青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「眺める~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

眠っ~ ~眠り 眠り~ ~眠る 眠る~ 眸~ ~眺め 眺め~ ~眺めた ~眺める
眺める~
~眼 眼~ ~眼つき ~眼前 眼前~ ~眼鏡 眼鏡~ ~着 着~ ~着い

「眺める~」 1700, 18ppm, 6229位

▼ 眺める~ (545, 32.1%)

9 それは 7 彼は 4 私は 3 さすがに, 三吉は, 今まで, 成程

2 [19件] いふこと, お志保, これは, さながら松, その眼, 一面に, 人は, 今朝は, 何か, 例の, 向うの, 彼女は, 急に, 拷問に, 暑い暑いなどと, 正三, 真暗な, 雛罌粟や, 雪も

1 [475件] ああ自分, あの無, いい景色, いうと, いうよりも, いかさま大道, いかにも高尚, いたましいよう, いま噂に, いやこれ, いろいろ感想, おずおずと, くすんだ赤い, こうして一日一日, ここにも, ここは, こっちには, ことさらに, ことに依れ, この原始, この建物, この時評, この点, この美しい, こんど彼女は, こんもりした, さすがの, さっき御, ずいぶん長い, そこに, そこには, そこの, そのまま默, そのまわり, その上, その前方, その当時, その感, その海岸線, その表情, その途中, その重た, その間に, その霧, その黄色, それから, それが, それらしい, それらの, たしかに見, ただ一筋, ただ怪訝, たちまち片, たった十五分, たつた十五分, たとえば光り, だが馬上, ちょうどポルカ, ちょうど正, ちょこんと二階, ちよつと, ちらりと冷たく, ついこの間, とけた霜, とても暖かい, どういうわけ, どういふ, どうした, どうにか区別, どうもその, どうも墨, どうやら辱知, どこへ, なごやかな気持に, なるほどいる, なるほどこの, なんだかへん, なんとそれ, はげしい太陽, はしって, はなはだ物足りなかっ, はるか遠く, ひとしお此, ふたりとも, ふだんは, ほとんど冒険, まがう方, まぎれも, まことにたより, まさしく一個, またあの, また忌わしい, また降りこぼれ, まだ一時, まゆみは, まるでひどく, まるで別人, まるで森, もうそここ, もう私, やはりそこ, やはり水, やはり陸地, やや気まり, わけも, わたしの, わたしは, オヤッという, カテリイヌも, ギョッと, ゴーリキイには, ダニーロには, ツイその, バルザックの, バンドに, フランス近代詩人の, ワン, 一々違っ, 一つの, 一口に, 一向に声色, 一向に路, 一方は, 一時この世の, 一直線に, 一行が, 一面の, 丁度この, 丁度円形劇場, 丁度日は, 丁度長い, 七名の, 丈の, 三丁ばかり, 三十二相ことごとく, 三味線を, 三峠山と, 三日経て, 上州方面で, 上手の, 上陸し, 上高井の, 不思議に, 丑松は, 中には, 中は, 中ノ岳は, 九月十五日から, 二た, 二三間も, 二人とも, 二人は, 二十歳以下な, 二抱へも, 二歳ほどの, 云うては, 云うの, 云ふこ, 五間ほどの, 人の, 人数が, 人間は, 仄かな, 今は, 今夜は, 今宵は, 今度は, 今映画の, 今淡路の, 今迄, 他には, 低い丘, 何かしら心が, 何となく心強い, 何となく殺風景, 何と云う, 何一つ道具, 何処かに, 何方へ, 何百匹ずつ, 作者の, 倫敦の, 傍らの, 全くガラガラ, 全く二人, 其処には, 其方ばかりを, 