青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「眸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~真面目 真面目~ 真黒~ 眠~ ~眠っ 眠っ~ ~眠り 眠り~ ~眠る 眠る~
眸~
~眺め 眺め~ ~眺めた ~眺める 眺める~ ~眼 眼~ ~眼つき ~眼前 眼前~

「眸~」 1390, 15ppm, 7464位

▼ 眸~ (528, 38.0%)

25 こらして 12 して 11 凝らして 10 あげて 5 あつめて, 凝して, 見て 4 あげた, した, もって, 凝らした, 向けて

3 [12件] うごかした, こらした, つよめて, ひらいて, 上げて, 向けずには, 向けた, 定めて, 投げて, 放ちて, 放つて, 転じて

2 [36件] あつめた, かがやかして, こらしながら, さだめて, したり, すえた, すえて, する, そ, そそいで, その人, そらした, とめた, とらえて, みはった, むけて, らんと, 何処かで, 光らして, 凝すと, 凝らしながら, 天井へ, 彼に, 恨めしげ, 投げられると, 持ち上げながら, 据ゑた, 放てば, 澄まして, 焦いた, 異常に, 真中に, 見ひらいて, 視つめた, 轉ずる, 追うて

1 [327件] あけて, あげお, あげおのれ, あげたとき, あげたまま両手, あげ大きな, あつめた老臣以下すべて, あつめハラハラ, あつめ合った, あらためた, あらためて光秀, あわせ, あわせると, うごかした華雄, うごかして, うごかしぬく, うっとりと, うつしたり, うつして, うつとり, うつろに, うるませる, おくと, おさめた, おとして, お延, お志保, お綱, お通, かがやかした, かがやかせて, きっと向け, きっと父, きっと見上げた, くりぬいて, くわっと見ひらいた, こつちに, この生徒, こめて, こらさなければ, こらしあったもの, こらし心, こらすと, さだめると, さまよわせた, さまよわせたが, さ迷, した寄宿舍學校, じっと凝らし, じっと射向け, じっと据え, じっと番小屋, じっと落し, じっと見, じつと, じろ, すえたまま, すまして, すます, せわしくした, そこから, そこに, そそいだ, そそぎかけて, そなえて, その方, その浅黒い, その面, そらしたわけ, そらして, そらすと, それは, そろえて, そろえながら, ただらした, つぶり, つむる, つよめ語気, つらぬいて, とおして, とどめて, どうしても向う, どっちへ, ながしたが, なだめそして, はずして, はっと怪しませ, はなさなかった, はるかな, ひきよせた, ひたと私, ひらき夢み永遠, ひッ, ふと狛犬, ぼんやり天井, またもと, まだそのまま持っ, まともに, みはって, みはらないもの, みひらいて, めでずに, もし今, もった人物, もっと大きく, やきつけた文字, やった, やって, やつた, やつて, やりその, やりば, やること, やる青空, ゆつくり, よそに, キラリと, ジイと, ジッと, 一天に, 一転し, 上げた, 上げた崖, 上げながら, 上げると, 上げるの, 上流の, 不審と, 与えただけ, 交わした, 人しれず, 今この, 介添人たちに, 伏せた, 伏せて, 作って, 侵して, 俯つ伏し, 僕に, 光らせて, 光らせながら, 光らせ戦い, 凝すやう, 凝すよう, 凝らしたが, 凝らす, 凝らすと, 凝らす時, 凝らせば, 凝視した, 動かさない, 動かさなかつた, 動かしたのみ, 動かす, 勝助の, 又太郎高氏, 反らした咄嗟, 反らす, 反対な, 合せること, 吊り眉, 向けたが, 向けたよう, 向けふふふ, 向け合ったの, 向け直した, 吸いつけた, 吸いつけて, 吸われたもの, 吸われて, 吸われてから, 和めて, 噬み殺さん, 四方へ, 四顧に, 回らして, 垂れ給, 城へ, 外した, 外して, 大きくし, 大きくみはっ, 大臣の, 天より, 失って, 奪いかえすよう, 定めその, 定めた, 客たちは, 射て, 射向けた, 射耳, 導いた, 廂ご, 弥吉に, 強く射かける, 彼君の, 彼女の, 彼方此方へ, 思出さず, 恟めて, 息子の, 感じるし, 扉に, 打ち取るべし, 投げた, 抜かれたよう, 押しつけて, 持って, 据えたなり, 据えたまま, 据えて, 据えると, 揚げて, 放った, 断たれたよう, 曇らして, 更にじっと向けた, 有って, 朝雲に, 横へ, 武者の, 沈めた, 油断なく, 注いだ, 注いだの, 注ぎながら, 涼しく保ちたい, 深めて, 漬けてるよう, 澄すと, 澄ました, 澄ませた, 濃い眉毛, 無言の, 焼くに, 照らした, 燈に, 町の, 真向きに, 真弓の, 眼の, 瞠った, 研ぎあ, 私の, 移した, 移して, 移しました, 移すと, 稲妻の, 空間に, 納めて, 細めた, 細めて, 翠の, 耀かし頬, 舞臺の, 花から, 荒れ騒ぐ暗い, 落して, 落すと, 衝たれた, 見あわせたとたん, 見た, 見つめて, 見ては, 見はらずには, 見まわした, 見よが, 見ると, 見るよう, 見張った, 見張って, 見張らして, 見据えながら, 見据ゑながら, 見詰め合った, 見較べて, 見開かないという, 見開かないといふ, 見開き口, 討たんと, 討ち取りて, 認めると, 誘うので, 読みながら, 読むよう, 讐と, 豆の, 走らせる, 足もとから, 転じる, 輝かした, 輝かしながら, 輝かし乍ら, 輝かし十五, 輝かせり, 輝かせると, 輝した, 轉じ, 送って, 送りました, 送ること, 道誉は, 遮らない, 避けなかった, 配つた, 醒ましまた, 銀之助の, 鋭く光らせる, 鋭く空間, 長い眼, 長い睫, 開いた, 開いたの, 開いたまま, 開いて, 開けて, 離さず後ろ向き, 離さなかった, 離すので, 離たず待っ, 霞ませて, 霞めて, 青葉の, 静かに, 高い鼻

