青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「用意~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

用~ ~用い 用い~ ~用いる 用いる~ ~用事 用事~ ~用心 用心~ ~用意
用意~
~田 田~ 田中~ 田圃~ ~田舎 田舎~ ~由 由~ 由来~ 甲~

「用意~」 6286, 65ppm, 1747位

▼ 用意~ (1443, 23.0%)

101 てある 89 ていた 84 ている 77 ておいた 70 てあった 63 て来た 38 てきた 30 ておい 24 て置いた 23 てあります, ておく 21 て来 20 てゐる 19 てゐた 15 て置い 13 ていました, て來 12 て行った 11 ておけ 10 てあつた 9 てくれた 8 てい, ていなかった, てお, てき, てその, て待っ, て置く 7 ていない, ています, てくる, てございます, て居る 6 てあっ, てあり, ておきます, て行く 5 て, てくれ, て来る 4 てありました, ておき, てこの, てまいりました, て持っ

3 [13件] その中, てあ, ていよう, ておかなけれ, ておきました, ておこう, てこれ, てまっ, てゐました, て呉れた, て居た, て来なかった, て行っ

2 [42件] これを, そして最後, それを, たりし, ていった, ていれ, ておりました, てか, てかかる, てきました, てください, てくれました, てここ, てござる, てそれ, てまいった, てもらいたい, てもらつた, てやって来た, てゐたらしい, て先達, て出かけた, て参った, て参つた, て参りました, て待つ, て来ます, て来よう, て神田, て私, て私達, て置かね, て置きました, て置け, て行かなけれ, て行け, て行こう, て行つた, ジャーナリズムは, 一本を, 先達を, 部屋部屋を

1 [405件] かつできるなら, かの道, ことに千本, この未曾有, そうな, そっちの, その上, その上ビルディング内, たまえ, たりその, たり一部分, たり仕度, たり夫, たり買物, だいぶこれ, ちょっとした鍋俎板庖丁膳椀皿, つつある, てあげたら, てあげる, てあったらしい, てあったらしく, てあった舞い, てあら, てありまする, てあるだろう, てあわて, ていっ, ていないらしい, ていなかつた, ていなけれ, ていま恐竜島, ていよいよ, ているらしい, ているらしく, ていろ, ておいたら, ておいたらしい, ておおきに, ておかない, ておかなかった, ておかね, ておかれなかった, ておきたい, ておきなせ, ておきましただ, ておきましょう, ておくなら, ておくべきだ, ておくべきだった, ておける, ておった, ており, ております, ておりまする, ておる, ておるです, ておれ, てお待ち, てかかった, てかからね, てかかるべき, てから竹林, てきてる, てくださらなく, てくれません, てくれる, てこなけれ, てこわ, てございました, てござんす, てさえいる, てさて, てし, てじれ, てすぐ, てすでに, てぜひ, てそいつ, てそつ, てそれでも, てたとえば, てだ, てちょうど, てつい, てできあがる, てでもい, てでもいた, てなお, てにやにや, ての覚悟, ては食膳, てひそか, てふたたび, てまいります, てました, てまた, てまるで, てみんな, てもいる, てもそれ, てもらっ, ても燕以上, ても追いつくまい, てやった, てやらなかった, てやらなけれ, てやりまし, てゆく, てゆくらしい, てゆけ, てよ, てよい, てよかれ悪しかれ, てゐ, てゐたらし, てゐない, てゐなかつた, てゐなけれ, てをり, てをりました, てをります, てギッシギッシ, てシャツ, てセット, て一本, て一番幅, て一緒, て丁度, て三日前, て三条, て下, て下さった, て下さつた, て下され, て下す, て世間, て乗りこん, て乗出せ, て二百ページあまり, て二階, て今夜, て佇ん, て余, て來い, て來たん, て來春早々工事, て例, て先, て先廻り, て光, て入れ, て八五郎, て八方, て内, て出かけました, て出かける, て出ずる, て出た, て出張, て出陣, て切っ, て初め, て前記, て医家, て十日以上, て半, て半ば, て半次, て参っ, て参りません, て参りやした, て参る, て參つた, て叔父, て古座川, て台所, て呉れ, て呉れてる, て呉れない, て呉れる, て呉れ給い, て咲見町, て喜べる, て四五日旅, て四人, て四時頃, て団員たち, て土工たち, て土間, て在った, て在る, て城, て城外, て堀割, て外出, て夜中, て夜間, て大急ぎ, て大根, て天窓, て太刀風, て夫, て夫人, て妹, て娘, て実感, て客, て寝る, て寢, て対峙, て小口, て居, て居られた, て屋台, て山の神, て島々谷, て常に, て平次, て年神, て庭, て張っ, て張られた, て彼ら, て彼女, て往, て待, て待ってた, て必ず, て忍び込んだ, て忍ん, て惣掛り, て愡掛り, て戸, て戻る, て手, て手荷物, て折柄, て持つ, て指定, て掛らなけれ, て文三郎, て新しく, て新来, て於, て旅行, て日, て日本, て早く, て旭川駅, て明け, て明晩, て映画館, て昼, て時刻, て暫らく此處, て杉戸, て村言葉, て来たらしい, て来てる, て来なかつた, て来ました, て来れ, て来春, て杯, て東京駅, て某国大使館, て機会, て次々, て此, て此処, て死後, て殿, て気に入った, て汽船, て泥棒, て流水, て浮木釣り, て溜めた, て燻, て生徒, て申さね, て町内, て登る, て登山, て百里二百里, て石垣沿い, て砂時計, て社, て社殿, て祭儀, て秋, て移転, て立っ, て粥河, て精力, て約束, て縫いあげ, て置かう, て置かず, て置かなけれ, て置かれる, て置き, て置けよ, て置ける, て聞い, て臨む, て自分, て自殺, て自身, て若い, て茂八, て荒天, て蛍, て行かなかった, て行かなく, て行かぬ, て行かれよ, て行かんけりゃ成るまい, て行きつけ, て行きまし, て行くべし, て行つたの, て行つた文句, て行つた茶, て行つた魚, て行つて, て裏庭, て見識, て読ん, て貰う, て貰おう, て貰ひたい, て買った, て賢二, て足早, て身辺, て迎, て週期的, て適処, て酒倉, て酒場, て関羽, て闇, て院, て頂い, て頼ん, て驢馬, て鬼神, て黒灰, なお元気, ながらいざ, ながらその, ながら二人, ながら凝, ながら向島, ながら掌, ながら聞きえられる, ながら身, ながら露子, ながら面白, またかめ, またヒガンザクラ, また移民, みがるな, も一人, やうと, 一つを, 一人前何ほどと, 七八人の, 下女などに, 主婦や, 乍らピアノは, 九州から, 乾米を, 五千人からの, 会する, 何も, 全くの, 六時に, 十里の, 夜っぴてそこ, 宋江に, 小僧女中等の, 干物類の, 御馳走を, 心当りの, 押取籠めて, 方法的である, 昼も, 暗室内で, 決心し, 炭は, 生涯政事の, 白米一俵と, 盛んに, 紙幣下落すれ, 若い女達, 荷物を, 親と, 貧民の, 贋札を, 辛い方, 雨さえ, 餓えを, 髷付油を以て

▼ 用意~ (1161, 18.5%)

344 して 60 した 22 する 21 ととのえて 18 させて 16 しました 15 整えて 14 もって 13 したの 12 しながら, するよう 11 するの, 命じた 10 しろ, 命じて 9 しろと 8 したり 7 はじめた 6 いたして, しなければ, 持って 5 したもの, すること 4 してから, せよ, 必要と

3 [16件] いたしました, させた, しても, しましょう, します, するため, せい, ととのえた, なさい, もつて, 忘れて, 怠って, 怠らない, 持つて, 欠いて, 致して