其處は, 冬の, 凄いほど, 凡そそんな, 凡そ彼, 凡てが, 前の, 前方には, 前日の, 加藤は, 十分な, 半丁ばかりの, 可なり, 同じよう, 同時にはっと胸, 同時に主, 同様で, 向う側に, 向の, 向ふ, 吸殻が, 咄嗟に, 品川の, 唐の, 困つた顔, 国境の, 国境ひ, 土堤沿いの, 土塀に, 地味で, 坦々たる, 堤防を, 堪らない疳癪, 塀の, 壁の, 壮観な, 夜を, 大きな雲, 大きな黒い, 大体これ等の, 大学という, 大小四人が, 大概刈手の, 天の, 奥の, 好い陽気, 如何にも七時, 如何にも可憐, 如何にも大, 如何にも日本, 如何にも表面, 如何に凄, 季節だけに, 学士も, 実に小さい, 実際の, 実際よりは, 家の, 富士は, 小川の, 小窓裏, 少しく趣, 少しも, 屋根も, 山の, 山容は, 屹立した, 嶮岨な, 巣の, 左の, 帆綱の, 帝劇の, 帝都の, 常磐も, 年かさの, 庵看板の, 彼の, 彼も, 彼女の, 彼女を, 彼方の, 彼等は, 往々おかしな, 往々に, 往々天, 往来は, 後頭部に, 微笑を, 徳ちやんの, 思わず手, 思わず陶然, 恰で, 恰も水中, 恰も白竜, 恰度寝, 意外にも, 或る, 或満足, 戦争が, 抜けた毛, 持って, 指さして, 提灯は, 支那の, 数株の, 新緑の, 新蔵は, 既に十分酔, 明かに, 明るい日光, 明るい赤, 星が, 星影淡き, 昨日は, 昭和十四年は, 時々放水路, 時々昨夜以来, 時には庭掃除, 時代の, 最早何処, 月夜野橋の, 有るわ, 木も, 未だ四辺, 村道を, 杓子岳続きの, 来路, 東の, 東南の, 松代藩の, 果して百ヤード許, 校長は, 根津の, 案に, 楯を, 権利書は, 樹, 樽野の, 檜葉や, 欅の, 歌声の, 此戦争の, 此時朝霧霽る, 此間鶴井が, 母や, 母屋の, 気が, 気の, 水の上に, 水の上には, 水天いずれとも, 決して本質的, 汽車は, 洋々たる, 浦粕町が, 海が, 涙ぐましくなつた, 深く感じる, 湖面が, 溪が, 瀑は, 灰色を, 炎々たる, 無性に体中, 無理ない, 片っぽ, 物体は, 独りで, 独英日が, 猛狒, 理解は, 生々と, 生活そのものが, 田圃の, 田野菜畠桑畠皆な, 畑の, 白い煙, 白衣を, 目に, 目の下に, 目白の, 直ぐ二三間先, 相当の, 真っ青な, 真青に, 真黒な尖った, 眩しいやう, 眼を, 眼下に, 眼下の, 眼元の, 瞼を, 石の, 石油販売店の, 石畳が, 砂からは, 硝子窓を通して, 私が, 私の, 私胸が, 秋の, 種々の, 空には, 空は, 空中に, 突如どしどし急速, 素晴らしく綺麗, 結局高, 絵図が, 絶壁が, 羊歯科の, 美しいもの, 職業的に, 背筋を, 胡散げに, 胸は, 脊が, 自由無碍な, 自転車ばかりが, 舞人達は, 舵手の, 色と, 茶の, 薄いスカート, 薄や, 薔薇は, 藁葺の, 蜀軍の, 街燈の, 街燈を, 衝立岩の, 裸ん, 西の, 見事な, 角力の, 読者と, 誰れで, 諸君は, 警視庁の, 讃美すべき, 谷であった, 赤城の, 赧ら顔の, 車の, 辰野工学博士の, 遙か, 遠い奥山, 遠く機関車, 遠く機關車の, 邪慳に, 部屋の, 都会の, 酷く殺風景, 重い空, 重く深く閉塞つた雪雲, 重吉は, 野が, 針金を, 釣橋の, 銀山, 銀杏の, 鐘ヶ淵の, 長い連嶺, 長大な, 長尾は, 閉め忘れた雨戸, 閑地の, 間もなく此奴, 闇太郎たちまち, 闇黒なる, 陸地は, 集注出来る, 雨に, 雨の, 雪が, 雪に, 雪山の, 電光艇は, 頭上高く, 顔色を, 風の, 駅寄りの, 驚くほど, 鯨が, 麗は, 黄の, 黒く濡れた, 黒ぐろと

