青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「眺め~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

真黒~ 眠~ ~眠っ 眠っ~ ~眠り 眠り~ ~眠る 眠る~ 眸~ ~眺め
眺め~
~眺めた ~眺める 眺める~ ~眼 眼~ ~眼つき ~眼前 眼前~ ~眼鏡 眼鏡~

「眺め~」 11024, 119ppm, 891位

▼ 眺め~ (7247, 65.7%)

1213 いた 439 いたが 403 ゐた 363 いると 362 いる 127 いるの 125 ゐると 112 ゐる 98 いました, いるうち 92 ゐたが 70 いたの 58 ゐるの 56 いましたが, 居た 48 いて 42 いるよう 39 居ります 34 居る 32 ゐるうち 28 みた 27 居ると 24 いること, 暮して 23 みると, ゐました 22 いますと, いるばかり 20 いたこと, 居るの 19 います, いるだけ, 居りました, 居りましたが 18 いても, おりました 17 ゐて, 見た 16 ゐたの 15 見ると 13 いる間, 居たが 12 いたもの, ゐること, ゐるやう, 私は 11 いるという, おります, ゐるので, 居たの 10 いるとき, ゐる私, 笑って 9 いたと, いたり, いた時, いるが, いるところ, いる時, 立って 8 いたところ, いてから, いるん, ゐます, 行った, 言った

7 [13件] いたという, いた私, いるより, いるらしかった, いる人, いる者, いる自分, おりましたが, ゐたり, ゐるだけ, 云った, 楽しんで, 自分の

6 [16件] あれば, いたん, いなければ, いるに, いる内, いれば, みて, やった, ゐた私, ゐるもの, ゐるより, 居つたが, 居りますと, 来た, 歩いて, 見たり

5 [20件] いた一人, いた伸子, いった, いるか, いるので, いる中, いる娘, いる様子, そこに, ゐたもの, ゐるが, ゐるばかり, 呟いた, 喜んで, 居ました, 居るので, 居れば, 暮らした, 見たが, 黙って

4 [21件] いらつし, いられるの, いるお, いる姿, いる彼, おりますと, それから, それを, ぼんやりし, みたが, ゐたに, ゐよう, ゐる事, ゐれば, 云つた, 居たと, 居るもの, 居る事, 眼を, 立つて, 酒を

3 [60件] あれ奇麗な, いたいと, いたいの, いただけ, いたとき, いたよう, いたら, いたわけ, いた津田, いた男, いては, いらっしゃる, いるかの, いるその, いるといった, いるほか, いるもの, いるわけ, いる一人, いる人々, いる人たち, いる千鶴子, いる女, いる所, いる方, いる眼, いる私, おいでに, おった, みたり, みても, みよう, みる, ゆく, ゐたところ, ゐたので, ゐたん, ゐましたが, ゐますと, ゐるか, ゐるといふ, ゐる男, 一種の, 困つたもの, 居た時, 居った, 居つた, 居て, 居ましたが, 居ますと, 居り升, 暮した, 来たが, 歩いた, 溜息を, 笑つた, 行つた, 見ますと, 覚えた今, 首を

2 [192件] あなたが, あれが, あれ誰れ, いたい, いたお, いたけれど, いたその, いたところが, いたとは, いたに, いたので, いたのに, いた下女, いた位, いた例, いた呉羽, いた婦人, いた宏子, いた旅, いた時代, いた曹操, いた眼, いた老人, いた蔵六, いた顔, いない, いましても, いますね, いよう, いられない気, いられました, いられる, いるあいだ, いるかも, いるから, いるし, いるだけでも, いるだろう, いるにも, いるのに, いる二人, いる伸子, いる伸子たち, いる僕, いる光景, いる図, いる奴, いる容子, いる最中, いる気, いる訳, いる連中, いる風, いゑ, おいで, おけば, おったが, おられました, お厨子, この手, これでこそ, これや, これを, さへ, しまった, すばらしい青年, そうし, そう思った, そなた, その中, それに, ただ快楽, ためいきを, どれだけ, どんな卑劣, まあまあことごとしく, まはつ, まるで自分, みたいと, みた時, みるの, わが身の, わたしは, ゐさ, ゐたあの, ゐたそれ, ゐたといふ, ゐたのに, ゐた山, ゐた時, ゐた間中, ゐても, ゐない, ゐるかの, ゐるその, ゐるだけの, ゐるでは, ゐるところ, ゐるわけ, ゐるん, ゐる八五郎, ゐる姿, ゐる少女, ゐる師匠, ゐる彼, ゐる農夫, ゐる間, アカイアの, トロイアの, 三千代の, 他の, 佇んで, 何か, 來た, 別の, 君子は, 喜びて, 喜んだ, 喜んだり, 夕陽を, 娯しむ, 子供の, 富岡は, 居たさ, 居たという, 居たり, 居るが, 居るその, 居るでは, 居る中, 居る内, 幾許かの, 廻る忠実, 彼が, 彼は, 彼を, 彼女に対する, 待って, 御居, 復た, 心を, 恩愛の, 憂き思ひあり, 我慢し, 戸の, 手を, 日を, 昨夕の, 時を, 時間を, 暮さなければ, 暮さねば, 暮す, 暮すこと, 暮すやう, 来たこと, 来て, 欠伸を, 次の, 歌でも, 気を, 泣いて, 泣くで, 涙を, 潮が, 直吉は, 眉を, 私の, 私達は, 立った, 笑った, 綺麗な, 聞くとも, 肚裡に, 胸を, 自分も, 舌を, 艪を, 茫然と, 行く, 行くと, 見て, 見よう, 覺えた, 豆の, 通った, 通って, 通ると, 過ぎた, 頭を, 鬼気迫る, 黙つて