▼ 眸~ (162, 11.7%)

3 眼の

2 [11件] 何かの, 卓の, 天の, 当然その, 必死の, 怪しい輝き, 時々我, 燃ゆる, 爛々と, 自信と, 飽くまでも理智

1 [137件] あきらかに, あまり黒く, あらぬ方, いちどは, いつのまにか炯, いよいよ鋭く, うなずいたよう, うるみ胸, かがやく, かくの, ぐらついた, こらしたが, これを, さながら救, さらにひどく, しかとここ, しばし無言, じいっと一方, じっと欄間, すぐと, すぐ横, すずや, そう言う, そのため, その孤塁, それだけでも, それに, それを, そんなこと, ちょっと慌てた, はやそれ, ひきつけられた, ふしぎな, ぼうと, ぼんやりと, まさしく遠い, ますますやさし, まだ遠く, みなこの, もう死魚, もう見えないらしかった, やがてしげしげと介, やわらかに, トロトロと, パッと, ヒビの, 一くせある, 不愍に, 丘の, 今火花を, 他に, 仲時の, 何か, 何故とは, 例に, 先に, 先刻より, 光った, 刃の, 剣の, 北の, 十兵衛が, 口から, 四遠, 回顧を, 大に, 大海の, 天地の, 女の, 始終火焔, 始終遠く, 宗近, 将来の, 少しも, 年経し, 弥陀の, 張飛を, 微かな, 微醺に, 忽ち賤, 思わず彼女, 急に, 恐ろしき眼, 憎々しげ, 憤ろしい涙, 打点頭き, 折しも最愛, 故意か, 敵意に, 断絶した, 時には, 晃, 朝より, 未だ以, 未だ言, 正成の, 武蔵を, 殆ど彼等, 段々輝い, 演舌し, 火であった, 無色無熱の, 爛として, 父の, 猜疑に, 現の, 琵琶の, 男の, 痛さ, 直行の, 相手の, 真ン中へ, 眼尻まで, 私が, 私の, 細く目尻, 細ッそり, 絶え間なく, 自分から, 自然生理的に, 茫然と, 茶色勝ちである, 茶褐色を, 薄い夏衣, 虚空に, 虹を, 血ばしって, 血走って, 血走つて, 赤い, 身を, 輝いて, 遠い空, 金五郎に, 長い睫, 高氏の, 鷹の