▼ 眺めること~ (173, 10.2%)

15 が出来た 10 ができた, ができる 8 が出来る 5 が出 4 がある, になる, の出来る 3 ができない, が出来, のできる

2 [11件] があつ, がありました, ができたら, が好き, だ, です, では, によつて, の出来ない, は直ちに, もあった

1 [82件] がすく, ができ, ができなかった, ができなくなっ, ができぬ, がむつかしく, が一番, が出来なかった, が出来ました, が叶いましたなら, が既に, が最も, が盛ん, さえあった, さえ邪魔, すら私, だけを知つて, だった, だらう, だろう, である, であろう, なしに, にかかっ, にきめました, にし, にした, にしました, になり, にはおのずから, によって一段, によって彼女, により, に彼, に由つて和やか, に非常, のみが目的, のみに止まらない, の素晴, の美し, はあ, はお茶, はこの, はすこぶる, はそこ, ははたして, は不可能, は伸子, は僕達, は出来ない, は出来なかった, は初めて, は勿論, は少し, は少時他日, は座敷, は新, は決して, は煩雑, は絶対, は絶間, は苦し, ばかりに努力, もある, もできず, もできない, も出, も出来ない, も出来る, も多, も苦し, を人間, を喜ぶ, を喜ん, を好ん, を好んだ, を意味, を撰ぶだらう, を樂, を沁, を生活, を知っ

▼ 眺める~ (171, 10.1%)

23 だった 14 である 12 でした 10 であった 7 が好き, です 5 だつた 3 だったが 2 が常, と同じ, は実に

1 [84件] かどっち, か器, がたのしかっ, がたまらなく, がパリー気分, が一番, が他, が何より, が堪らない, が愉し, が最も, が楽しみ, が武士, が癖, が目的, が私, が美しい, が苦し, だ, だから, だが, だけは止せ, だつたらイヤ, であります, であるいや, であるが, ですもの, では, と湖岸, と略, には二つ, には尚, にも一向に, にも眺める, に弱, に比べ, に気づく, に適宜, はお茶, はさぞや, はだれ, はもう, は不思議, は事なき, は今, は何, は困難, は好き, は彼女一人きり, は怖し, は支那旅行, は楽しい, は楽しみ, は樂, は気がかり, は私, は長い, は開け放し, もその, もはかな, もはなはだ, もまんざら, も一つ, も一種, も一興, も実に, も心地, も快い, も悪く, も感じない, も気の毒, も洒落, も無理, も興味, を一つ, を一日中, を例, を好みます, を楽しみ, を樂しみ, を欠くべからざる, を私, を自分, を見る

▼ 眺めるよう~ (80, 4.7%)

8 になった 7 になっ 5 な心持 2 な位置, な気持, な眼つき, な眼付, な風, に眺め

1 [48件] すですばやく, でまだ, なひろびろ, なぼんやり, なもの, な例, な味わいかた, な年配, な当, な形, な心地, な心持ち, な快感, な恰好, な悲し, な感情, な態度, な或は, な星, な欣び, な気, な気分, な目付, な目差し, な眼眸, にお前さん, にこと, にしか見ない, にした, にと教えた, になり, になりました, にぼやけ, に伸子, に何, に割れた, に大船, に小心, に楽しん, に淋しく, に目, に突っ, に見やった, に近, に近寄り, に送っ, に飽きない, に鮮明

▼ 眺める~ (43, 2.5%)

4 が出来る 3 がある, が出来た 2 があった, ができた, にし

1 [27件] ができます, が出, が出来, が出来ました, が必要, だろうどうせ, になった, になつ, に何, のできなかった, のできる, の出, の出来ない, はしなく, は不可能, は自由, もあった, もできた, もできるでしょう, も情ない辛い, をしなかつた, をすすめたい, を出来る, を忘れ, を忘れなかった, を憚, を重大

▼ 眺めるやう~ (24, 1.4%)

4 になつ

1 [20件] ですから, なこれらすべて, な余, な余りに, な奇妙, な心持ち, な気持, な眼つき, な顏, に, にこの, にした, にそこ, にその, にでき, に別に, に彼, に眼, に見, に駄夫