1 [1776件 抜粋] ああそう, あなたは, ありし, あり貧しき, あれを, い, いかにも心憎き, いくぼくたち, いそ, いたい気持ち, いたから, いたころ, いたそして, いただく以外, いたとき丑尾さん, いたならば, いたらこの, いたらしい彼女, いたらずっと, いたらどう, いたらやにわに, いたら泣いて, いたら自分, いたら雪, いたゴーリキイ, いたビアトレス, いたン, いた中年男, いた事, いた佐吉, いた公卿, いた医者, いた南さん, いた同門, いた啓司, いた土岐健助, いた垢石, いた太守韓玄, いた小僧ゴーリキイ, いた帆村探偵, いた平次, いた彼等, いた折, いた敬太郎, いた方, いた時分, いた曾根, いた栄さん, いた母, いた海, いた牧仲太郎, いた田山白雲, いた相手, いた秦野屋九兵衛, いた素子, いた者, いた行雄, いた訳, いた退屈そう, いた長国, いた闇太郎, いた頼母, いた麦倉藤蔵, いつまで, いと永き, いは, いましたね, いますもの, いようかと, いらしたあの, いらっしゃいますと, いらっしゃるかと, いらっしゃるの, いらっしゃる景色, いられぬもの, いられること, いるいつも, いるお婆さん, いるくらい, いるそう, いるそれ, いるだけに, いるであろうか, いるなにかしら, いるのよ, いるふう, いるほろ, いるわたくし, いるト, いる一枚, いる久世氏, いる事, いる伊代, いる余, いる八十三郎, いる切符, いる勇気, いる可愛い, いる外, いる大島主任, いる女子ども, いる子供, いる家, いる山下氏, いる平次, いる忠相, いる慈愛, いる日本人, いる柵, いる母, いる海, いる状態, いる男女, いる秋, いる者達, いる若, いる訶和郎, いる起って, いる郷士風, いる陸地, いる青年, いろいろと, うつらうつらと, おいたらよかっ, おきいち, おしや, おられたかと, おられたら死んだって, おりしたがって, おりますが, おるの, おれは, お桐, お祖母さんは, かえる, きただろう, きた都市, ぎょッ, くらした, くれい, くれるん, このしとやか, この人達, この現実, こりや, これは, こんな呑氣, ごらん, さてあきらめ, さも, しきりに芝居, しばらく眺め, しみじみどういう, し前, すぎること, すこし間抜け, ずいぶん沢山, そう考えた, そぐわない心持, そしてまだ, そして帰っ, そのうち, そのよろし, その噴火口, その愉快, その状態, その花, その風光, それから彼女, それから手当り次第, そんなこと, たたずみ動かなくなった, ただ一人, たんのうし, ついて行った, とう, とおる私たち, どうやら疑い, なかなかの, なんだか暗い, なんの, はじめて多少の, はっと胸, ひどく驚い, ほめて, ほんのり新茶, まことに散々, まじまじと, またその, また奥, まだ出発, まるで怯え, みたいという, みたらきっとがっかり, みましたが, みるが, むしろ愛するごとく, もう帰ろう, もはやまぎらかす, やがて其の, やがて昏, やがて重吉, やはりいう, やらうかと, やりました, やる代り, ゆくが, ゆこうという, よめる, りや, ゐたあと, ゐたさ, ゐたつけ, ゐたところが, ゐたやう, ゐたらば, ゐたら店番, ゐたりや, ゐたセピア色, ゐた判事, ゐた垢石, ゐた屍骸, ゐた庭, ゐた房一, ゐた母, ゐた無精鬚, ゐた老人, ゐた自分, ゐた長身, ゐた順一, ゐない他, ゐなければ, ゐられた, ゐられるの, ゐるかと, ゐるその間, ゐるとき, ゐるのに, ゐるよ, ゐるソフイー, ゐる三人, ゐる休息, ゐる堅田, ゐる娘, ゐる庭, ゐる文科, ゐる朝, ゐる樽野, ゐる満里子, ゐる父親, ゐる秋声老, ゐる繪, ゐる自分, ゐる若い美しい, ゐる親父, ゐる錢形, ゐる青年, ゐる風景, アカイア軍勢は, イダイオス華麗の, ガラス障子の, クロニオーン天妃くだせし, チューブは, ニヤ, バケツの, ヒヨイト眼を, プリアモス王ヘカベーアンドロマケーの, ボンヤリした, メエテルリンクや, ルポルタージュという, 一口, 一斉に, 一時間も, 一杯は, 一首の, 三吉は, 三度目には, 不安そうに, 不思議そうに, 世の, 主水之, 九太に, 云々した, 云は, 人天の, 今更の, 他人の, 休んで, 何が, 何となく悩み, 何とも驚き入りました, 何時まで, 來たんだらう, 傷心の, 八五郎は, 其最期の, 出発した, 切歯扼腕し, 別な, 動きも, 半分異国から, 半日暮らし, 厭な, 取り留めも, 口笛を, 合称しました, 君こんな, 呟やき, 唇あて, 喜びあひしが冬の, 嘆いてを, 嘲笑つて居つた, 図らずも, 坐って, 夏も, 夢にもない, 大笑いし, 天華堂主人は, 始めて紫色, 嬉しげ, 存分に, 宅助も, 実地の, 宿の, 寝て, 封を, 少しおかしい, 居たくな, 居たそう, 居たやう, 居た丑松, 居た山井検事, 居た徳三郎, 居た私, 居た美奈子, 居ても, 居は, 居られました, 居りました時, 居るかも, 居るぢ, 居るよう, 居るチベット, 居る休息, 居る兄, 居る妃, 居る棟梁, 居る犬, 居る筈, 居直ったブルジョア文学, 崖の, 帰つてくる, 常に動物的, 年老いた詩人, 床に, 当惑した, 彼処が, 彼女は, 往った, 得ただけの, 微笑しよう, 心の, 忘れかけて, 怒気もろとも, 思うの, 思はず古, 思わず笑った, 恍惚と, 恥かしい, 悟り, 悪くない, 惜しくない, 感じるもの, 感嘆し, 感心した, 憐憫に, 我れ, 手持無沙汰らしく帰っ, 拍子木の, 掛ります, 放さなかった, 故郷に, 数日暮した, 敵愾心やら, 新吉が, 既に長く, 日本に, 早く夜, 早く鶯, 昼間の, 時々感じた, 時間の, 暖かな, 暫時沈黙し, 暮し終る, 暮らす彼女等, 朝子は, 村, 来ただろう, 来たもの, 来た美しい, 来ました, 柳が, 案外の, 楽しみ煙草, 楽み, 樂し, 欲望を, 歎息を, 歩いたあの, 歩く, 歸らう, 死ぬ鹿, 母は, 池を, 沁, 泣いてばかり, 泣く私, 流行遅れの, 涎を, 涙の, 淨瑠璃を, 深く興がりました, 満足する, 烈火の, 焦れわたって, 煽動した, 片づけ三面記事, 犬の, 独言とも, 玄徳は, 田舎めいた, 畏敬の, 白玉の, 目を, 直樹の, 眸の, 眼の, 知人を, 祖母は, 私も, 稍不気味さ, 突立っ, 立ちつくして, 立ち去るに, 立つた, 竦んで, 笑うやら, 笑つてゐた, 答えた, 継目から, 縁側の, 美しさ, 考えた, 耳に, 肚の, 脂下る, 自分が, 自分共の, 自然こう, 芳江は, 莞爾, 蜜柑むきゐ, 行きますが, 行くの, 行く私共, 行こうと, 裸にな, 見たくなつ, 見た時, 見ようと, 見るの, 見覚, 触覚を, 講義する, 起きる子, 足触りの, 身を, 軽蔑する, 辿つて, 逃るべし, 通ったところ, 通つて来た, 通り過ぎる者, 逡巡し, 遊んで, 遠く富士を, 酔ふてゐる, 釘抜藤吉は, 門を, 随分気持, 靜かに, 頤を, 頻に, 食べる, 飽かない, 駒井甚三郎は, 驚きて, 高く突き出た, 鳴いて

▼ 眺めながら~ (1158, 10.5%)

26 私は 22 言った 12 彼は 11 云った 10 伸子は, 歩いて 8 いった, 言つた 7 呟いた, 自分の 6 そんなこと, 立って, 考えて 5 心の, 悠々と, 煙草を 4 いつまでも, 云つた, 話して, 静かに

3 [16件] こんなこと, しずかに, それを, ゆき子は, わたしは, 何か, 僕は, 小言も, 彼女の, 矢代は, 私の, 置いて, 考えるとも, 腰掛けて, 色々の, 黙って

2 [67件] あくなき, あなたの, いつに, いろいろの, ぐるぐる歩いた, こんな人, そう言っ, それも, ついて, ぼんやりと, ぼんやり佇ん, セエヌ河に, 二人は, 五郎は, 何とはなし, 何の, 何も, 何心なく, 前の, 同じやう, 善い加減, 土工に, 多計代, 妙な, 子供の, 彼が, 彼女は, 徐に紙, 心に, 悲しそう, 慌しく遠のい, 故意に, 旅の, 暫くそこ, 暮らして, 朝まだきから, 栄介は, 横に, 欄干を, 母親の, 湯屋の, 焦燥らず周章てず, 物思いに, 皆の, 私も, 私達は, 笑った, 答えた, 考えた, 腑ぬけ, 腕を, 自分は, 花見か, 茶を, 行くと, 言いました, 誰か, 誰も, 身体を, 途方に, 運ばれて, 遠い松林, 部屋を, 静に, 頭の, 鳰鳥は, 黙つて

