青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「用~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~生涯 生涯~ ~生物 生物~ ~生産 生産~ 産~ ~甥 甥~ ~用
用~
~用い 用い~ ~用いる 用いる~ ~用事 用事~ ~用心 用心~ ~用意 用意~

「用~」 12672, 131ppm, 808位

▼ 用~ (2099, 16.6%)

26 ないもの 23 ために 18 ある時 15 ない時 9 あるの, ない人, もので 8 あるとき, 家へ 6 ある人, ないところ, ものだ, ものを 5 ないこと, ない身体, ピストルを, 机の, 鞭を

4 [12件] ありそう, ある人間, ないよう, ない人間, ない体, ない男, ない者, ものが, ものである, 斧を, 椅子を, 都合で

3 [19件] あるもの, ためでは, ない, ない品, ほかは, ものと, ベンチに, 上衣を, 大小の, 小さな机, 小形の, 手紙を, 服を, 椅子に, 無い時, 無ければ, 自動車で, 道具を, 長椅子に

2 [127件] あるはず, あるふり, ある者, ことばに, すみ次第, では, ないから, ないとき, ないのに, ない事, ない傍観者, ない冬, ない品物, ない夜中, ない存在, ない客殿, ない所, ない晩, ない玉の井, ない行人, ない話, ない限り, なさそう, ものだった, ものであった, ものに, ような, を持っ, ガラクタで, ケープその他を, シガレット, ステッキを, スリッパを, トランクを, ナイフを, ピストルが, ピッケルを, ピツコロの, ホテルと, ロープを, 七つ道具が, 世界である, 人力車は, 人間, 人間では, 倒れて, 写真を, 刀や, 刄物が, 医師なり, 口から, 器具を, 地下道の, 外は, 大ナイフ, 家に, 寝台が, 寝台の, 寝台は, 寝台を, 寢臺に, 寫眞を, 小さなコップ, 小冊子, 少い官吏, 尖端に, 工業品を, 帳面を, 強力な, 御面, 括弧です, 教科書が, 有無を, 本を, 材木を, 村田銃を, 梯子が, 椅子が, 機械を, 気もちが, 水を, 水牛の, 油紙と, 法則は, 洋服を, 海水着の, 無いのに, 現れである, 甕の, 白の, 盆栽を, 目的に, 硫酸の, 秤を, 細長い朝食膳, 給水を, 胴草ずりを, 脇差を, 脚本を, 自動車が, 自動車を, 茶碗としてね, 茶碗を, 薪を, 蠻行が, 衣装を, 誕生日が, 足しに, 邪魔に, 酒には, 金は, 金も, 金属箔の, 鉄の, 鉄鎚を, 鏝を, 間を, 雑嚢が, 雑嚢を, 雑巾を, 電気帯でも, 電燈の, 鞄とを, 食料品として, 食糧を, 餅と, 高下駄を

1 [1566件 抜粋] あったついで, あってかな, あるおれ, あるときいつ, あるよう, ある人たち, ある同役, ある建物, ある方, ある時庭番, ある相手, ある身, あろう筈, いくらか, いたどりを, うけ渡, おはす, お化粧, お膳, かなり贅澤な, かんじきを, きかぬ不自由者, ことしか, これこれの, ございましたついで, さしずで, さらし, すむまで, すんだ献立表, それの, たな, ためには, ためガラス張りに, とりかご, と標札, ないお方, ないという, ないはず, ないリーズ, ない処, ない商人, ない夜, ない婆様, ない家庭, ない弥次馬, ない旅, ない松, ない港, ない煙草売, ない猟手ら, ない相手, ない第三者, ない義雄, ない花, ない贋造紙幣, ない身體, ない金, なくては, なくなった皿, ねえもの, はずである, は言, ひとみ盧の, ふさ飾りの, ほば, ものそこへ, ものとは, ものばかり, もの時として, も木製, らしいの, を借り, アセチリン・ランプを, アニリン染料を, アルコールを, アルミニューム粉末を, イタリー抒情歌を, インド更紗の, ウイスキーびんや, エフ, エンジンなどを, オルゴオルも, カバンと, ガス焜炉の, ケント紙を, コウト掛け, コルセットただし, コートが, ゴム管を, サービス紙は, シャベルを, ジャーナリズム機関だ, スタディオも, ステッキ位の, スライドを, ソフト, タンク, ヅダ袋へ, テーブルとが, デスク, トラックなんか, トルウザース, ナイロンの, ノズルが, ハンドルと, バケツから, バスケットは, バットを, バンドを, ビスムチルを, ピストルで, ピンなどを, フィルムを, フロックと, ヘルメットを, ベルトを, ベントウ代りに, ペンチを, マスクだった, メリンスの, モンペ姿で, ラジオ受信機を, ランタンを, リュックサックは, レンズは, ロケットを, ヴァイオリンを, 一張羅を, 一組しか, 三名が, 三番ピンク色の, 上ぞうりの, 上等の, 中に, 丸椅子に, 九谷の, 事あり, 事實である, 二つの, 五, 五連発旋条銃を, 人かと, 人間の, 仕度が, 他は, 位置は, 体を, 価は, 信玄袋を, 先に, 八帖へ, 円刃刀と, 凸面鏡を, 刃物を, 切出しを, 利器の, 前掛けつぎだらけの, 加賀の, 動物の, 包みなどが, 化粧品を, 南京虫, 印鑑は, 原稿を, 厨器に, 参考書の, 反射板を, 古いピストル, 古代スラヴ語で, 古鉈, 叺の, 合間に, 名刺でも, 名刺以外には, 品々を, 品の, 唐紙の, 器具が, 器具や, 器楽が, 器財なり, 団扇を, 土地の, 土蔵も, 地図が, 堀の, 堅パンとを, 塵除け, 夏だけの, 外套も, 多いからだ, 多い時, 多い階下, 夜具蒲団膳椀の, 大きい大きい桶, 大きさ, 大きなサモヴァル, 大きな和船, 大きな張子, 大まさかりを, 大切な, 大型バスの, 大島綿入下着羽織送りました, 大洋刀, 大瓶, 大部な, 天幕を, 太平車や, 妨げを, 子として, 學問を, 宝ものと, 客を, 家具が, 容器である, 寝台その, 寝室へ, 寝牀, 封筒でし, 封筒を, 将棋盤を, 小さい中古, 小さなそり, 小さな木炭ストーヴ, 小サジ, 小動物, 小型潜航艇が, 小建物, 小机, 小物が, 小箪笥, 小説なども, 小銭を, 少い方, 山であった, 巣箱を, 巨大な, 帯を, 帳面が, 幌馬車が, 平均栽培超過を, 床几小形の, 座席に, 建設物や, 廻転椅子に, 弓と, 強力, 後ろから, 必要部分だけに, 思うツボ, 懐中電灯を, 手拭が, 手洗場とを, 手紙書きつつ, 手鍵を, 指杖を, 掛け暦と, 揮発油の, 支那語だけは, 散財店を, 文明器具を, 料理屋に, 新らしい, 新版地図である, 方は, 日傘まで, 明細書を, 時にも, 時間の, 暗室へ, 書物でなく, 書籍その, 有りそう, 服の, 服装は, 木履爪先に, 木材や, 木箱でさえ, 本箱や, 机だけ, 材料と, 杵を, 松金油は, 枕を, 林檎を, 柔い, 案の, 棍棒や, 椅子と, 椅子や, 楯も, 槌を, 樹木や, 橇を, 機械であるらしい, 檜木笠天秤棒まで, 櫛や, 武器, 歩桑桑園とまで, 残って, 気動車で, 水は, 水桶は, 水槽の, 水薬で, 水路の, 氷や, 沓下留めを, 洋服屋も, 活動フィルムである, 浴衣一枚に, 海水靴を, 清潔で, 済むまではいつまででもそこに滞在し, 湯呑みや, 漢字を, 濟んだ, 火薬類が, 炭水車付機関車な, 焔が, 無いやくざ婆, 無い問題, 無い身, 無さそう, 煙突さえ, 煙草問屋で, 燃料か, 燃料貯蔵槽を, 燭台ので, 爆音が, 牛一頭の, 物だつた, 物の, 物尺が, 特別の, 犬や, 犬屋君が, 献立を, 玉や, 玩具の, 現金は, 環投, 瓦斯管から, 用と, 画具なぞを, 疏水を, 発着所であった, 白レースの, 皀靴そして, 盛装を, 相間に, 眼鏡と, 短剣を, 石油カン, 砂の, 硝子器具を, 祝いの, 秘密藥品を, 稽古場だ, 空地らしい, 童謠, 竹梯子で, 笹竹を, 箆だ, 算書には, 箱から, 箱みたいな, 範疇を, 米の, 粗雑な, 糊が, 糸立菅笠金剛杖など, 紐の, 紙が, 紙ばさみを, 細い電線, 紺木綿の, 終りに, 絹手袋を, 網を, 線香が, 縁無帽を, 繁多な, 繻絆姿で, 羅宇の, 耳へ, 肘かけ, 脚夫で, 腐蝕土だ, 自分の, 自動車に, 自記地震計の, 與つて力ある, 舟なぞも, 船便が, 色盲検査表を, 花氷だった, 英町尺を, 茶室が, 茶飮み, 草木が, 菌は, 落葉を, 著大なる, 蒲団を, 薄い硝子, 薪や, 薬味入れを, 藁布団の, 蚯蚓を, 蝋燭を, 蠻行は, 術を, 衣裳かけは, 裁縫袋を, 装飾品は, 褞袍を, 要は, 角封だった, 解剖屍体には, 記念すべき, 註を, 試写室の, 詩本を, 読本にも, 調菜を, 講談本が, 豪奢な, 貯水池であった, 買い物に, 資材の, 超短波送受信機, 足しぐらいは, 足りないこと, 足りないわたくし, 足りぬ声, 足りるホテル生活, 足りる便利さ, 足りる範囲, 足を, 踏み車, 軍手が, 轎車は, 通じない時, 逞ましい, 運動靴を, 道具と, 道具箱も, 部屋, 部屋へ, 都合でと, 酒壺は, 野菜や, 金口の, 金属箔を, 針が, 針を, 釣の, 鉄板で, 鉈を, 銅粉を, 鋏や, 鋭い刃先, 鋸や, 鏡を, 鑿と, 長い綱, 長手袋まで, 長方形テントが, 長椅子の, 長靴下の, 間に, 防水電纜を, 階段から, 雑巾あわせ, 雑貨を, 電圧で, 電気は, 電燈だの, 青い筋, 非常口, 革鞍が, 靴下が, 鞄は, 鞭の, 頭として, 額鏡がか, 風呂場が, 風習の, 飛行機の, 食器に, 馬も, 骨, 高架桟橋へ, 魚を, 鶏肉を, 黄と, 黒い異様, 黒布を, 黒革の

▼ 用~ (1607, 12.7%)

180 あって 112 あるの 109 あるん 75 あるから 55 あると 46 ある 39 あつて 21 あれば 14 なければ 13 ないと 12 あつた, ない, ないから 11 あったん, あるので, 出来て 10 あったの, あるという, 済むと 9 ありますから, ないの 8 あったから, あるわけ 7 すめば, ないので, なくなると 6 あった, 有って 5 あったらいつ, あつたら, あるからと, あるよう, ないのに, なかった, 多くて, 済んで

4 [19件] あっての, あっても, ありそう, あるって, あるとか, あろう, すんだから, すんで, できて, なくて, なくても, なくなった, 出来たの, 出来たので, 有るから, 有るの, 有るん, 無いの, 無くなって

3 [23件] あったので, あってね, あらば, ありました, あるさ, あるとき, あるなら早く, あるなら表, あるに, あるもの, すむと, ないという, なかったら, なかろう, なくなれば, 出来たん, 有つて, 有ッ, 済めば, 無いから, 足りた, 足りたの, 足りて

2 [81件] あったけれど, あったもの, あったらどう, あったら又, あったら自分, あったら遠慮なく, あったり, ありましてね, あります, ありません, ありませんか, ありませんから, あるかも, あるからとか, あるし, あるそう, あるだで, あるだろう, あるといふ, あるならお, あるならここ, あるならこっち, あるならはいって, あるなら私, あるなんて, あるのに, あるふう, あるもん, あるゆえ, あるよ, あるわ, あるんだい, あるんで, あるッ, ある筈, あろうと, ござる, すむの, すんだと, すんだという, すんだらさっさと, すんだらすぐ, すんでから, すんでからも, ないからと, ないとは, ないなら, ないよう, ないん, なかつた, なくっても, なくとも, なくな, なくなって, なくなつたんぢ, なくなるの, ふえて, 出來, 出来たから, 出来たと, 出来るまで, 多い, 多いから, 多いの, 多かった, 多くって, 手に, 有ると, 済んだら芝居, 濟んだ, 濟んで, 無い, 無いので, 無いもの, 片づいたらあの, 生じて, 足りない, 足りないこと, 足りる, 足りるだよ, 足りるよう

1 [430件] あったか, あったかも, あったからよ, あったし, あっただけの, あったらいいつけなさい, あったらお呼び, あったらこっち, あったらそう, あったらそッ, あったらなん, あったらまた, あったらサクラ拳闘倶楽部, あったらノック, あったらベル, あったら何時, あったら僕, あったら勝手口, あったら呼ぶ, あったら呼ぶから, あったら呼ぶからと, あったら呼んで, あったら声, あったら大目付さま, あったら庭, あったら待って, あったら手, あったら笙, あったら電話, あったを, あった押しても, あってな, あつたら呼び, あつたら呼ぶ, あつたら掛けろ, あつたら言うた, あつてこ, あつてよ, あつて仙台, あつて村, あつて行, あらい息, あらうと, あらゆる言辞, ありましたので, ありまして, ありましてな, ありますか, ありますし, ありますだね, ありますの, ありますんで, ありませんぞ, ありゃこそ, ありゃしないよ, ありやしないじゃ, あり書くべき手紙, あり気, あり私, あるか, あるかと, あるからな, あるが, あるくだらぬ命, あるけん, あるげ, あるこっち, あること, あるじゃ, あるそれで, あるだ, あるだね, あるだらう, あるつて今朝八時, あるであろうか, あるでしょう, あるとは, あるなし, あるならあしたおいで, あるならあす, あるならこう, あるならそこで, あるならそっち, あるならば, あるならひとっ走りいって, あるならサッサ, あるなら云って, あるなら使い, あるなら俺, あるなら勝手口, あるなら台所, あるなら台所口, あるなら呼ぶから, あるなら呼んで, あるなら声, あるなら夜, あるなら寺社, あるなら屋敷, あるなら巡査, あるなら庭, あるなら彼, あるなら待たして, あるなら待って, あるなら後で, あるなら手紙, あるなら明日, あるなら窓, あるなら自分, あるなら行儀作法, あるなら言, あるなら這入って, あるなら遠慮, あるなら降りて, あるなれば, あるなんざ容易, あるのでな, あるのでのう, あるふり, あるわけぢやあ, あるわよ, あるんぢ, ある以上, ある拙者, ある時, ある様, ある相, ある積り, ある間, あれは, あればこそ, あろうこの, あろうぞ, あろうとも, あんなさるかや, あんなにいっ, あッた, いう, うちやっては, えれえ, おありだった, おありで, おありでござん, おありです, おありなさる, おあんなさる, おこつたので, おわったので, こんなもの, ございますから, ござりまし, ござりました, ござります, さいご, さし迫らなければ, すみましたわ, すみ次第, すむので, すむまで, すんだ, すんだからよ, すんだであろ, すんだの, すんだよう, すんだらお茶, すんだらかみそり, すんだらここ, すんだらはやく, すんだらひきとりたまえ, すんだら何時, すんだら借して, すんだら十日, すんだら帰れ, すんだら引きあげようか, すんだら弛緩, すんだら懐中電灯, すんだら退却, そのそば, その場, そばで, たちどころに授けた, つづいて, できしだいこっち, できたからと, できたので, できたらここ, できたら直ぐ, できましたの, できれば, とぎれた時, ないかね, ないからさ, ないからって, ないし, ないぞ, ないでしょう, ないといった, ないとおいい, ないとでも, ないもの, ないもん, ないゆえ, ないよ, ない善くいへ, ない夫, ない時, ない治部太夫殿, ない百姓, ない筈, なかったらいっ, なくして, なくては, なくなったかも, なくなったからと, なくなったの, なくなったので, なくなったもん, なくなったらほうり出したの, なくなったわけ, なくなっても, なくなりひどく, なくなり開業当初, なくなるって, なくなる番頭, なくば, なく気, なけれやし, なげに, なささ, ねえからさ, ねえなら帰るが, ねえん, はっとした, はつきりと, まだ有る, もし工藝, わかる習慣, ワンサと, 一先ず片づいた, 一策を, 三寸不, 二重に, 人為の, 休止し, 六銭に, 其時は, 出て, 出向いて, 出来したから, 出来た, 出来たって, 出来たもん, 出来たらポンポンポン, 出来たら電話, 出来まして, 出来ると, 出来るの, 出来るもの, 出来るん, 半分しか, 参謀に, 参陣の, 口を, 命ぜられた, 四十八萬圓で, 国の, 増大し, 壁に, 変を, 多いし, 多いぞ, 多いで, 多え, 多かつ, 大きく頷いた, 大切であります, 大手を, 始まつて, 宋江へ, 少ないから, 少なくなっ, 少なくなった, 山の, 山程, 左の, 弁ずるのに, 弁ぜずに, 弁ぜられた話, 忙が, 手を, 控えて, 提案した, 日に日にその, 有ったもん, 有らう, 有ります, 有りますから, 有りませんが, 有りやすから, 有る, 有るかい, 有るからのう, 有るなら住所, 有るなら直に, 有るなら茲処, 有るもの, 有る時, 有れば, 来た, 楊柳の, 横ヤリを, 此処に, 残ってるから, 気に, 沢山御, 流行した, 済み次第, 済み次第破棄, 済んだいじょうは一刻, 済んだと, 済んだという, 済んだの, 済んだらおれ, 済んだらかえれ, 済んだらこっち, 済んだらすぐ, 済んだらまた, 済んだら佐平次どん方, 済んだら呼んで, 済んだら自分, 済んだら途中, 済んだら門番, 済んだわけ, 済んだ以上, 済んでも, 湧いて, 溜つてゐ, 激しいので, 濟むと藏の, 濟んだら, 瀬より, 瀬迄, 無いという, 無いもん, 無からう, 無くて, 無くても, 無くな, 無くなったが, 無くなったので, 無くなった今日, 無くならねえよう, 無くなるからナ, 無くなると, 無くなれば, 無くッ, 無く急激, 無ければ, 片づいたころ, 片づかなかったもん, 片づきしだい, 片付いた, 片附, 片附いたら, 生まれるもの, 生命である, 生産物の, 用仏像を, 疾っ, 発生し, 皆に, 私に, 立て込んで, 立込んだかわり, 終えると, 終って, 終らない, 終ると, 結構あります, 総統の, 美を, 腐っちまうから, 自分には, 虐げられて, 行はれる, 誘いだしに, 起ったの, 起って, 起つたん, 足せた, 足せた全く, 足せない, 足せるぞ, 足らないから, 足りさ, 足りさうな, 足りず水一杯, 足りそう, 足りたけれども, 足りたし, 足りたと, 足りてるもん, 足りないじゃ, 足りないと, 足りないの, 足りぬ, 足りるぐらいは, 足りること, 足りると, 足りるといふ, 足りるので, 足りるもの, 足りるもん, 足りるん, 足りる事, 足りる位, 足りる黒, 足りれば, 足り主人, 足る, 足ると, 辨ずるまでに, 通じ意, 遅れて, 達せられるの, 達らない, 都合よく, 重って, 間断なく, 顔を, 馬道とかに