▼ 眺めるので~ (22, 1.3%)

17 あつた 2 私は 1 せうかね, 多少形, 彼女の

▼ 眺める~ (21, 1.2%)

2 のよう

1 [19件] があつ, がくる, がすく, この新しい, すら彼, その美し, にはかえって, にはただ, には明, には難なく, にふつ, に先ず, に多く, の心持, の表情, はどこ, は往々, は皮肉, 或は単に

▼ 眺めるため~ (18, 1.1%)

1 [18件] でもなかつた, に, にそして, には新橋停車場内, には是非, に俥, に公園, に四抱え, に役立ち, に持ってる, に本, に椅子, に私, に起った, に集まつ, の容れ, の小さい, の手段

▼ 眺める~ (18, 1.1%)

2 しましても, 及んで

1 [14件] あるから, しくは, ちがいありません, ちがいない, つけて, とどめよう, よく北京郊外万寿山, 人と, 及び誠に, 相違ない, 過ぎぬならば, 違ひない, 都合好く, 骨は

▼ 眺めるばかり~ (18, 1.1%)

2 だった, です

1 [14件] だ, であった, であったが, である, でした, で一体, で動かなかつた, で更に, で陽, 何より先, 嘗て曲者, 娘の, 漸く気, 腕を

▼ 眺めるだけ~ (17, 1.0%)

3 だつた

1 [14件] だ, であった, です, ですぐ, ですよ, でそこ, では, でもう, で一度, で何, で冷静, で定められた道, で言葉, で講演

▼ 眺めるとも~ (13, 0.8%)

4 なく眺め 2 なく神田明神下, 室の 1 なく前, なく戸口, なく民子, なく空, なしに

▼ 眺めるもの~ (13, 0.8%)

1 [13件] だから, だが, だと, である, であること, では, について吾, に何と, のロマンティシズム, はそも, はない, は正味, は茶室

▼ 眺めるだけで~ (12, 0.7%)

3 あつた 1 一日を, 二年を, 十分でした, 四十年過ぎ, 堪えて, 心に, 我慢し, 我慢する, 満足しつ

▼ 眺めるとき~ (12, 0.7%)

2 には大きな 1 あの空, すなわち生命, ただただはがゆ, とは書物, に始めて, はいつ, は太陽, 既に, 最も孤独, 最も孤獨

▼ 眺める~ (11, 0.6%)

2 の心 1 なら実は, に幻, の態度, の方, は家康, は誰, ほど多く, もないだろう, や屋根

▼ 眺めるという~ (10, 0.6%)

2 気分にも 1 ことは, のだけ, のは, ような, 事さえ, 字の, 態度が, 風流な

▼ 眺めるほど~ (10, 0.6%)

1 その大き, その岬, であった, ほとほと感, 強く彼, 彼は, 情が, 愉快な, 気分は, 苦労を

▼ 眺めるだけの~ (9, 0.5%)

2 眼で 1 値うちが, 勇気を, 気持の, 目を, 興味だつたらう, 表情であった, 飾りものとして

▼ 眺めるには~ (9, 0.5%)

2 廓内京町一二丁目の 1 あまり色素, ちょうどいい, ちょうど手頃, 吟味所の, 堪えがたい壮観, 惜しい, 縁側に

▼ 眺める~ (9, 0.5%)

2 がし 1 がどうして, にさえなった, になりました, になる, にもなれなかつた, もなく, も何

▼ 眺める~ (8, 0.5%)

2 烈々たる 1 やがて通りすぎ, よい, よいと, ように, ミーシャは, 直ぐよし

▼ 眺めるうち~ (7, 0.4%)

1 にその, にだんだん, に伸子, に斯, に暗闇, に段々, に胸

▼ 眺める~ (7, 0.4%)

2 否や 1 大きく先ず, 対手は, 片里は, 白髯痩躯の, 退屈男の

▼ 眺めるより~ (7, 0.4%)

3 ほかに 2 仕方が 1 他に, 月下の

▼ 眺めるよりも~ (7, 0.4%)

2 自分が 1 安全な, 寝て, 幾分かは, 淋しい風物, 鶏を

▼ 眺める~ (6, 0.4%)