2 [40件] いたします, いたせ, さした, させたり, されても, しかけると, したうえ, したか, したまえ, した部屋, しないの, しなくては, しに, しようと, し給え, し間, すませて, するが, するという, するなんて, するやう, する女房, すれば, せずに, せねば, ととのえたの, なさしめよ, なし, なしたるか, なせ, はじめました, 命じました, 命ぜられるので, 始めた, 整へ, 整へて, 是認し, 欠いた為, 欠かないであろう, 願って

1 [380件] あそばされ天守, あそばして, あそばしながらも, あそばし御, いいつけそれから, いいつけて, いいつけました, いささかやりすぎた, うながして, うなずきながら, うれしく思った, おこたらず十分, おこたらなかった, おさせに, おしなされ, おわって, おわること, お忘れない, お整え, お願, お願いいたします, お願い仕りまする, きいて, きちんと整え, きわめるだけの, このふたり, させ, させおきまいて, させさて, させたの, させながら, させながらも, させなければ, させなど, させに, させました, させましょう, させますから, させますよ, させよう, させようと, させられあまつさえ, させること, させるため, させ正成, させ熊野, させ玄堂, させ貝鍋, さっしゃい, さへ, されました, し, しお, しかけた折, しかけて, しそのうえ, したあと, したが, したと, したどん, したにも, したらう既に, したらええ, したらしいほど, したら宜, したわけ, したわたし達, したん, した上, した事ゆえ, した時, した見ると, した身体, した雪, しだした, してからの, しての, しては, してやると, してるある, してるよ, してる間, しと, しといて, しときなさい, しとけ, しないと, しなかったが, しなかったばかりに, しながらに, しなくちや, しなくつちや, しなけれや, しなと, しなよ, しはじめた, しましたので, しませう, しません, しや, しようかな, しろッ, しろツ, しろ何, しろ本船, し出した, し又は, し始めるの, し手はず, し朝食, し木曜會, し痺れ, し給, し置いたらしい, し菰, し食物, すこしと, すすめて, すっかり命じ, すべきこと, すまして, するから, するそれだけ, するだろう, すると, するにも, するまで, するまでに, するよう命令, するらしいの, する余裕, する学校, する暇, する本当, する武蔵, する爲, する用意, する者, する音, せいと, せえ, せないのみか, せよと, そこに, その場, それは, たのむ, たのんで, ちやんと, つくして, つたえて, ととのえおけ, ととのえこれ, ととのえたワケ, ととのえやおら, ととのえやがて, ととのえるため, ととのえるには, ととのえるの, ととのえるよう, ととのえれば, ととのえろ, ととのえホラブン, ととのえ海, ととのえ終ったの, ととのえ高松城包囲中, ととのえ黒滝温泉, なさいませなどと, なさざるべからず, なさりませ, なさりませと, なさるの, なされい思し召し, なされて, なしサッサ, なし了, なし何不足, なし晩秋, なし烈しく, なし置かんと, なし老少交代, なす, なすこと, なすって, なすべきだという, なすほどに, はじめて結構, はじめましたから, はじめます, はじめるの, はじめ呆気に, ほのめかして, またない, めいじました, もうけ秀吉, もして, もたなければ, もちながら, もったの, もつこと, ものいみ, よくととのえ, わずかあれ, セチ搗き, ミツキイの, 与えず峰, 今から, 今知る, 仕り置きました故に, 仰せ出されました, 伝えさせる, 伝えて, 伝え自分, 伴った誠心誠意, 何も, 促した, 促すといふ, 充分に, 加へて, 十分に, 厳にせり, 取り忘れて, 取り急ぎおりし, 吾, 命じお, 命じこれ, 命じその, 命じたくなった, 命じたこと, 命じたに, 命じたの, 命じた彼, 命じながら, 命じます, 命じ玄徳, 命じ看護婦, 命じ自分, 命じ道士院, 固めて, 失わなかったが, 始む, 始めさせた, 始めて, 始めやがて, 始めるの, 始め舟, 存し, 完了されました, 完了し, 完了する, 家来に, 察すべし, 少しずつ, 引き受けた, 心がけること, 心に, 心配し, 忘れたもの, 忘れては, 忘れないため, 忘れなかった, 忘れぬ, 忘れぬ事, 忘れません, 忘れること, 忘れるほど, 忽に, 思うて, 怠ったの, 怠ってなくその, 怠っては, 怠らしめざる基, 怠らず密偵, 怠らなかった, 怠らなかつたと, 怠らぬもの, 怠らぬ氏郷, 急ぎ真夜中宿, 急ぐ, 意味する, 憎みました, 手回しよく, 払い極度, 払つてある, 持たないが, 持たない僕, 持たなければ, 持ち十分, 教え込まなかったこと, 整えた上, 整えた幸吉, 整えた積り, 整えつつ, 整えながら, 整えること, 整えるだけの, 整えるの, 整えトマト, 整え下男, 整へた積りでした, 整へる, 早打で, 明日までに, 欠いた文句, 欠かさなかったところ, 欠けること, 次第に加, 止めようと, 求めて, 済ましまた, 済ませた茲, 濟まし, 為さざるべからず, 為さしめ用意, 為さんと, 為すに, 熱心に, 爲すに, 父上に, 申しつけて, 申しつけましょう, 申して, 申しでた, 知って, 知り権力, 示し次に, 簡単に, 紫夫人の, 細く書いた, 終って, 終りそれから, 絵の, 総て整え, 缺ける, 考えて, 聴くに, 臨時に, 自身の, 致させて, 致させましょう, 致させましょうか, 致してを, 致しました, 致しますが, 致しまするでご, 致します其の, 致し酒, 致すとある, 致せと, 蔵し, 表わして, 裏書きする, 要する, 要すること, 要するは, 要せぬ便利, 見せて, 見せ緑, 見ても, 見反対, 触れさせて, 言いつけて, 言つて聞かせた, 調えたうえ, 調えつつ, 調えて, 調えると, 調へて, 論じて, 貴ぶかく, 迅速に, 述べたいと, 述べようと, 革めて, 頭の, 頼む, 頼んだ, 願いたい, 願いたてまつります, 願う

▼ 用意~ (648, 10.3%)

50 できて 38 して 32 出来て 24 出來 12 あるの 11 なければ 9 ある, いる, なかった 8 ないので, 出来たと 7 なくては 6 あって, あると, できた, できたと, できました, できると, 出来た, 出来ると 5 あった, ないと 4 あつた, あるもの, あるわけ, ととのいました, ととのって, ない, 必要で

3 [15件] あつて, あるが, あること, ございます, されて, ないから, ないの, なされて, 出来たこと, 出来たの, 出来ました, 出来ましたから, 必要だ, 整うて, 整って

2 [29件] あったの, あります, あり又, あるから, あるに, あるよう, されたの, してあつ, できたこと, できたという, できたの, できても, できましたから, 何も, 出来た上, 出来ましたよ, 出来まして, 如何なる場合, 完了し, 必要である, 必要と, 払はれ, 整えられて, 整ったこと, 日ごとに, 欠けて, 無ければ, 著しい, 闇の

