青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「田~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

用い~ ~用いる 用いる~ ~用事 用事~ ~用心 用心~ ~用意 用意~ ~田
田~
田中~ 田圃~ ~田舎 田舎~ ~由 由~ 由来~ 甲~ 甲州~ 甲府~

「田~」 5502, 57ppm, 2024位

▼ 田~ (1125, 20.4%)

58 中に 27 中の, 中へ 26 草を 24 中を 21 畔に 19 畔を 14 畔の 12 中で 10 水に 9 家に, 水が 7 なかに, 中には, 家を, 水の, 畦に 6 方へ 5 上に, 中から, 原が, 原は, 御館に, 水を, 畦を, 稲は, 間を 4 家の, 泥に, 畦などを, 畦の, 稲の, 稲を, 縁に, 間の

3 [21件] おかみさん, くろの, ことを, なかへ, 下の, 中, 中や, 向うに, 境の, 姿を, 早処女, 水や, 泥が, 泥を, 畔から, 畔へ, 畦や, 草の, 草は, 草も, 麦は

2 [100件] あいだに, あぜを, あちこちに, あなた新, いう事, いきれたがやさず梅雨, いろ, くろに, こごれる泥, ころころ蛙, なかの, はるけ, へりは, へりへ, へりを, ほとりに, むらさきの, もの案山子も, 上で, 上を, 中が, 中では, 中にも, 事を, 人影も, 仕事を, 作の, 作物を, 刈入れも, 刈穂の, 半分を, 原の, 収入が, 受持の, 名には, 土は, 圦は, 夕かげに, 夕映すごき, 嬢様が, 字づくりの, 字も, 字型の, 室の, 家で, 家と, 家には, 後ゆく, 所へ, 方に, 方は, 早處女, 春の, 様な, 水, 水あかりかは, 水へ, 水光る, 泥, 深田の, 片明り後, 畔には, 畔にも, 畔も, 畔畷の, 番を, 稲が, 稻を, 穂の, 穂田を, 穗の, 竝び萱原色とりどりの, 端へ, 精霊, 精霊を, 素地に, 縁へ, 苅穂の, 苗間の, 若郎女, 草, 草取りだ, 草取りで, 草取りを, 蛙怪しく, 蟇, 行事の, 行事は, 行事を, 見の, 見はらしどころここ, 足跡見れ, 連, 遠は, 門田の, 隣の, 面立ち消, 顔や, 顔を, 風を

1 [488件] あぜで, あぜであり, あぜ山の, あぜ道を, あちこちが, あらゆるもの, ある山, あれば, いうところ, いう通り針箱, いるうち, うち五分通りは, うつむいた表情, お苑さん, かくめる, かはづ昼, かはづ晝, かりほの, くさきに, くらきが方へ, くろから小犬, くろを, げんげの, ここかしこに, ことが, ことより, すくない新開地, そなた, そばまで, ところどころに, ところに, ところへ, とりいれを, なかで, なかには, なかは, なかへでも, なかへは, なかを, なか畑の, なり物の, なり物を, にほひ, ふちへ, ぶち犬, へりで食べるという, へりに, へりには, ほうが, ままの, みのりの, もに牛, ものにも, ものも, もの畑の, もは一面, やうである, やうに, ゆたかに, ようで, ようであった, ようである, わきには, わせ刈る, シロホンと, シロホンの, 一つの, 一匡邑の, 一反でも, 一方へ, 一枚でも, 一町は, 万事に, 三宅, 三宅とを, 上には, 上翔り, 下役に, 下萠, 中からは, 中だけを, 中でも, 中と, 中ながら, 中へも, 中央に, 中次に, 主へ, 乾からびた, 事である, 事務でも, 二軒が, 云いし如くお, 云う通り喧嘩, 交錯し, 人々と, 人々まで, 人も, 人影へ, 仕事が, 仕事に, 仕事は, 仕事も, 代を, 代掻, 代掻きから, 代掻きを, 会社が, 伝説の, 低みより, 体温でも, 余一といった, 作つてある, 例を, 候補地という, 側では, 傍でし, 傍に, 傍には, 傍の, 傍を, 先も, 全面積, 典にも, 処に, 凶害, 出来の, 出来栄えを, 切目が, 刈ったあと, 刈入れは, 刈田の, 刈穂も, 別が, 別の, 労は, 動作に, 勝負を, 十町も, 半分ぐらゐしか植附け, 半分以上は, 厄介に, 原, 友達は, 収入は, 収穫が, 収穫について, 名の, 名は, 向い側に, 向うには, 向うの, 向に, 向の, 向側には, 周囲を, 員数在所及び, 商売を, 四隅には, 土などの, 土を, 土畑の, 土盗む, 地券は, 型に, 堤, 堤歩み来, 堤茨田の, 場合には, 場合は, 境は, 境も, 境目には, 声で, 声は, 売買には, 多い養蚕, 多い養蠶, 大部分, 奥は, 奴は, 妻たる, 姓に, 姓を, 姥が, 姥のな, 姿が, 娘さんなら来る, 婆さんと, 婆さんは, 字を, 字型が, 字型では, 字型という, 字形に, 字造りの, 守護を, 実りが, 実りの, 宮とよむ, 宮に, 害物が, 家から, 家だけ, 家では, 家は, 家へ, 家へは, 宿禰, 宿禰が, 小さい四角, 小作に関するにも, 小径を, 少し多い, 少ない地方, 尽る, 山を, 山続き, 広ら, 庄屋へ, 底, 底から, 店から, 店が, 引水を, 御倉, 御那美さん, 復興に, 恐ろしい事, 成りもの, 成り物, 戻るまで, 所を, 所在を, 所有分布, 所有者は, 手に, 手を, 手前勝手な, 手附け, 持ち主と, 振下げて, 推察通りやっぱり, 数が, 断間に, 新居に, 方で, 方を, 早稲田の, 早稻田, 早苗かと, 晩稻刈るべくなりしか, 景色の, 月が, 月は, 机を, 林迪功という, 果が, 柔ら浅茅生風向を, 植わりきつ, 植付けから, 植付けの, 植付けを, 植始めの, 植附を, 様子を, 死は, 残りけり, 毬栗頭が, 水う, 水で, 水にも, 水も, 水口に, 水口の, 水口を, 水引いたら, 水引き, 水田も, 水田を, 水見, 水面が, 氷が, 泥濘の, 浜へ, 湯田, 溝に, 溝の, 灌漑にも, 熟した, 牛の, 物工作物と, 物成り, 犬は, 率いた平戸, 王, 王四柱, 生り物を, 産米を, 用水が, 用水は, 田である, 田の, 田岸の, 田螺, 畔, 畔で, 畔での, 畔でも, 畔になあ, 畔や, 畔をかも, 畔をでも, 畔同, 畔百姓家の, 畔稲叢の, 畔街道の, 畔蹈みきて, 畔道を, 畔離ち, 畝づたいに敵が, 畝の, 畝を, 畦あぶない, 畦から, 畦づたいに中谷の, 畦で, 畦でも, 畦と, 畦とか, 畦などへ, 畦には, 畦にも, 畦へ, 畦へと, 畦一本, 畦三つばかり, 畦畑の, 畦豆引つこ, 畦道を, 番など, 畷を, 疑いが, 疑えるお, 白いの, 百姓家を, 百姓衆を, 真中に, 眼に, 砂田片附きたぎつ, 祓へには, 祝福の, 神さまの, 神である, 祭を, 称号が, 稔りも, 稔りを, 稲と, 稲も, 稲刈までの, 稲圃の, 稲架から, 稲穂の, 稲虫から, 稲虫とともに, 稲虫と共に, 稻の, 稻は, 稻刈る, 稻幹に, 稻穗の, 穂向きに, 穂向の, 穗ぬれ, 穗向きに, 穫り入れ, 空地を, 端の, 笑顔成る, 籾種は, 粟の, 精霊或は, 精靈に, 糶が, 組合せの, 緑は, 線から, 美稲色づき, 美稻色づき, 者三人之, 耳に, 職人等が, 職業を, 膝の, 舎に, 舟橋を, 芝に, 花さくなべにわさ, 芸能が, 苅跡まで, 草が, 草でも, 草とりから, 草どころでなく, 草取それから, 草取などは, 草取に, 草取りが, 草取りだった, 草取りなんか, 草取りの, 草取りは, 草取る, 草取を, 草相撲などに, 草間の, 荒おこしも, 落着き先と, 虫と, 虫追いである, 蛙かな, 蛙の, 行くさき, 行事なる, 行事にか, 行事には, 行事や, 表情を, 親父は, 観音様は, 計略が, 設備と, 詩では, 詩に, 詩集掃葉山房出版の, 話という, 豊けさに, 豊凶を, 身の, 身体から, 身体は, 辺に, 連手島の, 進行も, 遅き月夜, 道を, 道楽は, 遠く照り, 遲き, 郎女, 郎女以下底本に, 郎女次に, 里の, 鎮魂術を, 長の, 長兵衞, 門に, 門の, 門は, 間からも, 間に, 隠居さんの, 雀は, 霜の, 青ぐろい横顔, 青さ, 青や, 青田の, 非難は, 面積が, 鞄から, 領土も, 頬は, 顔が, 顔に, 顔にも, 顔は, 顔をも, 類が, 飼犬である, 首, 首等が, 鳥, 麥は, 麦が, 黒土に, 鼠は

▼ 田~ (565, 10.3%)