▼ 眸~ (129, 9.3%)

10 中に 4 うちに, なかに, 底に 3 前に, 奥に

2 [11件] いきいきと, なかへ, ように, をやみ, 中から, 中を, 光は, 光を, 前へ, 底には, 裏に

1 [79件] うごき, うごきである, うちには, うつろを, おかげだ, かがやくところ, かなしさ, ごとく桟敷, さきに, さと, しめれる, つけどころを, どこかに, ながれたよう, なほも, ひかりが, ほうが, まえには, むいたほう, やうに, 上に, 上を, 中で, 中には, 中にも, 中まで, 二十歳の, 人, 人士は, 先に, 先を, 光に, 光りと, 内に, 力が, 力の, 大きな愛, 大きな眼, 奥で, 奥にまで, 奥も, 威は, 定まらない眼, 底から, 底にも, 強さ, 彼を, 征矢は, 快楽の, 据った輝いてる, 深い輝き, 深さ, 清々と, 清らかさが, 湿むと, 焔が, 片隅や, 現出を, 真ン中を, 真上に, 矢の, 矢ジリを, 秋色蕭条として, 耳に, 色が, 色こそ, 色の, 色を, 若さ, 裡に, 裡には, 覗かれるぐらいな, 謎が, 謎に, 謎を, 間から, 霞を, 露けさ, 黒い髪

▼ 眸~ (121, 8.7%)

3 洞に, 洞の 2 それを, だん, まん中へ, 日一日輝きを, 時々自分, 此の, 首級を

1 [101件] あうと, あった, いつか又, いつしか秋子, いつまでも, いつも彼, うごく, うるんで, えがいて, お互いを, きっと耀いた, この意外, この男たち, しずかに, じっと振り仰いだ, すわった, その蔭, それに, たがいに, ために, どこに, なれて, にっこりと, のぞいて, はっと菊王, ひらいて, ぴかぴかし, ふたたびマン, ふとお, ふと見せた, ぼくらの, まだ信じきれない, むごい親心, むしろ好奇的, ゆく兄弟, らんと, カチと, ジイッと, 一度お, 三名の, 上の, 下へ, 何となく働ら, 何ものかへ, 何を, 余り悲し, 僕に, 光って, 初めてお互い, 前に, 前へ, 却っていつもより, 取り喰, 合った, 吊り上がって, 向いた草叢, 咽喉を, 坂道へ, 奇妙に, 子どもの, 子供たちに, 対象だった, 座敷の, 微笑む以外, 時を, 棲居なんめり, 死物狂ひ, 泣き腫れて, 洞へ, 洞へと, 洞を, 燃え迫って, 玄徳の, 琥珀色だった, 男を, 異常な, 異様に, 異風に, 相手の, 睾丸をば, 私の, 空虚な, 突として, 竦み合った, 美しい私, 股肱の, 脆くも, 脊に, 脾腹を, 自分の, 茶色を, 見えた, 道の, 雲足の, 静かです, 静かな光り, 非道を, 頬を, 首取らで, 馴れて, 髭の

▼ 眸~ (120, 8.6%)