1 [806件 抜粋] あさ, あちらへ, あの好き, ある家, あれが, あんな手紙位, いうの, いったいこの, いつしかこの, いつもながら, いつも縁日, うしほ, うすい口髭, うと, うるさそう, うろ覚えの, おおっぴらでやっ, おどおどと, お久美さん, お十夜, お咲, お答えなされます, お花さんの, お蓮, かねて貧血症, かれの, きや, こうささやく, こう切出した, ここでは, ここは, こっちから, このまま霧, このよう, この女, この娘, この時, この辺, この頃何, これだ, これは, こんなふう, こんな問答, こんな弱小, こんな空想, こんな話, さう, さも安心, さも楽しみ, しかも誰, しきりに一人, しばらくそんな, しみじみ, しみじみした, せめて百分の一秒ぐらゐまでのシヤツタア裝置, そいつの, そういった, そこに, そして庭, そのこと, その二つ折り, その儘口, その場, その日, その机, その遠慮, その部屋, それとなく聞き伝へた, それらの, そんな事, ぞろぞろ歩い, た, ただひとり, ためいきを, だって父様, だんまりを, ついに例, つい此間, つくづく思ひ当ります, つくづく生き残る, つと起ち, つぶやくよう, つまらない話, ときどきそっと眼, とぼ, どうかし, どうして好き, どうする, どてらに, どんな口上, なぜあの, なほ身體を, なんたる, のろのろあの, ひとつ地下道を, ひとまず安堵, ひとりつくづく思案, ひとりで, ひるまの, ふたたび本丸, ふとあの, ふと日本, ふらふらと, ぶらついて, ぶらりぶらりと歩い, ほき出した, ぼつぼつ寝, ぼんやり, ぼんやり考えた, ますますつめたく, またタクシ, また少し, また梅, また粥, まだを, まだ午前, みずから慰めた, もうちびちび酒, もう一度休茶屋, もう明日, もしほんと, やがて低い, やがて言った, やはりいつもの, やはり無言, やはり釣竿, ゆく, ゆっくり呟く, ゆっくり味, ゆつくり飲まう, よくまア, よろぼう, アリョーシャが, イマイマし, クルミさんは, コッティの, サヨは, ジェルテルスキーは, ジリジリと, スポンという, セロリの, ソオルは, ダニーロが, ヂオルヂユ・サンドの, デッキを, ニヤリニヤリと, ニューラに, ノソノソと, バスを, パリの, ピロちゃんの, フロラの, ホテルへ, マンは, ラエーフスキイは, リラの, ロココ風に, ワーリカは, ヴィーノを, ヴェリチャーニノフは, 一体この, 一体彼等三人, 一体豚, 一寸した, 一度に, 一日も, 一杯やりたい, 一杯傾け, 一言の, 七階から, 三吉と, 上り框に, 上ノ岳の, 不思議な, 中条直一は, 久助は, 乘つ, 乙ま, 九郎を, 二人ある, 二人の, 二日も, 云い知れぬ悲壮, 互に何ごと, 五杯も, 人々の, 人間も, 今の, 今日も, 休憩所へ, 会話を, 伴れ, 伸子が, 佇んで, 低い声, 何ともどうも不気味, 何時に, 何考える, 余念な, 例の, 側に, 兎に, 八五郎は, 八五郎を, 兵馬に, 内田との, 再び座, 冗談らしく云っ, 冷淡な, 凡そ印刷物, 出で, 出来るだけの, 切りに, 初めて千代子, 別れを, 加納は, 勉て, 勢いよく手真似, 勿体振つた, 医師に, 十八九ばかりに, 十時の, 千鶴子の, 午後の, 半分ひとりごとの, 南禅寺畔の, 又云った, 取次を, 口の, 口移しに, 古金屋達は, 叫んだ, 右に, 同じ方向, 同じ部屋, 呑気そうに, 呟いだ, 呟くやう, 味わいながら, 哥薩克男子の, 喋ると, 喚き返した, 嘲るよう, 囁き交した, 囁くよう, 四人で, 地図の, 坐って, 堯は, 声かけた, 多くの, 夜を, 夜遅く, 夢見る人, 大きく呻いた, 大きな声, 大川を, 大庭春吉は, 大粒な, 夫の, 失望と, 好奇心を, 如何に, 妻とは, 娘たちが, 娘の, 子供を, 子路に, 孫兵衛手も, 宏大な, 実際の, 室積で, 家内に, 寝つかれない長, 寝ること, 寝床の, 尋ねました, 小次郎は, 小腰を, 小鐘, 少しの, 尾根を, 岸本に, 岸本は, 左手へは, 左部は, 平服の, 平次も, 年齢の, 幾度と, 幾日の, 広々と, 度々死, 座敷の, 廣太郎は, 弁当を, 弓矢を, 引止められしこ, 強い焼酎, 当惑し, 彦太郎は, 彼の, 彼女を, 彼自身意識し, 後から, 後悔した, 徐ろに, 從兄妹同士では, 御機嫌であった, 微笑し, 心は, 思いがけない懸崖, 思う, 思った, 思ひだして, 急に, 恍惚状態に, 恰で, 悲しさ, 惨まし, 愉しい放浪児, 愉快に, 感慨に, 感慨深そう, 憂愁に, 懸命に, 我慢し, 手の平を, 手を, 手拭を, 扱ったパイプ, 指先で, 挨拶した, 揶揄った, 摘んで, 散歩してる, 新しい手桶, 新らしい, 旅に, 日本の, 日本酒を, 明るく晴れやか, 昔の, 昨夜の, 昨日一日に, 昨日一昨日の, 昼食を, 時々変, 時の, 景色すら, 暫く躊躇, 書きつづったもの, 書きました, 月丸が, 朝酒を, 本堂の, 枕の, 根気よく, 森彦は, 歌にも, 歌を, 此処へ, 歩きま, 歩きました, 殆ど悲しい, 殆独語の, 気が, 気軽そう, 水と共に, 汽車が, 汽車論を, 河野は, 洗って, 浪之, 淋しくフランス, 深々した, 渋い結城紬, 渦巻の, 湯本へ, 溝に, 漸く成長, 激しい疲労, 火に, 火を, 無意識の, 燕の, 父が, 爽やかな, 片手で, 物を, 独りで, 独り言の, 現実とは, 用も, 用を, 甲板の, 甲谷は, 画中の, 発見する, 盡きぬ宴樂の, 目顔で, 直ぐにじゃりじゃりと砂, 相手は, 看守を, 真実さう思はね, 睦言を, 矢場主, 石塘嘴の, 神経質な, 禰宜の, 私たちの, 秋めいた午後三時, 突然異様, 笑ったり, 笑って, 答えました, 箱根町を, 米問屋の, 精進湖まで, 素子は, 絵葉書などを, 絹布団の, 縁側に, 美術家の, 義雄は, 考えこみました, 考え深, 考へた, 耕して, 聞いて, 聴いて, 育って, 胸の, 腰かけて, 腹膜炎を, 膝を, 自分も, 自分自分の, 色んな事, 花見の, 若い頃, 茫々乎として, 草の, 荷車に, 落葉を, 葉子の, 蒼白い頬, 蜘蛛が, 行きかかると, 行くみのる, 行く実に, 覚えず口ずさんだ, 言いかけたが, 言います, 言うの, 言って, 言葉を, 訳の, 詩を, 話を, 誰かが, 談笑し, 謎の, 警戒し, 足踏みでも, 身を, 輪郭の, 追分を, 退屈さうに側に, 逆落しの, 通って, 通りが, 連れの, 道子の, 遠くに, 遠足する, 部屋中を, 金の, 釣るの, 錘を, 長々と, 長い時間, 開けたくて, 関ヶ原を, 降って, 陽にでも, 雪の, 青田の, 面白そう, 音を, 頬紅を, 頭を, 顔に, 食堂へ, 香水を, 骨を, 高木は, 髪の, 默つて平次の, 黙つて笑

▼ 眺めたり~ (323, 2.9%)

53 して 38 した 9 しながら 6 しが 5 しました, するの 4 する 3 したが, しては, すること 2 したこと, しに, するだけの, すると, それを, 父と, 近親の, 雪解けの, 雲の

1 [176件] あちこちの, うさんくささうに, おとなしくし, お昼に, お諏訪様, こういじくっ, こっちから, された, しただけの, したとき, したのち, した覚, してたが, しなから呟いだ, し色, するかも, するとき, する人, する彼, する注射, する癖, する窓, そうかと, そこへ, そして不審そう, そのうち, そのまま通り過ぎ, その葉裏, そわそわし, そんなこと, そんな時, たうとう, つき合ったり, とうとう私, ところどころの, とりとめの, どぎまぎし, どっさりの, またそこら, または静か, また何ん, また大通, また近く足もと, まるで退屈, やたらに, アルカリ反応酸性反応と, カーブした, コーヒーを, バンガロ, 一寸内部, 上臈に, 丘つづき, 中にも, 五六字書い, 人間の, 仔犬と, 何か, 何が, 何やら考え込み, 何時でも, 先生あの, 八百屋の, 写したり, 写真を, 匂いを, 匂を, 去り難い, 又いつぞや, 又は斯, 又招魂社, 右や, 向いの, 壁へ, 売店や, 多代子の, 夜スタンドの, 夢想し, 大いにたのしみました, 大綱を, 大阪の, 子供の, 家の後の, 宿の, 富農からの, 寢る, 小さく動かない, 小さな林, 小松林, 少女の, 帯上げを, 平常馬鹿, 床の間の, 座布団を, 弄ったり, 彼の, 彼女の, 往来に, 忙が, 思念の, 感じたり, 懐を, 手に, 手伝ったり, 撫でたり, 新聞を, 日の, 明け方まで, 昔この, 春日形の, 時々は, 時々思ひ出した, 時には手伝つて, 時には針仕事, 時を, 景色を, 朝鮮歌謡の, 木屑を, 柱時計を, 格子の, 椅子の, 楽しんだり, 概して彼, 武井さんに, 死去の, 母を, 水車の, 池に, 波の, 浮気な, 漫然とその, 焼餅を, 煙草の, 燈火が, 片隅に, 牛鬼蛇神の, 独り居る, 産れ, 田舎で, 田舎風な, 甲斐の, 空を, 窓の, 耳環を, 腕組を, 自分でも, 舌甞めずりを, 船を, 色の, 葉を, 蕎麥屋の, 袖口を, 裏から, 裸の, 見下したり, 言葉を, 話したり, 読んだり, 賞めたり, 足で, 距離を, 近寄って, 透したり, 過去と, 部屋の, 鉄橋を, 門口へ, 隣りの, 雨だれの, 雲に, 電柱の, 額や, 額堂の, 顔を, 鰻の, 鳥の, 鳩に

▼ 眺めても~ (128, 1.2%)

3 眺めても 2 うそ寒い秋, 事情は, 冷たい心持, 厭きないの, 彼の, 眺めあきず, 眺められた者

1 [111件] いっこう見ごたえ, いろいろの, おられないと, おれねえ, この三つ, この上, これは, さっきの, すぐに, すこしも手, すでに相手, そう動い, そこに, その油絵, その通り, それらしい, ただの, ただ眺め, とても身分, ともすればその, ぴつたり肌について, ぼんやりし, もう何処, もう滅相, やっぱり山, やはり膝, トタンぶき, 一切が, 一方では, 不美人である, 九月の, 亜鉛葺き, 以前の, 何の, 何も, 何らの, 何処を, 侍の, 備えは, 分るの, 別段たいした, 利害相半ばす, 到底此方面, 北國の, 医者である, 十六文で, 可也, 可笑しいほど, 同じ事, 同じ所, 唯それ, 四語の, 夜は, 好いもの, 婦が, 孟宗が, 実に箇別性, 少しも, 島田より, 差支えないであろうか, 年の, 彼は, 怨みが, 感服いたしません, 救いは, 昔し, 星一つ無かっ, 是には, 村人は, 松ばかりの, 柿ばかり, 検事総長に, 決して乾く, 混血児とは, 湖水が, 溜飲が, 漆の, 濛々たる, 煤光に, 生憎目には, 町に, 直ぐ何, 真暗な, 真白な, 眼が, 眼に, 知らない顔, 穢多の, 立派であり, 美しくたべ, 美人な, 膝を, 興味が, 芦ばかり, 草深い田舎, 著しく秀で, 見られなくなった, 見当らない, 貧乏そうな, 赤煉瓦の, 辛い景色, 農夫などの, 近代主義の, 近頃は, 霞が, 露は, 露わ, 非常に, 飽かない眺めれば, 飽きない気, 馬一匹人一人見あたらなかった

▼ 眺め~ (113, 1.0%)