9 の小 7 から出 6 にゐ, へ歸 5 に於, の人, の方, の生活, へやつ 4 のこと, の女, の家, の町, の病院, の百姓, の自然, の鷄

3 [13件] で育つた, にゐた, にゐる, に住む, に住ん, に居る, の土, の子供, の新聞, の村長, の者, へ行く, をすぎ

2 [43件] がこ, じみて, では, では大抵, で私, で育つ, で見た, にある, によく, に歸, に生れ, に生れた, に置い, に置く, に行, に行く, に行つて, の, の丘, の中, の事, の大, の女學校, の娘, の婆さん, の寂しい, の實家, の時計, の村, の正月, の白, の百姓家, の豪士, の貧しい, は田舍, へかへり, へは歸ら, へ來, へ嫁, へ引, まはり, も同, らしい閨

1 [355件] からつ, からはじめて, からポツ, から來, から内, から出た, から千葉, から女, から姪, から引, から村, から田舍, から百姓, から着, から私, から自分, から親類, から遠縁, から雇, がいい, がすぐ, がない, が尤も, が持つ, が近い, くさい人間, くさい職人, くさい顏立ち, くさくなつ, さして歸, じみたハイカラ風, じみた傾向, じみた容子, じみた樣子, ずまひ, だけにのんびり, だけに盆, だけに都會人, だつて相當氣, だとて, だの空, だツ, であるが, でいふ, でかうした, でくらす, ですねえ, でせう, での器量好, での話, ではなかつた, ではゐろり, では今, では住吉神社, では何處, では其樣, では夕方, では寒く, では想像, では珍, では種々, では空, では聞かれた, では近所, でも神社, でも秋, でも種紙, で代用教員, で使, で出, で勉強, で北, で妻, で必死, で成長, で暮した, で暮らした, で歌, で泊つたこと, で溜めた, で生れ, で田, で番太郎, で百姓, で百姓相手, で育ちました, で荒く, で語學, で過ごさし, で過した, で郡司, で銀行業, で食ふため, で食べる, といふもの, といふ氣, といへ, とのよい, との對立, とは云, ながら大, なぞで, などに行く, などはまるで, なので, なら仕かねまいと, にあ, において見かけます, にかへつて行つた, にだけ見られる, には, にはそんな, にはぢ, にはとても, にはない, にはロマンチック, には兩親, には女の子, には妻, には尚, には極めて, には殘つて, には稀, には花, にばかり居, にばかり引つ込ん, にまで毒, にもある, にもゐた, にも行つて, にゆけ, にゐたく, にジェミイ・フリール, に似合, に住まつ, に信吾, に去りました, に埋もれさせる, に多い, に妻, に妻子, に就, に居た, に居つ, に居りし, に引つ, に引籠つて, に引込んだ, に惜しい, に戻る, に歸つて, に残っ, に流れ込ん, に病人, に私, に移つて, に育たれた, に行かう, に行きし, に許, に近い, に退, に逃げ出す, に過した, に遺っ, に開業, に靜養, に飯屋, に養, のあん, のお, のおや, のお婆さん, のお祖母さん, のくらし, のごちそう, のさびしさ, のたたず, のだるま屋, のどこ, のみじめ, のもの, のやう, のステーシヨン前, のセヴィニエ夫人, のボス, の一軒家, の人たち, の人生, の人達, の停車場前, の先生, の内儀, の初午, の別, の別墅, の商人, の商家, の土地, の地主, の夏, の夜, の夜更け, の夜路, の大き, の女房, の女房子供たち, の妻, の妻子, の姑, の子供たち, の學校, の家中町, の宿, の寺, の小さな, の小正月, の少年, の山猿, の從妹, の忘, の愛人, の憂鬱, の投書家, の教, の教區, の教師抔, の新居, の景色, の暗い, の月, の村役場, の樣, の正月料理, の武士, の氣, の泥濘路, の洗, の漬物, の爺婆, の物持ち, の町家, の留置場, の盆, の粗野, の素封家, の素朴, の習慣, の老, の老人, の老女, の老婆, の臺所, の興行物, の舊家, の花園, の若者, の草深い, の藪, の藪醫者みたい, の街, の街道, の言葉, の言語, の誰彼, の警察, の讀者, の赤屋根, の遊び事, の道路, の郡長, の郵便箱, の野原, の開業醫づれ, の陋屋, の雜誌, の雪, の青年學校, の靜, の風景, の風流氣, はふん, は信濃, は日本語, は木曾街道, は水, は田植, は美濃, は高い, へと行く, へなんか行きたがらなかつた, へは行かない, へひとり, へひろめた, へもど, へ伴, へ入りこん, へ向, へ引込む, へ引込んだ, へ復, へ歸つて, へ歸つて來, へ歸つて百姓, へ歸つて肥桶, へ歸つて行つた, へ歸ら, へ田舍, へ發, へ行き, へ行け, へ行つて, へ行つて一人, へ資金調達, へ赤ん坊, へ返つ, へ逃げ出し, へ這入ります, まで出, まで出張らせる, めいた白い, めき他, もこの, もその, もの扱, もの田舍もの, も惡徒, も戀, も苦しく, も貧しく, よ, よりも七十哩, より出でし, らしい佗びしい感じ, らしい穩, わたらひを, をこそたのめる, をでも思ひ出し, をば, を廻つて, を手頼り, を曲馬師, を歩い, を窓, を背, を訪ね, 女らしいけばけばしい首飾り, 染みた建物, 染みた所, 染みた髪, 臭い一寸, 臭い蕪雜, 臭い親爺, 臭くせせこましく出, 臭くて

▼ 田~ (364, 6.6%)

7 耕して 6 作って 5 借りて 4 持って 3 作らせて, 作るの, 作れと, 打って, 隔てて

2 [25件] あてがった, お作りなさい, お作りに, つくること, みめぐりの, 作つたらあなた, 作つて居る, 子の, 寄進し, 廻って, 控えて, 植ゑそめていよよすがしさ, 眺めて, 続けて, 耕したり, 耕しつつ, 耕す農民, 荒して, 見に, 見廻ってでも, 踏んで, 鋤く人, 鋤く馬, 開墾し, 隔て

1 [277件] あがって, あまして, あれや, いつしか右手, うけて, うなう, うんぬんする, お鉢田と, かえす, かこんで, かさね畝, こえて, こくふ, ことごとく公田, こねかへ, こねて, こねま, して, その蛙, たがやして, つくったこと, つくつて, つくるに, つぶして, どうする, どうにか当り前, のぼりきりて, はしりぬけて, はむ烏, まちがえられぬよう, まへに, むつり, むやみに, めぐり来て, もった農家, もって, もつて, よこぎって, わたり, エタの, 一人で, 一切烏山に, 一方に, 三廻りの, 三穂田と, 下る, 九州迄, 二十頃買っ, 二百畝も, 五反八反ずつ, 何町歩持っ, 作っても, 作つて, 作つておられた, 作つて居られます, 作らしたり, 作らして, 作らず水, 作らせ放牧, 作りけれ, 作りながら, 作りれんげ草, 作り作物, 作り春耕, 作り畑, 作り鍬, 作るため, 作ると, 作るにも, 作るは, 作る予定地, 作る仕事, 作る働き手, 作る家, 作れか, 作れこれ, 作れって, 作れという, 作れば, 作れ入らぬ詩, 作ろうかと, 作ろうと, 保護し, 借る, 働いて, 元の, 入れるとて, 全部刈り上げた, 八段ばかりと, 公田と, 共同で, 兼併し, 処刑し, 処刑する, 出発する, 刈る人, 劃りたる, 区別する, 十俵に, 十町作れる見, 取上げると, 受ける事, 受ける仲間, 口分田以外に, 呉れるやう, 営みたまわぬため, 営み牛, 営む, 営りけれ, 営る, 囃して, 囲む群落, 埋めて, 埋め山, 埋め畑, 増給せし, 売って, 売つて了つた, 売り払, 夜は, 守り冬, 実らすと, 害する鼠, 寺から, 小作する, 小作人によって, 少しばかり, 少し早め, 巡りもらい集めて, 師泰は, 引き立てる様, 引っ立てて, 御次男, 念入れ, 怪しむ様, 憎んで, 手放さねば, 打ちか, 打ち返す事, 打ったか, 打つこと, 打孀, 抵当に, 持たせて, 持ち私兵, 持ち馬, 持ってるさ, 持つある, 持つ家, 指して, 捉まえ, 捜して, 掻かせて, 斉藤に, 旦暮に, 暴らす, 書くの, 栽え, 植うる, 植えおわって, 植えたさ, 植えたり, 植えつつ, 植えて, 植えなければ, 植えるか, 植え残すこと, 植ゑてみる, 植ゑて居る, 植ゑる五月処女を, 植ゑる孫も, 植ゑる習慣にな, 植ゑ竝めぬ, 植附け, 植附ける, 横ぎりまた, 残し, 殖やし沼, 殺害した, 河の, 浸すので, 渡つて來る, 渡つて其塊の, 渡る夜, 焼く時, 犁く, 班けられる, 用意し, 発見し, 百姓が, 目の, 眺め, 眺め茅屋, 私せず, 竪に, 管理した, 紹介し, 給うの, 給うのみ, 給う場合, 給し, 給せられる, 給せられるという, 給わったもの, 編むか, 缺壞し, 耕さず一枝, 耕させた, 耕しながら, 耕しに, 耕し人, 耕し婢, 耕し撫民, 耕し町, 耕し畔, 耕し自己, 耕し苗, 耕し馬鹿, 耕すが, 耕すとか, 耕すにも, 耕すべしと, 耕す人, 耕す多数, 耕す決断, 耕す農夫, 耕へ, 耕や, 耕作し, 耕作する, 荒した為, 荒すと, 荒す悪, 荒らして, 荒らし百姓, 荒らすを, 蓄めこん, 行く時, 表は, 見せて, 見て, 見ても, 見まわり, 見る, 見廻して, 見廻って, 見廻りに, 見渡すと, 見渡す部屋, 設けること, 評して, 誉めまたは, 誰が, 譲った, 買うたって, 買うて, 買った時, 買って, 質に, 起して, 越したところ, 踏みにじられた隣りの, 連れて, 鋤いて, 鋤きて, 鋤き下げ呼吸, 鋤き返して, 鋤く, 鋤く所作, 鋤けるらし, 開いて, 開き添えようと, 開き耕作, 開拓せよ, 隔てたあちら, 雁がね, 風が