2 なって, 会って, 入る, 出て, 勝平の, 映った

1 [108件] あふれるほど, ある, いわせながら, かわり元, きッ, ぎっくりした, さがした, しめつけられるの, するだけでも, するまでは, たいしかれも, ちらと, つきとめた, とびこむ, ながめ入りほほ笑みかけ枝, なったかも, なにか一徹, なにか打ち沈んだ, なるの, にこにこ微笑, のこつた, ひとつ火と, ひろがって, ふかく突き, ほんのわずか, またふと, マンが, 一点黒く, 似た二日月, 俺は, 光って, 入った, 入ったの, 入れては, 全く憑かれた, 出あわないでは, 出会うと, 力を, 卑屈が, 告げしかば, 啜り泣く, 圧されて, 夕日が, 多少の, 大きく映った, 威を, 小むす, 希望を, 廉子, 怨みの, 情を, 意恨は, 憐れを, 憤りとも, 投げた, 持って, 收まる, 星が, 映したろうか, 映じた, 映じ来たるところ, 映じ来る, 映すと, 映ったので, 映った顔, 映って, 映っても, 映ってるよりか, 映る, 映るたび, 映るだけ, 映る室, 映る顔, 朝顔の, 槍を, 比べては, 気づくと, 浮べて, 涙さえ, 涙を, 湯の, 滴るもの, 焼きつけるとは, 熔けるよう, 燃えるもの, 燃やしかけたとき, 燃やしながら, 現は, 理知的な光り, 異様な, 眉に, 研ぎたてて, 示して, 答えながら, 羞恥を, 落ちるべきはず, 見えたでは, 見えたひッ, 見せたとき, 見て, 見上げつ, 視入った, 触れた時, 諸将, 赫々と, 酬いるので, 雲の, 鷹揚で

▼ 眸~ (79, 5.7%)

2 ぢつと, はない, 彼の, 物を, 美奈子を

1 [69件] あらためて見なおした, お父さんの, お辞儀だけ, ことば以上の, さがして, じいっと信一郎, じいっと見つめ, じっとその, じっと彼, じっと待っ, じっと美奈子, じっと見つめた, じっと見られる, じろじろ見, その人, ちょっと白痴的, ぢいつ, ながめたの, ながめて, はなく, は見きれない, ひろい稽古場, みられた, チラリと, ヴェリチャーニノフを, 事もなげに, 二郎を, 介錯を, 俺を, 北の, 司教に, 夢から, 女の, 少女を, 庇ふ, 彼は, 彼を, 拝むよう, 斬りかかって, 時次郎は, 智子の, 死を, 海を, 滿目の, 爺の, 牢獄の, 男を, 盗賊らの, 相手を, 眤と, 眺めながら, 眺めまわし, 眺めるだけ, 瞬きも, 矢代を, 私の, 私を, 窓を, 老人を, 肩越しに, 自分を, 見おろした, 見つめて, 見て, 見る, 見送って, 遠くまで, 遠望し, 馬道裏の

▼ 眸には~ (44, 3.2%)

2 何か, 感激の, 最初その

1 [38件] ありありと, うそ寒く映った, かつて見られた, かなり複雑, すでにその, すわって, そういう気概, その人, それぞれに, どこか, どこかに, なにか人, はいらなかった, ほろりと, まったく自信, もとよりの, ゆくてを, 不思議な, 人の, 何かしら殺気の, 口のみ, 咬は, 戸外の, 映ぜぬ, 映りにくく, 智謀はかり知れない, 毛頭そんな, 涙が, 無明の, 特徴が, 生の, 真実の, 臆病さとともに, 蔽いきれない深い, 見えるよう, 軽侮の, 迷惑そうな, 邪魔らしかった

▼ 眸~ (29, 2.1%)

2 一時は

1 [27件] うごかさずに, うごかさず官兵衛, うごかさなかった, うつろに, せつなこぞって, はなたず二人, ひとたび彼, また左, 今は, 半蔵の, 向けられなかった, 常に太刀打ち, 常に念頭, 恟々しはじめ, 敵しがたく, 斜ならず喜び, 朱い, 清々と, 澄んで, 点頭きて, 燃ゆる, 私には, 老いたり, 透さず黄金丸, 闇夜に, 頬も, 鼓膜も

▼ 眸~ (26, 1.9%)

2 白い雪, 眸とは

1 [22件] あくびそれから, この瞼, しずかな, その柔かい, なった, ぶつかった時, 一八郎の, 兄の, 刄金と, 本当の, 柔らかな, 眸が, 眸で, 眸とが, 眸とを, 瞳の, 瞼の, 聴水を, 胆ッ玉の, 薄小麦色, 角三郎の, 重なり合って

▼ 眸から~ (11, 0.8%)

1 [11件] お顔, ぽろぽろと, ハラハラ涙, 出る怒り, 判断する, 燃えて, 疾く駆け抜けた, 発したもの, 眸を, 自分を, 飛ぶ

▼ 眸にも~ (6, 0.4%)