2 あのがらん, さすがに, 流石に, 白ぼけ, 矢張り私を, 素敵です, 誠に大きい

1 [99件] あの友達, あまりいい, ありながら, あれど, あろう, いずれ趣, いつも好き, いと晴れやか, こうし, ここの, ことに晴々, この寺, この頃, これは, これまで, すぐに, すばらしい, そよりとも, それに, ぢめて, とにかく海, どうです, どんなに美しい, ないが, なかなかよかっ, なかなかよろしい, なかなか風情, ひろ子の, ほんとに愛し, まことに美しい, また格別ぢ, また正に歴然と, まるで人生, よかった, よく晴れた, よく生きたい, よほど違った, アアッ, 一変し, 一目万両とでも, 一目千両とは, 今おもしろく, 伸子の, 何となく奥床しい, 何とも云えず, 何に, 何処にでも, 例によ, 侘しかった, 充分とは, 冬の, 却つて物寂しく, 国の, 城山の, 壮大である, 大変に, 大戦が, 大阪を, 太古から, 太古に, 實に, 左右に, 平凡な, 広漠として, 廣し, 彼にとっては, 心を, 快適であった, 思いの, 思いのほかに, 思の, 恐らくいつ, 憂愁に, 或特色, 旅心に, 早崎海峡を, 最もすがすがしい, 極めて印象的, 私を, 紅霞といふ, 素敵だ, 素敵でした, 続いた, 緑に, 續いた, 美しくて, 美しくもあり, 船が, 良いね, 見当りませんでした, 見飽きて, 誠に女車掌, 譬へ, 鏝で, 門の, 限りなく, 雪の, 非常に, 非常によ

▼ 眺めては~ (111, 1.0%)

2 無言に, 私の

1 [107件] あきらめて, あらゆる随喜, いたけれども, いました, いられないよう, いられなかった, いられぬ, いられぬ時節, おのずと頭, おれぬ酔わされて, お祖父さんの, かうな, からからと, こんなに沢山水, さすがに, しきりに心, しみじみと, すくなからず, その奥ゆかしい寂しい, その数, それを, とめ度, どうしても喜ばず, どうだ, なんとも形容, ひとりで, ひとり自然, まずそうな, またその, また家, また急い, また立っ, また袖口, もう腹, もの凄い微笑, やあとか, わずかに, ゐられなくな, ゐるの, ゾーッと, ッと, ヒイヒイと, ヒソヒソと, ボンヤリと, 一人で, 一人心を, 一字も, 一杯やりたい, 今にも誰, 休む周二居, 俯目に, 初冬から, 別れを, 到底縦走, 勝手な, 即興的に, 又鋤, 只五日間と, 唇を, 士卒個々の, 天魔が, 太息, 夫婦顔見あわせ, 孔明も, 安い安いと, 寝ながら, 寝られない春, 寢た, 少年を, 居られなかった, 居れど, 帰って, 平和を, 平野や, 彼女は, 思い考えては, 思ふ, 悪い様, 悲しそう, 感嘆し, 感嘆の, 憤死したい, 手紙を, 晴間を, 朝日岳の, 来かかる人影, 樂しんで, 歎息し, 消えて, 淋しいなあと, 溜息する, 無量の, 爪を, 独りで, 病を, 痛く心, 眺めては, 秀吉が, 私たちも, 笑ったり, 結晶の, 自分の, 身に, 通つて行つた, 雲の, 頻りと, 食べて

▼ 眺め~ (92, 0.8%)

3 心を, 行った 2 ここへ, せんと, なって, 出て, 出れば, 目を, 親しんだもの

1 [72件] ぁ, あに如か, かかった, かかったもの, きやしないから, たぐへては屋島, ついて, つつまれた時, なおさら夢, なったくらいの, なったまま, なつて, なりました, なりましたが, なりますの, なること, なるの, なるほどの, ひきかえて, ひきかへ, ひたり, またと, タンノーし, 信託に, 入らむ, 出たよう, 出ても, 吾を, 圧せられて, 変化が, 如くは, 寂びた, 対ふとき, 就かなければ, 思わず噴き出した, 感心し, 接して, 接すると, 新しい風致, 是非いらつ, 時を, 期待を, 来たか, 来たの, 来るの, 浴り, 渋茶を, 満ちて, 疲れたとき, 眺めるの, 眺め入り度いためにのみ, 眼を, 突堤に, 興味深く心, 行かうかと, 行かぬところ, 行くので, 行くんぢ, 行ったの, 行ったもの, 行って, 行つた, 行つたのか, 被害地の, 見える日, 見惚れて, 近所の, 遠ざかるほど, 門之, 飽かぬと, 飽かぬ思い, 馴れて

▼ 眺めつつ~ (72, 0.7%)

2 今朝は, 私は, 閑け, 静かに

1 [64件] あったもの, ある, あるいた, あるの, ここまで, この一刻, この丘陵, この作品, そのたび, その手製, それと, それの, ただ老人, たち切れた橋, つい忘れ, はかながれ, はかなくにっこり, ぶらつきやがて, オリンピックが, 一体何, 一夜の, 下る三人, 二三度歩いた, 二時間も, 云った, 俥夫は, 出来るもの, 口を, 啼く声, 四年の, 堤防の, 変心測られぬ, 夕づきぬら, 富江と, 山の, 山岳の, 彼の, 彼らは, 心の, 志戸坂峠へ, 急ぐ鯖大師堂, 憐憫そ, 我は, 或時, 所蔵せる, 旅行する, 日を, 松竹を, 柔い, 涼しがり, 繁くも, 腹一杯に, 自分の, 自分本当に, 藤岡町に, 行かな遊び遊び, 行くこと, 観察を, 説明した, 誰が, 進む, 進んで, 過ぎた, 隣席の

▼ 眺め~ (65, 0.6%)

38 つた 9 つてゐた 3 つて居た 2 つたのも, つてゐる

1 [11件] つたお, つたが, つたのである, つたものでございました, つた事でした, つた石碑は, つてゐたらしい, つて居られた, つて居る, つて見たい, ッた

▼ 眺め~ (61, 0.6%)

3 よい 2 いかにも高い

1 [56件] あちらこちらに, あった, あったばかり, あらわれて, あらわれる, ある, あるだろう, あるので, いい, いいからと, いかにも美しかっ, いきなり眼, そこに, だんだんに, ちやうど, どんな具合, なかなかよう, なかなか趣き, ひどく心細かった, ひらけのたりのたり, ふと彼, まっ暗な, むかしとは, よいという, よいの, 一体に, 一切を, 二人の, 他の, 佳いだらう, 又なく有難い, 変ったこと, 大変美しかっ, 好きで, 展けて, 展開する, 広くなっ, 彼には, 心に, 思ひやられた, 悲しいまで, 数十里の, 次第に私達, 深く落葉, 照し出され, 照らし出されて, 生きて, 眼の, 私の, 私達の, 美しい, 自分の, 自然に, 英文の, 軒下に, 面白く展

▼ 眺め~ (59, 0.5%)

2 いい窓, ことを, なかに, 中に, 良いところ, 調和が

1 [47件] あるところ, ある公園, いいこと, いい場所, いい室, いい宿, いい所, うちに, おもしろさ, かすみわたる, きくやう, ことなど, ごとき曲った後姿, せめて十分の一なり, ために, なかの, まことよろし, よいところ, よいむこう, よいよう, よい場所, よい小, よい高楼, ような, 一つと, 一室に, 上に, 下に, 中この, 中には, 余りにも, 冬, 処師の, 向うを, 和歌の, 好い場所, 好い座敷, 字を, 實在を, 悪い洋間, 時刻に, 海, 田園風景な, 番外なんて, 美しいのに, 見を, 趣は

▼ 眺め~ (59, 0.5%)

2 前に, 塞いで, 形取る, 持つて

1 [51件] あまり好まず, いたしたい, いっそう引き, うつして, おめ, おもしろく見せる, かいて, さかなに, して, なつかしがった, ほしいまま, ぼんやりと, もちあるいは, り, 一種の, 与えて, 世にある, 今日は, 作らせるつもり, 取りいれやはり, 取り入れること, 取る, 妨げて, 思い思いの, 思つた, 思へば, 成して, 拝し, 持つかとも, 持つ峽谷, 杜絶し, 楽しむやう, 楽しんで, 樂しんだ, 深くもし, 眼に, 知って, 私は, 臺なし, 荘厳に, 見て, 見渡しながら, 覗きながら, 記録し, 詩的だ, 賞し, 賞するにも, 遮る何もの, 遮断した, 集める中心, 静かに

▼ 眺め~ (47, 0.4%)

3 した 2 のんびりし, よく若し, 独自な

1 [38件] あって, ありませんが, ある, あるが, いい, いずれも, いつも同じ, いよいよ自分, ここからが, これといふ, して, しなかった, すつかり消え失せ, するもの, せずに, ちらばって, なか, なかった, なかなかいい, また嬉しき, よろしゅうございます, 今の, 伏見とは, 何となく淋しかっ, 到るところ, 又ない, 好きです, 季節の, 寂しかろ, 広, 忘れ難い, 満足し, 灰色で, 眺められたし, 豊かな, 透け勝ち, 違って, 開けて

▼ 眺め~ (46, 0.4%)

19 はした 18 はし 5 はす 2 はすと 1 はしました, はりつ

▼ 眺めそれから~ (30, 0.3%)