1 さもなければいつしか, さもなければ何と, または寝床, 熱い唇, 疾走する, 觸る

▼ 眺めるたび~ (6, 0.4%)

1 にわが, に何, に太, に春風, に父, に私

▼ 眺める気持~ (6, 0.4%)

1 がし, に似, は何とも, もなく, も雨, を詠んだ

▼ 眺める~ (6, 0.4%)

2 があった 1 があつ, のある, を改めなく, を養い出した

▼ 眺める~ (6, 0.4%)

1 がちがっ, に遠近, の人, はかぎり, も子供, 眺める鏡

▼ 眺めるところ~ (5, 0.3%)

2 に個性 1 どうやら海上, まで行く, 行くさ

▼ 眺める景色~ (5, 0.3%)

1 のよい, の良, は譬, も変った, を賞す

▼ 眺める~ (4, 0.2%)

1 あり何, あり母親, ある, 果ては

▼ 眺める~ (4, 0.2%)

2 だが 1 だわ, です

▼ 眺める~ (4, 0.2%)

1 の朝景色, はない, はなかっ, はなかつた

▼ 眺める~ (4, 0.2%)

1 があれ, としてこういう, には何と, の心

▼ 眺める自分~ (4, 0.2%)

1 の心, の眼, の胸, の顔

▼ 眺める~ (4, 0.2%)

2 をし 1 でぶらりと, をした

▼ 眺めるあの~ (3, 0.2%)

1 冷淡な, 眺望の, 装置を

▼ 眺めるごと~ (3, 0.2%)

2 にかれ 1 にたった

▼ 眺めるだけに~ (3, 0.2%)

1 あき足りずつついて, なって, 止めた

▼ 眺めるつもり~ (3, 0.2%)

2 になっ 1

▼ 眺めるなどは~ (3, 0.2%)

1 一般の, 嘗て一度さ, 退屈に

▼ 眺めるなんて~ (3, 0.2%)

1 ことは, はじめての, 見て

▼ 眺めるのに~ (3, 0.2%)

1 倦きた, 絶好の, 趣きが

▼ 眺めるふり~ (3, 0.2%)

3 をし

▼ 眺めるほどの~ (3, 0.2%)

1 まともな, 美しさ, 面白さ

▼ 眺めるよりは~ (3, 0.2%)

2 風流人の 1 寧ろ舊主

▼ 眺める人間~ (3, 0.2%)

1 の一生, の顔, は祈り

▼ 眺める~ (3, 0.2%)

1 と言う, も見あたらぬ, や海

▼ 眺める~ (3, 0.2%)

1 であった, の眼, をまた

▼ 眺める~ (3, 0.2%)

1 が朝子, は萎微, も失つて

▼ 眺める心持~ (3, 0.2%)

1 で眼, は一寸, 思うと

▼ 眺める~ (3, 0.2%)

1 なもの, な淡い, に美しい

▼ 眺める~ (3, 0.2%)

2 に寂しい 1 にいつ

▼ 眺める~ (3, 0.2%)

2 に本 1 か一層

▼ 眺める~ (3, 0.2%)

1 の前, の底, も特定

▼ 眺める~ (3, 0.2%)

1 であります, の景色, 気の

▼ 眺める風景~ (3, 0.2%)

1 であ, の美し, は千曲谿谷的

▼ 眺める~ (2, 0.1%)

1 むらの, 艶と

▼ 眺めるかという~ (2, 0.1%)

1 ことについて, 質問な

▼ 眺めるかも~ (2, 0.1%)

1 知れない, 知れないという

▼ 眺めるこの~ (2, 0.1%)

1 刺すよう, 室の

▼ 眺める~ (2, 0.1%)

1 うだな, へ悲しい

▼ 眺める~ (2, 0.1%)

1 若い衆たちは, 髪を

▼ 眺めるせい~ (2, 0.1%)

1 か稍, でも

▼ 眺めるその~ (2, 0.1%)

1 すぐれた風景, ときどき絶えず現れ

▼ 眺めるだけでも~ (2, 0.1%)

1 たっぷり一時間, 親父の

▼ 眺める~ (2, 0.1%)