▼ 田~ (282, 5.1%)

17 水を 5 出て 4 おりたつたと, 働いて, 立ち暮す日 3 して, 入らざる之, 水は, 添うて

2 [26件] うつら啼き出る蟇, おりて, しじに, しめりつつ, しを, なって, なにか蛙, はけざむき影, ひたりつつ, ゐる, ゐる鳥, 入れて, 吹きか, 引く早苗, 映るかげ, 映る曇, 月の, 沁みつつ, 澄みつつ, 畠に, 百姓の, 礼を, 立ち疲, 薄氷ただよ, 行って, 踏み込んで

1 [184件] あずからざる雑戸, あって, あまり入り過ぎた, あるうち, ある百姓たち, ある稲穂, いちゃ, いる者, おりたったと, おり居, かかる水, さしかかる意味, しが, しのび入って, すかれて, すること, そう言っ, それだけの, ついて, つづく水田, つづく濱松原, とよみつつ, どじょうが, なったこの, なったのに, なった頃, なつた, なり棉, なり見事, なるという, はいりました, はやく落, ひろげ干す稲, ぽつ, まいて, まかぬに, むかえて, 一草の, 下りたまうと, 下りて, 不満の, 与る事, 乾し束, 付随し, 住んで, 使うという, 使ふ, 修繕を, 借りられないよう, 入らず, 入らず農業, 入らない余戸, 入る, 入るとて, 入るの, 入る場合, 入る水, 兵と, 其の心, 出づる笄町, 力を, 又は牧場, 叩ッこん, 向い, 向って, 啼く蛙, 囲まれた十四五軒一叢, 在りまたあるいは, 埃掃き出す, 埋めた, 埋め立てられて, 夕立の, 害ある, 害虫の, 少女子据ゑて刈る, 居ても, 居る夫婦者, 居る鳥, 差して, 帰れば, 年貢あ, 引かる, 引き牛, 引くと, 引く水, 引板の, 彼が, 往々低い, 往き返りの, 往返り, 怠りの, 手を, 打ち渡した丸木橋, 挿す処, 新麥藁, 新麦藁, 旧い餅, 春の, 晩稲の, 来て, 棲むもの, 植えて, 植ゑた時其一株を, 比べると, 水が, 水入れその, 水引き, 水引き水引き申し出づれば痩せ, 流れ込むよう, 淀む脂, 添うた桑畑, 湧いたの, 満ちて, 溺れず, 滿, 滿ち, 滿つるまでは, 澤山見え, 煽起, 牛を, 牛暴れ, 瓢一本生じ, 用ゐるらしい, 田螺を, 白鷺あり, 磔す, 移るそれ, 稲が, 稲の, 稲植え, 稲虫が, 稻の, 立ち労, 立ち暮した, 立つ人, 立てる事, 米蒔き, 縁談を, 聚つて稻の, 肥料を, 臨んで, 至つて帝耕し, 至り伊勢, 草むらに, 菅笠が, 落したの, 落ちて, 落穗を, 葉を, 著き大雨, 蒔かれて, 蓮華草が, 虫が, 蝗が, 蠢めい, 血液を, 行っても, 見破られる様, 訊いても, 誇らせて, 踏み込んでは, 近く家に, 逗ってる, 這い, 逢い彼, 連なって, 鈴木, 鍬を, 開いて, 関した物忌み, 関係が, 関係の, 降らすあぜ, 降りたまう日, 降りて, 降りてか, 隠れて, 雁の, 雨よぶ, 霞わたれり, 飛ぶ白鷺, 鳥網張り待ちこの, 鳴く蛙, 鶏あそぶ

▼ 田博士~ (276, 5.0%)

11 と新田先生 7 の秘密室 5 のこと 4 の天文台, はその 3 がこの, の放送, の方, の発明, は, は新田先生, や新田先生

2 [16件] がたいへん, であった, という人, のため, のところ, の予言, の処, の言葉, はこの, はそれ, はたいへん, は千二, は大江山課長, は望遠鏡, は白い, は課長

1 [192件] ありがとうありがとう, いろいろお, から, からあべこべ, からその, から名誉教授, があまり, がいい, がいつ, がいつか, がいる, がうらやましく, がかえって, がさらっ, がしんみり, がその後, がたずねた, がとうとい, がどうやら, がなに, がひどく, がふと, がぶつけ, がやがてかえって, がリーズ卿, がロロ公爵, が世界中, が人類, が先生, が入れられ, が厳重, が去年, が叫んだ, が呼ぶ, が変, が姿, が宇宙, が帰っ, が御, が来た, が火星, が火星人, が火星兵団, が発明, が眉, が研究, が考えついた, が臭い, が警視庁, が躍り上っ, が間もなく, が顔, ぐらいのもの, こそ人間, ご恩, そのあたり, だった, だったの, だったん, であろう, でいらっしゃいます, でございます, でないと, でも地球人類, というの, と会った, などもきっと, なん, にきく, にこの, にすれちがった, にとってもモロー彗星, にはもうはっきり, にめぐりあう, に会い, に助け, に尋ねた, に息, のうしろ, のからだ, のき, のこえ, のすすめ, のその後, のよう, の不思議, の予想, の作戦, の地下室, の地下研究室, の声, の大, の大空艇, の天文研究所, の建物, の心, の恐るべき, の手, の手なみ, の手当, の操縦, の机, の様子, の無礼, の用意, の留守, の発明品, の研究所跡, の秘密, の考案, の自信, の自慢, の行方, の言われる, の話, の語り続ける, の講演放送, の門下, の顔, はいつ, はいつの間にか, はいばっ, はうまうまと, はえらい, はおかしい, はおそれ, はくらがり, はここちよ, はしみじみ, はしんぱい, はすぐ, はずけずけ, はそう, はそこ, はそこでまた, はそんな, はたった, はだまっ, はどう, はどういう, ははっきり, はぶっきらぼう, はみずから, はやさしく, はやはり, はマイク, はモロー彗星, は丸木艇, は二人, は信じきっ, は前, は口, は向こう, は喜ぶ, は変, は大, は大きく, は奥, は平然と, は座席, は後, は手, は拳, は放送, は死んだ, は深い, は火星, は火星人, は火星兵団員, は白髪頭, は目盛盤, は眉, は眠れる, は自分, は言い, は言う, は言った, は記録紙, は部屋, は首, ほど火星, もこの, も新田先生, よどうか, をするどく, をどう, をなだめすかし, を中, を探す, を病院, を見ませんでした, 困りますなあ

▼ 田~ (231, 4.2%)

5 腰折れ田と

2 [14件] いまださ, ずんずん潰れ, ねえ, 今年は, 岡に, 或時, 枯れて, 植ゑてうつりよろしき秦皮の, 此の, 皆に, 立つて, 紫雲英の, 荒され百姓, 黄金海と

1 [198件] あたり前の, あっても, あるし, あんな奴, いい方, いつもきらりと, うっちゃって, お紺, ここだろう, この時, この頃変, これ, これを, すぐ座敷, すなわちの, すべて極めて, その中, その昔, その間を, その頃, それぞれの, それを, そんなに悪い, ただ大丈夫, だまったまま, ちっとも水, ちょっとの, つき合いの, どうにかこれ, どの点, なお真面目, なけれども, なじって, ふみ荒すな, ぷりっと膨れ, へんに, ますます落着, まだ刈り上らない, もうみんな沼, もう庭しめ, もう黄ばん, やがて畑, やっと六十町歩, よく打っ, わしらが, わたくしの, アノ傷の, カワタでなく, チェリーの, ポケットから, 一も, 一向そこ, 一夜の, 一枚も, 一面の, 上々の, 上手は, 上潮寒き, 両方とも, 並んで, 中腰に, 之を, 乾き乾かぬ稲茎, 乾き乾かぬ稻莖, 乾き畠, 二十八両と, 云ひ返した, 今や, 今年だけ, 今後の, 今日何時頃に, 何と, 例の, 俄に, 健三から, 健三の, 僅に, 六月の, 其の指環, 其前に, 其所に, 力を, 勿論この, 十分に, 十町である, 千八百七十石以上この, 半ばうつむい, 卓子の, 又茶かし顔, 又茶かす, 収穫時です, 叔父に, 四十町である, 地主へ, 声に, 声を, 変梃な, 夢でも, 夢中の, 大そうよく, 夫に, 好年イ, 妻恋一の, 子供が, 子福者で, 実の, 家の, 寺院の, 小使い, 小黒部の, 少しである, 尽く人家, 尽く墓, 山葵おろし, 帰つて行つた, 干ワレ, 平気な, 当惑げに, 従五位以上においては, 得意らしく見えた, 悪事でも, 惨めに, 懐から, 懸命に, 我が木戸, 或いは, 手拭にて, 抱鞄の, 敗れました, 早や, 明治十四年に, 春蠶が, 曾祖父和泉と, 朝早く, 枯れた, 案内する, 椅子の, 植つけの, 植ゑずじまひになりぬ, 欣々として, 歸つて行つた, 段あたり何斗米が, 水照凹む, 決して減らす, 泥湖と, 渡りに, 瀬田の, 灌漑の, 無限に, 爾とは, 猶太, 獄死堀江は, 現に色づき, 田中と, 白っぽい早稲, 皆な, 盤に, 直帽子, 直後な, 真ツ赤, 真中が, 眼を, 稲ぐき黒き, 稲の, 稲を, 稻ぐき黒き, 立上って, 笑いながら, 笑壷に, 細い堤, 終戦前朝鮮で, 経験が, 自分を, 良平爺さんの, 苦笑に, 草を, 荒廃し, 螺旋にでも, 西側を, 覗いて, 誇り裂けるほどに, 赤く枯れ, 身体に, 連れ立って, 進んで, 都会近くの, 醸造高を, 鋤きて, 雪が, 霧を, 青ぐろい顔を, 顔を, 顔色の, 首を, 黄色から, 黄褐色の, 黒, 黒いが