1 [242件] あったおかげ, あったかも, あったため, あったであろう, あったでしょう, あったと, あったところ, あったとしても, あったとは, あったに, あったよう, あったればこそ, あまりに欠けすぎ, あまりものものし, ありますから, ありますよ, あり今さら, あり伊波普猷君, あり冴えて, あるか, あるだけ, あるだろうか, あるであろうか, あるであろう日常, あるという, あるとか, あるとの, あるなし, あるならば, あるよ, あるらしい, あるん, ある人, ある以上, ある筈, あれば, あろうか, あろうとは, いいわね, いくぶん足りない, いたして, いちおうととのった, いとなまれしずか, いりは, いるからの, いるかを, いること, いるぞ, いるわけ, うかが, うまく歩調, え, おあり, おありであろう, お出來, かねて, こうした連中, こちらには, こもって, ございますから, ございますけど, ございません, されます, される間, してないので, してなくて, すくなかつた, すぐ出来ます, すすめられて, すっかりでき, すっかり出来た, すっかり出来る, すでにでき, すでに整う, そうさせた, その歸, たりないこと, ちゃんとし, てまどって, てんでない, できあがろうと, できさえ, できその, できたぞ, できたな, できたので, できたよ, できたらかならず, できたらすぐ, できたらついて, できたら出掛けますよ, できたら弁吉, できたん, できた由, できた証拠, できた頃前後, できてるかと, できどの, できましたと, できましたの, できましたよという, できまして, できますと, できる, できるかね, できるの, できるまでは, ととのい釣道具, ととのうまで, ととのう頃, ととのった, となりの, ないとは, ない為, なくちゃ, なくって, なくつて, はじまって, ひと苦労, まだ十分, まだ成らぬ, まるでない, めぐらされて, よかった, よかったら, よく腰, 一切ない, 乏しく演技者, 二重底か, 偲ばれた, 備わって, 充分に, 入る, 入るから, 出来そう, 出来たか, 出来たしらせ, 出来たぞ, 出来たならば, 出来たので, 出来たよう, 出来たらいつ, 出来たらやっつけようそれッ, 出来たん, 出来た料理屋, 出来た頃弟子, 出来てるだらうか, 出来とるかい, 出来ないまだ, 出来なかった, 出来ましたと, 出来ましたの, 出来る, 出来るだろうよ, 出来るまでの, 出来上ったらもう, 出来上るまで, 出来線香, 十分であるまい, 十分できるなら, 十分でなかった, 含まって, 周到で, 命ぜられた, 変つて来た, 大へん, 大事だ, 大切じゃ, 完全に, 少しも, 左大臣家に, 心細くなっ, 必要だった, 必要であり, 必要です, 必要らしい, 思はれるであらう, 戸棚の, 整いましたから, 整いまして, 整うた, 整うたらこれ, 整うと, 整えられたしらせ, 整えられた時, 整つてゐた, 整つて第, 整は, 整ふと, 整へられ, 有って, 浅いの, 深い, 済むや, 済んだので, 無いこと, 無いので, 無い女, 無かった, 無かつ, 無さ, 無意識の, 猪木君に, 異なるとかいう, 相似, 私には, 秘められてを, 窺はれる, 窺われて, 窺われる, 第一, 第一ページ目, 終ると, 練れて, 肝腎である, 肝腎と, 肝要である, 肝要です, 蔵され, 行き届いて, 行渡つて, 要りますよ, 要る, 要るかも, 見える, 見え無, 見て, 見られるの, 読まれたし, 調つてゐた, 足りないの, 足りないので, 足りないよう, 足りなかったの, 足りなかったり, 足りなかったわけ, 足りんで, 遅れて, 過ぎて, 閑却され, 頗る散漫, 頷かれる

▼ 用意~ (533, 8.5%)

19 ために 9 あること, もとに 6 周到なる, 薬を 5 できて, 松明を 4 ピストルを, 下に 3 出来たこと, 出来て, 周到に, 存する, 巻帛を, 酒を, 酒肴を, 金を

2 [27件] いい人, して, できるの, できるまで, ないの, ないもの, ものを, 卷帛を, 品を, 女串, 如何に, 懐中電灯を, 懐中電燈を, 朝食を, 武器を, 為に, 為めに, 焼酎で, 熨斗紙に, 爲めに, 物, 糒などで, 紫の, 部屋へ, 間から, 駕籠に, 黒装束

1 [388件] あったこと, あのお, あの短筒, あるあ, あるお, あるの, ある人, ある場合, ある底, ある当, ある男, い, いいの, いいもの, いい亡妻, いい夜店, いい火星人, おだんな衆, お料理, お酒, くるわ, ことでございましょう, ことな, ことを, これなる, たいまつに, ためいつでも, ためけさ行つたのである, ためだ, ためでございます, ためです, ための, ため三時から, ため川口の, ため持參した, ため練習艦明石は, ため艇内を, ため駈け廻っ, できたこと, できたという, できた伽藍, できた馬車, できるあいだ, できるや, できる間, と, ととのえられて, と云っ, ない人, ない国, ない土地, ない堤防, ない場合, ない嫌味, ない正直, ない毒瓦斯, なかから, なかった, なか死んだ, なわば, ほそびき, ほどが, ほども, みえる並木道, ものだろう, ものです, ものものしいさわぎ, ものらしき, やうな, よいのに, ように, キモノだの, ゴム長靴を, ジョニ黒を, ダンビラを, テープレコーダーで, ドライ, ハシゴを, パンで, パンは, ベルが, マッチを, モーター船に, 一つである, 一室へ, 一封を, 一矢を, 万事を, 万年筆型懐中電燈を, 三宝の, 上で, 上であろう, 上に, 中にも, 丹前を, 事を, 事有る, 人形の, 件御, 位置に, 何一つなかっ, 作業に, 俥に, 備わった人, 催眠剤を, 八本の, 冷飯梅干鰹節を, 出來る, 出来たお, 出来た大型, 出来るの, 出来次第に, 出来次第御, 分を, 別な, 到らなかつたの, 剃刀を, 剃刀櫛油元結によ, 前には, 前掛, 前掛けの, 前提が, 匕首で, 十分ある, 半纒, 印形を, 卵で, 号令が, 号令で, 号令を, 合鍵を, 名調子, 吹矢を, 周全を, 周到さ, 周到ならざる, 周到懇切なるや, 周匝懇篤なる, 周密な, 呼子の, 呼笛を, 命令は, 命令を, 品々失策又, 品が, 品これへ, 品という, 品物で, 品物を, 唐人の, 嘘を, 器に, 夕膳端近う, 大八車に, 大豆を, 大鍋, 大風呂敷, 天幕を, 如くに, 姿勢に, 完備した, 宝丹などを, 宣言文を, 小使錢さへ, 小使錢も, 小切手を, 尤もらしい, 届いて, 山刀と, 山駕に, 差に, 布で, 弓弦, 後蛹から, 心張棒が, 懇切周到なる, 懐中電燈で, 懷劍を, 懷提灯に, 懸けの, 手ぬぐいで, 手始めに, 手巾に, 手打ウドンが, 手拭で, 手拭を, 手桶の, 捕縄を, 控えの, 揃わぬ藩, 提灯の, 握り飯を, 握飯を, 搏飯を, 携帯電話器の, 整うと, 整えるある場所, 整った合図, 整ってる一つ, 整つてゐた, 文句で, 文鎮を, 方は, 旅費も, 昼食を, 昼飯を, 書なり, 月日を, 本など, 札束を, 杖槍を, 束脩を, 杭と, 松明に, 枯れ草へ, 桐板で, 榾木を, 様子も, 横笛を, 檻車へ, 欠乏は, 欠如と, 歯型, 毒を, 毒をの, 毒薬を, 毛布で, 毛布や, 毛布を, 毛皮を, 気注, 水さしから, 水掻で, 水筒を, 沙金を, 洋傘を, 洋酒を, 海水着と共に, 深いこと, 深いの, 深い方, 深く遠いこと, 深さ, 深遠には, 火打で, 火消装束に, 為め小網町辺へ, 為自分は, 為袂に, 無い事, 無線命令が, 燐寸を, 燧石を, 爆破装置を, 爲に, 物に, 物の具が, 物をと, 献立てが, 獣の, 獲物, 生うるし, 畚を, 疎ならざる, 登山靴を, 白いズボン, 白い生地, 白木の, 白紙が, 看板だけ, 真珠を, 矢立を, 短刀とり直せ, 石が, 石ころで, 石膏を, 砂糖や, 硝煙筒へ, 硫黄や, 程が, 竹の, 筆で, 筆墨と, 篝火を, 米袋を, 粉末微笑を, 粉炭入れに, 粉薬を, 粗紙に, 粟の, 糊紅では, 糧食も, 紐や, 紙を, 素燒き, 細かさ, 細かに, 細引を, 絆纏に, 結果でも, 絵の具, 継続が, 縄で, 縄を, 縫い物などを, 繩で, 聖体を, 背広を, 背負いご, 良いの, 色紙畫帖である, 花束に, 花火丸を, 芽から, 草履と, 草根木皮を, 草紙を, 葡萄酒を, 葡萄酒一杯に, 薪で, 薪採りに, 薬剤が, 藥を, 蝋燭に, 血の, 行厨を, 袂提灯を, 袋の, 裸蝋燭を, 襷鉢巻の, 解毒を, 詰襟の, 調い次第に, 調った所, 調つた頃奥様は, 調わぬうち, 貝の, 贋手紙を, 足りない段, 足りない計画, 足りない躓, 足りぬ為, 足音も, 身清め, 車に, 車を, 車五輌口, 軍鶏駕籠に, 辨當と, 返事を, 通りぬかり給う, 遅れて, 道中差家を, 酒と, 酒肴が, 酒肴は, 金創は, 金子や, 釘抜を, 鉄砲が, 鉛筆を, 錬り玉, 鎖で, 鐘が, 長刀脇差を, 防毒面を, 防霰弾を, 隠し井戸なら, 雅席へ, 雨戸を, 雪ずきんを, 雪駄を, 靴下を, 願文を, 食料は, 食物を, 餅が, 餅を, 馬が, 馬に, 馬車に, 駕籠へ, 駕籠を, 魔法壜を, 鳥の, 麻袋に, 麻袋を, 黒布を