1 あらう, あらう乎

▼ 眺めるといった~ (2, 0.1%)

1 ふうに, 風な

▼ 眺めるといふ~ (2, 0.1%)

1 あの小手, 癖が

▼ 眺めると共に~ (2, 0.1%)

1 どこからとも, 今まで

▼ 眺めるどころか~ (2, 0.1%)

1 どうやら彼, 駆け出して

▼ 眺めるにも~ (2, 0.1%)

1 それを, 勾配の

▼ 眺めるのみ~ (2, 0.1%)

1 だ, だった

▼ 眺めるクサイ~ (2, 0.1%)

2 の島

▼ 眺める世界~ (2, 0.1%)

1 であるが, はこれ

▼ 眺める位置~ (2, 0.1%)

1 によって随意, に作者

▼ 眺める余裕~ (2, 0.1%)

1 がある, もでき

▼ 眺める光景~ (2, 0.1%)

1 であつ, は歴然

▼ 眺める場合~ (2, 0.1%)

1 がある, だけだ

▼ 眺める大雨~ (2, 0.1%)

2 の後

▼ 眺める~ (2, 0.1%)

1 にかう, に茫然

▼ 眺める態度~ (2, 0.1%)

1 である, を養っ

▼ 眺める~ (2, 0.1%)

1 が人格, が多く

▼ 眺める時胸~ (2, 0.1%)

2 にむせぶ

▼ 眺める機会~ (2, 0.1%)

1 があろう, はほとんど

▼ 眺める殊勝~ (2, 0.1%)

2 な心

▼ 眺める~ (2, 0.1%)

2 の眼

▼ 眺める気力~ (2, 0.1%)

1 がなく, もなく

▼ 眺める気持ち~ (2, 0.1%)

1 は不意打ち, も常

▼ 眺める~ (2, 0.1%)

1 には先だつ, は静か

▼ 眺める為め~ (2, 0.1%)

1 に恐らく, に認識

▼ 眺める~ (2, 0.1%)

1 と母たち, の悲しみ

▼ 眺める眼つき~ (2, 0.1%)

1 から一つ一つ, による

▼ 眺める~ (2, 0.1%)

1 なども有ろう, を閉ざした

▼ 眺める群集~ (2, 0.1%)

1 とで往来, と格闘

▼ 眺める習慣~ (2, 0.1%)

2 がつい

▼ 眺める角度~ (2, 0.1%)

1 にも関係, の些細

▼ 眺める~ (2, 0.1%)

1 りだ, りで不思議

▼ 眺める静子~ (2, 0.1%)

1 にそう, に言いかけ

▼ 眺める顔つき~ (2, 0.1%)

2 をする

▼ 眺める顔僕~ (2, 0.1%)

2 に無

▼ 眺める~ (2, 0.1%)

2 のやう

▼1* [189件]