▼ 田~ (141, 2.6%)

4 ある 2 ただ明う, つづいて, 一面に, 帰って, 整然と作られ, 涸れ, 涸れた, 突然大きい, 青々し

1 [119件] あきるまで, あった, あったり, あつて, あの草津節, あり畑, あり蝗, あるから, あるの, ある流, あれば, いかなる方法, いった, かれる, すきかえされ初, すき返され塀, すんだ, すんでから, その男, それを, そろ, どくどくと, ないから, なく金儲け, なけりゃあ, よいと, ネクタイを, 一日一日氣むづかしくなつて行く, 一枚減り, 一面の, 三段餘り, 不在地主とか, 二段歩ある, 云いました私, 代って, 代表者として, 何かとお母さん, 何十枚という, 作られないから, 倫敦から, 充分顔を, 凡て植ゑ畢つた時には, 出て, 出来て, 出来てから, 出来る, 刈田で, 千町畑が, 反逆した, 問題の, 在る畑, 坐って, 埋められて, 大阪へ, 始まる白山, 実際に, 封戸と, 少いです, 少しばかり, 尽きて, 展がっ, 山の, 島田に, 巧みに, 幾層にも, 幾町山が, 広いと, 廣い, 形つてある, 恋し, 押えて, 挨拶した, 数十頃ある, 時として理, 暗示する, 暫く水, 最初に, 月々貰う, 来て, 枯りや, 枯れる, 植えられなくて, 植ゑられない, 死んで, 水下に, 水晶宮に, 法制上みな穢多の, 海なら, 湖な, 溝染めに, 滅茶滅茶に, 田に, 白木から, 百分の二十の, 百頃御殿の, 皮細工人の, 相変らず, 續いた, 脱ぎ捨てたらしい一足, 自分たちと, 落ち込んで, 見えその間, 見えて, 見出したので, 見物PCL大谷が, 親爺が, 詩では, 谷という, 谷村を, 谷近くで, 貪欲に, 連つて居る, 連り, 連る, 遠く傾い, 重つて, 関係せぬ, 闊, 青く朝風

▼ 田~ (133, 2.4%)

13 の狐 1265 の中, へ 4 の道, の鳥追, も 3 の上, の白鷺 2 が盡, で田螺, に古狐, のあいだ, は, へ出た, も霜枯れ, を越え

1 [58件] から, からあ, からは蛙, から棒小屋沢, がなく, そこらここら, でとぼし, でばつ, で提灯, で食物, となる, にある, になる, にも悪い, に出, に出る, に参っ, に向い, に沿うた, のあたり, のむこう, の仕事, の何, の先, の処畦道, の向, の土, の大金, の太夫, の平野, の彼方, の方, の早稲田茗荷畑, の榛の木, の泥土, の田, の田螺, の田螺ア, の真中, の釣道, の間, へで, へ出, へ出たら, へ出口, も凪ぎる, や葦, をよ切つて相当, を往復, を渡っ, を見, を越える, を越し, を過ぎ, を遥か, を離れ, ヘ, 見てたりや

▼ 田~ (121, 2.2%)

34 畑も 5 畠も 2 あるが, いらぬ, すっかり見, また競, 同じに, 圃も, 家も, 遙かの

1 [66件] あった, あつて, あの青六, ある蜜柑, うしろに, かくれぬ畑, きれいに, これが, すっかり売り払った, その要求, たくさんある, とおって, とめて, ないから, ないところ, ない池, なければ, もうたいてい収穫, やがて自分, ゐた, 一斉に, 不作で, 二百円は, 作らねば, 兄も, 其の水, 出来る, 剛いが大, 含まれまた, 固定し, 売らう畑, 多くは, 姉も, 将棋盤を, 山も, 抵当に, 昨日一本の, 林も, 森も, 植えさす麦, 植えねば, 残さずそれ, 殖えたのう, 水が, 水底に, 海も, 深深と雪, 無責任の, 熱心に, 生温い水満々, 生産も, 町の, 畦も, 立ちあがる気色, 色には, 蒔かねば, 見えた, 見ゆ早, 詩では, 返されては, 造り山林, 造り時には, 遣らう畦, 飢えて, 飢ゑてゐる者の, 黙って

▼ 田~ (107, 1.9%)

3 が既に, の家 2 が心臓麻痺, であった, のところ, の合図, は僕

1 [91件] か, から使い, から平戸, が, がきょう, が僕, が手帛, が此, が死ん, が汲ん, が行っ, が迎い, が離合集散, くらいのお, でさえ, で姜姓, という旧家, との争, とも一緒, と共にどちら, と沈黙勝ち, にさえ教える, になつて, に云った, に交渉, に代っ, に向け, に対して或, に易つた, に毒, に比べ, に玄関, のお蔭, のこと, の一族中, の代, の先祖, の妻, の家内大騒ぎ, の寂しい, の密書, の度島, の意見, の手許, の日頃, の書面, の祖, の筆蹟, の邸, の部屋, の領, の頭部, の鶏舎, の齊, は, はおとなしく, はなるたけ, はほほ笑み乍ら, はまた, は一昨日此, は三隅, は大方, は夫, は夫人, は少し, は幸い, は心臓麻痺, は恥, は控え目乍ら, は歯, は殺害, は決して, は玄関, は生月島, は田氏, は自分, は語った, は飛び附く, は魏, は齊, ひとり在る, も同じ, も甚, も覚悟, やその, をお, をはじめ, をよびつけ, を撃った, を用い, を訪ね

▼ 田~ (98, 1.8%)

5 田の 4 言うて 3 畑と 2 いつて, 云ふ, 呼ばれたもの, 家屋敷が, 櫟林と, 畑としか, 畠とが, 畠との, 畠を, 鬼怒川との

1 [66件] あったの, いうが, いうて, いうと, うちの, お米, したの, つづく眞ツ黒, なったが, なりたれど, なりて, なりに, なり村, なり畠, なれり, ほとんど口, よばれ町, 云う田, 云ふも, 人に, 低い林, 何かの, 兄が, 兄との, 兄の, 兄は, 同じよう, 呼ぶ水田, 地名を, 変りなかなか, 孫徳謙の, 定め今, 対応させられ, 封戸との, 将棋を, 小川の, 廐との, 戸とは, 改めた相, 斎場と, 書いたあんどん, 杉山とが, 牛を, 田との, 田を, 田地の, 申し農民, 畑が, 畑の, 畠に, 畠は, 秀子とが, 私の, 算所との, 芦原英了位しか, 茂吉は, 荒れた畠, 菜畑との, 言うところ, 言はず川と, 言ふ, 詩では, 読書, 進んで, 飯場との, 鳴きめぐるらし

▼ 田~ (95, 1.7%)

16 畑の 7 畑が, 畑や 6 畑に, 畑を 4 畑は, 畑へ, 畠に 3 畑で 2 いまだ鋤かね, 圃に, 圃の, 春の

1 [30件] お米, その兄弟ドン・ジョアン一部, 丘に, 圃で, 圃でも, 圃は, 売店や, 寺本の, 山で, 林や, 池では, 池の, 海河の, 畑であった, 畑での, 畑には, 畑も, 畑地が, 畑道を, 畠で, 畠には, 畠の, 畠は, 畠も, 畠を, 発田の, 私兵を, 草原と, 草原を, 野や

▼ 田から~ (66, 1.2%)

4 です, 迎えて 3 田へ 2 あがって, 出て, 流れて, 田へと

1 [47件] あがること, きっぱり断られた, そういっ, ひとりで, まだこの, やや南寄り, 一穂ふた, 一面に, 上がって, 上った稲, 上った足, 上って, 上つて山の神と, 取れた米, 堀の, 多少の, 多那川へ, 山に, 川へ, 川へか, 引揚げたまう, 戻つて, 戻つて來, 抜けて, 提げて, 教は, 林から, 次の, 歸つた, 気持の, 水を, 漸次に, 火を, 田に, 田植歌が, 田舟を, 画工さんが, 畑から, 瞰下ろした, 穂を, 聞えて, 融通し, 道へ, 音を, 餓鬼谷や, 餓鬼谷其上流に, 驚きの

▼ 田~ (66, 1.2%)

9 水を 7 出て 2 おりた, 出かけて

1 [46件] おりて, 一足二足ふん, 下りて, 下りるなり, 両足を, 仕事に, 偃ひ, 児を, 入りかける, 入ると, 入るや, 出して, 出た後, 出る竹藪, 夜に, 引いて, 忙しく水, 持ち込んだ後, 来ましたの, 水が, 水引く, 水引く阿, 流れて, 着いた, 石油な, 移つて歩く, 落ちること, 落ちると, 落ちる水, 行くだけ, 行くには, 行く子ら, 行って, 行つた時坐る, 被るそれら, 請取候様に, 走つた, 走り水, 踏み込むの, 踏ん込んでは, 身上を, 轉げ濡鼠の, 這入つて, 長々と, 馳くる, 鶴鳴き渡る

▼ 田ヶ谷~ (63, 1.1%)