▼ 用~ (1187, 9.4%)

53 足して 42 して 29 たして 21 達して 20 弁じて 18 すまして 15 足した 11 なさなかった 9 なさぬ, 帯びて, 足しに, 達しに 8 済まして, 聞きに 7 なして, 済して, 聞いて, 足すの 6 するの, たしに, なさない, 片づけて, 足しながら 5 なす, なすの, 兼ねて, 片付けて, 足すと

4 [13件] しながら, すませて, する, なさなくなって, なすもの, 主と, 云いつけて, 弁ずること, 拵えて, 果して, 終って, 足すこと, 足そうと

3 [18件] させて, した, すます, すますと, すれば, なさず, なさないもの, なすこと, なすに, 二次に, 弁ずる事, 忘れて, 思い出して, 持って, 欠いて, 為す, 足す, 達すの

2 [73件] あのうち, いいつけた, いいつけたり, ききに, させたり, させなかつた, したり, してる, しに, するため, するもの, するやう, する時, たしたところ, たしはじめた, たすこと, つとめなければ, なさずと, なさないこと, なさないと, なさないの, なさないので, なさない機械, なしません, なすと, なすのみ, なす史料, ひかえて, 云いつけた, 便じて, 務むるもの倦む, 勤めて, 勤めるの, 去る時, 弁ずべし, 弁ずるだけの, 弁ずるもの, 忘れたから, 思いついて, 悦び生活, 打っちゃって, 抱えて, 控えて, 果すこと, 構えて, 殺して, 済ますと, 済ませて, 為さしめたの, 為すに, 無視し, 爲せし, 知らさる, 知らない, 聞いたので, 聞いたり, 聞こう, 聞こうか, 言いつけて, 言いつけるの, 足したが, 足しました, 足すため, 足すという, 足すので, 足す火箸, 達した, 達してから, 達しながら, 達すため, 達するの, 離れて, 頼まれて

1 [591件 抜粋] あてがうよう, いいつけられたり, いいつけられた時, いいつける主人, いい付けた, いえ, いくぶん理想主義的, うけたまわりに, うち明けました, おびて, おわされた, お言いつけ, お言いつけなさる, お足し, かこつけて, かしらに, かせむ, かたづけて, かねお, かねて, きいて, ききでは, きく役目, こしらえては, この土, さす, させようと, させられました, させられるの, させるが, させるにも, させる時, させろ, しそこなった, したいん, したがる様子, した物, してやった, してやったから, してやってるわ, してやること, してやるの, してるだけ, してるの, してるらしかった, してる番頭格, しないか, しないの, しないので, しながらも, しなくては, しなくなった理由, しなくなりました, しまうの, し初め, すぐ始める, すてて, すましたあと, すましたらさっさと, すましたらまた, すました帰り, すましながら, すまし日暮, すまし私, すませてから, すませ廊下, すませ彼, すませ皿, するから, すること, するところ, するとも, するので, する奉行, する羽衣, そぐでしょう, そこそこに, そつちのけに, そのままに, たさしながら, たさせながら, たさせると, たされたやう, たしうるもの, たしてたん, たし午, たすため, たすに, たすよう, たす公算大, たす十三, たせるだけの, たのみも, たのむと, たのもうかな, つとめて, つとめる, つとめるとて, なげうつて, なさざらむ, なさざること, なさざるべし, なさじと, なさずか, なさずただ, なさずついに, なさずどこ, なさず九州海岸, なさず二合, なさず円タク, なさず刺叉, なさず子どもら, なさず恰も, なさず真に, なさず部下, なさず難事, なさないかたち, なさないから, なさないが, なさないという, なさないらしい, なさない以上, なさない母親, なさない言い方, なさなかったなれば, なさなかったの, なさなかつた事自身, なさなくな, なさなくなったこと, なさなくなったであろう, なさなくなる, なさなくなると, なさなくなるの, なさなく成って, なさぬこと, なさぬの, なさぬよう, なさぬわけ, なさぬ事, なさぬ太平, なさぬ永遠, なさぬ筋肉, なさぬ老, なされたの, なさんでしょう, なしおるも, なした, なしませんでした石盤, なし候ところ, なすため, なすであろうが, なすでも, なすところ, なすべきを, なすべし一挙, なすまいかと, なすもの一二部, なす囚徒, なす如くこ, なす故, なす時代, なす歴山大王, なす者, なせかし, なせるなり, のせて, のばして, はいて, はたすひま, ばげに, もって, もつた人達, もつて, もらって, やめて, やりながらも, よく達す, より多く, 一おう, 不用に, 久しぶりに, 二に, 云いつかった下, 云いつけた男, 云いつけるの, 云いつける事, 云い付けたいもの, 云い付けて, 云って, 云ひつけ, 云わないの, 人に, 仕ちま, 仰せつかってからは, 伝えるよう, 伺つた, 作って, 使い果たすところ, 便じあるいは, 便じた, 便じようとして, 便じるの, 便ずるが, 便ずるに, 便ずるのみ, 便ずるは, 便ずるもの, 便ぜられないと, 保証する, 做した, 備えてこそ, 僕に, 充たしたこと, 先ずし, 先に, 入れて, 全うしない, 公認する, 兼ねなかつたなら如何, 初め梁山泊の, 前に, 助けてるん, 助ける, 助ける意味, 務むべ, 務めて, 務めないから, 勤めさせそれ, 勤めたから, 勤めたる婦人, 勤めながら, 勤めること, 勤めるのみ, 勤めるやう, 勤める女, 午後に, 去るなら作, 反映する, 口に, 吩咐か, 吩咐ける, 吩咐る, 呈するか, 命じて, 命じる, 命じるとき, 命じる程度, 命ぜられた時, 命ぜられるその, 問はじといふも, 執拗に, 増すに, 多くさせる, 多く弁じ, 多く生じ, 失って, 如実に, 始めたせい, 孕むもの, 完くし, 害する, 尋ねて, 尽すの, 巧と, 弁じさせようと, 弁じその, 弁じたが, 弁じたん, 弁じないこと, 弁じない事, 弁じなければ, 弁じましょうと, 弁じるため, 弁じる性格, 弁じる者, 弁じれば, 弁じ事実, 弁ずべき身分, 弁ずるため, 弁ずるなり, 弁ずるの, 弁ずるのみ, 弁ずる中味, 弁ず可, 弁理し, 彼に, 彼女に, 従に, 心得て, 思いだしたといった, 思いだして, 思い出したから, 思い出したからと, 思い出したと, 思い出したよう, 思ひ出したが, 急がるるので, 悉く女中, 悟ったらしい, 憂うならば, 成さず, 成さず試, 手伝わしたこと, 手傳はせ, 払ふ, 承知させ, 抱へてを, 拵えては, 拵え出しては, 持たない彼, 持つて, 有し其力, 果してを, 果しません, 果すが, 果すの, 果す果さないとは, 果たさせも, 果たして帰りける, 果たし路, 欠き人さま, 欠く器, 殆ん, 殺すであろう, 求めて, 済さず, 済し何, 済ましただろうが, 済まし私, 済まし野尻泊まり, 済ますといふ, 済ますとさつさ, 済ますの, 済ませたらまた, 済ませてから, 満たすこと, 濟し, 濟まして再び, 為さざるに, 為さず口, 為さず空しく, 為させた方, 為さない, 為さないため, 為さなくって, 為さぬから, 為さぬと, 為さぬもの, 為さぬ際, 為し能, 為し鎮江等, 為すべし, 為すまい, 為すもの, 為すを, 無視する, 爲さざる, 爲さない, 爲し, 爲しつ, 爲せしなら, 片付けたの, 片付け次第, 牽制し, 現ずるを, 生じ更に, 發揮せし, 皆んなお前が, 目付けては, 相談し, 省いても, 知らさるか, 知らさるによる, 知らざりし人民, 知らざるもの, 知らしめた西大陸, 知りこれ, 知り馬, 知る焉, 知れば, 私の, 第一, 節せぬ故に, 終えしもの, 給するの, 繼續し, 老夫婦, 考えだしては, 聞きながらも, 聞くだけ, 聞くのみ, 聞せる与力, 聴いて, 自分が, 若旦那の, 要せぬから, 見つけては, 見るに, 見棄てること, 観れば, 言いつかったり, 言いつけた, 言いつけても, 言いつけてるの, 言いつけられる, 言いつけられるとき, 言いつけるという, 言い付けたこと, 言い付けたの, 言うと, 言付けるから, 訊いた, 詐称し, 試みこれ, 話し合, 説明し, 調度仕, 請じ, 識る, 質して, 起すその, 足さないで, 足さなければ, 足さねば, 足したくなって, 足したこと, 足したと, 足したの, 足したので, 足したまま, 足したよう, 足したら善かろ, 足した事これ, 足した帰り, 足しつ, 足しつつ, 足しての, 足しはじめたの, 足しますと, 足し合理化, 足し少し, 足し特に, 足し終, 足すだけより, 足すでありませうつまり, 足すとき, 足すなり, 足すまでに, 足すより, 足すよりも, 足す位, 足す処, 足す反抗, 足す場合, 足す方, 足す習慣, 足す者, 足す間, 足せるやう, 軍奉行に, 辨じ, 辨じた, 辨じ得る, 辨ずる, 辨ずる即ち, 述へ, 通ぜず不便, 達したあと, 達したこと, 達した帰り, 達し自由自在, 達し難し, 達すから, 達すぐらいの, 達すこと, 達すその間, 達すと, 達すべきなり, 達すること, 達するため, 達するには, 達する尿, 達す与力一人同心二人, 達す外, 達す者, 達せば, 間に合わせようという, 離れる時, 離れる時美, 離れる限り, 離れ多, 離れ美, 頼まれるよう, 頼むの, 頼むのに, 頼むべく会いに, 頼んだある, 頼んで, 顯は, 飲まれては

▼ 用~ (676, 5.3%)

115 ない 24 ないん 23 ないの 19 ないから 18 ないと 10 なかった 9 無い 8 ありません 6 ありませんか, ないが, ないよ 4 すんだ, ないという, ないといった, ないはず, ねえの, 足りた

3 [11件] ありませんよ, ないか, ないわい, ない筈, ねえん, 済んだ, 無いから, 無いの, 足りて, 足りる, 足りるの

2 [37件] あるまい, ございません, すんだの, そこ, その右, それだけだ, ないかと, ないからと, ないけれども, ないぞ, ないので, ないのよ, ない言う, なくとも, なさそう, なんだ, ねえか, ねえが, びっくりし, もう済んだ, 一個の, 主への, 到底清浦氏, 囲碁の, 宋江の, 未だ詳, 濟んだ, 無いと, 無いん, 筵席を, 美を, 親類の, 言った, 許宣から, 許宣が, 足りるという, 足る都合

1 [301件] あっしが, あったので, あつた, あとで, ありそう, ありませぬ, ありませんいいかげん, ありませんから, ありませんがと, ありませんね, ありゃァ, あるだろうさ, あるの, あるのに, あるめ, あわてて, いくらだつ, いささかも, いつもになく, いつも一つ, おえた, お糸, きかなくても, こういうやい, ここにも, ここへ, この上流地域, この学校, この小児, この時, この面, これが, これで, ございませんが, ござらぬ, ござらぬよ, さっきから, して, しなくとも, しなければ, しますあっし, すまぬ, すみましたと, そっちに, そのそば, その場, その娘, その説得役, それだけでしょう, それだけな, たりましょうと, たりるが, ちっともそこ, できるかぎり自分, どうした, どうしたい, どこに, ないあと, ないかい, ないかね, ないけれどもね, ないここ, ないこんな, ないぜ, ないそこで, ないぞと, ないだけの, ないだろ, ないぢ, ないつもり, ないで, ないでしょう, ないですね, ないどう, ないどじょう, ないね, ないばかりか, ないもの, ないや, ないやう, ないよう, ないらしい, ないわ, ないッ, ない上役, ない娘, ない宿, ない於通, ない暴虐者, ない行け, なえだから, なかったらしい, なかったろうね, なかつたの, なかろうお, なかろう望み通り彼の世, なかんべ, なくって, なくても, なくな, なくなったの, なくなったので, なくなったらしく, なくなって, なくなつたん, なく使ったひと, なく同伴者たち, なく唯, なぐさめ, なんじゃと, なんにもない, にやりと笑っ, ねえ, ねえあまり, ねえかなんて, ねえからと, ねえからね, ねえだ, ねえだでな, ねえと, ねえな, ねえや, ねえ帰れっ, ねえ帰れ帰れ, ねえ江戸, ねえ筈, ねえ身請け, ねえ違うイヤ, のっけから, ほっとし, ほとんどない, ますます活き, まず李逵, またすぐ, また自己一心, もう濟ん, もたぬ, もちろんほか, ものを, やがて少, やがて片手, よその, わかって, トランプを, ハタと, 一たん家の, 一つは, 一小隊を, 之が, 二の次に, 云わずに, 五百万円にも, 今度の, 他でも, 他の, 他人事, 仲間の, 何じゃ, 何でござる, 何も, 何んな, 信仰上に, 僕が, 僕の, 充分です, 公儀の, 其れ, 別にありません, 別にない, 創造的である, 十分足りるで, 単に小, 単に過去, 反つて過敏, 取るぞ, 吾人が, 命じて, 和尚さんに, 問屋から, 多しそうそう, 大したこと, 大抵判っ, 大音声, 大魚, 女中や, 妙な, 完全に, 実にこの, 実に突兀, 客殿に, 少ない, 己の, 巽, 弁じないどうか, 弁じなかった, 彼に, 彼の, 後で自ら, 後と, 御家老, 心ひそかに, 必しも, 思想を, 恐く唇飾, 愕然として, 手紙で, 打ち切って, 日に, 日の, 明日の, 明朝の, 普通の, 更にない, 最上の, 最小限度に, 有りません丸部さん, 有りゃア, 朝子の, 本年は, 此処に, 此所に, 殆んどしない, 気狂に, 水火木金土その, 沈痛な, 泊中を, 済まないぞ, 済みました, 済むん, 済んだと, 済んだという, 済んだの, 済んで, 済んでしまつたん, 無いだ, 無いだろう, 無いぢ, 無いな, 無いまた, 無いよ, 無え出, 無からう, 無くただ, 無し來, 無し女房, 無し来, 片づいた, 病人と, 白地に, 皆多少, 盧俊儀の, 目ざとくすぐ, 目的を, 直ぐに, 禪家に, 種々の, 終った顔, 聊かも, 自分から, 自分の, 自家用五銭に対して, 自家用八円四十銭に対して, 自家用六円に対して, 自家用四銭に対して, 苦笑し, 苦笑を, 行きさえ, 見て, 見抜いた, 親しみを, 言ったが, 貴樣達, 足さず人形操, 足したが, 足して, 足す事, 足せるじゃ, 足りたが, 足りたと, 足りたの, 足りたろうと, 足りたん, 足りましたのに, 足りましょうでござりますよ, 足りませんよ, 足りらい, 足りるだけに, 足りるであろう, 足りると, 足りるのに, 足りるもの, 足りる訳, 足るの, 辨ずると, 酒もほどほどに, 金を, 銀子一両を, 附けたり, 陣中の, 食料の, 香炉台を

