬殺しは二人とも, 着いたなる女性, 着いた玄関へ歩み入る, 着いた理由も簡單, 着いた理論家の特色, 着いた肴の, 着いたが早く, 着いた甲乙両記者, 着いた當座は羽織, 着いた白井が兼ね, 着いた白塗りの外国船, 着いた白木綿の襯衣, 着いた瞬間門が閉まった, 着いたや金属, 着いたをはらひ, 着いた砂片の分析的, 着いた確かな間違, 着いた秀子の室, 着いた私達は重い, 着いた秦野屋九兵衛の話した, 着いたにドヽン, 着いた筈ぢや早う, 着いたを開け, 着いた売りの, 着いた紫陽花もこの, 着いた細君はすぐこう, 着いた細長い胡麻竹の, 着いたの玩弄具, 着いた絵葉書のよう, 着いた絹夜具を出される, 着いた綾麿は綿, 着いた緊張した表情, 着いた線路の砂利, 着いた編上げの恰好, 着いた翌々日正太はその, 着いた翌日アナマロにみちびかれ, 着いた翌日半蔵は寿平次, 着いた翌日水曜日の巴里英字新聞, 着いた翌日町の北東五マイル, 着いた翌日葉子にいっ, 着いた翌晩のこと, 着いた翌晩武蔵野の家, 着いた翌朝は空, 着いた翌朝自分の側室, 着いた猟士嘉門次が, 着いたも退けない, 着いた脇差で自分, 着いた自分達を宿, 着いたに寄せかけた, 着いたに世話人, 着いたからぞろぞろ, 着いた船着場とは違つた今一つ, 着いた若い十一人は, 着いたからは青々, 着いた薩摩の艦, 着いた藤吉の一行, 着いたを薄く, 着いたなしを, 着いた袢纒とを一緒, 着いた西洋の玉子廻し, 着いた記事もある, 着いただが, 着いた謙信は日頃尊信, 着いた豆府の皮, 着いた豫想通の一寒村, 着いたを拭いた, 着いた足袋を風呂敷, 着いた身体ですもの, 着いた軍艦は官軍, 着いた迄は上出来でした, 着いた遊芸これでいつ, 着いたよく, 着いた都合よく樹明君, 着いた野袴に海老巻, 着いたなんか借りたくない, 着いた金五郎は宿, 着いた金森長近や菅屋九右衛門尉, 着いた金次郎の袷, 着いた銀貨入を持っ, 着いた髯の, 着いた長次郎と竹次郎, 着いた間もなくで主人, 着いた阿古屋の松原, 着いたの心得, 着いた雑誌類の評論, 着いた雰囲気に似通った, 着いた電燈に対してもお, 着いたのよう, 着いた青六村長を眞正面, 着いた青木の歩く, 着いた鞍部は入, 着いたとラツパ, 着いた頃信長はもう, 着いた頃日はとつぷりと暮れ, 着いた頃男女は鈴鹿峠, 着いたである, 着いた風呂はない, 着いた風来の自分達, 着いた飛脚の書状, 着いた饗應の室, 着いた首卷に頤, 着いた首巻に頤, 着いた騰の, 着いた馬鈴薯の本場, 着いたとは違った, 着いた駕籠の中, 着いた體格の女, 着いた高瀬をここ, 着いた魏延からこの, 着いた黒服には長い, 着いた黒木綿の紋付, 着いた黒髪の逆