3 のボロ, の家, の方 2 の奥, の本場, は欅竝木, を通る

1 [46件] かけて, からかり, から通う, だかの, ですから, で小学校, といふ處, と書い, にいた, にいる, にて, にはない, に出, に往き, に隠居, のある, のごみごみ, のぼろ市, の三宿, の上宿下宿, の下北沢, の五八番, の人, の八幡樣, の北沢村, の吉良氏朝, の廃屋, の町中, の町役場, の砲兵聯隊, の老人, の聯隊, の自動車大隊, の豪徳寺, の陸軍病院, の隠宅, はお, へお出かけ, へかえりました, へきい, へこしました, へゆきました, へ行かなけれ, または小金井, を過ぎ, 故滅多

▼ 田舍者~ (63, 1.1%)

2 だ, ですから, の私

1 [57件] が多勢, が小田原, が書い, が芝居, が西洋人, さ, じみてを, だから, だと, だとは, だよ, で, である彼, ですが, ではある, でもまだ, でも惡, とした, と君, と言, なので, な事, にでも多量, にとつ, になつ, にはわかりません, には困る, には決つて, に似合, のぽ, のやう, の中, の夫婦, の女, の小娘, の懷ろ, の無, の狩屋さん, の産んだらしく, の目, はどこ, は殺され, まる出し, よりや東京生まれ, らしいのに, らしい娘, らしい弟, らしい服裝, らしい頑固さ, らしくその, らしくは, らしく丁寧, をいい, を何處, を闇, を馬鹿, 多きも

▼ 田さん~ (62, 1.1%)

3 はお 2 に宿直, の方

1 [55件] かなうむ, からも大層, から借りなくっ, から来た, がとても, が呼び, が話, って立て, て, でございますか, でした, です, です高輪田さん, でも書いた, というお, というの, という名前, とやらに見究め, と三人, と云います, と仰有る, と同行, などは私, に, にうまく, にでもお願い, に伺います, に御, のお, のところ, の夫人始め三谷十糸子, の奧さん, の家, の御, の犬, の話, の門下, は, はなかなか, はホント, は今年限り株式, は何故, は年, は明朗, は此, は登美子たち, は輪田, は近頃どう, は非常, もまだ, も後悔, も根西夫人, も閉口, や夫人, より私

▼ 田夏子~ (54, 1.0%)

8 だと 3 と云う, の墓 2 では

1 [38件] が何, が牢死, が第, が裁判, だという, だとは, です, ですが, でも, で有ると, で有るのに, とは縦し多少, とは誰, ならば, にはお, に悉く, に相違, に違い, の事, の件, の儘, の容貌, の様, の死刑, の清浄潔白, の真, の罪, の罪案, の顔形, は大層, は殺人, は無実, は牢死, へ一切, へ掛け, を熱心, 之墓, 実は春子

▼ 田医師~ (46, 0.8%)

3 のところ 2 だったの, のこと, の家, は不機嫌

1 [35件] から聞きだした, があらわれた, がこの, がどんな, が洋服, が直ぐ, が金, が魔薬, だったけれど, というの, には違い, に声, に掴, に訊ね, のもと, のらしい, の大変, の態度, の手, の欄, の玄関, の眼, の話, の顔, はあの, はかね, は今, は忽ち, は次第に, は盗みとった, は立った, は脚立, は鍵, は顔, をよん

▼ 田には~ (45, 0.8%)

4 水が, 蛙の 2 もう掛稻, 稲虫の, 鶴が

1 [31件] あまり実, あんなに米, いま声あ, げんげが, たくさんの, つめたい水, ひり, また足穂, よく稲, ゑぐが, 人影が, 史微, 大な, 大根の, 柳を, 水も, 浜荻が, 狭霧の, 狹霧の, 田植ゑ笠が, 稲の, 稻の, 肥料用の, 萱し靡け, 蛙が, 蛙ころろぐ聴けよ聴けよ, 降つてる内, 頬かむりを, 高い土手, 高低が, 黄金の

▼ 田~ (40, 0.7%)

2 の諫め

1 [38件] が, が主君, が儂, とは日頃, とは犬猿, と仲, と共に軍部, と駒, などという忠良, には主君, の先見, の好意, の死, の眼, は, はお, はおどろい, はつねに, はなお, は剛毅, は学者, は官渡, は直感, は自若, は足ずり, は防ぐ, は顔, は黙っ, もそれ, もなぐさめかね, や沮授, をまね, を呼びつけ, を憎悪, を斬ろう, を血祭り, を訪れ, 死すと

▼ 田~ (35, 0.6%)

2 の上, の中, を越し

1 [29件] があたかも, でいそがしく, ではどう, にかかっ, になっ, になつ, になります, には海苔乾架, に巣, に帰耕, に思いあっ, に狐火, に近い, のよう, の向う, の土手上, の葦簾張, の西, の鰌, の鼠, へでも行つて, へ出, へ抜け, まで一息, や少し, をてくてく, を左, を越す, 添いの

▼ 田先生~ (27, 0.5%)

2 がお, の家

1 [23件] から借り, がそれ, が現, が興奮, でその, とは同, と登美子, に何處, に見せ, に見つかる, の宿, の御, の復つたあと, の持ちこん, の李白, の話, は, はむき, は主, は小, は時々, は登美子, は迎え

▼ 田甫道~ (24, 0.4%)

1 [24件] あるいて, などを鳥, なんかに寝, にし, に出る, に外, に添つて一里近く, に達し, をすたすた, をちらちら, を三人, を大急ぎ, を寄切つて丘, を小川, を帰る, を引きあげ, を歩い, を河童, を煉つて, を突き詰め, を行き尽し, を走つ, を辿り, を駆けた

▼ 田~ (21, 0.4%)

5 紺の 3 照の

1 [13件] さ, 夏が, 夏と, 夏という, 夏とて, 夏とは, 夏の, 夏を, 照さんという, 照だった, 紺です, 紺と, 紺婆が

▼ 田舍娘~ (19, 0.3%)

2 をば何

1 [17件] からの贈物, から自分, がほこり, が十八, で種吉, とあ, として商家, にだ, には見た, に呈上, のごとき, の一群, の多く, の方, よここ, らしい容姿, を驚かし

▼ 田~ (19, 0.3%)

1 [19件] かな, がさ迷う, が岸, が錨繩, で往来, と呼応, などという大小, にいたる, に乗っ, のよう, の朽ちた, はお, を借り, を出させ, を出し, を指, を曳い, を漕ぎ出し, を漕ぎ近づけ

▼ 田~ (18, 0.3%)

1 [18件] あつた, これから百姓, これは, 作った米, 働いたという, 働いて, 刑の, 取り入れたもの, 啼いて, 啼く, 塩詰に, 片づける風, 稲が, 稲を, 蛭藻など, 赤蛙を, 軍鶏の, 遠く神田上水源

▼ 田舍町~ (18, 0.3%)

1 [18件] だつた, だと, でしょんぼり, でなかつたこと, で播州皿屋敷, で藝妓屋, にいる, には家並, に入る, のやう, の中, の人, の商人宿, の婦人, の宿屋, は油繪, めいた道幅, を靜

▼ 田~ (16, 0.3%)

1 [16件] から引かれた, に居た, に居る, に戻っ, に於い, に集まる, の塀, の屋根, へ入った, へ引き戻さね, へ引返した, へ検察係官, へ行った, へ足, を出かけ, を訪ねた

▼ 田~ (15, 0.3%)

8 の月 1 では丁度, に宿る, に置い, の三日月, の影, へ頼ん, を窓

▼ 田礼二~ (15, 0.3%)

1 [15件] が会った, とあり, という名, という記者, と伸子, にきいた, に会えたら, に会った, のはなし, の眼, の風采, はそれ, はジェネ, や中館公一郎, や映画監督

▼ 田にも~ (14, 0.3%)

4 畑にも 2 蛙の 1 与ったでありましょうが, 入らず役所, 圃にも, 川にも, 満々と, 稀れでなかった, 若い男, 麦を

▼ 田~ (14, 0.3%)

3 の間

1 [11件] がいなかったら, ことごとく治まり, という者, と山林, にまかせ, の中, の功, の眺望, はどうしても, へ來, を望め

▼ 田でも~ (13, 0.2%)

4 畑でも 2 打って 1 よけいに, 佐田んげでも, 何でも, 植えっか, 殖やし子, 油斷なんねえ, 肥料を

▼ 田毎大尉~ (13, 0.2%)

1 [13件] がいぶかる, と戸川中尉, と旧友戸川中尉, に敬礼, は, はついに, ははじめて, は啣, は困りきった, は戸川中尉, は本当, は障害者, や戸川中尉

▼ 田舍人~ (12, 0.2%)

1 [12件] が新しく, が肥沃, と同じく, には如何なる, の見つけた, の見る, の間, はその, ばかりが力, もそれ, らしいまた, をとら

▼ 田舍道~ (12, 0.2%)

1 [12件] なら霜柱, にはい, の若し, はい, を二時間足らず, を大, を意味, を歩いた, を歩み, を自, を行く, を車

▼ 田~ (12, 0.2%)

3 とる 1 とるかなかな, とるしたし, とる一人, とる大きな, とる汗, をとり, を取り, を抜い, を採る

▼ 田~ (12, 0.2%)

1 [12件] だから, とをそっくり, の一半, の何十分の一, の地券, の多く, の証書, の面積, はおまえ, はこれ, を多年, を横

▼ 田では~ (11, 0.2%)

4 ない 1 あるが, どういう神, 乙女達が, 去年の, 早稲は, 蛙が, 買手が

▼ 田といふ~ (11, 0.2%)

5 田には 1 一種族新に, 信徒と, 先生が, 名の, 名も, 片田舎に

▼ 田~ (11, 0.2%)

2 みるやう 1 がいかに, が喰, だ, で言, と合せ, の味噌, みるやう裏, をつくる, を添

▼ 田武平~ (11, 0.2%)

1 [11件] あの男, が捕縛, とね然, と由蔵, なる青年, にとっては究竟, の取調べ, の華奢, の身柄, は怖, は美事

▼ 田~ (11, 0.2%)