▼ 用意~ (329, 5.2%)

8 かかった, かかって 7 持って 4 かかる 3 かかったが, とりかかりました

2 [14件] かかりました, これを, したん, とりかかると, なって, 備へて, 取って, 取りか, 御手文庫, 忙しかった, 投り込ん, 持つて, 裏口で, 過ぎなかった

1 [268件] あの切々たるメロディ, あの書いた, いいもの, いそがしき老母, いそがしくみなさま, いたるまで, いつでも, いま買っ, いや君枝, おとりかかりに, おはなし, およばず, おれは, お前の, お父さんの, かえってクッキリ, かかったお, かかったの, かかった時, かかっても, かからしむ, かからせたく存じますが, かからせたの, かかられたか, かかりまして, かかります, かかり伊那丸, かかれ, かかれば, かかろうと, かなったもの, からだの, こういうこと, このへん, この幅, この際レントゲン, これこの, ござりまする, しげみの, すること, せっせとかかっ, そこに, そっと見知らぬ, そなえて, そのプロペラ, たてきってる際, たどん, ちがいありません, ちとお, つくって, つないで, つんで, です, とりかかった, とりかかったの, とりかかった時, とりかからしめた周囲, とりかからせたが, とりかかりましたこの, とりかかる, とりかかるため, とりかかるという, とりかかるの, なかなか瞳, なるの, なわば, ばたばたと, ひまを, ぼくは, まわして, みんな懐中電灯を, もって, もと固い, もと宿から, もと鋼板も, ウチで, コーヒーを, シタシタと, シンボリズムを, テンテコ舞で, フイと, ポケットに, ポケットの, マントの, 一人くらい, 一円札を, 一升入れの, 一枚一枚と, 一週間といふ, 三十円も, 三十圓も, 三味線と, 上側に, 下から, 不足が, 不足も, 並べて, 丸を, 二, 二人三人御, 今さら舌, 体と, 何処かへ, 何處かへ, 余年も, 使いを, 候若し, 備え茣蓙, 備へ, 傭い入れた女中共, 出かけたり, 出でたもの, 出向いたので, 出向き屋敷, 出来て, 出来るもの, 前もってお, 割麦を, 力を, 十円近くの, 及ばないと, 及ばない町人, 及ぶ, 及んだもの, 取かかる処, 取かかれり, 取りかかったが, 取りかかった兄弟分, 取りかかった様子, 取りかかりけるに, 取りかかり明日, 取りかかる, 取りかかれ, 取り懸った, 取り掛って, 取懸った, 取掛かると, 召使の, 右の, 商店の, 四人分の, 困りましたよ, 困却, 外ならず, 外ならない, 多忙しい頃, 夢中でした, 大吉寺は, 天下茶屋の, 太鼓の, 奔走する, 如才も, 家の, 専念した, 山から, 山畑は, 工匠が, 店の, 御多忙の, 御廻し可, 心は, 忙が, 忙しい, 忙しかつ, 忙しが, 忙しくて, 忙しくなった, 思い当るの, 怠りが, 怠りない, 怠りなく小さい, 急いで, 急が, 急ぎぬ, 悪い影響, 愉しげ, 慶長年代の, 懐中電燈を, 懸けた魚, 戸棚なぞ, 手に, 手ぬかりは, 手伝った, 抜かりは, 拵えた八反, 拵へ, 持たせるやう, 持ちたる団飯, 掛って, 放して, 新吉, 新聞紙を, 於て, 日を, 朝食の, 来る路, 東京の, 梢の, 欠くる, 欠けて, 残りの, 母は, 氣が, 火縄を, 無ければ, 物を, 物騒がしい中, 男装用の, 疑いない, 発車時間を, 白いハンカチ, 盆を, 眼を, 着て, 着手した, 着手したる, 着換, 短刀を, 福松に, 積んで, 窓の, 絵本や, 缺くる, 胡瓜を, 胸が, 脚絆など, 腸詰を, 腹痛の, 自分が, 自分の, 自分のと, 舌を, 船, 色々な, 菜を, 蓆を, 蕎麥や, 蕾が, 行つたのだらう, 裏を, 言寄せ, 警官の, 豚肉や, 貧弱な, 貯へ, 買いためたの, 買って, 途中一つ空駕籠を, 過ぎないので, 遑あらざりき, 釣餌の, 鉄砲を, 銀行倶楽部の, 鍋釜フトンでも, 開いて, 集められたという, 非ず, 預けて, 食料を, 馬に, 駕籠の, 騒いで, 驚いた面持, 驚かすこと, 魚を, 鵞鳥を, 麺麭ひとかけ与, 黒色電灯カバーを

▼ 用意~ (317, 5.0%)

25 して 12 いいか 11 出来て 8 できて 6 いつでも 5 よいか, 出来た 4 できた 3 ある, いいの, この無意識, なかった, 出来ました

2 [13件] あるか, いいぞ, いいだろう, いいな, いいよ, すっかり出来, すつかり役に立たなく, できたね, 全然し, 出來, 必要だ, 整った, 疾風迅雷でした