▼ 用~ (582, 4.6%)

10 供した 6 立つの, 立つもの 5 使って, 供し, 立たない, 立った 4 かこつけて, 使はれ, 供すること, 供するため, 立たなくな, 立つ, 立つこと, 立つよう 3 して, 供するに, 供せられて, 立たぬ, 立つまじく候, 立てようと, 立てんと, 買って, 追はれ

2 [35件] あてて, したが, なるの, 交る, 使つてゐる, 使はれた, 使用した, 使用する, 供され, 供し得る, 供すべき, 供する, 供せらる, 供せらるる, 供せん, 備うる, 備えること, 出して, 即さずば, 即して, 堪えんと, 堪え得ずば, 役立ちながら, 應じ, 持って, 相談した, 立って, 立つべくも, 立つ人物, 立つ物, 立てば, 編曲した, 逆らうが, 遠いが, 頭の

1 [411件] あてた, あてられたらば, あてるため, あてる天幕, あらかじめ備えた, ある, いるの, いろいろと, いろいろの, お貸下げ, お送りした, かこつけてか, かせがせれば, かせん, かまけて, きれいな, この下士官, させた, したがって, したの, したスイートピー, した洋服, しては, しまって, しまつて, しようと, し馴れて, すぎないって, すなる, すべき物, する, するぞ, する故, する車, そういうもの, そなえて, そなへ, たえうるもの, たしなまれ漢帝, たたないの, たたない人間, たたなくして, たたぬ能書, たつが, たつたこと, たつまいと, たつもの, たつ学芸, たつ無頼漢, たつ道, つかったもの, つかわれて, つかわれる品物, つき心, つくって, つくられるの, つくりあげられた存在, とって, とつて, どこに, どっかに, なって, ならないし, ならなかったの, なりまするへいお, なる木片, なろうとも, はなし難い, まぎれて, また或, まわしたり, むかい, むかって, むかひては, もち出し, もとどこかの, もと当家御, もと肌身, ゆかれた母, よろしく, わけを, わざわざ降らした, フロックコートを, 一し, 一ついい, 一段落が, 下さうと, 与つて, 中らぬ樹, 中ると, 丸善で, 交らず, 交わるか, 仕えずば, 仕えるもの, 仕える私, 他の, 伐って, 住み荒されること, 作ったもの, 作って, 作つたもの, 作つた歌曲が, 作らせて, 使いたくなかったので, 使うから, 使うため, 使うの, 使うほう, 使うらしく小綺麗, 使うシボレー, 使う三尺, 使う犬, 使う読書, 使おうと, 使った, 使ったり, 使ったんで, 使つた, 使つた奴が, 使ふも, 使わずに, 使われて, 使われましたし, 使われます, 使われる品物, 使役せられた, 使用され, 使用される, 供うとい, 供える金銀兵糧, 供さね, 供しうる, 供したい, 供すべし, 供するには, 供するの, 供するの学, 供するは, 供するば, 供するもの, 供するを, 供する例, 供する加熱用, 供する工夫, 供する爲, 供する爲貯, 供する者, 供せしめてこそ, 供せしめ得たという, 供せしもの, 供せむと, 供せらるべき, 供せられた, 供せられたの, 供せられたよう, 供せられた眼, 供せられる, 供せられるが, 供せられるであろう, 供せられるの, 供せられる加熱用, 供へ, 供給する, 便なろう, 備う, 備えた, 備えた仕事, 備えて, 備えんため, 備へて, 働くもの, 元は, 充てむため, 充てようと, 充てられ各人, 充てるに, 充て得と, 充当する, 出ても, 出来て, 出来上ったもの, 出来上って, 切ならざる, 利用される, 利用する, 制限された, 即すること, 即する時, 取られて, 取りのけて, 取紛れて, 叛い, 商売ものを, 基づくもの, 堪えざる土噐, 堪えず雑色浮宕, 堪えないもの, 堪えない故, 堪えなくなったか, 堪えぬもの, 堪えようと, 堪えること, 堪へぬうち, 堪へぬ樣, 売って, 大きなマグハ, 大形の, 大至急, 奉仕する, 女房が, 好適である, 始終お, 委して, 学校へ, 宛た, 宛て, 宛てるだけ, 就いて, 常に身近, 建てたいろんな, 引かれて, 当つべき, 当てられた時期, 当てるため, 当てれば, 役立たなかったもの, 役立っただけ, 役立って, 役立つ, 役立つくらいの, 役立てること, 従事せざれ, 応ずる壮士, 懸けて, 手紙を, 拵えたの, 捉えられて, 捧げるだろう, 採用すべきで, 提出した, 携帯させた, 携帯し, 携帯感電器を, 散らばって, 整理され, 暖房装置と, 暮れて, 木村重吉は, 来たかという, 来た人, 極めて重き, 歩きまわったの, 残して, 比較し, 活きる, 火急の, 焚く薪, 無料で, 熱中し, 物を, 独占しよう, 生かして, 用いられた, 用いられつまり, 用いるあの, 用いるの, 用い専売局, 発したので, 発しついに, 発明せられた, 登録し, 皆奪, 益なく, 直す, 相違ない, 秋の, 積まれた雜誌, 穿くゴム靴, 立たずそれで, 立たずという, 立たずに, 立たせること, 立たせる所存, 立たないから, 立たないが, 立たないので, 立たないもの, 立たない物, 立たなかった刀, 立たなくなる, 立たぬしかし, 立たぬは, 立たぬも, 立たぬを, 立たぬ怪我, 立ちさうな, 立ちしならん, 立ちしも, 立ちそう, 立ちますで, 立ちますまい, 立ち去った, 立ったとき, 立ったり, 立つかと, 立つかも, 立つだらうと, 立つだろう, 立つて, 立つという, 立つとか, 立つとかいふが, 立つな, 立つべきか, 立つべきも, 立つべき也, 立つまた, 立つるもの, 立つん, 立つ事, 立つ小使, 立つ建物, 立つ男, 立つ道具, 立てたいなどと, 立てたので, 立てて, 立てないの, 立てよ, 立てよう, 立てようため, 立てよと, 立てられる左券, 立てること, 立てるので, 立てるばかりの, 立てるべくポケット, 立てるまでに, 立てるもの, 立てる手紙, 立てれば, 立て花, 立働く水夫, 立申儀にて, 竹を, 綿入れの, 編曲された, 編曲を, 置いて, 美しい住宅, 耐えるべき品, 胸を, 腹案し, 至ては, 至りては, 英国人の, 蒐集し, 薪割を, 行きたしと, 行く途中, 被って, 被るつもり, 製して, 製作され, 製造した, 託して, 調髪した, 諮って, 貰った粉炭, 買い入れたん, 買ったもの, 買った品々, 買った奴, 買った犬, 費ひ込んだ, 資せざるべからず, 足りない古い, 足りましょう, 足りますね, 足りません, 足りるだけの, 足りるの, 足りれば, 追われて, 送つたさうです, 逆らわないゆえん, 造って, 過ぎずして, 過ぎないので, 過ぎない物, 遠い時, 適しない, 適します, 適しませぬ, 適するが, 適せしめん, 適せず, 適せなかつたといふ, 適わない, 適当の, 邪魔に, 鈴木静一作曲の, 録音機の, 間に, 間に合わせようと, 雇って, 頂いたの, 飼って, 飼育し, 馬よりも

▼ 用~ (468, 3.7%)

39 てゐる 26 らる 17 てゐた 16 て居る 15 たり 13 てある 10 らるる 4 ずして 3 しもの, て, てこの, て人, て来た, 方は

2 [29件] これを, たりし, たりとの事, てこれ, てしかも, てその, てもよい, てゐない, てゐます, て一家, て下さる, て他, て來, て効果, て居た, て居つた, て居らぬ, て弱き詩, て敵, て歌, て自己, て錦橋本, に供, らるれ, 可申, 方が, 方など, 易くし, 象徴派の

1 [252件] こ, この義足, これにて, これら不浄の, さう, さうな病, ざまに, ざらむは, しもの即ち, その數, その最後, それが, それに, ために, たりしもそ, たりとい, たりとおぼし, たりとせん, たりと見, たりと見なす, たりと見ゆる, たり異説, ちやなら, ていかなる, ていかめしく, ていなかつた, てかかる, てさて, てそして, てそれで, てはすまない, てはならない, てはならぬ, てはゐない, ては如何, ては至つてハデ, てほしい, てみたら, ても, てもそれ, ても吾, ても強力, ても文吾, ても私, てやれ, てよい, てゐ, てゐね, てゐました, てゐるらしく, てカルタゴ, てキリスト, てチョン, てローマ, て之, て些, て人民, て今, て以, て位置, て余意, て作つた, て作つた喪服, て作つた草体, て作れる, て俗, て儀禮, て先, て先陣, て兩軍, て再び, て判斷, て別に, て制作, て効, て勝敗, て勢, て占卜, て可, て各部, て呉れ, て周到, て問題, て善く, て國, て多く, て夫, て家, て居, て居つ, て居られる, て居りまする, て巧, て形, て彼, て後, て御, て徹宵, て怪しまぬ, て或, て扉, て手軽, て捉, て敬意, て文字, て文飾, て料理, て日光, て旧, て書, て書名, て書籍, て本書, て来る, て松平弾正左衛門信貞入道昌安, て機械油, て次位, て此地, て殿樣, て毫も, て沐浴, て泰一, て済まし, て澄まし, て火葬, て物, て百号, て直接, て相手, て矛盾, て石片, て示され, て神人, て神武紀元, て稿, て笑ひさ, て筆, て綯, て罪, て而, て肉, て腐敗, て自ら束縛, て自分, て自由, て草木, て行く, て行け, て術, て見, て言, て記された, て評, て詩, て調和, て諸物, て貰, て貰つて, て遊ぶ, て錦絵, て除目, て霧, て驅, て魯, なさつて難有, にくい, になつて, にはなるまい, またダニエルロ, また聖者達, む, むと思ひしか, むは, む限は, も宜し, やうが, やうと, らしれ, わが, わが烏有先生, ウルメを, 一度は, 中を, 之を, 今の, 今まで, 以て, 候, 候に, 候事, 初たる, 初められ, 別に火, 利休を, 南欧の, 南歐の, 厠用の, 又, 又は東夷, 又人, 又人々, 又次第に, 古代の, 同年に, 君と, 墨子は, 大倭根子なる, 山草を, 弱き歌には, 形容詞の, 後者は, 或は長き, 或る, 戰へる, 支那の, 新材料, 方なり, 方の, 方をも, 方全く, 族人に, 易きもの, 時としては, 最後の, 来つて, 次に其少女, 正月を以て, 此は, 殊に中, 毎夜殆ん, 烏賊を, 狂瀾逆卷く, 玉ひ, 當時の, 盡しぬれ, 盡すを, 種々な, 給へ, 繪には, 自らは, 裏には, 言語の, 請託公行す, 豊臣氏は, 車の, 遂に集め, 難きに, 難きを, 飼猿の, 馬上帯弓の, 鮠を, 齊衰の

▼ 用うる~ (420, 3.3%)

11 ことに 10 ことが 8 のは 7 ことは, ことを 6 ということ, 事は 5 ことも 4 ところの, に至ら, 事が 3 に至った, は和歌, ものは, 人の, 場合には, 所の

2 [35件] が如き, こと, ことあり, ことと, ことの, こと多く, こと多し, ために, つもりに, ときは, などその, に至りし, に足る, のが, の別, は如何にも, は簡単, ものあり, ものが, ものである, ものなり, ものの, ような, よりほか, ガラスの, 主に, 事と, 事に, 十露盤も, 時の, 時は, 者が, 者は, 言葉に, 語ばで

1 [260件] かごの, からし, から病毒腐敗毒等, かんぜん帽子, がごとき, がごとくである, が如く, が故に, が琉球, けれども亜米利加, こそ策, ことあたわざる, ことあら, ことじゃ, ことだ, ことにて, こと勿から, こと多き, こと少なき, こと少なく, こと能わず, こと莫れ, こと西洋人の, さまに, ためには, とあるいは, という, という家, という獅子, といふ, といわれる, ところが, ところであった, ところなく, ところも, としたら, としてかりに, としてもし, として善き, とせり, とその, ととかく, とは人間, と異なり, と第, と騾, なかれ, なと不, などという容態振り, にあたり書中所記, にあらざれ, にいたった, にきまってる, にし, にしかず, にその, にはまず, には不便, によき, に便, に便宜, に先だつ, に卓絶, に及ばぬ, に同じ, に巧み, に当たり天, に相違, に至り, に越した, に過ぎざる, に都合, に非, のか, のだ, のである, ので細い, のに必ずしも, のみ, のみにし, の久しく, の器械, の地, の実力, の工風, の弊害世, の必要なき, の志, の法, の理, の符号, の風, はあえて, はあに, はあまり, はいかなる, はいかにも, ははなはだ, はよろしから, は上, は何ぞ, は例外, は俗語漢語, は公私, は到底, は前, は卑怯, は厭味, は多く, は夷輩, は学者, は当, は当然, は我国, は松, は極めて, は決して, は洗濯婆, は生田葵山子, は皆人, は知らぬ, は蛤, は論理上, は諭吉, は通常一般, ばかりである, ほどの人, までもない, ものいろいろ, ものなし, ものに, ものには, ものはなはだ, もの勝栗を, もの多し, もの正直なり, もの白梅を, やたちまち, よ, ように, わけには, をいかんせん, をもってその, をもってわが, をもって人, をよし, を以てその, を要す, を要せず, を見る, アイヌの, ショウブは, マジナイ中には, 一棟の, 事とな, 事とは, 事なり, 事の, 事を, 事多く, 事已むを, 事昔に, 人が, 人も, 人多き, 代りに, 以上は, 余地の, 例で, 例であった, 傾向を, 儀式装飾の, 具眼者が, 処にも, 力を, 力役は, 同額の, 品だ, 国なり, 国語は, 地に, 場合, 場合が, 場合これが, 場合により, 場所が, 変名であり, 女でない, 家たまたま, 将軍らしい, 屋敷は, 屍体は, 役者の, 御札も, 所なり, 所なりと, 手段たるや, 手段だ, 手段と, 批評や, 政府の, 文字こそ, 文字なり, 斧の, 日の, 日は, 是は, 暴擧とかいふ, 桶一つが, 様な, 権利は, 機関の, 正に, 武器としては, 水引は, 湯を, 特典を, 由, 白い紙, 白くて, 白酢では, 盗賊, 破壊力は, 積りに, 符丁の, 符号の, 等の, 紐は, 紙の, 紙は, 細帯でした, 組織が, 経典の, 習慣であった, 者であれ, 者に, 者の, 者一は, 舞子頭に, 薬の, 薬品が, 蝋の, 術を, 衣服の, 衣服帯下着履の, 衣服飲食引っ越し家作に, 言葉であります, 言葉です, 言語と, 言語は, 語である, 道徳は, 酒, 金銀宝石は, 金額は, 際に, 難しさ, 革命て, 風雅と, 香水の

▼ 用~ (418, 3.3%)

80 ないのに 19 ないの 8 なかった 7 ないから 6 あって, 無いのに 5 ないこと 4 ない, ないが, ないので, ねえのに 3 あったの, ないもの, ない所, ない時, なければ, なげに

2 [22件] ありましたので, ありません, あるし, あるので, あればと, いまは, ないし, ないただ, ないに, ないらしい, ない帳簿, ない日暮れ, ない者, ない道, ない鉄梃, なきに, なくて, なさそう, なさなかった, 何も, 多かった, 多くは

1 [209件] あったので, あつた, ありげ, ありそう, ありますから, ありますし, ありませんから, ありも, あり私, ある, あるからと, あるが, あるけ, あること, あるしな, あるだろうが, あるでしょう, あると, あるの, あるまじき一個, あるめ, あるわけ, あるん, いいつけた, いくらか片づいたら, いろいろある, いわずに, おふえ, かんの, きかずきまった仕事, きかずに, きかないうち, きかないで, ここの, ございますんで, ございませんが, ござらねば, して, しないもの, すみほか, すんだから, せねば, それゆえ止めは, たす米, たたまっ, たまってるし, だんだんわたくし, できたから, ないあんな, ないいろいろ, ないこの, ないつえ, ないはず, ないまま町, ないもん, ないよう, ないらしかった, ないを, ないん, ない不案内, ない仕事, ない体温計, ない処, ない前おき, ない午後, ない命, ない喫茶談, ない嬌笑, ない存在, ない学校, ない孫引き, ない小島, ない少し, ない山のど, ない山登り, ない旅, ない末弘春吉, ない松, ない様子, ない歎, ない河内, ない瓦礫, ない生, ない生温い背景, ない用, ない田口, ない筋, ない箪笥, ない給金, ない考證, ない舟, ない茶呑談, ない荒浜, ない西丸裏御門, ない読書, ない質子, ない身, ない輩, ない電報, ない面白くも, ない顔, なかツた, なき文, なき端書, なくあて, なくつながり, なくても, なくなったが, なくなったこの, なくなつた, なくなる, なくのんびり, なくぶらつい, なくよく, なくブラブラ, なく厨, なく学校, なく居眠り, なく明月, なく花桐, なく薄, なけれども, なげな, なさ, なささうだから, なささうな, なさずかえって, なさない, なさないに, なさないの, なさなくなって, なさぬ真実, なし, なしここ, なしさしあたり, なしに, なし徒然, なし得ませんでした, なし温泉, ねえの, ねえもの, ねえ所, ひとと, ふえたがね, またかたく, また呉用一流, まったくあわてた, 一片つきましょう, 不器用も, 乾燥物用も, 二次な, 云は, 云わないで, 些し, 亦直接行動, 何にも, 公用も, 兼ねて, 内実は, 出来ないだらうから, 勤め傍ら, 命じた, 哀哭し, 多いから, 多くなるでしょう, 宋江も, 寨を, 少なくなった, 度が, 当も, 感じたこと, 晁統領も, 望みも, 未た, 李逵を, 林冲も, 果して, 果たし別宴, 極く, 殖え又, 済んだから, 為さぬ, 無いこと, 無いに, 無い教科書, 無い整理, 無い椽境い, 無い筈, 無い身, 無い身体, 無い長刀, 無かった, 無く漫歩, 無さそう, 無し且, 無し早く行つて聽, 無し邪魔, 片付きました, 知つてる, 知らないの, 終り約束, 聞いて, 能く, 言い宋江, 起らないだろうから, 足さずしゃがみ腰, 足りるだろう, 達せや, 首尾すまい