3 めがけて 1 からどっち, がガス砲弾, が砲弾, におそいかかった, のまわり, の一騎打, は遮蔽網, をつつんだ

▼ 田ンボ~ (10, 0.2%)

5 のマンナカ 3 の中 1 のまんなか, の六区

▼ 田庄平~ (10, 0.2%)

1 が法定相続人, だけはヒド, です, で美保子, という青年紳士, のよう, の眼, の身体, の顔, もそれ

▼ 田舍もの~ (10, 0.2%)

2 もあらざりき 1 だ, だと, と笑, なら田舍もの, にし, になれる, の温か, の癖

▼ 田舍言葉~ (10, 0.2%)

1 が引き立つまい, でやつ, で密, で掛合, で瀬川さん, と言, と言つて, などはかぶつ, のこと, を懷

▼ 田舍風~ (10, 0.2%)

1 な婦人, な小, な挨拶, な臺所, のアンコ, の丸髷, の大きな, の女, の廣, の饗應

▼ 田という~ (9, 0.2%)

2 人が 1 ところの, のは, ものも, 名で, 田畑という, 男と, 金満家の

▼ 田畝道~ (9, 0.2%)

1 で自殺, にあらわれ出した, には草, に古い, へ, へかかっ, を向, を抜けました, を歩い

▼ 田舍縞~ (9, 0.2%)

2 の着物, の袷 1 が小さく, でこれ, でそれ, と色, に著

▼ 田~ (9, 0.2%)

2 が一匹 1 うづら, か, が恣, が沢山, の形, の撲滅策, を食う

▼ 田~ (8, 0.1%)

3 によれ 1 には, には位田, のうち, の職田営種, 第一条

▼ 田巡査~ (8, 0.1%)

1 が最前署長, はいくら, はこうして, はその, はまだ, はもう, はポケット, は予想通り年度代り

▼ 田帯刀~ (8, 0.1%)

1 どのお召, などの勇姿, などの腹心たち, などは光秀, なの, のことば, は数騎, は本能的

▼ 田~ (8, 0.1%)

1 がいかにも, がこんな小さな, と称, に臨ん, に鯉, の中, の有, の鯉

▼ 田づら~ (7, 0.1%)

2 の風吹, はをり, を消 1 に疲れ

▼ 田舍家~ (7, 0.1%)

1 で飾る, に住まつ, に入り, の臺所, ばかりだつた, らしくて, らしく雜然

▼ 田~ (7, 0.1%)

2 の舳 1 が浮い, などといふ大小, の中, を大きく, を漕ぐ

▼ 田~ (7, 0.1%)

1 があり, が禹貢, とは全く, に關, の比較異同, の記事丈, を貢

▼ 田~ (6, 0.1%)

1 へす裾輪, 早や, 畑か, 畑に, 畠か, 畠を

▼ 田だの~ (6, 0.1%)

1 原だ, 姉だ, 彼の, 未だ刈取らない, 桑畑だ, 森だ

▼ 田やら~ (6, 0.1%)

3 圃やら 1 いろいろ金え, 小町の, 行くに

▼ 田~ (6, 0.1%)

4 之介 1 がひよくひよく, 之介氏

▼ 田博士邸~ (6, 0.1%)

1 にはいりこんだ, の下, の地下室, の生垣, の秘密室, へ直行

▼ 田収授~ (6, 0.1%)

5 の法 1 の制

▼ 田彈右衞門~ (6, 0.1%)

1 が癈人, といふ人, には娘, に代, は五十六七, は恐ろしく

▼ 田~ (6, 0.1%)

1 と家門, と豊田郡, や諸所, や財物, を押収, 残るところ

▼ 田病院~ (6, 0.1%)

1 から千代, にかけこんだ, にも警官, へみまい, へもみまい, へ運び去った

▼ 田舍出~ (6, 0.1%)

1 には正直, の女學生, の婦人, の學生, の常, の若い

▼ 田舍廻り~ (6, 0.1%)

1 から江戸, では良い, でも二枚目, の役者, の撃劍遣, をさんざん

▼ 田~ (6, 0.1%)

2 へ行つて, を残し 1 へ行っ, を持つ

▼ 田~ (6, 0.1%)

2 のあひる 1 ではあひる, で池, の一人娘, の女中

▼ 田~ (5, 0.1%)

1 かもわかちかねる, か畦, のが, よ, よ善心

▼ 田より~ (5, 0.1%)

1 まかなかった文次郎, 他に, 私し, 賦を, 長町

▼ 田ン圃~ (5, 0.1%)

1 でかわず, と農家, に入っ, へ撒い, へ落ち

▼ 田~ (5, 0.1%)

2 の浦ゆうち 1 の浦, の浦ゆ, の浦大王

▼ 田~ (5, 0.1%)

1 が云, と二人, の倅, の惣領ぢ, は未だ

▼ 田打ち~ (5, 0.1%)

2 をし 1 の詞, を始める, 行事との

▼ 田月堂~ (5, 0.1%)

3 の主人 2 という菓子屋

▼ 田~ (5, 0.1%)

1 かな, のそよぎ, のまたは, や小川, 乏きこと

▼ 田~ (5, 0.1%)

2 の妻 1 が反抗, はこれ, を任那国司

▼ 田舍紳士~ (5, 0.1%)

1 が眼鏡越し, であつ, で彼等, のそれ, の型

▼ 田~ (5, 0.1%)

5 の島

▼ 田蓑橋~ (5, 0.1%)

2 の阪大病院, まで行った 1 の下

▼ 田~ (5, 0.1%)

5 のこゑ

▼ 田鶴見~ (5, 0.1%)

3 の邸内 1 の家, の底

▼ 田あり~ (4, 0.1%)

2 畑あり 1 傷心た, 鶯が

▼ 田~ (4, 0.1%)

4 やげ

▼ 田との~ (4, 0.1%)

2 間に 1 便利を, 間には

▼ 田なども~ (4, 0.1%)

1 たくさん持っ, やっぱり段, 作って, 少しは

▼ 田へと~ (4, 0.1%)

1 さがして, 灑が, 落ちる水, 落る

▼ 田へも~ (4, 0.1%)

1 よう水を, 出ずに, 出て, 畑へも

▼ 田ヶ谷若林~ (4, 0.1%)

2 の生活 1 にて, の舗装道路

▼ 田一町~ (4, 0.1%)

1 すなわち官米二十五石, とは直ちに, に匹敵, を耕す

▼ 田七郎~ (4, 0.1%)

1 じゃない, だと, という者, の家

▼ 田五作~ (4, 0.1%)

1 の剛, の剛情, の買妓, や田舎侍

▼ 田~ (4, 0.1%)

1 うした, が始め, の時, 爾雅

▼ 田児浦~ (4, 0.1%)

1 がある, とする, のよい, を考証

▼ 田博士たち~ (4, 0.1%)

1 にお礼, ののっ, をめがけ, を出むかえ

▼ 田大人~ (4, 0.1%)

1 のいはれ, のいはれしよし, のひめ, の功

▼ 田~ (4, 0.1%)

1 という大, という菓子屋, の主, の菓子

▼ 田~ (4, 0.1%)

2 へお 1 とお, のは日本銀行

▼ 田~ (4, 0.1%)

1 なども用い, のやう, の施行, を附近

▼ 田~ (4, 0.1%)

1 である, でなければ, でよい, を引

▼ 田~ (4, 0.1%)

1 だね, に純, を拂拭, を放った

▼ 田舍女~ (4, 0.1%)

1 が何ん, だが, と結婚, の一人

▼ 田舍暮し~ (4, 0.1%)

2 の時分 1 のせゐか, を餘儀

▼ 田舍暮らし~ (4, 0.1%)

1 などで一夏ぢ, にもうすこし, に恍惚, はどんなに

▼ 田舍芝居~ (4, 0.1%)

2 の一座 1 の韮畑, を見

▼ 田~ (4, 0.1%)

2 ひが 1 の流, ひを

▼ 田~ (4, 0.1%)

1 に水, の守り主, の豊か, を荒す

▼ 田~ (4, 0.1%)

2 へ行つて, を殘

▼ 田からは~ (3, 0.1%)

1 すこししか, 毎年どんどん, 相当な

▼ 田~ (3, 0.1%)

1 へ, へながめり, 入れるな

▼ 田つくり~ (3, 0.1%)

2 男梯立に 1

▼ 田など~ (3, 0.1%)

1 全くどうにも, 呼ぶ地方, 無くなっても

▼ 田ばかり~ (3, 0.1%)

2 だったの 1 買って

▼ 田へは~ (3, 0.1%)

1 ちっとも水, もうそろそろ水, 殆ど出ない

▼ 田まで~ (3, 0.1%)

1 泥海に, 豊田の, 頼み込んだの

▼ 田よりも~ (3, 0.1%)

1 猶一層眼, 猶強く, 食封を

▼ 田をかへ~ (3, 0.1%)

2 すと 1

▼ 田~ (3, 0.1%)

1 作ランナラン, 守ッテ, 獲年経ルママ思エドモ

▼ 田二町~ (3, 0.1%)

1 というごとき, をうく, をのみ給せられる

▼ 田~ (3, 0.1%)

1 であったか, 巡査は, 清が

▼ 田~ (3, 0.1%)

1 と都合三頭政治, まだ眠い, まだ起きてる

▼ 田~ (3, 0.1%)

1 とか書くべき, の事, 普通掘

▼ 田~ (3, 0.1%)

1 をわけ与え, を彼ら, を求めましょう

▼ 田惣兵衛氏~ (3, 0.1%)

1 からはその間, である, の夫人

▼ 田樂刺~ (3, 0.1%)

1 だ, になつたん, になつて

▼ 田毎豆腐~ (3, 0.1%)

1 でも拵えましょう, とは始め, を遣っ

▼ 田毘古~ (3, 0.1%)