1 [30件] あたしの, この鏡, そこを, その時計, ちょっと二, ふっと気がついた, ふと空, わざと強い, セエラの, ホテルの, 下を, 外套の, 天井の, 広間の, 旅客の, 椎の木の, 標題を, 歸る, 火桶の, 煤けて, 熱心に, 眼を, 硝子戸越しに, 私の, 窓を, 膝を, 色彩についての, 落ち着かな, 通りすぎようと, 静かな

▼ 眺めてから~ (28, 0.3%)

2 蓋を

1 [26件] これは, しずかに, しづかに, そこを, そのそば, だだっ広い框座敷, ぶっつけるよう, また庭, よいもの, コーヒーを, 仕事に, 仕事を, 元へ, 再び一人, 再び箒, 囁き合って, 外の, 大股で, 富山へ, 尖った指, 徐ろに, 愛く, 私は, 考えた, 言いました, 黒い紙

▼ 眺めまた~ (23, 0.2%)

2 聴いて

1 [21件] すぐ眼, それゆえに, そ知らぬ, のっそり弁当, フォン・コーレンや, 下流に, 凧を, 前方を, 千變萬化なる, 奥へ, 庭を, 彼自身の, 徐ろに, 歩き出す, 渡殿の, 立って, 築地の, 茶の湯そのものにも, 近くの, 隠したの, 雄大な

▼ 眺め乍ら~ (23, 0.2%)

1 [23件] こう言います, こんな遠慮, つづいて, ふくれたよう, むす子, 一杯やらう, 前掛, 又急, 堪らなそう, 小泥棒, 暫く囁い, 有太郎, 歩むうち, 涙ぐましく指, 無關心, 立つて, 素知らぬ顏, 考へて, 育つて, 行くと, 遅く迄, 面白さうに庭石, 面白そう

▼ 眺め廻し~ (23, 0.2%)

6 ていた 3 ている 2 てゐた, ながら 1 つつ恰, て, ております, てから私, てどれ, てみたかつた, て云った, て塩野, て笑, ながらどう

▼ 眺めやつ~ (22, 0.2%)

161 たこと, たもの, たり土地もの, た時, とにつこり, と客間

▼ 眺め~ (21, 0.2%)

8 あつた 2 ござりました

1 [11件] あらう, うれしいと, ござります, もって, ツイうっとり, 人の, 南の, 暮します, 松に, 満たすこと, 翌年から

▼ 眺め~ (20, 0.2%)

2 なった, なって, 薫りとを

1 [14件] いえば, いつしよ, それだけじゃ, なつて, なる変化, 云うよりは, 云わなければ, 充ち足りた生活, 新鮮な, 此處の, 溜息声を, 爽快な, 自由の, 親しみ易い

▼ 眺めそれ~ (19, 0.2%)

2 に手

1 [17件] から丹三郎, から外, から夢殿, から帰りました, から深く, から立ち上った, がまた, が心, が新しく, が柔, が間, に交, に包まれ, はただ, を味, を庶民的, を映す

▼ 眺めてを~ (19, 0.2%)

7 ります 5 りましたが 2 りました 1 りどう, りますうち, りますが, ると, 居らな寂し

▼ 眺めまわし~ (19, 0.2%)

5 ている 4 ていた 1 ああ懐かしい, つつあらん, て, てから, てしみじみ, て空い, て見る, て詳しく, ながらいった, また声

▼ 眺め入り~ (19, 0.2%)

2 けり, ながら, ながら目

1 [13件] し後, それから枝, たる, たる白髪, つつ, てほ, ながらこれ, ながら沈み萎れた, ぬ, 今更精髄, 又その, 更に石段, 終るまで

▼ 眺めその~ (16, 0.1%)

2 不機嫌な

1 [14件] びっくりした, 下に, 人柄を, 古物の, 味ひ, 完成を, 必然性と, 文句の, 暴圧と, 表情を, 辺に, 長所を, 頭が, 麓に

▼ 眺めそして~ (15, 0.1%)

2 これを, それを

1 [11件] その中, それが, また薄い, 人間, 今度は, 口を, 彼等の, 新奇な, 清閑を, 笑った丈, 見て取るだけの

▼ 眺め~ (15, 0.1%)

1 [15件] つた三山の, つた海面は, つて, つてさびしい, つてゐた, つてゐる, つて彼等は, つて懐し, つて毎日幾度と, りつ, 明石の, 杭州の, 空合の, 鎮江の, 青空や

▼ 眺め~ (13, 0.1%)

61 るべき問題, るもの, るる, るるも, るるを, るる庭, るる西洋館

▼ 眺めながらも~ (11, 0.1%)

1 [11件] ぽろ, もう久慈, 久慈は, 人里の, 何する, 半ば気が, 唄う, 心の, 悪い籤, 虫の, 貸家札が

▼ 眺め眺め~ (11, 0.1%)

1 [11件] いった, したものぢ, すれちがって, てはたはた, て歩き, 下りて, 歩いた, 申し上げねえと, 答えた, 行きました, 進む

▼ 眺めてばかり~ (10, 0.1%)

1 いた, いた妹背山, いました, いらっしゃいましょう, いらっしゃる, いる, おります, ゐるの, 居ちや剃り上げない, 暮すこと

▼ 眺めである~ (10, 0.1%)

1 かが信じられた, がそれだけに, が少し, が矢張り富士, この村, し吹く, といわれる, と思っ, のだ, 桜の

▼ 眺めなど~ (10, 0.1%)

3 して 1 した, しながら, そういう贅沢, 何だか久しぶり, 何と珍しかっ, 私の, 趣き深い

▼ 眺めやがて~ (10, 0.1%)

1 その頸, は自分, まっ白い, セルロイドの, 声を, 猿みたいな, 町に, 葉桜に, 金木を, 隣りの

▼ 眺めでは~ (9, 0.1%)

2 あったが, ないか, なくて 1 ござらぬか, ない, なかった

▼ 眺め~ (9, 0.1%)

2 か矛盾 1 かうっとり, かうつとり, かめぼしい, か急, か羨まし, という訳, の支度

▼ 眺め~ (9, 0.1%)

1 が陶器, に云った, の胸, はレコード, は努め, は胸, は自分, は覚えず, もどんより

▼ 眺め~ (8, 0.1%)

1 が決して, であった, として許し, に何, の背後, も有る, をした, を論じ

▼ 眺めこれ~ (7, 0.1%)

1 があの, が戦ふ, こそ田丸組長, と思う, に対して与へる, は現世, を見し

▼ 眺め入っ~ (7, 0.1%)

5 ていた 2 ている

▼ 眺め暮し~ (7, 0.1%)

3 ていた 2 ている 1 てゐる, て滅び散った

▼ 眺めあるいは~ (6, 0.1%)

1 ひそかに, チベット風俗の, 人間の, 何か, 大声を, 淡路島に対しては

▼ 眺めこの~ (6, 0.1%)

1 可愛い小僧, 数日の, 若や, 道楽ものの, 頃では, 風景という

▼ 眺めてでも~ (6, 0.1%)

2 いるよう 1 いたの, いたよう, ゐるかの, 居やしなかつたかしら

▼ 眺めであろう~ (6, 0.1%)

2 と思われる 1 が, と思う, と思われた, と緑

▼ 眺めには~ (6, 0.1%)

1 はかなき物, 乏しくなかった, 地方色も, 変化が, 心を, 若葉も

▼ 眺めにも~ (6, 0.1%)

1 うち禿げた, うち禿た, これを, 事欠かずよろず, 沙漠の, 見倦

▼ 眺め入る~ (6, 0.1%)

1 のであった, ものに, や私, 事が, 曙の, 河面は

▼ 眺め或は~ (6, 0.1%)

1 その下, その左, その皮膚, もっと近く村ソヴェト, ニタトロマップ迄, 右舷に

▼ 眺め渡し~ (6, 0.1%)

2 ていた, ている 1 てへん, て行く

▼ 眺めてさえ~ (5, 0.0%)

3 いれば 1 いないであろう, 心に

▼ 眺め~ (5, 0.0%)

1 のだ, のでした, ので私, ば幾分, ば誰

▼ 眺めまわした~ (5, 0.0%)

1 がこいつ, がそこで, がそれ, のだった, 原田は

▼ 眺め~ (5, 0.0%)

1 て少し, ふが, ふほどに, へば彼, よし如何なる

▼ 眺め次に~ (5, 0.0%)

1 また書物, 信子の, 村田の, 眼を, 落ち込んだ炉

▼ 眺め自分~ (5, 0.0%)

1 の妻, の孤独, の棲ん, はよく, は食わず

▼ 眺め~ (4, 0.0%)

2 うして 1 したり, した事

▼ 眺めすかし~ (4, 0.0%)

2 ていた, てバカめ

▼ 眺めそこ~ (4, 0.0%)

1 にその, に屍衣, に第, の屋根

▼ 眺めわたし~ (4, 0.0%)

1 たりし, ても狭い, ながら高々, はこの

▼ 眺め二人~ (4, 0.0%)

2 とも言葉 1 だけの歓び, は立っ

▼ 眺め今更~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 に其聲, のやう

▼ 眺め~ (4, 0.0%)

1 つた, つちや, ひながら, ふやう

▼ 眺め~ (4, 0.0%)