▼ 用~ (358, 2.8%)

38 てゐる 27 てゐた 9 て居る 4 たり, て云 3 ずして, て働く, て書くべきだ, 一つにて

2 [17件] て, てあ, ては却つて能, てゐない, てをります, て善, て大, て持久策, て死ぬ, て見た目, て贋城, 來れる, 候へば, 候哉, 其の志, 善く之, 方に

1 [230件] かたによ, かたは, ことに屡々外科手術, これに, すでに自ら不当, すべての, その陰, それ等より, たまへ, たりした, だけあり, てある, てこそ当然, てこれ, てさうし, てさむざむ, てしかも, てその, てはいけない, てはならぬ, ては其の, ては手, ては活動, てひと, てもいい, てもこの, てもらひたくない, ても一向, ても勝て, ても彼女, ても意識, ても担ぎ出す, ても望み, ても構, ても自分, てやはり, てやらう, てやる, てやれ, てゐたい, てゐます, てゐるらしい, てゐれ, てをりません, てクリスマス, て一時胃, て七萬六千圓, て三個, て世, て人民, て仕事, て作品, て其方, て其行住, て凝る, て分捕, て勝つ, て印刷術, て合図, て四・四・五, て圧迫, て地質, て塀側, て増田屋, て外部, て多少, て大捷, て奢, て女子, て妊娠, て姓, て學習, て宜しい, て寸分違はず, て少し, て居た, て居ます, て居り, て居ります, て巧, て差支, て廊下, て彼, て御覧, て心, て快し, て急, て恋, て愈, て挨拶, て推測, て支那, て敵, て料理, て曖昧, て書いた, て歩法, て毒矢, て水, て浮, て測定, て為る, て犬, て猥ら, て病死, て病症, て発信, て白色, て皆, て相互, て知るべし, て社會, て私, て第, て筆記, て簡単, て素晴, て紡機, て経営, て考察, て而, て肩, て脱税, て自分, て著效, て表面張力, て製造, て見れ, て覚めた, て記す, て説明, て責め, て賣らぬ, て通鑑, て造つたの, て遠景, て長く, て長方形大小各種, て間, て附け込んだ, て陰馬, て雌型, て雪子, て頂きたくない, て食物, て駿介, ながら一方, ながら孤高, ながら指, ながら見す, になりません, に相成ました, ひそかに, また用, また青壮年時代, わざと時間, コルセツトを, サンヤレ織, 一丸よく, 一日に, 一概に盲従, 一概に盲從, 久米に, 之を以て, 他の, 僅に, 入念の, 其乳汁を, 册數少なき, 分析分化に, 劇的な, 功を, 又デジエリン, 古くより, 古された, 古した, 合つた, 同じく大和, 周官に, 外國製布を, 字に, 宗教上にては, 家財を, 家賃は, 小さい片, 小学の, 山鳥の, 幸福愉快軽妙等を, 度が, 彩色は, 後節, 愚弄被, 或ひ, 推進機の, 文化以前の, 方が, 方廣く, 方筆の, 日本人の, 更に卑しく, 木油も, 柱の, 様に, 海津でも, 清の, 漢人翡翠の, 漸く富, 然かも論語, 熱田参詣の, 現在の, 男に, 盡さざる, 相傳, 相手が, 眼を, 老人は, 而かも, 肉類を, 肯定的に, 術を, 表紙は, 酒池の, 酷法を以て, 野菜魚獸等の, 錢形平次に, 間者三人差出し置き, 随分と, 非常な, 額聯之, 魯西亞人の

▼ 用ゐる~ (321, 2.5%)

11 やうに 9 ことを 8 ことは, のは 6 のが 5 ことである, ことに, 様に 4 ことが, 事に, 事を 3 ことも, のである, ものが, ものだ, ものである, ものを, 事が, 事は

2 [16件] ことだ, ことなく, ことの, こと必らずしも, といふ, に至つたの, のであります, のを, もので, ものに, 事にな, 事の, 人多し, 地方, 時は, 赤い塗櫛

1 [196件] あらゆる道具, かとその道, からさう, から植物学的, から英人, が又, ことで, ことについて, ことについては, ことにつき, ことにな, ことをのみ, ことイタリア語の, こと五月七月九月の, こと今日まで, こと常よりも, こと糾纏の, こと蕪村集の, しづが, その薄, それ故, ために, とある, といふ風, ところから, とした, ともいづれにてもよしとの意, とも一, とも神, と云, と云つて, と動, と明晰判明, と考へ, と覺, と言, など態度, にあらず, にいたる, にし, にせよ, には厳密, に及ばぬ, に及ん, に怠らなかつたらう, に殆所謂, に法る, に當つて豫期以上, に至らぬ, に足らず, に足る, に難, のかと, のだ, のでブロンズ製, ので人間, ので鉈, のと, のに, のみ, のも, はあまた, は一ヶ月, は即ち, は可, は字義, は穩, ばかりでなく, ほかに, まるた, もの, ものか, ものだけが, ものぢや, ものと, ものなれ, ものには, ものは, もの即ち, もの始めて, もよく, やうだ, やうである, やうな, ように, よりもやはり悠然と, よりも稍, より人, より外, より妙, わけには, を, を好まざりき, を腰帯, ラヂオの, 一端に, 上草履と, 主なる, 事に対して, 事少き, 事有り, 事遲き, 二個の, 人あり, 人を, 代りに, 以上は, 以前に, 例は, 俗語は, 傾きが, 力點乃ちアクセントは, 動詞が, 呪具だ, 國なり, 場合に, 外は, 外丹の, 外天地の, 多少と, 奴ぢや, 婦人も, 川口の, 差に, 平安朝式のよりは, 微笑を, 必要が, 必要の, 必要は, 悪手段, 意義の, 所である, 所なれ, 所の, 所を, 所何が, 所謂英語の, 手法も, 故にシパ, 文字, 方が, 方善く, 日常生活に, 時に, 時にも, 時程, 最も有, 朗読詩とも, 木な, 材がか, 材料とは, 松尾の, 極めて多し, 極めて異様, 概念的方法であり, 様にも, 樣です, 樣な, 樣子は, 正月の, 此称には, 比例に, 法則は, 法則を, 深くし, 火入の, 為に, 爲に, 獸皮舟は, 範囲を, 籠の, 習なりし, 者あり, 者なれ, 者に, 者は, 者俗人の, 者多くは, 能は, 藁灰まで, 處より, 術を, 言葉にて, 言葉を, 詞章といふ, 語が, 語の, 語は, 道具は, 金が, 錘り, 限りボードレエルの, 際でも, 雑具の, 餌は, 鰹節は

▼ 用~ (262, 2.1%)

11 来たの 4 来たん 3 ここへ, 二ヶ月前一足さきに, 君の, 外へ, 来た 2 あつた, こ, 二日許り, 出て, 外に, 小川家の, 弟子の, 本所からの, 江戸へ, 行って

1 [212件] あつたらしい, あなたを, あのかめ, あらはれた古賀政男, いい加減, いらっしゃいました, いわば警報器, おいで, おれに, お前はんが, お宅, お客の, お鎌, かね, くだりましたので, ここの, ここよりも, この二人, この夜, この婦人, この男, これに, こんなところ, こんなにおそく, こんな広々, じつはその, すい, せう, その人たち, その前, その良人, そんなこと, たしか岩田専太郎先生, たびたびここ, だめでした, ちょっとほか, ちょっと会いたい, ちょっと通, つきあって, ときどきここ, どうにでも, どこかへ, どこへ, どこやらへ, ね, ほんた, ぼくの, まいったと, まいられた, まじなふ, みえられただけ, やって来たの, よ, よったの, わざわざ劉, われらを, オトキの, ジャワへ, チョイ, 一人連れが, 一寸故郷, 一杯いろいろ印刷, 七ツ半, 上ったもん, 上ったん, 上京しまし, 上州から, 上田君に, 上船しよう, 中館の, 丸善へ, 二か月前一足さきに, 二長町の, 些と, 京へ, 伊勢まで, 会う気, 会ふ, 何一ツ知らぬ, 何処から, 何処へ, 余に, 使に, 來ました, 僕は, 僕等の, 入って, 内へ, 内容の, 内幸町まで, 出かけたの, 出かけて, 出かけました, 出かける時, 初めて江戸, 千太を, 千駄木に, 参った, 参ったんで, 参られたか, 叔父さんの, 台所の, 吉之助の, 呼びに, 呼ぶかという, 国府津まで, 地方へ, 塾長室に, 塾長室を, 境の, 外出しかけ, 実はその, 小さな田舎町, 小僧も, 小太郎山へ, 小林秀雄が, 少し遅れ, 少年は, 尤も直に, 川島に, 工場へ, 己を, 帰ったの, 当主の, 当然時間, 彼処に, 御江戸, 御父さん, 御自身, 急ぎの, 急ぐこと, 急に, 或る, 扱所へ, 支倉さんの, 敵の, 新宿の, 旅から, 旅に, 旅行いたしまし, 時々宅, 時々見える, 時折横須賀へ, 本郷丸山町その, 来させたかと, 来たか, 来たかが, 来たという, 来たべ, 来たらしく, 来た人, 来た今時分, 来た時, 来て, 来なすったの, 来ましたついで, 来るの, 来れなかつた, 来合わせたので, 来訪玄関に, 東京に, 東京監獄に, 某所へ, 森の, 欠席する, 正月早々から, 此處へ, 歩く時, 活版部の, 浅草の, 満韓, 玄関の, 男京都に, 畳むこと, 県下へ, 眞中の, 確か家を, 礼子さんに, 神保町の, 神田まで, 私は, 穴蔵へ, 立って, 箱根へ, 自邸でも, 英国へ, 荻江の, 蔵へ, 行かれたん, 行くの, 行ったん, 行った時, 行つたのは, 行つてゐる, 訊きてえこと, 諸国から, 通りがかりに, 通り過る, 逢ひ, 運びあげられて, 道号加亮あざ名が, 郡役所の, 釣殿の, 銀行へ, 長いこと, 長崎に, 長江を, 電話を, 額に, 顔見, 駆けつけたん, 龜戸へ

▼ 用ゐた~ (152, 1.2%)

9 のである 8 のは 6 もので 5 ものである 4 ことは 3 と云, ので, のであらう, ものが, ものは 2 ために, のも, ものとお, 事が, 例は, 水素瓦斯の, 輦

1 [91件] か, かといふ事, がつて, が今, が南朝, こ, ことであります, ことも, さうで, さうである, しと願, それで私, でもなし, といはれ, といふ時に, ところの, として好い, とすれ, と考, なづ, に就い, のか, のかも, のが, のだ, のだらう, のぢ, のであつ, のであるらしい, のです, のでその, ので古い, ので御座います, ので特に, のと, のに, のにすぎない, のには, のを, もの, ものとは, やうであります, イブセンの, 一団の, 事も, 人形は, 何れの, 作も, 作者の, 例が, 例も, 印章は, 原子爆弾の, 名残りだ, 和紙は, 場合と, 場合とを, 場合にも, 場合の, 場合も, 場合より, 塲合の, 女である, 寄生木の, 手段を以て, 料紙である, 方が, 方法は, 時代の, 木刀は, 根こじ, 植物で, 物と, 硯が, 禮記が, 禮記は, 竹の, 蒸溜水の, 裳と, 言葉で, 言葉を, 話が, 語といふ, 語に, 語彙なり, 論理を, 諸国の, 迹で, 頃は, 食物の, 馬車が

▼ 用ひた~ (142, 1.1%)

10 のは 4 のである 3 ことが, のが, ものである, ものと 2 ことは, であらう, とすれ, のだ, のであつ, のです, もので, 例は

1 [100件] かし, かその, かと問, か或, が之, が僕, が最後, こと, ことも, ことを, ために, といふこと, といふ事, といふ品, といふ砲丸, といふ霊験あらたか, としても, とは考へられない, のかと, ので, のであらう, のでありまし, のであります, のでありませう, のでいかにも, のなどは, のに違, のも, ばかりでなく, まで, もの, ものか, ものだった, ものだらう, ものであります, ものでありませう, ものでない, ものなどは, ものに, ものは, やうである, わけで, んだ, 事だ, 他の, 作家の, 例が, 侮蔑の, 十郎ヶ峰は, 博物館が, 古代支那語である, 名高い杜甫, 品々で, 品は, 場合と, 場合僕が, 大阪言葉が, 安物の, 小説さへ, 小説である, 幾十の, 幾多の, 御籤の, 所の, 手段, 時期を, 本で, 本は, 楽譜から, 正しい和いだ, 此の, 油絵具は, 活字は, 漢語は, 火鉢だけは, 為に, 眠り藥が, 石の, 秀吉の, 紙製である, 絵其他故人に, 者は, 色の, 花が, 英仏の, 薬品も, 表現である, 裝飾とか, 裝飾も, 規則を, 言葉である, 言葉を, 詩を, 詩人の, 輪轉機は, 鉄砲は, 雅号を, 青い布, 食卓です, 鵞筆と

▼ 用ゐられ~ (135, 1.1%)

33 てゐる 15 て居る 11 てゐた 3 て居た 2 しなるべく, しなるべけれ, てゐない, てゐなかつた, て来た, 玉は

1 [61件] かくて, さのみ, しなるべし, しもの, その後も, たり, たるが, たるにや, たるも, たる者が, てあつ, てき, てきた, てど, てふけ, てゐ, てゐます, てをり, て亡び, て今, て來, て偉大, て其抱負, て効果, て居らぬ, て手ずれ, て投, て来, て来る, て歌, て漢醫, て紅白粉, て美しく, て蘭陵, まれびとと言へば, む, るるが, んのみ, 万許され, 世間でも, 今も, 候はば, 其の口調, 其用例から, 又今, 又真実, 各其國, 四人でも, 奉行を, 官制の, 岡場所など, 後秦王天下, 後長く, 悪女も, 意匠の, 或は其用途, 擬人法の, 曲學を, 秦に, 肉差しとしては, 齊に

▼ 用ひる~ (132, 1.0%)

7 ことが, ことに 6 ことは 4 ことを 3 といふ, やうに 2 とすれ, に当, のが, のだ, のだつた, のであつ, のです, のは, 所を

1 [84件] あのパラソル, かしら, からいつも, から歌, かを明らか, か或は, が, がそれ, こと, ことさへ, ことによ, ことの, ことも, こと日本の, その文, それで其の, ためには, でせう, といふだけで, といふ便宜的, ところから, ところ無し, と中毒, と仲, と何だか, と子, と渾沌, に適した, のか, のかと, のである, ので夫, ので安物, のと, のを, は原則, は差支, ほどの記録, までもありません, ものな, やうと, やうな, より他, 上に, 事不能候, 事宜しき, 人の, 人は, 以上は, 以上充分, 仮面も, 力を, 動物が, 原稿用紙は, 堆肥だつた, 場合に, 場合を, 娜の, 宮中を, 布片で, 必要が, 意志は, 文字は, 新消息, 方式とは, 時代に, 様な, 様に, 水筒と, 漢字の, 甚だ洪大, 白い靴下, 種類の, 筈で, 結果として, 職業の, 芸術的な, 華文紅錦の, 葡萄酒を, 蝋燭を, 言葉が, 語尾の, 語彙も, 野卑な

▼ 用~ (127, 1.0%)

6 を帯び 5 であった 2 あって, があっ, がある, なので, の成否, をどう, を兼ね

1 [102件] あるにより, があるでございます, がかなわぬ, がございます, がすっかり, がすめ, が二つ, が大切, が感じられ, が有っ, が直覚, そのものであります, だから, だけを, であるから, ですわ, ではある, でわざわざ再び, でパリー, でロンドン, で上る, で会っ, で出張, で外出, で訪ね, というの, とは, とは表面上, とも全く, とを見較べた, と云う, と申, と自分, などには遣れた, などは用, についてぼんやり, についても大した, にて登城中, にも随分, によってはせっかく, に皆, に違い, のお, のため, のほど, の使, の判断, の大体, の日本人, の済み, の爲, の程, の話, は, はお, はこれ, はその, はたしかに, はなん, は一大事, は会, は委細, は洋妾立国論, は津田, は自分, は言つて, ばかりでなく, もあり, もなかっ, も他, も在, も大抵, も無論, や人, をいっ, をすませ, をたずねた, をひとつ胸, を云, を云っ, を尋ねた, を帯びた, を引受け, を御存じ, を承諾, を持っ, を申せ, を聞い, を言おう, を言っ, を訊いた, を訊こう, を訊ね, を訊ねる, を話しませう, を話す, を辨, を辨ずる爲, を述べた, ニ而御座候, 事足り御, 申付が