1 が, に似た, の神

▼ 田~ (3, 0.1%)

1 で捕え, の中, の鮒

▼ 田甫路~ (3, 0.1%)

1 で田, をあるけり, を歩いた

▼ 田胸喜氏~ (3, 0.1%)

2 なる人物 1 などはこの間

▼ 田~ (3, 0.1%)

1 とはこの, の方, の筈

▼ 田舍婆さん~ (3, 0.1%)

1 とは際立つ, と乘, や一晩泊り

▼ 田舍新聞~ (3, 0.1%)

1 でも維持, のもぐり記者其他, は彼

▼ 田舍藝者~ (3, 0.1%)

1 でも不良少年, にふられた, を相手

▼ 田舍訛り~ (3, 0.1%)

1 とそれ, の可笑し, の高

▼ 田舍路~ (3, 0.1%)

1 へきよら, を乘車十分, を長袖

▼ 田~ (3, 0.1%)

1 が芽ぐん, すつと, のおひたし

▼ 田警部~ (3, 0.1%)

1 からの呼出し, のところ, はちょっと

▼ 田車六~ (3, 0.1%)

1 といっ, のそうした, の実姉

▼ 田農場~ (3, 0.1%)

1 の一噸積シボレー, の専属運転手, の牧場主任

▼ 田~ (3, 0.1%)

1 の事, を有し, を自由

▼ 田~ (3, 0.1%)

1 からはじめて, の妖巫, の白髪部猪麻呂

▼ 田重吉~ (3, 0.1%)

1 がいう, が不審, が引受け

▼ 田あれ~ (2, 0.0%)

2 にあれし

▼ 田~ (2, 0.0%)

1 なひ, ゑ菅笠

▼ 田うごき~ (2, 0.0%)

1 の翁, 草

▼ 田かも~ (2, 0.0%)

1 知れないよ, 知れない素ぶり

▼ 田~ (2, 0.0%)

1 が田, ぼ田

▼ 田ごと~ (2, 0.0%)

1 にしめ, の月

▼ 田じゃ~ (2, 0.0%)

1 げな, なけりゃどう

▼ 田だって~ (2, 0.0%)

1 出ける事, 要りゃしないやね

▼ 田ちかく~ (2, 0.0%)

2 見るが

▼ 田って~ (2, 0.0%)

1 あの温泉場, 男も

▼ 田~ (2, 0.0%)

1 物と, 物畑つ

▼ 田である~ (2, 0.0%)

1 ことは, と云

▼ 田とは~ (2, 0.0%)

1 すでに持てり, 顔が

▼ 田とも~ (2, 0.0%)

1 云はず畠とも, 穢多

▼ 田なら~ (2, 0.0%)

1 よくよくでなけれ, 田賣

▼ 田にか~ (2, 0.0%)

2 住む

▼ 田について~ (2, 0.0%)

1 不愉快な, 田植えが

▼ 田への~ (2, 0.0%)

1 方は, 肥料かな

▼ 田べり~ (2, 0.0%)

1 のちよろろ水けさ, はわづか

▼ 田~ (2, 0.0%)

2 春は

▼ 田よし~ (2, 0.0%)

2 きり光れ

▼ 田をも~ (2, 0.0%)

1 有せず, 賣ること

▼ 田~ (2, 0.0%)

1 中へ, 圃中どう

▼ 田アキ~ (2, 0.0%)

1 という名, などの友情

▼ 田ン中~ (2, 0.0%)

1 に居んだかん, の掘

▼ 田ヶ谷代田~ (2, 0.0%)

1 に彼自身, に移り住み

▼ 田ヶ谷街道~ (2, 0.0%)

1 となり, に出る

▼ 田一面~ (2, 0.0%)

1 には黄金色, に抽

▼ 田~ (2, 0.0%)

1 の三人組, の里

▼ 田~ (2, 0.0%)

1 など, 又学兄弟

▼ 田余一~ (2, 0.0%)

1 の実父, の父

▼ 田作る~ (2, 0.0%)

1 百姓飯だけ, 者の

▼ 田喜惣次~ (2, 0.0%)

1 が同級, だ

▼ 田~ (2, 0.0%)

2 天照御

▼ 田多く~ (2, 0.0%)

1 は桑園, 麦すでに

▼ 田~ (2, 0.0%)

1 の原義, の意義

▼ 田~ (2, 0.0%)

1 から一ノ谷, の西方

▼ 田帯刀則家~ (2, 0.0%)

1 の忠諫, を顧み

▼ 田掻廻~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 田~ (2, 0.0%)

1 の石仏, へ行ったら

▼ 田根小學校~ (2, 0.0%)

1 の教場, の教室倒潰

▼ 田毎代~ (2, 0.0%)

2 掻く

▼ 田水のり~ (2, 0.0%)

2 にける

▼ 田油津媛~ (2, 0.0%)

1 なるもの, を誅す

▼ 田父爺~ (2, 0.0%)

1 を取絞め, を取絞める

▼ 田~ (2, 0.0%)

1 にも用, は聖人

▼ 田瓊入媛~ (2, 0.0%)

2 と曰

▼ 田用水~ (2, 0.0%)

1 に利用, を引き上げる

▼ 田~ (2, 0.0%)

1 の中, を求め

▼ 田福次~ (2, 0.0%)

1 の出現, の存在

▼ 田~ (2, 0.0%)

1 の神, を荒さぬ

▼ 田竝び~ (2, 0.0%)

1 の友, を皆

▼ 田簑橋~ (2, 0.0%)

1 そして船玉江橋, のほとり

▼ 田簑著~ (2, 0.0%)

2 て鳴く

▼ 田舍づくり~ (2, 0.0%)

1 のかご花活, の籠花活

▼ 田舍みち~ (2, 0.0%)

1 をあるい, を龜さん

▼ 田舍ツぺい~ (2, 0.0%)

1 が被布, だ

▼ 田舍咄~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 田舍唄~ (2, 0.0%)

1 の一, の風景畫

▼ 田舍坊主~ (2, 0.0%)

1 であつ, の結婚

▼ 田舍少女~ (2, 0.0%)

1 ではあれ, の風俗

▼ 田舍暮~ (2, 0.0%)

1 らしそのもの, らしよ

▼ 田舍書生~ (2, 0.0%)

2 の厄介者

▼ 田舍漢~ (2, 0.0%)

1 の自分, は巴里人

▼ 田舍語部~ (2, 0.0%)

2 の老女

▼ 田舍酒~ (2, 0.0%)

1 なるも, は田舍酒

▼ 田~ (2, 0.0%)

1 の今, をつむ

▼ 田芹蕗~ (2, 0.0%)

1 が満ち, が滿

▼ 田草取り~ (2, 0.0%)

1 なの, の男女

▼ 田訓導~ (2, 0.0%)

2 に屹度差支

▼ 田~ (2, 0.0%)

1 つて税に, つて金に

▼ 田賣らう~ (2, 0.0%)

1 にも値, にも價

▼ 田~ (2, 0.0%)

1 に向, は父

▼ 田邸内~ (2, 0.0%)

1 にトリック, に意外

▼ 田~ (2, 0.0%)

1 に安, の秀才

▼ 田~ (2, 0.0%)

1 には救世観音, を寺

▼ 田鼠化~ (2, 0.0%)

2 して

▼1* [418件]