1 い感覚, い歩きまわる作家, うこと, はつて

▼ 眺め廻した~ (4, 0.0%)

1 がこんど, が誰一人, のである, 後で

▼ 眺め~ (4, 0.0%)

1 の眉一つ, の馬, は写真, は失っ

▼ 眺め更に~ (4, 0.0%)

1 上海より, 前線の, 大形の, 高らかに

▼ 眺め~ (4, 0.0%)

2 を眺め 1 に浮ぶ, をともに

▼ 眺め~ (4, 0.0%)

21 てリキエー軍, て大将

▼ 眺めかた~ (3, 0.0%)

1 で彼女, なの, をすれ

▼ 眺めから~ (3, 0.0%)

1 くる風, 較べますと, 風の音まで

▼ 眺めくらし~ (3, 0.0%)

1 てはかない, ても飽く, てゐた

▼ 眺めさて~ (3, 0.0%)

1 入口を, 寝る時, 自信が

▼ 眺め~ (3, 0.0%)

1 て, て名護屋, て飽きる

▼ 眺めそれからまた~ (3, 0.0%)

1 アリョーシャを, 凧を, 横に

▼ 眺めたる~ (3, 0.0%)

2 に姫 1 渠の

▼ 眺め~ (3, 0.0%)

1 とも思い思い, の, よ

▼ 眺め~ (3, 0.0%)

2 やなう 1 やな

▼ 眺めであった~ (3, 0.0%)

1 が突然, が自分, けれども足もと

▼ 眺めです~ (3, 0.0%)

1 が金持, こと, 灰色空が

▼ 眺めという~ (3, 0.0%)

1 お殿様, ことが, ものには

▼ 眺めどころ~ (3, 0.0%)

2 では 1 の話

▼ 眺めふと~ (3, 0.0%)

1 むかしの, 恨めしく思う, 自分の

▼ 眺めほど~ (3, 0.0%)

2 その時どき 1 心を

▼ 眺めまわす~ (3, 0.0%)

1 うちに, と, とカラカラ

▼ 眺めやう~ (3, 0.0%)

1 とする, ともせられない, と云

▼ 眺め乍ら言~ (3, 0.0%)

3 つた

▼ 眺め~ (3, 0.0%)

1 にきき, をし, 近づけば

▼ 眺め今にも~ (3, 0.0%)

2 名乗を 1 わが心

▼ 眺め入らず~ (3, 0.0%)

1 にはいられない, にはいられぬ, にはゐられぬ

▼ 眺め初め~ (3, 0.0%)

1 た, たの, は悲し

▼ 眺め~ (3, 0.0%)

1 のこもった, をこめ, を込め

▼ 眺め~ (3, 0.0%)

1 冬枯を, 群集から, 読みては

▼ 眺め~ (3, 0.0%)

1 にすぐ, を眺めし, を見返

▼ 眺め廻す~ (3, 0.0%)

1 のであった, のを, 中に

▼ 眺め~ (3, 0.0%)

1 に灯, の底, ものび

▼ 眺め~ (3, 0.0%)

1 は平然と, や指, を打ち

▼ 眺め暮した~ (3, 0.0%)

1 ことであります, ものだ, 世にも不幸

▼ 眺め~ (3, 0.0%)

2 の仕事 1 で途中一

▼ 眺め~ (3, 0.0%)

1 のま, を替, を沈め

▼ 眺め~ (3, 0.0%)

1 に土塀, を眺め, を覗き

▼ 眺め~ (3, 0.0%)

1 にいる, に一杯, の下

▼ 眺め~ (3, 0.0%)

1 を仰い, を仰ぎ, 吹く風

▼ 眺め~ (3, 0.0%)

1 ではそれ, のときめき, をときめかせ

▼ 眺め遂に~ (3, 0.0%)

1 この粋, 手を, 美事に

▼ 眺め~ (3, 0.0%)

1 をねじ向け, を二つ, を廻らし

▼ 眺めあきず~ (2, 0.0%)

1 よ, よ親しめ

▼ 眺めあれ~ (2, 0.0%)

1 が父, が赤城

▼ 眺めいと~ (2, 0.0%)

1 よし, をかしく

▼ 眺めおろし~ (2, 0.0%)

1 ていた, て一段

▼ 眺めかつ~ (2, 0.0%)

1 拝んだ, 震えた

▼ 眺めここ~ (2, 0.0%)

1 をドストエフスキイ, をドストエフスキー

▼ 眺めさも~ (2, 0.0%)

1 力を, 名残惜しそう

▼ 眺めしばらく~ (2, 0.0%)

1 小首を, 思いめぐらして

▼ 眺めそう~ (2, 0.0%)

1 して, 言った

▼ 眺めそういう~ (2, 0.0%)

1 労作の, 声も

▼ 眺めそしてまた~ (2, 0.0%)

1 しくしくと, すぐに

▼ 眺め~ (2, 0.0%)

1 おもしろき寒き刈田ゆ絵凧, や

▼ 眺めてすら~ (2, 0.0%)

1 その衰え, 直に名残惜し

▼ 眺めでした~ (2, 0.0%)

1 けれどもい, のにね

▼ 眺めでも~ (2, 0.0%)

1 したかつた, するやう

▼ 眺めとは~ (2, 0.0%)

1 一層に, 何處か

▼ 眺めとも~ (2, 0.0%)

1 ならない無用, 云うべきか

▼ 眺めなかなか~ (2, 0.0%)

1 いい気分, 遠く迄

▼ 眺めながらの~ (2, 0.0%)

1 支那の, 興奮ならびに

▼ 眺めなるべく~ (2, 0.0%)

1 妨げないよう, 長く保つ

▼ 眺め~ (2, 0.0%)

1 や, 煙は

▼ 眺めばかりは~ (2, 0.0%)

2 特別な

▼ 眺めむ福寿草~ (2, 0.0%)

2 のはな

▼ 眺めもう~ (2, 0.0%)

1 真上から, 自分が

▼ 眺めやる~ (2, 0.0%)

1 あの微笑, のでした

▼ 眺め~ (2, 0.0%)

1 たけく煮る酒, つくりと

▼ 眺め~ (2, 0.0%)

1 さのみ, 寂しき末黒小野

▼ 眺めよい~ (2, 0.0%)

1 子守が, 心持でした

▼ 眺めよう~ (2, 0.0%)

1 によっては二度, によっては雲海

▼ 眺めよりも~ (2, 0.0%)

1 むしろ農家, 却つて林の

▼ 眺めわたす~ (2, 0.0%)

1 ときそこには, 如

▼ 眺めわび~ (2, 0.0%)

1 かすめし宿, つつぞ俥

▼ 眺め~ (2, 0.0%)

2 てくぐり

▼ 眺め一人~ (2, 0.0%)

1 でほしい, は読書

▼ 眺め一杯~ (2, 0.0%)

1 に快い, のお

▼ 眺め~ (2, 0.0%)

1 の路地, よりあ

▼ 眺め下す~ (2, 0.0%)

1 と一様, 好みに

▼ 眺め乍ら泰子~ (2, 0.0%)

1 は何とも, は殆ど驚歎

▼ 眺め乍ら私~ (2, 0.0%)

1 の知つて, は私

▼ 眺め乍ら答~ (2, 0.0%)

1 へた, へる

▼ 眺め乍ら腰~ (2, 0.0%)

1 をあげました, を掛けた

▼ 眺め仕事~ (2, 0.0%)

1 の手, の終る

▼ 眺め佇立~ (2, 0.0%)

1 んで居る, んで更に

▼ 眺め佇立ん~ (2, 0.0%)

2 で居た

▼ 眺め入り乍ら自分~ (2, 0.0%)

1 の一生, の身の上

▼ 眺め初めて~ (2, 0.0%)

1 事情が, 口を

▼ 眺め場所~ (2, 0.0%)

1 に上り, に人知れず

▼ 眺め~ (2, 0.0%)

1 に一つ, をながめ

▼ 眺め大いに~ (2, 0.0%)

1 凝ったつもり, 満悦した

▼ 眺め大急ぎ~ (2, 0.0%)

1 で写真, で寫眞

▼ 眺め少しく~ (2, 0.0%)

1 口に, 声を

▼ 眺め尽せぬ~ (2, 0.0%)

1 心持ちが, 日本三公園の

▼ 眺め居たる~ (2, 0.0%)

1 が頓, を先刻

▼ 眺め居り散り~ (2, 0.0%)

2 てたまる

▼ 眺め幾度~ (2, 0.0%)

1 か角燈, もべそ

▼ 眺め忽ち~ (2, 0.0%)

2 絞首台を

▼ 眺め~ (2, 0.0%)

1 に慌て出し, に顔

▼ 眺め~ (2, 0.0%)

1 れも, れ一人

▼ 眺め~ (2, 0.0%)

1 る者, 者は

▼ 眺め早く~ (2, 0.0%)

1 ハイと, 千鶴子でも

▼ 眺め時たま~ (2, 0.0%)

2 ネオンサインを

▼ 眺め暫く~ (2, 0.0%)

1 は動けなかつた, また千鶴子

▼ 眺め暮す~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことに

▼ 眺め暮らし~ (2, 0.0%)

1 ている, て涎

▼ 眺め最後~ (2, 0.0%)

1 に一, の軍配

▼ 眺め~ (2, 0.0%)

1 が明るく, の時

▼ 眺め~ (2, 0.0%)