1 [200件] あったが, あったの, あつたらう, あつて, ありませんけれども, ありやすか, あるから, あるだろうな, あると, あるの, あるべき筈, ある筈, いいからと, いいです, いいん, いか, いくらでもある, いちばんたいせつ, いつも渠, いる, うまく出来, おばさんが, かねて, かれら, こちらも, こっそりおとといあたり, この瑞巌寺, こぶしの, ござらん, しつくして, してあつ, してなかった, してなかったが, してなかったので, してるだろうから, しなかつたんで, しなくつて, すぐに, すっかりし, すっかりでき, すっかりできた, すっかりできてる, すっかり出来た, すっかり出来揚った, すっかり整った, すつかり出, すつかり欠け, すでに古く十八世紀末, すでに整い, すべてととのった, すべてなし終えた, すべて整っ, すべて調いました, するが, するの, するはず, その衝突, それでもなお, それほどなく, そんなところ, ちゃんとこっち, ちゃんと出来てる, ちやんとして, つづけて, できあがったという, できあがったよう, できたか, できたの, できてるか, できてるの, ととのいましたから, ととのうて, ととのえて, ととのえられた, どうぢ, ない, ないかも, ないが, ないし, ないの, なくまた, なく腹, なしお前さん, なんらし, ぬかりが, ねえすべい, ほとんどなかっ, ぼくが, まず畳, またよく, まだか, まだでき, まつたく出來上つて, まづ疊, もういい, もうでき, もう出来てる, もう既に成つて, もしほんとう, もし衝突, もつて, もとよりまだ出来, よいであります, よいね, よく現実, よけいな, よろしい, よろしいか, わしが, 一と, 一切叔父が, 一向ない, 一枚も, 一様に, 万全だ, 万端できあがった, 万端ととのっ, 並々ならぬ, 二十四時間かかった, 何うだ, 何から, 俳優として, 充分だ, 充分であっ, 先に, 全部整っ, 出来たか, 出来たかと, 出来てるかい, 出来てるの, 出来ましたね, 出来ますか, 出来上がって, 出来上ったの, 前の, 十分で, 却て, 周到であった, 周到である, 多少準備, 大いに曹丕, 好いかな, 好いよ, 好きぞ, 完了した, 宜き, 宜しい, 家が, 家康の, 少しも, 尤も肝要, 常に忘れなかった, 常に持っ, 当然ある, 微に, 必要であり, 忘れなかつたが, 忘れられて, 忽ち調いぬ, 悉く調う, 手ぬかりなかろ, 手間を, 持って, 提げて, 整いました, 整い人, 整ったであろうか, 整ったまさに, 整って, 整つた, 整へて, 旅費で, 既に出来, 日本に, 日本に対する, 早きが, 更にない, 朝廷を, 未だ至らない, 欠いて, 欠かさぬぞ, 欠けて, 正に成功, 派手に, 済んだ花形, 滞りなかろ, 無い, 無くては, 無用の, 申しつけて, 目的と, 直ぐ整った, 直ぐ整つた, 相当に, 細君の, 終り死刑囚火辻, 致して, 荒増し, 非常によ, 顔に

▼ 用意~ (240, 3.8%)

21 して 7 なかった, 出来て 5 しなければ, できて, ない 4 ないが, なしに 3 ないから, ないので, なくおいしよ, 出来た

2 [12件] かねて, したこと, しなくては, せずに, なりかねるところ, 充分に, 出來, 出来たので, 必要で, 想像以外の, 無しに, 無之候処

1 [146件] あった, あったであろうに, あったに, あって, あつて, あらかじめ女中, あらかた整った, ありまして, ありますが, ありますよ, ありません, あるか, あるから, あるが, あるし, あるべきであったが, あるべきに, ある筈, あれば, あろうし, いかめしく薫, いらない, お玉の, ございませぬが, させて, されて, した, した主婦, した方, してないの, してなかったから, してなく暖炉, しないで, しないまんま, しなかったじゃ, しませず, すでにできた, すでに大体, そのままに, それから後, できたから, できてや, できない早朝, できましたので, できるころ, できるでしょう, ととのえて, ととのって, どうやらきまった, ないし, ないと, ないに, ないの, ない俺, ない所, ない担夫, ない時, ない私, ない蝶, なかつたこと, なかりし故, なく, なくあいつ, なくして, なくしますと, なくその, なくて, なくては, なくどしどし, なくまた, なくポロポロ, なくリュウネブルク, なく一人, なく乗出し, なく大晦日近く, なく家婦, なく彼女, なく思いつき一つ, なく懐, なく日本平定, なく用い, なく肉体的苦痛, なく飛び出し, なけりゃなら, なしお, なし家来, なんにもない, はやく旗指物, ひとりで, また作家, まだ私, まったくなかっ, もうだめ, もとよりなかっ, わるいん, 一通り出来, 人とは, 人間として, 何も, 偵察も, 備わって, 充分でした, 入棺の, 全く成りつ, 出来たと, 出来ないで, 出来なかった, 出来ましたから, 出来ませんの, 出来上って, 出来新しい, 努力も, 卑怯なり, 変に, 失って, 子息たちや, 実力も, 必用だったであろう, 必要だ, 必要に, 忘れては, 思わずに, 怠らない, 我が手, 手練も, 捨てて, 教育も, 整いけるに, 整いました, 整ったと, 整へてから, 早や, 時間も, 比較的なく, 無い事, 申すまでも, 穴ボコへ, 籠めて, 致候, 薫は, 要らず有合せ, 要らぬ着のみ着のまま, 要る, 計画も, 野望も, 頼んだ

▼ 用意され~ (219, 3.5%)

43 ていた 41 ている 21 てあった 18 てある 15 てゐる 7 てゐた 4 てあつ 3 てい, ていない 2 つつある, てあります, ていなかった, ていました, ておりました, て順一

1 [52件] さてそのうえで悲劇的, その名声, それに, ただもう, つつあった, つつあつ, てあ, てあり, てありました, ていたであろう, ていたでしょう, ていった, ていなく, ています, ているだろう, ております, てなかっ, てゐ, てゐなかつた, てをりました, て三人, て交通, て其処, て居た, て居りました, て居ります, て彼等, て来た, て誰, て近藤, て釜, でもし, どんなスティーム鍋, よ, ジョウが, ストーヴの, ベスの, 一かたまり, 女院や, 彼の, 明智も, 春の, 発声装置も, 祝日に, 竹籠に, 第二, 美は, 美代といふ, 腕つ, 船客たちは, 進展には, 部屋の

▼ 用意した~ (189, 3.0%)

7 のか 4 ものを 3 のだ, のです, のは, ものと

2 [15件] おびただしい原子爆弾, のが, のだった, のであつ, のを, まえ, ものが, よ, んだ, んです, 席へ, 手付が, 文箱を, 柿色の, 蝋燭を

1 [136件] いいかた, いろいろの, うえで, おので, お島, お金も, お金を, か, かい, かと思う, から今後, か一尺五寸, か両, か弓張提燈, がいかに, けれどさて, ことだろう, ことで, ことな, しあんなに, それらは, だけであつ, ということ, というの, とおりこの, としたら, とも知れない, と言っ, に彼方, に相違, のかな, ので, のでありました, のである, のでしょう, ので家, ので小藩, までのこと, まま出しそびれ, ものか, もので, ものであった, ものは, ものも, ものらしく, やうな, ビラを, レター, 一隊が, 三挺の, 事が, 二梃剃刀で, 五兵衛の, 五兵衞の, 五十兩の, 五千兩の, 五百兩の, 侮蔑の, 処の, 出刄庖丁を, 別館だ, 剃刀に, 十七箇条は, 原理を, 嘆願書を, 場所に, 場所の, 場面を, 大きな麻ひもの, 大筒の, 契機によって, 密輸用の, 小説の, 岩見銀山を, 布団の, 幾十の, 広田内閣そのものの, 怪物は, 惨めな, 所が, 所へ, 手桶の, 打越は, 技巧を, 拳銃を, 方が, 是非一宿せよ, 時あたかも, 札の, 杉の, 材料で, 枠に, 柩を, 桐板に, 武士の, 沓の, 河童の, 灘の, 火攻めで, 為に, 焔硝で, 狂言用の, 猪牙で, 甕は, 男たちは, 男も, 百両に, 目録一封を, 短刀を, 石を, 石見銀山の, 石見銀山を, 祭の, 私の, 空っぽの, 竜神の, 細工だ, 結納の, 綱で, 縄が, 膳椀から, 薄着の, 言葉が, 贋金と, 輿を, 道具で, 遠見仕立の, 酒を, 金が, 釘勘の, 鋭利な, 限りの, 顕微鏡に, 食卓に, 食糧入れの, 鯛が

▼ 用意する~ (137, 2.2%)

9 ことを, のが 6 ように 5 ことが, ことに 4 のだ 3 ことは, ためには, のを 2 ことも, ために, だけの力, のは, やうに, 前に, 必要が, 必要は