あらば麦, 田あらしめばいずくんぞよく, 田あるじの翁, 田かの田の, 田からも飛込んで, 田かりける童に, 田がどいつもこいつ, 田きいのかみ, 田こおったみかんたべた, 田ここになさん, 田さんなにがあった, 田さんケリヤムグインというあの, 田さん世の中の事, 田さん千円の懸賞, 田さん梅林さんみえて, 田さん此の令嬢, 田さん比田さんって立て, 田さん男子は何, 田さん秀子さんと握手, 田さん貴方はあの, 田さ真っすぐに行, 田さ行んから, 田て見付け惧, 田じゃったが松之助さん, 田それを点綴, 田たちばかりでなく, 田だけであります, 田だけに水を, 田だったと知らせれ, 田つくらんとぞ思ふ, 田つづきを簑笠, 田であり畑であり, 田でしょうね, 田です此の, 田とか棚田とかいう, 田とかいうものが, 田とかをお墨付, 田とだけだつた, 田とへ両天秤を, 田ども刈らせて, 田などに依つて, 田などの見込みが, 田などはなくまた, 田なりの片隅に, 田なる蛙の, 田なんか俺ら植えねえ, 田なんかの御機嫌, 田にあたる音である, 田にしも隠元豆も, 田についてすら国司に, 田にでも転び落ちて, 田にと続きて, 田になつてゐ, 田にのみ水を, 田にばかりどっさり入れ, 田によつて水の, 田に関する演芸が, 田あの田, 田のや刈束稻馬に, 田はいふまでもなく, 田ははだかで, 田見て, 田ばかしじゃありませんか, 田ぶしんの, 田へかそれは, 田までが村里の, 田までは落ちず径, 田みたいだよ, 田めぐりをする, 田めそれはこっち, 田もとすでに一種子, 田ゆ下田へ落つる, 田をこそ作れ仇心, 田荒れる山ア, 田アちゃんおそろしい女, 田アキ後藤郁子東園満智子作家として窪川稲子, 田ア何處だツ, 田ア忙がし, 田ウノ子を逃さない, 田這入て, 田ゼリと呼ん, 田ニ住シ霊田大学法学教授法学博士ヒツスセリング氏ニ就テ欧洲政学ノ要, 田ヤ畑後ヘ, 田ぼの, 田ンぼや森や田舍家, 田ンボ道を歩い, 田ン圃道を渡っ, 田ヶ谷中學前の暗い, 田ヶ谷二個所の陸軍病院, 田ヶ谷北沢の明石方, 田ヶ谷宿のはずれ, 田ヶ谷往還を世田ヶ谷宿, 田ヶ谷村役場の十字路, 田ヶ谷東北澤に家, 田ヶ谷町に満, 田ヶ谷町松陰神社の鳥居前, 田ヶ谷自動車隊が一夜, 田ヶ谷若林砧村大蔵等に亘る, 田ヶ谷行で午後二時頃家, 田ヶ谷近くで將校, 田ヶ谷騎兵聯隊から持っ, 田一カ村の被害, 田一亭童徳宝等の如き, 田一方甜瓜の, 田一枚をへだてた, 田一頃を賞賜, 田七十歩を民, 田三百畝半は黍, 田三郎窪川鶴次郎その他諸氏によっていくつ, 田さんの, 田之とかなんとか書い, 田之はそれは, 田九郎というもの, 田に一大軍, 田予劉劭の諸, 田二子ヲシテ久シク囹圄ノ中, 田二段女子に一段百二十歩, 田二町二段と従五位位田八町, 田二町稲に准, 田二頃有らしめば, 田五分のうち先づ三分, 田五十歩を民, 田五郎の葬式, 田伍作が酔, 田伯養孫孟綽の四人, 田伯養孫孟綽河良佐池希白である, 田何而上未嘗有書, 田余一南条小次郎仁田四郎忠常などは, 田余一天野遠景仁田忠常大庭景親兄弟などの若い, 田余一義忠とか武藤一郎, 田作るべき所多けれ, 田作れば小作料, 田傍地蔵の花, 田児浦の内の或, 田全部の稻, 田は直ぐ, 田公田の徴税, 田六左衛門重能と云, 田六町とともに正, 田六郎左衛門の女, 田兵殿御辺, 田兵殿今度ばかりは御, 田が悪い, 田刈り干す, 田刈る子や, 田制度が尠, 田則家もその, 田勝彦を誘っ, 田して, 田卒不能與皐陶伯益爭衡夫子以秦誓繼甫刑知皐陶伯益之後將繼稷契禹而代興也惟王變而覇道徳變而功利此運會所趨即祖宗, 田の奇, 田博士あなたは地球, 田博士お待ちください, 田博士以外に誰, 田博士新田先生の三人, 田博士火星兵団の怪力線, 田博士発見の十号ガス, 田博士邸内にある, 田博士隊に凱歌, 田即ちタ, 田又兵衛という富人, 田及び嘯風亭等備わり, 田の脚色, 田叟呂熊字は文兆, 田召理事長がすぐ, 田にいたる, 田喜惣治即ち鼓, 田が聊城, 田営種に関する条, 田四町とともに従五位, 田満加茂真淵本, 田塩沢岩田それから大戸あたり, 田の榛の木, 田夏子さん綽名松谷秀子嬢貴女を茲, 田夏子死刑終身刑の宣告, 田郎女次白坂活日子郎女次小野郎女亦, 田大人以来国学諸先輩, 田大学法学教授法学博士ヒツスセリング氏ニ就テ欧洲政学ノ要, 田威字は伯孚, 田を追いまわす, 田媛密かに来, 田孫二人とが辞し, 田というもの, 田に寄寓, 田寅八って下, 田富沢押切正厳を経, 田寒し藁のみ, 田寸津比賣の, 田小伝次永瀬七三郎三人の率, 田山林までを荒し廻った, 田などを攻略, 田工兵伍長として上海, 田左衛門その弟, 田斉の, 田庄平さ解剖学の知識, 田延年謂ふ所, 田廻りから帰つて, 田弓子という若い美しい, 田弥介をし, 田彈右衞門一年前から輕, 田の年寄, 田心命の後也, 田忌千金を賭け, 田志願兵は臆病, 田忠七稲村与市設楽常八, 田探偵入来り種々, 田提尊者が大, 田数帳にある, 田數頃公債若干圓あり今學, 田明るい川の, 田春夫の名, 田春滿が國學, 田是眞に畫, 田普請をし, 田わたる時雨, 田村上もよび, 田杜太郎の変名, 田松山の爆心, 田染行きは, 田の斉王, 田梅田等に非人小屋, 田は言, 田樂屋と駄菓子屋, 田樂師の演奏種目, 田樂法師と千秋萬歳法師, 田は一処士, 田が根西夫人, 田次郎といふ文學士, 田母澤の谷, 田毎美津江に逢, 田毎美津江來り舊オペラ館踊子, 田毘古神の名, 田氏同様の運命, 田の上, 田水車商人の荷車, 田沃野の刻一刻, 田の表札, 田涸れを検見, 田淋しき四方の, 田源太左衛門だった, 田の為め, 田漢その他の告別, 田潤さんもあの, 田濟南にあ, 田為事の終る, 田が棒打, 田物畑物を供えた, 田猟馳聘をも事, 田甚瀟灑矣先生有詩次韻賦呈, 田産押収の利, 田甫ぢやあれ, 田甫なかに来し, 田甫中でやりましょう, 田甫烏か, 田甫畦道の嫌い, 田甫畷山を覗い, 田という畑, 田畔ガラ見れバ, 田畔サあが, 田畔汽車中電車中食後散策後架上就眠前等々, 田畝あたりを冬霧, 田畝望尽て海, 田畝畷の道端, 田畝路は些, 田の間, 田百畝のこと, 田社考は急, 田祐子氏の勤め先, 田や蚤取粉, 田祭りとは言, 田が, 田福百池等の弟子達, 田私園に立ち入り, 田稲等々二十一種の参考品, 田空地にてもよく, 田をかぶる, 田二高等學校長内ヶ崎作三郎代議士落合學習院教授小倉右一郎氏齋藤東京帝國大, 田の経営, 田の淡, 田の島, 田素藤だの山下定包, 田紫雲英が花毛氈, 田のエキストラ元締, 田結びと称し, 田綿の蚊屋野, 田があり, 田職田の類, 田職田等の経営, 田自身が先方, 田舍ぎらひ温泉ぎらひまた自然生活ぎらひで, 田舍さ來てゐた, 田舍ぢや, 田舍びた感じです, 田舍びた滿枝の花, 田舍びた答をした, 田舍びた而して, 田舍びて好い路, 田舍びとであります, 田舍シュウリン家への奇妙, 田舍ツ兒のやう, 田舍丸出しの率直さ, 田舍住ひを, 田舍僧侶と一人, 田舍出來の靴, 田舍初段近くの伎倆, 田舍口から入, 田舍名主らしく何ん, 田舍向の香具師, 田舍女ぢやない, 田舍好みの生々しい, 田舍婆さんたちの顏, 田舍宿では虱, 田舍屋の日常生活, 田舍役者らしいイヤ, 田舍景色よ, 田舍村の樣, 田舍武士かと言, 田舍爺が東京見物, 田舍版の編輯, 田舍牧師の職, 田舍物らしいメリケンスタイル, 田舍物いなか者と町内, 田舍生活とはその, 田舍相撲の土俵, 田舍祭を見物, 田舍細工のつまらぬ, 田舍者いなか者と町内, 田舍者みたいに電車賃, 田舍者めおれをまだ, 田舍聲のつれ, 田舍育ちだから, 田舍芝居小屋で怪我, 田舍菓子あの大きな饅頭, 田舍落ちして, 田舍行きをとり決めた, 田舍訛を朋輩, 田舍訛例之, 田舍辯で時々, 田舍迄行き渡つて居る, 田舍酌婦から夜, 田舍饅頭が一つ, 田舟十五六ぱいの外に荷足, 田船はんきりに乘, 田艇ただ一台それにたいし, 田艇吉君の弟, 田と同じ, 田芥子の繁み, 田芹摘みにと来し, 田苑五十万頃が陥没, 田苑荘園等を持する, 田草取とをのぞけ, 田草取り連中は常, 田盧亦, 田引く, 田萌子といふの, 田蓑島での祓い, 田蕎麦の花, 田蜘蛛土手蜘蛛五月になる, 田行燈というもの, 田襄子に屬, 田西博士と耳鼻科, 田の向, 田豊審配許攸などの良将, 田豊沮授逢紀などという自己, 田豊許攸の智謀, 田豊顔良文醜などが, 田を食う, 田をまし, 田貴公も陳施寧, 田賦戸税のほか, 田起しまでやる, 田越しに助川, 田軍次白井儀次郎入門す, 田人里馬辺人と, 田近くへ来た, 田連小望之女, 田遠く清見寺見, 田郎女次田郎女次白坂沽日子郎女次野郎女亦名, 田郎女次白坂沽日子郎女次野郎女亦名, 田郎女次馬來田郎女三柱又娶, 田郡意賀美ノ神社, 田郡次の八人, 田野菜畠桑畠皆な雪, 田鋤き桑摘みの, 田は物徂徠, 田長い長い汽車が, 田門武雄や卒業, 田であったそう, 田に帰り, 田夏, 田阿波守という人長, 田附近では午前中, 田と丸木隊, 田随処寛又知工業盛, 田の間塀, 田の群れ, 田雲雀のこゑ, 田霧姫三柱の姫神, 田領荘園はいささか, 田あらすな, 田という人, 田も買えない, 田高橋と瀬田, 田高橋父柏岡西村杉山と瀬田, 田高橋署名す, 田が鳴き, 田との問答, 田よりは少し, 田鴫十三鶉十五羽鴨が三羽, 田鴫山鳩如きを, 田鴫雲雀水鶏鵯金雀椋鳥鶫雀なぞは殺し, 田鴫鶫椋鳥雲雀水鶏鵯金雀カケス山鴫山鳩鴨小鴨雁牛羊なぞはあまり, 田鵬齋を呼び寄せ, 田とでも名付けたら, 田鶴見良春その人, 田も鶉, 田鼠ら硝子戸のぼりあわただし, 田の宣王