1 に山, に続い

▼ 眺め~ (2, 0.0%)

1 に耳, を聞い

▼ 眺め沈ん~ (2, 0.0%)

1 で居た, で居る

▼ 眺め渡した~ (2, 0.0%)

1 のに違い, 処

▼ 眺め渡す~ (2, 0.0%)

1 ことの, のであった

▼ 眺め煙突~ (2, 0.0%)

1 から湧き上る, を眺め

▼ 眺め煙草~ (2, 0.0%)

2 をふかし

▼ 眺め矢代~ (2, 0.0%)

1 と並ん, も久木男爵

▼ 眺め研究~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 眺め~ (2, 0.0%)

1 の世界, を祈る

▼ 眺め細君~ (2, 0.0%)

1 の顔, は伏

▼ 眺め絶佳~ (2, 0.0%)

1 なので, なり新

▼ 眺め自然~ (2, 0.0%)

1 を印象, を感じる

▼ 眺め若い~ (2, 0.0%)

1 ものたちと, 人達の

▼ 眺め荷車~ (2, 0.0%)

1 の響き, を眺め

▼ 眺め~ (2, 0.0%)

1 したり, したるもの

▼ 眺め足らはむ~ (2, 0.0%)

2 肘枕し

▼ 眺め返し~ (2, 0.0%)

1 ていた, てみた

▼ 眺め青々~ (2, 0.0%)

2 した稲

▼ 眺め~ (2, 0.0%)

1 を聞き, を聴く

▼1* [581件]