眺めるあたりは大, 眺めるかと思うと, 眺めるかのやうな, 眺めるからに過ぎない, 眺めるからこそ白き建築, 眺めるきりだそう, 眺めるくらいな気, 眺めるくらいはやれん事, 眺めるけれどもわれわれ男達は, 眺めること読書気の合った, 眺めるさえめずらしく思った, 眺めるささやかな愛情, 眺めるさびしい光景が, 眺めるすべてのもの, 眺めるそういう彼女な, 眺めるたちの婦人, 眺めるたのしさ, 眺めるだけじゃげんなりする, 眺めるだに貧弱な, 眺めるつて久しぶりだわ, 眺めるえとどうも, 眺めるというは取りも, 眺めるとか顔色を, 眺めるときこころは燃え立つ, 眺めるときわたくしには余計, 眺めるとき子の心持, 眺めるとき山々が目覚める思ひ, 眺めるとき私にはそれら, 眺めるところこれは十年, 眺めるところ此んなと, 眺めるところ真名古はひどく, 眺めるとともに孫兵衛には, 眺めるなぞも夏, 眺めるなどの落ちついた心境, 眺めるなりしたらいい, 眺めるあひ, 眺めるばかりをこと, 眺めるひとの心, 眺めるぶんには仕事, 眺めるほどに聴くほどに, 眺めるまでにはゆかなくとも, 眺めるまともな世間, 眺めるままに自分, 眺めるまもなく青い芽, 眺めるゆとりもなく, 眺めるわけである, 眺めるわれ等の眼, 眺めるウィーンのパンシオン, 眺めるキリストの温眼, 眺めるノンビリした, 眺めるホテルの建築場跡, 眺めるマンの眼, 眺める一つの点, 眺める一本の樹木, 眺める一番深い山, 眺める下界の景色, 眺めるの上, 眺める二階家はなか, 眺める人々が思い出す, 眺める人形はつまりません, 眺める人達にとって何, 眺める今日このごろの感興, 眺める仕草の外, 眺める余地も充分, 眺める便宜はなく, 眺める信吉の心, 眺める傍観者の眼, 眺める光線の角度, 眺める其心境を愛し, 眺める内部の方, 眺めるを欠い, 眺める勇気さえなかっ, 眺めるの一角, 眺める向い側の軒下, 眺める周囲の見物人, 眺める呼吸をする, 眺める噴火口が今度, 眺める四囲の山々, 眺める国々の隆替, 眺める国民はない, 眺めるに歩み入っ, 眺める壮観さは曇天, 眺めるとなっ, 眺めるの景色, 眺める東京, 眺める大同江の水, 眺めるもあった, 眺める女房の身, 眺める嬉しさに, 眺めるが来る, 眺める容子に注意深い, 眺める專次の表情, 眺める山川草木も総て此神, 眺める川瀬の眼, 眺める工合になっ, 眺める平野の青葉, 眺める広場の空気, 眺める度毎に在りし, 眺めるさも, 眺める当の作品を, 眺める彼女が幻灯, 眺める彼自身も此の間うち, 眺める心地で彼, 眺める必要はあり, 眺める怕さおもしろさ, 眺める恰好がつい, 眺める愉しみだ, 眺める感傷となり, 眺める感動とあなた, 眺めるをし, 眺める態度これこそ人格, 眺める我々にいたずら, 眺める戸外が一種異様, 眺めるは宛然, 眺めるがあつ, 眺める振りがあり, 眺める教育を受けた, 眺める日下部の挙動, 眺める明星ヶ岳や双子山, 眺める時今なお詩興, 眺める時何か我々人間, 眺める時分になる, 眺める時爽快の感情, 眺める時私はこの, 眺める時私たちはさらに, 眺めるはまた, 眺める楽しみを多く, 眺める橇曳らしい下等, 眺める機械で同時に, 眺める気もちはまことに, 眺める気持それは我が, 眺める気晴らしもなくなった, 眺める氣持も雨, 眺める浜田の眼尻, 眺めるだけに暗く, 眺める濃い化粧の, 眺める状態にいる, 眺める珍しい心で, 眺める理由はそれ, 眺めるの感じ, 眺める病床の無聊, 眺める白い眼が, 眺める白泡の流れ, 眺める白衣のお上りさん, 眺める眺望絶佳な丘陵, 眺める眼付きになった, 眺める破損の実景, 眺める祖父の眼, 眺めるの眼, 眺める積りでいた, 眺める米大陸の深林, 眺める練習を積ん, 眺める縁側で食後, 眺める美術とこの, 眺める習いがあった, 眺める者すべて私の胸, 眺めるのあたり, 眺める興味も減ります, 眺めるではない, 眺めるずきの, 眺める街路にはもう, 眺める見物人が僕, 眺める視線にそれ, 眺めるの気持, 眺めるには行かない, 眺めるであろう, 眺める赤煉瓦は先づ無限, 眺めるはおの, 眺める通路の中, 眺める部屋を出, 眺める野蛮人だ, 眺めるはゆき子, 眺める眺める機械, 眺める門内に立つ, 眺めるもなかつた, 眺める限りに於, 眺めるはなかっ, 眺める隠士の境涯, 眺める雄大な景観, 眺める雛妓は眼, 眺めるかも知れない, 眺める青木の眼付, 眺める非礼を敢, 眺める顔付だった, 眺める風流心はある, 眺める風物として満足感, 眺める首の座が見えない, 眺める馬琴というよう, 眺める鹿の大き