▼ 用~ (109, 0.9%)

5 いうほどの 3 美と 2 いうほど, して, す, その間に, それぞれ別に, よき美, 云ふ, 美との

1 [85件] あらば, いうならば, いうに, いうを, いえば, いって, いっても, いふ, いふでも, いわれる平, かねて, きめて, されて, したもの, した人足帳, する人, せられたに, その軍勢, ちがって, てない野僧, なしたるは, なって, なること, なるため, なるであろう, なるに, なれば, みえて, 三種類に, 二種かけ, 云うが, 云う人, 云ったの, 云って, 仲間の, 便用とへだけは, 公孫勝の, 劉唐が, 劉唐の, 功によって, 呼ぶこと, 呼ぶの, 固く結ばれずし, 宋江の, 官の, 客用の, 店用と, 思って, 戴宗とは, 晁蓋の, 普通用のと, 書いた紙挟み, 書いて, 最も厚く, 林冲とが, 無用との, 無用とを, 申こしたる, 申しましても, 申しまするは, 申す, 申すでは, 申す趣, 相関連, 私自身の, 結ばれる美, 綿の, 縁側用の, 美とが, 考へて, 見えて, 見られる紐, 覚しき赤封蝋, 解されるの, 言いたくなくて, 言うか, 言うの, 言うほどの, 訊いたもの, 詐称し, 認められし帯締め, 赤髪鬼劉唐が, 関勝の, 限つてある, 雷横とは

▼ 用ふる~ (105, 0.8%)

4 ことも 2 かどう, ことが, ときは, のは, 並製の, 事を

1 [89件] かといふ事, か或は, が如く, が理想主義小説家, ことによりて, ことを, こと外國製衣類の, こと斯く, こと迅速敏捷元の, ためには, といふ風, ところなし, とすれ, と小, と眠く, などの諺, にはありける, には宗教及哲学, に至つた由來, に至りし, ので, のであ, のである, ので之, ので片側帶, ので總, のに必, の機會, は何, は全然, は徒ら, ばかりである, までもなく, もかく, もその, ものいろ, ものでありまし, ものと, ものなり, ものは, もの勝栗を, もの白梅を, も充分, やうに, よりも数等手数, より外, を好み, を得べく, を得る, を許さる, ホワイトシャーツには, 乎と, 事いかに, 事にな, 事の, 事多く, 事東京に, 事能は, 代りに, 償ひ, 国家は, 場合でも, 惨憺経営の, 所である, 所なり, 所の, 扱帯の, 方が, 方針を, 時に, 材料に, 材料には, 材料は, 死は, 気に, 気もちに, 準繩, 生活法正規の, 由は, 禮制の, 禮制を, 程である, 糊の, 細心に, 罪過の, 義務が, 言葉そのものも, 語なる, 鳴物なら

▼ 用ゆる~ (93, 0.7%)

4 時は 3 事は 2 ことが, ことを, こと往々, ものあり, 事と, 事を, 度に

1 [72件] が適し, けれども恐らく, ことと, ことに, こと甚だ, こと能わざりし, こと英佛獨の, ために, だけ, だけの卵, つもりだったらしい, と云, と共に, と夜中安眠, と弘法大師以上, と昔, と直に, には地の利, には煮, にや, に至った, に適し, のおもしろ, のと, のは, のみであります, の主には, の切なる, の外, は専ら, もので, ものほど, も礼式, や, ような, を聞い, を識ら, インキにて, 三名寄宿の, 下等絵具の, 事が, 事その, 事に, 事多い, 事宜しけれ, 事我国の, 人は, 写生用の, 前に, 場合も, 場合よりも, 天女の, 姿勢で, 建築露路木石器具態度等総てそれ自身の, 愈々人數, 所なく, 手で, 折が, 数に, 方が, 時バターを, 海賊船は, 炭は, 煉瓦の, 父を, 玩具の, 筒袖の, 者, 者と, 色は, 處は, 頭を

▼ 用でも~ (80, 0.6%)

14 あるの 3 ないが, 出来たの 2 あったの, あったん, あって, あるまい, あるよう, ござってか, して, なさそう, 何でも

1 [42件] あったらあすこ, あってかとは, あつて, あるか, あるかい, あるという, あるなら格別, あるのけえ, あるん, ある時, ある様, ある樣, おあり, おありです, かまへ, ございませぬが, すぐ来る, できたの, ないかの, ないから, ないただ, ないと, ないのに, ないん, ない人間, ない辺境, ない郡司, ない電話, なかろうよ, なく若い坊主, なければ, ねえけんど, 一日が, 一週間に, 出来たか, 出来たらさせて, 出来て, 大抵葉書, 控へ, 聞きもらしたかと, 言いつけて, 起こったらしく船宿

▼ 用として~ (77, 0.6%)

2 これほど, 作って, 持って

1 [71件] あくまでも正しい, ある程度の, いろんなこと, うたう, この家, その時々, その株, たくわえられた, である, ともかくも, ほとんど用, もって, 一つ, 上高地から, 久しく軍, 二階に, 人工的に, 作られて, 処々に, 出しその, 墓地に, 売り込むもの, 外の, 大いに宣伝, 大毛氈二枚, 女の, 学校で, 學校の, 小さい箱, 巡回文庫を, 御内ど, 拾ったの, 持たねば, 持つて, 整理された, 是非おとり, 普及の, 木炭数十俵薪が, 村, 植えて, 歌の, 止め木と, 此の, 水口を, 決して適当, 洪水の, 潜水客船という, 無論修一, 特に便利, 用ひらる, 用意し, 百万円の, 皆この, 私は, 腰に, 芍薬二千株程, 英米人に, 荒物屋に, 著者と, 製した, 買つて来た, 買ふ, 賜わりほか, 身体の, 軍事に, 転用した, 輸出する, 運転に, 適当だ, 関係書類を, 頒布される

▼ 用ゐたる~ (76, 0.6%)

3 者は 2 ぞ多く, は大俗, は蕪村, 物を

1 [65件] あるいはこれら, かあるいは, がその, がため, が却, が多き, ことの, こと無, ところの, には非, のみならず, は其角, は大, は幾何, は日本画家中, は易, は漢詩, は獸皮, は種々, は西, は識者, までに候, もあり, もその, ものあり, ものを, も世間, も少から, やわれ山房論文, をあや, をつかひ, を云, 一茶の, 事なり, 人民即ち, 例あり, 例ある, 例は, 処皆この, 処雨やめ, 古語には, 句, 大判の, 所に, 故月並調, 方その, 方其美感を, 時は, 曲玉とは, 歌の, 物と, 理窟といふ, 糸は, 編み物或は, 者と, 者なき, 者なり, 者に, 者にて, 自分の, 蕪村の, 處皆此歌の, 處雨やめ, 迄に候, 遮光器の

▼ 用ゐられる~ (76, 0.6%)

7 様に 4 やうに, 語で 3 ことが, もの 2 ことなく, ことも, と言, のである

1 [47件] がこれ, がもつ, がやはり, が又, ことである, ことに, ことを, といふ, と他, と蘇生, のが, のであつ, のでせう, ので珍重, のは, はずの, ばかりだつた, ものは, もの裏手の, やうこんこん, やうな, わけだ, 事が, 単語熟字で, 地方が, 場合において, 場合には, 場合は, 多くの, 形容詞は, 慣例の, 時とでは, 時の, 時代にも, 書式は, 様な, 民俗学と, 民謡の, 筈の, 素質を, 訣で, 訣な, 詞章の, 語の, 語は, 限り今日既に, 龍の

▼ 用あり~ (73, 0.6%)

30 げに 10 げな 6 そうに, 気に 2 とする

1 [19件] げらしい, さ, そうな, て, ていづ, てお, てか, てこ, て私宅, て行き, て行きし, て逢, とのこと, や否, 共若男に, 次第往通いの, 気であった, 気な, 水仙花それなら

▼ 用ゐし~ (66, 0.5%)

6 なり 2 例は

1 [58件] ことあり, こといづ, ことは, こと明らかなれ, こと聖書中に, ためならむか, だけ熱心, との事, と見, なりと, にあらず, にあらで, につき, によるか, に変り, はた, はわれら, はダンテ, は床, は後年, は既に, は男子, むるの, ものと, ものなり, ものなれ, ものに, もの下物と, をその, を以て金看板, 一例に, 事も, 事有る, 処に, 処にも, 処のみ, 句, 句を, 品と, 品の, 故に, 故俗, 此筆法は, 漢語だけにても, 理想といふ, 百合の, 笛の, 紐は, 者に, 自鳴, 言葉が, 言葉は, 言語, 言語は, 語として, 語にて, 語は, 騎士の

▼ 用~ (60, 0.5%)

43 え, か知らない 2 ときく, と云っ, べな, ッ

1 [42件] あいきた, か, かあて, かそれ, かちょッ, から, からといっ, からなしかし, から早く, から来た, かわからない, か分っ, か分りません, か名所見物, か知ってる, か知らねえ, か知れ, か自分, が部屋着, このどじ侍, そうで, という, ということ, とかう, ときいた, とふん, と云つて, と人, と仰っ, と例, と困る, と田辺, と言, と言いました, と誰, なと気が付いた, わよ, んすの, ツか, ツかいないん, 事務長, 銀行の

▼ 用ひられ~ (59, 0.5%)

25 てゐる 4 てゐた, て居る 2 てゐない

1 [24件] さう, さらに後, しも其年四十二三, その粕, たり, たりし, てある, てきた, てそして, てみる, てゐます, てをり, て一国, て内, て天下兵馬大元帥, て居た, て居つ, て居つた, て日, て来, もしない, 印度エジプトアラビヤでは, 耶蘇舊教の, 迅速なる

▼ 用うれ~ (58, 0.5%)

32 ど画, ばよい, ば人民, ば叙事形容, ば宜しい

1 [45件] ど, どもこれ, ど歌, ばいかなる, ばこそ全快, ばこそ此謬見, ばその, ばそれで, ばただちに, ばよほどよく, ば万病, ば三百七十五首, ば九十首, ば九千首, ば九百首, ば五時間, ば人, ば人工心臓, ば何程, ば勢, ば又或は, ば和悦享楽, ば国家, ば天下泰平, ば実, ば少, ば彼, ば心性, ば必ず, ば想, ば新しい, ば最も, ば有効, ば歳, ば毒, ば水あたり, ば犀革, ば犯罪, ば百五十首, ば禍惡, ば自由, ば薬, ば薬物, ば調子, ば馬糞

▼ 用ゐられた~ (58, 0.5%)

3 もので 2 のであらう, のは

1 [51件] からそこで, からとて易, が其, ことは, さまざまな, し学校, そこで子規君, ところから, に相違, のが, のだ, ので, のであつ, のである, のです, のを, はいから, ばかりでなく, ほどに用, ものが, ものすら, ものなり, ものは, 一つの, 事が, 人も, 例証は, 側が, 古語を, 商鞅の, 地である, 外居が, 專門語を, 形跡が, 文字を, 旗さし物は, 時の, 時代が, 時代の, 棚の, 極めて多く, 樣です, 点より, 為と, 為手習ひ, 痕跡は, 簡單な, 言葉は, 訣である, 髯籠は, 鶴亀の

▼ 用です~ (57, 0.4%)

3232 って

1 [20件] かあっし, かい, かえ, かと伺った, かと尋ねる, かと彦太郎, かね, からそれほど, から内側, から字, かブーゴン婆さん, か祕密, か秘密, が普通, とも, な, ね, のと, よ, よお母様

▼ 用あっ~ (54, 0.4%)

8 てこの 5 てここ 4 て来た 3 て, てこんな 2 て参った

1 [29件] てあの, てうしゃがったと, てここ辺り, てこられた, てしばしば, てそこ, てまい下り, てホテル, て上野原, て俺, て先触, て冥途, て参られた, て参られます, て呼び止めた, て呼び起こす, て大, て婦人, て庭, て愚老, て我々, て我ら, て歩い, て永生, て江戸, て無断, て親, て逸見殿, て音信

▼ 用にも~ (49, 0.4%)

2 なる, 堪えず美, 立たない, 立たぬ独語, 立ちません

1 [39件] かなってるから, されず自分, せよ商用, たたない, たたむかとて, たつべき侍二人一ぺん, たらぬほどの, たりないから, ならない, なるよう, なんの, ひとしく, もちろん使われ, 事欠かぬだけの, 使いだしたという, 使って, 使われました, 使われる, 供せられたの, 千慮の, 愛聴用にも, 立たずに, 立たないから, 立たなかつた, 立たぬか, 立たぬは, 立たぬもの, 立ちかねる, 立ちますまい, 立ち兼, 立ち申さぬ, 立つまじき事論, 立とう, 立ぬ, 立ぬなれ, 貨物用にも, 走り歩いて, 身を, 食用にも

▼ 用たし~ (48, 0.4%)

5 に行った 4 にで, に出かけ 3 に行く, をし 2 に出かける, に行っ

1 [25件] から御, があつ, でぐるぐる, に, にいく, にき, にでも出た, にどこ, に出す, に出る, に出掛ける, に外出, に往, に村, に行きました, に行くだ, に行くでしょう, に行けなくなっ, に行った帰り, に行つた間, に駅, のため, の帰り, の為, をすまし

▼ 用には~ (47, 0.4%)

2 サラブレドが, 特に選り上げ, 立たない, 立たぬ, 立つ, 足りなむ

1 [35件] ぜいたくすぎる, たたぬもの, ならないと, ならぬかも, もって, ピンポンビリアードそれから, 不適當です, 世話に, 使うけれども, 使わないで, 便利である, 便宜だった, 充分立つ, 古来から, 役立たないシロモノ, 必ずしも用, 拔取難い, 極めて不, 用いざる水, 立たず有, 立たねえ, 立ちそう, 立ちません, 立ちませんな, 立ちも, 立つが, 立つて, 立つまい, 立つまいただ, 足らぬが, 違ない, 遠い舞伎的要素, 適さない, 適せぬ, 鼻も

▼ 用という~ (46, 0.4%)

25 のは 3 のが, わけで

1 [15件] ことが, ことも, なりでは, ので, のも, のを, ひとかたならぬ, 事あり, 事に, 人の, 智慧が, 検非違使から, 特別のが, 用は, 義で

▼ 用~ (44, 0.3%)

96 んだ 5 のは 2 のかい, んだい, んでございます

1 [18件] けむ, のかしら, のかと, のかね, のだ, のである, のです, のでせう, のを, のセルゲイ, の小母, ものな, ものを, もんか, んじゃ, んで, んでしょう, んです

▼ 用うべき~ (33, 0.3%)

3 は論ずる 2 ものである, 者に, 言葉では

1 [24件] かが印刷, ことなり, ところである, ものでない, ものなき, 七輪を, 人物だ, 人物も, 何らの, 偶然事だった, 力あり, 労働者の, 品, 小もの, 幕なれ, 時である, 竿の, 竿を, 策と, 肝油, 良将は, 言葉である, 資本を, 長所と

▼ 用ひられた~ (33, 0.3%)

2 のは

1 [31件] から他, が次第に, ことを, ために, といふこと, といふの, とは信ぜられない, と言つて, のだ, のでせう, ので印度語, ので隋, のも, ほど人々, もので, ものである, 例も, 大広間長い, 宝冠や, 宣言らしく, 新進作家といふほどの, 方法を, 普通の, 最初から, 本が, 本は, 毒藥は, 石は, 頃は, 香油は, 鹽分の

▼ 用かと~ (32, 0.3%)

4 思って 3 口の 2 たずねると, 氷袋を

1 [21件] きいたら女, やさしく聞い, わしへ, 云うの, 尋ねた, 尋ねると, 彼に, 彼方から, 待ちかまえて, 思うと, 思つて行つて見る, 思われる華奢, 振向くと, 氷嚢を, 火夫に, 聞き返しました, 自分から, 行つて見ますれ, 言われても, 訊かれて, 訊くと

▼ 用ひられる~ (32, 0.3%)

3 のは, やうに 2 ように

1 [24件] が駱駝, ことが, ことであります, ことに, ことも, ことを, とこの, と中, に至, のであ, ものは, 以上の, 力だ, 國の, 場合が, 場合は, 実験的方法を, 常識的な, 戦争, 時と, 時代が, 時此の, 独吟と, 笞が

▼ 用~ (30, 0.2%)

43 知らぬが 2 知らないが, 聴いて

1 [19件] あらむ, え和泉屋, この薬王寺, わからない, わからぬが, 三八九, 三成の, 何かで, 何だ, 商売の, 思いよりが, 成さむ, 早くいえ, 用だけを, 用向きを, 知らねえが, 聞いて, 聞こうと, 輸出向きかは

▼ 用なき~ (28, 0.2%)

3 物とも

1 [25件] くるしみを, こそ目出度けれ, たの, ときに, にいたらしむべし, に翁, の空論, もので, ものと, を, 人である, 去年の, 敗残の, 日は, 日ゆっくり, 時には, 机に, 此身なれ, 物質では, 盾を, 窪をば, 身なる, 部屋住の, 門を, 館今夜の