眺めああ偉いやつ, 眺めあかざるものが, 眺めあかしておりました, 眺めあかした後彼は, 眺めあかずよ子, 眺めあかぬ玄境に, 眺めあつた, 眺めあらんも一さし, 眺めいかにも嬉しそう, 眺めいたる折しも, 眺めいつまでもお母さま, 眺めいつか開きはしまい, 眺めいろいろと学ぶ, 眺めうしろに山, 眺めうち眺めして, 眺めうっとりとその, 眺めはりそして, 眺めおのおの心滿てる時, 眺めおもしろく白髯の, 眺めおや十一時か, 眺めお辞儀いたしました, 眺めたけきとある, 眺めかえせば当時, 眺めかなりひろい見方, 眺めかはして, 眺めかもしれず, 眺めがちの心持ち, 眺めこうすれば, 眺めこそは絶勝であろう, 眺めこんどは頭, 眺めさえした, 眺めさつと顔を, 眺めさびにけり, 眺めさらに大いに旅愁を, 眺めさりげない樣子, 眺めしかし冷やかに, 眺めしかも飽きないという, 眺めしたものぢや, 眺めしまいにはうとうと, 眺めしもまたあはれ, 眺めじゃないか, 眺めじゃのう見渡す限り千本白菊, 眺めすてず執拗に, 眺めするなよび, 眺めすれちがってゆく, 眺めせめてこの美し, 眺めはり, 眺めそうして三日の, 眺めそこここと三十分以上, 眺めそのまま向こうへ, 眺めそれらを越し, 眺めたまへよ, 眺めたりなどして, 眺めたりなんかしてると, 眺めだけに代へ, 眺めだったと話し, 眺めだったでござりましょう, 眺めだらうと思ふ, 眺めだろうと思いました, 眺めだんだんと御府内, 眺めちゃ居れん, 眺めちゃあいられまいじゃ, 眺めちょっとゆすぶって, 眺めちらりと冷笑に, 眺めつくすのであった, 眺めつつも迂廻した道, 眺めつと腕を, 眺めていうのだ, 眺めていねいにお辞儀, 眺めてからは怪しい心, 眺めてこそ始めての, 眺めてだけでもお酌みください, 眺めてなどおられようか, 眺めてにやりにやりと, 眺めであって蜈, 眺めでありながら平凡, 眺めでさえ今日では, 眺めでしょうとも書い, 眺めとしては早起きを, 眺めとてもないこんな, 眺めとともに夕立も, 眺めとよむのね, 眺めとを廣く取入れ, 眺めおしに, 眺めどういふ意味, 眺めどうせ自殺する, 眺めどうも縁なき, 眺めどっさりの, 眺めなお街道を, 眺めなかには女仲間, 眺めなかば諦めたよう, 眺めながいあいだ笑つてゐた, 眺めなさいませ楚提が, 眺めなれてきた, 眺めにかかつた, 眺めにたにたと笑い, 眺めについて御同感, 眺めにと橄欖の, 眺めになつてこんな, 眺めによってあるいは涙, 眺めに対して香椎六郎は, 眺めのさびしきはしのぶに伝ふ, 眺めのせゐもある, 眺めはっきり開拓使と, 眺めはよかつた, 眺めひそひそと静か, 眺めひどく嬉しそうに, 眺めふくよかな全体, 眺めふところから日誌, 眺め移した, 眺めへたな歌, 眺めほとんど無我夢中に, 眺めぼくには奇妙, 眺めまあと小さい, 眺めまじめな顔, 眺めまたは窓から, 眺めまばゆさの, 眺めまばゆきあさぼら, 眺めまわされたとき素六の, 眺めの字, 眺めもちよつと, 眺めものを言いかけ, 眺めもはや好奇心も, 眺めやあお早うと, 眺めやさしい言葉を, 眺めやすく住み心地, 眺めやたらに弁解, 眺めやった露月の, 眺めやというところは, 眺めやはすべて詩の, 眺めやはり楽しそう, 眺めゆたかに寂し, 眺めよくよく捜さなければ, 眺めよしよしという, 眺めよりは世帶の, 眺めらしいわね一度, 眺めびたいとおもつて待夜の, 眺め消えか, 眺めオレンヂの花, 眺めオールが水, 眺めコッペエの如く, 眺めジイドを眺め, 眺めトボトボと退去, 眺めトロイアの戰勝願, 眺めニタリと一つ, 眺めバイヨンヌの町, 眺めパイプに煙草, 眺めヘーレーを叱り責め, 眺めベリヤーエフを眺め, 眺めホクホクして, 眺めボディーの美し, 眺めポケットからチャックつき, 眺めロマーシの背中, 眺め一つ大きく吐息, 眺め一どきに眼を, 眺め一体あゝいふ家, 眺め一向に動きさ, 眺め一時にひらかれ, 眺め一歩一歩その後をつけ, 眺め一種の感じ, 眺め万年筆をおい, 眺め上り下りの電車自動車, 眺め上ッ原と呼ぶ, 眺め上下四方前後左右の逆転, 眺め上扇して, 眺め下して通りすぎました, 眺め下した景色は, 眺め下りて行く, 眺め不思議な城砦, 眺めには微笑, 眺め中国の毛利, 眺め乍らうちの事, 眺め乍らこれが肉親, 眺め乍らチビチビと呑ん, 眺め乍らプカリプカリと所謂山吹色, 眺め乍ら三人がゐる, 眺め乍ら下品な西洋人, 眺め乍ら二十町もある, 眺め乍ら云つた, 眺め乍ら今迄階下, 眺め乍ら何かの予感, 眺め乍ら倉賀屋の主人, 眺め乍ら八五郎は不器用, 眺め乍ら刀の手入れ, 眺め乍ら卓を囲ん, 眺め乍ら喉を突く, 眺め乍ら土手の上, 眺め乍ら夜つぴて飮, 眺め乍ら大金の掛つて, 眺め乍ら巴里より二時間半, 眺め乍ら平次は長い, 眺め乍ら年寄の江藤, 眺め乍ら底拔け騷ぎをやらうといふ計略, 眺め乍ら廊下の古, 眺め乍ら張り亘った意識, 眺め乍ら戀女房のお, 眺め乍ら我から興, 眺め乍ら斯ういふ, 眺め乍ら昼食を取つ, 眺め乍ら格子の内, 眺め乍ら無花果の根本, 眺め乍ら膳を手前, 眺め乍ら自分は向, 眺め乍ら苦吟をし, 眺め乍ら茶をのんだ, 眺め乍ら誰町会議員からの使, 眺め乍ら鐵拐仙人のやう, 眺め乍ら風雅な入口, 眺めに援苦, 眺め事象を考察, 眺め二三歩窓のほう, 眺め二階を見上げた, 眺め互に之を, 眺め五十の坂, 眺め人々に何, 眺め人類の文化, 眺め今さら換算率の, 眺め今夜は東京, 眺めの女給, 眺め伸子は暗い, 眺めをゆすぶっ, 眺めぬ, 眺め信じている, 眺め候眼の中, 眺め入ったような, 眺め入られては大事, 眺め入り乍ら互に山, 眺め入り乍ら十二月の近い, 眺め入り乍ら問ひかけました, 眺め入り乍ら寺住の身, 眺め入り奧さんは針, 眺め入り度いためにのみ出かけ, 眺め入り思いを凝らす, 眺め入り陶酔したの, 眺め入口の段, 眺め八ヶ岳立科山をそれよ, 眺め共に長所と, 眺め共感して, 眺め其等の形, 眺め具体的に描写, 眺め内心の淋しい, 眺め再び仕舞いに, 眺め冷淡になり, 眺め冷笑的の口調, 眺め凝然と驚い, 眺めて行く, 眺め初夏にも似た, 眺め到頭決心し, 眺め剃刀も内証, 眺め前津の香雪軒, 眺め勝ちな自分, 眺め北千住を過ぎ, 眺め十吉はふと, 眺め半日の小閑, 眺め卑猥なこと, 眺めから東, 眺め南国的なマグノリア, 眺め南方破風山から甲武信, 眺め南西では終日, 眺め友達は呟いた, 眺め取りながら, 眺め受持の先生, 眺めの中, 眺め古蹟を訪う, 眺めに果し, 眺め吃驚して, 眺め合えるくらいにまで大気, 眺め合せて感想, 眺め合わした事を, 眺め合わせておりました, 眺め同じ土を, 眺め同じくためらはず戰車, 眺めの方, 眺め呉春なんどの画, 眺め周さんの姿, 眺め咳払いをし, 眺め唯もう目を, 眺め唯一の白百合一つ, 眺め喜べりああ彼微塵, 眺め喟然として, 眺めふ, 眺めをし, 眺め噴煙の中, 眺め四つの足, 眺め四周は温和, 眺め四時半すぎやっと大熊さん, 眺め國家の盛衰, 眺めを眺め, 眺め地面をあちこち, 眺めの内, 眺め堤上から東北, 眺め声々に臭し, 眺めに気味悪く, 眺め夕河岸の小, 眺め夕飯を始めた, 眺めには到る, 眺め外国から帰った, 眺め外船の阿, 眺め多きが中, 眺めのよう, 眺め夢想にふけっ, 眺めに興じた, 眺め大きな手袋を, 眺め大人の文学, 眺め天井を見詰める, 眺め奇麗で奇麗, 眺めが, 眺め好奇心を動かされた, 眺め好色の手下, 眺めの順子, 眺め官吏軍人実業家中の精鋭, 眺めったもの, 眺め実にい, 眺め実は論理も, 眺めの中, 眺めの者たち, 眺め家ごとに定紋入り, 眺めとした, 眺め寂々たる一, 眺め富岡は尨大, 眺め将棋盤の中央, 眺め標題を, 眺め小やみなく遠く, 眺め小座敷の上り框近く, 眺め小首をかしげ, 眺め尽しても飽きない, 眺め尽したことヴィットリオ・エマヌエレの, 眺め居りましてご, 眺め居給ふ, 眺めの頂, 眺めに着い, 眺め峯子は夜なか, 眺め巡査は麦藁帽, 眺め巡査ひとりひとりの家, 眺め巻煙草の吸殼, 眺め帰り路は湯の沢, 眺め広重が描いた, 眺めかつた, 眺め建物の上, 眺め廻しなほ子は苦笑, 眺め廻し乍ら言つた, 眺め廻し大丈夫誰も見, 眺め廻っていた, 眺め彦太郎はしばらく, 眺め彼らの姿, 眺め彼女が幼女時代, 眺め彼等は左手, 眺め御召物の縞, 眺め心地が頗る, 眺める, 眺め思いがけなく不意に, 眺め急ぎアキリュウスを, 眺め恥しそうに, 眺めをつめ, 眺め悠々と薬, 眺め悠然とあちらこちら見廻し, 眺め悲哀に胸, 眺め惚れて居る, 眺め愉しむことが, 眺め意味ありそう, 眺め感動して, 眺め感嘆しかかったので, 眺め慨然として叫び曰, 眺めみて, 眺め懇意な店, 眺め我が胸の, 眺め戦闘機を見あげ, 眺め戰地にもこんな, 眺め戰鬪機を見あげ, 眺め手綱の端, 眺め指先で布地, 眺め探求し抽象, 眺め接吻をし, 眺め描いている, 眺め新刊書の棚, 眺めの西, 眺めやさむざむ, 眺め旺盛に芽立つ, 眺め明りて寂びし, 眺め明日の可能, 眺め易くするため, 眺めの哀, 眺め星座の位置, 眺め春の山を望み, 眺め春雨はやさしく, 眺め時間を知る, 眺め景雲橋の方, 眺め所の, 眺め暗澹とした, 眺めせると, 眺め暮したいような, 眺め暮し夢の様, 眺め暮らし宿屋では牛乳, 眺め書斎の窓際, 眺め最早眼を, 眺め有馬さんの真心, 眺めから夜, 眺め朧ろに霞ん, 眺め未知の天地, 眺めの近傍, 眺め枝頭万朶の春真盛り, 眺め案外大口な, 眺め梅雨のま, 眺め楽しみたいと思った, 眺め楽むという風の娘, 眺めとし, 眺め横光によってたどられた, 眺めすること, 眺めの手, 眺め欠伸をし, 眺め次第に奥へ, 眺め正吉は天井, 眺め武蔵はまた, 眺めを返す, 眺めをむきだし, 眺めにすぐれ, 眺めに較べ, 眺め母親は, 眺め気の毒な思い, 眺め気味のわるい, 眺め気高い態度で, 眺めの姿, 眺め水瓶を提げ, 眺め水草の花, 眺め沼間夫人は眉, 眺めのぶつかる, 眺め濁つた渤海あたり, 眺め流石に私, 眺め浅瀬を対岸, 眺めも出ない, 眺め淋しき冬まぐれ, 眺め深いものだ, 眺め渡さんとする, 眺め渡し乍ら蜂屋文太郎は尚も, 眺め温泉の香, 眺め測量や製図, 眺めの胴体, 眺め湖水の括れ, 眺め湖畔へ向っ, 眺め満足を感じ, 眺め然と, 眺め潮風に吹かれ, 眺め澄してから翁, 眺め澄ましていた, 眺め無理にも公益優先, 眺め焼香するとき, 眺め熟讀して, 眺めを眺め, 眺め片手で頬, 眺めの群, 眺め干に, 眺め物見の高殿, 眺め猿飛のあたり, 眺めひけむ, 眺め玉樓に王侯, 眺め理解するため, 眺めを眺め, 眺め申し上げねえと丹田, 眺め町人が, 眺めの中, 眺め番頭の新, 眺め癩者のみと生活, 眺め皮相的に反映, 眺め皮肉な薄ら笑い, 眺めしたこと, 眺め直ぐ後から静か, 眺め相互同志ぶつかり合う音, 眺め真夏の太陽, 眺め眺めかえるかのう, 眺め眺め静に御, 眺め眺望よきこと言語, 眺め矢張り考えて, 眺めロマンチックな, 眺め光りを, 眺めからスモーリヌイ, 眺め笑顔を作りだし, 眺め筆一本でもこれ, 眺めの美味, 眺め紙幣を引っ, 眺め終りてアキリュウス, 眺め給えや, 眺めのごとき, 眺め継ぎ継ぎと大小, 眺め編み物をする, 眺め縁側に沿っ, 眺め美術学校前の広場, 眺め群神は盃, 眺め考えている, 眺めして, 眺めをすまし, 眺め肌寒い気持ちで, 眺め臭い焼, 眺めを下せ, 眺め膝栗毛を疲らせた, 眺め自分たちの歩い, 眺め自分ひとり焼酎をのん, 眺め自由な片方, 眺め興じたが気がつい, 眺め舞台以外の彼, 眺め舞踊家林きん子になった, 眺めが雄島, 眺め苦笑するの, 眺め茅屋を眺め, 眺め茫然として居りました, 眺め荘一清の方, 眺め然とも, 眺め蒼ざめた顔に侘び, 眺め蒼穹を仰ぐ, 眺めの声, 眺め行人を眺め, 眺め行手に霞沢, 眺め行末のこと, 眺めはす, 眺め袖子は目, 眺め覇気をみとめ, 眺め見あかず谿岨の, 眺め見つ倒して魂, 眺め見ほるる山ざくら春は, 眺め見わたす男なりけり, 眺め見当をつけ, 眺め見渡す隅田川あれ鳥が, 眺め見飽かぬ水族館, 眺め解剖しつつ, 眺め言葉もなく黙っ, 眺め詮吉は殆ど閉口, 眺め詰めた昇と, 眺め諸君の立派, 眺めふべし, 眺めに及ぼす, 眺め足らはす, 眺め軽井沢追分をすぎ, 眺め農舎を眺め, 眺め近き渓, 眺め返さないわけには, 眺め返したから思い切っ, 眺め送るうち人間の, 眺め連日降雨の後, 眺めは居, 眺め遊ばして昔義経, 眺め過し他の, 眺め遠くにあらゆる, 眺め遣れば眼鼻口, 眺め遥かの急流, 眺め那須浅間富士の三煙, 眺め都人の想像, 眺めにはやはり, 眺め野原に点在, 眺め野川の細流, 眺め長々と眺め, 眺め長髪を掻き上げ, 眺め門前に佇む, 眺め開けたる處絶代の, 眺め関係されるところ, 眺め降すとまぶしい, 眺め陸上より艦, 眺め階段を降り, 眺め階段式になった, 眺め随分長い別離, 眺め障子の穴, 眺めの二階, 眺め雑草若葉を賞する, 眺めを見る, 眺めのすさまじい, 眺め電車の録音, 眺め青木ヶ原の一端, 眺めに御, 眺め音声を耳, 眺めに手, 眺め顔色を青く, 眺めに吹かれ, 眺め風呂にはいる, 眺め食慾を覚え, 眺めみほすと, 眺め飲み遊ぶに至った, 眺め飽かぬ鈴鹿山脈の, 眺め飽くことを, 眺め怖せる, 眺め高原を踏む, 眺めを結いかけ, 眺め黄金の腕環, 眺め黙々と彼女の