1 [74件] か, がよい, が可, くらいにとどめ, くらゐなら, こころもちで, こと, ことこんな, ことをこそ, ための, ため北条家の, だけの分別, つもりである, というの, といふ新聞記者達, とか, ところある, とは, と何だか本当に, と平次, と言われ, などの役, にし, にすぎない, には必要, には正直, のだって, のだらう, のであった, のである, のです, のに, のに千, ばかりである, ひまが, ひまも, ほどのこと, ほどの長崎, ものか, ものかい, ものも, やらお茶, やらし, よ, よう仰せられた, よう召使に, わ, んだ, んです, 事も, 事を, 人は, 他は, 位だ, 余裕も, 処の, 心持を, 心構えは, 必要を, 時です, 時ほど, 暇は, 材料も, 気に, 為に, 積りだらう, 策も, 策戦は, 行動の, 製薬の, 適当な, 銭も, 飯は, 黄楊の

▼ 用意周到~ (81, 1.3%)

32 だね, なもの, なやり方, な犯人, な計画, を極め

1 [66件] だった素子, だつた事, だな, だよ, であ, であった, であったこと, であります, である, であるやう, でした, ですな, でないやう, で冷酷無慙, で組織的, で飾り塗り, で鬼神, とそうして, なこと, なもん, なやりくちです, なやり口, なよう, なるの, なるもの, なる注意, なる点, なる索引, なオッペルト, な人, な冒險, な司馬懿, な心根, な手筈, な推論者, な林田, な準備, な男, な相手, な米友, な絡繰, な蠅男, な順序, に, におこなわれた, にも万々一, にも明智, に一篇, に事物, に企らん, に処理, に待ち伏せし, に監督, に築きあげた, に萬, に裏づけられ, に過ぎ, に避け, のほど驚く, の人, の段取り, の船長, の計画, の逃げじたく, を欠い, 真に見上げた

▼ 用意された~ (71, 1.1%)

3 自動車に 2 提灯が, 芽が, 言葉も

1 [62件] からである, がそれ, がよい, こころもちで, ことで, ことの, これらの, し水, ところの, のかと, ので我意, のは, ままに, もう一つ, ものだった, もので, ものであった, ものの, やうな, やうに, ように, ゴールでは, バス, ボートへ, 一万の, 偽証な, 客車で, 工場の, 形式であっ, 心持が, 悪魔の, 担架の, 擔架の, 時に, 東向き二階の, 東向二階の, 棺桶であった, 死衣しょうな, 殺人では, 比較研究と, 町内の, 白紙張の, 知識も, 秘密の, 空々しいアリア, 船の, 苦行としか, 草々には, 荷馬車が, 薪, 行動主義一般の, 衣裳を, 訳です, 話題の, 調子であった, 運命を, 部屋と, 陥穽で, 食べものの, 食卓に, 饂飩が, 黒麦酒の

▼ 用意~ (61, 1.0%)

2 努力とを, 相見えた, 苦心とが, 長い間

1 [53件] あとを, いうと, いっても, いへば, おもえ, して, つぶさなる説明, どこおりなき, なったが, なって, なると, はいつて, また見かけ, みゆる, 云いだした, 云うので, 云っても, 傘履物, 優れた才智, 努力とが, 反省の, 号砲との, 多年にわたる, 家族たちとの, 怒鳴つたといふ, 思われる, 打合せと, 時刻とを, 時間を, 次は, 活動意識が, 為すもの是, 爲すもの, 現代の, 理解とを, 目的と, 知識とが, 研究が, 研究を, 縫子と, 苦心の, 見えます, 見るべきもの, 見る外, 見受けられた, 覚悟が, 覚悟と, 覚悟とを, 覺悟を, 謹厳を, 遊冶郎の, 順序が, 飯の

▼ 用意させ~ (40, 0.6%)

6 ておいた 3 てそれ 2 てあった, ておくれ

1 [27件] それを, つつあった, ていず, ていた, ていつも, ておいで, ておかね, ておかねえ, ておく, ておけ, てお伴, てき, てきた, てくれ, てござる, て下さい, て八代洲堀, て宵の口, て徹夜, て母子, て置い, て置いた, て置きました, て那覇, て開閉器, よ, 鳥の

▼ 用意として~ (27, 0.4%)

1 [27件] あらかじめ書き残し, いつも持っ, お花さん, かんづめ十個マッチの, その学校, まづ, われ, ゐた, ポテトを, 予め身心, 今私の, 以上の, 全工業力, 前に, 十一月は, 執り行, 年々の, 現代生活に, 真綿入りの, 聞いて, 胸に, 自分は, 蛮書や, 装填された, 財務整理, 雀の, 鮭の

▼ 用意しなけれ~ (24, 0.4%)

6 ばならない, ばならぬ 5 ばなりません 1 ばいけなかった, ばならないだろう, ばならなかった, ばならなくなった, ばなるまい, ば出来ない, ば金

▼ 用意せられ~ (23, 0.4%)

4 てある, て居た 3 ている 2 てゐ, てゐた 1 ていた, ていたでしょう, てから後, てゐる, て居, て居なけれ, 実は才能, 鳥媒花である

▼ 用意まで~ (19, 0.3%)

10 して 1 いたして, してあつ, してやって, ちやんとして, 一切は, 出来て, 心がけて, 念を, 怠りは

▼ 用意にと~ (18, 0.3%)

1 [18件] いうほど, ちびちび貯め, 先ほど, 八ヶ月前に, 十分の, 大きな梨, 床新さん達に, 彼に, 思ったわけ, 思って, 思つて清書し, 持たして, 持って, 炊事場から, 自分は, 蓮太郎が, 親御さんから, 長年かかっ

▼ 用意~ (14, 0.2%)

1 [14件] あつた, その癖, なかなか手廻し, やってきたの, わざと邪慳, 働きかけたこと, 大変いそがしく, 寝衣, 幾ら吸う, 彼は, 感情が, 機械を, 緊張した, 騒いで

▼ 用意万端~ (13, 0.2%)

3 ととのえて 1 お頼み, ととのえた彼女, の整う, は成り, をと, を整え, 怠るな, 抜かりなく, 整うて, 整ったこと

▼ 用意だけは~ (12, 0.2%)

7 して 2 一と 1 充分に, 多少し, 忘れなかツ

▼ 用意しない~ (11, 0.2%)

1 [11件] うちに, でその, では実験一つ, でもいい, で三千子, と言, ような, 不思議な, 不思議なさり, 奴が, 限り

▼ 用意~ (11, 0.2%)

21 かどう, ぞ出航用意, といつ, とさ, とよ, と文吾, と言っ, よ, ッ

▼ 用意である~ (11, 0.2%)

2 ことは, ことを 1 から普通, ということ, と云, のかも, のは, はいう, 一つの

▼ 用意あっ~ (10, 0.2%)

1 てお, てかからなかったら, てしかるべし, てすぐ, てそれ, てはじめ, て参らぬ, て朝, て然, て義弟

▼ 用意いたし~ (10, 0.2%)

2 ております, て皆様 1 て, てございます, てまいった, て參, て居ります, 候ところ永

▼ 用意したらしい~ (10, 0.2%)

1 一艘の, 大きな釘, 女持の, 手燭と, 木槌を, 石の, 竹竿を, 葡萄酒の, 説教台の, 鐵の

▼ 用意せられた~ (10, 0.2%)

1 のである, ものです, 二三枚の, 収入の, 地点も, 恐ろしい舞台, 救ひである, 気の, 筆に, 酒は

▼ 用意でも~ (10, 0.2%)

3 して 1 あったが, あったこと, したやう, なんでも, ねえよう, 命じて, 持たれる様

▼ 用意ある~ (9, 0.1%)

1 かさも, がこと, によって主人, は少, よう, 和歌の, 心を, 旨を, 晩食が

▼ 用意おさおさ~ (9, 0.1%)