▼ 用なし~ (26, 0.2%)

3 の身 2

1 [21件] けだしただ, じゃない, で何, で味噌, というも可, といひ, とて松屋, とともに其処, と做, と挨拶, と法師, と車, にし, になっ, のから, のぶらり, のわたし, の姿, の身体ゆえ, 主人の, 我汝の

▼ 用ある~ (25, 0.2%)

3 折は 2 か, がゆえに, ものは

1 [16件] かぎり千年の, がごとし, ことは, ごとに, ていに, とも無く, にあらず, に臨ん, のん, ものを, よって, を知らさる, 時は, 秋の, 者と, 風雅味などは

▼ 用~ (25, 0.2%)

2 に過ぎなかったで

1 [23件] が民藝品, が醜く, であるが, です, ではなく, とはいいます, と美器, に使命, に多く, に求め, に留意, に素晴らしい, に美, に表現, の中, の組立て, は中でも, や空瓶, を何時, を水筒, を産む, を美しく, を質

▼ 用~ (24, 0.2%)

2 処が

1 [22件] くらいで, ことあら, ことを, こと我邦の, こと無く, といえ, ときは, にいたり, のみ, のみならず, のみなり, のも, の術ニ, ものにて, 大陰暦, 帽子は, 所で, 時は, 為に, 者は, 者少し, 行年を

▼ 用じゃ~ (23, 0.2%)

4 ないん 3 ない 2 ないが

1 [14件] ありませんか, あるまいが, い, な, ないけど, ないけれども, ないと, ないの, ないのよ, ない温泉, なかったん, アねえ, 自動車では, 醤どの

▼ 用とは~ (20, 0.2%)

1 [20件] こっちから, このこと, それッと, ついに最後, どこの, なんか, フレッシュだ, 不二, 何だ, 何んじゃ, 何事を, 共に物心, 単に物的, 叛くもの, 奉仕な, 思われぬ六十歳, 無事を, 茶炉に, 軍の, 高唐州城

▼ 用~ (19, 0.1%)

4 という 2 可し

1 [13件] ことに, といふもさる, と書いた, と書く, のでしょう, 処な, 可らず, 大形の, 手芸用の, 易い文句, 時は, 様な, 水患を

▼ 用って~ (19, 0.1%)

2 何も

1 [17件] あらわして, いいとして, いた道具, いったいどんな, いる時, この想, わけで, わけでも, 云った所, 別に, 大事な, 居る様, 悪いん, 春江ちゃんが, 物を, 眠る時間, 眼臉に

▼ 用ひない~ (19, 0.1%)

3 ことに 2 のです

1 [14件] かと尋ねたくなる, が心, ことにも, その罪, で大神樂造り, のが, ので百合子, のは, ものだ, ものである, やうである, 人形劇又は, 方が, 決心で

▼ 用~ (18, 0.1%)

2 のは

1 [16件] なんて可笑しい, のか, のだ, やうに, 事, 其背に, 別に袖, 心うれしき, 然る, 綺麗に, 美しい藁, 茶代と, 藍繪の, 裏なき, 里言に, 類を以て

▼ 用をも~ (18, 0.1%)

2 なさない, なさぬもの

1 [14件] なさざりしも, なさずして, なさずと, なさないの, なさぬこの, なしたる大箱, 忘れて, 忘れ得るもの, 成し申すべく候, 手伝って, 為さない訳, 美をも, 辨じたるなるべし, 遣いはたしそう

▼ 用ひず~ (17, 0.1%)

1 [17件] との説, とも好い, に, にすんだ, に済みたい, に現実世界, に美, ミサの, 世の, 何人も, 又周圍, 女優を, 専ら太陽熱, 恐れ多く, 法住寺殿に, 然れ, 階上への

▼ 用うるも~ (16, 0.1%)

1 [16件] その実用, とうてい行, また奇, 不可なる, 乙の, 事は, 可ならん, 可なり, 壁色は, 多少その, 奇と, 宜い, 害あり, 想出する, 文字より, 日本に

▼ 用ゐず~ (16, 0.1%)

1 [16件] この一流, ともよ, とも特に, に之, に可決, に唯, に陸路, ば器, 一字の, 公平に, 又決して, 奢侈に, 獨力に, 盲僧の, 翼を, 長槍

▼ 用ゐれ~ (16, 0.1%)

81 ば一, ば其の, ば家畜, ば寧ろ, ば現今, ば申分, ば菽麥, ば陳腐

▼ 用では~ (15, 0.1%)

3 ありません, ない 2 なかった 1 いって, ござるが, ないから, ないがね, ないの, ない茶, なく寧

▼ 用としては~ (15, 0.1%)

2 幾分か

1 [13件] あまりに殺風景, それで, 二番目の, 多くは, 定額制で, 小説から, 年中日本料理にも, 忠勇な, 有閑マダム, 殆どこの上ない, 現在では, 遥々この, 門番や

▼ 用なら~ (15, 0.1%)

1 [15件] かえってこれ, こ, ここには, ここを, その間私が, ば今, まだすまなかった, め, んか, ママに, 何の, 大抵知れた, 大衆の, 気の, 電報等林町へ

▼ 用ひし~ (14, 0.1%)

1 [14件] が爲, に相違, めんと, ものなるべし, ものなれ, もまた, より起原, 上に, 不定代名詞, 事あり, 名なり, 紫檀の, 褥を, 迚大塔の

▼ 用ひたる~ (14, 0.1%)

1 [14件] かの矢筈草今, が如き, にあらざる, ものに, もの蓋し, 三國志に, 字を, 岩畳作りの, 星の, 程なり, 紀行文の, 考證に, 褐色を, 韓國の

▼ 用~ (14, 0.1%)

2 べしと

1 [12件] と, という, といえ, と覚ゆ, べからざるもの, べからざる場所, べからず, べからず必ず, べし先, 各々その, 射るに, 甚だ蟹

▼ 用ゐない~ (14, 0.1%)

1 [14件] からこんな, ことに, こんな汚れた, で多く, で帛, で有り合せ, ので多量, のは, やうな, 人と, 石器を, 習慣が, 考へ, 覚悟である

▼ 用~ (13, 0.1%)

1 [13件] サセタゲルワ, ナセシハ兵卒, ホムルナリ, モナサズ, 廢セザル事有リ甲, 弁ズルコトハ外ニ明ナリト雖ドモ心常, 汚辱シ土地, 為シテ敢ヘテ叛カシメザルハ必ズ術有ラン曰ク其意ニ中ル也曰ク其意, 知ラザル時ニ當テハ必ズ石器及粗造, 知ルニ至リシモ亦, 知レリ, 称シ能毒ヲ, 足スコトニイタシマショウ

▼ 用先生~ (13, 0.1%)

1 [13件] およびその, から天下, がお, がすばやく, がとつぜん, が書いた, だって, だ先生, でもおいそれと, ともよばれ, のいい, のお, の智網

▼ 用~ (12, 0.1%)

32 ている 1 てゐた, て天然, て目, て高潔, 不肖者を, 居るため體量, 帰化させ

▼ 用ふべき~ (12, 0.1%)

2 ことで 1 かといふこと, かについておそらくは, こといかばかり, ところを, に對, もので, ものである, ものは, 句が, 所で無い

▼ 用むき~ (12, 0.1%)

1 [12件] がつごう, が言い出しかね, でどうしても, で府中, の手紙, の次第, は, をきく, をポツリ, を伺ったら, を忘れ, を談ずる

▼ 用ゐられし~ (12, 0.1%)

3 事も 2 こと即ち 1 がためなり, こと, ものなるべし, 事何の, 事有る, 例聖書に, 名にて

▼ 用~ (11, 0.1%)

1 [11件] どんなこと, なんだい, 南光部と, 悪魔を, 感荷す, 炊ぐも, 的と, 相凌, 祐二と, 觀測したる, 頼氏の

▼ 用にと~ (11, 0.1%)

1 [11件] しこたま蓄財, ならば, 云って, 傍の, 思って, 思つて, 新たに, 残して, 湛へ, 無理矢理持たし, 遙る

▼ 用~ (11, 0.1%)

1 [11件] ある, いうて, 何か, 公孫勝へ, 公孫勝まで, 晁蓋に, 朱武たちと, 消極的たり, 葬式用の, 違つた目的が, 電熱用の

▼ 用ゆれ~ (11, 0.1%)

2 ば仮死 1 ども決して, ばかかる, ば古, ば国士, ば本当に, ば特殊, ば用い得られざる, ば神女二人, ば自殺者

▼ 用~ (11, 0.1%)

1 [11件] が通る, であろうか, で此西片町, で駄目, というもの, としてモンテ・カアロ公園, として貸切り, のある, らしいの, をとばし, を節倹

▼ 用~ (11, 0.1%)

1 [11件] ですと, と闘鶏, の中, の産んだ, の種類, はこの, は肉, は食用, まで家, も沢山, を飼え

▼ 用する~ (10, 0.1%)

1 こと, としてもまだ, に異ならず, に道, のが, のは, はただ, もよい, も非人, 歯車は

▼ 用なんか~ (10, 0.1%)

1 ありゃしないや, あるもん, どうでも, ないのよ, ないわ, ねえん, 下婢で, 何も, 有りさ, 無いん

▼ 用ふれ~ (10, 0.1%)

1 ども巧み, ども遂に, ば, ばよい, ば八度六分の熱, ば即ち, ば如何, ば忽, ば最も, ば自ら

▼ 用ゐん~ (10, 0.1%)

2 との考 1 ことを, といふ, とした, とする, と思ふ, のです, より唯手柔, 相用ゐざれ

▼ 用テーブル~ (10, 0.1%)

3 の端 2 の上 1 があり, と同じ, の前, の方, をぐるり

▼ 用済み~ (10, 0.1%)

1 だ, だった, と成つた, になったらしい, になり, のこと, の処, の旗, の雄, 還って

▼ 用自動車~ (10, 0.1%)

1 が綱, だったの, で部隊本部, とか, に綱, の上, の落ち, は崖, を利用, を探し

▼ 用から~ (9, 0.1%)

1 して, 僕は, 多人数用の, 小学六年生までの, 拭き掃除まで, 梁山泊の, 生れた賜物, 美が, 衣類の

▼ 用ひなけれ~ (9, 0.1%)

4 ばならない 2 ばならぬ 1 ばならなかつた, ばならなくなりました, ばなりません

▼ 用らしい~ (9, 0.1%)

1 な, アンテナが, 勉強用の, 帯剣と, 曲木細工の, 白い角封筒, 話は, 雜物の, MCCを

▼ 用ゐざる~ (9, 0.1%)

1 こととを, こと能はず, ため, にいたる, に既其効, をえざれ, をえず, 上は, 語あり

▼ 用~ (9, 0.1%)

2 へ参ろう 1 かと思い, かと思っ, ではなく, では有りませんで, へ参りまし, へ這入りました, を探し

▼ 用学人~ (9, 0.1%)

1 そのほか二, であったの, とが声, のはかり, の添え, はいま, は老い, は颯爽, ほどな

▼ 用舟艇~ (9, 0.1%)

2 は防波堤 1 あり超, が裾, でマニラ, で読んだ, の艦上, の訓練, もどう

▼ 用~ (8, 0.1%)

3 つて行く 1 ってかこの, ってかよう, つて先触も, つて此處へ, ねえ

▼ 用うべ~ (8, 0.1%)

2 からずと, きに 1 からざる語, からず, しだ, し脂粉

▼ 用ひざる~ (8, 0.1%)

1 ことが, さへ, ものあり耕さずし, を得ず, 事を, 勿れ, 消防法をも, 者あら

▼ 用~ (8, 0.1%)

2 ないもの 1 ないから, ないそら, ないという, の顔, るべき人才, るる果

▼ 用ゐぬ~ (8, 0.1%)

2 と云 1 ことである, しかるに彼等強慾, やうあの, 例なり, 処なる, 譯には

▼ 用~ (8, 0.1%)

1 が応えました, とが寝み, と一人一人, と久太郎, などは年, に定石通り, は淋しい, も結構

▼ 用うるか~ (7, 0.1%)

1 あるいは菫菜, ただ恨む, という, ということ, という用途, または, よくわからぬ

▼ 用~ (7, 0.1%)

2 しも流せ 1 きぎとして, し, しの分も, しもしたい, すべい

▼ 用としての~ (7, 0.1%)

1 ガンピ一つを, スクーネル一隻が, レッテルが, 価値を, 洋画から, 牛馬の, 衣服羽織袴等一組新調の

▼ 用ゆべき~ (7, 0.1%)

1 かを考えなけれ, にあらず, や, 勝手道具で, 場合を, 場所と, 所には

▼ 用立つ~ (7, 0.1%)

1 お講釈, のである, ものか, ものなら, ものに, 時と, 時は

▼ 用規則~ (7, 0.1%)

3 を用 1 でフンダクル, にない, の用, も用

▼ 用した~ (6, 0.0%)

2 のは 1 からの名, がその, のである, 物忌みの

▼ 用だけ~ (6, 0.0%)

1 いふて, 一まとめに, 聞いて, 聴いて, 見積っても, 足して

▼ 用といふ~ (6, 0.0%)

3 のは 2 ので 1 語は

▼ 用にしか~ (6, 0.0%)

2 ならないの 1 なって, ならぬ, 役立たず殺人事件, 立たないランプ

▼ 用のね~ (6, 0.0%)

2 え人間 1 いすに, えしろ, え商売, え身体

▼ 用ひたと~ (6, 0.0%)

1 いふが, て咎める, 云つて鋏で, 伝へら, 見えて, 言はれた

▼ 用ゐよう~ (6, 0.0%)

1 がつまり, とした, として居る, とはしない, と思ふ, と決心

▼ 用~ (6, 0.0%)

1 タイル張リニシテシャワーノ, 宿から, 心電計デ, 特選売場ハ三階ダッタガ生憎, 衣服ガ敏子ガ洋服ヲ, 運搬車ニ乗セラレテコンクリートノ長イ廊下ヲ

▼ 用~ (6, 0.0%)

1 に残され, の事, は声色, をし, をした, を達する

▼ 用さえ~ (5, 0.0%)

1 あれば, すめば, すれば, なければ, 弁じかねた

▼ 用ひずし~ (5, 0.0%)

21 て境, て宜, て必ず

▼ 用ひました~ (5, 0.0%)

1 からか, が悲しみ, ので, 例が, 術語と

▼ 用~ (5, 0.0%)

2 向って 1 ツカツカとは, ヒタと, 出て

▼ 用まで~ (5, 0.0%)

1 させなければ, してやりながら, するん, たして, みな瞼を

▼ 用ゐたれ~ (5, 0.0%)

1 ばこ, ばこれ, ば今日吾人, ば何, ば罪

▼ 用ゐるなら~ (5, 0.0%)

21 こちらは, ば, 歌全体に

▼ 用トラクター~ (5, 0.0%)

1 からはじまっ, が劇場, と一緒, と数人, を動かそう

▼ 用~ (5, 0.0%)

1 したり, した功績, し得ると, すること, の研究

▼ 用~ (5, 0.0%)

5 多星

▼ 用~ (5, 0.0%)

1 なの, な平民藝術, にし, になつ, のもの

▼ 用あれ~ (4, 0.0%)

1 ばこそ尊公, ばこそ手, ば役場, 愛山の

▼ 用うべく~ (4, 0.0%)

3 悲哀とか 1 も従うべく

▼ 用かは~ (4, 0.0%)

3 知らぬが 1 知らねども

▼ 用され~ (4, 0.0%)

3 ている 1 て来

▼ 用たる~ (4, 0.0%)

1 を示す, 把握歩行等の, 衷甸両, 衷甸兩牡の

▼ 用できた~ (4, 0.0%)

1 か, ね, のだろう, のです

▼ 用とも~ (4, 0.0%)

1 つかずに, ならねば, 言いませんでした, 誰ぞとも

▼ 用なけれ~ (4, 0.0%)

1 ばなおも, ば伐っ, ば同行者, ば尚も

▼ 用などに~ (4, 0.0%)

1 かなって, する, 奔走し, 用いて

▼ 用などを~ (4, 0.0%)

2 手伝って 1 させて, 足して

▼ 用~ (4, 0.0%)

2 しござって 1 しあらば, 其時に

▼ 用ひぬ~ (4, 0.0%)

2 には困りはてる 1 が宜しい, に困りはてる

▼ 用ひれ~ (4, 0.0%)

1 ば, ばま, ばわが, ば藥

▼ 用または~ (4, 0.0%)

1 器具用などに, 書卓用としては, 自家用の, 辞書体目録で

▼ 用ゆ可~ (4, 0.0%)

2 く, し

▼ 用~ (4, 0.0%)

1 ば乳母, ば味, ば大, もんを

▼ 用ゐざりし~ (4, 0.0%)

1 のみならず, ほどに足, もの蕪村に, 俗語漢語を

▼ 用ゐたい~ (4, 0.0%)

1 といふ微意, と考へ, ものであり, ものです

▼ 用ゐなかつた~ (4, 0.0%)

1 から人, とは言, ものだ, やうである

▼ 用ゐね~ (4, 0.0%)

3 ばならぬ 1 ばならない

▼ 用ゐられしならん~ (4, 0.0%)

2 と考へ 1 と信ずるなり, と思はるる

▼ 用ゐるべき~ (4, 0.0%)