1 こめて, みえるし, キラキラさせ, 力を, 声の, 隠し切れない歓び

▼ 眸~ (6, 0.4%)

1 サモイレンコの, 唇に, 唇もとは, 唇や, 精神の, 豊かな

▼ 眸~ (5, 0.4%)

2 向って 1 ぐうっと迫る, じっと正視, もう一歩

▼ 眸とが~ (4, 0.3%)

1 もう小次郎, ジイと, 争はれない, 争われない生れ

▼ 眸~ (4, 0.3%)

3 ながら 1 ながらそれでも

▼ 眸大王~ (4, 0.3%)

1 が御内, が洞, と名乗り, に事

▼ 眸~ (4, 0.3%)

1 には写らぬ, に落つる, は横ぎらない, を掠め

▼ 眸ざし~ (3, 0.2%)

1 で宇津, などにはその, の如く

▼ 眸だけ~ (3, 0.2%)

1 あげて, で, でなく眉

▼ 眸とは~ (3, 0.2%)

1 たがいに, 不調和な, 曼珠沙華の

▼ 眸とを~ (3, 0.2%)

1 光らして, 見合わせながら, 青空に

▼ 眸~ (3, 0.2%)

2 のである 1 のだ

▼ 眸~ (3, 0.2%)

1 に写らぬ, に送り込んだ, の山野

▼ 眸からは~ (2, 0.1%)

1 こらえきれない熱涙, 押さえつけた炎

▼ 眸~ (2, 0.1%)

1 て, て發射旋廻輪

▼ 眸~ (2, 0.1%)

1 が嘉兵衛, が眼鏡

▼ 眸だけは~ (2, 0.1%)

1 まったくちがう, 相変らず

▼ 眸だけを~ (2, 0.1%)

1 ジッと, 見交わして

▼ 眸つき~ (2, 0.1%)

1 はきわめて, 髪の

▼ 眸であった~ (2, 0.1%)

1 にちがい, のかと

▼ 眸とともに~ (2, 0.1%)

1 互に相手, 彼の

▼ 眸とに~ (2, 0.1%)

1 かがやいて, 苛立たせられまた

▼ 眸~ (2, 0.1%)

1 なり, を打ち取る

▼ 眸を以て~ (2, 0.1%)

1 上眼づかい, 圧して

▼ 眸~ (2, 0.1%)

1 に点薬, へ写す

▼ 眸象牙~ (2, 0.1%)

2 彫の

▼1* [64件]

ありたまえ, 眸いっぱいに見えた, 眸通の, 眸からも燃え出たの, 眸がちの眼, 眸がなんて美しく輝, 眸さえ上げ得なかった, 眸すすり泣くとも, 眸そして優しく綻びた, 眸その奥には, 眸だけが活きて, 眸だのポーラ, 眸ったのも, 眸つたのも無理, 眸つて些の顰, 眸づかいは鋭く, 眸であったであろう武蔵の, 眸でじッと, 眸での救いすら, 眸で凝と見, 眸で射るように, 眸で睨みつけていた, 眸で語る者の, 眸とさえも言えなかった, 眸なお壮者を, 眸なぞに見入っ, 眸についてその行方, 眸にのみ映ずるの, 眸のみならず, 眸はじめ配下の獣們, 眸ひとつにぐにゃりと降参, 眸ますます興に, 眸までが海の, 眸みななつめのよう, 眸むき出された雪白の, 眸やらそれに, 眸よく宇宙の, 眸よりは心噪が, 眸をかへした, 眸をもって輔佐の, 眸カチッと絡み合った, 眸凝セバ遍ス, 眸に注, 眸先認対州山紅日沈辺或呉越, 眸呵々と打, 眸客身已在天涯外遮莫家郷憶遠游, 眸破と, 眸悲痛な光, 眸悶々としてものいわぬ, 眸放ちてトロイア, 眸の眉, 眸をたたえた, 眸澄み切った青い目玉, 眸濶面の見る, 眸物言ふ毎, 眸に聞け, 眸色めく影, 眸蒼白さこの, 眸蒼白い汗ばんだ顔, 眸に印する, 眸訝りて, 眸高慢さ時として私, 眸魅力的な潤みを, 眸鼻立ちの清らかさ