2 おこたりなく, 怠りなかっ 1 おこたりないところ, 怠りが, 怠りな, 怠りない, 怠りなく

▼ 用意から~ (9, 0.1%)

1 ごく平易, であった, はじまって, みると, 出た揚言, 夕飯として, 女工の, 来て, 道橋の

▼ 用意など~ (9, 0.1%)

3 して 1 あわてふためかぬよう, いいつけ先, おさ, したので, せずとも, なさらぬよう

▼ 用意~ (9, 0.1%)

1 あると, それに, またその, 來會者人名などに, 奇智が, 実力に, 感覚に, 手入れに, 研究は

▼ 用意しとい~ (8, 0.1%)

2 て呉れ 1 てください, てくれ, てくれた, てやれ, て宜, て頂戴

▼ 用意周到さ~ (8, 0.1%)

1 が何, で同勢上野, とにあいた, と熟練, に驚いた, に驚く, はブルジョア的気質, を以て事

▼ 用意あり~ (7, 0.1%)

1 あてに, と云, と云う, や, 度存上候, 腹の, 隊長松風大尉

▼ 用意さえ~ (7, 0.1%)

2 して 1 ありません, あるん, できなかったらあるいは, 出来なくなる, 真紀子の

▼ 用意させた~ (7, 0.1%)

1 そばの, のだ, のである, のです, ので人びと, ほど用心, 酒を

▼ 用意とは~ (7, 0.1%)

1 そこの, その時夢, なささうでことに, 何か, 先ず酒, 畢竟著述, 自ずから異なってる

▼ 用意~ (7, 0.1%)

2 のです 1 のかも, のだ, のであります, ので短く, 急ぎ候え

▼ 用意などは~ (7, 0.1%)

1 お指図, して, なかつたし, 何う, 初めから, 無論し, 露も

▼ 用意には~ (7, 0.1%)

1 おさおさ怠り, 中の, 充分に, 寸毫の, 最もよから, 驚くべきもの, 高座に

▼ 用意深く~ (7, 0.1%)

2 考へ 1 一滴一滴と, 前へ, 対処なす, 心様も, 検分した

▼ 用意される~ (6, 0.1%)

1 ことによって, し心, とそれに, のは, 回答あなたが, 大床子

▼ 用意したる~ (6, 0.1%)

2 心を 1 弓の, 支度甲斐甲斐しく, 種が, 黄金の

▼ 用意しろ~ (6, 0.1%)

21 とおっしゃった, と教えた, と言, よ

▼ 用意せね~ (6, 0.1%)

3 ばならない 2 ばならぬ 1 ばなりません

▼ 用意であった~ (6, 0.1%)

1 かと思われる, がただ, ことは, とみえる, のか, ので

▼ 用意なし~ (6, 0.1%)

1 という打込み, と見た, には忍ん, には戻れない, に正月, に食堂

▼ 用意なども~ (6, 0.1%)

2 昨夜の 1 あった, いたして, して, 持たせて

▼ 用意~ (6, 0.1%)

1 かいの, かい犯行, かい目を, かい秀郷, かく隠し, かさ紫式部

▼ 用意をも~ (6, 0.1%)

2 忘れては 1 必要と, 忘れなかった, 忘れまいと, 込めて

▼ 用意させる~ (5, 0.1%)

1 から, といつも, と右門, ほどの公儀衆, わ

▼ 用意せず~ (5, 0.1%)

1 において地, に出ました, に割れ, 糸も, 草鞋も

▼ 用意せよ~ (5, 0.1%)

1 とある, というよう, と仰せられた, と告げ, と命じた

▼ 用意なぞ~ (5, 0.1%)

1 にいそがしかっ, はなく, もさせる, をさせた, をする

▼ 用意なんか~ (5, 0.1%)

1 してないわ, しなかったので, する必要, できて, 全くし

▼ 用意この~ (4, 0.1%)

1 中に, 作品が, 穴倉には, 通りととのいおりまする

▼ 用意してない~ (4, 0.1%)

1 ところへ, のだ, ので衣冠束帶, 日本の

▼ 用意しなく~ (4, 0.1%)

2 てはならない 1 ちやならねえ, ても可

▼ 用意しよう~ (4, 0.1%)

1 か, とし, と立つた, 彼は

▼ 用意です~ (4, 0.1%)

21 がその, ね

▼ 用意では~ (4, 0.1%)

1 ある, あるまいか, あるまいけれども, ないか

▼ 用意という~ (4, 0.1%)

1 のは, ものが, ものであろう, ような

▼ 用意なく~ (4, 0.1%)

1 ては入る, ては出来, 少し閉口, 遊び友達の

▼ 用意などを~ (4, 0.1%)

1 あれこれと, その返事, ととのえる, 為はじめた

▼ 用意にも~ (4, 0.1%)

1 それぞれ御用取扱人が, 困るからと, 感心しました, 相成った

▼ 用意~ (4, 0.1%)

1 の外, も致し置きません, も追い追い遊ばされ, 出て

▼ 用意ありし~ (3, 0.0%)

1 なり, やあきらか, 事とて

▼ 用意かしこき~ (3, 0.0%)

3 傘二本

▼ 用意~ (3, 0.0%)

1 へある, へし, へすれ

▼ 用意しか~ (3, 0.0%)

1 あるまい, ございませぬで, 持ち合

▼ 用意してる~ (3, 0.0%)

1 ことも, のかなあ, 若い娘たち

▼ 用意しなかつた~ (3, 0.0%)

1 のは, 場所を, 平次は

▼ 用意します~ (3, 0.0%)

1 けど貴女, けれども貴方, にしろ

▼ 用意すれ~ (3, 0.0%)

1 ばそれでも, ばよかつ, ばよろしい

▼ 用意せしめ~ (3, 0.0%)

1 おきし, 御自身, 見参に

▼ 用意せぬ~ (3, 0.0%)

2 かッ 1 小舟も

▼ 用意せる~ (3, 0.0%)

1 も似気無し, 砧木に, 貴嬢

▼ 用意だけ~ (3, 0.0%)

1 させて, だ切手代, でどれ

▼ 用意だった~ (3, 0.0%)

1 というくらい故, のだろう, のである

▼ 用意としては~ (3, 0.0%)

1 地方の, 方法論的省察と, 最初の

▼ 用意とで~ (3, 0.0%)

1 いっぱいに, なされた, もって

▼ 用意なかなか~ (3, 0.0%)

1 周到な, 徳本輩の, 粗末で

▼ 用意のほどに~ (3, 0.0%)

1 感じ入った, 抜かりは, 降参し

▼ 用意のほどを~ (3, 0.0%)

1 意味する, 示されて, 見ると

▼ 用意をととの~ (3, 0.0%)

2 へて 1 へること

▼ 用意をば~ (3, 0.0%)

1 すべて怠りなく, 常に怠り, 整えつ

▼ 用意を以て~ (3, 0.0%)

1 するかは, そっとドア, 考へられ国民

▼ 用意全く~ (3, 0.0%)

1 出来上ったが, 成れり, 終つてシビレを

▼ 用意致し~ (3, 0.0%)

1 ておる, て是, 置候間早速

▼ 用意あれ~ (2, 0.0%)

1 っ, や早く

▼ 用意いたしました~ (2, 0.0%)

2 四つの

▼ 用意~ (2, 0.0%)

1 仕や, 得意への

▼ 用意かも~ (2, 0.0%)

1 しれないと, 知れません

▼ 用意されね~ (2, 0.0%)

1 ばならなかった, ばならぬ

▼ 用意したら~ (2, 0.0%)

1 いいの, 齶田の

▼ 用意しとく~ (2, 0.0%)

1 から, のは

▼ 用意しなかった~ (2, 0.0%)

1 ことを, ため絶頂までの

▼ 用意しません~ (2, 0.0%)