2 器械をこそ 1 には非, 御装束御車以下さまざま

▼ 用~ (4, 0.0%)

1 不竭, 節は, 雖士大夫亦, 願不

▼ 用候儀~ (4, 0.0%)

3 御制禁 1 御禁制

▼ 用器具~ (4, 0.0%)

1 が雑然と, だの食料品, の代用, の類

▼ 用宋江~ (4, 0.0%)

1 そのほか, などのほか, のめがね, の二大将

▼ 用明天皇~ (4, 0.0%)

1 が御悩, と申し上げました, に恋い慕われ, の皇子

▼ 用~ (4, 0.0%)

2 電機を 1 電機で, 電機眼がけて

▼ 用空気服~ (4, 0.0%)

2 の点検 1 ではそう, を点検

▼ 用立った~ (4, 0.0%)

1 処が, 女婿は, 後に, 訳である

▼ 用立金~ (4, 0.0%)

1 で急場, の返答, をし, を下命

▼ 用~ (4, 0.0%)

1 が到着, に関する場合, の件, を調達

▼ 用軍師~ (4, 0.0%)

1 にもありのまま, のお, の神算鬼謀, もここ

▼ 用その~ (3, 0.0%)

2 ほかの 1 ほか当夜の

▼ 用たしで~ (3, 0.0%)

1 お寺の, 歯科医は, 浅草の

▼ 用だけは~ (3, 0.0%)

1 すんだからと, 云って, 果してやった

▼ 用だろう~ (3, 0.0%)

21 と思っ

▼ 用~ (3, 0.0%)

2 やない 1 やありません

▼ 用った~ (3, 0.0%)

1 ことの, わけだ, 花見の

▼ 用である~ (3, 0.0%)

2 がその 1 と土佐

▼ 用としても~ (3, 0.0%)

1 常に安全, 攻撃用としても, 貧弱な

▼ 用とともに~ (3, 0.0%)

1 その研鑽, 品位を, 武士階級に

▼ 用との~ (3, 0.0%)

1 二つに, 完き, 相即なく

▼ 用にか~ (3, 0.0%)

1 立つべき, 立つべきと, 立つべきとて

▼ 用ひたら~ (3, 0.0%)

1 ば身體, 一層気分, 相手に

▼ 用ひます~ (3, 0.0%)

1 から少しも, が時, ときは

▼ 用ひらるる~ (3, 0.0%)

1 ものなり, 名の, 鳴物は

▼ 用ひられなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばどんなに, ばならない, ば殆ど

▼ 用ひられね~ (3, 0.0%)

2 ば兎角 1 ばとかく

▼ 用ひ得る~ (3, 0.0%)

1 は空気, 古典論によ, 様に

▼ 用ふと~ (3, 0.0%)

1 その静か, 二割方光度が, 憤られるぜ

▼ 用られ~ (3, 0.0%)

1 そして彫刻師, ていない, 国論なとも

▼ 用ゐさせ~ (3, 0.0%)

1 て居る, 玉ふまで, 給ふ

▼ 用ゐたら~ (3, 0.0%)

1 それこそ, ば日本文学, ば日本文學

▼ 用ゐなけれ~ (3, 0.0%)

3 ばならぬ

▼ 用ゐよ~ (3, 0.0%)

1 しかしむしろ, 外国に, 外國に

▼ 用ベッド~ (3, 0.0%)

1 に相, のある, のカバア

▼ 用以外~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 にはほとんど

▼ 用地震計~ (3, 0.0%)

1 を据えつけ, を貸し, を貸し与えた

▼ 用~ (3, 0.0%)

1 の望夫石, も斯く, を仙媛

▼ 用微笑~ (3, 0.0%)

1 とともにゆるく, にいくら, を送りこんだ

▼ 用手袋~ (3, 0.0%)

1 と香水, などというもの, をはき

▼ 用~ (3, 0.0%)

1 が位, が死んだ, にいたつ

▼ 用~ (3, 0.0%)

1 の口絵, は西洋, や教具器械

▼ 用木炭~ (3, 0.0%)

1 に関する研究, に関する試験, の製炭法

▼ 用~ (3, 0.0%)

1 で深田久彌, はナポレオン, ばかりで

▼ 用穀物~ (3, 0.0%)

1 につきドイツ, 及び穀粉, 及び穀粉類

▼ 用~ (3, 0.0%)

1 にゐた, に引き籠り, より丸山邸内

▼ 用あら~ (2, 0.0%)

1 ば目籠, ば自身

▼ 用あらず~ (2, 0.0%)

1 此上君は, 目は

▼ 用うの~ (2, 0.0%)

1 はいつも, は千世子

▼ 用うべし~ (2, 0.0%)

1 と答え, と言われた

▼ 用かい~ (2, 0.0%)

1 客人, 用でなけれ

▼ 用かね~ (2, 0.0%)

1 また金, 何人だ

▼ 用かを~ (2, 0.0%)

2 聞かれた時

▼ 用~ (2, 0.0%)

2 へなけれ

▼ 用された~ (2, 0.0%)

1 ことは, 例は

▼ 用しか~ (2, 0.0%)

1 ない, ないん

▼ 用じゃあ~ (2, 0.0%)

1 ないん, ねえん

▼ 用じゃった~ (2, 0.0%)

1 とな, な

▼ 用すなわち~ (2, 0.0%)

1 土地資本と, 知情意の

▼ 用ずみ~ (2, 0.0%)

1 の男性, の竹

▼ 用だけの~ (2, 0.0%)

1 事は, 事を

▼ 用だけを~ (2, 0.0%)

1 聞いて, 頼んで

▼ 用つて~ (2, 0.0%)

1 見たしな, 見て

▼ 用てえ~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 用であり~ (2, 0.0%)

1 他の, 雷横であり

▼ 用であろう~ (2, 0.0%)

2 となかろ

▼ 用でござる~ (2, 0.0%)

1 かい, な

▼ 用でござんす~ (2, 0.0%)

2 かい

▼ 用でと~ (2, 0.0%)

1 お考, 来意を

▼ 用でない~ (2, 0.0%)

1 ときには, 諸人の

▼ 用でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばお, ば聞かなくっ

▼ 用とに~ (2, 0.0%)

1 お任せおきあら, 造ったもの

▼ 用とを~ (2, 0.0%)

1 このまま, 分離し

▼ 用どす~ (2, 0.0%)

1 か, かもない

▼ 用ない~ (2, 0.0%)

1 いうて, の

▼ 用なく~ (2, 0.0%)

1 すぐ開いた, 地上の

▼ 用なぞは~ (2, 0.0%)

2 聞かなくても

▼ 用なんて~ (2, 0.0%)

1 ありも, ないと

▼ 用にて~ (2, 0.0%)

1 理性と, 諸方へ

▼ 用にでも~ (2, 0.0%)

1 きる気, 行ったの

▼ 用にゃ~ (2, 0.0%)

1 あ違, ア足りねえ

▼ 用によって~ (2, 0.0%)

1 その方面, はじめて成立

▼ 用のみを~ (2, 0.0%)

1 標率と, 目的と

▼ 用ばかり~ (2, 0.0%)

1 して, 多かった

▼ 用ひざるべし~ (2, 0.0%)

1 との議論盛, と信じ

▼ 用ひたなら~ (2, 0.0%)

1 これ以上に, 抄本は

▼ 用ひなかつた~ (2, 0.0%)

1 か, ので

▼ 用ひね~ (2, 0.0%)

1 ばならぬ, ば詩

▼ 用ひませぬ~ (2, 0.0%)

2 から

▼ 用ひも~ (2, 0.0%)

1 しなからう彼, しました

▼ 用ひられし~ (2, 0.0%)

1 が昨, ものと

▼ 用ひられたる~ (2, 0.0%)

1 用語術語の, 石材は

▼ 用ひられなく~ (2, 0.0%)

2 なつた

▼ 用ひられました~ (2, 0.0%)

1 がこれ, が實職實務

▼ 用ひるなら~ (2, 0.0%)

1 ば, ば救

▼ 用ひ慣れた~ (2, 0.0%)

1 權力を, 言葉を

▼ 用ふべきであり~ (2, 0.0%)

1 また第, また結句

▼ 用への~ (2, 0.0%)

1 局限である, 誠実を

▼ 用より~ (2, 0.0%)

1 万一もとの, 多く出来いた

▼ 用られる~ (2, 0.0%)

1 のを, 橇は

▼ 用ゐしなら~ (2, 0.0%)

2 んと

▼ 用ゐずし~ (2, 0.0%)

1 て却つて天方, て寫した

▼ 用ゐな~ (2, 0.0%)

1 ばなほ和歌, ば字餘

▼ 用ゐなく~ (2, 0.0%)

1 なつた, なつて了うた

▼ 用ゐなれたる~ (2, 0.0%)

1 理想の, 義に

▼ 用ゐはじめた~ (2, 0.0%)

1 昔物語を, 時代に

▼ 用ゐられき~ (2, 0.0%)

2 といふ

▼ 用ゐられざりし~ (2, 0.0%)

1 男なり, 言を

▼ 用ゐられず~ (2, 0.0%)

1 に対話, 飢ゑた獸の

▼ 用ゐられなく~ (2, 0.0%)

1 なつた, なつた一つ

▼ 用ゐられぬ~ (2, 0.0%)

1 あまり褒めた, が多き

▼ 用ゐる如き~ (2, 0.0%)

1 意に, 類ひである

▼ 用ゐ出した~ (2, 0.0%)

1 のだ, のも

▼ 用ゐ得る~ (2, 0.0%)

1 場合多し, 方法であり

▼ 用ゐ慣れ~ (2, 0.0%)

1 て来, て来た

▼ 用~ (2, 0.0%)

2 無え

▼ 用カバン~ (2, 0.0%)

1 がおい, が見つかった

▼ 用テラス~ (2, 0.0%)

1 があり, へ飛込ん

▼ 用パイプ~ (2, 0.0%)

1 でタバコ, を借り

▼ 用ピストル~ (2, 0.0%)

1 と長剣, や一梃

▼ 用フィルム~ (2, 0.0%)

1 に簡単, のなか

▼ 用ランプ~ (2, 0.0%)

1 から穏やか, はよく

▼ 用ロケット~ (2, 0.0%)

1 の場合, の研究

▼ 用下着~ (2, 0.0%)

1 だから, をみせ

▼ 用~ (2, 0.0%)

1 ですか, の用

▼ 用~ (2, 0.0%)

2 よろずに

▼ 用~ (2, 0.0%)

1 彼ニ異, 窮矣と

▼ 用~ (2, 0.0%)

1 と労働, の用役

▼ 用~ (2, 0.0%)

1 よし云々, 程之

▼ 用儀式用~ (2, 0.0%)

1 とそれぞれ, とそれぞれ別

▼ 用~ (2, 0.0%)

1 きだっけ, を控え

▼ 用~ (2, 0.0%)

1 の文, の象傳等

▼ 用写真~ (2, 0.0%)

2 を撮る

▼ 用~ (2, 0.0%)

1 は工場, を詰め

▼ 用助さん~ (2, 0.0%)

1 と主人, は私

▼ 用労働利殖~ (2, 0.0%)

1 を提供, を結合

▼ 用参考書~ (2, 0.0%)

1 としての本書, を作る

▼ 用取次~ (2, 0.0%)

1 というふう, と順々

▼ 用~ (2, 0.0%)

1 の技巧, を除いた

▼ 用外套~ (2, 0.0%)

1 の裾, を著

▼ 用~ (2, 0.0%)

1 が帰りくる, は夫

▼ 用寝台~ (2, 0.0%)

1 であった, のよう

▼ 用専門~ (2, 0.0%)

1 に出来, の飾菓子

▼ 用~ (2, 0.0%)

1 住宅, 卓も

▼ 用帽子~ (2, 0.0%)

1 などといった類, をかぶっ

▼ 用建物~ (2, 0.0%)

1 について一切, の外壁

▼ 用~ (2, 0.0%)

2 な目的

▼ 用或は~ (2, 0.0%)

1 器財用として, 政黨員より

▼ 用手提げ~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 用文章~ (2, 0.0%)

1 の中, の処

▼ 用~ (2, 0.0%)

1 ではない, を命ぜられた

▼ 用~ (2, 0.0%)

1 が据え, にかけ

▼ 用~ (2, 0.0%)

1 賣, 賣に

▼ 用毛布~ (2, 0.0%)

1 で包ん, とフードつき

▼ 用為仕度~ (2, 0.0%)

1 奉内, 奉願上候以上

▼ 用無き~ (2, 0.0%)

1 人の, 部屋なれ

▼ 用無し~ (2, 0.0%)

1 だわ, まさに黄

▼ 用無用~ (2, 0.0%)

1 を問, を問わざる

▼ 用燃料~ (2, 0.0%)

1 としたら, もなに

▼ 用~ (2, 0.0%)

1 を大坂ニ, を相

▼ 用~ (2, 0.0%)

1 とされ, 出来ぬと

▼ 用立たない~ (2, 0.0%)

1 ことが, 時と

▼ 用立っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 用~ (2, 0.0%)

1 六課に, 十五課に

▼ 用~ (2, 0.0%)

1 に使用, のため

▼ 用簟笥~ (2, 0.0%)

1 に仕舞つて元, の環

▼ 用~ (2, 0.0%)

1 のほか, の催促

▼ 用美相即~ (2, 0.0%)

1 である, なの

▼ 用聞き~ (2, 0.0%)

1 といはれた, にゆく

▼ 用薬品店~ (2, 0.0%)

2 にあります

▼ 用読本~ (2, 0.0%)

1 の中, を使う

▼ 用~ (2, 0.0%)

1 への対症, への是正

▼ 用護謨帽子~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 用道具~ (2, 0.0%)

1 がつぎつぎ, の入った

▼ 用道路~ (2, 0.0%)

1 です, として申分

▼ 用~ (2, 0.0%)

1 の中, へ這上

▼ 用~ (2, 0.0%)

1 の保護者, まで飼馬

▼ 用馬車~ (2, 0.0%)

1 の野, は一輛

▼1* [688件]