2 がそれでも

▼ 用意せい~ (2, 0.0%)

1 と云, ッ

▼ 用意せし~ (2, 0.0%)

1 むるに, 所なりと

▼ 用意せられる~ (2, 0.0%)

1 のに, ものだ

▼ 用意だけを~ (2, 0.0%)

1 して, するに

▼ 用意だに~ (2, 0.0%)

1 あれば, 固めて

▼ 用意~ (2, 0.0%)

2 集れい

▼ 用意~ (2, 0.0%)

2 集れい

▼ 用意できた~ (2, 0.0%)

1 かジョージ, ころです

▼ 用意できる~ (2, 0.0%)

1 だけであり, のは

▼ 用意とか~ (2, 0.0%)

1 思慮とかいう, 膳飯の

▼ 用意とても~ (2, 0.0%)

2 なし

▼ 用意との~ (2, 0.0%)

1 必ずしも統一, 間に

▼ 用意とを~ (2, 0.0%)

1 持つて, 正しい

▼ 用意なさらなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばいけません, ば時間

▼ 用意なすっ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て冬

▼ 用意については~ (2, 0.0%)

1 大体を, 早大総

▼ 用意はと~ (2, 0.0%)

1 心がけるの, 言うん

▼ 用意ばかりを~ (2, 0.0%)

1 して, 院は

▼ 用意らしい~ (2, 0.0%)

1 という風聞, ものは

▼ 用意シテ~ (2, 0.0%)

2 置け

▼ 用意充分~ (2, 0.0%)

1 してさえ, で弓鉄砲

▼ 用意出来~ (2, 0.0%)

1 たりとて下女, てゐ

▼ 用意十分~ (2, 0.0%)

1 と答えた, に熟したる

▼ 用意~ (2, 0.0%)

1 の九戸政実, の九戸政實

▼ 用意深い~ (2, 0.0%)

1 一つの, 又自分

▼ 用意萬端~ (2, 0.0%)

1 すっかり私ども, は整つて

▼ 用意身分相応~ (2, 0.0%)

2 に御

▼1* [203件]

用意あそばされた物らしい, 用意あったは当然, 用意あつて然, 用意あはれ短き契り, 用意いいか, 用意いざ方々, 用意いたさせましたの, 用意いたしたとあっ, 用意いたしたる肴物ご覧くださる, 用意いたすよう, 用意いつ死んでも, 用意いまだ調わざる今日, 用意いろいろの努力, 用意おしやない, 用意および周到綿密な, 用意おれはここ, 用意クワも, 用意がととのつてゐた, 用意ぐらゐしておけばよからうと云ふので, 用意こそいわゆる茶道, 用意これなく自然, 用意させとくからなるべく, 用意させましたが人, 用意させ見る人が, 用意されかけていた, 用意されすてはそれ, 用意されたらしい空室には, 用意された云わば科学的写本, 用意されてないからであり, 用意されてる番茶を, 用意されましたがそうそう, 用意されようとし, 用意され逃げる道が, 用意したおぼえはない, 用意したがるものな, 用意したであろうかは文芸史家, 用意したれば海老茶, 用意した下っ引が, 用意しっかりして, 用意してなかったのだ, 用意してなくてはならぬ, 用意しといた拍手多し, 用意しときますよ, 用意しとるんだ, 用意しなけア厭, 用意しないだろうか, 用意しなきゃあ急, 用意しまして浪士, 用意しましたがわたくし, 用意しましょうか, 用意しろ逃げろ下水から, 用意し乾いた柴に, 用意し切った声が, 用意し干魚乾貝川魚鳥肉果実牛酪菜根など, 用意し得るのでなけれ, 用意し終るとそれ, 用意し買ってもらえ, 用意し預かりの鍵, 用意すべしと先, 用意すらなかった, 用意するらしくもなかつた, 用意ちょる, 用意せなければならぬ, 用意せらるるのは, 用意せられたるタタマシヒ, 用意せられれば幸, 用意そのほか充分な, 用意その他の支度, 用意それを濡, 用意それから関所切手, 用意それぞれが評論, 用意それらは日本人, 用意たのむと, 用意だけに言及すれ, 用意だの要害も, 用意ってなんの, 用意つまり教養自覚内省の, 用意ものが, 用意であり努力であります, 用意であろう小さい床の間, 用意できてあら, 用意できない状態だった, 用意できましたの, 用意でござるか, 用意というかその点, 用意といったところで, 用意といふのは, 用意としての奥州語の, 用意とて大柑子, 用意ととのうております, 用意とも受取れた, 用意とりどりにて支度, 用意とを以てこれを, 用意なきといずれ, 用意なければ倶, 用意なさいまして婚礼, 用意なさるのにどの, 用意なされおまえさまご, 用意などが着々と, 用意なんぞはうわの空でし, 用意なんてある筈, 用意において操作において, 用意にぞ掛りける, 用意についていろいろお, 用意にてせわし, 用意にとって置いた種子, 用意にとて縞セルの, 用意にもかかつてゐない, 用意にもと絶えず貯蔵, 用意によるものである, 用意に対してであつ, 用意のほど御尤, 用意のみ鞍を, 用意しなさせ給, 用意ばかりして, 用意ばかりが以前の, 用意ふかく愛子シゲという, 用意までを一人で, 用意やがて備ひける, 用意やしけむ従卒, 用意やをして, 用意ゥし, 用意よきか, 用意よく山鹿の, 用意よしの返事, 用意よりもなお周到, 用意よろしいか, 用意をととのへながら, 用意オサオサ怠るところ, 用意取ッテ置イタ金ガ浮イタ訳サ, 用意ニポケットニ忍バセテ来タセデスヲ二錠颯子ニモ佐々木ニモ見ラレヌヨウニ, 用意整エテ置イテモイヽツマリ過, 用意ヲシタコトハナイガソレデモ間違イハナカッタノデアルシカシ御老人ガ注射ヲオ受ケニナルト云ウナラ, 用意ヲシタヾケニ博士ノ落胆ハ甚ダシイ, 用意ヲトトノエテソノ車デ出, 用意一家のもの, 用意万事無造作な書生流儀, 用意万端其方に任せる, 用意万端手ぬかりはあるまい, 用意不用意の中, 用意薬種並道具等申合, 用意れば, 用意二足でも三足, 用意候内紀州の, 用意仕掛けがし, 用意以外の物, 用意其の苦心實に, 用意其他万端の事, 用意出来心でない証拠, 用意即ち修行という, 用意即座に左膳, 用意密なり, 用意周到ぶりだよ, 用意周到綿密にやらんけり, 用意周到行きわたらざる隈, 用意ふべきでないか, 用意女肌には緋, 用意奸智に長けたる, 用意完了の艇, 用意宿の割りあて, 用意幸福と歓喜, 用意のあげおろし, 用意待望だ, 用意心得の女ども, 用意怠りなく, 用意怠るな, 用意成りて三挺, 用意手ぬかりないよう, 用意手早くいたせよ, 用意て近代無, 用意抜かりなくいた, 用意へるを, 用意整えて目的地, 用意を全, 用意既に整い寝巻, 用意最中にぼく, 用意有り好結果, 用意残るところなく, 用意気分またはその, 用意氷雪に耐える, 用意洩れなく準えて待ち受け, 用意洩れ無く燒き炙り, 用意浅しと云, 用意かく行く, 用意済みでしたから, 用意レ零五二・四三, 用意玄女とやらいう, 用意申しておった, 用意なもの, 用意竹槍の用意, 用意総員艦内に下れ, 用意至れり尽くせり, 用意致す可き, 用意致せと云う, 用意萬端兵部が指図, 用意詳審尚未可, 用意調いいよ, 用意調うかと問う, 用意軒丈ほどの高, 用意遊ばして下さりませ, 用意の分配, 用意頼むファルク・ホテルへ, 用意願いましてということ