あるいは挽車用としての, 用あろうほどに我が, 用いけばなに, 用いざらんか怨望, 用うて一狂言そなた, 用うところだけに, 用うべきだと思い, 用うべきではなかっ, 用うべきであったということ, 用うべきであるかと思案, 用うべしですが顔良, 用うるあらんかぎりの, 用うるあり田豊許攸の, 用うるか新字を製する, 用うるか羅馬字を用うるか, 用うるべからずと説く, 用ばよい, 用はさば, 用かという意味さ, 用かとも思われるよう, 用かなどとたずねないで, 用かねえだ, 用かねと新聞を, 用かも知れないけれど, 用からもまた美, 用がねえ品, 用がねえとは何を, 用がねえとも限らねえ, 用ききに色々, 用きれ地を, 用ぎきの小僧, 用くらいに事は, 用ぐらゐの酒類が一人, 用ここに富み, 用こそ此場合に, 用ござってその, 用されることも, 用しげく婢を, 用したらしい彼独特の, 用をきい, 用じゃァねえが, 用すらまた宋江, 用すらがあぶなく殲滅, 用す可きやは, 用せしめむとするの態ある, 用せずとも紀州, 用せられてゐる, 用せられる例である, 用そうでないと, 用その他無限に需要, 用ぞいのうお, 用ぞと思ふ, 用たしてるだよ, 用だいクラフト夫人に, 用だい僕アお前などに呼ばれる, 用だけでも遺して, 用だすかいな, 用だったがまだ, 用だらうかと話し, 用たまふ, 用ったら歓喜が, 用っていうのは, 用ってもよいでしょう, 用つて之を圧搾, 用つて歌舞して, 用つて興を添, 用でありますか, 用でしたの, 用でなかったらあとに, 用でなく商売用の, 用での出先から, 用といったものです, 用とか學生の, 用とがあたま, 用としてのみの価値を, 用とだけの水である, 用とてはなかった, 用とてもないので, 用とで以て, 用とでも言うの, 用となせりといふ, 用とばかり思つてゐたらしい, 用とへだけは自分で, 用どころかお殿様, 用ながらに婆さんの, 用なげなれどなまめかしけれ, 用なさればいい, 用などつとめて, 用などとして極めて有益, 用などの出来ない内, 用なども手伝うて, 用なら聞いといてやる, 用なら黙ってお, 用なれども番犬, 用なんかは忘れて, 用なんぞはいくらでもある, 用においても美においても, 用にさえ足れば, 用にだけ来て, 用にということであった, 用になつてゐた, 用にばかり追はれ, 用にまで利用され, 用にもと思って, 用によつても, 用に対し人的能力の, 用のけしょう箱を, 用のじゃない内所, 用のみでは, 用のみが美を, 用のみに便じる道, 用はねえと思ってや, 用はれるらしい賑やかで, 用ばかりで来て, 用ひある左衞門尉なとの, 用ひけるには西洋人, 用ひこぢ扛げて, 用ひさせたならかならず大きな, 用ひざるべきを告ぐ, 用ひざれば議会, 用ひしかば上, 用ひしめたならば實, 用ひたいらしかつた, 用ひたかつたのだ, 用ひたくても不得意, 用ひたくありませんが正直, 用ひたらうとも書い, 用ひたらしいと, 用ひたり土下座は, 用ひたる脅し文句だつた, 用ひたれば或, 用ひた如きものである, 用ひどころが, 用ひなば胃, 用ひなくなつて, 用ひはじめて以来, 用ひべきものと, 用ひまた時, 用ひませんです, 用ひも重かるべく我と, 用ひようとした, 用ひらる酉刻前, 用ひられざりしかば両人様々, 用ひられず左傳の, 用ひられたかういふ立派な, 用ひられたなら落語も, 用ひられだしたではありません, 用ひられないものである, 用ひられぬやうな, 用ひられるならば, 用ひられるべきものだらう, 用ひられ出したのは, 用ひられ驚くべき好結果, 用ひるであらうそしてその, 用ひんや, 用ひ出したが称, 用ひ参らせ候べからず, 用ひ射勢は, 用ひ尽してまた, 用ひ尽した人の, 用ひ尽したるなり而し, 用ひ居りなほ又, 用ひ得べきものは, 用ひ慣れて来た, 用ひ来つて直ちに, 用ひ申すべく喜び入り候, 用ひ相成り候間和蘭亜米利加貌利太尼西国民の, 用ひ眠る時には, 用ひ織縫績緝怠べからず, 用ひ過ぎて却つて, 用ひ過ぎたが為, 用ひ馴れた方が, 用ふべきであるとすれ, 用ふるなく唯見る, 用ふるは半衣, 用て描写, 用みたいにばか, 用ゆかね, 用ゆべきやという, 用ゆものはよほど, 用ゆるでございませうが今日表面, 用ゆるなるべしと記す, 用られなければならん, 用られんのじや, 用なくッ, 用われないのは, 用ゐいたづらに, 用ゐきといふ, 用ゐくれ候や, 用ゐさせたのかとも, 用ゐさせられひたすら御, 用ゐさせるもので, 用ゐざりきといふ, 用ゐざりしかば終に, 用ゐざるべからざるの, 用ゐざれば孔墨たる, 用ゐしなるべし七なる, 用ゐしめようとした, 用ゐしめられ銭七貫以上を, 用ゐしやと云, 用ゐずした數字以上に, 用ゐず乾したるは干鰯, 用ゐたく百枚ほど, 用ゐたなら識らぬ, 用ゐたらうと思ふ, 用ゐたらしい処から, 用ゐたるなりとぞ, 用ゐてるさう, 用ゐないでは英語, 用ゐないまつたく異様な, 用ゐなれぬれば強, 用ゐぬらしい大戯作者, 用ゐぬればか, 用ゐますが日本, 用ゐむこと勿論幾多, 用ゐもえやらずしばしありける, 用ゐられあるは当, 用ゐられざるは即ち, 用ゐられずして遂に, 用ゐられずんば山林, 用ゐられたいと云, 用ゐられたいます系統の, 用ゐられたる即ち漢語化, 用ゐられたる人なれども其系統, 用ゐられたれどその実, 用ゐられなば皆歌, 用ゐられなかつたのであらう, 用ゐられなくなり且宮廷に, 用ゐられねばよい, 用ゐられるならこれは, 用ゐるですから大抵, 用ゐるべからざる者あり, 用ゐるべからずこの旗, 用ゐるらしい水車を, 用ゐ始めてから既に, 用ゐ始めた後諸人此水に, 用ゐ始めると言, 用ゐ尽してゐる, 用ゐ尽すことから, 用ゐ居れども世界中, 用ゐ得む, 用ゐ得たものと, 用ゐ得なかつたであらう, 用ゐ得べきか, 用ゐ慣し而も, 用ゐ慣れた熟語を, 用ゐ慣れたる語を, 用ゐ来つて必ずしも, 用ゐ来つた歌学上の, 用ゐ来りたれば日本語, 用ゐ来れりといへ, 用ゐ着けし後, 用ゐ給うたため武士は, 用ゐ試みた水を, 用ゐ馴れて居る, 用をしかなさなかった, 用をと追うであろう, 用をどつさりお, 用をばなさぬの, 用を以て割かれ, 用でも, 用アルコホルランプが灯, 用アルファベットと置き換え, 用イテ計ルハ彼, 用イテイルノダガソレダケデハマダ不足ナ気ガシ, 用イテクレルカラソレカラ人ノ出来, 用イテ十石ヲ推載ス, 用イテ精神的ニ人ヲ殺傷スル場合ニハ, 用イラルルハみる及ビ, 用イルノガ手数デアルシヤハリ普通ノ機械, 用イルノミデ一般ニ普及シテイナイガ普通ノ手札型ノロールフィルムニ印画紙ガ, 用イル造花ヤリボンノ飾リノ付イタハンガーニ懸ケテ, 用イレバ露出時間モ長キヲ要, 用インクを満たす, 用イ政ヲ恣シテ富財, 用ウルコト少ナシ, 用ウルコト明ラカナルニ依ル, 用ウルニハ熱湯ニ投ジテ洗滌スルヲ可, 用ウレド後ノ浪人ト, 用エネルギーの獲得, 用エルマー・ガントリーをとろう, 用ガスの効果, 用ガ有ルカラウチヘ帰ッテイテソノ月ノ二十五日ニ, 用ケースの一部分, 用コウトで埋めつくされ, 用コップ一個と, 用シャツがこんなに, 用スタンドが数百, 用ストーブが並ん, 用ストーブ用風呂釜用と三種類, 用スポート用ですから, 用スリッパの片方, 用タオル赤いグリイス塗料, 用ダイナマイトを使っ, 用ダンスをかき回し, 用て何, 用てる樣, 用ツてる様だけれど, 用之レ, 用テレヴィ送信器も一時差押, 用テントの中, 用テ以テ物ニ克ツノ義ニ取ル, 用テ掌ニ握リ稍温ムレバ則チ柔ク乾果, 用テ蒸熟シ布ニ裹ミ鉄杵ヲ以テ徐徐ニ, 用トラクターパン等が年々計画生産, 用トラクター七万台が進出, 用トラクター生産地だ, 用トラックが真昼, 用トランク泰造用のインノヴェーション・トランク, 用ナラ借リテ, 用依ツテ現今, 用ニ供セムコトヲ期ス曾テ他意アルコト無シ後, 用ニ備フルト共ニ物價ヲ合理的ニ調整スルヲ得ベシ, 用ニ後ルト定マリタルモノニハアラザルナリ, 用ニ應ズル完成ヲ得, 用常ニ青銅器, 用ハガキが一枚, 用ハナイハズダガト思ッタトタンニハット驚イテ眼ヲ見, 用ハンカチを軍服, 用ハンケチとを利用, 用ハンチングを被った, 用ハ既ニ東京ニ設立セルモノニ於テ其實驗ヲ表, 用バッグをわたした, 用ヒキ兼重ハ臨終ノ際, 用ヒザル所以ハ國家ハ全生産, 用ヒタレドモ未ダ原語, 用ヒテ内外蒙古, 用ヒヨ君ガ為メ談笑シテ胡沙ヲ静メン, 用ヒ候為小ナル蒸気ナリ, 用ヒ詩ハ白氏ノ祖トスル流ハ措テ論ゼズ, 用ビール麦などを栽培, 用ピアノ曲が四手, 用ピストンリングの加工, 用フベカラザルニ至ルコレヲ再, 用フベカラザルニ至ルコレヲ再鏤スルノ勞, 用フランス文粋中級第二部, 用フルノ困難ハ知ル人ゾ知ラン, 用フルモ皆伏ス意ニテ, 用ブライアにダンヒル, 用ベシト云コレヲ南部ニテ十和田ブキト云此根ヲ取, 用マスク使用のこと, 用マチス型ソファーバッグシーツ枕一組何円のセット, 用モルモットを殺す, 用モーターボートをお, 用ユルハ可ナリ香ノ高, 用ユルヲ得ザル大々的不便ヲ其, 用ラジオ自動車が消防自動車, 用ラードの配給, 用リヤカアを作り, 用之法国, 用ルバーシカをテーブル, 用ヰザル所ナレドモ黄金時代或ハ黄金世界ナル名稱ハ形容, 用ヰシ事等ハ土偶, 用ヰズシテ足ヲ動カスガ如シ, 用ヰ女子ノ覆面ヲ用ヰシ事, 用ヰ書法ヲ説キ明シテ塗板, 用ヰ殻ヲ連ネテ晒乾シ稍皺バミタル時臼ニ搗キテ殻及シブ皮, 用一代の失策, 用一切を果し, 用一号アルコールのドラム缶, 用一存で出来る, 用一流の弁, 用一點張の刀, 用一點張りにその, 用三つ台所用二ついるほか, 用三輪車であって, 用の效果, 用上っぱりのポケット, 用上靴と一しょ, 用方面の, 用主義の道徳, 用乏しきに至りぬ, 用乗物に相違, 用乗用に使役, 用九坤の用六, 用九用六の文, 用二ついるほか, 用二人用の叺, 用二連発銃のケース, 用享于岐山とか明夷, 用の弟, 用人並に少し, 用仏像を頼み, 用付録に, 用以下われらすべての望み, 用仮面に相違, 用はし, 用低くその来たる, 用を廃, 用候事感心いたし候, 用候得共此前より唐日本, 用候方も不, 用候樣可被致候, 用備ハリ歌謠ヲ能クスル者ハ, 用傷五穀如何如何霊而不幸殺牲以賽神霊而則, 用先生ニ随従シ法廷ニ出レバ風愈ヨ烈シク雪, 用公孫勝などもみな居, 用公孫勝らの出迎え, 用公孫勝関勝呼延灼朱同など水陸七千人, 用共存の習慣, 用其的を観察, 用に於, 用写真フイルムであった, 用冷蔵庫であった, 用出納簿が明, 用切断器の捻子, 用自非口相傳授, 用韻, 用の術, 用剣法は各, 用劉唐公孫勝らの四名, 用勤めもし, 用に付けた, 用が立てられ, 用卓子を置い, 用原子炉を造る, 用原稿に維新頃, 用へ飛び込ん, 用又は来客用として, 用ひ主要, 用取りそろへ, 用へ廻っ, 用申由申達相済候事, 用名画というブルジョア画家, 用向か知らないが今時分, 用向か知らんわしは, 用向以外に人, 用命半日を出でず, 用快心, 用器中の用器, 用器具一揃ヲ志げニ, 用器具所に属する, 用四位公孫勝とすらすら, 用図書館との区別位い, 用国土人民としての国際性, 用外出用の大島綿入, 用多からずモセス, 用夥しきものを, 用大人と先ごろ梁山泊, 用大型スプーン中型スプーンコーヒー用小型スプーンを店員, 用大型自動車が疾駆, 用大型鐵板もこの程多量, 用大型飛行艇の建造, 用大形のもの, 用天宝重定本, 用姫様というよう, 用姫鬼界が島, 用学人公孫勝劉唐の三名, 用宋江ほかあまたの領袖たち, 用宋江らの並び, 用宋江林冲などもみな眉, 用家ダニ十匹筒入十銭, 用家具が女, 用さしのぎ用だ, 用寝台その他がそなえつけられ, 用寝室も置かれ, 用實用と考へ, 用封筒の手紙, 用小型スプーンを店員, 用少なくなりしたがって, 用一端そいつ, 用は受信用, 用帑匱しきに至る, 用平面に重ね, 用座ぶとん夫婦用と客用, 用廣異聞釋言釋訓以下亦猶, 用建築土木用木纎維用等のため, 用弁的に飲食, 用式場用等々みな別になつ, 用に少し, 用応接間にて, 用を與, 用患者は私, 用戦斧をはじめ, 用戴宗秦明林冲みな大きくうなずいた, 用手套を糸, 用手形帳がもう一度, 用手提から自動車用鏡, 用を学頭, 用拡声器から警報ブザー, 用を勤めた, 用掛りをし, 用探偵小説を書きつづけ, 用效果を稱, 用敷地廿万坪買収の一件, 用敷煉瓦を敷詰め, 用文書の語意, 用文章等の手習, 用新着のビック特製二噸半積ダブルタイヤ, 用方面に於, 用於朝庭大事之辞, 用日覆などと違, 用昇降機のなか, 用明天皇二年帝病あり皇弟皇子等豊国法師, 用明天皇元年の条, 用明天皇勅願の寺, 用明天皇推古天皇すなは, 用明崇峻推古の諸, 用明皇后の御名, 用映画を作ろう, 用昨夜清川より借りし, 用の如し, 用晁蓋も共々, 用晁蓋らの賊首, 用時計や紙匣, 用普及版を作る, 用暗幕を張っ, 用書類がきちんと, 用有つて来た, 用有りて旅, 用有りげに奥, 用有りしとは認め, 用有るものに, 用木綿の物大小, 用木纎維用等のため, 用未だ詳ならざれ, 用同李応, 用材料があり, 用に於, 用栽培草木羽状深裂, 用椅子二爾薩待正, 用標本としての楽器, 用ノ大, 用機械には内地, 用機械動力をはじめ, 用機関車は一時間七里, 用欠けんと欲す, 用次第もよく, 用武器の大, 用歳出に対するの警戒, 用死体置場から年配, 用殺人用に使用, 用毒ガスマスクなどを作る, 用水槽として保存, 用水道栓があり, 用氷柱による殺人, 用決戦兵器を敵, 用洞窟である, 用流行卿夙慕忠勤職司禁衞省覽表疏, 用浴場は戦争前, 用海豹仲間のゴリラ, 用漢唐伝疏或用宋明註解, 用漸く足らず官, 用みだらうと, 用濟みの見本帳は直接, 用火カキその他一揃を買っ, 用だの並ん, 用炭酸水製造器に拇指, 用点火器で火, 用無く思ひ候不覚より, 用無益のこと, 用無線電話の其後, 用煉瓦煙突等の落ち, 用煙突などいづれ, 用爆弾が過っ, 用牛産地ヴェラガ公爵所有の牧場出身, 用物人足五十四人家来向き諸荷物人足五十二人, 用特に準平原, 用特別版の作者, 用特殊の投げ, 用の鳴く, 用理科器械にくらべる, 用として銅板百二十万六千四百枚余, 用瓦斯の口栓, 用為西洋隷, 用亦窮矣, 用申度奉願上候, 用に宛て, 用番大久保加賀守忠真へ届けた, 用番老中水野越前守忠邦の沙汰, 用異名に久しく, 用白黒模様のジャケット, 用百科辞典の編纂, 用的工藝品にけばけばしい, 用的標準に照らし, 用的生産的のもの, 用的見地からする, 用の大小, 用省き專ら書生, 用相勤候儀難相成者勿論又, 用相成候法無, 用眞理説はまだ, 用矛楯木弓木弓短下長上竹箭或鐵鏃, 用短剣はその, 用短剣一振り軍服図嚢勲章類はエフィゲニウス家, 用硝子並に普通, 用社交用の第, 用立たずにし, 用立たなかったのであります, 用立たぬものが, 用立つべきものでない, 用立つべしとはつや, 用立とうとは思い, 用等々みな別になつ, 用箪箭の小, 用精密機械は外国, 用納屋があった, 用結果目的等の陪審官, 用絵図を調べ, 用絵本などとは到底, 用編上靴をはい, 用織物以外は絶対, 用缶詰をパック, 用罫紙を摺る, 用罫紙十帖ほど摺る, 用美一如です, 用に遣り, 用肘掛椅子にかけ, 用背嚢を背負っ, 用脚本は日本現代作家, 用脚等の贈遺, 用脚色である, 用で横浜, 用花毯作身木作首尾一人裏於其中開弔時列於大門左右及啓霊獅豹先入於霊前舞踏, 用蒸気ロウラアに乗り組ん, 用蓄音機を据ゑて, 用に火薬, 用薬用ないしは装飾用, 用藥品是等から思ひ合せる, 用虫眼鏡を借し, 用術語として存在, 用衣裳掛けなる怪物, 用衣裳掛けをお, 用袖無しシャツを着せ, 用被服の嘘, 用に至り, 用計りを目的, 用記念物よりかももし, 用訪問写真を撮っ, 用諸物の意義, 用豪奢な一室, 用貨物船の火夫, 用資本と土地, 用の大将宋江, 用を塞ぎ, 用車あんぺらを着た, 用車疾走区域に入った, 用軌道の軽便, 用の神速, 用軍馬もすぐ, 用辭上の特異性, 用してを, 用辯的に飮食, 用送信機が英艦, 用通路に沿う, 用適当の食品, 用部屋用式場用等々みな別になつ, 用配線もしてない, 用重工業を興, 用釜の上から水張り, 用鈴木三郎太夫重長麾下に属せざる, 用鉄製の手枷足枷, 用鉛管変更値上げ代価を以て購入, 用鉛管購入の件, 用鋏磁器の鉢, 用を出し, 用長持引馬までが動揺, 用長椅子の並んだ, 用に陥り, 用防毒面ぐらいはもっ, 用階段につづく, 用集流の宛て字, 用雑巾を置く, 用雜器に就, 用雷横朱同の三人, 用雷横黒旋風の三名, 用電力の配給区域独占, 用電池を盗んだ, 用電燈が帳面, 用電球らしいもの, 用革外套の襟, 用靴下専門店に立入る, 用鞍形楯ほか十二三の楯類, 用領収簿の閲覧, 用風呂釜用と三種類, 用風琴で行った, 用飛行機の製作者ゴウハム氏, 用食卓を三つ, 用食器が用意, 用食堂の光景, 用食料をとりだし, 用香水壜と私, 用馬匹または馬車, 用騎乗用あるいは挽車用, 用めして, 用鳥打帽子の鍔, 用鶏のですから, 用鼻緒の材料純綿